5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【漫画アニメ統合】○○はウリナラの作品ニダ part50

1 :マンセー名無しさん:2006/11/09(木) 13:45:34 ID:45T9rzRG
韓国朝鮮のウリジナルアニメや漫画について語ろう。
パクリネタも大歓迎⊂(。Д。⊂⌒`つ

前スレ
【漫画アニメ統合】○○はウリナラの作品ニダ part49
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/korea/1160625109/

2 :マンセー名無しさん:2006/11/09(木) 14:18:13 ID:HFyCykFS
2

3 :マンセー名無しさん:2006/11/09(木) 14:33:38 ID:ptkHniOg
<*`∀´>3ゲタンおいしいお

4 :マンセー名無しさん:2006/11/09(木) 17:06:41 ID:Jlj63TX7
>>1
乙でスミダ

5 :マンセー名無しさん:2006/11/09(木) 17:52:09 ID:ZA6tbxe7
>>1 乙


サンタイラスト、期待してたのに普通すぎだな。w



ところで、チャンピオンで鉄鍋のジャンの続編が今週から始まってた。((((((;゚Д゚))))))ガクガクブルブル

6 :マンセー名無しさん:2006/11/09(木) 18:51:03 ID:Jlj63TX7
>>5
Σな、なんだっ(ry

あの後、他誌を一回りして結局戻ってきたのか…。
山口さんやきくちさんや曽田さんも戻ってこんかな。   …無理か。

7 :マンセー名無しさん:2006/11/09(木) 19:15:40 ID:jROYx/X+
>>5
日本漫画界の回遊魚だなw

大きくなって帰ってきたのか、ただ傷だらけになって帰ってきたのかはこの際おいといて。

8 :マンセー名無しさん:2006/11/09(木) 19:58:05 ID:ubEsOCOA
サンデー、アニマル、マガジンだっけ?
山口は実質戻ってるようなもんでは?

9 :半万年ロマー:2006/11/10(金) 13:31:20 ID:E6VySrbS
昔の名前でエロの道に戻ってないからOKなのでは?

10 :マンセー名無しさん:2006/11/10(金) 14:54:38 ID:pdjQ3WZT
>>1お疲れ様です。

11 :マンセー名無しさん:2006/11/10(金) 19:42:15 ID:yuHBShu/
ジャンRの雑魚キャラで
NY支店の大西につい反応してしまった

どういう風に反応したかは秘密だ
ジャンはいろいろな外人が出てきたが
一番異常だったのは日本人たちだったなあ
最後はサイボー・・・

チャンピオンでハン板関係といえば
REDの「フロンティア」も復活して欲しいなあ

12 :半万年ロマー:2006/11/10(金) 21:37:08 ID:E6VySrbS
復活といえば、ビームの死霊狩りをしてくれないもんかね。
平井和正の原作に漫画では大概、言霊負けしてるのかな。

13 :日本チャチャ ◆KOBE/N7/sc :2006/11/10(金) 22:00:54 ID:PH05mub5
そい言えば、はらたいら氏って漫画家だった。
ご冥福を祈ります。

14 :コピペ:2006/11/10(金) 22:52:15 ID:QSlJovk1
>11
648 名前:文責・名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/11/09(木) 10:42:46 ID:H8cNHG43
週刊チャンピオンにて連載の始まった「鉄鍋のジャンR頂上作戦」に
ニューヨーク支店の大西選手なる料理人が登場。

外見からしてどう見ても……

649 名前:文責・名無しさん 投稿日:2006/11/09(木) 22:23:58 ID:nvCklatB
なんだそれw見てみたいな

650 名前:文責・名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/11/09(木) 23:07:26 ID:Y7odV3rI
>>648
うpよろ

651 名前:文責・名無しさん 投稿日:2006/11/10(金) 17:01:35 ID:aGomv1nB
>>648
やっぱ思う事は同じか…

652 名前:文責・名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/11/10(金) 20:46:07 ID:Ao/0jxpZ
>>648
わざわざ立ち読みにいったw
紹介が「駄文に反日やウリナラマンセーを練りこんで」だっけ?w

あの顔で名前が大西
作者に逆法則発動の予感w

15 :マンセー名無しさん:2006/11/11(土) 04:50:25 ID:aN166j8b
ドラえもん(日本)
ドラ・ザ・キッド(アメリカ)
王ドラ(ワンドラ・中国)
ドラニコフ(ロシア)
エル・マタドーラ(スペイン)
ドラメッドIII世(サウジアラビア)
ドラリーニョ(ブラジル)
ジェドーラ(イタリア)
ドラパン (フランス)
 
韓国は?ドラニダ?

16 :マンセー名無しさん:2006/11/11(土) 05:10:51 ID:kWEjIdhO
>>15
トンチャモンがどらえもんの起源なのチョパーリがパクッたニダカンシャクオコル!!

