5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

◆ EU・欧州総合スレ3◆

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/10(月) 09:23:50 ID:qeMdkUCR
協調、内紛、困惑入り交じる EU 欧州連合について語りませう
また欧州の各小国の話題についてもOKです
構成国ヲタ同士の煽りあいはいやん

前スレ
ttp://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1133511413/l50#tag903
◆ EU・欧州総合スレ2 ◆

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/10(月) 12:56:00 ID:+eTOBHIc
>>1

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/10(月) 17:54:03 ID:HM7T92Z4
シラク撤回

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/10(月) 19:19:31 ID:s9UcxDi+
仏若者雇用策を撤回 大統領、首相の権威失墜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060410-00000152-kyodo-int

おやおや。シラクは晩節汚しまくりですな。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/11(火) 08:58:33 ID:O4sqO9aA
>>4
くせー、くせーぞサルコジ

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/11(火) 11:40:05 ID:K/1olIkn
今回のゴタゴタでサルゴジの大統領選挙候補が確定したようなもの。しかも
対立候補になる左派のほうは最近ゴタゴタが続いて分裂状態の上、カリスマ的な
人物もいない。大統領に半ば決まったようなものだ。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/11(火) 14:22:02 ID:O4sqO9aA
社会党は低所得者層の支持者が微妙に極右と被るのが痛いな。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/11(火) 14:40:37 ID:hS2kKgZo
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/europe/news/20060411k0000e030042000c.html
伊総選挙:中道左派が中道右派を下院で小差で破る 大接戦
【ローマ海保真人】

イタリア総選挙は11日未明(日本時間同朝)、開票が終了し、プロディ元首相
=前欧州委委員長=率いる中道左派勢力「連合」が大接戦の末、ベルルスコーニ
首相率いる中道右派勢力「自由の家」を下院(定数630)で小差で破った。
上院(改選議席315)は互角の模様だ。プロディ氏はローマ市内で支持者を
前に「私たちは勝った。今後5年間、結束して国を治めよう」と勝利宣言したが、
中道右派陣営は「無責任な発言だ」と反発しており、政局混乱が予想される。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/11(火) 15:26:33 ID:+7brQ27H
独経済界 「ロシア支持は国益」 関係強化で市場に布石 国際的批判を牽制
http://www.business-i.jp/news/world-page/news/200604110013a.nwc

 欧米メディアによると、ドイツで親露路線を支持する声が強まっている。一月に
起きた欧州向け天然ガス供給の一時途絶問題などで対露批判が国際的に高まりを見
せているが、ドイツ経済界では、「ロシア市場の存在を再認識し、関係を強化すべ
き」との論調が勢いを増しているという。(黒川信雄)

 独露間の関係改善をめぐっては、三月三十日にシュレーダー前首相が露国営の天
然ガス世界最大手、ガスプロムの関連会社で、ロシアからドイツに直接天然ガスを
供給する独露合弁企業の会長に就任。ドイツ国内でも「公私混同」との批判が高ま
っていた。

 しかし、英紙フィナンシャル・タイムズによれば、独経済界では「ロシアとの関
係強化はドイツの国益にかなう」との意見が大勢を占め、ドイツ企業のマイナスに
つながりかねない極端な対露批判は控えるべきとの空気が広がり、シュレーダー氏
を擁護する論調も強まりつつあるという。


10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/11(火) 15:27:52 ID:+7brQ27H
 その背景にあるのが、独露間の密接な経済関係だ。ドイツは地理的、歴史的にロ
シアとの貿易は盛んだったが、昨年の独露貿易額は前年比25%増の三百九十億ユ
ーロ(約五兆四千六百億円)に達し、ロシア向けでは、最大の輸出国だ。

 また、現在ドイツで消費される天然ガスの40%、石油の35%がロシア産で、
ドイツはロシアのエネルギー資源なしでは、経済が立ち行かない状態になっている。

 経済不振にあえぐドイツにとって、「ロシアが進める急速な近代化は、独企業に
とっての巨大な市場を形成する」(独与党幹部)との期待は大きい。その存在は
「日本にとっての中国のようなもの」(堀江正人・三菱UFJリサーチ&コンサル
ティング研究員)ともいわれる。

 一月の欧州向けガスの供給途絶問題でロシアを厳しく批判したメルケル首相も、
最近ではトーンを抑え気味という。失業率が12%を超え、欧州連合(EU)から
も早急な財政改善を求められているドイツにとって、ロシアの存在は一段と重みを
増しそうだ。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/11(火) 15:42:34 ID:asymFDeb
あいうえお

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/11(火) 16:14:53 ID:K/1olIkn
しかもロシアが石油やガスで稼いだ金はマネロンとか様々な形で
ドイツの銀行に入ってくるというメリットがある。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/11(火) 17:08:38 ID:hS2kKgZo
ヨーロッパが統一されておらず、フランスが弱体化していて、
ドイツ・ロシア関係が密接になって、中東欧に安定した国際体系が
存在せず、国益第一主義的な考え方が強まってきたとなると、
なんだか嫌なヨカン。
昔と違って、米軍が欧州に駐留しているから、アメリカが孤立主義に
回帰しない限り大丈夫だろうけど。


14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/11(火) 19:25:48 ID:y1u7a0Mv
ドイツはメンタリティが微妙に後進国だからロシアとは結構あう

アメリカはブッシュ政権が終わったら孤立主義にもどる予定

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/11(火) 20:21:47 ID:DPhPfpF0
アメリカは年増のケバケバしさがある独仏英よりも、初々しい
感じがある東欧にご執心。ステルス的に基地や拠点を東欧に移し始め
てる。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/11(火) 20:24:19 ID:4UE+0vyy
東欧はアメリカの悪辣さをまだよく知らないからな。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/11(火) 20:28:01 ID:TyuDOyo0
>>16
ソビエトの暴虐を経験すればアメリカなんてかわいいもんです。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/11(火) 20:40:42 ID:7wy4J+lq
5年もすれば「ソ連の方がマシだった」と思うようになるのでは?

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/11(火) 20:46:58 ID:xsTi2Jgm
>>18
最低でも100年以上は必要だろ。
何せドイツ−ロシアの干渉は300年。被害も数百万人と桁違いだしな

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/11(火) 20:48:12 ID:4UE+0vyy
アメリカの中身はドイツとユダヤなのにw

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/11(火) 20:51:27 ID:TyuDOyo0
東欧で民主化後に左派回帰したのはハンガリーくらいかな。
そのハンガリーで総選挙があって左右接戦だとか↓

<ハンガリー総選挙>与党・社会党と青年民主連盟が大接戦
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060410-00000016-mai-int

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/11(火) 21:18:48 ID:dDcQ9I0X
旧東欧で民主化後左派政権を経験してないのはエストニアとラトビアぐらい。


23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/11(火) 21:24:29 ID:TyuDOyo0
>>22
左派というと語弊があったかな。
要するに東側時代の与党が返り咲いた例のこと。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/11(火) 22:20:38 ID:8hEM2oR7
欧州に限らずだが、フラッグキャリアの航空機がその政治スタンスを表してるような
感じがする。ボーイングを自国の主力機に据えてるのが親米(イギリス・ポーランド・オランダな
ど)、エアバス主力が親EU(フランスとか)、大型機はエアバスで小型はボーイングあるい
はその逆パターン、双方折半の二股型(ドイツや中小国)って具合に。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/11(火) 23:09:38 ID:y1u7a0Mv
ハンガリーのジュルチャーニとかいう首相は、ハンガリーのブレア
といわれてる人物で、左派といっても純粋に左派といえるかどうか。
選挙が接戦だからブレアが応援にハンガリーにやってきてたし。
ふつう欧州の左派はブレアが嫌いで応援になんて絶対よばないのに。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/11(火) 23:40:09 ID:8hEM2oR7
>>25
社民主義からリベラルへ移行するという本当に「第三の道」に突っ走ってるのがブレア
だから、同じ路線を言いながらも旧来型の大陸型社民主義から抜け出せない左派からみ
れば自分たちが守旧派と映るので嫌がるのは当然だろう。その中で東欧の左派は過去の社会
主義の経験とイメージ払拭を兼ねて、それに近い感じがある大陸型とは距離をおきたがってい
る。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 03:02:14 ID:/0ZbzTmP
なるほどユーロコミュニズムと称した従来の路線から抜け出せない西欧に対して
かつての共産主義との差別化を図る必要にせまられている東欧では第3の道が政策として
訴えやすいのか。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 09:02:51 ID:TQWOI9Ma
西欧がミュンヘン会談や、その後の冷戦下の民主化運動支援に消極的だったこ
とで反西欧の意識が左右を問わず根付いてることもある。だから、東欧の民主化に
積極的だった連中(ネオコンとかソロスなど)がいるアメリカへの親近感が強いの
は当然。またローマ教皇と並んでレーガンの強硬策がソ連を弱体化させて民主
化を進展させた、我々を解放してくれたのはそのおかげという認識が東欧・バルト
三国あたりでは常識化しており、その反動で西側は何もしなかった上にソ連と談合
して我々を苦しめた輩という反発が30代以上の世代にはある。


29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 09:10:06 ID:Cjrb4pyl
イタリア総選挙、まあ当然といえば当然の結果に。。。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 09:15:40 ID:Cjrb4pyl
【オランダ】移民試験に「踏み絵」 イスラム教徒外し? 同性愛・女性の裸映像見せ…[060318]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1142638160/

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 09:16:23 ID:Cjrb4pyl
◇オランダ移民試験に「踏み絵」 イスラム教徒外し? 同性愛・女性の裸映像見せ…

【ロンドン=蔭山実】移民申請者に試験を義務付ける制度がオランダでスタートし、
論議を呼んでいる。申請者は、同性愛や裸の女性といったシーンを含む映像を
見なければならず、イスラム教徒の嫌悪感を誘って申請を断念させるのが目的だと
指摘されるからだ。オランダ政府は自由を謳歌(おうか)する国家への理解を
促すためと主張するものの、イスラム教徒らの反発は根強い。

オランダは第二次大戦後から移民を受け入れ、移民社会の存在を容認してきた。
だが、移民増加で犯罪が増える一方、オランダ語を話せない移民が七十万人にものぼり、
政府は移民政策の見直しに乗り出した。

一方、オランダにもイスラム過激派によるテロの脅威がおよび、二〇〇一年の
米中枢同時テロ後はオランダに多いモロッコ系移民が問題になっている。〇四年には
著名な映画監督がイスラム社会を糾弾する作品をつくったとしてモロッコ系イスラム教徒に
殺害され、反移民感情に拍車をかけた。

十五日から導入された新たな試験は、移民申請者の出身国にあるオランダ大使館で行い、
オランダ語のほか、「国会の所在地はどこか」「コショウをもたらした植民地はどこか」といった
社会や文化に関する常識テストを実施する。

しかし、欧州連合(EU)や北米、日本、オーストラリアの移民申請者は試験を免除されており、
特定の民族を排除する意図があると批判が出ている。しかも、合格するにはオランダの
現代社会を象徴する例として同性愛や裸の女性のシーンを交えた映像を
事前にみなくてはならない。

試験を発案したリタ・フェルドンク移民・社会統合相は「鉄のリタ」と呼ばれ、年間の移民の
受け入れ数を三割以上削減してきた。政府側が「試験は移民の同化促進が目的」と
主張しても、同国のイスラム教指導者は欧米の世俗文化を嫌うイスラム教徒を標的にした
移民排斥だと譲らない。(以下略)

ソース(goo 産経新聞)http://news.goo.ne.jp/news/sankei/kokusai/20060318/m20060318012.html

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 09:17:45 ID:Cjrb4pyl
思うんだがなんでそういう「下品」な文化が嫌いなのに、そういう文化が根付いてる国(欧米とか日本とか)に行きたがるのかな<イスラム教徒
日本も移民希望者にAVとか見せたほうがいいかもしれん

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 14:00:55 ID:izItdBVu
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060412AT2M1200712042006.html
仏の新雇用策、議会審議が早くも紛糾
【パリ=奥村茂三郎】

仏国民議会(下院)は11日夜、政府が撤回を決めた「初期雇用契約(CPE)」
の代替策となる機会平等法改正案の審議を本会議で始めた。野党、社会党は
代替策実施に伴う財政悪化などの点で与党を攻撃、審議が一時中断するなど
初日から荒れ模様となった。
法案は低学歴や失業率の高い地域出身の若者を雇った企業に対する助成が柱で、
2006年の事業費は1億5000万ユーロ(約215億円)。社会党は歳出増を問題視。
与党は、06年については費目の付け替えや予備費で対応できるとの政府
見積もりをもとに反論した。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 19:18:23 ID:1IJrXUnR
ttp://www.nysun.com/article/30759
NYSun:ヨーロッパの意志の、集団的な喪失

筆者はヨーロッパの指導者や知識人が凋落に向かっているという。それは自己の文化的基礎を失い
安易なアンチアメリカニスムに流れ、イスラムの挑戦からの逃避や社会経済の改革建て直しからの
逃避に走り、問題を直視し、立ち向かう意思をなくしているという。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
昨日はヨーロッパにとって暗い日になった。フランスとイタリーが経済改革への取り組みから
大きく後退したばかりではなく、ヨーロッパのこれらの偉大な国が(社会・経済改革より)大きな
挑戦から明らかに退いたのだから。ユダヤ・キリスト教的ヨーロッパの市民社会はイスラム
からの挑戦に対峙する意思を集団的に喪失した。

ヨーロッパのエリートは昨年のEU憲章の国民投票失敗で消えた欧州統合の夢から醒めていない
ロマノ・プロディはその欧州憲章の承認に向かって再挑戦するかもしれない。

もしそうなれば、私は予言するが、それは失敗する。EUは更に分裂的になることであろう。
フランスとイタリーは英米的な開放市場経済と開放社会を否定するかもしれない。
しかし他の欧州の国はアングロサクソンのモデルを受け入れるだろう。

では、そうしたイタリーやフランスの変化はアメリカにとって何を意味するのか?イタリー軍の
イラクからの撤退は大きな問題ではない。いずれにせよそれは撤退を予定していたのだから。
フランスの経済改革失敗もアメリカにダメージを与えない。欧州の四大国の二つが間違った
方向に進むとしても、メルケルのドイツは緩やかではあるが正しい方向に向かっている。(後略)

#しかしアメリカは英国と共に、西欧世界をまとめてイスラム勢力に対抗すべき役割はあるのだ
#からブッシュ政権は欧州へのエンゲージメントに注意深く取り組むべきという。
#筆者はイタリーがスペインのような内向化にむかうかもしれないし、フランスは国内の分離分裂
#が進むのではと憶測している。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 19:36:57 ID:9PYvZyUR
ヨーロッパが全部アメリカみたいになってどうすんだ。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 19:52:42 ID:NJbPeGS6
欧州のアンチアメリカはもうピークをすぎた というのをどっかでみたぞ。
一部のサヨ知識人とかメディアはまだアンチアメしてるが。

特に、ムハンマド風刺画事件の影響が大きく、あれで欧州はイスラム社会への
不信感を抱き、アメはあれにくらべりゃずっとまし というか
ブッシュがヴァカをやる理由が何となくわかってきたとうノリになってるとか。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 20:10:34 ID:y8U206hQ
> しかし他の欧州の国はアングロサクソンのモデルを受け入れるだろう。 

他の欧州って、どの欧州だw

ヨーロッパでアングロサクソンをやるかも知れないところは、
ポルトガルしか思いつかないが。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 20:12:53 ID:9PYvZyUR
それはおかしい。
アメリカのメディアは一貫して自粛してきた。
近代自由社会に悖る国じゃないか。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 20:30:52 ID:NJbPeGS6
ちなみに、その欧米接近の証が、イラン問題やハマスへの
欧米の一致した応対にあらわれているとか。

アメリカがイランを空爆した場合、欧州がそれに荷担しないにしても
イラクんときみたいに対立しないで、黙認するのではといわれている。
アメリカでは逆に、「ソフトな欧州、ハードなアメリカ」という役割分担で
やった方がいいのではという論調も出てきたりして。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 20:33:16 ID:y8U206hQ
たかが空爆なら、

イランじゃなくてもアメリカはいつもやってますよ。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 20:39:54 ID:NJbPeGS6
でも、イランにはやってないだろ。 誰によるかによって軍事行動は意味が全然違うよ。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 20:46:42 ID:Cjrb4pyl
【オランダ】移民試験に「踏み絵」 イスラム教徒外し? 同性愛・女性の裸映像見せ…[060318]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1142638160/


個人の自由をとても重んじる欧州は、アメリカよりもはるかにイスラムと価値観的に言えば相性が悪い
実はアメリカの保守派・キリスト教原理主義のほうがイスラムに価値観が近い(創造論・避妊中絶の禁止・性的な文化や同性愛への嫌悪感)

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 20:52:08 ID:irZECSvf
いわゆるリベラリズムと対極にある価値観がイスラム教だからな
性差の役割分担を厳格にしてるところといい、欧州とは死んでも合わない

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 20:59:36 ID:Cjrb4pyl
イスラムに対抗なんてする必要なんてないんだよ
ただ「イスラム教徒の移民お断り」にして、放置しとけばいい
勝手に戒律に縛られて衰退する
そのうち自分たちの愚かさに気付き、イスラムを捨てるだろう

折れの予想では将来イスラム教に限らず宗教そのものが減退するね
実際欧州では無宗教が増えてるしね

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 21:03:09 ID:8yf/vf0t
そうそう、イスラム教徒はイスラム国に閉じ込めておけばいいんだよ。
ついでに価値観似てるアメリカのキリスト教原理主義者もそこにブチこんどきゃいい。
どうぞ勝手に清く正しい生活を送っていてください。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 21:10:48 ID:Cjrb4pyl
イラクなんて放置してみんなで軍引き上げればいいのにね
彼らは殺し合いたいんだから殺し合わせとけばいい
そのうち分裂でもして自治始めるだろう 無理にひとつの国にまとめる必要はない

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 21:24:06 ID:yFI8Lqj9
欧州にイスラムの移民が少なくなったら、その穴を埋めるのは中国かな。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 21:29:28 ID:izItdBVu
>>47
ttp://lemonodaso.exblog.jp/2007744
ドイツ元首相ヘルムート・シュミット氏へインタビュー

私はEUのやり方に満足をしていない。このままで行くと失敗は免れない。
フランスのジスカールデスタン元大統領もまったく同じ考えである。
EUにトルコが加盟した場合、トルコ人は大挙してヨーロッパにやってくる
だろう。特にドイツにやってくる。トルコはヨーロッパの文化を壊す。 
過去にドイツに来てドイツ国籍となったポルトガル人、スペイン人、ギリシャ人
はドイツ国民として動く。ところがトルコから東の人々たちはドイツに来て、
ゲットーや敵意(反独主義)を作る。そこから問題が起こる。最初に来たの
トルコ人たちは1950年代から1960年代にやってきた人々でドイツ人社会に
なじむことができた。2番目に来たはトルコ人は違う。彼らは妻をトルコの
東から連れて来て、イスラムとしてドイツに残りスカーフをしている。それが
もしも中国人だったならずっとましである。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 21:32:24 ID:Cjrb4pyl
中国人は他人の国にきて「この国の文化は不道徳だ」なんて言い出さないからね
むしろその「不道徳な文化」を利用して稼ごうとする
日本もイスラムの移民だけは増やさないほうがいい

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 21:37:36 ID:8yf/vf0t
>>49
たしかにw
日本も風俗とかギャンブルの世界、中国人結構いるよなあ
やっぱ戒律のある宗教を持たないってのは強いね

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 21:45:45 ID:yFI8Lqj9
ヨーロッパは中南米から移民入れればいいんでない?
そしてムスリムはアメリカへ行くw

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 21:50:35 ID:8yf/vf0t
アメリカもイスラム教徒はお断りだろ。。。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 21:55:06 ID:Cjrb4pyl
だってどこの国でも問題起こしてるもんな<大量のイスラム移民
イラクとかだってほっときゃ良かったんだよ、別にどこの国を侵略しようとしてるわけでもなかったんだから
フセインぐらいの圧制じゃないと、あの状況だとひとつの国に収まらなかったんだろう
民主化するってんなら北朝鮮のほうがはるかにたやすい
別に何かのカルトにハマってるわけでもない、ただの個人崇拝だ
民族対立も宗教対立もない

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 22:03:52 ID:f/S8TP/y
>>53
中東に石油がなければ放置プレイでいいだろうけどね。
 せめて世界経済の血液が石油と言う状況がなくなれば・・
石油に代わる主なるエネルギー資源が早く必要だろう。

今後の数世紀にまたがる世界の問題児は中東かも知れんね。
アジアはどうこう言っても漸進はしているし、
アフリカですら長期的に見れば纏まる気配が見えるし
中東の場合、イスラエルとパレスチナの問題はちょっとやそっとで
解決しそうもない上、カルト化した宗教権威に政治的豪腕独裁
富の偏在・・石油が重要でなくなった場合でも
混沌とした紛争地帯として残りそうだし・

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 22:04:09 ID:yFI8Lqj9
イギリスのパキスタン系は?

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 22:08:24 ID:Cjrb4pyl
石油が必需品でなくなったとしよう
今は石油で持っているイスラム国も、どうしようもなくなり、資本主義を受け入れざるを得なくなる
結果としてイスラムを捨てることになるだろう

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 22:12:43 ID:Cjrb4pyl
欧州はハマスへの援助停止・イスラム教徒の移民拒否と隔離政策に出始めたね
戦争なんてしてイスラム国を滅ぼしても、難民が他の国に押し寄せて、結局そこで移民問題が起こる
そして憎悪が原理主義への傾斜を生む。逆効果だ。

放置・隔離。これが一番。結局これが、自らイスラム教を捨てるのを促進させることになるだろう

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 22:25:31 ID:yFI8Lqj9
テロをやったりする奴は
入国試験なんかでは軽くパスするような
世俗的な層から出てるんだけどな。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 22:27:39 ID:8yf/vf0t
いや、やっぱ貧民多いよ
アジアの各国でテロ騒動起こしてるのも、貧乏なイスラム教徒だ

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 22:36:20 ID:i1vrRcKA
つうか結局内向きになってるってことだからな。
アメリカへの対応という面でも、アメリカがブッシュドクトリンを取るなら
逆方向向いてるとしか言い様がない。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 22:45:31 ID:yFI8Lqj9
>>59
そりゃ親の代は貧しくなければ移民にこないさ。
でもたとえば911テロに関与したとされるザカリア・ムサウィは
フランス生まれフランス育ち。親はモロッコ系移民だがはモスクにも行かず、
クリスマスを祝うような家庭(父親は離婚して母子家庭)。
十代のときには白人の彼女がいた。
職業高校を出たあとロンドンの大学に留学してる。
こんなのスクリーニングできるか?

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 22:45:45 ID:8yf/vf0t
>>60
逆方向ってどことどこの話?

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 22:47:34 ID:/0ZbzTmP
CPE終わっても「勝利デモ」とかいって続けてるみたいだな。あんなのゴロツキだろ・・・
労組はさっそく中小企業向けのCNP撤回デモを計画してるというし・・・

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 22:48:22 ID:i1vrRcKA
>>62
今までの共和党政権と今のブッシュ政権の違いと同じさ。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 22:48:55 ID:Cjrb4pyl
>>61
それでも、親の代で止めてれば、入ってきて増えることもないだろ

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 22:49:43 ID:Cjrb4pyl
>>64
内向きってどこの話?

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 22:52:09 ID:8yf/vf0t
イスラムに限らず、宗教は今後確実に衰退するだろうね
欧州でも法王の権威は失墜するだろうし、アメリカのキリスト教原理主義も長い命じゃないだろう

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 22:54:47 ID:eyk/297l
>>66
西欧のことだろ

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 22:55:06 ID:Cjrb4pyl
正直なんで聖書だのコーランだのを妄信できるのかがわからない

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 22:55:49 ID:Z88fUWHv
日本の左派が羨望視する欧州の社民主義あたりの政策を見ると公共事業重視に保護政策、補助金漬けの許
認可行政という昔の自民党政治同じようにしか見えないんだが。日本の55年体制は自民党の欧州型社民
主義と社会党や共産党のソ連型社会主義の社会主義対決だったってことか?

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 22:58:21 ID:Cjrb4pyl
外向きの政策ってイスラム教国を軍事力で滅ぼすことか?究極のアホ政策だろ
無理やり民主化したらより過激なイスラム国家になるだけ
繰り返すがイスラム国は放置・イスラム教徒は移民お断りで隔離、これが一番

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 22:58:31 ID:eyk/297l
>>67
だとしても上下の波があるだけで一方的に衰退はしない
衰退と興隆の半永久的な繰り返し

人気の上下はあれ法王の権威が失墜までするなんてありえないし
アメリカはキリスト教原理主義者が作った国だし

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 23:01:01 ID:Cjrb4pyl
>>72
失墜するよ
だって昔のどこぞの誰かがいったことを検証もしないで妄信するだけって、どう考えても理不尽だろ
ヨーロッパでは無宗教増えてるし、仮に一応信仰していても、日本の仏教みたいに祭事の宗教になりつつある

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 23:01:34 ID:i1vrRcKA
>>71
ブッシュに言ってやれ

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 23:02:22 ID:YcatbCOm
宗教と共産主義は、人間に戦争と不幸しかもたらさなかった
科学と資本主義は、人間に進歩と幸福をもたらした

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 23:03:36 ID:eyk/297l
>>70
公共事業といっても自民党の土建業と北欧型社民主義の社会福祉じゃまったく分野がちがう
土建業は資本集中型産業で利益が一部に寡占されるから納税者は所得税や消費税に反対する
社会福祉は特に社民国家の場合資本分散型で納税者一人一人に確実にリターンがあるからかなりの増税も納得できる

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 23:05:57 ID:eyk/297l
>>73
失墜はしないね
冠婚葬祭だけの時代もあれば生活全般に影響する時代もあるその繰り返し

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 23:06:17 ID:YcatbCOm
公共事業も福祉もある程度必要だよ
その程度が問題だが、修正資本主義である以上セイフティーネットの構築や富の再分配をするのは当たり前
そして金融政策で景気の波を小さくするのも当たり前

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 23:07:26 ID:Cjrb4pyl
>>77
繰り返しながら確実に影響力は小さくなってるよ

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 23:08:47 ID:eyk/297l
>>73
法王の権威はカトリック教徒には不動
信仰の度合いは教会と信者の相対的な関係の中から生まれるもの

ちなみに俺んちは神道だが

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 23:10:21 ID:Z88fUWHv
>>27

言われるとおり。社民主義から民主という部分を抜いたのが社会主義な
わけだから東欧では大陸型は魅力的には映らない。かといって北欧型は負担
が重すぎて受けるとは思えない。そこでイギリス型ってところだろうな。
また東欧の場合、チェコとか一部を除けば極左派が弱いし、連立を組もうもの
なら袋叩きにされるからどうしても左派は有権者の中間派あたりの支持が必
要になるという事情もある。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 23:10:29 ID:Cjrb4pyl
【ドイツ】ローマ法王を戯画化したアニメが5月から放映予定 教会が抗議する騒動に[04/11]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1144767798/

オランダみたいに無宗教者が多い国ならともかく、カトリック教徒が多数を占める国でこれだからなあ。。。やっぱ弱くなってるんじゃない?

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 23:13:44 ID:JMAs39F3
無宗教で資本主義の国が最強だな
ああ、どうりで極東アジアが躍進してるわけだ

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 23:17:43 ID:Cjrb4pyl
自分の外側の何かを崇拝しちゃダメなんだよ

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 23:28:05 ID:Z88fUWHv
社会福祉で見ればそれが薄い国ほど信仰熱心、逆に厚い国ほど信仰不熱心という一定の法則が
ある。アメリカは社会福祉が薄い国だから、信者獲得の狙いで金持ちや信者から寄付を集めて
それで低所得者向けに病院をしたり、給食を提供したりと手広くやってる。教会の規模にもよるが
福祉の不足をある程度は補ってる。だから必然的に生活に宗教が絡んでくることが多い。


86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 23:30:40 ID:JMAs39F3
日本は社会福祉が薄くなるからカルトが流行るとか、いや杉

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 23:32:23 ID:okx3JM59
http://blogs.yahoo.co.jp/taska1016

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 23:45:05 ID:yFI8Lqj9
2ちゃんねらーは靖国教にハマってるじゃんかよw

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 23:45:35 ID:PHi10VAX
>>81
馬鹿だなぁ。東欧は北欧型を望んでるんだが、原資が無いから出来ないだけだよ。
よって東欧のアングロサクソン化は絶対無いね。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 23:47:00 ID:JMAs39F3
2ちゃんねらーと一まとめにしないように。俺は靖国神社がなくなっても何の痛痒も感じない

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 23:53:40 ID:Z88fUWHv
>>89
出来ないから、その妥協としてイギリス型を目指すんだよ。福祉の原資を稼
ぐために人件費が安いのをメリットに資本主義を徹底させる。それをさらに進めた
のが北欧型。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 00:40:17 ID:/ufymN3K
東欧はデフレ政策で通貨を上げるだけでいいじゃん。
ユーロじゃないから可能。
輸出が減る分、対外投資でリターンを求める。
これで完璧。

実際にポーランド、チェコ、ハンガリーはその方向に向かってるようだ。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 00:41:05 ID:/ufymN3K
つまり東欧はアングロ型社会を通過せずに北欧型社会になれる。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 00:43:06 ID:/ufymN3K
>>84
それじゃ無宗教自体が宗教化してるよw
弁証法的には自分の内側である自我そのものも自分の外側の何かになるんだよ

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 00:55:10 ID:uSYxbizH
いい加減人類も神様から卒業しないとな

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 01:16:49 ID:ZWnTTHj3
>>92
その3国は>>89氏から見れば「原資がある」国なんじゃないの

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 02:09:35 ID:/ufymN3K
>>95
神様や仏様はメタファーで、自分の中に存在する思想であって、自分の外の存在ではない

同時に無神論者の拘泥する思想も同じもの

だが本当の無神論者なんてほとんどいないよ

無神論者の心の中でも意識下の超自我としてたとえば親が存在したりする

結局人は自分の中に創造する何者かによってコントロールされていて
それをメタフォリカルに意識すれば神仏ということで宗教になるし
ダイレクトに認識するなら心理学の超自我というやつになる

宗教は先鋭化しない限りはごく自然な対応行動であって健康なものだ

意識しない、というかできないやつはただの脳足りんだw

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 03:03:48 ID:23zuamj6
宗教は無くならないよ。人間の本能に織り込まれてるから。
日本の場合、江戸時代以降仏教の影響力が弱くなっていって
戦中戦後の混乱に乗じて新興宗教が育ってしまった。仏教が
ケアしていればねぇ。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 10:55:36 ID:uSYxbizH
http://sta-atm.jst.go.jp:8080/14050802_1.html

>宗教はカトリック33%、プロテスタント約25%、無宗教40%である。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 10:59:37 ID:IFdsYP3n
>>97
あなたは弱い人間だ

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 11:08:02 ID:uSYxbizH
【イラク】「ミス・イラク・コンテスト」の優勝者、「不信心」と脅迫受け優勝を辞退[04/12]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1144857475/

>イラクは旧フセイン政権崩壊まで中東の中でも宗教的な締め付けが最も弱い国の一つだったが、
戦後はイスラム教シーア派やスンニ派の原理主義勢力が影響力を拡大している。
女性にヘジャブ(頭髪を隠すイスラムのスカーフ)の着用を強要したり、
酒店が爆破されるなど、社会の「イスラム化」が進行している。




軍事力でイスラム教徒を改宗させることなど不可能 逆効果
カルト信者は放置が一番

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 11:18:51 ID:Ga1AaRFj
>>101
イスラムに回帰したからって問題が解決するわけではないのに。
問題から目をそらしてるだけじゃないのか?共産主義と同じ臭ささ
を感じるなそういうのって。マレーシアのマハティールがそういう退行
性を痛烈に批判してたなあ。あれは同じ反米でもコヴァといった反米連中
とは違い別格。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 11:30:14 ID:uSYxbizH
彼ら(イスラム教徒)は問題の解決など目指していない。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 11:33:25 ID:uSYxbizH
そもそも自分たちの娯楽を制限(酒類を制限させたり、女の肌の露出を制限させたり)して何のメリットがあるのだろう
自ら人生の喜びを放棄してるだけではないか
人生は享楽が一番大事だというのに、一体なんで戒律なんかを重んじるんだろう

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 11:35:42 ID:ln0FcaO7
俺だったら逆に女は肌を露出しなきゃならない、っていう戒律を作るけどなw

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 12:13:40 ID:BuGFChCS
ttp://france.blogtribe.org/
フランスの大企業にはCE(企業委員会)を設けることが義務付けられ
ており、CEの財源は企業の給与合計額の一定の率を会社側が支払う
ことで確保されている(率は法律で決まっているので企業が自由に
決めることはできない)。CEのサービスはすごい。旅行や遊園地、
映画や各種スペクタクルの割引から本,CD,DVDの貸し出し、スポーツ
クラブの割引、店での買い物割引、大きいところだとスポーツ用品の
貸し出し、クリーニング、写真現像、クラブ活動などもある。サービス
は必ずしも無料ではないが、非常に安価に提供される。
たとえば以前エントリーした子供のコロニー。子供1人を2週間の
コロニーに送るとだいたい700ユーロくらいかかる。子供が3人いたら
これだけで2100ユーロ、一ヶ月分の給与が飛んでしまう。ところがCE
経由で申し込めば半額以下になることが多い。つまり1000ユーロ
もらっているのと同じことになる。このように年間何度か(さすがに
補助の上限は設けられているが)CEを利用して旅行に行き、CEが
なかった場合の金額と比較してみるとかなりのプラスアルファである
ことがわかる。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 12:14:51 ID:BuGFChCS
クリスマスシーズンには家族構成に従ってCEから商品券やカタログ
から自由に選んだおもちゃが配布されたりもする。
CEは従業員50人以上の企業にしか設置されないので中小企業で働いて
いると上記のメリットはまったくない。だから給与金額だけを比べても
あまり意味がないのである。そしてCEのあるなしは実質給与に大変
大きな影響を与える。
自社製品の割引販売があったりするのは日本でも同じだが、EDF
(電気供給会社、今民営化に向かっている)の従業員は電気代がタダ、
というのには驚いたりする。民間企業ではないがEDFやパリのメトロ
公団RATPのCEの待遇の厚さは有名である。
このような高待遇家庭でぬくぬくと育てられた若者はそれ以外の条件で
働くなど想像もつかない。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 12:21:09 ID:uSYxbizH
>>97
君は自分の外側の何かを信じているのか?俺は神も親も信仰してないが

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 16:35:09 ID:xEfdRiTh
100
人間は弱い生き物と言うけれど、
その弱いとこの場合の弱いは意味が違うのか。


110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 16:47:35 ID:Dsbl0wEL
無神論者も無神論という宗教に凝り固まるとうざいことこのうえない。
もちっといい加減に生きてもらえば他人の迷惑にもならないだろう。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 17:40:40 ID:ln0FcaO7
オランダでイスラム教が女性を虐げていると告発し、監督が殺された映画「服従」。衣装がなぜかシースルーw
http://ayaanhirsiali.web-log.nl/log/2292608


オランダ、移民問題
http://ukmedia.exblog.jp/i34/


http://www.exblog.jp/blog_logo.asp?slt=1&imgsrc=200510/09/26/c0016826_23342887.jpg

>反イスラム系移民の立場から急激に人々の支持を得るようになったのが同性愛者で元社会学の教授ピム・フォルトゥイン氏だった。
>増える犯罪や高失業率と移民問題とを結びつけて厳しい移民規制を訴え、二〇〇二年三月、氏の率いた政党がロッテルダム市議会選挙で圧勝した。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 17:43:02 ID:D8tlbOXf
>>97
オランダってカルヴァン派の牙城と思われてるが、どっちかといえばカトリック国家なんだよね。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 17:43:16 ID:uSYxbizH
いわゆる自由主義(リベラリズム)という立場から言うと、保守的で自由を抑圧し、ジェンダーを固定する価値観をもつイスラム教は糾弾すべきものなんだろう
一方で異なる文化を持つものを尊重する立場から見ると。。。

どっちが右で、どっちが左かわからなくなってくるな

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 17:44:23 ID:uSYxbizH
>>112
>政府の二〇〇二年の統計によれば、十八歳以上のオランダ人口の中で、キリスト教信者と答えた人は五十二%だが、四十%は無宗教と答えている。
>イスラム教徒と答えたのは五・五%だった。

>国民の半数が信者として挙げたキリスト教だが、実際に定期的に教会に足を運ぶ人の割合は少ないと言われている。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 17:45:30 ID:uSYxbizH
日本にもイスラム教徒を入れすぎるとエロ文化を規制しろとかギャンブルや酒を規制しろとか言い始めるかも知れん
そんな息苦しい国はごめんだ

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 17:57:20 ID:GT6hDfiV
そうだ。だから宗教キチガイ国家アメリカとは距離をおこう。

「児童ポルノが違法でない」国は138カ国
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0604/08/news001.html


117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 18:05:19 ID:uSYxbizH
http://www.diplo.jp/articles01/0104-5.html

 ヨーロッパとアメリカの最も大きな違いは、社会の中で宗教が占める地位にある。こうした国々に移住したムスリムは初めて世俗的な社会の中で生きることを余儀なくされる。
そこでは、宗教的な規準は、もはや社会生活においても政治においても中心的な位置を占めることがなく、ますます私的な領域へと追いやられていく。その点で、ヨーロッパとアメリカとでは状況は異なった様相を見せている。

 国家と宗教との厳格な分離にもかかわらず、アメリカは依然として西洋の中で最も宗教的な国である。
70%の市民が神を信じ、90%が毎日ないし週に1回は祈りを捧げている。70%が何らかの宗教団体に属し、40%が毎週礼拝に出かけている。
しかし同時に、ヨーロッパで見られるような宗教心の衰えを示す指標(宗教的行事への無関心、性的な自由など)が上昇している。
こうした逆説的な状況は、宗教的慣行が個人の問題になりつつあることを示している。そこでは、新たなかたちのもとでの宗教の再生と、宗教からの離脱とが併存する。
宗教が脱制度化され、宗教的信条の地位が下がることを世俗化と限定するならば、ヨーロッパは世俗化が完結した唯一の地域だといえる。

 従って、アメリカのムスリムは、ヨーロッパのムスリムよりも日常生活を送りやすい。宗教活動が当然のこととして認められているため、イスラムの信仰表明も社会に受け入れられる。
イスラム教はアメリカの宗教地図の中の、他の宗教と同等の構成要素にすぎないのだ。
また、イスラム教は、高い改宗率が示すように、ヨーロッパの状況とは比較にならないほど伸長している。
これは黒人系だけでなく、ラテン系やアングロ・サクソン系のアメリカ人にまであてはまる。




118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 18:06:37 ID:uSYxbizH
日本も世俗化結構進んでるな

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 18:07:08 ID:krqP+0Kt
>>116
その記事、最後の一行がどうも気になるな。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 18:13:15 ID:ln0FcaO7
日本も価値観・宗教観的にいうとアメリカよりも欧州に近い
小国・宗教心の希薄・伝統的に性的な文化に対して寛容・閉鎖的・・・

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 18:18:01 ID:ln0FcaO7
フランスの事例
http://blog.tatsuru.com/archives/001354.php/

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 18:25:28 ID:D8tlbOXf
>>114
だからオランダ人は宗教とうまく折り合いをつけているが、結局はカトリックなんだね

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 19:05:02 ID:ln0FcaO7
というか基本無宗教
上手く折り合いはまったくつけてない
イスラム教徒の問題は非常に大きい

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 19:07:56 ID:uSYxbizH
日本に近いお
いや日本人で「無宗教」ってはっきりと答える人は少ないから、日本より脱宗教化してるかも

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 19:10:26 ID:ln0FcaO7
いや少なくないだろ、結構いると思うぞ<日本の無宗教
オランダみたいに4割以上いるとは思わないけど

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 19:12:01 ID:VVKoGCQE
寛容な社会を守るために、非寛容にしなきゃならないなんて皮肉だな

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 19:57:24 ID:2S7yT11o
ttp://online.wsj.com/article/SB114470634808922206.html
WSJ:アメリカ政府はヨーロッパをイスラム過激派の新しい前線と見て、増大する脅威と認識
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
WSJのアシスタント・マネージング・エディターであるFREDERICK KEMPEの書いている
シンキング・グローバル」コラムがヨーロッパ移民の中に生まれている欧州製のイスラム
過激派について書いているもので、従来余り注意されてこなかったけれど新たな脅威だという。

上院外交委員会で証言した国務省次官補の欧州担当、Daniel Friedは「イスラム過激派は
グローバルな現象だが、西ヨーロッパに起こっている過激派は、その性格と米国への潜在的な
脅威の可能性において注目に値する」としている。

欧州諸国内部の移民コミニティの中に発生するイスラム過激派に対してアメリカは直接に
手を下すことはできないから間接的な手法で欧州諸国を支援することしかできない。

アメリカは従来からの諜報や警察などの協力・支援に加えてイデオロギーの戦いの為の
ソフト・パワーを追加する。その方法は過激派イスラムに対抗する穏健派イスラムを支援する
ことで、イスラム主流派である穏健派の汎大西洋的交流を促進する。アカデミックな学者や
研究者の交換プログラムなどを活用して指導者を養成する。国務省は欧州と米国のイスラム
の交流イニシアチブを計画している。

しかしアメリカも欧州の経済停滞による失業や移民イスラムの若者の社会的孤立、差別などの
問題には対処できない。これらの経済・社会的環境が欧州の移民イスラムの二世、三世の
欧州社会への同化を難しくしている。

ある高位の政策立案者によれば、今後20−30年でヨーロッパは今よりも危険な分裂した地域
になるか、あるいは「近代的イスラム」つまり民主主義や西欧的価値と整合的なイスラムの
台頭がおこるのか、そのどちらかだろうという。

ユダヤ教がキリスト教に発展した歴史に見るように宗教の近代化への変身は可能性がない
わけではない。問題は、その主体となるべき穏健派イスラムが沈黙を守り、知的な分野での
リーダーシップを発揮していないことである(後略)

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 20:02:11 ID:2S7yT11o
この「欧州のイスラムの影響と方向性」というのは、日本国内では全く議論されていないけれど
一部の欧州とアメリカの知識人の、現在の最大級にホットなテーマではないかと思う。

>>34 NYSun:ヨーロッパの意志の、集団的な喪失

に紹介した評論にも同じような危機意識があって、一部欧州諸国のイスラム移民が人口比で
5%〜10%に達している現状では大変重大なものなのだろうと思われる。

文化的な背景の全く異なる移民なりが人口比で1%とかであれば、文化的多様性の尊重とか
多文化的共生とか言っていれば良いかもしれないけれど、5%とかになると(オランダのゴッホ監督
暗殺事件でオランダ人が外国に逃避するように)そういうお花畑の議論では問題が解決できない。

幸いにも日本国内の非同化外国人の比率は5%とかには程遠いから、国策を誤らなければ日本は
この問題を回避できる(アメリカはヒスパニック移民の比率が高くてある種問題だけれど、イスラム
のような過激さや脅威ではないような)

それとは別に、イデオロギーの戦いにおいては「サイレントマジョリティ」のなかからリーダーシップ
を発揮できる人材を養成しなくてはいけないという(アメリカ人の)発想は興味深いものが。


大変大雑把な言い方をすれば、ひとつの社会が長期的・安定的に包含する対立的な宗教なり
民族なりの異質勢力の人口比率が、問題の深刻さを決めるように思われて:

1%・・・・・国内のいざこざの発生する程度
5%・・・・・国内の対立が大きな紛争を生む程度(パリ郊外暴動、オランダの暗殺事件)
20〜30%・・何かのきっかけで「内戦」の発生するレベル、旧インド、旧ユーゴスラビア・・

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 20:07:41 ID:uSYxbizH
ブッシュのイラク戦略は完全に破綻している
武力で民主化なんてしても、憎悪からより宗教色が濃くなるだけ
結果として原理主義勢力が民主主義下において力を持つ

【イラク】「ミス・イラク・コンテスト」の優勝者、「不信心」と脅迫受け優勝を辞退[04/12]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1144857475/


イスラムに力で対抗なんて、ばかばかしい
ただイスラム系移民を入れなきゃいいのさ

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 20:11:28 ID:aFxcqcBk
ヨーロッパも新しいイスラム系移民はできるだけ入れないようにしてるよ
ただ、一世の子孫が増えて問題が起きてるみたいだね
なんでイスラム教徒は繁殖力が強いんだろ


131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 20:12:50 ID:YGAZk8Gs

イスラム急進派ら、「プレイボーイ」編集部に投石=インドネシア
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1845288/detail

なんで男なのにエロ本嫌がるのかわけわかめ

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 20:16:51 ID:ASRYALZQ
>>34の上5行はそんな感じがあるかもしれないね、最近のEUとアメの
関係をみてると特にEUの閉鎖性というか反発を考えさせられるとこある。
ニュー速+でこないだ都民の外人比率1%で結構みんな、ひーひー
言ってるんだし、麻生の「おまえら自分の胸に手を置いて考えてみろ」
発言とか鑑みると、移民や日本国内における外国人の割合というものに
ついて一定の「制限」を議論するべきだとおもうよ。
移民の国アメリカでさえ、口ではいいこと言うけど、いざ人種的現実問題
となるとうまくいってないのは見え見えなんだから、あんまり他国から
どうこう言われるか気にせずに日本はどうするのか、そろそろ決めてほしいね。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 20:23:45 ID:YGAZk8Gs
割合っていうかイスラム教徒は全面お断りにすればいいんじゃね?

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 20:28:08 ID:0SGrZCSV
非同化というのは考えさせられるな。
日本人はどこへ行っても簡単に同化するけど、
イスラムに中華は同化しないな。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 20:28:25 ID:uSYxbizH
そう。
ヨーロッパは日本並に閉鎖的だし、差別も多いし、そして宗教心も薄い
アメリカのほうがムスリムにとっては生きやすいみたいだな
いまだに創造論を学校教育に入れろとか中絶禁止にしろとかいうカルト宗教勢力が強い国だから

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 20:30:14 ID:YGAZk8Gs
中国人も同化するよ
そしてちゃんとその社会で儲ける
どこの国でもギャンブルや風俗の世界は中国人が必ずいる
カジノ行くと中国系の多さにびっくりする
ユダヤ人と並んで入り込むのが上手いと思う

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 20:33:07 ID:Wg7DdwQj
タイの華僑なんて名前もタイ名だし王室も尊敬するしねえ。

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 20:33:39 ID:LA5IWipK
>>135
アメリカのそういう勢力にも困ったものだな
あまりアメリカ以外の国に移民したりしてないから、そこまで問題は大きくなってないが、ブッシュになってからは軍事力で侵略という手段を取るようになった。。。


139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 20:36:38 ID:uSYxbizH
まあブッシュやめたら孤立主義に戻るでしょ

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 20:37:59 ID:LA5IWipK
タイでもテロ騒動起こしてるのはムスリム

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 21:00:45 ID:krqP+0Kt
ユダヤと中華は直接争うのを避けて住み分けてるように見えるな。
そんで喧嘩するときは必ず後ろで手を引いて他人にやらせる。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 21:00:54 ID:tBzUdlcu
アメリカのイスラム教徒って、2世・3世あたりになるとアメリカのライフスタイルに慣れてて
仮にイスラム原理主義組織に加入してもあまりの環境の厳しさに音を上げて逃げ出したり、同じイスラム
教徒に危険分子とFBIにチクられるとか、欧州のそれとは違って多少はアメリカナイズされるみたいだが、
この違いは何?

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 21:04:20 ID:uSYxbizH
>>142
http://www.diplo.jp/articles01/0104-5.html

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 21:46:39 ID:/99ygQ2j
まあ日本人ほど、すぐ現地に同化して埋没してしまう人種は居ないからな。
そういう我々から見ると、何代にも渡って同化せずにコミュニティーを
形成してるのは不思議に見えるな。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 21:53:16 ID:uSYxbizH
日本人も中国人もコミュニティは作るよ
でも、自分たちの文化に執拗にこだわったりしない
なんだって食べるし、なんだって着る

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 22:59:55 ID:BuGFChCS
ttp://members.jcom.home.ne.jp/u333/ithink040118doituhaeunoitiin.htm
アメリカとの同盟関係に対するドイツの依存度は、ますます小さくなり、EUに
頼るようになっている。
遅くとも今世紀の半ばにはEUは完全に機能するようになる。1950年から2050年
までの1世紀で、それぞれ別の言語、歴史、文化を持ったいくつかの国が融合
する。たやすい仕事ではないが、成し遂げる。

↑ドイツにとって駐留米軍の存在はそれほど重要ではないのかな。
欧州やその近辺で何か紛争が起きてもEU軍で対応できると考えているのか。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 23:54:53 ID:tBzUdlcu
>>146
アメリカがドイツの代わりをポーランドや東欧にさせようとしてるから僻んでるじゃない
のか。ブルガリアと基地協定を結んだりとステルス的に少しずつ東欧諸国へ重点を
移してるようだ。ただ部隊を伴う駐留がないからそれが目立たないだけ。あと何年か
するれば東欧での共通言語がいままでのドイツ語から英語になったり、ドイツ人
ビジネスマンがアメリカ人ビジネスマンに代わったりするだろう。

>EU軍で対応できると考えているのか。

できないだろう。コソボやその前のボスニア内戦でさえアメリカの登場なしに
解決できなかったのだから。アメリカに対抗するにはEU軍の軍備強化が必要と認識
しててもイザやるなるとその膨大な費用に尻込みをして今の現状でいいと甘えて
しまう。そのためアメリカとの差が益々広がりEUはさらに弱体化するという危機に
直面してる。




148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 00:05:51 ID:gXWsZ+FC
つか、このお人は頭が20世紀でとまっているように見受けられる。
安全保障の考え方も全然適応できてない、というかそも安全保障についての考えがない。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 01:31:58 ID:sIG6RR8I
>>131
見たくないなら自分が見なければいいだけなのに、なんで他人の見る権利や表現の自由まで侵害しようとするんだろう

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 01:36:26 ID:LeIMxvcb
それはアメリカのキリスト教原理主義者とかにも言えることだな
多分自分たちの住む社会には「神聖」であってほしいんじゃないか
価値観を押し付けられるほうはいい迷惑だが


151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 01:48:47 ID:sIG6RR8I
ベルルスコーニがすごく往生際が悪いみたいw
てか負けたら捕まるってマジ?

http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1144946386/

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 17:04:16 ID:/oKTCdIA
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/europe/fra/news/20060414ddm007030049000c.html
フランス大統領選:社会党の元閣僚・ロワイヤル氏浮上 「初の女性」期待
−−世論調査
【パリ福井聡】

フランス政府が若者雇用促進策「初期雇用契約」(CPE)の撤回に追い込まれた
余波で、来春の次期大統領選に向けた最新の世論調査で野党・社会党のセゴレーヌ・
ロワイヤル元家庭・児童担当相(52)が、サルコジ内相、ドビルパン首相の
両与党候補を抑えてトップに立った。これまで「社会党内での基盤が弱い」と
されてきたが、党内からも支持の声が上がり始め、フランス史上初の女性大統領
誕生に期待が高まっている。

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 17:05:23 ID:/oKTCdIA
ロワイヤル氏は女性であることに加え、党内の有力政治家同士の抗争に巻き込まれて
いない新鮮な印象が強み。ただ党内基盤の弱さや、財政・外交分野など主要ポストの
経験がない点が課題とされてきた。
野党に追い風が吹く中で、本来中立であるべき社会党幹部のアンドレ報道官や
ブティ書記らもロワイヤル氏支持を表明。同党筋は「半年前は彼女を推す声など
皆無だったが、今や冗談ではなくなった」と話す。パリ政治学院のレニエ教授は
「彼女への支持が伸びているのは、左派が刷新を求められていることを体現して
いる」と話す一方で、「真の挑戦はまだ始まったばかりだ」と警告している。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 17:08:33 ID:bQdeD/57
>>147
ポーランドにはポメラニアに大規模なソ連軍基地の跡地がそのままそっくり残ってて、
その気になれば米軍はすぐに大軍をそこに引っ越せる状態にある。
が、ロシアを無用に刺激したくないので、現在のところここへの米軍移転は保留。

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 19:48:44 ID:sIG6RR8I
【パレスチナ】アラブ諸国、パレスチナに対するEUの兵糧攻めに反発、「新たな過激主義を招きかねない」と強硬姿勢を非難[04/14]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1145010071/

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 19:51:14 ID:sIG6RR8I
【モナコ】国王が北極探検へ プレーボーイのイメージを変えるため?[060414]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1145005416/

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 19:53:28 ID:Oe6XcAvr
>>153
隣国ドイツでも女性のメルケル政権がなんとかなってるもんな。
フランス大統領は国家元首とはいえ、女性大統領でも抵抗感薄くなってきてるのかも。


158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 19:53:56 ID:Y490EdGN
ttp://www.nytimes.com/2006/04/14/world/europe/14europe.html?ex=1302667200&en=86712dbb906195a8&ei=5090&partner
News Analysis
Europe Stalls on Road to Economic Change
By RICHARD BERNSTEIN Published: April 14, 2006

NYT(ニュース分析):ヨーロッパは経済界核の途上で失速する

イタリーの選挙の接戦に見られるようにヨーロッパでは分裂した世論と指導制を失った政府の
為に、改革が失速しているという強い思いがあふれている。


"ドイツ銀行の内部フォーラムでウォルフガング・ノヴァクは「ヨーロッパの全ての人がこのままでは
駄目で改革が必要とわかっている」「けれども、同時に、全ての人があらゆることをやるので、物事
は変わらない」"

"「欧州諸国の政治指導者は、何をすべきかをわかっていて、それは天才的でなくとも解ることだ」"

"ノヴァクは「メルケル首相は党内の基本的な難問は解決した」「問題はSDPが残っていることだ」"

"ロンドンのグラントは「政治家のリーダーシップ欠如が問題だ。それに欧州大陸の知識人の
雰囲気は経済の自由化に大変敵対的なことだ」「自由経済に反対する連中の見方は、
自由経済というものはディッケンズの(クリスマス・キャロルのような)世界で、老女が街頭で
泣き子供が労働に供されるような世界だ。"

"イタリーの選挙について、レ・リパブリカ紙は書いている「ぱちんと罠に掛かったようなものだ。
(完全に二つに票が分かれたので)イタリーは毒さそりに刺されたようなもので、あらたな政府を
樹立することもできず、かといって古い政府を続けることもできない」"

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そういう欧州に毒を与えるサソリというのが誰かといえば(責任の所在は)

@政治家、A知識人(空想的理想的なユーロ・第三の道や欧州統合王国の夢を売る)、Bメディア

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 20:02:15 ID:sIG6RR8I
【イタリア】総選挙で敗れても、劣勢覆したベルルスコーニ首相の粘り腰に脚光[04/13]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1144946386/

>世論調査で劣勢だった中道右派が猛追した理由として、
首相の「住宅税撤廃の公約」が挙げられている。
投票が迫った3日、プロディ元首相とのテレビ討論会で、最後の切り札として突然宣言した。




これ、ベルルスコーニは財源どうするつもりだったんだろ・・・

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 20:03:58 ID:LeIMxvcb
権力を失ったら汚職で捕まるかもな

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 20:06:26 ID:LeIMxvcb
>>158
アメリカもそうだし、そもそも世論ってのは分裂してるもんだ

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 20:12:04 ID:5MYfJFCN
ブッシュもイスラムも嫌い
キリスト教にしろイスラム教にしろ宗教基地外は息苦しい
欧州や日本ぐらい、いい加減なのがちょうどいいよ

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 20:15:28 ID:JNX70CvG
http://192.168.207.1/index.html

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 20:35:30 ID:sIG6RR8I
【イタリア】「イラク介入は不当」「できるだけ早く撤退する」と、選挙勝利のプローディ氏[04/12]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1144855287/

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 20:38:29 ID:EUYJG9FV
日本もさっさと自衛隊引き上げればいい
イラクに軍を置いといても何の利益もない
民間人の派遣も、復興援助もする必要ないよ 無駄
貴重な税金や人手をそんなことに使うな

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 21:15:08 ID:/oKTCdIA
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/europe/ita/news/20060413ddm007030050000c.html
欧州:分裂から親和へ 政治停滞、各国共通の課題
 
イタリアで親米のベルルスコーニ首相から親欧州のプロディ氏に政権が
交代する見通しとなり、今後の欧州政治はフランス、ドイツ、イタリア
という大陸主要3カ国主導の「欧州第一主義」が主流となる方向が
強まった。ただ、雇用問題で混乱する仏をはじめ欧州では今、社会改革
の激しい葛藤が各国政治を揺さぶっている。伊の政局混迷が長びけば、
政治的リーダーシップ不在による改革停滞が、欧州全体の課題として
一層深刻化する可能性がある。
欧州連合(EU)行政機関の最高ポストである欧州委員長を04年に
プロディ氏から引き継いだバローゾ委員長は「プロディ氏は欧州の利益
のため積極的に活動した。この路線継承を確信している」と祝意を表した。
EUは欧州憲法の頓挫や東欧からの労働者流入規制などで拡大プロセスが
滞っているだけに、委員長在職中にユーロ導入や25カ国体制拡大などで
EU統合を推進したプロディ氏への期待は大きい。


167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 21:17:45 ID:/oKTCdIA
プロディ氏が仏独スペインとの関係強化を打ち出していることも欧州の
変化につながる。仏やスペインのメディアは「ベルルスコーニの退場は
ローマにとって良いニュースだ」(仏リベラシオン紙)などと評価。
欧州各国首脳で今回の総選挙結果に落胆しているのは、ベルルスコーニ
首相の別荘で休暇を過ごすなど親密な友情関係にあったブレア英首相
だけ、とも言われている。
イラク戦争によって欧州は、英伊スペインの親米連合と仏独などの
反イラク戦争組に分裂した。しかし、スペイン(04年)と今回の伊で
親米政権が敗北。ブレア英政権も求心力が著しく低下した。
一方、独は反イラク戦争のシュレーダー政権に代わって保守派のメルケル
政権が登場したが、メルケル首相はあからさまな親米路線はとらず、
仏との協調を重視する姿勢を貫いている。イラク戦争で傷を負ったブレア
首相も、本質的には対米関係と対欧州関係のバランス重視論者である。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 21:18:48 ID:/oKTCdIA
とはいえ、与野党伯仲の中でプロディ氏が指導力を発揮できずに終わる
懸念は、欧州各国の間で強い。英インディペンデント紙は「この選挙は
イタリアの政治にこれまで以上の不確かさを生み出した」と書いた。
独仏伊はいずれも失業や財政赤字などに苦しむ一方で、改革を推進する
強力な政治基盤を欠き、有権者の意識も割れている。少なくとも来年の
仏大統領選が終わるまで、欧州政治の停滞は続くとの悲観的な見方もある。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 21:27:22 ID:sIG6RR8I
欧州はアメリカに擦り寄らないが、イスラムも拒否するって感じか

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 21:28:58 ID:uXl+jE1B
欧州政治がどーのこーのいう以前に、まず経済的保守主義の問題を
なんとかすべきだろ。

なんで、こう頭が妄想している知識人は現実から遊離したがるのかねえ。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 21:30:22 ID:sIG6RR8I
■パレスチナ援助停止承認へ EU外相理事会

 【ブリュッセル10日共同】欧州連合(EU)外相理事会が10日、2日間の日程でルクセ
ンブルクで開かれた。3月の大統領選での不正を理由にしたベラルーシへの追加制裁や、イス
ラエル承認を拒否しているイスラム原理主義組織ハマス主導のパレスチナ自治政府に対する直
接援助停止を正式承認する見通し。
 欧州委員会は7日、ハマスがイスラエル承認や暴力放棄などに応じていないとして自治政府
への直接援助を当面停止したと発表した。米国もEUと連携し援助停止を正式発表しており、
ハマスへの圧力を強めている。
 しかし、ハマスは強硬路線は変更しないとしており、EUがテロ組織と認定しているハマス
に今後、どう対処していくかを討議。
 ベラルーシに対する追加制裁に関しては、6日の大使級会合でルカシェンコ大統領ら高官
31人にEUのビザ(査証)発給禁止措置をとることで合意した。

ソース:(共同通信) - 4月10日18時50分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060410-00000160-kyodo-int

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 22:06:37 ID:46xjOOl5
イタリアやフランスを見てて思うが、西欧の場合右にしろ左のエリートに
しろどちらも空疎なことに走った挙句、社会の硬直化と停滞を招いてるのを見れ
ば知識人偏重のエリート主義に問題があるのは分かるはずなのに、欧州の連中はなぜ
こうもエリートが好きなのかね?

