5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

世界一のテロ集団=アメリカ、親米保守

1 :名無しさんの主張:05/02/11 15:10:09
ついでに層化も。

2 :名無しさんの主張 :05/02/11 15:11:32
アメリカ型の自由の価値観

3 :名無しさんの主張:05/02/11 15:11:49
日本はアメリカと手を組まないと生き残れません

4 :名無しさんの主張:05/02/11 15:17:51
ネタ?
>>3

5 :名無しさんの主張:05/02/11 15:26:36
層化は正体不明な宗教集団。カルトがかかってるから、怖さにも
底知れなさがある。

6 :名無しさんの主張:05/02/11 15:27:33
>>4
ネタのわけない
当たり前だろ

7 :名無しさんの主張:05/02/11 16:24:51
その根拠は?
>>6

8 :名無しさんの主張:05/02/11 21:26:31
極右カルト集団層化晒しあげ

9 :名無しさんの主張:05/02/11 23:04:04
>>3
アメリカという国家が出現するまでは
日本は死んでいたのか?

10 :名無しさんの主張:05/02/12 16:03:51
>>9
激しく同意。




11 :名無しさんの主張:05/02/12 16:31:36
アメリカという国家が現れる遥か以前から日本は存在している。


12 :名無しさんの主張:05/02/16 16:57:05
ネットに常駐する「自称」愛国者、親米保守の本性。

ネット】ひろゆき、プロ右翼常駐と発言B【2ch】
1 名前: 1 投稿日: 02/06/28 02:05 ID:owGxMmzF

まあ今さらなんですけど、万が一知らない人のために。
ひろゆきは「2ちゃんねるラジオ」の2001年8月29日放送分で、
2chのニュース極東をはじめとして、ニュース速報、マスコミ、政治など各社会系の板で
嫌韓ネタを書き込んでるのは世論操作を狙った職業右翼の組織的仕業と発言しています。
一部抜粋
ひろゆき「韓国ネタ多かったのは確かだねえ。あれはやっぱ、職業右翼の方がいるからでしょう。」
    「それにしてはねー、あのねー、IDいっしょの人が多かったりとかたまにあんだよね。」
隊長  「たしかにね、何人もいないで書いてるだろうてのはあるけれど、
     ただ、24時間ずっと書いてるからね。」
ひ・艪ォ「んー、だからまあ、組織的なら、2人居れば十分だからね。」
隊長  「まあね、2人ぐらい居ればなあ。だから、そういう意味では、なんかやってそうだよね。(藁」
ひろゆき(藁)
2001年8月29日放送分のWMPファイル。
http://backradio.tripod.co.jp/asx/runr0829.asx

前スレhttp://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1025168936/

聞く前にググってみよう。

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&ie=UTF-8&q=%E3%81%B2%E3%82%8D%E3%82%86%E3%81%8D%E3%80

13 :名無しさんの主張 :05/02/16 17:04:28
少数民族や過激派グループらの反発によってアメリカの立場や存在意義
が火消し役としての名目ができあがるのは皮肉である。

14 :名無しさんの主張:05/02/16 18:26:58
層化はカルト右翼

15 :名無しさんの主張:05/02/17 09:02:39
アメリカ帰りの勘違い野朗や社会の搾取する側の人間は
アメリカ的(ユダヤ・アングロ型)資本主義を日本に浸透させさも
これしか今の閉塞感を打開する策はないような言い方をして民衆を
扇動しているが、大多数の労働者である(認識してないバカが多いが)
民はますます苦しくなるのをどれだけ認識しているのか?
共産主義は崩壊しただの時代錯誤だのと反共を煽り、さも
アングロ型グローバリズムが時代のトレンドで絶対的なもののように
民衆を騙す現政権やマスメディアに踊らされている愚かな民衆。
確かに旧ソ連や中国など共産国家を見ても分かるように権力が集中しやすく
非民主化しやすいのは厳然たる事実ではあるが、それと労働者の権利、
社会主義的福祉政策などは論点がそもそも異なる。現代資本主義先進国でも
弱者である民衆はマルクス主義(修正主義も含む包括的な意味において)から得られた
恩恵は大きいのだよ。
つまりこれらの歴史から得られた単純明快な結論は極端に走ると常に
旨く機能しないと言う現実。そのしわ寄せは弱者である大多数の民衆にかかるのだ。
旧ソ連や東側諸国にしても香港やアメリカなどの資本主義が極端な社会も
大多数の弱い民衆にとっては性質は違うが苦しい社会である事には変わりはない。
現代のドイツやオランダを見てみれば分かるように豊かで福祉が充実していて
民度が高く、国民の標準がゆとりのある生活をしているだろう?
なぜなら彼等は弱肉強食のアングロ型資本主義を捨て国家社会主義型の
ソビエトを捨てその長所をとった中間型を選択しているからだ。
修正された資本主義であり修正された社会主義といっていいいだろう。
古くから東洋でも中庸と言うものが最も合理的であると言うじゃないかね?
この選択こそが我々民衆が幸福追求できる鍵ではないかね?
しかしこの最もシンプルである真理をあえて表に出さないのはこの国の右翼勢力も左翼勢力も
この本質を民衆から遠ざけたいからではないだろうか・・・



16 :名無しさんの主張:05/02/19 12:16:06
     ,,,,,,,.-‐‐‐‐---,,,,,
   /::::::::::::::::::::::::::::::; :;:::"'
  /:::::;;:::::::::::::::::::::::::;;;ノ ヽ;:::\
 /::::::::ノ""'''''‐‐-‐'''"    ヽ:;::|
 |::::::::::| ノ(          |ミ| 
. |:::::::::/ ⌒          .|ミ|
 |::::::::|    ,,,,,,, ノ ヽ,,,,,   |ミ|   __________
  |彡|.  '''"""    """'' .|/  /
 /⌒|  -=・=‐,   =・=-  |  | うんこ臭い>>1よ。
 | (    "''''"   | "''''"  | < いくつ糞スレ立てたら気が済むんだ?
  ヽ,,         ヽ    .|  | 即刻、花畑運河に飛び込んで氏ね。
    |       ^-^     |  \
._/|     -====-   |     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
::;/:::::::|\.    "'''''''"   /
/:::::::::::|. \ .,_____,,,./::\


17 :名無しさんの主張:05/02/25 08:37:31
会社の買収についても、アメリカ様のやり方を踏襲して
商法をきちんと改正した上でやればいいのに、どうして
いまだに官民一体で、生き恥晒してんの、親米保守って。

18 :名無しさんの主張:05/02/25 12:13:01
いくら狂牛病で脳味噌が逝ってるからとはいえ、アメリカ人や親米保守並みの
脳味噌不自由さを強要するって、テロ国家そのものじゃないか?

米国産牛肉:
早期輸入解禁なければ報復も 米上院議員
 【ワシントン木村旬】牛海綿状脳症(BSE)の感染発生で日本が米国産牛肉の輸入を禁止している問題で、共和、民主両党の米上院議員20人が「早急に輸入を解禁しなければ、
米議会は報復措置を取るかもしれない」と連名の書簡を加藤良三駐米大使に送っていたことが24日分かった。



19 :名無しさんの主張:05/02/26 12:48:26
そもそもキリスト教、プロテスタントは、信仰の根源は、「謙遜」「謙虚」じゃないのか?
アメリカ人は脳味噌不自由だから、これまで歴史上、多民族に自分たちが行ってきたことを
同害報復されて、完全に脳味噌が逝っちまってる。


20 :名無しさんの主張:05/02/28 16:53:32
被ばく異常の疑い伝えず ビキニ水爆実験で新文書
 【ワシントン27日共同】1954年3月1日、太平洋のビキニ環礁で行われた米国の水爆実験の後、「死の灰」を浴びた日本のマグロ漁船「第五福竜丸」乗組員の生殖機能が一時的に低下し、
放射能との関連が強く疑われるとの情報を日米両国の関係機関が共有しながら「機密扱い」とし、患者の乗組員にも知らせていなかったことが27日までに、米公文書や当事者の証言から明らかになった。
 当時は第五福竜丸事件を機に原水爆禁止運動が全国的な盛り上がりを見せていた。こうした情報が明るみに出れば、日本人の反米・反核感情に火を付け、東西冷戦の真っただ中で核軍拡を進める
米国の軍事政策や日米の補償交渉に影響を与える可能性があった。日本側の関係機関が広島、長崎の被爆者に配慮したとの指摘もある。


21 :名無しさんの主張:05/03/01 15:18:49
相変わらずの大艦巨砲主義と、一等国の幻という過去の栄光に縋りついてばかりいて、
現実逃避の夢精三昧、アメリカと親米保守。こいつら、地球温暖化に伴って、脳みそとけて師ねや。

22 :名無しさんの主張:05/03/02 10:51:04
北朝鮮のテポドンでもいいし、世界中の核搭載大陸間弾道弾が
何かのはずみで、ニューヨークに一斉に向けられて発射されたら
面白い。

23 :名無しさんの主張:05/03/02 10:52:57
↑そう思うだろう?フフフ
それぐらいアメリカ人だって予期しているだろう。

24 :名無しさんの主張:05/03/02 17:39:03
>>22
マジレスすれば届くわけない。
せいぜい韓国か日本まで。

25 :名無しさんの主張:05/03/02 17:39:58
もしアメリカにまで届くんならアメ公が放っておくわけない。

26 :名無しさんの主張:05/03/02 19:56:20
米大統領 牛肉問題で日本批判

年次報告 輸出再開「最優先に」

 ブッシュ米大統領は一日、議会へ提出した年次通商報告で、牛海綿状脳症(BSE)の発生を理由に
米国産牛肉の輸入を日本が禁止していることについて「重要な進展を引き続き欠いている」と述べ、貿易再開に
向けた日本側の対応の遅れを強く批判した。
 日米両政府は昨年十月に生後二十ヵ月以下の若い牛に限定して貿易を再開する枠組みで合意したが、国内対策の
見直しをめぐる日本側の審議が決着せず、具体的な再開時期は固まっていない。
 報告は牛肉輸出の再開を「政権が通商面で抱えている最優先課題だ」と位置付けた上で「牛肉関連業界に深刻な
影響を与えている」と言及、再開に向けて「あらゆる手段をとる」と明言した。米国では対日報復法案提出の動きが
議会で出るなど禁輸長期化へいら立ちが深まっている。
 日本の郵政民営化に関連した簡易保険事業の見直しについては「競争上の問題を含む深刻な懸念がなお存在する」
と指摘、課税などの面で民間企業と競争条件を同等にすることを重ねて求めた。


27 :名無しさんの主張:05/03/02 19:57:37
郵政民営化問題の本質──「郵政民営化は米国の仕掛けた罠だ」(『月刊日本』2005年3月号特集「郵貯・簡保をハゲタカ・ファンドの餌食にするな」)より
「戦争はすべて盗むことのみを目的とする」(ボルテール)
[郵政民営化は日本国民の富が盗まれることである。これは、日本が米国との経済戦争に負けて、経済敗戦国となり、米国の事実上の占領下に置かれ、小泉政権が米国の傀儡政権化した結果起きていることである。]

 以下は『月刊日本』からの引用です。長い引用をお許しください。
 〈米政府の「対日要望書」 2001年6月の日米首脳会談で、規制改革・競争政策に関する分野横断的な「規制改革イニシアティブ」を発足させた。
以来、米政府はこのイニシアティブに基づいて、毎年10月に正式な外交文書として「対日要望書」を提出し、日本政府にその内容を実行するよう強く迫ってきた。
 2004年版の目次には、「電気通信、情報技術(IT)、エネルギー、医療機器・医薬品、金融サービス、競争政策、透明性およびその他の政府慣行、
民営化、法務制度改革、商法、流通」といった米政府・企業の関心の深い分野で、わが国が規制を撤廃すべきであると詳細に論じ、要望している。
 郵政民営化について、2003年版の「要望書」では「競争政策、透明性」という項目でごく簡単に触れただけだったが、昨年10月に出された2004年版では、
冒頭からかなりのページを使って郵政民政化の実現を主張し、民営化に対する政府の干渉排除を強く求めている。
 「民営化」という項目で、米国政府は郵政民営化問題で、詳細な「要望」を出している。少し長い引用になるが、以下「要望書」の中から該当部分を列記する。

28 :名無しさんの主張:05/03/02 19:58:06
 (一)−A 郵便保険と郵便貯金
  日本郵政公社の民営化が、経済財政諮問会議の求める民間企業との間の「イコールフッティング」を完全に達成し、また日本の保険および銀行分野に公正な競争をもたらすために、
米国政府は日本政府に以下の方策を取るよう求める。
(一)−A−1 民間企業と完全に同一の競争条件を整備する。それには次のものを含む。
(一)−A−1−a 郵便保険と郵便貯金事業に、民間企業と同様の法律、規制、納税条件、責任準備金条件、基準、および規制監督を適用すること。
 (一)−A−1−b 特に郵便保険と郵便貯金事業の政府保有株式の完全売却が完了するまでの間、新規の郵便保険と郵便貯金商品に暗黙の政府保証があるかのような認識が国民に生じないよう、
十分な方策を取る。
(一)−A−1−c 新規の郵便保険、郵便貯金および他の関連業務との間の取引がアームスレングスであることを保証するため、完全な会計の透明性を含む適切な措置を実施する。
また、日本郵政公社の金融事業と非金融事業の間の相互補助の可能性を排除する。そして (一)−A−1−d 新規の郵便保険と郵便貯金が、その市場支配力を行使して競争を歪曲することが無いよう保証するため、
独占禁止法の厳格な施行を含む適切な措置を実施する。
 (一)−A−2 新しい貸付業務や郵便保険事業による新規または変更された保険商品の導入、または郵便貯金事業における元金無保証型投資商品の元売りを、(上記で提案したとおり)
真に同一の競争条件が整備されるまでは一時停止する。また、同一の競争条件の実現後には、このような商品やサービスがバランス良く導入されることを保証する。
 (一)−A−3 日本政府が、民間で元受けをする元金無保証型投資商品を日本郵政公社で取り扱うことを許可する計画を進めるにあたり、それらの商品の選択が公平で透明性のある形で行われるよう保証する。
 (一)−A−4 日本郵政公社において販売される民間企業元受けの保険商品の選択が、公平で透明性がある形で行われるよう保証する。
(一)−A−5 日本郵政公社の民営化の過程で、郵便保険および郵便貯金事業に新たな優遇が与えられないよう保証する。


29 :名無しさんの主張:05/03/02 19:58:43
 (一)−A 郵便保険と郵便貯金
  日本郵政公社の民営化が、経済財政諮問会議の求める民間企業との間の「イコールフッティング」を完全に達成し、また日本の保険および銀行分野に公正な競争をもたらすために、
米国政府は日本政府に以下の方策を取るよう求める。
(一)−A−1 民間企業と完全に同一の競争条件を整備する。それには次のものを含む。
(一)−A−1−a 郵便保険と郵便貯金事業に、民間企業と同様の法律、規制、納税条件、責任準備金条件、基準、および規制監督を適用すること。
 (一)−A−1−b 特に郵便保険と郵便貯金事業の政府保有株式の完全売却が完了するまでの間、新規の郵便保険と郵便貯金商品に暗黙の政府保証があるかのような認識が国民に生じないよう、
十分な方策を取る。
(一)−A−1−c 新規の郵便保険、郵便貯金および他の関連業務との間の取引がアームスレングスであることを保証するため、完全な会計の透明性を含む適切な措置を実施する。
また、日本郵政公社の金融事業と非金融事業の間の相互補助の可能性を排除する。そして (一)−A−1−d 新規の郵便保険と郵便貯金が、その市場支配力を行使して競争を歪曲することが無いよう保証するため、
独占禁止法の厳格な施行を含む適切な措置を実施する。
 (一)−A−2 新しい貸付業務や郵便保険事業による新規または変更された保険商品の導入、または郵便貯金事業における元金無保証型投資商品の元売りを、(上記で提案したとおり)
真に同一の競争条件が整備されるまでは一時停止する。また、同一の競争条件の実現後には、このような商品やサービスがバランス良く導入されることを保証する。
 (一)−A−3 日本政府が、民間で元受けをする元金無保証型投資商品を日本郵政公社で取り扱うことを許可する計画を進めるにあたり、それらの商品の選択が公平で透明性のある形で行われるよう保証する。
 (一)−A−4 日本郵政公社において販売される民間企業元受けの保険商品の選択が、公平で透明性がある形で行われるよう保証する。
(一)−A−5 日本郵政公社の民営化の過程で、郵便保険および郵便貯金事業に新たな優遇が与えられないよう保証する。



30 :名無しさんの主張:05/03/02 20:04:11
泉何とか言う腰抜け親米厨房、アメリカ様の前だと、何も言えずに、小便垂れ流しか。

31 :名無しさんの主張:05/03/02 20:10:54
>>15
右があって、左があって、じゃあ真ん中がいいなどと
短絡的である。社会など人間が基本であって、
その上に成り立つものである。
資本主義でも十分人間は幸せになれる。
負けたほうの人間は、何が足りないのか理解し、努力しなければ
ならないのは当然であって、すべて保障されているとは
おこがましい。努力から逃げているとしか思えない。
アメリカの富豪達は富豪になるまでに何度か破産しているとも聞く。


32 :名無しさんの主張:05/03/02 20:11:40
 (一)−A−6 郵便保険と郵便貯金事業の民間企業に対する競争の状況を定期的に調査するための独立した委員会を設置し、民営化の過程において一貫して、同一の競争条件の継続を保証することを目指す。
 (一)−B 宅配便サービス 日本郵政公社と宅配便業者間の公正な競争を促進するため、米国政府は日本国政府に対して、下記の方策を取ることを要望する。
 (一)−B−1 独立した規制機関 郵便業務に関する規制当局は日本郵政公社から完全に切り離されかつ独立した機関であることを確実にし、日本郵政公社あるいは公社の管轄下にあるどのような組織であれ、
非競争的な方法で事業を展開しないことを確保するための十分な権限を持てるようにする。
 (一)−B−2 非差別的な処遇 税金や他の料金免除など競争条件を変更するような特別な便益や、物品の運送に関して政府機関による特別な取り扱いや、関税業務にかかるコストの免除などが、
政府政策により競争サービスのあるひとつの提供者のみに与えられないことを必要に応じて確実にする。
 (一)−B−3 相互補助 競争サービス条件下で、全国一律サービスの提供から得られた収益を用い非競争的な相互補助が行われることの防止監督をする。ひとつの監督方法は、
日本郵政公社および全ての関連会社の会計が分離、独立でありかつ完全に透明性のあるものとすることであろう。


33 :名無しさんの主張:05/03/02 20:12:16
 (一)−C 透明性 米国政府は、日本郵政公社の民営化の過程において、下記の方法により、透明性が継続的に確保されるよう求める。
 (一)−C−1 日本郵政公社民営化の準備期および移行期において、民間の利害関係者(外資系を含む)の要請に基づき、民間企業に影響が及ぶ可能性のある論点について、
総務省、郵政民営化準備室、金融庁を含む関係省庁の職員と意見交換をする有意義な機会が提供されるようにする。
 (一)−C−2 日本政府が開催する委員会やそれら委員会の構成要素の中で、日本郵政公社民営化の準備期および移行期において民間企業に影響が及ぶ可能性のある論点について、
民間の利害関係者(外資系を含む)が積極的にその議論に貢献する有意義な機会が提供されるようにする。
 (一)−C−3 民営化に関する施行規則および省令等の準備も含めて、パブリックコメント手続きが十分に利用され、また最終判断を行なうにあたり、
そのコメントが考慮されるようにする。〉 以上が「対日要望書」です。実に詳細を極めた内容です。

 以下は、『月刊日本』編集部の解説です。引用します。
 〈透明性、市場原理、公正な競争などの美辞麗句をちりばめながら、郵便貯金と郵便保険の完全民営化要求、民営化前の新規商品販売の厳禁、
民営化移行期での疑義を外資系企業が直接総務省等に提議する権限確保など、米国政府・米系金融機関の求めるものが列挙されている。
 米国政府・米系金融機関の集大成ともいえる「要望書」の内容には、実はわが国財務省の官僚が関わっている。巨額の財政赤字に苦しむ財務省官僚は、
郵政民営化によって財政健全化を目指そうと目論み、米国に対して詳細な資料を提供するなど、「対日要望書」の作成に関して緊密な連携をとっている事実も指摘しておきたい。
 「対日要望書」から明らかとなる米政府の真の狙いは、郵便・宅配業務などではなく、郵便貯金と簡易保険で集めた350兆円もの膨大な資金、マーケットを、
どう自らに有利に獲得するかということに尽きる。(後略)〉

 郵便貯金と簡易保険の350兆円は、日本国民一人一人が預け、納めたものです。これをハゲタカ・ファンドの餌食にするなどということは許されざることです。
小泉首相と竹中郵政民営化担当相がやろうとしていることは、日本国民の利益を踏みにじることです。


34 :名無しさんの主張:05/03/02 20:13:46
>>31
それは富豪を見せて己の貧しさから目を逸らさせる為の
詭弁以外の何物でもないのである。

35 :名無しさんの主張:05/03/02 20:17:01
>>34
証明せよ。


36 :名無しさんの主張:05/03/02 20:18:48
>>35
言葉で証明することは不可能である。
ただ諸外国に目を向けるべし。そこに実験例が
存在する。

37 :名無しさんの主張:05/03/02 20:19:19
郵便局は銀行か?
保険屋か?
単なる宅配やである。


38 :名無しさんの主張:05/03/02 20:20:09
>>36
諸外国ってどこ?


39 :名無しさんの主張:05/03/02 20:20:29
俺は銀行よりも郵便局に
金を預けることを望む。

40 :名無しさんの主張:05/03/02 20:23:14
しかしながらこの郵便局のネットワークという
ものの可能性は否定できず、貯金、保険を切り離し、
郵便事業のみを国営とし、またこのネットワークを
活用するなにかがあるはずである。
たとえばマイクロソフトのCD-ROMの配布などである。


41 :名無しさんの主張:05/03/02 20:24:30
>>38
自分で好例を出してるじゃないか。
所持金によって勝敗を決することは国家、国民にとって
本来何ら意味を成さないのである。

42 :名無しさんの主張:05/03/02 20:25:52
>>39
君のような人間がいるからこの国はおしまいである。
リスクを完全になくすことは不可能であり、
歩いているだけで車に引かれて死ぬことだって
あるわけであって、だから歩かないなどと
いうばかもいまい。
銀行に預けるというのはどの銀行がリスクが低いか
自分で選択して、責任をとらねばならない。
それが自己責任というもので、自由の代償でもある。


43 :名無しさんの主張:05/03/02 20:26:41
>>40
洒落で言ってるとしたら非常に面白い発想だ。
NTT(電信電話)、郵政、JR(旧国鉄)、これらのネットワークは
会社の枠を超えて活用されるべきだと思う。その点では同意。

44 :名無しさんの主張:05/03/02 20:28:57
>>42
それが自然な選択だからだ。
土地転がしや株に相場、預金者の金を
賭け事に注ぎ込んだ銀行への不信感は
日本海溝よりも深い。

45 :名無しさんの主張:05/03/02 20:30:32
郵便局は郵便は国営、郵貯・簡保は縮小・廃止の方向が
ベストなはずだろ?
わざわざ民営化する必要ないね。
市場に大型の不安定材料増やしてどうする・・・

46 :名無しさんの主張:05/03/02 20:32:54
郵貯は金融大恐慌の反省として始めたんじゃないの?
縮小は止むを得ないとして廃止には反対。

47 :名無しさんの主張:05/03/02 20:32:59
親米保守の方々はイラク戦争については
いまだに正当化の方向でがんばつてるのかね?

48 :名無しさんの主張:05/03/02 20:35:36
アメリカこそが、世界最大の悪の枢軸であり軍国主義国家だろう。

49 :名無しさんの主張:05/03/02 20:36:19
郵貯とか、簡保は民間に競売にかければ簡単である。
郵便はもう少し時間をかけて考える必要が
あるかもしれない。
損益とか、運営費であるとかの試算が必要。

50 :名無しさんの主張:05/03/02 20:36:21
>>46
紛らわしい書き方だったな。
郵貯=縮小 簡保=廃止ってことです。

51 :名無しさんの主張:05/03/02 20:36:34
>>46
郵貯・簡保の成立経緯がよくわからないので、できれば
簡単に教えていただけませんか?

52 :名無しさんの主張:05/03/02 20:38:32
>>50
では同意であります。

53 :名無しさんの主張:05/03/02 20:39:05
>>51
ごめん、知らない。
どなたか説明お願いします。

54 :名無しさんの主張:05/03/02 20:40:18
日本人のアメリカ嫌いというものは
一種のひがみ、ねたみからきているのだと思う。
これは彼らが豊かで、自由な生活をしていること
からくるのだと思う。
いまはただ、願うばかりである。

55 :名無しさんの主張:05/03/02 20:44:06
郵政民営化
http://members.at.infoseek.co.jp/J_Coffee/tsure9.html
http://news2.2ch.net/newsplus/kako/1031/10319/1031962949.html
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/korea/1101925537/
http://otaku.rulez.jp/kill_the_assholes/noda.html

56 :名無しさんの主張:05/03/02 20:46:06
アメ公・親米死ねよ。
テメーらのせいでどれだけアラブの連中が虐げられてるか。

親米は、「寄らば大樹」的
強者につき弱者粉砕の最悪最凶最低臆病者連中です。

57 :名無しさんの主張:05/03/02 20:52:28
>>54
アメリカのような伝統のないスカスカの国のどこを妬むの?

スラム街に行ってこい。<豊かで自由

58 :名無しさんの主張:05/03/02 21:05:28
確かにアメリカは危ないが
利権政治屋が小泉に反対して格好つけてるのを
真にうけているデイリースポーツ新聞などを
まともに見るのは問題だ。
You say zokは米国と同じくらい害悪だ。

59 :名無しさんの主張:05/03/02 21:06:57
>>51
46さんではないけど、ちょっと聞いたことあるので・・・
「貯金を推奨して国民生活の安定を図ることと、
零細貯蓄を集めて産業資本の一部として役立てる」
って言う事だったと思います。
1875年に前島密がイギリスの郵便制度を研究して
「貯金制度」がある事を知り導入したかと・・・
当時は「宵越し金は持たない」が主流だったのを
「貯蓄することによって子供や老人を養う」というような
道徳教育を行い、貯蓄の必要性を訴えたという感じだそうです。


60 :名無しさんの主張:05/03/02 21:39:43
>58  You say zokは米国と同じくらい害悪だ。
あのう…。誰のおかげで現在の日本の繁栄が存続してるか分かってますか?
米国人は戦後、日本を血を分けた弟分のように手取り足取り便宜を図ってくれた。
90年代のあふぉクリントン時代が日本にとって害悪だっただけで、現在でも大多数の
米国人は親日的。それ以外の情報を意図的に流すのは主にシナちょん。だまされないように。




61 :名無しさんの主張:05/03/02 21:52:13
_>>60
アメ公に尻でも掘られたか?
アメリカが日本と付き合ったのはアメリカに利があったから。
それがなくなリャ日本なんかポイ捨てだよ。

62 :名無しさんの主張:05/03/02 21:56:11
>>60
反米の人間が必ずしも親中だと思わないことだな。
「米国人は戦後、日本を血を分けた弟分のように
手取り足取り便宜を図ってくれた」
恐ろしいに・・・ここまでいくと・・・
ハルノートを突きつけて無理矢理戦争に持ち込んだのはどこの国だ?
敗戦色濃厚な国に実験のために原爆を落として大虐殺をし、
その後自国に都合のいいように統治したのはどこの国だ?
現実的問題として日米同盟は必要だが
決して日本は米国の属国であるべきではない。
親米派は属国根性丸出しだな・・・
日本人でいながら親日より新米が上回ってる
立派なポチだ・・・

63 :名無しさんの主張:05/03/02 23:15:48
????
中国に対抗するならインドが一番。
だから今後はインドと経済交流深めるのが一番。

その上で日印ASEAN同盟で中国を挟撃するのも一つの手。


64 :名無しさんの主張:05/03/02 23:17:57
素直に感謝してるんだろう。
焼いたのもアメリカなら復興支援したのもアメリカ。
奇妙な話に思えるけど。

65 :名無しさんの主張:05/03/02 23:18:57
その昔、毛利元就は三本の矢を息子達に渡したと云う。

66 :名無しさんの主張:05/03/03 01:02:25
>>64
>素直に感謝してんるだろう

なんで感謝するのかさっぱり分からんな。
祖父母達が焼かれても良かったってことか?
そういうのって自虐史観というんだが。

67 :名無しさんの主張:05/03/03 09:53:27
>>58
小泉は、何より誰より、アメリカの族議員ですが何か?

68 :名無しさんの主張:05/03/03 09:54:40
泉何某とかいう、馬鹿の総合商社に勤めてるらしい、親米保守の売国奴。

69 :名無しさんの主張:05/03/03 09:55:45
インド>>>>>>越えられない壁>>>>>>>中国

70 :名無しさんの主張:05/03/03 10:50:40
嫌中は日本を滅ぼす。

71 :名無しさんの主張:05/03/03 10:53:17
>>66
もう代替わりしてるからかな。
戦災の実体験の無い世代は、アメリカ人が
色々と面倒を見てくれる只の善い人に
映るのかも知れない。

72 :名無しさんの主張:05/03/04 19:07:27
さて、あいも変わらぬ日本のマスコミの世界事情音痴ですが、アメリカへのテロ以前と、テロ以後の世界は全く違ってしまうという事実
をきちんと認識しなくてはいけません。 

目先だけに捕らわれる連中は、新たな貧と富の戦争が始まっただの、イスラム圏とキリスト圏の新たな宗教戦争だの、アメリカ一人勝ち
の弊害だの、アメリカの文化文明の押しつけへの抵抗戦争だの、相も変わらぬイデオロギーに毒された幼稚な感情論と、針の先ほどの部
分だけを取り上げた一部的な現象把握であったりです。

私はこう考えています。
テロ以前の地球は僅か20カ国前後の民主主義国と、残り110数カ国の民意封殺の独裁国家群の集まりでした。 だからこそ戦争もテ
ロもいっこうに収まらなかったのです。 民主主義国は当然のごとくあらゆる情報が公開され、公平な競争の下に物事が行われるので、
発展し続けます。富の収集が起こります。 そして民意弾圧の国はいつまで経っても情報が公開されないためあらゆるモノが不公平なま
まに放置されるので、民の意識は低いままで進行し発展は停滞します。富の収集は難しいのです。

民主主義国の数カ国で残り全世界の富に等しい富が有ります。 何に置いても人間の世界では富があってこその力です。富が無いところ
に力は無いし、人の賛意も得られません。 富有ってこその人心の安定と幸福が得られます。 だからこそ富める民主主義国に戦争放棄
へのあらゆる思考行動が練り上げられます。 しかし、アフガンのような極貧の国の民がすることはセックスか殺し合いしかないのです。

尊敬する曾野綾子氏は、諸君!12月号に書いています。 「アフガンのような電気が無いところには民主主義もない。日が暮れたら眠
るしかない。テレビもなければ映画館も喫茶店も風雨をしのぐサッシも無ければサッカーボール一つ、トランプ一組も無い、、、タリバ
ンなどはトイレの後始末はそのままか、石で拭く、、、、彼らはそれこそアメリカが世界のどこにあるか、ニューヨークやワシントンが
どこに位置するのかすら解っていない。全く何もない世界なんですよ、ですからそこに生きる彼らにとっての楽しみは結局セックスと戦
争しかないという事になる、彼らはお酒も飲みませんから。。。



73 :名無しさんの主張:05/03/04 19:11:15
昔からの諺、金持ちケンカせず! は、人の行動の真理です。テロを企てる者は富める国には起こり得ないのです。
貧こそ争いの元です。 富を得る、そのためには民意の政治を行い、努力をする者が成果を得る公平な社会が必要なのです。 宗教やイデオロギ
ーや貧富の差でテロが起こるのでは無いのです。 公平でない社会、公平ではない国達が、テロという人間の最も許させざる卑怯な行為を作り出
すのです。

アメリカは誕生以来初めて世界と同じ価値観を持ちました。 攻められる恐怖です。 アメリカ本国はただの一度も爆弾を落とされた事が無い国
なのです。 その誇りと自信は世界貿易センタービルと共に吹っ飛んでしまいました。 ベトナムで傷ついたアメリカは、出来るなら自国の民を
死なせてまで他国には干渉したがらない国に方向付けられました。 唯一の世界の超大国、民主主義の世界の警察官の役目を嫌がりかけていたの
です。

ところが今回のテロではっきりと気づかされました。 強大な唯一の超大国でさえも、この地球号全ての国の国民に、民主的な選挙で代表者を選
ぶ富める民主主義国家を徹底的に多く広めないことには、全ての国が、これからは幾度と無く戦争並のテロ攻撃にさらされる恐れが有るという事
に!

もちろん全世界の国をアメリカ一国で民主主義国に作り直すわけにはゆきません。ですからこれからは20カ国前後の富める先進国家に協力を仰
ぎドミノ倒しで民主的国家を作り続けるようになるはずです。 その手始めがテロ支援国の根絶なのです。 せめて民主的な20カ国だけでも、
テロ支援をしている国の金の流れや、情報をきちんと監視して行けば相当のテロ防止に役立つばかりか、根絶も夢ではないのです

74 :名無しさんの主張:05/03/04 19:12:19
すでに昔のテロ支援の大元ロシアはアメリカと同盟に近い協力関係を結ぼうとしています。 歩みは遅いもののロシアにおいても、
もう民主的な施策無くして国民を食べさせる事は出来ないと悟ったのです。 これからは白人の旧共産国家軍は間違いなくテロ支援
国家の過去を捨て去り、未だ残る支援国家との縁を切るでしょう。 それはアジアに置いても同じ事です。 今までは内部分裂を起
こしているような日本を筆頭にしたアジアの国々でも国内事情ですからと、逃げてばかりは許されないのです。

アメリカやユーロのような徹底した民主国家か、それとも日本のような、わざとテロ支援を見過ごす準テロ支援国家や純粋テロ国家
か、との二者択一を迫られるでしょう。

もちろん直ぐにこのような世界の図式に成るとは思いません。 私の言うのは今後50年スパンの話です。 しかし、必ずや世界は
その流れに沿うように成るでしょう。 世界は今初めて、真剣に一つの民主的地球号への歩みを始めたのです。


http://hw001.gate01.com/funwaka/Diplomacy.htm


75 :名無しさんの主張:05/03/06 17:53:42
それにしても世界一のテロ国家アメリカ様の御用聞き小泉と、それをマンセーする
親米保守こそが、人類におけるダイオキシンそのものだな。

76 :名無しさんの主張:05/03/12 19:49:43
ニューヨーク大空襲が起こればいいのに。

77 :名無しさんの主張:05/03/12 19:59:40
日本に狂牛病肉を押し付けようとしているアメリカは最悪
中国の方がまだマシだ

78 :名無しさんの主張:05/03/12 20:02:28
武○士からアイ○ルに借り替える馬鹿者のような発想ではある。

79 :名無しさんの主張:05/03/12 22:04:20
層化・親米保守って、アメリカ人並みのテロ集団かも。

80 :名無しさんの主張:05/03/13 19:40:40
層化のセンセイ方、安倍晋三センセイ、米国産牛肉輸入再開問題には、どうして
黙ってるのですか?これだって、アメリカによる立派な食糧テロじゃないんですか?

81 :名無しさんの主張:05/03/14 20:32:45
インポ、包茎の安倍晋三と、アメリカネオコン。

82 :魔法のセニョリート ◆40WnEtzSeY :05/03/15 00:27:16
クリントンは正しい。


83 :名無しさんの主張:2005/03/22(火) 15:40:08
↑でた。在チョンクリスチャン。クリントンこそ日本の敵。
日本版newsweekとチョンは日本から出て行け!

