5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

1990年以前と1991年以後は歴史の転換点

1 :名無しさんの主張:2005/07/01(金) 11:34:05
時代のうねりがあります。

日本ではバブルの終焉
世界ではソ連の終幕

今、思うに、
ここに時代の大きな区切りを感じます。
こここそが日本、そして世界の転換期だったんじゃないかな。
皆さん、どう思います?

2 :名無しさんの主張:2005/07/01(金) 11:48:31
1997年って言われてない?

3 :名無しさんの主張:2005/07/01(金) 12:25:45
いや、1982年〜1986年頃だと思う。「頃」という表現を使ったのは、1990年と1991年みたいにキレイに区切れないから。

◆「8時だよ全員集合」を代表とするオバケ人気番組が視聴率を取れなくなって
放送終了したのもこの頃だった。
◆音楽でも国民的ヒット曲なるものがなくなり、生中継の歌番組が衰退した。
◆アイドル・ブームの終焉(作られたアイドルから素人の時代へ)
最初は素人女子大生(オ−ルナイト・フジ)から始まって素人女子高生(おニャンこクラブ)へ

何でも従前としたものや画一的なものが廃れ、個性的・多様化していったように思える。

経済面では、
巨額の貿易黒字が諸外国に叩かれるようになり、
従来の製造業一筋での富の創造が不可能になった。
(仕事一筋・真面目人間の終焉、汗を流し、一生懸命に努力することがダサい。
余暇と消費生活を楽しむ遊び人の時代の到来→刹那で軽薄なバブル文化の下地)


時代の変化というものは、「政治」「経済」というオーソドクスな視点で捉えるのももちろんだが、
「文化」「世相」という視点からみるのも面白い。

4 :名無しさんの主張:2005/07/04(月) 20:40:27
俺は1994年/1995年だと思う
これは人それぞれなんじゃないかな

5 :名無しさんの主張:2005/07/04(月) 20:55:55
ベルリンの壁崩壊、湾岸戦争・・・

6 :名無しさんの主張:2005/07/04(月) 20:57:06
違うな。1999年だ。
ノストラダムスの大予言がはずれた時点が転換期だ。
これでいいのだ。

7 :名無しさんの主張:2005/07/05(火) 09:09:08
90年と91年はよく覚えている。
多分、長崎、熊本のあたりの20代の人間は特に1にはげしく同意だと思う。

8 :名無しさんの主張:2005/07/07(木) 23:58:59
>>7
雲仙普賢岳火砕流

9 :名無しさんの主張:2005/07/08(金) 22:22:52
>>3
文化、世相で見るのも確かに面白いかも。

10 :名無しさんの主張:2005/07/08(金) 22:24:46

>>1>>2に同意です。
現時の世界情勢は
90年に冷戦時代の価値観がひとまず区切りで
冷戦が終結の91年に始まり96年あたりまでが価値観の再構築って感じで。
本格的に97年あたりから幕開けって感じがするね。

11 :名無しさんの主張:2005/07/08(金) 22:31:51
オウム事件あたりが分岐かと。
95年が区切りだと思う。



12 :名無しさんの主張:2005/07/09(土) 00:57:41
2005年。 アラブ産油国、東南アジア諸国、日本及び日本企業の同盟調印
移行期間   新しい国境を越えるビジネスエリートの時代(抗インフレ)
2020年。 環インド洋同盟成立

13 :名無しさんの主張:2005/07/09(土) 17:17:25
オウム事件の時からマスコミは大本営発表になった。

14 :名無しさんの主張:2005/07/09(土) 21:20:46
>>3
アニメも
藤子や手塚などの
長編大作があった時代とは(ry

15 :名無しさんの主張:2005/07/10(日) 17:07:35
>>10
ほぼ同意。

16 :名無しさんの主張:2005/07/10(日) 18:00:21
後半年で巨大地震が来るとテレビで言っているぞ。

17 :名無しさんの主張:2005/07/10(日) 20:56:21
折り返し地点

18 :名無しさんの主張:2005/07/10(日) 22:16:56
『2009 ロストメモリーズ』公式サイトより。
 1909年、ハルピン駅。安重根(*)による伊藤博文暗殺未遂事件。
 1910年、朝鮮併合。朝鮮総督府の初代総督には伊藤博文が就任した。
 1932年、満州国建国。
 1945年、ベルリンに原爆投下、ドイツ降伏。日本は連合国の一員として戦勝国に。
 1945年、国連成立。日本、安保理常任理事国就任。
 1988年、名古屋オリンピック開催。
 2002年、ワールドカップ開催。

 そして2009年。併合後100年を経ようとするこの年、物語が始まる...

 東京、大阪に次ぐ規模を誇る日本帝国の第三都市・京城。
そこで重大事件が起きる。朝鮮独立を叫ぶ「不令鮮人」たちが、ある展示会会場を武装占拠し、
人質をとって立てこもったのだ。武装警官隊が突入し、事件は解決。だが一つ妙な点があった。

19 :名無しさんの主張:2005/07/10(日) 23:04:52
>>3に同意だな。
今の、アイドル、ゲーム、アニメ・漫画、風俗の基礎ができたのもこの時代だからな。

20 :名無しさんの主張:2005/07/13(水) 15:36:27
1985年(ペレストロイカ開始・プラザ合意)〜
1995年(ウィンドウズ95発売・オウム事件)
が現在につながる転換期だった

・・・大雑把過ぎるかな?

21 :名無しさんの主張:2005/07/14(木) 19:26:17
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1089904995/l50

22 :名無しさんの主張:2005/07/15(金) 10:53:34
戦後生まれ、昭和世代の人間が対峙したなかでは
この1990年から1991年初頭にかけての歴史の出来事というのは
一番大きく印象的ではないかな?
そして歴史の流れを実感したんじゃないかな? 
エッポクメイキングな感じがする。
後世においても、世界史で語られ続いていくと思うし。
それを考えるとオレも同意だな。

23 :名無しさんの主張:2005/07/16(土) 21:55:07
確かに前後で変化の多い年だと思う。

24 :名無しさんの主張:2005/07/16(土) 22:06:59
ベルリンの壁崩壊 1989年
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%A3%81%E5%B4%A9%E5%A3%8A

バブルの最中、この年は忙しくてテレビニュースもろくに見れなかった。
睡眠時間4時間が半年続いた。

よくよくこの記事を見ると、東ドイツ政府が市民に旅行の自由化を宣言したことが契機となり、
ベルリンの壁崩壊が始まったと言う。

25 :名無しさんの主張:2005/07/16(土) 22:35:06
>>3
82〜86年頃の日本は官僚主義が強化されましたね。
90年前後に東欧革命ロシア革命が起こりましたが、
何もなかった日本では失われた10年、15年と言わ
れる時間だけが過ぎ去りました。

26 :名無しさんの主張:2005/07/16(土) 22:38:34
東ドイツ市民は壁が崩壊してよかったね


年金を受け取れる受給権の必要加入期間

フランス    3ヶ月
アメリカ  10年
ドイツ    5年
スウェーデン 3年
日本    25年


27 :名無しさんの主張:2005/07/16(土) 22:48:27
既に日本でも官僚は逃げ始めている。不動産と資産を・・・捨てられたんだよ。お前たちは。馬鹿だからな。

http://www.osakagas.co.jp/kankyo/news/sympo2004/koen/koen_01.htm (大阪ガスからの警告)
もう既に過去30年間で北極海の氷は40%くらい溶けてしまっていますが、2010年頃には北極
海の氷は夏場にはほとんど溶けてしまうだろうと予測しています。2000年に入ってから10年間
で世界の地球表面温度は0.3〜1度くらい上昇するだろうということが大前提になっています。それ
で2010年〜20年にかけて北極の氷がどんどん溶ける。それが思わぬ形で大西洋の海流の流れに
大きな変化をもたらし、2020年頃に西欧、イギリス、ドイツ、デンマークとかがシベリア並みの
寒冷地帯になって人が住みにくくなるという予測をしています。2020年というと、もうわずか先
です。2010年〜15年の間にヨーロッパのお金持ちはどんどんアメリカに移住する

http://kensaku.com/contents.asp?c=051&id=15067 (週間ゲンダイ)
▼2020年までに欧州北部の気温が低下し、現在のシベリアの気候のようになる
▼水温変化のために魚が新しい生息地に回遊するため、漁業は崩壊し、漁業権をめぐって緊張が高まる
▼主要な農業生産地域や人口集中地域に水資源を供給する地域を干ばつが襲い、深刻な食糧不足を招く
▼土地と水の利用をめぐる紛争が深刻化し、暴力の度合いが増大。各国は次第に必死になり、戦闘行為
への圧力が高まる――このまま地球温暖化が進めば、食糧・水・エネルギー資源をめぐる世界レベルの
大紛争を引き起こすというのだ。
 リポートは2030年の世界をこう描いている。「欧州の人口の10%が他国へ移動し、EUは崩壊」

28 :名無しさんの主張:2005/07/16(土) 22:51:20
1989年 東欧革命 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%AC%A7%E9%9D%A9%E5%91%BD

29 :名無しさんの主張:2005/07/16(土) 22:55:27
1988〜1990年 ポーランド民主化運動 
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E6%B0%91%E4%B8%BB%E5%8C%96%E9%81%8B%E5%8B%95

30 :名無しさんの主張:2005/07/16(土) 22:57:47
1985〜1990年 ハンガリー民主化運動
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%83%BC%E6%B0%91%E4%B8%BB%E5%8C%96%E9%81%8B%E5%8B%95

31 :名無しさんの主張:2005/07/16(土) 23:52:03
アジア通貨危機、ロシア通貨危機、アルゼンチンとトルコと韓国の破綻。

さぁ、平和ボケした日本人。

これが国家破産だ。2006年、12月発生

32 :名無しさんの主張:2005/07/17(日) 01:15:40
社民党はサヨク的だとぬかす輩が後を立たないが

サヨクの何がいけないのであろうか? そもそも社民党は平和主義者達の

集まりではなかったのか? 純粋に平和を愛している人達を批判して

一体何を企んでいるのだろうか? まさか大日本帝国の復権ではあるまい!


33 :名無しさんの主張:2005/07/17(日) 18:40:34
未だに20世紀のスペースシャトル?しかも、打ち上げに手間取ったり

事故ばかり起こしている(藁

地球の大気の一番外側を

人工衛星と同じように這っているだけで、進歩が無いではないか…

「2001年宇宙の旅」といわれるほどのステーション定住生活は??

火星に基地を建設する計画は???



もしかすると、アメリカの30年程前の

月着陸映像すら嘘、ツクリモノ映像だったのか…

34 :名無しさんの主張:2005/07/18(月) 09:50:28
さきに出てるけど、85年、95年も大きな転機のあったと思うけど、
90年、91年にかけての出来事はそれ以上だと俺は思う。

35 :名無しさんの主張:2005/07/18(月) 18:20:32
戦後60年、経済の出来事トップは「バブル崩壊」 「冷戦構造崩壊」
「失われた10年」が折り返し地点
 


36 :名無しさんの主張:2005/07/20(水) 20:53:16
>>33

37 :名無しさんの主張:2005/07/20(水) 21:37:04
1985年 公務員優遇年金制度が始まった

38 :名無しさんの主張:2005/07/21(木) 19:10:31
★テロ扇動者も処罰 英、与野党が原則合意

・ロンドン同時テロをきっかけに、ブレア英政権が早期成立を目指す新テロ防止法案に
 ついて、与党労働党と野党の保守党、自民党の主要三党は十八日、テロ扇動者も
 処罰の対象とすることを同法案に盛り込むことなどで原則的に一致した。ブレア政権は
 今秋、議会に法案を提出。年内にも成立させたい考え。 

 新法案は、不審人物を拘束して調べることができる現行法の規制を強める形で
 制定する。

 具体的には、テロを称賛したり容認したりして扇動する行為を禁止するほか、
 国内外を問わずテロリスト訓練への参加や、ウェブサイトから爆弾の製造方法を
 入手することなども取り締まる。

 保守党は、新法案に賛成の意向を示し、テロ捜査への「電話盗聴の導入」を提案。
 自民党も基本的に賛成の立場ながら「人権上の配慮」を求めている。

 ロンドン警視庁は同日、同時テロの死者が一人増え、五十六人になったと発表した。

 http://www.tokyo-np.co.jp/00/kok/20050719/eve_____kok_____001.shtml


39 :名無しさんの主張:2005/07/22(金) 18:23:37
1990年ごろは
日経平均株価は4万円近くに膨れ上がったな。
その頃、就職したり、売り手でボロ儲けしていた人は勝ち組みか。

40 :名無しさんの主張:2005/07/22(金) 18:26:31

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1096972163/l50

41 :高校中退者:2005/07/22(金) 18:29:08
>>39
今は大部分が負け組に転落している。 ザマアミロ!

42 :名無しさんの主張:2005/07/22(金) 18:46:01
もう一つ変わったことがある。
それはうそつきがすぐにばれるようになったこと。
それだけ情報が速く動くようになった。

43 :名無しさんの主張:2005/07/22(金) 18:48:23
>>38
これが日本で成立したら
最悪の事態だぞ。

ただでさえネオナチ化しているから。

44 :名無しさんの主張:2005/07/27(水) 22:58:35
民主化の発端はドコの国?

45 :名無しさんの主張:2005/07/28(木) 02:06:26
>>44
フランス?

46 :名無しさんの主張:2005/07/28(木) 02:07:38
>>5
2つの世界=冷戦(の抑止も)構造崩壊

47 :46修正:2005/07/28(木) 02:08:35
>>5
「2つの世界」といわれた冷戦(抑止)構造崩壊


48 :名無しさんの主張:2005/07/29(金) 22:11:28
>>39
この前後には「地球環境問題」を初めとした
「エコロジー」な発想も多かったけど
結局、熱しやすく冷めやすい、エゴイストな流行感覚だけに終わっていた。
(身近な良い例がアスベスト対策)

49 :名無しさんの主張:2005/07/29(金) 22:25:19
平和な時代は「ちょっとした刺激を求めたい」かのごとく
こういう問題も「ブーム」として流れる…

50 :名無しさんの主張:2005/07/29(金) 22:28:20
>>49
データを見れば地球温暖化も事実なんだけど
あのころの煽り方は尋常じゃなかった…

51 :名無しさんの主張:2005/07/30(土) 23:24:48
>>50
テレビ番組もあったね。

52 :名無しさんの主張:2005/07/30(土) 23:39:09
>>51
経済が絡むと世紀末ブームのように、本質を見失ってしまう。
当時はいかにも日本が化石燃料消費・フロンガス・大気汚染
CO2排出大国であるかのような煽りで
リサイクルこそ全て正義だ!みたいな報道だった。
さらに、当時は海面が2010年までに
酷寒の南極氷床の水蒸気の分も考えずに
1メートル以上、上がると脅かしていたな。

全世界的に、日本も含めて、1990年比較で
人間活動による温室効果ガス排出量上昇には歯止めは掛かっていない。
フロンガス、生態系に「目に見える形」で
有毒な排気ガス・排水は激減に成功したけど

53 :名無しさんの主張:2005/08/02(火) 03:08:59
>>52
リサイクルに付いては
家電・コンピューター・輸送機械にも多い
金属・石油(溶剤含む)・繊維製品は
どんどんするべきだけど、
紙や食品(包装・ペットボトルは)
やれば余計エネルギーや水の無駄遣いすることもある。

化石燃料の高騰(使用増で埋蔵量も後20年くらい)や
自然循環に溶け込めず
蓄積される化学物質などの環境汚染
を考えても、
むしろ、科学技術を有効利用して
燃料電池システム応用による、新エネルギー需要が期待される。



54 :名無しさんの主張:2005/08/02(火) 21:54:41
殺虫剤、遺伝子組み替え栽培、強力な除草剤
使えば使うほど、害虫も(耐性がついて)
かいくぐって助長し、ますます生態系破壊しているところも。

55 :名無しさんの主張:2005/08/02(火) 22:01:05
>>52
日本では公害汚染、エネルギー浪費問題については
70年代から、素早く取り組んでいたけど…
バブル〜農産物自由貿易〜その後はルーズになってしまった
部分もありすぎ。

56 :名無しさんの主張:2005/08/03(水) 00:03:12
ファッションでは
ストリーター≠アメリカのスラムの文化が大衆に広がる兆しがあった。

57 :名無しさんの主張:2005/08/03(水) 03:57:14
>>54
人間にとってはむしろ、余計にリスクは増大。

58 :名無しさんの主張:2005/08/04(木) 00:45:43
そして、トドメに
911タイプのテロリズムと
新時代の「戦争」

59 :名無しさんの主張:2005/08/05(金) 07:24:20
age.

60 :名無しさんの主張:2005/08/05(金) 08:37:40
>>52
下手に「急激な温暖化による海面上昇、低地水没説」
に煽られて、堤防かさ上げ工事を、すれば、
われわれの税金が無駄になるどころか、
クーラー需要や高層建築増で、ますます暑くなってしまった大都市
の地球規模バージョンようなことになる。

61 :高校中退者:2005/08/05(金) 11:41:41
>>32
平和主義はポーズだけだってば。「非武装中立」を実現させて日本をソ連か中国・北朝鮮あたりに売り飛ばす、と。

62 :名無しさんの主張:2005/08/06(土) 01:18:00
>>60
たしかに、その工事をする時に
大量の石油(エネルギー)を使って、ガスを放出する。

63 :名無しさんの主張:2005/08/06(土) 13:31:14
>>1
家電オーディオ製品・一部屋に一台の時代へ。
=同時に「テレビの大型化」も進行

64 :名無しさんの主張:2005/08/07(日) 01:39:35
>>25
同時に、日本を駄目にしたのは
「第4の権力主義化したマスコミ」

65 :名無しさんの主張:2005/08/07(日) 09:07:48
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1089904995/l50

66 :名無しさんの主張:2005/08/07(日) 17:38:24
1985年あたりは、北斗の拳が放映されていた。羅漢仁王拳最高。


67 :名無しさんの主張:2005/08/07(日) 19:11:24
>>47
〜安いナショナリズムに走る傾向⇔テロリズム

68 :名無しさんの主張:2005/08/08(月) 19:49:48
996 :名無しさんの主張 :2005/08/06(土) 12:07:47
90年代を通じて起きたのは、日本社会の「いす取りゲーム」化。
90年代には、今までどおり、全員のいすを用意しようと頑張ってきたけど、
それはもう無理だと分かって、限られた数のいすしかないことを認めるようになった。

そのとたん、社会はギスギスした。
「あいつを蹴落とせば自分の分のいすが生まれるかもしれない」
「自分が今、床に這いつくばっているのは、いすに座っているやつらのせい」

これが、自分とは違う立場の人間をすべて攻撃する意志の裏にある。

確かに、いすに座れなかったのは本人だけのせいではなく、
いすの絶対数がすでに少ない点にあるのだが、自己責任として切られる。
すると、他人に対しても自己責任と言い出すようになる。

それを見て笑っているのは、自分専用のいすを確保している一部の人。

69 :名無しさんの主張:2005/08/09(火) 00:48:18
>>67
オウムのような新興宗教団体。
酷いのとなると、政界とつるむ。

70 :名無しさんの主張:2005/08/10(水) 07:28:26
age.

71 :名無しさんの主張:2005/08/10(水) 07:36:59
>>68
努力して(正直者)で
それなりに報われるような体制に戻ってほしい。

72 :名無しさんの主張:2005/08/12(金) 04:16:30
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/sepia/1110081544/l100

73 :名無しさんの主張:2005/08/16(火) 06:43:45
age.

