5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

慢性病は西洋医学だけでは治せない 6

1 :卵の名無しさん:2006/11/22(水) 20:06:16 ID:8XSa+bWX0
前スレ
慢性病は西洋医学だけでは治せない 5
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1163294162/
前々スレ
慢性病は西洋医学だけでは治せない。
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1161485450/
前々々スレ
慢性病は西洋医学だけでは治せない 3
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1160089885/
前々々々スレ
慢性病は西洋医学だけでは治せない 2
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1152881758/
前々々々々スレ
慢性病は西洋医学では治せない。
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1150240946/
前々々々々々スレ
何一つ治せない西洋医学 2
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1145056361/

初代スレ
 ◆ 何一つ治せない西洋医学 ◆
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1129862533/


2 :卵の名無しさん:2006/11/22(水) 20:15:45 ID:8XSa+bWX0
「♪傷つけあうためじゃなく、僕らは出会ったって言い切れるかな♪」

-------Finalの予感--------

3 :卵の名無しさん:2006/11/23(木) 13:07:03 ID:0yWY0wE70
マリリン復活記念。
今度は、余計な邪魔が入りませんように。

通院をやめれば病気は治る―「真の名医」と「経営の名医」の見分け方 (単行本)
今井 龍弥 (著)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4837611958/sr=11-1/qid=1164254748/ref=sr_11_1/503-9641457-8913550

マリリンが好きそうな本。

4 :卵の名無しさん :2006/11/23(木) 15:38:01 ID:fkeTbHKL0
被告人および関係者は入廷し、着座してください。
ただ今より審議再開いたします。

被告人:日本医師会
原告:日本更年期ばばあ同盟
主席検事:きのことり
副検事:JK
弁護人:先生方
傍聴人:自由
テロリスト&総会屋:小林奈保、他

訴状:
本審議は、日本における著しく遅れた医療の実体を放置した日本医師会が、
弊害を予見しながら国民の健康に対する責任を放棄し、結果重大な被害を出した
ことは傲慢かつ無責任であり、速やかなる実体の調査と具体的な対策を求め、
二度とこのようなことの起きないよう関係者の処分を求めるものである。

審議の争点:
被告人の犯したとされる重大な過失の有無について審議するものとする。

ガンガン  か い て ー



5 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2006/11/23(木) 18:20:13 ID:0atEC9PS0
あのさー、セナが私に一言わびるのが先だろう。

過去ログはここにある。 http://naho.sub.jp/2ch/2ch

特に私の立てたスレを最初から読み直せ。

6 :JK ◆JHD/FnPLYo :2006/11/24(金) 01:44:39 ID:BeuZUq2EO
フウ、マーカスミラーヨカタ。グランドグルメヨーロッパノ 録画モ オケ。

アノネ、前々スレを何とか見たけど、マリリンサンに偉い迷惑かけてたから
もう来ないね。

今回、一番トクしたのはワタシ。ホクホク( ^ω^)カンシャ シテマツ アリガトウゴザイマシタ。
ご迷惑、不快な思いをされた方には謝罪します。申し訳ありませんでした。m(_ _)m

ご厚意は忘れません。(^O^)


7 :〜^^〜:2006/11/24(金) 08:27:00 ID:BCDw1Coc0
〜^^〜〜^^〜〜^^〜〜^^〜〜^^〜
〜^^〜〜^^〜〜^^〜〜^^〜〜^^〜
〜^^〜〜^^〜〜^^〜〜^^〜〜^^〜
〜^^〜〜^^〜〜^^〜〜^^〜〜^^〜
活気ないですね。〜^^〜〜^^〜〜^^〜
〜^^〜〜^^〜〜^^〜〜^^〜〜^^〜
〜^^〜〜^^〜〜^^〜〜^^〜〜^^〜

先生方に脱ステの話をして欲しかったのに。

>日本更年期ばばあ同盟

これは失礼ですよ、また訪れる一般人、病気の人を馬鹿にしてます。
もう2度と来るな。
〜^^〜〜^^〜〜^^〜〜^^〜〜^^〜
〜^^〜〜^^〜〜^^〜〜^^〜〜^^〜
〜^^〜〜^^〜〜^^〜〜^^〜〜^^〜

8 :卵の名無しさん:2006/11/24(金) 12:49:55 ID:w5awqccz0
>>7
お門違いといえよう

9 :卵の名無しさん:2006/11/25(土) 12:29:45 ID:aCQNxhAd0
ちょとさー、被告人と原告を入れ替えてくんない。

被告がばばあ同盟でしょ。あ・き・ら・か・に

10 :卵の名無しさん:2006/11/26(日) 00:46:59 ID:QeKAj4AW0
日本医師会をまったく分かってない。漫画の読みすぎです。

馬鹿な開業医のための寄り合い所みたいなもので、日本医師会が医療の実態を左右する力なんて全く無い。

日本医師会が絶大な権力を持って、医療を左右する力を持ってるなんて本当に思っているとしたら笑い話もいいところ。
一番数が多い勤務医が、どれくらい医師会に入ってるか調べてみると良いよw

11 :JK ◆JHD/FnPLYo :2006/11/26(日) 00:54:36 ID:AIOb9doMO
??日本医師会なんて話どこかにあったっけ?キオクニナイナア
勝手に面白がった人が書いてるだけだと思う。でも、もう来ないよ。(´ェ`)シンドイモン

12 :卵の名無しさん:2006/11/26(日) 00:54:47 ID:QeKAj4AW0
こういう当たり前のことを知らない人たちが、主流の西洋医学にかみついてるんだねぇ。

漫画とか小説とかドラマとかを真に受けているというか。

頭がかわいそう;;

13 :卵の名無しさん:2006/11/26(日) 21:34:59 ID:ZnG46uHG0
;;;;;;;;;;;:;;;;:;;;:;;:;::;:::;::::;::::: ::::: ::: :::
;;;:;;:;::;:::;::::;::::: ::::: ::: ::
::::::::: ::::: ::: ::
::::: ::: :: .
どんなにくるしくても・・・
  .  , ― 、- 、
   << ) ):::: : .
    U( (U_つ::::.. .. .

おいしいものたべて
うんこしたらなおるよ!
         ハ_ハ
   /⌒ヽ ( ゚∀゚)')
   {   (/⊃ ノ   ___
   ヽ  (__⌒ワ')  (三(@
    に二二二)
     _)   r'
    └───`
                 ハ_ハ
               ('(゚∀゚∩ なおるよ!
                ヽ  〈
                 ヽヽ_)

14 :卵の名無しさん:2006/11/27(月) 16:15:54 ID:R84YGnB40
                 ハ_ハ
               ('(゚∀゚∩ なおるよ!
                ヽ  〈
                 ヽヽ_)


                   訂正:奈保るよ!



