5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

折伏教典は正しいのか?

1 :カルトそのもの!:03/10/03 20:53 ID:???
池田大作監修 創価学会教学部編 『折伏教典』
「邪宗教の本尊を拝めば、不幸になるのは当然」 P286
「日蓮正宗以外は ぜんぶ邪宗教であり害毒を流すもの」 P286
「釈迦仏法など立てるのは去年の暦と同様で役に立たないしろものである。
 これを使用するから生活に破錠をきたすのは とうぜんである。」P303
「俗にいう日蓮宗を代々やっていると家族に不具者ができたり、
 知能の足りない子供が生まれたり、はては発狂する者ができたりして〜」P321
「日蓮正宗以外の宗派はすべて人々を不幸に落とす力をもっている。」 P323
「仏教は勝負であるから正邪は生活に事実として正は勝、邪は負の現象が出るのである。」P330

952 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 12:47:56 ID:???
>>950
学会員ってまあその程度なんだろう

953 :提姿:05/03/13 11:56:25 ID:3V+AD9Q5
戸田先生は崇高なる目的は崇高なる行動によって成されなければならない、
という意味の事を言っておられたと人間革命で読みました。一念三千の理に従うなら、
瞬間即永遠です。一瞬一瞬にどう振る舞い、行動するかで、永遠の
未来の一切が決定づけられてしまいます。
僕は末端の人間で活動歴も浅いので中枢の事は良く分りません。
ですが、もし学会が、『目的の為に手段を選ばず』に陥っているとしたら
本末転倒です。『目的の為にこそ手段が大事』が一念三千の心であるかと。
『目的の為に手段を選ばず』では本来の目的地とは全然違う処に行ってしまいます。
学会の腐敗の因に成りかねません。
大聖人の仏法の真髄が人々の心に巣食う悪しき思想に対する闘争であるならば、
今こそ創価学会も大きく変わらなければならない一大転換期であると思います
現代社会に巣食う『対立と分断の悪』はこれ以上放置する事は許されない
極悪です。これを放置すれば、人類は遠からぬ未来に滅亡してしまいます。
故に、『有史からの武力によるパワーゲームが支配する世界』から
『人々の信頼と友好の絆による対話が世界を動かす世界(第3文明)』
への転換こそが現代の仏法者に課せられた使命であると思います。
『対立と分断の悪』に対して、『友好と平和・文化運動』で対抗するのが
現代の折伏であると僕は考えています。
僕は個人的には大聖人様も現代の現状をみれば同じ事をされる気がします。
時代は刻々と変化し続けています。一つとして変わらないものはないです。
常に変化し続けるものを不変であると『錯覚』する時、個人であれ、組織であれ、
社会であれ、既に硬直が始まっていると思います。
法華経は円融の三諦(仮諦・空諦・中諦)の教えです
現象に概念を与えたり、物や事に名前をつけたり、
物事を変わらないものと見るのは仮諦です
諸法(現象)の一切は変わるもの、可変であると見たり、
固定概念を捨てて物を見るのは空諦です
可変である物事の本源を見つめるのは中諦です
仮諦・空諦・中諦の3つどれにも偏らずに世間を見るのが法華経の心の1つ
であると僕は考えます



954 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/13 12:15:37 ID:???
>>250
時代背景を考えてちょーだい。w

955 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/14 13:18:54 ID:mtBccI9n
大聖人の仏法の真髄が人々の心に巣食う悪しき思想に対する闘争であるならば、
創価学会は仮諦の中を延々と彷徨っている・・・?
法華経は円融の三諦(仮諦・空諦・中諦)の教えだと仮定すれば。

956 :提姿:05/03/14 23:47:53 ID:TdjNZQOE
創価学会に限らず実社会を動かしているのは殆どが仮諦で、
実際には本当の意味で空諦と言える瞬間はほんの一瞬のような気はします
例えば我々が傘と呼んでいるものは、目の前の物体に『傘』という概念(仮諦)を
当てはめて見ている訳で、もし仮に傘という物を全く見た事が無い人が
いたと仮定して、我々が『傘』と呼んでいる物を見た時、
(あれ、これなんだろう…?)と思って頭をフル回転させて自分の今までの経験の
中から何らかの『型』にはめようとするわけです(空諦)
変わった棒だな、(仮諦)とか何とか…