74 :名無しさんの主張:2005/08/17(水) 14:55:20
>>33
いまさら
「南京大虐殺問題」
を持ち上げて(でっち上げ?)
チョンチョン要求する、アル国のことも、よく考えて置こう。

75 :名無しさんの主張:2005/08/17(水) 18:29:31
米国の支配層は高笑い
中国に喰わせる

76 :名無しさんの主張:2005/08/17(水) 18:37:00
韓国だって(ry…

北朝鮮が潰れれば
米軍の役目も糸冬 了..._〆(゚▽゚*)
国民こそ、自分で自分の国守る気あるのか。

77 :名無しさんの主張:2005/08/18(木) 13:34:33
   北    南                                
 中共   総連系  民団系                               
 │     │    │                                
 ──┬───┼────┼─────┬─────┬─────┬──────┬────┐   
   極左  層化  統一協会  893   凱旋右翼  TV・新聞  焼肉店 IT業界 ゆとり教育
   │    \/(脱会)    │           │    (8割)      
  謝罪要求  オウム    ┌──┼──┐       芸能界             
   │          風俗  麻薬 パチンコ     │              
 ジェンダーフリー           (30兆円)   韓国ブーム   



78 :名無しさんの主張:2005/08/18(木) 15:04:57
茶髪が流行りだした頃からなんか社会全体が変わり始めた気がする

79 :名無しさんの主張:2005/08/18(木) 15:28:35
>>78

同意
・中身よりも外見
・質素より華美
・忍耐より享楽
・アジアより欧米
茶髪はこのすべてを象徴している。
今や、小学校教諭すら茶髪だ。

80 :名無しさんの主張:2005/08/18(木) 15:44:55
茶髪を見ても怖くなくなってから久しい。

81 :名無しさんの主張:2005/08/18(木) 15:47:14
>>80

>>78

ストリーター文化とコギャル文化から。
バブル期に輸入されて、帰化生物のように
不良だけではなく、一般国民層にも蔓延った。

82 :名無しさんの主張:2005/08/19(金) 23:07:21
>>71
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1116410577/68

83 :名無しさんの主張:2005/08/21(日) 16:48:03
マスコミに踊らされているわけではないが、ネット利用者も

若年層の生活も2極化が進んでいる。

一つは中国で反日やっているのと同じレベルの頭脳と

いつの間に、奴隷になっている階層。

もう一つは、「ゆとり教育」にも流されず努力し、行動を起こして

エリートの部類に這い上がっている階層。

84 :名無しさんの主張:2005/08/21(日) 18:01:49
リアルでありそうな話だ。しかしこれが現実。
今の日本。腐敗は腐敗を呼ぶ。
打ち捨てられた果実は腐敗が増す。それとおなじ。
もう日本は、既得権益にすがる寄生虫と、庶民を苦しめる金の亡者のみが
私腹を肥やしている。

・・・そりゃ、誰もが病むさ。
奴隷労働の果てに待つのは、ウサギ小屋がやっと立つか立たないか程度の家。
そして夫の稼ぎにたかるのみの、ろくでなし専業主婦。
何の恩恵も抱かずに壊れてゆくガキ。

・・・絶対的に、日本の人口は減少し人間が淘汰されていくと思う。
いわゆる「勝ち組」とかいう腐れ金の亡者どもが、庶民からお金を巻き上げる
システムを構築しあざわらう社会。
そんな社会、誰もが退廃的に追いやられていくのは必然だ。 こんな日本で希望と生きがいを持てるほうがおかしい。
信じれるのは自分の実力だけ。 人はなんらかの形で人を裏切る。
実力は自分を裏切らない。
語学、スポーツ、資格、などの得意分野での実力を身につけること。それが唯一の防衛手段であり
自分を守ってくれる。社会とも戦える。

今の日本などアテにするな。自分を磨き続けることだけ。それだけを考えろ。
そうすれば裏切らない仲間や環境が自然とできていくはず。


85 :名無しさんの主張:2005/08/21(日) 18:03:39
高卒とバカにされている諸君

今度の総選挙は普段君達をバカにしている大卒層に復讐できる数少ないチャンスだ
大卒層は社会が急激に変化するのを嫌う
いままで上手くいっていたのに社会変化すれば自分の上手くいっていた生活が破綻するかも知れない
上流階級ほど社会が変化すると損失が大きく、リスクが高いのである
しかし下層階級にとっては損失は小さく、したがって社会変化によるリスクは極めて小さいのである
例えばゲームをやっているとしよう
勝ちつづけている者と負けつづけている者がいるとしたら、今までのゲームのルールが大幅に変わるのを
嫌うのは今まで勝ちつづけてきた者の方だろう?
だから今度の選挙では思い切って政権交代を実現するような投票を行いたまえ
今までと同じ与党政権が続いていても君達にはネット上でさえバカにされる日々が続くだけである
絶対に投票に行ってバカ大卒を見返してやりたまえ
高卒の力を示したまえ


86 :名無しさんの主張:2005/08/21(日) 18:12:25
無能のヒキやニート、フリーターは口だけ番町。

87 :名無しさんの主張:2005/08/21(日) 18:25:09
受験戦争、偏差値教育、詰め込み教育を受けた世代が子供を持って親に成りだした時期やな>90年代

その親たちがやらかしていたのは・・・・

88 :名無しさんの主張:2005/08/21(日) 18:27:18
DQNの美化

89 :名無しさんの主張:2005/08/21(日) 18:29:16
本質を見失った
「ゆとりを奪うゆとり教育。」

90 :名無しさんの主張:2005/08/22(月) 21:43:27
>>38
日本でも出てきた、人権擁護法、共謀罪を初めとする
法案と同じ

91 :名無しさんの主張:2005/08/23(火) 01:25:43
>>83>>84
まさに今は
国民は「痛みに耐えて」というか
試されている段階だ。

92 :90年は15年周期の社会意識の変換点:2005/08/23(火) 11:51:46
「常識」の研究(日本経済新聞社・山本七平)によると、日本における社会意識の一大変化(空気が変わる)は、
15年ごとにおきているようだ。
1955〜70年:公儀朝廷どっちでも良いから不平等条約によるスダクフレーションを克服汁←大塩平八郎の乱頃の生まれ(孝明天皇)
1870〜85年:自由民権運動マンセー、外国の手下反日支那人薩長は氏ね←開国前江戸時代生まれ
1885〜1900年:日本の暗部は全部治外法権と関税自主権のせい←開国後江戸時代生まれ(明治天皇)
1900〜15年:夏目漱石による明治のこころ日本人は支那とは違う←真の明治人前半
1915〜30年:島田清次郎からの希有壮大な大正ロマン、共産思想もあるよ←真の明治人後半(大正天皇)
1930〜45年:軍部は天皇より神聖にして犯すべからず←明治団塊前半
1945〜60年:WGIP発動、連合軍は絶対だ、宇宙の敵猿JAPは白人中華様の正義の核で氏ね←明治団塊後半(昭和天皇)
1960〜75年:勝てば官軍負ければ賊軍、オーモーレツ!!←大正&昭和ヒトケタ
−−−−−―−−−−「常識の研究」出版時はここまで−−−−−−−−−−
1975〜90年:なんとなく西武電通サントリーでネアカC調、なワケだ←昭和10年代GHQ親衛隊(今上天皇)
1990〜2005年:中鮮&フェミ&グローバル(連合国)スタンダードで三位一体反日宣撫失われた15年←団塊
2005〜20年:バブル再来祈願、弱肉強食アメリカンスタンダードマンセー←バブル世代(現皇太子)
2020〜35年:マスゴミ消滅BBSマンセー、国家社会主義経済が良いかも←団塊Jr
2035〜50年:2ch的BBSの終わり、アンチウンコ(UNitedKOria&UNitedCOuntries)あの法則万能←ゆとり世代

93 :名無しさんの主張:2005/08/23(火) 17:34:05
国民主権を獲得するため多くの血が流れた
西欧諸国と比べ、
日本は前近代的な時代や戦後に
すーっとタナボタ的に獲得したわけで、
言論・思想表現の自由の重要さを
知識として理解していても感覚的には全く理解してない

国という概念がぼやけがちなところに国家意識「民族主義意識」を
強調する流れがくると、かなり右左問わずナルシズムが強く出るなあ。
空虚な部分を満たすかのごとく…
一億層贅沢のバブル経済時代〜白痴化させたマスコミのおかげで
大衆は平和ボケてしまっているから。



943 :名無しさんの主張 :2005/07/27(水) 02:37:36
新興宗教の時代だぜ

政教分離(宗教を政治、司法、公教育に介入させないこと)
は近代国家のお約束の筈。


94 :名無しさんの主張:2005/08/23(火) 21:31:40
>>74

95 :名無しさんの主張:2005/08/24(水) 15:54:00
これからはどんどん中流層がいなくなる。
二極化の世界だね。




96 :名無しさんの主張:2005/08/25(木) 20:12:08
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1119963657/l50

97 :名無しさんの主張:2005/08/25(木) 20:13:11
ジュリアナ東京が日本を変えたのか!!!

98 :名無しさんの主張:2005/08/26(金) 01:35:39
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1114784612/l50

99 :名無しさんの主張:2005/08/26(金) 19:43:34
ジュリアナ東京は日本の第一の暗黒面。
91〜94年は文化的に暗黒時代。
「ポケベルが鳴らなくて」なんていう曲は日本の寒さを象徴している。

100 :社民党は何やってる:2005/08/26(金) 19:51:27



比例区5じゃ足りないよ。

20立てなさい。




101 :名無しさんの主張:2005/08/27(土) 17:53:52
>>99
バブルがスカだった証拠。
ここから勝ち組・負け組みも…

102 :名無しさんの主張:2005/08/27(土) 18:03:13
>>39

>>99
この頃、住まいを売って引っ越していれば…
と、いまさら遅い。

103 :独身フリーター:2005/08/27(土) 19:59:13
努力すれば報われるように
頑張っていたが
この10年でチャラに…

104 :名無しさんの主張:2005/08/28(日) 14:38:55
>>1
わが国では「方向転換時の無風状態」と同じだった。

105 :名無しさんの主張:2005/08/28(日) 18:41:11
「空」虚

106 :名無しさんの主張:2005/08/28(日) 19:37:11
>>95
二極化どころか間違いなくこれから一極集中へ向かう…。

107 :名無しさんの主張:2005/08/28(日) 20:25:46
みんな80年代ダサイって言うけど、91年〜94年のジュリアナ東京の方が相当寒かったな。
なんであのダサさに気付かなかったんだろう?
音楽で言うと「渋谷系」が日本初の外国の真似でない日本独自の音楽ムーブメントだったような気がする。
あと、ミスチルとかスピッツが出てきたあたりから変わってきたような。
音楽では本当はサザンとか松任谷由実とかで80年代は物凄い収穫期だったような気がするんだが、変なアイドル
とかの印象で凄いダサい印象がある。結局ダサかったのは95年ぐらいまでで、95年ぐらいからやっと
目覚め始めたような気がする。90年代はアート的感覚が一般化してファッションとかも
一気にお洒落になった時代。
まあ。自分は子供だったからよく分らないけど、振り返ってみるとそんな感じかな。

108 :名無しさんの主張:2005/08/28(日) 20:50:11
ガングロファッションは評価すべし。

109 :名無しさんの主張:2005/08/28(日) 22:09:28
>>81>>107>>108
しかし、コギャル登場と同時に
似合わないのに、茶髪にピアスの蔓延はいただけ無かったな。
女性どころか男性にも。

110 :名無しさんの主張:2005/08/28(日) 22:13:48
80年代〜90年代前半は日本の経済成長に嫉妬した外人はジャパンバッシングが
したかっただけ、この時代はかなりジャパンバッシングが酷かった。
フランスの大統領が「日本人はアリ」みたいなことを言ったり
「黒髪ばかりでみんな同じ顔似見えるw」といってイチャもんつける
↑要は何でもいいからジャパンバッシング

90年代後半〜現在、マジで染めやがったみんな茶パツ金髪。
「ノッペリ顔に違和感しかも自分でイカシテルと思ってやがるところが悪質」
↑ぶっちゃけ引いちゃった

って感じかな?だからバッシングに踊らされて自分を見失っちゃったんだろ

漏れ思うんだけどさぁ、地球上の人口の大多数が黒髪だし金髪って劣性遺伝
だし人種が交わりあったら黒髪になるし、おそらくみんな黒髪になるよね
わざわざ金髪や茶髪に染めて元祖金髪や元祖茶髪をマンセーする必要は
ないと思うんだ、もともと日本人って人と変わったものを疎外する習性
があるしこの際みんな黒髪のままでって方向で・・・どう?
漏れにはジャパンバッシングに傷ついた白人コンプにしか見えないよ
韓国の整形に似てる・・・そんなの余計にキモイよ〜〜〜

バブル期に輸入されて
帰化生物のように蔓延した現象だな。

111 :名無しさんの主張:2005/08/28(日) 22:24:59
   北    南                                
 中共   総連系  民団系                               
 │     │    │                                
 ──┬───┼────┼─────┬─────┬─────┬──────┬────┐   
   極左  層化  統一協会  893   凱旋右翼  TV・新聞  焼肉店 IT業界 ゆとり教育
   │    \/(脱会)    │           │    (8割)      
  謝罪要求  オウム    ┌──┼──┐       芸能界             
   │          風俗  麻薬 パチンコ     │              
 ジェンダーフリー           (30兆円)   韓国ブーム   



112 :名無しさんの主張:2005/08/29(月) 02:27:10
>>1
高級ホテルに泊まって
フォアグラ食べたのは、あの頃1回だけ。

113 :名無しさんの主張:2005/08/30(火) 21:17:40
>●無気力世代(1980〜1984)
>あきらめモード全開。やる気ナッシング。パラサイト多すぎ。2代目くれない族。
>気持ちはわかるが、仕事しろよと。
>愚痴らせたり文句言わせたりすると最強な所や、他人に頼りまくるところは団塊そっくり。

他世代はどうか知らんが、自分の年代について確かに当たってる(w
90年代は一括りに「失われた10年」とされるが濃淡がある
93〜94年、97〜99年、2001〜03年は不況期。
特に97〜99年は特に酷く、山一拓銀破綻による金融不安もこの時期
この頃に(人格、思想形成期である)中高時代を過ごした世代は
社会経済の衰退を見続け、無気力になった者が多い
努力しても社会で報われない事が多いとの意識が強い


114 :113:2005/08/30(火) 21:18:16
自分は1984年生まれ。

115 :名無しさんの主張:2005/08/31(水) 01:32:00
1985年遅生まれ。
1990年前半なんてなにも考えてなかった上に感じても居なかった。

バブルが終わり、破綻。ずっと下降。
上り調子を知らないのは辛いな。ずっと滅入るわ。

116 :エントロピー:2005/09/03(土) 07:15:59
それにしてもバブル期は、至福の時代だった。

117 :名無しさんの主張:2005/09/03(土) 07:54:54
>>116
本当かい?残業、残業のモウレツ時代で、とんでもない時代だったと聞いてるけど。
90年代後半からの方が、物価は下がるしゆとりは出てくるしで、よぽど豊かだという人も多いと思うんだが。

118 :名無しさんの主張:2005/09/03(土) 10:29:31
【社会】日本で確実に進行中 階級社会の恐怖



119 :名無しさんの主張:2005/09/03(土) 10:33:39
1985年(ペレストロイカ開始・日米プラザ合意・公務員優遇年金制度)〜
1995年(ウィンドウズ95発売・オウム事件)
が現在につながる転換期だった

1990年ごろは
日経平均株価は4万円近くに膨れ上がったな。
その頃、就職したり、売り手でボロ儲けしていた人は勝ち組みか。


120 :名無しさんの主張:2005/09/03(土) 10:48:22
さきに出てるけど、85年、95年も大きな転機のあったと思うけど、
90年、91年にかけての出来事はそれ以上だと俺は思う。


121 :名無しさんの主張:2005/09/03(土) 16:27:50
結局89〜91年が転換期じゃない?

122 :名無しさんの主張:2005/09/03(土) 19:05:39
俺にしたら2ちゃんねるでニュース見るようになった頃からが転換点だなあ。
マスコミのお仕着せの情報から解放された気がした。
自分の中で新聞・テレビ・雑誌のランクが下がり、軽蔑を感じるようになった。

123 :名無しさんの主張:2005/09/03(土) 23:04:02
団塊世代と(一部の劣化コピーのジュニア・ユトラー含む)
田舎者(公務員多し)は
自民党と共産党支持が多すぎる。

124 :名無しさんの主張:2005/09/03(土) 23:07:00
>>116
学生時代は
冬場は、週末になるごとに
高級ホテルで夕食を食べたり
夢中でスキーをしていたなあ。

当時は親も自営業の電気屋でホクホクだったし。
現在は、自分はマンション管理人。

125 :名無しさんの主張:2005/09/04(日) 00:32:55
>>3 >>13
80年代以降の日本は官僚主義が強化されましたね。
90年前後に東欧革命、天安門事件、湾岸戦争、冷戦構造崩壊が起こりましたが、
何もなかった日本では失われた10年、15年と言わ
れる時間だけが過ぎ去りました。
それに平和ボケしているうちにセンセーショナルなマスゴミ報道に
踊らされ、犯罪王国の親米ポチになっている。




126 :名無しさんの主張:2005/09/04(日) 11:56:33
特に90年代半ば辺りから

おかしくなったような感じ。

80年代バブル期からもその「兆候」は現れていたけど。


「兆候」

つまり、バブル期は
政治・国際社会情勢やマスコミの動向には
殆ど関心が無かった人も多かった。


127 :名無しさんの主張:2005/09/08(木) 01:38:48
ttp://2ch.dumper.jp/0004278652/

128 :名無しさんの主張:2005/09/08(木) 21:22:29
平成元年 1989/09/08 21:58:15

社会、世評@2ch掲示板@スレッドタイトル一覧

1: ロリータコンプレックスと犯罪について (294) 2: 消費税開始スレ★Part24 (849) 
3: ソ  連  滅  亡  し  ろ  !!! (84) 4: 鮮烈デビュー・宮沢りえハァハァ
(312) 5: ウザイとしか言いようのない光GENJIの諸星 (74) 6: リクルートコスモス
(428) 7: はちみつレモンのパクリジュースを飲んでみたヤシの数→ (184) 8: 魔女
宅 (26) 9: リゲイン飲んで24時間雑談するスレ\(・∀・)/ (426) 10: 会議室で
弁当食べるキョンキョンを小一時間問い詰めたい (84) 11: ■□■ホラー映画見てる
ヤシは犯罪者■□■ (578) 12: ☆☆竹下・金丸逝ってよし!☆☆ (293) 13: ノスト
ラダムスの大予言 (303) 14: 【受験戦争】私立中学お受験ブーム【親ばか?】
(248) 15: ●自衛隊潜水艦「なだしお」をいつまでも責め続けろ (816) 16: ワンレ
ン・ボディコンで六本木歩く女は痴呆 (735) 17: オートマ車の暴走事故はフリーメ
イソンの暗殺手段? (534) 18: 昭和気分が抜けきらない (28)
19: 【ベト】アメリカと東南アジアの紛争・難民問題【ドク】 (128)
20:「ちび黒」の発禁は本当に適切?(96)


129 :名無しさんの主張:2005/09/10(土) 02:42:55
21:「ピノキオ」の表現問題って?(54)22:人間活動による「地球汚染」と世紀末的な気候激変動問題(896)
23:急速に進歩する「液晶」製造技術(134)24:留守番電話とファクシミリの功罪(864)25:人生ゲーム
(76)25:大韓航空機事件★Part12(432)26:今年3月に起きた女子高生暴行殺害事件(346)27:巨人
は今年は絶対優勝。好景気もますますヒートアップ!(891)28:日本一の高さのランドマークタワー建設と横浜市(534)




130 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 12:01:09
29:【暖冬】地球温暖化は人間活動以上に太陽活動の影響?【異変】(344)
30:エコロジー「ブーム」に潜むエゴイストとは(132)31:ミステリーサークルって(45)
32:ダウジング・超能力・オカルトの共通点(536)33:本当の激変期は戦後50年と21世紀の
幕開けに来るか?(424)34:【ドン】ペットブーム過熱化【松五郎】(142)


131 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 12:15:45
>>68
ちょっと昔、なんかのクイズ特集でやっていた
○×ゲームみたい…

132 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 12:27:43
>>130
ミステリーサークルもUFOに見える物体も
気象現象の一つだ、
と既に17年前から証言している気象学者がいた。

133 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 12:28:38
>>132
それなりに知識がある人は
普通でも気付く筈。

134 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 12:31:07
>>60
これこそ、本当に身近に体験できる

人間活動の影響=ヒートアイランド=「温室効果」「気候変動」

135 :名無しさんの主張:2005/09/12(月) 07:51:10
俺の親父は金を余りつかわなかった方
もう、自分を守る体制に入ってたんだろう


136 :名無しさんの主張:2005/09/14(水) 18:21:33
>>130
追加、

35:【新作】大人気のRPG【ゲーム】(56)


137 :名無しさんの主張:2005/09/15(木) 14:31:57
一億中流安全社会が完成し、
経済の安定成長もピークに達し始めた20年前は
安いナショナリズムもまだなく
少なくとも(逝き詰まり感がある)今よりは、右左問わず、健全だった筈。

138 :名無しさんの主張:2005/09/16(金) 15:51:33
教育改革とは裏腹に進められた
教育内容の受験偏重化と教育の商業主義化

商売と化した教育で塾が大繁盛し学校まで教育目的が受験一辺倒に
これにより教育の本質は見失い専門教育は衰退し学問まで崩壊する羽目に。
いまさら学力低下を叫んでも意味が無い。

偏差値主義や学歴主義への批判から人物本位への移行も結局は人格や行動まで
規格化・数値化・点数化される羽目に。

そして人格や行動、果ては教育・育児まで徹底したマニュアル化。規格に合わねば不安になるか排除されるかの二者択一。
生み出されたのは個性的でない個性と適応障害・精神障害
同じような服装、行動(群れることしか出来ない)、自殺、虐待の増加を見れば一目瞭然。

139 :おかしいぞ!ほんの一例:2005/09/16(金) 17:57:14

亀は全体の4割しか得票していない!
堀江やその他の候補に投票した人の方が、亀に投票した人より多い。
そう言う有権者の意思はどうなるの?

