5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「医療崩壊」小松秀樹著 読んだ?

1 :卵の名無しさん:2006/05/26(金) 12:54:22 ID:0qDCgpBO0
朝日新聞社 発行ですが、すばらしい
本でした!

2 :卵の名無しさん:2006/05/26(金) 13:00:14 ID:I85GKNDZO
朝日新聞に金なんぞ1ペソたりとも払う気ないから

3 :卵の名無しさん:2006/05/26(金) 13:34:30 ID:vf0FXN0e0
いやいや,
アカピの割にはまともだよ.
ねら〜の集大成の様な内容だ.
読んでみるべし.

4 :卵の名無しさん:2006/05/26(金) 13:36:05 ID:+KKSD4mh0
ネラーの集大成だったら
それを返品の山にしないとな>朝日へ

5 :卵の名無しさん:2006/05/26(金) 14:19:45 ID:kDWRxD1y0
【Webプロパー】ドキュソルビシン観測所1【視姦中】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1148190066/

         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『おれは今日も血液内科医という設定のコテと名無しを駆使して
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        ここに来る人間を釣っていたと思ったらいつのまにか釣られていた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何をされたのかわからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    催眠術だとか超スピードだとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…
 ドキュソルビシン(職業チャネラー)

6 :卵の名無しさん:2006/05/27(土) 17:58:36 ID:ibZOLeXN0
重版まち、と聞いた

7 :名無しさん:2006/05/29(月) 02:22:46 ID:12RA8RnR0
意外と面白そうというか、医者が消極的に逃げ出す(挑散)の事が書いてある。
司法、警察の事とかマスごみの構造とか書いてありある意味面白い。

8 :卵の名無しさん:2006/05/29(月) 02:24:36 ID:ElfeZ/IPO
それでも新聞屋に金なんて出したかないな

購入したやってマゾなんじゃないの?まぁマゾだから勤務医なんてやれるんだろうな

9 :卵の名無しさん:2006/05/29(月) 02:29:53 ID:qcaf2T5u0
2ch以上のことは書いてないだろうな。
2chでさんざん言われてきたことをまともな文体で書き直したに過ぎない、と思う。

10 :ドキュソルビシン:2006/05/29(月) 04:35:37 ID:7U/HxZZC0
面白いよぉ〜。お勧めなりね。
ただ開業医さんとか大学関係者さんとかは異論がある部分も多いかとも思う

11 :卵の名無しさん:2006/05/29(月) 13:27:44 ID:FjhRebsn0
漏れも某新聞社への献金がイヤで
図書館配備を待つつもりマンマンだったが、
誘惑に負け、とうとう本日購入

まだ読みかけだけど良書の予感
ってかこの本をきっかけに何か変わるよ
そう確信した

>>9
そうも思うけど、便所の落書きを
しかるべき肩書きを持った人が清書してくれたのは
画期的だべ


12 :卵の名無しさん:2006/05/29(月) 15:43:41 ID:QiTU5Ig20
>11
同意

13 :卵の名無しさん:2006/05/29(月) 15:49:36 ID:ZljHIojD0
重版待ちか、残念。
いろいろな評論家が読んで理論武装に使うんだろうなぁ。

14 :卵の名無しさん:2006/05/29(月) 15:51:11 ID:6VQ+GkfR0
この人の別の本読んだことあるが、まーまともだった。

転勤何度も繰り返してる医師は危ないと書いてあって、医局の命令で
毎年転勤させられてた俺はそこのところだけムカついたんだけどな。

15 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/05/29(月) 16:07:52 ID:7cVSgFB60
そりゃ、
患者からのクレームが病院トップに行き、
それが続けば、病院トップから医局にクレームが行くわけで、
たらい回し医師は危ないんだよw

16 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/05/29(月) 16:10:29 ID:7cVSgFB60
>毎年転勤させられてた俺はそこのところだけムカついたんだけどな。
だから、あなたは反省しなくてはいかんのですよw

つか、『医者のためのマナー塾』ってのを開いたら儲かるかもねw

17 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/05/29(月) 16:11:14 ID:7cVSgFB60
俺が校長w

18 :卵の名無しさん:2006/05/29(月) 16:30:49 ID:6VQ+GkfR0
ひっきーあっクソ乙w
俺だけじゃなくて、俺のいた若手医局員は殆ど皆一年ごとに移動
させられてたからねぇw
ちなみに使えない医局員は手術の殆どない病院に幽閉とか基礎の
院に行かされてた。
医師動かしすぎと関連病院から医局に文句来て、ほぼ二年交代に
なったけどね。

19 :卵の名無しさん:2006/05/29(月) 16:50:14 ID:Xrekcf960
>>18
いまどき、そんな医局いるのはアホでつよ。

20 :卵の名無しさん:2006/05/29(月) 16:52:08 ID:6VQ+GkfR0
>>19
とっくに逃散してるからこそこんな時間に即レスできるんですw

21 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/05/29(月) 16:56:14 ID:7cVSgFB60
>>18
>俺のいた若手医局員は殆ど皆一年ごとに移動させられてたからねぇw
じゃ、1年ごとに移動させる、医局のメリットはなんだろ?

22 :卵の名無しさん:2006/05/29(月) 17:00:54 ID:kslzhPwC0
おい、ばあさんは元気か?

23 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/05/29(月) 17:03:24 ID:7cVSgFB60
まあね。

24 :卵の名無しさん:2006/05/29(月) 17:34:32 ID:aa8nbutT0
医局のメリットは、医局員の公平性を保つ、それのみ

25 :卵の名無しさん:2006/05/29(月) 17:36:05 ID:aa8nbutT0
15のような低レベルな理解はかなわんね

26 :卵の名無しさん:2006/05/29(月) 17:42:55 ID:aa8nbutT0
そういえば、市立清水病院被害者の会ほむぺにも
15と同じことがかいてあったな

27 :卵の名無しさん:2006/05/29(月) 17:54:22 ID:bLzQtI6A0
ぽまいら、良く読め!
p158の10行目
>私は、この現象を「立ち去り型サボタージュ」と名づけた。
のすぐ後に
>友人は、これを「逃散」と表現した。
としっかり書かれてあるぜ。

どう考えても「友人」とは彼が覗いている掲示板の
不特定多数の書き込み者のことと思われます。
本当にありがとうございますた。

28 :卵の名無しさん:2006/05/29(月) 18:11:03 ID:3MTdQFr10
2chやってて朝日から出版

センスなさ杉

29 :卵の名無しさん:2006/05/29(月) 18:30:32 ID:6Tqe7A6s0
【Webプロパー】ドキュソルビシン観測所1【視姦中】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1148190066/

         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『おれは今日も血液内科医という設定のコテと名無しを駆使して
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        ここに来る人間を釣っていたと思ったらいつのまにか釣られていた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何をされたのかわからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    催眠術だとか超スピードだとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…
 ドキュソルビシン(職業チャネラー)


30 :11:2006/05/29(月) 21:51:48 ID:9Msjp0Sy0
読了記念age

評価はやはり>>11のまま
惜しむらくはリファレンスがないこと

もしかしてリファレンスを作ると2chのURLだらけになるから
あえて省いたのか?w

31 :11:2006/05/29(月) 21:54:02 ID:9Msjp0Sy0
追記

よくもまああの内容で大手新聞社が版元になったもんだ
そのうち大人の事情で急遽発売中止・商品回収になったりするかもよ

32 :卵の名無しさん:2006/05/29(月) 21:57:55 ID:01wlpmVV0
そんなにまずいん?