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 00:13:10 ID:4NaafUGA
>>172
イギリスもエリートが社会を引っ張っているが、この国の場合、懐疑主義や
経験論の伝統があったのが良かったのかな?
大陸諸国の場合、中国・韓国の徳治主義(有徳者が国民を感化先導する)に
似た考え方があるのかもしれない。

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 00:21:41 ID:+HHc3gB2
イギリスだって、ちょいと前は英国病といって、悲惨なもんだったさ。
だから、サッチャーの評価が高いわけで。
ブレアも労働党をかえたことで評価されてるし。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 01:13:12 ID:CoHGECwl
>>173
政治もイギリスの二大政党制と大陸諸国の多党制で違うからな。
ドイツは二大政党制に近いけど、連立の場合が多いし、イタリアやフランスは連立政権ばかりだ

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 01:25:12 ID:LTiBlKLX
イギリス流のプラグマティズムは
本質的にはどうだか知らないが結果として日本と相性がいい。

アメリカもそれを受け継いでいる面もあるが
大陸的要素もかなり入っている希ガス。

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 01:33:02 ID:VSHNYaQT
大陸諸国の為政者やオピニオンリーダー達は
どのくらい自国の現状に対する危機感をもっているの?
(それとも打ち出の小槌でもあってすべて解決できる?)
欧米は他国の危機には敏感に反応するけれど、自国のそれには反応が鈍いように思う。
逆に日本では昔から野党をはじめ有識者と称する人たちの
日本危機論が目立つ。

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 02:08:06 ID:CoHGECwl
危機感というか、指導力の問題ジャマイカ?
総論賛成各論反対は何処の国にもある

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 02:13:16 ID:LTiBlKLX
議員ハンストで新工場断念 仏で日系企業
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060414-00000227-kyodo-int

 【パリ14日共同】東洋アルミニウム(本社・大阪市)のフランス子会社の工場
新設計画にからみ、地元選出議員がハンガーストライキをしていた問題で、東洋ア
ルミニウム側は14日、工場新設を断念。議員は入院先の病院でハンストを中止す
る考えを明らかにした。

 東洋アルミニウムの青木正博取締役らが同日朝、調停に乗り出したサルコジ内相
と会談。フランス南西部ピレネーザトランティック県アクスにある子会社が同県ラ
ックに工場を新設する代わりに、既存のアクス工場を可能な範囲で拡張、追加コス
トはフランス政府などが負担するとの議定書に調印した。


180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 02:13:18 ID:eDNCbEOk
イタリアではベルルスコーニが「住宅税をなくす」といって得票数を上げたらしいが、日本でそれをやったら「財源はどうする」と叩かれまくっただろう


181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 02:15:14 ID:eDNCbEOk
【英国】死後3年超の白骨死体発見 TVと暖房ついたまま、未開封のクリスマスプレゼント[06/04/14]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1145012553/

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 07:36:30 ID:4NaafUGA
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060415AT2M1400B14042006.html
EUの企業買収法案、加盟国が防衛制限の採用見送り
【ブリュッセル=下田敏】

欧州で外資から自国企業を守る動きが広がっている。フランス政府が外資に
よる自国企業の買収に介入する姿勢を鮮明にする中、ドイツやオランダも
過剰な買収防衛策を制限する欧州連合(EU)の新ルール採用を見送る。
企業再編を促すEUの方針とは反対に、加盟国は代表的な買収阻止策である
「毒薬条項(ポイズンピル)」の容易な行使を認めるなど、保護主義へ傾斜
してきた格好だ。
EUは買収提案を受けた企業による過剰な防衛策を制限することなどを
盛り込んだ法律(指令)をすでに制定。加盟国はこれに沿って5月中に国内法
を整える義務を負っているが、自国の事情に合わせてEUルールを選別し、
独自に防衛策を強化する動きが出ている。

↑もうEUダメポ。





183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 11:27:47 ID:28fqhdLV
日本で自由主義への対抗とするには日本のサヨあたりが礼賛する欧州の大陸型社民主義ではもはや
ダメだろうな。今回のフランスの騒ぎやEUの体たらくを一般の日本人も知り始めてるし、大陸型っての
は案外昔の自民党政治と共通点や被るところも多いから自民党政治とどう違うのかと言われれば困るん
じゃないの。その進化した北欧型かそれの高税・高福祉を弱めたイギリス風の第三の道かだろうな。

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 11:35:49 ID:28fqhdLV
>>154

アメリカ軍のリストラ政策の影響もある。何より米国内の基地整理も
進めてるから海外基地の新設や移転はよほどの理由がない限り「国内の
基地存続を優先しろ」との意見が強い議会が認めないという政治理由も大
きい。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 12:25:52 ID:eDNCbEOk
>>182
アメリカも似たような動きが出てるよね

【米国】企業買収審査に国家情報長官も参加 上院が立法化【3/31】
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1143775711/

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 12:28:26 ID:sHHEkQE8
アンチグローバリズムっぽくなってきてるな


187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 12:31:57 ID:eDNCbEOk
【EU】フランスの外資買収阻止に対して欧州司法裁判所提訴への手続き開始[06/04/05]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1144205414/

【フランス】滞在許可にはフランス語必須・サルコジ内相が新移民法案[06/03/30]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1143687996/

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 12:32:51 ID:eDNCbEOk
EU諸国の排外主義の台頭には一体どういう理由があるんだろう

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 12:33:59 ID://KdOUxL
アメリカもいずれ孤立・排外主義に向かうと思う

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 12:37:18 ID://KdOUxL
>>188
・移民や外資企業により、職が奪われているとの嫌悪感
・イスラム教徒が増え、欧州の自由な価値観が侵害されるとの危機感

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 12:44:27 ID:eDNCbEOk
>>189
力づくで民主化すればすばらしい国ができるという夢が完全に潰えた今、アメリカもそうなるだろうね。

http://www.nikkei.co.jp/sp1/nt57/20060415AS2M1500115042006.html

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 12:50:14 ID:L50LS1nf
>>190 微妙に違うと思うな。
・移民や外資企業により、職が奪われているとの嫌悪感が、政府の無策のせいであると言われないようにするための予防策
・イスラム教徒が増え、欧州の自由な価値観が侵害されるとの危機感に対する政府の無策を指摘されないようにするための予防策

どちらも積極的な動機によるものではなく言い訳がましいという点がポイントかと。

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 12:57:48 ID:eDNCbEOk
>>192
無策というか、それらに対抗する政策は必然的に排外主義になるんでそ
国民の支持もあるんだろうし

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 13:00:19 ID:eDNCbEOk
ただ雇用問題は移民のせいばかりではないよね

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 13:03:04 ID://KdOUxL
中国なんかは外資企業を積極的に誘致することで逆に雇用を生み出してるな

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 13:09:46 ID:eDNCbEOk
経済悪化の憎しみはまず移民とかに向かうよね
昔はユダヤ人、今はイスラム教徒
そのうち欧州にイスラム教徒の強制収容所とかできるかも

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 13:35:08 ID://KdOUxL
【パレスチナ】欧米からの援助停止でも「塩とオリーブで生き抜く」とハニヤ首相[04/15]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1145075378/

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 14:04:19 ID:iq6sdSIN
>>193

ユーロでマクロ経済政策がとれず、労働規制がきついままなら雇用問題なんか解決しようがない。
外資と移民追い出しても失業者であふれかえったままだろう。
人や金の流れを不自由にして経済発展するなら北朝鮮は地上の楽園だろ。
それに自由な価値観を守るために排外主義になるなんか矛盾そのもの。

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 15:25:23 ID:eDNCbEOk
>>198
>それに自由な価値観を守るために排外主義になるなんか矛盾そのもの。

別に矛盾じゃないだろう
実際オランダでは同性愛者の政治家がイスラム移民排斥を唱えている

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 15:26:14 ID:eDNCbEOk
http://ukmedia.exblog.jp/i34/
http://www.exblog.jp/blog_logo.asp?slt=1&imgsrc=200510/09/26/c0016826_23342887.jpg

>反イスラム系移民の立場から急激に人々の支持を得るようになったのが同性愛者で元社会学の教授ピム・フォルトゥイン氏だった。
>増える犯罪や高失業率と移民問題とを結びつけて厳しい移民規制を訴え、二〇〇二年三月、氏の率いた政党がロッテルダム市議会選挙で圧勝した。

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 15:33:25 ID://KdOUxL
たとえば自由に移民を許可して、イスラム教徒が半分ぐらいになったとしよう
インドネシアのように、エロ本の出版社は投石を受け、同性愛は非合法化されるかもしれない
寛容な社会を守るためには、非寛容さも必要なのだよ

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 15:43:32 ID://KdOUxL
以下もオランダの事例

【オランダ】移民試験に「踏み絵」 イスラム教徒外し? 同性愛・女性の裸映像見せ…[060318]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1142638160/

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 15:45:29 ID:Ys9RTgV9
でも所詮欧州の色がついた自由なんだよな。
一夫多妻や日本のロリアニメには不寛容なんだろ。

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 15:49:43 ID:GWzZNMOP
このマスコミの伝言情報というのが
本人から 直接 対面してとってきたというものでなくて
盗聴して 本人が話しているのを きいてきたという なんともいかがわしい
しろものである

もちろん 本人確認も 一回もとってないし 外部者が 本人に接触する
のも業者が 拒んでいるので テレビ局も裏もまったく取れていない 
にもかかわらず
このような 伝言を 政治家 経営者に 無責任に流している
朝日新聞  NHK  TBS  日本テレビ は 取り潰すべきだろう

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 15:50:07 ID:Okojxrz1
自由なんてどの国にも最初からない
自由を信奉してるのはお花畑の人間だけだろう

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 15:51:18 ID:eDNCbEOk
欧米では「自由」というのは非常に重要な価値が置かれるよ
ブッシュが口にしていたのも「自由のための戦い」だ

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 15:53:59 ID://KdOUxL
フランス革命やアメリカ独立に多大な貢献をしたフリーメーソンの教義も「自由・平等・博愛」

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 16:18:07 ID:4NaafUGA
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/europe/news/20060415ddm007070067000c.html
グローバル・アイ:フランス新雇用策撤回 根強い民営化アレルギー=西川恵
 
フランス政府が10日、若者雇用促進策である「初期雇用契約」(CPE)を
撤回したことに外国メディアの論調は一様に厳しい。
スペインのパイス紙は「フランスは一時的に混乱に終止符を打ったが、問題は
CPEの代替案がないことだ。労働市場の改革が必要な時にだれも議論しよう
としない」と、フランスの思考中断に警鐘を鳴らす。米クリスチャン・サイエンス・
モニター紙は「フランスをはじめ欧州の多くの国が必要としている労働市場の
柔軟化にとって大きな損失」と指摘。フランスのCPE撤回が他の欧州諸国の
労働市場改革にも影響するだろうと予測する。

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 16:19:20 ID:4NaafUGA
パリ発行の米ヘラルド・トリビューン紙は「労働市場改革がフランスで
日の目を見るには今後何年もかかるだろう」と、若者の広範な抗議行動
はフランス政府にトラウマとなったとみる。「バール、バラデュール、
ジュペ、そしていまドビルパンと、この30年間、フランスの経済を
再生させようと試みた首相らはみな討ち死にした」と英ガーディアン紙。
CPEをめぐるフランスの1カ月間の混乱は、グローバル化に対する
懸念、警戒感がいかに人々の間で強いかを見せつけたが、国家主導型の
経済を民間主導へ移していく過程で起きたあつれきともいえる。
フランスでは17世紀半ば、ルイ14世の宰相コルベールが中央集権的
な重商主義政策を推し進めて以来、近年までコルベール主義と呼ばれる
経済・産業の国家主導が伝統となってきた。コルベール主義の終えんが
言われ出したのは80年代後半、それまで国営や国策会社だったテレビ局、
鉄鋼、運輸・輸送、軍需などの主要企業に民営化の端緒がつけられた時だった。

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 16:20:35 ID:4NaafUGA
しかしフランス人には、グローバルな国際社会で活躍する企業人、政治家
などは別にして、「民」を「公」より低く見る傾向とあいまって、いまなお
民営化に対するアレルギーが抜きがたくある。国の大きな見取り図の中で
経営がなされる国営企業に対し、民営化によって国の監視を脱した企業は
市場原理に委ねられることで、利潤第一主義に走って勝手な振る舞いを
しかねないというイメージが強くあるようだ。
これは「公」たる国が社会保障を充実させ、過度な競争を抑えて社会正義を
実現すべきだとの社会政策の考えにもつながっている。アングロサクソン流
の「民」を重視した規制緩和、マーケット至上主義、競争原理に対する
不信感と表裏の関係で、労働市場に柔軟性を持たせるというCPEも、
「公」が制御していた労働市場を「民」に委ねると映ったのだろう。
コルベール主義への信奉はまだまだ根強い。

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 17:51:34 ID://KdOUxL
イスラム教徒は教義を変えたりしないのかな


212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 17:53:35 ID:Y5cPhn8q
コーランの解釈次第ジャマイカ?

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 18:06:43 ID:VZ/lR6/Y
325 名前:名無しって何ですか?:2005/12/27(火) 07:14:19 ID:YevwbuuZ
       ________   
       /:.'`::::\/:::::\   
      /::            \
     /::.  /"""  """\ ヽ
     |::〉   ●"    ●" |  
   (⌒ヽ             |)
    ( __     ( ∩∩ )    |
      |  、_____  /   
      ヽ   \____/  /
       \        /
         \____/

         竹石 圭佑
      (1986〜 愛知県名古屋市)

在日中国人の両親を持つ為か、日本語のアクセントがおかしい時が多々ある。
小学生の時に万引きで補導されたらしく、その頃から既に歪んだ性格であった考えられる。

中学・高校時代…意中の女子には露骨にちょっかいを出して気を引こうとし、また、その時の言動は挙動不審で相手に好意があることがミエミエな為、非常に痛々しい。
でしゃばりで、なぜか偉そうな態度をとっていたが、不良学生相手にはビクビクしながら機嫌をとっていたという不可解な面も併せ持つ。
また特に自分より力の弱い女性教員や女子生徒等を格好の的としていたので、その様な人間には異常に高圧的な態度をとり、馬鹿にし、いつも幼稚な悪口や悪質な嫌がらせを考えて楽しんでいた。

相当な目立ちたがり屋で「地球は自分を中心に回ってる」という性格。しかし、何の能力・才能の欠片もなく、ヘラヘラしていただけなので精神が不安定だったとも考えられる。あだ名はダメ石(何をやってもダメなくせに口八丁なので)→デメ石(非常に出目金に似た顔なので)。

愛知県の底辺の大学に通ってるが、名古屋大学医学部を目指しているらしく、医学生になった自分を日々妄想している。
余談だが、KAT-TUNの田中聖をライバル視しているらしい。

※注 これは自分の知っている範囲の竹石圭佑の情報であり、全てではないと思われ。



214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 18:35:28 ID:iq6sdSIN
>>199

彼らが守ってるのは自由じゃなくて、同性愛とかキリスト教だろ。
自由をまもると言って普遍的に見せかけておきながら、実際守ろうとしてるのはローカルな価値観なんだよな。
民主化といいつつ、原理主義者が政権取ったら、制裁加える能登同じぐらい身勝手な話だ。

>>201

それも寛容さ守ってるんじゃなくて、同性愛やぽるの守ってるだけ。何の普遍性もない。
オランダはポルノ愛好家や同性愛のための社会であって、ムスリムのための社会じゃないといってるだけ。
オランダの文化を尊重した範囲での自由や多様な文化を認めるというのは、コーランやシャリーアの範囲内なら何をしてもよいというイスラム社会と本質的に差はない。


215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 18:45:59 ID:eDNCbEOk
>>214
たとえばイスラム教徒じゃない人は、イスラム教徒が礼拝する権利を侵害しないよね
自分に迷惑がかからなければ、好きにすればいい、となる

でもイスラム教徒は、たとえ自分に損害を与えられなくても、他人がエロ本読んだり同性愛にふけったりする権利を侵害しようとする

どっちが迷惑かは明らかだろ?

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 19:07:31 ID:uSvJ/Knh
敬虔なイスラム教徒はイスラム教徒だけの国にすんだほうが、心安らかに暮らせるんじゃね
欧米とか日本とか来ても「女が肌を出しすぎてる」とか「文化が堕落してる」とかいちいち腹立ってしょうがないでしょ
まあ上野あたりで覚せい剤売ってるイラン人とかは敬虔じゃなさそうだから、別に構わないんだろうけど

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 19:08:51 ID:eDNCbEOk
そういうイラン人は礼拝してるとこも見たことないな。
サンバパレード見てニヤニヤしてるし、ああいういい加減な人たちのほうが世界のどこいっても幸せに暮らせそう

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 19:36:32 ID:eO7CZDGQ
>>208
イギリスやアメリカの左派に近い、どちらかいえばフランスにスタンスが近い
ようなメディアからでさえ冷ややかに、批判的に見られるようではフランスも堕ちる所
まで堕ちてるな。選挙に辛勝した欧州型に近いイタリアの左派でも「市場主義の重視」とか
言い出してるのに。もはや他国の左派も大陸型社民主義を反面教師としかみないだろう。

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 20:51:30 ID:iq6sdSIN
>>215

そもそも何が迷惑かということ自体客観的に決まるもんじゃなくて、価値観によって違うでしょ。
それなのに、他人に迷惑がかからないから〜〜というのでは議論にならないと思うよ。
それとエロ本が規制されるのはイスラムに限ったことじゃない(日本でもモザイクもあるし、露出度の高い服を批判する人はいる)し、
イスラムの中でも戒律の解釈はばらばら。イスラムといえば原理主義者しかいないように思われがちだけど。



220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 21:05:24 ID:4NaafUGA
>>218
ドイツの左派は今どんなことを主張してんの?
一昔前は、
「ドイツは民主的・社会的共和国である」
「アメリカ流の競争相手を吸収合併して企業規模を拡大する手法は
略奪資本主義である」
「株主のための価値極大化が推進されると、会社の顧客・同僚・会社の
従業員に対する責任がとれないという危険がある」
「たとえいろいろなやり方で改革や作り替えが避けられないとしても、
我々は社会的国家にとどまるべきである」
なんていっていたが。

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 21:25:43 ID:eO7CZDGQ
>>220
左派も分離してきてる。フランス同様、欧州社民主義の限界にブチあたってる。左派は
それを維持したいところだが社会情勢や経済的にも無理が来てるからそういうスタンスを
取るのは難しくなってる。だから否応なく中道路線への傾斜に迫られているというと
ころだ。でも大陸型社民主義から抜け出すのは難しいようで220にあるような主張が今も
幅を利かせている。それと区切りをつけないと政権にありつくのが難しいのが左派政党の
世界的な問題。

一方で社民党の左派の原理主義的な連中は旧東ドイツの共産党が主体の党と手を
組んで左翼党というのを作ってる。不満票を集めて躍進はしてるけどこともあろうに共
産主義者と手を組んでることと(旧西ドイツは反共意識が高い)、財源根拠を示さずバラマ
キ的な政策を主張したりしてナチスみたいな大衆迎合政党と一般的に評判は悪い、緑の
党でさえ連中を嫌がるといえばどのようなものか分かる。


222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 00:11:46 ID:zuPfZqqY
去年の選挙で圧倒的優位だったCDUが失速して、接戦になったのは選挙で
CDUがフラットタックスなんてこと言い出したからってこと忘れた?

ドイツにネオリベはないよ。

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 00:11:51 ID:pyMeD6uK
ところで、ヨーロッパを冷笑してるようだけど
日本は改革に耐えられるの?
まだまだこれからだよねえ。
外国人労働者は増えるだろうし、
会社が突然韓国の企業に買収されるかもしれない。

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 00:34:44 ID:X+yo3BNC
>>223
仮にウォン高を利用して韓国の企業が日本の会社を買収しても
企業風土が違いすぎて結局は失敗に終わる。

パチンコやサラ金などの韓国系日本企業相手なら話はちがうかも。

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 00:54:05 ID:ACZzSJ93
>>223

別に外資に買収されたところでそこまで悪影響があるわけでもない。
この十年でもいくつも買収されてるし、在日系の企業なら今でもいろんな業種で活動してるわけで。
外資がきたら生活苦しくなるなら、中国もアセアンも成長するはずがないわけで。
そもそも今の日本で必要な経済的改革なんか特にないと思う。

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 01:14:24 ID:pyMeD6uK
いやもちろん外資が来るのは有利だし
現に政府もそれを推奨してるわけだけど
中韓の企業が買収して、株価を上げるためにリストラしまくったりしたら
2ちゃんに限らず国民の世論がどうなるかと思ってさ。
それに小泉改革は道なかばじゃないの?
年金、地方分権、公務員削減、農政・・・

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 03:37:58 ID:aXJ3yFrX
投機目的ならともかく、営利目的ならむやみやたらなリストラは愚の骨頂。
それに改革を遂行するのは政治家だけど、それを推進させるのは国民一人一人。

選挙は大事だよ

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 03:58:42 ID:VK6Wr7Tj
冷笑してるヤツがどんだけ居るのかね。
ダシに使おうってヤツは沢山居そうだが。
「欧州ですら失敗した移民政策」ってのは説得力あってねぇ。

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 09:53:02 ID:rF365qT/
社会市場経済というのは冷戦時代、つまり東側諸国が世界市場に参入せず、
アジアの工業化も起こっていないという条件下でのみ可能だったのかな。

>>221-222
日本と同じく、戦後のドイツを成功させた条件が今では足を引っ張るように
なっているね。


230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 11:24:52 ID:OrFh39b0
>>229
戦後はソ連と冷戦に突入したので共産主義が魅力的に映っては困る、その対
抗として欧州型社民主義は是認されてた。70年代のオイルショックあたりから
その歪は英国病なりいろんな形で見え始めていたがソ連との対決が優先と、欠陥があ
まり重視されなかった。不幸にもその時日本が社民主義的な政策が注目され
導入されており、その構造的欠陥について議論されることなく先送りされていたのが
今になって日本でも問題になっている。不幸中の幸いで長年欧州型をしてた欧州に比べれ
ば日本の場合その一端を導入した程度でマシなほうではあるがそれでも問題解決に苦慮
することを考えれば、欧州のほうはもっと大変だということだ。

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 12:44:11 ID:kWXWIQPr
>>230
現状では労働環境・社会保障は普通の国民レベルで比べたら
日本より欧州のほうが恵まれている。
欧州は今後この恵まれた環境が維持できないということですか?
具体的にはどのようにになるのでしょうか?
それともなんたかんだ言っても現状維持できる?

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 12:54:40 ID:quY3VEIi
>>231
日本もドイツも一つのことをコツコツとやるタイプが
尊敬されるようでは、まだまだ夜明けは遠い。
第二次産業の時代だと、工場が減価償却する
30年ぐらいのスパンで考える方が、
より効率的だったが、今は第三次産業の時代。

何とか、という野球選手の連続イニング出場、
みたいなのがニュースになる時点でダメ。

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 13:33:35 ID:5mdWCVhA
2ちゃんでもモノづくりに執着する声は多いからなあ

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 13:53:31 ID:x7rBEKFJ
>>231
平均寿命も社会インフラも日本のほうが上だよ

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 14:58:23 ID:Vw56L4Dv
日本も超福祉国家なんだよね実は

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 15:07:27 ID:zuPfZqqY
医療費はGDP比であのアメリカよりずっと低いよ<日本

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 15:18:29 ID:ACZzSJ93
>>226

リストラで首切りするかどうかは景気がいいかどうかによるだろ。
不況なら日本人経営者だって首切りするわけだし、好況なら、外資でも雇用を増やす。

>>236

平均寿命とか乳児死亡率見ると日本のほうがいい。日本の医療はコストパフォーマンスが高いということ。
アメリカは訴訟対策の保険とかで余計な金がたくさんかかるようになってる。

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 15:42:57 ID:quY3VEIi
日本の医療は確かに世界一だが、
それは財政赤字でコストを考えずに
突っ込んでるから。

コストパフォーマンスは悪いよ。

医療以外の福祉は先進国でもっとも貧弱だし。

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 15:49:51 ID:K22zC5zW
>>231
ノルウェーみたいにガスがたくさん出て毎年財政黒字という特殊事情の国
は現状維持は可能だろうが、多くの国の場合これ以上の財政支出は無理なの
で現状維持ができないのは明白。だから早晩スウェーデンみたいに個人への課税を引き上げて
高税路線に移行するか、それの個人負担や福祉を薄めた路線くらいしかない。ただスウェ
ーデンとか北欧は企業の競争力を徹底的に高めるように政策はアメリカやイギリス並
みの自由主義路線を採ってる。福祉の原資を得るには企業が効率よくカネを稼いで従業
員を雇用してもらってその給与から搾り取るというシビアな路線。イギリス型もサッチャー路線
をひと段落させて社会政策を重視する路線だけど、それをするためには社会や経済は効率的
で良くないといけないという考えで経済分野でサッチャー路線を否定してるわけでもないと
これまたそれなりにシビア。大陸型の左派がポストケインズ主義としてこれらににどこまで妥協
できるかがカギ。

>具体的にはどのようにになるのでしょうか?
>それともなんたかんだ言っても現状維持できる?

労働分野と医療分野で深刻な事態が起こる。医療分野で特に差が出るかと。
現にスウェーデンは医療費を押さえ込むために医療費がタダな分、安かろう悪かろ
うの日本よりも悪い医療になってしまってるので国民の中にはカネがかかるプライベ
ートクリニックかカネのあるやつはタイに治療に行ったりしてると、「格差」が既に
出ている。日本でも金持ちあたりにそれが広がり始めてるが日本よりも格差が激しい
欧州ならより深刻になるかと。

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 16:03:44 ID:K22zC5zW
>>238
最近は医師会の政治力が弱体化して自民党も相手にしてないから医療費の
削減が日本でも本格的に始まるよ。規制が多い業界だから改革でもしないと
カネがある連中はアメリカやタイへ治療を受けに行くというのが当たり前に
なるかもしれん。

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 16:34:29 ID:IwmtoXXb
325 名前:名無しって何ですか?:2005/12/27(火) 07:14:19 ID:YevwbuuZ
       ________   
       /:.'`::::\/:::::\   
      /::            \
     /::.  /"""  """\ ヽ
     |::〉   ●"    ●" |  
   (⌒ヽ             |)
    ( __     ( ∩∩ )    |
      |  、_____  /   
      ヽ   \____/  /
       \        /
         \____/

         竹石 圭佑
      (1986〜 愛知県名古屋市)

在日中国人の両親を持つ為か、日本語のアクセントがおかしい時が多々ある。
小学生の時に万引きで補導されたらしく、その頃から既に歪んだ性格であった考えられる。

中学・高校時代…意中の女子には露骨にちょっかいを出して気を引こうとし、また、その時の言動は挙動不審で相手に好意があることがミエミエな為、非常に痛々しい。
でしゃばりで、なぜか偉そうな態度をとっていたが、不良学生相手にはビクビクしながら機嫌をとっていたという不可解な面も併せ持つ。
また特に自分より力の弱い女性教員や女子生徒等を格好の的としていたので、その様な人間には異常に高圧的な態度をとり、馬鹿にし、いつも幼稚な悪口や悪質な嫌がらせを考えて楽しんでいた。

相当な目立ちたがり屋で「地球は自分を中心に回ってる」という性格。しかし、何の能力・才能の欠片もなく、ヘラヘラしていただけなので精神が不安定だったとも考えられる。あだ名はダメ石(何をやってもダメなくせに口八丁なので)→デメ石(非常に出目金に似た顔なので)。

愛知県の底辺の大学に通ってるが、名古屋大学医学部を目指しているらしく、医学生になった自分を日々妄想している。
余談だが、KAT-TUNの田中聖をライバル視しているらしい。

※注 これは自分の知っている範囲の竹石圭佑の情報であり、全てではないと思われ。



242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 17:01:43 ID:kWXWIQPr
>>231です。
いろいろ読ませていただきました。ありがとうございます。
欧州の非効率、不便、いいかげんはわたしも知っています。
欧州が手放しですばらしいとは思っていませんが、
なぜこんな社会システムで日本人より働かなくてやって行けるのか
素朴な疑問なんです。
普通のサラリーマンの友人は毎年バカンスで3週間も日本に家族4人でやってきます。
(奥さんは専業主婦)
日本と同様、欧州もつけを将来に回しているようですね。
友人は何かあれば国が面倒見てくれるとぜんぜん危機感がありませんが。


243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 17:12:31 ID:2JCHubCa
塾に通えぬ小中学生に“公立塾”
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060416it01.htm
 経済的理由などで塾に通えない子どもを支援するため、文部科学省は
来年度から、退職した教員OBによる学習指導を全国でスタートさせる
方針を固めた。

日本ではすぐこういう動きになる。
民業圧迫だね。

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 20:18:53 ID:rF365qT/
>>242
>何かあれば国が面倒見てくれる

アメリカと正反対だなー。アメリカの場合自力救済、自己責任の概念が強くて、
市民の武装権まで認められているぐらいだから。

>なぜこんな社会システムで日本人より働かなくてやって行けるのか

欧州でもエリートはバリバリと効率良く働くみたいだけどね。
欧州の場合、道路・地下鉄・住宅といったものの償却はとっくに終わっている
から、昔からあるものを大事に使っていればなんとかやっていけるのでは?
ただ、こういう状態が永久に続くことはなくて、じわじわと衰退していく。

>>230
70年代後半のドイツでは、シュミット政権のもとで「モデルとしてのドイツ」
なんていわれていたが、そのころは社会主義的な政策の歪みは出ていなかったの?

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 20:41:33 ID:x7rBEKFJ
欧州は失業率は高いけど、労働生産性は侮れないしな

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 20:57:06 ID:/srW77iy
>>244
「与えすぎ」と言われるぐらいの社会政策を実施した結果、雪達磨
式に負担が膨らんでいった。そのあとイギリスはサッチャーが出てくる
くらい歪が出ていたのを軽視して。

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 21:05:00 ID:/srW77iy
>なぜこんな社会システムで日本人より働かなくてやって行けるのか
>素朴な疑問なんです。

ある程度高税で賄えるからねぇ。日本とは比べ物にならんくらいの消費税や
日本の倍以上の税金を取ってる。それに人件費はブルーカラーが主体のためか
案外日本よりも欧州は安めだったりする。統計では日本を100とすればフランス
が50とかドイツが60だったりスウェーデンでも70程度しかない。


248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/17(月) 00:07:23 ID:39YJJrYs
ttp://parisparis.exblog.jp/
カスール。主に郊外に住む移民系若者を中心とする無職者層の人々。暴動の際
に投石から放火、暴行行為をする「壊し屋」=「カスール」と呼ばれる。
このカスール対策として、新法案では16?25歳までの「無資格(学校を出ていない)」
若者を雇用する企業に補助金を与え、その財源はタバコなどの税率を上げるとして
いる。この補助金を目当てにどれだけの企業が彼等の雇用を増やすかは定かではない。
いずれにしても、補助金という何でも政府が保護ないし保障するというやり方でよいので
あろうか。「仕事なんかないさ」と言いながら大きくため息をつき、例の肩をすくめる動作
をしてみせる20代から30代のフランス人を何人も僕は見た。それでも彼等は何年も前に
失った職の失業保険で何年もやってきているそうだ。あとは国が保障すればいいという
体質。食べ物や恋愛に対する情熱を仕事に対しては持とうとはしない人がフランスには
多いように感じらる。なんでも国の補助金に頼ろうという解決策は、破綻という結論を先
延ばしにしている。国がこんな大盤振る舞いをしてはやがて国家財政が破綻すると内心
わかってはいるものの、その破滅に向かってとりあえずは進まざるを得ない姿に日本の
年金問題と同様の病巣を感じた。

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/17(月) 00:16:10 ID:PFZ/Y6Mh
失業手当より仕事を作ってやらせたほうがいいのはたぶんそうなんだろうな。
日本はそのへん公共工事でうまくやってきたんだけど、
これからは・・・アメリカを見習って「軍」かな?

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/17(月) 00:26:27 ID:w2nmSynq
母がスイスに行ってきました。
感想として日本の何十倍も先進国らしい国だったそうです。
自分の国に誇りを持ち、いたるところにスイス国旗が掲げられていたそう。
それに対して日本は国旗や国家を否定するものや
愛国心の欠片もないことが異常だということに気づいたらしい。

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/17(月) 00:32:45 ID:PFZ/Y6Mh
>>250
国旗を掲げるぐらいは北朝鮮でもどこでもやってるけど。
あれは強制だというなら、タイや韓国。

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/17(月) 00:35:02 ID:w2nmSynq
>>251
自分の国に誇りを持つことはとても大事ですね。


253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/17(月) 00:43:06 ID:PFZ/Y6Mh
あんたの家では祝日に国旗出してる?
自由なんだからやればいいよ。
うちは爺ちゃんの代までは出してたよ。
親は面倒くさいからやめちゃったけど。

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/17(月) 01:33:33 ID:XIMRFDvF
スイスの愛国心はともかく、
あの国は地下経済で持っている国ですよ。
世界中からアンダーグラウンドマネーが集まる。


255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/17(月) 05:39:53 ID:ZLWxF6W5
スイスは住民の20%が外国人。

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/17(月) 07:45:37 ID:XtV7t5Hc
>>243
民業圧迫になれれば大したもんだ。
ヒステリックに反応し過ぎ。

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/17(月) 10:22:02 ID:39YJJrYs
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060417AT2M1400C16042006.html
オランダ、若者解雇ルール変更・失業の痛み各世代均等に
 
若者の失業問題が深刻なオランダが若者の雇用機会を広げるユニークな制度
改革に踏み切った。企業が人員削減で若者を先に解雇対象とする規定を廃止
し、各世代から均等に解雇者を指名する新ルールを導入。失業の痛みが若年
世代に集中するのを防ぎ、世代間の不公平感を和らげる狙い。
オランダの失業率は全体では4%台だが、若者(25歳未満)は13%台と突出
して高い。企業が即戦力を求めるため新卒採用が少ないうえ、業況悪化による
人員整理では社歴の短い従業員から解雇する規定が労働法にあり、経験の浅い
若者ほど失業しやすい。

↑オランダの労働市場は独仏に比べて柔軟性があるのかな?
以前、ワークシェアリングとかオランダ・モデルなどと持て囃されていたが。
小国だから大国に比べて改革はやりやすそうだな。

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/17(月) 10:32:34 ID:5Kt2VRhO
>>244
70年代はドイツの黄金期だな。
ちなみに60年代がフランス、80年代が日本。
これの意味するところは、
元々の生活水準が低くて、
安い人件費を武器にアメリカに輸出攻勢を
かけてただけだ。今の中国みたいに。

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/17(月) 21:19:01 ID:aba5rzn8
>>257
あると思うよ。国の収入の半分以上は外国からの収入に依存してて、国民の多数が何らかの形で
それに携わってるという事情があるから柔軟性がないと外国にはついていけない。だから政治姿勢も極
右から極左まで自由貿易賛成というスタンスがある珍しい国。改革しないと飯の食い上げになるのは
分かってるから仏独よりはやりやすいと思う。

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/17(月) 22:07:27 ID:FUPyvaRo
「オランダ工場、コスト減必要」 三菱自社長が現地で
http://www.asahi.com/business/update/0417/132.html

 三菱自動車の益子修社長は17日、オランダ工場でダイムラークライスラーの
「スマート」の受託生産が打ち切られた問題について、現地でオランダ首相らと会
談した。会談後、同社長は「オランダ工場はコスト削減が必要不可欠。欧州の生産
拠点は今後も維持したい」と表明した。 オランダ工場は「スマート」と「コルト」
を生産しており、従業員は約2500人。スマート打ち切りで1000人程度に減
らす必要があるとみられる。

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/18(火) 00:18:50 ID:BlcTaBF7
>>238

国民所得比医療費で見て比率が低いわけだから、財政赤字は関係ない。
コストパフォーマンスも医療水準も世界トップクラスだということはWHOも認めてる。

>>242
>日本と同様、欧州もつけを将来に回しているようですね。

財政赤字が子や孫の負担になると思ってるのだろうが、
日本の場合自国通貨での対内債務(貸し手の9割以上が国内)だから財政赤字増えようが子供の負担は増えない。
債務と債権の両方を引き継ぐんだから。

>>257

OECDの報告だと独仏よりは解雇しやすいけど、日本やスイスカナダのほうがもっと解雇しやすく、米英がトップ。


262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/18(火) 03:08:17 ID:mGOC3eFr
欧米年金マネー、商品市場に・貴金属相場などに影響
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060417AT2M1600116042006.html

 【ロンドン=田村篤士、ニューヨーク=藤田和明】欧米の年金基金や公的年金がエ
ネルギーや貴金属など国際商品市場での資金運用を拡大している。将来のインフレ進
行に備える狙いで、株式から資金をシフトする動きも目立つ。関連の金融商品のすそ
野も広がっている。年金マネーの流入は原油や貴金属相場の上昇に拍車をかけそうだ。

 巨額の資金を運用する年金基金などが商品市場へ積極的に資金を振り向け始めたの
はここ数年のこと。市場では原油価格の高騰などでインフレ懸念が台頭しており、年
金運用者の間ではインフレ時に値上がりが見込める商品相場への関心が一段と高まっ
ている。

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/18(火) 11:00:26 ID:bk4+zDhu
欧州の知識人は、日本の経済史や産業政策について大きな誤解をしてきた
ような…
たとえばポール・ケネディは、「日本はコルベールやフリードリッヒ大王も
顔負けの統制政策を断行し、国家主導で近代化を進めた」と書いているが、
日本の近代化において国家が果たした役割を過大評価するのは誤りで、
伝統的で中小規模の企業が果たした役割のほうが大きかったと見るのが妥当。
第二次世界大戦後も、通産省の有能な官僚が経済を指導してきたような
イメージをもたれているが、官僚が支配してきたのは特定の業種に限られて
いるし、政府が介入してきた航空や食品などの業種の国際競争力は弱いし、
ソニー・ホンダ・京セラ・任天堂・セガといった企業は別に国家が育成した
わけでもない。
フランスの経済学者などは、日本では労働力の流動性が極端に抑えられ、
雇用が保障されていたことで、能率を高める新しい技術の導入が進んだ
なんて書いているが、一部の大企業だけを見て日本経済全体を判断している
ように思える。(日本は基本的に中小企業経済)

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/18(火) 11:28:07 ID:5gBhPcJ0
>ソニー・ホンダ・京セラ・任天堂・セガ

セガだけなんか違和感

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/18(火) 11:32:36 ID:Mh29TK/Y
>>263
んー、日本が基本的に中小企業経済っていうのは同意するし、
言いたいことは分からんでもないけど、
その手の人たちが指摘している「日本の近代化」っていうのは、
戦前から戦後復興までの「モダニズム期」のことだと思うけどね。

>>263 さんが例に挙げているようなセガだの任天堂だのは、
そういう時期には何の役にも立たない。
実際、そのあたりの企業が台頭してきたのも「ポストモダニズム期」以降だし、
ソニーや京セラが本格的に国際ブランドになり得たのもそういう時期以後。
例に挙げられている中だとホンダだけはちょっと微妙だけど、
「ポストモダン期」に移行する以前(つまり戦後復興期)に
十分な国際的競争力を持ちえた民間企業は、造船とか繊維で、
要するに戦前から力のあったジャンル。
そしてそれらを政府が後押ししたからこそ早く復帰できた。
そういう部分をはずしてセガとか言われても意味がない。

むしろ日本に特徴的だったのは、モダニズム期からポストモダニズム期への移行が、
他の国には見られないほどスムースだったということじゃないのかね。

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/18(火) 12:12:47 ID:duElhYGi
ホンダは通産省の指導で四輪から締め出されそうになった。

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/18(火) 13:54:08 ID:N2/aacE9
すいません学校のレポートなんですけど・・・
EUは何故成立したか。なんですが、誰かヒントを教えてもらえませんかね・・・


268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/18(火) 14:24:07 ID:WfV7d1Cd
>>263
あっち(欧州)は共産党風に言えば「大企業優遇の国」。大企業はでかい顔
して強いのに、そのしわ寄せで中小企業の足腰は日本のそれよりもかなり弱い。
だからそのステレオから抜け出せないんじゃないのか?

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/18(火) 15:15:08 ID:3DxX2zR9
>>267
第2次で荒廃したヨーロッパでドイツとフランスが
石炭を共同で(ry
ググレ

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/18(火) 15:53:44 ID:5gBhPcJ0
>>267
「シューマン・プラン」から始めるといいんじゃないかな

第2次大戦後、フランス外相?だったシューマンが
西ドイツとフランスで石炭・鉄鋼の資源共有化を進めることで
両国間に二度と戦争が起こせないような仕組みを作ろうとした

共産主義勢力に対抗するという意味もあったし
アメリカに主導権を握られまいという意思もあった

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/18(火) 16:48:22 ID:xvPEj+0Z
>>267
何処の図書館にもEU本はあるから、それを元ネタに汁

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/18(火) 17:23:15 ID:o4rx2rX1
>むしろ日本に特徴的だったのは、モダニズム期からポストモダニズム期への移行が、 
>他の国には見られないほどスムースだったということじゃないのかね。 

逆だろ。バブル崩壊以後全くと言っていいほど
日本がダメポなのは、ポストモダニズムへの以降が
ほとんど進んでないからだろ。

今でも「モノつくり」「製造業」がキーワードになってる時点で、
モダニズムへの過去への栄光にしがみ付く姿勢アリアリ。

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/18(火) 17:26:14 ID:nTmu1rWC
>>267
あまり遡ると、歴史的区切りが難しくなるけど
普通に↓こういうベネルクス三国が面白いとおもう。。。
ttp://www.econ.kyoto-u.ac.jp/~kurosawa/kuukan/presentations/001_02_%8F%AC%93%87%8C%92.pdf

世界恐慌からのウーシー協定構想とか
三国ともに第二次世界大戦中は亡命政府だけど通貨協定を結んだこととか


274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/18(火) 17:30:27 ID:vVs0RJGO
>>272
バカ?

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/18(火) 20:59:42 ID:bk4+zDhu
>>265
他の国では、モダニズム期からポストモダニズム期への移行にあたって、
どんな波乱や軋轢があったのかな?

>>258
ドイツの政治家が以前、日本は戦後アメリカに追随している間、世界第2位の
経済大国どころか、『失われた10年』といわれるようになり、見通しも方向も
見いだせないまま日本国民は自信を失っており、将来中国に追い越されると
断言していたが、
漏れはむしろ、これからのフランス・ドイツ・イタリアといった国々が、日本の
『失われた10年』と同じような状況に直面する可能性が強いのではないかと
思っている。


276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/18(火) 21:57:27 ID:xvPEj+0Z
つーか直面し続けている最中だと思われ。
日本なら十回くらいは政界再編が起きそうな経済状況がここ20年くらい続いてるし

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/18(火) 22:13:17 ID:o4rx2rX1
むしろ日本が仏独伊を後追いしてる。

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/18(火) 22:30:36 ID:FjT7+9BL
そもそも外国人労働者一つとっても、日本が数十年遅れてるんでは?

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 00:11:06 ID:ZoEhdQw0
アレを進んでると考えるならな。

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 00:12:37 ID:+weVp+2Y
進む進まないじゃなくて日本の末路が仏独伊。

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 00:21:52 ID:SXnmNJ0d
>>279
入れずにはすまないでしょう?

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 00:24:57 ID:clxwSBAi
出生率が改善されれば最小限で済むし、アメリカのように移民として上手く取り込む方法もある。
どちらになるかはそれこそ政府の頑張り次第だ罠

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 00:34:18 ID:+weVp+2Y
>>282
だからそれが出来れば、そんなの日本じゃないw

日本人はもっとこう愚劣で、このまま自滅するの。
例えば、フランスやらドイツやらイタリアみたいに。

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 01:14:06 ID:xOAgGUWx
>>281

人口減少自体たいした問題じゃない。入れる必要性がない。
高失業率が続いてることから見ても労働力不足なんか大嘘。


285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 01:20:54 ID:T2m6E5Wr
>>283
巣に帰りなさい。

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 01:25:14 ID:SXnmNJ0d
>>284
スレ違いだからもうやめるけど、
現実に政治・経済は入れる方向に邁進してるでしょ。
反対する政治家は見当たらないんだけど。

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 01:30:12 ID:32NMgBHn
>>280-281
外国人労働者の問題については、日本は仏独と全く事情が異なるでしょう。
仏独ともに経済成長時代の労働力不足を補うために入れた外国人を、今になって持て余している
という状態だけど、日本は高度成長期時代は地方出身者でまかなったし、バブル期にも外国人
労働者の受け入れは極力制限したし(当時、批判はあったけど)。南米の日系人等の受け入れはした
けど、仏みたいに人口の一割になっちゃうような状態には全く及ばないんだし。

経団連は今になって外国人受け入れたがってるみたいだけど、低成長時代で労働力不足になる状況
じゃないのだから大量に入れるのは無理じゃないの。

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 01:31:17 ID:zBXLCb7o
そもそもEUって何故できたのですか?
成立の由来を詳しく教えて下さい。

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 03:16:17 ID:IEsE7lcg
>>287
外国人を積極的に受け入れが挙げ句に、必要が無くなったら放置、
冬になったらセーヌ川のほとりでくたばっている状況。
ドイツじゃ硬直しきった教育制度で外国人は振り落とされて
ハウプトシューレ行き(ドイツ人の親だったら絶対に子供を入れない学校)。

ある意味移民に消極的だと言うことは、必ずしも悪くはない。

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 07:51:04 ID:iZe7UTcP
>>289
しかし、噂に聞いたところでは、某ハウプトシューレへ行くと、
僕のように大学へ行きながら片手間でゲーテへ通ってドイツ語を
学んだものが見ても酷いようなドイツ語のレヴェルの移民二世の生徒
もいるらしい。これが生じる理由はどこにあるんだろう?

しかし、昨日、ある場所(フランス国内)でのディスカッションで、
フランス人のおばさん(もちろん白人)が「シャーリアの中には、
イスラム教徒にテロを起こさせるような規定がある。イスラム教徒は
基本的に全員が潜在的テロリストだ」みたいな発言していて、
正直怖かった。あるとき、僕は、某レバノン人に「イスラムでは
5人まで妻帯O.K.」みたいなことをいうので、「ここはフランスだから、
フランス法に従うのだ。結婚は一夫一妻のみだ」と僕が言うと、
「イスラムではオーケーなのだ」と執拗に抗弁するを見て、
こりゃ駄目だと思った。
結論。フランスも文明の衝突の最前線だ!


291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 10:25:59 ID:IEsE7lcg
>>290
たとえば在独トルコ移民の子がいたとする。
その子の家族はトルコ語を話すわけだが、かといって周りはドイツ人な訳でトルコ語の国語教育を満足に受ける環境がない。
で、一方のドイツ語も母語じゃないから分からない。

結局どっちつかずで勉強についていけずにハウプトシューレ、はい人生終了。

でその子が大人になって子供が出来る。
当然親に学が無いので、子供もハウプトシューレに行く可能性が高まる。

無限ループ

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 10:26:30 ID:Q7clNCYx
>>290
>ドイツ語のレヴェル

移民たちが固まって、一種の「ムスリム租界」をつくっているので、
ドイツ語が話せなくてもその地域で生活していける。
おまけに二世の結婚相手を本国から連れてくることが多いので、
ますます子供がドイツ語を覚えなくなる。

>シャーリアの中には、イスラム教徒にテロを起こさせるような
>規定がある。

イスラム過激派は西欧の思想(例えばアナーキズムなど)の影響を
受けてるよ。

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 11:29:14 ID:ejCgNdHK
正直、大陸型の保守的社民主義は終わった感じだな。日本も社会党がドイツのように
社民化・現実化して政権取って本格的な社民路線をしてたらドイツのようになってた
のかと思うと恐ろしい。社民主義の低迷や混乱を見るにつけ、社会党が万年野党であっ
たのは実は最大の功績?と最近思う。日本の左派は最近の欧州社民主義の弱体化に
沈黙してる感じがするがそれに代わる様な社会モデルを出したほうがいいんじゃないか?
それをするといままで批判してきた自民党政治を肯定しなければならなくなると
いうことに抵抗を感じるかもしれんが、もはや独仏は反面教師になってもモデルにはな
らないのは事実。北欧社民化するかイギリス社民のようにリベラル化するか、それらを取り
入れて国民新党タイプを改変した社民主義を作り出すかのいずれかだろうな。

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 13:20:31 ID:YLLcynKN
日本は自民党が率先してドイツ化を推進してますよ。

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 13:32:59 ID:Ca699oZf
こう考えると、移民のほうがコストが高くつくな。移民を社会に
適応させるには、本当に大変だよ。
やがて、権利ばかり主張して、生活保護だ年金だと騒いでくる。
多文化共生など「夢見る乙女」の妄想だ。

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 14:32:02 ID:Q7clNCYx
80年代に欧米で「日本異質論」が席巻したが、結局あれは何だったんだ?
アングロサクソン諸国はともかく、ヨーロッパ大陸と日本の経済に
それほど大きな違いがあったようにはおもえないんだが。
大陸諸国の場合、天下り、政官財の癒着、終身雇用、株式の持ちあい、
敵対的買収に対する拒否、保護主義といった日本と共通する要素が
多いじゃん。

>>290
>イスラムではオーケーなのだ

ムスリムにとっては、イスラームの真理は普遍的なものであり、神が
全人類に対して示したもの。したがってそれは国家の領域や各国の
国内法を超越すると考えられている。
だから「郷に入っては郷に従え」という考え方は通用しない。

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 14:55:12 ID:1qCPmP7U
>>296
近代国家との相性は最悪だな。
宗教改革でも起きないと無理そうだ

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 15:34:02 ID:+weVp+2Y
イスラム教についての七面独裁抗議は要らんよ。
唯一つ、象徴的なことを述べればよい。やつらは、

  進 化 論 を 否 定 し て い る

からダメなんだ。まあ、アメリカも徐々に斜め上の方向に
言っちゃってる気がするけど。どっちもどっち。

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 15:36:07 ID:+weVp+2Y
>>296
> 80年代に欧米で「日本異質論」

それはアメリカ人の妄想。ヨーロッパの学会では、
アメリカ異質論の方が主流だったよ。

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 16:17:11 ID:BG+MDZOh
日本も欧州も保守主義に立ち返らなければいかんよ。
フランス革命が実際は共産革命だったことを真に反省しないと我々もフランスも。

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 16:31:19 ID:YfBkYtBL
325 名前:名無しって何ですか?:2005/12/27(火) 07:14:19 ID:YevwbuuZ
       ________   
       /:.'`::::\/:::::\   
      /::            \
     /::.  /"""  """\ ヽ
     |::〉   ●"    ●" |  
   (⌒ヽ             |)
    ( __     ( ∩∩ )    |
      |  、_____  /   
      ヽ   \____/  /
       \        /
         \____/

         竹石 圭佑
      (1986〜 愛知県名古屋市)

在日中国人の両親を持つ為か、日本語のアクセントがおかしい時が多々ある。
小学生の時に万引きで補導されたらしく、その頃から既に歪んだ性格であった考えられる。

中学・高校時代…意中の女子には露骨にちょっかいを出して気を引こうとし、また、その時の言動は挙動不審で相手に好意があることがミエミエな為、非常に痛々しい。
でしゃばりで、なぜか偉そうな態度をとっていたが、不良学生相手にはビクビクしながら機嫌をとっていたという不可解な面も併せ持つ。
また特に自分より力の弱い女性教員や女子生徒等を格好の的としていたので、その様な人間には異常に高圧的な態度をとり、馬鹿にし、いつも幼稚な悪口や悪質な嫌がらせを考えて楽しんでいた。

相当な目立ちたがり屋で「地球は自分を中心に回ってる」という性格。しかし、何の能力・才能の欠片もなく、ヘラヘラしていただけなので精神が不安定だったとも考えられる。あだ名はダメ石(何をやってもダメなくせに口八丁なので)→デメ石(非常に出目金に似た顔なので)。

愛知県の底辺の大学に通ってるが、名古屋大学医学部を目指しているらしく、医学生になった自分を日々妄想している。
余談だが、KAT-TUNの田中聖をライバル視しているらしい。

※注 これは自分の知っている範囲の竹石圭佑の情報であり、全てではないと思われ。



302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 18:46:29 ID:GM7XtNMX
>>295

フランスの差別されてるとはいえ国から補助とか結構出てたのにも関わら
ず、同化しようとしないのが悪いと暴動の時批判が出てた。暴動した連中が
普段はプレステとかをしたりしてるのを引き合いに「プレイステーションが買
えるぐらいの余裕があるのに何が不満か」とフランスやそれら以外の欧州の国
でも冷ややかに報道されていた。移民社会の末路はフランスの暴動という
ことか考えれば移民は考え物。少子高齢化しようとも受け入れは制限すべき。

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 18:50:55 ID:GM7XtNMX
>日本は自民党が率先してドイツ化を推進してますよ。

田中角栄が出てきて自民党もドイツ化した、社民主義的な政策を
バラマキの形で推進した。結果社会党の価値が益々減って完全な万年
野党に成り下がった。だから借金が増えて改革をしなければならなく
なったんだよ。

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 19:43:46 ID:sgqORM2q
これからは中国式資本主義とインド式資本主義も
アメリカ式とがっぷりぶつかる。

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 19:59:26 ID:+weVp+2Y
>>303
ドイツで高速道路作ったのは軍国主義のナチス。
日本の軍国主義といえば自民党のことね。
社民は関係無い。

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 20:17:45 ID:1qCPmP7U
ナチスは軍国主義というより国粋主義だろ。
それに自由民主党は戦前の政党政治の系譜だ

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 20:37:30 ID:sgqORM2q
岸信介

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 21:22:35 ID:clxwSBAi
岸って軍国主義者かぁ?
それとアウトバーンの基本はワイマール政府が造ったし、
高速道路建設程度でナチスと同類視されたら社会民主主義はたまったもんじゃないだろ

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 21:27:43 ID:+weVp+2Y
>>308
何を言いたいのかよく分からんけど、
社民と高速道路は無関係ですよ。

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 21:33:23 ID:iuOXicse
岸は戦前からの政党人ではないし、統制経済主義者だな。
少なくとも基幹産業は統制すべしという立場。

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 21:50:47 ID:clxwSBAi
>>309
社民系は拡張財政派じゃなかったっけ?
それにアウトバーンの基本構想はワイマール時代だし

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 22:24:07 ID:+weVp+2Y
>>311
拡張財政しないと高速道路は作れないが、
かといって財政で何をするかってことは、
無限無数のやり口があると思うのだが。

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 22:38:04 ID:iuOXicse
責任はどうみても自民党だろw
社会党は権力に遠く及ばなかったんだから。

それからバラまき公共事業はアメリカも今でもやってるよね。
米、史上最大の道路整備事業・09年までに32兆円投資
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20050811AT2M1100D11082005.html


314 :藻前ら、IMFのWEOが更新されましたよ。:2006/04/19(水) 22:51:02 ID:+weVp+2Y
1.  Luxembourg  76224
2.  Norway  65785
3.  Iceland 56364
4.  Ireland 49533
5.  Switzerland 49485
6.  Denmark 48530
7.  United States   44168
8.  Sweden  39562
9.  Canada  38659
10. Netherlands 38232
11. Austria 37378
12. Finland 36928
13. United Kingdom  36875
14. Belgium 35843
15. Australia   35311
16. Japan   34590
17. France  33387
18. Germany 33356
19. Italy   30144
20. Singapore   28940
21. Spain   27815
22. Hong Kong SAR   26566
23. New Zealand 25760

ああもう、日本の没落が激しい。
フランス、ドイツ、イタリアの足音が聞こえる。。。

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 22:52:47 ID:+weVp+2Y
興奮してて忘れてたw

一人当たりGDP/カレントレート/ドルね。

日本は怒涛のように仏独伊の後追い自殺してる。

316 :気になって、今日のレートで換算してみたw:2006/04/19(水) 23:12:36 ID:+weVp+2Y
1.  Luxembourg  78609.49
2.  Norway  70229.88
3.  Ireland 51083.36
4.  Switzerland 50948.26
5.  Denmark 49930.89
6.  Iceland 47881.64
7.  United States   44168.26
8.  Sweden  41184.31
9.  Netherlands 39428.59
10. Canada  39216.37
11. Austria 38547.87
12. Finland 38083.85
13. United Kingdom  37677.4
14. Belgium 36964.99
15. Australia   35591.87
16. France  34431.39
17. Germany 34399.65
18. Japan   34339.59

既にフランスドイツに抜かれてたw

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 23:26:12 ID:clxwSBAi
>>312
別に拡張財政しなくても高速道路は出来るし、その通りでばら撒き政策の種はいっぱいある。
拡張財政の象徴の一つが日本では高速道路というだけだろ。

>>314
別にそう悲観する数値じゃないと思うがなぁ・・

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 23:27:36 ID:+weVp+2Y
>>317
だからといって、高速道路と社民は関係無いでしょ。

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 23:50:08 ID:GM7XtNMX
ドイツの場合は、儲けにもならないしかも酸性雨とか環境破壊の元凶の石炭産
業の救済とかの大型補助金でのばらまきが多いと思うが。

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 23:57:08 ID:clxwSBAi
>>318
もしかして社民党の事か?