957 :提姿:05/03/15 01:47:12 ID:P9ycw1tV
しかし、仏法の包括する不変真如の智慧は深いです。
これからも人類は継続して仏法の研究の必要があると思います。
僕は個人的には仏法には現代の科学の水準を遥かに越える内容を包括しているように思います
戸田先生は法華経講義でも、弟子が法華経文底の仏法をなかなか理解出来ず、
像法時代の法華経である天台の文上の摩可止観で説明したりと、苦労されたようです
折伏教典も、限られた紙面等の都合もあるでしょうが、初期版の説明が変だったり、
現代の状況とは噛みあわなかったり、物足りない面もあると思います。
ある一面の見方ですが、あの当時と比べて現在では既成宗教の多くが生命の根底の次元で
現代の多くの人々の信を失ないつつあるという背景があります。
現代では科学絶対主義、拝金主義や享楽主義、『力は正義』、『自らの本能に対する信仰』etc…
のような思想が宗教の代わりを成しているように思います
なので、現代は宗教の闘争から思想の闘争に徐々に時代が移行しつつあるように思われます
人類を不幸の方向に押し流す種々の悪い思想が勝つか…
それとも人類がより価値的で善なる方向に向かっていく様々な善なる思想が勝つか…
人類の根底の意識のレベルにおいて、その壮絶なデットヒートが繰り広げられていると思います


958 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/15 07:30:44 ID:???
>>957
おたずねします

>>仏法には現代の科学の水準を遥かに越える内容を包括しているように思います

私は信仰してないので仏法には詳しくありませんが、どの辺りが科学の水準を遥かに越える内容なんでしょうか?
学会でも、科学が仏教に追いついていないなどと言っているようですが、私としては比べられるようなものではないと思います。
仏法は精神を言葉で説いたものだと思います。
科学は未知のものを研究して突き詰めて、新しいものを作り出していくものだと思います。
確かに科学は人類に有害なものをも生み出してしまっていることもありますが、研究して新しく作り出してみようとする科学的な考え方は良いとは思いませんか?

もし仏法が科学より優れているならば、現代の科学ではどうしようもない事を仏法で解決できますか?
例えば、万人に効く風邪薬(症状を抑えるのではなく、完治させるもの)はできますか?癌細胞を探し出すことは出来ますか?狂牛病などの問題は解決できますか?
仏法と科学では、目指している道が違うんじゃないでしょうか?
仏法が精神安定剤のような役割をしていることは認めますけどね

959 :提姿:05/03/15 07:34:58 ID:pPh4DdSv
生死一大事血脈抄(1336)曰く、
…然れば久遠実成の釈尊と、皆成仏道の法華経と、我ら衆生(凡夫)との三つ全く差別なしと
解(さと)りて妙法蓮華経と唱え奉る処を生死一大事の血脈とは云うなり
このこと但日蓮が弟子檀那等の肝要なり法華経を持(たも)つとは是なり
また、御義口伝・方便品、
唯以一大事因縁(ゆいいいちだいじいんねん)の事(716)曰く、
『(中略)又いわく我等が頭は妙なり喉は法なり胸は蓮なり胎(はら)は華なり足は経なり
この大事を釈迦如来・四十余年の間隠密したもうなり
今経の時、説き出だしたもう、此の大事を説かんがために仏は出世したもう
我等が一身の妙法五字なりと開仏知見するとき・即身成仏するなり
開とは信心の異名なり信心を以って妙法を唱え奉ればやがて開仏知見するなり』
以上の経文は我等凡夫の五体が実は応身如来であるとの大聖人の御意見であると思います
また、一念三千理事(409)曰く、
『次に報身とは大師の云く、「法如如(ほうにょにょ)の智如如(にょにょ)真実の道に乗じ来たって
妙覚を成ず、智如の理にかなう理に従って如と名づけ智に従って来と名づく即ち
報身如来なり盧舎那(るしゃな)と名け此には浄満(じょうまん)と翻(ほん)ず」と釈せり』
以上の文より報身如来とは我等凡夫さとりたるところの智慧であると僕は解釈します
つまり様々な縁に触れて僕ら凡夫が九識心王真如の都(法身如来・法華経)
より諸仏の智慧の一部を拝借
したものが実は仏(報身如来)だと
以上は僕の私見です。浅学ですので皆様の御意見宜しくお願いします