小選挙区制、間違ってるな。


お前ら、国会に代表送れなくて文句無いのか。





140 :名無しさんの主張:2005/09/17(土) 06:52:00
>>139
で、代案は?

141 :名無しさんの主張:2005/09/17(土) 12:04:31
>>1
国内で目に見える容では
1970年代(昭和50年)
の変化も大きかったと思う。


142 :名無しさんの主張:2005/09/17(土) 12:12:21
結局89〜91年が転換期
95年頃から本格発動じゃない?


143 :名無しさんの主張:2005/09/17(土) 12:32:16
オウム事件以降社会そのものがカルト化した。
マスコミもメディアも教育も何もかもが洗脳めいたように成り果てた。

学力とか脳力とかゲーム脳とかほざいている連中の手法がカルトの手法に酷似している。

144 :名無しさんの主張:2005/09/17(土) 12:59:57
>>139
一番多数を獲得した人が当選するのは当たり前だろ
まさに民主主義だ

145 :名無しさんの主張:2005/09/18(日) 10:56:43
>>138
大学生を見ても分かるが
結局は骨抜き化、愚民生産戦略だった。

146 :名無しさんの主張:2005/09/18(日) 23:24:42
いまや人権ってことばも逆手にとって言葉狩りするネオナチみたいなのも増えた。
まぁ80年代に皆が思ったというか、まったくもって予想通りだが。
行き詰まってる保守思考が逆に触れるときはちょっと怖いね。


147 :名無しさんの主張:2005/09/18(日) 23:29:08
このスレは面白いかも!ちょっと考えさせられる。。

148 :名無しさんの主張:2005/09/18(日) 23:49:22
>>137
今は中国も朝鮮も
アメリカの後追いというか
経済的に右傾化してきているが。

149 :幕末:2005/09/19(月) 15:04:56
「常識」の研究(日本経済新聞社・山本七平)によると、日本における社会意識の一大変化(空気が変わる)は、
15年ごとにおきているようだ。
1955〜70年:公儀朝廷どっちでも良いから不平等条約によるスダクフレーションを克服汁←大塩平八郎の乱頃の生まれ(孝明天皇)
1870〜85年:自由民権運動マンセー、外国の手下反日支那人薩長は氏ね←開国前江戸時代生まれ
1885〜1900年:日本の暗部は全部治外法権と関税自主権のせい←開国後江戸時代生まれ(明治天皇)
1900〜15年:夏目漱石による明治のこころ日本人は支那とは違う←真の明治人前半
1915〜30年:島田清次郎からの希有壮大な大正ロマン、共産思想もあるよ←真の明治人後半(大正天皇)
1930〜45年:軍部は天皇より神聖にして犯すべからず←明治団塊前半
1945〜60年:WGIP発動、連合軍は絶対だ、宇宙の敵猿JAPは白人中華様の正義の核で氏ね←明治団塊後半(昭和天皇)
1960〜75年:勝てば官軍負ければ賊軍、オーモーレツ!!←大正&昭和ヒトケタ
−−−−−―−−−−「常識の研究」出版時はここまで−−−−−−−−−−
1975〜90年:なんとなく西武電通サントリーでネアカC調、なワケだ←昭和10年代GHQ親衛隊(今上天皇)
1990〜2005年:中鮮&フェミ&グローバル(連合国)スタンダードで三位一体反日宣撫失われた15年←団塊
2005〜20年:バブル再来祈願、弱肉強食アメリカンスタンダードマンセー←バブル世代(現皇太子)
2020〜35年:マスゴミ消滅BBSマンセー、国家社会主義経済が良いかも←団塊Jr
2035〜50年:2ch的BBSの終わり、アンチウンコ(UNitedKOria&UNitedCOuntries)あの法則万能←ゆとり世代


150 :名無しさんの主張:2005/09/19(月) 15:08:11
中高年のホームレスの後を負う様に

あと10年すれば、今度はニートやフリーター・低所得層の若者が

折り重なっていく時代になるだろうな。

151 :名無しさんの主張:2005/09/19(月) 15:17:01
ttp://2ch.dumper.jp/0004278652/
前スレ

152 :名無しさんの主張:2005/09/19(月) 17:04:24
>>84
自殺が増えてきて
歯止めが掛からないわけだな。

153 :名無しさんの主張:2005/09/20(火) 17:05:32
そのうち第二・第三の大阪(欧米のスラムに近い)

が日本の寂れた地方都市にも、出現していくだろう…

154 :名無しさんの主張:2005/09/20(火) 17:21:15
わが国が、退廃するような雰囲気を

世論(流行感覚)に惑わされ、自ら作ってしまっているのも原因。

155 :名無しさんの主張:2005/09/20(火) 18:39:11
>>153
それは現実的かもな。

156 :名無しさんの主張:2005/09/21(水) 14:40:52
日本はまだまだ平和だけど
バブル終了後からは、右も左も情緒的・誇大妄想的すぎて
危ういって気はします。



157 :名無しさんの主張:2005/09/22(木) 20:10:33
あげ

158 :名無しさんの主張:2005/09/22(木) 23:19:29
図書館で時代の風俗を見てきたら、88年と89年がまるで違う。
88年まではなんか貧乏くさいのが、89年になると突然バブリーになる。
それから当時のフリータが増え始めるんだが、金持ちの親に寄生して、遊ぶ金の足しにするため時々バイトを
する人を指しているみたいだ。今でいうニートだね。

159 :名無しさんの主張:2005/09/23(金) 11:22:29
いかにも「バブリーな」
豪華寝台列車でスキー旅行、なんていうツアーもあったな。
15年近く前…

160 :名無しさんの主張:2005/09/23(金) 16:31:57
1980年代前半はちょうど4半世紀近く前だけど

1981年2月26日(最近には見られない規模の早春大寒波の日)

のローマ法王来日時の発言。

何かこの頃に既に「心が貧しくなってゆく日本人」みたいな事を(ry…



161 :名無しさんの主張:2005/09/23(金) 16:34:15
>>1
オーディオ再生装置が

アナログ主体からデジタル主体への転換期でもあったな。

162 :名無しさんの主張:2005/09/23(金) 19:11:57
豊かになっているはずが
逆に貧しくなっている

163 :名無しさんの主張:2005/09/23(金) 19:14:45
株の取引量がバブルの頃を超えたの知っているか?
またバブルが来るよ
今が日経平均株価1万3千円の今が株の買時だよ
バブルの時のように3万円超えてからじゃ、遅いよ

164 :名無しさんの主張:2005/09/23(金) 19:16:17
>>163
非現実的というか
来る訳無い。

165 :名無しさんの主張:2005/09/23(金) 19:17:26
今のマスコミ関係にも多い
決定権を下す人の殆どはバブル期の狂乱を経験してるだろうから
その感覚が抜けないって人も多いんでは無いか?

あの頃は金の使い方があまりにもすごすぎた・・・。


166 :名無しさんの主張:2005/09/23(金) 19:26:58
ららぽー○巨大人工スキー場ザウスwとか。

東京湾横断道路構想、関西国際空港着工

スキー場、リゾートマンション乱立、豪邸の別荘、

週末は、何処もフルコース高級料理店が予約でいっぱい…etc.

数え上げればきりが無い。


167 :名無しさんの主張:2005/09/23(金) 19:31:01
>>166
臨海副都心、みなとみらい、幕張・・・・
今となっては・・・・・

168 :名無しさんの主張:2005/09/23(金) 20:49:04
>>166
追加、

今やハコモノのテーマパーク。

一時期は一般行楽地(観光地)にまで広がった「巨大迷路」「大規模遊泳・銭湯施設」


169 :名無しさんの主張:2005/09/23(金) 20:52:55
>>167
船橋も。

170 :名無しさんの主張:2005/09/23(金) 21:15:11
平均株価がバブル期の3万を超えるにはかなりのインフレを伴わないと。

171 :名無しさんの主張:2005/09/23(金) 22:46:48
>>170
株価なんて予測つくわけないだろ?
今の株価の上昇をこの春に予測していた専門家なんていないぞ
日経平均株価が3万円超だって非現実的とはいえないよ
日本の株は世界的に見て格安バーゲン中だからな
世界経済変動しだいでは外国人の買いが大挙する可能性は高い

172 :名無しさんの主張:2005/09/24(土) 16:51:00
>>170
は現状では無いからありえない。

173 :名無しさんの主張:2005/09/24(土) 17:02:38
>>158
1989年といえば・・・

昭和天皇御崩御
日経平均株価四万円近くの最高値に(バブル最盛期)
ベルリンの壁崩壊
マルタ会談(冷戦終結)

この年が一番の転換点だったってことかな?

174 :27歳:2005/09/24(土) 17:03:28
>>166
90年代初めなんて
何処も地価が高騰していたな。


175 :27歳:2005/09/24(土) 17:04:42
やっぱ、日本の世相は
>>142だろ。

176 :名無しさんの主張:2005/09/24(土) 17:07:45
技術大国日本

コンピューターソフト「トロン」は実らなかった…

177 :名無しさんの主張:2005/09/24(土) 17:49:26
>>153
一応、好景気だとされる今の超大国アメリカはむしろ

平和ボケの日本でちょっと前に言われた「一億総中流」どころか、

かつてないほどの、物凄い貧富・生活の格差だ。

1パーセント裕福で99パーセントが貧困層。

借家すら住めない人も多いし、

戸籍不明のままさまよっているストリートチルドレンも多い。

元々、移民合衆国で文化・宗教の違いも大きいけど。

178 :名無しさんの主張:2005/09/24(土) 17:50:10
>>177治安も悪いわけだ。

179 :名無しさんの主張:2005/09/24(土) 18:53:45
>>132
物凄い亀だが
そういえば、KLFと言うグループが「What Times Love」のプロモーションヴィディオの撮影の為に
態とミステリーサークルを作ってイギリスで大騒ぎになった事件があったような…

>>173
ハウスミュージックやClubとか言うのも この頃から出てきていたね〜
あれは世界全体の音楽に対する歴史の転換点でもあったのだが…

180 :名無しさんの主張:2005/09/25(日) 08:03:47
>>1
同意。
55年体制の終焉と戦後民主主義の危機・冷戦崩壊・バブル崩壊・失われた10年の始まり……
90年代以降、日本も世界もガラリと変わる。

>>3
そこらに区切りを求めるとすると、プラザ合意前と後との経済変動ってことで説明できないか?

文化面でいうと、俺の見方だと、旧来型の「アイドル」の完全なる終焉は、88年だったか89年の宮崎勤逮捕以降だと思う。
ベストテンとかが終わったのもその頃だし、90年代以降、アイドル歌謡曲はJ-POPとなっていく。

>>4 >>11
それにも同意。オウム事件だね。あれ以降、人権よりもセキュリティを重視するべきだというような言説が
次第に前に出始め、戦後民主主義的な価値観が更に後退した。

>>179
KLFは90年代前半に日本でも一部で流行ってたね。
クラブミュージック文化が大きく入ってきたことは、ロックに追随していた国内ポップスにも間違いなく変容を及ぼしたと思う。

181 :武庫川女子大学総長:2005/09/25(日) 08:11:17
不況ぐらいで丁度いい。

182 :名無しさんの主張:2005/09/25(日) 17:35:43
http://love3.2ch.net/test/read.cgi/gender/1096435997/64

183 :名無しさんの主張:2005/09/26(月) 18:43:03
話が、それるけど
今や「禁治○者」「知恵○れ」「精神○○」どころか
「痴呆症」「ボケ」って言う言葉も放送禁止用語なのか。

184 :名無しさんの主張:2005/09/26(月) 18:48:30
>>183
「認知障害」のほうがよっぽど差別語のように思えるのは俺だけか?
それにしても、最近は小選挙区制になってから
おかしな規制法案が次々と出るようになったな。

185 :名無しさんの主張:2005/09/27(火) 04:04:27
>>156
最近は内容・記事もろくに見ずに
「朝日新聞」「朝日系列」だけで「左翼」「売国」
扱いだしな。

186 :名無しさんの主張:2005/09/27(火) 22:25:53 ID:0
>>138>>182

マスコミが「あの組織テロ事件」以降
偏屈報道が激しくなった時期と一致する。

187 :名無しさんの主張:2005/09/27(火) 22:28:23 ID:0
「ゆとり教育」「成果主義」の影響なのかどうかはさて置き

収入や生活層の二極化がいつになく激しくなっている状況については、
このままでよいとは思わない・・・


188 :名無しさんの主張:2005/09/28(水) 00:27:03
>>185
政治関連・国際社会・外交問題を除いた上での意見だけど
最近は、こちらも、偏向報道(「やらせ」も含む)が酷い
と思う。

特に、毎日や朝日等

189 :名無しさんの主張:2005/09/28(水) 00:29:56
ほとんどいじめ・魔女探しの世界だな。

190 :アポロン:2005/09/30(金) 11:00:06
ここの住人はみんなキリスト教暦で表現しているがお前ら全員クリスチャンか?
80何年とか90何年とかいわれても漏れ的にはようわからん
なんでわざわざ分かりにくい表現を使ううんや?
90年→平成2年 91年→平成3年でOKか?
いちいち換算せなあかんからややこしいわ
漏れの周りのヤング世代の連中でキリスト教暦つこうとる奴なんかおらんで
俺昭和62年生まれやねんっていう感じで普通に話すし・・・
年賀状でも平成で表記しているしな
お前らがふだんつこうとる硬貨や免許証や保険証は
キリスト教暦で記載されとんのか?
メディアでも産経やNHKは元号表記だがな

191 :名無しさんの主張:2005/09/30(金) 12:57:13
>漏れの周りのヤング世代
>俺昭和62年生まれやねん

( ゚д゚)ポカーン
・・・1962年生まれの間違いなのでは?

192 :名無しさんの主張:2005/09/30(金) 18:05:45
>>158
「くれない族」
「アダルト・チルドレン」

最初のフリーター世代

193 :名無しさんの主張:2005/09/30(金) 21:17:59
>>158
>金持ちの親に寄生して、遊ぶ金の足しにするため時々バイトをする人を指している

ベンツに乗る学生とか素でいたしね。
現在では「パラサイトシングル」等と叩かれるそうした在り方が、バブル期には
誰も否定的な語り口で語らなかったように思う。むしろ憧れるべき贅沢だったような。
この違いはなんだろう。

194 :名無しさんの主張:2005/10/01(土) 05:55:40
「DINKS」なんか格好良く扱われていたはず。

195 :名無しさんの主張:2005/10/02(日) 04:27:28
>>194
うわー、懐かし。もう死語としても誰も思い出さないくらい、今や忘れ去られてる言葉だよね。
子供がいない方が経済的にも時間的にも悠々自適で素敵な生活だ、みたいな。
今じゃ、少子化を煽る考えだとして非難されそうだ。

196 :名無しさんの主張:2005/10/04(火) 22:31:17
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1114784612/l50

今やウンコ味の煮干を食べされられるか
カレー味のウンコを食べさせられるかの日本

197 :人道人権派平和主義左翼:2005/10/04(火) 22:33:17
本当に左翼が売国なのだろうか?
良く考えていただきたい。 仮に他国のご機嫌伺いをしていると指摘される
なら言わせて頂くが、仮にだ、中国との関係を例に挙げても良い。

中国と日本は、経済分野では切っても切れない関係にある。
中国との関係で、日本国民の皆が、中国を刺激する発言(歴史問題)など
挑発すれば、困るのは中国だけは無く、日本も困るのである。
一部の対中国強硬派の政治家などの挑発で、中国に進出した日本企業は
大変辛い、思いをしているのも事実である。
アメリカやEU諸国の企業などは、各国の政府が民間企業のバックアップに
ついて、中国政府とも良好な関係で、ビジネスが展開できている。

さて日本ですが、どの企業も靖国問題などで、多大な苦労を強いられている。
中国のご機嫌を伺う事は、ビジネスで例えると得意先や顧客の、ご機嫌を
伺うのと同じなのである。 一概に左翼が売国奴だと決め付けるのは
笑止千万であると思う。


198 :名無しさんの主張:2005/10/04(火) 22:36:27
http://mashylion.exblog.jp/ 歴史の転換点を私は目撃した。

199 :名無しさんの主張:2005/10/04(火) 22:51:30
お隣韓国は88年のソウル五輪を境に変わったな。
それ以前は軍の独裁政府。
政府に盾突く市民に厳しい弾圧を加えていた。とにかく怖い国というイメージがあった。
五輪以後、民主化が進み、経済も発展したな。
そういえば"NIES"なんて言葉も流行ったな。


200 :名無しさんの主張:2005/10/06(木) 01:31:36
小学時代に肥満・アトピー・土踏まずが
消えるなどで問題になりだした世代が
既に今の小学生の親にも教育者にもなっている。

>>154
同意。

201 :名無しさんの主張:2005/10/06(木) 01:48:30
>>52
既に消失した
前関連スレで昨年末ごろにも指摘したけど
「アスベスト問題」も結局そうだったな。
80年代にあれだけ騒いでいたのに。

