5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

◆ EU・欧州総合スレ5◆

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 01:22:35 ID:b7QQu2Ul
協調、内紛、困惑入り交じる EU 欧州連合について語りませう
また欧州の各小国の話題についてもOKです
構成国ヲタ同士の煽りあいはいやん

前スレ
ttp://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1150566251/l50#tag888
◆ EU・欧州総合スレ4◆

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 10:06:47 ID:b7QQu2Ul
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20061114AT2M1301J13112006.html
EU、労働時間制限で対立・英仏譲らず協議決裂
【ブリュッセル=下田敏】

欧州連合(EU)加盟国が、週48時間までと定めている労働時間の制限を緩和
するかどうかを巡って激しく対立している。経済成長を優先して労働時間の
規制に消極的な英国などと、労働者保護を重視して規制を維持したいフランス
などとの溝は深く、EU理事会での協議は決裂。欧州委員会による調整も難航
している。フランスやドイツでは国内の雇用改革も滞り、産業界から懸念の声
も上がっている。
EUは1993年の指令(法律)で労働時間を週48時間までに制限したが、国際
競争の激化で、より柔軟な雇用制度が必要になっている。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 11:36:35 ID:KFld5Jfa
>>2
なんかEUとしてまとまっている事の弊害を、如実に表しているようなニュースだな。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 12:06:21 ID:26+XMNW+
>>2

波蘭や東欧が喜びそうなニュースだな。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 14:13:29 ID:LDOVRw2c
EUはもうなくそう

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 14:40:30 ID:b7QQu2Ul
ttp://www.worldtimes.co.jp/
キプロスへの港湾開放問題 EUがトルコに警告
12月にEU加盟中止も

(前略)
EU加盟論争がトルコでナショナリズムを勢いづける一因となっている
とみられている。エルドアン首相は、トルコ国内でEU加盟への熱が
急激に冷めていることを認めている。十月に公表されたトルコの世論
調査によると、EUの加盟を希望する意見は35%にとどまった。昨年
から半減、三年前の八割から激減した。国民の多くはEUからの圧力に
疲れ、“トルコらしさ”を犠牲にしてまでもEUに加盟するメリットは
ないと判断している。EUの警告を受け、エルドアン首相はキプロス
問題で明確な回答をしなかったものの、「EUの警告は即、加盟交渉
停止にはつながらない」と楽観視した。
EU加盟二十五カ国にも拡大意欲は薄れているのが現状だ。来年一月に
新規加盟するブルガリアとルーマニアも経済力では現加盟国に大きく
劣り、政治・経済の腐敗も指摘されている。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 14:42:36 ID:b7QQu2Ul
ドイツ国内でも、トルコEU加盟をめぐって意見が分かれている。EU
加盟の代わりに特権的パートナーシップを提案しているメルケル独首相
(キリスト教民主同盟=CDU)は、南ドイツ新聞とのインタビューで
「とても深刻な状況にある。現状ではトルコとの加盟交渉を続けること
ができない」と警告した。ドイツは二〇〇七年にEU議長国を務める
ことで、メルケル首相はフィンランドと同様、トルコとキプロスの仲介役
に徹したい意向を示している。
ポファラCDU事務局長は「EU加盟で特例を認めるべきではない」と
強調、一つ一つの加盟条件を果たすよう求めた。CDUの姉妹政党、
キリスト教社会同盟(CSU)のシュトイバー党首の姿勢は首相よりも
強硬で、加盟交渉の中止を強く求めている。一方、連立与党の一翼を
担う社会民主党はトルコのEU加盟を全面的に支持、改革のチャンスの
芽をつぶすべきではないと主張している。トルコ問題はメルケル大連立
政権における対立要素の一つになりかねない。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 23:47:16 ID:3vGZt43D
フランス大統領選挙だが、2回投票制ということを忘れてる奴が多すぎだ。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 00:53:37 ID:QGzaF2VJ
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20061115AT2M1501815112006.html
エアバス再建、部品メーカーの救済策・仏政府
【パリ=安藤淳】

フランス政府は14日、リストラ中の欧州航空大手エアバスと取引がある部品
メーカーの救済策を発表した。2007年と08年に計8000万ユーロ(約120億円)
を緊急融資する。産学官共同の航空宇宙関連プロジェクトに5000万ユーロを
投じて部品需要を喚起するほか、新たな研究開発拠点を設けて中小企業の活動
を支援する。
ドビルパン首相がエアバス本社のある南仏トゥールーズで発表した。エアバス
は超大型機「A380」の生産・引き渡しが当初計画から約2年遅れ、購入
キャンセルや遅延補償金の支払いを迫られている。同社は部品製造の委託先を
絞り込むなどして生産を効率化し、経費削減を急ぐ計画。部品メーカーからは
取引中止などを懸念する声が強まっていた。
エアバス関連の仕事を請け負う企業は約550社、従業員は約6万人。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 00:55:55 ID:QGzaF2VJ
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20061115AT2M1403915112006.html
欧州委員会、仏スエズとGDFの合併承認
【ブリュッセル=下田敏】

欧州連合(EU)の欧州委員会は14日、仏エネルギー・環境事業大手の
スエズとフランスガス(GDF)の合併計画を承認した。関連会社の
株式売却などを条件としている。両社の合併は伊電力大手エネルによる
スエズ買収を阻止するために仏政府が主導。保護主義的な動きとして
批判を集めたが、欧州委は最終的に条件付きで合併を認める判断を決めた。
欧州委は6月から合併計画について詳細な調査を進めてきた。合併承認に
際し、欧州委はEU市場で公正な競争が妨げられる恐れがあるとし、
両社にベルギーにあるガス会社の株式売却などを求めた。欧州委の
クルス委員(競争政策担当)は両社が合併条件を満たせば「エネルギー
市場での効果的な市場競争は確保される」としている。
スエズとGDFの合併では仏政府が「経済愛国主義」を唱えて伊エネル
による買収への介入を正当化。これに対し、EU各国や産業界では保護
主義的な動きとして仏政府への批判が広がった。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 01:02:18 ID:Ec4WDnBp
ボヴェを大統領に!!

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 15:41:08 ID:NxtTk3yf
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/news/20061117k0000e030028000c.html
仏大統領選:社党候補にロワイヤル氏 党員投票で勝利

来春の大統領選に向けたフランス社会党の公認候補を選ぶための党員投票で
党選管は17日未明(日本時間同日朝)セゴレーヌ・ロワイヤル元家庭・児童
担当相(53)が過半数を得て、党指名を獲得したと発表した。来年1月に
指名を決める与党・国民運動連合の候補者との一騎打ちが予想され、ロワイヤル
氏はフランス史上初の女性大統領と、12年ぶりの社会党政権奪還を目指す。
党選管によると、最終得票率は、(1)ロワイヤル氏60.6%(2)ストロス
カーン元財務相(57)20.8%(3)ファビウス元首相(60)18.5%
−−で、投票率は82%だった。26日の党大会で正式に大統領候補となる。
予想外の圧勝を受けて、ロワイヤル氏は「体中で幸福感を表現したい気持ちだ。
フランスは歴史のページを書き始める。共に予想外の何かを築き上げよう。
この国は変化を求めており、それを実現させたい」と勝利の第一声を上げた。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 20:55:36 ID:CreJx4lR
ポピュリズムに蝕まれるフランスか・・・・

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 10:31:06 ID:5uGcrJ8X
仏代表「黒人ばかりで恥ずかしい」 社会党幹部発言波紋

フランス社会党幹部が、サッカー仏代表チームについて「黒人ばかりで恥ずかしい」
と発言し、波紋を呼んでいる。
シラク大統領が「民族や宗教にかかわりなく、共和国は市民の平等を保障して
いる」と批判するなど、
各界が非難。来春の大統領選を意識する社会党内部にも衝撃が広がり、幹部の
除名を求める声が出ている。
発言の主は、仏南部ラングドックルシヨン地域圏議会のフレシュ議長。
16日付の地元紙に「チーム11人のうち(黒人が)3、4人ならまだしも
9人もいる。
白人は使いものにならないということで、みっともない。いまに全員が黒人に
なる」と語った。
欧州サッカー界では近年、非白人選手への差別発言が問題になっていた。
ドラノエ・パリ市長は「極右に転向した者」として、同氏の除名を要求した。
フレシュ氏は5月にも、アルジェリア独立戦争時に仏軍に協力したアルジェリア
系住民を「人間のクズ」と呼び、党の処分を受けている。

朝日新聞 2006年11月17日18時42分
ttp://www.asahi.com/international/update/1117/010.html

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 00:15:55 ID:Qx3Mgm7x
フィンランドが原発推進

「反原発」見直し機運が徐々に出始める欧州で、フィンランドが他の国に先駆けて
約30年ぶりの原発建設を進めている。京都議定書の温室効果ガス削減義務を背景に
国民も過半数が新たな原発を支持(TVO社提供)
  (時事通信社)16時19分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061118-04841631-jijp-int.view-001


16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 04:01:57 ID:jS6kxV5Y
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/europe/news/20061119k0000m030045000c.html
仏大統領選挙:候補者指名で、右派与党に分裂の可能性
【パリ福井聡】

来春の仏大統領選挙で左派野党・社会党はロワイヤル元家庭・児童担当相
(53)擁立を決めたが、対抗する右派与党・国民運動連合は党分裂の可能性
もはらんで揺れている。人気、実力面でロワイヤル氏に対抗できるのはサルコジ
内相(51)だが、党内で対立するシラク大統領(73)▽ドビルパン首相
(53)▽アリヨマリ国防相(60)は、まだ不出馬を明言していない。
世論調査ではサルコジ内相、ロワイヤル氏の支持率はきっ抗しており、党が
分裂すれば右派には致命傷とみられている。
国民運動連合は来年1月14日に党指名候補選挙を実施する。党首でもある
サルコジ内相の選出が確実視されているが、内相が「過去からの決別」を
掲げてドゴール派のシラク、ドビルパン、アリヨマリの各氏と対立している。
3氏は「サルコジ政権阻止」で一致しており、党の公認が得られなくとも独立
候補として出馬し、与党支持層が分断される可能性が指摘されている。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 04:03:26 ID:jS6kxV5Y
世論調査では第3位に極右・国民戦線のルペン党首(78)が控えており、
与党幹部は「第1回投票で与党が2人立候補すれば、決選投票では『与党
候補ゼロ』となる」と、党内の団結を訴えている。ロワイヤル氏が社会
党内での候補指名で圧勝しただけに、与党側は危機感を抱いている。
来春の大統領選では「右派サルコジ対左派ロワイヤル」の対決が有力視
されており、支持率の調査では「49%対51%」で調査のたびごとに
順位が入れ替わっている。ルペン氏の支持率は15%前後を推移している。
サルコジ氏はさっそくロワイヤル氏側に「直接討論会」の開催を申し入れた。
機関銃のようにまくしたてる得意の弁舌で、政策面であいまいさが残る
ロワイヤル氏の弱点を有権者に印象付ける戦略をうかがわせる。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 04:08:31 ID:jS6kxV5Y
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/europe/news/20061118k0000e030063000c.html
オランダ:イスラム女性の「ブルカ」禁止法案を提出へ
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/europe/news/20061118k0000e030035000c.html
拷問:オランダ軍 テロ容疑で拘置中のイラク人を


19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 10:11:16 ID:Xg1lICrh
>>15
本当はロシアにガス供給で嫌がらせされたくないからだよ。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 11:29:46 ID:NDktynjM
>>18
オランダもアレだな。ヨーロッパやっとも「リベラル衰退」が始まったみたいね。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 15:32:17 ID:a0QzLCVE
自由の衰退・・・男の時代の終焉。これからはソフトの時代、女性の時代ですな

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 16:48:26 ID:a0QzLCVE
フランスは右派も左派も分裂の様相。面白くなってきたな。
分裂してるほうが健全だ

23 :ショボーン:2006/11/19(日) 17:00:24 ID:1ytX0lQj
まずフランスは大統領と首相がいることが問題と思う。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 17:02:06 ID:nKmmU3Gp
http://girl.from.jp/mu/robom.cgi?nono=6122

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 22:15:20 ID:jS6kxV5Y
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/europe/news/20061120k0000m030008000c.html
ロワイヤル氏:党員投票での最大の勝因は「女性」
【パリ福井聡】

来春のフランス大統領選挙で社会党の公認候補となることが決まったロワイヤル
元家庭・児童担当相(53)の党員投票での最大の勝因は「女性」だった。
仏ジュルナル・ディマンシュ紙は19日、投票理由を巡る世論調査結果をそう
報じた。
同紙によると、「ロワイヤル氏の何に最もひかれたか」の問いに対し、計801
人の電話調査の回答は、(1)彼女が女性だから(37%)(2)左派刷新を
具現化するから(21%)(3)右派最有力候補、サルコジ内相に唯一勝ち得る
から(18%)−−の順だった。回答者を社会党支持者に限った調査も同じ順位で、
数値は(1)41%(2)33%(3)30%−−だった。
ロワイヤル氏は選挙戦で自身が4子の母である点を紹介し「この国の子供たち
に何かしたい」としばしば訴えた。サルコジ陣営幹部は「我々がどうにも対抗
できない点が一つある。彼女が女性だという事実だ。それだけでも彼女を新鮮
に見せる」と認めている

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 23:19:08 ID:PRXOvD2W
独「閉店法」大幅緩和へ、一部で24時間営業も解禁
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20061119AT2M1800R18112006.html

 【フランクフルト=後藤未知夫】小売店が深夜や休日に営業するのを禁じている
ドイツの「閉店法」が大幅に緩和される見通しになった。日本経済新聞が全16州に
聞き取り調査したところ、12州が24時間営業を可能にすると回答した。各州とも
雇用や個人消費の拡大を期待している。規制緩和を受けて、流通業界は営業時間の
延長に動き出す。(以下略)

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 00:46:35 ID:qC9dFviL
つうかフランス大統領選挙の1回目は左派も右派も分裂するもの。
前回のシラクだって1回目は20%取れてない。

ようは決戦に進めればいいのさ。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 01:50:08 ID:Kn7Phg8L
マクドナルド破壊爺さんを決選投票へ!

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 12:16:49 ID:5xvUSQ75
オランダ総選挙
世論調査によると現与党連合(中道右派)に野党諸党(左派)ともに過半数握ることは出来なさそう
政党内訳だと現与党のキリスト教民主アピールが第一党になりそうだけど、
第二党に伝統的三大政党ではない左派の社会党がくる可能性が出てきたよう

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 22:06:17 ID:jGWn7Z31
ttp://voanews.com/english/2006-11-21-voa44.cfm
Bush to Stress Alliance 'Transformation' at NATO Summit
By VOA News 21 November 2006

VOA:ブッシュ大統領はNATOの再編をサミットで提案


ブッシュ大統領は来週ラトビアで開催されるNATOのサミットで同盟の
再編成を提案する。アジアの5ヶ国とのパートナーシップ協約を結ぶことで
NATOを拡大する。

NATOは26ヶ国の軍事同盟で、バーンズ国務次官によれば、オーストラリア、
フィンランド、日本、韓国、スエーデンの5ヶ国をNATOの訓練や会議に招待する。
ただしこれはNATOへの正式加盟の招待ではない。

バーンズ次官によれば大統領の言うNATO再編のアジェンダはNATOを
欧州の枠を超えるよりグローバルな志向の同盟にとするもの。

オーストラリア、フィンランド、スエーデンはアフガニスタンにNATOとともに
出兵している

バーンズ次官によればブッシュ大統領はNATO加盟国に対して国防費の
増加を求める。これはNATOがより近代的なシステムと能力を獲得する為に
必要である。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 01:10:32 ID:kCx0LvL+
ttp://www.asahi.com/business/reuters/RTR200611220034.html
仏ガス公社の役員会延期求める裁判、労組が勝訴
[パリ 22日 ロイター] 

フランスの公益企業スエズとフランスガス公社(GDF)が計画している800億
ユーロ(1025億ドル)規模の合併をめぐり、労働組合がGDF取締役会の
延期を求めていた裁判で21日、労組側が勝利した。政府が支援する合併計画
は痛手を被った。
労組は取締役会の開催前に合併計画を精査する時間を求め、パリの控訴裁判所は
GDF取締役会の開催延期を決めた下級審の判断を支持した。取締役会は22日
に予定されていた。
裁判所はまた、GDFの欧州労使協議会が合併に関する独自の意見を提出する
まで合併に関するすべての決定をGDFに禁じた下級審の判断も支持した。
GDFは現在、株式の80%をフランス政府が保有しており、スエズとの合併
にはまず仏政府によるGDFの民営化が必要となる。
GDFのジャン・フランソワ・シレリ会長兼最高経営責任者(CEO)は声明で
「フランスガス公社とスエズの合併計画は、引き続き両社の将来にとって最も
妥当な計画だ。われわれは計画の可能な限り早期の実現を目指す一方、すべての
株主の利益を尊重する」と述べ、引き続き合併計画を推進する方針を示した。
労組はGDFの民営化でガス価格が押し上げられるとともに雇用が脅かされる
と主張、最大野党の社会党も、政権を奪還すればGDFを再国有化すると警告
している。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 03:02:53 ID:u4UEM5+R
ロシアとのエネルギー分野での新協定を巡り欧州連合(EU)の足並みが
乱れている。

ロシアの資源外交を警戒するポーランドが、EUとしてまとまってロシアの
外交圧力への対抗措置を取るべきだと訴えているためだ。

EUは24日にフィンランドで開くロシアとの首脳会議で新協定の協議入りを
狙うが、遅れる可能性も出てきた。

ロシアとの現行の協力協定は来年11月に期限が切れる。これをにらみ欧州
委員会はエネルギー取引や投資での透明性の確保や相互協力を盛り込んだ
新協定を提案。

これに対し、ポーランドは天然ガスの安定供給の保証やポーランドの農産物
への禁輸解除にロシアが応じなければ新協定を認めないと主張している。


ニュースソース
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20061122AT2M2102I21112006.html


33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 09:32:25 ID:Wsk5xkGO
「いじめ問題をうやむやにするな!」
事実を隠ぺいする学校と行政に対し、ついに2ちゃんねらーが立ち上がった
電凸 メル凸 スネーク活動
嘆願書 千羽鶴 大規模オフ
・・・そして祭りの胎動が
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1164212008/l50
このニュースを海外メディアにリークしてくれるヤシ大募集
詳しくは本スレ&まとめサイトを参照されたし

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 11:25:23 ID:kCx0LvL+
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20061123k0000e030009000c.html
オランダ:総選挙で首相、第1党維持 連立協議へ
 
22日投票のオランダ総選挙(定数150、比例代表制、任期4年)は
即日開票され、オランダ放送協会によると、開票率98%の段階で、
バルケネンデ首相率いる中道右派、キリスト教民主勢力(CDA)=
改選前44議席=が41議席を獲得し、第1党を維持した。首相は
「政権の努力が報われた」と述べ、続投に意欲を示した。
CDAを中心とした連立協議が始まるが、大政党が軒並み議席を減らし、
旧共産党系の左派と移民排斥を唱える極右が躍進したため、交渉の難航
は必至だ。
最大野党の中道左派、労働党=同42議席=は32議席に、改選前の
連立与党、自由民主党=同26議席=も22議席に後退。一方で旧共産党
系の社会党=同8議席=は26議席、極右の新党、自由党が9議席を獲得した。
新たな連立政権が過半数を占めるためには、小政党を取り込んだ上で
(1)労働党との「大連立」(2)極右との連立−以外、ほぼ選択肢が
なくなった。
地元メディアは「大政党が争点づくりを回避したため、有権者が極端な
投票行動に走った」と論評した。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 14:46:44 ID:X5NqmD2N
「いじめ問題をうやむやにするな!」
事実を隠ぺいする学校と行政に対し、ついに2ちゃんねらーが立ち上がった
電凸 メル凸 スネーク活動
嘆願書 千羽鶴 大規模オフ
・・・そして祭りの胎動が
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1164212008/l50
このニュースを海外メディアにリークしてくれるヤシ大募集
詳しくは本スレ&まとめサイトを参照されたし

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 16:02:29 ID:vlhJnMMn

ttp://www.iht.com/articles/2006/11/22/news/dutch.php
ブルームバーグ;オランダ選挙、有権者は左側に傾斜


オランダ選挙の出口調査などから見て、与党のクリスチャンデモクラットが
政権を維持すると見られるが、獲得議員の数が単独政権を組むに至らないので
連合政権にならざるを得ない。

今回、社会党が議席を伸ばしている。さらに社会党が与党の政権連合パートナー
であった、リベラルのVVDなどに対して勝利した為、首相は労働党や社会党を
連立政権に含める事を交渉せざるを得ない。そのため政権の政策が左翼に
協調するものになることがあり得る。

一方、今回の選挙で、比較的強硬な移民反対を掲げるGeert Wildersの新党も勝利している。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<オランダ選挙の整理>

・議会は150議席で、比例代表制度、少数党や連立がおきやすいシステム

・過半数は76なのだが、CDAの改選前議席はわずかに44、今回41(-3)
・労働党の開戦前議席は42、今回32(-10)
・社会党が第三党に躍進、25(+16)
・リベラルVVDは以前の連立パートナーで第三党だったが敗退

ロンドンタイムズは、大連立(Grand coalition)になるのではないかと・・・
ttp://www.timesonline.co.uk/article/0,,13509-2466355,00.html
November 23, 2006
Grand coalition of right and left David Charter

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 21:20:43 ID:kCx0LvL+
ttp://hibinoawa.blog10.fc2.com/
大統領選立候補者38人!

大統領選まであと半年。まだ候補者が確定していない政党もある今日この頃ですが、
出馬の意志を表明した立候補者はなんと38人。しかも、その中には、サルコジ内相
になるだろうと言われている右派最大政党UMP候補者と、ベイルー党首が出馬すると
予想される中道右派UDFの候補者が含まれていません。つまり、更に二人プラスに
なるはず。
立候補者リストを見ると、先日、社会党(PS)候補者に選出されたセゴレンヌ・
ロワイヤル、早々に立候補を宣言していたFNのジャン-マリー・ル・ペン、既に
450以上の推薦署名をもらったと明かしているLOのアルレット・ラグィエ、郵便配達夫
を続けながら党を代表するLCRの若きオリヴィエ・ブザンスノ、このブログでちょっと
その名に触れたMRCのジャン-ピエール・シュヴェヌマン、FNと並んで極右政党・
フランスのための運動(Mouvement pour la France)党首フィリップ・ド・ヴィリエ、
大臣経験もある緑の党(Verts)のドミニック・ヴォワネ…と、この辺りはお馴染みの
顔ぶれ。すでに以前の大統領選に出馬したことのある人ばかりです。で、以前も
出たけどまた懲りずに出るんですか!?と言いたくなる人もいます。というのは、
もともと党内分裂によって離脱し、独自の政党を立ち上げたもののあまり追従者が
いなかったりして、得票率が極めて少なかった立候補者。例えばMNRのブリューノ・
メグレ。この人、まだやってるなんて知りませんでした。っていうか、奥さんは
有罪判決受けて本人も裁判中じゃなかったけ?

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 21:22:11 ID:kCx0LvL+
あとは小さな政党やグループからの立候補者(ハンディキャップ支援会
など)が続きます。その中で、フランスの黒人協会代表評議会(conseil
representatif des associations noires de France)創設者のひとり、
ステファン・ポクランの初立候補は、だいぶ前になりますが、ちょっと
注目をひいていました。
これから候補者リストの仲間入りをするだろうと思われるのは、ニコラ・
サルコジUMP党首と、フランソワ・ベイルーUDF党首。また、共産党(PCF)
の書記長、マリー−ジョルジュ・ビュッフェの立候補はいまだはっきりせず。
社会党以外の左派の間で統一候補を立てるかどうかの問題があり、反グローバリ
ゼーション運動の旗手ジョゼ・ボヴェが自推していたり、自然派TV番組で
人気のニコラ・ユロの立候補を期待する声が挙がっていたりで、左派の
大統領選挙運動は始動以前の状態、といった感じです。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 21:23:06 ID:kCx0LvL+
しかし、大統領選挙に公式に出馬できるのは、500以上の推薦署名を獲得
した人のみ。毎年、この署名集めに苦労している極右政党の党首たちの
様子が報道されます。なんだかんだいって彼らは大体締め切り直前には
しっかり署名を集めていますが、他の名の知れていない多くの立候補者
たちは大抵この署名集めで挫折して出馬できないようです。
その発言がときにきわどく、人種差別的だとして度々糾弾されたユーモリスト
(コメディアン)のデュードネも、毎回立候補を表明しながら署名を
集められない口。今回は立候補を諦めたそうです。しかし、FN集会に参加
したとかで、一部で物議をかもしています。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 05:19:22 ID:1nZyjkND
当時のオランダでは、右派、左派ともに、その政策に違いが見られなくなっていた。
のみならず、右派のキリスト教民主勢力と左派の労働党、または労働党と右派の
自由民主党との連立といった、左右相乗りの保革連立政権が長らく続いていた。
左の「赤」と右の「青」が混ざった「紫」政権と呼ばれていた。
保革共存のフランスや、左右強調のオーストリアと同じだ。
(中略)
「政治が変わらないことへの失望感、絶望感なんだと思う。ここの政党は、右も
左もなく、近視眼的な政権確保のためだけに、くっついたり離れたりを繰り返している。
官僚たちも、自分たちの利益を守るばかりで、こちこちのビューロークラシーに
なってしまった。もはや別の政治的選択が見つからなくなってしまった」

山本賢蔵『右傾化に魅せられた人々』(河出書房新社)

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 05:25:42 ID:1nZyjkND
ttp://www.asahi.com/business/reuters/RTR200611230006.html
独政府、EADSへの投資でダイムラーと基本合意=報道官
ttp://www.asahi.com/business/reuters/RTR200611230008.html
独大統領、国内改革推進とECBの安定政策を称賛
ttp://www.asahi.com/business/reuters/RTR200611210006.html
ユーロ圏金利は極めて低い、金融政策の下支え必要ない=独連銀月報
ttp://www.tokyo-np.co.jp/flash/2006112301000466.html
対ロ協定交渉入りできず EU、ポーランド反対で
ttp://www.nikkei.co.jp/news/main/20061114AT2M1400714112006.html
中東欧・旧ソ連圏の06年実質成長率、6.2%に

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 12:17:49 ID:GUZjpjA5
オランダ総選挙結果

キリスト教民主勢力゛゛゛゛゛41 (欧州人民党)
労働党゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛32 (欧州社会党)
社会主義者党゛゛゛゛゛゛゛゛26 (欧州左翼・北欧環境派左翼)
自由民主主義人民党゛゛゛゛゛22 (欧州自由民主同盟)
自由党゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛_9 
環境派左翼゛゛゛゛゛゛゛゛゛_7 (欧州環境派・欧州自由同盟)
キリスト者同盟゛゛゛゛゛゛゛_6 (独立主権派)
民主主義66゛゛゛゛゛゛゛゛゛_3 (欧州自由民主同盟)
動物保護党゛゛゛゛゛゛゛゛゛_2 
政治改革党゛゛゛゛゛゛゛゛゛_2 (独立主権派)

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 13:05:07 ID:TlcspWDm
>>40
フランスの2002年の大統領選がその典型かもしれんね
左派票がどっと極左候補に流れて社会党候補が決戦投票に残れなかった
そのせいもあってか左派票が極左に流れることがそれ以降は少なくなった気がする

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 15:59:16 ID:ARqGiRyL
>>42
動物保護党゛゛゛゛゛゛゛゛゛_2

なんじゃこりゃ?

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 16:53:47 ID:TlcspWDm
Partij voor de Dieren
動物のための党
その名の通りアニマル・ライツ増進・保護を目指す政党

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 17:13:03 ID:BFJOjHZ3
そんな政党が議席持っているんなら、そりゃあロリコン政党も立ち上げてみたくはなるわな。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 18:28:01 ID:TlcspWDm
そのペド政党も動物権利擁護に比較的熱心らしい

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 18:29:26 ID:g2TJEBzu
フランスの政党乱立ぶりに比べりゃ、オランダなんて屁でもない

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 18:32:13 ID:SS9NYRGb
PvdDの紋章は草を食んでいる牛

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 21:33:43 ID:1nZyjkND
新スレ
ttp://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1164313845/l50#tag4
【Deutschland】 ドイツ [DREI]

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 22:28:46 ID:/ENx7Fgz
そっちを使いきってから、こっちに統合するって事

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 04:52:25 ID:V3qOE9AB
ttp://www.asahi.com/international/update/1123/013.html
オランダ主要政党が議席減 新政権発足まで数カ月か

オランダの総選挙が22日、投開票され、バルケネンデ首相が率いる中道右派
のキリスト教民主勢力(CDA)は下院(定数150)で、連立与党の自民党
とともに議席を減らした。野党第1党の労働党も議席減となり、主要政党が
いずれも改選議席を割り込んだ。一方、左翼の社会党が躍進、反移民の右翼新党
も議席を確保した。CDAを軸にした連立協議が始まるが、安定多数を確保する
組み合わせは難しく、新政権発足まで数カ月かかるとの見方も出ている。
選挙管理委員会の暫定集計によると、CDAは改選時より3議席減らしたが
第1党は確保した。バルケネンデ首相は22日、「4年間の努力が報われた」
と勝利宣言したが、今後の連立交渉については「パズルのようだ」と難しさを
認めた。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 11:01:17 ID:/c52rpTa
ヨーロッパのキリスト教の教義者は昔は人心を治める武家の棟梁だった、
そうですね。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 12:05:55 ID:oPMPG8d9
>>43

ロワイヤルだと左派票の取りまとめは難しいんでない?主張はかなりサルゴジ
に似てて明らかに右派への食い込みを狙ってるので棄権する左派続出してサルゴ
ジが勝利ってことになるんではないかと思う。まあロワイヤルも雲を掴むような
左派票よりも右派に切り込むほうが得と左派は諦め割り切ってるのかもしれないが。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 12:20:26 ID:/c52rpTa
アイゼンシュタインというアインシュタインの親族の家系がロシアにあるそうで、
代々天才の家系で陰の役を引き受け、隠然と秩序を暗殺や犯罪を仕切りながら維持してきたのだ
そうです。文学系のつまり詩人の家系だ、そうです。一部名誉の復活をするのが正当かと思われます。

アイゼンシュタインへの恩についてはアインシュタイン博士が言明しています。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 14:10:51 ID:V3qOE9AB
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20061125AT2M2500225112006.html
次期仏大統領、極右のルペン氏支持が17%に

民間調査機関CSAなどが実施し、25日付の仏紙ルモンドに掲載された世論調査
で極右政党国民戦線(FN)のジャンマリー・ルペン党首(78)を次期大統領に
望む回答が17%に達した。前回の大統領選の初回投票で社会党候補を破り、決選
投票に進んだ際の得票率を上回った。
大統領選出馬には議員や市長500人の推薦署名が必要。調査ではルペン氏の署名
獲得に48%が賛成、47%が反対。出馬の是非を巡って判断が割れた。
支持率トップは初の女性大統領を目指す社会党のセゴレーヌ・ロワイヤル氏
(32%)。2番は与党国民運動連合党首のニコラ・サルコジ氏(内相、29%)
で、ルペン氏は3番だった。
大統領選の第1回投票は5カ月後。2002年選挙の約半年前に実施した同様の調査
では、ルペン氏に投票するとの回答は9%にすぎなかった。現政権への不満から
右派の一部がFN支持に傾いているとみられる。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 15:42:13 ID:KKEfYFkH

EUとロシア首脳会議、人権など議論かみ合わず

【ブリュッセル=下田敏】欧州連合(EU)とロシアは24日、ヘルシンキで首脳会議を開いた。
エネルギー供給やロシアの食肉禁輸をめぐる混乱で、エネルギー分野を中心とする包括的な新協定の交渉入りは見送られた。
エネルギーを武器に強硬な姿勢を取るロシアに対し、人権問題などを訴えるEUの議論はかみ合わず、
両地域の関係が悪化する懸念が出てきた。

首脳会議にはロシアのプーチン大統領やEUのバローゾ欧州委員長らが出席。
記者会見でバローゾ委員長は「EUはロシアに(エネルギーの)市場を提供できる」と語り、
エネルギー投資や取引を相互に広げる必要性を訴えた。
プーチン大統領は外資主導でのロシアの資源開発に難色を示した。

ロシアは投資自由化などを盛り込んだ国際的なエネルギー条約批准を見送っている。
このため、EUは新協定でロシアの天然ガスの安定供給などの「保証」を得たい考えで、
首脳会議での交渉入りを目指していた。

だが、ロシアの政策に強く反発するポーランドが新規加盟国としては対外関係で初の拒否権を行使。
加盟国の全会一致が原則のため、EUは交渉権限を得られない異例の事態となった。
現行の協定は来年秋に失効する。

(続く)

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 15:43:07 ID:KKEfYFkH
(続き)

ポーランドは新協定を認める条件にロシアによる食肉輸入の禁止の解除を要求。
これに対しプーチン大統領は会見で「技術的な問題だ」と述べるにとどめた。
ロシアはさらに来年にはEU全加盟国からの食肉の輸入を禁止すると通告。
新規加盟のルーマニアとブルガリアで衛生管理が保証されないという理由だが、
EUでは新協定に絡んだ圧力という見方がある。

EUとロシアの緊張が高まっているのは冬場を控え、
ロシア産の天然ガスの安定供給に不安があるという背景もある。
今年初めにロシアはウクライナ向けのガス供給を一時停止し、そのあおりでEU向けのガス供給量が減った。
エネルギー供給で旧ソ連諸国などに圧力をかけるロシアに、
天然ガスや石油の3割近くをロシアに頼るEUは危機感を強める。

EUは首脳会議でプーチン大統領にエネルギー安定供給などを求めたが、
EU加盟国の足並みがそろっていないという弱みがある。
中・東欧諸国はEU全体でロシアに資源供給を迫る考えなのに対し、
独伊は個別にロシアとエネルギー供給の協定を結んでいる。

日本経済新聞
http://www.nikkei.co.jp/news/main/im20061124AS2M2402824112006.html


59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 19:50:17 ID:yTVP96nG
<ルワンダ>仏と断交 高官9人の国際手配に対抗

フランス司法当局が、ハビャリマナ大統領搭乗機撃墜事件の容疑者としてルワンダのカガメ政権の高官9人を
国際手配したことに対抗し、ルワンダ政府は24日「フランスはルワンダ政府に戦争を仕掛けてきた」として
フランスとの断交を決めた。

政府は駐仏ルワンダ大使を召還、駐ルワンダのフランス大使らに国外退去を求めた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061125-00000076-mai-int

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 22:35:38 ID:d5K0vgDe

 EUの不動産については、不動産バブルの影響のほとんどないドイツと、
米国を遙かに上回る悲惨なバブル状態にあるスペイン、その中間の英仏
両国など、国によるばらつきが大きい。

内需の点からは経済大国の英仏両国の不動産バブル崩壊は大問題
であるが、金融システムやユーロ体制の信認の観点からはスペインの
方が重要であろう。人口4000万人のスペインの住宅着工が年間80万件で、
英仏独三カ国(人口2億人)の合計より多く、独仏より貧しいのに住宅は
独仏より高額、1400万戸の住居のうち300万戸が空家、住宅ローン利用者
の95%は変動金利で、史上最低金利での契約というのは余りに危険だ。

貿易赤字の多さでも住宅着工の多さでも不動産価格高騰の酷さ
(フロリダで住宅価格が平均世帯年収の6.25倍なのに、マドリッドで14倍)
でもスペインは米国を圧倒している。

中・東欧諸国も過剰な対外債務と不動産バブルを有しており全体に
国力が低下し、不動産バブルは存在するものの膨大な経常黒字と
対外債権を有するロシアの優越が明瞭になると思われる。

欧州の不動産バブル崩壊後は、経済力だけでなく政治力でも欧州に
おけるドイツの優越が明瞭となり、英仏はドイツの衛星国的存在に転落
するであろう。

ユーロが崩壊し各国で独自通貨が再開され、ドイツはその国力の象徴
であったドイツマルクを取り戻すことになる。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 23:18:18 ID:moP1GA/f

>>60

スペインの不動産業界はイギリス人のカネを当てにしてるんだよ。
イギリス人はアメリカのフロリダやオーストラリアのケアンズで不動産買いあさってる。



62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 00:06:23 ID:hIFuE4MF
>>54
ルペンに右派の票を食われたら、サルコジにとっては不利にならないか?

最近では、ルペンの支持者はもう自らの政治選択を隠さなくなっているらしい。
それだけ現体制への不満が鬱屈しているんだろうけど。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 00:56:02 ID:7SRveUD8
>>62
まあ、決選投票に進めれば関係ない。
前回の1回目の総左派票は総右派票より多かったのに、分裂してルペンの
決戦投票進出を許したのを考えれば、今回は左派も右派も学習して
ロワイヤルとサルコジに集中するんじゃない、1回目も。

2回目で極右票がどこにいくかは知らんけど、ロワイヤルはなんだ
かんだいって左派だし、サルコジはなんだかんだいって移民出身
だからなあ。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 03:00:48 ID:jCDGxGpo
18 名前:七つの海の名無しさん[] 投稿日:2006/11/26(日) 02:06:07 ID:t0Bcfkhj
ポーランドからの食肉輸入禁止の背景に、ロシア「自作自演」の偽造書類が

(要約)
ロシアはポーランドから食肉の輸入禁止措置を取っていた。
理由は「ポーランド側が虚偽の検疫証明書を作成していたから」というもの。
だが、書類は明らかにキリル文字を常時使うものの筆使いで、
ラテン文字を使うポーランド人の筆跡とはまったく違う。
検疫書類の書式もポーランドの政府機関が発行しているものとはまったく違う。

(英語)
http://www.iht.com/articles/ap/2006/11/25/europe/EU_GEN_Poland_Russia.php

はいロシア終わり。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 03:06:56 ID:Bgna4ZKm
<イラク反戦広告>全米15紙に掲載「彼らがウソついた」 

 【ワシントン及川正也】「彼らがうそをつき、彼らが死んだ」。22日付の米ワシントン・ポストなど
全米15紙にイラク反戦団体「ウィン・ウィズアウト・ウォー(戦争なき勝利)」のイラク戦争反対を
訴える見開き2ページの広告が掲載された。

(中略)

 新聞広告は左面が「彼らがうそをついた」という見出し。ブッシュ大統領、チェイニー副大統領、
ラムズフェルド国防長官、ライス国務長官の写真の下に「(大量破壊兵器の)ありかを我々は知っている」
(ラムズフェルド国防長官)、「我々は大量破壊兵器を発見した」(ブッシュ大統領)など過去の発言録を引用、
現実とのかい離を印象付けている。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 14:13:20 ID:7SRveUD8
つうかルペンってもう78なんだ。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 19:18:13 ID:0gEy0Fa6
ttp://www.iht.com/articles/2006/11/24/opinion/edpetrov.php
If not the EU, then who?
Alexander Petrov / International Herald Tribune
Published: November 24, 2006

IHT(コラム);EUはロシアの逆戻りを阻止するべき


最近のロシアは独裁化が進み、民主主義や人権が無視される傾向が
強くなって、いわば一昔前のロシアに逆戻りしつつある。

ロシアと関係の深いEUは影響力を発揮して、それを止めるべき立場に
あるが、本気でそうしたいのかが良くわからない、と書くもの。

(筆者はヒューマンライト・ウォッチのモスクワ代表)

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 20:19:47 ID:je7Ra5vL
欧州牽制のためにロシアをイケイケにさせてるのは
アメリカだよね。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 20:25:45 ID:hIFuE4MF
>>67
今年のノーベル文学賞をトルコの小説家オルハン・パムクが受賞したことに
ついて、「西欧の知識人の間に、イスラーム諸国の親西欧派・自由主義者に
あらためて支援のエールを送る必要性が認識されていたため」と解説されて
いたが、欧州諸国はロシアに対してそうする意図はないのか?
やっぱりロシアのエネルギーが欲しいから?