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/20(木) 00:47:40 ID:3dQ+l4FM
今週のニューズウィーク日本版に、欧州で急進左派の勢力が伸びている
という記事が載っていた。
2002年のフランス大統領選では、ジョスパンが「革命的共産主義者同盟」
や「労働者の戦い」といった急進左派に票を食われて敗北。
今では現実主義の中道路線と思われていたファビウスやストロスカーン
が、大衆向けのセーフティネットが十分でないという理由で欧州憲法
条約に反対したり、過激な無政府主義者のような表現を使い始めている。
イタリアでも今回の選挙で、共産主義者党や再建共産党といった急進
左派が支持を増やした。
政治評論家は、「下手をすれば、ヨーロッパ全体が、中国からの観光客を
当てにする巨大な補助金天国になってしまう」と警告している。


322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/20(木) 01:06:52 ID:zBpFXjFY
フランス、ASEAN・TACに加入意思表明と
http://www.cnn.co.jp/business/CNN200604190014.html

 マレーシア・プトラジャヤ――マレーシアのサイドハミド外相18日、フランス
が、東南アジア諸国連合(ASEAN)の基本文書である東南アジア友好協力条約
(TAC)への加入意思を表明した、と述べた。参加が認められれば、欧州諸国で
は初めて。

 フランスは、アジア諸国との経済強化に努めており、今年2月にはシラク大統領
がタイ、インドを訪問している。仏大統領によるタイ公式訪問は初めてだった。

 同外相によると、フランス政府はASEAN加盟10カ国に書簡を送付、TAC
加盟への関心を表明した。加盟国内に反対意見は見当たらず、承認される可能性が
大きいとしている。

 TAC調印は、フランスによる「東アジアサミット」への出席にも道を開く。同
サミットは昨年12月発足したもので、ASEAN加盟国の他、日本、中国、韓国、
インド、オーストラリアにニュージーランドが参加している。ロシアも同サミット
参加に意欲を見せている。

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/20(木) 10:29:14 ID:fZLuFlIH
>>314
小国はともかく人口の多い国アメリカのこの所得は凄まじいな・・

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/20(木) 13:03:36 ID:3dQ+l4FM
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060414AT2M1400614042006.html
仏議会、若者向け雇用策廃止を決定・改正法成立
【パリ=奥村茂三郎】

フランス議会の元老院(上院)で13日、改正機会平等法が与党の賛成多数で
可決、成立した。学生や労働組合の大規模デモの引き金となった若者向け
雇用策「新規雇用契約(CPE)」は廃止され、仏全土を巻き込んだCPEを
巡る混乱に区切りがつく見通しだ。
改正法はCPEを定めた8条を、低学歴や高失業率地域の16―25歳の若者を
雇用した企業への財政支援策に置き換えた。事業費は2006年が1億5000万
ユーロ(約215億円)、07年以降は3億ユーロの見込み。
解雇規制を緩和することで企業の採用意欲を刺激しようとした仏政府の雇用
改革は挫折。旧態然とした企業助成策に逆戻りすることになる。
法案を提出した与党、国民運動連合(UMP)とフランス民主連合が賛成に
回り、社会党とフランス共産党が反対した。賛成158票、反対123票だった。
10日のシラク大統領、ドビルパン首相によるCPE撤回表明からわずか3日
でのスピード成立だった。


--------------------------------------------------------------------------------


325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/20(木) 13:11:41 ID:3dQ+l4FM
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/europe/news/20060420ddm007030001000c.html
世界はどう見る:フランス初期雇用契約の撤回

仏政府が制定を目指した若者雇用促進策「初期雇用契約」(CPE)が、労組・
学生の激しい抗議デモの末、撤回に追い込まれた。
仏紙ルモンドは、今回の結末を巡る政権内でのドビルパン首相とサルコジ内相の
浮沈について、次のように評した。
内相は、首相が推進したCPEを撤回させ、労組との交渉をまとめた点で
「まずまずの勝利」を得た。しかし、与党支持者の58%は「CPE撤回には
反対だった」という世論調査結果があり、「街頭デモに譲歩した」との批判を
取り除かなければならない。
これに対し、首相は次期大統領選について「野心はない。私にあるのは大統領と
国民の信頼に応える使命だけだ」との立場を見せているが、CPE撤回を余儀
なくされたことで今後、首相としての職務遂行は一層難しくなっている。

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/20(木) 13:13:31 ID:3dQ+l4FM
米紙ニューヨーク・タイムズは11日付の社説で、「空論をかざす労働団体幹部や
サルコジ内相を除いて、誰の勝利でもない」と撤回という事態を皮肉ったうえで、
「シラク大統領とドビルパン首相による重大な経済改革の機会を事実上つぶした」
「フランスだけでなく欧州にとっても後退だ」と激しく批判した。
そのうえで、学生の反発は理想主義ではなく終身雇用の保障を求めたものであり、
労組は新たな雇用創出の試みを阻止したと指摘。「フランス人の社会保守主義の
再確認に拍車をかけた」と解説した。
また、英紙フィナンシャル・タイムズも11日付の社説で「フランスには今、
背骨の折れた政府がある」とドビルパン首相のリーダーシップ不足を嘆き、
「首相は残りの短い任期中、いかなる構造改革も勇気を持って実施に移すことは
できないだろう」と切り捨てた。

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/20(木) 13:14:17 ID:3dQ+l4FM
同紙は、仏政府がCPEに代わって導入した新たな若者雇用政策についても
「このような内容の政策はフランスの失業問題の根本的な課題に取り組む
ものではない。これまでも成果を生まなかったし、今後も成果は期待できない
だろう」と手厳しく論評した。
南ドイツ新聞は11日付の社説で、ドビルパン首相がもはや「閣僚を呼び出す
だけ」の役割しかなく、死に体になっているとの認識を示した。同紙は首相が
身内だけでCPEを討議し、反対意見に耳を貸さなかったため「自分のごう慢
さの犠牲になった」とした。

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/20(木) 13:19:13 ID:c90jCjU0
イタリア総選挙、中道左派の勝利確定 最高裁が最終発表
http://www.asahi.com/international/update/0420/002.html

来年のフランスの選挙も含めて、左派が盛り返して
世界は平和に向かいそうですね。

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/20(木) 13:47:45 ID:a4QPaFAK
アメリカが力を失うときにヨーロッパがこうだと、
やはり世界を引っ張るのは東アジアだな。

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/20(木) 15:17:33 ID:W9uUxauM
アジアが発展しすぎたらやばくね?
中国とインドがアメリカと張り合う時代になったら
資源とか食料事情がどうなるのか想像もつかん。

331 :290:2006/04/20(木) 15:29:29 ID:4dE/RZ8R
お返事してくれた人、ありがとう。
僕は、イスラムの基本原理は弱者救済だと思っていたので、少々認識が
甘かったことも分かった。フランス人もドイツ人もムスリムを嫌悪し
恐れている理由が何となく分かってきたので、非常にためになった。

332 :290:2006/04/20(木) 15:31:00 ID:4dE/RZ8R
すいません、「フランス人もドイツ人も」じゃなくて
「フランス人もドイツ人も多くが」に修正します。

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/20(木) 16:26:08 ID:MnO0xk8c
>>330
それは大変だよ
人類滅亡どころか、地球全生命の存続に関わるぐらい危険
既に定員オーバーの上に生活水準まで上がったら・・・

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/20(木) 16:35:50 ID:MuOCVh4Q
>>333

石油が値上がりするから
そのシナリオはあり得ないと思うがね

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/20(木) 17:30:24 ID:ohv+wPsk
>>325

アメリカのリベラル系の新聞にも馬鹿にされるとはフランスも立つ瀬が
ない。

>>328

は左派だけど「市場主義の重視」や「効率の採用」といったことを掲げ
てるよ。フランスの左派のような保守社民主義ではないよ。
フランスの場合は左派が去年の国民投票で分裂して以来、弱体化してる
よ。世論に挙がる有力候補が英米型の導入を公言して憚らないサルゴジと
いうのがその証左。社会党のロワイヤルが一時トップに躍り出たりしてる
みたいだが、多分にもれずフランスエリートによくいる理想に走るタイプ
だから、現実主義のサルゴジにコテンパンにやられるのがオチ。

336 :ぎゃはは:2006/04/20(木) 17:32:36 ID:uK5Gt96l
独首相の着替え写真、英大衆紙が掲載 独紙「敬意欠く」
http://www.asahi.com/international/update/0420/007.html

 メルケル独首相が水着に着替えている最中の盗撮写真を17日付の英大衆紙サ
ンが掲載し、ドイツ側の反発を招いている。ドイツ政府のシュテーク報道官は1
9日の記者会見で「首相はのぞき見趣味の視線にさらされたくないと思っている」
と不快感を表明。独大衆紙ビルトは「英国人、我々の首相に敬意欠く」との見出
しで、怒りをあらわにした。

 サン紙が掲載したのは、メルケル首相とみられる後ろ向きの女性がプールサイ
ドでガウンのすそをたくし上げ、おしりを見せながら水着を引き上げている写真。
同首相が夫とともにイタリア南部の保養地で復活祭の休暇を過ごしている間のも
のだという。同紙は「ドイツの指導者メルケルは自国の経済状態を引き上げたが、
今はパンツを引き上げている」とのコメントを添えた。

 これに対し、ドイツ政府側は「首相も彼女の夫もプライバシーを守る権利があ
る。英国の伝統的礼節に反している」と反発。一方で、メルケル首相自身は同紙
を提訴する意向がないとも、シュテーク報道官は明らかにした。


337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/20(木) 17:47:04 ID:uK5Gt96l
EU憲法より当面は雇用対策・欧州委員長が会見
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060420AT2M2000120042006.html

 【ブリュッセル=下田敏】欧州連合(EU)のバローゾ欧州委員長は19日に日
本人記者団と会見し、EU憲法の協議再開について「機はまだ熟していない」と述
べ、早期の制定に慎重な考えを表明した。EUは6月の首脳会議で憲法問題を討議
するが、委員長は「条件を整えたうえで恐らくは来年に改めて協議するほうがいい」
とし、当面は雇用対策などを急ぐべきだと主張した。

 EU大統領の創設などを盛った憲法条約は今年秋に発効する予定だったが、仏と
オランダの批准否決で棚上げの状態にある。委員長は「EU憲法がなくても重要な
決定はなされており、EUが機能不全に陥ったというのは誤りだ」と述べた。

 外資による国内企業の買収阻止など、EU内で広がる保護主義に関しては「国境
を越えた企業再編は進んでおり、抵抗はあっても流れは欧州統合に向かっている」
と語った。そのうえで「われわれは(市場統合を定めた)EU法令を守る責任があ
る」とし、保護主義に走るフランスやスペインをけん制した。


338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/20(木) 19:43:00 ID:6hg/oD3A
>>330
資源は需給バランスや技術革新が発生するだろうし、
食糧事情は先進国では余りまくってる惨状だから、世界的天変地異でも無い限り当分は大丈夫だろ

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/20(木) 22:03:17 ID:3dQ+l4FM
>>293
>社会党が万年野党であった

日本社会党は、60年代に重化学工業化が始まって産業労働者が増大したとき、
現実的な外交・安全保障政策を掲げていれば、与党になれたかもね。
日本は他国に例を見ないほど中小企業の占める割合が大きいので、労働者の
労組への組織率が低かったので、労組だけを支持基盤にしていては多数党に
なれなかった。

>それに代わる様な社会モデル

イギリス労働党は80年代に、現在日本や欧州大陸の左派のような状態だったな。
95年にブレアが党綱領第4条の「生産・交易手段の公有化」を「活気ある経済と
充実した福祉」を目指すと改正して、97年に政権交代を実現。

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/21(金) 04:41:32 ID:DBPed+Jf
>>336
何故ここでビルド紙w
フランクフルター・アルゲマイネとか南ドイツ新聞ならまだしも・・・

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/21(金) 12:44:36 ID:QxVJ/xPU
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060421AT2M2003A20042006.html
ロシアのガスプロム、EU向けのガス供給削減示唆
【モスクワ=古川英治】

ロシアの国営天然ガス会社ガスプロムのミレル社長が欧州へのガス供給を削減
する可能性を示唆し、欧州連合(EU)加盟国の間に波紋を広げている。
ミレル社長は19日、EU各国の駐ロ大使との会合で「我々の活動を制限したり、
ガス供給問題を政治化しようとすれば良いことにはならない」と発言。
そのうえで「中国や北米市場の開拓を進めていることを忘れてもらっては困る」
と述べ、輸出先の多様化が欧州への供給削減につながる可能性を示した。

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/21(金) 13:16:12 ID:YEju0/O7
>>341
コレは純粋に金の問題だね

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/21(金) 18:25:06 ID:EQuy97Xs
プジョーシトロエンが工場閉鎖 英国内に広がる波紋
http://www.business-i.jp/news/world-page/news/200604210004a.nwc

 フランスの大手自動車メーカー、プジョーシトロエングループ(PSA)が英中
部にある工場の閉鎖を決め、英国で波紋を広げている。PSAが低価格で競争を勝
ち抜く戦略に転換したことよって製造コストの高い英工場がリストラの標的となっ
た格好だ。ただ、自由市場主義を標榜するブレア英首相は「グローバル化時代には
不可避の現象」と、あきらめ顔で、打つ手はあまりないようだ。

中国レノボ、顧客サービスセンターを移管・スロバキアに
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060421AT2M2100N21042006.html

 【ウィーン=桜庭薫】パソコン世界3位のレノボ・グループは20日、欧州・中
東・アフリカ地域向けの顧客サービスセンターをスロバキアの首都ブラチスラバに
設立すると発表した。年内に400人規模で稼働する。英スコットランドにある従来
のサービスセンターは大幅に縮小し、機能をスロバキアに順次移管する。(略)


344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/21(金) 18:47:57 ID:frXMsSEf
中国企業がヨーロッパに進出してくると、
痰壺もいっしょについてくるのかなぁ、、、

うーん。

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/21(金) 21:39:13 ID:YEju0/O7
今、金融危機にあるアイスランドがEU加盟とユーロ採用に向けて真剣に動き始めましたね。

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/21(金) 22:34:50 ID:W2E8PWrb
マジすか。捕鯨できなくなっちゃったりしないの?

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/21(金) 23:56:37 ID:w/z54fs3
>>344
昔、蒋介石が日本に留学してこの習慣は良くないと中国に帰って運動した
らしいがどうもこれは直らんみたいだな。この前母と旅行に行ったとき乗り
換えの中国の空港で母親が中国人がトイレの痰つぼに痰を吐いてるのをみて異
星人の国に来たとばかりに震え上がっていた。

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/22(土) 00:21:33 ID:iTQiPFw2
2.経済情勢
(1)主要産業
 水産業及び水産加工業が盛んで、水産物輸出が経済において大きな比重を占める。また、再生可能エネルギー(地熱及び水力による電力)を用いたアルミ精錬やフェロシリコン(鉄鋼原料)生産が盛ん。
(2)経済情勢
 アイスランドは人口30万人であるが、国民一人あたりの国内総生産(GDP)は先進国中でも高水準にある(2004年は43,137米ドル)。
96年以降、3%台後半から5%台の経済成長率を継続したが、2001年以降は世界経済の低迷を受けた水産物の輸出の伸び悩みなどに見舞われ景気は減速傾向となり、2002年はわずかながらマイナス成長を記録した。
しかし、2003年は4.0%、2004年は7.7%と上昇傾向に転じた。現在の経済情勢は非常に好調で、アイスランドの国際競争力は世界第4位、ヨーロッパでは1位とする統計もある(2005年度版「世界競争力年鑑」(スイスIMD発行)。
 エネルギー供給の内、再生可能エネルギーが72%を占め(世界最高)、また市バスを用いて水素燃料の実用実験を開始、国際空港における水素燃料電池導入実験開始など、世界のパイオニアを目指したエネルギー政策を行っている。
(3)失業率
 1990年代前半に5%を越えていた失業率は、95年以降低下し99年には2%まで減少。その後、経済の減速により3%を超えたものの、2005年第4四半期には再び2.7%まで低下した。
(4)財政状況
 1997年に一般財政収支が均衡し、その後、財政黒字が継続している。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/iceland/kankei.html
この情報は遅い?

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/22(土) 00:31:36 ID:D4VjnFLv
Icelanders discuss the euro
http://www.norden.org/webb/news/news.asp?id=6082&lang=6

アイスランドクローネが23%下落だそうだ。

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/22(土) 03:03:46 ID:2KVA30zk
欧州委員長「EUの対日投資拡大へ日本が努力を」
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060421AT2M2102T21042006.html

 欧州連合(EU)のバローゾ欧州委員長は21日、都内で講演し、EU企業が日本
に直接投資する際の障壁を取り除くなど、経済関係の拡大に向け日本側の努力を促
した。外国企業が日本でM&A(企業の合併・買収)をする場合の課税方式の見直
しなどを求めた。(以下略)

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/22(土) 09:23:54 ID:QFPxFEbA
>>350
EUからの日本へのFDIは大いに結構だが、ではこの逆はどうなっている
のだろう。つまり日本がEUにFDIする場合の障壁やM&Aを行う場合、
状況はどうなのか?今は日本企業買い叩きしやすそうだから、
バンバンやりたいということ?それだと嫌だなー。


352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/22(土) 10:23:59 ID:xY7jgZ3/
ttp://geopoli.exblog.jp/
竹島問題について:その2

ここのcomment欄に、「ヨーロッパ人は、アジアでの騒動を、アメリカ人
よりも歴史問題として捉える傾向が強いのは、彼らが結局のところ世界
秩序の現役プレイヤーではないからだ。」という分析が書かれているが、
今の欧州はソ連の脅威がなくなって緊張感がとけて、かつての日本の
ような状態になっているのかな。
イランのアメリカ大使館員人質事件が起きたとき、欧州では「シャーを
入国させるなんて馬鹿だ」という声はあっても、不法行為をしているのは
イランの側だから、アメリカが悪いという声は聞かれなかった。
ところが当時の日本では、アメリカが強硬策をとったときは非難しても、
他国がルール違反をしたときは非難しないというダブル・スタンダードが
まかりとおっていた。結局、国際政治の問題が日本にとって“対岸の火事”
だったからだろうけど。


353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/22(土) 14:52:52 ID:pllY+Aul
>>350

EUは今欧州の中で一番経済的に自由主義を志向してる組織だが、実際に
加盟国が規制に乗り出したので存在価値が薄くなってる。だから叩けそうな国
を見つけて存在をアピールするのが狙いなのでは?しかし日本のほうが買収しや
すくて逆に日本の企業が欧州の企業を買収しようというときに規制があって難しいで
は話にならん。欧州企業に限っては買収にはそっちと同じレベルのハードルをか
けるとしたほうがいい。

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/22(土) 15:46:35 ID:tm58ivHq
>>341
ガスプロムがイギリスのガス会社を買収しようとしてるんだが、
それにイギリス政府がまったをかけようかと今議論になってるんだよ。
イギリスは自由経済主義なんだが、その国にしてそうだから
ガスプロムも危機感をもっていて、そんで会長のその発言になったんだが。

これがかえって逆効果w 
やっぱり、ロシアに依存するのは危険すぎる とかえってEU諸国の反発を
かったもんだから、会長は発言をあわてて修正してたっぽいよ。
安定供給は保障するとかなんとか。

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/22(土) 20:55:57 ID:/r6O9eU9
>>354
その一連に絡んでイギリスでは原発推進論が台頭してるわけだな。他にも
北欧のような更新を渋ってきた原発をにわかに作り出したり、フランスが原
発を作ると発表したりするのもすべてはロシア依存回避という共通点がある
のだな。反ロシア感情が強い東欧あたりも地理的に近いトルコに接近して中央
アジアからのエネルギー購入に走りそうだな。

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/22(土) 21:25:13 ID:fdYaMW0i
そのトルコも原発を

トルコ、原発建設を決定 原油高背景
http://www.asahi.com/international/update/0421/016.html


357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/22(土) 21:44:24 ID:4L0nx/3D
>>354
ウクライナに何したか覚えてるのかな、その会長?

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/22(土) 22:12:32 ID:mgajVB9F
ロワイヤル人気は一時的なものなのかな。

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/22(土) 22:36:42 ID:xY7jgZ3/
EUは以前「文化例外主義」とか、「WTOのルールが知的分野や芸術分野
へ適用されるのを拒否する」とか、「映画・テレビ・出版などが、新通信技術に
おけるアメリカの事実上の独占によって、窒息させられてしまってはならない」
とか主張していたが、これは今でも続いているの?

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/22(土) 22:48:26 ID:/r6O9eU9
>>358

どういう政策を出せるかそれ次第。従来型の政策しか出せないようでは
逆に現実を直視して英米型システム導入しての改革を主張するサルゴジのほ
うが新鮮に映って見える、能弁家でもあるのでかなり世論をひきつけられ
るのではと思われる。ロワイヤルが人気がトップになったのは今の政治の
なかでそれに染まっていないままで、サルゴジの如く改革が期待できる政治
家というイメージがあるから。ただ左派は意見バラバラの分裂気味だから
ある程度まとめないとサルゴジに各個撃破される可能性が高い。




361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/23(日) 00:00:35 ID:f6ffvd45
フランス人は改革を望んでないからサルコジはむしろ不利では。
彼は、英米モデルに近すぎるというのは、かなり知られている。
EU憲法が当初は賛成派が多かったのに、結局反対派が逆転で勝ったのは、
あの憲法がアングロ憲法とか攻撃され、ポーランドからの労働者に
職をとられるとか攻撃されてのがきいた。

左派は、サルコジの自由経済主義を徹底的に攻撃して得点をかせぎそう。

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/23(日) 01:24:58 ID:Pav/25jY
ロワイヤル女史は理想論ばかりで現実を捉えられないと見ている
民間ホワイトカラーもけっこういます。福島瑞穂さんのように。
ご本人はアンチエイジングや審美歯科で磨きをかけて出馬準備に余念がないらしいです。

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/23(日) 01:53:38 ID:U55ZSYrD
それは大事なことです

首相夫人のヘアサロン代は160万円、英総選挙
http://www.cnn.co.jp/business/CNN200604220013.html


364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/23(日) 02:10:40 ID:U55ZSYrD
独金属労組と経営側、賃上げで合意・本格スト回避へ
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060422AT2M2201N22042006.html

 【フランクフルト=後藤未知夫】欧州の賃金動向の先導役となるドイツの自動車・
電機業界の賃金交渉で、独西部ノルトライン・ウェストファーレン州の労使は22日、
3%の賃上げで合意した。企業業績の回復など独経済が上向きつつある中で、無期限
ストを構えた金属労組(IGメタル)に、土壇場で経営者側が歩み寄った格好だ。
(以下略)

3%は企業にとってきついだろ

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/23(日) 04:31:01 ID:U55ZSYrD
ヨーロッパの展開力 田中直毅
http://www.21ppi.org/japanese/hitokoto/tanaka265.html
 今週、フランスから国会議員団、とりわけ経済や財政に関心をもつ人々が日本に
やってきましたので、彼らと一緒に議論をしました。そのときに私が思ったのは、
フランスに代表されるヨーロッパの展開力といいましょうか、 21 世紀において物
事を大きく世界の中で進めていく、そういう力というものが少し衰えてきているの
かなということでした。 (以下略)

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/23(日) 05:24:30 ID:vTTKLkS0
日本も揺り戻しがきっと来る

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/23(日) 11:01:40 ID:mwqsxbYH
>>361

望んでないというより必要なのは分かってるがすればどうなるか
分からないという不安がそう見えるのかと。実際、サルゴジが不人気そう
な改革を叫んでるのに有力候補首位に立つぐらい人気があるのは改革の必
要性を特に若い世代は痛感してるからだ。

>ポーランドからの労働者に
>職をとられるとか攻撃されてのがきいた。

ポーランド人を激怒させてさらなる親米に追いやった上に、ポーランド航空
の航空機選定からエアバスが完全排除されるなどフランスは自分で自分の政治
的立場を悪くした。

>左派は、サルコジの自由経済主義を徹底的に攻撃して得点をかせぎそう。

それは左派が現状を打開するための案を出せたらの話で、それが出来ず
従来どおりでは逆にそこをサルゴジに攻撃されるだろう。同じようなシステ
ム社会のイタリアでさえ左派のプロディは「市場主義の導入」とか構造改革を
表明するなど独仏は完全に他の欧州に置き去りにされつつある。それがEU
内での政治力にも如実に現れてきている。

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/23(日) 16:10:41 ID:/38+hSmZ
ttp://www.cnn.co.jp/world/CNN200604210028.html
34%が極右組織の主張を「共有」と、フランス国民

パリ――フランスの無料紙メトロは21日、同国国民の政治動向に関する世論
調査結果を発表、34%が極右組織の問題意識を「共有する」と回答した、と
伝えた。うち、44%は、最大の政治問題は移民と応じ、31%は治安維持を
挙げた。
極右組織の主張に同意出来ないとするのは66%だった。
フランスでは昨年から今年にかけ、郊外での移民系住民の暴動続発、若者向け
雇用政策に反発する抗議デモ、ストライキなどが多発していた。極右政党、
国民戦線のルペン党首は最近、党員が増加していると指摘していたが、詳しい
数字には触れなかった。
世論調査は、4月6日─7日に電話で実施したもので、成人1009人が対象。

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/23(日) 16:55:40 ID:hIAzh0Df
>>368

極右支持者の多くは、表向きには極右などdでもないと言いながら、
影ではこっそり国民戦線のビラを読むという。

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/23(日) 17:05:56 ID:f6ffvd45
イギリスでも、今度地方選挙があるのだが、そのもっぱらの話題は
極右のBNPがかなり票を獲得するのではないかということで。

が、その報道をする英リベラルメディアがさ。
人々が極右で差別主義者のBNPに投票するのは、貧しい白人労働者階級の現状を
現政権が無視してきたからだ(だからもっとサヨになれ)てな感じで。

それじゃ、なぜ他の政党でなく極右にいくのかが説明できないのだが、
サヨ知識人はもはや知性もビジョンも崩壊しているし、自分たちの言論が
完全に今の国民感情とずれていることも理解できないしで、悲惨なもの。



371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/23(日) 18:49:24 ID:w3+pemKF
いや、どこの国でも極右と極左の支持者は
逝ったり来たりしてますよ。日本でも元共産党員の
ネオコン・ネオリベっているでしょw

知性が腐ってるとゲーム脳的に
1:0式の極端な政策主張しか理解出来なくなるの。

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/23(日) 19:23:04 ID:f6ffvd45
英国で極右の支持者がふえているのは、極左が流れてるんじゃないよ。
ただこれまではそういう政党を毛嫌いしていた普通の有権者が
極右に流れているというので、話題になっている。
で、野党の左派よりの自民党という党にこれまで抗議票がいっていたのが、
今の話題は極右政党になっているので。

サヨメディアは、彼らの抱えている不安を焦点化するのに失敗してる。
いきすぎのポリティカルコレクトネスとか、やたら人権をさけぶリベラル派の
声が強すぎて、移民問題や多文化主義の問題をまともに論じられないのさ。
だから、極右に流れている。

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/23(日) 19:39:50 ID:CcsNZxEj
>>361
EU市民全体に労働市場を全面開放しているイギリス・アイルランド・スウェーデンでは、
大量のポーランド人が流入しているが、これといった問題は起きていないどころか、経済成長に貢献している。
というのもこれは当然のことなんだが、彼らは地元の人間がやろうとしないめんどくさい職種に就く傾向があって、
知的労働なら医師や歯科医師やプログラマー、熟練労働なら車や電気製品の修理屋とか水道工事屋、
非熟練労働ならウェイターやウェイトレスやハウスクリーニング屋をやっている。
と、こういうのはもともと移民が多くやってきた職種で、あまり地元の原住民の労働市場で軋轢を生み出さない。
で、連中は住んでるわけだから稼いだ金で地元にいろいろとお金を落としてくれる。
そういうわけでうまく行ってるわけだが、それに対してEU憲法に反対したフランス人労働者は明らかに変な妄想をしている。
そもそもEU憲法なんかなくても、ニース条約があるから、2011年までに労働市場が完全に開放されるという状況は変わらない。

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/23(日) 19:41:23 ID:I85KbWzX
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news7/1145788437/l50

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/23(日) 20:11:08 ID:vTTKLkS0
日本もイギリスを見習おう

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/23(日) 20:43:30 ID:w3+pemKF
>>372
むしろ左翼を名乗る抗議政党が無いから、
中道のLibDemsや極右に流れたりするんでは?

逆の言い方するのなら労働党があまりにも
現実的すぎるから、それが他に流れてるって感じて。

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/23(日) 22:40:41 ID:/38+hSmZ
ttp://www.japanjournals.com/dailynews/060419/news060419_4.html
イングランドにおける投票者全体の20%が、極右派の英国国民党(BNP)支持を
考えており、5月4日に各区議会議員の再選挙を控えているロンドンでも、英国
国民党の支持派は全体の25%にものぼっていることが調査の結果明らかになった。
非政府団体「Democratic Audit」が26の自治体管轄地域における158選挙区に
おいて、8回にわたる実際の投票傾向調査、4回にわたるパネル座談会で聞かれた
意見などを分析してまとめた報告書「The British National Party: the Roots
of its Appeal」によると、英国国民党の支持者は貧困地区出身者とは限らず、
中流階級以上の人々にも多いことが判明。
さらに、同党の支持者で高い学歴を有する者はあまりいないほか、どちらかと
いうと少数民族の住むエリアよりも白人が多く住むエリアで支持が高かった
ものの、人種が混じったエリアでは、同党の支持率との直接の関連性はみられ
なかったとされる。

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/23(日) 22:41:39 ID:/38+hSmZ
パネル・グループからの意見や、英国国民党が大幅に勢力を伸ばしつつある
地域からの現状をみても、同党の支持率は、地元社会内部よりも外部からの
影響を受けて変わりつつある地域で大きな伸びを示しており、外部からの
抑圧に自分たちの住む地域や国全体が「乗っ取られる」という不安を感じる
人が、こういった状況に対抗しようと極右派支持に傾倒すると分析されている。
同調査ではさらに、英国国民党が5月の地方選挙で、全国の地元議会で獲得する
議席数は最高40席になるものとみられており、英国国民党が他の与野党にとって
無視できない、大きな脅威になるとの見方が強まっているという。

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/23(日) 23:17:24 ID:w3+pemKF
>>377-378
誰にとって不利何だろうね。イングランドと言えば、
保守党の唯一の牙城なんだけど。。。

とは言うものの、支持者のプロフィールから見て、
保守党と労働党が拮抗している選挙区になるのかな。

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/24(月) 00:17:16 ID:g+wwJf33
>>376
リブデムは以前から、抗議党として抗議票が流れていたから、別に
不思議ではない。
EU選挙では、独立党が抗議票を集めていた。
今回は、それらが抗議票の受け皿にならず、はじめて極右にいっているというので
衝撃を与えている。

労働党左派やリベラルメディアは>>376のいうように、
ブレア政権の路線がいかんのだ と現政権批判しかしてないが、
問題は、移民と多文化主義の問題だよ。でも、その議論は連中はしたくないわけ。
で、左派の抗議党で、その議論ができるのはいないわけ。
リブデムだって移民排斥しる なんていえないし。

彼らが不満を抱いているのは、移民への不満感情を抑圧する
言論状況になっているというのも大きいと思う。
移民への不満を口にすると、差別主義者 とレッテルをはられるようなさ。
だから、自分たちのかわりにがんがんいってくれるBNPに票をいれようとするのでは。
リベラルはそこを反省すべし。

まあ、今回の選挙で議席を奪われるのは労働党だとは思うが。

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/24(月) 00:20:38 ID:TF/ww7x1
最近のEU本でお薦めがあったら教えてください。
左翼とかインテリ知識層の妄想が入ってない物がいいっす。

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/24(月) 00:23:12 ID:wEKep+Hs
>>380
言いたいことは分からんでもないが。。。

元々イギリスが保守から革新で移民OK多文化主義上等、
これこそイギリスのエネルギーそのもので、
移民を拒否したり多文化主義を拒絶したりするから、
大陸ヨーロッパはダメなんだ、っていう国柄だったんだよね。

そういう知識を元にもう一度君の話を読むと
逆によく分からなくなる。何を言いたいの?

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/24(月) 00:29:10 ID:83tfb6W5
http://www.bannch.com:88/servlet/BBSres/22420/14921031

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/24(月) 00:46:25 ID:g+wwJf33
>>382
知識人は、多文化主義OKというこれまで通用した象牙の知識にこもってないで
変化する国民感情をみて、議論を再構築すべきということだよ。
たとえば仏と英は、移民政策が違っていたが、どっちも結局
反移民感情の高まりという点で共通している。

それをただ差別主義だのなんだのエリート主義的にかたづけるだけでは
問題を抑圧するだけで解決することにはならないということ。
今のサヨメディアがやっているのは、抑圧することだけ。

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/24(月) 01:11:17 ID:wEKep+Hs
>>384
移民に厳しいってのは一時期保守党がやりかけた。
実際、支持率は少し上がった。だがそれだけ。
次の選挙で史上初の3連敗を喫した。
「移民に厳しい態度」なんて何の役に立たなかった。

それでそういうお国柄で一体どうしろと?

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/24(月) 01:13:48 ID:wEKep+Hs
あ、移民経済に基づく市場原理とか多文化主義とか、
そういうアメリカ・イギリスの社会のありようの根本が
実は間違ってて、一見、経済的には成長著しく見えるのだけど、
目に見えないコストを払っているってことなの?

それで市場原理主義は失敗しちゃうのか。

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/24(月) 01:58:19 ID:OHrvQuOx
伊「赤ちゃんボーナス制度」、対象外世帯にも支給
http://www.cnn.co.jp/fringe/CNN200604220021.html

 ローマ――4月9日、10日投票の総選挙で敗れた中道右派政権率いるベルルス
コーニ首相が選挙前に打ち出した「赤ちゃん誕生ボーナス」が、本来の対象である
イタリア人世帯だけでなく、移民の家庭にも支給されていたことが分かり、経済・
財務省が返還を求める騒ぎとなった。イタリアは現在、財政再建に迫られている。

 ボーナス金は1000ユーロ(約14万4000円)。イタリアは、世界でも出
生率が最も低い国の一つ。この制度は、人口増を目指したものだが、選挙で勝利し
た野党の中道左派連合が支持票掘り起こしの措置と反発していた因縁のアイデアだ
った。金額を受け取った移民系の世帯は少なくとも3000家族とみられる。

 ベルルスコーニ首相は今年1月、昨年中に赤ちゃんが生まれた全世帯にボーナス
制度を通知する書簡を送付。手紙は、誕生を祝福すると共に、「1000ユーロが
供与されることを知っていましたか。大きなキスを贈りたい。シルビオ・ベルルス
コーニ」と結ばれていた。

↑返還を求めるってのもひでえ話だな

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/24(月) 02:23:00 ID:g+wwJf33
>>385
保守党の支持があがらなかったのは保守党だからだよw
移民問題はイギリスの場合、むしろ文化的なアイデンティティの方が
経済問題より大きい。
いきすぎのポリティカルコレクトネスをとにかく何とかて、
もっと自由に語れるようにした方がいいと思う。
でないと、マイノリティばかり優遇されて、という不満が地域の不安定化に
つながったりする。

BNPの党首が内々の会合で秘密に撮影された会議での発言で逮捕されたりさ。
もっとばかばかしいのは、選挙で負けたときに、ブレアが部屋でウェールズ人を
ののしった というのが誰かの回想録で書かれたら、
これはウェールズ差別だとか訴えられて警察が捜査したり。
部屋で怒ったぐらいで犯罪になったりしたら、ほんとに大変だよw

リベラル派は人権問題にはうるさいが、あまりにかたよりすぎるのも問題だから
言論の組み方や風潮を考えるべきだよ。


389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/24(月) 02:42:51 ID:wEKep+Hs
> いきすぎのポリティカルコレクトネスをとにかく何とかて、 
> もっと自由に語れるようにした方がいいと思う。 
> でないと、マイノリティばかり優遇されて、という不満が地域の不安定化に 
> つながったりする。 

今ひとつよく分からんのですがね、
その言論の自分勝手の規制緩和をしたら、
ロンドンのテロは未然に防げたの?


390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/24(月) 09:31:44 ID:qwX1h55F
>>367
フランス社会党は昨年、EU憲法の国民投票で賛成に回り、市場や競争の自由化
議論にも積極的に参加しているらしいよ。おそらく、過去の観念的左翼からの
脱却を図っているんだろうけど。

>>370
どこの国でもサヨ知識人は、冷戦終結後「革命幻想」が崩壊して、退廃して
しまっている希ガス。

>>368-369
ルペンのほかに、フィリップ・ドゥビリエ議員率いる他の右派勢力も力を
つけているとか。


391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/24(月) 12:57:26 ID:Lp31SyFI
>>390

賛成には回ってるが党内から反対派も出て分裂状態。それが国民投票
否決の原因になってそれ以来統一的な政策を打ち出そうにもできないない
でいる。社会党がその反対を切って中道化でもしないとサルコジで事実上
まとまった保守派には勝てないだろう。

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/24(月) 17:02:07 ID:gtFzpq5m
>>376

現実的にでもならなければブレアは政権を取れなかった。ただ足元の
原理主義的な支持者ばかりを相手にしても実際選挙には勝てないから労働
党は現実路線でいる。

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/24(月) 19:46:33 ID:Vzlfk0XT
イギリスの現状は、ロンドンでのテロ事件の影響が大きいのではないかな。
他のヨーロッパ諸国よりも移民を厚遇して、大学にも多数入学させたけど、
インテリイスラム原理主義者を量産しただけという結果になった。

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/24(月) 21:05:14 ID:qwX1h55F
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/europe/news/20060425k0000m030024000c.html
フランス:失業率低減、抜本的改革見込めず
 
フランスのドビルパン政権が若者雇用促進策「初期雇用契約」(CPE)撤回
を発表して半月がたった。仏政界から雇用論議は消えたが、10%近い失業率
は変わらぬままだ。デンマークを手本とする「柔軟な雇用市場」への改革が
失業率低減への近道との声も増えているが、来年5月の次期大統領選まで
抜本的改革は見込めないのが現状だ。【パリ福井聡】
金融コンサルタント会社の専門家らには、解雇を容易にすることで雇用促進に
成功したデンマークをモデルにすべきだとの意見が多い。デンマークでは年齢に
関係なく理由なしの解雇を認め(最低6カ月分の退職金支払いが必要)、職業
訓練補助を手厚く支給。また、雇用での労使協議を緊密化するなどで、93年
に約10%だった失業率を01年には4・5%まで減らした。今では労働人口
の約3割が毎年転職するようになったという。

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/24(月) 21:06:31 ID:qwX1h55F
しかし、一般市民にはまだ抵抗が強い。デモに参加した高校教師マリジェさんは
「我々も英国のような自由主義経済の道をたどらねばならないのかもしれないが、
どうにもなじめない」と言う。特に左派と保守派には、「改革は不平等と個人
主義の台頭をもたらす」との懸念が強い。
パリ政治学院のグリエビーヌ教授は「今は改革への動きが止まっている状態」
と語る。来春の大統領選に向け、右派のサルコジ内相は「雇用市場の抜本改革」
を提唱しているが、保守派をどう説得するかがカギ。左派陣営はまだ具体策を
提示していない。

↑フランスの保守派って、たとえば農民層?



396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/24(月) 21:23:35 ID:wEKep+Hs
フランスの保守ってったら、宗教票でしょ。

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/24(月) 22:05:03 ID:g+wwJf33
ロワイヤルたん、以前ブレアを賞賛しているインタブをみたことあったが、
ほんとに第三の道路線を真似してるらしいね。
大統領以前に、社会党支持を集める方が大変かも。

そのインタブのときも、ブレアの名前を出しただけでフランスでは拒否反応がでるが、
と苦笑しながらいっていた。

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/24(月) 22:58:51 ID:cT02jAUs
日本の民主党もノムヒョンの道を参考にするべきだ。

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/25(火) 00:27:15 ID:sIteDQuf
>>398
隣国に外交戦争をしかけるのか?

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/25(火) 00:38:35 ID:4tR/GZ8E
ttp://hibinoawa.blog10.fc2.com/
サルコ・ショウとMPF党ド・ヴィリエ氏

もうすぐ(5月2日)サルコジ内相が提出した移民法改正案が協議される予定。
それに伴ない、人権保護団体や不法移民の生活援助などをしているキリスト教
団体からの批判を、ちらほらメディアでみかけます。
さて、サルコジ内相は、本日パリで開かれた、自身が党首を務めるUMP集会で
約2000人の新党員を前に演説、移民について「もしフランスが好きでないなら
去ればよい」と発言。更に、4年前の大統領選でFN党に投票した有権者の多くは、
本当に極右を支持していたのではなくて政府に信頼がなかったのであり、自分は
このFNの票を集める意向である、と、次期大統領選を目した発言も。

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/25(火) 00:39:57 ID:4tR/GZ8E
この「もしフランスが好きでないなら去ればよい」という言葉、極右政党MPFの
党首、フィリップ・ド・ヴィリエ氏の政治的スローガンを彷彿とさせます。
ド・ヴィリエ氏は、自身の政党のスローガン「フランスを愛せよ、さもなくば
去れ(La France tu l'aimes, ou tu la quittes)」をサルコジ内相が「複写
した(d'avoir duplique※)」と非難。
また、ド・ヴィリエ氏はサルコジ内相が「二枚舌」であると批判しています。
内相が各方面で発言している意見・政治的態度を総合すると矛盾する、と
言いたいらしい。なぜなら、一方でサルコジ内相は極右政党スローガンの
コピーのようなことを言い、移民法を厳しくして締め出しを行う態度を
見せながら、他方では外国人に地方自治体選挙の投票権を与えることに賛成
したり、モスク建設の費用を国から援助することを提案している、というのが
ド・ヴィリエ氏の主張。

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/25(火) 00:47:31 ID:0oLYAGm4
ttp://www.pajamasmedia.com/
Van Gogh friend attacked
Pieter Dorsman, Peaktalk April 24, 2006 7:02 AM

パジャマメディア:オランダのゴッホ監督の友人がモロッコ系の若者に襲撃される

オランダのブログにこのニュースがあるけれど、ニュース・メディアに報道されていない
ようだ。襲撃後2日経過している。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ttp://www.zachtei.nl/2006/04/23/001157.html
Sunday, April 23, 2006
Another attack on freedom of speech

イスラム過激派に暗殺された、ファンゴッホ映画監督の友人でトルコ系の女流作家である
Ebru Umarがモロッコ系の若者に、アムステルダムの自宅付近で襲撃された。彼女の住処は
私の住居の近所なのだ。しかし、ラジオやTV、新聞はこのニュースを報道していない。
犯人たちは逮捕されていない。政府は事件の起こったことすら確認に時間をかけすぎている。

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/25(火) 08:25:29 ID:fqbwM/XT
>>400,401
少々論点からずれますが、フランスは頭脳流出に悩んでいるという話を
自分のフランス人教授から聞いたことがあります。優秀なフランス人が
アメリカやカナダなどに移民する、またはイギリスに行ってしまい、
フランスに残っているのはカスばっかみたいないい方をされていて、
ちょっと驚かされた覚えもあります。
しかし、フランスが嫌なら去れというのは、別に極右でもなんでもなく、
ブライン・ドレインという形で昔から起きていたことでは…。
フランス人のフランス主義はもうウンザリ。


404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/25(火) 08:26:18 ID:fqbwM/XT
403の続き
フランスに来て、マジで左翼を忌み嫌うようになった。昔の左翼
は意味が確かにあった。資本家が労働者を搾取していた現実があった。
しかし、今の左翼の多くは、仕事をしない、または出来ないの
に要求だけが大きすぎる。物が言えることは非常に評価するが、
要求の中身はブーであることが余りにも多すぎる。

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/25(火) 11:07:46 ID:xFcyXh/t
>>397

フランスは旧来型の左派が多いからみればブレアの第三の道はかなりの
右派に見えるからだろう。ロワイヤルは来年の選挙はわざと辞退して、一
回サルコジを勝利させ社会党に危機感を持たせたところで改革をひっさげ
登場したほうがスムーズに行くと思う。いまのまま立候補しても社会党が
分裂状態であるのを考えたら党内抗争で余計な体力を使って選挙前に
負けが見えたということになりかねん。

>>403

ドイツも似たような現象で、エンジニアを筆頭に医者も流出してるらし
い。欧州有数の技術国でその技術者が流出するのはかなりの痛手。医者の
代わりはポーランドから医者の移民が来てなんとかなってるが技術者流出
のほうはドイツ製品にそれが品質に出始めるかもしれんな。


406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/25(火) 11:44:12 ID:4tR/GZ8E
>>405
ttp://ku23.blog20.fc2.com/blog-entry-33.html
以前はドイツ製品というと、頑丈で、性能が良い、というイメージがありました。
ゾーリンゲンの刃物みたいな職人技も高く評価されていました。
しかし!!! ドイツ製品は、信じられないほどよく壊れる!!
例えば、我家の湯沸しは、購入した1週間後に故障!!○ーメンスといえば、
泣く子も黙る有名メーカーなのに!!修理人のおじさんが「○ーメンスはよく
壊れて困るんだ…」とつぶやいてたのが印象的でした…おじさん…。
更に、ダンナ様の車はBMWだけど(カンパニーカー)、買ってすぐに、
電気系のトラブル多発!走行中に「タイヤパンク!!」のアラームが!!
ビックリしたけど、どこもパンクしていない!翌日修理してもらったら、
今度は「半ドア!」と、アラームが! そう、ご想像のとおり、半ドアじゃ
ないのに、半ドアのアラームが鳴り続ける。
もう一つ前のBMWなんて、エンストで道の真ん中で動かなくなったことが
何度あったか!!

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/25(火) 16:58:14 ID:ODNszBIq
>>406

教育の質にもよるかも。ドイツの教育制度は日本のように「受験」
という良くも悪くも競争させるというシステムが存在しない。みんな平等と
いう社会主義みたいな教育。そういう教育だからエンジニアの質も当然
落ちる。日本はロケットの打ち上げ失敗とか高度な技術力の低下や転じてそ
の基盤となる学力の低下が懸念されるという騒ぎになったが、ドイツはそ
れが普通の製品に現れるなんて日本よりも事態は深刻だな。「ゆとり教育」
なんてさっさと辞めてよかった。同じ会社の製品でも東欧、南アや中国で
製造してるほうのが品質が良いなんてことになるかもしれんな。

大陸型社民主義は欧州の「瀕死の病人」。

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/25(火) 17:20:51 ID:OpG+sWAH
>>406
ソニーとか松下とか三菱ふそうみたいなものか?

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/25(火) 20:46:42 ID:0oLYAGm4
ttp://www.brusselsjournal.com/node/1008
ブラッセル・ジャーナル:MP3殺人事件で8万人の抗議デモ、BBCはバイアス報道

ブラッセル中央駅で北アフリカ系の若者が17歳のJoe Van HolsbeeckにMP3プレイヤー
(アップル、iPod) をよこすようにと要求し、拒否されてナイフで刺殺した事件に抗議して、
8万人のデモが行なわれた。この事件は夕方のラッシュアワーに起こり、監視ビデオに
映像が記録されていたが政府がそれをリリースしたのは一週間後である。

BBCはこの事件の報道で犯人のエスニシティについて触れず、そのために事件の背景
にある非欧州系の移民とブラッセル住民との緊張関係を正しく説明していない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
同じ事件について、ノーディシュ・ポータル・ブログ
ttp://nordish.net/blog/?p=73

このブログでも、メインストリーム・メディアが事件の背景にある人種や宗教の対立につ
いて極度に触れたがらない(隠そうとする)事についての議論が。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
MSMは恐らく、記事が人種・宗教対立を煽ることがあってはならないから、そうした
対応をするというのだろうけれど、それは妙な議論で、事実を覆い隠せば問題がなくなる
といっているに等しい。人種・宗教対立を煽ることはあってはならないけれど、事件を
隠蔽することは次の事件を奨励することになりかねない(対応が甘いことが犯人たちの
シンパを誤解させる)

しかし、より本質的なBBCなどのリベラル・メディアの問題は、いまだに「マルチ・カル
チャリズム」が「ナショナリズム」の毒に対する最善の免疫療法と誤解していること。

それはお花畑思考であって、リベラルがナショナリズムや愛国心のアンチテーゼとして
反戦やマルチカルチャリズムを持ち出したのだけれど、マルチカルチャリズムはイスラム
過激派などを勢いづかせる(キリスト教的西欧のは、もはや文化戦争を戦う精神を失った
と誤解させる)だけ。これは日本の場合、反植民地主義の謝罪史観が中国・韓国をして
より誤解をうみ、対立をエスカレートさせる役にしか立たないのと同じに見える。

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/25(火) 20:55:24 ID:OpG+sWAH
>>409
イギリス社会は崩壊してるね。コレじゃ絶対に
英米型の自由主義改悪なんて日本でもヨーロッパでも
拒絶した方がよい。

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/25(火) 21:09:47 ID:ICrYHtnF
>>410
ん?何を言っているのかさっぱり分からん。
おまいさんは
NHKの『ウリナラマンセー報道』を見て
「小泉改革という名の改悪で日本社会は崩壊してるね。」
と言うようなものなんだが。

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/25(火) 22:38:23 ID:f68fBCfW
まあ、現に英(米は無論だが)は
移民を受け入れて成功したってことになってるんでしょ。
さらにムハンマド風刺画を大手メディアが載せないぐらいに
多文化主義が浸透してるとも言える。

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/25(火) 23:17:10 ID:sO/y4VOJ
イギリスが崩壊してるのは、社会というよりメディアとか言論界。
右派も左派もどっちもだめ。
労働党も保守党も真ん中によってきて違いがない
と批判はするが、そのくせ自分では新たなビジョンも出せない。

左派は、スウェーデンを見習え ぐらいしかいえないし、
右派は、ブレアはほんとは右派 といって満足してる程度w

ちなみに、イギリスは欧州でもっとも頭脳流出がはげしい国とか
こないだ報告書がでていた。
仏独も英も頭脳が流出してるとなると、アメリカの一人勝ちなんで??




414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/25(火) 23:21:21 ID:H7nDWlWJ
しかし、その反面アメリカは、空洞化が進んでいる。
特に製造業が衰退している。
お得意の兵器ですら、完全に自力生産が不可能になりつつある。

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/25(火) 23:26:09 ID:OpG+sWAH
そうそう。アメリカブッ千切りのトップ

先進国囚人の数10万人当たり

アメリカ合衆国 576
ニュージーランド 144
イギリス 124
ポルトガル 121
カナダ 118
スペイン 115
オーストラリア 100
ルクセンブルク 97
オーストリア 92
ドイツ 91
フランス 90

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/25(火) 23:28:24 ID:H7nDWlWJ
また、アメリカの場合、まともに食えない貧困層が3700万人
もいる。日本より人口が多いことを考えても、この数字は
尋常ではない。


417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/25(火) 23:32:10 ID:OpG+sWAH
>>415
ちなみにトップ5(というより6位のカナダもだが)、
どれもアングロサクソン式自由主義を導入した国ばかり。

日本やヨーロッパは、このデータを良く見るべきだと思います。

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/25(火) 23:40:46 ID:MMC+9y1t
んー、それでいてアメリカは世界で最も信仰心の厚い国なんだよな。
なんかやっぱおかしいよなぁ、、、

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 00:09:11 ID:PqveqQt5
>>413

イギリスにも日本のサヨ知識人と同じようなやつがいるんだな。民主党の対
案路線は批判すれどそれに代わる新しいものは提案できず現実乖離を起こして
世間の嘲笑の的になっていくというところなんか。

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 00:22:44 ID:ichB8XiQ
企業景況感、5年強ぶりの高水準に[フランス]
http://nna.asia.ne.jp.edgesuite.net/freetop/top/free_frf_daily.html

 国立統計経済研究所(INSEE)は24日、4月の企業景況感指数(季節調整済み)
が108ポイントになったと発表した。前月の改定値から2ポイント上昇し、5年強ぶ
りの水準に到達した。

 INSEEは毎月、国内製造業の約2,000社を対象に調査を実施する。4月は自動車を
はじめとする「過去の生産」が好調で全体を押し上げた。国外受注も改善。完成品
の在庫水準はやや上昇したものの、長期平均は下回っている。

 ドビルパン政権は今月、2カ月にわたる学生団体や労組の抵抗に屈し、若者向けの
新政策「初期雇用契約(CPE)」を撤回した。ブルトン財務相は今回の騒ぎが国内経
済に悪影響を及ぼした様子は現時点で見られないとしている。

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 00:56:09 ID:h1h+lZEM
>>419
イギリスのサヨやリベ知識人の問題は、ブレアの光と影の影響が大きいかもね。
内政では、中道にシフトしてサッチャー路線を継承して政権を維持してるもんだから、
社民的なものを訴えようにもだめ。
政府はグローバル化を錦の御旗にするから、余計に立場が悪い。

外交では、やはりイラク問題をうまく位置づけられないのが大きな障害になってる。
もともと、積極的介入主義とか、人権や民主主義を他国に広める思想はサヨ発で
ブレアドクトリンはそれの延長。
だからブレアは堂々と自説のイラク戦争の正当性を演説でぶつのだが
まともに反論できなくて、でも戦争には反対だわでヒステリー状態になってしまうのだ。
現在直面している安全保障問題にはまともな対案も出せずに、
うそつきだのヒトラーだの人格攻撃するしかできないのだ。

なんか知性がストップしている姿をみていると、実にあわれで( ´_ゝ`)


422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 00:57:34 ID:JsZlGgPx
>>415>>417
これは法制度(広い意味での法文化)の差の問題も大きいよ。
米国、NZ、英国、カナダ、豪州と英米法圏の国々が並ぶ。
これは、英米法的な弾劾主義・当事者対等原則の
刑事司法システムを貫くと、刑事裁判もまた一種のゲーム化して
刑務所へ入ることへの「罪悪感」がどうしても下がるので
人口当たりの囚人率は上がる傾向になる。
この対極にあるのが日本で、タイーホされるだけで
(時には任意捜査だけで)強烈な社会的制裁がかかり
起訴を待つまでもなく社会復帰が不可能に近くなってしまう。

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 02:59:53 ID:TmkTYg1Z
英米系は憲法が優れてるらしいね

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 08:28:11 ID:NShzXBK7
>>421
>積極的介入主義とか、人権や民主主義を他国に広める思想はサヨ発で

マコーレーやジェームズ・ミルのような「改良主義者」の伝統かな?
フランスでも教育改革を行ったジュール・フェリーは「優れた民族は劣った
民族を文明化する義務がある」と主張していたな。
現代アメリカの地域研究者でも、リベラル派ほど植民地主義的な考え方が
強かったりする。

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 08:40:23 ID:NShzXBK7
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060426AT2M2502J25042006.html
仏政府が「検索エンジン」開発計画、グーグルに対抗
【パリ=安藤淳】

シラク仏大統領は25日、インターネットの新検索エンジン「クエロ」の開発
など、産業革新庁(AII)の六つのプロジェクトを発表した。2年間で20億
ユーロ(約2800億円)を投じる。クエロは米グーグルやヤフーに対抗、文字
だけでなく音声や映像の膨大なコンテンツ(情報の内容)から欲しい情報を
ネットで容易に探しだせる検索エンジンを目指す。
クエロの開発費は2億5000万ユーロ。仏トムソン、フランステレコムなど仏独
の企業や国立研究機関が中心となる。
仏政府は欧州連合(EU)各国の国立図書館や美術館の蔵書、作品をデジタル
化し、ネットワークで結ぶ構想も進めている。クエロと組み合わせれば、世界
最先端のコンテンツ管理・検索システムを構築できる。

↑こーゆーソフトは国家が開発してもうまくいかないのでは?


426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 10:04:43 ID:+3aI1Wgl
>>421

>社民的なものを訴えようにもだめ。

イギリスは労働党時代の英国病への恐怖が今でもかなり残ってる。
サッチャーが推し進めた改革が不人気なのに保守党政権が長期化した
のも労働党が国有化を持ち出してくるのではという懸念が先行し
ていたからだ。日本の自民党の自由主義に不安を抱きつつも旧態依然
の民主党には期待できんから自民を支持し続けるという構図と同じ。

>なんか知性がストップしている姿をみていると、実にあわれで

進歩的なやつらが進歩しすぎて退化が始まったんじゃないか?

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 10:07:14 ID:+3aI1Wgl
>>425

親方三色旗ではロクなものができんだろう。自己を満足させる
程度のものしか作れないのではないか?

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 10:24:25 ID:L/+ja8fl
>>752

実際大変だぞ
前に付き合ったことあるけど、どっちかに差をちょっとでもつけるとすぐに猛烈な嫉妬
痛い目あうぞ
僕はそれでアナル処女を失いました


429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 12:29:53 ID:UY0GZeN0
>>427
星条旗への対抗心は半端じゃない。

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 13:09:43 ID:fbeNniC3
>>422
バーカ。アメリカ等の囚人が劇的に増えたのは、
レーガン登極以後なんだよ。何が弾劾主義だ。
んじゃ、それ以前は弾劾主義とかいうのは、
無かったのかよ。明らかに政治の失敗なんだよ。

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 13:12:22 ID:NShzXBK7
>>427>>428
欧州委員会はアメリカのマサチューセッツ工科大学に対抗して、
欧州の科学系頭脳を結集する「欧州工科大学」(EIT)構想を発表した。
米への頭脳流出に歯止めをかけ、米などに対抗する研究・技術革新を進める。
当初予算は約20億ユーロで、EU首脳会議の決定を経て、09年設立を
目指すそうな。

>>409
しょせん「マルチカルチュアリズム」も西洋文化の一種にすぎないわけだけど、
彼らはそれに気がついていないのでは?

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 14:05:16 ID:gAHvUJi8
>>430
最近治安が良くなったそうだけど。

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 21:11:42 ID:/e9gUizP
欧州委、独企業によるスペイン電力の買収案を承認
http://www.asahi.com/business/update/0426/083.html

 欧州連合(EU)欧州委員会は25日、独エネルギー大手エーオンによるスペイ
ン電力大手エンデサの買収提案を承認した。欧州委は声明の中で「域内の競争を著
しく阻害する懸念はない」としている。一方、買収に反対するスペイン政府は、徹
底抗戦の姿勢を崩していない。自国企業の防衛をめぐり、スペイン政府と欧州委の
対立が激しくなりそうだ。 (以下略)

スペイン企業 伊社を株式交換買収 世界最大級高速道網保有へ
http://www.business-i.jp/news/world-page/news/200604250011a.nwc

 ブルームバーグによると、スペインの有料道路管理最大手アベルティスは、イタ
リアの同業アウトストラーデを百二十億ユーロ(約一兆七千二百億円)相当の株式
交換で買収することで合意した。買収後に合併して誕生する新会社は世界最大規模
の高速道路網を保有する。(以下略)

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 21:45:26 ID:OGSrt6N6
岩波から出た新書はわりかしまともそうだね

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 22:20:09 ID:UaKdz4FI
>>431

成功のためにはアメリカから優秀な教員を招けるかどうかでないか?
優秀な連中のアメリカへの流出を止めるには、アメリカ並みの待遇・環境
がいるし何より優秀な教員が必要になるということだろう。一流を招くな
らやはりアメリカからということになるだろう。変なナショナリズムを
出して欧州内で教員を賄うなんてやってたら失敗する。

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/27(木) 01:39:48 ID:EdktAOjw
フランスの国立大学ではBACジェネラルに合格すればどこの大学でも入学できるし
入学後移籍も空きがあれば自由だと聞いたのですが本当ですか? 
教員の移籍も日常的だとも・・・
学歴は日本やアメリカのように○○大卒ではなく、
BAC+2(大学は4年行かなくてもいい?),+4...というように表すそうですね。
これだといいか悪いかは別として、大学に序列が生まれませんよね。
ということは、大学間の競争(一定の大学に優秀な学生が集まる)もないのでしょうか?

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/27(木) 08:55:43 ID:xPpr/gP/
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060427AT2M2600526042006.html
EU内の労働者移動制限、独仏など解除見送り
【ブリュッセル=下田敏】

欧州連合(EU)内の労働者の移動について、ドイツやフランスなどは中・
東欧の新規加盟国からの流入制限を続ける方針を決めた。低賃金労働者の大量
流入を防ぐため、制限を3年間延長するか、人手不足が深刻な業種に限る。
EU拡大から丸2年の今月末で制限を完全に解除するのはスペインなど数カ国
にとどまる。EU急拡大の反動もあって西欧は保護主義を強めている。
EU域内では原則として労働者は自由に他国で働くことができるが、2004年
5月に新規加盟した中・東欧の8カ国の労働者に対しては、賃金格差が大きい
ことなどから、暫定措置として制限が認められていた。今月末が期限となるが、
独とオーストリアはEUに09年まで3年間の制限延長を通告。ベルギーや
デンマークなども一定の緩和策は導入するが、制限は延長する方針だ。


438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/27(木) 09:26:10 ID:MCoPtL2U
また、ラインから脱線するか、
ヨーロッパ中央銀行さん、お願いだから職員採用の国籍条件緩和して!
EU内の国籍+ブルガリア+ルーマニアの国籍保持者しか駄目なのが、
玉に瑕だ。
これを考えると、EITの教員採用もEUの国籍保持者優先になる可能性もある。
それに、どの言語で講義するのだろう?英語に決まっているじゃないか
という風に言われるかもしれないが、これも必ずしもEU内では自明ではない
ような気もする。しかし、科学技術だからやっぱり英語かな。

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/27(木) 14:03:16 ID:M53nzg6V
>>438

EUでの仏独の今の別名は「単独行動主義」。ちょっとまえはアメリカを
さしていたが今はこの両国のことを指す。だから中東欧が独仏を嫌い親米に
走る。

>どの言語で講義するのだろう?

EUの会議のように各国語にいちいち訳してるなんて非効率なことを
してるのを考えれば英語でないということは十分に考えられる。ただトゥ
ールーズにある航空技術かなにかの学校は英語で授業をしてるのを考え
たら割り切って英語でやるのかもしれん。ただし副音声(仏語)付きで。

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/27(木) 15:31:33 ID:xPpr/gP/
ttp://www.jca.apc.org/attac-jp/japanese/index.html
ttp://www.diplo.jp/articles04/0405-5.html
ttp://www.diplo.jp/articles02/0205-4.html
↑このパリに本拠を置くATTAC(市民を支援するために金融取引への課税を
求めるアソシエーション)という組織は、欧州でどのくらいの支持者が
いるのかな?この組織はグローバリゼーション、資本主義、多国籍企業、
タックス・ヘヴン、世界銀行、IMF、WTOなどに強烈な反感を抱いて
いるようだが。彼らはマクドナルド破壊事件で有名になったジョゼ・ボヴェ
ともつながりがあるらしい。

現代の欧州を見ていると、「資本主義は成功ゆえに巨大企業を生み出し、それが
官僚的になって活力を失い、社会主義へ移行していく」というシュンペーターの
理論を地でいっているように思える。


441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/27(木) 16:40:12 ID:Rk7Ivo5A
「イタリアなど3カ国、CIA拉致に関与」欧州議会報告
http://www.asahi.com/international/update/0427/004.html

 米中央情報局(CIA)の秘密収容所が欧州内にあったとの疑惑を調べている欧
州議会の調査委員会のクエリョ委員長(ポルトガル)とファバ議員(イタリア)は
26日、ブリュッセルで記者会見し、「スウェーデンやボスニア・ヘルツェゴビナ、
イタリアがCIAによる不法拉致に関与した疑いがある」と発表した。各国当局が
法的な手続きなしにテロ容疑者をCIAに引き渡していた疑惑が明らかになったの
は初めて。委員会は7月に中間報告をまとめる。

 ファバ議員によると、法的な手続きをしないままスウェーデン当局がエジプト人
を2人、ボスニア当局がアルジェリア出身のテロ容疑者6人をCIAに引き渡した。
またイタリアの検察関係者らの話から、ミラノで03年2月17日、CIA職員2
2人がかかわったエジプト人拉致事件が起きた際、イタリア当局が事件を知りなが
ら見逃していたことは明らかだという。

 また、CIAが使っているのと同じ飛行機が03年9月22〜23日、アフガニ
スタンのカブールから、ポーランド、ルーマニア、モロッコ、キューバにある米グ
アンタナモ基地に飛行したとして「給油のためにこのような飛行をしたとは考えら
れない」と断定。秘密収容所の存在を示唆した。

 欧州議会の調査委員会は、各国の治安当局者や被害者、目撃者らから聞き取り調
査をしたとしている。

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/27(木) 18:09:28 ID:t4r85qqH
>>440

見る限り香ばしい匂いが漂ってくるなあ。ジョゼ・ボヴェとつながりが
あるぐらいだから他にどういう組織と連携してるか自ずと知れる。極左派
を中心に一定の支持はあるんじゃないの?

