5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【群馬館林】無法王国日本!どうします?弁護士先生!

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 17:28:20 ID:???
無法の王国日本! どうします?弁護士先生! 責任は政府にあり?

 法曹界(弁護士)において奇妙な現象が見られる。 又、法曹界と行政と行政に対する不信感も、市民の間に広く深く浸透している。
 弁護士先生の間でも、実務専門の先生と執筆面でも活躍している先生では法律解釈が全く異なる。両者の感覚は不思議なほど二極分離である。しかも一方の法律解釈は完全な誤
りである。
 政府は司法試験の改革に当たり、その理由を「事例の解析能力や論理的な思考力を欠く弁護士先生が多い」事としているが、弁護士先生の間で二極化している法律解釈を政府見
解の実証と推察することも出来る。
以降>>2に続く

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 17:30:05 ID:???
日本弁護士連合会などで解明願いたい。 具体的には、群馬県館林市が施行する土地区画整理事業において生じた事柄である。
同事業において館林市長は境界上の塀を除去したが、この塀を相隣者の共有物とせず、一人(塀の設置費用全額を負担した者)による単独所有物と認定した事に端を発している。
 この塀は民法第225条(囲障設置権)の規定に基づき設置されている。従って法律上は設置費用の負担割合に関係なく、相隣者の共有とされている。
 実社会において共有説を正当としている者は、執筆活動をされている弁護士先生の全員である。
以降>>3に続く

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 17:31:23 ID:???
その内訳は、A新聞紙上で法律相談を担当している弁護士先生(直接相談)と良識ある弁護士先生の著書全部(参考にした著書は約20冊)である。
 これに反して単独所有説を唱えている者は、実務専門の弁護士先生の全員(直接相談の先生4名、間接3名の計7名)である。その論拠は
「共同の費用で、その境界に囲障を設けることができる」と条文は明記しているが、相隣者の一人による囲障の設置を禁止する旨の文言はない。
従って、本条は共同の費用(共有)を絶対要件と定めた規定はなく、相隣者の一人が塀の設置を可能とした規定である。
以降>>4に続く

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 17:33:09 ID:???
即ち、塀の設置費用を全額負担した者は、自用地内の塀と同様にその塀の所有者となる。
反面、費用負担のない者は塀に係わる全ての権利(塀の敷地として土地を使用する権利を含む)を放棄した事になる。
 更に共有説を否定して単独所有説を支持している者は、
館林市役所職員全員(関係者9名)と調停委員全員(同3名)である。
 民事調停においても調停委員は法律に縛られず、自身の主観に基づく価値判断で職務を遂行しているが、
当事者の多くは法律に沿う形での調停を望んでいる。調停委員も法律を
無視せず、申立人等の意向に合致した解決を願いたい。
以降>>5に続く


5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 17:35:18 ID:???
以上は民法第225条の法律解釈について、様々な分野の方の御意見と現状を記したものである。
 これまでの経緯より、有能な弁護士先生の著書は無視され、その存在価値さえも法律と共に抹殺されて
完全な無に転じていることが判明した。この様に有識者を自認している人々の全員が、
普通の常識で解明できる簡単な法律解釈を間違い、社会的混乱を引き起こしている。
しかし権威も権力もない我々市民は事態を傍観しているだけである。
 この様な社会的混乱を正す為、本件を世に問うこととした。


6 :名無しさん@お腹いっぱい:2006/12/18(月) 19:01:37 ID:bOO/S8QE
館林の田○助役はやくざと付き合っている。これは本当の話です。
そして、中○市長はやくざに脅されて病気になった。
ちなみにうつ病です。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 19:44:55 ID:???
弁護士に語ってどうするんだwwwww

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)