17 :マンセー名無しさん:2006/11/11(土) 06:35:27 ID:aN166j8b
>>16
まじでか!著作権侵害で賠償せねばならん!
やっぱ日本は最低の国だな

18 :次スレから よろしく:2006/11/11(土) 12:10:58 ID:8JaTMqXH
韓国アニメ専門ケーブルチャンネル

ANIMAX http://www.animaxtv.co.kr/
ANIONE http://www.anionetv.com/
Tooniverse http://www.ontooniverse.com/ 
CHAMP http://www.champtv.com


19 :マンセー名無しさん:2006/11/11(土) 18:00:10 ID:iNTZxGzL
しょうもない続編作りやがって…。


あの台詞もあそこで、あいつに言わせますか。

20 :マンセー名無しさん:2006/11/11(土) 18:15:55 ID:v/HYajb2
>>19
同感、「謝罪と賠償を要求する宇宙人」なんてはっきり言ってジョークスレ行きのネタじゃねーのか
今までのシリーズの流れ一気にぶっ壊すようなクソ脚本作りやがって、なにが直木賞じゃ

21 :マンセー名無しさん:2006/11/11(土) 18:29:49 ID:EzjkuXsF
まあメビウスのカラーが初代ウルトラマンなんだからアレが限界だろ。
「怪獣使いと少年」はあの帰ってきたウルトラマンのカラーだったからこそできた作品なんだろうな。
ハヤタやイデの出てくる世界であの話をやれば違和感ありまくりだろうし。

とはいえ、そもそも作品じたいのチョイスが間違っているという気もするが。

22 :マンセー名無しさん:2006/11/11(土) 18:32:18 ID:8LM36lGd
しかし、鍬や鎌もって詰め寄るシーンは
漫画の一場面を切り取ったかのような正確さだな
いや、何が正確なのかよくわからんが。

23 :マンセー名無しさん:2006/11/11(土) 19:23:51 ID:i7E5yU7D
>>20
直木賞なんて「所詮そんなもん」て事でしょう。

脚本家や企画者のオナニーに思えた話だった…。

24 :マンセー名無しさん:2006/11/11(土) 19:45:49 ID:v/HYajb2
あの怪獣使いの続編というわりに、しょうも無い話だったというのもあるけど
それ以上に今回許せないのは、ここ最近の話の流れを完全に無視したような話をここでやっちゃった点
インペライザー、ロベルガーと続いた燃える展開から、さあこれからという所で思いっきり水差されたんだよねえ
せめて、今後の展開に繋がる感じにすればよかったかもしれないが、思いっきり浮いちゃった気がするんだよねえ

25 :マンセー名無しさん:2006/11/11(土) 19:59:09 ID:VJCHzVNf
「漫画やアニメ、外交に活用を」外相諮問機関が提言

 麻生外相の諮問機関である海外交流審議会は、漫画やアニメなどの「ポップカルチャー」を
外交に活用することを提言した報告書をまとめた。

 報告書は「ポップカルチャーは海外の若者に圧倒的な浸透力を有している」と高く評価し、
関連産業の海外進出を支援するために、
〈1〉各国に海賊版対策を講じるように働きかける
〈2〉イベント開催など海外での広報活動を強化する
――などを挙げた。

 日本の作品を海外に紹介する「アニメ文化大使」、外国の漫画家を対象にした「日本マンガ大賞」
を創設することを盛り込み、こうした取り組みを官民で連携して進めるため、関係省庁や関連産業
などでつくる「ポップカルチャー勉強会」の設立も提唱している。

 麻生外相は9月の自民党総裁選で、ポップカルチャーの発信力が日本の「底力」の一つだと
訴えていた。

(2006年11月11日15時36分読売新聞)
ttp://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20061111i107.htm?from=main1

26 :マンセー名無しさん:2006/11/11(土) 20:06:04 ID:9fdNRbdV
直木賞全部を一括りで語らないでくれるかな?
ハズレのない賞なんてないだろ。完全に数量(販売量)で決まるような物ならともかく。
まあ、似たように見えて畑違いの人間担ぎあげちゃった、てことだろ。

27 :マンセー名無しさん:2006/11/11(土) 20:26:42 ID:v/HYajb2
>>26
漏れも直木賞全部と一括りにする気は毛頭無いが、一応今回の件を整理すると
「直木賞作家」が
「自分から志願して」←この点が重要
「怪獣使いの続編の脚本」を作ったけど、放映したらブーイングの嵐になったという事なんだよねえ
担ぎ上げられた上でアレだったらまあ同情の余地はあるんだろうけど
本人が志願してやった事なんだから、まあしょうがない所はあるわなあ

