5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

連続ドラマ小説「ニホンちゃん」26クール目

1 :今日だけ今井君 ◆NSQBzYTb6I :2005/04/05(火) 08:40:57 ID:LEdxfwUM
本ドラマは全くのフィクションであり、実在の国家・指導者とは何の関係もありません。

前スレ 
連続ドラマ小説「ニホンちゃん」25クール目
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/korea/1106928971/l50

<丶`∀´>このスレのまとめページニダ
 目次+ログ ttp://nihonchanjiten.at.infoseek.co.jp/
 1〜1095話 ttp://funshei.at.infoseek.co.jp/
 1072話〜 ttp://d_13.at.infoseek.co.jp/nihonchan_temporary_archive/
<丶`∀´>このスレの起源は速報板ニダ「韓国逆切れ、日本に制裁措置発動!」
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi?bbs=news&key=994649225
<丶`∀´>イラスト倉庫ニダ
http://page.freett.com/nihon_chan/
<丶`∀´>お絵描き掲示板ニダ
http://w3.oekakies.com/p/nihon2/p.cgi
<丶`∀´>画像あぷろだ掲示板ニダ
http://www5b.biglobe.ne.jp/~yo-in/nihon.html
<丶`∀´>このスレの検索エンジンニダ
http://isweb41.infoseek.co.jp/novel/mrcopa/

ニホンちゃん非公式サイト サクラノ花ガ咲キマシタ
http://pn-unofficial.hp.infoseek.co.jp/TOP.htm

テンプレは>>2-6あたり

2 :マンセー名無しさん:2005/04/05(火) 08:47:00 ID:IvD7MoIP
主な登場人物 (一部抜粋、順不同)
ニホンちゃん‥‥‥‥本編の主人公。可憐で弱気な美少女。
カンコ君‥‥‥‥‥‥ニホンちゃんになにかとちょっかいを出すが自滅する事多し。強きに従い弱きをいたぶる。
アメリー君‥‥‥‥‥クラスの番長。一番大好きの陽気な暴れん坊。
エリザベスちゃん‥‥権謀術数に長けたお嬢様。ちょっと嗜虐的なところがある。
ゲルマッハ君‥‥‥‥金髪碧眼の知性派。マイスター並みの器用な手をもつ。
アーリアちゃん‥‥‥ゲルマッハ君の双子の妹。暗殺者として養成された暗い過去を持つ。ニホンちゃんが大好き。
フランソワーズちゃん‥ワガママいっぱいのクラスの女王様。エリザベスちゃんとの仲は宿敵と書いて友と読む。
マカロニーノ君‥‥‥美女と美食をこよなく愛するプレイボーイ。
ロシアノビッチ君‥‥良家の御曹司のはずが、家が破産して今は貧乏暮らし。小学生なのに呑んだくれる日々。
チューゴ君‥‥‥‥‥クールで不気味な策士。クラスの不良的存在。
タイワンちゃん‥‥‥ニホンちゃんの親友。元気印の拳法娘。チューゴ君に絡まれて困っている。
アサヒちゃん‥‥‥‥ニホンちゃんを困らせることが好きな捏造娘。チューゴ君が好き。
ベトナちゃん‥‥‥‥昔アメリー君とけんかしたときの後遺症なのかどこか影のある少女。
フラメンコ先生‥‥‥五年地球組の担任。情熱的指導で子供たちを導く。
ウヨ君‥‥‥‥‥‥‥ニホンちゃんの弟。姉を心配しつつ見守っている。三年地球組。
ラスカちゃん‥‥‥‥アメリー君の義理の妹。幼さを色濃く残す無垢な少女。三年地球組。
ハプスブルク先生……三年地球組の担任。没落した旧家のお嬢様で、保母さんタイプ。

こちらに詳しい人物紹介等があるニダ。
http://members.at.infoseek.co.jp/nihonchanjiten/jinbutsu.html

3 :マンセー名無しさん:2005/04/05(火) 08:49:04 ID:IvD7MoIP
◇ろーかるるーる◇

●スレの進行について
・できるだけsage進行よろしくお願いします。ただし下がりすぎはageもよし。
・書き込むとき、E-mail欄に『sage』(半角)と記入する。そうするとスレッドは上がらず、保守も
できます。基本はマターリ進行でお願いします。

●荒らし・煽りへの対応
・一切無視でお願いします。
・火病厳禁!頭にきたら他で冷やしましょう。
・作者、及び読者を無意味に批判しなように。荒らし行為と同じです。
・荒らしや煽りに反応した瞬間からあなたも同類です。
・荒らしはあなたが反応することを楽しむ香具師です。彼らを喜ばせる真似はやめましょう。

●ツール(無料)を使おうよ
・2ちゃん専用ブラウザを使えば、荒らしのカキコを見えなくできるよ!
・ツールを使うと、鯖の負荷も下がって(゚д゚)ウマー

●投稿ガイドライン
・連投は控えましょう。即席小説では読者も面白くありません。
・風刺の通じない人も放置で。韓国を誹謗中傷する小説ではありません。多彩なキャラがそれぞれの魅力
を持つ世界です。したがって日韓関係以外の作品も多いということをご了承下さい。
・ここは開かれたスレです。来る者は拒まず、去る者は追わず。
・雑談もOK。でもほどほどにね。
・面白かったら感想をつけてあげると、作者達が泣いて喜びます。

[例外事項]
・ 熱血君 ◆O4x3A1GrPwの投稿・レスは全面的には禁止。復帰運動も認めておりません。
 事情を知らない新規のみなさんには過去ログの経緯を閲覧する事をオススメします。
 だから彼の話題は出さないで下さいね。

4 :マンセー名無しさん:2005/04/05(火) 08:49:29 ID:IvD7MoIP
本スレに掲載するのが微妙な作品や、長文感想や火病は総督府のスレを活用するといいかもしれません。

連続ドラマ小説「ニホンちゃんβ」補完・議論スレ
http://www.soutokuhu.com/bbs/test/read.cgi?bbs=korea&key=1090055658

姉妹スレ
連続ドラマ小説「ニホンちゃん」 22クール目β (総督府 外伝)
http://www.soutokuhu.com/bbs/test/read.cgi?bbs=korea&key=1090031367

関連スレ・サイト
『逆転!極東裁判2』製作スレ
http://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1105762718/
ニホンちゃんのキャラクターを使った逆裁風FLASHゲーム製作スレ

スタヂオイピョウ
http://www.studio-ipyou.net/
極東裁判製作委員会のサイト

5 :マンセー名無しさん:2005/04/05(火) 08:51:10 ID:IvD7MoIP
既刊一覧

連続ドラマ小説「ニホンちゃん」
http://teri.peko.2ch.net/korea/kako/994/994719628.html
大河ドラマ「ニホンちゃん」
http://teri.peko.2ch.net/korea/kako/995/995270347.html
連続ドラマ小説「ニホンちゃん」 3クール目
http://teri.peko.2ch.net/korea/kako/995/995710507.html
連続ドラマ小説「ニホンちゃん」 4クール目
http://teri.peko.2ch.net/korea/kako/996/996515142.html
連続ドラマ小説「ニホンちゃん」 5クール目
http://rkrc5w2q.dyndns.org/cache/korea/kaba.2ch.net/korea/kako/997/997449486.html
愛と憎しみのドラマ小説「ニホンちゃん」 6クール目
http://rkrc5w2q.dyndns.org/cache/korea/kaba.2ch.net/korea/kako/998/998497708.html
連続ドラマ小説「ニホンちゃん」避難所版 6クール目
http://rkrc5w2q.dyndns.org/korea_refuge_old/999011509.html
連続ドラマ小説「ニホンちゃん」避難所版 7クール目
http://www.soutokuhu.com/bbs/test/read.cgi?bbs=korea&key=100320260
連続ドラマ小説「ニホンちゃん」避難所版 8クール目
http://www.soutokuhu.com/bbs/test/read.cgi?bbs=korea&key=1006483116
連続ドラマ小説「ニホンちゃん」 9クール目
http://rkrc5w2q.dyndns.org/cache/korea/kaba.2ch.net/korea/kako/1010/10103/1010376182.html
連続ドラマ小説「ニホンちゃん」 10クール目
http://rkrc5w2q.dyndns.org/cache/korea/kaba.2ch.net/korea/kako/1014/10143/1014327874.html
連続ドラマ小説「ニホンちゃん」 11クール目
http://academy.2ch.net/test/read.cgi/korea/1018599620/
連続ドラマ小説「ニホンちゃん」 12クール目
http://academy.2ch.net/test/read.cgi/korea/1021604702/
連続ドラマ小説「ニホンちゃん」 13クール目
http://academy.2ch.net/test/read.cgi/korea/1024846941/
http://ex2.2ch.net/test/read.cgi/korea/1024846941/

6 :マンセー名無しさん:2005/04/05(火) 08:55:44 ID:IvD7MoIP
既刊一覧その2

続ドラマ小説「ニホンちゃん」 14クール目
http://ex2.2ch.net/test/read.cgi/korea/1028225672/
連続ドラマ小説「ニホンちゃん」 15クール目
http://ex2.2ch.net/test/read.cgi/korea/1032396328/
連続ドラマ小説「ニホンちゃん」 16クール目
http://ex2.2ch.net/test/read.cgi/korea/1039534514/
連続ドラマ小説「ニホンちゃん」 17クール目
http://ex2.2ch.net/test/read.cgi/korea/1046677620/
連続ドラマ小説「ニホンちゃん」 18クール目
http://ex2.2ch.net/test/read.cgi/korea/1053855838/
連続ドラマ小説「ニホンちゃん」 19クール目
http://ex2.2ch.net/test/read.cgi/korea/1061554997/
連続ドラマ小説「ニホンちゃん」 20クール目
http://ex2.2ch.net/test/read.cgi/korea/1069476618/
連続ドラマ小説「ニホンちゃん」 21クール目
http://ex5.2ch.net/test/read.cgi/korea/1080127286/
連続ドラマ小説「ニホンちゃん」 22クール目
http://ex5.2ch.net/test/read.cgi/korea/1087220403/
連続ドラマ小説「ニホンちゃん」 23クール目
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/korea/1093894546/
連続ドラマ小説「ニホンちゃん」24クール目
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/korea/1101820543/

7 :目次製作者:2005/04/05(火) 10:36:12 ID:Kv0Ce3Sr
連続ドラマ小説「ニホンちゃん」 25クール目 ログ+目次
(第2207話まで)
http://members.at.infoseek.co.jp/nihonchanjiten/1106928971.html

8 :マンセー名無しさん:2005/04/05(火) 11:12:27 ID:almwnUK8
ニホンちゃんwiki(人物編)
http://d_13.at.infoseek.co.jp/cgi-bin/nihon_tmp_archive/pyukiwiki/index.cgi

9 :マンセー名無しさん:2005/04/05(火) 20:27:01 ID:+Oj0yMCa
>>1さん、スレ立てありがとです



「ニホンちゃん」書籍化を望む人が集まるスレ
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/goods/1105340069/l50

ここも関連スレに入れてもいいのでは?

10 :マンセー名無しさん:2005/04/05(火) 23:22:45 ID:iro3heYE
さて。。。

地鎮祭待ツ!!

11 :どぜう ◆3F8jIdnlW2 :2005/04/06(水) 19:29:06 ID:Z1rueHkC
漏れも待ちつつスレ立て乙。

12 :シェロ:2005/04/06(水) 20:36:23 ID:9V7/rx/2
「ジサクジエン&初誤爆orz記念地鎮祭」
 柔らかい光が辺りを包み、姉さんと同じ名前の花が咲き誇る。地球町に訪れた始まりの季節。
 オレは新調した学ランに袖を通した。去年まで着ていたものよりも一回り大きいから、窮屈じゃなくて楽だ。
 今日からオレも三年生。もうガキじゃないんだぜ、カッコイイだろ。
「武士!学校行くよ〜」
 姉さんが呼んでる。「は〜い!今行く!」ランドセルと関孫六を掴んで、階段を駆け下りた。

「さくら、きれいだね〜」
 にこにこしてる姉さんと、二人で並木道を歩く。ピンク色の花を背にした、白いカーディガンをまとった姉さん。
『こっちのさくらの方が、きれいだよ』とかマカロニーノさんあたりなら言うのかな。
「なぁに?さっきから黙ってて。あれ?もしかして武士、姉さんに見とれてた?」
「え?や、や、そんなことないって」
「はぁ…ダメねぇ。そういう時はそうだよって言わなきゃ。オトメ心わかってないわよ」
 そんなことを話しながら歩いてると、前に見慣れた法服のヤツがいた。
 春だって言うのに背中を丸めて、とぼとぼと歩いてる。
「よぉ、おはようヨハネ。どうしたんだそんな暗い顔して」
 オレは走っていってヨハネに声をかけた。すると彼は、真っ青な顔をオレのほうに向ける。

「ウヨ君……」
「どうしたんだよ。顔色わるいぞ。宿題全然やってないの?」
「その程度なら、良かったんですけど………」
 そう言ってヨハネはまた顔を俯ける。こんな悩んでいるところは初めてみた。
「どうしたんさ。らしくないぞ。何かやなことあったんなら言ってみろよ」
 するとヨハネは泣きそうな顔で、オレにこう言った。
「……神託を、受けたんです……このスレを、消せと」


13 :シェロ:2005/04/06(水) 20:37:02 ID:9V7/rx/2

 オレは一瞬、コイツが何を言ってるのか、理解できなかった。
 コノ、スレヲ、ケセ?ヨハネの仕える神が、そんなことを?
「……神様はこうおっしゃっていました。
 このスレは1000getという証をもたぬままに>>1が作った偽りの世界。
 1000という終末を迎えずに未だ残る前スレと重複するパラレルワールド。
 このスレにて生きることは、連綿と続く世界の時系列を破壊する許されざる行為。
 ヨハネよ。時の歯車を狂わせるこの世界を、その力もて消し去れ。
 全能なるドージン神の名の下に。
 ……神の言霊は逆らうべからざるもの。でも私は、ウヨ君を、ニホンさんを、この世界に生きる人々を消滅させるなんてしたくない。
 …もう、どうしたらいいか、わからないんです……」
 そう話すと、ヨハネは大きな瞳から涙をこぼしだした。
 ドージン神…そうか……お前は同人板の人間だったんだね。噂は聞いたことがあるよ。
 あそこは新スレを立てる人間はそのスレの1か1000getした人のみという鉄の掟がある場所。
 その掟を破ったものは、血の制裁を受けなければならないところ。
 でも……
「大丈夫だよ。ヨハネ。ハングル板は誰が新スレを立ててもいい場所なんだ。
 それに、ニホンちゃんスレはほぼ全クールで1000まで行ってない。
 512KBという悪魔の容量のために、1000に行く前に書き込みができなくなるんだ。
 1000getが行われる前に新スレを立てるのは、オレたちの世界の時を止めないために、凄く大切なことなんだよ。
 ……自分の世界のローカルルールが全ての世界の掟になるなんてことはない。
 それを強いるのが神の業だというのなら、そんな神はオレが倒してやる。だから…」
 泣くな。
 ヨハネの肩を抱いて、そう言ってやろうとした刹那、ヨハネは体を震わせて、低い声で笑い始めた。
「クク、ククククク、かみに ケンカをうるとは……」


14 :シェロ:2005/04/06(水) 20:37:38 ID:9V7/rx/2

 その声は、ヨハネの細い身体から出るとは思えないくらい低く、おどろおどろしいものだった。
「どこまでも たのしい ひとたちだ!」
 バシッッ!
 体に強い衝撃を感じ、オレはヨハネから弾き飛ばされる。
 ヨハネは体を宙に浮かび上がらせ、その姿を徐々にまがまがしいものに変えていった。
「このドージン神が決めた掟に逆らい、ルール無視の行動に走りますか!
 きみが何と言おうが、このスレは削除依頼に基づき消滅させなければならないのです!」
 これが、神の姿か?自分の正しさのみを全ての人に押し付けるのが、神のやることなのか?
 ヨハネはこんなやつのために生きてきたのか?
 心の底から、熱いものがこみ上げてくる。
「ヨハネを返せ!よくもこいつや、オレたちや、みんなをおもちゃにしてくれたな!」
「それが、どうかしましたか?すべては、わたしがつくったものなのです」
「オレたちは、モノじゃない!」
「……どうしても やるつもりですね これも いきもののサガか……
 よろしい 削除されるまえに かみのちから とくと めに やきつけておけ!!」
 ドージン神が叫ぶと、それまで穏やかだった空は急に真っ暗になり、稲妻とともに雹が降り出してきた。
「姉さん!下がって!!」
 オレは孫六に手を掛ける。
「ダメ!武士。そいつにはこれよ!」
 姉さんはそういうと、オレに大きい機械を放り投げた。
 これは……カワサキ印のチェーンソー!!
 そうか、これでばらばらにしてやれば……
 チェーンソーのスイッチを入れると、ヴィーーーーンという音とともに、エンジンが打つ鼓動がオレにシンクロする。
「食らえこのやろう!!うぉぉぉぉぉぉおおおおお!!!」
 オレはチェーンソーを振りかざし、ドージン神に飛び掛っていった。


15 :シェロ:2005/04/06(水) 20:38:29 ID:9V7/rx/2



………ってゆうやけにリアルな夢だったんですよ。
ほら、夢の中って結構自分が夢見てるって気付かなかったりするじゃないですか。
学校に向かってたんだから、普通にオレ起きてるんだろうなって、思ってたんですよ。
…や、ほら、春眠暁を覚えずってオレん家の家訓であるじゃないですか。
春の朝って、ポカポカして気持ちいいですよね?
「だから始業式そうそう遅刻してくれたのねウヨ君。先生に会うより、おうちで寝ていたかったんだね」
いやいやいやいや!そんなことないですよハプスブルク先生!優しい先生に休み中もずっと会いたかったんですから!
あぁ!泣かないで!ご、ごめんなさい!ごめんなさい!

                                            あ、あぁぁいごぉーっっ。

16 :シェロ:2005/04/06(水) 20:45:43 ID:9V7/rx/2
というわけでリクエストにお答えして
「何故前スレが1000まで行ってないのに新スレが立つか」
を説明する地鎮祭をやってみました。

ん ? な に ? あ ー そ う さ ! ジ サ ク ジ エ ン で す が 何 か ?

あ、痛い痛い痛い、石投げないで。ゴメンなさいゴメンなさい。
誤爆で前スレトドメさしてゴメンなさい。

スレ立てありがとうございました。

地鎮祭、むずかしーなぁ。

17 :マンセー名無しさん:2005/04/06(水) 21:23:06 ID:ZeWEYEMX
地鎮祭乙です
・・・すげぇボリウムだ。ニホンちゃん最大なのかも。

18 :マンセー名無しさん:2005/04/06(水) 22:03:28 ID:c8zJgc/A
素晴らしい地鎮祭禿しく乙!
なにげに某RPGも踏まえてるね。

>>17
んー、もっと長い地鎮祭なかった?

19 :17:2005/04/06(水) 23:11:09 ID:ZeWEYEMX
>>18
すいません、今見つけました。
あまりにデカいんで、地鎮祭だと気付かず、見落としてました・・・_| ̄|○

20 :マンセー名無しさん:2005/04/07(木) 00:09:02 ID:m8u6tboL
どこで探したの?>地鎮祭

21 :マンセー名無しさん:2005/04/07(木) 08:21:03 ID:zqNyt22W
( ´∀` )

22 :黄 色 い リ ボ ン  ◆JBaU1YC3sE :2005/04/07(木) 11:26:41 ID:4A0cuWN2
 「 最強の戦艦よ、やすらかに 」
 今年も桜の季節がやってきました。
 今日は日之本家の桜の名所、ニッテイさんのお宮にお客さんが来ています。
 なんと、かつてのニッテイさんの喧嘩相手の子孫、
 アメリー君、ラスカちゃん、エリザベスちゃんです。
「いつ来てもきれいだなあ、ここの桜は」
 いつになく大人しめなアメリー君、今日は白の詰襟を着ています。
 意外とアメリー家の人は、どの家より多くここに来ているのです。
「アメリーさん、よく来てくれて嬉しいです」
 ウヨ君は感激してアメリー君を見上げました。アメリー君と服がお揃いですね。
「パトリオットとして当然さ」
 笑顔で答えるアメリー君。そんな2人をラスカちゃんは嬉しそうに見ています。
 今日は女の子は3人とも白のセーラー服です。
「4月7日はカイグンさんの・・・。だから満開なのかも知れませんわね」
「よく知ってるね、エリザベスちゃん・・・」
 ニホンちゃんはそう言うと満開の桜に目をやりました。
「何があったの?」無邪気に聞くラスカちゃんにニホンちゃんが話し始めました。
 かつて大喧嘩最後の年、日之本家は凄惨な戦いをしていました。
 その年の4月、進攻を受けたリュー君を救おうと、
 カイグンさんの部下たちが最後の艦隊で出撃、アメリー家の350機の大軍と戦い、
 壮絶な最期を遂げたのです。
 それが4月7日のことでした。
「そんな・・・勝てないのに、どうして?」
 するとエリザベスちゃんが言いました。
「ラスカさん、英雄的な敗北は偉大な勝利より素晴らしいのよ」
 この言葉を聞いてニホンちゃんは驚きました。エリザベスちゃんは続けました。
「死ぬとわかっていても、喜んで戦いに赴くのは我が家と日之本家の人間だけかしら」

23 :最強の戦艦よ、やすらかに 後編:2005/04/07(木) 11:34:20 ID:4A0cuWN2
 アメリー君がつっこみました。
「どうしたベス、ベスらしくないじゃない」
「おばあ様からこんな手紙のことを教えてもらったからかもね」
 そう言ってエリザベスちゃんは、1冊の本を取り出し、声に出して読みました。
 それはカイグンさんが、奥さんと未来のニホンちゃんにあてて書き残した手紙の一節でした。
『もっと幸せにしたかった。
 至らない私を、あなたは申し分ないほど幸せにしてくれた。ありがとう。
 サクラちゃん、大きくなったら私の奥さんのような人になってね』
 ウヨ君は感動と驚きで言葉を失いました。
( 勝負事ではことのほか口が悪いと聞いていたビクトリアさんが!? 敵のいい面を? )
 ふと見ると、ニホンちゃんがみんなに背を向けて肩を震わせています。
 読み終えたエリザベスちゃんも、ちょっぴり目に涙を浮かべています。
「さあ、行きませんこと?」
 無言でうなずくニホンちゃん。みんなで桜の舞う本殿へと向かいます。
 やわらかな春の風が枝を揺らし、小さな参拝者達を優しく包むのでした。
   おしまい

24 :黄 色 い リ ボ ン  ◆JBaU1YC3sE :2005/04/07(木) 11:40:06 ID:4A0cuWN2
 4月7日は戦艦大和撃沈の日です。
 巡洋艦矢作、駆逐艦浜風、朝霜もともに撃沈、磯風、霞は大破の末、処分されています。
 戦死3721名です。
 え?エリザベスちゃんのキャラが違う?いえいえ、このような一面もあるのです。
 以下ソース
「戦艦大和の運命」ラッセル・スパー(イギリス人)著 新潮社 昭和62年
 原題「A GRORIOUS WAY TO DIE」Russell Spurr 1981
( 楠 正成の歴史を解説した後 )
「絶望的だということが使命に対していっそう輝きを添える
 敗れると分かっている戦いを喜んで戦うのは、
 英国人と同じく日本人が持つ特質である」P171より
「英雄的な敗北を偉大な勝利以上に高く評価する国は、世界で英国と日本だけに違いない」
 P326より
 カイグンさんの遺書は
 第2艦隊司令長官伊藤整一中将の遺書の一節
「大きくなったらお母さんの様な婦人になりなさい」上掲スパー著作P173より
 最後の艦長有賀幸作大佐の遺書の一節
「遇することの薄かりしにかかわらず、仕うることの申し分なかりしと深謝す」
「提督伊藤整一の生涯」吉田満 著P217より
 以上の二つを合わせました。
 あらためて、英霊に深く感謝し、末永く語りついで行きたいと思います。

25 :黄鉄鉱 ◆ijZJtWEy4Q :2005/04/07(木) 14:30:56 ID:kth1GhVk
みなさん乙です。

ちょと新人さんたちに一言。つーか、最近のニホンちゃんの作品全般に言えることですが…
私初期の作品を漫画化してる関係上初期の作品をよく読んでいるのですが、それをやってて思うこと。

ニホンちゃんというのは世界各国を小学生に擬人化したものです。
そしたらニホンちゃん世界ってのは小学生とその周囲の地域社会になぞらえる必要がアルですね。

そこで疑問なのですが、
たとえばご町内の喧嘩で艦隊が出るでしょうか? ご町内の喧嘩で人が死ぬでしょうか?
なぜ5年地球組の子どもたちのお宅のほとんどが自営業なんでしょう?
いずれも普通ありえないことだと思うんですよね。

そこをうまく小学生世界風味、ご町内風味に料理してこそのニホンちゃんじゃないかなと思うのですが、いかがでしょう。
その辺初期の作品をよく読んで研究されてみるといいと思います。
中華マンションシステムとか、パンツとか、私的にはこの辺は上手にできてると思いますんでw

SSの書き方も知らない一絵師が生意気なこと言ってすみません。でもまあちぼっと考えてみてくださいまし。

26 :マンセー名無しさん:2005/04/07(木) 23:41:06 ID:0MRvanxN
それはともかく、いいお話だなあ。
武士道と騎士道、合い通じる物が有るのかも。

27 :マンセー名無しさん:2005/04/08(金) 13:29:11 ID:I0TwIQS8
>>25初期はリクグン・カイグンさんはいなかったかもしれんが、俺>>24この本知らなかったから、(・∀・)イイ!!
マンガでも絵のない本読んでない漫画家って短命だよね。
町内風味じゃニュースや史実が限られない?竹島付近で韓国に殺された人が過去いるのにパンツじゃ(?)
萌え系かアイゴー系だけ?

28 :マンセー名無しさん:2005/04/08(金) 18:28:10 ID:frVnI1mp
それを如何に違うネタで書くかが職人クオリティ

29 :どぜう ◆3F8jIdnlW2 :2005/04/08(金) 21:54:00 ID:eMeFW7Cb
>>25
もう少しヒネれよ、って意味なら、同意です。

>>27
微妙に2行目の意味が分かりません、詳しく。

>>28
そうですねえ。
戦艦を戦艦と書いてしまってはつまんないんですよ。
戦史、戦前ネタのニホンちゃんは好きなジャンルなんですが、
その辺りがネックになります。
だからどうしてもカイグンさんよりもリクグンさんの方が、
書きやすくなる、っと。軍刀持たせればサマにはなりますしね。

30 :マンセー名無しさん:2005/04/09(土) 00:27:20 ID:tmVlLn38
>>29
>戦艦を戦艦と書いてしまってはつまんないんですよ。
自分ならどう書くか、考えてみた。
熱が出たorz
SS職人諸兄、がんがれ。

31 :どぜう ◆3F8jIdnlW2 :2005/04/09(土) 00:39:32 ID:+K8P0YZq
以前、駆逐艦榊、ってのがネタにありまして、
駆逐たん榊さん、てのを話に考えましたが、
ネタが広がりすぎてニホンちゃんじゃなくなってったので、お蔵入りさせました。
ネタ元はこれね。
ttp://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h15/jog315.html

32 :マンセー名無しさん:2005/04/09(土) 01:18:52 ID:rXQ1MHwe
駆逐たん榊さん・・・角煮板のあのスレを連想してしまったw

33 :黄 色 い リ ボ ン  ◆JBaU1YC3sE :2005/04/09(土) 01:35:47 ID:8+z3e6qb
みなさん駄作ウプしてすみません。
今後よく考えます。
具体的なご指摘ありがとうございました。
以前、誰の何処がつまらんと言う指摘もなく
「最近面白いものある?」「もう風刺はいい」と書かれた時はショボーンでした。

ニホンちゃんスレの発展を祈るはた迷惑な黄色いリボンより

34 :どぜう ◆3F8jIdnlW2 :2005/04/09(土) 02:13:12 ID:+K8P0YZq
いや。あのですね。
例えば漫画とかだと、私設軍隊とかも出てくるモノがあったりするわけです。
当然軍隊なんだから、いろいろな装備もあるわけで。
たった一話でそれだけのバックボーン書ききれねえよ!ってのは、
まあ判ってるけど、感じられなかったのも事実なんですよね。
今までなかったモノを世界に登場させるには、それなりの『仕込み』が必要なわけで。

あと云うなれば、「擬人化とは?」と思うのですが、
仮に大和を作中に出そうとするならば、擬人化に応じた、
エッセンスの抽出が必要になってくると思うんですね。
司馬遼太郎のエッセイでは、戦前の男子児童は、
海軍艦艇に人格を仮託していたと云うような事を云ってるんですが、
これだって擬人化の一手段な訳です。

叩き台に出してしまうようで申しわけないんですが、
ユーロが擬人化されるよりも、艦艇が擬人化された方が受け入れやすかったな、
と思っています。してませんのですけどね。自分自身でも。

35 :マンセー名無しさん:2005/04/09(土) 10:19:43 ID:3wvE9RCi
>>34
>>艦艇が擬人化された方が受け入れやすかったな、
つ【血闘絶対国防圏】

でもコレをやってしまうとニホンちゃんではなくなるという諸刃の剣。

36 :マンセー名無しさん:2005/04/09(土) 10:22:12 ID:3wvE9RCi
ああしまった

つ【軍艦越後の生涯】

37 :マンセー名無しさん:2005/04/09(土) 16:43:50 ID:xdv8Z6gW
ある特定の話でしか使わないものを擬人化すると一発キャラばっかりになっちゃうよー
安易に擬人化に頼るのイク(・A・)ナイ!!


38 :黄鉄鉱 ◆ijZJtWEy4Q :2005/04/09(土) 18:13:19 ID:M6YUImHy
>>37
または新キャラを作る時気をつけろっつーことですな。
ヒダリちゃんのときもいわれとりました罠

39 :青風: ◆BlueWmNwYU :2005/04/10(日) 00:43:18 ID:heiJp8NV
「鷹の行方」

 此処は休日のエリザベスちゃんの自宅です。
こんこんこん、と小さい子供が玄関のノッカーを鳴らしています。
「すみませーん、エリザベスさん居らっしゃいますか?」
どうやら礼儀正しい子のようです。
「ちょっと、誰か出て頂けませんこと?」
折角の休日に自室でくつろいで居た時間を邪魔されて、エリザベスちゃん
は少々不機嫌になりました。無視を決め込んでいたのですが、待てど暮ら
せど使用人達は訪問者に応える気配はありません。
そのうちにまた遠慮がちに、こんこんこん、とノッカーが鳴ります。
「もう、近頃の使用人達と来たら」
どすどすどす、と日頃の上品さもかなぐり捨てて玄関へ向かいます。
「はい、どなたですか」
ドアを開けると、一瞬で訪問者の美しい顔に目を奪われました。
「あら。一体どなたですの?取り敢ず中へお入りなさいな」
たちまち上機嫌になり、少々強引にその子の手を引いて直接自室まで
招き入れるエリザベスちゃんです。
自らソファを勧め、紅茶を煎れ、ケーキを出して、と
日頃の彼女からすれば珍しいくらいに訪問者のお世話をしています。
実は彼女、さっきまで「もし自分に妹が居たら」と云う空想に耽って
いたのです。
「きっと髪の色は黒で、私に似た気品と清潔感が溢れる美少女だったに
 違いない。ああ、そうしたらこんな服がきっと似合うはずですわ。
 もしそうだったら一緒にこんなお化粧をしてあんな事を話して・・」
空想はふくらむ一方でした。其処へ突然現れた”理想の妹”に
彼女はすっかり夢中になってしまいました。ちらちらと綺麗な横顔を
盗み見しながら、彼女の小さい時の服を着て貰えるようお願いしようか、
などと考えていました。

40 :青風: ◆BlueWmNwYU :2005/04/10(日) 00:44:45 ID:heiJp8NV
「そう言えば未だお名前もお伺いしておりませんでしたわ」
礼儀と気品をモットーとする淑女としては大きな失点です。
「申し遅れました。私、マルタと申します。
 実は私、お願いしたい事があってお伺いしました」
美しい顔に凛とした涼やかな声。エリザベスちゃんは
”マルタ”という聞き慣れない名前の訪問者に夢中です。
「そうですか。お願い事なら聞いて差し上げなくても無くてよ。
 でも、何もせずに聞いて差し上げるのも芸が御座いませんわねぇ」
美しい訪問者の切実な表情に、悪戯心が芽生えるエリザベスちゃんです。

 「さぁ如何かしら、私が以前着ていたものですけれども」
鏡にエリザベスちゃんと共に映るのは、純白の踝まで丈のある
まるで小さな花嫁のようなドレス姿の訪問者の姿でした。
艶やかに輝く赤い靴に白い靴下。ピンクの口紅に極薄くさしたほお紅。
ごく控えめな髪飾りは艶やかな黒髪に誂えたように似合いました。
「こんなに似合うなんて思いませんでしたわ」
思わず呟きを漏らし、照れ隠しのように後ろから抱きすくめるエリザベス。
腕の中で小刻みに震える小さな子供により一層の愛着を禁じ得ません。
でも、暫くして漸く腕の中の”少女”の異変に気が付きました。

「ううっ、ひっく、ひっく。こ、この屈辱に耐えれば
  お願いを聞いて頂けるのでしょうか?」

嗚咽を堪える”少女”に狼狽しているエリザベスちゃんに
突然声を掛ける者がありました。
「あらあら、また男の子を泣かしてしまいましたの?」
部屋の入口を振り返れば、フランソワーズちゃんが
いつものように少々皮肉な微笑みを浮かべて手を振っていました。

41 :青風: ◆BlueWmNwYU :2005/04/10(日) 00:45:59 ID:heiJp8NV
 その昔、地球町ヨーロッパ地区が今よりもっとごちゃごちゃして
居た時のお話です。とっても勇敢で信仰心の深い人達が在るところで
平和の為に働いていたのです。余所から力任せにやってくる人達をくい止め
たり、争いで傷ついた人達を直してあげたり。そんな人達もフランソワーズ
家のご先祖に住むところを追われ、大事にしていた”マルタパンツ”まで取
り上げられてしまったのです。その人達はマカロニーノ家の敷地内に間借り
しながら、それでも人助けを続けたのだそうです。

 「で、そのパンツはエリザベスさんのご先祖様が私の家から強引に
持ち去ったのでしたわねぇ」
結局、是が云いたかったフランソワーズちゃんでした。
当の”少年”マルタくんは漸く泣きやみました。
「さぁ、もう良いでしょう。あなたの取り戻したかった”マルタパンツ”
 は私が野蛮人から取り戻しておきましてよ」
そっと、”マルタパンツ”を少年に差し出すフランソワーズちゃんです。
ぽっ、と灯が点ったように輝く少年の瞳。
「あ、ありがとう御座います!お二人にはなんとお礼を申し上げれば!」
少年は窓を開くと鋭く口笛を吹きました。すると、ぴーー、と云う
鳴き声と共に鷹が一羽舞い込んできて少年の腕に止まりました。
「古にしきたりに倣い、この鷹をお礼に差し上げましょう」
腕に止めたまま差し出される鷹に面食らいながら、丁重に固辞する
二人です。そう、鷹は大空を舞ってこそ鷹なのです。

 少年を名残惜しそうに送り出してから、エリザベスちゃんには未だ
確認せねばならない事が残っていました。
「フランソワーズさん。何故貴女が私の家にいらっしゃって、
何故”マルタパンツ”をお持ちでしたのかしら?--まさか、
ま た この家で怪盗貴族ごっこなんかなさってませんわよねぇ?」
「おほほほほ、なんの事で御座いましょう?」
決して目を合わせようとしないフランソワーズちゃんでした。

42 :青風: ◆BlueWmNwYU :2005/04/10(日) 01:05:28 ID:heiJp8NV
後書き解説なんでもあり

ああ、以前七升さまが描いた”マルタ君”を
描いてみましたが如何でしょうか?
それにしてもリアルマルタ君も本当に数奇な
歴史の持ち主ですねぇ。
取り敢ずマルタ共和国内の砦にマルタ騎士団の
治外法権が認められて居るらしいので、
一息ついた、と云ったところでしょうか。

キャラとしては
「信仰心が厚い、勇猛果敢で忍耐強い美少年の騎士。
しかも治療魔法が使える。序でに、鷹を使役できる」
という極めてRPG主人公向きの
キャラになってしまうような感じですが。

ああ、そうだ、3年生キャラとして良いでしょうか>七升さま

これで3年生の「ウヨ君一極集中」状態からの
脱却がはかれる、かな?

因みに文中の出てきた”鷹”は
マルタ島に騎士団が拠点を構える際に
”年一羽の鷹をスペインに献上する”
ことを条件にされていた、と言う話に基づきます。
これは映画「マルタの鷹」のベースになった話
でもあるのです。

とは言え、御批評その他何でもお待ち致しております。
(いや、ホント、マジでおながいします)


43 :シェロ:2005/04/10(日) 02:23:58 ID:bp4O3YEk

 地球町小学校には、沢山の子供達がいます。
 お腹をいつも減らしてる子や、ケンカが大好きな子、お家がない子もいます。
 みんなが楽しい学校生活を送れるように、話し合いをするんですが、
 その話し合いはアメリー君やエリザベスちゃんのような大金持ちの子に仕切られています。
 話し合いを仕切ってる子達が行うのが、頂上会議です。

「せんせー。頂上会議に入れる人増やしてよ〜」
「アメリーやエリーだけじゃ僕らの話聞いてくれないよ〜」
 アフリカ班の子達がコクレン先生に言いました。
「うぅん、そうだねぇ。アフリカ班の子達のことも考えてくれる人がいてくれたらいいよねぇ。
 先生もそう思ってるんだよ。例えばニホンちゃんとかがいてくれたら皆の話聞いてくれそうだよね」
 コクレン先生はニホンちゃんが頂上会議に入れるように頑張ってるのを最近良く見ていたので、ついポロリともらしてしまいました。

 先生がそう言ってたことを耳にしたチューゴくんは思いました。
『ニホンが頂上会議に入ってきたら、ますます人気者になるアル。まずい、まずいアルよ。
 アジア町のカリスマの座を乗っ取られてしまうアル』
 さらにカンコ君も思いました。
『ファビョーン!頂上会議に入るのはウリの方がふさわしいニダ!あんな愚図でノロマでブサイクなニホンなんかより
 ウリの方が断然人気者ニダ!!』

『『邪魔してやる(アル/ニダ)!!』』


44 :シェロ:2005/04/10(日) 02:24:19 ID:bp4O3YEk


 次の日、ニホンちゃんが学校に来ると、突然チューゴくんにケシゴムを投げつけられました。
「やいニホン。朕はお前の爺さんのことまだ許したわけじゃないアルよ!
 それなのに最近爺さんがいい人だったとかいう絵本を読んでるらしいアルね!!
 ふざけないアルよ、謝罪しろ!もうお前んちのオモチャ買ってやらないからな!!」
 さらに、独島と書かれたパンツを被ったカンコ君が、服に唾をかけてきました。
「やいチョッパリ!ウリはニッテイ36年の恨みまだ忘れたわけじゃないニダ!
 それなのに最近お前先生になんかおだてられて調子に乗ってるニダね!
 さらにこのパンツ自分のだとか未だに抜かしてるニダね!反省が足りないニダ!
 そっちがその気ならウリもこれから半万年かけて謝罪と賠償を要求するニダ!
 まったくウェノムはちっとはゲルマッハの謝罪を見習ったらどうニダ?アイツに比べてお前は……
 ニッテイのようなクズ野郎の子供なんだから、代表になる資格なんてないニダ!もっと背中丸めて遠慮して生きろニダ!」

 ニホンちゃんはお爺さんがケンカしていたときのことを、お父さんから伝え聞いただけで良く知りません。
 それはカンコくんもチューゴくんも一緒です。
「それなのに、なんであたしがこんなに苛められなきゃいけないの……?皆なんにも知らないクセに……」
 先生に相談しましたが、コクレン先生は「君と二人の問題だろ?」と取り合ってくれません。
 ニホンちゃんはその日、まんまるいカエルのぬいぐるみを涙で濡らすのでした。 

45 :シェロ:2005/04/10(日) 02:33:06 ID:bp4O3YEk

竹島の日成立:3/16
アナン事務総長談話「新しい常任理事国の席の一つはまず日本」:3/21
教科書検定終了:4/5

そこになんとなく見える関連性らしきものをネタに。
日本の常任理事国入りに反対する理由が中韓の場合すばらしいですね。


46 :No93:2005/04/10(日) 03:38:18 ID:1doLubt3
たまには印象に残った話の感想などを。
『カンコくんの異常な愛情』
パターン通りの展開ですがそのおかげで安心して読めました。
王道とマンネリは紙一重ですが上手く料理していますね。
ただ、ニホンちゃんを誘いに来るアーリアちゃんはもっとあっさり書いた方が
シュールな感じがより出るのではないかと思いました。
『枢軸探偵社』
上手く話を展開させていると思いますが、少々詰め込みすぎているように感じました。
ただこれは文章の絶対量をあまり増やせないここの形式の問題でもあるので、
スレの中で探偵モノをやるのは少し無理があるのかな…。
ハードボイルドな展開は好きです。
『カルシウムとビタミンって大事です』
日常の一コマを書くというスタンスは嫌いではありませんが、最近のあさぎりさまの作品は
女の子一人称や女の子心理描写が多すぎて少々むずがゆくなります。
それが良いんだといわれればそれまでですが、
私は初期の頃の若干引いた視点で書かれた話の方が好きです。
『結婚?』
ウリの脳内ウヨ君は硬派ぶってるけど色んな女の子に気のあるダメ少年なので、
こういうのもイイと思います。


47 :No93:2005/04/10(日) 03:39:35 ID:1doLubt3
『記者探偵アサヒ』
これもなかなかいい展開ですが、枢軸探偵社と同じく詰め込み過ぎな感じですね;
文章は1P漫画のように1シーンだけというわけに行かないのが大変ですね;
『最強の戦艦よ安らかに』
設定面で悪く言われてしまうのは勿体ないです。
戦艦とか、ご町内モノで処理しきれない物を出したいときは最初から別設定であることを
前面に出した方がイイのではと思いました。ウリも探偵モノとか普通にやってますし、
更科うどん氏のお江戸ニホンちゃんは最近の作品では飛び抜けて好きです。
戦記物でニホンちゃんというのもなかなか良いのではないかと思います。
『鷹の行方』
青風氏は文章を読ませるのが上手くなったと思わせる作品ですね。一瞬引き込まれてしまいました。
ただ、世代のせいかパンツ系のネタは少々引いてしまいます。
ニホンちゃん世界では多くのキャラがパンツを奪い合う情景が当然のこととされているようですが、
それをやられると『引く』人間が一定の割合でいると言うことも頭の隅に置いてもらえると嬉しいです。
まあ形見とか十字架とか、脳内変換しましたが。

偉そうなことを書いて申し訳ないです。あくまでウリの私見ですので;;

48 :青風: ◆BlueWmNwYU :2005/04/10(日) 10:22:47 ID:heiJp8NV
>No93さま
御批評ありがとう御座います。
上手くなった、なぞと言って頂き光栄です

『記者探偵アサヒ』につきまして、
やっぱり詰め込みすぎに思いましたか。
書いている方も思いましたからねぇ。
”あれ”で、そこそこ(私的には)工夫したんですよ。
もっと回数を多く分割するか、
もっと開き直って「探偵」達のライフスタイルを
描写する事に注力した方が良かったかも
しれませんね。

取り敢ず、アサヒ達の性格や役割分担も
自分の中で進みましたので、
もし次回があったらもっとましになるかも知れません。

「マルタくん」に関してですが、
この「ニホン」世界では現実世界でやりとりされてしまう
「島」を「パンツ」で表現してしまう為、やむなく従いました。
マルタ騎士団は一度領土たるマルタ島を失い、
今あるマルタ共和国と騎士団がそれをきっかけに
分離して今日に至る、という経緯がありますので
それを表現しようとしました。
(ナポレオンによる接収〜英国連邦加入)
次回も一寸性格付けを工夫しながら3年キャラと
絡ませたいと思います。
でも書いていて極めて楽しく書けたんですよ。
で、楽しく書いた方が評判もいい、というのは、まぁそういうものなのでしょう。

では、御批評ありがとう御座いました。
他の方も、気になる事がありましたら是非お願いします。

49 :どぜう ◆3F8jIdnlW2 :2005/04/10(日) 15:58:58 ID:jxGd4N2Y
Elegy of the left man〜取り残された男
1.
その喫茶店は駅前からほど近い、ポプラ並木の通りの片隅、
骨董屋の角を左に折れた路地の真ん中辺りに、いつもと同じ顔で立っていました。
訪れる人影は多くはなく、昔は流行っていたのでしょうか、
少々古くさい外装をしていて、チョコレート色のドアには、
「営業中」と書かれた木札がドアノブに吊るされ、
真鍮のアルファベットで、「Peaces」と店名が書かれているのでした。

その喫茶店の前を、携帯で時刻を確認しながら、うろうろ、うろうろ待ち合わせる女の子一人。
その姿を見つけた、喫茶店のマスターは、ドアを開けるとこう云ったのでした。

「やあさくらちゃん、久しぶり」

「何を飲む?カフェオレかい?それともオレンジジュースがいいかな?」
カウンターの中に入ったマスター――サヨックおじさんは、
久しぶりに見た姪っ子の顔を嬉しそうに見やりながら、
戸棚からあれこれとカップを物色し始めました。
「お金はいらないよ。小学生からお金はもらえないから。好きなのを頼むといいよ」
「あ、じゃ…カフェオレで」とバツの悪そうな顔で、
注文を云うニホンちゃん。
「了解、カフェオレだね」とサヨックおじさんは聞き返すと、
お湯を沸かし、支度をいそいそと始めました。

薄暗い店内には、ニホンちゃんが独り、座っているだけ。
他に店内にいるのは、インディアン人形と、古い映画のポスター、
ピンで止められた、古い写真、アコースティックギター、そして沢山のレコードジャケット。

そのレコードの山の中から、サヨックおじさんは一枚選ぶと、
年代物のプレイヤーに掛け、針を落しました。ぽつ、ぽつ、と雨音のようなノイズに混じって、
聞こえてきた弦楽の音色は、ニホンちゃんもこの間音楽の授業で聴いた、
スメタナのモルダウが、スピーカーから流れ始めました。

50 :どぜう ◆3F8jIdnlW2 :2005/04/10(日) 15:59:30 ID:jxGd4N2Y
2.
「学校の成績はどうだい?」
「友達とは仲良くしなけりゃいけないよ」
などと、口を開くのは、いつもサヨックおじさんで、
ニホンちゃんは、うん、とか、はい。とか、
困ったように生返事をするばかり。
けれども久しぶりに姪っ子と話ができる嬉しさからか、
サヨックおじさんの顔は、緩みっぱなしでした。

ケトルが蒸気で笛を鳴らします。
ああ、とサヨックおじさんがカウンターから、奥の厨房に引っ込みました。
窮屈な会話から、開放されたニホンちゃんは、
「ふう…」とため息をつくと、改めて店内を見回しました。
どれもこれも、みんな流行遅れのアナクロな物ばかり。
ニホンちゃんには、何を見てもちんぷんかんぷんな様子だったのですが――

「?」
そんな店内のインテリアの中に、一際古びたものが行儀良く座っていました。
それは銀色に、赤い線が入った、
古い、勇ましげな格好をした木の模型の飛行機でした。
あんまりにもこの喫茶店にそぐわないその飛行機を、
いぶかしげにニホンちゃんが手に取ったその時。

「それに触っちゃいけない!!」
そんな大声が店内を揺らしたのです。

51 :どぜう ◆3F8jIdnlW2 :2005/04/10(日) 16:00:57 ID:jxGd4N2Y
3.
――その日はとても風が強い日で。
もう目の前にやってきた冬の気配に僕は体を竦めながら、
母さんのお使いに、夕方に町へ出かけたんだ。

秋の陽は、つるべ落とし。って云うだろう?
町はもうすっかり薄暗くなっていて。あれは…何を買いに行ったんだっけなあ?
とにかく、僕は店が閉まってないか、不安でしかたなくって、
走って出掛けたんだよ。

松島のお堀端だった。街灯も、その頃は少なくってね。
独りでお堀端に立つ人を見つけたんだよ。背の高い人でね。
なにか、考えごとをしながら。指先で紙切れを千切ってた。
風に吹かれて、その紙切れが僕の足元に吹かれてきて。

その時、気がついたんだ。その人が千切ってたのは、一円札。
さくらちゃんは、知らないだろうけどね。昔使ってたんだ。

僕の両親も。いや多分、その頃のこの家の人は、
みんなお金がなくて貧乏だったから。
僕は、思わず叫んじゃったんだな。「お札を破るのはよくない」って。

その人は、驚いたみたいに僕の方を向くと、疲れたみたいに笑ったんだ。

二十歳の人だった。ミヤガワさん、って云ったっけな。
「もういらないんだ」って云われて。
僕はようやく。なんでその人がお札を破ってたのか、判ったんだよ。

人の命が、枯れ葉みたいに軽んじられた頃の話さ。
その人に、別れ際に、この飛行機の模型、
「彗星」って名前の飛行機の模型を貰ったんだ。

52 :どぜう ◆3F8jIdnlW2 :2005/04/10(日) 16:04:45 ID:jxGd4N2Y
4.
…それから大人になるにつれて、強く思うようになった。
あんな、疲れたように笑ってしまう人を、
もう一人だって作っちゃいけないって。僕の考えは、間違ってるのかな?

――レコードは、いつの間にか終わっていました。
二人の掌の中のカフェオレは、すっかり冷めてしまっていました。
沈黙に飽きて、サヨックおじさんが窓の外を見やります。窓の向こう側には、生意気なチビ助の姿。
ウヨ君が、不安そうにこちらを眺めているのが見えました。
「ほら、さくらちゃん」
「…え?」
「待ち人あらわる、だ」
「…あ。じゃ。…えぇと」
「行きなよ。子供からはお金は取れない」
ひらひらと手をかざして、サヨックおじさんがそう云いました。
「ありがとう、ございます」と、ぎこちなくそうお礼を云うと、
ニホンちゃんは、隣の椅子に置いてあったランドセルを背負い、
ドアベルを鳴らして店を出て行きました。

店の外で、しばらく二人は会話をしていましたが、やがて、ニホンちゃんは先に歩き出していきました。
一人、窓越しにウヨ君がサヨックおじさんを見据えてきます。

――随分、男の目をするようになったじゃないか――
そう、甥っ子の成長を見ながらサヨックおじさんも、
身体の中に熾火のように残ったありったけの気概をかき集めて、ウヨ君を見据え返しました。
――所詮、僕らは相容れない――

ふ、と力を抜くとニホンちゃんにしたように、
またひらひらと、ネコを追い払うように手をかざしました。

そして、サヨックおじさんは店内に独り、残されました。

53 :どぜう ◆3F8jIdnlW2 :2005/04/10(日) 16:06:01 ID:jxGd4N2Y
5.
丁寧に、その模型飛行機を元あった場所に戻すと、
サヨックおじさんは、苦笑いをしながら、
ニホンちゃんが座っていた席にもう一度、尋ねました。
「僕の事を、時代遅れだと、思うかい?」
空になった席は、当然返事をしてくれはしません。
けれども気にせずサヨックおじさんは続けます。
「昔は、このお店にも、僕と同じような考え方の人間が溢れてた。
一人、また一人と。いなくなってったよ。
スーツを着て、訳知り顔で。世の中の仕組みを分かったふりをして…
別に、寂しいとは思わない。厳しいことも、辛いことも云ったし、喧嘩もした」
そして立ち上がり、レコードをプレイヤーから取り出すと、
ぽつりと、自分自身に言い聞かせるようにサヨックおじさんは呟きました。
「だから僕は、この店に立つのさ。あの頃の僕らが間違ってなかったことを。
僕ぐらいは、証明してやらなきゃ――」

その言葉を遮るように、ドアベルが鳴りました。
「いらっしゃ…なんだ。小夜か」
「あー、疲れた…」
「新聞は売れたかい?」
「ん、まあね。…お客さん、来てたんだ。珍し」
「…厳しいことを云うねえ、キミは」
最近目端ばかりが効くようになってきた一人娘が、
厨房の中を通って、自宅へ戻っていく後ろ姿を見届けると、
お気に入りのレコードを丁寧にとり出すと、またプレイヤーにかけるのです。

〜When I find myself in times of trouble
Mother Mary comes to me speaking words of wisdom , Let it be〜

54 :どぜう ◆3F8jIdnlW2 :2005/04/10(日) 16:06:42 ID:jxGd4N2Y
6.
――そして一方、夕暮れの道を歩く二人。
話す話題は、今夜のご飯とテレビと、それから学校であった出来事と。

不意に先を歩くニホンちゃんが立ち止まり。
あ、と云って空の一角を指さしました。
「彗星だ!」
後ろから歩いてきたウヨ君が、呆れたように答えます。
「姉さん。あれは飛行機雲だよ」
「うん…」と小さく頷くと、くすりと笑ってニホンちゃん、
また、家に向かって歩き出すのでした。
【了】

55 :どぜう ◆3F8jIdnlW2 :2005/04/10(日) 16:09:45 ID:jxGd4N2Y
改行が多すぎますとか云われて、その場でちまちま修正してるうちに、
3章と4章の章分けを間違えました。
脳内で4章の冒頭3行を、3章目に組み入れて戴けると幸い。

えー。サヨックおじさんを、少し(か?)カコイク書いてみました。
タイトルの、『Elegy of the left man』は、
『左の男の哀歌』と訳せますが、leftはleaveの過去分詞でもあるので、
『取り残された男の哀歌』とも読めます。

ソース、元ネタはこちら。
ttp://373news.com/2000picup/2005/03/picup_20050323_8.htm
『模型飛行機残し出撃 川内出身?兵士の肉親探す』です。
ttp://www.senbotsusya.com/
こちらは肉親捜しをしているNPO法人「戦没者を慰霊し平和を守る会」のサイトです。
思想的バックボーンが今一つ判りませんが、サイト内の主張から、左と判断しました。

とりあえず、憎まれ役の活躍に我慢ならない方もいらっしゃるでしょうが、
お手柔らかにお願いいたします(苦笑)。

56 :どぜう ◆3F8jIdnlW2 :2005/04/10(日) 16:19:45 ID:jxGd4N2Y
しまった…3章目8段落目、松山を松島に…_| ̄|○
ハズカチィ…

57 :目次243:2005/04/10(日) 19:58:47 ID:XewYzKGK
連続ドラマ小説「ニホンちゃん」 25クール目 ログ+目次
(第2207話まで)
>>7

地鎮祭
>>12-15

第2208話「最強の戦艦よ、やすらかに」
>>22-23 ( >>24 解説)
第2209話「鷹の行方」
>>39-41 ( >>42 解説)
第2210話「邪魔してやる(アル/ニダ)!!」
>>43-44 ( >>45 解説)
第2211話「Elegy of the left man〜取り残された男」
>>49-54 ( >>55-56 解説・訂正)

58 :マンセー名無しさん:2005/04/10(日) 22:47:31 ID:w6SWAaTs
>>49-54
サヨックおじさん、本当は寂しいんだねw

59 :マンセー名無しさん:2005/04/10(日) 23:23:46 ID:ICR7v86m
まあ、誰にも相手にされなくなったからね。

60 :マンセー名無しさん:2005/04/10(日) 23:36:49 ID:ICR7v86m
NAVERにこの画像貼った椰子出てきなさーい

http://bbs.enjoykorea.naver.co.jp/jphoto/read.php?id=enjoyjapan_11&nid=38662&work=list&st=&sw=&cp=2

61 :黄鉄鉱 ◆ijZJtWEy4Q :2005/04/10(日) 23:51:12 ID:eqM6/W1m
>>60
喪前だ! ドーーーーーーーーーーm9(゜Д゜)ーーーーーーーーーーーーン!!!!!

62 :マンセー名無しさん:2005/04/11(月) 00:07:37 ID:eBfbVE6J
>>60
ワラ……っていいのか悪いのか。

63 :青風: ◆BlueWmNwYU :2005/04/11(月) 00:40:14 ID:bcibMgee
>どぜうさま
自分的にはアリですよ、そのパターン。
ドラマとしてみた場合、
叩くべき”記号”としてのみ設定された
対象を叩いているだけのハナシって
本当に陳腐で退屈ですから。
あとは、
「理想に燃えていた若者」
がいつの間にか
「愚かな夢想者」
に変っていく課程を書けば完璧ですが・・・ヽ(´ー`)ノ

>オウテツおねぇさま
自作自演で無かったのでほっとしてます


64 :黄鉄鉱 ◆ijZJtWEy4Q :2005/04/11(月) 00:50:06 ID:/GIM+8OJ
>>63
俺じゃねえよ!w
まさか怨霊の仕業じゃないだろうなあ…

65 :D-13@小判ザメ:2005/04/11(月) 03:40:55 ID:BBbUCziM
前スレ 674-675,>>57
乙であります。ウリんトコも更新しますた。
ttp://d_13.at.infoseek.co.jp/nihonchan_temporary_archive/

・本スレ系25・26クール、2211話まで更新。
・画像あぷろだ、No.3085まで更新。

66 :マンセー名無しさん:2005/04/11(月) 14:25:09 ID:qHtrcQw3
>>60
>タイワンちゃん、かわいい。
同意見です。

67 :マンセー名無しさん:2005/04/11(月) 15:19:14 ID:Q9dJLZfK
『ニホンの技術は世界一ィィィイイイイ!!!』


 最近のチューゴ家ではニホン家に対する感情が悪くなっています。
 そして、ニホン家の教科書の記述に対して不満を爆発させたチューゴくんたちがついに大規模なデモを始めました。
 ニホン家が中華アパート内に借りている部屋に石や生卵を投げ込んでいます。
 窓ガラスは割れ、絨毯は汚れ放題です。
「ニホン製品はボイコットするアル!」
 そう言ってニホン家の人たちの物も手当たり次第に壊していきます。が、制止すべき立場のタクミンパパはどうやら見ているだけのようです。
「このデモの様子をビデオや写真に撮って見せればニホンも反省するはずアル」
 おやおや? でもチューゴくん、そのビデオやカメラには「ソ○ー」とか、「キャ○ン」って書いてありますよ?
「こ、これは! 明日買い換えるアル!!」
 指でブランド名を隠してもダメですよ? これではまるでカン……いや、言わぬが花ですね。



・おまけ
 一連の騒動に対して、我慢できなくなったニホンちゃん。ついに教室でチューゴくんに詰め寄ります。
「ひどいよチューゴくん。謝罪と賠償を請求するよぉ」
「アイヤ、今回の件に関して責任はチューゴ家にはないアル」

68 :マンセー名無しさん:2005/04/11(月) 15:20:50 ID:Q9dJLZfK
・解説
 初めまして。今朝の『産経抄』を読んで思わず書き込みました。
 http://www.sankei.co.jp/news/column.htm
 ▼知人の目撃談によれば、デモの参加者らは「日本製品ボイコット」を叫びながら
ソニーやキヤノンで記念撮影していた。「『それ日本製では』と指摘すると、
『明日買い替える』と指でブランド名を隠した」とか。さすが日本の技術力と喜びも半ば、
中国人の支離滅裂ぶりに頭痛がする。(以上抜粋)

 この件に関しては町村外相が抗議しましたが、
 http://www.sankei.co.jp/news/morning/11iti001.htm
 【中国総局】中国外務省の秦剛報道官は十日、町村信孝外相が反日デモで
日本大使館の施設が破損したことなどに陳謝と賠償を求めたことに対して、
「今日の中日関係の局面について、責任は中国側にない」とコメントした。(一番下より)
 だそうで。

69 :黄鉄鉱 ◆ijZJtWEy4Q :2005/04/11(月) 17:28:16 ID:c6JXtO6s
>>67
いらっしゃいまし。早速ですがちょっと質問させてもらっていいですか?

地球小学校では個人個人で違う教科書なんでしょうか?
授業が大変そうですね。

大規模デモってチューゴくん一人で行えるものなんでしょうか?
「デモ」→「行進」という言葉を辞書で調べて確認してください。

さしあたって一番気になった点をあげてみました。
いろいろいじって研究してみてください。

70 :マンセー名無しさん:2005/04/11(月) 23:23:02 ID:sCvlCO0m
あまりコテがでしゃばるのはやめたほうがいい気が。。。

71 :マンセー名無しさん:2005/04/12(火) 00:04:58 ID:rm2fJTf/
>>69
>授業が大変
>辞書で調べて
そんな言い方を何故するんだ?
お前の弟子じゃないんだよ。作品より設定なんてオタククセー!

72 :マンセー名無しさん:2005/04/12(火) 00:59:53 ID:UDEJXCq4
OS娘、商業連載だってさ。すごいね。

ttp://haguruma.2log.net/archives/blog126.html

73 :マンセー名無しさん:2005/04/12(火) 01:27:40 ID:fGzBKw2R
>地球小学校では個人個人で違う教科書なんでしょうか?
>授業が大変そうですね。
色々難しいんですね
でも竹島パンツはOKなんでしょ?
そっちの方がすげーーーー

67さんの書いてるのは、ちゃんとフォーマットに則っているし
簡潔でネタもタイムリー、キツイ皮肉が入っています。
このスレが風刺のスレだとするなら、なんの文句がありましょうや?

寧ろ、小説家気取りで余計なこと長々書いて、
過去ログと解説読むまで、なんのことかさっぱり判らんものより
いいと素直に思いました。

74 :マンセー名無しさん:2005/04/12(火) 02:15:21 ID:rm2fJTf/
>>73こいつ風刺SSろくに書いてないから
攻略本の編集人気取り、だよw
他の作家のカキコと自分のカキコ較べろっつーの!
ろーかるるーるに名前が出たくなかったらね。

75 :マンセー名無しさん:2005/04/12(火) 03:26:02 ID:zsufr+3Y
皆様冷静に‥
N氏追放以来ずっといい雰囲気だったのですから。
けんかはやめましょうよ。

76 :マンセー名無しさん:2005/04/12(火) 09:26:49 ID:fPu/jnEO
サウジ公用車誤爆のネタでひとつおながいしまつ。

77 :マンセー名無しさん:2005/04/12(火) 16:54:19 ID:fdFdCs8p
http://aa5.2ch.net/test/read.cgi/nida/1113095420/l50
ニダー板にこんなスレが・・・

78 :67:2005/04/13(水) 01:23:42 ID:Fi9oelCr
>>69
お答えします。

教科書についてですが、348話でカンコくんだけ教科書の記述が違うという話がありました。
870話では、ニホンちゃんとインドネシアちゃんの教科書も独自の物のようですので、
それの応用ということでお願いします。
日記の内容という案もあったのですが、どっちがよろしいですかね?
(他人の日記を何で知っているんだ、という気もするので……)
ttp://funshei.at.infoseek.co.jp/html/348.html
ttp://funshei.at.infoseek.co.jp/html/870.html

デモについてですが、本文中に「チューゴくんたち」と書いておりますので、
たくさんいる家族から名無しさんが何人も参加しているという解釈でお願いします。

最後になりましたが、貴重なご指摘どうもありがとうです。
いまさら古い設定を持ち出してきたことに関して、謝罪はしますが賠しょ(略

79 :マンセー名無しさん:2005/04/13(水) 04:10:11 ID:Kpt0khUZ
今のニホンちゃんスレには編集者がいるのか・・・。
もしかして第二の電車男を探しているリアル編集者?

80 :マンセー名無しさん:2005/04/13(水) 09:28:26 ID:3wPdddN9
>>78
凄いガッツだ…頑張れー!!

81 :マンセー名無しさん:2005/04/13(水) 20:16:58 ID:TGZxWumX
>もしかして第二の電車男を探しているリアル編集者?
もしほんとなら、かなりの勇者。
で、出版したら、神認定。社、要る?