15 :卵の名無しさん:2006/11/30(木) 22:54:51 ID:FY5n61h90
マリリンは医者と喧嘩する余力もないのか、来ないな。
来ても、小林奈保に便乗荒らしされるだけだしね。

16 :卵の名無しさん :2006/12/01(金) 12:11:11 ID:YBj+3elZ0
マリリンかー
可愛そうに、魂の救いを求めて2chとは空しい

17 :卵の名無しさん:2006/12/01(金) 20:25:58 ID:xQtRitPM0
ここのDQN患者の典型を見ていると、どれほど現代の西洋医学に甘えているのかよく分かって良かったのだがな。

40歳50歳の脳梗塞、脳出血、心不全。
失明寸前でくる糖尿病患者、壊疽って足切断、腎不全に透析導入。

みんな自分にそんなミゼラブルなことが起こるとはこれっぽちも思わない。
誰もが最初は、

 「症状がないし元気だからw」

さらに病気になっても何とかなると思ってる。
本当にやばい人たちはネットにつなぐこともできないと言う想像力さえわからない。
このへんで見かけた体験談だけが全て。


代替医療に走った患者が、1年後に重症心不全やCPAで運ばれてきてもなんとも思わない。
さらに散々勧めた代替医療を行った人たちの病気が悪化しても、

 「自分で選んだんだから、自分で責任を取るでしょw」

とのたまうカス連中。


1号2号も国民皆保険の寄生虫さん。
1号は自称獣医で、2号はアメリカの甲状腺専門医と知り合い。

共通点は嘘つきのナルシストってところだな。

18 :彼がドケチ医師の女医:2006/12/01(金) 20:33:41 ID:sOskKoO60
ドケチも慢性病?

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1164190029/l50

ドケチな医者
1 :A:2006/11/22(水) 19:07:09 ID:fB1UgrTH0
彼が頭に来るほどドケチ。
当方独ジョイ。

デート割勘当たり前、タクシー代細かいのないから払っておいて、
後で返すから、コンビニでアイスを買った程度で有りがたがられる。
それどころか私が出している金額のほうが大きい。
愛情はいっぱい与えてもらえるけど金に関して汚いところがひっかかる。
私自身がお金に苦しいわけではないので目をつぶれば良いと思うけど、
もしも自分がOLさんや事務員で今の給料を稼がなかったらどうするつもりだろう。
都内の高級ホテルに宿泊・良いレストランでの食事・お金のかかる旅行・・・
相手がお金を払えない女の子だったらどうするつもりなのだろう。
一緒に住む予定になっているけど、お金の面で少し恐怖って感じ。
カレシは一つ年上の医師です。
正月も休みなんでまた出費。いい加減お金を貯めたいと思う今日この頃・・・
男は愛する女には金を惜しまないっていうのは本当なのかなあ。

19 :卵の名無しさん :2006/12/01(金) 20:53:23 ID:lXitrxzD0
>18
>男は愛する女には金を惜しまないっていうのは本当なのかなあ。

逆もまた有りではないか

それにスレ間違えてる、完全に

20 :卵の名無しさん:2006/12/04(月) 13:07:50 ID:7k+40ekC0
hosyu

21 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2006/12/06(水) 13:33:51 ID:f4afImVx0
桜塚やっくんに心が洗われた

22 :卵の名無しさん:2006/12/06(水) 13:54:21 ID:Dff992cN0
小林の心の病気は新でも直らない

23 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2006/12/09(土) 18:38:11 ID:851xPNf20
まぁまぁ、桜塚やっくんを見てくんなまし。

桜塚やっくんは元「スケバン恐子」という芸名で、
その前は二人でコントをしていたのですが
解散してピンでエンタの神様に出演することが決まった時に
事務所の社長のIKKANにスケバンネタを考えてもらって出演。
あっという間に大スターに駆け上り、
もっと大きい事務所に移ってしまいました。

それでもゴタゴタした気がしない。
巣立っていったわが子を見守る親のように
やっくんの活躍を見守るIKKANが目に浮かぶ。

IKKAN君は劇団の同期で、池袋のゲーセンで一緒にバイトした仲なの〜。
A型肝炎はどうなったかしらねぇ。
疲れた顔してるんで劇団の休憩時間に背中揉んであげたら
翌日から倒れてしばらく旭川に帰っちゃって、
それっきり帰ってこないかと思ったらちゃんと帰ってきたねぇ。
あ、それっきり帰れなかったのは私か〜。

この人の奥さんがすごくてねぇ。
心の底からIKKAN君の才能に惚れてて
誰にも真似できない支えぶりだったんだけど、
この前ネットで検索したらIKKAN君は再婚してて子供ができて
奥さんは性転換して男になって漫画家になってた。ちょーびっくり。

24 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2006/12/09(土) 19:14:16 ID:851xPNf20
何いいたいかわかるかな〜。

IKKAN君は芝居は下手だし自分でするコントはシュールすぎるし
鉄拳の漫画のネタもIKKANがほとんど考えているのに
鉄拳本人のキャラの魅力にはかなわなかったのよーーー。
桜塚やっくん本人の魅力にもかなわなかったのよーーー。

それでもIKKANが大勢の若手の兄貴で
そこから大きい花が咲く人間をみんなで大事にしていて。
すごいなぁあいつ。


25 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2006/12/09(土) 19:16:03 ID:851xPNf20
それが桜塚やっくんからぶわーっと見えるのがすごいわけ。

26 :卵の名無しさん:2006/12/13(水) 13:12:44 ID:cklxsT1Y0
マリリン待ち。

27 :卵の名無しさん:2006/12/13(水) 13:52:58 ID:xxL0dX0j0
最近マリリン見ないけどなんで?
アガリクスに中って死んだか?

28 :卵の名無しさん:2006/12/13(水) 14:03:59 ID:cklxsT1Y0
ブログは快調だよ。
こっちへ喧嘩しに来るだけの余裕がないんだろう。
見ていて、彼女、すごいストレスになっていたようだからね。

29 :卵の名無しさん:2006/12/13(水) 14:41:18 ID:CMYhj+k70
ブログって儲かるのかな?

30 :卵の名無しさん:2006/12/13(水) 16:13:28 ID:RGf1F5020
マリリンはいろんなことを身を持って体験しないと理解できないタイプの人だな

31 :(^▽^笑) ◆IxLejT1KUU :2006/12/13(水) 23:29:36 ID:0d8+LWC00
仕方ないなぁ

また、遊んであげるよ。


>>29
>ブログって儲かるのかな?