960 :提姿:05/03/15 08:24:05 ID:pPh4DdSv
僕は科学を否定しているわけではありません
科学という人類が生み出した力は善悪相通じるというか、
我々がいかに用いるかで善にも悪にもなり得るのではないでしょうか
科学が悪いというよりも使用する我々の方が発達した科学の持つ力に比べ、
未熟であるが故に危険性を抱えこんでしまったのではないかと思います
唯、仏法には生命の本質に迫る鍵が隠されているのではないかと思います
科学とは現象(諸法)を観察、分析、研究して仮説(仮諦)を立てる事で宜しいでしょうか。
専門では無いので誤りがあるかもしれないですけど。
現時点では科学が万能ではないのは殆どの方が認めるのではないでしょうか
あくまで2005年現在で正しいとの仮説を立てた物ではないかと
現在の科学で正しいと認識されている事の内、どれが真実でどれはあるいは真実とは言い切れず、
どれがあるいは現象の一つの側面に過ぎないのかは僕にははっきり分かりません
僕が述べたことも経典の内容を思索して立てた仮説に過ぎないです
その時代の中で暮らす以上は、後世の人から見たら奇異に映ることでも、
認識することは容易ではないと思います
また、現在の科学で正しいとされていることを30年後、50年後、100年後、200年後の
人がどのように評価するかは後世の人の判断に委ねたいと思います
仏法で説かれた内容を科学と照らし合わせて思索してみると、
仏典の内容の違う側面が見えたような気がしたり、中々面白いなあと感じています。


961 :Sb ◆SbSGI7AtEA :05/03/15 08:50:27 ID:???
>>959
法華経、日蓮、御書、どれにも依存すればそれは仏法に非ず
法華経を得んとするなら、法華経を捨てる事も大事

また、人の文に悟りなど無し、悟りとは己のもの
「これが悟り」と、しても、それはあなただけのこと
あなたの悟りを晒すのは良い
でも、それを真の悟りとするはただの傲慢
悟りに同意などありません、悟りには悟りあるのみ

962 :提姿:05/03/15 13:22:06 ID:h94G8GM2
個人的には、科学が進歩してもひょっとしたら病気は無くならないかもしれない
と思っています
でも、信仰が病気を克服する手助けにならないというのは同意できません
子供の頃から近所の学会員の方が癌が全身に転移して余命何ヶ月とか
言われてたのが跡形も無くなくなってしまった
とか、近所の方が原因不明の病気を信心で克服したのを伺いました。
これは実際に病を克服した体験を持つかたは学会員の方には沢山いらっしゃる
と思いますので、近所の学会員の婦人部の方にお会いして直接お話を伺う方が
説得力があるかもしれないですね。
『南無妙法蓮華経は獅子吼のごとし、いかなる病、障りをなすべきや』
と大聖人様も仰せですし。
これをご覧になっている学会員の方の中にも病気を克服した経験をされた方
沢山いらっしゃると思いますのでお聞かせ願えましたら幸いです


963 :958:05/03/15 15:17:16 ID:???
>>962
返信ありがとうございます

病気の克服の件ですが、信仰(仏法に限らず)することで病気の克服の手助けをする事がある。というのは私も認めるところです。
病は気からとも言いますし、治ると信じることで身体の自然治癒力が高まったものだと推察します。プラシーボ効果でしたっけ?
提姿さんが言われるように、科学が進歩しても病気はなくならないでしょう。同じように信仰していても病気にはなるでしょう。
もしかしたら、科学の進歩によって新たな病気を生み出している問題も大きいのかもしれませんね。

癌になった学会員が信心で病気を克服された場合もあるでしょうが、信心していても癌で亡くなる方も大勢いると思います。
原因不明の病気を信心で克服されたかたもいるかもしれませんが、癌にしても原因不明の病気にしても、医師による治療の力も大きいんじゃないでしょうか?
それと、この件では信仰していても病気の予防にはならないということもいえるんじゃないでしょうか?
また、このような奇跡が起こるのは、日蓮仏法ばかりではなく、キリスト教などでもみられるのではありませんか?
日蓮さんが書き残したものだから正しいというのは、科学的ではありませんよね?
なにをもって仏法が科学よりも優れているのか、私には未だに分かりません。

