5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【不当逮捕】逮捕や!!逮捕や!!【国会でも紛糾】

1 :名無しピーポ君:2006/05/10(水) 09:23:10
http://members.aol.com/kota2hiroyuki/

「僕に逃亡のおそれがありますか?
 いいんですか、こんなことして、おまわりさん。
 これ、何の逮捕ですか、これ何の逮捕ですか?」
「道路交通法違反やっていうて、逮捕するんや」

次は貴方かも知れない....

76 :名無しピーポ君:2006/07/07(金) 10:34:20
中学生レベルにもなれない屁タレも多いしなあ
ま、屁タレどうしがんばろや

77 :名無しピーポ君:2006/07/09(日) 13:45:50
今、暇だから司法書士・吉岡泰助クンが原付バイクで100mも走行したという
歩道と周辺の住宅を見に行ってくる。

78 :名無しピーポ君:2006/07/25(火) 14:32:40
>>77
どうだった?
オレも見に行こうかな〜w

79 :名無しピーポ君:2006/08/09(水) 19:03:13
45さん、判例の理解が不十分です。
「判例」は具体的事案における法律の適用の中で規範となった部分を指したり
しますが、あなたのあげられたくだりというのは、具体的事件の特徴を捉えな
い形式的規範です。
逮捕の必要性を端的にいうなら、@必要性A手段の相当性B補充性(他に採る
べき手段のないこと)でしょう。
とするなら、本件では矢代氏がいうように、@の要件は満たされているとして
も、河村氏がいうように、AとBの要件該当性が疑わしい。
逮捕というのは、国家権力による国民に対する実力をもってする身体の拘束、
であるから、その行使には謙抑的であることが必要である。
こういった理念の下に、刑事訴訟法以下の法令によって、逮捕の要件が具体化
されているのですが、これも右矢代氏がいうように、具体的法令ならびに規則
(内部規範)の解釈において、その理念を念頭に置いた解釈適用が必要であり、
それこそが法治国家の法治国家たる所以である。
とするならば、45さんのあげられた、そして以下幾人かの方が引用される「判
例」というのは、拡大解釈や類推解釈を許さない趣旨のものであって、あくま
でも「限界事例」として理解されなければなりません。


80 :名無しピーポ君:2006/08/09(水) 19:04:38
私が思うに、吉岡氏の態度にも「よき市民」として至らぬところがあった、と
いうことは否めないのですが、交通ルール違反で切符を切られようとしたとき
に、積極的に協力する姿勢が、「よき市民」として必要であって、これを欠く
ことが法令違反の疑いの強い巡査の実力行使を正当化するだけの違法性を有す
るのか、皆さんに考えていただきたい。
問題になっているのは、現場警察官によるA不相当な手段による逮捕、B他に
とるべき手段が容易に考えられたにもかかわらず、あえて実力行使の中でも強
制力の強い、手錠をもってする逮捕が行われたこと、この2点でしょう。
付言すれば、免許提示義務は一定の重大犯罪以外では、国民に課されていませ
ん。あくまでも「任意」に提示するもので、警察官は頑張って説得して、「任
意」に提示してもらわなければならないのです。
外観上シャブ中の被疑者の車両を停止させ、任意で質問を行っていたところ、
右被疑者が、自己の車両のエンジンキーをオンにして、発車しようとした、と
いう他者加害の危険の切迫した事案ですら、警察官がその車両の開いていた窓
から手を差し入れて、被疑者の同意なくキーを抜き取った、という行為が、適
法かどうか、争われた事案があります。45さんご存知でしょう。


81 :名無しピーポ君:2006/08/09(水) 19:05:47
この場合、違法とはいえないとの結論がなされましたが、本件事案について当
てはめると、少なくとも、吉岡氏に逃亡の恐れがあるとして、キーを抜き取る
とか、腕を掴んでおくとか、降車させるなどの方法で、十分に目的を達せたこ
とは明らかです。
いいですか?確認しておきますけど、本件のような逮捕は、所謂「不当逮捕」
といって、厳に慎むべき類の実力行使です。警察官の皆さんが正義感を持って
職務に邁進する上で、厳格な法令解釈が足枷になることは望ましいことではな
いでしょう。しかし、警察官も職務を離れれば一国民です。いつ何時司法官憲
の実力行使の対象となるともわからない。そして何よりも、国民の代表者によ
って制定された法律を誠実に執行する公務員である。プロ意識が欠けていない
か。


