5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ベトナム】ノン・ドク・マイン書記長

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/26 01:43 ID:LCMbHUBW
ベトナム中央選管は25日、国会議員選挙の結果を発表し、
共産党員候補が大幅に議席を増やし圧勝した。
ノン・ドク・マイン書記長を中心とする
共産党新指導部が進める改革路線が信任された形だ。
投票直前にスキャンダルとの関連が取りざたされていた
3人の立候補を撤回するなどの措置が、
選挙戦勝利の要因ともいえる。
(毎日新聞)
[5月25日22時26分更新]

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/21(金) 00:12:35 ID:LphE3q3o
ベトナム5カ年計画・産業構造の高度化加速
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060420AT2M1902119042006.html 

【ハノイ=長谷川岳志】
ベトナム共産党は19日、2010年までの次期5カ年計画を発表した。産業構造について
農林水産業の比率を現在の21%から10年に15%程度まで引き下げる一方、
鉱工業・建設とサービス業の比率をともに40%以上に引き上げる目標を設定。
外国企業の活動を過度に規制する法律などを撤廃するなど、海外からの直接投資の
促進で工業化を加速する方針を明記した。

海外からの直接投資誘致策としては、外国企業の不満が多い国内企業との
モノ・サービスなどでの二重価格を廃止することなども盛り込んだ。直接投資をテコに
付加価値の高い分野へシフト。国民の生活水準を上げるとともに、国際競争力の
向上をめざして、産業構造のドイモイ(刷新)路線を推進する。 (07:01)

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/22(土) 20:07:27 ID:oZ6fxXnz
ビル・ゲイツ氏とベトナム首相会見、IT化促進で合意
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20060422i211.htm 

【ハノイ=太田誠】
米マイクロソフト社のビル・ゲイツ会長がベトナムを訪れ、22日、ハノイで
ファン・バン・カイ首相ら同国首脳と相次ぎ会見した。

カイ首相は「マイクロソフトと戦略的協力関係を結びたい」などと助力を要請。
ゲイツ氏は「当社はベトナムでの活動を増強中。ベトナムの現状を理解するために
訪問した」と応じ、同国での業務拡大に意欲を見せた。

カイ首相は昨年6月、同国首脳としてベトナム戦争後初めて訪米した際、同社本社で
ゲイツ氏と会い、ベトナムのIT化促進への協力で合意を取り付けた。

年内に見込まれるベトナムの世界貿易機関(WTO)加盟をにらんだ米企業の動きが
活発化しており、インテル社は2月、米企業では最大規模となる約3億ドルをかけ、
南部ホーチミン市に半導体組み立て工場を建設すると発表している。

(2006年4月22日19時25分 読売新聞)

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/23(日) 20:52:05 ID:9mrhDerz
ベトナム国会議長ら退任を正式表明
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060423STXKA011423042006.html 

【ハノイ23日共同】
ベトナム共産党政治局のグエン・バン・アン国会議長と
ファン・ジエン党中央書記局常任委員は23日、開催中の党大会で退任を正式表明した。
共産党筋が明らかにした。2人は大会前の中央委員会総会で「高齢」を理由に
退任の意向を表明していた。

政治局員15人(うち1人は死去)のうち、チャン・ドク・ルオン大統領、
ファン・バン・カイ首相ら6人を含め、これで計8人の退任が正式に決まった。

地元紙によると、新政治局員は現在の定員15人から2人増え、17人となる。 (16:30)


書記長選びで1176人の代議員投票 ベトナム共産党
http://www.asahi.com/international/update/0422/010.html

ベトナム共産党の書記長人事をめぐり、開会中の第10回党大会で24日、1176人の
代議員全員による推薦投票が実施される。一党独裁政権のトップ選びで「民意」を問う
画期的な試み。中央委員選びでも自薦候補が初めて立候補するなど、今回は
「選択の幅」の広がりが印象づけられる大会となった。

党規約によると、地方や職場の投票で選ばれた代議員に中央委を選ぶ権限があっても、
書記長らの執行部は中央委が選ぶとされている。実際これまでの大会では、事前の
中央委などで人事が内定。大会は追認の場に過ぎなかった。

ところが、今年に入って発覚した運輸省汚職をきっかけに、党執行部の責任を問う声が
強くなり、決定的とみられていたノン・ドク・マイン現書記長の続投に異論が噴出する事態に。
このため、地方やメディアの批判に応える形で、代議員の意向を聞くことになった。
(以後省略)

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/24(月) 23:13:50 ID:Nkla/J/w
ベトナム書記長選出の代議員投票、対抗馬辞退の情報も
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20060424id24.htm

【ハノイ=林田裕章】
ベトナム共産党の第10回党大会は24日、同国最高指導者の党書記長選出に絡み代議員による投票を行った。
同日発足した新中央委員会が投票結果を参考にして新書記長を選出し、25日に発表する。
ただ、ノン・ドク・マイン現書記長(65)の対抗馬とされたグエン・ミン・チェット・ホーチミン市党書記(63)が候補を
辞退したとの情報があり、競争原理が働かなかった可能性もある。
投票の手順は、1176人の代議員が前日の投票で決まった160人の新中央委員の中から書記長にふさわしい
人物を選んで記入する。
新中央委員を決める23日の信任投票では、マイン書記長が88%の得票に終わったのに対し、チェット氏は95%
を獲得。運輸省を舞台にした一大汚職事件を理由に、マイン書記長の責任を問う声が反映された結果だ。
しかし大会では、書記長続投を望む勢力が激しい根回しを行った模様。党書記長は1976年の南北統一以来、
一貫してベトナム戦争に勝利した北部の出身者が占めて来ており、「南部出身のチェット氏を選ぶことには抵抗が
強い」との観測もあった。
仮にチェット氏辞退の情報が正しいとすれば、二者択一で書記長を選ぶという前例のない手段が最後は敬遠され、
調整型の決着が図られたことになる。
その場合、性急な政治の「開放」を封じようとする力が働いたのも間違いない。今大会は冒頭から、会場近くのプレス
センターにモニターテレビが設置され、大会の模様を英訳付きで追うことが出来たが、24日昼前、突然、打ち切られた。
中央委員選挙でマイン氏の票が伸びなかったことで、同氏を推す指導部の一部や保守派が、トップ人事の決定
過程をこれ以上、大っぴらに流すわけにはいかないと判断したと見られる。
大会の政治報告は「経済の刷新と政治の刷新との関係に、どう取り組むのか、理論的回答がまだ見つかっていない」
と指摘している。一党独裁を維持しながら、どこまで民主化は可能なのか。二律背反に見える命題を、ベトナムは
突きつけられている。
(2006年4月24日22時29分 読売新聞)