84 :名無しさんの主張:2005/03/22(火) 18:22:10
ae

85 :魔法のセニョリート ◆40WnEtzSeY :2005/03/22(火) 23:24:27
ケリーも正しい。


86 :名無しさんの主張:2005/04/16(土) 23:33:49



87 :名無しさんの主張:2005/04/25(月) 07:03:50
アメリカさん、リンゴや米の輸入を迫ったときと同様に、牛肉を輸入しろですか?
一体、アメリカ様の自国農産物への関税はどうなってるんですか?たとえば、ピーナッツとか。

88 :名無しさんの主張:2005/04/26(火) 20:57:21
一度、世界中の核兵器のうち、何発かでも、アメリカに向けて暴発しないと、
アメリカは何も考えないんじゃないか?

89 :名無しさんの主張:2005/04/28(木) 01:31:01
しても考えないのがアメリカ。
アメリカの馬鹿さにだけは絶対の信頼をおける

90 :名無しさんの主張:2005/04/29(金) 18:15:10
ブッシュになってからの京都議定書離脱問題、当時の閣僚経験者が
「二酸化炭素削減という、大統領公約を覆していく過程で、議員や
業界の強い働きかけがたった」と著書の中で記しているし、また、
「ブッシュ政権の温室温暖化ガス削減の支持基盤が、好まない。彼らは
海外のことは気にかけないし、地球規模で考えるグローバリゼーション
なんか消えればいいと思っている」と発言している。

91 :名無しさんの主張:2005/05/01(日) 19:52:04
アメリカ国民が幸せになるなら、日本国民の人的資産と富のすべてを
捧げる親米保守と小泉純一郎。

92 :名無しさんの主張:2005/05/01(日) 19:55:51
小泉より民主系の方がクサいと思うのだが・・・
とりあえずアメっ子保守はクソ

93 :名無しさんの主張:2005/05/03(火) 17:25:03
親米保守とアメリカのネオコンの脳みそ=前近代で思考停止している。また、脳みその
キャパシティが、尻の穴より小さい。宗教でさえ政治利用する悪の帝国主義者集団。
せいぜい神の裁きを受けて、地獄に堕ちるんだな。

94 :名無しさんの主張:2005/05/05(木) 10:54:45
アメリカも親米保守も所詮は、乞食根性で民度最低・島国根性の塊。

95 :名無しさんの主張:2005/05/06(金) 16:52:11
原爆落として数十万人の民間人大量殺戮と、東京大空襲による一般市民の
大量殺戮、アメリカの本性。こんなアメリカのルメイ将軍に勲章を贈る
日本政府は、非国民集団だよ。

96 :名無しさんの主張:2005/05/07(土) 01:19:04
その勲章には呪いがかけられている

97 :名無しさんの主張:2005/05/07(土) 01:20:01
まあチョンじゃな。

98 :名無しさんの主張:2005/05/07(土) 10:49:00
引き篭もり親米保守のお仲間ですか?
>>97

99 :名無しさんの主張:2005/05/07(土) 11:25:15
>>95
朝鮮併合、大陸での大虐殺。
そういう事実を抜きにして、自分達だけ被害者気取り。

日本が世界中で嫌われる理由が解るよなwww


100 :名無しさんの主張:2005/05/08(日) 09:43:48
>>99
>日本が世界中で嫌われる理由が解るよなwww

馬鹿かお前。実際に日本を嫌ってるのは米英仏蘭露中韓朝くらいだろ。
残念ながらそれ以外はほとんど親日国。

101 :名無しさんの主張:2005/05/08(日) 14:56:03
つまり、『欧米先進国では』と、得意げに騙るときの
欧米先進国から、嫌われてるってことになるんだよね、日本と
アメリカは。

102 :名無しさんの主張:2005/05/08(日) 16:08:51
聖書の暗号には
2006年に日本で大地震との記述が無かったか?
大地震をきっかけに日本経済が崩壊していくとも

2000年に第三次世界大戦のきっかけが起こるとの
記述はWTC攻撃で既に当たっていると思うが

やがて2006年には核を使ったエスカレーションが
起こるということか!?

103 :名無しさんの主張:2005/05/08(日) 16:14:32
http://school4.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1113892663/l50
ロースクールでの反日派


104 :名無しさんの主張:2005/05/09(月) 02:21:10
>>101
ドイツ、イタリア、トルコなどは欧米先進国だけど親日だが。

105 :名無しさんの主張:2005/05/09(月) 16:25:29
ほう、ドイツ、イタリア、トルコを、日本の模範として薦めた政策があったら
教えてくれ。
>>104

106 :名無しさんの主張:2005/05/09(月) 16:27:17
トルコ風呂政策

107 :名無しさんの主張:2005/05/10(火) 15:34:46
「米軍が散布した枯れ葉剤で健康被害が出た」ベトナム人被害者らが枯れ葉剤を製造した
米企業などを相手にニューヨーク連邦地裁に起こしていた損害賠償訴訟は、ことし
三月、「枯れ葉剤と健康被害との因果関係が立証されていない」として棄却された。
 ベトナムの大地に大量の枯れ葉剤を降りそそいだ米軍は、時を経て中東のイラクで劣化ウラン
弾をしよう。幼い子らに白血病などの症例が報告されている。

因果関係を実証するために、ニューヨークのセントラルパークあたりに、枯れ葉剤を撒いてみれば
いいのに。あ、それから親米保守の総本山がある大手町の産経新聞社付近にもね。

108 :名無しさんの主張:2005/05/10(火) 18:14:17
>>105
政策じゃないかもしれんが、ドイツの歴史教科書では日本の大東亜戦争を
「アジア諸国を白人の支配から開放した」と称えている。

109 :名無しさんの主張:2005/05/12(木) 13:51:43
なんでそういうピントがずれた書き込みするの?
>>108

110 :名無しさんの主張:2005/05/12(木) 21:56:37
ドイツからみれば自虐教科書
マゾ(自虐)は世界の潮流

111 :名無しさんの主張:2005/05/14(土) 08:25:51
9・11だって、これまでアメリカがやってきたことに比べれば、
声高に叫べるほどのものじゃない。
汝、己が欲せざることを他人に施すなかれという、聖書の教えをアメリカは
理解できず、聖書を政治利用してきた。まさに神権軍事テロ国家だ。
親米保守は、それに輪をかけて悲惨な自由からの逃走者。


112 :名無しさんの主張:2005/05/25(水) 03:40:22
「テロとの戦い」以降、アメリカ人の犠牲者数は
どうなってんの、親米保守ちゃん、ラドコン厨房アメ公ちゃん。

113 :名無しさんの主張:2005/05/25(水) 07:22:01
アメリカのプラザ合意以来の身勝手な要求、政策にも原因がある。アメリカはドル防衛・円高不況を要求し、
金利差で世界の資金をニューヨークにかき集め、株高好景気を満喫した。そのため日本には十年間六百兆円の
公共事業計画を約束させ、超低金利を強要した。

114 :名無しさんの主張:2005/05/25(水) 10:48:18
立派な主権侵害をされても、何も言えずに唯々諾々と(いや、嬉々としてかな?)
それを受け入れる親米保守。売国奴の典型だな。

《小泉純一郎首相が熱を入れる郵政民営化を“禁止”する法律の存在が、
郵政民営化関連法案をめぐる議論でクローズアップされている。
 その法律は、橋本内閣時の一九九八年六月に成立した「中央省庁等改革基本法」。
 郵政公社の設置を定めた三三条の一項六号に「前各号に掲げる措置により
民営化等の見直しは行わないものとする」と明記。
公社を設立するための措置は行うが、民営化はしないと規定している。
 これは省庁再編を検討する際、郵政民営化の動きを警戒した反対派の意向に基づき
“ダメ押し”で入れた一文。この規定について、小渕内閣当時の九九年三月、
野田聖子郵政相は「必ず将来的に見直しは行わないということだ」と国会答弁、
将来の民営化を完全に封殺した。
 ところが、小泉内閣で、この解釈は変わった。
 首相は「これは公社ができるまでの規定で、
公社化後のあり方を検討するのは何ら問題ない」と答弁。
衆院特別委の審議入りを待つ民営化関連法案とは何ら矛盾しないと強調する。
確かに、同基本法を改正せずに行政部門を手直しした例はある。ま
た、新しい法律と過去の法律が矛盾する場合、新しい方が優先されるという考え方も
法律論上は間違っていない。
 しかし、基本法とまったく正反対の方向の法案が提出されたのは今回が初めて。
結果として「民営化しない」という基本法が存在する中、民営化関連法案を審議するという
、実にわかりにくい事態となった。野党側も「基本法に違反している」と
民営化法案の審議入り拒否の理由にしている。

 基本法策定に携わった識者の一人は「法律で禁じた郵政でこうなるのなら、独立行政法人になった国立大学も、民営化しろなんて話になるかも…」と案じている。


115 :名無しさんの主張:2005/05/25(水) 11:40:51
アメリカは本当に自由か?
http://members2.jcom.home.ne.jp/spillover-imaginary-doll/impact8.htm

116 :名無しさんの主張:2005/05/25(水) 13:14:39
東京大空襲
http://www.ne.jp/asahi/k/m/kusyu/kuusyu.html

117 :名無しさんの主張:2005/05/26(木) 17:13:48
イラクから帰還した米兵の尿から劣化ウランが検出されたらしい。
アメリカ本土で検証してみたらいい。
それから、ノストラダムスの大予言、もし時期は違っても起こるのなら、
アンゴルモアの大王に、アメリカ本土のネオコン一派と親米保守の頭上に、
集中して、宇宙兵器が誤射・誤爆されてもらいたいものだ。

118 :名無しさんの主張:2005/05/29(日) 20:59:33
アメリカのラドコンの頭上に宇宙兵器の雨が降り注ぐことを!

119 :名無しさんの主張:2005/05/30(月) 15:02:56
アムネスティから、アメリカの捕虜に対する取り扱いに勧告出されてる
らしいじゃねぇか。

120 :名無しさんの主張:2005/06/02(木) 14:40:48
アメリカさん、日本がおたくの牛肉輸入再開しないとどうなるの?

121 :名無しさんの主張:2005/06/04(土) 20:19:46
アメリカも親米保守も、天才バカボンで、「逮捕する」って喚きながら
拳銃を暴発させまくりの警察官そのものだな。

122 :名無しさんの主張:2005/06/06(月) 12:42:06
アメリカのお先棒を担いで、ミサイル防衛システムにカネ出す糞ウヨ日本政府。
アメリカでさえ、対イラク侵略によるMD開発費を削減してるのに、これって、
その肩代わりを日本政府にしろっていう恐喝ですか?

123 :名無しさんの主張:2005/06/09(木) 11:00:01
確か海部内閣のときに、アメリカによる内政干渉があって、公共事業を
十年間で四百三十兆円増やすっていう「公約」させられたよね。それに
飽き足らず、今度は日本人の財産である郵政三事業を民営化して、病気の
牛の肉を食わせ、日本人を米軍撤退後の傭兵にするつもりらしいな。

124 :名無しさんの主張:2005/06/11(土) 12:58:11
若年型痴呆症も狂牛病ではないかと言われてるけど、
なんか食糧版アヘン戦争みたいな事態に発展したらどうすんだろ。
そうなったら、みどり製薬のエイズ訴訟よりはるかに悪化するよね。
右も左も巻込んで凄いことになりそう。


125 :名無しさんの主張:2005/06/15(水) 11:00:21
アメリカから買ってやってる食糧について、どうして士族の商法
されなくてはいかんの?アメリカは資本主義と自由経済を標榜する
んじゃないのか?

126 :名無しさんの主張:2005/06/15(水) 18:04:26
アメリカ人と親米保守に破防法を適用しよう!

127 :名無しさんの主張:2005/06/15(水) 18:10:47
アメリカはジャイアンというが、
とひとつ例えるなら「きんぎょ注意報!」に出てくる藤ノ宮千歳。

128 :名無しさんの主張:2005/06/16(木) 08:34:57
世界中の軍事衛星や迎撃ミサイルが、アメリカ、特にワシントンやニューヨークに
誤って集中落下すればいいのに。

129 :名無しさんの主張:2005/06/17(金) 20:25:21
なにせ、ガットは農業分野も含めて、アメリカ様をはじめとする
大手輸出国に有利にできているらしいからな。

130 :名無しさんの主張:2005/06/17(金) 20:54:09
ジャイアンより酷いよアメリカは。
金正日がしていることを国に対して行ってる

131 :名無しさんの主張:2005/06/18(土) 14:29:05
アメリカ人は死んでも死体が腐らないそうな。
なぜならポストハーベストたっぷりの食い物食ってるから。
そのアメリカ人と同じ基準にあわせることがー食の安全をー
グローバルスタンダードなんだって?アメリカ産の脱脂粉乳と
小麦のパンによる学校給食の食いすぎで、とうとう脳みそが
逝かされちまったんだな、親米保守は。

132 :名無しさんの主張:2005/06/18(土) 16:44:56
>アメリカ産の脱脂粉乳と小麦のパンによる学校給食の食いすぎで、
>とうとう脳みそが逝かされちまったんだな

自分のことを吐露しちゃダメだよ。
>>131

133 :名無しさんの主張:2005/06/20(月) 11:23:54
おやおや、指摘が図星だったので、目に涙をためて
反論してるつもりですか?(藁。
>>132

134 :名無しさんの主張:2005/06/27(月) 11:21:06
ポストハーベストで脳みそやられ、それにくわえて先天的遺伝的に
異常なアメリカ人の猿真似こそが、遣唐使時代以来受け継がれてきた
日本外交のとるべき道だと信じて疑えない親米保守。究極の朝貢外交。
強いものには巻かれろ、という安逸を貪る、自由から逃走してる輩こそが
親米保守。排外的ナショナリズムを煽るだけ煽って、制御不能になったら
一目散に逃げ出す人的社会的不良債権。

135 :名無しさんの主張:2005/06/29(水) 17:38:31
  1988年のパンナム103機爆破は、その数ヶ月前に米国がイランの旅客機を撃墜
したことに対するイランの報復であり、米国当局もこのことを良く知っている。

  1998年のアフリカにおける二つの米国大使館の爆破は、イラクがクェートを侵略
した後、米国がサウジアラビアに初登場したまさにその八周年記念日に行われた。さらに、
1991年、米国がイラクを爆撃しているとき、中東をはじめとして様々な場所で、アメ
リカの施設に大して数十ものテロ攻撃が加えられた。


136 :名無しさんの主張:2005/06/29(水) 17:39:02
  アメリカの当局筋やメディアは、因果関係に気付かなかったのだろうか。気付いてい
たのであるが、紋切り型を語るときには、突如として健忘症に陥るのである。

  テロリストの攻撃は、“テロ”である。われわれの攻撃は、“報復”である。
  われわれの報復への彼らの反撃は、再び、“テロ”である。
  われわれがさらなる攻撃を加えるとき、それはふたたび“報復”である。


137 :名無しさんの主張:2005/06/30(木) 07:37:00
アメリカ以外の世界中の国々から、アメリカ国内で、一斉テロ受けるか、
アメリカ国内の核兵器の一部がアメリカ国内、特に、ワシントン、
ニューヨークに向かって誤発射・娯爆発すればいい。

138 :名無しさんの主張:2005/07/10(日) 13:07:24
イギリスの同時テロも、なんだか胡散臭い。

139 :名無しさんの主張:2005/07/10(日) 13:44:43
ブッシュはテロリストに殺されても自業自得。

99、韓国人が侵略の共犯者であることを忘れてはならない。

140 :名無しさんの主張:2005/07/10(日) 13:58:56
なんだここは?中国共産党の工作員スレか?
強硬派の共和党ブッシュ政権よりも、
反日親中の民主党クリントン政権の方がよかったってか?
馬鹿なこというんじゃないよ。
結局一見穏健派のクリントン政権の結果どうなったと思ってるんだ。
北朝鮮は核を完成させてしまった。中国の軍事力は驚異的なレベルに高まった。
結果的に、世界を不安定化させているじゃないか。
それに、親米路線からどういった路線に転換しろっていうんだ?
日本の自主防衛を目指して、核武装でもしますか?
もっとも重要なアメリカ市場を始め、世界中の市場を失いますが?
それで日本が生きていけるとでも?
それとも親米路線と決別して、中国と協力体制を敷く?論外ですね。

141 :名無しさんの主張:2005/07/10(日) 16:15:33
つまらん

142 :名無しさんの主張:2005/07/10(日) 16:44:37
アメリカよ、イスラエルに好き放題やらせておいて何がテロとの戦争だ!
テロリストにその口実を与えているのはアメリカ自身であることを知れ!

143 :名無しさんの主張:2005/07/10(日) 17:12:00
それをいうのなら、アメリカに攻撃の口実を与えているのもテロリストといえる。
卵が先か鶏が先かでしかない。
批判ばかりで、ではどうすればよい?
という問いには答えられないのが反米左翼の特徴
アメリカが世界から手を引けば、テロがなくなると思ってるとはおめでたい。
例えば北朝鮮。アメリカが韓国や日本から撤退して、
今後アメリカは自国から一歩も出ません!と宣言すれば、
彼らがテロ支援や核開発をやめるとでも思うか?
ここぞとばかりに進めるに決まってるだろ。

144 :名無しさんの主張:2005/07/10(日) 17:31:42
安全保障の獲得において、日本が取れるオプションは限定されるんだよ。
第一のオプションは、核武装をして独自の安全保障を達成する。
資源も市場も外国に頼っている日本にとっては論外の話。
仮にしたとして、国民生活が北朝鮮並みにまでなってしまえば、安全保障の意味がない。
安全保障とはあくまで国民の生活を守るために行うのだ。
第二のオプションは、中国と連携して東アジア独自の安全保障を実施する。
野中や河野、村山は本気でこれを考えていたのかもしれんが、
それがいかに幻想だったかは、いまさら説明するまでもないだろう。
彼らは、日本の友好の為の援助は国民に一切伏せ、
日本に対する憎悪だけを煽り立てていたのだから。
こんな国を安全保障のパートナーにできるはずがない。
最後のオプションがアメリカとの連携だ。
日本がいままで実施してきて、そして有効に機能し続けた手法である。

これ以外に何か選択肢があり、そしてアメリカとの連携よりも、
うまくいくものがあるというというのなら、是非提示してみて欲しい。

145 :名無しさんの主張:2005/07/11(月) 10:15:18
アメリカのイラク攻撃や、ベトナム戦争、
イスラエルはことさら非難するのに、
中国のチベットやウイグルの虐殺・民族浄化
中越戦争におけるベトナム侵略、ラオスの共産党の圧制政府支援
カンボジアの虐殺者・ポルポト支援
スーダンのダルフールジェノサイド政府の支援などなど、
挙げればきりがない中国の悪行は完全無視のマスコミの不思議

146 :名無しさんの主張:2005/07/11(月) 10:51:53
アメリカはどうしてアフリカのダルフールの虐殺を放置しているのだ。
すでに200万人も殺されたというのに。
ご都合主義もいい加減にしろ!

147 :名無しさんの主張:2005/07/11(月) 11:48:11
だってアフリカには石油ないもん

148 :名無しさんの主張:2005/07/11(月) 12:00:33
ダルフールには石油が豊富にあるぞ!
だから、経済制裁なんて事になと困る国がある。(中国、アメリカ)
要するに石油さえ自分の物に出来れば何人殺されようが関係ないのだ。


149 :名無しさんの主張:2005/07/11(月) 12:57:28
>>146
アメリカはパウエルを送って、スーダンに圧力をかけたよ。
この前の大統領選でもスーダンが論点のひとつになり、
共和党も民主党も対スーダン強硬意見が多数を占めた。
ブレアも軍事制裁を選択の一つとしている。
ところが中国が拒否権をちらつかせて強硬に反対している。
スーダンにもっとも大きな、というよりほぼ独占的な石油利権を持っているのは中国
アメリカがスーダンをテロ国家と指摘して、
石油利権から手を引いた隙をついたのが中国
マスコミはようやくスーダンを取り上げているが、
なぜかアメリカの責任ばかり追及して、
悪の元凶である中国にはほとんど触れない。
反米に世論誘導しようとしているマスコミが、
なにを考えているのか、自分で少し調べたほうがいいよ。

150 :名無しさんの主張:2005/07/11(月) 13:13:54
左派の片割れ某N新聞の白戸とかいう記者にいたっては、
そもそもこの問題は反政府勢力が原因であり、
襲撃された村は反政府勢力の幹部を輩出した村など選別されているなどと、
さも現地で見てきたかのように言ってるんだぞ。
実際は中国の息のかかった現地の政府関係者につれられて取材しただけなのに。
だったらなんで何百万という人が難民になるんだ。

151 :名無しさんの主張:2005/07/11(月) 19:17:43
微妙にテロ集団アメリカマンセーに論点ずらしの親米保守。
左派ってそもそもなんだ?誰から見てどんな根拠で定義づけし、
断定するんだ?そもそも、これまでアメリカがアメリカ以外の
国にやってきたことのしっぺがえしを食らわされることに
対して、どうしてそんなに不寛容なんだ?日本だって、無辜の
一般市民が原子爆弾や空襲で、大量虐殺されているのに、
都合いいところだけをとりあげて、それを絶対化するおまいらって、
現実と自由からの逃走している、永遠の引き篭もり?

152 :名無しさんの主張:2005/07/11(月) 20:00:02
>>151
日本とアメリカの関係は、安全保障の点で中国と切り離して語れないからだろ。
スーダンジェノサイドもそうだ。中国抜きでは語れない。
御託はご立派。理想もご立派。しかし現実として、日本はどうすればいいんだ?
アメリカと手を切って自ら核武装?それはちと厳しいから中国と手を組む?
結局どうするつもりなの?
非難ばかりして、現実的な提案は何一つ行わないじゃないか。
アメリカが自国にひきこもれば、テロや内戦がなくなると本気で思ってるのか?
スーダンだってそうだよ。
イラクでの強硬姿勢を非難しておきながら、
スーダンでは弱腰と非難する矛盾
結局、中国やフランスの思惑に乗せられて、
強者のアメリカに不満をぶつけられれば、理由や目的なんてどうでもよく、
本当にテロをなくそうとか、世界平和なんて、これっぽっちも考えてないようにみえるんだよ。

あと、都合のいいところだけ取り上げてというが、それはそっくりそのまま返す。
日本を始め、世界のさまざまな国はアメリカの莫大な援助を受けたのは事実だし、
アメリカの軍事力が戦争の抑止力になっているのも事実だ。
しかしそれらには一切触れず、非難ばかり。
まるで、中国や韓国のように、日本から受けた援助はなかったことにして、
悪いところだけを大袈裟に取り上げて、国民を扇動するような恩知らずとだぶる。

最後のもう一度言うが、
で は ど う す れ ば よ い ?

153 :名無しさんの主張:2005/07/11(月) 20:03:31
で?
相変わらずの自由からの逃走、遣唐使時代からの朝貢外交こそが現実だと
信じて疑わない幼稚な仁が、多少の専門用語を並べ立てて、強いものには
巻かれろノ論理の繰り返し、どうしてそんなに幼稚なの?
>>152

154 :名無しさんの主張:2005/07/11(月) 20:10:26
>>153
>遣唐使時代からの朝貢外交こそが現実
意味がわかりません。日本は1000年属国の朝鮮とは違い、
足利義満の時代などの一時期を除いて朝貢の歴史なんぞそもそもありません。
人格攻撃なんかより、早く現実的な代案を出しなさい。

155 :名無しさんの主張:2005/07/11(月) 20:23:26
つーかよく考えたら、専門用語に該当する単語ってどれよ。
どれも日本人の中学生程度の国語力があれば、一般会話の範囲内だと思うが。
これを専門用語並べてると感じてるようじゃ、新聞すらまともに読めんぞ。
























あ、なるほど。中国共産党の工作員の方でしたね。
日本語が難しく感じるわけだ(W

156 :名無しさんの主張:2005/07/11(月) 20:38:04
イラクからしたらアメリカがテロ国家だよね(`ε´)
つか面白いのはイラクの武器はアメリカ製。アメリカはイラクをテロ国家だとしながら兵器を売りつけてるわけだwww
まっ今までのアメリカ行動みるとアメリカって酷い奴らだな。


157 :名無しさんの主張:2005/07/11(月) 20:47:06
何だかんだ言っても、
総ての元凶はパレスチナ問題におけるアメリカの不公正な態度にある。
これを改めない限りアメリカをねらったテロは無くならない。


158 :名無しさんの主張:2005/07/11(月) 20:48:20
生理的にアメリカを受け付けないって人にはもはやなにも言わないけど、
テロとかイラクとか、意識無意識にせよ、
マスコミから入ってくる情報を通してアメリカを嫌っている人は、
一度自分の目や耳に入ってくる情報が、
本当に信頼できるものなのか調べたほうがいいよ。
http://www.wafu.ne.jp/~gori/diary3/200312121706.html
反米左翼というのは、捏造も歪曲もなんでもあり。
少なくとも、日本が反米に傾いて得をするのは中国でしかない事は忘れないで欲しい。

159 :名無しさんの主張:2005/07/12(火) 07:02:20
なんで目の前にある中国北朝鮮の脅威はない事にして、
地球の反対側で起こってることに、そんな正義漢ぶるのかねえ?
左翼メディアに踊らされてるヤツって哀れだな。

160 :名無しさんの主張:2005/07/12(火) 16:39:34
反米論の影に中国あり。
オーストラリアに亡命した中国人外交官・陳用林氏は、中国政府がアメリカを最大の敵と位置づけ、
全世界で【米国の同盟を崩す活動】を繰り広げていることを同紙の電話取材で明らかにした。
ttp://www.epochtimes.jp/jp/2005/07/html/d20426.html
脊髄反射で反米してるヤツ
悪いことはいわないから、反米を唱えている連中の出自を調べてみろって。
反米論のソースを辿ってくと、十中八九、親中左派勢力にたどりつくんだから。

161 :名無しさんの主張:2005/07/14(木) 01:58:18
で?
>>158・159・160

162 :名無しさんの主張:2005/07/14(木) 10:15:30
>>161
自分で気がつかないうちに、
中国の手玉に取られている姿は間抜だねって事。
小林よりのりとかその典型。

163 :名無しさんの主張:2005/07/15(金) 09:58:39
アメリカの本質が図星なので、必死になって、無理矢理の論点そらしなんですね(wwwww。
>>162

164 :名無しさんの主張:2005/07/15(金) 20:01:12
>>163
じゃあ現実的にどうすればよいの?
どうやって現実に中国の脅威に対処するの?
反米でだれが得をするの?
テロリストの味方をして、いったいなんの日本の国益になるの?
結局これらの事には答えられない。
なんで答えられないかというと、結局日本の国益など考えていない中国の工作員か、
工作員に煽られて、どこに日本の国益があるのかもわからず、
ただただ感情的に目立つやつが気に入らないという、幼稚な感情に支配されているのかどちらか。

何度でもいうぞ。

で は ど う す れ ば よ い ?
具体的な行動案を出せ。


165 :名無しさんの主張:2005/07/15(金) 20:40:32
ずいぶん熱弁してらっしゃいますが、
反米の人もアメリカの強引さはおかしいんじゃね?といってるだけで、
日米協調路線を解消しろとか、そこまでバカじゃないと思いますよ。
もしそうだとしたら、本当に中国の工作員です。

166 :名無しさんの主張:2005/07/18(月) 06:29:10
なんで突然、10年以上も昔にパソコン通信で流行った、
民族主義+反米のコラボレーションが出てくるかといえば、
北京からアメリカと同盟国との離間策として、
各国の民族主義を煽れという指示が出ているからです。
これは日本に限らず、
イギリス、オーストラリア、韓国、フィリピン、パキスタン、トルコなど、
すべての国で実施されています。
韓国は既に篭絡されました。
韓米同盟解消の動きがあります。
オーストラリア・カナダは、
実際に工作員スパイ活動の発覚で揉めに揉めています。

167 :名無しさんの主張:2005/07/18(月) 06:41:55
ついでに、アメリカよりも中国の方がましとか言ってる、
ネタみたいな発言があるからこれも

http://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/S47/4708/470801Bchina.html
第1.群衆掌握の心理戦
駐日大使館開設と同時になされなければならないのは、全日本
人に中国への好感、親近感を抱かせるという、群衆掌握の心理戦
である。好感、親近感を抱かせる目的は、我が党、我が国への
警戒心を無意識の内に捨て去らせることにある。

この謀略に見事に引っかかってるよ。

168 :名無しさんの主張:2005/07/18(月) 21:11:25
それで?アメリカ人、とくにラドコンとブッシュ政権、それを支持する基地害有権者に、
アメリカ財界、日本の親米保守が、世界一のテロ集団であることの否定にはなっていないよ。

169 :名無しさんの主張:2005/07/18(月) 21:21:13
日「牛肉買うちゃろうやん」
米「ほんなら常任理事国にしたってもええわ」
日「あ、やっぱ危ないけんアカンわ」
米「IMF管理下に置いたってもええねんど?」
日「何か某国の国債売ったらシノゲるらしいってウチのが言うとります」
米「ボツワナのならええで、いくらでも売りい」
日「・・・イスラエルや」
米「・・・ごめん。」

170 :名無しさんの主張:2005/07/18(月) 23:09:24
親米保守なるものは存在しない。
保守と親米は相容れない。
故に、以降はその者らをASNAと略称すべきであることを提唱する。
SHNAとは、Anal Servants of American Nationalistsの略である。
蔑称だからどんな言葉の略語でもいい。


171 :名無しさんの主張:2005/07/19(火) 08:27:25
>>168
世界一のテロリストでいいんじゃない?
少なくとも今の日本にアメリカは必要だし、
反米テロリストの味方なんてしても一円の得にもならない。
綺麗事なんてくだらないよ。

172 :魔法のセニョリート ◆40WnEtzSeY :2005/07/24(日) 17:17:53
保守ではないけれど、アメリカ大好き。


173 :名無しさんの主張:2005/07/27(水) 06:56:39
アメリカがいなくなればテロがなくなると本気で思ってるのか?
20歳を超えて左翼に傾倒するものは知能が足らないとはよく言ったものだ。

174 :名無しさんの主張:2005/07/27(水) 13:26:32
>>173
思ってますが何か<アメリカがいなくなれば、テロがなくなる。

175 :名無しさんの主張:2005/07/27(水) 14:31:20
>>174
正に知能が足らない。
日本にもオウム真理教というテロ集団がいたが、
オウム真理教は既存の体制に不満があった。
したがってオウム真理教のテロは、
日本の政府に原因があるといってるようなものだ。

176 :名無しさんの主張:2005/07/27(水) 19:07:25
反米衷
アメリカなしでどうやって中国を押さえ込むんだ?
早く答えろ。

177 :名無しさんの主張:2005/07/27(水) 22:23:25
コリアパッシング、チャイナパッシングでいいじゃん。

アメリカに頼らなくても、しっかりドイツ並みの軍隊を持とうよ。

日本とドイツは、立場的に同じなんだからさ。


178 :名無しさんの主張:2005/07/29(金) 20:28:42
>>175・176・177
おまいらの意見の根拠を、具体的かつ論理的、整合性をもって、
書いてみ。

179 :名無しさんの主張:2005/07/30(土) 08:13:17
>>178
それってさ、
>>174に対するアンカーミス?
どう考えてもこのスレで、根拠を挙げずに騒いでいるのは、反米厨の方だよね。
アメリカがなくなればテロがなくなる?
コソボはアメリカが介入してようやくジェノサイドが収まった。
逆にスーダンのようにアメリカが静観している国では、
ジェノサイドは一向に収まらない。
これは善悪は別として、ジェノサイドを終わらせるには軍事力が必要、
そして、それを実行できる力を持つのはアメリカだけという証拠では?
それと、>>176>>177に対して根拠を出せって意味がわからないな。
話がまるでかみ合ってないんだが。本当に日本人?
>>176の意見は、
中国に対する脅威には、アメリカの力が必要
>>177の意見は、
中国に対する脅威に、ドイツ並みの軍隊を持つ。
両者とも根拠は「中国の脅威に対して対策の必要性がある」って事でしょ。

180 ::2005/07/30(土) 11:30:27
超久しぶりにきてみれば、ダルフール民族浄化問題がここまで浸透しているとは嬉しい限りだ。
某ブログの管理人も感涙にむせび泣くだろうな。
まあいいや、

ダルフールに責任があるのは客観的に宗主国とスーダン政府だろう、ジャンジャウィード=スーダン軍と考えていいだろうからな。

そしてAUが全く無力なのがな←アホの集団やでこいつら。頑張ってるのはナイジェリアぐらいか、ものの役には立ってないけれど。
AUの失敗は南アをうまく利用できなかったことだな。

それと、虐殺を放置しているのはいかんというアメ批判と、
フセイン打倒はアラブに配慮がないからいかんというアメ批判は構造的に矛盾だな。

それと、同様に中国に対しておもねるなら、反ブッシュ、新民主党というのも妥当だ。
要するに、中国に都合がいいのはクリントン民主党だったわけだ。

クリントンはへたれだったからなぁ。

さてさて、どっちが共産党員やらねえ。

181 :名無しさんの主張:2005/07/30(土) 11:36:33
>>1
アメリカを「悪」と考える人は北朝鮮に行って下さい。
アメリカを悪と考える風潮を存分に堪能出来ます。

182 ::2005/07/30(土) 11:42:54
>>181
実にうまいことをいう、事実そういう風潮がマスコミにもあるじゃない。
難民を脱北者と呼び、悪の枢軸発言になぜか反発し。
ナム戦を起こしたのがケネディだってことを忘れたかのように振る舞い、
民主党支持者がこんなにもいたのかというほどの反共和党スクラムぶり。
情けないよあたしゃ。

183 :名無しさんの主張:2005/07/30(土) 11:47:12
日本人の幼稚な理想主義者の前では
どんなやり方も批判されるよ
せいぜいテレビを見て一人で善人ぶっていればいいよ

184 ::2005/07/30(土) 11:52:53
俺は善人ではないけれど、明らかに何かの意図があるとしか思えない報道に、
何も考えずに付いていくのが現実的なら、そりゃさぞかし幸せな人生だろうな、

185 :名無しさんの主張:2005/07/30(土) 12:10:17
NHKのアフリカゼロもさ、
アメリカ批判がまずありきで、
アメリカ批判をところどころに散りばめておきながら、
フランス・ロシア・中国といったところには、
まったく触れないか、触れてもちょっとだけなんだよね。
スーダンの時はアメリカを散々批判しておきながら、
悪の元凶ともいえる中国に対するスルーぶりは、
偏向報道通り越して不気味だよ。

186 ::2005/07/30(土) 12:13:57
チャイナスクール恐るべし、
アメリカに世界の安全保障を守る責任があるといっておきながら、
それは武力ではない何かで、というのは実にプライスカードな話だ。

イラクではオイルと声高に叫び、スーダンでは石油と小声で言ってみたり。

187 ::2005/07/30(土) 12:31:27
では、失礼しようかな。

「反米の闘志」である諸君、
日本にある反米の根は安保闘争の頃からある、つまりある種の勢力がいるということなんだけれど。
フルシチョフ、ブルジネフ外交は果たして反米だったのか?毛沢東、ケ小平、金大中・・・挙げればキリがないな、まあ中国共産党はどうだったか?
どちらが反米だったのか?どういう理由で反米なのか?
ということは誰が反米なのか?
日本がソ連の求心力から離れたのは、フルシチョフがレーニン批判を始めた頃ではなかったのか?
日本に対する世論操作がどの程度有効なのか極めてよく知っているということ、すなわち黒幕は?
反米は誰のためか?