82 :名無しピーポ君:2006/08/09(水) 19:06:49
それにここに書き込みを行っている、警察関係者以外の国民の方々、このよう
な国家による実力行使を容認し、面白おかしくヘラヘラしていていいのか?吉
岡氏の身に起こった出来事は、彼一身にのみ生じた事態ではなく、これまでも
行われ、これからもあなた方に向けて行われる不当な拘束の一端に過ぎないの
ですよ。
ある日、あなた方の誰かの家の呼び鈴が鳴って、「警察です、開けてください」
との声がし、開けないと逮捕されて、弁護人との面会もさせてもらえないまま、
「・・・以上のように供述しました。」旨の調書が作成され、裁判でいくら無
罪を叫んでも、「でもあなた、警察官面前調書に自書もしてますし、それによ
ると、あなた罪を認めているじゃないですか。」なんて言われちゃいますよ。
吉岡氏の行動は、糾問的な「おいコラ警察」に対する不信と信頼回復を求める
よき市民としての勇気ある行動として、評価せねばならない。


83 :名無しピーポ君:2006/08/09(水) 19:17:03
ちょっと最後に付け足します。
上で「判例」として挙げられている「昭和60年3月14日、前橋地方裁判所 判
決文抜粋」という件ですが、誤解があるようなので、訂正します。
裁判所が言う「現に携帯している運転免許証の提示又は提出を要求しうる」と
いうのは、これを強制的に行える、という趣旨ではなくて、あくまでも任意に
提示を求める事ができる、と解釈されます。
「特段の事情もなくこれを拒否し、運転免許証に基づく取調べに応じないため、
違反者の氏名、住所等が判然としないときは、逃亡又は罪証隠滅のおそれがあ
ると認められてもやむを得ないものと解するのが相当である。」
とのくだりですが、免許の提示がないから「罪証隠滅・逃亡の恐れあり」よっ
て逮捕可能、という安直な論理ではありません。
勉強してください。

84 :名無しピーポ君:2006/08/10(木) 16:55:30
特別公務員職権濫用罪(第194条)
裁判、検察若しくは警察の職務を行う者又はこれらの職務を補助する者が
その職権を濫用して、人を逮捕し、又は監禁したときは、
六月以上十年以下の懲役又は禁錮に処せられる。

特別公務員暴行陵虐罪(第195条)が7年以下の懲役なのにえらい重いな

85 :45:2006/08/17(木) 17:50:43
>>79
>逮捕の必要性を端的にいうなら、@必要性A手段の相当性B補充性(他に採る
>べき手段のないこと)でしょう。
 その3要件は、捜査手法を選択する上での判断基準であるとするのならその
とおりであると思います。
 しかし、逮捕というのは選択される捜査手法の1つです。すなわち”強制捜
査or任意捜査”という選択を行う場合に”強制捜査”を選んだということの
みです。
 つまり、示された3要件はこの場合すべて同じ意味を持ちます。

>>80
>A不相当な手段による逮捕、B他にとるべき手段が容易に考えられたにもかか
>わらず、あえて実力行使の中でも強制力の強い、手錠をもってする逮捕が行わ
>れたこと、この2点でしょう。
 まず”A不相当な手段による逮捕”の意味がわかりません。”不相当な逮捕
”又は”不必要な逮捕”といわれるのであれば議論できます。A=Bなら話は
進めることができます。
 なお、”あえて実力行使の中でも強制力の強い、手錠をもってする逮捕が行
われたこと”は初めて聞く主張です。逮捕すれば戒具を使用するのが常です。
戒具を使用しない方が例外です。また世界的にも手錠は戒具としては一般的で
あり、かつ、被逮捕者に過剰な苦痛を与えるものではないと判断されています。
 とりあえず、強制力の弱い戒具を教えてください。それをぜひ世界中の警察
に広めてください。

>外観上シャブ中の被疑者の車両を停止させ(以下省略)
 その例は知ってますよ。全然場面が違うじゃないですか。とんちんかんな例
を挙げないでください。
 あれは逃走防止のために取り得る措置の例。逃亡・罪証隠滅の防止とは違い
ます。

86 :45:2006/08/17(木) 17:51:16
>>83
 今回のケースでは免許証の提示義務の有無は問題ではないのですよ。住居、
氏名等が明らかでないから、逃亡若しくは罪証隠滅のおそれがあると現場の警
察官が判断して歩道通行の現行犯人として逮捕しているのです。
 免許証提示義務違反ではありません。
 わかっているとは思いますが
× 免許証を提示しない → 逮捕
○ 免許証を提示しない → 住居・氏名等が特定できない → このままで
は逃亡若しくは罪証隠滅のおそれがある → 逮捕
簡単には書きましたが、”住居・氏名等が特定できない”ということと”この
ままでは逃亡若しくは罪証隠滅のおそれがある”という点が逮捕の必要性を判
断するポイントです。
 ご自分でもちゃんと抜粋されていますね。「違反者の氏名、住所等が判然と
しないときは」と。
 免許証を提示しなくても住居・氏名等が特定できるのであれば逮捕はしませ
ん。逮捕できないといったほうが妥当でしょう。
 別に運転免許証でなくとも確実に身分証明できるのであれば何でもいいので
すよ。 
 勉強してください。