82 :マンセー名無しさん:2005/04/13(水) 21:03:10 ID:CIbOmIzU
万博によると今日はドイツの日らしい。
ゲルマッハ&アーリアのSSキボン

83 :マンセー名無しさん:2005/04/13(水) 21:07:56 ID:lbtT/alP
盧大統領「独、充分に資格ある」…国連改革問題に触れ
ttp://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/04/13/20050413000088.html
どーかひとつ。

84 :マンセー名無しさん:2005/04/13(水) 22:25:04 ID:12a+pIPc
>>49-54
をたまたま読んで、すっかりはまってしまいますた。
今j過去ログ読んでるのですが、結構どれもレベル高いですねぇ。
それにしても、こうやってデフォルメすると、カンコ君やらチューゴ君にどうしても怒りがわいてこない(笑)
特にカンコ君なんか、バイキンマン的親しみを感じてしまいます。

これって、かなり強力な精神的武装解除攻撃ですよねーw

自分もいつか、作家側で参加したいと思います。

85 :シェロ:2005/04/14(木) 01:55:00 ID:3GUrKlY9

「カンコがうちに来るのは、久しぶりだな」
 コーヒーを入れながらゲルマッハ君が言いました。
「ウリは前々からゲルマッハと仲良くしたかったから、遊びに来たいと前々から思ってたハセヨ」
 ゲルマッハ君から受け取ったウインナーコーヒーを一気に飲み干してカンコ君は言いました。
「そりゃ、光栄だな。どうしてだ?」
「だってゲルマッハは離れ離れになってたアーリアと今は一緒に暮らしてるニダ。
 いろんな苦労を乗り越えて一緒になるのはとても素晴しい事ニダ。
 ウリの家のビデオでも鉄板ニダ。ウリはブラジャーと仲良く暮らしたいから、見習いたいハセヨ」
 一息ついてカンコ君は続けます。
「それに、ゲルマッハ達は昔ナッチ叔父さんがやってたことをきちんと謝罪して賠償してるニダ。
 どっかの誰かさんに見習わせたいニダ。誰とは言わないけどね。
 そんな人にこそ頂上会議のメンバーになって、リーダーとして頑張って欲しいハセヨ」

「まぁ、人にはいろいろあるからな。我々はただ、自分達がやってしまったことを自分達なりに考えて行動したまでのことさ。
 そうすることで、仲たがいすることなく、友を増やしてきたんだ」
 ゲルマッハ君はコーヒーに一口口をつけると、深くため息をつきました。
「なんにせよ我々が頂上会議に入ることに賛成してくれて感謝する。お前はメンバー増やすの反対してたのにな」
「ケンチャナヨ。ウリはただアイツが入らなきゃいいだけニダ。そうそう、アーリアが最近お菓子作り始めたって聞いたニダ。
 ウリもアーリアのお菓子食べてみたいニダ。アーリアはどこ行ったニカ?」
「あぁ、あいつはちょっと遊びに出てる。しばらくしたら帰ってくるだろうが、待つか?」
「ん〜、ウリはこの後トルコとデートする約束してるニダ。今度お菓子食べさせてくれればそれでいいニダ。じゃ、またな」
 そう言ってカンコ君はちゃっちゃとゲルマッハ君ちを後にしました。

「…あの子も、大変だな…」
 残されたゲルマッハ君はそう漏らすと、携帯電話を手に取りました。


86 :シェロ:2005/04/14(木) 01:55:24 ID:3GUrKlY9

「…あぁ、そうか兄上。分かった、伝えとく。うん、うん、それじゃ」
「アーリアちゃん、ゲルマッハ君からなんの電話?」
「ん?カンコが遊びに来て、色々言ってきたって話さ。何でも、私達みたいな謝罪と賠償がすばらしいらしい」
 ニホンちゃんちに遊びに来てるアーリアちゃん、電話の内容をニホンちゃんに話しました。
「はぁ…またその話なんだカンコくん。なんだかなぁ……」
 カンコ君が言っていただろうことを想像して、ニホンちゃんは大きなため息をつきました。
 その顔を見て、『私達みたいな反省しちゃえばいいのにな』と思ったアーリアちゃん、
「ほら、そんな滅入った顔しないで。ニホンの母君が作ったロボットを見せてくれるんだろ?
 私は、ニホンとこれからも友達だから、元気だしな」
 ニホンちゃんの背中をぽんと叩くと、そう言って彼女の手をとるのでした。

『にしても、友達は選べよ……』なんて思ったかどうかは知ったこっちゃないですけどね。 


87 :シェロ:2005/04/14(木) 02:02:23 ID:3GUrKlY9
盧大統領「独、充分に資格ある」…国連改革問題に触れ
ttp://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/04/13/20050413000088.html
>>83氏リクエストのソースに加え、飯研でホットな韓国大統領のドイツ訪問を元ネタに。

>盧大統領はベルリンを出発し、ドイツ金融の中心地フランクフルトに到着した。
 14日にはドイツ金融界の要人たちを招いて投資を呼びかける円卓会議を開催し、同じ日の夜にトルコに向かう。
らしいのですが、
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/17/rls_0408b.html
クレメントドイツ連邦経済労働大臣は今愛・地球博に来ているとのこと。

連投っぽくなってしまってどうもすみません。投石、批判、罵詈雑言etc.お待ちしております。

88 :マンセー名無しさん:2005/04/14(木) 15:14:53 ID:jByFJxzh
ゲルマッハ君家は何処にも国家賠償してないよ。
国内の事は個人賠償してるけどね。

89 :Mitstein:2005/04/14(木) 16:09:03 ID:o/kZ5Ih0
いずれにせよ日本、ドイツ、ブラジル、インドと一緒に常任理事国入りが
できるといいですね。話の途中申し訳ないですが、初投稿致します。

「鬱金香」
1.地球町にも春がやってきました。小学校の周りの桜並木も満開です。
地球町にも春がやってきました。小学校の周りの桜並木も満開です。
そんな春うららの良い天気の中で、3年のダッチちゃんとハプスブルク先
生は花壇に水をあげています。
ハ:「キレイにチューリップが咲いて先生とてもうれしいは。」
ダ:「私たちが大切に心を込めてそだてたからですよ、先生。」
ハ:「そうであって欲しいわね。フフフ。」
そんな和やかな会話をしつつお手入れを続けます。
?:「わぁぁ、沢山咲いたなぁ〜。」
2人が振り返ると、下校途中の5年のトル子ちゃんがいました。
ト:「いつも5時間授業だから、急いで店番に行かなくちゃならない
  んだけど、今日4時間で終わりでしょ?だから、ちょっと余裕が
  あるから周りを見ながら帰ろうって思ってたんだ。
  そうしたら・・・。」
ハ:「そうですか。いつもトル子ちゃん店番がんばってるってウヨ君
  が言ってたよ。」
ト:「えへへ。」
ハ:「あっ、こちらはネーデル君の妹のダッチちゃん。ダッチちゃん、
  こちらはトル子さんよ。」
ト:「こんにちは。」
ダ:「初めまして、ダッチです。」
かなり変わった面子ですね。




90 :Mitstein:2005/04/14(木) 16:15:29 ID:o/kZ5Ih0
2.ハ:「そうだ。ダッチちゃんのお家とトル子ちゃんのお家のお花って
   チューリップなのよね。」
ダ&ト「はい。」
ハ:「何でだか知ってる?」
ダ:「分かりません。」
ト:「昔スルたんのマークだったらしいけど、なんでだろう?」
ハ:「うん。トル子ちゃんが言ったように元々はトル子ちゃんの家のマーク
  だったの。トル子ちゃんのお家がまだ大地主だった頃、私の遠い親戚の
  ブズッベクおじさんがトル子ちゃんのお家で働いていたときにこの花を
  分けてもらって、ユーロ町に持って帰ったの。そうしたら、ユーロ町で
  アジア町ブームが起こって、特にダッチちゃんのオランダ家の人がこの
  お花の大ファンになったの。だから、ダッチちゃんの家のお花もチュー
  リップなのよ。」
ト:「へぇ〜。そうだったんだ。」
ダ:「先生の親戚の方がユーロ町に広めたからだったんですね。」


91 :Mitstein:2005/04/14(木) 16:25:17 ID:o/kZ5Ih0
3.ト:「でも、地球町の人たちに好まれてるってうれしいな〜。」
ダ:「私も何だかとってもうれしい。」
ハ:「そうね。お花が町の人達と仲良くなるきっかけを作ってくれるかもし
 れないは。」
ダ:「そうなるとうれしいですね。」
ト:「そうだよね。あっ、いけないそろそろ帰って店番しないと。じゃあ、
 せんせ〜いさようなら〜。バイバ〜イ、ダッチちゃん。」
こうして、トル子ちゃんは走っていき、残った2人がまた作業を続けている
と、遠くの校門から声が聞こえます。カンコ君とタイワンちゃん、ニホンち
ゃんの声のようです。
カ:「何言ってるニダ!ソメイヨシノはウリナラが起源ニダ!ニホンとかば
うタイワンは(以下略)。」

タ:「くっついて来ないでよ〜。このバカンコ〜。」
カ:「アイゴ〜!」
なかなか世の中大変ですが、いつかみんなが仲良くできる日が来るといい
ですね。
   終
話を乱した上、長くて、更に連投しましてお詫び申し上げます。
ダッチちゃんが全然出てきてないようなので、ネーデル君と同じクラスにい
るという矛盾を避けるため、ハプスブルク先生のクラスの生徒にしてしまい
ました。ごめんなさい。
ネタは、トルコ駐在のオーストリア大使A・G・ブズベックがチューリップ
のヨーロッパ伝来のきっかけを作った事です。
全く国際風刺してません。ごめんなさい。僕あほ高校生です。

92 :マンセー名無しさん:2005/04/14(木) 20:17:54 ID:ykbmrl2s
>>89-91
オランダのチューリップって、トルコが元祖だったとは知らなかった。
そう言えば、ダッチちゃん登場ってこれが二作品目になるんだよね。

93 :黄 色 い リ ボ ン:2005/04/14(木) 20:37:06 ID:eii2yPrZ
良かった〜。
私もトルコちゃんの領土ネタ考えてたけど、平和じゃないから延期しよハハ

94 :青風: ◆BlueWmNwYU :2005/04/15(金) 01:04:49 ID:H4Azlpqx
>91 Mitstein さん
なにげにチューリップバブルの事も書いてません?
何はともあれβで軍曹が愛の鞭をぶんぶん
振るってくれるそうだから頑張って続けてくらはい。
あと、口をきく前と後に「サー」を付けるのを忘れないようにね。 ヽ(´ー`)ノ

>92 黄 色 い リ ボ ン さま
まだまだですよ。
レコンキスタなんて出した日には其処に某独身女教師やらからんで
なんやらかんやらてんやわんや                    ヽ(´▽`)ノ



95 :マンセー名無しさん:2005/04/15(金) 12:53:38 ID:2VJZd0z3
最近内容より技法をカタル批評がウザイ。なんでここ見てんの?
「作家志望が評論家になるのは墓場に行ったも同然」て言葉がわかったよ。

96 :Mitstein:2005/04/15(金) 15:29:04 ID:yb7POAjy
>95様
いえいえ、僕自身知識だけで書いた物で、内容が全然なかったなと後悔して
おります。それ故の事だと思います。
雰囲気を損ねてしまった事について改めてお詫び申し上げます。

97 :もうひとつ:2005/04/16(土) 01:38:59 ID:iMQIG/q8
『しーそーげーむ』


 アジア地区の北東地域にあるこの公園にはシーソーがあります。
 今日、ニホンちゃんたちはこのシーソーで遊んでいました。
 方やチューゴくん、ロシアノビッチくん、そしてヒッキーのキッチョムくんまで参加しています。
 その反対側には、ニホンちゃんとタイワンちゃん。しかし、女の子ふたりでは男の子3人には敵いません。
 そこに助太刀参上です。ご町内の警察官を自負しているアメリーくんがニホンちゃんたちに味方します。
 何でも一番でないと気が済まないアメリーくん、頑張ってシーソーを平衡状態にまで戻そうと奮闘します。
 ところで、こういうことになると必ず首を突っ込んでくるカンコくんはというと……。
「ウリはすでに誰もが無視できないくらいケンカが強くなったニダ。毎月の小遣いもクラスでトップテン入りしたニダ!」
 おやおや、シーソーの真ん中に立って演説中のようですね。
「今から、ウリが北東アジア地区のバランサーになるニダ!」
 何ともウリナラマンセーな結論を出したカンコくん。シーソーのバランスが変わるたびにあっちへフラフラこっちへフラフラ。頑張ってバランスを取ろうとしています。
 でもね、カンコくん。「てこの原理」って知ってますか?

「カンコくん、なにしてるの?」
「お前、マジメにやる気あるのか?」
「目障りアル」

「そ、そんな、アイゴーーーーーー!!!」
 お後がよろしいようで。

98 :解説:2005/04/16(土) 01:39:22 ID:iMQIG/q8
 ソースはちょっと古いネタですが、盧武鉉大統領が「北東アジアのバランサーになるニダ」というようなことを言ったことです。
 http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/03/22/20050322000029.html

 カンコくんに対するツッコミは、上からニホンちゃん、アメリーくん、チューゴくんのつもりです。一応。
 全員で突っ込むと冗長なので、このあたりで大きな影響力を持つ3人に代表してもらいました。


99 :マンセー名無しさん:2005/04/16(土) 01:55:03 ID:KjctN8P3
ウマイ!!

100 :マンセー名無しさん:2005/04/16(土) 08:57:27 ID:Uu/wRQaD
>>97
何だか初期のニホンちゃんの雰囲気が有って(・∀・)イイ!!

101 :Sereno Boy:2005/04/16(土) 15:53:14 ID:ZgdvJniq
独フランクフルター・アルゲマイネ
「痛みを伴う過去の清算から逃れ、一度も自ら戦犯を訴追したことがない」
「戦後60年たち、自身を加害者というより敗戦国とだけ認識している。
過去の克服には全く取り組んでいない」
「中国のめざましい経済成長や北朝鮮の核開発から不安を感じ、
独自の伝統や価値によりどころを求めている。」
「近隣国の視点で過去を考えることを日本が学ばない限り、
北東アジアでの和解はない」

南ドイツ新聞
「デモには共感できないが、血塗られた過去に対する日本の誤った
振る舞いにはもっと共感できない」
「日本の中国に対する反応には自己批判がない。
日本人は歴史の精査は十分行ったと信じているが、
こうした結論は、戦争加害者の子孫にはふさわしくないことを忘れている」

これほど悲しいことはありません。私はドイツを友邦だと信じていました。
日本は南京大虐殺、ドイツはホロコースト。どちらも歴史学の観点から
してみれば立証されていないにもかかわらず、共産主義国とユダヤ人の
利益のために日独は非難され続けてきました。ドイツは対戦中、
伝染病で苦しむ収容所内のユダヤ人の命を救おうと努力していました。
それを妨害したのは連合国の空爆です。
ドイツは日本を見習い、自虐史観から抜け出すべきです。
本当にホロコースト・大虐殺をしているのは、中国とソ連です。
近々、ニホンちゃんでこの件について書きたいと思っています。

102 :マンセー名無しさん:2005/04/16(土) 18:36:06 ID:+sPwjkI6
ホロコースト陰謀論はやめたほうがよさげ。

歴史板でやってください。

103 :マンセー名無しさん:2005/04/16(土) 22:22:45 ID:hT5r/EFp
ホロコーストは無かった! と声高に主張する連中はユダヤの手先。
繁殖力だけは強い劣等民族を500万人も駆除したヒトラー総統の偉業を無かったことにするユダヤの陰謀。



104 :黄 色 い リ ボ ン  ◆JBaU1YC3sE :2005/04/17(日) 02:52:28 ID:e3U+eI6m
>>101はじめまして、黄色いリボンです。あなたにはレスしたいと思っていました。
ドイツの戦後は新聞記者の常套句で計れるものではありません。朝日新聞のようにw
オットー・カリウス (大戦中に敵戦車150台を撃破した戦車兵)
Otto Carius著「Tiger in the Mud」英語版序文
「多くの戦いの記念碑が冒涜されてきた。一方で無名の戦争忌避者の記念物が称えられている」

それに彼らはキリスト教は守ったということです。ドイツも戦勝国も。
ユダヤがキリスト教の本家に当たる事実、
黄色いダビデの星は昔のバチカンが先例ですし、ルターもユダヤを呪っています。
イエス処刑の責任がユダヤ人にある、彼ら自身が認めた、というのはキリスト教側の本にしかない。
分家が被害者を名乗っているのですが、「聖書が嘘かも?」という話題は禁句でしょう。

ユーゴ分裂の時、ドイツはカトリックのクロアティア独立を認めて分裂を決定づけ、
他のEU諸国もこれに倣いました。
むしろキリスト教国がトルコを見る目の方が日本人として考えさせられます。

あなたは私にとって羨ましい環境にあります。
アメリカには日本に訳されていない沢山の偉人伝、資料が豊富にありますから。
愛国者として以下の人物の本を集めるのはどうでしょう。
マンネルヘイム元帥 Mannerheim
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h11_2/jog117.html
アンリギザン将軍 Guisan
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h11_2/jog095.html

この本は日本では戦後再版されていません。
ハウスホウファー Haushofer 著 「 Geopolitics of the Pacific Ocean 」

学業成就とラスカちゃんGETを祈っています! 他の皆さん大変失礼しました。

105 :黄 色 い リ ボ ン  ◆JBaU1YC3sE :2005/04/17(日) 03:03:50 ID:e3U+eI6m
>>105追加
Sereno Boyさんを10年後のウヨ君と思って応援しています。
ラスカちゃんももちろん10年後の、という意味ですよw

106 :どぜう ◆3F8jIdnlW2 :2005/04/17(日) 14:57:01 ID:qUQcDbdm
「狼は生きろ、豚は死ね」

最近チューゴ君の家では豚が大暴れしています。
どう云うわけか、その大暴れした豚はニホンちゃんにゆかりがある物の近くまで行くと、
「ふごーっ、ふごーっ!」と、大きな鳴き声を上げながら物を壊したり粗相をしたりして走り回るのです。
「ああ、もういい加減にするアルよ」とか云いつつもチューゴ君。
「ウチの家のこんなところに物をおきっぱなしにしてるニホンが悪いアル、
ウチの豚には何の問題もないアル」と、涼しい顔をしていました。
ニホンちゃん、妙に穏やかな顔で抗議していますが、
チューゴ君は一向に意に介してはいないようです。

…どうも餌の時間らしいですね。ちょっと覗いてみましょう。
「さあさ、たんと食べて大きくなるアルよ。
『豚は太らせてから食べる』のが我が家の決まりアルからね」
と、ざかざかと飼料を豚に与えていました。
袋には、でかでかと「反日印の配合飼料」と書かれてます。
…しかもそれ、日本製じゃないですか?
「ん?これはアサヒから貰った餌アル。食いつきが違うアル。
…ああ。明日から変えるアルよ。明日からね」
と云うと、マジックペンで日本製の部分を塗りつぶすと、
またざかざかと餌を豚にやり始めるのでした。

一方ここはアメリー君の家。テレビを見ながらアメリー君がぽつり、呟きました。
「ニホンちゃんに危険が及ぶようなら、俺も黙って見てるわけには行かないなあ」
また一方、こちらはユーロ地区のご近所会議ではお母様方が、
「タイワンさんの家を無理矢理取り壊そうとする限り、お野菜なんかはしばらく売れませんよねえ…」
「…そうですわねえ、色々日之本さんの家にも厄介事を押しつけてるようですし」
と、なにやらひそひそ話が進行中。

「さあさ、たんと食べるアルよ、可愛い豚共」
…目下の興味は、豚を太らせることがチューゴ君の関心事のようですね。
やれやれです。

107 :どぜう ◆3F8jIdnlW2 :2005/04/17(日) 14:58:06 ID:qUQcDbdm
云ってるだけだとなんなので、実践も。
反日デモを中心とした所感雑感です。
反日印の配合飼料、朝日新聞のご注進記事はつとに有名なので割愛します。
日本製のマークを指で隠したのも割愛。

アメリー君の発言はこちら。
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20050413STXKD000713042005.html
米、日中に関係修復促す・デモの暴力で中国批判

こちらはユーロ地区の井戸端会議の様子。
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050415-00000016-yom-int
対中武器禁輸解除、EUが先送りへ

108 :目次244:2005/04/17(日) 18:37:55 ID:f6mugcI+
第2208話〜第2211話
>>57

第2212話「ニホンの技術は世界一ィィィイイイイ」
>>67 ( >>68 解説)
第2213話「リーダーとして頑張って欲しいハセヨ」
>>85-86 ( >>87 解説)
第2214話「鬱金香」
>>89-91
第2215話「しーそーげーむ」
>>97 ( >>98 解説)
第2216話「狼は生きろ、豚は死ね」
>>106 ( >>107 解説)

109 :Serenoboy:2005/04/18(月) 03:12:48 ID:NJB7JE3G
黄色いリボンさん、本当にありがとうございました。自分があえて
ホロコーストを取り上げたのは、「南京」も将来否定することを許さない
「事実」となるのではないかという不安からです。ドイツの「反ナチ法」
同様、「南京30万は中国の陰謀だ」と公の場で発言しただけで
犯罪者になる。歴史資料の見直しすら許されず、中国やドイツ同様、
すべての出版物が検閲され、日本の戦争犯罪を否定したり、擁護することが
罪になる。今のドイツの状況を見ていると、日本も将来そうなるのではないかと
本気で心配しています。そんなことになれば日本はおしまいです。
ドイツのホロコーストに関しては「逆転ニュルンベルグ裁判!」を
見てみてください。
http://maa999999.hp.infoseek.co.jp/ruri/sohiasenseinogyakutensaiban2_mokuji.html

自分は日本が好きです。
いつの日か、「南京」を日本政府が否定する日が来ることを祈っています。
ニホンちゃんではもうホロコーストを書きません。ご迷惑をおかけしました。

110 :マンセー名無しさん:2005/04/18(月) 13:30:59 ID:rdUT6fSJ
まだやってたのかコレ
なんかキモい流れの時があったのでそれ依頼見てなかったけど

111 :マンセー名無しさん:2005/04/18(月) 21:28:43 ID:zTWGM0im
>>110
定期的にこういう香具師くるね

112 :マンセー名無しさん:2005/04/18(月) 21:34:44 ID:lW0dvMGX
>>111
まあたまーに読みにきてくれるんだから、いいんでないの?

113 :マンセー名無しさん:2005/04/18(月) 23:41:57 ID:NY5HzuPz
>>106
この事件、シャレにならない事態になってきてる様な気がする・・・

114 :青風: ◆BlueWmNwYU :2005/04/19(火) 00:38:31 ID:eGfshtLs
>>109
私は「ホロコースト」も「南京」も
そのうち本当に理性的な目で再評価される時が来る
と思いますよ。
そもそも、「絶対悪」の役を他人に押しつけて
思考停止に至る行為が私は余り好きじゃないのです。
ただ、それをするには少しだけ時期が早いんでしょう。
時が至った時、「物語」がいかに変貌を遂げるか、
その物語を人々がどう受け止めるかは興味が尽きない
処でもあります。
その時って「ニホンちゃん」第2章の始まる時かも知れません。

115 :マンセー名無しさん:2005/04/19(火) 01:18:10 ID:NfC2CmlI
まとめサイトからきました、記念パピコ


116 :マンセー名無しさん:2005/04/19(火) 21:12:24 ID:UGDIiuk+
>>106
今思ったんだけど、タイトルの「豚は死ね」って何気に物凄い事言ってる様な…

117 :あさぎり ◆WOaKOSQONw :2005/04/19(火) 22:26:12 ID:BajoK5mv
『澱み萎え、枯れて舞え』

「ニホン!天はやっぱりウリの味方ニダ!」
「は?ナンノコトですか?」
 1時間目が終わって次の授業の準備をしている最中、いつものように唐突に
カンコ君がいきり立っています。
「先週ニホンがナマイキにも自分のものと言い張ってる竹島パンツ改め独島パンツ
を 被 っ て 写真撮ったらこぉんな形の雲が写っていたニダ!」
 言われて見れば、パンツ被って大威張りのカンコ君の写真の後に、びみょーに
カンコ君の家の形のようなものの雲のようなものが写っています。
 それはそうと、誰がこんな写真撮ったかが気になるところ。
「んで、これがなんだっての?」
 ニホンちゃんどことなく憐れな生き物を眺めるようにカンコ君に聞いてみます。
「根拠も証拠もないニダが、これはきっとパンツをウリのものにしろって言う
天のお導きニダ!」
 ああそうですか、遂に神頼みですかとニホンちゃんまじでうんざり。反論する
気にもなりません。
「さあ、ニホンはさっさと諦めてしまうニダ!それがいいニダ、そうするニダ!」
「諦めつかないからネーデル君ところでナシつけない?」
「その必要はないのはこの写真が明らかに示して…」
「ないってば。」
 いつもなら唾飛ばして反論してくるカンコ君。でもなんだか今日はブルーデイ。
いきなりしおしおになりました。
「アイゴォ…ニホンが逆切れしてウリの話しちっとも聞かないニダ…自分の都合の
イイコトしか聞かないニホンは本当にひどい小悪魔ニダ、邪神もっこすニダ…」
 主語をまるっきり置き換えてやりたいニホンちゃん。することといえば…
「はぁーーー……」
 ですね。溜息しか出ませんわな。

おしまい

118 :あさぎり ◆WOaKOSQONw :2005/04/19(火) 22:27:37 ID:BajoK5mv
□解説・妄言・偶発事項
※カンコ君はセルフタイマーで写真撮影したと思われ。
こんばんわ、病み上がりのあさぎりです。リハビリに小ネタをば…
※えー、朝鮮日報見てて呆気にとられたんですが…なんかいじけてない?カンコ君。
ネタがなくてこんなもん記事にしたのか、何でもいいから竹島領有を主張したいのか
イマイチわかんないですが…誇らしくもないからほるほるも出来ませんわw
 しかも撮影7年も前じゃないか…

□そーす氷結水蒸気
【写真】独島の上空に「韓半島雲」 
ttp://japanese.joins.com/html/2005/0415/20050415205627400.html

国際司法裁判所 (ICJ)【現代政治用語辞典】より
ttp://pol.cside4.jp/kokusai/38.html
国家間の係争事項の裁定機関。ここでの判決は国際法上の拘束力を持つ。故に当事者の
双方に審議自体への同意が必要。韓国は李承晩ライン設定からこの方ハーグへの上程を
逃げ回ってます。

119 :マンセー名無しさん:2005/04/19(火) 23:15:39 ID:uF7nezDN
http://news.www.infoseek.co.jp/topics/world/china.html?d=19kyodo2005041901003753&cat=38&typ=t
このバカなんとかネタにしてくれませんか?

120 :マンセー名無しさん:2005/04/19(火) 23:24:12 ID:jOlHwQDp
チューゴくん、イメージ変わったよね?

121 :マンセー名無しさん:2005/04/20(水) 00:15:18 ID:JM9OS15V
>>119初挑戦してみようかな・・・・

122 :マンセー名無しさん:2005/04/20(水) 00:29:04 ID:UVZkeCjT
>>121
どうぞ。

123 :121:2005/04/20(水) 01:46:31 ID:JM9OS15V
んと、暴動絡みなので、
>>106 どぜう ◆3F8jIdnlW2 」さんの続き的な感じで書き始めたら、
思いのほか長くなってしまいました。
間の暴動騒ぎのねたがまだかかれていなかったようなので、そこから書き始めちゃったんです。
分割でうpしてもいいですか?

124 :マンセー名無しさん:2005/04/20(水) 03:49:42 ID:AzIlSF8i
>>119
リクエストにお応えして1発……と思ったけど、121氏の後にした方がいいかな。

125 :121  ◆UwtHzLzfo2 :2005/04/20(水) 04:26:19 ID:JM9OS15V
結局、三つに区切りました・・・超長い・・・スマソ。
でももったいないからうpします。
>>124スマソ

「動物は自然だから無罪アル」

「豚がどんどん太って嬉しいアル。どんどん食べるアルよ。」
近頃、豚を太らすことに執心気味のチューゴ君。
実は、つい最近までチューゴ君は豚を育てるのはあまり得意ではありませんでした。
特に去年は、豚が所かまわず大暴れしていたので、家中めちゃくちゃになり、
とくに暴れるものに対しては、太らせる前に売ってしまうものも少なくありませんでした。
ですが、今年から「反日印の配合飼料」に切り替えた結果、
暴れることはなくなりませんでしたが、その規模は小さく、
何よりニホンちゃんにゆかりのあるものにしか被害を与えなくなったので、
チューゴ君は初めて豚で黒字を出すことが出来たのです。


126 :121  ◆UwtHzLzfo2 :2005/04/20(水) 04:26:56 ID:JM9OS15V
「チューゴ君、わたしがあなたに貸してあげたおもちゃとか本とか、
豚さん達が壊したり汚したりしているみたいなの。
できれば、ちゃんとした形で返してほしいんだけど・・・」
ひかえめなニホンちゃんは、こんなことをされても控えめに訴えます。
近頃、豚たちもどんどん太り凶暴になってきて、
前はいたずらとか、粗相というレベルでしたが、最近では、
おもちゃはぼろぼろになっているし、本は汚物まみれとひどい有様です。
「うるさいアル。これは豚たちがやったことアル。
オマエは動物がすることさえ、いちいちケチつけるアルか?」
「ううん、そういうわけじゃないの。でもね、その豚さんはチューゴ君のだよね?
だったら、チューゴ君にも責任はあると思うの・・・」
「大体、ニッテイがケンカをふっかけてきた時はこんなもんじゃなかったアル。
まずは、謝罪と賠償をしてから文句言うヨロシ」
そういわれると、何も言い返せないニホンちゃん。
「・・・ごめんなさい。おもちゃも本もやっぱり返してくれなくていいよ。
だから、今度からはこういうことがないようにしてね。お願い。」
笑顔で答えましたが、悔しさで泣きそうでしたが、我慢しました。
「わかったアル。まぁ動物のすることだから保障はできないアル。
用が済んだならとっとと帰るアル」
ニホンちゃんはそこから逃げ出すように帰りました。

つづく

127 :121  ◆UwtHzLzfo2 :2005/04/20(水) 04:27:21 ID:JM9OS15V
「ウヨのささやかな報復」

相当我慢していたんでしょう、自分の部屋に帰ってきたニホンちゃんは、
涙が流れるのをとめられませんでした。
「姉さん、ちょっといいかな?」
後ろから、ウヨ君の声がしました。ニホンちゃんは慌てて目元を拭き、
声の調子を整えてから「どうぞ」と、ウヨ君を部屋へ入れました。
「・・・姉さん、泣いてた?目が真っ赤だよ。」
「あ、ううん、これはなんでもないの・・・」
悟られまいと思っていましたが、自分の目がはれていることに、ニホンちゃんは気づいていませんでした。
「また、カンコやられたの?」
ニホンちゃんはうつむいてしまいました。こういうとっさの言い訳がニホンちゃんは苦手です。
「・・・話したくないならいいよ。ちょっと行って来る!」
「ちがうの!カンコ君は関係ないの・・・」
「じゃあ誰だよ?話してよ、僕は姉さんが心配なんだ!」
こうなったウヨ君は、誰も止められません。
言わないと手当たり次第に暴れてしまいそうなので、話すことにしました。
「・・・無茶しないって約束してくれる?」
本当は、こんな事は話したくありません。ニホンちゃんは、ウヨ君が自分のことになると、
どんなことでも平気でやってしまうところが、嬉しくもありましたが、とても心配でした。
ウヨ君になにもしないことを約束させ、チューゴ君とのいきさつを話しました。
「なんて奴だ、チューゴの奴・・・」
ウヨ君は怒りが収まらないようです。
「でもね、被害があったのはチューゴ君に貸していたものだけだし、
チューゴ君もいろいろ大変だから、すこし大目に見てあげたほうがいいと思うの。
だから、そっとしておいてあげてね。仕返しなんてしちゃだめだよ」
ウヨ君は少し悩んだ末、首を縦に振りました。それを見たニホンちゃんは少し安心しました。


128 :121  ◆UwtHzLzfo2 :2005/04/20(水) 04:34:29 ID:JM9OS15V
「チューゴめ、普段から姉さんにちょっかいばっかりかけてるよな。
カンコの後ろで目立たないようにやっているけど、僕は知っているんだ」
いままで、いろいろされていても、結局カンコ君という隠れ蓑もとい捨石があったため、
チューゴ君はあまり表沙汰にはなっていません。
ですが、やっていることはカンコ君に比べ物にならないほどひどいものもありました。
「あいつが、二度と姉さんに悪さしないように、徹底的に叩いて改善しないと・・・」
ニホンちゃんとの約束を破ることになりますが、
ウヨ君は泣いているニホンちゃんをこれ以上みていられません。
悩んだ末、ウヨ君はチューゴ君と決闘をしようと考えました。正当なケンカなら問題ないと思ったのです。
果し状を書き、それに竹刀を添えてチューゴ君の家に送りつけました。

つづく

129 :121  ◆UwtHzLzfo2 :2005/04/20(水) 04:35:43 ID:JM9OS15V
「豚の暴動とテロ」

「チューゴ、お前宛の荷物アル」
チューゴパパが、円筒状のおおきな荷物を持ってきました。
「ん?なにアルか?ずいぶんでかいアル。あけてみるアル」
わくわくしながら、部屋に持ってきて包みをあけるチューゴ君、そこには竹刀が入っていました。
「何アルか?これ、剣っぽいアル。あ、封筒も入ってたアル。
こ、これは・・・果し状?なに・・・〇月□日、お前に決闘を申し込む。
これは日常的な姉への嫌がらせに対する制裁だ。その戦い方は竹刀での一騎打ち。
逃げれば貴様の豚を狙わせてもらう。これは警告ではない。だと・・・?ふざけてるアルか」
チューゴ君は、冗談だと思いました。しかし、だんだん不安になってきました
「ニホンの家の奴らがこんなことをしてきたのは、久しぶりアル。
もしかして本気アルか?ウヨのことだし、ホントにやりかねないアル・・・」
チューゴ君は、先手を打つことにしました。

「ウチの家の豚の飼育を妨げられ、豚たちが脅威にさらされたアル。
これはテロ行為と同じアル。謝罪と賠償、ウヨの処罰と事件の再発防止を要求するアルよ!」
チューゴパパが、ニホンパパに怒鳴りつけます。
どうやら、チューゴ君はこのことをチューゴパパにちくったようです。
「・・・はぁ、まあうちのからも話を聞いて、よく言っておきますので・・・」

130 :121  ◆UwtHzLzfo2 :2005/04/20(水) 04:36:43 ID:JM9OS15V
ニホンパパは、チューゴパパが帰った後、ニホンちゃんとウヨ君にこのことについて聞きました。
そのことについて、ニホンパパは特にとがめる事はしませんでした。
「ウヨのしたことはたしかに良くないことだ。何でも力任せにやってはいけないよ。
でも、それはやりかたがまずかっただけだ。それに、人のものを壊したりして、
それをちゃんと元に戻したり、あやまるのが当然なんだから、チューゴ君にも非があるしね」
そんなことを、ウヨ君に聞かせ、ニホンパパは仕事に戻りました。
決闘をしかけたことが、ニホンちゃんにばれただけでなく、
それを利用されたウヨ君は悔しくて真っ赤になってました。
「姉さん、ごめん・・・」
そういうとウヨ君は、自分の部屋に戻ってしまいました。
「まって、ウヨ君!」
ニホンちゃんは、追いかけましたが、部屋に鍵をかけられたので、
何も言ってあげることが出来ませんでした。
「・・・全部チューゴが悪いのに、なんで・・・」
ウヨ君はチューゴ君への恨みをつのらせるのでした。

ところで、今回全然出てこないカンコ君は、
チューゴ君から分けてもらった「反日印」の餌で牛を育ててました。
ニダニダと笑いながら
「もっと太るニダ、美味しい焼肉ウリナラマンセー」
などといってます。彼もチューゴ君と同じことをするのでしょうか?
なんだか、ため息が出てしまいますね。「はぁ・・・・」

131 :121  ◆UwtHzLzfo2 :2005/04/20(水) 04:42:23 ID:JM9OS15V
以上です。
えらく長くなって申し訳ない。
リクエストまでのエピソード補完しようとおもったら、異常に・・・。
最後のほうは、意識して変に圧縮しちゃってるし。
初なのに出しゃばってスマソ。

132 :マンセー名無しさん:2005/04/20(水) 05:00:13 ID:eR5KXshA
>>>>117
>邪神もっこすニダ
聞き捨てならん事を聞いたような気がする

>>131
力作ですね、GJ!です
個人的には、ウヨ君がやったかどうかはぼかして欲しかった
自演の可能性も・・・つか、パチンコ玉、国内で売られてないカミソリの刃、薬きょう
犯人掴まるといいですねw

133 :124:2005/04/20(水) 08:24:50 ID:AzIlSF8i
『ハーメルンの笛吹 -チューゴはいつからカンコになったのかと半万年問い詰めたい-』

 ある日のことです。チューゴ家でネズミが大発生しました。
 食べ物は食い散らかすわ、電気の配線はかじるわ、それはもう大変な騒ぎなのです。
 チューゴくんたちが困っていると、そこにカンコくんがやって来ました。
「チューゴくん、お困りのようニダね」
「カンコアルか。この際お前でもいいアル。何か妙案はないアルか?」
 おぼれる者わらを掴む、というやつでしょうか。それとも混乱しているのでしょうか。チューゴくん、よりにもよってカンコくんに助言を求めます。
「任せるニダ。偉大なるウリナラの技術が作り出したトンチャモンがなんとかしてくれるニダ」
「ちゃちゃちゃちゃん♪ ハーメルンの笛〜。
 この笛を使えば、ネズミを操って好きなところに連れて行くことができるニダ」
「さすがトンチャモンニダ! ウリナラマンセー!!」
 思考停止に陥っていたチューゴくん。早速この笛を使ってネズミを黄池に飛び込ませようとしました。
 しかし、ペキンの間から黄池までは距離があります。面倒くさくなったチューゴくんは、日頃のストレス解消もかねてニホン大使間に誘導することにしました。
 途中でネズミがニホン料理をつくっている家族にかみついたり、サウジちゃんが持っているニホン製のラジコンカーをひっくり返したりしていました。
 でも、カンコくんを見習うことにしたチューゴくんはケンチャナヨ精神でこれをなかったことにします。
 あれよあれよという間に、ニホン大使間はめちゃめちゃになってしまいました。
 当然、ニホンちゃんはチューゴくんに抗議します。が、チューゴくんはこれすらもケンチャナヨ精神で(以下略)。

134 :124:2005/04/20(水) 08:25:15 ID:AzIlSF8i
 しかし、さすがのチューゴくんもケンチャナヨ精神で乗り切れない事態が起こりました。
 チューゴ家にニホン家が部屋を借りているように、ニホン家にもチューゴ家が借りた部屋があります。
 その部屋の窓の外、庭に誰かが犬を散歩に連れてきて、後始末をしないまま帰っていったのです。
 それが放つ異臭はひどいもので、とてもニッチュー友好どころではありません。
「ニホン、これはテロ行為アル! 謝罪汁! 賠償汁! 犯人の処罰と事件の再発防止を(以下略)」
 ニホンちゃんはこめかみを押さえつつため息をつきました。
「最近のチューゴくん、なんかカンコくんみたい」
「アイゴー! アル」

135 :124:2005/04/20(水) 08:27:28 ID:AzIlSF8i
・解説

 >>120 回答は上のお話で示したということで。

 とりあえず「官製反日デモ」から書きました。
 政府への不満を反らしているとか、いろいろいわれているあたりを有名なお話を利用して表現しました。
 しかしまあ、幼稚なデモに幼稚ないたずらで返すなんて、○ったれなやつらですなぁ(食事中の方いらしたら失礼

 反日デモでひっくり返した日本車はサウジアラビア大使館の公用車。
 ttp://erict.blog5.fc2.com/blog-entry-32.html

 中国反日デモ…現地韓国人の心情は複雑 日本に同情も(朝鮮日報)
 ttp://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/04/18/20050418000029.html
 中国人は韓国人を「見習」ったそうです。
 でも、外に出ると韓国の人も世界が見えてくるようですね。

 「大使間」は誤字ではありません。「大使館」と部屋を意味する「間」をかけたオヤジギャグです。
 え? つまらない? 謝罪はしますが賠償は(略

 関係ない話ですが、トンチャモンも語尾は「ニダ」なんですかね。

136 :Serenoboy:2005/04/20(水) 17:33:51 ID:MkFuGZCV
「花を踏んでは」

「きれい・・・ほんとうにきれい・・・」
それは、ため息が出るような美しさだった。
峰々の藍き、夏。山河燃ゆる、秋。凛として、冬・・・。
木々のぬくもり、せせらぎの響き。四季折々の色が、この家を包みこむ。
萌えいづる 春、さくら 咲く 春・・・。
ほほをなでる風はやわらかく、あまい、やさしい香りがする。

ここはニホン家の「六条の庭」
社殿を背景に広がる池に、清冽な水が、
段落ちの滝と遣水から陽光をきらめかせて注いでいる。
かつてニホン家では、この庭で管絃の遊び、花見の宴、和歌の会と四季折々に風流を楽しんでいた。
今日はこの庭で、ニホンちゃん主催の「桜の宴」が開かれることになったのだ。

137 :Serenoboy:2005/04/20(水) 17:34:36 ID:MkFuGZCV
「皆様、本日は桜の宴にお集まりいただきまして、誠にありがとうございます。
桜を愛でる優雅なひとときを、ごゆるりとお過ごしください。」
白い袿と山吹の襲ねを身にまとった、うるわしい少女が挨拶をする。
「姉さん・・・・・きれいだ・・・。」
ウヨ君が、思わず口にする言葉。ここに居る誰もが、そのあまりのニホンちゃんの美しさに息を呑んだ。
「ニホンちゃん・・・。うーんもう可愛い!!最高!!」
桜とニホンちゃんに見とれていたタイワンちゃんが、ニホンちゃんに抱きついた。
「ちょ、ちょっとタイワンちゃん、やめてよ〜。」
「いや〜、今日はあんまり可愛いからさ。それにみんなにニホンちゃんは私のものだって知らしめとくんだ!えい、えい」
「え、ちょっと違うでしょ、もう、タイワンちゃん、くすぐったいよ」
「えい、こちょこちょこちょ」
ふたりのじゃれあうようなやり取りに、皆思わず笑い出す。
「こらこら、タイワン。あんまりニホンにくっつくなよ。せっかくの小袖が乱れるだろう?」
「まったくだな。そろそろ離れろ、タイワン。」
ゲルマッハがくすくす笑いながら言う。アーリアちゃん、笑いが引きつっている。
「へー、二人ともできてたのか。知らなかったな、タイワン。キミにニホンちゃんを取られちまったのかい?」
「そーよ。残念でした!」
「ちょっと、マカロニーノ君!タイワンちゃん!もう〜。」
口とは裏腹に、ニホンちゃんもくすくす笑っている。

138 :Serenoboy:2005/04/20(水) 17:39:41 ID:MkFuGZCV
「さー飲むぞ!食べるぞ〜!!」
「あなたねえ〜、本当にデリカシーのない方ですわね。」
「全くですわ。今日のメインは桜で、お酒と食べ物じゃございませんことよ。」
エリザベスちゃんとフランソワーズちゃんが、ロシアノビッチ君にあきれたように言う。
「かてーこというなって、姉さん!花より団子っていうじゃねえか!それに宴ってのは飲んで、食べて、歌って楽しむところだぜ!」
「コ、コルシカ!全くこの子は・・・・。」
「本当ですわね、お姉さま。こんな野蛮人がお姉さまの妹なんて・・・。私が代わりたいですわ。全くうちの愚兄ときたら・・・。」
「ぐ、愚兄・・・・(ガーン)」
相変わらずのケベックちゃん。カナディアン君、ショックのあまり言葉を失ってしまった。
「ケ、ケベックちゃん。そんなこといったらお兄さんがかわいそうだよ・・・・。」
ラスカちゃんはちょっと気が弱いけれども優しい。カナディアン君とラスカちゃん、案外似た者どうしかもしれない。
「いや、最近こいつ生意気だしな。あ〜あ、俺はお前を心の友だと信じてたのにな〜。裏切るなんてな〜。」
「あ、アメリー君、裏切るだなんて〜。」
「あ〜あ、誰かさんが、俺のロケット花火計画に参加しないなんてな〜!傷つくよな〜。」
「アメリー君〜!」
ガキ大将のアメリー君、「心の友」のカナディアン君に、ちくりといやみを言う。カナディアン君は、もはやおろおろするばかりだった。
「アミーゴ!まあ、一杯飲みましょうや!ね!俺たちチーム『那普多』の仲間じゃないっすか!」
メヒコ君が二人をとりなす。二人にグラスをわたし、やや鈍く光る、とろりとした色合いが特徴的な酒を注ぐ。
「おう!気が利くじゃねーか!心の友よ!オラ、カナディアン!いつまでもしょぼくれてないで飲むぞ〜!」

139 :Serenoboy:2005/04/20(水) 17:41:01 ID:MkFuGZCV
「ちょ、ちょっとアメリー君、飲むって〜!」
「なにいってやがる。貴様この間ロシアノビッチと飲んでただろ!俺の酒が飲めねえってのか!」
「あ、あれは・・・、わかったよ、アメリー君。飲むよ!飲みます!」
「よし!ほら、一気だ!一気!」
「くあ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!」
おお、いい飲みっぷりだぜ!お、おい、カナディアン?」
「おい、アメリー、そこの瓶よこせ!ラッパのみ!いぇい!」
「ラッパのみってお前・・・これテキーラだぞ?」
「さ、さ、アミーゴ!どうぞどうぞ!グーっと行きましょう!」
大トラ、カナディアン君、再び。
「おお、カナディアン、俺のウォッカも飲むか?」
「もちろんだ!ロシアノビッチ!瓶ごとよこせ!商売繁盛!さけもってこーい!!」
わけのわからないことを口走りながら、大魔神へと変身していくカナディアン君。大丈夫?


140 :Serenoboy:2005/04/20(水) 17:41:54 ID:MkFuGZCV
「あいかわらず美しいな、ここの桜は・・・。桃源郷のようだな。」
タバコをすいながら、一人たたずんでいたクールな策士が思わず口にする言葉・・・。
その様子を伺っていたタイワンちゃんがビールの入ったグラスを持って彼に声をかける。
「・・・・チューゴ。あんたがここに来るなんてね。正直こないかと思った。」
グラスをチューゴ君に渡しながら、思わずたずねる。
「タイワン、俺は面子を大切にする。だがな、実利も大切にするんだ。カンコとちがってな。」
「へえ。やっぱりあんたでもニホンちゃんは無視できないってわけね。」
「・・・当たり前だ。うちの無知でバカな従業員と一緒にするな。全く、あいつらどうしょうもないからな。」
チューゴが、グラスに入ったビールを飲みながら答える。
「あんたがそういう社員教育してるんでしょ?自分ところの会社をまとめるために。
でもあんたもやるね、普段はアルアル言って、バカみたいな振りしているくせにさ。」
「・・・まあな。バカなやつは、俺の演技に引っかかる。」
「やっぱりね・・・うすうす感づいていたけどさ、ホワイトデーのときから」

141 :Serenoboy:2005/04/20(水) 17:43:24 ID:MkFuGZCV
「お前はバカじゃないようだな。ならどうしておれがニホンだけは敵に回したくないかわかるだろう?」
「まあね・・・。」
チューゴ君は、ニホンちゃんの怖さを知っていた。普段は気弱で華奢に見える美少女が、
いざとなればアメリー君やロシアノビッチ君でさえ圧倒されるような、力強さを持っていることを・・・。
「ニッテイの時代、アメリーはあいつんちをぼこぼこにした。昔ニッテイが支配していた家や土地も失った。
俺んちは勝ったと思っていた。ついにヒノモト家に勝った!正直あいつはもう立ち直れないかと思ったよ。
だがあいつの家はよみがえった。アメリーの家に守られながらとはいえ、この町では相当な力を持っている。」
「チューゴ・・・。」
「ニッテイはな、あのロシアノビッチの家に喧嘩を売って勝ったんだぞ。しかもアメリーの家にも喧嘩を売りやがった。
俺たちがあの白豚どもに犬っころ扱いされていたあの時代にだぞ。そんなやつの孫娘だ、あいつは。恐ろしくないわけあるか。」
チューゴ君は桜を愛でながら答えた。そんな彼の横顔を眺めながら、タイワンちゃんはつぶやく。
「なかなか冷静だね、あんた・・・。見直したよ、ある意味ね。」

142 :Serenoboy:2005/04/20(水) 17:44:29 ID:MkFuGZCV
「タイワン・・・・。俺と結婚してくれ」
タイワンちゃん、思わず顔を真っ赤になる。
「あ、あんた!なにを寝ぼけたこと言ってるの!」
「なにいってやがる、お前の親戚がこの前二人もうちに来て、お前と俺は許婚の間柄だから、これからもよろしくって挨拶に来たぞ。」
「許婚?おじさんたちまだそんなこと言ってるの?全く・・・。」
「もともとお前んとこのトウキじいさんが言い出したことだぞ?言っておくが。それをあのじいさん、後になって手のひらを返しやがった。
あのじいさん、最初から俺にお前を嫁にやる気なんかなかったのさ。自分ところの家を守るために俺を欺いた。
今じゃ、婿であるお前の親父さんを応援して、お前が俺と結婚することに反対していやがる。たいした策士だよ、あのじいさんは。」
「おじいちゃんが・・・。」
「おまえんところの親戚たちが家を支配していた頃は、あいつらが正統チューゴ家を名乗っていたからな・・・。
ま、おまえの親戚たちは、俺の家との付き合いを大切にしているみたいだし、今は多めに見てやるよ。
俺が優しい顔をしている間に嫁に来るんだな。タイワン。あとで後悔するなよ。」
口元をにやつかせながらも、鋭い目でタイワンちゃんをにらみつける。タイワンちゃんも、その老獪な策士のにらみには怖気ずく。
「・・・・・あんたの嫁になるくらいなら、死んでやるから・・・・。」
タイワンちゃん、目に涙を浮かべながら答える。
「・・・俺はお前に手荒なことはしたくない。できれば妹の香がうちに来たときみたいに、穏便に済ませたいんだ。
そうすればアメリーやユーロ町のやつらも口出ししてこないだろうからな。まあ、ゆっくり考えるんだな。自分の未来を・・・。」
その時、一陣の風が吹き渡り、桜の梢を揺らした。吹き散らされた花びらが、まるで雪のように、
二人を包み込み、そしてお互いの姿が見えなくなった。
タイワンちゃんは、涙をその勝気な美しい瞳から流しながらその場を離れた。

143 :Serenoboy:2005/04/20(水) 17:45:36 ID:MkFuGZCV
「本当に美しい・・・・。神のみ業でしょうか・・・。はかなく、美しい・・・・。」
ニホンちゃんが、いつもより少し元気のないヨハネ君に声をかける。
「ヨハネ君、よく来てくれたね。何が飲みたい?」
「・・・ありがとうございます。じゃあ、オレンジジュースをいただけますか?」
「なんだよ!なに暗れー顔してるんだよおめーはよ!まるで通夜じゃないか!」
「コ、コルシカさん!」
女の子と見まごうばかりの美貌の少年が、思わず止めに入る。マルタ君だ。
「あ、やべ・・・・。」
コルシカちゃんも気づいたようだ、つい先日、ヨハネ君のおじいさんが亡くなられたことを・・・。
「いいんですよ、コルシカさん。祖父は、天に召されたのです。
いまもこうして、私を天国から見守ってくださっています。主の御許で・・・。」
ウヨ君が、ヨハネ君にグラスを手渡す。ヨハネ君、
手元が少しふらついてグラスを落としそうになるがなんとか受け取る。
「ヨハネ・・・。今日は本当にありがとうな!うちにきてくれて!来ないんじゃないかって心配したぞ?ほら、グラス」
「ありがとう、ウヨ君。いつも優しくしてくれて・・・。まるで天使のようですよね、ウヨ君は。」
「ばーか。今日だけだよ。お前みたいなややこしいやつ、誰が普段から優しくするか。」
天邪鬼だけれども、自然でさりげなく優しいウヨ君。
そんな友達思いで心優しい弟を、ニホンちゃんはうれしそうに眺めていた。
「本当にありがとうね、ヨハネ君。うちはもう大丈夫なの?」
「はい、葬儀も無事終わりました。初めて、アメリー家の当主の方も葬儀に参列してくださったのですよ。タイワンさんのお父さんも参列してくださいました。」
「へえ〜。」
「ヨハネ君のおじいさまは、本当に立派な方でした。」
マルタ君の家には、かつて法王家を異教徒から守るための騎士が居た。
その騎士の末裔は、今はマカロニーノ君の家に居る。
そういう歴史があるため、、マルタ君も法王家の教会の熱心な信者なのだ。
「法王家の当主に選出されてから、町中の家々を訪問し、紫苑さんのお宅や、
アラー組の家の方々とも積極的に話をしていました。このお宅にも伺っています。
この家の家宝の『ミカド』にも、自分から出向いて参拝しておられます。」

144 :Serenoboy:2005/04/20(水) 17:51:49 ID:MkFuGZCV
「まさか・・・、信じられませんわ・・・。」
「いえ、事実です、祖父も以前私に話していました。」
ヨハネ君が答える。エリザベスちゃんとフランソワーズちゃんはその言葉にとても驚いているようだ。
「え?どうして?」
ウヨ君もニホンちゃんも、二人ががどうしてそんなに驚いているのか分かりかねた様子だ。
「あなたたち、ヨハネ君のおじいさまがどれだけ偉い人なのか
分かっておられないようですわね。うちの家宝『ウィンザー』ですら、それほどの
扱いを受けてはいませんことよ。普通はヨハネ君のおじいさまをリビングにお通しして、
そして家宝を収めてある場所から動かして持って行くのです。
自分から出向いて参拝されるなんて・・・。法王家の当主に匹敵する権威は、
やはり『ミカド』しかないようですわね。」
ウヨ君もニホンちゃんも唖然とする。『ミカド』がそんなに敬意を払われているなんて・・・。
そしてヨハネ君のおじいさんて、そんなに偉い人だったのかと。
「知らなかった・・・。ヨハネ君のおじいさんて、そんなに偉い人だったんだ・・・。」

145 :Serenoboy:2005/04/20(水) 17:52:30 ID:MkFuGZCV
「お、お前、しっかりしろ」
「うるへ〜!アメ公!いいかあ、ニホン・・・。ひっく、おまえなあ、ひっく、法王家の当主を何だと思ってるんだ?
いいかあ?この町の人口の6分の1が法王家の教会に通っているんだぞ。
しんじられうか?ひっく6分の1だぞう?どーだすげーだろー、ひっく、
かつてはな〜、おめえ、ユーロ町の西地区のほとんどの家がよ、ひっく
法王家の強い影響下にあったんだよなこれがよ、ひっく。
それぐらいの敬意を表されても当然だろ、ひっく。」
「まったく・・・、でもこいつの言うとおりだぜ。ニホン。うちだってヨハネのおじいさんが来るとき、
エリザベスんところの『ウィンザー』、そしてお前のうちの『ミカド』が家まで運ばれるときだけは、
わざわざ家の当主が玄関までホワイトタイを身にまとって出迎えるんだ。
うちの当主がそこまでするんだぞ?まさにこの町最高の権威さ。」
ニホンちゃんとウヨ君は、もはや唖然としてしまった。
「本当に、これだからニホンさんは困りますわ。」
「あんなキムチで脳みそができているような無教養な男の電波を浴びているから、
この町のルールや常識、慣習が分からなくなるのです。」
エリザベスちゃんとフランソワーズちゃんがあきれたように言う。
それにしてもカンコ君、えらい言われようだ。
「そういえば、あの『人間毒電波発生装置』はどうしたんだ姉さん?」
ウヨ君・・・、そこまでいわなくても・・・。そういえばわれらがカンコ君はどこにいったのだろう?


146 :Serenoboy:2005/04/20(水) 17:53:40 ID:MkFuGZCV
「すいません、ニホンさん、遅くなってしまいました・・・。」
可愛らしいチマチョゴリを着た少女が申し訳なさそうに頭を下げる。
いつもは原色に近い色を身にまとっている彼女だが、今日はパステル調の色合いだ。
その色彩のやわらかさが、春の宴にふさわしい。いつもよりも数段可愛らしく見える。
その場に居る皆が、思わず彼女を見つめる。ウヨ君も思わず見ほれてしまった。
「あ、チョゴリちゃん、いらっしゃい。今飲み物持って来るね。何がいい?」
「あ、お水もらえますニカ?ちょっと走ってきたもので・・・。」
チョゴリちゃんが、息を切らしながら答える。
「チョゴリ、ほら、水アル」
意外な人物がチョゴリちゃんに水を手渡す。チューゴ君だ。
「え、どうして・・・・。」
「タイワンに持っていってやろうと思ったが、見つからないのでお前にやるアル。」
「いいんですか?」
「いいアル。そういえば、俺のかつての属国の分際で、『北東アジアのバランサー』とか
半万年の歴史を誇るニダ!寝ぼけたことをほざいている、
現実と妄想が一致しないと火病を起こす、
地球上から抹殺したい、うざいことこのうえない、
実の妹まで食い物にする最低卑劣な変態痴漢男はどこアル?」
さすがはチューゴ君。悪口に関しては4000年の歴史を誇るだけのことはある。
カンコ君。かわいそうにね。
「あ、ありがとうございます、兄はちょっと・・・・。」
あれ、チョゴリちゃん、なんだか気まずそうですが・・・?
「ま、アレはいないほうがいいな。アレは。たまにはあいつが登場しないのもいい。
ていうか永遠に登場してほしくない。あいつがチューゴに支配されようが、
キッチョムに支配されようが、しらん。勝手にすればいい。」
アメリー君、最近のカンコ君の行動に相当怒っているようです。

147 :Serenoboy:2005/04/20(水) 17:54:17 ID:MkFuGZCV
「にしてもいや〜チョゴリ、うまく化けたな〜」
「え?」
「お前がすごく可愛く見える。信じられない。」
「ウヨ君、ほめてるのか、けなしてるのか、はっきりしてほしいニダ!」
なんていいながらもチョゴリちゃんうれしそうだ。
走ってきたのに、心臓がよけいにどきどきしてしまう。
そんな様子を見つめるラスカちゃん。
「わたしももっとおしゃれしてこればよかったな・・・。」
アメリー君は、その言葉を聞き逃さなかった。
(ラスカ・・・、お前はじゅ〜ぶん可愛いぞ。ウヨがお前をほめなかったら、俺が
ぶっとばしてやる!!)
某国民的アニメのガキ大将のごとく、妹思いなアメリー君。
可愛い妹に好きな男の子がいることにも軽くショックをうけています。
「何いってるニカ?ラスカも可愛いニダ!まるでお人形さんのようニダ!」
チョゴリちゃん、なんだかんだいってもラスカちゃんは大切な友達のようだね。
ラスカちゃんは白のコットンカーディガンに、桜色のブラウスとワンピースを着ている。
チョゴリちゃんよりも幼くは見えるものの、いつものぬいぐるみ並みの可愛さに
輪をかけた可愛さだ。
「・・・そうだな、本当に今日は人形みたいに可愛いな。ラスカ・・・。」
ウヨ君、恥ずかしそうにうつむきながら答える。
(よし!よくいった!ウヨ!でもなんかむかつくな・・・。)

148 :Serenoboy:2005/04/20(水) 17:58:40 ID:MkFuGZCV
「相変わらずね〜ウヨ君?両手に花ってところかな?」
さて!ウヨ君をからかうことを生きがいにしている「あの子」の登場だ。
どうやら復活したらしい。
「・・・・タイワンさん・・・・。」
ウヨ君、元気はつらつで健康的な美少女に声をかけられているのに、
なぜか(?)悪魔にでも遭遇したかのような顔をしている。
「よ〜タイワン!!元気ハツラツゥ?うひゃうひゃうひゃ」
あーあ、もう誰に求められないよ、この子。
「カ、カナディアン・・・・飲みすぎだよ・・・。」
「探したアル。どこに行っていたアルか?」
一瞬チューゴをにらみつけるタイワンちゃん、でもすぐにウヨ君に視線を向けて
いつものからかう口調でこういった。
「や〜でもさ〜。ウヨ君、ほんとにもて君だよね〜。この前アーリアとデートしたんでしょ?
ここはひとつラスカちゃんとチョゴリちゃんともデートしたらどう?」
「タ、タイワンさん!なにをいっているんですか!!」
「けけけ」
それぞれ話をしていた全員が、いっせいにウヨ君のほうに振り返る。


149 :Serenoboy:2005/04/20(水) 17:59:17 ID:MkFuGZCV
  ラスカ「う、ウヨ君・・・、やっぱりそうだったの?」
 チョゴリ「ウヨ君・・・、デートって・・・。」
 ロシアノ「ウヨ〜お前もあんな鋼鉄女落とすなんて、やるもんだな〜ひっく」
カナディア「そ、そうだったんですか?」
  メヒコ「アミーゴ!燃える様な恋をしようぜ!」
エリザベス「信じられませんわ・・・」
フランソワ「あら、エリー。ああいうタイプって、最後の最後は意外ともろいものなんですのよ。」
ゲルマッハ「まさかアーリアがウヨ君と・・・。あいつも、一見さめているようだが、実は相当熱血だからな。」
 アメリー「お前、ラスカとチョゴリだけじゃなくて、アーリアにも手を出してるのか?最低だな。」
 コルシカ「ああ、まさかウヨがここまで女たらしだったとは知らなかったぜ。マカロニーノじゃあるまいし。」
 マカロニ「お褒めの言葉、ありがとう。コルシカちゃん。しかしウヨ君もなかなかだね〜。
      まあ今は僕もマルタ君に首っ丈だけどさ!」
  マルタ「な、なにいってるんですか!マカロニーノさん!でもウヨ君って大人なんだね〜。」
  ヨハネ「そうです!主は生めよ、増やせよとおっしゃっています!
      あなたの行いは、自然の摂理に反する行為です!
      同性愛など許せません!あなたもウヨ君とアーリアさんを見習って・・・」
 チューゴ「くだらんアル。これだから法王家は・・・。何が主アルか?何が神アルか?
      俺はそんなものは信じないアル。にしてもウヨ、やはり
      おまえはニッテイのように、ゲルマン家の人間と結びつくようアルネ?また俺の家に攻め込む気アルか?」

150 :Serenoboy:2005/04/20(水) 18:00:37 ID:MkFuGZCV
「ちょ、ちょっとみんな・・・。タイワンちゃん〜!どうしてそんなこというの〜?」
「え〜だって事実じゃん?アーリアがウヨ君と肩組んで歩いていたってのは?」
「違いますって、あれは足を痛めたからだっていったでしょう?
あ、アーリアさんもなんとか言ってください!アーリアさん?」
さっきまでゲルマッハ君と一緒にさくらんぼのワインを飲んでいたアーリアちゃんが
いつの間にか居なくなってしまっている。
「アーリアさんなら、池の向こう側で桜を見にいったぜ。
向こう側にはこの前アメリー君ちの桜から生まれた新品種
『ファーストレディー』が植えてあるとかいってな。」
コルシカちゃんがけらけら笑いながらこたえる。
ラスカちゃんもチョゴリちゃんも、その可憐な瞳をうるうるさせながら
「「ニホンおねえちゃん。ちょっと池の向こうでその桜、見てくるね・・・。」」
と、去っていってしまった。
「けけけけけけ」
タイワンちゃんが面白そうに笑う。
・・・悪魔だ、この人は本当に悪魔だ。ウヨ君は本心からそう思った。
「ウヨ、ちょっと話を聞かせてもらおうか?うちのラスカを泣かせておいて、ただで済むと思うなよ・・・。」
ラスカちゃんを、某ガキ大将のごとく可愛がっているアメリー君、目がイっちゃっている。
「ご、誤解です〜〜〜〜〜〜〜。」
ウヨ君は、一目散に逃げ出した。
「あ、逃げたアル」
「みんな、ウヨをとっ捕まえて、あることざらい全部はかせようぜ!」
「おう〜!」
アメリー君だけじゃなくて、チューゴ君やコルシカちゃん、
ほかのみんなも追っかけ始めた。

151 :Serenoboy:2005/04/20(水) 18:05:50 ID:MkFuGZCV
唖然とするニホンちゃん、そしてその光景を見ながら、けらけら笑うタイワンちゃん。
ニホンちゃんが、タイワンちゃんをにらみつける。
「タイワンちゃん!どうしてこんなひどいことするの?
いくらなんでもこんな嫌がらせするなんて、ひどすぎる。
ラスカちゃんやチョゴリちゃんがどれだけ傷ついたか・・・・。
武士だって、そんないい加減な子じゃない!!」
ニホンちゃん、思わずまくし立てる。
その瞬間、タイワンちゃんの表情が、一気に失われた。
ニホンちゃんは、今まで見たこともないタイワンちゃんのその無機質な表情に
思わず息を呑んだ。
「ごめん・・・、今日私、ホントどうかしてる・・・バカだよね、わたし・・・。」
「え・・・・?」
「・・・なんか怖くってさ、自分の未来が・・・。最近不安で夜も眠れないときもあるんだ・・・。
こんなくだらないことしちゃうなんて、最低だよね、意地悪だよね、あたし・・・。」
「・・・・・タイワンちゃん、泣いてるの・・・・?」
「怖いんだ、なにも見えない未来が。立ち向かっていく勇気がないんだ・・・・。」
いつもは、精一杯チューゴ君にに意地を張っているタイワンちゃん。
でも本当は、とても思い悩んでいることを、ニホンちゃんは知っていた。
タイワンちゃんだけじゃない。誰もが皆、自分たちの
「生き方」を必死でもがき苦しみながら模索している。
ニホンちゃんはそう思いながら、タイワンちゃんを抱きしめた。
「泣いてもいいよ、タイワンちゃん。今は誰も見ていないから・・・」
「う、うわあああああん〜〜〜〜〜〜〜」

152 :Serenoboy:2005/04/20(水) 18:09:53 ID:MkFuGZCV
さてそのころ、われらがカンコ君はというと・・・・。
「チョゴリ〜!!ここをあけるニダ!今日こそニホンの家に行って、
対馬ぱんつを奪ってやるニダ!それに花見はウリナラが起源なのに、
ニホンは生意気ニダ!宴なんかめちゃくちゃにしてやるニダ!
お前は親日派ニダ!パンチョッパリニダ!親米派ニダ!
ペクチョンニダ!謝罪と賠償を(略)」
チョゴリちゃん、最近のあまりの強烈な毒電波ぶりを知っているから、
カンコ君を物置に閉じ込めちゃったんだね。
この子も、「人生とはなんぞや」と考えることはあるのだろうか?
「人生?決まっているニダ!人生は金と権力ニダ〜〜〜!」

おしまい

153 :Serenoboy:2005/04/20(水) 18:15:48 ID:MkFuGZCV
「花を踏んでは 同じく惜しむ 少年の春、か・・・」
桜の木の下で、一人たたずむ少年。
「俺の『魂』は、どうしても変えられないんだよな・・・」
彼もまた、自分の「生き方」に悩み苦しんでいた。
「中華思想」という『魂』に縛られながら。

154 :マンセー名無しさん:2005/04/20(水) 19:32:09 ID:s+8LD9iX
>>136-153
乙です。楽しませていただきました。


155 :マンセー名無しさん:2005/04/20(水) 21:20:36 ID:fhPrenA6
>136-153
タイワンちゃん酒乱?ウヨ君かわいそう…ワロタけど。

156 :雷撃:2005/04/20(水) 21:27:56 ID:79XvxgWL
Serenoboy様、素晴らしいお話でした。
今までほとんど出番が無かった登場人物や
懐かしい人物が生き生きと描かれており、「ニホンちゃん」の真髄
を見ることができました。


聞きかじりで申し訳ありませんが、
よく韓国が「桜は韓国が起源だ!」というヨタ話がありますが、
じつは、これは植民地支配の証という理由だけで次々と切られていく韓国の
桜を守ろうとした韓国の人がでっち上げた話らしいです。
ま、結局この人の抵抗ももむなしく韓国の桜は根こそぎ引っこ抜かれましたが、
異常なまでの日本文化の排斥の中で、日本文化を残しておきたい
と考える韓国人が起源を捏造するのは
それをする以外に自国に日本文化を残しておく方法が無いからだって
話を聞いたことがあります。
 韓国のことを「捏造大国の嘘つき国家」呼ばわりしていた
自分は、良心がかなり痛みました。

157 :マンセー名無しさん:2005/04/20(水) 22:08:27 ID:HoyGC5Yt
(・∀・)イイ!!

158 :どぜう ◆3F8jIdnlW2 :2005/04/20(水) 22:19:50 ID:k+Y+HkVQ
>>136-153
うーん、どこから云ったらよろしいやら…
とりあえず、主題が掴めません。
長くなってしまうのは仕方がないとしても、会話形式が149とそれ以外で違っていて、
散漫に書き散らしているような印象を受けました。
話の長短に限らず、まず話を作るときにはプロットを先に考えましょう。
それからどれくらいの分量になるのかを想定して、
ちゃっちゃと進ませるところは進ませて、
じっくり読ませるべきところは描写を集中的に、
など、色々と必要な技術は多いと感じます。

もう一つ、元ネタなどの解説がないので、判りませんが、
>>4で云われている『本スレに掲載するのが微妙な作品』と云うのは、
元ネタがない作品なども該当します。
また、世界観の把握など、慣れていない方も、
練習用、実験用にも補完スレに投下していただきたいところです。
この辺り最近守られていない場合が多いので、今一度徹底していただきたく思います。

159 :どぜう ◆3F8jIdnlW2 :2005/04/20(水) 22:21:02 ID:k+Y+HkVQ
そして敢えてスレ全体に苦言を。
自分が当初ニホンちゃんに書き始めた頃は、
下手な批評をすると「じゃあお前書いて見ろ」と云われたものです。
流石にそのようなことを強要はしませんが、
無責任なマンセーレスは、無責任な叩きと同程度に始末が悪いモノです。
評価すべきは評価し、直してもらうべき部分は直してもらう。
例の分裂、統合騒動で人が少なくなり、一時的にハードルを下げて、
新人さんに居ついてもらおうとするのは、まあ、いいでしょう。
しかし、現在は、既に新人さんもある程度来られましたし、
絵板なども活気を取り戻しかけているのが実情な訳です。

現状のまま、なあなあでやっていけば、待っているのはスレの堕落です。
出禁になった彼に対して、堂々と向かい合うためには、
少なくとも彼以上のクオリティを維持し続けるのが、
彼に対する最低限の礼儀なのではないでしょうか。

160 :マンセー名無しさん:2005/04/20(水) 22:35:18 ID:L2VcDAj7
>>158-159
苦言を呈するにはまだ早くない?
まだ作品数が片手で数えられるぐらいだし。

>絵板なども活気を取り戻しかけているのが実情な訳です。
まあ現状ではオウテツ姐、桐氏、美琴さん、kareki 氏、No.93氏がメインで回してるだけですけどね、と引き立ててみるテスツ

161 :マンセー名無しさん:2005/04/21(木) 00:06:11 ID:C5Snc3Nw
書き手から書き手にアドバイスが与えられるのは良い事鴨ね。
批評の内容もわかりやすいし。
ただ、スレの堕落を戒める為に批評していく内に
書き手さんが来なくなってしまったら意味がない罠。

しかし、チューゴくんアルアル言わないとかこいいな。

162 :121  ◆UwtHzLzfo2 :2005/04/21(木) 00:18:40 ID:AbMl4bmn
>>158-159
>また、世界観の把握など、慣れていない方も、
>練習用、実験用にも補完スレに投下していただきたいところです。
新入りがでしゃばったことをしてすいません。
これからは、もうちょっと勉強してからにしようとおもいます。

>出禁になった彼
Serenoboyさんのことですか?

163 :どぜう ◆3F8jIdnlW2 :2005/04/21(木) 00:50:48 ID:viZeEQ7p
>>160
鉄は熱いうちに打て、って云いますしね。
後から「云いにくかったんだけど…」って云われるよりは、なんぼかマシかと。

>>161
魅力的な作品に乏しくなるか、スレの雰囲気が殺伐とするか、
判断に迷う所でしょうけど、漏れは作者諸氏の底力を信じたいです。

>>162
いや、違いますよー。
そもそも本スレが日なたで、補完スレが日影などとは思ってません。
相当長い時期、ちょっとした理由で、
漏れは補完スレにしか作品を上げてませんでした。
ただ、本スレってのは本編、本番な訳です。作り上げてみたけれど、
本スレ投下に自信がなくて、ボツにしたSSなんかは、
漏れだって山のようにあります。

あと、出禁になった人は、Serenoboy氏ではないです。
詳しくは>>3あたりを見て、ぽややんと想像してください。

164 :青風: ◆BlueWmNwYU :2005/04/21(木) 01:07:46 ID:GrGZc/cr
Serenoboyさま
長さは兎も角、叙情的な書き方ですね。
落ち着いた感じは大変結構だと思いますが、
まるで長期シリーズの最終回のようでした。
此処まで人物を把握しているなら、
もっと派手に動かしても良かったように思います。

個人的雑感まででした。

165 :マンセー名無しさん:2005/04/21(木) 01:42:30 ID:XgYXuW1v
どぜうさんよ、もう善人ぶるのやめたらどうよ。最悪のこと知ってるんだよ。あれ
プライバシー侵害だから黄鉄鉱共々警察に通報したから。嵐のうえにおまけに通報
されるような香具師が奇麗事ほざいても信じられねえよ。

166 :マンセー名無しさん:2005/04/21(木) 02:47:58 ID:wszgvd9f
例の彼が「今日はこれで」とレスした後に限って、
>>165みたいなのが来る不思議。

空気悪くしてゴメソ

でも最悪のスレ見たけど、プライバシー侵害とかやっているのがどれか全くわからんかった。
もし良かったら議論スレのhttp://www.soutokuhu.com/bbs/test/read.cgi?bbs=korea&key=1090055658&ls=50
どのレスがそうなのかを示してくれませんかねえ。こっちでやるのは良くないので。

167 :マンセー名無しさん:2005/04/21(木) 06:35:06 ID:Ub0madMF
作品の批評って・・・
ココってただのネタスレじゃないの?