28 :日本チャチャ ◆KOBE/N7/sc :2006/11/11(土) 20:28:02 ID:gZxx5cvp
>>25
自衛隊さんがもう実行してますね。
サマーワで給水車に、何故か絶大な人気を誇るキャプテン翼のイラストの
ペイントステッカーを貼り付けていたそうです。
大きなステッカーだった為貼り付けるには、訓練がいるみたいですが
何故か自衛隊の人に、以前にペイントステッカーを貼り付けた経験者が居て
作業が捗ったそうです。

29 :マンセー名無しさん:2006/11/11(土) 21:20:35 ID:EzjkuXsF
直木賞がどうこう言うよりも今回のは
「思い入れの強すぎる作品をやるとgdgdになる」の好例のような。
ある程度の距離をとって醒めた(視聴者の)視点も必要だからなあ脚本にしろ漫画にしろ。

30 :マンセー名無しさん:2006/11/11(土) 21:32:04 ID:UP4bIgMD
かならずしも他人の作品に限らないな。
「中学生の頃に考えてた作品」をちゃんとした作家になってから作り直しても、
創竜伝やら地球樹の女神やら、悲惨になる。

31 :マンセー名無しさん:2006/11/11(土) 21:36:25 ID:ipKKCiXF
東郷隆がいま「定吉七番」シリーズの新作書いても、滅茶苦茶に
なるんかのう。哀しいのう。

32 :マンセー名無しさん:2006/11/11(土) 21:37:23 ID:y3n2p6Ix
>>29
現場の人間からすりゃ
そんなんお前に言われるまでもなく。
馬鹿にするナや

33 :マンセー名無しさん:2006/11/11(土) 21:53:55 ID:wIhrP3qF
>>32
醒めてない醒めてないw

34 :マンセー名無しさん:2006/11/11(土) 22:17:26 ID:tda6g4bU
ハン板的には、恨みは消えないが望みは次世代に託そうって流れは不評だな
良君は酷い目に会い過ぎて、いつの間にか夢見る夢男さんになっちゃってたのが悲惨だったな


35 :マンセー名無しさん:2006/11/11(土) 22:35:52 ID:ucCWl+Av
>>31
> 東郷隆がいま「定吉七番」シリーズの新作書いても、滅茶苦茶に
> なるんかのう。哀しいのう。

いや、それ以前に新作書かせてもらえないから、
講談社の新装版出た時の後書きに
今後シリーズ全部新装版で出して新作も書くって書いてあったのが、
新装版の発行がシリーズ途中で止まって新作の話もご立ち消えになってんだから orz

おかげで、新装版発行当時幻のコミック版しか読んだ事が無かった俺は、
その後古本屋回って2年がかりで角川版全部集めましたよ。

36 :puku:2006/11/11(土) 22:37:14 ID:gt63v9a8
なっかののの主人公だたぁっあしょねんがちょっじって
気違いトラッシュ
になっちゆりっつゆゆゆのっはしゅくめえなのかいやがらせなのぉ?(単なんる話形ですつかそゆっゆ風にかっくのが偉いと...何年生まれだきさまぐららあぁ
タミネータ3とか2もか
ウルトラマンに薫陶受けつゆうう子供はみっなん社会屑になっちよるつうのは
どよことよなのもお。

っま直木しょおてってもとおのけいごだし何映画なっぞんしてんだか程度ひくうなあ

37 :puku:2006/11/11(土) 22:45:21 ID:gt63v9a8
ひとおっつきくってよいか?輪からネイのだが直木賞作家で良い作家って何居る?

38 :マンセー名無しさん:2006/11/11(土) 23:50:32 ID:ig38QmUy
>>37
つ ttp://homepage1.nifty.com/naokiaward/jugun/

39 :マンセー名無しさん:2006/11/12(日) 00:10:28 ID:j0RpvOvx
「地球樹の女神」は傑作と評価する人もいるから。
実際平井和正氏の作品は良否が判断しづらいのが多い。
個人的にボヘミアンガラスstは傑作だと思うが。

40 :マンセー名無しさん:2006/11/12(日) 01:11:46 ID:iq/Mf057
平井和正氏の良否は確定しているけどな

41 :マンセー名無しさん:2006/11/12(日) 02:33:29 ID:2rKDOlSq
地球樹って完結してるんだっけ?
適当にぶちあげて逃げた記憶があるんだけど

42 :マンセー名無しさん:2006/11/12(日) 12:20:22 ID:hx/WNW9u
朝日「日本のアキバ系と比較すると、韓流の男たちは美しい」
http://news20.2ch.net/test/read.cgi/news/1163288342/

 韓流が人気である。中でも人気が高いのは、韓国俳優たちの男っぽい、マッチョな
雰囲気である。対照的に日本の男たちの「中性化」は一層進んでいる。オタクとか
アキバ系と呼ばれる若者と比較すると、鍛えぬかれた体を細身のスーツにつつんだ
濃い目鼻立ちの「韓流」の男たちは新鮮だ。