202 :名無しさんの主張:2005/10/06(木) 02:15:50
1990年は、いろんな出来事があって波瀾万丈な1年と言う印象が強い。
実際そのころから日本も諸外国も新たな方向性を模索し始めたけど
日本は未だに明確なビジョンを打ち出せずにいる。

203 :名無しさんの主張:2005/10/07(金) 22:04:07
>>201
あれって87年にも一度大騒ぎになって、それからずっと忘れ去られてたんだよな。
前回も今回も、突然降って湧いてくる話なのが特徴的。

政府与党が、その時々の政治問題から、国民の目を別の方向に逸らさせるために
やっているんじゃないかと思うんだけど。

204 :名無しさんの主張:2005/10/08(土) 08:25:04
>>203
>政府与党が、その時々の政治問題から、国民の目を別の方向に逸らさせるために
>やっているんじゃないかと思うんだけど。

それを言うなら、事件が起こった場合のクローズアップの仕方の問題だろう。


205 :名無しさんの主張:2005/10/08(土) 08:27:08
最近「凶悪犯罪」は、
「なぜか」国会で有事法制などの重要議題が審議されているときに「クローズアップ」ばかりされ、
報道洪水が起き、
「なぜか」その重要法案はマスコミでの扱いが軽くなります。
また「凶悪犯罪」は、「なぜか」警察不祥事などのキャンペーンが行なわれている最中に「クローズアップ」
されがちです。


206 :名無しさんの主張:2005/10/08(土) 08:39:54
http://peaceact.jca.apc.org/paml/2800/2870.html
資料
1989年 宮崎勤事件 消費税導入、リクルート事件
1997年 酒鬼薔薇事件(6月28日少年Aタイーホ) 消費税5%にUp、新ガイドライン日米協議(6月中間報告) 
2003年 長崎児童殺害事件
2004年 小林薫事件 「自衛隊イラク派遣」の期限を延長する閣議決定(12月9日)

・ガイドライン=日米防衛協力のための指針


207 :名無しさんの主張:2005/10/10(月) 22:28:00
>>93
日本の全人口の8割以上は白痴状態なので。

208 :名無しさんの主張:2005/10/10(月) 22:30:48
何しろ右も左も愛国心がない。

209 :名無しさんの主張:2005/10/11(火) 01:22:33
>>173>>174
その時代に
一級地の土地を売った人も勝ち組だったのか…
千葉のベイエリアや
東北の猪苗代・岩手高原辺りもかなり盛り上がっていた。

210 :名無しさんの主張:2005/10/11(火) 01:25:33
>>209
多くの企業では
その時代に、貪欲な開発に漕ぎ着け過ぎて
今の不況でガタガタ倒産したり
吸収されてしまったところも多い。

211 :名無しさんの主張:2005/10/12(水) 00:17:32
ダイ○ー

そ○う

西○

212 :名無しさんの主張:2005/10/12(水) 11:17:33
右はアメリカ共和党・ブッシュネオコン政権

左は金正日将軍様

層化と統一教会。自民党政権

213 :名無しさんの主張:2005/10/13(木) 22:33:04
http://zirr.hp.infoseek.co.jp/020244.html
イラク戦争のマスコミ報道管制問題

そういえば、ビン・ラ・ディーン氏歯は、もうとっくに死んでいる。
しかし、何故か、生きている状態のまま
報道され続ける。
結局は、アメリカのイラク戦争正当化
それに軍事費用増強を
正当化させるための、でっち上げに過ぎない。

214 :名無しさんの主張:2005/10/16(日) 04:57:21
age.

215 :名無しさんの主張:2005/10/16(日) 05:49:05
>>154
それはある程度的を得ているかも。


216 :名無しさんの主張:2005/10/16(日) 09:42:38
>>177
病む「超大国」の暗部 米の子供 不明131万人

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1110952093/260
http://plaza.rakuten.co.jp/phillyccs/2003
http://www2j.biglobe.ne.jp/~yyworld/keijibanban/a__a/200307/1059581574.html




217 :名無しさんの主張:2005/10/16(日) 12:03:42
日本もイラク派遣なんかとっとと止めて

パキスタンで支援活動せよ。

218 :名無しさんの主張:2005/10/17(月) 10:41:07
>>217
俺すごく疑問なんだけど、自閉隊の連中、パキスタンには嬉々として行ったけど、
なんで未曾有の台風被害に遭ったアメリカには行かなかったんだ?
奴ら米帝の犬だろ。

219 :名無しさんの主張:2005/10/17(月) 13:33:47
>>218
アメリカ自身が、助けに行かなかったからな。
米帝の犬としては、おあずけ状態かな・・・
別に行きたがってもいないか。

220 :名無しさんの主張:2005/10/18(火) 06:04:48
>>209
ttp://ski.pos.to/prv/ssaws/

ttp://mbaytown.hp.infoseek.co.jp/ore2/ssaws.htm

ttp://www.seinensya.org/topic/mein/000714sogo.htm

221 :名無しさんの主張:2005/10/20(木) 15:01:38
http://love3.2ch.net/test/read.cgi/gender/1096435997/l50

222 :名無しさんの主張:2005/10/21(金) 05:03:30
>>68「アメリカ横断○○トラクイズ」

ニューヨークへ逝きたいかぁ〜!

あの番組はやはり、20世紀まで(ピーク時はバブル期)に留まった…
(911の影響)

223 :名無しさんの主張:2005/10/21(金) 13:31:33
age.

224 :名無しさんの主張:2005/10/21(金) 13:34:27
911直後(2001年=21世紀早々に)は
「武力行使」なんていう言葉が
流行語になってしまった悲しい事実が…

225 :名無しさんの主張:2005/10/21(金) 13:48:56
>>215
揚げ足とりでスマンが、的は射るものなんだYO!

226 :名無しさんの主張:2005/10/21(金) 13:57:54
>>213
俺も最近のアメリカを考えると

アンチブッシュ派だ。

227 :名無しさんの主張:2005/10/22(土) 13:28:43
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1119417633/l50

228 :名無しさんの主張:2005/10/24(月) 21:58:24
>>209
今から思えば無駄に
ガイコツのようなゴンドラリフトが乱立していたな。

229 :名無しさんの主張:2005/10/25(火) 20:07:41
ヨーロッパには多い
日本の「環境税」の最終目的が
もし、実際には
12兆円も(国土交通相試算)かかる公共事業としての
巨大堤防建設工事になれば…

これについても
アメリカが既にやろうとしているけど…

一見、温暖化による
海面急上昇対策の将来の災害防止対策として良さそうに見えるが
実際には、そのために国内だけでも
12兆円分の化石燃料と資源を使い
新たに大量の熱と二酸化炭素を出すだけ。
しかも、それは先進国(中国はそうではないだろうけど現在、乱れ放題の高度経済成長だし)
だけで、そのほかの国のことは一切頭に無い。

ますます気温も海面上昇にも、勢いがついて
環境自体も破壊するだけのような気がする。



230 :名無しさんの主張:2005/10/25(火) 20:36:45
>>229
「環境税」…。
実際にはこれも
方式輸入として
表面ではいい事尽くめに見えるようだ。
しかし、
昨今の日本やそれにかかわる国際情勢からすれば
官僚によって、変な方向に捻じ曲げられる可能性が高いということか。

サラリーマン増税のように
一般庶民の負担だけが増加して、
最終的には、国内としては、そのような使われ方だったら(苦笑…

231 :229訂正:2005/10/25(火) 23:20:41
>海面急上昇対策の将来の災害防止対策として良さそうに見えるが、

海面急上昇によって引き起こされる、
将来の災害防止対策としては
良さそうに思えるが、

232 :名無しさんの主張:2005/10/26(水) 00:10:41
人間活動のエネルギー元になる
資源の転換は急ぐべきだが、

若木の新芽をペンキで塗りつぶしたり、
虫歯で無い歯を
抜いたり・削ってしまうようなことは良くないなあ…

233 :名無しさんの主張:2005/10/26(水) 03:16:38
age.

234 :名無しさんの主張:2005/10/29(土) 09:33:36
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/sepia/1119279031/l100
関連スレ

235 :名無しさんの主張:2005/10/29(土) 11:12:53
このスレ面白い

236 :名無しさんの主張:2005/10/30(日) 15:21:34
今はテレビが非常にツマラナイ

237 :名無しさんの主張:2005/10/30(日) 17:37:06
人々の価値観の変化はオウム事件あたりからだと思うんだけど

238 :名無しさんの主張:2005/10/30(日) 17:49:31
>>10>>11

239 :名無しさんの主張:2005/11/01(火) 06:34:48
age.

240 :名無しさんの主張:2005/11/01(火) 06:35:59
>>230
気象予報士の森○まさ○つ様も指摘していたよな、確か…

241 :名無しさんの主張:2005/11/04(金) 10:45:49
>>237
最近は、昔から危険で物騒な環境・居場所といわれたところが
深夜に女子供が家出をして徘徊出来るほどまで凶悪犯罪率が少なくなり
表面上は安全になった。

しかし、今度は逆に
今まで平和で安全と言われた一般住居地など
身近な生活の場にも、凶悪犯罪発生の危険性が拡散してきた。



242 :名無しさんの主張:2005/11/05(土) 18:11:32
>>241
それいえてる
バブルあたりを境に一般社会とアンダーグラウンドの棲み分けが
だんだんと崩れてきているような・・・

243 :へのへの419:2005/11/14(月) 14:13:46
>>241>>242
同意するところが多いね。しかし、こんな考え方はできないだろうか?

「昔から危険で物騒な環境・居場所といわれたところ」がアンダーグランド勢力に陥落させられて、
そこを夜中徘徊する連中は、その息のかかった連中であると。
そして、アンダーグランドが膨張してきて、一般社会が浸食され始めたと。

244 :名無しさんの主張:2005/11/21(月) 12:22:00
age

245 :政治思想・ゴーマニズム板から:2005/11/21(月) 22:57:18
>>1
この前後10年の間に

以前   現在

右翼   サヨク
左翼   ウヨク

若しくは

ウヨク  左翼
サヨク  右翼

に変化したような気がする。

246 :名無しさんの主張:2005/11/21(月) 23:13:21
なんというか、90年代後半あたりからタブーがなくなったね。

247 :名無しさんの主張:2005/11/22(火) 01:36:57
>>237
似非「枠だけの」個人主義が強まった。



248 :名無しさんの主張:2005/11/22(火) 02:31:27
>>213
都合の悪いソースは切る米国の「自由」
クオリティー。




249 :名無しさんの主張:2005/11/27(日) 19:10:54
あげ

250 :名無しさんの主張:2005/11/27(日) 19:25:00
今ロシアが経済絶好調なのだそうだ。
暗い時代が続けば、冬はいつの日にか春がおとづれる

251 :名無しさんの主張:2005/11/27(日) 19:44:19
1990〜2005は確かにろくでもない月日だった
しかしこれからもろくでもない

252 :名無しさんの主張:2005/11/30(水) 00:24:07
悪いのは国というより
安いナショナリズムと煽られる国民性+議会制民主主義。

253 :名無しさんの主張:2005/11/30(水) 18:24:22
このスレと関係あるかな?

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1133283554/l50

254 :名無しさんの主張:2005/11/30(水) 20:15:36
ttp://d.hatena.ne.jp/Taka-NX/

255 :名無しさんの主張:2005/12/01(木) 22:43:20
http://www5.ocn.ne.jp/~kittyomu/mind_cat/free_mason.htm
フリーメーソン

256 :名無しさんの主張:2005/12/02(金) 02:29:14
ブッシュと小泉を
足して2で割ったような
AAが最近、増えてきた。

257 :名無しさんの主張:2005/12/02(金) 12:56:03
1990年前後は、戦前教育を受けた世代が社会の第一線を退いて
詰め込み管理教育を受けた世代が社会に出てきた時期だ

258 :名無しさんの主張:2005/12/03(土) 18:02:23
>>256
どういうこと?詳細願う

259 :名無しさんの主張:2005/12/03(土) 19:22:49
極め付けが2001年の911で
「この流れのまま」が確定的に。

260 :名無しさんの主張:2005/12/03(土) 23:39:31
平和と豊かさが当たり前のように思われていたのが
1995年を境目にだんだん怪しくなっていったような気がする

261 :名無しさんの主張:2005/12/04(日) 23:24:44
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1114784612/l50
関連スレ

262 :名無しさんの主張:2005/12/04(日) 23:43:51
>>3
ロッキード事件→田中角栄タイーホ(愛国政治家への「暗殺」≠冤罪説否定)
の頃からではないか?

263 :名無しさんの主張:2005/12/05(月) 18:19:09
80年代に「夢見た21世紀」の

宇宙ステーション「ミニアース」は

全く実現せず、何処へやら…

264 :名無しさんの主張:2005/12/05(月) 18:22:32
宇宙の世界でも

男女の争いも戦争も起きるでしょうww



265 :名無しさんの主張:2005/12/05(月) 18:47:08
>>1
おまえの思い込み

266 :名無しさんの主張:2005/12/05(月) 21:26:22
「ニアミース」?

267 :名無しさんの主張:2005/12/07(水) 00:00:29
ギスギスした社会になって
まじめに努力したのに報われないのって
つらい。

268 :名無しさんの主張:2005/12/07(水) 00:01:43
こんな時代だと子供生みたくない。

269 :名無しさんの主張:2005/12/07(水) 21:27:10
>>10>>11
極め付けがニューヨークで同時多発の自爆テロ=911
と対テロ戦争

海外では新しい形?の暴動も頻発し始めている。

270 :名無しさんの主張:2005/12/07(水) 22:43:13
>>269
もしかしたら1990年前後以上に、2000年前後こそ転換点ともいえるかもしれない
テロ戦争が本格的になり、日本の経済力の低迷とアジアラテン新興国の経済力の勃興が
決定的になったのはこの頃だし

271 :名無しさんの主張:2005/12/07(水) 23:32:52
日本国内では
やはり90年代半ば頃が
歴史の転換の幕開けだな。


272 :名無しさんの主張:2005/12/08(木) 03:02:33
>>262
http://www16.ocn.ne.jp/~jinzou/komuronaoki.htm

273 :名無しさんの主張:2005/12/08(木) 22:38:25
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/sending_self_defense_force/
首相「日本の利益に」…自衛隊イラク派遣再延長を決定


274 :名無しさんの主張:2005/12/12(月) 00:47:06
経済の行き詰まりやジレンマ(先行き不透明)
国民の閉塞感と言った不満は、
若者や下の立場の者と言った社会的に弱い者の利用
と攻撃に向けられる。
これは間違いない。マスコミ報道姿勢のおかしさにも気づくはずだ。


275 :名無しさんの主張:2005/12/13(火) 05:31:15
age.

276 :名無しさんの主張:2005/12/15(木) 01:04:16
外国人参政権は
賛同できないな。

277 :名無しさんの主張:2005/12/17(土) 07:40:18
日本では
やはり90年代前半が
方向転換に向けての
準備期間だったらしい。

嵐の前の静けさ…


278 :名無しさんの主張:2005/12/17(土) 17:26:10
現在急速右旋回中!
現在急速右旋回中!

279 :名無しさんの主張:2005/12/17(土) 18:18:44
>>277
今思えばまさにそうだった…然し「嵐の前の静けさ」と云う点では今も又然り。

280 :名無しさんの主張:2005/12/19(月) 05:25:12
【海外】「許容限度の5万8000倍で破局的な状況」 チェチェンの工場で放射能漏れ 当局が捜査
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1134772462/


★チェチェンの工場で放射能漏れ・当局が捜査

 【モスクワ=栢俊彦】ロシア南部チェチェン共和国の検察当局は16日までに
化学工場での放射能漏れに関する捜査を開始した。検察当局は「許容限度の5万8000倍で
破局的な状況」だとしている。ロシアのテレビ局は放射能のレベルを1986年に発生した
チェルノブイリ原発事故時の半分に相当すると報じた。外部への被害などは伝えられていない。

 問題の場所は国営企業「チェチェン石油化学」系のグロズヌイ化学コンビナートの敷地内。
27から29種類の放射性元素が確認され、ある作業場にはきちんと管理されないまま放置されている。
テロリストの盗難に遭う可能性を指摘する声もある。

日経新聞 http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20051217AT2M1602F16122005.html


281 :名無しさんの主張:2005/12/19(月) 05:27:51
400 :名無しさん@6周年:2005/12/18(日) 23:52:59 ID:FYaFcryy0

なんでこのニュースは取り上げられてないの?

401 :名無しさん@6周年:2005/12/18(日) 23:53:06 ID:noHNmeXJ0
>398
DVDもCDもアウトかw

402 :名無しさん@6周年:2005/12/18(日) 23:54:23 ID:5XXkRVDPO
大分前から放置してあったと…日本に影響なかったのか?


403 :名無しさん@6周年:2005/12/18(日) 23:55:57 ID:je7+Zroc0
エチゼンクラゲの大量発生には…関係ないか。

404 :名無しさん@6周年:2005/12/18(日) 23:57:32 ID:q0Ny+KRQ0
>399
一応記事に目を通した限りではそんな感じですね・・・。
特にコバルト60が危険だとか。

ttp://www.themoscowtimes.com/
モスクワタイムズにも記載なし・・・ (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

405 :名無しさん@6周年:2005/12/18(日) 23:57:47 ID:bRb/d6Df0
今年はクラゲ大量死してると言ってたな…((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル


406 :名無しさん@6周年:2005/12/18(日) 23:58:08 ID:5XXkRVDPO
エチゼンクラゲどころかゴジラクラスのクラゲがでてきそうだな


282 :名無しさんの主張:2005/12/19(月) 05:30:25
407 :名無しさん@6周年:2005/12/18(日) 23:59:16 ID:y+nm8ky+0
今考えると冷戦が続いていた方が良かったのかね。


283 :名無しさんの主張:2005/12/20(火) 13:55:07
1970年頃から続いてきた平和で豊かな日本が、2000年頃に綻びを見せた

284 :名無しさんの主張:2005/12/20(火) 13:57:51
アポインテッドゼロは1995年頃といわれています。
これからは真の弱肉強食の世界に突入しますね。
その過程で憎悪や血が見られるでしょう。

285 :名無しさんの主張:2005/12/20(火) 14:16:34
弱肉強食の前に
日本人は焼肉を食べるときは覚悟したほうがいい。
俺は高級国産しか買わないことにするが、加工食品は
どうすればいいのだ。

286 :名無しさんの主張:2005/12/20(火) 15:02:02
我が国の全盛期は1965年〜1994年、長い歴史から見ればほんの一瞬だった

287 :名無しさんの主張:2005/12/20(火) 20:05:17
俺達丙午世代はまさにその全盛期に生まれ育った世代である。
まああんな時代特に70年代に子供時代を過ごせた事は今思えば
強運以外の何物でもなかった…。

288 :名無しさんの主張:2005/12/20(火) 22:46:41
日本の全盛期って
大東亜戦争を戦った世代が社会の頂点に立ってから引退するまで
団塊世代が社会に出てきてから社会の頂点に立つまで
バブル世代や団塊ジュニアが生まれてから社会に出るまで
の期間に当たるな

289 :名無しさんの主張:2005/12/20(火) 23:09:02
禿げ同。

290 :名無しさんの主張:2005/12/21(水) 22:14:01
>>286
しかし、多くの国はその短い全盛期すらない場合が多い。

291 :名無しさんの主張:2005/12/23(金) 00:37:26
明治時代〜戦前なら

全盛期は大正。

江戸時代なら

元禄だったな。

292 :名無しさんの主張:2005/12/23(金) 17:51:25
>>288
1975、76年に第一次オイルショックを、猛烈な省エネでなんとか凌ぎ、
1990、91年頃のバブルまでだな。
団塊が45歳前後で日本政財界の中枢に入り始めた途端バブル崩壊。
以後、失われた15年。

1916年は第一次大戦で鈴木商店らが世界一の貿易収入をあげて、大正ロマンの始まり。
1931年は満州事変で、大東亜戦争の始まり。
1946年は天皇の人間宣言で始まる、GHQに奪われた日本独立奪回の時代の始まり。
1961年はホンダのマンTT制覇から、高度経済成長で世界第2位の金持ちへの始まり。
1976年は省エネでオイルショック克服から、バブルで世界一の金持ちへの始まり。
1991年は総量規制と外国人指紋捺印廃止から、暗黒の15年への始まり。
2006年は…?

