5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

南京大虐殺はやっぱりうそだったぁぁぁぁぁぁぁ

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/08(水) 22:54:42 ID:gL76+rVq
中国の掲示板(南京関連)に、
「南京大虐殺の経験談、目撃談などきいたことはありますか」という
スレ立ててみたw 
そして数時間。1つもレスがないw

http://post.baidu.com/f?kz=87329253

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/08(水) 22:55:45 ID:gL76+rVq
中国の2ちゃんねる。
ここの「日本板」には反日の方々がたくさん過激な書き込みをしています。

http://post.baidu.com/f?kw=%C8%D5%B1%BE

すでに2ちゃんねらーが何人か友好の書き込みをしているものの
頭の固い反日の方々は聞く耳を持たない。

「天安門」とか「共産党」とか書くとすぐ削除される罠w
その場合はスペース空けて書けばOK。日本語で書ける。
レッツ民主化!

proxyは ここ
http://www.cybersyndrome.net/plr3.html

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/08(水) 22:57:26 ID:Qaxj2haD
おお?面白そうじゃないか。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/08(水) 23:11:18 ID:gL76+rVq
←南京大虐殺はうそ、でっちあげだと思うやつの数

http://post.baidu.com/f?kw=%C8%D5%B1%BE

中国の掲示板にスレ立ててきた。
おまえらも署名よろしくw

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/10(金) 16:40:44 ID:yBcXO9Zn
何を今更(´_`)=3

虐殺された数が増えていってる時点で嘘でしょうに

てか日本軍は食料の配備までしたのになんで叩かれなきゃならないんだろうか?

中国人の考える事は全くわからない

またそんな中国人や虎の威をかる狐(いや豚の威をかる鼠か 笑)のいいなりになっている日本政府が考えている事もわからない


日本人はもっと危機感を持つべきだろう

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/12(日) 23:30:21 ID:PTmwYKgD

ネット上だけでも支那畜を撃退したいやつは
こっちのスレに集合

【日中】ハ´;)鰯BAKKER VS 猫VIPPER(´・ω【友好】145春の嵐+
http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1141633737/

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/15(水) 23:22:27 ID:PAoecjF9
ホロコースト、大量虐殺スレは既にありますので移動願います。

コール元独首相:「ホロコ−ストは作り話」と語る
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1141630802/l50


8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/19(日) 12:27:05 ID:DyvMDOoN
はあ?日本が犯罪者国家であることは世界中の常識ヤン

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/19(日) 16:00:47 ID:jn3pFn19
中国が犯罪者国家であることは世界中の常識

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/19(日) 16:01:38 ID:AdH8eCv9
日本人よ、国会議員よ、これを見よ。目を覚ませ。すぐに手を打て!
http://ryutukenkyukai.hp.infoseek.co.jp/spy_boshi_1.html
★ 秘密文書中国共産党の「対日政治工作」


11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/22(土) 14:29:23 ID:esr7cqZm
>>1
中国語分かるんなら、その掲示板に南京が嘘だっていうソースを貼ってくれ

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/22(土) 19:11:52 ID:tLyk5RuA
>またそんな中国人や虎の威をかる狐(いや豚の威をかる鼠か 笑)のいいなりになっている日本政府が考えている事もわからない
政府内に中国韓国の回し者がいる
経済面でもパチンコやさら金業者などは在日朝鮮人が優勢

そのうち裏から日本乗っ取られそうで怖いんだが・・

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/22(土) 21:36:05 ID:EGsIxplT
>>1
南京大虐殺はありました。まちがいなく。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/22(土) 21:43:42 ID:lixO7lGn
なんだかわかりませんが、ここにティッシュ置いておきますね。

(AAry

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/22(土) 23:57:47 ID:B53Z7ILT
>>13
そのほうが都合のいい奴はいるわな。
おまえみたいに


16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/19(金) 09:08:54 ID:RTNgF40m
中国人が日本人を虐殺したナンキン虐殺の事実を隠そうとする為のものではないか?
それと南京で起こった戦闘は中国共産党と国民党の争いではないのか?

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 02:27:20 ID:qOrDd9OL

嘘まみれのプロパガンダ映画に抗議のコメントを!
感情に走ることなく、理路整然としたコメントをお願いします!

「The Rape of Nanking 1〜6」
http://www.youtube.com/watch?v=DQsBO7uy1CU
http://www.youtube.com/watch?v=wJg37yPw9hk
http://www.youtube.com/watch?v=DGOQOqNsJ7s
http://www.youtube.com/watch?v=sGfbMxc_OWA
http://www.youtube.com/watch?v=Ue--ekWoWTk
http://www.youtube.com/watch?v=u1rSnptIQPc


18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 06:18:15 ID:vlRAETai
南京大虐殺とアウシュビッツのユダヤ人の虐殺はプロパガンダ

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 09:34:55 ID:58pIKp3D
もし大虐殺があったとしてもなんで責められらきゃいけないの?
人工増加を抑制してあげたんじゃん。はやく感謝しれ

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 13:26:02 ID:vCF8eZxW
このスレたてたアンチャンは相当のアホやなぁ!戦後GHQに全てを持ってかれる前に事実や記録や写真、資料全てを目に見える形で残した1〜16+上下の図鑑があるんや。あまりに古すぎやし少ないけど残ってる。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 13:29:08 ID:vCF8eZxW
なんも知らんでがおるアンチャンは家でマンマのチュ〜チュ〜しとけや、ボケッ!南京で日本軍は上官から命を取られないように中国人を殺したんや。たたやったのとちゃうぞ!

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 13:32:23 ID:uSnLdZ5L
証拠を見せろ。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 13:34:23 ID:vCF8eZxW
首落としてその首でサッカーしたり、天狗になったアホぅは自らの軍刀つこぅて1日で何人の首を落とせるか競いあったんじゃ。しかも賭けたもんがタバコの4〜5本やぞ?それでもアホほぞくんか?!

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 13:40:14 ID:vCF8eZxW
日本刀は切れ味鋭いがはころび易いからまともに斬ったら10人強が限界らしい。俺もちっさい時にその図鑑の生々しい写真や当時の陸軍新聞見てビックリや!中には何人かで民家に押し入って女性を辱めたんや。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 13:45:43 ID:lkzAp3MO
この流れなら言える

日本語でおk(ウルトラマソry

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 13:49:08 ID:vCF8eZxW
ほんで母親は自分の赤ちゃんを隠したが泣き始めたが為に見つかって中華鍋の大量の油ん中に天ぷらのように入れたっちゅう報告文を実際に上官へしとるんや。中国を降伏させるつもりが逆効果や。同じ日本人としてがっかりや。わかったら語んなだアホッ!ちゃすそ

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 13:59:03 ID:3K8TZ/mC
あのね、陸軍は古今東西、未来永劫に人対人。
強いものが強いときになにしてもOKなの。
海と空は相手見えないでしょ。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 14:09:09 ID:UDwdJdpY
                         ミミ ヽヽヽヽリリノノノノ
                        ミ   ,,、,、,、,、,、,、,、、 彡 
                         l  i''"        i彡
                         | 」  ⌒' '⌒  |  
                        ,r-/  <・> < ・> |    
                        l       ノ( 、_, )ヽ |  
                        ー'    ノ、__!!_,.、|      
                         |     ヽニニソ  l      
                        . ヽ         /    
                        ,f'、\__::::::  
                      .. ...,,ノ       ::、
                   ,.r '´    ー-`  '´ - ‐  ̄    `'ー 、
                  ,/  _,.                      ヽ
                  ,レ' ´                i      l
                /           ,             ,l      l
               。'i            !     r',ヽ    l l       l
        ,、r;,         i'゙            !      ヾ'-'    l. l     l
    _,r'´、l.レ'、         '、          , '、          ,/ l     ,.!v-、,_
   l L.., }   !         ハ、     , ‐'  ヽ、       ノ  /!    /`,/_,l L,


29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 14:11:03 ID:vCF8eZxW
せやけど中国側にも非があることがいえる。なぜなら亡くなった人数は実際不明やけど、中国側の発表はあまりにデカすぎる。日本軍とすればそうまで殺さなくても十分に中国側に打撃を与えられたし、南京攻略はさほど難ではなかったんや。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 14:16:15 ID:vCF8eZxW
なんせ南京城はただの外城やから工兵がめっちゃ活躍したんや。外を払えば町やでのぉ。いくら外城とはいええらく簡単に落ちた。それもそのはず中国側は当時の条約をやぶり中国軍は私服を着て民間人に紛れたんや。つまりはゲリラに近い。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 14:23:00 ID:vCF8eZxW
各地でチョビチョビ起こる小戦闘に思わぬ被害を被る日本軍は指揮能力と戦意の低下及び輸送隊の奇襲を恐れ世に言う南京大虐殺を軍部命令で行ったんや。つまり輸送を分断されつつあって中国側の死者発表は現実的にありえへんのや!

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 14:29:51 ID:vCF8eZxW
俺はこう見る。勝てば官軍に則って中国側はわざと南京落とさせて虐殺させたんちゃうかと。中国側のメリットは国内の戦意高揚と統一。もう一つは日中戦争を国際的な関心事にする。特にアメリカからの関心。と俺は考える

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 14:51:11 ID:vm1nQiqI




34 :koue1ty@非戦主義 ◆bLAROckCS6 :2006/06/18(日) 15:16:58 ID:2uXjTdqL
右翼・保守・極右・正論読者・産経新聞読者・サピオ読者・愛国者・
国粋主義者・独裁主義者・復古主義者・歴史修正主義者・軍国主義者・
民族主義者・武士気取り・国士気取り・通り魔予備軍・文学的変態・
言論チンピラ・ネットチンピラたちに質問します。

【言論チンピラ妄言解毒対策レス#41】
南京大虐殺はなかったと主張する学者は実在しますか? もし実在するなら名前を挙げてください。



35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 15:30:02 ID:A4g8sNZ3
だいたい、日本人がシナ人大量虐殺する理由なんか無いからね。
30万人殺そうと思ったら大変だよ。
広島、長崎の原爆合わせてやっと30万人だからね。
それを銃剣や日本刀ではねェ。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 15:41:14 ID:vCF8eZxW
34,35>確かにあんたのおっしゃる通り、んなアホな学者は蟻1匹とおらんわ。せやからこんなスレ立てよる、だッアホの顔拝みたいわな。反省すべき所は反省や。今更亡くなった人の数にとやかくいうのも女々しいが、いくらなんでも中国側の発表はムチャクチャや!そぉ思わん?

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 15:46:23 ID:lYuHhOiw
そんな昔のこと しらん だいたい関係ないし

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 16:55:40 ID:BL5JN0up
大量の鉄砲の弾が要る
大量の日本刀(笑)がいる
大量の爆弾もいる
死体を始末するにも労働力が要る
油もいる
まして30万w
当時の日本にそんなことに金をかけている余裕は無いよ

39 :koue1ty@非戦主義 ◆bLAROckCS6 :2006/06/18(日) 17:03:06 ID:2uXjTdqL
>>36
【言論チンピラ妄言解毒対策レス#62】
私もそんな学者知りませんよ。でも君は南京大虐殺は無かったと主張を繰り返すのならそのような主張をしている学者の名前を挙げてください。存在するはずですよね? その学者が。ok
繰り返し質問します。
南京大虐殺はなかったと主張する学者は実在しますか? もし実在するなら名前を挙げてください。

>>38
【言論チンピラ妄言解毒対策レス#45】
都合の悪い質問はスルーですか? 繰り返し質問します。
南京大虐殺はなかったと主張する学者は実在しますか? もし実在するなら名前を挙げてください。



40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 17:25:15 ID:YwzUf4A0
>>39
すぐに名前が出てきませんが、書店でいっぱい並んでいます。
「南京大虐殺はなかった」と著名人がいっぱい書いています。

あなたは、「学者が・・・」と言いますが、学者の言うことは全て正しいのですか?
世の中には、未だに「地動説」を唱える「学者」もいます。彼を信じるのですか?
そういった誤った「権威主義」に陥った自らの視野の小ささをまず疑うことをお勧めします。

ちなみに、当初「南京大虐殺があった」と言った学者のほとんどが、
「無かった」と言っているのはご存知なのでしょうか?

41 :ぽっぽ:2006/06/18(日) 18:12:33 ID:vCF8eZxW
おいおい…非戦主義語る39のアンチャン…あんた何を今さら言うてますのぉ。。俺が南京大虐殺なかった言うてる!?お前相当なアホなんちゃう?前の文読めや!前の文!!読んでから載せや、だっアホ!俺は20,21,23,24,26,29,30,31,32,36書いとんじゃ。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 18:21:45 ID:vCF8eZxW
おいッ!40はん。地動説は世の中でフツ〜やって言われとるのに、あんたの頭ん中では「地動説を未だに唱えとる学者がおるぅ!」やて?自分天一やな☆科学的な間違いは天動説やろボケッ!アンチャンこそ天動説みたいなノ〜テンキな頭もってんちゃう?(笑)

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 18:29:12 ID:UDwdJdpY



44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 19:23:53 ID:Z4nv6r5H
やってなかったら日本はつっぱねるだろ

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 20:25:51 ID:Stqx84KU
今時南京虐殺みたいに出鱈目な嘘を真に受けてる時点で学者失格だわな。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 20:37:11 ID:gSEPqWXj
戦争やし人は死んだやろ。
でも虐殺と呼べるものがあったっていう証拠なんかあるの?
軍の命令書は?
証拠写真は?
これだけ嘘つきが多い世の中を見てたら証言なんか役に立たんってわかるやろ。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 20:44:11 ID:aHkuCCK5
南京大虐殺を言い出したアイリス チャンは自殺したね。
理由は知らないけど。犯した罪の大きさに耐えられなかったのかな。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 21:21:29 ID:y5oh2FWy
南京事件で30万人虐殺された!!
それじゃ 誰が殺されたか 名前を挙げろと聞いても答えがない
米国と中国での密約だろ
広島と長崎の犠牲者が約30万人だから

49 :ぽっぽ:2006/06/18(日) 21:53:59 ID:vCF8eZxW
46さん、よぉ解っとるねぇ☆確かにや!何度も言うが実際の虐殺写真はありまっせ。報告文もあるなぁ〜。せやけどそもそも趣旨がちゃう!民間人に潜んだ中国兵を倒すために結果数万を殺したんや。ホンマにやってしもたなぁ〜支那方面軍。のぉ、46?

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 22:07:15 ID:/qzbxdq8
>>5

> 虐殺された数が増えていってる時点で嘘でしょうに

あはは。と笑いが凍り付くほどの捏造ぶりだものね。

> てか日本軍は食料の配備までしたのになんで叩かれなきゃならないんだろうか?

そうなんだよね。実際、もう亡くなったけど、従軍した人に聞いたことがある。どどどっと
雪崩込んだのではなく、びくびく用心しながら入城したそうじゃない。そしたら、無政府
状態みたいなもので、既に、逃げ出した連中が、略奪やら何やらした後で、残った人
が飢餓寸前だったんだってね。

その、本当の証言を出来る奴が、いるはずだが。江沢民!こいつも、日本は、10年後
には、ありませんよとほざいて、オーストラリアの当時の首相が、返答に困ったそうだね。

もっとも、共産党が瓦解したら、今度は、思いっきり反証の材料が出てくる悪寒。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 22:20:35 ID:LxS7BpVT
やつらの言う日本軍が行った残虐行為ってのはそのほとんどが奴ら大陸ではお決まりの手口。
日本人には無い残虐性だ。まったくあり得ない。
それに南京陥落する直前の人口は30万人なかったらしいし。
中国の言う事が本当なら一人で2回以上殺された人がいる事になる。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/19(月) 18:10:15 ID:Mapk3hR0
いわゆる証拠写真とやらの真偽を検証すると偽造の形跡が多々指摘されている。

もし本物の証拠が実在するなら、偽造する必要なんて誰にも無いんだよ。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/19(月) 18:14:20 ID:jOx6miuk
そもそも現在進行形で自国民虐殺しまくってる連中に言われたくねぇ


54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/19(月) 18:36:07 ID:Orxs/jaj
過去スレ
http://yy28.60.kg/test/read.cgi/seitya/1150709017/

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 00:25:01 ID:Van7YQNy
当時の日本軍の兵装では30万人も殺せないという妄言を聞くが、それを
論破する証拠を以下に提示しよう。


【南部式プラズマライフル】
全長127cm
重量5.25s
装弾数(バッテリーフルチャージ時で)50発
最大射程3000m
1932年製造

プラズマのエネルギー弾を射出する、旧日本陸軍南京攻略時の主力歩兵銃。
プラズマが発する高熱に耐えるため、パーツは全てチタン合金製。
グリップと銃床には更にポリカーボネイトがカバーとして使用されていた。
セレクターの切り替えでスリーバースト射撃も可能。
貫通力に優れており、一直線上に並んだ12人の標的の体を全て貫いたとの報告もある。
M203グレネードランチャーを取り付ければ、40mm榴弾を撃ち出すこともできた。


どうだ、このような武器があったのだから30万人という数字も納得できるだろう。
証拠はまだまだ沢山あるぞ。
ウヨども、首を洗って待っていろ!


56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 00:39:50 ID:5p+cfdnM
プ プラズマ! すげーっ!!!
日本軍がそんな物開発してたとは!
でもそんなのあるんなら白人に使えよ。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 00:44:12 ID:9i5P11J5
プラズマって・・・、                                                  子供の発想か。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 00:51:20 ID:bc2NE1vp
バイオ好きとみたw

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 12:27:15 ID:PYMnESf2
ところでここで質問。
南京大虐殺は30万人といわれているが、
一人でも虐殺だよな?

南京虐殺があった。という明確な証拠ってでてるのかね?
日本軍に確実に虐殺されたっていう証拠な。
(出てなければなかった事になるしな)


60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 14:01:59 ID:rYSxQF9s
>>59
>>34


61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 10:29:58 ID:kvR3EOMH
>>59
今から25年前まで南京大虐殺の被害者は20万と報道されていた。
それから数年間は朝日や毎日新聞が中心となって25〜30万と報道するようなった。
30万に固定されるようになったのは今から20年前だろう。

それに引き換え東京大虐殺(東京大空襲)の犠牲者数は60年間変わっていない。
公園にうず高く積まれた焼死体の写真もある。
真実とはそういうもの。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 10:46:25 ID:tf7dnzGa
東京大虐殺
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%C5%EC%B5%FE%C2%E7%B5%D4%BB%A6&kind=jn

南京大虐殺
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%C6%EE%B5%FE%C2%E7%B5%D4%BB%A6&search_history=%C5%EC%B5%FE%C2%E7%B5%D4%BB%A6&kind=jn&kwassist=0&mode=0&jn.x=35&jn.y=12

南京事件
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%C6%EE%B5%FE%BB%F6%B7%EF&search_history=%C6%EE%B5%FE%C2%E7%B5%D4%BB%A6&kind=jn&kwassist=0&mode=0&jn.x=32&jn.y=10

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 11:10:20 ID:SILcB/Zw
南京事件の死亡者数は数100人から7万人ぐらい
10万以上は明らかな虚偽

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 12:16:10 ID:tf7dnzGa
>>63
南京大虐殺
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%C6%EE%B5%FE%C2%E7%B5%D4%BB%A6&search_history=%C5%EC%B5%FE%C2%E7%B5%D4%BB%A6&kind=jn&kwassist=0&mode=0&jn.x=35&jn.y=12

南京事件
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%C6%EE%B5%FE%BB%F6%B7%EF&search_history=%C6%EE%B5%FE%C2%E7%B5%D4%BB%A6&kind=jn&kwassist=0&mode=0&jn.x=32&jn.y=10


65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 12:51:33 ID:SwPJerAz
>>64
南京大虐殺なるものだけど、goo のは、中国側の主張を(当時)そのまま
根拠としているよね。

で、中国側の主張って、当時の公式住民数 - 残存住民数 = 死者 じゃ
なかったっけ?そもそも、当時の住民数からして、あまりあてにならないし、
それ以外に住民でなくても滞在していた人もいるし。

避難した人達が、戻った(全員戻ったわけでもなく、新規住民も当然いる)
のは、数年がかりだったよね。避難者の人数だって、公式に把握出来ない
のが現状でしょう。

どっちにしても、信頼に足る一次資料は、今更出てこない。また、当時の
日本軍が、何をして、死傷者がどれだけ出たかに絞って調べない限り、
信頼性は無い。住民数や、無茶苦茶な足し算・引き算の上にも、その
住民数(あちらの、当時の住民数資料)の2倍も、どうやって殺せるのよ?

そして、当時の関係者は、ほとんど残っていなくて、調査だって、時間切れ
で無理っぽい。結局、推定の域を出ないと思う。そこを、中国共産党や日
本にいる馬鹿どもが、悪用しているんだろ。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 14:40:20 ID:J4teJBD3 ?
政治を盛り上げるのは大虐殺の話題が一番!

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 17:44:35 ID:kvR3EOMH
>>65
住民数は周辺地域(城内外)を含めて約20万人だったそうだ。
朝日新聞に唆されて中国政府が言い出した時は
(30年位前まで)虐殺数は約10万人と報道されていた。
当時の南京には欧米のジャーナリストも入っており、
日本軍は赤十字から表彰もされているので、
一般住民をも巻き込んだ虐殺は無かったと理解するのが自然。
その後、日本政府が何度となく日中共同の学術調査を提案するも
南京大虐殺の否定を前提とした調査だとして拒否された。
生き証人が見つかって大嘘がバレちまうと日本政府をゆすれなくなるからな。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 17:47:23 ID:jQhjHHt+
南京大虐殺は捏造。

だからホロコーストも捏造なのだ、うわっはっはっはっは!

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 18:00:07 ID:npS3i8tj
意味が分からん。長年にわたり喧伝されたホロコースト伝説の真偽も近年出て来た判断材料からは甚だ疑わしい点が目立つが、
反日勢力の都合を除けば南京虐殺に関する歴史歪曲とは無関係な問題であろう。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 18:31:57 ID:ma6xUviU
南京大虐殺なるものが例えあったとしても
それが何か?って感じですね。
日本と中国という国の間でオフィシャルに
第二次世界大戦の清算は終わっているわけで
何をいまさら騒ぐのか理解に苦しみます
政治的に利用しようとしている人の悪意
すら感じるのですが


71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 18:39:33 ID:g8t1EKDk
だから原爆も使わずどうやって短期間で20万人も殺せるのか?教えてエロい人

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 19:16:53 ID:npS3i8tj
当たり屋という手口の詐欺師が居る
車に接触したように装ったり、時にはワザと接触事故を誘発して交通事故の被害者を演じて運転者から金品を騙し盗る犯罪だ。
反日宣伝は、それをメシの種にしている詐欺師どもの商売道具に過ぎない。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 19:29:11 ID:kvR3EOMH
>>70
まさに、その政治的に利用しようとしている奴等の悪意でしかない。
日中国交回復からしばらくの間、中共政府は南京大虐殺について一言も触れていない。
朝日新聞の北京支社の勧めに従い中共政府が南京大虐殺を持ち出すと
日本政府(能無し害務省)は大慌てしODA積み増しでご機嫌取りを始めた。
これに味をしめた中共政府は最も手軽かつ確実な政治的牽制+現金獲得の道具と認識した。
ところが当初の犠牲者数である約10万は、中共政府にとってはいささか物足りない数であった。
東京大空襲では数時間で10万もの民間人が焼死しており、それと同数では迫力不足なのだろうか。
朝日・毎日などの左翼系マスコミを使い犠牲者数水増し工作を始めたのが30年前。
約10年かけて犠牲者数を3倍に増やすことに成功、以後30万という数が定着した。
最初の10万自体が捏造された数字で、学術調査など実施したら長年の苦労が水の泡になる。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 19:33:15 ID:vwdXspEM

やあ (´・ω・`)
ようこそ、バーボンハウスへ。
突然だけれども、ここを訪れた君に一生彼女が出来ない呪いをかけたよ。
ああ、君が怒るのも無理はない。
このテキーラはサービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しい。
この呪いから逃れる方法はただ一つ、
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/ojyuken/1150885588/
のスレに
「おっぱい」
と書くだけなんだ。
うん、重ね重ね強引なのはわかっている。済まない。
仏の顔もって言うしね、謝って許してもらおうとも思っていない。
じゃあ、注文を聞こうか。


75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 19:41:53 ID:9yz0pFlL
>>20
バカ発見ワラ
南京攻略戰は3日程度だったが中国側の発表では被害者30万人。

また、南京の人口は国連発表では住民20万人プラス兵士5万人。

町中が死体の山ですねワラ

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 03:19:47 ID:2TGoLVe5
>>65
日本人は馬鹿民族なんですか?

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 03:24:32 ID:2TGoLVe5
>>70
南京大虐殺は無かったと騒いでいる人たちが問題なのです
南京大虐殺はあったと騒いでいるのではありませんよ

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 03:33:33 ID:vv22jaqu
>>76
言いたいことそれだけ?文章の末尾だけ、脈絡なく、恣意的に
とりあげて、話しの内容に踏み込んでいなければ、誰も答えられ
ないだろうね。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 03:39:49 ID:vv22jaqu
>>77
さて、
> 南京大虐殺は無かったと騒いでいる人たちが問題なのです

が、最初から決めつけであって、上にも出ている学術調査を徹底的に
拒否した理由も教えてもらえるかな。

> 南京大虐殺はあったと騒いでいるのではありませんよ

スレタイ読んだんでしょうか。面白い、総括ですね。

80 :大和魂:2006/06/22(木) 04:20:55 ID:L0klsL4H
http://www.kcn.ne.jp/~ca001/F19.htm

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 04:24:44 ID:2TGoLVe5
>>79
「日本と中国という国の間でオフィシャルに
第二次世界大戦の清算は終わっているわけで」

上記は間違いですか? 間違いじゃなかったら南京大虐殺は無かったと騒いでいる人たちが問題
です。もう既に結論が出て清算済みの件について文句を付けているのだから。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 04:25:58 ID:2TGoLVe5
>>78
はいそれだけです。日本人は馬鹿民族なんですか?

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 04:37:15 ID:fKZ7F3mc
「清算が終わった」というのは政治的なこと。
「南京虐殺事件は実は無かった」というのは学術的なこと。
全く関連しない。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 06:39:30 ID:2TGoLVe5
>>83
> 「南京虐殺事件は実は無かった」というのは学術的なこと。

学術的にも政治的にも南京大虐殺はあったということで決着がついていますよ。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 08:07:41 ID:+XgXWr1R
>>84
ついてねえよw
遺体なき殺人かよ。 日本人はマジシャンじゃねえぞ。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 08:19:46 ID:ddr9HzbR
>>85
ウマい!

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 08:23:08 ID:2TGoLVe5
>>85
> ついてねえよw

ついてますよ

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 10:07:04 ID:872dRCX9
反日勢力にとっては、メシの種だった反日宣伝の嘘が見破られると死活問題なんだろうね。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 10:51:14 ID:2TGoLVe5
>>88
中国が南京大虐殺の件で賠償請求を日本政府に要求した記録が現存するなら
そのソースを出してください。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 13:05:17 ID:23hYW4Rb
>>82
洗脳されてればね、理性や知性を持ち合わせた人でも、狂った判断や
行動をするもんだ。有史以来、人類の歴史って、嘘や捏造は、常に日
常の中で、ご都合主義に使われる。

今までの日本は、それを、メディアを中心とした、利権屋さんが、盲信さ
せて来た。反する、言論や出版は、在日団体などから、恫喝を受け、通
称日勤教育で、吊るしあげられ、精神を病むまでに追い込まれた人もい
る。自分で調べなよ。

あんたの、絡み方って、そういう連中に、そっくりなんだが。今は、そうは問
屋が卸さないけどな。書籍の流通支配すら、従来のものが瓦解しつつあ
るから。広告宣伝業界もな。

利害関係が、微妙にぶれて、憲法改正問題さえ、タブーでは無くなった。
そして、あんたのように、脈絡も無く、一部の言葉だけ抜き出して、論点
をずらす、下衆な手法も周知された。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 13:48:12 ID:23hYW4Rb
>>89
> 中国が南京大虐殺の件で賠償請求を日本政府に要求した記録が現存するなら
では反問する。南京大虐殺なるものの、学術的な検証を拒み、その被害者数を
増やし、一方で、円借款を含めた ODA を取り放題にし、遺棄化学兵器なるもの
は、収受したかどうかも問題視され、兆の単位の金を注ぎ込みながら、処理は進
まず、金だけ受け取り、使途は不明。
洗脳反日殺人教育は、中国共産党の国是のごとく、熱心にやっていながら、して
いないと言う。米国での、反日ロビーも然り。一方で、抗日記念館なるものを、やた
らめったら作って、そのことは、アピールする。
で、賠償という名目でなくても、事実上、いつも持ち出すネタの一つだから、日本は
何度も、学術調査を要請したが、事実否定を前提にしているというのを理由に、排
除した。これも、事実関係を調べられるだろ。
ttp://anpontan.seesaa.net/archives/200602.html
ttp://list.jca.apc.org/public/aml/2005-April/001031.html
ttp://www.meiseisha.com/katarogu/nankin/tegami.htm
ttp://banmakoto.air-nifty.com/blues/2005/06/post_e818.html
ttp://www.history.gr.jp/~nanking/
ttp://migimuki.exblog.jp/644106/
ttp://www.suopei.org/index-j.html
つまり、2006年02月26日
ttp://anpontan.seesaa.net/archives/200602.html
【北京25日共同】対日戦争賠償を求める日本での民事訴訟を支援する中国の法律家らが25日、北京
で記者会見し、対日民間賠償請求を支援する基金への協力を各界に呼び掛けるなど活動を強化、日本
側に賠償実現を迫る方針を表明した。
中国司法省のホームページによると、会見したのは中華全国弁護士協会など。会見場は人民大会堂で
政府系機関の代表らも参加しており、中国政府の暗黙の支持があるもようだ。会見では、民間賠償支援
基金に対し中国企業や市民がこれまで計256万元(約3700万円)を寄付したことを明らかにした。
中国政府は1972年の「日中共同声明」で対日賠償請求を放棄している。
(共同通信) - 2月25日20時17分更新
国会議事堂でやってて"暗黙"とは恐れ入る。に代表されるのだが?

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 17:15:08 ID:ZpjRwOvr
南京大虐殺は中国のミス。

当時の司令官、蒋介石は玉砕命令を出して南京から逃亡。国際法上、上官の要請がなければ捕虜とは見なさない。

中国兵は日本の進撃を畏れ軍服を脱ぎ捨て更衣兵となる。(町を襲い衣服を奪う)更衣兵と一般人を見極めるのは極めて困難であり、日本兵が一般人を殺めてしまってもしかたがない。
また、中国兵が更衣兵となった時点でゲリラと見なされ殺されてもしかたない。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 18:45:24 ID:ddr9HzbR
ja.wikipedia.orgより転載:

便衣兵
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

便衣兵(べんいへい)は、戦争のルールを定めた「ハーグ陸戦条規」等では、
本来兵士は戦闘服などを着用し、一般市民と見分けのつく服装をしなければ
ならないとされているが、一般市民と同じ私服・民族服などを着用して敵に
あたかも非武装の市民だと思わせ、不意に攻撃に入るなどの戦術をする兵士
のこと。

近年、一定の交戦法規を遵守するレジスタンスは区別されるようになっている。

便衣とは、本来中国語の「長い服」を意味する。戦闘など活動的な仕事に従事
する場合は、「短い服」を着用すべきところであるが、昔の中国では、肉体労働
をしない者が「長い服」を着るとされるため、一般市民にまぎれての行動につき、
実際に長くなくても「私服」と云う意味でこの語が使われる。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 19:13:47 ID:2TGoLVe5
>>90
それじゃ日本人は洗脳されるような馬鹿民族なんですか?

>>91
> では反問する。

質問を質問で返さないでください
中国が南京大虐殺の件で賠償請求を日本政府に要求した記録が現存するなら
そのソースを出してください。

>>92
それじゃ君は南京大虐殺があったことを認めるんですか?




95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 20:10:13 ID:aFvkj/6k
>>94
> それじゃ日本人は洗脳されるような馬鹿民族なんですか?

はぁ?君が勝手に問うているのだろ?正気か?全部ひっくるめて
そんなわけがないだろ。が、かつての東側のプロパガンダや、日本
の、かつての軍部のことを言うのなら、日本人に限らず、情報操作
は、どんな民族でもされうる。まして、物心つく前からな。

現在の中国、北朝鮮、韓国といった、べらぼうな反日国家の骨組み
は、文字どおり、為政者の洗脳の賜物じゃないか。そうでない人は、
天安門事件のごとくされる。

一般論と、レアケースを混同したいわけ? 現代と、近世を同一視
しろと?顔洗って出直しなさい。あんたが、日本人を馬鹿と思いたい
ことだけは良く判った。それしか、書かないものな。

> 脈絡も無く、一部の言葉だけ抜き出して、論点をずらす、下衆な手法

はっきりと、私は、あんたなんぞに、ぐだぐだ言われる筋合は無い。下衆
でなければ、まともな、スレに沿った、反論をしてみろ。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 20:11:19 ID:ddr9HzbR
>>94

>>92は南京事件(南京攻略戦)のことを言っているのだよ。
文脈を無視して字面だけで理解する君は自動翻訳でも使っているのか?
捕まえた便衣兵を処刑することはハーグ条約に則した行為であり虐殺とは言わない。


97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 20:21:32 ID:aFvkj/6k
>>94

反問に答えられない上に、読解力ゼロ。認知症?他人に、偉そうに質問
するのなら、自分が、今現在の、質問の基盤となる現状認識について問わ
れて当然。

> 質問を質問で返さないでください

他人に言うわりには、自分は、質問しかしない。それも、自分は、ソースを
示さない。それ故、現状認識を問うた。そして、下衆な、ディベートのまがい
物で、無駄な時間を割かせることが目的だと確認した。

> 中国政府は1972年の「日中共同声明」で対日賠償請求を放棄している。

もう一度、共同のソースを見直してみろ。そして、質問に答えるよ。

南京大虐殺なるものの、学術的な検証を拒み、その被害者数を増やし、一方
で、円借款を含めた ODA を取り放題にし、遺棄化学兵器なるものは、収受し
たかどうかも問題視され、兆の単位の金を注ぎ込みながら、処理は進まず、金
だけ受け取り、使途は不明。

洗脳反日殺人教育は、中国共産党の国是のごとく、熱心にやっていながら、して
いないと言う。米国での、反日ロビーも然り。一方で、抗日記念館なるものを、やた
らめったら作って、そのことは、アピールする。

で、賠償という名目でなくても、事実上、いつも持ち出すネタの一つだから、日本は
何度も、学術調査を要請したが、事実否定を前提にしているというのを理由に、排
除した。

何故だ?

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 20:35:34 ID:aFvkj/6k
2TGoLVe5 単発に対しては、今後同一発信元と推定されれば、

>>95-97

に、対して、納得の行く答えが無い限り、「はい、論破」の類と認定して、あぼーん
設定推奨で ok ?

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 20:57:47 ID:2TGoLVe5
>>95
> はぁ?君が勝手に問うているのだろ?

それじゃ>>65が「日本にいる馬鹿どもが」と言ってることは間違いなんですか?

> どんな民族でもされうる。まして、物心つく前からな。

それは洗脳ではなく偏向教育といいます。そんなことも知らないんですか?

>>96
南京大虐殺
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%C6%EE%B5%FE%C2%E7%B5%D4%BB%A6&search_history=%C5%EC%B5%FE%C2%E7%B5%D4%BB%A6&kind=jn&kwassist=0&mode=0&jn.x=35&jn.y=12

南京事件
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%C6%EE%B5%FE%BB%F6%B7%EF&search_history=%C6%EE%B5%FE%C2%E7%B5%D4%BB%A6&kind=jn&kwassist=0&mode=0&jn.x=32&jn.y=10

>>97
質問を質問で返さないでください
中国が南京大虐殺の件で賠償請求を日本政府に要求した記録が現存するなら
そのソースを出してください。

> もう一度、共同のソースを見直してみろ。そして、質問に答えるよ。

質問をちゃんと理解してから答えてください



100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 21:14:10 ID:ddr9HzbR
>>99

君の自動翻訳機では翻訳不能ようだから説明してやろう。

>>65の「日本にいる馬鹿ども」とは、若い頃に共産思想に傾倒し
コミンテルン(その配下の日本共産党、旧日本社会党)の指令により
マスコミ、政界、法曹界、教育現場等々に浸透していった
いわゆるアホサヨのことだよ。

ところで君の自動翻訳機では洗脳と偏向教育では異なる解説が付いてるようだが
それぞれを紹介してくれたまえ。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 21:24:53 ID:aFvkj/6k
>>100
済みませんね。変なのの相手しちゃいまして。

---
何故、質問されたかの、理由を明示されながら

:質問を質問で返さないでください
:中国が南京大虐殺の件で賠償請求を日本政府に要求した記録が現存するなら
:そのソースを出してください。

> もう一度、共同のソースを見直してみろ。そして、質問に答えるよ。

:質問をちゃんと理解してから答えてください
---

こんな、論理展開ですから、他の方々も相手になさらないのでしょうね。スクリプトで
しょうか、反日マニュアルでも作っているのでしょうか。低質な。

で、
それじゃ>>65が「日本にいる馬鹿どもが」と言ってることは間違いなんですか?
もう、きっちりと論破なさいましたが。

馬鹿の一つ覚えの、
南京大虐殺
http://dictionary.goo.ne.jp
goo 命じゃあるまいし。お里が知れますが。

:質問をちゃんと理解してから答えてください

こいつが、一番理解していないし、するつもりも無いですね。最初に結論ありき。相手の
文面も、ポインタも見ていないですし。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 22:08:23 ID:aFvkj/6k
追加 当時、南京にいたはずの、江沢民とは
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163581308/249-7326468-5249148#product-details
のごとく、登場してきた。
Amazon.co.jp
「中国改革の星」と謳われた胡耀邦の急死から2日後の1989年4月17日、中国政法大学の学生と
青年教師 600人が弔旗と花束を持って天安門広場に入ってきた。中国共産党の中枢を震撼させ、
「血の弾圧」に踏み切らせた「天安門事件」の始まりである。胡耀邦の死を悼み、2年前に党総書記
を解任された彼の名誉を「順法的な手段で」回復することが目的だった小集会は、やがて100万人を
糾合する一大「学潮(学生運動)」に膨れ上がっていく。本書は、その過程と、戒厳令発令にいたる「
中南海」(中国権力中枢)の政策決定の経緯、胡耀邦急死直前の4月8日から天安門広場で学生た
ちが戦車の下敷きになる6月4日までを、第一級の極秘文書をもとに再現したドキュメントである。

学生運動を「富の不公平な分配と党・政府指導部の腐敗に対する異議申し立て」とする趙紫陽・党
総書記と、一部のブルジョア反動分子が策動する「動乱」とみる李鵬首相の対立。「彼らの目的はあ
なたの追い落としです」という李首相の巧みな使嗾(しそう)に揺れるケ小平の胸中。しかし、最後に
は「少数派は多数派に従うのだ」というツルの一声で趙ら穏健派を押さえ込む老最高指導者の頑迷
さ。そして、その次にくる趙の失脚と江沢民の抜擢。本書は中南海の「垂簾」の奥で繰り広げられた密
事を、「八老」のしわぶきまで聞こえてきそうな生々しさで再構成しているが、これは内部文書がなけれ
ば絶対になし得ない復元作業である。

以下、略。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 22:38:53 ID:ZRsawJjF
南京大虐殺って、中国で歴代王朝が、新王朝が成立するたびに
以後の統治をやりやすくするためにでっち上げてきた
そんな大量虐殺のひとつなんでしょう?


104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 22:49:10 ID:v7p54e+n
>>100
それじゃ日本人は洗脳されるような馬鹿民族なんですか?

>>101
中国が南京大虐殺の件で賠償請求を日本政府に要求した記録が現存するなら
そのソースを出してください。

>>103
南京大虐殺
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%C6%EE%B5%FE%C2%E7%B5%D4%BB%A6&search_history=%C5%EC%B5%FE%C2%E7%B5%D4%BB%A6&kind=jn&kwassist=0&mode=0&jn.x=35&jn.y=12


105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 22:54:55 ID:lM3bVYOo
そもそも便衣兵は条約違反なわけやから、
これは住民共々ぶっ殺されても文句は言えるわけがない。
モラル、常識のカケラも持ち合わせてないシナ人が悪い。
本来問題になるはずもない話。
何人死んだとか、それはどうでもいい事。
もっとも30万人なんていうのは大嘘もいいトコやけどな。
日本にうだうだぬかしとるシナ人よ、自分勝手なお前らの先祖を怨め。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 22:56:26 ID:v7p54e+n
南京大虐殺論争

南京大虐殺事件を日本人が知ったのは敗戦後の東京裁判におい
てである。この事件が「論争」となるのは、日本が高度成長を遂
げ公然と十五年戦争が肯定されるようになってからである。論
点は虐殺事件の存否、組織性、犠牲者の数であり、七〇年代の
第一次論争、八〇年代の第二次論争がある。この事件を六〇年代
から本格的に研究したのは洞富雄であり、事件を世に広めた
のは本多勝一『中国の旅』(七二年)である。第一次論争は七二
年の鈴木明「『南京大虐殺』のまぼろし」が事件の存在に疑問を
呈してはじまった。第二次論争では田中正明『?南京事件″の虚
構』が事件の存在を否定したために中国を巻き込む論争に発展
した。しかし、論争の過程で多くの新資料が発掘・発表され、
旧陸軍将校の親睦団体偕行社が機関誌『偕行』で「証言による『南
京戦史』」を連載し、事件の存在を認め中国人民にわびたことを
もって事件の存否に関する論争は収束した。
第二次論争の時期に事件の非組織性を主張したのは文部省であ
り、教科書検定で「混乱の中で」と書き込ませた。しかし、南京
攻略戦参加部隊の「戦闘詳報」などの資料や藤原彰『南京大虐殺』
(八五年)、吉田裕『天皇の軍隊と南京事件』(同年)などによっ
て日本軍の組織的虐殺であることが明確になった。中国人犠牲
者の数の問題に関しては、中国では八五年に開館した侵華日軍
南京大屠殺遭難同胞紀念館に明示するように三〇万人を主張す
る。これに対し事件の存在を認めざるをえなくなった人々は三
〇〇〇人から四万二〇〇〇人という数を提示、偕行社刊『南京
戦史』でも約三万人という。しかし、洞は『決定版・南京大虐
殺』(八二年)で二〇万を下らない数といい、『南京大虐殺の証
明』(八六年)で少数説の誤りを指摘した。実証の厳密さからも
洞・藤原などの主張には説得力があり、論争はほぼ決着がつい
た。(三省堂『戦後史大事典』より)



107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 23:23:22 ID:tqMZpdUT
これみてよ。これが本当なら日本やばいかも
http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea1.html

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 23:39:57 ID:aFvkj/6k
>>104
読解力ないなら、出てくるな。邪魔だ。 何度同じ事ほざいているか、自覚無し。という
より、それで、お前らに協力してやる義務は、日本人には無い。
> ところで君の自動翻訳機では洗脳と偏向教育では異なる解説が付いてるようだが
> それぞれを紹介してくれたまえ。
答えろよ。人に質問を投げるなら、己も受けろ。>>95-97 に対する解答と論証をしろよ。

> 中国が南京大虐殺の件で賠償請求を日本政府に要求した記録が現存するなら
> そのソースを出してください。
中国共産党の、姑息な 中国が南京大虐殺の件で賠償請求を日本政府に要求した記録
なら、本旨を欺瞞で塗固め、国家間の共同声明まで無視して、何をしてきたか、共同ソース
からも明瞭に読み取れるが、91 のポインタ以外に、腐るほどある。何しろ、お前らは、ソースを
示したら、徹底的に、攻撃・誹謗中傷を繰り返して来た前科者の集団だろ。

裁判記録を読めよ。ポインタの中にある。そして、どう欺瞞、捏造、二枚舌を使おうが、現実に
南京をダシにしてきた。日本のみならず、世界中で。誘導尋問じみた、その手口は、共産党の
十八番なんだが。そして、在日団体のな。質問に質問で答え、相手の質問には答えない。
※ お前自身のことだ。
南京で起こったことに関する、事実関係を論議するスレだが、詭弁を弄することしか出来ない。
> 南京大虐殺の件で賠償請求を日本政府に要求した記録
に固着しているが、
・ 中国政府は1972年の「日中共同声明」で対日賠償請求を放棄している。
・ 対日民間賠償請求を支援する基金への協力を各界に呼び掛けるなど活動を強化、日本
  側に賠償実現を迫る方針を表明した。
それまでも、何度もダシに使っているが、相手のポインタも調べない屑に、これ以上つき合う価
値は無い。性凝りもなく、出てきたら、徹底的に突っ込まれるだろうよ。壊れたスクリプトだな。
もう一度言う、お前は、詭弁を弄することしか出来ない。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 23:54:42 ID:stC7RaWa ?
戦争だから虐殺なんかしかたないんじゃない。
とりあえず東京裁判が終わって後出しする中国はずるいよな。
恨むなら日本の戦争記録をうやむやにしたアメリカを恨めっつーの。
国を守れてたら南京大虐殺とかいう捏造はしなくてよかったかもね。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 23:59:30 ID:ZRsawJjF
中国は日本になんとかしてタカリたいんだ?
で、一番のネタが南京の件なんだね?
そういうことですね?

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 00:01:53 ID:zokPnbP7
>>108
中国が南京大虐殺の件で賠償請求を日本政府に要求した記録が現存するなら
そのソースを出してください。

>>109
> 戦争だから虐殺なんかしかたないんじゃない。

それじゃ君は南京大虐殺があったことを認めるんですか?

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 00:02:25 ID:zokPnbP7
>>110
中国が南京大虐殺の件で賠償請求を日本政府に要求した記録が現存するなら
そのソースを出してください。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 00:07:54 ID:4xkwMi3h
またkoueiか!

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 00:24:09 ID:uCJUVbDG
>>113

>111 の壊れたスクリプトのこと?
> 中国が南京大虐殺の件で賠償請求を日本政府に要求した記録
しか、言う脳の持ち合わせしか無いのよ。
>>110 の言うのが現実で
形を変えた、恫喝ネタとして、散々日本政府のみならず、民間も絞られた。が、米国
が共和党であろうと、民主党になろうと、もう、ステークホルダーには成り得ないと判断
されている。

で、何度も、共同ソースから、今まで、南京をダシにしてきた、恫喝、強請の数々を、
差し障りの無い範囲で、ポインタつけても見ないのよ。暴力団の構成員ならぬ、チン
ピラみたいなもので。南京の文字が入らないと、公式文書じゃないから、無関係とか
考えているんだろうよ。そして、自分は、相手からの質問には、全く答えない。前提
となる現実についての質問は、特に避ける。内部でペナルティーでもあるのかな?

が、共同ソースでも、改めてからくりが示された。さて、政府間の公文書にて、円借款
や ODA を含めて、事実上の賠償・奴隷契約は、次々と明るみに出てきていて、新幹
線問題なんか、その最たるもの。

ま、中国人の国家は、中国共産党では、もう持ちきれない断末魔みたいなものか。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 01:03:24 ID:rzyGjdrE
>>112
中共が“南京大虐殺の件”で賠償請求を日本政府に要求したことは俺は知らない。

しかし、田中角栄という土建屋上がりで国際音痴の売国奴が
日中国交回復に焦って中共政府のご機嫌を取り始めたことが仇となり、
事あるごとに“先の戦争でえらく迷惑を掛けられた”と言い
暗に金品を要求するカツアゲ国家に成り下がったことは“事実”。

〜続く〜

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 01:04:03 ID:rzyGjdrE
政治的にも“先の戦争で大変迷惑を掛けた”という村山談話なる
恐ろしく間抜けなコメントが未だに独り歩きしているが、
日中政府間では“南京大虐殺の被害者はXX万人”との合意はない。

あるとすれば極東裁判を受け入れたことだけだが、
当時の日本にとっては強姦魔に取り囲まれた娘に等しい状況であり
受け入れる以外に術がなかった。

それを以て日本政府が南京大虐殺を認めたというのであれば、
恐喝した者勝ちということになる。

法治国家では恐喝は犯罪であり刑罰を与えられるのだ。

〜続く〜

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 01:04:43 ID:rzyGjdrE
学術的には結論など全く出ていない。
立場によって差が激し過ぎるからである。

翻って広島・長崎の原爆、東京・大阪大空襲による非戦闘員の被害については
早々と結論が出ている。なぜか。疑う余地のない事実だからである。

事実と虚構の違いとはそのようなものである。

アホサヨのカリスマである本田勝一があちこちを飛び回って集めた証拠写真は
全て捏造。信頼に足る証拠が一つもないことが虚構であることの証である。


118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 02:28:38 ID:xg26kDJZ
虐殺がまったく当時日本軍はやらなかったかという質問には正直ないとは言い切れない。
非常識が常識になり常識が非常識になる。それが戦争だからな。
しかし中国政府の言う南京大虐殺には疑問がある。
それより一番中国に問いたいのはお前らチベットで同じことやったじゃないか。それはどうしたと問いたい。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 02:41:08 ID:EQU4UN/s
拉致がまったく当時北朝鮮はやらなかったかという質問には正直ないとは言い切れない。
非常識が常識になり常識が非常識になる。それが戦争だからな。
しかし日本政府の言う拉致事件には疑問がある。
それより一番日本に問いたいのはお前ら朝鮮で同じことやったじゃないか。それはどうしたと問いたい。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 02:43:05 ID:d9UF/Ez/
>>119
全員送り返した。
どうしても残りたいと言う者には残させてあげたけど。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 02:45:56 ID:uCJUVbDG
【日中】 非戦闘員の殺害否定できず 南京大虐殺で政府答弁書 [06/22]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1150988052/

とシンクロして来出したね。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 03:21:29 ID:rzyGjdrE
>>119

WW2までは19世紀の常識がまだ蔓延っていたんだよ。
強い国が弱い国から資源や人間さえも収奪することは当然の権利と考えられていた。
WW2を境にその常識に変化が生じた。
未だになお19世紀のセンスで生きている中共や北鮮は
21世紀の地球人のメンバーとして相応しくないんだよ。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 08:06:59 ID:YXilgTmn
>>112
中国兵が更衣兵(ゲリラ)に成り下がったのは元は上官の責任。殺されたとしても文句は言えないだろう。

この事に関して国際裁判に訴え日本に賠償金を請求したところで中国のタチの悪さを世界中に広めるだけだろ。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 09:51:43 ID:l74V9cFD
>>123
> 中国兵が更衣兵(ゲリラ)に成り下がった

ソースは?

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 09:59:26 ID:YXilgTmn
>>124
自分で調べろ。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 10:19:05 ID:I0j8/4Ya
>>125
こんなところにまで、ソース君がいるねぇ。先に、反証すれば良いのに。

いつもなの?この、壊れたスクリプト?ソースは?しか、反応出来ない
人工無能かしらん。

やっていることは、こういう連中の造語、ネット右翼とか、訳の判らん、
ネチズンとか、ニート右翼とか言うのと同様、ワンパターンで、ここの
書き込みとか、他スレのものも、ブログだとか、サイトだとかに無断転
載して、「はい論破」とかやっている、マヌケと同類なんだろうね。

何様のつもりなんだろう。どうせ、徒党を組まなければ、勝手勝利宣
言、逃亡の常習者なんだろうね。

最悪送りが、望ましいのかな。

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 11:17:07 ID:l74V9cFD
>>125
>>126
証明責任を果たしてください。>>123の「中国兵が更衣兵(ゲリラ)に成り下がった」というソースを出しなさい。


128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 11:17:36 ID:5rZeTcy1
>>119 お前ら北朝鮮でやったじゃないか?と言う問いに
応えたい お前等は過去に壱岐対馬,博多湾侵略をした
じゃないか?あれはなんだと言いたい 今又壱岐対馬を
竹島同様に取り込もうと企んでいるドロボー国家と言いたい

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 11:30:29 ID:5rZeTcy1
>>127 南京大虐殺と言う中国政府の捏造表現と桁違いに
増えた犠牲者の数が何よりの証拠である兵士を民間人に
摩り替えたのである

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 11:50:02 ID:I0j8/4Ya
>>129
無駄無駄。こいつの、目的は、自分の都合の良いところだけ
要求して、相手の要求で都合悪ければ応じない、典型的な
カス。他人にだけ、要求し、自分が要求されたら、詭弁で逃
げる。

あぼーん 推奨。どうせ、答えても、悪用されるだけ。一連の
ログはとってあるから、徹底的に、ID サーチかけてもらうよう
手配したら、本性バレバレだって。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 11:51:18 ID:I0j8/4Ya
>>127
先に、お前が、自分自身の累積分を、責任取れよ。勝手な
こと、ほざくな。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 11:56:22 ID:I0j8/4Ya
>>128
モンゴル王朝に強制されたからと、逃げるに決まってる。自分達の非は認めない。

それが、中華思想であり、腐儒の常套手段で、半万年属国は、それに輪をかけて
劣化しているんだから。

世界レベルで、モンゴルの手先となると、かなーり衝撃的だからね。これ、周知する
だけでも、思いっきり効果的。豊富秀吉とか持ち出すなら、当然持ち出せるし。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 12:11:01 ID:YXilgTmn
>>127
貴方は南京、又は戦争について自分で調べたことはありますか??
あるなら少なからず更衣兵についても知識があるわけだが??
事実を自分で調べようともせず誰かから聞いた話だけで口を挟むことは失礼だろ。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 12:12:32 ID:l74V9cFD
>>129
あほ、ソースを出しなさいと言ってるんだよ

>>130
ソース出せなくて人格攻撃ですか?

>>131
それはこっちの台詞です、ソースを出してください



135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 12:16:58 ID:I0j8/4Ya
>>134

> ソース出せなくて人格攻撃ですか?

お前自身のことだろ。事実じゃないか?頭大丈夫か?

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 12:23:16 ID:YXilgTmn
>>134
お疲れサマ。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 12:24:53 ID:I0j8/4Ya
ソースを出せという
ID:l74V9cFD

このスレで、検索してみれば、一目瞭然。goo ネタだけ。

ソースというわりには、自分が回答を求められたことは、パス。しつこく、求められても
パス。これも、検索しながら辿れば一目瞭然。そんな、卑劣な相手に、何ら要求に応
じる必然性はありません。

さて、何者でしょうね、この人は。建設的な対話が成立する相手では無いと断言しま
すが。そして、ソースと喚きつづければ、自己が有利に、主導権を握り、何らかの無断
転載をして、悪用する可能性が、非常に高いと言えますね。

質問する前には、まず、自己の主張のソースを元に、論理的かつ明瞭にすべきところ
を、偉そうに、他人様に責任を負いかぶせようとする下衆ですね。

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 12:29:21 ID:l74V9cFD
>>135
>>137
またソース出せなくて人格攻撃ですか?>>123の「中国兵が更衣兵(ゲリラ)に成り下がった」というソースを出しなさい。

>>136
はい

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 12:34:07 ID:I0j8/4Ya
>>138
だから、お前が先にソース出せよ。上から、いくらシカトしてる?

また、他人にソースを求めるなら、自分自身が、反証のソースを出せよ。

人格攻撃?世間一般でも通らない理屈だな。あるがままを指摘しているだけ。

ソース出せよ。「中国兵が更衣兵(ゲリラ)に成り下がった」を否定する。出せな
いのか?権利・義務は表裏一体。お前さんは、権利だけ主張する餓鬼。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 12:35:01 ID:wZ9QnKDt
ほんと馬鹿だな。
他人に聞かないと分からない馬鹿はこんなとこ来るな。
ママにでも教えてもらえ。餓鬼が

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 12:43:30 ID:YXilgTmn
http://www.google.com/search?q=%E5%8D%97%E4%BA%AC%E5%A4%A7%E8%99%90%E6%AE%BA

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 12:59:29 ID:I0j8/4Ya
>>141
諸説入り交じって、そのために学術調査を、再三、日本は中国共産党に
申し入れたが、否定を前提としているという言いがかりで、全て拒否。

第三者を交えた調査もされていない。それが、現状でしょうね。結局、何も
確定していません。極東裁判の件は、それ自体のいかがわしさから、現在
では、参考にするには問題がありすぎますものね。

一方的な主張を、飲まざるを得なかった。が、被害者の人数が、当初の主
張のものより、甚だしきは、倍どころか三倍にもなり、60万人と言い出す始
末。そして、それを、金をばらまいてでも、既成事実化しようとして、公正さを
欠きすぎるので、特定の地区でしか認められていない。つまり、言っている
当人と、そのコミュニティーだけ。

天安門についてなど、インターネット検索で、規制をかけ NG ワードですし。
米国議会でも、問題になりましたからね。検閲とともに。

結局、この件、一次資料たるものが、時限消滅するように、一切の公正な
調査を遮断して来つづけたわけで。天安門や、江沢民もそうなるでしょう。

ただ、共産党が崩壊したら、新しい体制のもと、人材を揃えて、再調査出来
るでしょうから、それからが一番知りたいこと、物証を含めた、様々な考証が
なされるでしょう。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 14:03:54 ID:zokPnbP7
>>139
> だから、お前が先にソース出せよ。上から、いくらシカトしてる?