今の西欧はなまじプライドがあるから過去の栄光にこだわって改革できないん
だろう。一回アメリカとかにボコボコに打ちのめされたほうが分かるんじゃないか?
明治維新の時、武士がその意識を捨てられず反乱に走り、最後に自分より身分下の農民
庶民出身の軍隊に散々打ち破られたように。

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/28(金) 00:53:54 ID:c5xkQsfs
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060427AT2M2702527042006.html
NATO、日本との安保連携強化へ・外相会議で協議
【ソフィア(ブルガリア)=下田敏】

北大西洋条約機構(NATO)は27日にブルガリアで非公式外相会議を開き、
安全保障分野で日本との連携を強化する協議に入った。NATOは米英を軸に
世界規模での役割拡大を探っており、とくに復興支援などでの自衛隊との協力
を重視。オーストラリアや韓国との連携も強め、東アジア地域で軍事的に台頭
する中国をけん制する構えだ。
NATO加盟国が外相レベルで日本などとの連携策を協議するのは初めて。
報道官は同日の記者会見で「NATOが(北大西洋の)伝統的な地域を超え、
パートナーとどんな連携ができるかを検討する」と語った。
外相会議は今年秋に開く首脳会議に向け、冷戦後の情勢変化に対応した
NATOの役割の拡大を議論。米英などを中心に北大西洋地域にとどまらず、
世界的な脅威に柔軟に対応できる体制を探っており、とくに日豪韓と
ニュージーランドを重要なパートナーと位置づけている。

↑こんな案があるらしいけど、どこまで本気かなあ?米英はともかく、
大陸諸国はそれほどアジア・太平洋地域に関心があるとは思えないが。
中国に武器輸出をしたい国もあるだろうし。


444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/28(金) 01:02:36 ID:JM/D6d9/
日本にNATO軍基地置いたら引っ越し代も貰えそうだからな。

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/28(金) 10:59:17 ID:7Loa1ioG
>>443
ADB(Asian Development Bank)のNonregional Memberは
Austria, Belgiu, Canada, Denemark, Finland, France, Germany, Italy
Luxembourg, The Netherlands, Norway, Portugal, Spain, Sweden,
Switzerland, Turkey, UK, USです。ソースはADBのProfileと書かれた
パンフレットからです。思索の材料になればと考えます。


446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/28(金) 12:25:14 ID:c5xkQsfs
>>444-445
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/europe/news/20060428k0000e030033000c.html
NATO:日本などとの関係強化へ 災害協力などで
【ブリュッセル福原直樹】

北大西洋条約機構(NATO)の非公式外相会議が27日、ブルガリア
のソフィアで始まった。NATOが域外で推進する平和維持活動や災害
救助活動のため、日本や韓国、豪州など、アジア・太平洋地域各国との
関係強化について初めて本格的に討論する。
NATOはここ数年、域外での活動を積極的に進めている。現在、
アフガニスタンで平和維持活動にあたっており、これには豪州や
ニュージーランドなどの非加盟国も参加した。また昨年10月に起きた
パキスタン地震では、今年2月まで現地での物資輸送などに従事。
今後予想される世界各地での災害救助活動で、日本など主要国との関係
強化が急務になっている。

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/28(金) 12:26:31 ID:c5xkQsfs
このため会議では、災害救助活動のほか、テロ対策、マフィア対策など
でも、域外各国との今後の協力態勢について協議する。デホープス
ヘッフェル事務総長は外相会議で「テロなどの脅威は世界的規模だ」
として、日本などを「パートナー」と認識し、協力関係を構築する意向
を表明した。
同事務総長は、NATOが欧米の領域を越えた国際組織になることを
否定しているが、NATO高官は「日本には災害時の救援活動に関する
実際的な知識があり、それを学びたい」と発言。日本側も近年、防衛庁
幹部がNATOとの情報交換を行っている。5月初旬には麻生太郎外相
が日本の閣僚として初めてNATOで演説する。
NATOは冷戦崩壊後、旧ソ連に対抗する組織としての存在意義を失い、
平和維持や災害救助、テロ対策などの活動で延命を図ってきた。今回の
日本などとの協力推進の姿勢も、その一環とみられる。

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 00:03:26 ID:EbF+kB/a
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060428AT2M2800928042006.html
ポーランド、政権にEU脱退を主張の極右政党が参加
【ウィーン=桜庭薫】

ポーランドの保守系少数与党「法と正義」は27日、極右系の小党「自衛」と
連立政権を組むことで合意した。欧州連合(EU)脱退を主張する「自衛」
との連立は、保護主義的な産業政策が目立つ「法と正義」を一段と保守化
させそうだ。産業・社会政策を巡るEUと同国政府の対立が激化する懸念がある。
「自衛」のレッペル党首は過激なEU加盟反対活動で知られた。地元メディアは
「自衛」が農相、労相など3つの閣僚ポストを確保すると報じている。同党が
農業・労働政策での保護主義的な政策で欧州委員会と摩擦を起こすのは
避けられないとの見方が多い。
昨年秋に発足した「法と正義」の単独少数与党は、安定した議会運営を目指し、
小党と連立協議を進めていた。ただ連立後も依然、過半数には届かない。
議席数は「法と正義」の155と「自衛」の56に、他党からの7を加えても218
議席にとどまり、過半数に13足りない。

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 00:09:27 ID:tXH6em+f
ポーランドはカナーリ恩恵受けてるんじゃないのか。

↓加盟国じゃないけど
米国務長官、ブルガリアと基地使用協定に調印
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060428AT2M2801Z28042006.html


450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 13:09:52 ID:EbF+kB/a
最近、ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4878935219/249-0837111-2987543
「徹底討論 グローバリゼーション賛成/反対」(作品社)という本を読んだんだが、
その中に、
「新自由主義が導入される以前は、政治が資本主義のなし得ることに制限を
加えていたということです。そしてまた、福祉国家によって、ひとつの社会
契約が結ばれてもいました(日本はつねにこの社会契約を守っていますね)」
「2001年9月に訪仏した際、アタックで活動しているフランス人と話をする
機会があったが、彼らは異口同音に、日本はグローバリゼーションの被害者
でもあるのに、なぜ反対運動が盛り上がらないのかと不思議がっていたのを
思い出す。日本の金融不安も長期不況も失業問題も、すべてアメリカ主導の
グローバリゼーションが原因であると、彼らの目には映っているのである」
といった記述があった。

なんつーか……欧米の左派は日本経済について、不正確な情報しか知らない
のかな。日本は福祉国家で統制経済の国とでも思っているんだろうな。

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 14:20:13 ID:zZr9YolI
日本は福祉国家じゃないけれども、統制経済の国だよ。

例えば誤発注の利益を「自主的」に返上したりね。そういう国。

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 15:02:07 ID:C6nzh7hG
アメリカSECは誤発注があった場合、取引中止にするそうです。
証券取引は自由かつ公正であるべきで、自由かつ放任ではない、ということだそうです。

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 15:03:14 ID:qYxmf8CP
>>450
クリントン政権時代(特に後期)には
日本人の「嫌グローバリゼーション感情」は極めて高かったよ。
あの経済破綻したアルゼンチン並みという当時の世論調査さえある。
ただ日米関係にとっては間一髪のタイミングで米国の政権交代が起きたので
この潜在的反米感情は顕現化しなかった。
日本人の多くはグローバリゼーションと言う理念自体には十分適応して繁栄可能であって
問題はクリントン・サマーズ民主党政権の日本に対する苛烈な「収奪」だと
感覚的には正しく認識していたんだろうね。
だから先進諸国の中で日本ほどブッシュ大統領が訪問して歓迎される国もなく、
クリントン前大統領に冷ややかな国も無い(今でも欧州などは彼を熱狂する)

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 15:07:05 ID:qYxmf8CP
453はこのままでは矛盾しているように読めるので少しつけたし。
日本人の90年代当時の「嫌グローバリゼーション感情」と言うのは
「嫌国際化感情」一般ではなくて
「嫌『クリントン・ルービン・サマーズ的グローバリゼーション』感情」
ということ。だから広義のグローバリゼーション自体への反感ではなかった。

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 15:49:06 ID:ESZMpKMK
>>450
日本で何故グローバリゼーション反対が盛り上がらないかと言えば、対米的には貿易黒字だし
対中的にはマスコミが中国批判できないからじゃないのかな。
産業の空洞化とか国内軽工業の壊滅とか中小工場の問題とかは中国の安過ぎる人件費にからむ
問題なんだけど、その点にはマスコミ踏み込まないから。NHK くらいだよね、多少扱うのは。

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 17:02:12 ID:vSJkiYcT
欧州は日本以上に統制経済をやりすぎて、ダメになったわけでその責任を
アメリカやグローバル化の責任にしてるだけ。人で言えばデブになって
身動きできなくなったけどダイエットしようとしないで、太ったのは自分の周
りに食べ物があるからだと言ってるようなもの。だから最近は欧州にはシンパシー
を持つ米のリベラルマスコミにさえフランスの騒動を嘲笑されるところまで欧州
は堕ちてる。

あと盛り上がらないのは日本には競争否定=格好悪いという社会的な通念が
あることと、なんらかの形でグローバル化の「恩恵」を受けてるからだと思う。
BRICsなんてのはグローバリゼーションで現れたようなものでそういう国々では反グ
ローバルの運動がイマイチ盛んでない、それと同じ。



457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 17:11:03 ID:vSJkiYcT
>>449

ポーランドにしてみれば実利的な利益は現状、EUよりアメリカのほ
うが多いから。また第二次大戦や冷戦が原因で西欧というものを全く信用
していないという不信感も親米に走らせることにもなってる。ポーランド
航空の機体からエアバスが排除されてボーイングだけというのでも良く分
かる。



458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 19:56:03 ID:C6nzh7hG
ポーランドでは、日本がシベリア孤児を救った話が、どのくらい知られているのだろう?

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 20:03:41 ID:AFvkh7R7
まぁ、皆無じゃね?

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 20:51:53 ID:EbF+kB/a
>>451
日本はヤヌス神のように、近代的な面と伝統的な面の二つを持つ国で、
経済にも自由主義的なところと、社会主義的(ムラ社会的)なところが
存在している。ところが欧米人は、もっぱら日本のムラ社会的なところに
だけ注目しているように思えるんだが。

>>453
日本の庶民は何が真に自分たちの利益になるかを、本能的・感覚的に
見分けるのに長けてるね。

>>456
日本の国民がグローバリゼーションで受けた恩恵は、外国から安い製品が
入ってきて物価が下がったことや、インターネットの普及でいろいろと
便利なことが増えたことなどかな?いまやそこらへんの主婦でもパソコンで
株の取引をやっているし。漏れ達がこうして2ちゃんを楽しめるのも
グローバル化の恩恵と言えなくもないw)

ところで、ヨーロッパやラテンアメリカなどの反グローバリゼーション運動が
盛んな国では、グローバル化の「恩恵」を受けている人間は少ないのかな?
また、恩恵を受けられなかったとすればそれはなぜなのかな?

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 21:20:26 ID:vSJkiYcT
>>460

恩恵が受けられないというより、恩恵を受けられるように努力せずラクに恩恵を
受けたいってだけのことじゃないの?それにあそこらへんの反米は伝統的だから、昔
からある反米思想に反グローバル化の思想が結びついただけではないの?

日本の場合は90年代に反自民党の象徴として規制緩和が始まり、自民党
政権になったあとも速度の強弱はあれ継続されてきたのが幸いして「恩恵」
を受けやすかった、体制変革が早かったのがミソ。

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 21:34:21 ID:P6Uu28sN
日本は移民を入れてないから
真のグロバリは始まってません。

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 22:22:18 ID:EbF+kB/a
ttp://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/globalisation/globalization/05060201.htm
ヨーロッパ人はグローバリゼーションをどう見ているかーEUの調査報告

4.グローバリゼーションの恩恵は誰が受けるか
多国籍企業が恩恵を受けているとする者が87%に上る。次いで、金融市場
(80%)、EU(77%)、米国(76%)、日本(68%)、中国(66%)、
消費者(64%)、途上国(54%)となる。ここまでは恩恵があると見る
者が恩恵なしと見る者を上回るが、中小企業、農民が恩恵を受けるとする
者は38%、35%にすぎず、恩恵なしと見る者が58%、59%に達する。
中小企業と農民はグローバリゼーションの最大の犠牲者と見られている。

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 23:14:22 ID:en4K0RSV
>>450

日本の金融不安や長期不況は金融政策のミスが原因であって、グローバル化のせいにするのは責任転嫁以外の何者でもないと思うが。
デフレだから不良債権が増えたり円高が進む。

>>455

貿易黒字だからといって何か得してるわけでもないはず。



465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 23:24:32 ID:qYxmf8CP
>>461
>日本の場合は90年代に反自民党の象徴として規制緩和が始まり、自民党
>政権になったあとも速度の強弱はあれ継続されてきたのが幸いして「恩恵」
>を受けやすかった、体制変革が早かったのがミソ。
「早かった」というのはどうかねえ?
90年代後半に、
日本が実効性のある「まともな改革」を進めているなんて言ったら
日本人も含めて全世界の香具師全員に鼻で笑われただろうよ。
確かに日本は「変化しつつあった」が、
それは腐った野菜がドロドロに崩れるように腐敗・崩壊していく「変化」だと
誰もが思っていた。橋龍政権などの自民党政権が
本当に「改革」を行っているなんて誰も思っていなかった。
思い出してみれば、90年代後半当時
日本で最も持て囃されていた「日本社会最強の勝ち組」は
「パンツを売って売春に励む円光女子高生」だったんだからね。
それくらい世相全体が改革どころか完全に腐りきっていたんだよ。
当時、EU諸国は通貨統合に向けて着実に道を歩み、
株高や景気安定にも支えられて「グローバリゼーション」の「勝ち組」だと
確実に思われていた。

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/30(日) 01:22:11 ID:KMm4S30Z
漂うN速臭

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/30(日) 01:28:34 ID:ayRotEkb
>>465
あのころは欧米のメディアで日本がさんざん嘲笑されていたねえ。
その一方で、EUと中国が将来の“勝ち組”としてもてはやされていた。
そのヨーロッパ人の自信も、コソボ紛争とイラク戦争で打ち砕かれて
しまったけどね。

ところで、欧州人のアジアに対する態度について、こんな興味深い分析が。
ttp://geopoli.exblog.jp/m2006-04-01/#4443742
竹島問題について:その2

「ヨーロッパ人は、アジアでの騒動を、アメリカ人よりも歴史問題として捉える
傾向が強いのは、彼らが結局のところ世界秩序の現役プレイヤーではないからだ。」
という評を聞いたことがあります。
中国での反日デモ時に、タカ派ではないワシントン・ポストのコラムでも
ttp://www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A6177-2005Apr20.html
"It is a mistake to write off the political turmoil in Asia
as a case of resurgent nationalism in a region that has not put to
rest the ghosts of World War II, as Europe has. That is more or less
the way the Chinese have framed their case in scripting mob protests
as a brutal rejection of Japan's bid for a permanent seat on the U.N.
Security Council. ・・・But this is a struggle for real and present
advantage in global politics, in which nationalism is a tool"
というように、欧州とアメリカとの見方の違いを指摘しています。今回の件も、
欧州は日本はケシカランとなるかもしれませんが、現韓国政権に悩まされる
アメリカでは大学知識人はともかく、そうではないでしょう。アピールとか
プロパガンダとかは必要ですが、人間は見たいものを見る(しか見ない)と
いうことも事実です。

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/30(日) 18:54:04 ID:HD6we6RL
内相追い落としの謀略? 証言報道で仏首相窮地
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060430-00000051-kyodo-int

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/30(日) 19:49:46 ID:ILTkLGxd
>>464
世界最大の債権国。
為替に不自由なし。
GDPの+要因。

まあ赤字で一喜一憂してるよりはマシだ罠

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 00:15:26 ID:XmFd7njf
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4487761700/249-0837111-2987543
東京書籍から『ヨーロッパの歴史―欧州共通教科書』という本が出版されて
いる。タイトルだけ見るとEUがつくった教科書のように見えるが、
実はフランスの銀行家のフレデリック・ドルーシュが、各国の歴史家を集めて
個人的に作ったもの。
EU当局も、「本書はEU成立記念の文化事業の一環ではなく、EUが直接
関与した企画でもない。もちろん時代の要請ではあったが、ドルーシュという
実業家の夢が現実化したものである」とコメントしている。

それにしても日本の出版社はなぜこんな紛らわしい副題をつけたのか…


471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 03:30:17 ID:cMb4XGBR
>>470
それ読んだことあるけど、一読してフランス中心主義と分かる代物だった。

ま、副題なんてどうでもいいんじゃね?必要なのは中身を吟味する目利き。

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 03:39:45 ID:iYvekm6h
>>470
次に『東アジア共通教科書』を作るときの布石w

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 13:34:13 ID:giJxmw15
<クリアストリーム銀行のスキャンダル>

ttp://www.di2.nu/blog.htm?20060430
30 April 2006
Clearstream - French for Watergate?

これは一部が国内メディアでも報道されているけれど、フランス政界の
大型スキャンダルになる可能性のある事件。

ごく簡単に言うと、サルコジ内相を貶める為にルクセンブルグの銀行、
クリアストリームがサルコジ派の賄賂や不正献金に使われているという
情報が流されてサルコジの危機かと思われたものが、一転してガセと判明。
それを仕掛けたl'Escroc とVile Pin側のスキャンダルになってしまい、
フランス版ウオーターゲート事件とかいわれ始めている。


このほかにパリの政治状況を論じるブログ↓;このスキャンダルはスランス
庶民の興味を集めていないのだという・・・
ttp://timescorrespondents.typepad.com/charles_bremner/2006/04/chiracs_murky_s.html
The Charles Bremner of the Wapping Liar
Chirac's murky stream

There is little sign that France is taking much interest in the umpteenth Chirac scandal.
One reason is that it is complicated. The other is that the two main TV networks are
playing it down. Viewers of the TF1 news last night would have been hard pressed to fathom
the brief, incomprehensible, report on Clearstream that was buried among holiday weekend
items. TF1's owners are close to Chirac. Over on France 2, the state channel, the
Clearstream update flashed by after a long item on a football match. It was presented, as
usual, by Beatrice Schonberg, the anchorwoman who also happens to be the wife of Jean-Louis
Borloo, Minister of Social Affairs in de Villepin's Government. The attitude of the two
networks can be summed up in the policman's order that is French journalistic cliche:
Circulez, il n'y a rien a voir. (Move along, there is nothing to see).

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 21:44:26 ID:XmFd7njf
>このスキャンダルはフランス庶民の興味を集めていないのだという・・・

フランスは政治化の不正や私生活に関して寛容だよね。
ミッテランは私用に軍のヘリコプターを使っていたが、問題にされなかった。



475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 21:57:08 ID:vckaMQX0
フランスに限らず、北欧を除くヨーロッパでは、
そんなもんだけどな。

476 :ぶれあ:2006/05/01(月) 22:02:07 ID:2t2X8A2s
うらやましい

英政権、閣僚に問題相次ぐ・支持率、最低に
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060501AT2M3000101052006.html


477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/02(火) 01:11:20 ID:rl+Q/G2c
漏れがいままで読んだグローバリゼーション批判本で、一番説得力があったのは、
ジョン・グレイ『グローバリズムという妄想』(日本経済新聞社)だった。
著者はLSEの政治哲学・欧州思想史研究者。
アメリカ流の自由市場が全世界に受け入れられるとか、グローバル化のせいで
国民国家やナショナリズムが消滅するとかいう楽観論を否定。
ネオ・リベラル型モデルはメキシコでは失敗したし、共産主義崩壊後のロシアで
行われたショック療法はアナーキー資本主義を生み出した。
特に、過去に存在した多様な伝統や文化が、理性の上に築かれた新しい、
普遍的な文明に取って代わられるという啓蒙思想を厳しく批判している。
(著者によれば、アメリカは啓蒙思想理論に基礎を置く最後の大国だという
ことである)
いかにもイギリス人らしく、懐疑主義的な内容の本。

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/02(火) 21:54:51 ID:rl+Q/G2c
120 :名無しさん :2006/04/24(月) 17:12:01 ID:S+u8Jmp/
>>84

>フランス一の醜男フランソワ・オランド

まさにその通り。名言です。しかし、醜男だからこそ、野心家で危険人物では
ないか?セゴレンを操縦しているのは彼。セゴレンもそれをよく解ってる。フランス
史上を代表する危険夫婦だとおもう。この夫婦が独裁権力(フランス大統領制って
こうだから、ミッテラン14年独裁政権は暗い時代だった)を握ったらどうなるのか。一体。

>マルチーヌ・オーブリはもっとよかった
彼女は社会党だし、35時間労働法を導入した人物で顰蹙買って失脚したが、あたしは好き。
カッコイイし、知的な魅力にあふれてる。あったまよさそう。セゴレンみたいなミーハー的”美人”じゃないけど
綺麗な人。服装のセンスもいいぞー。すごいコーディネート力。アクセサリー(バックとか
スカーフとかの使い方がすごい!、インタビューで、”私は洋服キチガイなの”って
告白してた)お父さんも大臣だった。ミッテランよりも正当派のインテリ左翼の代表。彼とくらべたら
ミッテランなんて怪しげなごろつきよ。オランドもこの延長線。気をつけて。

とにかくあたしも、女性大統領としてはこのマルティーン(なんて、名前で呼ぶのは似合わない、本格的政治家)
になってほしい。そうでなければ、サルコジ!とにかくこの二人は不言実行のやり手。

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/02(火) 23:16:10 ID:8pPtFuYy
>>474

>フランスは政治化の不正や私生活に関して寛容だよね。

最近の騒ぎのようにいざというときは大衆がストしたり大通りに出て物事を決
する「ストライキ政治」「路上民主主義」の国だから、政治家に少々問題があっても
大目に見るんだろう。

>ミッテランは私用に軍のヘリコプターを使っていたが、問題にされなかった。

たしかミッテランの友人の日本の誰かがヴェルサイユを見学しようとしたら
休館日だった。それをミッテランに電話して開けてもらったという珍話を聞いた
ことがあるがヘリコプターに比べればまだかわいい話だな。


480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 01:25:54 ID:DhI7MVcL
英空港管理会社買収騒動 政府にも余波
http://www.business-i.jp/news/world-page/news/200605020003a.nwc
「経済愛国」NOでも… 競争低下懸念

 【ロンドン=蔭山実】欧米企業が、英国内の主要空港を管理する英空港管理会社
(BAA)の買収計画を相次いで打ち出したことに、英政府が揺れている。BAA
を買収した企業が、買収のために調達した資金を返済するため、空港着陸料を値上
げする事態になれば、BAAの管理下にある主要空港の国際競争力が低下しかねな
いためだ。「経済愛国主義」を嫌う英政府も「BAAは戦略的に重要」とし、展開
しだいで調整に乗り出す意向という。(以下略)


481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 01:58:22 ID:pKev7PpF
東京都知事、現代美術を腹にすえかね
カルチエ財団、展覧会の開会式でとんだ「とばっちり」
東京特派員ミシェル・テマン 2006年4月24日 リベラシオン
http://www7a.biglobe.ne.jp/~mcpmt/Liberation20060424.html
ここぞとばかりに彼が述べるところによれば、
「見る者に説明を要する現代美術というのは無に等しい。」そして、最後
のとどめのように、「日本の文化は西洋文化よりもよほど美しい。」
会場内には衝撃が走った。
一部には、これを冗談と受けとめ、笑い声を上げる人もいる。しかし、多くの
人々は憤慨をあらわにした。

席に戻って天井ばかりを凝視している東京都知事に続いて挨拶に立ったのは、
ベルナール・フォルナスである。彼は、一転して、今回の出展作家たちにさかんな
讃辞を送った。挨拶のなかでフォルナスが、ジャン=ミシェル・アルベローラ、
松井えり奈といった画家たちから、森山大道といった写真家まで、東京都現代
美術館に展示されている作品を「重要な傑作」と評するにおよんで、会場から一斉に
拍手喝采が巻き起こる。こうして、石原の主張も宙に浮いた格好となる。

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 02:47:14 ID:aJVe8EuY
>>474-475
アメリカが大騒ぎしていた、イラクと国連の間の石油食料交換プログラムを利用した
不正取引きとかどうなったんだろうね、結局。

米の言い分通り200億ドルもの不正があり、それに仏独露中、その他の国の企業や政治家
が関わっていたとするなら、露中はともかく、仏独の政権がふっとぶんじゃないかと思って
いたけど、何の騒ぎにもならなかったし。

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 03:52:25 ID:DhI7MVcL
あんなのアメリカ企業だってやってただろ。日本企業も。

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 12:10:09 ID:4ESNUEwW
>>482

代わりに仏独露中はアメリカに対して妙におとなしくなった。ロシアや
中国なんてアメリカ国内で散々非難されてるのに恐ろしいくらいに沈黙した
り、仏もシラクが(イランの)化学兵器には核で対抗するなんてアメリカ援護
の発言をしたり、ドイツもシュレーダーは政権だけでなく議会からもたたき出
されてメルケルが親米に寄る。国連もアナンがアメリカにご機嫌をとって反
米的なやつを国連職員から追い出して親米的なやつを据えたりとアメリカの
下請け機関になってる。こういうのをみるとアメリカが不正にまつわる決定的な
資料をは押さえてる(イラクを占領してるから当然だが)からこれ以上他の
古傷が出てくるのが怖いんじゃないのか?

あと日本でも一時期もてはやされたスコット・リッターってやつもその発言も
不正事件に絡んでるとの疑惑から最近は音沙汰がなくなった。

485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 12:44:18 ID:DgWeVS7a
>仏もシラクが(イランの)化学兵器には核で対抗するなんて

あれはイラン問題を利用して、フランス国内の核兵器削減派を牽制する
という思惑もあると思われ。
イギリスでもトライデントミサイルを破棄するかどうか議論されていた。

ところで、欧州のメディアはイランの核問題に関してどんな論調なの?
やっぱり「外交的手段で解決すべき」なんて主張してる?

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 21:53:17 ID:vT0d3uK1
EU、セルビア・モンテネグロとの加盟前交渉を中断
http://www.asahi.com/international/update/0503/018.html

 欧州連合(EU)欧州委員会のレーン委員(EU拡大担当)は3日、旧ユーゴスラ
ビア紛争時のセルビア人勢力軍司令官ムラジッチ被告が逮捕されていないことを理由
に、セルビア・モンテネグロのEU加盟の前提となる安定連合協定の交渉を中断する、
と発表した。モンテネグロでは21日、独立の是非を問う国民投票が予定されており、
交渉中断は投票の行方にも影響を与えそうだ。

 レーン委員は「11日に予定していた次回交渉を中止する」としつつ「ムラジッチ
被告が逮捕されれば再開する」とも述べた。

 ムラジッチ被告は、旧ユーゴ紛争時にモスレム人の集団殺害にかかわったなどとし
て、旧ユーゴ国際犯罪法廷に起訴された。だが、現在も逃亡を続けており、セルビア
共和国内に潜伏しているといわれる。EUは安定連合協定の交渉を続ける条件として、
4月中の被告の逮捕を要求していた。

 モンテネグロの独立をめぐっては、モンテネグロ人を中心とする賛成派とセルビア
人らの反対派が拮抗(きっこう)している。交渉中断によって、国際的に孤立するセ
ルビアからの独立感情がモンテネグロでさらに高まることも予想され、情勢が流動化
する可能性もある。

 被告は、やはり逃亡中のセルビア人勢力政治指導者カラジッチ被告と並ぶ大物。旧
ユーゴ法廷に起訴されていた元ユーゴ大統領ミロシェビッチ被告が判決前に死亡した
ため、ムラジッチ被告の逮捕は旧ユーゴ紛争の戦争責任を解明するかぎを握るといわ
れる。

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 22:11:11 ID:vT0d3uK1
EU、スペイン政府を提訴へ 外資参入妨害で
http://www.asahi.com/international/update/0503/014.html

 欧州連合(EU)欧州委員会は3日、ドイツのエネルギー大手エーオンによるス
ペイン電力大手エンデサの買収提案を妨害したとして、スペイン政府を欧州司法裁
判所に提訴するための手続きを始めたと発表した。 (以下略)

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/04(木) 01:03:37 ID:UGeRXLNj
ttp://www.nikkei.co.jp/kaigai/eu/20060503D2M0301U03.html
ユーロネクスト、LSEとの統合断念
【パリ=奥村茂三郎】

欧州多国籍取引所ユーロネクストは3日、ロンドン証券取引所(LSE)との
統合を断念すると発表した。ドイツ取引所との交渉は継続する。米ナスダック・
ストック・マーケットも巻き込んだ欧米の取引所再編の動きは、独仏を中心と
する欧州大陸の取引所を統合する形へ収束する公算が大きくなってきた。
ユーロネクストはLSEとの統合断念について、ナスダックがLSEの株式を
15%取得したことが直接の原因だと説明している。23日に予定している株主
総会で詳細を報告する。

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/04(木) 10:01:44 ID:P0np23H0
>>488
独仏型資本主義がいよいよ反撃開始ですね。

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/04(木) 10:58:05 ID:HSr/OtMZ
>>489

独仏型資本主義の衰退の開始じゃないの?

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/04(木) 14:36:12 ID:UGeRXLNj
>>489
ミシェル・アルベール氏ですか?

欧州大陸や日本の、いわゆる「ライン型資本主義」は、後進国が先進国に
キャッチアップするのには適しているが、ポストモダン経済には向いていないと
思えるんですが。

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/04(木) 17:19:07 ID:CPFfMRA1
アルベールがライン型を礼賛してたのはもう十年位前、欧州が統合熱もあって景気がよ
く将来も明るかった時代。あれから状況はかなり変化した。欧州はどこも独仏型であ
る国は抜け出したがり、そうでない国はそうならないように反面教師化してる。それは
サルコジの「失業率が高い赤字だらけの社会を誰がモデルにするか」という発言に
現れている。左派が政権をとったイタリアでさえプロディは市場原理の導入と言って憚ら
ないし、そのお膝元のフランスでも次期大統領候補は英米モデル導入を標榜するサルコ
ジかブレア流第三の道を唱えるロワイヤルという様相を呈する等左右のどちらが大統領
になっても改革は巻き起こるのは必至。

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/04(木) 17:36:12 ID:OE4BV/KM
世界三大証券市場を含むには欧州はまだまだって事か

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/04(木) 19:46:51 ID:6c5tOvv2
EUは、取りあえず東と西に分割してから、東側の成長を待った方が良いんでは?

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/04(木) 22:09:33 ID:L6RBMlKg
EUを公共財とみなした場合、Welfareの観点から見ると、現在のEUの規模
は最適のものではないという研究結果もあるし、EUそのものはOptimal
Currency Areaでもないようだ。
しかし、2011年のニース条約までは、EU内での労働移動の自由は制限
されているし、時間があれば、EU内での賃金格差はそこそこ平準化
されるんじゃないかとも思える。
アメリカに比べると、EUに進出してくる日本企業は少ない。
アメリカへ行くと、マジでトヨタ、ホンダの車をたくさん見るが、例えば
フランス国内は乗り心地がすごく悪いルノー車ばかり。そんなに、EUは
マーケットとしては日本企業には魅力が無いのであろうか。

496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/04(木) 22:34:22 ID:UGeRXLNj
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/news/20060505k0000m030071000c.html
仏内相:移民規制法案を下院に提案 右翼層への浸透狙う
【パリ福井聡】

フランスのサルコジ内相は2日、移民が家族を呼び寄せることを厳しく
規制する一方、仏経済に貢献する移民には規制を緩める新たな移民法案
を国民議会(下院)に提案した。来週にも上院審議に回り、採択される
見通し。内相は来春の大統領選に向け「移民の選別化」を打ち出し、
移民に反感を募らせる右翼層への浸透を図る狙いとみられる。
内相は提案に際し「外国人は彼らを受け入れるフランスを愛し、その
価値観と法を尊重せねばならない。さもなくば立ち去るのみだ」と発言。
極右・国民戦線の標語「フランスが好きでなければ去れ」によく似た
表現を使った。
法案は、現在移民に認められている家族の呼び寄せを廃止し、月額最低
1200ユーロ(約17万円)の給与証明と1年半の居住証明を要求。
一方で、仏経済に貢献が期待できる外国人には3年間の滞在許可を
与える。
野党や教会指導者らはフランスの伝統的な人権重視姿勢を覆すばかりで
なく、「選良移民」のみの受け入れで出身国側の頭脳流出を加速させる
と批判している。

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 00:15:27 ID:zpeSCxbD
無用に拡大しすぎたな
金持ちだけの少数の国でやってれば成功してたのに

498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 00:39:59 ID:niTW/n1e
もうルペンが政権とったらいいよ。
人権の皮を剥がした本音のフランスを見たい。

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 02:38:38 ID:NhTpBtoq
>>495
日本製品の輸出には欧州はアメリカとは比べ物にならない
有形無形の嫌がらせによる強力な多重貿易障壁が作られているんだよ。
そもそもEC・EU統合の80年代以降の隠れた趣旨に
「経済力をつけてきた日本に対抗する」というものがある。
EUは域内の障壁は当然撤廃を趣旨とする組織だが、EUとその外側、
とりわけEUには加盟しようがない日本のような域外国との間には
「事実上の貿易障壁」を何重にも巡らせてさらに強化するためのものだからね。
EUの対日経済政策は「EUが決めたルールの日本への普及」と
「対日輸出を増やして対日輸入を徹底的に抑える重商主義」
この2つに尽きる。日本のウィンにもなり得ることは本当は何一つ無いw
最近では「EU資本の日本進出の促進」が
広義の重商主義(かなり無茶だがEUに限ればこの比喩は妥当)としてこれに加わるが。

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 07:18:04 ID:JYC/tgSf
ちょっちスレ違い気味だけど。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060505-00000008-san-int

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 08:23:03 ID:e1kzDfMQ
>>499
495です。非常に興味深かったです。
日本製品は探すのが異常に大変な一方で、電気製品を見回しますと、
中国製(PRCの方です)が目立ちますが、この背景についてご存知ですか?
もちろん、製品の価格が低いのでと言ってしまえばそれまでですが…。
中国と日本はえらく待遇が違うなーと思えます。


去年あたりまでのフランス人の妙な中国熱を見ると、少し考え込まされます。フランスの
チャイナ・スクールのたちの悪さと来たら…。何であんなに日本を
馬鹿にするのと不思議で仕方ない。だから、僕もそういうフランス人
には、徹底的に意地悪をして、反撃するのです。
IMFの最近の世界経済短観によると、石油価格高騰は今後も持続的だと
判断していますので、日本製の省エネ製品抜きではどうせEUも立ち行か
なくなるでしょう。(あまりにも楽観的過ぎかな?)



502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 08:38:15 ID:DHEDIsQF
>>499
ヨーロッパ人の中には、イラク戦争の際日本がアメリカ側についたのを見て
驚いた人間もいたそうだが、そもそも欧州諸国はアジア・太平洋地域の
安全保障に責任をおっていないし、>>499のような「フォートレス・ヨーロッパ」
政策を取っているんだから日本がアメリカ寄りになるのは当たり前。

そもそも80年代からECは日本に対して輸入数量制限・反ダンピング関税・
製品の原産地規制・部品現地調達の義務付け・相互主義などの規制を数多く
築いていた。

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 09:57:38 ID:DHEDIsQF
>>501
>中国製(PRCの方です)が目立ちます

フランスの大企業の、中国市場における利権を狙っているのでは?
ヤフーやグーグルが中国で検閲を行っている例が典型的だが、
中国が自国市場に食い込もうとする外国企業に対して、さまざまな
要求をしてくる。欧州の場合、メディアの報道も中国寄りだしな。

>フランスのチャイナ・スクール

欧州では18世紀に中国の思想が紹介されて、ヴォルテールなどの啓蒙
思想家たちがかぶれたりした。その名残りかもしれない。
フランスに限らず、欧米のアジア専門家の間では中国を過大評価し、
日本を過小評価する傾向が強いよ。
現在のヨーロッパ人にとって中国は、アジアにおける「勝ち馬」に
見えているんだろう。ちょうど1930年代の日本人が、ドイツを欧州に
おける「勝ち馬」だと錯覚したように。

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 16:07:06 ID:7lZK8UK3
>>501
>製品の価格が低いので
これが正解。
それに中国製品といっても中には日本企業やその関連企業などが関わっているところも多いし、一概に中国に甘いとは言えない

505 :495:2006/05/05(金) 17:33:47 ID:uaYiCtsY
>>503
>>フランスに限らず、欧米のアジア専門家の間では中国を過大評価し、
>>日本を過小評価する傾向が強いよ。
確かに、アメリカにも中国を異常に課題に評価する人は多かったことは
事実ですね。僕は、これは単にアメリカ人と中国人の気質の類似性みたい
な部分に根拠をおいていました。ちょうど、日本人とドイツ人と話して
いると落ち着くというか、妙にあうことが多いのと同じ原理です。
ドイツ人の日本人蔑視は散々騒がれてきましたが、僕は普通に話していて
ドイツ人とはやっぱり楽しいことが多かったですね。しかし、僕は
中国における状況をまるっきり把握していなかったので、結構頓珍漢
なことを考えていました。

>>フランスの大企業の、中国市場における利権を狙っているのでは?
なるほど、そういうことはありますね。僕は、フランス側にもっと明確
な根拠があるのかと思っていたら、単にポジショントーク?嫌ですね、
こういうのは。しかし、多かれ少なかれみんなやっていますから、
しょうがないかも知れません。そういえば、去年、僕がアメリカの経常収支
が赤字が今後も持続的なものだという予測結果が出てきて、それを持って
いったら、妙に責めあげられました。しかし、BNP-Paribasの最新のリポート
では、来年はさらに赤字が酷くなるという風に書かれていました。

僕は地球上の資源制約、および中国での極端な所得格差、および中国の
官僚の腐敗による資源の歪な分配、またアジア開発銀行の経済短観の
中国の来年の経済成長率予測が5%程度である(と担当者が説明に来て
いました)のを見ると、そろそろ中国の奇跡的成長の空騒ぎも終わると
見ています。

そうそう、レスター・サローのように、中国の統計値が明らかにおかしい
という風におおっぺらにいう人はフランスには少ないようですが、
僕の周りのフランス人の多くは中国の統計値はあてにならないと
しきりに言っていました。

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 20:16:06 ID:01wVQKab
>>505

おかしいというより、社会主義国は数字を意図的にいじるという経験則から
外国では中国の統計値は、軍事から経済、社会的なものまで公表された資料
をベースに再計算して修正するのが当然になってる。特に欧州あたりは東側の
統計を何十年も見てるから中国のそれについては容易に分かるはず。そのまま
の数字を信じるのは日本人くらいじゃないかと思ったりする。

507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 20:20:51 ID:NhTpBtoq
>>501
欧州から見ると中国というのは「青い鳥オリエンタリズム」の妄想対象としては
実に手ごろな位置にあるんだよ。例えは悪いが、日本の中東アラブ圏に対する
奇妙なプラス感情に似たところがある。欧州人には決して想像出来ないだろうw
そして日本−アラブと同じく、欧州−中国は
幻想がなかなか冷めない距離にあるから相思相愛が長続きしたりするw
ただの幻想だからキッチリ叩けば簡単に論破できるよ。大いにいじめればよいと思うw
ただ、フランスに関しては、驚くべきことに
日本人が実はフランス「を」エキゾティシズムの対象としてしか見ておらず
「天下の文明国w」のフランス人としてはそれが腹立たしいということもあるねw
要するに「ブランド品と料理とワインとシャンソンの国」ってやつだな。
実は「フジヤマ・ゲイシャ」と変わらないんだよね。
これは明治以来日本が文明化の総合的な師匠としては
フランスを一貫して無視してきたという歴史的背景がある。
戦前前期は大英帝国、戦前後期はドイツ、戦後はアメリカだ。

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 21:50:44 ID:dKGK6Pxs
東欧と違って、中国は為政者も本当の数字はつかめてないから・・・

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 23:40:06 ID:IbDjGSmo
フランス人って見た目黒いじゃん。いかにもラテンというか。
日本人がフランス人を尊敬するはずがないよ。

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 23:59:24 ID:krhh34cj
一行目と二行目はどういう論理で繋がってるわけ?

511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 00:01:18 ID:KefcK4Uq
>>507
開国期からドイツ(プロイセン)贔屓だしなぁ、日本。
フランスは幕府方支援したから明治維新後は接点やパイプが無くなっちゃったのかな。

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 00:15:50 ID:hDD6eA28
イギリスの地方選挙で、極右の国民党(BNP)が約20議席を
獲得したね。長い間続いた多文化主義政策に対する反発?
80年代にはハニフォード事件(ブラッドフォード市で、ムスリムの生徒の
親たちの要求を容れて、市教育局がパンジャビ・ウルドゥー語の使用、
男女別の体育授業、ハラール肉を使った給食の導入が決まったところ、
新校長がこれを批判して騒ぎに発展した)みたいなことがあったけど、
こういう状態は今でも続いてるの?

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 00:29:45 ID:esgv/IV9
米議員ら、ドイツにおけるW杯関連の人身売買を非難
http://today.reuters.co.jp/news/newsArticle.aspx?type=worldNews&storyID=2006-05-05T192038Z_01_NOOTR_RTRJONC_0_JAPAN-212240-1.xml

 [ワシントン 4日 ロイター] 米議員らは4日、6月にサッカーのワールド
カップ(W杯)を主催するドイツで女性の人身売買が増加している点について、同
国のメルケル首相が反対の意思表示をするよう訴えた。

 ドイツでは、売春は合法化されている。女性権利の擁護団体は米議会の公聴会で、
W杯開催で買春需要が増大し、それを見込んで貧困国から数千人の女性や子供が連
れて来られ、売春を強要される危険があると警告。米下院外交小委員会のクリス・
スミス議員は、「メルケル首相は今こそ、スポーツの名の下に行われる女性や子供
の搾取に対して立ち上がり、反対の声を上げるべきだ」と述べた。

▲自発的に来るでしょ。

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 16:30:24 ID:R9EiRM+u
ttp://online.wsj.com/article/SB114678017201844171.html?mod=taste_primary_hs
No More 'Jihad'
May 5, 2006

WSJ(欧州版、コラム):EUでは「ジハード」という単語を禁止する (概要、意訳)

EUの議会のカウンター・テロリズム戦略を話し合うメンバーは「イスラム」と
「テロリズム」をつなげた言い方("Islamic terrorists"、"Islamic terrorism")を
禁止するのだという。EU官僚の新たなアイデアである。これは来月のEU閣僚
会議で承認されるだろうという。

ジハード("jihad" )と言う単語も使用禁止になるようだが、その理由は広報官の
Friso Roscam Abbingの説明によれば「この用語には、人の内部的葛藤でより
よき存在になろうとする意味もあるため」
(That's because it "can also mean the internal struggle to become a better man," )

それは誤りではないがAEIのイスラム専門家であるBernard Lewisに拠れば、
ジハードというのは14世紀以降には軍事的な意味で異教徒との闘争に使われた
用語である。

EUはイスラムを刺激しないようにとヨーロッパ内部のイスラムのラディカリゼー
ションに対するアクロバチックナ対策を考えているわけだが、広報官の言うには
「我々は人々がテロリストになるようなことを正当化することにつながる如何なる
モチベーションもなくしたい」のだという。
(. "We want to take away any possible motivation or justification for people
who are on the brink of becoming terrorists," Mr. Roscam Abbing said.)

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 16:32:32 ID:R9EiRM+u

イスラミック・テロリストをイスラミック・テロリストと呼べば、あらたなイスラミック・
テロリストが製造されるというのか?イスラムをテロに連結させることに反対する
唯一の人はイスラムのテロ否定穏健派の人たちである。

EUはスピーチ・コントロールで問題を解決した気分になっていないでアルカイダ
やハマスやヒズボラに文句を言うべきなのである。

EUはオーウエルの書く帝国の様になってしまった。広報官はスピーチ・コントロ
ールは強制ではないがメディアがそれを尊重することを期待するという。
(The EU has embarked on a truly Orwellian enterprise, irrespective of
Mr. Roscam Abbing's assurances that the lexicon will be non-binding and
for EU officials only, adding "if you (the media) take inspiration, be our
guest." That's the catch.)

政治指導者や新聞が言葉の上で効果的にテロと戦えないのであれば、一体どう
やってその問題を解決出来るというのだろう。
(If our political leaders and the press can't even frame the problem adequately,
how can they be expected to solve it?)

イスラムの本当の意味を過激派から取り戻す戦いはヨーロッパの辞書を書き換え
ることで勝利できるわけではない。殆どのイスラム教徒はテロリストではないが、
しかしながら殆ど全ての自殺攻撃テロリストはそうした殺戮行為の正当化を
イスラムの教義に求めている。

平和を愛好するイスラム教徒がこのテロリストとイスラムの結びつきを解明し、
それを断ち切るべきである。それはEUの言葉遊びで達成されるものではない。

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 20:51:32 ID:hDD6eA28
>>514
ユーロクラットは、大卒初任本給は約3800ユーロで、公務員としては
世界最高クラス。採用は学位所持が原則。母国語のほかにEU諸国の
言語を一ヶ国語以上完全に使いこなせなければならない。
キャリア組に相当するAグレード任用者だけで、EU事務職員の
ほぼ半数1万1千人がいる。

しかしこの“欧州版ベスト&ブライテスト”が作成したユーロ合格の基準は、
人口500万の国でも5000万の国でも同じ。官僚というのは頭だけが一人歩き
するからだろうけど。欧州中央銀行の中の人は、金融政策が失敗しても
責任を取ることはない。

517 :495:2006/05/07(日) 11:39:50 ID:+QvIQapz
>>506
分かりました。どのようにデータを計算しなおすかなどは、さらに精進
して勉強します。
>>507
フランスのチャイナスクールの人たちの論破、頑張ります。
少しずれますが、パリ在住の日本人、僕の知る限り誰もフランスを
先進国の仲間に入れていないことは事実です。
また、話題からはずれて、
パリを走るRATPのバスの多くはルノー製で、これは乗り心地がイマイチ。
少しだけ走っているベンツ製のバスは乗り心地抜群で、雲泥の差があります。
こういうこともあるので、フランスが馬鹿にされるのは、仕方ないかも
知れません。しかし、フランスの名誉のためにいえば、パリに二線ある
トラム(T1とT2)は、加速度抜群で騒音も少なく、乗り心地もまあまあよろしい。
車体はフランス製です。
>>516
また、少し外れますが、EU機関の公用語は英仏独?前から、これが実は
まだ分かっていません。
欧州中央銀行は英語のワークング・ペーパーが主体ですね。多分、
あそこは英語ですべてのオペレーションが行われているでしょう。





518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 14:47:16 ID:FV7yr0oy
>>517
もし機会があったらジョー・スタッドウェル『チャイナ・ドリーム(上)(下)』
(早川書房) 
原著ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1861973705/qid=1146980425/sr=1-1/ref=sr_1_8_1/249-0110447-3186726
を読んでみて。西洋人が伝統的に中国に抱いてきた幻想と、欧米の企業が中国に
進出して大損したエピソード、中国の政治経済の実態が克明に描かれている。

ttp://www.eu-info.jp/law/en5-1.html
各国の文化的多様性を尊重し、また、EU 市民に自らの権利・義務や EU の
政策を認識させるため、EU では、全加盟国の公用語が公用語に指定されているが
(なお、アイルランド語を除く [参照])、拡大後もこの方針に変更はない。
その結果、EU の公用語数は、現在の11より、20に増えることになる(2003年の
加盟協定第61条第2項参照)。
その結果、欧州委員会だけでも、翻訳要員は約1100人の増加となり(現在は
約1300人)、また、経費も約3億2000ユーロに膨らむ(現在は約2億3000ユーロ)。
なお、EU 全体における翻訳費用は、現在の約5億5000ユーロから約8億800ユーロ
に増加すると想定されている。
翻訳が決して容易な作業ではないことは周知の通りであるが、負担と経費を
削減するため、会議用の資料は、原則として、英仏独の3カ国語でのみ作成
され、決議が最終的に確定された後に、その他の公用語に翻訳されることに
なっている。

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 21:27:28 ID:FV7yr0oy
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/europe/news/20060507k0000e030043000c.html
フランス:首相更迭説が浮上 後任にサルコジ内相も
 
フランスのドビルパン首相が汚職捜査に関連し、来春の大統領選でライバルと
なるサルコジ内相を追い落とそうとした疑惑が浮かんだことで、首相の更迭説
が現実味を帯びてきた。六日発売のルモンド紙は、シラク大統領がサルコジ氏
に対して首相就任の検討を求めたと伝えた。
ドビルパン氏は2日「辞任する理由がない」と首相職にとどまる意向を強調。
しかし、4月の若者雇用策撤回に続く今回の疑惑で支持率は急落し、野党も
内閣の刷新を強く要求しており、シラク大統領が首相を見限ってもおかしく
ない状況になりつつある。

520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 21:28:31 ID:FV7yr0oy
首相に向けられた疑惑は、台湾へのフリゲート艦輸出に絡み、サルコジ
氏が裏金を受け取っていたかどうかの捜査を情報当局者に命じたとする
もの。後にこの裏金情報は虚偽と判明した。
保守系与党内で大統領選出馬に向けて有利な立場にある内相は選挙準備
に専念するため、来春を待たずに内閣を離れることが確実視されていた。
ルモンド紙によると、大統領はサルコジ内相に首相就任を打診した上で
「来週もう一度話し合おう」と述べたという。
サルコジ氏はシラク大統領に代表される旧来の保守政治と「決別」する
姿勢を打ち出してきた経緯があるが、「シラク派を味方につける好機と
見ている」(ルモンド紙)との分析もある。
フランス公共ラジオによると、シラク大統領の側近筋は6日、
「内閣改造など論外だ。大統領はドビルパン首相とその内閣に全幅の
信頼を寄せている」と強調。首相更迭説の打ち消しに懸命だ。

521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 00:17:48 ID:3DaV2pAz
ナチス発言で歴史問題再燃 独とポーランドが応酬
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060507-00000077-kyodo-int

 【ベルリン7日共同】ドイツとロシアによる天然ガス海底パイプライン建設につ
いて、ポーランド国防相がナチス・ドイツによる「独ソ密約」に例えて発言したこ
とにドイツ側が反発。8日の第2次世界大戦でのドイツ降伏記念日を前に、ドイツ
とポーランドの間で「歴史問題」が再燃している。

 ロシアとドイツをバルト海経由で直結するパイプラインはプーチン大統領とシュ
レーダー前首相が推進し昨年12月に着工、「頭越し」の決定にポーランドは強く
反発した。既存の地上パイプラインはポーランドなどを経由してガスを運ぶが、メ
ルケル首相もエネルギーの安全確保面から同事業を支持してきた。

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 00:28:26 ID:pHPPMPpd
>>505
ttp://homepage.mac.com/naoyuki_hashimoto/iblog/C394170269/E20051206113129/index.html
ルモンド紙読者アンケート:中国とのエアバス契約は得か損か?

仏中間で国家的な大型商談成立。フランス人はみんな大喜びだと思っていたら、
そうじゃないみたい:
質問は、この契約はフランスにとっての成功か、それとも中国にとっての
成功かというもの。ルモンド読者の答は↓
実に6割の人が「これで中国が得することになる、中国は技術を貰って将来
自分で飛行機を作ることになるだろう」と醒めた回答。
まあ、宇宙ロケットやカラシニコフの例なんかもあるしな。

↑フランスでも、一般市民は中国に対して醒めた目で見ているみたいですね。
中国に熱中しているのはエリートや知識人に多いみたい。




523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 01:39:55 ID:3DaV2pAz
そりゃ労働者(技術者含む)にとっては職を奪われることになるんだから反対でしょ。
んでもそういう意見を聴いていると経済が停滞する、
投資家の利益を重んじろ、というのが今の風潮でしょ。

エアバス、中国に工場建設検討・中距離機を組み立て
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20051205AT2M0500705122005.html
【中国】エアバス社の技術移転による中国製主翼が完成
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050403-00000000-scn-int


524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 02:11:31 ID:Cu/mnc+I
重商主義

525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 03:08:00 ID:njD8WYXm
>>521

アメリカという「旦那」を取られかかってるドイツと、その新妻ポーランド
の確執か?

526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 07:49:31 ID:pHPPMPpd
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060508AT2M0600907052006.html
仏TV、デジタル化2011年までに
【パリ=安藤淳】

フランスは2011年までにテレビのアナログ放送を廃止、全面的にデジタル放送
に切り替える。コンテンツ(情報の内容)拡充や受信機器の普及策などを協議
する「デジタル化戦略委員会」(座長・ドビルパン首相)を立ち上げたのに
続き、機器購入を補助する1500万ユーロ(約20億円)の基金を設ける。シラク
大統領が発表した。
今年から一部地域でデジタル放送への切り替えを始める。現在、約100ユーロ
(約1万3000円)のデジタル放送受信用STB(セット・トップ・ボックス)
は20ユーロ程度への引き下げを目指す。デジタル技術を応用したゲーム、
双方向サービスなどの開発も振興する。
関連産業の市場規模は200億ユーロに達するとの予測もある。シラク大統領は
デジタル化は「未知の領域を開拓し、新市場に挑戦するための大掛かりな
プロジェクト」と述べ、経済活性化の効果に期待を表明した。

↑この政策はフランス経済の活性化につながる?


527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 09:35:36 ID:O3R1I3UV
>>526

IT産業が発達してるなら波及効果があるかもしれんが。いまの仏の産業構
造では限定的なものになるんでないかい?

528 :495:2006/05/08(月) 16:51:33 ID:0gM1MbHH
>>518
ありがとう。時間があれば読んでみます。

>>522
このエアバスの件は、フランスでも相当大々的に報道されていました。
TF1で僕はこれを知りましたが、このニュースは大事だったので、
例のごとく専門家なるコメンテーターが出てきていました。
コメンテーターはフランス人エコノミストでした。
彼は、技術が中国に流れるだけでフランスは損するという見解を取って
いて、報道されていた街中の声も、概して否定的な感じでした。
熱狂的だったのは、実は政府と契約を成立させた周りの人間だけかも
知れません。
ただ、このインターネットの調査をフランス人全体の像と考えるのは、
少しだけ注意を要するかもしれません。一応、サンプルサイズ7570と
いうのは問題ありません。3000を超えていれば、誤差は殆どなくなると
されていますので…。ただ、インターネットを利用する層が一体
どういう層か、全くバイアスがかかっていないのかはこれだけでは
何とも言えません。また、ル・モンドは世界中でおよそ五万人のウェブ
バージョンの購読者がいますので、純粋にフランス人がこのアンケート
に答えたかどうかはも分かりません。何を隠そう、このサンプルの一人
は僕なのですから…。




529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 19:41:34 ID:aMy9K6yb
作ったらとっとと売る!
そうしないと次の開発費を稼げない!


530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 23:20:56 ID:pHPPMPpd
ttp://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/20060508/20060508_002.shtml
事業者に安全性の立証責任 EUが新しい化学物質規制
 
化学物質の安全性や環境への影響評価を製造、輸入業者に義務づける欧州連合
(EU)の新しい化学物質規制策「REACH(リーチ)」が2007年春
にも施行される見通しとなった。EU当局者が8日までに明らかにした。
健康や環境への影響が分からないまま使われ続けている化学物質をできる限り
減らし、人や環境への悪影響を防ぐことを主眼においた制度で、EU域内で
活動する日本企業もさまざまな対応を迫られる。
環境保護団体からは、日本での同様の制度導入を求める声が強まりそうだ。

↑こりゃEUの保護主義政策の一環かなあ。ヤシらはこれまでも地域特産物に
関する細かい規定を決めてきたし、成長ホルモンを使ったアメリカ産の
牛肉輸入を拒否したこともあるからな。

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 01:32:12 ID:Ylf3hIaL
まあなんかのついでに自国産業に有利になるようなことはどこでもやりがち

日本車メーカーに不利な提案も=米大統領の原油高対策
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060429-00000031-jij-int

↓これなんかもどうなるかわからない。
ナノ材料:使用状況把握で10月に公聴会 米食品医薬品局
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/america/news/20060416k0000m030018000c.html

あと、ホルモン牛禁輸は継続中だよね?

532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 07:39:34 ID:MdQRuCM3
>>528
ttp://www.jetro.de/j/hp2006all/doko/Jan-Maerz/doko02032006.htm
シーメンスとティッセン・クルップによるコンソーシアム、トランスラピード・
インターナショナルは、上海でドイツ製リニアモーターカー(トランスラピード)
の路線を開設しており、乗降客数は2005年7月に400万人を突破している。
ところが、中国の成都航空機工業(Chengdu Aircraft Industry Corporation 、
CAC)が独自の技術でリニアモーターカーを開発し、7月からテストコースで
走行実験を開始するという記事が2月15日に出て、大きな話題になっている。
計画では1.5キロのテストコースを時速100キロ程度で走行する。
トランスラピード・インターナショナルは、中国のリニアモーターカー開発に
ドイツ製トランスラピードのノウハウが利用されているかどうかわからないと
して、慎重な対応を取っている。

533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 07:47:31 ID:MdQRuCM3
シーメンスのフォン・ピーラー監査役会会長は「ウェルト」紙(電子版2月17日)の
インタビューで、「中国のビジネスでは知的財産権の侵害など不確実なリスクが存在
するのでは」という質問に対し、「中国経済は世界で最も著しい成長を遂げており、
参入しないリスクの方がよほど大きい」とコメントし、「中国製リニアモーターカーは驚き
ではなかったのか」との質問に対しても、「今回の件は既に承知していた」と回答した。
一方で、機械・プラント工業会(VDMA)のブルックラッハー会長は2月22日の記者会見
で、好調な輸出の不安要因として「中国での不公正な競争と技術盗用」を挙げた。
そして、「中国では協力を強要され、望まざる競争に巻き込まれている。われわれは
その問題を過小評価していた。核となる技術はドイツにとどめておかなければならない」
と述べた。

↑ドイツでも似たような問題が起こっているようです。企業のトップとしては、
ドイツ国内で内需低迷が続いているから、中国市場に活路を見出す、という
戦略なのでしょうね。ユーロ高が続くと、対米輸出にも響きますし。


534 :495:2006/05/09(火) 10:23:01 ID:5Ab1xVOJ
>>532、533
なかなか難しいですね、この問題。ある時に、某氏は中国は知的所有権
の保護に非常に積極的であり、その面でのリスクは少ないと言っていましたが、
彼は中国人の書いた経済成長の論文を読んでいないのでしょうか。僕は、
経済成長論が大嫌いなので、狭い範囲の事しか知りませんが、中国人は、
経済開発は他国からFDIなどのチャンネルを通じて中国へ技術移転を行って、
それで経済成長を達成するみたいなモデルばかり書いていました。
これは、明らかにパクリですよね。だから、この某氏の回答は、
よってあまりにも僕には説得力がなかったのです。
中国人の性格を非常によく知っている僕としては、
中国人と貿易パートナーを組むのは真っ平ごめんです。


535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 11:41:22 ID:8FHZ53Eg
「資本主義の精神」がない資本主義は資本主義とは言わない。ただの
商人主義。マックスウェーバーの出した国がこれを直視しないようでは
落ちたものだ。それとも欧州の企業は日本やアメリカ企業のように
トラブル経験が少ないのかね?

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 20:24:26 ID:MdQRuCM3
ttp://www.diplo.jp/articles05/0508.html
中国が展開する非対称外交
マルティーヌ・ビュラール特派員(Martine Bulard)
ル・モンド・ディプロマティーク編集部

実のところ、中国政府の意図は、自国が第一級の地位を、ただしトップでは
なく中心を占めるような多極世界の構築に参画することにある。中国は、
支配ではなく影響力の行使を目指している。両者の微妙な違いは字面だけの
ことではない(4)。この国が栄華を極めた11世紀から17世紀にかけて、世界
最大の艦隊を保有し、高い経済力と技術力を備えていたにもかかわらず(5)、
ヨーロッパ人と違い、ひとつの民族も文明も滅ぼすことはなかったことを
思い出されたい。

↑ヨーロッパ人の中国に対する幻想のひとつに、「中国は平和的な国だ」と
いうのがあるね。中国は朝鮮半島やベトナムに対しては容赦なく直轄領に
したりしていたんだが。

ttp://www.diplo.jp/articles06/0604-4.html
日本の新たな軍事的野心

↑その一方で、日本に対してはこんな記事を書いている。


537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 21:32:44 ID:t9/HDBnG
>>535
彼等もそんなことは百も承知だと思われ

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 23:12:48 ID:cVO9KztS
米国・EU 経済摩擦激化で共同歩調 中国の軍事力「脅威」も一致
FujiSankei Business i. 2006/5/9

 ■背景に巨額貿易赤字

 米国と欧州連合(EU)の対中経済摩擦が激しさを増している。米・EU側
は共通する巨額な対中貿易赤字を背景に、台頭する中国の軍事力を共通の
「脅威」ととらえることで、共同歩調をとり始めた。中国側も強い関心をもって
動向を見守っており、米・EUと中国の緊張感は増幅されそうだ。(上原隆)

 米紙、ウォールストリート・ジャーナル(電子版)によると、米・EUは中
国がもくろんでいる自動車部品の輸入規制に強硬な批判を展開しているほか、
中国が最近、アフリカや中南米、中央アジア諸国に対する援助を増強し、
民主化、人権政策と切り離して、自らの資源安全保障の布石としていること
にも注目している。

 また、中国の軍事力拡大に対しても、懸念をより一層深めている。

 米国務省のダニエル・フリードEU担当次官補は、「米国とEUの関係は以
前に比べ、確実に緊密になっている。双方の認識はこの一年でより深まった」
と話している。

 米・EUが接近したのは、昨年のEUの対中武器輸出問題がきっかけだ。
EUの対中武器輸出の解禁が紛糾した際、米議会では「EUが中国に武器を
売れば、米国は対EU武器輸出を制限する」という意見まで飛び出した。
結局、EUは米国の圧力に“屈する”形で、対中武器輸出解禁の見送りを
余儀なくされたが、EU関係者は、この対中政策の全面的な見直しを迫られた
ことをきっかけに、米・EUの協調が促進されたと振り返る。

539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 23:13:43 ID:cVO9KztS
 EUは中国が平和を維持しながら発展することで双方の経済関係が前進する
ことを期待しているが、「自由」や「民主主義」といった米国と共通の価値観を
中国が持つ段階には至っていないことは十分理解しており、アフリカの独裁
政権に中国が援助を行うことに強い懸念を抱いている。

 中国の影響力が大西洋周辺まで及ぶことはEUにとって望ましいことではない。

 さらに、経済関係でも米・EUに共通する点がある。EUの対中貿易赤字は
昨年、前年と比べて20%以上増え、初めて千二百五十億ドルを突破した。
二千億ドルの対中貿易赤字に苦しむ米国と似た状況にあり、利害を共有している。

 EU関係者は、「イタリアの衣料業界は中国の低コスト製品との悲惨な競争
にさらされている。何らかの措置をとらなければならない」と、対中貿易政策の
転換を示唆している。

 EUは、廉価な中国製品の流入に対する世界貿易機関(WTO)へのダンピ
ング提訴のほか、知的財産権の保護、自動車部品の輸入規制問題などで、
米国と連携していく方針だ。

 貿易関係での軋轢(あつれき)の拡大は、EU域内で中国の経済力だけでなく、
安全保障面での「脅威」に対する警戒感も募らせている。

 米・EUという世界経済を支える二大経済体が新興の中国に対してタッグを組む
構図を、欧州駐在の中国人外交官は、「中国がEUに近づこうとしても、米国が
EUを引き離そうとしているようだ」と分析している。

 中国の台頭著しい軍事力が「脅威」ととらえられることで、米・EUとの通商摩擦
を増幅する要因となる傾向はこの先も続きそうだ。

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 23:36:11 ID:43z1c86M
日本には声がかからないね。
何せ対中(香港含む)で黒字だから。
なんで欧米は黒字出せないんだろうね。

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 23:57:56 ID:fiPWV/4f
>>526

放送業界の発展にはつながるかもしれないが、フランス経済全体がよくなるかにはほとんど関係ない。
ユーロがある限り他国を犠牲にしないとフランス経済全体をうまく調節するのは無理でしょ。

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/10(水) 02:34:46 ID:hIRaxD1t
>>540
日本から部品を輸入して
組み立て生産の工程を現地で行って
欧米に製品輸出するサイクルだからじゃね?