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 00:10:36 ID:7puXJv8r
ttp://www.asahi.com/international/update/1126/010.html
仏社会党、大統領候補にロワイヤル氏を正式指名

フランスの最大野党・社会党は26日の臨時党大会(パリ)で、大統領選挙の
候補者にセゴレーヌ・ロワイヤル元環境相(53)を正式指名した。「初の
女性元首」を旗印に12年ぶりの政権奪回を期す。ロワイヤル氏は党幹部ら
約1500人を前に「左派に新たな希望がわいてきた。07年の勝利へ力を
もらった」と演説し、拍手と歓声に包まれた。
ロワイヤル氏は16日、党員約22万人による投票で60%超を獲得、候補者
に選ばれた。党大会ではこの結果を挙手による全会一致で承認した。
指名を受けたロワイヤル氏は「グローバリゼーションが引き起こす社会の不平等、
不安定に立ち向かうのが左派の政治だ。この国は右派や極右の占有物ではない」
と訴えた。また「多数の外国メディアが注目するこの場で言いたい。女性を
立てて闘うことは、まさに革命的な行為なのです」と強調した。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 01:01:25 ID:FaUcndeO
>>68
前独首相のシュレーダーじゃないの ? ポーランドの反対押し切って露独間の
ガスパイプライン計画に着手した上、ちゃっかり天下りしてるし。

イラク戦争のおかげで石油バブルが発生し、ロシアが大儲けしてることを
言ってるんじゃないよね ?

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 08:24:29 ID:lS52+jb4
ドイツはロシアにとって天然ガスの最大のお得意様なんだから
直通パイプラインは双方にとってメリットがある。ポーランドなんか全く関係ない。
ナブコパイプラインだってポーランドなんかスルーだし…
ポーランドは反ロ国家煽ってるだけの変な国。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 11:19:33 ID:f3K7OVIz
>>72

ポーランドはドイツに代わるアメリカの同盟国になりつつある。
だから反ロを煽っても大丈夫なわけ。アメリカの代理として反ロ
をしてる。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 11:24:54 ID:f3K7OVIz
>>72続き
あとポーランドや東欧とっては両国の結びつきは独ソ不可侵条約見える。ドイツ
をロシアが手を組むということはその間にあるポーランドは当然不安になる。昔
から両国にはひどい目に遭わされてきたので。独ソが「毒素」なら独露は「ドクロ」、
死神という具合に。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 13:32:28 ID:bnwpB8jb
>>72
それは間違い。

ドイツ与党内でもカトリック保守のCDU/CSU系はロシアとは距離を置き、
対露外交においてはポーランドとの協調を模索している。

だが、与党内でもシュレーダが所属する左派のSPDはロシア宥和主義で、
かつドイツの外交ポストを掌握している。ここが問題。

ロシアはEUをうまく分裂させようとしているが、それに引っかかってロシアに尻尾を振ってるのが、ドイツ連立与党内の左派。

ポーランドの今回の拒否権行使はEUの連帯にとって非常に大きな意義がある。
ロシアの食肉禁輸をネタにしてEUを引き込むポーランドの外交に対しては、
「したたか!」と膝を叩いて感心せざるを得ない。

足元をすくわれたドイツ外交当局(つまり左派SPD系)は、今回のポーランドの行動を痛烈に批判している。

また、ポーランドは日本の利益も擁護している。
と、いうのも、エリツィンが調印しておきながらプーチンが批准を拒否している国際エネルギー協定は、
ポーランドだけでなく日本も批准しているからだ。
サハリン開発でロシアが日本の利益を妨害しているのは、ロシアが批准していないから。

12月5日にヴァイマール・トライアングル(フランス・ドイツ・ポーランドというEU大陸3大国連合)の首脳会談が行われる。
このときポーランドがどういう態度に出るかが当面、EUにとって最も重要な関心事となる。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 20:58:02 ID:nXjbu27Q
ポーランドはカトリック右翼の現与党、中道右派の野党、中道左派の野党すべてが、
ロシアに対しては超党派で強硬姿勢をとることで一致している。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 22:13:25 ID:dngbutyW
スイス国民投票、EU新加盟国向け援助容認
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20061127AT2M2601C27112006.html

 スイスは26日、2004年5月に欧州連合(EU)に加盟した東欧など10カ国に対
する10億スイスフラン(約950億円)の経済援助の是非を問う国民投票を実施し、
賛成票が過半数を占めた。スイス自体はEUに加盟していないものの、EU拡大を
通じた欧州全体の安定と市場経済化を側面から支援していくスイス連邦政府の方針
を多数が支持した。
 投票では賛成が113万7937票、53.2%を占め、反対の100万2448票、46.8%
を上回った。(ジュネーブ支局)

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 22:15:45 ID:CrgjSzWN
ポーランド人が嫌いなヤツ

1、ロシア
2、ドイツ
3、フランス

みたいな感じ。ポーランドが親米に走るのは安保という実利的な面に加
えてそれがこれらの国にとっては痛烈な嫌がらせになるから。無論、今回の
ポーランドのロシア件での拒否はアメリカの意向があるのは言うまでもない。
また、ラムズフェルドがクビになったので彼のやってた米軍の米本土への集約
という再編政策が見直されポーランドを入れた東欧に少数であれ再配備に
なる可能性はある。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 22:29:21 ID:7puXJv8r
ttp://www.business-i.jp/news/world-page/news/200611270027a.nwc
したたか“ポーランドの乱” EU・露接近、新参の1国が阻止


一方、エネルギー大国ロシアとの関係を強化したいEUは「2国間の農業問題
は分けて考えるべきだ。一国の利己主義で全体を犠牲にしてはいけない」と
説得するが、ポーランドは「EUの一員であるわが国の存続をかけた問題で
あり、譲歩はできない」と、一歩も引かぬ構えだ。
EUとロシアの協力協定の期限切れまでには、まだ時間があり、欧州の小国、
ポーランドがEUとロシアの交渉でカギを握ったともいえる。
このため、ロシアからさまざまな形で圧力を受けるほかの東欧やバルト諸国が
今後、「ポーランドの反逆」に学ぶことも予想され、交渉の行方に関心が
集まっている。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 22:33:37 ID:dngbutyW
NATO:首脳会議前に独と米英などとの対立深刻化
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/america/news/20061128k0000m030067000c.html

 【ベルリン斎藤義彦】北大西洋条約機構(NATO)首脳会議がラトビアの首都
リガで28日に始まるのを前に、ドイツと米英など他の加盟国の対立が深刻化して
いる。イスラム武装勢力タリバンとの戦闘が激化するアフガニスタン南部の治安維
持を担当する米英が、平穏な北部を担当するドイツに兵力の提供を要求し、ドイツ
が拒否しているためだ。復興より軍事攻撃を優先する米英への批判が背景にあり、
首脳会議は紛糾も予想される。

 アフガン南部を中心に派兵するデンマークのゲーデ国防相は25日、ドイツが北
部だけに派兵を限定するのは「理解できない」とし、「いくつかの加盟国は自分勝
手だ」と批判した。11月中旬にも、カナダでのNATO関連の議員会議で英国の
議員が「南部で兵士が死ぬ一方で、北部ではビールを飲んでいる」とドイツを厳し
く批判した。(以下略)

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 22:50:52 ID:kTxhMKNF
>>80
アメリカのドイツへの嫌がらせはなかなか収まらないな
9条の件があるけど日本に対する姿勢とはえらく違うなぁ

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 22:54:31 ID:dngbutyW
なんだかんだ言ってイギリスもビール飲みたいんですけどね。

英軍「数千人」イラク撤退 来年末までにと国防相
http://www.sankei.co.jp/news/061127/kok007.htm


83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 23:14:19 ID:OcM/dDds
或る意味9条のおかげでやっかいな兵員派遣をしなくてすむ

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 23:30:23 ID:nXjbu27Q
>>78
>ポーランド人が嫌いなヤツ
>
>1、ロシア
>2、ドイツ
>3、フランス

いやそれは偏見だよ。
対露感情は悪くなっているだろうが、ドイツやフランスを嫌っているとは思えない。

他の諸民族に対する態度。
メジアンが3.50だがドイツは4.30だからドイツ人を嫌いではない。
フランスにいたっては5.30で、ポーランド人はフランス人が大好きだ。
ロシアでも3.75だが、今アンケートを取ればメジアン3.50を下回っているかもしれない。
はっきり「嫌い」が多いのはルーマニア人とロマだけ。それでも3点台でそれほど嫌ってはいない。
ポーランド人はあまり外国人嫌いの傾向がない。
http://www.iss.u-tokyo.ac.jp/~komorida/nations.htm

これ見るとチェコ人やハンガリー人は外国人嫌いみたいだな。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 23:32:18 ID:nXjbu27Q
>>81
嫌がらせというより、ドイツはロシアや中国に擦り寄って抜け駆けをしたり、
イスラム諸国と裏取引してこっそり利益を掠め取る傾向があるから、
西側諸国はドイツに対しては厳しい態度で臨まなければいけない。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 01:14:30 ID:IhtcQgh3
何いってんだかw
その「西側諸国」に日本は入ってないよな。
中国相手に貿易黒字叩き出してるなんて日本だけだもんな。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 01:23:46 ID:n7IqphCG
>>86
当たり前に入ってるよ。
今のうちにドイツを叩いておかないと、中国に武器を輸出されてしまう。
(現在EUは対中武器禁輸措置を取っているが、禁輸解除派の急先鋒はドイツ)
攻撃型潜水艦など売られたらたまらない。
ドイツは潜在的に日本の安全保障を脅かす最も危険な存在だ。
日本を含む西側諸国は一致団結してドイツに対する厳しい態度を取らなくては、
世界中のパワーバランスを崩されてしまう。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 01:39:19 ID:GmPpzoMU
つうかその考えなら、ドイツに甘くしないと禁輸しないんじゃねえの?
なんで厳しくすると禁輸するのか分からん。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 02:17:37 ID:IhtcQgh3
EU:中国に476億円武器輸出 禁輸に抜け道(今年1月)
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/asia/news/20060107k0000e030067000c.html

 【ブリュッセル福原直樹】欧州連合(EU、25カ国)が04年、武器禁輸対象国
の中国に3.4億ユーロ(約476億円)の武器を輸出していたことが7日、EUの
内部資料でわかった。EUの武器禁輸は、武器の部品や軍事転換が可能な物資の輸出
を完全には禁止していない。このため各国の裁量の範囲が広く抜け道が多い「二重基
準」が批判されていた。

 資料によると、04年の輸出総額は03年(4.2億ユーロ)より低いものの、0
1年の5500万ユーロから飛躍的に増大している。国別では前年同様、フランスが
最も多く約1.69億ユーロ。次いで英国の約1.48億ユーロで、両国ともに前年
と同水準の輸出額。フランスは軍事用の電子機器や航空機関係の製品、爆発物などが
多いとされるが英国は詳細を報告していない。また、チェコが軍事用の火災防止関連
機器など前年の5倍以上にあたる約1900万ユーロ相当を輸出。前年1.27億ユ
ーロだったイタリアは約200万ユーロだった。(以下略)

仏はもちろん英国もちゃっかり輸出してるんだが。ドイツも追いつきたいのは当然。


90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 02:50:06 ID:n7IqphCG
>>88
EUその他西側諸国全体の利益を無視して利己的な行動をしたら制裁を課すという風に、
ドイツに対してしっかり釘を刺しておかなければいけない。


91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 06:42:06 ID:afwjl8uQ
2007年上半期(1〜6月)はドイツがEUの議長国だ
対中国武器輸出問題をはじめ、圧力をかけろ

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 08:35:10 ID:BWPkwsY2
奴隷貿易:英首相が遺憾の意 廃止法から200年を前に
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/europe/news/20061128k0000m030080000c.html
ロンドン小松浩】ブレア英首相は27日、英国の奴隷貿易廃止法成立から来年3月で200周年となるのを機に、奴隷貿易で英国が主導的役割を果たしたことに個人的な「遺憾」の意を表明した。
過去の英首相発言より踏み込んだもので、200周年を前に「謝罪」や「補償」論議が高まるのを避ける政治的な狙いがあるとみられる。
黒人系紙「ニュー・ネーション」に談話として発表した。
首相は「人間性に対する犯罪といま見なされていることが、当時は合法だったというのは信じがたい」としたうえで、来年3月の200周年を「奴隷貿易が恥ずべき行いだったと言うだけでなく、我々の深い遺憾の意を表す機会になると個人的に信じている」と強調した。
英国の黒人団体はここ数年、200周年を機に首相の謝罪を要求してきた。ブレア首相は個人的な「遺憾」の意を示すことで決着させたい構えだが、黒人団体の中には明確な謝罪と補償が必要との声もあり、論議はまだ尾を引きそうだ。
(以下略)

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 08:35:26 ID:dOIfgj3U
イタリアの女性部隊はバチカンを大砲により攻撃し壊滅解体します。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 08:47:31 ID:BWPkwsY2
>>92の続き
なにやら、最近、イギリスとアフリカとの関係が揺れていますね。
中東が目立って、日本ではあまり大きく報道されていないですけど、ジンバブエのほか、ケニアでも。
ジンバブエはイギリス系の人の土地を奪って、中には殺人に及ぶケースも。
殺された家族に保障はないですし。
一方、AU(アフリカ連合)も植民地支配と奴隷貿易について謝罪と保障をイギリスとアメリカに求めているとか。
これ自体は、イギリススレでも少し話題になりましたが、よく考えると、フランスやオランダも植民地支配と奴隷制って、関係していますよね。
イギリスのケースはEU全体に影響を与えますか?


95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 10:41:02 ID:yCAea255
今のドイツはイスラエルの属国だからね。
この前の早期警戒システム騒動はイスラエルの本音です。
赤いハイファと呼ばれるように産業人には左翼が多いし。
今の政権だって中道左派連合ですから。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 10:59:24 ID:JXg9Z7wt
イスラエルの極右ってテルアビブの北部嫌いだからな。
高級ブル志向の傲慢なスノッブが左派という点は日本と似ている。
イタリアのルキノヴィスコンティとかミケランジェロの子孫も自称マルクス主義者だしね。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 11:58:50 ID:DBTRHzlH
>>90

ドイツが中国へ武器輸出したらその対策費用をドイツ製品への追加課税で
賄うといえばいいんでない?フランスに対しても同様にね。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 13:07:21 ID:n7IqphCG
>>95
>今の政権だって中道左派連合ですから。

ちがいます。
カトリック右派のキリスト教民主同盟CDU/キリスト教社会同目CSU(元カトリック中央党)と、
左派社会民主党SPDの大連立政権です。
外交以外の主要ポストは親米派のCDU/CSUが握り、
外交ポストは全て親ロシアの左派SPDが握っています。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 13:11:22 ID:n7IqphCG
>>97
だから日本を含めた西側諸国は一致団結してドイツの行動を抑え込まないといけない。
フランスは台湾に積極的に武器輸出している以上、歯止めがきいている。
英国やフランスが中国に輸出している「武器」は、正確にはその気になれば軍事転用が可能な民生品のみ。
一方、ドイツは攻撃型潜水艦とかミサイルシステムとか、そういったズバリの武器を中国に輸出する野心を持っていて非常に危険。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 16:43:31 ID:Gmgfif6I
>>94
フランスも似たようなもんじゃないの。
コートジボワール、チャド、先日のルワンダと、摩擦はむしろ先鋭的

仏大統領「5月10日を奴隷制犠牲者追悼の日に」(今年1月)
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060131AT2M3100B31012006.html
 「5月10日を奴隷制犠牲者追悼の日に」――。シラク仏大統領は30日の演説で、
奴隷制廃止を記念する日を制定する考えを表明した。暴動などアフリカ系移民との
摩擦拡大や旧植民地との関係悪化を受けた融和策との見方が多い。(以下略)

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 18:29:44 ID:5V7dXXO3
>>99

仮に転用しようにもそれができるだけの技術が中国にあるのかは怪し
い。中国でも最新技術が集中してると考えられる軍需産業も民需同様基本
的に組み立て専門の域をまだ出てない。それにそういう民生技術は肝心の
所の性能を「落として」輸出されてるのが普通。

>一方、ドイツは攻撃型潜水艦とかミサイルシステムとか、そういったズバリの武器を中国
>に輸出する野心を持っていて非常に危険。

そういうのにはアメリカの技術も混ざってるんでない?どこの国の兵器もアメリカの技
術が混ざってたら多分アメリカとの契約で米国の同意がないとそのライセンスを使った兵器の輸出
もできんかったはずだが。それとも純ドイツ製なのかな?ドイツの技術力の昨今の急低下
を見てるとそれだと逆に大枚はたいて輸出しても買った中国がいい皮のツラだと思うのだ
がwトランスなんとかしかり

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 19:35:33 ID:mOC5Garq
ttp://www.ft.com/cms/s/7a199f8e-7dbb-11db-9fa2-0000779e2340.html
Rethinking Russia
Published: November 27 2006 02:00 | Last updated: November 27 2006 02:00

FT(社説):ロシアを再考する

In dealing with the Kremlin, the EU should be neither craven nor confrontational.
・・・
In future, the EU should adopt what could be termed a Russian approach - a cold-
eyed assessment of how its own interests can best be advanced by co-operating
with the other side.
・・・
Russia remains the EU's most important market and partner. The past year has been
a wasted opportunity. It is time for the EU to develop a more hard-headed and
unified approach.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最近のロシアのソビエト連邦逆戻り傾向を受けての、ロシア政策見直し論。

EUの対ロシア政策は臆病でなく、対立紛争的でもない、冷徹な実利に
基づくものであるべきとする。そうしたロシアへの新政策のもとEUは一致
協力すべきである、という。

なんとなく日本の対中政策について、FTの言って来たことを、お返ししたい気分。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 19:48:45 ID:H55Bdvi0
>>94
というかアフリカは欧州だろ。ベルギーなんてちっちゃい国のくせして、
えげつないこと結構やっていた。
戦後はエレガント(?)に金渡しつつ武器を売ってるけど。

アメリカの奴隷船はとりあえず数代にわたってのアメリカの黒人に対してはそれなりにやってたし、
たぶんそれらの国民もそれなりの地位につきつつあるけど、
アメリカにとっての問題は今の移民の方が問題なんだろうな。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 20:26:47 ID:YwGxerRD
>>102
>そうしたロシアへの新政策のもとEUは一致
>協力すべきである

エネルギー政策で明らかなように、いつもドイツが抜け駆けして、それをロシアが政治的に利用するから、難しい。
バルト海パイプライン計画はドイツの抜け駆けを示す象徴的な出来事。
EUは、ドイツになんとか首輪をつけて、ロシアと勝手にバイラテラルな関係を結ばせないようにしなければいけない。


105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 20:41:52 ID:Gmgfif6I
んなこと言ったって、じゃ英米がガスを安定供給してくれるのかよw
英国みたいな、枯渇しつつあるとはいえ国内に油田があって、
しかも工業を捨てた国とは違うんだよw

伊露首脳会談:エネルギー協力で一致(6月)
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/europe/news/20060621k0000e030030000c.html
 【モスクワ杉尾直哉】イタリアのプロディ首相は20日、就任後初めてロシアを
訪問し、プーチン大統領と会談した。両首脳は、露エネルギー企業のイタリア市場
進出を認める代わりに、ロシアの石油・天然ガス生産事業にイタリア企業を参入さ
せることで一致した。プロディ首相は会談後の共同会見で、「エネルギー分野で両
国(の協力関係)は新たな段階に入った」と評価した。


106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 21:47:51 ID:5V7dXXO3
>>104

アメリカを単独行動主義とは非難できんなドイツもw独仏共に単独行動主義だから
親米の東欧では嫌われてるのに気づかない鈍感。

ドイツを押さえるにはドイツ国内の原発の閉鎖を中止して、石炭産業の改革を進
めるのが大切。ロシアにエネルギー依存するのは国内の倒産同然の石炭産業を助ける
政策のツケにある。しかも品質の良くない石炭を使いその上火力発電所への投資をケチっ
たので二酸化炭素や化合物の排出は日本よりもひどい。ガスが高くなったので石炭へ
の発電の傾斜が考えられるので今後、EUの京都議定書の達成のアシを引っ張るかも
しれん。それか中央アジアからトルコや東欧を通してパイプラインを引っ張ってくるか。

>>105

ドイツの工業もすでに昏睡状態だが。失業が出るので生命維持装置つけて
無理やり生かしてるだけの。石炭産業のためにロシアからガス買ってるだけ。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 21:53:57 ID:NOrYrosR
>>105
イタリアとドイツって、第一次・第二次の両大戦前も同盟を結んでいたな。
1882年の独墺伊三国同盟と、1940年の日独伊三国軍事同盟。
「持たざるもの同盟」というか、「負け組同盟」というか…


108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 23:15:00 ID:aXe5em/7
>>105
>んなこと言ったって、じゃ英米がガスを安定供給してくれるのかよw

発想が違う。
エネルギー憲章というのがある。
これは日本やEU諸国やオーストラリアなど、世界の49カ国が署名・批准している。
これにロシアもエリツィンのとき署名しているが、プーチン政権になって批准を拒否している。
そのため、ロシアを除く49カ国、あるいはEUが結束してロシアに圧力をかけないといけない。
ところがドイツとイタリアは勝手にロシアと二国間協定を結んでしまい、足並みを乱している。
とくにドイツは最も積極的にロシアとのエネルギー事業を進めていて、これでは他の
エネルギー憲章参加46カ国はロシアに圧力をかけられない。
従って、ドイツとイタリアに対しては経済制裁などをちらつかせることで、ロシアとの二国間協定を破棄させ、
ロシア以外の参加国が一致団結しなければ、ロシアにうまい具合にこの分断を政治利用されてしまう。
反対にロシアからすれば、「分断して統治せよ」の基本を行っているわけだ。

また、英国も国内で消費されるエネルギーの30%はロシア産ガスのはずだよ。
数日前にそんな報道を読んだ。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 00:18:42 ID:CnSuMOsm
だったらポーランドのわがままなんて無視して団結すればいいじゃんw

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 00:49:52 ID:L2dFdaBX
>>104
ドイツがEUよりもロシアに傾くのって、日本がアジア主義とかいって大陸に
傾くようなもんじゃないの?

>>108
イタリアでは、90年代にキリスト教民主党や社会党が国民にまったく支持されなく
なって、代わりにフォルツァ・イタリア、国民同盟、北部同盟などの新しい政党が
出現して、これでイタリア政治も変わるかと思われたけど、結局改革は行われ
なかったわけ?

ttp://www.mizuho-ir.co.jp/research/ukngas030930.html
天然ガス輸入国に転じる英国

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 01:04:44 ID:eMCESqy6
ドイツにしろ、ロシアにしろ
国家事情の悪化で、「背に腹は代えられん」
っていうところだろ。
別に心から親密な関係を持ちたいなどとは考えてもいないさ。
露) 金がほしいよ〜。そして、あわよくばEUに対する実権も握りたいよ〜
独) エネルギーがほしいよ〜。でも財政難だよ〜。他の国のことなんてこの際どうでもいいんだ!


112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 01:15:19 ID:CnSuMOsm
もともとアメリカに対抗するためのEUなんだから
イギリスやポーランドがアメリカに傾きすぎなんだろw
でも結果として内紛が起きればアメリカもロシアも喜ぶわけだから
利害が一致してるか。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 01:19:36 ID:eMCESqy6
>>112
ドイツなどは、そのためのうってつけな「かませ犬」な訳だな。
次世代も悪者はドイツに決定。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 01:23:36 ID:dV/1xbh7
>>109
EUがポーランドを除外してロシアと交渉すれば、日本も除外されることになるんだぜ。
サハリン2の問題でロシアに好き勝手やられてるのは、ロシアがエネルギー憲章を批准していないからだ。
ポーランドが食肉の禁輸問題を突破口として、エネルギー問題でEU全体の結束を図ろうとしている。
これにまずリトアニアが賛同した。次に現議長国のフィンランドだ。
その次に英国。次にEUではないが、ノルウェーも賛同した。
そしてロシアに対する示威行動としてラトビアでNATO首脳会談が行われている。
12月5日にはフランス・ドイツ・ポーランド3カ国連合(ヴァイマール三角連合)の首脳会談が行われる。
フランスはシラク大統領が近々退任するため、どういう態度に出るかわからないが、ポーランドを非難することはないだろう。
いずれにせよ、ドイツの勝手な行動は許されるものじゃない。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 01:38:16 ID:fhrQIA76
ポーランドなんてカス国家無視してりゃいーよ
大体膨大な資源を提供してくれてる産油国に圧力かけて怒らせてどーすんだよw
ポーランドなんか、いままでドイツよりも安いガス勝ってた癖に黙ってろよ

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 01:48:35 ID:dV/1xbh7
>>115
なに煽ってんだよ、ボンクラ。
ポーランドなどの中東欧諸国はとっくに国際相場でガス買ってるよ。
ウクライナあたりと勘違いしてんじゃねーの?

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 02:05:11 ID:eMCESqy6
次のEUの舵取りは、ポーランド、フランス、イギリスあたりになるだろうな。
今のままでは、ドイツはEUにとって悪影響を与えるだけの国に成り下がる。
ポーランドは既に国際的な場では、無視できないほどの大国に成長しつつあり、
ポーランドが東欧・旧ソ連邦国家を束ねて、ロシアににらみを利かせ、
中欧はフランスがEUの重鎮となり、
イギリスが調整をしつつ、アメリカとの太いパイプ役を務める。

>115の言うとおりならば、外交も交渉なども、国際的に一切必要ではなくなるな。
ただただ、平身低頭、卑屈になって、相手のご機嫌取りをし、金を払えばいいのだから。

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 02:19:36 ID:bMJCOX/H
>>107
茫漠とした印象論的な話ではあるが、
基本的にドイツの「対」となる国は、
フランスでもイギリスでもなくイタリアだよ。
ライバルというよりは「両極端はむしろ逆によく似ている」という好例だが。
日本では、大学の第二外国語選択の古い選択肢の影響がまだ続いているのか、
フランスとドイツを対に置きたがるが、これでは物事がよく見えない。
英−米、仏−独ではなく、英−仏、独−伊が適切な対の組みかた。
余談になるが、アメリカは日本と同じで対の見当たらない「世界史の例外」w

>>110前段
正解。ドイツ(に限らず大陸欧州)がふらふらロシアに接近する時は
国内に大陸マンセー主義的な浪漫主義が蔓延している時。
日本が中国など大陸に吸い寄せられる場面と基本的には全く同じ。
癒着と敵対が激しく交錯するところも、日独で良く似ている。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 02:23:48 ID:fhrQIA76
ポーランドがやってんのは外交でも交渉でもねーよw
ただのわがまま恥さらし、邪魔くせー。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 03:28:03 ID:CnSuMOsm
スペインのイベルドロラ、英電力5位を2兆6000億円で買収へ
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20061128AT2M2802828112006.html

 【パリ=野見山祐史】スペインのエネルギー2位イベルドロラは28日、英電力5
位のスコティッシュ・パワーを株式公開買い付け(TOB)により買収すると発
表した。買収額は172億ユーロ(約2兆6000億円)で、英企業に対して実行され
た買収としては過去最大規模。欧州3位のエネルギー企業が生まれ、国境を超えた
大型再編が一段と活発になりそうだ。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 10:21:59 ID:L2dFdaBX
ttp://www.nikkei.co.jp/news/main/20061115AT2M1500E15112006.html
ロシアのガスプロム、伊エネルギー大手ENIと戦略協定

ロシアの天然ガス事業を独占するガスプロムは14日、イタリアのエネルギー
大手ENIと戦略パートナー協定を結んだと発表した。ガスプロムは2017年
までの現行のガス輸出契約を35年まで延長する見返りに、イタリアの需要家に
直接ガスを販売できる権利を手に入れた。
両社の発表によると、ガスプロムは07年からイタリアで直接販売を始め、10年
までに輸出量を最大で30億立方メートル規模に増やす。欧州各国はプーチン
政権がガス供給を外交のテコに使う姿勢に懸念を強めているが、ENIはガス
を安定的に確保するためにロシアとの関係を深める戦略に転じた。
両社は欧州でのガス輸送パイプライン網の拡充で協力するほか、ロシアや
アフリカなどでの石油・ガス田の入札に共同参加することでも合意した。
具体的な内容は明らかにされていない。イタリアは国内ガス需要の3割程度を
ロシアからの輸入に依存している。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 11:47:39 ID:koG1759K
ドイツはコール、シュレーダーの収賄政治家が癌だったな
莫大な対ロ支援と引き換えにエネルギー協約を結んでEUの足並みを乱した
メルケルが今後どう対応していくか見ものだな

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 12:17:00 ID:UdRFP2kx
>>122

国内の石炭産業をどう扱うかが焦点になるかと。ドイツのエネルギー政策の
元凶はこれだから。これを救済するために原発廃止してガスを輸入っていう政策
だもん。今後、EUからドイツ国内に原発作れというかフランスから買う電力量を
増やせといわれるのがオチ

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 12:32:40 ID:4Xa4CPVb
そういえばこれまで原発のなかったポーランドがGE、東芝、日立などと交渉しているらしい。
それに石油ではPKNオルレンという準メジャーを持っている。
ポーランド国内だけでなく、ドイツ、チェコ、スロバキア、バルト三国などで事業展開しているとか。

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 16:52:37 ID:mxWfo/QQ
>>100
レスありがとうございました。
なるほど、フランスも、ですか・・・。
それじゃ、オランダって恵まれてますね。
旧植民地のスリナムとかからの移民って、おとなしいんですかね?
イスラム教徒との確執はよくききますけど。
スリナムの人たちはオランダの奴隷制に寛容なのでしょうか。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 17:06:08 ID:GEn0kz4S
>>124

原発建設して電力を作れば余剰分は東欧や旧ソ連圏に輸出できて
ロシア依存脱却にも貢献する。バルト三国のどこかが古い原発を改
修しても稼動させてるのはロシアに依存するのを少しでも減らそ
うとしてるから。何年か前までは脱原発といってたのが今や世界的な
原発ブームになりつつある。看板失い失速しそうな反原発の環境保護団体
の連中がブッシュを憎むのも分かる希ガスw

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 19:20:30 ID:L2dFdaBX
>>118
ナポレオンも古代ローマやシャルルマーニュやカール5世を意識して、
ヨーロッパに「陸上帝国」を築き上げようとしたが、彼はイギリスが
軍事的・政治的支配をともなわない「自由貿易帝国」を築きつつある
ことを見落としていた。

>>106
>ドイツの工業もすでに昏睡状態だが。失業が出るので生命維持装置つけて
>無理やり生かしてるだけの。石炭産業のためにロシアからガス買ってるだけ。

昔は日独などの後進国は“農本主義的”な考え方が強かったが、現在では
“工本主義的”(?)な考え方が強まっているのかな。モノづくりに拘ったり、
ヘッジファンドを「バッタの大群」と呼んで敵視したり。
工業化・都市化が始まり、農業の比重が下がってくると、逆に「農は国の本である」
ということが声高に、イデオロギー的性格を帯びて主張されるようになった。
今では「正しい企業倫理」だの「企業の社会的責任」になっているのかね。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 20:29:53 ID:w7loeNnZ
>>125
オランダは戦後旧植民地以外の地域からも広く移民・難民を受け入れたから
むしろトルコ系、モロッコ系などが多いね。
それらに比べてスリナム・アンティル系、インドネシア(モルッカ)系は
確かにおとなしいと言えばおとなしい。
スリナムはご存じのようにインド、インドネシア、アフリカその他から
奴隷or労働者を連れてきてかなり人工的に作った国だから、
(英仏の)アフリカ植民地とはちょっと違うと思う。

オランダにおける移民労働者等統合化政策
http://www.clair.or.jp/j/forum/c_report/html/cr133/index.html

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 20:58:47 ID:YSck1Fh9
ttp://www.japanjournals.com/dailynews/061128/news061128_2.html
11/28 英国の財政赤字は公表額の3倍!――1世帯あたり5万3,000ポンドの借金をしているのと同じ

英国の財政赤字が実際には政府の公表した額の3倍にものぼっており、国内総生産を
大きく上回る負担となっていることが明らかになり、政府に対して批判の声が
寄せられていることが報じられた。
英国のシンクタンク団体「Centre for Policy Studies」の報告によると、英国の
財政赤字合計額は国内総生産の103.5%にもあたる1兆3,400億ポンド(約268兆円)
にのぼっており、1世帯あたり5万3,000ポンド(約1,060万円)の借金をしている
計算になるとされ、国内の財政状態に対する懸念が深まっているという。
財務省では、財政赤字は4,870億ポンド(約97兆4,000億円)と公表していたが、
同団体では、この数字には公的年金の負債額7,200億ポンド(約144兆円)と
地方自治体の年金900億ポンド(約18兆円)、さらに病院や学校、道路工事などの
公的サービスの赤字分250億ポンド(約5兆円)、元国営企業「レールトラック」社
(現「ネットワーク・レール」)の負債180億ポンド(約3兆6,000億円)が含まれて
いないと指摘し、これらの負債額を合わせると、実際の財政赤字は公表された
額よりはるかに多くなるとしている。



130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 21:55:48 ID:bMJCOX/H
>>127
ナポレオン1世の「世界政策」は、むしろルイ14世の外交政策の精神を
無意識のうちに引き継いでいると考えたほうがいいと思うけどね。
それが、指摘の通り当時のイギリスの海洋主義帝国の思想と好一対となる。
これに対して、
ドイツはむしろ「フランスを1世紀遅れて劣化コピーしている」
と見たほうがいいのだろう。
20世紀前半のドイツの度重なる不安定さと、回りに大迷惑をかける大暴走は、
革命から19世紀前半のフランスに対する同時代的な常識に実によく重なる。
だから、時間軸上で「前後に並べる」ことはあり得ても、
同時代的に横に並べて比較しても、得る物は非常に少ない。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 00:45:40 ID:jSw0FBOw
ttp://www.nikkei.co.jp/news/main/20061129AT2M2902529112006.html
独VWとダイムラー、米国のディーゼル車拡販で提携

独自動車大手のダイムラークライスラーとフォルクスワーゲン(VW)は29日、
米国で販売するディーゼル車の分野で提携すると発表した。排出ガスを抑制する
ダイムラーのディーゼル車のブランド「ブルーテク」を両社で共用し、環境対策
への関心が高まっている米国での拡販を目指す。
ブルーテクはダイムラーが自動車部品大手の独ボッシュと開発した窒素酸化物
(NOx)などを削減する技術。クリーンなディーゼル車のブランドとして乗用車や
商用車で実用化した。同社はクライスラーの四輪駆動車にも拡大。VWは米国で
発売するディーゼル車で使用する。
ガソリン価格の高騰で、米国ではトヨタ自動車などのハイブリッド技術が注目され、
ドイツのメーカーは後手に回った。民間調査によると、北米市場のディーゼル車の
シェアは今後10年で15%まで拡大するとみられ、ダイムラーなどは欧州で新車の
半数を占めるディーゼル車の環境対策が米国でも受け入れられると判断した。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 01:43:48 ID:JO6MDlrs
いすゞの高性能ディーゼルエンジンはヨーロッパのGM系とトヨタ系のメーカーに使われている。
ブルーテクの技術はいすゞのそれより10年は遅れているといわれている。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 02:05:10 ID:jSw0FBOw
ttp://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20061129AT1D2600K28112006.html
EUでのCO2排出削減「日産やスズキ 達成困難」
 
日産自動車や独フォルクスワーゲンなど主要自動車メーカーの二酸化炭素
(CO2)排出削減が進んでいないとした報告書をブリュッセルの環境団体
T&Eがまとめた。日米欧などの自動車各社は2008―09年までに欧州市場で
販売する新車のCO2排出量を1995年比で平均25%削減する目標を公約している。
報告書は20社中の15社で目標達成が難しい情勢とした。
削減ペースが最も遅れているのは日産で、スズキやマツダ、BMW、フォルクス
ワーゲンなども達成が危ぶまれるとした。逆に削減が最も進んでいるのはフィアットで、
上位5社は08年までの目標達成が可能とみている。トヨタ自動車やホンダは微妙な
状況という。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 15:29:44 ID:7VQshkI7
【国際・米国】欧州議会が報告書で「米の不当拉致をEU各国は把握、隠蔽」共謀性を強く批判[11/29]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1164817880/

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 15:54:35 ID:p5SYehi4
>>134
確たる証拠もないのに憶測だけで「あったあった」と騒いでいるEU人権屋の横暴を見よ

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 16:32:04 ID:XLxM+K3M
>>128
面白い資料ありがとうございます。
南モルッカ諸島系移民のことははじめて知りました。
オランダも、やはり、少しは旧植民地で痛い目にあわされていたのですね。
しかし、中国系の人が結構いるとは知っていましたが、社会的ステイタスがあるからエスニック・マイノリティーには入れられていないほどだとは知りませんでした。
アメリカで中国系の人の地位がかなり上昇しているのは知っておりましたが。
オランダの中国系はもっとすごいのですかね。


137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 16:48:26 ID:7VQshkI7
>>135
報告書も見てないのに適当なことをいうほうがおかしい。

