5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

中国、朝鮮人よりもクソブラジル人を帰国させたい

1 :名無しさんの主張:2006/12/28(木) 14:23:55 ID:???
ドイツは外国人労働者を帰国させたくて躍起になってる。外国人の子供のために教育現場は混乱し、
税金使って外国人児童対策。いよいよ帰国奨励金までつけて帰国を促している。
結局、外国人労働者は便利だって発想が間違っているんだ。外人はとても高コストなんだよ。

愛知県民の俺にとっては中国、朝鮮人よりもクソブラジル人を帰国させたい



 22日午後7時半ごろ、静岡県焼津市西小川3のアパートの2階の部屋で、この部屋に
住むブラジル国籍の女性派遣社員、ミサキ・ソニア・アパレシダ・フェレーラ・サンパイオさん
(41)と小学4年の二男、ヒロユキ君(10)が首にロープを巻かれて殺害されているのを、
通報で駆け付けた県警焼津署員が発見した。また23日午前3時50分ごろには、約1キロ
離れたミサキさんの知人のブラジル人男性のアパートの部屋で中学3年の長男、ヒロアキ
さん(15)も首にロープを巻かれ殺害されているのを署員が発見。県警は殺人事件として
同署に捜査本部を設置した。男性は19日にブラジルに出国した。

 調べによると、ミサキさんの部屋は3DKで、居間に敷いた布団にミサキさんが、子供部屋
のベッドにヒロユキ君が倒れていた。ヒロアキさんも男性宅の寝室に倒れていた。3人とも
上から布団をかぶせられていた。いずれも死後数日経過しているとみられ、両部屋とも玄関
は施錠されていた。

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20061223k0000e040035000c.html

2 :名無しさんの主張:2006/12/28(木) 14:25:47 ID:???
静岡の女子高生ひき逃げ、ブラジル当局「代理処罰」へ

 【パナマ市=中島慎一郎】ブラジル・サンパウロの検察当局は26日、1999年に静岡県浜松市で
女子高生がひき逃げされ死亡した事件について、日本政府の要請を受け、ブラジルに逃げ帰った容疑者を
国内法に基づき刑事訴追する「代理処罰」の手続きを進めていることを明らかにした。
 日本政府の要請でブラジル当局が「代理処罰」を行うのは初めて。
 静岡県焼津市では今月18日にも、ブラジル人母子3人が殺害され、ブラジル人のネベス・エジルソン・
ドニセチ容疑者(43)が、ブラジルに逃げ帰ったと見られる事件が起きている。今後、この事件について
も、「代理処罰」が検討される可能性が出てきた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061227-00000304-yom-soci

3 :名無しさんの主張:2006/12/28(木) 14:27:08 ID:???
貴方の家族や恋人がブラジル人にレイプか殺害されて
同様にブラジルへ帰国し何食わぬ顔で普通に暮らしていたら許せますか?新たな被害者、
酷い悲劇を繰り返さないためにも早急に法整備を『安倍さん!』



中国、朝鮮よりブラ公が一番嫌いだよ。愛知県に住んでいたら自然とそうなった。

バカの一つ憶えみたいに人口減少に移民が必要とか、製造業に必要とか、犯罪を犯すブラ公は一部、
なんてほざいてる奴は無神経でどうしようもないバカだよ。


4 :名無しさんの主張:2006/12/28(木) 14:27:52 ID:???
<静岡母子絞殺>知人のブラジル人男性 ブラジルに出国
12月23日13時37分配信 毎日新聞