儲けられはしないよ。ブログに書き込んで行くと、自分の考えがまとまっていく。
薬ではなく自然治癒力を上げて病気を治す方法を多くの人に知ってもらいたいから
ブログを更新している。

ボランティアの部分が多いよ。

>>28
>すごいストレスになっていたようだからね。

これは、正解。 それでも、もう少し代替療法についての私なりの考えを
書き続けたい願望の方が勝っている。

32 :(^▽^笑) ◆IxLejT1KUU :2006/12/13(水) 23:35:24 ID:0d8+LWC00
>>30
>マリリンはいろんなことを身を持って体験しないと理解できないタイプの人だな

これねぇ、代替療法の多くにエビデンスなどのデータがないわけだよ。

理論的にも曖昧なものが多いわけで、自分の体を被験者として、確かめなければ
効果があると言うことができないでしょ。


私は臨床家だからね。本に書いてあることだけで持論を展開することはできないんだよ。

33 :(^▽^笑) ◆IxLejT1KUU :2006/12/13(水) 23:37:11 ID:0d8+LWC00

今日は、疲れたのでこれで落ちます。お休み。

34 :( ̄∀ ̄メ):2006/12/14(木) 14:06:59 ID:qpxigGFj0
仕方ないなぁ

また、締め上げてあげるよ。


35 :卵の名無しさん:2006/12/18(月) 09:20:25 ID:TEttd/Ed0
マリリン、かわいいよ、マリリン。

36 :(^▽^笑) ◆IxLejT1KUU :2006/12/19(火) 11:14:10 ID:lKet5IlD0


かわいくないよ。  (#`Д´)凸

37 :卵の名無しさん:2006/12/19(火) 13:37:07 ID:wOskxS1M0
そんなマリリンLove@
血圧は大丈夫かい?

38 :卵の名無しさん:2006/12/20(水) 13:03:16 ID:ps9pSq4z0
健康板、サバ落ちのため急浮上。

39 :卵の名無しさん :2006/12/20(水) 13:22:59 ID:iANkOzDA0
ああ、また鯖落ね。



40 :卵の名無しさん:2006/12/20(水) 14:33:47 ID:ps9pSq4z0
健康板、復活

41 :卵の名無しさん:2006/12/21(木) 13:49:36 ID:nvHc7Oih0
マリリンが 神様だよ マリリン

42 :卵の名無しさん:2006/12/24(日) 10:05:39 ID:Z5K1kmOO0
他の方も書き込んでください。

43 :卵の名無しさん:2006/12/24(日) 22:24:18 ID:yTxoy4L70
保守

44 :(^▽^笑) ◆IxLejT1KUU :2006/12/27(水) 12:01:23 ID:w+RJosFR0
841 名前:糸色 文寸 ネ申 投稿日:2006/12/26(火) 09:55:06 ID:S6SOm86W

> 血液は循環しているとか、尿は原尿を尿細管で再吸収して作られるとか。地球は丸い。

それは観察結果だ。
実験による再現ではない。
場蚊ではないか。

> 私は、医学でも基礎医学は、再現性を重んじていると思う。わかっていないことについては

お前はまず、「決定実験の不可能性」と「観察の理論付加性」を勉強してこい。

> 基礎理論でも仮説に関しては、間違えは当然あるだろう。研究者による考え方の違いもあると

だから、そういう考えがそもそも妄想なんだよ。
科学の理論は基礎だろうがなんだろうが、すべて仮説なんだよ。
仮説でないものは、確定した事実だ。
確かめる必要はない。

> 理系の基礎系の人たちは仮説は仮説として認められるし、証明された事実は事実として

事実に証明はいらんのだ。
公理と同じなんだよ。
まったく、何も分かっておらんな。

> 素人が考えても、現代医療は患者のためではなく、製薬会社と医療機関の金儲けのために

それはその通りだ。
クックック。


45 :(^▽^笑) ◆IxLejT1KUU :2006/12/27(水) 12:01:59 ID:w+RJosFR0
842 名前:糸色 文寸 ネ申 投稿日:2006/12/26(火) 09:57:43 ID:S6SOm86W
>>803
> そのような結果が出ると言うことは動かしがたい事実なんじゃないの?

ある一定条件は二度と再現できないんだよ。
そんなもののどこが動かし難いんだ?

> 基礎系の学問の場合、自然の場合と一緒である必要がどこにあるの?
> 臨床系の研究と混同していない?

医学が人体と言う自然を相手にしておる以上、それと相即でなければ大した意味はない。
お前は実際の地形と紙にかいた地図を同じものだと言い張るのか?
地図には草も生えておらんし、石も落ちておらんぞ。



46 :(^▽^笑) ◆IxLejT1KUU :2006/12/27(水) 12:02:31 ID:w+RJosFR0
844 名前:糸色 文寸 ネ申 投稿日:2006/12/26(火) 10:02:04 ID:S6SOm86W
>>804

> 「白血球の自律神経支配の法則」が仮説だからといって、リンパ球と顆粒球の割合が
> 昼と夜で変動するという実験結果は当てにはならないと言うことにはならないでしょ。

当てにならないのは、それから演繹される推論だ。
つまり、「白血球の自律神経支配の法則」と言う仮説が「とんでも科学」の類いだと言われるだけのことだ。
それは、すべての代替療法に言えることなんだよ。
信じやすさ・・・というものを、なめるでない。
騙されやすさでもあるのだ。


47 :(^▽^笑) ◆IxLejT1KUU :2006/12/27(水) 12:05:00 ID:w+RJosFR0
845 名前:糸色 文寸 ネ申 投稿日:2006/12/26(火) 10:05:40 ID:S6SOm86W
>>805
> これは、ちょっとわからない。何故かというと要素還元論でも、何種類か組み合わせれば
> 効果が出てくる場合があるのではないかと思うからだ。

分からんやつだな。
いいか、自動車のピストンやらダンパーやらを積み上げても自動車にはならないんだよ。
科学と言うのは、自然の抽象化だ。
それを逆様にしても、具象化された自然が生まれることはないのだ。


846 名前:糸色 文寸 ネ申 投稿日:2006/12/26(火) 10:06:31 ID:S6SOm86W
>>807
神が信じられんのであれば、仏教の「法」でも信じたらどうだ?
クックック。


48 :(^▽^笑) ◆IxLejT1KUU :2006/12/27(水) 12:05:26 ID:w+RJosFR0
847 名前:糸色 文寸 ネ申 投稿日:2006/12/26(火) 10:07:52 ID:S6SOm86W
>>807
ブラックボックスは、何で語っても納得など出来るわけがないだろうが。
自分だけ納得できればいいんだよ。


848 名前:糸色 文寸 ネ申 投稿日:2006/12/26(火) 10:09:57 ID:S6SOm86W
>>814
>西洋医学は副作用が強すぎるので、真に効果を求めるか副作用で
害がでるかのどちらかしかないと考えます。

これはちょっと違うのではないか?
効果と副作用を天秤にかけて、その場しのぎの効果が上回ると勝手に判断した場合に使われるだけだろうが。
クックック。



49 :(^▽^笑) ◆IxLejT1KUU :2006/12/27(水) 12:11:01 ID:w+RJosFR0

以上


絶対ネ申と愉快な仲間たち
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/body/1144670885/


からのコピペ。

あちらでは、小林さんと糸色 文寸 ネ申とのバトルが始まっているので、こちらに
移ることにした

私と糸色 文寸 ネ申は下記のスレに私が突っ込んだ所から始まっている。


710 名前:SBX 投稿日:2006/12/12(火) 22:59:49 ID:aozEJzhE
親父さまにしつもん
てめぇが病気になったっら
どうする?
失礼どういたします?