293 :名無しさんの主張:2005/12/23(金) 23:56:01
>>291
文化文政も全盛期かと

>>292
その法則?で来年から好転すればいいのですが・・・

294 :名無しさんの主張:2005/12/30(金) 13:42:06
age

295 :名無しさんの主張:2006/01/01(日) 09:00:37
>>292
なにその右翼ヒキコモリ史観。

296 :名無しさんの主張:2006/01/03(火) 02:41:50
大型テレビ普及と同時に
大型化したマスゴミ

297 :名無しさんの主張:2006/01/03(火) 03:43:40
薄型テレビ普及と同時に
軽薄化したマスゴミ

298 :名無しさんの主張:2006/01/06(金) 00:21:54
90年代は「退廃する日本」という文字を
声質化・流行化したみたいだった。

299 :名無しさんの主張:2006/01/06(金) 16:06:40
「…“2つの極”はますます進む。1989年以後、
人間はごく少数の新しいタイプの支配者たちと、非常に多数の、
新しいタイプの被支配者とに、ますます分かれていく。一方は、全てを操り、
従える者。他方は、知らずしらずのうちに、全てを操られ、従わされる者たち。

「…(20世紀末は)たとえ表面はデモクラシーや社会主義の世であろうとも、
実質はナチズムが支配していよう。デモクラシーの国も社会主義の国も、
われわれナチスの兵器を競って使い、殺し合い、社会は私の望むとおり、
強く支配する者と支配される多数者に分かれていよう。それは天変地異の期間でも
ある。人類は大自然から手ひどく復讐される。気候も2つに分かれ、激しい熱と
激しい冷気、火と氷、大洪水と大旱魃が代わる代わる地球を襲うだろう。」

「だからその中から『超人(ユーベルメンシュ)』が現われる。
もはや普通の人間ではそういう危機を制御できない。それに対応するため
人類は超人たちを生み、超人が世界や気候を、人間や戦争を治めることになる。
つまり天変地異の下に生きる多数者。それを支配する少数者。
その陰で実質的に世界を操る超人グループ。
これが、私の予知する21世紀の世界である。」

300 :名無しさんの主張:2006/01/06(金) 16:13:27
残りの大部分は、これも進化なのか退化というべきかわからないが、
一種の機械になっている。ただ操られて働いたり楽しんだりするだけの、
完全に受動的な、機械的な反応しか示さない『ロボット人間』になっているのだ。
それまでの気候異変と環境異変、政治と娯楽と食物、それから起こる突然変異が、
そのようなロボットのような人間を大量に生み出す。

「ロボット人間たちのほうは、それに従って生きるだけだ。
これはある意味では気楽な身分だ。戦争も気候も経済も、神人たちによって
制御されてしまうので、ロボット人間たちは神人たちの認める限度で、
多くのものを与えられる。食物と住居も、職業も娯楽も恋愛も教育も、
時には思想さえも与えられる。ただロボット人間たちは、与えられ、
操られていることを意識できないようになる。自分たちの意識では、
何もかも自分で選択して勝手に生きているのだと思う。しかし、
じつは神人たちがすべてを見通して、管理工場の『家畜』のように
彼らを育て飼うことになるのだ。

こうして人類は、完全に2つに分かれる。天と地のように、2つに分かれた
進化の方向を、それぞれ進みはじめる。一方は限りなく神に近いものへ、
他方は限りなく機械的生物に近いものへ。これが2039年の人類だ。

301 :名無しさんの主張:2006/01/06(金) 16:17:19
「レニ、こんな時期にこんな所へよく来てくれた。でも、
きみはここを去って、二度と戻っては来ないよ。そして、それでいい。
きみは長生きして名声を得るだろう。また、死ぬまで映像の美とともに
あるだろう。将来の……今世紀末から来世紀はじめの文明国では、
きみのように結婚もせず、子どもも生まず、一生、男以上の働きをする
女性が増えるよ。しかし、それは当然、女性の見かけの地位の向上とともに、
その民族の衰亡──ひいては人類の破滅につながるワナなんだけどね。」

「未来の社会はどんな様相を見せるだろうか。同志諸君、申し上げよう。
まず闘争によって選りぬかれた貴族階級が現われる。新しい中産階級、
無知な大衆、新しい奴隷、仕えるものの集団、『永遠の未成年者集団』
があろう。そしてこれらすべての上に、さらに新しい貴族がある。
特別の指導的人物である。このように、支配をめぐる闘争によって、
国の内外に新しい身分が成立する。しかも東方が巨大な実験の場になる……
そこに新しいヨーロッパの社会秩序が生まれるのだ」

302 :名無しさんの主張:2006/01/07(土) 16:58:01
>>295
左翼の時代はもうこない。

303 :名無しさんの主張:2006/01/08(日) 12:01:32
>>302
天ちゃんのケツ舐め係ですか?

304 :名無しさんの主張:2006/01/09(月) 02:00:41
猛烈な圧力に屈して、アメリカ牛肉の輸入再開が決定されましたね。
イギリス軍すら撤退予定のイラクへの自衛隊派兵延長もついでに。
中国韓国に対しては相変わらず弱腰。

こんな感じで外圧にはめっぽう弱いくせに、耐震偽造問題ではマスコミに圧力をかけて、
自民党公明党の癒着の話題を全く報道させません。

何なんですか?この国は?


305 :名無しさんの主張:2006/01/09(月) 23:53:59
>277>279

…。

306 :名無しさんの主張:2006/01/10(火) 06:17:57
>>268
現代版 エタ・ヒニンだけはポンポン無計画に生む

307 :名無しさんの主張:2006/01/14(土) 13:07:18
>>303
特定アジア人の糞は美味いか?

308 :名無しさんの主張:2006/01/15(日) 03:44:20
>>292
技術大国と呼ばれた「日本株式会社」の最盛期?

309 :名無しさんの主張:2006/01/15(日) 04:25:28
>1975、76年に第一次オイルショックを、猛烈な省エネでなんとか凌ぎ、
>1990、91年頃のバブルまでだな。


310 :名無しさんの主張:2006/01/16(月) 04:53:00
>>298>>304
失われた○○年、
「モラルハザード」

そのツケがここに来て(ry…


311 :名無しさんの主張:2006/01/17(火) 07:15:42
1985年 日航機墜落事故 やらせ事件

1991年>>1 

1995年 阪神大震災 オウム事件

2001年 9.11

2005年 JR東西の2つの脱線事故 耐震偽装問題

312 :名無しさんの主張:2006/01/17(火) 14:28:45
age.

313 :名無しさんの主張:2006/01/17(火) 14:40:07
↓バブルに課税してバブルを消したんだよね
ホンマアホやなw
http://www.mmjp.or.jp/tokuchan/only-yesterday/vno(5).html

314 :名無しさんの主張:2006/01/20(金) 16:06:58
総量規制と外国人指紋捺印廃止と人材派遣業緩和を、
いっぺんにやったんだっけ。

315 :名無しさんの主張:2006/01/23(月) 09:39:21
1980年代の総決算→平成初バブル期

にも、リクルート・コスモス事件があった。

316 :名無しさんの主張:2006/01/23(月) 13:05:20
マスゴミ関係各社のライブドア叩き祭りは

一連の耐震偽装問題から国民の目を反らせる為。

317 :名無しさんの主張:2006/01/26(木) 20:38:04
障害者(無理心中)自立支援法も通ってしまったし

318 :名無しさんの主張:2006/01/26(木) 20:39:07
そうですね

319 :名無しさんの主張:2006/01/26(木) 21:58:43
急成長したのだから
急落下するだろうな

320 :名無しさんの主張:2006/01/28(土) 06:12:47
個人的に、1992年から1995年にかけての4年間は自分が
生きてきた中ではもっとも居心地の悪い時代だったと思う。
冷夏による米不足、ゼネコン汚職頻発、政治体制の動揺、
凶悪犯罪増加、猛暑水不足、若年層文化の軽薄?化、
阪神大震災、オウム事件、戦後50年関連・・・
いろいろ思い出してみただけでも、何となくジトッとした
話題ばかりが溢れていたと思う。
ある意味2006年現在より総じて暗い時代だったんじゃないかな。
失われた10年の最たる時期と言われるのも分かる気がする。

321 :名無しさんの主張:2006/01/28(土) 12:21:11
>>320
>>314は92年の間に成立、たしか。

322 :名無しさんの主張:2006/01/28(土) 13:19:12
>>142
日本の世相ならその通り。


323 :名無しさんの主張:2006/01/28(土) 21:52:35
>>320
私にとっては
1990年代後半が最悪だった。

324 :323:2006/01/28(土) 21:56:15
特に、橋本・小淵・森が首相だった頃。

325 :名無しさんの主張:2006/01/29(日) 19:47:31
age.

326 :名無しさんの主張:2006/01/31(火) 11:45:55
>>83>>84
キチガイみたいに電波カッ飛びのナルシストも多いしな。

327 :名無しさんの主張:2006/02/01(水) 19:09:11
>>316
自分もそう思う。
週刊誌(女性向け含む)まで、一時の小林事件並みに
トップがそればかりで、不愉快。
出鱈目なものまで本当のように捏造している。

328 :名無しさんの主張:2006/02/04(土) 11:25:44
バブル時代、これから団塊ジュニアが結婚して家庭を持って子供を生むから少子化問題は大丈夫とか言われていたらしいな
ところが団塊ジュニアが社会に出るまさにそのとき、バブル崩壊
おかげさまで、子供を生み育てるどころではなくなった団塊ジュニアの人多し

ここに少子化問題の原点があるのだろうな

329 :名無しさんの主張:2006/02/09(木) 15:29:57
団塊Jrは、団塊の逆をやるだろうな。
団塊が、親の逆をやった様に。

330 :名無しさんの主張:2006/02/09(木) 17:53:29
http://2ch.dumper.jp/0004278652/
日本は90年代で大きく変わってしまった
http://that4.2ch.net/test/read.cgi/sepia/1110081544/l100
90年代前半までは妙に古めかしかった

331 :名無しさんの主張:2006/02/10(金) 18:32:24
>>330
他の板でもこのスレと似たような話題が・・・
1990年ないし1995年を現在への原点と感じる人は少なくないようだ

332 :名無しさんの主張:2006/02/11(土) 23:44:17
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1137689439/l50

大日本帝国では「戦艦大和が沈没」

日本株式会社の「バブルが弾ける」

333 :名無しさんの主張:2006/02/12(日) 20:51:28


577 :おさる :2006/02/12(日) 12:09:00
ワイドショー精神で大正のマスコミは昭和の内務省の横暴を招いた。
いまのマスコミも同じだ。あいつらには官僚の恐ろしさと傲慢独善が
見えない。




334 :名無しさんの主張:2006/02/12(日) 20:58:13
>>288>>292
もう一度、書くけど江戸時代の全盛なら

元禄とか文化文政の時代だったな。




335 :名無しさんの主張:2006/02/13(月) 14:32:39
>>333
マスゴミそのものが官僚体質だし。
つか官僚のなりそこないが(ry。

336 :名無しさんの主張:2006/02/13(月) 20:11:37
>>292
中曽根〜〜〜

337 :名無しさんの主張:2006/02/13(月) 20:20:14
>>176
確かに。
バブル前夜にアメリカからの圧力は大きかった。

>>183
左系のおかしな主張の影響で
90年代には
有名な親日派の図書までも、
発禁→著者を逮捕の事態に。

338 :名無しさんの主張:2006/02/18(土) 13:38:53
age.

339 :名無しさんの主張:2006/02/21(火) 21:13:07
>>242
社会主義日本の「ヤックン」は存在する価値が薄れてきたのだが…

340 :名無しさんの主張:2006/02/22(水) 07:33:59
>>332
どちらも
アメリカの悪い部分まで貪欲に取り入れて
最終的に右傾化して(ry…

341 :名無しさんの主張:2006/02/28(火) 02:25:31
最近なんでも人のせいにする人が多い
親切にされても人に感謝する気持ちも無い
殺伐としてて嫌だね・・・


342 :名無しさんの主張:2006/03/01(水) 03:12:43
俺としては下のことを考えてもらいたい

パチンコ税加入
日本領土内の海の資源の確保
ロシアへの支援停止は危険
特アとの関係悪化は一時的なものなら賛成だが、
特アや他の発展途上国との経済協力は日本経済の成長には不可欠
広告出演者特別税の必要性について
消費税は消費に比例して税収を行うので、富に関係のない最も公平な税金でもあること
死刑については、誤審の場合は人権問題になる
労働時間を40時間以下にするより、健康診断を定期的に行わせる方が有効
日本国債を大量保有している銀行の国営化、郵政民営化の撤廃がないと日本経済は崩壊する
自営業、第一次産業、ベンチャー企業の保護を行うべき
自給率の上昇を目指すこと
日本文化の保護が必要、海外に流出しまくってる
アメリカ国籍の売却
年金制度の見直し
NHKの民営化を阻止して、報道の自由を守ること
高校まで義務教育にするより、飛び級制度を入れたほうが良い
自虐教育(反日教育)の撤廃、学歴差別による就職差別の緩和をすべき
道徳(マナー、礼儀)と一緒に公民も小学校から教育すべき
外国人への対処が厳しすぎる。援助はしなくて良いが強制労働は必要ない
覚せい剤、大麻については、売り上げを全て国へ寄付し、懲役するだけでよい
エネルギー問題についての対策を出すこと
選挙に参加することを義務にするなど、国民の政治への関心を高めること
自衛隊の派遣を禁止し、アメリカとの軍事協力をやめるか、主導権を得て、国の自衛力を高めること




343 :名無しさんの主張:2006/03/02(木) 18:11:01
確かに。そういえば正式なゆとり世代って確か1991年生まれかららしいよ。
そんでもって1987-1990年生まれは新教育制度の実験台だってwww。

344 :名無しさんの主張:2006/03/02(木) 18:37:03
1987-1990年生まれか・・・。
1990年生まれといったら平成2年生まれか・・・。
平成2年生まれまでが昭和60年代生まれと同じ価値観で
それ以降が真性平成生まれってことね?

345 :343:2006/03/02(木) 19:36:09
俺中2だけど今日学校の先生に「お前らの学年からが新教育制度の真価を出すんだ。だからその初めとして教育委員会にも示しをつけろ」と言っていた。
俺は完全なゆとり世代が確定した訳だが実験台世代よりかはましかと思われ。

346 :名無しさんの主張:2006/03/03(金) 00:03:34
脳内厨房書き込みは止めましょう

347 :名無しさんの主張:2006/03/03(金) 00:10:12
ゆとり教育推進の
デメリットは結果的には
支配階級が得をするための
制度だから。

348 :名無しさんの主張:2006/03/03(金) 11:09:11
91年頃の総量規制と人材派遣緩和と外国人指紋捺印廃止の話が出だしてからおかしくなり始め、
95年の地震、Ω、八王子スーパー射殺事件で「失われた○○年」が表面化した。

349 :名無しさんの主張:2006/03/06(月) 15:28:42
>>68
>90年代を通じて起きたのは、日本社会の「いす取りゲーム」化。
>90年代には、今までどおり、全員のいすを用意しようと頑張ってきたけど、
>それはもう無理だと分かって、限られた数のいすしかないことを認めるようになった

経済学では、この現象を「パレード最適」と言う。

最近10年で一人当たりのGDPが減ったのは、
日本、イラク、ナウル、スーダンの4カ国ぐらい。
アメリカは28000jから42000jに、イギリスは19000jから38000jになってるのに、
日本は41000jが37000jに減ってしまった。
アメリカ並みの延び率なら63000jになってるはず。
63000jのはずが37000jしか無いから「パレード最適」に。

350 :名無しさんの主張:2006/03/12(日) 10:19:56
age.

351 :名無しさんの主張:2006/03/16(木) 09:41:32
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1114784612/l50

352 :名無しさんの主張:2006/03/19(日) 12:19:20
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1140525154/l50
ここも関連スレ

353 :名無しさんの主張:2006/03/24(金) 00:11:52
右傾化

354 :名無しさんの主張:2006/03/25(土) 18:36:26
★国の借金800兆円突破=昨年末、国民1人当たり637万円−財務省

・財務省は24日、国債、借入金、政府短期証券を合わせた「国の借金」の2005年12月末の
 残高が813兆1830億円になったと発表した。同年9月末から14兆1628億円増加し、
 過去最大を更新した。総務省の推計人口(1億2773万人)で割ると、生まれたばかりの
 赤ちゃんも含め国民1人当たり636万6000円の借金を抱えている計算となる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060324-00000066-jij-pol



355 :名無しさんの主張:2006/03/27(月) 11:15:44
>>156
それだけ、
行き詰ってきている証拠。
それに、日本だけではないよ。


356 :名無しさんの主張:2006/03/27(月) 11:16:37
911後の世界情勢を見ても分かるけど。

357 :名無しさんの主張:2006/03/27(月) 16:30:38
>>347
つまり、ゆとり教育=官僚世襲優遇教育だから。
市民エリートはどんどん成り立ちにくくなる一方。
アメリカのような格差社会になって来ているし。

358 :名無しさんの主張:2006/03/27(月) 22:51:42
オウム事件の時からマスコミも大本営発表になった。


359 :名無しさんの主張:2006/03/30(木) 16:10:35
>>342
国際社会の競争に勝ち残るために、日本は官僚利権の過保護を直ちにやめ、
競争力を向上させ、サービスの質をあげるべきである。


360 :名無しさんの主張:2006/03/32(土) 13:22:52
競争社会の権化であるプロスポーツは、
金持ちSBも貧乏広島も弱い楽天もジャンパイア巨人も、
毎年0勝0敗からスタートする。

今の日本は、
勝ち組はプレーオフ第二ステージ2勝0敗から、
負け組は146試合制0勝145敗からスタートするorz

361 :名無しさんの主張:2006/04/02(日) 22:35:22
>>351>>352
こちらも追加ね。
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1134319903/l50

362 :名無しさんの主張:2006/04/03(月) 01:59:01
私が小かった頃、おじいちゃんは、食事の時いっつも言ってたんです。
「昔は食べるものがなかったんだ。感謝しなさい。」と。
だから私は嫌々、米粒一つのこさず食べました。
今では習慣になっています。
そうゆう感覚って忘れられてる気がします。

私が70まで生きたら、バーチャルな孫か他人かに保険金目当てか、無差別殺人で殺されるんじゃないかと予測しています。
これから生まれてくる人は心がないかもしれない。

363 :名無しさんの主張:2006/04/04(火) 18:12:45
>>292
>1916年は第一次大戦で鈴木商店らが世界一の貿易収入をあげて、大正ロマンの始まり。
>1931年は満州事変で、大東亜戦争の始まり。
>1946年は天皇の人間宣言で始まる、GHQに奪われた日本独立奪回の時代の始まり。
>1961年はホンダのマンTT制覇から、高度経済成長で世界第2位の金持ちへの始まり。
>1976年は省エネでオイルショック克服から、バブルで世界一の金持ちへの始まり。
>1991年は総量規制と外国人指紋捺印廃止から、暗黒の15年への始まり。

2006年はWBC日本優勝に始まる、団塊を中心としたGHQ世代による「失われた15年」を取り戻す時代の始まり、かな。
昭和30年〜昭和50年代生まれの人たちは、団塊GHQ世代の尻拭いだけで一生が終わりそうだorz


364 :名無しさんの主張:2006/04/05(水) 21:22:55
15年ごとにおきているようだ。
1955〜70年:公儀朝廷どっちでも良いから不平等条約によるスダクフレーションを克服汁←大塩平八郎の乱頃の生まれ(孝明天皇)
1870〜85年:自由民権運動マンセー、外国の手下反日支那人薩長は氏ね←開国前江戸時代生まれ
1885〜1900年:日本の暗部は全部治外法権と関税自主権のせい←開国後江戸時代生まれ(明治天皇)
1900〜15年:夏目漱石による明治のこころ日本人は支那とは違う←真の明治人前半
1915〜30年:島田清次郎からの希有壮大な大正ロマン、共産思想もあるよ←真の明治人後半(大正天皇)
1930〜45年:軍部は天皇より神聖にして犯すべからず←明治団塊前半
1945〜60年:WGIP発動、連合軍は絶対だ、宇宙の敵猿JAPは白人中華様の正義の核で氏ね←明治団塊後半(昭和天皇)
1960〜75年:勝てば官軍負ければ賊軍、オーモーレツ!!←大正&昭和ヒトケタ
−−−−−―−−−−「常識の研究」出版時はここまで−−−−−−−−−−
1975〜90年:なんとなく西武電通サントリーでネアカC調、なワケだ←昭和10年代GHQ親衛隊(今上天皇)
1990〜2005年:中鮮&フェミ&グローバル(連合国)スタンダードで三位一体反日宣撫失われた15年←団塊
2005〜20年:バブル再来祈願、弱肉強食アメリカンスタンダードマンセー←バブル世代(現皇太子)
2020〜35年:マスゴミ消滅BBSマンセー、国家社会主義経済が良いかも←団塊Jr
2035〜50年:2ch的BBSの終わり、アンチウンコ(UNitedKOria&UNitedCOuntries)あの法則万能←ゆとり世代


365 :名無しさんの主張:2006/04/05(水) 21:28:51
現代日本の全盛期って
大東亜戦争を戦った世代が社会の頂点に立ってから引退するまで
団塊世代が社会に出てきてから社会の頂点に立つまで
バブル世代や団塊ジュニアが生まれてから社会に出るまで
の期間に当たるな


366 :名無しさんの主張:2006/04/05(水) 21:38:34
しかし、多くの国では「一億層中流」のような
短い全盛期すら成り立たなかったこともお忘れなく。


367 :名無しさんの主張:2006/04/07(金) 11:20:30
age.