一度考えてみることをお勧めする。

188 :名無しさんの主張:2005/07/30(土) 12:39:58
まあ、3.4年前、テロが起きた当初は2chでも反米一色だったが、
ここ最近は反米派の胡散臭さを指摘するヤツの方が多いな。
時代も変わったもんだ。

189 :名無しさんの主張:2005/07/30(土) 14:16:40
反米厨の反論待ちage

190 :名無しさんの主張:2005/07/30(土) 19:35:45
アメリカマンセーで反論しているつもりの椰子、
質問の本質に触れず、現実論とやらの思考停止宣言を
しておいて、中国=絶対悪に論点すり替えですか?
さすがにテロを標榜するだけありますねぇ。

191 :名無しさんの主張:2005/07/30(土) 21:34:48
政教分離は絵に描いた餅

オウム狂のようなカルト

192 :名無しさんの主張:2005/07/31(日) 06:41:03
>>190
反米の「胡散臭い部分」を次々つかれて反論できないようだね。

193 :名無しさんの主張:2005/07/31(日) 07:37:12
最近のNHKの反米親中韓の姿勢は本当に不気味だな。
日本の反米派の不気味なところはさ、
多くの場合、親中・対中寛容が同居している点なんだよ。
フランスドイツの反米は石油利権がチラチラ見えるけど、
日本の反米は中国の影がチラチラ見えるわけ。
このスレだって、中国に突っ込むと、話題を逸らそうと必死なヤツいるだろ。
日本の反米は中国抜きでは語れない。

>>190
アメリカ=絶対悪、
それ以外の論理・事例・根拠は、アメリカマンセーの話題逸らし。
思考停止しているのはどちらだろうね。

194 :名無しさんの主張:2005/08/02(火) 17:44:57
>>193
まず、おまいらに向けられた質問にきちんと答えてみ。
島国根性の塊である親米保守のおまいらは、常に仮想的を
立てないと、議論できないのか?なるほど、現実逃避が
得意で、外国人特派員記者協会での公開討論会から
逃げ出す「新しい歴史教科書をつくる会」と同じ、
恥の塊だわな(大爆笑。

195 :名無しさんの主張:2005/08/02(火) 18:50:50
>>194
反米厨の質問ってなんかあったけ?
まさか、>>153とか>>178のことじゃないでしょうね?
日本語や日本人的なやりとりができないだったら、
おとなしく中国語の掲示板で工作してた方がいいよ。
北京から、とにかくこっちの主張以外の論調は絶対認めるな。
その際相手の議論の誘導には絶対乗るな。
とにかく否定し、それ以外の論調をいえない雰囲気にしろ。
論理や理論ではなく感情に訴えろって指示が出てるんだって?
でもそれ実行するにはちょっと兵力不足じゃない?

196 :名無しさんの主張:2005/08/02(火) 18:53:37
反米の人ってさ、やっぱ日本の核武装とか、
軍備増強に賛成なわけ?

197 :名無しさんの主張:2005/08/02(火) 18:57:30
>>195
ヒント
kouei

198 :名無しさんの主張:2005/08/03(水) 10:33:29
>>194
>まず、おまいらに向けられた質問にきちんと答えてみ。
質問てどれでしょうか?
私の根拠は明確ですよ。
「現実」に中国の脅威が存在する。それに対応する為、対中包囲網を強化する必要がある。
それには米国や台湾との連携が欠かせない。論理はこれだけです。
極端な話、中国がいなければアメリカとの連携は必要ありません。
どうしてそんなに中国の脅威という「現実」から目を逸らすんですか?
>島国根性の塊である親米保守のおまいらは、常に仮想的を
>立てないと、議論できないのか?
領海侵犯を繰り返し、尖閣諸島を奪おうとして、
日本の資源を奪おうとしている中国は仮想敵などではなく、
明確な敵性国家だと思いますけど。
なぜこの敵性国家の脅威には目を逸らすんですか?
>なるほど、現実逃避が得意で、
現実逃避しているのはどちらでしょうか?
はやく中国の脅威という「現実」にたいする対策を聞かせてほしいのですが。
なぜそんなに現実から目を逸らすのですか?
>外国人特派員記者協会での公開討論会から
>逃げ出す「新しい歴史教科書をつくる会」と同じ、
>恥の塊だわな(大爆笑。
おやおや?
作る会はむしろアメリカの押し付けた自虐史感に対するアンチで、
メンバーも基本的には反米なんですけどねえ(W

とにかく、「現実」に存在する中国の脅威に対抗する具体的手段を教えてください。

199 ::2005/08/03(水) 22:51:21
反米思想を支えるのは孤独な日本像を抱えている者達だろう、
故にアメリカがいないかのよう振舞うことしか出来ない。

200 :名無しさんの主張:2005/08/04(木) 20:47:20
アメリカの工作員乙。

201 :名無しさんの主張:2005/08/05(金) 06:48:19
アメリカの工作員は少なくとも、
自分の主張の根拠をダルフールとか領海侵犯、尖閣の事例を交えて示してるだろうが。
中国の工作員は自分の都合の悪い主張にはひたすらスルーで、
話の噛み合わないとんちんかんな質問をぶつけて、
煙に巻こうとしているだけだろ。
そういう所が反米の「胡散臭さ」になっちゃうんだよ。

202 :名無しさんの主張:2005/08/05(金) 06:50:05
イラクで移民が沢山なくなってアメリカでは軍事産業が大もうけしてるんだろ。
恐ろしい弱肉強食の国だよ。


203 :名無しさんの主張:2005/08/05(金) 13:39:03
つーかイラクの民間人殺してるのはテロリスト達だろう。
反米平和主義はなんで日本の国益を無視してまで、
そこまでテロリストに肩入れするんだ?
まるで意味がわからん。
F22を導入するにはアメリカとその軍需産業にもっと肩入れすべし。
小泉なんてむしろまるでぬるい。さっさと集団的自衛権を認めろ。

204 :名無しさんの主張:2005/08/05(金) 16:41:19
>>203
その現況を作り出したのは、アメリカと言う国ぐるみのテロリストと、日本の親米保守
と自称するテロ推奨集団だよな。

205 :名無しさんの主張:2005/08/05(金) 17:06:04
「後悔していない」=エノラ・ゲイ元乗組員が声明

 【ロンドン4日時事】4日の英BBC放送によると、広島に原爆を投下した米爆撃機エノラ・ゲイの乗組員がこのほど、
6日の原爆投下60年を前に、「他に道はなかった。後悔していない」とする声明を出した。

 ここまで言われて、はいそうですか、お説ごもっともと寛大さを示す新米保守って、一度、自分達が原爆の直撃を
受けたほうがいいんじゃないのか?それからペンタゴンも。

206 :名無しさんの主張:2005/08/05(金) 17:20:20
広島、長崎という大都市が、原子爆弾の人体実験の場として選択され、また、
第五福竜丸も、原爆の人体実験の対象になったことに対して、親米保守は、
知らんぷりか?

207 ::2005/08/05(金) 22:32:17
>>203
ラプターは高すぎる、1億4000万ドル(兵装抜きで150億円以上)の戦闘機買っても怖くて飛ばせない。
ライセンスだからもっと高くなることは請け合いだ。
アメリカですらひーひー言いながら飛ばしてんだから、F4でも十分だと思うが。

>>206

アメリカに手ひどい被害を受けたから終生アメリカと対決せよというのでは、
民心は離れるばかりだ、現状に対する的確な視野と過去から続く歴史との間に共通の見解を持つべきだな。
といっても、これが出来ている人間がどれだけいるか。俺も出来てないわな精進、精進。

208 :名無しさんの主張:2005/08/06(土) 05:51:39
>>204
本当にわかって言ってんの?
左翼の言い分鵜呑みにしてない?
伝統的にイスラエルに肩入れしているのは民主党で、
共和党はイスラエルとは距離を置く政策なんだよ?
>>205
>>206
そんな感情的な事で国の外交を考えるバカは市民団体にでも入ってください。
同じバカが快く迎えてくれるでしょう。もっとも末端はバカの集まりですが、
上層部は中国やロシアの方で、なかなかの悪知恵が働く人たちですけどね。
核の被害は大変です。しかし、だから安全保障でアメリカと距離を置けというのは、
バカ過ぎます。
>>207
F4では明らかに不十分、中国のフランカーには勝てない。
かといって、F15を今後何十年も使い続けるのは、流石にいつか無理がくるし、
圧倒的な優勢を確保できるわけではない。
ということはいつかラプターが必要になってくる。
んで、戦闘機とは導入すれば即飛ばせるかというと、
そんな事はなく、整備体制、部品供給体制、パイロットの育成などなど、
完全に物にするには、10年20年のスパンが必要
ということはなるべく早い段階で、少しずつ導入したほうが良い。

209 :名無しさんの主張:2005/08/06(土) 16:47:56
だから、その左翼と言う言葉の定義と、断定する根拠を具体的かつ論理的に
明示した上で、書き込みしろよ。傲慢・高慢・居丈高で、「現実」と称して
アメリカベッタリの自由からの逃走、戦況も考えずに、アジア・太平洋戦争
を始めて、最後の最後に原爆落とされたときから、少しも進歩していない。
戦艦大和の臼淵大尉らの死を、犬死、無駄死にに追いやる売国奴さん。

210 :名無しさんの主張:2005/08/06(土) 17:05:05
こういうことされても、平気なんだね。どこの国のお方ですか?
>>208

原爆投下前に「敗戦国」 エノラ・ゲイ乗組員
 【ロンドン6日共同】ドイツ週刊誌シュピーゲル(電子版)は5日、広島に原爆を
投下した米爆撃機エノラ・ゲイの乗組員だったセオドア・バン・カーク氏が同誌との
会見で「原爆を投下するまでもなく(当時の)日本は敗戦国だった」と述べた、と伝
えた。
 カーク氏の証言は、米軍の実行部隊レベルでも原爆投下前の日本が事実上、敗戦状
態だったとの認識があったことをうかがわせる。
 カーク氏は「日本は国土の85%が焼き尽くされ、投下しなくても工業基盤は崩壊
していた」と回想。ただ「日本はそれでも戦争を継続しようとしていた」とも強調し
た。
 同氏はまた、同機のティベッツ機長が撃墜された時の自決用に乗員全員分の青酸カ
リを持っていたことを後に教えられたとしたが、もし撃墜されても「私は日本人と何
とかやっていけると思っていた」と述べた。

http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=NGK&PG=STORY&NGID=intl&NWID=2005080601000291


211 :名無しさんの主張:2005/08/06(土) 17:05:49
特集放送、米批判も 世界がヒロシマ振り返る
 広島に原爆が投下されて6日で60年。米テレビがニュース番組で特集を組むな
ど、世界はさまざまな角度から「ヒロシマ」を振り返った。
 米NBCテレビは5日夕の定時ニュースの中で、「原爆投下から60年」と題して
放映。B29爆撃機エノラ・ゲイが広島に原爆を落とす様子などの映像を交えなが
ら、死者数などを説明した。米CNNテレビは、広島の平和記念式典の模様を生中継
した。
 5日付のキューバ共産党機関紙グランマは、「原爆投下は(2001年の米中枢同
時テロによる)攻撃を上回るテロ行為だ」と米国を批判する記事を1面に掲載した。
ベネズエラのチャベス大統領も4日「世紀を超えて記憶される最悪のテロ」と米国を
非難した。
 英国の反戦団体「核軍縮運動(CND)」は6日付の英紙インディペンデントなど
に1ページ広告を掲載、政府に核兵器廃棄などを呼び掛けた。(共同)

http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=intl&NWID=2005080601001393

英反戦団体が1ページ広告 原爆投下60年で
 【ロンドン6日共同】英国の反戦団体「核軍縮運動(CND)」は広島への原爆投
下60年に合わせ、6日付のインディペンデントなど英2紙に1ページ広告を掲載、
英政府に対し、核兵器廃棄などを呼び掛けた。
 「ネバー・アゲイン」と題した広告は、広島、長崎への原爆投下に触れ、核兵器の
使用は「人類への犯罪だ」と強調。英政府が現在、南部オルダーマストンの核兵器工
場で核開発を進めているなどと指摘し、世界の安定と平和を脅かす行為だと懸念を表
明している。
 広告は、賛同するリビングストン・ロンドン市長や国会議員ら署名者の名簿も載せ
ている。

http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=NGK&PG=STORY&NGID=intl&NWID=2005080601000785

212 :名無しさんの主張:2005/08/06(土) 17:34:35
日中戦争や、アジア・太平洋戦争中の、731部隊とは比較にならないほどの、
大量虐殺と、原爆による大量人体実験を堂々とやられて、未だに犠牲が絶えない
のに、「愛国心」を声高に他人に強要する親米保守は、何も言えないんだな。
ダブスタ、腰抜け、犬畜生そのものだ。

213 :名無しさんの主張:2005/08/06(土) 19:41:55
<米世論調査>「ブッシュ大統領は不正直」5割に

 【ワシントン和田浩明】「ブッシュ大統領は正直でない」と考える米国民が半数に達したことが、米AP通信などが5日発表した世論調査で明らかになった。
武装勢力との戦闘で米兵の死傷が続くイラク政策でも、支持率は4割を割り込み、1年前に比べ10ポイント以上低下している。
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050806-00000029-mai-int

214 :某吉外流に:2005/08/06(土) 22:01:26
>>209
>だから、その左翼と言う言葉の定義と、断定する根拠を具体的かつ論理的に
>明示した上で、書き込みしろよ。

(゚Д゚)ハア?
オマエ、馬鹿だろ(w
『定義』ってのは、

「ある概念の内容やある言葉の意味を他の概念や言葉と区別できるように明確に
限定すること」(三省堂提供「大辞林 第二版」より)

だろうが(w
つまり、物事についての決めごとなんだよ(w
決めごとに、根拠も証明も無いだろうが(w
これだから、低能は困るよ┐(´ー`)┌ヤレヤレ

左翼のサーは、サクランした醜屍のサー。
左翼のヨーは、ヨタロウな醜屍のヨー。
左翼のクーは、クソスレ立てる醜屍のクー。

これでオマエには十分通用するよ(w

215 :魔法のセニョリート ◆40WnEtzSeY :2005/08/07(日) 01:01:50
日本はアメリカと表面的な政治的な外交と、表面的な経済交流しかしていないことが
問題なのだ。

反米の連中に聞いてみれば、奴らの反米の理由のほとんどは、アメリカの外交や政治が
嫌いだからである。

つまり、奴らには、アメリカ国内の社会の素晴らしさが見えていないのである。

表面的な外交や経済交流だったら、アメリカと中国だって上手くやっているでしょ。
表面的な外交や経済交流だったら、それだけのプロフェッショナル(外交オタク国家)が
存在する。

日本が必要としているのは、より深く、アメリカの都市部の素晴らしい社会、
アメリカ人のライフスタイルに触れ合っていくことだ。



216 :名無しさんの主張:2005/08/07(日) 09:58:06
>>210->>213
いいから早く、日本の取るべき道を言えよ。
アメリカとは距離を置くんだろ?

217 :名無しさんの主張:2005/08/07(日) 10:34:21
サヨクの既存体制非難は、手段ではなくそれ自体が目的だがら、
「じゃあどうすればいいの?」には答えは絶対返ってこないよ。
反米だけじゃない。従軍慰安婦も南京も、
とにかく悪者を作り上げて、吊るし上げたいだけの人たちなんだから。
自分が正しい、相手が悪い、悪い相手を叩いている俺様って正義だなあ
という気分に浸りたいだけの人たち。

218 :名無しさんの主張:2005/08/07(日) 17:09:25
>>216・217
問題を摩り替えようとして、現実から逃げる前に、どうしてアメリカに盲従していれば
未来永劫、日本国は永久に不滅です、になるんだ?他人に逆質問する前に、おまいらに
向けられた質問に、具体的かつ論理的、それに総合的・中長期的な視点から答えてみろ。
「自由からの逃走」ばかりしている、ゲーム脳の脳内引き篭もりか?

イラク政策支持、40%割れ 米誌調査、過去最低
 【ニューヨーク6日共同】米誌ニューズウィークが6日発表した世論調査による
と、ブッシュ米大統領のイラク政策に関する支持率は前回調査(3月)より7ポイン
ト減の34%で、初めて40%を下回り過去最低となった。
 イラクの民主化や治安安定が「後退している」との回答は50%で、「進展してい
る」を10ポイント上回った。駐留米軍の撤退時期については「目的を達成するま
で」が26%にとどまる一方で、「1年以内」が38%と最も多く、「今すぐに」と
の回答も12%あった。
 調査は今月2日から3日間、18歳以上の約1000人を対象に実施した。
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=intl&NWID=2005080701001240




219 :名無しさんの主張:2005/08/07(日) 17:24:56
イラク米軍、3万人削減も 来春までに、米紙報道
 【ニューヨーク6日共同】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は6日、
米中央軍が来春までにイラク駐留米軍を2万−3万人削減することを計画していると報じた。

http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=intl&NWID=2005080701001704

220 :名無しさんの主張:2005/08/07(日) 17:41:00
アメリカは、非戦闘員である日本の一般国民にB29の焼夷弾攻撃を
整然と実行した戦争犯罪者である
原子爆弾投下も許されざる犯罪行為である。

トリビアでは、ブッシュの大学卒業写真が載っている。
何と、ラクビーの試合で、相手を殴るシーンである。
卒業写真を掲載した米人は、
「ブッシュは、大学時から目的のためには手段を選ばないことで有名だったったので、
卒業写真に相応しい写真が選らばえた」、のだソウだ。


221 :名無しさんの主張:2005/08/08(月) 06:21:35
>>218
>どうしてアメリカに盲従していれば
>未来永劫、日本国は永久に不滅です、になるんだ?
まず、アメリカと連携を深めることは盲従ではない。
現段階でのアメリカとの連携強化は、日本の軍備増強が含まれており、
むしろアメリカ依存からの脱却である。
とにかく日本が力をつけないように押さえ込む民主党とは違い、
共和党は日本に軍事力を増大させ、東アジアでの自立を望んでいる。
それがアメリカにとって負担の軽減になる。
日本にとっては、アメリカ依存の脱却になる。
>未来永劫、日本国は永久に不滅です、
どこに未来永劫なんて書いてあったかよくわからないが、
短期的にはアメリカと連携を深める必要がないだろう。
しかし中長期的にはどうしても必要である。10年前とは話が違う。
それは何度も言われてきているが、中国の軍事力の増大である。
今現在の中国の軍事力は、自衛隊はおろか台湾すら抜けない。
しかし、10年後には確実にこの状況が変わる情勢である。
台湾国防省の発表によれば、2012年には台湾海峡の軍事バランスは、
2対1となり、台湾侵略が可能となる。また、2016年には外洋作戦能力を獲得するだろうといわれている。
これに対抗するには、軍事面ではラプターやミサイル防衛などが必要であり、
これらの導入はアメリカとの連携が必要である。
また外交面でも、日本単独では中国は無理難題押し付けてくるだけだろうが、
日米共同では中国に対する大きな牽制となる。
伝統的に中国は日本には無理難題を吹っかけてきても、アメリカとの対立は避ける。
以上のことから、中長期的視点に立った日本の国防は、
アメリカとの連携が必要であると考える。

222 :221:2005/08/08(月) 06:22:09
これらは全て何度もレスされていることだが、
どうも君は自分に都合の悪いレスは全て見なかったことにする癖があるようなので、
今度は見ていないフリをして逃げられないように直接レスをした。

さて、ではこちらの質問に答えてもらおうか?
アメリカと手を切って、
どうやって未来永劫、日本国は永久に不滅です、になるんだ?
向けられた質問に、具体的かつ論理的、それに総合的・中長期的な視点から答えてみろ。

223 :221:2005/08/08(月) 06:38:02
自由からの逃走でフロムが提唱した民主主義的社会主義
結局それは、人から自由を奪い、そして生命を奪っていくシステムでしかなかったのは、
皮肉としか言いようがないな。
理想は立派だ。だが、理想はどこまでいっても理想でしかない。
現に理想を掲げるものは、現実的な処方箋をまるで提示できないではないか。

224 :名無しさんの主張:2005/08/08(月) 10:33:55
同志に指令。
『またアメリカか!!』『アメリカのポチが!!』『原爆の恨みを忘れたか!』
に類する単純なレスをひたすら繰り返せ。
細かく論じると突っ込まれるので一言だけでよい。
議論は不要どころかやぶ蛇である。

倭人は論理的な議論より空気に流される民族だ。
周りを『アメリカのポチ』で
埋め尽くして親米は馬鹿という空気さえ作り出しておけば
勝手に空気を読んで反米になる。

225 :名無しさんの主張:2005/08/08(月) 21:00:40
アジア・太平洋戦争では負けたかもしれないかもしれないが、日本は
れっきとした独立国である。ましてや国連安保理の常任理事国入りも
間違いない。そのような情勢の中で、アメリカのご機嫌をとってばかりは
いられない。もっと、視野を広くして、極東アジアの国々、あるいはEU
諸国と、連携をとるべきではないか。そうしてこそ、世界平和が生まれて
来るだろう。

226 ::2005/08/08(月) 21:42:28
>>225
>>国連安保理の常任理事国入りも間違いない。

っと、どこの情報だよ。
世界を語るわりに意外と世界状勢に疎いのは、何も今に限ったことじゃないが。

227 :名無しさんの主張:2005/08/09(火) 16:06:57
>>225
>極東アジアの国々、あるいはEU
>諸国と、連携をとるべきではないか。
その常任理事国入りで激しく反対している、
極東三馬鹿と、どういう分野でどのように連携をとるのか、
それが日本の国益にどう反映されるのか、説明してくれないかね?


228 :名無しさんの主張:2005/08/09(火) 22:32:30
>>227
極東三馬鹿?何それ。定義と現実に沿った国際関係、経済関係、
歴史的関係を踏まえて、論理的に説明してね。

>>222
だから、アメリカと手を組んでれば、未来永劫絶対安全だって
言い切れる根拠はなんだっつうの。イラクに手を突っ込んだのはいいが、
ベトナム戦争で学習能力ゼロだったことが如実に出て、世界中から
手を引いてるじゃねぇか。

229 :名無しさんの主張:2005/08/09(火) 23:13:17
アメリカの売国奴が何かもっともらしいことほざいてるなぁ。
島国根性丸出しの自慰基地害、新しい歴史教科書をつくる会あたりに
洗脳された自称政治結社員か(藁×∞。

230 ::2005/08/09(火) 23:52:49
>>228

訂正しといてやろう、

>>イラクに手を突っ込んだのはいいが、
ベトナム戦争で学習能力ゼロだったことが如実に出て、世界中から
手を引いてるじゃねぇか。

(訂正)→イラクに手を突っ込んだのはいいが。
ベトナム戦争での泥沼化を学習していないためにイラク統治が上手くいかず。
その反動で孤立外交に戻ろうとしているではないか。
このような介入と孤立を繰り返すような国を信用していいのか?

ということではないか?

ちゃんと書けば随分と的を得た話だ、この辺にまともに返せる親米は少ないだろうな。

俺の独断ということなら、自由と民主主義の価値が問われるわけだ。
いうなればアメリカは大体においてハードで圧勝を収め、いつもソフト面で敗北する、
そこは日本やヨーロッパが必要な部分であり
アメリカがいつまでたっても真の帝国になりえない理由な訳だ。
そうでなくては安保も国連も、意味を持たないだろうからな、だから日本にとってもある意味有利な同盟であるということだ。

231 :名無しさんの主張:2005/08/10(水) 06:46:44
>>228
極東三馬鹿の定義
中華人民共和国・大韓民国・北朝鮮人民共和国の三カ国を示す。
国際関係 自国家維持のために反日に邁進する、仲良くできない国群
経済関係 主に日本が部品を輸出し、それを中国韓国が組み立てて再輸出する構図。
     従って、人件費が高くなれば組み立て基地をベトナムなどに移すのが有効
歴史関係 中国に対しては、過去中華民国(現台湾)と交戦争経験がある。
     しかし、現政権である中国共産党は国民党に日本軍の相手を押し付け、
     逃げ回り、自勢力圏の拡大に邁進していた。
     それが何故か現在では共産主義の存在意義を、
     日本軍の妥当した事にされている。
     韓国に関しては日本の旧植民地
     植民地時代の補償については、既に済んでおり、
     その内容も在朝鮮資産が賠償を遥かに上回る上に、
     韓国の国家予算の3倍の無償援助に加え、
     同等額の低利子援助という莫大なものである。
     この際日本政府の個人補償の申し出を、
     韓国政府が行うと突っぱねてこれを政府が流用した。
     その事を韓国は国民に知らせていない。
北朝鮮  特記事項なし
     拉致問題で揉めており、日本国内で経済制裁の声が高まっている。

232 :名無しさんの主張:2005/08/10(水) 06:50:37
>>228
未来永劫絶対安全なんて誰が言った?
未来永劫絶対安全な外交なんてどこにもないんだよ。
あるんだったら教えてほしいものだ。
ただ今現在日本がおかれた状況で、よりベターな方針が、
アメリカとの連携強化というわけだ。
もしそれよりも良い方針があるというのなら是非披露してほしい。
>>230氏もいっているが、
>介入と孤立を繰り返すような国を信用していいのか?
こういったことには返しにくい。
結局、モアベターな対案がないから、という消極的な理由でしかないわけだ。

233 :名無しさんの主張:2005/08/10(水) 07:34:36
中国韓国と良い関係が築けていればそれが一番良かったんだろうけど。

結局のところ今まで中国韓国と仲良くしてこなかったから
アメリカと仲良くしつづけるしか生きる道が残っていないという話も。



234 :名無しさんの主張:2005/08/10(水) 08:04:45
>>233
>結局のところ今まで中国韓国と仲良くしてこなかったから
違うな。日本人的な仲良くしようという努力が、逆に仇になったんだよ。
今まで中国の言い分を散々聞いてきたじゃない。
靖国にいくなといわれればハイいきません。
化学兵器が出てくれば、ろくに調べもせずにハイお金出します。
突然尖閣の領土主張をされたときは、ハイじゃあ次世代へ。
ひとつの中国の原則を要求されれば、ハイ台湾は見捨てます。
ODAが欲しい、ハイ差し上げます。
中国様のおっしゃることは最もです。日中友好です。
その結果どうなった?一連の反日行動ですよ。
1992年以前は靖国なんてヤの字もなかったんだよ?
結局日本がサンドバッグだったから、彼らはそれを利用しただけ。
日本人はお互い様、ひとつ譲れば相手も譲るが常識だが彼らは違う。
彼らは相手が譲るのは力が弱いからだと認識する。
中国には溺れた犬は棒で叩けっていう諺があるんだけど、
弱い相手は容赦なく叩き潰せっていう文化があるの。
これはどっちの文化が良いとか悪いとかじゃなくて、
島国で外敵にほとんど晒されず、のほほんと暮らしてきた日本人の文化と違い、
王朝の交代や内戦など、常に大規模な殺し合いを経験してきたという文化背景があるの。
だからね。
これに、儒教的な上下関係が加わる。つまり、上位に位置するものに対して、
下位に位置するものは逆らってはいけないという意識
確かに中国との友好は理想だけど、対等な関係を築くのは、アメリカ以上にずっと難しいのよ。
東アジアの一員という共同意識を大切にしたい気持ちもわかるが、
残念ながらこちらがいくらラブコールを送っても、片思いは片思いなの。

235 :名無しさんの主張:2005/08/10(水) 08:14:53
それと、東アジア関係で忘れてはならないのが、
中国と友好関係を保てばそれで東アジアとの関係は万全かといえば、
実はそうじゃないんだよ、
何故か日本はアジアといえば中韓を示すけど、
アジアは台湾や東南アジア諸国、インドなどかなり広い。
そのアジア諸国と中国の関係はどうかといえば、決して友好とはいえない状況なのね。
台湾と中国の関係はいう必要もないけど、
中国とインドは中印紛争、ベトナムとは中越戦争、フィリピンとはミスチーフ環礁、
ロシアとも中ソ紛争、また領内ではチベット民族浄化、ウイグル民族浄化、
東南アジア諸国では華人の排斥などなど、周辺国と良好な関係を保っているとは言いがたいのよ。
これらの国にとっては、敵の味方は敵、という事にもなりかねないのね。
極東に限定しても、台湾の国民は韓国を、韓国人が日本人を嫌うのと同じくらい嫌ってたりすのね。
これには国交に関する複雑な理由があるんだけどね。
つまり、中韓と仲良くすれば、東アジア諸国と仲良くできるって単純な話じゃないのよ。

236 :名無しさんの主張:2005/08/10(水) 16:17:54
>>229
キミは新しい教科書実際に読んだことある?
新しい教科書のどこら辺が洗脳なのか、
具体的な箇所を上げてくれない?
もし読んだことないのなら読んでみて。
そして、ついでに中韓の教科書も読んでみることをお勧めする。
その上で、本当の洗脳教科書はなんなのか、
思ったことを聞かせて。

237 :名無しさんの主張:2005/08/10(水) 20:49:24
逆質問する前に、外国人特派員協会が主催した公開討論会に出て、堂々と批判を正面から
受けて立てなかった理由を釈明しましょうね。それから、どうして槍玉に上げられているのかもね。
つくる会の教科書では、バターン死の行進も、イギリス軍がデッチあげた虚構だって、
書いてる?

238 :名無しさんの主張:2005/08/11(木) 06:48:33
>>237
で、結局君自身は読んでないんだよね?

239 :名無しさんの主張:2005/08/12(金) 11:01:33
サヨクってのは、本当に批判ばっかりするだけで、
いざ自分に向けられた質問には答えようとしないな。
結局、なんか悪者を作り出して吊るし上げて、
自分って正義だなあって浸りたいだけなんだよな。
で、そういうところが中共や北朝鮮に利用されていると。

240 :名無しさんの主張:2005/08/12(金) 11:07:44
>>231
 おまいは、かつての世界のベストセラー「毛主席語録」(俗に『毛沢東語録』
という)を読んだことがあるのか?共産主義は、今は低調かもしれないけれど、
これから世界を変えていく思想的な武器である、と書いてある。思想・主義としての
正当性は、おかしくないし、今の時代だからこそ(資本主義に内在している根本的な
問題点を指摘している)、再度読むべきではないのか?国の仕組みにしても、制度に
しても、運用する人間によって、良くも悪くもなる。

241 :名無しさんの主張:2005/08/12(金) 11:21:28
>>239
同じ言葉は、そっくり売国奴親米保守にお返しする。

242 :名無しさんの主張:2005/08/12(金) 11:39:52
>>240
どこを縦読み(以下略)といいたいところだが、
なんかマジレスっぽいので茶化すのは止める。
その毛沢東主席様の理想を具現化したはずの中国共産党が、
世界有数の貧富の格差を抱えた国というのは、
皮肉としか言いようがないな。
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1123757860/l50

243 :名無しさんの主張:2005/08/12(金) 11:47:49
>>241
よく見て欲しいんだけど、批判なんかしてないよ。
ただ、中国の脅威に対抗するのは、
アメリカとの連携が必要と主張しているだけ。
違うというのなら、対案を出してといっているだけ。

244 ::2005/08/12(金) 18:49:59
>>240

まあ、間違いのない社会なんてのは存在しないからな。
毛沢東(というかレーニンだけど)が考ていたより人間はより人間らしいということだ。

245 :世界平和を願い続ける地球市民☆:2005/08/12(金) 20:14:33

共産党と社民党に愛と平和の一票を!!


民主党も自民党も改憲派です!!!

地球市民の皆さん!  忘れてはいけません!  真の護憲派平和主義政党は共産党と社民党だけです!

民主党も自民党も改憲派です!!!


民主党もその本質は自民党と同じ平和憲法を破壊する反動右翼政党です!!

地球市民は平和を死守するために民主党と自民党による2大政党化を断固として阻止しなくてはなりません!


今回の選挙では共産党と社民党の議席が無くなってしまう危険性がかなり大きいのです!!



平和護憲派政党・社民党を廃した民主党と自民党による右翼2大政党政治の成立を阻止するために共産党と社民党に投票して下さい!


愛と平和の尊さを忘れていない地球市民のみんな!! 共産党と社民党に一票を!!




246 :名無しさんの主張:2005/08/13(土) 06:56:57
核兵器や拉致など、平和国家とまったく逆のことをしている北朝鮮を、
マンセーしている社民共産が、愛と平和の党とはこれいかに?

247 :名無しさんの主張:2005/08/13(土) 10:49:38
>>240
>運用する人間によって、良くも悪くもなる。
そのとおりだ。
しかし、結局のところ、共産主義は暴力と虐殺なしでは成立できなかったわけだ。
毛沢東も「革命とは暴力である」と明言している。
文化大革命・ポルポト虐殺・赤軍粛清・最近では法輪功の迫害もあるな。
共産主義の行った暴力・虐殺を上げればきりがない。
これはら全て外敵でも倒すべき資本家階級でもない、「自国民」に対して行われたものだ。
結局、どんなに理想を並べても、共産主義は道を間違える運命なんだよ。
ところで、>>231へのレスなのに、
なんで突然毛沢東語録が出てくるの?

248 :名無しさんの主張:2005/08/13(土) 13:49:18
アメリカが「民主化」の名目で行った、大義なき内政干渉と武力攻撃については
ほっかぶりで、論点そらしに必死だね。資本主義が成功しておらず、アメリカでは
レーガノミクスの失敗のつけで、ロスアンゼルス暴動が起きるような状況で、
その目くらましのために、他国に言いがかりつけて内政干渉と武力行使し放題
ってことには何も言えない思考停止のプロですか?
アメリカこそが、世界一のテロ国家。親米保守は、長いものには巻かれろがDNA
に染み付いている国賊、売国奴、ダイオキシン。
アメリカラドコンも親米保守も、とっとと師ね。


>>246
世界で一番核保有している国はどこで、その国に、大義もないのに
ジュネーブ条約で禁止されていた戦時における民間人の殺戮を、
大虐殺、しかも人体実験として二度もされて、何も言わない香具師らが
主張するご都合主義と、言いがかりは、北朝鮮以下。

249 :名無しさんの主張:2005/08/13(土) 13:59:58
>>248
だからさ、結局どうすればいいのさ?
ただアメリカを叩ければそれで満足なの?
それだったらもう何も言わないし、
好きにすればいいと思うけど。

250 :名無しさんの主張:2005/08/13(土) 14:11:31
どうすればいいのさ?
いつまで盲従して、その先にどんな展望と未来がまっているであろうかを
具体的に示してみろよ。
>>249

251 :名無しさんの主張:2005/08/13(土) 14:19:53
>>250
何度も言っているように、
アメリカに盲従すれば無問題なんて誰が言ってる?
当然アメリカにも問題があるし、それは解決していくべき課題

252 :名無しさんの主張:2005/08/13(土) 14:33:50
>>250
安全保障にはまず集団的自衛権を確保し、
日米安保に台湾を含めた東アジア海洋同盟を締結し、
膨張覇権帝国主義をとる中共に対して対抗する。
経済的にはアメリカ・EUと連携し、
中共に対し人民元切上げの圧力をかける。
牛肉問題などの米国の要求に対しては、
NOという所は当然NOという。

253 :名無しさんの主張:2005/08/13(土) 14:37:19
つーか、そこまでして「じゃあどうすればいい?」
に答えるのが嫌かね?
結局、ただアメリカを叩きたいだけで、
具体的な方針があるわけじゃないんだろうな。

254 :名無しさんの主張:2005/08/13(土) 14:47:16
結局アレだ。
日本が親米ポチにならざるを得ない状況なのは、
自主防衛が満足にできないからであって、
親米ポチから脱却するには、軍事力の増強が必要なわけだ。
軍事力を増強するには、当然福祉などは削減する必要があるわけだが、
そういう覚悟が国民にあるかね?

255 :名無しさんの主張:2005/08/13(土) 14:49:50
真の意味での売国・反日の親米保守から国を守るためには
軍備増強はやむを得ないだろうな。

日本はアメリカの属国ではない。

256 :名無しさんの主張:2005/08/13(土) 14:51:15
>>251
で、アメリカ盲従を脱却する具体的なビジョンと戦略は?

257 :名無しさんの主張:2005/08/13(土) 14:57:24
>>253
単純に、日本が米国盲従から脱出するには、
自主防衛の達成しかないだろ。
大儀だの正義だのいってる彼が、
自主防衛の達成と軍備の増強について、
どこまで考えているのかはわからんが。

258 :名無しさんの主張:2005/08/13(土) 14:59:48
>>256
自主防衛の達成と軍備の増強
集団的自衛権を認める(これ重要)
ずーっと自国に引きこもっての守ってねじゃ、
いつまでたっても米国盲従は脱却できないよ。やっぱり。

259 ::2005/08/13(土) 17:57:23
でました自主防衛、と結局そこに行き着くのだが。
今までのは遊びだな。

憲法スレでさんざんやったんだが、
まあいいや、現実的に自主防衛という枠組みならそうだな、情報諜報はどうするのか?
兵器の調達は自国開発なのか?それと集団的自衛権があるといって具体的にアメリカ以外のどこの国と結ぶのか?