 朝鮮王朝第3代国王、太宗の建造による、「韓国で一番美しい宮殿」ともいわれる
昌徳宮(チャンドックン)を前にして、建築にも「韓流」ってあるんだ! と絶句した。
それくらい韓流の美しき男たちと印象が似ていたのである。

 瓦の大屋根をのせた、水平性の強い構成は、日本の建築と同一であるが、軒下に
目がいくと、「あっ違う!」とびっくりした。

 アジア建築の中で軒下は目にあたる。目のまわりのディテールに、その人の気持ちとか、
気力とかのすべてが込められている。近づいて目を見れば、相手の中身、本質をのぞき
見られる。軒下もそういう場所なのである。なぜなら、大きくて重い屋根をどうやって支えるか
という、建築の最も大事な本質が、軒下のディテールに投影されるからである。
だから、アジアの建築は軒下の骨組みを包み隠さず、可能な限り露出する。

 昌徳宮の軒下では、まず垂木の力強さに圧倒される。まつ毛が太くて長い
という感じなのである。大屋根を2段の垂木で支えるのは、中国、韓国、日本に
共通の構造的解決法であるが、日本は上下ともに同じような四角い断面なので、
目元はあっさり、さっぱりする。しかし、韓国では下が丸、上が四角なので、
軒下にメリハリが生まれて、「まつ毛スゴイ」になる。

(以下ソース参照)
ttp://www.be.asahi.com/be_s/20061112/20061030TBUK0063A.html

最初はてっきり釣りスレだと・・・ orz

43 :マンセー名無しさん:2006/11/12(日) 12:29:23 ID:kTGs5NEU
>>28
空自には微妙な広さの空白にステッカーを貼るのが
上手な人がいそうですね。

エアブラシの方かな?

44 :マンセー名無しさん:2006/11/12(日) 13:02:43 ID:ggU8LtBM
>>42
その地図の日本って何気に一回り小さいな
さすが息をするように捏造するチョーニチ新聞

45 :マンセー名無しさん:2006/11/12(日) 13:37:13 ID:XOe5bXBz
>>43
ラッピングバスと同じ手法。
車体に分割された大判のステッカーを張り合わせて一枚絵に仕上げる奴。
車体の凹凸にそって張り合わせる必要があるから相応の技術が要求される。

46 :マンセー名無しさん:2006/11/12(日) 15:43:26 ID:XI2ZouV2
>>44
地球は丸いので、朝鮮を上から見た場合日本は少し小さめに見えます
その縮尺で平面に描いているだけなのです。むしろ正しい地図なのです。

そういういいわけが聞きたいなぁ

47 :マンセー名無しさん:2006/11/12(日) 16:46:19 ID:7GWKk/g/
>42
>この極彩色は「化粧」というより、「整形」に近い印象である。
>そういえば、韓国は整形美容の普及率でも群を抜いていて、日本も中国もとても及ばない。
及びたくないしw

48 :マンセー名無しさん:2006/11/12(日) 16:46:31 ID:RU4pFHAE
初代ガンダム 感動の最終回 | マンガ・アニメ

http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=panimation&nid=57663

これマヂ?

どうもよく出来たコラ記事にしか見えないんだが・・・

49 :マンセー名無しさん:2006/11/12(日) 19:33:57 ID:FJ+VwHjN
>>48
旧シャア板で聞けば嫌になるくらい細かく教えてもらえると思うよ

50 :puku:2006/11/12(日) 20:51:11 ID:qH1pYaW2
ネタかっらやえいっぞにいくあいだああたりのおやつにゃっなこれわ。
まだホンになてっねい段階のものにゃよ、シプシスあたし。
つかジオングだのキャラも全然ちごゆっとこできづけがよい。変なカャラも居るし
この前段
かんとくのもとネタはぜんしうにさいろくしちっよるよ。
おおあくギレンたおしにいくのですじょ。、。すゅじんこう達は。「アハハッノハッハ
ナレーターも予告でつっばなすよに吐き捨てつたが、
なっの意味もネイ闘争やり続くる本物の映像のほおがリヤルでほめれれたるけどな。

51 :マンセー名無しさん:2006/11/12(日) 21:49:34 ID:ykRRBz9R
ドラマ化
涼宮ハルヒの憂鬱が香坂百合主演で実写ドラマ化

話題沸騰中の角川スニーカー文庫「涼宮ハルヒの憂鬱」が
アニメ化に続いてBS−i系でドラマ化される事が14日、分かった。
涼宮ハルヒ役は「ドラゴン桜」「ギャルサー」で人気急上昇中の女優、香坂百合(18)
また物語の語り部的存在であり、ハルヒを見守る青年、キョンには
映画「デスノート」で注目される若手俳優、松山ケンイチ(21)を起用。
全6話構成で、来春上旬の放送を予定している。
原作ではキョンの視点から物語が語られていたが、
ドラマではハルヒの視点から ストーリーを進行させていくという
新たな試みで原作ファン、アニメファン共に 楽しめる内容になるとのこと。
監督は「ケータイ刑事 銭形泪」の田沢幸治(39)

ソース確認できないけど、これマジ?