87 :名無しピーポ君:2006/08/18(金) 08:56:56
>>86
とりあえず、警官には一般常識を勉強してほしいと思うがwww

88 :名無しピーポ君:2006/08/23(水) 17:56:38
こんにちは、85さん。
>>外観上シャブ中の被疑者の車両を停止させ(以下省略)
 その例は知ってますよ。全然場面が違うじゃないですか。とんちんかんな例
 を挙げないでください。
>>あれは逃走防止のために取り得る措置の例。逃亡・罪証隠滅の防止とは違
 います。

本件で、殊更逮捕という強制手段に出なくても、職務の追行の上で被疑者の身
柄の確保が必要であったのなら、逃亡・現場の離脱を抑止するため、原付の鍵
を抜く、ということも十分考えられたのではないか、ということです。

>>逮捕すれば戒具を使用するのが常です。
  戒具を使用しない方が例外です。また世界的にも手錠は戒具としては一般
  的であり、かつ、被逮捕者に過剰な苦痛を与えるものではないと判断され
  ています。とりあえず、強制力の弱い戒具を教えてください。それをぜひ
  世界中の警察に広めてください。

ここで、私が問題提起したかったのは、逮捕自体の必要性であって、逮捕の態
様ではありません。私の記述が分かり難かったようなので、お詫びします。
逮捕するのであれば、手錠を用いればいいのではないですか?その点について
は、疑義は呈しません。そうではなくて、本件現場において、被疑者に逃走の
意欲が見られた等の事情があって、ほかに採るべき有効な手段がなかったのか
、警察比例の原則からの問題点はなかったか、そこが問題だと思うのです。




89 :名無しピーポ君:2006/08/23(水) 18:07:17
>>”住居・氏名等が特定できない”ということと”このままでは逃亡
  若しくは罪証隠滅のおそれがある”という点が逮捕の必要性を判断
  するポイントです。
  免許証を提示しなくても住居・氏名等が特定できるのであれば逮捕
  はしません。逮捕できないといったほうが妥当でしょう。
  別に運転免許証でなくとも確実に身分証明できるのであれば何でも
  いいのですよ。 

そうですよね。では、逮捕などの強制力を伴う処分の謙抑性に照らして
、本件警察官は、仰る所の「住居・氏名等(を)特定できる」物件の提
示を求めたりすべきだったのではないでしょうか。

90 :税理士東野:2006/08/23(水) 18:23:56
警官は批判するより利用せよ。




91 :名無しピーポ君:2006/08/26(土) 16:32:00
>>88
 逮捕不可能な場合に相手を現場に引き留める必要がある場合と混同し
ていませんか?
 不審者に対して職務質問する場合と間違えていませんか?
 あくまでこの事件は歩道通行という道路交通法違反の現行犯人に対す
る取調べ、そして現行犯逮捕ですよ。
 原付の鍵を抜く行為には何の意味も必要性もないですね。

>>89
>そうですよね。では、逮捕などの強制力を伴う処分の謙抑性に照らして
>、本件警察官は、仰る所の「住居・氏名等(を)特定できる」物件の提
>示を求めたりすべきだったのではないでしょうか。
 そうですよね。本件警察官は「住居・氏名等(を)特定できる」物件
である運転免許証の提示を求めていますよね。

92 :名無しピーポ君:2006/08/28(月) 15:02:39
91さん
 任意捜査の原則や警察比例の原則を全体にお話しましょう。
1.鍵を抜く意味と必要性について。
  職質は、原則任意で行わねばならないが、その際に必要・相当な有形力の
  行使が認められています。そして、例外的に逮捕・勾留中の被疑者には、
  応取調べ・滞留義務が課せられています。ですから、本件で上記職質の事
  案の参酌が必要と考えるべきかは、本件逮捕が果たして、必要だったのか
  否かによります。
  つまり、仮に、必要性が認められないのであれば、現場警察官は、あくま
  でも任意取調べの範囲内で被疑者に質問を行うことができるにすぎず、任
  意取調べに伴う有形力の行使として、鍵を抜くなどの行為の有用性が問題
  となるのです。


93 :名無しピーポ君:2006/08/28(月) 15:03:49
2.そして、その問題となる逮捕の必要性ですが、法は逮捕は逃走の恐れまた
  は、罪障隠滅の恐れのある場合に認めています。そうすると、本件で上記
  職質の事案を参考にすべきか否かは、右各恐れが客観的に認められたか否
  かにかかってくるでしょう。
  ここで、免許提示義務が問題となるわけですけども、右義務は原則として
  国民に課せられていない。言い換えれば、例外的場合に限りこれを義務と
  している。そして、本件のような軽微犯罪の場合には、免許提示は任意、
  ということになっている。
  