33 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/05/29(月) 23:05:16 ID:7cVSgFB60
>>24
>医局のメリットは、医局員の公平性を保つ、それのみ
なるほど、関連病院によって年収の差が大きい、それを解消するために、
1年ごとに転勤させると。

34 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/05/30(火) 06:17:56 ID:RAOZ8hoE0
つーか、これをちろっと、読んでみたけど、たぶんゴーストライターを、使ってると思う。
前の慈恵医大青戸病院事件の本は本屋で立ち読み出来たけど、これは出来ないんだよw
さすがプロのライターの仕事は違うと、ちゃんとあっくんに本を買わせるとw
で、そのゴーストライターは本を書くにあたって、この板をつぶさに研究したんだと思うね。

35 :東大寺問題児 ◆ICUiAyGByU :2006/05/30(火) 07:31:39 ID:/2/e/bu+0
>31
あの出版社なら、自らの過ちを認めるに等しく、資金集めという設立目的に反する
商品回収なんかはしないと思ふ。 

36 :11:2006/05/30(火) 08:14:38 ID:EHxLKgEQ0
>>35
回収したら疑念を持たれ
回収しなくても中を読めば疑念を持たれ...
朝日はなかなか良い本をお出しになりましたな

「世論」という言葉をことごとく「マスコミ通念」に
置き換えて表現しているのなんかVGJ!>>小松センセイ

37 :卵の名無しさん:2006/05/30(火) 19:46:59 ID:nDEggX5h0
Amazon.co.jp: 医療崩壊―「立ち去り型サボタージュ」とは何か 本 小松 秀樹
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4022501839/249-5681009-3740344?v=glance&n=465392

Amazon.co.jp: 患者見殺し医療改革のペテン「年金崩壊」の次は「医療崩壊」 本 崎谷 博征
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4334933408/249-7898418-3127516?v=glance&n=465392

Amazon.co.jp: 医療の値段―診療報酬と政治 本 結城 康博
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4004309891/503-2812186-4843952?v=glance&n=465392

38 :卵の名無しさん:2006/05/30(火) 23:52:17 ID:afWuldlD0
弁護士のため息 勤務医が多忙になる理由
http://t-m-lawyer.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_b5f2.html
 この問題については、右の「本の紹介」欄で紹介している「誤診列島」
(中野次郎著 集英社文庫)で中野氏が明解に分析されている(同書111頁以下)。

 この本は日本の医療の現実にメスを入れるものであり相当辛辣である。
医師の方が読むと腹立たしいかもしれない。
 しかし、日本の医療の問題点を鋭く分析し、かつ一般人にも非常に読み
やすい本なので、多くの方にお読み頂きたいと思う。


弁護士のため息 勤務医の忙しい理由ー3時間待ち3分診療の原因<患者側の要素>
http://t-m-lawyer.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_0b04.html



Amazon.co.jp:誤診列島―ニッポンの医師はなぜミスを犯すのか集英社文庫 本
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087474275/250-0665734-5136239



39 :卵の名無しさん:2006/05/31(水) 08:06:21 ID:lTvqbiai0
弁護士のため息
ttp://t-m-lawyer.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_b5f2.html#comments

> 脳性麻痺のお子さんを抱えた両親の苦しみというのは、
> 筆舌に尽くしがたいものです。産婦人科医は辞めてし
> まえばそれで苦しみから解放されますが、被害者の苦
> しみは一生続くのです。
>  産婦人科医が過酷な労働条件に置かれていることと、
> 医師と病院の責任というのはまた別のものです。
やはり結果が悪ければ訴えられるということですね。
脳性麻痺は医者が悪いんだそうです。

40 :卵の名無しさん:2006/05/31(水) 08:14:25 ID:ArgvPlrI0
弁護士のため息 勤務医が多忙になる理由
ttp://t-m-lawyer.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_b5f2.html

> 私も一患者として、非常に耳の痛いご指摘である。私の場合、
>特に2のビタミン剤などを欲しがる、3の服薬遵守、6の暴飲暴食、
>運動不足、が痛い。

だめだこりゃ

41 :卵の名無しさん:2006/05/31(水) 08:15:40 ID:ArgvPlrI0
訂正
>>38のリンクは

弁護士のため息 勤務医の忙しい理由ー3時間待ち3分診療の原因<患者側の要素>
http://t-m-lawyer.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_0b04.html


42 :卵の名無しさん:2006/05/31(水) 08:59:11 ID:Oyg52llo0
>>38
これあちこちに貼ってあるけど、どういう意図なんだろう?
本の宣伝?
blogの宣伝?


43 :卵の名無しさん:2006/06/01(木) 21:42:05 ID:/EmodeLw0
ゴルァ!
アマゾン初めネット書店で品切れだったんでな、都内の本屋5件ほど回ったがどこも売り切れやんけ!
誰かP2Pで流せや!

注意 賢明な諸氏は間違っても買わんようにな。○日をもうけさせるだけだからなwww


44 :名無しさん:2006/06/01(木) 23:47:26 ID:ZmNLA3IA0
>1 虎ノ門病院 泌尿器科の診療部長さんの本ですね。
   今日、NHKのラジオでご本人が出演していましたが、余り弁は立たない医師
   ですね。上手くマスゴミに利用されてポイ捨てられそうで怖いです。

45 :卵の名無しさん:2006/06/01(木) 23:53:16 ID:XsuwPmnv0
>>43
ブックオフでさがしてみまつ

46 :卵の名無しさん:2006/06/02(金) 02:52:03 ID:7rOjadkU0
>>41

でもさ・・この弁護士の言うように大したこと無い患者を
全部切り捨てたら、大学病院や急性期病院などは経営成り立つのかな??
それと開業医のレベルにも問題あると思う。

47 :卵の名無しさん:2006/06/02(金) 13:32:16 ID:I5SCyPDZ0
>>46
切り捨てなければ経営成り立つのかよw

48 :卵の名無しさん:2006/06/02(金) 20:02:36 ID:Z1cj+3Et0
奇跡的に近所の本屋で1冊見つけて早速買って読んだ
たぶん20年後くらいに、「あの時点で警鐘を鳴らしている現場の医師がいた」と紹介されるだろう
現在の医療を取り巻く状況を改善する努力など全くの無駄、というか大迷惑
とにかく一旦完全崩壊あるのみ、とあらためて確信