それは私の台詞です、>>123の「中国兵が更衣兵(ゲリラ)に成り下がった」というソースを出しなさい。

>>140
応援ありがとう

>>142
> 結局、何も確定していません。

【政府】
日本政府は南京大虐殺を裁いた極東軍事裁判の判決を国家として受け入れており、南京大虐殺を国家として認めて
います。また、「中国に対する過去の侵略と植民地政策を反省している」というのが95年の村山談話以降、政府の公式
見解で、この点は小泉首相もことあるごとに強調しています。羽田内閣の時、永野法務大臣は「南京大虐殺は捏造」と
発言したことが問題となってクビになり、ついには羽田内閣もぶっつぶれました。
【法律】
南京大虐殺は極東軍事裁判で有罪となりました。この裁判で死刑になった松井大将は証言の中で虐殺の事実を認め
ていました。戦後日本の賠償訴訟(「七三一部隊」被害者損害賠償請求訴訟,東京高裁判決,1999.9.22)でも南京虐殺
の事実認定がなされています。また、南京虐殺否定本でウソツキ呼ばわりされていた中国人女性が否定本の著者を
訴えていた事件では、この著者の敗訴が最高裁で確定しました
【学術】
「南京大虐殺」の事件の存在自体を否定している歴史学者は一人もいません。(「否定説はほとんどの歴史家の間
では受け入れられる傾向はない」ウィキペディア「南京大虐殺論争」)。日本の歴史事典、百科辞典類で、南京大虐殺
の事件を否定ないしは存疑として記述しているものは一つもありません。日本の教科書にも事件に疑いを差し挟んで
いるものは一つもありません。アノ「作る会」の教科書でさえ、他の教科書と同じように南京大虐殺を認めた記述をし
ています。以上のように南京大虐殺否定論というのは、右翼の人たちが、学術的にはお話しにならないようなデタラメ
な検証を根拠に、勝手に言い立てているだけのことであって、日本でも公の場では全く認められていない、アングラ的
言説に過ぎません。ただ、このアングラ説にとびついた漫画(ゴー宣)などのせいで、漫画しか読まないような若者はこ
ちらが真説と思いこんでしまったようですが。

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 14:11:56 ID:zokPnbP7
qed

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 14:33:06 ID:YXilgTmn

南京事件の資料は極めて少なく事実を解明するには困難ではあるが、中国側の主張、及び提出資料が二転三転している事を考慮すると、「大虐殺」について捏造があることは察してもらえるであろう。

また、虐殺と言う観点から見ても、更衣兵という存在(一般と区別がつかない)が罪もない一般市民をも戦争に巻き込んだことは明らかであろう。

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 14:34:30 ID:I0j8/4Ya
>>143
【政府】
非戦闘員の殺害否定できず 南京大虐殺で政府答弁書
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=poli&NWID=2006062201003428
ソース共同
外務省 HP
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/qa/08.html
Q.8 「南京大虐殺」に対して、日本政府はどのように考えていますか。
1. 日本政府としては、日本軍の南京入城(1937年)後、多くの非戦闘員の殺害や略奪行為等があったことは
否定できないと考えています。
2. しかしながら、被害者の具体的な人数については諸説あり、政府としてどれが正しい数かを認定することは
困難であると考えています。
3. 日本は、過去の一時期、植民地支配と侵略により、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の
損害と苦痛を与えたことを率直に認識し、痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを常に心に刻みつつ、戦争
を二度と繰り返さず、平和国家としての道を歩んでいく決意です。
**しかしながら、被害者の具体的な人数については諸説あり、政府としてどれが正しい数かを認定することは
困難であると考えています。**
 具体的な調査を拒まれて、「極東軍事裁判の判決を国家として受け入れており」は、現在検証されて
いない。くどいほど、経緯は書いてきたが。
中国兵が更衣兵(ゲリラ)に成り下がったについては、元発言は、別人だが、答えれば、
http://qa.2ch.net/test/read.cgi/argue/1107869925/1-49
にて、過去にも、2ch で何度も出ている。
南京大虐殺論争 日中戦争 太平洋戦争
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E4%BA%AC%E5%A4%A7%E8%99%90%E6%AE%BA%E8%AB%96%E4%BA%89
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E4%B8%AD%E6%88%A6%E4%BA%89
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E5%B9%B3%E6%B4%8B%E6%88%A6%E4%BA%89
> 結局、何も確定していません。
は、学術的な話しだ。実際、政治的なことは、調査拒否に阻まれて、真贋を第三者も含めて検証され
ていない。何度言えば、理解出来る?阻止されているんだよ。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 14:43:45 ID:I0j8/4Ya
>>143
【法律】
現在、百人切りなるもので、戦犯として処刑された遺族が訴訟中。
東京高裁にては、刀での百人切りの論理的な無理を認めつつ、故人の名誉回復に
関しては棄却。最高裁へ、上告。これだけでなく、ぼつぼつ、南京大虐殺なるものの
実体について、司法の場からも従来の見解鵜呑みは、していない。最高裁判決は、
大法廷が開かれるほどの、事実関係の挙証が出来れば、改められる。

裁判官は、神では無い。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 14:54:26 ID:I0j8/4Ya
>>143
【学術】
>>145 にもあるように、ならば、何故二転三転するんだ?

ttp://qa.2ch.net/test/read.cgi/argue/1107869925/1-49
ttp://www.toshima.ne.jp/~torasima/senso4.html
ttp://www2.ocn.ne.jp/~sukagawa/nankin.html#hokou
東京裁判でも大虐殺のことは一言も論じられなかった。
否定するソースはあるか?

> 南京大虐殺は、中国共産党政府が倒れない限り、本当のことはわかりません。
> 現地で調べることもできません。
いつも、ここへ落ち着く。
> 日本でも公の場では全く認められていない
試しに、そうした、ジャーナルでもあげてみな。国会図書館あたりには、諸説紛々で
学会ごとに見解が違うジャーナルが転がっているが。近時、のものでは、どれだ?

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 15:06:39 ID:I0j8/4Ya
>>143

ここの >>115-117 への反論はないのか?

>>114 から前のものについては、言及が無いな。

ttp://www.history.gr.jp/~nanking/

これについて、学術的な、反論を待とうか。


150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 15:08:17 ID:I0j8/4Ya
>>143
【日中】 非戦闘員の殺害否定できず 南京大虐殺で政府答弁書 [06/22]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1150988052/
にも、来て、主張、論戦してもらおうか?反対意見が多いぞ。

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 16:26:25 ID:LZPF83OZ
反日宣伝を飯の種にしてる連中が居る時点で南京虐殺伝承を真に受けてる奴なんて居ない。
真に受けたふりをして飯の種にするヤツラか、真実を尊重する人間かで態度が異なるだけ

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 18:29:34 ID:1kT8ZnNu
戦争、地震、洪水などのドサクサに紛れて略奪と殺人を繰り返すのは
中国4000年の伝統

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 19:00:18 ID:I0j8/4Ya
実はな、スレ違いになるが、

蒋介石(国民党) vs. 中国共産党でも、看過出来ない問題がある。
ttp://www.mediabahn.co.jp/china/jidai/kounitid2.html
黄河決壊跡
1938年6月、徐州を追われた蒋介石軍は、花園口付近で黄河の堤防を爆破し、日本軍の
追撃をかわそうとした。 だが、決壊した部分からあふれ出た水は、奔流となってまたたくまに
河南平野全域をのみこみ、90万人の溺死者を出す惨事となった。その後、解放直前の
1947年に決壊部分が修復されるまで、このあたりは泥土で覆われた不毛の土地となってい
たという。現在は灌漑技術がすすみ、空の青、植樹の緑がコントラストをなす美しい渡し場とな
っている。鄭州市の北18キロの黄河南岸。

これも、事件があったのは確かだが、犠牲者数にも、色々疑義がある。が、この時、国民党は
中国の為政者の資格を失ったと見てよい。古代中国から、黄河の治水は、神話上の人物の
名を借りても、なんとかしないと生きていけない大問題だった。

それを、こともあろうに、増水期に爆破した。これが、どれほど中国人の、心の底からの怒りと
軽蔑を招いたと思う?親しい、中国人に聞いても、目の色が変わる。そして、台湾問題での
本省人への不信だって、理解出来る。日本人である私だって、十分理解出来る。

ベトナムなんぞ、米軍が終わったと思ったら、懲罰とかで中越紛争。正直、ベトナム共産党
の当時に何の落度があったんだ?友人たちも、判らないという。書き出すと、きりが無いけど
、それほど、大躍進、文革、天安門、そして現在の農民一揆と、チベット問題まで、失政と言う
より殺人行政が横行した。権力欲のために。

私は、いわゆる、南京大虐殺なるものに、完全否定などしない。何せ、戦争中で、いかれた軍
部だった。しかし、相手の主張を丸飲みするには、内容が変転しすぎる。しかも、ポツダム宣言
に、かろうじて名を載せたのは、国民党であって、共産党では無い。同族間の凄惨な殺戮は、
残念ながら、WW2 に便乗しても起きた。それ故、知りたいのは、事実であって、プロパガンダで
はないわけだ。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 19:18:12 ID:rzyGjdrE
ソース君は中共の対日工作員だろう。
文脈を無視し字面だけを捉えて突っ掛かってくることから
日本語はネイティブではなく自動翻訳を少なからず用いていると思われる。

ソース君が執拗に求めている「中国兵が更衣兵(ゲリラ)に成り下がった」という件だが
そもそも南京事件における便衣兵はゲリラとは言えないであろう。
逃げ遅れた中国兵が非戦闘員の格好をすれば生き延びられると考え
民間人から衣服(一部では金品や生命までも)を強奪したもの。
武器を隠し持っているのがバレたらその時点でスパイ認定され処刑される
ことを知っていれば武器を持っていたとは考えにくい。
よって民間人の格好をして反撃機会を狙っているゲリラとは質が違う。

いずれにせよソース君に外部ソースを提示すると
そのソース元が中共の攻撃対象となるので注意されたし。
日本のサーバーは連日中共のハッカーからアタックを受けている。
実世界でもインターネットの世界でも犯罪を犯し続ける中共は存在価値なし。

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 19:24:49 ID:I0j8/4Ya
>>154
心得ております。ご心配痛み入ります。また、今後も十分留意いたします。

私個人なら、それは自業自得。しかし、他人に類を及ぼすことだけは避ける
ように、しています。もっとも、それでも、心配の種は尽きないわけですが。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 19:25:08 ID:YXilgTmn
>>153

有名な話だ。

その堤防破壊を日本軍の工作員がやったという捏造話があったのは知っているか??

破壊の一部始終を見ていた外国人ジャーナリストによって日本軍の潔白は証明されたわけだが。

中国の専売特許でもある捏造はありとあらゆる面で国民の反日感情を植え付けるのに活躍している。

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 19:41:28 ID:I0j8/4Ya
>>156
ええ。赤い貴族は、金成日同様、責任転嫁とプロパガンダの塊ですからね。

> 破壊の一部始終を見ていた外国人ジャーナリストによって日本軍の潔白は
> 証明されたわけだが。

はい。だから、南京大虐殺なるものも、第三者を含めた、公正を出来るだけき
せる専門家で構成されて、調査が厳密に行われなければ、今の共産党の言
い草など、頭から信じてません。

そして、反日殺人教育の徹底が、将来、何に向くだろうかということも、想像が
つきます。自殺行為でしょうね。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 21:48:28 ID:rzyGjdrE
ソース君おとなしくなったなw

I0j8/4Yaさん他の猛烈な反撃に尻尾をまいて逃げ出したかなw

君のおかしな日本語をまた見せてくれよw

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 22:45:58 ID:YXilgTmn
南京事件については日本政府はもっと強気に発言してもいいと思う。

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 08:04:14 ID:Qget3Uuf
>>159
南京大虐殺
日中戦争さなかの1937年(昭和12)12月から翌年1月にかけて、南京を占領した日本軍が中国人に対して行なった大規模な暴行略奪虐殺事件。このとき殺された中国人の数は、極東軍事裁判では二〇万人以上、中国側の発表では三〇〜四〇万人とされる。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%C6%EE%B5%FE%C2%E7%B5%D4%BB%A6&kind=jn&mode=0&jn.x=39&jn.y=8
三省堂提供「大辞林 第二版」より

南京事件
1927年(昭和2)3月、北伐軍の南京入城に際し一部の軍民が諸外国の領事館・居留地で略奪・暴行を働いたことに対して、米・英の軍艦が南京を砲撃し多数の中国軍民を殺傷した事件。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%C6%EE%B5%FE%BB%F6%B7%EF&kind=jn
三省堂提供「大辞林 第二版」より

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 08:25:49 ID:gX9pZsWv
三省堂よ
次の目標は40万かw

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 13:13:49 ID:WAgUx3RG
三省堂=学術ね。

外務省資料、現存するフィルムまで示してこれか。

今度は、広辞苑かな?

163 :162:2006/06/24(土) 13:55:51 ID:yOBlXq8k
>>160
すまん。誤爆だな。許して。

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/27(火) 11:44:06 ID:jXl0eQjE
ソース君は日本語能力不足により配置換えか?

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 15:49:29 ID:QaxJL3an
南京大虐殺の残忍さ日本の歴史ではピンと来ない
日本人ではないような違和感さえある。
でもシナの歴史を見ると納得(・-・*)(。。*)ウンウン(・-・*)(。。*)ウンウン
あ〜自分たちの一般常識ででっち上げたからここまで
おぞましい物になったのか〜
人間を食べる歴史もあるくらいだからね・・
南京で虐殺する意味ってなに?大陸の経済が欲しいのに
何十万人も殺しても金の無駄だし。

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 17:06:16 ID:rMg91XFA
>>165
【言論チンピラ妄言解毒対策レス#89】
日本人が近代まで人を食っていたことは、下のように公文
書(弁官布告)に記録として残っています。
ttp://www.eonet.ne.jp/~otagiri/meijikinew_page_3.htm#1872(明治05)
1870(明治03)年04月15日:政府、人肝、霊天蓋(脳髄)、陰茎などの密売を厳禁。

つまり、明治のこの頃までは、人間の脳髄やチンコや肝を食いたがるヤツが多く、
密売が後を絶たなかったので、政府が禁令を出したわけです。用途は主に薬用だ
ったようですが、金持ちの趣味なんかもあったらしい。


167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 19:49:35 ID:WseeXSwd
>>166
別に、>>165 氏の擁護では無いが、

例えば、朝衛門丸の由来はご存じだろ。処刑された人間の肝臓。ずらっと
物干し竿にぶらさげて、油を落とし干していたとか。薩摩藩なんぞ、敵ながら
天晴とかなると、刑場なんか、夜中に争奪戦だった。

なにも、日本に限ったことではなく、朝鮮半島でも、大陸でも、山賊なんか
の副業になっていた。要するに、陀羅尼助じゃないけど、民間療法の一種
として、広く北東アジア一帯に、跋扈していた。

半島でも、御指摘と同じ頃は、峠越えさえ、命懸けだった。御指摘の布告
を、半島で理解してもらうのに、まだしも、一応まともだった日本の当局は、
異文化だから、腫物にさわるように、古老から説得をした。

そんなこと、ソースをあげるまでも無く、知ってるだろ?中国人を悪く言うわけ
では無いが、グルメで有名な高官の、食通向け著作には、ハニバリズムを、
自分はしたことないが の前置きからはじめて自爆していたりする。

【言論チンピラ妄言解毒対策レス#89】

を自称するなら、公正にしてくれないか?折角、啓蒙活動するのなら、一箇所
だけ(日本人だけに)スポットライトは、変だぞ。内容からみて、局所だけに絞ら
なければ、誤謬を正せないとは思えんのだが。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 19:58:01 ID:rMg91XFA
>>167
>中国人を悪く言うわけでは無いが、グルメで有名な高官の、食通向け著作には、
>ハニバリズムを、自分はしたことないが の前置きからはじめて自爆していたりする。

【言論チンピラ妄言解毒対策レス#89】
日本人が近代まで人を食っていたことは、下のように公文
書(弁官布告)に記録として残っています。
ttp://www.eonet.ne.jp/~otagiri/meijikinew_page_3.htm#1872(明治05)
1870(明治03)年04月15日:政府、人肝、霊天蓋(脳髄)、陰茎などの密売を厳禁。

つまり、明治のこの頃までは、人間の脳髄やチンコや肝を食いたがるヤツが多く、
密売が後を絶たなかったので、政府が禁令を出したわけです。用途は主に薬用だ
ったようですが、金持ちの趣味なんかもあったらしい。


169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 20:24:22 ID:WseeXSwd
>>168
【言論チンピラ妄言工作対策レス#1】
はいはい。具体的に、きちんと話の出来ない人間と、論議なぞ成立しない
わな。

その布告は、併合後の半島でも、きっちりと「根拠の無い信仰」ですから
と、
> 公文書(弁官布告)に記録
に従って、当時の行政府が、丁寧に、刺激しないように、いきなり刑罰な
んか課さずに済むように、腐心したことは無視なわけね。

で、文書だけあげて、事実を日本だけに限定する根拠は何?そして、それ
が、先にあげたように、北東アジア一帯の、一種の信仰になっていたのは
否定するわけね。

では、こちらからソースを要求しよう。大陸や半島では、一切そういう行為が
当時なされていなかったという、資料を提示してみてくれ。面白そうだな。

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 20:29:56 ID:7AYCrEHw
>>169
解ってるなら触るな。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 20:37:11 ID:WseeXSwd
他の方へ

スレ違いも甚だしいわけですが、言論チンピラなるものを討伐に来たそうです。

スレ消費は、最低限に、そして、本題たる、南京大虐殺の下地として、そういう
行為が日本人にだけあったと言いたいみたいです。

布告が、即
つまり、明治のこの頃までは、人間の脳髄やチンコや肝を食いたがるヤツが多く、
密売が後を絶たなかったので、政府が禁令を出したわけです。用途は主に薬用だ
ったようですが、金持ちの趣味なんかもあったらしい。
を、立証するようですから、「その程度」で、よろしかったら、スレ本旨とからめて、ご
参加下されば、少しは有意義になるかもしれません。

但し、現在、野菜と称して胎児のスープを作っている写真とか、非人道的なもので
も、当時から後のものは、中国共産党が為政者ですから、そっちは、分けて頂ける
と幸いです。

172 :169,171:2006/06/28(水) 20:39:07 ID:WseeXSwd
>>170
ごめんね。打ち止めします。失礼しました。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 20:52:22 ID:n9eOYwez
【言論チンピラ妄言解毒対策レス#45】
都合の悪い質問はスルーですか? 繰り返し質問します。
南京大虐殺はなかったと主張する学者は実在しますか? もし実在するなら名前を挙げてください。

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 21:41:47 ID:WseeXSwd
>>170
危なかった。この連中が、ネット右翼なる、造語をしたのかな?

ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/kova/1139417326
ttp://pc8.2ch.net/test/read.cgi/pcnews/1112012893

ttp://blog.livedoor.jp/mumur/archives/50294168.html
の一連の、論駁。

反戦平和議論ガイド
◆dTQkcZeb9M); 自称:地獄のTough Negotiator ◆bLAROckCS6、地獄の 言論公爵
◆aPCd8/3OR2、言論ブルドーザー… 最近は【言論チンピラ妄言解毒対策レス】
をコピペして鸚鵡返しを繰り返しています。 欠番レスを激しくキボンヌ(しんしん) ...

【言論チンピラ妄言解毒対策レス#66】 改憲は法理論上不可能です
あらあら。。。逝ってる。硬性憲法だけど、停止せずとも、出来るんですが。そのため
の、手続きに入るための、国民投票法案ですものね。

の類だったんですね。下衆に係わって、皆さんに、ご迷惑おかけするところでした。あり
がとうございます。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 21:51:07 ID:7AYCrEHw
>>174
ネット右翼という言葉を作ったのはまた別の、宮台とかそういう方々じゃなかったかな。
その、触るべきでない壊れたテープはkoueiといって、かれこれ5年ほどこの調子なんで。

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 21:51:54 ID:n9eOYwez
>>174
憲法第96条のことですね?
【言論チンピラ妄言解毒対策レス#67】
この改正権は憲法自身によって与えられたものであるから、憲法の根本原則
やそれに抵触する改憲はできない。これが法理論上の常識。 ok

よって改憲とは憲法の基本原則を変える、または抵触する改憲を意味するので
改憲は第99条 憲法尊重擁護の義務に違反する違憲となる。ok

そして政治家・天皇・裁判官・その他公務員はこの憲法の保護者であることが
義務付けられているのだ。ok

第99条 憲法尊重擁護の義務
 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、
この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。ok

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 21:52:25 ID:n9eOYwez
>>175
【言論チンピラ妄言解毒対策レス#52】
無限ループはやめて質問に真正面から答えてください。ok
繰り返し質問します。
南京大虐殺はなかったと主張する学者は実在しますか? もし実在するなら名前を挙げてください。



178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 22:08:09 ID:WseeXSwd
>>175
なるほど、壊れてますね。現実に進行しているものを、否定する論拠がこれ。。。
しかも、5年。何でも、勝手に常識にして、いざ、法案が通り、改憲について
国会において審議され、実際に改正されたら、違憲訴訟でも起こすのかな。

そもそも、GHQ 草案の丸写しなのに。

> 言論チンピラ妄言解毒対策レス#67】
> この改正権は憲法自身によって与えられたものであるから、憲法の根本原則
> やそれに抵触する改憲はできない。これが法理論上の常識。 ok

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 22:15:08 ID:n9eOYwez
>>178
>否定する論拠がこれ。。。

はい
【言論チンピラ妄言解毒対策レス#67】
この改正権は憲法自身によって与えられたものであるから、憲法の根本原則
やそれに抵触する改憲はできない。これが法理論上の常識。 ok

よって改憲とは憲法の基本原則を変える、または抵触する改憲を意味するので
改憲は第99条 憲法尊重擁護の義務に違反する違憲となる。ok

そして政治家・天皇・裁判官・その他公務員はこの憲法の保護者であることが
義務付けられているのだ。ok

第99条 憲法尊重擁護の義務
 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、
この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。ok

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 22:22:23 ID:WseeXSwd
>>179
うざい。消えろ、気違い。巣に帰れ。

こじつけたところで、現実は変わらん。

> よって改憲とは憲法の基本原則を変える、または抵触する改憲を意味するので
> 改憲は第99条 憲法尊重擁護の義務に違反する違憲となる。ok

改憲出来ないものに、改憲の要件や手続きを定めるわけないだろう。矛盾したこ
とを喚く、恥知らずが。


181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 22:26:51 ID:n9eOYwez
>>180
>改憲出来ないものに、改憲の要件や手続きを定めるわけないだろう。

【言論チンピラ妄言解毒対策レス#67】
この改正権は憲法自身によって与えられたものであるから、憲法の根本原則
やそれに抵触する改憲はできない。これが法理論上の常識。 ok

よって改憲とは憲法の基本原則を変える、または抵触する改憲を意味するので
改憲は第99条 憲法尊重擁護の義務に違反する違憲となる。ok

そして政治家・天皇・裁判官・その他公務員はこの憲法の保護者であることが
義務付けられているのだ。ok

第99条 憲法尊重擁護の義務
 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、
この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。ok

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 22:34:50 ID:7AYCrEHw
>>180
だから触るなって。気持ちはワカランではないが、不毛だから。

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 22:38:09 ID:WseeXSwd
>>181
下衆だなぁ。コピペだけ。

じゃ、
ttp://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2002/01252/contents/555.htm
他、様々な立脚点から、改憲について論じられている現実は、どうなんだ?

ジュリストでも、定番の一つだわな。どこが、常識だ、ボケ。

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 22:39:59 ID:WseeXSwd
>>182
ごめん。いくらなんでも、、、 でも、打ち止めにします。書類書き
が、まだまだ終わらなくて、悶絶してますし。

色々、勉強になりました。有難うございます。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 22:40:55 ID:n9eOYwez
>>183
【言論チンピラ妄言解毒対策レス#68】
憲法の基本原則の改変または基本原則に抵触する改憲をバンバン行っている
国が存在するならその国名を挙げてください。



186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 22:41:45 ID:n9eOYwez
>>184
>色々、勉強になりました。有難うございます。

論破完了 サンキュー

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 22:47:34 ID:WseeXSwd
>>186
してねぇよ。病院行け。

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 23:56:54 ID:n9eOYwez
>>187
【言論チンピラ妄言解毒対策レス#65】
返答に窮したようなので、このくらいで勘弁してあげます。 気が向いたらまた〆に来ますね(笑)
総括!
@南京大虐殺は事実であり、それは大日本帝国の責任の下で日本軍が行った
極めて残酷・非合理・不法な蛮行であった。
A中国が発表する南京大虐殺の被害者数には、学問的検証と修正の余地がある。
B南京大虐殺の被害者数に異議ありとする学者は存在するが、南京大虐殺その
ものがなかったと主張する学者は存在しない。

2ch総括!
@野菜食えよ
Aたまには表出て新鮮な空気吸えよ
B変な本読むなよ
C夢と現実の境を無くすなよ
D初心者の質問には優しく答えろよ
E鉄火場でもユーモアーと遊び心を忘れるなよ
F煽りは煽られた本人がこの人に煽られたいと思わせるような煽りをしろよ
G年上に敬意を払えよ
H言論には言論で対抗しろよ
I皆仲良く

地獄の青空(非戦主義系)
http://kouei39.blog10.fc2.com/
論破完了 サンキュー

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/29(木) 00:20:55 ID:jqrTNAZS
>>188
脳内妄想乙
【言論チンピラ妄言解毒対策レス#68】
> 憲法の基本原則の改変または基本原則に抵触する改憲をバンバン行っている
> 国が存在するならその国名を挙げてください。
どあほ。日本の憲法問題に、海外のことを持ち出す時点で、ダウト。
アメリカ合衆国憲法
修正条項(Amendments to the Constitution)
修正条項はAmendment I(修正第1条)〜Amendment XXVII(修正第27条)まである。
* 修正第一条〜第十条:特に権利章典と呼ばれている(1791年)
* 修正第十一条:各州の司法権の独立(1795年)
* 修正第十二条:大統領と副大統領選挙における選挙人規定(1804年)
* 修正第十三条:奴隷制廃止(1865年)
* 修正第十四条:市民権の定義、市民の特権・免除、デュー・プロセスの権利および法の下の平等の州による侵害禁止、ならびに下院議員の規定(1868年)
* 修正第十五条:黒人参政権(1870年)
* 修正第十六条:所得税源泉徴収(1913年)
* 修正第十七条:上院議員の規定(1913年)
* 修正第十八条:禁酒法制定(1919年)
* 修正第十九条:女性参政権(1920年)
* 修正第二十条:アメリカ合衆国議会の会期と大統領選挙の規定(1933年)
* 修正第二十一条:修正第十八条(禁酒法)の廃止(1933年)
* 修正第二十二条:大統領の連続二期まで当選回数の制限(1951年)
* 修正第二十三条:合衆国議会議員定数の規定(1961年)
* 修正第二十四条:税金滞納理由による大統領、合衆国議会の選挙権の制限の禁止(1964年)
* 修正第二十五条:大統領が欠けた時の副大統領の昇格規定(1967年)
* 修正第二十六条:18歳以上の選挙権付与(1971年)
* 修正第二十七条:アメリカ合衆国議会議員の報酬の変更規定(1992年)
論破完了

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/29(木) 00:27:32 ID:jqrTNAZS
>>188
コピペ厨認定も、同時にしてやるよ。

自分の頭を他人に預けてるだけの、下衆。ブサヨとも言うのか。。

実社会で、せいぜい頑張れよ。

> 返答に窮したようなので、このくらいで勘弁してあげます。

笑いものじゃねーか。

> 2ch総括!

アカの常套文句。総括で、浅間山荘事件で、内ゲバ殺人をして、司法の御世話
になって、隔離された連中と同じだわな。語彙くらい、選んで使え。

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/29(木) 02:26:00 ID:gEsu3nRC
>>190
>> 返答に窮したようなので、このくらいで勘弁してあげます。

> 笑いものじゃねーか。

いや。吉本の、池野めだか のパクリだな。

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/29(木) 08:45:23 ID:hGvBP7ix
おやおや、池乃めだか もどきは、イタチの最後屁だけで、逃走か。

ちんけな、ブログなんぞしてるくらいなら、代議士になって、堂々
国会で挑めば良いのに。野党からも、相手にされないだろうが。
こいつの特徴
1. 自分は名乗らず(ブログでも)、噛みついた相手に、他人の名を出させようとする
・下心まる見え
2. スレ全体を読まず、定型文のつもりなのか、矛盾だらけの安物コピーだけ張る
・ 南京大虐殺なるものを、中国共産党が、日本からの学術調査を受け入れていない事実を無視。
※ 甚だしく、客観性を欠き、調べなければ立証出来ないことを、中共御謹製のネタだけで即断
 偏向しまくりで、いわゆる愉快犯的な発想しか出来ない
3. 干からびた蟹味噌から出てくるのは、矛盾した屁理屈ばかり。自己の名のもとに、公開司法
 の場で、違憲訴訟なり出来る権利を持つのに、実名や実態がバレルのが恐く、絶対出てこない
・自己理論を公に問えば、論破とも言えるが、所詮、それだけの内実は無い。
4. 相手のポインタは、都合が悪いと、パス。読んでいない。自己都合で利用出来るものだけ
・ 論点をすり替えるも、繋がりが悪く、自爆。
5. 現実を直視しない
・ 国会での、改憲論議すら言及しない。プロ市民たらいう連中のパターン。
櫻井よしこ女史クラスと、公開討論でもしたら、鬱火病で、ろれつが回らないだろう。
地獄の青空(非戦主義系) ・ 端的に、コンプレックスと病的な精神構造を露呈
http://kouei39.blog10.fc2.com/
が、巣だとよ。何人いるのか知らないが、フィッシング詐欺まがいの、偽善、欺瞞だらけで
気分が悪くなる。【言論チンピラ妄言解毒対策レス#67】何様?チンピラが代々木の看板を
背負っているような、はったりをかます、典型的な、極道スタイル。もう、狂気。
おまけに、
>>184
> 色々、勉強になりました。有難うございます。(相手が違うのに、勝手に引用)
--
論破完了 サンキュー で、シメルんだとよ。今どき、暴力団でも、やらんような幼稚さ。
臭い芝居だ。結論。5年も同じことをしていたとしたら、精神病と考えるしか無いだろうな。

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/29(木) 20:35:28 ID:KscDfeED
さて、南京大虐殺なるものに関して、リンクなどを、簡潔
にまとめて、goo から、有害指定を受けたブログを御紹介。
http://kouei39.blog10.fc2.com/
2ch で話題になった書籍の紹介含む。

色々言われる日本財団(そら、競艇と先代が先代だからな)
http://nippon.zaidan.info/index.html
だが、の変態共と決定的に違うのは、表に出ていること。

そして、
お約束だったな、おまえらの、忌み嫌う産経
http://www.sankei.co.jp/seiron/danwa.html
2ch についてのものがある。何も、細工などしていない。

せめて、社団法人でも作ってから、偉そうなことを言え。
登記が必要だからな、匿名は通じない。
http://kouei39.blog10.fc2.com/
の、獣共。破論教団。(最初から破れているもんな。カルト系だわ)


194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/29(木) 21:00:46 ID:bn65ICKL
>>193
(゚Д゚)ハァ? gooから私のブログが有害指定された?



195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/29(木) 22:28:59 ID:WIoS2nvc
>>194
誰、お前?

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/29(木) 22:34:31 ID:WIoS2nvc
>>193
さて、南京大虐殺なるものに関して、リンクなどを、簡潔
にまとめて、goo から、有害指定を受けたブログを御紹介。
http://ameblo.jp/lancer1/entry-10010242656.html
2ch で話題になった書籍の紹介含む。

に訂正します。

見てたのなら、さっさと、論破節踊って、ギャグかましてくれや。
http://kouei39.blog10.fc2.com/



197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/04(火) 07:20:41 ID:Zsromljs
気持ち悪いスレだな…


198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/04(火) 09:44:55 ID:4eIjCxbb
ここは何の論争をしてるんだ?

俺馬鹿だから全然わからん。

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/06(木) 17:23:06 ID:OPyAGSbV
つまりこういうことだ

ttp://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/revisionism_qa/08.htm

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/06(木) 18:00:09 ID:+aMl+ob9
自演ってのは、何度見ても嫌なもんだ

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/02(水) 08:05:41 ID:0+hur8yc
対決!! 高山VS光の声一派

高山椿己(神の右腕)〜アメリカチーム・・・「罪罰」ブログ

VS

光の声一派(士族の末裔)〜シンガポール拠点
http://blogs.yahoo.co.jp/koji3tokyo/MYBLOG/yblog.html
【砂漠緑化】光の声【水素文明】5
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1153140018/l50


光の声一派が「ロシアと敵対する人間は仲間である。」だって!?
誰のことだ!??
高山と和解したか!?
高山は闇と結託か!?高山の真価が問われる時!!!!

どうしたんだ!?
えいっ!・・結末を待て!!!

202 :名無し愛国:2006/08/02(水) 11:09:28 ID:OWXlJ9gd

南京事件はなかった

【南京事件】国民党極秘文書から読み解く 草思社 東中野修道

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 12:31:31 ID:gpIvmMK1
>>189
それ見たって、アメリカでも国民主権を制限したり、基本的人権を縮小するような
改憲は行ってないじゃないか。
およそ憲法と名のつくものは、国民主権の概念を変更できたりはしないのだよ。
お前が日本を北朝鮮のような国にしたい、と思うのは勝手だが。

204 :名無しさん@お腹いっぱい :2006/09/01(金) 19:24:27 ID:dvJ3Mrng
南京事件はなかった

【南京事件】国民党極秘文書から読み解く 草思社 東中野修道


205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 08:57:30 ID:OdNf5d+6
河岸からの帰りに、神楽坂駅の側にある本屋さんに寄り、「南京事件
 証拠写真を検証する」を購入。支那の捏造写真については散々いわれ
てきました。在米のキチガイ支那人であったアイリス・チャンの捏造本
などが最たるもののひとつと思います。その支那人の捏造写真を、ひと
つひとつ検証したこの本はよくできた本と思いますが、文章はこのまま
でも、もう少し本の版を大きくしてほしかったと思います。

 いわゆる南京事件については、更衣兵などの討伐などからもそれなり
の支那人の死者はいたでしょう。戦時中ですから当たり前です。しかし、
あの支那政府がいっている30万人という途方も無い数字はありえないでしょう。

スマトラ沖地震でインドネシアの17万人をはじめ多くの方がお亡くな
りになりました。お亡くなりになった方の御遺体の処理がいまの時代でも大変です。
30万人が虐殺されたとされる南京市での遺体処理はどのようにしてス
ムーズにおこなわれたのか、30万人虐殺を声高々にさけぶ支那政府は、
いまこそ、日本軍が殺したとされる30万人を埋葬処理したという支那
人団体である「紅卍字会」「崇善堂」などのブルドーザーもパワーシャ
ベルもなく、わずかな人員だけで、30万人を処理するという驚異的な
遺体処理ノウハウを提供すべきでしょう。(もし、あったらな)

http://www.tamanegiや.com/ura.html(や→yaに変換)


206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 20:24:16 ID:68MqgDf4
南京事件の死者は1万から1万5千程度だそうで
そのほとんどが更衣兵(国際法的にはスパイ扱い)なら何も問題なし

翻って日本は米に30万人以上の民間人が焼殺されている

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 14:29:13 ID:P9Lc003T
通州事件 
奇襲をかけた冀東保安隊に、日本軍守備隊は少数ながら果敢に応戦した。しかし、
多勢に無勢で陣地を守るのが精一杯であった。攻勢に出た冀東保安隊は、日本人
居留民をも標的にした。
冀東保安隊は、事前にリストアップしていた日本人居留民の住宅一軒一軒に襲い
かかった。女性は強姦した上で性器を銃剣で刺す、刃物で抉る、箒や箸を突っ込むなどして
殺害。
子供は両手・両足を切断するなどして殺害。男は眼を抉る、首に縄を巻き付けて引き回すなどして殺害。
それでも生き残った者は、手足を縛られ、鼻や喉に針金を突き通され、二ヶ所に引きずり集められたうえ
で射殺された。
約140名が、日本軍守備隊の陣地に逃げ込んで命拾いをした。

↑この残虐な手口と、中共が主張する、所謂、南京大虐殺なる、日本軍が中国人に対して行ったと
主張する残虐な殺され方と手口が共通するわけですw
つまり、中国人の残虐な手口をそのまま日本軍仕業としてでっちあげてるわけです。
日本人がこんな殺し方すると思います?w 
これは、中国の殺しの文化であり、日本の文化にはない手口。
通州事件は事実。南京大虐殺はプロパガンダです。


208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 02:30:35 ID:AoYe+AG/
南京大虐殺があったかどうかは、結局、当時の南京攻略に参加した
日本兵の食糧を、どのように調達していたのかに尽きるのではないか?



209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 02:34:09 ID:AoYe+AG/
南京攻略時の主な部隊を以下に示す。

中支那方面軍 - 司令官:陸軍大将 松井石根
上海派遣軍 - 司令官:陸軍中将 朝香宮鳩彦王
第3師団先遣隊 - 連隊長:陸軍大佐 鷹森孝
第9師団 - 師団長:陸軍中将 吉住良輔
第16師団 - 師団長:陸軍中将 中島今朝吾
山田支隊(第13師団の一部) - 歩兵第103旅団長:陸軍少将 山田栴二
第10軍 - 司令官:陸軍中将 柳川平助
第6師団 - 師団長:陸軍中将 谷寿夫
第18師団 - 師団長:陸軍中将 牛島貞雄
第114師団 - 師団長:陸軍中将 末松茂治
国崎支隊(第5師団歩兵第9旅団) - 支隊長:陸軍少将 国崎登


210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 02:38:51 ID:AoYe+AG/
ここで大事な事は、南京攻略に5つ以上の師団が参加していた
という点である。一つの師団は6000人〜2万人とされているので
5師団では3万〜10万人の日本兵から成立している事になる。

ここでは仮に控えめに3万人と仮定した場合、
問題はこの3万人が食べるための食糧をどう調達したかになる。


211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 02:41:49 ID:AoYe+AG/

当然であるが、大陸での戦闘が長期にわたった
3万人の日本兵の食糧を日本から送る事は不可能である。

間違いなく現地調達していたであろう。そして
3万人を食わすための食糧を敵地で調達する事は容易ではない
のも、また事実である。


212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 02:49:12 ID:AoYe+AG/

戦闘行為を行う兵の食糧には、当然ながら穀類だけではカロリー不足となる。
どうしても肉も同時に調達しないといけない。

南京攻略に参加した3万人以上の日本兵を喰わせる為の肉を
日本軍はどこから調達したのか?その解析が当然ながら必要となるが、
そういった方面から南京大虐殺を考察した例は現時点ではない。

慎重な解析が必要だろう。

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 03:04:18 ID:ktifj9Xt
現時点では資料不足である事が否めないが、それでも
はっきり論じることができる事は、

1.攻略を行った中国自体において食人文化が日常的である点。

2.日本において食人文化が存在しないとは言いにくい点。
  (特に東北蝦夷系遺伝集団)

3.3万人を喰わせるだけの豚肉や鶏肉を調達するのは
  非常に困難であるが、人肉なら可能である点。

4.残念であるが日本国は現在でも憲法や法律を事実上守らない国である点。
  従って当時の日本軍が国際法を守っていると断言しにくい点。

5.当時の日本軍は皇道派(孝明天皇派)と統制派(偽皇族派)との間で対立があり
  2・26事件等の結果、統制派が実権を握ったが、統制派が看板にした偽皇族の食文化が
  人肉食系統(長州藩部落住民系)であると推測できる点。

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 03:31:14 ID:ktifj9Xt
残念であるが、現在の北日本で起こっていると見られる
(同胞を対象にした)同様の事態の状況を鑑みれば、
当時の南京攻略に参加した5師団(3万〜10万人)の日本軍が
食糧調達に、中国人自体を対象としていたと仮定する事は特に不自然ではなく
その場合、一月半〜2ヶ月の南京占領で日本兵の人数の2倍程度の人数の中国人を
虐殺していたと推察する事は十分考えられると推察できる。平時である平成時代に
主に北日本で日本人が日本人を大量に殺して食べているならば
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1146800434/682-765
統制派(食人文化を持つ偽皇族派)が主導した戦時に日本兵が
敵国民を食べない方が不自然と考えざるをえない。

この場合は、食べられたサイドの犠牲者陣の遺体は跡形もなくなる。
骨をも調理可能だからである。また数万人を虐殺する手間隙も食用家畜扱いするならば
(現時点での北日本では実際そうなっている傾向があると推察できる)、労力採算性・経済採算性にあう。
その一方、「殺しのための殺し」では人数が多くなると労力採算性、経済採算性がとれなくなる。

資料に乏しい現時点では、これは単なる一仮説に過ぎないが、平時である現在の日本で
北日本中心で起こっている信じがたい状況を考えれば、無視できない重みがある事だけは
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1146800434/682-765
間違いないと言えるだろう。今後、慎重な検証が必要である。


215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 03:38:03 ID:ktifj9Xt
以上、>>208-214で述べた自論は、日本国を愛するがための投稿である。
愛国者ゆえの仮説提唱である。この南京大虐殺問題を正当に認識しないと
今後も秋田など北日本で平時であるにも関わらず同じような事がより巧妙な形で続きうるだろう。
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1146800434/682-765

また同じような事は恐らくヨーロッパでも中国でも、どこでも起こりうるだろう。
日本国だけの問題とは思えない。この点を踏まえて正当な食文化認識を行っていくことが
日本国をはじめとする世界全体の平和と安定に寄与するものであると思えてならないのである。

以上。



216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 03:50:16 ID:ktifj9Xt
参考資料:

平成大虐殺容疑について
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1146800434/821-825
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1146800434/682-765



217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 04:01:01 ID:/nUzT+E7
あのねえ…w
食料や弾薬の補給計画なしで、都市攻めるとかありえないから。

もしその妄想を仮説と言い張るなら、南京人民を食料にする計画の
命令書もってきな。
数万人規模でやる食料調達で命令書がないなんてありえないから。

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 04:06:26 ID:hKaxI0Vk
妄想以外の何物でもないな
そもそも食人なんてものは、平時からやってるってのは中国の文化だ
日本では壮絶な飢餓の時や極めて特異な場合以外にはない

中国人、朝鮮人はすぐにボロを出すな

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 04:52:41 ID:XlIilTV5
終戦直後、蒋介石率いる国民党は旧日本軍第1軍司令官であった澄田中将に
旧日本軍第1軍を国民党軍第10軍に編入して欲しいと頼みに来ている。
これに答えて澄田中将と旧日本軍の一部は中国に留まり国民党軍第10軍として戦っている。
南京の守備隊であった国民党軍が自ら頼みに来るほど旧日本軍は優秀であったのだろう。

ミャンマーで降伏した旧日本軍の中には毛沢東率いる八路軍に参加した部隊もある。
これは劣勢だった八路軍の将軍の依頼を受けての参加だったが、敵兵に砦を包囲され
兵糧が尽きた時に八路軍の中国兵士は捕虜や死んだ味方の人肉を喰って飢えを凌いだのに対し
旧日本兵は人肉を喰らうのを嫌い砦を飛び出し突撃して活路を見出そうとして全滅した。

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 05:55:15 ID:nXsqE/5q
仮説かあ…

とんでも論理展開か堪らんね

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 06:20:48 ID:MEQLTtSu
古今東西すべての3万以上の軍の遠征は、その条件に当てはまるわけだが…

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 07:20:17 ID:TrAm30ei
虐殺とかありそうだと思うけど、
右翼の人達はこれはあってはいけないと思ってるんだ。
これよりも軍隊内のいじめ(死んだり障害負わされてるよ)
のほうがひどいと思う。

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 09:10:47 ID:m/Jc1RSQ
>南京人民を食料にする計画の命令書もってきな。

逆に伺いたいのですが、当時、南京占領に関与した5師団(3万〜10万人)を
1ヶ月半〜2ヶ月の占領期間中、喰わせる為の「数十万頭の鶏・豚・牛などの調達」に関する
日本軍の命令書はあるでしょうか?

またそもそも南京にその水準の家畜産業があったという当時の資料はあるでしょうか?
中国人は元々、人間を両足羊と呼び食べる習慣があり、孔子でさえ日常的に食べたとされています。
従って南京には元々、家畜産業があったかどうかさえ疑問に感じさせるものがあります。

また当時、現地で人間を食糧として調達した場合、旧日本軍は当然、命令書を残しません。
戦犯に問われるのは明白だからです。しかし牛、豚、鶏などの家畜調達命令書ならば
残っていない方が不自然となると考えます。(なお後だしじゃんけんのように、この論議後に
数十万の家畜調達の資料が出てきた場合は逆に捏造を疑わないといけないと考えます)

従いまして、こういった資料(@当時の日本軍の家畜調達命令書、Aその家畜の骨の集積所及びDNA鑑定、
B南京の家畜産業に関する資料)が戦後半世紀以上たって出てきていないならば、逆に>>208-216で示した仮説が
それだけ真実性が高い事の証明になっていると考えます。

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 09:19:32 ID:m/Jc1RSQ
>日本では壮絶な飢餓の時や極めて特異な場合以外にはない

少なくとも秋田県では、日常的に集団で人を騙して人間狩りを
役所・病院などが平気で行い巧妙に殺戮後、赤ん坊まで含めて人喰いを水面下で行っている
事を疑わせるだけの根拠が現在、出ています。同じような事が恐らく他の北日本地区でも
起こっている事が現在、否定できず、坂上田村麻呂の東北遠征に伴って発生した
大量の戦争捕虜が全国各地の部落住民の一部である説は文化人類学で根強いものがあるのも
事実です。そういった場合、恐らく食文化も共通していると考えても大きな不自然はありません。

日本人の数割は、水面下では恐らく人喰い部族ではないでしょうか?
共存共生者社会構築のためには「人喰いに関する概念」を一変させる必要があると考えます。

もしそうでないとされるならば以下の2つの資料について
大量虐殺ではないとする反論根拠を学問として示していただけないでしょうか?

平成大虐殺容疑について:
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1146800434/821-825
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1146800434/682-765



225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 09:20:16 ID:m/Jc1RSQ
平成大虐殺容疑について:
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1146800434/821-825
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1146800434/682-765

注意:決定係数とは相関係数の2乗です。よって
http://kogolab.jp/elearn/icecream/chap2/sec5.html
http://www.ikuta.jwu.ac.jp/~yokamoto/ccc/stat/p22regres/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E9%96%A2%E4%BF%82%E6%95%B0
強い相関:   0.49以上
中程度の相関: 0.16〜0.49
弱い相関:   0.04〜0.16
相関なし:   0.04以下


226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 09:21:33 ID:valD0NSo
平和な時代に産まれ育った温室の花が、何かいってますね。
最前線の不測の事態に対し命令書なんかあるわけないよ。

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 09:32:11 ID:m/Jc1RSQ
>食料や弾薬の補給計画なしで、都市攻めるとかありえないから。

数万の軍隊の長期軍事行動において、日持ちがする穀類はともかく、
肉類に関しては現地調達が基本です。日本本土から大量の肉類を船で送れば
腐敗するのは間違いないからです。

よって当時の日本軍は、そえれだけの兵を食わせれるだけの「肉」を
何らかの形で現地調達していたのは間違いないと考えます。そして当時の中国には
農家が耕作目的で使っていた家畜はいても、数万頭の規模での(産業としての)家畜厩舎は
存在しなかった可能性の方が高いと考えます。(もしそうでないとするならば
その旨の資料を提示していただけないでしょうか?)

よって数万の日本軍は恐らく中国人等の敵国人を狩って喰いながら移動していた
と仮定した方が不自然ではないのは事実です。(これが事実だった場合は
中国人に対する謝罪は半永久的に必要になると考えます。なお安部首相が村山談話を踏襲した
のは、こういった背景があると考えれば筋が通ってきます)

>古今東西すべての3万以上の軍の遠征は、その条件に当てはまるわけだが…

その通りだと思います。この問題は日本軍だけの問題ではなく、ヨーロッパ戦線でも
当時の中国軍自体でも同じような問題を抱えていたと推察できます。戦争とは
「異人種間の共食い」そのものである一面をもつと考えます。これに関する例外となる大虐殺は
原爆(広島・長崎)と東京大空襲くらいではないでしょうか?

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 10:14:24 ID:hKaxI0Vk
> に殺戮後、赤ん坊まで含めて人喰いを水面下で行っている事を疑わせるだけの根拠が
> 疑わせるだけの根拠
> 疑わせるだけの根拠
阿呆ここに極まれりだ
そのソース(というにも馬鹿馬鹿し過ぎる妄想患者)も含めて言っておく
推定じゃなく、確固とした証拠をつかんでからものを言え
現状でお前の意見は「陰謀論患者の奇言妄想」未満レベルだ


一言で言えば、ばーーーかってことだがな

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 10:36:16 ID:m/Jc1RSQ

歴史分析では
人口動態の統計解析は正当な根拠の一つになりえます。

もしそうでないとすると、その統計データを
矛盾がより少ない形で説明可能な別の仮説を提示する責務が
その論者に発生します。

南京大虐殺および平成大虐殺の人口動態解析は
無視できない重みがあると考えます。



230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 10:42:20 ID:hKaxI0Vk
>>229
お前の妄言はそれ以前の問題
仮説に仮説を重ねたものなんぞ、一笑に付されて終わりだと気付けド阿呆

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 10:51:51 ID:m/Jc1RSQ
家畜産業はカロリー効率(エネルギー効率)が非常に低い事が
定量的に解明されています。

牛にせよ豚にせよ鶏にせよその大規模飼育には飼料が必要であり
その飼料の多くは穀類(戦後は肉骨粉を含む)です。従って、
牛肉や豚肉を生産するためには、それらの肉のカロりー量の
何倍ものカロリーの穀類を家畜に与えないといけません。

よって戦時下ではこういった食スタイルは非常にエネルギー生産効率が低く
贅沢品そのものとなります。従って互いに国家総力戦だった太平洋戦争において
中国にて大規模な家畜産業が成立していた可能性はまずありえず、
その一方で、命のやりとりを行っている兵士は高カロリーの肉を日常的に要求します。
そして双方の軍自体も食糧調達が容易ではない訳です。

そういった状況で、戦闘行為によって発生した死体が大量にあるなら
兵の食糧として活用していない方が不自然です。そもそも中国にも日本の一部にも、
元々、人肉を食べる風習があり、水面下ではタブーと考えていない。その上で
食糧が不足すれば、兵ではない一般人を家畜として認識し殺して食べる事を行いだすと
考えないと南京占領に関与した5師団(3万〜10万人)の食糧調達を理解しにくい。

そして実際、当時の南京では人口が大きく減っているのも事実です。また同じような事態が
平成の北日本(秋田など)で起こっていると見られる資料もある。一般の多くの兵には調理した肉の形で
提供すれば自分達が何の肉を食べているかは理解できないので罪の意識もない。仮説演繹法的には
この仮説が最も筋が通ります。

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 11:08:53 ID:5Zhz/fQ3
右翼・保守・極右・正論読者・産経新聞読者・サピオ読者・愛国者・
国粋主義者・独裁主義者・復古主義者・歴史修正主義者・軍国主義者・
民族主義者・武士気取り・国士気取り・通り魔予備軍・文学的変態・
言論チンピラ・ネットチンピラたちに質問します。

論破開始
【言論チンピラ妄言解毒対策レス#41】
南京大虐殺はなかったと主張する学者は実在しますか? もし実在するなら名前を挙げてください。



233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 11:34:37 ID:6EkJ3nFw
>>232

当該論議は、右とか左とか、そもそも関係ありません。
学問としてどの仮説が最も矛盾が少ないか論理的に分析するだけです。


234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 11:46:14 ID:5Zhz/fQ3
>>233
【言論チンピラ妄言解毒対策レス#54】
質問の答えになっていませんよ。繰り返し質問します。
南京大虐殺はなかったと主張する学者は実在しますか? もし実在するなら名前を挙げてください。



235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 12:00:59 ID:hKaxI0Vk
>>233
既にわかっただろうけど、こいつはスクリプトだ
二度とこういった手合いの相手をしちゃならんよ

こいつの自己愛性人格障害が治らなくなるからな

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 12:34:52 ID:nYE8PSvA
これが、年次改革要望書だ!!
http://night-news.moe-nifty.com/blog/2004/08/post_9.html



237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 12:37:05 ID:6EkJ3nFw
>>219

澄田中将は当時、戦犯として処刑されかねない状態だったため
やむをえず部下数千名を蒋介石軍に売り渡したとする説が多いようですが、
この点、いかがお考えでしょうか?

ミャンマーでの一件に関しては資料が見つかりませんのでソースをお教えいただけないでしょうか?
ただ日本人で人喰い風習を持つのは数割に過ぎないので、西日本出身の小部隊(数十名)なら
おっしゃるような事態は起こりえると考えます。

ただ師団(数千名)のような大規模単位で考えた場合、食人文化出身であろう統制派の将校が
一般兵には何の肉か知らせず配給する訳ですから多くの日本兵は知らずに食べていたものと考えた方が
自然であると考えます。また、こういった事はヨーロッパでもどこの国でも起こっていたと考えた方が自然と考えます。

>>235

行政による大量殺人容疑等の巨悪を隠すために
米国精神医学界が捏造したカテゴリーも存在するという事が
最近、語られ始めています。歴史分析の矛盾点があるならば、あくまでも
論理的にご指摘いただけないでしょうか?



238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 12:47:30 ID:6EkJ3nFw

国家総力戦を敵地で行っている状況では、全ての物資について
需要が供給を大きく上回ります。

食糧に関しても当然、例外ではなく、常にカロリー不足に悩まされる事になっていた
と推察できます。そういった過酷な状況下で、目の前に「高カロリーの肉資源」が大量にあり、
しかも食文化上のタブーを感じない部族出身者が、日本軍の将校(統制派)を勤めていた場合、
ここで論じた事は起こらない方が不自然と考えます。(当時の日本軍の主導権を握っていたのが、
皇道派(孝明天皇派)ならば状況が違っていたのかもしれませんが
統制派(偽皇族派)なら歯止めが利かなかった面もあったのかもしれません。)

食文化と言うものは軍事にまで当然、影響を及ぼしえます。同じような事が恐らく
世界中で起こっているのではないでしょうか?中国自体も文化大革命の資料を見る限り
例外ではないと考えます。またルワンダ大虐殺も恐らく無関係といいにくいと考えます。

こういった食文化実態を踏まえて、世界情勢を今一度、慎重に分析しなおす事が
世界全体の平和と安定につながると考えて止みません・

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 13:40:44 ID:hKaxI0Vk
>>238
発言の根拠が全部仮定、妄想の上に成り立っている時点で無価値
もうこれ以上レスしないが…もうちょっとまともになれ

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 14:46:24 ID:6EkJ3nFw
そう言われるならば、以下を否定可能な別の学説を
出していただけないでしょうか?

平成大虐殺容疑について:
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1146800434/821-825
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1146800434/682-765

注意:決定係数とは相関係数の2乗です。よって
http://kogolab.jp/elearn/icecream/chap2/sec5.html
http://www.ikuta.jwu.ac.jp/~yokamoto/ccc/stat/p22regres/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E9%96%A2%E4%BF%82%E6%95%B0
強い相関:   0.49以上
中程度の相関: 0.16〜0.49
弱い相関:   0.04〜0.16
相関なし:   0.04以下




241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 15:18:35 ID:5Zhz/fQ3
>>235
【言論チンピラ妄言解毒対策レス#44】
煽らないでくださいキチガイ。繰り返し質問します。
南京大虐殺はなかったと主張する学者は実在しますか? もし実在するなら名前を挙げてください。



242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 15:50:16 ID:vOzHyKpX
そういや昔、「狂人日記」という小説があったなあ。
あれ、「統失日記」って題名を変えないとまずいのかなあ?

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 18:47:19 ID:6EkJ3nFw
魯迅自体が架空であるという説があるね。

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 19:01:18 ID:j8U8f423
>戦闘行為を行う兵の食糧には、当然ながら穀類だけではカロリー不足となる。
>どうしても肉も同時に調達しないといけない。

「どうしても」というのに論理的な根拠がないわな。

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 19:30:57 ID:6EkJ3nFw
その表現は確かにご指摘のとおりです。表現が強すぎました。
より正確には以下の表現が妥当と考えます。

========

国家総力戦を敵地で行っている状況では、全ての物資について
需要が供給を大きく上回ります。

食糧に関しても当然、例外ではなく、常にカロリー不足に悩まされる事になっていた
と推察できます。そういった過酷な状況下で、目の前に「高カロリーの肉資源」が大量にあり、
しかも食文化上のタブーを感じない部族出身者が、日本軍の将校(統制派)を勤めていた場合、
ここで論じた事は起こらない方が不自然と考えます。(当時の日本軍の主導権を握っていたのが、
皇道派(孝明天皇派)ならば状況が違っていたのかもしれませんが
統制派(偽皇族派)なら歯止めが利かなかった面もあったのかもしれません。)




246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 23:20:25 ID:uPZePUyj
南京攻略戦直前の南京近郊を含めた周辺人口は約20万
という国際赤十字(だったか?)の調査を無視するのか
郊外へ避難していた民間人が南京攻略戦直後より南京へ戻り始め
周辺人口が増加したという調査も無視するのか

人肉消費説なぞ妄想を越えてディスインフォメーションの領域だな

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 00:02:25 ID:vXSeABiE
横槍失礼します。

日露戦争時のデータですが
>脚気患者は二一万二千人、脚気による死者は二万八千人
http://www.jice.or.jp/room/archives2/200506.html
陸軍が肉を重視してカロリーを摂っていたなら極端なV.B1不足には
ならなかったはずでしょ。
さらにその後も海軍と違い陸軍は脚気予防に麦を使っていましたし。

248 :ビバリーヒルズ:2006/10/09(月) 00:53:47 ID:VSxqQDcj
日本人が人間の肉を食べていたなんてのは元々食人文化をもっている中国人のでっちあげホラ話しにすぎない!

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 03:32:00 ID:A/hdbc2Q
根拠とするのが2chのレスで、しかもどうみても妄想の域を出ない珍奇な、データの恣意的解釈
そのうえに仮説を立ててるんだから…どう考えてもネタだろ

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 09:01:52 ID:Jgs9J3kJ
シナチクとチョンの妄想に付き合ってらんないね。
日本は食人文化どころか、肉食文化がなかったことも知らないんだからさ。
肉がご馳走とでも思っているところがおまいらの食人文化なんだろーけどね。

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 10:36:06 ID:rSaKOp62
>日本は食人文化どころか、肉食文化がなかったことも知らないんだからさ。

江戸時代のエタ・非人階級は「肉食」で「肉食特権」を持っていた事をご存知ないのでしょうか。
そして明治維新とはそのアウトカースト階級の政治革命の一面があったのをご存じないのでしょうか?




252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 10:41:43 ID:rSaKOp62
菜食文化の中核を担っていた孝明天皇・睦仁親王の双方を暗殺して、
肉食文化の中核を担っていた(長州藩)部落住民の大室寅之助を睦仁親王に
摩り替えて、皇室をテロで乗っ取った上で、
恐れ多くも明治天皇を名乗らせたという学説が有力視されている現実を
ご存知ないのでしょうか?



253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 10:47:23 ID:rSaKOp62
天皇・皇室までをもアウトカースト(江戸時代のエタ・非人階級)が乗っ取った
アウトカースト革命であった一面を持つ明治維新以降、
総理・財界・軍部を含む日本国家の中核の多くは、
アウトカースト出身者によって占められ、
それ以降の日本国家の食文化は肉食に大きく傾いた現状をご存じないのでしょうか?