711 名前:糸色 文寸 ネ申 投稿日:2006/12/13(水) 08:27:00 ID:TUgyp5Z+
>>710
病気の種類によるな。
感染症なら現代医療だ。
癌なら断食だ。
腰痛なら蚊色かお捨てだな。

50 :(^▽^笑) ◆IxLejT1KUU :2006/12/27(水) 12:12:26 ID:w+RJosFR0
>>841

>> 血液は循環しているとか、尿は原尿を尿細管で再吸収して作られるとか。地球は丸い。

>それは観察結果だ。
>実験による再現ではない。

確か血液が循環しているのは、蛇の静脈を切って出てくる血液量を計って、循環していると考えないと全血液量が多すぎると言うことを確認してて導き出された結論だ。

こんなことも、昔は分かっていなかったんだね。こういう研究は私は「決定実験の不可能性」に入れて良いと思うんだけど、「観察の理論付加性」になるの?

尿細管の再吸収も、目で見て確認できるものではないわけで、なにがしかの実験を組み合わせて確定された事柄だと思う。

医学系でも基礎学問は
>実験による再現は可能だと思うし、実験による再現が可能なものしか確定された事柄とは言わない。残りは仮説だ。
そうしたルールは、例え医学といえども基礎学問の方は厳しいく守られていると思う。

それが、いい加減だと言われたら私の考えの根本が揺らぐことになる。


>科学の理論は基礎だろうがなんだろうが、すべて仮説なんだよ。
>仮説でないものは、確定した事実だ。
>確かめる必要はない。

これは、納得ができない。簡単に目で見ることができないものは実験したり計算したり解剖したりして確かめないと「仮説」なのか「確定した事実」なのかわからないと思う。

>>842
>ある一定条件は二度と再現できないんだよ。
>そんなもののどこが動かし難いんだ?

理系の基礎系の実験で再現できないものは、確定した事実とは言わないと思う。

51 :(^▽^笑) ◆IxLejT1KUU :2006/12/27(水) 12:13:43 ID:w+RJosFR0



答えの途中だが、ちょっと忙しくなったので、続きはまた後で書き込むのでよろしくね。

52 :卵の名無しさん :2006/12/27(水) 18:46:26 ID:3Tud6hXe0
hosyu

53 :卵の名無しさん:2006/12/27(水) 19:11:20 ID:kAA0jusi0
>>30
禿同!

54 :卵の名無しさん:2006/12/27(水) 19:16:12 ID:kAA0jusi0
YouTube - 視点・論点「まん延するニセ科学」
ttp://www.youtube.com/watch?v=9LNRYsyWgEY

カテゴリー:サイエンス
キーワード: YouTube ニセ科学 ブログ 大阪大学 教授
人数:742 users
タグ:あとで movie あじわいぶかい tv video

はてなブックマーク - YouTube - 視点・論点「まん延するニセ科学」
ttp://b.hatena.ne.jp/entry/http://www.youtube.com/watch?v=9LNRYsyWgEY



55 :卵の名無しさん:2006/12/27(水) 19:30:10 ID:kAA0jusi0
>>54
うしとみしよぞ - 視点・論点「まん延するニセ科学」
ttp://d.hatena.ne.jp/f_iryo1/20061221/shiten

■[youtube][text] 視点・論点「まん延するニセ科学」
http://www.youtube.com/watch?v=9LNRYsyWgEY

これは是非、多くの人に観てもらいたい。

でも、観られない人もいると思う(ネット環境ないとか)。
NHKがYoutubeに削除申請をするかもしれない(著作権がなんとかかんとかで)。
それはもったいない。ということで、勝手に文章に起してみました。

 追記:この記事のコメント欄で、菊池氏本人(と思しき方)から、
この文章を起したことの許可をいただきました。
はてなのサーバがおかしなことにならない限りは、
この記事は消えないはずです。

みなさんは、「ニセ科学」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか。

これは、見かけは科学のようだけれども、
実は、科学的とはとても言えないもののことで、「疑似科学」や「似非科学」などとも呼ばれます。

『そんなものがどこにあるんだ』とお思いの方も、
例として、血液型性格判断や、マイナスイオンや、ゲルマニウムブレスレットなどの名前を挙げれば、
『ああ、そういうもののことか』と納得されるかもしれません。
それとも、かえって、『え?』と驚かれるでしょうか。




56 :卵の名無しさん:2006/12/27(水) 19:31:33 ID:kAA0jusi0
>>55
例えば、皆さんもよくご存知のように、『マイナスイオンは健康にいい』と盛んに言われ、
ひところは大手家電メーカーもこぞって製品を売り出すほどのブームになりました。

マイナスイオン製品がよく売れたのは、もちろん、マイナスイオンの健康効果に
科学的な裏づけがあると信じた人が多かったからでしょう。
テレビや雑誌などでも頻繁に取り上げられましたから、
それを疑えという方が無理な話かもしれません。

しかし、実は、マイナスイオンが身体に良いという科学的な根拠は、ほぼない、といってよいのです。
あのブームは、まったくの空騒ぎでした。
大手メーカーまでが、なぜ、その空騒ぎに乗ってしまったのか。
きちんと検証しておく必要があります。

いまは、ゲルマニウムを使った製品に、人気が出てきているようです。
しかし、実のところ、ゲルマニウムを身に付けたところで、
せいぜいお守り程度の効果しか期待できません。

いま、このような、科学のようで科学ではない、「ニセ科学」が蔓延しています。

こういった「ニセ科学」のなかに、しつけや道徳に関わるものがあります。
その話をしたいと思います。

よく知られている例の一つは、『テレビゲームをし過ぎると、脳の機能が壊れる』と
いういわゆる「ゲーム脳」説です。
しかし、この説に、科学的に信頼しうる根拠はないのです。
その意味で、これもまた「ニセ科学」です。