49 :卵の名無しさん:2006/06/03(土) 09:58:21 ID:aIBnpGnt0
>>48 一旦完全崩壊あるのみ

某学会で元のObenに会った。今は某大学の教授だ。
外科系はいったんみんなで手術を辞めて崩壊させなきゃダメだ。
と同様の御意見だったよ。

50 :卵の名無しさん:2006/06/03(土) 19:22:51 ID:pG8FR72k0
医学部を受験する前に読む本|雪月花の水色時代
http://ameblo.jp/setugekka/entry-10012710062.html

さて、私がこの本を買った理由ですが、、、

「ああ、いかに医者が奴隷であるかを書いてるよ、最高」と思ったからです。

第8章の 医師の生活の実態なんかは特に最高。

かなり共感できる部分が多いです。犬の傷の舐めあいに近いものがあるけど・・・・w

私自身も、学生の頃に、医者がいかに奴隷であるかを熱弁したら、

友人に「お前はそんなことを自ら調べ上げて、自ら絶望するなんてマゾで馬鹿だな。」と言われました。

まさにこの著者もそれをやってのけたわけです。

Amazon.co.jp:医学部を受験する前に読む本 本
http://ameblo.jp/setugekka/entry-10012710062.html

51 :ドキュソルビシン:2006/06/04(日) 00:08:52 ID:2Zev9iltO
上のほうで何かゆってますが、明らかにゴーストライターじゃないだろ

文章が前の本と同じだし、そもそも出版なんか決まるずっと前、プロトタイプの草稿見たけど似たような話だったよん


52 :卵の名無しさん:2006/06/04(日) 09:37:05 ID:oxkvIqY00
本日日経朝刊書評欄に取り上げられています

日本実業界のトップを自称する方々にも
読んでもらえるかな
いきなり企業病院が医師の囲い込みをはじめたりして


53 :卵の名無しさん:2006/06/04(日) 16:29:00 ID:XC+bThE30
>>51
小松先生は昔から社会制度や歴史には詳しかったよ。
阿部知子と同期じゃなかったかな。
開胸もする泌尿器科医として私は尊敬していました。


54 :卵の名無しさん:2006/06/05(月) 12:04:55 ID:k7d2lZ5J0
このスレ見てたら読みたくなって昨日買いました。
新刊の棚に平積みになってたけど、結構減ってますね。
昨日の夜の時点で残り二冊になってますた>池袋リブロw

まだ最初の方しか読んでないけど、うんうんと頷ける記述が
多いなーと。

55 :卵の名無しさん:2006/06/05(月) 18:58:08 ID:s48Oi5FQ0
>>52
それで、待遇改善されるならば、良いと思われ。
給与は変わらずとも、労働基準法を遵守してくれるとか。・・・・・してほしい。

56 :卵の名無しさん:2006/06/07(水) 20:53:01 ID:rInFsuhU0
age

57 :卵の名無しさん:2006/06/07(水) 21:10:47 ID:a5H5vUXG0
よんだ。。おもしろいね。

58 :卵の名無しさん:2006/06/08(木) 08:52:57 ID:o0hevvwA0
>>57
漏れももうすぐ読み終るよ。


59 :卵の名無しさん:2006/06/08(木) 08:58:58 ID:O0HIsLSY0
もっと、この本のことを
あちこちで、宣伝しましょう!!

60 :卵の名無しさん:2006/06/08(木) 17:31:40 ID:ZQIJAQi00
<<59
なかなか良い本。
警察ってほんとにデタラメで、素人なんだな、、、
と知った。特捜部一課でさえ。

 健診バイト先の看護婦に見せたら、興味なさそうだった
福島県の産科医逮捕の件も知らなかった。
きっと彼女は、新聞も読まないような常識の無い人間なんだろうと信じたいが、、。

61 :卵の名無しさん:2006/06/08(木) 19:14:12 ID:HmV5dGt60
>>60
看護婦に聞いたあんたが愚かw

62 :卵の名無しさん:2006/06/08(木) 19:41:13 ID:ERFIFRyK0
>>61
つくづくそう思う。

63 :卵の名無しさん:2006/06/08(木) 20:49:20 ID:23VTUt380
おいらは、5年目レジですが正直今の生活がいっぱいいっぱい
。もう逃げたいと毎日思ってた。小松先生の本読みました。

このまま自分に負けることなく、今のまんまガンバリます。


64 :卵の名無しさん:2006/06/08(木) 20:53:12 ID:lzmeC4yy0
第2刷発行あげ

65 :卵の名無しさん:2006/06/08(木) 21:53:47 ID:llwsZW1W0
>>63
最後の結論が間違ってるような希ガス

66 :ドキュソルビシン:2006/06/09(金) 01:40:02 ID:spsOFlM+0
今第4刷らしいですなり

67 :卵の名無しさん:2006/06/09(金) 16:04:47 ID:SCe+AH9b0
>>63
いざという時逃げられるようにしとけよ。

68 :ちょい ◆gyaZirVg7A :2006/06/10(土) 19:41:21 ID:1L38Ekko0
読んだ。

途中からめでぃおの提灯記事になっててワロタ

これが無ければ、赤日からは出せなかったと思はれ

69 :卵の名無しさん:2006/06/10(土) 21:20:38 ID:urn1V2q10
学会ついでに日本橋の丸善まで足を伸ばしてみたら、
平積みされてた。漏れが手にしたのは初版だったが。

70 :卵の名無しさん:2006/06/13(火) 16:09:48 ID:enJq9qk70
もっとチャネラーむきの本かと思ったら
中途半端にまじめで途中で興味が尽きた

71 :卵の名無しさん:2006/06/13(火) 17:04:51 ID:UsD64rrz0
2chだったら、嫌なら辞めろ委員会が著者になるね。

72 :卵の名無しさん:2006/06/13(火) 17:07:17 ID:XCyMeVHk0
医療崩壊の臨場感を味わいたかったら2chのログをまとめて読めばいいね。
民明書房もいいけど、医学書院とかから出たら面白いね。著者はもちろん、委員会で。

73 :卵の名無しさん:2006/06/13(火) 21:05:41 ID:j9CUD6OAO
うん、電車男みたいな形でね。
時がたてばたつほど評価される。

74 :卵の名無しさん:2006/06/14(水) 15:00:46 ID:ZFTozywL0
小松秀樹先生へのインタビュー記事
http://mric.tanaka.md/2006/06/09/vol_17_mric.html#more