52 :マンセー名無しさん:2006/11/12(日) 21:53:04 ID:uGrGSizW
嘘だろ
まあ、実写化し易い作品ではあるが
しかし、本当さいきんのドラマ映画業界は腐っているな
オリジナルをやれ、オリジナルを
こっちは未知なる面白い物語を待ち望んでいるのに


53 :マンセー名無しさん:2006/11/12(日) 22:13:04 ID:M5ZKTIeC
その昔、百済内創って絵描きがいましたな。

54 :マンセー名無しさん:2006/11/12(日) 22:22:08 ID:rkYtxH9d
知らないけど、21の男が高1男子?
見かけが高校生に見えないのは問題だろ。
それにキョンは精神的には「30男か!」つうくらいに老成してるが、21じゃその演技が出来ないような。

昔の少年ドラマシリーズ見たいのだったらおもしろいかもしれないけど、そういうのって、今じゃ
アニメの守備範囲なんだよなぁ。

55 :マンセー名無しさん:2006/11/12(日) 22:23:27 ID:rkYtxH9d
>>53
今でもいるって。(w
最近はもっぱら葉月京で描いてるみたいだけど。

56 :マンセー名無しさん:2006/11/12(日) 22:27:45 ID:uGrGSizW
若年者向けドラマもそれなりにがんばっているけどね
GAROとかは雨宮氏が私財なげうっただけあってハイクオリティ杉だったが。
今はライオン丸のくだらなさに笑っているが。

全部特撮ヒーローものだな
もっと普通に見れるオリジナルドラマはないものだろうか
「結婚できない男」は面白かったが、
俳優が底上げしていた印象ではあった。

57 :マンセー名無しさん:2006/11/13(月) 01:09:14 ID:MB+DrWOB
>>54
> 知らないけど、21の男が高1男子?
> 見かけが高校生に見えないのは問題だろ。

おまいは『吉祥天女』を見てないな?w

58 :Jolly Rogers ◆I0h8/JeUjY :2006/11/13(月) 02:57:25 ID:mafFRr7B
>52
 そういう線ですすむと、結局特撮の方がかなりマシに「話を作ってる」ねえ。

 オリジナルの脚本を書ける人がいないわけではないのだろうけど、脚本のイメージ通りに
キャスティングできない、ってのも問題かね。その点アニメであれば、声優にかかる予算は
おおむね固定されている(ランク制)上に、オーディション主体だし。

 結局、作品を作ろうとしてないのだから、面白い物ができるわけないわな。

59 :マンセー名無しさん:2006/11/13(月) 07:06:09 ID:CjmmNoLY
>>54
> 知らないけど、21の男が高1男子?
> 見かけが高校生に見えないのは問題だろ。

おまいは『冬ソナ』を見てないな?w

60 :マンセー名無しさん:2006/11/13(月) 07:12:15 ID:oeo+PhjK
>>54
> 知らないけど、21の男が高1男子?
> 見かけが高校生に見えないのは問題だろ。

おまいは『マイボス・マイヒーロー』を見てないな?w

61 :マンセー名無しさん:2006/11/13(月) 09:34:04 ID:49fBeeyL
>>54
足でピアノを弾く高校生を演じた近藤正臣さんは当時28歳だったそうですが何か

62 :マンセー名無しさん:2006/11/13(月) 09:54:07 ID:2iFafoEP
>>61
あんときゃ主人公も21だったような気がする。

63 :マンセー名無しさん:2006/11/13(月) 12:00:13 ID:fFNyKoIp
ハルヒドラマ化ネタをやるなら、朝比奈(大)(小)をどう解決するのか
もっともらしい答えを用意すると、もっと食いつきが良くなると思うな。(棒

64 :54:2006/11/13(月) 12:34:44 ID:Drof5qQ2
上まあ、自分もNHK大河「いのち」で三田佳子の女学生を見ているわけだが。(苦笑
日テレの青春シリーズも、今見るとおっさん・おばさんばかりだったし。

65 :マンセー名無しさん:2006/11/13(月) 13:05:50 ID:nmg9th3L
米の映画とかドラマとか観てると、役者の層の厚さが違いすぎるよね。

たとえば、12歳前後の子供が、すっとぼけた表情から次の瞬間、顔を120%くずして
ボロボロ涙を流しつつ、犯行を自白して、後悔の言葉を吐露する・・・なんてこと
日本の子役でできるヤツは存在するのだろうか。

