5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日韓宇宙開発事情Part28

73 :マンセー名無しさん:2006/11/08(水) 08:56:59 ID:G/3q9sxM
韓国と日本が共同投資した世界初のDMB用衛星である'ハンビョル衛星'に対して日本が単独
で統制管轄権を要求している事実が一歩遅れて明かされた。特に両国の水面下における神
経戦が2年以上長期化され、国際法上の国連登録も引き延はしになっている。

2004年3月13日に打ち上げられたハンビョル衛星は、我が国のSKTと日本のMBCo社が共同で
投資した衛星DMB用通信衛星だ。国際条約と電波法によって衛星は打ち上げ後、国連に仕様
と打ち上げ情報、物体の機能などを登録することになっているが、長期間引き延ばしにな
っている。ハンビョル衛星が韓日両国企業の共同所有にもかかわらず、日本が「統制管轄
権(jurisdiction and control)」を単独で行使しようとするからだ。

CBSが単独入手した情報通信省公文書(ハンビョル衛星国連登録問題に関する検討意見)によ
れば、SKTとMBCoなど韓国と日本の事業者は2004年4月と5月、国連登録のための協議に乗り
出し、両側は登録の際に記載する登録情報中で登録国は投資持分が65.34%と相対的に高い
日本が、そして打ち上げ国は韓日両国が共同ですることにした。

以後日本は同年5月、我が方に外交交渉で交換を申し入れて両国外交部では2004年9月字句
調律に入って行った。しかし日本側は統制管轄権を日本が行使する案を提示して我が政府
と摩擦をもたらしている。情報通信省関系筋はこれと関連「字句調停において日本側は、
自分たちの立場を固守しているし、我が方は統制管轄権を共同で行使しなければならない
という立場で退くことができないから解決にならない」と言った。

ハンビョル衛星はSKTと日本MBCo社が共同投資したし衛星管制も共同で成り立っており、管
轄権演習問題も当然共同にするのが妥当だ。(中略)
独島問題に引き続き、日本が人工衛星統制管轄権でも無理押しをしており、もう一つの外
交問題に飛び火するのではないかと言う憂慮が出ている。

http://www.cbs.co.kr/nocut/show.asp?idx=355499
http://file2.cbs.co.kr/newsroom/image/2006/11/06034555671_60100030.jpg
http://file2.cbs.co.kr/newsroom/image/2006/11/06034704250_60100030.jpg

256 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)