5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

愛国心の押し付けを目指す教育改革に断固反対する!2

1 :名無しさんの主張:2006/10/16(月) 01:47:44

教育改革ではありません。
教育改悪です。
子どもたちにへの愛国心の押し付けを目指す教育改悪に断固反対する!

前スレ
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1159852298/l50

2 :名無しさんの主張:2006/10/16(月) 01:48:37
>>1訂正
×子どもたちにへの愛国心の押し付けを目指す教育改悪に断固反対する!
○子どもたちへの愛国心の押し付けを目指す教育改悪に断固反対する!

3 :名無しさんの主張:2006/10/16(月) 02:27:37
そんなに日本を好きになってほしくないなら、どっか他の国に行けば?

4 :名無しさんの主張:2006/10/16(月) 02:36:21
そらそうだわ

5 :名無しさんの主張:2006/10/16(月) 02:37:27
>>3
異論を許さぬ非民主的姿勢
素晴らしい

6 :名無しさんの主張:2006/10/16(月) 02:38:48
>>5
今時民主主義w

本音と建前を使い分けられない人には日本で暮らすのは難しい

民主主義は張子の虎!

7 :名無しさんの主張:2006/10/16(月) 02:40:04
>>5
異論を許さないじゃなくて、好きになってほしくない国なら
移住すればいいじゃん、ってもっともな話だろ

8 :名無しさんの主張:2006/10/16(月) 02:40:52
>>6
どのような政体がお好みで?

9 :名無しさんの主張:2006/10/16(月) 02:43:13
朝日新聞の記事は他新聞と比べて一番ま
ともではないだろうか日本が右傾化しない
ように社説で繰り返し述べているはき違え
た愛国心を煽るようなマスコミを信じては
いけない売れさえすればいいという軽薄な
商魂の論説ばかりが国を危うくするのは太
平洋戦争で懲りたであろう機会ある毎に日
本の過去の過ちに対する反省を促し関係国
の友好を深めようとしているのが朝日新聞
であるなまじ知った歴史の一部で全てがわか
った顔をすると恥をかくだけだのうのうといき
ていられるのは平和憲法のおかげであること
は間違いないできもしない自主防衛を唱えて
いては過去の過ちを繰り返すだけである。
不利なことがわかっていながら国民を煽って
戦争に突入し買い物も切符が無ければ買えも
しないような生活をさせながら運用される
資金はべて軍事行動向け動力になるべき燃
料もなく資源も無い日本が何の大義もない戦争を
推し進めるのは狂気の沙 汰としか言い様が無
進軍ラッパをもう一度聞きたいのか?

10 :名無しさんの主張:2006/10/16(月) 02:45:26
アサピー乙

11 :名無しさんの主張:2006/10/16(月) 02:46:55
┌─────────────────────────┐
│! 警告 朝日新聞の捏造記事を発見しました。      ×│
├─────────────────────────┤
│ ∧__∧ 抗議しないと、また捏造記事を書くでしょう。      │
│(-@∀@) 抗議することを強く推奨します。              │
│                                      │
│┌────┐┌────┐┌────┐┌────┐  │
││苦情電話││苦情メール.││無視する.││契約打切│  │
│└────┘└────┘└────┘└────┘  │
└─────────────────────────┘

12 :名無しさんの主張:2006/10/16(月) 20:33:46 ID:3450VeK/
>>9
携帯からの書き込みは、実に読みずらい。
、。がないと
まるで、脳内呪文のような印象

13 :名無しさんの主張:2006/10/16(月) 20:44:48 ID:ELMPbfXj
最近はこの手の話が多いな。
北朝鮮のおかげだね。
その北朝鮮は戦前の日本と同じ道を辿ろうとしている。
大日本帝国のコピー国家だからね。
現体制を維持するため日本と同じように
行くところまで行っちゃうのかな?
天皇も将軍様も自分の身を差し出して国民を救えば
本当に国民から尊敬受けるのに(受けたのに)・・
まあ、その体制でいい思いしている
”エセ愛国主義者”ががっちり袖を掴んでるから
難しいとは思うが。

14 :名無しさんの主張:2006/10/16(月) 22:29:20 ID:WqQ0d+Ij
>>9
ごちゃごちゃし過ぎ


15 :名無しさんの主張:2006/10/16(月) 22:31:54 ID:???
売国心の押し付けを防ぐために愛国心を書くんだよ。
教師の暴走を防ぐためだ。

16 :名無しさんの主張:2006/10/16(月) 23:05:48 ID:cvVSq3AB

教育改革?
盛り上がりませんね。
(´,_ゝ`)プッ

17 :名無しさんの主張:2006/10/16(月) 23:23:55 ID:9wODJe8r
教師が 日の丸、君が代などで
 ”おかみはケシカラン、国の言うことなんか聞かん!”
なって言ってりゃ、

生徒達だって、
 ”おれたちも センコーの言うことなんか聞かねーよー”
ってなるのは
自然の流れ。

教師が荒れてるんだから
学校が荒れるのは当然でしょ。





551 :実習生さん :2006/10/09(月) 23:11:06 ID:RkvhC5yy
なんという浅はかな意見wさすが現役中学生。


552 :実習生さん :2006/10/10(火) 06:32:32 ID:GINjMI4Y
>>550 まあ自分が高校生の頃は本気でそう思ったがな。国歌斉唱時に起立しない教師の授業に
何で俺が起立、礼などするかとずっと座っていた。




18 : :2006/10/20(金) 17:23:16 ID:???
あなたはこんな国のために戦えますか?www

何が愛国心だよwww何が美しい国だwww

国民馬鹿にしすぎwww

19 :名無しさんの主張:2006/10/20(金) 17:45:25 ID:aH/dFIU1
日本の教育失敗は国の大患。
改善すべき事項だ。
北や中国のようになるんだったら猛反対するのは分かるけど、
異常日本が正常になろうとするのを反対するのはどうかしとるのう。
現場見てこい。本くらい読みや、 1よ
被害妄想のパターンだな

20 :名無しさんの主張:2006/10/20(金) 17:49:55 ID:???
>>18
日本人である事に誇りを持っています 
先人たちも我々の誇りです
事態収拾したら祖国に帰ってくださいね ニコッ

日本は欧米、アジアの研究対象になっている。
日本も先人たちから学ぶべきだ、培われたものだから日本ではすんなり取り戻せる。

21 :名無しさんの主張:2006/10/20(金) 18:16:41 ID:sJKIzNoF
馬鹿野郎!!!
世界中で日本ほど愛国心のない国民食わせてる国があるかあ〜〜〜ッ!!!!
スポーツ大会の時だけ「ニッポンニッポン!」いうなボケ!!!
てめえらキタチョウセンへ留学してこい!!!


22 :名無しさんの主張:2006/10/20(金) 18:22:59 ID:jl7uJAjX
自分達が作ったと言う実感、自分達が作っているという実感
この両者とも残念ながら日本にはない。愛国心はあまり強くないと思うが、
郷土愛なら、けっこうあるようなきがする。

23 :名無しさんの主張:2006/10/20(金) 18:47:55 ID:???
>20
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1161071080/l50

24 :名無しさんの主張:2006/10/20(金) 18:49:30 ID:???
>21
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1161071080/l50

>>22
確かにそうかもしれないが、郷土に対する真相を認識すれば、嫌いになるかも?

25 :名無しさんの主張:2006/10/20(金) 19:01:27 ID:???
>>20
お前馬鹿だろwwwwwwwww
日本が研究対象だったのは昔の話wwwwwwww
欧米もアジアも今は日本に哀れみや嘲笑しか向けてねぇよwwwwwwwwwww

26 :名無しさんの主張:2006/10/21(土) 00:44:18 ID:cRIskWH0
>>25
馬鹿に馬鹿といわれたくないなあ  ははは。
現在も研究されているのだよ。日本のすばらしさは。
ちなみに、研究対象は武士道だ。

27 :名無しさんの主張:2006/10/21(土) 00:47:10 ID:cRIskWH0
日本の若者が、まともな価値観や人生観、モラルを持てなくなってきてしまった。
教育は荒廃する。家族、家庭は音をたてて崩壊している。
犯罪は激増。治安はどんどん悪くなる一方。

これに対して打つ手がない。
国の力を計ることが出来るのは、その国の文化力だといわれています。
日本の文化力の快復を大きく妨げているのが、
国のあり方を示す「憲法」そのものではないでしょうか。

28 :名無しさんの主張:2006/10/21(土) 00:48:19 ID:cRIskWH0
日本は正に危機的状況にある。

司馬遼太郎の歴史小説の中で、「世に棲む日々」という四冊ものの、
明治にかけていろいろ活躍した方々についての小説がありますが、
その第一巻で、司馬遼太郎は吉田松陰の叔父さんで
藩から命じられて吉田松陰を徹底的に鍛えた玉木文之進の口を使って
「侍とは作るものだ。生まれてくるものではない」と言わしめております。

新渡戸稲造他の方々が一斉に議論を開始した武士道は
不思議なことにほとんど皆日露戦争直前の明治三十年代初期、明治の危機の時代。

29 :名無しさんの主張:2006/10/21(土) 00:49:18 ID:cRIskWH0
戦後六十年。
どんな組織でも六十年たてば変わってきます。
どうすればいいんだ。
武士の誇りとは、自分の事は自分でする、他人には迷惑を掛けない。

もっと日本の若者たちに、自分の国の歴史に対して誇りを持たすこと。
自分の歴史に対して眼を向けさせる事をしなければ、いずれこの国は滅びる。

30 :名無しさんの主張:2006/10/21(土) 00:51:49 ID:aXQbq+Md
で、いつ頃の美しい日本に戻りたいわけ?
何時代?

31 :名無しさんの主張:2006/10/21(土) 00:51:52 ID:cRIskWH0
被害妄想で押し付け愛国心だとか一方的に批判する前に
大局的に、時代と世界との比較検討をすべきではないか。

32 :名無しさんの主張:2006/10/21(土) 00:52:19 ID:???
>>26-27
ネトウヨが発狂してるwwwwwwwwwwwww
訳分からん事言うなwwwwwwwwwwww

33 :名無しさんの主張:2006/10/21(土) 01:00:12 ID:cRIskWH0
正論に対してなすすべ無しか?
反対意見があるなら、聞かせてもらいたいな 狂人さん

34 :名無しさんの主張:2006/10/21(土) 01:03:36 ID:???
>>28-29 >>31
は?何言っちゃってるの?
頭大丈夫?
言ってる意味分からないんだけどwwwwwwwwwwwwwww

35 :名無しさんの主張:2006/10/21(土) 01:08:23 ID:???
>>33
どこが正論なんだwwwwwwwwww
反論するまでもねーよwwwwwwwwwwwwwww

36 :名無しさんの主張:2006/10/21(土) 01:17:38 ID:???
>>30
武士道って言ってるんだから江戸時代じゃないかと
もっとも武士ってごく一部の人間だけど

37 :名無しさんの主張:2006/10/21(土) 01:27:47 ID:???
とにかく、糞ウヨは、自分たちより下の階級・階層を作り出して
自分たちが甘い汁を吸いたいんだな。
だから、農民から搾取していた江戸時代を懐かしんだり、アジアの国々を植民地にしていた頃を懐かしむんだろう。


38 :名無しさんの主張:2006/10/21(土) 01:35:39 ID:???
>>37
ウヨだのサヨだの関係なくコイツは馬鹿

39 :名無しさんの主張:2006/10/21(土) 01:45:12 ID:aXQbq+Md
江戸時代でいいの?
江戸のとき、国といえば藩だったよな。
要するに、郷土を愛せよみたいなもんか? 
そんなら愛しているぜ。

40 :名無しさんの主張:2006/10/21(土) 01:50:24 ID:/ZbzeaGI
サよって、詰め込んだ知識も無ければ、考える能力も、理解力もないんだな〜

41 :名無しさんの主張:2006/10/21(土) 01:52:55 ID:FyEKeeMA
>>39
それはちょっと単純過ぎないか?
明治維新の説明がつかないし
当時の状況と今の状況も違うし


因みに俺はID:cRIskWH0じゃないぞw

42 :名無しさんの主張:2006/10/21(土) 01:54:43 ID:/ZbzeaGI
やばい、ゆとり教育はこれ程の弊害をもたらしてきたのかっ!

43 :名無しさんの主張:2006/10/21(土) 01:56:06 ID:/ZbzeaGI
本質的な事柄を取り上げているんだよ。上の論者は。
江戸が例としてでたら、ふーん、江戸になればいいのか、、なんて小学生じゃんかww

44 :名無しさんの主張:2006/10/21(土) 01:57:26 ID:???
>>41
単純だよな、やっぱ。
実は、どうしていいかさっぱりわからんのだよ。
んで、こうして質問してるわけよ。

45 :名無しさんの主張:2006/10/21(土) 01:57:57 ID:FyEKeeMA
>>45
多分

>>25 >>32 >>34 >>35 >>42

は同一人物

46 :名無しさんの主張:2006/10/21(土) 01:59:00 ID:FyEKeeMA
失敗・・・・orz

>>25 >>32 >>34 >>35

は全部俺だ

47 :名無しさんの主張:2006/10/21(土) 01:59:43 ID:/ZbzeaGI
>>45 残念。 別人。本質を述べているいい意見だと思うよ。

48 :名無しさんの主張:2006/10/21(土) 02:02:10 ID:???
>>45-47
かなりグダグダな展開になったwww

49 :名無しさんの主張:2006/10/21(土) 02:08:08 ID:FyEKeeMA
>>42-43
ん?
俺が言ったのは
江戸時代=郷土愛
って考え方についてだぞ?


俺に対して言ったのか分からないが・・・

50 :名無しさんの主張:2006/10/21(土) 02:12:43 ID:/ZbzeaGI
えと、郷土愛はいいと思う。
でも、現状は、愛国という言葉に過敏になってるだけにしか見えない。
一点が全て負と見なせば、そこから学べる事は何も無いよ。

51 :名無しさんの主張:2006/10/21(土) 02:16:52 ID:???
>>47
どの意見?

52 :名無しさんの主張:2006/10/21(土) 02:22:48 ID:FyEKeeMA
>>50
え〜と・・・
俺に対して言ってる訳じゃないよなw
このレスはスルーしてくれw


53 :名無しさんの主張:2006/10/21(土) 02:44:42 ID:???
郷土といえば良い印象を与えるが、表面上は問題がないように見えても、本質的には暗黒の世界であることが多いぞ?
まぁ、愛国心を植えつけようとするよりはマシかな…

54 :名無しさんの主張:2006/10/21(土) 06:03:33 ID:???

実質的に中・韓に完全敗北した小泉純一郎(爆笑)
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1161377920/l50




55 :名無しさんの主張:2006/10/21(土) 07:46:15 ID:mztMQ3po
国を愛する心は必要。
この愛がなかったら、日本は崩壊するだろう。

56 :名無しさんの主張:2006/10/21(土) 11:09:00 ID:???
        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;Yヽ、
      /;;;;;;┌--‐""""ヾ,ヽ
    /:::::;;;ソ         ヾ;〉
    〈;;;;;;;;;l  ___ __i|
   /⌒ヽリ─| -・=-H -・=-|!
   | (     `ー─' |ー─'|
   ヽ,,  ヽ   . ,、__)   ノ!
      |      ノ   ヽ  |  
      ∧    トェェェェイ /  < 国民が国を 愛するのは当然だ、国民がトヨタを愛するのも当然
    /\ヽ         /    
  / \ ヽ\ ヽ____,ノヽ


57 :名無しさんの主張:2006/10/21(土) 11:14:13 ID:???
御手洗冨士夫(キャノン)経団連会長の就任挨拶 

私は、真の愛国心は、偏狭な排外主義や軍国主義とは全く無縁なものであり
社会人、国際人の精神的よりどころとして、幼いときから育むべき重要なこころであると確信しております。

国を愛する心とは経団連を愛する心であるということですね


58 :名無しさんの主張:2006/10/21(土) 14:46:23 ID:4bbaBczC
どうも日本は偉くなるとやたら愛を求めるようだ。会社愛なんて、なんでビルと机
を愛さなければいけないのか?
ジャイアンツ愛なんていう人もいたなあ、なんで読売を愛さなければいけないの?


59 :名無しさんの主張:2006/10/21(土) 15:09:36 ID:???
>>58
  ____________ノ|
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;<ノ|
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
  |;;;;;;;;;;;/三────;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>
  |;;;;;;;;;;;|∠二二ゝ ヽ二二|
  |;;;;;;;;;;;|三く( ()   ( ()ノ|ヽ
  |/⌒ヽ|三     \   ソ
   |б三三   _ ̄  | / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ヽ三/三   ̄ ‐ ̄ /< もう終わりだ…ジャイアンに殺されるぞ・・・
    /ヽ\       /  \____________
    ゞ::  \_____/


60 :名無しさんの主張:2006/10/21(土) 18:01:42 ID:???
○○○の車だけは買わないと心に決めている。

61 :オナニー革命:2006/10/21(土) 22:56:18 ID:WVDkiI6v
愛オナニー心こそ人類に必要!!

62 :普通の人:2006/10/21(土) 23:02:43 ID:???
どの様な対象に愛情もって接するかはその時々で人それぞれ違う
こんな腐れ国家に愛情を持てだぁ?
いいかげんにしろ
お前らは愛されるような国民の扱いをして来たのか
寝言は寝てから言えキチガイ

機能しないどころか、害悪を押し付け、その上愛せよ????

こんな国は死ねこんな国は死ねこんな国は死ねこんな国は死ねこんな国は死ね
こんな国は死ねこんな国は死ねこんな国は死ねこんな国は死ねこんな国は死ね
こんな国は死ねこんな国は死ねこんな国は死ねこんな国は死ねこんな国は死ね
こんな国は死ねこんな国は死ねこんな国は死ねこんな国は死ねこんな国は死ね
こんな国は死ねこんな国は死ねこんな国は死ねこんな国は死ねこんな国は死ね
こんな国は死ねこんな国は死ねこんな国は死ねこんな国は死ねこんな国は死ね
こんな国は死ねこんな国は死ねこんな国は死ねこんな国は死ねこんな国は死ね
こんな国は死ねこんな国は死ねこんな国は死ねこんな国は死ねこんな国は死ね
こんな国は死ねこんな国は死ねこんな国は死ねこんな国は死ねこんな国は死ね

これが妥当だ
愛されたいならそれ相応の努力をしろ
他人に愛する事を強要するモテナイ君みたいなマネは迷惑だ死ね

63 :名無しさんの主張:2006/10/22(日) 00:02:28 ID:4V4JOZgr
>>24
今はその逆で、捏造した話まで持ち出して嫌いにさせる教育が
行われている。
だから、事実を書いて、解釈は両論併記にしてもいいし、一方の
立場の教科書があれば、もう一方の立場の教科書もあっていいと。

>>25
何でそう思うの?

64 :名無しさんの主張:2006/10/22(日) 00:04:55 ID:4V4JOZgr
>>62
どんな国でも自分の国を愛する気持ちはあるものだ。
ただし、教育がゆがんでいると、その気持ちも倒錯したものになる。
で、君はなぜ日本を腐れ国家だと思うんだ?

65 :名無しさんの主張:2006/10/22(日) 00:17:42 ID:???
>>63
日本の憲法は、平和主義なんだけど
頭大丈夫?

66 :25:2006/10/22(日) 16:09:17 ID:Uxwv8SDe
>>63
え〜と・・・ゴメン
メール欄、見てくれ・・・

因みに、そのコメントは
何かの本の紹介に書いてあったのを
そのまま書いたもの
多分トンデモ本・・・

67 :名無しさんの主張:2006/10/22(日) 16:11:47 ID:???
>>65
いや、お前の頭が心配だよ・・・

68 ::2006/10/22(日) 16:15:35 ID:???
一般的には憲法の3大原則を知らないおまえ。

69 :名無しさんの主張:2006/10/22(日) 16:16:50 ID:???





      

70 :名無しさんの主張:2006/10/22(日) 16:41:27 ID:Gq4DoTv8
教育がゆがんでいるという意見の人もいるようだが、いったい何をもってゆがんで
いると言っているのであろうか?理解に苦しむ。

71 :名無しさんの主張:2006/10/22(日) 17:00:49 ID:???
>>68
うわぁ・・・

72 :名無しさんの主張:2006/10/22(日) 17:05:14 ID:???
>>68
>今はその逆で、捏造した話まで持ち出して嫌いにさせる教育が
>行われている。
>だから、事実を書いて、解釈は両論併記にしてもいいし、一方の
>立場の教科書があれば、もう一方の立場の教科書もあっていいと。

            ↓

>日本の憲法は、平和主義なんだけど
>頭大丈夫?

            ↓

>いや、お前の頭が心配だよ・・・

            ↓

>一般的には憲法の3大原則を知らないおまえ。

            ↓
>うわぁ・・・               ←今ここ

73 :名無しさんの主張:2006/10/22(日) 17:28:03 ID:???
>>62
いや、愛国心ってのは官僚群や政治屋まで愛する必要ないから。
むしろ国に集ってるそういう害虫を叩き出す原動力にも成り得る。

それをインターナショナルとか対外的なものを軸に話したほうが偉いと思ってるのか受けると思ってるのか、
妙なブランド意識だかどこかの電波だかをぶちまけるサヨクって何なの?


74 :名無しさんの主張:2006/10/22(日) 17:36:15 ID:???
国しかすがるものが無い人が急増してんのかね。哀れ。
もっとオマ○コにすがれよ。
オマ○コ > 国
冗談でいってんじゃーぞ。

75 :名無しさんの主張:2006/10/22(日) 17:42:39 ID:???
>>73
福島が安倍に言われてね


76 :名無しさんの主張:2006/10/22(日) 17:46:21 ID:???
>>74
普通の人>>>>>厨房>>>>>オマ○コにすがる人間

77 :名無しさんの主張:2006/10/22(日) 18:14:07 ID:???
21 :名無しさんの主張 :2006/10/20(金) 18:16:41 ID:sJKIzNoF
馬鹿野郎!!!
世界中で日本ほど愛国心のない国民食わせてる国があるかあ〜〜〜ッ!!!!
スポーツ大会の時だけ「ニッポンニッポン!」いうなボケ!!!
てめえらキタチョウセンへ留学してこい!!!



22 :名無しさんの主張 :2006/10/20(金) 18:22:59 ID:jl7uJAjX
自分達が作ったと言う実感、自分達が作っているという実感
この両者とも残念ながら日本にはない。愛国心はあまり強くないと思うが、
郷土愛なら、けっこうあるようなきがする。

24 :名無しさんの主張 :2006/10/20(金) 18:49:30 ID:???
>21
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1161071080/l50

>>22
確かにそうかもしれないが、郷土に対する真相を認識すれば、嫌いになるかも?



63 :名無しさんの主張 :2006/10/22(日) 00:02:28 ID:4V4JOZgr
>>24
今はその逆で、捏造した話まで持ち出して嫌いにさせる教育が
行われている。
だから、事実を書いて、解釈は両論併記にしてもいいし、一方の
立場の教科書があれば、もう一方の立場の教科書もあっていいと。

          ↑↑↑
????????????????????????????????????

78 :67:2006/10/22(日) 18:31:21 ID:???
>>77
俺も気になったw

多分

>郷土に対する真相を認識すれば、嫌いになるかも?

            ↓

>今はその逆で、捏造した話まで持ち出して嫌いにさせる教育が
>行われている。

て、事じゃないか?

79 :77:2006/10/22(日) 18:36:01 ID:???

訳が分からないレスでまともにレスしてもらおうと考えるんだから、アレだよな。



80 :67:2006/10/22(日) 18:55:38 ID:???
ID出してないから
どう言う状況なのかさっぱり分からんw
誰がどのレスなのかも分からんw

81 :名無しさんの主張:2006/10/22(日) 18:56:10 ID:lWp/EU3K
出てなかった・・・orz

82 :名無しさんの主張:2006/10/22(日) 19:20:38 ID:pwMGkLQ4
右翼がビジネススーツ着て駅前で演説する世の中が平常だと?

83 :名無しさんの主張:2006/10/22(日) 23:03:37 ID:???
>>82
サヨだって同様に喋れるんだから、言論の自由が保証された良い時代じゃないか。

それとも駅前の風景は天安門前みたいなのががお好みか?
うわさじゃデモ隊の血も吸って赤の広場になっちゃったとかw


84 :名無しさんの主張:2006/10/22(日) 23:47:19 ID:???
>>82
なんか和むな・・・
街宣車よりマシだろw

85 :名無しさんの主張:2006/10/24(火) 00:10:04 ID:s/EzhZe6
教員というとすぐ日教組のことを問題にするが、そもそも日教組って教員の何%
かしらないが、それほど多いとは思えない。ごくごく少数ではないのか?
その少数の与えてる影響なんて微々たるもんだろう。
なんでそんなに問題にするのかわからん。

86 :名無しさんの主張:2006/10/24(火) 00:30:40 ID:???
組合が嫌いなんだよ。
経営者を擁護する基地外が、右翼なんだよ。
今の自民党の中枢にも右翼がウヨウヨ(笑)

87 :名無しさんの主張:2006/10/24(火) 17:35:19 ID:???
>>85
DQN教師が一人居ればクラスが汚染されるし、式典や行事での振る舞いは全校レベルの問題になる。
何よりそこで育ててるのは人間で、代品で弁償するとか効かないわけ。
例えマンツーマンでも偏向教師は排除すべき。

そいつに勤続年数*クラス人数で千人以上も受け持たせるなんて狂気の沙汰。

>>86
労働組合が本来の業務を行う分には否定しないけどさ。むしろ応援しちゃう。
教員の権利って何を教えるかまで含まれてるんですかね?


88 :名無しさんの主張:2006/10/24(火) 20:37:58 ID:s/EzhZe6
>>87 そうかなあ。人にはいろんな考え方があるし、いろんな生き方がある。
ある考え方を完全否定して批判するのは、どうかな。
「クラスが汚染」そう考えるのは、あなたの考えだし、果たして汚染されてるかどうか
は、誰が決めるの?

89 :名無しさんの主張:2006/10/25(水) 01:08:17 ID:???
全体主義者の基地外ウヨに何を言っても無駄だよ。
私立に行けば、全体主義教育から逃れられるだろうか。

90 :名無しさんの主張:2006/10/25(水) 01:43:43 ID:bEFuDiKt
愛国心イコール戦争的な物の考えこそが、情報操作。
愛国心はあたりまえの感情です。
自分の育った土地、故郷を愛する気持ちと一緒のこと。
これが欠けると、その土地は、無秩序化、人心までもが崩壊する。
反日主義者の陰謀でしかないということだ。
自分を育んだ土地を愛する心は忘れてはいけません。

91 :テレビ局各社は現在も盗聴中:2006/10/25(水) 01:47:52 ID:W7DZVfOJ
>>90
愛国心が必然ならば反日主義者なんて居ないだろ
何を矛盾した事を書き込みしているのだ?
存在してもなんら異常ではないならまだしも
強要するつもりか?

92 :名無しさんの主張:2006/10/25(水) 01:58:27 ID:bEFuDiKt
>>91
矛盾でもなんでもない。
現に自分の故郷を愛する気持ちに対して、反対と言ってる奴がいることが
何者かの意図なのだ。きづけ。
強要などしてない。いましめているだけだ。
自分の愛する国、土地に感謝があるなら自国を破壊するようなことは、
言わんだろうということだ。愛国心の有る奴は、国民のためになる行いを
する。それを嫌う第三者がいるだけだ。

93 :名無しさんの主張:2006/10/25(水) 02:15:06 ID:ZMEfk7F7
>>91
愛国心を悪として、反国家主義的な教育をする政治思想組織、日教組
が教育の中枢を握っていたんだから当然。

94 :名無しさんの主張:2006/10/25(水) 02:15:32 ID:xBhUzSur
>>92
自国を破壊するようなことを言うのもその人なりの愛国心の現れだと思う。
自分の考えと違う人を意見を戦わせるのは良い事だが、排除しようとするのは
いいことではない。


95 :名無しさんの主張:2006/10/25(水) 02:16:27 ID:ZMEfk7F7
・岩井章【日本教職員組合制度検討委員】
「教育というものについて私がたえず思っているのは、教育は思想と関係ないといういわば
『教育の中立性』をどうしても主張せざるをえないという面もあるが、しかしこれはじつは
非常に大きな偽りで、教育はやっぱり思想の問題だということです。
日本は資本主義の国だからそういう『中立性』によって反動思想の及んでくるのを食い止
めるのが精一杯。
だがあの国(北朝鮮のこと)では根本的に知育、体育、徳育の三つを強調する。
その根本になっているのは人間の尊重だ。
そして社会主義、共産主義の思想を子供のころからほんとうにあらゆる形で討論したり、
議論したりしている。私はこのことをまず非常に印象深くみたのです。」
出典元:1972年12月号『世界』より
【踊る埴輪より】「教育とは共産主義思想を注入することだ」という本音を図らずも
暴露しています。



96 :名無しさんの主張:2006/10/25(水) 02:18:17 ID:ZMEfk7F7
「そもそも、日教組は政治団体です。
特定の政治イデオロギーを唱えて行動して、選挙でも特定の政治団体の候補者支援に活発に
動くという団体、そういう団体が教職員の大きなグループとして教育界を牛耳り、動かして
いるということ自体が、国としては深刻な病気の状態といえるかもしれません。」古森

「朝日新聞の大研究」稲垣武・井沢元彦・古森義久


97 :名無しさんの主張:2006/10/25(水) 02:31:18 ID:xBhUzSur
>>96 人間だから政治信条はみんなもっている。活動してなにが悪いのか?
政府の都合よく動く人間の方が、もっと最低というか、いないほうがいいと
思うが。

98 :名無しさんの主張:2006/10/25(水) 02:32:48 ID:ZMEfk7F7
>>97
教育は中立であるべきで、特定の政治思想を注入する道具にする
などもってのほか、というのが普通の考えだ。

99 :名無しさんの主張:2006/10/25(水) 02:34:09 ID:ZMEfk7F7
しかも、国家という共同体を支える上で一番重要な愛国心を否定
するような政治思想ならなおさら弊害は大きい。

100 :名無しさんの主張:2006/10/25(水) 02:35:46 ID:ZMEfk7F7
しかも、自然状態では個々の政治思想があるはずだが、日教組は政治
団体であるが故に組合員にはその思想が刷り込まれる。

101 :名無しさんの主張:2006/10/25(水) 02:38:35 ID:ZMEfk7F7
日教組が政治団体、といういことの意味がこれではよくわからないかも
しれないけど、そもそもあの団体は共産党系の組織と社会党系の組織が
合体してできたものなんだよね。

102 :名無しさんの主張:2006/10/25(水) 03:13:51 ID:???
ID:ZMEfk7F7←連投&思考停止基地外はやっぱり糞ウヨでしたとさ(大爆笑)

103 :名無しさんの主張:2006/10/25(水) 03:17:34 ID:ZMEfk7F7
>>102
思考停止は君だろ。

104 :名無しさんの主張:2006/10/25(水) 05:42:26 ID:xBhUzSur
>>ID:ZMEfk7F7 教育は中立であるべきというのは、その通りだと思うが、政治思想
を入れているのは、日教組だけではない。現政府(自民党)も教育に政治思想を
持ちこんでいる。つまりお互い様、いいかげんな話だが、政府が右翼なら左翼の
日教組がいて、丁度いいんでないかな。
愛国心の否定は、愛国心だけが愛国心ではないという考えだ。つまり、別の考え方、
表現の仕方がちがう、その人なりの愛国心であって、現政府の都合のいい考えをする
ことが=愛国心だと勘違いする傾向があるが、これこそまちがっている。

105 :名無しさんの主張:2006/10/25(水) 06:13:37 ID:FuJMJnRj
A.愛国心=愛国土・愛国民の心
B.愛国心=愛国家・愛政府の心

106 :名無しさんの主張:2006/10/25(水) 06:17:17 ID:???
>>104
逆、サヨク教師が左に流してるから、真ん中に寄る様にしてるんだよ。
そもそも政治思想なのか?愛国心って。 
政治思想のタネとは思うけど何色の花が咲くかはわからない存在なんだが。


107 :名無しさんの主張:2006/10/25(水) 06:29:01 ID:j2qhBK2H
>>104
政府が政治思想を教育に組み込んでいるとは思わない。
愛国心などのことを言っているとすれば、これは政治思想以前の問題で
国民国家の市民として当然のことを教育しようというだけのこと。

108 :名無しさんの主張:2006/10/25(水) 06:30:33 ID:j2qhBK2H
>>104
その証拠に、どこの国のどのような政治体制の国でも国への忠誠心
は説いている。

109 :名無しさんの主張:2006/10/25(水) 06:38:28 ID:xBhUzSur
>>107 政府が教育に政治思想を持ちこんでいると思わないのか?
   では同じ事を、日教組にも言えると思うが。


110 :名無しさんの主張:2006/10/25(水) 06:45:47 ID:j2qhBK2H
市民社会では、公の普遍的な利益の追求が一般意志と言われ、個人の
特殊意志とは区別される。
そして、個人においても一般意志を持つことを求められ、これがいわゆる
パブリックマインドという奴だ。
つまり、普遍的利益を自分の利益として捉えることが求められるという
わけで、自分が一般意志と考えていた政策も採用されなければ、実は
一般意志ではなかった、ということになる。

「われわれの各々は、身体とすべての力を共同のものとして一般意思の最高の
指導の下におく。
そしてわれわれは各構成員を、全体の不可分の一部として、ひとまとめとして
受け取るのだ」
「市民はすべての法律、彼が反対したにもかかわらず通過した法律にさえ
、またその一つに違反しても罰せられるような法律にさえ、同意しているのだ。
国家のすべての構成員の普遍の意思が、一般意志であり、この一般意志に
よってこそ、彼は市民となり、自由になるのである。
(略)
わたしの意見に反対の意見が勝つ時には、それは、わたしが間違っていた
こと、わたしが一般意志だと思っていたものが、実はそうではなかった、
ということを証明しているに過ぎない。」
「社会契約論」ルソー

111 :名無しさんの主張:2006/10/25(水) 06:47:43 ID:j2qhBK2H
公共的利益を自分の利益とするには、その共同体に対する愛がなければならない。
たとえば、どこの国にも国防義務を国民は課せられている。
国を防衛することが公の利益として、個人が義務を負わされる。
個人は共同体を守ることが自分の利益でもあるからこそ義務に従うことが
できるし、またそうでなければならない。
これが市民社会の中の市民だ。
そして、共同体のために命までかけるわけだから、当然愛がなければそんな
ことはできないわけで、だからこそどこの国でも国家に対する忠誠や愛国心
が教育の中で説かれる。

112 :名無しさんの主張:2006/10/25(水) 06:50:54 ID:j2qhBK2H
>>109
日教組は共産主義イデオロギーを教育に持ち込んでますが、国家が
どのようなイデオロギーを持ち込んでるんです?
国を愛すること、というのは政治思想ではなく、どの政治体制にも
共通するものだと思いますが。
共産主義でも、革命が成功すれば愛国心を説くわけですから。

113 :名無しさんの主張:2006/10/25(水) 07:08:49 ID:chP/MXU6
愛国心ってのは普通
学校で教える物なんじゃないのかなぁ・・・

114 :名無しさんの主張:2006/10/25(水) 10:41:07 ID:Z9wr7Q5z
国というものはアプリオリに存在するものではない。
まず人間があって、その人間が国を作ったのだ。
国は、人間が自分たちの便宜のために作った道具でしかない。
ただ、道具だからといってそれを愛する心がないわけではない。
自分の車のことを「愛車」というだろうが。
ドライバーが愛車を大切に使い、メンテするように、愛国心とは
自分たちの道具たる国に愛着をもち、大切にし、これをよりよく
していこうとする心のこと。


115 :名無しさんの主張:2006/10/25(水) 13:24:27 ID:xBhUzSur
少なくとも愛する心が出るためには、自分で作ったという意識、参加していると
いう意識が必要だが、まったく今の日本にはない。
まず、これらを改革するのが先だと思うが。

116 :名無しさんの主張:2006/10/25(水) 13:33:27 ID:Z9wr7Q5z
政府与党が国民はねといてくれたらいい、という意識だし
政府与党自身が日本国憲法はアメリカの押しつけで
自主憲法制定とかほざいてるくらいだから・・・
今の国を自分たちが作っているという意識を国民が持つことは困難かも


117 :名無しさんの主張:2006/10/25(水) 14:20:37 ID:ay7Ejkci
>>115-116
自国の歴史に興味がない(知らない)から
>自分たちが作っているという意識
が、無いのかもね

118 :名無しさんの主張:2006/10/25(水) 15:14:38 ID:xBhUzSur
>>117 歴史とはあんまし関係ないような気がするけど。
   政治に参加できる仕組みや自分達の意見の実現性がないからではないかな。
   ほとんど、上(政府)で決めて、あとで賛成・反対だけいうというシステム。
   

119 :名無しさんの主張:2006/10/25(水) 15:41:22 ID:ay7Ejkci
>>118
ああ・・・・それは確かにあるな・・・

ただ、歴史を知るという事は愛国心を育むと思う。
自国の歴史を知れなければ愛国心も何もない。

愛国心が無ければ当然、政治に参加しようとも思わないし
自分の意見なんて当然無い(自分の生活に関わる物は別)

そうなると、自分が作ってる意識も参加している意識も
薄れるてくるんじゃないかな・・・(自分の事しか考えてない為)

・・と、俺は思う

120 :名無しさんの主張:2006/10/25(水) 16:15:48 ID:Z9wr7Q5z
知れば知るほど日本のことを嫌いになる教育がなされております

121 :名無しさんの主張:2006/10/25(水) 16:29:03 ID:???