こんな事まで触れられていました。
>――本では医療崩壊を起こさないための具体策も提案されてい
>ますが、その方向へ流れが付けられそうでしょうか。

> 本の中では、公的な医療事故調査機関と公平な補償制度、安全を
>目的とする行政処分制度の整備を提唱しました。ですが実は今、こう
>した制度が整備されたとしても、医療の崩壊は食い止められないので
>ないかと考えています。医療従事者が病院から立ち去る原因となって
>いる社会からの過剰な攻撃は、制度整備してもなくならないのでない
>かと感じているのです。

75 :卵の名無しさん:2006/06/14(水) 15:44:13 ID:SmjoEASP0
>74

その提言自体が「医者」発でなく
「医療プロ市民団体:め○ぃお」からの
ものなんだから、お話しにならないプ

76 :卵の名無しさん:2006/06/14(水) 15:46:13 ID:EHFBw1zm0
今、医者の生の声が聞けるのは2ちゃんを置いて他にない。

77 :卵の名無しさん:2006/06/14(水) 17:49:52 ID:KIFzvjV40
>>76
まったくそのトー利

78 :卵の名無しさん:2006/06/14(水) 17:53:10 ID:0vDnwwxE0
立ち去りたくなった時に読む本だね。

79 :卵の名無しさん:2006/06/14(水) 17:54:06 ID:N7/UYOvZ0
買うのは悔しいから図書館にリクエストした

80 :卵の名無しさん:2006/06/14(水) 18:02:18 ID:84IRxzHn0
>>79
つ ブックオ○

81 :卵の名無しさん:2006/06/14(水) 18:50:47 ID:KIFzvjV40
他のスレでみつけました。貼らせて頂きます。

医療崩壊は、現実ですね。

まい*る病院 http://www.bekkoame.ne.jp/~isop/page004.html

産科       http://yu-net.info/swfup/viewswf.php/2280.swf


82 :卵の名無しさん:2006/06/14(水) 20:24:58 ID:MkZNFLs20
朝日。やん

83 :卵の名無しさん:2006/06/14(水) 20:44:14 ID:iFrhCv980
>>81
なんか涙出てきた

84 :卵の名無しさん:2006/06/15(木) 09:53:35 ID:i/9KCKlP0
今日、青戸病院判決だね。

85 :卵の名無しさん:2006/06/15(木) 10:54:38 ID:i/9KCKlP0
無罪主張の医師に有罪 腹腔鏡手術失敗で東京地裁
【10:22】 東京慈恵会医大青戸病院で腹腔(ふくくう)鏡手術を
失敗し、男性患者を死亡させたとして、業務上過失致死罪に問わ
れた元同病院医師3人の判決公判で、東京地裁は15日、いずれ
も有罪を言い渡した。



86 :卵の名無しさん:2006/06/15(木) 11:11:15 ID:JY/KhJPM0
>>85
麻酔科医って、まったくおとがめないの?
通常、手術の続行、中止の権限は麻酔科医にあるものと思っていた。
もちろん、術者はおとがめあってしかるべきと思うが、なんか、片手落ち
のような判決だな

87 :卵の名無しさん:2006/06/15(木) 11:18:22 ID:c+ChIo8i0
麻酔科が中止しようと言ったのに、主治医が続行を主張して
医長ともう一人も同調した。
でもやっぱりだめだったので麻酔科医が怒ったため開腹に切り替えた
という展開だったと思う

88 :卵の名無しさん:2006/06/15(木) 12:31:20 ID:i/9KCKlP0
「医療崩壊」に事故の概要が載っているよ。読んで見れ。
もっと詳しく知りたきゃこれ。
ttp://www.amazon.co.jp/gp/product/4818817112/250-3045739-3019407?v=glance&n=465392

89 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/06/15(木) 22:24:26 ID:If2eqYUM0
>>86
>麻酔科医って、まったくおとがめないの?
検察が麻酔科医は起訴しなかったということでしょう。

テレビでは、裁判長は
「本来なら実刑の有罪だが、輸血をしなかった等の落ち度が麻酔科医にもあったので、執行猶予にした」
とのことだよ。

90 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/06/15(木) 22:27:07 ID:If2eqYUM0
つーことは輸血をするしないの判断は麻酔科医の仕事なんだ。

91 :卵の名無しさん:2006/06/15(木) 22:28:06 ID:eL1acNov0
>>89
ふむ、GJ。

と書いた直後に、この妄言か..................
>>90


92 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/06/15(木) 22:38:56 ID:If2eqYUM0
ん? だとするなら麻酔科医の落ち度はないことになるが。

93 :卵の名無しさん:2006/06/15(木) 22:42:10 ID:eL1acNov0
>>92
麻酔科医にどんな権限を与えるかは、イロイロじゃない?

94 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/06/15(木) 22:51:02 ID:If2eqYUM0
つーか実は俺は、この本持ってて、ちろっと見たところでは、
筆者はこの3人にそんなに落ち度はない様に書いてたけどな。

「こんなんで起訴されたんじゃ、新しい術式にチャレンジする医者がいなくなる」
風な論調だったけど。

95 :卵の名無しさん:2006/06/15(木) 23:01:01 ID:HqtrFKvm0
>>94
> つーか実は俺は、この本持ってて、ちろっと見たところでは、
いやー、さすがあっくん。
この本読んでるなんて!
マジ、感動しました。

96 :卵の名無しさん:2006/06/15(木) 23:04:41 ID:eL1acNov0
あっくんにしてはよく勉強している。

97 :卵の名無しさん:2006/06/15(木) 23:04:49 ID:Xpvo7z3O0
漏れも読んだが、至極まっとうなことが書いてある。
さて、これを読んだ厚生労働官僚や検事、警察および裁判官が
影響されて、医師をたたこうなどと思わなくなれば良いと、
切に願ってます。
それと、勤務医をこき使おうとしてる院長、事務長、おまえらにも明日は
ないぞ。

98 :卵の名無しさん:2006/06/15(木) 23:05:52 ID:bidmKLhI0
>>95
成長の足跡をログ抽出して売ったら、電車男みたいに売れるかな?映画化?

んなわけねーかw

99 :ドキュソルビシン:2006/06/15(木) 23:09:53 ID:jQct00Jr0
あっくん「慈恵医大青戸病院事件」も買ったのか。
意外とおさえてるとこおさえてるんだな

100 :卵の名無しさん:2006/06/15(木) 23:25:18 ID:ZgnM2BaM0
CGを多用した「医療崩壊」の映画化やTVドラマ化の話はないのでしょうか?