それが、アメリカのTVドラマの世界にはいるんだよ。

ただ、日本のアニメの声優はすげぇと思う。
声だけでよくあれだけ表現できるもんだと。実写の役者をやったら
どうかは分からないけど。

66 :マンセー名無しさん:2006/11/13(月) 13:24:00 ID:fUDifXfd
>>65
いや、声優は声優で声の出し方が記号化してるっていう問題がある
顔が見えないから不可抗力なんだが。

と、いうよりも日本の若手俳優がいま「漫画的」な大袈裟な演技しかできなくなってる。
喜怒哀楽の派手な演技は出来るけど、微妙な感情を表すような演技がまるでできない。
そしてそれを描けない脚本やプロデューサー。
以前から問題点は指摘されてたんだが、最近は特に酷い。
もう俺は日本のドラマは完全に見限ったよ。
池波正太郎枠であのレベルになっちゃな・・・

67 :マンセー名無しさん:2006/11/13(月) 13:37:20 ID:awjsFI7u
>>66
「狂言」化ってところか。

能、狂言って演技記号化の極致だからなぁ。

68 :65:2006/11/13(月) 14:07:03 ID:nmg9th3L
>>66 >>67
あぁ、俺の漠然とした違和感はそのあたりにあったのかな。

それと、日本の実写の絵作りってなんか寂しい。
色が褪せてるというか、空気感が埃っぽいというか、
瑞々しさに欠ける。

あれは照明の問題なのか、フィルムの質の問題なのか、
わざとやってるのか、それしかできないのか、よく分からない。

まあ、俺の好みも多分に含まれてるんだろうが。

69 :マンセー名無しさん:2006/11/13(月) 14:15:44 ID:YSo7YS5W
>>54
> 知らないけど、21の男が高1男子?
> 見かけが高校生に見えないのは問題だろ。

つBTFのM・J・フォックス

確かPART1の時点でマイケルは27〜8歳だったような。

70 :半万年ロマー:2006/11/13(月) 14:31:38 ID:+cP3pkCI
>>65
子役は子役らしい演技を求められる、という話を聞いたことがある。
故に子役は大成し難いとか。

71 :マンセー名無しさん:2006/11/13(月) 14:33:24 ID:CjmmNoLY
ちびまるこちゃんのこt…ハッと、ジャイアンのことか!!1

72 :マンセー名無しさん:2006/11/13(月) 14:36:58 ID:t6LmFW/1
>>64
当時、NHKにセーラー服の三田佳子なんていうもん見せられたおかげで正月気分が一気に抜けました。
まあ、岩下志麻の輿入れで始まった独眼竜正宗もなかなかのもんでしたが。

73 :マンセー名無しさん:2006/11/13(月) 14:50:58 ID:9jakTDr7
細腕繁盛記で当時40歳の新珠三千代のセーラー服ってのもあったよ。

74 :マンセー名無しさん:2006/11/13(月) 14:52:37 ID:awjsFI7u
中学生日記を見てイタイと感じるウリは正常だよね?

75 :マンセー名無しさん:2006/11/13(月) 15:00:47 ID:8aDmht+8
>>68
ブラック・レインは舞台が日本だけどそういう感じがしないのは何でだろう。

日本は俳優が育たないし、育てない。
タレントの方が使いやすいし金になりやすいんだろうね。
で、そのタレントがドラマをやるから・・・

でも監督とかの影響もあるのかな。
有名なスチュワーデス物語はわざと大根っぽく演技するように言われていたとか
聞いたことがある。

76 :マンセー名無しさん:2006/11/13(月) 15:28:03 ID:m8XN79no
最近の「・・・」しか書いていない脚本について
「脚本家は行間が読めるし、スタッフはツーカーだからそれでいいんだ」
というおひとと2スレ激論いたしました。
映像は出来たものが全てだと思うのですが、最近は「過程の努力」が重視されますようで。
「がんばったんだから」ってなぁ、お前…学芸会じゃないんだから恥を知れ。

77 :マンセー名無しさん:2006/11/13(月) 15:36:46 ID:bwzj9z66
こんな話もありますね
ttp://www.netcity.or.jp/OTAKU/okada/library/books/otakugaku/No3.html

> 『エイリアン』で宇宙船や宇宙基地を、
> 『ブレードランナー』で未来都市を、
> 煙と光と水滴で埋めてオタク達を喜ばしてくれたリドリー・スコット。
> だが次の作品『ブラックレイン』では、さすがにオタク達全員が脱帽した。
> 何しろ自分たちがよく知っている「大阪の町」が
> 煙ったり光ったりしているのだ。もちろん雨も降ってる。
> あの間抜けなバンザイグリコの看板が、
> 雨の中に毒々しく滲むように光ってるのだ。
> なんだか都会的で妖しげで犯罪都市OSAKAな感じなのだ。
> これを見て、オタク達はおそれいった。
> アメリカの街はかっこいいけど、日本の街はダサいと思っていたのは
> 大間違いだったのだ。単にどう撮るかというセンスの問題だったのだ。


78 :マンセー名無しさん:2006/11/13(月) 15:42:25 ID:m8XN79no
>>72
鷲尾真知子のセーラー服を見てしまったウリはどうしてくれるニカ?