頼みの綱のアメリカからも批判が出ている、糞ウヨ史観(大爆笑)

122 :名無しさんの主張:2006/10/25(水) 16:56:10 ID:xBhUzSur
>>119 愛国心というと右翼も左翼も必ず歴史を持ち出す。
もうその時点でそれぞれの考えかたもあるから、ごちゃごちゃになる。
嫌になるだけである。歴史は持ち出さない方がよい。
すくなくとも我々は生まれて国はすでにあったのだ。歴史は知らなくとも国は
あるのだ。

123 :名無しさんの主張:2006/10/25(水) 17:06:12 ID:Z9wr7Q5z
そうだな。今の日本に愛着をもたなきゃ。

でも愛国愛国とやかましぃヤツに限って今の自由・民主・平和主義の
日本が嫌いで戦前戦中に回帰したがるバカが多い。

124 :名無しさんの主張:2006/10/25(水) 18:02:46 ID:???
>>122
頭、大丈夫?(大爆笑)

125 :119:2006/10/25(水) 20:17:31 ID:kS1rZqNJ
>>122
結局、そこが問題だよな・・・
少なくとも、今の歴史の教え方は
間違ってると思うが・・・

>すくなくとも我々は生まれて国はすでにあったのだ。歴史は知らなくとも国は
>あるのだ。

確かにその通りだが、それだと自分の生活しか考えない人間になる・・・

126 :名無しさんの主張:2006/10/25(水) 21:03:57 ID:???
>>122

>>125

おまえらの話が噛み合ってないんだけど。
頭、大丈夫?(爆笑)

127 :名無しさんの主張:2006/10/25(水) 21:11:15 ID:kS1rZqNJ
>>126
>愛国心というと右翼も左翼も必ず歴史を持ち出す。
>もうその時点でそれぞれの考えかたもあるから、ごちゃごちゃになる
           ↓
>結局、そこが問題だよな・・・
>少なくとも、今の歴史の教え方は
>間違ってると思うが・・・















お前のキャラ、もう飽きたよ・・・(ばくしょ〜)

128 :名無しさんの主張:2006/10/25(水) 21:14:04 ID:RlpVaJoJ
こんなキモい国愛せる奴は精神障害者及び身体障害者及び知的障害者
死ね


129 ::2006/10/25(水) 21:15:34 ID:???
そんなに発狂するなよ・・・














日本人じゃないんだから

130 :名無しさんの主張:2006/10/25(水) 21:38:15 ID:S0grnUUi
小難しいことはいい。公立の学校の教育理念が嫌なら、自身の思想に合う私立にゆくなり、北朝鮮や中国に反日教育機関自分で勝手に創るなりしてくれ。

131 :名無しさんの主張:2006/10/25(水) 22:38:07 ID:???
>>127
捏造大好き糞ウヨの真骨頂というところか(大爆笑)

>>122歴史は持ち出さない方がよい。⇔>>125 結局、そこが問題だよな・・・
                 少なくとも、今の歴史の教え方は
                 間違ってると思うが・・・




糞ウヨは、アメリカに敗戦続きだったにもかかわらず
連戦連勝と捏造し続けた歴史があるからな。
歴史・事実からは目を背けたいのだろう(大爆笑)

132 :名無しさんの主張:2006/10/25(水) 23:20:41 ID:j2qhBK2H
国家が国家の役割を果たし、共同体が維持されるには、個々人に
社会性がなければならない。
社会性を養う教育をせずに、犯罪を犯したからと言って逮捕し、罰する
のは理不尽でしょう。
同じように、個々人は普遍的利益を考えなければならない。
そのためには共同体への愛を養う必要があり、それをせずに国民が
国家に関心を持たない、普遍的利益を考えずに個人的な利益しか
考えない、国のあり方、政治に関心を示さないから政治が腐敗したと
嘆いても仕方がない。
だから、国民国家の市民として最低限必要な資質は義務教育で養って
いかなければならない。
そして、民主的手続きを経て選ばれた政府が議会に図って教育に
必要な基本法を定め、実施する。
国民に支持されていない政党が、その基本法に反するような政治思想
を裏口から導入するなんていうのはあってはいけない。

133 :名無しさんの主張:2006/10/25(水) 23:29:54 ID:j2qhBK2H
>>122
日教組的な歴史教育を受けた人たちに対するアンケートで、日本を好きに
なったか、嫌いになったかと聞いたところ、大半が嫌いになったとのこと。
それが、国家と自分を対立的に考える、もしくは無関係なものと考える
原動力になっている。
その歴史教育の中では、国家は常に個人と対立するもの、搾取する側、
民は搾取される側という、階級対立の観点から描かれるから。
これではどうしても、国家は自分たちが作るものだとは思えないし、
愛せるはずもない。
歴史教育はまず、客観的事実を書く、ということが基本になければ
ならないと思うし、思想による解釈を持ち込むなら、両論併記の形で
他の説も紹介したり、偏らない配慮が必要だと思う。

134 :名無しさんの主張:2006/10/25(水) 23:34:01 ID:j2qhBK2H
>>123
自由だ民主だと言ってる連中が、逆に言論封鎖したり、多様性を認めて
いないわけで、戦争を指導したのも寝返り左翼だったりする。

135 :名無しさんの主張:2006/10/25(水) 23:38:26 ID:j2qhBK2H
「『教育の中立性』をどうしても主張せざるをえないという面もあるが、しかしこれはじつは
非常に大きな偽りで、教育はやっぱり思想の問題だということです。
日本は資本主義の国だからそういう『中立性』によって反動思想の及んでくるのを食い止
めるのが精一杯」

これって、マルクス主義が絶対の善で、それ以外は反動思想として
退けるもの、という考えから出てくるものですよね。
つまり、多様性など認めていないし、自由だ何だと左翼が言うのは、方便
に過ぎないということ。

136 :名無しさんの主張:2006/10/26(木) 00:06:07 ID:???
同じIDで連投基地外右翼のID:j2qhBK2Hがまた登場です

137 :名無しさんの主張:2006/10/26(木) 00:22:39 ID:f1GsdsTT
>>136
やかましいわハゲ。

138 :名無しさんの主張:2006/10/26(木) 02:55:46 ID:???
とにかく、ダラダラ長く書くなよ
読む気がうせるわ

139 :名無しさんの主張:2006/10/26(木) 06:59:57 ID:fjM7cBVf
>>133日本を嫌いになる、それはそれでいいじゃないですか、あなたたちの意見とは
ちかうかもしれないが、それもまた愛国心の1つの表現であると俺は思う。
自分達と180度ちがう愛国心も存在するということだ。お国の為なら死ねると言う
人間だけが愛国心を持っているのではない。(これは認めてくれるよな)
逆に国のためなんかには死ぬのは嫌だというのも愛国心だと思う。

140 :名無しさんの主張:2006/10/26(木) 10:12:44 ID:???
>>131
発言した本人が言ってるのに捏造って・・・
頭大丈夫か・・・?

141 :名無しさんの主張:2006/10/26(木) 10:15:59 ID:uvGUJqXF
>>139 表現はどうかと思うが分かる気はする。
 反日の共産・社民連中だって愛国心があるからこそ日本を彼らの理想とする
共産主義社会へと革命したいと思っているんだ。
 国をよくしていきたい、という気持ちは奴らの方がそこいらの政治に無関心
自分のことだけにしか興味ナシのノンポリ連中よりはよっぽどもっている。
 その向かう方向が言い悪いは別にしてな

142 :名無しさんの主張:2006/10/26(木) 10:45:29 ID:???
212 名前:名無しさんの主張[age] 投稿日:2006/10/25(水) 22:55:24 ID:???

   右翼は、アメリカに負け続けていたにもかかわらず、連戦連勝と情報を捏造していた基地外集団(大爆笑)

218 名前:名無しさんの主張[sage] 投稿日:2006/10/26(木) 02:02:48 ID:???
   ID:j2qhBK2H=ID:f1GsdsTT

   基地外ウヨがIDを変えた模様

15 名前:名無しさんの主張[age] 投稿日:2006/10/22(日) 20:19:24 ID:???

   DQN発言連発で、中国・韓国に完全敗北した小泉純一郎(大爆笑)

20 名前:名無しさんの主張[age] 投稿日:2006/10/23(月) 22:53:53 ID:???

   こいつを評価する発言は、頭悪そうな奴からしか出てこないから不思議(爆笑)

24 名前:名無しさんの主張[age] 投稿日:2006/10/24(火) 20:21:12 ID:???

   またこの負け犬が口を挟んできた(大爆笑)


http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1161377920/l50

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1161071080/l50

全部IDが???だな・・・
多分、引きこもりでかなりのビビリだと見た(大爆笑)

143 :名無しさんの主張:2006/10/26(木) 10:51:12 ID:7yRhyJpb
「武士道」

・見識ある普通の人間の見方
名誉 克己 勇 仁 礼 忠孝 義

・アホ系左翼の見方
封建 の一点のみ

明治は武士道の見直しで持ち直した。
日本の倫理観、美意識を軽視すれば、弱体化、荒廃するのみ。
歴史が証明している。

伝統を重んじようとする国の方針は正しい。
少なくとも趣旨は。

ちなみに、中華などでは武士道に日本軍を連想するのか悪とされる意見が多々ある。
(捏造歴史しか知らないので、この大きな誤解は仕方ないと言える。)
アホ系左翼は奴らの手下なので反対するのは分かるがw
(これらは単にアホ)

144 :名無しさんの主張:2006/10/26(木) 10:55:05 ID:qw3jlsrS
3 名前:名無しさんの主張[] 投稿日:2006/10/21(土) 11:27:40 ID:SGZ6bs9l
  かわいそうに・・・
  誰も相手にしてくれないのか・・・(;´Д`)

4 名前:名無しさんの主張[age] 投稿日:2006/10/21(土) 14:13:57 ID:???
  そんなことないよ
  だって楽しいもの(爆笑)

5 名前:\_____/[age] 投稿日:2006/10/21(土) 14:34:34 ID:???
       ∨
      (*_*、)ヾ(- - ) ヨシヨシ



笑ったwww

145 :名無しさんの主張:2006/10/26(木) 10:59:03 ID:uvGUJqXF
何が武士道や
笑わせてくれるやんけ
武士道なんかは武士の道やろ
日本に武士なんかおりまへんで。おるゆうたら自衛隊員くらいちゃうか?
日本にホンマに大事なんは商人道(あきんどどう)や


146 :名無しさんの主張:2006/10/26(木) 11:02:06 ID:7yRhyJpb
「歴史が証明している」
「精神論が論じられている」
「・見識ある普通の人間の見方
名誉 克己 勇 仁 礼 忠孝 義」

フウ、アホ相手は疲れる

ちなみに、武士道は外国でも研究対象になっている。
それ程すばらしいという評価を受けている。

147 :名無しさんの主張:2006/10/26(木) 11:04:12 ID:7yRhyJpb
アホ系左翼は、アホということで一蹴して良い。

148 :名無しさんの主張:2006/10/26(木) 11:08:31 ID:uvGUJqXF
>>146 ドイツ以外の国でナチスやヒトラーの研究をするヤツがいたら
ナチスやヒトラーはすばらしいということになるのか?
 マルクスやエンゲルスは各国で研究されているがこれはマルクス主義が
すばらしいということの証左か?

149 :名無しさんの主張:2006/10/26(木) 11:14:23 ID:???
武士道と騎士道の違いを教えてくれ>>146

150 :名無しさんの主張:2006/10/26(木) 11:15:50 ID:uvGUJqXF
騎士道は女に優しいが武士道は女に冷たい

151 :名無しさんの主張:2006/10/26(木) 12:20:10 ID:ppZ50iL5
日本人なら日本政府を愛せよ!
ひいては自民党と公明党を愛すべき


152 :名無しさんの主張:2006/10/26(木) 12:22:38 ID:???
151 :名無しさんの主張 :2006/10/26(木) 12:20:10 ID:ppZ50iL5
日本人なら日本政府を愛せよ!
ひいては自民党と公明党を愛すべき


153 :名無しさんの主張:2006/10/26(木) 12:34:24 ID:uvGUJqXF
創価学会員は神社に参拝することが宗教上禁止されているそうですね

154 :名無しさんの主張:2006/10/26(木) 14:52:04 ID:fjM7cBVf
>>151 >>152 こんな馬鹿な愛国心を考えるやつがいるから、
愛国心というと、アレルギー反応が起きるのだ。

155 :名無しさんの主張:2006/10/26(木) 14:53:08 ID:x8Jmh+K4

http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/saku2ch/1157059235/l20




156 :ホッシュジエンの国内ニュース解説:2006/10/26(木) 19:45:02 ID:diNXc3kO
 安倍晋三首相の諮問機関である教育再生会議(野依良治座長)は25日、検討テーマを三つの
分科会に仕分けし、具体案づくりを加速させる体制を整えた。いじめ問題への対処も含めた
「学校再生」を最優先と位置づけ、来年1月までの方向付けを目指す。改革の成果を明示して
来年夏の参院選に臨む思惑もあり、にわかに短期決戦の様相を呈してきた。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡ミ    ___  __    教基法改正の内容は
  |ヽ  /|  ,,,,,,,,l /  / 以下の対照表でご判断下さい。
  |ヽ   | | ミ ・д・ミ/_/旦~~ 
  ⊥   |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ほかに解説のついた
  凵    `TT | ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l 分かりやすいサイトもあります。(・∀・ )

06.10.26 日経「教育改革、短期決戦へ・テーマ3分割で成果急ぐ」
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20061026AT3S2501N25102006.html
・現行教育基本法と「教育基本法改正案」の比較
http://seijotcp.hp.infoseek.co.jp/education.html

157 :名無しさんの主張:2006/10/26(木) 19:59:34 ID:???
到底認められるもんじゃないね。
国や郷土を愛することを強制なんてとんでもない。
これも全て糞ウヨと糞ウヨを甘やかしてきたバカ国民のせいだ。

158 :\__________________/:2006/10/26(木) 20:36:28 ID:???
            ∨
        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃

159 :名無しさんの主張:2006/10/26(木) 21:06:51 ID:l+E+qXuZ
日本はGHQの分断されたほうが良かったかも東日本と西日本て具合に。例えば東は共産主義シンパ西は保守親米ってな具合に。
これだけはっきり国家に関する考え割れているのだから日本を二つにするのもありだろう。

160 :\__________________/:2006/10/26(木) 21:07:08 ID:???
            ∨
        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃

161 :名無しさんの主張:2006/10/26(木) 21:30:32 ID:OzUTqbR3
>>141
連中のは愛国心じゃない。
北朝鮮関連の態度を見れば解るだろ。

向うが実行力を持たないときに金をやって、核実験やったとたんにだんまり。
物理的衝突が近づいた今こそ、手前らの言ってた談判で回避しなきゃならん事態なんじゃないのか?


162 :名無しさんの主張:2006/10/26(木) 22:40:25 ID:f1GsdsTT
>>139
いや、普通に教育すれば愛国心というのは生まれるんだけど、それを政治思想を
持ち込むことによって国家に関心がもてなくなってるんです。
民族的な共同体意識は心の底にあるんだけど、政治体としての共同体意識が希薄。
だから、政府が何をしようとどのような外交をしようと、自分に直接影響しない
限り、怒らない。
これは国民国家の市民としての態度ではないということ。
普通、歴史のある国では民族共同体としての帰属意識と政治体としての帰属意識は
一致してるもんなんだけど、日本の場合、その教育によってねじれが生じている。
愛国心はあっても、倒錯したものになってるんですよ。
だから、この教育に巣くっている政治団体にメスを入れる必要があるんです。

163 :名無しさんの主張:2006/10/26(木) 22:41:45 ID:f1GsdsTT
愛国心というのは二重構造になってて、歴史や文化を共有する民族として
の共同体意識と、政治的システムを共有する共同体としての意識がある。
普通は、民族共同体があって、それを核にして国家が生まれるんだけど
、国家の拡張にともなって異民族と同じ政治体に属するようになる。
この時点では、民族共同体としての愛国心はあっても、政治体としての
愛国心は行き渡ってはいない。
しかし、時を経て歴史や文化を共有するようになってくると、異民族間でも
共同体意識が生まれ、それが政治体としての愛国心となる。
日本は歴史が長い国だから、異民族であってもほぼ同一民族の意識になって
いて、民族共同体としての意識はあるんだけど、マルクス主義的な教育に
よって、政治体としての「日本」に対する帰属意識が薄い。
だから、国家が何をしようが、どのような政治、外交をしようが国民は自分
に直接影響しない限り怒らない。

164 :名無しさんの主張:2006/10/26(木) 22:42:13 ID:f1GsdsTT
しかし、心の底には民族共同体への愛国心はある。
だから、「日本」という国に関心がなくても、スポーツや様々なことで
「日本人」が活躍すると大喜びする。
国家に興味がないから自分でも愛国心がないと思っている者もいるが、
その心の底に普段閉じ込められている感情が、オリンピックなどの時に
ナショナリズムとして発露する。
中国などの場合、まだ民族間で文化が共有されているとは言い難く、民族間
の軋轢も多い。
だから政府は、それを一つにまとめるために政治的共同体としての愛国心
を根付かせようと必死になり、人間は同一の敵に対するとき最も一丸と
なるから、日本を仮想敵として反日を煽る。

165 :名無しさんの主張:2006/10/26(木) 22:44:51 ID:GUSJsbk3
ウヨ思想を持った若者を理詰めで追い詰めると
自殺に走る危険性もあるそうだ。
2ちゃんは彼らのオアシス的な存在だ。
日常のストレスを他に転嫁することで
何とか生きているんだ。
大人気ない態度は止めよう。
言わしてあげなさい。適当に反論してあげなさい。
同じ日本人じゃないか。
彼らだって分ってるんだよ。
これ以上ストレスの溜まる日本を作るべきでは無いことをね。
今より管理された社会になったら
誰が一番耐えられないか。
現実的な感覚で言ってるんじゃない。
理想的だと自分の頭で描いてみても
現実になったらたくさんの矛盾、
理想とはかけ離れた結果になるのが世の常・・・
それとは違う次元の世界の話をしてるんだよ。
聞いてやって欲しい。
助けてやって欲しい。
本心からそう思う。


166 :名無しさんの主張:2006/10/26(木) 22:44:55 ID:f1GsdsTT
>>157
共産党の人か?

167 :名無しさんの主張:2006/10/26(木) 22:46:10 ID:f1GsdsTT
>>165
サヨクの言う「理詰め」とは、たとえば>>157みたいなレス?

168 :名無しさんの主張:2006/10/26(木) 22:48:14 ID:f1GsdsTT
たとえば、特殊な日本の教育現場のあり方を変えるという話を「管理」
云々の話に摩り替えるのがサヨクの常套手段。

169 :名無しさんの主張:2006/10/26(木) 23:01:12 ID:???
>>165
基地外染みたレスだな・・・

170 :名無しさんの主張:2006/10/26(木) 23:32:04 ID:GUSJsbk3
こういう話は如何だ?
30,40年後、愛国教育を受けた子供たちが
どんな大人になるだろう? どんな社会を作るだろう?
例えば、上の世代を丁寧な尊敬語で批判するとか・・・
「あなた方世代は愛国心が無さ過ぎます」と
安易にただ刷り込まれただけの若者に批判されたりしてねww
自分では愛国心を持っていると思っていても
下の世代から見ればみんな一緒に括られて
腹を立てる奴もいるかもね。





171 :170:2006/10/26(木) 23:49:07 ID:GUSJsbk3
単純に言うと声高に叫ばれる”愛国心”ってのは
権力者に利用されやすいし、便利な言葉なんだよ。
愛国心の定義なんて人それぞれのなのに
それを定義付けしてしまうことが危ういんだよ。
その定義から外れてしまえば
その人間は愛国心が無いとされてしまい
集団から外されたり、迫害を受ける事もある。
でも実際はその定義された愛国心を強調する人間たちが
国を危うくしたり、駄目にしてしまう例を
人間は歴史で学んでいるはずだ。
日本だって経験済みのはずだ。

172 :名無しさんの主張:2006/10/26(木) 23:53:37 ID:f1GsdsTT
>>171
愛国心がなければ、国家に興味がもてず、よって政治家は好き勝手にできる。
他の国を見ればよくわかるはず。
たとえば、「教科書侵略→進出書き換え誤報事件」のようなことがあれば、他国
民ならば政府に対して激怒するはず。


173 :名無しさんの主張:2006/10/26(木) 23:55:14 ID:f1GsdsTT
また、愛国心というのは、国の文化や歴史、民族、郷土に対する愛であって
それ以上の定義を行おうとする動きはない。

174 :名無しさんの主張:2006/10/26(木) 23:59:16 ID:f1GsdsTT
また、愛国心を強調する人間たちが国を危うくする、というのは
おかしな話で、日本のような特殊な状況にない国は強調するまでも
なく当然のこととして受け止めている。
それでも、比較的新興国で多民族国家のアメリカは愛国心を強調する。

 アメリカでは,小学校に入ったその日から,各教室に掲げられている国旗に対して,毎朝
 『プレッジ・アレージエンス』と呼ばれる忠誠の誓いの言葉を朗誦させられる.
 アメリカの小学校入学者のための「ガイド・ブック」にも,次のような説明が必ずといって
 いいくらい載っている.
 「我々の学校における国旗:アメリカの学校は,星条旗と同様にナショナルであることを
 忘れてはなりません.
 全米の学校に国旗がひるがえり,すべての教室に国旗が掲げられています.
 学校は国家と共にあり,国家は学校と共にあるのです.
 毎朝,始業の際に,全生徒が右手を左胸にあてて,厳かに“我は誓うアメリカ合衆国の旗に
 忠誠を尽くすことを・・・・・・”と声高らかに異口同音に朗唱することは,国民として
 最低限度の義務なのです」

175 :170:2006/10/27(金) 00:20:55 ID:VEo48huJ
アメリカの9・11で父親が軍関係者の少女が報復攻撃に
反対するパフォーマンスを取った事が全米の怒りを買った。
たった一人の少女の行動にマスコミ・世論が
制裁を加えた事は異常と言える。
その異常さはアメリカ人自身も良く分っていたし
少女の行動がそれほど目くじらを立てる行為でも無いことも
分っていた(彼女にも理があるからね)。
ただ感情としては収まりが付かないのである。
そのとき”愛国心”という言葉が非常に便利に使われた。
政府の指導者も声高に愛国心を叫び、これを利用した。
国民も”愛国心”を叫ぶことにより
正当性が不確かな報復攻撃(でもやりたい)を
支持することが出来た。後ろめたさを感じずに。
10,20年後にアメリカではこのことが
国民レベルでオープンに検証されるだろう。
ただ、日本ではまだまだこのようなシステムは構築されていない。
歴史の検証はその国にとって重要なのだが
民間レベル、国民レベルで公平な目で検証できる素地が
日本では不十分だと思う。
そんな中で教育改革だのやってもねぇ。
もっと違う部分に手をつけたほうがいいと思うよ。
特に今の時期はね。






176 :名無しさんの主張:2006/10/27(金) 00:26:48 ID:nHuXQ9fb
>>175
それは愛国心が問題なんじゃなくて、理不尽な戦争だと考える者と当然の
戦争だと考える者との対立ということだ。
この少女にしても、正当な戦争であれば国民は戦うべきだと考えている
んじゃないか。

177 :170:2006/10/27(金) 00:31:59 ID:VEo48huJ
>>172 日本は元々特殊な状況でしょ?
単一民族で島国という歴史を歩んできたんだから。


178 :名無しさんの主張:2006/10/27(金) 00:37:52 ID:nHuXQ9fb
>>177
単一民族だとは思わないけど、まあ多民族国家ではない。
しかし、それは別に特殊ではないでしょう。
今、特殊といってるのは、日本の教育界の話だから。

179 :名無しさんの主張:2006/10/27(金) 00:41:49 ID:nHuXQ9fb
湾岸戦争の時には、人の少女が、テレビのインタビューに対して、
「たまらなくつらいことだけど、仕方がないことだと思う。勇敢に
戦ってきてほしい」という趣旨のことを述べていた。
つまり、「戦うべき」と判断した戦争においては、戦うのが国民
だというのが一般的な考え方でしょう。
もちろんこのときにも、自国が攻められたわけじゃないのに、何で
中東まで出かけて自国民の命をかける必要があるのか、という批判は
あったし、それは当然のこと。
しかし、この批判者だって、自国が攻められたら国民は戦うべきだと
考えていることでしょう。
お金だけ払って戦わなかった日本の「金銭的平和主義」は、批判こそされ
羨望の声など国際社会になかった。

180 :名無しさんの主張:2006/10/27(金) 00:42:29 ID:nHuXQ9fb
あ、この少女は、親が徴兵された少女の話ね。

181 :170:2006/10/27(金) 00:44:36 ID:VEo48huJ
>>175 違うよ。
”愛国心”という言葉を便利なツールとして使ったことを
言ってるんだよ。
そして理不尽な戦争だと言う声を抑えるために
使ったのも事実でしょ? 
「お前はそれでもアメリカ人か?」
「愛国心は無いのか?」ってね。
はっきり言って戦争自体の正当性を証明することって
非常に難しいんだよ。
それでアメリカを非難する国・人はたくさんいる。
最初のうちは”正義”って言葉も良く使われたけど
今後はあまり使わないだろうな(後の検証を気にして)。
やっぱ”愛国心”が一番しっくり来るんだよ。
”愛国心から出た行為”が一番言い訳になるし
突っ込みどころも難しいしね。
そういう意味で便利で利用しやすい言葉だと思うけど?


182 :名無しさんの主張:2006/10/27(金) 00:48:13 ID:nHuXQ9fb
>>181
愛国心という言葉を使ったからといって、愛国心が悪いわけでは
ないでしょう。
神道が利用されたからといって、神道が悪いわけではないし、キリスト
教の教義が侵略に利用されたからと言ってキリスト教の教義が悪い
わけでもない。
不当な戦争を批判する側だって愛国心があるわけだし、それがなければ
国防も成り立たなくなるわけですから。

183 :名無しさんの主張:2006/10/27(金) 00:50:31 ID:nHuXQ9fb
>>181
また、不当な戦争であるか否がの判断が難しい、というのは、これは
国際法に問題があるんです。
愛国心の問題とは違う。
だから、侵略戦争の定義、自衛戦争の定義をはっきりさせる、というの
は戦後ずっと課題としてあった。

184 :名無しさんの主張:2006/10/27(金) 00:52:49 ID:nHuXQ9fb
また、国民の愛国心というのは、戦争を望む勢力に利用されることも
あれば、逆にそれを批判する側が利用する場合もある。

185 :170:2006/10/27(金) 00:58:11 ID:VEo48huJ
>>179 "金銭的平和主義”・・・ね。
それこそ自虐的なんじゃない。愛国心が無いんじゃない?
確かに姑息で卑怯な行為にも捉えられるし
あんまりいい気持ちはしないけど
日本国民が無傷でいれるってことは国益にもなるんだよ。
国益の考え方は色々だけどね。
国民の人命尊重で言えば国益になってるでしょ?
所詮、戦争なんて利益が絡むもんなんだから
金で平和を買うことも方法論としてはアリだ(だった)と思うよ。



186 :名無しさんの主張:2006/10/27(金) 00:59:34 ID:Ks/ifwVv
>>184
おっ、良いこと言うねw

187 :170:2006/10/27(金) 01:02:50 ID:VEo48huJ
>>184 つまり”利用されやすい”と認めてるわけね。
その言葉自体が悪いとは俺も言って無いよ。
万国共通で利用しやすい言葉と言ってるだけ。
185で俺も利用してみたよ。
便利だけどあんまり使いたくないね。

188 :名無しさんの主張:2006/10/27(金) 01:03:39 ID:nHuXQ9fb
>>185
たしかに国益を考えた上で参加しなかったなら、それも一つの手段と
してありだ。
しかし、実際には絶対平和主義の観点から反対したわけで、これは日本を
防衛するときの指針がなかなかつくれなかった問題と根は同じでしょう。
そして、問題は、ただただ平和を願って戦争を回避する態度が国際社会で
は当然の態度とはみなされない、ということ。

189 :名無しさんの主張:2006/10/27(金) 01:04:42 ID:nHuXQ9fb
>>187
何でも利用しようと思えばできるからね。
ただし、それが説得力を持つか否かは裁量しだい。

190 :名無しさんの主張:2006/10/27(金) 01:05:32 ID:nHuXQ9fb
たとえば、民主党政権であれば、正当な理由もなしに派兵を望む
者が愛国心のないもの、として批判されたかもしれず、派兵を
しなかったことで、アメリカ関連の施設でテロが相次ぎ政府が批判される
、といったストーリーもあり得えたかもしれない。

191 :名無しさんの主張:2006/10/27(金) 01:11:25 ID:nHuXQ9fb
また、愛国心があったから危機的状況が生まれるわけじゃなくて
危機的状況が愛国心を刺激するわけだよね。
戦争を望むものは、危機的状況とは言えないのに、危機的状況だと
思わせる時に、国民の愛国心を利用することはあるかもしれない。
しかし、危機的状況なのに、そうでないと思わせることに利用される
場合もあり得る。
どちらにしても、愛国心は必要なものだと欧米では考えているし
、その認識の上に立って、悪用されないよう工夫する必要がある
ということでしょう。
その一つがさっきも言った、国際法で不当な戦争、正当な戦争
を明確化する、と言ったように。

192 :170:2006/10/27(金) 01:12:46 ID:VEo48huJ
>>183 国際法ってww
俺の言ってる正当・不当ってのは国民の心理的な問題だよ。
たとえ不完全な国際法に則って正当と判断されても
世界の世論ってものがあるからね。
日本の”金銭的平和政策”だってそうだろ?
別に国際法に触れてるわけじゃないしね。
その国民の心理的な部分を払拭させるのに
利用したと言ってるだけだけど?



193 :170:2006/10/27(金) 01:16:53 ID:VEo48huJ
>>189 そのレベルに話を落とすのは違うんじゃない?
あくまでも利用頻度が非常に高いから言ってるのに・・・

194 :名無しさんの主張:2006/10/27(金) 01:19:12 ID:nHuXQ9fb
>>192
国民心理の上では、それが国益を考えない、ただただ戦いを避けたい
という思いなら、それは市民社会の一員としても国際社会の一員として
も正当とは言えない。
法的に問題があっても、戦争に参加しないことで国際社会の中での立場
が悪くなり、それが国益を損なうとすれば、それがわかったうえで参加
しないのは不当と言えるかもしれない。
逆に法的問題を基準にすれば、参加することが不当となる。
日本においては、国民の心理的部分を払拭するために何かをした、という
ことはないと思いますが、何がなされて、どのような心理が払拭されたと?

195 :どうせチョンには参政権無いんだから:2006/10/27(金) 01:19:31 ID:eVOF/d8+
集団ストーカーの無能チョンの書き込みは禁止です
集団ストーカーの無能チョンが生きるのも禁止です
集団ストーカーの無能チョンの書き込みは禁止です
集団ストーカーの無能チョンが生きるのも禁止です
集団ストーカーの無能チョンの書き込みは禁止です
集団ストーカーの無能チョンが生きるのも禁止です
集団ストーカーの無能チョンの書き込みは禁止です
集団ストーカーの無能チョンが生きるのも禁止です
集団ストーカーの無能チョンの書き込みは禁止です
集団ストーカーの無能チョンが生きるのも禁止です


196 :名無しさんの主張:2006/10/27(金) 01:21:44 ID:nHuXQ9fb
>>189
不当な戦争を正当化するために愛国心という言葉が利用される、という
ことは、それほど頻度の高いものではないでしょう。
日本においても、戦争の危機が高まり、様々な問題があって愛国心が
高まり、軍部を後押ししたわけですから。

197 :名無しさんの主張:2006/10/27(金) 01:24:08 ID:nHuXQ9fb
たとえば、アメリカがオレンジプランを練って日本に対する威嚇行動
をとっているときも、日本人は媚びる態度を取っていた。
しかしアメリカの日本に対する態度が悪化の一途をたどることで
危機感を抱き、愛国心がわきあがったわけで。

198 :名無しさんの主張:2006/10/27(金) 01:24:59 ID:nHuXQ9fb
ちょっと風呂に入ります。

199 :はいはいキチガイ無能チョンはだだを捏ねないでね:2006/10/27(金) 01:25:14 ID:eVOF/d8+
集団ストーカーの無能チョンの書き込みは禁止です
集団ストーカーの無能チョンが生きるのも禁止です 集団ストーカーの無能チョンの書き込みは禁止です
集団ストーカーの無能チョンが生きるのも禁止です 集団ストーカーの無能チョンの書き込みは禁止です
集団ストーカーの無能チョンが生きるのも禁止です 集団ストーカーの無能チョンの書き込みは禁止です
集団ストーカーの無能チョンが生きるのも禁止です 集団ストーカーの無能チョンの書き込みは禁止です
集団ストーカーの無能チョンが生きるのも禁止です 集団ストーカーの無能チョンの書き込みは禁止です
集団ストーカーの無能チョンが生きるのも禁止です 集団ストーカーの無能チョンの書き込みは禁止です
集団ストーカーの無能チョンが生きるのも禁止です 集団ストーカーの無能チョンの書き込みは禁止です
集団ストーカーの無能チョンが生きるのも禁止です 集団ストーカーの無能チョンの書き込みは禁止です
集団ストーカーの無能チョンが生きるのも禁止です 集団ストーカーの無能チョンの書き込みは禁止です
集団ストーカーの無能チョンが生きるのも禁止です 集団ストーカーの無能チョンの書き込みは禁止です
集団ストーカーの無能チョンが生きるのも禁止です 集団ストーカーの無能チョンの書き込みは禁止です
集団ストーカーの無能チョンが生きるのも禁止です 集団ストーカーの無能チョンの書き込みは禁止です
集団ストーカーの無能チョンが生きるのも禁止です 集団ストーカーの無能チョンの書き込みは禁止です
集団ストーカーの無能チョンが生きるのも禁止です 集団ストーカーの無能チョンの書き込みは禁止です
集団ストーカーの無能チョンが生きるのも禁止です 集団ストーカーの無能チョンの書き込みは禁止です
集団ストーカーの無能チョンが生きるのも禁止です 集団ストーカーの無能チョンの書き込みは禁止です
集団ストーカーの無能チョンが生きるのも禁止です 集団ストーカーの無能チョンの書き込みは禁止です
集団ストーカーの無能チョンが生きるのも禁止です

200 :名無しさんの主張:2006/10/27(金) 01:25:46 ID:???
ふつーに生活してて、愛国心についてなんて考えるわけねーだろ。
政府やら政府御用のマスゴミに踊らされてんじゃねーよ。

201 :名無しさんの主張:2006/10/27(金) 02:01:08 ID:Ks/ifwVv
>>200
だからダメなんだろw

202 :名無しさんの主張:2006/10/27(金) 02:06:52 ID:qfYh5Nj/
199最低

203 :名無しさんの主張:2006/10/27(金) 02:10:49 ID:nHuXQ9fb
風呂からあがりました。

>>200
意識してなくても、何かの拍子に愛国心の有無があらわれる。

204 :名無しさんの主張:2006/10/27(金) 02:11:29 ID:nHuXQ9fb
戦時下であれば、当然愛国心が強調される。
そのため、非愛国的と思われる発言があれば弾圧されることもあるでしょう。
しかし、戦前の日本は比較的リベラルな風潮があった。
だから、天皇批判も平気で行われていた。
でも、別に愛国心がなかったわけではない。
愛国心は当然あった。
しかし、その愛国心が原因で戦争になったわけじゃない。
国際情勢にともなって戦争の危険性が出てきたから、じょじょに日本人の愛国心
が刺激されていっただけの話だ。


205 :名無しさんの主張:2006/10/27(金) 02:15:37 ID:???
>>204
お前ってID:f1GsdsTT?