168 :黄 色 い リ ボ ン:2005/04/21(木) 11:44:23 ID:/GImOC+E
そうです!
そういえるくらいがいいですね。

169 :マンセー名無しさん:2005/04/21(木) 17:01:47 ID:XjwQ2KpL
昔のにほんちゃん読み返してたけど、チューゴ君って昔はクールな策士だったんだね。
最近じゃカンコ君と区別がつk(ry

170 :121  ◆UwtHzLzfo2 :2005/04/21(木) 17:37:30 ID:AbMl4bmn
お国柄がかわると、キャラクターも変わらざるを得ないよね。
日本も、たとえが都知事が首相になったら、ニホンちゃんの性格かなりかわるだろうなぁ。

171 :マンセー名無しさん:2005/04/21(木) 17:45:07 ID:p5t0QpH9
そしたらウヨくんの存在感が薄くなるだろうな。(w

172 :マンセー名無しさん:2005/04/21(木) 19:59:07 ID:SgmBuoEc
>>171
暴走するニホンちゃんを必死になだめるウヨ君を想像して萌えてしまったのは内緒ニダ。

173 :121  ◆UwtHzLzfo2 :2005/04/21(木) 20:04:39 ID:AbMl4bmn
あるいは、思いが通じて仲良くなるかもよw

174 :マンセー名無しさん:2005/04/21(木) 21:08:42 ID:2AaF2TYO
>>170
ジミンさんがぶちきれてニホンちゃんが止め、ウヨ君大はしゃぎ……
という方が自然な展開になるニダ

175 :マンセー名無しさん:2005/04/22(金) 02:49:11 ID:47i/xUgp
まだ続いてるのか。これ。正直ハン板の空気にあってないよ。
このへんでやったら?
http://comic5.2ch.net/sakura/

176 :Serenoboy:2005/04/22(金) 09:48:49 ID:1FLtBlBi
「ニホンちゃん」を愛する皆様。
「ニホンちゃん」を冒涜するような真似をしてしまって、
本当に申し訳ありませんでした。私はあまりにも愚かでした。
浅はかでした。実は最近とても思いつめていて、
毎日死ぬことばかり考えています。
留学生活をしっかりと送れなかったことや、自分の就職活動等に
支障をきたしたこと。大学院等、
将来について建設的に考える能力がないこと。
社会適用能力がないことをとても悲しく思っています。
自業自得の愚かさに呆れ果てます。
毎晩のように、洗面台の前でかみそりを手首に
あてようとしてしまいます。抗うつ剤も飲んでいます。
いつもこの世から消え去ってしまいたいとおもっています。
「ニホンちゃん」を書くことは、自分にとって唯一
自分が生きていると実感できることでした。
そんな自己中心的な考えが、皆様を不愉快にしてしまったのですよね。
それが悲しくて、悲しくて、私のような人間は、
永遠に出入り禁止にされるのがふさわしい人間なのかもしれません。
これから先、生きていく自信を失ってしまいました。
本当に申し訳ありません。死ぬ前に、日本の桜が見たかったです。
あの作品は、私にとっての最終回だったのかもしれません。
愚かな行為を行った、私を許してください。
できれば、日本に帰りたいです。大変ご迷惑をおかけしました。
本当に申し訳ありません。



177 :Serenoboy:2005/04/22(金) 10:23:56 ID:1FLtBlBi
くだらないことを書いて申し訳ありません。
皆様を、不愉快な思いをさせてごめんなさい。
本当にごめんなさい。
本当にごめんなさい。
本当にごめんなさい。
本当にごめんなさい。
どうか、許してください。
もう二度と、皆様を不愉快な思いをさせることはありません。
本当に愚かでした。本当に浅はかでした。
私は、間違って生まれてきた人間なのですよね。
私の自己中心的で、愚かで、浅はかで、人に対して、何の思いやりもない、
今までの書き手の方に敬意を払うこともせず、
楽しい花見の宴を思い浮かべて、
ここで診ることのできない桜を思い浮かべて、
書いた作品が、これほどまでに皆様を不愉快にさせるなんて、
思いませんでした。私は本当に愚かで無知で、人に対する思いやりなんか
かけらもない、自己中心的で浅はかな人間です。
本当に、本当にごめんなさい、こんな私ですが、どうか許してください。
どうか許してください。皆様の幸せを祈っています。
本当にごめんなさい。本当にごめんなさい。


178 :マンセー名無しさん:2005/04/22(金) 10:27:29 ID:NwvXeNQr
偽者乙

179 :Serenoboy:2005/04/22(金) 10:52:33 ID:1FLtBlBi
泣いたら、少し落ち着きました。
ごめんなさい。本当にご迷惑をおかけしました。
178様。本当に、こんな迷惑ないたずらする人が居るのですか?
正直、信じられません。
皆様、ご迷惑をおかけしました。本当に。ごめんなさい。

180 :Serenoboy:2005/04/22(金) 11:02:28 ID:1FLtBlBi
偽者といわれて、正直悲しいです。
世の中には、そんないたずらして、面白がる人が居ることも、
本当に悲しいです。
ハングル版の皆様に、幸せな未来が待っていますように、願いを込めて。
Michigan Rochesterより、Serenoboy


181 :マンセー名無しさん:2005/04/22(金) 11:53:45 ID:sENP+vGt
>>176-177
作品は自らの内面を投影する鏡だとはよく言いますが、氏が病んでいるのはわかった。
しかしそれを>>176-177のようにスレに書き込まれても困ってしまいますわな。

。。。そんなに辛いのなら休学して一時帰国してみれば?

182 :マンセー名無しさん:2005/04/22(金) 14:28:05 ID:CC4rxGAe
>>Serenoboy

 韓国に留学して、困っているなら、ぜひぜひ
「仕事スレ」でその体験を発表してください。

183 :どぜう ◆3F8jIdnlW2 :2005/04/22(金) 19:06:59 ID:KEhJA4Ya
>>176-177
貴方の生命です、ご自由にされると宜しい。
これ以上そう云う話を書き込みたいのでしたら、
こちらの板をご紹介いたします。
http://life7.2ch.net/mental/

以後この話題でのレスは不要です。
ここは日韓問題を中心とした国際情勢の擬人化小説スレッドです。
その点をご理解ください。

184 :マンセー名無しさん:2005/04/22(金) 21:13:20 ID:Sj5NT3u+
つーか釣りじゃね?

本物偽物どっちにしろ。

185 :マンセー名無しさん:2005/04/22(金) 21:44:55 ID:u0brhh3f
また一人去っていったか。
最近定着した、新規参入者はいったい何人いるんだろう?

186 :マンセー名無しさん:2005/04/23(土) 00:05:15 ID:aQ+w1zvp
>>176-177
>>ぱんつパクられた。
まで読んだ。

187 :マンセー名無しさん:2005/04/23(土) 12:51:55 ID:IUQLna+d
>176-177
>ニホンちゃんはびくりと体を震わせた

まで読んだ。

188 :マンセー名無しさん:2005/04/23(土) 19:52:04 ID:AWR5othy
透明な光があった。
冬の透き通った日差しよりも透明で、それでいて温かみのある光だ。

良い感じに古びた、白い家がある。
どこか懐かしい雰囲気の、そう、英国風の邸宅だ。

ケトルがしゅるしゅると、豊かに湯気を吹き上げている。
彼女は、優雅なしぐさでケトルを火からおろした。
金色の髪が美しい、上品な女性だ。
クラシカルなドレスも、彼女になら似合う。厭味のない、家庭的な匂いすらするドレスだ。
彼女は中国風の白いティーポットにお湯を注ぎ、少し温めた。そして、いい香りのするお茶っ葉を贅沢にいれる。

そこで彼女は気がついた。
ゲストが姿を消していたのだ。
彼女は高貴な眉を綺麗にしかめると、ゲストの姿を目で探した。
庭にこちらに背を向け立ち尽くしている男を見つけると、小さくため息をつく。

男は、背が低いなりにスーツを上手に着こなしていた。
帽子でも被ればなお似合うだろうが、彼の帽子はテラスに置かれた椅子の上で主を待っている。
童顔といっていいだろう。それだけに、口元にはやしたカイゼル髭が妙な違和感をかもし出している。
だが、それこそが彼の望む姿なのだ。
この世界は、そういう風に出来ている。



189 :マンセー名無しさん:2005/04/23(土) 19:52:47 ID:AWR5othy
彼は、実直そうなきりりとした目つきで、庭の池を見つめていた。
口元は一文字に結ばれて、何かに耐えているかのような印象を受ける。
池には、下界の様子が映し出されていた。
男の家の旗を焼き払い、猛り狂う人々が映し出されている。

それを、悲しそうな瞳で見つめている少女も。

何もお茶の席でまでそのようなことを気にしなくても、と彼女は思ったが、不愉快にはならない。
そもそも、完璧な英国風の庭園を崩してまでそのような池をこしらえたのは、他ならぬ彼女自身なのだから。

「やはり、気になりますの?」
当然気配は感じていたのだろう。背後からの唐突な彼女の問いかけにも、彼は動揺する気配すら発さなかった。
「ええ。気になりますな」
男は振り返りもせずに、一言そう答えた。
腕を後ろ手に組み、背中に木の枝でも入れているのではないかと思うくらい、ピンとまっすぐに立っている。
「非道いことになっていますわね」
「ええ。非道いことになっています」
心ここに在らずか。無礼極まりない彼の態度に、しかし彼女は微笑んだ。
「お茶が入りましたのよ。さぁ、どうぞ」
そこで初めて彼が振り返った。
かつてはそれだけで達成感に酔いしれたものだったが、今となっては特にそれも感じることはない。
そのくらいには過去になったのだなと、彼女はぼんやりとそう思った。
「ええ。いい香りですな。ありがとう」
真っ白なティーカップを受け取ると、彼は池に目を戻した。
変わらぬ光景が、何度も何度も繰り返される。
「……歴史は繰り返す、か。今となっては、そこまでして奪わなければならないものはあるまいに」
彼は悔しげに、そう呟いた。
「まこと、人間は度し難い。そうやって得る束の間の栄光に、いったいどれだけの意味が在ったというのだ」



190 :マンセー名無しさん:2005/04/23(土) 19:53:08 ID:AWR5othy
彼女は穏やかに微笑んだ。
「それを貴方がいうのは傲慢というものですわ。束の間の栄光の積み重ねこそが誇りで有ると、そう信じていたのは
 他ならぬ貴方でしょうに」
「私は、それが移ろい易く、滅び易いことも知っています」
それが傲慢なのだと、彼女は思った。口に出すことをしなかったのは、彼もそれを知っていると感じたからだ。
そんなところまで、彼は傲慢だった。
「私は亜細亜唯一の帝国の誇りと信念にかけて、彼の家に進攻した。彼らは私の侵略に、勇敢に、立派に立ち向かった。
 それで良いではないか。お互いに、何を恥じなければならないことがあるのか」
本当に、つくづく傲慢な男だ。

その傲慢を、かつては愛した。そして、憎んだ。
彼が変わったのではない。変わらぬ彼の傲慢さを、愛し、憎んだのだ。
愛と憎しみは、実は深いところでつながっているのだろう。
私たちは、一つのものを愛し、憎むことが出来る生き物なのだ。

「……そのようなもの、今を生きる人々には関係ありませんわ。誇りも恥辱も、全ては彼らのものです。貴方にそれをどうこう言う資格はありません」
「しかし、それでは進歩がありません」
彼女はふっと微笑んだ。
「あら。歴史は人の進歩の歩みだと、本気でそうお考えですの?」
そう問われれば、彼には返す言葉がない。彼女の歴史も、勿論彼自身の歴史も、彼は良く知っている。
「……少なくとも、私はそうであって欲しい」
答えになっていない。いや、ある意味彼女の言う通りだと、認めたとも言える。
「同じことを繰り返すのか。これからも、永遠に。……全てが滅び去るまで」
男に良く似た少年が映し出される。
整った顔を怒りに歪め、唇が色を失うほどにかみ締める。何かを誓うように、黒くつや光する木製の太刀を握り締める。
愛しそうに、悲しげに、彼は少年を見つめていた。
そうか、お前の誇りは、お前自身のものだな。
私を愛し、私と私にまつろうもの全てを守ろうとするか。
全く、難儀な運命を押し付けてしまったな。
同じ運命を選ばせてしまった少年達が、瞼に浮かぶ。彼らは皆優しく、正しく、勇敢で、そして……儚かった。



191 :マンセー名無しさん:2005/04/23(土) 19:54:59 ID:AWR5othy
ふと、水面に真っ赤な顔をした少年が映し出された。怒り、毒を吐き、暴れまわっている。
苦々しげに、彼の口元が歪んだ。
彼女も、ふうっとため息をつく。
「信念も誇りも無く、ただ欲しがることを怠惰と言うのだ。いたずらに積み重ねるものを、私は歴史とは認めない」
彼女の視線に気がつき、男は良い香りのするお茶を一口含んだ。
「……感謝しろ等と言う積もりはありません。しかし、友情を育もうとしたことくらいは、覚えていて欲しかった」
穏やかに彼女が微笑む。
「友情とは、対等な関係でしか成り立ちませんことよ。異なる力関係の間に唯一成り立つ信頼関係は、そう……搾取と隷従。
 あるいは、恩恵と服従だけですわ」
穏やかなのに、どこか凄惨な感じのする微笑だ。

この圧倒的な支配力に、かつては憧れた。
隷従も服従も、自分にとってはありえない選択肢だった。
友情を、そして……信頼を。
勝ち得たかった。
同じ眼差しで、世界を見てみたかった。

「それを、覆したかったのです。貴女と、貴女達の常識を……世界の法を、私は一人で変えて見せると誓った」
「願いはかなったじゃありませんか」
「……あるいは」
真っ赤な顔をした少年を、活発そうな少女が「痛く」張り倒した。
猛然とくってかかる少年に、とどめの一撃をお見舞いする。

撒いた種は、健やかに育っている。
私の愛した亜細亜の家々は、苦節を重ねながらも、健やかに育っている。
最も近しい家の民がそうならなかったのは慙愧に耐え難いが、それでも意味はあった。

私は、許されるかもしれない。



192 :マンセー名無しさん:2005/04/23(土) 19:55:35 ID:AWR5othy
「それにほら、御覧なさいな。何もかもがあの時のままだという訳でも無くってよ」
促され、彼は池に目を向けた。

黒髪の少女が、目に涙を浮かべていた。

ぎゅっと口を結び、涙が零れ落ちそうになるのを健気に押しとどめようとしている。

男に良く似た少年の、木刀を握り締める手に柔らかな手を添える。
柔らかに、しかししっかりと手を添える。
決して強い力ではないのに、少年は木刀を振り上げることが出来ない。
今にも泣き出してしまいそうな少女の腕を、振り払うことが出来ない。

信念。

「彼女の誇りは、声高に主張するものでは無くってよ。それは、彼女の内にあるもの。あると、信じているもの」
彼女はにっこりと微笑んだ。
「人間は愚かですわ。でも、十分に賢いのです。貴方と、貴方の奥様の子達ですもの。普通より、ちょっぴりだけおまけして賢いことでしょう」
男は無言でティーカップを傾けた。
決してお茶の冷めることのない世界で、二人は静かに池を見つめた。

透明な光の中で。

193 :司馬遼々:2005/04/23(土) 20:08:17 ID:AWR5othy
初投稿です。
ネタは勿論、今回の反日騒動についてです。
あまりにも100年前にそっくりなので、ご先祖様はあの世でどんな風に考えているかなと思い、書いてみました。

日英同盟やらその後の戦争やらの間は、本当はヴィクトリア女王陛下の治世ではないのですが、オサーンでは
お話にならないので、捏造しますた。
名前出さなかったのも、その辺りが理由です。

今回は、ニホンちゃんから手を出すことは、まずないと思います。
ウヨ君がどんなに怒っても、それを鎮めるだけの力が、ニホンちゃんにはあります。
僕は、それはとても素晴らしいことだと思うのです。

だからせめて、首相がご先祖様にその誓いをしに行くことくらいは、国民の総意でもって後押しするべきだとも
思うのです。
あの戦争に関して、日本人も中国人も、何ら恥じるところは無いと僕は思います。

彼の国は、その前後の併合と独立に関するところも含めて、色々と恥じていただきたいものですが。

194 :マンセー名無しさん:2005/04/23(土) 20:11:45 ID:AWR5othy
タイトル入れ忘れました。
「光」です。

以上です。
長々と失礼しました。

195 :マンセー名無しさん:2005/04/23(土) 20:35:28 ID:tMHsAtg1
>司馬遼々さま
うおー…力作乙であります。
思わず世界に引き込まれてしまったデス。

196 :マンセー名無しさん:2005/04/23(土) 20:51:00 ID:Fy+SAe3A
GJ 司馬遼々

197 :マンセー名無しさん:2005/04/23(土) 22:28:29 ID:fx/H3hdf
>>188-193
(・∀・)イイ!!
思わず、過去の名作「ペキンの55日」(第966話)を思い浮かべてしまいました……GJです。

198 :マンセー名無しさん:2005/04/23(土) 23:43:07 ID:ltjX7ZNq
>司馬遼々さま

随分と力量のある方とお見受けしました。
大河ドラマの一シーンのような光景を
くっきりと思い浮かべる事が出来ました。
力作かと思います。

199 :売りなら満星堂 ◆izyQf/KaRs :2005/04/23(土) 23:57:33 ID:OxAKx22O
>司馬遼々どの

乙であります。いつものニホンちゃんとは毛色の違う文章ですが、あまり違和感なく読めました。
BGMには優雅な、しかし憂いのあるクラシックが合いそうですね。

200 :シェロ:2005/04/24(日) 01:21:40 ID:dwlCvCrB
長さをこれっぽっちも感じさせないすんばらしく重厚な作品だと思いました。
超GJ!

201 :マンセー名無しさん:2005/04/24(日) 16:38:56 ID:lyigxdyc
チョパーリよニホンちゃんに萌える2ダ
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/ascii2d/1114328173/l50

202 :目次245:2005/04/24(日) 17:37:46 ID:76jSKFtm
第2212話〜第2216話
>>108

第2217話「澱み萎え、枯れて舞え」
>>117 ( >>118 解説)
第2218話「動物は自然だから無罪アル」
>>125-126
第2219話「ウヨのささやかな報復」
>>127-128
第2220話「豚の暴動とテロ」
>>129-130

203 :目次245:2005/04/24(日) 17:39:09 ID:76jSKFtm
第2221話「ハーメルンの笛吹 -チューゴはいつからカンコになったのかと半万年問い詰めたい-」
>>133-134 ( >>135 解説)
第2222話「花を踏んでは」
>>136-153
第2223話「光」
>>188-192 ( >>193 解説)

204 :あさぎり ◆WOaKOSQONw :2005/04/24(日) 20:15:07 ID:yw4gdrip
うーむ、力作のあとで投下ってかなりびくびくもんですが…
ええいままよ、投下!

205 :あさぎり ◆WOaKOSQONw :2005/04/24(日) 20:15:32 ID:yw4gdrip
『はいぱあホスト ネシアちゃん』

 今日はアジア町とアフリカ町の子供会が合同でバーベキュー大会やってます。
 運動会みたいなビッグイベントじゃないけど、それでも会場仕切るのって何か
カイカン。癖になりそ。
 お父さんたちも同じこと小学校の頃にやったんだったなあ。耳タコなくらい聞かされた
の思い出す…あ、何か嫌な記憶が。考えるのやめやめ。
 ま、それはいいとして、二つの町の子供会だけで40人くらいいるんだけど、
ぶっちゃけ地球組って何人いるんだろ?数えたことないからわかんないんだけど…
いや、これも考えるの止そう。
 集まりのお題目は『みんな仲良く』『人の話を聞くお友達になろう』『貧乏だからって
馬鹿にするのイクナイ』なんだけど、皆そんなこと本気で考えてるか小一時間
問い詰めたいなあ。

「はーい、どんどん焼くよー。みんな何がいいー?」
 あ、ニホンちゃんが焼肉奉行になってる。なんだろなー、風紀委員になりたいって
前々から言ってたけど、営業かな?やたら肉焼いてるなー…実際うちも色々とお世話に
なってるから別にいいけど。

「というわけアル、ブルネイ。これからも朕のことよろしくアル。せくしー南沙下着
セットは朕とブルネイなら持ってても不思議はないアル支那。」
 おーお、チュウゴ君ブルネイちゃん口説いてるよ。珍しい組み合わせだなー。
ところで横で耳がダンボになってるベトナちゃんとフィリピン君に気づいてる?
「あ、イン堂、朕とイン堂は近しいと最近つくづく思っているアル…」
 あ、今度はイン堂君か。何かあの二人見てると狐と狸だよねー。
 さっきも犬猿の仲のパキスちゃんとイン堂君が和やかに談笑してて寒気きたし。

206 :あさぎり ◆WOaKOSQONw :2005/04/24(日) 20:16:01 ID:yw4gdrip

「うん、そうだねえ。おじいちゃん達が迷惑かけたし、それはやっぱ考えるかなあ…」
 あれ、いつのまにニホンちゃんの周りに人垣が…何の話かな?ニッテイさんのこと
言ってるみたいだけど。
「だからね、みんなが力をあわせて仲良くやってくにはどうしたらいいかなあって
よく考えるんだよねえ。ホント、おじいちゃんに代わって私が謝っておくね、ごめ…」
「もういいよそんな事。誰も気にしてないから。」
 あ、思わず言っちゃった…ニホンちゃんこっち見てにっこり笑う。口がアリガトウ
って形で動いた。いやいやこちらこそ…ニホンちゃんに食って掛かったりキッチョム君と
はじっこでひそひそ話してるバカンコとか、同じくニホンちゃんに何かと難癖つけて
リップサービスしてるチュウゴ君とか招待したから、正直どうなるかって思ってたけど、
ニホンちゃんがそういう態度だと助かるわー、幹事として。なんか人垣作ってる子達も
ニホンちゃんに感心してるみたいだし。うん、キミはそれでいいや。

「おや、盛り上がってますね。」
 え?あれ?なんで校長先生が…つかそそくさとニホンちゃんと話してるのって他の
子達の手前どうかと思うんですが。
「さっきはいいこと言いましたねニホンさん。その調子でチュウゴ君とも仲直りしてください。」
「ハイ先生。」
 とか言っちゃってとか言っちゃって…校長先生、最近ニホンちゃんを露骨に応援しすぎ!
いやね、私もね、その気持ち痛いほど良くわかるんだけどさ。
「フン、ニホンにしてはいい事言ったアルね。たまには認めてやるアルよ。最もちゃんと
言ったことを態度とか行動で示して欲しいものアルがね。」
 いや、ひたすら肉食って駄弁ってたあんたには言われたくないわ。

207 :あさぎり ◆WOaKOSQONw :2005/04/24(日) 20:16:34 ID:yw4gdrip

「アイゴー、ニホンはまたそんな心のない謝罪ばっかしてウリをごまかそうとしているニダ!
チュウゴ君の言うとおりきっちり形にして謝罪と賠償するニダ×3!!!」
 相変わらずうざいなあ。空気読んでよバカンコ!
 まあみんなスルーしてるからいいけどさ、空気読まないし人の話聞かないし、困ってる人
には平気で足元見るし…って、全然集まりの目的分かってないでしょコイツ。

 あーホント、家の位置とっかえてくれないかなあカンコは…

おしまい

208 :あさぎり ◆WOaKOSQONw :2005/04/24(日) 20:18:54 ID:yw4gdrip
□解説・協調・東奔西走
※ いやー、注目してなかったんですがバンドンのアジア・アフリカ会議、なかなか面白かった
ですねえ。ああいう各国首脳が集まる場面で「おわび」するのって効果的だったでしょうなあ。
過去に列強の支配を受けた国が殆どという中で、過去の行動を反省し、未来に向けて頑張りましょう
みたいな発言するって凄いことだと思いますよ。何せ欧米諸国は謝罪とか何一つやってませんからw
※ この発言主に中韓向けの外交カード封殺が狙いなんでしょうが、無関係な国への印象付けも
でき、村山談話を援用しただけというあまり日本の腹は痛まない方法ですな。
※ ちなみに中国がブルネイに急接近するのは、石油資源確保が主たる目的のようです。そうとう
エネルギー問題が切羽詰ってんでしょうねえ。

□ソース南海風
ソース大量なのでこれで失礼…
↓アジア・アフリカ首脳会議のGoogleニュース検索。
ttp://news.google.co.jp/news?q=%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%80%80%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%80%80%E4%BC%9A%E8%AD%B0&hl=ja&lr=&rls=GGLD,GGLD:2004-19,GGLD:ja&sa=N&tab=nn&oi=newsr
ブルネイ-中国関連
↓胡錦涛:ブルネイ国王と「南沙諸島を協力の海に」 2005/04/21【中国情報局/Serch China】
ttp://news.searchina.ne.jp/2005/0421/politics_0421_004.shtml
やっぱこうじゃないとね!
↓日本の歴史認識を3回批判=小泉演説を事実上否定−韓国首相 - 2005/4/22【時事通信】
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050422-00000792-jij-int


209 :マンセー名無しさん:2005/04/24(日) 22:24:13 ID:3RNeFhDq
>>188-193

すごく達者ですね。

210 :マンセー名無しさん:2005/04/25(月) 00:24:33 ID:es1Fz35Q
「ふっ、待っていたよ子猫ちゃん」
「何か御用ですか?マカロニーノさん」
「用事が無くては君の顔を見に来てはいけないのかい、マイハニー?」
「でも、家で会ってますよね、僕たち」
「おお、会えない時間の一分一秒が永遠の長さなのだよ、マイスゥィート」
「それで用事って何でしょう?」
「可愛い君にに望む事など何もないよ、私の気持を判って貰う事以外は」
「身の上相談ですか?なら僕よりヨハネ様の方が適任ですが」
「あ、あの僕男なんですが?」
「些細な欠点さ、愛しのマルタ」

***********

「歯がゆいですわねぇ、エリザベスさん?」
「ふ、ふん。別に何でも御座いません事よ、フランソワーズさん」
「ヨハネ、マカロニーノ。あなたの可愛らしい騎士さんを狙う者の多い事ったら有りませんわねぇ」
「ハシタナイですわよ、貴女」
「この間は侍女のお仕着せなど着させてみたりとか」
「フランソワーズさん!」
「おお、怖い。折角、彼をつなぎ止める良いアイデアが御座いますのに」
「・・・まぁ、戯れに聞いて差し上げてよ・・・」


***********

「え、フランソワーズ様、是を私に下さると・・?」
「そうですわ。あのエリザベスが是を是非とも受け取って頂きたいと、申して居りましてよ」
「か、感激です!私、男として、騎士としてご信頼を裏切らぬよう努力致します!」

感涙にむせぶマルタの手に握られているのは、エリザベスのガーターベルトであった。
彼には、おほほほほほ、と楽しそうに笑うフランソワーズの姿など目に入らぬ風であった。


211 :マンセー名無しさん:2005/04/25(月) 00:29:33 ID:es1Fz35Q
うふふふ。
うっすーい元ネタで小ネタを書いてしまいますた。
要するにイギリス王室最高の位を持つ勲章は
ガーター勲章。
つまり、女性の”あの”カーターベルトが元ですね。
さ、フランの目の前で自分の付けているガーターベルトを
屈辱に震えながら外すエリザベスを想像しても、ヨロシクってよ。
おほほほほ・・・

まぁ、ランスロットとグネビア姫の昔から
貴婦人と騎士は微妙な関係を続けるものと決まっているのです。

212 :マンセー名無しさん:2005/04/25(月) 00:35:56 ID:es1Fz35Q
>>210
おお、私とした事が。
「身の上相談ですか?なら僕よりヨハネ様の方が適任ですが」
の後ろに
「恋の悩みは彼の適任ではないのだよ、マイダーリン」
を脳内で補完して頂けまして?皆様。
それではごきげんよう、おほほほほほ

213 :マンセー名無しさん:2005/04/25(月) 18:29:34 ID:uCPX0D6j
ニッテイじいさんとナヌムばあさんは過去に全く何も無かった訳でなくて、
ぶっちゃけ元から娼婦だったナヌムさんがニッテイさんに自分を売り込んで、
ナデシコさんと離れてるので木石ではないニッテイさんも上得意になっていたって解釈はどう思いますか?
カンコくんのお父さんは通ってくるニッテイさんに色々な事を教わっていて
35ヶ月間ニッテイさんの養子扱いだったとか。
ニッテイさんが奥さん以外に3人の女性と浮名を流した事になるけどw

214 :マンセー名無しさん:2005/04/25(月) 23:25:16 ID:Eu3EAaLM
設定論議もういいよ。多様な作品で自然に磨きあうでしょ。

215 :マンセー名無しさん:2005/04/25(月) 23:33:13 ID:aqRLEySw
>>213
その設定で一本書いて、投稿されてみては如何ですか?

216 :D-13@小判ザメ:2005/04/27(水) 02:23:05 ID:oTalZlBq
>>108,>>202-203
乙でありまつ。ウリんトコも更新しますタ。

ttp://d_13.at.infoseek.co.jp/nihonchan_temporary_archive/


217 :マンセー名無しさん:2005/04/27(水) 21:59:42 ID:jDb2XkTs
関係ないけど、
二週間でニホンちゃん二千話全部読破した、と言う人が飯研にいたよ。

218 :司馬遼々:2005/04/27(水) 23:36:53 ID:XBssVz59
思いのほかご好評いただいて、うれしい限りです。
どうも僕が書き込むとスレの雰囲気が暗くなってしまう気がしますが、他の方が明るくしてくださると信じて
また書き込みます。

あさぎり殿のAA会議ネタの後ではなんか今更ですし、そもそもシェロ殿が既に書かれたネタですが、
是非ともご容赦を。

219 :思惑、交錯:2005/04/27(水) 23:37:54 ID:XBssVz59
プロローグ

「ニダ!日本の態度は人類にとって悪ニダ!!侵略を栄光としてホルホルするような人間と一緒に暮らさなければならないのは、
 町内全員にとっての大きな不幸ニダー!!」
真っ赤な顔をして演説するカンコ君を、ウヨ君が苦々しげに睨みつけています。
「……ったく、自分のこと棚に上げて言いたい放題言いやがって!貴様が言えた台詞か!!姉さんもそう……姉さん?」
「……え?何か言った?武士」
きょとんとした顔で振り返るニホンちゃんに、ウヨ君は「いや……別に……」とはっきりしない返事です。
「変な武士。ね、もう行こうよ。お母さん待ってるよ」
二人はお買い物を頼まれていて、お店に向かう途中だったのです。
その道中で偶然、ゲルマッハ家にお呼ばれしているカンコ君が演説している所に出くわしてしまいました。
見ると、ゲルマッハ家で学級新聞を作っているアルゲマイネちゃんがすらすらとメモを取っています。
おそらく取材の真っ最中だったのでしょう。
ニホンちゃんはすたすたと先に行ってしまいました。取り残されたウヨ君は、妙に浮かない顔をしています。
「……姉さん、確かに今笑って……」
お人形のように可愛らしい姉の口元に浮かんでいた。妙に酷薄な微笑み。ウヨ君はぶるっと体を震わせました。

まだ風の冷たい、春も初めの日のことです。


220 :マンセー名無しさん:2005/04/27(水) 23:39:56 ID:XBssVz59
シーン1.カンコ君の場合

「ニダーハッハ!ウーリナーラマンセー!!」
ゲルマッハ家在住の同胞との懇談会を終えたカンコ君。何時にも増してテカテカしています。
ぞろぞろと三星おじさんやLGおじさんを連れて歩いている辺りも、彼の血圧に影響を与えているのでしょう。
ゲルマッハ家は、実はカンコ家にたくさん投資しています。なんと、カンコ家にとっては2位という規模です。
それもあって、カンコ君はゲルマッハ家に来るのをとても楽しみにしていました。
きっと素晴らしい歓待が待ち受けていることでしょう。
「ようこそ、カンコ君。お待ちしていたよ」
金髪碧眼のゲルマッハ君が、にっこりと微笑みました。同性までもがくらくらしてしまうような、素晴らしい微笑です。
しかしそこはカンコ君。まったく意に介さず、相変わらずニダニダ言っています。
ゲルマッハ君が差し出した手も、全く目に入っていないようです。
当然、アーリアちゃんの姿が無いことにも気がついていません。
「……皆さんもようこそいらっしゃって下さいました。わが家の優秀な技術者達は、働く場所を求めています。きっと
 実りの大きな話が出来ることでしょう。別室に席を設けました。どうぞいらっしゃってください」
すっと、奥に続く扉が音も無く開きました。シックなドレスに身を包んだアーリアちゃんが、兄そっくりの魅力的な
微笑を浮かべて案内します。
おじさんたちは、促されるままに奥の部屋へと向かいました。
ゆっくりと後ろ手に、アーリアちゃんが扉を閉めます。奥の部屋で応対するのは、ゲルマッハパパ達の役目です。



221 :マンセー名無しさん:2005/04/27(水) 23:41:05 ID:XBssVz59
気がつくと、部屋の中にはゲルマッハ君とアーリアちゃん。そして、カンコ君の3人しかいません。
急に寒気を感じて、カンコ君は思わず身震いしました。もう少し温かい格好をしてくれば良かったかもしれません。
「さぁ、カンコ君。椅子にかけたまえ」
微妙にぞんざいになったゲルマッハ君の物言いに、カンコ君がむっとした瞬間です。ふわっとした衝撃と共に、カンコ君
はいつの間にか現れた椅子に座らされていました。
驚いて背後を見やると、アーリアちゃんが澄ました顔をしてカンコ君の肩を抑えています。
「まずは、遠い所をご苦労様。窮屈な思いをしたでしょう」
「ニダ……ケンチャナヨ……」
相変わらずニコニコと微笑むゲルマッハ君に、妙に気おされるカンコ君です。これではいけないと、カンコ君はなけなし
の勇気を振り絞って口を開きました。
「ニホン……がっ!!!」
その瞬間です。凄まじい激痛がカンコ君の全身を、電流のように走りました。
「アーリア」
「すまん。兄上」
見ると、カンコ君の足にアーリアちゃんのヒールがめり込んでいます。
「な……何するニダ!!」
真っ赤な顔をして抗議するカンコ君に、アーリアちゃんは悪びれもせずに「足が滑った」と一言です。
アーリアちゃんの足が滑ってカンコ君の足にめり込むというのは状況が理解できませんが、取りあえずカンコ君は無理
矢理自分を納得させました。
「ケ……ケンチャナヨ……。それでニホン……がっ!!アイゴー!!!」
「アーリア」
「すまん。兄上」
カンコ君にもようやく事態が飲み込めました。ゆっくりと、言葉を選びます。
「……ええと、ゲルマッハ家の過去に対する謝罪と反省は、まったくもって素晴らしいニダ」
ゲルマッハ君はにっこりと微笑みます。
「ありがとう。そういっていただけると心強いよ。我々は我々として、あのような悲劇を決して繰り返してはならないと
 考えている。皆にもそのことが理解してもらえるように、これからも努力は惜しまないつもりだ」
「それに比べてニホン……ニダ!!!」
「アーリア」
「すまん。兄上」


222 :マンセー名無しさん:2005/04/27(水) 23:41:47 ID:XBssVz59
やっとルールを完全に理解したカンコ君は、耳の先まで真っ赤になっています。
しかし、ゲルマッハ君相手に強気に出られるカンコ君ではありません。大人しく、そのルールに従うしかないのです。
「それで、常任理事家の件だけど」
ゲルマッハ君は、あくまで穏やかに促します。
「……ウ、ウリはニホ……ゲルマッハ家の常任理事家入りに賛成ニダ」
アーリアちゃんのしなやかな指が、カンコ君の頬を微かになでました。嘲笑うように。瞬間、カンコ君の頭にカーッと
血が上りました。……コケにされたニダ!!
「ありが……」
「た、ただし!」
お礼を言おうとしたゲルマッハ君を手で押しとどめ、目を逸らしたままでカンコ君が言いました。
「じょ、常任理事家増設自体にはあくまで反対ニダ!でも、もし増設することになったら、ウリはゲルマッハ君を支持
 するニダ!!」
恐れていた激痛は、しかし何時までたっても訪れませんでした。
恐る恐る目を上げると、ゲルマッハ君の横にアーリアちゃんが立っていました。最初の時と同じ、あの澄まし顔です。
「了解した。我々は、きっとよりよい未来を共に迎えることでしょう。……ああ、アーリア。奥の話も終わったようだ。
 カンコ君共々案内して差し上げて」
「わかった。兄上」

全員を送り出してアーリアちゃんがドアを閉めた瞬間、厚い木製のドアを通して「フアッビョオオオオオオオオン!!!」
と聞こえてきました。
思わず苦笑したゲルマッハ君は、アーリアちゃんのいぶかしげな視線に気がつきました。
アーリアちゃんは、腕を組んで壁に寄りかかっています。
「……あれで良かったのか?兄上」
ゲルマッハ君は、軽く肩をすくめました。
「彼だってあれでもアジア人さ。なかなかに利にさとい所がある。どうするのが得なのかくらい、少し落ち着けばわかることさ」
「別にカンコはどうでもいい。しかし、カンコ家の三星おじさんやLGおじさんを、必要以上に刺激することはあるまい」
「それは違うぞ、アーリア」
兄の微笑みは、本当に魅力的だとアーリアちゃんは思いました。あるいは、完璧に計算された作り笑いなのかもしれませんが。
「だからこそ、さ。あんなことをされて、カンコがそれを正直に誰かに話せると思うのかい?」
そして、ゲルマッハ君は常に正しいのです。


223 :マンセー名無しさん:2005/04/27(水) 23:42:39 ID:XBssVz59
シーン2.チューゴ君の場合

「では、家境問題に関しては」
「ああ、早期に解決できると思うよ」
「家同士の商売も」
「うん。きっとうまい方向に行くよ」
チューゴ君はイン堂君のお家に来ています。
何しろお隣同士で、しかもイン堂君のお家は中華マンション並の入居者数を誇っているのです。
そのうち、中華マンションの入居者数を追い抜くとさえ言われています。
「左様アルか。いや、実に意義のある話し合いだったアルよ」
チューゴ君、ホクホク顔です。家境の問題は長年対立している懸案でした。それに、現在上手くいっているチューゴ家の商売
が、実は泡のように危ういものであることは、チューゴ君が一番良く知っています。
なんとしても、日ノ本家のようになる事態だけは避けなければなりません。
一方で、現在のチューゴ家に期待されているような役割を次に果たすと見られているのが、他ならぬイン堂家です。
チューゴ君としては、是非とも仲良くしていたい相手なのです。
「アイヤー、すっかり長居してしまったアルな。それでは朕はこの辺で……」
とチューゴ君が立ち上がった瞬間です。
「ああ」
ぴたり、とチューゴ君の動きが止まります。イン堂君は何かを言いかけたまま、続けようとしません。
座るよう促すこともしません。かといって、そのまま話を続けようともしません。
スッとチューゴ君の目が細く、冷たいものへと変わりました。
イン堂君は、平気な顔をしてその視線を受け止めます。
しばらくの沈黙の後、チューゴ君はしぶしぶと席に着きました。イン堂君は、満足そうに何度も頷きます。
「……早く用件を話すヨロシ」
既に微妙にプライドが傷ついたチューゴ君です。いらだたしげにそう吐き捨てました。
イン堂君の顔色は全く変わりません。
「常任理事家の件なんだ。チューゴ君に支持してもらいたいと思ってね」
チューゴ君の目に、嘲りの色が浮かびます。なにしろ、チューゴ君が絶対的優位に立てる話題です。
「その件なら……」
「僕はこう思うんだ」

224 :マンセー名無しさん:2005/04/27(水) 23:43:26 ID:XBssVz59
あごの下で両手を組み、イン堂君はテーブルに肘を付きます。
「世界って、不公平だ。僕らがニッテイさんの力を借りて独立した時には、既に次の世界の枠組みが出来上がっていた。
 僕らは、またそこから置いてきぼりにされたんだよ」
チューゴ君の目が、冷静な色に戻ります。
「……何が言いたいアルか?」
「別に?神サマは世界を不公平に作ったんだから、僕らはそのなかで何とかしていくしかないのさ。でもね、こうも思うんだ」
イン堂君は両手を組んだまま、口元を隠します。
あるいは、高笑いしそうになるのをこらえていたのかもしれません。

「『もう一度』何かが起きれば、枠組みもまた変わるんじゃないかなって。そうすれば、少しは公平になるんじゃないかなっ
 てね」

刹那、凄まじい圧力がイン堂君を押し包みます。チューゴ君の全身が、何倍にも膨れ上がったかのような圧力です。
押しつぶされるような、切り刻まれるような。しかし、イン堂君はびくともしません。


「朕を脅しているつもりアルか?」


人を殺す声です。カンコ君なら、この声だけで10回は気絶できます。
しかし、イン堂君はびくともしません。
「違う違う、そんなつもりは無いよ。ただ、僕と同じ悠久のときを生きる君だったら、僕のいうことを単なる戯言とは思わない
 だろうと思ってね。真剣に、聞いてくれると思って」
ふっと風がやむように、圧迫感が雲散霧消しました。空気が弛緩して、部屋が元通りの広さに感じられます。
チューゴ君はすっと立ち上がりました。

「朕はイン堂の常任理事家入りを支持するアル」




225 :マンセー名無しさん:2005/04/27(水) 23:43:53 ID:XBssVz59
背中を向けると、一言付け加えました。
「……そのときが来れば」
イン堂君はにっこりと笑いました。
「来るさ。絶対に」
チューゴ君の唇が、皮肉に釣りあがります。
「大した自信アルな」
「自信?違うさ。僕らはこういうときに、こう言うんだ」
イン堂君はおどけた顔をして見せました。愛嬌のある、人懐っこい顔です。
「『これは運命の巡り合わせさ』。それに、待つことには慣れているしね」

それっきり、何も言わずにチューゴ君は部屋を去りました。
部屋に残されたイン堂君が、ポツリとつぶやきます。
「顔に出ないのって、本当に得だよな」
ゆっくりと掌を広げると、その内は冷や汗でべとべとに濡れていました。

226 :マンセー名無しさん:2005/04/27(水) 23:44:35 ID:XBssVz59
シーン3.ミッドナイト・ティーパーティー

『ということさ。チューゴ君は僕の家の常任理事家入りに賛成してくれるって』
「そうか。良くやってくれた」
『全くだよ〜。君がカンコで、僕がチューゴ君だなんて、ちょっと不公平じゃないかい?』
「きっと、前世の縁だろ」
『あ〜、そういうこと言っちゃいけないんだぞ〜。君のところの宗教は、前世とかそういうのないだろ?僕、知ってるんだ』
「イン堂は物知りだな」
『僕、ゲルマッハ君のそういうところ嫌いだな』
「それもきっと、前世の縁さ」
『あはははは。そういうところは大好きさ。それじゃぁ、また後で』
チンッと、古臭いアンティークの電話の受話器受けが鳴りました。
ふーっとため息をついて深々とソファーに身を沈めると、ゲルマッハ君はさらさらの髪を撫で上げます。
「……どうだった?」
部屋の隅には、ニホンちゃんがいました。アーリアちゃんが入れてくれたココアのカップを両手で支えながら、大きすぎる
ソファーに所在無げにちょこんと座っています。
ココアをふーふーと冷ましながら、不安げな表情でゲルマッハ君を見つめています。
「ああ。イン堂君は。チューゴの支持を取り付けたそうだよ」
「!良かったあ……」
はぅ、とため息をつくニホンちゃんを、ゲルマッハ君は親しげに見つめていました。
「ええと、これでチューゴ君はイン堂君支持で、カンコ君はゲルマッハ君でしょ?アメリー君は私を支持してくれている
 から……」
指折り数えるニホンちゃんに、アーリアちゃんが口を挟みます。
「しかし、カンコは予想以上に耐えたな。あっさりと言説を翻すと思っていたが、『増設反対』は変えようとしなかった」
「あ、それ簡単な理由」
ブジリー君は良く動く目をきょろっと回して、アーリアちゃんに答えました。
「カンコ、自分が常任理事家にはいるつもり。だから、自分ちがニホンちゃんち抜くまで、絶対反対」
「抜くまでって……」


227 :マンセー名無しさん:2005/04/27(水) 23:45:13 ID:XBssVz59
アーリアちゃん、思わず絶句します。カンコ家が日ノ本家を抜く?いや、しかし、そもそも日ノ本家が台頭してきた以前に、
果たしてそれを予測していたものがいたか?あるいは奴も……。
「アーリア考えすぎ。つまり、カンコが増設支持する可能性、0と考えればいい」
ブジリー君は至ってシンプルです。ですが、案外その辺りに正解があるような気がします。
「うん……うん……やっぱり決めた!」
一人で何事かを悩んでいたニホンちゃんが、唐突に立ち上がりました。猫舌のはずなのに、いつの間にかココアを飲み干し
ています。
「やっぱり、もう少しお隣を説得してみるよ」
「ニホン、それ、無駄」
あっさりと却下されてくじけそうになりますが、健気に踏みとどまるニホンちゃんです。
「無駄かもしれないけど、やらないよりは絶対にマシだよ」
「ニホン、それ、ある意味カンコ馬鹿にしてるぞ」
「え!?」
ブジリー君は、きょろきょろと目を動かしています。
「カンコにはカンコで、譲れないものある。なのに『やらないよりは』なんて、『あってもなくてもいい』支持とりつけの
 ための説得なんて、ただのアリバイつくり。カンコ利用して、アリバイつくりするだけ」
どよーんと落ち込むニホンちゃん。
確かに、最近カンコ君に何を言われても気にならなくなっていました。
常任理事家入り反対を表明された時にも、「ええと、……で?」といった感想しか持てなかったのが、正直なところです。
何しろ、カンコ君は地球町で特に人気があるほうではないのです。
というよりも、はっきり言って嫌われています。
カンコ君の反対表明は実際の所、ニホンちゃんにとっては何のダメージにもならないのです。
ですが……。
「(思い上がり、だよね……うん。流石にちょっと酷かったかもしれないなぁ……)」

228 :マンセー名無しさん:2005/04/27(水) 23:46:09 ID:XBssVz59



とぼとぼと家路に着くニホンちゃんの寂しげな後姿を窓から眺めながていたアーリアちゃんは、その背中が街角に消えると
キッとブジリー君を睨みつけました。
「……俺、お前らと違う。今回の常任理事家入り、入れなかったら俺に何の意味も無い」
そう。ニホンちゃんもゲルマッハ君も、入れなかったら入れなかった時なりに、その事実の利用の仕方は色々あるのです。
町会費の支払うのを渋ってみたり、あるいは地位に見合わない負担割合に文句を言ったり。
(別にお金が惜しいわけではありませんが、町会費を払うくらいなら、実際に必要としている家にODA賃としてあげた方
が、ずーっとましです)
極端な話、町会会館の自分達の椅子に貼られた「この家は暴れん坊です」というシールを剥がすだけでも、ニホンちゃんと
ゲルマッハ君には意味があることなのです。
ゲルマッハ君は、悲しげに眉をひそめました。
「……なぁ、ブジリー。僕たちは仲間だ。そんなことを言うな。勿論、僕たちの気持ちだって君と一緒だ。入れるか、入れ
 ないか。そのどちらかだけだよ。……中間なんて存在しない」
ブジリー君、ゲルマッハ君の言葉に微かに笑みを返します。
「……カンコは、どうでもいい。アメリーやエリザベス。フランソワーズ強力に味方にする方が先。ニホン、間違ってる」
「それは違うぞ、ブジリー。君もカンコに会うべきだ」
ブジリー君の眉毛が、いぶかしげにぐんにゃりします。
「何故?」
ゲルマッハ君は、意地悪く微笑みました。
「カンコを少し褒めてやれよ。きっとあいつのことだ。ブジリーの常任理事家入りに賛成するに決まってる」
「でも、カンコの賛成、何の意味も無い」
「そんなことないさ」
ゲルマッハ君は大仰な身振りで肩をすくめて見せます。
「常任理事家増設反対派のばらばらっぷりが、浮き彫りになる。重要なのは『足並みをそろわせないこと』さ。そうなれば、
 いくらでも切り崩しようがあるさ」
今度こそブジリー君は、太陽のようにぴかぴかの笑顔を浮かべました。

229 :マンセー名無しさん:2005/04/27(水) 23:46:35 ID:XBssVz59
ブジリー君も去り、兄妹だけが部屋に残されます。
日は既にすっかり暮れ、部屋に灯るランプの灯りが妖しくゆらめきます。
アーリアちゃんは、無言で兄の横顔を見つめています。
ゲルマッハ君は表情を消し去って、じっと虚空を見つめています。
深々とソファーに身を沈め、じっと虚空を見つめています。

「……だが、上手くいかなかったときのことも、当然想定しておかなければな」
ぽつりとゲルマッハ君がつぶやきました。

そして、ゲルマッハ君は常に正しいのです。

230 :マンセー名無しさん:2005/04/28(木) 00:00:50 ID:XBssVz59
本当に長々と失礼いたしました。

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/04/08/20050408000077.html
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/04/11/20050411000006.html
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/04/12/20050412000044.html
http://j1.people.com.cn/2005/04/20/jp20050420_49431.html
だいたいこの辺りのお話です。

国連改革の話は、どう転んでも日本にとって悪くなることは(よほどの事が無い限り)ありませんので、
久し振りにまたーりと推移を見守れるネタですね。

ええと、拙作を読んでいただければ判る通り、自分はチューゴ君ファンです。
ただ彼は3千年の中華を表している一方で、中国共産党のデフォルメでもあるので、描き方は難しい
ですね。
中国共産党は大嫌いなので。

カンコ君に関しては、飯嶋酋長の訪独でがっかりさせてくれたので、今回は酷い目にあわせてみました。
空気読むウリナラなんて、偽者です。

「もう書くな」とか、「チューゴ君のこんな描き方はどうだろう」、あるいは「カンコ君のいじめ方が、まだ
まだ甘い」などなど、色々聞かせていただけるとうれしいです。
では、再見。

追記:ブジリー君に、勝手にキャラつけてしまいました。どうしてもカメンライダーアマゾンが頭から離
    れないのです。
    まずかったら、二度とやりません。ごめんなさい。

231 :司馬遼々:2005/04/28(木) 00:22:09 ID:DUznaYog
失敬。

>>228
>とぼとぼと家路に着くニホンちゃんの寂しげな後姿を窓から 眺めながていた

×眺めながていた

○眺めていた

です。
申し訳ありません。

232 :マンセー名無しさん:2005/04/28(木) 00:25:24 ID:DUznaYog
重ねて失敬。

>>228
>町会費の 支払うのを渋ってみたり

×町会費の

○町会費を

です。重ね重ね申し訳ありません。

233 :マンセー名無しさん:2005/04/28(木) 00:59:42 ID:cVkp38ze
ふーむ、話の構成が実に良く計算されていますね。
落ちまでロジカルに決まってる、なんて
すごいよ、ゲルマッハ君。

234 :マンセー名無しさん:2005/04/28(木) 09:58:56 ID:aGiR/Tqz
>金髪碧眼のゲルマッハ君が、にっこりと微笑みました。同性までもがくらくらしてしまうような、素晴らしい微笑です。

先代スコルピオンみたいニダ ハァハァ


235 :マンセー名無しさん:2005/04/29(金) 00:15:14 ID:f622mKhM
カンコがいい味だしてるなぁ。

236 :( ◆n8O1ZEZnOg :2005/04/29(金) 14:46:40 ID:qFZI2t5m
うごく面白かったです。イン堂くんよすぎですよ。読んだ後に残ります。
たくさんの人物がでていますが一人一人把握できますし、長文長く読めない病も発病しませんでした。
定期掲載してほしいです。切に!カルイ感想ですまん。

>あさぎり殿のAA会議ネタの後ではなんか今更ですし、そもそもシェロ殿が既に書かれたネタですが、

思わずそんなスレ(AA会議)があるのかと探してしまいました・・・
<;`∀´> ムキー 

237 :司馬遼々:2005/04/30(土) 14:37:49 ID:3/Yt6ep+
あまり好ましくないとは思いますが、連続投稿失礼いたします。
書き始めると、止まらなくなってしまうのです。
申し訳ありません。

238 :司馬遼々:2005/04/30(土) 14:39:26 ID:3/Yt6ep+
【碧空に想う】

空が高い。
日ノ本家で見た空に、ちょっと似ている。
白い雲がぷかぷかと浮き、どこか間抜けに見える。

もう、体は動かない。
どこもかしこもいかれてしまった。
お天道様はじりじりするが、満身創痍で横たわる地面は少しだけひんやりしている。
もう、長いこと横たわっているのに。

リクグンは、ポケットから煙草を取り出した。
マッチ箱は少し湿気ていたが、それでも火は着いた。
ふうっと紫煙を吹きだすと、何故か「ああ、負けたんだ」という実感がこみ上げてきた。
他に何を思うかと言えば、力が及ばなかったという後悔……は無い。
鍛えた自信はある。それでも及ばなかったのだから、後悔などは無い。
こうすれば良かったという後悔……もまだ無い。
そんなものは、孫の世代に任せてしまえばよい。


239 :マンセー名無しさん:2005/04/30(土) 14:40:14 ID:3/Yt6ep+
何も成し遂げられなかったという虚脱感だけがある。

日ノ本家は無事だろうか。非道いことをされてやしないだろうか。
父や母は達者だろうか。
兄弟達は、今も元気でいるだろうか。
子供たちは、飢えてやしないだろうか。

僕の愛した庭は、今も綺麗だろうか。
僕の植えた向日葵は、まっすぐ伸びているだろうか。
高く高く、伸びているだろうか。

ふと、顔に影が差した。
煙草をくわえたまま首を捻ると、悲しそうな瞳がこちらを見下ろしていた。
浅黒い肌。大きな瞳。聡明そうな、少女。
「……リクグンおじさん、大丈夫?」
「……うむ。全くもって大丈夫だ」
そんなはずが無かった。
体中何処を見ても、無事なところなど在りはしなかった。
しかし少女は、少しだけ笑った。
「良かった。死んじゃうかと思った」

死にそうだった。

「自分は不死身である」
強がりも、冗談も、ただ空しい。

240 :マンセー名無しさん:2005/04/30(土) 14:41:06 ID:3/Yt6ep+
煙草が灰になった。もう一本あったなと胸元を探るが、思うように手が動かない。
見かねた少女は、リクグンの胸ポケットから煙草を抜き出してやった。
マッチをすると、リクグンは気持ちよさそうにぷかぷかと煙を吹きだす。
「……おいしいの?」
「うむ。不味いな」
教育的配慮である。少女は納得行かない様子で、「ふーん」とつぶやいた。
少女はリクグンの傍らに、静かに腰を下ろした。
しばらく、無言の時が過ぎる。
ぷかぷかと浮かぶ煙と雲を、ただ見るともなしに見やる。

「……で、どうしたのだ?」
唐突なリクグンの問いに、少女は目を伏せた。
「……おじさん、負けちゃったの」
ぽつりと呟いたそれは、問いかけだったのであろうか。リクグンは、ただこう答えた。
「ああ、負けたな。完敗だ」
「最強って言ってたのに、嘘つき」
鋭すぎる少女の言葉にも、怒りは感じない。
「自分は嘘をつかない。我々は最強だったが、相手は無敵だったのだ」
屁理屈にもならない理屈に、少女は悲しげに微笑む。
「おじさんって、嘘つきだよね。嘘ばっかりだ」
ああ、そうかもしれないなと思った。

思えば、何をしたかったのだろう。
こんな南の地まで来て、何をしたかったのだろう。
血と火種をばら撒いて、そこまでして僕がしたかったことって一体なんだ。

「……スカルノおじさんが、ドクリツを宣言したの」

少女の言葉に、リクグンは満面の笑みを浮かべた。

241 :マンセー名無しさん:2005/04/30(土) 14:41:35 ID:3/Yt6ep+
「そうか!おめで……」
「おめでたくなんかない!!ちっともおめでたくなんかない!!」
少女は物凄い剣幕で吠えた。凄まじい勢いで立ち上がり、リクグンを睨みつける。
「エリザベス家だってネーデル家だって、すぐに戻ってくる!!そして、今度はおじさんたちはいないんだ!!
 また!血が流れるんだ!!わたし達の血が!流れるんだ!!」
少女は倒れこんだリクグンに馬乗りになった。羽毛のように軽い少女が、今はとても……重い。
「ねえ、戦ってよ。もう一度、戦ってよ!もういやだよ!血が流れるのも!虐げられるのも!!」

僕は何がしたかったのだろう。
こんな南の地まで来て、何をしたかったのだろう。
血と火種をばら撒いて、そこまでして僕がしたかったことって一体なんだ。

勝ちたかったのか?
強く、剛くなったのは、勝つためだったのか?
鍛えたのは、勝つためだけだったのだろうか。

それもある。でも、それだけじゃない。

日ノ本家の栄光のためだったのか?
勝ちたいと、勝つと決めたのは、日ノ本家のためだったのだろうか?
勝利を得ようとしたのは、日ノ本家の栄光のためだけだったのだろうか。

それもある。でも、それだけじゃない。


242 :マンセー名無しさん:2005/04/30(土) 14:41:58 ID:3/Yt6ep+
多くの友達が倒れた。
多くの敵を屠った。
激情にまかせて、非道いこともたくさんした。

多くの血が流れた。
僕の血も。
友達の血も。
顔も知らない敵の血も。

屠りたかったのか?ただ、勝ちたかったのか?栄光が欲しかっただけなのか?偉くなりたかったのだろうか。
尊敬されたかった?認められたかった?誰よりも強いと、羨望と憧憬の眼差しが欲しかった?
それもある。でも、それだけじゃない。

それだけじゃない。

僕らが戦ったのは、決してそれだけのためなんかじゃない。
そんなもののために、僕らが血を流すはずが無い。
敵の血が、流れていいはずが無い。



守りたかった。




243 :マンセー名無しさん:2005/04/30(土) 14:42:54 ID:3/Yt6ep+
父を。母を。兄弟を。子供たちを。父祖達の地を。いまだ顔も知らぬ、孫達を。そしてその未来を。



亜細亜を。



長き屈従に耐えた民を。その子供たちを。いまだ顔も知らぬ、その孫達を。そして、その未来を!!

救おうとしたんじゃない。
かつてはそう思っていたけど、それは傲慢だ。
結局、僕らも新たに血と火種をばらまいただけに過ぎなかった。
救いとは、そのような中途半端なものであってはいけない。あっていいはずがない。
神は救いを与えると人はいう。でも、僕はそうは思わない。
救いとは、勝ち取ったその先にただ在るものなのだ。
何も成し遂げられなかっただと?僕は大馬鹿者だ!
負けた今だからこそわかる。そう、全ては始まったのだ。

僕は今度こそ、何かを成し遂げるのだ。

自己満足でもなんでもいい。あるいは贖罪かもしれない。贖罪にすらならないかもしれない。
血が流れた。敵も味方も、血が流れすぎた。それは事実だ。単なる、取るに足らない、冷酷な、
純然たる、誇りと埃にまみれた事実だ。

僕は今度こそ、それに血を通わせるのだ。歴史に、するのだ。




244 :マンセー名無しさん:2005/04/30(土) 14:43:19 ID:3/Yt6ep+
「……ご免なさい……」
胸の上で、少女は泣いていた。大きな瞳は、黒曜石のように剛い。
その涙は、どんな宝石よりも尊い。
「……解ってるの。おじさんはもう戦えない。不死身じゃないし、最強なんかでもない。人間だもの」
泣きながら、笑う。この土地にあって、日ノ本家には無い太陽の光で。泣きながら、笑う。
「戦うよ、私は。そして勝つ。私たちも、人間だもの」
神様にできることなんて、せいぜいが風を吹かせることくらいだ。
戦って、そして打ち勝つのは人間だ。
人間だけなのだ。人間だけで、十分なのだ。
「おじさんは早く立ち去ったほうがいいよ。……また始まる、その前に」

「去らん」

少女の瞳が大きく見開かれた。
「ご免なさい。もう、いいの。私が間違ってたの。今度こそ、私たちが戦わなければいけないの」
少女の顔に浮かぶそれは、決意だ。しかしリクグンは言った。
「それでも去らん」
「強がらないでよ。……私を困らせないで。謝るから。さっきの言葉は取り消すから」
リクグンは、口をへの字に曲げたままなおも言った。
「それでも去らん」
少女がキッとリクグンを睨みつける。良い子だ。僕なんかより、ずっと気が強い。
「ぼろぼろのくせに!手も足も動かなくて、地面にはいつくばってるくせに!不死身でも、最強なんか
 でもないくせに!」

「それでも、去らん」

全身に力を込める。
動け、傷ついた手よ。動け、折れた足よ。
骨が軋む。筋肉がばらばらに動く。

でも、立ち上がる。


245 :マンセー名無しさん:2005/04/30(土) 14:44:09 ID:3/Yt6ep+
抱き上げられ、高々と掲げられた少女は目を丸くしていた。
「自分は嘘などつかん。自分は不死身だ。最強だ」

僕は笑えているだろうか。変に曲がった口をして、不細工を晒してやしないだろうか。
彼女は僕を見て、かっこいいと思ってくれるだろうか。
僕の嘘は、本当に聞こえているだろうか。

「去れといわれても、去らん。自分は自分のしたいようにする」
今までも、これからも、
僕は僕のしたいようにする。

「義によって、助太刀いたす」

少女の瞳から、新たな涙が零れ落ちた。





246 :マンセー名無しさん:2005/04/30(土) 14:44:39 ID:3/Yt6ep+
日ノ本家は無事だろうか。非道いことをされてやしないだろうか。
父や母は達者だろうか。
兄弟達は、今も元気でいるだろうか。
子供たちは、飢えてやしないだろうか。



僕の愛した庭は、今も綺麗だろうか。
僕の植えた向日葵は、まっすぐ伸びているだろうか。
高く高く、伸びているだろうか。



まっすぐに、高く、この碧空に。




247 :マンセー名無しさん:2005/04/30(土) 14:45:14 ID:3/Yt6ep+
「……ゃん……ドネシアちゃん……インドネシアちゃん!」
びっくりして振り返ると、黒髪の少女がちょっと怒った顔をしていた。
「もう、なにぼんやりしてるの。日直の仕事わたしが一人でやったんだからね!」
にぱっとわたしは笑った。
「ゴメンゴメン。ちょっと考え事しててさ」
その笑顔に毒気を抜かれて、思わず少女は微笑んだ。
「もー、別にいいけどさ〜。で、考え事って何?」
そういって覗き込むその顔に、おじさんの面影は全く無い。
時々おじさんの名残をその顔に探すのだけれど、いつもちょっぴりだけがっかりする羽目になる。
でも、それで良いのだとも思う。
「ひ・み・つ♪」
「え〜……あれ?何、それ」
わたしが見つめていたものを見止めると、彼女はいぶかしげに問うた。
古ぼけた階級章。すっかりよれよれになってしまったそれを、少女は何なのか知らないらしい。
「大切なものだよ」
「ふ〜ん。ま、いいや。今度教えてね」
そういうと、彼女はランドセルを手に取った。
「途中まで一緒に帰ろ?」
「うん。ちょっと先に行ってて」
うなずくと、彼女はたたーっと教室から出て行った。


248 :マンセー名無しさん:2005/04/30(土) 14:45:49 ID:3/Yt6ep+
おじさんは、忘れていいって言った。
この戦いは君たちだけのものだって、そう言った。
きっと、私もいつか忘れてしまうのかもしれない。

でも、まだ覚えている。
わたしは、まだ覚えている。

絶対に忘れないって言ったら、おじさんは少しだけ笑った。
困ったように、恥ずかしそうに少しだけ笑った。

そして、そのあとすぐに死んじゃった。

おじさんは嘘つきだった。
不死身でも、最強でも、なんでも無かった。



でも、世界で一番素敵な嘘つきだった。



わたしは大切なものを、ランドセルの一番奥にしまった。
世界で一番素敵な嘘つきの、その思い出を。

249 :司馬遼々:2005/04/30(土) 15:02:09 ID:3/Yt6ep+
どうも、司馬遼々です。
調子に乗っていますね。申し訳ありません。
お褒めの言葉をいただき、かなり有頂天になっております。

今回の話は、インドネシア独立戦争のお話です。
有名なお話なので、過去ログにも存在していたかと記憶しています。
ですが、一度は挑戦してみたいエピソードなので、無礼を承知で書かせていただきました。

実際には悲しい話もあって、独立運動で暴徒化した民衆に、日本軍の兵士が殺されて
しまったという話もあったそうです。
しかし日本軍は、「撃つな、指導者と話し合え」と厳命していた為、彼らは無抵抗だったそうです。
その中の一人が、血糊でこう書き残しました。

「インドネシアの独立に栄光あれ」

僕はこの話を読んだ時に、恥ずかしながら涙が止まりませんでした。
今でもその場所は、記念として残されているそうです。

僕らはインドネシア独立の話を知った時に、思わず胸を張りたくなってしまいます。
しかし、わが身を振り返れば、僕らは彼らの万分の一も立派なんかじゃありません。
明日は、今よりも少しだけでも彼らに近づけるように。
そう誓うことくらいしかできません。

インドネシア独立の栄光は、彼らだけのものです。
覚えていてくれたら勿論それは嬉しいことですが、忘れてしまっても構わないと僕は思います。
ただ、僕らは絶対に忘れてはいけないとも思うのです。

250 :マンセー名無しさん:2005/04/30(土) 16:10:55 ID:qhZs20Ou
司馬遼々さんあんたプロ?
他のどの作者と比べても圧倒的な力、役者の違いを感じます。
作品に限っていえば陸軍さんかっこええわ。台詞回しが全盛期
の三船敏郎風で。
出来たら「ニホンちゃん外伝リクグン編」なっていう別スレたてて欲しいぐらい

人の書いたモンに意見ばかりするトンチキが、同じネタ扱ってたけど
あれが糞に見える。


251 :マンセー名無しさん:2005/04/30(土) 16:38:38 ID:Iw6Hsb4D
リクグンさん渋いですね。

良作のあとに投稿するのは正直つらいものがありますが、私も短編をひとつ。

252 :カラクリ:2005/04/30(土) 16:40:05 ID:Iw6Hsb4D
 風景がオレンジ色に染まる中、ニホンちゃんは体育館の裏に向かっていました。
 目的地で彼女を待っていた二つの影。チューゴくんとカンコくんです。
「ごめ〜ん、待った?」
 愛らしい顔に微笑みを浮かべて言うニホンちゃん。その微笑みが普段の彼女のものとはわずかに違って見えるのは夕陽のせいでしょうか?
「ニホン。冗談を言っている場合ではないはずアル」
 爆発しかけたカンコくんを黙らせつつそう言うチューゴくんの表情は真剣そのもの。
「そうね。じゃあ、今月の分を支払ってもらおうかしら」
 その言葉を合図に、二人は自分の財布からお金を取り出し、ニホンちゃんに渡します。二人にしては結構な額です。
 それを受け取ったニホンちゃんは、過不足がないことを確認して財布にしまいました。
「やいニホン! もう……少し安くならないニカ?」
 いつもは威勢の良いカンコくんも、今回ばかりはニホンちゃんの冷たい視線の前に大人しくなってしまいました。
「何言ってるの? これであなたのおうちが平和で暮らせるんだから、安いものじゃない」
「……」
 ニホンちゃんの言うことはカンコくんにも分かっています。
 この大金は、家族が日ノ本家の悪口を言っても(ある程度までは)見過ごしてもらうために払っています。そのおかげで、彼らの家はまとまりを保っているようなものだからです。
(アイゴー! でもいつか、ニホンをウリの奴隷にしてやるニダ!!)
 去っていくニホンちゃんの背中を、カンコくんは顔をキムチのように真っ赤に染めてにらみつけています。
 しかし──。チューゴくんは、この安定がとても脆いものだということを自覚していました。
 とはいえ、今はまだ正面からニホンちゃんに対抗するには不安要素がいっぱいです。
(今のうちに力を蓄えれば、将来ニホンに勝つことも可能アル。それまでは……)


 帰路についたニホンちゃんは思いました。
 最近チューゴくんちは反ニチ的な行動が多いよね。そろそろ使用料値上げしようかな?
 でも、こんなお金払ってるからいつまでもビンボーなのよね、二人とも。
 ま、勝手に騒がせておくだけで力を削ぐことができるんだから、こんなおいしい話もないか。


253 :解説:2005/04/30(土) 16:41:51 ID:Iw6Hsb4D
 大分前に新聞のコラムに載っていた「日本政府は韓国政府に反日の使用料を請求するべきだ」という韓国人のジョークが元ネタです。

 政府が中韓両国に謝罪や賠償を請求しないのも、彼らが未だに日本に追いつけないのも、実はこんなカラクリがあった、というお話で、
今頃は町村外相が水面下で中国政府から賠償金をとっているかも知れません。

 なお、この物語は捏……もとい、フィクションです。実在の人物・団体等とは一切関係ないはずです。


254 :マンセー名無しさん:2005/04/30(土) 17:16:04 ID:8j4LI8hM
>>252
ニホンちゃんこわいな(笑)
しかし、韓国人がそんなこというのか。
センスいいね、そいつ。

255 :マンセー名無しさん:2005/04/30(土) 17:34:18 ID:a6uSJ9fe
実際ニホンちゃんは彼等との貿易で巨額の黒字を出しているから、
対応にも余裕があるのかもね。

256 :マンセー名無しさん:2005/04/30(土) 17:41:41 ID:9uN2lVo+
>>252
やっぱり風刺あってこそのニホンちゃんだな。
普通に風刺がきいていてGJであります。

257 :マンセー名無しさん:2005/05/01(日) 01:53:18 ID:W7Qbkcgf
ああ、良いですねぇ。
何か自分が目指していたものを
自分とは違う形で答えを出されたような、
そんな2作品でした。
・・・と、匿名謹慎中のSS作家モドキが云ってましたよ。

258 :目次246:2005/05/01(日) 18:09:01 ID:tce6Q7FS
第2217話〜第2223話
>>202-203

第2224話「はいぱあホスト ネシアちゃん」
>>205-207 ( >>208 解説)
第2225話「ガーターベルト」
>>210 ( >>211 解説 >>212 訂正)
第2226話「思惑、交錯」
>>219-229 ( >>230 解説 >>231-232 訂正)

259 :目次246:2005/05/01(日) 18:09:55 ID:tce6Q7FS
第2227話「碧空に想う」
>>238-248 ( >>249 解説)
第2228話「カラクリ」
>>252 ( >>253 解説)

260 :どぜう ◆3F8jIdnlW2 :2005/05/02(月) 00:09:27 ID:eGVF7Nkh
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/korea/1111575228/442-
昨日から始まったこの流れ↑が、
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/korea/1113148096/972-
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/korea/1114959241/
どうやらこのようになってるらしいのですが、はてさてどうなることやらw