もちろん、どんなゲームにもそれなりの物語性がありますから、
人格形成に影響することはあるでしょう。


57 :卵の名無しさん:2006/12/27(水) 19:32:35 ID:kAA0jusi0
>>56
しかし、それだけなら、小説やテレビドラマなどでも同じです。
脳の機能が壊れるかどうかとは、まったく別の話なのです。

ところが、この説は、教育関係者に広く受け入れられています。
全国各地で、教育委員会やPTA主催の講演会が開かれているようです。

もちろん、子供がゲームばかりするので困っているという親は多いでしょうし、
学校の先生もそういう風潮を何とかしたいと思っているのでしょう。

そういうみなさんにとって、「ゲーム脳」説が一見、福音に思えたことは分かりますが、
科学的根拠のないものに飛びついても、仕方がありません。

そもそも、ゲームのし過ぎを何とかしたいというのは、
科学の問題ではなく、しつけの問題だったはずです。

子供が四六時中ゲームをして困ると考えるなら、やめるようにきちんと指導するべきでしょう。
しつけの根拠を科学に求めようとしてはいけません。

もう一つ、今度は、水にまつわる奇妙な説を紹介しましょう。

水に「ありがとう」と言葉をかけると、きれいな結晶ができ、
「ばかやろう」と言葉をかけると、きれいな結晶ができないというのです。

水の結晶というのは氷のことですから、
これは、言葉の良し悪しが氷の形に影響を与えるという主張です。
しかし、もちろん、そんな馬鹿なことはありません。

水は、ただの物質です。
言葉を聞く耳も、文字を読む目もなければ、言葉の意味を感じる心もありません。
『水が言葉に影響される』など、いい大人が信じるような話ではなかったはずです。

58 :卵の名無しさん:2006/12/27(水) 19:33:42 ID:kAA0jusi0
>>57
ところが、これが広く信じられています。
『ありがとうは水にも分かるほど良い言葉だ』といわれると、
それだけで、『いい話』だと思い込んでしまう人は、意外に多いらしいのです。

この説が、いくつもの小学校で、道徳の授業で使われていることが問題になっています。
言葉遣いを教えるのに、格好の教材と思われたようです。

しかし、本当にそうでしょうか。

この授業は、たくさんの問題をはらんでいます。

まず第一に、明らかに科学的に誤っています。
理科離れや学力低下が言われる今、
道徳だからといって、ここまで非科学的な話を、
事実であるかのように教えていいはずがありません。

しかし、それ以上に問題なのは、言葉遣いの根拠を、
水という物質の振るまいに求めようとしていることです。

言葉は、人間同士のコミュニケーションの手段ですから、
その使い方は、あくまでも、人間が自分の頭で考えなくてはならないはずです。
「ありがとう」はどんな状況下でもいい言葉なのか。
それを考えてみれば、この話のおかしさは分かるはずです。

「ゲーム脳」がしつけの根拠を科学に求めるものだったのと同様、
ここでは、道徳の根拠を自然科学に求めようとしています。
それは科学に対して多くを求め過ぎです。

しつけも道徳も、人間が自分の頭で考えなくてはならないことであって、
自然科学に教わるものではないはずです。

59 :卵の名無しさん:2006/12/27(水) 19:34:42 ID:kAA0jusi0
>>58
さて、「ニセ科学」が受け入れられるのは、科学に見えるからです。
つまり、ニセ科学を信じる人たちは、科学が嫌いなのでも、
科学に不審を抱いているのでもない、
むしろ、科学を信頼しているからこそ、信じるわけです。

たとえば、マイナスイオンがブームになったのは、『プラスは身体に悪く、
マイナスは身体に良い』という説明を多くの人が「科学的知識」として受け入れたからです。

しかし、仮に、科学者に、『マイナスのイオンは身体にいいのですか』とたずねてみても、
そのような単純な二分法では答えてくれないはずです。

『マイナスのイオンといってもいろいろあるので、中には身体にいいものも悪いものもあるでしょうし、
身体にいいといっても取りすぎればなにか悪いことも起きるでしょうし、
ぶつぶつ……』と、まあ、歯切れの悪い答えしか返ってこないでしょう。

それが科学的な誠実さだからしょうがないのです。

ところが「ニセ科学」は断言してくれます。

『マイナスは良いといったら良いし、プラスは悪いといったら悪いのです。

また、ゲームをし過ぎるとなぜ良くないのかといえば、脳が壊れるからです。

ありがとうは、水がきれいな結晶を作るから、良い言葉なのです。』

このように、「ニセ科学」は実に小気味よく、物事に白黒を付けてくれます。
この思い切りの良さは、本当の科学には決して期待できないものです。

しかし、パブリックイメージとしての科学は、むしろ、こちらなのかもしれません。
『科学とは、様々な問題に対して、曖昧さなく白黒はっきりつけるもの』
科学にはそういうイメージが浸透しているのではないでしょうか。

60 :卵の名無しさん :2006/12/27(水) 19:37:41 ID:3Tud6hXe0
ふーーーん

61 :卵の名無しさん:2006/12/27(水) 19:39:41 ID:kAA0jusi0
>>59
そうだとすると、「ニセ科学」は科学よりも科学らしく見えているのかもしれません。

たしかに、なんでもかんでも単純な二分法で割り切れるなら簡単でしょう。
しかし、残念ながら、世界はそれほど単純にはできていません。
その単純ではない部分をきちんと考えていくことこそが、重要だったはずです。
そして、それを考えるのが、本来の「合理的思考」であり「科学的思考」なのです。
二分法は、思考停止に他なりません。

「ニセ科学」に限らず、良いのか悪いのかといった二分法的思考で、
結論だけを求める風潮が、社会に蔓延しつつあるように思います。
そうではなく、私たちは、『合理的な思考のプロセス』、
それを大事にするべきなのです。

大阪大学教授 菊池誠
テープ起しというものを初めてやったのですが、大変だね、これ。

なんか、菊池氏に失礼なことをしているような気がしています。
文字で読むのと、声で聞くのとでは受ける印象も変わってくるし。

参考:マイナスイオン - Wikipedia

マイナスイオンは、日本にて1999年ごろからマスコミに頻繁に登場し、2002年夏に流行のピークとなった流行語である。

「水からの伝言」を信じないでください
ttp://www.gakushuin.ac.jp/~881791/fs/

kikulog 菊池氏のブログ。ttp://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/
補完計畫 ttp://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/index.php?UID=1166633551
しゃべらなかったけど大事なこと ttp://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/index.php?UID=1166547413
「視点・論点」出演に関する話が。コメント欄すごいな。