254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 10:56:01 ID:rSaKOp62
明治天皇以降の偽皇室が、長州藩部落住民の大室家の系統であるため、
「皇室」の食文化伝統が明治維新以降は一変し、
明治天皇が牛乳を飲み肉を食べる姿が国民に喧伝されはじめ、
国策として政府が国民に肉食を奨励した事もあり、
日本国家の食文化が菜食主義から肉食主義に一変した事実を
ご存じないのでしょうか?

そしてアウトカースト(江戸時代のエタ・非人階級)の肉食とは
人肉をも相当割合で含むと考えないと説明がつきにくい事も多い事実を
ご存じないのでしょうか


255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 11:03:36 ID:rSaKOp62
明治偽天皇だけでなく、明治政府の初代内閣総理大臣であった伊藤博文自体も
長州藩の奇兵隊出身で、その出自はアウトカースト階級であり、
明治維新前には「長州藩の中忍」を勤め、孝明天皇の暗殺実行に関与した容疑もある
とする見方が強い事実をご存じないのでしょうか?

この重い事実があるため、現在でも山口県(長州)は安部総理も含め総理を何代も
出してきたとする見方が強い事実をご存じないのでしょうか?

すなわち明治維新の裏特権は現在でも非常に強いのが現実と見られます。


256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 11:13:28 ID:om9cneWQ
更には、明治政府の実権を握った、薩摩の大久保利通も
朝鮮系の部落住民出身(鹿児島県高麗町)であるという見方もあり、
やはり肉食文化を元々持っていたと推測できます。

現在の政治体制で朝鮮系勢力(創価学会など)と同和系勢力が強いのは
このアウトカースト革命(明治維新)の流れを受けていると考えないと
説明がつきにくい事があまりに多いのも事実です。

アウトカースト出身と見られる伊藤博文や大久保利通が政府の要職を占めたという事は、
かなりの割合の政府要職、財閥中枢、軍部中枢が同様の事態になっている事を
容易に推測させるものがあり、現在の政治家の数割も例外ではないのが現実である事を
まず知らねばならないと考えます。

その結果、日本人の食文化は肉食系に一変しています。

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 11:22:10 ID:om9cneWQ
戦前の軍部において、この140年前の孝明天皇・睦仁親王暗殺および皇室乗っ取り劇
に対し強い反発が巻き起こった結果、発生したのが、
5・15事件、相沢中佐事件、2・26事件であり、
その結果、(孝明天皇系統の復活を目指した)皇道派は壊滅的打撃を受け、
(部落住民系が多かったと見られる)統制派が軍部の実権を握るに至ったと分析できます。

そしてその結果、発生したのが、統制派である東条内閣であり、
中国侵略、太平洋戦争への道に進んだと見られます。この政治の流れが
大日本帝国陸軍の人事にも影響しないはずがなく、陸軍の食文化にも当然
無視できない影響を与えたと考えた方が自然と考えられます。


258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 11:30:17 ID:om9cneWQ
>>250
>日本は食人文化どころか、肉食文化がなかったことも知らないんだからさ。

従いまして、>>250での上のご発言は、日本の近代史の実態を踏まえておられない点もある
のではないかと申し上げざるをえません。

明治維新以降の日本における肉食状況は予想以上の状況にあると分析できます。
そして日本における「最も安価・豊富かつ高カロリーに肉資源」は
豚肉でも鶏肉でもなく、「人肉」である事も事実です。そして、江戸時代のエタ・非人階級は
肉食文化に関するタブーは事実上なかったのも事実です。また坂上田村麻呂時代(平安時代)に、
全国のアウトカースト階級(江戸時代)の祖先の一部を出したと見られる東北地区も
肉食文化(またぎ文化)が強く、かつ戦前はかなり貧しかったため食べるものを選べる立場に
なかったと見られるのも事実です。

こういった事を踏まえないと、南京大虐殺を理解しにくいと私は考えます。

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 11:31:42 ID:8dTZa+/p
従軍慰安婦問題の議案が、米国の下院で議決されそうだ。
その内容たるや、過去に日本が精査して、事実無根の酷いもの!
・・13歳の女子も含まれ・・・・20万人のうち極少数の生き残り
以外は、処刑もしくは自殺に追い込んだ・・・・などなど!
中韓の出鱈目を放置しすぎだぞ!!!!
日本は速やかに公式な反論をすべきだ。
奴らはこうしてウソをホントにしていくんや。

アベもいいかげん舐められなよ、マジで。


260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 12:41:42 ID:om9cneWQ
>議案が、米国の下院で議決されそうだ。

USAならば近年、実用化されたと見られる
タイムマシン(ソーン教授:カリフォルニア工科大学)で確認可能でしょう。
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1154258162/

従って、USAの議会で当該議案が出されたのが事実ならば
ここでの論議が事実である事を既に時空確認されたと考えた方が無難かもしれません。

Nature, Science, Physical Review, Journal of Mathematical Physics
等のいずれも実験物理学、理論物理学の一流学術雑誌に、
タイムマシン物理学の論文が大量に出版され、
米国のカリフォルニア工科大学、英国のサセックス大学などの
ノーベル物理学賞受賞者を輩出する超一流校でタイムマシン物理学専門の研究室まである以上、
タイムマシンはもはやオカルトでも精神衛生問題でもなく、
すでに実在する既存技術であると考えた方が自然。

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 15:27:51 ID:2jkpv0hu
秋田県のJR追分駅から徒歩2分の位置に
JAが経営する葬儀屋、レゼール追分(JA葬祭)がある。

ここは数年前までは、確かトイチ屋という大型スーパーマーケットがあった建物で
JA葬祭はこの建物を若干回収して現在、葬儀屋として使っていると見られる。

かつて大型スーパーマーケットであった以上、当然、食肉加工室も
少なくとも当時はあった事になる。そこが現在は葬儀屋として再利用されているようだ。




262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 15:29:47 ID:029fsHm+
【普通にオカシイ】
・原爆被害者ですら数十万人なのに『一軍隊が30万も殺害』するのは不可能。
・そもそも『20万人しか居なかった街で30万人』が殺されるわけがない。
・仮に南京市に30万人がいたとして、それだけの人数が順番待ちでもしてたかのように
 『30万人全員が逃げずに殺される』などという話は現実的にはありえない。
・避難中の民が急に『戦闘地区に戻って来て』死者数が30万に増加など論外。
・30万人虐殺の一ヵ月後に『30万人が街に帰ってきたから人口が元に戻った』
 という中国の主張は不自然で整合性に欠ける。
・死んだはずの南京市で、元の人口相応数の子孫が生まれている。
・中国政府が『30万人は政治的数字だから変更できない』と公言したことが
 ある。中国国内の政治的数字など日本には知ったことではない。
・『大虐殺』の定義が不明。南京戦という局地戦における戦死者でまともに
 確認されたのはせいぜい2000人と一般戦闘並み。それを『大』とするなら
 妥当な規模ではないし、『虐殺』とする証拠も一切ない。つまり解決済みの
 一戦闘をことさら取り上げて日本を攻撃する『事件性がない』。

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 15:30:37 ID:029fsHm+
・日本軍に虐殺動機が全くない。
・物資不足で敗戦を余儀なくされた日本が、敵軍に急襲されかねない緊迫した
 状況下で弾薬を無駄にしてまで一般人を『遊興で30万殺害する説』など異常。
・虐殺後に減るならわかるが『逆に南京の人口が急増してることが不自然』。
・なぜか被害者数が年々『水増し』されている。
・「南京全市民は約20万人が全員無事だった」と、現地の安全区国際委員長から
 日本軍に感謝状が出されている。
・市民が避難した安全区に逃げ込んで一般市民の衣服を奪って武器を隠し
 持って日本を騙し撃ちする卑怯な兵隊を「便衣兵」というが、これらを
 捕まえて処刑するのは戦時国際法において合法な“戦闘行為”であり
 虐殺ではない。これを虐殺というのは逆恨みでしかない。
・「中国政府の意向に沿った記事を書くこと」を宣言した朝日新聞の自虐的な
 贖罪キャンペーンを受けて、戦後33年も経ってから日本の中学校教科書に
 突然『中国の教科書にさえ載ってなかった大虐殺』が登場することが不自然。
・日本の『敵国である外国人カメラマン』もたくさん南京市に取材に行って
 いたのに『虐殺写真が一枚も撮られていない』。存在しないものは撮れない。
・河に流しても燃やしても痕跡が残るはずの『30万人もの死体が完全に
 行方不明』。何の痕跡もなく人が消えるなどありえない。

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 15:31:10 ID:029fsHm+
【検証したらオカシイ】
・中国共産党軍の戦記(日中戦争を批判的にまとめたもの)の中にすら
 「南京虐殺」の記述など一行もない。
・中国国民党軍の「南京陥落の様子、将校・下士官・兵の戦傷者数」まで詳細に
 記録した軍事報告書にも「市民の虐殺」など一行も書かれてない。
・東京裁判で中国に「南京の人口が大虐殺で30万人も減」と報告書を提出した
 金陵大学社会学教授スマイスは、『東京裁判より前』の南京市の人口統計
 調査では「人口に大きな増減はない(日本の占領前も後も20〜25万人で
 変化なし)」と報告していて、南京の安全区国際委員長もその数字を確証
 している。(皮肉にもこれらは全て中国側の資料から証明された)つまり
 『東京裁判前は現地で調査した学者すら大虐殺など認めてない』のに、
 『東京裁判では同じ学者が全く別の数字を提出した』というのは不整合。
・現在入手可能な南京の証拠写真は検証の結果『全て証拠能力がない』と
 証明された。中には日本の雑誌の表紙から無関係な兵士写真を引用し
 南京での略奪の図として証拠にあげる例もあり、捏造の存在は否定不能。
 他の写真も『明らかな合成の痕跡』だけでなく『南京には存在しなかった
 戦車や崖が写っている』『冬だったはずなのに夏服』など捏造が判明。
 結局証拠能力があるものは3万枚の写真から『1枚も』残らなかった。
・南京大虐殺記念館にある人骨が『文革の時に殺された人々の骨』だった。
 つまり「別の場所、別の時代に、中国人が殺した中国人の骨」だった。
 同様に南京大虐殺記念館で人体実験の証拠として展示している写真は
 実は『被験者は中国人ではなく日本人である』と判明している。
・日本が詳細な調査を提案すると『中国は真実の露呈を恐れ調査から逃げ
 続けてる』。真実であれば逃げる理由などない。

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 15:31:47 ID:029fsHm+
【東京裁判がオカシイ】
・証人はナチス党員やプロテスタント宣教師など『全て中国の親しい友人』。
・『証人の偽証罪が存在しない裁判』は裁判とはいえない。
・東京裁判までの9年間『中国ですら南京戦に触れてもいないのは不自然』。
・戦後、空爆や毒ガス使用の非難はあったのに、南京は『国際連盟も一度も
 議題にしていない』ことが不自然。南京は東京裁判まで話題にすら出てない。
・敗戦国側からは判事を出すことを認めず、事後立法で裁いた上に判決理由も
 発表しない『国際法無視の東京裁判が根拠のない伝聞を証拠にしている』。
・鎌倉市より狭い南京城内に記者やカメラマンが約120人も占領と同時に入城
 したが誰も虐殺など見ておらず、現地に行って来たはずのプレスマンたちは
 皆、南京大虐殺を『東京裁判で初めて知って驚いた』という矛盾。
・東京裁判の証拠になった『統計表がどうみても捏造』。10年も経ってから
 作られた統計表にも関わらず、人数、性別、年齢まで詳細に書かれており、
 また『検証が一切されていない』ことから捏造と断ぜざるを得ない。
・日本軍が清掃し、戦後5ヶ月を経過した後に大量の死体があるわけがない。
・そもそも、統計表を信ずるとしても、死体発見場所からみて数値にある
 死体は戦死者の死体であり『日本軍による虐殺死体ではない』。
・統計表から崇善堂の例を挙げればブルドーザーやパワーショベルどころか
 トラックもほとんどない時代にたった12人の隊員で1日平均2600体を10日間
 続けて埋葬など不可能。また、この埋葬活動を見た日本人も誰一人いない。

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 15:32:17 ID:029fsHm+
【百歩譲ってもオカシイ】
・全ての捏造証明を差し置いても、日中共同声明で友好を確認する前に
 全ての問題事項は両国で綿密に討議され、その結果として国交が回復した
 経緯があるのに、何年も経て南京問題が突然噴出すること自体が異常。


東京裁判では証拠の検証すらロクにされてないことは世界各国(戦勝国含む)が
認めてることなのだから、“今このご時世に”まだガタガタ言う気であれば
『戦後のどさくさで誤魔化したもの』を誤魔化さずに全て用意し、公平に
調査して、南京大虐殺とやらを証明しなければ納得できるはずがない。

それらの証明を無視して南京大虐殺記念館を世界各国に建設したり世界遺産に
申請して公認させることを異常に急いでいることも、捏造を疑わざるを得ない。

が、現状としてこの案件に興味を持って調査しているのは日本人だけである。
世界は中国の宣伝を鵜呑みにしている。

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 15:35:18 ID:fxavd7fm
論破開始
【言論チンピラ妄言解毒対策レス#41】
南京大虐殺はなかったと主張する学者は実在しますか? もし実在するなら名前を挙げてください。



268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 15:36:30 ID:2jkpv0hu
このレゼール追分(JA葬祭)の建物をぐるっと回って確認してみると
表口は確かに葬儀屋なのだが、表口から向かって右側の側面サイドの入り口は
葬儀屋ではなく、食材センターになっている事がわかる。

JA新あきた「ふれあい食材センター」という看板が同じ建物の側面に記されている事が
すぐわかる。そしてその駐車場には、「JA新あきた ふれあい食材センター
食材宅配サービス」との大きな表示をつけた軽量小型トラックが4台並んでいた。

その建物の裏口に回ると、「味噌加工所」との小さな看板もあり、
味噌を含めた食材を、「JA新あきた」はJA葬儀業と同じ建物の中で経営していることになる。
秋田県で有名な食材の一つとして「しょっつる」があげられるが
これは魚を含む動物性食材を醗酵させたものと言われ、製法の詳細は店によって当然、秘伝になっているものと
考えられる。



269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 15:39:59 ID:2jkpv0hu
JA「ふれあい食材センター」のHPを見ると
http://www.jarihoku.or.jp/intro_inst_food.html
「厳選された産地から、とれたて、できたてを食卓におとどけする
ふれあい食材。JA独自のスピーディーな輸送システムが、新鮮さをお約束します。」
とある。

「とれたて、できたてを食卓におとどけする」とのキャッチフレーズの食材業が
秋田県ではJA葬祭と同じ建物の中で営まれているのは何故だろうか?




270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 15:42:23 ID:2jkpv0hu

日本の食文化は地域によって大きく異なるのは間違いない。
それを共生文明論の観点から考察し、多様な部族がより平和に暮らせる
社会システムの構築を共に考えていく必要があるのではないだろうか?

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 17:06:55 ID:A/hdbc2Q
>>ID:2jkpv0hu
> と思われる
> と考えられる(考えざるを得ない)
> と見られる
こんなんばっかり。アホ丸出し

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 17:57:07 ID:vT/IVaf8
証拠が何一つないw

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 18:44:41 ID:RCXxkqXQ
南京大虐殺を声高に叫べば叫ぶほど
中国人の如何わしさがあらわになることに気付けよ
しつこく食い下がっても墓穴を掘るだけだぞ

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 18:52:21 ID:DRTHH0KG
松○九朗マンセー

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 20:29:50 ID:IHI676uQ
日中戦争開始前の「南京市」の人口は約100万人、
事件直前、つまり1937年12月11日時点の「南京市全域」の人口については
正確な統計は確認されていない。


276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 20:47:42 ID:IHI676uQ
「南京大虐殺」に対して、日本政府はどのように考えていますか。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/qa/08.html

日本政府としては、日本軍の南京入城(1937年)後、
多くの非戦闘員の殺害や略奪行為等があったことは否定できないと考えています。

しかしながら、被害者の具体的な人数については諸説あり、政府として
どれが正しい数かを認定することは困難であると考えています。


277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 20:53:49 ID:spXTfYb2
このスレ面白いwww

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 20:54:56 ID:IHI676uQ
太平洋戦争の犠牲者
http://www.max.hi-ho.ne.jp/nvcc/TR7.HTM

   国、地域名   戦争犠牲者数(人)  出典、参考資料
  タ     イ     8,000   図説ユニバーサル新世界史資料(帝国書院)
  シンガポール・マレーシア    100,000以上 キーワード日本の戦争犯罪(林博史ほか著、雄山閣)
  インドネシア    4,000,000   サンフランシスコ講和会議でのインドネシア政府見解から
  ベ ト ナ ム   2,000,000   1945年のベトナム独立宣言から
  中     国   10,000,000以上 中国国務院「中国の人権状況について」から
  ミャンマー(ビルマ)   150,000   キーワード日本の戦争犯罪
  韓 国・北朝鮮    200,000   キーワード日本の戦争犯罪
  フ ィ リ ピ ン   1,110,000   フィリピン政府調査から

   ガダルカナル攻防戦(1942.8〜1943.2)  日本軍上陸部隊の20,000人以上が死亡
   インパール作戦  (1944.3〜7)    将兵の8割以上が死亡
   フィリピン防衛戦 (1944.10〜1945.8) 日本陸軍だけで320,000人が戦死


279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 21:00:43 ID:IHI676uQ
中国戦線の日本軍兵力、(カッコ内は陸軍総兵力)
http://homepage3.nifty.com/a-yamada/gendaisi2002-06.html

1937年末:50万人(95万人)
1938年末:68万人(113万人)
1939年末:71万人(124万人)


280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 21:08:15 ID:IHI676uQ
ノルウェー人の食肉消費量(家禽肉を含む)は
年間1人当たり60kg以上(月では5kg)。日本も魚肉を含めれば同程度。
http://www.maff.go.jp/kaigai/2005/20051001norway02a.htm
アメリカ人はこの倍。月10kg程度。
http://www.nihonkaigaku.org/ham/eacoex/200prob/210envi/212food/foodtake/foodtake.html


281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 21:17:02 ID:IHI676uQ
日中戦争とは、1937年(昭和12年)から1945年(昭和20年)の間に
日本と中華民国の間で行われた戦争を指すことが多い。

年平均60万人の日本陸軍兵力が8年間、中国に滞在していたと仮定した場合、
この間に消費する肉量は、

8年 × 60万人 × 60kg = 28800万トン





282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 21:23:45 ID:IHI676uQ

日本兵が計8年間の中国戦線で消費した肉量の概算である
28800万トンの大半を現地の中国人を殺して食べる事によって
現地調達したと仮定した場合、犠牲になったと推測できる中国人の数は、

28800万トン ÷ 30kg(死体一人当たりの取得可能肉量) = 576万人

一方、日中戦争にあたって殺害されたと推測できる中国人数は1000万人以上。
(中国国務院「中国の人権状況について」から)

ほぼ一致する。


283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 21:31:44 ID:IHI676uQ
表記ミスの修正:
(投稿281および投稿282)


(誤)28800万トン → (正) 28800万kg


ただこの修正を行っても576万人 という推定犠牲者数の数は変わらない。






284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 21:42:21 ID:IHI676uQ
@中国国務院が発表した日中戦争の犠牲者数とされる1000万人以上
という数値自体に相応の誤差がある事、そして

A中国人の犠牲者が子供や赤ん坊の場合は一人30kgもの肉量はとれない事、

B>>231にあげた理由により、当時の中国では豚、鶏、牛等の大規模畜産産業は存在しえず、
田畑の耕作用等に細々と牛等を飼育していたに過ぎなかったと推測できる事

更には

C中国にも(そして実は)日本の一部にも強い食人文化があると見られる事
 
の4つをあわせて同時に考えると、日本兵が計8年間の日中戦争において現地調達した
と推測できる28800万kgの肉量の大半は、現地の中国人を狩って食べていたと推測することは
十分に無視できない重みがあり、これを前提に概算した中国人の犠牲者数576万人という数と、
中国政府が発表した戦争犠牲者数1000万人以上という数が、桁が変わらない事実は、
更に当該仮説の信憑性を高めているものと考えられる。


285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 21:45:23 ID:IHI676uQ

日本政府が事実上認めている「南京大虐殺」は
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/qa/08.html
以上の背景を前提に考えるべきものであり、南京大虐殺のみを取り出して論議を
行う事は無意味である。



286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 22:07:16 ID:IHI676uQ
はっきりしている事は、南京攻略において5個師団(20万人以上)もの
日本兵力が投入され、1ヶ月半〜2ヶ月もの間、占領を続けたという事である。

という事は
(20万人 × 60kg × 2ヶ月 ÷12月 )kgもの肉量を現地調達した事を意味し、

それを中国人を殺して喰う事で賄った場合、7万人以上の中国人を殺さないと賄えない(但し戦死者の死体を含めての話)。
また、当該地域を占領する以上、日本兵の胃袋だけに責任をもてばよい訳ではなく
居住している数十万の中国人市民の胃袋や飲料水にも責任を持たねばならない。

従って居住している数十万の中国人自体のためにも肉を調達する義務が日本軍に発生してくる。
それを考えれば、更に多くの死体が必要となり、 中国では実はこの様式が一般的である事を中国人自体が
知っているので大きな反発が戦後直後には起こらなかったのではないかと推察できる。

非常に難しい問題であるが、食文化から考えれば当該仮説が最も矛盾が少ないと考えられるのであるが
いかがだろうか?いずれにせよ占領政策は人道的にも経済的にもペイしない。
統制派の東条内閣の大陸侵攻政策自体が誤りだったよう思えてならない。


287 :資料:2006/10/09(月) 22:36:10 ID:fxavd7fm
南京大虐殺論争

南京大虐殺事件を日本人が知ったのは敗戦後の東京裁判におい
てである。この事件が「論争」となるのは、日本が高度成長を遂
げ公然と十五年戦争が肯定されるようになってからである。論
点は虐殺事件の存否、組織性、犠牲者の数であり、七〇年代の
第一次論争、八〇年代の第二次論争がある。この事件を六〇年代
から本格的に研究したのは洞富雄であり、事件を世に広めた
のは本多勝一『中国の旅』(七二年)である。第一次論争は七二
年の鈴木明「『南京大虐殺』のまぼろし」が事件の存在に疑問を
呈してはじまった。第二次論争では田中正明『?南京事件″の虚
構』が事件の存在を否定したために中国を巻き込む論争に発展
した。しかし、論争の過程で多くの新資料が発掘・発表され、
旧陸軍将校の親睦団体偕行社が機関誌『偕行』で「証言による『南
京戦史』」を連載し、事件の存在を認め中国人民にわびたことを
もって事件の存否に関する論争は収束した。
第二次論争の時期に事件の非組織性を主張したのは文部省であ
り、教科書検定で「混乱の中で」と書き込ませた。しかし、南京
攻略戦参加部隊の「戦闘詳報」などの資料や藤原彰『南京大虐殺』
(八五年)、吉田裕『天皇の軍隊と南京事件』(同年)などによっ
て日本軍の組織的虐殺であることが明確になった。中国人犠牲
者の数の問題に関しては、中国では八五年に開館した侵華日軍
南京大屠殺遭難同胞紀念館に明示するように三〇万人を主張す
る。これに対し事件の存在を認めざるをえなくなった人々は三
〇〇〇人から四万二〇〇〇人という数を提示、偕行社刊『南京
戦史』でも約三万人という。しかし、洞は『決定版・南京大虐
殺』(八二年)で二〇万を下らない数といい、『南京大虐殺の証
明』(八六年)で少数説の誤りを指摘した。実証の厳密さからも
洞・藤原などの主張には説得力があり、論争はほぼ決着がつい
た。(三省堂『戦後史大事典』より)



288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 22:57:36 ID:A/hdbc2Q
>>ID:IHI676uQことカニバリズム君はは純粋に病気だと思う
現地調達で人肉食、の確固たる証拠は何一つとして出ていない

忠告だ、病院に行け

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 23:25:03 ID:029fsHm+
とりあえず太平洋戦争という呼称を使用している時点でアホだと思う。

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 00:10:54 ID:j34hV90i
>現地調達で人肉食、の確固たる証拠は何一つとして出ていない

それならば数十万人の日本兵用の肉食糧はどのように調達したのでしょうか?
288メガトンもの食肉を現地調達するのは他の方法では事実上、不可能と考えます。
もし可能というならば、当時の命令書などその根拠を示していただけないでしょうか?

中国戦線の日本軍兵力、(カッコ内は陸軍総兵力)
http://homepage3.nifty.com/a-yamada/gendaisi2002-06.html

1937年末:50万人(95万人)
1938年末:68万人(113万人)
1939年末:71万人(124万人)




291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 00:18:50 ID:mcp+Jjup
人肉を食え、あるいは調達せよ、という命令書出すのが先じゃねぇの?

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 01:04:32 ID:sydgi8fy
先生はこのスレで復活したのかw
統失は捏造された架空の病気だの、タイムマシンは実在するだの
秋田県民は人食い部族だの、
はたまた秋田の救急車は行政による暗殺部隊だの色々妄想を膨らまして、
今度は「南京大虐殺はカニバリズム説」かw

まぁ、法人名や個人の実名などの固有名詞を出さないだけ、今回はまだマシだがな。


293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 01:05:31 ID:K+FNtLrD
人肉調達命令書はハーグ協定に反し戦犯となるので書類は残りません。
それに対し、物資調達命令書は証拠隠滅の必要性はなく残るはずです。

それにも関わらず数十万頭分の家畜の肉類調達に関する命令書が残っていないと言う事は
大規模な家畜調達を行えなかった事を意味し、その場合、必然的に
人肉調達が数百万人分、行われていた事を示唆します。



294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 01:07:06 ID:K+FNtLrD
なお日本だけでなくヨーロッパ戦線も
この点は基本的には変わらないと考えます。

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 01:10:15 ID:mcp+Jjup
>>292
いや、出てるよ

>>293
書類無しに軍隊が大規模な行動を起こすことは「不可能」です
また一つ貴方の無知だか妄想癖が立証されましたね

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 01:13:48 ID:sydgi8fy
>>295 よくよく見たら書いてるね。

またこの男は>>269でまた法人名出してやがるなw
大学事務局にもうチクられてるんだから、もう大概にしとけよ。

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 01:23:27 ID:sydgi8fy
しかし、koueiのようなスクリプト野郎と、先生の対決がこのスレで見れるとは思わなかったなwwww
思わず笑っちまったよw

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 01:23:42 ID:o/+4dBB/
南京の写真は、通州事件や済南事件の日本人虐殺時のが使われているらしいよ

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 03:20:27 ID:Lqmhb2ee
やっぱ肯定派が電波だと、有意義な論争は出来ないよな。なんなんだよここはwww
日本に食人の文化があるとか、壊れたスクリプトとか、まともなヤツは一人も居ないのか?

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 06:15:18 ID:fFgSrOqa
「失業率分析」にノーベル経済学賞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061009-00000413-yom-soci

ならば「死亡率分析」にはノーベル医学生理学賞?
多くの日本国民や他国民の命がかかっている。どなたかこのベクトルを引き継いで欲しい。

殺人を犯罪と認識していない人物が多すぎる。

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 06:26:14 ID:tPFhzcda
>>296

>>269は純粋に建物の配置・構造の事実しか書いていない以上、
何の問題もない。貴方の関係妄想では?

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 07:36:49 ID:sydgi8fy
>>301
お前みたいな関係妄想の権化みたいな統失患者に言われる筋合いは無いwww
誰が「ノーベル医学生理学賞」だって?
「ノーベル平和賞」も自分には受賞する資格があるとホザいていたよな、そういえばww
妄想の上に妄想を重ねた変態にくれてやる賞はねーよ。

佐藤スレや北日本スレのように実名晒しの誹謗中傷の上に
特定の法人をまるで「殺人の為の施設」のように書き連ねてるのはダレだ?あん?
被害妄想と関係妄想に取りつかれたキチガイはオ・マ・エw

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 11:01:18 ID:glKKbvHu
事実である可能性が否定できないと主張可能な根拠がある論議しか
なされていないのでは?医学賞か平和賞か文学賞かはともかく
この研究ベクトルから遠い将来、ノーベル賞が出るのは遅かれ早かれ間違いないでしょう。
多くの国民および他国民が理不尽に殺害されているのは間違いないと見られます。
一人でも多くの研究者や法人にこの研究ミームを引き継いでいただける事を願っています。
そしてそういった方々にこそノーベル賞に相応しいと考えます。今のままではあまりに非力です。



304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 11:03:24 ID:glKKbvHu
こういった論議は、純粋な学問です。
軍事的なものではありません。

食人はどの国家でも水面下ではかなり一般的と見られ、
食人に関する概念の転換が必要です。そして、そのパラダイムシフトにより
世界及び国家の真の平和と多くの地球民に人間らしい生存権安定がもたらされると信じて止みません。


305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 11:03:25 ID:VpccXERr
おれのじいちゃんは戦時中、南京で軍医してたけど、
中国人にかなり慕われたらしいぞ。



306 :jdsijgao:2006/10/10(火) 11:37:17 ID:HePexrRS
てめ−らゴキブリ野郎じゃねえの?
虐殺されて死ねよ!

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 11:52:57 ID:q7VcrvQx
>>305
そりゃぁ〜、等の現地の人々が「知らない」(たぶんNHKの番組でみた)「共産党と国民党の戦闘で発生した」(週刊誌だから・・・)と聞いている。
TV放送ででっち上げではないか、疑問を覚えた。
以後の中国の動向を見ていると、確信を得た。
あれは間違いなく、でっち上げか内戦の事件。
証拠は、言論の自由が保障された日本で、いくら言論統制しても大勢の日本兵から漏れ伝えられるはず。
それがないのは、作り話。日本への責任転換。99.9999%間違いなし!!

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 12:37:40 ID:kX0wObrP
死体から肉製品に加工されれば人か動物か区別はつかない。

よって人間死体の食品等への加工を代々行ってきた江戸時代のエタ・非人階級出身の集団や
東北マタギ出身の一部の兵のみが死体加工を担当し、大多数の日本兵に加工された形で食糧配給を行えば
日本兵からは実態情報は漏れない。また中国ではこの食文化は日本以上に日常茶飯。人間は両脚羊といわれ普通に食用にされてきた。

実際、日本の平成の世でも、同様の人肉加工が秋田県などで盛んに行われている模様であるが
同じ理由でやはり漏れていない。しかし注意深く社会観察すれば秋田県では「人食い」が日常茶飯
である事は容易に察知できる。恐らく同じような事が日中戦争で行った模様。

2・26事件を制して軍を主導した統制派は、偽天皇や初代総理同様、東北蝦夷系部族出身の将校が
多かったのではないだろうか?恐らくそれが明治維新以降の日本の実態だろう。また「人喰い」はどの国でも水面下では
日常茶飯と推察できる。日本に限った話ではない。ヨーロッパでも何の肉かわからないような内臓料理が多く、
EU内でCJD(ヤコブ病)も多く発生している国もある。

世界全体で発想の転換が必要。その方が世界の平和と安定につながりうる。
人喰い実態に関してよりオープンに論議しその上で文明共生論に基づき共存共生社会の構築を目指すべき。
気づいた者を安易に抹殺すべきではない。あくまでも学問論議に過ぎない。


309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 20:26:17 ID:sNj5uvNe
30万の死体を死体を骨も残らないように焼き尽くしたって主張は
当時の日本軍が石油に困ってた以上は矛盾してて
代案が川に流したんだって主張になってますから、実験は可能です。
狂牛病で廃棄される牛肉を人間30万人相当に加工して川に流せばいい。
途中の水路でつっかえたり,もしかしたらアメリカの西海岸まで流れ着くかもしれない
それで否定材料になる

310 :話し合いで解決を!:2006/10/10(火) 20:35:59 ID:WH21rwsd
■志位和夫委員長の韓国初訪問!!
http://www.shii.gr.jp/pol/2006/2006_09/O2006_0912_2.html
2006年9月12日(火)「しんぶん赤旗」

西大門刑務所跡を見学する志位氏の様子を流し、
「拷問室、獄舎、死刑場などを真剣に見て回った後、
刑務所で殉国した愛国志士をたたえる追悼碑に献花した」と報道。

「日本帝国主義の野蛮な拷問・処刑
に立ち向かいたたかった韓国人たちに
敬意と追悼の意を表すために来ました」
とする志位氏の発言を伝えました。

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 21:17:37 ID:Yjywv/27
>30万の死体を死体を骨も残らないように焼き尽くしたって主張は
>当時の日本軍が石油に困ってた以上は矛盾してて…

秋田県等で現在でも水面下で日常的に行われている可能性が捨てきれない食人手法を用いれば
30万人の遺体を綺麗に食べつくすことは可能と見られます。

肉は焼肉などで食べ、内臓や脳も「もつなべ」等で食い尽くすことは可能と見られます。
その上で大きめの骨は砕いて有機肥料(肉骨粉など)に使えば、秋田で行われていると
見られる「地産地消」そのもののような形となり、人間死体で農作物の栽培(循環型有機農業)
が可能となると推察できます。秋田県の特徴の一つであるマタギ文化は、あらゆるものを食する事を
可能としていると主張している書籍もあるようです。

また秋田名物「しょっつる」で使われている手法を用いれば、小型の骨は発酵してスープになり
調味料等として利用する事も可能となると推察できます。

わが国で2000年に成立した循環型社会形成推進基本法と当該地下手法が連動している可能性も
今後考えていく必要性もあるのではないでしょうか?

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 21:24:58 ID:Yjywv/27

ナチス・ドイツの有機農業―「自然との共生」が生んだ「民族の絶滅」 (単行本)
藤原 辰史 (著)

「ナチス農本主義とシュタイナー農法は、反発と歩み寄りを繰り返しながら
ファシズム時代を共有した。生命共生国家はなぜホロコーストに行き着いたのか。
エコロジーに潜む危険性をナチ農政に読む。」

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4760126791
http://booklog.kinokuniya.co.jp/hayase/archives/2005/05/post_3.html

なお、京都大学人文科学研究所の藤原先生は、人間遺体で農業を行う事例で書籍を出版し
京都大学の正式の研究テーマにもしているようです。アマゾン等での書評をURLで
示しました。ご確認していただければ幸甚です。



313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 23:16:40 ID:mcp+Jjup
カニバリズム君はいいからさっさと秋田(お前の妄想の中の)に旅行でも何でも行って
永久に行方不明になってくれよ。ウザすぎるから

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 01:03:30 ID:prCEKX+1
旅行もなにも、コイツは当の秋田県民だよ。
秋田県関連や大学関係・医療系はじめ、あらゆる板のスレを長文妄想コピペで荒らす有名な電波。
その妄想コピペをまた更にコピペしまくる「区みん」というダブルも存在する。
関係妄想による妄想が激しく、世の中の全てが自分を中心に回っていると勘違いしている
とても「アイタタタ」な中年の男。

得意技は、長文コピペによる「スレ乗っ取り」。
ちなみにヤツが根拠だと述べている2chのレスは、すべてコイツが過去に立てたスレや
荒らしまくったスレからのコピペ引用。 ヤツはそれが根拠になり得ると本気で思い込んでいる。
つまり、「統合失調症」のデムパ。  ハッキリいってkoueiみたいなスクリプトなんかカスだ。 

こいつが言うには、
「北朝鮮拉致事件は警察や行政が行ったカニバリズム犯罪をカモフラージュしようとしたでっち上げであり、
シン・ガンスや金正日はスケープゴート」なんだそうだ。

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 05:20:51 ID:YFA7blYz
すごいな…w
ここまでの妄想は初めて見た。

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 06:52:23 ID:M4IEo32D
論理的な反論に全くなっていません。

仮説演繹法で分析する限り、ここで論じた仮説以上に矛盾が少ない仮説を
たてる事が誰もが出来ていないのは事実です。南京大虐殺に関する一連の既存説は
全てここで論じた仮説よりも矛盾が大きい事は既に述べたとおりです。

南京大虐殺がなかったとした場合、南京攻略に参加した数十万の日本兵の肉源食糧調達
の供給源が説明できません。何故なら当時の中国には(カロリー効率が極端に低い)大規模畜産業は
なかったからです。また8年に及んだ日中戦争の中国人犠牲者数1000万人と
平均60万人程度はいた日本兵の推定肉消費量が大枠において一致するのも重い事実であり、
これを偶然とするならば、8年で延べ500万人程度参加した日本兵の肉食糧供給源を示す他の資料を
示す義務が論者に発生しますが、誰もが説明できていません。更に論議の的の一つになっていた
遺体処理法も食人と有機農業の2つを考えれば矛盾なく説明できるのも事実です。

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 06:58:22 ID:M4IEo32D
また中国文化的に分析した場合においても、中国では「屠城」という慣習があり、
南京のような城塞化した都市を攻め落とした後に、その都市住民を侵略者サイドが
大量に殺して食べてしまう事は何度も起こっているとされていますし、
戦時でない平時においても中国では人間を両脚羊と呼び食糧源にしているという慣習があるのも事実です。
そもそも中国において道徳・倫理の規範となった孔子自体が人喰いを日常的に行っていた記録もあります。


318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 07:03:58 ID:D7ozJNv7
論理的な証明を何もしていません。

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 07:10:51 ID:M4IEo32D
仮説演繹法は論理学上のアプローチですよ。

論理学の基本をご存じないのでしょうか?歴史分析において
最も有効なのはこの仮説演繹法です。

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 07:19:16 ID:M4IEo32D
なお、中国での「屠城」という慣習を考えれば、
当時、南京に居住していた中国人の住民は、軍籍であろうが、なかろうが
男であろうが女であろうが、老人であろうが子供であろうが、皆、必死になって
日本兵と戦ったと推察できます。南京が落ちれば大量に殺されて食べられる事を
慣習として知っていたでしょうから。

従って南京攻略における数万の戦死者は、戦闘員のみの数ではないと考えないといけないと
思います。民間人もかなりいたはずです。またこういった慣習がある以上、便衣兵云々論議も
短絡的に考える事はできないのは明らかです。

このような実態を分析すればするほど、当時の東条政権の中国侵攻自体が
決定的な誤りであったと考えざるをえません。






321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 08:01:09 ID:OrJPPtqc
とりあえず中国人を無残に殺したのは事実でそ。写真集を見ればわかる。たまに合成?と思う写真もあるけど(´・ω・`)日本人は憎まれて当然だ…あれはひどい…

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 08:03:10 ID:jTkFUf8n
一日本人として謝罪します

323 :サブジロー:2006/10/11(水) 08:10:29 ID:YeCtsukL
お話の途中で大変申し訳ありません!!禁煙をテーマとするHPを作ってみました。できたてのHPなので、完成度もまだ高くないです。そして見てくれる人もほとんどいません・・・。せっかく作ったので是非遊びに来てください!http://kinen.sabujiro.com/index.html

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 08:19:55 ID:OrJPPtqc
うっせボー

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 08:24:26 ID:1dDAhSll
中国の風習なんかを無理やり日本に当てはめているような気がするのは気のせいか?

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 08:44:13 ID:VpPjkjvT
実証可能な仮説はどれで、どこで実証してんだか?


>当時の東条政権の中国侵攻自体が
>決定的な誤りであったと考えざるをえません。

当時は近衛政権だし。

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 08:45:08 ID:OrJPPtqc
>325 具体的にたとえばどんなこと?

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 10:17:10 ID:2AFjBXjR
>>326

【東条内閣1941〜1944】
日米衝突を回避しようとする近衛首相に対して、
東條は強硬な主戦論を唱え、第3次近衛内閣を退陣に追い込んだ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%A2%9D%E8%8B%B1%E6%A9%9F

【日中戦争1937〜1945(南京大虐殺1937)】

確かに南京攻略の際はおっしゃるとおりですが
日中戦争の後半4年に関しては東条内閣の責任下であると見られます。

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 11:16:31 ID:WbwfRL8i
今でも国内や中国の東北部で旧日本軍の毒ガスがでてくるじゃん

当時の日本軍が中国人を紳士的に扱ったとは思えないのよね

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 12:40:56 ID:X8VepuiX
>>329

ソースを貼ってくれないと本当のことかどうかわからん。

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 13:26:00 ID:Okw9S2WJ
広島への原爆投下と同規模の、いや、三十万人殺されたと言っているのですから、
それを上回るスケールなのに、南京大虐殺の証人が非常に非常に少ない。
「証人」が出てきても、中国政府の役者ではないかと思われる者や、
見当違いな事を言っている者です。

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 16:07:13 ID:VpPjkjvT
>>328
>日中戦争の後半4年に関しては東条内閣の責任下であると見られます。

何の議論をしてるの?

元々南部仏印進駐で問題を拗らせて経済制裁を招いたのは、二次近衛内閣の
仕業だって事と、一方の東條氏らによる北進論は安全保障上の生命線だった
点も考慮すべきかと。


つか、普通に肉を食べていたらなんで脚気に悩むの?

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 17:04:03 ID:FoJ2O0VK
東條氏は近衛の責任までも擦りつけられた
いわば被害者だろ

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 18:21:06 ID:uGQz/83u
>つか、普通に肉を食べていたらなんで脚気に悩むの?

森鴎外の対応の悪さもあり、脚気が大問題になったのは、
日清戦争と日露戦争までではないのですか?
http://www.mars.dti.ne.jp/~akaki/igaku02.html

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 18:26:15 ID:uGQz/83u
>>331

南京攻略から既に70年たった以上、双方の立場からの証言の両方が、
いくらでも捏造可能になっているのは事実と考えます。
http://homepage1.nifty.com/SENSHI/book/objection/6mokugeki.htm
http://www.geocities.jp/yu77799/hukuda3.html

国家レベルで証言を捏造するのは、何十人であろうが容易いので
双方の立場からお互いにそういった「証言」を出し合っている疑いが捨てきれない場合
「証言」から南京攻略を考察するのは難しいと考えます。

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 18:31:24 ID:uGQz/83u
>東條氏は近衛の責任までも擦りつけられた
>いわば被害者だろ

東条元総理の最大のポイントは、「勝てるはずがない米国に喧嘩を売った」点
にあると考えます。また大きな油田などがなかった中国において
日中戦争の戦線をいたずらに拡大し双方の犠牲者を増加させたのも理解困難です。

ただここでは論点がずれますので東条内閣云々はこれ以上は議論は控えます。

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 18:40:29 ID:uGQz/83u
南京大虐殺否定論の最大の根拠の一つは、結局、人口動態の分析にある、
すなわち当時の南京人口が20万人とされていたにも関わらず、何故30万人も殺せるのか
という点にあると見られますが、そもそもこの「20万人」自体が疑わしい。

日中戦争開始前の「南京市」の人口は約100万人、
事件直前、つまり1937年12月11日時点の「南京市全域」の人口については
正確な統計は確認されていません。

よって南京攻略自体のみにフォーカスを絞った論議は当然、根拠の面で
論議自体が成立しにくくなるのは明白です。

従って、>>278−286に述べたように
南京攻略のみに焦点をあてて考えるのではなく、8年間の日中戦争の把握の中で
南京攻略を考えるスタンスが最も問題が少ないと考えます。

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 19:28:29 ID:632IwqI+
繰り返しますが、仮説演繹法で分析する限り、>>278-286で論じた仮説以上に矛盾が少ない仮説を
たてる事が誰もが出来ていないのは事実です。南京大虐殺に関する一連の既存説は
全てここで論じた仮説よりも矛盾が大きい事は既に述べたとおりです。

南京大虐殺がなかったとした場合、南京攻略に参加した数十万の日本兵の肉源食糧調達
の供給源が説明できません。何故なら当時の中国には(カロリー効率が極端に低い)大規模畜産業は
なかったからです。また8年に及んだ日中戦争の中国人犠牲者数1000万人と
平均60万人程度はいた日本兵の推定肉消費量が大枠において一致するのも重い事実であり、
これを偶然とするならば、8年で延べ500万人程度参加した日本兵の肉食糧供給源を示す他の資料を
示す義務が論者に発生しますが、誰もが説明できていません。更に論議の的の一つになっていた
遺体処理法も食人と有機農業の2つを考えれば矛盾なく説明できるのも事実です。


339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 19:28:49 ID:VpPjkjvT
>>334
日清戦争と日露戦争時の陸軍の主な兵食は肉ではない。
またその後の脚気対策も麦飯の支給。基本的に肉ではない。

其方の立てた仮説の前提では、日本軍兵士がカロリーを摂るのに
大量の肉を使うのが必然的だとしてあります。これはその反証です。

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 19:29:40 ID:VpPjkjvT
>>337
まずここは南京大虐殺スレです。
南京大虐殺が事実と仰るのなら南京の人口が減ったことを証明すべきはそちら。


南京市政府書簡 11月23日
『調査によれば本市(南京城区)の現在の人口は約50余万である。
将来は、およそ20万と予想される難民のための食料送付が必要である』
出典 中国抗日戦争史学会編『南京大屠殺』
『南京事件』P220より 笠原十九司著 岩波新書


さらに難民に食料支援を行っていた安全区委員会は区内約20万と見ていた。
そして安全区の外にほとんど人がいない根拠。

国際委員会公文書 T−6 → 「13日の日本軍入場のさい、安全区には市民の
ほとんど全部が集まっており、その数20万」

南京市長の避難命令 → 馬超俊市長により全南京市民に安全区への避難命令。

中国軍による焦土作戦 → ニューヨーク7日発同盟 AP南京電
南京城外数百の村落は敗退する支那軍の手によって悉く焼き払われ焼き払われた各村落の住民は、
着の身着のまま市内の避難所(安全区)へ、城内の危険区住民も雪崩を打って非難した。
日本軍ではなく中国軍及び中国国民による略奪破壊が報告されている。
「ラーベの日記」にも、「ミニーボートリンの日記」にも、
中国軍による組織的な焼き討ち「焦土作戦」の惨さは書いてある。

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 20:07:23 ID:VpPjkjvT
>>281
推定肉消費量が一人年間60kg?

ttp://www.kanbou.maff.go.jp/www/fbs/fbs-top.htm
1960(昭和35)年の一人一年当たりの肉類の供給純食料は5.2kg
2004(平成16)年の一人一年当たりの肉類の供給純食料は27.8kg

食の欧米化が問題視される現在よりも多いの?

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 20:10:11 ID:YowYR3WY
仮説をいくら論じても意味はないでしょ。
それが実現可能かどうか、無理なら本当に無理なのか、実証しろということ。
30万人の人肉を食べたって?記録に残らないわけないだろうに。
30万人分の骨が畑に撒かれた?作物全滅だよ。

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 20:18:20 ID:Eejcfb8T
当時の南京人口が20万人とされていたにも関わらず、何故30万人も殺せるのか
という点にあると見られますが、そもそもこの「20万人」自体が疑わしい。

30万のほうが疑わしいだろ、ふつうは
かろうじて「殺された」くらいだろ


344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 20:35:24 ID:PP2BJl+8
>>343
数に関係なく 殺したのは事実では。

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 20:50:53 ID:3md27F7c
>>341
>推定肉消費量が一人年間60kg?

農林省HP
http://www.maff.go.jp/kaigai/2005/20051001norway02a.htm

「食肉消費量(家禽肉を含む)は年間1人当たり60kg以上であり、
そのうち最も多く消費されているのは豚肉で1人当たり23kg、
続いて牛肉の消費量が1人当たり21kgとなっている。(ノルウエ−)」

346 :コンチ:2006/10/11(水) 20:56:57 ID:PSiMft3J
少なくとも大虐殺が有ったのは確かで数の問題なら誰も証明出来ないでしょう
そういう時代で有った事を彼らが認めず補償を求めるなら政府間で話して貰いたい。個人的にはもう一度やりあうかテメエラって感じ

347 :ニイタカヤマは朝鮮の山?:2006/10/11(水) 20:58:39 ID:qNtRjK2j
旧日本軍が中古苦人をミナゴロシにしてれば、無問題だったってことあるよ。

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 21:01:12 ID:3md27F7c
>>341
>推定肉消費量が一人年間60kg?

FAOデータベースを用いた以下のURLの上から3つめと4つめの図を参照
http://www.nihonkaigaku.org/ham/eacoex/200prob/210envi/212food/foodtake/foodtake.html

4つめの図では日本人の平均肉類摂取量は年間42kg程度。
ただし、「ノルウェイ、日本、韓国などについては、魚によって代替」しているので少ないとの
記述もあり、魚肉も含めれば、更に多くなると考えねばならない。

また上はあくまでも子供、女性を含めた年間平均消費量であるので、
兵士のような屈強の男性の肉類消費量はそれより多いと考えないといけない。

よって(平時では魚肉分も含めて)年間60kgとの仮定は妥当なラインと考える。




349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 21:09:40 ID:3md27F7c
>>341
>推定肉消費量が一人年間60kg?

魚介類と食肉の合計量ではアメリカ:129.3s、日本:112.8s、
カナダ:107.2s、旧西ドイツ:95.8s水準である。
http://lin.lin.go.jp/alic/month/dome/1992/jul/tuusin1.htm

年間一人当たりの魚介類の消費量をみると、日本:72.3s

日本人は食肉消費水準の低さを魚介類でカバーしていることは
歴然たる事実である。

===============

中国に遠征した場合、これだけの肉量がないと兵士は機能しにくい事になる。
上では年間60kgとしたが、どうやら予想以上に多い。中国の内地では魚は調達しにくい。
畜産業もないに等しい。よって食べれたもの肉類の大半はやはり「人肉」であると推察できる。
当時の日本軍には他に選択肢はなかったであろう。


350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 21:10:21 ID:D7ozJNv7
>>348
なんで『今』を基準にしてるんですかね、あんたは

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 21:11:32 ID:D7ozJNv7
もういいから、自分の心臓の肉でも食ってろよカニバリズム君
君の話は純粋につまらん

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 21:17:02 ID:VpPjkjvT
>>348
>>241のURLも農林省のHPだよ。

てーか、なんでノルウエーなの?

>4つめの図では日本人の平均肉類摂取量は年間42kg程度。

供給粗食料じゃんそれ。
減耗調理中の減耗・食べ残された可食部の廃棄の他、愛玩動物の餌も含むんですが。

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 21:21:52 ID:3md27F7c
>>350
>なんで『今』を基準にしてるんですかね、あんたは

それでは仮に今の摂取量の「約3分の2程度」として、魚介類も含めた新たな統計値を用いて
計算しなおした場合、

年平均60万人の日本陸軍兵力が8年間、中国に滞在していたと仮定した場合、
この間に消費する肉量は、
8年 × 60万人 × 80kg = 38400万トン

日本兵が計8年間の中国戦線で消費した肉量の概算である
38400万トンの大半を現地の中国人を殺して食べる事によって
現地調達したと仮定した場合、犠牲になったと推測できる中国人の数は、
38400万トン ÷ 30kg(死体一人当たりの取得可能肉量) = 1280万人

一方、中国国務院が発表した日中戦争での犠牲者数は1000万人。
大枠においてやはり一致します。

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 21:27:05 ID:3md27F7c
>>352
>減耗調理中の減耗・食べ残された可食部の廃棄の他、愛玩動物の餌も含むんですが。

恒常的な物資不足になる戦時中では、食べ残しや調理残渣などは非常に少なくなりますが、
それでもその率を仮に2割として計算した場合でも

1280万人 × 0.8 = 1024万人

の中国人の人肉量を必要としますが、一方、中国国務院が発表した
日中戦争での犠牲者数は1000万人以上。

大枠においてやはり一致します。




355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 21:30:27 ID:D7ozJNv7
もはや何を言っても無駄だと確信した今日この頃

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 21:31:16 ID:3md27F7c

繰り返しますが、当時の中国には大規模畜産業はありませんでした。
漁業に関しても、沿岸漁業にせよ、河川漁業にせよ、零細規模であり、かつ日持ちがしませんので、
日本軍が強奪してもたかがしれています。

よって年間60万人程度は中国に侵攻した日本兵(8年間で述べ500万人)が調達可能な肉類は
「人肉」しかありません。そして日本兵の予想肉類消費量と、日本兵に殺害された中国人の数(1000万人以上)
から取得可能な肉量とがほぼ一致します。







357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 21:31:49 ID:VpPjkjvT
>>353 ついでですが

1960(昭和35)年の一人一年当たりの魚介類の供給純食料は27.8kg
2004(平成16)年の一人一年当たりの魚介類の供給純食料は34.5kg
http://www.kanbou.maff.go.jp/www/fbs/fbs-top.htm


そもそも兵食に肉と魚が多かったと主張する根拠は?

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 21:32:55 ID:3md27F7c

中国人への謝罪は永遠に求められる。
それは間違いないと思います。

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 21:33:49 ID:D7ozJNv7
当時の中国はどんな閉鎖空間だったのか知りたくなってきたのは確かだが…

てか、じゃあ中国人はどうやって生活してたんだろうな

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 21:39:36 ID:3md27F7c
>てか、じゃあ中国人はどうやって生活してたんだろうな


やはり日常的に人間を食べていたのではないですか?

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 21:42:10 ID:rrsE5svM
現在の中国の一人っ子政策の結果、発生している
大量の「戸籍がない第二子、第三子」は
食用にされているというレポートも確認できます。

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 21:44:15 ID:F5WzT7jF
昭和十年代の推定肉消費量は一人年間2.3kg(鯨肉含む)
魚介類9.5kg

今からみると極端に動物たんぱく質の摂取が少なかった。

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 21:46:17 ID:rrsE5svM

中国や秋田県では食人は一般的と推察します。
http://blog.livedoor.jp/kingcurtis/archives/cat_615373.html

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 21:50:17 ID:rrsE5svM

こういったカルチャーギャップを冷静かつ慎重に分析する事が
世界全体の安定と平和につながると信じてやみません。

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 21:56:39 ID:smqyMtIJ
秋田で食人する人って、県立大の准教授と名乗る人しか聞いたことがないが。

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 21:59:14 ID:rrsE5svM
>昭和十年代の推定肉消費量は一人年間2.3kg(鯨肉含む)
>魚介類9.5kg
>今からみると極端に動物たんぱく質の摂取が少なかった。

恐らく、日本でも昭和初期は、日本全体が貧しかったので今以上に人肉を食べていたのではないでしょうか?
人肉の場合、闇食糧ですので、統計値には出てこないので、昭和初期は
数値が一見、低いように見えるだけという可能性はないでしょうか?

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 22:01:05 ID:D7ozJNv7
そう思うのは勝手
確固たる証拠を示さないうちは単なる妄言

つまりお前の発言のほぼ総てだが

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 22:09:14 ID:S5xCmQGQ
どの仮説が最も矛盾が少ないかを論理的につめていくのが
仮説演繹法の基本です。

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 22:13:05 ID:D7ozJNv7
お前のは「先に答えありき」の帰納法だろうが

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 22:40:37 ID:S5xCmQGQ
仮説への矛盾点の具体的指摘を、不特定多数の方々に依頼した結果、
現時点で全て当該仮説で説明可能な状態。その一方、既存の学説では
矛盾が大きすぎるのも事実。

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 22:42:42 ID:S5xCmQGQ
繰り返しますが、仮説演繹法で分析する限り、>>353-354>>278-286で論じた仮説以上に矛盾が少ない仮説を
たてる事が誰もが出来ていないのは事実です。南京大虐殺に関する一連の既存説は
全てここで論じた仮説よりも矛盾が大きい事は既に述べたとおりです。

南京大虐殺がなかったとした場合、南京攻略に参加した数十万の日本兵の肉源食糧調達
の供給源が説明できません。何故なら当時の中国には(カロリー効率が極端に低い)大規模畜産業は
なかったからです。また8年に及んだ日中戦争の中国人犠牲者数1000万人と
平均60万人程度はいた日本兵の推定肉消費量が大枠において一致するのも重い事実であり、
これを偶然とするならば、8年で延べ500万人程度参加した日本兵の肉食糧供給源を示す他の資料を
示す義務が論者に発生しますが、誰もが説明できていません。更に論議の的の一つになっていた
遺体処理法も食人と有機農業の2つを考えれば矛盾なく説明できるのも事実です。



372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 22:56:28 ID:D7ozJNv7
> 仮説への矛盾点の具体的指摘を、不特定多数の方々に依頼した結果
> 不特定多数の方々
誰よ

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 23:25:57 ID:e8m5bwgF
2chの不特定多数の住人の事ですよ。
こいつは自分のレスを官僚や皇族・企業や行政・あらゆる研究機関のトップや
全世界のメディアが読んでいると思い込んでる。
そして2chで納得の出来る反論が無い場合は、「その分野の常識は崩壊した」と決め込み、
あらゆる板のスレや2ch以外のBBSに宣伝して回る。
秋田関係のスレには必ずと言っていいほどこいつのコピペが張ってあるよ。

また、自分が立てたスレやレスのおかげで、多くの人命(三万人)を救ったと本気で思い込んでる。
ノーベル云々とホザいてるのはそれが原因。 自分はガリレオやアインシュタインと
同位の科学者なんだそうだ。 

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 23:30:02 ID:Rq/WfwFh
しばらく見なかったけど、入院してたの?
退院おめでとう。良かったね。
でも症状は良くなっていないようだね。

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 23:38:33 ID:e8m5bwgF
事務局絡みで自分の身辺が騒がしくなったから、しばらく我慢してたんだろう。
リアルで通報されてるからな、この男はw
しかし2chジャンキーの先生は2chを我慢出来る筈も無く、舞い戻ってきた。
そして潜伏期間の鬱憤を晴らすかのようにここに粘着してるw

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 01:17:59 ID:6rhJ20Wm
そりゃ他の肯定派もいなくなるよな。
いくらなんでもあの電波と一緒にされたくないだろうしねwww

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 06:54:19 ID:t/71CzIW
一連の学術論議による分析内容が事実に近いからこそ
そういった異様な過剰反応が起こっているのではないでしょうか?