140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/25(火) 00:03:45 ID:Au/Wy9Il
ベトナム書記長が留任、“選挙”腰砕け…対抗馬が辞退
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20060424id24.htm

【ハノイ=林田裕章】
ベトナム共産党中央委員会は24日、ノン・ドク・マイン現書記長(65)の留任を決めた。同委員会筋が明らかにした。
書記長選はグエン・ミン・チェット・ホーチミン市党書記(63)との間の争いになると見られていたが、チェット氏が辞退
したために、マイン書記長が信任される形となった。
開会中の第10回党大会は、代議員に国家最高指導者を選ばせるという初の試みで注目されたが、「競争」を避ける
腰砕けの結果に終わった。
大会では、マイン書記長の続投を望む勢力が激しい根回しを行った。
二者択一で書記長を選ぶという前例のない手段が最後は敬遠され、調整型の決着を招いた模様だ。
党書記長は1976年の南北統一以来、一貫して、ベトナム戦争に勝利した北部の出身者が占めて来ており、「南部
出身のチェット氏を選ぶことには抵抗が強い」との観測も流れていた。
23日に行われた新中央委員の選挙では、1176人の代議員のうち、チェット氏が95%の信任を得たのに対し、
マイン書記長は88%だった。
運輸省を舞台にした一大汚職事件の責任を問われたマイン氏は、辛くも窮地を逃れた格好だった。
今大会の書記長人事で代議員に投票させる動きが出たのは、汚職事件が書記長の責任問題に発展したからだが、
党指導部の「民主化」への意識が多分に作用したからでもある。
「汚職事件を奇貨として、この際、書記長人事を大会での投票に委ねれば時流に乗ると見る勢力があった」と消息筋は指摘する。
党の幹部が定期的に記者会見し、地元の報道陣も率直な質問をぶつける光景は、一昔前はなかったことだ。
一方で、政治の性急な「開放」を封じようとする力が働いたのも間違いない。
(2006年4月24日23時33分 読売新聞)

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/18(木) 22:34:58 ID:3MbT4Hwr
ベトナム首相、第一副首相を後継指名へ
http://www.nikkei.co.jp/kaigai/asia/20060516D2M1601E16.html 

【ハノイ=長谷川岳志】
ベトナム国会が16日、ハノイで開幕した。6月30日まで開く今国会では重要法案および
次期5カ年計画の審議のほか、大統領、首相を含む主要閣僚の交代を決定する。
南部出身の改革派をそろえ、11月にハノイで主催するアジア太平洋経済協力会議(APEC)
首脳会議に向けて市場開放を一気に加速させる狙いだ。

ファン・バン・カイ首相は16日、記者団に対し、今国会で自らの後継者に第一副首相の
グエン・タン・ズン氏を指名することを表明した。カイ首相の任期は来年まであるが、
任期途中で引退する。大統領、国会議長も任期途中で退く。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/19(金) 11:53:50 ID:icpXqKBk
【経済】ベトナムに製造拠点、米インテルが建設へ…英紙フィナンシャル・タイムズ報道
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1136616105/

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 09:47:42 ID:D74Wj/E8
Viet Viet

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/31(水) 15:31:45 ID:Rpr/EVJE

Japan Festival 2006 in Vietnam|ジャパン フェスティバル 2006 イン ベトナム

ttp://www.japanfes2006.org/
ttp://www.japanfes2006.org/element/DGb.gif

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/01(木) 22:07:01 ID:1UeF57Au
ベトナム、WTO加盟へ米と調印
http://www.nikkei.co.jp/news/past/honbun.cfm?i=AT2M3102D%2031052006&g=G1&d=20060531

【ホーチミン=長谷川岳志】
ベトナムと米国は31日、ホーチミン市でベトナムの世界貿易機関(WTO)加盟に
向けた2国間協定の合意文書に正式調印した。
米国との交渉妥結により、ベトナムはすべての国・地域との2国間協定交渉を終え、
年内のWTO加盟へ大きく前進した。



146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 01:37:41 ID:D72bVpbC
            
            ,,,r-‐───‐--、
           /     ,,,z-──ュ‐-、
          /,,,,,,,,,,r-‐''~´      リ  \
         //~             |   ゙i
        i/               |    |
        f |               ヽ   |
        | |                リ   r-、
        | |                 `ヽ/「ワ,|
        リ ,,,r==、   ,,r===ュ、      ┐ソ    なんでウチはダメなんだ?
        ゙i -=・=-ヽ i  -=・=- `     ン }
         ゙i ヽ--‐ .| l `'─‐'"    ノ ト‐/
         |    /l l 、      ,/ ├‐'゙
         .|、  ノr'  レ ヽ¬、,,.... -‐   |
          ゙iヽ‐' ヽ,,,,,r''´     ノ    |
          ヽ  ト‐==─イ~、 /    .ト、
           \ ヽ  ̄__ ‐'  y    ノ
            \ `     , '
             `ー--──'"-'