94 :名無しピーポ君:2006/08/28(月) 15:04:44
  とすれば、被疑者の逃走の恐れを判断すべき場合に、そもそも義務のない
  免許提示の要求に応じなかったことをもって、逃走の恐れあり、とするに
  は無理があると考えるべきです。そう考えることが、警察比例原則にも適
  する。
  91さんの論調で行くと、免許の提示を求めた、という事実によって、逮
  捕の必要性、逃亡の恐れ、を探知すべき職務上の義務を果たしたことにな
  るようですが、そもそも義務ではない免許提示の要求に応じないことが、
  逃亡の恐れを肯定すべき積極的事実とはならない以上、氏名・住所・電話
  番号・保険証、学生証、会員証その他人定に資すると徴すべき物件の提示
  を求め、これに併せて、照会センターに問い合わせ、バイクの登録番号か
  ら登録者を明らかにし、提示された証明書等から、当該被疑者の申述する
  ところの住所・所属などを明らかにすることをもって、逃走の恐れの存在
  を明らかにすべきだったといえます。
  また、応援の到着を待つとともに、被疑者の任意の同行を促し、逮捕に踏
  みきらざるをえないと客観的に見られる場合に、逮捕すべきだったでしょ
  う。そう解することが、法の理念である、任意捜査原則に相応しい。


95 :名無しピーポ君:2006/08/30(水) 21:08:48
 やはり、警察官職務執行法2条の職務質問の場合と、現行犯人に対する刑
事訴訟法197条1項の取調べを混同しているようですね。
 本件被疑者はあくまでも現行犯人であり、警察官職務執行法2条に定める
不審者ではありません。

 それから、逃走と逃亡を区別しましょう。
「逃走」 犯行現場から逃げること。追いかけてくる人から逃げること。
「逃亡」 行方をくらますなどして捜査の網から逃げること。
 逃走は逃亡に包含されるという考え方もあるでしょうが、イコールではあ
りません。

>>93
 私としては>>93のご意見は現実味に欠けていると思います。運転免許証以
外で身分証明できるものを警察官は調べるべきだという意見はわかりますが、
その後は現実味がない。
 既出の判例をよく調べ、現実的にどこまで警察官に求めるべきかを考える
べきでしょう。

>また、応援の到着を待つとともに、被疑者の任意の同行を促し、逮捕に踏
>みきらざるをえないと客観的に見られる場合に、逮捕すべきだったでしょ
>う。
 これではどのような事件についても現行犯逮捕はできません。緊急逮捕も
無理です。改めて逮捕状を請求する必要があります。
 不当な任意捜査により長時間にわたり身柄を拘束することは、いかに相手
が被疑者といえども不当な人権侵害となります。

96 :名無しピーポ君:2006/08/31(木) 18:08:53
こんにちは。
考え方によって違うのかもしれませんが、警察官に許される取調べ権限は、
警職法と刑訴法に規定されていまして、強制力をもって、つまり被疑者に
取り調べ受忍義務のある、取調べは、そのどちらの法による場合であって
も許されておらず、ただ例外的に、刑訴法が逮捕勾留下の被疑者に限って
これを認めていると一般に解されています。
これら任意取調べ、職務質問は呼び名こそ違いますが、ともに同じ行為を
指しているものと解するべきです。
そうすると、本件被疑者の現場での取調べが、警職法上の職質であるか、
刑訴法上の取り調べであるかに拘らず、逮捕以前には強制力をもって取り
調べを行うことは予定されていません。


97 :名無しピーポ君:2006/08/31(木) 18:10:43
そして、警察官は被疑者が任意の取り調べに応じないことをもって、これ
を逮捕してはならないのであって、逮捕には逮捕の要件を充足しているこ
とが必要である。
また、以前申し上げましたとおり、一部例外的場合を除いて、運転免許証
の提示義務はないのであるから、道交法違反被疑者につき、任意の免許提
示がなされないことが、即ち、逮捕の必要性を肯定する決定的要件である
と考えるのは、法の解釈を誤った逮捕権限の行使であるというべきです。



98 :名無しピーポ君:2006/08/31(木) 18:16:00
本件逮捕の際に録音された経緯を伺うところによると、本件現場警察
官はもう少し粘って(?)、被疑者を説得し、人定ができないのであ
れば、最寄の署まで同行を要請するとか、現行犯で逮捕することにな
る旨を告げるべきだったと思われます。
逮捕には、警察比例原則が働き、現行犯だから軽微犯罪でも逮捕でき
る、というのはちょっと時代錯誤な意見だと思われます。



99 :名無しピーポ君:2006/08/31(木) 18:18:28
ホームページ制作王は、世界の権威として名高いCOMDEXが
21世紀のワールドスタンダードに認定したWebパブリッシングアプリケーションである。