右翼=アジア(ry
のスレ見た?

206 :名無しさんの主張:2006/10/27(金) 02:24:30 ID:nHuXQ9fb
>>205
もうレスをした。
意味がわからなくてもうしわけない。

207 :名無しさんの主張:2006/10/27(金) 06:50:39 ID:QAIbv9CC
じゃあ、左翼の主張する国際協調ってのはどうよ。

「五族協和」「大東亜は一つだ」「ドミノ理論」「xx国に自由と平和を」
最新作「世界の平和を脅かす大量破壊兵器をイラクのならず者から取り上げろ(例えアメリカに届かなくても)」
っと、愛国心同様に国際的見地をスローガンに他国に乗り込んだケースは少なくない。

次回作「今度は本当に届いちゃうかも、金豚から(以下略)」はどっちかって言うと愛国心のはずですが盛り上がらないですねぇ。

テロについて:
イラク侵攻がテロ対策になったかって言うと志願者を増やしただけな気がしないでもないが。
幾らイラクに爆薬や兵器を持っていても実行場所まで運搬できなきゃ意味無い。
逆に911は素手同然で達成しちゃった訳で。

むしろ、厳重な警戒網を恒常的に張る努力が現在のテロ活動の抑止になったと思ってます。


208 :名無しさんの主張:2006/10/27(金) 08:36:46 ID:RodZt5kN
必修科目の世界史さえ受験に関係ないとやらない学校が、受験に関係ない愛国心
を勉強するとは、到底思えない。

209 :名無しさんの主張:2006/10/27(金) 12:02:21 ID:QAIbv9CC
>>175
検索掛けたいから少女の名前だけでも挙げてくれw
どういう報復を受けたのかとか発言内容とか。

確かに日本の歴史検証システムは不完全だな。
たまに機能しようとすると左巻きが中華様の援護射撃の下で無理やり停止させようとするw


210 :名無しさんの主張:2006/10/27(金) 20:40:51 ID:bFLone4U
>>208
見ざる、言わざる、聞かざる
目先の受験、などという利益を追いかける、代理予備校と化した全国各地の高校
そして、彼らは、世界史などいう、当然、大人となる成長過程として
身に着けねばならぬ常識、基礎知識すら、身に付けずに大人となってしまうのだろう。
その方が、便利なのだ。
その方が、使い捨ての労働者として便利なのだ

まさに、全体主義者の左翼・官僚・公務員どもによる高校ハクチ化計画

211 :名無しさんの主張:2006/10/28(土) 02:15:11 ID:W+pu5Gv0
>>208
国が何をやろうとしてるのか知らないけど、諸悪の根源は日教組
なんだから、これを何とかしないと対処両方にしかならないし
これを解決すれば、とくに何かをしなければならない、ということ
もなくなると思うんだが。
と言っても、これが一番難しいから問題なんだろうけど。
教育に何を持ち込もうが、それが教師個人の信念にもとづくもの
で、組織的行動ではないとか言われたらアレだろうし。
あ、でも、教育基本法の理念に反することを教えてたら何とかできるのかな。

212 :名無しさんの主張:2006/10/28(土) 04:30:23 ID:???
>>211
すぐに何でも日教組w必修科目問題は高校の(受験優先)経営の問題だし、
隠蔽体質ってことで、いじめは教育委員会や文部科学省の責任ってないのか?
「諸悪の根源は日教組」なんだったら具体的に事件などを出してほしいね。

213 :名無しさんの主張:2006/10/28(土) 04:34:25 ID:JMAUMLbk
>>212
法制化される前は毎年毎年国旗国歌の問題が話題になり、いまでも
教師が起立しないだとか話題になる。
日教組の調査員が絞り込みを行った歴史教科書で学んだものにもの
に対するアンケートでは日本を嫌いになった、という答えが多い。
まあ、国立の事件が典型だろ。

214 :名無しさんの主張:2006/10/28(土) 04:35:54 ID:JMAUMLbk
国立の紅衛兵事件に対して、どこかの白虎隊事件とかいわれるのも
あったはずだが、これはよく知らない。

215 :名無しさんの主張:2006/10/28(土) 04:37:02 ID:JMAUMLbk
自衛隊員の子供に対するいじめの問題もあるな。

216 :名無しさんの主張:2006/10/28(土) 04:38:29 ID:JMAUMLbk
だいたい、愛国心を中心として話が進んでるのに、修科目問題?

217 :名無しさんの主張:2006/10/28(土) 04:40:36 ID:JMAUMLbk
愛国心云々を政府がいい、教育基本法の見直しが言われていて、
諸悪の根源は日教組にあり、教育基本法の見直しだ何だが
対処療法にしかならない、って話の流れなんだがな。

218 :名無しさんの主張:2006/10/28(土) 05:50:28 ID:huI1DKyr
愛国心の押し付け反対言うけど、愛国心そのもの
を否定してるのだから話しにならない。自発的なら
賛同してくれるの?くれないんでしょ?

219 :名無しさんの主張:2006/10/28(土) 06:04:19 ID:JMAUMLbk
日教組に朝鮮総連

横浜市で会社を経営するK.S社長の話である。
彼は会社を経営する傍ら愛国心を持ち、歴史にも深い造詣を持つ人だ。

数年前、逗子で行われるはずの櫻井よしこ氏の講演会が日教組の横槍で中止になった経緯がある。
K.S社長は櫻井氏の講演会を楽しみにしていただけに、中止に対して不満であった。
彼は早速横浜の日教組に電話を入れ、高橋事務局長に抗議した。
彼の質問に答えきれなくなった高橋氏は「今、朝鮮総連の人がいるから代わります」と言った。

朝鮮総連の某氏は従軍慰安婦、創氏改名、強制連行など、「過去の日本が犯した悪徳」をK.S社長に説いた。
しかし歴史に詳しいK.S社長の反論に答えられず、今度は「同和の人に代わります」と言った。
何故日教組に朝鮮総連や同和の人達がいるのか。
K.S社長は驚きを隠せなかったと述懐する。
http://www.fides.dti.ne.jp/~shinwa/column/shuukannkoramu/75.htm




220 :名無しさんの主張:2006/10/28(土) 07:49:05 ID:cAWDG+07
>>219 非情に嘘っぽい

221 :名無しさんの主張:2006/10/28(土) 09:40:11 ID:doBMZS8y
愛国心の押し付けを目指す教育改革に断固反対する
分解すると
この愛国心というところで、ひっかかってしまう連中と
押し付けを目指す教育改革の実態を知らずに妄想で語ってしまう連中と
勉強嫌い→先生嫌いの連中と



222 :名無しさんの主張:2006/10/28(土) 14:52:24 ID:cAWDG+07
>>213 なんの問題もないじゃん。諸悪の根源ってほどの問題かよ。

223 :名無しさんの主張:2006/10/28(土) 18:08:50 ID:xMWYTJNU
政治家(特に野党)やマスコミは、日本ではなく中韓や欧米の立場に沿って主張し、どこの国の代弁者かと首を傾げたくなるものがある。国益追求や国民保護の視点が欠けているのである。
一部の日本人は、オリンピックやサッカーW杯など国際舞台の場で国家を斉唱し、国旗に敬意を表するマナーに乏しい。これは、学校教育の場で、日教組の反日教育や国家解体&マルクス主義化の方針によって、国や伝統を尊重する風潮が衰退しているからである。
これでは自国の歴史や文化、考え方を堂々と対外発信できないし、他国や異文化に対する態度もお粗末となる。
一連の現象は、国家滅亡の予兆であり、非常に深刻といえる。
これは、ローマ帝国が滅びたのは、国民の愛国心やアイデンティティーが希薄化したことが原因であることを想起すれば分かる。
まずは、教育基本法の改正によって、日本人の美徳であった愛国心や公共心を再生し、誇りと品格のある国民国家とするべきである。


224 :名無しさんの主張:2006/10/28(土) 20:00:59 ID:cAWDG+07
>>223
「国や伝統を尊重する」尊重しなければいけないのか?別に尊重しなくてもいいんじゃない。
「国家滅亡の予兆」国家がつぶれたっていいんじゃない。世界の中で日本が必要ない
ならしょうがないじゃん。しがみ付く理由がわからない。



225 :名無しさんの主張:2006/10/28(土) 20:16:25 ID:???
戦時中、島嶼では玉砕と称して日本兵はお互いに足を引っ張り合いながら団子になって死んでいった訳だが、
生き残った人が「彼らの死を無意味だったとは遺族には言えない」と言っていた。
どうすれば彼らの死を無駄にさせないことが出来るか、思い悩んでいる様でもあった。

日本では、未だに戦争の張本人、責任者である天皇の戦争責任が問われていない。
これを明らかとし、二度とこの様なことが起きない様に天皇制を廃棄する事こそが、彼らの死に報いることではないだろうか。
そうして初めて、戦争で死んでいった数百万の日本人の死が無駄ではなくなるのである。


226 :名無しさんの主張:2006/10/28(土) 21:00:43 ID:1k+1b26b
必見です。一人でも多くの人に見ていただきたい感動的な名篇です。

http://kandoflash.com/flashhtml/flashK02.htm



227 :名無しさんの主張:2006/10/28(土) 21:02:56 ID:+GUqaD54
国に矛盾が蓄積したとき
多くの人の生活が破綻する
その儀式を行う時
 必ず愛国心という概念が浮上する

228 :名無しさんの主張:2006/10/28(土) 21:59:49 ID:f3/p2pX2
>>225 あの戦争で地獄を見た人はたくさんいる。
人間の本性を見てしまった人もたくさんいるでしょう。
特に日本は戦争に敗れ・・というより大惨敗。
たくさんの国民の命を犠牲にして戦争に負けるということが
どんなに愚かなことか日本は学んだはずだ。
しかし、それを経験した人たちがきちんと子や孫に
伝えてこなかった。
事実をきちんと教えてこなかった。
窮地に追い込まれた人間がどのような行動をとるか、
子供や友、最愛の人が無駄に命を落としたこと、
その理不尽さになぜ耐えなくてはならなかったのか、
色々教えることはたくさんあったのに
自分たちの体験があまりに辛過ぎたこともあるだろう。
自分の感情をうまく出せない国民性、教育にも
問題があったのだろう。
でも、きちんと伝えて欲しかった・・・
だから今の日本人は言葉だけの過激な発言や過去の日本に対する賛美に
安易に同調してしまうのかもね。


229 :名無しさんの主張:2006/10/28(土) 22:11:15 ID:9U/CIsL2
そんなことに労力を払うより
いい学歴とコネで公務員になることで頭がいっぱいになって
しまうんだろ
そして既得権を得れば
美食 ペット 芸能ネタ
挙句の果てはエコロジーだの土建屋がこの国をだめにしただの

 こうやって繰り返しこの国は破綻するんだよ

230 :名無しさんの主張:2006/10/28(土) 22:53:41 ID:Y3MMFYgG
.


231 :225:2006/10/28(土) 23:02:14 ID:f3/p2pX2
敗戦直後の日本の社会、国民の荒んだ心・行為。
満州引き上げでの同胞同士の醜い争い、シベリアでの抑留生活。
沖縄戦で日本軍が地元民をどのように扱ったか。
なぜ志願して特攻を選んだのにヒロポンを打って出撃したのか。
軍部に張り付いて甘い汁を吸っていた人たちのが多くが
戦後もなぜ特別非難され無かったのか。
その他たくさん歴史から学ぶものはもっとあるはず。
自虐的に日本人を検証しているのではなく
人間の性質として、人間学として本当の歴史(恥部)から
学ぶことは重要だと思う。
事実の羅列や自国の賛美などは学問としては
一時代前の古い学問であまり意味が無いのかも。
程度が低いし、興味もそそられない。
高校の単位不足問題もある意味時代に
適した行為なのかもしれない。

232 :名無しさんの主張:2006/10/28(土) 23:13:18 ID:JMAUMLbk
>>222
大きな問題だから、改正論が出てるわけ。
何度も言ったから繰り返さないけど、国家という共同の営みには共同体
への愛が必要で、他国の主権侵害にも怒りを覚えないような国民では
市民としての資格がないので、改正の必要がある。
そして、国立のような事件、校長が日教組の教員に締め上げられ自殺
するような、異常なことが起こらないよう。

>>228
十分伝えられているように思います。
というか、捏造を行ってまで喧伝をする人までおり、日教組は
戦時中の敵側のプロパガンダ資料まで動員して教える始末。

>>231
あの、沖縄戦で日本軍が地元民に何をしたと考えてますか?
いまだに自殺を強要したとか左翼の宣伝を信じてるわけじゃない
ですよね?
すでに、その証言が嘘だった、というようなことも新聞に記事
にもなりましたから。
思うんですが、結局「日本は酷いことをした」、と、事実を調べる
前に考えてしまい、そう思い込んでしまう。
これこそがまさに、日教組の歴史教育の成果といえるんです。



233 :225:2006/10/28(土) 23:13:32 ID:f3/p2pX2
>>223 アイデンティティーが無くなったんじゃないよ。
元々、日本人が日本人であることが当たり前すぎるから
意識しないだけだよ。
95パーセント以上の日本人が
元々この国に長い年月の間土着している民族の末裔だからだよ。
明治以来それを無理に煽られたのが異常であって
元の形に戻っただけの話だよ。


234 :名無しさんの主張:2006/10/28(土) 23:16:05 ID:JMAUMLbk
渡嘉敷島集団自決、軍命令を否定する証言
渡嘉敷島内に建つ集団自決跡地の碑。
裏側の谷間で315人が命を絶った=沖縄県渡嘉敷村渡嘉敷

≪元琉球政府の照屋昇雄さん≫

 第二次大戦末期(昭和20年)の沖縄戦の際、渡嘉敷島で起きた住民の集団自決について、
戦後の琉球政府で軍人・軍属や遺族の援護業務に携わった照屋昇雄さん(82)=那覇市=が、
産経新聞の取材に応じ「遺族たちに戦傷病者戦没者遺族等援護法を適用するため、軍による命令
ということにし、自分たちで書類を作った。当時、軍命令とする住民は1人もいなかった」と証言した。
渡嘉敷島の集団自決は、現在も多くの歴史教科書で「強制」とされているが、信憑(しんぴょう)性
が薄いとする説が有力。
琉球政府の当局者が実名で証言するのは初めてで、軍命令説が覆る決定的な材料になりそうだ。
(以下略)
(2006/08/27 産経新聞)

235 :名無しさんの主張:2006/10/28(土) 23:20:21 ID:JMAUMLbk
>>233
「われわれ」意識、というのは、対象となる外部の存在があって
成り立ちます。
黒船依頼、外敵の存在を大きく意識せざるを得ない状況になった
から、ナショナリズムが生まれてきたわけで、鎖国時代の心理状況
に戻ることはできない。
そして、現在では健全な愛国心が育つと言うよりも、教育によって
歪なものになってしまっている、と。

236 :名無しさんの主張:2006/10/28(土) 23:24:28 ID:JMAUMLbk
結局、なぜ「日本軍は悪いことばかりした」と無条件に信じてしまって
いるかというと、歴史教育がマルクス主義の史観で構成されているから。
それは教科書採択において日教組教員の絞込み作業がこのような基準で
行われていることを見れば明らかになる。

「農耕生活が始まると、階級分化が起こり、支配--被支配
の関係が形成され、国家が誕生していく過程が論理的に記述されているか
(世界史・日本史の両方から)」
「封建制に対する批判的思想が、紹介されているか」
「北海道や沖縄、また天皇制における民衆の生活の矛盾や問題点について記述があるか」
「日本の資本主義と大陸進出の項で日露戦争下における庶民の困窮化と反戦の動きに
ふれている記述があるか」
「韓国併合が、朝鮮の植民地化を意味し、それに対する朝鮮半島での反対
運動について記述されているか」
「日本の朝鮮侵略政策の流れが、途切れなく記述されているか(強制連行まで)」
「十五年戦争が侵略戦争として位置づけられる内容で明記されているか。とくに
南京大虐殺についての記述があるか」
「ベトナム戦争と日本の関連について米軍基地と日本の関連について記述があるか」
「戦争責任に対する補償の問題が、政府の課題として今なお残されていることが明記されているか」
等々。


237 :名無しさんの主張:2006/10/28(土) 23:26:00 ID:JMAUMLbk
日教組の実態


教員指導及び質向上は有事には弾圧と化す 覚悟


神奈川県教師のうち、日教組の組合員は90%(全国平均は30%)を占める。 

N女史によると神奈川県では北朝鮮系在日教師が日教組を事実上支配し、
在日の北系教師が年々増えているのは確かだという。

朴甲東氏(金日成時代の元幹部)によると、
毎年北系の若い在日が万景峰号で北朝鮮に送り込まれ、
徹底した反日教育を受けているという。

洗脳された若い在日が北系のコネで年々教師に採用され、
日本の一部勢力は将来巨大な反日勢力になると指摘した。

http://www.fides.dti.ne.jp/~shinwa/column/shuukannkoramu/75.htm

238 :名無しさんの主張:2006/10/28(土) 23:27:11 ID:JMAUMLbk
過去の事件を紐解けば、平成11年2月28日、広島県立世羅高等学校の石川
敏浩校長の自殺という、社会問題にまでなった悲劇を想起します。
この事件が、「国旗・国歌法」の起草・成立のきっかけとなりました。
当時、石川校長は、同校の卒業式において、学習指導要領にもとづいた国旗
掲揚と、国歌斉唱の実施指導をされたのに対し、日教組系の「広島県高等学
校教職員組合」に属する教職員らが「国歌斉唱を実施するのであれば、これま
で続けてきた国旗掲揚を今年は行わない」と強く主張。
同校長を囲む殺人的な会議が延々と10時間以上にわたり、責任感の強い校長を
自殺に追いやったのです。
尊い人命が失われても、校長を死に追い込んだ教職員らには反省のかけらも
なく、葬儀では薄笑いを浮かべる者もいた。
まさに「人の心の痛み」すら知らない日教組の正体を見る思いがした、との
取材話も聞きました。
http://blog.goo.ne.jp/hakushi_brothers/e/4863a8a815ffb257dbfccd203d923b92

239 :名無しさんの主張:2006/10/28(土) 23:29:20 ID:JMAUMLbk
2004.07.24
平成 16年 (2004) 7月24日[土] 産経新聞
◆教科書採択、教員に影響力行使促す

日教組、出版社名挙げ文書配布
現在、採択作業中の平成十七年度版小学校教科書をめぐり、日本教職員組合(日教組)が教科
別に各教科書会社の記述内容を比較し、所属教員らに配布した文書「小学校新教科書批判分析」
が二十三日、明らかになった。
分析は「教科書の採択権は、本来、『児童の教育をつかさどる』教員が最優先されるべきである」
と指摘。
さらに「(文書を)各学校での話し合いの参考にしていただきたい」として、採択権者ではな
い現場教員に影響力行使を促している。
教科書採択は、地方教育行政組織法で各採択地区内の市町村教育委員会が行うとされるが、実際
には、現場教員の投票で教科書が実質的に選定された例もある。
また、平成十四年の中学歴史教科書採択時には、教職員組合や左翼過激派などが特定教科書を
採択しないよう教育委員会に組織的に圧力を加え、栃木県下都賀地区ではいったん採択が決ま
った教科書の採用が取り消された。
日教組の分析は、イデオロギー的色彩が濃く、たとえば社会科の「日清・日露戦争」の項目では
「東書(東京書籍)の解説文に、『日本やヨーロッパ諸国が朝鮮をさげすんでみていた』と明記
しているのはわかりやすい」、「朝鮮の植民地化」の項目では「教出(教育出版)が、朝鮮の
植民地化を憂う石川啄木の歌を載せているのはよい」などと具体的に社名をあげて指摘している。
一方、共産党と関係が近い全日本教職員組合(全教)の都教組・小学校新教科書検討委員会も
「小学校新教科書検討資料」を作成し、やはり所属教員らに配布している。
http://nipponsaisei.air-nifty.com/sakura/cat1304196/index.html

240 :名無しさんの主張:2006/10/28(土) 23:30:23 ID:JMAUMLbk
平成16年11月22日(月) 産経新聞
四年前、東京都国立市立第二小学校の卒業式で、屋上に国旗を揚げた校長に対し、児童ら
が土下座謝罪を求める事件が起きた。
国立市は国旗・国歌の指導に反対する組合の勢力が強く、同小だけの問題ではなかった。
同市教育長(当時)は小中学校の校長らを通じ、国旗・国歌の実施に向けた指導に乗り出し、
東京都教育委員会がこれをサポートした。
その結果、国立市の教育は適正化されつつある。

241 :名無しさんの主張:2006/10/28(土) 23:35:40 ID:JMAUMLbk
「何故日教組に朝鮮総連や同和の人達がいるのか」という話を嘘っぽい
とは思わなかった。
なぜか?
それはもともと日教組と同和は深い関係にあるからです。
教科書の絞込み作業を日教組教員が行う際、どのような基準で選択
するかを指令する内容の本が、当初は日教組が出していましたが、
組織率の低下で現在では、同和が変わりに出したものを使っている
からです。
また、このような事例もあるからです。

平成16年11月22日(月) 産経新聞
広島県で平成四年、旧自治省出身の教育長は同県高校教職員組合と部落解放同盟県連との間で
、日の丸が侵略に使われ、君が代が差別につながるとする確認書を交わした。

242 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/28(土) 23:37:08 ID:mmF+19mF
自分の子どもに一番教えたいことが愛国心であるはずがないわな。
どんな国へ行っても幸せに暮らせるよう、隣人に対する思いやりを
教えることが本当の教育なのにな。
アホばっかだぜ。

243 :名無しさんの主張:2006/10/28(土) 23:42:00 ID:JMAUMLbk
>>242
人間が大切にするものは、中心から広がっていくものだ。
しかし、世界市民などというのはあり得ない。
なぜなら、「われわれ」意識は外部の存在を必要とするからだ。

244 :225:2006/10/28(土) 23:42:06 ID:f3/p2pX2
>>232 日教組がホンと好きだね。
君がわざと彼らのために宣伝してるみたいだよww
大抵はそんなモン気にも留めないし、黙殺だよ。
それと沖縄のことはもっと気をつけて言うべきだよ。
同じ日本人として情けなくなる・・・
君の言い方だと極左の反対の意見(極右)に聞こえる。
敗戦直前で”勝負あった”の状態で
島民の三分の一もの命を奪ってしまった陸上戦は
どんな言い訳も通じないし、直視するべきだよ。
そういう同胞に対する思いやりのかけらも無い日本人が
”愛国心”を語るのはおかしくない?
理想・思想を語るのは構わないけど
現実・結果を直視できないのでは意味は無いよ。
そういう人間の集団が
沖縄・広島・長崎とズルズルと無駄に被害を拡大させた訳だから。
この国の”愛国心”を声高に叫ぶ人たちに
こういった反省をきちんと語り、検証できる人間が
たくさんいれば反対もしないのだけど、
このタイプの人たちって、そういう点に欠けてるんだよね。
凄く危うい感じがして・・ 同じことを繰り返すような気がして・・
問題は”愛国心”って言葉じゃないな。



245 :名無しさんの主張:2006/10/28(土) 23:42:09 ID:???
税金を払ってまで、学校で愛国心を押し付けられるって、頭おかしいだろ?
常識で考えろ。

246 :名無しさんの主張:2006/10/28(土) 23:44:24 ID:JMAUMLbk
また、本当に隣人を大切にするような思いやりがある人間なら
、捏造を行ってまで先人をこきおろし、反日を国是とする国
にご中心して日本叩きをそそのかすようなまねはしないだろう。

247 :名無しさんの主張:2006/10/28(土) 23:45:36 ID:???

糞ウヨは、いまだに「欲しがりません、勝つまでは」的な精神論で物事が解決すると思っているからね。
おめでたいね(爆笑)


248 :名無しさんの主張:2006/10/28(土) 23:46:48 ID:JMAUMLbk
>>244
戦火に巻き込まれて死ぬなんていうのは、本土でも同じでしょう。
沖縄に限ったことではなく、沖縄に関して日本軍を批判するなら
自殺を強要したという伝説を前提にしなくちゃいけない。
また、愛国心を気にするしないではなく、日教組の教育の成果とし
て、その歪みが現れ、事件にもなるから問題にされてるんだよ。

249 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/28(土) 23:47:07 ID:mmF+19mF
>>243
人間が大切にするものは中心から広がっていくってどういう意味だ?
中心ってなんの中心だ?
外部ってなんなんだよ。
誰も分からないレスなんじゃないのか?

250 :名無しさんの主張:2006/10/28(土) 23:47:44 ID:JMAUMLbk
>>245
愛国心を否定するような異常な教育現場の状況を是正しろという話だ。

251 :名無しさんの主張:2006/10/28(土) 23:48:43 ID:JMAUMLbk
>>249
隣人だとか発言しながら意味がわからないってどういうことだよ。
自分、家族、地域住民、国民という風に広がっていく、という
意味に決まってる。

252 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/28(土) 23:50:08 ID:mmF+19mF
>>250
国を愛することと自分の家族や周囲の人間を愛することは同じなのか?

253 :名無しさんの主張:2006/10/28(土) 23:50:08 ID:JMAUMLbk
たとえば、国民という共同体意識が成り立つのは、「他国」という
他者が存在するからだ。
しかし、世界市民だとか地球市民になるとそれが存在しないから
「われわれ」意識など持てず、言葉の上でしか存在し得ないと言う意味だ。

254 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/28(土) 23:53:43 ID:mmF+19mF
>>251
オマエは、まず自分が一番大切で、次に家族で、次に地域で、最後に国民が来る
という順番での思考なのさ。
オマエは、自分中心で物事を考えようとするタイプなのさ。
まず最初に、自分さえ良ければそれでいい、そして次に、自分の家族さえ良ければ
それでいい、という順番で考えるタイプなのさ。
要するに、オマエの頭では国民のことを考えることはできないってことさ。

255 :名無しさんの主張:2006/10/28(土) 23:54:23 ID:JMAUMLbk
>>252
まったく同じではないが、結局国家も自分を愛することと無縁では
ないだろう。
自分が帰属するからこそ、愛着を持つわけだから。
家族だって自分の家族だから愛する。
結局は、自分に対する愛の延長ということでしょう。

256 :名無しさんの主張:2006/10/28(土) 23:57:40 ID:JMAUMLbk
>>254
何でそうなるんだよ。
社会のこと、国家のことを第一に考えるべき「公」の領域が
あって、それは「個」の領域とは区別しなければならない
、しかし、社会のこと、国家のことを考えるには愛がなければ
ならない、しかしそれは結局、自分を愛することと無縁では
ないということだろう。

257 :名無しさんの主張:2006/10/28(土) 23:57:45 ID:5EIG7iu6
>>253
世界市民だとか地球市民だとか言い出したらもう
都道府県、市町村、学校、会社、家族も対抗する対象となるよ
消去するのか?

258 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/28(土) 23:57:49 ID:mmF+19mF
>>253
地球市民になって「われわれ」などという井の中に囚われないで
広い視野で見れるような目を持つべきだな。
今でいう愛国心とは戦争が起こる根拠の一つに過ぎない。

259 :名無しさんの主張:2006/10/28(土) 23:58:23 ID:???
>>254
どう要しているのか、言ってみろ。
まず、それからだ。

260 :名無しさんの主張:2006/10/28(土) 23:58:57 ID:JMAUMLbk
>>257
都道府県なら、他の地域の都道府県が外部に存在する。
国なら、他の国が存在する。
世界市民だとあとは宇宙人しかいないでしょ?

261 :名無しさんの主張:2006/10/28(土) 23:58:59 ID:b57PsoFd

剣道の起源は韓国にあり?! part42
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/korea/1161886913/l50

 , -―-、、
/:::::::::::::∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
l:::::::::::::<丶`∀´> < 日本側が日韓関係を考慮して、「剣道=日韓で発展した武道」の形に妥協したので、
ヽ、:::::::::フづとノ'   │ 韓国側は政府の支援の下、一気に既成事実化するため海外でロビー活動中ニダ!
  `〜人  Y      \__________________________________
    レ'〈_フ

▼雑誌 剣道日本5月号 韓国剣道便り(文 イ・キョンヨプ)
http://www.geocities.jp/c5naoki/kendo_dayori1.JPG
http://www.geocities.jp/c5naoki/kendo_dayori2.JPG

>日本人は、剣道は日本だけで発達したと考えているようだ。
>しかし韓国では、「スポーツ剣道は日本人が始めたが剣道の本流は韓国である。」
>という考えが一般的であるのをご存知であろうか?
>韓国が剣道の本流と聞いて、日本人はふざけるな!と怒る
>かもしれない。しかし韓国では、昇級審査や昇段審査に日本剣道型のみならず
>本国剣法の型が課されているのである。
>本国剣法は三国時代の剣道で、現存する世界最古の剣法と
>韓国では信じられている。


262 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/28(土) 23:59:50 ID:mmF+19mF
>>255
自分と自分の周囲さえ良ければそれいいと考える一般的な
日本人に愛国心など持てると思うか?

263 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:00:15 ID:JMAUMLbk
>>258
愛国心が戦争が起こる理由だと?

264 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:00:52 ID:???
アメリカのやってる戦争は愛国心からなんですかね?

265 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:01:28 ID:9U/CIsL2
地球市民 同和擁護 エコロジー 民間批判で
年金がっぽりの公務員イデオロギーはもうたくさん
重税とピンはねで集めた金をアメリカで運用して
国民を馬鹿にして老後は安泰

266 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 00:01:55 ID:mmF+19mF
>>256
社会や国家のことを考えることにより、個の領域が幸せに
ならなければ意味ないだろ?
区別してどうする?

267 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:02:02 ID:JMAUMLbk
>>262
広がっていくんだから、当然愛国心は普通の教育を受ければ持つだろう。
隣人以上にまでその愛が発展していかない理由なんてないだろ?

268 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:03:14 ID:JMAUMLbk
>>266
君、真面目に言ってるのか?
公のルールを守るという原則があって、個人の権利を教授すること
ができるんじゃないか。
その公の領域に個人的感情を持ち出してどうする。

269 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 00:03:28 ID:mmF+19mF
>>259
要するに、オマエは広い世界のことを考えるタイプではないんだよ。

270 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:04:20 ID:kcTxMDhN
>>269
オレは国を愛してるつもりだが、君はそれ以上にひろ〜い
愛を持っている、と?

271 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 00:06:03 ID:s2xF4YqY
>>263
理由の一つだと言ってるだろうに。
宗教やってる奴が自分の宗教を愛するのと同じさ。
何を愛するかによって敵が生まれるんだろうに。
>>264
余計なお節介という愛国心かもなあ。

272 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:06:20 ID:kcTxMDhN
「われわれ」以外が存在しなければ、地球市民とやらを「われわれ」
と捉えることはできない、つまり共同体意識をもてないわけで、当然
帰属意識など芽生えないはずだが。
言葉の上ではどうとでもいえるんだけど。

273 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:07:17 ID:???
>>269
説明付けもできん、あほうか。
つまり、しげる君がそう思うからそうなるといいたいんだなw

274 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:07:37 ID:kcTxMDhN
>>271
愛国心が理由で起こった戦争の例を教えてもらえる?

275 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 00:08:09 ID:s2xF4YqY
>>267
広がっていくっていつのことだ?
いつになったら日本人の愛国心が広がっていくんだ?
ふつーの教育ってなんだ?
いい加減なことばかり言うなよ。

276 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:10:51 ID:kcTxMDhN
>>271
宗教をやるまいが、国家がなかろうが、外敵は存在する。
そして、共有する文化や価値があるから共同体ができ、外敵から集団
の力で身を守ろうとして国家を作る。
その国家の維持には愛が必要だし、普通は意識しなくても生まれる。


277 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 00:10:53 ID:s2xF4YqY
>>268
その公のルールとは絶対的な正義じゃないだろうに。
金権選挙で選ばれた腹黒い政治家の決めてるルールなのに、
それをあたかも絶対的正義と捉えてるオマエって完全に洗脳されてるよな。
公の領域だろうがどこだろうが個人的感情は必要になるもんさ。

278 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:11:35 ID:+2oy6hse
教育というのは考える力をつけるということだ
それを愚民かが利権の公務員がやっているから
矛盾があるのも事実だ
愛国心とは国というのは血塗られたものの結果
存在しているということを学ぶためだ

279 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:11:42 ID:kcTxMDhN
>>277
自分が気にいらなからと、公で民主的に決められたルールを
破ればただの犯罪者だ。


280 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 00:12:39 ID:s2xF4YqY
>>270
国を愛するだなんて抽象的な言い回ししてるが、
そもそもオマエの言う国とはなんだ?
オマエの言う愛とはなんだ?
国と愛を定義できてないオマエがその言葉を使っている
時点でいい加減だな。

281 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:13:30 ID:kcTxMDhN
>>277
もしルールが間違ってると思うなら、賛同者を集めて、民主的
手続きに沿った方法で変えようとするのが近代国家だろう。

282 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:15:06 ID:kcTxMDhN
>>280
国というのは、民族共同体が核になっている地域的、政治的な
共同体だろう。
愛というのは、その国家の主権として認められている権利を
侵されたり、侮辱されることに怒りを覚えるような感情だ。

283 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:15:55 ID:???
>>280
しげる君も定義できてないだろw

284 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 00:16:10 ID:s2xF4YqY
>>273
オマエが何故広い世界のことを考えるタイプではないかの説明は
前のレスで丁寧に言ってやってるにも関わらず理解できないんだ
からどうしようもないわな。
オマエみたいなアホが多い国なんだから安心しろよ。

285 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:16:39 ID:+2oy6hse
ヨーロッパみたいに侵略の歴史がある地域では
国とは自分たちで勝ち取ったものであるという認識がある
日本人にとって国とはその地理的範囲と自然である
よって 美しい日本 などという抽象論が出るのだ

286 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:17:08 ID:kcTxMDhN
>>284
君が丁寧に何かを説明したことがある、ような嘘を書かないように。

287 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 00:18:20 ID:s2xF4YqY
>>274
身近なところで、第二次世界大戦がいい例だな。
愛国心に満ちたゼロ戦パイロットが特攻したのさ。
愛国心に満ちた上の命令でな。

288 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:18:34 ID:kcTxMDhN
しげる君の発言。

371 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/16(月) 03:15:25
世界が核保有すると戦争は起こらず平和になるって考える人間は
全世界の半数って感じだろうな。


375 :名無しさんの主張 :2006/10/16(月) 03:17:26
>>371
その半数ってのはどっから出てくるんだよwwww


383 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/16(月) 03:23:46
>>374
核武装できた国は核武装できない国に戦争しかけられるわけだから、
平和とは言えないだろ。
世界が核を保有すれば戦争できなくなって平和になるんじゃないか。
>>375
何割でもいいさ。
オマエは何割だと思う?
そんな問題じゃないって意味がわからんだろ。


393 :名無しさんの主張 :2006/10/16(月) 03:31:39
>>383
>何割でもいいさ。
>オマエは何割だと思う?
>そんな問題じゃないって意味がわからんだろ。

やっぱり根拠のない妄想だったわけかwwww

289 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:19:23 ID:???
>>284
全然、説明できてないよw
個人的な思い込みでは考えられないとは言えないからねw

290 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:19:33 ID:kcTxMDhN
>>287
特攻隊の愛国心が戦争を起こしたんだ?はぁ〜。
家族や国を守ろうとしただけなんだがね。

291 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:20:18 ID:kcTxMDhN
403 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/16(月) 03:44:28
>>393
推測さ。
分からないことは半分半分と考えるのが妥当だからさ。

292 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:22:49 ID:kcTxMDhN
しげる君って、おもしろいやね。

293 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:22:50 ID:+2oy6hse
無謀な戦争に突入したのは
他の国に比べ
国際社会で国を守るには多種多様な戦略が要ると
言うことに関して
侵略の歴史が無いので
少し甘かったんだろう

294 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:23:46 ID:kcTxMDhN
>>293
いや、ぎりぎりまで妥協したけど、アメリカが平和的に解決する
つもりなどはなからなかった。

295 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 00:24:31 ID:s2xF4YqY
>>276
際限のない人間の欲望が外敵を作る。
その欲望が国単位で現れると戦争になる。
国家に維持には国家を維持するだけの愛が必要なのであり、
世界の維持には世界を維持するだけの愛が必要なのである。
つまり愛国心とは一国を愛するだけの狭い愛であるため、
戦争が起こる一つの理由となり得るのである。

296 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:26:51 ID:???
1940年9月27日付の『ニューヨーク・タイムズ』
「国は日本と事を構える意志もなければ、事実その理由ももたない。
しかし米国としては純然たる利己的理由からいっても日本を現在のまま支那事変に没頭せしめ、
さらに援蒋政策を拡大し、重慶をして引続き抗日運動を継続せしめる方が米国の利益となる。」

297 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:28:21 ID:+2oy6hse
たとえ相手がどんな手段に出ようと結果を残すのが
大人というものだ
 アメリカが悪いアメリカが悪いと
言っている姿は反抗期を抜け出れないガキそのもの

298 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 00:28:25 ID:s2xF4YqY
>>279
道理が通らず自分が気に入らなくても、公で決めれらたルールだからと
自分を納得させ諦めて歩む人生に幸せはない。
ただ洗脳されただけのアホな道を行くだけ。

299 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:28:32 ID:kcTxMDhN
>>295
そりゃあ、自分は殺されて金をとられても、犯人が幸福になるなら
、と考える聖人ばかりなら争いも起こらないだろう。
しかし人間は自分を愛するが故に己の身を守ろうとする。
しかし、誰かが自分を襲ってきて、身を守ろうと争いになったから
といって、自分を愛する心があるから争いになった、などとは言えない。

300 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:29:46 ID:kcTxMDhN
>>297
いや、歴史はまず客観的事実を見ることからはじめる必要がある。

「日米交渉は、最初から平和的解決をするチャンスは、100分の1もなか
った」 米国ハル国務長官供述書より


301 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:30:19 ID:kcTxMDhN
前述のシャーラー教授は(米国の中国政策を研究するアリゾナ大学教授
米国公文書館の資料を検証し「中国における米国の聖戦--1938から45年」という研究書
を書いた)研究書で次のように書いている。
「1940年12月から41年7月にかけて米国政府とその工作員たちは中国国民党らと共謀して日本に
対して極秘の戦争を試しみた。このことは、その後の米国の軍事作戦、政治活動を考える上で
重大な先例を作りあげたことだ」

「正論」1999/10 発覚したルーズベルトの“だまし討ち”計画 前田徹

302 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 00:31:52 ID:s2xF4YqY
>>281
オマエホントに政治家の味方なんだな。
既得権益得てる奴が誉めてくれそうな回答だな。
オマエが今言った方法で変えられてないことが根拠となって、
オマエは今のルールが絶対正しいと思ってるわけだ。
呆れたやっちゃな。
まあ精々、金権選挙に金権政治万歳してろよ。

303 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:32:53 ID:kcTxMDhN
>>309
いや、民主主義に生きる人間として当然のことを言ってるだけで
君の意見は犯罪者の味方のように思える。

304 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:33:26 ID:+2oy6hse
世間知らず=だまされる
平和ぼけのカッペが詐欺師にだまされた
子供ならかわいそう
大人ならバカ

305 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 00:34:04 ID:s2xF4YqY
>>282
だから、そんないい加減な言い回しはどうでもいいから、
何人から国と言えるのか言ってみな。
愛とは、怒りだって?
ホントいい加減だな。

306 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:35:13 ID:kcTxMDhN
>>304
日本は日本なりに精一杯やってたと思うけどね。
でも、世界情勢がそれを許さなかった。

「第二次大戦後の日本は、自分たちが何のために戦ったかを忘れてしまった
かもしれないが、日本はとにかく当時の国際慣行を律儀に守り、それにうながされ
て行動したのだ」
「アメリカの鏡・日本」ヘレン・ミアーズ

307 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:37:12 ID:kcTxMDhN
>>305
ここまで説明してもまだ理解できないんだ?
まあ、いいけど。
具体的に国際的に認められる日本の領土に住み、日本国籍を持つ
日本人の共同体。
で、侮辱されたり主権を侵害されたときの怒り、という感情が
理解できないの?