なんか変な文章ですみません。それとスレ違いだったと思いますが、お許し下さい。

964 :提姿:05/03/16 06:30:38 ID:zHnqTaEa
僕は医師ではないので客観性を欠いている内容になっているかもしれない
ですが…
現代医学の抱えている問題の一つは心の働きを科学的な厳密性
を求める為にプラシーボと呼んで排除してしまっていることの様な気がします
友人の暖かい励ましや『この薬は効く』と信じることが病気と自分の
全存在をかけてぎりぎりの処で戦っている人にどれほどの支えに
なっているか…こういった要素は今のところ客観性を欠くという理由
で排除されてますよね。でも計測出来ない要素だから捨てて良いとするのは
本末転倒なのかもしれないですね。いま迄現代医学が切り捨てていた要素
の見直しが求められているのかもしれません
本当は今述べた様な事は生命の極々浅い次元での話しで実際には
人智の遠く及ばない生命の深い次元において様々な力の発動がなされて
いたり、複雑な力が相互に働きあっているのかもしれません
自分が未だ勉強不足であるのは痛切に実感しています
病気は自分の生命や肉体に刻まれた様々な『因』が様々な『縁』に触れて
発動する(表面的な表に現われる現象を捉えれば如是相、如是果、如是報、表に現われた
病気のもつ人体の影響を捉えれば如是作、病気の持つ内在的な力に
注目すれば如是性あたりでしょうか。間違っているかもしれません。
まだ僕の中で判然としてないので勉強、思索が必要です
科学も物事の原因(因)と結果(果)の関係を追及しますが、現在正しいと
されていることは物事のある側面であって、部分観を全体と『錯覚』している
可能性も否定はし切れないと思います


965 :提姿:05/03/16 07:54:57 ID:2bDLzIDf
敢えて表現するならば、
『客観性という名の傍観者』です


966 :提姿:05/03/16 08:43:15 ID:CSbzdJ6O
簡潔にまとめなければ中々自分の考えは伝わらないし、
簡潔にまとめようとすると、自分の気持ちとは微妙に食い違ったり
違う別の側面とか力を内包してしまったり、難しいですね…


967 :958:05/03/16 08:47:57 ID:???
>>964
提姿さん、おはようございます
私の文章力の無さで、うまく伝わってないかもしれませんね

私も医療にも詳しくはありませんし、仏法にも詳しくはありません
実は彼女が学会員でして、たまに学会関係の本や新聞などを見させられています(苦笑
その本によれば、日蓮さんは病の起こる原因を「四大不順、飲食不節、座禅不調、鬼神得便、魔の所為、業起故病」の6つに分け、
それらの要因が様々に絡みあって病になるとしたそうです
私には、結局よく分からない原因は「鬼、魔、業」などとしてしまっているとしか思えません
そして、病気になってしまったことを「宿業だからしかたない。信心で乗り切ろう」などと考えることは、
例え血統的にある種の病になり易い場合にも心を軽くしたり、治療に前向きになったりもすると思うんです
彼女の父(学会2世)も50代で癌で亡くなりました。医者嫌いだったとも聞いてますが、少なくとも発見できていない癌を治すだけの力は仏法には無いのでしょう
親戚(学会員)にも何人か癌で亡くなった方がいるそうです
これらを宿業と呼んで、残された人たちが納得する。それで気が楽になるなら、それで良いとも思います
学会においては、病になると皆から「宿業だから一緒に乗り切ろう」とか「あなたは試されているんだ」とか言われるそうですが、
それで本人が「皆が治るように祈ってくれているんだし、頑張らなきゃな」と、病を克服するための強い意志を持てるなら良いですよね
御本尊に祈れば叶うと信じて、病を克服しようと強い意志を持つことで治り易くなることはあると、私も思います
が、べつに御本尊ではなくても、十字架でも星でも太陽でも鰯の頭でも、もし病を治すだけの力があると信じられるならば、それなりの効果があると思います
もちろん、事が起こってから力になる訳で、予防などにはなりえませんよね?
科学も万能ではありませんが、仏法も生き方を補助する程度の役割でしかないのではないでしょうか?