ホームページ制作王に不可能はない。
不可能があるとすれば、そこが人類の英知の限界点である。

21世紀、世界のWebはホームページ制作王を中心に回っていくのである。
にもかかわらず、ここ日本では、心ない風評のため、まだまだ普及に
遅れがみられる。

ホームページ制作王を普及させないかぎり、我が国のWebは、
世界の趨勢の後塵を拝するばかりである。

世界が認めた高性能!ホームページ制作王
http://pc8.2ch.net/test/read.cgi/hp/1106508682/

100 :名無しピーポ君:2006/09/02(土) 18:47:21
>考え方によって違うのかもしれませんが、警察官に許される取調べ権限は、
>警職法と刑訴法に規定されていまして、  (中略)
>これら任意取調べ、職務質問は呼び名こそ違いますが、ともに同じ行為を
>指しているものと解すべきです。

警察官の取調べ権限は刑訴法をはじめとした刑事訴訟手続きに関する法律や
規則に定められているとおりです。警職法はこの刑事訴訟手続きに関する法
律ではありません。警職法2条の職務質問というのはあくまで防犯目的で行
われるものであり、取調べではありません。
外形的にはどちらも警察官が相手に問いかけてその答えを求めるものではあ
りますが、目的はまったく違います。
不審者に対する警職法上の質問と被疑者に対する刑訴法上の取調べは明確に
区別してください。不審者はあくまで不審者であって被疑者ではありません。
しかし、現実として警職法上の質問の結果、被疑者であることが判明すると
いうことは少なくありません。警職法上の質問が捜査の端緒となることは当
然に予想されることです。被疑者であると判明した以後は警職法上の質問で
はなく刑訴法上の取調べとなります。
本件の場合は、相手は道路交通法違反の現行犯人ですから、当初から刑訴法
上の取調べになります。
なお、取調べ受忍義務は法律で規定されているものではなく、供述義務を意
味するものでもありません。身柄を拘束されている者に対して取調べ受忍義
務があるとする解釈も、あくまで取調官が被拘束者を取調室等に連れて行く
ことができるという意味であり、供述を強要できるという意味ではありませ
ん。これは既に法の手続きに則って身柄を拘束しているので、取調べ等の捜
査に連れ出す行為は新たに非拘束者の人権を侵害するものではないと解され
ているからです。
供述拒否権については憲法38条に定められているとおりですが、住居や氏
名などのいわゆる人定事項というものは「自己に不利益な事実」ではないの
で、憲法38条の規定は働きません。もちろん憲法36条にあるとおり拷問
ができるわけでもありません。

101 :名無しピーポ君:2006/09/02(土) 18:49:08
>そして、警察官は被疑者が任意の取り調べに応じないことをもって、これ
>を逮捕してはならないのであって、逮捕には逮捕の要件を充足しているこ
>とが必要である

被疑者が任意の取調べに応じないことは逮捕の必要性を高める事情となりま
す。逆に任意の取調べに応じるのであれば逮捕の必要性は低くなります。逮
捕の必要性の判断は個別に行う必要があり、明確なラインを引くことは不可
能です。
現行犯人については、軽微事件についての制限規定があるのみで、一般的に
は、「現場においては逮捕の必要性を判断する暇(いとま)はなく、逮捕後
に引き続き身柄を拘束するべきかどうかを判断すれば足りる」とされていま
す。
しかし交通法令違反事件については、その事案の性質から現行犯人であって
も身柄の拘束をしないようにしなさいとする決まりが犯罪捜査規範219条
にあります。しかしこの規定も逮捕を禁ずるものではありません。必要があ
れば逮捕することとなります。

>また、以前申し上げましたとおり、一部例外的場合を除いて、運転免許証
>の提示義務はないのであるから、道交法違反被疑者につき、任意の免許提
>示がなされないことが、即ち逮捕の必要性を肯定する決定的要件である
>と考えるのは、法の解釈を誤った逮捕権限の行使であるというべきです。

昭和60年3月14日の前橋地裁の判決内容をよく検討してください。
運転免許証提示義務の有無は論点ではありません。また、誰も免許証を見せ
ないこと自体が逮捕の必要性を肯定する決定的要件であるとは言っていませ
ん。運転免許証を提示しない違反者を現行犯逮捕したが、逮捕の必要性はな
かったとされ国家賠償がなされたことが過去にあります。世の中そこまで単
純ではありません。
ただし、免許証を提示しないことは逮捕の必要性が高まる要因となることは
事実です。

102 :名無しピーポ君:2006/09/02(土) 18:50:15
>被疑者を説得し、人定ができないのであ
>れば、最寄の署まで同行を要請するとか、現行犯で逮捕することにな
>る旨を告げるべきだったと思われます。

現行犯人を逮捕することなく警察署まで同行した後では、現行犯逮捕はでき
ません。現行犯逮捕は現場で行わなければなりません。
現行犯逮捕や緊急逮捕における時間経過や場所の移動に関する判例はいっぱ
いあります。調べてみてください。