261 :マンセー名無しさん:2005/05/02(月) 00:30:26 ID:qTsBjjHg
ウザイ
建設的な流れを切るなよ
 書 い て や っ て い る って意識がプンプン臭う

262 :どぜう ◆3F8jIdnlW2 :2005/05/02(月) 00:36:44 ID:eGVF7Nkh
>>261
ガイドライン違反で、スレを潰されるかどうかの瀬戸際だと思うのですが、
こう云う意見は建設的ではないのですかね?
失礼と思いますが、建設的な流れの定義をお願いいたします。

263 :マンセー名無しさん:2005/05/02(月) 01:59:43 ID:Ap4sDFDz
正直、もうどうでもいい。
熱血絡みの話題じゃないと活気を取り戻さないスレなんてどうなってもいい。

いっそローカルルールを堅守したまま削除人の裁定に一任するのはどうだろ。
あの馬鹿にカムバックされるくらいなら削除のほうがマシだ。


264 :マンセー名無しさん:2005/05/02(月) 10:50:50 ID:/uBE8/Pb
>>238-248
泣きました。
本当にありがとう。
貴方の文才に脱帽です。

265 : :2005/05/02(月) 15:16:35 ID:wjwDPJxe
ポークソーセージカレー
「なーゲルマッハよ、もう昼にしないか?」
「駄目だイン堂、まだ11時半だ。規律は神の意志だ、勤労は神への奉仕だ」
「おまいさんの台詞から神をとれば、まるでニッテイじいさんだね。
 でもな、おまいさんおれの計算力を舐めてるだろ?こんな簡単なプログラム
 もう完成したよ閑なんだよ。」
「なに!もう完成したのか?この男のソフト開発能力って一体?兄者」
アリーアちゃんが驚いています。
「規律は絶対だ。後30分念入りにテストしたまえ」

実はニホンちゃんの家でイン堂君とゲルマッハ兄弟、ニホンちゃんで
常任理事家入りの秘密の相談をしていてイン堂君はリスク数値化
のプログラムを担当していたのです。

時計の針が12時を指すと同じにドアが開き、ニホンちゃんが
お鍋もって、ウヨ君が食器をもって現れました。
ニ「さーさお昼にしましょ、イン堂君お疲れ様」
イ「おー美味い。これはなんという食べ物なの?」
ニ「てイン堂君これカレーのつもりなんだけど?イン堂君ビーフは
 駄目っていうから、アーリアちゃんとこのソーセージでカレー作ったのよ」
ゲ「相手の技術を完璧にコピーして、その上ソコから新しいものを創り出す
 恐ろしい能力だ。味方につければ100人力、敵にすればサタンの使者だ」
ニ「あははは カレーぐらいでなにいってんのよ。でも凄い分析力よね」
ニホンちゃん料理をほめられてご機嫌です。


266 : :2005/05/02(月) 15:17:33 ID:wjwDPJxe
ア「前の地球町大喧嘩もこのメンバーだったよな」
ゲ「みんなボロボロになって、回りは皆敵になっても、日本家だけは最後まで戦ってくれた
 それまで、家の人間はアジア人馬鹿にしてたけどそれが間違いだって判ったんだ。」
イ「まったく、ニッテイじいさんチュウゴ家やアメリー家と遣り合ってたのに
 イン堂家独立の助太刀までやってくれたんだぜ」
ニ「あたしも感謝してるよ、なにをするにもゲルマッハ家はあたし達の先生だったし
 喧嘩が終わって家が村八分になった時はイン堂君ちだけが味方だった。」

ア「我らが力を合わせれば無敵だ、イン堂リスク計算プログラムを走らせてくれないか?」
イ「了解!えーと今のリスクは2%しかないね完璧だ!」
ア「ハーハッハ 今回はイタ公ぬきだからな。試しにイタ公入りでシミュレートしてくれよ」
イ「了解!ありゃリスク50%土壇場で裏切の恐れあり 戦力アップ3%増だよ」
それを見ていたニホンちゃん申し訳なさそうに
ニ「あの・・カンコ君いれたシュミやって欲しいんだけど」
イ「お安い御用だ え! なんだこの結果」 

オーバーフローエラー 
リスク要因が想定値を超えました。リスクを減らして再計算してください。
壇君の法則発動の恐れあり 


267 : :2005/05/02(月) 15:22:59 ID:wjwDPJxe
解説
ソースは常任理事国問題ね
話の中に日印独3国の力の秘密と因縁をいれてあって
ニホンちゃんの力の根源が表題になってます。
落ちはイタ公抜きと壇君の法則です。

268 :マンセー名無しさん:2005/05/02(月) 15:52:53 ID:RCaD+F0N
>>265-266
イン堂くんさすが!
マカロニーノくんとカンコくんもさすが!(笑)

269 :マンセー名無しさん:2005/05/02(月) 21:35:28 ID:z4JZy1F/
>>265-266
そー言えばどっちも半島国家なんだな。
すげぇよ半島パワーw

270 :マンセー名無しさん:2005/05/03(火) 02:24:54 ID:55J6LOk7
チュウゴ1/2
「なーなーこの頃、チュウゴ生意気じゃねぇか?」
とアメリー君。
「ちょっと絞めようぜ。ニホンちゃん」
「えぇ!?・・・そんなのできないよぅ」
ニホンちゃんの心の声
(キタキタキター)
ま、まずいアル。クラスの我に体する評価ががた落ちアル。こ、ここはあれをしなければ、この事態を挽回できない!
「ちょっとトイレに行ってくるアルネ」
ヒソヒソ
「なんだぁ?ビビって逃げ出したのか?情けねぇ」
そのとき、トイレが光り輝き男子トイレからひょこっと身長120センチ、体重××kg
上から65、40、55の小学生にしてはナイスバデーなチャイナ服姿の女の子が現れました。
「おはよっ!ボク、チュウキョウちゃんだヨ!」
教室に突然現れた不思議な女の子。
女性陣はみんな奇異の目線で彼女を見ますが、男性陣は目線をいろいろはわせて、まんざらでも無い様子。
「あなたどこのクラスの人?ここは地球組のクラスですわ。とっととでていきなさい」
嫉妬心あふれるフランソワーズちゃんがしっしと手を振りました。
「そんなこと言わないでくださいヨ!お姉様!」
チュウキョウちゃんはワランソワーズちゃんと体を密着させると、うなじをぴんと指ではじいて、耳にはぁっと息を吹きかけました。
「あぅぅ・・・はっ!?いきなりなんですか!?ワタクシにはそういう趣味はありませんわ!」


271 :マンセー名無しさん:2005/05/03(火) 02:25:32 ID:55J6LOk7
「ホント?」
下から涙目のチュウキョウちゃん。
(ハッ・・・・・・・萌え〜)
「ねぇねぇ・・・ボクにちょっとだけ『武器』くれないかなぁ。ボクのまわりって危険なのヨ。フィリピンちゃんとか、ロシアノビッチ君とか、ニホンちゃんとか!」
「ま、まあ・・・それは大変ですわね。でも、わたくしEU町の規則で武器は売れな!」
ほっぺにチュウをしたチュウキョウちゃん。
「お・ね・え・さ・ま」
「はぅ!わ、わかりましたことよ!ちょっとだけね」
ニホンちゃんの心の声
(えぇ!?し、しまった私の書いた本で洗脳したことがすさまじく裏目に!?)
次にチュウキョウちゃんは、アメリー君に近づいてきました。
「な、なんだい?ハニー」
アメリー君は隣にニホンちゃんがいるのに、でれでれの顔。
ニホンちゃんはムッと目つきを鋭くしました。
アメリー君の胸のなかに入って、人差し指でつうーっと肌を触っていきます。
「ねぇ・・・ニホンちゃんのお池の油欲しいなぁ・・・」
「だ、だめだよ!せっかく出たのに、ずっとイラク君とかから高く買ってたんだよ。あれがあったら、私の家計も少しは良くなるんだから!」
そこはさすがにアメリー君も引けないのか。頭をぽりぽりかいて、

272 :マンセー名無しさん:2005/05/03(火) 02:26:24 ID:55J6LOk7
「うーん。それはちょっとだめだね。あそこは、ニホンちゃんの池なわけだし。」
「そ、そうですヨね」
チュウキョウちゃんは背中を向けると隅っこの方に体育座りをして、座りました。
「ボクずっと貧乏だったから、ずっとニホンちゃんに憧れてたのヨ・・・少し近くにあったから、人のものを取ろうとしちゃだめだヨね・・・
でも、ちょっとだけ、ほんのちょっとだけで、ボクの兄弟が一杯おいしいご飯が食べれるはずだったのヨ・・・ニホンちゃんはそれが無くても生きていけるのにね・・・ごめんなさい。ごめんなさい。」
「全米が泣いた!」
「えぇええ!?」
「OH!スマナイ。そうだね。チュウキョウちゃんも大変なんだね。半分あげる」
「いや、何勝手に言ってるの!あそこは私の池じゃないの!」
「そ、そうなの・・・ありがとう。アメリー君。うぇえええん」
「うわ、何決定したことにして話をすまそうと思ってるの。え!?何!?何でみんなそんな顔で私のこと見てるの!?なんだか私が悪い子みたい・・・こんな役回り、私カンコ君じゃないのに」
ニホンちゃんはいじけて、机の上で同人誌作りを始めてしまいました。
ひとしきり、チョウキョウちゃんが泣くと、次はゲルマッハ君に近づいていきました。
(へ、チョロイネ。この男なんざこんなんでイチコロアルネ。さてトドメヨ)
「ねぇねぇ、ゲルマッハ君、ゲルマッハ君って一緒に国連先生の特待生になるんでしょ?ニホンちゃんと一緒みたいだけど、ボクニホンちゃん嫌い。ニホンって過去に色々やった悪い子でしょ?だからさぁ、ニホンちゃんを一緒にいじめない?」

273 :マンセー名無しさん:2005/05/03(火) 02:27:16 ID:55J6LOk7
「断る!」
「それしてくれたら、ボクの家に遊びに来てもいいヨ?」
チュウキョウちゃんはゲルマッハ君を後ろから手を回して、その放漫な胸をすりつけました。
(ふふふ、これで落ちない男はいないヨ)
「お前、自分が何したか覚えていないのか?チュウゴ家内喧嘩を何度も知ってる。それにニホンちゃんが悪いことをやったのはずっと前のことだろ。そんなことは今は関係ないぞ!」
「え?チュウゴ?この子ってチュウキョウちゃんじゃないの?」
(何?なんで正体がばれたの!?この反日パワーがMAXゲージを超えたボクがチュウゴ君になるという魔法で、ボクの姿形は上から下まで全く違うものになっているはず!?)
「げ、ゲルマッハ君なに言ってるの?」
「ばれるようなことはいいたくないが、おいお前分裂しかけているぞ」
なんと、腹の上から北の部分が貧そうなチュウゴ君の体になっていました。
(し、しまった。長く変身しつづけて、反日パワーが悪の反中パワーに変わってきているアルヨ。早く家に帰って、天安門ゲームをやって反中パワーをさげなければ、)
「ニホン!今度会ったときはこれくらいじゃすまないヨ!」
そういうとチュウキョウ?ちゃんは教室から駆け足で出て行きました。

「ふっ・・・チュウゴもなかなかやるが・・・」
「兄上、私が校庭でドッチボールしていた間になにかあったのか?」
「実妹には勝てないのだ!」
「何、意味わからないことを言っているんだ」

274 :マンセー名無しさん:2005/05/03(火) 02:29:57 ID:55J6LOk7


フランスの武器輸出は無くなったらしいっすけど、石油のほうはメジャーがあっちについてるからまずーかも。
んで、ゲルマッハ関連のソース
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1114961393/l50
【中独】ドイツ連邦議会議長、日本非難講演を中国で要請され、拒否…BBC[05/01]

にしても・・・何書いてるんだ自分 orz

275 :マンセー名無しさん:2005/05/03(火) 03:15:36 ID:xHkPGAOD
クールな策士の頭脳が考え出した作戦がこれかい>チューゴくん
そして(実)妹萌えですか>ゲルマッハくん
つーか、セリフが説明的ですが>アーリアちゃん

276 :司馬遼々:2005/05/03(火) 17:19:03 ID:HXc6hAYx
スレの雰囲気が明るくなったので(笑)投稿させていただきます。
かなり削りましたが、例に漏れずかなりの長文です。
どうかご容赦下さい。

277 :司馬遼々:2005/05/03(火) 17:21:05 ID:HXc6hAYx
【犬と、猿】

其の一「孫悟空」

密林の中は湿度が高く、なんとも蒸し暑い。
日ノ本家の夏の、ちょっと凄いやつだ。
リクグンは、何度目かに流れ出た額の汗を、無造作に手の甲で拭った。
べたべたするが、今更気にしたところで始まらない。
「……ったく、どうにかならんのかこの蒸し暑さは」
じとじとと汗ばむ中で、軍服の襟元をパタパタとさせる。無駄な努力であり、その余計な動作で新たに汗を吹く。
「それにしても……」
リクグンは頭上を見上げた。
複雑に入り組んだ木々の中、男の裸足だけがかろうじて見える。
随分と高いところまで上り、随分と遠くを眺めているようだ。
「……なんて奴だ」
噂には聞いていたが、実際に目の当たりにするとやはり違う。
日中は案外静かな密林の中、リクグンはすることもなくただ男の裸足を眺めている。
案外やわらかそうにも見える。頑丈なゴムのような、立派な足の裏だ。

と、男がするすると樹木を伝っておりてきた。
蔓を器用に扱い、こともなげに、あっという間に地面に降り立った。
軽くタムッという音がしたが、見事な着地だ。忍者というのは、きっとこんな連中だったに違いない。
まっすぐこちらを見て立つ、その姿勢もいい。しかし何より、その目つきがいい。
太い眉の下、真っ黒な双瞳がつやつやとしている。
「居た。ここから1.2km程。森の開けた場所で、川を前にして野営を張っている。大体が、
 開けた川の方を向いて警戒している。西側から回り込めば、不意を突ける」
ハキハキした話し方だ。報告の内容も簡潔で、わかりやすい。
思わずにやりとしそうなのを堪えて、リクグンは尋ねた。
「貴様、名は?」
「タカサゴだよ。リクグン」


278 :マンセー名無しさん:2005/05/03(火) 17:21:38 ID:HXc6hAYx
階級を省略した無礼は許そう。あるいは、親しみの表現かもしれない。敬語は他家の人間には難しいとも聞く。
ある程度は仕方が無かろう。
「タカサゴ。貴様は猿のような奴だな」
「……猿?」
むっとした気配が真っ直ぐに伝わり、リクグンはあわてて右手を振った。
「違う違う。あー、そうだ。貴様は伝説の孫悟空のようだと言ったのだ」
「ソンゴクウ?」
打って変わって興味津々といった顔つきだ。そのあまりの純朴さに、リクグンはふっと微笑んだ。
「ああ。猿の英雄だ。シナの昔話だよ。とにかく凄い奴なんだ。知らんのか?」
「知らないな。どんな話なんだ?」
「ええと、昔シナの山奥にな……あとでかまわんか?」
タカサゴはこくりと頷いた。
「ああ。やっつけて、それから聞かせてくれ」
恐れを知らぬとはこのことか。
敵の強さも十分に知っているだろうに、全くなんて奴だ。
リクグンはタカサゴの肩をぽんと叩いた。
「ああ、約束だ。やっつけて、それから話そう」
ニヤッと笑う。
「なぁ?ゴクウ」
ゴクウと呼ばれたタカサゴは、綺麗な歯並びを見せながら、にっこりと笑った。



279 :マンセー名無しさん:2005/05/03(火) 17:23:07 ID:HXc6hAYx
其の二「ハチ」

数週間が過ぎると、ゴクウはすっかりリクグンのお気に入りになった。
「おい、ゴクウを知らんか?」
手近な若者を捕まえて問うと、「川縁で見かけました」と答えた。
ポケットに手を突っ込んでぶらぶらと川縁まで行く。
そこでは、もろ肌脱いだゴクウは蛮刀を丁寧に研いでいた。かなり湾曲した、特徴的な蛮刀だ。
愛用の品らしくいつも大事にしている。
「おい、ゴクウ」
呼びかけると、ゴクウはちらりとこちらを見やり、また刀を研ぎ始めた。
全く、仕方の無い奴だなと苦笑する。
「……しかし、貴様はたいした奴だな。連中には『いつも身に着けているものほど信用するな』
 と口を酸っぱくして言っているのだが、一度も自分にそれを言わせない貴様が、一番それを
 理解している」
「何が酸っぱいんだ?」
「あー……ええとな」
「俺はウメボシは嫌いだ」
頭をぼりぼりと掻きながら、「いや、あのな?」と一人ごちる。まぁ、いつものことだ。
「貴様にはいつも助けられていると、そう言いたかったのだ。感謝している」
ぴたりと刀を研ぐ手が止まった。
いぶかしげにしているリクグンに向かうと、ゴクウは言った。
「そんなものは、助けるうちに入らない。助けるというのは、血と肉を分け与えることをいうのだ」
「ゴクウ。お前の働きは、まさにそれだと言っているのだ。いつも良くやってくれている」
「違う」
ゴクウは頑固に首を横に振った。
「俺は、しなければいけないことをしているだけだ。リクグンと同じだよ」
何か大切なものがあるのだろう。ゴクウとはもう結構な付き合いとなったが、当然に全てが解るわけではない。
だが、ゴクウには感謝している。素晴らしい部下を持てたと、感謝している。
「ゴクウ。お前は、しなければならない以上の働きをしている。自分は、そう思っている」
ゴクウはにこりと笑った。
「ああ。俺もだ、リクグン。サンゾーの話を教えてくれるのは、リクグンの仕事以上のことだ。
 とても感謝している」

280 :マンセー名無しさん:2005/05/03(火) 17:24:22 ID:HXc6hAYx
どうしてもお互い様ということにしたいらしい。こんなに気持ちのいい人間は、日ノ本家にだってそうはいない。
だが……。
「なぁ、ゴクウ。自分は貴様のことを、右腕だと思っている」
「右腕?」
「ああ」
リクグンは、こくりと頷いた。
「自分の、右腕だ。最も信頼の置ける部下という意味だ」
「……そうか。リクグンの半分は、俺なのか」
ゴクウはニヤッと笑った。
「それは、悪くないな」
そして、言った。

「俺はお前を助けるよ、リクグン」

正直に言おう。感動した。言葉以上のものが、そこには存在していた。
「なぁ。暇だったら、サンゾーの話を教えてくれないか?」
ゴクウの言葉に、リクグンは我に返った。
「……ああ。どこまで話したかな」
「キンカクとギンカクが酒になったところだ。そこで酒を飲んで寝た」
「……あれは軍機だからな。他言無用だ」
「了解した」
リクグンは三蔵の話を続けた。うろ覚えのところは強引に話をつなげ、それなりの迫力を持って西遊記は語られた。
詩のような、歌のようなその語りに、ゴクウはじっと耳を傾けていた。


281 :マンセー名無しさん:2005/05/03(火) 17:24:50 ID:HXc6hAYx
「そこで八戒が……」
「またハッカイか」
うんざりしたようにゴクウが口を挟んだ。
「俺は豚肉は好きだが、豚は嫌いだ。ぶうぶう言うだけで、ちっとも誇りが感じられない」
無茶を言うなぁとも思うが、なんとなく解らないでもない。
「サンゾーは犬を連れて行けばよかったのだよ。犬はいいぞ、リクグン」
「なるほどな。確かに貴様の言う通りだ。サンゾーは犬を連れて行くべきだったな」
ちょっと冗談めかして言ったのだが、ゴクウは我が意を得たりとばかりに微笑んだ。
「ああ、そうだ。犬だ。……リクグン。俺は犬を飼うんだ」
ゴクウは空を見上げた。リクグンも、なんとなくつられて空を見上げる。
雨季の境目で、今日はとても良く晴れている。白い雲が、ゆっくりと流れる。
「戦いが終わったら、俺は犬を飼うんだ。大きくて、白い奴だ。そして、畑を守らせる。
 犬はいいぞ、リクグン。強く、勇敢で、忠実だ……」
ふと気がつくと、ゴクウはまじまじとリクグンの顔を見つめていた。
「そう言えば、リクグンは犬に似ているな」
「おいおい……上官を捕まえて、言うに事欠いて犬扱いか」
「強く、勇敢で、裏切らない。リクグン、お前は犬に似ているぞ」
そう言われれば、満更でもない。そうか、僕は犬か。
「日ノ本家で一番有名な犬は、なんという名前だ?」
急に問われても、咄嗟には出てこない。
「ふむ……ハチ公、とか」
「そうか」
ゴクウはにっこりと笑った。
「では、リクグンのことはハチと呼ぼう」
しまった、と思った。ハチ公と孫悟空では、あまりに格が違いすぎる。
「おい、他の連中の前では呼ぶなよ」
しかし、口から出たのはそんな言葉だった。ゴクウは大きく頷いた。
「了解した、ハチ」
深い、深いため息が出た。

282 :マンセー名無しさん:2005/05/03(火) 17:26:20 ID:HXc6hAYx
其の三「雨」

負けた。

負け続けた。どうにもならなかった。ただ、負け続けた。
気がつけば、リクグンはゴクウとたった二人になっていた。

はぐれた皆のことは気になるが、リクグンもそれどころでは無い。
満身創痍で、降り続く雨にどんどん体力を奪われていく。
やっとのことで見つけた浅い洞窟にもぐりこみ、ただただ不気味な時を過ごす。
時間の感覚はとうに失せた。今が朝なのか昼なのか、それとも夜なのか。
ぼんやりと眺める洞窟の口からこぼれる薄明かりだけが、それを教えてくれた。
「生きているか、ハチ」
いつの間にかゴクウが戻ってきていた。この雨の中を、食料調達と索敵に走り回っている。
頑健という他あるまい。自分も鍛えたつもりだったが。ゴクウには遠く及ばない。
「……死んでいないか、確かめてはくれないか」
精一杯の冗談に、ゴクウは真顔で頷いた。
「やってみよう」
「待て」
ゴクウはごそごそと懐を探った。
「バナナを見つけた。たっぷりあったから、安心しろ」
「……そうか、食料の心配は当分無くなるな」
すっとゴクウはバナナを二本差し出した。
「……一人一本か?」
とてもたっぷりとは言えない。しかし、ゴクウは首を横に振った。
「いや、二本ともハチのものだ。俺は既に三本食べた」
「……そうか」
たっぷりあるのだったら、僕にも三本持ってきてくれればよかったのだ。
「追っ手もいない。少し眠るといい」
もぐもぐとバナナを租借するリクグンに、ゴクウはそう言った。
「……貴様こそ寝たほうがいい。自分は十分に寝ている」
「俺は寝ないのだ。知らなかったのか?タカサゴ族は、みんなそうだ」

283 :マンセー名無しさん:2005/05/03(火) 17:27:23 ID:HXc6hAYx
知らなかった。いや、そんなはずはあるまい。しかし、リクグンの瞼は鉛のように重くなった。
少しの罪悪感と共に、リクグンは深い眠りに落ちた。

何日が過ぎ去ったのだろう。

ゴクウは毎日バナナを二本づつ取って来た。「一房に五本なっているのだ。だから、俺が三本食べると二本残る」
二房取って来れば良いのではないかという提案には、「重い」と一言であった。
もともと文句の言える立場ではない。リクグンは精々の厭味で、深いため息をつくだけだった。

そんなある夜、珍しく雨がやんだ。
ひるひると虫の声が響き渡る中、二人はただじっと夜に耐えていた。

「……ハチ」

突然、ゴクウがポツリと呟いた。
「……なんだ?」
口を開くのも億劫だが、やっとのことでリクグンはそう答えた。
「……話してくれないか?」
フッと久し振りに微笑った。
「サンゾーの話は、もう終わった。彼らは、天竺にたどり着いたんだ」
「……違う。ハチの家の話だ。日ノ本家の話だ」
ああ、とリクグンはため息をついた。
「そう言えば、あまり話したことが無かったな」
しばし無言の時が過ぎる。
「……ゴクウは、雪は知っているか?」
「……ユキ?」
「ああ、雪だ。白くて冷たくて、ふわふわと空から降ってくるやつだ」
「……ああ、知っている。寒い時に、山の上で降る」
リクグンの口元には、懐かしげな微笑が浮かぶ。
「日ノ本家では、山の下でも降るのだ。綺麗だぞ。一面が真っ白になる」

284 :マンセー名無しさん:2005/05/03(火) 17:27:52 ID:HXc6hAYx
「……真っ白か」
「ああ、真っ白だ」
「……それは、困る。ハチが、見つけられない」
目を向ける体力も無い。ただ、ぼんやりと宙を見つめる。
「……大きくて、真っ白で、強くて勇敢な……俺の犬だ」
合点がいって、リクグンは頷いた。
「ハチという名前をつけるのか」
「……そうだ。……ハチが見つからないと、俺は困る」
少し考えて、リクグンは口を開いた。
「首輪をつけるといい」
「……それは、嫌だ。ハチは、それを望まない」
「……だったら、貴様のその鉢巻をつけるといい」
今は見えやしないが、ゴクウはいつもその額に真っ白な鉢巻を付けていた。以前居た部隊の、その隊長に貰ったらしい。
「……駄目だ。俺の鉢巻は、真っ白だ。……ハチと同じ、真っ白だ」
「だったら、日の丸を縫い付ければ良いさ」
「……日の丸?」
リクグンは軽く頷いた。
「真っ赤で、まん丸の。日の丸だ。きっと雪の中でも目立つだろう」
ふーっと、ゴクウが安堵のため息を漏らした。腹のそこから抜け出るような、そんなため息だった。
「……ああ、そうだ。日の丸だ。ハチも、きっと喜ぶ」
心底安心したように、うれしそうに呟く。

「……これで……どこにいても……ハチが見つけられる」

「ああ、そうだな。何処にいてもきっと見つかるさ。……ゴクウ?」
返事が無い。どうやら眠ってしまったらしい。タカサゴは、眠らないのではなかったのか。
息を吐き、リクグンもゆっくりと目を閉じた。


285 :マンセー名無しさん:2005/05/03(火) 17:28:28 ID:HXc6hAYx
がやがやと、人の声が聞こえた。
一気に目が覚めたが、体は殆ど動かない。ああ、僕もこれまでかと思った瞬間であった。
「リクグン殿!リクグン殿!!」
「……ゴクウ!助けが来たぞ!」
リクグンを呼ぶその声は、まぎれも無く同胞の声であった。助かった!
「ゴクウ!ゴクウ!!……ゴク……」



眠っているようにしか見えなかった。

安心したように微笑んで。朝の光が差し込む中で。

眠っているようにしか見えなかった。



世界が白くなる。息が、出来ない。
やせ細り、老人のようになってしまった、あの勇敢な男の姿を前にして。
息が、出来ない。





286 :マンセー名無しさん:2005/05/03(火) 17:29:22 ID:HXc6hAYx
ゴクウ。お前はいつから食べていなかったのだ。
僕がその少なさに文句を言っていた間、一体いつからお前は食べていなかったのだ。
頑強な筋肉の塊だったお前は、何時の間にそんなに小さくなってしまっていたのだ。

ゴクウ。お前はどうして笑っていられたのだ。
僕が餓鬼のようにむさぼり食う横で、一体どうしてお前は笑っていられたのだ。
いつも仏頂面だったお前が、僕が食べている間だけは笑っていたじゃないか。

助けるって、こういうことか。
血と肉を分け与えるって、こういうことか。

あれは契約だったのか。

僕とお前の、契約だったのか。

であるならば……僕は……。

                ゴクウ


287 :ab-pro:2005/05/03(火) 17:30:13 ID:jFp9xSRp
 地球町でもっとも栄華を誇ったビクトリア家。
 その栄華を子細残さず記録するかのように、地球町中の歴史的遺物を
収集し展示している世界博物館。
 その広大な展示室の一角で、巨大な壁画の前にたたずむ青年。
 そして、もう一人の男がその青年に歩み寄るまで、なぜか青年の周に
は他の見物客が寄りつかない空白地帯になっていました。
 「人は獣から進化を遂げて、今の人間になった。神の教えを冒涜する
ようなものだが、どうやら科学が解き明かした真実のようですな。
 そんなにこの人類進化図に魅せられましたか、ニッテイさん」
 そうニッテイさんに言葉をかけてきたのは、この場ではニッテイさん
以上に浮きすぎる肌の色の男でした。
 「貴方は・・・。エチオさん」
 その人は艶やかな黒い肌をした、アフリカ町で唯一、ヨーロッパ町の
家々の乗っ取りを受けていないエチオピア家のご当主でした。
 「人は猿から進化した。猿は黒人に進化し、黒人は銅色人に、そして
褐色人、黄色人となり、最終的に白色人に至る。まさに今の地球町の現
実を表していますな」
 そう言って自虐的に笑うエチオさん。

288 :ab-pro:2005/05/03(火) 17:31:08 ID:jFp9xSRp
 あ、割り込みしてしまいました。すいませんm(_ _)m
 出直します


289 :マンセー名無しさん:2005/05/03(火) 17:31:31 ID:HXc6hAYx
其の四「雲」

リクグンおじさんが、片手を腰に当てて遠くを見ている。
荒地に転がる岩に片足をかけ、すっと背筋を伸ばしている。
気障ったらしいポーズだけど、おじさんがやるとそうでもない。
ああ、わたしはちょっと壊れてるなぁと、そう思った。
「どうした?インドネシア」
おじさんがこちらを振り返った。
思わず真っ赤になってしまい、まったくもう、と自分で自分を諌める。
「え、いや、ちょっと」
と、そこでおじさんの右腕に気がついた。
「そ、それ。なんでおじさんは鉢巻を腕に付けてるの?」
「ん?これか?」
おじさんは右腕に巻きつけられた日の丸の鉢巻を指差して、そう問いかけた。
「うん。皆は付ける時、頭に巻くじゃない。なんでおじさんは腕なのかなぁって」
ああ、とおじさんは頷いた。
「自分の半分はな、こいつのものなのだ」
「こいつ?」
「ああ。ゴクウだ。タカサゴだ」
「……どっちなの?」
「自分はゴクウと呼んでいた」

290 :マンセー名無しさん:2005/05/03(火) 17:33:33 ID:HXc6hAYx
時々おじさんはこういうものの言い方をする。
慣れては来たけど、意味は相変わらずわからない。
「ゴクウって、何?」
「シナの伝説でな。猿の英雄だ」
「おじさんの半分は、お猿さんなの?」
ぐほっと、おじさんは妙な笑い声を出した。
「違う違う。ゴクウは人間だ。自分が最も尊敬する、最強の男だ。なにしろ、強い。誰よりも、強い」
「……ふ〜ん」
ちょっとむっとした。
それが嫉妬だったと気がついたのは、ずっと後になってからだった。
おじさんは、ぼりぼりと頭を掻いた。
「あー、難しいな。猿の悟空と、人間のゴクウ。どちらの話が聞きたい?」
「人間の方」
おじさんは満面の笑みを浮かべて、「そうか」と答えた。
そして、朗々と話し始める。詩のように、歌うように。その声を聞いているうちに、わたしはなんだか眠くなってきて。
だって、今日はいい天気だ。おじさんの声を子守唄にして、少し昼寝するのも悪くない。

空は澄んで、何処までも蒼く。雲がぷかぷかと浮いている。

大きな、真っ白の、犬のような姿で。

291 :マンセー名無しさん:2005/05/03(火) 17:41:48 ID:HXc6hAYx
ご免なさい。まさかここまでとは思いませんでした。削ったつもりだったのですが……。
次は、「短くする」というSSの真髄に挑戦します。

元ネタはそのままです。
高砂族のお話です。
自分が餓死してまで戦友に食料を与える人間というのは、殆ど神サマみたいな存在だと思います。
その話を知ったときの感動は、いまだに色あせません。
すげぇやつらと一緒に戦った、それは日本人の誇りだと思います。
少なくとも、僕は一生忘れませんし、自分の子供達にも伝えてゆきたいです。

しかし、珍しい現象が起きてしまいましたね(笑)

なんで同じ時間に同じような人間が同じようなことをするのでしょうか。
ちょっと人類の神秘に触れた気がします(笑)



292 :ab-pro:2005/05/03(火) 17:44:42 ID:jFp9xSRp
 途中割り込み申し訳ありませんでしたm(_ _)m
 確かに、偶然とは凄いことです^^;

 私の作品は少し時間をおいて投稿し直しますね。
 それまで、司馬遼々さんの作品をゆっくり読ませていただきます^^

 

293 :マンセー名無しさん:2005/05/03(火) 17:48:15 ID:Es8Zj45T
司馬遼々さん、私はあなたの話好きだよ。
息切れしない程度に頑張って欲しいな。

294 :司馬遼々:2005/05/03(火) 17:48:54 ID:HXc6hAYx
>>292
いえ、そもそも僕のが長すぎるのがいけないんです。
投下に10分以上かかれば、こういうことが起こってもおかしくないですし。

>私の作品は少し時間をおいて投稿し直しますね。

申し訳ありません。楽しみにしています。

295 :マンセー名無しさん:2005/05/03(火) 18:04:13 ID:Es8Zj45T
>294
長いのは必ず悪い訳じゃない。
あなたのは長さを感じさせないから構わない。

もっと短くても
長く感じるものは無い訳ではない。
そちらが問題。


296 :司馬遼々:2005/05/03(火) 19:22:23 ID:HXc6hAYx
>>295
ありがとうございます。
うーん、迷いますね(笑)
一度短い作品を作ってみて、皆さんの審判を仰ぎたいと思います。

297 :どぜう ◆3F8jIdnlW2 :2005/05/03(火) 21:03:59 ID:I/6fzMyH
やあ、年度が変わって随分と有望な作者さんが入ってこられた様子で、
ますます充実してきましたねえ。トンチキ作者どぜうですこんばんわ。
便乗して漏れもレス致します(苦笑)。
>司馬遼々さま
繊細かつ情景的、印象派絵画のような、彩りある作品を書かれますね。
脱帽です。

こう云う絵画的な作品は漏れも書きたいと思ってるので、
今後ともいろいろ勉強させてもらいますw
作品が長くなってしまうと云われていますが、
改行なども頻繁かつ効果的にされていて、
アップテンポではないにせよ、長さを気にせず読むことが出来ました。

漏れも、無計画につらつら書いてしまうと
かなりのびのびになってしまうので気をつけているのですが、
前後編や、上中下巻など、分けてしまうのも良いと思います。
そうすることによって、他の作者氏も安心して投下できると思います。

それ以上本文を短くしたい場合は、
不要なシーンを一つ一つ剪定していくしかないでしょう。
拙作「Elegy of the left man〜取り残された男」では、
当初、ニホンちゃんが待ち合わせ場所で待っているシーンと、
ウヨが待ち合わせ場所にいないニホンちゃんを探し回るシーンがありました。
どちらも蛇足に過ぎると判断して割愛しました。

少しでも参考になれば幸いです。今後とも宜しくお願いしますw

298 :ab-pro:2005/05/03(火) 21:26:13 ID:jFp9xSRp
 地球町でもっとも栄華を誇ったビクトリア家。
 その栄華を子細残さず記録するかのように、地球町中の歴史的遺物を
収集し展示している世界博物館。
 その広大な展示室の一角で、巨大な壁画の前にたたずむ青年。
 そして、一人の男がその青年に歩み寄るまで、なぜか青年の周には他
の見物客が寄りつかない空白地帯になっていました。

 「人は獣から進化を遂げて、今の人間になった。神の教えを冒涜する
ようなものだが、どうやら科学が解き明かした真実のようですな。
 そんなにこの人類進化図に魅せられましたか、ニッテイさん」

 そうニッテイさんに言葉をかけてきたのは、この場ではニッテイさん
以上に目立つ肌の色の男でした。
 「貴方は・・・。エチオさん」
 その人は艶やかな黒い肌をした、アフリカ町で唯一、ヨーロッパ町の
家々の乗っ取りを受けていないエチオピア家のご当主でした。
 「人は猿から進化した。猿は黒人に進化し、黒人は銅色人に、そして
褐色人、黄色人となり、最終的に白色人に至る。まさに今の地球町の現
実を表していますな」
 そう言って自虐的に笑うエチオさん。

299 :ab-pro:2005/05/03(火) 21:26:47 ID:jFp9xSRp

 「エチオさん。
 私は全ての家は平等であると思っていますよ。今でも・・・」

 そこで言葉を切るニッテイさんは、ぎゅっと拳を握りしめました。
 たとえば今日の町内会もそうでした。町内会で唯一の黄色い肌をした
役員であるニッテイさん。
 働いて働き通して、いつの間にか地球町でも有数の大店になった日ノ
本商店ですが、いつになっても他の町内会の人々の、ニッテイさんの肌
の色を見る目は変わろうとしません。
 そして気晴らしにと、訪れたビクトリア家の博物館で目にしたものが、
白人を進化の頂点とした壁画だったのです。

 「・・理想とは素晴らしいものですな。思わず、ここが人類進化図の
前であることを忘れてしまいそうになってしまう」

 そんな言葉を投げかけるエチオさんに、それでもニッテイさんは強い
眼差しを向けました。
 その瞳を真っ向から受け止めるエチオさん。やがて本当に愉快そうに
微笑むと、唐突にニッテイさんに手を差し伸べます。

 「・・しかし、ニッテイさんを見ていると、その理想も現実になるの
ではと信じてしまいたくなりますな」
 自然と、力強く握手を交わす二人。
 「ところで一つ、ニッテイさんにお願いがあるのですが」
 「何でしょう?」
 「実は私の息子にそろそろ嫁をと考えているのですが、良ければ日ノ
本家ゆかりの娘をと考えております。
 いかがでしょう?」
 その申し出を、ニッテイさんは快諾したのでした。


300 :ab-pro:2005/05/03(火) 21:28:13 ID:jFp9xSRp
 しかし

 「何だって、日ノ本家とエチオピア家が業務提携だって!
 そんなことは断じて許せない。エチオピアは我がイタリア家が先に目
を付けていた、いわばウチのものだ!!
 日ノ本家なんぞに横から奪い取られてたまるか!!」

 秘書からエチオピア家の嫁取りの話を聞いた男は、イタリア商店の社
長室で大荒れに荒れました。
 その男とは、荒くれの子分どもを引き連れ、強引にイタリア商店の社
長の座に収まったムッソリーニ親分です。
 前の地球町大喧嘩の時に勝ち組いたものの、ほとんど勝者の分け前を
貰えなかったイタリア家は、もはやアフリカ町で唯一、他のヨーロッパ
町の乗っ取りにあっていない、お隣のエチオピア家の乗っ取りを虎視眈
々と狙っていたのです。
 そんな彼等にとって、地球町でも有数の警備会社を持つに至った黄色
い肌の日ノ本家がエチオピア家のバックに付くのは、邪魔以外の何者で
もありませんでした。

 「いいか、使える手段は全部使ってこの縁談を邪魔しろ。 
 エチオピア家との境界に、ウチの警備員を押しかけさせれば、非力な
エチオの野郎も考え直すだろうよ!」
 

301 :ab-pro:2005/05/03(火) 21:28:47 ID:jFp9xSRp
 こうして、お隣のムッソリーニ親分の圧力を跳ね返すほどの力のない
エチオさんは、どうすることも出来ずに、日ノ本家との縁談をご破算に
するしかありませんでした。
 「申し訳ない、ニッテイさん」
 「いえ、エチオさんのせいではないでしょう。
 確かに縁談は潰れましたが、私はエチオピア家のことをおろそかには
しませんよ」
 「・・ありがとう、ございます」

 しかし、遠慮も何もないムッソリーニ親分はこれ幸いとばかりに、間
をおくこともなくエチオピア家の乗っ取りに動き出したのでした。


302 :ab-pro:2005/05/03(火) 21:29:25 ID:jFp9xSRp
 町内会臨時会議

 「どういう事だ、ムッソリーニさん。いきなりエチオさんの家の敷地
に警備員を殴り込ませるとは。
 乗っ取りを意図しているのなら、日ノ本家は厳重に抗議しますよ!」

 イタリア家とエチオピア家の間で始まった突然の喧嘩を仲裁しようと
開かれた町内会。 
 出席者の非難を一身に浴びるムッソリーニ親分ですが、一向に悪びれ
る様子はありません。
 「ウチの庭先を警備していた警備員を、エチオのところのゴロツキが
袋叩きにしてくれたのだ。これはその懲罰だ。悪いのはエチオだ」
 「そのエチオさんからは、イタリア家の警備員が不法にエチオピア家
の敷地に入り込んだと訴えています」
 「言いがかりだ!」
 全く話し合いになりません。ここで会議が行われている間も、ムッソ
リーニ親分の子分達はエチオピア家で大暴れしているのです。

 しかし、ムッソリーニ親分の非を積極的に避難するのはニッテイさん
だけ。ビクトリアさんを筆頭に、その他の出席者達は形ばかりの非難表
明を出すだけで及び腰になっています。
 ここでムッソリーニ親分を追い詰めて、もう一人のヨーロッパ町の問
題児、ナッチ会と手を結ばれては、ヨーロッパ町の薄氷の上の平和がた
ちまち危うくなると危惧しているのです。

 『・・それに、黒人の家がどうなろうとどうでも良いと言うことか!』
 内心、他の出席者の本心を見透かして憤るニッテイさん。
 『・・・もう少し持ちこたえてくれ、エチオさん。もし、このままこ
の非道が許されるというのなら、その時は・・・』
 虚しい論戦を戦わせながら、ニッテイさんは『覚悟』を決めようとし
ていました。

303 :ab-pro:2005/05/03(火) 21:30:29 ID:jFp9xSRp
 そのころ。
 社長室から家の防衛を指揮していたエチオさんの元には、苦しい戦況
が伝えられていました。

 「ムッソリーニの子分ども、車まで我が家の敷地に乗り入れて暴れ放
題です。我が家の警備員は勇敢に抵抗し、また敷地のほとんどが砂地と
言うこともあって何とか持ちこたえていますが、このままでは、いつこ
の家の中まで押し寄せてくるか・・・」
 「なんとしても我が家を守り抜くのだ。直ちに増援を送れ」
 「・・・すでに警備員は全員、庭先に差し向けました。今家に残って
いるのは事務員だけです」

 もともと、警備員達の使う装備が違いすぎたのです。それでも、裸足
のエチオピアの警備員達は信じられないほどのねばり強さで、イタリア
家の警備員達を押しとどめていました。
 しかし、それもそろそろ限界を迎えようとしています。

 「・・・では、今家に残っている事務員を全員集めろ。私自らが率い
て敵を追い返す!」
 「しゃ、社長!!」

 覚悟を決めたエチオさんの元、事務員達は手に手に棒きれなどを持っ
て、庭先に打って出ました。

304 :ab-pro:2005/05/03(火) 21:30:55 ID:jFp9xSRp
 「一体何をしているのだ!あんな裸足のごろつきどもにいつまで手こ
ずっている!!」

 町内会の休憩の間、ムッソリーニ親分は電話でエチオピア家に殴り込
ませた子分を怒鳴りつけていました。
 これでもかと言うほど、エチオピア家が持っていない車を大量に投入
して、あっさり喧嘩を終わらせるはずだったのに、逆にエチオさんの逆
襲を受けて、彼の子分達は苦戦しているのです。

 「まさか荒事の真っ最中でも、美味いパスタが食べられないと喧嘩も
やる気が起きないとか、ふざけたことを言っているのではあるまいな?」

 更に子分を怒鳴りながらも、ムッソリーニ親分の額を、一筋の冷や汗
が流れ落ちます。
 不抜けた町内会の出席者の中、ただ一人、彼を容赦なく非難していた
ニッテイさん。そのニッテイさんが、休憩時間が近づくにつれて静かに、
しかし不気味に黙り込んだまま、射抜くようにムッソリーニ親分を睨み
付けるようになっていたのです。
 まるで何かの踏ん切りを付けようとしているかのようなニッテイさん
の態度を思い出して、今度こそムッソリーニ親分は震え上がりました。

 日ノ本家が介入してくる!!

 「い、いいか、もう容赦するな。時間がないんだ。アレを使え!
 すぐに決着を付けるんだ!!」

305 :ab-pro:2005/05/03(火) 21:31:18 ID:jFp9xSRp
 
 「やったぞー!!」

 エチオさん率いる事務員達が庭先に突入して一時。イタリア家の警備
員達はその勢いを支えかねて後退していきました。
 みんなが歓声を上げる中、空に幾つかの黒い点が現れました。
 「・・飛行機か!」
 エチオピア家では高価すぎて到底買えなかった飛行機が数機、勝利に
喜ぶエチオさん達の頭上を通り過ぎていきます。
 「???」
 その飛行機が通り過ぎた後の空に靄がかかっていました。その靄は次
第にたれ込め、やがてエチオさん達の元に達したとき!
 「こ、胡椒だ!! 目潰しとはなんて卑怯な!!」
 目を潰され、くしゃみを連発しだすエチオさん達を目指して、さっき
逃げ散ったはずのイタリア家の警備員達が大挙して押し戻してきました。
 その顔には、ご丁寧にも顔全てを覆うマスクがあります。

 「逃げろ!!」
 

306 :ab-pro:2005/05/03(火) 21:32:50 ID:jFp9xSRp
 休憩時間が終わった町内会。ニッテイさんが立ち上がり発言を求めま
した。その瞳には強い意志が宿っています。

 その時です。

 町内会の事務員さんが慌てて駆け込んできて、つい先ほど届けられた
電報を読み上げます。
 「喧嘩の決着が付きました。エチオピア家は負け、エチオさんはビク
トリア家に逃げ込みました!」
 会場が一斉にどよめきます。呆然と立ちつくすニッテイさんを尻目に、
意気揚々とムッソリーニ親分が口を開きました。

 「全く、自分の家を放り出すとは。エチオは全く無責任ですな。
 私としては、エチオに懲罰を与えればそれで良かったのですが、エチ
オが無責任にも家を捨てて逃げ出したとなれば、仕方ありません。エチ
オピア家の面倒は当分、このムッソリーニが見ましょう!!」

 何を馬鹿な!

 そうニッテイさんが口を開こうとしたとき。会場からまばらな拍手が
起こりました。
 「・・今回のことは遺憾ですが、事ここに至っては確かに誰かがエチ
オピア家の面倒を見なければなりませんね。
 今回はムッソリーニさんの意見を認めましょう」
 やがて拍手は次第に多くなり、立ちつくしたニッテイさんを取り囲み
ます。

307 :ab-pro:2005/05/03(火) 21:33:13 ID:jFp9xSRp
 「・・さて、ニッテイさん。どうやら結論は出たようですな。
 ここは満場一致と言うのが地球町の平和のためだと思いますが。
 ・・・もし認めていただければ、私もあの満州家とか言う妖しげなも
のを認めましょう」
 いつの間にかニッテイさんに近寄ったムッソリーニ親分が、にやにや
とした笑みを隠しもせずに、そう唆します。
 怒りと、その怒りを打ち消すかのような町内会出席者の拍手の音。
 ニッテイさんはついに脱力すると、力なく頷くことしかできませんで
した。

 『すまない、エチオさん・・・・』
 
                              end 
  

 前読んだ本をソースに。ネット上では、
人類進化図(一部)
http://ww1.enjoy.ne.jp/~yonagosehara/The_white_races.htm
日本とエチオピア
http://www.root.or.jp/nanta/etiopia/etiopia6.htm
イタリアのエチオピア侵攻
http://www.kaho.biz/ethiopia.html

308 :マンセー名無しさん:2005/05/04(水) 13:52:04 ID:yLb2HlcP
>>307
普通にGJ。
最近長文多いなww
ま、おもしろけりゃ別にいいけど。

309 :マンセー名無しさん:2005/05/04(水) 21:01:41 ID:UpT+Ndt6
むう・・・・・
また一つ、半島国家を嫌う理由が増えてしまった。
次にドイツを誘うときは「イタリア抜きでやろうぜ」じゃなく、「イタリアは無しにしようぜ」にしよう。

310 :マンセー名無しさん:2005/05/04(水) 21:36:09 ID:hViAX+bJ
(・∀・)イイ!!

311 : :2005/05/04(水) 22:40:31 ID:NaKZAzDP
鉄道模型
エリザベスも、エリザベスのお父さんも鉄道模型が大好き
なにしろ、ビクトリアおばあさまが地球町で一番早く蒸気で走る鉄道模型
を作ったんですもの
中でもヨークの間のピカピカのケースにいれられた
ニホン家のひかり号はもう動かないけれど、エリザベス一番のお気に入り。
「はーたまらないわ、あなたはなんて格好いいの、世界で一番速くて、
 あたしがうまれるずーっと前から事故なんかしたことない、時間通りにやってきて、
ピタっといつもの場所にとまって,時間通りに去っていく。
一つだけ気に入らないのは貴方はニホンのものであってあたしのものじゃないって こと」
そう、なぜかエリザベスの家の動く鉄道模型には速い電車がないのです。

それで人一倍意地っ張りなエリザベスは学校では鉄道模型嫌いで通しているのです。(ホントは大好きなのに)
学校では最近速い電車が大流行。ニホン家の新幹線、フランソワーズ家のTGV、
ゲルマッハ家のICEが人気です。でも鉄道模型の話をすると
「はあ?何が電車よ馬鹿みたいに、貧乏人の乗り物がはやくったって意味が無いわよ!」
「あらーICEってなんかマイナーよねえ。やっぱり燃料はおイモ?」
「なにがTGVよ、速い電車自慢するなら、もちょっと速く給食たべてよね」
などど、いつもにも増して毒舌がさえわたるので皆、エリザベスの前では遠慮して、
速い電車の話はしないんです。


312 : :2005/05/04(水) 22:42:11 ID:NaKZAzDP
少し前カンコ君がニホンちゃんをからかっていた時も
「やいニホンウリのKTXは新幹線を越えたニダ、もう新幹線は落ち目ニダ!」
「やーい、やいー お、ち め お ち め!」と調子に乗っていると
「おだまり! キムチ野郎!」と横から強烈な張り手を食らわしたこともあります。

そんなエリザベスが学校へいくと朝からざわざわ、なんと最近羽振のいいチュウゴ君が
速い電車をよそから買うといってカタログを広げていたのです。
「さーどれにするアルカ、相見積もりは基本ヨ」などどいつもの腹芸をするチュウゴ君
その胸倉つかんでエリザベス
「ちょっと貴方?いいことTGVにしなさい、ええあたしが言ってるんだから間違いないわ!なんならおイモ電車でもよくってよ!」
「なに必死になってるカ?朕は値引きと条件で決めるアルヨ、4000年の伝統アルヨ」
「えーとウチは新幹線に決めたよ!えへ」とタイワンちゃん無邪気にエリザベスに強烈な一撃をお見舞いしてしまいました。
「な!なんですってえええええ!」
「チンクの癖になんてことすんのよー!いっぺん植民地やってみる?あんた達みたいな田舎物にねえ新幹線が!新幹線はねえ」
エリザベスはそれだけ言うのがやっと、後は、感情のまま泣いていただけ。

313 : :2005/05/04(水) 22:44:57 ID:NaKZAzDP
ニホンちゃんは夕飯をたべながら学校でのパパに話をします。
「パパ、エリザベスちゃんいっつも、お行儀がいいのに電車の話をすると、
怒ったり泣いたりするんだよ。よっぽど嫌いなのかな。今日だって」
「はははそれは違うよさくら、エリザベスちゃん新幹線が大好きなのさ、
タイワンちゃんにとられたと思ったんだね。」
「じゃあパパが売ってあげればいいじゃない。」
「そういう訳にはいかなかったんだよ」
「どして?お金のこと?」
「そうじゃなくて、僕のいや親父の鉄道模型の師匠は、モレルさんといって
エリザベス家の人なんだよ先生が弟子に頭下げれないからね、
あの家の意地っ張りなのは昔からだから、いいよ一つ考えがある」
「どうするの?」
「パパがエリザベス家に頭を下げて、新幹線を買ってくださいと頼みにいくのさ、
 立派になった弟子をみてくださいってね」
「さすがパパね。見直しちゃった」

次の日 「おーほっほ うちも新幹線よ TVGがICEがなんだってのよ
     新幹線にはかなわないわよー
     ねーニホンちゃん!タイワンちゃんもなにげ物を見る目があるわねー」
教室には一日中お嬢さま笑いがこだましていました。 

314 : :2005/05/04(水) 22:57:42 ID:NaKZAzDP
解説とまとめてソース(スレもハン板にたってます)
イギリスは日本の電車をかなり高くかってくれてる模様です。

ソース1
英デーリー・テレグラフ紙は、日本の鉄道会社について
「定時運行、安全、従業員の質、技術すべてで、英国では想像不可能な高いレベルを保っている」
と紹介。

ソース2
江戸から明治と改元した翌年、新政府はイギリス公使パークスの進言により鉄道の起業を決めた。 
それまで乗り物は馬か駕籠だった。よって鉄道をつくれる日本人はいない。だが、
たった四隻の蒸気船で夜も寝られなかった日本にとって、国づくりの動脈である鉄道は急務だった。そして、
半世紀前に世界初の鉄道を開通させたイギリスから、すぐれた経験を持つモレルら鉄道技師が招かれた。

ソース3
2012年ロンドンオリンピックに備え
2009年を目標に新幹線技術を取り入れた日立製の高速電車の導入を決定。
ルートは、ロンドンとパリを結ぶユーロスターのルート上にあるケント州とロンドンを
結ぶとのこと

日本の0系新幹線が特別扱いで展示されている
イギリス ヨーク国立鉄道博物館
http://www.ne.jp/asahi/tabitabi/train/york3.htm


315 :マンセー名無しさん:2005/05/05(木) 00:13:47 ID:6CH4hqiF
>>311-313
おイモ電車ってどーゆう意味だろ? なんか面白そうw

316 :マンセー名無しさん:2005/05/05(木) 01:07:31 ID:v66NBlx3
>>315
ゲルマッハ家→ジャガイモ→芋電車
じゃありません?

兎に角、びみょーなマニア心と乙女心の描写は
おけーでした。ストーリー運びもスムーズ。
ニホンパパが地味に活躍している辺りもポイント高いです。

あと、感情を顕わにするえりーってのは珍しいです。
欲を言えば
普段のエリーから激情に至る描写、それに
言葉遣いに工夫の余地有り、かな?
(あくまでも、欲を言えば、だけど)

何だかんだでオッケー!な水準クリアですよ、マジで。

317 :マンセー名無しさん:2005/05/05(木) 02:45:34 ID:XXkTGXoI
>>314
今ではイギリスの方が日本の鉄道をお手本にしているらしくて、
先日のJR福知山線で起こった事故にだいぶ衝撃を受けているみたいです。

そう言えば名作劇場でやってた「七つの海のティコ」だったかな?
日本にやってきた主人公たちが新幹線に乗る場面で、
「鉄道は少しぐらい遅れているものだ」とか言って発車時刻より遅くホームに上がったら、
乗るはずだった列車が発車したところだったなんてギャグ(?)もありましたっけ。



318 :だめぽ:2005/05/05(木) 03:52:19 ID:XXkTGXoI
 夜も深まり日付が変わった頃、電気のついていない暗い部屋でカンコくんはパソコンに向かっていました。
「最近のニホンは特に生意気ニダ。兄貴分のウリを敬おうという姿勢が感じられないニダ。
 腹いせに(違法)コピーしたニホンちのゲームでもするニダ」
 無地のCD-Rをパソコンに挿入し、ゲームを起動します。ってカンコくん。それ、大人のするゲームですよ?
「うるさいニダ。飲んだくれでアル中のロシアノビッチよりはマシニダ」
 まあ、確かにお酒よりは2年解禁が早いとはいえ……五十歩百歩って言葉知ってます?
「眠たん(*´Д`)ハアハア
 何でニホンはウリのこと『オッパ(兄さん)♪』と呼ばないニカ?
 義妹萌え〜! 義妹チェゴーーー!!」
 全然聞いてませんね。
 おや? 少し開いた扉から部屋の中を窺っているのはチョゴリちゃんですね。でも、その両目には涙をためています。
「オッパのばか! ウリだって……ウリだって! アイゴーーーーー!!」

319 :解説:2005/05/05(木) 03:53:10 ID:XXkTGXoI
 日本相手にやたらと兄貴ぶるかの国をネタにしてみました。
 別に>>273のゲルマッハくんに対抗したとか、そういう意図はないはずです。

 なお、この物語は捏……もとい、フィクションです。実在の人物・団体等とは一切関係ないはずです。

 つーかこんな時間に何書いてるんだ自分 orz

320 :マンセー名無しさん:2005/05/05(木) 10:55:20 ID:3+mkDDuF
(・∀・)イイ!!

321 :マンセー名無しさん:2005/05/05(木) 19:54:12 ID:sovIX5Cv
なんか泣けてきた・・・w

322 :マンセー名無しさん:2005/05/05(木) 20:51:08 ID:Zxkm3Nna
チョゴリちゃん、何気に不遇だなぁ

323 :マンセー名無しさん:2005/05/05(木) 22:07:20 ID:5jUf4eJY
>>322
つ【棄民政策】

かみさまぼしゅうしちゃうよ
ttp://japanese.joins.com/html/2005/0505/20050505205334100.html

324 :マンセー名無しさん:2005/05/05(木) 22:53:44 ID:Zxkm3Nna
>>323
その前に「親日派認定」が先にくる予感。


325 :ab-pro:2005/05/07(土) 01:16:49 ID:7W1QK4Yi
 ある日の教室の風景。

カンコ 「ニホンは全く反省が足りないニダ。謝罪と賠償汁!!」

ニホン 「チュウゴ君、あの抗議は非道すぎるよ。今回は謝罪と弁償して貰うからね」
チュウゴ「愛国無罪アル。責任はニホンにアルね」

カンコ 「ニホンはゲルマッハ君とは違って過去にケジメを付けてないニダ。
     ニホンは駄目ニダ」

チュウゴ 「ウチに来てくれて嬉しいアル。良ければ、過去を全然反省しないニホン
    ちゃんを弾劾する演説をしてくれれば嬉しいアル」
ゲルマッハ「チュウゴ君。残念だが、君の要望には添えない。反省を求めるには、
     まず自分の方の過去を振り返ることが必要だ」

カンコ 「・・・ニホンがクラスの役員に立候補することには断固反対ニダ!」

アメリー「ニホンちゃんが早くクラスの役員になってくれれば、俺もずいぶん楽が出
    来るよ」
ニホン 「私頑張るね」

326 :ab-pro:2005/05/07(土) 01:17:54 ID:7W1QK4Yi

カンコ 「・・・(誰もウリの話を聞いてくれないニダ)
     チョッパリ、小鬼、ブス!!」

フランソワーズ「チュウゴ君のあの抗議活動は以上ですわ。
     残念ですけど、今回貴方にお貸しするはずでした玩具の話、無かったこと
    にさせていただきます」
チュウゴ 「・・・全ては過去を反省しないニホンが悪いアル。アジア町のみんなは
    ニホンに怒っているアル」

カンコ 「(手足をばたつかせながら)どうして誰もウリの話を聞いてくれないニダ!
    どうせ聞こえてないなら!
     ニホンちゃん可愛いニダ!お利口ニダ!尊敬するニダ!!」
ニホン 「ほら、カンコ君はやっぱり大人ね。チュウゴ君とは大違いだわ!」
チュウゴ 「(カンコを睨み付けながら)・・分かったアル。今度から過激な抗議は
     しないように注意するアル」

ニホン 「お願いね。
    ・・・・あれ、カンコ君、何で泣いているの?」
                                  end

 保守作品です。深い突っ込みはご勘弁を
  

327 :青風: ◆BlueWmNwYU :2005/05/07(土) 03:00:29 ID:vO0q0TvB
「嘘つき少女」

 人は私の事を「嘘つき」と言う。
別に哀しくはない。だって、本当の事だから。

 小さい頃は従姉弟達と一緒に遊んだ。
二人の名前はさくらとたけし。さくらは同い年の女の子。
吃驚するくらい私と似ていて、でも私と違って活発ではっきり物を言う子。
私の憧れ。なれそうでなれない理想の私。
二才年下のさくらの弟、たけしは何時も姉について歩くお姉ちゃん子。
私の名前がサヨだからオマエはウヨだってあだ名を付けられて、
いつの間にかウヨくんって呼ばれるのが当たり前になったんだっけ。
私達は本当に仲良しで幸せだった。
愚かにも私はそんな日々が永遠に続くって信じてた。

 やがて子供なりに世界が広がり出すと、どうもこの世の中は天国じゃない
らしい事が薄ぼんやりと判ってきた。私達の住んでいるアジア地区は、
世界の真ん中では無かったのだ。何時も他の地区からやってきた体の大きな
子達に言いように荒らされてた。そう言う時の大人って見ているだけだ。
いや、一寸違うな。あれは、全部大人の真似をしてたんだ。汚い大人達。

 でも、私の英雄さくらは黙っていなかった。
みんなを集めて、みんなで立ち上がろうって、私達の遊び場を護ろうって、
凛々しくも立ち上がった。私はさくらに讃辞を捧げるのを惜しまなかった。
何故って?私にはそれしかできなかったから。いくらかの力の弱い子達が
一緒に立ち上がってくれた。小さなウヨ君だって叫んでくれた。
僕たちの遊び場を護るんだ、って。私はこの世の中が楽園になると信じた。
でも知らなかった事も一つ。楽園には必ず蛇が住むんだって事。


328 :青風: ◆BlueWmNwYU :2005/05/07(土) 03:01:54 ID:vO0q0TvB
 さくらは雄々しく戦った。
ちょっとばかり強引で幼稚な正義を振り回しはしたが、それは私とウヨを
感動させるのには充分すぎた。そのうち他の地区にも少しだけどアーリアや
マカロニーノといった友達が出来るようになった。その頃になると、私の
英雄さくらは家の近くの子達を子分に従えて、お爺ちゃん譲りの武道の腕で
快進撃を続けていたんだ。背中に蛇の視線を受けながらね。

 でも、そのうち様子が変ってきた。さくらにアジア地区を追い出された連
中、中でも腹黒さでは一二を競うエリザベスとフランソワーズがアメリー
を引っ張り出してきたんだ。体の大きな、化け物みたいに力の強いアメリー
は最初はさくらを見て笑ってた。
「なんだよ、このやせっぽちのチビが俺に逆らうのか?」
でもその余裕も一瞬で終わった。次の瞬間には地面に叩き伏せられた
からだ。そして、しばらくはさくらの独壇場だった。
私とウヨのさくらへの崇拝は、この時に頂点を迎えていた。

 でも、私は甘かった。あの化け物、アメリーに有ってさくらに無いもの。
体力と体格を全然見ていなかったのだから。技術と気力で最初こそ優勢だっ
たのが、目に見えて動きが遅くなり、徐々に攻撃を受ける回数が増え、
攻撃を受けては更に動きが鈍くなり、そして最後はさくらは顔面に無数の拳
を受けながら、それでも必死に力の萎えた腕を繰り出していた。
小さいウヨは泣きながら、それでも姉に加勢をしていた。
で、私は何をしていたかって?
怯えていたの。ただ震えていたの。自分はさくらの背中に護られて無傷だっ
たくせに、勇気も誇りも一瞬で消え失せて自分の安全だけを願っていた。
そんな私に蛇がささやいたのだ。
「俺の言う事を聞けば、悪いようにはしない」って。

329 :青風: ◆BlueWmNwYU :2005/05/07(土) 03:02:50 ID:vO0q0TvB
 蛇の名前はチューゴと言った。
さくらが快進撃をしていた時に、日和見を決め込んでた奴。
あたし達のアジア地区がよそ者に踏みにじられてた時にも動かなかった奴。
そして、アメリーを引っ張り込むようにエリザベスに吹き込んだ奴。
その蛇が私にささやくのだ。
「オマエは悪くない。悪いのはさくらだ。そうだろう?」
私は頷くしかなかった。だって目の前にはさくらが血まみれになって倒れて
居たから。私は死にたくなかった。こんな命でも失いたくなかったから。

 そんな地獄のような日にも次の日と言うものはやってくる。
驚いた事に、さくらをひどい目に遭わせた張本人のアメリーが
真剣にさくらの看病に来ていたりもする。
「な、なぁ。痛かったか?あ、あ、薬要るよなぁ。
何か食べたい物はあるかよ?そうだ、是からは俺が護ってやるよ!」
だったら、最初っから来るんじゃないわよ!あんたなんか大ッ嫌い!
私自身の次にね。
で、私はと言えば、その日から前日迄の全ての私の言葉をひっくり返した。
「ホント、さくらって乱暴者でさぁ。ああなったのも自業自得よ」
「ちょっとは周りの視線ってものを意識すべきよ」
そんな私の言葉を聞くたびに蛇は満足そうに笑った。
私の言葉は彼を近隣の支配者とするのに大いに役に立ったから。
私は髪型を変え、眼鏡を掛ける事にした。
そうしないと、鏡を見るたびにさくらに見つめられるから。

 さくらは最近少し元気になった。私は相変わらず嘘をつき続けている。
そうだ、さくらがもうちょっと元気になったら、ウソを止めようかな。
眼鏡を外して髪を元に戻すんだ。蛇はどんな顔をするだろう。
そして、さくらは昔のように遊んでくれるだろうか?
その日が来るまで、私はずっと嘘つき少女。

330 :青風: ◆BlueWmNwYU :2005/05/07(土) 03:14:02 ID:vO0q0TvB
復帰の挨拶、及び解説のようなモノ

ご無沙汰で御座います。
暫く名入りでの投稿を控えておりました青風にて
ございます。
(まぁ、名無しでは随分あちこちで書いていましたが)
別に最近力作を連投される方が増えたので
触発されて出てきたわけでははっきり言って

   有  り  ま  す

が、気にしないでください。

さて、今回は終戦の前後で如何に朝日新聞が
その言葉をひっくり返したかがソース、、
と言いながら、ただ単に

 性 格 に 難 ア リ の 女 の 子 の
   モ ノ ロ ー グ を 書 き た か っ た

だけでも有ったりします。
云い訳はしません。(なってないし)
ああ、お読みになった方、
出来れば御批評など一言お願い致します。
私を始めとする戯作者もどき(モドキは私だけ?)の
自作への糧となりますれば。

331 :マンセー名無しさん:2005/05/07(土) 10:47:01 ID:6iKnE3za
サヨックおじさんの喫茶店モノローグとか、このスレいいなぁ……

332 :マンセー名無しさん:2005/05/07(土) 13:55:03 ID:ZgajdO4W
>>330
ははは、貴方の場合は戯作者もどきつーよりメルヘン作家ですからな。
ニホンちゃん黄金期から続いている、メルヘン路線の正統継承者だね
同じく長文読ませる司馬遼さんは、大河系ちゅうか男の世界だから
実力は均衡してるとしても、路線は違うわな。

今回の作品も魅力的ながらも安定していて穴が無い。
作品は面白印なんだけど、アサヒが良くかかれいるのが気に入らない
作品が良いメルヘンだけに余計に、リアルアサヒ新聞@人民日報に腹が立つ
こいつは強烈に風刺され笑われているのがお似合いだよ。

333 :マンセー名無しさん:2005/05/07(土) 21:10:34 ID:WU1ykIXd
>>332は好みをあんまり押し付けないほうがいいと思われ

334 :マンセー名無しさん:2005/05/07(土) 21:55:12 ID:ZgajdO4W
悪い悪い、誤解されたらすまん。
別に書いてあることに文句はないのよ。

ただアカが嫌いなだけ。



335 :マンセー名無しさん:2005/05/07(土) 23:08:54 ID:WU1ykIXd
>>334
悪い悪い、誤解されたらすまん。
チラシの裏に書いたことなんか誰も聞きたくないだけ。

336 :黄 色 い リ ボ ン  ◆JBaU1YC3sE :2005/05/08(日) 10:33:41 ID:BG+HzQw4
 「 くろわっさん 」
 ある日、ニホンちゃんがを公園を歩いていると、
ユーロ班とアメリー君が集まっていました。
フランソワーズちゃんご自慢のクロワッサンを食べながら、何か真剣に話しています。
「どうしたの?みんな集まって」
「やあニホンちゃん、実はキプロスちゃんの家のことで話していたんだ」
 マカロニーノ君が答えました。ニホンちゃんはこの話をあまりよく知りません。
「これって昔、喧嘩が終わってから、トル子ちゃん家のものだったキプロスちゃんの家を
ベスが差し押さえていた時からの話だからなあ」
 アメリー君の言葉にエリザベスちゃんが続けます。
「我が家の差し押さえをいいことに、トル子ちゃんに嫌がらせを繰返して、
トル子ちゃんの部屋まで荒らしてましたからね」
 マカロニーノ君も言いました。
「しかも昔の喧嘩に負けたアテネちゃんが、キプロスちゃんのお面かぶって加勢して、
『ここは遺跡の昔からアテネちゃんの家と一緒だった!』だからなあ。
それ以前に友達を増やしたり、喧嘩に負けた原因を考える方が先だろうに、
トルコちゃんが腰を上げたら途端に卒倒しちゃうんだもんなー」
 エリザベスちゃんは他人事のようにいいます。
「全くですわ!約束は必ずアテネちゃんが先に破っていますし。
 相手に先に破らせるとか、手を出させるとか考えて欲しいものですわ」
 フランソワーズちゃんが薄笑いを浮かべて突っ込みました。
「あなた、また最初から喧嘩を狙っていたのではなくて?」
マカロニーノ君がなだめました。
「まあ、我がバイブルクラスのエリアが広がったのは確かだ。いいじゃないか」
「そうですわね」一同が相槌を打ちました。
(え?)ニホンちゃんは黙っていられなくなり、みんなに尋ねました。
「ね、ねえ、私ユーロ班のことはよくわからないけど、
トル子ちゃんは何の断りもなく家の一部を盗られたってことなの?」
 みんなはその言葉にシーンとなってしまいました。
どうやら当たり前すぎる質問をしてしまったようです。マカロニーノ君が言いました。

337 :その2/3:2005/05/08(日) 10:37:59 ID:BG+HzQw4
「ニホンちゃん、アテネちゃんの家はユーロ班の師匠と言える家なんだ」
 エリザベスちゃんも続けます。
「キプロスちゃんのことも、
 経緯はどうあれ支配者からの開放と感じて祝福しているのがユーロ班全員の気持ちですの」
(ええ、どうしてエリザベスちゃんがそんなこと・・・)
 と思ったニホンちゃんでしたが、今はトル子ちゃんをかばう方が先だと思い、
 口にしませんでした。
「バ、バイブルクラスならそう思うだろうけど、それじゃトル子ちゃんは一方的に・・・」
 そこへアメリー君が割って入りました。
「トル子ちゃんを一人ぼっちにする来はないよ。ただ、今更元に戻すってのはね・・・」
「そんな言葉聞きたくない!トル子ちゃんあたしの命の恩人だもん!」
 そう言うと、ニホンちゃんはみんなが止める間もなく走り去ってしまいました。
 しばらく気まずい沈黙が続きました。すると・・・
 ・・・ガサガサッ・・・みんなの後ろの茂みから物音が。
 何と、カンコ君が出てきたではありませんか。
「ま、いつからそこにいましたの?」
「嫌ですわね!盗み聞きですの?」
 カンコ君はそんな声には構わず、胸を張って言いました。
「お前たちの気持ちは全て聞かせてもらったぞ!可愛い我が分家の者達よ!」
「 「 「 「  は あ ? 」 」 」 」

 一方ニホンちゃんは、帰り道のトル子ちゃんを見つけました。
「トール子ちゃ―ん!」
「あらニホンちゃん、一緒に帰ろう」
 飛んできたものの、無邪気な笑顔を見せるトル子ちゃんに何と言えばいいのか、
 ニホンちゃんは言葉が見つかりませんでした。
「ト、トル子ちゃん、さっきユーロ班のみんながクロワッサン食べてたんだけど・・・」
「クロワッサン!あいつらまだわたしのことを!」
 急にトルコちゃんの表情が厳しくなりました。
「え?ク、クロワッサンが、どうかしたの?」

338 :その3/3:2005/05/08(日) 10:40:27 ID:BG+HzQw4
 これを聞いたトル子ちゃん、寂しさと怒りの入り混じった表情でニホンちゃんを見つめ、
 目にうっすらと涙を浮かべるではありませんか。
 そしてニホンちゃんの両肩をつかんで激しく揺さぶりました。
「どうしてよ!ニホンちゃん私のこともっと知って!」
「ごめん!ごめんねトル子ちゃん」
 ニホンちゃん、大変なことになったと思い謝りつつも、
 何がいけないのかわかりませんでした。
 するとトル子ちゃんは俯きながら、両手の指でクロワッサンの形を作りました。
「ねえニホンちゃん、これが夜空に浮かんでいたら何に見える?」
「三日月かな?あー、トルコちゃんの家の旗と同じだねー・・・え?
 ・・・まさかこれって、トル子ちゃんいじめなの?」
 トル子ちゃんは俯いたままうなずきました。
「ええ!」
 ニホンちゃんは驚きました。今まで何個の美味しいクロワッサンを食べてきたことか…
「わかったよ!もうあたしクロワッサン食べない!ごめんね。知らなくて」
「・・・ねえ、ニホンちゃん、聞いてもいいかな」
「うん」
「ニホンちゃんのご先祖様って、チュウゴ家の方から来たって言われてるよね」
 ニホンちゃんの頭の中に、昔からサヨック叔父さんやカンコ君に
 言われてきたことが反射的に思い出されて、体が固くなりました。
 緊張するニホンちゃんを見てトル子ちゃんの声は一段と小さくなってしまいます。
「あたしとニホンちゃんの家って離れてるけどさ・・・
 ニホンちゃんとあたし、姉妹と思ってちゃ、ダメかな」
 ニホンちゃんはトル子ちゃんを抱きしめました。
「喜んで!トル子ちゃんとあたしは双子の姉妹だよ」
「いい?本当に」
「うん、ずっとだよ!」
「嬉しい!」
 二人は抱きしめあい、しばしの間、互いの頬を重ねあっていました。
   おしまい

339 :解説とネタ提供:2005/05/08(日) 10:45:24 ID:BG+HzQw4
私たちが接するトルコの情報は西欧のフィルターを通しています。
これは日本についても言える事ではないでしょうか。
情報満載 トル子大使館、いやトルコ大使館
クルちゃん情報の他、ギリシャとの間の岩の問題、エーゲ海の境界、既視感ありすぎます。
http://www.turkey.jp/info/foreign/
とてもためになるサイト内のキプロス問題解説
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Lake/2917/hikounin/cypurs.html
http://tanakanews.com/971108turkey.htm
1次大戦後のトルコとギリシャ
http://www.kaho.biz/turkey/d.html#2
クロワッサンの起源については断定出来ません。
富強を誇るトルコに憧れて、という可能性もあると、私は思いますが、
今回の風刺のため捏造s(ryもっとも流布している、
オスマン・トルコ軍によるウィーン包囲の終了で誕生した説を採りました。
http://www.jp-tr.com/icerik/efsane/kruasan.html
コーヒー、シンバルはトルコから来たこと等、ネタ満載です。
http://www.net-sprout.com/iitaihoudai/036zil.html
フランスのお菓子
http://www.osaka-c.ed.jp/matsubara/kadai/26ki/kadair02.htm
焼肉、中華はやめてトルコ料理の店に行きましょう!