968 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/16 11:58:40 ID:???
かつては宗教で全てを説明できてたんだが、
科学・医療・学問が発展するに従い宗教の
役割が小さくなってきているのでしょう。

では全てが科学等で完全に解明できた
あかつきには宗教は必要無くなるのか?。



969 :958:05/03/16 12:24:37 ID:???
>>968
そもそも宗教の役割とは何でしょう?
精神の安定、道徳心の育成、先祖の供養など、必要である部分も大きいと思いますよ
ぶっちゃけ言えば、幸せになるためではないでしょうか?

私は相手の信仰を邪教だとか言うつもりはありません
どの宗教が一番正しいなんてものは無いと思います
それぞれの宗教にそれぞれ良い部分と悪い部分があると思います
また、自分が信仰している宗教以外にも、他宗教や本などのメディアでも学ぶべきものはあると思います
この世から宗教は無くならないし、無くす必要もないでしょう?
現に必要としている人は大勢いますしね

970 :968:05/03/16 13:50:04 ID:???
>>969
私自身も人間が存在する限りは宗教は無くならないとは
思ってます。ただこの先どう言う形で残っていくのかは
わかりませんし、必要なのかどうかもわかりません。

968のレスでは自分でもどうなっていくかを考えたくて
問いかけの形を取らせてもらいました。


971 :提姿:05/03/17 00:54:23 ID:pbSMNxQ2
鬼とか魔の話は結構面白いんですが、今は止めておきます
本筋ではないので…
仏法の目指す社会は基本的にこの娑婆世界を寂光土に転じる
ことです。依正不二といって環境(依報)と人(正報)は密接に連動
していて、決して切り離して考える事が出来ないんです
例えば、環境の破壊は仏法の目から見ると実は同時に人間の心の破壊
でもあるんです。他にも人を傷つける事が同時に自分の心の破壊であったり。
違う一面から見るとそこに住む人が世界をどのような世界観で見るかに
よって未来の世界が地獄界にも常寂光土にも成り得るんですね
瞬間即永遠なんです
信仰の対象についてですが、信仰の根本の対象にするものを本尊と
いいます。大聖人は、「諸宗は本尊に迷えり」と言っています
何を信仰の対象にするかによっても違いますが、(有形、無形の)
思想も宗教もある種の内在する『如是力』があって、『信』によって
その力が様々な形で『発動』するんです
例えば鰯とか狐を拝むと『畜生界』の力を内在してますから、段々
生命の傾向性が動物的で、衝動的になっていくんです
顔も魚に似てきたり、狐に似てきたり…
ですから、信仰の対象とするものは『仏界』の力を発動するもので
なければならないんです
太陽は『天界』の衆生ですからね…どの様な力が発動するか…
自身の生命の天界には第六天の魔王の宮殿もありますし。
基本的には法華経文底の大御本尊を信仰の対象にすべきです


972 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/17 00:57:51 ID:???
法華経文底の大御本尊(藁

973 :提姿:05/03/17 00:58:27 ID:pbSMNxQ2
それと、僕らの末代の衆生が悪事を成すと僕らも、とばっちり
を食らいます。逆に僕らが仏界の力を発現させると先祖の人達と
末代の人達にもその功徳が流れます


974 :提姿:05/03/17 01:14:49 ID:pbSMNxQ2
僕は最終的には科学と仏法は完全に一致してしまうのでは
無いかと思います


975 :提姿:05/03/17 02:13:12 ID:3RfwbM7F
悪は見逃すと大変な事になるんです
『彼が為に悪を除くは是彼が親なり』です
破邪顕正は『修羅界所具の仏界』です


976 :提姿:05/03/17 02:38:40 ID:uScZigUE
法華経は仏の『方便』なんですけれども、真実の『方便』なんです
これを『秘妙方便』といいます。『秘妙方便』が信仰の対象です
法華経は一つの時代に一つしか無いのが諸仏の約束事になっているらしいです
劣応身の釈尊を拝んでも多分だめだと思います
釈尊が成道した所の物のと同じ『因』を信仰の対象にしないと
仏界が涌現する保障は無いようです


977 :提姿:05/03/17 05:58:22 ID:BPtJSvkI
僕は迷いの凡夫なので『我見』が入っているかもしれません
そんな風に御書を解釈した学会員もいる、位に考えて下さい
もう一度御書を良く勉強し直して検討してみます