>逮捕には、警察比例原則が働き、現行犯だから軽微犯罪でも逮捕でき
>る、というのはちょっと時代錯誤な意見だと思われます。
軽微な現行犯は逮捕できないと主張されるのでしょうか?では、交通違反の
例で言えば、免許証も見せず、住所や氏名など一切黙秘する違反者に対して
はどうすればいいのでしょうね?もちろん同行も拒否ですよ。
正直者が馬鹿を見ることになりませんか?
現実的な意見をお願いします。
軽微な現行犯は逮捕すべきでないとする意見であれば、現に法律に規定があ
ります。

103 :名無しピーポ君:2006/09/02(土) 18:50:54
警察比例の原則というのは、警察権の限界論の1つの原則です。
警察権の限界論とは、法規が行政機関に警察権の発動を授権するに際して、
その対象、要件、内容等について行政機関に最良を許す場合があるが、この
場合における最良についての条理上の限界があるとするものです。これには
4つの原則が説かれています。
「警察消極目的の原則」
警察権は、公共の安全と秩序の維持の目的以外には用いてはならない。
「警察責任の原則」
警察権は、公共の安全と秩序の維持に障害又はその危険について責任を持つ
者に対してのみ発動することができる。
「警察公共の原則」
警察権は、公共の安全と秩序の維持のためにのみ発動し得るのであって、こ
の目的に直接関係のない私生活、私住所及び民事上の法律関係は、原則とし
て関与すべきでない。
「警察比例の原則」
警察権は、公共の安全と秩序の維持に必要な最小限度においてのみ発動でき
る。
ところで、この警察権の限界論は、明治憲法においては、独立命令権が定め
られていたため、行政機関は公共の安全と秩序の維持のためには、法律とは
別に独立して命令を発することができたわけです。このような法制下におい
ては、人権保障の程度が低く、法治主義の原則がまだ十分に確立されていな
かったため、警察活動に一定の限界を画し、警察権が適切な裁量権を逸脱し、
濫用されることを防ぎ人権を守るという重要な役割を果たすため学者により
警察権の行使を制限的に解釈しようとした点に意味があったのです。
しかし、日本国憲法に基づく現在の法制下では、法治主義の原則が徹底され、
国民の権利、自由を制限する行政機関の活動はすべて法律の具体的規定に基
づいて行われるため、その限界は、個々の法律の規定とその解釈及び憲法上
の基本的人権尊重主義の原理に基づく制約によって定められるのです。

104 :名無しピーポ君:2006/09/02(土) 18:55:51
誤植の訂正
102の3行目と4行目
最良 → 裁量

105 :名無しピーポ君:2006/09/02(土) 19:13:59
こんなアホは逮捕して当然。誰も同情なんかしねえよ

106 :名無しピーポ君:2006/09/03(日) 21:08:28
誤植の訂正
104の2行目
102 → 103

訂正するならちゃんと訂正しろ




107 :名無しピーポ君:2006/09/05(火) 19:13:34
 現行犯逮捕の要件について話が出ているのでお話しします。

 現行犯逮捕については、刑訴法212条以下にその規定があり、現行犯逮捕の要件は
   現行犯人であること
のみです。
 ただし、刑訴法217条に軽微事件に関する例外規定があり、軽微事件については
   1.犯人の住居が明らかでない
   2.犯人の氏名が明らかでない
   3.犯人が逃亡するおそれがある
のいずれかを充足する必要があります。

 刑訴法上はこのとおり軽微事件に限り逮捕の必要性が要件となるのみで、通常は逮捕の必要性は現行犯逮捕の要件となっていません。
 そこで、現行犯逮捕に際しては逮捕の必要性を考える必要はないのかという問題が出てきます。
 現行犯人だからといって何でも逮捕するのは、さすがにやり過ぎと思うのが通常の考え方でしょう。現実にもすべての現行犯人が逮捕されているわけではありません。もちろん追っ手を振り切って逃走したような場合は除きます。
 ところで、刑訴法213条の規定は、あくまで「逮捕することができる」であり「逮捕しなければならない」ではありません。つまり法は逮捕権を認めているのみであって、逮捕義務を課しているわけではないのです。
 となると、現行犯人といえども逮捕するか逮捕しないのかという判断は、現行犯人と認めた人の判断に委ねられることとなります。
 しかし警察官が現行犯人を認めたのであれば、警察官の責務を考えれば当然犯人を捕まえなければなりません。ところが現場では逮捕の必要性を考える余裕がないということが
十分に考えられます。そうなると犯人確保のためには現行犯逮捕ということなります。
 また、逮捕の必要性を考える余裕があったにせよ、その判断基準は留置や勾留の必要性を判断するほどのレベルもいらないとするのが判例の流れです。
 つまり、現場で逮捕の必要性がないことが判断できればよいが、できないときは逮捕後に留置や勾留の必要性を判断し、その必要がなければ速やかに釈放しなければならないというのが現実的な見解です。