147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 00:48:55 ID:Y3Xz7C3t
米国防長官、ベトナムを公式訪問 軍事交流の拡大で合意
2006年06月05日23時29分
http://www.asahi.com/international/update/0605/012.html 

ラムズフェルド米国防長官は5日、公式訪問したベトナムの首都ハノイで
ファン・バン・チャー国防相と会談し、両国の軍事交流を拡大することで合意した。
ベトナム戦争の終結後、米国防長官が同国を訪問するのは00年のコーエン前長官以来、
6年ぶり2度目。成長を続けるベトナム経済を背景に両国の関係正常化が進んだことを受けた動きだ。

ラムズフェルド長官は同日夕、朝日新聞など同行記者団に対し
「会談ではあらゆるレベルの軍事交流を強化する、さまざまな方法を話し合った」と述べた。
米国防総省高官によると、米とベトナムの軍事交流は「双方が意識的に緩やかなペースで
始めている」という。今月末にベトナム軍将校2人を英語教育のため米空軍の学校が
受け入れるのが第1号となる。

両国が慎重に交流を進めようとする背景には、中国の存在がちらつく。同高官は
「ベトナムは我々との関係とともに、中国とも良好な関係を望んでいて、それを損なわないよ
気を使っている」と指摘する。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 21:51:48 ID:CfelRAkm
ベトナムに最恵国待遇、米議会が法案審議へ
http://www.nikkei.co.jp/news/past/honbun.cfm?i=AT2M14016%2014062006&g=G1&d=20060615

【ワシントン=藤井一明】
米上下両院で13日、ベトナムに最恵国待遇を恒久的に付与する法案が上程された。
ベトナムが世界貿易機関(WTO)に加盟する最終条件になる。
超党派の議員からの支持を得て迅速に審議が進むとの見方が多い半面、
11月の中間選挙を前に懸案の先送りになると心配する声も出ている。

13日には貿易政策で影響力を持つ民主党のボーカス上院議員が、
議会内で開かれた米国とベトナムの早期の貿易正常化を訴える会合に出席。
両国の産業界の代表らを前に8月の議会の休会前に同法案を承認する意向を表明した。
会合には米通商代表部(USTR)のシュワブ代表も加わり、
WTO加盟を念頭に「米越関係の新しい一章が始まる」と語った。



149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 17:59:30 ID:7PNafJzu
これで米国も広い敷地に大使館を建てさせてもらえるといいんだが


150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/25(日) 10:22:41 ID:QN2MwbvH
ベトナム首相、大統領が辞任を正式表明
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060625AT2M2401B24062006.html 

【ハノイ=長谷川岳志】
ベトナムのチャン・ドク・ルオン大統領とファン・バン・カイ首相は24日、開催中の国会で
正式に辞任を表明した。ルオン大統領、カイ首相はともに任期を約1年残しての引退となった。
新しい大統領と首相は27日に選出される予定。その後、財務相、国防相など
主要閣僚の交代を決め、今月末にはベトナムの新政権が発足する。

国会は24日午後、大統領、首相の辞任についての投票を実施し、ほぼ全会一致で
了承したもよう。地元メディアによると、カイ首相は「私の在任期間中の約10年間、
国家の改革と発展に貢献できた。だが、まだ政府には改革すべきことは多い」と語った。
グエン・バン・アン国会議長も同日、辞任を表明し、了承された。 (22:04)

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/27(火) 20:44:56 ID:TyfoHsxf
ベトナム、新大統領と首相選出・首相にズン第一副首相
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060627AT2M2701O27062006.html 

【ハノイ=長谷川岳志】
開会中のベトナム国会は27日、新大統領にグエン・ミン・チェット・ホーチミン市党委員会書記(63)を、
新首相にグエン・タン・ズン第一副首相(56)を正式に選出した。
新しい大統領、首相はともにホーチミン市を中心とする南部の出身者で改革派。

ズン新首相は28日に財務相、国防相など新しい閣僚を指名し、国会の承認を経て
新政権をスタートさせる。副首相にはグエン・シン・フン財務相の昇格など全員が
共産党政治局員となる見通しで、「これまでにない強力な政権が確立する」
(地元メディア)との見方がもっぱらだ。

新政権は経済の改革・開放路線をさらに推し進める役割を担う。チェット新大統領は
ホーチミン市への積極的な外資誘致での功績が評価されており、今後も外資の
投資誘致をテコにした経済発展を推進する政策の方向性に変化はないとみられている。 (20:00)

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/27(火) 21:30:41 ID:BkMBPx81
ドイモイ マンセーーー!!!

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 01:15:44 ID:9MzHW+eN
グエン・タン・ズン 阮晋勇
グエン・ミン・チェット 阮明哲
グエン・シン・フン 阮生雄
阮さんばっかりだね

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 01:32:27 ID:e3WxW2Vd
大統領も首相も南部出身か。
もう地域バランスはどうでもいいの?