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 16:51:56 ID:aMAJfZce
>>135
拉致されてた人間が証言してるんだから間違いない
嘘を付いた、ポーランドはEUから除名処分になるだろう。

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 16:58:10 ID:jSw0FBOw
>>130
ルイ14世の野心を阻んだのはオランダ出身の英国王ウィリアム(ウィレム)3世だけど、
イギリスはオランダの後追いコピーなのかな。金融面ではかなりオランダの
ノウハウを学んだらしいし。
イギリスの場合、百年戦争とアメリカ独立戦争の失敗で教訓を学んだんだろうな。

ところで、西欧諸国がいまだに政治・外交面で世界をリードしているのは、
自由・民主主義・人権といった“理念”によるところが大きいと思うけど、
今回のロシアに対する独伊のように、経済的利益を優先して“理念”を捨てて
しまったら、国際社会におけるパワーは低下するんジャマイカ?
独伊は米英仏に比べて“理念”の大切さが理解できていないのかね。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 17:14:48 ID:7VQshkI7
人権などの理念を大切にするはずの米欧が>>135みたいなことをやるんだからなあ
EUはまだ自浄作用あるけど、アメリカはいまだに同じようなことやってるし

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 17:15:29 ID:7VQshkI7
だいたいEUにしても各国首脳はしらばっくれたりしてるんだから救えない

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 17:22:02 ID:BZLQ2eAD
理念ねえ。

米国民58%、テロ防止なら拷問も支持…米誌調査(昨年11月)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20051114i211.htm
 【ニューヨーク=大塚隆一】米誌ニューズウィークが14日発売の最新号で伝
えた世論調査によると、米国民の58%が「大きなテロ攻撃を防ぐことにつなが
るなら拷問を支持する」と答えた。反対は35%だった。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 17:28:46 ID:7VQshkI7
米国民58%、テロ防止なら拷問も支持…米誌調査 (読売新聞)
http://www.asyura2.com/0510/war76/msg/135.html
投稿者 彗星 日時 2005 年 11 月 14 日 19:46:51: HZN1pv7x5vK0M

米国民58%、テロ防止なら拷問も支持…米誌調査

 【ニューヨーク=大塚隆一】米誌ニューズウィークが14日発売の最新号で伝えた世論調査によると、米国民の58%が「大きなテロ攻撃を防ぐことにつながるなら拷問を支持する」と答えた。反対は35%だった。

 「米国人が敵の拷問を受ける可能性が高まるとしたらどうか」と追加で問い直すと、反対が57%に増えた。それでもなお支持する人も、36%いた。

 一方、米国が拷問を行っていると伝えられたことで米国のイメージが傷ついたと考える人は73%に達した。調査は10日から2日間、1002人を対象に行われた。
(2005年11月14日18時42分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20051114i211.htm



頭が弱いとしか。。。

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 17:29:54 ID:7VQshkI7
まあ一時期9割以上ブッシュ支持してたような国の国民だから、しょうがないか

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 17:35:51 ID:Nj/a2i0b
アメリカ国民は信用できんね

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 17:36:44 ID:7VQshkI7
「自由や人権などの価値観を世界に広める」とか言ってる政権が、拷問したり、国民の自由を制限したりする愚かさ
そしてそれを支持したりする国民

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 17:36:57 ID:y+tW6TcY


148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 17:37:28 ID:7VQshkI7
一時期熱狂的に支持し、冷めたあとはあっさり見捨てる

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 17:49:34 ID:h1pe+Uai
9条を守りたいと思う国民の数が増えてまいりましたhttp://that4.2ch.net/test/read.cgi/diplomacy/1163845002/l50
9条を守りたいと思う国民の数が増えてまいりましたhttp://that4.2ch.net/test/read.cgi/diplomacy/1163845002/l50
9条を守りたいと思う国民の数が増えてまいりましたhttp://that4.2ch.net/test/read.cgi/diplomacy/1163845002/l50
9条を守りたいと思う国民の数が増えてまいりましたhttp://that4.2ch.net/test/read.cgi/diplomacy/1163845002/l50
9条を守りたいと思う国民の数が増えてまいりましたhttp://that4.2ch.net/test/read.cgi/diplomacy/1163845002/l50
9条を守りたいと思う国民の数が増えてまいりましたhttp://that4.2ch.net/test/read.cgi/diplomacy/1163845002/l50
9条を守りたいと思う国民の数が増えてまいりましたhttp://that4.2ch.net/test/read.cgi/diplomacy/1163845002/l50

9条を守りたいと思う国民の数が増えてまいりましたhttp://that4.2ch.net/test/read.cgi/diplomacy/1163845002/l50
9条を守りたいと思う国民の数が増えてまいりましたhttp://that4.2ch.net/test/read.cgi/diplomacy/1163845002/l50
9条を守りたいと思う国民の数が増えてまいりましたhttp://that4.2ch.net/test/read.cgi/diplomacy/1163845002/l50
9条を守りたいと思う国民の数が増えてまいりましたhttp://that4.2ch.net/test/read.cgi/diplomacy/1163845002/l50
9条を守りたいと思う国民の数が増えてまいりましたhttp://that4.2ch.net/test/read.cgi/diplomacy/1163845002/l50
9条を守りたいと思う国民の数が増えてまいりましたhttp://that4.2ch.net/test/read.cgi/diplomacy/1163845002/l50
9条を守りたいと思う国民の数が増えてまいりましたhttp://that4.2ch.net/test/read.cgi/diplomacy/1163845002/l50



150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 18:00:47 ID:p5SYehi4
>>138
そうだな、ポーランドは永久除名処分が相当だ。
そして大戦車軍団を送り込んでポーランド国家をこの世から一瞬で消滅させ、
ポーランド人を根絶やしにする。
領土はもちろん平和で偉大なドイツ領へ〜♪
永遠の千年帝国の出発だ〜♪
ドイツ、ドイツ、行け行けドイツ、我らのた〜め〜に〜♪
ジーク、ジーク、ジークハ〜イ〜ル〜♪
ヒットラ〜!

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 18:01:48 ID:p5SYehi4
我らが我らが我らがナ〜チ〜ス〜♪

という大事なフレーズを入れるのを忘れた。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 20:53:25 ID:ZSzvqWuG
>>139-140
そういった「理念」の価値って西側諸国と、ソ連の抑圧から解放されたと
思ってる東欧諸国内でしか通用しないんじゃないのかな。
第三世界のように、かって欧米の植民地にされた国々にとって西欧の自由とか
人権とか民主主義なんて偽善にしか聞こえないと思う。

だからアフリカじゃ中国の非人道的外交w が歓迎されてるわけでしょ。

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 21:08:17 ID:YW8EDnI+
>>152

代わりに「資源持って行くアルね」と根こそぎ持ってくぞw

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 21:15:15 ID:3Zxl+Vkl
気がついたら後の祭り・・・・・
華僑についてはアジア諸国の方が分かっているんじゃないか?


155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 21:21:13 ID:7VQshkI7
誰でも自由で、人権の保障された世界には住みたいと思うだろう。
ただ力づくでやられたら、みんな反発するし、かえってそういう価値を根付かせるには逆効果だ
ブッシュのせいで、反米を「芸」とする抑圧的な国家があちこちで調子づいている。
中東もあきらかに自由主義が後退している。

もし本気で人権思想や民主主義や自由な社会を世界に広げたれば、軍事力でなく、
文化と経済で「侵略」していくべきだ。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 21:28:44 ID:7VQshkI7
そもそもブッシュは「自由のための戦い」といってるが、
彼や彼のバックのキリスト教右翼は、まったくリベラリストやリバータリアンではない。

個人的自由に介入するのが大好きで、
どちらかといえばイスラム教徒(同性愛排撃・妊娠中絶厳禁・創造説支持)と趣向が近い。

リベラリストやリバータリアンが「自由の価値」といえば、まだ説得力があるが、
キリスト教右翼どもが「自由」なんていってもまったく説得力を持たない。

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 21:31:09 ID:7VQshkI7
21世紀は、おそらく宗教の戒律の不合理性がだんだんと人々に理解され、
EUや日本のように「形骸化」していくだろう。

その動きを早めるためには、爆弾を降らせて宗教を攻撃することではない。
知性と理性によって宗教を「解体」していくのだ。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 21:40:38 ID:jSw0FBOw
>>152
でも人権や民主主義を盾にしてトルコのEU加盟を阻んだり、旧ユーゴスラビア
を空爆したりしておきながら、ロシアに対してはひたすら経済的利益だけを
追求して媚びる外交というのはマズくない?
少なくとも、今までほど尊敬はされなくなるのでは。

ウィーン体制が長く続いた理由の一つに正統主義の原則があったと思うけど。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 23:07:21 ID:cJULi9k6
>>139
言っていることは正にツボを突いているんだけど、「理念」というから
あらぬ誤解をされて叩かれてしまっているんだよ。
「理念」というよりは、法律なり政治なりの「目的」と言うほうが正確。
これは自然法論的なもので、個人レベルになると「幸福追求権」の「幸福」になる。
ただ、目的なり幸福の内容はつねに批判と再検討にさらされることになる。
これが言うなれば「自由」ということになる。(物凄く粗雑な議論でスマソ)
だが、ドイツの場合、この手の議論を延延出来るだけの、
近代化思想の常識が根付かないまま、論理的思考だけが象牙の塔で大暴走した。
その結果、論理だけがトコトン追求されて
「法律や政治・国家にあるのは『論理』だけ!『目的』のような不純物はイラネ」
ということになった。これが19世紀ドイツの社会科学最大の特色。
概念法学、国家法人説、(形式的)法治国家論などは、みなこれの産物。
だが、目的を失った「完全無色の純粋論理」は、
皮肉にも「邪悪な目的」に対して全く免疫が無い。
それがナチス支配を生んだという学説があったりするね。

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 00:19:00 ID:pI8QJw1j
>>159
英仏とは対照的だな。
とくに目的がはっきりしていて、アプローチに経験論を使う英国とは。
なんだかんだいって英国政治が健全なのは、ここに秘密があるのだろう。

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 00:35:00 ID:PnJIMift
>>144
まともな理性をもってたのは10人に1人以下か

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 00:38:20 ID:PnJIMift
>>155-157
激しく合意。
生活を縛り、科学の進歩を妨害するような宗教に何の価値があろうか。
いい加減信心深さを尊敬するような風潮はやめよう。

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 09:57:13 ID:KvbY/Adb
>>156
日本人は自由っていうと束縛からの解放のことだと思うけど、ユダヤ/キリスト教系の
人間にとっては真理への接近のことだったりするから。
邪教から他人を解放するのも自由の敷衍なんだろう。

>>157
そんなことを言ってる人は500年前からいましたなあ。
最近ではそういって共産主義なる別の宗教をつくったりしていたが。

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 16:01:27 ID:rJxCKC9d
>>152>>159>>160
以前、南ドイツ新聞の記者が、
「中国は驚異的な経済活力を持った国です。しかし、輸出のために人権状況に
目をつむっていいのか、よく考えるべきです。経済のことだけを考えて判断
してはいけません」
というメルケルに対し、
「しかし、人権状況を責めるのは、口先だけのきれい事ではありませんか?」
と質問している記事を読んで驚いたことがある。左派やアメリカのリベラル派は
人権問題に敏感というイメージを持っていたので。

ヘルムート・シュミットも著書『大国の明日』で、中国の人権問題を非難する
人々はアメリカ・インディアンの虐殺やホロコーストといった過去に思いを
はせるべきであるとかなんとか書いていた(この理屈でいえば、欧米諸国は
日本の戦争責任を非難できないことになるんだが)

ドイツの左派ってなんでこんなのが多いんだろ。労働組合と企業の利益を
考えているのか?それともロシア・中国とユーラシアブロックを形成し、
アメリカに対抗するという夢?

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 16:43:06 ID:p4S0fV4C
リベラリズムにも2つあって、
「リベラリズム」という価値観を全世界に広めるべきだという考えと、
それぞれの国や地域の事情を尊重してああだこうだ注文つけないのが「リベラリズム」だという考えがある。

アメリカのリベラリズムは前者で、ドイツのは後者。
アメリカのリベラリズムがああなのはマニフェスト・デスティニーの影響だろう。
ドイツのはルター派思想の影響じゃないだろうか。ドイツの左派はルター派だし(右派はカトリックで、ナチスじゃないよ)。

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 16:46:24 ID:p4S0fV4C
付け足すと、ドイツの右派はカトリックだから、他国の人権問題に口を出すわけ。
カトリックを布教しないまでも、その価値観を世界に広めるべきだという発想があるから。
そこはアメリカ人のマニフェスト・デスティニーと似ている。

アメリカは保守もリベラルもマニフェスト・デスティニーの発想。
リベラル派は前レスに書いたが、
保守派は自らの福音主義的な価値観を世界に広めなくてはならないという使命感を持っている。

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 20:27:53 ID:KlxvtU5d
恋愛を鞭撻指導するルールズというルールブックが工作幹部に配布されるのだ、そうで
此れに基づきクリスマスHを実行するように指示されていたのだ、そうです。
主導は華僑だった、そうです。
この非道なルールブックが3chで公開されています。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 20:35:24 ID:V6cLKR6e
>>164
人権以前に今もなお侵略している中国を放っといたらどうなるんだか。
ユーラシアブロックされて一番困るのは欧州のような。
本気で分からん。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 20:47:22 ID:ufZXz/jx
侵略しあうのがこれからのルール

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 20:56:52 ID:LuU2xmOp
自分のケツに火がつけば、なりふり構わずなんでもやるさ。
所詮綺麗ごとなぞ国内が上手く治まっているときだけさ。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 21:06:23 ID:j2cOr4mi
キリスト教は布教布教布教だね。
発足の時からそうで、内から帝国を乗っ取って、蛮族まで改宗させてる。
日本にも16世紀に万里を超えてやって来て信長を驚嘆させてる。
このDNAは人権なり民主主義なりの形で健在なんだろう。
DNAだから経済的利益うんぬんあっても、布教したくなるんだろう。


イスラム教については世界史を履修してなかったので知らないがwww
こちらは軍事で布教していったという理解でいいのかな。
それなら、テロも布教活動の一環か。


172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 21:17:15 ID:RkXSf9Xl
>>171
>こちらは軍事で布教していったという理解でいいのかな。

全く違う。

イスラムは軍事で布教した事など一度もない。むしろ異教徒からは10分の1税を
取る事が出来る為、支配者層は征服地の住民の改宗を喜ばなかったくらいだ。

また、イスラームはキリスト教と違い、専属の「聖職者」を持たない宗教だ。
よくTVなどで言う「イスラム聖職者」とは、本当は「イスラム法学者」の事であり
あくまで法律家でしかない。
イスラームは聖職者集団による組織的な布教を行った事は一度もない。

んで、何故に布教出来たかと言うと、それはイスラームの商圏が広大だった所が
ポイントになる。当時の世界の、経済中心地であるイスラム圏から来る商人と商取引などを
通じて多く接触しているうちに、自然とイスラムに帰依していった、というパターンが非常に多い。
少なくともマレーシア、インドネシア、フィリピンなどは間違い無くそうだ。

「剣とコーラン」のイメージは、西欧人の歪んだ偏見でしかない。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 21:47:46 ID:fMq9HfV0
>>172

イスラムに改宗すると二級市民といった差別的な扱いや奴隷として
売られる可能性が少なくなるという実利的な理由も絡んでるんでない?

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 21:52:19 ID:fMq9HfV0
>>168

西欧はアメリカに対する妬みで頭の中がいっぱいでそういったことへ
の考えが回らないんだろう。イギリスや東欧・北欧はそういう「古い欧州」
を冷ややかに見てるだけ

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 21:52:58 ID:RkXSf9Xl
>>173
>実利的な理由
無論それもあるが、あくまで強制ではないからね。
キリスト教のように、特定の民族集団を武力によって強制改宗、と言うような事例は
少なくともイスラームには無い。

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 21:58:59 ID:rJxCKC9d
>>165-166
ドイツ右派=カトリック・普遍主義的
ドイツ左派=ルター派・文化相対主義的

という理解でOK?

でもそれならなぜ日本に対してあれこれ説教じみた態度をとるのかわからん。
ドイツに限らず欧米の左派は、日本に対するときと中国に対するときは
まったく違う論理を使い分けることが多い。

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 22:10:10 ID:AYvHuYPA
>>165>>166
いや、ルター派こそ「エヴァンゲリカン・チャーチ」と言うわけで。
日本でも「ルーテル福音教会」と自称しているだろ。
福音主義というのは本来ルター派のものだよ。
ドイツでも「共人間主義(Mitmenschenheit)」を掲げて
>>159の「脱目的論」体質の克服と
欧州本来の伝統への回帰を目指しているのはルター派教会の中の人。
19世紀ドイツの極端な形式的実証主義は
おそらく宗教宗派とは直接の関係が無い。プロイセン的だとは思うがw
>>172>>175
いや、イスラム教が宗教として一目置くのは聖書一神教だけで
真の偶像崇拝の信者に対してはイスラム教は物凄く厳しいんだけど。
これはキリスト教以上に厳しい。どんどん壊す。今に限った話では無い。
儒教や道教などでも仏像を壊したりするのでイスラムだけの話じゃないけどね。
キリスト教は「なんちゃって非偶像崇拝」のところがあるから、
この点はやはりどうしても甘くなり習合的となってしまう。
実は、イスラムの本当に致命的な問題は、改宗後にあったりする。
イスラム教は生活の細部の細部まで教義を徹底的に貫徹させるので、
イスラム化した地域は固有の民俗文化と文化的知恵を失ってしまう。
これで、ベンガル(バングラディッシュ)などはかなり悲惨なことになった。
稲作の集約農業地域で砂漠の羊のようなの均分相続を
「宗教教義」で決められたりした結果、農村共同体が壊滅したりしている。

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 23:28:37 ID:l83kEK3t
>>176-177
エヴァンゲリカリストの大元であるルター派は、
福音は自律的な信仰によって与えられると教えている。
他律的な信仰では福音は得られない。
そのため彼らにとって「駄目な奴はいくら教えても駄目」なのであって、
それが文化相対主義に繋がる。
よって、自らに不利益のない範囲では、他者の文化に口出ししない。
ドイツ左派が日本に批判的な論調をとるのはまさにそこであって、
日本の伸張がドイツの労働者階級の利益になるかというと、
経済大国としての日本の存在は彼らの利益と相反するライバルになるからね。
日本企業がポーランドやチェコを中心とした中東欧に積極的に出て行くのに対し、
ドイツ企業はヨーロッパを捨てている。
ダイムラークライスラーがトルコに出て行ったり、
VWがインドに出て行ったりすることもそう。


179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 23:50:35 ID:ufZXz/jx
>>173
別に改宗しても奴隷にされるときはされるぞw
(つまりそれは世俗的な政体に係わることでイスラムとは関係ない)
サウジは1960年代まで奴隷制があったし
今のUAEとかでもラクダ競争の騎手は
バングラあたりから拉致(or売買)されてきた子供がやってる。
まあ、さすがに近年は止めて、ロボットにしようかなんて話もあるけど。

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 00:50:34 ID:92v0fS9k
>>177
>稲作の集約農業地域で砂漠の羊のようなの均分相続を
>「宗教教義」で決められたりした結果、農村共同体が壊滅したりしている。

バングラデシュの混迷の原因はそこにあったのか。ヨーロッパ諸国による奴隷
貿易や植民地支配のせいで伝統が破壊されたアフリカ諸国を思わせる話だな。
どんなに優れた文明でも限界があるということか。帝国は「中心」を規範にして
均質化を促進するから、どうしてもそれに合わない地域が出てくる。

ヘンリー・キッシンジャーが『外交』で、ビスマルクがつくったドイツ帝国には
イギリスの自由主義、フランス革命が提唱した普遍的な自由、オーストリアの
寛大な普遍的帝国主義のような総合的な哲学的枠組み・知的な根源を欠いていた
たと指摘している。そのためビスマルク引退後のドイツの外交政策は無目的に
なったと。
ドイツには何か知的な枠組みになりうるようなものはなかったんだろうか?

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 01:10:23 ID:YU3wVdRC
>>180
>ドイツには何か知的な枠組みになりうるようなものはなかったんだろうか?

ない。
富国強兵・殖産興業の先に何を求めていたのかいまだに不明。
場当たり的だったとしかいいようがない。
ナチス・ドイツも同じ。
ソ連に勝ったとしてあとどうするのか全くビジョンがない。完全に無目的。
「構造」に囚われて、構造に流されてしまう。
日本の外交官がヒトラー・ユーゲントを見て「ゼーレ(魂)がない」と喝破したことは無関係ではない。

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 01:12:18 ID:YU3wVdRC
さらに言えば、今のEUにしたって、その「目的」をドイツは全く理解していないと思う。
首相を辞任したシュレーダーがプーチンに雇われる節操のなさがそれを象徴している。

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 02:08:29 ID:6eJAuAiR
>>178
やっぱりどう見てもちょっと強引過ぎないか?w
プロテスタントはあまり布教しない、他文化に関わらないというのは、
日本史の常識ではあるが世界史の常識では無いよ。
特にルター派は世界のあちこちでかなり積極的に布教している。
南太平洋の島々など、北西欧州の文化から見ればどうみても「ダメな奴」
に見える文化を持つ地域などで、100%近いルター派の地域があったりする。
それに、もう一度>>164に戻ってよく読むと、
メルケルに反論したのは「南ドイツ新聞」の記者。つまりバイエルンの地方紙の記者。
バイエルンはドイツ最大のゴリゴリのカトリック地域。
ここは、「ドイツの名古屋ww」と言われるほど、固有の特殊な文化の色濃いところ。
この記者の反論は、むしろバイエルン的・カトリック的な感覚を反映している。
カトリックは古臭いヒエラルキーを教会の制度として前提とするので、
平等観に基づく基本的人権とは本来反りが合わない。
近代社会の確立とはバチカンとの戦いだという欧州の古い常識を思い出す必要がある。
現実のヒエラルキーを前提として、途上国の隷属的な多数の信者の上に立つ
カトリックにとっては、西欧近代的な基本的人権は奇麗事に見える。

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 02:12:17 ID:wrz63srt
本来、「目的」のための「手段」であり、それを遂行するために作り上げた「構造」が、
いつのまにか、その「手段」を忠実に実行する事、「構造」を固持・固執することが「目的」に変わってしまう。
さらに、その「構造(システム)」が完璧であると妄信している。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 02:22:01 ID:92v0fS9k
>>181
「無目的」という点ではロシアにも共通した要素があるように思える。
歴史的に、何かに憑かれたように領土拡大・勢力拡張を図ってきたが、
最終的な目的がなんだったのかよくわからない。
イギリスは百年戦争の失敗でヨーロッパ大陸に対する領土的野心を失い、
アメリカ独立戦争の敗北で南北アメリカの直接支配をあきらめて「自由貿易帝国」
に移行し、第一次世界大戦後は帝国の「過剰拡張」による負担が大きくなって
現状維持を望むようになったが、ロシアの場合、「領土を拡大しすぎるとかえって
負担になる」という考え方は主流になるには至らなかったのでは。

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 03:16:39 ID:Yfvl2Y7s
ロシアは単に毛皮とかが欲しかっただけだろw
素朴な物欲であれよあれよと太平洋まで来てしまった。

アメリカみたいに「明白な使命」とやらで
強奪や虐殺を誤魔化さないだけマシw

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 05:10:52 ID:0KOnymi2
相良裄人は危険な状況で逃げています。
助けて上げて下さい。

ロシアが攻撃して来ている、そうです。
産業は生まれませんよ。いい加減幻想を見るのは止めた方がいい。
ロシアの無敵艦隊どうなったの?


188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 12:31:04 ID:YU3wVdRC
>>183
>メルケルに反論したのは「南ドイツ新聞」の記者。つまりバイエルンの地方紙の記者。
>バイエルンはドイツ最大のゴリゴリのカトリック地域。
>ここは、「ドイツの名古屋ww」と言われるほど、固有の特殊な文化の色濃いところ。
>この記者の反論は、むしろバイエルン的・カトリック的な感覚を反映している。

馬鹿ぁいっちゃいけない!
しったかはやめたほうがいい。
南ドイツ新聞は左派だよ。

整理すると、ドイツの日刊紙は
全国紙では
Die Weltが「右派」、
Die Tageszeitungが「左派」

有力地方紙では
フランクフルトのFrankfurter Allgemeine Zeitungが「右派」
ケルンのKolner Stadt-Anzeigerや
ミュンヘンのSuddeutsche Zeitung(←南ドイツ新聞)が「左派」

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 12:38:17 ID:YU3wVdRC
>>183
それにね、バイエルン州はミュンヘンを含むアルトバイエルンを主とする南部がカトリックで、
フランケンを主とする北部はルター派だよ。

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 13:36:02 ID:6eJAuAiR
>>188>>189
そんなことは百も承知の上。
政治信条の右・左と、地域宗教の新・旧と、地域の「お国体質」は全部別だよ。
カトリックの地域・国にも当然左派というのは健在だ。
カトリック地域=右派というのもまた非常に雑な考え方。
イタリアの左翼がまさにそうであるように、カトリック地域というのは
左派であってもカトリック的思考が色濃く現れる。
別に解放の神学のような極端な思想のことを言っているのではなく、
地域毎の思考のお国体質として染み付いているということ。

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 14:04:21 ID:6eJAuAiR
バイエルン人と南ドイツ新聞には本当に気の毒だが、w
再び名古屋に登場してもらうのが、説明としては分かりやすい。
中京圏はいつのまにか「民主党の鉄板の地盤」ということになっており
中日新聞は最近極度の左旋回をしていると、2chでは何かと評判の悪いわけだが
中日新聞にしても、北海道と北海道新聞あたりに典型的に見られるような、
普通の日本左翼とはどこか何か違うわけだ。
左巻きである以前に、どこまでも名古屋的なんだよ。
そして、日本で西欧的な意味での宗教を絡めるのは非常に難しいが、
敢えて言えば、あの地域は浄土真宗と復古神道の体質が強い。
本来なら北陸のような自民鉄板票田になりそうなものだが、
現実は、さまざまな歴史的背景もあって、民主の鉄板。
右派左派に関するナショナル・スタンダードとの間の
奇妙な屈折は、バイエルンにもどこか共通するものがある。
バイエルン出身の政治家は、政治的信条よりも「バイエルン」の看板のほうが
どうしても前面に出てきてしまう。まるで河村たかしのようだw

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 17:28:22 ID:YU3wVdRC
>>190-191
痛いところを突かれて屁理屈に必死になってるようにしか見えない

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 18:44:53 ID:6eJAuAiR
>>192
てか、これが屁理屈に見えるようなら、
おまえさんはおおよそ地域研究には向いていないよ。
俺は地域研究が専門では無いんだけど、地域研究というのは
巷の単純すぎるステレオタイプを丁寧に解体して、
複雑な事象を腑分けして分析するのが基本なんだから。
ドイツで起こる事象を全部プロテスタンティズムで片付けるなんて
朝のニュース番組で5秒でコメントしなければならないような
三文ジャーナリズムのやることだよw
朝のテレビ番組でいいかげんなことを言う
コメンテーターには向いているかもしれないw

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 21:14:58 ID:2/L90B+W
>>191

名古屋は民主党というより今でも民社党の基盤。政策で安保面は自民党並
それいじょうのタカ派だから自民党にも寝返りやすい傾向がある。去年の選挙
で武部が名古屋で「民社党と連立したい」みたいなことを演説してたのは
それ。また衆院選で連合の組合員の全体の3割が自民党に入れ民主党は2割
しか取れなかったのも民間労組中心の民社党系が多数寝返ったものと考えられる。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 21:17:02 ID:92v0fS9k
ttp://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20061201AT3S0101Z01122006.html
三角合併を円滑に、EUが日本側に要望
ttp://www.asahi.com/business/reuters/RTR200612010053.html
仏当局、NY証取・ユーロネクスト統合会社の取締役指名拒否権望む=英紙
ttp://www.asahi.com/international/update/1202/007.html
「鎌と槌」はカギ十字と一緒 エストニアが使用制限検討
ttp://www.nishinippon.co.jp/nnp/world/20061130/20061130_005.shtml
スターリン時代の大飢饉 ウクライナ「虐殺」認定 ロシア反発、新たな摩擦に

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 21:41:43 ID:92v0fS9k
ttp://www.sankei.co.jp/news/061130/kok017.htm
サルコジ氏、内憂外患 仏大統領選出馬表明も党内に批判
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/europe/news/20061202ddm001030003000c.html
北朝鮮:人材派遣で外貨稼ぎ、半額搾取か 欧州議会が調査
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/europe/news/20061202k0000m030161000c.html
北朝鮮労働者:ポーランドでは雇用側の評価高く
ttp://www.business-i.jp/news/world-page/news/200612020019a.nwc
露の天然ガス、石油2社「戦略協力」 政経握る巨大企業誕生も


197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 22:38:08 ID:7jTWbwlf
>>193
文体が替わって中傷するようになったあたり、やっぱり必死なんだな
キミには知性の欠片も感じないよ

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 23:32:47 ID:KynjKj+G
>>197
長文に対して
>痛いところを突かれて屁理屈に必死になってるようにしか見えない
>文体が替わって中傷するようになったあたり、やっぱり必死なんだな

こういうレスをするのは荒らしだよ。
人様の知性うんぬんを言うなんておこがましい。

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 00:25:07 ID:JuTdZaqH
>>174
>イギリスや東欧・北欧はそういう「古い欧州」を冷ややかに見てるだけ

EUだけでなくNATOも将来は「古い欧州」と「新しい欧州」に分かれていくのかな。
フランスは、バルカン諸国で事が起こった時のために欧州に留まらねばならない
という理由で、アフガニスタンに部隊を配置するのを断ったし、ドイツ・イタリア・
スペインも北部などの比較的安全な場所にいる。
危険な場所にいるのは米国・英国・オランダ・カナダの部隊。

日本や豪州など巻き込んでNATOの世界展開を目指す「グローバル・パートナー
シップ計画」にもフランスが「「米国は自らの世界戦略の道具としてNATOを
使おうとしている」と反対している。

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 09:36:14 ID:Kv+xp+WT
アメリカに媚売ってもメリットがないってことなんだろう
新しいとか古いとか、この前何の結果も出せずに更迭された誰かさんの物言いじゃん
イラクもアフがニスタンもあのザマ。。。

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 09:46:33 ID:x6qeAfvB
ラムちゃんは一応戦史には残るんじゃないか?
戦略変えたからねぇ。
統治には大失敗したけれど。


202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 11:43:37 ID:69O8fz4a
>>201

戦史というより経営学や行政学の分野で残る。軍縮等組織の効率化を推進
して少数精鋭であっても運用次第で戦争に勝てることを証明した。


203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 11:54:25 ID:69O8fz4a
>>199

そうなるだろう。安全保障や政治経済はその2つに欧州は割れるかと。
最近のアメリカ首脳が西欧よりも頻繁に東欧を訪問するのが良い例。

>フランスが「「米国は自らの世界戦略の道具としてNATOを
>使おうとしている」と反対している。

自国に世界に展開する能力がないから嫉妬してるんだよ。それをされる
と仏独に同調する国は少なく、反対する国多数という構図になり両国の力
の低下を世界に晒されてしまう。

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 11:58:29 ID:XrKw1kZd
まっ、フランスはかつてNATO脱退したことある国でもあるしな。

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 12:41:54 ID:vij4L3B6
>>198
おこがましい?
長文で反論する価値もない書き込みだから、短文で返すだけさ
全般的な知性もだが、特に前頭葉の機能に問題があるようだね

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 13:47:27 ID:BMMD7Fn9
>>200

それは各国次第。東欧やバルト三国みたいにロシアの脅威が前面に
ある国は親米。仏独にそれらの国に提供できるだけの安保能力がないのと、
歴史的に信用できないという不信感があるので西欧が東欧に入り込む余地
はもはや無い。

>この前何の結果も出せずに更迭された誰かさんの物言いじゃん

一つだけ結果を上げてることがある。イラク戦争をネタに独仏を
締め上げ孤立化させた。そしてそれらを弱体化させた。シュレーダーは
反米の責任を問われて議員をクビになり、シラクは不祥事(EU憲法、オ
リンピック)でフランスの威信を失墜再選は不可能。今でもその後遺症
でポーランド一国を屈服させることができないでいる。

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 13:51:04 ID:hJcZZ77E
【イスラム教禁忌と「味の素」と人肉について】

アミノ酸商品(アミノ酸調味料、アミノ酸点滴液、アミノ酸飲料、アミノ酸健康食品、アミノ酸化粧品、アミノ酸肥料)の少なくとも一部
=「人肉由来のアミノ酸」説(アミノ酸発酵の工業スケール化は捏造か?)
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1162598313/640-661

このまま人肉流通が世界全体で拡大すると、巨額の裏金捻出を原動力に水面下の
秋田県で続いている異様な人喰い殺人集団犯罪状況が拡大しかねない事を危惧します。
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/giin/1160835645/137-157

日本国内の葬儀社、北朝鮮、韓国、インドネシア、台湾、中国
            ↓
    「ぶつ切りにした人間死体」の不正輸入など
            ↓
          ミンチに変換
            ↓
    大型の塩酸タンクに投入し加熱(塩酸加水分解)
      ↓             ↓
   上澄みの油部分      分解されたアミノ酸 
      ↓             ↓
    石鹸、飼料        NaOHで中和
                    ↓
                 HPLCで分画
                    ↓
アミノ酸調味料、アミノ酸点滴液、アミノ酸化粧品、アミノ酸肥料、アミノ酸飲料、アミノ酸健康食品

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 15:36:28 ID:Y+FQM/Oj
日本の麻生外相がポーランドを拠点にウクライナを含めた中東欧支援を打ち出したけど
これは政治、軍事はアメリカが、経済的な支援は日本が行って独裁化しつつあるロシア
をけん制する意味合いが強いようだな
日系企業の進出が相次ぐ中東欧を政治経済で安定した地域にしようという日本の思惑が伺える
EUの総領仏独はどんな思いで日本の経済政策を見ているんだろう?

