5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

統合失調症、SAD、人格障害は「架空の病気」か?

1 :副作用疫学・医療事故の確信犯的行政悪用を考える :2006/07/26(水) 14:05:26 ID:0NvN7qea0
『統合失調症、社会不安障害、(境界性)パーソナル障害、アスペルガー症候群等の少なくとも一部は
「本当は存在しない架空の病気」であるという説が最近強まっている。』
とする根拠に関して、「患者」、「医師」をはじめ多くの方々からのご意見、ご指導をいただけますようお願いします。

1.薬理学的根拠:
    1)同様の症状に対しドーパミンD2受容体に作用ベクトルが180度逆のケースがある事。
    2)向精神薬の多くは麻薬様の薬剤であり、麻薬中毒と統合失調症の症状が類似している事。
    3)ジプレキサには糖尿病誘発効果が知られているが、地域によっては糖尿病死亡率が自然発生では考えにくい傾向を示している事。
2.社会科学的根拠:
    1)従来、幻覚、妄想として処理されていた事象を
        再現可能である事を示唆する新機密技術関連資料が最近、増加している事。
    2)同じく、従来、幻覚、幻想として処理されていた
        集団ハラスメント関連資料(創価学会と何らかの接点がある団体、同和系団体、共産系団体など)が最近、増加している事。
    3)精神医学界による頑なな社会科学論議の拒否
        (特に薬理学矛盾および通信傍受インフラ問題には決して答えようとしない事)
    4)イタリアでは精神病院が既に廃止されている事。英国も全廃を検討している事。
        (当該精神疾患が本当に従来道理で存在するなら、他国でのこのような状況は考えれない)
    5)一卵性双生児にて遺伝性がない事が証明されているにも関わらず、遺伝子研究が行われているのは矛盾している事。
      また遺伝子研究の捏造例(理研)も新聞報告されている事。    


127 :副作用疫学・医療事故の確信犯的行政悪用を考える:2006/07/26(水) 17:02:45 ID:cwjcf6aR0
【秋田県のスパイ立県政策としか思えない通信傍受インフラに関する社会生態学的考察】
 〜大量殺人を伴う食人犯罪制度維持を目的とした可能性がある
    明らかに違憲・違法(すなわち犯罪)な県民全員への自宅盗聴システムか?〜


例えばJR追分周辺では
@追分駅プラットホーム北端から北東に100m程度の民家
A追分−飯島間の国道7号線沿いのファミレス蜜蜂の裏の民家
B天王町上北野ポリテクセンターから西に徒歩10分の公園脇の民家
C土崎病院の隣の民家
等に高さ15m程度の巨大八木アンテナの設置が確認でき、これは秋田県内ならば
小坂町でも鷹巣町でもどこにでも確認する事が可能です。そして巨大八木アンテナの脇には
どこも解析センターと見られる小屋が、住居とは別に設置されており、そこで受信機が設置されているものと推測できます。
これで学生や観光客を含む秋田県の全居住者の生活音を便所から生活まで集団で聞く犯罪風習が遂行されていると論理推測しています。

また、JR追分駅−JR秋田駅の 沿線を電車内から眺めていましても、幾つも車窓から確認できます(半径約5kmおき)ので
設置場所をお調べになるのは、私にお聞きにならなくても特に難しいものではなく、
あなた様自身で十分に設置場所を再検証可能と考えます。前回も申し上げましたが、このような
異様な通信傍受網を敷いているのは秋田県以外では全国でも稀で、
この地域の特殊な「スパイ立県政策」の象徴になっているものと考えます。ここでは更なる詳細な説明
のために上の4つの巨大八木アンテナのうちBに関しての状況を更に説明申し上げます。


128 :副作用疫学・医療事故の確信犯的行政悪用を考える:2006/07/26(水) 17:03:19 ID:cwjcf6aR0
他県ではほとんど見られない、高さ15〜20mものこれだけ大きな通信傍受用の八木アンテナを、
目立つ形で平気で住宅地域に設置しているという事は、その設置場所はもはや『個人情報(プライベート)』ではなく、
『公知の事実』であるという事を前提に議論させていただきます。ただ表札情報は議論に不必要なので伏せます。