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/06(木) 22:03:17 ID:bkvzoLOF
ライス米国務長官、月末にベトナム訪問
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20060705id22.htm 

【バンコク=太田誠】
5日付ベトナム各紙によると、同国外務省報道官は4日、ライス米国務長官が
7月末にベトナムを訪問することを明らかにした。

6月以降、米国からラムズフェルド国防長官や上下院の一行など来訪が相次いでいる。
ブッシュ大統領は11月にハノイで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)
首脳会議に出席する予定。

156 :1/2:2006/07/19(水) 23:56:24 ID:Kvlj/FvK
ベトナム:最高4ポストの顔ぶれが正式決定
http://www.ide.go.jp/Japanese/Research/Asia/Event/060713.html
地域研究センター 寺本実

2006年6月末に終了した第11期第9回国会で新しい大統領、首相、国会議長が
選出された。今年4月の第10回党大会で撮られた「写真のネガ」が同会期で
「現像」されたのである。党大会で留任が決まったノン・ドゥック・マイン書記長を
初めとするベトナム最高4ポストの顔ぶれは以下の通りとなった。

ノン・ドゥック・マイン党書記長
1940年9月11日生、タイー族、北部バクカン省出身、1963年入党、林業専門家の経歴、
ソ連留学経験有り。1992年から国会議長を務め、2001年4月の第9回党大会より現職。

グエン・ミン・チェット大統領
1942年10月8日生、キン族、南部ビンズオン省出身、1965年入党、
党大衆工作委員会委員長、ホーチミン市党委書記などを経て現職。

グエン・タン・ズン首相
1949年11月17日生、キン族、南部カマウ省出身、1967年入党、キエンザン省党委書記、
内務省(現公安省)次官、常任副首相などを経て現職。

グエン・フー・チョン国会議長
1944年4月14日生、キン族、北部ハノイ市出身、1967年入党、
党理論誌「タップ・チ・コンサン」誌編集長、思想・文化・教育担当政治局員、
ハノイ市党委書記などを経て現職。

157 :2/2:2006/07/19(水) 23:56:55 ID:Kvlj/FvK
前任のファン・ヴァン・カイ首相、チャン・ドゥック・ルオン大統領、グエン・ヴァン・アン国会議長は
いずれも1930年代生まれ。今回の人事によりすべて1940年代生まれの布陣となった。
1992年の憲法改正により設けられた大統領職にはこれまで中部出身者から選ばれてきたが、
初めて南部出身のチェット氏が選出された。
現在、党ナンバー2の党書記局常任ポストにはホーチミン市党委書記、党経済委員会委員長を
歴任した南部ロンアン省出身のチュオン・タン・サン氏が就いている(前任は中部出身の
ファン・ジエン氏)。同氏はズン首相と共に時代を担うホープと目されてきた人物である。
指導者の若返りとともに、ベトナム経済の中心地域である南部出身者の「台頭」は
「世界経済への参入の時代」を象徴しているとも見える。新しい指導者たちが
今後どうこの国を導いていくのか注目される。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/06(日) 20:21:22 ID:g8/S7/D9
ベトの土人めW

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 22:35:21 ID:ppddPEPq
ベトナム書記長、北京に到着・5日間の訪中開始
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060822AT2M2201J22082006.html 

【北京=桃井裕理】
新華社によると、ベトナム共産党のノン・ドク・マイン書記長が22日、5日間の
中国公式訪問のため北京入りした。胡錦濤国家主席ら中国の国家指導者と会談し、
経済や貿易面での協力強化や軍事面での信頼醸成を確認する見通しだ。

マイン書記長は4月の再任後、初の外遊地として中国を選び、中国重視の姿勢を示した。
昨年10月には胡錦濤国家主席がベトナムを訪問しており、両国は首脳往来を活発化させている。

同書記長は訪中期間中、トンキン湾での天然ガスの共同開発や、両国などが
領有権を争う南シナ海の南沙(英語名・スプラトリー)諸島での石油共同開発について
中国側と協議するとみられる。 (19:00)


ベトナムとカンボジア、海底油田開発など資源協力推進で合意
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060822AT2M2201G22082006.html 

【ハノイ=長谷川岳志】
ベトナム・カンボジア両政府は両国の国境をまたぐ地点での海底油田探査の
共同実施などエネルギー協力や貿易拡大、観光事業の共同実施で合意した。
ベトナム政府関係者によると、21日からカンボジアを訪問しているベトナムの
グエン・シン・フン第一副首相がカンボジアのホー・ナムホン副首相兼外相らと、
経済関係の強化について協議。2010年までに両国の貿易額を20億ドル
(2005年実績は5億ドル強)まで拡大することで一致した。 (19:02)

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 20:50:37 ID:eSFKP6ZM
EU、ベトナムのWTO加盟を支持
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060908AT2M0703208092006.html 

【ブリュッセル=下田敏】
欧州連合(EU)のマンデルソン欧州委員(通商担当)は7日、ベトナムの
トゥエン貿易相と会談し、EUとして世界貿易機関(WTO)への新規加盟を
支持する方針を伝えた。会談後の記者会見でマンデルソン委員は
「ベトナムの早期加盟にはなんら障害はないとみている」と語った。
ベトナムはWTOへの年内加盟を目指して各国との最終調整を進めている。 (10:19)

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 21:14:41 ID:HcQDDi6n
日越首脳、EPA交渉開始で協議
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060911AT3S1101U11092006.html 

【ヘルシンキ=山口真典】
フィンランド訪問中の小泉純一郎首相は11日、ベトナムのグエン・タン・ズン首相と
会談し、経済連携協定(EPA)締結に向けた政府間交渉を早期に始めるよう
努力することで一致した。両首脳は幅広い分野での関係強化を確認した。

両政府は2月と4月にEPAの事前会合を開いたが、本交渉入りを合意するに
至っていない。ズン首相は「早期に交渉に入れるよう作業を進めたい」と強調。
小泉首相も「フィリピンとEPAに署名した。ベトナムとの交渉も、どのように
進めていくかを真剣に検討したい」と応じた。 (20:56)

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 00:14:02 ID:Hw1JHsEZ
117品目の輸入関税引き下げ (ベトナム)
http://www.jetro.go.jp/topics/42154