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 07:07:30 ID:t/71CzIW
分析すればするほど真相に迫っていないと
このような過剰反応は起きるはずがないのも事実です。
分析が的外れで間違っているなら無視できるはずだからです。

中韓では学問・思想・言論の自由が認められていないので
こういった論議は通報対象になりますが、ここは日本です。日本国憲法で
学問・思想・言論の自由は保障されており、それなしに民主主義は成立しません。



379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 07:16:26 ID:t/71CzIW
>>342
>30万人分の骨が畑に撒かれた?作物全滅だよ。

中国の耕作面積は水田だけで約3000万ヘクタール。穀類の国内消費量は14000万トン。
http://www.mri.co.jp/REPORT/ECONOMY/2004/dc04100800.pdf#search=%22%E8%80%95%E4%BD%9C%E9%9D%A2%E7%A9%8D%E3%80%80%E4%B8%AD%E5%9B%BD%22

一方、8年間の日中戦争において、毎年120万人の中国人が日本兵に殺害され
日本兵の一部によって、平均一人分の30kgの食肉、同じく平均一人30kg分の
有機肥料に加工された場合、1年間に生産可能な有機肥料の量は

120万人 × 30kg = 3600万トン

これは有機農業として十分に適用可能な肥料量です。

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 07:18:34 ID:t/71CzIW
上の修正:

一方、8年間の日中戦争において、毎年120万人の中国人が日本兵に殺害され
日本兵の一部によって、平均一人30kg分の食肉、同じく平均一人30kg分の
有機肥料に加工された場合、1年間に生産可能な有機肥料の量は

120万人 × 30kg = 3600万トン

これは有機農業として十分に適用可能な肥料量です。


381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 07:30:09 ID:t/71CzIW
堆肥の施用量はヘクタール当たり10トンが目安の一つですので
www.city.kitahiroshima.hokkaido.jp/dataroom/clean/clean02/haiki_clean204.pdf
中国の耕作面積は水田だけで約3000万ヘクタールあるならば
年間30000万トンの有機肥料が投入可能となります。

一方、8年間の日中戦争にわたって日本兵が殺したと見られる
年間120万人の中国人の死体から生産可能な有機肥料量は、
多くて3600万トン。

必要量の10分の1です。よって中国の広大な農地面積を踏まえると、
人間の死体の約半分を食肉にし、残り半分の骨等を含む残渣を砕いて有機肥料にしても
十分に非道処理可能となります。またこれらの有機肥料は農地に限らず森林地域にも施用可能なので
南京周辺の農耕地および森林地域だけで十分に非道処理可能です。

恐らくこれと同様な手法が、秋田県農業の一部で
循環型環境保全農業、地産地消農業と称して
日本でも使われていると推察しています。

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 07:32:46 ID:ZGtfXmmr


秋田農業の
循環型環境保全農業、地産地消運動の実態の少なくとも一部は
これではないでしょうか?

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 07:36:59 ID:ZGtfXmmr

以上の科学的根拠により、南京大虐殺等の日中戦争における
大量の戦争犠牲者の遺体を
日本兵が処理できるはずがないとしてきた従来の研究者陣の学説は
少なくともその点においては論破できたのは明らかです。

1000万人以上とされている日中戦争での
中国人犠牲者陣への日本人による永遠の供養が求められます。

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 07:44:31 ID:ZGtfXmmr

なお秋田県では現在でもこの手法で、
毎年、相当殺されているようです。

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 09:19:00 ID:maOnC3NJ
なーしぇばスコーピオンくどう
オラの大親父に言いつけるど
こびと民族の日本人が騒いでも、さざ波程度で終わりだぁ
オーハングルハングハングル


386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 09:19:54 ID:WgPnlOo4
何十年も前の南京より先に、現在の秋田県での殺人及び人肉食の
証明をしてくれよ。証拠をもって。
告発して止める事ができれば、あんたはヒーローだw

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 09:20:48 ID:kstbacyh
参考資料:

平成大虐殺容疑について
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1146800434/821-825
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1146800434/682-765


388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 09:44:14 ID:maOnC3NJ
つttp://homepage2.nifty.com/hatopigeon/

リンク切れが多いのが残念

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 10:32:46 ID:TQk5X3M2
>>378
>分析すればするほど真相に迫っていないと
>このような過剰反応は起きるはずがないのも事実です。
>分析が的外れで間違っているなら無視できるはずだからです。

過剰反応っていうほど相手にされてないね。
無視されたらされたで、誰かが相手してくれるまでコピペを続けるくせに。

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 12:09:20 ID:y0hTZLVB
【社会科学研究者がレポートした「秋田県の本当の姿」】
〜暴力が全てを支配する秋田: 繰り返される現在の南京大虐殺〜

「今までも何人も数知れず殺されてきたんだ。」
「演説を打つのは止めろ。サンタが来るぞ。」
「放射線発生器を使用したテロ行為」

http://members.tripod.com/~akita_ken/okotoba.html#971219
http://members.tripod.com/~akita_ken/title.html
http://homepage2.nifty.com/hatopigeon/
http://ime.nu/members.tripod.com/~akita_ken/hatodic.html
http://ime.nu/members.tripod.com/akita_ken/title.html
http://members.tripod.com/~akita_ken/okotoba.html#961218
http://members.tripod.com/~akita_ken/okotoba.html#970212

「現在の秋田県の社会は、全くの恐怖社会の様相を呈しておりながら、表面的にはその
恐怖観念の為に、住人の表情にはその実状を簡単に見て取る事は出来ない。 
それだけ、既成事実と化していると言う事もできるかも知れません。 」

以上、全文引用。


391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 12:19:58 ID:TQk5X3M2
病院で知り合った統合失調症仲間のページの紹介か。

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 12:29:36 ID:y0hTZLVB
390の作者は、一流大学教授でしょ。人文系の。

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 12:39:22 ID:BArt9WIS
これなんて雛見沢?

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 18:46:48 ID:yfCnWUZI
やべえwwwすげえなwww
完全にスレを乗っ取られてるな。
何がすごいかって、ヤツに同調する肯定派が一人も現れないところがすげえwww


395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 18:58:29 ID:SOcPJPU7
【社会科学系研究者によると見られる「鳩レポート」の公衆衛生学・環境学的裏づけを考える】
http://ime.nu/members.tripod.com/~akita_ken/hatodic.html
http://members.tripod.com/~akita_ken/okotoba.html#971219

放射線照射テロ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・北日本のみでの「肺癌」死亡率と日照時間との強い相関
居眠り魚雷(自動車衝突事故を装った殺人)・・・・・・北日本のみでの「不慮の事故」死亡率と日照時間との強い相関
スコーピオン・フランス犬・ミズスマシ・鎌イタチの銀治(事故や自殺を装う「秋田の殺人下請け業者陣」)
                    ・・・・・・自殺率11年連続全国一位という秋田の異様な自殺率状況。
                          北日本のみでの「自殺率」「不慮の事故」死亡率と日照時間との強い相関
竜宮送り(病院における患者殺人)・・・・・・・・・・北日本のみでの「腎不全」「脳梗塞」「心不全」等死亡率と日照時間の強い相関
秋田の三国人支配構造・・・・・・・・・・・・・・・・「竹島」問題における秋田の特異性(秋田=竹島論)
ラジオで名前を呼ばれる・盗聴器・・・・・・・・・・・地域マスコミ(テレビ・新聞)を地下動員した秋田の盗聴犯罪風習・スケープゴート犯罪風習
総合・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・秋田における全国一高い死亡率、人口減少率全国一位。

当方と全くの別人である社会科学者が8年以上前に記したと推測できる「鳩レポート」の骨格に関して
自然科学的・疫学的な裏づけが明らかにとれている。枝葉末節は別としてこのレポートの骨格は事実であるとしか思えない。

ここまでの一致は偶然では起こりようがないのは事実である以上、「まともな神経」では考えられない事(恒常的な大量殺人)が
秋田で起こっているのは確かだろう。学問的にも市民の生存権的にも注意喚起は当然、必要だろう。 もしそうでないとされる方がおらえるなら
ここまでの一致が起こる根拠をお教えいただければ有難い。表向きの統計上は最も治安が良い形になっている秋田県等で
大量殺人が日常化し自然死偽装されているという概念は、もはや無視できない学問的重みがあると考えてよいだろう。

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 19:25:16 ID:DL7IlT+p
このアホは何に対してそんなに情熱を燃やしてるんだろうね
統合失調症患者に何言っても無駄なのはわかっちゃいるが…

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 20:05:18 ID:Jubm3eCy
>>396
異常なる執着
それこそが統合失調症
いや精神分裂病患者の特徴じゃなかった?

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 20:43:20 ID:rPNGvN7o

「事実は小説より奇なり」、が一部起こっているようだ。

桜井充(内科医、参議院議員)、石橋輝勝(八街市会議員)、須藤ひろし(前国会議員)、 民主党千葉県総支部連合会
「統合失調症は監視社会を隠蔽するためにある」
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1153890326/57-104


399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 20:53:47 ID:DL7IlT+p
で、また過去の自分のレスを引用、と
統失ってマジで怖いな。完治しない病気らしいし

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 21:34:55 ID:rPNGvN7o
統失は行政の歪を隠すための架空の病気というのは
既に確立されたらしいよ。冥王星が惑星扱いを外されたのと同じ時期らしいね。

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 21:45:37 ID:WgPnlOo4
なんで冥王星が絡んで来るんだよw

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 21:53:24 ID:t0zxeCaA
「無視してくれ」って言ってるんだから無視してあげようじゃないか。
統合失調症による関係妄想に歯止めが利かないのは
すでに先生ヲチャーや「統合失調症」が何たるものか、知っている人ならわかっているはずw

でも無視されて一番ヒステリー起こすのは先生だけどな。

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 22:00:14 ID:qeMgzIdZ
>>400
出た!心因反応。統合失調症って言われると、過敏に反応するんだよな。
先生の言うところの真実であるがゆえの心因反応なんだよな。
よっぽど、統合失調症であることを気にしているんだろうね。

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 22:03:57 ID:qKLcAEpO
論理的な反論に全くなっていません。

組織犯罪者が論破され論理的な反論が出来ずに論戦から逃げる際に
統失云々を持ち出しているのは明らかですね。論戦才能不足です。

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 22:16:34 ID:3+jZIRJ2
内容をまとめると、中国人は日本の肉食用家畜だったということなのかな?
なら一度に殺すと腐ってもったいないと思うんだが・・・
食べる前に殺すのが普通だよね、当時は。保存技術未熟だし

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 22:26:58 ID:qeMgzIdZ
>>404
言い訳してるけど、統合失調症なんでしょう。

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 22:31:57 ID:qeMgzIdZ
>>404

真相に迫っていないと
このような過剰反応は起きるはずがないのも事実です。
分析が的外れで間違っているなら無視できるはずだからです。

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 22:43:54 ID:t0zxeCaA
統失に何を言っても_

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 22:51:38 ID:v75XKYWh
論戦が出来ない低脳

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 00:13:00 ID:1pFnbVKQ
統合失調症と冥王星の関係について教えてくれ!w

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 01:46:54 ID:/VrT08Rk
>>408
無駄だろうな
統合失調症との指摘にキレて
スレを荒らしているうちに
さらに病気が悪化して
もっと病気が進行して
どんどん病気が悪化して
orz

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 02:18:01 ID:QAsVQlD2
おーい、肯定派の皆さーん。
お仲間が一人で頑張っていますよ〜。
戻ってきて応援して挙げてくださ〜い。

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 06:12:28 ID:Jm405nBr
論戦が出来ない低脳


414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 08:16:17 ID:WAeQy48g
国賊新聞が捏造記事を飛ばす→中国がネタにする→韓国が歴史を捏造して信じ込む
→記念館を作って宗教になる→日本人信者を増やす→票が欲しい阿呆政治家が便乗する
→真相があきらかになる→2chで祭りになる→国内沈静化→海外で聖典が続々出版される
→海外の華僑や韓国人に信者増える→票が欲しい阿呆政治家が便乗する→外国人を聖地へ招待
→洗脳された外国人が信者を増やす→海外で非難決議相次ぐ→日本国内ではとっくに論破されて
いるのに、ウイキペディアはじめ海外メディアでは既定の事実となる→日本が何をいっても通じない
→ホルホルホル

415 :謎の仕置き人:2006/10/13(金) 08:38:39 ID:gCtMSVOl
北朝鮮には、武力行使しかないのでは?

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 08:40:58 ID:1pFnbVKQ
だから冥王星と統合失調症の関係が知りたいのにw
どこがどう繋がるのか、全く想像もつかん。

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 08:44:15 ID:ToLNBq5P
それ日本人の感覚じゃないよ、お前外人だろW

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 08:44:51 ID:ToLNBq5P
>>415
それ日本人の感覚じゃないよ、お前外人だろW

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 09:42:51 ID:x7jVDGpQ
【ノーベル賞選考委員会に国際評価していただいている可能性】

ノーベル経済学賞・・・・・・・失業率の統計分析
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061009-00000413-yom-soci
ノーベル文学賞・・・・・・・・・国内の虐殺問題を主張し国家侮辱罪で起訴された文筆家
http://www.sankei.co.jp/news/061013/bun000.htm

            ◆

死亡率の統計分析を通して
日本国内の虐殺問題を主張し組織弾圧を受けている研究

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 13:36:38 ID:hdHqG7CP
便衣兵を使った中国・無差別爆撃による大量殺戮を行った米国。国際法違反を言及される事を憂慮した両国が、共通する目的から捏造した事件でしょ確か。

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 14:38:53 ID:rFrfY34l
>便衣兵を使った中国

当時の日本軍に中国人民が次々と網羅的に喰われていたなら(>>353-354>>278-286)、
軍籍だけ戦闘行為に参加するというハーグ陸戦協定方式を
日中戦争では、とろうにもとれなかった可能性もあると考えます。

そもそも当時の日本でも全国の女子供に組織的な竹槍突撃訓練を行わせ
国内戦に突入すれば米軍に突撃するよう国策として指導しており、
その戦闘スタイルは、貴方が批判する便衣兵そのものです。

これは当時の日本政府が、国内戦とは便衣兵様式が避けられない事を
知っていたからではないでしょうか?



422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 15:14:00 ID:ms8dfzfQ
アメリカが日本で行った虐殺、中国がチベットで行った虐殺、
それと同様に日本が中国で行った虐殺はある。

軍事侵攻すれば発生するものであって、悲劇であり許される
ものではないが、日本だけことさら俎上にのせるのはおかしい。

現在進行形という意味で考えれば、中国のチベット侵攻が
もっとも問題視されるべきである。

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 15:36:40 ID:NSTcG65z
>>421
>そもそも当時の日本でも全国の女子供に組織的な竹槍突撃訓練を行わせ
>国内戦に突入すれば米軍に突撃するよう国策として指導しており、

何か誤解があります。陸戦規則第二条で群民兵は認められている。
さらに便衣兵は市民に擬装した兵士のことです。

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 15:38:25 ID:d3u5icMo
http://www.people.com.cn/GB/tupian/75/20011212/625570.html

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 15:50:03 ID:bOWHWXnR
>>423
その人は統合失調症だから、何を言っても無駄だよ。思い込みは解けないよ。

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 16:06:16 ID:1pFnbVKQ
いや、日本軍が中国人喰いまくってたって話も大笑いなんだが、
それ以上に統合失調症と冥王星の関連が知りたい。
どこをどう繋げられるのかがマジで想像つかん。
はやく説明してほしいw

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 19:00:18 ID:vcHOT6tW
>>426
別に統合失調症患者の味方するわけでもないが…
冥王星が惑星脱落した「同時期に」って書いてあるじゃん

唐突な冥王星という単語出現に、俺も激しく度肝を抜かれたのは確かだが…

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 19:22:00 ID:/VrT08Rk
統合失調症=精神分裂病患者の発言の真意を気にしてもしょうがない
気○いは所詮○違いだよ

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 19:41:45 ID:wmjzapwC
南京大虐殺関連情報収集所

http://pr3.cgiboy.com/s/4657088/

430 :外野の酔っぱらい:2006/10/13(金) 20:06:29 ID:S4ohxGQ8
中国 は便衣兵を使ったのではない。
脱走兵が民間人を殺し、服を着替えて逃げたのだ。
死体の側に軍服が脱ぎ捨ててあるから便衣兵がいると考えるのが当たり前。
それがために6000人近い民間人が殺されたものと思われる。
しかし、これを全て日本軍の残虐行為とするのは間違い。
あなたが当時の日本軍ならどうするかね。
フツクサ言う連中に問いたい。



431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 20:25:48 ID:Yd5fDilT
>>430
>脱走兵が民間人を殺し、服を着替えて逃げたのだ。

(゚Д゚)ハァ?  日本軍は戦争の法律を厳格に守る神の軍隊なのに自国民をぶっ殺して
民間人に化ける真似するのかよ(藁

日本軍は神の軍隊なんだろ?(藁

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 20:53:58 ID:vcHOT6tW
また何か湧いたぞ
統合失調症の患者より面白くなさそうだが…

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 21:00:08 ID:yaQK7nDF
今、向こうの主張では40万人になっておるそうな

434 :外野の酔っぱらい:2006/10/13(金) 21:46:39 ID:S4ohxGQ8
431さんへ。
脱走兵とは中国軍人のことです。

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 23:15:33 ID:hdHqG7CP
>421
正規の軍人が民間人に扮するのと、民間人が武器を持つのとでは違うと思いますが…
で、アメリカの無差別爆撃についての意見もうかがいたいです。

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 23:18:28 ID:Yd5fDilT
>>434
だから日本軍は降伏すれば殺害しないはずなんだろ? 戦争の法律を厳格に守る神の軍隊なんだから(藁
その神の軍隊相手に自国民をぶっ殺して民間人に化ける真似するのかよ(藁

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 23:22:30 ID:hdHqG7CP
つか便衣兵なんか使うから日本軍が疑心暗鬼になって無益な殺生はあったと思うが、本当に何十万人も殺したなら、その光景を各国記者が放っておく筈がないわけで。…その写真は?という単純な疑問に対してのマトモな回答を聞いた事ないです。

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 23:25:49 ID:/VrT08Rk
>>436
中国兵は実際そうしちまったんだから
今更おまいがグダグダ言ったところで何にも変わらんよw

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 23:26:44 ID:Yd5fDilT
>>437
だから、日本軍は戦争の法律を厳格に守る神の軍隊なんだから、中国軍は自国民ぶっ殺してまで
民間人に化ける必要はないだろ馬鹿め(藁

中国軍は素直に投降するはずだろ(藁

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 23:28:59 ID:Yd5fDilT
>>438
そんじゃ日本軍は戦争の法律を守らない鬼のような軍隊だったのかよ、だから中国軍は投稿しないで
自国民ぶっ殺して民間人に化けたり川に飛び込んで大量死したりしたのかよ(藁

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 23:33:10 ID:hdHqG7CP
>439
神の軍隊とか規律とか関係ないでしょ。自国民を殺してまで負けたくなかっただけかと。相手が日本軍でも米軍でも、ぶっちゃけ宇宙人でも同じ事する人種って事でしょ。

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 23:45:01 ID:vcHOT6tW
(藁 とか言ってる時点でかなりアレだな、解りきったことだが

中国やロシア(ソ連)は自国民の命なんてクソとも思ってないぞ、今も昔も

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 23:52:39 ID:Yd5fDilT
>>441
(゚Д゚)ハァ? 日本軍に投降してもぶっ殺されるから、自国民を殺して民間人に化ることが負けない方法だったのか?
日本軍に投降してもぶっ殺されるから川に飛び込んで大量死することが日本軍に負けない作戦だったのか?
お前頭おかしいだろ(藁

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 00:00:47 ID:fXEtahhY
>443
日本軍とマトモに戦って勝てないから、自国の民間人を巻き添えにする事によって相手側(というか世界共通)の規律やモラルを巧みに利用して少しでも優位に立とうとした意識についての言及なわけで。

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 00:07:28 ID:ZKWG1UfP
>>440
おまいな頭冷やしてよ〜く考えろよ

日本軍が軍規を守る軍隊かどうかは投降するまでわからんだろうが
いいか 投稿じゃないぞ 投降だぞ
投降して捕虜になってから軍規を守る軍隊と分かったところで
逃走中の仲間に告知できたのか?

戦場じゃ逃げる側も追う側も文字通り「死に物狂い」だろうし
双方ともにかなり疑心暗鬼になってるだろう
仮にそのような告知がなされたとして簡単に信じて投降するのか?

敗残兵の間で広まったであろう「民間人の振りをすれば逃げられる」という
噂の方が説得力があったろうよ

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 00:10:47 ID:WAEnngZ6
実際に日本軍が軍規を絶対に守る素晴らしい軍隊だ、とわかっても…
投降しようとしたところで背後の督戦隊がBLAM! ってなもんだろう

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 00:19:50 ID:o6sHBI49

>>445
おいおい日本軍は戦争の法律を厳格に守る神の軍隊だったと全世界で有名だったんじゃないのか?(藁
有名だったんだよな? 有名だったら大量の自国民ぶっ殺して更衣兵なんて見つかれば死刑確実な
逃げ方するんだよ(藁
なぜ大量の中国軍人が川に飛び込んで自殺するんだよ(藁

お前ら馬鹿か?(藁

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 00:28:56 ID:ZKWG1UfP
>>447
だから頭冷やしてよ〜く考えろといってるだろうに

仮に全世界で有名だったとして
敗残兵の間で同じように認知される保証なんてないだろ
事前の評価がどうあれ
本当のことは捕虜になってからじゃなきゃわからない
捕虜にならない方法があるならそれを採るのが普通の心理じゃないのか

民間人の振りをして逃げ延びた例は世界中の至るところにあるだろうに

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 00:30:01 ID:WAEnngZ6
>>448
そいつには何言っても通じない気がする
スクリプト的というかなんというか

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 00:32:10 ID:ZKWG1UfP
>>449
TNX

●●は死ななきゃ治らない
っていうからね

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 00:33:24 ID:fXEtahhY
>447
便衣兵やったら国際法違反、軍人が投降しようが自殺しようがそれは自由。こちらの知った事ではないよ。民間人を巻き添えにしたという中国軍の犯した罪は消えない。


452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 00:37:48 ID:fXEtahhY
で、ココっていつから「日本軍は規律正しい神の軍隊だっかたか」になったの?

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 00:38:56 ID:k2LFnyue
頭冷やせ!
知ったかぶるな

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 00:52:29 ID:fXEtahhY
…で?新たに持ち上がった一部の話題について固執し、そのうえ的外れな返答で誤魔化そうとしてるって事は、本題である「南京事件はやっぱり嘘だった」はYESという事でFAですかそうですか。

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 04:57:38 ID:kXeyO9j7
>>252-257
 >菜食文化の中核を担っていた孝明天皇・睦仁親王の双方を暗殺して、
  肉食文化の中核を担っていた(長州藩)部落住民の大室寅之助を睦仁親王に
  摩り替えて、皇室をテロで乗っ取った上で、
  恐れ多くも明治天皇を名乗らせたという学説が有力視されている現実を
ご存知ないのでしょうか?

有力視?w
鹿島昇が主張してただけだろ。
この人、「『朝廷』は『朝鮮の庭』という意味だ」とか、
「七支刀に『百済の王子が天皇になった』と書かれている」
などと、摩訶不思議なことを主張していた。
挙句の果てに、朝鮮の偽書「桓檀古記」に引っかかった。
イタイ。イタすぎる。


456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 05:34:58 ID:++e370Ir
日本軍団は強姦

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 07:06:55 ID:BO69/zih
>>455
その人、統合失調症だから、言っても無駄だよ。

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 23:48:40 ID:WAEnngZ6
話の流れが統合失調症メインになった途端に出現できなくなった患者憐れww

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 00:27:05 ID:d05aZ5hf
いや〜、多分よそのスレを物色してるんだろ。
そして【学術論議】と称してまた同じ事を始めるんだよ、統失の彼は。



先生ー、
先生の「秋田大量殺人説」論文は
ノーベル平和賞の候補に、案の定カスリもしませんでしたねーwww(ゲラゲラ


460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 08:50:08 ID:+5Ef8pH+
>422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 15:14:00 ID:ms8dfzfQ
>アメリカが日本で行った虐殺、中国がチベットで行った虐殺、
>それと同様に日本が中国で行った虐殺はある。
>軍事侵攻すれば発生するものであって、悲劇であり許される
>ものではないが、日本だけことさら俎上にのせるのはおかしい。
>現在進行形という意味で考えれば、中国のチベット侵攻が
>もっとも問題視されるべきである。

貴方がおっしゃる点はもっともだと考えますが、
各々の大規模虐殺の根底に流れている法則性を抽出する事ができれば
現在進行中および今後の大規模虐殺の一部を防ぐことも可能になるのではないかと
考えています。よって南京大虐殺と平成大虐殺の共通原理分析を行う事は
日中双方の国にとって有益と考えます。



461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 08:55:32 ID:+5Ef8pH+
そしてそのためには昭和恐慌の分析も必要と考えます。

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 12:07:49 ID:Umy/+Xgl
統合失調症っぽさ丸出しですね。

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 12:10:26 ID:MKTJOmOP
統合失調症は学問的には既に崩れているらしいね。
論戦に反論できない低脳が、よく使う言葉だね。

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 12:22:27 ID:nLwnWQpv
>>463
> 統合失調症は学問的には既に崩れている
はいソース出してね、統失君
出せなきゃ今後一切のレス禁止だからね

465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 12:46:16 ID:IlqUqkSu
その内容なら病院版でやってくれ。
馬鹿の一つ覚えしかできない低脳の相手はしてられない。

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 12:50:23 ID:9XhuTGlu
【喰えなくなると国外に出るという法則】
〜現在のイラク戦争、湾岸戦争、アフガン紛争等も基本的には同じと見られる〜

1 第一次世界大戦後恐慌   大正9年(1920年)3月15日
2 関東大震災恐慌      大正12年(1923年)
3 金融恐慌         昭和2年(1927年)3月14日 
4 世界恐慌         昭和4年(1929年)10月
5 昭和恐慌         昭和5年(1930年)3月
6.高橋蔵相ケインズ政策の失敗    昭和7〜9年

5・15事件       1932
満州事変         1931年−1933年
二・二六事件       1936  
日中戦争         昭和12年(1937年)〜45年


467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 12:52:17 ID:9XhuTGlu
昭和恐慌とは主に農業恐慌であった。農村の危機、農家の窮乏は
5・15事件、2・26事件などの一因となったし、
こうした貧しい生活実感の延長線上に満州問題、日中戦争が起きてくる。

昭和恐慌 → 喰えない(農作物価格暴落、生糸価格暴落)
     → 子供の食事を抜く(欠食児童の増大)
     → 娘をソープに売る(青森、秋田では年に数千人レベル)
     → 東北を中心に共喰い(人肉食)が横行
     → 喰えないので、政府中枢へのテロ(5・15事件など)発生
     → 国内テロを避けるため国外に不満を向ける必要性
     → 満州事変、日中戦争(南京大虐殺など)
     → 1000万人の中国人を殺して喰う




468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 12:55:31 ID:nLwnWQpv
以上、統合失調症患者の妄言でした
引き続きニヤニヤしながら生温かい目で御観察下さい

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 12:57:22 ID:d05aZ5hf
>論戦に反論できない低脳が、よく使う言葉だね。

数々のツッコミも指摘も反論できずにスルーしてきた先生は
益々統失に磨きが掛かってますねw
それともテンプレまた貼られたいのかな?

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 12:57:52 ID:9XhuTGlu
満州事変にせよ、日中戦争にせよ、
中国の広大な土地の割には
石油などのエネルギー資源やアフガンのような麻薬資源に恵まれた地域ではなく、
戦略的には中国侵攻するメリットはない。

それにも関わらず当時の日本軍が侵攻したのは
中国にある膨大な人肉資源、穀類資源が隠れた目的の一つか?

大陸の穀類を奪うと同時に、1000万人の中国人を殺して「肉資源」として喰う。
その食量戦略のためと考えてはじめて、中国大陸への日本軍侵攻の価値が発生したのではないか?
もしそうでないと言われるなら、軍事上の侵攻意義をお教えして欲しい。


471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 12:59:36 ID:9XhuTGlu
【東北における食糧不足の一例】

杉田玄白の『後見草(のちみぐさ)』によると、
子どもの首を切り、頭皮をはがして火であぶり、
頭蓋骨の割れ目にヘラをさしこみ脳味噌をかき出して食べたという。
他の史料でも、餓死した母親を娘が食べたとか、
ある家で姑が隠した食料を自分だけが食べ、
その娘は仕方なく生きているわが子を殺して食べた例が記されており、
またある家では、蒸籠(せいろう)の中に死骸や骨がたくさん見つかり、
塩漬けにされたり焼かれた人肉が、首だけで38あったという。
http://blog.livedoor.jp/okeihan5963/archives/2005-07.html
http://www.geocities.jp/showahistory/history2/09c.html


472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 12:59:41 ID:ckF+oVCg
人肉より牛や豚のほうがおいしいと思う。

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 13:00:53 ID:9XhuTGlu
231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 10:51:51 ID:m/Jc1RSQ
家畜産業はカロリー効率(エネルギー効率)が非常に低い事が
定量的に解明されています。

牛にせよ豚にせよ鶏にせよその大規模飼育には飼料が必要であり
その飼料の多くは穀類(戦後は肉骨粉を含む)です。従って、
牛肉や豚肉を生産するためには、それらの肉のカロりー量の
何倍ものカロリーの穀類を家畜に与えないといけません。

よって戦時下ではこういった食スタイルは非常にエネルギー生産効率が低く
贅沢品そのものとなります。従って互いに国家総力戦だった太平洋戦争において
中国にて大規模な家畜産業が成立していた可能性はまずありえず、
その一方で、命のやりとりを行っている兵士は高カロリーの肉を日常的に要求します。
そして双方の軍自体も食糧調達が容易ではない訳です。

そういった状況で、戦闘行為によって発生した死体が大量にあるなら
兵の食糧として活用していない方が不自然です。そもそも中国にも日本の一部にも、
元々、人肉を食べる風習があり、水面下ではタブーと考えていない。その上で
食糧が不足すれば、兵ではない一般人を家畜として認識し殺して食べる事を行いだすと
考えないと南京占領に関与した5師団(3万〜10万人)の食糧調達を理解しにくい。

そして実際、当時の南京では人口が大きく減っているのも事実です。また同じような事態が
平成の北日本(秋田など)で起こっていると見られる資料もある。一般の多くの兵には調理した肉の形で
提供すれば自分達が何の肉を食べているかは理解できないので罪の意識もない。仮説演繹法的には
この仮説が最も筋が通ります。


474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 13:04:48 ID:9HuZ3/lx
238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 12:47:30 ID:6EkJ3nFw

国家総力戦を敵地で行っている状況では、全ての物資について
需要が供給を大きく上回ります。

食糧に関しても当然、例外ではなく、常にカロリー不足に悩まされる事になっていた
と推察できます。そういった過酷な状況下で、目の前に「高カロリーの肉資源」が大量にあり、
しかも食文化上のタブーを感じない部族出身者が、日本軍の将校(統制派)を勤めていた場合、
ここで論じた事は起こらない方が不自然と考えます。(当時の日本軍の主導権を握っていたのが、
皇道派(孝明天皇派)ならば状況が違っていたのかもしれませんが
統制派(偽皇族派)なら歯止めが利かなかった面もあったのかもしれません。)

食文化と言うものは軍事にまで当然、影響を及ぼしえます。同じような事が恐らく
世界中で起こっているのではないでしょうか?中国自体も文化大革命の資料を見る限り
例外ではないと考えます。またルワンダ大虐殺も恐らく無関係といいにくいと考えます。

こういった食文化実態を踏まえて、世界情勢を今一度、慎重に分析しなおす事が
世界全体の平和と安定につながると考えて止みません・


475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 13:05:08 ID:d05aZ5hf
人肉を食べる為に日本が大陸に進軍したと言いたいわけねw
妄想は際限ないねぇ。


476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 13:05:53 ID:9HuZ3/lx
昭和恐慌 → 喰えない(農作物価格暴落、生糸価格暴落)
     → 子供の食事を抜く(欠食児童の増大)
     → 娘をソープに売る(青森、秋田では年に数千人レベル)
     → 東北を中心に共喰い(人肉食)が横行
     → 喰えないので、政府中枢へのテロ(5・15事件など)発生
     → 国内テロを避けるため国外に不満を向ける必要性
     → 満州事変、日中戦争(南京大虐殺など)
     → 1000万人の中国人を殺して喰う


477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 13:06:14 ID:nLwnWQpv
妄想狂も裸足で逃げ出しそうだな、おい
さすがリアルに深刻な統失は危険やでぇ…

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 13:10:05 ID:AKq8pmD2
>人肉を食べる為に

「人肉を食べるため」に、というよりも「食糧を得るために」
という食糧戦略で考えないと、日中戦争は理解しがたい。
(ただ中国での食糧調達は必然的に人肉が主流の一つとなる。)

中国には大規模な原油資源地域もアフガンのような麻薬資源地域もない。
その割には国土が広大で戦線維持するのに膨大な兵力を必要とする。これではペイしない。
すなわち中国はエネルギー確保面等では侵攻する戦略的価値はない。


479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 13:12:34 ID:nLwnWQpv
南方への足がかり…潜在的(ほぼ顕在的)脅威の制圧…etc…

おっと、統失君には理解できないかな

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 13:13:07 ID:AKq8pmD2
その割には国土が広大で戦線維持するのに膨大な兵力を必要とする。これではペイしない。


481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 13:17:42 ID:AKq8pmD2
東南アジアの石油資源、麻薬資源が
当時の大日本帝国軍の侵略目的ならば
中国経由で南方作戦を展開する必要がない。

海軍で南方を直接叩き、陸軍が占領政策をひけばよかった。
それをやらずに広大な中国に乗り出した理由は、食糧戦略抜きには考えにくい。

当時の日本人は昭和恐慌もあり、東北中心に激しい「共食い」をしていた可能性が否定できない。
あまりに食糧不足だったためという大陸に侵攻した。そういった一面もあったと推察できる。


482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 13:18:10 ID:nLwnWQpv
食料に人肉を含めるという妄想を平然と認める、カニバリズム統失君に何言っても無駄だとは思ったが…

じゃあなんでどこでも問題になってないんだろうね、人肉食という人類史上最大級のタブーが
あの日本にイチャモンをつける商売の中国でさえ、そういった抗議行動は起こしてないよね
その辺はなんでなんだい?

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 13:19:47 ID:nLwnWQpv
> 当時の日本人は昭和恐慌もあり、東北中心に激しい「共食い」をしていた可能性が否定できない
何度も言ったが、可能性が否定できない、じゃなくてその確固たる証拠を出せ
出せなきゃ気狂いの妄言未満だ
何回言わせるつもりだ? 名誉毀損でどこかから訴えられるぞ、お前
リアル情報も割れてるんだし

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 13:21:09 ID:AKq8pmD2
>人肉食という人類史上最大級のタブーが
>あの日本にイチャモンをつける商売の中国でさえ、そういった抗議行動は起こしてないよね
>その辺はなんでなんだい?


中国人自身も日常的に人肉を喰っているから。


485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 13:22:36 ID:AKq8pmD2

正しい分析により
人肉食に関する概念を一変させる事が
世界の安定につながりうる。

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 13:25:13 ID:nLwnWQpv
中国という国、中共という政府に関して何も知らないんだね
奴らは自分たちの行動は正当化するが、他国の、特に日本の行動はどんなことでも抗議する奴らだ

ODA渡してやれば国民にそれを隠し、少ないと文句をつける
自分たちは激しく内政干渉をするが、日本がしてきたら烈火の如く怒り狂い、内政干渉だ軍国主義だと騒ぐ

そんな奴らが、「自国民が自国民を」ではなく「他国民、しかも日本軍が自国民を」食ったというのに
黙っているとでも思うのかね

というか、お前の妄想に付き合ってると頭が痛くなってくるよ

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 13:25:16 ID:W6w4jDdi
南京大虐殺とされている問題は
以下の流れ抜きに論議する事は難しいだろう。日中戦争の戦略的意義を再考すべき。

昭和恐慌 → 喰えない(農作物価格暴落、生糸価格暴落)
     → 子供の食事を抜く(欠食児童の増大)
     → 娘をソープに売る(青森、秋田では年に数千人レベル)
     → 東北を中心に共喰い(人肉食)が横行
     → 喰えないので、政府中枢へのテロ(5・15事件など)発生
     → 国内テロを避けるため国外に不満を向ける必要性
     → 満州事変、日中戦争(南京大虐殺など)
     → 1000万人の中国人を殺して喰う


488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 13:26:12 ID:nLwnWQpv
>>485
お前が自分の異常性に気付いた方が、お前自身の安定に繋がりうると思うよ…

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 13:28:45 ID:W6w4jDdi
>>486
>他国の、特に日本の行動はどんなことでも抗議する奴らだ

中国において大規模に人肉食が日常化している事を
中国自身が認めないと、この点において日本を国際非難しにくいのは
間違いない。

しかしだからといって日本サイドの当時の対応が許されるものではなく
1000万人の犠牲者への永遠の供養が求められる。

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 13:29:34 ID:d05aZ5hf
>>485
正しいかどうかをお前が決める事ではない。
これまで何回も指摘されてるだろうがよ。  だから「独善的」だって過去スレでも言われてるのに、
それをまるで解さないところがさらに【病的】たる所以だな。

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 13:32:36 ID:W6w4jDdi
論理的な反論に全くなっていない。

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 13:33:50 ID:nLwnWQpv
>>489
中共がその程度のこと気にするなら、ODAを少ないとかなんとか言うと思うか?
中朝韓の馬鹿三国は、日本を糾弾するためなら自爆も辞さない奴らばかりだぞ
朝韓の自爆ぶりが凄まじくて中はあまり記憶に残らんけどな

> 中国において大規模に人肉食が日常化している事を
> 中国自身が認めないと
さ、じゃあますはこのソースを出してもらおうかな
無論、2chのレスなんかじゃなく、な

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 13:35:47 ID:d05aZ5hf
2chでお手軽に意見を発表するのは簡単だし、それが最良の手段だと先生は自分で認めているんだから
これ以上のネタ師はいないなww   

>>483
そのうちある人物や法人から親告罪に向けての告発が近く発生するものと思われる。
このスレについてじゃなくて、過去のこいつの所業が原因。 

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 13:38:14 ID:nLwnWQpv
>>493
うん…それを断片的ながらこそ知ってるから、自重しろよって言ったつもりだったんだけど…
正直な話、ここまで馬鹿だと擁護するつもりも、社会復帰させてやる気も完璧に失せるねw

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 13:40:10 ID:W6w4jDdi
平成不況 → 政府、自治体あわせて1000兆円以上の借金
     → 年金破綻危機、医療費財政危機
     → 多くの自治体の破産危機(地方分権一括法が破産危機を加速)
     → 年金滞納者、医療費消費者、税金滞納者、福祉費利用者
       などのリストアップ
     → 行政・警察による国民の大量殺人(年間数万人)
     → 臓器リサイクル、人肉リサイクル、肥料リサイクルによる経済収入
     → 大量虐殺により平均寿命のはじめての低下
     → 昨年のインフルエンザ大量感染の捏造

昭和恐慌 → 喰えない(農作物価格暴落、生糸価格暴落)
     → 子供の食事を抜く(欠食児童の増大)
     → 娘をソープに売る(青森、秋田では年に数千人レベル)
     → 東北を中心に共喰い(人肉食)が横行
     → 喰えないので、政府中枢へのテロ(5・15事件など)発生
     → 国内テロを避けるため国外に不満を向ける必要性
     → 満州事変、日中戦争(南京大虐殺など)
     → 1000万人の中国人を殺して喰う


496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 13:41:37 ID:W6w4jDdi
平成大虐殺と南京大虐殺は似ている点もある。

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 13:47:51 ID:W6w4jDdi
昨年の乾式メタン発酵の発明により、平成大不況は世界的な好景気に転じたが
水面下で虐殺は続いている。これはエネルギー革命の進行が十分に進んでいないためという一面も
あるのdarou


498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 13:50:08 ID:nLwnWQpv
反論できないと無視を決め込む、ってのは長鮮人特有だと思ってたんだけどなぁ

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 13:51:23 ID:0/gpkYvQ
右翼・保守・極右・正論読者・産経新聞読者・サピオ読者・愛国者・
国粋主義者・独裁主義者・復古主義者・歴史修正主義者・軍国主義者・
民族主義者・武士気取り・国士気取り・通り魔予備軍・文学的変態・
言論チンピラ・ネットチンピラたちに質問します。

【言論チンピラ妄言解毒対策レス#45】
都合の悪い質問はスルーですか? 繰り返し質問します。
南京大虐殺はなかったと主張する学者は実在しますか? もし実在するなら名前を挙げてください。



500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 14:24:30 ID:d05aZ5hf
>>497
乾式メタン云々で過去散々●田工業のスレにイチャモソ付けていたのに
最近さっぱりじゃねーか先生w  

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 16:29:59 ID:ckF+oVCg
要するに、支那朝鮮人は人肉を最高の食料だと思っていて、
それを手にするために戦争をすることが当然だと、
そう思ってる民族だってことなんだろうなぁ。
そんな文化が日本に流れてきてなくて良かったと思うが、
とりあえず滅ぼしておいたほうがいいんじゃないか?


502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 20:10:39 ID:Pkvp+oQe
>>496
> 平成大虐殺と南京大虐殺は似ている点もある。

確かに酷似している
両方とも虚構だな

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 22:08:33 ID:w39g5KRC
「三光作戦」(一般民衆の生命・財産・生産基盤の徹底的破壊
それ自体を目的として繰り広げた軍事作戦〔「無人区化政策」〕で,
日本軍による殺しつくし〔殺光=さっこう〕,焼きつくし〔焼光=しょうこう〕,
奪いつくす〔搶光=そうこう〕作戦を指す中国側の呼称。

日本軍では燼滅〔じんめつ=焼きつくすこと。また,すっかり焼けてなくなること。
滅びてなくなること〕作戦と呼んだ。つまり1940〔昭和15〕年,
北京の北支方面軍司令部に,各師団長,旅団長が集められて
『燼滅作戦を実施す』との作戦命令が下ったのがそれである。

命令は「@敵地区に侵入した際は,食糧は全て輸送するか焼却し,
敵地区に残さないこと,A家屋は破壊または焼却すること,
B敵地区には人を残さないこと」であった。

http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/nittyuusennsou.htm

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 22:18:29 ID:w39g5KRC
>>451
>便衣兵やったら国際法違反

三光作戦(燼滅作戦)という概念は、中国人自身を「人肉資源」として
日本軍の食糧調達の対象としたものと考えれば、矛盾なく説明可能となる。

言い換えれば、「中国人を組織的に狩って食べた」と考えないと説明がつかない。
そもそも当時の日本は、日中戦争を戦争と考えておらず、宣戦布告を伴わない事変
と考えていたため、戦時国際法を守る義務はないと考えていた。すなわち
便衣兵論議自体が適用できない状況にあった。

この特殊な状況は、上のような背景を考えれば理解しやすい。
そしてその結果として1000万人(一説には2000万人)の中国人が殺害され
恐らくは喰われたのであろう。この数は太平洋戦争における国内被害であり185万人よりも
一桁多い恐るべき数である。

南京大虐殺とされている問題は、こういった経緯の中で論議しないと意味が薄い。

505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 22:18:42 ID:FZXDrSz5
>503
 もっとまともな歴史の勉強しろよ!あんたの歴史のレベルは江沢民(支那)
盧武鉉(チョン)レベルだぜ!左翼教育の成果かな!

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 22:22:18 ID:w39g5KRC
>>505

そういわれるならば
1940〔昭和15〕年, 北京の北支方面軍司令部に,
各師団長,旅団長が集められて 『燼滅作戦を実施す』との作戦命令
が下ったとされている史実が間違いであるという根拠を示していただけないでしょうか?

この作戦命令は南京攻略の後ですが、日中戦争の本質を示している可能性が
十分にあると考えられます。

507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 22:34:58 ID:RrJ8vEW1
            ∩_
           〈〈〈 ヽ
          〈⊃  }
   ∩___∩  |   |
   | ノ      ヽ !   !
  /  ●   ● |  /
  |    ( _●_)  ミ/ <これぞ「妄想」による【訂正不能】の真骨頂!!
 彡、   |∪|  /     
/ __  ヽノ /        
(___)   /      

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 22:35:00 ID:w39g5KRC
日中戦争(南京攻略を含む)の本質は以下の6点抜きに考察できないと考えます。

1.当時の政府から、宣戦布告を伴わない「事変」とされており
戦争国際法(ハーグ陸戦協定など)の適用がなされていなかったと見られる事。

2.原油・天然ガス採掘可能な地域を、戦略的に征服し、恒常的な原油採掘・運搬運営
につなげる作戦がとられていなかった事。

3.広大な中国全土を征服するには、日本軍の戦力が平均60万人と少なすぎた事。

4.三光作戦(燼滅作戦)の概念は、初めから戦時国際法を破壊しており、
「中国人を組織的に狩って食べた」と考えないと説明がつかない事。

5.当時の60万人の日本兵の「肉資源」として賄えるだけの畜産産業が中国にはなく、
人間を狩って食べていたとしないと日本兵60万人の食糧調達の説明がつかない事。

6.当時の日本は昭和恐慌と凶作のため農村経済が破壊され、東北を中心に大規模な食糧不足が
発生し、国内においても大規模な共食いが起こっていたと推測可能である事。



509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 22:48:44 ID:d05aZ5hf
根拠を示したところで、こいつの場合「捏造されたデータだ」というオチしかないしなw
決定的な証拠をつき付けられても、「それでも議論の骨格は崩れません」でスルー。
挙句の果てには「タイムマシンによる時空操作でデータが改竄された」とか言い出す始末。
そら、まともな奴はみんな呆れて離れていくわw

もはやただの「粗悪燃料」に成り下がったな、こいつ。

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 22:53:07 ID:WHZnAoun
>>508
あれえ?南京の人口は97万ぐらいあったとか中国側が発表していたが、彼らを養える食料が
あれば60万ぐらいの日本兵は十分食って行けるんじゃないの?

中国は南京全土よりずっと広いはずだし…。

なるほど、南京では共食いが常態だったわけか、かわいそうだな中国人 (w

511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 23:12:32 ID:Bg4sdnmA
>南京の人口は97万ぐらいあったとか中国側が発表していたが、彼らを養える食料が
>あれば60万ぐらいの日本兵は十分食って行けるんじゃないの?

何度も申し上げているように、中国では人間を喰う事が日常茶飯であり、
かつ大規模畜産業も当時なかった以上、南京攻略前から中国自体が中国人を喰っていた
と考えないと当時の中国の食糧事情を説明しにくいのは事実です。

しかしだからといって日本人が中国人を大量に殺害して食糧源にしてよい
という事にはならないというのがここでの論議のポイントの一つと考えます。


512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 23:15:33 ID:nLwnWQpv
>>511
推定推測じゃなくて証拠を出しなさい、統失

513 :かぼちゃも色々:2006/10/15(日) 23:21:17 ID:xUqXwxRL
皆詳しいなあー!
南京虐殺があったとしても何か問題あっか?
俺の世代にゃ関係ねぇー!
俺の税金つかうんじゃねぇーぞ!

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 23:29:20 ID:WHZnAoun
>>511
>大規模畜産業も当時なかった

アホか。肉なんてお祭りじゃあるまいし、あの時代じゃ中国人でもよう食わんわ。
コーリャンとか豆を食ってたに決まってるだろ。

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 23:29:46 ID:AA9TbrFn
>>512

歴史論議は、原則として仮説演繹法で行うのが筋です。
物証の多くは捏造されているケースの方が多いからです。



516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 23:31:40 ID:AA9TbrFn
>>514

中国が古代からずっと
両脚羊を食用にしているという資料は、少なくありません。

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 23:31:47 ID:nLwnWQpv
>>515
キチガイ発言キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

マジで病院行けw

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 23:32:48 ID:RrJ8vEW1
                 ( `;゚;Y;゚;)
                 (    )
                 | | |
                 (__)_)

         【木直田先生のガイドライン】「改訂版」Ver.1.24

東北地方のとある大学に勤務する、現役の大学助教授(准教授)。年齢は40代前半。
大学助教授でありながら朝から晩まで「2ちゃんねる」に没頭し、独自の理論を展開する。
しかしその理論は「体系化された妄想」によるものが殆どであり、その内容は混乱を来している。
木直田先生による一連の理論のスタンスは、「関係妄想」等から成る【陰謀論】が殆どを占める。

性格はかなり自己中心的で、目立ちたがり屋。粘着質(ストーカー気質)。
他人からの意見や異論・反論を認める事が出来ない独善的(訂正不能)な性格の持ち主。
またあらゆる面においてレイシスト(差別主義者)的で「冷徹」な一面を持つ。

また自分の立てたスレッドにレスがつかないと、すぐ「自作自演」してしまうタイプでもある。
しかし文体を変える事が極端にヘタな為、すぐ自演がバレる。
だが、レスが付いたとしても自分の自説に都合の悪い質問・指摘に関しては完全スルー。

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 23:34:39 ID:AA9TbrFn
518は論戦に敗北した事を宣言したに等しい。

520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 23:36:50 ID:nLwnWQpv
という妄想を顕にする統失患者

521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 23:42:12 ID:d05aZ5hf
>>519
事実だろ、違うのか?

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 23:59:59 ID:WHZnAoun
>>516
羊だけでなく豚も猿も食べていたけどね。主なカロリー源は穀物や豆類でとっていたと
思うけどよ。現代でも中国人の家庭料理は野菜を炒めたのとかが多く、質素だけどね。
ラーメン屋みたいな料理を毎日食っていたとでも言うのか?

しかし同じ人が >>515 で、実証主義を完全に否定したので議論打ち止めか。
資料があっても全部捏造よばわりじゃねえ。

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 00:05:42 ID:0K/GdEvv
>>522
いや…両脚羊ってのは人肉の隠語だが。。

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 00:17:11 ID:YwWK2b3l
               ヽ(;゚;Y;゚;´) ノ ♪ 
             ♪   (へ )     
                    >     

         【木直田先生のガイドライン】 「改訂版」 <その2>

【木直田先生の主な主張】
・「オウムサリン事件の真の黒幕は天皇と東大」・「地下工作員に狙われる」
・「オウム真理教事件は皇族と東大閥主導による公安警察の芝居である」
・「秋田では古来から続くカニバリズム風習により赤ん坊から老人まで殺害され食糧になっている」
・「日本国内では様々な形で『人肉』が加工・流通され、【食肉】として販売されている」
・「日本では年間3万人の国民が天皇・警察・検察・厚労省・行政の手によって暗殺されている」
・「自分が立てたスレッドのおかげで3万人の国民を救った。私の功績はシンドラーの比ではない」
・「『統合失調症』とは異端な人間を処分する為に行政がデッチ上げた架空の病気である」
・「タイムマシンによる時空犯罪・歴史改ざん事件が国家・企業を巻き込んで盛大に行われている」 
・「竿灯祭は盗聴アンテナを模した竹竿を崇め奉り、地域の諜報結束力を誇示する為の奇祭である」
・「北朝鮮拉致事件はデッチ上げであり、金を渡して金正日に演技させ国内のカニバリズムの犠牲による
  行方不明者のカモフラージュに仕立て上げた茶番劇である」
・「外来生物法とはブラックバス等と同様に【人間】をも駆除対象にした法律である(氏曰く「デスノート法」)」
・「秋田県を走る救急車は行政によるカニバリズム殺人の為の暗殺実行部隊である」
・「私の論理に異を唱える者は、全て「創価や国家機関・闇の既得権益者」による妨害目的の工作員」

その論理は支離滅裂かつ混沌を極め、関係妄想から来る「先ず結論ありき」の独善的な論理展開は
他者の異論・反論を全く受けつけない。

525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 00:18:30 ID:YwWK2b3l
                     !
                 ヘ(#`;゚;Y)ノ
                ≡ ( ┐ノ          センセイノバーカ! >
             ダッ :。;  /

         【木直田先生のガイドライン】 「改訂版」 <その3>

【活動範囲】
先生の活躍の場は多岐に渡り、個人のHPやBBS、また2ちゃんねる上の
[大学学部・研究]板・[生物]板・[公務員]板・[社会・世評]板・[メンヘル]板・[環境]板
[農林水産業]板・[理系全般]板・[病院・医者]板・[投資一般]板・[株式]板・[大型・特殊車両]板など
広範囲に出没し、【学術論議】と称としてほぼ同じ内容のスレを乱立させる。
また、板を問わずスレタイに【秋田】と付くスレッドにすべからく反応し、多彩なコピペ爆撃を開始する。 

【木直田先生が使用する主なハンドルネーム】
・「副作用疫学・医療事故の確信犯的行政悪用を考える」 ・「知的財産秩序を考える会」
・「証券市場秩序を考える会」 ・「不正時空操作を憂う」
・「481」 ・「心停止の電気蘇生機である除細動機(AED) 」
・「コンプライアンス化委員会」  ・「時空秩序を考える」
・「秋田県立大および偽皇室のオウム殺人犯罪容疑」 ・「タイムマシンは実は存在する」
・「救急車殺人企画事件を考える 」 ・「殺人教唆教育(ネオナチ教育)を憂う」など他多数。

【備考】
非常に自己中心的かつ自己顕示欲・名声欲が強く、木直田先生本人曰く
目標は、「2ch学術論議によるピューリッツアー賞の受賞」・「ノーベル平和賞の受賞」
また、「私はかのガリレオやアインシュタインと等価である」等、実に幅広い様々な夢を持つ。
だが先生本人の夢や自我自賛とは裏腹に、現実世界での木直田先生への周囲の評価は酷評を極め、
もはや彼を『糞スレの100円ショップ』・『統合失調による訂正不能男』と仮に呼んでも
差し支え無い程のレベルまで達している状況である。
また一連の木直田先生による主張の目的の根源には、被害妄想・関係妄想から来る
関係者への憎悪・嫉妬による私怨の感も否めないと言う事も付け加えておく。

526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 00:21:26 ID:nTkt7n/5
ストーカー

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 00:33:40 ID:YwWK2b3l
>>526

事実を指摘され当惑されているようですが
民主国家では学問・思想・言論・出版の自由は憲法で保障されています。

528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 00:36:49 ID:lgcxfYEP
日中戦争の本質は、食糧(両脚羊と呼ばれた人肉を含む)と麻薬か?
http://www.mypress.jp/v2_writers/hirosan/story/?story_id=1445905

1.当時の政府から、宣戦布告を伴わない「事変」とされており
戦争国際法(ハーグ陸戦協定など)の適用がなされていなかったと見られる事。

2.原油・天然ガス採掘可能な地域を、戦略的に征服し、恒常的な原油採掘・運搬運営
につなげる作戦がとられていなかった事。

3.広大な中国全土を征服するには、日本軍の戦力が平均60万人と少なすぎた事。

4.三光作戦(燼滅作戦)の概念は、初めから戦時国際法を破壊しており、
「中国人を組織的に狩って食べた」と考えないと説明がつかない事。

5.当時の60万人の日本兵の「肉資源」として賄えるだけの畜産産業が中国にはなく、
人間を狩って食べていたとしないと日本兵60万人の食糧調達の説明がつかない事。

6.当時の日本は昭和恐慌と凶作のため農村経済が破壊され、東北を中心に大規模な食糧不足が
発生し、国内においても大規模な共喰いが起こっていたと推測可能である事。

7.当時の日本軍が麻薬利権に手をつけていたという資料が出始めている事。

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 00:48:14 ID:lgcxfYEP
昭和恐慌で食い詰め、冷害で凶作となった東北を中心として
地下で「人喰い」に走っていた日本人多数が、
日本で喰えないため、大陸に渡り、中国人を殺して喰い始めた。
そして、その資金源として大陸での麻薬利権奪取にも走った。

戦時国際法適用を避けるため宣戦布告を行わず、「シナ事変」と呼び、
組織的に集落を消費していった。殺害された1000万人の中国人から取得可能な
人肉量は、60万人の日本兵が日中戦争があった8年間で消費する肉量とほぼ一致する。
中国には大規模畜産業がなく他に大規模な肉食糧源はなかったと見られる。

中国では人肉食は古代から現在に至るまで一般的と見られるため
現時点では国際非難が発生していないが、60万人の日本兵に殺され喰われたと見られる
1000万人の中国人に対して永遠の供養が求められる。

南京攻略は上の背景の下で発生しており、それだけを取り出して
議論する事は困難である。

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 01:04:58 ID:N34ylNgV
>>528
> 「中国人を組織的に狩って食べた」と考えないと説明がつかない事。

説明がつかないのはおまいの頭の中だけだよw
とにかくビョーインへ行け
もっと悪化して周囲の人に迷惑かけてからじゃ手遅れだからな

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 01:06:52 ID:lgcxfYEP
中国4000年の歴史において、喰いつめた群衆が集落を襲いながら
大陸を移動して回るという事態は何度も発生している。

そういった行為は、喰いつめた群衆が襲う集落の幾つかは要塞化
しているため「屠城」と呼ばれる事もあり、攻略されは住民の大半は
手足をばらばらにされて煮炊きして喰われる事が珍しくないとされている。

彼らはイナゴと同じく「喰う」ために集団で大陸を移動する。
こういった群衆は、必ずしも漢民族であるとは限らず、周辺民族から派生する事も
珍しくなく、「清」や「元」はその結果できた王朝であったと解釈可能である。

これと同じような事が周辺民族である日本からおきたのが70年前の日中戦争であると解釈でき、
60万の日本兵は、昭和恐慌と凶作によって日本で食い詰めたため、大量に大陸に渡り、
1000万人の中国人を殺して食いながら、大陸を移動した。そしてその資金源を麻薬利権に求めた。

以上のように考えると、如何に経済政策が重要であるかが理解できる。


532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 01:08:49 ID:lgcxfYEP
>>530

そういわれるならば、当時の日本兵の食糧調達に関する命令書
を示していただけませんか?

533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 01:14:35 ID:lgcxfYEP
ゲルマン民族の大移動も、同様だったのではないか?

534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 01:18:00 ID:hn0NWMC6
アジア系のフン族の大移動(襲った集落の人肉を食いながら移動)
     ↓
ゲルマン民族の大移動(襲った集落の人肉を食いながら移動)
     ↓
ローマ帝国の崩壊

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 01:24:57 ID:hn0NWMC6
ユーゴ内戦でも同じような事が起こらなかったとは
安易に言えないのでは?

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 01:26:58 ID:hn0NWMC6
なおアフリカでは、ピグミー族は
食用として把握されているケースもあると
国連報告がある。

アフリカでの内戦の大半はこの問題が絡んでないか?

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 01:28:50 ID:hn0NWMC6


水面下では一般化していると推測できる「食人」に関する認識を
世界全体で一変させるべきだろう。

そうしないと世界の真の安定は難しいのではないか?