308 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 00:37:35 ID:s2xF4YqY
>>283
人あるところに国ありさ。
ある個人が権力を持てれば国となるのさ。
愛とは無限に可能性を秘めているものを言うのさ。

309 :225:2006/10/29(日) 00:38:30 ID:AMHPqHg+
>>248 そこら辺の認識が甘い・・
空襲と直接敵兵が襲ってくる地上戦の違いさえ分らない。
現代でも地上戦というのは一番悲惨で
攻撃する側にも被害が大きいのでなるべく回避したいのが心情だ。
あの戦争の勝敗が決した状況で
敢えて地獄絵図に民間人を巻き込み、しかも小さな島なので
非難する場所も無い。
結果は島民の3分の1が死亡という最悪な結果だ。
・・・っていうか説明しなければいけないのか?
あれほど日教組に詳しいのに・・・
たとえ知らなくても想像を巡らすことぐらい出来るだろ?
なんかバランス悪いな。
大体、本土の空襲と比較して何が言いたいの?
大した事無いと言いたいのか?
頭痛くなってきた・・・ じゃあね。



310 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:38:50 ID:kcTxMDhN
>>305
認められている個人的権利を不当に侵害されたら腹が立つでしょ?
それは自分を愛してるから腹が立つんだよ。
国家も同様。
権利を不当に侵害されて、腹が立つということは、国を愛している
から。

311 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 00:38:57 ID:s2xF4YqY
>>286
丁寧に説明しなかったことなんて誰一人としてありますえんがあ?

312 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 00:40:26 ID:s2xF4YqY
>>288
長いのは読まないんだぞ?
面倒臭い奴ってコピペ好きなのも勉強したしな。

313 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:40:46 ID:kcTxMDhN
>>309
空襲と地上戦の違いなんて感じ方は人によって違うでしょう。
空襲による被害だって、地上戦に負けず劣らず酷いものだよ。
そして、日本人は一般人が戦争をやめてほしいと願っていた
のに、軍部が勝手に戦争を継続した、というわけでもない。

314 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:41:02 ID:+2oy6hse
誰しもが精一杯やっているのだ
あれを 仕方なかった と判断したので
バブルの第二の敗戦 自殺者年3万人
は起こったのだ
 精一杯という抽象論に持ち込むと
異端の意見が阻害されやすい状況になり
結果 多様な意見を取り入れない官僚的体質を生み
全体として適用力の無い組織 国になるのだ
そんな時 安易な損切りで調整するのがこの国だ

315 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:41:31 ID:kcTxMDhN
>>311
じゃあ、引用してもらえる?

316 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 00:42:15 ID:s2xF4YqY
>>289
あっそ。
じゃあ考えてみれば?
広い思考でもって愛を考えてみれば?
広い意味での愛国心を考えてみれば?
説明できてないと思うなら証明だわな。

317 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:43:02 ID:kcTxMDhN
>>314
結果論ではどうとでもいえるけど、必然性、というのはやはり存在する。
反省は大事でしょう。
それを否定するつもりはないが。

318 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:44:03 ID:kcTxMDhN
>>316
だから、国以上というのは世界市民ということでしょ?
そんなものは存在できないと思うけど、君は博愛精神があるんだ?


319 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:44:11 ID:???
>>316
それは考えられるということも証明してることになるんだよ。

320 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 00:44:30 ID:s2xF4YqY
>>290
オウムがテロを起こしたんだ?はあ〜
ポアによって人を助けようとしただけなんだがね。
オマエは同じこと言ってる自覚ないんだろ?
同レベルだから。

321 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:45:17 ID:kcTxMDhN
一方が何が何でも戦争に引きずり込もうとする状況にあって
それを回避するというのは、凄く難しい。

322 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:46:24 ID:kcTxMDhN
>>320
何わけわかんないこと言ってるの?
特攻隊の愛国心が原因で戦争になったのか?

323 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:46:36 ID:+2oy6hse
世界市民を言うのはまだ早い
アメリカが世界を完全に掌握したあとだろう

324 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:47:20 ID:kcTxMDhN
>>320
オウムはポアした相手に殺されそうになってたのか?
戦争を仕掛けられていたのか?

325 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 00:47:39 ID:s2xF4YqY
>>297
そうだそうだ、オカマのような日本が悪い。
口だけうるさいオバハン主導で動いてる国だな。

326 :225:2006/10/29(日) 00:48:00 ID:AMHPqHg+
>>307 腰抜け議論は単純すぎて退屈。
そこから愛国心に繋げるのも間違ってるね。
馬鹿な政治家、目立ちたがり屋の評論家に踊らされる典型だね。
日本人って技術部門では非常に才能を発揮するのに
こういう点でまるっきりセンス無いよね。
そのギャップに外人は良く驚くんだよね。
こんなすばらしい製品を作る国だから
さぞかし政治や社会のレベルも高いのだろうと
勝手に勘違いするからだろけど。


327 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:48:12 ID:+2oy6hse
アメリカは何が何でも日本を戦争に引きずり込もうと
していたのですか?

328 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:48:12 ID:kcTxMDhN
>>323
アメリカが世界を掌握すると、世界市民の意識は成立する?

329 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:49:42 ID:kcTxMDhN
>>326
いや、自分が侮辱されたり権利を侵されたら怒るのは自分を愛してる
からだし、国家が主権を侵害されたり、侮辱されて怒るのは、国家を
愛してるからでしょう。
これの何が間違ってるって?

330 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:50:44 ID:+2oy6hse
世界市民=絶対的な中心の存在
 現実的にはアメリカだろう

331 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 00:51:47 ID:s2xF4YqY
>>299
他人を殺して金を盗ろうなどと考える人間が幸福になるはずもない。
自分を愛し身を守り、他人を愛し罰を与え教育しなければならない。
その過程に殺人が不可欠でなければならない理由がない。

332 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:51:58 ID:???
>>326
政治や社会はアメリカに崩されたんだろうがw

あと、お前、出て行ったんじゃなかったのかよw

333 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:52:23 ID:kcTxMDhN
>>330
アメリカが世界を統一したら、他国が存在しなくなるので、実質的には
また個人対個人、で、地域集団対地域集団と言った具合に対立構造が
生まれて、われわれ意識はもてないような気がする。

334 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 00:53:59 ID:s2xF4YqY
>>304
オマエはいつまで経ってもかわいそうって言われるらしいな。
良かったな。

335 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:54:05 ID:+2oy6hse
社会や世界や国は妥協の産物なのだ
 完璧しか受け付けない
なんと幼稚な発想なのだ

336 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:55:35 ID:kcTxMDhN
>>331
犯罪者が幸せになろうがなるまいが関係ない。
ようするに、それで争いになってるのに、自分を愛する心が原因で
そうなったと言えるのか?
と言ってる。


337 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:56:20 ID:???
>>335
俺はお前の事好きだぞ

338 :225:2006/10/29(日) 00:56:49 ID:AMHPqHg+
>>327 選択肢は勿論あったよ。
この話は日本の開戦を擁護する人たちには完全否定だけどね。
完全にそこでバリア張るってのが戦法なんだけど。
そんなの意味無いと思うけどなあ。
今の北朝鮮の選択よりは簡単だと思うけどな。
あの国は他に権益を持たないから本国そのものの体制を
譲歩するかの選択をしなくちゃいけないのだからね。

339 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 00:57:15 ID:s2xF4YqY
>>307
国を定義してみろと言われて、共同体だってさ。
何をもって国と言うのか聞かれて、共同体だってさ。
どうなると国と言えるのか聞かれて、共同体だってさ。
アホじゃねえの?
で、愛とは何かを聞かれて、怒りだってさ。
愛とは怒りだってさ。
アホじゃねえの?

340 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:57:15 ID:kcTxMDhN
>>335
それはそうだよね。
妥協点をはかる機関として国際機関があるわけだし。
しかし、それをまったく考えず、ただ自国の利益のみを考えて
ごり押ししようとする国が現れると話がこじれる。

341 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:58:09 ID:kcTxMDhN
>>338
どのような選択肢が?
日本は最大限譲歩したんだが。

342 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 00:58:51 ID:s2xF4YqY
>>310
いつどこで誰が、腹が立つ理由を聞いた?
愛とは何かと聞いたのに、腹が立つのは愛してるからだって?
なんじゃそらあ?
アホじゃねえのお?

343 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:58:53 ID:kcTxMDhN
東條内閣の海軍大臣で、御前会議の一員としてつぶさに一部始終を見た嶋田
繁太郎は、東京裁判の被告として出廷した折り、当時の御前会議の模様を次の
ように伝えています。
「11月26日、ハル・ノートを突きつけられるまで、政府、統帥部、誰一人として
、米英と戦争を欲したものはいなかった。
日本が四年間にわたって継続し、しかも有利に終結する見込みのない日支事変で、
手一杯なことを政府も軍部も知りすぎるほど知っていた。
天皇は御前会議のたびに、交渉の成り行きを心から憂いていた。
そして、第二次近衛内閣も東條内閣も平和交渉に努力せよという天皇の聖旨を
体して任命され、政府の使命は日米交渉を調整することにかかっていた」
(富士信夫「日本はこうして侵略国にされた」)
しかし、ハル・ノートは、日本の戦争回避の願いを木っ端微塵に打ち砕きます。
嶋田被告は、東京裁判の法廷でこう陳述しました。

344 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 00:59:54 ID:kcTxMDhN
>>343
愛国心というのがどういうものか聞いたのは君だろうが。

「それはまさに青天の霹靂であった。
アメリカにおいて日本の譲歩がいかなるものにせよ、私はそれを戦争回避の
ための真剣な努力と解し、かつアメリカもこれに対し歩み寄りを示し、もって
全局が収拾されんことを祈っていた。
しかるにアメリカの回答は、頑強不屈にして、冷酷的なものであった。
それは、われわれの示した交渉への真剣な努力は少しも認めていなかった。
ハル・ノートの受諾を主張した者は、政府内にも統帥部内部にも一人もいなかった。
その受諾は不可能であり、その通告はわが国の存立をおびやかす一種の最後通牒
であると解せられた。
この通牒を受諾することは、日本の敗退に等しいというのが全般的意見だった」
「歴史の真実」前野徹

345 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 01:00:25 ID:s2xF4YqY
>>315
なんだったっけえ?
何を丁寧に説明して欲しかったんだっけえ?
名無しが何人居るのかさっぱり分からんぞお?

346 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:00:30 ID:???
>>339
>愛とは無限に可能性を秘めているものを言うのさ。
これを書いたのは君じゃないのか!?しげる君。

347 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:00:49 ID:+2oy6hse
金持ちけんかせず
窮鼠 猫をかむ
金持ちに愛国心は必要ないよ
 だからみんな金持ちを目指すんだろ


348 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:00:56 ID:kcTxMDhN
>>342
自分を侮辱されたら怒るだろ?それは自分を愛してるからなんだよ。
これで理解できないなら、君はもういいよ。

349 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 01:02:16 ID:s2xF4YqY
>>318
だから、広い意味での愛国心を考えてみろと言われても、
そんなものは存在できないと思うから考えられないって言って
るんだろお?
だから、広い思考でもって考えることができない脳みそなんじゃん。

350 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 01:03:22 ID:s2xF4YqY
>>319
それはのそれって何を指してんの?
早く広い意味での愛を語って証明してみれば?

351 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:03:29 ID:kcTxMDhN
>>345
自分の発言の責任くらいもて。

>>347
いや、金持ちでも国家の外交によって個人の利益も左右される
わけだから、やはり国家への帰属意識はもつ必要があるだろう
し、欧米のように自分の利益は国家に、公共に還元するくらい
の気持ちはあったほうがいいと思うよ。

352 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:03:46 ID:+2oy6hse
アメリカにハルノートを書かしたのは
イギリスでしょ
あの国は腹黒いよ
アメリカの黒人ロックをコピーして大もうけしたり

353 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 01:04:25 ID:s2xF4YqY
>>321
そうだね。
少なくとも、金権政治に金権選挙を肯定している国では不可能だね。

354 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:04:33 ID:kcTxMDhN
>>349
で、聖人であらせられる君は、地球市民意識がもてるんだよね?
というか持ってるんでしょ?


355 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:05:42 ID:kcTxMDhN
>>352
ハルノートの起草にはコミンテルンが関わってなかったっけ?
ちょっと資料探してみるよ。

356 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 01:07:31 ID:s2xF4YqY
>>322
さすが、オウム信者と同レベルの脳みそだけあるな。
一度信じ込んでしまったことから抜け出せないんだな。
家族や国を守ろうとしたのは戦争しかけられた側だろうに。
戦犯の愛国心が原因で戦争になったのさ。

357 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:08:01 ID:???
>>355
そうだよ、ソビエトの工作員やアメリカ共産党の奴だよ。

358 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 01:08:18 ID:s2xF4YqY
>>323
アメリカが世界を完全に掌握できると信じたオマエも
オウム信者と変わらんな。

359 :現職 ◆MDdROp4ekQ :2006/10/29(日) 01:08:28 ID:AHfpaOgf
なんか難しい観念論だな。

360 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 01:09:49 ID:s2xF4YqY
>>324
オウムは社会から迫害されてるような気分だったんだってさ。
それは戦争を仕掛けれてるかのような被害妄想だったんだってさ。

361 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:10:34 ID:???
>>350
そこに書いてある証明のことだよ。
それに、説明できないから証明しろと言われても言い分けにしか聞こえないな。

362 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:10:59 ID:thlhklYW
家族を守る闘い「日本人拉致被害者奪還」


363 :現職 ◆MDdROp4ekQ :2006/10/29(日) 01:11:06 ID:AHfpaOgf
で、しげるはどんな電波意見を述べているんだ?

誰か3行でまとめてくれ

364 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 01:13:03 ID:s2xF4YqY
>>335
妥協ばかり繰り返したオマエの情けない人生も
これで終わりにして少しは理想を持って歩むようにしろよ。
男なら。

365 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:13:30 ID:???
しげるは脳内だけで
妄想しているニート
なのでわからん

366 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:13:38 ID:+2oy6hse
客観意見や言い回しの刺激性に大して
刺激を受け反論を言ってもしょうがない

367 :現職 ◆MDdROp4ekQ :2006/10/29(日) 01:14:23 ID:AHfpaOgf
>>254
自分を幸せにできなくて、どうして国民を幸せにできようか。

368 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:14:43 ID:+2oy6hse
しげるさんの理想が聞きたいな〜

369 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:14:59 ID:???
愛は地球を救う。
すべてに可能性があるんだ。
               byしげる

370 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:15:23 ID:+2oy6hse
終了

371 :現職 ◆MDdROp4ekQ :2006/10/29(日) 01:15:35 ID:AHfpaOgf
>>365
ワロタ

372 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 01:16:09 ID:s2xF4YqY
>>336
自分を愛する心が原因で争いになったと言えるだろ。
そして、その争いが禍根を残すようなものでなければ
他者への愛でもあると言ってんだよ。

373 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:17:25 ID:+2oy6hse
会社でお荷物の団塊のおやじが行ってたな
 君たちには愛が無いんだよ
可能性は誰にだって 年に関係なくあるんだよ

まったくめんどくさい

374 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:18:36 ID:???
しげるは昨日も、ずっとこの板や他スレ
(参照すれば分かる)に粘着し張り付いて
妄想している暇なニートなのでわからん

375 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:20:42 ID:+2oy6hse
イギリスはドイツから多額の一次対戦の戦争賠償金を
取りその結果ナチに狙われた
その助けをアメリカに求めた
アメリカを戦争に引きずり込んだのはイギリスである

376 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:21:26 ID:???
しげるは情けない奴なのでスルーってことで。

377 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 01:21:47 ID:s2xF4YqY
>>346
それを書いたがどうかしたか?
何か聞いてるのか?

378 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:22:22 ID:???
しげるは今も他のスレのレスを書いている厨房なんだろうなw

379 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:23:57 ID:???
>>375
チャーチルがルーズベルトに泣きつき日本がだしに使われたって事だよね。

380 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:25:31 ID:???
昨日のこの時間くらいのスレのレス見たら、しげるが必死にw
この板の多くのスレにレスしてやんのwwwww

381 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 01:26:00 ID:s2xF4YqY
>>348
あのなオマエなあ、国語勉強したのかあ?
愛とは何かって聞かれて、それは怒りですって言ってるのかあ?
自分を愛しているから侮辱されれば怒るなんて当たり前のこと
ばっか言ってどうすんの?
自分を愛しているから誉められると嬉しいですってかあ?
愛とは何かって聞いてんのに、愛してるからどうこうってなんなんだあ?
愛してるから怒るとか喜ぶの、その、愛とは何かって聞いてんだろうがアホ。

382 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:26:42 ID:???
しげるは昨日もデタラメな嘘をつきまくってヅラカッテ行った。

383 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:26:57 ID:???
アメリカって騒ぎ起こすのが好きだな。

384 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 01:27:23 ID:s2xF4YqY
>>351
オマエが発言に責任持てないから名無しにしてんだろうにアホ。


385 :現職 ◆MDdROp4ekQ :2006/10/29(日) 01:27:51 ID:AHfpaOgf
>>380
しげるは遅筆だよ。

どうでもよいが。

386 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:28:37 ID:???
>>381
愛を6個見つけた。

387 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:28:38 ID:+2oy6hse
日本はイギリス製の戦艦で白人社会のロシアに勝ち有頂天になり
同じイギリスの暗躍によって戦艦ではない飛行機によって負けた
そして飛行機の威力をアメリカに教えたのは真珠湾での戦闘である
 いい加減この複雑さをそしゃくして
私たちに何があり 何が無いかを見極め世界の競争で生き残っていかないと
 愛国もクソも言ってられないよ

388 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 01:29:00 ID:s2xF4YqY
>>354
大人なんだから勿論持っているぞお?
持ってなきゃ外交なんてうまくいくはずないんだぞお? 

389 :現職 ◆MDdROp4ekQ :2006/10/29(日) 01:29:49 ID:AHfpaOgf
国は愛していませんが、自分の自治体は愛しています。

390 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:30:28 ID:???
>>385
まっ他のスレ見てみれば、必死さが分かるけどw

391 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:30:46 ID:+2oy6hse
愛と理性は水と油

392 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 01:31:30 ID:s2xF4YqY
>>361
だから、オマエが考えた広い意味での愛国心をさっと述べてみなよ。

393 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:31:40 ID:???
ニートが外交とはw

394 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 01:32:10 ID:s2xF4YqY
>>363




395 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:33:15 ID:+2oy6hse
愛国心=日本人は他国より日本の方が好き
 アメリカ人は他国よりアメリカの方が好き

396 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:35:31 ID:???
しげるというのは他人に言わせて否定するだけの否定厨らしいなw

397 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 01:35:34 ID:s2xF4YqY
>>367
それは金正日に対して言うことだな。
で、「国民を幸せにできずして、どうして自分を幸せにできようか。」
が、日本の議員連中に対して言うことにしておこう。

398 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 01:36:13 ID:s2xF4YqY
>>368
しげるの理想だって?
世界中の人が幸せになることだなあ。
でっかいなあ。

399 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:36:17 ID:+2oy6hse
愛国心とは奉仕の精神である
国民は国に奉仕し
公務員は奉仕されるのである

400 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:37:04 ID:???
プッwしげる「日本の議員連中に対して言うことにしておこう。」
妄想ニートが恥まったよwwwwwwwww

401 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 01:38:10 ID:s2xF4YqY
>>376
もっと早く頼むぜ。
アホども大量に相手するの大変なんだからな。

402 :現職 ◆MDdROp4ekQ :2006/10/29(日) 01:38:33 ID:AHfpaOgf
思うに愛すべきは国ではなく文化ではなかろうか。
民族と言い換えてもよいが。

403 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:39:02 ID:+2oy6hse
アホにも愛を

404 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:39:24 ID:???
それにしても、しげるはレス厨のくせして遅いなw
妄想しすぎだなwww

405 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:39:39 ID:+2oy6hse
金髪が好き

406 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 01:39:53 ID:s2xF4YqY
>>378>>380
オマエが一番名医しげるの治療を受けてるってことかあ。
ラッキーな奴だぜまったく。

407 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:41:27 ID:???
>>406
↑逝かれてるなw手の施しようもないキチガイだなwww

408 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 01:41:32 ID:s2xF4YqY
>>382
ウソってなんのことだあ?
>>386
愛とは怒ることですだもんな。
笑えるやっちゃ。

409 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 01:43:18 ID:s2xF4YqY
>>389
ってことは、他人の自治体は愛してないんだ。
>>390
そらオマエみたいなおもろいアホばっか相手してるんだから
夢中にもなるさ。

410 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 01:44:09 ID:s2xF4YqY
>>391
それを言うなら本能と理性だろ?

411 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:45:23 ID:thlhklYW
「君が代」賛成派も反対派も、押し付けはイカン

412 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:46:08 ID:+2oy6hse
自分は幸せだと思ってる人って
人の揚げ足を取るのが異常にうまいんだよな
特に女は

413 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:46:32 ID:kcTxMDhN
持っていた本に書いてあったはずなんだけど、みつからないので、
他のページから引用。

ハリーホワイトはソ連のスパイ
ハリーホワイトは、モーゲンソー財務長官の腹心として、ドイツの非軍事、工業化を掲げ
たドイツ戦後処理についての「モーゲンソー案」を作成し、戦後の国際通貨体制を定めた
ブレトンウッズ会議にアメリカ代表として出席、国際通貨基金(IMF)創設の中心的役割
を果たした。
だが1948年夏アメリカ下院非米活動委員会において、E・ベントレーとW・チェンバース
(いずれも元米国共産党員)は、米国共産党(コミンテルン米国支部)やアメリカ非公然
組織長のイクサ・アフメーロフ(ソ連人民委員部)、ボリス・バイコフ大佐(ソ連赤
軍第四部)が、アメリカ政府内に構築したソ連諜報網の全容を告発し、ホワイトがソ連
のスパイであることを指摘したのである。
ホワイトは公聴会でソ連スパイ疑惑を否定したが、その直後の8月16日、ジギタリスを大
量服用し不可解な死を遂げてしまった。
この為、戦後、「ハルノートは日米開戦を画策したソ連の謀略ではなかったか」とい
う疑惑が囁かれ、防衛庁の戦史叢書にもこれに関する記述が散見されるが、ホワイト自身の
正体を含め、この疑惑の真相は全く不明であった。
ところが最近公開された米陸軍電信傍受機関のソ連暗号解読資料「VENONA資料」によって
ホワイトが「ジュリスト」「リチャード」というコードネームを持つソ連のスパイであり
、E・ベントレーとW・チェンバースの告発が真実であったことが判明したのである。
ハルノートはソ連の作為戦争謀略だったのだ。
http://touarenmeilv.ld.infoseek.co.jp/halnoterethought.htm




414 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 01:46:49 ID:s2xF4YqY
>>395
自国が嫌いだと言う国民の割合が一番高い国はどこだろうな。


415 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:47:23 ID:???
>>410
↑レスの流れから物を例えてるのに
言葉の揚げ足を取るバカがよくいるよな

416 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 01:47:23 ID:s2xF4YqY
>>396
ちゃ〜〜んと多数派を相手するよう仕向けてるだろ。

417 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:48:23 ID:???
>>416
日本語でOK

418 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:48:29 ID:kcTxMDhN
>>356
だから、何を読んでるんだ?
あ、長い文章は読まないんだっけ。

>>357
ですね。

>>358
妄想全開だね。
いつ信じてると書いた?

>>372
自分を愛する気持ちがあっても、相手が仕掛けてこなければ
争いにはならんだろうが。


419 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 01:49:41 ID:s2xF4YqY
>>399
そうか。
愛国心を持たせることで公務員はおいしいわけだ。
>>400
なんだ、アホのQ太郎が入り込んでるのか。
今日も寂しいってかあ。

420 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:50:07 ID:+2oy6hse
つまり日本の北進を恐れたソ連がアメリカの力を借りて
日本をたたいたというのが正確なんでしょうか?

421 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:50:57 ID:kcTxMDhN
>>381
頭悪いにもほどがある。
愛があるから、怒りを覚えるんだろうが。
その怒りの感情は自分を愛する感情から生まれる、っていう
小学生でもわかることが君にはわからないって、どういうこと?



422 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:51:15 ID:???
>>413
アホな自治厨のDQNコテハンに言われたくないけどなw

423 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 01:51:40 ID:s2xF4YqY

思うに愛すべきは国ではなく人ではなかろうか。

>>403
アホどもにこそ愛をだろうに。
そのためにしげるがここに来てやってるんだろうに。

424 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:52:07 ID:kcTxMDhN
>>400
国家と公務員や政府は違うので、教師は奉仕されてはいけない。

425 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 01:52:55 ID:s2xF4YqY
>>404
しげる先生は暇なオマエと違って忙しいんだからな。
少しは考えたまえよ。

ゲラゲラ〜〜〜〜

426 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:53:05 ID:kcTxMDhN
>>423
個人を愛したら、共同体に愛がもてない体質か?

427 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:54:13 ID:???
もり上がってきたなぁ

428 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:54:21 ID:???
>>423
「そのためにしげるがここに来てやってるんだろうに。 」
↑自分の名前を言う男、アイドルの馬鹿ギャルかよwwwww
正体は『アイドル追っかけのキモヲタニートしげる』かwwww

429 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:54:31 ID:kcTxMDhN
>>424は誤爆。
スマソ。
>>399が正解。

430 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 01:54:42 ID:s2xF4YqY
>>407
いつの時代も賢者というのは圧倒的少数なのさ。
アホなオマエはラッキーにもその圧倒的少数派の
一人とネットで会話ができてんのさ。

431 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:54:52 ID:+2oy6hse
母の愛は無限

432 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:55:12 ID:???
>>423 しげるはコリン星からでもやってきたのかwwww
「そのためにしげるがここに来てやってるんだろうに。 」
↑自分の名前を言う男、アイドルの馬鹿ギャルかよwwwww
正体は『アイドル追っかけのキモヲタニートしげる』かwwww

433 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 01:56:10 ID:s2xF4YqY
>>411
歌くらいなら自由でいいな。

434 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:56:47 ID:???
>>432
キモヲタニートしげる、はアイドルにしか愛を持てませんwww

435 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:57:16 ID:kcTxMDhN
日本が仕掛けられたと思っていない、しげる君に。
どうせ長文は読まないだろうけど。

日本の外交政策の中心は大東亜共栄圏と呼ばれる経済戦略だった。
これは東アジア諸国を日本の通貨で統一しようという趣旨の経済政策で、アメリカ
、イギリス、オランダなどの経済的な支配から、日本経済を保護する目的の
ものであった。
日本は天然資源に乏しいので、この地域の豊富な資源を確保しようという狙いもあった。
政府内の軍国主義者たちをなだめるため、最後の一項が加えられた。
最悪の事態を迎えた場合、日本は米国及びその同盟諸国と交戦するというのであった。
松岡外相が加えたこの一項は、日本の極限を意味した。
アーサー・マッカラムは、戦争挑発行動八項目を実施して日本を締め上げた時は、日本
の極限状態を招くことができると確信した。
米国のポップアップ巡洋艦が日本の領海に侵入し、そして最後のH項目、すなわち
日本経済を締め上げる全面的な通商禁止が実施されれば、やがて、その極限状態
は本当に訪れることになる。
日本政府内の文官たちは、戦争を避け米国と外交的解決を図るため、なおもあらゆる
手段を尽くした。

「真珠湾の真実 ルーズベルト欺瞞の日々」ロバート・B・スティネット

436 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:57:59 ID:???
>>433
キモヲタニートしげる、はアイドルの曲を秋葉で踊っていますww

437 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:58:23 ID:kcTxMDhN
>>430
君のような妄想癖をもった人間も少数ではある。

438 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 01:58:25 ID:s2xF4YqY
>>412
女って揚げ足上げるのがうまいんじゃないか?
オチのない話を延々と続けるところがそうだろ。

439 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:58:34 ID:???
>>423
その文章は△です。
だろうに、という言葉は他人を指す表現です。
もし、しげるという自分を他人に見立てて感じているのなら現実逃避している可能性があります。
すみやかにメンヘラ板に行って判断を仰ぎましょう。

440 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:59:25 ID:???
>>413
だからスターリンにみんな嵌められたんだよね
欧米も支那国民党軍も日本も得は無かった
だけどソビエトロシアも中国も国民は今もって
苦しみ続けてるからね。

>>420
スターリンが共産革命と日露戦争の恨みを晴らそうとして
各国をそそのかしたんだろうな、
しかし今もって共産主義を信じて期待してる人間は
もう救いようが無いね。

441 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 01:59:32 ID:kcTxMDhN
全交渉を通じてこの日本のなした試しみは合衆国を満足させながら、しかも
日本が不信義と条約義務不履行の非難の的とならないような同盟条約の
解釈を発見することであった。
これらの試しみは、日本側が逐次提案した諸解釈をたどれば明らかとなる
であろう。

「共同研究パル判決書」東京裁判研究会

442 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 01:59:55 ID:s2xF4YqY
>>415
例えになってねえレスすんなアホ。
簡単に突っ込まれるような揚げ足ならすんなアホ。
上げるなら用意くらいしとけアホ。

443 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 02:00:36 ID:s2xF4YqY
>>417
日本語でオーケーってどういう意味だあ?

444 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:00:49 ID:kcTxMDhN
>>440
とくに日本では、その思想に感化されている自覚をもたない
人が始末におえないよね。

445 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:01:02 ID:???
キチガイで「圧倒的少数派の」キモヲタニート【しげる】は
いつも、この板に粘着しているので「ネットで会話ができてんのさ。」www

446 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:02:45 ID:kcTxMDhN
371 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/16(月) 03:15:25
世界が核保有すると戦争は起こらず平和になるって考える人間は
全世界の半数って感じだろうな。


375 :名無しさんの主張 :2006/10/16(月) 03:17:26
>>371
その半数ってのはどっから出てくるんだよwwww


383 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/16(月) 03:23:46
>>374
核武装できた国は核武装できない国に戦争しかけられるわけだから、
平和とは言えないだろ。
世界が核を保有すれば戦争できなくなって平和になるんじゃないか。
>>375
何割でもいいさ。
オマエは何割だと思う?
そんな問題じゃないって意味がわからんだろ。

447 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:04:43 ID:kcTxMDhN
393 :名無しさんの主張 :2006/10/16(月) 03:31:39
>>383
>何割でもいいさ。
>オマエは何割だと思う?
>そんな問題じゃないって意味がわからんだろ。

やっぱり根拠のない妄想だったわけかwwww


403 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/16(月) 03:44:28
>>393
推測さ。
分からないことは半分半分と考えるのが妥当だからさ。

448 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:04:43 ID:+2oy6hse
何か国家に大きな負の状態があるとき
誰かにそれを押し付け損切りしなくてはいけないとき
愛国心はよく使われる
今 日本に借金や 社会的矛盾が多くある
こんなとき 愛国心の強い人がそれらをしょってくれないかなー
とみんなが思い始めているのだ
あとは泥のぶつけ合い
 まあ ほかに方法も無いけど
公務員の資産を差し押さえたり 退職金ナシ
なんていっても 猛烈な反発をかうだろう
静かにばれないようにこっそり押し付けるとき
愛国心は良く使われる
 こっそり 課税 こっそり受信料
こっそり電話代 こっそり高速料金 こっそりガソリン税
なになにカードという消費者金融カード こっそり生命保険
 人の命なんて緒戦道具みたいに扱われる
そんな時 愛 はよく使われる

449 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 02:04:49 ID:s2xF4YqY
>>418
世界市民を言うのはアメリカが世界を支配した後なんだろお?
アメリカが世界を支配することを信じられないならそんなこと
言わないだろお?