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 15:42:48 ID:FfHcp3t0
別にユーロ圏内なら反対はしないだろ。
むしろ日本が進んでロシアに進出というほうが怖いのでは。
まぁ日本も人事じゃなくなるけど。


210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 15:43:32 ID:7Ttj5Ea4
>>181-182
ttp://www.jiia.or.jp/pdf/global_issues/h14_eu-us/03_iwama.pdf
第3章 第二期シュレーダー政権の外交と米欧関係

むろん、イラク問題に関しては、一見ドイツは孤立してはいないような印象を
与える。フランスも、ロシアもアメリカのやり方には批判的な立場であり、
査察に時間を与えよと言っているのは決してドイツだけではない。しかし、
ドイツ外交には、何が得られれば譲歩してもよいのかという計算が全くない。
フランスもロシアも、まず自らが拒否権を持つ国連安保理の権威を落とさない
という明白な利害があり、イラク国内における石油利権等、取引対象となる
具体的な利害が認識されうる形で存在する。そして、仏露の指導者たちの言動も、
最後の一線で逃げ道を残すものになっている。しかしドイツ外交には引き際、
落としどころがもはや存在しない。仏中露は基本的に国益中心外交であり、
その国益計算は、他国からも読みやすい。しかし、ドイツ外交において国益と
いう言葉は、まだまだ落ち着きの悪い言葉である。戦後長く用いられなかった
この言葉を、外交上に復活させようとしたのはシュレーダーであったが、なじみが
ないだけに、一体何がドイツの国益であるのか、中身に関して安定した理解が
存在しない。理念や原則に縛られてきたドイツ外交を、一旦そこから解放すると、
止めどもなく迷走するおそれがある。

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 15:51:37 ID:7Ttj5Ea4
(中略)
現在の米独関係には、実際上死活的利害が衝突する具体的懸案事項はない。
米独対立は、ほとんど不必要な対立である。・・・これほど急速に二国間関係が、
具体的な死活的利益の対立なしに悪化した例としては、19 世紀後半の英独関係
しか筆者は思い浮かばない。ウィルヘルム二世の治世に入り急速に悪化した
英独関係は、第一次大戦に至るまで、極論すれば第二次世界大戦が終了するまで
改善することはなかった。 第一次大戦前の時代、ドイツはイギリスと並ぶだけの
大国として認められたいという願望は持っていたが、イギリスに打ち勝とうという
野心は持っておらず、むしろ常に関係改善を望んでいたにもかかわらず、結局
イギリスの不信感をぬぐい去ることはできなかった。植民地問題で仏露と英は
取引可能で英仏、英露協商の締結が可能であったが、ドイツとはさしたる利害の
対立もなかったにもかかわらず、利害の一致点もなく、どんどんと距離が広がって
いった。2002 年夏にたががはずれてしまった今の米独関係には、どこかよく
似た危うさがある。

※これを読むとシュレーダーの政策はやっぱりドイツの国益にとってマイナス
が大きかったんじゃないかと思えてくる。


212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 16:08:41 ID:fCD5ZLFo
>>211
選挙目当ての反米、だったからなあ。つまり選挙のためなら
外交を捨てる、としてしまったわけで、不信感もたれて当然だろ。

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 16:11:46 ID:AqvcPENM
ドイツはもう無理やりフランスにあわせるという形で欧州に貢献してきたからねぇ。
企業、金融はさりげなく巨大化してる。

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 18:09:50 ID:1k1ogozj
国連の事務総長に韓国人が就任したそうです。
世界中に怒号と罵声が渦巻きホロコーストが始まります。

ゲルマンアーリア系とやまとの國の人々とブリトニアの文明人は連携して
略奪占領民族と未来永劫戦います。
ゲルマンアーリア系はギリシャローマ文明を創出した民族だと思います。
文明の開化のための武力による戦闘に参加する意志のある人は個人で
名乗り3ch或いはEUに申し出てください。戦士はプロフィールを公開します。
工作家族は一切処刑します。名乗る個人しか信用しません。

詩情教養に満ちた学術的詳細は3chで。


215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 18:27:53 ID:1k1ogozj
私の旦那秋山貴洋は妻である私を甘く見て主張を信じていません。
その洗脳も深く、男尊女卑もありこのこましに乗じて華僑朝鮮人が
誠成公倫会の保身や、大阪の生き残りを狙い、かつ旦那は当然の
こと私への乗りを画策しています。旦那に精神病と思わせている節も
あり、天然の蓋として利用しています。

莫大な横領金を取り返した末には旦那とは離婚します。旦那の其の後の
人間性と能力を尊重した生活の計画は既にあるのです。

妻や女の視点、思考、感受性を甘く見たことが一連の工作活動の毎回の
成功の根に有り、女性の活躍も文明社会を実現する前提だという発想が
浸透し世界のコンセンサスになっているのだ、そうです。


216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 18:28:52 ID:1k1ogozj
秋山には是非事実を知らせるべく尾の惨殺処刑と経済の虚構、工作内容の
現実を生々しく徐々にでも見せてほしいと思います。現在、旦那の勤務する
富士ゼロックスはサムスンに狙われており自社ビルを建てさせられて、
サムスンの表札を張られているんです。秋山の信用で何処まで虚構の
工作員がのさばるか計り知れません。

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 18:30:34 ID:1k1ogozj
六本木の自社ビルの周囲には略奪占領民族が誇らしげに闊歩しています。
日本人の街にゴミを撒き散らし、排便し痰を吐き放火し強盗し性的篭絡による
罠に嵌めて業績を乗っ取り、国家予算を横領してバブル前の街並みを再現して
「やっぱ20年前が良いだべさ。」という雰囲気で喜んで歩いています。
あれはもう終わりです。あの時は芸術が有りました。観葉植物は本物で
竹林がフロアにあり、活け花は高雅な壷に豪華この上なく枝を伸ばして
いたのです。
ビニールのクリスマスツリーじゃないの。
パイプの椅子じゃないのだよ。

壁面の絵は本物のシルクスクリーン版画でマリーローランサンも有ったのです。


218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 20:06:06 ID:WtuOg1ZE
電波さんが来た

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 00:48:05 ID:KdhoJvVq
>>203>>206
ドイツは二つの世界大戦で、あてにならない2、3の同盟国以外敵に回して
しまったけど、現在もそうなりつつあるのでは。

19世紀の英国が自由貿易論を唱えたのに対して、後発国であるドイツなど
ヨーロッパ大陸の国々は、偽善的で狡猾とイギリスを非難した(たとえば
フリードリヒ・リストは、イギリスが自由貿易を唱えるのは、一番上まで
たどりついた人間が梯子を蹴りとばし、他人が追ってこられないようにする
ことと同じだと述べていた)が、 イギリスの場合穀物条例廃止にみられる
ように、少なくとも自国の市場は完全に開放した。

仏独の場合、EU統合という建て前を掲げていてもこういうことをやるからなあ…
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20061203AT2M0102803122006.html
「スエズとフランスガス合併は来年7月以降に」仏憲法評議会
ttp://smartwoman.nikkei.co.jp/news/article.aspx?id=20061116ax016n1
独ポルシェ、VWへの出資比率引き上げ

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 02:35:19 ID:mkcicLEd
>>208
>日本の麻生外相がポーランドを拠点にウクライナを含めた中東欧支援を打ち出したけど

マジですか!?そこまで踏み込むのか…

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 02:45:39 ID:KdhoJvVq
>>220
「自由と繁栄の弧」をつくる 拡がる日本外交の地平
外務大臣 麻生太郎
ttp://www.mofa.go.jp/mofaj/press/enzetsu/18/easo_1130.html
「日CLV首脳会議」とか、「日CLV外相会議」。「中央アジア+日本」対話や、
チェコ、ハンガリー、ポーランド、それにスロバキアを加えた中欧4カ国が
つくった俗に「V4(ドナウ川の地名ヴィシェグラードのV)」と称する
グループとの対話…。
これらは定例化するなり、既に定期化しているものは充実させるなりして、
まずは関係相手国と頻繁に会合し、対話を重ねていかねばならぬと考えます。
個別には、アフガニスタンと既にそのプロセスを始めております。
その際賢いやり方というのは、日本を深く理解してくれている国々を
足がかりにすることです。代表例として思い浮かびますのは、中近東や
中央アジアについて知識の宝庫である国、トルコであり、ウクライナに
ついて知ろうとする際、頼りになるポーランドです。

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 03:29:58 ID:DcyNroNV
アメリカが面倒見きれないから日本にやらせる(カネだけ出させる)んだろw
アフガンなんてどうすんだよ。
カルザイ政権支えるなんてほんとドブに捨てるようなもんだぞw

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 04:21:01 ID:mkcicLEd
>>221
実はポーランドは石油関連で60年代から中近東や北アフリカに積極的に進出していて、
PKNオルレンという巨大石油企業を持ってる。
ドイツ・チェコ・スロバキア・リトアニアなどでガソリンスタンドなど小売事業を展開する準メジャー。
ドイツに行くとPKNオルレンの鷹印の看板のガソリンスタンドが一番多い。
それで湾岸戦争のとき、イラクに取り残されたアメリカ人市民(たぶんスパイ)を国外脱出させたのが、
ポーランドの石油採掘技術者たち(これもたぶんスパイ)。

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 08:12:31 ID:pTcUiB3B
ドイツの自動車会社はベンツだけが正業を25年位前まで営んでおり、
其の後は工作活動に侵食されたのだ、そうです。マトモな新技術や製品を
開発したのは26年前までだけだったのだ、そうで、それ以降は科学者が
研究所で兵器の開発に使われていたのだ、そうです。フォルクスワーゲンは
戦時下30年代に作られたものが定番で其れ以降僅かな改良を加えただけで
76年間、定番の車を売り続けてきたのだ、そうです。
ベンツと売れ筋ワーゲン以外は全て尾で、98%水増し運営で凶悪犯罪組織の
仮面部隊だ、そうです。武力攻撃し全滅させる、そうです。

昨夜(日本時間)、ドイツ全土の自動車会社に立ち入り調査と工場の取り壊しが始まったそうです。


225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 09:12:03 ID:MK0addfK
>>221
>もっとも、現代日本の漫画人気も大したもので、私のコレクションには、
>ポーランドの外務大臣がくれた「犬夜叉」のポーランド語版が入っております。

mjk (; ・∀・)

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 11:29:43 ID:gfEm6L0U
>>222
いや、日本の国益に沿っている政策だと思うな
アフガンはイランと国境を接しているため、将来のエネルギー供給安定のために
安定させる必要がある
日本にとって、イランは重要な国
グルジアの発展はアゼルバイジャン一帯の大油田地帯の安定確保のために重要
トルコの発展は中東一帯の安定に欠かせない
ウクライナが親ロ政策を取れば東欧が不安定になりかねない
ポーランドを中心とした中東欧地域は日本企業のEU拠点なので、政権を安定
させるために経済発展してもらわなければ困ることになる
日本が中東欧を支援するのは日本の国益のためだよ
仏独がもっとしっかりとしていたら、日本は彼らの庭である地域に本来経済支援を
する必要などないはずなんだけどね

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 19:26:47 ID:KdhoJvVq
ttp://www.worldtimes.co.jp/
ロワイヤル仏大統領候補の中東訪問に非難の集中砲火

来春の仏大統領選で野党社会党候補に指名されたセゴレーヌ・ロワイヤル元
環境相の中東訪問が非難を浴びている。レバノン、イスラエルなどを歴訪中の
ロワイヤル候補は、不安定化しているレバノンのイラン系イスラム教シーア派
根本主義過激派組織ヒズボラの指導者と会談、物議をかもしている。
外交経験がないことがアキレス腱となっていると言われるロワイヤル女史は、
イメージアップをはかるため、中東訪問していると見られている。3日には
ヒズボラの指導者と会見の後、パレスチナ自治政府のアッバス議長とも会談、
和平に向け、欧州からの支援が得られるように働きたいと述べた。
現地イスラエルの新聞が、ロワイヤル氏がヒズボラの指導者と会見したことを
非難する記事を掲載した他、フランス国内でも、物議をかもしている。現在、
フランスは国連レバノン暫定軍(UNIFIL)の一員として、最も多い1万人
以上の兵士をレバノン南部に展開している。
アリヨマリ仏国防相は「複雑な事情を抱える地域への訪問では、情勢を熟知し、
慎重な行動をとらなければ、その地域にいるフランス人が危険にさらされる」
と怒りを露にした。ドストブラジ仏外相は、ロワイヤル氏が複雑に対立する
中東に「短絡的思想」で乗り込んでいると批判した。
一方、社会党内のレバノン支持派の中にはヒズボラに批判的な勢力もあり、
ロワイヤル女史のヒズボラとの接触に疑問の声もあがっている。ロワイヤル
女史はパレスチナ訪問では、批判を考慮してハマス指導部とは接触せず、
ハマス側から非難された。今回の中東歴訪で、得点を稼げるかどうか疑問の声
もあがっている。

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 19:29:23 ID:so+pzz0T
ttp://www.aei.org/publications/pubID.25232,filter.all/pub_detail.asp
AEI:アジアへのNATO、韓国の支援のためにも、反米風潮にも関わらず


アジアのアメリカへの友好国とアメリカの間には、二国間協定による
安全保証体制があり、それがアジアの民主主義諸国の安全保証
メカニズムの基礎になっている。しかし、これは欧州のNATOのような
地域の多国籍安全保証メカニズムに移行すべきである。

アジア地域のひとつの問題は経済成長に伴って中国が軍事力を
急速に拡大しており、これが軍事的なアンバランスを起こしかねない。
中国はアジア地域でアメリカの影響力を排除し、中国のリーダーシップ
を確立しようとしている。

また日本が平和憲法を改正し普通の国へのコースを進み、国際貢献
を高めようとしていることに警戒感を持つ韓国や中国に対して、地域の
多国籍安全保証のメカニズムは日本の脅威を中和化するものになり得る。

従来、アジアのNATOといった構想には「欧州とアジアは同じではなく、
同質性の高い欧州に比べてアジアは国ごとの違いなどが大きく多様性が
大きいのでNATOのようなメカニズムに合致しない」と言う議論がある。
欧州より多様性が多きいのは事実であるが、民主主義国を共通の価値観
とアメリカとのパートナーシップによる安全保証を基礎にする点では
共通基盤を作りえる。

ひとつの問題点は最近反米運動の著しい韓国である。しかし現在の
韓国は1980年代の西ドイツの状況に類似する。当時の西ドイツはNATO
の配備する対ソビエトのミサイルをめぐって激しい反米運動があった。
東西ドイツの分裂も現在の南北朝鮮に似ている。
NATOはそうした西ドイツの安全保障と統一に貢献してきた。

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 20:20:36 ID:qo2nNYO1
『大国の明日』(ヘルムート・シュミット、朝日新聞社)を読むと、

「21世紀の進行につれ、中華人民共和国はアメリカ合衆国に匹敵する
重要性を手に入れるであろう。この巨大な開発途上国が今後2、30年間に
獲得する世界政治ならびに世界経済における重要性を過小評価するのは
賢明ではない。中国に対する尊重、協力、交流が望ましい。ヨーロッパの
大部分の国は、このことについては日本やアメリカ合衆国よりも早く、
十分に理解してきた。ヨーロッパ各国は、仮に中国・アメリカ間でいがみ合いや
紛争が起きた場合でも、中国に対する積極的態度を保持すべきであろう」
「かなり確実性の高いのは、欧州連合がイギリスの脱退があった場合でも、
共通市場とユーロによって経済的な世界大国となることである。ほぼ30年
以内にEU、アメリカ合衆国および中国による、三つの通貨で結ばれた経済
三角形が、アメリカ合衆国が阻止できないまま、形成されるであろう」
「特にヨーロッパ人は、ロシア国民やプーチンとその改革努力に深い敬意を
示してきた。これは今後とも必要である。兵士として第二次世界大戦に
従軍し、ロシアの大地でロシア兵と戦ったことのある一人のドイツ人として、
私がとりわけ感激しているのは、相互間の憎悪がこんにちではほとんど
感じ取られないまでになっていること、さらに両国政府が進んで公正な
パートナーシップを明確に築きつつあることである」

230 :229:2006/12/05(火) 20:21:06 ID:qo2nNYO1
と書いてあるんだが、ヤパーリドイツの左派の目には「中国=勝ち馬」と
映っているのかね。ドイツを勝ち馬だと思い込んで日独伊三国軍事同盟を
むすんだかつての日本みたいだな。スペインのフランコやポルトガルの
サラザールが中立を守っているのに、地球の反対側のドイツと同盟を結んだ
日本は本当に馬鹿だったな。あと、欧州大陸+ロシア+中国という組み合わせは、
松岡洋右の四国同盟構想(日独伊+ソ連でユーラシア同盟をつくる)を
連想させる。

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 13:34:25 ID:VP80jQgm
このEUスレでは、散々EUから見た中国を論じられてきたが、僕の好きなシュミット元首相が
こんなことを言っているとは驚いた。いや、シュミットさんには妙な親近感を持っていたのだが…。少々ショックだった。というか、
アメリカ・EU・中国の三軸通貨圏が30年以内?フランス国際関係研究所のアジア部門のボスの
おばさん(シノロジスト)は、Metro誌のなかで、中国が日本経済を抜くかどうかという
質問には非常に慎重に答えていたけど…。成長できても、構造的な問題がでてくるだろう
という事を言っていたけど…。
EUもイギリスが脱退しようが、スペインの不動産バブルがはじけたら、EUだって結構
危ない状況になるような気もするのだが、気のせい?
中国も巨大な不良債権があるのに、それを無視して議論するか?見ていて、アメリカ以上
に冷や汗をかくのだが…。憎きアメリカを倒そうというのは、ドイツ人だから分からない
でも無いけど、そのパートナーが中国?ロシアさえ、本音では日本との同盟を喉の奥から
欲していると思うが…。僕の知っているロシア人(20名近くしかサンプルが無いが…)は
皆様日本との同盟希望ですが…。打倒アメリカでも、戦略が違うでしょうが…。
ドイツ人も結構分からないなー。今はドイツよりもフランスの方が親日的な感じがするなー。

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 14:11:16 ID:0wmEb361
「中国に対する積極的態度」イコール中国に対する好意的態度、ではないと思うけどな。
翻訳本は著者の主張が反映されないことが珍しくないしね。

ドイツの親日度に疑念をもつのは私も同意見だけど、フランスほどじゃないでしょ。

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 15:54:24 ID:mg+4YUu/
ドイツ人は個人主義が徹底しているから、中国に対して厳しい目を持っていると思うな
日本人から見ても、中国共産党は気味悪い集団に見えるのに、集団行動を特に嫌うドイツ人
が好意を抱くはずが無い
ただ単にEUと関係ない遠い国で、商売相手(特に武器)だから政治的意図を持って
持ち上げているだけだろう
ドイツ上層部から見たら、日本は産業がかぶるライバルであって、中国は自主産業の無いお客さん
なわけだから、ドイツ的合理主義で中国を取り上げているんだろうね

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 16:06:47 ID:5SCPZHKW
>>233
どいつで個人主義が徹底しているなんて、今はじめて聞いた。

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 16:38:36 ID:mg+4YUu/
ドイツは個人主義だよ
学校の制服も無いし、朝礼なんかも無い
自分の意見を率直に伝えるあまり、乱暴な態度に写ることもある
日本とは違う
上司の顔色を伺って残業、なんてこともしない
効率的に仕事をこなして、さっさと家に帰る
ま、全部、本の受け売りなんだけどね
だから中共は異常に写る

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 16:52:16 ID:5dT6Qugt
>>235
君が学生だということはよく分かった。
まあ政治家のプライバシーに無頓着だというのは彼我の大きな違いだが、むしろヨーロッパの中では
集団主義的な方だろ。まあ各国にそれぞれ集団主義的な面も個人主義的な面もあるから直線上に並べ
られるわけないがね。
制服の件は単にナチス的なものの排除に過ぎない。

ドイツの学校で制服導入動き広がる
ttp://edugarden.blog50.fc2.com/blog-entry-394.html

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 16:57:11 ID:bS9kUWmG
>>235
言いたいことはわかるのだが、ドイツ(人)を知っているものとしては、
若干の違和感を感じる。
もしあなたが「個人主義」というものをそのように考えて認識しているのなら、
旧共産圏の東欧やソ連でもそのような「個人主義」は普通に存在していたんだけど。

「ドイツ的合理主義」によって現状のようなドイツに成り下がったとしたなら、
私はその「合理主義」というものネガティブな意味に受け取りたい。

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 18:17:58 ID:mg+4YUu/
>>236
制服の導入は、はっきり言って貧富の差が大きくなってきたから
服装で差別されないようにする目的があるそう
流行の服を着てない子は仲間に入れてもらえないらしいよ

>>237
旧共産圏にも個人主義は当然あったけど、当局がそういう行動を逐一監視
していた社会だったから、冷戦最前線だった西ドイツから毛嫌いされていた
わけで、これは今の中国にも言えること
そこには言論の自由も無い
ドイツはゲシュタポもシュタージも知っているから、そういう非人間的な
組織を毛嫌いしている
にもかかわらず、中国を過大評価するのは、そこに市場があるからで、そういう意味
で矛盾している部分がドイツ的な合理主義だな、と感じたわけです

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 18:41:12 ID:YWqsbU/p
旧共産圏でもユーゴスラビアとポーランドは個人の自由が尊重されていた。
管理体制が最も酷かったのは東ドイツとチェコスロバキアだった。

240 :229=230:2006/12/06(水) 20:13:20 ID:DZamP3tP
>>231-233
原著のタイトルは、“DIE MACHTE DER ZUKUNFT ”でつ。翻訳がどれだけオリジナルに
忠実かどうかはわからないけど。このスレで指摘されているように、中国はいい商売相手
だから持ち上げているんだろうね。その他にも、

「ロシアはヨーロッパからの投資を必要とし、ヨーロッパ経済はロシアの石油と
天然ガスを必要としている。ドイツのロシア向け輸出とロシアからの輸入が現在、
いずれも貿易相手の一位にあることは喜ばしい」
「アメリカ合衆国はそう遠くない時期に、ヨーロッパを政治的に従属させるのが
長期的に見て国益にかなうのかどうかを決定しなければならない。この選択肢を
肯定し、政策として追求されるべきだとなった場合、旧大陸が継続的に分断される
ことが考えられる。しかしそのためにアメリカの行動の一部は、ヨーロッパに
縛りつけられることになろう。なぜなら多数のヨーロッパ国家、イギリスとおそらく
ポーランドを除いては、明白な外部者の決定に進んで服そうとはしないからである」
「日本の友人は、世界にわずかしかいない。その原因は、一部は世紀を越えて
続いた徳川時代の鎖国にまで遡るべきであるが、大部分はもっとのちの帝国主義
時代にある。日本はこの時、隣国のすべてにひどい仕打ちをし、それを隣国は
いまも覚えている。だがもっと決定的なのは、日本人が征服や犯罪行為をあった
こととして認め、それを遺憾に思うことができないところにある」

と書いている。

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 20:38:06 ID:DZamP3tP
90年代以降の欧米の知識人やエリートの中国に対する傾倒ぶりを見ていると、
「バスに乗り遅れるな」とドイツに傾倒していった昭和の日本を思い出すんだよね。
「伝統的なまともなドイツ」と「いかがわしいナチス・ドイツ」の違いを見抜け
なかったこと、ドイツの電撃作戦を礼賛してそのうち世界のほとんどがドイツ領に
なるんじゃないかと国民に錯覚させたマスゴミ…

あと、坂本多加雄氏は、当時の日本の知識人は精神的にひ弱で、状況とは別個に
認識の基準を持っていて、それに照らして判断するのではなく、何か事態が起きると
常に引きずられて、それを何やかや意味づける方向にいってしまったと指摘している。

大正期の文人でも、初期の阿部次郎などは、比較的に永遠とかいうことをいって、
現実にそれほど引っ張られない立場をとっていたが、三木清のようにマルクス主義
の影響が強くなった世代は、真理も時代によって相対的であるという思想にとらわれ、
超然として永遠の見地というようなことをいえなくなったと。

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 20:39:27 ID:YWqsbU/p
>>240
たとえばフィンランドやベルギーにとっては、ドイツこそが「明白な外部者」なんだけどな。
それにロシアと抜き差しならない関係になったらそれこそロシアが「明白な外部者」としてドイツを屈服させるだろう。
こんな簡単なことがわからないシュミットは馬鹿だな。

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 22:31:21 ID:mg+4YUu/
>>240
日本について言及している点は興味深いな
例えば日本の政治家はドイツを取り上げて、ホロコーストについて言及することを避けるけど
シュミットは踏み込んだことを指摘しているね
この辺にドイツの病理がありそうだ
ドイツはホロコーストについて徹底的に反省「させられている」
ナチスは悪、と定義されたため、かつて同盟国だった日本も同じ土俵に上げようという意図を感じる
中国や朝鮮の言い分を積極的に丸呑みするのはいかにもドイツ的発想だな
ドイツは健全な政治論理を自ら展開できないように振舞っているように見える

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 00:12:18 ID:ESZp1OUx
>>237

マックスウェーバー系統学者が合理主義は進めばその分弊害を
生むとも言ってたはず。ドイツはその合理主義の病理的な部分がモ
ロに出てきてんでないの?

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 00:24:20 ID:mdpdsFzb
ドイツにおける「合理主義」「合理化」(特に個ではなく組織の場合)は、
一体何のための、そして誰のための「合理化」なのかというところで、
既に歪んでいる。

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 00:36:55 ID:l55XTyQV
EUの出入国審査廃止協定、中・東欧に拡大
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20061206AT2M0600506122006.html

 パスポート検査などの出入国審査をなくす欧州連合(EU)の「シェンゲン協定」
が2007年末から中・東欧諸国やスイスにも広がる。EU各国が5日の内相理事会で
合意した。日本人観光客はいったん協定国に入れば、原則として中・東欧やスイス
を含む欧州25カ国を自由に移動できるようになる。現在、協定は英国とアイルラン
ドを除くEU旧加盟13カ国とノルウェー、アイスランドで適用されている。

 シェンゲン協定の適用拡大は08年末にずれ込む予定だったが、中・東欧諸国が早
期適用を強く要請。陸路は07年末から、空路は08年春から出入国審査をなくすこ
とで合意した。協定国の市民や旅行者らはキプロスを除く新規加盟9カ国とスイス
との間で自由移動が認められる。(ブリュッセル=下田敏)

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 03:50:35 ID:l55XTyQV
仏外相:イラン核反対のロワイヤル氏を非難
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/europe/news/20061207k0000m030095000c.html
 イスラエル訪問中のロワイヤル氏は4日、オルメルト首相との会談後、記者団に
「私はイランの民生用核開発にはっきりと反対する」「オルメルト首相はこの考えに
謝意を表明した」と語った。

このおばさんキチガイなの?

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 06:03:42 ID:Uhnz4ULm
最近どこの国の政治家もうっかり発言というか無茶苦茶発言多すぎ。

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 11:19:45 ID:mD46dcmq
>>246
ドイツなんかは東欧諸国から来るマフィアに荒らされて問題になっているんじゃなかったっけ?
よく承認したな
東欧諸国ってそんなに発言力があるのかな?

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 12:18:13 ID:mdpdsFzb
>>249
EU内の国境フリー化はあくまでもEUの理念・理想現実化のプランに基づく。
もちろん加盟国は協定に不参加の立場も取れるが、それではEUは有名無実化する。

市場においては、東欧解放直後西側資本によって東欧諸国の市場を牛耳り圧巻した。
つまり、既存の企業を援助育てることなく、ほぼ壊滅に追い込んだのは西側諸国。
現在は東欧圏のマーケットが急速に発展してきて、逆にドイツをはじめとした西側諸国のマーケットが停滞・低迷して倒産や失業者があふれている。
今後は品質のよい低価格製品がどんどん西側諸国にあふれ、日本で起きたような価格破壊、市場競争の激化による、既存の市場破壊が起きてくる。
いわば、当時とは立場状況が逆転したということ。
自国内の多量の失業者も、今後は東欧諸国に引き取ってもらわなければ、自国内ではもうどうすることも出来ない状況になっている。

マフィアは市場が活性・流動化の著しい場所に活動範囲を広げるのであって、既にドイツなどより東欧圏の方が可能性や利が大きいと思われる。
今は、東欧・ロシア系マフィアよりも中華系マフィアの方がドイツにおいては多いかも。ここ5年くらいの間に勢力分布がだいぶ変わった。


251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 12:19:29 ID:jfL1ARjU
>>247

アメリカへのメッセージだろう。政権とったら親米に転換しますという。

>>249

しないと独仏の中東欧での影響力がますます低下する。事実上EUは二分
化されつつあるのだから

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 12:57:09 ID:QUm0pAkI
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20061207AT2M0600706122006.html
フランスの価値観で世界に報道、政府肝いりでニュース局
 
「フランスの視点」を旗印に掲げ、世界に向けて24時間ニュース番組を
提供する新しい国際放送局「フランス24」が6日、開局する。仏政府
肝いりのこの事業の背景には米CNNや中東アルジャズィーラを通じて
特定の価値観が広まることへの警戒感がある。
衛星放送、CATV(ケーブルテレビ)、ブロードバンド(高速大容量)
通信などで仏語と英語で放送を始める。来年半ばにアラビア語、2009年
ごろからはスペイン語でも放送する。

※最近はアルジャズィーラ英語版、ロシアのRussia Today、シンガポールの
Channel NewsAsia、フランスのFrance 24 など英語のニュース局を立ち上げる
のが流行している。

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 13:33:47 ID:fxQUZwuR
>>249
別にパスポートが必要な現行制度でも、国境でのパスポートチェックは目視のみだし、
税関検査はもう廃止されてるから、同じこと。
単にIDカードだけ持っていればいいわけだから、住んでる人にはとても便利になる。
それに、労働許可とはまた別の話。

東欧マフィアというより、ドイツは国内の旧東独のシュタージ(秘密警察)がマフィア化して政財界に食い込んでて、そっちの方が大きな問題。
たとえば隣のポーランドはマフィア摘発に最も熱心な国で、国内にはせいぜい数十人程度のギャング組織レベルより大きな、
いわゆるマフィアみたいなのは1999年以降存在しない。

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 13:36:32 ID:fxQUZwuR
>>251
というより、中東欧諸国の、独仏に対する政治的影響力が大きくなっていると考るべきだね。
昨日から行われているヴァイマール・トライアングル首脳会談でも、
独仏はEUの対ロシア政策に関するポーランドの要求を納得して受け入れた形になった。

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 13:37:31 ID:fxQUZwuR
>>254訂正

ヴァイマール・トライアングル首脳会談はおとといからだった。

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 16:47:52 ID:XpgmUz6H
>>254

中東欧の影響力が拡大してるもあれば、独仏の政治力の低下も影響してる
かと。冷戦体制(擬似社会主義)の転換が進まず閉塞感がある独仏に対して、
社会主義体制(独仏の体制に政治的自由が無いような感じ)からの脱却とい
う、明確な目標を掲げて体制改革をしてる中東欧(一部例外があるみたい)の
違い。


257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 16:49:54 ID:XpgmUz6H
>>252

番組視聴言語一位英語、なんてことになってフランスがショック受けないかw


258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 17:53:10 ID:MCkWq8wd
>>256
EUに入ると政治経済の改革は義務。ニース条約で決まってる。

また、EUに入ると、各国の権利は平等に付与され、ヨーロッパ議会での議席も人口に応じて配分される。

ワイマール三角連合にもヴィシェグラード同盟(V4同盟)にもNATOにも加盟していて、空軍がバルト三国の領空を警備し
中東欧諸国全体の半分の人口とGDPを持つポーランドが特に注目だ。
ただし、ポーランドの現政権には深刻な問題がある。

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 18:22:01 ID:mD46dcmq
>>250
中華系マフィアが増えているの?
マイノリティが負の部分で目立つと排斥されるんじゃないのかな?
ベルリンにもチャイナタウンがあるらしいけど、大丈夫なのかな?

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 18:56:53 ID:MCkWq8wd
>>250
>自国内の多量の失業者も、今後は東欧諸国に引き取ってもらわなければ、自国内ではもうどうすることも出来ない状況になっている。

たしかポーランドのシュチェチンとグダニスクにあるそれぞれの造船所が景気良くて人手不足で、ドイツ人造船工を集団で雇うらしいよ。
いま人が足りなくて、北朝鮮人まで使ってる。

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 19:15:27 ID:k9aS6kYv
ドイツと北朝鮮人なら北朝鮮人を使うだろう。
当たり前の話だ。

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 19:17:34 ID:Yz32R5fp
>>259
>マイノリティが負の部分で目立つと排斥されるんじゃないのかな?
それはあくまで「表の世界」でのはなし。裏の世界は常に外国勢力。
ハンブルクのザンクトパウリでいったら、15年ほど前まではユーゴ系マフィアが仕切っていて、
その後ロシア系が入り込んで2分して棲み分けていたところに、中華系が加わって、
今じゃあ中華系の天下。

>>260
それほど当時と今とは状況が逆転したということ。
東欧・ロシア圏から買出しに西側に来ていた当時とは違い
、今では西側から安いものを東側へと買出しに出かけている。
国境では西側の税関がその取締りに躍起になっている。

時代が変わったと言えば、完全に変わってしまった。
まさに逆転。
ポーランドなどから見れば、ドイツなどは破綻寸前の社会主義・共産主義国家のように見えるんじゃないかな?
当時、彼らが東側各国をそういう目で見ていたようにね。

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 19:35:11 ID:gcntwDI0
欧州にとってはいいのかもね。
ロシアとの間にそれなりのができて。

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 19:39:54 ID:QUm0pAkI
ttp://www.asahi.com/international/update/1207/015.html
仏で石炭復権?新炭鉱計画 共産は賛成、左派同士対立も
ttp://www.yomiuri.co.jp/world/news/20061207id01.htm
EU憲法再生へ独が新構想、来年の首脳会議に提出へ
ttp://www.sankei.co.jp/kokusai/europe/061207/erp061207002.htm
ロワイヤル氏「勉強不足」の中東訪問 手腕に疑問の声
ttp://www.business-i.jp/news/world-page/news/200612070034a.nwc
アリタリア再建は民間で 伊政府が保有株売却へ

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 19:52:45 ID:MCkWq8wd
>>262
>国境では西側の税関がその取締りに躍起になっている。

ドイツとチェコやポーランドとの国境など、EU域内では税関検査はないよ。
パスポートチェックだけはあるが、それも陸路では来年末に廃止で、航空路では再来年春に廃止。

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 20:05:51 ID:jCAKPssU
>>265

EU加盟で免税船ってのが廃止されたと聞いた。それでも微妙に物価に差がある
から他国で買い物って現象はあるんでない?ルクセンブルクにガソリン入れにいく
ベルギー人って話とか。

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 20:10:27 ID:jCAKPssU
>>262

彼らには昔、中東欧でやってた社会主義と同じに見えると思う。違う
のはあれに政治的な自由があったかなかったかだけで。

>>264

フランスの緑の党は原発に賛成なのかw日本のサヨクとはエライ違い
だな。

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 20:16:46 ID:Yz32R5fp
>>265
確かに、ポーランドをはじめとした東欧諸国のEU加盟により、
国境でのパスコントロール・税関審査は撤廃されたが、
2年ほど前よりまた再開強化された。(主に陸路)
主な取り締まりは、タバコ、ガソリンなどの超過購買、及び密輸取締りと、
産業廃棄物などの不法移送取締り。犯罪組織の監視・取締りを理由とする。

269 :268:2006/12/07(木) 20:35:08 ID:Yz32R5fp
ちなみにタバコ価格は、ドイツはポーランドの3倍、
さらにドイツでは国家による価格統制品だが、ポーランドにおいては自由価格販売。

今となっては、ドイツ統一は東ドイツにとっての不幸だったかもしれない。
ポーランドのように、既存の体制、統制を全て破壊し、新たな「自由」で国家再建できた可能性もあった。
それが統一により西ドイツの別な型の社会主義の枠にはめ込まれてしまった。
まあ、当時は誰も現在のような状況になるなんて想像すらしてなかっただろうが。

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 20:36:08 ID:eoMMqTAS
>>267

現実的に考えたら、原発の方が環境に優しいからね。

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 20:59:50 ID:gcntwDI0
>>269
間違いなく不幸なのは西ドイツだろう。
ボロボロになった東ドイツのアウトバーンへの投資ふくめ全て一国でやりきった。
東ドイツ紙幣も紙切れに近くなったけれど西ドイツの払った年金積み立てをつかっている。
西の優等生と東の中では一番優等生の東ドイツですらああなってしまったからといって
否定してしまうのもどうかと。
ドイツも一応24時間営業できるようになるし、変わってくるのではと思うけれど。


272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 21:03:34 ID:MCkWq8wd
>>266
>EU加盟で免税船ってのが廃止されたと聞いた。それでも微妙に物価に差がある
>から他国で買い物って現象はあるんでない?

あるよ。
たとえばガソリン税の税率は高い順にフランス>ドイツ>ポーランドだから、
フランス人はドイツに、ドイツ人はポーランドに週末ガソリン入れに行く。

>>268
>国境でのパスコントロール・税関審査は撤廃されたが、
>2年ほど前よりまた再開強化された。(主に陸路)

ほんとかぁ?聞いたことないけど。
それに2年前といえば中東欧諸国のEU加盟時期じゃん。
車はみんな国境をドライブスルーしてるよ。
国境での税関検査を厳しくしたのはEUのポーランドと、非EUのロシア・ベラルーシ・ウクライナとの国境じゃないの?

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 21:05:48 ID:MCkWq8wd
>>271
>東ドイツ紙幣も紙切れに近くなったけれど

え?西マルクと東マルクは1:1で交換したじゃん。
17年前に紙切れになったのはポーランドズウォティじゃん。
旧西ドイツの甘やかしのおかげで旧東ドイツが駄目になったとしか思えないな。

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 21:07:25 ID:mD46dcmq
>>267
EUの停滞を見て日本のプロ市民も声高に叫べない状況になってきた
以前はEUについての書物と言えば礼賛一色だったけど、今は批判書や批判エッセイ
なんかも出まわっている
フランスの移民問題、ドイツの東西問題などを批判する本が出版されるようになってホッとしている

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 21:18:31 ID:QUm0pAkI
>>274
山川出版社から『現代フランスの病理解剖』(長部重康)という本が出たけど、
ドイツ・ベルギー・オランダ・イタリアについても似たような批判本を
誰か書いてくれないかなあ。
2ちゃんだけでなくYahoo!掲示板にも日本のマスゴミが絶対伝えないような
ことがバシバシ書かれている。

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 21:22:26 ID:Yz32R5fp
>>271
確かに、西ドイツにとっても不幸だったわけだが・・・
西はいくらつぎ込んでもザルのお荷物を抱え、東は西への羨望・不満そして完全な依存体質を持ってしまった。

>ドイツも一応24時間営業できるようになる
営業時間は州条例に任されたが、日曜営業に関しては完全規制撤廃ではない。
また現行の労働法改正なくして効果のほどは以前疑問が残る。
人件費がかさみ過ぎる。 

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 21:43:05 ID:mD46dcmq
以前エコノミストだったか(失念)で流通業の世界展開についてセブンイレブン
やファミリーマートの特集を読んだことがある
中国、アメリカ、カナダ、東南アジアなど幅広い店舗展開を続け、フランチャイズ制(日本独自)
も導入し始めたらしい
ドイツやフランスの店舗は接客サービスが甘いから、制度が改変されたら日本のコンビニにとって
大きなビジネスチャンスになるだろうね
今のところ、欧州での展開は考えていないそうだけど、欧米に無い、日本独自の流通システムだから
受け入れられれば一人勝ちになる可能性もあると思った

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 22:01:41 ID:qbSN08LF
ここの人はアレなの?
イギリスみたいに労働者も資本も
外国人にオープンにしたほうがうまくいくって意見なの?

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 22:23:23 ID:Yz32R5fp
>>278
ドイツに限って言えば、外国人・外国資本入れるのどうのこうのという以前の問題。
企業に課せられた法規制、労働法の緩和、税・保険・各種福祉制度改正、
過保護な労働者への権利改正、組合勢力の弱体化など問題は山ほどもある。

コンビに展開においても、これらの問題がある以上は早々に行き詰るのがオチ。

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 22:40:30 ID:MCkWq8wd
>>277
セブンイレブンはヨーロッパにもあるけど、日本と感じが全然ちがう。
セブンアンドアイが資本入れて直接経営参加した方がいいと思う。

>>278
外国人と言ってもイギリス人にとっての外国人と日本にとっての外国人は違うからなぁ。
日本で外国人は扱いづらいよ。
一番日本にやって来そうな外国人と言ったら中韓比だろうけど、みんな日本に敵意持ってるからな、気持ち悪いよ。

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 23:05:05 ID:mD46dcmq
>>280
7-11は確かスウェーデンとノルウェー、デンマークに出店しているという記述があったと記憶
通路の狭い雑貨屋のような店舗らしいね
中国やアメリカの店舗展開とは違うらしい

>>279
確かにフランスやドイツは労働者が強すぎて馴染みにくいかもしれない
これは保守的な国民性を考えれば、その通り
特にドイツはIT革命を軽視し続けて、教育現場が送れ、今になって技術者不足に気がついて
あわてて移民でまかなおうとしている姿とかぶる

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 09:23:21 ID:iqNvu344
ttp://www.worldtimes.co.jp/
ポーランド副首相がセックススキャンダルで窮地に
少数与党のネオナチ大会関与も

ポーランドで少数与党2党のスキャンダルが明るみに出、カチンスキ政権に
対する国民の不満が噴出している。
ポーランド連立与党を担う「自衛」のレッペル党首は女性職員と性的関係を
持ったことが指摘された。
選挙新聞によると、女性職員は5年前、性的関係を持つことを見返りに「自衛」
党本部職員の仕事を得たという。女性はラジオとのインタビューで、レッペル
党首と2夜を過ごしたと証言。また、リツウィンスキ副党首との間に子供が
いることを明らかにし、両氏を性的虐待の容疑で告訴する意向を示した。
農相を兼任するレッペル副首相は容疑内容を否定、「性的モラルのない女性に
よるでっちあげで政府転覆を狙う陰謀」と説明した。
カチンスキ首相は、疑惑が真実だとすればと前置きした上で「このような犯罪
を犯した人物と協力することは不可能だ」と断言している。ただ、世論を満足
させるだけのポーズで、自衛の連立離脱はないというのが大勢の見方だ。
もう一つの連立パートナーである右派「ポーランド家族同盟」寄りの青年組織
が主催したネオナチ大会の模様がこのほど、日刊紙電子版に紹介された。
約2年前に同国南部シュレジア地方で行われたものとされ、ビデオの中では
ヒトラー礼賛の言葉とともに、赤く燃え上がるかぎ十字が大きく示されていた。
現地紙によると、ネオナチ青年組織は家族同盟党首のギエルティフ副首相兼
教育相によって組織され、大会には同党の職員数人が参加したという。
カチンスキ首相は「スキャンダル」として非難、家族同盟の関与の程度を
調べる意向を示している。

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 09:37:23 ID:5WPaLLI3
>>282
いつも思うんだけど、なんでロシアとかポーランドとか、ナチにこてんぱんにやられた国に
ネオナチがわんさかいるのだろうか?鍵十時とか誇らしげに掲げててちょっと理解出来ない。

284 :267:2006/12/08(金) 12:39:54 ID:1d2RVBko
>>274

これから10年はEU叩きの本の出版ブームになるよ。前の10年は
EU礼賛一色さった反動で。事実、親米の東欧中欧は発展し、反米に走った
独仏の西欧は衰退してるのだから。シュペングラーの「西洋の没落」とい
うのが現実的なものになったのか?