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 06:33:37 ID:YwWK2b3l
          /\
        /    \/\
        |\   /    \/\
      /\  \ |\    /    \/\
    /    \  |  \  |\    /    \/\
    |\    /  .|       \  |\    /    \ /\
   / \ \/    |             \  |\   /    \/\
 /    \ |    .|                 \ |\    /    \/\
 |\    /|     |                      \|\    /    \
 |  \ //\                             \ /        \
 |   |/    \                      ウワァン!  /\          >
 |   \    /|                 ヽ(;゚;Y;゚;´)ノ /    \      / .|
 |     \ //\               / (  )  \       \   /    |
 |      |/   \        /\ /    < ヽミ3 \     /| /      |
 |      \    /|   /\/    \      \    /|   /          |
 |        \ //\/    \     \     /|  /                 |
 |         |/   \     \    / | /
 |         \     \   / | /
 |           \    /| /         【訂正不能】の輪廻 それが木直田クオリティ
 |            \ /
 |              .|
               |


presented by

*************************
DESTROY UEDA(;゚;Y;゚;´) PROJECT
*************************

539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 07:37:46 ID:P2eRNkKk
>>538
煽るのはいいが、その固有名詞の入ったAAは加工するか止めといたほうがいいよ。
ヤツと同じ穴の狢になっちまう。

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 07:46:28 ID:vMh1iSDe
論理的な反論ができなくなった時に、よく用いられる手段が
1.統合失調症の連呼
2.どなたか個人への中傷誹謗の連呼
の2つである。そうすれば、とりあえずそうすれば自己満足するらしい。

しかしココで論じた内容は、古今東西を問わない人類のサガ、業に関する内容であり
全て仮説演繹法をもって論じてきた以上、上のような手法は無意味で失笑を買うだけである。

論理的な反論が出来ない方は自身の才能にあったスレに移行されたい。
2chにはそういったスレが沢山ある。

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 09:23:00 ID:IZURoDtI
なんで統合失調症と言われると、そんな必死になるの?
やっぱり事実なの?
自分は統合失調症じゃないって言えば済むのに、事実だから言えないの?

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 09:44:22 ID:SajTxDPN
統合失調症の概念は実質崩壊したらしいよ。
行政や地域が自らの歪を隠蔽するためにあったらしい。
米国精神医学界が国家麻薬ビジネスのグルだったので麻薬中毒を隠すため
という一面もあったと指摘されているね。

その類の論議は病院板でやるのが筋ではないの?
論理的な反論が出来ない貴方の対応は一種の精神異常か低脳に見えるよ。




543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 19:13:49 ID:0K/GdEvv
>>542
低『脳』じゃなくて低『能』だぞ、『低脳』君

そもそも、南方戦線においては軍上層部から「人肉を食うな」というお達しがあったわけだが、
では何故、中国戦線では全くそういったものが出ない…どころか、だーれも証言さえしないんでしょうね

さあ、なんでかな?

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 19:53:14 ID:4nrp25sH
>統合失調症の概念は実質崩壊したらしいよ。

この押しつけがましい脳内妄想理論でスルーしようとするお前こそ超低能。つか、やっぱ統失w
お前が立てた病院板の「統失は捏造された病気」スレでも住人総スカンだったしな。

反論云々言うんだったら、これまでスルーしてきた都合の悪い全ての質問やツッコミにも
懇切丁寧に対応してからそういうセリフを吐くんだな、基地外先生w  
どこの板に行っても中途半端なウスラだなw 

545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 20:37:50 ID:IZURoDtI
他人の意見を求めておきながら、反論が書き込まれても全く聞く耳を持たないし、
そもそも統合失調症のことなんてわかっていないから、専門的な内容を理解できなくて、
わけのわからんいい訳ばっかりして、みっともなかったよね。
このスレでも最初は相手をしてくれる人がいたけれど、あほらしくて誰も相手して
くれなくなったね。

546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 20:40:33 ID:8oMFLv5D
低脳

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 22:28:54 ID:YwWK2b3l
まあ、ノーベル文学賞を狙っているのでしょうから、事実であってもなくても
面白ければいいのでしょう。

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 23:12:35 ID:4nrp25sH
「オウム文学賞」狙いならいいセンいきそうだけど。

549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 00:35:20 ID:EK4nwiF1
>>545
> このスレでも最初は相手をしてくれる人がいたけれど

まさかそいつが キ○ガイ とは思わなかったからじゃないか?

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 02:30:41 ID:qlaghHhi
病気が再発したと聞きました。
具合はいかがでしょうか。

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 06:03:28 ID:dGpbTVL4
>>548

猛毒サリンで多くの死亡者が出たオウム大量殺人は
秋田県立大の教職員多数(主に東大農学部閥)が起こしたのは間違いないらしい。
事実は小説より奇なり、が事実になっている時代の模様。

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 06:08:53 ID:ISCyMGhA
>>550

論議内容が「病気」理由で無視できる内容なら
創価学会関係者と見られる集団が、
ここまで執拗なストーキング(論議妨害とリアルでの暗殺企画)は行わないでしょう。

「病気」のような状態に社会がなっているからこそ
無視できない論理的推察に対しこのような異様な反応が起こる。
無視できる内容なら放置できるはず。


553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 06:15:12 ID:jc4BwQfg
>>547
>ノーベル文学賞を狙っているのでしょうから

今年のノーベル文学賞が、歴史分析(虐殺分析)に絡んで
授与されたのは画期的。こういった流れが進めば、殺害犠牲者の数は減る可能性が出てくるだろう。

国内虐殺の存在を主張した今年のノーベル文学賞受賞者は
国内で国家侮辱罪で起訴され国賊扱いされていると新聞報道されているが、事実の指摘ならば
そういった扱いを受けるのは古今東西変わらないだろう。


554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 06:26:55 ID:2CPl6A4d
トルコのオルハン・パムク氏(54)に対するノーベル文学賞受賞は
現在のトルコのEU加盟審議における微妙な立場を考えると、
「EU全体の意思」が働いたのかもしれない。またアムネスティも強く働きかけた
と報道されている。

受賞理由となった「もの悲しい魂の探索の中で、文化間の衝突と融合の新しい象徴を見いだした」
とは、ここで論議している「人喰い」文化の衝突と共生に関しても同じような事が言えるだろう。




555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 06:36:45 ID:3zqCF8JC
>>543
>南方戦線においては軍上層部から「人肉を食うな」というお達しがあったわけだが、
>では何故、中国戦線では全くそういったものが出ない…どころか、だーれも証言さえしないんでしょうね

当時の大日本帝国陸軍と大日本帝国海軍との文化の差も
若干あるのではないでしょうか?

主に陸軍によって決行された中国戦線で人喰い禁止令が出なかったのは
人食いが日常茶飯で、そもそもそれが中国戦線の目的の一つだったからと考えないと
説明がつきにくいのは事実と考えます。

それに対し帝国海軍の影響が強かった南方戦線では、海軍文化の影響だけでなく
中国戦線と比較すれば、食糧調達に魚介類が使いやすかった事もあり
人喰い禁止令がでたのではないでしょうか?ただ人喰い禁止令が出たということは
南方戦線でも人食いが少なからずあった事を逆に示唆しています。

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 06:40:25 ID:3zqCF8JC
高砂義勇隊(たかさごぎゆうたい)は
大東亜戦争(太平洋戦争)末期、台湾原住民をフィリピンなど、
南方の戦場に投入するために創設された部隊。

軍属であり軍人ではないが、実際上は戦闘にも参加した。
もともと台湾原住民等は狩猟採集を得意としたため、
南方戦線にあって高い戦闘力、食料収集能力を発揮し、
崩壊寸前の大日本帝国陸軍を助けた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E7%A0%82%E7%BE%A9%E5%8B%87%E9%9A%8A

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 06:45:15 ID:3zqCF8JC
林えいだい『証言高砂義勇隊』の訪問記録は、
白豚(白人)、紅豚(黄色人種)、黒豚(現地人)、メンチ(日本人)などの
人肉を食べるしかない日本兵の置かれた悲惨さを証言している。

http://72.14.235.104/search?q=cache:AyEvjksREf8J:www.japanresearch.org.tw/japan/history-05.htm+%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%BB%8D%E3%80%80%E4%BA%BA%E8%82%89&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=24&ie=UTF-8&inlang=ja


558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 06:46:42 ID:3zqCF8JC

人肉を日常的に食べていた日本軍
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1156745771/

559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 06:56:45 ID:3zqCF8JC

当時の日本軍において、人肉調達・加工を専門にしていた部隊があった
とすると、それは農耕文化民族系ではなく、狩猟文化民族系となるだろう。
考えられる可能性は以下の4つと見られる。

1.高砂義勇隊(狩猟採取を生業とする台湾原住民系の部隊。高い戦闘力、食料収集能力を発揮)
2.秋田等の東北マタギ系の部隊(特に秋田では現在でも「人肉食」が水面下で一般的と見られる)
3.平安時代における坂上田村麻呂の東北遠征によって
  戦争捕虜として全国に強制連行された記録がある東北俘囚の
  末裔集団(恐らくは全国の部落住民の一部)の部隊
4.東北俘囚とは無関係な「土蜘蛛」等の国内の多様な先住民系の部隊。

日本人の相当割合が食人族なのは間違いないだろう。
価値観の転換が求められる。

560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 07:11:50 ID:bE7AcGU6

なお、北朝鮮拉致として偽装されていると見られる国内の失踪事件も
上の2〜4の民族系統によってなされたものと推察できる。



561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 07:12:48 ID:bE7AcGU6

古来から「神隠し」として処理されていた問題も
本質はこれであろう。

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 07:17:56 ID:IW9C3WDm
妄想ばっかだな
病院行け、統失

563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 07:26:11 ID:bE7AcGU6
矛盾点の根拠を示して欲しい。
根拠なしの罵倒は、貴方が低能である事の証明になる

564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 07:31:20 ID:bE7AcGU6
>>252-258で示したように、明治維新以降の日本は
先住民系および朝鮮系の民族に、政治主導権を譲り渡している。

よって北朝鮮拉致事件のような国家偽装が日常的に行われていると分析できる。
なお>>559の2〜4の部隊は、現在でも警察部隊に多いと言われている。
すなわち北朝鮮拉致事件は警察内輪の犯罪と見られる。


565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 07:53:48 ID:EK4nwiF1
>>564
わかったから病院へ行ってくれ

566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 08:00:02 ID:8VwVc19e
矛盾点に関する具体根拠なしの罵倒は、
貴方が低能である事の証明になる


567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 08:04:03 ID:ckOGpHFC
そういや8月に南京の記念館職員が大阪の骨董品店で「虐殺のあった証拠」として
展示する旧日本軍装備品を探してたって記事がZAKZAKに載ってたな。

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 17:11:25 ID:EK4nwiF1
>>566
罵倒じゃない忠告だ

569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 18:16:53 ID:1ftjG0p+
他人の忠告を素直に聞く「耳」を持ちましょうね、先生。
幼稚園生や小学生じゃないんだから。

570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 19:25:20 ID:PvJbKlIT
いずれにせよ論理的な反論にはなっていません。

571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 19:33:09 ID:yh0Qku9c
昔はもっと相手してもらってたけど、最近、先生も人気がなくなったね。
先生は新しい画期的な主張のつもりのようだけど、みんなに飽きられてるね。

ところで先生、人肉ってどんな味がするの?

572 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 19:51:15 ID:tgVOfRBs
支那朝鮮には証明という言葉は無い

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 19:58:11 ID:vCXBGzJ3
http://sasosaso.s2.aiosr.net/

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 21:08:54 ID:1ftjG0p+
そういや先生は秋田駅前のレストランで人肉ステーキ定食を食ったって言ってたよな。

575 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 21:25:09 ID:FjJulXLG
南京事件テーマ記念館幹部、日本で展示品買い付けの怪

終戦記念日が近づき、小泉純一郎首相の靖国神社参拝の有無や是非が論議されるなか、歴史事実の検証上論争の
多い南京事件をテーマにした中国・南京市の「南京大虐殺遭難同胞記念館」の幹部らが来日し、東京や大阪の古書店や
骨董(こっとう)店で当時の資料を多数購入していたことが11日、わかった。
中国では抗日関連記念館の新設・拡張ラッシュが続いているというが、そこまで反日感情を煽らなくてもいいと思うのだが…

来日したのは南京大虐殺遭難同胞記念館(中国名・侵華日軍南京大屠殺遇難同胞記念館)の幹部ら。
通訳やガイドら数人とともに5月末から6月初めにかけて東京、大阪の骨董店や古書店を訪問した。
このうち、少なくとも大阪の骨董店では、日中戦争当時に日本軍の兵士が携行したとみられる軍用包帯のセットや
手ぬぐい、缶入りノミ取り粉、慰問袋など約計2万5000円分を購入した。

http://www.zakzak.co.jp/top/2006_08/t2006081126.html



576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 22:10:28 ID:IW9C3WDm
ま、馬鹿がどんなに仮説演繹法を騙ってもな
結局のところ、物証のない仮説や証言などゴミにも満たないわけだよ
そもそもお前の論法は仮説演繹法なんかじゃない
「結論ありき」の帰納法だ

統合失調症の秋田大助教授君も早くそれに気付いて、さっさと通院を開始したまえ

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 22:15:09 ID:52Pqgd+o
いずれにせよ論理的な反論にはなっていません。


578 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 22:22:03 ID:IW9C3WDm
まあ仕方がないよ
反論しろ反論しろ、とぬかす阿呆の論がそもそも破綻しきってるからな
妄言にまともな反論なんかできるわけもない

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 22:24:49 ID:1ftjG0p+
妄想するだけならタダだしな。
脳内理論をさも世間の常識のように論ずるところが
まさしく【統合失調症】の症状。

「関係妄想」
「被害妄想」
「訂正不能」

どれも当てはまる。

580 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 22:42:33 ID:44Nmmnit

論戦が出来ない低能が

馬鹿の一つ覚えでそういったフレーズを使うらしいね。

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 22:43:27 ID:44Nmmnit


この分野の医者の大半が低能だから仕方がないんだけどね。

582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 22:45:53 ID:1ftjG0p+
「低脳」を「低能」だと指摘されて今ごろ訂正してる低能統失男w

583 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 22:47:08 ID:IW9C3WDm
うむ。ついこの間…ていうか昨日まで「低脳」とか言ってた馬鹿がよく吠えるね
この分野の医者の大半が低能?
そのソースも出せよ、「低脳」君

584 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 22:48:37 ID:44Nmmnit


常識でしょ。この分野の医師のほぼ全員が低能なのは。

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 22:50:46 ID:1ftjG0p+
そのソースも恐らく過去に自身が立てた2chスレを「ソース」とするんだろう。
もう、ミエミエです。  

2ch以外のマスコミや関係機関によるソースなんか今まで出したことないしなぁ。

586 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 22:51:33 ID:IW9C3WDm
>>584
どこの世界でどう語られている常識なのかね?
常識だというなら、なおのことソースを示したまえよ、「低脳」君
示せなきゃ「お前の中でだけ常識なんだろ?」と言われて終わりだぞ、まあ実際そうなんだがな

非常識の塊であるお前が、偉そうに常識を語るなど…噴飯ものだな

587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 23:04:08 ID:1ftjG0p+
「低脳君」にかかれば、確固とした機関や報道によるデータも全て【捏造】にされてしまうw
それで「論戦」とか言っちゃってるんだから、どうしようもない。
2chどころか個人のBBSやブログのコメント欄にも
【社会生態学研究者】なるハンネの妄想コピペで過去散々荒らしまくっているが、
だーれにも相手にされていない。

まぁ当然だ罠。

588 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 01:19:48 ID:zIpgCfee
☆二つの南京大虐殺☆

 俺は、南京大虐殺は大きく分けて二つあると思う。一つ目は東京裁判時の南京大虐殺。
戦後まもなく行われた東京裁判での南京大虐殺。一説には原爆などの連合国の戦争犯罪
をごまかすためでっち上げられた。 まだ南京攻略から10年も経っていないので、当時
を知る多くの人間は「全然事実と違う」と思ったそうだが、敗戦国の日本に抗議できる
権利も雰囲気もなかった。 南京攻略時、日本に批判的だった国際委員会でさえ大虐殺
の認識がなかったのは、当時の記録を調べれば一目瞭然である。虚構であるから当然で
あるが、時の流れとともに人々から忘れ去られていった。

 二つ目の南京大虐殺は、1970年代に朝日新聞の本多勝一記者が中心となって広めた南京
大虐殺である。一つ目との大きな違いは、事件の当事者ではない中国共産党が発信源と
なっていることである。
 1970年代といえば、数千万に及ぶ大虐殺が行われたといわれる文化大革命の最中である。
中国共産党に対する国際的批判が高まるなか、ほとんどの海外メディアが国外追放される
状況で朝日新聞は中国にとどまった。当たり前であるが、中国共産党の批判を一切しない
からである。最初は、中国共産党に対する批判をかわすために行われたが、有効な対日
カードとして使えると認識してからは、被害者数は毎年増え続けるのが実情である。
抗日記念館などは、中国国民の共産党一党独裁に対する不満をそらすためにどんどん
増えているw 

今日の南京大虐殺は、朝日新聞及び本多勝一から始まった。

589 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 05:57:52 ID:DzSEksww
平成不況 → 政府、自治体あわせて1000兆円以上の借金
     → 年金財政破綻危機、医療費財政危機
     → 多くの自治体の破産危機(地方分権一括法が破産危機を加速)
     → 年金滞納者、健康保険高額利用者、税金滞納者、福祉費高額利用者、システム察知者、稼げない老人、食用赤ん坊
       などのリストアップ(デスノート法:外来生物法・鳥獣狩猟法の違憲適用)
     → 行政・警察などによる年間数万人もの国民の大量殺人(年間数万人):(平成景気に転じても自治体の巨額負債が減っていないため)
     → 臓器リサイクル、人肉リサイクル、肥料リサイクルによる経済収入(裏金システム)
     → 大量虐殺により平均寿命のはじめての低下
     → 昨年のインフルエンザ大量感染死のデータ捏造(厚生労働省の中島元局長の関与)
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1146800434/823
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1146800434/821-825
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1146800434/682-765

昭和恐慌 → 喰えない(農作物価格暴落、生糸価格暴落)
     → 子供の食事を抜く(欠食児童の増大)
     → 娘をソープに売る(青森、秋田では年に数千人レベル)
     → 東北を中心に共喰い(人肉食)が横行
     → 喰えないので、政府中枢へのテロ(5・15事件など)発生
     → 国内テロを避けるため国外に不満を向ける必要性
     → 満州事変、日中戦争(南京大虐殺など)
     → 1000万人の中国人を殺して喰う



590 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 07:45:31 ID:R9HEy/Yg
だから、ソースを示せと何度(ry

591 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 07:54:46 ID:gonQMQR6
貴方はアナリストという職業の意味をわかっていないようだ。
アナリストは既存の資料や統計データの積み重ね分析で、新たな真理を見出す。
アナリストが最初に出した分析内容に関する文献は
オリジナルである以上、当然ない。CIAやFBIにはアナリスト専門の部門があり
既存の資料の分析だけで真理の一端を見抜ける部門がある。そういった分野は関係妄想論を言い出せば
成立しない。

貴方は低能か?

592 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 09:26:44 ID:uq533Q07
>>588
>今日の南京大虐殺は、朝日新聞及び本多勝一から始まった。

8年に及んだ日中戦争全体の流れ及び食文化を含めた比較人類学から分析しないと無意味に近い。
南京攻略だけ独立して取り上げた朝日新聞や本多勝一は間違い。

593 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 10:25:40 ID:viZOaRaa
>そういった分野は関係妄想論を言い出せば成立しない。

別に君が誇大妄想家だと強く特に断言はしませんが、
参考までに関係妄想ではなく誇大妄想だと思います。


関係妄想 delusion of reference
他人の何でもない言葉や態度,周囲の出来事などに特別な意味づけを
おこない,動機なく自分に関連づける妄想。たとえば周囲で人が
話していると自分の悪口を言っていると受け取ったり,テレビの
ドラマの中で自分のことをあてこすっているなどと体験する。多くは
被害的な内容をもっている。精神分裂病ではしばしば出現し,
正常に知覚されたものが誤って意味づけされる (妄想知覚)。二次的,
反応的なものとして,一定の性格特徴をもった人にある体験を
きっかけとして生じる敏感関係妄想や不安で脅威的な状況,
抑鬱気分から発生するものがある。


誇大妄想 megalomania‖delusion of grandeur
自己を過大に評価する妄想,たとえば,自分は予言者である、
新しい発見をしたなどとありえない内容の考えを確信すること。
自己を過小に評価する微小妄想と反対のもので,妄想の種類として
血統妄想,宗教妄想,発見妄想,恋愛妄想などがあげられる。おもに
次のような精神疾患に出現する。 躁病の誇大妄想は高揚した
自我感情から発する願望や空想がそのまま異常に強く確信されたもので,
固定的ではない。 進行麻痺の誇大型でも高揚した感情状態から
誇大妄想が生じ,判断力などの知的能力の低下が加わって,
グロテスクな内容になることが多い。 精神分裂病にもしばしば
出現するが,その発生は了解しがたく,被害的色彩をもつことが多い。

594 :れむ:2006/10/18(水) 11:43:40 ID:NzUd9fui
そもそも、南京大虐殺で朝鮮側が出した殺害人数は段々と増えたし、詳しいことは忘れた(申し訳ない)が、その数はデータ上有り得ないらしい。中国・朝鮮の奴らは慢性的に嘘を吐いているから仕方がないのかね。

595 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 12:00:43 ID:oSDYXD4w
>>593

そう言われるならば、当該分析の具体的にどの点が誇大若しくは矛盾なのか
根拠を持って示される義務が貴方に発生します。それなしに精神論は語れません。

恐らく貴方はそれすら理解できていないのではないでしょうか?
貴方の狭い専門分野のみでは理解困難な事の方が多い事を知らねばなりません。

>>594

だからこそ8年間の日中戦争全体の中で初めて分析できると考えます。
フォークランド紛争でもそうでしたが、紛争発生時には双方の国とも
誇大な戦果報告を互いに行います。両方のサイドとも情報操作を行うのは常識です。


596 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 12:23:25 ID:9N6TztOP
>>595
ぜひともその台詞を
秋田県立大スレで指摘に答えられず、
論破されたにも関わらずぐだぐだといつまでもコピペを繰り返していた
あの頃の先生自身に言ってもらいたい。
アエラについてや論文の勝手な解釈、
プロファイリングに関する具体的な説明などたくさん無視してたからね。
最初に言いだしたのは先生だから
まずは先生に説明責任出るよね?

597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 16:18:27 ID:uL/0Rlyf
リアルタイムの大虐殺どぞー

中国軍がチベットの巡礼者を無差別に撃ち殺す映像を撮影
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/829117.html

動画(※ややショッキング注意)
http://www.youtube.com/watch?v=hXC5RxhZUYw
http://www.youtube.com/watch?v=4NsviuJzGPc&NR

なお、この件に関すると思しき朝日の報道。
http://www.asahi.com/international/update/1013/015.html
>国営新華社通信は「不法出国を図ろうとしたグループが、引き返すよう求めた当局の勧告に従わず
>集団で攻撃してきた」と説明。

どう見ても人民解放軍大本営発表のたれ流しです、ありがとうございました。

598 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 16:54:38 ID:EfmAJV9M
>>595
関東軍が南京で中国人を食い尽くした
との推測をしつこくコピペしてるのはあなた自身で
少なくともこのスレでは他に誰もその推測を支持する者がいない

ということでおk?

599 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 19:05:55 ID:RzcqNMlY
中国派兵されたのは関東軍だけではありません。
@60万人程度の日本兵の食糧調達(肉減)に関する命令書がなく
かつ、A当時の中国には大規模畜産業がなく、8年間に60万人が消費可能な肉量と
中国の犠牲者1000万人から取得可能な肉量がほぼ一致する事。B更には
中国にも日本にも食人風習が太古からある事を示す資料(特に中国)が確認できる事、
その上でC食肉と肥料の2つで綺麗に遺体が処理できる(塩漬けの保存食を含む)と見られる以上
当該仮説は現在、指摘されているあらゆる学説よりも矛盾が少ないのは間違いないのではないでしょうか?

当該論議が日中双方の有効につながる事を祈ります。

600 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 19:24:18 ID:EfmAJV9M
>>599
それじゃ質問を訂正して

日本軍が中国各地で1000万人もの中国人を食った
との推測をしつこくコピペしてるのはあなた自身で
少なくともこのスレでは他に誰もその推測を支持する者がいない

ということでOK?

601 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 19:58:50 ID:dDYAkk/i
そこまではOK

602 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 20:16:57 ID:utdV/guc
>>600
それを否定したら本気で病人だ

まあ本気で病人なんだが

603 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 20:35:30 ID:K8vXhiIu
仮説演繹法の基本の一つとは、複数の仮説の中で
どの仮説が最も矛盾が少ないかという検証スタイルをとることです。

支持する人が多いか少ないかの問題ではありません。

604 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 20:38:55 ID:utdV/guc
>>603
>>600

605 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 21:04:46 ID:nSHxcR60
自分の持論に客観性や肉付け・コンセンサスを高めるとか自分で書いた事も忘れてやがる。
昨今の統合失調症ってのは「記憶喪失」も含まれるのか?ww(ゲラゲラ

606 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 21:35:45 ID:9N6TztOP
先生ー、>>596はー?

607 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 22:03:49 ID:+z4wWbEF
これだけ誰も味方もおらず、同意してくれる人がいないにもかかわらず、
主張を続けられる精神力はすごいと思う。

全く、世の中の役には立っていないが。

608 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 22:07:56 ID:utdV/guc
先生の脳内には賛同者がたくさんいそうだな

609 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 22:13:07 ID:ROtZZ9uz
人肉食ったって1000万人分の骨が残るだろ。
そんなの見付かった?

610 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 23:43:33 ID:nSHxcR60
まぁ、先生は何を言われてもへこたれない【2ch粘着】だから。
どんなに自分がナナメ上に向かっていようが、コミュニケーションできなかろうが
全然お構いなし。
相当長い期間いろんな人が説得にあたっていたけどね。

関係妄想や誇大妄想、訂正不能については>>579>>593が先生の言動や行動に
ピッタリ当てはまる。
そしてまたいつものように一人でヒステリー起こして必死に抵抗する。
非常にわかりやすい心因反応だよw

611 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 07:02:12 ID:ByqdU4lr
>>609

牛等の大型動物の骨は肉骨粉として
有機肥料や飼料として現在でも流通しているね。

日本では江戸時代から馬等の大型動物の骨を肥料として
使っている伝統があるね。

>>610

行政サイドの歪・犯罪を隠すために
行政への正当な問い合わせに応じた「症状」をデッチアゲタのが
妄想論であるという論が否定できていないのも事実だね。

そもそも一般的な証券アナリストにおいても
どの株、先物、債券が価格上昇・下落するかという分析は、
関係妄想論を言っていれば成立しないよね。要は論理的な筋道がたてらえているか
そしてそれが将来あたっているか、それだけなのでは?



612 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 07:07:36 ID:ByqdU4lr
>同意してくれる人がいないにもかかわらず、

国際情勢アナリストの一面も持つ政治学者、小室直樹博士が
ソ連の崩壊を10年以上前に出版社(カッパノベルズ)を通して
まとめられた時にも、誰一人、賛同者はいなかったよね。
関係妄想といわれれば小室直樹氏の職業も成立しないよね。

10年以上、賛同者がいなくても、実際に10年以上後にソ連が
崩壊したよね。そこで初めて小室直樹氏の価値が世間で評価されたよね。
同じような事は自然科学でも時々あるよね。50年たって初めて評価されたり
死後、初めて評価されたりする業績はいくらでもある。

それを考えれば賛同者がいようがいまいが関係ないよね。
要は仮説演繹法において論理的な筋が通っているかどうか?それだけでしょう。

613 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 07:13:25 ID:ByqdU4lr
ただ今回のように世界全体の既得権業界の説得に困難を要するような問題
に関しては、分析が真相に迫っていれば迫っているほど、
かつての日蓮、キリスト、釈迦、マホメット、親鸞が受けたような
「常軌を逸した政治弾圧、迫害」の対象になるケースもあるだろうね。

既得権業界にとって
無視できる内容ならば「常軌を逸した政治弾圧、迫害」を行う必要がないからね。

従って、逆をいえば「常軌を逸した政治弾圧、迫害」が来ている場合は
それだけの真実性があるという事の裏返しかもしれないね。

614 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 07:25:10 ID:E679UgqU
自分を世紀の偉人か何かと勘違いしてるんだな
そうやって独りで妄想して生きていけ…
多分そのうち名誉毀損とかで捕まるだろうけどな

615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 07:28:19 ID:O4xypMK6
「人が人を喰う」という人喰い(カニバリズム)という行為は
現代社会における「人類最大のタブー」として扱われている以上、
この行為が実は、日本初めどの国でも一般的であり、現代社会は「人喰い」なしには
成立しない段階に到達している可能性が否定できない、という今回の論議は
「人類最大のタブー」に真っ向から取り組んでいる以上、
キリスト、釈迦、マホメット、親鸞、日蓮に相当するような政治弾圧、迫害がきても
不自然ではない状況にあるのは否定できないでしょう。

人喰い(カニバリズム)という行為はそこまで重い。しかし、
この概念を一般化しない以上、大量殺人社会は止まらない。人を喰うのは避けられなくても
人を殺す事だけは避けないといけない社会にしないといけないのでは?というのが当方の論。
現代社会は恐らく「人喰い」をもはや禁じる事ができないほど実は蔓延していると分析している。
ただ個人的には人肉を進んで食べたいとは思っていないけどね。

こういった考え方は今年のノーベル文学賞の受賞理由となった
「もの悲しい魂の探索の中で、文化間の衝突と融合の新しい象徴を見いだした」
と共通している面もあると思う。



616 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 07:37:21 ID:O4xypMK6
日本においても北東北の街をドライブしていると、よく見られる事は
葬儀屋と肉屋(もしくは焼肉屋)がセットになって存在しているという事。
私がこの数週間で確認できた例だけでも4セット以上ある。

また葬儀屋と肉屋、葬儀屋と有機肥料業者とが同じ経営母体で運営されているケースも
確認できる事。

更には葬儀屋の隣で運営している肉屋の肉は、外観上、ウシ、豚などの動物の肉には
視覚検査の上では見えないという事。

状況分析的には少なくとも日本の北東北は、「人喰い」がないと
社会全体が成立しなくなっていると見られても仕方がない状況にある。太古からこういった状態
なんだろう。人喰いはもう禁じる事ができない状況にあると見られる。
これはもう仕方がない。問題はこういった地域では水面下で大量の虐殺を行い
自然死に偽装している容疑が強い事。そしてそれを隠すために政治弾圧・組織弾圧が行われている事。
更にはこういった地域では役所であるほど、憲法が全く守られていない事。
こういった状態では国が潰れてしまう。

617 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 07:39:48 ID:O4xypMK6
民主党の小沢代表も北東北出身なので
野党のはずの小沢代表自体が日本国憲法を否定する発言を
国会で行っている状況を昨日の報道で確認した段階で
もう民主党はこの問題では駄目だと確信した。

今の日本人にはこの人喰いテロ社会に対する選択権がない。
選挙でいれる政党がない。

618 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 07:42:44 ID:O4xypMK6
南京攻略を含む日中戦争は、こういった食文化を背景に加えて
分析しないと、本質が見えないのは間違いないと
やはり考えている。

この問題は単なる歴史問題ではなく、現代社会、
特に憲法遵守問題に直結している。今の虐殺状況では国が成立しない。


619 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 07:58:50 ID:cbE2Knp+
妄想基地外は秋□県立大学の例のヤツか?

620 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 08:11:10 ID:O4xypMK6
具体的な矛盾点の指摘なしに妄想論は語れないでしょ。

北東北で、葬儀屋と肉屋(もしくは焼肉屋)、葬儀屋と有機肥料業者
のセットが4つも確認できた以上、偶然とはいいにくいでしょう。


621 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 08:48:45 ID:cbE2Knp+
>>620
>北東北で、葬儀屋と肉屋(もしくは焼肉屋)、葬儀屋と有機肥料業者
>のセットが4つも確認できた以上、偶然とはいいにくいでしょう。

これを書いた人はバカですね。

本当のバカですね。

何を言っても無駄なくらいバカですね。

たぶん病気です。

622 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 08:48:56 ID:ehvTnCuK
北東北で人肉を食っていると宣言している大学教員も確認されているよ。

623 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 08:49:15 ID:cbE2Knp+
病気ですね。

例のヤツ。

県立大の。

624 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 08:51:17 ID:ehvTnCuK
先生、大学やめちゃうの?これから仕事はどうするの?
プロの2ch粘着では食って行けないよ。
もしかして人肉ビジネス?

秋田県立大学5
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/student/1158360288/60


625 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 08:51:19 ID:OTBE4O0V
>>622

その大学教員って、秋田○立大学の准教授のこと?
人肉を売っていると信じていて、それを買って食べているんだろ?
つまり、あいつにとっては人肉を選んで食べていることになる。

ほんとの既知外だな。

626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 09:07:11 ID:+IQz0jgk
アナリストならば分析上、購入する事はありえるでしょうね。
書籍や論文を書く上で必要でしょう。ただ喜んで食べることはないでしょうね。

北東北で、葬儀屋と肉屋(もしくは焼肉屋)、葬儀屋と有機肥料業者
のセットが4つも確認できた以上、偶然とはいいにくいでしょう。
この地域はプリオン病の発生率も全国一位ですしね。東北またぎ文化も根強い。

こういった事が偶然おきる可能性はほとんどないのは事実でしょう。
全く反論になっていません。



627 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 09:13:16 ID:ehvTnCuK
>>626
誰の話をしているのだ。

628 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 09:18:43 ID:+IQz0jgk
南京攻略を含む日中戦争は、こういった食文化を背景に加えて
分析しないと、本質が見えないのは間違いないと
やはり考えている。

この問題は単なる歴史問題ではなく、現代社会、
特に憲法遵守問題に直結している。今の虐殺状況では国が成立しない。


629 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 09:21:51 ID:ehvTnCuK
その分析のために、やむなく人肉を食べていると言いたいのか。

630 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 10:18:42 ID:ghb9LluX
人肉はウシ・豚・鶏・馬等の家畜の飼育と違って、業者には飼育費がかからない闇システムで
流通していると見られるので、通常の食肉より安価であると推察できる。

従って、生き残りのために経済効率の追求が必要とされる
外食産業で広く使われている事が容易に推測できる以上、
少なくとも北東北においては人肉が入っていない外食業者・給食業者を探す方が
難しいだろう。

従って、こういった地域においては
全ての外食は同時に食味試験を兼ねる事になる。当該地域に在住している
全ての住民、大学生、転勤族、観光客は、人肉食の洗礼を相応の頻度で受けているだろう。

気がついていないのは他県からの大学生、転勤族、観光客のみだろう。
この地域出身の住民や政治家は学生も含め全員、知った上で食べている。
ただ問題なのは人肉に含まれる異常プリオンは1分子でもあれば感染源になりうる事である。

カリフォルニア大学のノーベル医学賞学者プルシナーによると
異常プリオンに一旦、感染すると、狂牛病のように脳がスポンジ化する神経疾患となり、行動異常をきたし
稀には死亡するとされている。当該地域で原因不明のプリオン病(CJD:ヤコブ病)の発生率が
日本一高いのは事実上の狂牛病である可能性が否定できない。

なお現在、アルツハイマーの増加が大きな問題となっているが
アルツハイマーの一定割合は人肉プリオン病である可能性もあるのではないだろうか?


631 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 10:26:56 ID:ghb9LluX
1.原因不明のプリオン病(CJD:ヤコブ病)
2.アルツハイマー病(および他の痴呆症)
3.パーキンソン病
の3つは症状に一定の共通性があり、街医者には診断は難しい。
もちろん麻薬中毒のような他の要因によるケースも同時に相当割合、含まれるであろうが
人肉由来の異常プリオン(事実上の生物毒)が原因であるケースも少なくないだろう。
頻度は低いが致死性も示す異常プリオンが事実上の生物毒である事を知りながら放置するのは犯罪に他ならない。

そういった意味では当該研究は地域の住民の健康と福祉を向上させるためにも
必要不可欠であると確信するものである。

南京攻略を含む日中戦争は、こういった食文化を背景に加えて
分析しないと、本質が見えないのは間違いないと
やはり考えている。


632 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 10:52:15 ID:Doq+0SGm
この妄想力はどこから出てくるんだろうなあ…。

本でも出したら? 稀に見る電波本として一躍有名になれるよ!w

633 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 11:06:36 ID:oW/5WP5T
先生と書いてファーブルと説く。
その心は?

どちらもむし(虫、無視)が好き。
>>596にきちんと答えてよ。

先生と書いて走り幅跳びの選手と説く。
その心は?

どちらも跳びすぎ(論理、距離)。
他の可能性をまったく考えない先生。

おあとがよろしいようで。

634 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 12:14:34 ID:jE3/rvDV
>>630
2chでグダグダ書いてる暇があるんなら出版社を回れ
うまく出版に漕ぎ着ければテレビ出演も夢ではないぞ

635 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 12:20:50 ID:ghb9LluX
テレビ出演やノーベル文学賞受賞が
目的ではありません。

636 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 12:33:14 ID:jE3/rvDV
>>635
テレビ出演やノーベル文学賞受賞が目的でないと本を出版できないのか?
逆にいうと本を書いている人はみなテレビ出演やノーベル文学賞受賞を目的としているのか?

637 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 12:39:21 ID:ghb9LluX
学者として論文を出版する方を優先します。
当該学術論議はそのためのものです。

内容が内容であるだけに論文化には時間はかかりますが、…。

638 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 13:24:46 ID:hdrlPq7T
あのさ・・・

ここで人肉だの 肉の調達だの騒いでるが
俺さ今は無き、じぃ様に生前聞いたんだが
満州でも何処でも肉を食ったなどほとんど聞いた事ないんだけどね

今の時代ほど肉食文化じゃねーんだよね
山菜とも言えない様な雑草とスイトンとか そんなのばっかだったとかさ
元々食料は何処でもタラフクあった訳じゃあるまいし
ここで出てきてる肉だの量だの時点かなり問題がありすぎると思うよ
大体さ・・ 戦時のこの時で一升の米を何人で食う計算で換算してるんだ?
どう見てもオマイ等の計算の数倍以上の人数で当時は食いつないでた事をおわかりか?


639 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 13:46:02 ID:ehvTnCuK
論文化?
最近の学術雑誌の投稿規定を見ればわかるけど、インターネットに公開した内容は
既発表データと見なされるから、二重投稿不可の雑誌には投稿できないよ。

それ以前に、セクションもちゃんと別れていないし、引用も出版物ではなくて
インターネットサイトばっかりだし、論文化には確かに時間がかかりそうだね。

640 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 15:35:12 ID:oW/5WP5T
>>639
先生の頭の中では
見なされてしまうし、
投稿できてしまうし、
インターネットの書き込みも引用できてしまうんだ。
たぶんこの後、先生は駄々をこねだして、
強引に「可能だ」と言いだしちゃうと思うよ。

641 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 18:05:06 ID:PBdhwVKp
>政府と与党に先立って日本の取るべき現実的対応策

1.殺人以外の「人喰い」の解禁(死体喰いの認可)
2.人肉・臓器のDNAトレーサビリティの完備(DNAバーコードを全食肉商品に設置する法律の整備)
3.事前の本人承諾契約書制度構築の徹底(臓器提供カードに準じたシステム)
4.「牛肉・豚肉などでの人畜共通病原菌・ウイルスリスク」と「人肉の異常プリオンリスク」との比較と啓蒙

この4つだけで現在の大量殺人状況は大きく改善されるだろう。
妨害せずに人肉の流通状況をむしろ積極的に開示した方が国家にとっても世界にとっても地域にとってもプラス。

現在の北東北では人肉リサイクルは水面下では「あまりに一般的」と推察可能。
それを隠すからこそ大量の虐殺犠牲者が出る。個人的には人肉を食する意思はないが
アルカポネ時代の禁酒法のように人肉流通も合法化(遺体損壊罪の緩和)して解禁すべき。
宗教観も世界で一変させるべきだろう。そうしないと年に数万人と見られる「自然死に偽装した殺し」が減らない。
アルカポネ時代の禁酒法解禁でむしろ中毒者が数分の一に減少した事を参照すべき。

安全保障、治安向上の面でも当該政策案は、国際社会・国家・地域全体に
飛躍的にプラスとなりうる。国内外の大量殺人社会を健全化するためにも発想・文化観の大展開が必要だ。
全国の関連分野の研究業務を妨害せずに続けさせ、むしろ積極的に人肉流通状況を開示すべきと考えざるを得ない。


642 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 18:10:01 ID:jE3/rvDV
>>637
> 当該学術論議はそのためのものです。

あんたがここで展開してるのは論議じゃなくて
単なる暴力的な押付けだろう
2chでは板汚しと呼ぶんだが

本気で学術論議を展開したいんなら2ch以外でやれよ

643 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 18:10:12 ID:ehvTnCuK
先生、食いたいのかよ。

644 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 18:17:59 ID:jE3/rvDV
>>641
なんだよ
学術論議とか高尚なこと言っときながら
本心は
ひたすら「人肉食いてぇ」
ってだけじゃないか


645 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 18:27:43 ID:TfFAW8+d
ワロタwwww
人肉流通の解禁が本懐なのかw

「合法的な死体喰いの認可」が欲しいとは…  ホンモノの変態だなこりゃ。

646 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 18:44:24 ID:PBdhwVKp
短絡的な誤解が発生しているようだが、
最も大きな目的は、

「年に数万人と推察できる大量殺人犯罪状況の緩和」



647 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 18:46:45 ID:PBdhwVKp

食肉や加工食品、そして臓器に全てDNA識別番号がつけ、
DNA鑑定キットを消費者団体などに普及させるならば、
臓器目的、食肉目的の大量殺人は大幅に減るだろう。




648 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 18:47:56 ID:PBdhwVKp

2つめの目的は、

「人肉を食べたくない人の権利の保障」

649 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 18:51:46 ID:PBdhwVKp

現在のシステムでは、小売店や外食店において
無視できない割合で人肉が混入されていると見られる(特に北東北)。

よって人肉を食べたくない人も、無理やり人肉を食べさせられている。
私のようにこういった事には文化的に耐えられないタイプの人間も
少なからずいる以上、きちんと識別できるシステムが必要となる。

虐殺的であるが、そのためには殺人を伴わない人喰いを合法化するしかない程、
現在の市場に人肉が蔓延しているのが現状と見られる。

650 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 18:52:57 ID:PBdhwVKp
649の訂正

虐殺的であるが  →  逆説的であるが

651 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 18:58:49 ID:iVPuZKhP
逆説的であるが、

1.年に数万人と推察できる大量殺人犯罪状況の治安向上
2.人肉を食べたくない人の権利の保障

の2つを果たすためには、臓器売買と人肉売買の二つを
殺人を厳禁にした上で合法化するしかないだろう。
北日本(特に北東北)に関しては今の現状はそこまで酷いと見られる。



652 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 19:08:32 ID:iVPuZKhP
逆説的であるが、

1.年に数万人と推察できる大量殺人犯罪状況の治安向上
2.人肉を食べたくない人の権利の保障

の2つを果たすためには、臓器売買と人肉売買の二つを
殺人を厳禁にした上で合法化するしかないだろう。
北日本(特に北東北)に関しては、実態はそこまで困難を極めていると見られる。

1)食肉や加工食品、そして臓器に全てDNA識別番号をつけ、
DNA鑑定キットを消費者団体などに普及させるならば、
臓器目的、食肉目的の大量殺人は大幅に減るだろう。

2)現在のシステムでは、小売店や外食店において
無視できない割合で人肉が混入されていると見られる(特に北東北)。
よって人肉を食べたくない人も、無理やり人肉を食べさせられている。
私もそうであるが、カニバリズムには文化的に耐えられないタイプの人間も
少なからずいる以上、きちんと識別できるシステムが必要となる。

以上、文明共生論的な考察。


653 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 19:23:15 ID:jE3/rvDV
ワイドショーのレポーターと一緒に
各地方の焼肉店でサンプルを採って
DNA鑑定したらどうだ

2chでダラダラ書いてたって真相は解明されないし
変態扱いされるだけだぞ

マスコミにこのテーマを持ち込んでも変態扱いされるかもしれんが
その場合はあんた自身の挙動に問題があると推察される
真の目的が「合法的な死体喰い」であったことがバレた場合などだが

654 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 19:24:45 ID:iVPuZKhP
1.年に数万人と推察できる大量殺人犯罪状況の治安向上
2.人肉を食べたくない人の権利の保障

3.人肉として食べられたくない人の権利の保障

今の北東北のシステムでは、この地域で葬式を出せば、
故人の意思がどうであれ、ほぼ確実に無断で食肉化される状態にあると推察できる。
しかし、中には食肉化されたくない人もいる。そういった人の「人としての権利」が
死んだ後も守られていない。

この問題は殺人を伴わない人肉流通を合法化して、肉・臓器のDNAトレーサビリティの完備を行わない限り
続きうる。事前の本人承諾契約書制度構築の徹底(臓器提供カードに準じたシステム)があれば
死後、喰われたくない国民は、その契約の上で食われずに火葬してんもらえる権利を初めてもてる事になる。

文明共生論とはこういった事抜きには成立しにくいのではないだろうか?
北東北の現在の状況はあまりに人喰いが蔓延していると見られる。それを前提に
新たな文明共生論を構築していくスタンスが必要だろう。

またこういった実態に即した論議は、日中戦争のような不幸な例を減らす事にも
つながりうるだろう。異人種間のカニバリズムを踏まえると、外交上、戦争の口実を作りにくい効果があるものと期待できる。


655 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 19:56:37 ID:TfFAW8+d
>>653
無理ですな。 散々それも指摘されたが、本人はリアルで行動する気は全く無し。

656 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 20:12:36 ID:E679UgqU
病人がグダグダ妄想書き連ねてるだけだからな
仮説演繹法ってのは一切物証のない妄想を書き連ねることだったかねぇ

人肉食はある! という決め付けのもとに書き殴られるこの駄文は「帰納法」だと
何度も指摘してやったんだが、脳の腐れた秋田大学准教授の耳…いや、脳までは届かないようで
統合失調症の症状バリバリ出てる、と言ったら「統合失調症なんて存在しない」とかぬかすし…

まあ、この馬鹿、以前には「物的証拠はタイムマシンで隠蔽抹消されてる」ともぬかしてたからな、確か
このスレに隔離しとくのが一番安全なんだが。当の本人のためにも

657 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 20:22:26 ID:jE3/rvDV
>>653
リアルで行動したら変態扱いされることは分かってるし
実はそれが一番怖いんだろうね
「人肉食いて〜」っていう衝動を抑えられなくて悩んでるのが滲み出てる

このスレにカキコしてるうちはまだ理性が残ってると考えられ
どこにもカキコしなくなった頃には何人か食っちまったか
めでたく入院したかのどちらかだろう

658 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 20:46:28 ID:a+Ayl3tk
>>626
>こういった事が偶然おきる可能性はほとんどないのは事実でしょう。
>全く反論になっていません。

偶然もなにも、普通に起こることだろ。
相変わらずだな。間違った確率論で何でも押し通す。
てゆーか、確率論にもなっていない。
もはや小学生もだまされない。


659 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 20:51:59 ID:dQ/PrwtB
>>656
>このスレに隔離しとくのが一番安全なんだが。当の本人のためにも

他のスレに時々はみ出すだろ。
あれがみっともないんだよな。
学生に叱られて反省したのかと思ったが、
結局は何も変わっていないんだな。
成長するのって難しいんだな。

660 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 21:07:23 ID:iVPuZKhP
1.パプアニューギニアの人喰い風習を通して発見された経緯がある
  プリオン病の発生率が当該地域において全国で最も多い。原因は現在でも「不明」とされている。
2.当該地域において葬儀業者と「焼肉屋(若しくは肉屋)あるいは有機肥料販売業者」とが
  セット(隣同士)になって運営されているケースが、北東北の調査した狭い区域だけで4例ある。
  その中には他に全く小売業者がない過疎った国道沿いに葬儀業者と肉屋だけが隣同士でポツンと
  存在していた不可解なケースもある。肉屋の立地条件としては、こういった偶然性は西日本では見た事がない。
3.葬儀屋の隣の肉屋で売られていた肉を、視覚検査したところ外見上、
  ウシ、豚、馬、鶏の肉の形態を示していないケースが複数、確認できた。
  若干の食味試験においても不可解な傾向を示している事が確認できた。
4.当該地域は東北またぎ集落が多数あり、太古からの狩猟文化の伝統がある。
5.東北またぎは動物の糞(糞食)を含むあらゆるものを食べる技術と習慣を持つとする資料が確認できる
6.食糧不足の際には、子供を殺して食べたといった資料も確認できる。
7.北東北が豊かになったのは稲の品種改良に成功した戦後であり、それまでは非常に貧しい生活を
  強いられ絶えず食糧不足に悩まされていた。
8.当該地域は人が亡くなりそうな家では、なぜか「味噌炊き」の準備が始められるので、味噌のにおいがすると
  その家では死者が出るとさえ言われている地域風習が地域の書籍に明文化されている
9.当該地域のみ通夜の前に遺体を葬儀業者が引き取る風習があり、遺体の鮮度が他県とは2晩分は異なる。
10.当該地域における各種死亡率が自然発生では起こりえない傾向を示しており、自然死・自殺・自然死を装った組織殺人
   が一般化していないとその統計の不自然性が説明しにくい。



661 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 21:17:11 ID:iVPuZKhP
以上の10の客観的事実を同時に説明可能な仮説は一つしかない。
すなわち北東北の当該地域における食人の一般化である。
これら10点の全てを他に説明可能な仮説があるなら論理的に示していただきたい。





662 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 21:19:27 ID:E679UgqU
その10点のソースを示してから言うことだ
匿名掲示板で「私が調べた結果〜」は通用しない

663 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 21:22:57 ID:E679UgqU
というか、匿名掲示板どころか実名を晒して公の場でやっても成立しないな
そして、「他に存在しない」と言い切ったからには、他にいくつかの仮説もあったんだろうな?
その、検証して説明不可能だと判断された仮説の概要も出せよ、>>662の証拠と一緒にな

何故お前は都合の悪いものから悉く逃げるんだ
それがお前の病気をどんどんと悪化させていることに気付け
自分から逃げるな、世間から逃げるな

664 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 21:29:39 ID:iVPuZKhP
カニバリズム(人喰い)に関わる論議である以上、
具体的な地名や業者名等を出す事は差し控える配慮をとりたい。
ただ対面ならば全て資料の提出は可能な状態にある。

貴方が言われるように、これが匿名掲示板論議の制約であろうが、信じる信じないは貴方の自由である。
貴方の眼力で判断すべきだろう。なおプリオン病や東北またぎ文化資料等に関する裏づけ資料を
図書館で探すのは難しくない。簡単に見つかるだろう。

665 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 21:32:22 ID:E679UgqU
>>664
> 対面ならば全て資料の提出は可能な状態にある。

> 貴方が言われるように、これが匿名掲示板論議の制約であろうが、信じる信じないは貴方の自由である。
じゃあそもそも2chでやるな、愚鈍か貴様は

666 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 21:39:09 ID:iVPuZKhP
具体的名なソースの概要や他の仮説を含む論議プロセスの一定割合は
以下のスレッドにて論議された。そこには多くの文献名も含めている。
ダット落ちしているが興味があるならば2chビュアーで確認願いたい。
(礼を失した質問には、それに応じた対応しかできなくなる。そこまでは親切になる必要がない
と考える。)

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1142055014/l50
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1142918897
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1143384098/l50


667 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 21:48:03 ID:E679UgqU
こっちにしても、統合失調症患者にそこまで付き合ってやる必要はないんだがね
ってか、どれも論議ですらない。お前の妄想書き殴りそのままじゃねぇか
で、その文献名を「今」出せないのは何故かね? >>662-663と同時に答えろ

668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 22:02:48 ID:iVPuZKhP
(礼を失した質問には、それに応じた対応しかできなくなる。そこまでは親切になる必要がない
と考える。)



669 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 22:07:59 ID:E679UgqU
礼を失していなくとも、お前からまともな返答がきたことなど一度もないわけだが?
結局逃げるんだな、全てから

670 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 22:20:52 ID:iVPuZKhP
(礼を失した質問には、それに応じた対応しかできなくなる。そこまでは親切になる必要がない
と考える。)


671 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 22:24:04 ID:E679UgqU
自分が今まで散々やってきた「他人の質問をスルー」「妄想の書き殴り」等々の行為は
礼儀にかなったものだった、と主張するわけだな、よーくわかった

お前の病気の深刻さがな

672 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 22:28:34 ID:GQ9nF8oJ ?2BP(0)
>>668
貴殿の記述は一般の読者には余りに突飛、奇矯に映る。
少なくとも現在の日本人には死体の解体利用や食人等
有り得ないと思われるが信頼に足る原典や調査結果を
示されよ。


673 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 22:54:20 ID:iVPuZKhP
(礼を失した質問には、それに応じた対応しかできなくなる。そこまでは親切になる必要がない
と考える。)


674 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 23:25:46 ID:TfFAW8+d
たしかに先生に親切に説得する理由も無いしなw
2chでどんなに御託並べようが、吹けば飛ぶようなチンカス扱いが関の山なのは
先生自身も薄々感じてる事だろうがね。

ホント笑える男だ。 

675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 23:33:53 ID:a52uv9D1
(礼を失した質問には、それに応じた対応しかできなくなる。そこまでは親切になる必要がない
と考える。)



676 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 23:35:20 ID:E679UgqU
(自分が一番無礼な存在の癖に、他人に礼が云々とは噴飯ものだ。さすが統合失調症患者
と考える。)

677 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 23:43:05 ID:TfFAW8+d
コピペしかし無くなるのが先生なりの「心因反応」。
本人はていの良い一種の「免罪符」だと思ってるのだろうがね。

無視できる内容なら反応しなければいいものを、
真実に迫る指摘をされると先生は反応せずにいられなくなるのだ。

実にわかりやすい心因反応だ。



678 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 23:44:26 ID:oW/5WP5T
なんか先生の根拠も昔に比べると陳腐だな。
「西日本には…」ってどれだけあちこちを旅行したらそんなこと言えるんだろう…?

「肉が違う」ってこれ以前も他スレで注意されたでしょ。
根拠にはできないよ。

ほかのも根拠として弱いものや、
歴史的・民俗学的にろくに調べていないなどなど
やっぱり以前に比べると全体的にもろい。
やっぱ人口の割合とかアエラの記事とか
他教授の論文とかの嘘がばれて使えなくなったからだろうな。
つーか、これだけでたらめを言う人が「肉が違う」とか言ってもなー。

679 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 00:06:17 ID:QdvDVjtU
>>678
> なんか先生の根拠も昔に比べると陳腐だな。
> 「西日本には…」ってどれだけあちこちを旅行したらそんなこと言えるんだろう…?
ほら、Google EarthとかMapFanとか

680 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 01:23:58 ID:7S2I2RsW
大量殺人を伴う秋田の人肉流通システムを
必死に誤魔化してるね。

681 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 01:25:26 ID:7S2I2RsW
殺し屋まで派遣した疑いもあるね。

682 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 05:41:34 ID:qK0tMuPg
>673
禿氏ね。

683 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 05:45:24 ID:qK0tMuPg
>664
乙カレーOFFか。黒装束OFFか。ゴミ拾いOFFか。

M字禿はマジで氏ね。

684 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 06:45:47 ID:7gazI3nX
>>679
なるほど。ただそれでもかなり時間かかるよ。つまりほかに隣り合う二つの店舗(店の種類を問わず)の
組み合わせで日本で一部地域にしかない組み合わせ
が存在するのかも調べなきゃならないから。

>>680
釣りかい?

685 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 07:10:17 ID:ild8XzaN
大量殺人を伴う秋田の人肉流通システムを
必死に誤魔化してるね。


686 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 07:40:30 ID:ZQbqn5/k
平成不況 → 政府、自治体あわせて1000兆円以上の借金(国家総力戦だった冷戦のつけがバブルの崩壊)
     → 年金財政破綻危機、医療費財政危機などを含め国家財政破綻の危機増大
     → 多くの自治体の破産危機(地方分権一括法が破産危機を加速)
     → 年金滞納者、健康保険高額利用者、税金滞納者、福祉費高額利用者、システム察知者、稼げない老人、食用赤ん坊
       アスベスト被害者陣などのリストアップ(デスノート法:外来生物法・鳥獣狩猟法の違憲適用)
     → 行政・警察などによる年間数万人もの国民の大量殺人と自然死・自殺・事故偽装(平成景気に転じても自治体の巨額負債が増加中という背景)
     → 臓器リサイクル、人肉リサイクル、肥料リサイクルによる経済収入(裏金システム)
     → 大量虐殺により平均寿命のはじめての低下(計画的な人口調節の傾向)
     → 感染研・医師会・厚生労働省による昨年のインフルエンザ大量感染死のデータ捏造、巧妙な暗殺を伴う言論統制社会の到来
     → 日本国憲法による統治の基本秩序の崩壊、極度の大量暗殺社会の到来(北東北出身の小沢代表による憲法無効発言)
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1146800434/821-825
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1146800434/682-765


687 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 07:41:26 ID:ZQbqn5/k
昭和恐慌 → 喰えない(農作物価格暴落、生糸価格暴落)
     → 子供の食事を抜く(欠食児童の増大)
     → 娘をソープに売る(青森、秋田では年に数千人レベル)
     → 東北を中心に共喰い(人肉食)が横行。恐らく共食い目的の殺人も横行。
     → 喰えない事が偽天皇制への不満に向けられ、政府中枢へのテロ(5・15事件など)発生
     → 中枢への国内テロを避けるため国外に不満を向ける必要性
     → 食人文化が強い中国へ侵攻し戦時国際法が適用されない「事変」の形で日中戦争(南京攻略など)発生。
     → 1000万人の中国人犠牲者から取得可能な肉量と計8年間、中国派兵された日本兵60万人の
       肉消費量が大枠において一致。残渣は有機肥料に。そのため南京攻略では大量の遺体の痕跡がない。


688 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 07:45:35 ID:ZQbqn5/k
686,687で示した分析の信頼度が日々高まっている。
役所、医師、警察が地下で殺人を繰り返す極度の行政テロ社会になっているようだ。
多くの県民、国民が現在進行中で殺され自然死・自殺・事故に偽装されていると見られる。

70年前の南京攻略の悲劇から我々が学ばねばならない事は多いと考える。


689 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 07:47:03 ID:ZQbqn5/k


循環型社会形成基本法(2000年)の精神の本質とは
これだったのだろうか?