家電製品、冷蔵庫設備、バイク完成品、自動車部品など117品目の輸入関税が9月15日から
引き下げられた。税の不公平をなくすという観点から、WTO加盟に合わせた動きとみられる。

外資への電気通信産業開放、担当相が示唆?テレコム2006開催? (ベトナム)
http://www.jetro.go.jp/topics/42158

ベトナム・テレコム2006が開催され、日本からはNTTドコモの中村社長がフォーラムに参加した。
郵便・電気通信相が、電気通信産業の外資への開放を示唆しており、今後有望な投資先として注目される。


163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 18:08:14 ID:E71XtDeE
ttp://vietnamnews.vnagency.com.vn/showarticle.php?num=01OUT290906
(29-09-2006)
Japan’s new leader promises high world profile
by Mai Hien(VNS)

ベトナムニュース:日本の新首相は、世界の中の、より顕著な外交を約束する
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(ベトナム人記者の書いていると思われる記事。
ベトナム人から見て安倍首相の施政方針演説がどう見えるのかといえば・・)

The new leader has promised to reshape the nation by boosting the country’s role
in global affairs and reviving respect for traditional values at home.

新しい日本の指導者は日本がグローバルな外交においてその役割を高め、
国内においては伝統的な価値観の復活を訴えた。

He affirmed the orientation of the country’s foreign policy, which will continue
to focus on Japan’s alliance with the US.

外交政策が日米同盟に基礎を置くことを改めて確認した。(後略)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このベトナムニュースには、安倍内閣が中国や韓国との外交関係の摩擦の
沈静化を図ろうとしていること、憲法改正を視野に入れている事を伝えている
けれど、「日本の戦前の思想への回帰」とか「タブーである愛国心の強調」
といった見方は全く無い。

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 22:01:34 ID:4It99F5b
ノン・ドク・マイン
漢字では「農徳孟」

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 21:19:19 ID:63TgTRFw
ベトナム首相会見「WTO加盟決まる」
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20061020AT2M2002A20102006.html 

ベトナムのグエン・タン・ズン首相は20日、日本記者クラブ(東京・千代田)で記者会見し、
世界貿易機関(WTO)への加盟が「このほど認められ、近日中に正式メンバーとなる」と明らかにした。
そのうえで「市場経済を積極的に導入し、東南アジア諸国連合(ASEAN)域内と世界経済の
統合に貢献したい」と述べた。

ベトナムは1995年に加盟交渉を開始。難航していた米国との二国間交渉が今年5月にまとまり、
今月9日から最終交渉を進めていた。ズン首相は「審査をすべて通過した」と説明、加盟が承認されたと話した。

ズン首相は6月に就任。初の外遊先に日本を選んだ理由について「ベトナムの最大の
経済パートナーであり、誕生したばかりの安倍政権とともに両国関係を新しいレベルに
引き上げたい」と説明した。経済面では「2030年までに先進的な産業国として世界に
認知されたい」との目標を掲げ、市場経済への移行を加速させることを強調した。 (20:00)

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 21:23:50 ID:63TgTRFw
EPA交渉、来年1月開始で合意・日越首脳会談
ttp://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20061020AT3S1901V19102006.html

安倍晋三首相は19日夕、来日中のベトナムのグエン・タン・ズン首相と首相官邸で会談し、
両国間の経済連携協定(EPA)の政府間交渉を2007年1月に開始することで合意した。
両首脳は北朝鮮の核実験問題や拉致問題での連携を確認。ズン首相は11月にハノイで開く
アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に合わせた安倍首相の公式訪問を招請、
安倍首相も受け入れた。 (23:01)


ベトナム首相、北朝鮮制裁決議を支持
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20061019AT2M1900R19102006.html 

来日中のグエン・タン・ズン・ベトナム首相は19日、都内のホテルで日本経済新聞と記者会見し、
国連安全保障理事会による北朝鮮への制裁決議について「ベトナムは(ミサイル発射後の決議も含め)
国連安保理の二つの決議を支持する。特に核実験後の決議だ」と述べ、決議に含まれる船舶などの
貨物検査に協力する意向を示した。

ベトナムは北朝鮮と外交関係を結んでいる友好国。7月のミサイル発射を受けた安保理決議の後には、
米国の要請を受けベトナム中央銀行などが北朝鮮関連の銀行口座を凍結していた。

一方、日本との経済連携協定(EPA)については「安倍晋三首相との会談で早期の交渉開始を
提案したい」と意欲を示した。ベトナムにとって日本は最大の海外直接投資(実行額ベース)の出し手国。
日本からベトナムへの政府開発援助(ODA)については「供与国として1位で、全体の30%を占める。
日本からのODAはもっとも効率的で感謝している」と述べた。 (16:01)

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 11:50:37 ID:rqEBlCRM
外資行の不正外為取引疑惑、ベトナム首相が早期解明を指示(11/2)※
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/media/20061102NTE2IFT0102112006.html 

国営ベトナム工商銀行が蘭ABNアムロとの外国為替取引で540万ドルの損失を出した事件で、
ベトナムのグエン・タン・ズン首相は警察当局に対し、ABNアムロによる違法行為の解明を急ぎ、
起訴手続きを迅速に進めるよう命じた。一方で、ABNアムロが損失補てんに応じるなら、起訴を
見送る可能性があることも示唆している。
(以下省略)

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 10:00:24 ID:JUxX8ulx
共産主義体制終焉マダー?