79 :マンセー名無しさん:2006/11/13(月) 15:47:36 ID:qsFNVzuy
昔は「日本の街は歴史がないからダメなんだなあ」なんて、
知ったかぶって言ってたけど
この板で本当に歴史のない国の首都を見せられて
認識を改めましたw

80 :マンセー名無しさん:2006/11/13(月) 16:03:27 ID:awjsFI7u
>>77
そういう意味でも黒澤監督がいかに偉大だったかってことだね。
同じセットであの絵が取れる監督が今日本にいるんだろうか?

81 :マンセー名無しさん:2006/11/13(月) 16:07:33 ID:m8XN79no
>>80
CGがあるからほぼ同じものは撮れるよ。
「魔女の宅急便」でキキが店番するシーン、あそこでスタッフや機材を写り込ませないで
シュートできるのは黒澤か、マイケル・チミノかヴィスコンティくらいだろう。
凄い金がかかるけど・・・

82 :マンセー名無しさん:2006/11/13(月) 16:12:35 ID:wXYtrnCH
>>81
CGが使えるかどうかはあんまり関係ないと思う。

頭の中で映像を創れて、
それをどのようにすれば他人に同じモノを見せるようにできるか

というセンスのあるなしだと思う。

83 :マンセー名無しさん:2006/11/13(月) 16:16:46 ID:m8XN79no
>>82
探せば結構いる。
「ALWAYS」は素晴らしい特撮映画だった。
「シャル・ウィ・ダンス」の周防監督も良いね。個人的には中野貴男を推す。

84 :マンセー名無しさん:2006/11/13(月) 16:35:15 ID:ikAHdxb6
岩下志麻のセーラー服  でぐぐるべし

85 :マンセー名無しさん:2006/11/13(月) 17:50:19 ID:XnqmXnlH
漫画・アニメネタから離れているのであえて修正。

確かマンガの駒に映画的なアングル持ち込んだのは手塚治虫の功績の1つって
言われているけど、実際どうなのかな?

最近ハリウッドではアメコミ原作の映画とか多いけど、その辺詳しい人いない?

86 :マンセー名無しさん:2006/11/13(月) 18:02:42 ID:awjsFI7u
>>85
日本以外は1コマで完結する写真的手法が主流。
手塚がやったのは、数コマを連続してみることで動きのあるカットとして完結する
動画的手法。

そういう意味で手法を確立したのは手塚の功績と言って良いかもしれないが、
そういう手法の片鱗は絵巻やらでチラホラ見受けられたりもする。
例えば、襖絵や屏風絵に動きを持たせる試みとかも・・・・。


87 :マンセー名無しさん:2006/11/13(月) 18:10:20 ID:fUDifXfd
>>86
いや、「被写体の手前にあるカメラやレンズ」を最初に意識して描いたのはやはり手塚なんじゃないか。
極端な煽りや広角レンズ的手法って、以前には無かったと思うんだが。

88 :マンセー名無しさん:2006/11/13(月) 18:18:20 ID:awjsFI7u
>>87
歌川広重の浮世絵なんか、ナメとかヨリとかカメラ的な視点のはしりと
言って良いと思うんだが。

ttp://www.hokusai-paintings.com/00annai/2004_4_01_05_03_31-Toshusai/Hiroshige_fuji_2.html

89 :マンセー名無しさん:2006/11/13(月) 19:18:20 ID:fUDifXfd
>>88
いや、「カメラ的視点」はあくまで「パース」(透視法)を基準にしたものだから。
もともとブルネルスキが建築図を描くために開発したもので、それに都合が良いように
「カメラを覗くように」枠で区切って描いた。
パースには「中心軸(消失点)」が必要であり、枠は「パースの消点」にあたる。
これは時代が移ってカメラの映像でもまったく変わらない。

翻って広重の絵は日本特有の「逆遠近法」(パースが観測者を△の底辺に置いた場合、頂点で像を結ぶのに対し、
逆遠近は▽、つまり遠景ほど「末広がり」となる手法)で奥行きを表わしてる。
あるいは「斜線」で奥行きを表わす。
パースが建築図から派生した「客観性」の産物であるのに対し、広重の浮世絵はあくまでも「主観性」から描かれてる。
もちろんこれは日本と西洋の空間認識の違いからきており、どちらが優れているとは言えないものだけど、
やはりここにはカメラの意識は無いと思うよ。