62 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/12/27(水) 19:45:07 ID:w+RJosFR0
>>45
>医学が人体と言う自然を相手にしておる以上、それと相即でなければ大した意味はない。
>お前は実際の地形と紙にかいた地図を同じものだと言い張るのか?
>地図には草も生えておらんし、石も落ちておらんぞ。

これは、確かにそうだ。

私は、応用系学問を問題にする時は、色々な要因と言うのは重要だと思う。
ただし、基礎医学に関してはそんなことを言っていたら、学問が学問として成り立たなくなる。
何度も言うように、そこが文系の基礎学問とは違う。

貴方の例えから言うと、基礎学問は地図を書く学問だからだ。

木があったり石があったりすることを、考慮する必要はない。
考慮しなければいけないのは、地図を参考に応用する応用系の学問の方だ。

医学の場合、基礎学問は地図を一生懸命書いている。ただ、書くべき地図が膨大すぎて
まだ、ほんの少ししか書ききれていない。例え不完全であるとしても、地図はかかれている
わけで、私は書き上げられた基礎医学の地図は信用している。


問題は自分に都合が悪くなると、基礎系が書いた地図を無視してしまう現代医療の方だと思う。

63 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/12/27(水) 19:48:13 ID:w+RJosFR0
>>46

>当てにならないのは、それから演繹される推論だ。
>つまり、「白血球の自律神経支配の法則」と言う仮説が「とんでも科学」の類いだと
>言われるだけのことだ。
>それは、すべての代替療法に言えることなんだよ。
>信じやすさ・・・というものを、なめるでない。
>騙されやすさでもあるのだ。


これについては反論することはありません。同意です。



64 :卵の名無しさん :2006/12/27(水) 19:57:17 ID:3Tud6hXe0
プロダクションレポート以外に、HH40の基礎医学研究でもいいから効果を
示したものあるの?


65 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/12/27(水) 19:58:47 ID:w+RJosFR0
>>47
>いいか、自動車のピストンやらダンパーやらを積み上げても自動車にはならないんだよ。
>科学と言うのは、自然の抽象化だ。
>それを逆様にしても、具象化された自然が生まれることはないのだ。

それでも、臨床家はなんだかの治療法を使って、患者 患畜を治療しなければいけないわけで
>具象化された自然が生まれることはないのだ。

では、仕事かできません。

>神が信じられんのであれば、仏教の「法」でも信じたらどうだ?

これは、保留です。坊主は嫌いです。牧師も嫌い。教典そのものについては、
知る機会がありません。


66 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/12/27(水) 20:05:46 ID:w+RJosFR0
>>48
>ブラックボックスは、何で語っても納得など出来るわけがないだろうが。
>自分だけ納得できればいいんだよ。

これは、私たち一般人には言えますが、「ブラックボックス」の研究者(心理学や哲学、宗教学)の
研究者が言うことではないでしょう。


>効果と副作用を天秤にかけて、その場しのぎの効果が上回ると勝手に判断した場合に
>使われるだけだろうが。

これはね私の説明がたれませんでした。西洋医学の場合、効果から副作用を差し引いても、
なおかつ効果が勝る場合と、効果があっても副作用が我慢できない場合があるが、ブラセボ効果は
問題にされないと言いたかった。

67 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/12/27(水) 20:09:06 ID:w+RJosFR0
>>64
プロダクションレポート以外に、H40の基礎医学研究でもいいから効果を
示したものあるの?

これはある。ただ、前にも言ったけど、動物用医薬品の申請を出す関係で、
認可されるまで、外部には出てこない。


68 :卵の名無しさん :2006/12/27(水) 20:26:13 ID:3Tud6hXe0
ではその中身は知らないわけですか?

ある生化学者が言ってました。病気の人は栄養もそうだが、水の分布がおかしくなると。
飲んで効果のない水やブドウ糖が、なぜ点滴すると効果があるのか?
ここに注目していると。

ここに大まかな答えがある気がしますね。

69 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/12/27(水) 20:37:38 ID:w+RJosFR0
>>68
>ではその中身は知らないわけですか?

少しは聞いていますが、メーカーが外部に漏らさないようにしていることを掲示板には
書けません。

>病気の人は栄養もそうだが、水の分布がおかしくなると。
>飲んで効果のない水やブドウ糖が、なぜ点滴すると効果があるのか?

私も、これはそうだと思います。だから、H4Oは健康な人が飲んでもただの水に
なってしまう。




70 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/12/27(水) 20:42:59 ID:w+RJosFR0
>>54->>61

貴方がそのように思うことはかって、>>48で糸色 文寸 ネ申が言っているしょう。


>ブラックボックスは、何で語っても納得など出来るわけがないだろうが。
>自分だけ納得できればいいんだよ。


と、私のブラックボックスについて「ニセ科学」がどうのと言われる筋合い
はないわ。


ほっといて。 




71 :卵の名無しさん :2006/12/27(水) 20:48:11 ID:3Tud6hXe0
点滴に匹敵する効果が期待できる水ということなら理解のしようもあるでしょうね。

点滴の身体活力に対する効果というのはとても古い文献しかなく、
それが免疫に与える影響となると現代医学が欲しがるようなデータはない。
抗菌剤のなかったころに点滴の効果は延命に貢献したのは事実。
でもそれが原因治療になるケースはかなり少ない。
点滴も、健康な人への効果は薄いですよね。

かなり理解しやすい俺流解釈をご披露したまで。

72 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/12/27(水) 20:48:43 ID:w+RJosFR0


言い忘れたけど、コテを(^▽^笑)から、マリリンに変えた。よろしくね。

73 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/12/27(水) 20:56:17 ID:w+RJosFR0
>>71
>でもそれ(点滴)が原因治療になるケースはかなり少ない。

これ、そう思うでしょ。デモね。それは日本の医者だからねそう思うんだよ。私たち獣医は
ミイラになる寸前ほど、脱水した患畜を診ることが多々あるから、点滴が原因治療になるケースも
少なくないんだ。

こういう場合は点滴の治療効果は目を見張るものがあるよ。


きっと、後進国では人間も獣医と変わらないようなことになっていると思う。

ビタミンやミネラルが、高価な薬に勝る場合も多いと思う。

点滴をなめたらいけないよ。

74 :糸色 文寸 ネ申:2006/12/27(水) 20:57:39 ID:WNd6G8LT0
なんだ、ここは?
きてみれば、場蚊ばかりではないか。

>>61
おまえも場蚊だなー。
いいか、詐欺師ほど目が澄んでおるのだ。
贋慰謝ほど、慰謝らしいのは当然ではないか。


>>71
牛乳を点滴すれば、死ぬがな。
くっくっく。

75 :卵の名無しさん :2006/12/27(水) 21:03:53 ID:3Tud6hXe0
ほら、怖い爺さんが出てきちゃった。

76 :卵の名無しさん:2006/12/27(水) 22:32:09 ID:/k/hodNn0
>>73
>ミイラになる寸前ほど、脱水した患畜を診ることが多々あるから、点滴が原因治療になるケースも
>少なくないんだ。
その「脱水になった原因」を取り除くのが原因治療じゃないのか?w