22日午後7時半ごろ、静岡県焼津市西小川3のアパートの2階の部屋で
この部屋に住むブラジル国籍の女性派遣社員、
ミサキ・ソニア・アパレシダ・フェレーラ・サンパイオさん(41)と小学4年の二男、ヒロユキ君(10)が
首にロープを巻かれて殺害されているのを、通報で駆け付けた県警焼津署員が発見した。
また23日午前3時50分ごろには、約1キロ離れたミサキさんの
知人のブラジル人男性のアパートの部屋で中学3年の長男、ヒロアキさん(15)も
首にロープを巻かれ殺害されているのを署員が発見。県警は殺人事件として同署に捜査本部を設置した。
男性は19日にブラジルに出国した。
調べによると、ミサキさんの部屋は3DKで、居間に敷いた布団にミサキさんが、
子供部屋のベッドにヒロユキ君が倒れていた。ヒロアキさんも男性宅の寝室に倒れていた。
3人とも上から布団をかぶせられていた。いずれも死後数日経過しているとみられ、
両部屋とも玄関は施錠されていた。
関係者によると、ミサキさんは90年ごろに来日し、同市内の水産加工工場で働いていた。
日本語は上手で1年半前に夫と別居した。夫とは連絡がついており、事件と無関係とみられる。
男性とはその後親しくなったが、数週間前に別れたという。子供2人は5年前に来日し、
市内の公立小中学校に通っていたが、ヒロユキ君が19日から学校を無断欠席しているのを
不審に思った小学校が市役所に連絡。市役所が同署に通報して分かった。
ブラジルに帰国した男性について、捜査本部は身柄の引き渡しなどの要請について検討を始めた。
ミサキさんの部屋はJR東海道線焼津駅の南西約2キロの住宅地。男性の部屋はそこから南に約1キロ。
同県では昨年11月に浜松市で起きた強盗殺人事件などでも、容疑者とみられるブラジル人が帰国したままになっている。

最終更新:12月23日13時48分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061223-00000034-mai-soci

5 :名無しさんの主張:2006/12/28(木) 14:28:52 ID:???
ブラジル 日本での犯罪捜査へ
http://www3.nhk.or.jp/news/2006/12/26/d20061226000194.html

■仲良い家族/容疑者と口論
殺害されたソニアさんは平成2年ごろ、ブラジル人の夫と来日。息子2人に恵まれ焼津市内で生活していたが、
夫とは2年ほど前から別居していたという。自宅に近い水産加工会社に勤務し、上司は「明るくて仕事にまじめに
取り組んでいた。休むことなもなく、勤めてから1年半で日本語もペラペラだった」と語る。
長男のヒロアキ君(15)と二男のヒロユキ君(10)はサッカーが得意。家の前では2人でボールをけり合う姿が
よく見られた。親子3人で同じ空手道場にも通い、「とても仲のよい家族」と評判だったという。
ヒロアキ君と互いの家を行き来していたという同級生の少年(15)は、「兄弟は2人とも元気がよくて、ヒロアキ君は
特に友達も多いタイプだった」。二男のヒロユキ君は朝、ゴミを出している姿がよく見られた。近所の女性(77)は
「あいさつをするとあいさつを返してくれる、感じのいい子だった」とほめる。
同級生によると、兄弟は、別居後も10キロほど離れた場所に住む父親によく会いに行き、「一緒に食事に行ったりして、
とても仲がよさそうだった」という。しかし、別の同級生は「2年前ごろから、部屋に遊びに行くと、
知らないブラジル人の男がよくいるようになった」と証言。兄弟が、ネベス容疑者とポルトガル語で
言い争いをしていることもあったという。
同級生は「ヒロアキは空手も黒帯でケンカも強かったから、昨日2人が亡くなったと聞いたとき、
ヒロアキは助かったのかなと思っていたのに…」と肩を落とした。
最終更新:12月24日8時0分

6 :名無しさんの主張:2006/12/28(木) 14:46:45 ID:???
あのね、ブラジリアン同士が日本国内で殺し合いするのはどーでも良いんだよ。
焼津のは気の毒ではあるけど関係ないね。

7 :名無しさんの主張:2006/12/28(木) 14:53:19 ID:WqPau+/E





それでもチョンどもの悪行に比べれば全然マシ






チョンを帰国させたあとだなブラジャー人は。

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)