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 22:32:21 ID:ykqMqLN5
WTO、ベトナムの加盟承認・海外からの投資加速
ttp://www.nikkei.co.jp/news/past/honbun.cfm?i=AT2M0701A%2007112006&g=G1&d=20061107

【ジュネーブ=市村孝二巳】
世界貿易機関(WTO)は7日、大使級の一般理事会を開き、
ベトナムの加盟を承認した。
ベトナムは早ければ今月中に国会での加盟批准手続きを終え
年内にも加盟する予定。
1995年1月から加盟交渉を続けてきたベトナムは150番目の
加盟国・地域となる。
WTO加盟で投資環境の整備が一層進むとみられ、
日本を含む海外企業の投資に拍車がかかりそうだ。

正式加盟は国会で加盟批准をした日から30日後となる。
ベトナムは酒類、たばこ、インスタントコーヒー、
自動車、同部品などの高関税品目を含めて、
農産品、鉱工業品などすべての輸入品目にかける
関税の上限を0―35%(品目によって異なる)
まで削減することを約束。
パソコンや薄型テレビなどIT(情報技術)製品は
2014年までに関税率をすべてゼロまで引き下げる。
(21:25)


170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 22:36:21 ID:ykqMqLN5
米インテル、ベトナムに7億ドル追加投資
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20061108AT2M0702907112006.html

【ハノイ=長谷川岳志】
ベトナム政府関係者によると、米半導体製造最大手のインテルは
ベトナムに7億ドル(約820億円)の追加投資を実施することを決めた。
今週末にも正式発表する。
インテルは2月、南部ホーチミン市のサイゴンハイテクパークで
半導体組み立て工場建設に3億ドルの投資を決めたばかり。

インテルのベトナムへの投資総額はこれで10億ドルになり、
1メーカーの対ベトナム投資額としては最大級になる。
(07:02)



171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 20:37:42 ID:JLpLkU+t
【台湾】ベトナムのWTO加盟、台湾企業に商機拡大
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061108-00000011-nna-int

 ベトナムが世界貿易機関(WTO)への加盟することで、同国に少なくない投資を行っている
台湾企業に商機拡大の気運が高まっている。関税の引き下げはベトナムに工場を構える
メーカーにとって大きなメリット。また経済発展による内需拡大は、自動二輪車など
ベトナム市場を狙って進出した企業に追い風となる。

 経済部貿易局によると、ベトナムは台湾にとって17番目の貿易パートナーだ。2005年の
対ベトナム貿易は47億3,517万米ドルで、前年比19.7%増加した。また今年7月末時点で
台湾からベトナムへの投資額は79億4,364万米ドルに達しており、認可ベースでは同国最大の
投資元となっている。

 ベトナムはWTO加盟により、関税の引き下げとサービス業などの市場開放を進めることに
なる。貿易局によると、関税については、ベトナムは232品目の農作物と非農作物の税率
引き下げを承諾、平均関税率は段階的に16.27%まで下がる。

 

 台湾が特にメリットを享受できる製品としては、畜産品では豚肉、牛乳、乳製品、ソーセージ、
肉加工品など。水産品では観賞魚、調理済みのマグロ、サバ、ウナギなどが挙げられる。
工業製品ではセメント・クリンカー、プラスチック・ゴム原料、自動二輪車・自転車用ゴムタイヤ、
車両用ゴムタイヤ、紙製品、紡織品原料、靴とその部品、タイル、浴槽設備、鉄鋼製品、
アルミ製品、電機部品、ファスナーなどだ。

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 20:41:52 ID:JLpLkU+t
>>171
リンク先続きがあります。後略と書くの忘れました。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 19:06:51 ID:INUlRZEs
ttp://www.asahi.com/politics/update/1110/013.html
経団連の100人、ベトナムへお供 安倍首相が要請 <朝日、10日21時37分>


安倍首相のベトナム公式訪問に合わせ、日本経団連は19日から2日間の
日程で御手洗冨士夫会長を団長とする100人規模の経済ミッションを
ハノイに派遣する。

首相や大統領の外国訪問に民間の経済使節団を伴うスタイルは欧米
では多いが、日本では今回が初めてという。

安倍首相は18日からハノイでのアジア太平洋経済協力会議(APEC)
首脳会議に出席する。経団連はAPEC終了後のベトナム首脳との会談や
晩餐(ばんさん)会などに同席する。 (後略)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

>>170のインテルのベトナム進出など、アメリカにもベトナム支援の動きが
あるようで時宜を得たものと思える。

中国投資の代替のひとつとして、ベトナムはインドやインドネシアと並んで
最有力候補と思わそれにしても安倍首相、力が入っているような・・

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 22:30:29 ID:/cZjVNwF
三井石油開発、米大手と組みベトナムで天然ガス生産
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061110-00000401-yom-bus_all

 三井物産グループの三井石油開発は9日、米石油大手シェブロンなどと組み、ベトナムの大型
海底ガス田で天然ガスを生産することを明らかにした。

 2007年にも開発に着手し、10年にも生産を始める方針。日本企業が同国の天然ガス開発に
参加するのは初めて。

 対象となるのはベトナム南西部沖合270キロ・メートルの2か所の海底ガス田だ。同社は、
約4割の権益を持つシェブロンなどに次いで、25%と19%の権益を持つ。これまでの試掘で、
インドシナ半島では最大規模の、約1100億立方メートルのガス埋蔵量を確認している。

 ベトナムのグエン・タン・ズン首相が、三井物産と三井石油開発に早期の開発を要請した
ことを受け、来年にも掘削などに踏み切る。総事業費は数十億ドル規模と見込み、ガス田から
ベトナム本土まではパイプラインで輸送し、当面は同国内向けに供給する予定だ。
(読売新聞) - 11月10日3時16分更新

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 20:01:52 ID:/txIU2Vd
ttp://online.wsj.com/article/SB116337174714721005.html?mod=opinion_main_europe_asia
REVIEW & OUTLOOK November 13, 2006
The New China?