 以上、一般論です。

108 :名無しピーポ君:2006/09/05(火) 19:17:53
 しかし交通法令違反事件に関しては、犯罪捜査規範219条に「犯罪事実を現認した場合であっても、逃亡その他の特別の事情がある場合のほか、被疑者の逮捕を行わないようにしなければならない。」とあるので現行犯人であっても逮捕の必要性を判断する必要があります。
 さて、この場合の逃亡その他の特別の事情がある、つまり逮捕の必要性があると判断する具体的な基準として参考となるのは
○刑訴法60条より「勾留の理由」
 ・被告人が定まった住居を有しないとき
 ・被告人が罪証を隠滅すると疑うに足りる相当な理由があるとき
 ・被告人が逃亡し又は逃亡すると疑うに足りる相当な理由があるとき
○刑訴法199条より「軽微事件に関する通常逮捕の要件」
 ・被疑者が定まった住居を有しない場合
 ・被疑者が正当な理由がなく刑訴法198条の規定による出頭の求めに応じない場合
○刑訴法217条より「軽微事件に関する現行犯逮捕の要件」
 ・犯人の住居が明らかでない場合
 ・犯人の氏名が明らかでない場合
 ・犯人が逃亡する恐れがある場合
が挙げられます。
 現行犯逮捕について考えるのであれば、刑訴法217条が参考になると思います。
 なお、刑訴法217条にいう軽微事件とは「30万円(刑法、暴力行為等処罰に関する法律及び経済関係罰則の整備に関する法律の罪以外の罪については、当分の間、2万円)以下の罰金、拘留又は科料に当たる罪」のことであり、交通違反はほとんど該当しません。
 歩道通行は道交法17条1項違反であり、その罰則は同法119条1項2号の2で法定刑は3月以下の懲役又は5万円以下の罰金です。
 また、犯罪捜査規範219条には「被疑者の逮捕を行わないようにしなければならない。」とあるのみですが、刑訴法217条には上記要件に該当する場合に限り刑訴法213条等の規定を適用する、つまり上記要件を満たさなければ逮捕してはならないとあります。
つまり犯罪捜査規範219条は努力規定であるのに対し、刑訴法217条は制限規定となっています。
 とても参考になると思います。

109 :名無しピーポ君:2006/09/05(火) 19:20:01
 交通法令違反事件の場合、ひき逃げや飲酒事故等、特に悪質な場合を除き、誰が考えても通常は逮捕の必要性はありません。しかも交通反則通告制度が適用されれば、反則金の納付により検察は公訴の提起ができなくなります。

 特に交通反則通告制度の対象となる事件(青切符対象の違反)であれば、いきなり逮捕することはせず、切符処理をすることとなります。このときは刑訴法に基づく道交法違反被疑事件の捜査と道交法に基づく反則告知手続きが同時進行することとなります。
 赤切符対象の違反でも現行犯逮捕することは稀です。

 犯罪捜査規範219条は抽象的にしか規定されていないため、具体的なことは個別に判断し、経験を積み重ねるしかありません。
 現行犯逮捕に関して逮捕の必要性の有無が争われたのは、私が知る限りでは過去に5回ほどあり、すべて道交法違反事件での運転免許証の提示拒否がきっかけです。判例を調べれば裁判所がどのような判断をしているのか参考になると思います。逮捕の必要性がな
かったとして国家賠償がなされた事件もあります。

110 :名無しピーポ君:2006/09/05(火) 19:22:25
 では犯罪捜査規範219条に反して違反者を現行犯逮捕した場合はどうなるのでしょうか。
 犯罪捜査規範219条を除外すると適法な逮捕となります。犯罪捜査規範219条違反と考えると犯罪捜査規範には罰則がないので刑罰の対象とはなり得ません。
 そこで考えられるのが特別公務員職権濫用罪及び逮捕罪です。逮捕者が警察官であるのでこれらの罪の違いは職権の濫用に当たるか否かということで考えてください。
 職権を濫用するとは、公務員がその一般的職務権限に属する事項につき、職権の行使に仮託して、実質的、具体的に違法、不法な行為をすることをいいます。
 つまり道交法違反の現行犯として逮捕するということに仮託していたということでなければならず、運転免許証を提示しない被疑者を逮捕の必要性ありとして逮捕したということでは職権を濫用したことにはなりません。
 逮捕罪については、「不法に人を逮捕し、又は監禁した者は、・・・」とあります。犯罪捜査規範219条に反していたことをもって不法と言えるのであれば、不法に逮捕したことになるでしょう。
 しかし逮捕者である警察官は逮捕の必要性があると判断して逮捕したのであるから刑法38条の規定により不可罰となります。
 よって、警察官が犯罪捜査規範219条に違反することを認識し、つまり、逮捕の必要性がないと認識していたにも関わらず現行犯逮捕したということでなければ、警察官が罪に問われることはありません。
 しかし、警察官の判断が誤っていた場合、つまり逮捕の必要性がなかったのに逮捕の必要性があると誤認して現行犯逮捕した場合は、警察官が「過失によって違法に他人に損害を加えたとき」に当たるので、国家賠償の対象となります。
 もちろん逮捕の必要性がないと認識していたにも関わらず現行犯逮捕した場合も国家賠償の対象となります。