俺的にはそうだな、
情報諜報は日本はかなり遅れている、自国の諜報機関がある韓国でさえ在韓米軍が退くとその戦力の90%を失うといわれている現在、
対米独立は宇宙開発を含めた60年の差を埋めてからだ。

兵器調達を完全に自国ベースで行なうと自衛隊は必ず弱体化する、今飛んでる国産兵器はほとんどがライセンス、自国開発のF-4でさえF-16がベースである。
もし兵器を買うならその相手国に依存することになるな。フランス・ロシアあたりが飛びつくだろうが。
特に対弾道ミに関してはアメリカと共同歩調をとらなくてはならない事情というものがある。
パトリオットがどれほどの兵器かというのも重要だ。
対米独立は弾道ミおよび極東の安定が不可欠。

もう一つ、国際協調だが、実はこれが一番大きな問題で日本と軍事同盟を結びたがる国は現状台湾だろうな、
後はオーストラリアぐらいか。どちらにしてもアメリカ軍の強い影響下であるわけだから同じ穴というわけだ。
国連云々の議論は、憲法スレでも見てくれ。


260 :名無しさんの主張:2005/08/13(土) 19:20:11
親米保守が軍備増強自主防衛を叫ぶのは、
タイミングがいいんだろうな。
民主党クリントン政権の時代では、絶対に不可能だったが、
今の共和党ブッシュ政権は、それを後押しする姿勢ですらある。
日本がアメリカ盲従から脱出するための手段が、
反米主義者が最も嫌う共和党ブッシュ政権だからこそ、
達成の目が出てきたというのは、皮肉な話だが。

261 :名無しさんの主張:2005/08/15(月) 15:55:14
アジア・太平洋戦争の敗戦以来、思考停止のプロであり続ける親米保守。
赤塚不二夫の漫画に出てくる、「逮捕する〜」と権力振り回して、
拳銃を乱射する警察官そのもののアメリカ。

ちなみに、コロンブスが「アメリカ」大陸を発見したときに、住んでいた
原住民の人たちって、どれくらいいたんだろう?日本の25倍もの面積
があったんだから、かなりの数の原住民がいたはずだと思うんだけど。

262 :名無しさんの主張:2005/08/15(月) 16:13:33
コロンブスが発見したのは西インド諸島で、
アメリカ大陸を発見したのは文字通りアメリゴだけどな。

263 ::2005/08/15(月) 18:26:19
>>261

ちなみに、の意味がわからない。

264 :名無しさんの主張:2005/08/15(月) 19:37:43
>>263
こいつはkoueiだから相手にするな。
意味不明な論理・質問をして、
みんながそれに答えてんのに、
自分の思い通りににいかない答え全て答えてない!!答えろ!と言張る真性電波
ちなみにkoueiってこんな人です。
http://homeyo.hp.infoseek.co.jp/kouei/koueishine.html

265 :名無しさんの主張:2005/08/15(月) 23:16:34
>>259
台湾との連携は一度真剣に考えなきゃならんと思うのだが。
台湾を取られたら日本はシーレーンを失って終わり。
日本が一個護衛群を送るだけでも、
中国の台湾侵攻を5年は遅らせられると思うのだが。

266 :名無しさんの主張:2005/08/16(火) 09:04:41
釣りですか?それともネタですか?
>>265

267 :名無しさんの主張:2005/08/16(火) 12:18:28
沖縄米軍も、日本を守るためというより台湾を守るためだからな
台湾は日本のシーレーン防衛の要なんだから、
もし米国盲従を止めるのなら、自主防衛だけじゃなく、
単独で台湾を守れるだけの軍事力も必要なんだよな。

268 ::2005/08/16(火) 23:55:51
利益線戦という考え方は好きではないが、
次回の台湾総統選挙、アメリカは国民党の封じ込めが期待出来るのであろうか。

内政干渉という批判は台湾を国家と認めていない日本からは出ないはずだが。
次はさすがに左のほうからでそうな気がする。客観的に見てきな臭すぎるからだ。
何しろ06もしくは08の新憲法の行方しだいでは本当に何が起こるかわからない。

近年の台湾の動きは消極的にだが中国止む無しという方向に向かっている、確かに空気はそうだ。

だが、ここで問題になるのがもちろん氏はわかっていると思われるが原潜だ、先日領海侵犯したしょぼいのじゃなくて、
中国の新型原子力潜水艦ー巨浪2搭載型原潜の問題だろうな。
俺はこの時点で日本がここでのるかそるかに出るんじゃないかと思っている。


269 :なしくずし:2005/08/17(水) 02:30:29
全然?関係ないけど、アメリカの世論調査だと、広島や長崎への原爆投下は大戦を終わらせたという意味では正しいと言った意見が大半らしいですが。反省するってのはないのでしょうか?

270 :名無しさんの主張:2005/08/17(水) 12:09:58
しかし、中国ってのは軍事カードを出してくるタイミングが良くわからんな。
せっかく米内では対テロ戦争の共同戦線もあり、
中国は刺激するなって世論だったのに、
SLBMの実験で一気にひっくり返ってしまった。
日本も潜水艦を16隻から14隻体制に減らす寸前までいったのに、
例の領海侵犯で一気に吹き飛んだ上に、
F15の沖縄配備、MDの前倒し、パトリオットの追加配備、
自衛隊法改正、などなど、整備が一気に進んでしまった。
F22もどうやら導入確定らしい。機種選定の前に予算が先に決まるなんてありえないからな。
例の反日デモ以降、日本国内の対中強行派を勢いづける結果になった。
反日デモと領海侵犯のわずか数ヶ月で、
これが本当に軍備アレルギーの日本か?ってくらい状況が進んだ。
まあ、8月15日なにもおこらなかった事を考えると、
流石に薮蛇と気がついたのかも知れんな。

271 :名無しさんの主張:2005/08/17(水) 20:51:18
アメリカとユダヤの金融資本が、日本の郵貯を食い尽くそうとしているのに、
御身大事で、引き篭もっている親米保守。

272 :名無しさんの主張:2005/08/17(水) 20:53:58
世界一のテロ集団=中核派、従中韓、サヨ

273 ::2005/08/17(水) 22:51:36
>>270

そこんとこは、お国柄だろうな、敵は宮中にあり。
軍部の綱が緩みっぱなしなのだろう、

というより、まじでF22買うの?ありゃ高いってばよ。
アメリカで思ったより売れないぶん日本でってことか、いやー高いってさすがに。
事故なんかで損失した日にゃ、目も当てれん。

斬撃の新型をにらんでのことかいな?
フランカーは生産ストップ中だが、

274 :名無しさんの主張:2005/08/18(木) 08:09:47
7機導入で予算2000億っていったらひとつしかないだろ。
それにさ、継接ぎだらけのF15をいつまでも使い続けるわけにはいかないし、
いつかは機種を変えなきゃならん。
んでハイテク戦闘機ってのは、ものにするまで運用期間がかなりかかるから、
なるべく早いうちにやったほうが良い。
それに韓国のF15Kが余裕でお値段100億超になってるわけだから、
仮にスーパーホーネット入れても、やはり相当なお値段になってしまう。
F15とF22の模擬戦で、F15はいつ打ち落とされたのかもわからないというくらいだから、
第四世代2-3機分のコストパフォーマンスは十分あるんじゃないだろうか。

275 :名無しさんの主張:2005/08/18(木) 12:50:11
アメリカが占領国になったのは 結果として幸運だった ソビエトに本土の半分も 占領されていたら 未だに東日本は北鮮なみのクオリティだったのじゃないか。

276 :名無しさんの主張:2005/08/18(木) 15:52:26
大日本帝国の桎梏からの解放軍ってことでいいんだね、アメリカ軍は。
>>285

277 :名無しさんの主張:2005/08/18(木) 16:34:31
どうなんだ?
>>285

278 :名無しさんの主張:2005/08/18(木) 19:38:05
ラプターはコストパフォーマンスで言えば、
おそらく第四世代機を3機そろえるよりも圧倒的に良い。
第四世代がどれほど束になっても勝てないんだから。
それに運用コストだって、第四世代機を100機維持するより、
ラプターを30機維持するほうがよほど安上がりでしょう。
F15EとかF/A18EF30機よりも、ラプター7機の方が絶対コスパ良いよ。

279 ::2005/08/18(木) 22:42:56
そうなのか、
なら何故アメリカ軍は生産を縮小しているのだ?

正直、兵器自体のことにそれほど詳しいわけではないのだが、
自衛隊にはたしてステルスが必要なのか?というのにも疑問があるし。
国防力を考えるならF-15を100機とF-22が30機だったら航続距離とか、兵器搭載能力、減価償却を考えると。
F-15が100機のほうがましな気がするが、ここらへん俺の頭が古いのかもしれんが、、、

別に敵地進入爆撃を想定しているのか?なら何故空母を持たん、片手落ちじゃないか。

海外での評判は、アメリカではF-22に勝てるのは運良く接近フランカーと不況ぐらいとのことだが、
あのくるくる回るフランカーの衝撃はアメリカ人も覚えているらしいな。
ギリシャ人は声をそろえてユーロファイター、(多少無理があるが)
フランス人曰くラファールだっけ?あれが世界一らしい。

自衛隊は多目的戦闘機の新型F-16ベースの国産三菱製F-2の配備も進めてるんだろ?
ラプターか、正直まだ信じられん。あのステルス装甲に日の丸描いちゃったりするんだろうか?
ステルス迷彩の使用には相当厳しい規則がつくんだろうな、あんま意味ない気がするがな。






280 :名無しさんの主張:2005/08/19(金) 08:00:29
>なら何故アメリカ軍は生産を縮小しているのだ?
アメリカが生産を縮小しているのは、性能に問題があるからじゃなく単価の問題
議会で予算の枠が決まってるから、単価が高くなれば調達機数が下がり、
単価が安くなれば調達機数が上がるという仕組み。
だから予算自体が減って、機数が減っているわけじゃない。
従ってアメリカは日本に買わせ、単価を下げようとしている。
>F-15が100機のほうがましな気がするが
F15は既に十分な数が配備されているからね。
F4の代替に、これをさらに100機増やそうっても、維持費ばかりかかってしょうがないよ。
機体だけ増やしてもダメで、整備員の育成から、整備施設、格納庫、
補修部品の供給施設などなど、また一から作り直さないと。
米軍納入価格50億のF15のお値段が、
韓国に納入されるときは100億円を超えてしまったのもそこらへんが原因。
>なら何故空母を持たん
空母は搭載機がないし、ラプター以上に金がかかる。つーかそもそも防衛向きの兵器じゃない気がする。
>アメリカではF-22に勝てるのは運良く接近フランカーと不況ぐらいとのことだが
フランカーのレーダーにラプターが映らないのに、ラプターのレーダーにはフランカーが映るという状況で、
フランカーが運よく接近できるのは不可能じゃないかと。
軍板の話だからウソか本当かは知らんが模擬戦で、
F22一機でF15Cを十数機同時追尾して、6機同時ロックオン、同時撃墜、
F15のパイロットはいつ撃墜されたのか、気がつかなかたって話もあるそうだ。
ちなみにユーロファイター社のレポートでは、戦闘能力をユーロファイターを1とすると、
F15Eが0.8、F16Cが0.3、F/A18が0.3、F22が10だそうだ。
ユーロファイターの売り込みのためのレポートで、
ホーネットが0.3って本当かよ?って気もするが、F22を高く評価している。
こっちは原文のリンクがあったな。
>国産三菱製F-2の配備も進めてるんだろ?
F2は調達が130機から100機程度に削減。
この30機削減のお値段は、ラプター7機分に相当する。偶然とは思えない。

281 :280:2005/08/19(金) 08:01:25
まあもちろん、ラプター確定じゃあないよ。
実際にはまだラプターのラの字も出てきてないし。
ただ、予算とか機数とか、ロッキードのアナウンスとか、
そういう状況証拠から消去法でいくと、残るのはラプターのみってだけで。

282 :名無しさんの主張:2005/08/19(金) 20:49:33
なるほどぉ、アメリカは双子の赤字削減のために、日本に対して
郵政三事業民営化だけじゃなくて、軍産複合体である、アメリカの
軍事産業のつくる戦闘機を買えって、言ってるわけね?

283 ::2005/08/19(金) 23:00:52
>>280

へー、そういえばラプターが敵戦闘機をのっとれるという話を聞いてことがある、
それを聞いたときはほんまかいなと思ったのだが、丁度今の気分だ。

別にラプターが強いといってもラプター相手に戦争することはないだろうから、
そこまでいらないんじゃないの?という気がするのだが、
これもアメリカと同じで戦死者を一人も出せない日本軍にしてはいいのかもしれん。

なんか選択肢が狭い。

なんか別に外に出る用事もないのにフル装備の高級車買わされてる様でなあ、
もうちょっと小回りの利く、防空一辺倒の戦闘機ってないんかな?
ないだろうなあ、仕入先はアメリカのみだし。
取りあえず、日本の導入後に廉価版が出ないことを祈っておこうか。

284 :名無しさんの主張:2005/08/20(土) 07:04:03
グリペン




とかいって見る。

285 :名無しさんの主張:2005/08/20(土) 07:58:26
廉価板に該当するのはF35だろうけど、
今のF16と同じ扱いになるのでは?
あと、結局普通の戦闘機だったら、
もう十分な数が入っているわけだから、
次期戦闘機なんて当分いらないじゃん?
って結論になるのではないかと。

286 :名無しさんの主張:2005/08/21(日) 03:26:00
276 277様 そのとおりでございます

287 :名無しさんの主張:2005/08/21(日) 11:33:55
まあ、F22の導入がどうしても嫌な場合、
新型戦闘機を入れるのではなく、
その予算でF2とF15に、AAM4搭載改修を施したほうが良いんじゃないかな。
改修済みなのはまだ100機程度らしいからね。
なにもF22まで完璧主義じゃなくても、
AAM4とかAMRAAM搭載機であれば、中国フランカーに懐に飛び込まれることは、
まずないんじゃないかと。

288 :名無しさんの主張:2005/08/21(日) 11:46:02
空気嫁
>>285
つーか>>285って俺だったんだけどさ、
ソマン

289 :名無しさんの主張:2005/08/24(水) 07:17:49
★米・欧3機種に絞り選定=新戦闘機調査費要求へ−防衛庁

・航空自衛隊F4戦闘機の後継となる次期主力戦闘機(FX)の選定で、防衛庁が米国の
 最新鋭F22戦闘攻撃機とFA18スーパーホーネット、欧州戦闘機ユーロファイターの
 3機種に絞り選定作業を本格化させていることが23日、分かった。同庁は来年度概算
 要求に米国などでの調査費用を盛り込む。

 同庁は中期防衛力整備計画(2005〜09年度)期間中に、老朽化で08年度に減数が
 始まるF4の後継機を7機調達することを決めている。現時点では性能の高さからF22が
 最有力候補だが、米政府の輸出承諾やコスト面で課題が多く、スーパーホーネットも
 有力視されている。 

だって。事実上のF22とスーパーホーネットの一騎打ち

290 ::2005/08/25(木) 22:51:16

ユーロファイターはありえないかww
どうでもいいが、外務省のアメリカ一般市民の対日意識アンケートがとても面白い。
ソースは自分でいけるから置かないが、例えば、

日米同盟は米国の安全保障問題にとって重要か?

極めて重要である 50%
ある程度重要である 36%

なんかは、テレビでは流行らない現実。
変わりにこんなのもある、

国際社会において日本は経済援助の役割を果たしているか?

果たしている 34%
果たしていない 59%

日本人の大半はオイオイそりゃないぜ、と思うだろうが。現実はこんなものだろう。
コレを見ても中国中心の経済援助がいかにお粗末だったかというのがわかるな。

また日本が更なる武力増強が必要か?

増強すべき 52%
そうは思わない 41%

というのも注目に値する、このほかにもほんとに面白いから興味がある方はぜひどうぞ。

291 :名無しさんの主張:2005/08/26(金) 18:09:57
まあ、アメリカから見れば、
同盟国として軍を派遣しなけりゃいくら金出したってダメダメなんだろうな。
深層意識として。あと、アメリカ人にしてみりゃ貿易摩擦ノイローゼもあるんだろうよ。
ただし、
「日本を信頼できる」と答えた人が一般国民で72%有識者では90%以上など、
過去最高の水準だけどな。
村山から河野、野中と続く、
対中重視外交の結果返ってきたのは、反日意識だけという現実を考えると、
アメリカ人の方が明らかに素直な反応見せるな。

292 ::2005/08/27(土) 00:32:27

同じく極東の基地国家、韓国との評価差も注目だな。
実際、コレを読むと日本のマスコミ各社が極めて国際感覚に乏しいのがよくわかる、
見当はずしまくってるし、いや、もう読んですらいないんじゃないか?
国内世論には極めて敏感なのではあるが、、、、はっきり言えば思考停止に近い状態なのではないかと思う。

貿易摩擦の件だけど、中国の繊維産業との兼ね合いでEUが揺れている。
日本は繊維の国ではないから無頓着だが、EU規模でのダンピングが実施されることもありうる。
今中国は火のついた自家発電自転車のようなものだから、プラザ合意ではないけれどどうなるのかわかったもんじゃない

アメリカは貿易の件で中国と構える気はないようだ。
(もともと貿易の上手い国じゃない、下手したら中国に負ける。軍事に比べればアメリカの貿易外交は下の下)
その件はEUの動向を見ながら進めるつもりだろう、イラクの時のEUと逆の立場に立っている。

そういえば、逆アンケートの結果も見てみたいが、、、少し怖いな。

293 :名無しさんの主張:2005/08/27(土) 20:47:36
とりあえず、通商はクロフォード次第かな。
どうなるんだろうかねえ。

逆のアンケートというと、日本人の対米アンケートかい?
意外と良好なんじゃないだろうか。
確かにイラク戦争のときは悪化したかもしれんが、
アジアカップと反日デモで、対中感情の悪化に反比例して、対米感情は回復してそうだ。
俺の周りでも、ブッシュのイラク非難をしていた連中が、
軒並み中国嫌いになって、イラクの件はどっかにいってしまったようだ。
曰く、でもまあやっぱりアメリカとの連携は必要だと。
世論なんて結構簡単に変わるもんだ。

294 ::2005/08/28(日) 09:43:22

アメリカもあの政策で自由貿易を称しているんだから笑える、
実体経済では城塞都市を決め込もうってのが虫がいい話だ。
まあいつもながら結局は口だけだろうがな。

日本の世論が変わりやすいことを批判していた駒大教授がいたな誰だったか忘れたが、
おそらく293氏の言うとおり印象はいいだろう、だがこの設問内容だと、、、やはり怖いな。
日本の外交音痴はすべて外務官僚のせいということにしといてほしいものだ。

どうでもいいが実は国際社会ではブッシュが求められているが、どうやら次期は難しいだろう。
ここのところでまたも読みをはずしてそうな日本人が多そうなのが怖いところだ。




295 :名無しさんの主張:2005/08/28(日) 11:42:29
歴史的に民主党が政権を取ると、対外関係の収拾がつかなくなるからね。
2008年以降どうなるんだろうか。
通商問題でのかつての日本叩きを彷彿させる中国叩きが始まるか、
それとも伝統的親中路線をひた走るのか。
今のところ通商面での対中強硬派は民主党議員に多いようだけど。
中国は中国で日本のように脅せば泣き入れて来るってもんじゃないので、
あっちこっちで収拾つかなくなりそうな。

296 ::2005/08/28(日) 19:27:24

中国たたきをやろうにも同時に中国頼みじゃどうしようもないでしょ。
ドル安を願っているようじゃ話にならない。
アメリカから直接買うもの(他国経由でないというところがミソ)で中国にないものの品目字体が少ないのが現状だ。
国債ぐらいかw

アメリカ自身は消費サイクルを止めることもできない理由がある、
まあ大量に刷ってしまった国債の件なんだが、各国もそれを望んでいたはずだったんだがな、
アメリカが自ら篭りたい、帝国は嫌だというなら仕方がないだろうな。
アメリカ自身は昔から危機感を抱いているようだし(まあ、当たり前か)

日本企業は結構シビアに中国に見切りをつけている(理由はデモと韓国企業)
将来的展望なら、結局のところ消費国家中国へは圧力よりも。
ベトナムやタイなんかへの資本流入が現実的に中国の首を絞めることになるだろう。
日本は経済ではワリといい戦略とってると思う。

要するに円高になっとしても同じく多国籍企業のトヨタなんかには意味がないし、
もちろん軍事以外のアメリカ主要産業にも同時に意味がないのだ。

297 :魔法のセニョリート ◆40WnEtzSeY :2005/08/28(日) 21:36:50
暗殺なら米大統領に責任 ベネズエラ大統領(共同通信)
http://www.asyura2.com/0505/war73/msg/825.html
投稿者 熊野孤道 日時 2005 年 8 月 27 日 14:31:28: Lif1sDmyA6Ww.

Yahoo!ニュースからhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050827-00000058-kyodo-intより引用

暗殺なら米大統領に責任 ベネズエラ大統領

 【メキシコ市26日共同】ブッシュ米政権に影響力を持つ米キリスト教保守派指導者
パット・ロバートソン師がベネズエラのチャベス大統領を暗殺すべきだと発言したこと
について、同大統領は26日、首都カラカスで演説し「私に何かあれば、ブッシュ
(大統領)の責任だ」と非難した。
 現地からの報道によると、チャベス大統領は「同師は米国を支配するエリート層の
意思を表明したにすぎない。ブッシュは殺人者ということになり、これは純粋なテロ
リズムだ」と述べた。
 ロバートソン師は22日、米国と対立が深刻化するチャベス大統領を暗殺すべきだ
と主張。24日に、発言は誤りだったと謝罪する声明を発表している。
(共同通信) - 8月27日11時16分更新
http://www.asyura2.com/0505/war73/msg/825.html

付け加えておけば、パット・ロバートソンは一度「暗殺などとは言ってない」と否認した
後、事実を認めて謝罪した。
Pat Robertson Lies, Then Apologizes for Chavez Threat
http://www.democracynow.org/article.pl?sid=05/08/25/1342217


298 :魔法のセニョリート ◆40WnEtzSeY :2005/08/28(日) 21:57:59
アメリカは悪くないけど、これで、ブッシュは悪人だって決まったね。

アメリカで、ブッシュの支持率は急激に下がっている。

このままでは小泉に友達がいなくなってしまうから、
今のうちにケリーさんとかシラクさんとかと仲良くしておいたほうが良さそうだね。


299 :名無しさんの主張:2005/08/29(月) 15:01:44
>アメリカから直接買うもの(他国経由でないというところがミソ)で中国にないものの品目字体が少ないのが現状だ。
しかし、中国から買うしかないものもない状況
仮に供給基地として中国がつぶれても、
東南アジアに移行するだけでしょ。

300 :名無しさんの主張:2005/08/29(月) 15:43:24
イラク派兵を選挙で認めた国民なんだから殺されて然るべくと思う。
日本の行動について国連でも大義なき派兵としているし
イラク特別措置法を施行する前に現地視察したった5分で安全性を認めた
小泉と神崎は標的の一番目にしてもらいたいものだが・・・


301 :よく考えて:2005/08/29(月) 15:52:54
今回の総選挙は郵政民営化選挙だとか言ってるけど、自民党が勝っても小泉さんはあと1年ちょっとで辞める。
もし自民が負けたら、彼は直ぐ辞めると言っている。
どっちに転んでも、間もなく消費税率引き上げ議論が表に出てくる。
民営化賛成票の積りで自民に入れた票も、民営化反対の積りで民主に入れた票も消費税率引き上げ賛成票に変身する。

郵政民営化なんてはっきり言ってどうでもいいが、消費税率が引き上げられたら、
それどころじゃない。平均的な家庭で、50〜60万円の増税になる。
1〜2ヶ月分以上の給料がパー。
そもそも何で増税が必要になったかと言えば、何年か前に高額所得者の累進税率をどかっと下げたので、
それで財政赤字が一層酷くなり、その穴埋めの為に必要になったのだ。
言ってみれば、庶民から取り立てて、金持ちに払うようなものだね。

302 ::2005/08/29(月) 23:52:18
>>299
繊維や食料、簡易石油製品は今のところ中国が圧倒的に強い。外資をのけた場合だが。
日本人はここを忘れがちなんだけど、
こういう地場的で安価な産業というものは地政学的なものだから替えが聞かないという面がある。
例えば日本で手工業的に衣類を作ればとんでもない値になってしまう、

そして東南アジアでそうした市場を開くのには難しいわけがある。
すでに東南アジアはドルを溜め込んでるから安価で大量の輸入品目としては魅力がない。なにせバーツだって高いからな。
ブラジルの政策なんかにもあるように隣近所の大国が通貨を無理に引き下げるようなことをすれば、近隣諸国の地場産業はとてつもないダメージを受ける。
中国のこの戦法を恐れてどこの国も競うことはしないだろう、たとえ日本が頼んでもな。

それで切り上げ話がでてきたわけだ。

まあ、もし中国が潰れればそれだけドルが上がるから日本の輸入は増える一方になる。
むしろ中国の急成長が近隣諸国からの締め付けになってしまうわけだ、ベトナムなんかが今後の安価な製品の対抗馬だな。
近隣諸国に産業を移すということは、言い換えれば中国の成長を見越しているといってもいいぐらいだ。

まあだからといって、
日本と輸出品目がかぶるのは今のところ韓国ぐらいだし、後は取るには足らない。
(韓国の大規模製鉄所の建設は十中八九現代自動車のためだろうが、俺はまだサムソンの方が目があるとおもう。
戦争でも見越しているなら別だが、おそらく国内に製鉄所を作る利点は韓国にはもうないだろう、石油はアメリカの自国供給力弱さで値が上がっているが、
鉄は中国の建設ラッシュつまりは北京五輪なんだが、これが終われば鉄は余る公算が高いからだ。)





303 :名無しさんの主張:2005/08/30(火) 00:02:17
>>298
まあ、ブッシュといわずともシラクさんの方が危ないですから。
ケリーさんを日本のマスコミで見ることはもう二度とないだろう。
ゴアさんの方がまだ政治家としては芽があるな。

そんなに陥落しない政権がお望みなら北にいるじゃない世襲なやつが。

304 :名無しさんの主張:2005/08/30(火) 00:04:46
>>300
ははは、話題が古いな。
日本はイラクより郵政ですよ、残念ながらね。。。

305 ::2005/08/30(火) 00:07:21
↑二つ
同一人物なんで宜しく。

>>301

コピペに一言、税金の過多は将来の物価展望と関係があるのでは?

306 :名無しさんの主張:2005/08/30(火) 02:03:00
そういえば香港ディズニーランドの開幕日は9月12日だったな
9月11日に日本で華麗なテロが起こって、翌日にHKDLでみんなで慶祝するとちょうど(・∀・)イイ!!
今から楽しみだ!ディズニーの開幕を待ちわびる香港の人々の余興となってくれよ、きっとみんな喜んでHKDLで祝ってあげるぞ!!

307 :名無しさんの主張:2005/08/30(火) 02:05:03
>>306
いつもの馬鹿チョンらしいな。

308 :名無しさんの主張:2005/08/30(火) 16:09:02
イラク派兵を反対している連中は、
シーア派が虐げられ、クルド人が虐殺され続けた方がいいというのだろうか?
理不尽の殺されている人の数は、
アメリカの介入前より明らかに少なくなっているのだが。

309 :名無しさんの主張:2005/08/30(火) 16:19:18
コソボだってスーダンだってそうだ。
アメリカが介入すれば虐殺は終るし、
アメリカが介入しなければ虐殺は終らない。
これが現実だ。
薬の副作用が強いからといって薬を投与してはいけないというのは、
どこか間違ってる気がする。

310 :名無しさんの主張:2005/08/30(火) 16:20:40
http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h30974049
三枚目の画像右上
http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r14253021
三枚目の画像左



311 ::2005/08/30(火) 22:39:22
>>308
どう考えてもイラクには連邦制しか道はない。
これに反対するスンニ派を例えば東ティモールのように武力で安定化させるという認識も可能。
で、可能になってきたと思いきや、アメリカは疲れ果てててしまった。
いまこそイラクに対して何もしてこなかったフランスやドイツなどの責任逃避や。
イラクの石油交換取引の不正にまみれていた国連、フランス、中国には厳しい批判が向かうべきなのだがな。

しかし憲法草案の国民投票だが、よくこんなやり方を取ったものだ。
アメリカの精神だろうが、、非とすれば腹黒く、また是とすれば成立しない。
スンニ派武力組織は明らかに犯罪組織なのだから、スンニ派の代弁者に足り得ないというのは夢想なのだろうか?

312 ::2005/08/30(火) 22:52:44
>>309
ダルフールの件ではアメリカ頼みでは進まないだろう。
単純に中国やロシアの残滓がいきつづけているし、
石油の問題は深い入りすると自らの首を絞めることになりかねない、(問題が近隣諸国に波及しやすい、エクアドルの件でベネゼエラが慌てたのもこのため。)
薬を飲ませたつもりが自ら病にかかるということになる、そしてスーダンは主に政府軍の残虐性が問われているのだが。
これも北と同じで国と国では戦争になるからな、単純に対民兵、対テロ組織とはいかない。
ジャンジャウィ−ドはすでにスーダン軍の非正規部隊として認識されている。

それに石油しかない国の油田地帯に国連が入ってもし油田が爆破されでもしたら、経済は容易に麻痺し結果的に。
今より多くの餓死者が出る可能性が高い。

ではどうすればいいのか、AUに頑張ってもらうしかないのだ。
AUはアホの集団だが、アフリカという大地においては大きな意義を持つと思える。
そしてこの意義が明確に存在するのは今のところAUだけだ。

俺たちはもうこれに賭けるしかないのではないか?と俺は思う。

313 ::2005/08/31(水) 22:53:41
今日の一言、

結核の流行がアフリカで本格的に拡大している。
近くWTOが何らかの声明を出すだろう。おそらく地域緊急事態宣言か?
東ヨーロッパでも流行は止んでいない。
今の流行の主体が対抗性物質結核菌であることからも注意が必要だ。

ハリケーンであるが、どうなのだろう?
日本と比べアメリカ南部の台風対策は全くなっていないのではないか?
そういうビジネスチャンスがあるように思うが。
公は台風の被害を防ぐ義務を負っていないということだろう。
もちろん事後対策はしっかりやるのだが。お国柄だな、

北朝鮮問題だが、実質日本の選挙待ちである六者協議、
もし、民主が政権を取れば最初の試練になるだろう。

そして、イラク。
テロの恐怖とはこういうことを言うのだ、もうちょっと考えろマスコミさん







314 ::2005/09/01(木) 22:03:33
今日の一言、

ジンバブエのIMF離れが現実味を帯びてきた、
現在、基本的にアフリカには金が流れている。
問題はそれをどうすることも出来ない軟弱な国家と、
負債が多すぎて工業ばかり発達させてしまう構造的が問題だ(輸出しないといけないから)
負債は大きいがとにもかくにも食料を何とかするべき。エイズはまた別の問題。

コートジボアールが分裂状態に入ってからもう3年余り、ここでも南アの外交力に頼るしかない状態が続いている。
だが、2004年の南アが調整に入った北部武装勢力との和解は、新たな武装勢力を生み出しただけだった。
残念な結果だ。
いずれにせよ、南アなくしてAUは成り立たないここはムベキの手腕が問われるのだろうなあ。
俺はあんまりいい大統領との認識はないけれど。

日本で強姦が急増している、今に韓国を他人事のようには言えなくなる日が来る。
強姦を防ぐには治安維持だが、石原のやり方というのは意外とまっとうなのかもしれん。
俺は余りいい知事だという認識はないけれど。





315 :名無しさんの主張:2005/09/02(金) 14:28:25
話は変わるが、最近のNHKは本当に気味が悪い。
例えばコソボの話でも、
空爆によって虐殺が終ったなどのポジティブな話はNATO軍の空爆と紹介するのに、
空爆によって憎しみの連鎖が云々などのネガティブは話の紹介は空爆と表記する。
ダルフールも、アメリカの無責任は長々と紹介するが、
中国は事はほんの数秒しかしない。
気をつけないと気がつかない細かいことなんだろうけど気味が悪い。

316 :名無しさんの主張:2005/09/02(金) 14:32:25
×ネガティブは話の紹介は空爆
○ネガティブは話の紹介はアメリカの空爆
あと、争う二勢力では、
アメリカの関与は報道しても、中国の関与は報道しないよな。

317 ::2005/09/03(土) 00:24:17
今日の一言、

毎日新聞の珍妙記事に一言、

・ハリケーンの被害で行方不明になっていたロック音楽家
ファッツ・ドミノさんが水没した家屋から救出された。

おい!ロック音楽家ってなんじゃあ。
直訳か?エキサイト翻訳でも使ったのか?CNN丸写しですか?

どうでもいいが、水没した家屋からロック音楽家が救出されるという映像を思い浮かべると笑いを誘う。
救出されるへビィメタル音楽家、パンク音楽家というのも不謹慎だがアリだと思う。

ついでに言わせてもらえれば、新潟の災害援助金は米から5万ドルなんだが、
今回、日本は米に50万ドル出すそうだ。日本はスマトラ津波の時の出遅れを取り戻したいのだろうが、この選択はまあはずしていると思う。

とまあ置いておいて、

郵政であるが、自民党は勝った気でいるようだが??
どういう観測でそんなことがいえるのだろう?
今回ほど浮遊票が多く結果が読みにくいといわれる選挙はないのに。
まあ、普通に考えれば勝つだろうけどね、だからといって安易な考えを世論に読まれたら負けるよ。

イラク、イラクの話は受けが悪い。
どうもアメリカ人と同じような状態、「イラクの話は聞きたくもない病」に日本人もかかっているようだ。
憲法も大詰め、イラク人にとっても日本にとっても最大の踏ん張りどころいるのにねえ





318 ::2005/09/03(土) 00:28:40
>>315

中国様から、中国脅威論へ。
根っこは変わってない気がするが。

どちらにしても、優位に立ちたいのなら答えは一つだ。
中国は怖ければ怖いほど自ら追い込む、これはロシアと全く逆の構造となっているのが面白い。


319 ::2005/09/03(土) 14:52:35
今日の一言、

ブラジル発、銃による死者数が一年で36000人を超えた。
悪名高きアメリカでさえ10000人であるから、ブラジルの様相は深刻だ。
南米という地域はこの問題をずっと抱えている、コロンビアしかり、エクアドルしかりだ。
原因はアメリカにあることはほぼ間違いがないだろうが、同時に国家の無策も取り立たされている。
て言う過去のひどい状態であるならコロンビアの自警団がある程度効果を発するのは当たり前、どこかのアホが声を上げていたが。
処方箋というのはどの病にでも効くものではないだろう、議論にはならんだろうな。

ウガンダの政府がコンドームを大量に発売することになった、
ウガンダの平均寿命は40代前半から30台後半といわれている、原因はHIVである。
現大統領のムベキも頑張ってはいるが、HIVさえなければもっと豊かな国なのにという不満は避けられていない。
現体制に不満がたまっているのだろう、
が、一言。それも重要だがあんたの国の場合は

まず、性質の悪い因習じみた性意識を何とかしなさい!