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/10(水) 06:19:13 ID:ZWkDpMWW
>>542
欧米の場合なぜそういうサイクルをつくれないんだろうか。

ttp://www.nikkei.co.jp/kaigai/eu/20060509D2M2201T09.html
独VW、部品の中国調達拡大・コスト圧縮へ10億ドル
【北京=宮沢徹】

独フォルクスワーゲン(VW)は今年、中国からの部品輸入を05年実績の
1000万ドル(約11億円)から10億ドルへと大幅に増やす。鋼材やエンジン部品
などで中国企業の技術が向上していることが背景にある。VWの中国合弁会社
が現地調達している低コスト部品をドイツなど世界の工場でも利用することに
より、低迷する業績の改善につなげたい考えだ。
中国製の自動車部品の中でも、鋼材では技術の向上が目立つ。従来のものは
柔軟性や強度が乏しく、複雑な形に加工するのが難しかったが、成分調整
などで改善が進み、車体の表面のような曲面も作れるようになっている。
日本メーカーのコピーが多かったエンジンも性能が向上している。トヨタ
自動車が昨年11月から広州で生産したエンジンを日本へ輸入するなど中国製
部品を活用する動きが広がってきた。

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/10(水) 09:20:06 ID:xBgLP1eC
>>541

すでにドイツと共にEUの財政安定協定を何年連続で無視して、財政赤字
出し続けてる。だからEUで「単独行動主義」をさすのはアメリカではなく
この両国。しかもこの両国が政治的な圧力でその基準を緩和した、それがあまり
に自国都合が露骨だったから中立的な北欧まで敵に回してEU内で浮き上がっ
てる。

545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/10(水) 09:53:04 ID:ZWkDpMWW
ttp://neshiki.typepad.jp/nekoyanagi/
ジャック・シラクの日本隠し口座

何がなんだかちっともわからん、しかし品位ないスキャンダルのにおい
がぷんぷんするクリアストリーム社のちっともクリアじゃない雇用客
リストがらみで、仏国現大統領が日本のSowa 銀行に隠し口座を持ち、
現在の価値にして4550万ユーロ相当の入金を某“文化財団”から受けて
いた、とキャナール・アンシェネがすっぱ抜いたと。
該当アンシャネ発売日はこの水曜日であります。下はル・モンド関連
記事。もちろんシラクはその事実はない、と否定しているわけだ。

Jacques Chirac dément "catégoriquement" avoir possédé un compte
au Japon
LEMONDE.FR | 09.05.06


546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/10(水) 09:56:12 ID:ZWkDpMWW
ttp://hibinoawa.blog10.fc2.com/
クリアストリーム(Clearstream)とは、ルクセンブルグにある手形
交換所だそうです。
経済関係には全く疎いので、ウィキペディアを読んでもよくわからない
ところがあるのですが、とりあえず、理解したところはこうです:
クリアストリームはドイツ取引証券所グループの部局として設立され、
銀行間の金銭のやりとりの仲介役となっていた。1970年代にドイツの
銀行が、系列銀行同士の手形交換を簡略化するために、非公開の口座の
システムを作るよう、クリアストリームに依頼。この非公開口座の
システムが全体的に行き渡り始めた頃、クリアストリームは一般企業も
顧客に取り始めていた。資金の流通に疑惑を感じていたエルネスト・
バックス(読み方に自信なし…Ernest Backes)は、クリアストリーム
に解雇された後、ジャーナリストのドゥニ・ロベール(Denis Robert)
に資料とともに情報を提供。ロベール氏はこれを本にして出版。
その中で、銀行だけではなく一般企業も非公開口座を持っており、
マネー・ロンダリングに使われていると暴露。

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/10(水) 13:34:12 ID:Pjlwj+Dn
>>542
そんなことしてる日本企業は一つも無いよ。

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/10(水) 20:50:59 ID:ZWkDpMWW
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060510AT2M1000810052006.html
スペインの政労使、雇用改革で合意
 
スペイン政府と労使代表による約2年にわたる雇用市場改革の協議が9日決着
した。解雇時の企業負担軽減や正規雇用への助成金などが柱で、フランスの
改革挫折と対照的な結末。サパテロ首相は「安定成長の基盤は安定雇用にあり、
経済成長の質の高さは雇用の質に基づく」と述べた。
合意によると、企業が社員を解雇した場合の手当を45日分から30日分にする。
今年末までに短期雇用社員の契約を無期限の正規雇用に切り替えた場合は社会
保険料の負担を最大3年間にわたって軽減。失業中の女性や30歳未満の若者、
45歳を超える中高年などを雇用した企業にも助成する。


549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 00:11:45 ID:3D87IP69
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060510AT2M1001O10052006.html
欧州委、EU憲法の発効急がず・治安や雇用対策を優先
【ブリュッセル=下田敏】

欧州連合(EU)の欧州委員会は10日、EU憲法の再協議についての意見書を
加盟国に提出した。将来的にEU改革は必要としながらも2007年まではEU
憲法の再協議を優先課題にはしないという見解を表明。当面は治安確保や雇用
対策などに優先的に取り組む考えを示しだ。
欧州委のバローゾ委員長は同日の記者会見で、EU憲法を再協議する前に
「市場統合や治安対策などで成果を積み上げる必要がある」と強調。EU憲法
について熟慮する期間の延長を訴えた。欧州委は、6月に開く首脳会議で将来的
なEU改革に関する宣言を採択するよう加盟国に要請した。
EUは憲法に大統領や外相ポストの創設などを盛り込んだが、仏とオランダが
国民投票で批准を否決したため、各国は昨年6月に発効延期を決定。1年後に
再協議する方針だった。独伊など15カ国は承認済みだが、仏とオランダでは
批准の見通しが付かず、英国やデンマークなどは国民投票の実施を凍結している。

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 00:15:19 ID:wLSEdBpv
ブルガリアとルーマニア、07年のEU加盟に黄信号
http://www.asahi.com/international/update/0510/009.html

 ブルガリアとルーマニアがめざす07年1月の欧州連合(EU)加盟に「黄信号」
がともっている。組織犯罪や汚職対策が不十分だとの見方が、EU内で広がってい
るためだ。現加盟国には急速なEU拡大への警戒感も強く、両国の仲間入りが08
年に延期される可能性も取りざたされている。

 両国は05年4月、EUとの間で加盟条約に調印した。当初は、EUの行政機関
である欧州委員会が今月16日に両国の07年加盟を提案し、6月の首脳会議で正
式決定する予定だった。

 ところがレーン欧州委員(EU拡大担当)の報道官は今月8日の記者会見で「何
も決まっていない。あらゆる選択肢があり、審議は続いている」と述べ、07年加
盟の提案見送りを強く示唆した。

 特に問題視されているのがブルガリアだ。関係者によると、議員の免責特権など
に阻まれて汚職摘発が進まないうえ、起訴までに時間がかかりすぎるという。また、
白昼の見せしめ的な殺人が多く、92年以降だけで「起訴されていない計画的な請
負殺人事件」が170件以上あると見られている。レーン委員は最近、「もっと精
力的に犯罪防止に取り組むべきだ」と警告した。 (以下略


551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 00:59:30 ID:BtggYdZc
>>550
ブルガリアとルーマニアがEUに加盟に黄信号?
お友達のブルガリア人もいつもブルガリアのEU加盟には懐疑的で
あったが、まさかなー。僕は、何時もブルガリア人がブルガリア
へのEU加盟を懐疑的に見て、アメリカのグリーンカードを手に
入れることに熱中してきたのを見ているので、考え込んでしまう。
一度ブルガリア製のチーズを食いたいものだ。バラの香水も
ブルガリア・ヨーグルトももうええわ。大昔、ブルガリアの大使
が出てきて、大相撲で優勝者にトロフィー出していなかったっけ?
「ひょーしょーじょーーー」とたどたどしい日本語で読み上げていたの
あのおじさん、どうしているだろう?
ルーマニア人?この国のボス、一応英語をそこそこ話すのは
いいのだが、EUとの関係はルーマニアにとっては重要ではなく、
アメリカとの関係重視とフランスに来て言うのは、僕は少し
これも考えさせられた。しかし、悪い意味ではなく、このボス
さんに日本のバラエティー番組にご出演いただくと、多分かなり
視聴率を稼ぐだろう。



552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 01:34:54 ID:wLSEdBpv
ヒョーショージョーで有名なのは
アメリカ人デビッド・ジョーンズさん(元パンナム航空極東支配人)
先日亡くなりますたな。
ルーマニアのボスってタリチャーヌ首相?
どういう風にユニークなの?

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 07:12:54 ID:3D87IP69
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060511AT2M1000A10052006.html
EUがテロ対策など政策共通化へ、欧州委が権限移譲を要請
【ブリュッセル=下田敏】

国境をまたがるテロ活動や組織犯罪に対応するため、欧州連合(EU)は司法・
警察分野での政策共通化を進める。欧州委員会は10日、加盟国にEUへの権限
移譲を要請。各国の相互協力にとどまる現体制からの転換を提案した。
EUは経済分野などで共通政策を導入しているが、司法・警察分野では加盟国が
それぞれ権限を持つ。昨年のロンドン同時テロをきっかけにEUレベルでテロ
対策に取り組む必要性が高まっているものの、司法分野での政策協力は加盟
25カ国の全会一致が原則であるため、足並みはそろっていなかった。

↑これに加盟各国がどんな反応を示すかな。イギリスは国家主権の一部を
EUに譲り渡す政策には抵抗しそうだな。


554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 11:17:44 ID:oUFcqnOo
CIA秘密収容所疑惑とかテロ容疑者の秘密移送とかで
各国政府を攻撃している欧州委員会に、誰が権限を渡したりするもんかね。

脳内花畑の官僚に国民の安全をゆだねるなんて勘弁してくれ。

555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 18:25:24 ID:ZFf+fbk1
ttp://online.wsj.com/article/SB114729648372849386.html?mod=opinion_main_europe_asia
Sweden's 21st-Century Pirates
By WALDEMAR INGDAHL and JONATHAN ZUCK
May 11, 2006

WSJ(欧州版、寄稿):スエーデンの「海賊党」は著作権無視の海賊版を認めろという
(概要)

スエーデンに「海賊党(The Pirate Party)」という政党が現れたのだが、この政党は
驚くべきことに知的所有権の保護法制を大きく変えろと主張している。この政党は
秋のスエーデンの選挙にむけて結成されたもので、ノルウェイやポーランドにも
姉妹政党がありヨーロッパ議会に影響を与えることを目標にしている。

ディジタル技術の進歩の為に著作物の知的所有権の保護が現実的に大変困難
になっている。そのために実現の困難な著作権保護を諦めて、現実的な著作権
保護に切り詰めるべきだという主張をしていて一部の国民の支持を得ている。
(The message: It's too difficult to protect IP rights, so don't even try. Astonishingly,
this approach has caught on; Wired Magazine even referred to the Pirate Party as the
"third way out" between big corporations and consumer/counter-culture groups.)

スエーデンでこうした主張が出てきた背景には、スエーデン国内に合法的に海賊版の
映画や音楽をシェアするインターネットのサイト、「海賊湾(Pirate Bay)」というのが
あって、とてもよく利用されていることがある。2005年の4Qにはスエーデン国民の
1割がこのファイル・シェアリングを利用している。

海賊党はそうした著作権無視のファイルシェアを支持する一方、著作物の権利期間を
現行の25年から5年に短縮すべきだとしている。(後略)

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 20:27:51 ID:3D87IP69
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/europe/news/20060512k0000m030079000c.html
EU:欧州憲法の空白埋める改革案打ち出しアピール
【ブリュッセル福原直樹】

欧州連合(EU、25カ国)の内閣にあたる欧州委員会が、さまざまな改革案
を打ち出し、EUの存在意義を欧州市民にアピールしている。経済改革の推進
やテロ対策での迅速な取り締まりなどで信頼を回復し、08年をめどに、凍結
中の欧州憲法救済に結びつけたい考えだ。だが欧州市民の反発も予想され、
前途は依然多難だ。
同委のバローゾ委員長は10日「市民に結果を見せるべき時だ」と発言。国外
での携帯電話の使用手数料の撤廃や、クレジットカード使用料値下げなど
「身近な経済改革」の推進を訴えた。また、これまで加盟国首脳が判断して
いた犯罪対策や国境警備などを、同委の専権事項とするなどの改革案を示した。

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 20:28:48 ID:3D87IP69
同委員長は、一部加盟国がEU政策に非協力的だと異例の批判を展開。各国
首脳に来年、改革に賛同する「政治宣言」を行うよう求めた。欧州憲法の今後
については、08年をめどに改革で一定の結果を出し、EU市民からの信頼を
回復したうえで、救済策を考える方針という。
憲法は、EU拡大に備えて効率的なEUの運営法を規定。一方、発効には
全加盟国の批准が必要だったが、昨年フランスとオランダが国民投票で批准を
否決。このためEUは一定期間、議論を棚上げすることを決めた。だが最近の
EUの世論調査では、各国民のEU加盟への支持率が過去最低となるなど、
EU批判が依然根強い。

558 :今日のジョージくん:2006/05/11(木) 22:13:01 ID:V1GIltjr
ブッシュ米大統領、弟に大統領選出馬促す
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060511STXKE021811052006.html

 【ワシントン10日共同】ブッシュ米大統領は10日、フロリダ州の地元紙などと
のインタビューで、弟のジェブ・ブッシュ同州知事が大統領選に出馬するのを「い
つかは見てみたい」と述べ、米史上初の兄弟大統領誕生に向け、決断を促した。

 大統領は「ジェブは偉大な大統領になるだろう」と、指導者としての弟の資質を
称賛。「(知事の)次に何をしたいのか、かなりしつこく聞いたんだが、本人も分
からないようだ」と語った。

 53歳のジェブ氏は知事2期目で、来年1月で任期が切れる。これまで、2008年
の次期大統領選には出馬しないと繰り返し表明している。

559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 22:14:54 ID:V1GIltjr
わりぃ、大誤爆www

560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 06:56:13 ID:eyBHmE61
>>501
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060511AT2M1101V11052006.html
仏の対中ODA、05年は5倍強に拡大
【パリ=奥村茂三郎】

フランスの政府開発援助(ODA)実行機関である仏開発庁(AFD)が11日
発表した年次報告書によると、2005年の中国向けODAは前年に比べ5倍強に
拡大、仏にとり最大のODA供与先となった。中国は日本に円借款の新規供与
を凍結されているが、その弱みを突いて中国との政治・経済的なつながりを
深める仏外交が浮き彫りとなった。
対中ODAは1億8030万ユーロ(約255億円)で前年の3500万ユーロの5.2倍。
内訳はすべて借款だった。04年にODA供与先首位のモロッコは1億4180万
ユーロで2位になった。
記者会見したスベリノ開発庁長官は「中国の経済成長をさらに後押ししようと
しているわけではない」と弁明。「温暖化ガスの排出を削減するための環境
対策が目的だ」と対中ODA拡大の意義を強調した。06年も「05年並みの水準
を維持する」と説明した。

↑フランスと中国の関係には、いろいろと裏がありそうですね。
仏中はどちらも経済に対する国家の介入が多いから、相性がいいのかしらん。


561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 08:18:48 ID:K3YUTFWw
それに対抗して深入りしてドツボにはまるドイツ。
あれ?昔、見たような光景・・・ん?亜細亜にもそういう国が、、、あ!

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 10:45:22 ID:XoHJHHDd
>>552
いや、Traian Basescu氏。ヨーロッパの安全保障について、お話
ししてくださいました。ルーマニア事情を知るには、なかなか面白い
論点も含まれておりましたが、illegitimateと言わなければいけない
ところを、legitimateというふうに何度も連発する、EU圏に来ている
のにわざわざEUとの関係はそれほど重要ではなく、また興味も無く、
米国との関係が重要なのだと執拗に繰り返す、またマフィアの
ボス的な雰囲気があり、また少し「ハマコウ」に似た部分があり、
視聴率を取りやすいとこう思ったわけです。あれほど本音でズバズバ物を
言うのは、並みの人間では出来ません。

>>560
まずは、情報ありがとう。
しかし、この文面からすると、「温暖化ガスの排出の削減」を目的と
するとしているので、純粋な投資とは異なりますね。大体、このまま
中国が爆発的な経済成長し、温室効果ガスを出すと、地球上が洒落に
ならないほど汚染されますんで、必要な援助ではと思いますが、
いかがですか?汚染された空気が中国から少しでも来なくなれば、
日本にも恩恵がありますので、この援助にケチをつけるつもりはありません。
フランスと中国がつるんでも、フランスが中国にミラージュを売らなければ、
別に問題は無かろうと思います。これさえしなければ、仏中が経済関係を
強化しすぎて、中国経済がメルトダウン・カタストロフィーを起こして
フランスが一緒に沈んでくれても、一向に構いません。


563 :ナム ◆wwwwwwwwAU :2006/05/12(金) 11:10:12 ID:xwvjPtah
sage

564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 12:49:36 ID:eyBHmE61
>>544
ドイツのヘルムート・シュミット元首相が、
「ドイツには大勢の友人がいるが、日本にはアメリカ以外いない」
といっていたが、これは実際にドイツが危機に見舞われてみないと
わからないのでは?
はたしてドイツが大きな危機に見舞われたとき、どれだけの国が助けて
くれるのか・・・英米・北欧・東欧諸国がドイツを助けるとは思えんし、
ドイツの味方になるのはフランスとベネルクス諸国ぐらいか?
イタリア・スペイン・ロシアあたりはそのときの状況でどうでるか
わからんな。

565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 13:21:10 ID:3jakjxhn
フランスがとりあえず中国に売りたいのは飛行機と原発でしょ

566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 16:44:30 ID:vElAuvem
>>564
フランスもベネルクスも世界大戦で二度ともドイツに攻め込まれてるから、正直微妙。
イタリアは二度とも裏切ってるし、スペイン、ロシアは言わずもがな。

つーか最後まで運命共にしたの日本なのになぁ・・・

567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 16:50:17 ID:Hn1vHcfa
フランスが売れる商品はエアバスと原発、TGVあとアリアンくらいか。
あとデザインばかりの良い時代遅れになってる兵器も入る。

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 18:39:18 ID:fm4siM0d
でもほんとに仲良い国をもってる国なんて、それこそ少ないのでは。
米英豪なんてのはかなりかわったケースというか。
同じ言葉を話すというのだけでも随分違う。

デンマークがムスリムの集中砲火をあびたときに、助けてくれた国って
どこになるんだろうね。

569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 19:34:39 ID:Hn1vHcfa
>>564

ベネルクスもオランダは親米でドイツ嫌いだし、ルクセンブルクは頼みに
ならん。フランスよりのベルギーくらいだろうな。

>>568

「神は自らを助けるものを助ける」ってのが安保の基本。どんなに
仲の良い国でも公然と裏切ったり、中立を宣言して見ぬふりをするの
が国際政治の常識。自分で何とかしようという根性がないかぎりフラ
ンスでも助けないだろう。その典型がデンマークで当初は誰も助けてく
れなかったけど、「言論の自由」を盾に必死に抵抗するのが次第に世間の
同情を呼んでアメリカや他の欧州の国が助け舟を出したりしてるうちに騒
いでた連中の飽きがきて収束した。

570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 19:49:33 ID:3jakjxhn
英米のマスコミは風刺画掲載自粛して
ハシゴを外した。

571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 20:35:38 ID:eyBHmE61
故・高坂正堯氏が『大国日本の世渡り学―国際摩擦を考える』
(PHP研究所)でこんな指摘をしていた。

外交の歴史をみていて不思議なことのひとつは、大切なときになると
なにかしら敵が増えてしまう国と、敵よりも味方の方が多くなってしまう
国とがあるということである。20世紀に例をとれば、前者の代表はドイツ
であり、後者の代表はイギリスであろう。ドイツは第一次世界大戦も
第二次世界大戦も、あてにならない一、二の同盟国以外は大体敵に回して
しまった。イギリスは逆に多くの同盟国をつけた。(中略)こうなることは、
その国やその国民が好かれやすいか否かとはまったく関係がない。多くの
日本人が経験したように、イギリス人は冷たく、ドイツ人の方がつきあいやすい。
私は自他共に認める「イギリスびいき」だけれども、したがってイギリスも
イギリス人も好きだけれども、それは日本の中では少数派であろうし、
その私とてもイギリス人に冷たさを認めないわけではない

572 :571:2006/05/12(金) 20:49:22 ID:eyBHmE61
高坂氏はイギリスの覇権が長続きしたのは、イギリスの唱えた勢力均衡
と自由貿易の原理が、イギリスだけでなく他国の利益にもなっていた
からだと結論付けている。イギリスは勢力均衡政策を実行するにあたって、
大陸諸国の独立を直接脅かすようなことは避けたし、自由貿易の制度を
広げる上で、自国の市場はほぼ完全に開放した。
フランスやドイツは>>544で指摘されているように、大国だから力で
ゴリ押ししようとするんだよな。

>>568>>569
米英の間でさえ、過去に米英戦争(1812〜14)やスエズ危機が起きた
ぐらいだし。

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 09:20:49 ID:puinvMTE
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060513AT2M1201T12052006.html
EU・中南米が首脳会議、資源国有化で応酬
【ブリュッセル=下田敏】

欧州連合(EU)と中南米諸国は12日にウィーンで首脳会議を開き、ボリビア
やベネズエラが進めている天然資源の国有化について協議した。EUやメキシコ
などは経済や貿易での相互協力を訴えたが、左派路線のボリビアは欧米がこれまで
天然資源を略奪してきたと批判。「資源ナショナリズム」を鮮明にしている。
ボリビアは今月1日に天然ガス事業の国有化を宣言。欧米などの進出企業に
新たな契約か撤退を迫った。モラレス大統領は11日夜、記者会見で「天然資源は
500年以上にわたって略奪されてきた。これを終わらせなければならない」と
強調。同じように資源の国有化を進めるベネズエラも同調した。

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 09:26:46 ID:puinvMTE
ttp://tameike.net/pdfs6/tame317.PDF
今週の“The Economist”誌から
“Oil and hauteur”「高くなる石油」

↑ロシアのガスプロム社のやり方は拙劣だと批判している。


575 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 09:51:41 ID:MNPxMsiG
>>569

森永卓郎が、「日本は、ODAを増やせばほかの国から攻め込まれても
助けてくれる。だから、軍備など持つ必要がない」と
たわごとを言っている。こんな男が、経済アナリストとは。

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 17:16:42 ID:kQyeDPnl
経済アナリストなんてそんなもんだよ

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 18:25:28 ID:vTrRMP5u
非常に曖昧な言い方になりますが、
森永氏の発言には、コスタリカのケースを念頭に主張したものと
考えられます。政治学専攻の方は、十分にご理解のことと思いますが、
コスタリカの非常にユニークな特徴として、1948年制定の憲法の
規定により、常備軍が不保持です。その後、目立った戦争をこの
コスタリカは行っていないものと理解しております。私は本職の
エコノミストでございますので、何故このコスタリカのやり方
ではいけないのか、どなたかご説明いただきたいと考えます。

578 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 18:59:59 ID:UuXwnxaS
>>577
コスタリカは米州相互援助条約(リオ条約)という集団安全保障体制のもと、米国と安全保障条約を締結し国内に
米軍基地を有すること、米軍に対し便宜提供する事で諸外国からの軍事的脅威に対処しております。

なお、かつてクーデターを起こした為国軍は懲罰として解体、1948年以降常備軍を廃止されましたが、その代わり警察内に
再編された市民警備隊(原文意訳すると≒警察予備隊・自衛隊w)が治安維持及び国境警備等の任務に当たっています。
この市民警備隊は沿岸警備隊、空港警備隊、麻薬取締・特殊襲撃、イベント対策 (大規模群集のコントロール)等の
特殊部隊を有し、対戦車ミサイル等重火器や航空機・戦車・警備艦を装備し交戦団体として認定される準軍隊であり、
諸外国からはコスタリカの実質的な国軍として扱われています。

また憲法上常備軍を廃棄したとは言うものの、非常時には軍隊を組織する事を認めており、実際隣国ニカラグアの内戦に
伴う国境紛争時に国軍が再編されかけた経緯があります。

イラク戦争等ではアメリカを支持し、戦災復興のため人員派遣も行なっています。
国情にあわせスケールこそ小さいですが、現在の日本と相似する部分も多い防衛態勢な訳ですね。



この為、コスタリカを例に取り上げるのは、日本の防衛体制の現状のかなりの部分を追認することに繋がる部分もあります。

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 23:00:50 ID:KuBBoexg
資源ナショナリズムといってもあれは自己満足のレベルでしょ。
当の資源の採掘・精製技術は欧米から導入しないといけないんだから限
界があるんじゃないか?リビアなんてのは制裁でそれが禁止されたから石油
輸出できずあっさり降伏してしまった。また原発建設が世界的に盛んな
ように代替エネルギーの促進や採掘コストが高く採掘が見送られてきた
ところの資源開発もするようになる。中東のオイルショックなんてまさに
それ。中東諸国はいい気になってナショナリズムに走ったのはいいが
上記のような政策や開発が進んで大暴落を招いてその債務につい最近の原油
高まで苦しんでた。

580 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 23:50:41 ID:YLN0ymlg
>>579
だから彼らも同じ過ちを繰り返すだけ

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 23:53:11 ID:puinvMTE
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060513AT2M1300B13052006.html
EU、中米諸国とFTA交渉開始で合意
【ブリュッセル=下田敏】

欧州連合(EU)とコスタリカやグアテマラなど中米6カ国の首脳は12日、
貿易・投資拡大に向けて自由貿易協定(FTA)交渉を開始することで
合意した。EUはアンデス共同体とも交渉入りを探ることで一致。
FTAを通じて中南米地域の経済ブロックと連携を強め、自由貿易圏の
大幅な拡大を狙う。
EUと中南米諸国は同日にウィーンで開催した首脳会議で両地域の
FTA交渉加速を盛り込んだ宣言を採択した。EUは既に交渉中の
ブラジルやアルゼンチンなど南米の南部共同市場(メルコスル)との間
では「交渉の前進に向けて努力する」との方針を確認した。
EUとアンデス共同体は当初、交渉開始で合意を目指していたが、
ベネズエラが反対姿勢を取ったため、調整が難航。改めて7月下旬までに
交渉入りを協議することになった。

582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 03:54:06 ID:pSiXT/00
>>581
これってアメリカを超激怒させないか?
南米に対する支配力はアメリカの世界支配の
基盤中の基盤だぞ。

583 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 06:00:12 ID:gr4kbAUW
メキシコだってEUとFTA結んでるし。

584 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 08:11:59 ID:Cqu6pY85
>>578
ご丁寧にありがとうございました。

>>581
最近の南米諸国の米国離れは本当にどんどん加速していますね。
南米諸国では、今年は選挙目白押しらしく、選挙と経済政策の関係に
ついていえば、南米諸国の殆どの政権では、米国式の経済運営は不人気
であり、実際に米国式の経済運営を行うと政権維持が難しいというのは、
聞いたことがあります。その米国離れの隙をついて、中国とEUが入り
込んできているのでしょうか。


585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 08:57:27 ID:0++5Wj8g
>>581
ならんだろ。
元々あそこらへんはアメリカよりも欧州との経済的結びつきが強い。
それにアメリカの世界支配の基盤は中南米にないよ

586 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 09:56:04 ID:/V8vkkR9
>>564
所詮国家に永遠の友も永遠の敵もありはしないんだけどね。結局は
損得勘定で動いているのに。
友好国が明日には敵国になっていたり、その逆もありうることくらい
わきまえておかないと。

587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 11:13:06 ID:zdb0nK9o
基本的に中南米はモノカルチャー経済。アメリカにそれを卸すことで経済が
成り立ってる。自国やその周辺国でそれを消費しようにも南米での需要は工業国ブラ
ジルを除けば限られている。だからベネズエラのチャベスがいくら吠え
たって南米の国が対米FTAから離脱することはない。チャベスやモラレスが離脱した
国の資源を代わりに買ってくれる予定はないのだから。仮に買っても工業がないから
転売するのがオチだろう。カリブ海の国々がベネズエラから石油を買ってそれを
精製してアメリカに転売してるのと同じように。

588 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 14:24:12 ID:gr4kbAUW
中国がいくらでも買う。
インドもある。
アザデガンが潰されたら日本だって買うさ。

589 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 15:52:19 ID:GNeFUbsy
>>587
中南米やアフリカが、アジアの経済発展パターンを真似るのは無理?

590 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 20:00:08 ID:GNeFUbsy
ttp://www.yomiuri.co.jp/world/news/20060514i111.htm
欧州「見返り案」、イラン大統領が拒否の方針
【テヘラン=工藤武人】

イランのアフマディネジャド大統領は14日、英仏独3か国が中心となって
検討を進めている、イランをウラン濃縮停止に応じさせるための「見返り案」
に対して、「(イランの)平和的核活動を停止するよう求める提案は正当性が
ない」などと述べ、拒否する方針を示した。
訪問先のインドネシアからの帰国時に、テヘランの空港で記者会見し、表明した。
大統領はまた、「我々がいないところでなされる決定には意味がない」とも
語り、イラン抜きで見返り案を検討している欧州側を批判した。
「見返り案」については英仏独の3外相とソラナ欧州連合(EU)共通外交・
安全保障上級代表が15日、ブリュッセルで協議を予定している。

591 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/15(月) 10:14:45 ID:D9AcbjUb
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060515AT2M1400C14052006.html
独社民党、新党首にベック氏選出
【ベルリン=菅野幹雄】

ドイツの与党、社会民主党(SPD)は14日にベルリンで臨時党大会を開き、
4月に健康上の理由で辞任したプラツェク前党首(ブランデンブルク州首相)
の後任に、ラインラント・プファルツ州首相のクルト・ベック氏(57)を選出
した。党首選挙で95.1%の支持を得た。
SPDはシュレーダー前首相が所属し、メルケル首相のキリスト教民主・社会
同盟(CDU・CSU)と大連立政権を組む。2004年に前首相がSPD党首を
辞任後、党首交代は3回目となる。

↑ベックは、社会福祉の高水準を維持するため増税を容認するなど、リベラル
路線を強調するメルケル首相(CDU党首)と一線を画している人物。



592 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/15(月) 11:23:56 ID:D9AcbjUb
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060515AT2M1300J14052006.html
ユーロ参加国が初の拡大・スロベニア、07年1月に
 
欧州連合(EU)の単一通貨ユーロが2002年の流通開始以来、参加国が
初めて拡大する。EUの欧州委員会は16日、07年1月からスロベニアが
参加することを決める。08年にはバルトや地中海諸国のユーロ参加も
見込まれ、3億人を超すユーロ圏の投資・貿易の拡大を促しそうだ。
ユーロは独仏伊など12カ国で流通する欧州の単一通貨。04年にEUに
新規加盟した10カ国では、スロベニアがユーロ参加第一陣となる。

593 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/15(月) 13:49:01 ID:O/tw0055
>>589

無理ではないな。ブラジルようなBRICsとされる国もあるし、大型市
場が近くにあるというところも良く似てる。問題は国内の政治や制度に問題を
抱えてるんだよ中南米は。フィリピンのようにインフラや制度が整備されて昔
はその地域の最大の国であったがそれが既得権を作り今となっては改革の障害
になったりしてるようになまじ先進国の制度を入れててそれの改造ができず
腐敗してるところが多い。それが不満を生み出しひいては暴動といった社会
不安やチャベスのようなやつの台頭を招いたりする。

>>588

それはパイプラインが完成したらの話でもあるし、インドや中国、日本と
なると距離が遠く輸送で時間が空くから効率的に輸出はできん。ベネズエラに
してみれば中国に行き来してる間にアメリカへは何回輸送できるという話に
なる。

594 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/16(火) 22:07:21 ID:HEYMxv26
ブルガリアとルーマニアの07年EU加盟、条件提案へ
http://www.asahi.com/international/update/0516/012.html

 ブルガリアとルーマニアの欧州連合(EU)加盟について、バローゾ欧州委員長
は16日、両国の07年1月の加盟を認める前提として、司法改革の進展などの条
件を付けることを加盟国に提案する。07年加盟容認を強くにじませつつ、最終決
定を先送りすることで、両国にいっそうの改革を促す狙いだ。背景には、急激なE
U膨張で、欧州に「拡大疲れ」が広がっている事情がある。

 加盟の条件として、ブルガリアに対しては、組織犯罪や汚職、資金洗浄(マネー
ロンダリング)の摘発強化といった司法改革や、EUからの補助金を管理する体制
の確立、動物検疫の強化など6項目を挙げる。ルーマニアには、徴税のための情報
技術(IT)の確立や、動物検疫の強化など4項目を指摘する。

 欧州委は改革の進み具合を点検したうえで、10月までに結論を出す。最終的に
は07年加盟が認められるとの見方が強い。

 欧州委が結論を先送りしたのは、ぎりぎりまで両国に改革を促すねらいに加え、
EU拡大で雇用や安全が脅かされるとの警戒感が加盟国に広がっている事情がある。


595 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/16(火) 22:08:48 ID:HEYMxv26
 EUは04年5月、中欧など10カ国を仲間に加え、一気に25カ国に拡大した。
その結果、新規加盟国から安い労働力が流入し、05年にフランスとオランダで行
われたEU憲法条約をめぐる国民投票では、仕事を脅かす象徴として「ポーランド
の配管工」問題が挙げられ、両国の否決につながった。

 欧州委が今月発表した世論調査では、「EU拡大は雇用に悪影響を与える」との
答えがEU全体の63%に達した。ドイツは80%、フランスは72%で、原加盟
国の拒否反応が目立つ。国境を超えて犯罪組織が入ってくることへの不安も強い。
相対的に貧しいブルガリアとルーマニアに、EUの援助が注ぎ込まれることへの反
発もある。

 両国の後には、クロアチアとマケドニア、トルコが加盟候補国として控える。群
を抜いて警戒されている人口7千万人のイスラム教国トルコの加盟も、現実味を帯
びてくる。


596 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/16(火) 22:44:23 ID:8aadIIwT
オランダとフランスのEU憲法否決の意味はそれぞれ違うと思うが。フラ
ンスの場合は統制経済だし「ポーランドの配管工」という言葉が文字どうり
重要だった。オランダの場合は極右から極左まで自由貿易賛成というどちらか言
えば自由主義経済を志向する国。フランスの否決を見て自分たちはいままで
こういう勝手な連中に振り回されてきたからこれ以上損しても仕方がない
という嫌悪感が否決に向かわせた。

597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/16(火) 22:58:28 ID:HEYMxv26
M&Aは英国への資金流入が突出、日米ユーロ圏と対照的
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060516AT2M1300615052006.html

 【ロンドン=吉田ありさ】国際的なM&A(企業の合併・買収)に伴う資金移動
で、英国への流入が突出している。英銀HSBCの集計によると、1―3月の流入超
過額は1365億ドル(約15兆円)に上り、流出超過のユーロ圏、米国、日本とは対
照的だった。外資参入に開放的な英国の法制度や、低利で買収資金を調達できるこ
とが買い手の外国企業にとって魅力となっている。

 HSBCは通貨の違う国・地域ごとにM&A(発表ベース)によってどれだけ資
金が移動したかをまとめた。英国への資金流入は約1688億ドル。英企業による外国
企業買収で流出した金額の5倍強に達した。巨額の流入超過は外為市場でポンド高が
続く一因ともなっている。

こりゃすごい。やはり一度世界制覇して没落したから、度胸が坐っているのか。

>>596
なるほど。

598 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/16(火) 23:04:24 ID:OZ/58/aI
>>594-595
EUはやっぱり本心では東方正教圏の国を加盟させたくないのかな?

599 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 01:37:01 ID:NYinYGFJ
ふむ、こういう特亜工作員の沸きにくいスレは良レスが多いですな。
参考になるっス。

600 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 11:20:06 ID:CuwoPEwD
>>593
>無理ではないな。ブラジルようなBRICsとされる国もあるし、大型市場
>が近くにあるというところも良く似てる。

従属論や世界システム論は、最近の学会では分が悪くなってるの?

601 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 16:00:58 ID:yyWyPFPh
>>600

冷戦終結してから分が悪くなってるよ。それまではソ連という社会主義国
があったこともあって従属論ってのは力があったのだが社会主義国の崩壊で
減速してる。また、東南アジアのように従属してたところが急成長し始めた
こともあってなおさら。

602 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 16:51:49 ID:9T/BwfGe
ttp://news.ft.com/cms/s/e15183e0-e51f-11da-80de-0000779e2340.html
Green light to new fleet of N-reactors
By James Blitz Published: May 16 2006 22:10

FT:トニー・ブレア首相、原子力発電再評価に方針転換を示す

Tony Blair’s determination to restart Britain’s nuclear energy programme has never
been in doubt. Even so, his comments on the issue in last night’s speech to the CBI
employers’ organisation were highly significant.
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
反原発運動などの影響で、新規の原子炉建設が凍結されてきた英国で、
ブレア首相が方針転換して、新規の原子力発電所建設に積極的な姿勢
を示した。英国国内政治的に大きな反響があり今後の事態の推移が
注目される、とする記事。

英国もアメリカなどと同じで原子力発電を取り入れなければ化石化燃料
の発電所の排泄するCO2問題を解決できないし、石油や天然ガスの
将来に輸入増加につながる。論理的な選択は原子力発電なのだけれど、
欧州には環境サヨクは根強くはびこっているので、今後どうなることやら。

多分起こることは、反原発運動のヒステリックでDQNな大騒ぎなのだろうと思われ。

603 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 17:19:57 ID:9gOLxSXs
イランの原発も無条件で認めなさい。

604 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 21:14:39 ID:wpuXLETT
フランスが原発大国で普通にやってるからな。
別にもう一国原発やったからって、サヨク的にはどうってことないだろw

問題は廃棄物の処理と、ウランの輸入 ということで議論はしぼられていくだろう。

>>603
ブレアの論理は、本来なら原発はやめたいが、なんせうちはもう自給は無理だし
エネルギーを自国でまかなうには やむをえず 云々 というもの。
イランは自国の石油を使いなさいw  ウランを無駄に使ってはいかん


605 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 21:33:32 ID:BfZtxw7u
売らん

606 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 21:34:08 ID:BfZtxw7u
いらん

607 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 21:56:22 ID:CuwoPEwD
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060517AT2M1700717052006.html
プロディ氏を首相指名・イタリア内閣発足へ
【ミラノ=野沢正憲】

イタリアのナポリターノ大統領は16日、中道左派連合「団結」の代表、
ロマーノ・プロディ前欧州委員長(66)を首相に指名、組閣を命じた。
プロディ氏は17日朝にも閣僚リストを公表し、上下両院の信任を経て
新政権が発足する。与野党が大接戦を演じた4月の総選挙後から1カ月
以上続いた政治空白に、終止符が打たれる運びとなった。
同国の中道左派勢力の政権獲得は5年ぶり。新内閣は従来の親米路線
から、独仏両国との関係強化など欧州域内の協調重視へと外交の軸足を
移す公算が大きいとみられる。イラク政策では「できるだけ早期」の
駐留部隊引き揚げを探る。

608 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 21:56:58 ID:CuwoPEwD
欧州連合(EU)の財政健全化基準に抵触するほどに悪化している
国家財政の再建も課題。歳出削減に加え、企業の社会保障負担カットに
よる民間部門の活性化も進める方針だ。
プロディ氏は1996年5月から2年5カ月にわたって首相を務めており、
今回が2度目の登板となる。首相指名後、同氏は「政治・経済問題に
対処できるバランスのとれた強固な政府をつくる」と述べた。

609 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 22:27:29 ID:WwTP9/3E
イギリスはフランスからエネルギー依存するつもりなんてないだろう。
フランスに頭下げるくらいなら原発作ったほうがマシって感じだな。

610 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 23:25:26 ID:0FTiPrYZ
束の間の平和を担保にして、エネルギー依存を正当化するのは恐いよな。

611 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 23:46:38 ID:WwTP9/3E
イギリスとフランスは、基本的に仲悪いからねぇ。ユーロスターの
終点をウォータルー(ワーテルロー)駅に持ってくるいやらしさやイギリス
女王の訪仏をコンコルド広場(ルイ16世が死刑になぅたとこ)で歓迎する
陰湿さを見ればよく分かる。それでも戦争に発展しないのは普段から互いに罵りあ
って言うこと言ってるのとサッカーで互いのチームのぶつけあいをしてストレス発散
してるから。日韓関係もこうでないといかんなあ。

612 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/18(木) 00:00:57 ID:3JFXf5M+
>>612
それは絶対に_w
イギリスとフランスは仲が悪いと言っても
基本的な文明要素は共有しているライバル同士であるわけで、
日本で言えば東京と大阪のようなものだ。
日本に英仏や独仏のような関係を築ける隣国なんて世界のどこにも存在しないよ。
対馬海峡を挟む日韓関係に一番近いのは、地中海を挟むフランスとアルジェリアの関係。
イギリスとアイルランドの関係ですらない。
非対称・不均衡性の問題ではなく異文明間の断絶の問題だからだ。
文明の根本的なところで理解不能だからストレス発散すらできない。

613 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/18(木) 01:23:56 ID:lYSpD8qu
EU by KDDI♪

614 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/18(木) 06:43:26 ID:nuq4VHZN
ttp://www.nikkei.co.jp/news/main/20060517AT2M1702D17052006.html
イタリア新政権発足、企業負担軽減で経済立て直しへ
【ミラノ=野沢正憲】

イタリアでプロディ首相率いる中道左派政権が17日、発足した。新政権は企業
活動の活性化を掲げ、「ユーロ圏の病人」と呼ばれるほど疲弊した経済の
立て直しに取り組む。改革の柱として企業が負担する「雇用税」を初年度で
5%削減する方針だ。公共投資に依存した経済体制にメスを入れ、成長の
推進力を民間に切り替える。
プロディ首相は同日、ナポリターノ大統領に閣僚名簿を提出し、承認を受けた。
外相にはダレーマ元首相、内相にはアマート元首相が就いた。18日には上院で
政策演説をする。
新首相は改革断行に向け、要となる経財相に実務家のパドアスキオッパ前欧州
中央銀行理事を起用。イタリア中央銀行出身で、財政健全化と経済の自由化の
両面でバランスのとれた論客として知られる。 (01:00)

615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/18(木) 11:14:41 ID:jS3NFQgB
>>611
それ、よく聞くけど、無理だよね。
どうしてもやろうとすると、一方的に日本が譲歩することになる。
そして、日本が譲歩すればするほど、相手は図にのる訳で。
理想は英仏、現実は>>612ってことですな。
日本側の努力じゃ済まない問題なんだよね。

616 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/18(木) 23:03:16 ID:GWJFTWGr
鉄鋼首位のミッタル、2位のアルセロール買収へ
http://www.asahi.com/business/update/0518/152.html

いよいよTOBがはじまりますたな。

617 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/18(木) 23:14:16 ID:nuq4VHZN
ttp://www.asahi.com/international/update/0518/011.html
大戦中のユダヤ人移送、国鉄にも責任 仏で親族が提訴

第2次大戦中に在仏ユダヤ人が収容所行きの列車に乗せられたのは「人道に
対する罪」にあたるとして、その親族が16日、フランス国鉄と仏政府を相手
取って裁判を起こした。当時はナチスの傀儡(かいらい)政権(ビシー政権)
だったが、原告は「ナチスに協力した責任は戦後の政府にも継承され、国鉄も
責任を免れない」としている。
シラク大統領が95年、ビシー政権下のユダヤ人迫害で国家として過ちを
認めたのを受け、民事や刑事で国鉄の責任を問う訴えがあったが、時効を
理由に門前払いされてきた。原告は時効の制限が緩やかな行政訴訟を起こす
ことを決め、裁判所も初めて訴えを受理した。

618 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/19(金) 00:31:11 ID:8CA/RtZ7
>>617

近年ユダヤ人の反フランス言動が目立つけど、それはやはりフランスがアラブ寄りだから?

619 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/19(金) 00:52:54 ID:seQFZHJy
>>618
>ユダヤ人の反フランス言動

たとえばどんなの?

620 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/19(金) 03:05:08 ID:xrrXOobB
2月にこんな事件があったな

「宗教と人種」揺れる仏 「反ユダヤ主義」誘拐殺人
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060224-00000011-san-int

 【パリ=山口昌子】フランスで反ユダヤ主義に基づく残酷な誘拐殺人事件が発生
し、ユダヤ系住民を中心に衝撃が広がっている。シラク大統領とドビルパン首相が
二十三日夕の犠牲者の追悼会に異例の出席を決めるなど、非宗教を原則とするフラ
ンスで宗教と人種問題が重要課題であることをうかがわせる。

 パリ市内に住むユダヤ系住民イラン・ハリミさん(23)が全身を刃物で刺され、
病院に運ばれる途中で死亡したのは二月十三日。勤務先の店に客を装ってやってき
た若い女性に呼び出されて一月二十一日に誘拐された。

 その後、同様の手口の誘拐未遂事件が六件発生していたことや、狙われたのがユ
ダヤ系住民だったことなどが判明。十三人のアフリカ人らのグループが容疑者とし
て浮上し、出身地のコートジボワールに逃走していたリーダーらが逮捕された結果、
彼らの供述などから、ハリミさんらを狙ったのは「ユダヤ人は金持ち」という固定
観念からだったことが分かった。

 サルコジ内相は、こうしたユダヤ系への固定観念は「反ユダヤ主義」と指摘。ハ
リミさんの母親も「ユダヤ系ゆえに殺された」との認識を示し、「反ユダヤ主義者
には非寛容を」と訴えている。

 フランスでは九〇年代からユダヤ系住民の墓地が荒らされたりシナゴーグ(ユダ
ヤ教会)が放火されるなどの事件が発生しており、ユダヤ系住民から政府は「アラ
ブ寄り」との批判の声が出ていた。一方で昨秋、暴動事件を起こしたアラブ系移民
らからは「ユダヤ系に寛大」との声もあり、代々の政府にとって人種問題は難問の
一つだ。

621 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 01:48:37 ID:XrZZxU4y
224 :名無しさん :2006/05/15(月) 05:28:39 ID:Rq+TNA6c
フランスじゃアラブ・黒人、日本じゃ在日三国人の問題が多いのは事実だからなあ…
最近はテレビでも中国バッシングみたいなのが多くなってきたね。
明らかにその中国の影響によって、日本人も肩身が狭くなってきたって話もよく聞く。

229 :名無しさん :2006/05/15(月) 06:11:23 ID:Rq+TNA6c
適当にネット見てたらぶつかった。
今の話題に通じるところがあったから載せちゃったけど、オチ池?ごめん。

ニュースでの中国人バッシングは、勤勉かはともかくとして(笑
経済成長と呼ばれるものが原因だよね。
中国の所為で会社が閉鎖されるどうのこうのわめいてるフランス人が
日本人も一緒だろうと八つ当たりしてくる話を聞く。

622 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 01:52:40 ID:XrZZxU4y
ttp://www.yomiuri.co.jp/world/news/20060518i205.htm?from=main2
仏下院が移民選別法案を可決、科学者や運動選手を優遇

フランス国民議会(下院)は17日、仏国家の利益に貢献するかどうかを
基準に移民を選別して受け入れる新移民法案を賛成367、反対164で
可決した。
仏政府は上院での審議を経て今夏までに成立を図る方針。欧州では移民
選別が大きな流れになってきた。(中略)
法案によると、優遇される移民は科学者や技師、スポーツ選手など高い
技術を有して才能があり、仏経済の競争力や仏の影響力拡大に寄与する
人々で、従来1年間だった滞在許可証を3年間とし、長期滞在を可能と
する。学生数が少ない分野で外国人学生を優先して受け入れるほか、
大学院を卒業して半年以内に就職した外国人学生には自動的に滞在許可
証を与える。
法案はさらに、技能に欠け仏経済への貢献度が低い移民には入国に制限
を課す。1974年、就労目的の移民を禁じたフランスでは、国内で
働く移民が母国から家族を呼び寄せるケースが新規移民の大半を占めるが、
この場合、財政的裏付けを証明するよう要求。10年以上滞在すれば
自動的に得られた滞在許可証交付の制度を廃止する。10年の滞在許可
証を得た外国人居住者には、仏語習得などを義務付ける。

623 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 04:50:54 ID:xRVtjaHy
622の
>>優遇される移民は科学者や技師、スポーツ選手など高い
>>技術を有して才能があり、仏経済の競争力や仏の影響力拡大に寄与する人々
っていうの、これ誰が何を基準にどうやって判断するんだろう?
この後半の「仏経済の競争力や仏の影響力拡大に寄与する人々」
というのは、昔から書かれていた基準のような感じもする。

>>10年の滞在許可証を得た外国人居住者には、仏語習得などを義務付ける
では、どのレヴェルまでフランス語の習得を義務付けるのだろう?

フランスの最大の問題は、移民問題じゃなくて、優秀なフランス人の頭脳流出
じゃないのか?政府が如何に旗振りをしても、肝心なフランス人全体が
外人に対し門戸を開く重要性を認識しない限り、優秀な人材を確保するという
観点からはまるっきり意味がなさそう。また、その人材を生かす職場というか
環境がない限り、全く意味無し。人材確保の重要性をフランス人一般に理解
させるのは、僕の知りうる限りかなり難しいと思える。


624 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 08:01:02 ID:ptMfmolA
IN 優秀な外国人

OUT 優秀なフランス人



…何がしたいんだ?

625 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 09:56:52 ID:XrZZxU4y
ttp://hibinoawa.blog10.fc2.com/
移民法案国民議会を通過後、サルコジ内相がマリを訪問

昨日(5月17日)、国民議会でサルコジ内相による移民法案の最終審議が行われ、
367対164で可決されました。
サルコジ内相はこの審議を終え、その日のうちに、マリの首都バマコへ向けて
出発。マリとベナンを訪問予定です。
しかし、かの地では、サルコジ内相の移民法に対する反発があり、あまり好意的に
迎えられなさそうな雰囲気。(中略)
サルコジ内相のアフリカ訪問に先立つ火曜日、セネガルのアブドゥライ・ワッド
大統領は、平和賞を受けるためパリのユネスコ本部を訪れ、「私はフランスを
発展させるために人々を養成するのではない」と、サルコジ内相の移民法方針を
批判。その日の夜、これに応え、内相はTV(France 2)で「発展途上の国の
エリートたちを盗用しようということではなく、仕事がある人々をフランスに
迎えようということです」と弁明。そしてそのことをマリとベナン訪問の際に
説明する意向を明かしました。

↑アフリカにおけるフランスの影響力は低下していくんでしょうか?今までは
CFAフランなどを通して深い関係をもっていましたが。

ttp://www.amazon.co.jp/gp/product/4846102114/503-9362000-8913556?v=glance&n=465392
フランサフリック―アフリカを食いものにするフランス

フランスとアフリカの関係については、こんな本が出ています。
(研究者にいわせると、センセーショナリズムに走っているということですが)



626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 11:30:46 ID:rvZa2a6I
>>625
一般的に言ってフランスの植民地支配の搾取は近代列強の中でも最悪だからね。
旧フランス植民地で独立後まともに経済成長している国が一つもないことからも分かる。
アフリカでも同条件のはずの旧英領諸国と比べても旧仏領諸国の貧困ぶりは際立つ。
(例外中の例外がベトナムだが、これは歴史的に
フランス植民地の負の遺産の徹底クリアランスが生じたからだろう)
大航海時代のスペインというさらにひどい例もあるが、これは近代とは言いがたいから。
反対にぶっちぎりで一番温情的だったのが間違いなく大日本帝国なんだが、
両極端が意外に共通するという真理もまた良く当てはまるわけで、
植民地の土地・住民への直接的な関与・支配を好むという強い政治傾向は
英国などと比較して日本とフランスで似通っていた。

627 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 17:07:54 ID:hKgRpWAG
フランスと日本は似てるよね。 今の日本の憲法って革命憲法だし。
道徳と自由を破壊して、民主主義(全体主義)バンザイな所も。

628 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 17:58:21 ID:TclSpGY/
革命憲法なんて頓珍漢な代物はない罠。
それにあくまで最高法規の憲法に道徳は馴染まないと思われ

629 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 18:49:05 ID:hKgRpWAG
>>628

革命憲法ってのは、つまり国民主権・議会至上主義の事を指して
言いたかったのですよ。(通常は主権は法で、議会は監視・抑制される。)

日本の憲法は英米法でいうコモン・ローではなく、通常の制定法なので、
伝統・慣習・道徳に基づいて無いけど、英米法ではそれが基礎になっている。

630 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 19:58:13 ID:/OYXdMv6
>>629
何憲法でもいいが、いい加減「自国民で」憲法制定したらどうなんだ?

631 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 20:40:35 ID:XrZZxU4y
フランスの政党って何であんなに数が多いの?
UMP(国民運動連合)、フランス社会党、UDF(フランス民主連合)、
共和党、社会民主中道派、急進党、フランス共産党・・・全部で36もの
政党がある。
アングロサクソン諸国とは対照的。
ちなみに各政党は選挙で獲得した一票につき、年間1.66ユーロを
もらえることになっている。


632 :何足道:2006/05/21(日) 03:02:32 ID:3VDT072h
>>626
フランスの中央銀行は、依然として舊植民地の金融を操作している、と聞きましたが。
コートジボアールとか、どっかそんな辺りに調査に行ってた方が申してました。
「ある日突然、通貨の価値が半分になるんだ……」
フランスの意向らしいです。当時の通貨フランの価値を維持する為にやってたんでしょうか?

633 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 08:13:58 ID:a1NNvG16
>>632
ttp://www.econ.keio.ac.jp/staff/tets/etc/keiyu/980726.french.html
西アフリカのフランゾーン

メンバー諸国の外貨準備のフランス大蔵省への集中預け入れと一括運用委託

フランス政府は地域中銀に対して無制限の信用供与をすることになっているが、
次の条件がある。

ある国の外貨準備がマイナスに転じた場合、その年度の中央銀行の政府に対する
融資額は政府の財政収入の20パーセントを超えてはならない。
信用供与を要請するにあたってはまず自国保有の外貨準備をまず充当した上で
なければならない。
国際収支の均衡回復のために強力な引締め政策をおこなわなければならない。
フランス政府は地域中銀の政策決定に拒否権をもっている。

634 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 09:03:47 ID:ZRt1fsCX
>>632
>>ある日突然、通貨の価値が半分になるんだ……
これって、1994年1月に発表されたCFAの50%切り下げの話?
山田文比古著、『フランスの外交力−自主独立の伝統と戦略』
集英社新書の第七章、「勢力圏〜アフリカ〜」にコンパクトに書いてある。
暇なら読んでみてよ。

635 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 09:21:30 ID:tO1ysAVz
>>626
植民地支配というのは、搾取だけなく援助の歴史でもある。
援助という麻薬をたっぷり与えて自立できないようにし、
植民地を宗主国なしでは、生きられないようにする。
ヤクザが女を薬漬けにして、意のままにしようとするのと同じだ。
今旧植民地の貧困というのは、薬物依存症の成れの果てともいえる。

636 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 18:12:36 ID:pWv03HYD
たしかフランスは〜フランなんてのをアフリカで共通通貨を発行してた
な。ある意味アメリカ支配ってやつよりも露骨だな。それじゃあ自立はいつま
でもできんだろう。アメリカや中国がアフリカで急速に力を強めてるのも
分からないことはないな。

>>631

フランスって国民のみならず、政党にも「福祉」をしてるのか。国ぐるみ
で大阪市役所の厚遇をしてるようなものだな。だから、だれもそれを改革し
たがらず問題になるわけだな。


637 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 18:19:02 ID:YgMaJ0+F
>>636
政党助成金なら日本にもあるよ。

638 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 19:10:02 ID:FA40SJf/
以前ガイアの夜明けでコロッケコロちゃんがアフリカの確かケニア
に進出するのを取材したのを見たことがある。現地の農家から農産物
を買い取った資本は初めてらしい。それでいざ出店しようとなって役
人の許可を取りに行くと不許可。コメントはなかったけどどうもワイ
ロがないとだめな様子。しかたなくコロッケをタダで配っていたよ。
アフリカから受ける印象は庶民の極貧と腐りきった官僚機構だな。
あれじゃあ外資なんて見向きもしないよ。

639 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 20:22:56 ID:pWv03HYD
>>638

アフリカ自身の自己責任、それを言うと植民地云々と持ち出してきて責任
逃れ。最近はそれが飽きられたのかグローバル化のせいにする。ずっと植民
地のままのほうがよかったんじゃないか?コモロは独立したのはいいけど
フランスに残留したレユニオン島のほうがかなり良かったりする。

640 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 20:26:30 ID:a1NNvG16
>>636
CFAフランね。

>>638
イギリスのブレア首相も、「アフリカ委員会」なんてのを設けて、
先進国のアフリカに対する債権放棄を主張しているけど、アフリカ問題の
専門家は、「債務をなくしても貧困層には何の恩恵もない。泥棒
エリートが権力にしがみつくのを許し、腐敗した無能な政権を延命
させるだけだ」と批判している。

ところでこのスレの住人は、サッチャー首相の息子が、赤道ギニアで
クーデター計画を実行に移そうとしてタイーホされた事件を覚えてる?

641 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 21:16:01 ID:pWv03HYD
>>640

債務減免ってたしかNGOか何かでジュビリーなんとかという運動がなかっ
たか?日本でもイギリスやフランスといった宗主国が得するだけという非
難が出てたような希ガス。昔、漏れが小学生の時校長が朝礼の講話でアフリカ支援
に熱心だった日本の誰かが「魚をやるのが援助ではない、それの獲り方を教えるのが援助
だ」という話をして自己努力する人間になれ的なことを言ったのを覚えてるがアフリカには
その精神が根付かないんだろうか?




642 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 22:26:29 ID:vk1/dNxc
>>639

アフリカ人でもわかっている人はいる。「いつまでも、植民地支配が悪い、
白人が悪いなんて、愚痴ばかり言っているからアフリカは、いつまでも
貧しいままなんだ。文句を言う前に自分の足で立とうとしないと
駄目だ」とね。
でも、そういう意見を持つ人は、例外中の例外みたいだ。

>ずっと植民
地のままのほうがよかったんじゃないか?コモロは独立したのはいいけど
フランスに残留したレユニオン島のほうがかなり良かったりする。

「植民地時代は良かった」とボヤいているアフリカ人は、多い。南アフリカの
黒人もアパルトヘイトがなくなって白人政権がなくなった後、逆に
貧しくなった人が多いので「アパルトヘイト時代は、良かった」と愚痴を言っている。

643 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 22:48:00 ID:pWv03HYD
>「植民地時代は良かった」とボヤいているアフリカ人は、多い。

良くも悪くも植民地にいろんな形でカネを落としてた、宗主国は。しかも
ある時期から植民地で得られる利益より、それを維持するためにの持ち
出しのほうが多くなってどこも植民地経営は赤字になったはず。日本の
場合は台湾や朝鮮半島、満州の経営程度でカネを出しまくったあげく終戦
で利益が出る前にパーになった。

>黒人もアパルトヘイトがなくなって白人政権がなくなった後、
>逆に 貧しくなった人が多いので「アパルトヘイト時代は、良かった」
>と愚痴を言っている。

経済の中心にいた白人が国から逃げ出してるだから当たり前だろう。
白人に勝って自己満足したまではいいがその後はにっちもさっちもいかない
というアフリカが独立したあとの典型を南アも行ってるわけだ。それでも
まだ他のアフリカよりマシに見える(治安以外)のは白人時代の遺産
で食ってるからだろうな。

644 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/22(月) 01:14:33 ID:54I7H79s
>>632
フランスには「フランコフォニー・サミット」というのがありますが、
フランス語を使用している国の元首を集めて開く国際会議です。

ttp://web.kanazawa-u.ac.jp/~kasuya/FrancophonieMiura.html
注目すべきは、フランコフォニーが、グローバル化とともに進む「文化の画一化」
と「文明の衝突」という一見矛盾する二つの論理を拒否し、「文化の多様性」
(diversite' culturelle)と「文化間の対話」(dialogue des cultures)を提唱
していることです。これはフランス語が、かつて普遍的文明の名のもとに異文化
を支配したヘゲモニーの論理から、差異を尊重する多言語・多文化の論理に
シフトしたことを示します。

645 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/22(月) 02:09:59 ID:3kX+9vpQ
>>644
その「差異を尊重する多言語・多文化の論理」の実践により
最初に弾き出されて廃れゆくのが何のことは無い、
当のフランコフォニーでのフランス語そのものだってことに
フランス人やそのブログ主は気づいていないのかなあ?w
分かっていてわざと言っているのかねえ?
アフォというか破廉恥というか厚顔無恥というか何というか。
左右問わずどんなに破廉恥な日本人でも、
大日本帝国時代の「旧ニッポノフォニー」の日本語が
「多言語・多文化の論理」やら「文化間の対話」に資するなんて
主張する香具師はどこにもいないんだが。

646 :何足道:2006/05/22(月) 05:20:25 ID:ErtsOo2J
>>634
さぁ。。。いつ頃の話だったのか聞き及んでませんでした。而しこの可能性も高いですね。
紹介された書籍:山田文比古『フランスの外交力−自主独立の伝統と戦略』 集英社新書
第七章「勢力圏〜アフリカ〜」は、閑の有る折、読んでみようかと想います。

647 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/22(月) 10:54:09 ID:54I7H79s
>>645
19世紀のフランスは、「フランス文明の普遍性」という立場から植民地で
「同化政策」を推し進めたんだけど、20世紀後半になって英語圏の文化に
対して劣勢になってから、「文化の多様性」とか言い出したんだよな・・・

EUでも「文化例外主義」と主張して、WTOのルールが知的分野や芸術分野
へ適用されるのを拒否している。
「映画・テレビ・出版などが、新通信技術におけるアメリカの優位、あるいは
世界のイメージづくりや情報分野におけるアメリカの事実上の独占によって、
窒息させられてはならない」
ということだそうです。

ttp://www.jiia.or.jp/pdf/global_issues/h12_africa/kataoka.pdf
アフリカ紛争予防:フランスの視点(仏の対アフリカ政策から)

こんなレポートを見つけますた。

648 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/22(月) 10:58:54 ID:5J59/PB1
>>645

目指すべきはデファクトスタンダードであってフランス語のような押し付けの
多言語云々ではないな。フランス語サミットってのは参加国の大半は援助目当てと
フランス留学したエリートが自国での存在価値を維持するためにやってるようなもの。
ウラでは国際的なフランスの弱体化を見つめて多くのフランス語圏で英語に傾斜したりし
てる。アフリカでは勢力圏のコートジボアールの内戦さえ収めることが出来なくな
ってるのはフランスにとってはかなりのショックなはず。

649 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/22(月) 11:02:15 ID:5J59/PB1
>>647

フランス映画は見かけによらずハリウッドに比べて競争力とか弱いから
ねぇ。それにハリウッドは民間主導に対してフランスのほうは国が育成する
フランスお得意の国策。競争力もないし人気もない。唯一ましなのは
カンヌ映画祭ぐらいであれで優越感を得てるようなもの。

650 :Swendler:2006/05/22(月) 14:23:49 ID:zPlgSybW
Oh,No-.