340 :マンセー名無しさん:2005/05/08(日) 14:53:24 ID:WPFWV7ig
以前ここで書いていた者ですが、また書いてもよろしいでしょうか?

341 :ab-pro:2005/05/08(日) 15:04:46 ID:zhBrhZAK
 ちょうど覗いて良かった^^
 別に誰の断りも要らないと思いますよ。
 SS楽しみにしています

342 :マンセー名無しさん:2005/05/08(日) 16:20:22 ID:21paJOAl
>>327-329
良哉。

しかしまあ日ノ本の人間の性質として本末転倒してしまうことからアサピーも手段が目的を超越してしまっているのは確実(w
もしくはなにもかんがえてい(ry

343 :目次247:2005/05/08(日) 18:27:05 ID:cz6lYOHW
第2224話〜第2228話
>>258-259

第2229話「ポークソーセージカレー」
>>265-266 ( >>267 解説)
第2230話「チュウゴ1/2」
>>270-273 ( >>274 解説)
第2231話「犬と、猿」
>>277-286 >>289-290 ( >>291 解説)
第2232話「すまない、エチオさん・・・・」
>>298-307

344 :目次247:2005/05/08(日) 18:28:10 ID:cz6lYOHW
第2233話「鉄道模型」
>>311-313 ( >>314 解説)
第2234話「兄貴分のウリ」
>>318 ( >>319 解説)
第2235話「ある日の教室の風景」
>>325-326
第2236話「嘘つき少女」
>>327-329 ( >>330 解説)
第2237話「くろわっさん」
>>336-338 ( >>339 解説)

345 :雷撃:2005/05/08(日) 18:46:55 ID:j0kfiyKO
青風さん。
残念ながらこの話はアサヒをよく書きすぎてます。
アサヒは自分の捏造に良心の呵責など欠片もありません。私は一回朝日新聞を購読していましたが、大東亜戦争のことは
「朝日新聞の言うことを聴いていれば日本は戦争する
ことなどなかったのだ!」
と書いてあります。
 そして、職場にある新聞を見ては
「反日デモは日本の反省が足りない証拠だ!」
「日本は未だに反省をしていない」
と書かれてあるのには正直爆笑でした。
アサヒはもはや正義だとか真実を述べるのではなく、
ただ世界中に毒を吐き、世間様に嫌がらせをすることだけが目的の新聞社です。
ま、中国なんかと友好関係を築くつもりはないという
点だけでは、真実を突いていると思われ。

346 :マンセー名無しさん:2005/05/08(日) 19:13:12 ID:G4xlxPn4
>>345
そんなに必死にならんでもいいだろう。

347 :マンセー名無しさん:2005/05/08(日) 19:47:44 ID:s7X4gbEn
>>340

あなたが>>6で出入禁止にされてる人でないかぎり大歓迎でつ

348 :マンセー名無しさん:2005/05/08(日) 19:49:35 ID:s7X4gbEn
間違えた。>>6で出入禁止にされてる人でないかぎり大歓迎でつ

349 :マンセー名無しさん:2005/05/08(日) 19:50:01 ID:s7X4gbEn
>>3で出入禁止にされてる人でないかぎり大歓迎でつ

350 :雷撃:2005/05/08(日) 20:09:38 ID:j0kfiyKO
>そんなに必死にならんでもいいだろう。

どうもすいません。
ただ私は昔、高校時代、朝日新聞のマワシモノが学校に来て
「韓国人を韓国人という理由だけで差別する理由にはならない
 被差別部落民を部落民という理由だけで差別する理由にはならない
 大体日本人は自分たちの・・・・」
 という公演をしょっちゅう聴かされまして
一回アンケートに、
「我々日本人を、日本人という理由だけで戦犯扱いするのは立派に差別です」
と書いたところ、呼び出されてぶん殴られた苦い経験があるので、
熱くなってしまいました。
どうもすいません。

351 :マンセー名無しさん:2005/05/08(日) 20:16:19 ID:JzHaYVZ/
>>350
こんなアサヒちゃんの作品が、有ってもいいじゃない。
カンコ君にだって切ないお話があるんだから。

352 :雷撃:2005/05/08(日) 20:17:01 ID:j0kfiyKO
正確に言うと、
「二度とこんなこと考えるな!」
といってパイスイスで頭カッ飛ばされました。(女教師)
因みにそいつのダンナは在日朝鮮人です。

353 :マンセー名無しさん:2005/05/08(日) 20:59:32 ID:G4xlxPn4
>>348
>>6じゃなくて>>3じゃないの?
>>340の誘い受けみたいな名無しレスの仕方は、ニホンちゃんスレでレスも投稿も禁止された人物の手口でよくみたな。そうじゃないならいいけど。
>>350
ひどいめにあったな。朝日は暴力団と変わらん。
新聞の勧誘なんか「町内会のものです」何て嘘ついて扉開けさせて人の家に無理やりあがりこんで脅すからな。


354 :マンセー名無しさん:2005/05/08(日) 21:32:38 ID:8Xq8lWiS
>>345
>アサヒは自分の捏造に良心の呵責など欠片もありません。私は一回朝日新聞を購読していましたが、大東亜戦争のことは
>「朝日新聞の言うことを聴いていれば日本は戦争する
>ことなどなかったのだ!」
>と書いてあります。
うわぁ・・・・・・・・何も言えない・・・・・・・・・
開戦を煽っていた過去は無かったことでつか・・・・・・・

>>350
基地外いえ、気狂いは怖いですね。

355 :マンセー名無しさん:2005/05/08(日) 21:49:25 ID:21paJOAl
>>350
実体験に根ざした反アサピーですか。さもありなん。
ママン、ウリを保守王国の県民に産んでくれてありがとう。

それでも>>327-329は佳作認定したいですねえ。
個人的好みからはちょいと話が長いとか、アサピーはナチュラルに天邪鬼ではないかという点からは外れてはいるけれども(w

ええと何を謂いたいかというと、朝日新聞嫌いとアサピー嫌いは別物だということなのです。嫌韓とカンコきゅん萌えもまたそうだということで。

356 :マンセー名無しさん:2005/05/08(日) 23:12:53 ID:DMWfP7tD
憂鬱なニホンちゃん
枢軸探偵社の応接室、きょうのクライアントはなんと
ウヨ君こと日ノ本たけしです。一体何事でしょうか?
ウ「ゲルマッハさん、実は姉が最近変なんです。夜寝る前になると
 私は死んだほうがいいとか、日ノ本家は10年もたないとか
 急に落ち込んでしまって」
ゲ「ほう、それはいつも決まった時間に?」
「そうですね、夜の11時が一番危険です、去年の8月6日など
 はパパを殺して私も死ぬとか、大変だったんです。」
ゲ「剣呑だな」
話に地中海の太陽のような笑顔でマカロニーノ氏が割り込んできました。
「なに暗くなってんのさ、人生は楽しく歌って踊って、お姉さんぼくが慰めてあげるよ」
「うっぎゃー」
「お前は少しだまってろ」アリーア女史のサブミッションがマカロニーノ氏の肘をがっちり決めます
「すまんなウヨ、我々だけでは話が硬くなって、これでも苦しい時はこの男が重宝するのだ。こっちへこい色男」
ウ「ははは、皆さんやさしい方ですね。アーリアさん無茶しないでね」
ゲ「他に何か気づいたことはあるかね?」
ウ「そうですねODA出せとか、なんかチュウゴやら、キッチョムの都合のいいことばかり言い出しますね。」
ゲ「当たりはついたな、たけし君はこの本を読みたまえ」
ウ「民間防衛ですか」
ゲ「そうだ、われわれも散々、ロシアノビッチにやられたからな、ノウハウはあるよ
  間違ってもこのことは、エリザベスの餡黒リサーチやチュウゴの大中華調査公司
  に相談しちゃだめだ。それとアリーアをに裏を取らせるよ」
ウ「マカロニーノさんは駄目ですか、鬱病治療にはぴったりみたいなんですけど」
ゲ「ははっは。お姉さん美人だからね、マカロニは別の意味で危ないよ」

357 :マンセー名無しさん:2005/05/08(日) 23:14:30 ID:DMWfP7tD
数日後

ゲルマッハ所長普段の冷静な物言いでウヨ君に調査結果を伝えます。
ゲ「やはり思った通りだ、手の込んだ真似を。日の本家に獅子心中の虫がいるな」
ア「許せない、兄上許せない ○教なんか滅んだというのに、またこんな」
ウヨ君は怒るかと思いきや、まるで無表情かときたま薄ら笑いを浮かべるだけ。
ただ木刀を握る手は震えています。
ア「いこう たけし君奴らに天誅を!神は許しても私はゆるさん!」
ゲ「いい加減にしないかアーリア、これは日ノ本家の問題だ我々は探偵社でしかないのだ」
ウ「そうです。所長の言う通りです。アーリアさんありがとう。姉さんは僕が元気にして見せます。
  これ謝礼です。ありがとうごさいましたァ」
そういうといつものように背筋を伸ばしてお辞儀をすると表情を変えずに帰ってゆきました


358 :マンセー名無しさん:2005/05/08(日) 23:15:12 ID:DMWfP7tD
そして問題の夜23時
「姉さん!姉さん!しまった時間が」
 ニホンちゃんの部屋のドアを蹴破って部屋に入ると壊れかけのニホンちゃんが!
「あーたけし、たけしといえば竹島ああ!あれはカンコ家のものよ、あたしは気分が悪いのよ
 ぜーんぶおじいさまのせいなの。強盗がきてもみーんなで死ねば怖くないのよあはははは」
「駄目だ姉さん耳を塞ぐんだ!は!この型遅れのステレオ」
ウヨ君は怪しいステレオの前で蜻蛉切りの構えを取ります。
そして「チェイーーースーートオオ」渾身の一撃をこめてステレオに必殺の一撃を叩き込みます
「たけしなんてことするのよ、おじさんからもらったステレオに!アンテイックで気に入ってたのに」
「いままで姉さんを苦しめていたのはこれなんだ」
バラバラになったステレオからHDDを取り出すウヨ君
「なんで!なんでカセット式ステレオにこんなのが?」
ウヨ君がそのHDDに入っていた音を再生すると
「ツールルホッホッホシャザイシルバイショウシルチュウゴサマニODAニッテイヤロウハヒトゴロシツールルホッホ」
ウ「ねえさんサブリミナル電波を仕掛けられて、人格を乗っ取られるところだったんだ」
ウ「出て来い アカ野郎そこにいるのは解っている!でてこねえとたたっ斬る」
ニ「だめよ たけし暴力はいけないわ」そういってニホンちゃん意味ありげな微笑みを浮かべます

359 : :2005/05/08(日) 23:16:09 ID:DMWfP7tD
するとたんすの中からまるで悪びれずサヨックさんがでてきました。
サ「そうだよたけし君、子供が暴力的になっちゃ」
ニホンちゃんいっつも思っていた素朴な疑問をぶつけました。
ニ「でもおじさん 強盗がはいってきたらどうするの?」
サ「はははみんなで死ねばいいんだ。殺されても殺してはいけない、
  おじさん?おじさんは大丈夫だよ、アメリー家ち逃げるからね」
ウ「はあ? お前が氏寝よ」
 ニ「プッ(笑)じゃあ いっつも文句いってるけどおじさんのどんな家がいいの?」
サ「そうだね、昔の中華マンションかな、みーんな平等に食うや食わずなんだ!
 そんななかでみんなで分けあう。すばらしい。おじさん?おじさんはワセダのエリートだよ
 年間2億はもらわないとね。それでおじさん達とチュウゴ家がみんなを指導して幸せにしてあげるんだ」
ウ「はあ?今、中華マンションで貧富の差が問題になってんだよ?」
ニ「プッ(笑)最後におじさん。おじさん子供は勉強しなくていいっていってたよね?」
サ「そうだよ、大人も子供もスローにのんびり暮らすのがいいんだよ
  ナマケモノは幸せそうだろう?ああおじさんの新聞社?おじさんのような仕事は馬鹿じゃあでき
  ないんだ。ワセダ入るくらいじゃない雇わないよ。ウチの子も頑張っているよ」

ニ「録音したわよ。今の話全部。 武士これフラッシュにして、サーバに上げといて。」
サ「なにをいってるんだ?ニホンちゃん ちゃんとおじさんに判るように説明しなさい。
  フラッシュ?サーバ?説明責任を全うしなさい!」

                       完

360 : :2005/05/08(日) 23:22:13 ID:DMWfP7tD
解説
この作品を雷撃氏にささげます
ソースはいつぞやのNEW23終戦特集です。
ココのサヨックはあのニュースキャスターを指してます。
あの男ネットを便所の落書き言う割にマウスの使い方知りませんから
あれも朝ビーあがりですからな
徹底的にアカのダブスタ叩きました。


361 :マンセー名無しさん:2005/05/08(日) 23:45:35 ID:5BGzLHiV
>>356-360
激しくワラ……い事じゃないな、これは。

362 :マンセー名無しさん:2005/05/09(月) 00:28:04 ID:zoP34BzU
>>356-359
読んで大爆笑して、そのあと何だか怖くなってきた・・・w

363 :マンセー名無しさん:2005/05/09(月) 02:48:44 ID:Wvs3P2r8
>>343
目次制作者さんいつも乙

364 :マンセー名無しさん:2005/05/09(月) 13:05:33 ID:VbQFINqM
サヨックおじさん…… 喫茶店モノローグのときはいい人だったのに……
でも根本的にはこういう人だしな……

365 :マンセー名無しさん:2005/05/09(月) 18:53:11 ID:kgxOE53n
まあ悪く書いたらそうなりますわな

366 :雷撃:2005/05/09(月) 20:57:13 ID:mPfUpYFJ
・・・・・・・・・私の学校ではないが、私の姉の大学でマジでこういうやついました。
 一回学園祭で公演をカラカイ半分に聴きに行きましたが、
「韓国人という理由だけで韓国人を嫌う理由にはならない。
 中国人という理由だけで中国人を差別してはいけない。
 大体日本人はアジアにおける・・・・・・」

あほらしくてそのままで出てきたけど、
なんかサヨックみたいなヤツ、まじいるんだな、って感じでした。

367 :マンセー名無しさん:2005/05/09(月) 23:55:49 ID:JeGp7z/e
そろそろチラシの裏に書いたほうがいいよ。

あと、君もレッテル貼って差別しているぶんには奴らとかわらんよ。

368 :マンセー名無しさん:2005/05/10(火) 00:32:26 ID:0sbr97PW
そういう言い方は寄席w他にそんなすれあるだろ
ウヨ、サヨックについては全員意見が違ってもおかしくない
人の見方を非難するのは止して多様な作品と事実だけ西よ

369 :マンセー名無しさん:2005/05/10(火) 00:52:59 ID:AsNDBzqK
どっちにしても思想論議はここでやるもんじゃないよな。
つ【電波】左翼教師と出会って困ったこと【ユンユン】
http://school4.2ch.net/test/read.cgi/edu/1069981690/l50
つ左翼・ブサヨは死んでくれよ(笑)
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1104674808/l50
こっからさきは↑でやってくれい

以下、何もなかったかのように新作↓


370 :司馬遼々:2005/05/10(火) 01:46:45 ID:Dq8RXtKb
それではお言葉に甘えまして、新作投下させて頂きます。

相も変らぬ「むかし」の話ですが、どうかご容赦下さい。

371 :マンセー名無しさん:2005/05/10(火) 01:47:52 ID:Dq8RXtKb
【くろがねのしろ】

真っ黒で、つやつやした自慢の毛並み。僕の足は、誰よりも大きい。僕の牙は、誰よりも鋭い。

僕の名前は「大和」という。

カイグンおじさんがいうことには、「僕は日ノ本家そのもの」という意味だそうだ。
良くはわからないけど、気分はいい。
僕はクレで生まれた。兄弟はいない。でも、それを寂しいと思ったことは無い。
僕は他のどの犬よりも、カイグンおじさんと一緒にいたから。
僕が長門じじから立派な旗を貰った、その日からずっと。
その旗かい?ほら、僕の背中をご覧よ。はは、背伸びしても見えないか。よっと……ほら、これさ。
カイグンおじさんの名前が縫われているだろ?

……え?傷?
……うん。このあいだ、ちょっとね。
ああ、大丈夫さ。もうすっかり平気だ。僕は誰よりも大きいだけじゃない。誰よりも、強いんだ。
カイグンおじさんがそう言っていた。だから、そうに決まっている。

そんなことよりも、この旗を見ておくれよ。立派な旗だろう?
きらきらしてて、凄く立派な旗だろう?
これは、僕が他のどの犬よりもカイグンおじさんに愛されている、そのしるしなんだ。

だから、僕は平気だ。どんなことがあっても、僕は一人ぼっちなんかじゃないから。


372 :マンセー名無しさん:2005/05/10(火) 01:49:02 ID:Dq8RXtKb




「……兄上、今なんと申されたか」
薄暗い部屋の中、ニッテイとカイグンは向かい合っていた。
といっても、ニッテイは斜めに構え、カイグンの鋭すぎる視線をかすかに受け流す。
ランプの灯りがゆらゆらと照らす、丸眼鏡の奥にある兄の双瞳。
その色を確かめるかのごとく、カイグンはニッテイを睨みつけた。

「大和は『沖縄の離れ』に向かわせる。これは決定事項だ」

だんっ!!と、ニッテイの机が大きく揺れた。
激情が形を成して弟よりにじみ出る。カイグンは、拳で兄の机を殴りつけていた。
すりむけ、血がにじんでいる。しかし、気にも留めない。
「今『沖縄の離れ』がどのような状況か!兄上が知らぬはずがあるまい!!!」
「勿論知っている」
「であるならば何故!!!」
「カイグンよ」
あくまで落ち着いた兄の声。いつだって兄上はそうだ。自分だけ、全部知っているつもりになっている。
自分だけ、全部正しいつもりでいる。
「大和は、日ノ本家の希望だ」
カイグンの瞳に明かりが灯った。
「兄上……一矢報いる妙案がおありか!?」
すっとニッテイがカイグンの正面を向いた。眼鏡の奥には、濁った暗黒だけが在る。

「違う。大和が存在する限り、日ノ本家は戦を止められぬ」

足元が揺らぐ。世界は斜めになる。右に、左に、斜めになる。
唇が言葉をつむがない。脳髄はただ、空虚だ。

373 :マンセー名無しさん:2005/05/10(火) 01:49:45 ID:Dq8RXtKb
「あに……ニッテイ……貴様、己が何を言っているのか解っているのか!!」
カイグンはニッテイの襟首をつかんで軽々と持ち上げた。
机越しに、とんでもない膂力だ。
兄上、もうこれ以上何も言わないでくれ。今なら俺も……。
「自分が何をしているのかわかっていないのは、貴様の方だカイグン」
凄まじい音を立てて、ニッテイが壁まで吹き飛んだ。壁にかけられた額縁が、一つ残らず地面に落ちる。
がしゃがしゃぱりんと騒がしい中で、しかしドアを開けるものはいなかった。
拳を握り締め、カイグンは肩を震わせる。怒りと、悲しみで。
「……俺は嫌だ、兄上。あいつを、死なせるために戦わせるなんて……俺は嫌だ」
ポツリと呟いたカイグンに、座り込んだままニッテイは冷たい声で言い放った。
「これは、決定だ」
兄を睨みつけようとしたカイグンの瞳は、あっという間に色を失った。

濁った暗黒の、その奥に深い悲しみを見てしまったから。

兄がわざと殴らせたことを、カイグンは悟った。悪者になり、代金を支払ったのはまたもや兄だったのだ。

いつも、そうだ。

「……あに……」
「言うな。俺は外道だ」
ふっと自嘲気味に、カイグンは笑った。
「俺は戦で死ぬ。しかし、兄上はそれで死ぬぞ」
ニッテイは笑わない。自分を生かしているものが、それをさせない。
「ああ、それが外道の末路だ。正道のためにも外道を行えば、血を流さねばなるまい」
外れた眼鏡をかけなおす。
「恥じることは無い。己の血であがなうことは、とうに決めている」

終わりを告げる鐘の音は、低く冷たく鳴り響く。




374 :マンセー名無しさん:2005/05/10(火) 01:51:20 ID:Dq8RXtKb
膝の辺りまで水につかっている。いい気持ちだ。
戦化粧をほどこして、僕はいつにもまして凛々しく、かっこいい。
きっと、世界で一番かっこいい。
カイグンおじさんは、お腹まで水に浸している。じっと、前を睨んでいる。僕も、おじさんの見ているものを見る。
凄い数の犬だ。大きいのも、小さいのも、たくさんいる。
みんな山ほど花火を積んでいる。どうあっても、僕を倒すつもりのようだ。
どいつもこいつも、妙に楽しそうだ。もう、僕に勝ったつもりでいるらしい。

でも、僕が一番強い。

「すまん」とおじさんが一言いったのが合図だったみたいに、皆が一斉に襲い掛かってきた。
時を待たず、仲間が応戦する。あっという間に、僕らはずぶぬれになる。
水に足を取られるような間抜けは、ただの一匹もいない。敵も、味方も、勇敢に戦う。つよく、はやく、勇敢に戦う。

「大和!!」

おじさんの叫び声が聞こえた瞬間だった。
わき腹に凄く熱いものがぶち当たって、僕は膝を付きそうになった。この間と同じだ。また、やられた。

でも、平気だ。

僕は立ち上がって、花火を投げつけたそいつを探した。
と、また別の奴が僕に向かって花火を投げつけようとしている。
僕は思いっきり歯をかみ鳴らした。背負った筒から、とびっきりの花火が飛び出す。
轟音と共に、花火は真っ直ぐそいつに向かっていった。
当たりはしなかったけど、僕の強さを思い知ったことだろう。
僕が一番強い。おじさんが、そう言ったから。

だから、僕が一番強い。




375 :マンセー名無しさん:2005/05/10(火) 01:52:29 ID:Dq8RXtKb
大和が、がっくりと力なく膝をつく。
何発も何発も食らい、つややかだった毛並みは既にぼろぼろだ。
カイグンは胸まで水につかり、必死になって大和を抱きかかえようとする。
自分の何倍も大きい、大和のことを。
ぐったりと力なく倒れこみそうになる、その巨大な愛しい大和のことを。
傷つき、力を失いながらもなお、大和の瞳は黒々と輝く。
熱く、激しく、太陽のように。
「もう!もういい!!お前はできるだけのことをした!!もう十分だ!!!」
おもわず口をついて出たそれは、カイグンの心の叫びだった。
粉飾しようの無い、心の底からの叫びだった。
「なぁ、帰ろう。日ノ本の家に。帰ろう!あの庭に!!」



おじさんが何かを叫んでいる。
もう、耳も良く聞こえない。

おじさんが、泣きながら何かを叫んでいる。
もう、目も良く見えない。

おじさん、泣かないで。
僕は、大丈夫だから。まだ、戦えるから。おじさんが、一番強いと言ったから。まだ、戦えるから。


僕の名前は大和。日ノ本家そのものだ。


良くはわからないけど、それは僕の誇りだ。
それが、いい。それだけで、いい。

376 :マンセー名無しさん:2005/05/10(火) 01:53:33 ID:Dq8RXtKb

おじさんの言葉は僕には良くわかるのに、僕の言葉はおじさんには伝わらない。

おじさん、知ってたかい?
おじさんは僕のこと「神様みたいだ」って言ってたけど、そうじゃないんだ。
僕はいつも神様をこの目で見ていたから、良く知っているんだ。

おじさんが、僕の神様だったんだ。
だから、良く知っているんだ。


僕の名前は大和。日ノ本家そのものだ。


それだけで、僕は十分だ。


大和の足に、力がこもる。
「……お前……」
ぐしょぐしょに濡れたカイグンは、呆然と大和を見上げた。ぐぐっと、山が動く。大和が、立ち上がる。
黒き巨神のその姿は、無敵に聳え立つくろがねのしろ。厳然と、雄々しく、立ち上がる。
「やま……」



ウヲヲヲヲオオオオオオオオオオォンン!!!



大和の遠吠えが、世界を震わせる。
そこに存在した証明を、広く大空に刻む。


377 :マンセー名無しさん:2005/05/10(火) 01:54:26 ID:Dq8RXtKb
エピローグ

一面の草原に、風が吹く。
そよそよと、風が吹く。
耳元をそよぐ風が、妙にくすぐったい。
大和は小さなくしゃみをした。

「はは、風邪でも引いたのか?大和」

ずっと待ち望んでいた声が、風に乗って聞こえてきた。
わざとのんびり振り返ると、カイグンおじさんがニコニコ笑っていた。
「お前、こんなところで待っていたのか。俺が来るまで、ずっと待っていたのか」
「うん。待っていたんだ。おじさんに会いたくて、ずっと待っていたんだ」
涙が出そうになるけど、僕はかろうじてこらえた。
「ああ、随分待たせてしまったようだな。さぁ、行こうか」
「待って、おじさん」
僕の声に、おじさんは不思議そうな顔をして振り返った。
「どうした。時間ならたっぷりとあるだろうに」
「違うんだ。ずっと言いたかったことがあるんだ。いつも言っていたのに、おじさんには聞こえていなかったことなんだ」
おじさんは、足元に生えていたシロツメクサを一本引き抜いた。
まじまじと、それを見つめる。
「『ありがとう』って、いつも言っていたんだ。おじさんには聞こえていなかったけど、いつも言っていたんだ」
のんびりと、おじさんはシロツメクサを僕の耳の上に差した。
真っ黒な僕の頭に、白いぶちみたいに花が座る。

「聞こえていたさ、いつも」

そういって、おじさんはにっこりと微笑んだ。
僕は、自分が愚かだったことにやっと気がついた。

378 :司馬遼々:2005/05/10(火) 02:06:17 ID:Dq8RXtKb
後書きです。

戦艦大和は、日本人にとっては特別ですね。
最強の戦艦。不遇の戦艦。悲劇の戦艦。
どうにも陳腐な表現になってしまいます。

結局、大和というのは良いも悪いも無く、「日本そのもの」だったのではないでしょうか。

大和の歴史を概観するに、僕にはそんな風に思えました。

蛇足
・ニホンちゃんでは、犬は戦闘機を表す記号ですが、ここでは戦艦として使わせていただきました。
 
蛇足2
・物事の見方には色々ありますし、そもそも一人の人間にも色々な面があります。
 組織や国にいたっては、なおのことです。
 ニホンちゃん二千数百話はそれを許容すると思うのですが、いかがでしょうか。

蛇足3
・コンパクトに纏めたつもりだったんだけどなぁ……。


379 :マンセー名無しさん:2005/05/10(火) 12:49:35 ID:cF/xR+7m
こんな事書いたら批判受けるかも知れんけど。

すでに「小学生のニホンちゃん」とは大きくかけ離れた作品は別のところで発表した方がいいんじゃないだろうか。
ニッテイさんとかがメインの話って既に
地球組の子供たちとか町内会とか、そういったスケールで出来上がってる世界とは
どうにもかけ離れてるっつーか、

風刺になってなくね?
読み物としての出来はいいんだろうけど、ソレって風刺になってるの?

380 :司馬遼々@出先:2005/05/10(火) 13:53:09 ID:2Z7w3IIS
>>379
かしこまりました。
以後そのようにいたします。
申し訳ありませんでした。

381 :どぜう ◆3F8jIdnlW2 :2005/05/10(火) 18:13:34 ID:nMwFD46y
>>380
>司馬遼々さま

ニホンちゃんの世界は国際情勢風刺が基調ですが、
それだけで構成されているわけでもありません。
むしろ、風刺以外の作品によって、風刺作品に精彩が加わると云っても過言ではないでしょう。
ですので、司馬氏が他の場所で書く必要は、必ずしも感じません。
(補完スレ等の関連スレに関しては話は別ですが)
ただし、これは司馬氏の作品を全肯定するわけではありません。

氏の作品は、作品の世界観や空気感そのものの完成度は素晴らしいのですが、
ニホンちゃんの世界観とのすり寄せが、今一つ上手くいっていない気がします。
おそらくニッテイさん世代ではなく、
ニホンちゃん世代に関する作話が乏しいのが原因の一つと思われます。
筆力そのものは、高いレベルですので、
今後しばらくは、意識的にニホンちゃん世代と、
ニッテイさん世代とのすり寄せを模索されてみては如何かと思います。

もう一つ。
同じ傾向ばかりの作品を書き続けていますと、自然読み手も飽きてくるのが当たり前です。
適当に毛色の違った作品にトライしてみるのも、
ニホンちゃんを長く続けていくコツの一つかと思います。
以上、トンチキ作家の愚見でした。

382 :マンセー名無しさん:2005/05/10(火) 18:17:09 ID:vFbawbO1
別にいいんじゃね?
( ゚Д゚)y―┛~~外伝として楽しんでりゃ。
この文章力じゃ、下手にまねする作品が氾濫するわけでもなし。
もっと自由度高くいこうや。

383 :マンセー名無しさん:2005/05/10(火) 20:02:58 ID:83uLdcw3
>>371
きょうだいはいない・・・・・あれ?「むさし」は?「しなの」は?

384 :マンセー名無しさん:2005/05/10(火) 20:46:07 ID:hg7X8n9J
>>383
ほら、あれだ。お母さん(造船所)が違うからだよ、きっとw

385 :マンセー名無しさん:2005/05/10(火) 20:55:31 ID:fu0FsuGE
>>380 おいおい早まるなって!
そりゃ色んな人が見てるんだから皆満足さすなんてできんよ
黒澤明やコッポラでも何作かはこかしてるんだから。
書いた物みんな馬鹿うけは期待できないよ。

ある人は風刺が読みたい、ある人は男のロマンが読みたい、ある人はメルヘンが読みたい
そんなもんだから。
僕はどっちかいうと、適当にニュースに人物当てはめて、解説:ソースは
と言う流れの作品は逆に好きでない。
兎に角、貴方の文書力はここの作者中トップレベルに位置しココに必要な方なのは確かです。
一人や二人の意見に惑わされないで。貴方の作品を評価する人は私を含めてたくさんいます。

僕も一時作品荒らしとか、もう書くなまで言われましたけれども、自分の書いたものを
思い出してくれて、また書いてくれよといってくれた読者がいて再び作品かいてます。

386 :ab-pro:2005/05/10(火) 23:14:44 ID:gwKmqM2l
 その事を父から知らされた夜。
 私は、眠ることが出来なかった。
 父はなぜ、こんな事を私に教えたのだろう。

 世の中には、知ってはいけないことがあったのだ。

 正直、父を呪わしく思った。父も、祖父も、曾祖父も。そして何より、この私に
流れる忌まわしき血脈を。
 真実の重みに眠ることが出来ない夜。
 それでも、私はかたくなに目をつむりつづける。
 目を開けてしまえば、私の白い肌がどうしても瞳に映ってしまう。

 偽りの「選ばれし民」

 真実を知らされたときから、その白い肌は、私にとっての原罪になってしまった。


 祖父が天寿をまっとうした夜。
 僕は父親からその話を聞ききました。
 今だから思えまる。まさに今だからこそ、僕はこの話を聞いた後でも、神様の言
葉を語ることが出来るのだろうと。
 そう、神様の言葉だけは偽り無き言葉。その言葉を語る僕も、何ら恥じることは
無いはずです・・・
 でも。
 たとえばそう。地球町最高峰の、神様を賛美する芸術品達を納める我が家の一室。
 それまでは僕の無二の誇りでした。
 この部屋の芸術品が顕す神々の白い肌。
 それが今では、僕を無言で責め立てる存在になっていました。

387 :ab-pro:2005/05/10(火) 23:15:19 ID:gwKmqM2l
 やがて訪れる朝。
 私は、鏡の前で、鏡の中の私を睨み付ける。
 罪を悔いるのは、暗闇の中ただ独りでいるときだけで十分だ。
 そう自分に言い聞かせる。
 千年を超える紛い物の血統。でも、千年もの時は紛い物をも本物に変えることが
出来る。
 そう、思いでもしなければ・・

 僕は今日もにこやかに神の声を皆に伝える。
 二千年もの時を超えて、今に伝わったものは真実ではなく、真理でした。
 その真理が、今日も地球町の人々に笑顔を伝えています。
 そう、信じて・・

 生まれたときから紛い物だった私には、幸せを求めることさえも罪なのだろうか?
 私の家族達は、千年以上も前の祖先達の行いのせいで、これから未来永劫
呪われ続けなければならないのだろうか?
 それは断じて認められない!

 今の僕には分かります。
 父親が僕に真実を話したわけを。
 父親も、そして祖父も、自分の胸のうちに秘め続けるには、真実は余りにも大き
すぎたのではないでしょうか? 


388 :ab-pro:2005/05/10(火) 23:17:21 ID:gwKmqM2l
 だから私は今日も喧嘩に明け暮れるだろう。
 私には守らなければならない家族と家があるから。
 偽りの「選ばれし民」が、真なる「選ばれし民」を追い散らす。
 私達が「選ばれし民」であると声を大にしながら・・
 何という滑稽なことだろう。何という罪深きことだろう。
                 でも!
 
 たぶん、祖父はゆっくりと真実を知らしめようとしていたのではないでしょうか?
 大昔に、我が家が罪人の烙印を押した偉大な科学者達を赦しました。 
 多くの家々を訪れて、和解をなしてきました。
 それは真実を知らしめるための、長い階段をのぼる旅ではなかったのでしょうか?
 真理にすがる人々に、真実を。
 それはどれだけの混沌をもたらすでしょうか?
                 でも!

紫苑  「私は今日も石もて敵を追うでしょう。その罪を知りながら」
ヨハネ 「僕はいつか真実を知らしめるでしょう。それがもたらす混沌を予見しながら」

          『それでも、明日を生きるために』
                                 そして種明かしに続く   end

 今回のお話は抽象的すぎて、これだけでは分からないと思います^^;
 今回のお話はハザール汗国にまつわるお話です。
 「何を今更!」と言われる方もいらっしゃるでしょう。私ももっと早くルリ先生の
補習授業を受けていればと悔やんでいます。
 もし、まだご存じてない方は、是非ともリンク先をご覧くださいませ。
 なお、ヨハネ君には紫苑ちゃんのモノローグの対役として登場して貰いました。

ソース・結論はともかくとして、一番簡単なガイド
http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/5614/usi3.html
こちらも結論部分はともかくとして
http://www.fitweb.or.jp/~entity/kaiki/seibomaria.html 

389 :puku:2005/05/10(火) 23:20:24 ID:TcII8wjp
きゅろっすない。皆つづけよがよい。
かみなりのひとはそいうらを作品にせよがよい。まま
書くをとすっとキミのレスのままになってしまゆううから一度かいたい再構成でそのパッジオをぶつけてみなにかこのスレへ

390 :司馬遼々:2005/05/10(火) 23:24:58 ID:Dq8RXtKb
ええと、ですね。
確かに>>379さんの仰るとおりだと思ったので、総督府を利用して、使い分けようと考えていたのですが……。
いかがでしょうか。

>>383
やってしまいました。
当初は兄弟云々を書いていなかったのですが、

>だから、僕は平気だ。どんなことがあっても、僕は一人ぼっちなんかじゃないから。

を書いた後に大幅に改変しました。
しかも、推敲の際にも読み飛ばしました。作者が自分で自分の表現に酔うって最悪ですね。
ええと、「武蔵と信濃は既に逝ってしまったから」・・・・・・でもおかしいですよね。
>>384さんでFAにさせて下さい。
ごめんなさい(´・ω・`)
……色々な意味で失敗作でした。

目次製作者様いつもお疲れ様です。
・・・・・・ええと、作者の希望で無かった事にしていただくことも可能なのでしょうか?
もし不可であれば、あの部分だけでも大幅に修正させてください……。
申し訳ありません。

大変の見苦しい様を晒しまして、皆様には申しわけありませんでした。

391 :マンセー名無しさん:2005/05/10(火) 23:30:10 ID:TLzNhqi/
>>389

日本語で書き込め。せめて対訳をつけろ。

392 :司馬遼々:2005/05/10(火) 23:41:03 ID:Dq8RXtKb
ab-pro氏が作品を載せてらっしゃったのですね……危うく割り込むところでした。
せっかくの作品の後に、ぐだぐだともうしわけありません。

少し、頭を冷やします。

393 :マンセー名無しさん:2005/05/11(水) 00:39:48 ID:LUkctF8V
>>392
頑張れ、 司馬遼々さん。
力は有るんだから。ちょっとタイミングが悪かっただけでw
では次回作待ってます。

394 : :2005/05/11(水) 01:56:47 ID:VSZTHn4z
新装開店枢軸探偵社--ニホン女史の恩返し
ある日 ゲルマッハ所長とアーリア女史が調査を終えて
事務所に帰ってみると、事務所がピカピカに掃除されていました
廊下は几帳面にワックスがぬられ、部屋の隅々まで念入りに磨かれています
なにより驚いたのは机の上の書類などが、1ミリの誤差もなく真っ直ぐに並べられていたことです
「アーリア、君もなかなかやるじゃないか」
「兄上私はここまで神経質ではないぞ」
「じゃあいったいだれが?マカロニの仕事ではないことだけは確かだが・・・・」
不思議に思いながら、留守番のマカロニーノを呼ぶと代わりに出てきたのは!

「お帰りなさいませ!所長 待たせていただいている間ぼーっとしているのもなんですので
 マカロニーノさんに断ってお掃除をさせていただきましたあ!」
なんと、奥から出てきたのはメイド姿の日ノ本さくらと学ラン姿の弟たけし。
「おおこれはこれは、元気になられたんだな、さくらさん で今日の用向きは?」
「ゲルマッハ所長!その節は本当に有難う御座いました。弟に訳をきいて矢も楯もたまらなくなり
 お礼にまかりこしました!」
「ははは 礼には及ばんよ、仕事だからね。私は依頼をこなしただけだ」
「いーえそうは参りません。今日から弟共々、お礼奉公させていただきます。
 私は柔術は大東流、薙刀は直元流免許皆伝、弟は剣は示現流免許皆伝、伊賀流忍術を
 学んでおりますので、必ずお役に立てます!」
「まちたまえ急にそんなこといわれても、第一そんだけ優秀な人材を雇う金などウチには」
「お嫌なのですか?お金など端から貰う気なんてありません!」
「おいおい 至近距離でウルウルするな たけし君刀を抜いてなにをするつもりだ!」
「立派にご恩返してくると家をでてきたのです。どの面さげてお父様お母様に会えましょう。
 本懐遂げられぬ上は立派に腹かっさばいて」
「そんなオーバーな。おいおい早まるんじゃない」
「ははは 兄上あきらめろ、日ノ本家の人間は犬から進化したと聞く。一旦ご主人様認定食らうと
 殴ろうが蹴ろうが、地獄の果てまでついてくるぞ」

395 : :2005/05/11(水) 01:58:44 ID:VSZTHn4z
「それじゃあ ご奉公させて頂けるのですね うれしい あそうそう 
台所にお寿司が用意してあります」
「別に私は..うんなに今なんと言った?寿司とな?寿司はどこだ。ニホンちゃん君
もなかなか判ってるではないか 話は後だ。
寿司は信仰の次に優先するのだ」
ゲルマッハ所長、寿司と聞いたとたんクールな表情がでれでれになり台所へ走っていきました。
「ニホンちゃん寿司の話をすれば話は早かったのだ、兄上は寿司が大好物でな。
ご近所ではスシカイザーといわれていて 寿司のことになると人格が変わってしまうのだ。
だけどただ働きは駄目だ、後できっちり話を」

 「バキュ−ン」台所から銃声が響いています。いったい何事でしょう?
一同が駆けつけてみると、ゲルマッハ所長が蛇のような
表情で拳銃を乱射しているではありませんか!
マカロニーノ「うわあなにすんだよ 寿司くったぐらいで発砲はないだろ」
ゲルマッハ「貴様の行いにはもう我慢がならん。煉獄の業火に焼かれるがよい」
アーリア「止めないか兄上、寿司ぐらいで」
ゲルマッハ「寿司ぐらいで? あの寿司にはイクラとアワビが入っていたんだぞ!
こいつはお前の分まで食っちまったんだぞ」
アーリア「なんだと?」なんとアリーア女史までも蛇の表情に
アーリア「兄上足だ!足を狙え、ひと思いに殺すんじゃない」
そういいながらアーリア女史は重機関銃を組み立てています。
ニホン「みんな そんな お寿司ぐらいで また作ってあげるから落ち着いてよー」
アーリア、ゲルマッハ 「本当か!」

こうして枢軸探偵社に入社した日ノ本姉弟、
いったいどのような難事件がまっているのでしょうか?
それは次回の講釈にて

 完

396 : :2005/05/11(水) 02:08:08 ID:VSZTHn4z
解説
あまりおちょくられることの少ない、日独ですが
元ネタはドイツの寿司ブーム

あの人たちブームが加熱して
こんなものやら
寿司眼鏡
http://flash.seesaa.net/article/535803.html
冷凍寿司
http://hvanilla.web.infoseek.co.jp/kyukei/kyukei52.html
こんなもんまで

前半のニホンちゃんのおしかけ奉公なんかは時代劇なんかで似たシーンよくみられますね
損得抜きで義理堅いのもなんか。


397 :マンセー名無しさん:2005/05/11(水) 02:47:22 ID:0WtxyvML
>>390 司馬遼々 氏 総督府に行ってしまうなんていわないでください!
あっちはあまり見てないので(^_^;)

というか、マジあんたの話で泣いた。一作目で泣いて、次からは泣かない、って決めた傍からまた泣いた。
今んとこ打率十割だ。
こう言っちゃほかの作家さん達、読者達に悪いが、たかがニホンちゃんでここまで泣くとは思ってみなかった。

初期の頃の名作はともかく最近の作品でここまでのは
ついぞ見ちゃいなかった。

世界観のすり寄せや同じ傾向へのマンネリ化はまだまだ今後でよいです。
って言うとプレッシャーかもしれませんが、自分の色はしっかり持っていても
良いんじゃないでしょうか?

398 :目次製作者:2005/05/11(水) 03:27:13 ID:DVwU4QnS
>>390
ご希望に沿えるように致します。
削除・修正・再投稿いずれの場合にも元の投稿のレス番号を付記してください。

399 :マンセー名無しさん:2005/05/11(水) 06:36:54 ID:QGC7Swhe
>>388 
 ハザール汗国。初めて知りました。検索かけてみたら一杯HPがあって。
 確かに白人世界ではタブーになりますね。
 紫苑ちゃんにまた一つ、隠された真実が、ですね。

400 :マンセー名無しさん:2005/05/11(水) 12:04:02 ID:QGC7Swhe
 そう言えばエイズが確認された当初。イスラエルでアフリカ系ユダヤ人が
献血所で献血した血液を、係員がその献血者が帰った直後にゴミ箱に捨て
ている映像が暴露されて、人種問題としてニホンでも報道されていましたね。
 その根本的な原因がやっと分かった。
 

401 :一発だけなら……:2005/05/11(水) 21:33:08 ID:jW4XTiEg
 平和な地球町の休日。清々しい空気を胸いっぱいに吸い込んで、ニホンちゃんは朝の散歩から帰ってきたところでした。
 大好きなニホンちゃんと散歩できて、いーぐるもえふつーもふぁんとむもご機嫌です。
 しかし、そのさわやかな朝をぶち壊しにする大音響が響いてきました。ウヨくんが血相を変えて走ってきます。
「姉さん大変だ!」
「どうしたの、武士?」
「いいから、早く居間に来てくれ!」
 ウヨくん必死の形相に、ニホンちゃんも慌てて居間に駆け込みました。すると――。
 みんなテレビに釘付けになっています。そして、そこに移っているのは久々に見たヒキコモラーのキッチョムくんです。
 日ノ本家の電波ジャックなんかして、一体何を企んでいるのでしょう。
『ニホンのウリに対する数々の仕打ち、もう許せないニダ。ウリはこれからニホンちの宝物庫にロケット花火を撃ち込むニダ! ウェー、ハッハッハッ!!』
 顔をキムチよりも真っ赤にして無心にペットボトルのロケットに空気を送り込んでいるキッチョムくん。そのロケットの先には、小型ながら花火がついていました。
 頭を抱えるジミンさん。右往左往するシシロー小父さん。怒って叫びまくるシンタロー小父さん。
 むろん、他の家の人々もびっくり。この期に及んでお祭り状態なのは空気が読めないカンコ家だけです。
 しかも、宝物庫には日ノ本家の家宝「ミカド」が大切にしまわれています。キッチョムくんの行動は、日ノ本家に与える打撃を考慮したものでした。
 しかし、誰にも彼を止めることはできません。ついに彼のロケットはきれいな放物線を描いて飛び立ち、日ノ本家に直撃しました。
「いったーい!」
 被弾した部屋からアサヒちゃんが出てきました。どうやら、ロケットは狙いを間違えて彼女の部屋を直撃してしまった模様です。
『これがほんとの誤射ってやつニダ。ケンチャナヨ〜』
 彼女の思考のさらに斜め上を逝く事態に、アサヒちゃんは呆然としています。
 そして、我らがニホンちゃんはというと──。
「ふふふ……そうなの。キッチョムくん、そんなに氏にたかったの。ごめんね、分かってあげられなくて。
 ……ふふ、そうと分かったら、今すぐにでも頃してあげるわよ……ふふふ」
 壊れてしまいました。

402 :解説:2005/05/11(水) 21:34:21 ID:jW4XTiEg
 アサヒ壁新聞の名言(?)「一発だけなら誤射かも知れない」が元ネタです。
 「間違って発射された」ミサイルが朝日新聞本社を直撃してもまだ言い張れるのなら大した度胸ですがね。
 えー、捏造話で通常弾頭とはいえ皇居に弾道弾を撃ち込もうとしたウリは後日談を載せたら大逆罪で氏刑にされてきます。


 翌日。
「ニホンの奴、昨日のことでびびって今頃布団の中でガタガタ震えてるに違いないニダ」
 得意顔で登校したキッチョムくんが──。
「アイゴーーーー!!!」
 教室でニホンちゃんに公開処刑されたのはまた別のお話です。

403 :司馬遼々:2005/05/11(水) 21:36:45 ID:JP38XPrt
>>398

目次製作者さん、お手数かけます。
>>370-378は没(削除)ということでお願いします。

来年の四月までに書き直します。

皆さん、様々なご意見ありがとうございました。
取りあえずまたーりと数作書いてみて、方針が定まったらまた投稿します。

404 :司馬遼々:2005/05/11(水) 21:46:11 ID:JP38XPrt

・・・・・・・また危うく割り込むところでした。
きっと、悪いのは僕なのです。

>>401
「ウヨ君よりも、キレたニホンちゃんのほうが怖い」というのは、
どうやらこのスレの共通認識のようで(笑)

それにしても、あの台詞だけは忘れられません。
個人的には珊瑚の数倍「( ゚Д゚)ハァ?」でした。
もし当たったら、凄まじい勢いで文句をいうはずです。
「赤報隊の一発」は、時効が来ても許さないのが朝日ですから。
「被害者の人権は死んだ時点で無くなる」
「重要なのは加害者の人権」
「一発だけなら誤射」
これから、どうやって赤報隊批恨(ひはん)を導き出すのやら……。

赤報隊を弁護する気などさらさらないことは、念のために。

405 :マンセー名無しさん:2005/05/11(水) 22:19:23 ID:+YPTCc/X
これまだ続いてたのか。びっくり(良い意味で)

406 :あさぎり ◆WOaKOSQONw :2005/05/11(水) 22:51:22 ID:vieEVGkv
>>404
司馬氏の文体好きですよー。
そんな遠慮の塊にならんでもええっす。



などと最近投下も感想も書いていない香具師がほざいてみるテスツ

407 :マンセー名無しさん:2005/05/12(木) 01:02:38 ID:8LOyZNKU
>>396
寿司眼鏡、オモチャみたいなものかと思ったら
たっかいなーw
果たしてどれ程売れてるのかこれは。

408 :マンセー名無しさん:2005/05/12(木) 01:42:10 ID:pVRlCNKP
>>401
最後の段落をオレンジジュースなっちゃんのCM風にすると、

サヨクのおばさん「ニホンちゃん、ケンカすると血が流れるよ、痛いよ」

ニホンちゃん「あたし、もう、そういうのどうでもいいんです」

といった感じですか。


409 :万世橋名無し ◆dJpIpuziZc :2005/05/12(木) 01:44:44 ID:jMUpfZ7J
>>404
赤報隊のも誤射かもしれんから、許したれっつーんだよなぁw

410 :マンセー名無しさん:2005/05/12(木) 06:56:20 ID:sKnO8+C6
>>407
そしてリンク先、

1.中国のサイト
2.日本語使用
3.ドイツの話題

以上の組み合わせからなぜイギリスの通貨ポンドがでてくるのかと小一時間(ry

411 :Mitstein:2005/05/12(木) 16:27:11 ID:OejgEbrQ
日本と、その隣国の事ではないのですが、2回目の投稿させていただきます。
お願い致します。
  「知られざる光」
・・・宝石はある角度から見ると輝き、又別角度からでは光を失う。

青葉の緑が深くなってきた地球小学校の並木。その奥の校舎の一室の窓の中
で何人かの生徒が雑談しています。
アメリー:「何たってオレのクレジットカード「ドル」は
   地球町の経済の基準単位だぜ。」
エリザベス:「あら、それにしては私の「ポンド」よりカ
ードの価値は低いのでは?」
フランソワーズ:「そうよ。ユーロ街で広く使われている
「ユーロ」よりも低くってよ?それで基準ですって?
おかしいですわ!」
 おっとアメリー君お嬢様2人に苦戦を強いられそうです。
ニホン:「まぁまぁ、3人ともそれ位にしといて。そういえ
   ば、「ユーロ」って随分使う人多いよね。」
フ:「ええ。まぁ、私の隣のへそ曲がりやさんは使おうとは
 しないけど。」
エ:「キイィー!今何か言って!?」
 お嬢様2人は取っ組み合ってバトルを始めましたが、ゲルマン兄妹に止めら
れました。
二:「ところで誰が「ユーロ」をつくったんだろう?」
カンコ:「勿論ウリがつくったニダ!そんなことも知らない
 二・・・グフ!」
タイワン:「バカンコは引っ込んでろ!」
 突然乱入してきたカンコ君にタイワンちゃんがキツイ一撃を喰らわしてノッ
クアウトさせました。




412 :Mitstein:2005/05/12(木) 16:39:14 ID:OejgEbrQ
続きです

フ:「私の家族の発案ですわ。」
エ:「そんな訳無いわ〜。キイィー!」
 ゲルマン兄妹にそれぞれ両腕を捕まれながらお嬢様バトル
の第2ラウンドが始まろうとしたその時。
?:「僕のウェルナー爺さんがつくったんだよ。」
 「え?」っと皆が声がした方に目を向けると、そこには・・・
ゲルマッハ:「ルクセン!」
ルクセン:「うん。あんまり目立たない僕の家族だけど実はそ
    うなんだ。」
微笑みながら穏やかで落ち着いた声で彼は続けます。
ル:「2回目の地球町の大喧嘩が終わって、しばらくしてから考え始めて、3
年前に作ったんだけど、その後死んじゃったんだ。」
アーリア:「お前の会社はリストラも少ないし、社員の給料もこの町で1番良
    いと小耳にはさんだことがあるのだが、本当なのか?」
 ルクセン君は少し恥ずかしそうにテレながら
ル:「そうなんだ。鉄鋼の会社から金融、保険業の会社になっ
  てからって聞いたよ。」
 皆がルクセン君とお喋りし始めましたが、2人がぐったりしています。1人
は我らがカンコ君、もう1人は、何でも1番を溺愛するアメリー君でした。
ア:「くぅ・・・。シット!!」

・・・宝石はある角度から見ると輝き、又別角度からでは光を失う。
  
                       Das Ende


413 :Mitstein:2005/05/12(木) 16:45:03 ID:OejgEbrQ
解説です
締まりがないですが、ルクセンブルクの擬人化を登場させました。
彼の態度は気候を、ウェルナー爺さんは、1960年の欧州単一通
貨の構想を提唱、70年に「ウェルナー報告」を発表した、200
2年に死去したピエール=ウェルナー元首相をモデルにしたました。
 ちなみに国民1当たりのGNPが世界トップ。失業率も少ないそうです。
あまり日本では知られてない国ですが、実は渓谷等自然がキレイな国です。
   参考資料:世界国名事典・Der Spiegel Jahrbuch 2005
 
訂正:アーリア:「お前の会社は → 「お前の家族が経営する会社は
   訂正とともに深くお詫び申し上げます。


414 :マンセー名無しさん:2005/05/12(木) 22:33:35 ID:2JtUsgUF
擬人化で新キャラつくるはいいけど、一発キャラにするならやめてねー。
ちゃんとある程度育ててねー。

415 :マンセー名無しさん:2005/05/12(木) 23:40:54 ID:TlBiM7Jy
感想も書かずに初登場からそんなこと書く?
多数の作家でやることだと思うけど。
国際風刺ならキャラになってない国がある以上、当然でしょ。

416 :マンセー名無しさん:2005/05/13(金) 00:46:34 ID:5PA/XCrT
>>415の意味がわからない。誰に何を言っているのか。

417 :マンセー名無しさん:2005/05/13(金) 02:58:18 ID:goiu4qMd
>>413
ルクセンブルグを見てると、豊かさって何なのかわからなくなります。
少なくとも、どうやら他者と較べるようなものじゃないのかも。
世界第何位とかってのは結果であって、上を目指すって性質のもんじゃないですよね。
日本だって、西洋に追いつけ追い越せの明治も、挫折からスタートした戦後の復興も、
その目的は「国民を豊かにすること」であり、自尊心を満たすのは「その結果としてあるもの」に過ぎなかったはずです。

ああ、韓国に感じる違和感とか卑しさの正体って、これだったのかもしれません。

国滅びて三星残る。

418 :マンセー名無しさん:2005/05/13(金) 13:12:03 ID:hyPQ4G/G
エリザベスちゃんとえっちな事がしたいです

419 :マンセー名無しさん:2005/05/13(金) 19:56:13 ID:I3I0yJuG
>>410
あはーは。ググってみました。
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091094179371.html
ゲルマッハ君とアーリアちゃんのユーモアセンスはよくわからん鴨w

420 :マンセー名無しさん:2005/05/13(金) 20:44:39 ID:lPrV9y2K
>>419
反対側がフォークになっているのか!
芸が細かいというか、何というか・・・

421 : :2005/05/13(金) 20:53:43 ID:ZM9FlPK3
枢軸探偵社 〜レスキュー〜

「兄上最近肥ったんでは?」
「あはは なにをいうんだアーリア、私は最近和食に凝っていてな
 ヘルシーな食生活をおくっているんだよ?そんな訳ないだろ」
「どうだろうねえ。いくら寿司がヘルシーでも毎日巻き寿司10本もくっていては
 。へんてこな眼鏡といいどうしてこう話が寿司になると・・・」
「んん?なんか言ったか?」
「いいや、なんでもない。最近どうなんだ?ウチの業績は?」
「それがなすこぶる、好調でな本業の探偵稼業はいまいちなんだが
 ニホンちゃんたちの相談屋が大変な評判でな」
「相談屋?なんだそれは」
「ああつまりだな、自転車の修理から、今晩の献立、夫婦喧嘩の仲裁までまで何でも相談にのりますと言う奴だ」
「ああ見えて、姉の方は話を纏めるのがやたら上手いし、弟が器用なのには私の上をいくからな」
「武闘派で鳴らしたウチがまあ、糠みそ臭くなったもんだ。ボディガードとかなんかガチの案件はないのか?」
「ないね、町が平和なのもいいことだよ。あ!ニホンちゃんたち帰ってきたよ」

「所長ただいま!本日の依頼無事完了しました。これからお掃除と食事の支度にかかります。」
「ぼくは、体がなまっているので、剣の修行に行ってまいります」
マカロニーノ氏がなんかまくしたてています。
「君達は変態か!朝っぱらから犬の散歩やって、パソコンのセットアップやって、つぶれかけの食堂の
 メニュー考えて、ボケ老人風呂にいれて、家庭菜園の技術指導まで分刻みのスケジュールで働きやがって
 死ぬかと思ったよ、まだ働くのか?」
「えーとそうねえ 一寸移動の時間が無駄だったわね、明日はルートをみなおそ」
「そうだよ姉さん、それとあの食堂のおばさんにはフォローいれとかないとまた酷いもん客にだすよ」
アーリア女史は笑い転げています。
「ぎゃっはっは、マカロニよ、おまいさん、まともに付き合ってると過労死するぜ」
「まったくだよ、ニホンちゃん達は人生というもんが判ってないね」

その横でなにやら緊張した面持ちでゲルマッハ所長が電話にでています。
「なに!日本池で遭難事故?一刻を争う?レスキューの手が足りない?」


422 : :2005/05/13(金) 20:56:32 ID:ZM9FlPK3
ゲルマッハ所長の話によると、昨日日本池にある竹島という岩場で、騒いでいた男が
昨日からの激しい嵐で岩場に取り残されたのだという。現場は波の高さが4m以上あり
恐らく救出は絶望的との観測らしい。
「ということだ、マカロニがヘリを使えた筈だが今回は波が4Mもあるんで、ウチとして
も手を貸すことが出来ん」
ニホン「所長、雷鳥を使えばいいと思います」
ゲル 「雷鳥?なんだねそれは?」
ウヨ 「雷鳥はニホン家が所有する飛行艇だよ、あれなら4メートル位の波なら平気ですよ」
ゲル 「しかしだ、いったいだれがそれを飛ばすんだね、第一竹島付近てのが剣呑すぎる」
マカ「へ!波がなんだっってんだ、俺はなあブレーキの壊れたフェラーリで200キロだしたこともあんだよ
   所長あんたヤキが回っちゃねえかい?ヒコウテイだかスキャンテイだか何だってもってきやがれ!」

アリーア女史は立ち上がったマカロニーノの目をじっとみつめると「マカロニーノ、お前と言う奴は」
マカ「よせやいてれるじゃねえか」
アリ「マカロニーノ目を、目を閉じろ」
マカ「こうかい」
  
 マカ「ぎゃーいってえ おいビンタはねえだろ?映画のお約束と違うだろ!」
アリ「闘魂注入だ さあ 行くぞ!」
飛行艇、雷鳥は嵐の中でも全く安定して飛行しています。
マカ「さすがだな、ニホン家のハイテク飛行艇、嵐の中とは思えん」
アリーア女史のカールツアィス双眼鏡がか見つけたようです。
「あ!あんなところに<丶`∀´>が!あれは人なのかあのエラは半魚人か?」
「ちがうよお、アーリアさんあの人が捜索願がでているカンコ氏だよ」
マカ「進路反転180度総員撤収」
ニホン「なにいってんのよー」
マカ「冗談だよ。 着水開始! しっかり捕まってろよ」

423 : :2005/05/13(金) 20:59:00 ID:ZM9FlPK3
「うう謝罪しる賠償しる」
こうしてなんとか飛行艇内に運ばれたカンコ氏ですが、うわごとばかりで意識が戻りません。
ゲル「しかたがないな人口呼吸だ。」
アリ「ひっひでぶ」
人口呼吸をしようとしたアーリア女史あまりのキムチ臭に失神してしまいました。
ゲル「どうしたアーリア、うっ臭い駄目だ、人工呼吸ができん武士君酸素ボンベを」
ゲル「そうだ、このバルブを引っ張ると消化液がってちがうだろ、消火器じゃないよ」

すったもんだの挙句
なんとか救出されたカンコ氏です。彼のもうすっかり元気になったのですが
救出作戦を演じた面々は
病院で
「アーリア?大丈夫か」
「駄目だまともにキムチブレスくったからな。飯がくえんのだ。兄上は」
「駄目だ、私たちは彼を助けてやったのに、礼を言うどころか、ウリの
 活動の邪魔をしたニダ助けてとはいってないスミダ。
 とかいわれて損害賠償を請求されたのだ。
 無論、救出にかかった経費は払ってもらえそうにもない、全くもって非論理的だ。頭が痛いよ」  
              
               完

424 : :2005/05/13(金) 21:02:54 ID:ZM9FlPK3
でソースはいつぞやのこれ
蔵王で遭難の韓国人一行、捜索費用の支払い拒む

山形市の蔵王温泉スキー場で韓国人客5人が遭難した事故をめぐり、
一行が捜索費用の支払いを拒否していることが14日、分かった。
一行は実名報道されたことを理由に、損害賠償を請求する姿勢もちらつかせている。
(中略)
関係者によると、一行が支払い拒否を告げたのは、5人全員が救助された12日当日。
関係機関が宿泊先のホテルに集まり、ホテルからの通報や捜索の経過、
費用などを説明した際、
一行は「捜索依頼してない」「マスコミに名前を出された」と強く抗議した。

と新明和US-1型飛行艇
http://www.bocho-shinbun.com/special-report/us1/us1akai-1.htm


425 :友達、だよね?:2005/05/13(金) 23:02:05 ID:H1LxoGzd
 タイワン通りを挟んでお向かい同士のタイワンちゃんとチューゴくんが言い争っています。
 例によって例のごとく、チューゴくんが強引にタイワンちゃんを中華アパートに引っ越しさせようとして、
「諦めて早く引っ越すアル」
「うちはうち、そっちはそっちでしょ?」
 との押し問答です。
 そこに現れたのがニホンちゃん。アラブ組の面々が住む中東地区まで買い出しでしょうか。
「ちょっとチューゴくん。あんまりタイワンちゃんをいじめると私とアメリーくんが黙ってないわよ?」
「な、何を言うアルか!? これは我が家の問題、口出ししないで欲しいアル」
 ニホンちゃん強気の発言に、チューゴくんはちょっと驚きながらもいつもの言葉を繰り返します。
 一方のタイワンちゃんは、親友の言葉にちょっとおめめうるうる。
「確かに、二人のケンカは二人の問題かも知れない。でもね、二人にここでケンカされるとうちの商売に影響が出るのよ」
 ここタイワン通りは、ニホンちゃんのうちがアジア町の東南地区や、中東地区の家々と取引する際には必ずと言っていいほど通る交通の要衝です。
 ここがケンカの現場になって通行不能になってしまうと、生活必需品の多くを他の家から購入している日ノ本家は大変困ることになるのです。
 むろん、タイワンちゃん一家が中華アパートに引っ越してこの通りがチューゴ家の好き勝手にされるようになっても同じです。
「だから、二人の問題には私もアメリーくんも関係あるのよ」
 言いたいことを言って立ち去るニホンちゃん。その後ろ姿を、チューゴくんは呆然として見送ります。
 そしてタイワンちゃん。親友の言葉にやはりおめめうるうるなのでした。

426 :解説:2005/05/13(金) 23:02:52 ID:H1LxoGzd
 元ネタはこちら。
 「台湾は日米安保の対象」町村外相
 http://news.goo.ne.jp/news/asahi/seiji/20050430/K2005043001470.html
 彼の発言の背景は、要するに天然資源の輸入に必要な海上輸送路(最近では「シーレーン」と横文字を使うそうでつね)の確保だと思われます。
 「タイワン通り」とは台湾海峡(に限定せず、当該海域全般)のことです。

 しかし町村さん、頼もしいけどニホンちゃんらしくないよ〜。

 最後にタイワンちゃんがおめめうるうるの理由ですが、それはご想像にお任せします。

 >>420
 箸として使った後は洗って乾かさないと眼鏡として使えないと思うのですが、そのへんはケンチャナヨなんでしょうか。

 >>423
 違うんだゲルマッハくん! ウヨくんが持ってきたのは消「化」器なんだ!
 キムチはさっさと消k(略

427 :マンセー名無しさん:2005/05/13(金) 23:14:06 ID:7Ax4tUTA
元ネタに禿しく今更感・・・枢軸探偵社を出す理由もワケワカラン・・・と思ったら_か。
なんか納得。

428 :マンセー名無しさん:2005/05/13(金) 23:55:48 ID:bsHASkXE
>>425
最近ニホンちゃん強気だなぁ。カッコいい!