320 ::2005/09/04(日) 23:07:08
今日の一言、

一般的に韓国の話題は中国よりも食いつきがいいので一つ、
六者協議では相当のフライングだった韓国様の大規模送電線案なのだが、
誰か試算した奴がいるのだろうか???
思いつきにしちゃあ少々やりすぎだ、誰か内部事情に詳しい方教えておくれ。
結局金出すのは・・なんてことはありえないか、

台風裏台風ということで、中国の台風被害について一つ。
中国は今回台風13号で40名余りが命を落とした、まあ立派な災害なのだが。
しかし結果的にまあまあ、治水は進んでいるようだ。という印象で落ち着きそうだ。
本来の被害というとなんか変だが、ちょっと前よりもかなり被害は抑えられている。
まあ、外信経由なんで信憑性というのが問題になるが(内信よかましか)それでも大惨事とまではいかなかったのだろうというのはよくわかる。
そして問題が、果たしてこれ以上日本のODAが必要なのか?
というところなのだ、日本の中国へのODAは治水関係が多いのだが、今回の件を見てももう十分ではないのか?
ちょっと前の人民解放軍手作業土嚢積みなんてのは過去の話になりつつあるのではないかということ。
まあ、頑丈なのは海岸部分だけだろうけれど、
それでもさすがにもうイランだろODAといえるに十分な情報だというわけ。

被害総額は馬鹿でかいが、不思議なことに被害総額を大きく加算する傾向がある中国なのでそれは信じないことにしよう。






321 ::2005/09/05(月) 22:18:38
てか、スレを乗っ取ってしまったようだ。
奴にも見捨てられ上げてくんないし、
今日の一言

ニューオリンズは世紀末となっている。
いみじくも、ランボーやブラックホークダウンやまあインディペンデンスも同じ、
実はアメリカの話だったのだ。
笑える話だが、アメリカの敵は終生アメリカだ。中国の敵が未来永劫中国であるように、

黒人の町、黒人の死体、黒人の暴動。何もかも真っ黒。
差別とは言うなかれ現実とはそういうものだ。本当に先進国なのか?

さて、結核に続いて疾病情報、西アフリカではコレラが蔓延している、
UNのレポートによると一年で1万人が死に、その3倍の患者が存在している。
主に井戸水によって感染が拡大し、その感染範囲は西アフリカを覆っている。
そして患者は感染の自覚無く感染拡大行動を繰り返した挙句死亡している。
井戸水の塩素殺菌予防の知識も無い、発展途上国に広く見られる穴掘った便所が全ての原因であるが、
それが解決する見通しは立たない、人は食えば必ずという生き物であり。
貧しい国にとって下水処理など夢の話だからだ。 カメルーンやチャドに感染が広がる可能性が高い。

日本は水道の水が飲める超稀少国であるから実感が理解が難しいが、
汚水であれなんであれ人は乾けば飲んでしまう。そしてそれを止めるなんて誰も出来やしない。

中国の衣類に対してヨーロッパがセーフガードを発動しました。
はい、何べんも書いてきたように中国と日本はかぶらないからまだいいものの。
かぶる地域にとっては死活問題です。ブラジルとアルゼンチンしかりですね、
中国は武器に続き、衣類でも貿易摩擦を引き起こしていますが、中国に替えの産業は今のところありません(外資を除く)
意外と現在の好景気は北京五輪まで持たないかもしれません。
といっても、即破滅ということもまた無いですが。

322 :名無しさんの主張:2005/09/05(月) 22:47:57
結論

アメリカは先進国でなかった。

323 :魔法のセニョリート ◆40WnEtzSeY :2005/09/05(月) 22:51:56
>>319
>ブラジル発、銃による死者数が一年で36000人を超えた。

ギャングの世界(裏の世界)と表の世界は違う。
ブラジルで人生をエンジョイしている多くの日系人は、表の世界に住んでいる。


324 ::2005/09/05(月) 23:15:00
>>322

もっと盛り上げようぜ←うざい。

>>323

裏だろうが表であろうが人生をエンジョイしている奴はどこにでもおるだろ、
その数が全体に対して少なければ少ないほどリスクが高くなるわけだ。

325 ::2005/09/06(火) 22:39:37
さて、今日の一言。

米カトリーヌさんの被害だが、米経済には影響が無いとの観測が強い。
いやースマトラ津波でもそうだったけれど人間社会にとって自然災害は危機とはならなくなっているのだろう。
もちろん日本は別格だが。
それよりも今回のハリケーンでは「人間としての被害」の方が気にかかる。

そしてイラン、そう誰も注目しないイランである。
皆さん華麗にスルーしているのは何故なのだろう?
EUは当初の軟弱な対話路線からさらに軟弱に傾いているようだ。
シラクの弱腰もなんだか人が変わったのかというほどだ、
俺の独断だがおそらく中央アジアで10年以内に大きな戦争が起きる。
危機としては極東よりもはるかに高い。
そのとき核が使われないか?使われるだろうな。

EUは投げやりな外交を進めている。ヨーロッパは今病んでいる。
経済では無いもっと大事なものが。

そうそう、ドイツ車メーカー(名前忘れた)では1万人規模のリストラが実施される見通しだ
自浄が進むのもまた遅い、ドイツのような救われる国ならまだしも、そうで無い国はどうするんだ。

イスラエルとパキスタンの首脳会談という夢が実現した。
ガザからの撤退はエジプトにも軟化をもたらしている。
結局ノーベルは糞の役にも立たず、核が役に立ったわけだ。

で、それでアラブはどこに行くのか?というと行き場が無い、それも精神的に。
トルコのような針の穴をラクダが通るような作業は、他の国には望めないのだろうか?

326 ::2005/09/08(木) 00:08:49
今日の一言、

まあなんだ、眠いわけだが。
反米の中の反米でてこいやぁ BY高田 
レスは明日だけど。

にゃにゃにゃ、むしゃむしゃ
ということで一話題だけ。

はい、米ユノカル買収問題からひと段落だが、
結局中国はあきらめずカナダの石油会社ペトロカザフスタンの買収に成功。
中央アジアに小さいながら油田を持つことに、、、
ガス田でもそうだが、今中国はエネルギーが足りない。
金はあるにはある。だがしかし、という状態なのだ。
実際に、長引く石油高騰で中国企業の多くが減益を見込んでいる、(ウォールストリート・ジャーナルより)
ということではあるが、中国が石油の値を上げているというわけでもない。
もちろん一因ではあるのだが、要するに調達ルートの確保が難しいのだ。
買いに買って足りないというわけではない、後からきた中国に有利な権利はもはや残っていないのだ。
ということで、火種ですね。植民地なんとやらに近いものがある。
もちろん石油の利権は複雑でそう簡単な構図ではないのだが、
南米でもアフリカでも中国は目下のところ失敗している。エクアドルとスーダンね。
理由は地理的なものと同時に現地政権が軟弱だというのがある。
そしてカザフスタンは軟弱だ。さらに近隣諸国は中国が怖い故に中国を無条件に強くしたりすることは無い。
だから俺は中国怖いと自らを追い込む論を展開しているのである。

そしてロシアが逆なのは、油田はある。しかし金が、という状態であるからだ。
二国は噛み合いそうで実際噛み合うことは無いだろう、ロシアはもういい加減中華思想には懲りているし、
中国はモスクワのエリートの話など聞く気は無いからだ。

327 ::2005/09/08(木) 00:19:00
馬鹿な妄想だけれど、ちょっと怖い話。

もしかして、原油価格の上昇が止まらないのは。
販売元が供給を抑えているとか、需要が供給を上回っているとかではなく。

純粋に、原油の絶対量が無いのでは?とふと思うことがある。

これってちょー怖い話だぜ、と。

328 ::2005/09/08(木) 22:42:25
はい、今日の一言。

目下の大きな話題は、中国北朝鮮に不正送金か?
のはずであるが。誰も注目せず。おいおい。
中国様が北朝鮮の核開発を援助していた可能性があるのだよ。
あの位置に核があると鬱陶しくて仕方が無いはずの中国がだ、これはどういうことかな?
はっきりいっちゃえば北の体制維持に中国は熱心だと可能性があるということ。で、本質的に北が長くは無いということも了解しているということ。
線がつながってきましたな、時間稼ぎがしたいのは韓国、中国、北朝鮮、とそろいました。
では、そもそも6者協議とはなんだったのか?なんだったんだろね?
アメリカは今それどころでは無いけれど、次の6者協議では相当の不快感を示すはずだ。
そしてそのとき民主党政権だったなら、、、、

エジプト、ムバラク政権はまだ続きそうだ、長すぎる。
大体野党候補が九人もいる時点でおかしい、野党に勝つ気は無い。
こういう純粋なアホさは朗らかでいいのだが。
戦略とか勝算とかもうちょっと考えようぜ。


329 :名無しさんの主張:2005/09/09(金) 03:43:04
南無妙法蓮華経

330 :名無しさんの主張:2005/09/09(金) 20:55:02
財政赤字の半分がアメリカ国債?

331 ::2005/09/10(土) 00:39:13
はい、綺麗にスルーされてるなあ
議論になりやすそうなネタばかり探してる俺の立場って。

>>330
??何の話かよくわからん、
俺の家計の財政赤字は目下のところ原油価格の上昇が原因だ。

さて、さて、
選挙です、どうなりますやら。基本的な流れは自民、メディアに飽きた無党派層がなんとは無く民主に流れるのだろう。
ここのバランス感覚はさすが無党派層である、俺は無党派層は結構上手く機能していると思う
選挙に行かないという選択肢も政治家に対するいいプレッシャーにはなるが、まあ害は無い。

これが日本の選挙で死人が出ない理由だ。そして大きくは選択をはずさない要因にもなる。
なあなあになるということだけど、まあ、そこら辺は行かない人間の人となりを見れば分かるはずだ。





332 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 19:23:04
いや、読んでるよ。
ただ、ちょっと話が飛び飛びで、食いつきずらいだけ。

333 ::2005/09/11(日) 23:20:25
今日の一言、

自民圧勝だな、俺の予想はまあはずしたわけだが。
大きくははずしてないのでご愛嬌だ。
がどうでもいいのだが、負け犬の遠吠えが、国民は馬鹿だからというのではあんまりだ。

ここらへん朝日やら毎日は少しは考えて欲しいところだ。

敗退した民主だが、二大政党制という己で作り上げた幻想に敗れたな。
敗因は自分自身だ、そもそも二大政党になるべくしてなったわけではないからだ。
棚ボタは何時までも棚ボタでは無い。今回負ければ後が無いことを理解していなかったのか?

俺の助言は一つ、大統領選挙。これしかない、もう民主には永久野党か大統領選
二つに一つだ。今回は極めて大統領選挙に近い総選挙だった。
岡田は理解できていなかったようだが、もう民主が勝つには道はこれしかない。

中国の台風15号にえらく心配するBBCだが、前も言ったとおり
アメリカは例外、あれは人災だ。ここらへん台風の来ない国にはわからないだろうが。
たしかに、80万人が避難勧告と聞くと大事だがな。

334 ::2005/09/11(日) 23:22:46
>>332
なんかブログっぽくなってきたな

335 ::2005/09/11(日) 23:33:03
アホを承知で言うなら、保守政党が無いのがおかしいのだ。
どちらも革新でどちらがより革新かと言う、馬鹿馬鹿しい勝負に持ち込んだのが民主党。
いうなら、福祉充実、外国人排斥、国際化否定、内需拡大、アジア中心外交でも訴えりゃ流れは変わったはずだ。
といえば昔の自民だな。

要は政策対立の原点は保守と革新だろ。




336 ::2005/09/11(日) 23:45:11
そしてさらに一言、

金曜日に中国の戦艦5隻が東シナ海ガス田付近に集結したのだが。
投票には影響なし、良かった日本人、万歳。
ていうか、台湾じゃあるまいし、中国も何考えてんだ。
筋肉国家はこれだからアホと呼ばれるのだ、戦艦に怯えて民主に投票する馬鹿なんていないだろ?
というかむしろ逆だろ。ばーか。

とこれくらいにして、今日も中国様は元気ですね。

337 :名無しさんの主張:2005/09/11(日) 23:52:03
中国って、毎回毎回意味不明なタイミングで切り出しているね。
民主主義国家がどういうものなのか、本気でわかってないっぽい。
靖国とか教科書にしても、法律にのっとったものは、
言論の自由が保障されているという事が、
どうしても理解できないのかもしれない。

338 ::2005/09/12(月) 00:00:40
>>337

そうなのだ、民主応援したいなら戦艦出しちゃダメダメだ。
民主となら平和的共存が出来る、北との交渉にも協力するかも、と言うべきなのだ。(嘘でも。)

この件は日本ではスルー、アメリカでは危険信号だと捕らえられている。
アメリカはどうやら中国を仮想的とみなしだしているな、幾分勇み足だが。
前のロシア合同演習、台湾問題での核攻撃やっちゃうよ発言が決定的だったな。

今回の戦艦だが、北京がこれに噛んでいたかどうかというのは怪しい、
北京が本気なら十中八九新型原潜がでてくるはず、この中途半端ぶりはなんなんだろうな。


339 :名無しさんの主張:2005/09/12(月) 17:48:46
アメリカは、いつ民主主義国家から軍事国家に変わるの?

340 :名無しさんの主張:2005/09/12(月) 19:42:16
>>338
ちょっかいだしてくるのは対日本韓国を主任務とする北海艦隊じゃなくて、
江沢民上海派閥のお膝元、南京軍管所属の艦船というのも、
ひょっとしたら装備・地理的な必然のほかに、中国国内の政治的な必然があるのかもな。
もっとも、本気を出した時の日本は中国人にはトラウマになっているようだ。
寝ている虎を起こさないように道具を選んでいるという可能性もあるのかもしれない。
下手にキロ級なんか出して、また対潜強化なんかされたら、
薮蛇意外の何者でもないし。

>>339
民主主義国家で軍事国家は、なにも不思議じゃないが。
古代アテネも古代ローマも軍事国家だけど?
むしろ、大国で軍事国家じゃない国って歴史上なにかある?

341 :名無しさんの主張:2005/09/12(月) 22:03:43
もうとっくに(ry

342 ::2005/09/12(月) 22:20:50
>>340

確かに中国のお国柄で言えば軍部の暴発の可能性が濃厚だが、
いや、別に俺はNewYorkTimsの支持者ではないのだが。
だが、しかしというのは。日本の選挙結果が出たと同時にして6者協議やる気なしを打ち出した北京の意向からしても
あながちNYもはずしていない気もする。もちろん10年スパンの話になるが。

大国で軍事大国で無いといえば、ちょっと意味が違うかもしれないがバチカンかな。

343 :名無しさんの主張:2005/09/12(月) 22:22:09
>>339

軍事国家というイデオロギーは無いよ

344 ::2005/09/12(月) 22:34:10
さて今日の一言、

いや、共同通信えらい転びっぷりだ。
米ハリケーンの死者1万人が下方訂正、400人っておい、
25倍もあるじゃねえか、いい加減にもほどがある。「見た感じ1万人」それは感想です。
少ないというのは確かにいい話だが、米の熱の上げようもまた一興だ。
ちょうど日本の選挙の空白と時期が重なってよかったな。

選挙ついでだが、何故かフランスの皆さん小泉支持者が多いのは何でだ?
魔法のでは無いのだが小泉なんてヨーロッパじゃ目の敵でもおかしくないはず、
もちろんマスコミにも癖はありそうだが、意外とフランスでは受けがいい。

でだ、アンダーなはなしになってしまって申し訳ないのだが。
イスラエル近状だ、どうもガザの撤退が一筋の希望と呼べるかもしれない細い光が生まれているようだ。
最後までシナゴークでもめたが何とかなりそうだ。イスラエルは一度引けばなし崩しに国家が崩壊すると信じていた。
結果的にはリスクは減る方向に働いたと見ていい。
エジプトとパキスタンとの首脳会談など本来考えられない面子だ。もちろん白紙万歳では無いことは確かだが。
後はシリアだが、、、、ゴランの件では簡単にはすまないだろうな。こればっかりはなあ

345 ::2005/09/12(月) 22:52:45
追伸、
11月にブッシュが小泉に助けを求めてやって来る件だが。

1.ここは冷徹に追い返した方ががいいのだろうか?(次期大統領選を見据えての話。)
2.それとも手土産もたした方がいいのだろうか?(たとえばトランスフォーメーションに関して日本負担額の増大とか)

346 :名無しさんの主張:2005/09/13(火) 06:31:09
>>345
たかりに来てんだから、金だけは出すな

347 :名無しさんの主張:2005/09/13(火) 17:03:35
日本国内の米軍基地からも家賃取れ。

348 ::2005/09/14(水) 00:32:32
>>346
金だけってことは、イラク関係その他もろもろで血を流すのはありか?

>>347
別に替えはあるのだから、アメリカに特に日本にこだわる理由は無い。
あるとしたら日本の国民性ぐらい、それはやはり日本人がいてほしいと願っているということでもある。

今日の一言、

書きたいことは山ほどあるのだが、
私事で申し訳ないが資金繰りにポンが出て今日は徹夜だ、すまんまた明日に。

349 :名無しさんの主張:2005/09/14(水) 07:27:41
むしろアメリカは基地を縮小したがっているようにも見える。
ただし、日本の軍事力が攻撃任務に向いていないので、
極東地域を任せられないんだろ。
実際、在日米軍がいなかった台湾を守りきれないだろ。

350 ::2005/09/14(水) 22:13:55
>>349
アメリカはとりあえず、基地の縮小といういうよりも米軍機能の改革を求めているのだろうと思う、
つまりは自衛隊の改革ということにもつながる。
そのプランに沖縄が組み込まれていることは確かだし、
日本自身も原潜関係から沖縄米軍は日本に必要という認識はあるだろうな。

しかし沖縄でなければならない米軍がすべて沖縄に集中しているわけではない、
これは、冷戦時代から続いてきた米軍の機能上の問題だ。そしてそうした肥大化した在日米軍の機能整理が行なわれるチャンスでもある。
対中を見据えての、自衛隊の南下と同じように是々非々での交渉が行なわれるべきなのだが。
むしろ過大に必要としているのは日本かもしれない。

そして台湾を守る、というより台湾海峡の制海権を守るといった方が正しい。
台湾という国家に対して、俺らが思っている以上に国際社会は冷たい。
これは日本も含めての話だ。

351 ::2005/09/14(水) 22:29:11
今日の一言、

米中協議がワリとまともにいっているのが不思議だ。
中国銀行の件はどうなったのだろう、まさかシンガポールのギャンブラーに全ての責任を負わせるつもりなのか?

国連総会が始まった、一度触れたがイラクでの不正は何の国連機能に改革も成さなかった。
草案が発表されたが曖昧ではっきり言えば意味不明。
アナンが恥だといっていることは、確かに俺たち国際社会で割り食った人間から見ると恥どころではない。
そして、国連はイラクに何の措置も講じなかった、イランでも同じだろう。
いや、ロシアの拒否権発動という演出まで行くのかどうかさえ疑わしい。
国連問題は全てアメリカの責任と論じる日本のマスコミには驚きだ。
日本がいまさらこの舞台に立つ意味があるのだろうか?

バグダットで毎日のように一般市民が爆死している。
もはやアメリカ軍どうのこうのという状態ではない、内戦まで後一歩だろう。
そしてイラク人は交渉チャンネルすら持たないのだ。
この状況で暫定自治政府はアメリカ軍の撤退を謳ったが。
だが、誰がそれを望むのかといえばもう、それはわかりきったことだ。

352 ::2005/09/14(水) 22:31:33
俺は基本的にイラク人を信じているが、
それでもこの状況が何時までも続くことがやがて致命的になるということぐらいはわかる。

353 ::2005/09/15(木) 21:26:22
さて、今日の一言。

ノースウエストとデルタの破産が生む影響は何か?
まあ、別に名物って訳でもないが。
アメリカはしばらく破産した飛行機会社の飛行機がまた増えることになる。
原油高騰が原因という報道は胡散臭いな、価格破壊に敗れたというより航空業界に構造的な欠陥があるのだろう。
自由化の影響がそのままでた産業だということだろうな、それこそ隆盛と破産を繰り返すのだろう。
破産企業の運用は自然と業務に支障をきたすだろうが、
便数自体が減ってしまえばそれはそれで余り良い状態とはいえなくなるので、まあ仕方ないのだろう。

それよりJALは大丈夫なのだろうか?まさか天下りを拒否ったというわけでも無いだろうが。

軽水炉である、この期に及んで軽水炉である。
もう核を大事だと感じてしまう俺は旧世代なのだろうか、イランでも折れ。
北でも折れそうだ。アメリカはイランでロシアに譲り、北で中国に譲るのだろうか?
現在の状況では十分ありえる話だ。日本だけがまともな精神状態だが、アメリカヨーロッパは篭ってしまった。
独裁国家に平和利用などと、とはさすがに声を大にしていえないが。(お隣がそうだから)
だが、このまま順序良く楽観的傍観を決め込めば、次の戦争は間違いなく核の炎に包まれるだろうな。

354 :名無しさんの主張:2005/09/16(金) 19:24:26
ブッシュの馬鹿が、間違って核ミサイルのボタンを押して、それが
間違ってワシントンをに落ちればいいのに。

355 ::2005/09/17(土) 01:01:37
>>354
まあそうなっても新しい大統領が出てくるだけだ。

今日の一言、

愛知万博の来場者数が2000万人突破、すごいですなあ。
どう考えても日本国民のうち7人に一人が行っているわけ無いから、リピーターが多いのだろう。
それってすごい良いイベントではないかと思う。

イラクの混迷がますます深まる中、日本軍だけが何故か何もされない。
言われても殺されない、とりあえず形だけやられる。
どれだけ日本という国がアラブから好かれているかわかる話だが、そうも行ってられない事態が近づいてきている感じだ。
やはり、早急に国連軍を入れなければ、現イラク政権は何をするかわからない。
ある程度は治安維持能力を与えるべきだが、これ以上の緊張はまずい。
今は米軍が歯止めとなっているのだから。



356 :名無しさんの主張:2005/09/18(日) 17:48:12
チャベス大統領のつめの垢でもせんじて飲ませてもらえ
アメリカ人。

357 :名無しさんの主張:2005/09/18(日) 17:59:47
 世界の多くの人々は、米国人とは「他人を殴りつけることはできても、我慢することができない」
連中だと考え始めている。米国人はイラクへの侵略が首尾よくいっているように思えたときは反対
せず、ラムズフェルド国防長官が数ヶ月前に認めたように、それが「きつくてつらい仕事」になった
から今になって反対しているのだ。自分のことがわかっていない。
 想像したらいい。もしイラクのレジスタンス勢力が姿を消し、国内のガソリン価格が一ガロン一ドル
以下になったら国内のムードはどうあんるか。国民は我を忘れるほど喜んで、一つの独立国家を侵略
して軍事占領し、破壊したことなど誰も後悔はしないだろう。国民はいまだにイラクの人々の生命や
イラクの幼い赤ん坊たち、イラクの多くの家庭に加えられた被害について関心を持とうとしない。彼らが
関心を持つのは、自分たちの損だけなのだから。
 こうした米国人の他人の感情に配慮できない性癖は、世界中でテロリストが米国に牙を向ける動機を
生み出している。米国の侵略の犠牲者は、自分たちが米国に屈せず反抗することに価値を見出す。テロリスト
たちは、米国は苦痛に耐えるのが苦手だから、苦痛を与えてやれば首尾よくいくはずだと思うだろう。
 国民は自身が被っている苦痛から逃れたいと思う前に、米国の不正な仕打ちと暴力によって犠牲となった
人々の気持ちを思いやるべきではないか。米国は、自分たちが被った苦痛よりはるかに大きなものを、絶え間
なく世界に与えてきたのだ。

358 :名無しさんの主張:2005/09/20(火) 20:12:18
保守

359 ::2005/09/21(水) 22:18:04
うっす、
いや秋の小旅行はいいね。
といっても三泊やそこらで何がわかるわけでもなし。
往復五時間の機内待ち時間というのも結構な時間の無駄だった気がする。

まあいいや、今日の一言。

帰ったら民主党の党首が決まっていた、前原ならまだ芽があるか?
前原は労組と手を切ろうとしている、民主が生き残るためには必須だな。
だが、運営といい、舵のとり方といい、どんどん自民党色が強くなるのは何故だろう?

吐き気のする六者協議とやらが終わった。
実質韓国、中国の勝利だ。これで米軍が日本を先制攻撃で守るということはありえない。
対日戦線のシナリオの幅が広がったということか。
結局、将軍様は中国様の操り人形だということがよくわかったし、俺は韓国は騙されてるんじゃなく、ありゃ故意だと思うね。
次の戦争すら見え隠れしているというのにねえ。まあ、当分は中央アジアの方が心配だが。

EUは死んでる、というか死ぬつもりなのか?よくわからん。
ドイツ総選挙大丈夫か?あれで?マジで。
どう頑張っても与党(ちゅうか過半数)になれない政党ばかり。
外交で何言おうと、まずどう転んでも国内がついてこんのが丸わかり、あんな国誰も信用しねえぞ。
かといって国内政策で何が出来るのかといえば出来るわけねえな。
あれこそ本当の意味での税金の無駄。

360 ::2005/09/21(水) 22:27:00
>>356
チャベスというよりありゃカストロ臭がするがね。

>>357
今イラクで、
苦痛だという認識が果たしてアメリカに向けられているのかどうか。
ちょっとニュースでも見りゃわかることだな。
今イラクで最も恐ろしいのはルワンダの再臨だろうな。留め金になっているのが米軍だが。
おそらく内戦はそう遠くない。
これは米軍だからこそ存在するジレンマだ。
書いてある通り苦痛に弱いのは民主主義国家ゆえだ、中国やロシアだとそうは行かない。
たがにすらなら無いだろうな。
そもそも、今アメリカが完膚なきまでに負ければ、日本が民主主義国家である必要性などなくなってしまう。
それ故アメリカにすがるのだが。
ま、ここらへんのイデオロギー云々の話をしても日本じゃ盛り上がらないだろうな。
経済云々じゃそれこそ中国だって上手くやっているんだから。


361 :名無しさんの主張:2005/09/22(木) 00:29:59
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1126449712/1-100
(‐_‐)小泉純一郎の孤独(‐_‐)

小泉・ブッシュのホロスコープ解析。

今後、合衆国や日本国そのものをホロスコープ解析する予定。

362 ::2005/09/22(木) 23:50:51
今日の一言、まーあれた゛、ナイジェリアの暴動だがやっぱりエクアドルの状況は発展途上国に波及したな。 予想通りだ。

363 ::2005/09/24(土) 00:28:27
>>361
ホロ何たらってなんだ?

>>362
今日の一言、
はい、原油高の混乱は発展途上国を直撃していますね、
ナイジェリアに続きインドネシアでも不穏な動きがある。
ソースはこちらから、
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050901-00000010-san-int

しっかしハリケーンにしろ原油の件にしろ、インフラというものの必要性を思い知らされるな。
中国では価格統制が行なわれているのだが、その赤字はどこに消えているのかといえば、どこに消えているんだ?

まあいいや、本題はそれじゃあない。
そうっす、六者協議の合意とは一体なんだったのだ?ということだ。
こういうところで深く突っ込まないマスコミにはうんざりだが、あっても狭量で視野の狭い小泉批判になるだけのものしかない。

俺の意見を書いておこうか、拉致問題は解決不可能だと認めることから始めようや、
んで、中国様と将軍様と南のお人形は日本と米に対してこれだけ敵対しているのになぜ報道しにゃいのか?
っで、何かとマスコミでは便利に使われる経済制裁であるが、実のところ中国銀行の件でもわかったように。
中国様が手助けをすれば日本が制裁をしたところで朝鮮半島が中国色に染まるだけで全く意味は無い。
核が出来てしまった以上、北と南は敵国を探しているし。

なかんずく米国では相手にならないが、
日本はどうでもいいぐらいにベストターゲットなのだ、いやこれは政治的な話だから軍事は持ち込まないでね。
日本が経済制裁で言うことを聞かせる、というアーミーなやり方は北が中国と仲が悪かった時期にやるべきだった。
といっても、拉致問題発覚前の話だが。
中国が米と話をつけた以上、というより北の核と体制を日本以外の国が認めた以上。
もう日本に打つ手は無い、他の拉致被害者も帰ってこないだろう。

で、核の件ではいつかは全廃となるのは目に見えていたし、アメリカもいつかは軽水炉ということで、
中国様の顔を立てて結局は協議が始まる前と状況は全く変わってないじゃないか?よく見てみろよ。

364 :名無しさんの主張:2005/09/29(木) 20:42:40
アメリカ産牛肉の輸入再開問題をめぐり、アメリカ最大の畜産業界の会長は28日、議会下院の公聴会に出席し、
「われわれは不公正に扱われている」と述べ、日本への報復措置をとるよう議会に要請しました。

365 :名無しさんの主張:2005/09/30(金) 19:57:50
世界中でテロを起こしまくる工作活動をし、いざテロが起きると
それを口実にして、他国に武力介入を繰り返すのがアメリカ流。

366 :名無しさんの主張:2005/10/02(日) 18:50:50
まったくもって親米保守は売国奴であり国賊だと思う。

367 :名無しさんの主張:2005/10/07(金) 20:44:02
平成のウェブスター事件が起こっても、アメリカ様だけは治外法権。

368 :名無しさんの主張:2005/10/08(土) 14:51:40
イラク攻撃は神のお告げ

http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=intl&NWID=2005100801000545

369 :名無しさんの主張:2005/10/10(月) 11:22:18
天に変わりて不義を討つか。
アメリカはいつから神を騙れるようになったんだ?

370 :名無しさんの主張:2005/10/11(火) 23:25:40
ブッシュと神とどっちがえらい?
親米保守さん、神と天皇ってどっちが偉いの?

371 :名無しさんの主張:2005/10/13(木) 19:46:16
靖国神社の遊就館、米政府高官が見たら、どう思うだろうなぁ。

372 :名無しさんの主張:2005/10/17(月) 16:26:57
平成版ウェブスター事件、アメリカによる日本の主権侵害。

373 :名無しさんの主張:2005/10/17(月) 16:31:33
ブッシュは、俺立ちは、神様に愛されてるって言ってるよ。


374 :名無しさんの主張:2005/10/17(月) 16:39:56
神様って、キリスト教では、受け容れたものすべてを愛するんじゃないのかな?
ID問題、どうなるんだろうね?

375 :名無しさんの主張:2005/10/23(日) 20:17:51
まあ、アメリカ人のバーベキューへの思い入れは凄まじいものがあるからな。
海外赴任中に取引先のデブに、ディナー奢ったお礼に誘われて、嫌々行ってみたんだが、
まず肉が凄い。キロ単位で塊で買ってくる。手土産に持ってった肉をみて「それじゃ足りないよ、
貧乏人」という顔をする。エコノミックアニマルはいつまでも肉食には慣れないらしい、みたいな。
絶対、その肉4キロより、俺が買ってきた肉500gの方が高い。っつうか、それほぼ脂身じゃねえか。
で、デブが肉を切る。やたら切る。不良風のデブ娘とデブ息子もこのときばかりは親父を尊敬。
普段、目もあわせないらしいガキがダディクールとか言ってる。郷ひろみか? 畜生、氏ね。
鉄板も凄い、まず汚ねぇ。こげとかこびりついてる。 洗え。洗剤で洗え。つうか買い換えろ。
で、やたら焼く。焼いてデブ一家で食う。良い肉から食う。ゲストとかそんな概念一切ナシ。
ただただ、食う。デブが焼いて、デブがデブ家族に取り分ける。俺には回ってこない。畜生。
あらかた片付けた後、「どうした食ってないじゃないか?」などと、残った脂身を寄越す。畜生。
で、デブ一家、5キロくらい肉を食った後に、みんなでダイエットコークとカロリーカットのビールを飲む。
「今日は僕も飲んじゃう」とかデブ息子が言う。おまえ、酒どころか絶対薬やってるだろ?
デブ娘も「ああ、酔っちゃった、あなた素敵ね」とか言う。こっち見んな、殺すぞ。
デブ妻が「太っちゃったわね」とか言って、デブ夫が「カロリーゼロだから大丈夫さ」とか言う。
アメリカンジョークの意味がわかんねえ。畜生、何がおかしいんだ、氏ね。

まあ、おまえら、アメリカ人にバーベキュー誘われたら、要注意ってこった。

376 :名無しさんの主張:2005/10/29(土) 22:22:28
馬鹿は親米保守か、ネット右翼にでもなるしかない。

377 :名無しさんの主張:2005/10/29(土) 22:24:13
馬鹿ちょんは親中基地外か、ネット朝鮮右翼にでもなるしかない。

378 :オナニー革命:2005/10/29(土) 22:25:57
くだらん戦争するヒマあったらオナニーしよう。
そしてオナニー革命で世界平和を築こう。

379 :なあなあ店長 ◆5IBPyMHvXA :2005/10/29(土) 22:26:49
>>378
詳しく。

380 :名無しさんの主張:2005/11/04(金) 22:46:21
病気の牛を食わせて、日本人の脳みそを逝かれさせようともしている。

381 :名無しさんの主張:2005/11/11(金) 20:54:44
親米保守とやらは、すでに脳みそに蛆がわいている。

382 :名無しさんの主張:2005/11/13(日) 12:07:39
醜屍(>>381)の脳みそには、すでに蛆がわいている。

383 :名無しさんの主張:2005/11/14(月) 21:53:16
親米保守は、日本国内の米軍機問題について
何もいえないのか?

384 :名無しさんの主張:2005/11/19(土) 20:17:52
親米保守の厨房ちゃん、もしかしなくても、日本人を装った非米活動委員会の
プロパガンダですか?(藁。

385 :名無しさんの主張:2005/11/19(土) 21:09:06
剣を持つものは剣にて滅ぶ。

アメリカもとっととこの聖書の言葉が成就して、なくなっちまえばいいのに。

386 :三国人はキチガイwww:2005/11/20(日) 00:26:08
   ヾ   _________     /
  \   ,.r‐''''...................-、
    /:::::::::::::::::::_ ::::::::ヽ
  メ !::::::::::::::::::::::}十{::::::::::::::i  つ
    !::::::::::::::::::_,,、-'''''' ̄ ̄`'ヽ    ブヮーハハハハハ
 ─  |ミシ ̄ ̄ _ノ''  'ヽ、_ !'''"
ニ─ .(6ミシ  《;.・;.》 《;・;.》 |  二─
  ヽ し:    "~~´i |`~~゛ .i
   . ミ:::|:::::.....  f ・ ・)、 ..:::i    キムチの脳内にはモラルがないみたいやな
  ι |::::ヽ:::::( トュェェェュュイ:/ 。 ゚
/  _ ノヽ:::::ヽ:::ヽ, -rー /ノ ・  。     反日・火病・ネット工作・歴史歪曲とキムチども情けねー!www
 / | | |\:::`ー-ニニニソ:|。\ : 。
 .  | |.r‐-‐-‐/⌒ヽ- .| | | \
 ヽ、  |_,|_,|_,h( ̄.ノ.ヽ | | | |. ヽ
 ー-ヽノ| `~`".`´ ´"⌒⌒) | | |.|



387 :名無しさんの主張:2005/11/23(水) 20:50:20
アメリカ、イギリス、日本人はキチガイってことですか?
>>386

388 :名無しさんの主張:2005/11/25(金) 20:29:46
アメリカなんて、イギリス本国から棄民されたどうしようもない人的不良債権が先祖だろ。

389 :魔法のセニョリート ◆40WnEtzSeY :2005/11/26(土) 00:16:36
>>388
イギリス本国に残るよりは、アメリカやオーストラリアに移住したほうが
結果的に豊かで機会溢れる素晴らしい社会になったわけだから、

当時、同胞を棄民したイギリス人が馬鹿だったってことだよね。


390 :名無しさんの主張:2005/11/26(土) 14:58:28
ま、アメリカ人は建国当時から、原住民であるインディアンを迫害し、大量殺戮
してきた好戦人だからな。

391 :名無しさんの主張:2005/11/28(月) 13:10:15
ま、アメリカ人が大好きな神によって、裁かれる国がアメリカってことか。
ざまあみやがれ。

392 :名無しさんの主張:2005/11/28(月) 14:44:14
そのアングロサクソンも
大小ブリテン島に移住する前は
ユーラシア大陸にもいたそうだけど・・・・。
・・・・要するにゲルマン民族の大移動前の事な。

393 :名無しさんの主張:2005/11/28(月) 19:28:07
【狂牛情報】アルツハイマーによる死者が50倍以上に アメリカ

159 - 衆 - 農林水産委員会 - 13号 平成16年04月27日 ○山田委員

エール大学神経病理学科外科部門の研究チームの検討を含め複数の研究で、剖検によりアルツハイマー病
あるいは痴呆症と診断されていた患者の三―一三%が実際はクロイツフェルト・ヤコブ病に罹患していた
ことが判明したとしている。米国では毎年アルツハイマー病と診断される患者が四百万人、痴呆症患者は
数十万人が発生していることから、最も少なく見積もって一万二千人以上のクロイツフェルト・ヤコブ病患者
が検出されず、公式統計に含まれない可能性がある。 注:12万人以上と思われる
                           
実際、アルツハイマー病と診断された死亡患者数は一九七九年には八百五十七例であったものが、
二〇〇〇年には五十倍以上の五万例近くとなった。

159 - 衆 - 農林水産委員会 - 7号 平成16年03月18日 ○松木委員 

記事の中に、アメリカでは、アルツハイマー病あるいは痴呆症と診断される人が年間四百万人いるそう
なんです。複数の研究機関の合同研究によると、このうち三から一三%が実際はヤコブ病であったことが
判明しております。少なく見積もっても十二万人はヤコブ病の公式統計に含まれていない可能性がある。

「アルツハイマーや若年性痴呆の中に変異型ヤコブ病患者が」・・米国牛輸入再開に京大医学部教授衝撃的指摘
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1120196765/

【vCJD】牛海綿状脳症(BSE)と同じ病気“日本人発症しやすい”…厚労省研究班
http://news16.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1088575874/l50


輸血を拒否した厚生官僚  薬害エイズ年表
http://human5.2ch.net/test/read.cgi/ms/1131724453/10-


394 :名無しさんの主張:2005/11/29(火) 08:55:13
超初心者質問で申し訳ないんですが、「保守」ってどういうことですか?
日本の保守ってのは自民のことなんですか?
あとネオコンはなにがネオなんですか? 質問ばかりですいません。

395 :名無しさんの主張:2005/11/29(火) 13:34:32
どのマスメディアや評論家もアフガン攻撃がベトナムや、ソビエトが攻め込んだ時のアフガン同様泥沼
化すると論評している。 私の意見は全く違う。 アフガンとベトナムを比べる材料に完全な違いが有
るからだ。 皆は戦争に何が一番必要であり、何が一番効果が有るかご存じだろうか?