77 :卵の名無しさん:2006/12/27(水) 22:34:36 ID:/k/hodNn0
それとも脱水のみが突然現れるとでも?飼い主が水をやらないとか?
だとしたら飼い主をどうにかするのが原因治療かもなw

そういう飼い主は獣医を呼ばないだろうがww

78 :卵の名無しさん:2006/12/28(木) 00:34:26 ID:KlATaRls0
絶対針が墓穴から出てきたと聞いて駆けつけました

79 :卵の名無しさん:2006/12/28(木) 01:22:42 ID:A+A+ji8s0
どこの墓場に葬られていた? 絶対神はゾンビか。

80 :SBX:2006/12/28(木) 02:00:59 ID:sI5SkRvM0
>>73マリリンさま
療術師を業として生計をたてている俺が貴女に言える事は、
病気も元気も相反する二つの力ではなく、
同じ出所の一つの気だということです。
来院していただいた患者さまの気が元気に向かう事をまず信じる。
そして患者さまが自身で病気を好転させる力があると信じる。
自分の技術や知識をひけらかすことなく、
患者様の治癒力をひたすら信じる。
信じた患者さまからお金を頂いて、少なからず感謝などもされるので
こんなに有り難い商売はないと思っております。
この考えで独立して15年。標高1300メーターの山奥で
有り難い事に患者さまも途切れることなく
(今年は大雨で初めて赤を出しましたが)
生活しております。
落ちてしまったスレで俺が名無しだった頃、伝えられなかった事を
書き込ませていただきました。失礼しました。

81 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/12/28(木) 11:58:34 ID:OqCAIf6P0
>>80 >SBX

糸色 文寸 ネ申のお弟子さんのSBX さんですね。
ご挨拶が遅れました。初めまして。マリリンと申します。


>来院していただいた患者さまの気が元気に向かう事をまず信じる。
>そして患者さまが自身で病気を好転させる力があると信じる。
>自分の技術や知識をひけらかすことなく、
>患者様の治癒力をひたすら信じる。

これねぇ、治療者としては大切な姿勢だと思いますが、患者にしてみると治癒するのを
手伝って欲しいから、臨床を業とする人の所へ行くのだと思います。

治癒力を信じてもらうだけでは困ってしまいます。


貴方は、気を使う能力のある療術師だから、それで通るのかしれませんが、私には
そのような能力はありません。

それでも、訪れた患畜を治癒に導かなくてはならないわけで、患畜の自然治癒力を
じゃましない程度の積極的な治療は施します。

また、積極的に自然治癒力を高めるような治療も取り入れています。



82 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/12/28(木) 11:58:46 ID:OqCAIf6P0
そうしなければ、気を使うことのできない私では患畜を治癒に導けない場合が
多々出てきます。

今の現代医療の問題点は、患者さんの自然治癒力を抜きにして、治癒に導けると
奢っているところだと思います。

自然治癒力を軽視するから、自然治癒力を上げる行為を、詐欺だのニセ科学だのと
罵ることになるのです。

83 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/12/28(木) 12:09:20 ID:OqCAIf6P0
>>76
>その「脱水になった原因」を取り除くのが原因治療じゃないのか?

脱水になる原因にはいろいろある。動物が何故高度脱水になるかと言うと
「頭が痛いだ」の「気持ちが悪い」などと言わないから、脱水が軽症の間は飼い主には
元気に見えるからだ。


病院につれてこられる頃には、このまま放っておいたら死んでしまうと言うことになっている。

原因は下痢、嘔吐、肝臓疾患、etc色々あるが、間違えてもらっては困るのが、
これらの原因疾患を取り除いたところで、高度脱水をしているような患畜は、点滴をしなければ
まず間違いなく死ぬ。

輸液を高度脱水の原因治療と言って何か問題があるのか?

84 :SBX:2006/12/28(木) 12:35:55 ID:sI5SkRvM0
>>81マリリンさま
治癒力を信じるだけでは困ってしまいます。
という事ですが、これはうちの門の一つの個性と申しましょうか、
しょうがないことですね…。
だから当門では電話帳は勿論、広告は一切うってません。
誤解されるとこまりますからねぇ…。
訪れる方はその考えにある程度納得されている口コミの患者さまだけです。
第三者の技術だけで治しに入っちゃうと又病気になった時、
他人のちからを当てにしてしまう可能性もでてくるでしょう?
そんな事繰り返していたら折角持っている「素晴らしい不思議な力」が
萎縮してしまうのではないかな?と思い始め、
今の考えで施術なんぞしている次第です。

急に寒くなりましたが仕事頑張って下さいね。

85 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/12/28(木) 16:30:38 ID:OqCAIf6P0
>>84
>第三者の技術だけで治しに入っちゃうと又病気になった時、
>他人のちからを当てにしてしまう可能性もでてくるでしょう?

ふーん。私と患畜の関係で、患畜の治る意志は、あんまり関係ないからなぁ。

だだ、動物の場合、治る意志もよくわからない代わりに、治癒する努力を治療者に
依存してしまうと言うこともない、ただ、運命に任せるのみだからね。

あんまり、考えたことがなかった。

人間の場合は、自分の体は自分で何とかしようと思わなきゃ、自然治癒力なんて
出てこないのは当然だね。

自分の健康を医者任せなんて、とんでもない話だというのは、そうだね。




86 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/12/28(木) 16:41:51 ID:OqCAIf6P0
それでも、治る意志だけでは、治癒しない病気もあると思う。極端なことを言えば
太い血管が切れてしまった場合、自然治癒力だけに頼っていいてもしかたがないわけで、

やっぱ、電気メスで焼くか、鉗子で止血して縫合糸で結紮しなければ出血死してしまう。

そういうことについては、貴方はどう考えるの?


87 :卵の名無しさん:2006/12/28(木) 16:46:24 ID:Dkv5zfD+0
>原因は下痢、嘔吐、肝臓疾患、etc色々あるが、間違えてもらっては困るのが、
>これらの原因疾患を取り除いたところで、高度脱水をしているような患畜は、点滴をしなければ
>まず間違いなく死ぬ。
そりゃそうだ。当たり前です。
誰も補液することを非難してなどいませんよ。それとも論点逸らしでしょうか?