秋田県潟上市天王字上北野85の追分児童館運動場の西の民家。

事実ではないと疑われる方がおられるならば、ここに一度、確認に行かれたらいかがでしょうか?ここまで書けば誰でも行けます。
これは私が確認した巨大八木アンテナ群の中では比較的新しいタイプ(築10年以内)のものです。
他の巨大アンテナは築20年程度はあるものが多く、秋田の盗聴網がかなり以前から整備されている事を
伺わせる年代ものになっているケースが多いようです。

この「天王町天王字上北野85」のものは、高さが20m程度はある塔に、
大小5種類くらいの八木アンテナが複数設置されており、しかもその複数の八木アンテナの指向性(すなわち向き)
が360度全てをキャッチできるように互いに微妙に違っています。その中でももっとも大きな八木アンテナの主軸は高さではなく
長さが15m程度あり、アンテナ本体自体がかなりの大きさです。また同時に長さ5m、1m程度の主軸の八木アンテナが
幾つも設置されており、先ほども申し上げたように各々のアンテナの向きが違うわけです。

ご存知のように盗聴対策業者に盗聴器検出を依頼した場合、盗聴チェックに使われるのはこの八木アンテナであり、
それを異様に巨大化したものを幾つも同じ塔にこの民家は設置している訳です。一方、その民家の周辺の全民家は
テレビ受信用に屋根に八木アンテナを設置していますがいずれも一般的な大きさのものであり、その地域が
特にテレビ受信が悪いのでやむをえずアンテナを巨大化したという可能性はありえません。また、当該アンテナ塔には、
八木アンテナだけでなくまるで戦艦の軍事用アンテナのようなものの別途設置されている事も目で確認可能です。
民家にありますが、これは事実上の軍事施設ではないでしょうか?



129 :副作用疫学・医療事故の確信犯的行政悪用を考える:2006/07/26(水) 17:03:57 ID:cwjcf6aR0
また建設費・維持費は、受信小屋と受信装置も含めて1施設1000万円程度は必要ではないでしょうか?
全国で最も平均所得が低い県の一つと言われる秋田県で、他県には見られないようなここまで大掛かりな装置を
アマチュア個人が揃えるなど考えられるでしょうか?そもそも秋田県は極度な閉鎖村社会ですので他人と変わった事をすれば
殺されかねない雰囲気を持ちます。そういった強度の村社会でここまで目立ったアンテナ塔をアマチュア個人が設置する事は
人間生態学的に困難と考えます。

またそれ以上に留意する必要があるのは、まるで役所の都市計画であるかのように、県内の全ての住宅地域で
半径約5kmおきに設置されている。アマチュア個人の趣味の場合はそのような法則性が出てくる事は考えられません。
天王町天王字上北野85のもののみで議論すればアマチュア云々の議論は可能となっても、秋田県全域の設置地図で
見た場合は、アマチュア設置説の選択肢はゼロとなる。自分は生態学的そう考えます。

ここまで議論すれば、もはや回路図云々の次元の話ではない事は誰の目にも明確です。
そもそも回路図は機密扱いで設置者でないと開示できるはずがない。今述べた情報だけで十分、秋田県の異様な
全住宅向けの『スパイ立県政策』が証明できると考えます。これは違憲・違法ではないでしょうか?
この自宅盗聴システムで学生あろうが観光客であろうが自宅内の性生活から便所排泄音まで大政翼賛会方式でキャッチし、
秋田県で恒常化していると見られる大量虐殺(老人大量不審死、 出産児大量不審死、 自殺とは考えにくい不審死)犯罪
に不満を持つ住民を、(本来はコンプライアンス維持が業務であるはずの)警察や役所が密かにテロ暗殺する事(スケープゴート政策)
によって、地域の恐怖秩序を保ち、現在に至っている可能性が捨てきれないと社会生態学的に分析しています。