101 :卵の名無しさん:2006/06/15(木) 23:34:29 ID:eL1acNov0
中堅医:キアヌ・リーヴス
指導医:ヒューゴ・ウィーヴィング
女医:キャリー・アン・モス
医長:ローレンス・フィッシュバーン
総婦長:グロリア・フォスター


102 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/06/15(木) 23:35:47 ID:If2eqYUM0
つーか、この本は突っ込みどころ満載で、
むしろ医者にとって不利益な本だと思うね。
俺がそのうちヒマになったら、ブログをはじめて、
この本を徹底的に批判してやるよ。

こんな風に医者は思い上がってますよ、皆さん、って風にw

103 :ドキュソルビシン:2006/06/15(木) 23:36:54 ID:jQct00Jr0
あんた、これ以上暇になりようがあるのか・・・

つっこみに行くのでそのときは公表してくだされ

104 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/06/15(木) 23:41:06 ID:If2eqYUM0
前の本はヘルシンキ宣言とか持ち出して、大変格調が高かったんだけど、
この本は下品な2chネラー本ですよw
医者としたら大変に不利な本ですw

105 :ドキュソルビシン:2006/06/15(木) 23:43:18 ID:jQct00Jr0
どの辺が??

106 :卵の名無しさん:2006/06/15(木) 23:43:45 ID:bidmKLhI0
>>103
> あんた、これ以上暇になりようがあるのか・・・

テラワロスwww


107 :卵の名無しさん:2006/06/16(金) 15:12:52 ID:s8xG73wf0
小松先生の本読んだ後に、

http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1150342746/l50

ここの意見みてるとね...なんかこう...やる気無くすんだな。
自分もいつか魔女裁判に掛けられるんだって思ってしまう。

どうして人間って不確実な情報で、ここまで一方的に人を批判できるんだろう。


108 :卵の名無しさん:2006/06/16(金) 15:21:31 ID:+ZPUTF140
>>107
この世は結果が全て。終わりよければなに冗談言っても責められないしw

109 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/06/16(金) 15:52:29 ID:+pA5lOoo0
つーか、クズな2ch医師ですら、慈恵の3人を非難する論調なのに、

小松先生の「医療崩壊」では
「こんなんで起訴されたんじゃ、新しい術式にチャレンジする医者がいなくなる」
風な論調なんだよねw

110 :卵の名無しさん:2006/06/16(金) 16:24:13 ID:VkM0Dxwc0
自警迂路医師が術中にした事に対してはコメントしないが、初めての
手術に挑む場合は、その術式に熟練した先生を大学から迎えて手術
べきじゃないかとはマスゴミの第一報を見て思った。

111 :卵の名無しさん:2006/06/16(金) 16:53:58 ID:MilyH7Ki0
>>99
いや、医療崩壊だけだと思うよ。
その本の中で青戸病院のことが触れてあるページがあるから、
そのことを書いているんでしょ。

112 :卵の名無しさん:2006/06/16(金) 17:34:18 ID:kmu9tVdj0
青戸の3人は本院からは見捨てられた存在だったの?
経験のある医師が手伝いに来ないのはおかしいと思うんだ
僻地じゃあるまいし

113 :卵の名無しさん:2006/06/16(金) 17:41:01 ID:FY6lV+AX0
>>112

「医療崩壊」には断ったって書いてあるよ。
その理由も書いてある。

114 :東大寺問題児 ◆ICUiAyGByU :2006/06/17(土) 01:10:39 ID:rQMEiEF00
>106
アックソでも、色々忙しいと思ふよ。 近所の犬と決着をつけたり、壁とお話
したり… 犬との決着がついて、話し相手が天井にかわれば、確かに今より
暇になると思ふよ。

115 :卵の名無しさん:2006/06/17(土) 01:38:54 ID:/niJpwTH0
>>114
メンヘラーは忙しい!本当にそう思う。

116 :卵の名無しさん:2006/06/17(土) 04:11:05 ID:vl/G6rtP0
そういや昔の魔女狩りも、狙われたのは薬草の専門知識の持ち主だったのではなかったかな?

117 :卵の名無しさん:2006/06/17(土) 21:15:45 ID:ACSlfQ650
ドイツでの崩壊しつつある医療現場
ワールドカップの裏で、、、

http://kkrsasebo.blog.ocn.ne.jp/blog/2006/05/post_4775.html



118 :卵の名無しさん:2006/06/17(土) 23:29:45 ID:9ath59AT0
小松先生の知の世界というのはどの位の深さと広がりがあるのか、興味がある。
[昨年の、日本におけるドイツ年記念法学集会での、グンター・トイブナー氏の基調講演]
など、日本のどれくらいの人が知っているのだろう。
多忙な第一線の一流の臨床医がこのような広がりの論理を展開するのを私は知らない。
オソロシイ人が世の中にはいるもんだと思った。
石田梅山って藻米らしってっか?

119 :卵の名無しさん:2006/06/17(土) 23:31:05 ID:9ath59AT0
スマソ
石田梅岩 だった

120 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/06/17(土) 23:59:49 ID:8R+aBQW90
>>116
ずいぶん自意識過剰ですねw

121 :卵の名無しさん:2006/06/18(日) 00:05:32 ID:lZJ5qGOF0
>>118 119
心学の石田梅岩ですね。他の業界の方なので余りよく存じませんが
商売を生業としている方なら知っておくべきですね

122 :卵の名無しさん:2006/06/18(日) 00:29:46 ID:dbcahzDL0
>>121
漏れは小学生の時、歴史の本を見て、知っていたな。
「町民主体の、実体に即した学問を推奨した」
などと記載してあったが、要はモラルだ。
結局の所、徳とは自らを潤すものだ。
理に適った商いをするものは、いかに社会が変動しようと将来を悲観することはない。

生産の手だてを持たぬ者がのさばっているのを、にがにがしく思って
おられたことでしょうよ、梅岩先生も。

123 :卵の名無しさん:2006/06/18(日) 01:40:02 ID:Xg6Pr0Xv0
リンク禁止とか恥ずかしいことを平気で言う間抜け企業
http://www.dentsu.co.jp/


124 :卵の名無しさん:2006/06/18(日) 08:49:47 ID:YjJX4fBX0
梅安って仕置き人だろ

125 :卵の名無しさん:2006/06/18(日) 09:18:43 ID:xNVyQ0GJ0
電通(株)
ttp://profile.yahoo.co.jp/biz/fundamental/4324.html
【平均年齢】39.2歳
【平均年収】13,350千円

126 :卵の名無しさん:2006/06/18(日) 09:28:13 ID:L/p2wnTk0
じゃここもいけないことしているんだね

ttp://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rls=GGLG,GGLG:2006-14,GGLG:ja&q=%E9%9B%BB%E9%80%9A

127 :卵の名無しさん:2006/06/18(日) 09:36:57 ID:xNVyQ0GJ0
電通鬼十則

1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。
2. 仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。
3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。
4. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。
6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。
7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。
9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。
10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E9%80%9A