429 :マンセー名無しさん:2005/05/14(土) 01:26:16 ID:iPaM3tK7
>「そうだ、このバルブを引っ張ると消化液がってちがうだろ、消火器じゃないよ」

ワロタ。レプカかよw

430 :マンセー名無しさん:2005/05/15(日) 01:24:16 ID:tu0JZh1m
自演乙

431 :目次248:2005/05/15(日) 19:39:18 ID:CShTG7US
第2229話〜第2237話
>>343-344

第2238話「憂鬱なニホンちゃん」
>>356-359 ( >>360 解説)
第2239話「それでも、明日を生きるために」
>>386-388
第2240話「新装開店枢軸探偵社--ニホン女史の恩返し」
>>394-395 ( >>396 解説)
第2241話「一発だけなら……」
>>401 ( >>402 解説)

432 :目次248:2005/05/15(日) 19:39:55 ID:CShTG7US
第2242話「知られざる光」
>>411-412 ( >>413 解説)
第2243話「枢軸探偵社 〜レスキュー〜」
>>421-423 ( >>424 解説)
第2244話「友達、だよね?」
>>425 ( >>426 解説)

433 :ab-pro:2005/05/15(日) 23:10:47 ID:GsWbbrk5
 目次制作者様、毎週お疲れ様です。

 毎回、題名無しの作品を投稿している私ですが、これは他かの人が
作品を読んだら、一体どんな題名を付けてくれるだろうかという、一種
の(傍迷惑な^^;)私の楽しみです。
 まあ、今回のはあからさまに過ぎましたが^^;

 毎回、感謝ですm(_ _)m

434 :シェロ:2005/05/16(月) 02:13:49 ID:9FWl+JBS
「愛と勇気だけしか友達いませんが何か?」

「ちっくしょう。ハラ減ったなあ……」
 アメリー君は机に突っ伏して呟きました。
 小学校5年といえば、ちょっとオトナな年頃。
 ちょっとしたことでも、パパママに噛み付いてしまう理由なき反抗期。
 今日もパパに「ポケモンをポケットモンスターというとはなんてはしたない!」と怒られ
「言いたいことも言えないこんな世の中じゃ!」とハンスト中。
 でもお腹がすいちゃう、成長期だもん。

 そこにコンコンと窓を叩く音。
「なんだ?ここ二階だぞ」そう思ってカーテンをめくると、そこには。

 胸にスマイリー
 赤い上下に身を包み
 マントを使って宙に浮き
 丸っこい顔に丸っこい鼻の、著作権的にやばそうな人型の物体がいました。

「のああああああ!ば、バケモノだあああ!」
 アメリー君は驚きの余り椅子から転げ落ちます。
「バケモノなんてひどいなあ。オレは正義と自由の味方だよ?」
「ウソつけ!正義の味方の胸のマークはSのはずだ!」
「それはネオコンの一方的思想さ。オレ達の家は自由がモットーなんだから、どんなヒーローがいてもいいんだ。
 それよりキミはお腹すいてるんだろう?オレの顔をお食べ」
 なんたらマンに良く似た物体はそう言うと、自分の顔を引きちぎりだしました。みり…みり…ぶちっ
「いて!いて!いててええええてててて!!」
 顔の部分からいろんなものがたれ出して、軽く地獄絵図です。


435 :シェロ:2005/05/16(月) 02:14:16 ID:9FWl+JBS

「ぎゃああAHHaahアアアアアアあああああああパパああああ!」
 アメリー君もう失神失禁発禁寸前。
「はぁ、はぁ、はぁ……さあ、お食べ」
(略)モドキは引きちぎった自分の一部を笑顔で差し出します。
「いやいやいや!むりむりむり!おれにんげんなんかくいたくねええええ!!」
「心配ないよ。オレの顔はヒゲのおじさんが作ったパンだから。おいしいよ?さあ」
「やだやだやだまじかんべん!なんか入ってるし!縮れ毛入ってるし!」
「んだよ!こっちは自腹で作ってきてやってんだよ!いいから黙って食えこの野郎!」
「うわあああああ!ま、ままぁああ!ラスカアアアアアアアアア!!」
 涙目のアメリー君の口に(ry)はそれをねじ込んでやりました。
 アメリー君はのどの奥まで荒々しく蹂躙され、むせながら涙ながらにそれを飲み下します。

 すると……
「すごく……おいしいです……」
 ああ、さっきまで修羅のようだったアメリー君の顔がまるで赤子のように…
「ふふふ、これが、オレ達の自由の味さ」
 アメリー君の体を優しく包み込んで(tbs)は語りかけます。
「この味を守るために、オレ達は闘わなきゃいけない。そうだろ?
 ダディの言うことなんて、従わなくていいんだ。なぁアメリー。
 キミはキミの思いのままに、闘い続けるんだ。いいね?」
 山のような雄々しさの中に大地のような優しさを湛えた声に、アメリー君は静かに頷きます。
「……あぁ、あなたは、いったい……」
「オレは、アメリー家の自由と正義を守るヒーロー、ヒゲのオジサンのしもべ。ヒゲパンマンさ」
 ヒゲパンマンはそう言うと、身を翻し窓から飛び立ちました。
 きっと同じように自由のために闘う子供を助けに行くのでしょう。
「ありがとう!ヒゲパンマーン!」
 アメリー君は彼の飛び去った空に向かって手を振ると、いつまでも彼が飛んだ方向を見つめていました。

 星空の瞬く、斜め上の空を。

436 :シェロ:2005/05/16(月) 02:20:10 ID:9FWl+JBS
生んだキャラはとりあえず育てる運動実施中!

元ネタ解説
マイケル・ムーアが、反抗的な大学生に奨学金を支給
「華氏911」のマイケル・ムーア監督が、20日、「言論の自由奨学金」を創設すると発表した。
対象となるのは、カリフォルニア州立大学サン・マルコス校で学校側に抵抗した大学生たち。

 ムーア監督は、米大統領選挙直前の昨年10月、同校の生徒会からキャンパスでの講演を依頼されていたが、
カレン・ヘインズ総長は「政治的すぎる」という理由でこれを禁止。
生徒会はこれに反発し、キャンパス外で1万人を集める反対集会を開いた。
招待されたマイケル・ムーアは、演説の際、
大学に抗議した学生の勇気をたたえて自ら奨学金を支払う約束をしていた。

 「言論の自由奨学金」の対象は、「生徒の権利を守るため、学校側にもっとも抵抗した学生」で、
応募者は自分がいかに大学に抵抗したかを2ページ以内の手紙にアピールして、オンライン提出する。
受賞者2名には、年間2500ドル(約27万円)を、少なくとも4年間支給するという。

ソース元⇒ttp://movies.yahoo.co.jp/m2?ty=nd&id=20050427-00000008-eiga-ent
奨学金を出せるほど金持ちになったヒゲのおっさんに思いをはせつつ。
別にむりやり奨学金をもらうわけではないのですが、主眼は「反抗的な子供に、自分の金を与える」ってところなので
起承転結の中二つは脚色ってことでw

437 :シェロ:2005/05/16(月) 02:22:11 ID:9FWl+JBS

ああ!星空の瞬く、斜め上の空って何だよ! 星空の「空」が余分だ!orz

438 :マンセー名無しさん:2005/05/16(月) 04:10:59 ID:L0p52xBB
>437
>ああ!星空の瞬く、斜め上の空って何だよ! 星空の「空」が余分だ!orz
つまりアメリー家の空でなく、カンコ家の空なのですね。つまりアメリー君はカンコ家の米軍基地にいたと。

439 :マンセー名無しさん:2005/05/16(月) 07:56:32 ID:DcKlxkMH
噴きましたw 面白い。

440 :マンセー名無しさん:2005/05/16(月) 23:02:56 ID:4eqSEvpD
>>434-436
ワロタw
しかし、学校に最も反抗的な学生に奨学金なんて行為が許されるのも、有る意味すごいわ。

441 :441:2005/05/17(火) 14:31:16 ID:wWDoZCb4
意味もなく反社会的なことに生きがいを感じるキチガイはどこの
国にもいる・・・・・・

442 :マンセー名無しさん:2005/05/18(水) 00:26:24 ID:KysjxKjg
>>441
サヨックおじさんとかw

443 :マンセー名無しさん:2005/05/18(水) 09:25:31 ID:OLGZJxtx
まだニホンちゃん続いてたんだ!
相変わらずおもしろいですねぇ〜。これからもガンガって下さいw

444 :マンセー名無しさん:2005/05/18(水) 15:45:14 ID:tNx66Px1
ではネタ投下しまつ。

ttp://ime.st/japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/05/17/20050517000061.html

国家機関が脳内お花畑でつ。

445 :マンセー名無しさん:2005/05/18(水) 17:24:40 ID:uLeaQdL2
                _______
             ヾ: | |! ! | !| ! ! | \
           / \\!!!!|||||||||||||||||||| !//丶
           \_/│!│|||│!!│||│|\_/
          │-|    !│|│!!||||||!    |- |
          ││ ヽ          へ |-|
          │|    \  | |  /    l│
          ヽ\  < ● > |:::::| < ● > / / ヽ
         |( | 丶  /  :::::  \  ヽ │)│
         |  |        :::::|   ::    |
         \ |    /   ::┃ \::    |丿     ___________
               /    ____::)  ヽ::        /
           ヽ  / /| ||;|||||||i|||!|\ \ /    <  私を敬え!!!!!
              <!!|/━━━━\|||>       \
             ヽ      ̄ ̄     /_       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ---  ̄ │ \  ____   |   ̄---
      ̄ ̄/     l        :::::    |    ヽ  ̄ ̄
              \       :::   /
        |      / \ヽ     // \   |
            /     \ヽ / /    \
          \  ◎ ☆   \ /  ☆ ◎/
                 ☆  /\  ☆
             \    /   \   /
                 /      \



446 :マンセー名無しさん:2005/05/18(水) 19:11:50 ID:xdA0M7E6
>>444
ようするに、「もうすぐウリは本物のヤンバンになるニダ!」つうことでつか。

447 :マンセー名無しさん:2005/05/18(水) 21:16:49 ID:wPq2uvpE
>>444
しあわせな国なんだなあ。いろんな意味でw

448 :マンセー名無しさん:2005/05/18(水) 21:31:11 ID:JySZpmwj
小学生だったら微笑ましいんだけどね

449 :マンセー名無しさん:2005/05/18(水) 22:02:03 ID:cvgZ3vFu
>>444
こういうの、30年ほど前の子供向けの読み物で見たことある。
大人向けでは、明治時代の「未来社会を予想する」という記事があったっけ。
21世紀に見られるとは思いもしなかったw

それにしても、
>地球でこれ以上、やることのなくなった韓国人は、2030年頃に国際宇宙ホテル、
>宇宙都市、宇宙工場建設など宇宙開発競争に乗り込む。これで成功した後、火星の
>環境を地球のように変える巨大な「役事」に挑戦する。
相変わらず己というものがわかってないようで。

450 :マンセー名無しさん:2005/05/18(水) 22:41:04 ID:2UQaE71V
そーいえば有ったな、韓国宇宙軍とか、韓国銀河とか言うのが(w

451 :マンセー名無しさん:2005/05/18(水) 22:54:01 ID:ZaQQ5B+B
いや別に理想はどれだけでかくても悪くは無いよ。
それを実現する為に地道な努力を民族全体が子々孫々に渡って続けていくならいつか叶うさ。
あくまで「地道な努力を続けていく」ならだけどさ。

452 :マンセー名無しさん:2005/05/18(水) 23:00:30 ID:5VAGj/8C
>>451
「勤勉で優秀なロボットが出来て、人間のやる事がなくなる」という部分に
えらい熱いオーラを感じるので、まあ無理でしょう。

453 :マンセー名無しさん:2005/05/18(水) 23:41:35 ID:sztMJtyb
勤勉で優秀なロボットが出来て、人間のやる事がなくなる
これが現実になれば、日本と、ドイツスイスなどのピューリタン
の国では「働かせろゴルァ!暴動やら」があったり、ロボットが焼き討ち会うなどしますな。

454 :ab-pro:2005/05/19(木) 00:08:49 ID:kGPHRGEv
 さて。
 今日はクラスの意見発表会。
 フラメンコ先生が出していた、「科学が変える未来の生活予想」と言うお
題について、ニホンちゃんとカンコ君が自分の意見を発表する日です。
 ホルホルと笑いながら、余裕の表情で授業が始まるのを待ちかまえるカン
コ君に対して、何故かレポート用紙を覗き込みながら、電卓片手に必死の形
相のニホンちゃん。
 「やっぱり、落ち目のニホンには未来を思い描くことは無理ニダ。これか
らの未来を切り開くのはウニナラニダ。
 ウリナラマンセー!!」
 よっぽどバラ色の未来を想像しているのでしょうか。本当にご機嫌のカン
コ君。

 そうしているうちに、フラメンコ先生が教室に入って来て、いよいよ発表
会の始まりです。
 「さて・・・・。
 ニホンちゃんはまだ考えがまとまっていないみたいね。
 カンコ君、始めてちょうだい」
 先生に促されて、自信満々に教壇に立つカンコ君。さっそく自分が考えた
未来の姿を語り始めました。

 「科学は大いに発展するニダ。
 もう少しすれば、あらゆる病気の原因を解き明かすニダ。そしてその後に
血管の中でも動くナノマシーンを開発して、みんな病気も罹らず長生き出来
る時代が来るニダ。
 それに、もうすぐウリと同じくらい賢いロボットが開発されて、ウリ達は
働かなくても優雅に暮らせる両班のようになるニダ。
 その頃には、ウリの家でも宇宙に行けるロケットを開発して、ウリは宇宙
に羽ばたくニダ。地球の近くの宇宙開発に成功したら、火星をウリナラのも
のにするニダ。
 ウリナラマンセー!」


455 :ab-pro:2005/05/19(木) 00:09:16 ID:kGPHRGEv
 最後は自分の世界に入ってしまったカンコ君の発表でしたが、それでもフ
ラメンコ先生は拍手でカンコ君を誉めました。
 「科学が地球町のみんなを幸せにしてくれる未来を、カンコ君は良く夢見
ていますね。
 この夢を実現するには、みんなが一生懸命勉強して、将来の地球町で活躍
することが一番の近道です。カンコ君も頑張って、いつか夢を実現していっ
てね。
 はい、みんなカンコ君に拍手!」

 先生の言葉に、「夢じゃないニダ!」と、何故か反論するそぶりを見せよ
うとしたカンコ君ですが、みんなの拍手にたちまち気をよくしたのか、ふん
ぞり返りながら自分の席に帰って行きます。
 
 「次はニホンちゃんお願いね」
 その先生の言葉に、何とか資料整理を終えたニホンちゃんは、素早くプロ
ジェクターを引っ張り出すと、まるで会議で自分の企画を売り込むために
プレゼンテーションを行う小さなキャリアウーマンの様に、発表を始めまし
た。

456 :ab-pro:2005/05/19(木) 00:09:39 ID:kGPHRGEv
 「まず最初に。
 前回の未来予想で私が予定していた事柄について、おおむね七割が何らか
の形で実現しました。
 でも、残りの3割については、まだ実現していません。これからも実現に
向けて頑張っていきます」
 そう言って、頭を深々と下げるニホンちゃん。でも、その姿を蔑むように
見つめているのはカンコ君だけでした。
 「さて、まず今後の第一の目標として・・・」
 と、ニホンちゃんは大規模地震予知、難病の克服、省エネ化やお手伝いロ
ボットなど、資料を示しながら具体的な開発計画を説明していきます。
 その内容はどれもカンコ君の夢のお話に比べれば小粒な感がありましたが、
その事を笑う生徒は、一人を除いて誰もいませんでした。

 「・・・こうして、地球町がもっと平和に、便利になるように、これから
も頑張っていこうと思います」
 そうしてぺこりと頭を下げるニホンちゃんに、一人を除く生徒達が、先ほ
どとは比べものにならない、大きな拍手で応えました。
 「どうしてニダ!ウリの描く世界の方が断然素晴らしいのに、何でニホン
ちゃんの方が拍手が大きいニダ!!」
 と言う抗議は、当然誰の相手にもされません。 
 そんなカンコ君を横目で見ながら、タイワンちゃんがぼそりと呟きました。

 「・・・夢と現実の区別ぐらいつけなさいよ、バカンコ」

                                end


457 :ab-pro:2005/05/19(木) 00:10:14 ID:kGPHRGEv
 ネタ投下感謝^^
 と言うわけで、日本と韓国の未来予想図の比較が元ネタです。
 韓国の過去のアンケートの予想結果の的中率は、というのは置いておいて。
 思うのですが、特に朝鮮日報の記事の場合、説明が足りないような。
 あの記事の頭に「世界の科学技術の発展により」が抜けているような^^;
 あの記事の中盤までには、どこにも「韓国の科学技術の発展により」の文言
がありませんからね。
 それなのに最後の宇宙開発の下りだけ「韓国」と入れたりするあたりが、朝
鮮日報らしいですね。

 でも、日本の予想でお手伝いロボットが23年の予想なのに、韓国の21年
に人間同様のロボット、というのは・・・orz
 
日本
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1150921/detail
韓国
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/05/17/20050517000061.html

458 :あさぎり ◆WOaKOSQONw :2005/05/19(木) 00:53:37 ID:q6Hhr7k9
>>457
ウホッ!イイSS!
さりげに対比のソース入れてて際立たせるあたり、上手いですねえ。

459 :どぜう ◆3F8jIdnlW2 :2005/05/19(木) 01:01:22 ID:bvAXTVqh
>>457
乙です。まあ。日本にもこう云う時代があった…かと思いますが、
子供の頃に学年誌で見たアレやコレやは、あくまで学年誌レベルの代物であったわけで…

って、10年後の経済やら、具体的な未来予想も外す国家ですよ?
10年後が永遠と同義語の国なんですよ?!w
そんな国に20年後のこと語られたらいけないと思います。マジで。

460 :マンセー名無しさん:2005/05/19(木) 08:06:58 ID:JfQu7Xxf
ところで、10年前に韓国が予想した2005年、みたいなニュースってあるのかな。
盛大に笑えると思うんだが。

461 :マンセー名無しさん:2005/05/19(木) 20:23:58 ID:XspV7rVC
>>460
さっそくスレ立ってるよw

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/korea/1116477650/l50

462 :マンセー名無しさん:2005/05/19(木) 21:13:17 ID:GdgzmA25
>>457
これ、どちらも専門家へのアンケート調査の結果なんだよな……。

463 :マンセー名無しさん:2005/05/19(木) 21:52:50 ID:e/L1XZ14
鮮人は笑いの神の権化ではないのか?
ニホンちゃんスレで色々ありながら苦闘を続けるSS作者を尻目に
軽くネタ一発で馬鹿うけ!職人をなで斬りだ!

464 :マンセー名無しさん:2005/05/19(木) 22:49:48 ID:bOufE3Eu
>>463
ジョークスレ住人の気持ちが、ちょっとだけ判った・・・ような気がするw

465 :マンセー名無しさん:2005/05/19(木) 23:07:54 ID:e/L1XZ14
うーむ 職人さんが丹精込めて作ったSSに関するレス 2
単なるネタにたいするレス             11+専用スレ
一方的なスコアです。まるで日本対韓国のGNP比較のようです。
しかもこの作者超ベテランで上位ランカーですよ。      

466 :マンセー名無しさん:2005/05/19(木) 23:18:29 ID:AeBOuWub
でも、実際の韓国でも、ニダーでも萌えることはできないけど、
ニホンちゃんは萌えるのでがんがってほしい。
笑えるだけが価値基準じゃないよ。

467 :マンセー名無しさん:2005/05/20(金) 00:36:15 ID:KNKkFJYs
新人です。初めて書きます。よろしくお願いします。

「いやっ!お兄ちゃん、やめて!」「うるさいっ!言うことをきけ!」
バシッ!バシッ!
「痛いっ、痛いっ!お願い、やめ・・・」
今日もロシアーノさんの家は兄弟喧嘩が絶えません。
ロシアーノ君がチェチェンちゃんを折檻しているようです。
それを見ていた、もうひとりの妹ウズベク子ちゃんもとうとう耐えかねて言いました。
「もう、いや!お兄ちゃんにはうんざりよ!」
「ウズベク子、おまえもか」
「私、家出するから、もう・・・・」と、ウズベク子ちゃんが言い終わらないうちに、
ロシアーノ君のキックが炸裂。ウズベク子ちゃんはその場にうずくまり動けなくなりました。

喧嘩の悲鳴や怒号はニホンちゃんの家まで聞こえてきました。
ニホンちゃんはただ耳をふさいで、喧嘩が終わるのを待つしかありませんでした。
続く


468 :マンセー名無しさん:2005/05/20(金) 00:37:31 ID:KNKkFJYs
翌日、ニホンちゃんはアメリー君に、このことを相談しました。
アメリー君は、難しい顔をして言いました。
「うーん、基本的にはロシアーノの家庭内問題だしな」
「でも、アメリー君はウクライナちゃんの家出のときは助けてくれたよね。」
「いや、あれは、その・・・・」アメリー君は急に声をひそめて言いました。
「ここだけの話だけどねニホンちゃん、実はチェチェンちゃんとウズベク子ちゃんは、変な宗教にはまってて、原理がどうとか、それでその宗教の連中と僕とでちょっともめててね、ニホンちゃんも良く知ってるよね。それで・・・」
「いろいろ難しいんだな」
とニホンちゃんは思いました。
「みんなが平和に暮らせればいいのに・・・・・・」

ソース*週刊オブイェクト: ウズベキスタン暴動、血の鎮圧
米露両国とも、イスラム過激派の台頭を望んでいないのです。ですがこの動乱は広がりつつあり、
http://obiekt.seesaa.net/article/3650034.html


469 :マンセー名無しさん:2005/05/20(金) 16:15:16 ID:MZz3wLK8
>>467-468
ロシアーノではなくて、ロシアノビッチですよ。


470 :マンセー名無しさん:2005/05/20(金) 16:25:50 ID:jIOoH2SJ
>>469
それを言ったらウズベク子ではなくウズベキスとも。

>>467-468
細かい点はともかく、ロシアノビッチには飲んだくれという設定があるので、
飲酒→酔ったところに気に入らないこと発生→DV(家庭内暴力)
という展開を入れてもよかったかと。

471 :ab-pro:2005/05/20(金) 21:40:49 ID:Xkaw7GNV
>>467-468
 初投稿、乙でした^^
 実はチェチェンはいまだに自治共和国で、独立国のウズベキスタンと同列に
扱うのはどうかなぁ、と。
 事実、外務省のHPをみれば、日本とチェチェンに国交はなく、チェチェン問題
はロシアの内政問題として取り上げられています。
 今回のウズベキスタンの問題は、イスラム政党を非合法化し弾圧するウズベ
ク大統領に対する反政府運動なので、ロシアノビッチ君がウズベキスと喧嘩す
るという設定もちょっと、ですね^^;

 まあ、かくいう私も初投稿作品は大失敗作でした><
 次回作を楽しみにしています^^

>>465
 すいません。私が悪うございましたm(_ _)m
ネタ投下を見た四時間後に投稿した即興劇ですから、むしろレスが2、うち一つ
で良いと言って貰えれば十分です^^;
 逆に言えば、私がネタ投下でSS書こうと思うほど、このネタが面白かったとい
ことで、ネタ投下者に改めて感謝です^^


472 :マンセー名無しさん:2005/05/21(土) 02:46:10 ID:CSNJINmI
こんなのもありますぞ。
40ミリ機関砲も装備 不審船事件対策、新建造の高速大型巡視船「あそ」公開[05/20]
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20050520i302.htm


473 :マンセー名無しさん:2005/05/21(土) 04:44:22 ID:toNJxnqE
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/05/17/20050517000049.html
キムチの華麗なる大変身!

駐韓外交使節やホテルのコックなどが招かれた同日のイベントで、
Le Cordon Bleuのアンドレ・クエントロ会長は外国人としては初めて
「 名 誉 キ ム チ 広 報 大 使 」
に任命された。
おまいたちも名誉キムチ大使になりたいか!

474 :マンセー名無しさん:2005/05/21(土) 04:53:54 ID:hmt3zsCw
町内で何かと悪い噂の多いユダヤン一家

そんなユダヤン一家の娘イスエルちゃんは 今日も隣の席のパレス君をいじめています
どうやらイスエルちゃんのお父さんが 無理やりパレス君の家を奪った事がケンカの原因らしいです

パレス君もいじめられっぱなしの性格ではありません
負けじとイスエルちゃんに体当たりをかましてます
でもそこは体力の勝るイスエルちゃん
体当たりしてきたパレス君を抱えあげて ジャーマンスープレックスを決めちゃってます

この二人のケンカは いつまで続くんでしょうか
コクサイ先生もお手上げです
番長のアメリー君もなぜかイスエル君には頭が上がらないみたい

(もしかしてイスエル君が このクラスの本当の番長なのかな・・・)
そんなことを考えるニホンちゃんでした

475 :マンセー名無しさん:2005/05/21(土) 05:15:46 ID:hmt3zsCw
ユダヤン一家の歴史

昔昔 ユダヤン一家の先祖の百瀬さんが一つの本を発行しました
その名は 「しょんべん」
「しょんべん」は町内で大ヒットし またたく間に「しょんべん」ブームが巻き起こりました
「しょんべん」には 街中でしょんべんをすると幸せになれると書いてあり
町内はそこらじゅう しょんべんまみれの臭い街になりました
でも実はその本には 小さな字で「幸せになれるのはユダヤン一家だけ」と書いてあった事は 誰も知りません

みんなが町中でしょんべん その光景をおかしいと思っていたのは ユダヤン一家の異端児、キリスおじさんでした
キリスおじさんはみんなにこう言いました
「しょんべんをしても幸せにはならない!うんこをしなさい」 と
そしてキリスおじさんは「うんこ」という本を書きました
その本も町内でまたたくまに大ヒット ベストセラーになりました
それを聞いたユダヤン一族は キリスごときが一族の誇りである百瀬さんを馬鹿にしたと 激しく怒りました
そしてキリスおじさんはユダヤン一家に破門をくらい ついには十字の丘でノタレしんでしまいました 

その話を聞いて怒ったのが「うんこ」の愛読者だった人たちでした
そしてその「うんこ愛読者」の積年の恨みが 後々ユダヤン一家に災いをもたらすということは まだ誰も知りません

追憶 
百瀬さんとキリスおじさんの本を両方とも愛読していた マホメドさん
そのマホメドさんが 後年本を出版しました その名も「ゲロ」
そしてそれが後々 「しょんべん」「うんこ」「ゲロ」信者同士の抗争を発生させる事には まだ誰も気づいていません

476 :マンセー名無しさん:2005/05/21(土) 05:32:13 ID:hmt3zsCw
今日もゲルマッハ君は ユダヤン一家のイスエルちゃんに土下座しています
ニホンちゃんは ゲルマッハ君がユダヤン一家のイスエルちゃんに何をしたのか知りませんが
みんなはゲルマッハ君の爺ちゃんは 町内一の極悪人だったといってます
よくよく聞いてみると
どうやらゲルマッハ君の爺ちゃんが ユダヤン一家ににぎりっ屁をかましたのが原因らしいです
そんな昔のことをゲルマッハ君は 今でもユダヤン一家のイスエルちゃんに土下座して謝っています
ニホンちゃんはゲルマッハ君の境遇が自分の境遇と被ってる気がして 少し切ない気持ちになりました

ゲルマッハ君の土下座を見たカンコ君とチューゴ君は すかさずニホンちゃんにこういいます
「お前もゲルマッハを見習うアル!」
「謝罪と賠償を要求するニダ!」
ニホンちゃんは深いため息をはきました
それはニホンちゃんが ニホン爺ちゃんはゲルマッハ君じいちゃんのような悪いことをしていないと 知っていたからです
でもニホンちゃんは一応 みんなを前にクラスの朝礼で 「ごめんなさい・・」 と言っておきました

追記
ゲルマン爺さんのにぎりっ屁の原因が ユダヤン一家の悪どい金儲けへの反撃であった事は 今では誰も知りません

477 :マンセー名無しさん:2005/05/21(土) 08:49:24 ID:XfSrxz2g
作品荒らしかただの厨房かしらんが、
作品荒らしだとしても読む価値なし。タマランでも見習ってこい。

478 :マンセー名無しさん:2005/05/21(土) 10:50:27 ID:A2nfgA8s
いい感じのネタが見つかったので、書かせていただきます、初投稿です。

【破局?】
ある日の放課後、チューゴ君に校舎裏に呼び出されたアサヒちゃん。
チューゴ君に詰め寄られ、壁に押し付けられました。
普段は冷徹なチューゴ君の顔が少し怒りに歪んでいます。

チューゴ「おい、サヨ!これはどういうことアルか!?」
アサヒ 「な、なんのことよ!?」

チューゴ君は持っていた壁新聞を無言でアサヒちゃんに突きつけました。

アサヒ 「こ、これがどうしたって言うのよ!?」
チューゴ「おまえ、確かこの間の壁新聞でカンコが下着ドロしたとき、カンコの事を『近所の人』と書いてたアルな。」
アサヒ 「?」
チューゴ「ザイがカンコの親父がどこかからガメてきた羊羹を盗み食いしたとき、『ニホン家方からきた男』と書いてたアルな。」
アサヒ 「?」
チューゴ「では、なぜ俺がニホン家で冷蔵庫あさったときはちゃんと俺の名前が書いてあるアル?」
アサヒ 「!? そ、それは‥‥‥」
チューゴ「まあ、俺もお前もお互い打算的な関係と言うのはわかっているし、だからこそお前と付き合ってきたアル。」
アサヒ 「わ、私は別にそんな事…」
チューゴ「カイグン、ロシアノビッチ、俺……次はカンコと言うわけアルか、いつもながら忙しいアルな。」
アサヒ 「そんなこと…」
チューゴ「まあいいさ、話は終わりアル、じゃあな。」

暮れなずむ薄暗い校舎裏、一人たたずむアサヒちゃんは何を思うのでしょうか?
それはアサヒちゃんにしかわからないのです。


ソースはこれ、
http://www.asahi.com/national/update/0520/TKY200505200280.html
なんとアサヒちゃんにあるまじき「中国籍の」と言う言葉が…何かあったとしか思えませんw

479 :マンセー名無しさん:2005/05/21(土) 14:22:15 ID:6aPgy9eF
>チューゴ「おい、サヨ!これはどういうことアルか!?」
>アサヒ 「な、なんのことよ!?」
(つ∀`)チューゴ、セリフマチガッテルヨ

480 :マンセー名無しさん:2005/05/21(土) 14:24:28 ID:A2nfgA8s
>>479
…間違い?
アサヒちゃんのフルネームは「朝比奈サヨ」だと聞いたので呼び捨ててみたのですがそれの事?

481 :マンセー名無しさん:2005/05/21(土) 16:21:41 ID:98XyXYlO
・・・そんな設定があったのかー

482 :マンセー名無しさん:2005/05/21(土) 16:30:17 ID:A2nfgA8s
>>481
wikiに書いてあった。

483 :マンセー名無しさん:2005/05/21(土) 17:51:50 ID:jikTWksC
※公式設定ではありません。

484 :マンセー名無しさん:2005/05/21(土) 17:55:19 ID:A2nfgA8s
>>483
…むう、気付かなかった。
じゃあ、俺設定「アサヒちゃん=朝比奈サヨ」と言うことで一つご勘弁を。

485 :マンセー名無しさん:2005/05/21(土) 19:51:19 ID:rF375Avf
関係ないけど、本名が設定されてるキャラって、何人ぐらい居るんだろう?

486 :売りなら満星堂 ◆izyQf/KaRs :2005/05/21(土) 20:34:24 ID:mTTQp+Wy
>>485
ニホンちゃん=日ノ本さくら
ウヨ君=たけし(漢字が当てられてたっけ?その点失念)

日ノ本家は多かったような気がしますが、その他はほとんどなかったんではないでしょうか?

487 :マンセー名無しさん:2005/05/21(土) 20:50:45 ID:jikTWksC
ニホンちゃん姉弟とせいぜいカンコ君くらいだね。

488 :マンセー名無しさん:2005/05/21(土) 20:51:37 ID:A2nfgA8s
>>486
ウヨ君=日ノ本武士
日本おばあさん=日ノ本なでしこ(漢字?)

リカちゃん=小須田理香

489 :485:2005/05/21(土) 21:16:41 ID:rF375Avf
>>487
カンコ君って本名があったんですか……もし良かったら教えて欲しいんですが。

490 :マンセー名無しさん:2005/05/21(土) 21:23:08 ID:A2nfgA8s
>>489
カンコ君=朴李男

491 :マンセー名無しさん:2005/05/21(土) 21:23:45 ID:yN29cIhq
朴 李男(パク・リナム)だったような

492 :485:2005/05/21(土) 21:30:18 ID:rF375Avf
>>490-491
サンクス!今初めて知りました……orz

493 :あさぎり ◆WOaKOSQONw :2005/05/21(土) 22:18:13 ID:xpXJ+E+P
8 名前: マンセー名無しさん [sage] 投稿日: 2005/04/05(火) 11:12:27 ID:almwnUK8

ニホンちゃんwiki(人物編)
http://d_13.at.infoseek.co.jp/cgi-bin/nihon_tmp_archive/pyukiwiki/index.cgi

ここに人物辞典あるよー。
スレのえろい人D-13氏が作ってくれてます。初出かどうかの確認に重宝しておりまするw
我こそはという人は補完よろーw

494 :書き人知らず ◆9GPWTa2EFE :2005/05/21(土) 22:45:22 ID:HhhGU6FU

 〜 Romantic Energy 〜

とやかく言われることの多いアメリー君ですが、なんだかんだでクラスの人気者です。
むろんのこと、アメリー君がそれを自覚していないはずはありません。

ある朝、いつもの登校風景が繰り広げられる地球小学校。 アメリー君がなにげなく靴箱をあけると、
一通の封筒がはらりはらりと舞い落ちました。
「靴箱に手紙ぃ〜、いまどきこんな古典的なラブレター送るのもいるんだなぁ〜」
アメリー君も男の子です。 嬉しくないはずがあるでしょうか。
「誰だろう。 こんな奥ゆかしいことをするのはニホンちゃんか?」
期待に胸を膨らませるアメリー君はさっそく封筒を開きました。

「話がしたい。 できるだけ早く、家に来てほしい。 とてもとても大事なことだし、
二人だけでないと話せないことだから。 待ってる。                キッチョム」

紙飛行機がゆっくりとした軌道を描き、ゴミ箱へストライクしていきました。


495 :書き人知らず ◆9GPWTa2EFE :2005/05/21(土) 22:46:55 ID:HhhGU6FU
ごぶさたです。 なかなか書けなかったり、思いつかなかったりでした(チラシの裏)

今回は、こちら で

【北朝鮮】ライス米国務長官の訪朝要請・「核」一括解決を打診[05/17]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1116285515/


496 :マンセー名無しさん:2005/05/21(土) 23:48:49 ID:GZddw9rr
>>494-495
キッチョム君、久しぶりに見たな。
次に登場する時は、どんな姿になってるだろうか。

497 :マンセー名無しさん:2005/05/22(日) 00:05:11 ID:5wQU9YEV
ネタ投下・・・これは燃料になるのかちょっと疑問。

ttp://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/05/20/20050520000068.html

イギリス人も呆れるバ韓国の報道協定やぶり。

498 :マンセー名無しさん:2005/05/22(日) 00:05:21 ID:jikTWksC
>>494

GJ。コンパクトにまとめましたね。

499 :マンセー名無しさん:2005/05/22(日) 00:51:53 ID:/K2DDf0W
>>497
じゃあ、それで。

【放課後まで待って】
「ニホン〜!!ウリの素晴らしい話を聞くニダぁ」
今日も今日とてカンコ君は大騒ぎ、でも今日は様子が違うようです。
「この間コウおじさんが凄い新技術を開発したニダ、ウリナラチェゴマンセー」
ニホンちゃんの机の上で怪しい踊りを踊りだしたカンコ君、よほどうれしいようです。
「聞きたいニカ?どうしても聞きたいのなら教えてやってもいいニダ、
今日はウリナラの記念すべき日なので謝罪と賠償は勘弁してやるハセヨ」
かなり迷惑そうなニホンちゃんですが、「新技術」と聞いて心惹かれるものがあったようです。
「へ、へ〜、どんな技術なの?」
「ウェーッハッハ、これは凄い技術ニダ、なんと庭木をちょっちょいのちょいと増やす…ごぶぁ!!」

ニホンちゃんは、スローモーションのようにカンコ君の後頭部にスレッジハンマーを振り下ろすエリザベスちゃんを見ました。

「このっ、バカンコっ、そのっ、発表っ、はっ、放課後っ、にっ、しろとっ、あれほどっ、言ったのにっ!!」
エリザベスちゃん言葉の区切りごとに振り下ろされるコンクリートの塊。
コンクリートの塊が振り下ろされるたびに吹き上がるキムチ色の汁。
そして、キムチ色に染まるニホンちゃん…

意識を失いかけたニホンちゃんの耳にいつもの声が聞えてきました。
「あ、あいぐぉぉ‥.」

500 :マンセー名無しさん:2005/05/22(日) 01:51:19 ID:4L57r6f7
>>499
エリザベスちゃんこわひ…w

ついでにネタ投下〜
ttp://www.hotnam.com/news/050521032025.html
ベトナムで広がる日本の HENTAI アニメ
だそうですw

501 :マンセー名無しさん:2005/05/22(日) 01:58:42 ID:i5cuzzEv
こりゃ角煮の新人さんの出番だなw

502 :マンセー名無しさん:2005/05/22(日) 02:05:02 ID:h7qK1knt
 イマイチ、と言うか、全然ひねりがない。
 >>454-456 なら、対比が効いていて、バカンコという最後の落ちもある程度自然に
納得できるけど、>>499は本文だけでは、何故、カンコがエリザベスちゃんに殴られる
のか理解できない。
 「即興劇」もある程度力量が必要。
 安易に投下されたネタに飛びつかない方がいいのかもしれない。

503 :マンセー名無しさん:2005/05/22(日) 02:33:38 ID:RcfZLGZr
>>500
ちょっ、おま、まてぇぇぇぇぇぇぇやぁぁぁwwwwww

ペタワロス

504 :マンセー名無しさん:2005/05/22(日) 04:57:00 ID:H/kqq8lW
>>474
>>475
>>476
おもしろい

505 :マンセー名無しさん:2005/05/22(日) 07:54:07 ID:/K2DDf0W
>>502
確かにソース解説が足りませんでした。
うむ、気をつけましょう。

506 :目次249:2005/05/22(日) 17:51:52 ID:fKet51/A
第2238話〜第2244話
>>431-432

第2245話「愛と勇気だけしか友達いませんが何か?」
>>434-435 ( >>436 解説 >>437 訂正)
第2246話「未来予想図」
>>454-456 ( >>457 解説)
第2247話「いやっ!お兄ちゃん、やめて!」
>>467-468
第2248話「破局?」
>>478

507 :目次249:2005/05/22(日) 17:52:28 ID:fKet51/A
第2249話「Romantic Energy」
>>494 ( >>495 解説)
第2250話「放課後まで待って」
>>499

508 :ab-pro:2005/05/22(日) 23:41:15 ID:h7qK1knt
 基本OS「マーストリヒト」起動・・・・・・・OK
 メモリーCheck・・・・・・・OK
 「ユーロ・ネットワーク」接続・・・・・・・OK
 EU ver20050511・・・・・・・起動

 赤く輝く瞳を見開いた、陶磁器のように白い肌の人形(ひとがた)は、目の
前の男の子を認めて微笑みました。
 まだ、ぎこちなくはありましたが。
 「グーテンダーク、ゲルマッハ君」
 「やあ、EU。調子はどう?」
 「調子・・・。システムは異常ありません。ゲルマッハ君もシステムは正常
そうです」
 「ああ、僕の表情の違いが読み取れるんだね」
 そう言って微笑むゲルマッハ君。
 放課後のユーロ倶楽部。
 ユーロ町の全てを司る人工知能として開発されているEU。
 まだ、入れ物である人形は、首から下はそれこそ人形でしかありませんが、
初の起動実験成功から、EUは様々な機能を追加され、日々成長しています。
 昨日、割り当て分のプログラムを予定通りに完成させたスロベニー君でを入
れて、既にユーロ倶楽部関係者25名中、7名がスケジュール通りに仕事を終
えていました。
 こういったグループ作業では、一人が予定を違えると作業全体が大幅に遅れ
てしまうものです。
 「ハプスブルグ先生も明日にはコンパイルが終わるとか言っていたし、僕も
もうすぐ終わるよ」
 ここまで作業が進みながら、いまだに煮え切らない態度のエリザベスちゃん
の作業の進み具合は気がかりですが、今のところEU開発は順調に進んでいる
ようです。

509 :ab-pro:2005/05/22(日) 23:43:08 ID:h7qK1knt

 その時、教室のドアが開いて、人影が入ってきました。
 その人影に、車椅子の上から首だけを回して正対するEU。
 「ボンソワーフ、フランソワーズちゃん。
 ・・・・・フランソワーズはシステム異常ですか?」
 そんなEUの言葉に、慌ててフランソワーズの方を振り向くゲルマッハ。
 その視線の先には、確かに余裕の見えない張りつめた感のフランソワーズち
ゃんがいまました。
 「ボンソワーフ、EU。ごめんなさい。
 EU、スリープモード」
 「了解。スリープモードに移行します」
 そう言って、機械的な眠りに入るEU。
 「一体どうしたんだ、フランソワーズ。
 最近は倶楽部にも出てこないし、何かあったのか?」
 そう言いながら、優しく、そして当然のようにフランソワーズちゃんの肩に
腕を回すゲルマッハ君。
 フランソワーズちゃんも、こころもちすがりつくように、その腕に体を預け
ました。
 「・・・最近、両親が倶楽部のことを良く思ってくれないの。
 ちょっと油断してしまって、このところ勉強の成績が落ちてしまったから。
 親は、クラブ活動にうつつを抜かしているからだって・・・」
 そう言って、涙を潤ませるフランソワーズちゃん。これは相当両親から叱責
されたのでしょう。
 「そんな、フランソワーズの成績が落ちたのはたまたまだよ。それにフラン
ソワーズならそれぐらいすぐに挽回できるさ!」
 そして、ポケットからハンカチを取り出すと、優しくフランソワーズの涙を
ぬぐってあげるゲルマッハ。
 ほんの少しだけ、フランソワーズに笑みが戻ります。

510 :ab-pro:2005/05/22(日) 23:44:20 ID:h7qK1knt
 「ありがとう。
 ・・・でも、このままでは私の担当パート、締め切りまでに間に合わないか
も。どうしましょう!
 私が締め切り破ったら、エリザベス、絶対喜々として自分の締め切りも破っ
てしまうは。
 そしたら、EUは完成しない!!」
 そう言って、あたふたしながらも、ちょっと甘えた仕草でゲルマッハ君を見
上げるフランソワーズちゃん。
 そんな彼女の仕草に、ゲルマッハは、心得ましたとばかりに大きく頷きまし
た。
 「分かったよ。どうせ、僕の分はほとんど終わっているし、アーリアもいる
し。二人で何とか仕上げてしまおう。
 もう余り時間もないし」
 
 こうして、肩を寄せ合ってパソコンの前で作業を始める二人。
 今まで、長い時間をかけて作り上げてきたEU。
 日程的に締め切りに間に合うかの瀬戸際の時期ですが、あるいはこの二人な
らやり遂げてくれるかもしれません。
 が、まだまだEU完成には紆余曲折がありそうです。
                                 続く

511 :ab-pro:2005/05/22(日) 23:44:42 ID:h7qK1knt
追記
 もし、EUが起動していたら、仲睦まじく作業を進める二人の後ろ、教室の
入り口で立ちつくした人影に、
 「グーテンダーク。アーリアもシステム異常ですか?」
 と声をかけていたことでしょう。
 兄にプログラムの改善点を説明しようと、倶楽部をやっている教室に入りか
けたアーリアは、教室の中の様子を一瞥しただけて、体が凍り付いたかのよう
に、入り口で固まってしまいました。
 何故でしょう?このまま教室に入らなければ行けないのに・・・
 数瞬の後、アーリアは音を立てないように注意しながら、きびすを返してい
ました。
 なぜだか、自分でも理由がハッキリしないままに・・・
                                end

 最近、ゲルマッハ君とフランソワーズちゃんの仲が良いですね^^
 ネタはフランスのEU憲章批准に関する国民投票の予想から。
 私はてっきり、EU憲章最大の難関はエリザベスちゃんだと思っていました
が、EU牽引役のフランソワーズが・・・

フランスの内情
http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2005/03/eu.html
今までの国民投票結果と、フランスに対するドイツの支援
http://news.goo.ne.jp/news/sankei/kokusai/20050513/m20050513012.html?C=S

512 :マンセー名無しさん:2005/05/22(日) 23:44:43 ID:z9knsJ21
ネタ投下してみる。
http://www.jakof.jp/sub8.htm

>「ヒラカナ」は韓国語の「ピラ、カンナ」がなまったものです。
はぁ!?

513 :ab-pro:2005/05/22(日) 23:59:11 ID:h7qK1knt
 あれ、>>502 に私のコテが入ってない???
 申し訳ありません。あれは私の書き込みです。名無しでは意味が半分しか通じませ
んね。
 即興劇なら「ある程度」の作品でも良いかもしれませんが、やっぱり、ちゃんとした作
品に仕上げる越したことがない、と言う自戒が後半部分の真意です。
 
>>505さん、申し訳ありません。

 ただ、前半部は・・・^^;
 次回作に期待です。

 と言いつつ、明日オーストリアで国民投票なので、慌てて書き上げた>>508-511が、
その自戒を教訓に出来たかというと・・・orz

514 : :2005/05/23(月) 03:41:13 ID:eUN2Hqa0
珈琲倶楽部

ゲルマッハ・アリーア兄弟とニホンちゃんのハイテク金満コンビ
と計数の鬼イン堂君にムードメーカーブラジー君を加えた「TEAM G4」
アメリー君でも引いてしまいそうな強力な組み合わせで、常任理事家入りを目指します。

もはやチュウゴ君がなにやらブツクサ言って拗ねるぐらいかと、思っていたら
「TEAM G4」に刃向かう輩が徒党を組んで「珈琲倶楽部」なるものを立ち上げたそうです。

ゲルマッハ 「イン堂君我々の邪魔をする連中というのはどれほどのものなのだ?」
イン堂   「なんだ? 俺たちにかなうと思っているのか?一寸まってくれ調べてみるよ」
イン堂君DBからデータを取り出すと口からカレーを吹いて悶絶してしまいました。
アーリア「おいおい きたねえな げ ぎゃははっはなんだこれは!」
ニホン「きゃーなによこれは このメンバーでなにしようってのよ」
ゲルマッハ「おいおい皆いい加減にしないか これがメンバー表?この2TOPで終わっているな」

515 : :2005/05/23(月) 03:41:56 ID:eUN2Hqa0
         珈琲倶楽部(G4の常任理事家入りに反対する市民の会)

代表  カンコ(狂乱の両班)
おそらくニホンちゃんの邪魔をする為だけに参加しているが、最近町内会分担金の
踏み倒しが酷く大きな口は叩けな無い筈だが。迂闊に味方にすると檀君の祟りがある

世話人 マカローニーノ(天下御免の極楽とんぼ)
旧枢軸国がみんな出世していくのに、自分だけがとりのこされるのが
気に入らないのだろう。能天気なのが幸いして、土壇場で寝返る
戦闘中にパスタを茹でるなど、の神をも恐れぬ度胸あり

アルヘンチーノ(借金大王)
南米地区でブラジー家と覇を争う名家のはずだが所かまわず
借金する悪い癖があり。今では1センチも首が回らないはずだ。


パキス(ボンビー)              
イン堂のライバルではあるがもはや戦力とはならないであろう。


カナディアン(誰だお前は)          
影が薄いがまともな話はこいつにしか出来ない。

オブザーバ
フラメンコ先生
飯の時間が2時間、昼寝が3時間恐らく役には立つまい。

516 : :2005/05/23(月) 03:43:34 ID:eUN2Hqa0
「TEAM G4」のメンバーが集まっていると、珈琲倶楽部のメンバーが挨拶にやってきました。
しかしどうもやってきたのはカンコ君だけのようです。登りとメガホンの出で立ちですが
なにやら登りの文字が変です「 素 人 童 貞 」と大書されています。
どうもカンコ君漢字が読めないようです。

アーリア「おーいカンコ旗揚げの挨拶なのに貴様一人か?」

カンコ「うるしゃいニダ!マカロニーノはサッカーの試合で、フラメンコ先生はお昼寝で、他の奴は金策で忙しいニダ
    町内会はお前たちの勝手にさせないニダ。今日はウリ一人でも頑張るニダ」

カナデイアン「おいおいカンコ君、僕もいるんだけど.......」

カンコ「お前いつのまにいたニカ?まあいいニダ お前もウリの旗揚げ演説を聞くニダ」

といってメガホンを口に当てた瞬間、ニホンちゃんとまともに目があってしまったからさあ大変
甲子園の5万人後一人コールを浴びたような、物凄い重圧がカンコ君を襲います。
もう喉はからから、顔は顔面からコチュジャンが飛び出しそうに真っ赤です。

「やいニホンよく聞けこの野郎!最近なんかお肌がつるつるだと思ったらこの野郎、やっぱりおまえは
資生堂乳液使ってるニダなこの野郎! ウリはなあ今日はプルコギ15人前食おうとしたけどな失敗したニダよ
 なんでもいいから、とりあえず謝罪シル賠償しる!」
もはやカンコ君自分でなにを言っているのかも解ってないようです。

カナディアン「僕もう帰るよ、なんかついてけそうにないな」

ふと我に返ったカンコ君「おい カナデイアン 逃げるなコラ!やっぱりウリを一人にするな アイゴー」


517 : :2005/05/23(月) 03:52:47 ID:eUN2Hqa0
イタリア 韓国の強力2トップに濃いめの国々が
徒党を組んで。放置すれば確実に空中分解ですな
で ソース
安保理常任理事国入りを目指すG4(日本・ドイツ・インド・ブラジル)は、今年5〜6月を 狙っ
ている。「常任理事国を増やす」という基本決議案を提出するためだ。今年3月31日に「その
とき、決議案を提出する」と宣言したG4は、欧州加盟諸国を相手とって勢力を糾合している。
先月末、日本主催の「国連改革会議」には165カ国が参加した。反対陣営も素早い。今年4
月11日、いわゆるコーヒークラブの主要メンバー、韓国・イタリア・スペインなどが「非民主的
に運営される常任理事国の増設に反対」という旗印のもと、116カ国を集めて、勢いをアピー
ルさせた。両陣営の激しい対決が期待されるに値する。

中略

決議案の可決は、G4の勝利として受けとめられるだろう。そして、日本に極めて敏感な韓国
は「日本の常任理事国入りへの道を開けてやった」とし、政府を糾弾するだろう。国連に誠意
を尽す意志も、金もない韓国としては、止むを得ない敗北である。それにもかかわらず、やっ
てくるはずの「腹いせ」に、外交通商部はすでに怯えている。

朝鮮日報より


518 :puku:2005/05/23(月) 06:30:45 ID:3jGDB9vg
>>515
の処理にゃやもひとくふういるっではなおかとおもいますにゃ
文っの主語だれなっか誰がクンコカを狂乱の両班) と評うしてるっか。いっそっg4のせりふんいって処理するか長くなるが

519 :マンセー名無しさん:2005/05/23(月) 07:55:27 ID:z6xfiSIQ
>>518
日本語で書け。

520 :マンセー名無しさん:2005/05/23(月) 10:15:37 ID:dmI6hC/5
>>518
そうね。
イン堂:データ読み上げ
ゲルマッハ:冷静に分析してダメ出し
ブラジー:ノリでレッテル張り
ニホン:「そこまで言わなくても」みたいにフォロー
のような分担でいくと良いかも。


521 :マンセー名無しさん:2005/05/23(月) 12:50:45 ID:VF2GCR5u
 落ちが意味不明。

 ニューソースは朝鮮日報ではなくて、中央日報だね。
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=63135&servcode=100§code=120

>>アーリア「おいおい きたねえな げ ぎゃははっはなんだこれは!」
 て、これ始めて読んでアーリアが女の子だと思う人間はまずいないだろう。

522 :マンセー名無しさん:2005/05/23(月) 17:49:19 ID:2E+hiKpp
>>518>>520-521

>1_はコテハンではありません名無しです
>2_はプロではありませんので10あれば 5まあええんちゃう 4しょーもな 1GJです。
>3_は一ではありません名無しです。  
>4_は下手糞ですが、自分が楽しんで書いてます。下手なのは見逃してください。
>5ですので_は精進したり、これはxxだからあっち、**だからこっちというような面倒な真似は致しません

だそうですので、意見しても無駄ですよ。

523 :マンセー名無しさん:2005/05/23(月) 22:06:01 ID:hP6sbfyW
むは〜!!

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=63777&servcode=500§code=500
「北朝鮮が最終的に核実験を強行すれば日本の核兵器開発を容認せざるを得ない」−−。
米上院共和党政策委員会は中国に対しこのように圧力を加え、北朝鮮核問題解決に積極的に対応すべきだと米行政府に要求した。


524 :マンセー名無しさん:2005/05/24(火) 19:41:46 ID:jDBmFXqi
チョゴリちゃん通名ラブレター
ttp://ranobe.com/up/updata/up38900.jpg

通名って、簡単にいくらでも取れて
犯罪の温床になってる話を聞いたもんで…

525 :マンセー名無しさん:2005/05/25(水) 15:49:43 ID:uLxHBC2c

http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1116950765/l50#tag261
|  |∧∧
|  | 支\∠我が一番上アルネ
|  |#`ハ´)
|  |⊂ ノ             ともだちでいてね。
|  |(_)))グリグリ    ∧∧
|_|北∧        / 台\      ∧_∧ うん。
|共|#`Д´>      ( *゚ー゚ )     (・ω・` )  
| ̄| ノ∧韓∧     ( つ旦O     O旦⊂ )
|  |⌒⊃;`Д´>⊃   と_)_)      (__(__ ̄)



526 :D-13@小判ザメ:2005/05/25(水) 23:28:35 ID:aY+jBvZM
>>258-259,>>343-344,>>431-432,>>506-507
乙でありまつ。ウリんとこも更新しますた。
ttp://d_13.at.infoseek.co.jp/nihonchan_temporary_archive/

・本スレ系26クール、2250話まで更新
・βスレ系22クール、54話まで更新
・βスレ系補完スレ、30話まで更新
・画像あぷろだ、No.3227まで更新

527 :マンセー名無しさん:2005/05/26(木) 03:46:38 ID:at9P9fld
>>526
乙です!



528 :Mitstein:2005/05/26(木) 16:30:10 ID:+QQili0S
割り込んでいるかもしれませんが、3回目の投稿をさせて頂きます。
『どんな内容なの?』
 地球小学校の5年生では、林間学校の計画を立
てたり、キャンプファイヤーで行うフォークダン
スの練習が始まりました。そんなダンスの練習を
皆が終えて体育館から教室に戻るときのお話です。
 ニホン:「早く林間学校にならないかな〜。すっ
ごく楽しみ。」
 タイワン:「わたしも〜。」
 二:「処でマイムマイムって、紫苑ちゃんのお家
の踊りなんだよね?」
 タ:「そうなの〜。」
と会話していたら・・・
 紫苑:「ふふふ・・・。そうよ。よく知ってるわ
ね。ニホンちゃん。そうよタイワンちゃん、泉が
湧き出た事に喜んで踊り始めたのが、起源だそう
よ。」


529 :Mitstein:2005/05/26(木) 16:32:28 ID:+QQili0S
続きです
不敵な笑みを浮かべた紫苑ちゃんも会話に加わり
ます。おや?前をハプスブルク先生がノンビリと
廊下を歩いています。皆に付き添っていたフラメ
ンコ先生が声を掛けて、先生同士お喋りしながら、
歩き始めました。そんな中、
 二:「そういえば、ジンギスカンってあるけど、
あの歌、どんな事歌ってるの?」
 カンコ:「ウリナラの栄華の歴史ニダ。そんな事
も知らないニホンは(以下略)」
 そう言うが速いかタイワン&紫苑ちゃんが彼を
ただんでしまい、廊下に彼は無様に伸びています。
それから、2人がニホンちゃんに向き直ると、
 紫:「わからないわ。」
 タ:「さぁ、チューゴなら知ってるんじゃない?
チューゴ、ジンギスカンってどんな事歌ってるか
知ってる?」
 チ:「知らないアル。モンゴルに聞いたらどうア
ル?」


530 :Mitstein:2005/05/26(木) 16:34:01 ID:+QQili0S
しかし、モンゴル君も知らないそうです。ここは
クラス1物知りなゲルマッハ君に聞く事にしまし
た。
 ニ:「ゲルマッハ君。ジンギスカンの歌の内容
知ってる?」
 間髪を入れずにアーリアちゃんが咳をして、
 ア:「あ〜、兄上。後でオルガンのペダルの
扱いを見てくれるか?」
 ゲ:「あ、あぁ、構わない。ニホンちゃん、
悪いが先に失礼する。」
 と顔を兄妹とも真っ赤にしながら、足早に行っ
てしまいました。ニホン達は首を傾げています。
 二:「どうしたんだろ〜。2人とも焦って。そ
うだ、フラメンコ先生はジンギスカンの歌詞知っ
てますか〜?」
 フ:「私も知らないの。ハプスブルク先生知っ
てる?」
 ハ:「えっ?わ、私ですか?し、し、知らない
ですっ。」


531 :Mitstein:2005/05/26(木) 16:35:23 ID:+QQili0S
いつも穏やかで、ノンビリしているハプスブル
ク先生が焦っています。
 フ:「どうしたの?あなたらしくないわ、焦る
なんて。」
 ハ:「えっ?あ、まぁ、私は知らないです・・
・。ハハハ。あら、社会科準備室に世界地図を
持ってくるの忘れてた。それじゃあ。」
 そう言って回れ右をして角を急ぎ足で曲がって
行きました。しばらく皆この奇妙な行動に疑問を
持っていたそうです。
                Das Ende

 解説です
フォークダンスでよく使われる『ジンギスカン』
が何語か?という事を取り上げました。知ってる
方も多いと思いますが、答えはドイツ語です。しか
し、その歌詞の内容は結構破壊的で、「一夜にして、
テントの中で7人の子の父になった。」(歪曲してま
す)とか。義務教育期間中の生徒達、教員の方々が
内容知ったら・・・。
 長々と、国際風刺じゃないものを投稿し、失礼致
しました。後、ルクセンブルクネタは考えてます。


532 :マンセー名無しさん:2005/05/26(木) 21:22:58 ID:y2h3IG+b
某ふたばにNo.93氏のマンガを貼ったのは誰だ?

533 :Mitstein:2005/05/26(木) 22:41:35 ID:5nXm/2OH
先に書き込んだ内容とは一切関係ありませんが、
ttp://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/05/26/20050526000044.html
に書かれてること通りの事が起きたら・・・。

534 :マンセー名無しさん:2005/05/26(木) 23:30:18 ID:J1JF6uF0

こんなネタが面白いと思ってるなんて、頭おかしんじゃねえの?
自虐的な奴があつまってウジウジやってるの?気持ち悪いなぁ
こんな連中がいるからチョンチャンごときに舐められるんだよ

ウジムシって言葉が思い浮かぶ。なんか気持ち悪い



535 :マンセー名無しさん:2005/05/26(木) 23:33:29 ID:BAJzROBs
>>534
定期的カキコ乙

536 :じょーほーかんり:2005/05/26(木) 23:41:07 ID:YiYIxxx6
ある日、学校の帰り
珍しくニホンちゃんとカンコ君が二人きりで通学路を歩いています

「(こ、このシュチュエーション、いつも邪魔なタイワンもいないニダ。ここで話題を盛り上げて好感度アップニダ・・・)」

碌でも無い事を考えているカンコ君、しかしニホンちゃんは何やら難しい顔をしています。

「あのねカンコ君・・・」
「なっ、何ニダ?(キタキタニダーーーッ!!)」
「その・・・キッチョム君の事についてなんだけどね・・・」

「(チッ、そんな事ニダか・・・)ぶらじゃーの事なら問題無いニダ。アメリーやチューゴ君と一緒にちゃんと話し合っているニダ。
 勿論花火の事も心配には及ばないニダ。ウリが仲介して穏便に済ませる予定ニダ。ニホンはお呼びでないニダ。ホルホルホル」

「うん・・・それなんだけど・・・アメリー君がね・・・」
「何ニダ?」
「うーーん・・・はっきり言っていいのかよく分からないんだけど・・・その・・・」

「(何か腹が立つニダ。アメリーの奴、最近ニホンと二人でコソコソやってて気に入らないニダ)
 一体何ニダ!はっきり言うニダ!!」

「うん・・・じゃあここだけの話だよ?誰にも言わないでね・・・」
「安心するニダ。ウリは約束はじぇったいに守るニダ」

「(だ、大丈夫かな・・・)じゃあ言うよ。ホントに誰にも言わないでね?
 昨日ね、アメリー君が・・・・
 「あいつ、言う事がいつもコロコロ変わって信用できねーんだよなぁ。
 キッチョムの事についても迂闊に情報渡したら何するか分かったもんじゃない・・・」
 て言って・・・あっ・・・・」

537 :じょーほーかんり:2005/05/26(木) 23:42:23 ID:YiYIxxx6
「・・・・・・・」
「じゃ、じゃあ、カンコ君、また明日ね・・・・」
ニホンちゃん、硬直しているカンコ君を見て自分の浅はかさを後悔しつつその場を急いで去りました。


そして・・・・・

「アボジーーーーーー!!!ニホンにバカにされたニダっっっ!!!!!
 謝罪と賠償を要求するニダァァァァっっっっ!!!!!!」
火病全開で帰宅したカンコ君。頭から湯気が出ています。

「な、何ニダ!!!ウリは何もしてないニダ!!謝罪と賠償を(略」

「ニホンのやつがアメリーはウリを信用していないとか言いやがったニダ!!!!!
 これはガイコーカンレージョー、キワめてブレーでムセキニンな言動ニダ!!!!!!!」
使い慣れない言葉を使ってアボジに事情を伝えるカンコ君。口から泡を吹いています。

「シッパル!!!聞き捨てならないニダ!!!!!ニホン家に抗議ニダ!!!!!!」
アボジも一瞬で火病メーターが振り切れ、そのまま親子揃ってニホン家へ突撃です。

そして例の如くニホンちゃんの家の前でギャーギャー騒ぐカンコ君&パパ。灯油と酒を間違えて被るのを忘れません。
それを見ているニホンちゃん、ウンザリした顔で
「はぁ・・・・ここだけの話って言ったじゃない・・・・・」

おわり

ttp://www.nikkei.co.jp/news/main/20050525AT1E2500M25052005.html
何故か親友だけに話した秘密が翌日クラス中に知れ渡っていた・・・・
というのとは少し違うかな・・・・

538 :黄 色 い リ ボ ン:2005/05/26(木) 23:48:04 ID:5bNwwXc4
知的な面で勝てそうにないからって
不快なカキコはみっともない。
だいたい今日のネタにはカスリもしてないレスだし、単調過ぎ。

で、何事もなかったかのように
新人さんのデビュー待ち♪


539 :Mitstein:2005/05/26(木) 23:51:55 ID:EyBCHxus
>534 様
大変失礼致しました。考えなしな行動今後気をつけます。


540 :マンセー名無しさん:2005/05/26(木) 23:58:14 ID:y2h3IG+b
>Mitstein

534はニホンちゃん全体にいちゃもんつけてるとオモ。

541 :マンセー名無しさん:2005/05/27(金) 00:07:36 ID:HW6LRngc
>>536-537
カンコにうっかりどぎつい事をいっちゃうニホンちゃんに萌えてみるw
学校の光景でカッチリ諷刺をする辺り面白いしこういうの好きです。
SSを追っかけたいのでコテついたら嬉しいなあw

>>530-531
4へぇ。どうせならジンギスカンの曲の起源とかまでやって欲しいと思いました。
それと、>>534みたいなのが湧いてくるからメール欄にsageって打ち込んで投稿して欲しいです。

542 :マンセー名無しさん:2005/05/27(金) 00:10:26 ID:PL6nxCFB
はしかだな。
初心者特有の。

543 :マンセー名無しさん:2005/05/27(金) 00:14:04 ID:ZRt4W0gW
_さんの珈琲倶楽部、評判悪いのかな。面白かったけどな。
なるほど反対派は終わっていますね。

544 :黄 色 い リ ボ ン:2005/05/27(金) 00:15:02 ID:zDxqzU9V
久々に作品以外のカキコしたら作品の後に作品待ちと書いていたか・・・シクシク

Mitsteinさん、初めまして黄色いリボンです。
こいつは今年の本スレ復活以来、月一で出る雑音なので気にしないで☆
これからも書いて下さい!

545 :マンセー名無しさん:2005/05/27(金) 00:21:46 ID:12i4Udl1
ネタ投下です。英文ですが・・・
フィリピンで、韓国人経営の土産物屋がフィリピン市長夫人の入店を拒否して逮捕されたとか。
ttp://news.inq7.net/regions/index.php?index=1&story_id=37932

・・・何様のつもりなんでしょ、よその国で。
それとも、これがウリナラクヲリテイ?

546 :マンセー名無しさん:2005/05/27(金) 12:05:27 ID:hhXIhuNO
>>543  自演乙
 としか言えませんよ。

 日本憎しの韓国を除いて、冷戦期から自分の都合の悪い決議には拒否権を
行使して安保理を機能不全にしたという、常任理事国問題論は前々から有る
わけですから。
 それを単に品悪くカンコの火病で終わらせるあの作品に、「反対派は終わ
っている」てレスつけるなんて、ね。 

547 :543:2005/05/27(金) 12:40:58 ID:ugM3f1EM
>>546
自作自演じゃないよ。証明できないけどね。
個人的には、言い回しと風刺が面白ければいいけどね。
あまり細かくソースの背景を追う必要もないんじゃないの。
この辺は賛否両論あるだろうし_さんにも悪いからこれくらいにしておくね。

_さんの作品楽しみにしています。

548 :マンセー名無しさん:2005/05/27(金) 15:18:46 ID:TN05YZvu
卑屈な連中の巣?