368 :名無しさんの主張:2006/04/09(日) 18:48:43
>>1
一時は世界最大の日本株式会社も夢ではなかった
=「バブル」状態の頃が境目。

369 :名無しさんの主張:2006/04/10(月) 11:16:47
湾岸戦争・ソ連崩壊→日本のバブル崩壊→阪神大震災・オウム事件
→大型企業倒産・銀行破綻・中流生活層崩壊
そして、911以降はライブドア事件と偽メール問題とwinnyキンタマとか
IT事件報道が目立つ。


370 :名無しさんの主張:2006/04/11(火) 03:44:54
>>369
自分は1984年生まれの
「サカキバラ・カラーギャング・厚底山姥ギャル」世代に当たるけど
90年代の変化とともに育ってきたので
よく分かる。

371 :76年生まれ:2006/04/11(火) 08:38:12
わが国の15年前は、
まだ将来に向けて、夢と期待が持てる雰囲気があった。

といいつつ、当時は存在しなかった携帯電話から書き込み…


372 :名無しさんの主張:2006/04/12(水) 09:52:43
age.

373 :名無しさんの主張:2006/04/14(金) 16:21:32
>>363
< `∀´>2006年は人権擁護法案成立から始まる ウリナラ王道楽土永続の始まりニダ…

< ♯`д´>と思ったら法案提出は来年回しニダ 謝(ry

374 :名無しさんの主張:2006/04/18(火) 10:52:54
>>365
今の自民党は
当時とは、似ているようで
まったく別物だしな。

375 :鉄道マニア:2006/04/19(水) 18:40:01
スイカや209・E231系型車両の普及も
新自由主義と新保守主義と新全体主義〜選民主義政策の一環?

376 :スレ違いかも:2006/04/19(水) 18:48:02
>>375
スイカは良いのだが
女性専用車定着化=構造改革ははっきり逝って
阻止したいなあ。

かといって首都圏・中京圏・京阪神以外の
郊外(地方)では
ますます、鉄道離れ(JRの一部の長距離移動は除く)
が進んで自家用車中心になってしまっているし。

377 :名無しさんの主張:2006/04/19(水) 22:50:59
E231って別の意味で103系的といえるかも。
あてがい扶持って感じ。

378 :名無しさんの主張:2006/04/20(木) 23:55:02
今度は来年度(2007年)が気がかり

379 :名無しさんの主張:2006/04/21(金) 22:12:24
1970年頃から始まった我が国の繁栄は2020年頃に終わりを迎えるのだろう

380 :名無しさんの主張:2006/04/21(金) 22:26:05
>>376
中京圏は車社会ですよ!
車が下駄がわり。


381 :名無しさんの主張:2006/04/21(金) 22:57:26
>>380
中京圏はここ40年にわたる我が国のモータリゼーションの策源地ですね

382 :名無しさんの主張:2006/04/21(金) 22:58:34
>>378
2007年に加えて2008年も気になります

383 :名無しさんの主張:2006/04/22(土) 10:36:03
>>375
スイカ(カード方式)もモバイル化の波に押されて
そのうちMDやMO・FDの2の舞になりそうな悪感。

384 :名無しさんの主張:2006/04/23(日) 16:46:17
age.

385 :名無しさんの主張:2006/04/24(月) 13:29:48
>>379
その辺りがボトムとなるのだろうな…。

386 :名無しさんの主張:2006/04/25(火) 07:34:07
破産といったほうがいいかも

387 :名無しさんの主張:2006/04/25(火) 09:13:32
>>60
気象庁が東京の最高気温を大手町の一番低い場所を基準に発表していますが
真夏、品川や練馬の街中では42度を越えています。
実はからくりがあるんです。
本音と建前。経済優先の社会で実地気温出したらみんな怒るでしょう。
環境優遇のヨーロッパのようになったら一番困るのは経済界、支配層たち
です。政府も莫大な献金をもらっていますから。
天気予報での東京の最高気温あまり目くじら立てないこと。


388 :名無しさんの主張:2006/04/30(日) 23:55:54

>>344

なんか、平成2年あたりは昭和の時代の延長って感じする。
そして
平成3年からが、本格的に平成のはじまりみたいな。

昭和と冷戦をひとくくりにかんがえてるヒトって案外多いんじゃないかな。
どうだろ。

389 :名無しさんの主張:2006/05/02(火) 18:55:32
WBC日本優勝は、最近15年の間に、正しいと持ち上げられてきた事が覆され、
間違いと軽蔑されて来たモノによって達成された。

グローバルスタンダード(アメリカンスタンダード)←メジャーは31人中2人だけ。
即戦力志向 ←ドラフト1位&逆指名&自由枠は31人中11人だけ。
日の丸君が代を捨てて地球市民に ←イチローが日の丸君が代を前面に出して最高の結果に。
団塊が日本を導く ←コーチ陣にも団塊はゼロ
中国がこれから発展 ←監督は台湾籍、中国はボロ負け
アメリカが世界の中心 ←ボブをもってしても二次リーグ敗退
韓日友好 ←日本の不幸は韓国の幸福、日本の幸福は韓国の不幸、
      つまり韓国の幸福は日本の不幸、韓国の不幸は日本の幸福、と証明。
団塊Jrは能無しニートだらけ ←主力選手は1970年代男性、つか選手最高齢が1971年生まれの大塚。

390 :名無しさんの主張:2006/05/04(木) 16:15:01
age.

391 :形式的民主国家:2006/05/04(木) 16:32:49

米軍が日本に駐留することはアメリカ自身の極東防衛の前線基地を確保出来ることで
米国にとって相当な利益があるにも拘わらず、在日米軍の再編成費用3兆円を日本からせびり取る積りらしい。
本来なら、基地使用料を米国が払っていてもおかしくない。
それでもそう言うことをしようとするのは、民主主義が未発達で未定着な
国を米国が負担までして守りたくないからだ。
本当は軽蔑しているからだ。

下っだらない天皇なんか信奉しているからそう言うことになるのだ。
世界中のどの国だって日本を本気で尊敬してる国なんてありャしない。
民主主義の発達を阻害している天皇制は日本の国益を著しく損ねている。
こう言うところで本音が見え隠れする訳だね。


392 :名無しさんの主張:2006/05/04(木) 17:07:45
>>163
は神

393 :名無しさんの主張:2006/05/04(木) 18:20:46
294 :名無しさんの主張 :2006/05/04(木) 17:35:04
景気はまったく回復していない。
今は株のバブルが起きている、だけ〜。
一部の大企業がようやく黒字になった。だけ〜
一部の金持ちが、ますます、金持ちになった、だけ〜


394 :名無しさんの主張:2006/05/04(木) 21:07:52
でも第一次オイルショックの時とか、80年代前半に比べたら就職良くね?

395 :名無しさんの主張:2006/05/04(木) 23:11:30
でも、その見通しは甘いな。


396 :名無しさんの主張:2006/05/04(木) 23:18:45
今の日本人全体に最大級に欠けてるのが他者への感謝だな。
度が過ぎた利己主義に陥り典型的な合成の誤謬へ。
一般市民によるマクロな経営(統治)能力、解決力は極端に低いため
前向きに努力しようとしない。
まあ、面白いDQNらしいサンプルではあるな。



397 :名無しさんの主張:2006/05/04(木) 23:21:12
小泉ポチの強権的な構造改革も後押し。

398 :名無しさんの主張:2006/05/07(日) 15:00:34
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1146212981/l50

399 :名無しさんの主張:2006/05/08(月) 16:10:01
>>394
今の方が就職率は悪い。両オイルショック(74〜76年、80〜83年)の頃は、
なにより派遣請負は事実上禁止だった。
当時は派遣請負無し(雇用=正社員)で失業率3%台。

ホント、1970年代生まれの男性は、世間から虐待され続けてるな。

400 :名無しさんの主張:2006/05/08(月) 16:25:00
今時の中流層の若者は
子供生むべき時期に生まない、甘えている、などとと
言われても
>>399が現実だから仕方がない。

401 :名無しさんの主張:2006/05/08(月) 20:34:59
>>291>>293
日本も、もう一度
洗濯するべき時期が来てしまっているのかも。

402 :名無しさんの主張:2006/05/11(木) 11:23:15
>>399
で、1970年代生まれが50歳頃になると年金が廃止され、
1970年代生まれが死に絶えたところで年金が復活するとorz

403 :名無しさんの主張:2006/05/11(木) 11:45:19
日本はアメリカ民主主義に倣うべきではなかったのだ。

元々日本は「和の精神」と「職人文化」の国家。
不毛な競争の野心を植え付けられる必要などなかった。

たかだか数年前に始まった資本収奪信仰宗教によって日本は
「人をいたわるかけがえのないものを失ってしまった。

404 :名無しさんの主張:2006/05/11(木) 11:57:55
**消費税ミサイル**
まず一発目の消費税が89年、まあこれはバブルだったのであまり影響なかった
(福祉目的で導入されたつけが今回ってきているが・・・)
不況から脱出しようとしていた日本経済を直撃したのが97年の税率アップ
離陸直後、飛行高度に到達していない日本経済は完全に失速したんだよ

405 :名無しさんの主張:2006/05/12(金) 21:51:47
一億層愚民化完成

406 :名無しさんの主張:2006/05/13(土) 18:52:01
ワイド症

407 :名無しさんの主張:2006/05/13(土) 19:31:15
>>396
景気回復は一部の
「勝ち組」企業だけ

408 :名無しさんの主張:2006/05/13(土) 19:33:40
>>403
金と物欲で動かす
利己的な資本主義だから。

409 :名無しさんの主張:2006/05/13(土) 20:00:39
90年代前半まで:学力重視、学歴主義
90年代後半以降:人物重視、コミュニケーション能力重視

それで来たものは・・・・?

410 :名無しさんの主張:2006/05/13(土) 20:05:16
>1
そのソ連のやくざが未だに日本で活動しているので
却下

411 :名無しさんの主張:2006/05/14(日) 01:39:11
>>410
20年前の
バブル顕在化直前の話か?

412 :名無しさんの主張:2006/05/14(日) 21:03:29
>>52>>232
「割り箸」を例に挙げても
「地球環境破壊・森林破壊の原因」
と、散々、偽善団体のプロ市民とマスゴミが
煽った影響で、国内の林業の産物である
間伐材が使われなくなり、
今はそれこそ環境破壊王国の安い中国からの
輸入に全て頼るようになってしまった。
日本国内は林業の衰退と共に、間伐材を使った
炭や割り箸産業も全滅。

実際には、自然環境に悪いどころか
自然環境にうまく調和し、資源の有効活用だったのに…

413 :名無しさんの主張:2006/05/14(日) 21:05:03
>>52>>53

414 :名無しさんの主張:2006/05/15(月) 16:39:46
>>403
イギリスで累進課税を導入した時、「貧乏と永遠に戦うのか」と非難されたが、
日本の様に「狭い国土」「無い地下資源」「高過ぎる人口密度」の国は、
永遠に貧乏と戦い続けるのが運命の国体なのだから、強烈な推進課税が必要なんだよな。
取り敢えず、在日と団塊と女の富を、1970年代生まれの男性に再配分しないと。

415 :名無しさんの主張:2006/05/16(火) 16:55:57
大日本帝国を勃興させたのは主に江戸時代生まれの世代だが
1920年頃までにこの世代がほとんど引退し、代わって明治生まれの世代が国家や社会のトップに進出してきた
それ以来大日本帝国はだんだんとおかしな方向に進み、昭和の悲劇へと至った

経済大国日本を勃興させたのは主に大正生まれの世代だが
1990年頃までにこの世代がほとんど引退し、代わって団塊世代が国家や社会のトップに進出してきた
そして失われた15年が幕を明けた

歴史は繰り返す

416 :名無しさんの主張:2006/05/17(水) 19:13:39
バブルがはじけた後2〜3年くらいかけて、日本人(特に20代)が本格的に個性というものに価値を置き始めたのではないだろうか。
まずバブルという時代、あれだけ一般庶民ですら金を使いまくれたにもかかわらず、結局そのころの世の若い世代と言えばまわりと同じような買い物をし、まわりと同じような物を着て、まわりと同じような
BGMとしての音楽を聴き、個性を表現するということにこだわっている人は少数派だったと思う。
そしてそのような流れが変わったバブルの崩壊以降『高いモノ』『流行ってるモノ』という価値観から『本当に良いモノ』に価値を置く時代になったのではないだろうか。
そして、その象徴としてサブカルチャー的なモノが評価されてきたように思うし、特に昨今アニメ―ション及びオタク文化がこれだけ日本を代表する文化として高い評価を得ている。
もちろん、そのアニメ自体ピンキリなので全部が全部良いわけでないの当たり前の話だが、まあ一言で言うとエヴァンゲリオンが始まった時点でトレンディドラマの時代は終わったって感じてしまうのだ。
(もちろんこれは例えであって、つまりそれだけ95年頃を境に世の若年層の価値観が変わったっていう意味で)
それにしてもバブル〜‘90前半に将来『トレンディ』という言葉の持つ価値が紙切れ同然になり、宮崎や宅八郎という存在と相まって徹底的にメディア等に叩かれていた
オタクが今やこれだけ世間から認められるようになるなんて誰が想像できただろうか
(そりゃオタクは金になるからという理由で持ち上げられてるという裏事情ももちろんわきまえているが)
本当、個性的で多様性のある時代はイイって思うよ! あれだけ金があったのにまったく個性もなく画一的だった80年代〜90年代前半に比べればね

417 :名無しさんの主張:2006/05/17(水) 19:18:26
訂正(見直し不足)
昨今アニメ―ション及びオタク文化がこれだけ日本を代表する文化として 
            ↓
昨今アニメ―ション及びオタク文化は日本を代表する文化として 

全部が全部良いわけでないの当たり前の話だが
      ↓
全部が全部良いわけでないのは当たり前の話だが



418 :名無しさんの主張:2006/05/18(木) 11:25:44
>>417-418
漫画アニメゲームなども、約15年毎にバーストしている。
1918〜立川文庫の忍者物、鞍馬天狗、正チャンの冒険など
1931〜のらくろ、冒険ダン吉、黄金バット系紙芝居など
1948〜バット君、サザエさん、沙漠の魔王、新宝島(手塚治虫)など
1962〜TVアニメ(アトム、28号など)、ウルトラマン、巨人の星など
1977〜ヤマト、インベーダー、ガンダムなど
1991〜ストU、セラムン、バーチャ、エヴァなど

今年か来年当たりまたバーストがあるかも。

419 :名無しさんの主張:2006/05/18(木) 12:39:49
>>416
君個人の認識の変遷に過ぎないように思える。

バブル時代にも個性派はいっぱいいた。
君が気づいていなかっただけではないか?

若者が個性と思っているものの大半は
売られているものからの選択と組み合わせに過ぎない。
バブルも今もそんなものだが、
君自身は「今」が、個性表現にこだわっている時なのかな?

420 :名無しさんの主張:2006/05/18(木) 13:50:49
時代の節目と世代交代

1920年頃(大日本帝国全盛)
幕末世代引退
明治世代(前半)台頭
明治世代(後半)社会進出
大正世代誕生

1945年頃(大日本帝国崩壊)
明治世代(前半)引退
明治世代(後半)台頭
大正世代社会進出
団塊世代誕生

1970年頃(日本経済大国化)
明治世代(後半)引退
大正世代台頭
団塊世代社会進出
団塊Jr世代誕生

1990年頃(バブル崩壊)
大正世代引退
団塊世代台頭
団塊Jr社会進出


>>418
それは楽しみ

421 :名無しさんの主張:2006/05/18(木) 21:21:57
>>370
自分も中学時代の失敗をきっかけに
未だに足を洗えない生活のまま…
(現在22歳)

422 :名無しさんの主張:2006/05/18(木) 21:27:01
>>385
このままだと、おそらく
約15年後だろう。

423 :名無しさんの主張:2006/05/19(金) 21:37:44
>>418
1962〜が今のマンガ・アニメの原点って感じがするな

424 :名無しさんの主張:2006/05/19(金) 23:53:54
>>412
国内の食料自給率を上げようとすると
外国の資本家による圧力が大きくなる。
(捕鯨禁止団体とも紙一重)


425 :名無しさんの主張:2006/05/20(土) 00:00:49
江戸時代〜大正時代までは
冷害に弱い米よりも
大豆や麦の栽培のほうがメインだった地域も多かった。

>>60>>75>>412
今なお7割の土地は
山林のわが国。
しかし、中国の大気汚染による酸性雨や
植林後の第一次産業衰退に伴う、手入れの放置等の影響で
どんどん荒れる一方(丹沢山系が良い例)
http://www.sam.hi-ho.ne.jp/quimito/tutida.html

426 :名無しさんの主張:2006/05/20(土) 00:04:52
http://zenkoji.shinshu-u.ac.jp/mori/dohc/dohc0203.html
http://jiyuu-gennsou.at.webry.info/200509/article_12.html

427 :名無しさんの主張:2006/05/20(土) 05:40:57
>>424
現代ではバブル期から
急落したわけだな。

428 :元ザビビの住人:2006/05/20(土) 15:29:16
>>113
俺、福岡出身だけど
モロにその世代。

中学も高校も、DQNだらけの
荒れた最悪な学校だった。
かつ上げやヤンキー同士のいがみ合いや売春はもちろん
同級生にもホームレス暴行して
殺して捕まったのもいた。



429 :428:2006/05/20(土) 15:32:12
でも、自分はなんとか無事就職して、40代目の前の上司と
仲良くやっています(汗

430 :428:2006/05/20(土) 15:59:26
でも、こんなに殺伐としたご時世だから
近いうちに結婚したとしても、子供は生まない。


431 :428=430訂正:2006/05/20(土) 16:06:32
将来的には結婚するかもしれないが、
こんな殺伐としたご時世だから、子供は生まない。


432 :名無しさんの主張:2006/05/21(日) 23:13:12
船橋の屋内人工スキー場
が出来てから解体されるまでの間が
「失われた○○」を最もよく象徴していた。

433 :名無しさんの主張:2006/05/22(月) 16:19:11
ジュリアナ東京って出来たの91年だっけ?