978 :提姿:05/03/17 06:18:20 ID:BPtJSvkI
本当は御書や学会の指導を徹底的に研究、検討した上で
文証を交えて慎重に意見を述べたいんです。少し先走ってしまった気がしてきました
大聖人の御精神を曲解して伝えてしまうことを僕は恐れています


979 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/17 07:08:30 ID:wvUUQYtW
このような愚劣で品のない凡夫を永遠の指導者にしている創価学会の指導など
徹底的に研究・検討する必要はないと思いますがね。

ウーマンぽい ウーマンぽい 糸満なんてウーマンぽい こんなもん。

糸満=ウーマンぽい→キンマンコ!!!

凄い頭の構造ですね。

「糸満平和会館なんてて、これ名前変えた方がいいんじゃないか。
……ウーマンっぽい、ウーマンっぽい。糸満なんてウーマンっぽい こんなもん。
……駄目か。もっといいね、いいのは、キンマン批判、いや、イトマン、
キンマンコだよ!」 (平成五年七月七日・第六十六回本部幹部会)
http://www.toride.org/AUD/ikedaHkm.wav

キンタマ発言!
http://www.toride.org/AUD/ikedaHkt.wav

下ネタが大好きな池田大作先生です!

仰け反りますね。創価学会の永遠の指導者ですよ。

980 :Sb ◆SbSGI7AtEA :05/03/17 09:25:56 ID:Uv8nU8YU
>>974
それは科学というものをわかっていないからです
科学というのは、統計が取れて、確証が取れなければ結論を出しません
人の心はそれができないのです
人の心は人によって、時間によって、場所によって、見る人によって変わってしまうのです

科学と宗教が一致するという考え方は
はっきりいってトンデモなのですよ
宗教からの知識であるとするなら、
その宗教はかなり間違った知識を信者に植え付けていますね

981 :Sb ◆SbSGI7AtEA :05/03/17 09:31:13 ID:Uv8nU8YU
>>975
悪を見逃すことより、正義を突き進むことのほうが危険ですよ
なぜなら、正義だからという金科玉条のため、他を省みなくなるからです
オウムがなぜ、悪いのかというと、正義に基づいて行ったからです
正義のためだから、何してもよい、正義はこうなってしまうのです
正しい教えだから、相手の信仰など慮らずに折伏する
オウム事件はこの延長線上にあるのです

982 :Sb ◆SbSGI7AtEA :05/03/17 09:34:52 ID:Uv8nU8YU
>>976
らしいなどの聞きかじりを、さも真実のように語るのはやめなさい
あなたのしていることは全ての小説は真実であると言っているようなものです

間違った、夢物語をさも真理のように語らないでください

983 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/17 10:31:27 ID:76j94svz
>>964
>現代医学の抱えている問題の一つは心の働きを科学的な厳密性
>を求める為にプラシーボと呼んで排除してしまっていることの様な気がします

客観性を欠いているどころか完全に支離滅裂だな。(プッ
現代医学がいつ「心の働き」をプラシーボと呼んで排除したのかねぇ?
自分で書いた駄文がどれほど馬鹿げた内容か、少し自分で考えたほうがいいぞ。(嘲笑

984 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/17 10:47:44 ID:???
>>983
お前、そう言うのがやっとだろ。

985 :提姿:05/03/17 10:55:44 ID:MbM12YW3
病気に関して自分なりに少し考えをまとめて見ますのでお時間を下さい


986 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/17 11:53:35 ID:TDx64PsI
>>984
で、お前は何が言えるの?
煽るしか脳がない池沼くんw

987 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/17 11:58:32 ID:76j94svz
いやむしろ>>964が池沼

988 :提姿:05/03/18 11:42:54 ID:xF728jCW
創価学会の皆様方、池田先生は自分を崇拝することを望んでいると
思いますか?決してそうではないと思います
『池田先生は凄い。ありがたや〜』では『池田教』です
自らの変革なくしては師弟不二とは言えないのではないでしょうか
大聖人も戸田先生も牧口先生も、そもそも池田先生自身がそんな事
を望んでおられないと思います
『師弟不二』とは池田先生の『行動』に学ぶことです
『師弟不二』とは池田先生の『考え方』を学ぶことです
『師弟不二』とは自分に考えうる最高に善なる『行動』をもって
仏法の正しさを『世に問う』ことではないでしょうか


989 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/18 11:52:21 ID:???
打倒日顕!
打倒Z骨!
打倒週刊誌!
打倒層化以外のすべての宗教!
打倒公迷党以外の全ての政党!
打倒層化信者以外の全ての人類!