549 :マンセー名無しさん:2005/05/27(金) 15:19:38 ID:TN05YZvu
気持ち悪

550 :マンセー名無しさん:2005/05/27(金) 15:22:37 ID:TN05YZvu
つーか、こんなの卑屈なのが日本人だと思われたくないから死んでくれ
開いた口が塞がらない恥ずかしくねえの?馬鹿なんじゃねえのマジ死んでくれ
気持ち悪すぎる

551 :マンセー名無しさん:2005/05/27(金) 15:24:40 ID:PL6nxCFB
おさわり禁止

552 :マンセー名無しさん:2005/05/27(金) 15:25:56 ID:P3XIdKUM
ああ、時間的にいつも仕事スレに湧いてるバカか。

553 :543:2005/05/27(金) 15:54:10 ID:ugM3f1EM
>>552
そんなの知らんよ。

_氏はN騒動でスレ崩壊寸前のときにも
けっこう面白いのを書いていたから個人的に応援しているんだけどね。
まあいいや。もう書き込みません。

554 :マンセー名無しさん:2005/05/27(金) 16:20:59 ID:P3XIdKUM
>>553
もちつけ。
俺はID:TN05YZvuに対してだし、551もそうだと思うぞ。



555 :マンセー名無しさん:2005/05/27(金) 16:33:59 ID:PL6nxCFB
>554
んだんだ。

556 :543:2005/05/27(金) 18:06:10 ID:ugM3f1EM
しつれいしました。

557 :Mitstein:2005/05/27(金) 18:15:12 ID:DKbxvy9G
 投稿していいのかどうか微妙ですが、一応・・・。
   『どんな内容なの?』(番外編)
 『ジンギスカン』の歌詞の内容を問われ、内容を
知っているものの過激なので、答えず皆から逃れた
ゲルマン兄妹。ゲルマッハ君はパイプオルガンの前
で、アーリアちゃんが手足で紡ぎだすフーガを聞い
ています。しばらくして演奏が終わると、
 ゲ:「よし、完璧だ。インベンションで培った技術
も活きている。」
 ア:「そうか。良かった。私は対位法の曲は混乱して
弾けないと思っていたが、達成できた。しかし、さっ
き学校で話題になった『ジンギスカン』は父上が若
い頃の曲なんだよな?」
 ゲ:「そうだ。当時ディスコで流すために父上の経営
するプロダクションで作られたそうだ。何でも大ヒット
を飛ばしたらしい。」
 ア:「それが色々な家とかに伝播したという事か・・
・。そういえば兄上、7月に我が家で開催するコンサー
トの曲は考えたか?」
 ゲ:「勿論伴奏は完成している。後はお前のボーカル
を入れるだけだ。」


558 :Mitstein:2005/05/27(金) 18:17:06 ID:DKbxvy9G
ア:「何!?今年は歌入りなのか?しかも私が?」
 ゲ:「そうだ。とりあえずコンピュータを起動して
シーケンスを流して、私がお前の歌うメロディーを弾
く。」
 そういうと、ゲルマッハ君はシンセのスタンバイを
し、流れる伴奏に合わせて曲を始めました。そして、
弾き終えると、
 ア:「今回はトランスか。テクノを発展させた。」
 ゲ:「テクノは我が家でも作られ、色々発展している
からな。じゃあ、歌詞を考えてくれ。できたら、声を
掛けてくれ。すぐに収録する。」
 ア:「え?あ、ああ、分かった・・・。」
 そう言うとゲルマッハ君は部屋から出て行きました。
残ったアーリアちゃんはさっき兄が演奏した曲を思い
出していました。
 ア:「今年兄上が作った曲、何だか哀愁が漂っていたよ
うな気がする。シンセの無機質な音なのに・・・。」
                 Das Ende



559 :Mitstein:2005/05/27(金) 18:18:20 ID:DKbxvy9G
解説です
ドイツの音楽について触れました。ドイツもとい世界の音
楽史に輝くJ・S・バッハはパレストリーナの編み出した対位
法を完成させ、フーガや受難曲等を残し、後のドイツをはじ
めとする作曲家に多大な影響を与えました。しかし、宗教性
の強い厳かなイメージの曲の印象が強いためか、ドイツ現代
音楽のイメージが我々日本人にはあまりないようです。
 『Dschinghis Khan』(ジンギスカンのドイツ語表記)は
同名の6人のグループのデビュー作でもあり、1979年の
大ヒット作で、その後のMoskau(『めざせ、モスクワ』)も
ディスコブームに乗ってヒットしたそうです。
 ドイツで毎年7月の第2土曜日にはテクノ音楽の祭典Die
Love Paradeが開催され、世界中のDJやファンが集まり、
風物詩となっています。また、ジャーマン・テクノ、ジャー
マン・トランスといった国名のついたある種のカテゴリー
を作るに至っています。
 東西ドイツ統合により、特に東ベルリンに放置された地
下室がそういったミュージシャンの活動地になり、発展を
支えているようです。ちなみに東西が互いに偏見を持つ事
なく出会いパーティーをやった唯一、初めての分野がテク
ノだと言うことだそうです。
 長々と失礼致しました。


560 :マンセー名無しさん:2005/05/27(金) 19:39:25 ID:DAAe5Nfh
vipで流行ってたみたいだねw >ジンギスカン
衣装が戦隊もののようだった。

561 :マンセー名無しさん:2005/05/27(金) 20:31:38 ID:61rIN5uZ
ジンギスカンといえば、これを思い出す。
ttp://www5f.biglobe.ne.jp/~asapy/mm/asapy_multimedia003.swf
朝日新聞は変節漢

562 :Mitstein:2005/05/27(金) 23:09:28 ID:gyGkUw0O
余談ですが、マンガ『名探偵コナン』のドイツ語訳『Detektiv CONAN』
の15巻で、コナン君がカラオケで歌うシーンがあるのですが、そこで『ジン
ギスカン』を彼は歌っています。宣伝ぽくなってしまいますが、興味のある
方はttp://www.japan-art-design.de/jpmap.htm#2からか、「ゲーテ書房」に
注文して取り寄せるといいかと。

563 :マンセー名無しさん:2005/05/27(金) 23:45:59 ID:z8mWP5Ch
ドイツ語版なんてあったのか・・・

564 :マンセー名無しさん:2005/05/27(金) 23:49:54 ID:nReaDGin
>>Mistein
おまいさんがドイツにピアノ留学かなんかしてたのはわかったからアゲんなっつの。
>>534とか>>548-550みたいなバカが湧いてくるだろが。

565 :あさぎり ◆WOaKOSQONw :2005/05/28(土) 00:18:50 ID:kDZNqcRB
『こみゅにけーしょん ゆー』

「そんじゃアドレスこれでいいんだね。」
「あ、来た来た、メール受信確認。これでマレーシア君ともメル友だね。」
「うん、ボクもおはようメールとかオヤスミメールとか送るね。」
「あ、そこまでしなくってイイデス。」
「え?」
「ううん、なんでもない。メール待ってるねー、じゃあ」
「う、うん。またね…」
 地球町にもあいてぃの波押し寄せ、いろんな意味でステデーになる為の最先端ツール
はいまや携帯メール。どうせパケ料は親払いという感じで教室中に流行しつつあります。
 ニホンちゃんも『メカ』や『システム』という個人的検索ワードに引っかかり、ここ
最近いそいそとメルアド交換に勤しんでいます。
 シンガ君を皮切りに、メヒコ君やフィリピノ君、そしてさっきのマレーシア君。そして
タイラン君まで…
 イケマセンねえ、男の子ばっかりじゃないですか。
 と、いいますか、ご近所の大事な男の子が抜けている気が…あ、いた。
 カンコ君ケロヨン人形の影からニホンちゃんの様子をじっと眺めていました。

『ああ、ニックキニホンとのメルアド交換は町内ズイイツのメール使いたるウリが、
ウリが、あ、着メロが!アイゴォォ!きっとマレーシアニダ!こまめな奴ニダ!ニホン!
何メール見てニダニダ微笑んでるニダ!あああぁ、ウリが断腸の思いでアド交換断った
真意をじぇんじぇん理解していないニダ!そう、全てはニホンがウリの深遠なる思いを
理解しないのがいけないニダ!ようし早速アポジに言いつけてしゃ(ry』

 着信メールが出会いサイトばっかりなのがそんなに嫌なら素早く行動すべきですね、
カンコ君。

おしまい

566 :あさぎり ◆WOaKOSQONw :2005/05/28(土) 00:19:48 ID:kDZNqcRB
□解説・送信・着信拒否
※ マレーシアFTA締結ですってよ奥さん。お久々のあさぎりです。βで遊んでたら今日みにふろ落ちてますね。
 ははは、別にF5アタックなんてしてませんよ?
※ WTOという世界的な枠組みが破綻してこの方、FTAという2国間による自由貿易協定が各国の静かなブーム!
 とはいえ相互補完で無い限りは対等な協定とは言えないものなのかも知れないですねえ。
  実際にどういう風になるかは発効後の推移を見守るしかないのかもです。

□出会い系ソース
日マレーシアFTA:締結合意 東アジア戦略に弾み−−政府、対韓国は見直しも【毎日新聞 2005年5月26日 東京朝刊】
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/asia/malaysia/news/20050526ddm008020056000c.html

567 :黄 色 い リ ボ ン  ◆JBaU1YC3sE :2005/05/28(土) 00:57:53 ID:4w/irjaw
あさぎりさんお久しぶりです!あ、あれ拒否されてる…
最近カンコ君のようにw

Mitsteinさん、書き込み欄の上に名前を入れるだけでなく、

書き込む 名前:[ 空欄1 ]E-mail (省略可) : [ 空欄2 ]

空欄2に sage と半角で入れてください。

あと偽者が嫌がらせをすることがあるので名前にトリップをつけると
偽者が真似できないので対策になりますよ。
◆の後の意味不明の文字列がで、名前欄に「#好きな文字列」をいれるだけです。
ただ、どんな文字列になるかはわかりません。

568 :マンセー名無しさん:2005/05/28(土) 01:12:38 ID:zmTmhqfi
>Mistein氏
会話冒頭に名前を入れずにやった方がストーリーがキレイに進みます。
なんか説明書読んでるみたいでおもんない。

569 :シェロ:2005/05/28(土) 02:08:42 ID:UiyTDaVm
>Mistein氏
会話冒頭に名前を入れないでやる手法は>565、>536-537、>508-511などを参考にすると吉です。
キャラの話し方をいじってみるとかね。

後、元ネタをトリビアっぽいものにすると、「それで?」って感じしか残らないことが多々あるので、
この話ならゲル兄とアーリアの絡みをもっと年頃っぽくしてみたりした方がよかったでしょうね。
キャラクターに説明をさせただけじゃ多分・・・てかぶっちゃけつまんないですよ。主題がよく見えないし。

てなわけでルクセンくんがそれを踏まえたいいキャラになるのを期待してますニダ♪

>黄色いリボン氏
トルコの情報提供サンクスです。次のクルドでありがたく使わせていただきますm(_ _)m

570 :縁起でもない:2005/05/28(土) 10:35:23 ID:K+QnmzYj
中華マンションはとても広いです。
管理人のチューゴパパもどこに何があるか、誰が住んでたかなんて細かく覚えていません。

「金目の物でもないアルか・・・・」
貴州棟のある一室、もう誰も使っておらず、誰が捨てたか知れぬがらくたばかり置いてあります。

「チッ、碌な物がないアル、わざわざ鍵を壊して入ったのに骨折り損アル」
ガンッ、と壁を蹴っ飛ばすチューゴ君。
すると、

がらがらがら

「アイヤーーッ!」
ゴミの山が雪崩になって襲い掛かってきました。

「クソッ、もうこんな所に用は無いアル!!」
ブツブツ言いながら山の中から這い出てきました。

「ん?」
ふと見ると、さっき蹴った壁が剥れかかっています。

「やばい!こんなのがパパに見つかったらお仕置き・・・んんっ??」
ぴたりとゴミで壁を隠すのを止めるチューゴ君。

571 :縁起でもない:2005/05/28(土) 10:36:16 ID:K+QnmzYj
「何アルか、これは・・・」
なにやら、壁の裏に文字らしきものが見えます。

「どうせ隠すんだからいいアル!」
ばきっ、と剥れかかった壁を外して謎の模様を拝見するチューゴ君。

「・・・・・・・・・・」
何故かみるみる顔が青くなっていきます。
チューゴ君、大急ぎで壁をゴミの山に隠し、剥れたところにゴミを移動させました。
あたふたしながら部屋から飛び出るチューゴ君。そこへ・・・・・

「チューゴ、何してるアルか?」
「げっ!!」
「げっ、とは何アル。お前その部屋で何してたアルか?」
「なななななな何もしてないアル、見てないアル!!」
んな様子では何言っても説得力がありません。パパに引きずられ部屋に連れられるチューゴ君。

「こ・・・・・これは・・・・・」
「・・・・・・・・」
パパも壁を見て顔を真っ青にしています。

「チューゴ、お前は何も見てないアル。ここに何があるかお前は知らないアル」
「わ、分かってるアル。僕は何も知らないアル!!」
無表情で息子に念を押しているパパ。チューゴ君びびりまくりです。

「(あそこはずっと無人の筈アル、一体誰の仕業アル・・・・・・)」
自分の部屋で黙々とあの部屋の資料を探すチューゴパパ。
果たしてあれは誰かのイタズラ書きだったのか?それとも・・・・・

572 :縁起でもない:2005/05/28(土) 10:36:58 ID:K+QnmzYj
ttp://www.epochtimes.jp/jp/2005/05/html/d72640.html

写真
ttp://www.epochtimes.jp/jp/2005/05/img/m88790.jpg
ttp://www.epochtimes.jp/jp/2005/05/img/m79539.jpg
>人為的な加工は、一切みられない。
それはひょっとしてギャグで(略)

573 :マンセー名無しさん:2005/05/28(土) 10:53:50 ID:K+QnmzYj
「チューゴ君、「中共」と書かれた落書き発見」

「パパを連れてきてよく見たら「中共亡」と書いてあった。チューゴ君しばかれる」
のが良かったかもしんない・・・・

574 :青風: ◆BlueWmNwYU :2005/05/28(土) 14:02:58 ID:v0pzjba1
「私が見えますか?」

 もうすぐ夜の11時も回ろうかという頃、
日ノ本家の屋根に梯子を掛けて上る人影がありました。
屋根の縁に手を掛け、よいしょっと腕に力を込めて一番高い処へ
登り切ると、遠くに広がる大きな湖。そしてその対岸の家の灯り。
人影は手にした携帯を見つめ、少し大きめに息を吸うといつもの番号
に電話を掛けました。

 その頃、その対岸に見える大きな家--アメリー家に侵入しようとする
不届き者がありました。マスクを被ったそれは、湖に面した2階ベランダの
様子を伺い、自らを鼓舞するように軽く気合いを入れ、高い塀に手を掛け、
そして一気に登り始めました。が、その瞬間
「おい、てめぇ妹の部屋の傍で何やッてんだ!!」
と、突然声を掛ける者がありました。マスクの人影が振り向くと其処には
怒りに爛々と眼をぎらつかせた長外套と毛皮帽の男が立っていました。
「あ、ああお兄さんブエナス ノーチェス(こんばんわ)」
「うるせえよルチャ!てめえこの間もラスカの部屋に忍び込もうと
 しやがったんだってなぁ。覚悟は良いかぁ?無くても良いがな。
 じゃあ、スパコーイナイ ノーチィ(おやすみ)ルチャ、永ッ久にィ!」
”お兄さん”が震えるルチャ君に必殺のダブルラリアットをお見舞いしよう
としたまさにその時、
「おいおい、何時から俺以外にラスカのお兄ちゃんができたんだぁ?」
と声を掛ける者がありました。
長外套の”お兄ちゃん”ロシアノビッチ君が振り向くと、其処には
口調こそ冗談めかしているものの、眼は全然笑っていないアメリー君が
軽く腕組みをしてこちらを睨んでいました。

575 :青風: ◆BlueWmNwYU :2005/05/28(土) 14:04:34 ID:v0pzjba1
「よう、誰かと思ったらラスカの”元”おにいちゃんじゃないか。
 どうした、今度はどの妹を売りに来たんだぁ?」
「いんや、今日こそ実の家族を恋しがって泣いてる可哀想な美少女を
 糞ヤローから救い出そうと思ってなぁ。何なら手伝うかよ?」
「救い出してから今度は誰に売りとばすんだよ?」
「てめぇじゃねぇ事だけは確かだぜ。あれは俺が幸せにするんだ!」
「手段もない癖に粋がるなよ」
「て、てんめぇええええェェエエ!!」

「あ、あのぉ、お二人とも冷静に・・・」
突然勃発したラスカの”お兄ちゃん”同士の激突に、事態からすっかり
置いてきぼりを喰ったルチャ君は狼狽えるだけです。
このままでは偉い事になる、とばかりに介入を図るのですが
怒りに燃える2人には入り込む隙間すら有りません。

 その時突然、甲高いアラーム音がアメリー君のポケットから響きました。
ちっ、と舌打ちしながらごそごそと黒い小さな箱を取り出しスイッチを
入れると、耳障りな雑音と共に聞こえるのはラスカちゃんの声です。
一心に聞き入る男共3人。既にさっきまでの展開は湖の彼方です。

「ピ、ガ、ガガー・・・ねぇ、タ・シさ・そこから私が見えるかしら?・
・・ガ・・ラスカね、新しいお洋服買って貰ったの・・ガガガ・・・
今度のお休・・映画・・何を・ガガ・」

「おいアメリー,是は何だ?まさか、ラスカの携帯を盗聴・・」
「兄として妹の監督は当然だろうが!」
「しっ、声が大きいですよお兄さん。聞こえませんって」

576 :青風: ◆BlueWmNwYU :2005/05/28(土) 14:06:07 ID:v0pzjba1
「・あ・ガガ・・く見えるよ・・ラスカちゃ・・とっても綺麗だよ・
・楽しみだよ、今度の・・日・が・・ガガ・」

「おおぅ、ラスカちゃんが男と話をしているぅ」
「がーっでむ、何処の何奴だぁ!」
「離れて暮らしているうちに何が有ったんだ、ラスカぁぁ」

「・・ガガピピ・・じゃあ、明日・・でね。・・本当は・・っと
 一緒に・・たいのに・・・お休み・・また・・でね・・」

ぶっつりとラスカちゃんの声は聞こえなくなり、取り残されたのは
3人の男共です。彼らは奇妙な連帯感を抱いたままがっくりと
肩を落とし、互いに労るような目線を交わした後に無言で別れ
たのでした。

 さてその頃、湖の向こうの日ノ本家の屋根の上では当のラスカちゃん
の電話の相手、ウヨ君が双眼鏡を片手に余韻に浸っていました。
彼の脳裏にはラスカちゃんの先ほどの姿が焼き付いています。
新しい服を着て、スカートの裾を広げて何度も彼の為にだけ
ターンをしてみせる輝く瞳のラスカちゃんの姿が。


577 :青風: ◆BlueWmNwYU :2005/05/28(土) 14:10:44 ID:v0pzjba1
後書きや解説かも知れない云い訳と駄文

お久し振りであります。
さて、今回は前スレ815様の依頼に基づいて
書きかけていた「アラスカで見るオーロラ」の
話を改変してお送りしました。
いやぁ、時間をおいてから発表すると、ソースが
リンク切れになっていたりと、イロイロです・・・

で、それだけだとアレなのでウヨ君のラスカちゃん鑑賞用双眼鏡
「あけぼの」のソース(w
ttp://www.isas.jaxa.jp/j/enterp/missions/akebono/index.shtml

ついでにルチャ君を登場させてみましたが、どうでしょう?

さて、依頼者様。
ソースがちょっと古くなりましたがどうでしょうか?
お気に召しましたらご感想なりと宜しくお願いします。
(読んでいたら良いんですけどねぇ)

それでは、皆様次回作で。
出来るだけ近いうちにお会いしましょう。

ノシ

578 :青風: ◆BlueWmNwYU :2005/05/28(土) 14:14:24 ID:v0pzjba1
>577

う、早速解説に間違いを発見しますた。
依頼者は前スレの615さんですねぇ。

大体、私が長文書くもんだから
前スレは700行かずに撃沈してましたぁ・・・・(´・ω・`)


579 :マンセー名無しさん:2005/05/28(土) 21:32:26 ID:wAt1G+Ez
何かウヨ君が変態チックだ(苦藁

580 :無銘仁:2005/05/29(日) 08:28:57 ID:BMA2z0gy
本スレには書くまいと思ったのに……補完が落ちて居場所がないorz
↓補完消滅で困っている同志諸君は、ここでも使ってくだされ。
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/computer/21978/1116955574/

581 :マンセー名無しさん:2005/05/29(日) 08:55:22 ID:4+gNn6ZD
>>579
でも覗きじゃない罠w

582 :マンセー名無しさん:2005/05/29(日) 09:00:54 ID:QGHQuyyq
>>580

ありがとう。無銘仁氏は神!

583 :マンセー名無しさん:2005/05/29(日) 10:15:33 ID:eEumYB6V
飯研で、ふとネタをおもいついたので、こちらにも転載しますw

カンコ君「最近、アメリカからの情報が少ないニダ。なんかイルボン聞いてないニダ?」
ニホンちゃん「アメリー君から、カンコは口が軽いから言うなって言われてるよ。
         それに、アメリー君とこの番犬をいじめたり、旗をやいてるじゃない。」
カンコ君「ファビョーーーーーん。謝罪するニダ賠償するニダ」
ニホンちゃん「あわわわわわわわ。」

584 :どぜう ◆3F8jIdnlW2 :2005/05/29(日) 11:31:27 ID:bOAZLxeP
残念、>>536-537で外出ニダ

585 :目次250:2005/05/29(日) 17:50:46 ID:WV+LtNm4
第2245話〜第2250話
>>506-507

第2251話「EU2」
>>508-511
第2252話「珈琲倶楽部」
>>514-516 ( >>517 解説)
第2253話「どんな内容なの?」
>>528-531
第2254話「じょーほーかんり」
>>536-537

586 :目次250:2005/05/29(日) 17:51:30 ID:WV+LtNm4
第2255話「どんな内容なの?(番外編)」
>>557-558 ( >>559 解説)
第2256話「こみゅにけーしょん ゆー」
>>565 ( >>566 解説)
第2257話「縁起でもない」
>>570-571 ( >>572 解説)
第2258話「私が見えますか?」
>>574-576 ( >>577-578 解説)

587 : :2005/05/29(日) 20:18:57 ID:+SYjl6C4
地球町カンコ化計画

あの海難事件から数日後。

「皆さん本当にすいません。オッパは自尊心だけで生きている人間で
 カムサハムニダと、ミアンハムニダと、五円五十銭が上手くいえないだけニダ」
「ははは、そういって貰えると助かるよ」
「救出費用と謝礼の件ニダが。一つお願いを聞いてくれれば全額お支払いしますニダ」
「お願い?我々にできることなのかい?」
「オッパを自宅療養させて欲しいニダ、オッパは病院の食事は味がないといって怒っているニダ」
「ええ?兄さん隣りの患者の分まで食ってたんだがな。まあ回復具合は良いしいいだろう。」
「じゃあこれお礼とこの菓子折りは皆さんで」
「おっと今回は謝礼はいいよ、まあ兄さんに美味い物でも食わしてあげるといい」
「カムサハムニダ」


あれだけ難航していたカンコ氏の救難費用不払い問題は彼の妹、チョゴリさんの登場であっさり
解決に向かいました。
大損こかなくて済んで、胸を撫で下ろすゲルマッハ所長の所へ、長身のブロンド美人が訪ねてきました。

「始めまして、お美しい方ですな。貴方は?またマカロニがご迷惑でも?」
「ははご冗談を、私はセントクリスチャン病院のフランソワーズ。アーリアさんの主治医です」
「妹の容態が悪いのですか?」
なんだかんだと妹思いのゲルマッハ氏嫌な予感が胸をよぎります。
あの事件以来アーリアさん、体調が悪いらしく、怒りっぽくなっていて、いっつも目を吊り上げていたから
不安が余計募ります。

 よく言えば質実剛健、悪く言えば合理的すぎて殺風景な黒っぽい調度の応接室で
この町に迫った未曾有の危機が、フランソワーズ医師からゲルマッハ氏に伝えられました



588 : :2005/05/29(日) 20:21:06 ID:+SYjl6C4
「妹さんの体調は直ぐにもとに戻るでしょう。問題なのは検査の結果微量ですがアーリアさんの体内から毒ガスが」
「毒ガス?そんなものがどうして一体?」
「体内から出た量は微量で人体には影響しませんが、Urea Nitrogen Capsaicin type O(O型カプサイシン尿素窒素)
 に間違いありません。人体から尿中に排出されなけばいけないBUNと、朝鮮漬を漬ける過程で偶然発生するO型カプサイシン
 を結合させた、キムチ臭がある赤色の神経性毒ガスです。」
「タブン、ソマン、サリン、VXなどは聞いたことがあるが初耳だなUNCO」

「UNCOが大量に空中から散布された場合、条件が最悪ですと10分以内に半径100キロ以内の人間は65%が死亡。
 深刻なのはその後遺症で、患者は特徴的な症状に苦しめられます。」

 1 目が吊り上り、頬骨が飛び出し、下顎が肥大する(ニダー顔貌)
 2 倦怠感、勤労意欲の減退、自尊心の肥大、論理的思考の欠落、虚言癖などがあらわれる(ヤンパン神経症)
 3 怒りや暴力衝動を制御できない(火病)

「つ、つまりこれが大量に散布された場合・・・・・私は生き残りたくないな」
「黒死病以来の恐怖です。生き残った全員がカンコ化してしまうのです。ですから」
「判った、もう言わなくていい。我が枢軸探偵社は無料で全面強力する。なんとしてもUNCOの出所を掴むんだ。」
「いいえ、これはアメリー警部の依頼です。調査費用は全額公費負担です。」
「アメリーが?いったい何故?」


589 : :2005/05/29(日) 20:23:49 ID:+SYjl6C4
その夜 枢軸探偵社全員が応接室に集められ会議が開かれました。
ゲル「ということだ、UNCOがばらまかれると」
マカロニ「とっても臭い!」
アーリア「貴様は黙ってろ!」アーリアさんの裏拳が、マカロニーノ氏の鼻をヒットします。
マカロニ「いってえ 鼻を攻めるなこの野郎」
ニホン「でも、どしてアーリアさんの体から毒ガスが?」
ウヨ「カンコだろ、あいつ変だった。アーリアさん人口呼吸の時なんかされたんだ」
ゲル「たけし君鋭いな。その通りだ。というかあの海難事件ははなから自作自演だったんだ。」
アーリア「どういうことだ?」
ゲル「奴はUNCOを空からばらまく為に、飛行艇がほしかったんだよ、だから嵐の日海難事故
 に見せかけて、飛行艇を呼び寄せてハイジャックするつもりだった。あの電話は偽電話で、当局のものはなかった」
ニホン「雷鳥は救急艇兼消防艇だからね、放水装置に毒ガスいれて。それで普通のヘリでいけないような日に」 


590 : :2005/05/29(日) 20:24:59 ID:+SYjl6C4
ゲル「で未遂に終わった、飛行艇の中に武術の達人が3人いたからね、人口呼吸しにきた
   アーリアを毒ガスで狙ったが、余りのキムチ臭で致死量を送り込む前に逃げられたと言う訳だ」
ニホン「でもカンコはUNCOまみれでも大丈夫なの?」
ゲル「フランソワーズ先生の話では、あいつはカプサイシン体質でな、UNCOの中でも通常と同じように活動できるんだ」
マカロニ「じゃあ、なせ飛行艇の中で一発ぶっ放さなかったんだ?」
アーリア「パイロットのおめえまで殺してしまっては、飛行艇が墜落するだろうが、で怪我人のふりしてた訳だな」
ゲル「あのチョゴリは仲間の工作員だよ、カンコを回収に来たんだ、カンコがごねたのは時間稼ぎだ」
アリーア「判っててなぜ逃がした!」
ゲル「私は寿司と兄妹愛には弱いのだ。ただ退院するカンコにはフランソワーズ先生が発信機をインプラントしてある。」
ウヨ「チョゴリが置いて行った菓子折りは危なくないんですか?」
ゲル「あれは既に分解した。時限爆弾だったよ。古典的な手は私には通じないよ。奴ら逆に足をつけていった。
   奴らはニダニダ団、首領はキッチョムという男だ、逆に潜入してやるか、たけし君忍術つかえるんだってね」
ウヨ「はい」

ニダニダ団とは何か? その目的は? 地球町カンコ化計画は防げるのか? 敵地へ決死の潜入を行う
日ノ本武士の運命やいかに! 

次号に続く



591 : :2005/05/29(日) 20:26:07 ID:+SYjl6C4
あとがきと用語集
用語集
ミアンハムニダ(ごめんなさい)韓国語
カプサイシン カプサイシンを取ると辛い=痛いという状態になる。痛いのを誤魔化す為に脳はドーパミン
を大量に放出これが気持ちよくなってくるそうで。このメカニズムはパンチドランカーと同じ
つまりかの国の人があれなのはキムチドランカー?
資料はこちら
http://kankoku_manse.tripod.com/Red_pepper/Miscellany/tougarasi_kiken.html

Urea Nitrogen(BUNまたはUN尿素窒素)たんぱく質を分解してできる有害物質。たんぱく質分解分ぐらいは
腎臓から排出される為人体では安全な量に保たれているが、大きな外傷、腎不全等の理由でしきい値
を超える値が体内にあると尿毒症で生命の危険にさらされる。

タブン ソマン サリン、VXすべて危険な神経ガス
資料はこちら
http://www5.ocn.ne.jp/~ark0525/chem_sarin.html
北朝鮮はサリンを数千トン所有し、ミサイルによって日本をサリン攻撃できる。ここ注意!

雷鳥  前回に続き劇中では海上自衛隊US-1の意。やってることはリアルサンダーバード
2002年6月までの総出動回数は653回に達し、636人の人命を救っている。
資料はこちら
http://www.246.ne.jp/~miti-230/HTMLmemo/US-1.html

あとがき
この話はまだ途中で長くなりそうなんで、一旦きります。
某国といまより緊張が高まった場合、某国の戦力はわが国を脅かす力はありませんが
わが国の某国関連団体が瓦斯兵器を使って、後方撹乱する挙にでることは考えられます。
話の主題、背景はその辺のところと、刺激物ばっか食ってるというあたりです。
唐辛子の粉の大量散布ですら目に強烈な刺激をあたえるのですから
わが国は恵まれているのが災いして運搬手段など簡単に入手可能ですし。

592 :マンセー名無しさん:2005/05/29(日) 22:16:58 ID:ZzzQdflw


まだやってんの、これ?気持ち悪いなぁこいつら





593 :マンセー名無しさん:2005/05/29(日) 22:33:23 ID:QGHQuyyq
>>592

君も参加してみなさい。結構楽しいのだよ。

594 :マンセー名無しさん:2005/05/29(日) 22:53:22 ID:eWUB+w8k
>593
おさわり禁止。
馬鹿が空気感染しちゃうよ。

595 :マンセー名無しさん:2005/05/29(日) 22:55:29 ID:mATy58fG
_さん、亡国のイージスを読んだことがありますね?
あと、ごめんなさいはミアンナムニダじゃなかったかな。
続きもお待ちしています。

596 :ab-pro:2005/05/29(日) 23:00:05 ID:MMjNGFXL
 私は今日も真実の探求に明け暮れる一人の記者。
 私のペンは、今日も真実を描き出す。

証言者A 「あいつは再びアジア町を支配下に置こうと暗躍しているアル。
 前の町内大喧嘩の時に、散々、朕たちを痛めつけてくれた狂犬の墓をお
参りするのがその証アル。
 朕はアジア町の人々と、あの家の妄動を注意深く見守るアル」

証言者B 「隣家のウリの許可もなく、勝手に町内会役員に立候補してい
 るニダ。竹島パンツがウリが盗んだとか、最近は妄言もはなはなしいニ
 ダ。過去の反省が足りないニダ。
  ああ、軍靴の音が聞こえてきそうニダ!」

証言者C 「あいつは悪魔ニダ。大悪魔アメリーの庇護の元、数千発の特
 殊花火を作る材料を取りそろえているニダ。
  そもそもあの家の防犯装備は地球町で2番目にお金がかかったものニ
 ダ。そんな物騒な装備をしているのは、再びアジア町を我が物にしよう
 としている証拠ニダ。
  あの悪魔を封じている九条の首輪が外れたら、この世の終わりニダ。
  みんな騙されるニダ。あいつは悪魔ニダ!」

証言者D 「ああ、あのならず者の言い分は言い掛かりだな。
  でも、このままなら、彼女が特殊花火を作ることも容認しちゃうかも
 な。彼女はアジア町でもっとも頼れる友人だから、これからも頑張って
 欲しいと思うよ。
  九条の首輪?あんなの彼女に似合わないよ」

597 :ab-pro:2005/05/29(日) 23:01:28 ID:MMjNGFXL

 こうして、真実を閉ざす外堀は埋まった。後は本丸を陥れるだけだ。
 私はたぎる使命感を内に秘め、彼女に直撃取材を試みた。

ニホン  「やっぱり自分の身は自分で守らないと。最近は何かと近所も
 物騒だし。それにキッチョム君の嫌がらせには、本当にどうしようかと
 迷っているところなの。
  ん?この首輪?
  お気に入りだったんだけど、もう古くなってきたから、そろそろ新し
 いのにしようかな、て。
  あれ、どうしたの、アサヒちゃん?」

 複数の証人による証言と、本人の告白。これ以上、真実を語る上で何が必要だろうか?
 私は満を持して、センセーショナルに真実を書き記した壁新聞を教室に張り出した!

 「スクープ!! ニホンちゃん特殊花火数千発を製造し、アジア町の番
長へ!
 九条の首輪放棄。アメリー君もアジア町番長就任を承認!!
 逆らう奴はぶちのめす!!」

 次の日、アサヒちゃんは新聞を撤回したが、急な発熱で欠席した二人+
登校拒否児童の様態が回復するまで、しばらくの時間を要したという。     end

 と言うわけで、ソースは投下されたネタ+九条の首輪+労働新聞から。
 どういう訳か連日、彼の国の新聞では「日本の核武装」とか「日本のア
ジア侵略」とかいった論説が展開されているとか。
 その内容たるや、「あんた人のこと言えるの?」というレベルを通り越
して、「その論説が現実になったら、一番困るのは彼の国でしょ」と言え
るような内容で、思わず笑いが溢れてしまいます^^
 彼の国の新聞を擬人化するのも何ですので、今回はアサヒちゃんに泥を
かぶって貰いました。ええと、謝罪はしませんよ、私は^^;

598 :マンセー名無しさん:2005/05/29(日) 23:05:17 ID:XySs3plw
>>592
激しく同意。
ロリオタの妄想オナニーははっきり言ってキモすぎ。
だからこんなクソスレageんなよバカ!

599 :どぜう ◆3F8jIdnlW2 :2005/05/29(日) 23:35:44 ID:bOAZLxeP
>>596-597
>ab-pro さま
乙でございます。
>泥をかぶって貰いました。
まあ、朝(鮮)日(報)ですから、大目に見てくれるんではないかと。
ひょっとしたら草葉の影で本人も喜んでいるかもしれません。

ところで、
>真実を閉ざす外堀は埋まった。
って、自覚してるんでつか?アサヒたん?

なお、急な発熱で欠席した二人+登校拒否児童には、
是非とも長期休暇を取っておいてもらいたいところです。が。

600 :マンセー名無しさん:2005/05/31(火) 20:45:28 ID:slL+aIO0
フランスが国民投票でEU憲法批准を否決しました。

あやうしフランソワ!!

601 :マンセー名無しさん:2005/05/31(火) 21:18:32 ID:slL+aIO0
ttp://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1188401/detail

あやうしエリザベス!

602 :マンセー名無しさん:2005/06/01(水) 23:21:11 ID:1ceAxI+A
ネタ投下させていただきまつ

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050601-00000114-yom-soci

韓国漁船、海上保安官2人を乗せ逃走

海上保安官を拉致した韓国に謝罪と賠償を(ry

603 :マンセー名無しさん:2005/06/02(木) 14:31:13 ID:ijVIqq+6
ニホンちゃんは多摩川の水面を眺めていた。
「アザラシのタマちゃん、今はどうしてるんだろう?」

カンコ君は素っ裸で銛を手にし、潜っては浮かび上がるを繰り返して
多摩川の河底を探っていた。
「もう一度、あのアザラシ肉を食いたいなあ」

604 :ab-pro:2005/06/02(木) 20:42:01 ID:NCulMEXZ
 「今回は私の圧勝ですわよぉ」
 小さく呟いた後。かろやかに余裕の笑みを浮かべたフランソワーズは、
大いに胸を張って宿敵の姿を探し求めました。

 ここは保健室。
 毎月恒例の身体検査の日です。
 男の子達の検査が終わった後、保健室は女の子だけとなっていました。
 「はい、体重と身長を計りますよ。さあ、脱いだ脱いだ」
 ぱんぱんと手を叩きながら、フラメンコ先生がおしゃべりに夢中にな
りがちな女の子達をせかします。
 小学五年生ともなると、いろいろと自分たちのスタイルが気になり始
めるお年頃。
 そんな中、やっぱりフランソワーズちゃんは、宿命のライバルが気に
なって仕方がないようです。

 「やっぱり、ニホンちゃん達には悪いですけど、アジア町の子達はま
だまだお子様体型ですわね。
 かといって、アーリアはどちらかと言えば男の子ぽいですし、ここは
今度こそエリザベスに差をつけて、クラス一の美女の座を確実な物にし
てみせますわ!」
 そう心の中で確信しながら、保健室の片隅で着替えを始めようとするエ
リザベスの姿を認めたフランソワーズちゃん。
 この日のために、ママに(相当駄々をこねて)おねだりして、おろし
たてのシルクのブラとショーツをゲットしたフランソワーズ。
 初めて着るシルクの肌触りに、「ああ、私って大人の女性!」と無邪
気にご満悦のあたりは、本当に子供らしい可愛らしさです。

605 :ab-pro:2005/06/02(木) 20:42:36 ID:NCulMEXZ

 さて、そんなフランソワーズちゃんは、まずはライバルのおこちゃまっ
ぽいであろう下着を確認してから余裕の勝利宣言をしようと、食い入るよ
うにスカートに手をかけたエリザベスを、少し離れて見つめます。
 賑やかに着替える女の子達の中、ぽつんと一人着替えにかかるエリザベ
ス。
 本当にやきもきするほどノロノロとスカートを下ろにかかります。
 そして、白い肌がゆっくりと露わになっていき・・・・
 
 「・・まあ、エリザベスったら!よりにもよって小学生にはセクシーす
ぎですわよ!紐パンというのかしら、布地がほとんど見あたらないじゃあ
りませんの!!」
 心の中でど大きな敗北の絶叫を上げながら、でも、すぐに何か根本的な
違和感を感じるフランソワーズ。
 そしてエリザベスのスカートが膝のあたりまで下ろされたとき!

 「☆×◯△♀!!」
 
 言葉にもならない絶叫をあげたフランソワーズは、ものすごい声に凍り
付いた同級生達を勢いよくかき分けて、瞬く間に保健室のついたての向こ
うにエリザベスを放り込みます。
 そして見事な往復ビンタ。
 「立ったまま寝てるんじゃありません、エリザベス!!
 ちゃんと起きなさい!!」

 フランソワーズと同じく、今日の身体検査の作戦を練っていたら、良い
作戦が思い浮かばず、とうとう一睡も出来なかったエリザベス。
 半分寝ぼけたまま、学校へ来た・・・・のかな????
                              end


606 :ab-pro:2005/06/02(木) 20:43:43 ID:NCulMEXZ
 保守です。保守です。保守です!!
 ソースは>>601から。

フラン 「何、馬鹿なSS書いているんですの、このヘボ作家!!
 EUはどうするんですの?」
ネーデ 「僕の性格、分かっているのかな?」
ルーマ 「私の性格、妙に書いたら・・・・お仕置きよ・・・」
アーリ 「私が何故、焼き餅焼きの登場予定になるのだ!」

 ああ、現在勉強中です。
 ・・・というか、このまま夜逃げしようか^^;

607 :あさぎり ◆WOaKOSQONw :2005/06/02(木) 22:39:02 ID:a3/XxFt1
>>606
黄色いリボン氏に着信拒否かましたウリが607げっと。(いみなし

夜逃げは営倉送りですので、謝罪と賠償として次回作書く事!

608 :マンセー名無しさん:2005/06/02(木) 22:47:28 ID:MS9HHR7G
>>606
一両日中に絵師が毒イラ描くの必至なので逃げ道は絶たれました。
そしてデスマーチが鳴り響くw

609 :マンセー名無しさん:2005/06/03(金) 17:44:35 ID:iw9Qx3eo
>> 毎月恒例の身体検査の日です
 とあるし、ウリもあさぎり閣下と同じく次回作希望ニダ^^ (確信犯 ニヤリ)
 
 ところで、ソースが >>601 で、
>>ノロノロとスカートを下ろにかかります。
 と言うことは、その日は身体測定が始まるまでエリザベスちゃんは・・・・・・

610 :マンセー名無しさん:2005/06/04(土) 08:33:11 ID:gV4kWj6r
もうダメだ、こりゃ。

611 :マンセー名無しさん:2005/06/04(土) 13:18:05 ID:Q10DAedB
 ある土曜の今だ眠気も残る午前10時。
男は一人自分のパソコンに向かってキーを叩いていた。

「・・を持っていそうな追っ手が!ニゲロ、っと。
 よしよし、評判も悪くないぞ。是で次回作の方向も決まったな」

自分が発表したSSへの反応がまずまずなのに、思わずにんまり
とする口元。さてと、と云いながら次回作に取りかかろうとする男が
首筋に悪寒を感じ、頭を低くしたその時。反瞬前まで男の首が存在していた
辺りを幅広のサーベルが、ぶん、という恐ろしげな音と共に掠め去るのが
目に映った。
「ちぃ、命冥加な奴め!」
振り返るとタータンチェックのミニスカートにサーベルをぶら下げた
黒いショートカットの美少女が、怒りの眼で彼の方をにらみつけて居た。
「お、お、お嬢ちゃん、駄目だよう、刃物なんかもっちゃぁ」
あまりの事態に些か間の抜けた応対をする男。
「や、やかましい!
  良くも我がエリザベス様に斯様な真似をさせたなぁ!
                  ・・そ、それにぃ、僕は男だぁ!」
是でようやっと彼にも事態が判った。
主人思いのマルタの怒りが現実と創作の壁を乗り越えさせたのだ。
「わ、判った。きちんと書く。ちゃんとしたのを、だから・・」
と、マルタの怒りを抑えようとする彼に背後から声を掛ける者があった。
「おほほほほ。私あの展開も好きですのにぃ。
      あのままお続けになって下さいません事?」
豪奢な縦ロールの金髪少女に男はげんなりと呟いた。
「どうしろっていうんだい?」

・・・などと現在の某SS作家氏の現状を中継してみるテスツ
(作品じゃ無いですから採番は要りませんよ)

612 :マンセー名無しさん:2005/06/05(日) 15:03:11 ID:PCIbhsNB
保守

613 :ニホンとタコ:2005/06/05(日) 17:31:57 ID:2gFrMJnP
これは、ある夏の日、5年地球組の友人たちをつれて
海へ出かけたときのお話です。(カンコ君も無理やりついてきましたが)
白い砂浜にみんなの楽しそうな声が聞こえます。
どうやらビーチバレーをしているようです。
「ニホンちゃん!そっち行ったよ!」
「うん!」
タイワンちゃんの声に答え空に弧を描くボールをしっかりと見据えるニホンちゃん。しかし・・・
「ニホン!喰らうニダ!」
「え? キャア!」
なんとカンコ君が卑怯にも砂の目潰し攻撃を仕掛けてきたのです。
視界を奪われたニホンちゃん。ボールは頭で受けることになってしまいました。
ボンッ
「あうっ」
みんなの冷たい視線が突き刺さるなか、さすがは空気の読めない男ナンバー1のカンコ君。
してやったりと得意顔です。
「地の利を最大限に生かさなければ実戦では勝てないニダよ。ウェーハッハッハ!」
そしてお約束のようにタイワンちゃんに制裁を受けるのでした。
「このっ、バカンコー!!!」
タイワンちゃんの怒りのアタックがカンコ君の顔面にクリーンヒットし、弾かれたボールは遥か遠くへ飛んで行きました。
「自業自得ですわ」
「まったく、国際ルール(ビーチバレーの)ぐらいは守ってほしいものですわね」
と、エリザベスちゃんとフランソワーズちゃん。マカロニーノ君も盗撮どころではありません。
「大丈夫か?ニホン。目を洗いに行こう。」
「うん、ありがとうアーリアちゃん」
ニホンちゃんはアーリアちゃんに連れられて行きました。
アメリー君も、
(ったく、誰だよ。カンコのやつを連れてきたのは。)
と思いながらも
「ボール取って来る」
とみんなに告げ、岩場の方へ走っていきました。
どうやらカンコ君のせいでビーチバレーは一時中断のようです。

614 :ニホンとタコ:2005/06/05(日) 17:32:46 ID:2gFrMJnP
(いったいどんなバカ力でとばしたんだよ。ぜんぜん見つからないぞ。)
さっきからボールを捜しているアメリー君ですがさっぱり見つかりません。
(あきらめるしかないか)
捜索を中断しようとしたその時、後ろからアメリー君の名前を呼ぶ声がしました。
「アメリー君、ボール見つかった?」
「ん?ああ、ニホンちゃんか。全然だよ。それより目、大丈夫?」
「うん。それよりボール、私も探すね」
「ああ、サンキュ。あとカンコの奴はどうなった?」
「みんなに制裁・・・じゃなくって、怒られてる」
恐ろしいほどいつも通りの展開にアメリー君は苦笑します。
「じゃあ、ニホンちゃんはあっちの方探してくれ」
「うん」
ニホンちゃんは笑顔で答えると、アメリー君に指示された方に探しに行きました。
ニホンちゃんの後ろ姿を見つめながらアメリー君は思います。
(かわいいんだけど色気が足りないんだよなあ)
(エリザベスやフランソワーズみたいに露出度の高い水着は着ないし)
ニホンちゃんの水着は白のワンピースタイプです。
(ムネも膨らみかけだし)
(岩陰で女の子と二人きりなのは嬉しいけどニホンちゃんじゃあ色っぽいことは
期待できないなあ)
そんなことを考えているうちにニホンちゃんがなにかみつけたようです。
「あっ、アメリーくーん」
「ボールあったか?」
「ボールじゃないんだけど、いいものみつけたー」
なんだろう、そう思いながらアメリー君は岩陰でうずくまっているニホンちゃんに
後ろから声をかけます。
きれいな貝殻でも見つけたのでしょうか?
「どれ?」
「えへへー、じゃーん!」
笑顔で振り向いた少女の手に握られたそれに・・・
「ゲェェ!」
アメリー君は戦慄しました。

615 :ニホンとタコ:2005/06/05(日) 17:33:30 ID:2gFrMJnP
赤くブヨブヨした体表に8本の長い触手のような足がグニョグニョと音を立てて蠢くそれは、
重力の影響で幾分形は潰れてしまっているものの間違いなくタコでした。
しかもかなりの大きさです。
ニホンちゃんの両手のひらからあふれ出るようにだらしなく垂れ下がっています。
そのいや応なく生理的嫌悪を催す醜悪な姿に地球町の警察を自称するアメリー君も
思わず半歩後ずさります。
「は、早く捨てろよ、それっ」
「え〜?そんな顔しなくてもいいじゃない。おいしいのにぃ・・・」
ぷぅ、と頬を膨らませて抗議するニホンちゃん。
かわいいのにぃ、と言われないだけまだマシなのかもしれません。
(そういえばニホンちゃんって食うんだったな、この物体Xを・・・しかもナマで)
アメリー君にとってニホンちゃんは付き合いやすい性格をしています。
しかし、食生活においては未だに埋まらない深い溝があるようです。
「オレはタコはだめなんだよ!見ろよ、鳥肌立っちゃってるぜ。コッチ向けんな!」
アメリー君があまりにも必死になって拒絶するのでニホンちゃんは残念そうに
「うん、わかった・・・返してくる」
と言うと、トボトボと波打ち際へ向かって歩いて行きました。
「ふう、マジでビビッた〜」
大きく安堵の息をつくメアリー君。
しかし、ボール探しを再開しようとしたその時。
「え?あっ・・・きゃっ」
ニホンちゃんの小さな悲鳴が聞こえました。
「どうしたっ!」
振り返ったアメリー君が見たものは衝撃的な光景でした。

616 :ニホンとタコ:2005/06/05(日) 17:34:14 ID:2gFrMJnP
なんとタコのグニョグニョの足がニホンちゃんの華奢なカラダに巻き付いている
ではありませんか。
「なっ・・・ちょっと・・・や、やめっ・・・あっ・・・いやっ」
必死に引き剥がそうとするニホンちゃんですが長い足が吸盤でしっかり絡みつき
うまくいきません。
あまりのことに呆然と立ちつくすアメリー君。
その間にもタコの足は音を立ててニホンちゃんのカラダを這い回ります。
そしてついに、そのうちの1本がニホンちゃんの胸元から水着の中に侵入し××
××××××××突起を×××××××××××××××吸盤の感触が×××××××××
××××××××××××××××なでまわし×××××××××××××××××××
××××吸い付×××××××××××××××××××桜色に染×××××××××××
「んっ・・・ああっ・・・ダ・・・メェ・・・あっ、アメリー君、取ってぇ!」
自分の名前を呼ばれ我にかえるアメリー君。やっと眼前の事態を理解します。
しかし、アメリー君は
「オ、オレは・・・タコだけは・・・ダメなんだ」
といって行動を起こすことができません。
アメリー君がモタモタしているうちに残りの足も次々に水着の中に進入×××××××××
×××××××××××××××××吐息が荒×××××××××××××××××××
×××××××××××××ビクッと痙攣×××××××××××××××××××××××
××××××××おヘソの下へ向かっ××××××××××××××××××××××××××
××××××××××××××××××××ヒザがガクガクと×××××××××××××××
××××××なぞるように××××××××××××××××××××××××××××××
「ハァ・・・ハァ・・・あっ・・・もう・・・ダメェ・・・これ以上されたら・・・私、私、
 お嫁に行けなくなっちゃう!!!」
アメリー君はその叫びを聞きました。そして見ました。
ニホンちゃんの頬を伝う一滴の涙を。
そのときアメリー君は・・・


617 :ニホンとタコ:2005/06/05(日) 17:35:10 ID:2gFrMJnP
帰りのバスの中、みんなの楽しげな声が響きます。
「いやー海はじつに素晴らしい!今日1日でデジカメのメモリーが一杯になってしまったよ!」
「ちょっとマカロニーノ!いやらしいアングルの写真ばかりだったら承知しませんわよ!」
「あら、魅せるためにわざわざ布地の少ない水着を選んでいたのは何処の何方だったかしら?」
「ごめんねアメリー君。私のせいでボール無くしちゃって・・・」
「え?ああ、気にすんな。家にまだあるし」
「なあニホン、それホントに食べるつもりか?」
「うん、タコおいしいもん。それに・・・アメリー君が獲ってくれたやつだし。」
ニホンちゃん席の隣には来るときには無かったクーラーボックスが置いてあり、
中にはアメリー君が撲殺したタコが入っています。
アメリー君はニホンちゃんと顔が合わせづらいのかさっきから窓の外を見ています。
(あの後ニホンちゃんは助けてくれてありがとうって言ったけど)
(あのとき躊躇ったオレは、タコが怖かったのか、それとも)
(もっと見ていたかったのだろうか、あの光景を)
アメリー君は自分の中になにかイケナイものが目覚めていくような気がしました。
その日の晩、タコはニホンちゃんのオカズに、
ニホンちゃんはアメリー君のオカズになりましたとさ。

ところで皆さんだれか忘れていませんか?


618 :ニホンとタコ:2005/06/05(日) 17:35:43 ID:2gFrMJnP
元ネタ
ttp://www.tekipaki.jp/~moonlight/misc/dictionary.html
〓 Japan 〓
(4) 世界有数の触手レイプ・ポルノアニメ産業国、憂慮すべきほどにね…。

それと春画です。

触手プレイは日本の伝統です。

619 :目次251:2005/06/05(日) 21:00:29 ID:0Axk5a94
第2251話〜第2258話
>>585-586

第2259話「地球町カンコ化計画」
>>587-590 ( >>591 解説)
第2260話「私のペンは、今日も真実を描き出す」
>>596-597
第2261話「身体検査」
>>604-605 ( >>606 解説)
第2262話「ニホンとタコ」
>>613-617 ( >>618 解説)

620 :マンセー名無しさん:2005/06/05(日) 21:19:51 ID:a8eFxwWk
>618
ウェア(・∀・)ロタ!!

621 :五月雨:2005/06/05(日) 23:20:32 ID:FsFH0NaS
>中にはアメリー君が撲殺したタコが入っています。

これがホントのタコ殴り・・・


622 :マンセー名無しさん:2005/06/05(日) 23:43:42 ID:w6G/sSmf
ついにオランダもEU憲法否決だそうで・・・。

EU組の明日はどっちだ!?

623 :ab-pro:2005/06/05(日) 23:45:53 ID:Y5cyKy/Y
 雨は嫌い。
 部屋の窓から、気怠くなる雨の庭を見ながら、アーリアはそっとため息をつく。
 窓の外では、春雨の中、小さな女の子が雨ガッパ姿で、もくもくと庭の草むし
りをやっていた。
 そこは私のお家のお庭。
 雨が降っている。
 その子は黙々と、草むしり。
 きっと母親は、もう少ししたら温かいミルクを振る舞うために、女の子を家に
招き入れるだろう。
 そしてこう言うのだ。
 「本当に、ポーラちゃんは偉いね。はい、今回のお駄賃ね。
 まったく、家の子供達にも見習って欲しいものね」
 そう言って渡されるのは、本当に微々たるお小遣い。
 それでも、ポーラちゃんは心の底からの笑顔でお礼を言うのだろう。
 それは私のお家の話。 
 私は、雨は嫌い。


624 :ab-pro:2005/06/05(日) 23:46:30 ID:Y5cyKy/Y
 「兄上、一緒に帰ろう!」
 EU制作の私達兄妹のパートが一段落した後の放課後。
 そう言って倶楽部の部室に駆け込んだ私の瞳には、最近お馴染みのあの光景が
飛び込んできた。
 「アーリアか。
 すまない。今、手が離せない・・・・」
 「ゲルマッハ、やっぱりこのクラスがエラーの原因みたい」
 「やっぱりか、フラン。早速ソースを見直してみよう。
 ・・・・アーリア?」
 「・・・いいえ。いいんです、兄上」
 ほんの数瞬前までいとおしかった私の兄上の顔が、急に憎たらしく思えてしまう。
 私は回れ右をした。 
 意識を背中に集中して。ひょっとしたら、と言う期待を込めて。
 でも・・・
 「ゲルマッハ、急いで手直しないと・・・」
 「・・・・ああ。そうだね。
 アーリアは聞き分けがいい妹で助かる」
 私は駆けだした。


625 :ab-pro:2005/06/05(日) 23:47:25 ID:Y5cyKy/Y
 数日後の、倶楽部の定例会議。
 EUが目を覚まさない。
 原因はフランソワーズのせい。
 兄上をあれだけ引っ張り回しておいて、結局フランソワーズが組み上げたプロ
グラムは、それを実装したEUをフリーズさせてしまった。
 陶磁器の人形とかしてしまったEUの周りで、皆が騒ぎ出す。
 「私達、入部希望なんですけど・・・・」
 「それどころじゃない!
 今はEUの機能回復が最優先だ!すまないが、部外者は暫く出て行ってくれ」
 「そんな。この倶楽部は開かれた倶楽部だって・・・」
 「すまないが、今は駄目だ」
 そんな喧噪のただ中で、兄上はあの女と肩を寄せ合っていた。
 「そんな・・・
 ネットワークのユーロ町東方への拡張設定に間違いがあったのかしら」
 「ひとまず、プログラムを印刷してみよう。一つ一つ検証だ」
 そんな二人の目の前に、私は歩み寄った。
 一瞬、フランソワーズを睨み付けそうになって、慌てて兄上に向き直る。
 兄上の目の前で、「嫌な女」をさらけだすのは嫌だった。
 「・・・兄上。一緒に帰ろう。
 兄上は良くやった。今は根を詰めてもはじまらない。少し休息が必要だ」
 なんとか、道理を心得た台詞を紡ぐことが出来た。
 「・・・いいや、駄目だ。今ここで僕が休んだら、倶楽部は暫く機能出来なくな
る。EUの完成が不可能になるかも!」
 そう言って、責任感の強い兄上は辺りを見回す。
 倶楽部の舵取り役となって、EU開発を引っ張ってきた兄上とフランソワーズ。
 でも、EUの性格付けで、エリザベスを筆頭に別の意見を持っている人も多いこ
とは、私も知っている。
 しかし、頑なになった私は・・・
 「兄上、帰ろう!!」
 兄上の腕にすがりつこうとした私を、兄上は咄嗟に振り払った。
 

626 :ab-pro:2005/06/05(日) 23:48:29 ID:Y5cyKy/Y
 「・・・」
 気まずい、どんよりとした風が、私と兄上の間を吹き抜けた。
 窓の外で、ポツリポツリと雨が降り出そうとしていた。
 兄上がゆっくりと私の両肩に手を乗せる。
 「アーリア。我が儘を言うんじゃない。今はEUを直すのが先決だろう」
 兄上に寄り添ったフランソワーズが、そっと兄上の腕を引っ張る。
 「・・・・分かった、兄上」
 それだけ言うのが精一杯だった。
 私は振り向きもせずに部屋を飛び出していた。
 部屋の外から中の様子を窺っていたトル子ちゃと、ドアのところでぶつかったが、
謝ることさえ出来なかった。
 
 暫く、誰とも出会わないように学校の中を彷徨い歩いた。
 外から雨音が聞こえてくる。
 私は雨は嫌い。
 どれくらい時を過ごしただろう。
 そろそろ誰もいないだろうと、私は下駄箱へと歩き出す。

 ・・・最後に兄上と一緒に帰ったのは、一体、何日前だったろう?


627 :ab-pro:2005/06/05(日) 23:48:58 ID:Y5cyKy/Y
 「ーーーアーリア」
 「兄上・・・」
 とっさに、あふれ出しそうになった涙を、私は何とか堪えることが出来た。
 「ここで待っていれば、会えるような気がした」
 兄上は優しく微笑んでいた。
 その表情だけで、今の私には全てが贖われたような気がした。
 ・・・私の兄上。
 しかし・・・
 「ゲルマッハ、お待たせしてしまって・・・」
 そこに現れたのは豪奢な縦ロールの娘だった。
 「・・・・そういうこと、か」
 私は兄上とフランソワーズを交互に眺めた。兄上は私を待っていたのではない。
フランソワーズを待っていたのだ。私はたまたま通りかかっただけ。
 その場にいるのがあまりにも惨めで、私は全力で雨の中に駆けだした。閉じられ
た傘を手に握りしめたまま。
 後ろから聞こえる二人の声に振り向きもせずに。

 雨の中をひたすら駆け抜けるアーリア。
 兄上は兄上。私は妹・・・・
 瞬く間に濡れ鼠になる私。
 私は心底、雨が嫌いになった。
                                 end

628 :ab-pro:2005/06/05(日) 23:49:25 ID:Y5cyKy/Y
 「ごきげんよう」 バコッ、バコッ
 ・・・獄吏がウリをハリセンでどつくニダTT
 今回のソースはEU問題その三。
 一体、EUはどうなってしまうのでしょうか?
 ちなみに、ポーラちゃんは「ポーランドの配管工」ニダ。
 後もう一つリソースが第十巻レイニー・・  バコッ、バコッ
 (・・・・絶対脱獄してみせるニダ)

追記 >>611は初めてのパターンニダ
 ウリが危機ニダ。この続きは明日にでも補完避難所で・・・(一体誰が??)

629 :マンセー名無しさん:2005/06/06(月) 00:33:55 ID:8Ecy4bmS
たまたま上がっているからキツい事言うが、
ニホンちゃんは国際関係を分かりやすく解説するために
小学生に置き換えているんであって、
そうでない、なんだか良く判らない創作文を書くだけなら
ハン板以外でやるべきだと思うんだが。

630 :マンセー名無しさん:2005/06/06(月) 00:49:18 ID:RR24+5OE
オタクには節度がない。
今のガキには恥の意識がない。

ので、オタなガキ相手にはなに言っても無駄。

631 :マンセー名無しさん:2005/06/06(月) 01:06:35 ID:JGMQz15g
>>629
そんなら、あなたが書いてください。
期待してまつ。

632 :マンセー名無しさん:2005/06/06(月) 01:12:46 ID:mcRMysGg
韓国】魔術特技兵 1号 海軍に `魔術芸能病' 初誕生
http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?articleid=2005060521154595201&linkid=4&newssetid=788&nav=1
翻訳
http://ocn.amikai.com/amitext/indexUTF8.jsp

要するに韓国軍に魔術師部隊が…


633 :マンセー名無しさん:2005/06/06(月) 02:49:39 ID:G18d1l1D
気持ちわり

634 :マンセー名無しさん:2005/06/06(月) 02:52:01 ID:QlxXmnby
おい629 おまえらみたいなのが原則論振り回していちびっているから
みてみろ。定期的に投稿活動する作家はほとんどいなくなったじゃないか
24時間以上作品の投下がないなんてざらだぞ?選り好みする余裕なんてもう
ないんだよ。

635 :629じゃないが:2005/06/06(月) 03:26:35 ID:u5TwUm+m
>>634
24時間以上作品の投下が無いって。
昔は大体2,3日にいっぺんで、前からこんなもんだ。
つうか、このスレ読者が出しゃばりすぎ。昔は寡黙なもんだったぞ。


636 :ab-pro:2005/06/06(月) 06:35:23 ID:5e1jWVP9
 おやおや、今回は手厳しい^^;
 解説が必要でしたか。

 第一節
 「ポーランドの配管工」
 EU統合反対で、よく反対派が使った喩えです。
 第二節
 ドイツの国民投票の代わりの議会投票後、ドイツがフランスの批准を支援した。
 第三節
 フランスでの国民投票否決の原因と、否決による新規加盟国問題。
 ならびに、投票後のフランス・ドイツ両首脳の会談。
 なお、域内での自由競争を前面に押し出すイギリスと、福祉・雇用を重視する
フランス・ドイツの路線の違いがあり、新加盟国はイギリスより。
 新加盟国問題では、このままではトルコは加盟交渉自体が難しい情勢。
 第四・五節
 否決後、ドイツ国内でEU反対の声が高まる。
 そもそも東西格差の拡大で、極右政党の躍進が問題の旧東ドイツ地区。
 EU拡大は、トルコ移民問題と、特に東での雇用状況悪化を意味します。
 次の国内選挙では、シュレーダー政権の敗北が濃厚で、東西の軋轢がより深刻
化しそうです。

 今回は練り込みすぎたかな・・

637 :マンセー名無しさん:2005/06/06(月) 15:41:35 ID:TDLZ0ub/
>>629>>611に向けられたレスだと思われ。

638 :マンセー名無しさん:2005/06/07(火) 00:49:34 ID:v41Vz94t
べつにいいじゃんたまには単なるニホンちゃん萌えSSがあっても

639 :黄 色 い リ ボ ン  ◆JBaU1YC3sE :2005/06/07(火) 01:45:39 ID:7Dq4ZZCa
ab-proさんは見事に風刺と創作を両立させていると思いますけどね。
ともかく1作上げたから、もう営倉からは出られますねw
次に何かあったら、ウリが獄吏のお面かぶって助けに行くニダよ〜!

640 :kareki:2005/06/08(水) 00:19:32 ID:w0Uu6aWr
>>636 ab-proさん
練りこみすぎってことは無いと思うですよ。
ウリ的にはわかり易くていい感じだと思うです。

話の内容ですが、アーリアちゃんがかわいすぎですw
ウリのツボにはまりまくり、というかウリのイメージするアーリアちゃんを書いてもらった、という感じです。
ウリとしては黄色いリボンさんを妨害してwこの路線で拘束しつづけたいです。
まあ、ab-proさんのこれまでの作風の方がより好み、という方もいらっしゃるでしょうからあまり言うのもなんですが・・・
できればEUだけは責任をとってwこの路線で書いて下さると幸いです。

641 :マンセー名無しさん:2005/06/08(水) 02:50:20 ID:XLUbzKcV
βのほう早く復帰しないかなあ
やっぱりあっちがあった方が何かと便利だな
個人的には批評や萌えも嫌いじゃないけど

642 :マンセー名無しさん:2005/06/08(水) 14:33:25 ID:cVcriHJ5
ttp://usam.blogtribe.org/entry-f92dea7456ecbc699704ee090c417768.html

カンコとタイワン、ついに千日戦争勃発か!

643 :マンセー名無しさん:2005/06/09(木) 20:21:47 ID:/C+YF+Wz
総督府復活したね。

644 :マンセー名無しさん:2005/06/09(木) 22:35:34 ID:PaoRI+sd
つか、こことβと議論スレってどう違うんだ?
議論スレはともかくこことβって過疎化してるし合流してもいいんじゃないか

645 :マンセー名無しさん:2005/06/10(金) 01:06:50 ID:KwGqGQXG
>>644
過疎ってほどでもないんジャマイカ…?

646 :マンセー名無しさん:2005/06/10(金) 11:27:01 ID:WafWEBKn
>>645
Nが君臨していた頃の焼け野原よりマシってだけで、現状でも十分過疎だと思う。
そう見えないのは一部の絵師さんが非常手段とも言える連投で下支えしてくれているからだろう。

ニホンちゃん関連スレで現在投稿されているSSの総数を普通に考えれば
スレをいくつも分けている余裕は無いと思うんだが。

647 :マンセー名無しさん:2005/06/10(金) 14:25:17 ID:VetJnNKE
エロや801、漫画化議論はともかく、総督府は批評・議論+ソースなし二次創作的作品で1スレにして残りはここと合流した方がいいように思う
自分にも今のβと本スレの明確な違いが解らん

さらに言うならコテとその他名無しの馴れ合いばかりで進むスレなんて、新規参入者が見たら焼け野原と大して変わらんくらい取っつきづらいだろ

648 :マンセー名無しさん:2005/06/10(金) 15:45:56 ID:l5SgORPi
すでにβと本スレは合流してたんじゃなかったのか?
今まで書いてたコテもいろいろと忙しいんだろ。

それで落ちるのならニホンちゃんもいよいよ打ち切りが近いってことで。


649 :マンセー名無しさん :2005/06/10(金) 17:17:52 ID:TK12p/7o
( ゚Д゚)y―┛~~数ありゃいいってもんじゃないだろう。
要は質よ。

650 :マンセー名無しさん:2005/06/10(金) 19:14:51 ID:eX77HDJ+
ああ、ニホンちゃんってあるのが当り前なような気がして考えなかったけど、いつか打ち切りになる日もくるんだよな。

何が悪いと誰が悪いとかじゃなくて、ここももう末期に入ってると思う。
キャラも世界も成熟しすぎた感がある。
パッと読んですぐわかるようなメジャーなネタは書きつくしたし。
必要なキャラクターは擬人化しつくした。
これから新規で入ってくる人が何か書くとなると、かなり膨大な設定を頭に叩き込まないとならなくなってるから、難しいだろう。
コテ含め通りすがりの人間がみんなで作り上げていく物語としては身重になりすぎたと思う。

651 :マンセー名無しさん:2005/06/10(金) 20:19:38 ID:BIxnV66P
総督府が住民に見放されたけど、βや議論用スレもあそこでいいの?

いい機会だから完全統一しない?

652 :ab-pro:2005/06/10(金) 21:38:21 ID:J+S5DFjP
 最近、妹のアーリアちゃんのご機嫌が最悪で、ゲルマッハ君を見る
目が痛いほど冷たい今日この頃。
 理由も分からずほとほと困っていたゲルマッハ君は、思い悩んだ末
に、「その道のプロ」の元に足を運んだのでした。

 「・・・で、だいたい事情は分かったが、それで何故、俺のところ
に来るんだ?」

 体育館の裏手。
 そう言いながら、律儀に首を傾げてみせるのは、誰有ろうロシアノ
ビッチ君です。
 俺は何も知らないぜ、と、いかにも驚いた表情を作ってみせるロシ
アノビッチ君ですが、どういう訳かゲルマッハ君は冷徹な表情で、も
う一度ロシアノビッチ君に要求を突きつけるのでした。


653 :ab-pro:2005/06/10(金) 21:38:46 ID:J+S5DFjP
 「本来ならこんな事をお前に聞くのは気が引けるのだが、今回だけ
は他に手が無くてな。
 ロシアノビッチ。アーリアのことで知っていることを、素直に話し
て貰えると嬉しい」

 「だから、何で俺がアーリアが怒っている理由を知っていると思う
んだ?
 それこそ、アーリアと仲がいいニホンちゃんにでも訊いてみたらど
うだ?」

 いかにも心外、といったジェスチャーまでして否定にかかるロシア
ノビッチ君。でも、普段の粗暴のところがある彼からしてみれば、今
の態度はちょっと不思議な感じもします。

 「ロシアノビッチ。ミナまで言わせる気か?
 アメリーと並んで、この学校で1、2を争う、お前ご自慢の地獄耳
の実力を知らないとでも思っているのか?
 お前の地獄耳と記憶力の実力は高く評価している。
 ちょっとしたうわさ話に聞き耳を立てて、クラスの女の子の大好物
のおやつから、ご贔屓の駄菓子屋まで、全てを的確に把握しているお
前のことだ。
 今回のアーリアことも何か掴んでいると思うんだが?」

 このゲルマッハ君の直球勝負の発言に、ロシアノビッチ君も苦笑い
を噛みつぶしながら、やれやれと呟くしかありません。


654 :ab-pro:2005/06/10(金) 21:39:14 ID:J+S5DFjP
 「まったく。普通ストレートにそんなこと言うか?
 まあ、仮に俺がアーリアの不機嫌の理由を知っていたとして、どう
してお前に教えてやらなければならないんだ?」

 真実を告げられても、なお、おどけてみせるロシアノビッチ君。
 しかし、そんな彼に、ゲルマッハ君はシニカルな笑みを浮かべて、
こう切り返しました。
 
 「・・・最近、複数の女の子にちょっかいを出しているそうだな、
ロシアノビッチ。
 でも、女の子全員に『お前だけだぜ』と言う口説き文句はいただけ
ないな」
 「うっ!」
 「それに、女の子とのデート資金に困って、親から貰った給食費を
使い込んだのは、まだ親にばれていないようだな?」
 「お、お前・・・・」
 
 さっきまでの態度もどこへやら、歯に衣着せぬゲルマッハ君の言葉
に、あっという間に窮地に陥ってしまったロシアノビッチ君。

 (参ったぜ。全て調査済みという訳か。
 しかし、ここまで手堅い奴が、なんでアーリアが、ゲルマッハとフ
ランソワーズの仲に焼き餅焼いているって気付かないんだ?
 まったく、唐変木な野郎だぜ・・・
 ・・・しかし、本当に参った・・・・)

 冷や汗を垂らしながら、究極の選択を迫られるロシアノビッチ。
 普通ならここまで弱みを握られれば、余地も無く真相を教えるべき
ところなのですが・・・
 こと、この事に関しては、絶対に俺から教えてはいけない、と、心
の奥底で彼の良心が叫んでいました。

655 :ab-pro:2005/06/10(金) 21:41:02 ID:J+S5DFjP
  「さあ」
 
 答えを聞ける、と確信をもってロシアノビッチに迫るゲルマッハ君。
 その時、追い詰められたロシアノビッチは!

