5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

基地外ダム反対者を晒すスレ

1 :川の名無しのように:2006/06/28(水) 14:37:04 ID:0nCO12OG0
反対論者じゃありません。
反対したいだけで『論』なんて彼らにはありませんから。
ほらほら、このスレにも基地外がウジのように涌いてますよ〜 (((( ;゚Д゚)))

2 :川の名無しのように:2006/06/28(水) 14:51:09 ID:bT/L0Ne20
君が死んでからもう1年。
君は今も僕を見守ってくれているのかな?
君は、僕の生まれて初めて出来た彼氏だった。
すごく嬉しくて、幸せだったなあ。
突然、基地外だって医者に宣告されてから、君は病室で日に日に弱っていった。
「病院ってひまねえ」って笑う君を見て、僕はいつも泣いていたんだ。
君の為に、僕の小汚いノートパソコンをあげたら、君はすごく喜んでくれたよね。
ネットをするようになった君がいつも見ていたサイト、それが「2チャンネル」だった。
ある日君はいつものように、笑いながら言った。
「ほら、見て今日も2ゲット出来たよ。」
「よくわかんないけど批判してたら楽しいの。」と。
「あまりパソコンばっかいじってると身体に障るよ」
「せめて病院に入院しているときくらいまっとうな人間になろうよ」
なんて僕が注意すると、
「ごめんねえ。 でもね、これ見てよ。 
ほら、この3のひと、2げっとぉ!なんて言っちゃってさぁ、ふふ」
「あ、きっとこいつ公務員だよ。私馬鹿だから試験に受かる人を見てたら
ヌッ頃したくなってくるの」
僕は黙っていた。君がすごく楽しそうで、僕は何も言えなかった。
「ほらみて、この3のひと、変な絵文字使ってくやしぃ〜!だって。
かわいいねえ。 ふふ。」 
僕はまだ黙っていた。笑う君を見て、どうしようもなく悲しくなった。
これ以上見ていることもできなかった。
今から考えたら、あのとき僕が頃しておいた方が世の中のためだったのかも知れない。
「憶えててくれるかなあ」 君がふと言った。
「…この3のひと、私がいなくなっても、あの時変な奴に2をとられたんだよなー
なんて、憶えててくれないかなあ……無理かな……憶えてて、ほしいなぁ……」

それから数ヶ月後、君は家族と僕に見守れながら息を引き取るはずだったのに、
あれだけ批判してたダムを自分の墓標にするかのように飛び込んだんだ。

君はもうこの世に居ない、なのに僕は今F5を連続でクリックしている。
君の事を、3のひとが忘れないように、いつまでも、いつまでも忘れないように。

地獄にいる君と一緒に、今ここに刻み込む 

        2 ゲ ッ ト


3 :川の名無しのように:2006/06/28(水) 15:43:57 ID:N3THgHGg0
ほれ。
つ[9ndNd93g0]

4 :川の名無しのように:2006/06/28(水) 18:16:33 ID:UHS5+Qsi0
>>3
aN2M2NCC0⌒ ヽ(´ー` )ホレ

5 :川の名無しのように:2006/06/28(水) 23:37:00 ID:uJ4/42DN0
ダム管理所へ基地外オヤジが電話してきました。
「○△※ダムは土砂が溜まってるんや!だからお前のとこのダムも環境が悪いんや!
 ○△※ダムの環境が悪いのはヤフー見たら調べられるわ!調べないくせにダムを
 管理してるなんて馬鹿だ、マヌケだ」
と言うだけ言って電話を切りました。
ちなみに、○△※ダム(伏せてますが実在のダムです)は当方管理のダムとは水系さえ
異なる、全く無関係なダム。
調べるかどうかという問題とは別に、「だから」の前後関係が意味不明でした。

「なんで晴れてる日に放流してるんや!」とか、直接抗議する人って
わざわざ抗議する意味が分からん内容ばかり。


4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)