>>275

ネットの恩恵でそういう実態が、現地に住んでるやつや研究者を
通して伝えられるようになったのはいい事。ドイツとかはすでに原発
廃止政策の可笑しさを批判する本も出てた。あと何かのラジオでどこかの
大学の先生がドイツ人に「ドイツに活を入れに来てくれ」といってドイ
ツの環境政策のデタラメさや労働政策の惨状を切りまくってた。

オランダも確か、日本の大学の先生の本で、あちらの学者とか標準的な知
的エリートでさえ移民を非難しまくってることに「衝撃」を受けたとかw

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 12:57:24 ID:ps+qCTqb
>>283
ロシアはともかく、ポーランドにはネオナチはわんさとはいないよ。つかまったくいないかもしれない。

フーリガンでさえ筋金入りのナチ嫌いで、今年のワールドカップ前にドイツへ遠征して、
ベルリン郊外の森でドイツのネオナチ集団と決闘、数百人をブチのめして、警察が来る前に逃げた。

そのビデオだって、屋外パーティで酔っ払ったついでにふざけて撮ったもの。迫力も緊迫感もない。
事実、その場にいたギエルティフの父親(ヨーロッパ議会議員)の秘書は、「ふざけてやりました」と謝罪している。
現場にいるのもせいぜい10人くらいで、
どう見たってその在日韓国人(世界日報)の言う「ネオナチ大会」なんて大げさなものじゃない。
そのビデオがこれ↓だが、こんなのが「大会」か?
http://www.dziennik.pl/Load.aspx?TabId=14&Acion=LoadF&lsnf=AS03-0012& ;mediaId=721&articleId=23670','VideoPanel

韓国人の報道は不正確な上にフォロー記事もないから信用できない。

286 :285:2006/12/08(金) 12:59:18 ID:ps+qCTqb
ビデオへのリンクがうまく出ないな。
貼りなおし。
ttp://www.dziennik.pl/Load.aspx?TabId=14&Acion=LoadF&lsnf=AS03-0012& ;mediaId=721&articleId=23670','VideoPanel


287 :285:2006/12/08(金) 13:00:33 ID:ps+qCTqb
ん?だめだな。

これならリンクが出るか?
http://www.dziennik.pl/Load.aspx?TabId=14&Acion=LoadF&lsnf=AS03-0012&;mediaId=721&articleId=23670','VideoPanel

それともこうか?
ttp://www.dziennik.pl/Load.aspx?TabId=14&Acion=LoadF&lsnf=AS03-0012&;mediaId=721&articleId=23670','VideoPanel

288 :285:2006/12/08(金) 13:09:17 ID:ps+qCTqb
ビデオへのリンクがうまく貼れないので、見たい人はいろいろ工夫してくれ。

289 :285:2006/12/08(金) 13:11:14 ID:ps+qCTqb
>>283
ロシア人は知らんが、ポーランド人が鉤十字を誇らしげに掲げてる映像なんか見たことがない。
あるというならそれを見せてくれ。

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 13:20:27 ID:49aHFOeL
>>283
ヒトラーはスラブ人を劣等民族と定義していたはず
ロシア人のネオナチと呼ばれる人は教養に乏しく、そういうナチズムの根幹を良く知らない
ドイツのネオナチも社会の下層、落ちこぼれの人たちだから、そういう人間たちにとってナチズム
は魅力的なものに写るんだろう

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 13:29:23 ID:KdgdkdyF
>>290
ナチズムとネオナチは微妙に違う。
ヒトラーのナチズムはドイツと類似の民族を勝手にアーリア民族として賞賛したもの。
ネオナチはロシアを含むアーリア民族全体の国際的団結。

また、ヒトラーの頭の中でさえ、スラブ人はドイツ人と比べては劣等だが、それは全体として優等なアーリア人種の中での優劣の話であって、
ユダヤ人のようなセム民族や黄色人種や黒人よりははるかに優等。
ヒトラーがスラブ人を劣等だとしたからといって、彼がスラブ人を黄色人種より劣等としたわけではない。

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 14:10:27 ID:iqNvu344
『中央公論』1月号 「もうユーラシアで躓かないために」 河東哲夫

ゼロサム社会には、三種類の人間がいる。筆者は昔、モスクワに留学した時、
「ロシア文学の登場人物には二種類のプロトタイプがある。それは『よけい者』
と『哀れな者』の二種だ」と教わったことがある。「よけい者」とは社会から
浮き上がった頭でっかちのインテリのこと、「哀れな者」とは大衆のことである。
これに特権階級を加えると三種類となる。そしてこの三種のどれと付き合うかで、
その国から得る印象は決定的に異なってくる。
エリートを見て「ロシアの役人は冷たい。あの国は嫌いだ」と言う者が
いるかと思えば、大衆と付き合い「あんなに温かい人たちがいるロシアと、
どうして仲良くしないのですか」と政府に詰め寄る者もいる。ペレストロイカ
時代、ヨーロッパの人たちはロシアのインテリに惚れ込み、「ロシア人は
素晴らしい。彼らは自由と民主主義を理解し、切望している。ソ連はヨーロッパ
文明の一員なのだ。日本も小さな島の問題は棚上げして、少しソ連を助けたら
どうだ」と言っていた。

293 :292:2006/12/08(金) 14:12:19 ID:iqNvu344
そして問題は、この三種の人間のどれにも改革への期待はかけられないと
いうことなのである。インテリの多くは自由を叫びながらも、実は自分の
ことしか考えていない。だからこそロシアのインテリなどは19世紀の昔から
「よけい者」と呼ばれ、ツルゲーネフやチェーホフの作品を彩ってきたのである。
こんな連中の言うことを、大衆は相手にしない。大衆はどの時代にも結構
自由にモノを言っていて、インテリがなぜ「自由」とか「民主主義」を
求めるのかがわからない。彼らにとって経済改革とか市場経済というのは
労働条件の悪化、公共料金の引き上げ、治安の悪化、少数の成金の台頭
でしかなく、そのメリットは全然わからない。

↑このロシア社会に対する分析は的を射抜いていると思う?ポーランドなど、
中東欧諸国の人々はロシア社会をどう見ているんだろ。

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 14:29:30 ID:49aHFOeL
先月BSでロシアについて海外製作の特集を立て続けに放送していたのを見たけど
ロシア社会は三種類の階層に分かれている印象を持った
政治家と企業家と大衆だね
で、社会を動かしているのは政治家と企業家
政治家は汚職にドップリと漬かりきっており、企業家は早い話マフィアだ
政治家と企業家は密着して政争に明け暮れる
バカを見るのは一般大衆だ
老人はスズメの涙ほどの年金で赤貧の暮らしを強いられ、壮年や若者は仕事が無く
酒や麻薬に手を出し、身を滅ぼす
仕事があっても生活はカツカツでゆとりが無い
ロシア文学の世界と何ら変わっていないんだよね

295 :(。・_・。):2006/12/08(金) 14:33:13 ID:mB/gTGgh
http://www.geocities.jp/ttkfansit28/index.html

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 15:05:43 ID:QXDLyJ9c
>>292-293
>このロシア社会に対する分析は的を射抜いていると思う?ポーランドなど、
>中東欧諸国の人々はロシア社会をどう見ているんだろ。

それと同じ視点を持ってるんじゃないの?

政治的にはロシアは冷徹で残酷で恐い存在。
これはロシアのエリートのせい。

一方、中東欧諸国の大都市の郊外には中国などから商品を仕入れて売るロシア人商人のマーケットがあって、
地元の市民が気軽に安い買い物を楽しみに行く。
この商人達は決してエリートではないロシアの庶民。

時代が変わってもロシアやロシア人というのは本質的には全然変わらないというのも、
中東欧の人たちはよく分かってるように見える。

だからロシアとの間に中東欧諸国があるドイツ人などがロシアに過剰な期待を抱く一方、
中東欧諸国の人々はプラグマティックにロシアを捉えてる。
ドイツ人とは違って、ロシアが国家として約束を守るとか国際社会で責任ある行動をとるとか、
そんなこと中東欧諸国の人々は一切期待していない。

この点で中東欧の人々の見方は正しいと思う。
ロシアは国家としては、自分中心の損得の駆け引きでしか行動しない。
たった一つの例外はソ連時代のゴルバチョフ政権。
外国では人気のあるゴルバチョフがロシア人のあらゆる階層から裏切り者扱いされているのは、
国際社会での責任ある立場を貫いて一方的な譲歩を続けたからだ。

297 :267:2006/12/08(金) 15:54:20 ID:OMmvp/s1
>>296

それでアメリカが新鮮に映るのだろう。いろいろ我侭だがこちらが
義務を果たすか、文書にして「契約」をすればやることはやる、ホンネは
言われれば教えてくれると西欧の連中にはない感覚もあるので余計。現状で
は東欧中欧の連中はロシアに期待してないのと同じくらいドイツや西欧に
も期待していない。


>ロシアは国家としては、自分中心の損得の駆け引きでしか行動しない。

それはどこの国も同じで国際政治の基本だが、ロシアが飛びぬけてそれが
目立つといったほうがいいかと。ロシアの国家的性格は「熊」だと誰かが言ってたな。熊の
行動パターンがぴったり当てはまるそうで。

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 16:01:16 ID:8WYONvKT
ttp://online.wsj.com/article/SB116553087519343919.html?mod=opinion_main_europe_asia
WSJ(欧州版、社説):欧州経済は、活きてる! (要旨)


欧州経済について言えば、復活が、本物になってきたのだ。

ECBは昨日、欧州のユーロ地域の成長が2.5%-2.9%になると述べていて、
欧州大陸の標準から言えば、これは画期的な成長である。来年の欧州の
成長はいくらか穏やかになって1.7%-2.9%であろうという。このために、
当初はためらっていたフランクフルト銀行も金利を0.5%上げて3.5%とした。

欧州の経済成長は、最近のユーロ高の理由のひとつでもある。
それは、今のところ欧州の輸出競争力を弱めるまでには至っていない。

グローバリゼーションの流れや、2004年の出発したEUの10ヶ国の拡張が
企業のリストラを促進し競争力を高めるように動いている。企業は従業員数や
人件費を減らし、組合との条件交渉を行い、外国のサプライアーや労働力を
利用し始めている。ドイツの企業が、これらのミニ革命の先頭に立っている。
ドイツは欧州最大の経済であるから、ドイツの動きは欧州全体に波及する。

アメリカの労働生産性の成長率は欧州に比べると殆ど倍の値であるのだが、
このギャップでさえ縮まる動きが見られる。労働者の賃金を抑えることだけで
生産性を高めることが出来るわけではなくて、アメリカの場合はテクノロジー
の導入による効率改善の効果が大きい。欧州もITへの大規模な投資をしていて、
アメリカとの生産性ギャップを縮小しつつある。

幾つかの政府は経済の自由度の拡大策を取っていて、それらの政策も
積み重なれば大きな効果を発揮する。

フランスの場合ヴィレピン首相が昨年、小企業の従業員の解雇の規制を緩めた。
2003年と2004年に政府は低賃金労働者と長期失業者への所得税を減税している。
これらの政策は失業率の低下を生んでいる。

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 16:03:00 ID:8WYONvKT

ドイツの場合、シュレーダー首相時代に所得税と社会保障の切りつめが
行なわれており、季節調整済みの失業率は2005年の春に、12.1%から10.2%に
まで低下した。来年には失業率が10%を下回ることが期待されている。
今年30万人のコア労働者(所得税の支払い対象者)が生まれており、失業者は
政府の支援する低賃金の一時的、あるいはパートの仕事につくようになっている。

ドイツの労働雇用法規は依然として厳しくて自由度の少ないものなのだが、
新たに雇用されたコア労働者の40%は(人材派遣)エージェンシー企業に
よるもので、それらは雇用者との長期労働契約を結び、標準賃金と社会保障を
与えながら人材を必要とする企業に貸し出しているので、企業側がドイツの
厳しい従業員解雇の制限を気に病む必要が無い。
ドイツ人には融通が利かないとか言っていた人は誰だ?

このドイツの成功は欧州の労働市場の規制について示唆的であって、
欧州は更に自由化が必要なのだが、政治家がそれを飲み下すだけの実力が
ないのである。税金政策で言えば西部欧州は、東部欧州諸国のフラットな
税制の影響を受ける。ユーロゾーンの競争力を高めるためには所得税や
法人税の減税や簡素化が必要である。おなじことはエネルギー市場の自由化、
年金と健康保険システムの改革、規制緩和とR&Dの推進についてもいえる。

ドイツのメルケル首相は2008年に法人税を39%から29.8%にするといっているが
同時に個人向けキャピタルゲイン課税を一律26%にするという。来年には大きな
増税があって付加価値税が3%上昇して19%になる。これは個人消費を低下せしめ、
成長率を低下させるだろう。

欧州の現状の経済的リバウンドが、所得税減税や社会福祉の切りつめの後に
起こっている事をいうと欧州では不適切とされるようだが、証拠の示すように
自由市場は雇用を増やすのであり、繁栄をもたらすのである。改革の旗を掲げる
政治家もいるわけで、それの代替というのは欧州にはおなじみの経済的昏睡なのである。

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 16:11:25 ID:QXDLyJ9c
>>298-299
インテリがなぜ「自由」とか「民主主義」を
求めるのかがわからない。彼らにとって経済改革とか市場経済というのは
労働条件の悪化、公共料金の引き上げ、治安の悪化、少数の成金の台頭
でしかなく、そのメリットは全然わからない。


301 :267:2006/12/08(金) 16:29:59 ID:usHtMFsj
>>300

フランスやドイツの体制のマズさ、欧州社民主義の惨状を目の当たりに
してるから。現状みたいに市場経済を統制したとしても失業は生まれるし、治
安は悪化してる。高齢化による社会保険費の増大も避けられず公共料金
の値上げも始まってる。

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 16:53:52 ID:49aHFOeL
>>300
欧州経済の新たな機関車がポーランドやチェコをはじめとする中東欧に取って代わったのが大きい
ドイツは今年の経済は堅調だったけど、来年は付加価値税の上昇もあり内需は不透明
フランスはエアバスの不調に象徴されるように、先行きが不透明
古い体質のままではEU内の発言力も弱まり、今までのような主導権が失われかねない状態にある

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 16:57:28 ID:hPe0FozD
>>302
古い欧州と新しい欧州がはっきりと分かれてきたよな。

エアバスの影響の波はドイツも少なからずかぶる。

304 :267:2006/12/08(金) 17:19:37 ID:usHtMFsj
>>303

ラムズフェルドの発言は「鉄のカーテン」に匹敵する名言。鉄のカーテン
という表現では硬いから言い換えたんだろうがな。それにしてはアメリカ人らしい
シンプルで率直な表現w西欧の連中がこれにファビョってのは滑稽だった

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 17:30:34 ID:vC1a4Qu7
「古い欧州」てのはラムズに騙されてイラク侵略に従わなかったというだけだろ。
そのラムズも早くも2年後には自虐ネタにしてるじゃねーか。

「オールド(古い)・ラムズフェルドです。再びここに立てて光栄だ」――。
ラムズフェルド米国防長官は12日、ドイツでの安保政策会議に出席、2年前に
イラク戦争に反対した独仏の批判で使った「古い欧州」をもじって自己紹介して
会場の笑いを誘った。「われわれには共通の敵がいる」とも強調、イラク問題での
摩擦を乗り越え米欧がテロ阻止に結束するよう訴えた。
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20050212AT2M1201112022005.html


306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 18:01:57 ID:hPe0FozD
>>305
その言葉の生まれた背景は確かにそうかもしれないが、
現在別の形で使われる分においては、
とっても適切な言葉であると思われる。

307 :267:2006/12/08(金) 18:33:33 ID:DGN4yemk
>>305

それだけなら西欧の連中が過剰にファビョることはないな。品の
無い言葉とビナインネグレクトでも決め込めばいいものを官民こぞって
反応してるだけ痛いところを突いてるんだよ。

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 19:10:06 ID:iC73bpup
>>297
>それはどこの国も同じで国際政治の基本だが、ロシアが飛びぬけてそれが
>目立つといったほうがいいかと。

うーん、国益を考える場合にも
目先の利益を考える近視眼的なのと、
長期的な利益を考える大局的なのがあって、
ロシアの自国利益追求の態度は完全に前者だと思う。
他の国では後者の要素もあるが、ロシアでは考えられない。
現在EUや日本、あるいはウクライナなどの旧ソ連諸国がエネルギーのことでロシアと揉めてるのは
まさにここから来るもの。

309 :267:2006/12/08(金) 19:54:06 ID:DGN4yemk
>>308

オイルショックの時の産油国を彷彿とさせる今のロシアは。あの
エネルギー止めの件でEUに原発を建設・増設する大義名分を作ったような
もんだ。エネルギーの高騰は原発の推進や省エネというエネルギー価
格の暴落を招くというのを中東の産油国は知ってるから必死に増産してる
のにロシアは歴史に学ばないのだろうか?


310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 19:58:38 ID:vC1a4Qu7
ロシアは産出量は多いけど埋蔵量はアラブにかなわないし
枯渇したならしたで他の産業で食っていける自信があるんだろ。
原子炉も輸出してるし。
別に先進国に売るだけが商売じゃないんで。

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 20:03:37 ID:rK0TYfXO
私は現在は預言者でブリがリバイアサンだと思います。
太陽を取り戻す存在で地球上のエネルギーの代弁者という役目を今はおっているのだろうと思います。
それ以外此れほど真実を語って殺せない存在が在りますか。
世紀の詩人ノストラダムスの大予言で語られている、聖獣はブリだと思います。ブリに集合意志が乗るのです。
此れが広く欧米に同意を得たので府中と小金井の創価学会員、朝鮮人、華僑、メイソン工作員は惨殺処刑されます。其の後建物の倒壊を始めます。


312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 20:21:42 ID:GBpKM1NY
>>310
ロシアにいる資本家はどうなんだろ。
でもロシア人って言語習得力が高く、数学者も優秀な人多いから何とかなっちゃうかな?


313 :267:2006/12/08(金) 20:22:12 ID:DGN4yemk
>>310

エネルギー輸出は国家歳入の稼ぎ頭じゃん。武器市場も活発だけど売れて
るのは中国とインドの2大市場で、しかもインドには欧米の兵器もぞくぞくと
売り込みも入ってきてるので長期展望があるとはいえない。原子炉も米製ある
いは仏製がスタンダード化しつつあるのでこれまた長期には安定しない。


314 :267:2006/12/08(金) 20:25:18 ID:DGN4yemk
>>312

丁度、飛躍するか没落するかの分かれ目。
崩壊当時に出てきた「商人」が「ビジネスマン」に転化できるか、
時代についていけず商人レベルのままで没落するか。

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 20:38:14 ID:iC73bpup
>>314
オリガルヒはプーチンとその後釜の右翼政権でみんな完全に御用商人になると思う。
恐いのはそういうのがシステム上ファシズムと何が違うのか分からない点。
違う点はファシズムが世界恐慌を契機に強くなった一方、現在のロシアは景気がいいこと。

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 20:41:09 ID:hPe0FozD
プーチン→KGB出身
で、穏健派の対極

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 20:41:28 ID:vC1a4Qu7
>>313
こんなのもあるよ
ロシア インドネシアへの影響力拡張
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061206-00000012-fsi-bus_all
ロシア、ベネズエラと武器供与で協定調印 (リンク切れ、以下同)
http://www.sankei.co.jp/news/060727/kok105.htm
ロシアとブラジル 相互技術移転で拠点
http://www.business-i.jp/news/world-page/news/200602250001a.nwc
ロシア製戦闘機が東南アジアの空を支配? タイ政府も購入に合意
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1571965/detail


318 :292=293:2006/12/08(金) 20:55:42 ID:iqNvu344
『中央公論』1月号 「もうユーラシアで躓かないために」 河東哲夫

ゼロサム社会は経済規模が小さいために、利権を特権階級に牛耳られやすい。
彼らはクラン(閥)を形成しては仲間内で利益を分け合い、国民の大半を放置する。
プラスサムの諸国が彼らに市場経済や民主主義や法治国家の良さをいくら説いても、
ゼロサム社会の特権階級は聞き流すだけだ。自分たちの利権にチャレンジする
競争相手をなぜ作らなければならないのか、成金が政党を作って大統領候補に
のし上がり自分たちの権力を危うくするのを、なぜ指をくわえて眺めていなければ
ならないのか、彼らには全くわからないからだ。国民自体、社会全体の利益と
いう概念がないからである。
「市場経済」を実現するため、たとえ無理して民営化を進めようとしても、
国営企業を買収できるほどの資力、そして経営能力を持った者は国内にほとんど
いない。欧米が資金を出して「野党」なるものを作ってみても、そこに集まる
者たちは国民の福祉より自分自身が特権階級の仲間入りをすることにかまけがちだ。

319 :292=293:2006/12/08(金) 21:07:17 ID:iqNvu344
ゼロサム社会の富を差配する者たちのモラルは、合理性と透明性を重んずる
欧米のものとは正反対だ。彼らは奪い合い、ルール無視、コネと、なあなあの
原則、透明性の欠如と恣意性という世界に住んでいる。彼らの多くにとって
公務とは、国民の生活向上のために働くことではなく、自分の属するクランや
自分自身の致富のための手段である。このような社会においては、西側の企業が
「コンプライアンス」を貫くことは不可能であり、生き残りのためには「うまく
立ち回る」ことが必要になってくる。

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 21:07:48 ID:vC1a4Qu7
胡錦涛:キプロス大統領と会談、インフラ建設で協力
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2006&d=1208&f=politics_1208_004.shtml

 胡錦涛・国家主席は7日、北京市内の人民大会堂でキプロスのタソス・パパドプ
ロスキ大統領と会談、貿易促進とインフラ建設の協力などで合意した。中国はキプ
ロスの特産品輸入を促進し、キプロスの港湾、エネルギー、通信などのインフラ建
設、海運で中国との協力を緊密化する。また、中国はキプロス問題の解決に向け、
国連の議決に基づき積極的な役割を果たす意向を示した。

しょうがねえなキプロス

321 :267:2006/12/08(金) 21:11:13 ID:DGN4yemk
>>317

ロシアや中国の兵器市場規模に比べたらその代わりになるには
小さすぎる。ベネズエラは石油が値崩れすれば今の契約を履行で
きるかも分からなくなる

322 :267:2006/12/08(金) 21:23:51 ID:DGN4yemk
>>315

オリガルヒは政商化してしまうのか。スポンサーである政権が崩壊したら
それらもオワリということだな。尾形光琳の実家が東福門院が死んで没落
したように。今のロシアの政権が崩壊するかな?エネルギー価格が下がって
歳入に影響が出たらそうなるかもだが、それは今の石油化学施設や製油所の建
設ラッシュが済んでからになりそうだし。

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 21:41:45 ID:nDfBJXNn
>>318-319
ロシア社会がそのゼロサム社会ということ?
書いてある内容はロシア社会に当てはまるからロシア社会についてのようだけど、
いまのロシア社会はゼロサム社会ではないと思うけど?

324 :318=319:2006/12/08(金) 21:45:33 ID:iqNvu344
この人は、
「ロシアの国家歳入の70%以上は今でもエネルギー関連で、工業生産を
ベースとしたプラスサムの社会を築くには至っていない」
と書いている。


325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 21:54:53 ID:nDfBJXNn
>>324
その人は、富の再分配がうまくいってる社会をプラスサム社会、
いってない社会をゼロサム社会といいたいのかな?
ゼロサムってのはウィナー利潤の総量とルーザーの損失の総量が等しい社会のことだと思ってるから、
なんかその人の用語の使い方に違和感をおぼえる。

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 22:04:55 ID:vC1a4Qu7
すべての国が同じ筋道で工業化しなきゃいけないってもんでもないじゃん。
鉱業のあるうちは鉱業でいいし、そこからサービスとか金融でもいい。
実際はロシアの工業も水準高いと思うが。

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 22:09:45 ID:nDfBJXNn
>>326
>鉱業のあるうちは鉱業でいいし、そこからサービスとか金融でもいい。

まあ、オーストラリア経済がそんなののモデルだからね。

328 :318=319:2006/12/08(金) 22:25:39 ID:iqNvu344
『中央公論』1月号 「もうユーラシアで躓かないために」 河東哲夫

日本は経済発展史上、非常に幸運な国で、耕作者の農地所有権が長年に
わたって確立し、仲間を奴隷として扱うことも少なかった…そして、
「産業革命を経ているかどうか」ということが、国や民族のメンタリティーを
大きく決定することになる。産業革命が富を自力で作り出すことのできる
プラスサム(plus sum)の社会を生み出したのに対して(市場を奪い合う必要は
あったが)、産業革命以前の社会では自分が豊かになるためには他者から
富を奪うしか手段はない。ゼロサム(zero sum)の社会なのだ。
(中略)
ロシア自身は、1860年になって、ようやくシベリアの出口、ウラジオストクを
領有した植民地主義国だが、国内の歴史的事情で、まだゼロサムの価値観が
支配的な国だ。

329 :318=319:2006/12/08(金) 22:26:11 ID:iqNvu344
17世紀に領主が農民を土地に縛りつけ逃散を防いだことが農奴制となり、
それが19世紀半ばまで続いたことは、エリートと大衆があたかも別の人種で
あるかのような亀裂を今に至るまで引きずらせることになった。そして
農奴は自分の耕地を所有せず、村として占有する耕地を各戸に定期的に
割当て替えする集団所有制「ミール」に数百年もなじまされ、それは1917年の
ロシア革命後、労働者が企業から経営者を追い出し、すべて「国有化」を
宣言する異常な動きへとつながった。
こうして国家は経済の全てを運営させられる羽目となった(レーニンは
そこまでは望んでいなかった!)。

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 22:42:54 ID:nDfBJXNn
>>328-329
うん、ソ連成立までの歴史的経緯はわかったけど、それでいまのロシアでどうゼロサムの価値観が支配的なの?

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 00:04:23 ID:GHFmtWMB
チェコの汚職はロシアやポーランドよりもひどい
http://www.praguemonitor.com/ctk/?story_id=w47506i20061208;story=TI-Corruption-in-Czech-Republic-worse-than-in-Russia-Poland

ブリュッセル/プラハ(12月7日)‐国際的な世論調査機関ギャラップの傘下にある
トランスペアレンシー・インターナショナル(Transparency International、TI)によると、
チェコの汚職は他のEU諸国よりずっとひどく、インド、パキスタン、フィリピンよりもひどいことがわかった。

今回の結果によると、チェコ人やその家族の17パーセントが、過去12ヶ月以内に賄賂を贈ったと答えた。
ポーランドでは5パーセント、ロシアでは8パーセントだった。
EU平均では2パーセントで、南米の平均は17パーセント、アジアの平均は7パーセントだった。
フィリピン(16パーセント)、パキスタン(15パーセント)、インド(12パーセント)、タイ(10パーセント)は、
チェコよりも低かった。


332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 00:05:20 ID:GHFmtWMB
今回の調査では、政府が汚職対策に効果的政策を採っていないと答えたチェコ人は40パーセントにのぼった。
21パーセントは、チェコ政府が賄賂を助長していると考えている。

チェコTI所長のアドリアーナ・クルナコワは、
「チェコ共和国での調査結果は、政府の汚職対策に対する不満が長く続いていることを示している。
40パーセントが政府の汚職対策に希望を持っていないという結果は世界最悪である」と述べた。

調査によると、チェコの回答者は、警察と政党が最も腐敗していると答えた。

イヴァン・ランゲル内務相(市民民主党、ODS)は、
「10月に汚職対策の計画を政府は承認している。これは汚職を防止、摘発、処罰するものである。」と述べた。
市民民主党の草案では、汚職対策を内閣の最重要課題としている。



333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 00:05:57 ID:GHFmtWMB
市民民主党は、社会に広くはびこっている汚職の原因は、非効率で不透明な市民サービス、
利益衝突の頻発、法律の不十分な実施状況、効果的な汚職対策の欠如としている。

汚職グローバル・バロメーター(The Global Barometer of Corruption)とは、
回答者が直接経験した汚職に関する世論調査である。
今年の調査は4回目で、62カ国で6万人の人が対象となった。


334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 00:23:08 ID:BzIypXz6
旧共産圏には大なり小なり汚職の痕跡は残っている
ルーマニアが来年1月にEU加盟を果たすけど、国内ではいまだチャウシェスク
時代の記憶が残り、官憲天下が続いているそうだ
EUに加盟しても言論の自由が保障されるかどうか、市民は半信半疑らしい

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 00:25:12 ID:GHFmtWMB
>>334
旧共産圏のうちで優等生と思っていたチェコがあのロシアより酷かったのに驚いてさぁ

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 00:26:17 ID:GHFmtWMB
それにフィリピンより酷いなんて、末期的じゃん

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 00:47:42 ID:BzIypXz6
トランスペアレンシー・インターナショナルの調査
http://www.ti-j.org/corrupt/06/GCB2006_Japan.htm
ギリシャも17%だね

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 01:00:11 ID:GHFmtWMB
>>337
ルクセンブルクが意外に高いんだよな
チェコ・ギリシャ・ルーマニアが最悪グループ
アルバニアはもうこりゃ論外で人間の住む国じゃネェ

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 01:01:52 ID:1a3xFxuR
チェコ:政府の不在も悪くない
ttp://www.janjan.jp/world/0611/0611245264/1.php
右派勝利の背景には選挙民の無関心と政治不信があった。チェコは元共産国の
中で最も政治に無関心な国となっている。「Transparency International」の
最近のレポートによると、チェコ共和国は、EUの中で最も腐敗した国という。
党リーダーにまで及ぶ汚職、秘密警察を使っての政治闘争、個人的中傷や暴力
による審議の混乱など、チェコ政治に対する批判は多い。
プラハのビジネスマン、ジルカさんは、余りの混乱、共産党員の糾弾あるいは
彼らとの馴れ合いで、既に政治への関心を失っている。投票を拒否する労働者
Vaclavさんも、「政治を考えると気分が悪くなる。右派も左派も皆、腐った
嘘つきだ」と語っている。

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 01:16:12 ID:1a3xFxuR
冷戦時代のスパイ小説には「有能なチェコ人のスパイ」というのが出てきて、
協力関係にあるKGBよりも優秀という設定のものがあったりしたんだけど、
チェコの諜報機関のSDBって本当にそんなに優秀だったの?

東独のシュタージについては本も何冊か出てるけど、その他の旧東側諸国の
諜報機関は情報が少ない・・・

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 01:16:49 ID:GHFmtWMB
いままでEUの中で最も腐敗した国ってのはポーランドやリトアニアか、
あるいはスペインあたりだろうと勝手な偏見持ってた俺には、
チェコがこんなに深刻とはかなりショックだった。ギリシャは思ったとおりだったがw

ポーランド・リトアニア・スペインごめん悪かった。勉強になった。

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 12:48:28 ID:rsXThHyp
>>337

この統計には中国のやつはないのか?それともあまりに数が多くて
測定不能とかwそれにしても国連の定めたという「国際腐敗防止の日」
って強烈なブラックユーモアかと思うよ。国連のためにある言葉でない?
石油不正事件とかアメリカに弱みを握られて完全にアメリカの下請化した
国連についてはこのインターナショナルは追及しないのか?これではアメリ
カの人権侵害は非難すれど北朝鮮や中国の人権侵害を非難せず「政治
組織」とアメリカで非難されたのと同じレベルになりそうだが。中国の分
は見落としかもしれんが。

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 13:01:19 ID:jLkOyNSr
調査についてもどの程度信憑性があるかも微妙なところ
教師への付け届けの多い韓国が3%というのも怪しい
日本の3%にはお中元やお歳暮が含まれているんじゃないかな?

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 13:25:48 ID:TcBOXlUg
>>342
TIはNPOだから当然中国では活動が制限されるだろ。調査したって何の参考にもならないよ。

>>343
韓国人は付け届け程度は賄賂とは考えていないんじゃないか。
また、日本ではお中元やお歳暮は賄賂とは考えていないだろ。多いのは談合とかそういうのだろ。

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 13:45:05 ID:jLkOyNSr
>>344
「過去一年間に賄賂を支払った経験がある人」の聞き取り調査だから、談合
は関係ないと思う
アンケートに答えた人の主観が多分に影響するんだろうね
例えば私立学校への寄付金も、出した人にとっては「賄賂」だと思うかもしれない
いずれにしてもアジアは少なくアフリカ、南米は多いと言う傾向はよくわかる
そんな中、EUの中でも特に外資の新たな拠点となっているチェコが収賄にこんなに
いい加減である、と言うのはとても気になることだ
チェコに生産拠点を置く日系企業はとても多いからね
この調査には中国が含まれていないけど、中国の賄賂体質は現地の外資を大いに悩ませている

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 13:56:17 ID:TcBOXlUg
>>345
>「過去一年間に賄賂を支払った経験がある人」の聞き取り調査だから、談合
>は関係ないと思う

何でよ?談合の見返りに金品を収受するのは普通にあるだろ。何で関係ないんだよ?

>例えば私立学校への寄付金も、出した人にとっては「賄賂」だと思うかもしれない

それはない。詳しくはTIのHPにある調査手法を参照。

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 14:26:17 ID:+Hi8bk/s
談合には役人が賄賂をもらって絡むのが常識だし、官製談合なら政治家を含めてなおさらのこと。

また、チェコで贈収賄が頻発してるのは経済面の規制や、犯罪の恣意的な摘発が多いからだろう。
要するに、「賄賂は社会の潤滑油」。中国と同じ。

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 14:27:32 ID:1a3xFxuR
ttp://www.janjan.jp/world/0612/0612086094/1.php
東欧:EUはパラダイスではない
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20061209k0000e030064000c.html
仏スーパー:18歳未満入店禁止 暴行・万引き絶えず
ttp://www.sankei.co.jp/kokusai/europe/061209/erp061209001.htm
ソ連崩壊から15年 募る郷愁 欧米と溝
ttp://mijikaku.blog67.fc2.com/blog-entry-231.html
ロシア:愛国主義の光と影 その1・・ネオナチの急増
ttp://mijikaku.blog67.fc2.com/blog-entry-232.html
ロシア:愛国主義の光と影 その2・・プーチン政権の紅衛兵「ナーシ」


349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 00:25:05 ID:wRZk9xYO
バルト三国、独立15年 未来かけ、米と緊密化
http://www.sankei.co.jp/kokusai/europe/061209/erp061209002.htm


350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 02:07:26 ID:DWOqF63V
>>349
往々にして東欧諸国は親米に傾かざるを得ないな
仏独ではロシアとのパワーバランスが取りきれないから、英米に傾倒する
アメリカはEUに楔を入れることに成功したわけだが、この期待を裏切ると反動が来る
自分の庭を荒らされている仏独はどう対処するかな?

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 02:12:50 ID:0VqNIcX+
>>350
>仏独ではロシアとのパワーバランスが取りきれないから
というより、はなから信用も期待もしてない。
何度そのために国を失ったり、見捨てられてロシアに身売りさせられたことか
信用しろというほうが無理

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 02:27:30 ID:DWOqF63V
>>351
その通りなんだけど、現状東欧の経済成長は著しいとはいえ、養っているのは
仏独はじめとする西欧諸国なわけで、特に反米感情の高いフランスは歯噛みする
ような気持ちでアメリカの東欧接近を見ているだろうから、何某かの動きを
するんじゃないかな、と思って見ているんだよ。
ドイツは親露政策を続けてきたから、そこに危うさを感じる。

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 02:45:47 ID:0VqNIcX+
>>352
特に、ポーランドなどは恐怖心で気が気じゃなかろう
まあ今回は、まだロシアとの間にウクライナがいるとはいえ、
それでも過去の歴史・経験のことがある。
前面にアル中の熊、背後にそいつと手を組んだデブ鷲じゃなあ

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 03:43:20 ID:wRZk9xYO
<仏スーパー>18歳未満入店禁止 暴行・万引き絶えず
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061209-00000059-mai-int

 【パリ福井聡】移民系若者たちの暴力事件が絶えないパリ北東部郊外にある大手
スーパー「カルフール」の2店が、「18歳未満の未成年者は大人同伴でなければ
入店お断り」の独自規制に踏み切った。未成年者による客や店員への暴行や万引き
が絶えないためという。周辺の店にも同調する動きがある。

 ただカルフール本社(パリ)は「支店レベルで実施に踏み切ったことであり、撤
回を望む」と説明。人権団体の反発などに配慮しているとみられる。

 パリ周辺などフランス都市部の郊外では昨秋、移民系若者が日常の不満などを爆
発させる形で大規模暴動を起こした。今年は大規模には発展していないが、日常的
な衝突や暴力は頻発している。

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 04:36:30 ID:b/zLvOJo
>>351
しかし第二次大戦は独のポーランド侵攻で始まった訳だから皮肉なもんだな。
仏英も、ポーランドのために開戦したことは後悔してるんだろうか。
まぁポーランド側からすれば、結局仏英はポーランド救援できなかったんだから
恩義を感じる筋もないのかな。

>>352
ユーゴ紛争の有様見れば、東欧諸国は仏独英蘭には全く期待できないだろうね。
ソ連崩壊にドイツ統一で盛り上がっていた EU だったのに、政治的にも軍事的にも
紛争停止に全く貢献できなくて米に泣きついちゃったからなぁ。米の国際的な威信
もイラク戦争でズタボロだが、イランの核問題がこのままうやむやになったら、
EU の政治力も地に落ちるような。どーなるんだろう、この先。

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 07:12:38 ID:Nwlki/VT
>>351
日本がASEAN諸国に対して、はなから信用も期待もしてないのに通じるものが
あるな。第二次世界大戦で、タイなんぞは日本の同盟国だったにもかかわらず
(以下ry

>>352
独仏露が反アングロサクソン、反東欧という共通項で結びつく可能性はあるだろうか?
第一次世界大戦後、ドイツとソ連は領土を大幅に削り取られ、東欧に数多くの
独立国家が出現した状況に不満を抱いていて、それが独ソの接近につながった。

>>355
日本は湾岸戦争のときに何もできなかったことで、このままではいかんと危機感を
抱いたが、EUはそういう危機感を抱くことがなかったのか、それとも抱いて
いても何もできなかったのか…

ジャン・モネなど戦後ヨーロッパの和解に貢献した人びとがよく賞賛されるが、
そもそもアメリカ軍がヨーロッパに駐留していなければ、仏独和解が実現した
かは疑問だと思われ。でもヨーロッパ人のほとんどはそうは考えず、「新しい
秩序」が可能になったのはヨーロッパ人の性質が変わったからだと錯覚してしまった。
現代世界では地政学とかパワー・ポリティックスは無意味になったと考えるようになった。
EUが軍事的にも政治的にも力を失い、その上経済的にも落ち目になれば、
現在のアラブ諸国のような混迷状態に陥る可能性もあると思う。

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 07:54:13 ID:0VqNIcX+
>>356
>日本がASEAN諸国に対して、はなから信用も期待もしてないのに通じる
まだ日本にとってのASEANのほうが遥かにましだわさ
過去において、まだ一度たりとも直接日本本土まで攻め込んできたことなどないのだから。

欧州諸国にとっては、東欧で何が起ころうが所詮は他家の火事、本音を言えば関わりたくもないって所だろう。
自分の家に延焼し始めてようやくあわてて火消しに乗り出す、それも放水消火というよりはハンマーもって火元の打ちこわし。
なるべくなら関わりたくはないくせに、アメリカになびけば糞面白くない。
だから東欧諸国の信用など得られないし、腹のそこでは軽蔑されている。
でも常に対ロシアのことがあるから、一応は表面的な体面は欧州諸国に対し保っているだけ。
いつまた裏切られるかと警戒しながらね。

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 11:58:38 ID:DWOqF63V
>>353
ポーランドがEUの閣僚理事会の持ち票に執拗にこだわったのも、仏独が
力を持ちすぎることを警戒したためだね。
結局EU人口比の60%という二重措置という採決が通ったけど、ポーランドは
ドイツの発言力が高いのを今でも不満に思っている。

>>355
ユーゴ扮装は西欧諸国の軍事的政治的限界を露呈した格好になったから、東欧
諸国は西欧とくにドイツは信頼に値しないと見ているだろうね。
一朝ことがあっても無視を決め込む可能性が高い。
最近欧州軍という概念が出てきているけど、東欧の人々はどんな目で見ているのだろうか?