128 :卵の名無しさん:2006/06/18(日) 12:23:26 ID:rmWriy/q0
>203 名前: 非公開@個人情報保護のため Mail: 投稿日: 2006/06/18(日) 11:10:42
>>>199
>
>>今、医療事故で死んでる患者の大半は、安すぎる医療費の犠牲者なんだよ?
>
>不幸にして漏れは馬鹿だから教えて欲しいのだが、上の文章の意味が分からん。
>医療費が安いと何故医療事故で死ぬ患者が増えるのか、因果関係が分からん。
>馬鹿でも分かるように具体的かつ客観的に示してくれ。
>医者の仕事がオーバーワークだからってことか。

財務省Part4
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumu/1144618438/

だそうです

129 :卵の名無しさん:2006/06/19(月) 15:01:07 ID:BoTh9YKB0
弁護士のため息
http://t-m-lawyer.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_d597.html
2006年6月18日 (日) テーマ記事をまとめてみた。

 医療問題については、患者側弁護士や患者としての率直な感想を書いたところ、医療関
係者の方々からは大変な反発やお叱りを受けた。医療関係者の方々のご意見を(私なりに)
大まかにまとめると次のようなものである

6 このままでは、日本の医療は崩壊し、被害を受けるのは患者らである。医療ミスの被害
にあった個々の患者よりも、「逃散」や「萎縮医療」により適切な治療を受けられなくなる
多くの患者の利益を考えるべきである。

 このような医療関係者の方々のご主張を、患者となる市民の方々はどう考えておられるの
だろうか(私の記事に対するコメントは、医療関係者の方々からのものばかりで、一般市民
の方々からのコメントは皆無であった)。

 現実に医療ミスは存在しているのであり、その被害者も存在している。実際に、自分自身
が、あるいは家族が被害にあったとき、医療関係者の方々の上記主張を、被害者はどう受け
取るのだろう。

 私は、一患者側弁護士にすぎないので、上記のような医療関係者のご主張に対して応える
ことはできない。被害にあった方々が少しでも救済されるよう日々努めるのみである

130 :卵の名無しさん:2006/06/19(月) 20:39:24 ID:khoNaK930
朝日が出版したことの意義は、反朝日勢力も読んでくれることが
期待できると言うことではないだろうか。
反朝日は熱心なウォッチャーが多いから。
広く読まれるという点ではもっとも適しているかも知れないとオモタ。

131 :卵の名無しさん:2006/06/19(月) 22:16:08 ID:d4+tae6Y0
>>130
しかし
とりごろう氏の記事載せた「論座」も
朝日新聞社だろう?
首尾一貫してない、というか
売れればなんでもいいのか? 

132 :卵の名無しさん:2006/06/20(火) 00:43:17 ID:fZpxwaGr0
欧米では「日本で辞書を作っている同じ出版社が、芸能ゴシップ雑誌も
発行していることに驚く」のだそうだ。

売れれば何だっていいのはどの出版社も、あるいはどのテレビ局も同じ。
差があっても所詮ドングリの背比べ。マスコミはやっぱりマスコミさ。

でも朝日が出したことの社会的インパクトは意義があるんじゃないかな。
朝日が好きか嫌いかは関係なしに。

133 :卵の名無しさん:2006/06/20(火) 03:10:17 ID:NuGCJXLa0
http://www.dentsu.co.jp/terms/index.html

リンクについて
当社サイトへのリンクは、原則お断りいたします。特に以下のリンクは固くお断りいたします。
● 当社の事業・サービス等を誹謗中傷、信用を毀損するおそれがあるサイトからのリンク
● 公序良俗に反する内容を含んだサイトからのリンク
● 違法なコンテンツを掲載したり、違法な活動に関与した、または関与した可能性のあるサイトからのリンク
● 営業活動もしくは営利を目的とするリンク、またはそれらの準備を目的とするリンク
● フレームやその他の方法で、当社のコンテンツであることが不明となるリンク
● サイトの管理・運営者が不明、またはハンドルネーム等により運営されているサイト、あるいは代理運営されているサイトなどからのリンク



134 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/06/24(土) 15:36:25 ID:BDZEMI/l0
あげ

135 :卵の名無しさん:2006/06/24(土) 22:39:29 ID:MJbzhsQa0
なんかノビないな、このスレ。

136 :卵の名無しさん:2006/06/25(日) 02:38:50 ID:3rwVBMkB0
http://kokkai.ndl.go.jp/cgi-bin/KENSAKU/swk_dispdoc.cgi?SESSION=648&SAVED_RID=1&PAGE=0&POS=0&TOTAL=0&SRV_ID=9&DOC_ID=3492&DPAGE=1&DTOTAL=3&DPOS=1&SORT_DIR=1&SORT_TYPE=0&MODE=1&DMY=683

参議院厚生労働委員会での先生の発言が国会議事録にあがってますね。

137 :卵の名無しさん:2006/06/25(日) 18:00:19 ID:DA8ss29k0
Amazon、24時間以内発送に復活した。
今見たら、Amazonの本のトップセラー49位になってる。

138 :卵の名無しさん:2006/06/25(日) 18:13:02 ID:c++s049X0
おもしろそうな本なので購入したいと思います。
救急患者を受け入れる病院が少なくなりますね。
医者は危険を避ける事を考えるので患者は行きつけの病院があれば良いが
無い場合、救急車でたらい回しになります。
私の場合は過換気症候群だったけど受け入れてくれた病院が1件
しかありませんでした。私は東京23区内の有名住宅地に住んでいます。

139 :卵の名無しさん:2006/06/25(日) 19:19:27 ID:DA8ss29k0
>138
私は医療従事者ではなくて、
あと、物心ついてから入院もしたことないんだけど、
この本読むと、勤務医の努力ややる気でカバーできる
状況じゃないのがわかる…。

140 :卵の名無しさん:2006/06/25(日) 20:48:32 ID:41QkIRO70
>>139
 一般の方が読んでくれるのは良いことと思います。
 何も、医師も、患者も別に敵対する必要はない訳ですから。
マスコミの一方的な情報で、徐々に歪められてしまう、一般の方の意識と、
警察権力、司法が、あまりにも無知にも関わらず、医療に対し、強権的なのが問題

141 :卵の名無しさん:2006/06/25(日) 23:03:58 ID:3gei7bIY0
6月2日の厚労委員会でのこの人の発言1時間13分ごろ

「密室での取り調べは世界的に問題があるとされています。
中国ですら警察の取調べに弁護士の立会いが検討されています。」

「中国ですら」ってところ思いっきり力こめて発言してて噴出しそうにナタw
このひとチャネラー確定

142 :卵の名無しさん:2006/06/28(水) 21:44:48 ID:CKkDLr5H0
一般に流布する誤った医療観、死生観を冷静に理路整然と批判しつつ、
国民にとって必要な医療の存続と医療過誤防止のための方策を論じている。
でも、一般の人にはあまりにも耳の痛い指摘ばかりだから、世間的には
スルーされるだろうな。。。