戦争に必要なモノ、それは一にも二にも武器弾薬でありそれを調達する資金である。 ベトナムはイデ
オロギーの代理戦争だった。 だから共産国家の後押しする北ベトナムには高度な武器やそれに通じた
最新の軍事指導はソビエトから、低種類の武器は中国から湯水のごとく供給された。中国はもともと国
家が麻薬を生産する国である。その麻薬を大量にアメリカ軍のいる南ベトナムにタダ同然でばらまいた
。 当然のごとく戦争の狂気に精神的に追いつめられた金持ちアメリカの若い兵士は麻薬に取り憑かれ
た。 軍人の志気の低下は著しい戦果の衰えとなる。 もしも北ベトナムにこうした支援国が無ければ
完全にアメリカは勝利していたのである。

アメリカはジャングルのベトコンに負けたのではなく、イデオロギー敵対国家軍、強烈な武器弾薬金銭
の支援国家群に負けたのである。 アフガンに攻め入ったソビエトも同じ事だった。アフガンよりも寒
い国のソビエト軍はアフガンの地など自国の酷寒に比べれば冬戦争も造作もない事である。 ところが
今度はまさしくベトナムの御礼とばかりにアメリカがアフガンの抵抗軍に軍備をたっぷりと供給したの
である。ソビエトはベトナムのアメリカと同じく支援国家の援助に負けたのだ。

それに比べ現在のアフガンはどうだろうか? どこにアフガンに支援する国があるというのだろうか?
 もちろんビンラディンのアルカイーダやオマルのタリバンはテロ国家のイラクや北朝鮮の支援を(そ
れに通ずる中国も)受けてこそ同時多発テロが成功したのだ。しかし、今この時期にどこの誰が武器や
金銭の援助をタリバンにすると言うのであろうか? 

戦争の本質をきちんと見分けられる目を持つ人ならアフガンは一〜二年の内に完全に淘汰される事が解
るはずである。 その後におけるイスラム圏の人達の後進的な政治音痴で問題は山積みが有るとしても
、眼下の敵、タリバンはすでに風前の灯火なのだ。



396 :名無しさんの主張:2005/11/29(火) 13:35:41
さて、あいも変わらぬ日本のマスコミの世界事情音痴だが、アメリカへのテロ以前と、テロ以後の世界
は全く違ってしまうという事実をきちんと認識しなくてはならない。 

目先だけに捕らわれる連中は、新たな貧と富の戦争が始まっただの、イスラム圏とキリスト圏の新たな
宗教戦争だの、アメリカ一人勝ちの弊害だの、アメリカの文化文明の押しつけへの抵抗戦争だの、相も
変わらぬイデオロギーに毒された幼稚な感情論と、針の先ほどの部分だけを取り上げた一部的な現象把
握であったりする。

テロ以前の地球は僅か20カ国前後の民主主義国と、残り110数カ国の民意封殺の独裁国家群の集ま
りであった。 だからこそ戦争もテロもいっこうに収まらなかったのだ。 民主主義国は当然のごとく
あらゆる情報が公開され、公平な競争の下に物事が行われるので、発展し続けます。富の収集が起こる
。 そして民意弾圧の国はいつまで経っても情報が公開されないためあらゆるモノが不公平なままに放
置されるので、民の意識は低いままで進行し発展は停滞する。富の収集は難しいのである。

民主主義国の数カ国で残り全世界の富に等しい富が有る。 何に置いても人間の世界では富があってこ
その力だ。富が無いところに力は無いし、人の賛意も得られない。 富有ってこその人心の安定と幸福
が得られる。 だからこそ富める民主主義国に戦争放棄へのあらゆる思考行動が練り上げられるのであ
る。 しかし、アフガンのような極貧の国の民がすることはセックスか殺し合いしかない。

昔からの諺、金持ちケンカせず、は、人の行動の真理である。今回のような戦争に類似したテロを企て
る者は富める国には起こり得ない。 貧こそ争いの元である。 富を得る、そのためには民意の政治を
行い、努力をする者が成果を得る公平な社会が必要なのだ。 宗教やイデオロギーや貧富の差でテロが
起こるのでは無い。 公平でない社会、公平ではない国達が、テロという人間の最も許させざる卑怯な
行為を作り出す。



397 :名無しさんの主張:2005/11/29(火) 13:37:28
アメリカは誕生以来初めて世界と同じ価値観を持った。 攻められる恐怖である。 アメリカ本国はた
だの一度も爆弾を落とされた事が無い国なのである。 その誇りと自信は世界貿易センタービルと共に
吹っ飛んでしまった。 ベトナムで傷ついたアメリカは、出来るなら自国の民を死なせてまで他国には
干渉したがらない国に方向付けられた。 唯一の世界の超大国、民主主義の世界の警察官の役目を嫌が
りかけていたのである。

ところが今回のテロではっきりと気づかされた。 強大な唯一の超大国でさえも、この地球号全ての国
の国民に、民主的な選挙で代表者を選ぶ富める民主主義国家を徹底的に多く広めないことには、全ての
国が、これからは幾度と無く戦争並のテロ攻撃にさらされる恐れが有るという事に。

もちろん全世界の国をアメリカ一国で民主主義国に作り直すわけにはゆかない。ですからこれからは2
0カ国前後の富める先進国家に協力を仰ぎドミノ倒しで民主的国家を作り続けるようになるはずである
。 その手始めがテロ支援国の根絶なのだ。 せめて民主的な20カ国だけでも、テロ支援をしている
国の金の流れや、情報をきちんと監視して行けば相当のテロ防止に役立つばかりか、根絶も夢ではない
。 

すでに昔のテロ支援の大元ロシアはアメリカと同盟に近い協力関係を結ぼうとしている。 歩みは遅い
もののロシアにおいても、もう民主的な施策無くして国民を食べさせる事は出来ないと悟ったのである
。 これからは白人の旧共産国家軍は間違いなくテロ支援国家の過去を捨て去り、未だ残る支援国家と
の縁を切るだろう。 それはアジアに置いても同じ事だ。 今までは内部分裂を起こしているような日
本を筆頭にしたアジアの国々でも国内事情だからと、逃げてばかりは許されない。

アメリカやユーロのような徹底した民主国家か、それとも日本のような、わざとテロ支援を見過ごす準
テロ支援国家や純粋テロ国家か、との二者択一を迫られるだろう。

もちろん直ぐにこのような世界の図式に成るとは思わない。 今後50年スパンの話だ。 しかし、必
ずや世界はその流れに沿うように成るだろう。 世界は今初めて、真剣に一つの民主的地球号への歩み
を始めたのだ。

http://hw001.gate01.com/funwaka/rongaikou.htm



398 :名無しさんの主張:2005/11/30(水) 15:53:45
>>394
保守主義には、3つの意味がある。まず第1に、保守主義とは急速な変化を
きらう個人の心理ないし態度である。
第2に、保守主義は政治思想であり、18世紀西欧の啓蒙思想、フランス革命に
対する反動として生じた。一般的にいうと、保守主義は現状を維持することの
メリットを強調し、現に存在する権力、富、身分の配分状態を尊重されるべき
ものと考えるのである。
最後に、せまい意味では、保守主義政党(とくにイギリス保守党)の具体的政策、
活動を意味すると限定される場合がある。

日本に保守政党なんて存在しません。
自民党も所詮左翼です。あえて日本の保守と言うなら共産党になりますね。


ネオコン=ネオ・コンサバティブ「アメリカの新保守主義」の意


399 :名無しさんの主張:2005/11/30(水) 16:44:42
>>398
反米派の言う保守というのは、一体どれにあたるんだろうな?

400 :名無しさんの主張:2005/11/30(水) 18:46:58
>>395-399
ネタですか、荒らしですか、釣りですか?
自分の立場を明確にせず、自分の考えこそが唯一絶対という、独善的な
書き込みをして、それを前提に自分に都合よく話を進めていく。
なるほど、「では」の守らしいですな。基準がないから、権威を何よりも
優先して、それこそが自分の考え方だと信じ込む。

確かに、ネオ紺の考え方と定義については納得できる部分もあるが、日本の
政党が左翼だとか言うレッテル貼りには???。

貴殿が崇拝するアメリカは、民主主義と法を遵守するからこそ、他国に主権侵害
してまで、秘密収容所を創設、維持するんですよね?(藁。

CIA秘密施設、受け入れ国に制裁も EU副委員長
2005年11月30日10時07分

 東欧などに米中央情報局(CIA)がテロ容疑者を収容する秘密収容所を置いていたとの疑いが指摘されている問題で、欧州連合(EU)欧州委員会のフラティニ副委員長は28日、
加盟国が秘密収容所を受け入れていた場合、EU内での投票権を剥奪(はくだつ)するなどの制裁を加える考えを示した。米当局に正式に調査を求めたことも明らかにし、
EUとして本格的に問題解明に取り組む姿勢を示した。




401 :名無しさんの主張:2005/11/30(水) 18:51:07
ついでに書くなら、日本にあるアメリカ大使館の家賃滞納の件については、
知らん顔か?(w。

402 :名無しさんの主張:2005/11/30(水) 18:52:00
>日本の 政党が左翼だとか言うレッテル貼り

本当の意味での保守政党なんて日本に存在なんてしないだろうに。
左も右もアカンチンになっているのが今の日本の現状。

403 :名無しさんの主張:2005/11/30(水) 19:01:00
左も右もカチンカチンになってるってどういうこと?

404 :名無しさんの主張:2005/11/30(水) 19:32:00
>>392
確か、アングロサクソンの祖先って、北ドイツだかデンマークのあたりが発祥の地じゃなかったっけ?

405 :名無しさんの主張:2005/11/30(水) 19:42:07
「テロリストは誰」とか「戦争中毒」とか読め。

406 :名無しさんの主張:2005/11/30(水) 19:52:01
>>404
海賊の末裔だよ

407 :名無しさんの主張:2005/11/30(水) 19:55:32
ソウカはイヤなことを他人に押し付けられると盲信している?


408 :名無しさんの主張:2005/11/30(水) 19:57:40
>>406
違う!


409 :408:2005/11/30(水) 19:58:28
ドイツもフランスもイングランドも同じスランク人?


410 :408:2005/11/30(水) 19:59:06
スコットランド、ウェールズはケルト人?


411 :名無しさんの主張:2005/11/30(水) 20:02:12
>>408
海賊の末裔だよ

412 :名無しさんの主張:2005/12/02(金) 18:12:14
人的不良債権集団だろ。

413 :名無しさんの主張:2005/12/02(金) 23:24:15
>>412
オマエはその集団にさえ入る資格のない下等生物だろ(w

414 :名無しさんの主張:2005/12/05(月) 16:30:55
>>413
自己紹介乙

415 :名無しさんの主張:2005/12/06(火) 18:02:17
さすがに「自由」の国アメリカだけのことはあるぜ。

過酷な尋問の国へ移送も 米当局に新たな疑惑
 【ワシントン5日共同】米ABCテレビは5日、中央情報局(CIA)当局者らの
話として、米当局が、国際テロ組織アルカイダのメンバーらをヨルダン、シリア、モ
ロッコ、エジプトといった過酷な尋問方法を採用している国に移送し、尋問を“委
託”していたと報じた。
 これまでCIAがアルカイダのメンバーらを出身国に送還し、その国の当局に尋問
を要請していたとみられていたが、出身国以外のこれらの国々への移送という新たな
疑惑が浮上した。
 ライス国務長官は5日の欧州訪問に先立ち、テロ容疑者の処遇について「米国政府
は、憲法や条約を順守している」とし、拷問は容認していないと指摘。「拷問などを
使った尋問を行う目的」で容疑者を移送したことはないと主張している。

http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=MNP&PG=STORY&NGID=intl&NWID=2005120601001181
 

過酷な尋問の国へ移送も 米当局に新たな疑惑
 【ワシントン5日共同】米ABCテレビは5日、中央情報局(CIA)当局者らの
話として、米当局が、国際テロ組織アルカイダのメンバーらをヨルダン、シリア、モ
ロッコ、エジプトといった過酷な尋問方法を採用している国に移送し、尋問を“委
託”していたと報じた。
 これまでCIAがアルカイダのメンバーらを出身国に送還し、その国の当局に尋問
を要請していたとみられていたが、出身国以外のこれらの国々への移送という新たな
疑惑が浮上した。
 ライス国務長官は5日の欧州訪問に先立ち、テロ容疑者の処遇について「米国政府
は、憲法や条約を順守している」とし、拷問は容認していないと指摘。「拷問などを
使った尋問を行う目的」で容疑者を移送したことはないと主張している。

http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=intl&NWID=2005120601001181


416 :名無しさんの主張:2005/12/06(火) 19:04:08
親米保守ちゃんたち、都合が悪いからって沈黙してないで、いつもの明快な論理と道理で
アメリカの「民主的」で「自由」な政治手法を説明してね。

417 :名無しさんの主張:2005/12/06(火) 23:19:38
はやくコイコイ親米保守〜♪

418 :名無しさんの主張:2005/12/06(火) 23:39:53
スベテノジャプハアメリカジンノオモチャデス

419 :醜屍の偉業:2005/12/09(金) 20:54:22
666 :名無しさんの主張 :2005/11/04(金) 22:47:17
サヨクって何ですか?

667 :名無しさんの主張 :2005/11/05(土) 16:29:53(←ここに注目)
>>666
サヨクのサーは、サクランした醜屍のサー。
サヨクのヨーは、ヨタロウな醜屍のヨー。
サヨクのクーは、クソスレ立てる醜屍のクー。

668 :名無しさんの主張 :2005/11/05(土) 16:33:27(←ここに注目)
>>667
意味不明。
何それ、仮想と現実の区別がつかなくなって、いよいよ刃物振り回す直前か?

669 :名無しさんの主張 :2005/11/05(土) 17:28:41
>>668
>>667に釣られて脊髄反射レスとは、やっぱり>>667が図星だったのね(www
          ~~~~~~~~~~~~~~
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
どうして日本は加工貿易するの?その3
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1078226083/

420 :名無しさんの主張:2005/12/09(金) 22:38:46
【緑色の変な豆状の塊がいくつもくっついている】

ガイアの夜明けが、「アメリカ牛肉は大丈夫か」というタイトルで、
アメリカの食肉加工工場の実態について報じていた。昨年、来日して、
日本政府や消費者に【米国牛肉加工現場のひどい実態と危険性】を訴えた
大手食肉加工企業タ(略)社の労組委員長(元)も出演していた。
ちなみにこの番組の取材時には彼は、同社を辞めていたようだったが、
その理由については番組では触れていなかった。
彼は以前、【加工工場の内部の非衛生的な実態】を告発するためのビデオを撮影し、
米メディアにも公開していたのだが、番組ではそれも流されていた。

そのなかで、解体した牛の肉に【緑色の変な豆状の塊がいくつもくっついている】のが映っていたのだが、
日本の獣医学の専門家に見てもらった結果、
それは、牛の身体に細菌が入り込んでできた膿瘍だということが分かった。
日本では、こういうのが見つかった牛は、当然食肉にはせず廃棄するのだそうだが、
タ(略)社では【そのまま食肉として出荷している】のだという。

330 名前: [名無し]さん(bin+cue).rar 2005/08/18(木) 12:34:47 ID:OtCFXSjg0
ガイアの夜明け 050816 アメリカ牛肉は安全か.wmv
CYfzAOd2d2 587,008,693 51bc614f8467c82100f1f154cba68e5f


421 :名無しさんの主張:2005/12/10(土) 16:24:34
ライス氏の発言否定 国外では拷問OK?

 マクレラン米大統領報道官は8日の記者会見で、ライス米国務長官が米中央情報局(CIA)による
秘密収容所設置疑惑に関連し、「拷問禁止条約は米国外の被拘束者にも適用される」と発言したことに
ついて、従来方針に変更はないと、事実上否定した。
 ライス長官は、7日のウクライナでの記者会見で「容疑者に対する残酷で非人道的な行為は米国内外に
かかわらず、認められない」と発言。東欧の秘密収容所でテロ容疑者に対して、拷問が行われていた
のではないかとの欧州連合(EU)の批判を回避したい狙いがあったとみられる。
 ブッシュ米政権は「拷問禁止条約は米国外の被拘束者には適用されない」との立場をとっている。
 この発言の効果もあって、EU側は8日の北大西洋条約機構(NATO)外相理事会で、ライス長官の
説明を受け入れ、秘密収容所問題は政治決着が図られた。

422 :名無しさんの主張:2005/12/10(土) 16:32:22
どうせアメリカから牛肉輸入するのであれば、生牛を輸入して日本国内でバラした方が安全ではないか。
>>420の言うような事もないだろう。
しかし国民は誰も買はないだろう。

423 :名無しさんの主張:2005/12/12(月) 20:28:06
さすが、>>421で提示されてるごとく、親米保守が崇拝するアメリカって、ダブスタではない
民主主義国なんだね。

424 :名無しさんの主張:2005/12/13(火) 12:52:57
>>422
ところがドッコイ、みんな3ヶ月もすれば狂牛病なんか忘れてアメリカ牛肉を
バクバク食べるでしょう。日本国民の圧倒的多数はアホですから。

425 :名無しさんの主張:2005/12/13(火) 14:39:53

小泉総理がアメリカ重視の本当の真相は?
(日本のメディアは韓国、中国に支配されている)
ttp://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea-menu.html

426 :名無しさんの主張:2005/12/13(火) 19:46:31
サピオの12月号だったっけ?これでもか、って顔してサソリ食うのと同じく
親米保守は、これでもか、って誇らしげに牛丼食いまくるんだろうな(w。

427 :名無しさんの主張:2005/12/14(水) 20:28:02
小泉もブッシュも神がかりの基地外。

428 :武庫川女子大学総長 ◆myPniVOfR6 :2005/12/15(木) 00:00:52
>>425
国連の敵国条項がこわいから?

429 :funwaka:2005/12/16(金) 16:33:21
同時多発テロ攻撃は平和ボケしている日本人に現世界の実状をまざまざと見せつけた事だろう。。私は事件
の遠因が前アメリカ大統領のクリントンに有ると見ている。 女ったらしのくせに腰抜けだった、この42
代アメリカ大統領は歴代大統領の中でもその在任中の政策はテロ国家や覇権国家への譲歩に次ぐ譲歩だった。
おかげで腰抜けクリントンの任期8年間でテロリスト達は深く力を蓄えたようだ。

痴漢にしても盗人にしても強盗犯にしても、警察が無く、まして罰する法もなければ好き放題に暴れまくる
だろう。 それは個人だけでなく国家に置いても同じ事なのだ。 決してテロや強盗に屈してはいけないの
である。 少しでも屈すればそのような卑劣な奴らは (もともと卑劣な人や国家でなければ民主になって
いるはずではないか!) 必ずやその隙に乗じて力を蓄えたり行使したがるものなのだ。

自身にあまり能力の無かった40代大統領ロナルドレーガンは、鉄鋼王アンドルーカ−ネギーの墓碑銘のよ
うに「おのれよりも賢明なる人物を身辺に集むる法を心得し者ここに眠る」 術を知っていたようだ。 彼
は周辺に集めたブレーン、参謀の意見の真実を読みとる能力に長けていたようだ。だからこそ彼は世界の不
安定要因、共産主義に徹底して対抗し、完膚無きまでに打ちのめし、ソ連や周辺の軍事覇権共産国家群を崩
壊させ東ヨーロッパを民主主義の国へと導いたのだ。 

ところがクリントンというエロ大統領は世界の現実など一切無頓着!まるで、話せば解る式の日本のアホメ
ディアや政治家のようなナイーブな(幼稚な)取り巻き連中の政策を哲学無しに取り入れ執行した。その結
果が今回のこの大惨事なのだ。 せっかくレーガンが世界の民主の流れ、秩序を作りつつ有ったのに、それ
をバカクリキンントンがブチ壊したのである。

430 :funwaka:2005/12/16(金) 16:33:57
しかし、今回の痛ましい事件で必ずやアメリカは再びレーガンのように毅然と民主に立ち向かう勢力に敵対
する覚悟を定めるだろう。 この事件は徹底的にアメリカの世界への対処方法を変えるのは間違いない。 
内向きになりつつあった世界唯一の超大国が、あらためて世界の警察官を自認する事になるだろう。

その基本は、テロ及びテロを支援する国家への毅然とした、武力を含む対応であり。 民主主義を蹂躙する
国家への敵対の意志の表明のはずだ。 アラブだけの話では無い、 我が日本の周辺には、国自体がテロ国
家そのものの北朝鮮、軍事覇権民主弾圧(虐殺)国家の中国が側で常に隙あらばと牙を研ぎ続けている。 
そのような危険極まりない国に年間軍備予算を上回る援助をする、キチガイじみた国、日本。

もう、いいかげんに目を覚まして欲しいものだ。テロや詐欺軍事覇権国家の内政干渉をありがたく承るアホ
国家のメディアと政治家達よ。資本主義国家、法事国家のアメリカ、民主主義の盟主のアメリカの同盟国と
して毅然と民意弾圧の隣国に注文を付けるべきときが来たのだぞ。
http://hw001.gate01.com/funwaka/safety.htm

431 :名無しさんの主張:2005/12/16(金) 19:49:24
>>429・430
コピペ乙、親米保守の面をかぶったユダヤ人工作員。

432 :名無しさんの主張:2005/12/16(金) 20:04:25
モロッコへ再移送か 秘密収容所疑惑で調査委
 【パリ14日共同】米中央情報局(CIA)が国際テロ組織アルカイダの重要容疑
者らを東欧の秘密収容所に収容したとの疑惑をめぐり、欧州会議が設置した調査委員
会のマーティ委員長(スイス上院議員)は13日、米国は容疑者らを既にモロッコへ
再移送したとの見方を示した。
 パリでの記者会見で委員長は「私が知り得た事実によると、現在、欧州には米国に
よってひそかに拘束されている者はいない」と強調。モロッコへの移送時期について
は、米紙ワシントン・ポストが11月上旬に疑惑を報じた後と見ていることを明らか
にした。
 委員長はこの日「疑惑の信ぴょう性がさらに高まった」とする中間報告を発表。そ
の中で「司法を軽視する形で容疑者の移送が行われたようだ」と指摘。


http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=KHP&PG=STORY&NGID=intl&NWID=2005121401000461


433 :名無しさんの主張:2005/12/17(土) 20:04:27
コピペで都合がいいことを並べれば、いっぱしの国士にでもなったつもりか?(w。
>>429・430

434 :魔法のセニョリート ◆40WnEtzSeY :2005/12/17(土) 22:57:47
セックスの強いクリントンの何が悪いんでしょうか?

不倫は文化だ。


435 :名無しさんの主張:2005/12/18(日) 00:13:27
親米には歴史的、地政的にメリットはあるが
反米にはメリットがない。親米派というのはそれだけの存在です。
戦前は右翼に刺され戦後は左翼にゲバ棒で殴られるのが親米派。

アメリカがゴロツキであっても隣人や今は亡き隣人に比べれば遥かにまし。

>>388
その割には頭の良い人間が集ってるが?


436 :名無しさんの主張:2005/12/18(日) 15:48:53
>>435
で???そのゴロツキの元で一生靴を舐め続けるのですかwww

437 :funwaka:2005/12/20(火) 14:42:13
あいも変わらぬ日本のマスコミの世界事情音痴だが、アメリカへのテロ以前と、テロ以後の世界
は全く違ってしまうという事実をきちんと認識しなくてはならない。 

目先だけに捕らわれる連中は、新たな貧と富の戦争が始まっただの、イスラム圏とキリスト圏の新たな
宗教戦争だの、アメリカ一人勝ちの弊害だの、アメリカの文化文明の押しつけへの抵抗戦争だの、相も
変わらぬイデオロギーに毒された幼稚な感情論と、針の先ほどの部分だけを取り上げた一部的な現象把
握であったりする。

テロ以前の地球は僅か20カ国前後の民主主義国と、残り110数カ国の民意封殺の独裁国家群の集ま
りであった。 だからこそ戦争もテロもいっこうに収まらなかったのだ。 民主主義国は当然のごとく
あらゆる情報が公開され、公平な競争の下に物事が行われるので、発展し続けます。富の収集が起こる
。 そして民意弾圧の国はいつまで経っても情報が公開されないためあらゆるモノが不公平なままに放
置されるので、民の意識は低いままで進行し発展は停滞する。富の収集は難しいのである。

民主主義国の数カ国で残り全世界の富に等しい富が有る。 何に置いても人間の世界では富があってこ
その力だ。富が無いところに力は無いし、人の賛意も得られない。 富有ってこその人心の安定と幸福
が得られる。 だからこそ富める民主主義国に戦争放棄へのあらゆる思考行動が練り上げられるのであ
る。 しかし、アフガンのような極貧の国の民がすることはセックスか殺し合いしかない。

昔からの諺、金持ちケンカせず、は、人の行動の真理である。今回のような戦争に類似したテロを企て
る者は富める国には起こり得ない。 貧こそ争いの元である。 富を得る、そのためには民意の政治を
行い、努力をする者が成果を得る公平な社会が必要なのだ。 宗教やイデオロギーや貧富の差でテロが
起こるのでは無い。 公平でない社会、公平ではない国達が、テロという人間の最も許させざる卑怯な
行為を作り出す。

438 :funwaka:2005/12/20(火) 14:43:11
アメリカは誕生以来初めて世界と同じ価値観を持った。 攻められる恐怖である。 アメリカ本国はた
だの一度も爆弾を落とされた事が無い国なのである。 その誇りと自信は世界貿易センタービルと共に
吹っ飛んでしまった。 ベトナムで傷ついたアメリカは、出来るなら自国の民を死なせてまで他国には
干渉したがらない国に方向付けられた。 唯一の世界の超大国、民主主義の世界の警察官の役目を嫌が
りかけていたのである。

ところが今回のテロではっきりと気づかされた。 強大な唯一の超大国でさえも、この地球号全ての国
の国民に、民主的な選挙で代表者を選ぶ富める民主主義国家を徹底的に多く広めないことには、全ての
国が、これからは幾度と無く戦争並のテロ攻撃にさらされる恐れが有るという事に。

もちろん全世界の国をアメリカ一国で民主主義国に作り直すわけにはゆかない。ですからこれからは2
0カ国前後の富める先進国家に協力を仰ぎドミノ倒しで民主的国家を作り続けるようになるはずである
。 その手始めがテロ支援国の根絶なのだ。 せめて民主的な20カ国だけでも、テロ支援をしている
国の金の流れや、情報をきちんと監視して行けば相当のテロ防止に役立つばかりか、根絶も夢ではない

すでに昔のテロ支援の大元ロシアはアメリカと同盟に近い協力関係を結ぼうとしている。 歩みは遅い
もののロシアにおいても、もう民主的な施策無くして国民を食べさせる事は出来ないと悟ったのである
。 これからは白人の旧共産国家軍は間違いなくテロ支援国家の過去を捨て去り、未だ残る支援国家と
の縁を切るだろう。 それはアジアに置いても同じ事だ。 今までは内部分裂を起こしているような日
本を筆頭にしたアジアの国々でも国内事情だからと、逃げてばかりは許されない。

アメリカやユーロのような徹底した民主国家か、それとも日本のような、わざとテロ支援を見過ごす準
テロ支援国家や純粋テロ国家か、との二者択一を迫られるだろう。

もちろん直ぐにこのような世界の図式に成るとは思わない。 今後50年スパンの話だ。 しかし、必
ずや世界はその流れに沿うように成るだろう。 世界は今初めて、真剣に一つの民主的地球号への歩み
を始めたのだ。

http://hw001.gate01.com/funwaka/rongaikou.htm




439 :名無しさんの主張:2005/12/20(火) 15:02:20
>民主的国家

左翼きたー

440 :名無しさんの主張:2005/12/20(火) 18:41:11
左翼ってどういう意味?
共産主義、社会主義、民主社会主義、自由主義それらすべて、おまいさんらにとって
都合が悪いことは左翼というまとめて現実逃避か?
生まれて何十年脳内から電波発散しまくってんの?
酷痴漢か、拓殖あたりの、脳みそ不自由な自称学生か?

神様によって、徹底的にぶっ壊されて作り変えてもらえよ、アメリカと親米保守の脳内。
本望だろう。

441 :名無しさんの主張:2005/12/20(火) 19:50:03
大日本帝国万歳

442 :名無しさんの主張:2005/12/21(水) 08:21:56
アメリカの基督教原理主義とネオコンはキチガイ

443 :名無しさんの主張:2005/12/21(水) 10:59:59
民主主義は左翼

444 :名無しさんの主張:2005/12/21(水) 13:39:48
アメリカは自分が気に入らない国や組織に対して
死刑的犯罪行為を平気で行うテロリスト国家。


445 :名無しさんの主張:2005/12/23(金) 12:30:20
>>444
同意。

アメリカのキリスト教原理主義者って、まともに聖書を読めない弱虫だろ。

446 :名無しさんの主張:2005/12/28(水) 19:35:25
アメリカ人は自分こそ神様だと
信じて疑わない天国に生きる住人。

447 :名無しさんの主張:2005/12/28(水) 19:56:48
世界一のテロ集団=アメリカ・親米保守
まずは、アメリカ政府とアメリカ人を分けなければなるまいな
かの地アメリカにおいては、二大政党というのが確立しておるようじゃな。
さて、もう一つ、かの地は、典型的他民族国家といわれておる
移民達は、アメリカ人になるためにアメリカという国家に忠誠を誓うそうだ。
視点を移して、日本、親米保守、奴らには、どうあがいても勝てない
盲目に迎合していけば、日本をアメリカの新たな州にしたい連中。
これも二つに分類できるのだろう。経済的側面と、文化的側面。
ついでに書くと、盲目的信中派というのもおるようじゃな。
テロか、テロリストあるいはゲリラの心情を推察するに、それは、抗議なのじゃろうな
どのような立場に立とうと、暴力が社会を支配する(差別・経済格差等)といった状況には
長い年月がたてばいつか、崩壊してしまうのだよ。社会を構成する人々の接着剤が
世界を繋ぎとめている、と言い換えてもよいのかもしけないが。
その接着剤がボロボロになって、ばらばらになって崩壊してしまう。
その価値観とは、グローバル化した、金なのか、と問えば、それは違うのだろうな。


448 :名無しさんの主張:2006/01/01(日) 03:38:20
自称「世界の警察」とのたまうアメ公乙

449 :名無しさんの主張:2006/01/03(火) 21:23:11
ラテンアメリカ諸国で、アメリカの進めてきた新自由主義経済政策、
それはアメリカ資本による資本買収。

450 :名無しさんの主張:2006/01/06(金) 17:57:39
永遠のインポ&包茎の親米保守、晒しあげ。

451 :名無しさんの主張:2006/01/06(金) 18:12:25
今の米はメディアが中立を保てない寸前まできてるから政府の批判もできない
すでに民主的国家とはいえんかも 情報化社会の弊害は国民が新聞やTV
の情報ををそのまま信じこみ判断力が麻痺することにある
日本も心配だ

452 :魔法のセニョリート ◆40WnEtzSeY :2006/01/06(金) 22:30:31
>>449
いま、ラテンアメリカは急激に左翼化しているよ。


453 :名無しさんの主張:2006/01/07(土) 13:49:14
>>452
左翼化ってなんだよwwwwww

454 :名無しさんの主張:2006/01/07(土) 14:56:46
アメリカは、
後進資源国には強いドルを強要してインフレを抑え
先進諸国には弱いドルを演出して投資を呼び込む
という二つの顔を持つドルで使い分けて
アメリカを持たせている。

その歪で日本は酷い目にあっているので
頭のいい日本人はこの状況を打開させろよ

455 :名無しさんの主張:2006/01/07(土) 17:38:45
相変日本のメディアも、アメリカに右へ倣えで、国民を馬鹿にして、思考能力を
そぐことに注進しているからね。

456 :名無しさんの主張:2006/01/07(土) 17:43:32
週刊ポストには9.11テロも偽装じゃないかという噂も 
米ならありえるかも 信じてないけど

457 :名無しさんの主張:2006/01/08(日) 13:31:18
アメリカって神に対する最大のテロリストなんじゃね?

458 :名無しさんの主張:2006/01/08(日) 13:46:59
アメリカは、敵性国家にたいしては、予防戦争で、先制的に攻撃し、長期に占領して支配することがあると公言しているのですが、
ここまでくれば「アメリカは常軌を逸している」としか言いようがありません。しかし、こうした、自らの固有の基準で、
一方的にごろつき国家、テロ支援国家、大量破壊兵器保有国家、悪の枢軸と決めつけて、各国の民族自決権を認めない.


459 :名無しさんの主張:2006/01/10(火) 18:43:58
アメリカブッシュ政権とネオコン=聖書で言うところのサタンかもな。

460 :名無しさんの主張:2006/01/11(水) 17:32:24
神様から抹殺されるまでわからないのかも、頭の弱いアメリカと親米保守、
そして、層化は。

461 :名無しさんの主張:2006/01/14(土) 13:39:10
アブグレイブ刑務所ってどうなってるの、親米保守ちゃん。

462 :名無しさんの主張:2006/01/16(月) 21:01:50
アメリカの前では売国奴丸出しになる親米保守。
アメリカがいないと国賊売国奴で何が悪いと居直る脳みそ不自由な親米保守。

463 :funwak:2006/01/19(木) 16:48:15
もういい加減に朝日や左翼の国損報道を見抜けよ!!日本人は! 民主主義の国、選
挙で代表者を選ぶ完全民主主義の国、アメリカに文句ばかりケチばかりつけるんだ
よ!朝日や毎日は!!  もっともっと真実を見る目を持たなければ日本人は、、、
事の顛末を見れば簡単に解ることなのに。 私(funwaka)なんか連中の嘘をほとんど見破れると
いうのに。何故にほとんどの国民は、かくも簡単に騙されているのか。。
ttp://hw001.gate01.com/funwak/ron.htm 私(funwak)のホームページに来れば、真実が
解るはずだ!