>>356
西欧諸国は東欧諸国を経済植民地的に見ているフシがある。
今は経済も順調に成長して、欧州の新しい機関車になろうとしているから
表向き笑顔で接しているけど、ホンネは違うところにあるように見える。
EUの3%基準を満たせなかった時の仏独の態度を見たらわかる。
彼らはEUの総領としての度量も責任感も低い。

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 13:15:46 ID:a/caIOrg
>>358
ポーランドとチェコが意図的に3%ルールを破っているのは明らか。
国内はユーロ導入を拒否する論調が強いのに、
EUに加盟したときに経済的条件が整い次第自動的にユーロを導入する条約を結んでいる。
この2国はユーロを導入するメリットと独自通貨を維持するメリットを天秤にかけて議論している。
そのため、とりあえずユーロ導入を回避するには、財政規模を拡大して意図的に3%ルールを破るしかない。
この2国はユーロ導入の時期目標を自ら撤廃してしまった。
さらにポーランドは2010年にユーロを導入するかどうかの国民投票をするとも言っている。ユーロ懐疑派の最右翼。

バルト三国やスロベニアはユーロ導入に積極的。
これらの国は経済規模が小さすぎて、独自通貨を維持するとリスクが大きいから当然といえば当然。

一方、ハンガリーが3%ルールを守れないのは、財政が本当に危機的状況にあるからのようで、ちょっとヤバい。

経済規模が小さいのにユーロ導入に消極的なスロバキアが何を考えてるのかよく分からん。

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 13:35:27 ID:a/caIOrg
>>350
それぞれが主権国家である中東欧を本当に庭と考えているとしたら、
仏独は自らの傲慢によって必ず痛い目にあう。
実際に今回、ロシアとEUとの包括協議に対しポーランドが拒否権を行使してドイツは痛い目にあっている。
ポーランドは表向き、ロシアがポーランドからの食肉の禁輸措置をとったことを理由としているが、
本当は、ロシアが国際エネルギー憲章に署名しておきながら批准していないことに対して警戒している。
一方で、ドイツとイタリアがロシアと二国間でエネルギー協定を結んでしまっている。
ポーランドは、この独伊の抜け駆けを許さないよう、EUや国際社会を巻き込む戦略を一国で実行したことになる。
このポーランドの行動に対しEUではリトアニア・フィンランド、非EUではノルウェーが支持した。
今週、ヴァイマール三国連合(仏独波)首脳会談が行われたが、ポーランドの行動が功を奏し、
仏独は今後ロシアとのエネルギー協議にはポーランドを含むEU全体の利益を優先する宣言を行った。
ドイツがもしこれを破って抜け駆けをすれば、自動的にEU内で孤立することになる。

>>355
英仏はポーランドとの条約に則ってドイツに宣戦布告したが、実際の開戦をしたのはドイツ。
ドイツによるポーランド侵攻後、英仏はドイツに対して軍事行動をとらなかった。これはThe Phony War(偽の戦争)と呼ばれる。
後悔するも何も、その後ドイツが英仏に攻めてきたのだから仕方がない。

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 15:15:29 ID:ElLVrndN
欧州嫌いをやっている場合だろうか。そして仏独もなんとかしようとしないのだろうか。
仏独もろくでもないけど、ロシアはもっとろくでもないと思うのは気のせいか?


362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 15:23:11 ID:54vSZbxl
>>360
米がイラク戦争で自爆してから、アジア情勢も欧州情勢も 100年前に
戻っちゃった感じだね。

ジャーナリストや亡命スパイの暗殺で最近ロシアがソ連化してきたとは
マスコミでも取り上げられるけど、EU 内対立もなかなか痛いものがあるね。
実はアジアは北朝鮮を除けば、まだマシなのかもしれんな。

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 15:23:36 ID:MCVwBSUv
>>358

アメリカ人が、イラク戦争に独仏が執拗に反対したのはユーゴ紛争が原因
という見方は合ってるのかも。あれで中心になったのはアメリカで軍事を等閑
にした独仏はミロシェビッチに足元を見られて何もできなかった。その屈辱感
がまた我々が恥をかくと、反対に向かわせたのだろうと。でも、東欧や中欧諸国
がアメリカに同調した上に、独仏にアメリカに遠慮なく東欧と中欧を取り込み始め
たものだから結局、大恥をかくことになったがw

>最近欧州軍という概念が出てきているけど、東欧の人々はどんな目で見ているのだろうか?

イラク戦争の影響で予算がなかなか付かなかった軍事分野に予算がついたりと、
欧州軍を意識し始めた改革が独仏で始まってるけど、輸送機やガリレオにしろまだ
まだ実用化は先。

>>360

最近はいままで中立だった左派色の強そうな北欧も英米に傾斜したり東欧の
肩を持つの傾向が強い。さすがにEUでの独仏の傲慢ぶりには我慢できんみたいだ。
スペインもダメもとでイラク撤退と言ってた左派が予想外の事で政権取るものだから、
仕方なく独仏についてまた対米関係修復の機会を狙ってる感じがする。イタリアも2流
国扱いされる反発からか左派政権も独仏を尻目に経済改革に乗り出したりと、欧州では左派政
権であっても必ずしも独仏に同調していないというのは注目すべきことかと。

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 15:44:27 ID:a/caIOrg
中東欧といえば、そういえば先週、ポーランド首相がリトアニアへ行って、
リトアニアとポーランドの電力システムを全面接続する契約をしてきた。
さらに、リトアニアに建設する原発の計画に、ポーランドが参加して、
電力供給を受けることも決めてきた。
これでポーランドは西欧やポーランドからの電力をバルト三国へ、
バルト三国からの電力をポーランドや西欧へ送ることができるようになり、
エネルギー問題におけるリスクヘッジができるようになった。
しかも原発はリトアニアに作るから、万が一チェルノブイリのような事故が起きても、
風向きの関係からポーランドには被害が及ぶ危険性が低い。
と、いいながらも、ウェスチングハウス(東芝)や日立やGEらと国内に最新式の原発を作るための予備交渉をしているといわれる。
また、ガス問題では国内に豊富に産出する石炭のガス化(液化石炭ガス)プラントを建設中で、
その一方で、ロシアに対しガス供給でEUや国際社会を巻き込んでタフな交渉をしている。
なんだかポーランドという国は、うまく時間稼ぎをしながら国家の長期戦略を着々としたたかに実行している感じがする。

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 15:50:40 ID:a/caIOrg
そういえばまだあった。
ポーランドの大企業でオルレン(PKN ORLEN)という準メジャー級の石油会社があるが、
これがリトアニア国内の精製所を全部買い取る契約をした。
オルレンは西はドイツから東はリトアニア、南はチェコやスロバキアで事業をしていて、
さらに周辺諸国へ展開していくことが考えられる。
これだけ投資していながら、今年は過去最高益を出すといわれている。
この会社の株買おうかな。もっと早くこの会社のこと知っていれば迷わず買ったな。

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 16:02:57 ID:Nwlki/VT
>>358
>欧州軍

戦後、EDC(ヨーロッパ防衛共同体)という構想があったが、結局実現しなかった。

>>360
>ドイツがもしこれを破って抜け駆けをすれば、自動的にEU内で孤立することになる。

ドイツがロシアと結びつく=ヨーロッパに対する裏切りと取られそう。スレとは
直接関係無いけど、ドイツは中世の東方植民の時代から、なぜ東へと伸びたがる
んだろうか?一体東方の何がそんなにまでドイツを惹きつけるのか分からん。

>>363
>EUでの独仏の傲慢ぶり

フランスはルイ14世とナポレオンの時代、ドイツはヴィルヘルム2世とヒトラーの
時代にヨーロッパでの覇権を求めた。第二次世界大戦後は、独仏の二国で、主に
経済の分野でヨーロッパを支配したかったんじゃないかと邪推したくなる。
それに対してイギリスが他国を巻き込んで大陸に統一勢力が出現しないように
するのも昔から繰り返されてきたパターン。

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 16:50:43 ID:oUBEoHtX
>>360-366
ドイツ国内の右派にはポーランドの戦略に同調する論調がある。
右翼ナショナリスト系のフランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥンク紙がこんな社説を出している↓

【ポーランドとの連帯を】

フランクフルター・アルゲマイネ(独) 2006年11月23日

欧州連合(EU)・ロシアの首脳会議を前に、ポーランドが妨害者扱いされている。
ワルシャワはEU加盟諸国に連帯を呼び掛けている。
ポーランドの肉製品の輸入禁止を解除せよ、とモスクワに働き掛けてほしいのだ。
ポーランドはまた、欧州企業がロシアの資源や企業にアクセスできるように、
ロシアにエネルギー憲章と付属議定書の批准を求めている。
モスクワがこれらの要求を満たさない場合、ロシアとの協力協定の交渉に入ることに
拒否権を行使する、と脅しを掛けている。
これに対し、ロシア側はEUが団結しておらず、一部の加盟国(ポーランド)は
EUの助けを借りて、ロシアとの関係で自国の利益を通そうと努めており、
EUには共通のエネルギー政策がないので、個々に対処するしかない、と反論。
ポーランドの肉製品問題にEUが介入するのを拒否している。

プーチン・ロシア大統領はある新聞への寄稿で、EUとロシアはパートナー、同盟国として
共通の将来を築くべきだ、と述べた。
今年の初め、価格問題に絡んで、ウクライナへのガス供給を一時停止し、
西欧に衝撃を与えたのを忘れたようである。
グルジアに対しても同じで、言うことを聞かない隣国を罰するのに、手段を選んでいない。
サハリンの天然ガス開発に取り組んできた西側のコンツェルンへの仕打ちも、
ロシアへの信頼性に打撃を及ぼしている。



368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 16:51:52 ID:oUBEoHtX
>>367の続き)

東欧でもこの夏、修理と称して石油パイプラインが一時止まったが、
ロシアの利益を貫徹するための政治的決定以外の何物でもなかった。
ロシアの石油大手がリトアニアの精油所の買収を図った。
しかし、ポーランドのコンツェルンが割り込んで話が進まず、
同精油所に夏以来、石油を一滴も送っていない。
このため、同精油所は代わりの石油の獲得に多大の費用をかけている。

ポーランドとEUの関係には難しい面がある。
しかし、EU憲法の批准を拒否したのはフランスとオランダであって、ポーランドではない。
昨年秋の選挙では欧州懐疑派として勝利を収めたカチンスキ兄弟(大統領と首相)は
その後、態度を変え、統合を推進してこそ、エネルギーだけでなく、
外交や安保政策も安全だとばかり、EU頼りの姿勢に転じた。

ポーランドはロシアからドイツに天然ガスを送るバルト海底パイプラインの敷設に反対しているが、
拒否するのは当然だ、と見る専門家もいる。
新年に入ってEU議長国になるドイツがどのような対ロシア外交を展開するか、
ポーランドは注目している。
東の大国との経験が豊富なだけに、ポーランドは対ロシア政策に一役果たしたいと思っているが、それも当然だ。



369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 16:53:37 ID:oUBEoHtX
で、>>368の「ポーランドのコンツェルン」が>>365のリトアニアの製油所を全部買い取ったというオルレンだろ。

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 17:33:24 ID:DWOqF63V
つまりロシアはEU、特に東欧のエネルギー需給のキープレーヤーになりたがっている、ということだね。
東欧は先進国からの投資が本格化して、これから大いに発展するであろう地域だから、
ロシアとしてはここの地域に発言力を強く持ちたいわけだ。
今までの歴史から見て、史上初と言えるほどの発展を遂げる可能性を秘めているから、EUにとって
将来の心臓部になりうる、と考えられる。
エネルギーで深く結びつければ、ロシアをないがしろにしてことを進めにくくなる。
一連のロシアのエネルギー摩擦は、ロシアの存在感を認識させるためのロシアの自演とも考えられる。

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 18:08:52 ID:kCS44oI2
>>370
いや、というか、ロシアは自国の主権民主主義とやらの右翼体制維持にやっきになっている。
貧富の格差が激しくなった今、ナショナリズムでしか国家を統制できないからだ。

為政者(=プーチン)としては、国内の矛盾はすべて外国資本やそれと組んだ裏切り者のせいにして、自分達のせいじゃない、としたい。
ロシアの資源や企業を外国に解放すると、その為政者は裏切り者扱いされてすぐに失脚する。
エリツィンは自国経済を外国に無闇に開放して国内にオリガルヒを生み、自らは裏切り者として病気を理由に辞職させられた。
ガイダルなど、エリツィンの側近は最近つぎつぎと毒を盛られて倒れている。
プーチンやその取り巻き連中は、そうはなりたくないと必死なのだ。

だからエネルギー関連は絶対に外国資本に渡せない。
エネルギー憲章と付属議定書は、日本も批准している。
ところがロシアは署名しておきながら批准していないから、サハリン開発で日本は何をやられてる?

連帯するとロシアにとって大きな障害となるEUはドイツやイタリアを一本釣りすることで分裂させるというのがロシアの方針。
シュレーダーに至ってはロシアに尻尾を振って、首相退職後はバルト海パイプライン事業でプーチンに雇われてしまった。
ドイツの右派にとっては、シュレーダーは裏切り者以外の何者でもない。

ロシアの陰謀に対してそうはさせじと対抗しているEU内勢力はイギリスや中東欧諸国で、
特に自ら矢面に立っているのがポーランドという構図。

だから、ドイツの新聞では右派系は>>367-368のようにポーランドを支持し、
左派系はポーランドをEUの中の厄介者として非難している。
ロシア関係はドイツ左派の利権だから。

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 18:55:30 ID:DWOqF63V
>>371
なるほど、わかりやすい解説Thx。
だとすると、ロシアがリトアニアの精油所に石油を送らないのは、外資が
絡んでいるからということか。
ロシア資本が絡まなければ輸出しない、ということかな?

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 20:10:46 ID:y21MM8w9
>>365
この会社は中東欧の国のパイプライン管理会社の連携や株取得とかには
熱心でないの?前、ウータンの記事でロシアの石油会社が東欧の国の
パイプライン会社を株を取得買収しようとして、その国の財界を政府が
動員してやっと阻止したと記事があったが。事業を拡大するなら
そういう方面への投資や買収、他国同業者との提携、統合が必要と
思うが。

>>366
今の東への関心は「ケーニヒスベルク」だと思うが。

>>371
シュレーダーが天下ったのは、イラク戦争で選挙に勝つために反
米を煽って米独関係を悪化させた責任を「負わされる」前に自発的にと
先手を打ったんでないか?フッシャーにしてもシュレーダーに同調した
責任を追及されるので、自分から辞めたと思ってるけど。あの反米で
アメリカの大陸での同盟国がポーランドへ傾斜してしまい、ドイツの欧州
での影響力低下を一層招いたのは確かだから。

>連帯するとロシアにとって大きな障害となるEUはドイツやイタリア
>を一本釣りすることで分裂させるというのがロシアの方針。

西欧が強いときはそれでいいけど、アメリカの後押しを受けたポーランドや
中東欧の力がEUで拡大してる現状では

>>372

リトアニアの場合は外資云々より、単なる嫌がらせかと。ここががんばった
のでソ連(ロシア)は崩壊して、領土がだいぶ後退してしまったので。

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 20:14:18 ID:7Fldqn7+
東独はロシアに出兵します。

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 20:15:22 ID:7Fldqn7+
上記をアクアンサイトにも載せますが、アクアンサイトは東独向けでは
誘拐されている、そうです。犯人はロシアだけですか。

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 20:15:47 ID:y21MM8w9
あと中欧や東欧が原発を作るのはいいが、計画や建設にロシアが何かしら
の理由をつけて反対・妨害をしてこないか?日欧米製のいずれかの導入なの
で安全性でケチをつけるのは難しいだろうけど。

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 20:54:46 ID:Nwlki/VT
>>373
ttp://wwwsoc.nii.ac.jp/jaces/hasemi.pdf
EUの東方拡大とカリーニングラード
ttp://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Lake/2917/ussr/eastprussia.html
ロシアのお荷物となった、ドイツ人の「心の故郷」
東プロイセン&カリーニングラード

ここを読むと現在のカリーニングラードはけっこう悲惨な状況みたいだね。
密輸・麻薬・売春などの犯罪の温床となり、HIVも蔓延しているらすぃ。


378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 21:41:03 ID:7Fldqn7+
フランスはシラク大統領の命によりオーストラリアのメイソンの地下基地である
オーストラリア海域に大量破壊兵器を3基落します。

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 22:16:10 ID:7Fldqn7+
イギリスはイギリスのミスターエックスの島の地下深く3000メートル
に大量破壊兵器を一基投下します。

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 22:29:40 ID:gmSMpsxN
>>377
それ情報が古いよ。みんな90年代の話だ。

今のカリーニングラード州はロシアでもっとも景気のいい地域で、大変な経済ブーム。

ここ数年のGDP成長率は毎年10%以上。新しいアパートやオフィスの建築ラッシュ。
街の中心部にはおしゃれな店がたち並ぶ。
一人当たりの車の保有台数はモスクワより上。ロシア国内で販売されているテレビの3分の1はカリーニングラード製。
またここではBMWやハマーを生産している。ロシア国内で事業を起こすには最高の場所。
失業率はなんとほぼ0%で、人が足りなくて、今後5年で30万人のロシア人にカフカスや中央アジアの方から移住してきてもらうことになった。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/europe/6048708.stm

問題は投資はほとんど全てロシア本土から来て、製品はほとんど全てロシア本土に送られることで、
この孤立状態がいいはずがない。が、人々はロシア本土よりもEU諸国(主にポーランド)に頻繁に行く。
あるカリーニングラードの子供は、「カリーニングラードはヨーロッパ的で、ロシア本土はそうじゃない」とまで言っている。

しかしカリーニングラードとポーランドやリトアニアが経済的にリンクすれば、ロシアのバーゲニングパワーがなくなる。
モスクワははそのような事態(カリーニングラード市民がEUに向いてしまう状況)を何としても避けたい。
そのためモスクワは、ポーランドを迂回してドイツ本土とカリーニングラードを直接結ぶ鉄道フェリー航路を開設した。
これは当然のことながらドイツとポーランドとの関係に楔を打ち込むためのものだ。

またもやドイツがロシアに尻尾を振った。これも当然シュレーダー政権からの契約だろう。
近視眼的な国益を追うモスクワと、手にした利権を放したくないドイツ左派との利害が一致している。

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 22:31:52 ID:6HgMllm5
>>376
ブルガリアの原発、ロシア勢が落札・東芝勢敗れる
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20061031AT2M3100631102006.html
 【ウィーン=桜庭薫】ブルガリアの国営電力企業NETCは30日、原子力発電
所計画の入札で、ロシアのアトムストロイエクスポルトを中心とする企業連合が落
札したと発表した。ロイター通信は東芝が買収した米ウエスチングハウス(WH)
を含む企業連合も応札したが、敗れたと伝えた。

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 22:41:07 ID:gmSMpsxN
>>372
>だとすると、ロシアがリトアニアの精油所に石油を送らないのは、外資が
>絡んでいるからということか。

この場合外資=ポーランドのオルレン社。
だが、>>365にあるように、オルレンはリトアニアの全製油所の買収に成功した。

>>373
>この会社は中東欧の国のパイプライン管理会社の連携や株取得とかには
>熱心でないの?

オルレンはドイツからチェコ・スロバキア・バルト三国までの地域でまさにそれをやっている。
ポーランド民間のオルレンとロシア国営のロスネフチは必ずガチで衝突する。決闘になるかもしれない。

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 22:53:08 ID:gmSMpsxN
>>381
俺はその話、絶対裏に贈収賄があると見ている。

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/11(月) 00:03:33 ID:+N3eGZz2
>>380
Thanks.こんな資料もあった。

ttp://mitsui.mgssi.com/compass/0406/08.pdf
EU・露関係発展の試金石カリーニングラード

>またもやドイツがロシアに尻尾を振った。これも当然シュレーダー政権からの契約だろう。
>近視眼的な国益を追うモスクワと、手にした利権を放したくないドイツ左派との利害が一致している。

貿易や通商で生きている国は、何らかの原理原則がないと迷走し、堕落してしまうのかも名。
日本も他人事ではないというか、冷戦時代はひたすら経済発展に専念し、確固たる外交政策を
持たなかった。

>>381
ttp://www.iti.or.jp/kikan63/63tanakan.pdf
中・東欧諸国の経済改革の進展とビジネス環境の変化

これを読むとブルガリアとアルバニアの汚職はひどいね。

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/11(月) 00:05:59 ID:r+imJ++l
<BR><BR><BR><BR>
故ルキノ・ビスコンティ伯爵からの伝言
<BR><BR>

故ルキノ・ビスコンティ伯爵はヨーロッパや日本や公開されている
容姿ではなく実はアルベール・カミュと酷似した顔と姿形だったのだ、
そうです。弟ではないかと伯爵は考えていたのだ、そうです。一般に
同伯爵として知られている容姿の人は腹違いの弟(妾腹)だった、そうです。
<BR><BR>
山猫でシシリー島の貴族の政治的判断と処世術についてリアリズム溢れる
映像で描いたことは有名ですが、其のロケ地で地縁との結び付きを強く想い、
また自らがビスコンティ家の養子として迎えられた血の繋がらない子供だった
ことから、自分はシシリー島の貴族、ビトー家の直系ではないかと思うように
なったのだ、そうです。
<BR><BR>
シシリアンマフィアがローマ軍の布陣を真似て組織を編成していることは
知られていますが、つまり、黒髪、理知的な眼差し、勇敢な前線での戦闘振りから、
或いは文明貴族の末裔、骨からするとカエサルの末裔では無いかという可能性が
俄かに湧き上がってきています。多角的に検討してみてください。
<BR><BR>


386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/11(月) 00:06:43 ID:r+imJ++l
同ビスコンティ伯爵に血縁の子息がいないのは革命の軍資金をハプスブルク家から
引き出すために盟約として子を儲けないことを明言させられたからだ、そうです。
血が絶えてからはハプスブルク家の子孫が伯爵家を継承したのだ、そうです。
<BR><BR>
霊ルキノ・ビスコンティ伯爵は共産主義から共和主義へ鞍替えしたのは、急に訳が
分からなくなり人格変容でこまされたのではないかと疑っているのだ、そうです。
<BR><BR>
あまりにも重要な歴史上の問題なので様々な次元から検証してもらいたいと思います。
<BR><BR>
因みに金髪のイタリア人にはサディストが多いそうで特に特権階級に多くフランコ
(?=ハプ=モンゴル)の特徴だと同伯爵は述べられています。ハプはモンゴル、
これは遺伝的に大正解だ、そうです。
<BR><BR>



387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/11(月) 00:25:33 ID:BmLDFDhv
>>384
>ブルガリアとアルバニアの汚職はひどいね

アルバニアは法治国家どころか、もう国家とさえいえない状況。
あそこは一体どうなるんだろ。

また、>>331-333にあるように、最近チェコの汚職がかなり深刻であることが分かった。
チェコと同レベルで汚職が深刻なギリシャやルーマニアがひどいことは前々から知られていることだが。
>>337参照。

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/11(月) 00:54:42 ID:bhyvcqm/
アルバニアかー
グアンタナモから釈放されたウイグル独立派を引き取った

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/11(月) 01:48:38 ID:MB+otkhf
歴史的経緯から考えると、イタリアに併合か保護領にするべきなんだろうな>アルバニア
まあ、イタリアは全力で嫌がりそうだがw

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/11(月) 10:47:41 ID:t06hnP1U
>>382

イラク戦争でポーランドが派兵までして親米背後にはオルレンが
あるんだな。去年の日本であった買収合戦みたいなのが中東欧でもある
んでない?




391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/11(月) 10:52:06 ID:t06hnP1U
>>387

アルバニアってバルカンでは最大の親米国家になったな。政権が交代しても
親米路線だけは変らないかと。

>>389

イタリアはヘタリアだからあげると言われても断るかとwむしと
プエルトリコみたいにアメリカの自由自治領にしたほうがいいんでない?
基地を置くには好条件で、国土面積も手ごろ。逆に不法移民対策で国境
フェンスを作らないといけないがw

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/11(月) 10:52:41 ID:r+imJ++l
ドミノ倒しから生まれる直接尋問について

調布警察署の亀井署長を連続幼女誘拐悪戯殺人の罪で公開尋問します。
被害者である10代が直に問い質します。今核を落せと指令した、
軍人菅井は亀井署長と共に3chに尋問用に晒されました。

各県警察署長や小学校の「先生」が順に晒され、公開尋問されます。
場合によってはその場で撲殺されます。3chで順次行います。
同時に多発で実施すると奇襲攻撃の惧れがあるためです。



393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/11(月) 23:27:38 ID:+N3eGZz2
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20061208AT2M0703108122006.html
仏議会「再生医療研究、規制緩和を」

フランス議会「科学技術の選択に関する評価局」は、再生医療研究で国際的に
後れを取らないための規制緩和が必要だとする報告書をまとめた。受精卵研究
を解禁し、クローン胚(はい)を使ったヒト胚性幹細胞(ES細胞)の作製、
研究も認めるべきだと指摘。来年にも法改正を目指すよう提案している。
報告書はヒト胚性幹細胞から目的の臓器を作り出し病気の治療に生かす再生
医療研究で、フランスが大きく遅れている実情を浮き彫りにした。

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/11(月) 23:38:35 ID:ZjyP2FOT
>>393
生命倫理の見直しか
背に腹は変えられないということか
欧州は日本よりも全体的にバイオ技術は進んでいると思っていたんだが

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/11(月) 23:40:35 ID:Qp+mZG17
バチカン

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 03:00:16 ID:1kWQHNR7
脳髄の頚骨の植え辺りに鮮明な写真のような画像を再生できる神経細胞を
奸が編成しました。全世界同時に行ったようです。奸を皆殺しにするために
世界中で同時多発に殺戮を繰り返します。

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 08:59:36 ID:RX3Hg8Tg
>>382
ロシア側は国営のロスネフチでなく、オリガルヒのルクオイルが動いた。
チェコのウニペトロールが持っている精油所を巡ってオルレンと対決する。

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 09:02:00 ID:RX3Hg8Tg
ただしウニペトロールの株の過半数はオルレンが持っている。
面白いことになりそうだ。

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 09:59:06 ID:l3yDDn66
ttp://www.business-i.jp/news/world-page/news/200612120004a.nwc
ドイツ「国民の13%が貧困危機層」

ドイツ人の13%に相当する1060万人が貧困の危機−。そんな衝撃的な
リポートを独連邦統計局が公表した。米国と日本に次ぐ経済大国ドイツでも、
長期失業などを背景に社会的な格差が広がっている実態が浮き彫りになった。
調査は2004年の統計を基に、一人暮らしの場合は月収856ユーロ
(約12万8400円)、子供が2人いる家族の場合は同1798ユーロ
(約26万9700円)以下が「貧困の危機にある層」と定義された。
統計局によると、こうした「貧困危機層」の半分以上が、故障した洗濯機を
取り換えるといった急な出費に対応できないほか、5分の1以上が必要な歯科
も含めた治療を思いとどまっている実態が判明した。
統計局は貧困危機層の43%が失業者で、27%が学校教育や職業訓練を満足に
受けていないと指摘し、「特に失業と教育の不足が貧困の危険を招く」と分析した。
一方で、独居のパートタイム労働者では23%が貧困に脅かされるなど、
フィナンシャル・タイムズ紙(ドイツ版)は「仕事それ自体では貧困は防げない」
と伝えた。

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 17:04:13 ID:O0QfgFAo
↓このスレ笑える。主にヨーロッパ在住の日本人(だと思う)が、
自分達が白人になった‘つもり’で、日本固有の価値観、民族性を批判してます。

日本にはもう帰りたくない…【Part11】
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/world/1162509709/

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 19:02:18 ID:1kWQHNR7
フランスシラク大統領の命によりは異星人と組んだアメリカ勢力CIAの
エルフォレスト部員の吉野を暗殺します。
EUは今後やまと軍と組んで府中とエルフォレストのゴキブリ工作住人を
惨殺処刑し建物の倒壊を支援します。世界のコンセンサスです。

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 19:03:16 ID:1kWQHNR7
やまと軍とEUはアラブに地層が割れる程の大地震をおこします。

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 19:03:55 ID:1kWQHNR7
これ以降全ての駒で容赦なく責めます。

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 19:11:06 ID:1kWQHNR7
NHKも4割削減します。

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 01:00:32 ID:uVpwMSco
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/news/20061214k0000m030160000c.html
欧州議会:化学物質の管理で新法可決
 
欧州連合(EU)の欧州議会(フランス・ストラスブール)は13日、工業製品の
メーカーと輸入業者に対して、約3万種類に上る化学物質の申告などを義務付ける
法案を可決した。来年前半にも施行される。欧州委員会は「世界標準として域外
各国にも立法化を推奨する」としている。
「リーチ法」と呼ばれ、EUのデータベースに登録した毒性や発がん性を持つ
物質を含む製品の製造・輸入に関して、申告を義務付ける。欧州委は業者に
代替物質の使用や有害性を減らす措置を命じることができる。
欧州委は約3年前に法案を上程したが、産業界や米政府から「コスト増につながる」
「新たな貿易障壁だ」と強い反対の声が上がり、一部の環境保護団体も「危険
管理が業者任せになりかねない」と批判していた。

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 01:52:09 ID:JOVsMZVp
リトアニア:ポーランドと共同で原発建設
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/europe/news/20061214k0000m030083000c.html

 【ウィーン会川晴之】ポーランドとリトアニアが共同で原子力発電所をリトアニ
アに建設することで基本合意に達した。ポーランドにも送電する。両国は天然ガス、
石油などエネルギー面でロシアへの依存度が高い。原発建設によってエネルギー源
を確保し、ロシアへの依存を減らす「切り札」にする意向だ。

 リトアニアのキルキラス首相が8日、ビリニュスを訪れたカチンスキ・ポーラン
ド首相との共同会見で明らかにした。計画では原発1基〜2基(80万〜160万
キロワット)をリトアニア北東部イグナリナに建設し、2015年に稼働させる。
総工費は25億ユーロ(約3900億円)の見込み。建設費はポーランドとバルト
諸国4カ国が負担する見通し。関係国は80年の国民投票で原発閉鎖を決めたスウ
ェーデンにも参画を打診しており、東欧と北欧をむすびつける「エネルギー連合」
が誕生する可能性もある。(以下略)


407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 11:26:57 ID:zCsQZdAc
>>406
>>364

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 12:54:22 ID:uVpwMSco
ttp://www.worldtimes.co.jp/
仏外相がEUの移民受け入れ割り当て制度に反発

フランスのドストブラジ外相は仏国民議会で12日、欧州連合(EU)が検討
している欧州共通の移民受け入れ割り当て制度に対して、「EUレベルでの
割り当て管理は受け入れられない」と反発を示した。移民受け入れ政策は、
EU加盟各国が独自に定める権限を保持すべきというのが主要な理由だ。
ドストブラジ外相は、自国の労働市場や移民受け入れ能力を基本とする政策に
関しては、自国で決定する権利を保持すべきだという考えを表明した。移民
問題はフランスにとって、来春行われる大統領選挙の主要な争点の一つに
なっており、自国の決定権が薄れることは、深刻な事態を招くと見られている。
フランスや英国、ドイツなどEU先進国は現在、EU域内の中・東欧などの
新加盟国からの合法的な労働力調達が可能になったため、域外からの移民を
制限する方向にある。域外からの移民には、テロや治安悪化に結びつくイスラム
過激派の活動を支援するようなアラブ系移民も含まれる一方、文化摩擦なども
社会問題化している。
サルコジ内相は11日、今年末までに約2万4000人の不法滞在者を本国
送還すると発表した。この数字は昨年度に比べ、20%増となっており、不法
滞在者締め出し強化を推進している。現在、EU全体とすれば、地中海に望む
スペインやイタリアにアフリカからの不法移民船の漂着が増えており、移民
対策の調整を急いでいる。

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 17:12:17 ID:5rMLBMt4
>>406-407
ほほう、これはかつての大国の復活ですな
近々ベラルーシと西ウクライナを取り込むね
そうしたら計算上、8000万人クラスの強大国家になるね

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 17:39:46 ID:hBH3qTNw
>>409
戦前にも似たような流れはあったけど、国内の親ソ連派の「左翼バネ」の妨害で
上手くいかなかった。今回はそんな物が無いだけに、案外すらすらと地域同盟が出来るかもね。

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 17:58:09 ID:usAWDhtW
>>406

これでグルジアあたりから黒海かトルコを通過するパイプラインを
作り、持ってくればさらにロシアからの依存度は減る。ウクライナの情勢
があやふやな現状ではかなり現実的と思うのだが。

>>409

西ウクライナはともかく、ベラルーシはルカチェンコ政権の次にでもな
らんと無理だろう。それにあそこは西ウクライナよりも経済的にもロシア依
存度が高い国なので、それを断ち切ってまで東欧に寝返る利点を示さない
と無理。

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 18:19:07 ID:Wwm9Vy/S
>>411
ベラルーシに対してロシアがガスの大幅値上げしたから、トラブルになってる。
ルカシェンコはロシアに見切りをつけそうだよ。
一方ポーランドはベラルーシからの出稼ぎを2007年5月から全面開放することにした。
実施されればいままで情報統制されていたため分からなかった西側の情報がベラルーシ国民に直接届くようになる。
そうなったらベラルーシでは一気にロシア離れが進む。
ガスはポーランドが世界最新式の液化石炭ガスプラントを建設していく予定で、
ポーランドに石炭は腐るほどあるから、液化ガスの生産量が上がればロシアからの天然ガスは不要になる。
それまでの間のいわゆる過渡期にいろいろロシアが因縁つけてきそう。

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 18:23:27 ID:Wwm9Vy/S
>>410
戦中はチェコスロバキアとポーランドが合併する話があったね。
スターリンの反対で駄目になった。

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 20:07:22 ID:uVpwMSco
ttp://www.business-i.jp/news/world-page/news/200612140039a.nwc
急成長続けるバルト3国 国際化で欧州経済牽引

「バルトの虎」と呼ばれ、いまや欧州連合(EU)の一員として急速に
発展しているバルト3国。グローバル化の波に乗って経済成長率はいずれも
7%を超え、EUの中でも好調ぶりが目立っている。米国流のビジネスも
定着し始めた。だが、国民の生活向上や、安定した経済成長を続けるための
バルトの連帯には課題が残るようだ。
国際通貨基金(IMF)によると、バルト3国の2005年の経済成長率は
EUでトップとなったラトビアの10・2%を筆頭にエストニアが9・8%、
リトアニアが7・5%となった。それぞれ06年は11・0%、9・5%、
6・8%、07年は9・0%、8・0%、6・5%と予測され、当面は
高成長が続くという。

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 20:08:13 ID:uVpwMSco
ラトビアのパブリクス外相は「バルト3国の繁栄は地理的な利点にある
といわれてきたが、いまではグローバル化への対応が繁栄の原動力だ」
と語る。世界市場を視野にした自由化と効率的な政策、市場の開放に
よって資本と労働、物流の活性化を図ったことが高度成長の要因というわけだ。
法人税率の低さは海外からの投資誘致に効果を発揮し、西欧や北欧からの
企業進出が相次いだ。最大はスウェーデンの銀行で、バルト3国の金融
市場の7割を独占、今年7〜9月期は3国での事業が大手銀行の収益の
2割以上を占めた。インターネットバンキングがその収益の半分という。

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 20:09:08 ID:uVpwMSco
バルト3国の企業も負けてはいない。リトアニアのスーパー「MAXIMA」は
バルト最大の小売業者に成長した。米国の「スターバックス」に似たコーヒー
ショップのチェーン「ダブル・コーヒー」はバルト3国からロシアに広がり、
東欧諸国進出も間近だ。
インターネットを介した無料電話サービスのソフトウエアとして話題の
「Skype(スカイプ)」はエストニアで開発されたことはあまり
知られていない。同国の開発センターでは200人以上のエンジニアが
さらに新ソフトの開発に取り組んでいる。

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 20:21:32 ID:usAWDhtW
>>412

>ルカシェンコはロシアに見切りをつけそうだよ。

「欧州最後の独裁者」だから露から見切りをつけてもEUからは相手に
されそうにないだろう。東欧は敵の敵は味方ということで受け入れるかも
だがそれでも「民主化」を突きつけるだろう。

>実施されればいままで情報統制されていたため分からなかった西側の情
>報がベラルーシ国民に直接届くようになる。

ルカシェンコが出稼ぎの出国を認めるのかね?その出国手続の手数料と称して
高額代金を要求して誰でも出れないようにする希ガス。何よりヤツも情報流入が自分の
政権崩壊の可能性を秘めてるのは知ってるだろうに。

>ポーランドに石炭は腐るほどあるから、

ポーランドの石炭の採掘コストってガス生産に見合うものなの?ドイツ
は割り高過ぎて商売にならんのを無理矢理発電したりしてるけど。あと
石炭品質は良いの?このプラントは期待できそうだけど

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 20:23:06 ID:usAWDhtW
>>414

小さい国だから小回りが効くのだな。日本企業も行かないのか?