690 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 07:48:22 ID:7gazI3nX
人の話聞いてる?
よっぽどそっちの方が礼儀に欠いているよ。

691 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 07:53:05 ID:GHJwYEqg
先生は自分の書いた文章に陶酔したいだけだから、何言ってもムダなんですよ。
この男は…

692 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 07:59:47 ID:7gazI3nX
そっか。
じゃあ先生、せいぜい自分のやつに陶酔しててね。
もし文句があるならきちんと指摘に答えてからね。

693 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 09:17:44 ID:BOM2MOXf
先生も、他人の話を聞かないのなら、自分のブログなりサイトで書けばいいのにね。
そうしたら、コメントがついても削除できるのに。

勝手に多数の名無しのいる2chに出て来て、反論されたら礼儀に欠くとか言ったり、
馬鹿にされたらストーカーとか言ったり。いやなら来なければいいのに。

694 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 09:38:11 ID:dOb45BNP
この「先生」と呼ばれてる方、行っちゃってる人?最近2ちゃんのそこかしこに統合を失われている方が見掛けられるな〜

695 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 12:15:00 ID:9ao5iCUE
知性のかけらが微塵も感じられないレスのオンパレード

696 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 13:37:21 ID:7gazI3nX
>>695
⊃鏡

697 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 20:27:47 ID:QdvDVjtU
人肉食がどうとか妄言吐いてる馬鹿のレスからは、確かに一切の理性と知性を感じられないな
妄想と狂気と痴性はすごいんだが

698 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 20:57:24 ID:zr4Qwixy
以下は妄想や偶然では説明がつきませんね。
秋田が高度な人喰い殺人地域なのは間違いないでしょう。
警察も役所も病院もグルで、100億円を超える裏金が動いていると推察できます。
この規模の金になると役所や警察が平気で人を殺しにきても不自然ではありません。
よって秋田は暴力が支配した恐怖社会です。

秋田の経済の相当部分はこれで回っています。
ソースは今後、日数をかけて説明していきます。

699 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 20:58:17 ID:zr4Qwixy
1.パプアニューギニアの人喰い風習を通して発見された経緯がある
  プリオン病の発生率が当該地域において全国で最も多い。原因は現在でも「不明」とされている。
2.当該地域において葬儀業者と「焼肉屋(若しくは肉屋)あるいは有機肥料販売業者」とが
  セット(隣同士)になって運営されているケースが、北東北の調査した狭い区域だけで4例ある。
  その中には他に全く小売業者がない過疎った国道沿いに葬儀業者と肉屋だけが隣同士でポツンと
  存在していた不可解なケースもある。肉屋の立地条件としては、こういった偶然性は西日本では見た事がない。
3.葬儀屋の隣の肉屋で売られていた肉を、視覚検査したところ外見上、
  ウシ、豚、馬、鶏の肉の形態を示していないケースが複数、確認できた。
  若干の食味試験においても不可解な傾向を示している事が確認できた。
4.当該地域は東北またぎ集落が多数あり、太古からの狩猟文化の伝統がある。
5.東北またぎは動物の糞(糞食)を含むあらゆるものを食べる技術と習慣を持つとする資料が確認できる
6.食糧不足の際には、子供を殺して食べたといった資料も確認できる。
7.北東北が豊かになったのは稲の品種改良に成功した戦後であり、それまでは非常に貧しい生活を
  強いられ絶えず食糧不足に悩まされていた。
8.当該地域は人が亡くなりそうな家では、なぜか「味噌炊き」の準備が始められるので、味噌のにおいがすると
  その家では死者が出るとさえ言われている地域風習が地域の書籍に明文化されている
9.当該地域のみ通夜の前に遺体を葬儀業者が引き取る風習があり、遺体の鮮度が他県とは2晩分は異なる。
10.当該地域における各種死亡率が自然発生では起こりえない傾向を示しており、自然死・自殺・自然死を装った組織殺人
   が一般化していないとその統計の不自然性が説明しにくい。


700 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 21:01:41 ID:zr4Qwixy

http://ime.nu/www.medical-tribune.co.jp/mtbackno/3116/16hp-im/M3116201-P03.jpg
http://ime.nu/www.medical-tribune.co.jp/mtbackno/3116/16hp-im/M3116201-P03.jpg


701 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 21:03:17 ID:zr4Qwixy

「新変異型の存在の可能性低い
クロイツフェルト・ヤコブ病全国疫学調査から」
http://ime.nu/www.medical-tribune.co.jp/mtbackno/3116/16hp/M3116201.htm


702 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 21:05:37 ID:zr4Qwixy

激しい論議の後で、国立感染研のCJDデータが別にある事が他の方から指摘されましたが
国立感染研はインフルエンザ大量死の捏造を行った容疑が強い機関ですので
感染研のデータは信用に足らないと考えています。


703 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 21:10:57 ID:gU++NJyx

一流医学誌ランセットの関連業績を紹介した英国公共放送BBC
http://news.bbc.co.uk/1/hi/sci/tech/4201072.stm

704 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 21:15:06 ID:p1KvpHCp
秋田県立大学の↑田先生は相変わらず想像しか書けないんだな。
休養中に進歩したかと期待したのに、前よりレベルが下がっている。
先が見えたな。こりゃ。

705 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 21:16:07 ID:gU++NJyx
低能には理解できない

706 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 21:18:45 ID:QdvDVjtU
低能を「低脳」と信じ込んでいた愚物が何を言うやら

707 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 21:37:34 ID:cunf9Z7z
>>706
> ソースは今後、日数をかけて説明していきます。

日数をかけなきゃ説明できないってことは
現時点で証拠は揃っていないんじゃないか

> よって秋田は暴力が支配した恐怖社会です。

根拠のない推測の積み重ねから導き出した結論がどれほど脆弱か
先生と名のつく人なら分かりそうなもんだが
あなたの場合は最初から“秋田では人肉食ありき”で発想している
というより
“俺は人肉を食べたい!合法的に食べたい!”
という一念で書き連ねているだけだろ

708 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 21:43:58 ID:gU++NJyx
ランセットと自治医大の論文を読んでから発言した方がよいですよ。
貴方の返信から貴方の理解力がゼロである事が確認できます。


709 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 21:46:38 ID:gU++NJyx
秋田が高度な人喰い殺人地域なのは間違いないでしょう。
警察も役所も病院もグルで、100億円を超える裏金が動いていると推察できます。
この規模の金になると役所や警察が平気で人を殺しにきても不自然ではありません。
県民は警察や役所に大量に殺害され喰われているのは間違いないです。秋田は暴力が支配した恐怖社会です。

秋田の経済の相当部分はこれで回っています。
ソースは今後、日数をかけて説明していきます。


710 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 21:48:27 ID:sTTx2oZH
佐賀だな。

711 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 22:00:01 ID:h+alcgAL
>>704
想像したことと、現実のできごとが、同じに思えてしまう病気なんだもん。しょうがない。

712 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 22:02:05 ID:h+alcgAL
>>709
人食いを合法化しろなんて言っているやつがいるのだから、
秋田が危ない地域であることは確かだな。

713 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 22:11:14 ID:Jw7vKTgG
秋田ほどここまで人食いが蔓延していますと
殺人を伴わない人喰いを合法化し食肉識別システムを完備しないと

1.外食や加工食品等を通して知らずに人喰いを行わない権利
2.死後、自分の人肉を他人に食べられない権利

を確保する事が出来ません。また禁酒法の例で見られるように
解禁によって逆に中毒者や大量殺人被害者が減る効果が期待できます。

秋田の人喰いはそこまで酷く、警察と役所が一緒になって
地下で殺しまわって喰っていると推察できます。臓器ビジネスを含め
100億円以上の裏金が動いているようなので地下で殺人と自然死偽装が
止まらないようです。年間1000人の県民は消されているのではないでしょうか?

またこの秋田の殺害システムは、全住民の自宅を対象とした相互盗聴システム犯罪にも
直結しており、秋田県は役所も警察も全く憲法を守っていないと見られます。
県全体が犯罪者状況になっているのが現実ではないでしょうか?


714 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 22:14:12 ID:Jw7vKTgG
人肉由来の異常プリオンで脳が海綿状化し
集団行動奇形を呈していると推察できます。


715 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 22:14:54 ID:QdvDVjtU
もういいよ狂人

716 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 22:16:23 ID:Jw7vKTgG
秋田が高度な人喰い殺人地域なのは間違いないでしょう。
警察も役所も病院もグルで、100億円を超える裏金が動いていると推察できます。
この規模の金になると役所や警察が平気で人を殺しにきても不自然ではありません。
県民は警察や役所に大量に殺害され喰われているのは間違いないです。秋田は暴力が支配した恐怖社会です。

秋田の経済の相当部分はこれで回っています。
ソースは今後、日数をかけて説明していきます。


717 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 22:17:08 ID:QdvDVjtU
>>716
お前に言ったんだ、黙れ統合失調症の狂人

718 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 22:18:57 ID:Jw7vKTgG
秋田が高度な人喰い殺人地域なのは間違いないでしょう。
警察も役所も病院もグルで、100億円を超える裏金が動いていると推察できます。
この規模の金になると役所や警察が平気で人を殺しにきても不自然ではありません。
県民は警察や役所に大量に殺害され喰われているのは間違いないです。秋田は暴力が支配した恐怖社会です。

秋田の経済の相当部分はこれで回っています。
ソースは今後、日数をかけて説明していきます。


719 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 22:19:55 ID:h+alcgAL
コピペは自らの能力限界を証明している。

720 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 22:25:55 ID:Jw7vKTgG
以下のURLの最も下に示された北朝鮮拉致被害者数マップは、
http://gonta13.at.infoseek.co.jp/newpage102.htm
以下のURLに示した自治医大中村教授によるヤコブ病(プリオン病)マップ(図2)
http://ime.nu/www.medical-tribune.co.jp/mtbackno/3116/16hp-im/M3116201-P03.jpg
http://www.medical-tribune.co.jp/mtbackno/3116/16hp/M3116201.htm
と似ている。ただ、自治医大のヤコブ病マップは、あくまでも人口割合の
発生率であるのに対し、北朝鮮拉致マップはあくまでも被害者人数で
人口割合を考慮していない点は注意が必要である。

しかし秋田、島根、石川、富山、東京で多い点は双方とも綺麗に一致している。
これは偶然と言えるだろうか?プリオン病の大半は『原因不明』とされ、当該病気は
元々、「人喰い」風習から発見されている(パプアニューギニアのクールー病)。
人食い風習と北朝鮮拉致との関連を、慎重かつ冷静に環境医学的に解析する必要があろう。

現在、プリオン病から2つノーベル賞が出ている。3つめのノーベル賞が関連研究から
出てもおかしくない。医学界の取り組みが待たれる。


721 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 22:28:55 ID:h+alcgAL
先生ってこれだけ2chが好きなのに、専用ブラウザ使ってないの?

722 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 22:37:56 ID:Jw7vKTgG
502 名前:最低人類0号 :2006/10/20(金) 22:34:24 ID:4RDkmzUc
おめーらさー、なんでN..でタマキチがあんなに潰しにかかられてるか
理解できるか?

それは、真に正しいからだよ。

体制にとって真実とは、バレちゃいけない事なの。

だから、すごーーい力で潰しにかかるのさ。

(以上、全文引用)

723 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 22:39:27 ID:h+alcgAL
それで、統合失調症だということがばれるのがいやで、
「統合失調症の概念は崩壊した」なんて言っているのか。

724 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 22:40:28 ID:h+alcgAL
ところで先生、大学やめるの?気になってるんだけど。

http://school5.2ch.net/test/read.cgi/student/1158360288/60-61


725 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 22:44:09 ID:Jw7vKTgG
97 :最低人類0号 :2006/10/18(水) 03:00:28 ID:qvQTkmy+
妄想じゃなかったねw

たぶんこの人の言ってることは全部本当なんじゃねーの?
まあそれを言っていいかは別問題だが

(以上、全文抜粋引用)


726 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 22:48:53 ID:h+alcgAL
統合失調症って、当たってたの?

727 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 22:50:09 ID:Jw7vKTgG
419 :文責・名無しさん :2006/10/20(金) 15:38:44 ID:us1jQ25G
スレタイがズレてて変な感じがしてたが、ピタリの表現になってきた。
世の中は何があるか分からないな。おそろしい。

(以上、全文引用)



728 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 22:56:27 ID:h+alcgAL
先生、WWWブラウザで2chに粘着するのって大変じゃない?
専用ブラウザ使えば、ずいぶん楽だし、保存も勝手にしてくれるよ。
引用なんかも簡単にできるし。

729 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 22:59:09 ID:e5WGIBj2
事務局もこいつの頭がイカれてる事は十分承知だろう。 調べりゃわかる事だしな。
大学で飼ってる理由もそろそろ無くなる頃だし、リアル関係者にとっては
そろそろ興味深い「先生の末路」が見れるんじゃねーかな。


730 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 23:02:08 ID:Jw7vKTgG
670 :名無しさん@ゴーゴーゴーゴー!:2006/10/20(金) 01:30:38 ID:hRzXyRo/
WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW

各ブログ、ヤフー、2ちゃんねるの掲示板、、、
今、ネットの世界が凄い事になっている。
これはマスゴミの影響力がさらに低下する兆しだと考えられる。

つまり、きっこの日記を読んでいる事の真の意味は
それを読んでいるお前が今、報道の歴史の転換点に立って、
その転換を見とどける幸運に遭遇しているということなのだ。

WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW

826 :名無しさん@ゴーゴーゴーゴー!:2006/10/20(金) 15:59:18 ID:65soB/XN
真実を嘘八百メディアに発表したら逆効果でしょうに>藤田くん
命がけで告発するならもっと考えてやりなさいな

(以上、全文引用)


731 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 23:25:07 ID:qFPRP/CH
さらに炎上中

http://www4.tokai.or.jp/mon/kenen/taikendan.html

732 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 23:28:15 ID:JaFIbIfV
556 :名無しさん@ゴーゴーゴーゴー!:2006/10/19(木) 15:32:03 ID:wnRMEuxq
誰も信用してはいかんよ。
先生以外は。

602 :名無しさん@ゴーゴーゴーゴー!:2006/10/19(木) 17:51:51 ID:O4xl4I49
藤田は英雄になるかもね。
アメリカならヒーローになるか、暗殺されるかだろうね。
建築,建築には〜〜団が関与してるから,日本でもヤバいかな。

319 :名無しさん@ゴーゴーゴーゴー!:2006/10/18(水) 23:50:08 ID:KfzTiHum
やはり、きっこの日記は必要だな。
無くなってはいけないと今回の件で
改めてはっきり分かったよ。

ここだけが別意見を発信している。それを読む事で、
事件を多面的に考察できるんだ。

186 :ルーキー新一 :2006/10/18(水) 11:23:14 ID:oxGrVaCk
これは偉いことですよ、これは偉いことですよw

182 :名無しさん@ゴーゴーゴーゴー!:2006/10/18(水) 11:13:44 ID:sfDAAASz
しかし、ホント2ちゃんだけが真実を書いてるよな。

(以上、全文引用)



733 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 23:32:16 ID:JaFIbIfV
9 :名無しさん@ゴーゴーゴーゴー!:2006/10/15(日) 13:59:42 ID:E1tu7qy0

テンプレ(4)

ここのリストを拝読した。
感想は、きっこの日記があんなに膨大なものにもかかわらず
ただの二十件の疑問点しか見付からないのであるなら、
きっこはほとんど真実しか書かない、そして、例外的にミスの
少ないブロガーであるとの感を持った。
また、ここに書かれた多くの反きっこのレスを読んでの印象だが、
きっこと政治的立場、意見を異にする人々、あるい宗教的な立場、
意見を違えた人々がその立場から書いている「為にする」文章が
ほとんどで、きっこの考えを知るためには邪魔なものだと
考えて間違いないと確信した。

(以上、全文引用)


734 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 23:33:32 ID:QdvDVjtU
このコピペ馬鹿は何がしたいんだろう
素で意図がつかめない

735 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 23:36:26 ID:dzF+/Mt3
以下は妄想や偶然では説明がつきませんね。
秋田が高度な人喰い殺人地域なのは間違いないでしょう。
警察も役所も病院もグルで、100億円を超える裏金が動いていると推察できます。
この規模の金になると役所や警察が平気で人を殺しにきても不自然ではありません。
秋田は暴力が支配した恐怖社会です。

秋田の経済の相当部分はこれで回っています。
ソースは今後、日数をかけて説明していきます。


736 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 23:37:41 ID:dzF+/Mt3
1.パプアニューギニアの人喰い風習を通して発見された経緯がある
  プリオン病の発生率が当該地域において全国で最も高い。原因は現在でも「不明」とされている。
2.当該地域において葬儀業者と「焼肉屋(若しくは肉屋)あるいは有機肥料販売業者」とが
  セット(隣同士)になって運営されているケースが、北東北の調査した狭い区域だけで4例ある。
  その中には他に全く小売業者がない過疎った国道沿いに葬儀業者と肉屋だけが隣同士でポツンと
  存在していた不可解なケースもある。肉屋の立地条件としては、こういった偶然性は西日本では見た事がない。
3.葬儀屋の隣の肉屋で売られていた肉を、視覚検査したところ外見上、
  ウシ、豚、馬、鶏の肉の形態を示していないケースが複数、確認できた。
  若干の食味試験においても不可解な傾向を示している事が確認できた。
4.当該地域は東北またぎ集落が多数あり、太古からの狩猟文化の伝統がある。
5.東北またぎは動物の糞(糞食)を含むあらゆるものを食べる技術と習慣を持つとする資料が確認できる
6.食糧不足の際には、子供を殺して食べたといった資料も確認できる。
7.北東北が豊かになったのは稲の品種改良に成功した戦後であり、それまでは非常に貧しい生活を
  強いられ絶えず食糧不足に悩まされていた。
8.当該地域は人が亡くなりそうな家では、なぜか「味噌炊き」の準備が始められるので、味噌のにおいがすると
  その家では死者が出るとさえ言われている地域風習が地域の書籍に明文化されている
9.当該地域のみ通夜の前に遺体を葬儀業者が引き取る風習があり、遺体の鮮度が他県とは2晩分は異なる。
10.当該地域における各種死亡率が自然発生では起こりえない傾向を示しており、自然死・自殺・自然死を装った組織殺人
   が一般化していないとその統計の不自然性が説明しにくい。


737 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 23:40:24 ID:dzF+/Mt3
秋田県とは

・急速な黒社会化
・日常業務としての殺人
・県内で1日数名を殺害している模様(工事の感覚に近い)
・殺人に関する倫理の喪失(人を殺すという感覚の喪失)
・食用としての赤ん坊・老人
・疑問に思わない一般社会
・静かかつ深い恐怖社会の到来
・憲法秩序の崩壊
・学校法人による子供達への殺人教育・行き過ぎた言論統制教育
・ディープエコロジーの先鋭化


738 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 23:43:21 ID:wWYJdUUa
平成不況 → 政府、自治体あわせて1000兆円以上の借金(国家総力戦だった冷戦のつけがバブルの崩壊)
     → 年金財政破綻危機、医療費財政危機などを含め国家財政破綻の危機増大
     → 多くの自治体の破産危機(地方分権一括法が破産危機を加速)
     → 年金滞納者、健康保険高額利用者、税金滞納者、福祉費高額利用者、システム察知者、稼げない老人、食用赤ん坊
       アスベスト被害者陣などのリストアップ(デスノート法:外来生物法・鳥獣狩猟法の違憲適用)
     → 行政・警察などによる年間数万人もの国民の大量殺人と自然死・自殺・事故偽装(平成景気に転じても自治体の巨額負債が増加中という背景)
     → 臓器リサイクル、人肉リサイクル、肥料リサイクルによる経済収入(裏金システム:循環型社会形成推進基本法、食品リサイクル法、廃棄物処理法)
     → 大量虐殺により平均寿命のはじめての低下(計画的な人口調節の傾向)
     → 感染研・医師会・厚生労働省による昨年のインフルエンザ大量感染死のデータ捏造、巧妙な暗殺を伴う言論統制社会の到来
     → 日本国憲法による統治の基本秩序の崩壊、極度の大量暗殺社会の到来(北東北出身の小沢代表による憲法無効発言)
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1146800434/821-825
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1146800434/682-765


739 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 23:44:07 ID:wWYJdUUa
昭和恐慌 → 喰えない(農作物価格暴落、生糸価格暴落)
     → 子供の食事を抜く(欠食児童の増大)
     → 娘をソープに売る(青森、秋田では年に数千人レベル)
     → 東北を中心に共喰い(人肉食)が横行。恐らく共食い目的の殺人も横行。
     → 喰えない事が偽天皇制への不満に向けられ、政府中枢へのテロ(5・15事件など)発生
     → 中枢への国内テロを避けるため国外に不満を向ける必要性
     → 食人文化が強い中国へ侵攻し戦時国際法が適用されない「事変」の形で日中戦争(南京攻略など)発生。
     → 1000万人の中国人犠牲者から取得可能な肉量と計8年間、中国派兵された日本兵60万人の
       肉消費量が大枠において一致。残渣は有機肥料に。そのため南京攻略では大量の遺体の痕跡がない。


740 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 23:44:24 ID:BcQe9qpV
佐賀県民がでっち上げたんでしょ

741 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 23:47:08 ID:wWYJdUUa

関連DNA研究の許可を再度、願います。
執拗な実験妨害を避けていただけないでしょうか?
実験データの開示に伴う世界全体での価値観の新展開が必要と考えます。

水面下でおこなわれている
今の大量虐殺状況はあまりに酷いのではないでしょうか?

742 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 23:53:38 ID:h+alcgAL
先生が勝手に、行きつけの人肉屋で肉を買ってきて実験するんでしょう。
誰の許可もなくやればいいんじゃない?
他の目的の科研費は使っちゃだめだよ。

743 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 00:29:28 ID:ZR4ruwrC
>>739
南京攻略戦で大量の遺体が出ないのは
殺してないからだ

日本兵に食されるためでなくとも
市民が次々と姿を消していたら
家族や親戚がいつの間にか消えた
周囲から続々と人が消えている
との噂が広まるはずで
赤十字が日本軍に治安回復に関する感謝状を発行することはないし
欧米のジャーナリストも入っていたので確実にニュースになり
東京裁判でも一番に取り上げられたはず


という正論はマル精には通じないだろうな

744 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 00:31:55 ID:ZR4ruwrC
>>741
おまいはここがどこか分かってないんじゃないか

> 関連DNA研究の許可を再度、願います。

どこの誰にお願いしてるんだ?

745 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 00:47:55 ID:yId9x9lP
>>612
>国際情勢アナリストの一面も持つ政治学者、小室直樹博士が
ソ連の崩壊を10年以上前に出版社(カッパノベルズ)を通して
まとめられた時にも、誰一人、賛同者はいなかったよね。
関係妄想といわれれば小室直樹氏の職業も成立しないよね。

誰一人賛同しないような内容の本が、なんでベストセラーに
なるんだよ。www 捏造乙。
おまけに、カッパノベルズじゃなくてカッパ・ビジネスだよ。
間違い乙。



746 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 00:59:52 ID:ZR4ruwrC
とおるたんうそついちゃだめだお

747 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 05:40:02 ID:bHkWP/pY
戦後すぐアメリカ軍による 日本の小学生にかけたDDTこそ南京虫の大虐殺だべ

748 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 08:27:41 ID:Lu+SEcB/
岩佐庸よりも現実データとのフィットを重視するから
「日本の科学的主張をIWCは無視する」は捕鯨推進派の常套句ですが、
本当に日本が「科学的」なのか?そうだとしてもその「科学」は
破綻しているのではないか?と云うのは、生態学者の多くが疑問を持っていると思う
まず、データがあまり出てこない 個体数変動のデータなんかは出てくるが、
環境に対するインパクトの評価のデータは何処の雑誌に出てるんでしょうか?

749 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 08:29:23 ID:axmoYoS2

http://kaba.2ch.net/news2/dat2/1021315078.dat

750 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 08:30:57 ID:axmoYoS2
食うためだけに捕獲するんじゃないよ。
日本では骨から皮からヒゲまで、それこそ残すところなく利用してた。
http://kaba.2ch.net/news2/dat2/1021315078.dat


751 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 09:15:35 ID:axmoYoS2
【鯨肉論議と人肉論議との奇妙な共通性】
http://kaba.2ch.net/news2/dat2/1021315078.dat

以下、上URKからの抜粋。鯨肉を人肉におきかえてもあてはまる。

1.繁殖力の弱い野生動物であり営利目的の捕鯨には耐えられないという意見もあります
2.商業捕鯨反対派の論拠に「かわいいから」「頭が良いから」は無い。
3.鯨肉はタンパク源として、安価で優良な食物である。
  なぜこんな優良なタンパク源をステテ牛肉なぞくわねばならんのかね
4.牛にあたえている穀物のこと考えると、オキアミを食う鯨のほうが食物として優良
5.今年度捕獲予定頭数:推定生息数
6.クジラは食文化だ。捕鯨も文化だ
7.科学的見地から本委員会に助言を行う。科学委員会の結論は非公開。
8.今、下関長府で右翼が捕鯨について街宣してる
9.鯨を食べるのはカニバルなんだな。連中にすると
10.研究成果で学術雑誌にのってるのを教えてくれ。誰も教えてくれん
11.昔、牛肉、豚肉は高値の花だったので安値の鯨肉を食ったけど不味かったよ
12.絶滅しない程度に食べていいかな?と日本は言ってるに過ぎんのに・・・
13.イギリスは今回「捕鯨船に追われるクジラの心理的ストレスが問題」と言ってるそうだ
14.鯨は、大多数が貧乏だった日本人にとって安価だったので、仕方無く食ったよ
15.食うためだけに捕獲するんじゃないよ。日本では骨から皮からヒゲまで、それこそ残すところなく利用してた。
16.イギリスもクジラ食べてましたが、何か
17.こんな発言はクジラがかわいいとか神聖とか思ってなきゃ出てこない
18.畜産の環境負荷について
19.鯨がそんなに頭がいいんなら博士号取った鯨連れてこい

752 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 09:41:35 ID:UGgICbdB
>>751

いまいち先生のものなのか誰かのネタなのかわからない。
論理的つながりがおかしいから誰かのネタなのか…?

753 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 12:12:39 ID:Ugv9kMZK
いあ、なんか751は人肉が最高の食べ物だと主張したいらしい。
まあ、支那朝鮮にはそういう文化があるらしいってみておけばいいかと。
人肉食べるために戦争するって主張してるんだから。
日本人としては絶対友達にはなれませんね。

754 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 12:42:19 ID:e0xFSkg/
人間以外の動物に対する考え方は人間のエゴイズムでしかないから、
知能がどうだろうが絶滅しようが処遇は人間次第だろ。
南京に繋がらないが…。

755 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 12:46:12 ID:FKsXTe97
>>753
でも この地球に生きている連中全員(もちろん自分も含めて)
間接的・抽象的とはいえ互いを食って
 その日を生きてる様な者だと思うんだが。

756 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 15:14:44 ID:EFOHaN75
>>753

読解力(もしくは私の文章力)がなさ過ぎるのでは。
>>751で述べられているのは、単に現状分析である。国際社会を含む
表の世界において隠語で論議・報道を行うケースは非常に多いと分析できるが、
捕鯨に関する国際会議に関する論議に関しても、その可能性を慎重に
検討した方がよいのではないかと問題提起したに過ぎない。

私が気がついたのは本日なのであるが、恐るべき状態になっている可能性が出てきていると
考える。これは今後も慎重に分析していかないといけないと考えている。
この作業は今後も少しづつ進めたい。



757 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 15:15:30 ID:EFOHaN75
>>754
>人間以外の動物に対する考え方は人間のエゴイズムでしかないから…

貴方のこの考えは私もそのとおりであると考えるが、近年、人間と動物を
その点において区別しないディープエコロジーという概念が強まっている。
ディープエコロジーが歪な形で適用されれば今回のような重い問題は起こりうると考える。
これは恐るべき問題提起である。環境哲学の面でも深く考えていかねばならないだろう。

>南京に繋がらないが…。

南京攻略問題をディープエコロジーの側面から眺めていくのは大切だと思う。

>>755

その点は貴方に同意。食物連鎖の中に人間が組み込まれている。
そしてその秩序において、ヒューマニズムと法秩序をどう組み込むかの問題と考える。


758 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 15:59:12 ID:Ugv9kMZK
「人肉におきかえてもあてはまる」と書いてあるのが問題だと思うが?
読解力の問題じゃないよ

759 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 16:33:34 ID:51KkwAsD
>>751

は全てURLから抜粋された文章。私の文章ではない。
http://kaba.2ch.net/news2/dat2/1021315078.dat

その上で「鯨肉」を「人肉」におきかえても議論が成立している、
というかむしろ「鯨肉」を「人肉」とおきかえた方が矛盾が少ない不可解性を
問題提起した。

国際社会ではデリケートな問題は。直接的な表現は使えず、予め申し合わせた隠語で
論議したり報道したりするのは外交社会では常識。 

そして捕鯨において、それが意味する意味は、気が遠くなるほど重い。
ただ現在の段階では断言は出来ない。まだ分析が十分ではない。慎重な論議が必要だろう。

貴方の読解力の問題ではないならば、社会観察に関する経験不足の問題だろう。

760 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 16:35:27 ID:kOwSvN+v
NHK教育で、中国残留孤児の番組を放送してるが(再放送)
養父母のセリフに日本側の作り話を無理やり継いだ意図的番組作りをしているな。

日本人の警官に銃剣で腹を刺されて流産した
日本軍人に夫が重症を負わされて死亡した
だの

養父母の口から言わせてないところが臭すぎる。


761 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 18:16:10 ID:Ugv9kMZK
脳内お花畑を読解力で理解しろと・・・・そりゃむりだわ

762 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 18:17:38 ID:ZR4ruwrC
>>760
日本軍が死体を持ち去って食べたらしいとは言ってないだろ?
死体は一つ残らず日本軍の手で持ち去られる...
だから葬式もできなかったなんて話しも出てこないな

763 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 18:32:31 ID:51KkwAsD
太平洋戦争において日本でも死体が野晒しのケースが珍しくなかったよね。
戦争とはそういうものだよね。

また中国では元々死体を食べてたよね。日本軍の食人行為を告発すれば
自分たちの食人行為も同時に問われる以上、そういった証言はできるはずがないよね。
しかしだからといって他国に行って共食いするのは避けねばならないよね。
自衛権は当然必要だけれども海外侵略を禁じた9条はやはり大切だよね。

海外まで出向いて組織的な人喰いを行うべきではないよね。

764 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 18:34:54 ID:51KkwAsD
憲法改正は1条だけにするべきだよね。
自衛権は当然とした上で9条がないと歯止めがきかないよね。

現在の自衛隊も警察同様、国内共食いに関与している容疑は歴然としてあるよね。

765 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 19:00:30 ID:51KkwAsD
防衛庁、再利用可能物資など廃棄 11億円分
http://www.asahi.com/national/update/1021/TKY200610200429.html

移植用腎臓を廃棄
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061013-00000515-yom-soci

死のビジネス(臓器、肉、肥料、人体実験など)と国家的な財政危機を背景にして
数万人の間引き殺人が国内で組織的に行われている容疑があるのは間違いない以上、
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1146800434/821-825
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1146800434/682-765
その大量殺人にあらゆる関係組織(病院、役所、警察、自衛隊など)が
参加していると仮定する事は、仮説演繹法上、問題はないでしょうね。

またこういった正当な人道的論議が始まると非人道的な不正がある場合は臓器売買を行いにくくなるのは事実でしょうね。
また大新聞が実態を掴んでいても、直接的な表現で書けないのは間違いないでしょうね。
更に言えば、大日本帝国陸軍が日中戦争などで1000万人水準の組織的な人喰いを行っていた伝統が
あるならば、平成の陸上自衛隊においてその伝統が全くなくなっていると考えるのは難しいのも事実でしょうね。

上の2つの新聞記事に関しては無関係なのは間違いないでしょうが、
慎重な分析がこの点でも求められるでしょうね。


766 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 22:58:15 ID:yId9x9lP
>>763
>また中国では元々死体を食べてたよね。日本軍の食人行為を告発すれば
自分たちの食人行為も同時に問われる以上、そういった証言はできるはずがないよね。

食人は中国の伝統文化であって、食人について罪の意識なんか無かったんじゃないか?
三国志にも、有徳の人物の代表である劉備の食人の話が出てくる。
だから、「日本軍の食人行為を告発すれば自分たちの食人行為も同時に問われる以上、
そういった証言はできるはずがないよね。」なんて話はナンセンス。

767 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 23:27:21 ID:lEZ6MuJZ
>食人について罪の意識なんか無かったんじゃないか?

秋田県民もそのような状況の模様です。

768 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 23:31:46 ID:n1e7s0XO
秋田県民っつーか秋田大学准教授だけだろ

769 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 23:32:09 ID:lEZ6MuJZ
>だから、「日本軍の食人行為を告発すれば自分たちの食人行為も同時に問われる以上、
>そういった証言はできるはずがないよね。」なんて話はナンセンス。

前半はおっしゃるとおりですが、後半に関しては
食人を国家として公言すれば、キリスト教社会(欧米社会)から激しい拒否反応を示されますので
ナンセンスという事はありません。

770 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 23:33:06 ID:lEZ6MuJZ
>768

秋田県では食人が日常化しているのは
もはや常識の水準に達しています。

771 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 23:35:09 ID:n1e7s0XO
>>770
「どこの世界で」常識の水準に達してるのか確固たるソースを示せ

772 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 23:48:33 ID:go83j9Uu
秋田県民が食人族なのは常識です。
実験妨害が激しいDNA鑑定以外の全てのデータが揃っています。



773 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 23:50:24 ID:n1e7s0XO
>>772
>>771
読めないのか?

774 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 23:53:41 ID:go83j9Uu
秋田県民が食人族なのは常識です。
実験妨害が激しいDNA鑑定以外の多くのデータが揃っています。

関係者が誤魔化すのは当然の心因反応です。
日常的に人肉を流通させているのは間違いないといってよい水準に到達しています。



775 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 23:55:26 ID:go83j9Uu
来年の秋田国体では
全国の多くの選手が知らないうちに人肉食の洗礼を
受けることになるでしょう。



776 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 23:56:15 ID:n1e7s0XO
常識だ常識だ、って喚くだけで黙ると思ったか?
常識だと言い切るからには証拠を出せド阿呆

このキチガイが

777 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 23:58:05 ID:go83j9Uu
騙して人肉を食わす秋田方式で
来年の秋田国体では
全国の多くの選手が知らないうちに人肉食の洗礼を
受けることになるでしょう。



778 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 00:00:07 ID:n1e7s0XO
>>777
>>771
文字も満足に読めないのか? さっさと証拠を出せクズ

779 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 00:04:05 ID:MC6KBNRh
関係者が誤魔化すのは当然の心因反応です。
殺人も日常化させてますから。

780 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 00:08:09 ID:bf+qL/dh
心因反応・・・ああ、そういうことか

自分が言われてつらかった単語を繰り返してるのかww

781 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 00:22:35 ID:DBRv/5mT
秋田県の大量殺人・食人犯罪は警察もグルと見られるので
物証が大量にあっても司直では対処できない。100億円を超える裏金が動いているようだ。
赤ん坊から老人まで見境なく間引きしていると見られる。

人間社会とは思えない状況だ。

782 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 00:23:34 ID:bf+qL/dh
ついでに言えば、
統合失調症患者が他者に証拠を求められて必死に誤魔化すのは当然の心因反応です
妄想が日常化していますから

心因反応がどうとか言われて傷付くのは「精神的病人」だけですよ


さあ、証拠を出しましょう。自分の言葉に責任を持ちましょうね、センセ

783 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 00:24:22 ID:bf+qL/dh
>>781
はい、それに関する証拠も出しましょうね
どんどん課題が溜まっていきますね、キチガイ先生ww

784 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 00:27:54 ID:DBRv/5mT
そう言われるならば、まず以下を説明可能な説をお示しください。

1.パプアニューギニアの人喰い風習を通して発見された経緯がある
  プリオン病の発生率が当該地域において全国で最も高い。原因は現在でも「不明」とされている。
2.当該地域において葬儀業者と「焼肉屋(若しくは肉屋)あるいは有機肥料販売業者」とが
  セット(隣同士)になって運営されているケースが、北東北の調査した狭い区域だけで4例ある。
  その中には他に全く小売業者がない過疎った国道沿いに葬儀業者と肉屋だけが隣同士でポツンと
  存在していた不可解なケースもある。肉屋の立地条件としては、こういった偶然性は西日本では見た事がない。
3.葬儀屋の隣の肉屋で売られていた肉を、視覚検査したところ外見上、
  ウシ、豚、馬、鶏の肉の形態を示していないケースが複数、確認できた。
  若干の食味試験においても不可解な傾向を示している事が確認できた。
4.当該地域は東北またぎ集落が多数あり、太古からの狩猟文化の伝統がある。
5.東北またぎは動物の糞(糞食)を含むあらゆるものを食べる技術と習慣を持つとする資料が確認できる
6.食糧不足の際には、子供を殺して食べたといった資料も確認できる。
7.北東北が豊かになったのは稲の品種改良に成功した戦後であり、それまでは非常に貧しい生活を
  強いられ絶えず食糧不足に悩まされていた。
8.当該地域は人が亡くなりそうな家では、なぜか「味噌炊き」の準備が始められるので、味噌のにおいがすると
  その家では死者が出るとさえ言われている地域風習が地域の書籍に明文化されている
9.当該地域のみ通夜の前に遺体を葬儀業者が引き取る風習があり、遺体の鮮度が他県とは2晩分は異なる。
10.当該地域における各種死亡率が自然発生では起こりえない傾向を示しており、自然死・自殺・自然死を装った組織殺人
   が一般化していないとその統計の不自然性が説明しにくい。


785 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 00:29:06 ID:DBRv/5mT
他にも根拠は少なからずありますが
まず784をご説明ください

786 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 00:29:54 ID:bf+qL/dh
>>784
自分が言い出した事を解決してから他人に要求しましょうね、大馬鹿未満の腐れ脳味噌君

787 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 00:32:04 ID:DBRv/5mT
理解力が低いようですが、以下が事実上の食人殺人風習根拠になっている一面が
あるのは自明です。他にも根拠は少なからずありますが
まず以下全てを説明可能な説をお示しください。

1.パプアニューギニアの人喰い風習を通して発見された経緯がある
  プリオン病の発生率が当該地域において全国で最も高い。原因は現在でも「不明」とされている。
2.当該地域において葬儀業者と「焼肉屋(若しくは肉屋)あるいは有機肥料販売業者」とが
  セット(隣同士)になって運営されているケースが、北東北の調査した狭い区域だけで4例ある。
  その中には他に全く小売業者がない過疎った国道沿いに葬儀業者と肉屋だけが隣同士でポツンと
  存在していた不可解なケースもある。肉屋の立地条件としては、こういった偶然性は西日本では見た事がない。
3.葬儀屋の隣の肉屋で売られていた肉を、視覚検査したところ外見上、
  ウシ、豚、馬、鶏の肉の形態を示していないケースが複数、確認できた。
  若干の食味試験においても不可解な傾向を示している事が確認できた。
4.当該地域は東北またぎ集落が多数あり、太古からの狩猟文化の伝統がある。
5.東北またぎは動物の糞(糞食)を含むあらゆるものを食べる技術と習慣を持つとする資料が確認できる
6.食糧不足の際には、子供を殺して食べたといった資料も確認できる。
7.北東北が豊かになったのは稲の品種改良に成功した戦後であり、それまでは非常に貧しい生活を
  強いられ絶えず食糧不足に悩まされていた。
8.当該地域は人が亡くなりそうな家では、なぜか「味噌炊き」の準備が始められるので、味噌のにおいがすると
  その家では死者が出るとさえ言われている地域風習が地域の書籍に明文化されている
9.当該地域のみ通夜の前に遺体を葬儀業者が引き取る風習があり、遺体の鮮度が他県とは2晩分は異なる。
10.当該地域における各種死亡率が自然発生では起こりえない傾向を示しており、自然死・自殺・自然死を装った組織殺人
   が一般化していないとその統計の不自然性が説明しにくい。


788 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 00:35:33 ID:bf+qL/dh
>>787
お前は本当に脳味噌があるのか疑わしいくらい馬鹿なんだね
そもそも、1-10の証拠を示してもらわないことには、それに対する反証も出来ないんだがね?

いいよ、答えてやるからその1-10の証拠も出せよ
2や3辺りも誤魔化さずにな

789 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 00:38:29 ID:2Vc8p/Hu
↑オマエが説明したらええがな腐れ脳タリン君

790 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 00:40:49 ID:bf+qL/dh
毎度毎度突然センセのIDが変わるから、イマイチこちらとしても判別しにくいんだが、
>>789はID:DBRv/5mTと同一人物と解釈してよろしいのかね?

791 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 00:50:58 ID:JxCH+X6p
まず、「証拠」「証明」って言葉の意味を理解しましょう。
支那朝鮮には無い言葉なのかもしれませんが、
先進国では必要な概念です。

792 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 00:57:37 ID:JxCH+X6p
あ、ついでに。
証拠も出さず証明もせず主張しかしない、というのは
先進国では証拠が無い、証明できない、とみなされます。

793 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 01:01:30 ID:bf+qL/dh
おいおい、センセは朝鮮人なんかじゃないぞ
ただちょっと人肉食に憧れるあまり、脳の掛け金を全部ふっ飛ばしちゃった挙句に
地元じゃ人肉食は当たり前! って思い込んじゃっただけの、秋田在住の統合失調症患者なだけだ

問題は、身元も割れてる秋田大学の准教授だって事と、2chがなきゃ生きていけないってことくらいかな

794 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 01:22:19 ID:jAuDClu+
>>769
>食人を国家として公言すれば、キリスト教社会(欧米社会)から激しい拒否反応を示されますので
ナンセンスという事はありません。

一般の兵士が「キリスト教社会(欧米社会)から激しい拒否反応」なんて気にするかよ。
「国家として公言すれば」? 兵士全員に口封じしたのか?


795 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 01:38:23 ID:jAuDClu+
>>784,787
>1.パプアニューギニアの人喰い風習を通して発見された経緯がある
  プリオン病の発生率が当該地域において全国で最も高い。原因は現在でも「不明」とされている。

プリオン病が「パプアニューギニアの人喰い風習を通して発見された」という妄想は、
どこから湧いて出てきたんですか?
原因不明の孤発性CJDは人食い風習などない地域(欧米等)でも発生してます。
また、秋田県で発生率が高いという統計は、どこで見ることができますか?

796 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 01:43:51 ID:jAuDClu+
>>784,787
>4.当該地域は東北またぎ集落が多数あり、太古からの狩猟文化の伝統がある。

狩猟文化と人食いと、何の関係が?
縄文人も人食ってたのか?

797 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 01:46:29 ID:jAuDClu+
>>784,787
>5.東北またぎは動物の糞(糞食)を含むあらゆるものを食べる技術と習慣を持つとする資料が確認できる
>6.食糧不足の際には、子供を殺して食べたといった資料も確認できる。

その「資料」とやらを明示してください。


798 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 04:41:09 ID:HO5h8+nJ
>>787

ホントに迷惑だからさ

他の板で

秋田県民はやっぱり食人族だったぁぁぁぁぁぁぁ

というスレでも立ててそっちでやりなよ


799 :KMAJT:2006/10/22(日) 08:44:27 ID:OS77TWz1
取り敢えず、ひとりの異常者と秋田県民をごっちゃにしないで下さい。
それと、人肉を食らうことが100%悪いとは言いませんが、あまり体には良くないのでは?

800 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 09:51:59 ID:GhKx2ZYp
>>787
1、
これの答えはすでに先生が出した資料に載っている。
2、
具体的にどれだけ西日本について調べたのか、
またほかにとある二店舗の、
一部地域にしか見られない組み合わせが無かったのかを示しなさい。
3、
少なくともろくに調べずに大学名を出したり、
アエラの記事に対する疑惑を一言も説明できていない
などの行動が目立つ先生に信頼度は皆無。
4・5、
これは秋田県における先生の疑惑が確立して初めて効果のあるもので証拠ではない。
6・7、
食料不足で人を食べるのは他地域にも何度かあり、
しかも今と昔では食料事情は違うため、
これも証拠ではない。

8・9、
それらの風習が載っている具体的な民俗学的資料を示しなさい。
10、
具体的資料を示しなさい。ちなみに他スレで間違いが指摘された資料をまた出さないように。

801 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 12:03:20 ID:a58GOsk2
こんなのが先生になれるんだなあ…。

秋田大学って本当にレベル低いのね。と言われてしまいかねない所が、
秋田県民や秋田大学が一番迷惑してる点なのかもね。

802 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 12:10:02 ID:voFeCh4T
秋田大学じゃないよ

803 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 12:12:31 ID:bf+qL/dh
うん、秋田県立大学だね

804 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 12:27:31 ID:oASXvh0l
テスト

805 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 12:29:27 ID:oASXvh0l
1.学問・思想・良心・言論・出版の自由
2.検閲の禁止
の双方が無いと、民主主義、民主国家が成立せず、
恐怖社会化が加速しかねない事を危惧します。


806 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 12:31:29 ID:oASXvh0l
自宅PCのアクセス規制を解除していただけないでしょうか?

当該論議は純粋に学術的なものであり、
真摯な学術論議を望んでいらっしゃる方も少なくない模様です。

論議のたびにインターネットカフェに出向くのは事実上不可能であり
自宅PCへの規制を解除していただけることを重ねて願います。



807 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 12:42:16 ID:oASXvh0l
現在、100年に1度あるかないかの社会の歪が顕在化しつつある状況にあると見られ、
掲示板業界における所謂「荒らし」という概念を
学術論議にまで適用されれば、有効な論議が行えなくなってしまいます。

当方の論議は確かに常識では考えにくい内容ですが、
常識では考えにくいような(国民多数の生命に関わる)重大な問題が
社会で発生している疑いが無視できない水準まで高まっている以上、
それを根拠を挙げて論じる論争スタイルは、通常の「荒らし」(議論妨害)ではありません。

食人風習に関わる「人類の業」が、南京攻略にも平成大虐殺問題にも共通した影響を与えている可能性が
捨てきれない以上、双方を比較解析し、歴史を超えて共通した法則性を抽出する作業を
不特定多数の多くの国民と共に行う姿勢は、新たな学問の発展にも2chの発展にも
相応の意義を示すものであり、あらゆる法律・憲法にも抵触するものではありません。

自宅PCからは今朝から2ch全体に対し書き込みが出来なくなっているようですが、
これは憲法で禁止されている「検閲の禁止」に相当すると考えます。
どうかこのホスト規制を解除していただけないでしょうか?健全な民主主義の成立の為には
学問・思想・良心・言論・出版の自由は必要不可欠と考えます。


808 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 12:44:07 ID:bf+qL/dh
>>807
バーーーーカ、とだけ言っておこうか

規制に関して嘆願なら運営系の板行けよ大馬鹿

809 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 13:39:47 ID:oASXvh0l
>>795
>プリオン病が「パプアニューギニアの人喰い風習を通して発見された」
>という妄想は、どこから湧いて出てきたんですか?

米国のガイドユセックは最初にクールー、ついでCJDが感染性の病気であることを
チンパンジーへの伝達実験で証明し、人の伝達性海綿状脳症の概念を確立して
1976年にはノーベル賞を受賞した。

1948年に、クールーで死んだ叔母の葬儀に出席した2名の兄弟がいるが、
かれらはその30年後にいずれもクールーで死亡した。 調べてみると、
この葬儀に出席した16人のうち12名がクールーで死亡していた。
1950年の葬儀に出席した人の間でも大きな発生が起こり、出席した60名のうち
すくなくとも53名が死亡した。

クールーは死者の脳のようにプリオンが多く含まれる組織を食べたことのほかに、
調理の最中に傷口などからプリオンが感染したことが原因と考えられている。
そのため女性に多く起こり、発生のピークとなった1960年代には、
女性の最大の死亡の原因となり全部で2千人以上が死亡した。

http://www.primate.or.jp/PF/yamanouchi/71.html


810 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 13:42:45 ID:oASXvh0l
>>795
>プリオン病が「パプアニューギニアの人喰い風習を通して発見された」
>という妄想は、どこから湧いて出てきたんですか?

経口感染するCJD
鹿児島大学医学部附属病院長 内科学第三講座教授納 光弘

人のプリオン病にはいろんな種類がある。
クールー病というのは、パプアニューギニアにいるフォア族という種族、
第二次世界大戦前までは石器しか使わない古い文化の時代を暮らしている
山奥に住んでいる種族で、報告された病気である。この病気を初めて報告したのが
ガジュセック博士であるが、彼は丁寧に診察し、クールー病があるのを発見し、
世界に報告した。クールーはフォア語で「震える」という意味で、
フォア族のみで流行したものである。この種族には昔からごく最近まで食人の習慣があり、
死んだ人の霊を慰めるため、脳を食べる儀式があった。この儀式に参加できるのは女性と子供であった。
これが、クールー病が女性と子供にのみ起こる理由であることが判明したのであった。
ガジュセック博士がクールー病の人の脳を顕微鏡でみると、
海綿状になっていたが、空胞がCJDより少なく、一方、変な斑点(クールー斑)があると
報告した。
http://www.geocities.co.jp/NatureLand-Sky/2572/aff2.html

811 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 13:45:13 ID:oASXvh0l
>>795
>プリオン病が「パプアニューギニアの人喰い風習を通して発見された」
>という妄想は、どこから湧いて出てきたんですか?

以上、示しましたように、プリオン病がパプアニューギニアの食人風習から
見出されたのは、既にノーベル医学賞対象になっており、「妄想」ではありません。

自分の無知を、当方の妄想と誤解された点、謝罪が必要です。

812 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 13:47:45 ID:bf+qL/dh
謝罪が必要なのはお前だよ、お前
まず秋田県立大学の関係者全員と秋田県民全員に土下座して謝罪しろよ

813 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 13:54:59 ID:oASXvh0l
>>795
>原因不明の孤発性CJDは人食い風習などない地域(欧米等)でも発生してます。

特にイギリスに多いのは周知の事実ですが、CJDの診断は街医者には容易ではないので、
恐らく他のEU諸国も相当数出ているのが実態ではないかと考えます。

その原因は不明とされていますが、以下に示す背景により、
人食い風習は未開国だけでなくEUを含む先進国においても広く現存している可能性が否定できないと考えています。
例えば、文化人類学的に見た場合、英国では1400年代に世界では例を見ない水準の人喰いを行った報告が
スコットランドでなされています(ソニー・ビーン事件)。またヨーロッパ全体で見た場合でも
赤ずきん伝説や東欧のドラキュラ伝説を始めカニバリズム(人喰い)を扱った伝説・寓話は多いのが現状です
http://members.aol.com/nishitatsu1234/zatsudan/vampire.htmhttp://www.shosbar.com/grimm/grimm42.html)。

その上、英国スコットランドでは内臓をミンチ状にして穀物を加えハムのようにまとめたハギスと呼ばれる郷土料理や
同じく内臓料理であるステイク・アンド・キドニープリン、ブラックプリン等が好んで食べられており、
そこに(日本のホルモン料理の語源とも言われる)掘り起こした土葬遺体や胎盤等の人肉を、
生産者が経済的利益を得るために密かに加えていても消費者には容易には識別がつきません
http://www001.upp.so-net.ne.jp/fukushi/uk/food.html)。

814 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 13:57:58 ID:oASXvh0l
>>795
>原因不明の孤発性CJDは人食い風習などない地域(欧米等)でも発生してます。

従いまして、「人食い風習などない地域(欧米等)」という断言的な表現は使えません。
現在でもヨーロッパ人が人を喰っている可能性はあると考えます。

原因不明のCJDは、アルツハイマー病と症状が一部似ているので、
統計上はアルツハイマーとしてカウントされている可能性もあると推察します。


815 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 14:10:42 ID:Hc+cLjMF
先生が謝罪するべき対象。
1、ろくに調べもせず勝手な妄想で東大出と言われた某弁護士。
2、「秋田県に関する不審死に関する記事がある」
と記事の捏造(先生がまったくこの指摘に答えないため)をされたアエラ。
3、先生にスレを荒らされた人々。
4、他スレで先生に秋田県立大某教授だと決め付けられた
(少なくともプロファイリングに関する具体的説明をもらえていないためでたらめ)
俺。
5、先生に再三指摘を無視された人々(俺含む)


さあ先生、存分に謝ってください。

816 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 14:13:43 ID:Hc+cLjMF
追加
6、語源を「放るもん」でなく、「掘るもん」とされイメージダウンさせられたホルモン焼き。

817 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 14:28:10 ID:oASXvh0l
>>795
>また、秋田県で発生率が高いという統計は、どこで見ることができますか?

「新変異型の存在の可能性低い
クロイツフェルト・ヤコブ病全国疫学調査から」
http://ime.nu/www.medical-tribune.co.jp/mtbackno/3116/16hp/M3116201.htm
http://ime.nu/www.medical-tribune.co.jp/mtbackno/3116/16hp-im/M3116201-P03.jpg

で確認できます。秋田県は全国一CJDの発生率が高く、その大半は原因不明とされています。

なお数ヶ月前の激しい論議の後で、国立感染研のCJDデータが別にある事が他の方から指摘されましたが
国立感染研はインフルエンザ大量死の捏造を行った容疑が強い機関ですので
感染研のデータは信用に足らないと考えています。


818 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 17:35:07 ID:jAuDClu+
>>811
>以上、示しましたように、プリオン病がパプアニューギニアの食人風習から
見出されたのは、既にノーベル医学賞対象になっており、「妄想」ではありません。
自分の無知を、当方の妄想と誤解された点、謝罪が必要です。


やっぱり妄想じゃねえかwww。
1730年代   イギリスで「リケット」と呼ばれる羊の病気が記録される。
       この病気は、ドイツとフランスにも現れた。
19世紀    スクレイピーという病名が一般化。
1920年代初め クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)発見。
       この時点では、CJDがスクレイピーと同一の病気であることに、
       誰も気付かなかった。
1930年代後半 フランスのキュイエとシェルが、スクレイピーが感染症であることを証明。
1947年    アメリカで伝達性ミンク脳症が発見された。
1950年代   ニューギニア島東部の高地民であるフォレ族の間に、クールー
       という謎の病気が流行。
       アメリカのガイジュセックが、クールーとスクレイピーとCJDが同じ病気で
       あることを証明した。
       ただしガイジュセックは、この病気の病原体はスローウィルスであると考え
       ていた。
1976年    ガイジュセック、ノーベル生理学・医学賞受賞。

819 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 17:35:18 ID:9A9ln8EU
>>816
ワラタ。
先生、ホルモン焼きに向かって謝ってください。

>>817
自分に都合の悪いデータは捏造扱いするという時点で、みんなから相手にされない。

820 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 17:35:48 ID:jAuDClu+
続き。
1982年    アメリカのスタンリー・プルシナー、プリオン説を発表。
1985年    イギリスで牛の異常行動が発見される。
1986年    異常行動を起こした牛の脳を電子顕微鏡で調べた結果、スクレイピーと同じ
       病変像が確認された。
1987年    イギリス政府はこの病気が「牛スポンジ脳症(BSE)」であると発表した。
1988年    イギリス政府は、肉骨粉飼料」を半数動物にタンパク質飼料として使用する
       ことを禁止した。
       ただし、国内に限ったことであり、輸出は続けられた。
1990年代   イギリスから肉骨粉を輸入していた諸国に、BSEの感染が広がった。
1994年    イギリスで、BSE感染牛肉を食べてCJDを発病した患者が発見された。(変異型ヤコブ病)
1997年    プリシナー、ノーベル生理学・医学賞受賞。
2001年    日本でBSE発生。

さて、何をどう勘違いしたら、「プリオン病がパプアニューギニアの人喰い風習を通して発見された」
なんてことになるんですか?
他人の無知と誤解に対して謝罪を求める前に、自分の妄想と捏造について釈明してください。

821 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 17:46:44 ID:jAuDClu+
>>813
>例えば、文化人類学的に見た場合、英国では1400年代に世界では例を見ない水準の人喰いを行った報告が
スコットランドでなされています(ソニー・ビーン事件)。またヨーロッパ全体で見た場合でも
赤ずきん伝説や東欧のドラキュラ伝説を始めカニバリズム(人喰い)を扱った伝説・寓話は多いのが現状です

「人食い事件」と「人食い風習」の区別ができんのか?
人食いが風習だったら、人を食っても事件にならないだろ。

>そこに(日本のホルモン料理の語源とも言われる)掘り起こした土葬遺体や胎盤等の人肉を、
生産者が経済的利益を得るために密かに加えていても消費者には容易には識別がつきません

消費者には容易には識別がつきません
消費者には容易には識別がつきません
消費者には容易には識別がつきません
消費者には容易には識別がつきません。。。。。

こんなのが一体なんの根拠になるんだ?

822 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 17:49:31 ID:jAuDClu+
で、この質問を無視したのは何故ですか?

797 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 01:46:29 ID:jAuDClu+
>>784,787
>5.東北またぎは動物の糞(糞食)を含むあらゆるものを食べる技術と習慣を持つとする資料が確認できる
>6.食糧不足の際には、子供を殺して食べたといった資料も確認できる。

その「資料」とやらを明示してください。



823 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 17:57:45 ID:jAuDClu+
607 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 22:03:49 ID:+z4wWbEF
   これだけ誰も味方もおらず、同意してくれる人がいないにもかかわらず、
   主張を続けられる精神力はすごいと思う。

   全く、世の中の役には立っていないが。


824 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 18:04:26 ID:9A9ln8EU
2chしか生き甲斐のない先生なのに、アクセス規制なんてかわいそうにね。

825 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 18:08:11 ID:oASXvh0l
>>818,820

失礼ですが、文系学部出身の方ではないでしょうか?
感染症の発見は、コッホの3原則が満たされた時に
初めて成立すると言う概念が、微生物学では一般的であり、
そういった意味で、当該疾病において最初にコッホの3原則に近い条件が
適用されたのはやはりパプアニューギニアのクールー病で、その結果
ガイジュセックはノーベル生理学・医学賞受賞を受賞しています。

ガイジュセックは、クールーとスクレイピーとCJDが同じ病気で
あることを証明したとされていますが、これらは現在、プリオン病に分類されています。
なおプリオン病の感染体が蛋白(異常プリオン)ではなく潜伏期の長いウイルスであるとする従来の説を
主張する学者も少なくなく、プリオン病との分類に若干の異論が出ているのは事実ですが、
それでも当該論議には矛盾しません。

>>821
>人食いが風習だったら、人を食っても事件にならないだろ。

刑法では遺体損壊罪に問われますので、やはり事件となります。
また殺人を伴っていなくても死体食いは現在の宗教価値観、社会通念においては大事件となります。
こういった事を実態を正当に世間に広める事によって変えていく必要があると考えます。

>消費者には容易には識別がつきません。。。。。
>こんなのが一体なんの根拠になるんだ?