464 :名無しさんの主張:2006/01/19(木) 19:04:18
http://www.ogrish.com/archives/brutal_way_to_slaughter_pig_for_consumption_video_Dec_13_2004.html
http://www.ogrish.com/archives/shosei_koda_beheading_video_downloadable_Nov_02_2004.html
http://www.ogrish.com/archives/terrorism/index.html
http://www.flurl.com/list.php?search=Beheading&site_id=39&search_mature_entries=1&link_to_display_page=1
http://www.ogrish.com/archives/2nd_iraqi_worker_beheaded_on_the_streets_of_iraq_Jan_21_2005.html
http://www.ogrish.com/archives/iraqi_worker_beheaded_on_the_streets_Jan_21_2005.html

465 :名無しさんの主張:2006/01/19(木) 22:04:24
あんた誰?どういう立場で、どのような根拠に基づいて
そういったプロパガンダ垂れ流してんの?
左翼って何?フランス革命の故事以来、右翼も左翼も相対的な
もののはずなんだがな。
>>463

466 :名無しさんの主張:2006/01/20(金) 22:15:03
安倍痰、いつものような悪口雑言のマシンガンばりに、安倍痰に
かけられた疑惑について、歯切れのいい解明してくんね?
耐震補強どころかライブドア問題でも名前が出てるって、相当な
タマだと見られてるぜ。

467 :名無しさんの主張:2006/01/21(土) 20:01:56
>>465
> 左翼って何?

左翼のサーは、サクラン(錯乱)した醜屍のサー。
左翼のヨーは、ヨタロウ(与太郎)な醜屍のヨー。
左翼のクーは、クソスレ(糞スレ)立てる醜屍のクー。

468 :名無しさんの主張:2006/01/23(月) 17:24:42
特別検察官任命し調査を 人権監視団体、米を批判
 【ニューヨーク18日共同】ニューヨークに本部を置く国際人権監視団体「ヒュー
マン・ライツ・ウオッチ」は18日、世界の人権状況に関する年次報告書を発表し、
米国が「テロとの戦い」の名目で人権侵害行為を続け、米国の信頼性を傷つけている
とし、実態調査のため特別検察官を任命するよう米政府に求めた。ロイター通信が伝
えた。
 532ページにわたる報告書は、米国がキューバのグアンタナモ米軍基地などでテ
ロ容疑者らに対し「拷問」や「非人道的な行為」を加えていると批判。
 米政府当局者がこうした行為の正当性を主張しているのは米政府指導部の指示に基
づくことを示すものだ、とブッシュ政権中枢の責任を指弾。特別検察官に加え、議会
に対しても実態解明のための組織をつくるよう訴えた。

http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=KHP&PG=STORY&NGID=intl&NWID=2006011801004950


街を「チョコ色に」と演説 問題発言で米市長謝罪
 【ニューヨーク18日共同】昨年8月のハリケーン「カトリーナ」上陸以降、多数
の市民がホテルなどに避難したままとなっている米ルイジアナ州ニューオーリンズ市
のネーギン市長が、復興後の街は「(黒人が多数を占めて)チョコレート色になる。
それが神が望むことだ」と演説、批判を受けて17日、謝罪した。
 18日付ワシントン・ポスト紙などが伝えた。
 黒人のネーギン市長は、公民権運動指導者で1968年に暗殺されたキング牧師の
記念日の16日に演説。いくつものハリケーンが米本土を襲ったのは、イラクを攻撃
した米国に「神が怒ったためだ」と発言した上、ニューオーリンズは「アフリカ系米
国人が多数となる」と語った。
 米テレビはこの発言を「言い過ぎ」として大々的に報道したほか、市民からも批判
が集中。市長は17日、記者団に対し「不適切な発言だった」と陳謝した。

http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=KHP&PG=STORY&NGID=intl&NWID=2006011901000859

469 :名無しさんの主張:2006/01/25(水) 17:30:58
見事な人権感覚だねぇ人権大国アメリカって。

470 :魔法のセニョリート ◆40WnEtzSeY :2006/01/25(水) 23:29:48
>>469
だって、冗談だもん。いいじゃん。

すぐにムキになる、冗談がわからない馬鹿は極東アジア人ばかり。


471 :名無しさんの主張:2006/01/27(金) 16:14:29
アメリカ人自身がネタだろ。親米保守も、あいつらは人じゃなくて、
ジャップって種類の類人猿だわな。

472 :名無しさんの主張:2006/01/28(土) 20:00:35
ハマスマンセー!

473 :名無しさんの主張:2006/01/30(月) 16:45:42
親米保守って、日本国内で条約も何もなしに、他国に主権侵害されて
いることについて、どのようなご見識をお持ちで?

474 :名無しさんの主張:2006/01/30(月) 18:18:02
「米帝国よ、くたばれ」 「反ダボス」でチャベス氏
 【リオデジャネイロ29日共同】ベネズエラのチャベス大統領は29日、国営テレ
ビの自分の番組に、同日まで首都カラカスで開催された「世界社会フォーラム」の参
加者らを招待し「米帝国よ、くたばれ」と米ブッシュ政権を激しく非難した。AP通
信が伝えた。
 同フォーラムは「世界経済フォーラム」の年次総会「ダボス会議」に対抗し、経済
のグローバル化や戦争に反対する団体が集うイベント。チャベス大統領は期間中、イ
ラクで戦死した米兵の母親シンディー・シーハンさんら参加者と会談するなど、
フォーラムを利用して反米勢力の指導者ぶりをアピールした。

http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=MNP&PG=STORY&NGID=intl&NWID=2006013001000539



475 :魔法のセニョリート ◆40WnEtzSeY :2006/01/30(月) 22:03:20
ブッシュの馬鹿は再選されないから大丈夫。

次はケリーだ。


476 :名無しさんの主張:2006/01/30(月) 22:35:55
頭悪すぎ

477 :硯に向かひ店長 ◆5IBPyMHvXA :2006/01/30(月) 22:39:15
age

478 :墓穴を掘りエモン:2006/01/30(月) 22:41:33

細木数子の弟が逮捕されたね



479 :名無しさんの主張:2006/01/31(火) 15:43:38
靖国問題に絡んで、アメリカが日本に圧力をかけているようだな。
日本があんまり右傾化してんで、共和党が騒ぎ出しているようだ。
ブッシュは日本の右傾化を見て見ぬ振りしていたようだが、そろそろ限界かな。


480 :名無しさんの主張:2006/01/31(火) 17:11:34
米国やイスラエルがパレスチナの存在を認めない限り、中東に平和は来ない。
米国はハマスを認めない、援助も打ち切るなどと臆面もなく言っている。兵糧攻めにするつもりだろう。
選挙で選ばれた政党を尊重するのが米国の言う民主主義ではなかったのか。
イラクの選挙にこだわったのは米国ではなかったのか。中東を民主化する事が米国の政策ではなかったのか。
気に入らない政権は認めないというだけだ。

481 :硯に向かひ店長 ◆5IBPyMHvXA :2006/01/31(火) 18:29:04
煎餅干スはなんか言うこと無いのか?
盛り上げてくれよ。



482 :名無しさんの主張:2006/02/01(水) 17:19:12
戦死米兵の母、また逮捕 一般教書演説傍聴の直前
 【ワシントン31日共同】戦死した米兵の母親で反イラク戦争のシンボル的存在、シンディー・シーハンさんが31日、
ブッシュ米大統領の一般教書演説の直前、招待客として訪れた議会で横断幕を掲げたとして逮捕された。
 米CNNテレビなどによると、シーハンさんは当初、一般教書演説の間、ワシントンでの抗議活動を予定していたが、
地元カリフォルニア州の下院議員から招待状を送られ、演説の約2時間前に急きょ、傍聴を決めたという。
 シーハンさんは昨年もホワイトハウス周辺でのデモ中に逮捕されるなどしている。
 シーハンさんは昨年夏、大統領との面会を求めてテキサス州の大統領私邸近くに泊まり込んで注目を集めた。


483 :名無しさんの主張:2006/02/04(土) 19:32:57
米大使館 未納8年−赤坂に立地、賃料ビックリ月20万円−米側は敷地の「所有権」を主張。

 東京都内の一等地にある在日米国大使館。その敷地の大半は日本の国有地で、これまでの賃貸料は
年額わずか約250万円だった。現在、日本は、賃貸料の値上げを求め、米国と改定交渉が行われて
いるが、実は、米側はその交渉が始まった1998年から現在まで、賃貸料を納めていない。

 アメリカ大使館は、国会や首相官邸、霞が関の官庁街に近い、港区赤坂の一等地にある。敷地約1万
8千平方メートルのうち、約1万3千平方メートルが日本の国有地だ。賃貸料は、月額にして約20万円。同
大使館から近い在日英国大使館の敷地約3万5千平方メートルも国有地だが、その賃貸料は年間約3500万円だ。
 「英国大使館の賃貸料も安いが、米大使館の賃貸料は安すぎる。計算すると坪当たり、わずか634円。沖縄で
住んでいる地域よりも安い。その賃貸料を8年間も払っていないというのにはビックリする」
 米側が賃貸料を納めていない理由について、国有財産を管理する財務省の担当者は「賃料の値上げ交渉に合意
していないため。過去にも賃貸料改定交渉の際に、未納期間があった」と説明する。(中略)
 賃貸料の改定は、これまでに、74年と83年の2回行われた。日本側の交渉窓口は外務省だ。83年の改定では、
日米間の交渉は、同1月から始まり、10月に合意。この時に賃貸料が約250万円引き上げられた。合意に至る
までの9ヶ月間は、賃貸料は未納となったが、その後「一括で支払われた」(財務省)という。
 一回目の改定交渉は、67年9月から6年近く行われたが、未納期間があったかどうかは、「古い時代のことで
すぐには分からない」(同)そうだ。
 「交渉中でも、それまでの賃貸料か、米側が適当と思う値上げ賃貸料を供託すべきだが、米側はそれもやっていない」
しかも、民間の契約であれば、未納期間には延滞料が発生するが、「『国の債権管理等に関する法律』では、外国政府を
債務者とする場合は、延滞金は発生しない」(財務省)のだという。


484 :名無しさんの主張:2006/02/09(木) 18:18:39
さすが、アメリカは民主主義のチャンピオンだねぇ(藁。

キューバ人排除の米に反発 メキシコ、ホテル使用で
 【リオデジャネイロ9日共同】メキシコ市の米国系ホテルでキューバ政府当局者と米国企業が会合を開こうとしたところ、
 米政府が対キューバ経済制裁に基づいてホテル側に指示し会場使用をやめさせた。メキシコでは「主権の侵害だ」としてホテルや米国への強い反発が起きている。
 報道によると、キューバ政府の16人と米石油関連企業関係者が3日にメキシコ市のシェラトン・ホテルでキューバの石油資源に関する協議を予定していた。
 しかし、米財務省が同ホテルの米国の親会社に、会合開催はキューバ政府などとの商取引を規制するキューバ経済制裁強化法に抵触すると通告、
 ホテル側は会場使用を取り消した。会合は別の場所で開かれた。


485 :名無しさんの主張:2006/02/10(金) 19:02:21
親米保守とか自認しているネット右翼のあんちゃんたち、「えひめ丸」事件の真相究明は
どうなってんの?

486 :fuんwaか:2006/02/14(火) 19:24:15
9・11のあと米国がイラクを叩くと言い出したときフランスは公然とそっぽを向
いた。米国は激怒した。もうフランス語など使うものかと言い出したりした。新聞
の投稿欄にはもっと凄い罵詈雑言が並んだ。第二次大戦のとき、さっさと降伏し遊
んで暮らしたフランス人のために一万六千人の米兵が死んだ。それを不問に付して
やり、植民地も取り戻してやった。その恩も忘れて一体何様のつもりだ、と。その
フランスに同調したのがドイツだ。

ここの国民はユダヤ人を寄ってたかって差別し虐殺したくせに「あれはナチスのや
ったこと、我々国民も彼らの犠牲者」と見え透いた嘘をついた。米国はその嘘を認
めてやり、ついでに戦後復興にと十二億ドルもの援助を無償でしてやった。世に言
うマーシャルプランだ。ちなみに日本にもガリオア・エロアがあった。忘れもしな
い、青汁よりまずい脱脂粉乳が給食に出たものだが、ドイツと違って日本は有償援
助。マッカーサーは日本がイタリアやスイスへの賠償支払いに悲鳴を上げていると
きに脱脂粉乳代として五億ドルを取り立てている。おまけに米潜水艦が不法にも撃
沈し、二千人を殺した阿波丸の賠償もガリオアに組み込んでいる。日本に比べれば
ドイツは破格の厚遇を受けたわけだが、それがフランスと同調し、シラクの後ろに
隠れながら米国を批判する。

先日、ライス国務長官が国連安保理の常任理事国に新たに入れるのは「日本とどこ
か新興国ひとつ」と言い出した。実に露骨なドイツ外しだが、その背景にはドイツ
人の忘恩を憤る米国市民の正直な反応があるのだ。
http://hw001.gate01.com/fuんwaか/ronsafety.htm


487 :名無しさんの主張:2006/02/15(水) 20:56:23
それにしてもねぇ、アメリカの元駐日大使から、靖国神社の遊就館は日本が太平洋戦争に勝った
ことを主張しているようだ、って言われてる割には、何も言えない親米保守、惨め。

488 :名無しさんの主張:2006/02/22(水) 20:27:49
対日戦略仕切るアメリカ「奥の院」

ターゲットは1450兆円の個人資産

 戦後日本の「すべて」が、アメリカの対日国家戦略の決定的な影響力の下にある。
とりわけ小泉政権の登場で、日本の富と資産を根こそぎ米国に移転させるという計画は、
「利益確定」の最終段階に入った。実はこのことを多くの日本人がうすうす感づいている。
政・官・財の幹部ならなおのことである。しかし、表向き「小泉改革」という形をとっているから、
内ゲバばかりが繰り返されて「全軍総崩れ」、米国側のなすがままだ。
 こうした「対日戦略」を仕切っているのは、米国の「奥の院」、つまりパワーエリートたちである。
彼らは基本的には米国を建国したアングロサクソンを祖先に持つ白人たちで、民主主義のルールとは無縁の閥族集団だ。
「どんな手段を使ってでも米国を富ませることが善」という使命感から、世界各地の富や権益を米国に集積させるための知恵を絞り、
それを企業、政治家、役人、軍人、情報機関などを使って実現していく。選挙に出ることも、
いわんや大金持ちであると自らを宣伝することもない。


489 :名無しさんの主張:2006/02/27(月) 16:34:32
ニューヨークの同時多発テロは、イスラムの過激派がおこした宗教戦争でもありま
す。ヨーロッパでは昔からキリスト教ユダヤ教イスラム教が絶えず戦争を起こして
きました。宗教戦争です。

中東は未だにアラビアンナイトの世界そのもので、人々の生活意識、道徳、倫理観
、正義の意識など全く中世から変わっていません。先進国では文明文化生活様式が
中世よりこれだけ進化しているというのに、未だに我々が知っているアラビアンナ
イトの価値観そのままに住んでいるのです。 そんな大昔からの、キリスト対イス
ラム、白人対黄色人種の間に出来た、もめごと、諍い、の歴史のを全て検証するな
ど世界の誰にも出来ることでは有りません。 朝日やNHKで、したり顔の中東評
論家の解説などヘドが出る思いで私は見ています。 もっとも直ぐにチャンネルを
変えるので、どんな顔かは直ぐに忘れてますが(笑)

複雑に絡み合った、物事の真理を突き止める時に、整理する方法の一つを教えましょう。
例えば今回の事では、7000近くの軍人では無い、普通の社会の人々が、銃やナイフ
で人質を取られ、脅され、強奪されたジャンボで原子爆弾級の爆撃に等しく、爆殺され
たのです。 何の罪もない何の政治的責任の無い普通の生活を営んでいる時にです。
これ以上の最悪最低の犯罪が有るでしょうか?? 簡単な事です! 宗教がどうのこう
の歴史がどうのこうのよりも、最も大事なことは、無実の人を殺戮すれば、犯人は必ず
処罰されなければならないという事です!! でなければこの世に正義は存在しなくな
るのです!!今回のアメリカの行動が、軍事攻撃であろうとも、(ブッシュ大統領も海
外メディアも報復という言葉は一切使わず、犯罪に対する制裁、罰だと言っています。
報復という言葉を使っているのは日本のメディアだけです!) アメリカの行動を批判
する者は、どのような犯罪でも許し、犯人を許し、匿うものを許す、そのような社会で
有るべきだと、発言している事になるのです。

参考資料:ホームページ、恋愛manual→f u n w a k a論 より。

490 :名無しさんの主張:2006/03/01(水) 17:39:14
>489
アメリカに靖国惨敗を批判されている小泉や小泉信者ら、国賊親米保守ってどうなの?

491 :名無しさんの主張:2006/03/03(金) 00:13:01
>>490彼等はアメリカより中国が嫌いで敵の敵は味方理論じゃね。

492 :名無しさんの主張:2006/03/03(金) 00:24:33
144 名前:魔法のセニョリート ◆40WnEtzSeY [] 投稿日:2006/03/02(木) 23:07:38
もともとブッシュというのは、アメリカ南部のアホ地域のテキサス出身だ。
(この地域は、自由なフェラ○オが州法で禁止されているような頭の不自由な野蛮な地域だ)

アメリカの性的保守傾向・おぞましい禁欲主義は、全てこのブッシュ政権による変化の結果と
もとることができる。
ま、禁欲主義という誤った政策により、アメリカでは高校でのコンドームの
販売に規制をかけたため、かえってエイズや堕胎が急増したわけだ。
このことから学んだ教訓は、「社会は、双方の合意による自由なセックスを規制することはできない」
ってことなんだよ。

つまり、ブッシュが大統領になってから、アメリカは、売春により厳格になり、
社会が潤いを失って色あせて白けてきたんだよね。

日本人は、アメリカという国を、ブッシュというアホのイメージでしか見ることができない。
しかし、全てのアメリカ人が馬鹿なわけではない。
ま、そのアメリカだって、中南米からの美女軍団がアメリカの性社会(裏社会)では大活躍なんだからね。

アメリカの脅しに屈する日本が馬鹿ってことだ。

売春が人身売買とは一概に言えないんだよ。

自分から進んで体を売る場合、それは人身売買でもなんでもなくて、
本人の自由意志による職業選択なんだよね。

売春を合法化している国が、人身売買をしているわけではないんだからさ。

493 :funわか:2006/03/03(金) 19:36:44
>>490

小泉宰相の答弁を聞いたか? 中韓の首脳だけだ、批判しているのは、、、。

ホームページ、恋愛manual→f u n w a k a論



494 :名無しさんの主張:2006/03/04(土) 18:16:35
親米保守は、筋金入りの売国奴。

495 :funわか:2006/03/05(日) 16:18:47
9・11のあと米国がイラクを叩くと言い出したときフランスは公然とそっぽを向いた。米国は激怒し
た。もうフランス語など使うものかと言い出したりした。新聞の投稿欄にはもっと凄い罵詈雑言が並んだ。

第二次大戦のとき、さっさと降伏し遊んで暮らしたフランス人のために一万六千人の米兵が死んだ。そ
れを不問に付してやり、植民地も取り戻してやった。その恩も忘れて一体何様のつもりだ、と。そのフ
ランスに同調したのがドイツだ。

ここの国民はユダヤ人を寄ってたかって差別し虐殺したくせに「あれはナチスのやったこと、我々国民
も彼らの犠牲者」と見え透いた嘘をついた。米国はその嘘を認めてやり、ついでに戦後復興にと十二億
ドルもの援助を無償でしてやった。世に言うマーシャルプランだ。ちなみに日本にもガリオア・エロア
があった。忘れもしない、青汁よりまずい脱脂粉乳が給食に出たものだが、ドイツと違って日本は有償
援助。マッカーサーは日本がイタリアやスイスへの賠償支払いに悲鳴を上げているときに脱脂粉乳代と
して五億ドルを取り立てている。おまけに米潜水艦が不法にも撃沈し、二千人を殺した阿波丸の賠償も
ガリオアに組み込んでいる。日本に比べればドイツは破格の厚遇を受けたわけだが、それがフランスと
同調し、シラクの後ろに隠れながら米国を批判する。

先日、ライス国務長官が国連安保理の常任理事国に新たに入れるのは「日本とどこか新興国ひとつ」と
言い出した。実に露骨なドイツ外しだが、その背景にはドイツ人の忘恩を憤る米国市民の正直な反応が
あるのだ。こうやって見ると米国とは何とまあ直情径行、こうと決め付けたら一直線風な性格と思われ
がちだが、米国だって隠忍自重、煮えくり返るはらわたをぐっと抑えこむときもある。


496 :funわか:2006/03/05(日) 16:22:24
それが「韓国だ」と(6月10日付)のフィナンシャル・タイムズ一面解説記事が指摘していた。「米
韓、五十年の同盟関係の維持に努める」という見出しで、のっけに「朝鮮戦争で流された血によって築
かれた良好な関係」にさりげなく言及している。言いたいことは一言。韓国を守るために米国は、フラ
ンスを解放するために流した血の三倍以上、五万四千人をこの地で失った。そして韓国はすぐそこにあ
る共産勢力の脅威から守られ、世界十一位の経済力を持てるようになった。一言、付け加えれば、そこ
までの成長の多くは日本が施した教育とインフラ整備に負うところが大きいのだが、それはともかく、
今や韓国はその脅威のはずだった北朝鮮にすり寄る。挙句は北の核に理解を示し、国内メディアは二言
目には反米をまくし立てる。五万四千人の戦死者を思えば米国の怒りは察するに余りあるが、ただそれ
を露骨に出せないのは韓国がドイツと違って非白人国家であり、米国以上に直情径行で、南北とも何を
しでかすか分からない不気味さがあるからだと思われる。

参考資料:HP、恋愛manual→f u n w a k a論 より
http://hw001.gate01.com/funわか/ronsafety.htm


497 :名無しさんの主張:2006/03/05(日) 16:29:43
科と戦争fだ

498 :名無しさんの主張:2006/03/06(月) 18:12:01
親米保守は、生きてて楽しいのかな?

499 :名無しさんの主張:2006/03/09(木) 18:23:33
アメリカと対立した場合、親米保守はどうすんのか?

500 :名無しさんの主張:2006/03/09(木) 22:42:40
新米保守なのはしょうがないじゃん。
世界一ケンカが強くて野蛮な奴らに頭下げずに誰に頭下げるのよ。

501 :名無しさんの主張:2006/03/09(木) 23:30:36
心まで売り渡す人でなし親米保守。

502 :名無しさんの主張:2006/03/20(月) 22:44:20
へぇ〜、立憲主義ってそういうもんなんだ。
さすがに人でなしは違うねぇ。
>>500

503 :名無しさんの主張:2006/04/07(金) 15:52:59
大統領の許可で機密漏えい イラク情報、米紙記者に
 【ワシントン6日共同】米中央情報局(CIA)工作員名漏えい事件で起訴され公判中の前副大統領首席補佐官、ルイス・リビー被告が、ブッシュ大統領の許可を得て、
イラクに関する機密情報を米紙記者に漏えいしたと供述していることが6日、公判に提出された検察側資料で分かった。
 イラク機密情報の漏えいで、大統領本人が許可したとの供述が表面化したのは初めて。ホワイトハウスを舞台にした不祥事への大統領の直接関与疑惑が浮上したことで、
野党民主党は責任追及を開始。今後、大統領が公判に証人出廷を求められる前代未聞の事態も予想され、低支持率にあえぐ政権への信頼がさらに失墜する事態になった。


504 :岩崎巌:2006/04/08(土) 12:07:59
ニセ保守愛国主義者に告ぐ!!http://www11.atwiki.jp/andy-nyaonyao/pages/1.html

505 :名無しさんの主張:2006/04/09(日) 09:19:29
ラスト・バタリオン到来の狼煙が9・11テロなのである。
人類の二極化に向けての

506 :名無しさんの主張:2006/04/10(月) 02:09:51
とりあえず以下嫁

マティアス・ラス博士の告発
危機的状況にある歴史

http://homepage.mac.com/ehara_gen/jealous_gay/matthias_rath.html


医者なんてのは対症療法薬を売るだけの末端の売人でしかない

そして・・・                    アメリカは糞以下だ

507 :名無しさんの主張:2006/05/03(水) 15:43:11
日本人のふりをして、2ちゃんねるに書き込みしているアメリカの工作員。

508 :名無しさんの主張:2006/05/03(水) 17:33:01
アフガニスタン、イラクの国土を壊滅、人心もやつざきにした。
その一方でなにかこの両国にいいことはあっただろうか?
米が戦争を仕掛る前の方がはるかにいい国であったことは確かだ。


509 :名無しさんの主張:2006/05/21(日) 17:30:34
911ボーイングを探せ
http://www.wa3w.com/911/


510 :名無しさんの主張:2006/05/26(金) 13:50:37
アメリカはヨーロッパやその他の国々で、他国人を拉致したことってないの?

511 :名無しさんの主張:2006/05/26(金) 15:51:23
ルイジアナ州が潰れた状態で米民主党が政権を獲っても別に怖くないね

512 :名無しさんの主張:2006/05/30(火) 18:02:50
軍ヲタがイラクでの米軍の虐殺行為を正当化してるお
軍事板を爆撃しまくって虐殺肯定サイトの軍板FAQを田代砲で潰す必要があるお(^ω^)

http://hobby7.2ch.net/army/
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1144387250/
http://mltr.e-city.tv/index02.html




皆突撃だおおおおおおっ!!!(#^ω^)


513 :名無しさんの主張:2006/05/30(火) 18:13:36
ワタシ ノ ソンザイ ヲ バクロ シタナ
ツグナイ ヲ シテモラウ
byアメリカの工作員


514 :名無しさんの主張:2006/05/30(火) 18:25:25
たぶん豪憲君を殺した鬼畜は珍米だと思うお









アメリカに忠誠を誓わなければあんな酷いこと出来ないお



515 :名無しさんの主張:2006/05/30(火) 18:27:52
>>510
それが明るみに報道されたのは、随分前の話だよー。
貴方方は世界情勢に関心を持たないの?最初はイタリアじゃなかったかな。
CIAが勝手に自国イタリアの地下でテロ容疑者を拷問してたのを掴んだ時、
スゲー怒ってたじゃん。本当に知らないの?

516 :名無しさんの主張:2006/05/30(火) 18:32:04
今一番言論界で注目されている副島隆彦を語りましょう。

アメリカ・ユダヤ・近代学問・属国日本論・自然法・自然権・人定法・リバータリアニズム・レイシオを徹底分析。
とどまることを知らぬ副島隆彦、ますます絶好調!
今、副島隆彦が、やっぱりおもしろい!
http://soejima.to/(副島隆彦の学問道場)

http://geopoli.exblog.jp/(地政学を英国で学ぶ)
http://amesei.exblog.jp/(ジャパン・ハンドラーズとアメリカ政治情報)
http://www.aynrand2001japan.com/index1.html(藤森かよこの日本アイン・ランド研究会)
http://www.tkataoka.com/(片岡鉄哉のアメリカ通信)
http://d.hatena.ne.jp/leeswijzer/  (leeswijzer: boeken annex van dagboek)


517 :名無しさんの主張:2006/05/30(火) 18:33:22
はっきり言ってアメリカは、「そうだ、これは国家犯罪だ。だがアメリカのする事を阻止出来る国は存在せん!」
って開き直れるぐらいの戦力を持っちまったからなぁ・・・・・
最も悪質で頭悪い奴が力を持ってしまったと言うか。

実際開き直ってるからな。
「毒ガス等の大量破壊兵器が見つからないのはフセインが隠してるからいけないんだ。我々に非は無い」とな。

アメリカでは警察及び検察が「こいつが麻薬の密造及び売買の犯人だ」と決めつければ、
証拠物品が見つからなくても罪を問えるようだぜ。
「犯人が隠してるのがいけないんだ!」って言ってな。

幼稚にも程が有る。

518 :名無しさんの主張:2006/05/30(火) 18:34:58
又、政府のみならず、国民の質も極めて低いのがアメリカ。
なんでもかんでも「テロを摘発するのに必要な行為だ」って言えば滅茶苦茶な法案でも可決される。

これはアメリカに限った事じゃない。
最近は日本もそうなりつつある。

悪人・小泉が「こいつらが抵抗勢力だ」と決め付ければ洗脳されたアホクズどもがそれに倣う。

519 :名無しさんの主張:2006/05/30(火) 18:40:13
F15事件ってのは、毎日新聞に度々出て来るな。
パキスタンだかが戦闘機F15を購入するに当たって先払いした。

だがアメリカは経済制裁等と抜かして詐欺行為を働いた。
北朝鮮に匹敵する犯罪国家。それあアメリカ。
国家犯罪だが国連もそれを制止する力を持っていないのが情けない。

国連が認可していない国に対して経済制裁ってのが片腹痛い。
アメリカが気に入らなくて「テロ支援国だ」と適当な事言って決め付け、
アメリカが“友好国”のレッテル貼った国にもそれを押し付ける。

アメリカという国が崩壊すれば世界はだいぶ平和になる。
下手すりゃ、イスラム圏の人間より性質悪いんじゃないの?

520 :名無しさんの主張:2006/05/30(火) 20:24:47
きったないね
政治も国民も
アメリカは世界一恥ずかしい国

521 :519:2006/05/30(火) 20:32:49
もし“F16事件”の間違いだったとしたらすいません。
どちらも現役戦闘機なんだけど、どっちかが廉価版なんだよね。
数字をはっきり覚えてないや。
機種以外は間違い無いんで、ご容赦願います。

522 :名無しさんの主張:2006/05/30(火) 20:44:11
軍ヲタがイラクでの米軍の虐殺行為を正当化してるお
軍事板を爆撃しまくって虐殺肯定サイトの軍板FAQを田代砲で潰す必要があるお(^ω^)

http://hobby7.2ch.net/army/
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1144387250/
http://mltr.e-city.tv/index02.html




皆突撃だおおおおおおっ!!!(#^ω^)



523 :名無しさんの主張:2006/05/30(火) 20:47:22
〜アフガニスタンでの戦闘時〜
「これはテロとの『戦争だ!』」
「相手はテロリストで、『戦争では無いので』毒ガス攻撃の使用も辞さない」

〜イラクでの戦闘時〜
「毒ガスを初めとする大量破壊兵器を『持っている事が』悪の条件だ」


さて問題です。
ブッシュの三つの発言を合わせると二つの矛盾が出来上がります。
簡潔に回答して下さい。

524 :名無しさんの主張:2006/05/30(火) 21:10:37
アメリカの正義ってのを一言で言うと【幼稚な自己満足】って所だろうか?
「あの戦争〜だから正しかった」だの、自分達で勝手に言ってるだけで、誰もそうは思っていない。
はっきり言えば良いのにな。
「我々は正義を基準として行動しない。我々の利益の為のみを行動基準とする。
 それは、他国から見て正義と反していようが、我々を止められる国など存在しない。
 石油が必要なら強奪するのみ。輸出規制をする国には押し売り戦法で押し切る。
 相手国が必要としなくても強引に買わせるのみ」って。

暴力国家宣言をしちまえば良いんだよ。

525 :名無しさんの主張:2006/06/02(金) 01:00:08
アメリカ憎しと思っている方向け↓

地球上S級犯罪国アメリカを許すな!!3
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1141638002/

526 :名無しさんの主張:2006/06/02(金) 11:05:24
ライスって悪相だよね。
発言もだが、一目見れば悪人と判る、極悪犯みたいな顔してる。
内面の醜さって顔に出るんだねぇ〜

527 :名無しさんの主張:2006/06/02(金) 13:54:11
全くだ。常に悪巧みしてるって顔にかいてある。
あれほどの悪人面じゃ、映画で悪役に出るべきだな。
悪役商会で女の役は必要としていないのか?

528 :名無しさんの主張:2006/06/02(金) 19:33:22
米軍に新たな射殺疑惑、イラクで住民11人
イラク情勢
イラク駐留米軍が3月にバグダッド北方約100キロのイサキで住民11人を射殺した疑惑が、1日浮上した。

 英BBC放送が入手したビデオから判明したもので、事実とすれば、米海兵隊による同国西部ハディーサでの
住民射殺疑惑で揺れるブッシュ政権への新たな打撃となりそうだ。

 ビデオは、BBCが米軍駐留に反対するイスラム教スンニ派勢力から入手した。映像には、
一部破壊された建物の内部に子供を含む複数の死体が写っており、遺体の状況から、BBCは「明らかに射殺されたものだ」と指摘した。

 米軍はこの事件について、国際テロ組織アル・カーイダ支持者の訪問情報が寄せられた建物をヘリコプターで攻撃、
崩壊した建物の下敷きになってテロ容疑者1人のほか、住民3人が死亡したと発表した。

 だが、地元のイラク警察は、米軍が子供5人と女性4人を含む11人を、意図的に射殺したと主張している。


529 :名無しさんの主張:2006/06/05(月) 13:30:52
ttp://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1149217474/l50
アメリカの基地が日本に点在する事によって平和はものの見事に乱され、犯罪を増やすのみ。
百害有って一利無し。それが日本のアメリカ基地だ。

530 :名無しさんの主張:2006/06/05(月) 19:08:37
Gackt「あと僕は、アジアの中での日本の位置付けがすごく
重要な時代に入っているのに、いまだにアメリカだけに
囚われている日本は問題だと思うんです。アジア諸国との
結びつきをもっと深めていかないと、日本だけが取り残されて
しまうのではないか、と。」
ttp://www.katsuya.net/mas20050208.html

531 :名無しさんの主張:2006/06/09(金) 18:35:39
父親の命ごい無視し射殺 近所の住民が米紙に証言

 【ロサンゼルス28日共同】イラクに展開中の米海兵隊員が民間人24人を殺害し
た問題で、犠牲者の男性が英語で命ごいをするのを無視し、米兵が男性と妻子を殺し
ていた疑いが強いことが28日までに、近所のイラク人住民の証言で分かった。米紙
ワシントン・ポスト(電子版)など米メディアが伝えた。
 昨年11月19日、バグダッド北西のハディーサで起きた事件を目撃した近所の住
民によると、海兵隊員の乱入を受けた男性は、英語で「わたしは友だち。わたしは悪
者ではない」と訴えたが、結局「彼も妻も娘らも殺された」という。殺されたこの男
性の家からは1歳から14歳の女児5人の遺体が見つかった。

英兵1000人が無許可離隊 イラク戦争開戦後

 【ロンドン29日共同】英BBC放送などは29日までに、英国防省の情報とし
て、2003年のイラク戦争開戦後、職務を放棄し所属部隊を無許可で30日以上離
れた英兵の数が合計で1000人以上となると報じた。うち約900人が今も部隊に
戻っていないという。
 国防省は、無許可離隊者の数は毎年一定しており、「家庭内の事情」が理由である
ことが多いと指摘。イラク戦争が原因との見方を否定した。


532 :名無しさんの主張:2006/06/09(金) 19:01:23
米軍に新たな虐殺疑惑 イラク、BBCが映像放映
 【ロンドン2日共同】英BBC放送は1日、イラク中部イシャキで今年3月、駐留
米軍が女性や子どもを含む一家11人を虐殺した疑いを示す新たなビデオ映像を入手
したと報じ、その一部を放映した。
 米兵が殺害した可能性は事件当時も指摘されたが、米軍は武装勢力と交戦中に建物
が崩壊し、住民ら4人が圧死したと説明していた。
 イラク中西部ハディーサでも昨年11月、米海兵隊員が幼児ら民間人24人を虐殺
した疑惑が表面化しており、イシャキでの虐殺が確認されれば、米軍への批判がさら
に高まり、イラク市民の反米感情も激化しそうだ。
 ビデオを分析したBBC記者によると、銃撃のあとのある大人や子どもの死体が
写っており、圧死という米軍の説明とは食い違っていた。


533 :名無しさんの主張:2006/06/13(火) 12:43:57
アメリカ自身がテロ国家だからな。
灯台元暗らしだ。

534 :名無しさんの主張:2006/06/13(火) 14:48:19
犯罪と訴訟と独善の大国。
それがアメリカ。
筆頭の“犯罪”には、“国家犯罪”も多分に含まれる。

535 :名無しさんの主張:2006/06/26(月) 20:04:22
アメリカ様は、国連をゆする暴力団だろ。

536 :頭がしんちゃん:2006/06/26(月) 23:06:43
>>535
そうとも言う!