143 :卵の名無しさん:2006/06/29(木) 17:13:46 ID:xg6XA+jJ0
今80ページぐらいまで読んだところです。

144 :卵の名無しさん:2006/06/29(木) 22:23:13 ID:5+WZSpt60
よみましょう

145 :卵の名無しさん:2006/07/03(月) 21:37:39 ID:WVwpyT7Q0
病状が変化しやすいときに大きな処置をすると、家族や本人から疑いの目で見られる。
あのときの処置が失敗したから状態が悪化したのではないかと。
脳梗塞超九世紀にカテーテルで血栓溶解療法をするのは危険だと考えるようになった。

146 :卵の名無しさん:2006/07/03(月) 21:45:21 ID:zSNCL8w20
そのとおり 病気になったやつが悪いんだから 一般レベルの治療でよろしい
金持ちは自費+自己責任で治療する
これがコネズミ改革です

147 :卵の名無しさん:2006/07/03(月) 22:01:07 ID:23t/tOPJ0
>>145
放置して急変するとなすべきことをしなかったといって訴えられる罠

148 :卵の名無しさん:2006/07/03(月) 22:28:53 ID:EJYhRJJa0
そこで演技力

149 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/07/03(月) 23:52:20 ID:3fVLxVNt0
>>136
そのリンク、エラーで見れないよ。

150 :卵の名無しさん:2006/07/04(火) 22:39:06 ID:DDFnH6lj0
このように現場の意見を代弁してくれるような医師がどんどん出てきて欲しい。


151 :卵の名無しさん:2006/07/05(水) 16:25:20 ID:5XFBgolG0
以前より日本の新聞社はどこも同じ意見しかいわんなあ。これは
おかしいのではないか、と思っていたが、新聞記者というのは
自分の頭で物事を考える能力のない人たち、あるいは考えては
いけない人たちがしているという指摘をみて、とてもうなづけ
ました。やはり、マスコミが日本の医療崩壊のA級戦犯である
ことは間違いないですね。


152 :卵の名無しさん:2006/07/05(水) 21:46:53 ID:A/HeJH130
乳がん誤診で乳房切除/病院側に賠償命令
ttp://www.sakigake.jp/servlet/SKNEWS.NewsPack.npnews?newsid=2006062301004442&genre=national
> 静岡県の三島社会保険病院で乳がんと誤診され、手術で乳房を切除されたと
>して、50代の女性と夫が病院を運営する全国社会保険協会連合会(東京都港区)
>と検査した医師に約2750万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁
>(藤山雅行裁判長)は23日、検査ミスを認め約1600万円の支払いを命じた。
>
> 藤山裁判長は「医師は採取した細胞の検査で、がんと判断したが、さらに別の
>検査をするべきだったのに怠った。その結果手術が実施され、女性は乳房を失い、
>後遺症も出た」と判断。女性の治療費や乳房の再建費用、慰謝料などを損害と
>認定した。夫への慰謝料請求は退けた。
>(2006/06/23 22:59)
の判決文出たね
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20060704105434.pdf
http://kanz.jp/hanrei/data/html/200606/20060704105434.html
http://kanz.jp/hanrei/data/text/200606/20060704105434.txt
事件番号 平成16(ワ)11608

いきなり
>papilo tubular Ca
にメゲるが気を取り直して一通り目を通しました

被告医師は外科医だと思い込んでいたけれど、病理医でした
しかも
>病理分野の重鎮であり、学会内でも指導的立場を果たす者
のようです

病理医個人も被告になり、かつ敗訴することを示した画期的な判決ですな
これでまた病理医が(ry

153 :卵の名無しさん:2006/07/05(水) 21:59:35 ID:PAI1QAUt0
でも藤山っしょ。最初っから、地裁は無しってことで、織り込み済みなのでは。

154 :卵の名無しさん:2006/07/05(水) 22:17:23 ID:R42V4PbI0
>>153
民事34部(東京地裁医療集中部の中心的存在)に移動してからの
藤山は、かなり大人しい。昔のm3書き込みによると、No2裁判官が
臨床を数年経験してから法曹界に進んだ人だからだそうな。

そんな経緯から審理を尽くされると、たぶん逆転はないな。

155 :卵の名無しさん:2006/07/05(水) 23:05:05 ID:E+v9VdnJ0
>>152
けど、手術する臨床医にとっては大問題で、画像でも生検しても判断がつかないケースは
結構あり、実際に臓器を切除して「良性だった」「まわりにも病巣があるのでやっぱり悪性だね」
なんてしょっちゅうなのだが。これからは検査しているうちに手遅れになる癌患者が激増だな orz

156 :卵の名無しさん:2006/07/06(木) 17:42:13 ID:F3AfC/Y/0
>>155
「100%悪性と言える段階まで待って、それから手術せよ」ということですね。
少しでも良性の可能性がある場合は手術しないほうが良さそうです。
裁判で損害賠償を求められますので。


この藤山雅行裁判長は、医学部で医学生と一緒に病理学の勉強をしたほうが良いと思われる。





157 :卵の名無しさん:2006/07/06(木) 18:01:48 ID:ff/T375n0
弁護士寺島道子の医療過誤訴訟
2004年1月から医療過誤訴訟の着手金を0にします。
ttp://www.ne.jp/asahi/sawasawa/hakunamatata/deposit.htm

勇ましいね。
>少なくとも、この件で裁判したら儲かるぞ、という動機の人はいないと思います。
とか

最後まで読むと意外に誠実な弁護士であることがわかるけど
なんだかね
やっぱり今の医療過誤と法の関係は合成の誤謬そのものかと

158 :卵の名無しさん:2006/07/06(木) 18:30:15 ID:F3AfC/Y/0
>>157

医師は手術に100%を求められ、
法律家は裁判に100%を求められない
のですね。

この弁護士は敗訴してもお金を受け取らないだけ。
敗訴したことを理由に依頼人から訴えられたり、警察に逮捕されたら、
この弁護士はどう思うのでしょう?