651 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/22(月) 18:12:40 ID:hZ2SLcUx
<ゲート・オブ・ヴィエンナ・ブログ>
ttp://gatesofvienna.blogspot.com/2006/05/let-us-make-them-all-welcome.html
Let Us Make Them All Welcome  欧州からの亡命者を歓迎すべきである by Dymphna

Remember the 1930’s when so many of Europe’s intelligentsia came to America to escape
Fascism? Albert Einstein was one; Karen Horney was another. Our intellectual ranks and
our universities were enriched as Europe’s totalitarian rumblings caused the educated
ranks to flee to safer shores. 1930年代のファシズム時代に欧州から多くの知識人が
亡命したが、それがまた起こりそうである。

It seems to be happening again. In addition to Hirsi Ali’s imminent departure from the
Netherlands, there is a growing feeling that Europe is not safe for those who dissent
even a little from the received wisdom of the bureaucratic state, or dare to confront
the Muslim taqiyya so prevalent there:
欧州の官僚主義帝国からの亡命者が現れていている。
・・・・
The article doesn’t mention Paul Belien’s predicament at Brussels Journal. Belgian
authorities say he should be tried and jailed for his writings, claiming he inflamed
some off-the-wall adolescent to go on a shooting rampage.
WSJ記事は書いていないがブラッセル・ジャーナルにPaul Belienが書いたように、
ベルギー政府は文化対立を煽るとして、一部のライターを投獄すべきという。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここで参照しているWSJ記事というのは、オランダの(移民、女性)政治家
Ayaan Hirsi Ali がアメリカに亡命する決意をしたという事件を報じるもの。

ttp://online.wsj.com/article/SB114782915681854954.html?mod=hps_us_at_glance_most_pop
Islamist Threats To Dutch Politician Bring Chill at Home
Ms. Hirsi Ali Quits Parliament, Plans to Resettle in U.S. After Losing Safe House
A Debate Over Extremism

652 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/22(月) 22:38:15 ID:54I7H79s
>>532-534
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/europe/news/20060523k0000m020060000c.html
独シーメンス:鉄道、通信、発電など中国から大量受注
【北京・大塚卓也】

中国を公式訪問しているドイツのメルケル首相は22日、時速200キロ以上
で走る高速鉄道の開発や欧州・アジア間の貨物輸送促進などの経済分野の合意
書に調印した。これに合わせて中国を訪れているドイツ大手企業グループの
シーメンスが、鉄道、通信、発電、医療機器の各分野で中国側と広範な取引
契約を結んだことも明らかになった。新華社などが伝えた。
シーメンスが中国側と結んだ契約の中には、中国鉄道省が発注する車両納入に
伴う技術協力も含まれているが、日本企業と受注を競っている「北京−上海間」
などの高速鉄道のどの区間にかかわる契約なのかなど、詳細は明らかになって
いない。
また、同社は中国移動通信や中国ユニコムとの間で、第3世代携帯電話網の
運営システムや設備の納入にかかわる合意書にも調印した。

653 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/22(月) 23:37:25 ID:Digi/bT9
>>652
ドイツにとって中国は21世紀において中東欧に並ぶ最も重要な投資相手。
93年からこのかたずっと右肩上がりに対中投資は増加してきた。ドイツに
とって日本以上に重要な経済パートナーという位置づけだから、メルケル
政権がこの契約にいたるのもわかる。しかし、中国は日本のような信頼で
きる国ではない。このへんをメルケル政権がどの程度値踏みしているか興
味深い。ひとつの目安は対中武器禁輸処置へのアプローチだろうな。日本
としてはドイツに節度を持って対応してもらうほか無い。

654 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/22(月) 23:40:24 ID:QIe6Gg5S
>>652

結局技術だけをふんだくられて、責任だけドイツもち
ということになるんじゃないか?
あの国は、ニセモノ大国で唯一の本物はペテン師だけだというから。

655 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/22(月) 23:53:14 ID:0EDn9VCb
中国としては今は満洲、および華北各地(温家宝の地盤の天津など)の開発を進めているが、
山東省はかつてのドイツ勢力圏であり、
満洲もドイツ帰りの日本人官僚が作ったから
街の設計にしても何にしてもドイツと相性がいい。


656 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 00:13:45 ID:d7n24Xf2
>>653
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060522AT2M2201322052006.html
訪中しているドイツのメルケル首相は22日、中国の胡錦濤国家主席、
温家宝首相と北京で相次いで会談し、リニアモーターカーを含む鉄道
分野など19件の協力合意書に署名、経済面での連携強化で合意した。
一方、人権や知的財産権侵害問題では中国に厳しい改善要求を突きつけた
とみられる。

↑人権と知的財産権だけみたいです。


657 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 00:33:39 ID:wgX4ij7v
>>655

中国とドイツ・フランスって相性が良さそうな気がする。

戦前にあった上海の租界でも、フランスがかなり影響力を持ってたんじゃ
なかったっけ?

658 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 00:44:39 ID:+OMAnKLV
『インタビュー/ 民団ハビョングオック団長 “総連と和合 6年前から構想”』
“北脱出者サポート中断説は過ち報道されたこと”

在日韓国人社会を両分して来た在日本朝鮮人総連合会(総連)との歴史的仲直りの扉を開いた
在日本大韓民国民団(民団) 中央本部ハビョングオック(70·写真) 団長は 22日,南北韓仲直り
時代が開かれる以前である 6年前から “総連との和合を構想した”と明らかにした。

河団長はこの日午前東京港区民団中央本部団長室で 〈ハンギョレ〉と一インタビューで “当時
団長選挙に出馬しながらすべての在日韓国人団体たちの和合を主張したが時期尚早で映った
のか落選した”と “特に総連との仲直りを先に立って叫んだ人は自分”と言った。彼は “同胞
社会の和合は 50年以上続いて来た同胞たちの念願だが実現しなかったから我が足に尋ねる
としたこと”と言った。

河団長は大変な決断を通じて歴史的第一歩を踏み出したが,民団内部の反発が韓国と日本の
一部言論に目立って報道されることを非常に負担になる表情だった。彼は “(両方の仲直りには)
何らの条件がない”と “お互いにしている事に対しては尊重しようということが原則”と言った。彼は
民団の北脱出者支援センター活動中断は “過ち報道されたこと”と言いながら,“これからどんな
方法で推進するか論議·検討するという意味 ”と解き明かした。日本の一部批判的視覚に対して
も “北朝鮮と日本が仲直りすることができるように誘導する仲裁者役目を民団ができるという点を
認識しなければならない”と駁した。河団長は保守的で旧態依然たる考え方では民団の存在が
危なげだから ‘改革民団’の旗印を掲げるようになったと,日本国籍の同胞や総連係なども参加
することができる ‘開かれた民団’を作ると明らかにした。

東京/朴重言特派員 parkje@hani.co.kr

ttp://www.hani.co.kr/arti/international/japan/125566.html

659 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 00:52:17 ID:+OMAnKLV
>658 ゴバク。

660 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 01:08:11 ID:ddiGFXbJ
>>658
>北朝鮮と日本が仲直りすることができるように誘導する仲裁者役目を民団ができる

仲直り・・w ガキかよw

661 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 11:16:37 ID:d7n24Xf2
ttp://hibinoawa.blog10.fc2.com/
フランス人の評判

Yahoo Franceで見つけた記事。
イギリスで発売されたデイリー・エクスプレスとモーニング・スターによると、
旅行者のコミュニケーション・サイトWhere Are You Now (WAYN)で実施された
アンケートで、フランス人が最も無愛想で、最も煩わしく、最も寛容度が低い、
(le peuple le plus inhospitalier, le plus ennuyeux, le moins genereux)
という結果が出たそうです。
このWAYN主催のジェローム・トゥーズさんはフランス人。こうした結果に驚きを
隠せない様子で「フランス人が世界中で最も客をもてなさない人々だとみなされる
とは、想像だにしなかった」、「ロマン派的な陰鬱さが理解されなかったのだと
思います。フランスの身近な人や友人たちに、これからは旅行者にもっと快く
接するよう約束してもらいます」とのこと。

662 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 11:17:32 ID:d7n24Xf2
しかし、フランスは、 最も文化的教養があり素晴らしい料理に恵まれた国の
2番目に選ばれ、ちょっと名誉挽回?一番はイタリアだったそうです。
デイリー・テレグラフは「フランス人たちはシャネルの5番が自分達の香りだと
思いたいようだが、どちらかというとニンニクと湿ったジタンのにおいだと
いうことは、みんな知っている」とコメントをしたそう。また余計な付け足しを〜!
イギリス人とフランス人のいがみ合いか?最も皮肉な国民、という質問が
あったらイギリス人だったかもねー。

って、イギリスはどの質問にも10位以内に入っていないとのこと。それも
ちょっと寂しいかも…。

663 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 15:25:13 ID:IJOM4mDe
WSJ-ユーロネクストがNYSEの合併案支持、ドイツ取引所も対抗案を提示
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060523-00000029-dwj-biz

決戦は火曜日。

664 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 19:51:48 ID:bFvJB0Rf
http://news.google.com/news?hl=en&ned=us&q=Greek,+Turkish+fighter+jets&ie=UTF-8&scoring=d

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!

665 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 19:58:33 ID:vfCEYwpc
仏極右・ルペン党首人気が最高水準、右派政権への不満 (読売新聞)

【パリ=島崎雅夫】フランス人優先の国家建設や強硬な移民排斥を訴える極右・
国民戦線(FN)のジャンマリ・ルペン党首(77)の人気が過去最高のレベルに達した。

仏週刊紙ル・ポワンが先週発表した世論調査によると、ルペン党首の支持率は22%
を記録、2002年の大統領選で獲得した16%を大幅に上回った。
昨年10月の支持率は8%だったが、同年秋の移民系若者による暴動を機に上昇に転じた。

今年は2月12%、3月13%、4月14%と上昇を続けており、07年次期大統領選に
向けて、極右旋風を起こすのではとの観測が強まっている。

移民が多数居住する大都市郊外で暴動が起きて治安が低下し、移民政策への懸念が
強まったことや、政界疑惑で新たな改革が出来ず、レームダック(死に体)化した右派政権
への不満が、ルペン人気の急上昇を支える要因となっている。
ttp://news.www.infoseek.co.jp/world/story.html?q=23yomiuri20060523i411&cat=35
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ttp://www.telegraph.co.uk/news/main.jhtml?xml=/news/2006/05/21/wlepen21.xml&sSheet=/news/2006/05/21/ixnews.html
Le Pen and French far Right achieve record popularity
Kim Willsher in Paris (Filed: 21/05/2006)

英・テレグラフ:フランスの極右、ルペンの人気が最高となる

The swing to the extreme Right has been attributed to a series of events, during a
period of economic gloom, that have crippled the government: last autumn's rioting in
the suburbs; student violence over a proposed employment law; and now the Clearstream
dirty tricks scandal.

テレグラフ記事は極右政党への支持の高まる理由を、@経済低迷、A政府の失政、
Bパリ暴動などの混乱発生、C労働法改正での学生の抗議事件などの混乱、
D現在のクリアストリーム銀行を舞台にした政界スキャンダル、などのせいだと書いている。

666 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 20:37:08 ID:XsEeU7ev
>>665
フランス社会の停滞が原因だろうね。若者の失業率が高い保守的な土壌。
そして硬直的な官僚機構とその上にふんぞり返るエリート集団…
移民2世は社会に馴染めずそれどころか排斥されつつある。そういえばドイツ
の旧東側でも極右が台頭してきたね。どちらも共通しているのは移民に対する
風当たりか。これもEU拡大を急ぎすぎた結果なのかもしれない。

667 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 20:54:06 ID:VF7Q8ga6
>>665

となると一位ルペン、二位サルコジ、三位ロワイヤルと前回のジョスパン
の悲劇を繰り返すのかな?

>>666

日本よりもある意味深刻な状況だな。サルコジにしろロワイヤルにしろ
建て直しには苦労しそうだ。あと少ししたら欧州の不良債権になるかも。
いまでも要管理債権だが。

668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 21:24:14 ID:d7n24Xf2
>>665
もはやド・ゴールがつくった第五共和制の寿命が尽きているのかな。
一度大掃除して新しいシステムをつくったほうがいいかも。
前回の大統領選ではトロツキスト政党のLCR(革命的共産主義者同盟)も
票を伸ばしていた。

>>666
旧東独で、伝統的に褐炭による火力発電や重工業が盛んだったラウジッツ地域は、
高失業率、少子高齢化、人口流出に悩まされているそうで。
ドイツ統一当時は、旧東独の賃金が旧西独より安いという魅力があったが、
今では1割程度しか変わらないので、法人税や地価が安いチェコやポーランド
へ目を向けている企業も多いとか。
既成政党が中道・体制化して有権者が極右・極左に走るという構図は欧州諸国に
共通している。

669 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 21:33:30 ID:nxByxMYD
>>665

ルペンは、10年以上前から「日本も移民には気をつけろ」と
警告していたよな。
頭数だけ増やしても、意味がないとうことだが、
多文化共生だの他民族の共存だの「夢見る乙女」から、
脱却できないのが日本には多すぎる。

670 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 22:28:29 ID:PdTPmbPT
夢見るオトメじゃなく
わかってて奴隷を集めるために移民を集めようとしているのが
売国野郎どもだ

671 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 22:49:43 ID:v3zPxXgQ
<スペイン>モンテネグロ投票結果 バスクなど独立派が歓迎
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060523-00000036-mai-int

 スペインで分離・独立運動を続けるバスク、カタルーニャ両地方の独立支持派は
22日、モンテネグロの国民投票で独立賛成票が55%以上に達した結果を歓迎し
た。カタルーニャ地方の独立派議員は「モンテネグロの投票結果は21世紀の現代
でも小さな国家としての独立が可能なことを示した」と述べた。

672 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 23:34:19 ID:dhelaoe7
英米が移民国家だからな。

でも、日本は移民に関しては、アングロサクソンするのはやめとけ。

673 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/24(水) 01:10:43 ID:Zt4S3fEi
>>657
中国は国家主導の統制経済の国だから、フランス・ドイツとは相性がいいかも。
農本主義的なところも似ている。

上海の租界は国際共同租界(英米)とフランス租界に分かれていた。

ところで、フランスの『ル・モンド』が、グーグル・ヤフー・マイクロソフト・
シスコ・アーンスト&ヤングといったアメリカ企業が中国当局の圧力に屈した
ことを非難していたが、欧州企業は中国でそういう“裏取引”をやっていない
のかなあ?

674 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/24(水) 02:33:32 ID:Oh+eb0Q9
ユーロネクスト争奪混戦、ドイツ取引所110億ドル提示
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060523AT2M2302323052006.html

結論は持ち越しか。

675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/24(水) 04:28:14 ID:3slH6wPG
無愛想に見えて以外と日本人と相性のいいのがフランス人。
ちなみにヨーロッパ全体で見るとフィンランド。

676 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/24(水) 06:44:16 ID:2YNEaONO
たしかにフランスは日本の芸術や料理に敏感に反応するが
職人気質や生真面目さ、ヲタク性ではドイツ、
自然愛好や実利主義(理念にこだわらない)ではイギリス。

677 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/24(水) 07:33:29 ID:bLc8cNM+
夢見る乙女ねぇ。
なんか、嫌われ松子みたいな末路が待っていそうだな。
まあ、実際に推進してる連中はカネカネキンコの精神でやってる訳だけど。

678 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/24(水) 08:08:59 ID:Zt4S3fEi
産経新聞 平成18年(2006年) 5月24日水曜日
仏、文化浸透へ新戦略 東京に「高校」開設

英語文化に水を開けられているフランスが仏文化の世界浸透を目指して
新戦略に乗り出し、東京など世界の大都市に仏語普及のための高校、
リセ・フランセを開設する。
「仏語は数の勘定ができない」−石原慎太郎・東京都知事の発言は
フランスでも大々的に報道されて衝撃を生んだが、英語に比較して仏語
文化が衰退の一途をたどっている状況を踏まえてドストブラジ仏外相は
このほど記者会見し、アメリカン・スクールの向こうをはって、仏語の
授業による「リセ・フランセ」を東京、ロンドン、ミュンヘン、カイロ
に開設する、と述べた。
外相はまた、文化政策の拠点として三千万ユーロ(約四十三億円)の
予算で新機関「フランス文化」を創設し、既存の「仏芸術活動協会
(AFAA)」と「仏思想普及協会(ADPF)」を吸収合併して
総括的に仏文化振興の推進役を担わせるという。

679 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/24(水) 08:09:44 ID:Zt4S3fEi
さらに二〇〇六−七年の文化政策予算として五千万ユーロ(約七十一億円)
を計上し、外国人向けの仏語教育者の育成などにも力を入れる。外務省と
大手民間企業やエリート校の商業高等学校らとも連携して、総合的に
仏文化の進展を目指すという。
外相は内科医で文化相の経験もある。昨年六月の内閣改造で外相に就任
したが、外交は素人との批判もある。それだけに、経験のある文化政策で
失地回復を狙っているとの指摘もある。

680 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/24(水) 09:47:12 ID:60zaK4et
>>678

あの知事はフランスの衰退振りを横目にああいう発言をしてる。これが
イギリスのエリート校の分校とかならまた別の反応を示していたはず。


681 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/24(水) 19:05:20 ID:BmC6lRaB
<上海杭州リニア報道のまとめ>

新華社:ドイツの関連企業と進めている上海・杭州間リニア・・・合意に達した。
共同:ドイツ側は技術協力する意向を表明している。
朝日:両国はリニアモーターカー技術など経済・技術分野の協力拡大でも一致。

日経:独側と折り合えなかったもようだ。
星州日報:合意に達していない
IHT;最終的に合意していない

Reuters:despite the failure of German and Chinese negotiators to agree on a deal・・
FT:could not be completed in time for Ms Merkel’s visit.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ひとつの事象を報道するのに、これだけのヴァラエティのあるというケースは
近頃稀なことで、驚いてしまった。ロイターやFTが正確。

もし、合意に達していれば、朝日、共同初め国内メディアは大騒ぎして、ついでに
日本のビジネスチャンスを無くしたのは「靖国参拝」の「小泉外交の失敗」と書く
つもりだったのではないかと思われる。

朝日、共同、日経そのほか国内メデイアの失望落胆は、さぞかし大きなものだったのだろう。

682 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/24(水) 19:51:19 ID:2YNEaONO
まだ日本にも芽があるってことですね。

683 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/24(水) 20:13:41 ID:gGUNawHK
>>682
鉄道で中国と関係を結ぶのは危険だよ。あの国は因縁ヤクザだということを
忘れてはいけない。うまくいって技術流出、まずくすると大事故、莫大な補償
金の発生ということもありうる。ここはドイツさんにおまかせしておいた方が
いいとおもうな。


684 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/24(水) 20:16:16 ID:pHnwFzAI
>>683

そうそう、技術だけふんだくれ、事故が起これば責任だけ押し付けられるのは
必定。
今まで、多くの技術提携した日本企業が、墓穴を掘っているから。

685 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/24(水) 21:03:02 ID:Zt4S3fEi
ttp://www.tokyo-np.co.jp/00/kok/20060524/mng_____kok_____002.shtml
エアバス 840人乗り超巨大旅客機 中国市場に熱視線
 
ドイツのベルリンで十六日から二十一日まで「国際航空宇宙ショー」が
開かれ、目玉である世界最大の旅客機、エアバスA380を目当てに
約二十五万人の観客が集まった。会場の空港では、エアバス(本社・仏
トゥールーズ)の社員がアジアからの訪問客への対応で大忙し。中でも
最大の狙いは中国だ。 
八十メートルの翼で滑走路脇の砂を巻き上げながら、最大八百四十人を
運ぶ巨体が宙に浮かんだ。ずんぐりとアザラシのような総二階の機体。
上空でゆったり八の字を描いた。
着陸後の機内取材までの間、VIPルームに案内された。中には記者
数人のほか中東系の一行も。中国からの視察団が入ってくると「ちょっと
お待ちを」と担当者。先に案内されたのは中国の視察団だった。
エアバスがA380の売り込み先として力を入れているのがアジアだ。
大型旅客機は世界の拠点間を結ぶ主要路線に適し、その需要が高まるのが
アジア。実際、受注済みの百五十九機のうち九十八機が、中東と豪州を
含めたアジア地域の航空会社からだ。

686 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/24(水) 21:04:56 ID:Zt4S3fEi
中国からの受注は五機だけだが、それだけにまだ需要は取り尽くしていない。
中国での大型機の需要は二〇二〇年までに二百機以上との分析もある。
百五十人乗り程度の中型機では、中国はすでに昨年十二月、A320を
百五十機発注。日本円で一兆円を超える契約には、フランスのエアバス
本社を訪れた中国の温家宝首相も立ち会った。
さらにエアバスは、中型機の中国での機体組み立てにも乗り出した。
すでに中国から部品調達はしているが、組立工場は独、仏以外では初。
早ければ年内に合弁会社を立ち上げる。人件費節減に加え、中国における
米ボーイング社との競争に勝つ狙いがある。一方の中国側は、技術を学び
大型機の独自開発に役立てる狙いもうかがえる。
技術流出の恐れはないか。そう尋ねると、案内の担当者は「中国は有人
宇宙飛行に成功した国。飛行機などわけないですよ」と笑顔。傍らで
中国の記者がメモを取っていた。

687 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/24(水) 21:55:01 ID:U6NTgbBe
>>683-684
どうしてそういう後ろ向きの発想なのかね。
次の技術を開発するためにも今の技術で稼がなきゃならないんだよ。


688 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/24(水) 22:49:13 ID:1tzyjA+8
問題は、稼げるかどうかだよな。
前向きになろうが後向きになろうが、
稼げるもんは稼げるし、稼げないもんは稼げない。

689 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/24(水) 22:49:37 ID:fBspE2Sd
ttp://www.epochtimes.jp/jp/2006/05/html/d11674.html
>訪問に同行したドイツ政府関係者は、「両国は今回の訪問直前に、
>上海と杭州を結ぶリニアモーターの建設について交渉を行ったが、
>中共はドイツ政府が建設費用を負担することや、技術提供の比率を上げることなどを要求したため、
>ドイツはそれを拒否し、交渉は失敗に終わった」と明かした。

690 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/24(水) 22:55:09 ID:NgxZRo+d
>>684
そこで韓国が誇るKTXの出番ですよw


691 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/24(水) 23:27:43 ID:mTA0U5bt
中国なら小田急のロマンスカーでいいんじゃね?

692 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/24(水) 23:52:02 ID:U6NTgbBe
>>689
そのくらいの条件なら日本は飲むよなw

693 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/25(木) 00:14:50 ID:qX0gnlxk
ル・モンド・ディプロマティーク
ttp://www.diplo.jp/articles06/0605-2.html
日本経済の「意外」な回復

↑この記事の分析ってどうよ?どうも日本を引き合いに出してアングロ
サクソン型モデルを批判したいだけのように思えるが。

694 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/25(木) 01:28:40 ID:JtbdCn5d
密航者送還受け入れを スペイン、援助拡大も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060524-00000201-kyodo-int

 【パリ24日共同】アフリカ北西部からスペイン領カナリア諸島への密航急増に
直面するスペイン政府は、密航者の強制送還受け入れに応じるようアフリカ各国へ
の説得工作に乗り出した。セネガルなど西アフリカ各国に21日から特使を派遣、
交換条件として経済援助に応じる姿勢を見せている。

 スペインからの報道によると、カナリア諸島にはセネガルやモーリタニアを小船
で出港した密航者が連日のように到着、23日にも150人がたどり着いた。今年
初めからの累計は約7500人に達し、昨年の約5倍のペース。


695 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/25(木) 11:01:42 ID:8TyAwIEA
>>689
よく分からんのだが、建設費がドイツ政府持ちになったら、ドイツ側にメリットあるの ?
ドイツの税金で中国に鉄道つくる公共事業って扱い ? 国内の公共事業なら失業者を減らす効果も
あるだろうけど、中国に鉄道つくるのなら、ほとんど雇用者は現地の中国人なんだろうし…。

単なる経済・技術援助にする、ということだとすると、今や外貨世界一の貿易黒字国に援助する
なんて馬鹿げたことは日本しかやらないと思うのだが…

696 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/25(木) 11:19:35 ID:qX0gnlxk
>>695
1993年にコール首相が中国と締結したプロジェクトは、ドイツ政府の譲許的
融資に支えられていたそうな。コール政権は失業問題の対策として対中輸出に
目をつけ、この分野に政府の補助金を投入した。ドイツが獲得した3億ドルの
広州地下鉄プロジェクトの費用は、2億2000万ドルの長期譲許的融資で賄われた
(金利は0.75%)。鉄道車輌の購入費9200万ドルは、旧東独のドイツ・ワゴンバウ社
から調達する条件で、ドイツの開発援助から支払われた。また、地下鉄車輌の
購入に当たってもドイツの開発援助が利用された。
要するにコールの中国プロジェクトは、対中「輸出」コストの多くをドイツの
納税者に負わせることで実現したということ。
(現在はこのような直接援助はEUの規定により禁止されている)

697 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/25(木) 11:54:19 ID:1obtLoPA
>>693
粗を探そうとして逆に自縄自縛に陥っているな、その記事。
それにアメリカ社会が日本よりも結束が弱い?
コレ何かの冗談か?

698 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/25(木) 12:13:33 ID:1Vl2HR81
>>693

フランスの妬み。自国こそ社会の結束の弱さがばれてるのに
それは直視しない。

699 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/25(木) 13:39:15 ID:ES1FYLgm
>>678
ttp://www.lfjt.or.jp/htm/index.htm
このリセ・フランコ・ジャポネ・ドゥ・トキョを改変して、外人(日本人)
受け入れたらいいだけじゃないのかと単純に考えてしまうのは、僕だけ?
そういえば、トルコにはちゃんとリセ・フランセみたいなものはあるようだ。
教科書がドイツ語という高校まであるのを知っている。ドイチェ・シューレ
出身のトルコ人にアメリカで、リセ・フランセ出身のトルコ人にフランスで
遭遇した。さすが旧オスマン帝国だと妙なところで感心した。

700 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/25(木) 13:58:08 ID:ES1FYLgm
中国の直接投資は止めた方がいい。このスレにも既に書いたと思うが、
中国の一つの経済政策は、他国の技術を中国に移転させて自国の経済を
成長させるということ。これ以上痛い目に合わされないようにした方がいい。
中国の爆発的経済成長は蜃気楼。もうそろそろ生産規模を拡大させる
ことが出来ない地点に来ているだろう。生産規模に比して、電力供給が逼迫
しているじゃないのか?停電ばかり起こしているだろう。
フランスでも、意外と日本経済は研究されていて、日本の経済成長モデルを
何とかフランスにも導入してフランス経済を成長させるみたいなことを考え
ている人もいることはいる。コンクール(入試)用にも、ちゃんと日本事情
という学参は存在する。中国事情はないよ、ちなみに。なかなか読んで面白
いので、フランス語の練習には日本人にはなかなかいいんじゃないかと思う。



701 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/25(木) 15:10:14 ID:0wsINB57
電力は数年後には余る。
地方や企業が勝手に発電所作りまくり。
今年は間に合わないようだが。

702 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/25(木) 15:49:03 ID:qX0gnlxk
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/europe/news/20060525ddm007030059000c.html
EUの実像:負の積算/1 暴かれる農業補助金(その1) 援助先は王族・大企業
 
欧州連合(EU・25カ国)の農業補助金はEU予算の約半分を占め、年平均で
約450億ユーロ(6兆3000億円)に上る。その大きな目的の一つは
「零細農家の援助」だ。1960年代に制度が発足して以降、各国は受給者名の
公開を拒んできたが、最近、一部の国が情報公開に応じた結果、奇妙な事実が
判明した。
ロンドンから西へ約150キロの町テットブリー。緑豊かな田園地帯に、
チャールズ皇太子が経営する広大な農園が広がる。有機栽培を推奨する皇太子の
意向で農園は毎週1回、市を開き、市民に安全な野菜を販売する。
補助金の受給者を記録した英政府作成のCD−ROMが残る。
それによると、03〜04年、皇太子の農園にEUから約20万ユーロ
(約2800万円)の農業補助金が払われていた。これにエリザベス女王や
公爵・伯爵などの農場への補助金を加えると、主な王族に支払われた補助金の
総額は300万ユーロ(約4億2000万円)以上。これら王族の資産総額は
計100億ユーロを超える。

703 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/25(木) 15:50:27 ID:qX0gnlxk
それだけではない。英国で同時期に農業補助金を受け取った農家や企業の数は
約9万件だが、総額約40億ユーロの4分の1が39の大手企業に集中。
最高額は大手砂糖会社の約1億7000万ユーロだった。「零細農家の援助」
という趣旨と大きく乖離しているのは明らかだ。
情報公開に応じた他の国でも同じだった。デンマークでは大手食品企業や王族に
農業補助金(約12億ユーロ)の大半が集中し、大農園を持つ政治家やその
家族も受給していた。EUの内閣にあたる欧州委員会で農業政策を担当する
フィッシャーボエル委員もその一人だった。オランダ(約14億ユーロ)では、
日本でも有名なビールやコーヒーの大手製造企業が、農業補助金の受給者リストに
名を連ねている。
企業側は「補助金があるから農民から高価格で農産物を買える。最終的には
農民を潤している」などと批判に反論する。だが、欧州委員会のマン広報官は
「大きな問題。大規模農家などに巨額の補助金は必要ない」と話す。同広報官
によると、EUの農業補助金は各農場の生産量にも応じて支払われてきた。
それが、大農場・大企業による補助金の寡占という結果を招いた。

704 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/25(木) 15:51:49 ID:qX0gnlxk
欧州委員会は02年、生産量に応じて支払うこれまでの方式を見直すなど改革に
乗り出した。だが、国内の大規模農家や企業に配慮する英国やドイツなどの
抵抗もあって、EU市民の税金が一部の大農場や大企業に流れる「寡占の構図」
は変わっていない。
ドイツやフランスなど加盟国の多くは「プライバシー保護」を理由に今も受給者
の全面公開を拒んでいる。「補助金はEU市民の税金。加盟国は受給者リストを
公開すべきだ」。マン広報官は、各国の思惑が絡み合って改革が進まないEUの
実情にいら立ちを表した。
EUの母体となった「欧州石炭鉄鋼共同体」の設立条約調印から今年で55年。
来年は「欧州経済共同体」(EEC)の設立条約調印から50年となる。だが
長い歴史の間に積み重なった矛盾が制度疲労を引き起こし、改革を求める声も
高い。欧州統合の陰に隠れたEUの問題点を現場から報告する。

705 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/25(木) 18:39:41 ID:obkN65HP
>>702-704
EUは多額の農業補助金によって慢性的な穀物過剰供給状態になっている。
飼料用穀物の需要も頭打ちで供給過多だ。フランスやドイツは政府の買取
価格を引き下げて自由競争を一部導入している。WTOなどでアメリカに
補助金問題を突かれた時に多機能性と環境保全、景観保持、文化継承など
をうたったヨーロッパ農業モデルを引き出してこれに対抗している。しか
しEU拡大に伴って低コストの農産物や労働力が東側から西側に流れてくる
現象が起こっており、仏独英などは頭を抱えている。この零細農家保護も
そうした観点から出てきたことだろうけど、実際には難しいんじゃないかな?
ヨーロッパの農家は基本的に中から大規模なところが多く、零細は基本的に
生き残れない。ドイツなどはアジェンダ2000で補助金のカットを打ち出して
大規模農家が生き残っていたりする。いずれにしてもヨーロッパ西側の農業
問題は一筋縄で解決できないほどに入り組んでいる。

706 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/25(木) 20:31:54 ID:1Vl2HR81
>>699

ナポレオンの最初の嫁と当時のトルコ皇帝のかあちゃんがカリブ出身のい
とこ同士ってことでトルコはフランスの制度を手本に近代化しようとした。
その後3B政策とかでドイツに接近してドイツのも取り入れ始めた。それら
の名残がいまでも残ってるんだよ。


707 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/25(木) 20:50:10 ID:qX0gnlxk
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/europe/news/20060525ddm007030049000c.html
EUの実像:負の積算/1 暴かれる農業補助金(その2) 不透明な
交付に異議

英国で「欧州連合(EU)は不透明な農業補助金をやめるべきだ」と訴え、
他の農民から脅迫状を受け取った大農園主がいる。ロンドン北部ケンブリッジ
近郊で800ヘクタールの農場を経営するオリバー・ウォルストン氏(64)。
「EU各国は補助金の受給者リストを公開すべきだ」と話す同氏の農園を訪れた。
「補助金は山岳地帯など困難な状況で農業を営む農民に支払われるべきだ。
この裕福な農場に回すのはおかしい。壮大な無駄遣いだ」。今年も豊作が
予想される広い小麦畑の前でウォルストン氏が話す。
祖父の代から100年続く農家。自ら受け取る高額の補助金(04年で
約17万ポンド=約3550万円)に疑問を抱く同氏は99年、テレビで
補助金廃止を主張。直後から電話や手紙で脅迫が殺到した。「口を閉ざせ」
「撃ち殺すぞ」。いずれも匿名だったが、明らかに農民からだった。

708 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/25(木) 20:51:34 ID:qX0gnlxk
「農民は自ら受け取る補助金の額を秘密にするのが常だ。私が自分の
補助金額を公開したのも気に入らなかったと思う」「もともとはEU
市民のカネだ。受給者名が公開されて当然だ」
農園を歩くと麦畑の周りに幅6メートルの緑地帯が設けられていた。
中をキジが歩く。昨年以降、この緑地帯も補助金の対象になった。
「不必要な農作物に多額のカネを支払う必要はない。だが将来、補助金が
環境保護に使われるのは賛成だ」と、03年にEUが導入した「環境・
景観保護」の考えには賛同する。
補助金制度に批判的な同氏だが、受け取りを拒否する考えはない。
「なぜ」と尋ねると、一瞬黙り込み、ため息をついてこう答えた。
「農民はいま、補助金の中毒にかかっている。私も現実には、補助金が
ないと農業をやっていくことはできないのだ」
制度を批判しながら、それをやめられない。ウォルストン氏の言葉は、
長い間に既得権になってしまったものを改革することの難しさを物語ってもいる。

709 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/25(木) 20:53:40 ID:qX0gnlxk
英国でEU農業補助金の受給者リストが明るみに出たのは、サーストン
元農相特別補佐官(33)=現在「独・マーシャル基金」研究員=らが
情報公開を政府に求めた結果だった。EU農政に詳しい同元補佐官に聞いた。

−−なぜ情報公開を。
◆99年、農業省内で上位の個人受給者20人の非公開リストを見た。
英女王など富裕層が名を連ねていた。当時農民の多くは経済悪化にあえぎ、
デモも頻発していた。富裕層による寡占は農業補助金の問題点の象徴。
05年の情報公開法施行を機に公開を強く求めた。

−−問題点は。
◆税金が効果的に使われていない。補助が必要な農民に資金が行かず、
大規模農家や食品企業に集中する。補助金が結果的に農地の地価高騰も
招いている。このため若い世代が農業に参入するのも難しく悪循環だ。

710 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/25(木) 20:54:44 ID:qX0gnlxk
−−企業は補助金があるから農民から農産物を高価格で買い取れると
主張している。
◆情報公開前までは企業にこれほど補助金が集中しているとは思わなかった。
実態は企業が農産物を買いたたいている。これを批判する農民が企業に
抗議デモをかけるのは日常茶飯事だ。

−−解決策は。
◆地方の産業振興や農村の生産拡大への投資、景観や自然の保護など、
具体的な目的を決めて補助金を使うべきだ。補助金はもとは市民の税金。
各国は受給者リストを全面公開すべきだ。

711 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/25(木) 21:39:33 ID:1Vl2HR81
>>707-710

どんな政策も長期化すると利権の巣窟となり腐敗するってやつの典型例
だな。東欧などの新規加盟国が失望して親米に傾斜する訳だ。

712 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/25(木) 21:48:21 ID:WHKNM1pU
これまでしこたま農業補助金で潤っておきながら、
新規加盟国が補助金申請するとなると今度は、削減だーなんだーだからな。
サッチャーが目の敵にしたのも分かる罠

713 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/25(木) 22:09:06 ID:UAmumnR5
>>693
元の論文自体はごく平凡な多視点型の論調だと思うけどね。
寄稿先はフランスだが、アメリカ人がアメリカで書いた論文だ。
アメリカには未だに90年代そのままの、1990年代に
人類始まって以来の劇的な社会の偉大なる進歩と大変革を
偉大なるクリントン政権のアメリカが世界に先んじて切り開いたのだという
「唯一神ニューエコノミー教」が少数ながら生き残っているので
それとの比較で読み解く必要がある。ニューエコノミー教の教義以外に対しては
内容が平凡で中庸すぎて何かを批判するには力不足なマッタリ論文だよ。
これを読んでフランス人が勝手に妙に喜んだとしたら
もはや知的レベルが致命的な気も駿河w

714 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/26(金) 01:35:48 ID:/vhUJ7VQ
>>712
ttp://www.janjan.jp/world/0511/0511285718/1.php
CAPの数回の「改革」にもかかわらず、毎年520億ドルを超える補助金の
5分の1はフランス農家が獲得する状況が続いている。このような補助金支出
はEU予算全体の4分の1を占めている。イギリスの支援団体オックスファムは、
フランスの15%の農業関連企業がEU補助金の60%を獲得する一方、同国の
小規模農家が受け取る額は17%に過ぎないと報告している。

>>713
ttp://www.diplo.jp/articles05/0510-2.html
他国を見習えというエリートの口癖

ここでもアメリカモデルを批判するために日本が引き合いに出されている。

715 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/26(金) 07:27:20 ID:Mau4uLps
>>706
僕は、トルコの事情をそこまでは知らなかったので、このすばらしいコメント
に少し興奮を覚えました。

>>714
ル・モンド・ディプロマティックの論文の
『昨年、アメリカでは、生み出された所得の過半数(50.1%)が
20%の裕福な世帯を潤した。そして、生活水準が向上したのは、
この20%の中でも最も裕福な5%にすぎない。』
という部分は多分正論です。しかし、これでもかなり控えめに
書かれています。実態はもっとひどいと思われます。過去25年間に
一般の労働者の場合、実質で言えば25%程度賃金が下がっていると
いう推計も存在するぐらいです。しかも、ここには書かれていませんが、
平均して、アメリカの給与水準は25%から30%は割り引いて見るべきで
しょう。アメリカの双子の赤字が調整され、均衡水準に戻った場合、
その程度実質賃金が低下するだろうといわれているからです。



716 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/26(金) 19:12:37 ID:/vhUJ7VQ
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/europe/news/20060526ddm007030176000c.html
EUの実像:負の積算/2 内部告発者のその後
 
「ゲシュタポ(ナチス秘密警察)」と揶揄されたこともある。背後でつばを吐く
同僚がいたとも聞いた。なぜ、こんな仕打ちを受けるのか。義務を果たしただけ
なのに……。ロバート・マッコイ氏(56)。欧州連合(EU・25カ国)で、
加盟国の地方自治体を管轄する「地域委員会」(ブリュッセル)の元監査責任者だ。
同委員会に赴任した00年当時、マッコイ氏は組織のずさんさに驚いたという。
同委員会は、加盟各国の各市町村の代表600人で構成する。だが帳簿を精査すると、
一部の代表が出張や会合をねつ造して経費を請求したり、交通費を二重請求していた
ことが推測できた。事務局も領収書の提出を求めずに、これらを支払った形跡もあった。
1件あたりはせいぜい数万円から十数万円の「不正」。だが、長年続くと壮大な
浪費となる。「調査すべきだ」。マッコイ氏は、最高幹部に何度も申し立て、
報告書も書いた。綱紀粛正のため99年に設置された「不正防止局」に調査を
依頼するよう求めたのだ。

717 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/26(金) 19:13:59 ID:/vhUJ7VQ
だが、幹部はにべもなかった。「君がいなければ問題はなかった」「君は警官か?」。
幹部会議への出席は禁じられた。マッコイ氏と接触しないよう部内に触れ回る
上司もいた。欧州議会に不正を訴えたのは03年、赴任から3年後だった。
欧州議会はマッコイ氏の訴えで、問題のある支出が数百件に上ることを知り、
不正防止局に調査を要請。03年10月にまとまった報告は同氏の指摘をほぼ認め、
職員の懲罰も求めた。議会は地域委員会幹部に同氏への謝罪も要求。幹部らは
「過失があった」と認めたものの、謝罪は拒否した。精神的重圧から同氏は
04年から休職中。この間、自分の部屋から過去の文書が持ち去られたという。
マッコイ氏のケースは決して例外ではない。

718 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/26(金) 19:15:09 ID:/vhUJ7VQ
EUの内閣にあたる欧州委員会では99年、委員の不正を指摘した職員が停職
となった。最近も、同委員会の経理体制の不備や幹部の横領を告発した職員2人が
「内部情報の漏えい」などを理由に解雇された。指摘はその後、正しかったことが
判明している。
欧州議会で一連の問題を調べてきたヒートンハリス議員(英)は「EUに巣くう体質」
を指摘する。「批判に耳を貸さず誰も責任を取らない」「EUは各国の拠出金で
運営されるが、職員には“市民の血税”だという感覚がない」
同議員は最近、欧州委員会に、不正を発見した職員に「報告義務」を課すよう
提案した。だが、この改革案の行方も不透明なままだ。「最高幹部が責任をとる
体制が全くできていない」。無責任となれ合いの“積算”。議員の言葉は変革の
難しさを示していた。



719 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/27(土) 00:30:05 ID:uJdMUNip
>>715
エイメ伝説
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%B3
トルコについてはここも参照して。

19世紀後半のアメリカでは、ロックフェラーやカーネギー、モルガンなどの
百万長者が登場する一方、国内では想像を絶する貧富の差が生まれましたが、
そのころと共通点があるね。
1893年には南北戦争の終結以来、30年近く続いてきた経済成長がストップし、
642の銀行と1万6000の企業が倒産し、失業率は20%を超えた。このため
生活苦にあえぐ大衆が次々とデモを起こした。


720 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/27(土) 01:00:10 ID:p6CCXtJ8
>>714
両者はかなり質が異なる論説だと思うけど。
前者はアメリカ内部での「ニューエコノミー真理教批判」だが、
後者はおフランス人伝統の「反英米社会論」だよ。
>>719
共通点はあるかなあ?何だかここにも「ニューエコノミー真理教」のにほひがw
1870年代には欧州では早々に長期不況に突入していたのが
アメリカは景気サイクルがオーバーランして
不況突入が大幅に遅れたという要素があるわけで。
これは当時のアメリカには世界経済のヘゲモニーたる欧州(特に英国)に比べて
「後発途上国」としてのキャッチアップ伸びしろがあったということによる。
相対的国力がピークを打った後なぜか「復活」した
90年代を中心とする冷戦後のオーバーラン景気とは比較不能だよ。
これは普通には説明不能だから「ニューエコノミー論」が出てきたんだけど
冷静に考えれば「中身は無かっただけの話」というのが真実なんだろうね。

721 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/27(土) 18:28:23 ID:uJdMUNip
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/europe/news/20060527ddm007030100000c.html
EUの実像:負の積算/3 野放しのロビイスト
◇透明性の確保、急務

企業などの依頼で議員に接触するロビイスト。その目的は顧客の利益を法案に
反映させることだ。米国やカナダには、ロビイストを登録し、依頼主や交渉先
の公開を義務づけるなど、活動の透明性を図る制度がある。だが欧州連合
(EU・25カ国)にはロビイストを規制する法律が全くない。

722 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/27(土) 18:31:35 ID:uJdMUNip
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/europe/news/20060527ddm008020131000c.html
ミタル・スチール:アルセロールTOB アルセロール露企業と合併−−ミタルに反発
 
26日、アルセロールがロシア企業との合併を発表したことで、鉄鋼
最大手のミタル・スチールの敵対的買収が阻止される可能性が強まった。
欧州では、インド出身のミタル会長の強引な買収手法に反感が強まって
いたこともあり、「おおむね好意的に受け止められている」(英系銀行)が、
合併相手のロシア企業も経営の透明性はなきに等しく、「欧州は官民が
一致して、自国企業を守りたいだけ」と疑問視する声も出ている。
フランスのシラク大統領やルクセンブルクのユンケル首相は、ミタルの
アルセロール買収提案に対し反発していた。アルセロールは02年に
フランスの名門ユジノール、ルクセンブルクのアルベットなどが合併
して誕生。各国の国益を背負っているためとの見方が強い。
一方、ミタルはインドネシアで創業後、各国で合併を繰り返し現在は
本社もオランダ。しかし、アルセロールは、ミタル株の約9割をミタル
一族が保有している点を問題視し、ドレ最高経営責任者(CEO)も
「完全にインド人たちの企業」と嫌悪感を示してきた。
ただ、合併相手に選んだロシア企業もCEOが株式の約9割を所有し、
経営の透明性は乏しい。

723 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/27(土) 19:29:43 ID:O+qRaS2m
>>714
良くある事だけど、フランスの現状打開には何も役に立ちそうにないところが微笑ましいな

724 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/27(土) 20:41:19 ID:uJdMUNip
フランス農民連盟のリーダー、ジョゼ・ボヴェは、

「人間の基本的生活圏は本来、世界の人口の半分が従事してきた農業が基盤と
なり、発展させ、支えてきたものだ。農業生産を基礎とした新しい経済システム
を構築すべきであり、その究極の理想はそれぞれの地域に根ざした自給体制の
確立である」
「一部の国債投機家によって世界の実質的経済が操作されている。一夜にして
国家を崩壊させるような投機的マネーの流れを規制せずして、世界の安定も
繁栄もない」

と、朱子学の農本主義を連想させるような主張をしているんだが、この政策を
実行に移した場合、近代以前の状態に逆戻りするんジャマイカ?

725 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/27(土) 21:20:53 ID:1NxKbFAP
>>724

ケネー以来、重農主義が流行る国だ。そういうやつもいるだろう。
しかしこいつは国民全員で大躍進政策的なものをしろとでも言うのだろう
か?農業で労働力を吸収するには限界があるし、仮に吸収できても
耕地面積や生産量を拡大するために環境破壊をよりしなければならない
という側面、共産主義の結果を無視してるな。



726 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/28(日) 00:08:16 ID:ZUmfhus4
【終末計画】2010年から第三次世界大戦か【2012】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1148736788/

727 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/28(日) 19:22:38 ID:pswdH8gF
>>722
欧州の対外閉鎖性の一端だな。日本企業もかなり嫌な目にあってきた。
比較的開放的なのはイギリスくらいか…
アメリカのGEなんかも買収阻止されたことあったな。大陸側は本当に
閉鎖的だ。

728 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/28(日) 19:41:37 ID:/+pxCaaB
ミタルだってEU(オランダ)企業なのになあ。

729 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/28(日) 20:34:38 ID:18JUs3iH
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/europe/news/20060529k0000m030007000c.html
伊地方選:投票始まる 中道左右両派の地方での対決に注目
【ローマ海保真人】

ローマ、ミラノなどイタリア4大都市の市長選と、シチリア州知事選
などを含む伊地方選挙の投票が28日、始まった。4月の総選挙で
大接戦を演じた中道左右両派の地方での対決が注目される。
プロディ首相率いる中道左派は地方でも安定した支持を獲得したい
ところだが、ベルルスコーニ前首相率いる中道右派は巻き返しと雪辱を
図っている。選挙は国内1268の市町などで29日まで投票が行われる。
注目の4市長選のうちローマ、ナポリ、トリノは、再選を目指す中道
左派の現職に対し、中道右派が有力候補を立て挑んでいる。ローマの
ベルトローニ市長、トリノのキャンパリーノ市長の再選は有力視されて
いるが、ナポリは接戦状況。新人候補同士の対決となったミラノは、
中道右派が優位と伝えられている。

730 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/29(月) 11:28:57 ID:DUAiCWub
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/europe/news/20060529ddm007030142000c.html
地球最前線:フランス暴動から7カ月 「若者が3人以上で歩いてはいけない」町

高失業率を背景に、今年になってじわじわと増え続ける犯罪に、かつて極右
「フランスのための運動」に所属していたタカ派のグザビエ・ルモワンヌ市長
(45)は4月7日、市役所前広場や市内9カ所の目抜き通りを3人以上の
グループで歩き回ることを禁じる布告を発令した。野党や市民団体の反発を
受け、裁判所は5月5日、布告の停止を命じた。

731 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/29(月) 13:04:46 ID:MCVQKaoy
>>727
比較的ではなく、英国は世界一、外国からの投資に開放的。
ブレアが首相官邸の電気も水道も外国会社の供給だが何の問題もない、と言ってる国。

732 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/29(月) 17:33:11 ID:Z0qndhJR
でもガスプロムは駄目

733 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/29(月) 20:05:02 ID:DUAiCWub
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060529AT2M1802P28052006.html
EUの地域経済力、最大8倍以上の差
 
欧州各地の経済力に8倍以上の格差が生じていることが欧州連合(EU)の
調査でわかった。住民1人当たりの国内総生産(GDP、物価調整後)を
比べると、ロンドン中心部を首位にいずれも西欧の主要都市が上位を占めるが、
新規加盟国で上位グループに入ったのはチェコのプラハ地区のみ。西欧と中・
東欧の経済格差がEUで移民増や雇用不安への警戒感を生んでいる。
EUは域内を254の地域に分け、経済力を比較した。1人当たりGDPの平均を
100とすると、首位のロンドン中心部は278、2位のブリュッセル首都圏は238と
なる。指数が125を超える上位グループは37地域で、ドイツからは7地域、英国
とイタリアは各6地域が入った。新規加盟国ではプラハだけにとどまった。

734 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/29(月) 21:22:56 ID:erYaQ6ML
ロンドン中心部=金融ユダヤ
ブリュッセル中心部=ダイヤモンドユダヤ
てこと?

735 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/29(月) 23:13:10 ID:iidEAlrY
それ何てシオンの議定書?
まあそれは冗談として、元々ベルギーはイギリスに次いで産業革命が起きた隠れた工業国だ罠。
イギリスは市場経済が機能して成長中だし、別に不思議でも何でもない罠。
つーかやっぱりボヘミアは強ぇなぁ

736 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/30(火) 00:05:48 ID:Sq0edabG
>>731
イギリスは19世紀に“一方的自由貿易政策”(他国が自由貿易政策をとるか
どうかに関係なく、自国の輸入を自由化すること)ととっていた国だから。

アメリカの場合、農業調整法、アンチ・ダンピング・コード、輸出自主規制
の要求などを行ってきた。

737 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/30(火) 11:24:32 ID:qTCNoDYs
>>735

ヒトラーがズデーテン地方を狙ったのはボヘミアの工業力を欲していた
からとも言われるくらいボヘミアも昔は工業力があった。人件費が安く他国
の政策を「いいとこ取り」できる後発の利があるから規制で衰退しつつある
ドイツを追い越すの可能性がある。

738 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/30(火) 16:27:27 ID:VPe4hL+R
つかプラハの場合、GDPの大半は観光業関連では?
外国人の落としてくれるカネ。

最近は白人の外国人がプラハは高いって敬遠している。
なんか代わりにポーランドの方へ行ってしまうらしい。
そのかわり中国人や韓国人のツアー観光客が増えている。

739 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/30(火) 16:43:44 ID:Sq0edabG
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060530AT2M3000T30052006.html
英当局、北朝鮮系の投資ファンドを認可・英紙
 
30日付の英フィナンシャル・タイムズ紙は、北朝鮮系の投資ファンドが
英金融監督当局である金融サービス機構(FSA)から営業認可を得た
と報じた。これを受け、同ファンドは数週間内に最大1億ドルまでの
投資枠を設定する見通しという。北朝鮮への経済制裁を強化する
米ブッシュ政権を「いらだたせそうだ」と同紙は論評している。
投資ファンドは外貨獲得に向けて北朝鮮内の鉱物資源やエネルギー、
金融、産業の分野で「速やかで効果的」(同ファンド幹部)に成果を
出すのが狙いという。

740 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/30(火) 18:30:04 ID:FteRBHdE
Martin Varsavskyのブログ「貧者が豊かである国は何処か?」
ttp://english.martinvarsavsky.net/general/who-has-the-richest-poor-people-in-the-world.html
世界各国の中で、その国の貧しい人が富んだ人との格差の少ないのは、どの国だろうか?

豊かな国というのは様々に定義できるが、ひとつの見方は貧しい人が相対的に豊か
(富裕層との格差が少ない)な国であろう。何故ならば、貧しい人がそれほど酷いめに
あっていない国は、全体として豊かだといえるであろう。

今日私は国連の統計で、これに近いものを見つけた。下記のものは、それぞれの
国の収入の最下層の20%の部分が、その国の総収入の何パーセントを占めるか
を示している。アメリカは富裕な人にとってベストの国だが貧しい人にとっては
そうではない。ヨーロッパと日本がこの分野で豊かだといえる。

ところで貧しい人の数の多い国、中国やインドを見てみると中国はインドに比べて
全然共産主義的ではない。 インドの貧しい人が、中国に比べて国の総収入に
占める比率が2倍くらいになっている。

ttp://unstats.un.org/unsd/mi/mi_series_results.asp?rowID=585&fID=r15&cgID=
(国連資料)  この「貧しい20%の最下層」の国の総収入に占める比率で見ると、

(値の大きな、貧者が相対的に豊かな国)
日本=10.6%、チェコ=10.3%、ノルウェイ=9.6%、フィンランド=9.6%、スエーデン=9.1%・・

(まあまあ普通)
ドイツ=8.5%、フランス=7.2%、英国=6.1%、オーストラリア=5.9%、アメリカ=5.4%、

(アジアの国では)
インドネシア=8.4%、韓国=7.9%、タイ=6.1%、トルコ=6.1%、シンガポール=5.0%、
中国=4.7%、インド=8.9%

(この値の低い国)
ブラジル=2.4%、コロンビア=2.7%、メキシコ=3.1%、ベネズエラ=3.0%

741 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/30(火) 20:32:02 ID:Sq0edabG
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/europe/news/20060531k0000m030063000c.html
仏暴動:移民系若者100人がパリ市長宅に投石、警官反撃
【パリ福井聡】

パリ東郊モンフェルメーユ市で30日、移民系若者約100人がグザビエ・
ルモワンヌ市長(45)宅に投石するなどした。警官250人がゴム弾銃
などで反撃し、警官7人が軽いけがを負った。昨秋、仏各都市郊外で起きた
大規模暴動以来、移民系若者による目立った襲撃事件は初めて。
同市警察によると、バス運転手に暴行した移民系若者の逮捕への抗議が直接の
原因。同市長は4月に「若者3人以上が市内を一緒に歩くことを禁じる」
布告を発令し(裁判所が5月に停止処分済み)、移民系若者との対立が
強まっていた。

742 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/30(火) 20:34:09 ID:Sq0edabG
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/europe/news/20060530ddm007030073000c.html
EUの実像:負の積算/4 不正調査に平均2年

不正防止局「OLAF」(職員約300人)。欧州連合(EU・25カ国)
内部の不正を調査し、関係国の当局に報告して摘発を求める組織だ。だが、
ここに来て大きな問題が浮上している。
「おかしな支出がある」。OLAFがその情報を得たのは00年。ルクセンブルク
のEU統計局に関する内部告発だった。統計局はEUの統計調査を行う一方、
外部に資料を販売する。情報は、統計局幹部らがこの売り上げを横領している
ことを示唆していた。
調査の結果、元統計局長ら幹部3人が契約をねつ造し、架空の売り上げを国内外の
秘密口座に預金していたことが分かった。総額は約500万ユーロ(約7億円)。
幹部らは口座の存在を認めたが、「他の業者への支払いに使った」などと弁明した。
課題が残った。

743 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/30(火) 20:35:20 ID:Sq0edabG
全容解明は03年秋。情報入手から3年も経過していた。元統計局長の母国
フランスは、OLAFの調査の遅れからすでに独自捜査を始めていた。元局長
らが資金を、スポーツ団体への巨額の寄付や海外旅行に使ったことも分かった。
今も裁判は続くが「全額回収は難しい」(仏当局)という。
またこんな例もある。
「次の介入価格は××ユーロ」
統計局の調査が始まった同じころ、EUの内閣である欧州委員会から電話を
かけるオランダ人職員がいた。相手はオランダとフランスの穀物業者。
同委員会は穀物の輸出入価格が高低した場合、相場安定のため市場に介入する。
職員はこの介入価格を、同委員会の発表の2時間前に業者に流し、業者と共に
計数百万ユーロの利益を得ていた。
職員や業者ら8人の摘発は03年10月。情報入手から摘発まで、2年が経過
していた。

744 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/30(火) 20:36:20 ID:Sq0edabG
OLAFの調査にかかる期間は平均約2年。一方、現在調査中の案件には、
44ユーロ(約6000円)の横領もあるという。「無駄なことに時間を割き
過ぎる。調査期間は1年に短縮すべきだ」。欧州委員会のカラス委員(不正
防止担当)は言う。
同委員会は今月、OLAFの効率化を求める改革案を出した。EU統計局の
問題が出た03年、すでにプロディ前欧州委員長は「調査期間が長い」として、
人員を増やすよう提案してもいる。
実現しないままの改革案が積み重なる中で、OLAFへの訴えは増え続け、
03〜04年には637件に上った。

745 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/30(火) 21:24:24 ID:NFUTcei8
EUに拘る仏独の経済が不調で、拘りがより少ないイギリス経済が好調なのは妙に暗示的だな。
まあ直接的な関係は少ないんだろうけど

746 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/31(水) 00:06:52 ID:LMG3pMaS
>>745
通貨の影響も大きいね。ドイツもフランスも景気低迷している今、金融緩和
したいのにEUの他地域との兼ね合いで金利を下げられない。ユーロはヘッジ
ファンドに対する予防にはいいけど個別の国にとっては面倒なこともある。
イギリスがポンドにこだわるのもわかるよ。

747 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/31(水) 00:23:08 ID:N5ezJ+CN
>>745
アイザイア・バーリンが消極的自由主義と積極的自由主義という概念を
提唱していたが、独仏がEUに拘るのは後者に属するからでは?
このスレの最初のほうにも出ていたけど、欧州の連中がエリート好き
なのもそういう体質のあらわれのように思える。


748 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/31(水) 00:43:40 ID:u450J5FU
ドイツは先行き明るいと聞いた。
逆に、イギリスはこれからおちていくから先行き暗いとも。
まあ、イギリスはいつもダメだダメだといってる人種の国だが。

749 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/31(水) 01:27:58 ID:+wK2u+bw
まあ、少子化がなんとかならんと、
その国に先行きがあるはずが無い。

長期的に見ればフランス上げ、
ドイツと日本が滅亡だろうなぁ。

750 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/31(水) 01:38:40 ID:ZPSSvDg6
>>749 フランスが上げだって??考えられんな。
もうポルトガルやオランダの様に栄光の時代は過ぎた国にしか思えんよ。
住んでる人間の実感だよ。

751 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/31(水) 06:07:31 ID:ZeN4duEN
>>750
kwsk

752 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/31(水) 11:52:42 ID:7/xkECeA
>>750

そりゃ終わってるだろう。EU内では仏独両国とも嫌われ者ナンバーワ
ン。そこをアメリカに見透かされてイギリスに北欧、東欧に対独仏包囲網を
敷かせて浮き上がってるのが現状。だからシュレーダーは天下り問題を
表面上の理由として議員辞職にまで追い込まれたし、そのあとのメルケルも
アメリカのご機嫌取りに忙しい。フランスもしかり

753 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/31(水) 13:36:02 ID:N5ezJ+CN
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060530AT2M3001I30052006.html
EU理事会、サービス自由化修正法案で合意
【ブリュッセル=下田敏】

欧州連合(EU)は29日夜の競争力担当相理事会で、サービス分野の
自由化を進めるEU指令(法律)の修正案で合意した。市場統合を加速
するサービス自由化には労働組合などの反発が強く、欧州委員会が4月に
修正法案を提出していた。EU加盟国がこれを受け入れたため、欧州議会
の審議を経て、サービス自由化は年内に決着する見通しとなった。
建設工事や観光業、経営コンサルタントといったサービス分野はEUの
経済活動の約7割を占める。自由化で規制緩和が進めば、60万人の雇用
創出が見込めるとされるが、西欧諸国はポーランドなど中・東欧から
低賃金労働者が大量流入する事態を懸念。昨年5月に仏がEU憲法を否決
する原因にもなった。
修正案は雇用問題に敏感な独仏などに配慮し、自国の法規に従えば他国で
自由にサービス業を展開できるとした条項を削除した。その代わりに
他国のサービス企業が国内で事業展開するときの規制や障害の撤廃を
加盟国に義務付けた。

↑独仏に配慮しないと何も進まないのか・・・

754 ::2006/05/31(水) 14:14:41 ID:qCTepfIv
トルコがEU加盟する可能性はあるの?