>輸液を高度脱水の原因治療と言って何か問題があるのか?
医療関係者による言葉の選び方ではないですね。
脱水はあくまで表現形であって本態はあくまで下痢、嘔吐、肝臓疾患、etcでしょう。

88 :糸色 文寸 ネ申 :2006/12/28(木) 16:47:33 ID:4n1gFbgz0
>>86
それはヒルベルト・プログラムのようなものだ。
理解できるか?
くっくっく。

89 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/12/28(木) 17:09:17 ID:OqCAIf6P0
>>88

ヒルベルト・プログラム
http://wpedia.search.goo.ne.jp/search/%A5%D2%A5%EB%A5%D9%A5%EB%A5%C8%A1%A6%A5%D7%A5%ED%A5%B0%A5%E9%A5%E0/detail.html?from=websearch

読んだ。難しいね。

すっきり解決を待っていたら、寿命がいくつあっても足らない。どうしたら良いんだろう?



90 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/12/28(木) 17:16:50 ID:OqCAIf6P0
>>87
>医療関係者による言葉の選び方ではないですね。

あのねぇ。獣医は医療関係者じゃないのよ。患者さんの部類、忘れないように。

>脱水はあくまで表現形であって本態はあくまで下痢、嘔吐、肝臓疾患、etcでしょう。

獣医の場合、たいした病気でなくても患畜(特に猫)は食事をしなくなる。人間なら食べないと
体に良くないからと無理して食べるけど、動物はいらないとなったら、食べるのも飲むのも
拒否する子は多い。

そして、脱水が起こる。脱水が起こったら、ますます食べるものを
拒否するの悪循環。


下痢や嘔吐なんか治療しなくても、脱水だけ治療してやれば勝手に治ってくる場合も
多いんだよ。

91 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/12/28(木) 17:25:19 ID:OqCAIf6P0
下痢、嘔吐、肝臓疾患、etcが本体で、脱水は表現形態と
何故、分けて考えるか獣医の感覚ではわからない。

92 :Dr.DQN:2006/12/28(木) 17:32:22 ID:VxQp0Eqy0
久しいのー、マリリン

マリリンは血圧が高いんだっけ?

いかなる原因であろうと、高血圧を放置した場合、腎の細動脈が硬化して
不可逆性変化となるね。この知見も現実、現時点での科学だよね。

なぜとりあえず血圧を下げる治療をしてから、自然療法だっけ?、それを
しようとしないの?

そのような考えで、いかなる生物の治療をするにしても、一度自分以外
のもにその理論が向けられた場合、倫理に反しはしないか?

まあ、プリオンを避けるのに、家では牛肉を食わない人が、同僚との会食では
人目を気にして我慢して食べるのが大人だなどど言う馬鹿がいるが・・。
基本的には受け入れるか、受け入れないかハッキリしてないと意味がない
物なのは分かるつもり。でも自然な療法と西洋医学は対立するという発想
自体は根拠に乏しいのではないか?

だいぶ前の議論だから、曖昧だけど、そんな話ではなかったか?

93 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/12/28(木) 17:55:43 ID:OqCAIf6P0
>>92 >Dr.DQN

こんにちは、私は貴方と以前にお話したことがあるの? 忘れてしまった。ごめん。

私は、基本的に統合医療支持なので、西洋医学を全く拒否しているわけではない。
そのあたりは誤解しないで。

血圧に関しては、一言で答えるのが難しいが、高いのが良くないのは承知している。
ただ。140/90mmHgで高血圧と言われることが納得できない。

この数値で将来
>腎の細動脈が硬化して不可逆性変化となるなどと脅されること自体
許せない。

ただし、冬になって200/115mmHg以上まで、私の血圧が上がってきたので
これは、もう諦めて、エナラプリルを25mg飲み始めた。

ただし、どうしても病院には行きたくなかったので、使った薬は動物用だけどね。それで現在
160/95mmHg、まで下がっている。動物用でこんなに効くんだから、ジェネリックで効果が
なんて言うのは、大嘘だとわかったわよ。

94 :糸色 文寸 ネ申 :2006/12/28(木) 17:57:40 ID:4n1gFbgz0
>>89
同時にゲーデルの「不完全性定理」も読んだのか?
これが代替療法だな。
くっくっく。

95 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/12/28(木) 17:58:48 ID:OqCAIf6P0
>>93 自己レス訂正
>ジェネリックで効果がなんて言うのは、大嘘だとわかったわよ。 ×

ジェネリックで効果がないなんて言うのは、大嘘だとわかったわよ。  ○




96 :糸色 文寸 ネ申 :2006/12/28(木) 18:00:39 ID:4n1gFbgz0
>>92
人間と他の動物では進化が異なるのだ。
傷痕を見てみろ。
犬は瘢痕組織ができんぞ。
ほぼ完全に上皮が再生する。
人間は瘢痕組織として修復されるだけだ。
同じ土俵ではないんだよ。

ところで、お前も牛乳を飲まないクチか?
くっくっく。

97 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/12/28(木) 18:01:17 ID:OqCAIf6P0
>>94

わかった。今、ちょっと忙しくなったんで後で読んでおく。それでは。

98 :卵の名無しさん:2006/12/28(木) 18:04:54 ID:UmdeauAE0
>>96
>犬は瘢痕組織ができんぞ

んなわけないだろ
飼い犬不妊手術受けさせて腹触ってみろ

99 :糸色 文寸 ネ申 :2006/12/28(木) 18:22:37 ID:4n1gFbgz0
>>98
それは瘢痕組織ではなく、縫合が下手くそなんだよ。
開放で治してもらうんだな。
くっくっく。

100 :卵の名無しさん:2006/12/28(木) 18:27:03 ID:UmdeauAE0
>>99
人間でもきれいに縫えば瘢痕なんぞ殆どできませんけど・・・
単純に皮膚の伸展性の差を言ってるなら
おまえぼけたんじゃないか?

101 :糸色 文寸 ネ申 :2006/12/28(木) 18:39:45 ID:4n1gFbgz0
>>100
あ〜あ、ものを知らんやつが何か言っておるな。
いいから、調べてこい。
話はそれからだ。
くっくっく。

102 :卵の名無しさん:2006/12/28(木) 21:30:45 ID:uy/pCXBy0
 

103 :SBX:2006/12/29(金) 01:31:48 ID:kTigGPIf0
>>86マリリンさま
それはドクターの仕事ですね。
俺は法律上、日本ではそのような処置はできません。
あと、貴女が暇な時にでも帯津良一先生の本でも読んでみて下さい。
もう、読んでいたらごめんなさい…。

50 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)