5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

僻地の医者確保策を考えてみる

1 :Dr.Demosica, V ◆k9Tn5.k4rg :2006/11/17(金) 12:28:24 ID:kRMIbREI0
この1-2年僻地医療の自爆燃料が供給されない週は無いようです
けど、まあ一応対策を考えてみるとしたら(あちこちに書いて
てあんまし相手にされてないけど)下記の案とかいかがで
しょうかねえ?

僻地勤務の場合は要するにその場所に一年中住むということが
基本的に最悪のマイナスインセンティブなわけだから、半年
勤務&半年完全オフで常勤扱いで年俸1000万円とか。遠洋
漁業みたいな働き方。

半年オフのあいだに海外 旅行とか特定スポーツとか冬山とか
をこなすというライフ スタイルを希求するひともおるだろうし、
なにより家族の生活ベースを任意の場所に設定出来る。僻地に
行く場合の 最大ネックの一つ=子どもの学校も解決。

アホが勝手に「僻地勤務義務化」を導入してみたら医療がどうなるか
ヲチしていくのもwktkだけど。


34 :卵の名無しさん:2006/11/17(金) 23:18:01 ID:hnTxlxOC0
>>32
北朝鮮関係は、まだマスコミが北朝鮮、朝鮮民主主義人民共和国 バンザイ、と言っていた
時代から、脱北した人の手記などを読んでいましたので、少々詳しいかなと思います。

ちなみに、北朝鮮での医師の地位は、一般のエンジニアと変わらず、ただの修理家扱いです。
食料を手に入れるため、漁船で漁のバイトをしていると言う手記もありました。

面白いのは、ピョンヤンに勤められる超エリート医師でも、共産党幹部の診察は嫌だと書かれ
ていた事(もし何かあったら処罰される)、普通の地域の医師も、患者が死んだら「このやろー」
と、家族から罵られ(医師の地位が非常に低いですから)、やる気を失っていることです。日本
とどこか似ていますね。

本は今は手元にありませんが、これらが出版されたのは20年ぐらい前ですが、実は北朝鮮医
療は、日本の医療業界を先取りして崩壊しているわけです。医師強制派遣となれば日本医療
の行く末も大体想像がつきます。お手本があるわけですから。

だから、横田めぐみさんが鬱病になって、精神科医が励まして自殺したと報道されたとき、日本
の報道機関の医師は、鬱病の患者を精神科医が励ますわけがない、うそもほどほどにしろとい
う発言が相次ぎましたが、私は北朝鮮の医療レベルは所詮その程度のものだろうと思っていま
した。もちろん、拉致された横田めぐみさんはまだ生きていると思いたいです。

35 :卵の名無しさん:2006/11/17(金) 23:21:59 ID:hnTxlxOC0
>>32
なお、出身成分や政治体制が変わったこと(先軍政治など)は、
  「北朝鮮データブック」 重村智計 著 講談社現代新書
が詳しいです。まだ髪がある頃の著者の写真が印象的な本です。

39 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)