755 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/31(水) 19:22:55 ID:lThsfCJ2
>>747
ドイツはナチス時代の影響で戦後平準化にこだわってきた。大学なんかも
基本的に無料。そのかわり平準化が行き過ぎて本当に優秀な人材が国内に
とどまらなくなってしまった。今、エリート大学構想を打ち出して優秀な
人材の確保に乗り出しているけど国内世論は賛否両論だそうだ。
基本的にドイツ人は本来エリート意識があるように思う。それをいけない
ものとして戦後封印しつづけてきた反作用は当然あるだろうね。ネオナチ
みたいに。しかし表面上はドイツはエリート否定主義ではある。欧州は難
しいよ。

756 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/31(水) 19:41:47 ID:uEB3Gbg4
フランスは移民が子供を産んでいるだけな罠。

757 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/31(水) 19:52:05 ID:rH1idC0p
それはイギリスも同じ。

758 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/31(水) 22:20:27 ID:+wK2u+bw
>>755
逆だよ。ナチス・ドイツは所得の平等化に熱心だったよ。
障害者は逝ってヨシだったが、使える国民には、
平等を旨として侵略のウマミを配分してた。
そもそも、ビスマルクに始まるドイツの社会保険制度が
完成したのは、ヒトラー時代だし。
アウトバーンを作って、公共事業マンセーだし。

大体が、自由市場だと、資本家=ユダヤ人が、
搾取するから、ナチスが台頭してきたんであって。
ドイツの反自由主義は筋金入り。

759 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/31(水) 22:57:27 ID:PCdasnWQ
EU、消費者重視に政策シフト・携帯料金下げや治安対策
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060531AT2M3000630052006.html

 【ブリュッセル=下田敏】欧州連合(EU)が消費者重視の政策を打ち出してい
る。クレジットカードや携帯電話の料金引き下げで企業に圧力をかけるほか、共通
の治安対策にも乗り出す。欧州市民はEUの急拡大や官僚体質に批判を強めており、
EU憲法も当面は発効が見込めない。EUは生活の向上を訴える政策で市民の支持
回復につなげ、草の根からの統合推進を目指す考えだ。

 欧州委員会は7月にも携帯電話料金を引き下げる規制案を欧州議会などに提出す
る。海外からの通話にかかる国際ローミング料金が不当に高いと指摘。規制の導入
で「EU域内の海外着信にかかるローミング料金を全廃する」方針を示した。

760 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/01(木) 00:32:29 ID:xfxVjuiG
>>758
ナチスはアーリア人優勢主義をとった。いわゆるナチスのエリート主義。
戦後、その価値観を根底から見直してエリートという考え方自体をやめてしまったんだ。
戦前のナチスの政策は所得の平準化を目指したものだけれど、それは戦後に「無かったこと」
にされてしまっている。ここがドイツのジレンマでナチスの全否定の産物でもある。
ドイツはナチスのエリート主義を否定しながら福祉国家を目指して所得、教育の平準化を図って
きたんだ。さて、安定した福祉国家を維持していくために必要なものは安定した大きな市場である。
これがEUであり、その市場の対外閉鎖性にもつながってくる。反自由主義というより安定した
福祉国家であり続けるための閉鎖性といったほうがいいかもしれないね。

761 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/01(木) 00:45:44 ID:gaJFBuTK
>754
ギリシャがいるから当分無理。つい最近、戦闘機のドッグファイトで一発触発なんだったし

762 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/01(木) 01:32:05 ID:yYaO8blg
>>758
ヨーロッパ大陸では『わが闘争』を書店で販売することや、ヤフーのネット
オークションでナチス関連のグッズを販売することは禁じられている。
義務教育や社会保険制度の導入は、イギリスよりドイツのほうが早かった
というのも興味深い。
フランス革命で地方の特権や中間団体が廃止されたが、トクヴィルが指摘
したように、画一主義と専制が中央集権化・官僚制度の強大化と結びつくと
民主主義は危機に陥る。
最近、フランスでは地方分権化を進めるようになったけど。
アメリカの場合、州が強い権限を持っていて連邦政府の力が強大化することに
対する反発は根強い。

763 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/01(木) 11:56:58 ID:2BsJ0eOU
閉塞し過ぎだなEUは、室町幕府化しそう。このままいったらEFTA
とかに再加盟する国がでてきて通貨やその他規格だけEUでということにな
りそうな希ガス。


764 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/01(木) 12:48:03 ID:yYaO8blg
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060601AT2M0100C01062006.html
アルセロール株主の2割超が合併手続きに異議・米紙など報道
【パリ=安藤淳】

欧州鉄鋼第2位アルセロール(ルクセンブルク)とロシアのセベルスターリ
の合併計画の進め方に、異議を唱えるアルセロール株主が全体の2―3割に
達したもようだ。米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版が1日、
アルセロールの臨時株主総会で、発行済み株式の2割を超える株主が
合併手続きの見直しを求める意見書に署名したと報じた。
意見書は、アルセロールが今月28日に開く株主総会で「発行済み株式の
過半の反対がない限り、合併は承認されたとみなす」としている点を
問題視。株主総会の一般的な決議と同様「出席者の株式数の3分の2以上
の賛成」を承認の要件にするよう求めたうえで、合併承認の手続きを
変更するための臨時株主総会と、実際に合併の是非を決める臨時総会の
双方を開くよう要請した。ルクセンブルク法により、そうした臨時総会
の開催は避けられない情勢だという。

765 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/01(木) 13:43:35 ID:jrguBwoe
ナチスの所得平準化とか公共事業とか、言ってる奴らがいるが、
ものにはちゃんと裏があって、
当時のドイツ国債の金利の推移もちゃんと調べてからもの言えよ

766 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/01(木) 17:56:15 ID:CJIhrq5S
ナチスの公共事業ってニューディール政策の真似でしょ?
今のドイツの社会国家的な思想にもつながってるね。

767 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/01(木) 18:43:49 ID:LBVXLGSD
(パリ在住アメリカ人のブログ)

ttp://no-pasaran.blogspot.com/2006/05/french-close-their-eyes-and-chant.html
Wednesday, May 31, 2006
The French close their eyes and chant, "Please make it stop"

今日もパリで暴動があるわけだが、フランス人は眼を閉じて「どうか止めてください」という

Second night of rioting in Seine Saint Denis (the infamous 9-3). The French preSS is
carefully talking about several incidents and putting the whole thing down to unsolved
social issues (left over from the previous round of burning and looting). Last night's
action saw a police station attacked by a mob. The night before a mayor's home was
attacked. Last night's official toll: 4 police injured, 5 arrests.

パリ郊外の暴動(サン・ドニ地区)は二日目で警備隊は注意深くその鎮圧化を
進めようとしている。車が燃やされて略奪行為が起こっている。昨夜から警官隊は
暴徒を攻撃している。市長の自宅が攻撃された。昨夜は4人の警官が負傷、5人逮捕。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ttp://www.e-nough.hmdnsgroup.com/archives/001353.html
E−NOUGH!ブログ
It smells like something is burning again (暴動の写真、写真的に綺麗)

Cars and dustbins were burnt, an explosive device was thrown into a police car (with
policemen still inside the car), stones were thrown at police stations, several
policemen were wounded. Five persons were arrested including... the kid that had been
badly burnt six months ago when his two friends died electrified - the event that
started everything.

自動車やゴミ箱が放火され、爆発物が警官隊の車(中に警官がいる)に投げられ、警官隊への
投石があり、警官に負傷者が出た。5人の暴徒が逮捕され、そのなかに6ヶ月前の暴動で火傷
している子供が含まれている。其の友人が変電所で感電死したのが暴動の発端だった。

768 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/01(木) 19:02:08 ID:AupZutr8
>>766
まあ当時のドイツ経済は単に資金繰りに窮してたわけだから、そこを見抜いたヒトラーはやっぱ凄い罠。

ついでにいうと元ネタはニューディールではなくソ連とワイマール政府だと思われ

769 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/01(木) 20:16:31 ID:yYaO8blg
>>768
満州国の官僚達も、ソ連をモデルにしていたらしいね。

>>760
ドイツの場合、ムラ社会的な共同体意識が強いのかもしれない。
農村社会というのは内部では平等、外部に対しては閉鎖的という傾向が
あるから。

ttp://www.lac.c.u-tokyo.ac.jp/lacws2005.07.26tsuji.html.pdf
世紀転換期ドイツにおける反都市主義と共同体思想
―土地改良運動を中心に―

770 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/01(木) 21:11:09 ID:x22n5mnj
近代のケインズ的なフィスカル・ポリシーは少なからずソ連の影響を受けてきたって
考えていいのかな?


771 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/01(木) 21:15:02 ID:MSc/Oqji
>>768

だろうね。当初ヒトラーを軽蔑して馬鹿にしていた政民のエリート連中が
経済政策の成功でコロリと親ナチになった。ハイデガーのような学者なんか
まさにそれ。逆に目的があってヒトラーを支持してたカールシュミットが用済みと
ばかりにナチスから離れていくという例外はあったけど。ただし、軍隊の
掌握は最後まで難しかったみたい。軍隊は貴族社会だったので貴族でないヒト
ラーを「伍長」と最後まで馬鹿にしてた「史上最大の作戦」という映画でもドイツ
軍の誰かがヒトラーを伍長とけなしてた。

772 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/01(木) 21:16:23 ID:1QyaDepW
ホンダUKの四輪販売量探してるんだがどこかにないかな。


773 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/01(木) 22:14:54 ID:AupZutr8
>>771
それとドイツを支えてきたのは俺たちだって自負もあっただろうね。
実際にワイマール時代は陸軍無しじゃあ立ち行かなかったし。

まあ同じ穴の狢の気がするけど

774 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 00:06:22 ID:nWaxsld4
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060601AT2M0101F01062006.html
欧州エアバス、中国の天津に航空機組み立て工場
【北京=宮沢徹】

欧州エアバスは中国の天津に航空機組み立て工場を建設し、2008年末から主力
の中型機「A320」シリーズを月間4機生産する。中国市場で約3割のシェア
を持つ同社は現地生産によってコストを下げ、同国内で5割のシェア獲得を狙う。
新華社が伝えた。エアバスは今後、現地企業と合弁会社を設立する見込み。
エアバスにとって欧州以外で初めての組み立て工場になる。昨年12月に温家宝
首相がエアバス本社を訪問し、同社が中国での現地生産を検討する覚書に調印
していた。

775 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 00:11:51 ID:nWaxsld4
欧米の航空機市場が伸び悩む一方、中国では今後20年間に3000機近い航空機
需要があると予測され、米ボーイングとエアバスが売り込みにしのぎを削って
いる。エアバスは新しい中型機「A350」の開発では作業全体の5%を中国
企業に委託する方針。開発面でも現地化を進める。
工場の建設場所として当初、陝西省西安、上海、広東省珠海などが候補に
あがっていた。最終的には沿岸部で欧州などから部品を輸入しやすく、航空機
関連企業が集積している天津に決まった。

776 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 00:17:49 ID:wJXZg1+c
接収されなきゃいいが・・

777 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 00:26:21 ID:/TQ3nJ3l
>>771

ドイツ陸軍って第1次大戦後も貴族社会だったんだ。

逆に、日本の陸軍は全然貴族社会のように見えないね。

778 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 00:27:06 ID:1gLe82Su
>>769
近代ドイツを知る上で興味深い資料ですね。
そういえば「生めよ増やせよ」はドイツのスローガンでしたね。

779 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 00:27:08 ID:N1u7z0It
>>769
満州国の官僚たちはニューディールだろ。
ただTVAよりも成功した。

朝鮮北部で作った4基の巨大水力発電所は、朝鮮と満州の電力全てをまかなうことができ、
TVAの17基の水力発電所全部を足しても足りないほどの電力供給量を誇った。
しかしTVAと違い、朝鮮北部のダムは全部民間で作った。

昔の日本の企業家や官僚ってのは半端じゃなく有能だったんだよ。
ドイツの無能連中と比べないで欲しいな。

780 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 01:00:18 ID:nWaxsld4
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8D%E8%BE%B2%E4%B8%BB%E7%BE%A9
古代も勿論だが、現代の農本主義は共産主義とマッチしている。
何故なら共産主義のルーツは経済学以前の農本主義であり、今日に
おいて農本主義と重農主義が区別されるのはこの事からである。
この点からして戦前に国家主義と親和性を持った自称農本主義者は
極めて異質である(そもそも農本主義はアナキズムか、国家の消滅を
唱う共産主義に位置する)。かつてケネーを絶賛したマルクス自身は
政府の自由伐採禁止措置を農民保護の立場で反対した形跡もあり、
経済学における処女作も農業に関連するものである(このマルクス農業論
の研究者には椎名重明らがいる)

781 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 01:14:05 ID:3f8PxKGb
>>769
ドイツの「共同体主義」「反個人主義」は、専門に研究しなくても
学部生レベルの法律学をちょっと齧るだけでうんざりするほど出て来るよね。
「総有」だとか何だとか、日本の民法でも良く分からない概念の説明と言えば
「ゲルマン法に基づく総有理論はローマ法の個人主義の悪癖に対抗する
ゲルマン社会の麗しい共同体主義の表れであり…」
「ローマ法に対置されるゲルマン法」なんて格好つけて言っているが、
要するに古典古代以来の伝統を引き継ぐ西ヨーロッパの先進自由社会
(近代社会)に対するドイツ土着主義の反発という、
西欧文明を受け入れる際に起こる部族社会の世界的にありふれた葛藤に過ぎない。
だが、こんなしょうもないところに、近代日本、とりわけ
「日本国粋主義」を掲げる昭和初期の日本が共鳴してしまったのは
まさに悲劇だと思うけどね。

782 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 01:23:18 ID:8JvrgiQt
やっと議論らしい議論になってきたなw

783 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 01:35:35 ID:A1FT5noB
>>777

日本陸軍は、アカの貪百姓ですよ。

784 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 06:07:38 ID:LTC4mspP
奇兵隊がもともと。
幕末時の武士階級の没落がなかったら、日本陸軍もエリートだったよ。


785 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 08:23:05 ID:nWaxsld4
>>781
>西欧文明を受け入れる際に起こる部族社会の世界的にありふれた葛藤

結局は、近代ロシアの“スラヴ派”と同類だってことか。
ロシアに社会主義が根付いた原因のひとつに、東方正教会圏における
商業に対する反感・平等主義があるなんていわれているが。

ttp://www.tkumagai.de/Homai%20Inago.htm
彼は「金融界の投資会社の中には、イナゴの大群のように企業のように
襲いかかって、食い尽くすと、次の獲物を探して去っていく者がある。
彼らは顔も名前も表に出さず、彼らのための職場を失う人々に対して、
全く同情しない」と述べて、一部の企業を害虫にたとえた上で、
「我々はこうした種類の資本主義とは断固として戦う」と宣言した。
さらに、多額の利益をあげながら、自己資本利益率をさらに引き上げる
ために、行員数を数千人単位で減らそうとしている企業を、「過激で
反社会的だ」と糾弾した。

786 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 11:19:17 ID:+t9lxG6l
>>779

日本でも優秀クラスのが満州に行ってた。戦後、日本復興で影響力を発揮し
たのは満州帰りの連中が多かった。社会科学でも日本の学問レベルでは例
外的に満鉄のロシア研究は世界でも通用してたから、いまでもロシア研究者に
は優秀なのが多いし、多少はレベルが高い希ガス。

でも、100パーセントニューディール参考だったかは疑問。というのは
当時のエリート連中は世界的に見てものちに反共と呼ばれたのでもマルクス主義にはほ
ぼ何らかの形で洗礼を受けていた。特に満州国の官僚が学生の頃は特にマルクス主義が一世を
風靡した時代だから影響を受けなかったわけはないと思う。逆にその流行に乗らないのは
おかしいという風潮があったくらい。近衛文麿が河上肇の授業受けたさにわざわざ京大に行
ったのは有名だし、本人の側近や周囲にはそれに近い連中ばかりだったのは
知られている。

787 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 11:58:44 ID:nWaxsld4
資本主義的発展と宗教倫理および個人主義との関係
ttp://appsv.main.teikyo-u.ac.jp/tosho/koowa18.pdf
ここでは西欧の個人主義の起源を、
(1)プロテスタンティズム(カルヴァン派)
(2)私有財産制・市場経済の発達
(3)家族・相続制度

の三つに求めている。

核家族・不平等相続…イギリス、オランダ、デンマーク
核家族・平等相続…フランス北部、スペイン中央部
複合家族・不平等相続…スウェーデン、フランス南部、ドイツ北東部
複合家族・平等相続…ベルギー、ドイツ南西部、イタリア中央部

788 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 12:56:09 ID:8JvrgiQt
NY証取とユーロネクスト、経営統合で合意
http://markets.nikkei.co.jp/kokunai/hot.cfm?id=d2m0200k02&date=20060602

どうでもいいが、ドイツ孤立中。

789 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 19:45:43 ID:top24FWE
>>779
満鉄は鉄道事業以外赤字経営だった罠。
つーかアメリカの場合、供給が十分あったところの開発だったから、
蛇足で新規需要開発しなければならなくなって迷走に陥った罠。
そもそも工業地帯からアンだけ離れて電力を何に使うんだと小一時間(ry
まあルーズベルトというずぶの素人の思い付きを実行しただけだという見方も・・・

日本も作ったはいいけど、でかい箱物を作っただけの気がするんだが・・・・
朝鮮半島や満州程度の電力需要ならもう少し小さな規模でも十分だろうし・・・

790 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 20:43:58 ID:nWaxsld4
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/kinyu/news/20060603k0000m020060000c.html
米欧証取合併:国際的寡占化の流れ加速 利便性と弊害が…
【ワシントン木村旬、ロンドン藤好陽太郎】

ニューヨーク証券取引所とフランスやオランダの取引所を運営するユーロネクスト
が合併で合意し、上場企業の時価総額が26.9兆ドル(約3000兆円)の
巨大取引所が誕生する。ハイテク企業が多数上場する米ナスダックもロンドン
証券取引所の株式を大量取得するなど、証券取引所の寡占化が加速しそうだ。
欧米をまたぐ有力2陣営への集約が進めばトラブル続きの東京証券取引所は
世界の流れから取り残されかねない。
国際的な取引所再編は、企業活動の国際化やインターネット取引の急拡大が
要因だ。企業や投資家は国境を超えた上場や取引を活発化。ネット取引に対応
するため、各証取は巨額のシステム投資が不可欠となっている。ニューヨーク
証取は3月に米電子証取と統合し、さらに今回の合併によりロンドン国際金融
先物取引所も手に入れた。取引時間も1日22時間となり、3億7500万
ドル(約420億円)の収入増を見込む。
ニューヨーク証取に対抗するナスダックはロンドン証取の筆頭株主になり、
統合を迫っている。

791 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 20:45:00 ID:nWaxsld4
米2大証取が再編の動きを活発化させた背景には、エンロンなど不正会計事件
を受け、米当局が上場基準を厳格化し、企業が米市場を敬遠していることがある。
また米欧が09年に企業会計基準を統一する計画もあり、将来、米欧企業は
財務諸表を調整せずに米欧両方の証取に上場しやすくなる。
一方、ユーロネクストは00年にパリ、アムステルダム、ブリュッセルの
3取引所が合併して発足。その後、ロンドン国際金融先物やリスボン証取も
加わり、拡大してきた。最近はドイツ取引所とも交渉したが、欧州内の覇権や
本部所在地をめぐる争いで難航していた。
証取の再編は、企業や投資家の利便性向上につながる半面、株式売買手数料や
上場手数料などが引き上げられる可能性があり、弊害も指摘されている。

792 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 23:10:33 ID:8JvrgiQt
286 :アナル作家 ◆ANALmoEo1s :2006/06/01(木) 16:17:41 ID:MSRPE0lb 
伊取引所、ユーロネクストと統合交渉 
 【フランクフルト=磯山友幸】イタリア取引所が、パリを中心とする複合取引所 
ユーロネクストと統合交渉を進めていることが明らかになった。 
独経済紙に対してイタリア取引所のカプアーノ社長が認めた。 
統合がユーロネクストによる買収か提携にとどまるかは「時期尚早」としている。 
 ユーロネクストは米ニューヨーク証券取引所(NYSE)との統合交渉の 
真っ最中。ドイツ取引所からも統合提案を受けているが、NYSE有利と 
される。イタリア取引所は欧州での勝ち組に乗る戦略との見方も出ている。 

-------------------------------------------------

イタリアがこうなると、日独で組むしかないかな。
アトは北欧諸国とか。

793 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 14:40:08 ID:2xbcE/j5
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060603AT2M0300303062006.html
欧州委、ミタルのアルセロール買収新提案を条件付き承認
【パリ=安藤淳】

欧州委員会は2日、鉄鋼世界最大手ミタル・スチールによる2位アルセロール
買収の新提案を条件付きで承認した。重量棒鋼に関してのみ、買収後にシェアが
大幅に増大するとして改善を求めた。ミタルはこれを受け入れ、棒鋼を生産して
いるアルセロールのドイツ、イタリアの2工場と、ミタルのポーランドの工場を
手放すことに同意した。
3工場は両社の重量棒鋼生産の約1割を担うものの、事業全体への影響は小さい。
ミタルは既に関連国の金融当局からも承認を得ているが、欧州委は域内の公正
競争確保の立場から買収計画を審査していた。
アルセロールはミタルの買収に対抗し、ロシアのセベルスターリとの合併計画を
進めている。AFP通信によるとアルセロールのドレ最高経営責任者(CEO)は
2日、マドリードで会見し、同社株主の約29%が合併計画を株主総会の承認事項と
するよう求めていることを明らかにした。

794 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 15:00:36 ID:aMoapYoL
ユーロネクスト、イタリア取引所と提携で協議へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060603-00000814-reu-bus_all

ドイツ取引所、ユーロネクストとの統合を引き続き模索
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060603-00000817-reu-bus_all

>ユーロネクストのテオドール最高経営責任者(CEO)は2日、
>イタリア取引所との提携に向けて、数日中にも協議を行う意向を表明した。
>一方で、ドイツ取引所 とはもう交渉していないと述べた。

ドイツ崩壊中

795 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 15:52:12 ID:2xbcE/j5
ttp://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200606030031a.nwc
ユーロネクストとNYSE合併 国際的な合従連衡の加速は確実

一方、今回の合併実現は、NYSEに強い対抗心を持つナスダック・
ストック・マーケットによる英ロンドン証券取引所買収の動きを間違い
なく刺激する。ユーロネクストに合併を提案していたドイツ取引所が
今後、ロンドン、ナスダックの両取引所の再編に絡む展開となれば、
NYSE−ユーロネクストに続く、欧米統合の巨大取引所が生まれる
可能性もある。
そうなれば、世界の主要取引所のなかで唯一、規模拡大に取り残される
かたちの東京証券取引所も、国際競争の中で戦略の練り直しを迫られる
ことになりそうだ。

796 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 18:19:57 ID:ab0geeu2
シカゴとロサンゼルスにシンガポールはどう動いてんだ、そういえば?

797 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 20:01:02 ID:lf2lbBzM
一応、香港やシンガポールもあるけどな。あまり近所だけで組むのも。

798 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 23:51:04 ID:2xbcE/j5
ttp://www.nikkei.co.jp/kaigai/eu/20060602D2M0100Y02.html
ユーロトンネル、債務54%削減で調整――破談なら破綻も
【パリ=奥村茂三郎】

経営危機に陥っている英仏海峡トンネルの建設・運営会社ユーロトンネルは
約62億ポンド(約1兆3000億円)の債務の54%を削減する方向で主な債権者と
調整に入ったことを明らかにした。救済策がすべての債権者の間で合意に
至らなければ、同社は経営破綻する瀬戸際に追い詰められている。
債務を29億ポンドに圧縮した上で、新たに21億6000万ポンドを融資するのが
救済策の柱。同社によると、英バークレイズ、米ゴールドマン・サックス、
豪マッコーリーの各投資銀行部門とは基本合意に達したという。7月12日の
株主総会までに他の債権者がこの案に同意するかどうかが今後の焦点となる。

799 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/04(日) 02:07:45 ID:U4AEP0gH
非行対策「軍隊式で」 仏女性政治家発言に波紋
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060603-00000104-kyodo-int

 【パリ3日共同】来春のフランス大統領選に向けた世論調査で支持率トップに立
つ野党、社会党の女性政治家、ロワイヤル元家庭・児童・身障者担当相が、若者の
非行対策をめぐり、保守系与党の取り組みを「手ぬるい」と批判、軍隊式の矯正施
設設置など右派的な政策を掲げて論議を呼んでいる。

 ロワイヤル氏は、昨年の暴動の再燃が懸念されるパリ郊外セーヌサンドニ県を5
月31日に訪問した際、2001年の徴兵制廃止は誤りだったとの考えを示した上
で、軽犯罪を起こした者を人道的な活動などに従事させるための「軍隊式の枠組み」
の設置を提唱した。非行に走った若者を“再教育”するため規律を重んじる環境下
に置き、職業訓練なども取り入れながら更生の機会を与えるという考え方らしい。

ロワイヤル勝つかもしれんな・・・

800 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/04(日) 09:05:25 ID:fTyLP7Wb
>>799
>>730のグザビエ・ルモワンヌ市長といい、なぜフランスの政治は極端から
極端に走るのかな・・・
ちょっと前まで左翼全盛だったのに。

それとも現代はポピュリズムの時代だから、大衆受けする政策を掲げないと
選挙で勝利できないということか。

801 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/04(日) 12:25:05 ID:GwwiTl5V
>>799

まだ分からん。
サルコジは少々保守の評判が落ちてもいいから、ドビルパンを追い落として
しまおうと考えてる希ガス。そしてドビルパン・シラク=世間知らずのエリート
は良くない、ロワイヤルも同じエリート出身で同じこと、だから自分のような
叩き上げが良いという感じに世論を持って行けばあとで挽回できると見てる
のだと。それにロワイヤルも世間知らず的なところがあるから出してくる政策
をサルコジお得意のディベートで容赦なく潰していかれる可能性もある。それに
何よりロワイヤルには自党の社会党という最大の敵をどうするかという難問がある。
党を固めてるサルコジに対して党内を固めるのに闘争して無駄にエネルギーを使わない
といけないのがロワイヤル。

802 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/04(日) 15:05:03 ID:z+rOUPJs

http://www.swissinfo.org/eng/international/ticker/detail/Czech_centre_right_seen_with_slim_majority.html?siteSect=143&sid=6777610&cKey=1149355387000
June 3, 2006 - 5:13 PM
Czech centre-right seen with slim majority

ロイター:チェコの選挙は中道右派が、小差で勝利を収める


Their victory means the Czechs will be the second ex-communist EU nation after Poland
to turn mildly eurosceptic since the bloc's eastward enlargement.

ポーランドについで前共産党政権であったEU加盟国が、穏健な欧州統合批判派に
転じたことになる

The Civic Democrats argue that without reforms, the country will fail to bring the
budget deficit down to levels required for euro zone entry when it may be desirable.

市民民主党は改革がなければ財政赤字を改善できず、ユーロ・ゾーン条件を
満たせないと訴えていた

803 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/04(日) 16:19:18 ID:Hx4jw+2H
>>800
似たような主張する政治家は日本にもいるなぁ。
少し前に話題になった市中引き摺り回し発言と通じるものがある罠。
よほど腹に据えかねてるんじゃね?

804 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/04(日) 17:28:45 ID:fTyLP7Wb
産経新聞 2006年06月03日
【緯度経度】パリ 山口昌子 米仏関係の複雑さを思う

フランスの書店で1月以来、ベストテン入りを続けているのは、仏哲学者
ベルナールアンリ・レビ氏の新作「アメリカの眩暈」だ。19世紀の仏政治学者、
アレクシス・ド・トクビルは1831年、25歳のときに、西はミシガンから
南はニューオーリンズまで約2000キロを旅し、名著「アメリカの民主主義」
を上梓した。
57歳のレビ氏が2004年6月から05年4月までほぼ同じ道程をたどって
上梓したのが、「アメリカの眩暈」だ。レビ氏は、さまざまな場所でのさまざまな
人たちとの出会いを通してアメリカとアメリカ人を考察することにより、
「(フランスに根強い)反米主義に反対すること」が執筆目的の一つだったと
している。イラク戦争に反対したことが同書を著す動機の一つになったとも
示唆している。

805 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/04(日) 17:31:17 ID:fTyLP7Wb
フランスには根強い反米主義があることも事実だ。先般、亡くなった仏言論界
の重鎮、ジャンフランソワ・ルベル氏は産経新聞との会見で、フランス人の
反米主義の根拠として、民主主義の“元祖”をめぐる米仏の競争心があると
指摘していた。「フランス革命が人権や民主主義の原則を世界に流布したのは
事実だが、民主主義のモデルである米国をライバル視しても意味はない」とも
言っていた。氏は、フランス人の反米主義を痛烈に批判した「固定観念、反米主義」
の著作もある知米派だけに、フランスはイラク戦争に参戦すべきだとの立場でもあった。
哲学者のアンドレ・グリュックスマン氏もフランスの参戦に賛成していて、
産経新聞との5月末の会見でも、最近のシラク政権を揺るがす不正資金に
まつわる密告事件の背景に、「反米主義がある」とのユニークな見方を提示した。
「ドビルパン首相にその認識があったかどうかは永久に不明だろうが、事件の
標的は明らかに親米派といわれるサルコジ内相だ。シラク(大統領)・ドビルパンの
コンビはフランスが世界を支配するには超大国の米国に対してソフトパワー、
つまり精神力で世界を支配することだと考えているが、これはまったくの幻想だ」と。
そのうえで、「シラク・ドビルパンの2人組は、テロも宗教上の不寛容も米帝国主義
が原因だと考え、米国を孤立させれば世界はうまくいくと考えているが、ロシアも
中国もフランスのこうした考え方を利用しているだけだ。問題は米国ではなく、
ほかにある」「フランスには古来、1番になれないなら1番に対抗することで
2番になろうとする考え方があり、大統領も首相も同じだ。だが、米国はもはや
2人が考えているほど超大国ではない」などと述べ、そうしたとらえ方は米ソ
冷戦期に基づく時代遅れのものであると主張した。

806 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/04(日) 18:30:40 ID:YVE/rUHU
フランスの対米憎悪の根源はWW2終了後
アメリカに自国植民地を手放させられた点が大きいだろ
米による仏植民地の独立はアメリカに盗られた訳ではないにしても
自己益/自国益しか関心のないフランス人にとってみれば
強奪に遭ったも同然w しょせんケツノアナが小さいのよ

フランスが今後も自由主義陣営をかき回すのは必至だな
「地球レベルの市場育成を図る事で自国益を追及しようとする米」と
「自国益のみで思いつきの行動をとる仏」では
結果もますます大違いになってゆくと思われる・・アキメクラのフランス

807 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/04(日) 18:54:14 ID:8pF93iwp
>>806

だから欧州でもフランスはドイツと並んで嫌われてる。ドイツは親米メルケル
が首相になったのをきっかけに独仏軸の外交を修正して距離を置き始めてる。

808 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/04(日) 19:19:11 ID:D9lruU/p
>>806

>「地球レベルの市場育成を図る事で自国益を追及しようとする米」と

全盛期の英国も同じようなことをしていた気がする。
英国は自国の食料自給率が下がることを覚悟の上で穀物法を廃止したよね。

809 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/04(日) 19:44:55 ID:YVE/rUHU
>>808
他国領土を「植民地」化する英・仏・蘭・西とアメリカの手法は大きく異なる
アメリカの「それ」は消費者/ユーザー/バイヤーの育成であって「奴隷づくり」じゃない
そこに戦争に負けても親米化が進む理由がある

810 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/04(日) 20:43:05 ID:D9lruU/p
>>809

>他国領土を「植民地」化する英・仏・蘭・西とアメリカの手法は大きく異なる
>アメリカの「それ」は消費者/ユーザー/バイヤーの育成であって「奴隷づくり」じゃない

なるほど。

ただ米英は、自国が掲げた理念(それが自国の利益となると認識した上でのことだが)
のためならば、ある程度、自国に不利になることもやってのけるという度胸があるんじゃ
ないかという気がする。

811 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/04(日) 20:49:29 ID:fTyLP7Wb
>>809
イギリスも、ラテンアメリカに対しては「植民地化」しなかったけどね。
自由貿易が維持されている限り最先進国であるイギリスに競争上の優位が
あったから。
アメリカもフィリピンという例外がある。

ただ、最近新植民地主義を提唱している論客には英国人が多いな。
ナイオール・ファーグソンはロバート・ケーガンと「アメリカは帝国か」
というテーマで論争をしている。

812 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/04(日) 21:15:31 ID:4cSbg49r
英の中では、
コール時代に独米関係が欧米の中心だったのが、ブレア時代になって
英米関係に比重がうつっていた、それがブレアが引退しメルケル政権になったんで、
再び、独米関係が大西洋を結ぶきずなになるだろう  
といわれている。

ブレアには外交に関して天才的なセンスがあったが、後継者にはまず期待できないとか。
ドイツもシュレーダー政権時に反米にはしったんで微妙ではあるが。
そういえば、こないだ欧米のシンクタンクが、この10年を代表する政治家として
ブレアを選んで表彰してたが、その前の表彰者がコールだった。

まあ、独か英かはそのときどきによってかわるが、
仏が大西洋関係で重きをなすことはまずないだろうなw


813 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/05(月) 01:40:21 ID:vk6Von+u
少々細かい質問だが

共通農業政策CAPの中で「輸出補助金」として支給されるのは国際市場価格と域内市場価格の差なの?あるいは支持価格との差?調べてもみるとこによって書き方がまちまちでわからん...

814 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/05(月) 13:11:34 ID:An+Tja3g
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/europe/news/20060605k0000e030021000c.html
オランダ世論調査:半数がイスラム教徒嫌い
 
オランダの通信社は3日、オランダ人の半数がイスラム教徒を嫌い、1割が
自分は移民よりも優れていると思っているとの世論調査結果を発表した。
43%がイスラム教は平和的な宗教ではないと答え、63%が現代的な欧州の
生活となじまないと回答。自分を移民より優れていると思っている人は、
移民差別を当然だと考えているという結果も出た。調査は同国の1020人を
対象に実施した。


815 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/05(月) 18:43:50 ID:5HnFARY9
>>811
そのおいちゃん達が御先祖様が世界最大の植民地帝国を築いたのを気にしてるからじゃね?

816 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/05(月) 22:10:05 ID:TDFgaYv9
>>812

イラク戦争の独米対立でアメリカは英国に傾斜するしかなかったという
事情もある。そのためにドイツの地位が相対的に低下してそれを察知した
東欧は一斉にイギリスに寝返り今に至る。ドイツは影響力を取り戻そうと余剰
のドイツ軍の兵器を安い値段で供与したりしてるがアメリカがドイツに代わ
る国(おそらくポーランド)を探し始めたのと東欧でのアメリカ軍の展開で
挽回するのにも限りがある。

817 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/06(火) 13:04:45 ID:UmNH6tQp
                        _,. -――== 、
 (                       /""´´´´´ミ三ヽ
  ヽヽ  ノ               ,'       ミ三ニヽ
    ) ))                 |_     ___..:::ミ三三!
  (,, (                 |,へ_i l:. _,.へ  ミ三ニ!
   )ノ                    |' ェォl lイィェォ`  iニ/ヽ
    rォォ、  r 、                l  ,' l:. `  /:i;lゝ'/
    \::\ ヽ_\           ',  ゝ-,,,,,,, i: :.,;;lゝi|
    (二二ヽ「`i ヘ           ',;;;' Eニイ;;,,,,;;;;/ リ|i   
      |_ト\::)', ヘ ヘ           ',;;;;;;;'';;;;;;;;;/ /\
      l_ノ/  r| | 〉           `ーォ‐''' _/:.:.:/`ヽ、
      |. //  /          _l'´:.:.:.|<''´:.:.:/ >‐‐\
      |  /  /           / /:.:.:.i´:.:.:.:|:./ /   ,.‐‐、ヽ、
      ', {   i_        /  /|:.: /|:.:.:./l__/   /    ヾ、
      ∧___/∧        ./  / .|:. |/:.:/  〉    /        ',
      /__/ / ト、       /| /:.:.:.|:./: /  /    /         ',
     />‐'´    |、    / !/:.:.:.:.:/:.:/  /    /           ',
     〈'´        ヘ   i  /:.:.:.: /:.:/  /ニニコ  l              ',
     \        ヘ_ i ,':.:.:.:.:.i:. / ./       !                i
       .\       i`i ,':.:.:.:.:.:.i:/ /      ヽ',             |


818 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/06(火) 20:37:56 ID:Enayqt9P
>>799
本来、移民貧困地区は、左派の票田として知られていたが、貧困地区に
住むのは移民だけではなく、治安悪化に不安を持つ住民は多い。
移民二世・三世の中にも、不良化し、犯罪に走る移民の若者に批判的な人も
少なくない。

819 :非加盟国ですが・・・:2006/06/06(火) 21:36:35 ID:TbJtvM2C
アイスランド首相辞任へ、後任はホルデ外相
http://www.asahi.com/international/update/0606/015.html

 アイスランドのアスグリムソン首相(進歩党党首)が近く辞任し、後任の首相に
連立内閣を組むホルデ外相(独立党党首)が就任する見通しになった。5日、ロイ
ター通信や地元メディアが伝えた。

 アスグリムソン氏は13年間にわたって首相を務めたオッドソン氏の後を受けて、
04年に首相に就任。金融市場の規制緩和や海外からの投資促進などの積極経済政
策を取ってきたが、景気の過熱の反動によって通貨クローネの急落を招いたことな
どが批判を呼んでいた。

820 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/06(火) 22:07:42 ID:TbJtvM2C
英空港管理BAA、スペイン建設大手に2兆円で身売り合意
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060606AT2M0602506062006.html

821 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/06(火) 22:14:58 ID:Xn5h+Q74
ドイツ取引所、ユーロネクスト・NYSE統合に参加せず
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060606-00000141-reu-bus_all

ドイツは独自路線を歩むつもりみたいだな。


822 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/06(火) 22:26:39 ID:TbJtvM2C
フランス:ロワイヤル氏の「軍隊式学校」論、67%が支持
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/europe/news/20060607k0000m030020000c.html

 【パリ福井聡】来春の大統領選挙に向けた支持率調査で野党・社会党内でトップ
を独走しているロワイヤル元家庭・児童担当相が、罪を犯した16歳以上の若者に
は「軍隊式の学校を設立し矯正すべきだ」と強硬策を発表し、5日には98年に社
会党政権が勝ち取った「週35時間労働」に疑問を呈した。社会党内には賛否両論
があるが、同日発表の世論調査では、67%が「軍隊式学校」論を支持しており、
ロワイヤル旋風を裏付ける形となった。(以下略


823 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/06(火) 22:35:44 ID:mywf+LsZ
<カウンターテロリズム・ブログ、カナダもテロ既遂事件への欧州の反応>

ttp://counterterrorismblog.org/
June 05, 2006
Europeans worried about terror attacks against nuclear facilities
By Olivier Guitta

CTB:ヨーロッパは核施設へのテロリストの攻撃を心配し始める

カナダ・トロントでの多量の爆薬を準備したテロ未遂事件や、ロンドンで
起こった化学爆弾を準備しようとしたといわれるテロリストの動きに接して、
欧州のカウンター・テロリズム機関は域内の原子力発電所など核施設
へのテロリストの攻撃の可能性を憂慮し対策を考え始めている。

There was already a precedent of a terror attack against a French nuclear facility.
It happened back in 1982 when a group linked to Carlos the Jackal shot rockets
against a central being built.

フランスでは1982年に核施設にテロリストグループがロケット弾を
発射する事件があるなど、核施設への攻撃は事例がないわけではない。

Even though French facilities are well protected against a jetliner attack, specialists
are more worried and more vulnerable to an attack originated by a flying ultra light
motorized vehicle. Interestingly, European services have known about the repeated
purchases of these vehicles by Palestinian terror groups in the recent past.

フランスの核施設の警備は厳重であるが専門家は軽飛行機などを
利用した上空からの攻撃には脆弱性があると心配している。

パレスチナのテロリストのグループが最近そうした機器を購入している
事実があり、諜報機関を注目させている。

824 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/06(火) 22:51:39 ID:Xn5h+Q74
>>823
東西冷戦が終わったら次はキリスト教先進国とイスラム教国との南北戦争か…
戦争がなくなることは無いんだな。


825 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/06(火) 23:33:04 ID:Enayqt9P
>>824
『アメリカ型資本主義を嫌悪するヨーロッパ』(福島清彦、亜紀書房)に、

EU憲法が主唱するユニバーサルな人権はアメリカのグローバリズムとは
異なり、異文化への寛容を含んだものだとか、
EUは本気で地球の平和、発展途上国の経済発展と貧困の根絶を目標とし、
それに従った外交政策を遂行しているとか、
ヨーロッパは世俗化された、宗教的なアメリカよりも「進化」した社会だとか
書いているんだが、

この筆者はヨーロッパに行って何を見てきたんだろうか・・・

826 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/06(火) 23:40:44 ID:TbJtvM2C
そのイスラム教国から資本が流れ込まなくなるとやばいんだけど

UAE企業の米港湾管理断念、アラブの対米投資に影響=IMF高官
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060606-00000166-reu-int

 [アブダビ 6日 ロイター] 国際通貨基金(IMF)の高官は6日、アラブ
首長国連邦(UAE)の企業が米主要港湾施設の管理を行おうとしたものの米議会
の反発により断念した問題について、アラブ資金の対米投資に一定の影響が出てい
る可能性がある、との見解を示した。

 IMFの中東・中央アジア担当ディレクターのカーン氏は、記者会見で「これは
非常に政治的な問題。対米投資に一定の影響が出た公算が強いが、欧州への投資に
は影響はないようだ」との認識を明らかにした。

827 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 01:48:56 ID:GT3c5AqI
>>825
EUのスタンスを確かめるのはトルコの扱いだと思っている。
『大欧州の時代』〈脇坂紀行著 岩波新書〉で欧州は世界最大の市場であり
世界のスタンダードを築いている、とある。この著者はアジア合衆国などと
気持ち悪いことも書いているのだが、要は自由ブロック経済圏を作りましょう
ということだ。いかにこのブロックを広げるかが鍵になるが、そのとき問題
になるのは自分と異なる他者の扱い。EUは何のことは無い、囲い込みに過ぎない。
しかしアイデンティティの異なる他者(トルコ)については寛容に出来るのか?
EUがトルコを加盟させたら本気で巨大な経済ブロックを築こうとしているのだと思う。
そのブロックの外の世界については逆に不寛容になるだろうな。
そしてトルコが加盟したら内部崩壊するかイスラム化するだろうと思う。

828 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 03:06:18 ID:TqNLK/xR
トルコはEUにとっての踏絵だなぁ。
ま、可能な限り先送りするんだろうな。

829 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 08:46:33 ID:zHAaVkxO
>>827
冷戦が終結し、イデオロギー対立の時代が終わってから、かえって自己と他者を
区別する思考が強まっているように思える。
ドイツの歴史家オットー・ダンは、
「ヨーロッパとは、地理的なものではなく、両アメリカも含まれる西洋の
文化共同体である。西洋の共同体結び付けられながら、中世後期からこの
ヨーロッパは、近代の大プロジェクトを共有することによって築き上げ
られていった」
と書いている。

830 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 09:02:14 ID:obXLiSBF
>>825

うわべだけを見て本質を捉えられないなんて類は結構いる。昔の
中国に行って文革を礼賛してた馬鹿とか。

831 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 11:40:21 ID:zHAaVkxO
>>794>>821
ttp://www.asahi.com/business/reuters/RTR200606070033.html
仏大統領、ユーロネクストとドイツ取引所の統合に賛成表明
 
シラク仏大統領は6日、欧州の証券取引所運営会社ユーロネクストとドイツ
取引所の経営統合に賛成する意向を示した。
ニューヨーク証券取引所を運営する米NYSEグループは先週、ユーロネクスト
を約79億ユーロ(102億ドル)で買収することで合意したと発表したが、
ドイツ取引所はユーロネクストとの統合をあきらめていないと表明していた。
シラク大統領は、メルケル独首相との合同記者会見で「ドイツ取引所とユーロ
ネクストとの間で、可能な限り均衡のとれた合意が成立すればいいと願っている。
(それにより)パリでの最小限の活動と事業が継続されるだろう」と語り、
「最終的にこの合意が成立しなければ残念に思うだろう」と付け加えた。
ユーロネクストとドイツ取引所はそれぞれ、コメントを控えた。

832 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 11:49:09 ID:xHWeV2tK
こないだ、サルコジさんがダイレクトメールで献金してくださいと
言ってきた。外人の僕に何で献金してくれと頼むのだろう?選挙権も
無いのに、何なのこれは?多分僕の名前と住所はは電話帳かなんかで
調べたんだろうけど、正直びっくり仰天した。サルコジさんの大統領選
への気合はすごいわ。でも、多分次のフランス大統領選で勝利するのは
ロワイヤルさん。個人的には、イマイチ好きな女性のタイプじゃないの
だが、フランス人の左傾化は相当な感じがする。在留邦人は多くはすごく
保守的なのだけど、僕の周りのフランス人は何故か皆様左寄り。CPEのデモの
時の騒ぎと来たら、そりゃもうすごかった。
またまた脱線するものの、パリに来るチャンスがあれば、ドゴール空港からで
あれ、パリ市内からであれ、RATPの350番系統(ドゴール空港−パリ東駅)に
試乗するべし。これが空港−パリ市内の移動で一番安い手段。ここ板でもちょく
ちょく出るパリ郊外のサンドニを通過する。スタッド・ドゥ・フランスの横の高速を
走るのである。もちろん、このサンドニの住民も相当乗り込んでくる。
時間によることはいうまでも無いが、土曜日の晩あたりが一番のターゲットに
なる。ここで注意すべきは、パリ市内に住んでいる人間とこのバスに乗る人間の
落差である。正直、パリの南側の郊外と北側とでこれほど違うのかと腰を抜かした。
これを実体験すれば、799のロワイヤル発言が如何に衝撃的なのかを理解
出来るはずだ。マスコミを通じて流れてくる文字や映像だけでは、
決して彼女の発言の衝撃度を理解できないと思われる。


833 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 18:03:51 ID:zVzXeXGr
>>831
フランスお得意の経済介入かw

奇跡の大逆転の目が出てきた。

834 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 18:25:39 ID:/SJqBrqP
>>825
EUがやろうとしているのは第二次大戦以前に世界の流れになったブロック
主義経済。アメリカは多国籍企業を中心とした反ブロック主義。世界中で
商売する日本にとってアメリカ型経済主義のほうが組しやすい。そのためには
強力な多国籍企業が必要だけれども。

835 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 19:02:49 ID:rnQfvzNM
(ジェームスタウン財団の「テロリズム・フォーカス」定期レターの6月6日号から)

ttp://jamestown.org/terrorism/news/article.php?articleid=2370023
トロント、ロンドン、そしてジハードの春:ビン・ラーデンの扇動者としての成功


軍事的にはビン・ラーデンは追い詰められ、アルカイダは武装勢力としての力を
失ってきているにせよ、アルカイダのフランチャイズとしての各国のテロ組織は
着実に成長し、ロンドンやカナダで大きな脅威を与えるものになった。
言葉を変えて言えば、ビン・ラーデンは軍事指揮官としてはともかく、イデオロギー
の扇動者として成功していると見るべきである、と論じる。

これは、まともに、よく考えてみるべき内容を含む警告に見える。北米にせよ
欧州にせよ、自国に移民した若い世代の「国民」が、自国の中で、同じ国民に
ジハードを計画している・・・そしてそのインスピレーションはビン・ラーデン以外
からきたものではない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ワシントン在のシンクタンク、ジェームズタウン財団の研究者や、カウンター
テロリズムブログに投稿するテロ対策専門家たちが、ロンドンとトロントの
アルカイダ系(ただし移民2世)のテロを大変重要視している。

これに対して、BBCやCNN、NYTなどのリベラルメデイアはそういう事件を
徹底的に過小評価して、ほとんど若者の軽薄なお遊びのように扱っている。
国内メディアはリベラル系メディアをコピペするのみで事件の持つ意味や
歴史性には全く無頓着(能天気)であるように見える。

国際的な広がりを持つイスラム原理主義テロを如何に扱うかというのは、
現在の重要イシューであることには間違いがないように思われる。
リベラル・メデイアや国内メデイアの対応方法は根本的なところで、余りに
軽薄であるように思える。

836 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 19:26:03 ID:oguxJPEQ
リベラルメディアって、学生と同じだからな。
青臭いというかこれほど操りやすいものはない。

ビンラディンは健康上無理があるかもしれんが、ザワヒリはほくそんで
リベラルメディアを操っているのはたしかだろうね。
メディアは他の組織にくらべてもっとも保守的で改革がされない機関だから
今後も、足を引っ張り続けることは間違いない。


837 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 19:44:46 ID:yscReEc9
あのしがないエジプト人医師のどこにそんな力が・・・

838 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 20:15:54 ID:zHAaVkxO
>>832
>外人の僕に何で献金してくれと頼むのだろう?

フランスでは、日本と違って二重国籍が認められているから、名前だけでは
その人が選挙権を持たないかどうかわからないのでは?

>僕の周りのフランス人は何故か皆様左寄り。CPEのデモの時の騒ぎと来たら、
>そりゃもうすごかった。

日本でも裕福なインテリが左寄りだったりするから。CPEのデモに参加したのも
エリート左派学生が中心で、移民の若者は「解雇されようにも初めから職はない」
と無関心だったとか。

ttp://www.trombi.com/images_albumphoto/ecole24394image6375.jpg
ttp://www.iuncker.ch/_presse/_loc/Clichy-sous-Bois%203.jpg
ttp://www.iuncker.ch/_presse/_loc/Clichy-sous-Bois%201.jpg
ここのクリシー=ス=ボワの住民の写真を見てみると、パリ4区や16区とは
全然違うね。

839 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 20:48:48 ID:zHAaVkxO
>>834
戦間期のヨーロッパでは各国が次々とブロック経済に走ったが、その頃は
右翼と左翼の政策に共通点が多かった。現在欧州で盛んな反グローバリ
ゼーション運動と、極右勢力が共鳴しなければいいけどな。
欧州の「民主主義の赤字」と経済が改善されないままで、>>835のように
移民が過激な行動を続けていると、南アフリカのアパルトヘイトのような
政策をとる国が出てくるかもしれない。

840 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 22:37:06 ID:sUmhSHel
今日の毎日新聞夕刊で中条省平氏(学習院大教授・仏文学)

デモの現場に居合わせ、学生たちの態度には真剣な熱意とともに、
お祭りに参加するような明るい乗りも感じられました。
こういう若者のエネルギーが一国の政策を左右することに、
未来への希望を見る思いが湧いてきました。

とあって、今の日本の学生はもうだめだ、という風に続く。
日本の学生はまあいいんだけど、フランスの学生に対する認識は
甘いと思うんだけど、、、


841 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 22:50:46 ID:AZGv0oco
ナチス時代の彫刻、著名人ら撤去求める W杯決勝会場
http://www.asahi.com/international/update/0607/008.html
「ユダヤ人を収容所に運んだのは違法」 仏国鉄に罰金
http://www.asahi.com/international/update/0607/010.html

あーきもいきもい。

842 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 22:58:57 ID:gBS7C52M
>>840
EUを理想郷のように賛美する本を見かけるが、本当にそう思っているのか
疑わしくなる。社会国家思想は確かにゆりかごから墓場までをうたっているが
実際に必要なのは市場競争力で、今の欧州に欠けているものだ。平等主義によって
社会の活力が失われていることに問題がある。このまま活力を失っていけばかつて
EU立ち上げのきっかけにもなった成長するアジアに取って代わられ、経済で2流
の地域になってしまうかもしれない。

843 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 23:56:11 ID:rB95RZMb
>>840

全共闘時代を懐かしむようなコメントだな。普通は日本はこうなっては
いけないとう反面教師と思うが。というかフランスのあの馬鹿騒ぎは欧州の
左派っぽいマスコミだけでなく、アメリカのリベラルマスコミにさえ嘲笑され
ていたはず。

844 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/08(木) 00:02:46 ID:rB95RZMb
>>842

欧州内も経済に限っては自由主義を信奉しようという北欧や、第三の道を
目指す東欧、市場主義をベースにした改革をもくろむイタリアという具合に
平等の実現のためには競争力のある経済が必要と割り切り始めてる。それ
に乗り遅れてるのがドイツとフランスなわけで、独仏だけは2流どころか3流
になるかも

845 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/08(木) 00:22:35 ID:VoMxInrq
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/europe/news/20060608k0000m030028000c.html
仏内相:移民追放へ 市民団体「20〜40万人」と猛反発
【パリ福井聡】

フランスのサルコジ内相は6日、「移民の選別化」を打ち出した新移民
法案の上院審議で、「仏国内で生まれた児童を抱える不法移民などは
国外退去処分から除外する」と規制を一部緩和する方針を示した。
退去処分の不法移民は数十万人に上るが、除外対象はわずか1%前後。
野党や市民団体は「フランスの理想に反する」と猛反発している。
法案は現在移民に認められている家族の呼び寄せを廃止する一方で、
滞在ビザ発行に月額最低1200ユーロ(約17万円)の給与証明と
1年半の居住証明を要求。市民団体らは「実施されれば国外退去処分と
なる移民は20万〜40万人に上る」と猛反対してきた。内相はこれに
一部応える形で「仏国内の学校に在籍し、出生地の言葉を話せない児童
を抱える不法移民家庭」を除外するとしたが、実数は約750家族、
2500人のみの見通し。

846 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/08(木) 00:26:48 ID:VoMxInrq
ttp://www.asahi.com/international/update/0607/015.html
仏社会党が政権構想 挙党態勢を強調
 
フランス社会党は7日未明の執行委員会で、07年の大統領選挙と国民議会
(下院)選挙に向けた政権構想案を採択した。大統領選の有力候補、
ロワイヤル元環境相が「右寄り」の独自路線を打ち出していたが、同氏を
含む合意で挙党態勢をアピールした。22日の党員投票で正式決定する。
「みんなで政権交代を成功させる」と題した政権構想は、11月の党大会で
選ばれる大統領候補の基本路線となる。「左派支持層の結集」に重点を
置き、最低賃金を12年までに現行比23%増の1500ユーロ(税込み、
約22万円)に引き上げる、とした。また「議会中心の共和制」を掲げ、
大統領が重大な政治的過ちを犯した場合の罷免手続きを検討する、としている。
党首のオランド第1書記は「候補者にはそれぞれの個性があろうが、誰もが
この構想にしばられる」と強調した。
大衆人気で先行するロワイヤル氏は、暴動に加わった若者に軍事教練を
強いるなどの提案で波紋を広げたばかり。だが、同氏も党内の大勢に
従い、執行委(73人)での採決で反対はなかった。

847 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/08(木) 00:49:16 ID:SgQicRQ7
>>840

衰亡期に入った古代ローマの市民も彼らと同じようなことをやっていたのかも
知れんなぁ、とふと思った。

848 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/08(木) 01:29:31 ID:Pa5HEFvN
人種差別と同性愛差別でオランダ大使が出国 エストニア
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200606070035.html

 アムステルダム(ロイター) バルト海沿岸のエストニアに駐在していたオラン
ダ大使が、同性パートナーがエストニア国内で人種差別と同性愛者差別による被害
を受けたとして、パートナーと共に出国していたことがわかった。オランダ外務省
が6日、明らかにした。欧州議会は今年5月、東欧において人種差別と同性愛差別
による中傷や暴力事件が増加しているとして、緊急な議論が必要だとしたばかりだ
った。

 オランダ大使のパートナーは、キューバの黒人男性。パートナーがエストニアの
首都タリンにはこれ以上滞在できない訴え、早期の出国を望んだため、カナダのオ
ランダ大使館へ移動したという。

 世界で初めて、2000年に同性愛結婚を認めているオランダの各メディアは、
「酔っ払ったスキンヘッドの輩(やから)から日常的に嫌がらせを受け、まるでU
FOから降りたばかりの宇宙人を見るような目付きでジロジロと見続けられるのは、
あまり気分の良いものではない」という、大使の発言を伝えている。

 外務省の報道官は大使の出国を確認したとして、「大使らは、エストニアの政府
当局からはきちんとした対応を受けていたが、路上には人種差別者や同性愛差別者
がいた」と述べている。オランダ外務省は5日、この問題について話し合うため、
エストニア側に連絡した。

 一方、エストニア外務省の報道官は、オランダ大使とそのパートナーは、公式な
場面では問題のない対応を受けていたと指摘。「しかしながら、公共場所で被害に
遭われたとしたのなら、非常に遺憾だ」と述べている。

849 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/08(木) 02:54:32 ID:+U0RDB/s
>>846
…ということは、社会党政権になったら、徴兵制復活なの ? > フランス

850 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/08(木) 11:28:44 ID:S5/Px4xv
>>849

徴兵制は最大の「失業対策」だからあり得るかも。ドイツもつい最近まで
それを廃止できなかったのは、若年者の失業対策と福祉要員の確保という魅力
に抗し切れなかったからだ。

851 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/08(木) 13:03:22 ID:acENwjoO
>>850
ドイツで最近徴兵拒否が裁判で認められる判決が出た。
ドイツの徴兵制度の根幹を揺るがす判例を作ってしまった。
徴兵制度のある国では兵役は国民の義務だが、ドイツは社会民主主義思想
が行過ぎて国体のあり方そのものがゆれ始めている。

852 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/08(木) 13:38:56 ID:KGhL1nwz
>>850
就業という面からするとむしろ逆効果。失業者予備軍に編入される罠。
それに経費がかかるかかる。
今回の徴兵制発言は文字通り根性叩き直しが主眼ジャマイカ

853 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/08(木) 15:52:01 ID:tiTWZqYS
>>838
確かに、名前だけからは選挙権があるかどうかは分かりませんね。
献金の要請を手紙でしてくるというのはいかにもアメリカ方式なので、
驚いたわけです。

クリシー=ス=ボワなんて、今や足を踏み入れるのさえ恐ろしいです。
4区とか16区みたいなブルジョワ地域に住んでいる人間には、
決して郊外の問題は理解できないと思います。パリ市内に住んで
いる僕でさえ、暴動は一種他人事のような感じもしたのですから…。

国家の崩壊の瀬戸際度という観点では、アメリカに比べて
フランスは絶対にまだましです。日本人の多くはアメリカの貧困層の
ひどさを知らないのです。クリシー=ス=ボワの写真の集合住宅は
確かにぼろいですが、一応貧困層にも家がまだあります。アメリカなんて、
今やちゃんとした職を持っていてもホームレス状態となり、車に
居住している人間(白人層の間で)もどんどん増えているんですから…。


854 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/08(木) 16:15:34 ID:PXgpoQvx
>>853

フランスも似たようなもんだろう。パリにもホームレスはたくさんいる。こないだ死んだ
フランス人の親米派の某ってのもフランスはアメリカ以上に問題を抱えててそれに目を
そむけてアメリカをけなしてる場合ではないと本に書いてた。何よりフランスは貧困層に過度
に補助金を与えて自立ができなくしてるだけ。そこを、アメリカのリベラルマスコミにさえフ
ランスの暴動やこないだのデモについて散々馬鹿にされてるのが今のフランス。

855 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/08(木) 16:23:30 ID:PXgpoQvx
>>852

普通はそういう考えになる。ただ、フランスってのは日本と違ってそういう
ことをやりかねんぐらい政治が現実性が欠如してるところがある。上にある社会党の
構想ってのを見てもよく分かる、 保守も似たようなところがあってかなりの重症。
フランス革命以来の革命的な発想が社会に染み付いてる。サルコジがロワイヤルに
ついで人気があるのはヤツがフランスでは珍しく徹頭徹尾現実主義者であり、新鮮味
があることにもよる。

856 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/08(木) 16:41:28 ID:4j768qhi
日本人がフランスやヨーロッパ諸国について語るくらい
向こうの連中が日本について語っているかと言うと疑問
だよな,他国を語るも良いが自国が周辺国から威圧を受
けている時はやはり危機感を持ち強い日本国構築の為に
一丸と成れないものかな

857 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/08(木) 16:48:12 ID:g9SEYl1l
>>856
尖閣諸島では一丸になってもいいが、靖国じゃなれんね。

858 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/08(木) 16:57:32 ID:VoMxInrq
>>854
>フランスは貧困層に過度に補助金を与えて

RMI(参入最低限所得)、CMU(全医療保険)、若年者雇用手当、APA(高齢者介護
個別自主手当制度)、家族手当、早期退職手当、入学準備手当、AGED(在宅保育
手当)、ヴァカンス小切手、個人向け住宅補助、ALF(家族住宅手当)、片親手当、
雇用手当などがあるね。
アメリカだったらフードスタンプをもらって食いつなぐ。

>>855
政治に現実性が欠如してるのは、教育で哲学を重視するのも原因の一つかなあ。
フランスかぶれの日本のインテリなんぞは、フランスでは官がエリートを養成
してユニヴァーサリズムの番人にして、その理念がいきわたっているかどうかを
常に監視する態勢だ、なんて書いているが・・・



859 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/08(木) 17:30:00 ID:PXgpoQvx
>>858

アメリカは教会などの宗教団体による民間の社会福祉が発達してる国で、地域によって
は貧困層はそれに救済されてる所もある。中東でイスラム団体が社会事業をや
って世間で影響力があるというのと似てる。だからアメリカは先進国で宗教色が
、宗教団体の社会での影響が強まる傾向がある。

あとフランスだが指摘のようにそれもあるし、社会人経験をほとんどしないとい
うのもあるんでないか?エナや高等師範学校の学生レベルで給料が出てアルバイトをせ
んでも勉学に勤しめるみたい。入学時点で将来が保証されてるような国。日本では東大で
さえそんな保証はない、みんな学生時代に何かしらのアルバイトをすることで
社会性を身に着ける。だから昔、週何時間労働なんて世間知らずな法律が
出来てすぐに廃止された「エリートの傑作」という皮肉付きで。さすがにフランス
人もエリートが好きでもその弊害に気づきはじめてるのではないかと思う。
それがたたき上げエリートのサルコジの人気になってる希ガス。


860 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/08(木) 19:58:40 ID:1GgGP947
そこで創価学会ですよ

861 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/08(木) 20:49:16 ID:mn25cjRa
>>858
昔聞いた、失業した方が金になるとか言う皮肉思い出した。

>>856
日本もイザとなればやるけど、そこまで深刻な問題でもないシナぁ。
拉致問題は即座に動いたけど

862 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/08(木) 21:00:49 ID:mn25cjRa
>>860
キリスト教民主同盟もお忘れじゃござんせんか?