自分を愛する気持ちがあれば、領海をもっと広くしたくなって
争いになる可能性があるだろうによお。

450 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:05:24 ID:???
しげるはチンチンいじる方がいそがしいので歴史なんか解りません。

451 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:05:56 ID:kcTxMDhN
>>448
単なる思い込みでなければ、そのような意図に基づいている
と考える根拠を示してくれるとありがたい。

452 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 02:09:15 ID:s2xF4YqY
>>421
ひや〜〜しかし物凄いアホも居たもんだ。
愛があるからのその愛って何だと聞いてんのに、
愛があるから怒りを覚えるの一点張りだってよ。
こらアカン、アホにも度を越している。
車とは何かと聞かれて、「エンジンが搭載されてて四つのタイヤで
走る金属でできた乗り物」と答えるところを、「車があるから遠くへ
行けるんだ」って言うのと一緒だからな。
呆れたもんだ。
名無しってこんなアホばっかだろ。

453 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:09:26 ID:kcTxMDhN
>>449
あのね、相手の主張に対して、それを認めるとしてもその論法は成り立たない
、と議論を進展させることなんて普通にあるんだけど?
で、愛国心があろうがなかろうが、自分を愛する気持ちがあれば個人的
利益のために侵略を考えるものが現れることもあるだろう。

454 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:10:56 ID:+2oy6hse
戦争を考えてくれ
敗戦間際 戦況を逆転するためには荒業が必要だった
 それは特攻である
愛国心の名の下 強制的に特攻させられた者もいただろう
貴族のやつが疎開している中
 国家の無謀な作戦のため片道切符で出撃した者は死んだのだ

455 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:11:16 ID:kcTxMDhN
>>452
君、思考力があまりないようなので、もういいよ。
寝たら?
精神のあり方なんて目に見えるものじゃなく、現象として
現れることを捉えて、その感情が愛だ、と言うしかないんだよ。

456 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 02:12:10 ID:s2xF4YqY
>>426
個人を愛したら、共同体に愛がもてない体質がオマエだろうに。
自分さえ良ければ、自分の国さえ良ければそれでいいんだろ?

457 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:12:42 ID:???
だからしげるなんかに期待したって無理だって

458 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:12:48 ID:kcTxMDhN
>>454
個人的感情で言えば、誰でも怖いでしょう。
しかし、公を考える領域では、国のために、そこにいる家族を
守るためにやむをえない、という認識もあったでしょう。

459 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:13:41 ID:kcTxMDhN
文芸評論家・桶谷英昭氏も、私との対談のなかで、日本の戦争の終わり方は
予想に反していたと語った。
「つまりああいう形で負けるとは考えていないですね。
本土決戦やって、日本人が一千万死ねば、アメリカも百万ぐらいは死ぬだろう。
そういう形で長期戦になって、要するに痛みわけみたいにもっていけばいいと思って
いたんです」(「正論」平成九年五月号)。

460 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 02:14:28 ID:s2xF4YqY
>>428
また同じこと言わせるよな。
自分の名前を言うのはオマエらのレベルに合わせてるからさ。
ちっちゃな子に対して、「おじちゃんはお寿司が好きなんだよお」
って、自分にチャン付けするのと一緒さ。


461 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:15:18 ID:+2oy6hse
公務員の年金はアメリカで運用されている
 うっすらとその影響で
彼らの愛国心は無くなっていった
そして後先考えない国家の借金が出来た

462 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:16:00 ID:kcTxMDhN
こういう人たちもたくさんいたでしょう。
日本人は、アメリカに移民した日本人のような扱いを受けることを
本気で恐れていましたから。

463 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 02:16:31 ID:s2xF4YqY
>>431
母に限ったものでもないだろうが。
>>432
ウルトラマン好きのオマエのレベルに合わせてやってるんだよ。
名医のいつもの治療法さ。

464 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:17:24 ID:kcTxMDhN
>>461
国家を考えずに、自分の政治的影響力を得るため、またキックバック
を得るために、中国に流す者もいます。

465 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:18:46 ID:kcTxMDhN
中国の日本大使館で、中国当局にスパイを強要されて、国を売るような
ことはできない、と自殺した人にも愛国心を感じる。

466 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 02:18:46 ID:s2xF4YqY
>>434
ゆうこりんはカワイイなあ。
>>435
オマエは誰の書いた本のコピペしたんだあ?
>>436
アイドルの曲なんてモームスくらいしか知らんな。

467 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:19:12 ID:+2oy6hse
日本人のアメリカ人捕虜の扱いはひどかったらしい
敵を知り己を知れば百戦あやうべからず
米兵がガムをくれたとき
日本人は彼らのことを知らなかったと思ったでしょう

468 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:19:39 ID:kcTxMDhN
>>466
誰の書いた本って…、文盲?

469 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:21:05 ID:kcTxMDhN
>>467
アメリカ人で、投降した日本兵を並べて、英語をしゃべれる者
数人以外は全員殺した、というようなこともありましたし、何
よりも、戦前の移民への扱いが大きい。


470 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 02:22:11 ID:s2xF4YqY
>>437
どんな妄想だってえ?
>>439
しげる個人としげる先生という人間に見立ててるのさ。
病人には先生が必要だろ?

471 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:22:48 ID:kcTxMDhN
それに、国際法違反の無差別空襲も目の当たりにしてるわけだし。

472 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 02:24:05 ID:s2xF4YqY
>>445
あれ〜〜?Q太郎まだ居たのお?
スルーされるだけなのにい。

ゲラゲラ〜〜〜

473 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:24:28 ID:kcTxMDhN
>>470
主張してもいないことが主張しているかのように見える君の
頭の中だ。
これも妄想だな。
371 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/16(月) 03:15:25
世界が核保有すると戦争は起こらず平和になるって考える人間は
全世界の半数って感じだろうな。



474 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 02:25:19 ID:s2xF4YqY
>>446>>447
あれ〜〜?コイツどうしたんだろうなあ?
そんなに必死になってどうしたんだろうなあ?

475 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:25:20 ID:kcTxMDhN
妄想癖があって文盲のしげる君って一体…。

476 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:25:57 ID:+2oy6hse
アメリカ悪論は分かった
反日に対する愛国論も分かった
戦争肯定論も分かった
 しかし 愛国論といえば公務員の責任逃れの道具
と思う民意を理解してくれ

477 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:26:53 ID:???
>>467
南方戦線ではイギリス軍兵が日本兵捕虜に
ガソリンかけて焼き殺した事もあったんだから
どっちもどっちじゃないか。

478 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 02:27:11 ID:s2xF4YqY
>>450
人の歴史はチンチンの歴史でもあるんだなあ。
チンチンがなきゃ増えないからなあ。

479 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:28:21 ID:kcTxMDhN
>>476
だから、その理屈がわからない。
愛国心があるから、政府の国益を無視した政策や外交にも異を唱える
わけでしょ?
愛国心を利用して、何か利益を得るというのはいったいどういう例のこと?

480 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 02:30:04 ID:s2xF4YqY
>>453
で結局何が言いたいわけ?
この話題に限らず、議論の進展の先には何が待ってるわけ?



481 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:31:43 ID:kcTxMDhN
政治と言うのは本来、普遍的利益を得ることが至上命令で、誰か特定
個人の利益を得るために政策を決定するのはもってのほかですよね。
また、国益に反することを、ことなかれ主義でやるのももってのほか。
国民に愛国心があれば、それに怒りを覚えるわけだし、批判をする
でしょう。

482 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 02:32:53 ID:s2xF4YqY
>>454
自爆を強制させられたようなもんだもんな。
今も同じような命令が下ったらやるんだろうな。


483 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:33:06 ID:kcTxMDhN
>>480
それ以上でも以下でもないよ。
その論理は成り立たないのでは?という問題提起をしてるだけのこと。

484 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:34:20 ID:+2oy6hse
これから国の借金を返すため
公共料金や税金が高くなるのは目に見えてる
そんな時必ずとり易いところからとるだろう
それに反発したとき
あなたには愛国心が無いのですか
といわれたら払わざるえないじゃない
 よく使われるよこんなとき
社員が過労死するときだって
愛社精神を試される感じで逃げれない雰囲気になるもの
 だいたい みんなで団結して意思統一すればこの場を乗り越えられる
っていうけど 背負い込むのはいつだって一部の人間って
時に日本社会なんて分かるじゃない

485 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:37:04 ID:kcTxMDhN
>>484
税金をあげることに反対すること自体に愛国心を持ち出して
文句を言う人はいないだろうし、そんな人がいても、その議論
には説得力はないでしょう。
もし、国家を維持するために、財政を切り詰めるだけ切り詰め、
それでも足りないことから、税金をあげるという話になった
時、それでもいやだという人がいたら、そのように文句を言う
人もいるかもしれないけど。

486 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:38:08 ID:+2oy6hse
理屈は分かるけど
結局そうなるって日本は

487 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 02:39:05 ID:s2xF4YqY
>>455
重病患者のオマエは自分のアホさが心配で眠れないんだろ。
言い方がないから違う言い方をしただってよ。
言い訳にもなってねえな。
あったま悪いよな。
ちゃんと言えるようになるまで言い方が分からないことは
黙ってるようにしろよ。
アホが口開くとロクなこたねえぞ。

488 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:39:12 ID:kcTxMDhN
たとえば、政治家が一部を優遇して、また私服を肥やしながら財政難
に陥ったと税金をあげることを主張すれば、それこそ愛国心のある
人なら、また、この場合そうでない人も批判するでしょう。

489 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:39:30 ID:???
>>484
今ポツポツではあるが同和特権とか朝鮮系とかの
今まで手が付かなかった所にも及んできたよ
いつまでも取り易いトコからだけでは済まんだろ。

490 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 02:40:14 ID:s2xF4YqY
>>457
どこの誰が期待してるんだって?
オマエがか?
やめとけやめとけ、アホに期待なんかされたら迷惑だぜ。

491 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:40:24 ID:kcTxMDhN
>>486
愛国心があるなら、そのような税金の値上げは許すべきではない
と思いますが…。

492 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:41:38 ID:+2oy6hse
今の景気だって
下請けの損切りの面って大きいよ
リストアとか
企業社会はいいよ競争なんだから
でも国家を考えたとき
公務員や既得権社のリスクの小ささは
愛国心に反するよ
 リスクをしょうものこそ愛国心を唱えてほしい
実際 国民なんて 一部の安定のための捨て駒みたいに
なってるじゃない

493 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:42:14 ID:kcTxMDhN
>>487
他の人は君ほど頭わるくないから、わかってるだろうけど。

494 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:42:54 ID:???
ID:+2oy6hse
なんだ、結局こういう人間って楽な考えのほうに行きたいだけなのか。

495 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:43:52 ID:kcTxMDhN
>>492
そういったことは、愛国心をもった人もそうだし、利己主義の人
もそうだけど、市民なら批判すべきでしょう。
というか、役人や教師をなかなか首にできない、という今の制度
は絶対見直すべき。

496 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:44:23 ID:???
なんかしげるだけレスの程度がベラボウに低いな
ほんとにどうしようもない奴だな。

497 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 02:44:43 ID:s2xF4YqY
>>465
ホントにそんな理由で自殺したのか?

498 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:44:59 ID:???
全部にレスしてないみたいな批判的なレスがあったから対抗してるんだよ。

499 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:45:32 ID:kcTxMDhN
>>496
同感。

>>497
君、新聞も読まないんだろう。

500 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 02:46:39 ID:s2xF4YqY
>>468
ロバートって誰かと聞いてんだよアホ。

501 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:47:09 ID:kcTxMDhN
>>500
嘘をつけ嘘を。

502 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:48:26 ID:???
>>500
ワロタw

503 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 02:49:01 ID:s2xF4YqY
>>475
アホばかり相手してるからアホ菌がうつってくるのかなあ。


504 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:50:16 ID:???
なんだ、このスレwアホそうなのがいるな

505 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:51:16 ID:???
自分で自分のことをアホって言って紹介してるw

506 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 02:51:48 ID:s2xF4YqY
>>483
成り立たない論理なんてしたことないぞ?という回答で応えてるじゃん。

507 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:51:57 ID:???
しげる頭が着いて来れないのに馬鹿レスしてんだもん。

508 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:52:08 ID:+2oy6hse
愛国心や国力は
一部の過剰な安定志向の既得権益者によって
切り崩されていくんだよ
そんなやつらに限って
愛国心と声高に言うから猜疑心を抱くんだよ

509 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:52:33 ID:kcTxMDhN
>>500
ロバートはロバートだ。
チャールズではない。

っていうのは冗談で、アメリカのジャーナリスト。

510 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:53:42 ID:???
アホそうなコテハンが実況してるw

511 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:54:23 ID:???
>>508
つまり、愛国心が悪いわけじゃない。
そうだろう?

512 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:54:42 ID:kcTxMDhN
>>508
だから、何を根拠にしてるの?
他国なみの愛国心をもつ必要があり、それには教育システムを
正常にする必要があるという話でしょ?
愛国心があるからといって、別に国力を弱めることにならない
し、むしろ弱めないためにも必要、といってるのに。

513 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:55:40 ID:kcTxMDhN
愛国心がなければ、公の利益なんてどうでもいいんだから。

514 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:57:49 ID:kcTxMDhN
たとえば、独立国として、主権国家として意志決定権が削がれる
のは国力の低下と言えるけど、それは近隣諸国条項を作った
のは国家の利益など考えず、ことなかれ主義に徹した政治家で
、それは国民が外交問題など気にしないことがわかってたから
できた話でね。


515 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 02:58:11 ID:s2xF4YqY
>>493
オマエは自分の意見が恥ずかしいと分かってるからコテ使えない
んだもんな。
何しろ、言い方がないから違う言い方をするアホだもんな。
違う言い方すりゃあ違う説明になるんだからな。
アホ丸出し。


516 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:59:41 ID:kcTxMDhN
>>515
君は地球市民的愛を持っているらしいが、それは目に見えるのか?


517 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 02:59:53 ID:+2oy6hse
現実的に日本を他国と比べるのは無理なんだよ
別に日本人を嫌いになれ
この国を疑えといってるんじゃないんだよ
日本人に 愛国心 という言葉は似合わないんだよ
そんなことより そんな形式より
日本人本来の共同体意識 国際社会で競争できるバイタリティー
を強化するための気持を持たないと
言葉にすると なんというか 形式化が一人歩きするんだよ
この国では

518 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 03:00:07 ID:s2xF4YqY
>>496
程度の低いオマエのような奴のためにレスしてるんだから当然さ。
ハエ取り紙の役目をしてるからこそ他のレスが進行すんのさ。


519 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:00:13 ID:???
しげるだけいつもトンチンカンな事ばっか言ってるな。

520 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 03:01:23 ID:s2xF4YqY
>>499
ああ、オマエの情報源は新聞だったんだ。
新聞信者だったんだ。

521 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 03:02:16 ID:s2xF4YqY
>>502
おもろいか?
で、ロバートってどこの何者だ?

522 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:02:50 ID:kcTxMDhN
>>517
似合う似合わないの問題ではなく、共同体には必要なもので
自然に生まれるものであるのに、それが特殊な状況にあるから
歪められており、それを是正する必要があるんだよ。
で、日本人本来の共同体意識というのはどのようなことを指して
いるのかわからないけど、単なる集団主義、村意識のことを
言ってるなら、それには反対の立場だ。

523 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:03:45 ID:kcTxMDhN
>>520
君が新聞一つ読まない厨房であることがわかった。

>>521
文盲?

524 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 03:04:00 ID:s2xF4YqY
>>507
だってアホどもがよく釣れるんだもん。
>>509
アメリカの一ジャーナリストの言ったことが
正しいとする根拠は?

525 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:04:47 ID:???
>>520
新聞信者w 新聞も情報源の一部ということも知らないネット信者かw

526 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:05:11 ID:???
>>517
愛国心がなんで似合わないんだ?

>共同体意識 国際社会で競争できるバイタリティー
>を強化するための気持を持たないと
他にと思ってるこれこそやっぱり逃げからくる思考なんだろうな。。

527 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:06:11 ID:kcTxMDhN
>>524
アメリカの公文書をもとにしているもので、この主張を覆すような
事実は左翼からも提示されてないだろう。

528 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:06:57 ID:+2oy6hse
日本人は私権が強すぎるんだよ
国家なんて当たり前のようにあったから
それが弱体化しそうなとき 愛国心を持ち出しても
無理なんだよ
いうなれば国内に世界標準を持ち込む
競争原理と公正なルールを取りもどすことなんだよ
そしてそれは日本人が本来持っているもんなんだよ
それに公務員がかかわるとややこしくなるだけなんだよ
なんというか精神の数量化みたいなことになるんだよ
安定しか目的の無い集団にそんなもんかかわってほしくないんだよ

529 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:07:07 ID:???
>>524
早くもうパンツ履いて寝なさいって。

530 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:08:59 ID:kcTxMDhN
>>524
だから、私権が強すぎるというのは、日教組が個人の権利、自由
ばかり強調して、その裏にある公に対する義務とか責任の観念を
排除したことから生じてることで、公務員が関わるとややこしいと
いうけど、実際関わってるからおかしなことになってる。
それを排除して政治思想を裏口から注入する現状を変える必要が
ある、ということ。

531 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 03:10:07 ID:s2xF4YqY
>>516
愛が目に見えるのかって?
例えば、貧しい家庭の親が必死に働いて子にケーキを
食わせてるような時は目に見えやすいわな。
親子の愛は一番目に見えやすいわな。
大きくなればなるほど見えにくくなるわな。
しげるの目に見えてもオマエの目には見えないさ。

532 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:11:17 ID:???
>>528
私権が強すぎるって・・・天皇が権力を持たなかった時点で証明されてるじゃないか。

533 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 03:11:34 ID:s2xF4YqY
>>519
しげるだけが先生なんだからそうなるわな。

534 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:11:45 ID:???
日教組はチュチェ思想信奉者集団だからお話にならないよ
チュチェ思想だから勝手な考えで滅びに導くんだから。

535 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:11:51 ID:kcTxMDhN
>>531
ケーキを食べさせることが愛なのか?
食べさせたい、と思う感情は愛から出ている、ということ
ではないのか?

536 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:13:00 ID:kcTxMDhN
>>534
国家権力を殺いで、国を解体したい人たちですからね。


537 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 03:13:09 ID:s2xF4YqY
>>523
オマエがマスコミに操られるアホだということははじめから
分かっていた。



538 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 03:14:16 ID:s2xF4YqY
>>525
新聞読んでネット見てテレビ見て本読んで、何がなんやら分からなくなってる
アホがオマエだろうに。

539 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:14:42 ID:???
チュチェ思想体現した結果が北朝鮮の今日の姿だからね。

540 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:14:56 ID:kcTxMDhN
>>537
マスコミでもなんでも、根拠になるものがあるなら信じるし
それに対する有力な反論があれば考える。
根拠もなく思い込みだけで判断する君とは違う。

541 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 03:15:44 ID:s2xF4YqY
>>527
アメリカは日本に戦争を仕掛けたと思ってるとでも思ってるのか?

542 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:16:40 ID:kcTxMDhN
>>538
新聞も本も読まずに脳内事実だけで生きる君に、わからなく
なってるなんて判断ができるはずなかろうが。

543 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 03:17:25 ID:s2xF4YqY
>>529
だって沢山の病人が並んでるんだもん。

544 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:17:31 ID:kcTxMDhN
>>541
いや、実際そのように書いてるし(苦笑

545 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:19:42 ID:???
しげるは朝日か毎日の古新聞チョッと読んだだけだろ
まあ読売もナベツネが共産主義者だったんで
狂ってる時あるけど。

546 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 03:20:02 ID:s2xF4YqY
>>535
ケーキを食わしてるような時は見えやすいと言っただろお?
食べさせたいという親心と、食べたいという子の心が一致してるから
愛なんだろうがよお。


547 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:24:06 ID:kcTxMDhN
>>546
食べさせること自体は、他の思いがあるかもしれないぞ?
食べさせることが愛なんじゃなくて、食べさせたいと思う
心が重要なんだ。

548 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:24:45 ID:kcTxMDhN
あ、違う。
食べたいと思う心が、どのような感情から出たかが重要なんだ。

549 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 03:24:49 ID:s2xF4YqY
>>540
例えば、新聞に書かれている内容で、その根拠自体の正当性は
どうやって計るんだ?
例えば、日本の教科書に書かれている内容で、その根拠自体の
正当性はどうやって計るんだ?
中国の新聞や教科書も読んで判断してるのか?

550 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:25:50 ID:???
>>546
一方的な愛もあるんだぞ。

551 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 03:27:06 ID:s2xF4YqY
>>542
事実かどうかも曖昧な情報取り入れて操られまくってるオマエ
みたいなアホばっかだから政治がおかしくなってるんだろ。
少しは目を瞑って自分の頭で考えろよ。

552 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:27:08 ID:kcTxMDhN
>>549
たとえば、南京で何十万人も虐殺した、というようなことは
実証史学の研究で完全に否定されている。
中国では、いまだに主張しているが、日本の実証史学の結論
に対する反論などないし、できるはずもない。
新聞記事の内容でも、筋が通っており、それが間違っていれ
ば当然起こるであろう反応がないなら、まず信用して問題ない
といえる。

553 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:27:19 ID:???
金日成は一応国民に食べさせてやろうとはしてたみたいだけど
金正日は食べさせちゃダメッて言ってたみたいだ。

554 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:27:52 ID:kcTxMDhN
>>551
敵側の公文書にあることも証拠にならないなら、いったい何が
証拠になるとお考えですか?

555 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 03:28:33 ID:s2xF4YqY
>>544
だから、アメリカが日本に戦争を仕掛けたとされてるのなら
中国のようにアメリカに謝罪請求してなきゃおかしいよなあ。

556 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:29:54 ID:kcTxMDhN
>>555
こちらに非がなくても中国韓国に謝罪してしまうような国で、
それが問題だといってるわけだが、そのような国の政治家が
謝罪要求などするはずがなかろうに。


557 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 03:31:06 ID:s2xF4YqY
>>547
食べさせたいと思うだけなら余計なお節介の場合もあるだろうが。
子の心を解してこそはじめて愛と言えるんだろうが。




558 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 03:31:59 ID:s2xF4YqY
>>548
子はふつー、おいしいケーキが食べたいと思うだろうに。


559 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:32:04 ID:kcTxMDhN
それに、講和条約を結んだことですでに決着がついてるわけで、別段
謝罪要求をしてことを荒立てる必要もないかもしれない。
中国韓国は、すでに解決済みの問題であるのに、いまだにごちゃごちゃ
とあることないこと非難し、日本の主権を侵害してくるから批判される。

560 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:32:20 ID:???
>>549
数種類読んで見て、今の北朝鮮、中国、ロシアとかの
現実と照らし合わせて見ればどれが本とか分かるだろ。

561 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 03:32:47 ID:s2xF4YqY
>>550
単なる押し付けを愛と呼ぶオマエの愛って自己中なもんだな。
相手のこと考えないタイプだな。

562 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:33:12 ID:kcTxMDhN
>>558
老後を養ってもらうために優しくする、子供を怒らせるのが
怖いから食べさせる、ということもあるよね。

563 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 03:34:45 ID:s2xF4YqY
>>552
日本の実証史学ってそんなに信用できるもんなのお?
何故だあ?
中国の実証史学は信用できないのかあ?
何故だあ?
どこがどんな風に筋が通ってるってえ?


564 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:35:49 ID:???
>>561
生きることで他人に迷惑かけてる存在なのに今更w
自分が自己中じゃないと思うなら吸ってる酸素吐き出してみろ。

565 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:35:53 ID:kcTxMDhN
>>563
中国に実証史学があるはずないだろ(苦笑
ひょっとして、中国を民主主義の国だと思ってる?

566 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 03:36:01 ID:s2xF4YqY
>>554
アメリカが日本に戦争を仕掛けたのなら日本はアメリカに
賠償請求すべきだからな。

567 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 03:37:27 ID:s2xF4YqY
>>556
オマエがそんな政治家を選んでることが問題なんだろお?
オマエに問題があるからそういう国になってんだろうがよ。


568 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:37:56 ID:kcTxMDhN
日中友好協会の集まりで、日本側の出席者の一人である村松剛氏が
中国の孫平化会長に向かって、「南京虐殺というけど、人口二十万
しかいないところなのに、どうやって三十万人殺せるんですか。
…非常におかしいと思うから、国際調査会を作る、その上で話を決定
しようじゃありませんか」と語りかけたところ、「その必要はない。
三十万という数字は、中国共産党の決定として、もう決まっているんだ」
と答えたという。

実証史学は客観的資料を最重要視するから、もし疑義が出てくれば
調査をする。
しかし中国では党の決定ありきなんだよ。
異論は許されない。

569 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:38:38 ID:kcTxMDhN
>>566
講和条約を結んだら、請求権もなくなるんだよ。


570 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 03:39:24 ID:s2xF4YqY
>>559
謝罪要求をしてことを荒立てる必要がないだって?
ことが荒れるから本来すべき要求をしないだって?
すべきことはし、しる必要のないことはしないという
筋を通せない国民性が丸出しだな。

571 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:39:43 ID:kcTxMDhN
>>567
だから、売国的な外交をしていても怒らない国民だからこそ
当選するわけで、その怒らない理由の話をしてるんだ。

572 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 03:40:35 ID:s2xF4YqY
>>560
だから、オマエの読むのは日本の本だけだろ?
日本の本だけ読んで判断してるんだろ?
偏るに決まってるだろうに。

573 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:41:19 ID:kcTxMDhN
>>570
だから、ことなかれ主義で、それは国家の利益よりも自分だから。
それにもう講和条約を結んでるんだから。

574 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:41:19 ID:???
ルーズベルトの娘の旦那はルーズベルトが食事時に
日本を嵌めてやったと言う様な趣旨の話をしたとして
自ら悪い事だと思い本を出してるぞ。


575 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 03:43:16 ID:s2xF4YqY
>>562
つまり、老後を養ってもらうためだとか、子を怒らせて怖い思いを
するのが嫌だから食べさせるのは愛がないって言ってるのか?
そんな親にとって愛はなくとも、おいしいものが食えた子にとっては
愛があったことになるだろ。
少ない愛だろうが。

576 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:43:46 ID:???
しげる君は全世界の国の情報を見ることが可能だと信じているのか?
それとも、目隠しで歩けといいたいのか?

577 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:44:36 ID:kcTxMDhN
>>572
中国が何を主張し、何を根拠にしてるかも知ってるよ?
実証史学の人たちは、その間違い、嘘をあきらかにしてるけど
それに対する反論は中国側からは出されていない。
だからこそ日本では左翼ですら、中国の主張を支持するものは
ほとんどいない。

>>574
あ、それは初耳です。
今度調べてみます。

578 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:45:20 ID:???
>>572
何所の国でも良いけど現状と一致してるのが正しいだろ
北朝鮮のニュースと現実が一致してると思ってるのか?

579 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 03:47:11 ID:s2xF4YqY
>>564
どっから酸素が出てくんだ?
おかしなやっちゃ。
>>565
実証史学に変わる何かがあるんじゃねえの?
正しき歴史が記されたとされる中華人民共和国の崇高な
書物がよ。



580 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:48:23 ID:kcTxMDhN
>>575
子供は親の心の中をのぞくことはできないんだから、勘違い
しただけの話だよそれは。
親に愛がなくても、子供が親の行為を愛によるものだと考えたら
親に愛があることになってしまうとでも?

ちなみに、日本で中国に反論している人たちは、中国や欧米人
が当時書いた資料などを根拠の柱にしている。

581 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:49:49 ID:kcTxMDhN
>>579
中国の根拠は東京裁判や南京での裁判に出されたものだ。
もし新たな資料が見つかればそう主張すればいいし、共同研究に
も応じればよい。

582 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:50:36 ID:???
>>577
ルーズベルトの長女の夫のカーチス・B・ドールが
身内告発した書で「操られたルーズベルト」って本じゃないかな。

583 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 03:51:09 ID:s2xF4YqY
>>568
そんな国でも話合いしなきゃいけないわけだ。
道理が通らない国との話し合いでもしなきゃいけないわけだ。
さあどうするって話さ。
「オマエら間違ってるぞ」な〜んて主張したって無意味なのさ。
にも関わらず、愛国心とは、まさにそう主張させるためにあるものなのさ。
外交をこじれさせる元なのさ。
道理が通らない奴との話し方くらい社会人なら心得ておくべきだな。

584 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:51:16 ID:kcTxMDhN
>>582
そうなんだ。
ありがとう。

585 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 03:52:33 ID:s2xF4YqY
>>569
何故、請求権がなくなるような講和条約を結んだんだ?
アメリカが悪いのに、何故日本は請求しませんと約束したんだ?

586 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:52:57 ID:kcTxMDhN
>>583
歴史事実に対する話し合いを相手が拒否し、そして、国際常識では
講和済みなら、歴史事実を政治問題化しないということなら、日本
政府が相手にする必要はないだろう。

587 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:55:36 ID:???
やっぱり、人間には道徳が一番大事なんだなー。

588 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:55:56 ID:kcTxMDhN
>>585
まず一つに、無条件に近い降伏だったこと。
そして、当時は現在のようにアメリカの公文書や機密書類が
公開されていなかったから。
とはいえ、パル判事はアメリカが仕掛けたことを知っていたけど。
東京裁判終了後、世界中で裁判についての評価で議論が起こった
けど、日本はその議論にも参加しなかった。
なぜなら、それどころではなく、人々は生活の建て直し、国家の
再建のことしかなかったから。

589 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 03:58:00 ID:???
それに当時のフルブライト上院議員が創設した
対日留学精製度はアメリカが戦争を仕掛けた事と
原爆や無差別爆撃の懺悔としてはじめた制度だ
竹村健一なんかがこれで行ったんだよね。

590 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 03:58:39 ID:s2xF4YqY
>>571
中韓に謝罪することが仕方ないと思ってる国民だから
当選してるんじゃないのか?
>>573
国家の利益は自分に繋がるんじゃないのか?

591 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 04:00:01 ID:???
>>589
留学生ね、訂正

592 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 04:01:24 ID:s2xF4YqY
>>574
悪い日本を嵌めてやったってことじゃないのか?
>>576
人間というものの本質を見抜けと言ってんのさ。
それが世界を知ることであり目隠しで歩けることでもあるからさ。

593 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 04:02:32 ID:kcTxMDhN
>>590
仕方ないと思っているのは、日本の歴史教育の問題だし、教科書の誤報
事件なら、その間違いが判明した後にも、事実を知る前に中韓に謝罪
してしまった日本政府に対する批判は起こらなかった。
そして、国家と個人を対立するものとしてしか捉えられないから、国家の
利益が個人につながることがわかりやすい問題以外には興味がもてない。

594 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 04:03:59 ID:s2xF4YqY
>>577
だから、その実証史学の人たちの指摘する間違いやウソの
信憑性は何で計るんだ?
中国が反論してないからというだけか?
中国のどこそこに何万人が住んでいたとか、そういうことを
どうやって証明するんだよ。

595 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 04:04:19 ID:kcTxMDhN
>>592
嵌めるということだけなら、戦略、戦術の問題だから後悔など
持たないだろう。
自国から仕掛けたから後悔するんだろうし、国際法違反をやって
いたからでもあるだろう。

596 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 04:05:53 ID:kcTxMDhN
>>594
いや、敵側の公文書や当時敵国だった国の人間が、その当時
に書いた資料を信じずに、なにを信じるの?


597 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 04:07:07 ID:s2xF4YqY
>>578
どこの国でも良いなら日本以外の本読めよ。
日本に住みながら北朝鮮のニュース見たって意味ねえだろ。
恋は盲目、住めば都、オマエの立場が変われば一致する
現実さえ曲がるものだと知れよ。

598 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 04:07:30 ID:kcTxMDhN
>>594
市民の数なら、当時南京を治めていた国民党の資料や、市民の食糧
を確保する必要のあった安全委員会の資料がある。

599 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 04:07:37 ID:???
>>592
その見抜く能力でこっちがなに考えてるのか書いてみてくれ。


600 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 04:08:17 ID:???
しげるはチョンの悪あがきに近いものがあるから
何事実を出したって無駄だろう。

601 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 04:08:57 ID:kcTxMDhN
>>597
現実がどう曲がるのか教えてくれる?

602 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 04:10:50 ID:???
>>597
しげる=チョンて事みんなに知らしめたいのか、そうか分かった。

603 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 04:11:37 ID:s2xF4YqY
>>580
子は純真だからな。
親に愛がなくとも、それは自分が悪い子だからと考えるものなのさ。
親が自分のおにぎりに押しピンを入れるのは、自分が悪い子だからで
パパは悪くないんだと思うものなのさ。
親の愛に応えられない自分が悪いとするものなのさ。

中国や欧米人の書いた資料がどれだけあると思ってるんだよ。



604 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 04:11:41 ID:???
>>601
幻聴とか妄想壁があれば現実曲がるよw

605 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 04:11:47 ID:kcTxMDhN
こういう事実もある。

東京裁判でロヴィン弁護士が
「南京ニ於テ殺害サレタ数ハ30万トナッテ居リマスガ、私ノ承知シテ居ル範囲
ニ於キマシテハ南京ノ人口ハ20万デアリマス」
とズバリこの問題の本質を突く質問をした。
するとウエッブ裁判長はあわてて、「今ハソレヲ持チ出ス時デハアリマセン」と
この発言を封じてしまった。
(「速記録」58号21・8・29)。
以後発言の機会は与えられなかった。

606 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 04:14:05 ID:s2xF4YqY
>>581
アホらしいってさ。
当時日本人が中国人を大量に虐殺した事実があればそれでいいってさ。


607 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 04:15:23 ID:kcTxMDhN
>>603
そう、子供に親の心はわからない。
だから、子供が親の愛だと勘違いしても、親に愛があるとは限らない。
で、中国人や欧米人の書いた資料なんてたくさんあるようですけど?

608 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 04:16:12 ID:s2xF4YqY
>>586
竹島や尖閣諸島、対馬も取られるんじゃないの?
相手にしてもらわなきゃ困るのは日本なんじゃないの?

609 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 04:16:17 ID:kcTxMDhN
>>606
中国は数に拘っていますけど?


610 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 04:16:26 ID:???
毛沢東及び中国共産党が中国国民及びチベット人を
大量虐殺した事実はあるだろ。

611 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 04:18:02 ID:s2xF4YqY
>>588
ま要するに、それが根拠となって日本が戦争しかけたことになって終わってるわけさ。
だから、日本が戦争しかけたのさ。
リメンバーパールハーバーさ。

612 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 04:18:29 ID:kcTxMDhN
>>608
領土問題と賠償問題はぜんぜん違うんじゃないですか?
アメリカが日本の領土を不法に占拠してます?
竹島や尖閣諸島の問題は話し合う必要があるでしょう。
しかし、ことなかれ主義、利己主義な政治家はそんなことは興味が
ないし、その態度に国民も怒らない。

613 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 04:19:42 ID:kcTxMDhN
>>611
はあ?不法な軍事裁判で、勝者の裁きでそうなったから、日本が戦争を
仕掛けたと事実まで曲がってしまうと?

614 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/10/29(日) 04:20:46 ID:s2xF4YqY
ではおやすみ

615 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 04:21:45 ID:kcTxMDhN
勝者の一方的な軍事裁判で、証言者の偽証罪も適用されず、日本側の
証拠は不当に却下されたような裁判で
「日本が戦争しかけたことになって終わってる」
から
「だから、日本が戦争しかけたのさ」
ですか?

616 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 04:22:24 ID:???
>>611
毎晩論破されたり嘘がばれたりもう人格も何も無いなしげるは。

617 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 04:23:05 ID:kcTxMDhN
結論

【 サ ヨ ク って 変 】

618 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 04:23:55 ID:???
しげる君は
>>273書いたとおりの説明できない。あほうした。

619 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 04:24:11 ID:AWTbjTKU
しげるは昨日も同じぐらいヤバくなって消えた。

620 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 04:24:58 ID:???
>>618
あほうした×
あほうでした○

621 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 04:46:27 ID:WarN1RpR
愛国心が否定される教育現場って
おかしいよね 

国を愛してますって、はっきり、
大きな声で言えない風潮はヘンですよ

622 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 04:49:00 ID:???
糞コテは、隔離スレでやれ。
 
糞コテは、隔離スレでやれ。

糞コテは、隔離スレでやれ。

糞コテは、隔離スレでやれ。

糞コテは、隔離スレでやれ。

糞コテは、隔離スレでやれ。

糞コテは、隔離スレでやれ。


623 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 04:52:00 ID:???
糞コテは、隔離スレでやれ。 糞コテは、隔離スレでやれ。

糞コテは、隔離スレでやれ。 糞コテは、隔離スレでやれ。

糞コテは、隔離スレでやれ。糞コテは、隔離スレでやれ。

糞コテは、隔離スレでやれ。糞コテは、隔離スレでやれ。
糞コテは、隔離スレでやれ。 糞コテは、隔離スレでやれ。

糞コテは、隔離スレでやれ。 糞コテは、隔離スレでやれ。

糞コテは、隔離スレでやれ。糞コテは、隔離スレでやれ。

糞コテは、隔離スレでやれ。糞コテは、隔離スレでやれ。


624 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 04:52:06 ID:kcTxMDhN
しげる君ってば、この、おちゃめさん!