WSJ(アジア版、社説):ベトナム、新たな中国か?


ベトナムがWTOに加盟し、外資の投資が増加していて経済の高度成長が
見込まれる事情を解説している。

少なくとも今後3-5年は7.5-8.0%の成長が予測できる。

しかし共産党の独裁体制化にあるベトナムは中国と同じ人権問題や
腐敗の問題、金融システムの未熟さを抱えると警告する。

これに加えて、影響を受ける繊維産業など一部の米国内地域からの
保護主義的な政治圧力がある。

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 21:45:18 ID:pNM/R9SM
ドクさん ベトナム訪問の米大統領に訴え「戦争しないで」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061114-00000017-maip-int

ドクさん(左)と婚約者のテュエンさん。2人の薬指には婚約指輪が光っていた=ベトナム
南部ホーチミンで11月11日、栗田慎一写す

 ベトナムのハノイでアジア太平洋経済協力会議(APEC)が15日に開幕する。ベトナム戦争中に
米軍が空中散布した枯れ葉剤の被害者とされる結合体双生児「ベトちゃん、ドクちゃん」の弟、グエン・
ドクさん(25)は「(APEC出席予定の)ブッシュ米大統領に会えるなら、僕ら患者たちと会って
ほしい。これ以上戦争を行わないで」と訴えた。ブッシュ大統領は17日、ホーチミンを訪問する予定だ。
【ホーチミンで栗田慎一】

 ベトナムは、既に人口の約6割がベトナム戦争(60〜75年)後に生まれた世代だ。政府は若年層の
雇用促進と経済成長を図るため、00年に100%外国資本の導入を認め、05年の新規投資件数は
過去最高の922件に上った。今年7月に北朝鮮がミサイルを発射した後には、米国の要請に応じて
国内の北朝鮮口座を凍結し、米国との関係改善を進めている。

 一方で枯れ葉剤の被害者は国内に数百万人いるとされるが、公式の調査は行われず補償もない。
(後略)

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 23:44:30 ID:up7O24Pt
中国主席、ベトナム首脳と会談
ttp://www.nikkei.co.jp/news/past/honbun.cfm?i=AT2M1601W%2016112006&g=G1&d=20061116

【ハノイ=長谷川岳志】
中国の胡錦濤国家主席は16日、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議
への出席に先立ってベトナムを公式訪問し、ノン・ドク・マイン共産党書記長、
グエン・ミン・チェット大統領らとハノイ市内で相次いで会談した。
中越両国首脳は経済協力拡大を中心に話し合ったとみられる。

中越両首脳は貿易、投資の促進と人・技術の交流活発化などで意見を交換。
中国はベトナムでの発電所建設を支援するほか、両国でボーキサイトの共同
開発・生産を実施することで合意した。
国境地域での医療協力の覚書も交わしたもよう。

胡主席がベトナムを訪問するのは昨年10月以来、ほぼ1年ぶり。
17日にはグエン・タン・ズン首相との会談を予定している。
今年8月にはマイン書記長が訪中しており、中越首脳の往来は活発化している。
(21:00)



178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 23:50:49 ID:up7O24Pt
韓国ポスコ、ベトナムに1300億円投じ新工場
ttp://www.nikkei.co.jp/news/past/honbun.cfm?i=AT2M17021%2017112006&g=G1&d=20061117

韓国鉄鋼最大手のポスコは17日、ベトナムの新工場建設に追加投資する計画を
明らかにした。合計の投資額は11億3000万ドル(約1330億円)。
外資による鉄鋼プロジェクトとしてはベトナム最大となる。
ベトナムは鋼材需要が拡大しており、将来は供給不足の懸念がある。
競合他社に先駆けて大型投資に踏み切ることで、市場開拓で先行したい考えだ。

ベトナム政府は18日にもポスコの投資計画を承認する。
ポスコは第1期工事分として3億6100万ドルを投じ、南部のブンタウに年産70万
トンの冷延工場を建設すると10月に表明。
さらに第二期として7億6700万ドルを追加する。

第2期は、年産300万トンの熱延工場と、鋼板を連続してめっき液につけて耐食
性を高める溶融亜鉛めっきライン(CGL、同40万トン)を新設する。
10年初めに着工し、12年末の稼働開始を目指す。
経済成長が続くベトナムは製造業の進出が相次ぎ、鋼材需要が拡大している。
ポスコは10年以降に鋼材不足が深刻になるとみて、新工場を建設し旺盛な国内
需要に対応。東南アジアの輸出拠点とも活用する。
(ソウル=鈴木壮太郎) (21:41)


179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 00:01:58 ID:lR+3cpiC
>>177のニュース
更新されていました。

2010年、中越貿易150億ドルに拡大へ・両首脳が一致
ttp://www.nikkei.co.jp/news/past/honbun.cfm?i=AT2M16024%2016112006&g=G1&d=20061117 

【ハノイ=長谷川岳志】
中国の胡錦濤国家主席は16日、APEC首脳会議への出席に先立ってベトナムを
公式訪問し、ノン・ドク・マイン共産党書記長、グエン・ミン・チェット大統領
とハノイ市内で相次いで会談した。
両国首脳は経済協力関係を一段と拡大させることで一致。
2010年までに両国の貿易額を150億ドルに拡大することを新たな目標に掲げた。

中越両首脳は国境を接するトンキン湾での共同資源開発に向けて両国間で定期的
な協議の場を設けることでも一致し、両国で総額16億ドルを投じてボーキサイト
の共同開発・生産を進めることでも合意した。

胡主席はベトナムの国連安全保障理事会非常任理事国入りを支援するほか、世界
貿易機関(WTO)加盟後の経済運営の経験を供与すると表明した。
胡主席がベトナムを訪問するのは昨年10月以来、ほぼ1年ぶり。
(07:01)