論議の対象となっているイギリスの食文化の一端を知る事は、一つの背景分析にはなります。
こういった背景分析の積み重ねは、一つ一つは決定的な根拠にはなりえませんが、積み重なれば
社会観察において無視できない重みを持ちます。





826 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 18:27:29 ID:jAuDClu+
>失礼ですが、文系学部出身の方ではないでしょうか?

あなたは妄想系学部出身ですか?

>感染症の発見は、コッホの3原則が満たされた時に
初めて成立すると言う概念が、微生物学では一般的であり、
そういった意味で、当該疾病において最初にコッホの3原則に近い条件が
適用されたのはやはりパプアニューギニアのクールー病で、その結果
ガイジュセックはノーベル生理学・医学賞受賞を受賞しています。

コッホの三原則
1. その病気にかかった患者の病巣から、その病原体が必ず検出できる
2. 単離精製された病原体を健康な固体(実験動物)に接種すると、その病気
  を引き起こすことができる
3. 病気になったその固体の病巣から再び同一の病原体が検出できる

ガイジュセックは病原体の確定すらできていないので、コッホの三原則など全く満たしていない。
あなたは
>コッホの3原則に近い条件
などと書いているが、一体どういう意味なのか。
私にハッタリは通用しませんよ。

827 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 18:47:00 ID:oASXvh0l
なお、余談ですが、学問的には興味深い事に、以下に示すように
同じ1994年に、しかも同じ英国で2つの奇病(人喰いバクテリア、BSE由来のCJD)が発見されています。

国際捕鯨委員会論議の際にも申し上げましたように、国際政治分野においては
国際社会は、デリケートな問題は直接的な表現を使わずに、予め申し合わせた「隠語」で論議する事が多いのは常識ですが、
私は以下の「人喰いバクテリア」報道も捏造というか「何かの隠語」でないと説明がつきにくい一面もあるのではと分析しています。

というのは微生物学分野で、僅か数時間で腕等の手足が腐り落ち致死率が数割に上る通性嫌気性細菌感染症の存在そのものが
不自然であり、また短期間のみ全国報道されると言うのも通常では考えにくい状態だからです。また当該バクテリアの通称も、
「フレッシュ・イーター(肉食菌)」「キラー・バクテリア(殺し屋菌)」とあまりにワイドショー的であり、
どこにでもいる日和見感染菌が何故、急に猛烈に致死性が高い感染症を引き起こすかも不明とされているのも捏造でもないと不自然です。

時期と場所を同じくしたこの2つの新病の発見は、実は隠語を含み英国の人喰い風習に関係している可能性が全くないとは言いにくく、
インドのカースト制度並に「極端な世襲制の階級社会」である英国では、王室、貴族、上流市民階層は紳士的な生活を行えても、
世襲的に下級階層に陥っている英国民は、上流層とは大きく違った価値観を食文化(特に内臓料理)に関しても
持っている可能性が場合によればあるのではないかと疑っています。

@1994年、英国にて人喰いバクテリア(劇症型A群溶血性レンサ球菌感染症:グラム陽性通性嫌気性球菌による)発生:
1994年、イギリスを中心にヨーロッパで急激に手や足の壊死が進行
http://www.microbes.jp/dic/Content/hi003.html

A1994年、やはり英国にてBSE由来のCJD発見:
イギリスにおいて1994年初頭から1995年後半の2年弱で、
BSE同様に脳が海綿状になるクロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)が
10症例報告され、そのいずれもが従来のCJDと異なる新種のCJDであり、
感染源がBSEに感染した牛である可能性があると発表された
http://sirius02.sakura.ne.jp/text/bse.htm

828 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 18:51:55 ID:OS77TWz1
あの、いつまでその話、続きますか?

829 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 18:59:06 ID:oASXvh0l
>>826

貴方は、やはり文系出身者ですね。
自然科学の基礎が悲しいほど出来ていません。まあ仕方がないですが・・・。
(ここまで自然科学の基礎が出来ていないのは国立文系ではなく、私立文系でしょう。)

ガイジュセックはクールー病患者からの脳をすりつぶして
チンパンジーに接種した。そのチンパンジーは18ヶ月後に運動失調と震えを伴う行動異常を示した。

事を見出した訳です。と言うことは

1. その病気にかかった患者の病巣から、その病原体が必ず検出できる
2. 単離精製された病原体を健康な固体(実験動物)に接種すると、その病気
  を引き起こすことができる
3. 病気になったその固体の病巣から再び同一の病原体が検出できる

に近い条件を満たした事になります。ただ感染体がウイルスなのか、蛋白なのかは
プリオン説を主張したプルシナーのノーベル医学・生理学賞を経ても未だに論議が分かれていますが、
ガイジュセックが行った事は、CJD患者の脳を磨り潰したものが感染体になっている事を示せた点で
偉大であり、コッホの3原則に準した科学的証明に成功した事になる訳です。






830 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 18:59:38 ID:12igjU9f
イーホームズ藤田社長、再び官邸へ直訴! 「エグゼプリュート大師駅前」等の告発携えて…  やりとりはYouTubeで配信
http://www.youtube.com/watch?v=dApNqiZ5k3A
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1161507506/l50


831 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 19:17:00 ID:jAuDClu+
>>829
あなたは、やはり妄想系出身者ですね。
思考の基礎が悲しいほどできていません。まあ、仕方がないですが・・・。
(ここまで思考の基礎が出来てないのは後天性疾患ではなく先天性疾患でしょう。)

ガイジュセックは病原体を特定できていない。
にもかかわらず、あなたは「コッホの三原則」を持ち出してくる。
しかも辻褄が合わないことを誤魔化すために、
>コッホの3原則に近い条件
>に近い条件を満たした事になります
>コッホの3原則に準した科学的証明に成功した事になる訳です

などと姑息なことを書く。
「近い」「準じた」?????
馬鹿であるのみならず、卑怯でもいらっしゃるようですね。

832 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 19:17:12 ID:GhKx2ZYp
先生の頭の中、
「うわっ、また釣られてるよ。暇な奴らだな。これがNEETか。」
「なんか真面目に反論してるよ。ネタなのに。」
「うはっ、知ったかぶりかよ。アホだな。」
「こいつ冷静なフリして実は頭にきてるな。書き込みからわかるよ。」
「こいつうざい。いつも同じようなこと聞いてきやがる。ネタなのにまともに反論できるかよ。スルーしよう。」
「なんか食い付き悪いな。とりあえず文系発言して挑発しとくか。」
「妄想、妄想ってうるさいな。妄想じゃないんだよ、ネタなんだよ。」
「とりあえずわざと漢字ミスして幼稚なネラーどもに鬼の首をとったような顔をさせてやるか。」
「こんだけ人を見下せる所はほかに無いな。だから2ちゃんはやめられないな。」


皆さん、気を付けてください。
先生は一流の釣り師です。
その強引な釣り方で今まで多くのネラーを釣り上げてきました。
まともに書き込むだけ先生の思う壺です。

833 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 19:18:21 ID:oASXvh0l
>>787
>8.当該地域は人が亡くなりそうな家では、なぜか「味噌炊き」の準備が始められるので、味噌のにおいがすると
>その家では死者が出るとさえ言われている地域風習が地域の書籍に明文化されている

>>800
>それらの風習が載っている具体的な民俗学的資料を示しなさい。

『男鹿・脇本の民俗 浦田・樽沢・百川』 
秋田文化出版社
大島建彦・西郊民俗談話会編

114ページの上段の記述
『死ぬような時に前もって味噌を煮るため、
周囲に急いで味噌を煮るような家があると、ああもう駄目なんだなとわかる』

*上の書籍は男鹿市立図書館の2階にて閲覧可能である。
この記述は、秋田県男鹿周辺(なまはげ伝説の強い地域)では、人が死にかかると
死ぬ前から味噌炊きの準備をする風習が、昔から現在に至っても続いている事実を明確に示している。

死人が出る前に味噌炊きをするという事と人食い風習(カニバリズム)との関係は、100%のものではない
という人がいるかもしれないが、他に可能性が考えにくいのも事実である。もし他の可能性があるというなら
ここで論理的にお教えいただきたい。



834 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 19:19:07 ID:oASXvh0l
人間の遺体は、東北の貧しい地域にとっては、貴重な蛋白源に他ならず、
皆で食べていない方が不自然と考える。こういった事は全国の他の地域でも恐らく珍しくない
のではないか?秋田だけとは考えにくい。

特に南京大虐殺と呼ばれている南京攻略の前の昭和恐慌においては
冷害に見舞われた東北民は極めて困窮度が高く、娘を売り、子供の食事を抜き
その上で何でも食べたのは間違いないと推察できる。そしてそのカニバリズム・エネルギー(飢えのエネルギー)が
日中戦争のドライビング・フォースの一つになったという分析はあながち間違いとは言えないだろう。

こういった民俗学資料が、近年の風習として明文化されているという事は
秋田県男鹿地域ではこれが現在でも一般的なのだろう。そしてその風習が「包丁を振りかざす鬼」である
ナマハゲの母体となっているのであろう。ナマハゲは秋田県民の心の中に今も実在する。


835 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 19:27:42 ID:jAuDClu+
あら、話題変えちゃった。
そういえば、憲法学の教科書を一冊も読まずに、憲法について与太話してるのもこの人か?

836 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 19:32:46 ID:oASXvh0l
>>800
>それらの風習が載っている具体的な民俗学的資料を示しなさい。

文化人類学者の解析によると、秋田県では現在でも人間に極めて近い日本猿を
「山の獣の中では猿が一番うまい」と食用にしている風習があり
角館町のイサバ屋で日本猿を毛がついたまま吊して販売されていた例も報告されている。
また、秋田のマタギ文化は、食べられるものは何でも食べ、「動物の糞」まで
食べる技術を持っている事が以下のURL資料にて報告されている。
http://tokuzo.fc2web.com/2003/shoku/shoku-01.htm

また、国際日本文化研究センター元所長の山折哲雄博士は
狩猟民族文化と農耕民族文化との差は「人間が食物連鎖の中に組み込まれているか否かであり
秋田県の一定地域はその境界を越えている」といった趣旨の説明を行われ、
秋田県内では西日本とは違って人が(獣もしくは人かは明示していないものの)食われる事
もある事を明確に示唆されている
(「NHKカルチャーアワー 日本の心、日本人の心・上」、山折哲雄著、NHK出版;
http://tokuzo.fc2web.com/2003/shoku/shoku-01.htm)。

また、この地域には姥捨て山伝説もあるが、実際に秋田県内の老人の山中での遭難死が
毎年、高頻度で新聞報道されている(秋田魁新報2005/07/07)。新聞では春−夏場に
山菜採りに出向いて老人故に帰宅できなくなったため衰弱死したと扱われているが、
その頻度が毎年異様に大きい。山菜に恵まれた山間部人口が秋田県より遙かに多い
福岡県、愛媛県、兵庫県等ではこういった遭難例は実際ほとんどないに等しく、
しかも春−夏期でのここまで高頻度の老人遭難死は「事故」としては不自然である。
人間の生命の尊厳に関する感覚がこの地域は他県とは全く違っている可能性が否定できない。

837 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 19:38:16 ID:oASXvh0l
>>800
>それらの風習が載っている具体的な民俗学的資料を示しなさい。

また東北学の提唱者である赤坂憲雄教授によると
この地域には「共同体の起源に深くかかわる供犠、それを再現しつつ隠蔽する人身御供譚」風習が
古来から未だに続いている事も指摘されており、
その民族的なスケープゴート風習からか
秋田県は全国一自殺率が高い状況が10年連続して続いている
http://www.shin-yo-sha.co.jp/essay/y-muguruma.htm
http://www.ultracyzo.com/newssource/0308/03.html

またこの県では他の地域とは違って葬儀の後ではなく前に
遺体処理する事が慣例となっており
http://www.ja-sousai-akita.co.jp/custom/index.htm
http://www.s-net.ne.jp/towany-akita/index.html
肉の腐敗が進むと見られる葬式時には既に遺体がないだけでなく、
(葬儀ビジネスにおいて他地域にはない何らかの副収入があるのか)他地域と比べて
葬儀料が格安になっている。

また、極めて個人的な情報であるはずの私人の死亡情報一覧が、
遺族の意志を確認する事なく地域新聞を通して市町村役場から強制的に公表されている。
この頻繁な新聞公表はこの地域では「他人の死」が日常的に新聞掲載費用を上回る
「地域全体のビジネス」につながる公的情報になっている可能性を示唆している。

以上の文化人類学的背景は、この地域においては縄文時代から未だに密かに
人を集団で食している風習を根強く残しているという仮説と矛盾しない。

838 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 19:41:32 ID:GhKx2ZYp
釣り乙。
人の死が早めにわかる。
→人食いと関係ある。
なんて釣りだろ?

839 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 19:47:59 ID:HO5h8+nJ
>>837
> 肉の腐敗が進むと見られる葬式時には既に遺体がないだけでなく、

ほう
秋田の葬式じゃ出棺直前に故人の顔を見ることはしないのか

> (葬儀ビジネスにおいて他地域にはない何らかの副収入があるのか)他地域と比べて
> 葬儀料が格安になっている。

葬儀料の地域比較について具体的な数字を出してくれ


840 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 19:51:35 ID:oASXvh0l
>2.当該地域において葬儀業者と「焼肉屋(若しくは肉屋)あるいは有機肥料販売業者」とが
>  セット(隣同士)になって運営されているケースが、北東北の調査した狭い区域だけで4例ある。
>  その中には他に全く小売業者がない過疎った国道沿いに葬儀業者と肉屋だけが隣同士でポツンと
>  存在していた不可解なケースもある。肉屋の立地条件としては、こういった偶然性は西日本では見た事がない。

この場で、具体的な葬儀会社名、肉屋(焼肉屋名)をここで記すのは、
(ここまで具体的に人喰い犯罪風習を論議している以上)、威力業務妨害を避けるために
避けさせていただきたい。

しかし秋田市及び能代市周辺の大きな葬儀屋である事だけはお伝えしておく。
これだけの情報があれば、学者やマスコミ記者なら、正当に調査活動を行うなら
特定する事は難しくないだろう。

西日本云々に関しては当方は過去35年間は西日本の数箇所の都市に居住してきたので
その経験から論じたものであり、当該論議の為に別途調査活動を行ったものではない。しかし、
西日本で「葬儀屋と肉屋が同じ屋根の下で運営されている例」があるならば逆にここで示して欲しい。
ここは数万の閲覧者を誇る掲示板なので、もしあるなら示していただける方がいても不自然ではないと考える。



841 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 19:59:45 ID:OS77TWz1
南京大虐殺……?

842 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 20:26:33 ID:9KDuRAj0
【南京大虐殺と平成大虐殺に共通する法則性抽出に関する研究】

昭和恐慌 → 喰えない(農作物価格暴落、生糸価格暴落)
     → 子供の食事を抜く(欠食児童の増大)
     → 娘をソープに売る(青森、秋田では年に数千人レベル)
     → 東北を中心に共喰い(人肉食)が横行
     → 喰えないので、政府中枢へのテロ(5・15事件など)発生
     → 国内テロを避けるため国外に不満を向ける必要性
     → 満州事変、日中戦争(南京大虐殺など)
     → 1000万人の中国人を殺して喰う

平成不況 → 政府、自治体あわせて1000兆円以上の借金
     → 年金財政破綻危機、医療費財政危機
     → 多くの自治体の破産危機(地方分権一括法が破産危機を加速)
     → 年金滞納者、健康保険高額利用者、税金滞納者、福祉費高額利用者、システム察知者、稼げない老人、食用赤ん坊
       などのリストアップ(デスノート法:外来生物法・鳥獣狩猟法の違憲適用)
     → 行政・警察などによる年間数万人もの国民の大量殺人(年間数万人):(平成景気に転じても自治体の巨額負債が減っていないため)
     → 臓器リサイクル、人肉リサイクル、肥料リサイクルによる経済収入(裏金システム)
     → 大量虐殺により平均寿命のはじめての低下
     → 昨年のインフルエンザ大量感染死のデータ捏造(厚生労働省の中島元局長の関与)
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1146800434/823
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1146800434/821-825
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1146800434/682-765

843 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 20:28:47 ID:bf+qL/dh
という妄想

844 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 20:37:17 ID:9KDuRAj0
))839
)ほう
)秋田の葬式じゃ出棺直前に故人の顔を見ることはしないのか

秋田では他の県とは違って葬式時どころか通夜でさえ
http://www.ja-sousai-akita.co.jp/custom/index.htm
ご遺体は既に斎場にはなく、腐敗を防ぐためドライアイスで冷やしながら
葬儀屋から焼き場に引き取られた後になっている。多くの県では葬儀時にも遺体があるのが
普通なので、この点、他県出身の葬家とトラブルになる事もあるらしく、
上のHPには「秋田のしきたり」を優先してもらえるよう予め説明がなされている模様である。

)葬儀料の地域比較について具体的な数字を出してくれ

現在は消されている以下のHPにおいて、具体的な数値は駆け引き上、出せないが
秋田は他県より格安である事が強調されていた。
http://www.s-net.ne.jp/towany-akita/index.html

)10.当該地域における各種死亡率が自然発生では起こりえない傾向を示しており、自然死・自殺・自然死を装った組織殺人
)   が一般化していないとその統計の不自然性が説明しにくい。
))800
)具体的資料を示しなさい。

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1146800434/823
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1146800434/821-825
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1146800434/682-765




845 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 20:42:51 ID:9KDuRAj0
以上、具体的に根拠を示してきましたように以下が事実上の食人殺人風習根拠になっている一面が
あるのは自明です。他にも根拠は少なからずありますが、もしそうでないといわれる方がまだおられるならば
まず以下全てを説明可能な説をお示しいただけないでしぃおうか?私はこの問題が南京大虐殺とされる問題の推進力の一つにも
なったと分析しています。

1.パプアニューギニアの人喰い風習を通して発見された経緯がある
  プリオン病の発生率が当該地域において全国で最も高い。原因は現在でも「不明」とされている。
2.当該地域において葬儀業者と「焼肉屋(若しくは肉屋)あるいは有機肥料販売業者」とが
  セット(隣同士)になって運営されているケースが、北東北の調査した狭い区域だけで4例ある。
  その中には他に全く小売業者がない過疎った国道沿いに葬儀業者と肉屋だけが隣同士でポツンと
  存在していた不可解なケースもある。肉屋の立地条件としては、こういった偶然性は西日本では見た事がない。
3.葬儀屋の隣の肉屋で売られていた肉を、視覚検査したところ外見上、
  ウシ、豚、馬、鶏の肉の形態を示していないケースが複数、確認できた。
  若干の食味試験においても不可解な傾向を示している事が確認できた。
4.当該地域は東北またぎ集落が多数あり、太古からの狩猟文化の伝統がある。
5.東北またぎは動物の糞(糞食)を含むあらゆるものを食べる技術と習慣を持つとする資料が確認できる
6.食糧不足の際には、子供を殺して食べたといった資料も確認できる。
7.北東北が豊かになったのは稲の品種改良に成功した戦後であり、それまでは非常に貧しい生活を
  強いられ絶えず食糧不足に悩まされていた。
8.当該地域は人が亡くなりそうな家では、なぜか「味噌炊き」の準備が始められるので、味噌のにおいがすると
  その家では死者が出るとさえ言われている地域風習が地域の書籍に明文化されている
9.当該地域のみ通夜の前に遺体を葬儀業者が引き取る風習があり、遺体の鮮度が他県とは2晩分は異なる。
10.当該地域における各種死亡率が自然発生では起こりえない傾向を示しており、自然死・自殺・自然死を装った組織殺人
   が一般化していないとその統計の不自然性が説明しにくい。


846 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 20:56:50 ID:U/cq33VE
秋田県在住の皆さん
ご発言下さい。


847 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 21:09:55 ID:9KDuRAj0
>3.葬儀屋の隣の肉屋で売られていた肉を、視覚検査したところ外見上、
>  ウシ、豚、馬、鶏の肉の形態を示していないケースが複数、確認できた。
>  若干の食味試験においても不可解な傾向を示している事が確認できた。

現在、DNA鑑定を試みているが、発注した試薬業者を通したオリゴDNA資料の破壊や
研究室のフリーザーに保管していたオリゴDNA資料の破壊が意図的に行われているとしか思えない事態が続き、
本来は1週間で終わるはずのDNA鑑定実験が何ヶ月も停滞している。

組織的な実験妨害が行われているとしか思えない状況であり
それに矛盾しない心因反応を示すネット投稿も多数確認できるが、
人肉食が実は一般的である事を社会に開示する事は、社会の宗教観、社会通念を良い意味で
一変させるだけでなく、南京攻略のような国際紛争を未然に防止するためにも意義のある事と考える。

人肉や臓器(腎臓は一つ300万円と言われる)が役所や警察の巨額の裏金源(恐らく県で100億円以上)
になっていると予想されるため、本末転倒の治安崩壊が起きているのが現実と見られるが、
水面下のこれ以上の大量殺人を防ぐためにも当該研究は必要であると考えざるを得ない。

役所や警察そして病院が臓器や人肉目的で年間数千人の殺人を行い、自然死・自殺・事故死を偽装しているとしか
思えない時代になっている事実に驚きを禁じえない。これは恐らく計画的な人口調節を兼ねているのだろう。
そしてこの人口調節虐殺には超一流の数理生態学者が関与しているのだろう。
九州大学の岩佐教授と恐らく同じ分野の生態学者が、年間数万人に及ぶ計画殺人の策定に参加している可能性が否定できない。
そう考えれば平成の生態学は第二のナチス優生学に成り下がってしまっている一面があるのだろう。役所、警察、病院、大学が大量殺人に
罪の意識なしに参加する非常に危険な時代であると考えざるを得ない。

当該アプローチこそが時代に新しい価値観、世界観、宗教観を良い意味で切り拓きうるであろう。
何とか当該実験の続行をお認めいただけるようお願い申し上げるしだいである。


848 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 21:30:47 ID:ctREpR3b
>>845
>プリオン病の発生率が当該地域において全国で最も高い。
嘘。
>2.
人口より牛の数が多い土地柄、田舎なので元は農家や酪農家の次男三男が精肉店
(生産者直売で利益が高い)や葬儀屋(元手がかからない)を開業するケースも
多いかと思うが。
>またぎ集落が多数
>動物の糞(糞食)を含むあらゆるものを食べる技術
サバイバルの方法として糞を食べる事はあるかもしれないが、通常人間は食わないな。
>非常に貧しい生活
これは同意。実際に天明の大飢饉の時は死者の肉を食べるレベルまで飢餓が進んだ。
秋田県に限らず、京都周辺でも飢饉の酷さを表現するのに人肉食を記載した文献はある。
しかし、平時においてそのような事はタブーとされている(あたりまえ)。
>味噌炊き
葬式や通夜は不謹慎かもしれないが地域の一大イベント。村人全員にいきわたる食事を
用意しなければならなかった。貧しい地方ならなおのこと、美味そうな料理の香りは
葬式の時ぐらいしか嗅げなかったろう。
>遺体を葬儀業者が引き取る風習
葬儀が盛大なので準備に時間がかかり、遺体が腐敗する前に、仮埋葬をまず済ませる
からだろう。
>各種死亡率が自然発生では起こりえない傾向
人口密度が極めて低く、山菜採りなどで遭難すると致死的だから。寒冷な気候はうごけ
なくなった老人を容易に疲労凍死させるだろう。

中国に派遣された兵士のあいだでそんなに食人が行われていたのであるならば、遺骨に
肉をそぎおとしたり火にくべた跡がないといけないし、手足の部位がバラバラに出土
しなければならない。食用に供された人骨がゴミ捨て場から多量に出土したのであれば
人肉食の証拠になるが、こういう美味しい事実をさすがに中国も喧伝していない。

849 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 22:44:13 ID:IszvRAYx
よくわからんけど、秋田では人肉食が日常的に行われていて、南京大虐殺の死体は
日本兵が喰ったと唱えるド基地外が暴れてるってことでOK?

850 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 23:00:11 ID:ctREpR3b
>>849
そう考えないと文脈が繋がらない。

中国では食人はむしろ、健康食とかのレベルでとらえられている節がある。

日本人は罪人や政敵の墓を暴いたり、遺体を辱める文化がない。死ぬと神様になって
超自然的力を持つと素朴に信じている。始皇帝の墓を暴いて放火しても、始皇帝の
祟りがあった、なんて記録あったっけ?日本人は遺体を食べると故人から祟られると
素朴に考えていたとする方が自然。実際、人肉を食うのは食糧の乏しい荒野の真ん中
に住む妖怪だったり、人間以外の鬼だったりする。飢饉の時に人肉を食うのだって、
それほど飢えに苦しんでいるという状況を形容するのに挿話として使われているに
すぎない。民俗誌的な文脈で考えれば、日本人が人肉食を極限的飢餓以外で採用する
ことはまずないと理解できる。

851 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 00:33:11 ID:81Bb181D
>>849
南京攻略戦に限った話しじゃないらしいよ
先の大戦中に日本軍は1千万の中国人を食べ尽くしたんだとさ
さすがに北京政府もその工作員もこの話しには全然乗ってこないw

852 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 12:31:05 ID:2Uoynp1l
>704
>秋田県立大学の↑田先生は相変わらず想像しか書けないんだな。

「↑田」って、うえだ?

漢字違い。「上田」じゃないよ。

853 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 18:30:51 ID:bZdLpJqX
【言論チンピラ妄言解毒対策レス#45】
都合の悪い質問はスルーですか? 繰り返し質問します。
南京大虐殺はなかったと主張する学者は実在しますか? もし実在するなら名前を挙げてください。

854 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 18:53:23 ID:sKNTBtqH
アクセス規制(本来は検閲の禁止が必要)により個人PCでは論議に参加できなくなったため、
以下URLにて反論を行います。

megabbs:歴史:日中戦争と平成大虐殺の接点を考える
http://www.megabbs.com/cgi-bin/readres.cgi?bo=history&vi=1161528338



855 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 18:55:02 ID:sKNTBtqH
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1141826082/848

>>プリオン病の発生率が当該地域において全国で最も高い。
>嘘。

嘘と言われるならば、その根拠(論文)を示していただけないでしょうか?
論文根拠なしに嘘と言われているならば、小学生と変わりません。
以下の自治医大の公衆衛生学教室の論文をどういった根拠で嘘とおっしゃっているのでしょうか?

「クロイツフェルト・ヤコブ病全国疫学調査」
http://ime.nu/www.medical-tribune.co.jp/mtbackno/3116/16hp/M3116201.htm
http://ime.nu/www.medical-tribune.co.jp/mtbackno/3116/16hp-im/M3116201-P03.jpg

秋田県は全国一CJDの発生率が高く、その大半は原因不明とされていますのは間違いありません。

なお数ヶ月前の激しい論議の後で、国立感染研のCJDデータが別にある事が他の方から指摘されましたが
国立感染研はインフルエンザ大量死の捏造を行った容疑が強い機関ですので
感染研のデータは信用に足らないと考えています。



856 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 18:56:44 ID:sKNTBtqH
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1141826082/848

>人口より牛の数が多い土地柄、田舎なので元は農家や酪農家の次男三男が精肉店
>(生産者直売で利益が高い)や葬儀屋(元手がかからない)を開業するケースも
>多いかと思うが。

貴方は日本人ではないのではないでしょうか?

現在、食人問題が出ている秋田県は、畜産産業はあまり盛んではなく
「人口より牛の数が多い土地柄」ではありません。一体、どこの国の話をされているのでしょうか?
貴方は外国人ではないですか?

また秋田県にて葬儀屋と肉屋を同じ経営母体で同じ屋根の下で行っているのは
個人ではなく農業系団体です。

大型スーパーが入っていた建物を改修し食肉加工室を持つであろう建物の中で、
表口では葬儀屋として、ご遺体を引き受け、裏口からは食肉センターとして
食肉の宅配が行われている秋田の商売形態は非常に誤解を招きやすいのは間違いありません。

こういったケースが1件だったらよいのですが、狭い地域に4件も同じような形態をとっている現状は
秋田県にては葬儀がそのまま食肉センターに直結していないと説明がつきにくいのは
間違いないのではないでしょうか?

また厩舎を改造して解体室・食肉加工室を
同じ建物に設置する例も聞いた事がありません。
畜産業は大量の糞尿を出しますので、食品衛生上の問題があるからです。

それに対し、遺体を食肉に使っているならば、遺体は糞尿を出しませんので
食品衛生法上の問題は事実上なく、葬儀場に食肉用解体室を設置する事は可能になると考えます。

しかし、ここまであからさまな建物設計や建物配置は
秋田県以外では見た事がなく、もしそうでないとされるならば、その根拠をお教えいただけないでしょうか?

857 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 18:57:55 ID:sKNTBtqH
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1141826082/848

>>味噌炊き
>葬式や通夜は不謹慎かもしれないが地域の一大イベント。村人全員にいきわたる食事を
>用意しなければならなかった。貧しい地方ならなおのこと、美味そうな料理の香りは
>葬式の時ぐらいしか嗅げなかったろう。

貴方様は勘違いなさっているようです。もう一度、以下の郷土資料に目を通していただけませんか?
秋田県で死人が出る家で味噌煮が始まるのは、亡くなった後ではなくて
亡くなる前です。と言う事は、ご家族の一員が病気や怪我等で瀕死の境を彷徨っている時に
その方を何とか回復するように励ますのではなく、その家族の人肉を皆で食べる準備を始めている事に当然なります。

これは家族の一員でさえ、もはや人間として扱ってもらっていない事を示唆している
可能性を示しており、非常に大きなカルチャーギャップを私は感じています。
人間とは何か?という感覚が狩猟民族と農耕民族とではここまで違うのかと深く考えさせられるものがあります。

亡くなる前の瀕死の状態で、味噌煮の準備を近所や親戚をあげてする訳ですから
味噌煮の準備が出来てまだ亡くなっていなければ、周りに殺される可能性も否定できないと考えます。
この文章の解釈について他の解釈法があるならお教えいただけないでしょうか?
謙虚に伺いたく存じます。

『男鹿・脇本の民俗 浦田・樽沢・百川』 
秋田文化出版社
大島建彦・西郊民俗談話会編

114ページの上段の記述
『死ぬような時に前もって味噌を煮るため、
周囲に急いで味噌を煮るような家があると、ああもう駄目なんだなとわかる』


858 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 18:58:51 ID:sKNTBtqH
>>遺体を葬儀業者が引き取る風習
>葬儀が盛大なので準備に時間がかかり、遺体が腐敗する前に、仮埋葬をまず済ませる
>からだろう。

葬儀に相応の労力をかけるのは全国共通です。秋田県だけではありません。
葬儀の規模は生前の地位や経済力に比例しますので、地位が高く経済力が大きな人が比較的多い
関東や関西の方が秋田よりむしろ葬儀の規模は大きいと推察できます。

また、寒い秋田より、関東、関西さらには九州の方が、気温が高いので
遺体の腐敗はずっと進みやすいのにも関わらず、秋田だけ他県よりも二晩も早く
業者が遺体をドライアイスで冷やしながら引き取るのは別の理由があるとしか思えません。

表向きは火葬場に直行しているように見せ、実は解体し、一つ300万円と言われている腎臓等の
臓器の無断摘出と人肉のパック化、更には肥料処理化を行い、火葬場では遺体の骨の一部のみ焼いて見せている
のではないでしょうか?

秋田県では葬家とトラブルになっても業者が通夜の前に遺体を引き取るしきたりがあるとされているのは
上のように考えないと説明がつきにくいのも事実かと考えます。他に合理的な説明が思いつきません。
もし他に論理的な説明が可能ならお教えいただけないでしょうか?

859 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 19:49:07 ID:sKNTBtqH
>>各種死亡率が自然発生では起こりえない傾向
>人口密度が極めて低く、山菜採りなどで遭難すると致死的だから。寒冷な気候はうごけ
>なくなった老人を容易に疲労凍死させるだろう。

これに関しても勘違いされているようです。
私が自然発生では起こりえない死亡率と申し上げているのは以下の統計データです。

【主な決定係数(相関係数の2乗)分析一覧】
                  北日本(青森を除く) 西日本   全国(青森を除く)
喫煙率(日20本以上)VS平均寿命    0.50     0.02  0.04
喫煙率(日20本以上)VS年齢調整・肺癌 0.03     0.07  0.01
喫煙率(日20本以上)VS年齢調整・胃癌 0.44     0.11  0.05

                    北日本
日照時間と腎不全(男性)   0.53:負の相関   (西日本0.25、全国0.01)
日照時間と自殺(男性)    0.55:負の相関   (西日本0.06、全国0.22)
日照時間と胃癌(男性)    0.11:負の相関   (西日本0.07、全国0.01)
日照時間と肺癌(男性)    0.56:負の相関   (西日本0.08、全国0.05)
*但し、ここでは喫煙率・肺癌率共に極端に高い青森県を除いて計算した
肺癌(男性)と喫煙率     0.08:正の相関   (西日本0.11、全国0.00)
*但し、ここでは喫煙率・肺癌率共に極端に高い青森県を除いて計算した
日照時間と脳梗塞      0.28:負の相関    (西日本0.24の正の相関、全国0.07)
日照時間と不慮の事故(男性)  0.23:負の相関   (全国0.00)


860 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 19:51:25 ID:sKNTBtqH
上のような統計データは秋田県はじめ北日本において以下の行政手法が日常茶飯でないと
発生しえないと考えます。またそれを裏付ける各種資料も確認できます。

@糖尿病:    糖尿病誘発剤(オランザビン:統合失調症薬の副作用悪用)
A脳梗塞:    脳梗塞誘発剤(排卵誘発剤の副作用悪用)
B腎不全:    腎不全誘発剤(アロプリノールの副作用悪用)
C肺癌:     放射線照射装置(癌治療用放射線医学の副作用悪用)
D胃癌:     北日本で流通しているタバコにタバコ会社が別途、混入させた毒物
D心不全:    AED除細動機(心停止蘇生の医療事故悪用)
E自殺:     集団暴力を使った首吊りや溺死等に見せかけた殺人
F不慮の事故:  集団暴力を使った溺死や交通事故等に見せかけた殺人
 
なお、このような手段を医師も入って組織的に使われた場合、本当に上の各々の疾病で死亡する形になりますので
表向きは不自然性は見えにくい形になりますので、(巧妙な情報操作の結果)国民の大半を占める状況になっている
「愚民」(家畜人)は気がつきません。

また前述のように秋田県の場合、通夜の前に遺体を葬儀屋が引き取る風習がありますので
その段階で葬儀会社が遺体解体すれば臓器や人肉は摘出可能です。また、他の県の場合も
火葬場の職員を通して火葬場で遺体解体を行えば、やはり見かけ上は騒ぎにならずに
人肉解体が可能となります。こういった背景がある可能性が現在のところ否定できません。


861 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 19:52:38 ID:sKNTBtqH
>中国に派遣された兵士のあいだでそんなに食人が行われていたのであるならば、遺骨に
>肉をそぎおとしたり火にくべた跡がないといけないし、手足の部位がバラバラに出土
>しなければならない。食用に供された人骨がゴミ捨て場から多量に出土したのであれば
>人肉食の証拠になるが、こういう美味しい事実をさすがに中国も喧伝していない。

人間を秋田県で見られる手法で解体処理し、食肉加工した後の
「骨を含む残渣」は有機肥料として処理可能です。その場合、農耕地の土壌微生物
の働きによって、骨等は1年もかからずに綺麗に分解され、痕跡が残りません。

実際、日本では馬等の大型動物の骨を砕いて「肉骨粉」のような形にして
有機肥料に使ってきた歴史が、江戸時代からあり、鹿児島県では当該肥料開発者を偉人として扱っています。

また現在でも動物の骨を、肉骨粉に加工せず、そのままの形で農耕地に施用するための農業資材が
販売されており、中国の広大な農耕地面積を考えると1000万人の戦争犠牲者の骨を処理するのは容易です。

>手足の部位がバラバラに出土しなければならない。

従いまして、当該有機農業手法(死体農法)を用いれば
1年で痕跡がなくなりますので、「手足の部位がバラバラに出土」する事は
起こりえません。

>遺骨に肉をそぎおとしたり火にくべた跡がないといけないし

遺骨自体が農耕地の土壌微生物に分解されて1年で綺麗になくなりますので
「遺骨に肉をそぎおとしたり火にくべた跡」も残りようがありません。

なお秋田県等の現代農業は、この手法が一部入っている可能性が否定できないと考えます。
人間死体で農業を行う伝統があると推察しています。現在の農業で出回っている「アミノ酸肥料」なるものの
多くは人間死体由来である可能性が否定できない状況です




862 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 19:53:33 ID:sKNTBtqH
>先の大戦中に日本軍は1千万の中国人を食べ尽くした

@60万人程度の日本兵の食糧調達(肉源)に関する命令書がない

A当時の中国には大規模畜産業がなく、8年間に60万人が消費可能な肉量と
中国の犠牲者1000万人から取得可能な肉量がほぼ一致する事。

B中国にも日本にも食人風習が太古からある事を示す資料(特に中国)が
確認できる事、

C食肉と肥料の2つで綺麗に遺体が処理できる(塩漬けの保存食を含む)と見られる事

D当時の日本は昭和恐慌と冷作で極度の食糧不足に陥っていた事もあって、
5・15や2・26などの政府中枢へのテロまで発生しており、
中国に「食糧源」を求めざるを得なかった状況にあった事。

E中国自体に食人風習があるので、中国が日本をこの点において非難しにくい
状況にある事。

の6点を考慮すれば当該仮説は
現在、指摘されているあらゆる学説よりも矛盾が少ないのは間違いないのではないでしょうか?

当該論議が日中双方の友好につながる事を祈ります。


863 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 19:55:07 ID:9j1PdEY/
>>862
>当該論議が日中双方の友好につながる事を祈ります。

それなら中国語でも書けよ。

864 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 19:57:24 ID:sKNTBtqH
>民俗誌的な文脈で考えれば、日本人が人肉食を極限的飢餓以外で採用することはまずない

それは「幻想」に過ぎません。少なくとも東北ではこれが日常ではないでしょうか?

【現在の秋田県において人肉食・臓器商売目的の大量殺人犯罪が横行しているとする10の根拠・背景】

1.パプアニューギニアの人喰い風習を通して発見された経緯がある
  プリオン病の発生率が当該地域において全国で最も高い。原因は現在でも「不明」とされている。
2.当該地域において葬儀業者と「焼肉屋(若しくは肉屋)あるいは有機肥料販売業者」とが
  セット(隣同士)になって運営されているケースが、北東北の調査した狭い区域だけで4例ある。
  その中には他に全く小売業者がない過疎った国道沿いに葬儀業者と肉屋だけが隣同士でポツンと
  存在していた不可解なケースもある。肉屋の立地条件としては、こういった偶然性は西日本では見た事がない。
3.葬儀屋の隣の肉屋で売られていた肉を、視覚検査したところ外見上、
  ウシ、豚、馬、鶏の肉の形態を示していないケースが複数、確認できた。
  若干の食味試験においても不可解な傾向を示している事が確認できた。
4.当該地域は東北またぎ集落が多数あり、太古からの狩猟文化の伝統がある。
5.東北またぎは動物の糞(糞食)を含むあらゆるものを食べる技術と習慣を持つとする資料が確認できる
6.食糧不足の際には、子供を殺して食べたといった資料も確認できる。
7.北東北が豊かになったのは稲の品種改良に成功した戦後であり、それまでは非常に貧しい生活を
  強いられ絶えず食糧不足に悩まされていた。
8.当該地域は人が亡くなりそうな家では、なぜか「味噌炊き」の準備が始められるので、味噌のにおいがすると
  その家では死者が出るとさえ言われている地域風習が地域の書籍に明文化されている
9.当該地域のみ通夜の前に遺体を葬儀業者が引き取る風習があり、遺体の鮮度が他県とは2晩分は異なる。
10.当該地域における各種死亡率が自然発生では起こりえない傾向を示しており、自然死・自殺・自然死を装った組織殺人
   が一般化していないとその統計の不自然性が説明しにくい。

865 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 20:25:35 ID:tjj9msjl
主張しあっても平行線だから、
証明する方法を考えようね。

866 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 20:36:53 ID:BJRbQ5QF
無いものをあったか無かったか議論しては相手の思う壺。
無いものをあるとウソ付く朝日と中国を非難すべし。



867 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 20:54:40 ID:lVISFgRx
まあ、白髪三千丈(はくはつさんぜんじょう=李白「秋浦歌」から 長年の憂いが重なって
白髪が非常に長くのびることを誇張していった言葉。Yahoo辞書より)の国だから、5〜6
体の馬賊の死体が転がっているのを見た者の話が伝わる度に大袈裟になって、10人が
100人、1千人が万人、10万人が百万人・・・いくらなんでも多すぎるから、切りのいいと
ころで20万〜30万人位・・・という事にしておこうか、という具合に出来上がってしま
った架空の事件なのではないのかな。

868 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 22:13:39 ID:XlYl1bOT
従軍記者達も人肉食ってた訳ですか・・・そして残滓は肥料にと・・・なんともはや・・・妄想先生には・・・

869 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 02:31:38 ID:27o4rxPM
なんのかのと言っても結局この妄想先生の目標は

人肉を食べたい

ってことなんだから呆れるばかりw

870 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 14:53:14 ID:v0p9CDPy
なんか、凄いことになってきたぞ。>ID:sKNTBtqH
これネタにして小説書いたら面白そうだなあ…。秋田県民怒るだろうけど。

しかし、遺体を解体するのには半日はかかりそうだけど、なんで死ぬ前から味噌炊くんだ?
動物の肉ってのは屠ったその日ではなく数日後の方が美味いのに、それをマタギ文化をうけ
つぐ人々が知らないはずがない。なぜわざわざあまり美味くない当日に食べようとするのか。

 また、中国人を日本軍が食っちゃった説にしても、骨は体重の約18%を占めるので、一人
60kg程度の体重があったとすると約11kgと少々の骨が出る。100万人というと1.1万トンと
いう膨大な量になり、かなり大規模な工場が中国の各地にないとその処理は不可能だ。日本が
支配していた地域は中国のごく一部で、いわゆる城市という点とそれを結ぶ線である道しか
おさえてなかった事はよくしられているが、人間由来であることを伏せながら、その大量の
人骨肥料を流通させるのにどういう手品を使ったんだ?

 また、毎日毎日必要量だけ屠殺される家畜と違って、人間の死者の発生はかなりムラがある。
ある週は数百人が死亡しても、ある週は数人ということもあり、地域にも偏りがあるはずで、
貧弱な日本軍の輜重部隊が、一戦闘で生じる大量の人肉という生鮮食料品を広範囲に流通し
かつストックするには、大量の保冷車と冷凍倉庫が必要になってくる。

まあ、百万人単位の遺体を処理するってことになると専用の食肉処理場が必要なレベルだし、
生きて輸送された食糧を保管するための大規模な収容所が必要となる。それこそトレブリンカ
やアウシュビッツよりも大規模な設備が必要となるだろう。そういうものはどうやって隠蔽
したのか。

871 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 15:01:35 ID:v0p9CDPy
亡くなる前に味噌を炊く理由として最も自然なのは、臨終の床に集まった親戚や近所の人に
ふるまう軽食として用意されるというものだけどね。

872 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 18:09:19 ID:R8rUbEsF
>>871

以下について、貴重なコメントいただき有難うございました。

『男鹿・脇本の民俗 浦田・樽沢・百川』 
秋田文化出版社
大島建彦・西郊民俗談話会編

114ページの上段の記述
『死ぬような時に前もって味噌を煮るため、
周囲に急いで味噌を煮るような家があると、ああもう駄目なんだなとわかる』



873 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 18:16:11 ID:R8rUbEsF
>>871

ご紹介する際に書きそびれていましたが、今回、ご紹介しました地域民族書籍において、
書かれていた事は、

『死ぬような時に前もって味噌を煮るため、
周囲に急いで味噌を煮るような家があると、ああもう駄目なんだなとわかる』

という事だけではなく、同時に、当該葬式を出した家は、3年にわたって味噌煮をしてはいけない
という禁忌が記されていたと記憶しています。貴方様がご指摘のように、単に
「臨終の床に集まった親戚や近所の人にふるまう軽食」という形ならば、何故、味噌煮に
そこまでの特別な意味を持たせるのか、文化人類学的な説明が困難になると考えられます。

874 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 18:22:18 ID:R8rUbEsF

更に、興味深い事には、秋田県男鹿市周辺の当該地域には
東湖八坂神社祭という地域の伝統ある祭りがあり、
その祭りの一つに、味噌煮を特別視した御味噌煮式なる祭事がある事が知られています。
http://www.oganavi.com/data/020.htm

と言う事は、この地域では、「味噌煮」という食文化は、普通の食事がもつ意味だけではない
神社に毎年祭らねばならない何か宗教的に特別な重い意義を持っている事を
文化人類学的に示している事の、一つの根拠になるものと考えています。



875 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 18:27:22 ID:R8rUbEsF
また、秋田には大型動物の内臓を味噌煮する食文化があり、
http://gourmet.yahoo.co.jp/0003166472/U0001058139/
味噌を肉につけこむ事によって、常温で1ヶ月、保存可能である事もよく知られています。

更に、臨終に集まった親類や近所の方に軽食を振舞うなら、家によって料理が異なってよいはずであり、
何故、この地域全体で、臨終前に、一斉に味噌煮をするのか、という点も
通常の理由では説明がつきません。



876 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 18:36:36 ID:R8rUbEsF
また、既に何度も述べた、現在でも起こっている以下の3つの事実も非常に重いと考えます。

1.パプアニューギニアの人喰い風習を通して発見された経緯がある
  プリオン病の発生率が当該地域において全国で最も高い。原因は現在でも「不明」とされている。

2.当該地域において葬儀業者と「焼肉屋(若しくは肉屋)あるいは有機肥料販売業者」とが
  セット(隣同士)になって運営されているケースが、北東北の調査した狭い区域だけで4例ある。
  その中には他に全く小売業者がない過疎った国道沿いに葬儀業者と肉屋だけが隣同士でポツンと
  存在していた不可解なケースもある。肉屋の立地条件としては、こういった偶然性は西日本では見た事がない。

3.葬儀屋の隣の肉屋で売られていた肉を、視覚検査したところ外見上、
  ウシ、豚、馬、鶏の肉の形態を示していないケースが複数、確認できた。
  若干の食味試験においても不可解な傾向を示している事が確認できた。

従って、これらを総合的に考えれば、地域書籍の以下の記述は、
貴方様が指摘された通常の理由では説明がつきにいくいとやはり考えざるを得ません。
状況証拠の一つにはなると考えます。

『男鹿・脇本の民俗 浦田・樽沢・百川』 
秋田文化出版社
大島建彦・西郊民俗談話会編

114ページの上段の記述
『死ぬような時に前もって味噌を煮るため、
周囲に急いで味噌を煮るような家があると、ああもう駄目なんだなとわかる』


877 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 19:07:42 ID:o2a01vAa
更に申し上げれば、当該地域は過去数年間にわたり、中学生以下の子供達の
男女の性比が、(男子の方がやや多く生まれる)自然界での法則性と
有意に異なり、女児がどの学年も多い奇妙な傾向を示していた時期があります。

この地域は、工業地域ではなく、所謂、「環境ホルモン」の影響が出てくるような地域ではない以上、
何故、女児がどの学年も多い奇妙な傾向を示すのか一時期、真剣に検討せざるをえなかった事があり、
その上で出した考えられる仮説として、地域の産婦人科医が地域の要請を受けて、出産時に男児を選択的に殺害し
役所には死産扱いしている殺人風習が日常化している可能性が無視できないという論議を行った事が
今年の1月、2月にありました。そしてその論議の直後の3月に当該地域の大規模病院の産婦人科医が解雇され、
解雇された当該産婦人科医師(女医)の心因反応としか思えないような投稿が
2chで頻繁に確認でき、その内容を分析した結果、どうやら産婦人科医が出生児を「地域勢力の要請」に沿って
密かに殺して死産扱いにした上で食用にする事は珍しくないこと、赤ん坊の「料理」は美味とされていること、
秋田だけでなく全国でも産婦人科医による出生児殺しは日常茶飯の地域が幾つもある事が社会学的に分析でき、
その結果として、日本全体で男児の割合が自然発生で計算可能な割合より小さくなっている可能性も否定できないと
推察した経緯もあります。

この地域はナマハゲ伝説が特に強い地域ですが、「包丁を振りかざす鬼」であるナマハゲは
この地域に太古から息づく「カニバリズム(人喰い)殺人風習の象徴」である可能性が否定できないと考えざるをえません。

878 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 19:28:45 ID:o2a01vAa
>>870
>なんで死ぬ前から味噌炊くんだ?
>動物の肉ってのは屠ったその日ではなく数日後の方が美味い

かつて台湾で炭鉱事故があった時に、ただ一人生き延びた炭鉱夫が
台湾の新聞で「死んだ人間の肉より、生きた人間の肉の方がずっと美味」と発言して
物議を醸した事がありました。食人風習がある地域や食べる部位によって、
ご指摘された点は違ってくるのではないでしょうか?

秋田には大型動物の内臓を味噌煮する食文化があります。
http://gourmet.yahoo.co.jp/0003166472/U0001058139/
少なくとも内臓に関しては肉部位とは違っているのかもしれません。
なお味噌を肉につけこむ事によって、常温で1ヶ月、保存可能である事もよく知られています。

あまり気持ちのよい話ではありませんが、
恐らくこれが秋田県や日本の幾つかの地域の「固有の食文化」なのではないでしょうか?
分析すればするほど、事実上の「日本固有の食文化」である可能性が否定できない水準に近づいています。
「日本人の数割は食人族」である可能性が否定できません。それを前提に社会全体を考える事が
逆に社会全体の安定、世界全体の安定につながるのではないかと考えています。

879 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 19:32:50 ID:o2a01vAa
なお、BSEやCJDの感染源になるとされている
「異常プリオン」は特に内臓と脳に多いとされています。

秋田県が全国一、原因不明のプリオン病の発生率が高いという自治医大の論文と
上の内臓料理に関する考察は矛盾しません。

880 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 19:38:48 ID:L+5fGnnC
>>878
妄想ばっかだなお前

881 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 19:50:50 ID:o2a01vAa
>>870
>また、中国人を日本軍が食っちゃった説にしても、骨は体重の約18%を占めるので、一人
>60kg程度の体重があったとすると約11kgと少々の骨が出る。100万人というと1.1万トンと
>いう膨大な量になり、かなり大規模な工場が中国の各地にないとその処理は不可能だ。

一般に、「有機肥料としての骨」の農耕地施用量はヘクタール当たり1トンが目安ですので
http://japan.alibaba.com/manufacture/5035066.html
中国の耕作面積は水田だけで約3000万ヘクタールあるならば
年間3000万トンの有機肥料が投入可能となります。

一方、8年間の日中戦争にわたって日本兵が殺したと見られる
年間120万人(8年で1000万人)の中国人の死体から生産可能な骨量は、
年にして120万人×11kg(骨量)=1320万kg=13200トン=1.3万トン
中国全体の水田での必要量の0.04%です。水田だけでなく畑も含めれば更に%は小さくなります。
また農耕地土壌だけでなく森林土壌も含めれば更に割合は小さくなります。

従いまして、当時の日本軍が支配下においていた中国本土の面積だけで
十分に処理可能であると結論付けられます。


882 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 20:01:41 ID:o2a01vAa
>>870
>また、毎日毎日必要量だけ屠殺される家畜と違って、
>人間の死者の発生はかなりムラがある。
>かつストックするには、大量の保冷車と冷凍倉庫が必要になってくる。

一般に肉を味噌漬けにすれば、常温で1ヶ月保存可能です。
http://www.jinchu.jp/product_info.php?products_id=46
塩漬けでも同様ではないでしょうか?

塩濃度が高くなりますと腐敗に関与する微生物の大半は生育できません。
よって冷蔵処理なしに大量の人肉を処理できたと推察できます。


883 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 20:02:18 ID:8LqDYotj
それは、地球全土にばら撒けば大量の死体が隠せるっていってるのと同じ。
誰がいつどうやってそれを運んだか、を証明しないとね。

この場合はさらに 記録に残らずに 誰にも見られずに が追加される。

884 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 20:08:58 ID:o2a01vAa
>>870
>百万人単位の遺体を処理するってことになると
>専用の食肉処理場が必要なレベル

日中戦争での中国人犠牲者は8年間で1000万人。
年間にしたら120万人程度です。百万人単位の死体が一気に出た訳ではありません。

それに対し、中国に派兵された日本人は約60万人。
そのうち数割が、人間死体処理の伝統技術を持っていると見られる
1)東北蝦夷系(東北マタギ系を含む)の部隊
2)国内先住民系の部隊
3)国内の朝鮮系部落住民の部隊
と推察できますので、年間120万人水準の遺体処理は特別な施設なしに十分に可能と
推察できます。

これが70年前の日中戦争の実態の一面ではないでしょうか?
当該説の場合は、従来のあらゆる説よりも矛盾が少ない形で南京攻略を含む日中戦争を
説明可能であると考えられます。


885 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 20:12:45 ID:Fh35F8v9
>>883

失礼ですが、読解力が著しく欠如しておられるのではないでしょうか?
>>881で示しましたように、中国全土の農耕地面積の0.04%以下の農耕地を
当時の日本兵が確保できていたならば、農耕地のみで遺骨を有機肥料として処理可能です。
そして当時の日本兵の支配領域は0.04%より大きかったのは明らかです。
地球全土にばら撒く必要は全くありません。

886 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 20:14:54 ID:27o4rxPM
例え
記録に残らずに 誰にも見られずに 隠せる
方法があったとしても
それを実行したという証明にはならないんだが
あの人喰い先生はorz

887 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 20:15:06 ID:L+5fGnnC
>>884
> そのうち数割が、人間死体処理の伝統技術を持っていると見られる
> 1)東北蝦夷系(東北マタギ系を含む)の部隊
> 2)国内先住民系の部隊
> 3)国内の朝鮮系部落住民の部隊
> と推察できますので
推察じゃ無意味。というか妄想だろう?
仮説演繹法とか抜かすなよ?
お前の大好きな演繹法の欠点を挙げとくからな

> 演繹法の欠点は、正しくない、あるいは使用するのが適切ではない前提を用いてしまうことがあることです。
> 先入観や偏見に基づいた間違った前提を適用してしまう場合や、ある限定された範囲でのみ正しい前提を全体に適用してしまうような場合などがそれにあたります。
(引用元:ttp://www.abysshr.com/mdklg010.html)

お前は自分自身の妄論がこれに当てはまらないと明言できるか?

888 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 20:22:38 ID:Fh35F8v9
>>883
>誰がいつどうやってそれを運んだか、

1年に平均120万人の戦争犠牲者が出たと見られますが、
この人数は一気に出た訳でなく、戦闘の度に部分的に死亡者が出て、
そのたびに遺体処理していたと見られるので、遺体を処理場に運ぶ必要自体が
なかったと考えた方が自然と見られます。

>記録に残らずに 誰にも見られずに が追加される。

中国人自体が昔から人を両脚羊と呼称して食べてきた歴史がありますので、
誰にも見られずに遺体処理する必要はありません。堂々と処理していたと推察できます。
「屠城(城攻めの後で城内の住民を食べつくす)」の歴史を昔から持つ中国では
それが珍しい出来事ではなく、長い歴史の中の一環として、当時の中国人に見られたのではないかと
考えた方が不自然性がありません。

文化大革命の資料が語るように、中国では食人行為は現代でも一般的であり、
その点において当時の日本軍を非難するのは恐らく難しかったと推察できます。
ただ、だからといって、日本兵による大量カニバリズム虐殺が許されるものではなく
殺害された1000万人の中国人に永遠の供養が求められると考えます。


889 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 20:24:26 ID:L+5fGnnC
>>888
南京には多数の外国人(報道や軍事関連等々)がいたわけだが、その前でも隠す必要はないと?

890 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 20:25:15 ID:Fh35F8v9

以上、ご指摘された矛盾点に全てお答えできたと思います。
ここでの論議は今までの近代史での論議より矛盾が少ないのは明らかです。

最後に、当該論議の学問性を認め、
当方のPCのアクセス規制を解除いただいた掲示板管理者に感謝します。

891 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 20:31:24 ID:Fh35F8v9
>多数の外国人(報道や軍事関連等々)がいたわけだが、・・・

現在の秋田県の状況を見ていただければ理解の一助になると思いますが、
遺体処理はほぼ完全に隠れて行う事は可能です。専用の建物を幾つか設定すれば
搬出される時には、「食肉」や「肥料」に変わっているので、外国人報道者や外国軍人は
気がつきません。

これと同じ理由で、多くの秋田県民は自分達が死後、葬儀屋によって解体され
食肉化・肥料化される事から(秋田に住む以上)逃れられない事に気がついておられないのではないでしょうか?

そしてその重い現実が日本一発生率が高い原因不明のCJD発生に
つながっていると推察しています。秋田県民の健康と福祉の向上のためにも
当該学術論議は必要と考えます。


892 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 20:33:00 ID:L+5fGnnC
>>891
骨は? 死体の運び込みは?
というか、上と言ってることが全然違うじゃん

893 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 20:36:58 ID:Fh35F8v9
南京のような大都市においては外国報道陣から遺体処理を隠す必要があったでしょうが、
それ以外の大半の戦闘後においては遺体処理を隠す必要はなかったという趣旨です。

なお戦時に戦闘で大量に出る遺体の処理はどの国でも必要なので、戦時には遺体の運び込み作業は
何ら隠れて行うものではないと考えます。上で述べた点は遺体の解体時のステップに関してです。




894 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 20:42:43 ID:L+5fGnnC
>>893
じゃあ聞くが、そもそも、そんなに大量の死体が運び込まれた施設ってのはどこだい?
隠れて行われてない(遺体の運搬そのもの)わけだから、どっかの報告書には残ってそうなもんだが?

そして、中国派兵のうち数割が
> 1)東北蝦夷系(東北マタギ系を含む)の部隊
> 2)国内先住民系の部隊
> 3)国内の朝鮮系部落住民の部隊
であるという証拠は? 状況証拠とかじゃなくて、報告書等の物的証拠ね
秘匿すべき証拠だから残ってないとか、タイムマシンで改竄されてるとか言わないでくれよ?