625 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 04:53:57 ID:???
糞コテは、隔離スレでやれ。 糞コテは、隔離スレでやれ。

糞コテは、隔離スレでやれ。 糞コテは、隔離スレでやれ。

糞コテは、隔離スレでやれ。糞コテは、隔離スレでやれ。

糞コテは、隔離スレでやれ。糞コテは、隔離スレでやれ。

糞コテは、隔離スレでやれ。 糞コテは、隔離スレでやれ。

糞コテは、隔離スレでやれ。 糞コテは、隔離スレでやれ。

糞コテは、隔離スレでやれ。糞コテは、隔離スレでやれ。

糞コテは、隔離スレでやれ。糞コテは、隔離スレでやれ。

626 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 08:36:57 ID:+J6nrRjx
軍国主義=偽装左翼=自虐主義
左翼(=極右勢力)こそが日本劣化の元凶だ

627 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 09:30:55 ID:P29Ia/Ss
左翼=極右勢力だってさ
日本劣化、どういう日本語なんだか

628 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 10:51:10 ID:+J6nrRjx
これが日教組某県作成の教科書採点表だ
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/4759/20010714.html


マルクスの言葉
「青年に対し、祖国の前途に対する希望の灯を奪い、
祖国呪詛(じゅそ)の精神を扶植(ふしょく)することが革命の近道だ。」
日教組は忠実にこれを実践してきたのではないか。
http://homepage1.nifty.com/1010/newpagekakiko.htm



629 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 17:44:35 ID:???
>>627
それが糞ウヨQUALITY!!!

630 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 19:00:50 ID:???
遣ってもいない授業を遣ったって?
愛国心どころではないなこの国は
うそが平気って一体?

631 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 19:11:15 ID:???
馬鹿チョンですか

632 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 19:33:25 ID:qlNyTQAi
すんごい勢いでレスが増えてる。おいおい読みきれないぞ。

633 :225:2006/10/29(日) 23:40:05 ID:AMHPqHg+
今の先進国のトレンドは排外主義的な右翼思想。
原因は共産主義国の解体、モデルチェンジより
新しい市場が生まれ、それ以前の秩序が崩れたことにあると思う。
体制の変化にようやく慣れてきた新興市場国の国民のパワーに
ヨーロッパ、日本などは気圧され気味である。
数字的なものも勿論だが、心理的にも非常に圧迫されていると
感じているだろう(無意識な部分でもね)。
現在の自分の国の地位や自分たちの生活レベルが脅かされていると感じ、
その原因を域内に住む外国人や日本なら中国・韓国などに
求める傾向があると思う。
ただ非常に問題なのはその原因と決め付けているものを排除すれば
現状を打開できるのか?ということ。
感情論だけが先行して実際上の問題解決には何の効果も無いことを
知るべき、考えべきだと思う。
日本人はよく”危機意識”が足りないと言われるが
それは違うと思う。
感情主体で行っている行動を根拠の無い”希望的観測”で
尤もらしく理論付けしまう意識が非常に強い国民なのだと思う。
”モノづくり”に関しては日本人はこのような思考法を
しない(だからこの分野は世界で一流なのだろう)のに
対人間、社会、国家などになるとからっきし駄目なんだよね。
何でなのかな?


634 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 23:43:06 ID:???
>>633
一番下の二行の答え=他の国が悪ど過ぎるから。

635 :225:2006/10/30(月) 00:27:49 ID:JFZh3znN
日本の国の政策を見ると”希望的観測”でどんどん政策が立案され
予算もそれに応じてつぎ込まれ、たとえ結果が出なくても
誰もそこに最大の意味合い、関心を求めようとしない。
例えばODAの問題にしても感情的になって中国に金をやるな!!と
言う国民はたくさんいるけど。
実際にあの巨額な資金がどのように使われているか、流れているか
と言うことに関心を持つ日本人は少ない。
あの資金を全て中国に納めている本気で思ってる奴も少なくない。
そんなに中国に金をやりたくないと思っている国民が多いなら
ODAから土建屋やそれに付随する政治家たちを排除すれば
自然に金額は下がってくるのにさ・・・
”ODAの援助大国・日本”が存在するのは国民の政治レベルの低さから
来ていると国民は思っていない。
単に外国から搾り取られている、恐喝されているとか
どこかの馬鹿に知恵を付けられて騒ぎまくってる程度。
税金の使われ方を鋭く監視しているような国では
ODAなんかちっとも旨みが無いので
日本のような馬鹿げた額を使う国は有り得ないんだよ。
この国の教育はそういったことをちっとも教えようとしない。





636 :225:2006/10/30(月) 00:36:12 ID:JFZh3znN
>>634 日本人は素直だからねww
だから”オレオレ詐欺”にも引っかかるんだよな。
自分が相手に何も恩恵を与えたことも無いのに
相手が持ってくるうまい話を簡単に信じちゃったりね。
世界から見れば”温室育ちの世間ずれした坊ちゃん”なのかな?
それでそれを指摘すると感情的になり
極端な反応を示したりするとこもね。

637 :名無しさんの主張:2006/10/30(月) 01:01:50 ID:zySHmLp3
同じODAでも向うの政治家に丸投げしてライオンしか通らない橋でも作らせちゃったりする旧来型の方が国連での根回しに効くんだよね。
国連で投票するのはそいつの子分な訳で。

そういうんじゃなくてもっと住民の役に立つようなのやろうよって流したのがプロ市民。
旧来型で天安門紛いの住民弾圧するような奴にもじゃんじゃん配る中華はそういう連中の声を聞かずにすむからな〜。



638 :名無しさんの主張:2006/10/30(月) 02:14:32 ID:???
>>636
自発的に与える喜びを知らない受動的なのが、日本人。
で、事態が悪くなるとすぐ「だまされた」とかヌカす。
要するに、日本人は田吾作なんだよ。

639 :名無しさんの主張:2006/10/30(月) 02:40:44 ID:iXHLOPr4
>>633
根拠のないこじつけ。
たとえば、自分のうちに隣人が勝手に入り込み、テレビの
チャンネルを変えろと命令してきたら、誰だって怒る。
自分の家族に不当な中傷を加えてきたら怒る。
こういった当然の感情が国家レベルで湧き上がっているだけの
ことで、それが嫌中感情となって現れている。


640 :名無しさんの主張:2006/10/30(月) 02:43:53 ID:iXHLOPr4
>>635
ODAの見返りでどれだけの日本企業が儲かってると思うの?
これがもし、鉄道建設で日本の新幹線を、という話が当然のこと
として進んでいるなら、話は違ってくると思うが。
そもそも、ODAを含めて、有償無償の援助がどれだけあるか知ってる?


>>638
相手に非があっても「オレが悪いんだ」と考えてしまうところ
が日本人の自虐的な面。

641 :名無しさんの主張:2006/10/30(月) 02:45:48 ID:iXHLOPr4
自信のない者が自覚すべきは、自分が依存心を克服することは、周囲の自分を操作して
きた人間、操作しようとする者にとって、不愉快なことである、ということだ。
操作する者は、彼らに都合のよい解釈を押し付け、操作したいがために、自分が
他人に価値判断、さまざまなことを相手にゆだね、相手の意向を気にする、と言った
弱い心を持ち続けてほしいと考えているのだ。

自分の行動の決断も解釈も相手に預けてしまえば、その関係は一見はうまくいく。
その時は丸くおさまる。
しかし、自分の内面の犠牲においてなされる以上、どこかに歪が出る。

また知っておかなければいけないことは、「べき論」で操作しようとする者が
望んでいるのは、自分が相手に限りなく受け入れられること、であり、それは幼児的
な一体感を求めているに過ぎないということだ。

あなたを責めながら、あなたにからみついている人は、あなたに幼児的一体感
を求めている甘えた人である。
だからこそあなたの言動一つ一つに無関心でいられず、あなたの言動一つ一つ
が自分の望む通りでなければ、おさまらないのだ。

真の相互性は意見の対立くらいでこわれるものではにあ。
自己主張は大切な自己実現である。
ここまで気まずさを避けてしまうと、自然の内気さとは言えないだろう。
それは自分自身への信頼の欠如、自我の強さの欠如とでも言った方がいいだろう。

「自信」社会心理学者 加藤諦三

642 :名無しさんの主張:2006/10/30(月) 02:49:34 ID:???
>>638
だったら詐欺師の中国人は都会者なのか?騙される奴が悪い理屈だな。
しかし今までの日本は中国のような大陸型の極悪な犯罪がなかったら
防備が甘かっただけだ。

643 :名無しさんの主張:2006/10/30(月) 03:12:12 ID:iXHLOPr4
日本企業、ことにソフト関係の企業は受注競争で中国政府関係者
に利用され、地下鉄、高速道路、空港、橋梁設計など、中国人
に盗用されて無償でただ働きされている。
一銭も払われないで、ポイと捨てられ、煮え湯を飲まされたケース
は少なくないだろう。
真っ正直な日本人は、交渉、競争の戦略、戦術を持っていないから
そうなるのだ。
競争の場ではじめから相手に誠心誠意を期待し、信用し、相手の
話した言葉すべてを吟味なしに鵜呑みにしてしまうので、中国人に
とってはまさしくいいカモだ。

「つけあがるな中国人 うろたえるな日本人」黄文雄

644 :名無しさんの主張:2006/10/30(月) 03:14:30 ID:iXHLOPr4
江沢民だったかな、中国で発電所を建設するというので日本が莫大な
金を援助したとき、なんと言ったか。
「評価する」
いい加減にしろよと。

645 :名無しさんの主張:2006/10/30(月) 08:05:10 ID:xCI80uWC
愛国心の前にいじめの教育問題を考えるのが先だろ。いじめで人が死んでいるのに。


646 :ホッシュジエンの国内ニュース解説:2006/10/30(月) 09:20:50 ID:AoRl/gm6
国会は、政府・与党が最優先で成立させたいとしている教育基本法の改正案の
実質的な審議が30日から再開され、論点となっている「愛国心」の扱いや、
各地の高校で必修科目を教えていなかった問題への対応策などをめぐって、
論戦が交わされる見通しです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡ミ    ___  __    教育委員会をさらに政府寄りに、教基法改正で
  |ヽ  /|  ,,,,,,,,l /  /  教育現場介入を正当化させる可能性はある。
  |ヽ   | | ミ ・д・ミ/_/旦~~ 
  ⊥   |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 未履修問題報道も自民の教育改革に同意
  凵    `TT | ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l させようという意図なんでしょうかね。(・A・ )

06.10.30 NHK「教育基本法改正案 審議再開へ」
http://www.nhk.or.jp/news/2006/10/30/k20061030000018.html
06.10.30 NHK「森氏 教育委員会の見直し必要」
http://www.nhk.or.jp/news/2006/10/30/k20061029000177.html

647 :名無しさんの主張:2006/10/30(月) 12:30:31 ID:f0pmwz1g
ちょっと見ないうちに、かなりスレが伸びてるwww

648 :教育基本法改悪:2006/10/30(月) 12:47:18 ID:???

自民民主の右翼政党は、今度は児童生徒のイジメ自殺を口実に教育基本法を改悪しようとしている。
イジメと天皇万歳愛国心とは関係無いだろw
何でイジメがあると天皇万歳愛国心になっちゃうんだろうw
縄文後期に朝鮮人が日本に侵入して来て以来、強い者には媚び諂い、弱い者をいじめる、それが日本の文化伝統になった。
教育基本法改悪案では、その文化伝統に固執しようと言うのだから、イジメ問題が解決する筈もないw
問題なのは教育基本法が悪いのではなくて、すばらしい教育基本法が実践されてない事にある。
イジメ一つ取っても、"弱い者をいじめてはいけない。弱い者いじめを見付けたら、みんなでやめさせよう" たったこれだけの事を教えていない事が原因。
教育基本法に問題があるのではなくて、道徳教育をしていないことが原因だ。
正しい道徳教育が出来る程人間が成熟した教師がいないことが原因だろう。
教育基本法改悪の前に、教師の道徳教育が必要だと思うぞ。


649 :名無しさんの主張:2006/10/30(月) 21:17:59 ID:???

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn/20061030/20061030-00000054-jnn-pol.html

650 :名無しさんの主張:2006/10/30(月) 21:28:14 ID:9SHu5F7X
毎日新聞の「朴鐘珠」が知事にかみつくシリーズ

天皇皇后を佐賀に呼ぶなとかみつく
http://www.youtube.com/watch?v=xBvWHz5oYX0

職員採用の国籍条項で知事にかみつく
http://www.youtube.com/watch?v=dBrm5Lnmxdg

プルサーマル問題でかみつく
http://www.youtube.com/watch?v=CI6yq4ZfJnA

新幹線問題で知事にかみつくPart1
http://www.youtube.com/watch?v=G3Na0MO2Uyk

新幹線問題で知事にかみつくPart2
http://www.youtube.com/watch?v=spLYxMxR1Qw

651 :名無しさんの主張:2006/10/30(月) 23:06:18 ID:Oat0vaBJ
>>648
オマエみたいに被害妄想きつくて愚かな書き込みをするヤシは久しぶりに見た。
何も分かってないな。

そもそも、教育基本法改正はいじめとは関係がなくて、戦後からの課題だ。

652 :225:2006/10/30(月) 23:13:29 ID:JFZh3znN
>>648 そこまで極端では無いと思うが
日本は”個人”より”集団”を優先させる思想が
徹底的に教育(学校だけでなく)されてきたので
いじめが問題化するのも当然といっていい。
確かに”学級崩壊”など新たな問題も出てきて
以前の子供とは気質が変わってきていると言われているが
その根っこは、やはり同じだと気付かされる。




653 :小石:2006/10/30(月) 23:27:26 ID:tJbEaf7N
日本ていう国がなくなるんじゃないかと不安になります。。。
いろんな人が総論賛成各論反対で、策士策に溺れるのように本当に何が大事なのか見えなくなっているように感じます。
50年後100年後、空っぽになったニホンがあるように思います。

654 :225:2006/10/30(月) 23:50:04 ID:JFZh3znN
>>640 企業やODAに群がる一部の人間が
表立って儲けるわけ無いじゃんww
いくらでもやり方はあるんだよ。国民の目は節穴だしね。
まさか政府発表の資料・会計を鵜呑みにしてるわけ?
一度中国側に金を全部やって
キックバックするやり方
(すげぇ初歩的で現代では幼稚なやり方だけど
日本では内外問わず結構やってるし、バレナイ)
なんてどんな会計資料にも載らないよ。
中国にとってもかなり取り分はあるし
お互いメリットが大きい。
しかもODAの額が大きくなれば
それに比例して取り分も大きくなるわけだから
予算がどんどん上がるのは当然だよ。
その金は日本の闇社会へ流れて一部の人達に還元だれる。
当然、サラリーマンなどの雇われ人に直接渡る金では無い。
ただ、国の税金なんて大部分はこの雇われ人たちが
払っってるんだから間抜けな話だよ。
税金の使われ方に関する資料と言うのは
外見は非常にきちんと出来ているんだけど
中身を一つずつきちんと検証すると非常にだらしない・・・
しかもその外見の立派さで一般の日本国民は
簡単に騙せてしまう(この手で日本人はよく騙されることが多い)。
”箱が綺麗なら、当然中身も綺麗”的な
レベルの低い、相手から騙されやすい思考をする日本人は非常に多い。
”中身が綺麗なら、箱はそれほど気にしない”ぐらいのレベルに
日本人も早く脱皮して欲しいと願う。


655 :名無しさんの主張:2006/10/31(火) 00:10:41 ID:/1iYpPq6
今後の日本はどうなる?
文科省の横暴を許すな
おまいらも一緒に戦おう
【未履修】文科省抗議スレ【増加】
http://etc4.2ch.net/test/read.cgi/kouri/1162184008/

656 :225:2006/10/31(火) 00:49:21 ID:b4pEydgM
大体、既得権益に群がる人間ってのはどの国にもいて
簡単に他国の同種の人間と手を握っちゃうもんなんだよ。
反日感情の強い韓国だって植民地時代にはこの手の人間が
暗躍し、憐れな同胞を尻目に利益をむさぼっていた。
そして植民地から解放されたら
今度は自分達が国の主軸となり、表では国民に対して”反日”を叫び
裏では過去の日本とのルートをきちんと維持し続けた(権益確保)。
人間の歴史を理解し、現実的な思考をすれば
それほど驚くべき話ではなく、むしろ当然と言える。
日本でも戦前軍部に積極的に協力した人、企業は
戦後も外見を変えて(中身は同じ)中心的な存在で
あり続けている場合が多い。
そういう意味で韓国や中国の一般の市民が抱く反日感情は
過去の歴史を考えれば理解はできるものの
外部の日本だけに矛先が行くのは片手落ちなのだ。
うまく飼い慣らされている(為政者に利用されている)と感じるが
昨今の日本も人のことは言えない状況になりつつある。
政府や世論が必要以上に他国の政府を非難するときには
その国の国民はそちらに目を向けず、自国(内部)を冷静に見て
自国の現状を分析するのが重要だと思う。
”愛国心”などのキーワードが出てくる場合は特に国民は
惑わされずに冷静に状況を分析するべきだと思う。
これは日本に限らず世界共通のものだと思うが
同じ文化・思想の流れを汲む中国・韓国・日本の国民は共通して
この手の思考は苦手だと感じる。
現在の北朝鮮の体制もそのような環境から
偶然ではなく、必然的に生まれた国ではないのかと感じてしまう。



657 :”いじめ”について:2006/10/31(火) 01:47:35 ID:b4pEydgM
これは日本社会とって根の深い問題であり、学校と言う単位で
本来語る規模の話ではないのだが
どうしても子供の自殺者が増えると学校に焦点が行ってしまう。
それに比べれば”学級崩壊”などは浅い部分の問題で
優先順位としては”いじめ”を
まず何とかしなければいけないのが本筋だと思う。
基本的に”集団”を”個人”より優先させれば
集団にそぐわない個人は当然排除される。
ある意味日本の”いじめ”の構造はいじめられる人間が
個性的な人間だと認めている行為なのだ。
さらに言えば、いじめる側で率先的にリーダーシップをとる人間も
実は日本人的でない個性的な人間なのだ。
だから、いじめの急先鋒は一転していじめられる側になる危険性を
常に孕んでいる。
この二者が何かといじめの原因に結び付けられ易いが
日本で問題なのはこの二者以外の集団の人間なのだ。
ここに焦点を絞り、教育・認識させないと悪循環は延々続くだろう。
集団に埋没すれば個人の存在・責任を回避できる日本社会の仕組みが
この”いじめ問題”の根源だと思う。
だからこそ学校だけでなく日本の社会のあらゆる所で
いじめは行われている。
子供たちはこの日本社会の仕組みをきちんと実践しているに
過ぎないだけなのだ(大人を通して自然に身に付いたものなのだろう)。
まずは集団ではなく個人の存在を尊重し、敬意を払うことを
本当の意味(現在は形だけ)で教えるべきではないか?
あそこまで集団が個人を追い込むのは異常だ。
例えいじめがあったとしても、それを助ける人間がいるのが
正常な状態だと思う。


658 :”いじめ”について:2006/10/31(火) 01:48:30 ID:b4pEydgM
集団の流れに身を任せ、大事な部分での個人の感情・行動を
抑えてしまう(くだらないことには個性は出せるだろうけど)・・・
これではこれからの世界を日本が生きていく上で
非常にマイナスになってしまうと危惧してしまう。
たくさん子供が居た時代は集団の中からも
個性を殺しきれない個人が数に比例してそこそこ存在していたが、
少子化の時代にそれを期待するのは現実的ではない。
教育改革もその点を考えているのだろうか?
クラスも少人数になり、本腰になれば生徒を管理することは
実際それほど難しいことではない。
ただ、そこからはみ出る個性を持った才能のある人間の居場所は
昔以上に無くなるは確かだけどね。

659 :名無しさんの主張:2006/10/31(火) 01:50:28 ID:???

誰も読まない長文書いて、オナニー書き込みしているのは、糞ウヨ率99%。


660 :”いじめ”について:2006/10/31(火) 02:05:12 ID:b4pEydgM
いじめで自殺した子供の親は非常に憐れだ。
集団での行為、そして相手は子供なので責任の所在が分らず
怒りのやり場が無い。
とりあえず学校を訴えるけど、すっきりとはしないだろう。
集団でいじめたと言うことは
その集団の子供の親たちの責任も当然責任があるはずなのに
集団の心理(無責任)と我が子かわいさで
それほど責任を感じないだろう。
自殺した子供の代わりにその親がまた集団からいじめられてる構図に
なってしまうのが非常に不憫だ。
さらには自分たちの子育てのやり方に原因を探ろうとしたりと
悪循環が続く・・・
やはり難しい部分に積極的にメスを入れていかないで
教育改革は行おうとするのは間違いだな。


661 :名無しさんの主張:2006/10/31(火) 02:38:07 ID:???
愛国心て何?
公共の福祉に奉仕する精神とかなんか他に言いようないのか?

662 :名無しさんの主張:2006/10/31(火) 18:19:25 ID:b4pEydgM
>>656 大学の韓国人留学生に同じような話をする奴がいたよ。
彼はとても優秀で一個人として尊敬できる人だったな。
ただ、本国では受け入れられない話だとも言ってたよ。
母国の事をまじめに考えてる人なんだけどね。

663 :662:2006/10/31(火) 18:25:57 ID:b4pEydgM
>>656 ではなく >>661 の間違い

664 :名無しさんの主張:2006/10/31(火) 18:41:15 ID:???
実際問題として、自分の子供の通信簿に「国を愛する心:4」とか評価が書かれているのを
想像すると、背筋に寒いものが走るんだけどな。

国を愛することができるかどうかの判断はあくまでも子供自身にあって、その判断材料として
国語や社会や美術の学科で、日本の歴史や文化をよく学ばせるというなら分かるんだけど、
「愛情」を「教える」とか「評価する」という発想には、穏やかじゃないものしか感じないよな。

665 :名無しさんの主張:2006/10/31(火) 18:45:04 ID:???
というか、戦後日本を盛り上げてくれた先輩たちは愛国新教育なんか受けてないわけだよな?
それぞれ自発的に、国を愛したり愛さなかったりしていた。そしてその感情にはそれぞれの根拠を
持っていたわけだよな。

なぜ今、愛情をたたき込もうという発想が生まれているのかが全く分からない。それで具体的に
国がどうよくなるんだ?

そしてもう一つの疑問。愛国心という言葉における「国」とは、ほんとうのところ何であると考えて
いるんだろうか?マスコミ向けのコメントは別にして、これを推進している連中の本心はどこに
あるんだろう?

666 :名無しさんの主張:2006/10/31(火) 18:46:01 ID:???
>>661
> 愛国心て何?
> 公共の福祉に奉仕する精神とかなんか他に言いようないのか?

町のためとか世界のためではなく、日本国のために愛情をもたなくてはならないということでは?

667 :名無しさんの主張:2006/10/31(火) 18:58:47 ID:???
>>664
テレビで良く問題になってるけど
>「愛情」を「教える」とか「評価する」という発想
これって左翼しか言ってなくないか?
政府は
>国語や社会や美術の学科で、日本の歴史や文化をよく学ばせる
って、事を言ってるんと思っていたが・・・

668 :名無しさんの主張:2006/10/31(火) 19:12:42 ID:F2C3J7i9
>>665
>というか、戦後日本を盛り上げてくれた先輩たちは愛国新教育なんか受けてないわけだよな?
そもそも”戦後日本を盛り上げてくれた先輩たち”が
どの世代のことを言ってるのか分からないが
その頃はまだ親が普通の教育(愛国心教育)受けてたろ
親の世代まで非愛国心教育を受けた世代になってきたから問題になってる



669 :名無しさんの主張:2006/10/31(火) 19:21:53 ID:pGf9exjt
愛国心のないやつを左翼だ左翼だいうけど左翼ってけっこう愛国心もってんだぜ
確かに今の自民党政府を愛しちゃいないだろうけどさ
彼らは愛国心があるからこそ今の腐った劣悪な資本主義の日本に
共産主義革命を起こし、彼らの理想とする共産主義社会を実現しようと
日々がんばっているんだ。
周りから白い目で見られ、職場では危険視され、それでもなぜ彼らは
あえて革命活動を続けるのか
それは日本を愛しているから、したがって日本をよくしたいから、に他ならない

670 :名無しさんの主張:2006/10/31(火) 19:25:57 ID:???
>>669
理想や他者批判や抽象表現はいいから、
実際どのように日本をよくしたいか具体的に言ってね。

671 :名無しさんの主張:2006/10/31(火) 19:29:25 ID:???
「愛国心は危険だ!」って言ってる奴に愛国心がある件について

672 :669:2006/10/31(火) 19:37:08 ID:???
>>670
>実際どのように日本をよくしたいか
どうやってじゃなくて?
共産主義社会にしたいんだよ、日本を
実現すれば日本は良くなるよ

673 :名無しさんの主張:2006/10/31(火) 19:39:32 ID:pGf9exjt
>>671 要するに愛国心の内容に偏りがあるということをいいたいんだな

674 :名無しさんの主張:2006/10/31(火) 19:41:43 ID:pGf9exjt
国のために命を捨てるなんてまっぴらだ、という香具師が
革命のため命をかけて機動隊と戦ったりする件


675 :名無しさんの主張:2006/10/31(火) 19:46:40 ID:???
>>672
共産主義者は他者に主張する時に、例えばこの宗教の真理は良いものだから
この真理を全面的に信じなさいとしか言わないのか?

共産主義社会はここが良いから日本は良くなるという具体的な説明はないのか?
それは虫がよすぎるというものだ。

676 :名無しさんの主張:2006/10/31(火) 19:48:15 ID:???
愛国心の押し付けを目指す教育改革に断固反対すればするほど愛国心が強い件

















結局、日本の為を思って言ってる訳じゃなくて
日本人に愛国心持たれると厄介だから言ってるんだろ・・・

677 :669:2006/10/31(火) 19:51:14 ID:???
>>675
宗教は真理を教えて貰わないと良い点が分からないが
共産主義は名前で良くなる点が分かるだろ?

678 :名無しさんの主張:2006/10/31(火) 19:55:13 ID:???
>>677
分かるはずないだろが。人様がみんな共産主義の勉強をしてると思ってるのか?
主張するならここが良いと具体的に言いなさい。

679 :名無しさんの主張:2006/10/31(火) 19:56:58 ID:???
だよな。左翼って理想的で抽象的なことしか言わない。

680 :名無しさんの主張:2006/10/31(火) 19:58:33 ID:???
中共は愛国無罪で日本は愛国有罪の件

681 :◆Ant.euEzZU :2006/10/31(火) 19:59:18 ID:sTaz9f6j
  ┐ ┌
  ( ・ω・) < この国を愛していないわけではないが
          この国のシステムを愛していないことは確か。
  ┐ ┌
  ( ・ω・) < ちなみにマルクスとケインズゎ ☆ネ申☆

682 :名無しさんの主張:2006/10/31(火) 20:00:41 ID:???
だったらこの国の掲示板システムも使わなければ?

683 :669:2006/10/31(火) 20:04:07 ID:???
>>678
共産主義知らないって厨房かよ・・・
少なくとも左翼叩いてる奴は知ってるんだぞ?
説明は面倒くさいからこれ読め
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%B1%E7%94%A3%E4%B8%BB%E7%BE%A9

684 :◆Ant.euEzZU :2006/10/31(火) 20:06:38 ID:sTaz9f6j
>>678
  ┐ ┌
  ( ・ω・) < 共産主義は全てが共有財産
          簡単に言うとみんなの賃金が同じなの
          良い点は貧富の差が無くなる事
          悪い点は労働意欲が低下すること(頑張っても給料上がらないから)

685 :名無しさんの主張:2006/10/31(火) 21:00:19 ID:???

固定ハンドル名を変えれば、別人物が書き込んでいるものと偽装できると信じているのかな?
糞ウヨは(爆笑)

686 :名無しさんの主張:2006/10/31(火) 21:42:32 ID:???
>>672
共産主義国になるとせっかく経済大国に上り詰めたのに台無しだな。(話の本題からそれたが・・・)

ってか、愛国心って自然に生まれるのが愛国心なんじゃないの? 上手いこと言ってみる・・・
実際、ワールドカップやWBCで日本人は日本を応援してんだろ!!それって愛国心じゃない?

愛国心を強制的に植えつけていけば・・・結果は時代が知っている。。。


687 :名無しさんの主張:2006/10/31(火) 22:57:46 ID:qr76hPjH
だいたい教育改革の前に文部省改革をしなければ、なんの意味もない。
文部省はこの後におよんで今だ「いじめは確認されていない」などと、寝言みたいなことを
平気で真面目に言っている所だ。
こいつら人間なのか???
これじゃ、いじめ対策なんてできっこないのは当たり前だ。
教育改革も出来ないのも当たり前だ。

688 :名無しさんの主張:2006/10/31(火) 23:17:12 ID:???
>>687
ヒント 私立

>>671
国家(政府)など、所詮は個人が幸福に暮らすための道具に過ぎない。


689 :名無しさんの主張:2006/10/31(火) 23:20:56 ID:???
あなたは安倍内閣を支持しますか、しませんか?(9/26-10/3の調査結果)
2006年10月26日より 計1314票

支持する   37%  483 票
支持しない  55%  713 票
いえない/わからない   9%   118 票
ttp://quizzes.yahoo.co.jp/quizresults.php?poll_id=3682&wv=1

690 :名無しさんの主張:2006/10/31(火) 23:54:47 ID:b4pEydgM
>>689 こういう調査ってあまり信憑性が無いよね。
しかもこの程度の差だとすぐに数字が逆転することもよくある。
ただ、森総理の時に一桁台の支持率ってあったよね。
あれぐらい極端になると国民の声を反映してると思うけど。
その森前総理が産経新聞で教育について語っていたけど
駄目だね、あの世代は。
一番洗脳された時代に子供だったから今でも洗脳が解けていない。
自分が教育を受けた時代が一番だと思ってる・・
確かに彼が理想とする教育をすれば、
自分が総理だった頃あそこまで支持率は下がらなかったし
もっと自分を国民が尊敬してくれたかもしれないけどね。
年寄りが言う”愛国心”って
要は自分たちに敬意を払えってことが根底にあるからさ。
自分たちの価値観が通用しない世の中ほど
年配者にとって辛くて、生き難いからね。
旧共産主義国の老人だって国は昔以上に栄えても
価値観の変化について行けず、昔の体制の復活を望む人は多いんだよ。


691 :669:2006/10/31(火) 23:58:59 ID:???
>>685
ちょっと待てwww
>>684とは別人だぞwwww

692 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 00:03:01 ID:b4pEydgM
これからの日本は高齢者が”多数派”になる社会になる。
これは日本の歴史上初めてのことかもしれない。
国政もこの人たちの意見がかなり反映されると予想される。
国は年金・医療問題でこの人達に大きな借りを作ったので
他の分野でこの人たちの意見を反映する政策を
取らなければいけなくなるだろう。
危ないなこれからの日本は。

693 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 00:05:55 ID:???
思想の押し売り

694 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 00:09:42 ID:???
>>683
生まれるには生まれるけどかなり薄いんだろ
「日本?一応好きですよwww戦争になったら海外に逃げますけどwwwww」
て、感じの

695 :694:2006/11/01(水) 00:11:04 ID:???
訂正
>>683×
>>686

696 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 00:11:18 ID:BgAjpVj9
高額年金者が少女売春婦に介護される社会
 まさに公務員が作り出した理想の社会

697 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 01:20:59 ID:eUL2jvcK
日本人に愛国心が無いから愛国教育?
なぜ国民に愛国心が無いと言えるのだろう?
生まれた国で一生暮らす割合は先進国の中でも
日本人が間違いなく一番だろ?
地理的条件、言語の問題は勿論あるが
会社などの組織の中で外国に一時的に滞在する日本人は多いが
個人の意思で外国で生活する日本人は異常に少ない。
つまり日本人は日本で生活するのが一番だと分ってるからでしょ?
なのに愛国心が無いの?
今よりも住みやすい日本を作ろうと意見することが
愛国心の無い行為なのか?
たくさんの死傷者を出し、外見的には立ち直ったように見えるが
個人の心の内側には未だ深い傷が残っているあの戦争を批判することが
愛国心の無い行為なのか?
もっと自由な懐の深い日本社会を切望することが
愛国心の無い行為か?

698 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 01:28:08 ID:???
日本人の愛国心は風土(国の自然や伝統や文化や人命など)を愛する心。
中国の愛国心は文革のように文化を破壊して天安門で民主化を抑圧して
チベットで虐殺して・・・あれ?

699 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 02:20:49 ID:k0nqL5Vy
>>697
非愛国心教育の所為

700 :マスコミ各社や南北朝鮮人は無能なので妬みながら盗聴中:2006/11/01(水) 02:32:48 ID:S8yjTN7b
愛国心やら何やらと、常に行動の動機となる情報を振り撒いては
悪事を働くキチガイ広域暴力団や変質者チョンに
パトカーに追われたぐらいですねて放火を繰り返す根暗左翼の
変態セクト
それにインチキ詐欺師の政治屋や官僚達

こんなキチガイ共がこの国を動かしている

愛国心が云々以前に、まっとうな理屈が通用する社会を
実現する事の方が誰もが賛同できる話だろうに
あえて危険性も内包している「愛国心」(暴力団も何故か好きなようだ)
だのを優先かよ

見え透いた感じがありありだな

701 :素晴らしいコピペができました。みんなで貼りましょう。:2006/11/01(水) 02:55:15 ID:???
俺は何にも縛られていない。
くだらない思想やチッポケな歴史とかにわな。
ブサイクのチョン顔の奴が無意味に持ち上げられて「アホちゃうか」と思うのは自然だろ。
実際俺がイギリスに生まれてもイギリスの天皇を凄いと思わないだろう。
けどお前がイギリスに生まれたら狂ったようにイギリスの天皇を持ち上げてるだろうな。

生まれた場所や歴史に左右されない考えを持つ。それが男ってもんだろ。
お前らなんてただの糞だよ。糞。


http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1162309622/l50


702 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 04:38:33 ID:???
日本人の愛国心なんて、元々自然を愛する心となんら変わりない。
だからこそ人々は、人為的な愛国心の押し付けに戸惑っているんだろうね。

703 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 05:03:37 ID:oYB8kYpj
>>702
今の日本で普通に生活してて愛国心がわく訳無いだろw

704 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 05:13:20 ID:???
自由なことするのには愛国心なんて一番邪魔だろうな。

705 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 05:25:08 ID:F/8eLCTs
今の日本が愛せないというのは、トンチンカンなバカの論理。

愛せる国にしたいと思うのが愛国心だ。

「美しい日本」なんて、たわけたことを言うつもりはないが、自分が愛せる国
にしたいとも思わないのなら、愛せる国に行っちまえ。日本が良くなるための
阻害要因にしかならないしな。そんなやつは邪魔だ。


706 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 05:29:36 ID:???
つまり、愛国心が必要なんだよな。

707 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 06:18:15 ID:???
つまり、どんな状態でも祖国を盲目的に全力で愛することが必要なんだな。

708 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 06:20:49 ID:???
つまり、左翼思想は全てに優先するんだな。

709 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 06:24:43 ID:???
つまり、愛国心は危険なんだよな。

710 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 06:25:03 ID:???
つまり、右翼思想は人間がいなくなっても伝統さえ残ればいいんだな。

711 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 06:27:40 ID:???
つまり、左翼を信じる者のみが幸福になる権利を与えられるんだな。

712 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 06:28:28 ID:???
つまり、右翼は伝統や文化は愛しても、人は愛さないんだな。

713 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 06:29:21 ID:???
つまり、諸悪の根源である右翼を殲滅しなければいけないんだな。

714 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 06:30:05 ID:???
つまり、右翼は美少女アニメやフィギュアを愛しても
本物の人間を愛せないヲタクと一緒なんだな。

715 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 06:30:32 ID:???
つまり、右翼思想の人間は生きる権利がないんだな。

716 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 06:35:28 ID:???
つまり、暴走族の成りの果てが右翼なんだな。

717 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 06:35:59 ID:???
つまり、左翼は伝統や文化も愛さないが、人も愛さないんだな。

718 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 06:36:53 ID:???
つまり、カルト宗教に傾倒するタイプが右翼なんだな。

719 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 06:40:30 ID:???
ちょwなんでこんなにつまりが流行ってしまったんだ?w
しかも、お前ら考え方が逝き過ぎw

720 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 06:41:05 ID:???
もう飽きたからマジレスすると
>>710
>>712
>>714
>>716
>>718
はウヨサヨ云々の前に双方がどんな思想なのか分かってない
しかも、思想と団体を混同している

721 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 06:42:16 ID:3AiUjyFw
>>719
安心しろ
半分以上俺だから

722 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 06:58:43 ID:???
●して戻ってきたらマジレスされてるし

723 :719:2006/11/01(水) 07:38:46 ID:???
>>721
はじまりが俺だから責任感じたじゃないかw

724 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 12:27:16 ID:/hUhFsRz
>>697
住みやすいとか住みにくいなどという意識すら持っていないと思うよ。
それを意識しなくて生活できていること自体、幸せなことではあるんだ
けど、その住みやすいということと、日本というものを結びつけてはいない。
だから、海外に住んで初めて日本の良さがわかった、というような人も多い。
そして、日本を良くしたい、という思いがあるなら、それは国家に興味があり
自分と国家の関係性をわかっているということだからいいんだけど、多くの
人はそうではない。
これが問題なんです。
そして、戦争を批判している人というのは、国家を愛しているどころか、国家
体制を破壊しようとする左翼の影響を受けた人たちが多くて、何も考えず、
事実かどうかを吟味することなく左翼の喧伝する話を鵜呑みにし、日本批判を
している場合が非常に多い。
そこが問題なんでしょう。


725 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 12:30:21 ID:/hUhFsRz
「国家体制を破壊しようとする左翼の影響を受けた人たちが多くて」
という部分については、いわゆる「市民団体」と、極左の関係などを
少し調べればわかります。

726 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 12:33:56 ID:???
戦争を批判して悪いの?