863 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/08(木) 21:55:41 ID:VoMxInrq
ttp://kawa-kingfisher.sblo.jp/article/804386.html
チェコ選挙雑感
 
ドイツ、イタリアと接戦の続く欧州各国の選挙は、多くの真剣な模索が続きながらも
明快な解を導き出すのが難しい、未来に不透明感のある情勢の反映かもしれない。
それは多くの場合EUを巡っての論議となるが、今回のチェコの選挙もまたその例の
一つと言えるだろうか。
基礎的な知識として外務省の資料をリンクしておく。(参照1)冷戦終結以降の情勢が
手際よくまとめられている。経済は1990年代半ばまでは好調だったが、その後
迷走したという件に関しては様々な事が言われている。誤解を恐れずに言えば、
本来は欧州の先進地域であるというプライドが未だ発展途上の経済に見合わない
ものであったのではないか。スロバキアを切り離したのもその付近の経緯がある。
ウィーンよりプラハは西にあったのにという愚痴は、欧州人は嫌というほど耳に
しているだろう。進出した日系企業も、チェコ人の扱いにはデリカシーを必要と
したようだ。

864 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/08(木) 21:57:04 ID:VoMxInrq
選挙の表層としては、前代未聞のネガティブキャンペーンの連続で醜悪なもの
だったようだ。(参照2)殴り合いに至ってはいやはやというしかない。とは
いっても有権者にとっては瑣末な議論だろう。結局沈滞した社会に対してどう
行動するかを選択するのが争点となる。全体の構図としてはこの記事が参考に
なる。(参照3)構図としては先のドイツの選挙に近似している事が見て取れる。
しかしドイツの場合は長く沈滞した経済に改革が必要という事に関しては、
建前的には社会のコンセンサスではあった。チェコの場合は未だ民主化に伴う
繁栄を享受できていないとの認識が国内に広くあるだろう。ドイツと比較しても
左派勢力が伸びる余地はある。が、EUの混迷が、EUへの深い関与を方針とする
CSSDに逆風となったという事だろう。もちろんスキャンダルも余りに多過ぎたが。
そしてこの記事あたりを読むと(参照4)イギリスが与野党問わず求めているように、
EUに関しては今少し柔軟なロードマップが必要とされていると感じる。最近に
なってミニ国連とでもいうような汚職や非効率の数々がEU官僚に続出している
事もあり、伝統的なフランスなどを中心とした路線は逆風続きだろう。

865 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/08(木) 23:53:13 ID:b7USSAvV
不法移民の子の「里親運動」 フランスで拡大
http://www.asahi.com/international/update/0608/003.html

 フランスで、滞在資格がない移民家庭の子供の里親になる運動が急速に広がって
いる。ナチス占領時代に多くの市民がユダヤ人の子供たちをかくまったように、強
制送還から守るのが狙い。教え子やわが子の仲良しが送還されるかもしれない現実
に危機感を抱いた教師や親たちが、続々と里親登録している。 (以下略)


866 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/09(金) 00:26:35 ID:JTTlFusv
ttp://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2006/01/post_1658.html
国際連帯税とかトービン税とか

フランス政府は23日の閣議で、貧困国のエイズ治療などへの支援資金に充てる
ため、航空券に「国際連帯税」を課税する方針を了承した。ロイター通信に
よると、今後、法案を議会に提出、来年7月からの新税導入を目指す。(中略)
今回のフランスの国際連帯税導入で見込まれる収入は日本円にして約三百億円ほど。
ちなみに、日本政府が昨年のサミットでエイズなど感染対策として五年間で支援
すると約束した額は五千億円。日本は国際連帯税導入に乗り気ではないと言われる
こともあるが、実際には年間一千億円の支援をすると約束している。国際連帯税
導入を日本にもという場合は、全体像のバランスも考慮すべきではあるのだろう。
(中略)
最近主張されている「トービン税」はフランスが旧植民地のアフリカ救済の
ために主張しているもので、最初の提案とは縁もゆかりもなく、トービン教授は、
なくなるまえ「他人の提案を名前ごと乗っ取るとは世も末だ」と嘆いていて
いました。実際に、税を負担するのは為替の上下がある国々と言うことなので、
日本と米国と言うことです。ヨーロッパの植民地主義の後始末を他人の金で、
まかなおうという欧州独特のちゃっかり提案ですね。

867 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/09(金) 01:31:35 ID:SHC6BxG3
>>859

>あとフランスだが指摘のようにそれもあるし、社会人経験をほとんどしないとい
>うのもあるんでないか?エナや高等師範学校の学生レベルで給料が出てアルバイトをせ
>んでも勉学に勤しめるみたい。入学時点で将来が保証されてるような国。日本では東大で
>さえそんな保証はない、

防衛大、海上保安大があるじゃないか!









と書いてみるテスト

868 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/09(金) 01:33:11 ID:lKj4SrCr
フランスには、もともと里子制度がずーーっとあったからな。

里親うんぬんが出てくるのもさもありなん。

869 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/09(金) 01:51:19 ID:P45zAT9C
>>858>>859
現実論としてどれが優れているか微妙なところだなあ。
日本の場合は、高校段階から、理系科目は世界標準レベルを課しても
「文系科目(特に社会科)は知的訓練としては事実上課程の中身ゼロ」と言う
世界的に見てさすがに驚異的な「理系オンリーの教育」を行っていて
それがそのまま大学まで繋がって行く。
結局、哲学の教養は完全にゼロ、政治経済の勉強は中3レベルで社会に出る。
アメリカでは、大学や大学院は当然のこと、中等教育に至るまで
仕事のための実践的学問の教育にどんどん傾く傾向が強い。
他方フランスなど欧州大陸部は未だに中等教育から哲学や論述を厳しく課し、
教養主義教育を高等教育まで続けて19世紀的な培養エリートとして社会に出す。
どれが優れているのかは良く分からないな。

870 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/09(金) 07:26:13 ID:Pk5HGJM2
>>854
このアメリカのリベラルの議論はかなりの程度的外れ。暴動の背景は、
事実上2級市民に成り下がっている移民2世、3世への差別と機会均等
が保障されていないことに対する不満の爆発が一番大きい。CPEのデモ
の根本原因は大学を初めとする高等教育機関がが実社会に対して「有益」
な人材を与えられないことで生じる労働市場におけるミスマッチを解消
できないことによる歪が一番大きいと個人的には思う。
また、国家崩壊の議論に関しては、一番の問題はホームレスの増える速度
および程度であって、アメリカのようにジニ係数が45(CIA−2003年)で
急激にホームレスが増えるのと、フランスのようにジニ係数が23(2003年、ソースは
ttp://www.infoshop-japan.com/study/dc37590-mortgages-france_toc.html)
というのでは、まるっきり危機の程度が違う。よく知られているように、
所得に関するジニ係数が45を超えると、社会的安定度に関しては、
危険領域に入っていて、この閾値を超えると、一般にクーデター、暴動
が起きやすい状況になることはよく知られた話。アメリカの国家崩壊の
危険度とフランスの危険度をホームレスの存在そのものを軸に論ずるのは
あまりにも短路的過ぎないだろうか?現在は日経インデックスが落ちていて、
アメリカの景気動向ばかりニュースでは論じているが、こういう部分の方が
政治的な視点からいうとはるかに重要だと考える。


871 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/09(金) 09:10:05 ID:JTTlFusv
ttp://hibinoawa.blog10.fc2.com/
モンフェルメイユのテンション

ボスケ地区は、モンフェルメイユ全体の3分の1の人口が集まっているところ。
そのうち50%は外国人。ボスケは「市長が視野に入れたがらない黒人、
アラブ人、パキスタン人、トルコ人らのバンツースタン(アパルトヘイト
時代の黒人自治地区)」であり、瀟洒な一軒家が立ち並ぶ向かい側の地区と
対照をなしている、と若者達は感じているという。
メトロ紙にも、ボスケ地区に隣接して、ブルジョワ的地方都市といった
趣きの街ができていることが書かれています。前述のアビブ・アダは
「ボスケはボルロー(現内閣の雇用・社会結束・住宅相)計画の恩恵を
受けることになっています。高級アパート建設のために建物が取り壊される
予定です。そこに住むには月2000から3000ユーロの収入が必要でしょう。
現在の住民は他のところへ移ることになる。市長の目的は、ル・ランシー
(パリ郊外都市)のような一戸建ての並ぶ街をつくるためにボスケを排除
することなのです」とのこと。

872 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/09(金) 09:13:35 ID:JTTlFusv
このルモワン市長は45歳、UMPの議員。パリの西郊外ブローニュ-ビランクールで、
商業を営む父と専業主婦の母、5人の兄弟に囲まれて育った。学業で挫折を
味わったこともあり、「役立たずだと感じている若者たちの気持ちは理解できる」
という。しかし、「それでもああいう行為すべてを許容できない。」彼は
バカロレア試験前に高校を中退し、海軍に入隊。8年間、世界中を航海した。
除隊後、学業を再開。27歳で再びパリ郊外へ。といっても今度はパリの東。
当時のモンフェルメイユの市長ピエール・ベルナールと出会い、すぐに
雇用された。ベルナール市長は右派連合出で権力的な言動をする人だった
という。2000年、ピエール・ベルナールはイグザヴィエ・ルモワンに市長の
座を譲る。反対派は、ルモワンが自分の名で選挙にでて当選した市長では
ないことに批判的である。(中略)ちなみに、市長は兵役がなくなったことを
残念がっているという。その辺り、ちょっとセゴレンヌ・ロワイヤルとかぶる?

↑ドビルパン首相といい、選挙の洗礼を受けていない人間が政治家になるのは
問題アリでは?


873 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/09(金) 11:41:43 ID:jWFWodrk
>>870

人権・民主主義の元祖といわれたフランスでそういうのが起こってるのが
アメリカのリベラルにしても滑稽だからだよ。人権の国のくせに暴動が公然
と起きる、また労働組合の既得権のために雇用が流動化できないから若者に職
がないだけだよ。人材がマッチしてないのではなく雇用を受け入れる労働市
場が閉鎖的だからだ。そこをリベラルのNYタイムズがCPEの騒ぎを「サル
コジと労働組合が勝利した」と皮肉ってるわけ。

であと国家崩壊だが
アメリカ崩壊?いつの時代の主張だ?よく社会主義者が昔言って
たけど未だに崩壊しない。逆にソ連の方が崩壊してそういう主張も
消滅したはずだが。アメリカは元々ジニ係数は高い、それでなぜ社会
が持ってるのかといえば貧乏は自己責任という社会通念が浸透してる
のに加えて上昇志向が高いからだ。今見てもアメリカが崩壊するなんて
言うやつは誰もいないよ。逆にフランスが崩壊するんじゃないか?補助金
バラマキ過ぎてるのにホームレスを生み出し、労組という既得権益を
守ってるので雇用も増えない、だから財政赤字は増え続けEUの基準を
違反してそれを平気で破ったり勝手なことをするからら他の欧州諸国では
「一国行動主義」と嫌われて、EU内で政治的に孤立してる。



874 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/09(金) 15:40:03 ID:rlu01RBP
>>872
>選挙の洗礼を受けていない人間

コンドリーザ・ライスとかな。

875 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/10(土) 08:46:50 ID:O8unUgik
>>844
ハーバード・ビジネス・レビュー
ttp://www.dhbr.net/magazine/backnumber/200607.html
特集 ドイツ 株主価値経営のジレンマ

↑今月号はドイツ特集をやっている。戦後のドイツ産業界は日本と似たところが
多かったが、現在はこれまでのドイツ的経営でもなく、アングロサクソン的経営
でもない「第三の道」を模索しているのだとか。

876 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/10(土) 13:10:24 ID:biQ3UIvv
> コンドリーザ・ライスとかな。

議会の洗礼は受けているけどね。

877 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/10(土) 21:56:03 ID:HybFL6qJ
仏英首脳が会談、空母の共同開発着手で合意
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20060609id22.htm
仏英首脳が会談、原発で協力合意
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060610AT2M0902S10062006.html

仲良いじゃん。

878 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 00:23:01 ID:IrxyTOr1
Newsweek誌のパリ支局長だったテッド・スタンガーというジャーナリストに
よれば、
フランスでは金は汚いものとされていて、金に関する話題は避けなければ
ならない、投機は不道徳なことと考えられているのだそうな。

これがカトリックの影響なのか、それともフランスが農業国だからなのかは
わからんが。

村上世彰も、「日本では"金儲け=悪"のように言われる。投資家らが住む所
でない」と言っていたな。ムラ社会的な体質の強い国では、金融スキャンダルが
起きると、農業や共同体やモノづくりを大事にせよという声があがる。

879 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 00:40:44 ID:OH2i4hUv
「我々の仕事は合法的なペテン師」と銀行勤めのフランス人が言ってます。
ちなみに「税務署は合法的なドロボー」だそうです。



880 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 13:21:20 ID:+ZKiR21W


881 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 13:25:00 ID:V4zu9giK
>>878

金儲けが悪いことかのように言うのは日本に限ったことじゃないって事だな。
ベニスの商人とかゆだや差別なんか見てもわかるとおり欧州でも昔から金融業への偏見はある。

882 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 13:53:25 ID:lnOTe7Am
ttp://www.fhs.se/upload/Webbadmin/Organisation/CATS/Kohlmann.doc
The Afghan-Bosnian Mujahideen Network in Europe
By, Evan F. Kohlmann

スエーデン防衛研究所・研究プロジェクトのレポート
欧州における、アフガン・ボスニアン・ムジャヒディーン・ネットワークの現状

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

欧州の過激派イスラム勢力のひとつ、ムジャヒディーン・ネットワークの現状評価。
このなかで欧州諸国の中でも英国、イタリー、ススカンジナビア諸国についての
警告がちょっと気になる。

883 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 16:58:47 ID:IrxyTOr1
>>879
ttp://www.shinjuku-shobo.co.jp/new5-15/shohyo/NandaFrance.html
吝嗇と金銭不浄視というフランス人の二つの側面は、かならずしも矛盾しない
という。それは、フランス人の精神性が、農民で土地に執着するドケチのガリア人と、
働くことをしない貴族であるゲルマン人という、二つのメンタリティーの結合から
生まれているからだという。つまりフランス人の不思議な心性は農民と貴族の
混交からなるのだという。
>>881
ヨーロッパ大陸では日本と同じく、“敵対的買収”も嫌がられるね。
1988年にイタリアのオリベッティ財閥の総帥、カルロ・ベネディッティが、
ベルギーの持株会社SGB(ソシエテ・ジェネラル・ド・ベルジック)を
乗っ取ろうとした。
SGBはベルギーがまだオランダの支配下にあった1822年に設立され、コンゴ
動乱にもかかわっていたとされる。ベルギーの王室も株を持ち、ラミー総裁や
ダビニオン副総裁は由緒ある家系の出身。
結局このときはフランスの金融会社スエズがSGBを買収。
そして最近、イタリアの電力大手エネルがスエズを買収しようとしたので、
ドビルパン首相はGDF(フランスガス公社)とスエズを合併させた。
(EU各国からは経済愛国主義との批判を浴びている)

884 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 17:07:10 ID:Ut2TcrnM
対立の歴史…W杯、緊迫 ポーランド、14日対独戦
http://www.sankei.co.jp/news/morning/11int001.htm
フーリガン暴走懸念

 サッカー・ワールドカップ(W杯)の開幕戦を制し、沸き立つドイツ。一方、初
戦敗北で意気消沈するポーランド。9日夜、ドイツと国境を接するポーランドの街
に入ると、一帯は物々しい雰囲気に包まれていた。ポーランドは英国と同様、欧州
内の「フーリガン大国」。第二次大戦中にナチス・ドイツに侵略され、300万人
以上が犠牲となった歴史を持つポーランドでは、14日の対ドイツ戦でフーリガン
が暴走することへの懸念も出ている。

 「ベルリンは『血の海』と化すだろう」。ポーランド国境の手前にある独フラン
クフルトオーデルの街で、黒い革ジャンパーに身を包んだドイツ人のセバスチャン・
フィッシャーさん(18)=無職=はこう予言した。ドイツチームの勝利に酔いし
れる彼の口からはさらに過激な言葉が止まらない。

 国境を越えたポーランドの街スルビツェにも不気味な雰囲気が漂っていた。第二
次大戦中、祖父がナチス・ドイツの攻撃で負傷したというタイコータン・ウルビッ
シュさん(24)は「これまでドイツに対し、寛大な姿勢を見せてきた。しかし、
ドイツ人がわれわれを挑発するなら、黙っていない」と語る。

 小都市スルビツェに比べ、ワルシャワの若者たちはもっと過激だ。欧州メディア
によると、ワルシャワなどを中心に2万人もいるというフーリガンの約3分の2は
右翼やマフィアなどと複雑に結びついており、組織の倉庫からは斧(おの)やナイ
フ、チェーンソーが山のように出てくるという。(以下略)


885 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 17:22:44 ID:Xnkmae9R
>>878>>879>>883
一定以上の生産性のある農地を基盤とする温帯の農業社会を
伝統的な社会文化とするところでは、どうしても農本主義的になるので
商業とりわけ金融業が賤業とみなされる傾向は世界的傾向だね。
一番の正業が自作農民ということになることと一対の現象で、
とりわけ消費寄託(預金)システムが発達しない状況での
ただの金貸し業は、とりわけ賤しいとみなされてしまうし、
被差別民との関係が深くなることも世界共通だ。
フランスもそうだし、実はアングロサクソンもまた本質的には
相当な田園領主至上主義的な伝統文化体質を持っている。

886 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 18:17:01 ID:i9prfBsk
農本主義≠自作農民だと思うけど。
労働集約的になると地中海・ラテンアメリカ的に
なるよな。

887 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 18:55:53 ID:jljRKkwR

711 :マジレスさん :2006/04/03(月) 12:03:39 ID:Srn1ERk6


たしかにいた、そんな恥さらし野郎。つーか、竹石 ケイスケ(圭佑?)って悪い意味で有名だったか。
覗き、特に万引きで警察に捕まってウチの学校の評判をガタ落ちにしたクソ虫。
校内で財布の盗難が続いた時は真っ先に竹石だと思ったもんな(実際、んな事すんのはコイツしかいない)。つーか噂もあった。

しかも都合が悪くなると声上げて泣き出すらしくて、2度目かの万引きで長期停学くらいそうになって職員室で泣きながら先生に抗議してたんだってよ。
マジであいつは生きてる価値無しの、まさしく歩く有害物質だった。
今生きてんのか?生きてるならさっさと死んだ方がこの世の為だろうが。


888 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 19:11:31 ID:Ka3ZBehN
「金儲け悪いですか?」

馬鹿野郎!
てめぇみたいのが言うから悪くなっちまうんだろが、こら!

889 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 19:13:03 ID:f3kozkHB
みんなで朝日新聞の正義を確認しよううじゃないか?
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1145366829/l50
みんなで朝日新聞の正義を確認しよううじゃないか?
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1145366829/l50

みんなで朝日新聞の正義を確認しよううじゃないか?
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1145366829/l50
みんなで朝日新聞の正義を確認しよううじゃないか?
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1145366829/l50

みんなで朝日新聞の正義を確認しよううじゃないか?
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1145366829/l50
みんなで朝日新聞の正義を確認しよううじゃないか?
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1145366829/l50

みんなで朝日新聞の正義を確認しよううじゃないか?
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1145366829/l50
みんなで朝日新聞の正義を確認しよううじゃないか?
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1145366829/l50

みんなで朝日新聞の正義を確認しよううじゃないか?
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1145366829/l50
みんなで朝日新聞の正義を確認しよううじゃないか?
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1145366829/l50

みんなで朝日新聞の正義を確認しよううじゃないか?
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1145366829/l50
みんなで朝日新聞の正義を確認しよううじゃないか?
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1145366829/l50



890 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 19:39:41 ID:MDO/M50m
イギリスは農業に不向きで中東並みの牧畜社会

891 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 20:32:17 ID:IrxyTOr1
>>885
>実はアングロサクソンもまた本質的には相当な田園領主至上主義的な
>伝統文化体質を持っている。

イギリスでは貴族とジェントリーの社会的地位が高く、実業に入り金を
儲けることは賤しいものと考えられてきたこと?軍隊でも陸軍には
上流階級出身者が多いらしいが。

>>890
だから海へ出て行ったんだろう。オランダもそうだな。イギリスは毛織物や
金融の分野で、オランダから多くのものを学んでいる。1694年のイングランド
銀行設立後、オランダの遊休資金が流れ込んだことは、第二次英仏百年戦争を
戦うにあたって有利に働いた。これによりいわゆる「ジェントルマン資本主義」
が発展していく。

892 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 21:28:54 ID:rb5+1jVq
日本の場合は明治以来最近、やっと本当の意味での資本
主義がはじまってその通過儀礼とも呼べる、「カネがすべて」という拝
金主義を経験してるのが今で、それに日本古来のムラ社会ってのが共鳴しあ
って社会が大騒ぎになってるという感じがするが。資本主義を日本よりもずっと
前に経験して熟達した欧州あたりでも金儲け=悪なんていう風潮が残ってるの
だろうか?



893 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 21:38:31 ID:Xnkmae9R
>>892
日本史を甘く見すぎだよ(w
日本の、少なくとも畿内などの先進地域が
歴史上最初に強力な拝金主義を経験したのは
14世紀〜15世紀の室町時代だったことが研究により明らかにされている。
当時の御伽草子などを読めば明らかなんだが、
室町時代の日本語で「有徳」とは
「他人を出し抜いて大儲けにより成り金になる能力があること」だからね。
そこには、全くどこにも「二宮尊徳的質素倹約主義」は無い。
この拝金主義が安土桃山時代の絢爛豪華な文化に昇華した後、
検地と社会の安定化により農業に特化させられた農民と
徳川幕府の三河的農本主義wwの高圧的浸透により沈静化して
出来上がったのが典型的近世農村の「ムラ社会」だ。

894 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 21:43:29 ID:i9prfBsk
ヴェーバーが言うには、ペルシャや中国などでも、
拝金主義=資本主義が定期的に生まれていたが、
それが永続化したのは、北西ヨーロッパだけだ、
といって種。

895 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 22:03:46 ID:Xnkmae9R
>>894
ただの拝金主義と資本主義は全く別物だからね。
拝金主義自体はアラブや中国のほうが強烈なんだが、
これは近代経済を支える資本主義とは全くの別物。
俺はウェーバー(に関する大塚)説は支持できないんだけど。
資本主義にとって必要なのは単なる拝金主義ではなくて、
資本による経済活動の発展を支える社会的信用ネットワークと
それを支える政治形態で、これはキリスト教新教の教義ではなく
古典古代の社会に原型があると考えている。
古代ローマ人が発明し、ルネサンスのイタリア人が再び読み解き、
西欧人が英仏蘭各地で政治社会を試行錯誤させながら発展させ、
ユダヤ人が巧みにその新しい社会を利用して近代経済を形作ったと言える。

896 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 22:33:58 ID:IrxyTOr1
>>892
ttp://www.rieti.go.jp/jp/events/bbl/05062101.html
日本企業の歴史を戦前から振り返ると、昔は安定株主が非常に少なく、企業の
買収が盛んだったために日本の企業は大きくなったという背景があるようです。
RIETIにおけるさまざまな分析等を見ても、株式持ち合いといった議論が形成され、
日本の企業が企業の枠を超えて友好的な産業再編型の合併あるいは分割をする
ということは非常に珍しく、戦後になってから試験的に行われるに過ぎなかった
ようです。したがって、日本の中でも昔は敵対的買収についてはよく行われて
いたといわれています。東京電力も敵対的買収を繰り返して今の地位を築いたと
分析する専門家もおられますし、日本の企業社会には本来そうした遺伝子が
あるということは認識されておいたほうがいいと思います。

897 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/12(月) 00:16:49 ID:4TDx5dX3
ttp://www.worldtimes.co.jp/
ルモンド(仏) 2006年6月6日
風下に立つ取引所
 
仏政府にとってヨーグルトは戦略的だが、証券取引所は違うということだ。
ドビルパン首相は昨年夏、仏ダノンを米ペプシコによる合併の恐れから守るため、
「経済的愛国心」なるものを振りかざした。
パリ、ブリュッセル、アムステルダム、リスボンの証券取引所を運営する民間会社・
ユーロネクストは先週、ニューヨーク証券取引所の運営会社・NYSEの合併提案を
受け入れると発表した。仏政府は何も言わない。
しかし、欧州内の2年にわたる舞台裏折衝の末に決着したこの取引は、大いに
問題がある。別の米証券取引所・ナスダックが、ロンドン証券取引所株の25%を
保有、決定的な地位を握るのと同様、欧州証券市場の大多数は米国の支配下に入る。
ドイツ証券取引所が唯一残るが、地位は当然弱まる。
市場の専門家たちは、この合併の結果を気にかけていないようだ。だが、証券取引所の
統合という、新たな欧州構築が実現せず、あるいは米国に従属する形でなされることは、
遺憾としないわけにいかない。

898 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/12(月) 00:19:07 ID:4TDx5dX3
元々、欧州諸国で証券取引所運営会社の株主だった銀行が、利益目当てに株を売却、
「証券市場の欧州構築」に果たす役割を放棄した経緯があることも、強調して
おかねばならない。
この遺憾な無関心は、ユーロの創立決定から15年、「金融の欧州統合」を
つくり上げることへの、銀行・監督当局全体の失敗の一環をなす。
証券取引所が資本主義の形態を左右する「構造要因」であることを考えれば、
欧州証券市場への米国支配の波及効果は、より大きくなりかねない。
米国の規範は法的にも報告義務の面でも効果的だろうし、欧州はそれをヒントに
しなければならないことも多かろう。にもかかわらず、「欧州モデル」を守る
ことは先行き、はるかに難しくなる。
株主の目先の利益本位や、金もうけよりも、勤労者をはじめ、社会の他のさまざまな
パートナーに、もっと心を配るモデル。
仏政府は愛国的であろうとなかろうと、そこを気にかける方が得策だったろう。
ヨーグルト以上に。

899 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/12(月) 15:51:47 ID:TWnFl9pi
>>890
農業では欧州有数の先進地域だよ。これが産業革命のバックボーンになった罠。
それとイギリス軍に上流階級が自然と多いのは、単に軍人家系ばかりだからだ罠。
百年戦争で有名なイングランド長弓兵の基盤は地方領主や地主などの日本的に言えば土豪。
それにドイツのユンカー始め経済的存立が危うい中小貴族の居場所は、
特権の余地が少ない近現代では公務員か軍人しかないシナ。

>>895
漏れは自由主義と私有財産権の保障が大きいと思う罠。
ルール自体は市場が成熟すればどこでも自然と生まれてくるもの。
これが例の「神の見えざる手」の一種だ罠。
ただ政府が私有財産の無視や朝令暮改ばかりやれば、
そもそも投資なんて誰もする気起きなくなるし。ルールも横槍で潰れてく罠

900 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/12(月) 19:34:36 ID:W4I7aK+h
>>899
>ルール自体は市場が成熟すればどこでも自然と生まれてくるもの。

それはどうだろうか?

>政府が私有財産の無視や朝令暮改ばかりやれば、
>そもそも投資なんて誰もする気起きなくなるし。ルールも横槍で潰れてく罠

こういう風に政府が自分で決めたルールを自分で破るような事ばかりしていれば、
いつまでたってもルールの自律生成は不可能。

そして現代でさえ、途上国の殆どは契約を守ると言う事の意味を理解していない。

資本主義が成立する前提である、自由主義や契約の遵守を理解するには、
まず政教分離、というか権威と権力の分離が必要なんじゃないか?

901 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/12(月) 20:58:24 ID:4TDx5dX3
>>895>>899-900
戦国時代に日本にやってきたジョアン・ロドリゲスというヨーロッパ人が、
中国人はビジネスにおいて策略を弄するが、日本人はビジネスの点ではもっとも
正確であると書き残しているので、この時代には契約を守るという精神が
日本人の間に根付いていたことがわかる。
おそらく網野善彦氏が『日本中世に何が起きたか』で分析しているように、
鎌倉時代に何か大きな変化が起こったのでは?
それと、日本は基本的に中小企業経済だけど、東南アジアあたりに行くと、
「中小企業の育成」が永遠のテーマであり、経営者が足りないのが悩みの種
だとか。

>途上国の殆どは契約を守ると言う事の意味を理解していない。

同じキリスト教圏でも、東方正教の国では契約が守られないことが多いらしいね。

902 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/12(月) 22:39:52 ID:TWnFl9pi
>>900
ルールってのは制約であると共に保障だからな。
卑近だけど、子供の遊びと同じ。
あれば便利、面白い、得する、公正だってのがルールじゃないかね。
慣習法ってのはそうやって出来ていくわけだしな。

それから、権威と権利の分離ってのは過程であり結果の一つでもあるジャマイカ。
ある日突然、教皇が政教分離を叫んだわけでもなく、自然と教皇の勢力が低下して政治に要録出来なくなった。
それが結局は政教分離になったっつー流れだ罠。
それに権威と権力の分離っつーより権力の分散だと思われ。
日本や欧州では自作農や都市市民、地方領主などが力付けて、
政府が好き勝手出来なくなったからだと思う罠。
それに私有財産権の無視ってのはルール無視じゃなくて、
政府が好き勝手出来る証左だ罠。
紀文のように贅沢華美過ぎる、財政苦しいからある所からボッシュート汁、とか。
政府の力が弱ければそんなこと起き難いだろうけど。

それと途上国で契約守らないってのは、やっぱり契約守る利益が分からないからじゃないかね。
途上国の全員が契約守らないかっつーとそうでもないし、特に厳しい外資相手だと自然と守ると思う罠。
日本や欧米だと契約守る利益ってのは骨身に沁みて、殆ど日常化してるから分からないんじゃないかな

903 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/12(月) 22:55:51 ID:GFhiQTCr
だから社会主義を導入しようとして途上国はことごとく失敗してる。
社会主義が資本主義の高度性の上に築かれるということをマルキストや
途上国の連中は理解してなかった。気づいてるがそれを正当化するために
変な方向に益々走って最後には歪んで自壊したと言ったほうがいいかも
しれんが。


904 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/12(月) 23:10:33 ID:GFhiQTCr
>>902

それは紀文でなく淀屋辰五郎の例でないか?紀文は自主廃業して贅沢生
活だった反発で余生はロックフェラーの晩年みたいなことをしたらしいけ
ど。

905 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/12(月) 23:10:48 ID:4TDx5dX3
>>902
インド人や中国人の場合、自分が属するコミュニティ(宗族組織や宗教的な
秘密結社など)の中では約束を守るが、コミュニティに属さない「よそ者」に
対しては平気で騙したりする。
どういうわけか、仲間内のネットワークの外までは信頼関係が広がらない。

西欧の場合、契約概念の発達にはギルドの果たした役割が大きかったのでは?
それぞれのギルドは守護聖人を持ち、契約の認証や履行の保証などについても、
全欧州的な「法の商人」と呼ばれる司法組織があり、地域を超えた紛争の処理を
行っていたらすぃ。

906 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/12(月) 23:13:14 ID:syTWZTRD
異教徒との約束を守らないのは、
むしろカトリックが一番酷かったけど。

907 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/12(月) 23:26:56 ID:GFhiQTCr
>>906

欧州内でもユダヤ人に対して特に酷かったみたいだね。「ベニスの商人」
なんてまさにそれ。ユダヤ人から借りた借金踏み倒しまくってたみたいだし
ね。

908 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/12(月) 23:39:06 ID:TWnFl9pi
>>904
しまったーーーーーー!!!!!
その通りだべ。うんにゃ訂正ありがたす

>>905
ギルドなぁ・・・それは上述のコミュニティーの一種じゃないかと思われ。
あまり過大評価は出来ないんジャマイカ?

>>906
そりゃまあ異教徒=非人間なんて信条だった欧州がユダヤ人を尊重するとは思えん罠。
イタリアやイギリスは扱いは悪くなかったらしいけど、
それもあくまで対等じゃなくて程度問題だったというしね

909 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/13(火) 01:36:16 ID:qUeJXbGh
ttp://www.asahi.com/business/topics/TKY200605140043.html
愛国経済 台頭する保守主義1 欧州 企業防衛に走る政府

「形だけではだめ。市場の自由化を速やかに、完全に達成すること」
市場統合を進める欧州連合(EU)の執行機関、欧州委員会が「一掃攻撃」
(英紙)に出たのは4月4日だった。資本移動を自由にし、政府は一株だけで
敵対的買収から企業を守れる「黄金株」を手放しなさい、と22の加盟国に
対して40件もの警告を発したのだ。
欧州委は、各国政府が自国企業に合併や買収(M&A)阻止の「保証」や
「支援」を与えていることにいらだちを募らせている。
スウェーデンの通信機器大手エリクソン。1株につき議決権が一つある「A株」と、
議決権が10分の1に限定された「B株」の2種類を発行する。地元ストックホルム
に両株を上場する一方、ロンドンなど海外市場ではB株だけ。その結果、海外
投資家は46%の株を持ちながら議決権は27%にとどまる。

910 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/13(火) 01:37:19 ID:qUeJXbGh
デンマークの海運大手マースクや、スウェーデンのアパレル大手H&Mなども、
同様の特別な株を使って創業家や経営陣に議決権を集中させているという。
機関投資家に議決権行使の助言をするISS欧州によると、域内の大企業
300社で「1株=1議決権」の原則に従わない企業は全体の3割を超える。
政府が公然と自国企業の買収阻止に走るのも珍しくなくなってきた。
「企業戦略が全く異なる。合併案には反対だ」
4月28日、鉄鋼世界首位のミッタル・スチールから買収を仕掛けられた
2位のアルセロール(本社・ルクセンブルク)の株主総会。「合併反対」で
拍手を浴びたキンシュ会長と並び、ルクセンブルク経済通商省のシュミット
次官の姿があった。

911 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/13(火) 01:38:18 ID:qUeJXbGh
ルクセンブルク政府はアルセロール株の5・6%を握る筆頭株主。次官は
「大株主代表」として招かれた。ミッタルが1月に買収案を打ち出すや、
真っ先に反対の声を上げたのも同国のユンケル首相。工場を抱えるフランスや
スペインを巻き込み、3カ国政府で買収反対の包囲網を築いた。
ミッタルはもともとインド系企業。よそ者が経営権を握ることによる雇用の
不安定化が理由と見られる。政府の後ろ盾を得た経営陣は、自社株買いなどに
よる巨額の株主還元といった防衛策を繰り出した。対してミッタルは買収額の
上積みを検討。政府主導の「保護主義」との対決で一歩も引かない構えだ。

912 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/13(火) 01:39:28 ID:qUeJXbGh
欧州で自国企業の保護が目立ち始めたのは05年夏から。フランスの食品大手
ダノンを、米ペプシコが買収するとのうわさが流れると、フランスの政治家は
競って抵抗姿勢を示した。
ドビルパン首相は「全精力を経済愛国主義に結集しよう。フランス企業を
守れなければ、従業員(国民)は守れない」と力説し、国内雇用にかかわる
大企業の「国籍」には、政府として強い関心を寄せていくことを宣言した。
同年末には、情報技術(IT)や国防関連など11分野で外資の買収に
政府が介入できると決めた。
「安全保障」の大義名分を立てやすいエネルギー分野ではもっと露骨だ。
イタリアの大手エネルが仏スエズの買収を表明すると、仏政府はスエズと
仏ガス公社の合併をすぐさま発表。ドイツのエーオンがスペインのエンデサ
買収に乗り出せばスペイン政府が反対と、介入が相次ぐ。

913 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/13(火) 01:40:49 ID:qUeJXbGh
人、モノ、資本が地球を回る経済のグローバル化が90年代に進み、中国や
インドの企業が新たな競争相手に躍り出た。国境を越えた企業再編は、
どこの国の経営者にとっても避けられない課題となった。バローゾ欧州委員長は
「短期的には国内首位の企業を保護できても、長期的にはその企業を世界の
2部リーグに追いやる」と警告する。
高止まりする失業率に苦闘する欧州。政権を揺るがしかねない雇用不安は
なんとしてでも封じたい、というのが各国政府の本音だ。大和総研ヨーロッパ
(パリ)のエコノミスト、エリック・ロマン氏は「フランスをはじめ欧州の
政府や国民は、アジア新興国の台頭を甘く見すぎた。グローバル化を
受け入れるしかないのは分かっているのに、対応の手立てがない。だから
政府は時間稼ぎに必死となる」と手厳しい。

914 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/13(火) 21:43:28 ID:qUeJXbGh
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060613AT2M1301O13062006.html
仏、07年に国家公務員1万5000人削減へ
【パリ=安藤淳】

ドビルパン仏首相は2007年に国家公務員を1万5000人減らす計画を明らかにした。
06年の削減見込みに比べて3倍近い規模。採用抑制などにより達成する。
学校職員ら教育関係の削減が最大で7130人。国防省も4400人の削減を見込む。
採用は司法、治安、研究開発などの分野を中心に計4000人を予定している。
現在、国家公務員の総数は約230万人。財政赤字削減などを狙う仏政府は
「(削減数は)政府機能を近代化、効率化した結果としての数字」(コペ予算・
国家改革担当相)と説明するが、労組は反発している。

↑またCPEのときみたいにデモが起こったりしないかなあ?


915 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/13(火) 21:43:56 ID:UWOrNisY
最近、ロワイヤルが妙に右派傾向を示して保守層への食い込みを図ってるが、
フランスの左派ってそれをやらねばならないくらい弱体化してるの?CPEの
騒ぎを見てる限り強そうにも見えるが、日本メディアでさえ左派が弱体化してる
と報道してるくらいだからそうなのだろうか?ここの諸公で詳しい方教えて
くだされ。

916 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/13(火) 21:49:02 ID:UWOrNisY
>>914

丸抱えしてるフランスならストでもしそうだな。日本は国鉄のスト権スト
で世間の反発を買って公務員のストライキは目の仇にされて死滅化してしまった
けど、フランスは日本の安保や全共闘の彷彿とさせる政治レベルだから
多少の騒ぎになるかと。

917 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/14(水) 02:16:35 ID:2kLMNP+k
>>901
日本史をちらりとみれば、鎌倉時代が分岐点だというのはよくわかるよ。
なんせお公家の嘘つき支配にうんざりした土着豪族が革命おこしたわけだからな。
天皇を廃位し上皇を配流し源氏も殺した鎌倉幕府が、支配の正統性に
導入したのが道理の精神だが、この道理の精神の価値を日本人のほとんどが
理解していたっぽいのが面白いね。
道理を代表する式目が、戦国時代にも江戸時代にも延々と崇拝され、
あげく勝海舟が徳川幕府に幕をおろすときにすら思い起こされてるぐらいだ。
日本人は中世に感謝しるw

918 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/14(水) 17:26:52 ID:xD7reEdx
>>917
そうでもないよ。土地の私有化・封建制の萌芽は、
三世一身法(723年)や墾田永年私財法(743年)に遡る。
実に奈良時代なのね。

関東で新皇を名乗った将門公の反乱は939年で、
平安貴族の全盛期だった藤原道長の登極(996年)より早い。

鎌倉時代に突如変転があったように感じるが、
社会変動はそれよりも相当前から始まり、
数世紀かかって徐々に進行していってた。

919 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/14(水) 18:27:14 ID:HeypCgzq
>>916
ttp://france.blogtribe.org/entry-38c451968b9b3d4c26aaa924e3fdddd6.html
ttp://france.blogtribe.org/entry-f524c59b3db03625167765a532ae1a17.html
ここを読むとEDF(フランス電力公社)やSNCF(フランス国鉄)の
手当はかなり手厚いみたいでつ。

>>918
日本の場合、朝鮮半島やベトナムと違って、中国の直接支配を受けた
ことがなかったのが大きいのでは。
未開の部族社会に、律令が導入されたことによって徐々に封建制が
生まれていった。

920 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/14(水) 21:58:51 ID:uFkUOu3T
>>917>>918
政治体制の話と経済社会の話は密接に関連するものだけど
単純に同一視はできないと思うがなあ。
日本の場合(以下の話は西ヨーロッパの状況と同じなんだけどね)、
古代文明の「商業」というものを本当には知らないまま中世に突入している。
この古代文明の商業というのは、限りなく詐欺師・ペテン師に近い
口車を駆使して相手を騙す(相手も当然騙してくる)ことを繰り返して
値段と条件の落としどころを決めて「商談」を結ぶもので
極めて古い時代の中東が起源だろうと言われている。
この中東式商法では詐欺・ペテン・裏切りは、アラビアンナイトを読めば
分かるように、商業的美徳(頭の良さを示す証左)とされている。
これは早い時代に中国にもインドにも伝わって商業文化の根幹となっているが
日本には結局現代まで一度も伝わらなかったらしい。
倭寇から近世初期の対外貿易の商人たちにも中東式商法の影は見えない。

921 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 00:28:10 ID:yk28zFst
>私有財産制

中世の日本には、いったん相続した土地でも親が返せと言えば返せる「悔返し」
という権利があったんだが、寺社に寄進した土地に対してはそれができなかった。
西欧の場合、例えばスカンジナビアではオーダル(家の世襲地)を他人に譲渡
した場合、たとえそれが数世代前のことであっても、金を払えば事実上
いつでも取り戻し可能だった。中世西欧でこういう習慣がなくなったのは
やはりキリスト教の役割が大きかったのではないかと思う。

ちなみに中国では清末に太平天国が天朝田畝制度(16歳以上の男女に田を均等に
支給し、私有は認めない)という『周礼』の大同の理想に基づいた制度を主張
したし、
ロシアのミール(農村共同体)では土地は神から与えられたものであると考えられていて、
勝手な私有は許されないと考え、土地を共有して皆に平等に分配していた。

こういう違いがなぜ生じたのかはわからないが、中国やロシアの民衆には、
古代の呪術的な思考が強く残っていたからだろうか?

922 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 01:43:52 ID:xd+RdO89
>>921
安定した私有財産制というのは勿論ローマ法に起源を持つものなんだけど、
古代末に西方キリスト教会がその残滓を若干受け入れたところがあって
それが西欧で部族社会に普遍的な「ジャイアンは取り返しおk」体質を
抑え込む一応の最初の基礎にはなっているようだからね。
だがこれはキリスト教自体の教義によるものではなくて、
西方キリスト教が末期ローマ帝国を「通過」した際に付着したもの。
だから東方の教派には全く関係ないし、ユスティニアヌス法典を編纂したはずの
当の東ローマ帝国の国教である東方正教会でも忘れ去られた。
ビザンツ人はすでに法典のラテン語を全く読めなかったからだ。
だが、西ヨーロッパでも私有財産制が機能・発達しはじめるのはルネサンス以降、
古典古代の文献が正しく読み解かれるようになってから。

923 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 10:08:54 ID:yk28zFst
ttp://www.asahi.com/business/update/0615/001.html
欧州自工会、トヨタの加盟を拒否 利害対立を懸念?

トヨタ自動車の欧州現地法人が、欧州の業界団体「欧州自動車工業会」(ACEA)に
加盟を拒否されたことが分かった。トヨタは今後も加盟を求めていく考え。
米ゼネラル・モーターズ(GM)を抜いて世界一をうかがう勢いのトヨタだが、
欧州メーカーの「仲間」入りにはまだ壁があるようだ。
ACEAによると9日、イタリアで06年総会を開き、GMやフォード・モーター
という米国メーカーを含む加盟13社による投票を行った結果、加盟の要件である
全員の賛成が得られなかった。
ACEAは拒否の理由を明らかにしていないが、「日本メーカーへの差別ではない」
(イバン・ホダック事務総長)としている。ただ、背景には、欧州メーカーの中で
利害対立を懸念する声があったとみられる。
トヨタは安全基準や環境規制についての情報収集や政府機関への働きかけ強化を
狙って、90年代後半から加盟を打診。05年1月には正式申請したが、
ACEAは05年総会で結論を保留していた。

↑日本車の輸入制限は2000年に撤廃されたんだっけ?

924 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 12:48:27 ID:V7Q4KulY
>>922
古代文献は法律、人権には大きな影響を与えたけど、
私有財産制は中世の領主や都市市民が徐々に成立させた物じゃないかな。
馬の耳に念仏って訳でもないが、基盤がなければ幾ら古代文献が解読されても無駄な希ガス

925 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 18:49:36 ID:y12lTkMe
>>923

環境保護が「進んだ」欧州とはいえ、その技術は日本のほうが上。こない
だのトヨタがエタノール導入を導入を発表してるのに欧州はやっとハイブリット
をしようという段階。トヨタが入って環境規制を強化しようとロビー
活動すれば欧州の自動車が基準をクリアできなくなり産業として成り立たなく
なるかトヨタに買収されるだけの運命になる。

926 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 19:30:41 ID:+c5wByBT
環境論、環境保護についてのリテラシについて、
日本よりもEUの方が「進んで」いるにも関わらず、
その具体的な技術については日本の後塵を拝している、というのはそうかもしれない。

しかしバイオエタノール車はダメだ。あれは環境保護「っぽい」だけの、
実際にはまったく逆にしか作用しない完全なまがい物だ。

なんでダメなのか、ちょっと冷静に考えてみてくれ。
すぐに気が付くと思う。

927 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 19:34:37 ID:yk28zFst
>>922>>944
近代以降、アジア・アフリカ諸国は欧米の法制度を取り入れたが、外面の
西欧化の下では今でも伝統的な慣習、あるいはそれが変形した形を保っているね。
初期中世のヨーロッパでも、表面上はキリスト教化したが、実際には
ゲルマン古来の習慣(例えば神明裁判など)が行われていた。
10〜11世紀に西欧では「農業革命」(三圃制・牛耕・有輪犂)が起こり、
「農業生産力の向上→余剰生産物の発生→交換経済の成立→都市や商人
ギルドの成立」という現象が起こる。
そしてこれと同じ時期に、グレゴリウス7世以降のローマ教皇たちによって
教会改革が行われ、聖俗が分離し、神明裁判が否定され、ローマ法が
進出し、教会法とともに合理的な訴訟手続きが発展していく。その後に
登場したのが、教会と世俗権力が司る、文書や証人、証言による合理的
説明だった。
イングランドでは証人の喚問として始まった陪審制が成長を遂げ、大陸
ではローマ法の復興により裁判官が審理の中心に位置することになる。

おそらく、大きな変革が起こるには宗教(またはイデオロギー)と世俗
世界での動き、あるいはエリートと民衆双方の動きが連動することが
条件なのでは?

逆に宋代の中国のように、稲と麦の二毛作や農業技術の進歩・品種改良、
により江南の農業生産力が上昇し、商工業・貨幣経済が発達したにも
かかわらず、根本的な変革が起こらなかったケースもある。

928 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 19:42:27 ID:yk28zFst
ttp://www.asahi.com/international/update/0614/016.html
EU憲法制定、08年末まで先送り 首脳会議で確認

欧州連合(EU)は15、16の両日にブリュッセルで首脳会議を開き、批准作業が
滞っているEU憲法条約の扱いについて、決定を08年末まで先送りすることを
申し合わせる見通しだ。各国の考え方の隔たりは大きく、今後の道筋は不透明。
「欧州統合の深化」を象徴する憲法制定は今後2年半は足踏みが続く。
EU憲法条約案は、05年にフランスとオランダが国民投票で相次いで批准を否決して
以来、塩漬け状態にされている。
シラク仏大統領とメルケル独首相は6日の首脳会談で、ドイツがEU議長国を務める
07年前半に憲法の扱いについての「たたき台」を示して議論を再開し、フランスが
議長国になる08年後半に最終決定することで合意した。EUを引っ張ってきた
仏独主導で局面打開をはかる考えだ。
だが、両首脳の間でさえ考え方は異なる。メルケル首相は「欧州が機能するには
憲法条約が必要だ」として、現条約案を生かす立場。一方、シラク大統領は
「いまの枠組みの中で、より良く機能する方法をどう見つけるかも検討課題のひとつ」
と述べ、憲法制定には必ずしもこだわらない考えを示唆した。

929 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 23:09:16 ID:xd+RdO89
>>927
中世カノン法と言っても「近代的な」部分は
悉くローマ法または古典古代哲学からの引き写しなので
宗教権威によるか世俗の政治機構の発達によるかの差はあっても
起源は同じということになるだろうね。
学問の発達などのエリートの知的水準の問題と、
庶民の社会の仕組や生産力の問題と
2つの問題が複雑に絡み合って近代化の前提をなすことには同意するよ。
中国やイスラム圏(オリエント)などの場合でも、
古拙帝国社会の病巣に対しては彼らなりの処方箋が十分に発達したわけで、
イスラム教や新儒教(朱子学)などはそれにあたると思う。
イスラム教などは、当時としては非常に優れた社会統制ツールを内蔵している。
「ジャイアンがどんなに偉ぶっても勝手に神になれない(神はアラーだけ)」
「ジャイアンでも勝手に暦を弄って権力に資せない(閏月禁止)」
何より「ジャイアンものび太もアラーの前では平等」だ。
朱子学などは、「サル社会的な上下秩序」を世界を構成する最重要秩序として
明確に示すことにより、古拙的神懸りを徹底排除している。
これらを深くは知らないままに社会を発達させ古典古代文献に触れられた
(日本の場合は19世紀半ばまでかかるが)というのが
日本と西欧が幸運だった最大の理由だろうね。

930 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 00:44:12 ID:edyQz6Jc
ttp://www.diplo.jp/articles05/0511-4.html
国際会計基準という新たな錬金術
ジャック・リシャール(Jacques Richard)パリ第九大学教授

ロンドンに事務局を置くIASBの委員14名のうち、10名はアングロ・サクソン
諸国の出身である。他国の委員たち(フランスは1名)も彼らと立場の近い者
であり、通常アングロ・サクソン系の大手監査法人に在籍したことのある専門家の
中から厳選される。この手の組織では、ドイツ流の労使共同決定の擁護者や
労働組合の代表を呼び入れたりはしないものだ。

↑日本では新会社法により、従来の大陸法から英米法へシフトする方向へ
向かっているが、フランスでは国際会計基準に対して反感を持っている
人間がいるようでつ。

931 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 10:21:38 ID:T4NQ6r1B
会社法と新会計基準は関係無い。

日本の新しい会計基準は元々のドイツ民法に、
「英米的なもの」をチョコチョコと上乗せした
だけのものであり、大陸式から逸脱してない。

932 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 12:16:25 ID:kUX3IJwt
>>930

新型会計にすると大陸系の企業(中小あたり)が不利益になるんだろ
うか?それともフランスおなじみの病的な中華思想か?

933 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 14:58:28 ID:T4NQ6r1B
というより、例えば電力の自由化の結果、
電力供給の質が低下しても、

ニューヨーク大停電(newyork blackout)
http://www.bo-sai.co.jp/newyorkteiden.htm

別に気にしない人たち(アングロサクソン系)と、
そうじゃなくて凄く気にする人たち(日本、ヨーロッパ)との
国民性の違いなんじゃないのかな。

934 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 18:32:02 ID:edyQz6Jc
>>933
ヨーロッパ大陸や日本では企業の社会的責任ということがよくいわれるね。
ttp://oohara.mt.tama.hosei.ac.jp/oz/511/511-1.pdf
欧州的労使関係とドイツ・モデル

ジョゼ・ボヴェのマクドナルド解体事件を、「モラル・エコノミー」で説明
する人もいる。フランス革命直前に起きた「小麦粉戦争」や、19世紀プロイセンの
食糧騒擾、大正時代の米騒動がその典型。

ttp://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20051217
フランスの「小麦粉戦争」で特徴的なのは、この食料騒擾を起こした民衆が
暴力で奪った穀物を一定の価格で困窮した人々へ販売するという行為が観察
されたことです。しかも、この販売代金は市場を管轄する役人のところへ
手渡されたのです。この出来事は「民衆的価格設定」と呼ばれていますが、
この時、民衆たちは彼らなりの正義感から「一定の公正な価格」を想定して
いたことになるのです。つまり、彼らは市場の原理(需要=供給の原則)よりも、
彼らがそうあるべだきと考える「公正価格」を想定した訳です。

935 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 21:28:19 ID:edyQz6Jc
ttp://www.asahi.com/international/update/0616/014.html
EU憲法条約、ドイツ首相に「丸投げ」 首脳会議で決定

欧州連合(EU)は15日の首脳会議で、難航しているEU憲法条約の扱いについて、
ドイツとフランスを中心に08年末までに最終結論を出すことを決めた。ただシラク
仏大統領は07年の引退が確実で、憲法の行方は事実上、メルケル独首相に丸投げ
された形だ。主要国の首脳が求心力を失いつつあるなかで、EUの「メルケル頼み」が
鮮明になっている。
EU憲法条約は、フランスとオランダが05年に国民投票で相次いで批准を否決して以来、
塩漬け状態になっている。首脳会議では、独がEU議長国を務める07年前半に
「憲法条約の将来についてのリポート」を各国に示し、仏が議長国になる08年後半に
最終結論を出すことを決めた。
ただシラク大統領は自ら打って出た憲法条約の批准が国民投票で否決され、求心力を
急速に失った。07年春の大統領選には出馬しないことが確実だ。15日に発表した
声明では「ドイツが手続きを進める提案をしてくれることを信じている」と述べるに
とどまった。

936 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 21:28:50 ID:edyQz6Jc
一方、メルケル首相は「欧州には憲法が必要だ」と宣言し、局面打開に意欲を見せた。
首相は昨年12月の首脳会議で、難航していたEU中期予算案について、ドイツの
財政負担を増やして合意に持ち込んで以来、「交渉人」として名をあげた。今回も
その手腕に期待が集まっている。
とはいえ打開の道筋はまったく不透明だ。ドイツが議長国を務めるのは07年1〜6月。
かぎを握る仏大統領選とそれに続く国民議会(下院)選の結果が確定するのは07年
6月上旬で、仏の新体制を見極めてから憲法条約の扱いについて道筋を示すまで
1カ月もない。
しかも独やスペインなどすでに批准を済ませた15カ国が、基本的に現条約を生かす
方向なのに対し、国民投票で「ノー」が突きつけられた仏とオランダにとっては、
条約の修正か新たな草案が必要だ。英国やポーランドは憲法づくりそのものに消極的で、
加盟国の立場はまったく異なる。
それでも、今のEU主要国の中でメルケル首相以外に指導力を発揮できる首脳がいない。
英国のブレア首相は昨年の総選挙と今年の地方選挙で大きく議席を減らし、政権維持に
手いっぱい。イタリアのプロディ首相も与野党伯仲の中のかじ取りを余儀なくされている。

937 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 23:08:33 ID:T4NQ6r1B
>>934
ちなみに話しを戻すと、新会計基準だと、
その時その瞬間の株価(時価総額)が、
1セントでも上回ってる方が、下回ってる方を
吸収合併する、というのがある。

株式市場の原理は常に正しい価額が
付けられる、という奴らの思想が
滲み出ている話だ。

938 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 23:47:56 ID:Ebwiep9M
W杯に首脳ら気もそぞろ・EU首脳会議
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060616AT2M1600G16062006.html

 首脳会議よりもW杯――。15日ブリュッセルで開かれた欧州連合(EU)首脳会
議では、ブレア英首相ら一部首脳が、会議そっちのけで、自国チームの試合に熱中
する場面がみられた。

 ブレア首相は同日夕方行われた開幕会議に遅刻。一次リーグB組のイングランド
対トリニダード・トバゴ戦の前半戦を英代表団の控室でテレビ観戦。さらに後半戦
最後の35分間を見るため、会議の席を離れた。

 一方、同日夜にやはりB組でパラグアイと激突したスウェーデンのペーション首
相は夕食会には参加したものの、携帯電話で試合経過を終始チェック。両首脳の熱
の入れ方が実ったか、イングランド、スウェーデンともに試合は快勝した。(ブリ
ュッセル=野沢正憲)

939 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 00:11:19 ID:zTn9Q4eW
>>933>>934
社会的責任を言う割には、欧州大陸のインフラ供給も大概なものだけどね。
イタリアなんて、郵便物は届かない、FAXは途中で止まる、電話は切れる、
電気料金はきちんと計測されず供給者が適当に推測した値で請求書が来る、
なんてことはごく最近までザラだったんだけどな。
90年代末の「EU域内グローバル化」で新規参入・流動が容易になって
一番改善されたのがインフラ供給の質だったというのはまさに皮肉だろうね。

結局、>>934が主張するような「欧州社会の美風たる社会的責任論」とは
19世紀ドイツの「社会国家論」以来の伝統を誇る
「後進地域の反近代主義の理論武装」に過ぎないところがある。
彼らが勝手に言う分には構わないが、日本を巻き込むのは勘弁して欲しい。
「社会国家」から「ナチス」に至るドイツの「反近代論のコロラリー」に
強く共鳴してがん細胞のように発展して日本社会を蝕んだ
大日本帝国の「日本主義」というあまりにも悲惨な例を経験済みだ。

940 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 00:26:01 ID:3iZ+BQYB
イタリアはヨーロッパじゃないだろw

まあ、ヨーロッパ最大の落ちコボレかww

アメリカのもっとも貧乏な州とパリとの

所得を比べる、とかしていいのかいwww

941 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 01:35:43 ID:Cmg5ViLX
>>922
>ローマ法

古代ローマの法学者は、抽象的・哲学的思考方法や組織体系に関心を示さず、
どちらかというと英米法に近かったといわれているが、近代ヨーロッパの
大陸法は非常に抽象的・体系的。
大陸諸国ってなんであんなに観念的なんだろ。
18世紀末から19世紀初頭にかけて、文学・芸術の分野で古典主義が流行したが、
ドイツ古典主義の作品は現実を遊離する傾向が見られ、一般的に力強さに欠ける
とよく指摘される。
(ちなみにフランスではローマ史が愛好されたのに対し、ドイツではフランス
への反発や、諸邦が並立する帝国の現状から見て、ポリス単位の社会が理想像
と考えられ、ギリシアが愛好された)

>>939
日本やヨーロッパ大陸の企業は「ムラ社会的な共同体」なんだよね。
SPDの連中はキケロの、『公共の福祉こそ最高の掟』という格言を引用して、
エゴイズムが最高の掟であってはならないと主張している。

平野義太郎の大アジア主義論
ttp://www.jaas.or.jp/pdf/49-4/44-59.pdf
戦時中の英米個人主義対東亜共同主義という図式は、このゲルマン法的立場から
ローマ法思想の克服をめざす「ゲルマン共同体対ローマ個人主義」という論法を、
いわば横倒しして適用したものではないかというのである。

942 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 02:23:59 ID:QmJ7U+47
>>926

バイオエタノールが環境保護にならないというのはどういう意味?
植物が空気中の二酸化炭素を利用してから作ったエタノールだから、燃やしても空気中の二酸化炭素を増やすことにならないといわれてるが、
温暖化自体が嘘だから意味がないということか?

943 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 10:58:07 ID:gl7kpBuF
サッカー見ててセルビア・モンテネグロはやる気全然ないなあ。オランダ戦の
ときも国歌斉唱はお通夜状態で盛り上がりに欠けてた。オランダは盛り上がったの
に。

944 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 11:14:00 ID:gl7kpBuF
>>939

その社会的責任論が欧州が改革に守旧的であるのを正当化する理由にもなってるな。
社会的能率を重視する余り機能的な能率の低下や浪費を正当化することになり、社会や国
を機能不全に陥らせるという。日本にとって「古い欧州」は反面教師だな。

945 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 11:19:31 ID:gl7kpBuF
しかし、ジョゼ・ボヴェのやったことはある種のテロだろう。イスラム原理
主義の連中が欧米の文化侵略とケンタッキーやマクドを襲撃してるのと全然かわらん。
マレーシアのマハティールはそういうのをヒゲを生やしてうわべを気遣っても物
事は解決しない問題から目をそむけてるだけだと痛烈に批判していたが、フランス
の場合もそれと同じ。

946 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 12:18:24 ID:xLUOm2d4
売国メディアの総司令官、朝鮮、中国の誇る朝日新聞社が、歴史問題・
領土問題について、中韓の主張を、あたかも世界の主張のようにウソを
書いているが、昔と違いインターネットでいくらでも正確な情報が得ら
れる昨今、心ある人間はこの犯罪的な売国メディアの情報操作に容易に
は引っ掛からないだろう。朝日新聞がCMで宣伝しているジャーナリスト
宣言は、現在のところは売国奴宣言以上の実効性を伴ってはいない。

連日小泉叩きに夢中だが、社内に相当数の在日が存在すると推測される
新聞社だけに、まさに社を挙げてのアピールに必死である。現在、国会で
審議されている共謀罪が、よっぽどいやなようだが、人を傷つけたり、
さらったりする謀議に喜んで参加するのは、善良な一般市民などではな
く、朝鮮総連や民潭等の在日朝鮮人がメインであることは疑いようがない。
朝日以外にも、予想通り毎日(TBS)グループや、社民党、民主党、
日弁連等が共謀罪反対をアピールしているが、日弁連が加わっているあた
りが、人権・差別反対を盾に勢力を伸張させてきた在日朝鮮人らしいやり
方である。人気のブログ、きっこの日記も、これらの勢力と同一路線であ
ることから、やはり、噂どおり、彼らと同じ穴のムジナらしい。
すっかり自分も騙されていたようだ。


947 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 13:31:36 ID:Cmg5ViLX
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060617AT2M1602616062006.html
独、付加価値税率3%上げ・最大規模の増税に
【ベルリン=菅野幹雄】

ドイツ連邦参議院(上院)で16日、間接税の付加価値税率を2007年1月から
3%引き上げて19%とする財政再建関連法が賛成多数で可決、成立した。
2大政治勢力がメルケル首相を支える大連立政権下で、過去最大規模の
増税策が固まった。ドイツは財政赤字の削減に一応のメドをつけたが、
同時に景気減速のリスクも負うことになった。
増税法案は1カ月前に連邦議会(下院)を通過した。16州代表で構成する
上院の採決では、首相のキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と
連立相手の社会民主党(SPD)の国政与党が政権を構成する11州が賛成。
国政野党が政権に加わる5州は反対や棄権をしたが、賛成票が過半数に達した。
買い物やサービスのたびにかかる付加価値税の引き上げは本格的な財政再建の
柱となる。3%の税率引き上げで連邦政府には平年度ベースで最大140億ユーロ
(約2兆円)、州政府には80億ユーロの増収をもたらす。このほか都市近郊の
公共交通網に対する連邦政府の補助金カットや、貯蓄奨励の非課税枠縮小
などで赤字を切りつめる。

948 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 13:34:16 ID:V/OFM5Tr
>>938
今回のEU会議は、もっとも退屈な会議といわれるぐらいに
なーんにも議題がなかったからなw
去年の戦争状態とは大違いだ。

英代表団の控え室には、ブレアの指示でわざわざテレビを設置したというから
最初から見る気まんまんだったわけで。

949 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 13:35:57 ID:Cmg5ViLX
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060617AT2M1602P17062006.html
欧州航空防衛最大手EADSトップにインサイダー疑惑
【パリ=安藤淳】

仏金融当局は16日、欧州航空防衛最大手EADSの共同最高経営責任者(CEO)らを
インサイダー取引の疑いで調査する方針を明らかにした。傘下のエアバスが13日に発表
した超大型機量産計画の遅れによりEADSの株価は暴落したが、共同CEOらは
今年3月にストックオプション(株式購入権)を行使して大量の株式を売却、利益を
得ていたことが判明した。
ノエル・フォルジャール共同CEOと3人の子供、EADSの5人の幹部が計5万株
以上を購入後、売却した。フォルジャール氏は約250万ユーロ(約3億6000万円)の
利益を得たとされる。EADSは16日、フォルジャール氏らは「社内規定に従い
正しい手続きで権利を行使した」とする声明を出した。
EADSの株価はエアバスによる総2階建て超大型機「A380」量産計画が遅れる
との発表後、急落。14日の終値は前日比約26%下落した。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)