111 :名無しピーポ君:2006/09/07(木) 13:06:08
こんにちは。
では、本件で「逮捕の必要性」はあった、というべきでしょうか。

112 :名無しピーポ君:2006/09/07(木) 14:57:09
不当逮捕された人もDQNだったが、不当逮捕した警官もそれを遥かに上回るDQNだったという事でFA。

113 :名無しピーポ君:2006/09/07(木) 19:40:39
>>111
警察の主張どおりなら逮捕の必要性はあったと思います。
運転免許証の提示を拒否したことを発端に現行犯逮捕される典型であると思います。

114 :名無しピーポ君:2006/09/16(土) 17:57:41


115 :名無しピーポ君:2006/09/18(月) 14:31:29
こんにちは。
暫くぶりでございます。
>>113
道交法違反の現行犯人が、運転免許証の任意提示要求を拒否したことで、逃
亡の恐れあり、として現逮することが許されるか、というのが、本件の論点
ですが、軽微事件における逮捕の必要性・許容性の判断基準にも資するとこ
ろがあるのではないか、と思い、如上申し上げさせていただいています。
本件は、現場警察官が職務に際し直面する問題点のひとつであります。本件
逮捕の違法性をもってしても被疑者の現行犯性についての一連の証拠の能力
は否定されるものではないでしょうし、国賠が認められるかどうかも、消極
に思います。しかし、問題は現場警察官に示されるべき準則でありまして、
現逮の必要性についてのより一層の議論が必要なのではないか、と存じ上げ
ます。現場警察官も夫(妻)であり、父(母)であるわけでして、職分を客
観的にできるだけ明らかにしておく方が、職務の円滑・公正に資するし、当
の警察官にとっても安心なのではないか、と思うのです。
こと、本件に関しては、道交法違反の現行犯で身柄の確保を行ったが、被疑
者は現場で人定質問に(十分に)応じず、人定に有効な手段と考えるべき運
転免許証の提示にも非協力的であり、かつ、被疑者が原付自転車を運転して
いたことから、逃亡の恐れがあると考えることが相当である。したがって、
刑事訴訟法に基づいて、原則どおり現行犯逮捕する必要性がなかった、とは
いえないと思います。
おそらく、結論としては皆さんと大差ないのではないかと存じます。
どうもありがとうございました。

116 :名無しピーポ君:2006/09/18(月) 15:51:23
age


117 :高校生:2006/09/18(月) 16:17:55
よくわかんないけどさ。

違反して、警官が免許見せてって言って。『免許を見せる法的根拠は?』って
答えられないと見せなくていいわけ?

この司法書士のおっさんはどうして欲しかったわけ?
違反したんでしょ?ペナルティーがあるのは当然だとおもうけど

何でもかんでも文句付ければいいわけじゃないとおもうよ。

レンタルビデオ屋に行って店員に『免許証ありますか』って言われて、『年で見せなきゃきゃいけないんだ。俺は借りたらちゃんと返すぞ』って言っても通用しないでしょ


118 :高校生:2006/09/18(月) 16:19:06
ごめんなさい
『年で』→『何で』

<(_ _)>

119 :名無しピーポ君:2006/09/18(月) 16:49:19
警察批判者=犯罪者=悪ぶってる貧乏人=警察落ち
のどれかに該当します。




120 :名無しピーポ君:2006/09/18(月) 17:20:35
親族には甘いwwwww

中日新聞記者、飲酒運転揉み消しの背景とは?
http://www.tanteifile.com/diary/2006/09/17_01/index.html

121 :名無しピーポ君:2006/09/18(月) 17:25:51
>>117

そのうち、オマエもわかるようになるよ。
オマワリがどんなもんだかって事がな。


122 :名無しピーポ君:2006/09/18(月) 18:54:11
【社会】警察官が誤って「こどもびーる」飲んでた小学生を補導・・・神奈川
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news7/1155138639/

123 :名無しピーポ君:2006/09/30(土) 02:03:40
川口駅前交番の謎!

124 :名無しピーポ君:2006/10/03(火) 21:10:21


125 :名無しピーポ君:2006/12/01(金) 02:44:31
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/164/0004/16404210004019c.html
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/164/0004/16406130004030c.html

のあたりの国会議事録を読むと、

結局、この逮捕は、
「免許証を見せなかった」から逮捕したんじゃなくて、
「生年月日」を言わなかったから、逮捕した。

って事だと理解したんだが、どうなんだ?

55 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)