727 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 12:44:03 ID:hj1Cio+w
>>724の主張
 戦争を批判する人は国家を愛していない

→ 国家を愛する人は戦争を批判しない

→ 愛国心教育は戦争に反対しない国民をつくる教育

728 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 12:44:04 ID:???
左翼=平和主義者 右翼=主戦主義者
というサヨクの決め付けも良くない
左翼=北朝鮮の脅威を傍観する無責任な人
右翼=国防に対して責任感が強い人
ということにもなるかもしれない


729 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 12:51:19 ID:hj1Cio+w
>>724 左翼の連中がなぜ国家体制を破壊しようとしているかわかる?

 それは今の日本の国家体制がよくないから、彼らの理想とする共産主義社会を
実現して日本をよくするために、今の国家体制を破壊しようとしているんだ。

 これはつかまって投獄とか、ものすごいリスクをはらんだ、まさに命をかけた
活動なんだ。

 左翼の連中は日本をよくするために命をかけているんだ。愛国者といわずしてなんと言おう。



730 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 12:58:23 ID:/hUhFsRz
>>729
左翼というのはそもそも国家体制自体を否定しているわけだから
愛国心というものを認めない人たちなんだよ。

731 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 12:59:46 ID:/hUhFsRz
つまり、左翼思想によると、世界とはプロレタリアートの連帯として
存在するべきで、国家の枠組み自体が間違い、ということになる。

732 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 13:03:00 ID:2KR4O7JN
日本がニュージーランド辺りでのほほんと浮かんでたら、右翼だって何処に戦争吹っかけて良いか解らないんだが?
まさか、今のウヨが幾ら相手が居ないからってオージーやヤンキーに喧嘩売ると思ってるわけ?

他国の戦争準備をスルーして非武装無抵抗とか言ってるサヨは「敗北主義者」っていうの。
ちなみに、WW2のソ連じゃ銃殺物である。


733 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 13:03:47 ID:/hUhFsRz
>>727
戦争を批判するのは結構だけど、間違った知識にもとづいて、あるいは
意図的な捏造で特定の国だけを批判するのが左翼なんだよ。

734 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 13:07:17 ID:/hUhFsRz
たとえば、左翼に利用されているだけの空想的平和主義者は、実際核に
反対して、核実験をする国はどこでも批判したいと考えているかもしれない。
でも左翼は違う。
共産圏の国が核実験することを批判するのは許さない。
だから反核集会で、インドの核実験を批判していた論者が、中国の核実験
をも批判しようとした途端、主催者側の人間が壇上から論者をおろす、と
いうようなことも起こる。
する。

735 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 13:11:34 ID:/hUhFsRz
左翼のいう「平和」が方便に過ぎないと言うことは、彼らが共産圏
を批判しないことでもわかるし、彼ら自身の発言からもそれが読み
取れる。

向坂の美点は、心にもない嘘をつかないことだ。
田原が社会党の非武装中立政策は、社会党政権ができて日米安保
が破棄され、こんどはアメリカの軍事力が重大な脅威となっても
堅持されるのかと聞いたのに対し、そのときになったら、改めて
考え直すとし、さらに田原が「すると、必ずしも非武将永世中立
ではない?」「社会主義政権でない間は、非武装でいくべきだ、と」
考えるのか、と畳み込んだのに対し「そうです」と明確に答えている。
これははしなくも、社会党の非武装中立路線が、信念に基づく政策
ではなくマヌーバー、手練手管に過ぎないことを暴露したものだ。
「「悪魔祓い」の戦後史」稲垣武


736 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 14:36:53 ID:hj1Cio+w
社民党の議員がニューヨークテロのときなんか言ってたよね
テロだテロだって言ってるけどアラブの方々がテロを起こさざるを得ないような
状態に追いやった、ということの方を問題視しないと・・・というような
そんな発想ができるんなら、日本が太平洋戦争を開戦しなければならないような
状態に追いやった連合国側の問題を指摘してもいいようなもんなんだが

737 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 15:06:12 ID:wgiyIX80
>>736
そうそうw
愛国心なんかを教育基本法に加えざるを得なくなる状態に追い込んだ日教組こそw


738 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 20:28:58 ID:ZCQhwQsX
>>729

>それは今の日本の国家体制がよくないから、彼らの理想とする共産主義社会を
>実現して日本をよくするために、今の国家体制を破壊しようとしているんだ。

「ために」より前の部分は、実例でも示されてるが、とっくに何かそういうことに。
実例以前に何かアレなことになっちゃった彼らは、今やただの破壊以外のものが視野に入っている状況ではない。
破壊の先の具体的なプランは何十年も前のまま。とっくに破綻したアレな。

あれは亡霊と破壊神を足して2で通分してみるのを何回も繰り返しただけのものだ。
196608と21474836480を並べるようなもので、むやみにいじくり回して彼ら自身もわかんなくなってるが、
素因数を出して見れば簡単なのに。

それだけ愛国心強制派も反対派もおかしなところでおかしな理屈を武器にして殴り合ってる、という滑稽芝居
を、俺たちはどう見物しているかね、という所だ。


739 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 21:38:16 ID:eUL2jvcK
別に左翼思想の影響であの戦争を批判してるわけじゃないよ。
多数の国民の命を奪い、国益になるどころか
国家滅亡の危機にまで至った事を非難してるんだ。
逆に言おう、愛国心を声高に叫ぶ人たちは日本の文化・風土を
愛する心育てるだけであって戦時中のようなモノとは違うと言うが
この人たち(政治家・評論家も含めて)はその戦時中の日本を
非難するどころか擁護する奴ばかりじゃないか。
そんな人達の掛け声に応じることなんか出来ないね。
建前以上に本音が見えすぎてるから。
戦争になったら、こんな馬鹿奴らの命令や掛け声で無駄死にするのは
ごめんだね(ただ、戦わなければいけない状況に置かれるんだろうな)。
あの戦争のときも同じ事を思った奴はいただろうな。
そして何も報われず無駄死にして、それを積極的に煽った人間は
戦後ものうのうと生きいくんだよね。
そんな奴らに無駄死を美化されたりしてさ。

740 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 22:00:46 ID:2yrvzAnf
>>739
何かお前いろいろ無知じゃないか?

741 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 22:01:09 ID:eUL2jvcK
大体なんでこの国で今頃”左翼”なんて言葉出るの?
”共産主義”ってww
この国は戦争に負けてからアメリカの影響下にある国だよ。
勿論、戦前を含めてこの国は
一度も左寄りの国になったことは無い。
俗に言う”左翼思想”なんてこの国ではマイナーな思想だよ。
政権だって世界でも珍しい自民党の長期単独政権だったわけだし。
最近はあまりにも右に寄り過ぎて
フラットな部分に居る人間を左だと見間違ってるんじゃない?
自分の立ってる場所を良く見てみたら?
日教組を”左翼の象徴”みたいに言う奴はどうかしてるよ。
(一部の馬鹿な政治家・評論家にいるから困っちゃうよ)
公務員が国家転覆をホンとに願ってるとでも?
自分の生活基盤を率先して壊す奴っているか?
彼らは甘えてるだけだよ。そんな覚悟なんかありゃしないよ。

742 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 22:03:24 ID:2yrvzAnf
>>741
やっぱりいろいろ無知なような・・・

743 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 22:04:26 ID:???
>>741
逝っちゃってるな・・・

744 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 22:05:16 ID:???
>>742-743
頭、大丈夫?

745 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 22:05:55 ID:???
>>744
自己紹介乙

746 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 22:07:01 ID:2yrvzAnf
>>744
なんで俺と>>743を一緒にしたんだ?

747 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 22:08:13 ID:???
>>744
過敏症か?

748 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 22:14:34 ID:2yrvzAnf
マジレスすると

>>744=ID:eUL2jvcK

>>743>>745>>747

ってとこか?

749 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 22:24:13 ID:eUL2jvcK
>>739 現実を良く見ろよ。
あれだけの人があの戦争で死んで、何か日本の役に立ったか?
残された家族は幸せになったのか?
誰か責任は取ったのか?
愛国心? 世界を見てみろ。そんなこと騒いでるのは
アメリカやヨーロッパのような多民族・移民国家や
中国や北朝鮮のような国家主体で国民の自由を
束縛するような所だよ。
こういう国は自然に愛国心が芽生えにくいから
子供の頃から教育するんだよ。
日本人に愛国心が無いなんて言ってる奴、
それに同調する奴・・ って日本を良く知らないんじゃない?
その逆に日本人は優秀だとか特別だとか言う奴も
理解できない・・・
そんなこと恥ずかしげも無く言えるなんて
それこそ日本人らしくないと思うけどな。

750 ::2006/11/01(水) 22:26:44 ID:???
自分とおしゃべりwwwwwww

751 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 22:28:15 ID:2yrvzAnf
>>749
申し訳ないんだけど・・・
中学時代思い出した・・・

752 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 22:29:39 ID:XFbxq82K
>>739
ハイハイ、オマイが自分の事アタマ良いって思ってるのは良く解った。
実態は自分で思ってるほどじゃあなさそうだがw

戦争ゲームの戦略と違って、本当の情報収集にはきりが無い。
本当に自分の集めた情報で全部なのか、それが真実なのかも解らない。
そういう状況で判断を下した事など一度も無いんだろ。

それを結果論だけで非難するのは後出しじゃんけんと同じで誰でもできる。
それで当時の指導者より頭が良いつもりになって喜んでるんだからオメデタイよなw


753 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 22:35:10 ID:eUL2jvcK
>>742,743 ありがとう。
典型的な2ちゃん住人の意見を持つ君たちに言ってもらえるのは
私にとって非常にうれしい。
ある意味、この狭い世間ズレした中で歓迎されるって事は
一般社会では受け入れないって事だからさ。
ある意味、ここで貶されるのは
一般社会で生きていくバロメーターになるんだよ。


754 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 22:37:42 ID:2yrvzAnf
>>753
いや、悪いんだけどさ・・・
2ちゃんとかウヨとかサヨとか以前の問題なんだよ・・・
中学生と討論したいとは思わないだろ?

755 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 22:53:57 ID:???
>>753
どうせ社会の底辺にいる低所得層どもの妄想だから、それで正解だろう。

756 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 22:54:54 ID:???
>>746
バカはバカなりのプライドがあるみたいだな(笑)

757 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 22:56:05 ID:???
>>755-756

       酷  い  自  演  を  見  た


758 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 22:57:16 ID:CbxksM+9
逮捕じゃ、逮捕じゃ! 学校長は逮捕じゃ!
全員逮捕じゃ!
未履修なのに内申書を偽造して出していたら犯罪です。
過去に内申書を偽造し逮捕された例もあります。

《奥村弁護士の見解 「必修逃れ」の刑事責任》
http://d.hatena.ne.jp/okumuraosaka/20061027/1161900962
《2003年8月 内申書偽造で元校長2人逮捕 高知》
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1060012412/
《2004年 東京学芸大推薦入試と明大スポーツ特別入試の推薦入試のために内申書を偽造》
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/edu/archive/news/2004/07/02/20040702ddm012040115000c.html

《"必修科目逃れ"wiki - 高校リスト 》
http://www20.atwiki.jp/hisshuu/pages/4.html





履修漏れ 校長逮捕まつり勃発【虚偽公文書作成罪】
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/edu/1162137764/








公立高校の場合は、一般人でも、校長を公文書偽造で、警察に告訴できる!!

759 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 22:59:05 ID:???
マジレスなんだけど
ID:eUL2jvcKはもうちょっと勉強した方が良い
煽ってる訳じゃなくて

760 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 23:05:20 ID:???
>>757
このレスで糞ウヨが、妄想基地外であることが証明されたwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

761 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 23:06:00 ID:???

 

762 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 23:07:14 ID:eUL2jvcK
>>752 結果が大事なんだよ。
あれだけの国民の命を”時の運”で死なせてしまったって事を
あんたは言いたいわけだ。馬鹿じゃないの?
しかも負け方としても最悪のシナリオなんだよ。
あらゆる場面を想定したら(負けた場合も)、
有り得ない惨敗なんだよ。
敵さんは”時の運”で勝負を賭けてきたわけじゃないよ。
”必勝体制”で満を持しての参戦だよ。
国力も充実し、国民も疲労していなかった。
大体、敗戦の理由を”アメリカの謀略”だの、
”あの戦争は避けられなかった”だの自国の敗因を敵国に
求めるなんて有り得ない無いんだよ。
それは、つまり日本は初めから”負ける戦争”をした。
”勝てる見込みは無かった”のに多数国民の命を無意味に消費した。
ってことになるんだよ。
その前にやることはたくさんあっただろ?
この損害に比べれば日本のアジアでの権益を手放しても
良かったんじゃないか? 欲に走りすぎたんではないのか?
まさかアメリカが参戦することを想定していなかったのか?
色々要因はあるんだよ。偶然負けたわけじゃないんだよ。
相手の力が上回っていたから負けたんだよ。
それを現代人が”結果論なら誰でも言える”と言うのは
おかしくない?
それをきちんと反省し、次に活かさなければ
むざむざと死んでいった先人はさらに浮かばれないと思うが?





763 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 23:10:45 ID:???
>>760
w多すぎ・・・・
頭、大丈夫か?

764 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 23:12:52 ID:???
>>762
だ、か、ら・・・
思考力はあるのかもしれないけど
圧倒的に知識が足りてないってば

765 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 23:23:04 ID:eUL2jvcK
君らに知性は感じないけどな?
論理的な反論は無いし、
ただ住み着いて合いの手を入れてるだけだろ?
たまにコピペ入れたり、資料を持ってくるだけ・・・
知識の詰め込むだで、
そこから自分なりの発想や考えを作り出せない・・・
だから馬鹿な奴らに感化され易い。
自分に置き換えて判断する能力に欠けてるんだよね。
ちなみに”愛国心”を取り入れた教育をしたら
この国はどう変わるの? 




766 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 23:28:47 ID:???
>>765
それであんたが現実でやったやってる国の為世界の為
地球の為にやった良い事の幾つかでも
みんなに紹介してくれ。

767 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 23:28:57 ID:XFbxq82K
>>762
何でも銭さえ出せば自由に仕入れられる現代視点で話してるところが間違い。
アジアの権益だ利権だっていうとお金持ちの特権みたいに思うかもしれないが、
必要な生産物資をまともな値段で手に入れる権利を失ったら工業生産は終わっちゃうよ。

当時の植民地からの全面撤退は近代国家としての餓死を意味する。
(アメリカとか本土自体が資源を供給する所なら別だが)
幕末より酷い戦力比で次の会議に臨んでどういう展開が有るって言うんです?

そっちの言う通りにしてたら、今時はイスラムテロリストの実家並みの境遇かもよ。


768 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 23:29:35 ID:???
>>765
知性じゃなくて”知識”
理論的な反論が無いのは余りにも突っ込みどころが多いから

取り敢えず(適当)
http://harachan.net/gon/history/his26.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88

あと今までの発言に反論して欲しいならするけど?
かなり多いよ?

769 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 23:33:51 ID:???
>>763
悔しいのうwwwwwwwwwwwwwww

>>765
糞ウヨが思想を押し付けてくるからね。
愛国心なんかなくても、日常生活に何の影響もない。
必要ないものは、必要ない。
ならぬものはならぬのですよ?

770 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 23:34:23 ID:???























771 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 23:50:22 ID:XFbxq82K
>>765
え〜それ愛国心の中身とかを皆で(あなたもだよ)点検してる最中なんじゃない?
っていうか、自分なりの愛国心もあるんでしょ?
だったらその路線を私らも支持したら政府がどう変わって私たちにどうキックバックが有るのか説明して頂きたい物だ。
その道のりがあんまりにお花畑な香具師が左巻きには多いから私らは信用できないのですが。

政府案の概略から言うと:
とりあえず郷土ってのは自然環境だけじゃなくてそこに住む人間との関係も含まれる訳です。
だからちゃんと教えれば人間関係全般に対する栄養剤位にはなるんじゃないですかねぇ。
特効薬なんか人間関係にはないと思うが。


772 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 23:53:41 ID:eUL2jvcK
>>764 あのさ、現実を見ろよ。
否定したい気持ちは分るけど、
日本人はここを正面から受け止めないで曖昧したり
肯定したりするとずっと逃げっぱなしになるぞ。
言葉だけ勇敢な言葉が飛び交う昨今の日本だが
実は臆病風に吹かれて外見だけでも
取り繕おうとしてしているのが今の日本の姿のように見える。
それって相手からも良く分るんだよ。
だから他国から見れば大して怖くないし、
威圧感も無いんだよ。
愛国心が無いなんて言い出すのは
自分の国を信用していない、自信が無い表れ。
それを政治家・著名人が言ってしまうんだから情けない。
安易に子供に転嫁して喜んでる姿は
とても立派な大人がやることでは無いと思うが?
”現実逃避””ガス抜き”にしか思えない。
だって大きな効果なんて無いもん。今だけだよ、騒いでるのは。
現実をしっかり見たほうがいいよ。



773 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 23:59:25 ID:???
>>739
>戦時中のようなモノとは違う(ry
愛国心の所為で戦争が起きたと思っている
>戦時中の日本を非難するどころか擁護する
非難だけでは話にならない
>戦争になったら、こんな馬鹿奴らの命令
政府の人間を一まとめにしている時点でダメ
>無駄死にして
無駄ではない
>一度も左寄りの国になったことは無い
戦時中国家社会主義だった
>最近はあまりにも右に寄り過ぎて
そもそもお前は右翼思想と左翼思想が良く分かってない
>日教組を”左翼の象徴”
象徴ではなく左翼
>公務員が国家転覆をホンとに願ってるとでも?
転覆ではなく革命・・・だが、今は少し状況が違う
>現実を良く見ろよ。あれだけの人があの戦争で死んで、何か日本の役に立ったか?
>残された家族は幸せになったのか?誰か責任は取ったのか?
感情論、そういう問題ではない
>愛国心? 世界を見てみろ(ry
他の国はでは愛国心は議論するまでもない常識
>こういう国は自然に愛国心が芽生えにくいから子供の頃から教育するんだよ。
それが自然に芽生えるという事
教育で愛国心が芽生えないようにしている日本の方が異常
>日本人に愛国心が無いなんて言ってる奴、それに同調する奴・・ って日本を良く知らないんじゃない?
知らないのはお前

面倒だから簡略化して書いた(それなのにこの有様)
急いで書いたから間違ってるとこもあるかもな


774 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 00:01:22 ID:eUL2jvcK
>>771 自分なりの愛国心でいいんじゃないの? 
そんなもの人それぞれなんだら・・・
だから敢えて政府がするもんじゃないでしょ?

775 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 00:03:42 ID:???
>>772
言ってる事が中学生レベルなんだよ・・・
バカにしてる訳じゃなくて・・・

因みに文の大半妄想になってるって気付いてるか?

776 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 00:05:27 ID:???
>>772
他国から見れば大して怖くないし、威圧感も無い
と言ってもアメリカが一番恐れてるのは
日本の核武装だぞ。

777 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 00:06:18 ID:???
>>774
>敢えて政府がするもんじゃないでしょ?
普通は学校や家庭で自然に身に付く
しかし、日本ではそれが難しいから政府がする必要がある

778 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 00:07:00 ID:???
無宗教者が多い中央集権国家では地方以外愛国者は育ちにくいであろうが
社会形態を変化させるのでは無く、法で定めようとするのは賢い選択といえるのかね。

もう一つ東京に愛国者が少ないという理由だけで、日本には愛国者が少ないと思えてしまえる
傲慢さはどこからくるのかね。
結論として関東の連中だけでやってりゃいいんじゃないのとしか言いようがない。

779 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 00:18:17 ID:69qF1Nvs
>>767 それこそ現在の目で見てるよ。
勝てない戦争では何も得る物は無いぞ。
つまり総取りされる訳だよ。現代以上にね。
独立国家としての地位もね。
負ければ、それを全部相手に委ねるってことだぞ。
しかも、あのアメリカの占領政策を予想なんかしてなかったでしょ?
ドイツ、朝鮮のように分断国家の可能性もあったしね。
そういう意味では運は良かったのかもしれないが
他力本願で自分の意思で選択したわけじゃないしね。
最低限、独立国家としての体制を維持することのほうが
当時としては優先するべきだったんじゃない?
実際、負ければそれさえも無くなる事ぐらい
当時の日本人だって分ってたはずだからね。
”自殺願望”が強すぎるよ。
もっとしぶとく、したたかに生きなきゃ。

780 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 00:19:12 ID:???
>>778
結局、今の愛国心が芽生えにくい教育を廃止するってだけだよ

781 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 00:29:46 ID:???
>>779
>勝てない戦争では何も得る物は無い
勝てなくてもやらなくちゃいけない戦争もあるし勝てる可能性が低い戦争もある
それに得る物が何も無い訳ではない
>最低限、独立国家としての体制を維持することのほうが当時としては優先するべきだったんじゃない?
それが出来れば当然やっている。お前だったらどうすると言うんだ?
>実際、負ければそれさえも無くなる事ぐらい当時の日本人だって分ってたはずだからね。
戦わないで負けるより戦って負ける方を選んだんだろ
>もっとしぶとく、したたかに生きなきゃ。
そんなことが出来るなら疾うにやっている、当時は選択肢は殆ど無い

782 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 00:39:38 ID:???
>>779
勝てない戦争って、日本は前々からやろうと思って
用意していた訳でもないし、アメリカが無理に
巻き込んだからじゃないか。

783 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 00:45:39 ID:XLp5E0BP
反日教育禁止法が必要

愛国心を強制しないよ

784 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 00:48:51 ID:69qF1Nvs
>>768 何を言いたいのか良く分らんが、採点してくれるのね。
アンダーライン引いて、こことここの史実を間違えて解釈してるとかさ。
しかも例の出してくれた資料ってのがあれなの?
史実の捉え方はその国によって違うことは分るよね?
同じ史実に対して、それぞれの国がちゃんと言い訳を用意してるわけよ。
しかもその時代なら今以上に勝者の論理が強いわけ
それはその時代に生きている人たちだって当然分ってる。
なぜなら、自分達が勝者になったら同じことするわけだから。
だから”負ける戦争”、”負けると分っていて戦争する”って事は
一番愚かで、一番避けるべき行為なんだよ。
敗者の論理ってのはいくら正当性があっても通用しない時代だって事は
その時代に生きている人は当然分っていたはずだよ。
それが現実でしょ? 
それとその戦争に対して国民に多数の犠牲者を出した内容とは
別問題なんだよ。もしも他の国が日本と同じ状況だったら
あそこまでしたのか? 
兵隊に”生きて帰って来ようとは思いません”と言うように
教育させたか?
玉砕、特攻の命令を出したか?
そこら辺の思想教育に間違いは無かったのか?
現代に照らすのはナンセンスという人もいるけど
その時代でもナンセンスと他の国は見ていたよ。
今の時代でも北朝鮮の国民は当時の日本人みたいだしね。

785 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 00:52:45 ID:???
>>784
分かっていると思うけど、怪しいアドレスは踏まない方がいいよ。

786 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 01:02:12 ID:???
>>784
結果的にアメリカでも当初の予定を遥かに上回る
犠牲を出した分けでルーズベルトが無理に参戦
しなければ良かったと言っている、当時共和党の
大統領だったら参戦してなかったろう。

それから敗者の理論が正当性があっても通用しない
なんて事はないぞ、それが通用するんだったら
小国は昔から大国の陰謀で罠に掛けられ
ことごとく占領吸収されているだろう
そういう事を実践してきたのがソビエトや中国だけど
何所の国もやるわけじゃない。


787 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 01:02:55 ID:???
>>784
あのね・・・お前の言っている事は感情論なの・・・
史実とかそう言うレベルじゃないの・・・
「これはダメだ」って言うだけで「こうすれば良かった」とは言っていないの・・・
(言ったとしても現実性の無い事で・・・)
しかも性質が悪いのは「これはダメ」って何も知らずに言ってる事・・・

例えば
A君がB君を殴ったとする・・・
A君はB君にずっと殴られてて虐められてたから、我慢の限界で殴ったんでけど
お前は「暴力はいけない事だから」って言って
A君が虐められてた事も知らずにA君を責める・・・

こう言う状況なんだよ・・・今のお前は・・・

※因みにA君とB君は日本とアメリカの事じゃないぞ

788 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 01:05:07 ID:???
>>785
なんでこんな奴にブラクラ仕掛けなきゃいけないんだよ・・・・

789 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 01:05:27 ID:69qF1Nvs
>>781 つまり日本はどの道お仕舞いだったと言いたいの?
>>782 だから他国のせいにしたら袋小路に入って結論なんか
   出ないよ。それが現実逃避だっての。
   つまり日本が負けること、そして独立国家として存在しなくなる
   (可能性はあった訳だから)は全て他者のせいで
   日本は自力での問題解決能力が無かったといいたいのか?
   それは違うでしょ。
   それなら現代の日本人はそこに学ぶべきところは
   まったく無い。
   自分で解決できないことは全て他者のせいでは・・
   ”座して死を待つ”なんてのは世界で通用しない。
   それを肯定しろというのは無理じゃない?
   それを教訓として日本は世界を生き抜く知恵を
   見つけ出すべきじゃない?
   そうしなければ、いずれ無くなっちゃうじゃん。
   自然の摂理でね。
   

790 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 01:08:49 ID:???
>>789
だからオシマイだったのは史実を知ってれば分かるんだよ
それを知らないで自論を展開してるから知識が足りないって言ってるんだろ

791 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 01:08:55 ID:???
うだつの上がらん奴が多いねぇ。
愛国心なんぞなくても生きていけるだろうに。ったく。

792 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 01:13:48 ID:???
にしてもID:69qF1Nvsはレスが遅いな
他のスレにも書き込んでるんだろうけど
眠くなってきた

793 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 01:18:30 ID:???
>>789
チェコにソビエトが侵攻したとか、チベットに中国が
侵攻したとかは完全に強者の他国のせいじゃないか
アメリカがアメリカ流のやり方でやった分けだ
それを戦後正当化するためにGHQが色々やった分けだ。

794 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 01:20:43 ID:69qF1Nvs
本性が出たねww アドレス・・・ってww

当時の日本を肯定することは当然今の日本があるから言える訳だよね。
あそこで日本という独立国家国家が無くなっていたら
それさえも言えないのにね。
所詮、生かされた命をリレーしてるって事が
分らないんだからね・・
残念ながら、それを過去の日本はそれを放棄したわけだよ。
生きるって事がどれだけ大事か分るでしょ?
生きてなきゃ何も出来ないんだから。何も言えないんだから。
それを学ぶべきなんじゃないの。あの戦争からさ。




795 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 01:24:03 ID:???
アドレス・・・・?
スマン何の事だ?

796 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/11/02(木) 01:24:43 ID:7FPuIld6
そもそも、愛国心なんて押し付けられるものじゃないしな。
押し付けられたところで愛なんて芽生えないしな。
強制すればするほど、むしろ拒絶反応起こすだろうな。
そもそも、心なんて存在するのかよって話だな。


797 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 01:26:17 ID:???
>>794
だから歴史の事実から学ぶんだよ、
べトナムにしたってイラクにしたって
不毛だった事が十分分かるだろ。

798 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 01:26:45 ID:???
>>794
お前は馬鹿なのか?
>あそこで日本という独立国家国家が無くなっていたら
>残念ながら、それを過去の日本はそれを放棄したわけだよ。

  だ  か  ら  お  前  だ  っ  た  ら  ど  う  し  た  ん  だ  よ  ?


799 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 01:28:16 ID:???
>>796
>>777

800 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 01:29:54 ID:69qF1Nvs
>>790 日本が負けたという史実を変えれるわけ無いじゃん。
それを何とかしようとするから食い違うだけ。
そこに異様に食いつくほうが可笑しくない?


801 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 01:31:59 ID:g0urAaJr
>>739
影響はない、というけどそうかな。
だって、戦争が起こる理由には色々あるけど、国際情勢によって必然的
に起こった戦争というものがあるわけで、日本がまさにそうでしたよね。
これは日本一国だけがいくら反省したって、また日本だけを責めたって
何の解決にもならないわけでしょ?
非難というからには、当時の日本が悪かった、という考えがそこにある
と思うんだけど。

>>741
それはあまりにも日本の戦後史を知らなさ過ぎます。
戦前から日本には、左翼と左翼が転向した、天皇を頂点とした国家社会主義者
しかいなかった。
そして、GHQの宣伝した歴史観が、左翼の32年テーゼに都合がよかったんです。
だから、教育界に巣くった左翼連中はいまだに明治維新を不完全な革命としてる。

>>749
責任をとらなくていい人たちまで不法な軍事裁判で裁かれているが?
だいたい、当時を知る日本人は、日本に非があったとは思っていない人が
大半で、だからこそ、A級戦犯の釈放運動があったり、国会で、戦犯も
他の戦死者と同様の扱いをすると決めたんでしょ?
裁判で殺された人もいるし、本人が責任逃れしてるんじゃなくて、国民が
責任なしとしてるんでしょ?

802 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 01:33:47 ID:???
>>800
お前本当に馬鹿だな・・・
”日本がどんなに頑張ってもアメリカには勝てないと分かっていた”史実だよ

803 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 01:35:08 ID:???
>>800
誰も負けたというのを変えようとなんかしていないんじゃないか
大国が小国を罠にハメたという事が公になると
非常に嫌がる奴らが逆にアタフタ狼狽してるんだろ
自分達の信じてきたものが崩れるからな。

804 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 01:39:41 ID:69qF1Nvs
>>798 ID隠して何言っての? まったくこいつらは・・・
人の目を見て物を喋れと教わらなかったか?
そして自分に敬意を払わない奴は相手にするなともね。
そんな奴らが子供に愛国教育をしろか・・・
駄目だわ・・  全然・・・ 説得力なし
0点です。もう一度学校で
これからの子供たちと一緒に勉強すれば?
もう構わないから、どうぞお好きにしてください。


805 :802:2006/11/02(木) 01:40:19 ID:???
少し訂正

日本はどの道オシマイだった・・・と言う史実

日本はどう頑張ってもアメリカに勝てないと分かっていた・・・・と言う史実

戦争は止められなかった・・・と言う史実

こういう事を知らずに喋ってるから話にならないんだよ

806 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 01:42:12 ID:k/lNylmA
>>804
あのねぇ・・・sageって知らないの?
そもそもIDが云々の前にお前と議論になってないだろ?
もう少し勉強してから出直して来いよ・・・

807 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 01:44:21 ID:g0urAaJr
>>772
日本を批判するのはいいんだけど、それは史実を学んでからでも遅くはない
と思うよ?
あなたは、左翼の影響を受けてないと言うけど、左翼の喧伝する、軍国主義者
たちが戦争を招いて、国民は犠牲者、という神話を前提に話してるみたい
に見えるよ?

>>779
勝つ見込みのない戦争をせざるを得なかったほどの状況まで追い込まれた
人たちのことも考えてあげないと。
日本が戦い、植民地になっていたアジア人を訓練したから、戦後に独立闘争
をできたし、それがゆえに列強は植民地を解放せざるを得なかった。
だから今のような時代になっているけど、列強からあそこにもいくな、ここにも
来るなと言われ、満州だけが頼みの綱だったのに、それすら手放さざるを得なく
なったら、と考えれば、パル判事が言うように、モナコでさえ武器を取って
立ち上がるでしょう。
あの時代にあっては、満州は経済的理由からだけじゃなく、まさに生命線と
考えられていたわけだし。
だいたい、負ける戦争をするのは馬鹿、というが、戦争を避けた場合、日本
人がどのような状況に陥るかと考えたとき、それを甘んじる方を良しとする
か、戦うかは、その国民の価値観の問題でしょう。
アメリカの当事者だって、もしアメリカが日本と同じ立場なら、同様の行動
に出るだろう、と言ってるくらいなんだから。

808 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/11/02(木) 01:46:48 ID:7FPuIld6
政府がいくら国民に愛国心を植え付けようとしたって無駄に決まってるさ。
あらゆる情報がはびこる国の国民がある一つの価値観だけを植え込むなんて
不可能に決まってるのさ。


809 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 01:49:11 ID:g0urAaJr
>>789
あの、他国に原因があったとすれば、それを踏まえた上で、どうすれば
良かったかを考えなければ、自国が悪かったと反省して、自国の中に
戦争の原因をいくら探しても、それこそ不毛だと思うよ?
平和というのは一国だけで実現できるもんじゃないでしょ?
いくら自分が反省して戦争をしないでおこう、と考えても戦争を仕掛けられ
たらやることになるんだし、だったら、自国、他国関係なしに客観的に
どうすればいいかを考えないとだめでしょう。


810 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 01:49:26 ID:???
>>808
>>780 >>783

811 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 01:51:35 ID:g0urAaJr
あと、戦後日本で左翼の影響がなかったかのような発言があったので
一応書いとく。

「冷戦中、アメリカは同盟国に対し、ソ連を軍事的に封じ込めるため、大きな負担
を強いてきました。
それに対し、各国の財政当局は、当然、負担はできるだけ小さくしたいと考えた。
日本やイタリアには強い共産主義の影響がありましたから、さらにたいへんです。
日教組とイタリアの共産党は、西側でも一際目立つ左翼思想の砦でした。
これらの国には同盟関係の強化を阻害する二重(財政と共産主義)のあらかじめ
組みこまれた論理(Bilt-in-Logic)があったのです。」エドワード・ルトワク
「諸君」2001/4


812 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 01:53:13 ID:k/lNylmA
俺の言いたかった事は全部ID:g0urAaJrが言っちまったよ・・・・orz
まぁ・・・逃走したID:69qF1Nvsも今度から少しはまともになるだろう・・・・
議論の出来る程度にはw

813 :はげる ◆M6R0eWkIpk :2006/11/02(木) 01:58:53 ID:???
勝者の理論だけが通用するんなら
都合悪い奴はどんどん消されるだろう
そうなってくると自分もそのうち消されかねないから
自由主義諸国ではそうは大っぴらにはやらない
アメリカもケネディ暗殺までだろ大っぴらは
後は交通事故とか飛行機事故に見せかけるとか
元CIA長官なんかも秘密はけっこう知ってるから
年でもないのに何人か死んでるな。

814 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/11/02(木) 01:58:56 ID:7FPuIld6
まとめ

教育改革など勝手にすれば良い。
アホな政府の思い通りになるはずもない。

815 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 01:58:59 ID:g0urAaJr
>>804
自分に敬意をはらわない人は相手にするな、ですか。
これって、国家についても言えそうですね。
国際社会のマナーを守らない国、国家主権を平気で侵害してくる国。
そんな国とは必要最小限の付き合いだけでいいかもしれない。

816 :◆Ant.euEzZU :2006/11/02(木) 01:59:13 ID:LlB6YMjH
  ┐ ┌
  ( ・ω・) < アメリカに愛国心教育しろって言われたことあったな
          池田 ロバートソン会談だったか

817 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 01:59:55 ID:g0urAaJr
>はげる ◆M6R0eWkIpk

ワロス

818 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:02:47 ID:k/lNylmA
>>814
いやいや
以外と簡単に変わるもんさw

819 :はげる ◆M6R0eWkIpk :2006/11/02(木) 02:06:23 ID:???
>>817
はげるのはメッキが剥げるとか仮面が剥げるとか
嘘がバレルとかの意味ね、笑わないでね。

しかし>>804はIDのせいにして敵前逃亡とは
いかん奴だな。

820 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/11/02(木) 02:06:29 ID:7FPuIld6
>>818
変わるとしても、アホな政府の思い通りに人の心が変わるはずもない。
そう簡単に変わるなら、まず、投票率を上げられてるはずだ。

821 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:08:54 ID:k/lNylmA
>>820
・・・・・?