日本人がカメラを意識した絵を描くのは、幕末の「くぼみ絵」浮世絵まで待たなければならない。

90 :X−4+ ◆gLDuODoLLs :2006/11/13(月) 19:43:59 ID:huV81+Uw
何か、実写の話から、画面造りの話になっている・・・
妙に勉強になるな。このスレ。

翻って、韓国の映像作家は?
と言ってハン板っぽくしてみるテスト。

91 :マンセー名無しさん:2006/11/13(月) 19:57:42 ID:6XEB2TKd
>>86
変遷する被写体てえと、たしか死体が朽ちていくてのがあったなあ。(違

92 :マンセー名無しさん:2006/11/13(月) 20:05:18 ID:XnqmXnlH
>>91
日本では昔から卒塔婆小町って有名な絵巻の題材になってたけどね。
そう言うのは朝鮮半島にはなさそう。

高麗時代は国教が仏教だったから、地獄絵図ぐらい描かれててもいいもんだが。

93 :X−4+ ◆gLDuODoLLs :2006/11/13(月) 20:08:21 ID:huV81+Uw
>>92
高麗半島の文物の運命は三つである。

まだ未発見のまま埋もれている物
李朝時代に焼かれた物
そして、運良く日本に渡った物
この三つだ。

94 :マンセー名無しさん:2006/11/13(月) 20:16:21 ID:CjmmNoLY
>>93
<#`Д´>すべて秀吉と日帝に焼かれたニダ

95 :マンセー名無しさん:2006/11/13(月) 20:34:05 ID:4FCAbY74
>>55
ペンネームがふたつあったんですか。
そういえば、大塚某が、なんかの本でエロと非エロで名前を使い分ける作家を批判してたなや。

96 :マンセー名無しさん:2006/11/13(月) 21:19:43 ID:fUDifXfd
ごめん>>89でちょっと日本特有の空間認識に触れたのでちょっとチラシの裏。
このあいだ「仏像、一木にこめられた祈り」展見に行ったんだけど面白かった。
当初、中国からわたってきた仏師の仏像が、写実的で細やかなのに対し、日本の仏師の彫る一木彫りの
仏像は良く言えばのびやか、悪く言えば雑。
時代を下るにつれノミの痕を残したプリミティブとすらいえる手法が目立ち始め、ついに円空と木喰の時代、
円空はトーテムポールを思わせる原始的形状に至り、木喰はイコンを思わせる仏像に至る。
「対象を一旦単純化し、デフォルメを加える」という漫画的表現があらゆるところに現れる現代日本の特性は、
意外と正しい日本人のDNAなのかもしれないw

ちなみに細やかで小さなビャクダンでできた中国仏師の作品を見ながら俺の思ったこと。
「ああ、出来のいい美少女フィギュアが欲しい」・・・・・・ダメじゃん(:D)| ̄|_

あと、たまたま俺の行ったとき乃梨子そっくりの美少女が見に来ていたのは出来すぎだありゃ。

97 :マンセー名無しさん:2006/11/13(月) 21:28:22 ID:8aDmht+8
>>96
さほど有名じゃない美術展とか行くと、何故か街中より美女率が高い気がする。
で、デフォルメの最たるものが印鑑の文字で、この感覚が浮世絵に発展したとか言ってた
人がいたような・・・。

98 :puku:2006/11/13(月) 22:13:44 ID:O1wp5gtN
なっやリンチに絵巻こうてやりてえな>そぼとこまち
しるばかめんのdvdもいっぞょに送って....自分がほしいわ。(LあざDいっすっくは持ってる(デキッはあ無い

とぅぶりゃえいじぇはー?>映像や。
がしつっちゃっや外国で北野ブルーゆっやれてるな。カメランのしゅみらっすぃいいけど。
ゴジラハンナラヲーズっが銀の腰っちゆっゆの使うったそだっが良くわかれまそん。

(てえかXメガグィラスXメカガジッラとっかハナランヲーズ観るてってからデストロAH観るれっとゆうっと
いくっらくだらんえいっくてもこっちいのほおが映画の撮りかただやなあと思うことしきり。や みなスキだがな。いいとは口が裂け

たら言うかもしにゃやん

99 :マンセー名無しさん:2006/11/14(火) 00:43:04 ID:D2KQFmX1
>>64
「おんな太閤記」の佐久間良子もかなりキてたけどなw

100 :Jolly Rogers ◆I0h8/JeUjY :2006/11/14(火) 00:45:51 ID:e68rQeSF
>95
 ペンネームを複数もつのが悪いとは思わんし、使い分けたところで批判される筋合いじゃないでしょうな。
 それを言い出したら作家なんてどうなるかと……
 直木賞作家の色川武大(阿佐田哲也)とか。

306 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)