 ものすごい勢いで回れ右をすると、全速力で駆けだしたのでした。

 「・・・逃げた」
 
 予想外の展開に、暫く立ちつくしたゲルマッハ君は、やおらポケッ
トの中の携帯手を伸ばすと、彼の罪状を関係者に知らせるメールの送
信ボタンを押したのでした。

 「さて・・」
 この件に一区切りつけたゲルマッハ君は、今度は魔法のようにもう
一つのポケットから拳銃を抜き出すと、近くの茂みに向かって猛然と
引き金を引き続けます。
 
 「痛い、痛い、痛いアル!」

 押し殺した悲鳴のような声が、かすかに茂みの中から聞こえてきま
した。
 ゲルマッハ君の放った拳銃・・・銀玉鉄砲の弾丸は、茂みの中で先
ほどの会話に聞き耳を立てていた何者かに的確にヒットしたようです。
 しかしゲルマッハ君は・・・

656 :ab-pro:2005/06/10(金) 21:41:26 ID:J+S5DFjP

 「なんだ、てっきりクラスの誰かが盗み聞きしていたと思ったが、猫
だったか・・・」
 「・・・・・・・・・
 にゃー、にゃー、・・・・アル」

 一瞬の静寂。
 その後、ゲルマッハ君は無言で銀玉鉄砲の全弾を茂みの中にたたき
込んだのでした。

 ゲルマッハ君がアーリアちゃんの不機嫌の原因を察知するのは、まだ
まだ先の話のようです。
                             end

解説 ドイツの治安当局者曰く。
 「ドイツの国会議員が携帯電話で何を話したか知りたかったら、ロシ
ア人に訊いてみろ」
 と言うほど、ロシア大使館の屋根の上の特殊アンテナは強力だとか。
 ロシアノビッチ君の元ネタは、去年、ロシアのハンブルグ駐在領事が
スパイ活動を行っていることを掴んだドイツ当局が、領事の「金と女」
の弱みを掴み、二重スパイになるように接触した事件から。
 通常であれば二重スパイに転ぶほどの弱みだったのですが、領事はつ
いに首を縦に振らず、仕方なくドイツはロシア外務省に事実を指摘して
領事は本国召還になったとか。
 領事が二重スパイを断った理由は、情報漏洩はロシアでは重罪で長期
の懲役刑になるため、それを恐れたものと推測されます。
 チュウゴ君のソースは、今年四月、ドイツでスパイ行為を行った中国
大使館員をドイツ当局が摘発したというもの。
 スパイ天国、日本では一体・・・・・ 

657 :マンセー名無しさん:2005/06/10(金) 21:43:39 ID:eX77HDJ+
>>651
総督府にレスがなかったのは単に鯖落ちしてたからじゃない?
統一は賛成だけど、議論批評スレは別にあった方がいいと思う
この勢いのまま全統一したら、作品1:批評解説5、とかになる悪寒

658 :マンセー名無しさん:2005/06/10(金) 22:02:57 ID:BIxnV66P
>総督府にレスがなかったのは単に鯖落ちしてたからじゃない?

まあそうだけど、企業家氏や他のコテハンが大量脱走して、総督府に
これまで以上の閑古鳥が鳴くのは確実だからね。
いい機会だし、マジで統合しない?

議論用スレはどこがいいかな。
新総督府?無銘仁氏の掲示板?

659 :マンセー名無しさん:2005/06/10(金) 22:07:16 ID:A0AIOI57
まあ統合しても、いまのカンコ鳥は鳴き続けるのだがw

660 :マンセー名無しさん:2005/06/10(金) 22:37:34 ID:k8AkmgKC
結局、スレが衰えた原因は熱血のせいだけじゃなかったのさ
熱血とやらを擁護する気はさらさらないが。

もうSS部門の衰えを食い止めるのは厳しいかもしれない。
でもな絵板はすごいのが1人いるな。(正味のところ絵には興味がない俺が見ても)
絵でなく漫画でキッチリ決められると、とても素人の短文では太刀打ちできんよ

ニホンちゃんはこれから(いや既に)絵板が中心になってくるだろうよ。
あのレベルの絵師が増えてくるなら、いきなり商業誌は無理としてもだ、
同人誌位から出版化もスタートが切れそうだね。
SSなら4億5千万年ぐらい先の話だろうが。 

661 :マンセー名無しさん:2005/06/10(金) 22:43:03 ID:BIxnV66P
そんな悲観的な…。

でもSSのうpがぱったり止まったのはなぜかねえ?

662 :マンセー名無しさん:2005/06/10(金) 22:47:18 ID:l5SgORPi
きっと投下しても今みたいにスルーしてるからだと思うよ。
やたらとSS作家を貶める発言が多いし。

663 :マンセー名無しさん:2005/06/10(金) 22:58:22 ID:BIxnV66P
SSに対する期待値が高くなりすぎたのかもね。

イラストのNo.93氏みたいにセミプロ級の人はそういないよな。

664 :マンセー名無しさん:2005/06/10(金) 23:00:14 ID:eX77HDJ+
統合とかの重要な話題だからここで話すかとも思ったけど、話す気があるならそろそろ議論スレ行った方がいいな
理由はいろいろ複合的なものだろうと思うから

665 :マンセー名無しさん:2005/06/10(金) 23:00:52 ID:k8AkmgKC
それもあるかもね。
スルーで済んだらあり難い。応援してくれる人もいるんで頑張ろうとはおもうけど。
フォローしてくれた人がいたとして、その人に自演乙とか言うし。
こけるの気重いもん。司馬なんとかさんだっけあの出来で、腐されるんだよ。
あの方もいなくなってしまった。絵板のNO93氏の向こうを張れる力があったのに。







666 :マンセー名無しさん:2005/06/10(金) 23:06:10 ID:A0AIOI57
β系で今現在活動的なのって誰でしょ。

あさぎり氏、黄鉄鉱氏、無銘仁氏あたりか。
七升氏、machina氏はHPに引きこもってるし。

667 :マンセー名無しさん:2005/06/10(金) 23:09:52 ID:l5SgORPi
>>665
君_さんかな。
書き続けてる人が応援されるってことは、だんだんSSに対する要求があがっていくことだと思うよ。

その要求に応えられなければ、こけてると言われてもしょうがない。
こけるの気重いんだったら、こけてると言われない出来のものを書くしかない。
批判に耐えられなくて、ただ褒めてもらいたいってなら、公の場に書くってのは難しいんだと思う。


練れば練るほど作話のスピードって落ちるものだから、必然的にうpの量も落ちていくんじゃないかな。
だから正直、そこまで過疎化してるとは思わない。
今の静寂は、作家陣が徹底的に作品練りこんでるからだと信じたい。

668 :マンセー名無しさん:2005/06/10(金) 23:11:37 ID:l5SgORPi
ついでに言うと>>660みたいに他人を引き合いにして
他のSS作家腐すのやめたほうがいいよ。

669 :マンセー名無しさん:2005/06/10(金) 23:12:23 ID:VetJnNKE
議論スレってどの?

今ニホンちゃんていったい何スレあるの?
2ch>ここ(本スレ)、エロ、ヤオイ
総督府>避難所版、β、β議論、本スレ・避難所版議論
の7スレ?

670 :マンセー名無しさん:2005/06/10(金) 23:19:46 ID:k8AkmgKC
だれも腐してるつもりはないんですがね。
ただキッチリ漫画で決められると文だけでは苦しい
といいたいだけであって。






671 :マンセー名無しさん:2005/06/10(金) 23:25:17 ID:l5SgORPi
そっか。悪いね。
何か司馬遼々さんに比べたら今書いてる作家は君含めてみんなクズで
No93さんには全然敵わないって印象を受けたからさ。

672 :ab-pro:2005/06/10(金) 23:29:08 ID:J+S5DFjP
 おお、こんなに人がいたのか。

 さて皆さん。あらかたの問題提議はなされたようですし、このまま27スレ突
入を目指すのでなければ、

http://jbbs.livedoor.jp/computer/21978/
 のどれか、例えば
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/computer/21978/1116955574/
 のスレへ移動されてはいかがでしょうか?

 ニホンちゃんの長い歴史の中で、四日間作品が無いことぐらいは、それほど
珍しいことではないです。
 最近も日曜など週末に良く作品が投稿されているようですし、もう暫く待って
みては?

673 :マンセー名無しさん:2005/06/10(金) 23:31:15 ID:BIxnV66P
>>669

http://d_13.at.infoseek.co.jp/cgi-bin/nihon_tmp_archive/pyukiwiki/index.cgi?%a5%ea%a5%f3%a5%af%2f%a5%cb%a5%db%a5%f3%a4%c1%a4%e3%a4%f3%b4%d8%cf%a2

ここの「リンク/ニホンちゃん関連」によると、現行は8スレだね。
しかし、ずいぶん拡散してるな。

674 :マンセー名無しさん:2005/06/10(金) 23:44:05 ID:eX77HDJ+
ネタひとつひとつのクォリティうんぬんの前に、
ネット上の掲示板に勝手にネタを投下するだけの行為なのに、作家と読者に完全に分離してることに疑問を感じる。
もっと誰だって出来る気楽な物では?
だってニホンちゃんって元々は単なるニュー速の1レスじゃん

はっきり言ってしまうとクォリティの違いなんて作家ごとに本にして売上でも比較しない限りはわかんないよ。
レスがつくつかないってのでも、投下のタイミング、つまりそのときのROMの傾向や場の雰囲気でいくらでも変わるし。
例えば今回の>>652の話もおもしろかったよ。
ただ議論の真っ最中に投下されたからレスが付けづらかっただけで。

675 :674:2005/06/10(金) 23:45:05 ID:eX77HDJ+
>>672
うわ…ごめん、リロードしてなかった
移動します
すんません

676 :674:2005/06/10(金) 23:46:19 ID:eX77HDJ+
しかもageてすまんです

677 :マンセー名無しさん:2005/06/10(金) 23:54:21 ID:WafWEBKn
絵板の中で、単なるイラストでなくストーリーや風刺を含んだものは
本スレにリンクを張ってSSと一緒にここで批評するようにすれば停滞した空気もだいぶ変わるんじゃないか。
特にNo93氏の4コマとkareki氏の連作は話数を付けて目次に入れても良いと思う。

もちろん絵師と目次制作者さんが了承すればの話だが。

>>ab-pro氏
こんな日にも新作乙。貴方のことは応援しているが、
問題は単に投稿ペースの問題だけではなく、
初期のニホンちゃん的な簡潔で皮肉の効いた極東時事ネタを誰も書かない現状で
唯一絵師だけがやってしまっているという事だと思う。

678 :マンセー名無しさん:2005/06/11(土) 00:01:55 ID:z7Yqg6li
おもしろいもんなルチャ君
なにがって見た目が!見た瞬間ワロタよ
変態そのもんじゃないか、そのくせ小学生なんだせ!

679 :シェロ:2005/06/11(土) 00:59:06 ID:1UB2ivvD
やったらめったら司馬氏とNo93さん持ち上げてるみたいだけどさ>>660=>>665=>>670=_
マンセーはともかく他人と対比して持ち上げるのやめない?
お前がそういうことやってるからお前がクズ呼ばわりしてる作家が書く気なくしてんのわかってる?

やたらとどぜう氏や黄鉄鉱氏のレスにイチャモンつけてる感じがずっとしてたんだけど。
一度スタンスたしなめられたからってネチネチネチネチと。

人のモチベーション下げるのやめてくれんかな。

>all
スレ汚しごめん。昔_は移動なんてめんどうなことは致しませんといってたのでコッチで言わせて貰います。


680 :マンセー名無しさん:2005/06/11(土) 01:09:25 ID:1bB+v8lp
移動先誰もいないよー

681 :マンセー名無しさん:2005/06/11(土) 01:12:45 ID:z7Yqg6li
ちょっと すいません おちついてくれませんか?
あの あなたがそんな怒るようなことかいてないけど?
どぜう氏や黄鉄鉱氏のことは書いてないですよ
ちゅうか個人名だしてないよ。

だれも腐してるつもりはないですよ。




682 :マンセー名無しさん:2005/06/11(土) 01:24:25 ID:NQxSQgX3
熱血君をあれだけみんなで叩いて来れなくさせておいて、
今更作者を叩くなとか言うのもなんだかな〜

683 :シェロ:2005/06/11(土) 01:25:18 ID:1UB2ivvD
白々しいセリフ吐くなや。
>>250で他のどの作者と比べても役者が違うとか言ってるだろ。

>人の書いたモンに意見ばかりするトンチキが、同じネタ扱ってたけど
 あれが糞に見える。

これでどぜう氏自称トンチキって言うようになってるだろうが。

あえて苦言呈した作家陣が何かレスつけるたびになんか言ってるのお前だろ。

ひょっとして名無しの発言だから責任取らないで済むと思ってる?

684 :マンセー名無しさん:2005/06/11(土) 01:27:28 ID:h1bEdNI+
( ゚Д゚)y―┛~~なんでこのスレはいちいち仲間で反目しあうのか。
メガロでも見てもちつけ。

685 :マンセー名無しさん:2005/06/11(土) 01:29:41 ID:z7Yqg6li
あえて苦言呈した作家陣が何かレスつけるたびになんか言ってるのお前だろ
きめつけないでくれよ。


686 :マンセー名無しさん:2005/06/11(土) 01:31:15 ID:z7Yqg6li
それに今回のカキコにはそんなのかいてないし
とにかくおちついてくれ

687 :マンセー名無しさん:2005/06/11(土) 01:33:07 ID:NQxSQgX3
>>683
>>250は名前出さないで言うことでその場で流してるのに
お前はなんでわざわざ名指ししてるんだ?アホか

688 :マンセー名無しさん:2005/06/11(土) 01:35:03 ID:CVaxgpVm
>>685
シェロ氏がもの言うときは苦言を呈した作家陣へのフォローが多いけどね。

今度はなに? 総督府の>>714みたいなレスを、今度はシェロ氏にするわけか?

689 :シェロ:2005/06/11(土) 01:44:47 ID:1UB2ivvD
俺は熱血と一緒に夏の分裂期生き延びられるくらい冷静だよ。
まあバッくれんならそれはいい。悪魔の証明する気もねえし。

お前の今回のカキコだけで腹立ってんじゃないんだよ。


>>687
>>250>>660の発言で全作者と全絵師を腐してくれてるからさ。
SS部門が衰えてるとか言われたら書いてるこっちはたまったもんじゃない。

つまんねえ作品なら俺が書いたときに叩いてくれって分裂期から言ってるじゃねえかこっちは。



690 :マンセー名無しさん:2005/06/11(土) 01:49:32 ID:z7Yqg6li
全作者と全絵師を腐してくれてるからさ。
そんな気は毛頭ないんだけど、言い方が悪かったね。
ごめんな。

691 :シェロ:2005/06/11(土) 01:54:53 ID:1UB2ivvD
ホントに悪いとでも思ってんの?
改める気ねえだろ?

大体俺に詫びいれて済む問題じゃねえだろが。

他の作者が書く気なくして今の現状があるとするんなら、
お前このスレにトドメさしてるんだよ?

役者違う発言で俺もモチベーション下がってるし。

692 :あさぎり ◆WOaKOSQONw :2005/06/11(土) 01:56:30 ID:UCjHNuOq
真実の敵は彼の姉ナリ・・・そんな嫉妬も経験上一度は味わいたいですな。二度は要りませんがw

はいはーい、自治なんざやると批判食らうから避けてましたが、あんま本スレでこゆことやると
あたら作者さんの気持ち萎え萎えになるんで(ウリ含む)、ええかげんみにふろか無銘仁氏の
所に行かない?

場所は
無銘仁氏の議論場
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/computer/21978/1116955574/
みにふろの補完スレ
http://www.soutokuhu.com/bbs/test/read.cgi?bbs=korea&key=1090055658&ls=50

個人的にはID表記のある無銘仁氏のところ推奨。

693 :マンセー名無しさん:2005/06/11(土) 02:01:14 ID:h1bEdNI+
( ゚Д゚)y―┛~~メガロ終わった。

694 :シェロ:2005/06/11(土) 02:02:16 ID:1UB2ivvD
了解しました。
スレ汚し申し訳ありません。無銘仁氏の議論場に行きます。

>>690=_
ちゃんと移動してこいよ。

695 :マンセー名無しさん:2005/06/11(土) 02:06:05 ID:Y3myf+b/
ニホンちゃんのAAってないんですか?

696 :黄 色 い リ ボ ン  ◆JBaU1YC3sE :2005/06/11(土) 02:13:44 ID:04WTaI3W
シェロさま、ここを見るのはずっと後かも知れませんが
このサイトに見覚えのあるまったりなAAがあります。少しでも気分転換の役に立てばと思います。

【 見る前に口にあるものは飲み込んでくださいね 】
台湾独立支持・正名運動のサイトです。
http://homepage2.nifty.com/HATAI/

697 :砂布巾:2005/06/11(土) 02:59:21 ID:6IwLx3oS
 あれから地球町では十数年が経過した。
ニホンちゃんは、結局カンコ君と結婚してやることにしてあげた。
色々とやりたいこともあったけれど、これ以上カンコ君をスルーし
続けていては、いつか彼の斜め上加減に殺されてしまうだろうとい
う乙女の直感に従った結果の行動だ。どんなに距離を取ってもキム
チの臭いが届くのなら、いっそ自分自身で料理した物だけを食わせ
ておけば、少なくとも唐辛子の発酵臭だけは嗅がずにすむだろうか
ら。

 アメリー君は激怒して、地団駄を踏み続けた。派遣していた警備
員をカンコ家から引き上げさせたのは間違いだったと、心の底から
後悔したのだ。

 ウヨ君も激怒した。姉の貞操は自分が一生を通して守り続けると
誓ってもいたし、なによりも自衛隊にカンコ家の住人が続々と入隊
してくるようになったことに、誰よりも危機感を抱いている。カン
コ家から入隊した人々の多くは怠け者で、手癖が悪いし弱者に高飛
車というおまけがついていた。たまにとんでもなく優秀なのもいる。

 チューゴ君は未だにタイワンちゃんを口説き落とせずに至ってい
る。彼がどれほど力をつけようとも、タイワンちゃんを無理やり押
し倒そうとするたびにアメリー家から横槍が入っていた。

 妻は常任理事の仕事をしているから、自分も常任理事と同じくら
い偉いのだという理屈で、カンコ君のプライドは満たされていたの
だった。

698 :黄 色 い リ ボ ン  ◆JBaU1YC3sE :2005/06/11(土) 04:17:07 ID:04WTaI3W
もう夜が明けます。だけど今日は曇り空です。
ニホンちゃんはお布団の中でつぶやきました。
「きっと会えるよね、ずっと待ってるからね、シェロさん。
 ・・・おやすみ」

699 :マンセー名無しさん:2005/06/11(土) 04:19:45 ID:YLGy1feL
補完スレ避難所見てたけど、とりあえず_ヌッコロス、
また未完の作品が出来ちまったじゃねえかよクソが!

700 :マンセー名無しさん:2005/06/11(土) 04:34:29 ID:1bB+v8lp
正直、シェロも_もどっちもどっちに思えたんだが。

701 :マンセー名無しさん:2005/06/11(土) 04:40:25 ID:CVaxgpVm
>>700
自演乙

702 :マンセー名無しさん:2005/06/11(土) 09:15:57 ID:grHNuG02
なんだこりゃ。
長編AA板なんて作品投下が数ヶ月なくったって職人待ってるスレもあるぞ。
気を長くもてや。

ここが過疎ならホンモノの過疎スレはなんなんだよw

703 :マンセー名無しさん:2005/06/11(土) 16:36:22 ID:p3s/aLCx
チン☆⌒ 凵\(\・∀・) 新作まだぁ? 新作マダァー?(・∀・っ/凵⌒☆チンチン

704 :書き人知らず ◆9GPWTa2EFE :2005/06/11(土) 20:57:00 ID:vq0qd6ua
 〜 ANTHEM (その1)〜

そのとき、たしかに笛の音が聞こえたような気がしました。 結果が出る時です。 夢舞台への出場権は
簡単に取れるだろうという予想と期待を持ちつつ、ウヨ君はやはり気が気ではありません。 

青き衣を身にまとい、眦を決して歩いていったニホンちゃんは、ちょっと不調に見えました。
いつもなら、同じように体を青く染め、心は赤く燃やして、姉の名を叫んでいたであろうウヨ君
なのですが、今日は入場を許してもらえません。
できることといえば、信じること・・・そして届かないかもしれない声を送ること。

汗の量は運動の量。 やり遂げた者に許される、勝負の神からの贈り物です。
その贈り物とともにニホンちゃんが、ようやくのことでウヨ君の前に現れました。
今一瞬の感激を、今再びの歓喜を、今この耳で確かめたい。 それが今ここにいる意味。
「姉さん、結果は?」
「私の勝利は・・・あなたの勝利。 それは私たちの勝利なの」
「じゃあ! じゃあ!!」
「第三の舞台では、もっとうまく踊ってみせるわ。 楽しみにしてて。 それと、」
「え?」
「聞こえてたわよ、武士。 ありがと」


705 :書き人知らず ◆9GPWTa2EFE :2005/06/11(土) 20:57:21 ID:vq0qd6ua
  〜 ANTHEM (その2)〜

期せずして始まる歌声は、自らへの賛歌なのでしょうか、次への行進曲なのでしょうか。
と、明らかに違う声が聞こえてきました。 叫び声にしては整いすぎで、歌声にしては力が強すぎます。
「イーラン ツーラ テシミコネ」
「ツーラーツーラ テシミコネ!」
はたして、声の持ち主が駆け寄ってきました。 手には、なぜか日の丸が。
「おめでと〜。 さすがニホンちゃんよねぇ、やっぱり上手だわ。」
「ありがとうペルシャちゃん。 で、そっちは?」
「ふふふ、あはは、も〜最高ぉ。 私たちは「穴を開けた」のよ!」

二人の少女の視線の先には、技術と体力、精神力の全てをそそぎこんでもなお足りない、最高の舞台が
きっと見えているのでしょう。


終わり

706 :書き人知らず ◆9GPWTa2EFE :2005/06/11(土) 21:03:10 ID:vq0qd6ua
お待たせしました(え、およびでない?)

とりあえず勝ってよかった〜
ピョンヤンでなくてよかった〜 ってとこですね。
タイまで行ったサポーターの皆さん、GJ!

ちょっとだけ解説:
写真が見つからないのでなんですが、ペルシャちゃんが日の丸を持っているのは
向こうでも喜んでくれてたみたいです。
(なんか複雑な事情もあるらしいですが)
あと「イーラン〜」のくだりは、
あっちの試合前の掛け声だそうです。 意味は
「イランは何をしたいんだ?」 「穴を開けたいんだ!」
(間違ってたら・・・謝罪だけですまさせて)
ともあれ、一緒にドイツへ行きましょう。

蛇足: で、オランダはユースレベルでさえあれなのか・・・orz

707 :マンセー名無しさん:2005/06/11(土) 22:45:19 ID:p3s/aLCx
さっそく新作キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !! 

708 :マンセー名無しさん:2005/06/11(土) 23:53:07 ID:vfPoJrFD
ちょっといい話。
スペイン文化財のパイプオルガン修理について。
ttp://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h9/jog012.htm

709 :マンセー名無しさん:2005/06/12(日) 00:11:14 ID:gita+mZX
>>3
>●スレの進行について
>・できるだけsage進行よろしくお願いします。ただし下がりすぎはageもよし。
>・書き込むとき、E-mail欄に『sage』(半角)と記入する。そうするとスレッドは上がらず、保守も
>できます。基本はマターリ進行でお願いします。

710 :マンセー名無しさん:2005/06/12(日) 00:16:33 ID:240h3VWw
なんか、最近のニホンちゃんは、オチのない、自己満足的なのが多いな。
ハン板なんだし、カンコやキッチョムを主役にしたドタバタ物の方が面白い。

711 :マンセー名無しさん:2005/06/12(日) 01:06:18 ID:1HEvzjkb
>>710
 まあ何だ。確かに>>704は落ちがないと言うところは同意できるが、そ
れをもって「最近のニホンちゃんは、オチのない、自己満足的なのが多いな」
と、一括りにするのには同意できないぞ?
 具体的に、>>710以外のどれがそうなんだろうね?
 それに、「落ちがない」のと「自己満足」には全く関連性がないぞ。
 誰かさんみたいな、ネガティブキャンペーンはやめようや。
 もっと具体的に個々の作品ごとに批評してみれば?

 あと、
>>3
・風刺の通じない人も放置で。韓国を誹謗中傷する小説ではありません。多彩なキャラがそれぞれの魅力 を持つ世界です。したがって日韓関係以外の作品も多いということをご了承下さい。

 とある。面白いかどうかは地域に限定される物ではないと思うけど?
 まあ、一読者の要望と言うところかな?


712 :書き人知らず ◆9GPWTa2EFE :2005/06/12(日) 01:19:41 ID:asmujeld
>>711
そうですか・・・オチないですか。 ないですね(鬱

このあたりに関しては、蛇足に蛇足を重ねるってことで
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/computer/21978/1116955574/
で思うところを書いておきます。

713 :マンセー名無しさん:2005/06/12(日) 01:54:55 ID:XaqadU86
ここに来たの極最近だから、過去にどういう経緯があったか知らないけどさ。
ここにss投下する人たちやその周りの人たちは何でそんなにナイーブなのさ。
2ch感想が付かないとか一つ二つ悪評がついたとかって、いい気分はしないけどそんなに事を荒立てて気にするようなもんじゃないでしょ。
作者同士が丁寧に批評しあえる場所も別に作ってあるみたいだし。
もうちょっとマターリしようよ。

714 :マンセー名無しさん:2005/06/12(日) 02:07:27 ID:Ex9ubsty
つーか感想の方も、確かに険のあるカキコ多いね。
お互いマターリ汁。

715 :マンセー名無しさん:2005/06/12(日) 02:57:18 ID:gita+mZX
熱血君=今はねこ安崎って名乗ってる馬鹿コテが2年以上スレに常駐してたせいで、
スレが四分五裂したんだよ。その頃に名無しでその馬鹿がさんざ工作しまくったもんだから、
住人共がみな神経質になってるんだ。時間あったらたまには過去ログも嫁。

昨日の件は、延々住人を腐してた_がシェロに怒鳴られたんだろ。
どうせ作品荒らし認定されて叩かれたけど、とか言いながら帰ってくるだろうよ。
あー。憂鬱だ憂鬱だ。

716 :マンセー名無しさん:2005/06/12(日) 03:13:38 ID:u+Tn6MQ6
でもシェロもいいツラの皮してるよな
ちょっとあの神経は信じられないよ

717 :マンセー名無しさん:2005/06/12(日) 06:44:07 ID:YxclMg/9
そういう事を言うから、荒れるんだよ。スルーを覚えろ屋。

718 :マンセー名無しさん:2005/06/12(日) 09:03:22 ID:I/L5BMvR
>>716
_乙

719 :マンセー名無しさん:2005/06/12(日) 13:32:50 ID:uY5aIhVi
今日のサンプロでやってた
六カ国協議に向かう中で親北の国内世論と日米との関係の中で揺れる韓国ってのを
描いて欲しいとリクエストしてみる。

自分で書けとは言わないでね。作家陣の底力に期待しているROMだからさ^^

720 :マンセー名無しさん:2005/06/12(日) 13:38:15 ID:ZMe/jHb+
>>719
すまぬサンプロ観てないんですが、揺れるというよりは「ぶれる」のほうが似合っているのではないかと。ガクガクブルブル(AAry

チョゴリたんは揺れるほど乳ないし(w

721 :青風: ◆BlueWmNwYU :2005/06/12(日) 15:19:05 ID:z+VbLeIH
「熱い眼差し」

「ああ、悩ましいニダァ・・・」
珍しくカンコ君が悩んでいます。おや、何かぶつぶつ云っていますよ。
では、ちょっとカメラを近寄せてみましょうか。
「・・ウリはミンジョクを大事にする男ニダ。だからキッチョムニムを
 放っては於けないニダァ。あのままではアメリーにボコられるニダ・・
 でも、アメリーとの付き合いも大事ニダ。
 それに、ニホンがウリに寄せる熱い想いも捨てきれないニダァ・・・」
随分勝手な事を云いながら、ニホンちゃんにちらちら横目で熱い視線を
送っています。(まぁいつもの事ですが)

 さて、当のニホンちゃんですが、溜息をつきながら何か言っていますね。
では、カメラをこっちへ持ってきて、っと。
「・・あーあ、アメリー君も態度をきっちり決めてくれないかなぁ。
 あんたが、”僕が花火持ってるんだから君はそんな危険なモノを持つ
 必要なんか無いんだよ、ハニー” なーんて云うから
 大人しくしてるけど、いい加減にキッチョム君どうにかしてよ!
 ・・・でないと私、危険なオンナに成るわよぉ」
とか云いながらアメリー君に流し目を送っています。

 さて、そのニホンちゃんの熱い視線を受けているアメリー君も
やっぱり独り言を言っています。・・カメラさん、早くこっち来てね。
「ああ、キッチョムめ、忌々しい。
 僕が本気になればあんな奴5秒で叩き伏せてやるのにぃ!
 大体、奴の隣にニホンちゃんが住んでなければどうでもいい話なんだ
 けどなぁ。調子に乗ってこの僕と対等なつもりで交渉しよう、なんて
 図々しいにも程がある」
あ、やばい。本気で怒った眼をキッチョム君の家の方へ向けています。


722 :青風: ◆BlueWmNwYU :2005/06/12(日) 15:19:59 ID:z+VbLeIH
 さて、そのアメリー君のものすごく熱い視線を受ける
キッチョム君ですが、やっぱり溜息をついています。
・・・カメラさん、付いてきてます?
「ああ、腹減ったニダァ・・・でも学校も行きたくないニダ。
 でも、行かないと給食が食べられないニダァ。
 ん、まてよ、あの家をウリのモノにすれば幾らでも食えるニダ!
 で、元から住んでる奴をウリのシモベにすれば・・・」
ニダリ、と笑いながら彼は近くにある”あの家”に
熱い視線を送っています。
彼の熱い視線の先にはえらく派手な
「カンコ」と書かれた表札が掛かった家がありました。

723 :青風: ◆BlueWmNwYU :2005/06/12(日) 15:25:27 ID:z+VbLeIH
あはは、解説とかなんとかですぅ・・・

さて、>>719 さま。
取り敢ず最近のキッチョム君を巡る4すくみをご依頼に基づき
書いてみましたが如何でしょうか?

まぁ、出来については・・・即席だから・・・

もちょっとひねって此処にチューゴ君を絡めても良かったかなぁ、
でも、話長くなるからなぁ、こういうのって勢いで書いた方が
良かったりするしぃ・・・
などと今更ながら考えたりしていますが、もう遅い。

取り敢ず、キッチョム君が自分のシューキューデッキに
ひどい八つ当たりをしない事を願う青風でした。

724 :ab-pro:2005/06/12(日) 15:53:10 ID:Y461kfmn
 だんだんと初夏の日差しが強くなってきたある日。
 ニホンちゃんは、アメリー君とカンコ君と一緒に浜辺に遊びに来ていました。
 
 「見ているニダ!
 今からウリが華麗に波乗りするニダ!!」
 そう言って、買って貰ったばかりのサーフボードを片手に、波間に駆けだ
していくカンコ君。
 自称、地球町10目のお金持ちになったカンコ家。最近はカンコ君も鼻高
々です。

 「ねえ、カンコ君!海開きもまだだし、危ないからやめた方がいいよ!」
 と、カンコ君の身を気遣うニホンちゃんですが、
 「ウリのバランス感覚はアジア町で1番ニダ。ニホンは黙ってウリの雄姿
にマンセーするニダ!」
 カンコ君は全然気にも留めてくれません。
 再度、カンコ君を止めようとするニホンちゃんを、アメリー君が黙って遮
りました。
 「・・・好きにさせてやろう。一度痛い目に遭えばいいんだ」
 それだけ言って遠くを見つめるアメリー君と、それに黙って従うニホンちゃ
ん。
 二人とも、最近なにやらカンコ君に思うところがありそうです。

 そんな二人をよそに、意気揚々と沖に漕ぎ出すカンコ君。
 「もうウリナラは地球町でも屈指の名家になったニダ。これからはアメリ
ーやニホンにぺこぺこする必要もないニダ。
 ここで華麗に波に乗って、二人を見返してやるニダ!」
 まったく持ってご満悦のカンコ君を視界の中に、沖の方からやってくる、
絶好の大波が映し出されました。
 「よし、見ているニダ。
 あの波を乗りこなして、ウリの実力をみせてやるニダ!!」
 そうたかだかに宣言すると、カンコ君は初めて挑戦する大波に向かって行っ
たのでした。

725 :ab-pro:2005/06/12(日) 15:53:40 ID:Y461kfmn

 そして・・・・・

 気が付くと、カンコ君は綺麗なお花畑を横切る小川の河原にいました。
 「ここはどこニダ?ウリは何をしていたんだったニカ?」
 どうした訳か何も思い出せないカンコ君の独り言に、小川の向こうから応
える声がしました。
 「ここは地上の楽園ニダ。良く来たニダ。我が弟よ」
 「・・キッチョム兄さん!
 でも、地上の楽園って、ここがニカ?」
 「そうニダ。
 お前の家が大金持ちとなり、ウリの家が地球町最大の軍事力を持ち、ウリ
ナラが一つの家に統合したことによって、ついに地球町で誰にも頭を下げる
必要がない、ウリナラの世界を作り上げたニダ」
 そのようにキッチョム兄に高々と宣言されて、改めて周りを見回すカンコ
君。
 辺りには今までに見たこともない花々が咲き乱れ、美しい蝶々たちが舞っ
ています。見ているだけて気持ちよくなってきて、カンコ君が感じていた疑
問が、春の日に野ざらしにされた氷のように、ゆらゆらと溶け出していきま
した。
 「・・・そうだったニダ。
 ここはウリナラの世界ニダ・・・・ ウリナラマンセー」
 とろけてゆくような気持ちいい感覚に、カンコ君はどっぷりと浸かってし
まいます。
 「さあ、マイブラザー・カンコ。こっちに来るニダ」
 そう言って、小川の向こうで手招きするキッチョム君。
 その手招きに、ふらふらと小川に歩き出すカンコ君。
 
 その時。カンコ君の遙か背後から、カンコ君の名を呼ぶ声が、かすかに聞
こえてきました。

726 :ab-pro:2005/06/12(日) 15:54:56 ID:Y461kfmn

 「しっかりしろ、カンコ!いくらお前でも、目の前で死なれると寝覚めが
悪い!!」
 そう言って、カンコ君に気付けの往復ビンタを食らわすアメリー君。
 初心者にもかかわらず、大波に挑んだカンコ君は敢えなく大波に放り出さ
れ、慌てたアメリー君とニホンちゃんが何とかカンコ君を浜辺まで引き上げ
たときには、既にカンコ君は完全に意識を失っていました。
 強烈なビンタにも、まったく反応を示さないカンコ君。
 そんな状況で、ニホンちゃんとアメリー君は、暫くお互いに目で何かを語
り合います。

 (やっぱりここは人工呼吸しかないのかしら・・・)
 (それが一番だろうが、しかし・・・)
 
 「ニ、ニホンちゃん!急いで救急車を呼ぶんだ」
 「そ、そうね。急いで病院に連れて行かないと。携帯、携帯・・・」

 やがて遠くから聞こえる救急車のサイレンの音。
 カンコ君が意識を取り戻したのは、夜半を過ぎてからのことでした。

教訓 普段から友人との仲は大切にね。            end

 と言うわけで、保守ついでにリクエストにお答えして。
 朝鮮日報を読んでいると、どうやら外交部や軍首脳部に何の相談もなく、
北よりの発言をしているようですね、あの大統領。
 そのたびに外交部と軍が尻ぬぐいに走っているとか。

 ところで、前回はあれから凄いことになっていたようで。
 私は、シェロさんを全面的に支持します。
 というか、戦功章ものですね。
 ただ、混乱をおこした責任として、近日中にSSを投稿することを強く
要望します。 敵前逃亡は銃殺刑ですよ。ねえ、戦友! 

727 :ab-pro:2005/06/12(日) 16:06:20 ID:Y461kfmn
 ああ、清風様本当にすいませんm(_ _)m
 どうやら 同じ事を考えていたようで^^;
 でも、30分差で二つの作品が投稿されるとは、過疎なんてどこ吹く風
ですね^^

 しかし、どっちの味方かよく分からないカンコ君ですね。
 そのうち時代錯誤にも赤色統一されそうなあの半島。これでキッチョム
君が「カンコ」の表札を「キッチョム」に取り替えたら、笑うに笑えない最悪
のブラックユーモアですね^^;

728 :青風: ◆BlueWmNwYU :2005/06/12(日) 16:22:56 ID:z+VbLeIH
>ab-proさま
ああ、いやぁどうもご丁寧に。
しかし、同じネタに対して他の方がどんな料理をするかが
比較できて面白かったですよ。
うん、私のはもう少しキャラの実際の動きがあっても良かったかな。

それにしても、ニホンちゃんもアメリー君も
人工呼吸は相手を選びますかそうですか。
二人の見事なアイコンタクトの技術にはジーコデッキの
シューキューカード達も脱帽です。


729 :マンセー名無しさん:2005/06/12(日) 16:46:30 ID:qOe0NFK7
(・∀・)イイ!!

730 :719:2005/06/12(日) 20:29:34 ID:1hFDu2sn
>>721-723
>>724-726
仕事早っっ!リクエストに答えてくださりありがとうございます。
青風さんのはキレイな視線の四角形で表現するあたり上手いなと感じました。
家を見てるのとキャラを見てるののどっちかかに統一した方がいいかもと思いましたよ。
ab-proさんのはさりげなくバランサー発言とか地上の楽園とか絡めてるところがコニクイ演出だなとw
楽園から現実に引き戻された時のカンコ君は何を思ったんでしょうねw

書く力ないのに偉そうなこと言ってゴメン^^;

やっぱりこういうのがあってこそのニホンちゃんだな。
内面を深く描いたのとか萌えのあるちょっとイイ話とかももちろん捨てがたいけど、
時事諷刺があるからニホンちゃん面白いんだよね。と1ROMは思ってる。

作者の皆さんGJ!応援してる!

731 :目次252:2005/06/12(日) 21:00:49 ID:V9bSfZOA
第2259話〜第2262話
>>619

第2263話「EU3」
>>623-627 ( >>628 >>636 解説)
第2264話「その道のプロ」
>>652-656
第2265話「あれから」
>>697
第2266話「ANTHEM」
>>704-705 ( >>706 解説)

732 :目次252:2005/06/12(日) 21:01:41 ID:V9bSfZOA
第2267話「熱い眼差し」
>>721-722 ( >>723 解説)
第2268話「あの波を乗りこなして」
>>724-726

733 :共同研究:2005/06/13(月) 12:05:10 ID:+2gzd8zq
 地球小学校では、5年生になるとペアを組んで理科の共同実験をすることになっています。
 ニホンちゃんが相棒を探していると、ニダニダいいながら我らがカンコくんの登場です。
「ニホン。今度の共同実験はウリと組むニダ。これで実験は成功確実、さらに両家の友好も深まって一石二鳥ニダ。
 さすが最優秀ミンジョクのウリ。考える事が誰かさんとは違うニダ。ウリナラマンセー!」
 端から飛ばしまくるカンコくんに嫌な予感を覚えるニホンちゃん。
 しかし、断ればどんな斜め上をかましてくれるか分からないのがカンコくんです。渋々ながら頷きました。

 そんな二人の実験ですから、トラブルが続発するのはもう予定調和というものです。
「ウリはニホンに無理矢理ペアを組まされたニダァ〜」
「自分から誘ってきといて何言ってるの?」
「ニホンのやり方ばかり強制するのはひどいニダ!」
「カンコくんが間違った事ばかりするからでしょ?」
「ウリが受けた被害と損失を認め、誠意ある謝罪を表明しる!」
「そんなことより理科の実験しようよ」

 万事がこの調子では、地球の直径よりも深い溝を間に持つ二人には実験結果を一致させる事すらできません。
 結局、ニホンちゃんは実際の実験結果に基づいたレポートを、
カンコくんは自分で好きなように捏造した結果に基づいたレポートを書いて別々に提出とあいなりましたとさ。

734 :解説:2005/06/13(月) 12:06:03 ID:+2gzd8zq
 目次制作者様および作家の皆様乙です。私も皆さんに触発されて一発書いてみました。

 さて、今回の元ネタは日韓歴史共同研究委員会の研究報告書です。
 『日韓歴史共同研究 認識の一致難しく 併合から国交正常化 膨大な論文と批評』
 ttp://news.goo.ne.jp/news/sankei/seiji/20050611/m20050611004.html
 社会科だとそのまんますぎて面白くないので、あえて理科の実験にしました。
 上のページでも触れられている「日韓併合」「植民地時代(だから植民地じゃないと(ry)」
およびウリナラではまだ未解決という事になっている「日韓基本条約」ネタを絡めてみました。

 ウリナラ史観を押し付けようとする韓国側に対し、日本側の研究者は堂々と反論。結局両論併記という事で落ち着いたようです。
 なにはともあれ日本側GJ! そしてありがとう! ですね。

 追記:シェロさん、いなくなるなんて寂しい事おっしゃらないでっ!

735 :マンセー名無しさん:2005/06/13(月) 17:10:46 ID:x8irfnT1
なんだ、このスレまだ続いてたの?
常連同士の馴れ合いが果てしなく気持ち悪いよ、お前ら。

736 :マンセー名無しさん:2005/06/13(月) 17:53:21 ID:3wxXozzh
>>735
わざわざサルベージしてまで文句垂れるなんざ暇なお方もいるもんだねぇ。

737 :マンセー名無しさん:2005/06/13(月) 19:26:03 ID:mv9oytWk
>>735
age厨=補完スレ>>714乙。

738 :マンセー名無しさん:2005/06/13(月) 19:59:08 ID:aKpVsJF8
やっぱりカンコとかメインの方がおもしろいな。
他のキャラだと作者によって性格が微妙に違うから違和感感じたりするけど、
カンコ= <、`∀´> だから安心して読めるのも良い。

739 :必勝必罰:2005/06/13(月) 20:43:05 ID:FXihGnbb
仕事帰り、ニホンパパがチュウゴ家の前を通っているところでした。
「おいしい魚〜新鮮なお野菜〜貴州省から空輸された緑茶葉、お客さんひとついかがアル?」
パパは足を止めました。
「いくらだい?」
「今、買い時ネ。パパさんいつもご贔屓にしてるから、パパさんだけ。100円均一アルヨ!」
「100円!?」
あ、あやしい、毒でも入ってるんじゃないか・・・
一瞬躊躇しましたが、パパは冷静に考えました。
このところの家計事情を見てみろ、10年間なんとかお母さんの発明品で家の財政は支えられてきたが、俺の収入は下がる一方。
ここで、夕食事情を改善すれば、一家の大黒柱のメンツも保ち、かつ今月の小遣いも上がって、酒もタバコも解禁だぞ自分!
「全部くれ!」
「まいどアルヨー」

740 :必勝必罰:2005/06/13(月) 20:43:56 ID:FXihGnbb
その日の夕食は、鯖の煮付けと、ほうれん草のごまあえと、お茶でした。
(みんなが食べて大丈夫そうだったら食べるか・・)
お父さんは箸をもったまま、家族を見渡しました。
そして、変なことに気づくのです。何故か、みんな自分の箸の先に注目していることに。
(まさかばれた!?)
「お父さん!」
突然、ニホンちゃんがお父さんの肩をもみました。
「いつも働いてくれてありがと。この鯖のみそ煮は私が作ったんだ。お・い・し・く・食べてね」
「この前から茶道をはじめまして、少し気合いを入れて煎れましたのよ・・・」
お母さんは両手を添えて、お茶を差し出しました。
「このほうれん草のごまあえはボクが作ったんだ。まだ子供だから、おいしいとはいえないかもしれない・・・」
「なんでみんなそんなに親切なんだ」
「「「だって今日は父の日じゃないか!」」」
(何そのご都合設定)
「さあ!早く一家の大黒柱であるあなたから食べてください!」
「遠慮しないで!」
「そうじゃないとボクたちはおそれおおくて箸をつけられない!」
好意の攻撃に晒されて、パパは食べられないYOとは言えず、震える手先で鯖のみそ煮に箸をいれました。
ゴクリ。
ウヨ、ママ、ニホンの三人の緊張が一気に高まります。
「ちょっとまて、なんでみんなわたしにえらい注目してるんだ」
「何いってんだよ!大黒柱が食べるのに集中して何が悪いんだ!」
「そうですわ。何を気になさっているのか」
「私たちは当たり前のことをしてるだけだよ!」
怪訝な顔つきをしつつもパパは、思いっきり目をつぶって、鯖を喉に流し込みました。

741 :必勝必罰:2005/06/13(月) 20:44:42 ID:FXihGnbb
「レレエレレ、アヒャー」
パパの脳みそがパンパンはじけ、いろんな空洞が出来はじめました。
いわゆるスポンジ脳です。
そこで、ママは心臓に注射針をグサッ!と音を立てて差し込みました。
するとみるみるうちにパパの目はよどんだ灰色から、黒色に戻っていきました。
「ハッ!賽の河原で小石を積んでたぞ!」
「そ!それは貴重な体験。次の同人のネタにいただきねっ!」
「じゃあ、次、私のお茶を飲んでくださいまし」
こんどはパパさん、口をつぐんで必死に飲まないようにしようとしましたが、ママさんのはぁっと耳に息を吹きかける大人攻撃に、口が緩み、熱いお茶が喉を駆け抜けます。
その瞬間、口と食道が帯赤黄色に染まり、後に青緑色に変化して、強烈な腹痛、痙攣を起こして、緑色のものを口からはき出しまして、気を失いました。
ママはオリジナル笑顔で、分液ろうとで作った気付け薬をコックを開いてじょぼじょぼ口から注入しました。
その瞬間、カメレオンのような肌の色が、通常の状態まで戻っていきます。
パパはカッと光を放ち、目を開きました。
「ハッ!黄泉比良坂で光る風を追い越してたよ!」
「じゃあ、今度はボク・・・」
「ちょ!ちょっと待て!私はもう食べないぞ!」
「まだ、父さんは腹ぺこのはずだろ?」
「ウヨ!何意固地になってるの!ごめんなさい。ウヨには料理はまだ早かったのよ!お父さんの口に合わなくても仕方ないわ!」
ウヨは虎のような殺気でパパをにらみました。

742 :必勝必罰:2005/06/13(月) 20:45:10 ID:FXihGnbb
その目を見て、パパは確信しました。
「・・・ばれていたか。くっ・・・こんなもの食べさせようなんて、私が悪かった。ごめんな。みんな」
ウヨが二人に目配せをしました。
「これくらいでいいだろ?」
「こんなの食べさせよーとしたんだよー酷いよ」
「いえ・・・ウヨ。これくらいで許しちゃだめよ。」
ママは鋭い目をパパに向けました
「そうだったな・・・すまん。日本男児たるもの、けじめはつけねばなるまい。それにせっかくウヨが作ったんだしな・・・頂くとする!」
「え!ちょっ母さん。もう薬にストックは無いんだよ!」
パパは箸をほうれん草のごま和えにのばしました。
ウヨ君は机の上に乗り出しました。
「待って!父さん!」
しかし、時すでに遅し、ほうれん草はごくりと喉を通っていきました。
ママはくすりと笑いました。


743 :必勝必罰:2005/06/13(月) 20:45:43 ID:FXihGnbb
その頃のチュウゴ家。
「アイヤーニホンはすぐ騙されるアルネー」
「我達は自分の家の作物なんて怖くて食べられないアル。さすが、東夷は違うアル」
「お料理ができました・・・今日はほうれん草のごま和えです」
「ちっ、自分で料理はできんのかチベットママ・・・いつもニホンのお裾分けばかりで・・・まあ、チベットママよりうまいから、イイけどアルネー」
「・・・」
ぱくっ
「これはまた美味、ふぅ・・・ん。なんだか顔が大きくなっていくような、アレ?アレェエエエエエエエエエエ」
ブシュッ
「へ?父?ど、ドドドドドッドドドッドどうなっツウウウ」
ブシュッ
「え・・・?」
チベットママはその光景を見て、ぺたりと座り込んでしまいました。

「まあまあ、そのほうれん草は私のとすり替えておきましたわ」
「え!?」
「だって、一家の大黒柱に先立たれては困りますしね」
「母さん・・・」
「ふふ、今度からこういうことはやっちゃだめよ。世の中は”必勝必罰”なんだから・・・ね♪」
そういうと母さんは父さんのほっぺに接吻をしましたとさ。
今日も地球町は平和です。

744 :必勝必罰:2005/06/13(月) 20:51:41 ID:FXihGnbb
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050423-00000000-scn-int
緑茶の葉から毒性強い「クロムグリーン」検出
http://www.artnavi.ne.jp/representation/gazai/a-3-1-4-4.htm
クロムグリーンの毒性
http://www.excite.co.jp/world/chinese/web/body/www.peacehall.com/news/gb/china/2005/01/200501111538.shtml?SLANG=zh&TLANG=ja&wb_lp=CHJA
汚染が発生して大量の魚の死亡
http://earlybirds.ddo.jp/bunseki/Data/famires.html
外食店などのほうれん草調理品からの残留農薬分析結果

( ゚Д゚)y―┛~~うーむ。皆さんアベシしないよう気をつけましょう。

745 :マンセー名無しさん:2005/06/13(月) 22:41:59 ID:0h/j00st
時々しか見に来ないから、
スレがどんどん分散してしまうのは正直困る…。

746 :マンセー名無しさん:2005/06/14(火) 02:53:08 ID:R04aeUis
まんがアクセスからきましたー。
漫画版も面白くてよかったけど、こっちの小説の方も勉強になりますね。

これから頑張って全話読破します。応援してますね。

747 :黄鉄鉱 ◆ijZJtWEy4Q :2005/06/14(火) 10:37:45 ID:SVRlwWVv
どうも、本スレでは久しぶりの黄鉄鉱です。

>>745
んーおいらの予想ではこれ以上分散しないんじゃないかと思いますけどねえ・・・。
また万が一特別な事情が起こったときはβみたいな分裂騒ぎの跡地を再利用する形になるでしょうしね。
あ、あくまでこれはおいらの予想ね。

>>746
うお! まんがアクセスからのお客様だよ嬉しい〜
応援ありがとうございます。がんばります
・・・・・って、お話読破するほうが大変だ。がんばってくださいw

748 :黄 色 い リ ボ ン  ◆JBaU1YC3sE :2005/06/14(火) 14:26:30 ID:WyEtxeOA
このスレも終わりかな?
なんか次スレも私が1作目になりそう。不安だ。
イラストのkarekiさん、光栄すぎるニダ。
こちらこそ楽しみにしています。
「花火宣言」は事実のみでキャラに会話させて可能性を考えた、
これからも作りたいタイプです。ありがとうございます!

749 :マンセー名無しさん:2005/06/14(火) 18:34:18 ID:6ctqEh4b
そろそろ移動した方がいいかもね。
長編が来たら終わりかねない。

750 :ab-pro:2005/06/14(火) 19:37:17 ID:bfpELq9H
 えぇ、もうそんなサイズになりましたか。
 そう言えば、まだ地鎮祭はやったこと無かったな・・・・

751 :マンセー名無しさん:2005/06/14(火) 21:04:18 ID:qx1VQxvP
عراقية تنفذ تهديدها وتقتل رهينة كوريا

752 :マンセー名無しさん:2005/06/15(水) 02:12:34 ID:CkcH8f+u
いつの間にやら新作ラッシュ
キテタ――――――(σ°∀°)―――――――!!

753 :マンセー名無しさん:2005/06/15(水) 17:23:54 ID:59hUF3dW
ネタ投下
次世代コンコルドが日仏共同で開発?

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050614-00000131-mai-bus_all

754 :マンセー名無しさん:2005/06/15(水) 21:05:32 ID:trAeoZz+
ネタはいいが、まずsageろ。

755 :あさぎり ◆WOaKOSQONw :2005/06/15(水) 21:17:18 ID:4qgXG7z8
『Operation Sledge Hammer!』

「なんだかなあぁ…」
 溜息つきつつ店頭に荷物運び真っ最中のベトナちゃん。
 フエの間とダナンの間のあいだは廊下が狭く曲がりくねっていて、お手伝いの際の
隘路になっていました。
 しかもママンは何度ベトナちゃんが狭い廊下に不満を漏らしても聞く耳なんか
持っていません。
「ママンもあすこは狭いと思ってるよ。でも皆我慢してるじゃない」
 つまりまあ、皆苦労してるんだから我慢しろという事です。
 とはいえ最近家の商売が上向いてきて、やたらと往来が増えたのと、扱う商品が
大型化したせいで、さすがにママンも何とかせねばと考えるようになりました。
早い話自分が苦労するのが厭になったんでしょうけどね。
 早速受話器を取り上げアジア町の信頼できる工務店に電話となったようです。
 それから3時間、電話口での熱い攻防戦が展開され、ベトナちゃんの家に腕利きの
大工さんがやって来ることになったのでした。…が、

 ぴんぽーん
「はいはーい、ああ、ニホンちゃんいらっしゃ…」
「現場はどこだべ?」
「へ…」
 玄関開けて第一声がアレなニホンちゃん、その御姿は黄色い安全ヘルメットにランニング、
首に手ぬぐい、足袋に鳶さんのズボン、そして身の丈以上の道具箱を肩に抱えています。

756 :あさぎり ◆WOaKOSQONw :2005/06/15(水) 21:18:00 ID:4qgXG7z8
「オラの現場がここだって聞いてきたべ?ベトナ(語尾↑)ちゃん、案内してけろ」
「げんば…あ、大工さんってニホンちゃん?」
「んだ」
「あ、そうなんだ、う、うん、わかった。こっち…」
 何か無闇に関わらない方がいいという心の声が聞こえてきて、ベトナちゃん深くツッコまず
にフエの間辺りにニホンちゃんを案内します。
「ここ」
「あぁー、こらいかん、廊下せめえな、よぐおうちの人我慢してたなぁ」
「どうするの?」
「そらおめえ、ぶち抜くしかあんめ」
「はぁ…」
「ほうれ、そったらとこ突っ立ってたら危ねえべ、よいたよいた」
 おもむろに道具箱からでっかいバールのような金槌を取り出したニホンちゃん、ぽかんと
見守るベトナちゃんを軽く無視して壁に向かいます。

「ハァァンマァァーーーーーーーーーー!!!!」

 突如性格が変わったかのように絶叫すると、歪んだ笑顔でスレッジハンマーショット。
 ずがぁぁぁん!という大音響、もうもうと立ち込める土煙、シルエットになっている
安全メットのニホンちゃん。小さなニホンちゃんは遠心力を使ってカレイにハンマー乱舞
させています。しかも笑いながら。
「ベトナちゃん、なしておらをうつろな目ぇで見てるんだべ?」
 虚ろというより怯えているんです。

757 :あさぎり ◆WOaKOSQONw :2005/06/15(水) 21:18:37 ID:4qgXG7z8
「ええとね、それ金槌というには大きすぎ。大きく、ぶ厚く、重く、そして大雑把すぎ。
それは正に鉄塊…って、ニホンちゃんフツーに怖いよ」
「現場は怖いトコだべさ。それしんねえとアブネエとこだべ」
 ニホンちゃん微妙に勘違いな答えをしつつ、ズボンのポケットからシガーチョコを取り出し
うまそうに咥えます。
「んだども安心するべ、ベトナちゃんも、こん先立派な大工にしてやんべ」
「え……私見てるだけでいいから」
「見てるだけじゃ現場のことわがんねえべ、おらがおすえてやっから、ま、大船に乗った
気持ちで言うこときいてりゃいいべ。なんせベトナちゃんのママンのお願いだべ」
「え…ママンそんな事言ってたの?」
「んだ」
「チョイヨーイ…」
 それからベトナちゃん、1週間にわたってニホンちゃんに付きっ切りだったそうです。学校が
終わると問答無用で即下校。逆らったり不平不満漏らしたりしようものなら、でっかい金槌に
ニホンちゃんが手を伸ばす…
 一度本当に怖くなって逃げ出しましたが、『おやつ出してやんべ』というニホンちゃんの甘言に
瞬時に篭絡されてあっちゅうまに職場復帰。
 最初嫌々ながら手伝っていたベトナちゃんですが、なんだかんだと住宅リフォームにヨロコビ
を感じ始めてしまいました。
「ん、これで完成だべ」
「すご・・・できちゃった」
「ベトナちゃんはやればできる子だべ。そっだらことは最初からわがってた」
 にっこりと笑いながらニホンちゃんはそう言うと、ベトナちゃんの背中をぽんと叩きます。
その仕草はまさにオヤジそのもの。

758 :あさぎり ◆WOaKOSQONw :2005/06/15(水) 21:20:17 ID:4qgXG7z8
「ま、また一緒に大工できたらいいべ」
「お、おやかたぁ」
「なぐなベトナちゃん、なぐでねえ。んま、またどっかの現場で会うべ、な?」
 別に明日になれば教室で顔を合わせるんですが、ベトナちゃんにもプロXなノリが移ってしまった
ようです。
 ニホンちゃんは道具を片付けると、夕日に向かって南シナ池のほとりを歩き去ります。
「おやかたーーっ、ありがとーーー!」
 叫ぶベトナちゃんに片手を上げて答えて、ニホンちゃんが見えなくなりました。

めでたしめで…
え?まだ終わりじゃないんですか?

「さあってとベトナ、良かったねえおうちひろーくなって」
「うん、やっぱ新築はいいよねママン」
 見送るベトナちゃんを後から優しく抱きしめ、ママンも満足そうです。
「これで明日からお手伝いの効率がぐっと上がるのかな?」
「うんまあ、最初は慣らし運転とか…いるし…」
 ベトナちゃん何となく嫌な予感。なんだかお手伝いサボリの言い訳を一つなくした気分になって
きました。
「ベトナのお仕事だった荷物運びね、ホーにも手伝ってもらえるようになったんだよ。ここでうちも
大々的に商売に乗り出そっかなって、忙しくなるぞー、ベトナもがんばれー!」
 ママン超上機嫌。ベトナちゃんはママンの言う『大々的』がやたらと琴線に引っかかります。
「あ、それだからって宿題さぼったら承知しないからね。あと、せっかく大工さんの仕事覚えたんだから、
どこかでアルバイトとかできるねこれで!」
「ハハ…そだね…」
 ベトナちゃん心の中でチョイヨーイと絶叫しつつ、ママンとおうちに戻ります。仲良く手を繋ぎ…
ではなく、心なしか肩を掴むママンの手に力が込められていたようですが…

おしまい

759 :あさぎり ◆WOaKOSQONw :2005/06/15(水) 21:21:38 ID:4qgXG7z8
□解説・貫通・隘路克服
※ 大工は解体なんかしません、たぶんwこんばんわ、弟子が出奔しやがったあさぎりですw
※ 本日はベトナムのODA事業、バンドントンネルのお話をば。既に2期工事のお話もあるようです。
【お金の都合がつけば】らしいのですがw
※ ひも付きODAと呼ばれる事業ではありますが、実質ベトナム国内に単独施工可能な事業者がいない
のもひも付きになった理由ではあると思います。実際ベトナム人技術者の育成も行っていたようですし。
※ なんか労働条件云々でスト起こしたりしてますが、最近は労組の組織があっちこっちで出来上がって
るんだとか。社会主義国って労組なかったのね。ちょっと意外w
※ ニホンちゃんの喋りは創作方言ですんで、どこの言葉かとかは正直おっちゃんわがんね。

□メタルカラーなソース
ベトナムの悲願、ハイバントンネル開通までの軌跡【Hotnam!News】
ttp://www.hotnam.com/news/050611021901.html
↓主体工事業者はゼネコンのハザマだったよーです
ハザマ組の現場レポート
ttp://www.hazama.co.jp/japanese/hazamag/genbarepo/0504/genbarepo01.html
↓んーまあ、労組のサイトですがw
全労連 世界の労働者のたたかい
ttp://www.zenroren.gr.jp/world/asia/vietnam2003.html

760 :五月雨:2005/06/15(水) 22:15:38 ID:iwgrk5hC
ニホンブレイク工業・・・・・か・・・?


761 :マンセー名無しさん:2005/06/15(水) 22:47:21 ID:yP8XlXC4
マジで次スレ立てないとやばいよ。

762 :あさぎり ◆WOaKOSQONw :2005/06/15(水) 22:51:52 ID:4qgXG7z8
>>761
依頼は僭越ながら出しますた
【スレ立て依頼】ウリのスレ立て代行汁!【12】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/korea/1116152072/l50
>>421

ちゅうわけで黄色いリボン氏、先鋒マカセタニダw

763 :あさぎり ◆WOaKOSQONw :2005/06/15(水) 23:05:15 ID:4qgXG7z8
連続ドラマ小説「ニホンちゃん」27クール目
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/korea/1118843682/l50

立ちますた

地鎮祭エントリー募集中w

764 :ab-pro:2005/06/15(水) 23:09:22 ID:f0Y6Zx3e
 一番槍争いに参戦!
 

765 :目次253:2005/06/16(木) 00:11:43 ID:YBKMdjg+
第2263話〜第2268話
>>731-732

第2269話「共同研究」
>>733 ( >>734 解説)
第2270話「必勝必罰」
>>739-743 ( >>744 解説)
第2271話「Operation Sledge Hammer!」
>>755-758 ( >>759 解説)

766 :目次製作者:2005/06/16(木) 00:12:33 ID:YBKMdjg+
連続ドラマ小説「ニホンちゃん」は新規スレッドに移行しました。
新規投稿は

連続ドラマ小説「ニホンちゃん」27クール目
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/korea/1118843682/l50

にお願いいたします。

767 :マンセー名無しさん:2005/06/16(木) 03:22:39 ID:BRukSZKn
>759
大工さん、やりますよ、場合によってですが
さすがに家の構造を知っているだけに巧くて早いですw。

ドカチン、ドカチンで済まそうとするこちらよりもスマートです、またかっこいいんだw

768 :黄 色 い リ ボ ン  ◆JBaU1YC3sE :2005/06/16(木) 12:00:02 ID:3lRLXJPR
あさぎり隊長、遅刻って厳罰ニカ?明日と今日って僅差のうちニダよね?

 ヒソヒソ (( お面用意しとくか )) ゴソゴソ

769 :マンセー名無しさん:2005/06/16(木) 19:59:14 ID:QAwxUD5V
>>767
以前、自宅を改築したとき、大工の父が「使える材木を確保する」と言い出し、取り壊し前に
部品取りをしました。
床板を引っぺがし、柱を引っこ抜き、鴨居をはずし・・・・・・それでも崩れないのは、
家の構造を知り尽くしているからなんでしょうね。

770 :マンセー名無しさん:2005/06/16(木) 20:17:08 ID:KUHGzTdz
ダイナマイトだユンボだスチールボールDADADAもいいけど、
やっぱり美しくないと。




ドリフみたいに。

771 :あさぎり ◆WOaKOSQONw :2005/06/16(木) 23:35:59 ID:b3zQWWes
やあ、なんだかレス伸びてますねえ。勝手にアンカーレスしちゃうぞ!

>>765 目次製作者さま
いつも乙であります。

>>760 五月雨 さま
>ニホンブレイク工業・・・・・か・・・?
あ、そういやそうだw全然考えてナカタヨ


>>764 ab-pro さま
>一番槍争いに参戦!
先鋒ご苦労様ですた!綺麗なカンコ!カンコ綺麗!w

>>767 さま
>>769 さま
個人的にトリビアw
なんだろ、大工って言うと作るってイメージしかなかったニダ…増改築だと解体もやるんだなあ

768 名前: 黄色いリボン さま
>あさぎり隊長、遅刻って厳罰ニカ?明日と今日って僅差のうちニダよね?
光画部時間適用なのでモーマンタイかと。などと年のバレルレスして見るテスツ
>ヒソヒソ (( お面用意しとくか )) ゴソゴソ
お面ドゾw
ttp://homepage2.nifty.com/kajipon/art/jojo7.htm

>>770 さま
>ドリフみたいに。
アレは芸術やったねえw

772 :マンセー名無しさん:2005/06/17(金) 19:55:23 ID:eaWZEO/x
(・∀・)イイ!!

773 :あさぎり ◆WOaKOSQONw :2005/06/23(木) 22:44:33 ID:a2svEVg8
突発企画
【4歳】ニホンちゃんお誕生日メッセージボード【おめでとう】

 7/10はニホンちゃんスレ1クール目スタートの日。なんだかんだとニホンちゃんもう4歳です。
 ハァ?小学校5年生で4歳?プッ とか笑わない。
 形式・内容問わずここいらで祝電打っちゃおうというあさぎりのいつもの浅知恵企画です!!
 うん、まあ、自分のメッセージだけでも泣いたりしません。涙拭いてちゅぎのアホ企画考えます…
というわけでGO!

---------------キリトリセン--------------------

 ニホンちゃん4歳の誕生日おめでとう。
 思えば2年位前に会社で『日本』ではなく『ニホン』で間違えてぐぐったときに、当時のエロパロスレ
に飛んだのが全ての始まりでしたw
「なんじゃこりゃ?」
と思って2chも知らなかったウリは、エロパロちょっと読んで(会社で)、リンク飛んで本スレ行って
(会社で)、こりゃ自分も作品投下したいと思い立ち(会社で)、必死こいて過去ログ読んでました。
 当時で1600話超えてたよ。最後まで読み切って暫く脱力してましたw

 2年前からのお付き合いですが、ニホンちゃんにお渡しするのは勿論ヴェルタースオリジ…ではなく
新作ですね新作。もうこうどかーんと、ひえーっての…うん、ガンバルヨーw

 ともあれこれからも末永くスレが続いて欲しいねえ。3000話のキリ番目指し…イヤナンデモナイヨ。
キリ番狙ってるかって?ヤダナア、そんな事ないっすよ、雉虎さんや黄色いリボンさんが羨ましいとか
ゼンゼン…ははは、ヤダナア、なんて目でウリ見てるんですか・・・

↓では次の韓者さんどーぞ

774 :黄鉄鉱 ◆ijZJtWEy4Q :2005/06/23(木) 23:29:39 ID:oWXEpi/i
ニホンちゃん、お誕生日おめでとう。
あなたが生まれて1年たったとき、ネット関連の雑誌で紹介されているのを見たのが全ての始まりでした。
一番最初に見たのが草創期絵師ニーさんのニホン画帳。
そこからおえびになだれ込んで、日之本姉弟を描いたのが最初でした。
話数は1100いってたぐらいだったかなあ・・・いつの間にやら古株になってしまってたんですねえw
卓上カレンダーをみんなで作ったり、極東板発のゲームに出演したり、おえびで1000とったと思ったら勘違いだったりw
いろいろあって早付き合いは3年になります。

この3年間のニホンちゃんライフの中で変わったことはなんといっても、新聞の国際欄やニュースをまともに見るようになったことでしょうね。いい習慣を与えてくれたニホンちゃんには感謝していますよ。

そうですね、私がニホンちゃんにあげられるものといえば、FLASH動画でしょうか。
まんがニホンちゃんや逆裁2もFLASHっちゃFLASHですが、
純粋に私から『動くニホンちゃん』を提供したいですね。さしあたって波田ウヨ区2とか、バングラでしゅとか。
・・・すいません、きりきりやりますw

そして密かにおえび2000ゲトを(ry


ハイ、次のチョパーリ


775 :青風: ◆BlueWmNwYU :2005/06/24(金) 00:32:38 ID:8hRzbhe+
ニホン様。

私こと通り魔SS師(&ネタ師)がこちらにお世話になるようになって
早半年が過ぎようとしております。
(その前に数ヶ月ROMはしてたんですけど)
その間に変身させたり、ぬ○ぽスレに登場させたり、アオザイ着せたり
イロイロさせてますが如何だったでしょうか?
そんなあなたも最近は目に見えて性格が強くなってきたようで、
書いている方としても喜ばしいやら、戸惑うやらです。

私も今までやらなかった事、一つの物語に付き合って完成させ続けるって事
をしてきて、少しだけ言葉というものの難しさやおもしろさが判ってきました。

私が何を目指して書いているのか、自分で見えたり見えなかったりしてるけど、
それでもあなたの世界を充実させる事は続けたいです。

ところでニホンさん、次は何をしたいですか?
お誕生日プレゼント替わりにリクエスト受けますよ。

はい、お次の方

  ↓

776 :ファック犬:2005/06/25(土) 00:19:47 ID:DGb7h/xG
【鉄道模型は楽しいな】

 タイワンちゃんは新しい鉄道模型が欲しくなって、それに詳しい学校の
級友たちから車輌とレールを買い受けることにした。車輌とそれを運行す
るための機械や扱い方をニホンちゃんから譲り受けることとなる。

 車輌を走らせるレールをこしらえたり、据え付けたりするのにはその他
大勢の友だちに力を貸してもらった。みんなの助力の甲斐があって、予定
していたよりも早く新式鉄道模型を遊ぶことができるようになった。とこ
ろが、最後の仕上げと点検をする段になって、一部分のレールにとんでも
ない欠陥が見つかった。そのレールを通ると、列車は飛び上がって3回転
半すると地面に激突できるという素晴らしい欠陥だった。

 レールをこしらえた友だちは丹念に件の箇所のレールを調べた。すると
レールに問題はなく、敷設の仕方が下手くそであることが判った。

 タイワンちゃんと、ニホンちゃんと、その他の大勢の友だちがカンコ君
をジロリと睨みつける。カンコ君はいたたまれなくなって、家に帰って行
った。

 レールのダメな部分はニホンちゃんが居残りして造り直すことになった。

777 :マンセー名無しさん:2005/06/25(土) 09:57:17 ID:ta2Y4Euv
ニホンちゃんの誕生日 = カンコ君の誕生日 ニカ?
それとも、カンコ君の誕生日 = 8月13日 ニカ?

778 :感想屋:2005/06/25(土) 12:17:35 ID:SAwsutkk
>>775
ああ、こういう面白い事に乗り遅れるとは不覚。

ウリがニホンちゃんを知ったのは3年位前?
始めはちゃんとスルーしていたのに、いつのまにかノメリコミ、2週間近くかけて1600話くらいを読んだニダ。

萌えと風刺と笑いのニホンちゃんが長く続く事を祈ってます。

と、作者でもないのに割り込んでみる。

次はまだある?


779 :マンセー名無しさん:2005/06/27(月) 21:58:53 ID:8twVpQxM
昨日ニホンちゃん知ってその後一気に450話くらいまで読んだ時点での感想。

アーリアちゃんはゲルマッハ君のことを
「兄上」ではなく「兄クン」
と呼んで欲しいと思った。
いや、雰囲気的になんとなくそんな気がしたんだよー。

780 :マンセー名無しさん:2005/06/28(火) 11:15:54 ID:n74ZDNNg
正直キモい

493 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)