>>810見た?

822 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/11/02(木) 02:10:50 ID:7FPuIld6
>>821
見たが?
愛国心が芽生えにくい教育ってなんだ?
具体的に。

823 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:12:34 ID:???
>>1
なら日本から出て行け
いらない

824 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:12:53 ID:g0urAaJr
日教組を何とかしてほしいけど、無理なんだろうねぇ…。
それと、教科書採択のときに極左のいる市民団体なんかが圧力かけたり
強迫したりするよね。
あれもどうにかならんもんか。

825 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:14:24 ID:g0urAaJr
>>822
まず、国家というものを徹底的に個人と対立するものとして描く。
また、日本というのがいかに酷い、残虐な国だったかを強調する。
国旗国歌など、日本の象徴を徹底的に貶める。

826 :◆Ant.euEzZU :2006/11/02(木) 02:14:27 ID:LlB6YMjH
  ┐ ┌
  ( ・ω・) < 移民が増えて混血化が進んで
          差別がなくなってみんなが平等になればいいのに

827 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:17:46 ID:???
>>826
理想アホがいるな^^;
現実的に格差なんかあって平等なんかにならないよ

828 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:18:24 ID:k/lNylmA
>>822
俺が生き証人w

829 :マスコミ各社や南北朝鮮人は無能なので妬みながら盗聴中:2006/11/02(木) 02:19:20 ID:02XBRa7M
>>826
冗談じゃない
キチガイ部落チョンや
それと同じ様なキチガイ外国人と同化なんて正気かお前は?
あいつ等が同質になれば真人間になるとでも思っているのか?
そんな事が推測される現実なんて見た事無いが?

お里が知れるだのとゆるい批判しているから判らんのだ

行いが悪い以上は

       「部落チョン死ね」

これで十分、変に譲歩したと思われる様な態度は厳禁だ
獣のしつけと同じ扱いで当然、と言うかしつけすら馬鹿馬鹿しい
死ねって感じだな

830 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:19:29 ID:???
>>826
人種のるつぼといわれるアメリカ
アメリカほど人種差別の国はないぞ
てゆーかおめでてぇな
そういうの好きだぜ

831 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/11/02(木) 02:20:08 ID:7FPuIld6
>>825
じゃあそれと逆のことすれば愛国心が芽生えやすい教育になるわけだ。
単純な発想だな。
幼稚で頭の固い大人達のくだらない話だぜまったく。
もっともっと大切な教育があることを理解できないアホばっかだな。


832 :◆Ant.euEzZU :2006/11/02(木) 02:20:19 ID:LlB6YMjH
  ┐ ┌
  ( ・ω・) < 軍事クーデターで寡頭制の社会をつくり
          共産主義を推し進めます

833 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:20:33 ID:???
>>826
↑こいつは共産主義国家を作りたいんだってよw

834 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/11/02(木) 02:21:15 ID:7FPuIld6
>>828
愛国心が芽生えてない人?

835 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:22:28 ID:???
>>832
中国にカエレ

836 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:22:47 ID:???
>>829
いやあんたのいうことはある意味正しいがもう遅いぞ
在日朝鮮人の数は64万人を突破
他の在日人種を圧倒
ちなみに韓国の在韓邦人は1万人

そして
在日韓国人は一世帯あたり年600万円が無償で支給
在日韓国人64万人中46万人が無職 
支給額は日本国民の血税で支払われている。

ホレ
http://mindan.org/toukei.php

837 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:23:29 ID:???
>>831
>大切な教育があることを

みんなが理解できるように説明してくれ

838 :◆Ant.euEzZU :2006/11/02(木) 02:24:21 ID:LlB6YMjH
  ┐ ┌
  ( ・ω・) < 相続税 100%
          塾、附属校、私立中学の全面廃止によって教育格差を無くします

839 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/11/02(木) 02:24:40 ID:7FPuIld6
>>836
在日韓国人にそれだけの額を払う理由はどういうことになってるんだろ?

840 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:24:54 ID:???
>>836
そして他の外国人にも多額の補助金が出て、
その中でも中国人留学生などは性質が悪い。

841 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:25:26 ID:???
>>828
ソ連はとっくに崩壊したよ

842 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:25:32 ID:k/lNylmA
>>831
分かり易く説明すると


今の教育→愛国心が芽生えないように出来ている
  ↑
これを廃止する


すると愛国心が芽生えるようになる
ただそれだけ
これを否定すると愛国心は自然に芽生えない事になる

843 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:25:45 ID:g0urAaJr
>>831
それでどこの国でも普通に愛国心を持っている。
というか、日本人にもあるんだけど、それが教育によって歪められ
倒錯したものになっているだけのこと。
だから、それを是正すれば、普通の愛国心として定着する。

844 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/11/02(木) 02:26:20 ID:7FPuIld6
>>837
他人と仲良くやるのと同じように、諸外国と仲良くやっていけるような
教育が大切に決まってんだろうに。


845 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:26:27 ID:???
>>838
文革みたいに文化や教育が無くなるわ、
お前は中共へカエレ!

846 :841:2006/11/02(木) 02:26:36 ID:???
訂正>>838

847 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:27:26 ID:g0urAaJr
実際、日教組の歴史教育を受けた人に対するアンケートで、教育の
結果日本が嫌いになった、というのが多かったらしい。
「国民の油断」という本に載ってた話だが。

848 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:27:33 ID:k/lNylmA
>>844
自分の国も愛せないのに他の国を愛せるわけが無い

って誰か言ってたな

849 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:28:42 ID:???
自虐教育を押し進めて来た団体や政党がどこか見れば話が早い
何をやって来た連中かわかるでよ

850 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:29:43 ID:???
>>844
だからどういう教育をするんだと聞いてる

851 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/11/02(木) 02:29:48 ID:7FPuIld6
>>842
今の教育が、愛国心が芽生えないように出来ているのは誰かがそう
仕組んだからか?
アメリカか?
ちなみに、愛国心を具体的に言うとどんな心のことだ?
他国の利益よりも自国の利益を優先することを愛国心と言うのなら
愛国心は争いの元になるわけだな。
争いの元になるような心のことを、ホントの愛国心と呼べるのか?

852 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:30:46 ID:g0urAaJr
自国の国旗について尊ぶことを学んでいないから、他国の国旗国歌
を尊ぶことも知らない、というのは実例があったみたいだね。
サッカーのワールドカップの時に日本のサポーターの態度が各国の
人から批判されたとか何かで読んだ記憶がある。

853 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/11/02(木) 02:32:05 ID:7FPuIld6
>>843
ふつーの愛国心とは?
ふつーでない愛国心とは?
漠然とし過ぎだな。

854 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:32:38 ID:???
今の教育で愛国心が生まれないのは自虐史観に基づいた
根拠がはっきりしない外国の請け売りだからだ!

855 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:32:45 ID:g0urAaJr
>>851
だから日教組および左翼だよ。
愛国心と言うのは、自分が不当な中傷を受けたら怒るでしょ?
それと同じ質の感情が国家レベルの話でもあれば、それが愛国心。

856 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:34:33 ID:g0urAaJr
>>853
侵略されたら国のために戦うか、と言った質問の国際調査で
日本は最下位だった。
これは普通の愛国心が欠如しているということ。
つまり、民族共同体としての帰属意識はあるけど、国家という政治体
は自分とは無関係だという意識になっている。

857 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/11/02(木) 02:34:44 ID:7FPuIld6
>>848
自分の国しか愛せなきゃ他の国なんて愛せるわけないからな。
まあ結局、自分や自分の家庭、街しか愛せないことが原因で
今のような日本の政治になってるわけだよ。
結果から現状を判断するのが正解。

858 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:35:14 ID:k/lNylmA
>>851
アメリカだよ。その他の要因もあると思うけど・・・
愛国心とは国を愛する心・・・としか言えないな・・・

具体例を挙げると、愛国心を持ってる人は
「日本なんかどうなっても良いwww俺の生活が全てwwwwww」
とかは言わなくなる

859 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:35:59 ID:g0urAaJr
あ、アメリカもそうだね。
WGIPの影響を忘れてた。

860 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:37:02 ID:g0urAaJr
>>857
自国を愛することと、他国を尊重することは矛盾しないよ。

861 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/11/02(木) 02:37:26 ID:7FPuIld6
>>850
最近、自分子の教育方法を聞く無能な親が多いらしい。
要するに、自分が見本となって行動するしかないことを知らない
親が多いらしい。
どうすれば人の心に訴えかけれるかを、安易に他人に聞くアホが
多いらしい。
自分自身を見つめることができないアホが多いらしい。

862 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:37:26 ID:???
>>857
愛国無罪の反日教育してる国よりはマシだと思う。

863 :◆Ant.euEzZU :2006/11/02(木) 02:37:28 ID:LlB6YMjH
  ┐ ┌
  ( ・ω・) < アメリカの小学校って
          毎朝 授業の前に生徒が星条旗に向かって起立して
          左胸に手を当てながら宣誓の言葉を言うって聞いたな
          他民族だからそうしないと愛国心を保てないって

864 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:38:10 ID:k/lNylmA
>>857
愛国心があればこんな事にはならなかったよ
http://sakuratan.ddo.jp/imgboard/img-box/img20061102023307.jpg

865 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:38:17 ID:???
何で自虐教育をする政党に票が入るか

結構主婦連中とか聞こえがいい戦争反対絶対平和を語る政党に入れやすい
つまりアホだから
弱者を守るとか平和言ってれば正しいことに貢献した錯覚を覚える
ところがこんな主婦は専業主婦に多く社会の構造も知らず裏があるのも知らない
そして票を入れた党が平和や弱者を守るために落ちた資金が個人の懐に入る仕組みを助長している
これが先きに同和問題の資金着服で逮捕された団体の頭が氷山の一角
資金に群がった連中が肥やす仕組み
弱者の名を借りて金や利権を横領するのは在日朝鮮人特権も同じ

物を知らないってのはこういう連中に加担して旦那の税金をもってかれてるのに気づかないってことでもある

866 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:39:03 ID:g0urAaJr
>>863
比較的新しい国だしね。

867 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:39:24 ID:???
>>860
その通り

868 :はげる ◆M6R0eWkIpk :2006/11/02(木) 02:39:36 ID:???
>>854
それは戦後から続いたGHQと左翼の利害が一致して
日本弱体化を図った策謀だからね、それが今日まで
続いて精神の荒廃と外国への金の流れが続くように
なってしまった。

869 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:39:57 ID:k/lNylmA
結局、愛国心がなかったら国なんて成り立たないんだよね

870 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:40:20 ID:???
>>861
なぜそうなったか思うところを述べよ

871 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/11/02(木) 02:41:20 ID:7FPuIld6
>>855
つまり、中国人になにもないのに、「日本人はマヌケだ」 と言われて怒らない日本人は
愛国心がないことになるわけだ。
日本人にもいろいろ居るんだから怒る必要ないだろ。
冷静な国民性に誇りを持つべきだな。

872 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:42:29 ID:k/lNylmA
>>871
日本が侵略されても怒らないって奴がいても良いって事だろ?
それじゃあ国が成り立たないんだよ

873 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:43:29 ID:???
>>868
しげるの兄貴か?
環状優先でもの言うやつより物知ってるな
理路整然と語れる

874 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:43:44 ID:muwyYV18
日本人には
仏教という退廃文化が
骨の髄までしみこんでいるから

875 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/11/02(木) 02:44:08 ID:7FPuIld6
>>856
国が侵略されても戦わない日本人でも、家族が危険に晒されれば
戦うと答えるんじゃないか?
愚かな戦争は放棄するが、愛する者を守る心があるならそれは
世界の見本となるものだな。

876 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:44:54 ID:???
>>861
最近コテハンの、無責任なネット左翼が増えています。
「共産主義国家は理想的だ」や「人類みな兄弟だから仲良くしよう」と、
最初に主張した側のネット左翼は具体的にどういう風に
良くしようということは言いません。ずるいですね

877 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:45:05 ID:g0urAaJr
国家が共同の企てである以上、そこに愛が必要。
でなければ、国家が国家としての役割を果たさなくなるわけだから。
これは、組織論からも言えることで、組織と言うのは内部価値の多様化に
よって分化していくから、それを統合する力が必要(ローレンス/ローシェ)
になる。
もちろん、個人の自由が認められる領域では多様性が尊重される。
そして、その統合ができないと、組織は分化していき、セクトごと、個人ごと
に勝手な判断をしたり、指揮系統が混乱し、非効率的な組織運営となる。
このような組織を「組織化された無政府状態」「ゴミ箱モデル」といい
特徴としては、問題が解決されないまま意思決定の機会が終わってしま
ったり、問題が認識される前に意思決定が行われたりする(ジェームズ・G・マーチ)。
だから、そうなることを防ぐには、部分間のコンフリクトが起こらないよう
統合する必要があり、その統合された組織を「インフォーマル・組織」という。
それによって、秩序があり、持続可能な組織となる。
この統合する力が、個々人間の仲間意識だ(エルトン・メイヨー)。
で、その仲間意識を生み出す行為を「仲間的コントロール」という(ウィリアム・G・オオウチ)。
国家という組織において仲間意識というのは、愛国心ということになるが
、現在の日本はこの点で最悪の状態にある。

878 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:45:33 ID:???
>>874
仏教は退廃文化じゃないぞ
キリスト教よりでかい宇宙で人間を見てる
自然の法則を語ってるだけだと思うぞ

879 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:46:37 ID:k/lNylmA
>>875
それじゃ戦争に負けるだろ・・・
一人で国(侵略国)と戦うのかよ

880 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:46:40 ID:???
ちなみに今日日仏教なんか誰もしみ込んでない
今あるのは資本主義社会の悪弊だろう

881 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/11/02(木) 02:47:18 ID:7FPuIld6
>>858
「日本なんかどうなっても良い、オレの生活がすべて」って言ってもいいじゃん。
国よりも個人の生活が大切って、それがいわゆる本音で本質みたいなもんじゃん。
国が侵略されても家族が無事ならそれでいいわけだろ。


882 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/11/02(木) 02:47:59 ID:7FPuIld6
>>860
自国の利益優先すれば他国の利益が犠牲になるじゃん。

883 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:48:26 ID:g0urAaJr
>>871
どう対応するかは別として、自尊心があればそのようなことをされたら
怒るでしょ?感情として。
それがもし、自分や家族の根も葉もない話を近所中に言いふらされたら
さらに腹が立つよね?
中国は、国家的な動きとして南京大虐殺とか喧伝してるんですよね。
それに、隣人が勝手に自分の家に入ってきて、テレビのチャンネルを
変えろとか言ったら怒るでしょ?
それと同じように、国家の主権を侵害されたら、やはり怒るし抗議
するべきでしょう。

884 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:48:29 ID:???
>>875
侵略から家族を守ることが戦争だろう
ここに日本人の平和ボケがあふれてるわけよ

885 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:48:48 ID:???
>>882
奇麗事w

886 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:48:50 ID:k/lNylmA
>>881
多分国際主義者(?)見たいな感じなんだろ?
話が平行線になりそうな予感・・・

887 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:49:29 ID:???
>>876
俺はあまりにも酷いからネタだと思ってたよ

888 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/11/02(木) 02:50:08 ID:7FPuIld6
>>862
他国よりマシだから今のままで良いじゃなくて、さらに上を目指すのが政治の役目だろうに。


889 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:50:15 ID:g0urAaJr
>>882
まあ、国際社会は国益と国益のぶつかり合いですからね。
それで争いが起こらないよう、国際的な取り決めとかある
んでしょうけど。
不十分だとは思いますけど。

890 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:50:21 ID:???
>>887
正直左翼はみんなネタに見える・・・

891 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/11/02(木) 02:52:01 ID:7FPuIld6
>>864
愛国心があれば戦争しますと答える国民が多かったわけだ。
ない方が良かったんじゃん。

892 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:52:14 ID:???
>>888
あんたらネット左翼の世界で失敗してることなんだがw

893 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:52:44 ID:???
>>882
そりゃ自己愛の強い人間の理屈でねーのか

894 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:53:20 ID:g0urAaJr
>>891
侵略されて無抵抗だからと言って、平和的に侵略される
わけではないでしょ?
だから、家族や国家を守るために戦う、ということでしょう。

895 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:53:53 ID:???
>>891
違う、愛国心があれば「国を守ります」って国民が多かった
今は君見たいな人が多い状態

896 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:54:23 ID:???
>>881
お前は国家がなんで存在するのかから勉強しろ
石器時代に逆戻りだな

897 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/11/02(木) 02:55:22 ID:7FPuIld6
>>869
違うね。
結局、愛国心がなかったら国なんて成り立たなかったんだよね。
成り立ってしまった後の話とは違うね。

898 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:55:39 ID:muwyYV18
仏教思想って
堂々めぐりで妥協点が見出せない
精神ウィルス見たいなもんだろう
このスレを見てるとそれが分かる
 ようは完璧がないんだろう
だから伝統と格式にしがみつくんだよ
 あと侵略者が明日でも来るような脅しと
極端な論理展開
 精神的穴貸しの象徴だね
やられているんだよ
精神的に去勢されているんだよ

だからいつもおどおどしてるんだよ

899 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:56:09 ID:???
しげるっつのは個人主義時代の申し子か?

900 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:56:39 ID:k/lNylmA
>>897
国がいらないって考えなんだろ?
余りにも極端過ぎないか?

901 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/11/02(木) 02:57:03 ID:7FPuIld6
>>870
なぜそうなっただって?
噂で聞いたって言ってんだよ。
「家の子をどうすれば正しく教育できますか」なんて聞いてくる
親が多いんだってよ。
オマエのことだったな。

902 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:57:30 ID:g0urAaJr
侵略を受けたときの話として、こんな能天気なことを言う左翼がいました。

「かりに二、三十万人のソ連軍隊が---そういうことは実際には生じない
と思うけれども---日本を占領すると仮定する。
しかし、日本の社会には文化が華開いており、自由が満ち溢れ、そして
日本人が毅然とした自主的な姿勢を持って、不正な支配に屈従しない
国民として生きていたならば、彼らは占領者として自らを恥じ、ひいては
日本から学ぶようになるだろう。
いわば日本が自由学校になることによって、ここで彼らが自由の良さ
を学んだならば、本国に帰ってソ連のシステムにあきたらなくなり、これを
変えるように努力するということになるだろう。
そうなれば、向こうは公費で日本に留学生を送ってきたのと同じ結果に
なります」

903 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:57:32 ID:???
いるんだよな、脱税したハリポタ翻訳のババアみたいに
日本で育てられ日本で成功し日本人の金で食わしてもらってる
くせにスイスで楽しく暮らしていますと、私利私欲で税金ごまかし
国際人ぶっている外国人みたいなネット左翼の非国民が。

904 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:57:33 ID:k/lNylmA
>>897
ん?
愛国心があったから国が出来たわけじゃないぞ?

905 :はげる ◆M6R0eWkIpk :2006/11/02(木) 02:57:42 ID:???
左翼は共産主義国家を見ても分かるとおり、その場限りでも
なんでも嘘が平気だからね、一つ一つ理想としていた
国家が消えていってるのにまだ悪アガキをして
嘘に嘘を重ねている。

906 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:58:01 ID:muwyYV18
坊主がよく言ってるな
 仏教とは究極の個人主義だと
違うだろうオナニー主義だろ

907 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:58:40 ID:???
>>897
愛国心があったから戊辰戦争も起きたんだろう
両者とも愛国心の固まりだわい

908 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 02:59:55 ID:???
>>898
トンチンカン言ってるおまえは日本人じゃないだろう?
日本人は仏教さえ知らない

909 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/11/02(木) 03:00:13 ID:7FPuIld6
>>872
怒る奴も居れば怒らない奴も居るわけだ。
国を成り立たせたくて怒る奴が成り立たせるしかないだろ。
怒らない奴に怒るような教育をしろってか?
そんなこたあまず無理だね。
今の日本人には。

910 :はげる ◆M6R0eWkIpk :2006/11/02(木) 03:00:33 ID:???
>>898
タイは仏教国だけど、他国に侵略されてないぞ。

911 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:00:39 ID:???
>>901
おまえチョンか?

912 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:01:01 ID:muwyYV18
富とは何か抽象的なものを追いかける
地道な努力から生まれる
左翼はそれを横からかすめる

913 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:02:37 ID:k/lNylmA
>>909
そもそも国がいらないって思想自体が特殊だぞ?(そうでもないか?)
国が存在しない状態の方が現時点じゃ無理があるだろ

914 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:02:40 ID:muwyYV18
毎日米を食ってる日本人は
それの作り方さえ知らない

915 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/11/02(木) 03:03:25 ID:7FPuIld6
>>876
他人と仲良くするということに具体的な中身が欲しいオマエって
仲良くしたことないのか?
だからイジメられるんだろ。

916 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:03:46 ID:g0urAaJr
>>898
侵略や戦争がないとたかをくくって、何もしないことを政治とは言わない。
有事に備えておくことが危機管理というものだよ。

917 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:04:16 ID:???
>>910
まぁ正確に言えば代償としてかなりの国土を捨てたんだよね
日本はそれをせず戦った

918 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:04:39 ID:g0urAaJr
>>909
だから、現在の左翼教育を是正すれば、とくにどうこうする必要
はないでしょう。
愛国心と言うのは自然な感情なんだから。

919 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/11/02(木) 03:05:01 ID:7FPuIld6
>>879
戦争に負けて今のような日本になったわけだが?
勝った方が良いのか負けた方が良いのかなど分かるはずもない。
何をビクビクしているんだ?

920 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:05:31 ID:???
>>915
おまえは誰彼構わず手当り次第に挑発してるのか?w
日常生活で何が不満か聞いてやるぞ

921 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:06:41 ID:g0urAaJr
>>919
負けたからではなく、戦って植民地になっていたアジア人を訓練し
、彼らが戦ったから現在のような世界になっている。

922 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:07:06 ID:???
>>915
日本語が通じてないなw
ネット左翼は詭弁が得意だからな。
主張した側が具体的な実現方法をいうのは当たり前。
ネット左翼は「みんな仲良く共産主義で」の念仏ばかりだからなwww

923 :はげる ◆M6R0eWkIpk :2006/11/02(木) 03:08:18 ID:???
日本人モドキが多数いるのは確かだからね
その辺考慮しないと「なんだコイツ」と思うよな。


924 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:08:45 ID:k/lNylmA
>>919
相当変な考えだな・・・・
若しかして中2病・・・・?
戦争に負けて侵略されても構わないって、頭おかしいぞ?















これは釣りだなw

925 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/11/02(木) 03:09:27 ID:7FPuIld6
>>883
自尊心があっても国尊心がないわけだろ。
自分や家族の根も葉もない噂を近所中に言いふらされて腹立っても
国なんて何言われても関係ないってことだろ。
国家の主権が自分達にあると実感できてれば怒ることでも、所詮
他人のものだと感じてるから怒らないんだろう。


926 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:10:28 ID:???
>>918
まーあんたの言う通りだな
単に正解でも稀な自虐教育してきた国家だ
止めれば自然と芽生える
世界の笑いもんだったわな
国旗や日の丸でいちいち圧力で出来ないとかやってるの日本だけだからな

留学してとりあえず仲間ができると言葉もわからないから歌を歌う
みんな最初に歌うのが国家だよ
日本人は抵抗があってそこでなぜみんなが堂々と誇らしげに国家を歌うのかショック受ける
これが世界で初めて出会う自分が受けて来た日本の教育なわけさ

927 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:11:14 ID:g0urAaJr
>>925
だから、それを愛国心がない、と言っている。
つまり、国家を自分とは無関係なものだと認識していて、教育
によってそのような特殊な心理ができていると。

928 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/11/02(木) 03:13:01 ID:7FPuIld6
>>884
侵略から家族を守るために最も効率が良い方法は、
自分の家に敵が襲って来た場合のみさ。
家を出て遠くで戦ってる間に敵が家に来たら負けなのさ。
爆弾落とされたら負けなのさ。
ここにオマエの平和ボケがあふれてるわけよ。



929 :はげる ◆M6R0eWkIpk :2006/11/02(木) 03:13:04 ID:???
だからその頭のおかしそうな人達は
日本がこのような状態になってくれたおかげで
自国よりヌクヌク生活できて日本に感謝してるんだろ
どんな馬鹿言っても許されるからな。

930 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:13:12 ID:???
>>925
馬鹿か、こいつは。日本人は殺人鬼だと中国に言われてるんだぞ。
そういう反日教育(侮日本人)している国に怒らない国民がどこにいるんだ!

931 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:13:34 ID:???
>>926
良い話だなw

932 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:13:38 ID:???
>>923
しげるって野郎か?w
今日この板初見だったが明らかに独自のスペースワールドに生きてるな

933 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/11/02(木) 03:14:31 ID:7FPuIld6
>>885
オマエともう一人が居て、ここに千円あります。
一人が千円を奪えばオマエは0円です。
一人が自分の利益を考えればオマエは0です。
こんな当たり前のことすら理解できないのか?

934 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:14:33 ID:g0urAaJr
>>928
爆弾もってる奴が家まできたらすでに手遅れでしょう。
だからそうならないように国を守るんだよ。

935 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:15:00 ID:???
>>928
その戦争は自衛戦争の事言ってんだぞ?

936 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:15:25 ID:???
>>928
おまえは園児か?
頭悪過ぎ

937 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:15:51 ID:muwyYV18
左翼の心配は先の大戦の状況からだろ
もう一度愛国的なことをやって前と同じような
ことになったら
日本人はそこまでのもんなんだよ
だから怖がらず普通の国になったらいいと思うよ
そうでなければいつまでも抽象的な議論でエネルギー
を取られ
もっと重要な経済復興や国の借金の話に行かないよ
 もっともこの愛国の問題の中にそのまやかしの要素は
あるような気もするけど

938 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:16:18 ID:???
>>933
もう飽きたってw
共産思想でも披露したいのか?www

939 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:16:24 ID:g0urAaJr
しげる君の言うようなものを「効率がよい」とするなら、みんな日本人
は自分の家に立てこもって、各自自分の家を攻撃してきた敵だけに反撃
すればよい、ということになる。

940 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/11/02(木) 03:16:33 ID:7FPuIld6
>>886
国際主義者とかそんなこたどうでもいいんだよ。
オマエは自分の家族と国とどっちが大切なんだよ。
国が戦争に勝つことと、家族が無事であることのどちらを選ぶんだよ。


941 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:16:33 ID:???
>>933
釣りだなw
>自国の利益優先すれば他国の利益が犠牲になるじゃん。
↑から変なこと言い出したw

942 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:16:55 ID:???
>>933
ガキw


943 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:17:59 ID:???
>>933
そういえば左翼ってのはキチガイ多いからなwww

944 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/11/02(木) 03:18:04 ID:7FPuIld6
>>889
だから、自国を愛することと他国を愛することは矛盾してくるんじゃん。
その矛盾を強引に解消するために戦争があるんじゃん。

945 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:18:24 ID:k/lNylmA
>>940
お前は母親と妻どっちが大切なんだ?

946 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:18:34 ID:???
>>940
国家の定義がわからんちんだからそんな中学生のようなレスになるんだよ

947 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:18:34 ID:g0urAaJr
>>940
個人で敵国に対抗できるわけがないでしょう。
だから、集団の力で集団に対抗する。
これが国民国家の国防理念だよ。

948 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:18:49 ID:muwyYV18
日本は世界有数の軍事力と
アメリカの後ろ盾がある
防衛力としては十分ではないだろうか
左翼の方は安心して勉学にいそしんでください

949 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/11/02(木) 03:19:24 ID:7FPuIld6
>>892
何度でも失敗すりゃいいじゃん。
何をビクビクしてんだよ。
まったく情けない日本人だぜ。
女みたいのばっか。

950 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/11/02(木) 03:20:15 ID:7FPuIld6
>>893
愛国心の強さが自己愛の強さに比例するんだろうに。

951 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:20:15 ID:g0urAaJr
>>944
それ、マジで言ってるとしたら、君かなり感覚がおかしいよ。
じゃあ、日本以外の国は、どこの国でも他国を尊重していない
態度を取ってると言うの?
みんな愛国心をもちながら、国際的なマナーを守った態度で
接してると思うが?少なくとも表面上は。

952 :はげる ◆M6R0eWkIpk :2006/11/02(木) 03:20:17 ID:???
>>932
まあその他にも多数いるよね、以前から
レス読んでりゃ日本人かそうじゃないか
分かるよ、だからマジメにレス返してる人は気の毒
でもそういう人は至極マトモなレスが多いから
他の多くのマトモな日本人が色々事実を知る結果になる。

953 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:20:39 ID:???
>>940
家族はどこに住んでるんだ、外国に住んでるのか?w
やっぱり、相当ラリってるな、このネット左翼はwwww

954 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:21:09 ID:g0urAaJr
>>950
国家と自分の関係性をしっかりとわかっていればね。

955 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:21:11 ID:k/lNylmA
ID:7FPuIld6 いや、しげる!!!


    釣  り  に  は  も  う  飽  き  た  ぞ  !  !  !



956 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:21:49 ID:???
なんか国家と家族、どっちが大事かともう見てらんない。
家族を守る最大単位が国家だろうが。


957 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:22:06 ID:???
>>950
なんか言ってることが矛盾してね?

958 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/11/02(木) 03:22:40 ID:7FPuIld6
>>894
平和的に侵略されるかそうではないかなんて分からないことさ。
とりあえず、今の日本は平和的に侵略された結果の国なのさ。
違うのか?

959 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:22:46 ID:???
>>950
ぁ?

960 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:23:43 ID:g0urAaJr
>>958
平和的でなかったときに、それが明らかになっても遅いんだよ。
だから、侵略されないように守るわけ。

961 :はげる ◆M6R0eWkIpk :2006/11/02(木) 03:23:53 ID:???
だから北朝鮮や韓国があんなにオカシイのが納得出来た一日でした。

962 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:24:06 ID:k/lNylmA
分かった!!
しげるは1000を取りたいんだよ!!!
だからこうやってスレを伸ばしてるんだ!!!

963 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:24:06 ID:ywm/C5qs
今さら気付いたがスレタイ偏見入ってんね

964 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/11/02(木) 03:24:09 ID:7FPuIld6
>>895
国を守りますって言いながら、自分の家より政府を守る羽目になるのが
分かってるのか?
命令通りに動くってことがよ。

965 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:24:12 ID:???
>>955
釣りなのかw
キレ易いしズケズケ言うしリアル朝鮮人だと思った


966 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:25:19 ID:???
>>964
次スレ立てろやタコ釣り師w

967 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:26:25 ID:g0urAaJr
>>964
政府を守るんじゃなくて、国を守るんだよ。
何度も言うが、自分の家に来たときには遅いのw

968 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/11/02(木) 03:26:47 ID:7FPuIld6
>>896
国家が存在する理由だって?
神様が人間の言葉を分けたからさ。
分かってるのか?

969 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:27:02 ID:k/lNylmA
若しかしてしげるとはげるって同一人物?

970 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/11/02(木) 03:27:33 ID:7FPuIld6
>>899
時代遅れなアホどもとは違う申し子だってさ。

971 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:27:34 ID:muwyYV18
どんなに議論しても矛盾が出てくる

仏教の自虐的な修行を学校で自虐教育として学ばされた
日本人に混乱が生じている象徴だろう

日本が普通の国になるには
完璧なものはないから憂鬱の壁を破ること
それにはまず仏像を破壊することだ

972 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:27:49 ID:???
↓ちなみにアホなコテハンのネット左翼の巣窟らしきスレ
選挙に行く香具師は非国民byしげる パート104
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1161710606/l50
byしげるwってwwwwwwww


973 :はげる ◆M6R0eWkIpk :2006/11/02(木) 03:28:40 ID:???
>>969
違います、こちらはれっきとした日本人です。

974 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:29:02 ID:k/lNylmA
確定しました


    し げ る = は げ る  


975 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/11/02(木) 03:29:15 ID:7FPuIld6
>>900
国がいらないという理想は極端さ。
あくまでも理想だからな。
ただオマエ達のようにいつまで経っても国に拘る思考してたら
前進しないと言ってるだけさ。

976 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:29:40 ID:g0urAaJr
>>968の発言も真剣に言ってそうで怖い。

977 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:30:14 ID:k/lNylmA
>>973
ID1回も出してないけど?

978 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:30:24 ID:???
>>968
なんか薬やってそうだなw

979 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/11/02(木) 03:30:52 ID:7FPuIld6
>>902
1000ある可能性の中の一つでいいわけだ。
狭い脳みそのオマエにはそれがすべてに聞こえたわけだ。

980 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:31:00 ID:g0urAaJr
>>975
個人の権利を守るのは国だし、民主主義というのも国家があって成り立つ
システムなわけだが。

981 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:31:32 ID:muwyYV18
国家が存在する理由は
たまたまです
しかし人間のまじめさや英知の結果でもあります
だからそんなに悪いものではありません
出来ればその力を借りて
個人に訴える大きな仕事が出来ればと思います
ガン撲滅プロジェクトや新エネルギー開発など

982 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:31:50 ID:k/lNylmA
大丈夫!
しげるは1000を取りたいだけ
多分>>1000で釣り宣言するつもりwww

983 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:31:55 ID:g0urAaJr
>>979
君はもっと笑える説を唱えているようだが?

984 :はげる ◆M6R0eWkIpk :2006/11/02(木) 03:32:05 ID:???
>>971
それやったら宗教を認めない共産中国や
タリバンと同じになってしまうぞ、
自虐を仏教のせいにすると言うのは
かなりオカシイぞ。

985 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/11/02(木) 03:32:11 ID:7FPuIld6
>>904
869に言ってるんだろ?

986 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:33:55 ID:k/lNylmA
>>984
試しにID出してよ

987 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:34:28 ID:k/lNylmA
>>985
は?
>>869は俺だろ?

988 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:34:49 ID:muwyYV18
伝統とは守るより刷新するほうが
はるかに勇気と英知がいるもの
そこに踏み込めるか踏み越えられないかが
国家の力量である

989 :はげる ◆M6R0eWkIpk :2006/11/02(木) 03:34:53 ID:???
>>977
sageだと出ないよ、まあ馬鹿スレageたくないからね、
大体しげると内容が逆だろ。

990 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:34:55 ID:g0urAaJr
まず、文化や歴史を共有する集団が民族的な共同体になる。
そして、個々人の安全を集団の力で保障し、外敵から集団の力で
身を守るために必要になるのが、民族共同体を核とした政治体。
つまり国家。

991 :しげる ◆lIqdvweJbI :2006/11/02(木) 03:35:36 ID:7FPuIld6
ではおやすみ

992 :はげる ◆M6R0eWkIpk :2006/11/02(木) 03:36:21 ID:yrxvF/90
>>986
じゃあもう馬鹿スレ終わりだから出すね。

993 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:36:25 ID:g0urAaJr
日本以外の国で市民に国防義務が課せられているのは、それが国家の
最大の目的だとの思想からでしょう。

994 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:36:55 ID:???
>>971
ワラタ

995 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:37:12 ID:k/lNylmA
>>989
知ってる・・・が
普通そこまで隠すか?

996 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:37:52 ID:k/lNylmA


 >>1000  だ  っ  た  ら  し  げ  る  =  は  げ  る  宇  宙  へ  ・  ・  ・



997 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:38:06 ID:???
おまえらアホなネット左翼なコテハン相手にしたいなら
次ここへ突撃しろwww

↓ちなみにアホなコテハンのネット左翼の巣窟らしきスレ
選挙に行く香具師は非国民byしげる パート104
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1161710606/l50
byしげるwってwwwwwwww

998 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:38:29 ID:g0urAaJr
結論



          【 し げ る 君 は 変 ! 】

999 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:38:52 ID:???
しげる はキチガイ

1000 :名無しさんの主張:2006/11/02(木) 03:38:59 ID:k/lNylmA


 >>1000  だ  っ  た  ら  し  げ  る  =  は  げ  る  宇  宙  へ  ・  ・  ・



1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

317 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)