打倒!  殲滅!  皆殺し!  

日本人は島国根性の嫉妬民族!

折伏の行軍進めば血は沸き上がる!

990 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/18 12:10:34 ID:???
「師弟不二」とは、師弟が互いにケツの穴に入れ合って、ホモ以上で肉親以下の深い関係を保つという創価創立以来の伝統であり、歴代の会長によって継承されてきました。

991 :蒼天 (反逆創価班願兼於業)  ◆jHZSFkz55Y :05/03/18 12:24:30 ID:a74zCv9I
>>988
犬作の行動に学ぶ? なにをですか?
犬作の考え方に学ぶ? なにをですか?
自分に考えうる最高に善なる行動? では創価を無くすことですね^^
仏法の正しさ? なにをもって正しいと? そして、借りに正しいとして、創価はその仏法を利用しているにすぎませんがなにか?
犬作は自分が崇拝されることを望んでいます。 まさに 犬作教です。
犬作の行動に学べば、美味しいメロンを食べながら、贅沢ができるのですか? そして常識人から叩かれるのですか?
犬作の考え方を学べば、金儲けができますね^^
そして魔道へと堕ちていく・・・
あいつの人生はかなりかわいそうで哀れなものだよ。
自分で自分の首を絞め、その寂しさを埋めるためにガカーインを増やし、自分を崇拝させる。
表向きは綺麗事を発していても、目を見ればわかる。 腐っている。
卑しい顔をしているね。 人間は左右の表情に、本音と建前を持っている。
それを見抜けないとは情けない。

992 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/18 20:38:17 ID:???
>>989
北朝鮮に移住することを切にお勧めする!

993 :提姿:05/03/19 10:14:11 ID:CiRBCCWO
民衆一人一人が実は仏界という最高に尊い生命を内包している
理論的には草木瓦石までも。
法華経の根底に流れるテーマだと思います
別に反学会でも良いと思います。
批判されるのは良い事だと思います。批判されなくなったら、
自浄作用を失ってきっと腐ってしまうと思います
むしろ批判されなくなる方が恐いです


994 :958:05/03/19 13:10:39 ID:???
提姿さんへ

結局、仏教の立場からしか説明は出来ないみたいですね〜
提姿さんは学会の方でしょうから、学会の教えは正しいと思うのは自然でしょうが、
無宗教の私からすれば、御書は「日蓮さんがそのように考えた」といったようなことだと思います
まだ天台宗や浄土宗などの念仏宗教が広まっていたころに、新しく法華経を広めようとしたのは、
念仏を唱えていれば苦しまずに死ねると言われていたのに、苦しんで死んでいく人を見たからと、
当時の戦乱や飢饉などの原因を、念仏宗教のせいだと考えたからですよね?
つまり、他の宗教にすれば世界は変わると考えたのでしょう
それで法華経を見つけ出して、これを信じれば幸せになれるだろうとの強い思い込みで広めたのだと思う
日蓮さんの存命中には、それほど広まらなかったし、信仰している人が居なかったのだから、
法華経を信じて幸せになり苦しまずに死んでいった人なんて、どれだけいたことでしょう?
私としては、世の中の事を宗教に当て嵌めてみようとすることには違和感があります
もちろん、信じようとする人は信じれば良いと思いますから、邪魔をするつもりもありませんけどね
ただ、自分たちだけは絶対的に正しいとして、信仰していない人や他の宗教の人を悪く言うのはやめてほしいですね

続きを他のスレか新しいスレでやりたいですね

995 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/19 13:32:31 ID:???
次スレ立てますた。

折伏教典は正しいのか? 其の二
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1111206189/


996 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/19 13:33:39 ID:NOEDantv
そうか、見に行こう!!

997 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/19 13:41:31 ID:???
997

998 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/19 13:42:48 ID:???
998

999 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/19 13:43:30 ID:???
999

1000 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/19 13:44:23 ID:???
層化は邪教

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

369 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)