537 :羅馬駱駝債務証券:2006/06/27(火) 15:53:50
>>1
世界一のゴミ集団=朝鮮半島・チャンコロ人民共和国。
日本人にNIMBY(Not in My Back Yard=うちの裏庭はだめだよ)が許される唯一のことだな。


538 :名無しさんの主張:2006/06/29(木) 17:38:09
>>535
俺は今まで一番の犯罪国家はコロンビアだと思ってた。
「政府がゲリラに自治区を与え〜」と聞いたから狂ってると思った。
だが、他国に被害を及ぼす度合いで言えばアメリカが被害の規模から言っても圧倒的だね。

アメリカが消えれば世界は相当平和になるだろう。

539 :名無しさんの主張:2006/07/02(日) 19:50:46
アメリカは北朝鮮も真っ青、民主主義を否定する拉致国家のようだな。

 米中央情報局(CIA)が東欧諸国に秘密収容所を設け、テロ容疑者を拘束していた疑いも払拭(ふっしょく)されていない。

 欧州の人権擁護機関は、英国やスウェーデンなど7カ国が正当な手続きを踏まずに容疑者を拘束し、米国に引き渡した疑いがあると公表した。


540 :名無しさんの主張:2006/07/02(日) 19:55:03
 一方で米国ではこの日、キューバのグアンタナモ米軍基地に収容されているテロ関連の拘束者の扱いをめぐって、連邦最高裁が大統領に厳しい判決を下した。
ブッシュ氏は首相が傍らに立つ共同記者会見で、その弁明に追われた。

アメリカ国内で、今一度南北戦争が起こり、内戦状態に陥ればいい。


541 :名無しさんの主張:2006/07/02(日) 19:58:56
>>535
国連自体暴力団の寄り合い所ですから。


>>538
突如出現した真空状態に戦争の嵐が世界中で巻き起こる

そして「地域の覇者」同士がにらみ合う冷戦状態による平和
もしくは
「アメリカに代わる超大国」が支配する平和

が訪れます。

どちらにしろその過程で核を持たない国は蹂躙されます。

だったら日本にとっては同盟国による平和の方がマシです。



「戦う覚悟」と「防衛に金を使う覚悟」を持って独自に兵器開発と
国土の防衛 そして海外の権益の確保と防衛
を行うなら話は別ですが。

542 :f u n w a k a:2006/07/08(土) 08:19:13
イラクの解放戦争に関しても色々と書き込みをしております。
今回の戦争に関しても改めて日本の新聞テレビがいかに幼稚かを思い知らさ
れました。唯一まともな論評はサンケイ新聞くらいのものでフジ(サンケイ)
テレビとなると50歩100歩、やはり愚劣低俗偏向報道の王者は今回も朝
日系新聞テレビと久米宏に田原総一郎に筑紫哲也に鳥越俊太郎でした。ホン
トに幼稚というよりも卑怯な奴らです。 文民統制自由主義国の恩恵を最大
謳歌しておきながらその報道姿勢は民主主義国家のアメリカの重箱の片隅の
アラを捜し集めての批判ばかり、そのうえに世界中が解りきっている軍事独
裁圧政国家の国民の真の苦しんでいる姿は殆ど報道せず!。

アメリカで今起きている戦後処理の一つにマスコミや政治家の偏向&大きく
外した予報報道の責任追及をしてその結果を記念して公表する、【 恥辱の殿
堂入り 】 同様、これら日本のマスコミと幼稚キャスター連中に私からも

【 恥辱の、低俗、愚劣、卑劣で幼稚なマスコミさん大賞!】 

を、進呈したいと思います!(笑)

参考資料 HP:恋愛マニュアル→f u n w a k a論


543 :名無しさんの主張:2006/07/09(日) 21:13:06
歴史を直視できず、長いものには巻かれろの親米保守、軍国主義者を
装った売国奴工作員が必死だな(w。

544 :名無しさんの主張:2006/07/09(日) 21:17:14
>>543
ここで「核を持って独立」ですよ。
位置を特定できず何時撃たれるか判らず無力化が困難な原潜とそれに搭載された核ミサイル

そして中国やロシアと渡り合える通常戦力

これを揃えればその過程で失業者も軍と軍需産業で吸収できます。

545 :名無しさんの主張:2006/07/09(日) 21:50:07
ここには日本人はいないようだな

546 :名無しさんの主張:2006/07/14(金) 19:40:26
アメリカって、いっそのこと分裂したほがよくね?

547 :名無しさんの主張:2006/07/14(金) 20:29:12
アメリカに理屈抜きの賢さや力強さを感じるのは何故だろう?
難しい事分からなくても思うだろ?
政治?経済?文化?何がそう感じさせるのだろう?
その向こう側に存在するものに気付かなければ何を言っても意味は無い。
気付いてほしい…

548 :名無しさんの主張:2006/07/14(金) 21:10:05
アメリカに理屈抜きの「資本」「主義」国。
資本とは金
主義とは正義

金が正義。

田舎者の拝金主義であるがゆえ、
他民族はもちろんのこと
欧州でも冷たい目で見られている。

549 :名無しさんの主張:2006/07/14(金) 21:25:37
アメリカの欺瞞の一つに
「アポロは月に行っていない」ってのがある
普通にシロート考えでも
月に行った事は怪しいと思える事実がたくさんある


550 :名無しさんの主張:2006/07/14(金) 21:47:35
この世は推定無罪。

551 :名無しさん@お腹いっぱい:2006/07/17(月) 16:36:45
アメリカに媚を売る低脂肪脳売国奴媚米は「米に従うのが国益」という。
俺が媚米と同じぐらい嫌いな媚支那共・朝鮮と同じ薄汚い売国奴野郎だ。
* 岩国や天神で米兵襲ってる珍走君や893の方が、まだましだ。

552 :名無しさんの主張:2006/07/17(月) 18:25:59
>>551
その為には軍事力の強化と核武装です。

まずは軍事力を整えた上で独自の道を探しましょう。


553 :名無しさんの主張:2006/07/23(日) 07:02:53
騙すアメリカ騙される日本 原田武夫 ちくま新書
第1章米国の国家戦略と日本の「知識人」
第2章消えた「日米貿易摩擦」
第3章アジア通貨・経済危機の真相
第4章決定打としての「IT革命」
第5章悪魔の契約
著者は、元外務官僚、「奥の院」に住む、米国パワー・エリートの
策略に完全に操作されている今の日本。


554 :名無しさんの主張:2006/07/23(日) 07:11:16
>>551
君の米兵でもやっつけた戦果をまず報告してくれ。

555 :名無しさんの主張:2006/07/23(日) 07:40:40
広島、長崎、ビキニ島→世界最凶の爆弾テロ集団=雨理科

556 :名無しさんの主張:2006/07/23(日) 07:52:32
馬鹿が勝手なこと言ってるな、戦後からいま現在の日本と世界の動きを見てから物言え!何にもわかってないだろ〜平和ボケの為に現実にいま何が起ころうとしているかわかっていないのが日本国民だ。

557 :名無しさんの主張:2006/07/23(日) 08:06:56
お前らさ馬鹿なんだからせめてまじめに働いてくれよな!国のことなんて考えなくていいよ!馬鹿なんだから!まず馬鹿ということを理解しましょう。

558 :名無しさんの主張:2006/07/24(月) 03:29:22
>>547
狼だろうがグリズリーだろうがインディアンだろうがメキシカンだろうが
戦って蹴散らして勝って来た連中だからね。


>>551
まずは軍事力を高める事
「アメリカの犬」でも良い
兵器のライセンス生産や無人兵器の開発と販売で技術を高める

その後
核と高いレベルの通常戦力を持って
「独立」

今は「臥薪嘗胆」で耐えるとき

559 :名無しさんの主張:2006/07/24(月) 15:23:13
今、世界の警察官、自由と民主主義の盟主アメリカこそが我々に恩恵を最大限
にもたらしてくれる。 イラクの解放戦争をその一環。テロ以前の地球は僅か
20カ国前後の民主主義国と、残り110数カ国の民意封殺の独裁国家群の集
まりでした。アメリカやユーロのような徹底した民主国家か、それとも日本の
ような、わざとテロ支援を見過ごす準テロ支援国家や純粋テロ国家か、との二
者択一を迫られるでしょう。

もちろん直ぐにこのような世界の図式に成るとは思いません。 私の言うのは
今後50年スパンの話です。 しかし、必ずや世界はその流れに沿うように成
るでしょう。 世界は今初めて、真剣に一つの民主的地球号への歩みを始めたのです。

引用:HP、恋愛manual→f u n w a k a論  より。



560 :名無しさんの主張:2006/07/25(火) 13:12:43
民主主義の押し付けが正義って言うんなら、中国と真っ先に戦争起こしたらどうなんだ。
政府を批判しただけで村一つを壊滅だの、悪質性ではダントツだ。
結局弱そうな所を突っついて「民主主義は守られた!」だからな(笑)

警察で言えば、最も優先して取り締まるべき暴力団・マフィアの犯罪を恐いからと放置するのと同じ。
取り締まるのは危険の無い軽犯罪・交通違反だけ。そういうようなもんだ。
それで世界の警察とはよく言ったものだ。余り笑わせんでくれんか?

561 :名無しさんの主張:2006/07/25(火) 13:40:48
どうあがいてもアメリカは桁違いに強い。
世界中のどの国が立ち向っても敵わない。
世界最強国家がアメリカ合衆国だ。

562 :名無しさんの主張:2006/07/25(火) 14:03:24
本土を攻撃されてない国はアメリカとオーストラリアぐらいのものだろう
やっぱりすごい

563 :名無しさんの主張:2006/07/26(水) 10:49:20
>>561
物理的な軍事力でねじ伏せても、アメリカには正義が無いから多くの反発を呼ぶ。
それはゲリラ・テロといった形でアメリカに跳ね返って来る。
それはアメリカの軍事行動に説得力が0だからだ。
心を無視して軍事力だけで抑え込もうとしても、アメリカは所詮悪。
悪は標的として狙われるのが常だ。

564 :名無しさんの主張:2006/07/26(水) 11:02:13
そりゃ違うだろw
アッラーの教えはイスラム教徒以外はみんな敵なわけで即ち、異教徒を殺しても、
殺人罪にはならないし、異教徒のものを盗んでも、泥棒には ならないんだよ。
テロリストは自分の目的を遂げるために文化や宗教利用できるものは何でも利用し
てるだけの話さ。


565 :名無しさんの主張:2006/07/26(水) 11:41:40
アメリカが最優先目標として狙われているのは間違い無い。
アメリカが本当に正しいと思ってる奴なんか、小学生の餓鬼でも居やしないな。

566 :名無しさんの主張:2006/07/26(水) 12:30:01
>>564
確かにテロリストはスペインやイギリスみたいなキリスト教圏も狙ってるね

567 :名無しさんの主張:2006/07/26(水) 13:35:21
>>539
アメリカは自分達が気に入らない相手は「テロとの繋がりが疑われる」って言って閉じ込めりゃ良いと思ってるな。
その悪事が見つかっても「疑いが有ったのだからこの行動は正当な行為だった」と開き直るだけ。

イラクに「大量破壊兵器を持つ恐れが有ったからこの攻撃は正しかった」って開き直るのと同じ。
何でもアメリカが「〜が悪いと思ったから。だから何やっても正当」こればっかだな。
芸が無いぞ。

餓鬼でももう少しマシな言い訳を言うもんだ。

568 :名無しさんの主張:2006/07/26(水) 17:58:39
>>563
手順としては

1軍事力でねじ伏せる

2ファストフードやドラマ 映画などの文化を植えつける

3現地人「テロ?馬鹿らしい!マクド行って女の子口説いて一緒に映画見てるほうが良い!」
と従順になる

2と3には結構な時間がかかります。
1世代(20〜30年)で大分抜けて
2世代(40〜60年)経てば
現地人「えっ俺の国ってアメリカと戦争した事有ったの?」となります。

>>565
正しいだけだとチベットみたいに淘汰されますから…


569 :名無しさんの主張:2006/07/26(水) 18:39:03
まず黒豚(ライス)を潰して家畜の餌にでもするべきだな。
奴が一番悪質だ。

570 :名無しさんの主張:2006/07/26(水) 19:33:36
アメリカは政治家一人辞めさせても何も変わらない。
真の支配者達が既に決めている方向に向けて政治家を駒の様に使っているだけだ。
未来の世界をどうするかシナリオを決めてやっている。
日本とは政治の次元が違うんだ。

571 :名無しさんの主張:2006/07/26(水) 21:30:11
石油メジャーとかのごく一部の富豪のことかな?
考えたくないけど、石油のある所でしか戦争しない気がする
極東の「ならず者国家」と戦争してもメリットないし・・
「アフガン」はテキトーに終わった事にしたみたいだし・・
次はイランですか・・


572 :魔法のセニョリート ◆40WnEtzSeY :2006/07/26(水) 21:59:52
北朝鮮の核兵器が、ベネズエラに渡る可能性が高いよ。

しかし、ベネズエラの大統領は間違っていなかった。

駄目なのはアメリカではなくて、ブッシュ政権。



573 :名無しさんの主張:2006/07/26(水) 22:06:07
>>570
>真の支配者達が

何も知らん馬鹿に限って知ったかぶりをしたがるものだ。
こう抽象的に言うってのは、何も知らんくせに知ってる振りをしたいだけだ。
馬鹿だね。

574 :名無しさんの主張:2006/07/26(水) 22:06:51
>>569
むしろ裏に居るユダヤ人を何とかしろ!

タイムマシン作ってナチスに現代の兵器の設計図を渡すとか
イタリアを最初に「連合国側で」参戦させるとか

575 :名無しさんの主張 :2006/07/26(水) 23:01:38
世界の警察官が、制服を着て女子大生のアパートに
上がりこんで、レイプ、さらには、殺人といった
事件が、そういえば、過去にあったな。

ややや、世界の警察官が、実は犯罪者だったら
いったい誰が取り締まるのやら

576 :名無しさんの主張:2006/07/27(木) 15:25:14
>>574
ユダヤ人が具体的にどういう悪影響を及ぼしているか、
200字以内以内で言ってみて。

577 :名無しさんの主張:2006/07/27(木) 16:04:37
なん文字だっていいだろw

578 :funわか:2006/07/27(木) 17:18:36
日本では産経新聞は右翼的だと言われています。しかし、マスメディアを世界的な
意味で評価するなら、明らかに産経は極々に、ハト派です。そもそも日本において
は、世界の常識としての右翼など存在しません。世界的な意味での右翼か左翼かを
分類するなら明らかに日本のマスメディアは極左翼です。アメリカやヨーロッパの
先進国のマスメディアの常識的な論理からすれば、朝日、毎日、NHK、は明らか
に極左翼のマスメディアですから、産経に至っては右翼どころか、超ハト派に分類
されるはずです。日本のマスメディアは戦後の共産主義国家のソビエトや中国のプ
ロバガンダに完全に毒されてしまいました。それが証拠に、ベルリンの壁の崩壊後
、ドミノ倒しで崩れ去った東ヨーロッパの軍事独裁体制の共産国家群がどれほど凄
まじい民主弾圧を行っていたか、朝日や毎日は髪の毛の先ほども検証していません。
アメリカやユーロの自由主義国では、すでにあらゆる報道機関が彼ら共産国家が国
民に対して圧政弾圧を加えていたかをあらゆる角度から立証しているにも関わらず
、未だに日本のマスメディアはこうした真実の報道をする事を無視しし続けている
のです。これがどれほど日本の国益を結果的に損ねている事か。。。
唯一少しながらも、産経が孤軍奮闘し、世界の真の情報、世界的な意味でのマスメ
ディアのあるべく姿を保っているようです。日本では唯一、産経が、真のマスメデ
ィアを保っている、その証拠を以下で明らかにしておきます。共産軍事独裁国家で
あろうと、民主自由主義国であろうと、世界のすべての国の常識、国と国民を守る
ための法律、【 スパイ防止法 】を、世界の常識中の常識!スパイ防止法、を、
作るべきだと主張するのは日本では唯一産経新聞だけなのです。

579 :funわか:2006/07/27(木) 17:19:47
私は以前から中国朝鮮などの、法治無き強盗泥棒嘘つき反日国家などと付き合うべきでなく、(これらの国
に工場や会社を作らず)それ以外のアジアの国々、台湾、マレーシアフィリピン、インド、(共産国家のベ
トナムを除く、)との経済交流を拡大すべきだと言ってきた。(ホームページ作成当初に、時事放談にて主張掲載)

しかし、これら反日中国朝鮮国家と一体化してしまった日本が嫌いな朝日や毎日を中心に経済新聞の日経、
NHK等の中国ベッタリ寄り報道、彼らが事実を殆ど書かない嘘つき報道を垂れ流し、危険な、法治無き中
国への経済投資を煽り、それに騙されたバカ経済界が大挙して中国に人モノ金を注ぎ込んでしまった。そう
して中国に進出した企業の90%は今や強盗詐欺の本性を丸出しにした中国泥棒国家に資金の大半を吸い取
られている。

さすがにここに来て、嘘の上塗り報道がバレ始めた日経は、仕方なく、中国リスク、を少しずつ報道し始め
てはいるが、、今更詐欺に身ぐるみ剥がれた企業にどの面下げて謝ることが出来るのか。 嘘をつきっぱな
しで、知らぬ存ぜぬ、が、当たり前の朝日と同じ姿勢をこれから貫くしかないだろう。小泉首相はここにき
てようやく中国の犯罪的な手口に気がつき始めた財界に押されてインド詣でを始めた。それみた事か!であ
る。

最初から嘘つき泥棒国家の中国などに金を注ぎ込まず、東南アジアに軸足を移していたら、投資に見合う十
分な収穫が得られ、今頃は世界の富の全てを集められるほどのニッポンの繁栄を誇れたものを。しかし、今
からでも遅くはない。 経営者よ、日本は資本主義国家であり、自由主義国家であし、民主国家であり、法
治国家であり、法治国家でこそ、資本主義の繁栄は成り立つのだという原理原則をしっかりと自覚し、反日
法治無き中国朝鮮国家を見捨て置け。 日本が背を向け、人モノ金のの交流を止めたとたんにこれら反日国
家の経済は沈滞し、そのうち崩壊するのは間違いない! その時に言えばよい、

『頭を垂れよ、しからば付き合ってやらんこともない』

これら乞食国家には、こうした付き合い方が、最も良いのである。

参考資料:HP、恋愛manual→f u n w a k a論 より


580 :funわか:2006/07/27(木) 17:20:59
同時多発テロ攻撃は平和ボケしている日本人に現世界の実状をまざまざと見せつけた事だろう。。私は事件
の遠因が前アメリカ大統領のクリントンに有ると見ている。 女ったらしのくせに腰抜けだった、この42
代アメリカ大統領は歴代大統領の中でもその在任中の政策はテロ国家や覇権国家への譲歩に次ぐ譲歩だった。
おかげで腰抜けクリントンの任期8年間でテロリスト達は深く力を蓄えたようだ。

痴漢にしても盗人にしても強盗犯にしても、警察が無く、まして罰する法もなければ好き放題に暴れまくる
だろう。 それは個人だけでなく国家に置いても同じ事なのだ。 決してテロや強盗に屈してはいけないの
である。 少しでも屈すればそのような卑劣な奴らは (もともと卑劣な人や国家でなければ民主になって
いるはずではないか!) 必ずやその隙に乗じて力を蓄えたり行使したがるものなのだ。

自身にあまり能力の無かった40代大統領ロナルドレーガンは、鉄鋼王アンドルーカ−ネギーの墓碑銘のよ
うに「おのれよりも賢明なる人物を身辺に集むる法を心得し者ここに眠る」 術を知っていたようだ。 彼
は周辺に集めたブレーン、参謀の意見の真実を読みとる能力に長けていたようだ。だからこそ彼は世界の不
安定要因、共産主義に徹底して対抗し、完膚無きまでに打ちのめし、ソ連や周辺の軍事覇権共産国家群を崩
壊させ東ヨーロッパを民主主義の国へと導いたのだ。 

ところがクリントンというエロ大統領は世界の現実など一切無頓着!まるで、話せば解る式の日本のアホメ
ディアや政治家のようなナイーブな(幼稚な)取り巻き連中の政策を哲学無しに取り入れ執行した。その結
果が今回のこの大惨事なのだ。 せっかくレーガンが世界の民主の流れ、秩序を作りつつ有ったのに、それ
をバカクリキンントンがブチ壊したのである。


581 :funわか:2006/07/27(木) 17:22:47
しかし、今回の痛ましい事件で必ずやアメリカは再びレーガンのように毅然と民主に立ち向かう勢力に敵対
する覚悟を定めるだろう。 この事件は徹底的にアメリカの世界への対処方法を変えるのは間違いない。 
内向きになりつつあった世界唯一の超大国が、あらためて世界の警察官を自認する事になるだろう。

その基本は、テロ及びテロを支援する国家への毅然とした、武力を含む対応であり。 民主主義を蹂躙する
国家への敵対の意志の表明のはずだ。 アラブだけの話では無い、 我が日本の周辺には、国自体がテロ国
家そのものの北朝鮮、軍事覇権民主弾圧(虐殺)国家の中国が側で常に隙あらばと牙を研ぎ続けている。 
そのような危険極まりない国に年間軍備予算を上回る援助をする、キチガイじみた国、日本。

もう、いいかげんに目を覚まして欲しいものだ。テロや詐欺軍事覇権国家の内政干渉をありがたく承るアホ
国家のメディアと政治家達よ。資本主義国家、法事国家のアメリカ、民主主義の盟主のアメリカの同盟国と
して毅然と民意弾圧の隣国に注文を付けるべきときが来たのだぞ。

582 :名無しさんの主張:2006/07/27(木) 18:38:32
>>576
中東でアラブ人殺しまくり。
ヨーロッパのゲットーで大人しくしていれば良かったのに。

583 :名無しさんの主張:2006/08/01(火) 13:13:56
アメリカは自国に都合が悪い法律は頻繁に変え、「我々は法律に則って行動している!」
って・・・・笑わせるのもたいがいにしろよ。
常任理事国って地位を悪用し、反対者は経済・武力両面の制裁だって脅し、好き放題。
暴力団の脅迫のように強引に従わせて「国連加盟国の総意だ」って、いい加減にしろよ。

これほど悪しき国は世界中のテロの標的にされて滅べばいいんだよ。

584 :funわか:2006/08/02(水) 23:42:18
日本では産経新聞は右翼的だと言われています。しかし、マスメディアを世界的な
意味で評価するなら、明らかに産経は極々に、ハト派です。そもそも日本において
は、世界の常識としての右翼など存在しません。世界的な意味での右翼か左翼かを
分類するなら明らかに日本のマスメディアは極左翼です。アメリカやヨーロッパの
先進国のマスメディアの常識的な論理からすれば、朝日、毎日、NHK、は明らか
に極左翼のマスメディアですから、産経に至っては右翼どころか、超ハト派に分類
されるはずです。日本のマスメディアは戦後の共産主義国家のソビエトや中国のプ
ロバガンダに完全に毒されてしまいました。それが証拠に、ベルリンの壁の崩壊後
、ドミノ倒しで崩れ去った東ヨーロッパの軍事独裁体制の共産国家群がどれほど凄
まじい民主弾圧を行っていたか、朝日や毎日は髪の毛の先ほども検証していません。
アメリカやユーロの自由主義国では、すでにあらゆる報道機関が彼ら共産国家が国
民に対して圧政弾圧を加えていたかをあらゆる角度から立証しているにも関わらず
、未だに日本のマスメディアはこうした真実の報道をする事を無視しし続けている
のです。これがどれほど日本の国益を結果的に損ねている事か。。。
唯一少しながらも、産経が孤軍奮闘し、世界の真の情報、世界的な意味でのマスメ
ディアのあるべく姿を保っているようです。日本では唯一、産経が、真のマスメデ
ィアを保っている、その証拠を以下で明らかにしておきます。共産軍事独裁国家で
あろうと、民主自由主義国であろうと、世界のすべての国の常識、国と国民を守る
ための法律、【 スパイ防止法 】を、世界の常識中の常識!スパイ防止法、を、
作るべきだと主張するのは日本では唯一産経新聞だけなのです。



585 :名無しさんの主張:2006/08/03(木) 21:09:45
ライスって、あんな外道が大統領になったらヒトラー以上の暴虐を働くだろうな。
あれほどの悪人はそう居ない。
顔からしてモロ悪人の顔だな。悪相だ。

586 :名無しさんの主張:2006/08/07(月) 13:38:23
まあ俺の予想では、イラクが視察を拒否するのを期待しておっぱじめたんだろうよ。
そこを「国連の意思に従わない事が悪の証明だ」って言って開戦しようと思っていた。
しかし、意に反してイラクは査察を受け入れてしまった。
業を煮やしたアメリカは無理矢理強硬に開戦した。
そんな所だろう。

587 :名無しさんの主張:2006/08/27(日) 01:25:04
アメリカって、散々略奪・侵略・虐殺を繰り返すくせに他国から「良く見られたい」って発想が図々しいな。
何処の国も認めてはいない「善行宣言」に何の意味が有るんだ?
独善大国だな。ヒトラーが大量虐殺を「これは善行だ」と主張するようなものだ。

588 :名無しさんの主張:2006/08/27(日) 19:30:34
いったい、いつまで連中の顔色をうかがう
外交を繰り広げるのか
嫌だといえば、ピストルで脅される

589 :名無しさんの主張:2006/08/27(日) 19:33:46
日本人はすっかり奴隷に落されてしまったねえ
奴隷身分から這い上がる勇気がないからいつまで経っても奴らの言いなり

590 :名無しさんの主張:2006/09/05(火) 06:49:09
その典型が小泉純一郎と安倍晋三。
>>589

591 :名無しさんの主張:2006/09/05(火) 06:55:58
>>587
世界はそういう国ばかりじゃん。
お隣のゴミ半島もそうだし。

592 :名無しさんの主張:2006/09/17(日) 07:43:16
>>591
もしかして、キミは、中韓の人?

593 :名無しさんの主張:2006/09/30(土) 11:25:29
>>590
その通り。
小泉→安倍に代わり、犬種が雑種→ブルドッグに変わろうとも、本質的には同じ。
ブッシュの飼い犬には違いない。

それにしても図々しさに比例するかのようなツラの皮の厚さ、なんとかならんか?
ブルドッグそのものじゃないか。安倍。
醜いね〜〜

594 :名無しさんの主張:2006/10/01(日) 18:54:21
http://en.wikipedia.org/wiki/Terrorism

595 :名無しさんの主張:2006/10/05(木) 08:35:17
なんで日米の価値観が一致するの?
そもそも明治維新にアメリカが日本に開国を求めたのは、日本市場などどうでもよく、
中国の巨大市場に目をつけてたからだろ。
日本はアメリカの特攻隊か?


596 :名無しさんの主張:2006/10/05(木) 09:57:41
>>595
価値観を無理やり一致させるように自民党が頑張ってるんだろ。
テロ=イラク支援 っていう浅はかな思考回路とか。

597 :名無しさんの主張:2006/10/13(金) 22:00:42
アメリカは、隠密に虐殺行動を取ればテロと言い、てめえらがやってる、
武力で堂々と大規模に行う虐殺はテロじゃないと言いたいらしい。

598 :名無しさんの主張:2006/10/14(土) 06:54:46
>>597
戦争は国際法で認められやり方が定められているがテロは認められていないからね。



599 :名無しさんの主張:2006/10/14(土) 13:47:26
「石油を確保したいから開戦して強奪します」という戦争は、
テロ行為より悪質性は遥かに高いんだがね。

他国の領土を強奪して建国したイスラエル然り。

600 :名無しさんの主張:2006/10/14(土) 14:33:12
【問題】
現在の日米関係について正しく説明しているのはどれか。

[A:]
アメリカ合衆国は頼りになる日本の軍事同盟国であり
有事の際には必ず守ってくれる。

[B:]
アメ公は日本を単なる自国本土の防衛のための壁としか
考えていない単なるタカリに過ぎず、
自前で軍隊を持たないことに付け込んで
「安全保障税」と「思いやり予算」で
これからも延々とたかり続けようとしている。

601 :名無しさんの主張:2006/10/14(土) 14:45:05
[C]
鬼畜米兵は日本から利益搾取の為の植民地としか考えておらず、
その為に金融規制撤廃を強要。
さらに農薬漬け・病気まみれの肉等を押し売りしている。
要求は常に一方的である。相手(日本)の意思は取るに値しないという立場で物事を進めるのが特徴。


基地の用地を戦後50年以上経っても占領し続け、戦争の度にそこから出撃している。

さらに日本が頼みもしないのに陣取っていて“用心棒代”を強請とっている始末。

グアムに移転する計画に際しては“立退き料”を強要する始末。


アメリカは指定暴力団ならぬ、指定暴力国家に認定して対処するのが相応しい。

602 :名無しさんの主張:2006/10/14(土) 14:57:44
反米=インテリ
反米=人権派
 でもう飯は食えません
拉致家族を救えるのはアメリカの軍事力のみです

603 :名無しさんの主張:2006/10/15(日) 00:12:19
警戒すべきこと
危険である。
どうも、北朝鮮を装って、テロを米○もしくはモサ○が実行するのではないか?

そして、JR東日本は、売り残が、817に、買いが2392.買いのほうが多い。
    JR西日本は、売り残が、703に 買いが426.これもまあまあ普通。
    JR東海は、なぜか売り残が、2117に、買いが74.これは異様である。
  つまりJR東海に限って、売り、つまりこれから株価が下がると予想している人が
極端に多いということをあらわしている。

http://blog.mag2.com/m/log/0000154606/107796994.html

604 :調査マン:2006/10/15(日) 14:06:39
予知夢という能力
泉山秋著
1999年刊  葉文館
予知夢を科学的に追求した本。
1999年ノストルダムス予言は無いこと、2000年コンピュータ問題は発生しないと予知夢データから明記。
しかし2003〜2008年頃に日本に北朝鮮の核ミサイルが飛来する不思議な夢をみた少女も紹介。
出版社の倒産にて、現在一部の書店に在庫がありますが書店から姿を消している幻の本です。

http://www.spica3.com/soulmate/last1.html

http://www.spica3.com/yochimu/


605 :名無しさんの主張:2006/10/22(日) 00:36:52 ID:ngkWoyqv
反米嫌日戦線「狼」(一輝まんだら) なんでアメリカの核実験は非難されないの!?
http://anarchist.seesaa.net/article/25268643.html#comment

>核実験はいかなる国も非難されるべし。
>その教訓が広島・長崎なんだよ。

唯一の被爆国だといって、それを盾に被害者づらして、それを世界に押し付けるのは間違っているし、その「教訓」とやらは世界でまったく通用しない、日本独自の宗教だよ。

そりゃ世界で核実験がなければそれが一番いいけど現状では不可能だし、なぜそういう脳みそお花畑の理想論に走るのやら。

パキスタンが核兵器をもった理由が「敵国であるインドが持ってるから」という非常にシンプルな理由なわけで、日本が「広島・長崎・・・」とかいったって日本の都合なんて考慮してくれんでしょう。

>で、その民主主義国家の国、アメリカが60年前に日本に原爆を二つも落としてくれたわけだ。

仕方ないでしょ。当時は戦争してて敵国同士だったんだから。
正義なんて国ごとに違うわけで「原爆・核が悪」だなんて決められない。
アメリカの公式見解は「原爆の投下によって戦争が早期終結し、本土決戦しないですんだから、多くのアメリカ人も日本人も死ななくてすんだんですよ」というかなーーり日本人としては納得いかない公式見解ですけど、それが完全に間違っているとはいえないわけで。
60年前は状況もまったく違うんだし、永遠にアメリカを断罪するおつもりなら、戦後保障を講和条約後もやくざのようにねちねち言い続ける中韓と変わりませんな。
Posted by ぽへぽへ at 2006年10月17日 08:32

606 :名無しさんの主張:2006/10/22(日) 08:23:50 ID:STKGh7He
売られ続ける日本、買い漁るアメリカ
米国の対日改造プログラムと消える未来 本山美彦 ビジネス社
第1章米国エスタブリッシュメントが進める日本改造
第2章「神々の争い」に敗れた日本
第3章日米投資イニシアチブの正体
第4章日本の「医療市場」が飲み込まれる
第5章「五つのレポート」が与えるアンダー・プレッシャー
第6章世界経済を恫喝するUSTR
著者は京都大学院教授、USTRというのは米国通商代表部
http://japan.usembassy.gov/j/p/tpj-j050.html



607 :名無しさんの主張:2006/10/30(月) 20:18:56 ID:04yYKYKo
親米保守って、日本人じゃねぇだろ。

608 :名無しさんの主張:2006/10/31(火) 01:36:04 ID:???
>>604
北朝鮮の核が飛んでくるって、それもしかしたら一部で噂されてる
アメリカが日本の当局承認済みで北朝鮮に見せかけて海上の
米艦上から発射するってヤツ?極東情勢の不安定が米の利益
なんだからあながち嘘でもないなって思ったけど。

609 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 09:53:47 ID:ttwOkO5I
腰抜けの石油気違いでしかないな、アメリカは。
「ひょっとしたら大量破壊平気を持ってるかもしれないかもしれないから戦争だ!」
って、毒ガスやら細菌兵器より原子爆弾の方が上位に来る、
優先して叩かれて当然の武器なんだがな。

石油の無い所では戦争起こせないって体現してるな。
そういう行動を、全く隠そうともしないな。アメリカは。
所詮は雑種。恥を知らぬ文化とはこの事を言うのだろうか。

610 :名無しさんの主張:2006/11/01(水) 10:55:00 ID:ttwOkO5I
あ、↑は今回の北朝鮮での件ね。

611 :名無しさんの主張:2006/11/05(日) 16:53:09 ID:zPMsPTzj
「ブッシュ大統領は世界の脅威2位」英紙の世論調査

 【ロンドン=本間圭一】ブッシュ米大統領が、北朝鮮の金正日総書記やイランのア
フマディネジャド大統領よりも、世界平和の脅威だ――。3日付の英紙ガーディアン
は、世界の指導者で誰が平和への脅威になっているかに関して聞いた世論調査でこう
した結果が出たと1面トップで報じた。

 調査は、英国、カナダ、イスラエル、メキシコの4か国でそれぞれ約1000人を
対象に世論調査機関が実施した。

 英国民を対象とした調査によると、最大の脅威とされたのは国際テロ組織アル・
カーイダ指導者、ウサマ・ビンラーディンで87%。これに続いてブッシュ大統領が
75%で2位につけ、金総書記69%、アフマディネジャド大統領62%を上回っ
た。ビンラーディンは他の3国でもトップとなった。


612 :名無しさんの主張:2006/11/05(日) 17:05:40 ID:PuzlNMz8
英国って
アメリカを植民地にしようとした国でしょ
 反米 反米っていってたら
極楽浄土でもいけると思っているの


613 :名無しさんの主張:2006/11/05(日) 17:12:28 ID:zPMsPTzj
>>612
世界史を履修していないから、突然
意味不明なレッテル貼りと、書き込みしても
恥と思えないんだな。さすが、人でなし!

614 :名無しさんの主張:2006/11/06(月) 00:30:45 ID:???

アメリカ=イギリス=イスラエル

こいつらは悪の枢軸ユダヤ連合です。世界中に紛争地域を無理矢理にでも作り出し
正義の使者のような顔をして当然のように出来レースで勝利し傀儡政権を置いて支配します。
グローバル化と称し、世界中のさまざまな価値観を破壊し従わせようと躍起になっています。
なぜならユダヤ以外を家畜のように支配することがやつらの目的です。
資本主義も共産主義もユダヤが作ったものでありロシア、アメリカでそれぞれ実験済みです。
時は近づいています、市場資本主義のような殺伐とした弱肉強食の体制の中で大多数の
市民は抑圧され自由の無い共産主義国家の人民のように従順な羊のようにコントロールされます。
一番の傀儡属国の日本にいればこんなことぐらい気がついているでしょうけど・・・。

260 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★