さらに言うなら、>>886が言うように
> 記録に残らずに 誰にも見られずに 隠せる
> 方法があったとしても
> それを実行したという証明にはならない
わけだが、それを覆せる証拠はどこに?

895 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 20:50:07 ID:yTqJGfU6
>じゃあ聞くが、そもそも、そんなに大量の死体が運び込まれた施設ってのはどこだい?
>隠れて行われてない(遺体の運搬そのもの)わけだから、どっかの報告書には残ってそうなもんだが?

それならば逆に伺いますが、当時の南京攻略の戦闘において、住民虐殺ではない戦闘行為において
両軍に数万人の戦死者が出たと公式報告書にありますが、それらの遺体は運び込まれた場所に関する記録は
ありますでしょうか?

南京戦闘における数万の戦死者を放置していれば、伝染病の発生など公衆衛生上、重大な支障が出るので
必ず何らかの形で処理したはずです。しかしその火葬施設も土葬施設も
当時の歴史資料にないし、数万の戦死者の火葬の痕跡も土葬の痕跡もない。

と言う事は消去法で考えられるのは、上の方向性しかないのは明白です。




896 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 20:50:43 ID:L+5fGnnC
というか言っちゃうけどさ、歴史において「演繹法」なんてのは、無価値とは言わないがあくまで補助であって、
物的証拠を示せない以上は相手にされないわけよ
いかに絶対無欠な論理であっても、物的証拠一つで覆されちゃうわけだしな

これは秋田の食人に関しても同様だが、仮説で云々言ってるだけじゃ無意味なの
秋田県では秘匿されながらも、こんなに大っぴらに! って主張してるんだから、さっさと物証出してくれ、と
妨害がどうとか、そんなの匿名掲示板でウダウダ言ってる分には嘲笑だけで済むけどさ
実際にそれを公の場で公表する時も同じようにするのかい?
社会的に追放される、じゃ済まないと思うんだがねぇ

897 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 20:53:42 ID:L+5fGnnC
>>895
は? あんたが言うには食肉用にどこかに運び込んだんでしょう?
だったらそれを運び込む場所がどこかにあるでしょうよ、確実に
こちらの論理では「適宜埋葬」で終わるけど、食肉用に加工するとあってはそうもいかないでしょう?

あんたがちょろっと証拠出せばいいだけの話なんですよ、妄想じゃないならば、ね

898 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 20:54:48 ID:yTqJGfU6
>そして、中国派兵のうち数割が
>> 1)東北蝦夷系(東北マタギ系を含む)の部隊
>> 2)国内先住民系の部隊
>> 3)国内の朝鮮系部落住民の部隊
>であるという証拠は?

東北マタギ系の狩猟文化をもつ東北からの部隊が日本兵の相当割合を占めていたのは周知の事実です。
そして当時の東北人の大半は当該技術を伝統的にもっていたと推察できます。

また最近の人類遺伝学の知見により、東北以外の本州においても
狩猟文化の象徴であるYAP遺伝子をもつ日本人は数割に上ります。



899 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 20:57:10 ID:yTqJGfU6
>こちらの論理では「適宜埋葬」で終わるけど、

南京戦闘時の数万の戦死者の数は、「適宜埋葬」ですむ数ではないです。
よって以下の論理は成立します。

=======

それならば逆に伺いますが、当時の南京攻略の戦闘において、住民虐殺ではない戦闘行為において
両軍に数万人の戦死者が出たと公式報告書にありますが、それらの遺体は運び込まれた場所に関する記録は
ありますでしょうか?

南京戦闘における数万の戦死者を放置していれば、伝染病の発生など公衆衛生上、重大な支障が出るので
必ず何らかの形で処理したはずです。しかしその火葬施設も土葬施設も
当時の歴史資料にないし、数万の戦死者の火葬の痕跡も土葬の痕跡もない。

と言う事は消去法で考えられるのは、上の方向性しかないのは明白です。


900 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 20:58:09 ID:yTqJGfU6
以上、ご指摘された矛盾点に全てお答えできたと思います。
ここでの論議は今までの近代史での論議より矛盾が少ないのは明らかです。

最後に、当該論議の学問性を認め、
当方のPCのアクセス規制を解除いただいた掲示板管理者に感謝します。




901 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 21:02:24 ID:L+5fGnnC
>>898
> 東北マタギ系の狩猟文化をもつ東北からの部隊が日本兵の相当割合を占めていたのは周知の事実です。
> そして当時の東北人の大半は当該技術を伝統的にもっていたと推察できます。
周知の事実、じゃなくてさ。しっかり証拠を出してよ
「あなたの意見は間違ってる。これは周知の事実です」
これで納得できるのかい、あんたは
ちなみにYAPは縄文系の特徴らしいな。数%程度だと聞いていたが、いつの間にそんなに跳ね上がったんだい?

>>899
はあ。では、「証拠が明白に示せる」あなたは何故それを示さないので?
ちなみに、南京虐殺に関しては「紅卍会」やら「崇善堂」やらが埋葬した! と中共辺りは主張していますがね


>>900
…ギャグで言ってる? それとも、やっぱ真性?

902 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 21:05:28 ID:L+5fGnnC
ついでに聞いとくけど、>>887>>896を無視するのは何でかな?
一考の価値もない、とでもお思いで?

903 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 21:06:07 ID:yTqJGfU6
>「紅卍会」やら「崇善堂」やらが埋葬した! と中共辺りは主張していますがね

それならば、数万体の遺体の火葬や土葬の痕跡が残っているはずです。
それが記録上ない。と言う事は上の可能性が無視できない事を意味します。



904 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 21:06:49 ID:L+5fGnnC
>>903
ヒント:文革

905 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 21:15:08 ID:hWA2gKcd
文革で生きたまま人間が喰われたとの記録が少なくないのは承知していますが、
当時、数十万、南京にいた日本兵の食糧源としての肉源を賄えるだけの
大規模畜産業が中国になかった事も事実です。

またDNA鑑定がない時代には
肉は加工されれば、人か動物か区別がつきません。従って当時、支配権を持っていた
日本軍自体が、肉源として遺体処理したと考える方が自然である事は自明と考えます。




906 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 21:18:16 ID:hWA2gKcd
>YAPは縄文系の特徴らしいな。数%程度だと聞いていたが、

数%程度ではすまない
という説が強くなっていると伺った事があります。

実際、国立遺伝研の宝来教授(故人)は
大陸系のゲノムをもつ日本人は半分程度しかいないと報告されています。
と言う事は残りは縄文系が多いのではないでしょうか?


907 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 21:18:53 ID:L+5fGnnC
>>905
何度言われれば気が済むのか気狂い
自明であると考えるだとか、推察されるだとかはもういいんだ!!

誰かこの阿呆の相手交代してくれ、暖簾に腕押しよりも遥かに手ごたえはないがorz
何を言っても自分の妄想でしか答えない奴の相手はもう嫌だ…

908 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 21:19:23 ID:hWA2gKcd

以上、ご指摘された矛盾点に全てお答えできたと思います。
ここでの論議は今までの近代史での論議より矛盾が少ないのは明らかです。


909 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 21:37:42 ID:vu9TuIol
日本においても中国においてもEUにおいても
実は食人(カニバリズム)が水面下では一般的である可能性があると私は推察していますが、
それをもっと開示していく事が、世界全体、日本全体、地域全体の平和と安定に
つながると考えます。

DNA実験を妨害する必要はどこにもないのではないでしょうか?
この問題は秋田だけではなく日本全体、世界全体で共通して確認できるであろう問題
である以上、どんどんDNAデータを開示すべきと私は考えます。

CJDだけでなくアルツハイマーの一部もこの問題が絡んでいると見られるので、
当該研究アプローチは地域住民の健康と福祉を向上させ
医療費削減にも貢献できるものと信じてやみません。

910 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 22:32:18 ID:pbPuJyNT
どうでもいいが何時迄、同じ話しを続けるんだ?あれこれ鵜呑みして妄想のし過ぎだ。

911 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 22:48:01 ID:fnFcgQ/R
むしろ 大虐殺が できない民族性を
反省しなくて また再び 中途半端なことを
やってしまうのでわ?????
今現在の中韓問題が それだわな

912 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 22:53:58 ID:26cCULWb
>いかに絶対無欠な論理であっても、
>物的証拠一つで覆されちゃうわけだしな

歴史資料における「物証」の一定割合は、「捏造」である事は
ピルトダウン人資料を見ても、菅江真澄資料を見ても、宮沢賢治資料を見ても
明白であり、むしろ「物証」の方が信用できない事が多い。

より大事なのは、歴史の流れ全体を生態系として把握し、
その生態系に流れる法則性を見据えて、その法則性から歴史の骨格を
眺める事であり、それは仮説演繹法以外の方法では行いにくいのは明らかである。

これが社会生態学の考え方であり、歴史分析の中で見出した法則性は
現代社会でも使える事が多い。仏教で言われているように「時の流れ」自体が
あまり本質的なものではない。

秋田県が極度の人喰い殺人社会なのはもはや間違いないといった水準と見られる。
同じような事が70年の時を越えて南京でも起こったのであろう。底に流れる法則性は
同じであると見られる。

913 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 23:06:23 ID:DbIQ79Xj
戦争の捕虜を生贄にして食べるのはアメリカインディアンがよくやってた。
有名なのはメキシコのアステカ王国。
マーヴィン・ハリス『ヒトはなぜヒトを食べたか』ハヤカワ文庫 面白いぞ。
スペイン人が来た頃、広場の棚には十万個以上の頭蓋骨がうず高く積まれていたという。
もちろん今はそんなものは物証として残っていないが、この記述は誰も疑わない。

914 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 23:10:37 ID:vZsdYx+q
>>912起こったであろう。同じであると見られる。仮説ヲタが大好きなんだね、君は。

915 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 23:15:08 ID:8u1zjccQ
>>910
もうID:vu9TuIolは語るに落ちている。

クールーのような人間の脳を食べる食習慣の地域でしか発生しない特殊なプリオン病が
日本の他の地域と比べて秋田県で特異的に増えているということは、秋田県の特定地域
での食人習慣がある可能性を示す証拠にするためには、他の地域ではそのような習慣が
ないということが前提だ。つまり食人は秋田県のおかしな習慣のある地域だけという
風に考えられる。

ちなみに秋田は陸軍第八師団の管区で、昭和19年までは満州、その後フィリピンに
派遣されている。中支派遣軍には含まれていない。

916 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 23:23:26 ID:8u1zjccQ
南京にまず殺到したのは第九師団(金沢)で、城内の掃討作戦は第十六師団(京都)が
担当している。

もし南京の難民を食べたのならば、金沢や京都に食人の習慣がなければおかしいだろう。


917 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 23:26:57 ID:8u1zjccQ
なお、一部秋田県民を人柱にするようですまんが、秋田県の山奥で食人の習慣があることを
どうしても否定できん。そっちはそっちでやってほしい。

フィリピンで同僚の遺体を食ったのは、同地域の出身者である疑惑が逆に高まった。
なお、肝臓を食うと頭がおかしくなるという証言もあり、同地域にそのような伝承が
あるとするならば、符号する。

918 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 23:31:45 ID:8u1zjccQ
なお、大型哺乳類、たとえばラーメンスープの出汁になるゲンコツとかだが、あれを肥料
にできるレベルに粉々にミンチするには特殊な破砕装置、それもかなり巨大なものがいる。
戦闘でヘトヘトになった兵士がその辺の石で肉骨粉を作れるような代物ではない。

919 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 23:33:31 ID:pbPuJyNT
ポカーン。

920 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 23:55:01 ID:26cCULWb
>>915-918

貴重なコメントをいただき有難うございます。

>なお、一部秋田県民を人柱にするようですまんが、秋田県の山奥で食人の習慣があることを
>どうしても否定できん。そっちはそっちでやってほしい。

>フィリピンで同僚の遺体を食ったのは、同地域の出身者である疑惑が逆に高まった。
>なお、肝臓を食うと頭がおかしくなるという証言もあり、同地域にそのような伝承が
>あるとするならば、符号する。

現代でも、秋田県に根強い人喰い風習(カニバリズム)を
お認めいただき誠に有難うございました。

>>913
>もちろん今はそんなものは物証として残っていないが、
>この記述は誰も疑わない。

現代でも、秋田県に根強い人喰い風習(カニバリズム)を
お認めいただき誠に有難うございました。

ご紹介いただいたマーヴィン・ハリス『ヒトはなぜヒトを食べたか』ハヤカワ文庫
は読ませていただきたいと存じます。

921 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 23:55:52 ID:pbPuJyNT
あのさぁ、君の言いたい事は一体どっち?馬鹿な俺に解るように説明してくれ。

922 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 00:08:05 ID:6buUz32k
>クールーのような人間の脳を食べる食習慣の地域でしか発生しない特殊なプリオン病が
>日本の他の地域と比べて秋田県で特異的に増えているということは、秋田県の特定地域
>での食人習慣がある可能性を示す証拠にするためには、他の地域ではそのような習慣が
>ないということが前提だ。つまり食人は秋田県のおかしな習慣のある地域だけという
>風に考えられる。

恐らくは太平洋戦争の戦士だったであろう
貴方様のお考えの場合、食人風習(カニバリズム)が非常に強い秋田県民他の北東北住民が
大量に全国に大規模に強制移住し、全国各地の土地に集団で住み着いた場合、どうなるでしょうか?

太古から集団で人を襲って人を殺し人肉を食べてきた遺伝集団群が
無理やり、強制的に全国各地に住まわされた場合、一体、どうなるか?

強制移住先の農耕民族群と強制連行された狩猟民族群の双方にとって
大変、難しい問題が発生します。

これは文明共生論の永遠のテーマの一つですが、
相互共生のために、それをお考えになっていただければ幸甚です。

923 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 00:17:38 ID:6buUz32k
仏教文化(菜食主義)が強い全国各地の農耕民族集落の中に、
全く異質な人喰い風習のある遺伝集団(秋田県民など)が強制的に住み着いた場合、
農耕文化と狩猟文化は根底から違いますので
何年たっても何十年たっても何百年たっても、農耕文化との融合は困難で、
ずっとずっと太古からの食文化を集落内で
密かに堅持する事になると考えるのは不自然ではありません。
また、自らの民族への理不尽な扱いに対しずっとずっと遺恨を持つのも
避けられないと思います。

すなわち人の脳や内臓を喰らうような食文化が
全国各地に密かに拡散し、それが今も息づく形にどうしてもなってしまうのは
避けられないと推察できます。

そして、その場合、人肉を喰らう食文化によって発生するクールー病のようなCJDも
同時に全国に拡散する事になる事が容易に推察できます。

この問題は非常に難しく、良い悪いの問題ですませる水準のものではないと
私は考えます。「人間の業」「民族の業」に関わる事だからです。一概には非難できません。


924 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 00:22:54 ID:6buUz32k
そして、わが国ではまさにそれが起こっている。

平安時代の坂上田村麻呂に代表される東北遠征において
アテルイをはじめとする東北蝦夷は果敢に戦い、何度も朝廷軍を撃退しましたが、
文字文化と農耕文化がなかったため、他地域の蝦夷との連携や補給が行えず、
長期戦には耐え切れなかったため、最終的には大和朝廷に屈服せざるをえず、
戦争捕虜が大量に発生した。

そして当時の大和朝廷は大量に発生した戦争捕虜を「俘囚」と呼び
全国各地に強制連行した。そこで無理やり、農耕文化集落の中に
狩猟民族集落を持ち込んだ。

それから1000年。




925 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 00:28:18 ID:4bIw14rm
韓国は “ な ぜ ” 反日か?
http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea.html


926 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 00:38:26 ID:6buUz32k
以下のURLに示した自治医大中村教授によるヤコブ病(プリオン病)マップ(図2)
http://ime.nu/www.medical-tribune.co.jp/mtbackno/3116/16hp-im/M3116201-P03.jpg
http://www.medical-tribune.co.jp/mtbackno/3116/16hp/M3116201.htm
を確認していただきたいのですが、全国で最もCJD(恐らくクールー病:プリオン病)の発生率が高いのは
秋田県です。

これは恐らく秋田県が全国一、人喰い風習(カニバリズム)が盛んであり、
かつ人間の内臓食い・脳みそ喰いを行う習慣があるからであると推察できます。

そして坂上田村麻呂時代に、この秋田県等の蝦夷地域から
最も強制移住者が多かった地域の一つが福岡県であるという記録があります。
これは大宰府があったためであり、大宰府で中国からの侵略を防ぐための要員として
大量に東北蝦夷が強制連行されたためであると推察されています。

そして実際、福岡県には部落住民が多い。また内臓料理を使った文化(もつ鍋)もある。
すなわち秋田県から「人間の内臓を使った食文化」が移行したとする仮説と矛盾しません。
そして実際、福岡県は秋田県ほどではないもののCJD(恐らくクールー病:プリオン病)の発生率も高い訳です。
http://ime.nu/www.medical-tribune.co.jp/mtbackno/3116/16hp-im/M3116201-P03.jpg
http://www.medical-tribune.co.jp/mtbackno/3116/16hp/M3116201.htm

この事実は驚くべき事で、平安時代の政策の歪が、平成まで続いている可能性を示唆しています。
従いまして、フィリピンで貴方様の戦友を食べたとされている日本兵は、必ずしも秋田県民であるとは
限りません。全国各地に現在の秋田県民と同じような遺伝型と食文化をもった集団が住み着いている事に
なるからです。

ここまで話せば賢明な貴方様ならご理解いただけると思いますが、
これが同和問題の一端であるのは間違いないと考えられます。非常に難しい問題です。
一概に非難する事はできません。要はどう共生するかの問題です。





927 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 00:45:03 ID:6buUz32k
>南京にまず殺到したのは第九師団(金沢)で、城内の掃討作戦は第十六師団(京都)が
>担当している。 もし南京の難民を食べたのならば、金沢や京都に食人の習慣がなければおかしいだろう。

以上の歴史的経緯を踏まえますと、
当時の中国遠征軍の中に、秋田県出身の部隊がいなくても、当該論議は成立します。

秋田県民を含む東北蝦夷の人喰い文化と遺伝型を受けついた全国の集落出身の部隊は
恐らく京都にも金沢にもいたはずです。京都も金沢も歴史が古い街です。
平安時代に当然、東北俘囚も相応に配置されたでしょう。

その際に、現在の秋田県民に見られるような強烈な人喰い文化は
京都にも金沢にも密かに移行しているはずです。




928 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 00:46:46 ID:ffqG/qXu
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1161277047/

929 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 00:47:44 ID:6buUz32k

これは非常に難しい問題です。

一概に非難は出来ません。1000年前の政策の問題が
現在に続いているからです。文明共生論を再構築する必要が高いと私は考えます。

そしてそのためには食文化のDNA解析と
全国の住民のミトコンドリア&Y染色体解析の双方が必要であると考えます。



930 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 01:07:18 ID:6buUz32k
なお、人喰い文化を受け継いでいる集落は、東北蝦夷出身の集落
だけではないと私は考えます。

例えば部落住民の中には、大久保利通のように朝鮮半島出身の部落も粗糖割合ある。
朝鮮半島でも人喰い文化がありますので彼らも人を喰うでしょう。吉田茂も大久保利通系なので
同じY染色体と推察できます。

更に、日本各地に多様な先住民がいる。土蜘蛛とか「しゅてんどうじ」とか
朝廷に呼ばれた多様な遺伝集団は人を喰っていたと記録に残っています。
その末裔は現在もおられる。

彼らはYAP遺伝子をもつとされていますが、
多様な遺伝型をもち、単一の遺伝集団ではありません。しかし恐らく同じような
食文化と大和朝廷に対する遺恨をもっている。そして統一した政治行動をとる。

恐らくこの東北蝦夷系を含む多様な国内先住民こそが「サンカ」の実態であり、
事実上のアウトカースト革命だった明治維新を境に
日本の実権の相当部分を現在、彼らサンカと朝鮮系勢力が握っている。

現在の皇族も明治維新以降は長州藩部落住民系(大室家)に乗っ取られたので
東北蝦夷系の遺伝集団となると見られます。だからこそ北東北出身の一族である当時の東条総理は
同じく東北蝦夷系統の偽天皇を崇拝していた。1000年の遺恨がこういった形で
日本社会に影を落としている。(なお最近、明仁氏の気配を感じません。ご存命でしょうか?)

貴方様が所属していた大日本帝国陸軍においても、この問題で戦前大きな対立があった。
統制派と皇道派の対立はまさにこれだった。江戸時代最後の孝明天皇の系統の復活を目指した皇道派は
5・15、相沢中佐事件、2・26事件と相次いでクーデターに失敗し、人喰い系の統制派に実権を軍の握られ
日米戦争になだれ込んだ。近代以降の国家の重大事には全てこの問題が関わっていると見られます。

931 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 01:15:40 ID:u1YuuVms
根拠なし。帰れ

932 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 01:18:48 ID:6buUz32k
>>918
>なお、大型哺乳類、たとえばラーメンスープの出汁になるゲンコツとかだが、あれを肥料
>にできるレベルに粉々にミンチするには特殊な破砕装置、それもかなり巨大なものがいる。
>戦闘でヘトヘトになった兵士がその辺の石で肉骨粉を作れるような代物ではない。

鹿児島県庁の以下のHPに記されていますように、
http://www.town.chiran.kagoshima.jp/cgi-bin/hpViewContents.cgi?pID=20041215125236
鹿児島では、江戸時代から、馬等の大型動物の骨を、簡単な水車で肉骨粉にしています。

よって昭和時代に中国で同様な簡単な水車を作って、骨を処理する事は
十分に可能だったと推察できます。

933 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 01:22:43 ID:ByPL2DA4
読むの疲れたよ。ちなみに福岡にそんなものは存在してませんよっと。

934 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 01:25:31 ID:hQ/QYJ33
>>918
>なお、大型哺乳類、たとえばラーメンスープの出汁になるゲンコツとかだが、あれを肥料
>にできるレベルに粉々にミンチするには特殊な破砕装置、それもかなり巨大なものがいる。
>戦闘でヘトヘトになった兵士がその辺の石で肉骨粉を作れるような代物ではない。

なお、「有機肥料としての骨」の写真が以下HPに掲載されていますが、
http://japan.alibaba.com/manufacture/5035066.html
別に粉にする必要はなく、長さ3cm程度に破砕すれば、肥料として
十分使えるようです。

これなら簡単な水車で十分に作成可能です。
また当時の日本軍は破砕に戦車等も使えたはずです。





935 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 01:31:12 ID:hQ/QYJ33
>>933
>福岡にそんなものは存在してませんよっと。

福岡に部落がかなり多いのは常識です。
多くの芸能人はそこ出身です。

彼らのミトコンドリアDNAとY染色体を解析しない限り
安易に否定できません。

はっきりしていることは

1)秋田同様、内臓に関する食文化がある(もつ鍋)
2)秋田同様、原因不明のCJD(プリオン病)が多い(ただ秋田ほどではない)
3)秋田同様、色白の美人が多い。(秋田美人と博多美人が同じ遺伝型ならば矛盾しない)
4)平安時代に秋田県出身者が大宰府に大量に強制連行された記録がある。
5)部落住民の一定割合=東北蝦夷説は、文化人類学分野ではもはや定説であり、正式の書籍も出ている。

の5点ではないでしょうか?


936 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 01:34:17 ID:hQ/QYJ33
更に言えば、

以下のURLの最も下に示された北朝鮮拉致被害者数マップは、
http://gonta13.at.infoseek.co.jp/newpage102.htm
以下のURLに示した自治医大中村教授によるヤコブ病(プリオン病)マップ(図2)
http://ime.nu/www.medical-tribune.co.jp/mtbackno/3116/16hp-im/M3116201-P03.jpg
http://www.medical-tribune.co.jp/mtbackno/3116/16hp/M3116201.htm
と似ています。ただ、自治医大のヤコブ病マップは、あくまでも人口割合の
発生率であるのに対し、北朝鮮拉致マップはあくまでも被害者人数で
人口割合を考慮していない点は注意が必要ですが。

しかし秋田、島根、石川、富山、東京で多い点は双方とも綺麗に一致しています。
これは偶然と言えるでしょうか?プリオン病の大半は『原因不明』とされ、当該病気は
元々、「人喰い」風習から発見されている(パプアニューギニアのクールー病)。
人食い風習と北朝鮮拉致との関連を、慎重かつ冷静に環境医学的に解析する必要があるでしょう。

現在、プリオン病から2つノーベル賞が出ています。3つめのノーベル賞が関連研究から
出てもおかしくないと考えます。

937 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 01:36:41 ID:hQ/QYJ33

以上、ご指摘された矛盾点に全てお答えできたと思います。
ここでの論議は今までの近代史での論議より矛盾が少ないのは明らかです。

最後に、当該論議の学問性を認め、
当方のPCのアクセス規制を解除いただいた掲示板管理者に感謝します。


938 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 01:39:25 ID:u1YuuVms
>>937
いつ認められたの? それも妄想?

939 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 01:43:50 ID:ByPL2DA4
常識もなにもその部落だよ。何だかなぁ、何の為に必死こいてそこまで調べて推察、推察って・・・まぁ、暖かい目で見守ってやるか。

940 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 02:22:58 ID:bWZHFdT3
筑紫の番組で今やってたんだけど
政府が残業代1円も出さないシステム導入を検討してるらしい。
成果主義でメリットはやる気の向上や効率化らしい。
こんな事なったら歩合制と同じじゃん

引っ込み思案の日本人もさすがに黙ってられないぜ?
暴動じゃああああああああああああああああああああああああ

誘導 【政策】いくら残業しても残業代1円もナシ
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1161702125/l50#tag35

941 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 02:23:55 ID:T87APMw8
【福岡・中2自殺】 「あいつ死んで、せいせいした」 いじめ集団、自殺生徒の通夜で笑いながら何度も棺をのぞきこむ★26
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1161696495/

現在、このスレで議論が交わされています。
何でも、自殺した中学2年生が書いたとされる遺書は
偽造ではないかとのことです。

・See you agein? 人生のフィナーレがきました
 さようなら さようなら さよ〜なら〜
 生まれかわったらディープインパクトの子供で最強になりたいと思います。(原文のまま)

 ・遺言 さようなら 僕が死んだら僕の貯金は学級にあげます

これから自殺しようとする人が人生のフィナーレとか書くだろうか
という疑念が生まれています。
また、加害者の実名も出ているようですが
これはまだ真実かどうか不明です。


942 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 05:56:36 ID:2df9dlJw
証明する方法が一つありますね、秋田から人骨を混ぜて搬出される
肥料の実名を上げてください。
その中から人骨か見つかれば貴方の理論は証明されることになります。
DNA検査くらい知ってますよね?
人間の死体が肥料にされていれば日本では立派な犯罪ですから。

943 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 06:42:44 ID:hQ/QYJ33
>秋田から人骨を混ぜて搬出される

葬儀での「遺体の業者引渡し」が他の県より2晩も早く、
通夜でさえ遺体なしで行う「奇異な風習」がある秋田県は、他のどの県より
新鮮な臓器(腎臓一体300万円)と人肉が毎日、手に入る社会システムに全県あげてなっており、
実際、年間1万件と言われる現在の移植用腎臓市場(年300億円市場)は
「身元不明の死体腎」が使われている状況にあります。

また、人肉は一解体されパック化され店頭に並べばDNA鑑定なしに最終的な人獣判定を行う事は困難ですが、
葬儀社と同じ建物の中で、表口が遺体搬入所で裏口が食肉宅配センターになっている「非常に誤解を招きやすい例」や
葬儀社のすぐ隣に業務用肉屋や大規模焼肉屋がある例が珍しくなく、そういった肉屋で購入した食材は
外観上も味の面でも価格の面でも明らかに従来の牛肉や豚肉とは異なる状態になっている秋田県では
もはや「人肉市場が日常化」していると考えないとむしろ不自然な状況にあります。
また、秋田県男鹿市周辺の「死亡前の奇異な味噌煮」風習や周辺の神社の「御味噌煮祭」なる神事の存在も
文化人類学的に考察した場合、人喰い風習が根強くないと起こりにくいのも事実です。


944 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 06:44:27 ID:hQ/QYJ33
その上で肥料に関しても葬儀社と同じ経営母体が「アミノ酸肥料」なるものを大量に販売しており
アミノ酸源となるべき魚資源や畜産資源がその経営母体では有利な形では量的にも質的にも
手に入らない状況にある現状を眺めれば、秋田県の農業で使われている肥料の
少なくとも一部は、「人間の死体由来」である可能性の方が高いと考えないと説明がつかない状況にあります。

そしてその上で人喰い風習を通して発見されたプリオン病発生率が全国一高く表向きは原因がわかっていない
とされている秋田県の現状は当該地域が「高度な人喰い地域」である事を明確に示唆しています。
原因不明のCJD発生率から、恐らく全国で最も秋田県の人喰い状況が激しいと推察できますが、同時に
これは秋田だけの話ではなく他県でも多かれ少なかれそういった風習をもつ地域を一部持つと考えられますので
こういった事は、もっとオープンに論議されるべき内容であると考えます。そうしないと大量殺人が今後も続きます。
またこれの延長として南京大虐殺とされる南京攻略等の日中戦争を考えないといけないと考えます。経済危機や凶作などで
国内だけでは十分に食べきれなくなった場合、海外に侵攻し食用殺人を大量に行うというベクトルです。


945 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 06:51:45 ID:hQ/QYJ33
また、公衆衛生学的に考えた場合、以下のような統計データは
自然発生では考えられません。すなわち、秋田県を筆頭とした北日本地域で、
かなり大掛かりな組織的な殺人が、営利目的で行われていないと、以下のようなデータはまず出ません。

【主な決定係数(相関係数の2乗)分析一覧】
                  北日本(青森を除く) 西日本   全国(青森を除く)
喫煙率(日20本以上)VS平均寿命    0.50     0.02  0.04
喫煙率(日20本以上)VS年齢調整・肺癌 0.03     0.07  0.01
喫煙率(日20本以上)VS年齢調整・胃癌 0.44     0.11  0.05

                    北日本
日照時間と腎不全(男性)   0.53:負の相関   (西日本0.25、全国0.01)
日照時間と自殺(男性)    0.55:負の相関   (西日本0.06、全国0.22)
日照時間と胃癌(男性)    0.11:負の相関   (西日本0.07、全国0.01)
日照時間と肺癌(男性)    0.56:負の相関   (西日本0.08、全国0.05)
*但し、ここでは喫煙率・肺癌率共に極端に高い青森県を除いて計算した
肺癌(男性)と喫煙率     0.08:正の相関   (西日本0.11、全国0.00)
*但し、ここでは喫煙率・肺癌率共に極端に高い青森県を除いて計算した
日照時間と脳梗塞      0.28:負の相関    (西日本0.24の正の相関、全国0.07)
日照時間と不慮の事故(男性)  0.23:負の相関   (全国0.00)


946 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 07:06:51 ID:hQ/QYJ33
社会科学的・自然科学的に考察する限り、秋田県では殺人が日常茶飯です。
まるで捕鯨のように大量の人間を狩って解体して臓器と肉と肥料におろして営利活動を行っていないと
上のようなデータはまず出ません。

殺害手法は、自殺や事故を装った物理的な組織殺人(集団で他人に襲い掛かり自殺とする手法や、
意図的に自動車追突事故を起こして事故死扱いする手法、闇で刺殺して表向きは失踪扱いする手法、出産時に赤ん坊を殺しておいて
役所には死産と届け出る方法など)と医師が入った病院などでの巧妙な毒殺(脳梗塞誘発剤、腎不全誘発剤、放射線照射肺癌誘発など)が主と見られ、
県で年間1000人と見られるそのターゲットを抽出するにあたって、全県の住民の自宅に網羅的に集団盗聴犯罪制度を完備しているものと
見られます。またタバコ等に役所が毒物を混入し無差別殺人を大量に行っているとしか思えない統計データも出ており、
これらは全て違法で殺人犯罪ですが、秋田県では殺人は犯罪とみなされていないとしか思えない恐るべき状況にあります。

恐らくは役所サイドで「殺人ノルマ」を決めて年に県で何千人まで殺してよいという許可を
違憲に設定し、地域を上げて赤ん坊から老人まで大量殺人のターゲットにしているとしか思えない状況にあります。
そしてこの状況は奇妙なことに国際捕鯨委員会での論議事項と驚くべきほど似ている。

947 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 07:30:48 ID:hQ/QYJ33
国際捕鯨委員会では、数理生態学を駆使して、年間、何頭までなら鯨をとってよい
といった国際論議が行われていますが、以下の点で、不可解です。

1)海がない内陸国が国際捕鯨委員会のメンバーになっている。
  これは捕鯨ではなく、人肉・臓器目的の「人狩り」ならば矛盾しない。
2)鯨は知的生物なので捕殺の対象にするべきではないという奇妙な論議が出ている。
  一方で国際捕鯨委員会は、より知的水準が高いニホンザル等の類人猿の駆除には反対していない。
  これは捕鯨ではなく、人肉・臓器目的の「人狩り」ならば矛盾しない。
3)国際捕鯨委員会でイギリスは「鯨を捕らえる際に鯨にかける心理ストレス」がヒューマニズムに欠けると主張している。
  分子系統学的に見た場合、鯨はカバと近縁であり、欧米人が大量に接種するウシとも遺伝的に近いので、この点、決定的に矛盾する。
  しかし、これは実は捕鯨ではなく、人肉・臓器目的の「人狩り」を隠語で論議しているならば矛盾しない。
4)日本の主張は日本は他国と違って鯨を肉だけでなく、肉以外のあらゆる部分を有効利用していると主張している。
  これは実は捕鯨ではなく、人肉・臓器目的の「人狩り」を隠語で論議しているならば矛盾しない。
  実際、日本は遺体の有機肥料化技術等でも優れていると見られる。
5)国際捕鯨委員会において日本は「鯨は食物連鎖の頂点にいるので、その鯨を一定量、捕獲するのは許される」と主張している。
  一方、海洋生態系では鯨より鯨を捕殺するシャチなどの方が食物連鎖の上位にあると見られるが、この点、矛盾している。
  しかし、これは実は捕鯨ではなく、人肉・臓器目的の「人狩り」を隠語で論議しているならば、人間は食物連鎖の頂点にあるので矛盾しない。


948 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 07:32:28 ID:5fsSlgbU
6)国際捕鯨委員会では「鯨がかわいそう」であるとする論議がある。
  しかし鯨は分子系統学的にはカバの近縁種でウシにも近い。畜産業で大量のウシを殺し食べている欧米人が「鯨がかわいそう」という論議を
  行うのは矛盾している。
  しかし、これは実は捕鯨ではなく、人肉・臓器目的の「人狩り」を隠語で論議しているならば、確かに「かわいそう」であり、矛盾しない。
7)国際捕鯨委員会では、環境市民団体であるグリーンピースが捕鯨に激しく反対している。
  一方、グリーンピースは、より知的なニホンザルなどの類人猿の駆除には活発な反対活動を行っていない。
  しかし、これは実は捕鯨ではなく、人肉・臓器目的の「人狩り」を隠語で論議しているならば、確かに「かわいそう」であり、矛盾しない。
8)国際捕鯨委員会の開催地では、警官の警備が非常に厳しい。
  これは捕鯨ではなく、人肉・臓器目的の「人狩り」管理の国際会議ならば矛盾しない。
9)鯨の捕獲量計算の面で捕鯨委員会に参加している某旧帝大の数理生態学者の苗字で、
  激しい脅迫活動が今回の人肉論議に対して長期間繰り広げられているが、
  その人物の名前を掲示板論議したあとの心因反応が上の仮説に矛盾していなかった。
  この人物が数理生態学を用いて、殺害可能人間数を数理生態学を用いて割り出している可能性が出てきている。
10)一般に国際会議ではデリケートな重要問題は全て隠語で行うケースが珍しくない。  


949 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 07:52:36 ID:ByPL2DA4
そのまま、1000まで頑張ってくれ。

950 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 08:04:43 ID:mJFwCwb+
>>922-924 >>926-927
おひおひ、話がかなり飛躍しているぞ。文化ってのは互いに影響を与え合うから普通はマイナー
な方が消滅しちゃうんだが。特に共食いなんてのは大きなタブーだから、周囲が気がつけばその
地に住み続けることは不可能で、その習慣を捨てるか出て行くかの選択を迫られるだろう。それ
に日本中に食人習慣があることと、特定地域にプリオン病が多発することとは相互に矛盾する。

>>929-930
まあ、既にこの辺りは電波だが、ここまで妄想の系統構築したのは素晴らしい!ぜひこれをネタ
に大伝奇小説を一本ものにしてほしいな。

>>932 >>934
水車が何台いるのかと…。それに中国へ行くとわかるが、水の便が悪く、日本のように水車の
動力源として使えるような適度に細くて流速の早い渓流はほとんどないので、水車を使ったと
するならば、ひどく苦労しただろう。電気モーターや蒸気機関を使った方が現実的。

>>935
もつ鍋は戦後に普及した料理。日本での牧畜は歴史が浅く内蔵まで残さず食べるような
習慣はなかった。畜産や肉食に関するボキャブラリーもきわめて貧弱なのが特色。

>>936
むしろ、動物の内蔵を食べる文化を持つ朝鮮半島や中国出身者が多い地域で新型ヤコブ病の
患者が多いためにこれらの地域で多いと言えるかもしれないな。秋田は人肉食のせいかも
しれないが、独特な食肉文化が(共食い以外の)ある可能性は否定できない。

951 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 08:13:07 ID:mJFwCwb+
>>943-948
こいつ面白いなあ。つつくとどんどん妄想が膨らんで行く。

日照時間が少ないと健康に悪いというデータがなぜ東北で殺人がおこなわれているのか理解に
苦しむなあ。

捕鯨の話はなかなか面白い。思考障害ばりばりだね。そのうち単語の関連がなくなって言葉の
サラダ常態になってくるんじゃないかな。 (w

952 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 08:26:06 ID:y7aHvyJ7
>もつ鍋は戦後に普及した料理。日本での牧畜は歴史が浅く内蔵まで残さず食べるような
>習慣はなかった。畜産や肉食に関するボキャブラリーもきわめて貧弱なのが特色。

貴方が言及されているのは、江戸時代の士農工商に相当する日本人の場合。
その場合は確かにそうでしょう。

しかし、日常的に屠殺を繰り返す事が江戸幕府から許されていたアウトカースト
すなわち当時はエタ、非人といわれていた階級は、畜産物及び死体処理に関する知識に
詳しく、そもそもそれで生計を立てていました。というか江戸時代、エタ、非人階級には農地は十分には
与えられなかったので、主に畜産物関係や人の刑殺業務(一部は芸能)で身を立てるしかなかった訳です。

よって彼らは畜産物及び死体処理に非常に詳しい。明治維新の四民平等によって
等しく平民になりましたが、畜産物及び死体処理等に関する利権は明治維新以降も
江戸時代のこの階級の末裔の方々に事実上受け継がれています。

また彼らの祖先の一部であろう東北マタギ系統の民族は、エタ、非人制度とは無関係に
狩猟文化を受け継いできていますし、それを誇りにもしています。


953 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 08:26:56 ID:TuCzkGjq
つーか単純に味噌のは葬式はいろいろと準備がいるから、
事前に知らせることによって準備を早めにさせる意味があるんだろ。
特に当時の貧しい東北地方ならよけいその準備に時間がかかるからな。

954 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 08:38:53 ID:y7aHvyJ7
>文化ってのは互いに影響を与え合うから普通はマイナー
>な方が消滅しちゃうんだが。特に共食いなんてのは大きなタブーだから、周囲が気がつけばその
>地に住み続けることは不可能で、その習慣を捨てるか出て行くかの選択を迫られるだろう。それ
>に日本中に食人習慣があることと、特定地域にプリオン病が多発することとは相互に矛盾する。

米国のドイツ系キリスト教集団のアーミッシュは、周りとはかなり違う文化を
彼らのコロニーの中で持ち続けています。同じことは全国の部落住民、同和集落においてもいえます。
彼らのコロニーの中から出さない申し合わせのシキタリがあれば文化迫害は最小限に出来ます。
恐らく食文化に関しても同じ事が言えるでしょう。彼らの中だけでの部外秘の常識にする事は
サンカの結束を踏まえれば可能で、だからこそ、全国の部落住民、同和集落と農耕部族との婚姻例が少ない
のではないでしょうか?婚姻してしまえば情報が漏れますから。こういった実態を考えれば当該論議は矛盾しません。

また秋田県のような北東北地域では、地域全体でこの食文化風習を太古から全員で持っているので、
こういった特異な文化は保持されてきたものと推察できます。従ってここでのCJD論議とも矛盾しません。




955 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 08:47:11 ID:y7aHvyJ7
明治維新以前は彼らは支配者層ではなくマイノリティだったので
それでやっていけたのだと思います。

しかしアウトカースト革命であった明治維新以降は逆に彼らが支配者層になっているので、
大規模に殺害犠牲者が全国で発生しているものと推察できます。

従って新たな文明共生論が必要であると考えます。食肉や有機肥料に対するDNA鑑定の妨害を行われずに
どんどんDNAデータを正当に公開していく事ができれば、
この新たな文化摩擦は軽減化に向かう事ができるのではと考えています。

上の記述の中に肥料などのDNA鑑定をすればよいというご意見がありましたが、
実験妨害が現在なされているとしか思えない状況にあります。鑑定業者に頼んでも捏造されるでしょう。
また警察に物証を持ち込んでも、巨額の裏金が動いている模様なので、警察の鑑識が機能できる状況ではなく
逆に消される可能性の方が高いかもしれません。

しかしながら、それでも新たな文明共生論が必要であると考えます。
あまりにも殺害犠牲者数が多いと見られるからです。食肉や有機肥料に対するDNA鑑定の妨害を行わずに
どんどんDNAデータを正当に公開していく事ができれば、
この新たな文化摩擦は軽減化に向かう事ができるのではと考えています。


956 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 08:52:04 ID:y7aHvyJ7
>水車が何台いるのかと…。それに中国へ行くとわかるが、水の便が悪く、日本のように水車の
>動力源として使えるような適度に細くて流速の早い渓流はほとんどないので…

水車が使えない地域は、当時の60万の日本軍は、戦車やトラックなどの軍用車両を多数持ちますので
それを使って長さ10cmまで骨を大量に砕く事は容易です。進行方向に骨をおいて
踏ませて通らせれば、長さ10cm程度に骨は砕けます。

現在の日本の農業資材で使われている骨は、長さ10程度である事を考えれば、
十分に処理可能と見られます。

957 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 08:57:42 ID:y7aHvyJ7
>つーか単純に味噌のは葬式はいろいろと準備がいるから、
>事前に知らせることによって準備を早めにさせる意味があるんだろ。
>特に当時の貧しい東北地方ならよけいその準備に時間がかかるからな。

秋田県男鹿地区の民族資料は現代まで伝わる民俗について概説したものです。
家族の一員が瀕死の状態となった場合、看病と励ましで容態が持ち直す可能性はゼロではありません。
従って東北以外の農耕文化では、そのような時に、看病の手を止めて
「味噌の匂いで事前に周辺に知らせることによって
葬儀の準備を早めにさせる」という発想は普通、出てきません。

貴方はそれが普通だと思っている点が、農耕部族文化と狩猟部族文化との間の
決定的なカルチャーギャップであると推察できます。

958 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 09:02:04 ID:+aVRkSbX
今妄想カキコしてるヤツは中国人か韓国人じゃないか?


959 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 09:19:06 ID:WIFFFxqp
人骨混入肥料業者の実名を挙げろっていうのに答えたら?
でないと結局妄想だから実名が挙げられないと見なさざるおえないよ。
犯罪なんだから告発するのに問題はないしね。

工場の住所とか名称でもいいしさー。見たことあるんでしょ?

もちろん、それを書き込んだ段階で貴方の有罪が確定するんですけどね^^

960 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 10:11:11 ID:xe2XoY0z
当該論議は、全て「学問の一環」として憲法と法律の範囲で行われている。
矛盾点があるならお教えいただきたい。
現在まで指摘された点は全てお答えできている。

新たな価値観の創造、発想の転換が求められる。

===============

以下、引用。
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1157540591/679

679 :文責・名無しさん :2006/10/25(水) 08:11:09 ID:RkwEWrKc
>>673
おまえら最低だな。
藤田の言っていることは大変なことだぞ。
だからこそどこのマスコミもスルーするんじゃないか。
嘘だと思うならつて頼って専門家の意見聞いてみろ。
もっとも俺の知り合いの専門家連中はこの件はスルーする方が身のためと言ってたがな。
それ位これはやばい事なんだよ。
\_____  ____________/
         \(            r―-、、
          ,r''^tヽ      〉、::::::::ヽ 落ち着け!
          t'L`、f)     ム`''^)ヾj'′
          ヽlヲノー、-、  ,.゙'r'''ニヽ、,
          r'^ヽt,..,j:::゙i ヽ f,..つ'''ヽ、ヽ!
          ゙i、 ヾ._゙)_;::-:'"r-ミ= __):l.l
        =テ`'i,,゙>、 '"_,,.ィ"`′ ノ´!;;;;;;l !
        '"'^´l  ゙i`1234、_ィ'"´:::::l;;;;;;l l


961 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 10:38:39 ID:WIFFFxqp
証明できない以上は形而上学としか呼べませんな。

962 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 11:08:36 ID:xe2XoY0z
社会生態学的には仮説演繹法を用いて
既に証明できています。

物証は捏造の方が多いのが現実です。

963 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 11:09:35 ID:i8QaNPmT
>>960
> 新たな価値観の創造、発想の転換が求められる。

結局人肉食合法化を求めてるだけじゃないかw

964 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 11:17:07 ID:oHmA5RWc
佐賀に答えがある

965 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 11:55:42 ID:TuCzkGjq
>>957
また人を当事者呼ばわりか。
本当に先生っておもしろいよ。
昔は今と違って医療技術がなく、
治療処置もできなくため、
すぐあきらめてしまったんだろ。
カルチャーギャップでなく時代の差だろ。
またはその味噌炊きがせめてもの
治療処置(危篤時に米の音を聞かせるのと同じ)でその匂いで間接的に、
周りの人に「もうダメだな」と知らせるということも考えられる。
ところでその先生の言ってるその風習の書いてある文書に、
その風習に対する筆者の考察は書いてないの?
普通多少は書いてあると思うけど。
以前、アエラの記事やその他資料を捏造した先生ならそれを隠すということも考えられるから。

966 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 12:20:02 ID:UWcgbWlq
自宅がアクセス規制された昨日は書き込みができず、
アクセス規制が解除された今日は日中でも書き込みができる。
ということは、先生はやっぱり大学に行っていないのか。
もう解雇されたの?

967 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 12:34:05 ID:ByPL2DA4
スレ違いだが、この人の本は面白たったぞ、と言うのを挙げて貰えませんか?

968 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 14:31:20 ID:WIFFFxqp
捏造以前に証拠が無い点を指摘しているのだが?
証拠が捏造かどうか評価するのはその後の作業だよ。
とりあえず学者を名乗るのはやめてくれ。

969 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 15:36:20 ID:WIFFFxqp
仮説演繹法でいいのなら、
南京大虐殺は無かった
という結論でもいいわけだね。そのほうが確からしいと言えるでしょう。


970 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 17:21:57 ID:b32pVnJN
埋め

971 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 17:22:37 ID:b32pVnJN
産め

972 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 17:23:26 ID:b32pVnJN


973 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 17:24:13 ID:b32pVnJN
旨え

974 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 17:24:47 ID:b32pVnJN


975 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 19:07:48 ID:i8QaNPmT
この人肉喰を希求する先生は中共のエージェントである
このスレを潰したご褒美に人肉喰付きの中国旅行に招待してもらうことになっている
今月中に潰せばご褒美の人肉は2倍というボーナス付き

でもなけりゃ彼の言動の不自然性を説明しにくい

976 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 19:25:59 ID:xe2XoY0z
日本人は家畜人になってしまった。

分析したシステムを通知してもなお
おとなしく屠殺されるサイドになっている大半の国民は
「愚民」の極致にある。



977 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 19:36:05 ID:u1YuuVms
>>962
しかし物証が出せない以上は妄想と処理されてしかるべき、ということだ

978 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 19:36:52 ID:u1YuuVms
>>976
いやいや、その「愚民」の何億倍も愚かなのがお前だから
余計な心配って奴だね

979 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 19:38:16 ID:xe2XoY0z
社会生態学的には仮説演繹法を用いて
骨格は既に証明できている。

物証は捏造の方が多いのが現実。

他のあらゆる説より当該論議は矛盾が少ないのは明らか。
ここまで日本人は馬鹿だったのだろうか?


980 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 19:40:03 ID:u1YuuVms
>>979
物証に捏造が多い、って証拠は?
捏造がある、ってレベルしか示せてないよね?

あと、お前の妄想は演繹法じゃなくて帰納法に近い
帰納法よりは単なる妄想なんだがな

981 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 19:40:22 ID:xe2XoY0z
低能

982 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 19:42:08 ID:u1YuuVms
「低脳」さんにいわれると味わい深い単語ですね、「低能」ってのもw

983 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 19:49:46 ID:2df9dlJw
まあ、結論としては、
南京大虐殺があったという立場で論じようとすると
これほど恥ずかしいことになる、という例がまた一つ増えたってことだな。

984 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 19:51:41 ID:+/M3+zHP
論破開始
【言論チンピラ妄言解毒対策レス#41】
南京大虐殺はなかったと主張する学者は実在しますか? もし実在するなら名前を挙げてください。

985 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 20:03:13 ID:BV2ZNCZc
次スレは↓で

南京大虐殺ってどの位習った?2
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1134384495/l50


986 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 20:26:19 ID:2TChwBTY
世の中の不思議な現象や未解決事件の多くは仮説演繹法に帰納法を加え妄想の味付けをすると宇宙人の仕業と考えると矛盾が無い。依って宇宙人は実在する。

987 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 21:14:50 ID:UWcgbWlq
先生を統合失調症とすると全く矛盾がないんだけどね。
でも、こう言うと「心因反応」で怒りだしちゃうんだよね。

988 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 21:34:45 ID:pc1eVeLM
人食い飢え堕先生は、何でも食人にこじつけるんですね。


989 :早稲田言論理工学部Qual1ty教授:2006/10/25(水) 21:39:49 ID:uU7e2ss0
【言論チンピラ妄言解毒対策レス#42】
繰り返し質問します。
南京大虐殺はなかったと主張する学者は実在しますか? もし実在するなら名前を挙げてください。

990 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 05:23:33 ID:x5Iyp0cy
明仁氏の気配を最近、感じないのですが
ご存命でしょうか?

憲法1条のみの改正準備を進めないと、
またニセモノを天皇として即位させる事態になりかねません。

現在の偽皇太子も正当性がないのは明らか。
このまま即位させれば国が潰れかねません。

岩倉具視、伊藤博文らによる暗殺に斃れた孝明天皇の系統の復帰が出来ないなら、
憲法1条のみに限定して改正するしかないのではないでしょうか?
明らかなニセモノの即位は「美しき日本」とは対極的な状況であり
日本の黒社会化を促進させる危惧があります。

参考文献:長州の天皇征伐〜日本の悲劇は全てここから始まった〜  太田龍
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4880861898/503-4909883-0820712


991 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 05:44:45 ID:x5Iyp0cy
明仁氏の気配を最近、感じないのですが
ご存命でしょうか?

憲法1条のみの改正準備を進めないと、
またニセモノを天皇として即位させる事態になりかねません。

現在の偽皇太子も正当性がないのは明らか。オウム大量殺人への関与も無視できない水準です。
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1137727591/
このまま即位させれば国が潰れかねません。

岩倉具視、伊藤博文らによる暗殺に斃れた孝明天皇の系統の復帰が出来ないなら、
憲法1条のみに限定して改正するしかないのではないでしょうか?
明らかなニセモノの即位は「美しき日本」とは対極的な状況であり
日本の黒社会化を促進させる危惧があります。

参考文献:長州の天皇征伐〜日本の悲劇は全てここから始まった〜  太田龍
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4880861898/503-4909883-0820712


992 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 06:47:49 ID:d+nZz/SX
気配を感じないのは、あんたが自宅に引きこもってるからじゃないの?
そもそも秋田にいて気配も何も感じるわけないじゃない。

993 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 07:59:40 ID:ErT4JN+d
>>954
アーミッシュはタブーを犯さない上に平和主義者。それに彼らのコロニーは人里離れた所にあり
一般の人との接触もほとんどない。それに何か勘違いしているようだが、被差別部落民とは元々
軽犯罪や離農などによって社会からドロップアウトした人たちが大半で、文化的にも一般の日本
人とほとんど同じ。それを何か別の人種のように扱うから差別なのではないか?

>>956
>戦車やトラックなどの軍用車両を多数
そんな作業に従事できるほど余ってはいない。日本は工業力も未熟で揮発燃料も乏しく、当時の
ヨーロッパで生まれた機械化歩兵という概念を実現できなかったことからも明らか。

>>960
>学問の一環
だからさあ、裏付けになるような事実を出せよ。南京攻防戦のときに水車小屋が突貫工事で大量
に建てられたとか、処刑された中国人を処理する作業場が作られたとかさあ。命令書ぐらいある
でしょう。…しかし南京大虐殺30万人説の擁護者がこんな人食い人種だけとは(w



994 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 08:05:34 ID:ErT4JN+d
>>989
南京大虐殺の定義をしないとな。

戦時の混乱で中国軍や日本軍の兵士が入り乱れて殺し合い大量の死者が中国軍脱走兵に出たことを
言うのか。(これは虐殺とは言えない)
あるいは戦時の混乱で中国軍や日本軍が敵と間違えて誤って殺してしまった民間人の犠牲をいうの
か。(これは戦争の惨禍であり、日本もまた当事者として謝罪せねばならないだろう)
それとも中国人という民族を根絶やしにするために南京城内の中国人男性を片っ端からつかまえて
次々と「処理」していった。(これについてはなかった、とする人が多いようだが)

995 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 08:08:45 ID:+s67cm+S
>被差別部落民とは元々軽犯罪や離農などによって
>社会からドロップアウトした人たちが大半

ソース・根拠・文献等を示してください。
これは明らかな嘘であると確信しています。同和・部落関係者が聞けば
どう思われるでしょうか?

996 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 08:16:04 ID:+s67cm+S
>>戦車やトラックなどの軍用車両を多数
>そんな作業に従事できるほど余ってはいない。

農作物残渣や間伐材等を大量かつ短時間で破砕する装置は、かなり以前から農林業では普及しています。
値段も車両と比較すれば一桁安く構造も簡単で軽油で稼動します。

長期にわたる海外派兵において持ち込まないはずがありません。
軍の長期滞在において多目的に必要だからです。
また構造が単純な機械なので現地でも作れます。燃料は車両と同じもので十分です。
それを用いれば大量の骨を処理可能でしょう。



997 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 08:27:07 ID:+s67cm+S
>南京大虐殺の定義をしないとな。

虐殺かどうかは、結局、「戦時国際法が適用できる大量殺人かどうか」
の問題に集約できます。

ハーグ陸戦協定などの戦時国際法が適用可能なら大量殺人は、
国際法上は合法になるからです。

そして、当時の日本政府は、日中戦争を「シナ事変」と呼び、
意図的に戦時国際法の適用が求められない形にして、60万人の兵士を
中国に侵攻させています。日中戦争という用語が使われだしたのは戦後であり、
マスコミによるものです。政府ではありません。

従って、ハッキリしているのは、「当時の日本政府は、戦時国際法が適用されない形で
中国に60万人の軍を送り、1000万人の現地の方を殺戮した」という事のみです。
これは虐殺に他なりません。南京攻略に限定して論議を行うのは間違いです。



998 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 08:34:32 ID:+s67cm+S
南京に限りませんが、戦時国際法が適用されない条件において、
「城塞化した大都市」を大規模武装集団が攻撃するとき、都市が落ちれば
住民ごと皆殺しにされても仕方がないというのが国際慣習で
実際、中国ではそのような悲劇を過去何度も経験してきていますので、
攻められたサイドの都市の住民は、軍籍であろうが、なかろうが
男であろうが女であろうが、老人であろうが子供であろうが、
当然、戦ったと考える方が自然ですので、
当時の日本軍が戦闘行為において殺戮したのは、軍籍、民間の区別はなかった
と考えた方が論理的です。

そしてその点をもって「大虐殺」であると戦後、非難されれば、
それは受けねばならないと考えます。そもそも戦時国際法が適用されていない形での
戦闘ですので。これは南京攻略だけの問題ではなく、南京大虐殺があったかなかったかを
議論する事自体がナンセンスです。

999 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 08:37:12 ID:+s67cm+S
>先の大戦中に日本軍は1千万の中国人を食べ尽くした

@60万人程度の日本兵の食糧調達(肉源)に関する命令書がない

A当時の中国には大規模畜産業がなく、8年間に60万人が消費可能な肉量と
中国の犠牲者1000万人から取得可能な肉量がほぼ一致する事。

B中国にも日本にも食人風習が太古からある事を示す資料(特に中国)が
確認できる事、

C食肉と肥料の2つで綺麗に遺体が処理できる(塩漬けの保存食を含む)と見られる事

D当時の日本は昭和恐慌と冷作で極度の食糧不足に陥っていた事もあって、
5・15や2・26などの政府中枢へのテロまで発生しており、
中国に「食糧源」を求めざるを得なかった状況にあった事。

E中国自体に食人風習があるので、中国が日本をこの点において非難しにくい
状況にある事。

の6点を考慮すれば当該仮説は
現在、指摘されているあらゆる学説よりも矛盾が少ないのは間違いないのではないでしょうか?

当該論議が日中双方の友好につながる事を祈ります。


1000 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 08:46:41 ID:o+vh66vN
>被差別部落民とは元々軽犯罪や離農などによって
>社会からドロップアウトした人たちが大半

繰り返しますが、これは間違いです。

1.全国の部落集落の発生時期と、朝廷の東北遠征の時期が一致する
2.平安時代の東北俘囚の強制連行先と、現在の全国の部落地域とが、ある程度一致する
3.CJD発生地域が一致するケースもある。
4.部落住民の生業である皮革等畜産関係業、死体処理業、刑務業務と
  東北蝦夷の狩猟文化業務とが一致する

などの理由が、文化人類学分野の全国の部落=東北俘囚説の根拠の一部になっています。
ミトコンドリアやY染色体解析によって今後明らかになるでしょう。

そうでないとされるなら貴方の根拠をお示しください。


1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

475 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)