434 :名無しさんの主張:2006/05/23(火) 10:37:26
それよりJリーグ登場が93年だろ(夏は平成大冷害の年)。
>>432が開業したのも同じ。

435 :名無しさんの主張:2006/05/23(火) 11:47:19
>>370>>428
モロ、バブル時代にこの世に生まれた
ゆとり世代



436 :名無しさんの主張:2006/05/25(木) 11:37:52
>>434
正確には92年9月開始のナビスコカップからだな。
JSLと並列してやってたような。

437 :名無しさんの主張:2006/05/25(木) 13:08:20
>>427
1970年頃までは他の先進諸国と同水準だったらしい

>>435
バブルは1980年代後半の出来事だが
彼らが生まれたのは見たところ1980年代前半だ

438 :名無しさんの主張:2006/05/25(木) 18:32:17
>433
さっき、夕方のニュース番組で高級老人ホームをピックアップしてて、それに携わるコムスンの社長が、昔、ディスコのジュリアナに携わってたってやってた、ちょっとビックリとした

ジュリアナのノウハウも老人ホームに生かされてるんだろか
ディスコがある老人ホームならいいな


439 :名無しさんの主張:2006/05/27(土) 23:51:24
>>1
この頃から
クルマも丸っこいデザインが急に増えだした。

440 :名無しさんの主張:2006/06/02(金) 06:32:01
バブル期に3ナンバー、ATの普通乗用車が
どんどん進出。

441 :名無しさんの主張:2006/06/02(金) 08:51:07
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%BD%E7%94%B0%E5%86%85%E9%96%A3

442 :名無しさんの主張:2006/06/02(金) 16:17:50
1980年代に格差が縮まると「昔(1950年代)にくらべてハングリー精神が足りない」
1990年代に格差が拡がると「中国やモンゴルに比べてハングリー精神が足りない」

もっとも日本の歴史上、一番格差が酷かった昭和20年代は、
「マッカーサー(日本を敵国とする連合国総司令官)さまのおかげで、この国は良くなった」
格差が特に酷い時代になると「同志スターリンOr毛主席Or将軍様のおかげで、この国は良くなった」と宣伝する。

443 :名無しさんの主張:2006/06/10(土) 08:16:34
>>365
× 大東亜戦争
○ 太平洋戦争

444 :名無しさんの主張:2006/06/13(火) 11:27:25
>>394>>399
大卒初任給
1971年4月(昭22〜23度生):43,000  マガジン100円
1974年4月(昭25〜26度生):69,000  チャンピ150円
1978年4月(昭29〜30度生):105,000 チャンピ150円
1982年4月(昭33〜34度生):128,000 ジャンプ170円
…11年で85,000円アップ、団塊のアップ率は勿論それ以上。

1994年4月(昭45〜46度生):192,000 ジャンプ200円
1997年4月(昭48〜49度生):194,000 マガジン210円
1999年4月(昭50〜51度生):196,000 マガジン230円
2002年4月(昭53〜54度生):197,000 ジャンプ230円
2004年4月(昭55〜56度生):197,500 ジャンプ230円
2006年4月(昭57〜58度生):198,000 ジャンプ230円
12年で6,000円アップ、大卒の半分はフリーター120,000、経年アップ無しorz

445 :名無しさんの主張:2006/06/15(木) 12:11:13
age.

446 :名無しさんの主張:2006/06/20(火) 11:48:40
【社説】フリーター、25〜34歳の「氷河期」の若者を救え…企業も"社会的責任"を果たせ
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1150029924/230
>ニートとかヒキは
>会社の方から自宅を訪問して「ぜひウチで働いてくださいませんか」と頼まないと動かないwww

神武景気からバブルの頃までは、
>会社の方から自宅を訪問して「ぜひウチで働いてくださいませんか」と頼み回るのが、
人事採用の主たる業務だった。ある意味営業と一緒。
92年の人材派遣業緩和で、人事が採用を全部派遣に丸投げして、人事とはリストラと言う名の首切りだけをする所となった。

447 :名無しさんの主張:2006/06/22(木) 10:24:02
>>146
「○○の人権を守る為」とプロパガンダしている奴に限って
人権を侵害(セクハラまがいの行為)していることも多い。

448 :名無しさんの主張:2006/06/22(木) 10:24:46
>>146
ふたを開けて見れば…(ry
パラドックスだな。

449 :名無しさんの主張:2006/06/29(木) 14:39:03
中国から熱風が

450 :名無しさんの主張:2006/07/01(土) 14:15:33
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1134319903/l50

451 :名無しさんの主張:2006/07/03(月) 01:20:47
>>375>>376
「見せ掛けだけの」今の景気の証拠がここにも。


452 :名無しさんの主張:2006/07/03(月) 17:19:49
一億層中流はバブルをピークに崩壊

453 :名無しさんの主張:2006/07/03(月) 20:11:18
http://bag08pr000.auc.bbt.yahoo.co.jp/users/1/0/4/1/tmoffice-imgbatch_1150709284/600x450-2006032400009.jpg

454 :名無しさんの主張:2006/07/03(月) 20:56:30
安倍シンゾウは小学校から私立(成蹊)、この男は何の苦労もしていない。
受験勉強すらしていない。まさに格差社会の象徴。
かつて中曽根康弘は自分の後継について「自由民主党には人材が雲のごとくいる」
といっていたが、現実にはこんな人物しかでてこない。他にいないのか。
やはりいないんだろうね。それだけこの政党の力が落ちてる証拠。


455 :名無しさんの主張:2006/07/04(火) 11:38:56
>>454
戦前生まれ(1927〜1944生)の学力ヒエラルキー
偏差値75:中卒で企業養成工
偏差値70:高卒で企業養成工
偏差値67:私大奨学生(学費ゼロ)から鉱山、重工業、石油などへ
偏差値65:医大
偏差値62:東大京大から鉱山、重工業、石油などへ
偏差値60:東大京大から官僚、銀行、マスコミへ
偏差値65以下で貧乏人は高卒で中小企業に就職。

この頃の東大法なんて、団塊Jrのマーチレベル。
安倍シンゾウが勉強してないのには正しいが、他の連中も同じw

456 :名無しさんの主張:2006/07/11(火) 01:53:06
>>150
それ団塊ジュニア+就職難民世代だろ。
1975年前後生まれの…


457 :カッぺ:2006/07/11(火) 01:55:54
ゆとりDQN世代も社会に進出し
近くの大型スーパーでは
休日はまるでパチンコ屋や繁華街の雰囲気。


458 :名無しさんの主張:2006/07/11(火) 20:40:04
>>1
その時代、自分は中学生だったけど
休みの日は、たまに
家族で一緒に、高級ホテルで
フルコース料理食べていたな。(和食・洋食問わない)
正月頃には
沢山貰ったお年玉で、ファミコンのカセットや
ワープロ向けの学習ソフトまで買っていた。

459 :名無しさんの主張:2006/07/12(水) 00:46:05
>>1
「天安門事件」
「湾岸戦争」
「ソ連崩壊」
「911」

日本国内では
「オウム事件」
をきっかけに…


460 :名無しさんの主張:2006/07/12(水) 00:54:32
1990年に冷戦時代の価値観がひとまず終了。
冷戦が終結の91年〜94年あたりまでが
価値観の再構築(転換期)って感じ。
んで、95年あたりから、いよいよ、新しいが流れ
本格化って感じがするね。
さらに、01年には決定的になった。


461 :名無しさんの主張:2006/07/12(水) 00:58:42
「日本型社会主義は全然素晴らしくない 」

日本型社会主義といわれた時代を懐かしむ人がいる
しかしそれは会社中心主義の別名でしかない
長時間の残業、安い給料、男女差別

あの時代の何がいいのか?
しかもすでに行き詰ったシステムであることは間違いない

現在の雇用システムに問題があるとしてもあの時代に戻ることは許されない
モデルは他にあるはずである

ワークシェアリングやバカンスを導入するほうがよほどよいではないか。

462 :名無しさんの主張:2006/07/12(水) 01:22:30
>>25>>173
進歩して行き着く先は、「退廃」となる
日本。
現代なら
「バブル期」が表面化した頃が折り返し地点。

463 :名無しさんの主張:2006/07/12(水) 08:16:10
>>409
なるほど。
確かに、最近、コミュ能力ばかりうるさいよな。

今、ニートなどになったり、
ドロップアウト、社会参加から遠のいてる人たちは、
学力の劣った人たちでなく、
コミュ能力の欠けた人たちなんだよな。

464 :名無しさんの主張:2006/07/13(木) 14:38:40
日本は村社会やん
コネクションは重要だよ


465 :名無しさんの主張:2006/07/13(木) 22:00:35
>>60
さらに、砂浜消滅も進む

466 :名無しさんの主張:2006/07/14(金) 16:16:55
>>461
松山商で三沢と延長18回やって明大〜日本鋼管の樋野和寿選手は、
日本鋼管時代(昭和50年代)は、
巨人ですら月一のビフテキを毎日食べ、怪我したら毎日ハイヤー通勤。
社会人野球選手だけでなく、正社員や下請け社員も同等の待遇だったらしい。
もちろん当時は派遣請負は法律で禁止。
珍技労働者を高待遇にすることで、2度にわたるオイルショックを乗り切ったばかりでなく、
昭和50年代の10年間で年間所得が3倍に増大し、日本のGDPが4000jから20000jに激増した。

91年からの15年間は、昭和50年代の逆をやってる。出生率も昭和50年代は2.1以上あったが、
昭和60年の男女雇用機会均等法開始から昭和63年には出生率が1.9ぐらいに。

467 :名無しさんの主張:2006/07/15(土) 02:28:54
>>458
自分はその頃同じ年代だが、身体が柔らかいのか
陸上と体操競技のスポーツ特訓狂になっていた。
学校1位で県大会にも出た記憶が…

468 :名無しさんの主張:2006/07/15(土) 22:48:52
>>337
反日勢力だろ
ウヨサヨ問わない。
台湾の親日派すら踏みつけられて居る始末。

469 :名無しさんの主張:2006/07/17(月) 17:15:42
age.

470 :名無しさんの主張:2006/07/21(金) 06:56:11
世界的には1990年前後。

国内では95年→01年辺りから

471 :名無しさんの主張:2006/07/23(日) 00:25:20
>>49>>50>>51>>52
新聞・雑誌など「活字メディア」を読んでいても分かるが
電電公社や国鉄民営化後の昭和62年頃から
徐々に「公害汚染問題」「省エネ」「エントロピー」の文字が
消え始め、
昭和63年になってからは
夏場を中心に発生した世界的(特にアメリカ大熱波)異常気象
が秋になってから、大きく取り上げられ
「地球環境」「温暖化」「エコロジー」の文字に
一気に替わった。
日本でも、その手の報道がブームになり
大暖冬で昭和が終わった後の(自粛ムード期は除く)
平成1年夏にはその文字ばかりの嵐に…


472 :471:2006/07/23(日) 00:27:58
自分は現在30歳で気○業務関係やっているけど…

473 :名無しさんの主張:2006/07/23(日) 00:33:59
>>428
1985年生まれの高卒

474 :名無しさんの主張:2006/07/23(日) 02:00:09
>>471
そのころオゾンホール拡大の写真が衝撃的に使われていたな。
ちょうど1987年に観測されたものだっけ。

人口減とはいってもバブル期に比べたら日本のエネルギー消費量は多いんだよな。


475 :名無しさんの主張:2006/07/23(日) 02:51:44
http://env01.cool.ne.jp/ss02/ss025/ss025.htm

476 :名無しさんの主張:2006/07/23(日) 03:19:16
911テロが起きたのは
イラクの大量破壊兵器も一つの原因だ!という事にして置かないと
アメリカ(ネオコン利権)が戦争で環境破壊を正当化出来ない。


477 :名無しさんの主張:2006/07/23(日) 03:21:05
>>476
+イスラムとユダヤとキリスト教原理主義者による
テロ対テロも煽れない。

478 :名無しさんの主張:2006/07/23(日) 03:31:43
>>53>>60>>304

479 :名無しさんの主張:2006/07/24(月) 12:07:00
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1120185245/229-232

480 :名無しさんの主張:2006/07/25(火) 19:09:50
1991年当時の求人広告。期間工は月25マソからスタート。男子、女子、男女で募集。
派遣請負ゼロ、皿金広告ゼロ。

481 :名無しさんの主張:2006/07/26(水) 20:45:21
>>465
というか、国土の殆どの河川の上流をダムや防砂・護岸工事で
土砂をせき止め、さらに地形も考えずに
河口付近の海岸を削って、波消しコンクリートで囲い込めば
砂浜消滅現象は当然のことだ。(海面水位上昇・高潮による影響無しにしても)
さらに安いコンクリート構造物自体にも
海砂などを沢山使うし(気掛かりなのは日本海側)


482 :名無しさんの主張:2006/07/30(日) 06:17:24
>>153
構造改革≠実質的な国家破産への枠組み。


483 :本来無一物:2006/07/30(日) 07:06:26
>>480
ほんま?!
それから10年。何でこんな。。。

>>481
クニ破れて山河アリ→クニ(一応)栄えて山河ボロボロ ですな。
泣くに泣けない。



484 :名無しさんの主張:2006/07/30(日) 07:14:40
>>481
砂浜の砂は使えなくなったみたいですね。

485 :名無しさんの主張:2006/07/30(日) 19:27:45
1990年代(10年前)
「時短」「もっとゆとりを」「もっと休日を」「個性化」「経済大国から生活大国へ」
「脱偏差値」「脱学歴社会」「子供に愛情を」「塾通いを止めさせよう」「入試改革」

2000年以降
「弱肉強食」「もっと競争を」「ゆとり教育はダメだ」「夏休みを減らせ」「補習をやれ」
「塾通いしなきゃダメだ」「学力向上」「子供は厳しく躾ろ」
「成果主義・能力主義」「会社は株主のモノ」

486 :名無しさんの主張:2006/07/31(月) 22:05:36
>>485
2000年以降はウソ。
1990年代を引きずっている。
「マータリ主義」、「DQN大増殖」、「合理化された自己チュー」だな。

子供に厳しいとか、弱肉強食とは到底思えない。
自己満足に媚びた無情の愛が満ちている。例えば、ペットブームとか子供に溺愛する
親、以前と違うのは女性よりも男性に大きく広がっているのが2000年代の特徴。


487 :名無しさんの主張:2006/08/04(金) 09:36:20
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1134319903/
が過去ログ逝きに…

488 :名無しさんの主張:2006/08/04(金) 12:01:55
そして時代の転換期に生まれた俺は神

489 :名無しさんの主張:2006/08/08(火) 10:32:39
>>130
追加…

35:「新」南北問題とは(83)


490 :名無しさんの主張:2006/08/08(火) 10:36:33
http://img193.auctions.yahoo.co.jp/users/0/9/2/2/kasana0415-img600x450-1146919000a_263.jpg

http://img159.auctions.yahoo.co.jp/users/1/7/0/1/m_genbu-img307x410-1102675575dsc00006.jpg

491 :名無しさんの主張:2006/08/08(火) 10:43:20
http://img199.auctions.yahoo.co.jp/users/2/9/1/9/ymyyy522-img450x600-1150172872img_2458.jpg

492 :名無しさんの主張:2006/08/08(火) 10:45:31
http://img173.auctions.yahoo.co.jp/users/0/1/3/7/eemonjyarou-img600x450-1145101844358-1.jpg

493 :名無しさんの主張:2006/08/10(木) 06:13:16
>>474
>人口減とはいってもバブル期に比べたら日本のエネルギー消費量は多いんだよな。

確か、2005年現在で
CO2排出量に換算すると
1990年比で10パーセント以上増加だったな。

494 :名無しさんの主張:2006/08/12(土) 22:48:33
>>493
京都議定書の目標値を達成しつつあるのは
EU加盟国(大陸)の先進国、
または旧ソ連から独立した東欧諸国だ。

1990年比で8パーセント以上削減している。

495 :名無しさんの主張:2006/08/19(土) 21:05:24
ファミコンからPCエンジンへと
家庭用ゲーム機の一大転換期だったからな
当時ファミコンしか知らないガキは
PCエンジンの画面を見て未知との遭遇のように
驚愕したもんだよ。
いやUFOが着陸して宇宙人が手を振りながら降りてきても
こうまでの驚きや感動はないだろう。
とにかく当時のアーケードとほぼ同水準のグラフィックスを
備えたゲームが
なんと家庭でプレイできるようになるとは、
あの頃震える手で二万五千円を握り締めてPCエンジンを
買いに行った日のことは生涯忘れようもあるまい。

496 :名無しさんの主張:2006/08/19(土) 21:24:30
子供向けの娯楽も、この頃くらいからえらくお金がかかるようになった感じですね。
さらに進んで今の子は、そもそも外で遊びにくい。



497 :名無しさんの主張:2006/08/19(土) 21:58:46
この話が理解できるとは同じ世代のお人かな?
確かに
ゲームボーイやDSで
子供が外で活動する時間すら金儲けの対象にする
今の社会は行き過ぎだよ、
ゲームを愛する者として嘆かわしい。

498 :名無しさんの主張:2006/08/19(土) 22:05:35
教育にしろ遊戯にしろ子供が耐久消費財と化して久しいな。
出生率が66年を下回った丙午ショックも90年だったかな。

499 :名無しさんの主張:2006/08/21(月) 15:03:32
>>498
でも「出生数」は、2005年で昭和30年と同じぐらい。



500 :名無しさんの主張:2006/08/21(月) 19:42:32
>>471>>474
そういえば我が国では
1980年代の後半になってから今までに
オイルショックより前の高度経済成長期並の割合で
一般生活におけるエネルギー消費量が増大しているな。


501 :名無しさんの主張:2006/08/21(月) 19:52:36
人口減とはいってもボリュームゾーンの団塊ジュニア世代を中心に成人して生産、消費が増えた分なのか、
バブル期よりもエネルギー消費量が増えているな。

502 :名無しさんの主張:2006/08/21(月) 21:59:19
>>52
逆に言えば
オイルショックを教訓とした
日本の省エネ・環境汚染(公害)防止技術は
それだけ優れていたということ。

503 :名無しさんの主張:2006/08/21(月) 22:07:36
少し電線が切れただけで
交通も経済活動も大混乱になる程だから
現代社会は
いかに便利な文明の利器とエネルギー(電力)消費に頼っているかが分かる。

504 :名無しさんの主張:2006/08/24(木) 00:25:18
http://www1.biz.biglobe.ne.jp/~kadensha/mokuroku/06gendai.html
http://www.kirihara.co.jp/scope/MAR98/tema.html

505 :名無しさんの主張:2006/08/24(木) 00:31:05
>>504
90年代中期〜ミレニアム頃の(ry…

506 :名無しさんの主張:2006/08/24(木) 00:35:22
>>1
めんどくせーから、
ちょっとずれてるけど平成と昭和ってことで
区切ろうぜ。

507 :名無しさんの主張:2006/08/24(木) 00:37:29
http://that4.2ch.net/test/read.cgi/sepia/1110081544/l100
関連スレ

508 :名無しさんの主張:2006/08/28(月) 16:03:40
>>506
平成元年3月と平成3年12月では、明らかに空気が違ってた。
平成3年12月はもうバブル崩壊で平成18年現在と同じく、失われた時代。
特に就職氷河期世代には。


509 :名無しさんの主張:2006/08/29(火) 13:01:33
平成3年〜6年の間は

価値観の再構築期間

510 :鉄道マニア:2006/08/29(火) 13:06:41
自分は京浜東北線に
JR東日本独自のコンセプトである
209系が登場した年が
実態的な平成時代の幕開けだと思う。

511 :名無しさんの主張:2006/08/30(水) 16:41:46
age.