180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 00:06:54 ID:lR+3cpiC
ついでにもう一つ

米越首脳会談、経済関係の拡大確認
ttp://www.nikkei.co.jp/news/past/honbun.cfm?i=AT2M17025%2017112006&g=G1&d=20061117

【ハノイ=丸谷浩史】
東南アジア訪問中のブッシュ米大統領は17日、アジア太平洋経済協力会議
(APEC)首脳会議出席のためハノイ入りし、ベトナムのグエン・ミン・
チェット大統領ら同国首脳と相次いで会談した。
両国は経済関係の拡大を確認、過去に区切りをつけて未来志向の関係を構築
していくことで一致した。

ブッシュ大統領はチェット大統領との会談の冒頭で「ベトナムは若き虎の
ようであり、二国間の関係を強化していきたい」と呼びかけた。
同時に「美しい市街を車で通っている最中、市民の顔には笑みが浮かんでいた」
と、ベトナムの発展を称賛した。

1975年のベトナム戦争終結後、米大統領のベトナム訪問は2000年のクリントン
前大統領以来2人目。ブッシュ大統領にとっては初めての訪越となる。
ベトナム側は一連の会談で経済改革の進展を説明し、米越の経済関係強化の
必要性を訴えた。
(23:11)



181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 05:41:20 ID:CL1tFo3A
米大統領、ハノイで「戦争」不明兵の施設を視察
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20061118id24.htm

 【ハノイ=貞広貴志】ベトナム訪問中のブッシュ米大統領は18日、ベトナム戦争中の
行方不明兵(MIA)と戦争捕虜の遺骨収集や身元特定に当たっているハノイ市内の
米政府施設を視察した。

 大統領は、古びたヘルメットや軍靴、兵器など遺品の陳列を見て回り、作業の進展に
ついて担当者から説明を受けた。

 米越関係は、経済関係の拡大など未来志向をうたっているが、いまも約1500人が
登録される行方不明兵の問題は、ベトナム戦争が「米国民にとって感情的な戦争」
(スノー大統領報道官)であり続ける要因となっている。

(2006年11月18日23時45分 読売新聞)

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 23:38:48 ID:N/PVxr1K
ベトナムやインドネシアは神に護られた国
なぜなら暴風雨によってモンゴル帝国の侵略を免れたから

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 20:11:25 ID:XW3GP9gs

越南でのAPEC首脳会議に際してアメリカでよく言はれたことに、
SAIS中東学科長のフアド・アジャミ教授が反論 (11/26)
ttp://www.usnews.com/usnews/news/articles/061126/4fouad.htm
Back to the Future
By Fouad Ajami U.S. News & World Report


(略)アメリカ人はしばしば越南戦争の記憶を手繰る。
アメリカは越南を賭けた戦ひに負けたが、東亜を賭けた戦争に勝つた。
アメリカの敗北は越南とカンボジアを破滅させたが、自由な政治と経済の
システムはアジアで生き延び、アジア地域はアメリカの敗北の衝撃を和らげ、
アメリカの庇護下に残つた、と。

そのとほりだが、東亜には日本といふ政治的な錨と経済的成功の模範があつた。
中東からペルシア湾に至る紛争の弧には、日本のやうな国は無い。

サウジアラビアとエジプトは自身が過激勢力の好餌なので、大黒柱たり得ない。
サウジは軍事力が弱い。エジプトは人口過密で社会として脆く、内に大困難を
抱へてゐる。イラクについて議論するうへで、この戦略的な大状況も考慮すべし。

同じことを9月15日の下院政府改革委安保小委公聴会でも発言
「アメリカにとつてイラクでの失敗は越南での失敗より高くつく。中東は東亜と
異なるからだ。中東のほうが過激な政治信条が強い。日本は成功の模範として
アジア諸国に希望を与へ、平和的変革の礎となつたが、中東にはそのやうな
大国が無い。」

ttp://reform.house.gov/NSETIR/
Iraq in its Neighborhood

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 00:43:39 ID:m/F1D/ni
ベトナムへの最恵国待遇供与の法案可決、米下院
ttp://www.cnn.co.jp/business/CNN200612090010.html

米下院は8日、ベトナムに恒久的な最恵国待遇(MFN)を供与する法案を賛成212、
反対184の賛成多数で可決した。上院の可決とブッシュ大統領の署名で成立する。

ブッシュ大統領はベトナムで先月開かれたアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議前に
同法案の可決を狙ったが、失敗していた。ベトナムは12月下旬、世界貿易機関(WTO)への
正式加盟が決まっている。米国から輸出される農産物や工業品が低関税となる。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 00:11:47 ID:OJop/dcJ
対ベトナム投資、今年過去最高に・100億ドル突破の見通し
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20061214AT2M1302513122006.html 

【ハノイ=長谷川岳志】ベトナムに対する海外直接投資(FDI)の認可額が今年、1996年以来
10年ぶりに過去最高を更新した。通年では初めて100億ドルを突破する見通しだ。13日に開いた
経済委員会でボー・ホン・フック計画投資相が報告した。米半導体大手インテルによる10億ドルの
投資など、案件の大型化が今年の特徴。政府関係者は「世界貿易機関(WTO)に加盟する
来年はさらに投資が拡大する」と期待している。

政府統計局および計画投資省がまとめた今年11月末までのFDI認可額は新規投資が
74億1827万ドル、追加投資が23億6085万ドルで、合計97億8000万ドル弱。この時点で、
アジア通貨危機直前のベトナム投資ブームだった96年に記録した年間認可額97億3500万ドルを上回った。 (07:01)

106 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)