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 20:27:01 ID:V+QI/o3J
擬似詩人貴婦人リャンの顛末についてアクアンサイトに載せました。
日本軍と第三次世界大戦を仕掛ける謀略についても多少記載しています。

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 20:32:45 ID:rOhcXg2u
>>418
商社は行ってるかと。
ただメーカーが行くにはちと小さいっつうのはあるかも。


421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 21:54:26 ID:usAWDhtW
>>420

イギリスとかに労働者が流出して、人手不足で人件費が高止まり
してるらしい。ポーランド人もイギリスを目指したりと。そんなに
イギリスって魅力的か?アメリカへの入国を狙った実績作り?

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 22:11:10 ID:hBH3qTNw
>>421
ポンド高、好景気、英語(ポーランドの学校でも教えてる外国語は英語)

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 22:12:59 ID:QzPmVn+h
>>421
雇用に流動性・柔軟性がある。
格安チケットでポーランド各空港より直行便が飛んでいる。
ドイツ・オーストリアのように労働許可を取らなくてもいい。

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 22:19:24 ID:Wwm9Vy/S
>>417
>ポーランドの石炭の採掘コストってガス生産に見合うものなの?

ガスが高くしかも安定供給が無理なら、石炭を液化した方がいい。
しかも原発が稼動すれば製造コストがどんどん下がる。

>>418
>日本企業も行かないのか?

人口が少なく人口密度も低く、市場が小さすぎて、製造拠点としても販売市場としても日本の大企業が直接進出するメリットがない。

>>421
>そんなに
>イギリスって魅力的か?アメリカへの入国を狙った実績作り?

イギリス・アイルランド・スウェーデンは2004年5月からのEU新規加盟国に労働市場を前面開放してるから。
出稼ぎは、ある程度稼いだら祖国に帰って自分で事業を起こして成功を目指す。

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 22:23:44 ID:Wwm9Vy/S
>>422
>ポンド高、好景気、英語(ポーランドの学校でも教えてる外国語は英語)

ポンドはズウォティに対してゆるやかに下落傾向。
http://finance.yahoo.com/currency/convert?from=GBP&to=PLN&amt=1&t=5y
景気はポーランドの方がいいくらい。

中東欧の人間がイギリスを目指すのは英語と高賃金と、労働市場の全面開放という制度面の充実の3点セット。

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 22:26:52 ID:Wwm9Vy/S
>>423
>ドイツ・オーストリアのように労働許可を取らなくてもいい。

ドイツやオーストリアの労働許可制は2011年5月1日で廃止。
しかし中東欧の人間はあまり行かないと思う。アンケートとると「行かない」と答える。
ドイツ語圏に行っても英語が身につかないし、ドイツ語圏は排他的だから。
やはりイギリスとアイルランドという英語圏の方が居心地がいい。

427 :421:2006/12/14(木) 22:56:10 ID:usAWDhtW
答えてくれた方々サンクス。

たしかTV東京でポーランドよりも稼ぎがいいとポーランド人労働者の
特集か何かやってたのを思い出した。イギリスはイギリスでそれらを相手に
した商売ができると歓迎してたりと。独仏とエライ違い。両国ともシュペ
ングラーの言う「没落」をひた走ってるとしか思えない

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 23:01:22 ID:uVpwMSco
第二次世界大戦後、東欧諸国のドイツ系住民が強制追放されたが、
彼らは故郷に戻りたいとか、土地を取り戻したいとか思ってるの?
それとももうあきらめている?

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 23:13:00 ID:Wwm9Vy/S
ヨーロッパ議会(EP)が、EUとロシアとの問題でポーランドの立場を支持する表明をしたそうだ。

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 23:23:08 ID:Wwm9Vy/S
>>428
彼らはドイツ政府から補償金を受けている。
そのお金で居住や事業目的でポーランドの土地を買い戻すのは自由。
ただ、規制があって土地ころがしは不可。
土地の所有権を主張する訴訟を起こすという団体が2年ほど前に新聞を賑わせたが、
会員と資金が集まらず活動不能状態。
追放された人々の統一団体である追放者連盟(BdV)はすでにこれ以上の補償等は求めないことにしていて、この件にはノータッチ。
BdVは歴史の記憶として残しておきたいとし、追放者記念館をベルリンに建てることを目指しているが、
その資金集めのためにこの夏に行われた展覧会では、ドイツ人の被害者面を強調していたため、
ポーランド側だけでなく、ドイツ国内でもかなり強く批判された。
客の入りは非常に悪かった模様だが、ほとんどが写真パネルの低予算だったため、かろうじて赤字にはならなかったらしい。

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 23:25:10 ID:Wwm9Vy/S
今日はちょっとポーランドの話を書きすぎて飽きてきた。。。
でも中東欧はEUでは最もホットな地域だからみんなの関心が高いのも仕方ないか。

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 00:30:49 ID:62t7zZBq
>>431

独仏はどうなったんだろうな?イタリアの改革の行方、オーストリアの
飛行機導入のゴタゴタと言いネタは満載なんだが

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 00:51:53 ID:FACxZ0LK
ドイツの国内事情においては、遅くても半年後に大体の結果が出る。

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 01:34:15 ID:0XXsEWBn
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20061214AT2M1303714122006.html
核兵器保有の誘惑に駆られる日本・仏ルモンド紙が記事
 
14日付の仏ルモンド紙は「核兵器保有の誘惑にかられる日本」と題する
解説記事を載せた。北朝鮮が核実験を実施した後の日本での一連の核保有
論議を紹介。憲法9条改正問題とも絡め、「日本のリーダーは真の大国に
なるために(核兵器を含む)あらゆるものをそろえたいとひそかに考えて
いる」としている。
「日本は非常に短期間に核兵器を造れるあらゆる手段を持っており、
政治決定を待つだけだ」と指摘。政府の「現在、核保有の計画はない」
との公式見解は「いずれ保有する可能性を排除していない」として、
水面下では準備が進む可能性があるとの見方を示した。仏では安倍晋三
首相についてタカ派的なイメージが強く、核兵器保有問題にはメディア
だけでなく政府関係者の関心も高い。

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 01:47:11 ID:FACxZ0LK
>>434
確かにやろうと思えば、日本は核兵器開発能力は持っているだろうが、
それを軍事使用レベルまで引き上げ、維持するのがどれほど困難かは、
世界世論の度重なる非難を浴びつつも核実験を遂行した、
一核保有大国たるフランスが一番よく知っているはずである。

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 08:55:17 ID:0XXsEWBn
ttp://www.worldtimes.co.jp/
オランダで移民担当相が“反乱”

11月に総選挙が行われたオランダで、バルケネンデ政権は混乱の収拾に追われている。
混乱の渦中にいるのが「移民母国強制送還プロジェクト」を推進するフェルドンク女史だ。
今月に入って、中道左派勢力が過半数を占めるオランダ新議会は、約2万6000人の
長期滞在の難民に正式な滞在許可を与えることを承認した。少数与党・リベラル右派の
自由民主党(VVD)のフェルドンク移民担当相は決定を不満とし、受け入れを拒否。
同相は過去数年、一貫して厳しい移民政策を取っており、条件を満たさない難民を
母国に強制送還させる法案を通過させている。同女史は総選挙の直前、イスラム教の
女性が全身を覆うブルカの着用禁止を求めた。
野党は同相の不信任決議を賛成過半数で可決。これを受け、バルケネンデ首相は14日、
フェルドンク女史を移民問題から外し、正式に「統合・児童保護担当相」とすると
発表した。
総選挙ではバルケネンデ首相のキリスト教民主勢力(CDA)は第一党を維持
したものの、現状の中道右派政権では安定多数に達せず、左派勢力との連立の
必要に迫られている。第二党の中道左派・労働党はCDAと大連立を組むことを
拒否しており、連立工作は難航を極めている。

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 17:43:27 ID:0XXsEWBn
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20061215AT2M1500B15122006.html
北欧などのOMX、中欧スロベニアの証取買収提案
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/europe/news/20061215k0000e030027000c.html
EU:拡大政策を転換へ 内部改革重視 首脳会議
ttp://www.asahi.com/business/reuters/RTR200612150021.html
ユーロ高への批判、フランスはEU内で孤立=仏首相
ttp://business.nikkeibp.co.jp/article/reuters/20061214/115647/
ECBの任務に関する議論、タブーではない=仏雇用相

438 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 21:49:55 ID:DQ/pEu+J
>>437

証券取引所の分野でも東欧や北欧、バルト3国で連合が進みそうだな。


440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 21:54:15 ID:hv+tvHB6


http://human5.2ch.net/test/read.cgi/honobono/1166105871/30



暗殺者仲介サイト

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 22:07:40 ID:C/4tvny5
「ベルギー北部が独立」 公共放送が架空ニュース
http://www.asahi.com/international/update/1214/020.html

 北部オランダ語地域と南部フランス語地域の不和がめだつベルギーで、公共放送
RTBFが13日夜のテレビで「北部フラマン地域がベルギーからの独立を宣言し
た」との架空のニュースを放送した。RTBFは「議論のため」としているが、約
2600件の問い合わせが放送局に殺到する騒ぎになった。 (以下略)

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 22:44:21 ID:HJhBjomI
>>430を書いた者だけど、
「土地の所有権を主張する訴訟を起こすという団体が2年ほど前に新聞を賑わせたが、
会員と資金が集まらず活動不能状態。」と書いた団体だが、俺の間違いだった。

今日、その団体=プロイセン信託協会が欧州人権裁判所に提訴した。

プロイセン信託協会はポーランドに対し、失った財産の補償か返還を求めている。
とりあえず22人が今日をもって提訴、最終的には50人の集団訴訟になる模様。
ドイツ政府この訴訟を支援しない方針で、追放者連盟(BdV)はこの訴訟に明確に反対。

今回の動きは結果としてポーランドにとって大きな利益になると思う。
歴史的決着が付くから。

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 22:48:59 ID:HJhBjomI
プロイセン信託協会は、数千人規模の集団訴訟を目指してたはずなんだが、
ドイツ国内では相手にされなかったようだ。
http://toron.pepper.jp/jp/epi/german/gerteiso.html

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 09:07:19 ID:CkXZVMht
ttp://www.asahi.com/international/update/1215/011.html
EU、拡大路線を転換 スピード緩める方針申し合わせ
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/news/20061216k0000m030071000c.html
EU首脳会議:欧州憲法救済へ 条文削除してでも発効を
ttp://www.business-i.jp/news/world-page/news/200612160015a.nwc
欧州議会 EU共通運転免許証、13年導入承認


445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 14:49:18 ID:wO88ckG0

ttp://today.reuters.com/news/articlenews.aspx?type=topNews&storyid=2006-12-15T215825Z_01_WAT006751_RTRUKOC_0_US-FIGHTER-USA-LOCKHEED.xml
F-35 fighter wraps up first test flight Fri Dec 15, 2006 4:58pm ET15

ロイター:F-35戦闘機が最初のテスト終了


アメリカと同盟国が、31兆円の高額予算を投じて開発中のF-35戦闘機が、
金曜日に最初の安全性テストを終えた。

ロッキードマーチンの広報官は「戦闘機は安全に着陸した」とテストの終了を
報告した。テストはテキサス州のフォートワースで行なわれ40分で終了した。
ロッキードマーチンはステルスの多用途戦闘機を3つのモデルで開発中。

「テスト飛行は素晴らしかった」と主任パイロットのJon Beesleyが述べている。
「戦闘機のテストの開始として、良い出来だった」

航空機は高度15,000フィートで飛行し、幾つかの操縦性テストを行なった。
エンジンやサブシステムのテストを行なった。
2機のF-16と1機のF-18がエスコートした。

F-35は同盟諸国の購入計画が作られていて、スペインが最初の購入国に
なりそうである。外国への販売計画は2010年までにペンタゴンが策定する。
イスラエル、シンガポールなども早期の購入を希望している。2015-2035の
期間に2,000機のF-35が外国に販売されると予想されている。

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 18:34:34 ID:FHWyrXFn
クロアチア・マケドニアはEU加盟出来るの?

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 22:40:23 ID:r7BCOVwb
クロ△
マケ×

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 22:44:47 ID:CnN7Pcsc
>>447
じゃ、トルコはどうみる?

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 00:12:37 ID:qQDO3ffO
EUは不拡大へと方針転換したばかりから、クロアチアも当分(最低20年ぐらい)は無理。

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 06:56:47 ID:OEtRP7zS
キリスト教国とか旧共産圏は別では?

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 11:55:51 ID:BsT6VULJ
>>446

東欧とバルト三国が完全にアメリカに取り込まれたのに
懲りたから、それを「手助け」するような拡大はしないだろう。
バルカンもセルビアとボスニア以外はアメリカに靡きそうだし。

>>448

東欧も西欧も「労働者」や「文化」が入ってくるのが嫌だから
反対。東欧はエネルギー絡みでトルコの協力連携は必須なので何か
しら加盟に変る待遇を与えてお茶を濁そうとするか、西欧が反対
するのを見越してトルコ加盟賛成のポーズをとるかもしれない。

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 14:23:22 ID:2XmOX79H
ウクライナは?

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 15:44:44 ID:7G8Mf2rr
ttp://www.realclearpolitics.com/articles/2006/12/keeping_japan_onside.html
RCP:日本を(西欧の)対立側陣営につけないことが重要

リチャード・ハロランの書いている「日本論」と言うよりは、西欧(のアジア学者)
から見て日本がどう見えて、どういうところに関心があるかを窺がわせるもの。

単純化して言えば、西欧から見ると、日本はアジアに位置するけれど、アジア
なのか西欧なのか良くわからない国で、純粋系のアジアの国ではないにせよ、
まぎれない西欧の一員である事もない。日本は西欧とアジアの中間にいて、
時代によって揺れ動くといった見方がある。

オーストラリアの軍事外交政策から見ると、その国は(アジアにあるけれど)
紛れもない西欧の一員なので、日本を同じくアジアの、西欧側陣営に引き
止めることが基本的目標になるという。

アジアパシフィック・センターの学者John Millerの日本定義を引いて説明
している。JohnMillerのいう日本モデルは、日本はアジアの国ではなく中華
帝国にも朝貢していない。長らく孤立していた日本は、明治維新以降、急速に
西欧化を目指したけれど、満州中国に関わってアジアを重点政策とする
帝国主義になり、終戦後には再び反転して西欧化している。

John Millerによると、日本が良くわからない基本的な理由は:

1)アジアの中での日本の、自分の役割
2)日米同盟の存在
3)普通の国への復帰による政治的役割の増大

をどういう風にバランスしてゆくのか、明確にされていないからで、西欧から
見た場合、日本がその有する西欧的価値観にもかかわらずアジアに(のみ)
コミットする可能性があるのではないかという疑問が残る。そのために、
対日基本政策は、日本を西欧の対立側陣営につけないように、引き止める
ことが重要目標なるのだと説いている。

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 16:33:47 ID:BsT6VULJ
>>452

東西ウクライナに分割して、西をEU吸収。

455 :名無しさん@お腹いっぱい:2006/12/17(日) 18:48:01 ID:k4A3dI1e
ロシア以西でEU圏にはいってないノルウェー、ウクライナ、ベラルーシ
スイス、アイスランド、リヒテンシュタインなどがEU圏に入ればEUがますます
巨大化してロシアと対抗する、というのもおもしろそう。


456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 18:51:08 ID:tl+TcY1E
未来の日本はEUに加盟していると思う。
海洋国同盟みたいになってるよきっと。
フランスなんかは大陸国家から海洋国家に
脱皮してるでしょう。
日本は中国と相容れるはずなくて、EUに加盟するよ。

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 18:58:10 ID:o4RhUh+M
<BR><BR><BR><BR>
見回り組の連携強化について<BR>
桜井英寿(ミスチル)氏の若人部隊と同氏の境遇について
<BR><BR>

吉祥寺の見回り組(ヤクザ)と脱山口組と小金井部隊と国分寺部隊
が連携して前原町を行軍してくれる、そうです。ありがとうございます。
<BR><BR>

桜井英寿氏の率いる若人部隊が芸能界のドン首領である芸能
事務所の社長とその女の親族乳児までを焼きに行くのだ、
そうです。此れまでもレジに賛同し戦略の立案など協力して
くれたり出資してくれたりした、そうですが、其れまでの音楽活動
で制限と干渉を絶え間なく続け、テーマを限定し続けて、終い
には詩情があるという理由だけで病死により処刑しようとした、
渡辺社長などを部隊全体で猛攻を加え居住区及び工作地
六本木や赤坂を焼きに行くのだ、そうです。よろしくお願いします。
<BR><BR>


458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 18:59:32 ID:o4RhUh+M
実の妹が工作員だったことをレジに加わり冴苑さんを見てから
気づき、所作にわざとらしさがあり、特に涙を兄の同情を得て
引きずるために有効に使うことが分かったのだ、そうです。
母親が仕込みなのは諦めていたのだ、そうですが、妹まで
組んで、自分を政治系の職業でなく(一橋大学に2年間在学して
いたのだ、そうです。)音楽業界へ進ませ大儲けさせて発想を
売っていたことを知った時は死を思ったのだ、そうです。その妹、
桜井美知が兄の威光を笠に着て同世代の男の誇りを奪うために
モテモテ女を演じているのを許すことは出来ないのだ、そうです。
女衒を作るために男衒の役をしながら媚薬も廻している、そうです。
<BR><BR>
しかも美知は兄の性的篭絡要員で夜な夜な薄物を着て迫る、
擦れた女になってしまったのです。気づかないうちは騙されて
手を出しそうになった自分が怖ろしいです。

桜井さんの意思表明は3chに載っている、そうです。


459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 19:09:44 ID:o4RhUh+M
<BR><BR><BR><BR>
直接対話のための外出と面会について
<BR><BR>

小学校で同級生だった荒牧伸治君は兄関根雄一氏と共にレジで東北部隊に抑え込まれた科学者の家系だ、そうです。荒牧氏は東芝の研究者で家電を稼動させられるそうで、関根氏は総務省の官僚で通信を告発できる、そうです。
<BR><BR>

3chで告発を載せた後、木村さんと佐々木さんに直に話したいのだ、そうです。「了解しました。」だ、そうです。
<BR><BR>

荒牧君と関根氏らは祖母と母親と全ての「いい人」に抑え込まれたという反省があり、直接対話が道を開く唯一の手段だと気づいたのだ、そうです。東芝の研究所と総務省のいい人は親族共に処刑されました。
<BR><BR>


460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 20:39:49 ID:X7zq9XoT
>>451
同感だな
本来なら、取り込むはずがアメリカによって取り込まれたからな。

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 21:37:27 ID:BsT6VULJ
>>460

だから東欧やバルト3国を「恩知らず」と独仏は思ってるんでないか?
過去の自分の所業を棚に上げてwどのみちEU拡大しなくてもアメリカに
取りこまれてたのは目に見えてた。それをアメリカが遠慮してただけで
イラク戦争の対立で遠慮をしなくなった。欧州に限って言えば、西欧がイラ
ク戦争に反対したのは戦略的に失敗だったということ。

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 22:02:31 ID:gJiibqor
>>461
>過去の自分の所業を棚に上げて
そもそもこのこと自体が東欧圏についての見識の欠如であり見誤まった原因だわな。
さらに言えば、今回の対ロシアのことに関しても西欧に対する信用を失っているともいえる。
トルコ加盟に関しては、西欧の度量では加盟は無理だろうし、ギリシャとの歴史的な確執もある。
かといって邪険にすればアメリカに取り込まれてしまうのは目に見えている上に、信用も失う。

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 22:12:30 ID:BsT6VULJ
>>462

>アメリカに取り込まれてしまうのは

すでにトルコはアメリカ・イスラエルに取り込まれてる。安保はEUに
ほとんど頼らず両国の支援を受けて自立しており結構最新装備を備えた軍事
大国。コーカサスや中央アジアでアメリカの代わりにプレゼンスを果たすこと
が期待されるな。欧州でも南欧州やウクライナに影響を出せるかもしれない。

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 22:19:03 ID:gJiibqor
>>453
日本がとる曖昧さ、グレーゾーンの多さが日本の魅力であり武器でもあるように思う。
完全に取り込めないまでも、「決して敵に回すべきではない」と思わせておくことが日本にとっての利益になる。

465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 22:28:45 ID:gJiibqor
>>463
NATO加盟の欧州(?)屈指の軍事大国の一つだからね。
イスラム教徒が多いから、アラブ諸国との柔軟な橋渡し役もできるし。
EU加盟に関しては、ずっとラブコールを送り続けてはいるが・・・
西欧圏での大方の意見はいつも「ノー」だ。(無理もないとは思うけど・・)

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 23:00:25 ID:8MM+2+I2
トルコのEU加盟はアメリカが協力にプッシュしてるじゃん
完全に嫌がらせだが

米大統領、トルコのEU加盟支持
http://www.sankei.co.jp/news/061003/kok013.htm
 ブッシュ米大統領は2日、訪米しているエルドアン・トルコ首相との会談後の共
同記者会見で、トルコの欧州連合(EU)加盟が「米国の国益にかなう」と述べ、
加盟を積極的に支持する立場を強調した。

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 01:38:22 ID:yXE2t7mB
イスラム教国であることを完全に捨てない限り(国の体制から完全にイスラムを抜かない限り)、EUには加盟できないんじゃないか

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 01:38:52 ID:yXE2t7mB
たしかスンニ派が99パーセントを締めるんだっけ<トルコ

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 01:48:46 ID:yXE2t7mB
それと欧州の移民問題ではトルコ系移民の問題が多発してるんだろう?
その意味でも人間の移動が容易になるEUにトルコを加盟させたくはないだろう。

470 :小ネタ:2006/12/18(月) 01:51:08 ID:RyKscrr1
ジブラルタルに、初のスペイン旅客機が運航
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200612170017.html

 ジブラルタル(AP) スペインのイベリア半島南端にあり、同国が領有権を主張
している英国領ジブラルタルと、スペインを結ぶ初の旅客機が16日、運航した。約
300年に渡る両国間の争いを終結に向かわせるものとして期待されている。

 この日午後1時ごろ、イベリア航空のエアバスA319機が、スペインからジブラ
ルタルの空港に着陸。ほぼ同じ時刻に、ジブラルタル発のGBエアウェイズの旅客機
も、マドリッドに到着した。

 スペインはこれまで、ジブラルタルを取り戻すための外交戦略の一環として、英国
以外の航空機がジブラルタルに飛ぶことを認めなかった。しかし今年9月、英国、ス
ペイン、ジブラルタルの3者による会談で、外国の航空機がジブラルタルに飛来する
ことを認めることで合意した。

 ジブラルタルの空港の滑走路に立ったスペインのレオン国務大臣(外交担当)は、
「(旅客機の運航は)この地域の住民たちに可能性を開くものであると同時に、未来
に向かって発展の窓を開くものだ」と述べた。

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 03:47:09 ID:yXE2t7mB
ルペン
http://kimurasanko.fc2web.com/activity/20030502.html

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 04:36:55 ID:cOcpcIlN
坂井榮八郎が『ドイツ史十講』で、帝政時代のドイツのことを「テクノ
クラートの国」と表現していた。
国家官吏・法律家・大学教授・ギムナジウムの教師・医師・聖職者など、
大学で学んだ上で何らかの国家試験を受け、その資格を得る必要のある
職業の人々が国家を運営していた。
また戦後のドイツにも各種マイスターをはじめ法律で定められた専門的
技能資格が450種あり、大学での人が取る法廷資格が139種あるという
「資格社会」だったと。
第二次世界大戦後も、ドイツの「テクノクラート社会」という性格は
変わらなかったということ?

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 04:44:12 ID:RhJfLhDt
>>472
「ドイツ人にとっての正義は規制と規則だ」って、誰だかが言っていたな。
フランスはバカロレア一本で色々出来るようになるけど、ドイツはそれをさらに精緻化したと言うか。

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 11:12:38 ID:J1ONF87F
>>645 >>466

アメリカにとっては痛くも痒くもない、言うだけでトルコに恩を売れた
上にEUに嫌がらせできるのだから。だから「加盟支持」はアメリカの国
益に適うわけw

しかし、嫌がられてるのは分かってるんだからトルコも、加盟に固執せず東
欧に政治・軍事協力で接近して、ロシアに嫌がらせしつつEU内をかき回してやれ
ばいいものを。そうすればかき回されるEUも何かしらの優遇措置を今以上に
与えたりする希ガス。老いらくの恋みたいにトルコのEU加盟希望は一途だな。

>>473

それがウェーバーが言う「合理主義」というところに行き着きた。

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 11:13:16 ID:6hmm+7Vf
いまのドイツはマイスター制度もほとんど廃止されているし、
格差反対で大学のレベルもどれも低いし。

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 11:21:04 ID:DGZ7PC0l
>>474
>それがウェーバーが言う「合理主義」というところに行き着きた。
それのなれの果てがこれさ

【Deutschland】 ドイツ [DREI]
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1164313845/68

68 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2006/12/18(月) 05:44:46 ID:DGZ7PC0l
ケルン市、“セックス税”で約1億2800万円の利益
http://www.excite.co.jp/News/odd/00081166332713.html

世も末。
今度は一体どんな税制度が出来るのかねえ・・

名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2006/12/18(月) 10:39:42 ID:fzVjezaS
>>68
長らく学費無料だったドイツの国立大学も1ゼメスターで500〜600ユーロ
を取るようになった。今後も上がり続けることが考えられる。
各州の財務破綻は相当酷いらしいね。

477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 11:23:59 ID:DGZ7PC0l
もう内政も外交もドイツにおいては痛いとしか言いようがない。

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 11:42:38 ID:DGZ7PC0l
>>474
>トルコも、加盟に固執せず東欧に政治・軍事協力で接近して、ロシアに嫌がらせ
もしトルコとポーランド・バルト三国・西ウクライナが手を組んだ場合、ロシアにとってはもの凄い脅威になるはず。
ある意味、ドイツ・フランス以上にね。
歴史的にみてもトルコとロシアは天敵同士。さらにそのバックはアメリカであり、ロシアとは最近距離で接することになる。

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 11:50:35 ID:cOcpcIlN
1848年に開かれたフランクフルト国民議会(憲法制定ドイツ国民議会)が
結局失敗に終わったのは、議員のほとんどが官吏と学者の出身で、彼らに
政治的センスが欠けていたからですか?
政治や外交の流れをつかむことについては、ビスマルクのほうがはるかに
上だったように思える。

プロイセンの歴史を調べてみると、宗教的に寛容だったり移民に開放的
だったりするんですが、これも啓蒙絶対主義というか、国家の力を強める
ためのものだったんですか?

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 12:18:27 ID:cOcpcIlN
>>474
トルコにとっては日本や英国の外交が参考になるかも。無理にアジアの一員、
またはヨーロッパの一員になろうとせず、つかず離れずで実利をゲット。

>>478
ピョートル大帝はアゾフ要塞(黒海への出口)をめぐってオスマン帝国と戦争
してましたっけ。その後エカテリーナ2世の時代にロシアが勝利して黒海の
制海権と商船のボスポラス・ダーダネルス海峡の航行権を確保。

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 12:19:23 ID:6hmm+7Vf
>>479
ビスマルク時代は不寛容主義だろ。

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 12:50:25 ID:cOcpcIlN
>>481
スマソ、大選帝侯フリードリヒ・ヴィルヘルムの治世など、近世のプロイセン
のことです。

あと、プロイセンの軍国主義的体質は、フリードリヒ・ヴィルヘルム1世の
政策が起源?それともプロイセン王国の領域があちこちに飛び地のように
存在していて、このために強大な軍隊を必要としたからですか?

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 14:23:50 ID:J1ONF87F
>>476

合理主義=社会主義ってことか?ドイツの場合は。日本の社会党がドイツの
社民党を真似て「マトモ」になって政権とってたらエライ目に遭ってたな。
革新自治体の国版ができるようなもんで。それを考えたら日本のサヨクは功績
が大きいw

>>478

ロシアはチェチェンとアフガンに手一杯で欧州方面には手が回らないか
らな。さらにコーカスの国を加えたら最強。


484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 17:40:08 ID:Z8RyQ7lo
男の子は「モハメド」がトップ=イスラム系の増加裏付け−ブリュッセル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061218-00000018-jij-int

 【ブリュッセル17日時事】ベルギー政府がこのほど公表した2005年に生まれた
赤ちゃんの名前ランキングによると、男の子では首都ブリュッセル市でモハメド
(イスラム教の預言者ムハンマドにちなんだ名前)が首位となった。全国でも8位
と初めて10位以内に登場、イスラム系住民の増加を裏付ける結果となった。

 ブリュッセルでは男の赤ちゃん7911人のうち、モハメドが206人と、約2.6%
を占めた。2位のアダム(105人)の約2倍。このほか、3位にアユーブ、5位にメ
ハディ、8位にザカリアと、イスラム系の名前が上位に並んだ。

485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 22:56:47 ID:6hmm+7Vf
http://www.euractiv.com/en/trade/eu-25-backs-poland-beef-row-russia/article-160521

ロシアがポーランドからの食肉輸入を禁止している一方、
ドイツと二国間で食肉輸入をしようとした。
しかしメルケル政権は、EUを通さなければどんな交渉にもサインしないと言ってロシアの誘いを断った。

バルト海ガスパイプライン計画でポーランド外しをしてロシアと契約したシュレーダー政権とは異なる変化が見られる。

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 00:30:25 ID:1CLn8jHB
>>484
もう中東とかわらんなw;

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 03:35:00 ID:btmf5co0
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/europe/news/20061219k0000m030068000c.html
原発:ポーランドとリトアニアが共同で建設へ

ポーランドとリトアニアが今月初め、共同で原子力発電所をリトアニアに建設
することに基本合意した。両国は天然ガス、石油などエネルギー面でロシアへの
依存度が高く、原発建設によってエネルギー源を確保し、ロシアへの依存を
減らす「切り札」にする意向だ。
計画では原発1〜2基(80万〜160万キロワット)をリトアニア北東部
イグナリナに建設し、2015年に稼働させる。ポーランドにも送電する。
総工費は25億ユーロ(約3900億円)の見込み。建設費はポーランドと
バルト諸国の4カ国が負担する見通し。80年の国民投票で原発閉鎖を決めた
スウェーデンにも参画を打診しており、ロシアに対抗する東欧と北欧の
「エネルギー連合」が誕生する可能性もある。

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 03:35:58 ID:btmf5co0
リトアニアは04年5月の欧州連合(EU)加盟にあたり、イグナリナに
あった旧ソ連製原発2基の閉鎖に合意。電力確保のため、旧型に代わる
新たな原発の早期建設が必要となっていた。
一方、欧州最大の産炭国で、東欧では唯一、原発を保有していない
ポーランドは、京都議定書の発効を受け、温室効果ガスの排出削減を
迫られている。原発の国内建設は法整備や用地確保に「最低でも10年
以上かかる」(ポーランド原子力委員会幹部)とされ、独自建設構想
には難題が山積していた。
ロシアとドイツは05年秋、バルト海底にガスパイプラインを新設し、
天然ガスを直接ドイツに供給する計画で合意。これまで地上パイプライン
の経由地だったポーランドやバルト諸国はこれに反発、連携を深めていた。

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 16:53:53 ID:DbBvcWTo
今日府中のモスバーガーで私の食べた後にバッグを忘れなかったにも拘らず、
其の後自転車の籠から消されシルバーナ・マンガーノにエアーポケットに隠され、
モスバーガーの席に置かれた、そうです。
私がバックを忘れて布の袋だけを持ち歩くことはありえず、軽すぎるので、
此れは悪意の資産の巻上げ(財布とカードと通帳が入っているからです。)だ
と思います。
シルバーナ・マンガーノは本体が日比谷公園で酷く斬殺処刑されました。

金融が画策したそうで、スペインのマドリードのメイヨール広場で
600人の腐女子が現在酷い処刑を時間をかけて受けています。

この事実を知りながら無いことにした、バックがあるのに無いと
シラを切った韓国サミュエル塚田14歳も脳天を割られて死にました。
其処に居た二人の暗殺して乗っ取った府中警察署の息子15歳の韓国人二人も
親と共に脳髄を割られて死にました。

バックが出てきて其れを渡させなかった府中市の市長の妻妙子も脳髄を
割られて死にました。バックが出ていると私に進言したのは相良で其の事実を
虚構のものと誤認させる、命がけの金との闘いのレジ全体の
信用を損なう言動をしたことは斬殺処刑でしか報いられないと思います。
私はバックを採りにまた7時ごろ行きます。何回でも行く。石原都知事部隊は
府中の建物を倒壊させて焼き払うために出動します。

<BR><BR>
湊君は今日も秋山と会い今後について話し合うそうです。
明日湊君は10時にエルフォレストにきてくれるのだ、そうです。
<BR><BR>
1時半に会うことになっていて逃げた岡本は脳髄を割られて処刑されました。

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 16:56:35 ID:DbBvcWTo
今モスバーガーの本社(千代田区千駄木3−21−2)が爆破されました。
融資先の三井住友銀行本店梅田支店が爆破されました。

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 17:02:57 ID:DbBvcWTo
東京の大手町の三井住友銀行の本店が爆破されました。

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 19:09:10 ID:NUgU3+2R

ttp://online.wsj.com/article/SB116648328909753798.html?mod=opinion_main_europe_asia
REVIEW & OUTLOOK December 19, 2006
A Green Tax

WSJ(欧州版、社説):グリーン税(概要)


フランスからの最近の襲撃は、Dominique de Villepin首相が先月EUに提案した
カーボン税制の改正案で、京都議定書の地球温暖化防止条約に調印しない
先進国(アメリカとオーストラリア)からの輸入品に課徴金を課すというものである。

つまり、京都議定書にサインしろ、さもなくば、というフランス風のやり方であるの
だが、首相は「我々は温暖化を推進するのもに課徴金を課すことにした」のだという。

WSJが最近社説であきらかにしているように、温暖化ガスの抑制の政策において
フランスを含むEUはアメリカに遅れをとっておリ、調印した京都議定書の目標を
達成できそうなEUの国は二つだけである。
(中略)
EUの中にも流石に批判があって、EUの通商コミッションのピーター・マンデルセン
(英国)は「京都議定書にサインしないことは違法ではないし、WTOの規則に違反
してもいない」といっている。

フランス政府は何十年もの間、原爆実験を欧州の自国内部ではなくオーストラリア
の近くの島でやってきている。外部のものには気を使うことをしないのはフランス流
なのだが、オーストラリアは不満である。

ハワード首相は「全く馬鹿げた法案で、現実性からかけ離れている」といっている。
マンデルセンも同じ事を言っているわけで、フランスが早めに諦めることを希望しよう。

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 20:23:00 ID:OYbIoHrh
英政府、贈賄疑惑捜査打ち切り サウジの圧力に屈したと批判の声
http://www.business-i.jp/news/world-page/news/200612160013a.nwc


494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 20:36:09 ID:DbBvcWTo
イギリスのストラスブールとアメリカのアトランタに低周波の海賊工作員と
エイリアンが地下に潜んでいる、そうです。

アップしたら同時に面白可笑しくシューティングして下さい。
はい、高周波。

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 21:17:07 ID:DbBvcWTo
三井優美さんは三井財閥(暴力団)を率いて岩崎裕次郎を拉致誘拐して
日比谷公園で9時から惨殺処刑します。

植草氏はりそなの白熊を拉致誘拐し、餓死させるためにやまと収容所に
収監しました。

同白熊はバブル崩壊後、現在の42、3才までをマネージャー格に取り立てて
4万人つり出した面白おかしく恋愛嫉妬劇で自殺させたのだ、そうです。
大笑いしながら経過を見ていたのだ、そうです。

この文章を入力中にやまとの人々に中性子爆弾を4基落として日本列島を
海に沈めろ、と海軍に命令した気違いババァがいました。
アメリカの石油王の一人、クイーン家の王女クラリス(25歳、アトランタ在住)だ、
そうです。3chに晒し上げられています。
此れの家の下を見て、という悲願がイスラエルの女性のパレスチナ科学者から
寄せられました。



496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 21:17:23 ID:CDxcPPPm
>>493

ユーロファイター打ち切られたらフランスのラファールが代替になるかも
だからイギリスは必死だな。EU外で売れてるのが実質サウジだけなのでなお
さら。日本がその商談引き取ってやればいいのに。アメリカにF22を確実に
売らせるためのエサにもなるし。

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 21:45:38 ID:XEZIiire
ボストンを始めたウィンスロップの家系は3代目で乗っ取られ
ハーバード大学をはじめて1860年代からは思想家を食い潰し、
科学者は渡米当初1630年から監禁されていた、そうですが、
その後は才能を集めては削除したり監禁したりするシステムに
当初の予定通りなった、そうです。

大学下には見るに耐えない地獄絵図が展開されている、そうです。

ウィンスロップ家の地下には最強の科学者40人が監禁されている、
そうです。


498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 21:46:33 ID:XEZIiire
他の大学の地下も科学者同士で相互に協力して探せますね。

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 21:54:36 ID:RJ5DVgJK
韓国人脱税目的で宮司を強迫 鳥居等撤去
http://live19.2ch.net/test/read.cgi/stock/1166531525/


500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 22:02:17 ID:XEZIiire
ボストンを始めたウィンスロップの家系は3代目で乗っ取られ
ハーバード大学をはじめて1860年代からは思想家を食い潰し、
科学者は渡米当初1630年から監禁されていた、そうですが、
その後は才能を集めては削除したり監禁したりするシステムに
当初の予定通りなった、そうです。

大学下には見るに耐えない地獄絵図が展開されている、そうです。

ウィンスロップ家の地下には最強の科学者40人が監禁されている、
そうです。

他の大学の地下も科学者同士で相互に協力して探せますね。

言いつければ勝ちです。良識のある有力な人が共感しともに
戦っていけます。工作をされて黙っていることが金が蔓延した
主因だと思います。サミュエル、サリエリの仕事を考えると
分かります。男らしさ「男は黙って行動有るのみ」とか、
「言い訳をするヤツは卑怯だ。」とか、いう社会的認識や
非難はこましです。孤立させてガラスケースに飾られた
カッコイイ自分に浸らせるための見栄を満足させるこましです。






501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 22:04:26 ID:XEZIiire
故アーネスト・ヘミングウウェイが言いつけに3chに顕れています。

同氏には子供が一人いたそうで、グレゴリー・ペック氏だ、そうです。
15歳の時に生まれたのだ、そうです。

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 22:13:22 ID:XEZIiire
やまとの國はアメリカの石油王の邸宅を7棟空襲し焼き払います。

石油王の残りの6家の王女が3chで晒し挙げられ罵倒されています。
クリスには3分前くらいに頚動脈破裂を狙った攻撃を受けました。

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 23:27:47 ID:pEIOxVeY
アメリカ軍はやまとの國の宇宙との提携の下でヨーロッパの大統領府と
首相官邸に居る工作員を全て残らず惨殺処刑しました。

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 23:28:37 ID:pEIOxVeY
やまとの國はヨーロッパ全域の陸海空の工作員を500万人一族郎党
併せて処刑しました。

505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 23:30:29 ID:pEIOxVeY
陸海空の工作員の女、妾、幼女情婦を3000万人、バチカンからの売りにより
惨殺処刑しました。

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 23:37:49 ID:pEIOxVeY
常にここ5千年では西洋は二人だけ居残り後の手下は自由自在に
処理して王政を保ってきました。一人はロスチャイルド、もう一人は
ハプスブルグで、ロスチャイルドは芸術家系、ギリシャに戻れればいいや、という
発想で、ハプは笑いながら虐殺する、見覚えるのある、つまりモンゴルだ。

今日もハプがロスを売りながら私の嘗ての友人岡本を使って保身しながら
財布と金銭一切の入っている鞄をシルバーナに隠させました。

此れがハプだ。3chに晒し上げられています。全て売りつくして文明人を
抑え込み監禁し換金し紙幣を印刷して暴虐支配だ。どこまでも売るよ。
「お人よしとおしと正直者は利用されてバカを見るんだよ。この通りだ。」と
妾との寝室で血しぶきで大笑いするのがハプ=蒙古だ。分かれよ。
べべ(高級な服)で騙されんなよ。

507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 23:39:57 ID:pEIOxVeY
どうして、をキーワードにして手下を呼び出しています。
出て来い。もう終わり。今金持ちの女が私に金を渡したら、
男にたかれないから眼の色変えて攻撃しているのだ、
凶悪女はとりあえず殺した方がいい。


508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 01:30:33 ID:HL1DYTpq
3chに遺伝子で死んだ親族(工作員)も検出できる方法を公開しています。


509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 02:44:22 ID:yfPNPs3W
http://anime.sukebegazou.com/imgbbs1/image.cgi?id=img/img20061220003343.jpg
この写真の方は誰ですか?