512 :名無しさんの主張:2006/08/31(木) 09:08:33
>>499
嘘つけ!昭和30年の出生数は丙午よりはずっと多いぞ。
>>498
それは87年。

513 :名無しさんの主張:2006/09/03(日) 03:00:03
ビックバン

514 :名無しさんの主張:2006/09/04(月) 10:54:04
90年以前は、バレーボールでも競輪でもホンダF1でも、日本が世界戦で強いので実態のあるブームだった。
中野浩一がいた当時(885年頃)の公営賭博の人気は、競輪>競艇=競馬>>>>オート

90年代以降はJリーグ、格闘技、男子シンクロとか、マスゴミや広告代理店の捏造ブームばかり。

515 :名無しさんの主張:2006/09/07(木) 15:48:16
ソ連崩壊&バブル崩壊の1991年は実質的な20世紀の終わり。
1992年〜2010年は20世紀から21世紀への過渡期。
団塊の定年退職が完了する2011年からが真の21世紀だろう。

516 :名無しさんの主張:2006/09/08(金) 16:18:39
>>514
80年代まではパリーグからラグビーとか競輪とかホッケーとかボートのエイトとか、
サッカー以外のスポーツ中継は今より多かった。

90年代以降は、目と頭が腐る低脳バラエティーばかり。

517 :名無しさんの主張:2006/09/09(土) 10:33:02
昭和64年は、7日間でしたっけ、8日から、平成に入るんだね。31歳の俺は当時中学生でした

518 :名無しさんの主張:2006/09/09(土) 10:42:30
1997年からではなく、1990年頃
から、じわじわと日本経済が崩壊に、

519 :名無しさんの主張:2006/09/09(土) 10:59:20
自分は1993〜95年辺りからだと思う。

520 :名無しさんの主張:2006/09/09(土) 11:19:10
>>1
バブル期から、
都市化気候の影響だけでなく
冬の天候そのものが暖冬ベース型にジャンプ。

521 :名無しさんの主張:2006/09/11(月) 11:27:03
1991年の小田和正「ラブ・ストーリーは突然に」が女性購買層だけでミリオンを超えて、
日本音楽業界は若い女性向けの歌謡曲に特化し、
いわゆるアイドルを絶滅させ、特に若い男性層を捨てた。
業界に捨てられた当時の若い男性層は、丁度その頃やってたセーラームーンの女性声優に飛びつき、
アイドル声優なるものが勃興する。
それを見たつんく♂がモー娘。からハロプロをこさえて、アイドル声優のファン層の半分をかっさらった。
購買層を女性に特化した音楽業界は、携帯電話に女性客を奪われて今ボロボロ。
女性に逃げられたからって、男性が戻ってくる訳でも無し。

522 :名無しさんの主張:2006/09/11(月) 23:31:55
>>396

523 :名無しさんの主張:2006/09/12(火) 00:10:54
>>510
ちょうど、千葉県の大手私鉄の
電車(ステンレスではない鋼製塗装車。ステンレス車でもバブル前に登場したグループは
帯が単色のみだった。)が、今の色に変わり始めた頃だね。

524 :転送:2006/09/12(火) 00:23:48
ttp://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=home&NWID=2006090901002165
「蟻の兵隊」予想外ヒット 新たに10都市で上映へ

1945年8月の終戦後も中国山西省に残留し、中国の内戦に巻き込まれた
元日本兵奥村和一さん(82)=東京都在住=を主人公にした
ドキュメンタリー映画「蟻(アリ)の兵隊」が、7月下旬の公開以来、関係者の予想を超えるヒットを続けている。

最初に公開された東京・渋谷の映画館では、初日から1週間の動員数がこの劇場の新記録を達成。
8月5日に公開された名古屋、大阪でも、大学生や戦争体験者らで連日満席状態が続き、
9月以降も、新たに札幌や京都、那覇など全国10都市での上映が決まった。 

新潟県出身の奥村さんは44年11月、20歳で徴兵され山西省へ。現地で終戦を迎えたが、上官に命令され残留。
約2600人の残留部隊は中国国民党系軍閥と結び付き、共産党軍との内戦に巻き込まれた。 (16:37)


525 :名無しさんの主張:2006/09/13(水) 08:55:07
>>428
元MD○Aさん?

今はあそこはスッカリ廃墟化したな…

526 :名無しさんの主張:2006/09/14(木) 15:15:34
>>521
94年から96年辺りに掛けての、小室サウンドの絶頂期なんて、若い女、取り分け
女子高生に市場を事実上絞り込み、TRFや安室なんかがCDのミリオンセラーを連発させて
音楽業界は栄華の絶頂期にあったって感じだった。この当時の音楽関係者は現在の
業界の惨状など想像すら出来なかった事だろう…。
時代を更に遡れば、80年代に入る頃には、音楽業界は既にアイドルを売り出して
事実上10代の市場だけに特化させ始めていた。20代以上の世代は男女共に早々と
切り捨てられたって感じだった。

527 :名無しさんの主張:2006/09/16(土) 02:32:05
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/rail/1146995405/l50
鉄道板から

528 :名無しさんの主張 :2006/09/16(土) 02:43:36
DQN文化15年史

529 :名無しさんの主張:2006/09/16(土) 09:14:30
バブル期の地価高騰のせいか、90年代以降
でかいマンションかちっぽけな一戸建てしか建たなくなった

530 :名無しさんの主張:2006/09/16(土) 15:21:29
age.

531 :名無しさんの主張:2006/09/20(水) 16:45:10
>>500>>529

ベイエリア、都市部(地方含む)の再開発エリアを中心に
高層マンションが、この10年で建ち過ぎ、

532 :名無しさんの主張:2006/09/22(金) 11:07:02
そう言えばマスゴミは、村山首相&河野総裁&土井衆院議長の自公社政権の時は、
オウム事件ネタばかりで、お馴染みの政権糾弾は一切してなかったな。

533 :名無しさんの主張:2006/09/23(土) 09:44:19
>>378>>382
2000年代末が気掛かりだね。

既に一億層中流〜バブル〜弾けた
我が国で暴動なんて起きないだろうが…

534 :名無しさんの主張:2006/09/23(土) 17:35:17
>>532
地震の時に糾弾あったけど短命だったしな。森嘉郎は別格。

535 :名無しさんの主張:2006/09/24(日) 11:19:42
子どもに何か問題が起こるたびに(犯罪や学力低下など)
ますます管理主義を強めてしまっているが実際には・・・・

小学生の校内暴力の増加
優等生の凶悪犯罪

を招いてしまっている

536 :名無しさんの主張:2006/09/24(日) 11:20:59
>>534
>地震の時に糾弾

阪神大震災の時の自衛隊出動云々か。

537 :名無しさんの主張:2006/09/24(日) 21:43:32
大規模災害時などの非常事態の自衛隊出動は絶叫するべきではないこと。

反日プロ市民は害悪だな。

538 :名無しさんの主張:2006/09/24(日) 22:46:53
>>495
自分は、この当時は
スーパー・ファミコンを(ry…

539 :538:2006/09/24(日) 22:50:09
親に似ていたのか、中学になってからは
近視も同時進行。

540 :名無しさんの主張:2006/09/25(月) 00:35:49
文芸春秋編集長

「相続税はもっと累進的にかけ、
金持ちは一代限りで終わらせなければならない。

私腹を壊さないと、資本主義は駄目になってしまう。

政府は取った遺産を法人で所有させるか、所得再配分にするか、
新規ベンチャーへの資本として有効に生かせばいい。

生まれがどこでも競争が出来る社会にするのが好ましい。」



541 :名無しさんの主張:2006/09/25(月) 04:35:26
>>532
当時の売国政権にとって、あの2つの大事件は今思えば寧ろ僥倖だったろうな。

542 :名無しさんの主張:2006/09/25(月) 18:25:46
>>496
遊繊王カードで経験したけど
話題についていけない子はいじめの対象、とかな…

543 :名無しでGOGOGO!  :2006/09/27(水) 10:03:14
>>525
mixi並に書き込み規制が厳しくなり
一部のカテゴリは認証登録制になったからなあ。

そりゃ、あぶれた住人は
2ちゃんや他巨大スレッド掲示板軍を
徘徊するだろうw

544 :名無しさんの主張:2006/09/28(木) 15:58:51
>>290
中国などの超大陸国から比べると
はるかにマシだった(実際に)

545 :名無しさんの主張:2006/09/29(金) 15:27:26
>>540
外形標準累進課税のことか。
日本はアメリカや大英帝国と違って、貧乏と戦い続けないといけない地勢だからな。

546 :名無しさんの主張:2006/10/01(日) 14:35:01
>>532
今やとっくに「自由民主党」なんて
見せ掛けだけの時代ですよ。

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1159618707/l100

547 :名無しさんの主張:2006/10/05(木) 09:57:28
>>533
>2000年代末

その頃、国内的には最も大きな時代の転換期になる可能性が強い。
ご存知の通り、2007〜2011年に団塊が大量に定年退職するからである。
国内的には、団塊がリタイアした2011年以降が真の21世紀になるだろう。


548 :名無しさんの主張:2006/10/10(火) 11:01:24
1980年代までは、TVラジオの懐メロ番組で軍歌が当たり前のように流されてたが、
1991〜2年頃から一切かからなくなったな。
反日サヨが一番勢威を教授しているのが90年代以降の平成日本だ。

549 :名無しさんの主張:2006/10/19(木) 12:11:22 ID:???
1990年代の人事マンは、↓の様な連中を積極的に採用してた。

   ミミ ヽヽヽヽリリノノノノノ
    ミ   ,,、,、,、,、,、、,、,、、 彡
    .l  i'"         i彡
    |  」    ⌒' '⌒ |
   ,r- /  ■■■■■■
   l り      ノ( 、_, )ヽ | 
   ー    ノ、__!!_、 |
   ∧.     ヽニニソ  | 
   /\ヽ         ノ
 /     ヽ.  `ー--一' ノ/ヽ


550 :名無しさんの主張:2006/10/28(土) 02:13:15 ID:???
>>516
亀レスだが、今はそういう番組はみんなBSやCSに流れたんだよ。
言われてみれば確かにアマチュア競技の中継は昔と比べて減ったような気がするわ。
今じゃトップリーグもVリーグも民放ではほとんど中継しなくなったし。
逆に短期間の国際大会の独占中継は急増したけど(例えば世陸や世水や世柔)。

いずれにせよパーフェクTVの出現以降、スポーツを含めた
地上波放送が急激に劣化したことは間違いない。

551 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 13:18:20 ID:AOvh1sKV
>>1
その昭和〜平成時代への移行期に

公務員優遇年金制度も始まった。


552 :名無しさんの主張:2006/10/29(日) 14:26:35 ID:XPcDYTCY
男性差別時代に本格移行。大転換は今始まったばかり。単なる大卒は底辺へ追いやられるだろう。

553 :名無しさんの主張:2006/11/13(月) 16:43:02 ID:???
1970〜80年代の「英国病」「衰退するアメリカ」をもたらしたのは、
昭和20年代に占領軍兵士として三国人に与して、無辜の日本人に対し悪の限りを尽くした、
当時の20〜30代連合国軍民が、50〜60代になって権力の中枢に立った時。
日本だと、団塊を中心としたGHQチルドレン(奥田からバブル世代まで)が、
1990年代に入り50〜60代になって権力の中枢に立った時、日本が滅茶苦茶になったのと同じ。
ただ、連合國兵士は連合国に忠誠を誓っているが、GHQチルドレンの忠誠の対象は、日本じゃなくて、反日の為に連合国及び特定アジアだからなぁ。


554 :名無しさんの主張:2006/11/17(金) 19:01:03 ID:kEO6eL30
×ゲーム


555 :名無しさんの主張:2006/11/23(木) 18:50:23 ID:???
>>552
何でも「被害者意識」

男女平等企画を言い訳に

言論弾圧を推し進め

創価とつるんで、「女性専用車設置推進」を強行。


556 :名無しさんの主張:2006/11/27(月) 19:27:05 ID:gWfwoXdt
正直者にとっては
精神的に負担が大きい
このご時世。

557 :名無しさんの主張:2006/11/27(月) 22:32:41 ID:???
景気はいざなぎ越えだが実感無き景気回復などと言われるが、
実は80年代のバブル景気も恩恵を受けたのはごく一部の層だけだった。

558 :名無しさんの主張:2006/11/27(月) 22:48:36 ID:???
http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/nendai/1122965974/213

559 :名無しさんの主張:2006/11/28(火) 22:09:26 ID:VQA5brDQ
このままだと2000年に(実質的に)本格スタートした2ちゃんねるも
2011年頃までには完全終了するだろうね。

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1151383670/l100

560 :名無しさんの主張:2006/12/01(金) 03:57:50 ID:???
匿名掲示板から、きらめきと魔術的な美がついに奪い盗られてしまった。
ひろゆきや夜勤たん、1の母達が、名無したちと危険を分かち合いながら、
テレホでUGを駆け巡り、2chで運命を決する。

そんなことはもうなくなった……。

これからの2ちゃんねらーは、安全で静かで、物憂い部屋にいてDQNやイデオロギー厨達に囲まれて座る。
一方、何千というスレとブログが、ソースひとつでVIPPERの気紛れによって殺され息の根を止められる。
これから先におこる祭りは、女性や子供や一般市民全体を殺す事になるだろう。
やがて、それぞれの板は大規模で、限界のない、一度発動されたら制御不能となるような
2ちゃんねらー操作の為のシステムを産み出すことになる。
2ちゃんねらー達は、初めて自分たちを絶滅させることが出来る道具を手に入れた。
これこそが、人類の栄光と苦労の全てが最後に到達した運命である。


                              W・2チャーチル「世界の危機」より


561 :名無しさんの主張:2006/12/03(日) 02:03:00 ID:???
1987年 
国鉄解体
分割民営化

それから20年…

>>533

562 :名無しさんの主張:2006/12/04(月) 16:15:42 ID:???
1991年に某ナベ○ネがデビューしてから、それまでと世間の空気が変わったな。

563 :名無しさんの主張:2006/12/05(火) 01:04:34 ID:aeMd3buG
age.

564 :名無しさんの主張:2006/12/12(火) 13:27:42 ID:ZMq0kjHS
>>113
>>428
俺は1990年生まれの高1なんですが、もろその兆候があります。

565 :名無しさんの主張:2006/12/12(火) 13:39:16 ID:ZMq0kjHS
というか、俺の学校皆そんな感じな気がします。
いじめで自殺している人が激増しているのは俺の一つ下辺りからなのですが、俺らと同い年の連中は(今まで出会ってきた奴等)は凶悪ないじめをするというよりはむしろ無気力。逆に一つ下からは俺らよりはやる気・気力はありそうなんだけど空回りしている、といった感じ。
一つ上の世代とは価値観とか全く同じようなもんなんだけど、一つ下からは違う。
しかも、部活で後輩と話す時とかたまにジェネレーションギャップ感じる。(10歳上でも感じないのに)

俺が出会った人だけに限定するけど、90年生まれと91年生まれはある意味何もかも違っていた。そういうのも併せて考えれば、確かに90年と91年は時代の転換点かと思います。
って言う俺はその頃赤ん坊だったが。

566 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 14:48:57 ID:???
今思えば、91年までが実質的な1980年代後半で、92〜97年が1990年代全般だな。
98〜99年は、もう2000年代同然という感じだった。


567 :名無しさんの主張:2006/12/15(金) 22:32:50 ID:???
ttp://homepage.mac.com/biogon_21/iblog/B1604743443/index.html

568 :名無しさんの主張:2006/12/16(土) 10:29:50 ID:???
93年の衆院選による政界再編は、
狙い済ましたかのように就職氷河期世代が選挙権を取る直前に行ったな。
結果、在日童話マスゴミ団塊が夢にまで見た反日政権に…。

569 :名無しさんの主張:2006/12/19(火) 16:29:49 ID:???
「浪漫」の1910年代
「恐慌」の1920年代
「膨張」の1930年代
「奈落」の1940年代
「悲惨」な1950年代
「成長」の1960年代
「混騒」の1970年代
「軽薄」の1980年代
「失われた」1990年代
「奸凶」な2000年代 ←今ココ
「光明」の2010年代
「基礎」の2020年代
「発展」の2030年代
「正義」の2040年代
「栄光」の2050年代
「調整」の2060年代
「拡大」の2070年代
「獲得」の2080年代
「確立」の2090年代
「離陸」の2100年代
「安寧」の2110年代 ←ドラえもん誕生

570 :名無しさんの主張:2006/12/21(木) 18:37:04 ID:???
<人口推計>55年には8993万人 65歳以上4割に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061220-00000086-mai-pol

今の日本の状態が続けば1億人切るのに20年も掛からないだろ。
企業神様・労働者奴隷の社会が実現すればもっと早まるな。
しかも、減るのは主に真面目な働き盛りの労働者。
日本が老人とDQNで埋め尽くされる日もそう遠くは無い。
大地震(天変地異)は、いつ起きるか分からないからともかく、
戦争が起きないとも限らない状況。


571 :名無しさんの主張:2006/12/21(木) 18:52:25 ID:???
日本で、今後、
致命的な障害などがあって働けなくても生きて行けるのは一部の人だけ
例えばこんな人たち
・公務員
・在日朝鮮人
・B落

ちなみに善良な日本人は生活保護を打ち切られて餓死しますw
1980年代〜90年代とは、もう違います。

572 :名無しさんの主張:2006/12/29(金) 01:14:42 ID:WFeIeJ93
>>570>>571
日本国民のニート・フリーター・下層派遣社員・生活保護ホームレス層
増えたまま、あるいは
増えざる終えなくなった状態で、問題を大きくしているからなw

日本が移民制度(特に、心の底から反日支援している国からも含め)
を受け入れ、本当に、DQNで埋め尽くされて凶悪犯も急増しそうな悪感。

99パーセントが下層社会になる。
(既にそうなる気配あり)

573 :572訂正:2006/12/29(金) 01:17:17 ID:???
日本国民のニート・フリーター・下層派遣社員・生活保護ホームレス層
増えたまま、あるいは
増えざる終えなくなった状態で、問題を大きくしているからなw

これで、将来、日本が移民制度(特に、心の底から反日支援している国からも含め)
を受け入れれば、本当に、DQNで埋め尽くされて凶悪犯も急増しそうな悪感。

99パーセントが下層社会になる。
(既にそうなる気配あり)


152 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)