130 :副作用疫学・医療事故の確信犯的行政悪用を考える:2006/07/26(水) 17:04:55 ID:cwjcf6aR0
なお2年ほど前にNHKテレビ教育放送が厚木基地周辺の民家に同様に設置されている巨大八木アンテナ群
に関してドキュメント番組化していました。アンテナの形状や大きさ、そして設置形態はテレビで見る限り秋田と同じです。
それで発信機が付けられた野生動物が管轄地域のどこから出てきてもそのアンテナはキャッチできていました。貴方が言うアンテナの
指向性の問題は事実上ないというのがそのテレビドキュメント内容閲覧の結論です。厚木基地周辺に関しても本当の対象は一般住民では
ないでしょうか?現在の家電(テレビ、冷蔵庫)や自動車には全て予め盗聴装置(米粒程度の大きさのコンデンサマイク)が
基盤の中に何気なく付いていると見られるので盗聴器を外すのは不可能で、どこの各家庭にもある家電や自動車からの生活音を
この巨大八木アンテナで大政翼賛会方式で聞いている。通信傍受法では違法(すなわち犯罪)ですが、お構いなしにやっている。
それと先住民イデオロギーが結びついたのが秋田で、全県住民が「盗聴の海」の中で生きざるを得なくなっている。その結果として
理不尽な大量殺人が毎年、維持され、自殺率が全国一高い状況が10年も続いている。それにも関わらず秋田大学医学部精神科は
スターリン政権のように専門知識を悪用して行政の大量虐殺(警察、役所、病院、大学)を隠すような発言しかしない。
皆、グルになって大量殺人を行っている。大新聞も殺人罪の同罪であり、毎日新聞にせよ朝日新聞にせよ悪質な犯罪者に他ならない。
訳のわからない新聞特権で自分たちだけは憲法破壊、法令破壊(犯罪に他ならない)を行ってよいと考えており、その結果として
大量殺人が続いている。大新聞が犯罪者なのでブレーキがかからず、社会生態学を多くの方々のご指導の下に慎重かつ冷静に
進めざるを得ない。それが現状ではないでしょうか?


131 :副作用疫学・医療事故の確信犯的行政悪用を考える:2006/07/26(水) 17:06:04 ID:cwjcf6aR0
70年前のナチスドイツにおいても、当初、アウシュビッツ等の収容所で虐殺が発生していることを
長い間、誰もが気がつかなかったと言われています。政府や自治体は「住民を虐殺しました」と
新聞等でコメントを発表するはずがないからです。(注意:現在ではアウシュビッツは疑問点が多い事がわかっている)

最初に気がついたのはキリスト教会の一牧師だったと言われています。その発見は、何気ない統計値の
異常値の確認から始まったと言われています。 彼は念のためにキリスト教会ネットワークも活用し
その地域で住民虐殺が起こっているとしか思えない異様な統計値を 見出して始めて
(ものが言えないまま)大量の人たちが理不尽に殺されている事が明らかにされ、
連合軍を通した終戦につながったと言われています。

今の秋田も類似した状況と考えます。大量虐殺は現在進行中で、今、学術議論しないと犠牲者が拡大すると考えます。
秋田では明らかに異様な統計値が多く、その異様さは大量虐殺がこの地で恒常化している事を示唆しているとしか
思えません。そうでないと言われるならば上の10の重い現実を説明する他の理論を示していただけないでしょうか。


132 :卵の名無しさん:2006/07/26(水) 17:06:30 ID:vV0MsQ+20
なんだなんだ、このスレは!

133 :副作用疫学・医療事故の確信犯的行政悪用を考える:2006/07/26(水) 17:06:42 ID:cwjcf6aR0
何度も申し上げていますように、どうやらこの地で大量虐殺している、若しくは、その虐殺制度を固めているのは
@警察、A役所、B病院、C大学教員陣のようであり、この地では警察や役所が犯罪組織である可能性が高く、
殺人を犯罪と認識していない可能性があると考えています。

2年ほど前に秋田大学医学部精神科は読売新聞に「秋田に自殺が多いのは、睡眠不足による鬱の例が多いので、
睡眠薬を飲めばよい」といった唖然とする論文を公表したのは、無能なのか、あるいは大量虐殺を知った上で
虐殺主体を守っているかのいずれかしかなく、無能である事は考えられないので、スターリン政権時の医師と同様、
後者である可能性を考えざるを得ません。警察、役所、医師が恐らく殺人の実行部隊で大学、マスコミがサポート
していると論理推測できる現在の秋田の状況はCJDの発症率が低いから構わないといった本日の大新聞記事に
あったような考え方では通用せず、もっと多面的に社会生態学論議を進めていくべきものであると考えています。


473 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.04.09 2022/06/21 Walang Kapalit ★
FOX ★