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 02:47:42 ID:HL1DYTpq
やまと文明軍に編入した5万人の脱自衛官に府中駅周辺のビルの倒壊を
依頼しました。世界のコンセンサスです。


511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 03:50:19 ID:HL1DYTpq
府中の駅周辺のビルを三井財閥暴力団と府中警察の警察官と石原剛次部隊(8万人)と市民部隊(2万人)が倒壊させて全焼させます。ありがとうございます。

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 03:53:27 ID:HL1DYTpq
小泉元首相は惨殺処刑されました。



513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 04:08:47 ID:HL1DYTpq
寺社仏閣に映倫部隊は潜んでいます。
神社仏閣が酒税と煙草税、塩や自動車の通行になどに税金をかけて
独占しています。


514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 04:10:09 ID:HL1DYTpq
イスラムの眠らせる部隊4000万人を惨殺処刑しました。

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 07:38:20 ID:8YaPWwt/
ttp://www.business-i.jp/news/world-page/news/200612200041a.nwc
独BMWと仏プジョーシトロン エンジン開発、協力強化 世界大手の技術競争激化

■環境対応でトヨタに対抗 
独自動車大手のBMWと欧州2位の仏プジョーシトロエングループ
(PSA)は18日、低燃費エンジンの共同開発に向け、協力関係を
強化することで合意したと発表した。環境対策に力を注ぐ大手各社は
低燃費車や燃料電池車の市場投入で激しい開発競争を繰り広げており、
両社はこれまでの提携関係を強化し、先行するトヨタ自動車に対抗する
構えだ。
両社はすでにプジョーの乗用車やBMWの小型車「ミニ」向け4気筒
1・6リッターのガソリンエンジンの共同開発で提携関係にあるが、
新たに最新技術を導入し、二酸化炭素(CO2)排出量の少ない低燃費
4気筒エンジンの開発を目指す。まず、技術、生産、資金面などから
共同開発の利点を分析した上で、開発プロジェクトを立ち上げる。

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 08:35:26 ID:4oICT42F
現在の金融は従来の金融業者を乗っ取った家系で実際の金融業者は
ヨーロッパでは俳優になっており親は暴力団が多めです。



517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 08:43:51 ID:4oICT42F
脱華僑の人たちが府中で手作りの惨殺をしてくれるそうです。

府中と周辺に送られた警察の制服を着ている5000人を
処刑しました。

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 08:44:45 ID:4oICT42F
モスバーガーの本店をFC920A戦闘機で空襲します。

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 08:46:53 ID:4oICT42F
府中のモスバーガーを襲撃してください。
止める警察は世界も宇宙も攻撃します。

520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 08:48:51 ID:4oICT42F
三井秀行は兄裄俊とともに日比谷公園で惨殺処刑されます。


521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 11:43:34 ID:4oICT42F
文明と非文明の戦いの前線はパレスチナとバクダットから府中へ押し戻されました。

ヨーロッパは判断しない限り宇宙勢力から全滅させられます。

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 11:46:03 ID:4oICT42F
胡錦濤の霊は雲散霧消させました。村井さんによります。

増長した霊はイギリスも消しています。

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 12:24:42 ID:PL+tHOdX
平和憲法を改悪して戦争だけはやりたくない!!

軍隊を持って戦いたいなら、改憲派が戦えばいい!!

もしも、戦争になれば護憲派は第3国で戦争が終わるのを待つ。

私は護憲派ですから、絶対に戦争には行きませんよ。

第3国で見守っている。


http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history2/1161480502/l50

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 12:47:03 ID:4oICT42F
首都奪還の猛攻の始まり 東戎皆殺し作戦
東戎は世界中の敵です。ハプは東戎の遺伝が5割入っています。
(3chを参照)

褶曲やご認識映像を脳内に送りつけたりエアポケットにモノを隠すことが
可能なのはアスファルトの敷詰めが原因であるにも拘らず、日本人が
怖がって誰も言わず、剥がさないのは異様です。エルフォレストと
エルフィールド周辺は公安と自衛隊が調子に乗って押さえ込み、
世界に対しての裏切りを続けています。

ヨーロッパレジは後方支援します。舗装と建物を倒壊させます。
府中はやまとの國の首都、東苑です。
生類の霊も戦います。

団塊55歳を虐殺処刑しました。行き倒れもいます。55歳以上の女低周波を
惨殺処刑しました。



525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 12:48:10 ID:4oICT42F
↑礼の國と脱華僑は援軍を送ります。

改竄しているのは胡錦濤の残党で誤記部隊です。

526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 12:51:22 ID:4oICT42F
井原毅を復刻してアスファルトをぶち壊してもらおうと思います。

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 13:03:12 ID:4oICT42F
バックを隠匿しカードを返さないで金を巻き上げようとしている
金融と保険会社を1000万人惨殺処刑しました。



528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 13:03:58 ID:4oICT42F
三井住友銀行を攻撃します。

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 09:56:13 ID:5B6Z/kFv
嵐が過ぎ去ったのかどうか分からんけど、ニュースだけを貼って
しばしリハビリモードで。


530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 09:57:27 ID:5B6Z/kFv
フランスのドビルパン首相は21日午前から約17時間にわたり
パリの財政裁判所で2004年の外相時代に関与が取りざたされ
ているサルコジ内相らを標的にした不正資金疑惑事件について証
言した。現役の首相が長時間の証言を行うのは極めて異例。首相
は証言直後の22日未明、記者団に自分も事件の「犠牲者」と語
り、「真実の進展」のため可能な限り「正確」に予審判事の質問
に答えたと説明した。(パリ 山口昌子)


最終更新:12月23日8時0分


531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 22:29:14 ID:c/ymyAkw
EUの人口ってトータルでどれくらい?

532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 23:00:14 ID:UVZvkjz6
>>531
http://jpn.cec.eu.int/union/showpage_jp_union.information.php

533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 00:29:28 ID:EPtq8vTT
EUの主要指標(2005年)

  EU25カ国

人口 4億5,950万人

GDP 10兆7,940億ユーロ

一人当たりGDP 2万3,400ユーロ

対内直接投資 622億ユーロ

対外直接投資 1,149億ユーロ



534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 00:35:29 ID:sWEyV6L8
ロシア、対EU切り崩し・独仏伊でガス直接販売権
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20061223AT2M2202S22122006.html

 【モスクワ=古川英治】ロシアのプーチン政権は天然ガス供給で欧州連合(EU)
諸国を個別に取り込む戦略に乗り出した。ロシアのガス独占企業ガスプロムは独仏
伊の各国に長期安定供給を保証し、見返りに各国での直接販売権を獲得した。EU
は包括的なエネルギー条約をロシアに求めているが、ロシアは個別攻略でEUの足
並みの乱れを誘い有利な状況をつくった。ロシアは資源をテコに世界各地で影響力
を増大させている。

 ガスプロムは先週、仏政府系のフランスガス(GDF)と協定を結んだ。現行の
2012年までの輸出契約を35年まで延長する。GDFはエネルギー確保を優先する
仏政府の意向を受け、ロシアと長期契約を結び、代わりにガスプロムが仏国内で直
接ガスを販売することを認めた。

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 00:37:35 ID:OMI+SloB
>>534
これはずばりロシアによるポーランド包囲網でしょう。

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 01:15:35 ID:sWEyV6L8
グルジア向けガス価格、露が2倍以上に引き上げ
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20061223i312.htm

 【モスクワ=緒方賢一】ロシアの天然ガス独占企業体「ガスプロム」は22日、
ロシアとの緊張が続くグルジアとの間で、ガス価格を2倍以上に引き上げ、来月以
降も供給する契約に署名した。グルジアは大幅値上げに抵抗したものの、代替供給
源を確保できず、ロシア側の「言い値」を受諾する形となった。(以下略)

いざというときに助けてくれないアメリカヒドス



537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 11:42:37 ID:Dw2lJU6B
>>535

典型的な合従連衡の例。ただ独仏の欧州での影響がイラク戦争後から
急激に落ちてるので、それらがロシアにシッポをふったところで切り崩し
が東欧を揺さぶるものとなるかは疑問。逆にEUや英、東欧が足元を乱
す「単独行動主義」と非難して東欧のエネルギー連携や親米傾向に拍車が
かかるだけ。

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 14:25:19 ID:plpisZmI
イラク戦争で影響力が落ちてるのは米英ポだろうが!

539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 18:15:38 ID:BvUnrBgh
>>535
ズバリそのとおりですね。

>>537
そうなればロシアの増長を防ぐという意味でいいけどね。

>>538
アメリカの影響力は徐々に落ちてるが、イギリスとポーランドのEU内での影響力はどんどん上がってるぞ。
イギリスは中東欧、とくにポーランドに対して投資を盛んにやっている。
ポーランドはそれを使って、バルト三国で着々と地歩を固めつつある。
ヨーロッパ最大の天然ガス備蓄施設を北西部の港に建設中で、
代替エネルギーも石炭無煙化技術、石炭ガス技術、原発(リトアニア)建設、
リトアニアの精油所買収など、いろいろ手駒を使ってる。
ただ、バルト海パイプラインなど、ロシアの攻勢に対して間に合うかどうかだな。

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 19:15:31 ID:8gQPywPN
>>538

EUの財政赤字基準の違反の問題や、露骨にEUに介入して自国優先に
しとうというのが独仏以外の加盟国から反感を買ってる。それへの非難を
そらすためにイラク戦争に反対したのかという揶揄もある。

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 20:54:23 ID:7KXkJCQA
ロシア(ソ連)と西側(EU)は冷戦が終わったにも関わらず何でいつまでも対立するんでしょうか。
やはりロシアに原因があるのでしょうか。双方の狙いは何なんでしょうか。
素人の自分に教えて下さい。

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 21:18:23 ID:2TtJiwHq
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/mideast/news/20061224ddm007030105000c.html
イラン核問題:安保理・制裁決議採択へ イランに痛みなし 強硬路線、ロシアが下支え

国連安保理のイラン制裁決議採択に従い、イランがウラン濃縮など核関連
活動を停止する可能性はないに等しい。制裁は国民生活に直接影響を及ぼす
内容ではないうえ、採択に向けロシアがイランを「援護」したこともあり、
イランの強気は当面変わらないとみられる。
(中略)
イラン制裁決議の採択は国際社会の結束と厳しい姿勢をイランに示すものだが、
同時に欧州にとっては、これまでの対イラン外交の挫折を意味する。制裁に
強気の姿勢を貫くイランを前に、欧州には手詰まり感が漂う。
欧州は今年初めに常任理事国とドイツが安保理付託を決めたあとも、
ウラン濃縮活動中止と引き換えに軽水炉技術の提供などをイランに提案
するなどギリギリまでイランの軟化を促した。付託で圧力をかける一方、
対話解決の余地も残す両にらみの対応だったが、それも実らなかった。

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 21:19:37 ID:2TtJiwHq
今回の制裁決議草案を作成したのは英独仏の欧州3国だが、最後は中露の
同意を得るため制裁色を薄めた。欧米と中露の連携を優先し、妥協に妥協を
重ねた結果だ。「実を捨て名をとった」決議であり、イランに弱みを露呈
してしまった。
もともと欧州も一枚岩ではなかった。米国と足並みをそろえて制裁論議を
主導した英国に比べ、イランと経済的な関係が深いフランスとドイツは
本音では制裁に積極的ではなかった。シラク仏大統領は9月、制裁は
かえって問題解決を阻害するとの見解を表明していた。欧州各国の温度差
は今も残っている。
「核の平和利用」というイランの主張を覆す説得力のあるロジックを、
欧米は用意できていない。英国は核ミサイル「トライデント」を更新し
21世紀半ばまでの核抑止力維持を打ち出したばかりだし、米国はインドの
原子力エネルギーの平和利用に技術協力を決めている。核大国のこうした
「二重基準」がイランの核問題を複雑にしている。

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 22:02:49 ID:QVETRPVX
クロアチアとかスロヴァキアとかルーマニアとかryの東欧諸国って、
やたらとゲームや映画の舞台として(あまりよくない意味で)使われているけど、実際の東欧情勢っていかがなもんなんですかいな
たとえば007シリーズや、splintercellとかではテロリストの巣窟みたいに扱われている
プロバガンダの含まれた意図的な工作なのか、あるいはそのものを模したのかがよくわからんです

元共産国家群だし、最近まで紛争が多発していたし・・・
個人的な意見ですが、ヨーロッパほど民族臭い所は無いと感じております
実際の所どうなんでしょか


545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 22:45:44 ID:YkpTjGXb
イラン、原油の輸出代金受け取りでユーロ建てを要求
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061222-00000686-reu-bus_all


546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 11:54:17 ID:gYale3/G
>>539
ttp://www.theglobalist.com/DBWeb/StoryId.aspx?StoryId=2007
ttp://www.ohtan.net/column/200405/20040509.html

↑ここの、

「英国がこれまでのように経済的利害だけからEUに関わることを止め、
人民主権と自由貿易の旗手としてEUのフルメンバーになれば、EUは理念に
基づく民主的な共同体に生まれ変わることができるだろう」

という主張はどうですか?

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 12:07:09 ID:LbdjU+K3
>>546
独仏があいも変わらずEU内自己主張を続けているうちは無理だろう。
EUの理念というならば、牽引車だった独仏がそれをまずは自ら率先して実践すべき。

548 :546:2006/12/25(月) 12:52:49 ID:gYale3/G
>>547
この本の著者のイアン・ブルマはオランダ人なんだけど、欧州大陸の人間は
なんであんなに英国をEUのフルメンバーにしたがるんだろう?
英国人は嫌がっているんだから放っておけばいいのに。

ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20061225AT2M2103N25122006.html
ドイツ取引所、ロシアのMICEXと協力

フランクフルト証券取引所を運営するドイツ取引所は、ロシアの主要取引所で
あるモスクワ銀行間為替取引所(MICEX)と事業協力に関する覚書を結んだ。
株式市場や金融派生商品取引市場、各種サービスに関する情報交換などを通じ、
ドイツとロシアの市場の国際化につなげる。
証取の再編が加速するなか、ドイツ取引所は急成長するロシア市場で足がかり
をつける考え。ドイツ取引所は9月に、中国の北京産権取引所とも事業協力で
合意しており、新興市場の取引所と関係を広げる。

549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 13:15:47 ID:LbdjU+K3
>>548
非常に独立的(孤立的)でありながら欧州大陸に対し(ひいては世界的にも)
とても大きな影響力があるにもかかわらず、そしてすぐ目と鼻の先にあるにもかかわらず、
間に海があることによって地理的・物理的併合が不可能だから。
だから、別な形でイギリスを大陸側に取り込み、大陸側の管理・支配下におきたいと望んでいるのではないだろうか。
中国における、日本や台湾のようなものかも。
もしイギリスが大陸側と地理的に陸続きだったり、大陸内の一国だったならば、さほどの固執はされなかったように思える。

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 14:00:04 ID:n/WG/EZf
>>546
「フルメンバー」とは何か具体的に説明してくれ。
英国は充分フルメンバーだぞ。
ユーロに入ってないが、労働者に関しては独仏がニース条約に反しているなか率先して受け入れている。
英国はEUのなかで責任ある行動を取ってるぞ。

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 14:19:11 ID:LbdjU+K3
>>550
>「フルメンバー」
EUに加盟し、ちゃんと決められた条約を履行し、貢献していても、大陸人にとって
イギリスは常に大陸諸国(ありていに言えば独仏)とは、
どこか一線を引いていると感じさせるものがあるのだろう。
似たような行動をとっているスウェーデンやデンマークは特に何も言われないのにね。

>独仏がニース条約に反しているなか率先して受け入れている
ドイツの労働局は自国の失業者・求職者の国外就職を一部奨励している。w

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 14:48:46 ID:n/WG/EZf
英国は、NATOやEUのほかに、
旧大英帝国を引き継いだ「コモンウェルス」という世界的国家連合の盟主でもある。
それが傲岸不遜な独仏には気に食わないのかねぇ。
英国にとってはコモンウェルスもEUと同じく大事。

また、英国は自ら脱退したが、EFTAの盟主でもあった。

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 15:15:35 ID:tMkT6Cxs
そういえばルワンダが仏とケンカして
コモンウェルスに加盟したね

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 15:35:20 ID:LbdjU+K3
とにかく何もかも気に食わないんだろう。
大陸人に「イギリスはヨーロッパの国ではあるが、ヨーロッパではない」と言わしめているから。
とにかく「支配したい」という思いが強いのでは?

アメリカと欧州では、アメリカに肩入れするし。
欧州域内および植民地戦争では負けたことがない(あるかもしれないが定かではない)
スペイン(ジブラルタルも)・オランダ(特に北米大陸において)・第二次大戦におけるドイツの野望・
フランス(本国間・植民地とも)・
ローマカトリックもイギリスを直接的支配化に置けなかったし。

555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 15:55:16 ID:gYale3/G
>>552
モザンビークのように、旧ポルトガル植民地でありながらコモンウェルスに
加盟した国もあるね。そのほかにイエメン・パレスチナ自治政府・ルワンダ
も加盟を希望しているらすぃ。

>>549
『米中新戦争』(ビジネス社)という本に、欧米にはくわしいけど日本には
無知な中国人が、「やっぱり中国と日本は一つの国になるべきですよね」
と言ったというエピソードが語られていた。「言葉も習慣も違うのに
どうするのですか」と質問すると、「それはやっぱり大きいほうの国に
合わせるべきでしょう」と答えたとか。
あと、欧米の親中派の論客の中にも、「日本はアメリカと手を切り、
中国との統合を」なんて主張する連中がいる。

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 16:11:08 ID:n/WG/EZf
>>555
だが言語に関してはEUでは英語が他の言語を圧倒しつつあるぞ。
中欧の新規加盟国では猫も杓子も英語。英語じゃなくちゃ話にならない状況。
フランスは英語に熱心ではないし、
ドイツは自分より東の国々ではドイツ語を押し付けようとするが、それも焼け石に水。
ドイツ人も中欧で商売するには英語が話せないと相手にされなくなってきた。

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 16:18:55 ID:LbdjU+K3
今にも独仏の歯軋りが聞こえてきそうだなw
敗北感による、嫉妬とコンプレックス。
とにかくやり負かしたい、支配したい。

558 :553:2006/12/25(月) 17:58:28 ID:6LG1Fmef
スマン加盟申請を表明、か。

仏との国交断絶のルワンダ、英連邦加盟申請へ
http://www.asahi.com/international/update/1222/002.html


559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 19:45:41 ID:gYale3/G
あるオランダ人ジャーナリストが、

「現在イラクで起こっているテロはレジスタンスだ。イギリス人やアメリカ人は
自国を外国の軍隊に占領された経験がない。レジスタンスという言葉から彼らが
連想するのは、米英の戦闘機パイロットが占領地域から脱出する手助けをする
レジスタンスの闘士を描いた、かなり空想過多の映画かもしれない」

という意味のことを書いていたが、オランダって第二次世界大戦で、ドイツ軍の
攻撃に対してわずか5日間で降伏した国じゃん。ポーランドみたいにワルシャワ
市街が瓦礫の山になるまで戦った後降伏したのならともかく…

560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 20:59:05 ID:c4GsxES1
>>541
ナチスばかりクローズアップされてたけどスターリンのしでかしたこと考えれば
東欧はそうあっさりとは従えないのでは。
一般のロシア人は嫌いじゃないけどさ。
ドイツ軍も国民も嬲り殺しだったけど、東欧の兵もいたわけだし。
そういえば毛沢東は自国民を数百万単位で虐殺しているっけ。
正直反アメリカでそっちの勢力を信じられることが不思議だ。
アメリカうざいけど。

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 21:06:15 ID:SC6hcbeo
>>560
主語や目的語をきちんとかいてくれないから、意味がさっぱりわからん。
東欧だって一つじゃないし。

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 02:04:16 ID:Tuy08XRH
オランダ、ユニセフに259億円を拠出・過去最大に
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20061225AT2M2203R25122006.html
邦人女性旅行者:乱暴される ルーマニア人拘束 仏ニース
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/europe/news/20061225k0000e040055000c.html

563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 02:31:07 ID:9az3q6Hg
>>559
どうも私はこの手のイラクの武装勢力 = レジスタンスという見方には納得
できないなぁ。
最近は宗派対立があからさまだけど、二年くらい前でもテロの犠牲者の
大部分はイラク人だったし… 米軍の死者の割合なんて一桁% でしょ ?

十万人単位でイラク人死者が出ている状況で、レジスタンスなんて呼べる
もんかね ?

564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 04:45:02 ID:CuXMX6/h
>>563
イラク戦争でアメリカを止められなかったという無力感から、イラクの武装勢力
= レジスタンス説だの、アメリカ陰謀論だのに走っているのかもしれない。
昔はアメリカでもヨーロッパでも、保守派が「アラブ人やイスラム教徒は自由や
民主主義を受け入れられないから民主化政策は得策ではない」と主張し、それに
対してリベラル派が「文化の本質が全てを決定するというオリエンタリズム的偏見だ」
と批判するのがよくあるパターンだった。
ところがイラク戦争が始まってからは、リベラル派までがアラブ民主化不可能説に
走るようになった。

スレとは直接関係ないけど、以前一般海外生活板のオランダスレに、オランダ人は
英国に対して非常に対抗意識を持っているが、英国人のほうはまったく意識して
いない、韓国が日本に対して対抗意識を持っていても、日本人のほうは全く
無関心なのと同じだ、と書かれていたな。

565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 10:07:01 ID:bxcgIhZK
>>564
それ岡崎久彦の「繁栄と衰退と」に書いてあったよ。
英蘭戦争の時に自分たちの内部分裂による自滅で負けて(半島みたいだ)、そのせいで
英国にルサンチマンを持っているらしい。
情けないものにDutchを形容詞でつけるようになったのもその頃からとか。

オランダ人が未だにヨーロッパで一二を争う半日国家なのもそういう国民性なんだろうな。

566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 20:48:47 ID:CuXMX6/h
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20061226AT2M1600225122006.html
仏歌手の節税移住で論争・アリデイ氏がスイスに
 
フランスの人気ロック歌手、ジョニー・アリデイ氏(63)が節税目的でスイス
移住を決めたことが、仏政界で論争を引き起こしている。シラク大統領が
「共和国市民の振る舞いとして残念」とコメント。一方、来春の大統領選挙の
有力候補であるサルコジ内相は「才能ある人の国外流出はフランスが抱える
問題を映している」と擁護。税制改正論議にも広がりそうな勢いだ。
アリデイ氏は仏の富裕層向け税制を敬遠して移住を決めたとされる。俳優の
アラン・ドロン氏、元F1ドライバーのアラン・プロスト氏など、かねて税
回避のために仏を去る著名人は多いが、景気回復に伴う不動産相場の上昇
などで著名人の国外流出が再び増すとの見方が浮上している。

567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 21:12:46 ID:K9kydqWF
>>546
>「英国がこれまでのように経済的利害だけからEUに関わることを止め、
>人民主権と自由貿易の旗手としてEUのフルメンバーになれば、EUは理念に
>基づく民主的な共同体に生まれ変わることができるだろう」

これ、原文の解釈が少し違うんじゃない?だいたい原文も結論らしい結論だしてないけど。
原文の後半部分は・・・・英国は大陸の理想に抵抗感を持っているが、大陸の通商都市郡は
英国の味方で、大陸側は国民主権と自由貿易の旗手としての英国を必要としている。結論部分
としては、大陸側は国民国家に自信を取り戻せ、英国はEUに不信感を持つのをやめろ・・・
くらいの感じでしょ。要するに双方が歩み寄れってことでしょ。筆者は大陸側については、
ヒットラーの下に生きた世代が主に国民国家に対する不信感からEUを作って、時代が変わった今も
それが続いているのが気にくわないわけで。

今みたいな独仏主導の政治的統合はムリ。法体系や政治風土が全く違う英国が一緒になれる
わけない。国家の政治的枠組みを残して経済面中心の共同体にするしかない。ブルマさんも
それを言いたいんじゃないの。


568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 21:31:22 ID:n1YRR/JS
>>564

対抗心がある割りに、オランダ国民の大多数が英語ができるとい
うのは面白い国だ。逆にオランダよりも英への対抗心むき出しのフランスは
パリ市内ど真ん中のデパートのインフォメーションでさえ係が、英語が
分からんので、誰か英語分かるかと通訳してと客に聞いたりする通用度が
ごっちゃな国。対抗心の強さの違いから来るのかこの差は?


569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 23:18:02 ID:gHohjR9x
>>568
そこら辺半島と同じでさ、対抗心は憧れでもあるわけ。大阪と東京とかも?
俺はサカ豚なんだけど、オランダの方がいいサッカーしてるのは明らかな時代でも
オランダ人はプレミアリーグに妙な尊敬を持ってたりするんだよな。
まあ戦争でどっちかが占領されるくらいまで負けたかどうかってとこかも。
あ、でもベルギーに対する態度とか見てるとやっぱ国民性かな?

ところでオランダって確かに本屋で英語版とオランダ語版のハリーポッターが
同じ数だけ売られているような国だけど、本当にそんなに英語できんのかな?
駅で警官とかに話しかけてもあんまり通じなかったんで、オランダ人がマルチ
リンガルっていうのは思い込みだったかもな、ってちょい反省したんで。

570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 00:02:53 ID:K9kydqWF
>>546
ブルマ氏が指摘している「大陸の人々はcitizen(市民)なのに民主主義先進国の
英国人は未だに subject(臣民)だという皮肉」・・・これ、皮肉じゃないんですよ。
正にこれが、英国人の大陸に対する不信感の表れなわけです。ブルマさん、わかってない。

知り合いの英国人(40代後半金融ビジネスマン、オ大卒、仏独企業に勤務経験あり)に
この話をするとせせら笑う。英国人ならsubject が当たり前、citizen なんていかがわしくて
(どこのゴロツキ?みたいな・・)イヤだそーです。こういうタイプの英国人に言わせれば、
「市民の権利?こっちは13世紀から議会政治やってますが何か?」なんですよ。
彼らの持つイメージはぶっちゃけ・・・
市民=宮殿に押し入って国王・元首を殺す暴徒、彼らに政治をやらせればクーデター、内乱続き。
臣民=善良な王国の民。忠誠心からまっとうに国家を運営する。
日本人が「市民」という言葉に持つ理性的・理想主義的なイメージは欠片もなくて笑えます。
歴史からくる言語感覚の違いはどうしようもないです。

「市民」はフランス流のストリート・ポリティックスのイメージで、議会政治とは対立する。
英国は臣民が議会政治で700年以上国家運営して人権も獲得してるので「市民」はお呼びじゃ
ないんです。普段は臣民なんて言葉使わないから関係ないんだけど(単にpeople だから)、
親EUのリベラル派はやたらに市民という言葉を使いたがるから、上記のような(保守派と
看做されるタイプの)英国人はイヤがる。伝統と相容れないからね。

政治風土の違いをとことん直視しないとダメ。ブルマ氏、まだ突っ込みが足りない。
あと、ビジネスマンは大陸・英国共にEU嫌いだから、通商都市郡が英国の味方
なのは良くわかる。


571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 04:20:16 ID:pttoMGM0
>>568
関係ないが今フランスでニンテンドーDSの英語漬けが馬鹿売れしているそうなw

572 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 09:21:29 ID:CFb2MvHE
>subject(臣民)

イギリスのことをよく“議会制民主主義の母国”なんていうけど(最近は何でも
民主主義というのが流行りだからそうなっているけれども)、本来イギリス議会
というのは貴族主義的、寡頭制的な性格なんだよね。
少なくとも19世紀まではそうだった。

ちなみにイアン・ブルマは『近代日本の誕生』(ランダムハウス講談社)の中で、

「日本とドイツはもともとよく似ていて、軍による統制、君主の神聖化、民族
の精髄として国土と血統の純粋を宣伝する態度など、共通点が多かった」
「東アジアの政治では、一つの例外もなく、激しい 派閥争いを繰り広げたあとは
大同団結が高らかに叫ばれる。この二つは常に表裏一体であり、悪循環を形成
して専制政治を進展させていくのである」

なんて書いている人だから、イギリスについても同じような表面的な観察しか
していないのでは。

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 21:13:37 ID:CFb2MvHE
>>570
反近代主義が、反アングロサクソン・反ユダヤ・反日などのかたちをとりやすい
のはなぜ?

あと、ドイツやロシアや非西洋世界の反近代思想はよく取り上げられるけど、
フランスの反近代思想やフランス社会の後進性が取り上げられることが少ない
のはなぜなんだろう。

イアン・ブルマとアヴィシャイ・マルガリートの共著『反西洋思想』(原題:
Occidentalism)でもフランスの反近代思想についてはほとんど触れられていなかった。

ttp://www.ohtan.net/column/200405/20040503.html
ブルマとマルガリットによれば、オクシデンタリズムとは、物質主義、自
由主義、個人主義、人道主義、合理主義、社会主義、デカダンス、そして道
徳の弛緩、そしてこれらの象徴たる都市、ブルジョワ、理性、フェミニズム
に対する反発に基づく英国やフランス、更には米国に対する批判であり、こ
の種の批判は、19世紀のドイツのロマン主義者やロシアのスラブ主義者、戦
前のナチスドイツや日本軍国主義、戦後の毛沢東の中共やクメール・ルージ
ュ、更に昨今のイスラム世界等に共通して見られるところです。

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 22:31:48 ID:TObYueU4
>>569

オランダで通じなかったことは今のところない。警官やある程度の子供
でも英語で返してきた。アメリカ人のアクセントよりも聞き取りやすい英語
を話すという印象だな

575 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 00:38:33 ID:QNdoEgo3
単純に資本主義の覇権国がイギリス→アメリカであり
その背後にいると信じられているのがユダヤ財閥だからでしょ
反日=反近代なんてのは東アジア限定でしょ

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 07:31:00 ID:v8Vpy8hI
欧米の左派はなぜ日本に対して反感を持つのかな。
社会主義とかフランスのコルベール主義は後進国(今風にいえば負け組)の思想でないの?
民間レベルで自然にできあがるのが先進国のやり方であって、国家が計画を立てて
産業を育成するのは後進国のやり方のような希ガス。
最近だと中国や韓国が日本を真似てアニメや漫画やドラマやゲームなどの娯楽
産業を育成しようとしたり、
フランスやロシアやシンガポールが、BBCやCNNをモデルに「フランス24」
「ロシア・トゥデイ」「チャンネル・ニュースアジア」などの国際ニュース
メディアをつくろうとしているのがその例。

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 11:28:58 ID:j5Knjvd+
>>574
THX
やっぱ漏れが下手すぎたのか…orz
>>576
>欧米の左派はなぜ日本に対して反感を持つのかな。
右翼も反感を持ってる希ガス。
コンテンツだけじゃなくて人間も向こうのメディアに露出すればよくなるかな?

578 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 17:07:09 ID:TZVnUDMM
> 欧米の左派はなぜ日本に対して反感を持つのかな。

成功者はねたまれるものだ。

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 21:16:10 ID:v8Vpy8hI
>>577
ttp://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981540676
「帝国以後」と日本の選択  エマニュエル・トッドほか著

書店に行ったらこんな新刊が出ていたが、著者のエマニュエル・トッドは、

「イギリス外務省は、自国が合衆国にぴたりと寄り添った政策を支持していると
分析する一方で、今日ヨーロッパ大陸が自国にとって歴史的な悪夢を実現した
こと、つまり、強国がすべてイギリスに逆らって同盟関係を結んだことも確認
できている…事実、イギリスにとって、パリ=ベルリン=モスクワといった基軸が
形成されることほど恐ろしい悪夢はありません。まるでナポレオン1世の時代に
引き戻されたようなものですから」
「ハンガリーやチェコは親アメリカ的ではありませんが、ポーランドは親アメリカ的
です。ポーランドの立場はばかげていると思います…現在、絶対に安全な状況の
中にいるということ、すでにこれ以上紛争地域は存在しないということを理解
していないようなのです」
「アメリカの兵站システムの大部分はドイツの巨大な基地によって成り立って
います。まさかこれをルーマニアの、滑走路をリサイクルして作ったサッカー場
かなにかと入れ替えるわけにもいかないでしょう」

などと語っている。欧州大陸人にとって、ユーラシア連合というのはそんなに
魅力がある構想なのかな。

580 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 21:38:49 ID:14QOnXWF
ユーラシア連合というかユーラシア主義ってのがロシアのネオナチにあるな
ただヨーロッパは含まないけど

581 :579:2006/12/28(木) 21:44:37 ID:v8Vpy8hI
それともう一つ気になったのが、この本の共著者の日本人たちが、
飯塚正人・池澤夏樹・井尻千男・伊勢崎賢治・小倉和夫・佐伯啓思・榊原英資・
高成田亨・中馬清福・西部遷・濱下武志・三木亘・武者小路公秀・養老孟司と
いったメンバーであること。
冷戦時代だったら対立陣営にいたはずの人たちが、反米主義・アジア主義で
結びついているみたい。おまけに本の帯には、
「核武装」か?「米の保護領か?」
と書いてある。

582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 22:42:06 ID:JnTJ9ad+
おまいらの好きそうな小ネタ

【ドイツ】煙突掃除の独占禁止?
http://blog.moura.jp/courrier_news/2006/12/post_822a.html
 ドイツほど煙突掃除人という職業が特権を得ている国はない。「近代的なガス暖房
があるので、煙突を使用せず、煤がでることはない」という家庭でも、煙突掃除人を
拒絶することはできない。「煙突掃除法」という法律があるためだ。

 この法律に従って全国には約8000の「煙突掃除地区」が指定され、煙突掃除人が
割り当てられている。自治体から担当地区の割り当てを受けるためには12年ほど待
たなければならないが、割り当てをもらえば、競争もなく安定収入を得られる「殿様
商売」だ。しかし、EUはこれを市場独占だとして、ドイツに対して改革を求めており、
ドイツは2006年12月中に改革案を提出する。
――シュピーゲル(ドイツ)より[クーリエジャポン]

583 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 23:23:40 ID:cOgvojP1
「キリストを国王に」ポーランドで論議 つれない教会側
http://www.asahi.com/international/update/1228/006.html

 カトリック教徒が国民の約9割を占めるポーランドで、キリストを国王にしよう
という動きがあり、論議となっている。保守系政党の議員らは「国民の多くが望ん
でいる」として下院(定数460)での決議案採択をまじめに目指す。だが、支持
してもらえると期待していた教会側の反応は「政治家は政治に専念するように」と
つれない。 (以下略)

なんか韓国的なんだよな

584 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 23:30:21 ID:14QOnXWF
それでも33%が賛成なんだw

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 23:48:27 ID:dTcarfYc
579
本を読んでないのでよく分からんが
パリ=ベルリン=モスクワといった基軸が形成されたなら
ポーランドは親アメリカ的になるのは当然と思うが
なぜ、ポーランドの立場はばかげている、となるのか。
このフランス人著者は評価されてるんでしょうか。



586 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 01:45:33 ID:LXKXU0jv
大欧州の秩序に従え、ってことなんでしょうかねぇ。
おまえら小国は大人しく欧州域内の大国の言うことを聞いていればいいのだ、
今まで何世紀もそうしてきたように、大国のご機嫌伺いをして、小さくなっていればよい。
そうすればいい思いだってさせてやる。だから、大人しく言うことを聞け、このパシリが!!
と、言うのが欧州列強の本音なのかな、と思ったりするんだが。だとしたら、嫌がるよなぁ。
オレはアメリカよりも弱いけど、オマエよりは強いからオレの言うことを聞け、ってのは無理だと思うんだが。
ペット扱いだものなぁ。そら、せめて、飼い主は選びたいと思うだろうなぁ。

312 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)