159 :卵の名無しさん:2006/07/06(木) 20:06:06 ID:HnQSBhav0
>>156
冗談抜きに、現場への悪影響はかなりあると思うよ。外科も「集約化」のため、産科と
同様にあちこちで撤退が相次いでるから。住民への影響は産科閉鎖の比じゃないよ。
高分化型malignant tumorなんて病理医でも悩むことが多いし、返事もあいまいになら
ざるを得ないため、画像や臨床所見からopeに踏み込んで、結果的に良性なんて日常
茶飯事(以前にも胃癌疑いで胃切除したら良性で、訴えられた事件もあった)。それが
駄目なら、手術から手を引くしかない。理由も、「手術できるだけの技術がありません」
という事で。やったことの無い手術はしてはいけないのが、最近の司法判断の流れなの
で、外科の進歩は止まってしまう。

160 :卵の名無しさん:2006/07/06(木) 20:09:39 ID:HnQSBhav0
>>154
Virchow(喉頭部癌の誤診事件でも有名)と藤山どちらが偉いのかな。Carcinomaの中には
生検禁忌のものも結構あるし(seminoma, melanomaなど)、今後は全摘生検禁忌=JBM
という事にもなりかねません。

161 :卵の名無しさん:2006/07/06(木) 21:18:57 ID:ff/T375n0
>>159
医師で訴えられたのは執刀した外科医ではなく
細胞診を診断した病理医
そこがミソ
できるだけoriginal paper(=判決文)を読みましょう

あと、医療集中部については>>157のリンク先の別のページに
訴訟開始から終結まで
ttp://www.ne.jp/asahi/sawasawa/hakunamatata/settle2.htm
という文章があり、実態がだいぶイメージできました
医療集中部で出た結果を控訴審で覆すのは相当困難なようです

いずれにせよ今回の判決はかなり悪性度の高いものと言えそうです

162 :卵の名無しさん:2006/07/07(金) 16:44:18 ID:fP3ze8y70
>>161
医療集中部と言っても所詮はかじった程度の素人さんがこれだけの実績のある病理医を有罪にするのか
恐ろしいな・・・
この先生クラスの人は全国探してもそうそういないぞ?

なんだかデブ大久保や金村あたりがイチローやボンズの打撃についてケチつけてるようにしか見えない

163 :卵の名無しさん:2006/07/07(金) 16:50:38 ID:q/X6r2Mk0
>>161
ただでさえ希少種の病理医がちょっとでも理不尽なことをされたら滅亡は
明らかなのにorz

産科に続いて病理もか

164 :卵の名無しさん:2006/07/07(金) 16:51:47 ID:q/X6r2Mk0
>>162
民事だから有罪ではないし、金クレだが
orz


165 :卵の名無しさん:2006/07/07(金) 17:00:02 ID:SgfYPoKW0
>>161
外科なのか病理なのかはあまり意味がないと思いますよ
外科は病理の結果を重視してはじめて成り立つ業務なんですから
行った手術も病理結果によって手術自体が否定されるとなれば
手術に踏み切ることに消極的にならざるを得ないし
病理の側も当然ぎりぎりの判断は避けることになり
『判定不能』をどんどん出すようになる
結果としてスピーディな外科手術はスポイルされます
初期癌への手術はなかば閉ざされたに等しいですよ

166 :卵の名無しさん:2006/07/07(金) 17:01:41 ID:q/X6r2Mk0
>>165
法医解剖ですべてが否定される罠

167 :卵の名無しさん:2006/07/07(金) 17:10:24 ID:H7wcEU8M0
というか術前に確定病理診断出来ない癌なんて幾らでもあるんだが全部手術出来なくなるな

168 :卵の名無しさん:2006/07/07(金) 17:21:15 ID:1+aX2MTd0
患者に決めてもらえば良いのでは?
「病理所見が判定不能の場合、如何しましょうか?」とか。
だいたい、医者が医療行為の全責任を負わないといけない理由なんか無い。
とりあえず、微妙な判断を回避することから始めたらどうだろう。

169 :卵の名無しさん:2006/07/07(金) 17:23:56 ID:SgfYPoKW0
>>168
医者でもわからんものを患者に決めさせたとあっては
司法がほかっておくわけが無いだろう

『理解できていない患者に無理やり決めさせた 説明義務違反である』

こんなことくらいは普通に予測可能

170 :卵の名無しさん:2006/07/07(金) 19:00:38 ID:dTn2VleM0
>>163
判決の影響をうけて、細胞診はmalignancyの症例に
乳腺生検(一応、excisional biopsy)をすることにした。
迅速診断はせず、永久標本での結果で追加治療を患者と相談して決めることにしたよ。


171 :卵の名無しさん:2006/07/07(金) 19:18:37 ID:Emss+Vxj0
本、全文読みました。
いい話でした。
この方は、大学の医療が大嫌いな方だと思います。
いわゆる、ピラミッド型医療(昔でいう、白い巨塔のような感じ)がいやなんでしょうね。
自分も大学が大嫌いで医局に入らなかったので、気持ちはよくわかります。
大学で研修・勤務している人に聞くと、そこまではひどくないよ、といわれますが。
最期、マスゴミに対するメッセージは、度肝抜かれましたけど。

172 :卵の名無しさん:2006/07/07(金) 19:43:49 ID:g0w66sli0
必要以上に法曹に関わってもムダっぽいけれど
とりあえず誘導
産科・小児科に限らず医療訴訟全般について
興味深いレスはぽつぽつとあります

産科・小児科医療崩壊は医療訴訟が原因Part3
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1148552708/


173 :卵の名無しさん:2006/07/07(金) 21:15:10 ID:CNmOvujn0
>>152
スレ違いで悪いが、「夫への慰謝料」って何だろうか。50代女性のオパーイが変形して
萌えなくなった、謝罪と賠償しる!・・・じゃないよな。

174 :卵の名無しさん:2006/07/07(金) 23:54:33 ID:MMzrwlXh0
>173
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20060704105434.pdf
原告らの主張
>(イ) 原告Dの慰謝料200万円
>原告Dは、妻が重大な傷害に比肩する損害を被ったため、D自身も精
>神的苦痛を被った。これを慰謝するに必要な額は、200万円を下らな
>い。

裁判所の判断
>しかしながら、本件に関連して原告Dと原告Bの夫婦間の関係が、一時
>期は悪化したことがあることは認められるものの、これによって原告Dが
>被った精神的苦痛が、原告Bの損害と別個独立に損害額を算定すべき
>ほどのものか否かは疑問があるし、(中略)
>したがって、原告Dの慰謝料は認められない。

原告(女性のほう)の仕事は介護ヘルパーみたいだね。
なんだかなあ……。

175 :卵の名無しさん:2006/07/08(土) 00:27:27 ID:CrHJtyR60
ttp://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/library/opinion.php
発言者:小松秀樹で検索すると、
厚生労働委員会の動画が見れるね。

>ある有名な方は、崩壊してから立て直せばいい。
>それで、今もまだ医学部の入試は難しくて優秀な人が来ているから
>大丈夫だろうと言うんですけれども、…
これは誰ですか?

176 :卵の名無しさん:2006/07/08(土) 11:13:20 ID:b3j2lQP80
小松先生の発言をみました。おつかれさまです。

率直に言って、内容が濃すぎた感じがします。
この問題に興味を持っている医師や委員(そして「医療崩壊」を読んでいる人)には
よく理解できる内容でしたが、興味ない人を惹きつけるにはもう少し簡単な話でも
よかったと思います。
(委員には原稿を配っていたようですけど)

特に哲学的な部分は省略して、どうして中堅医師が勤務医に留まれないのか、
そして、それがいかに悪影響を及ぼすのかを、現場からの医師の声として(哲学者ではなく)、
テレビやネットで引用されることを意識した発言があればよかったと思います。

小松先生の意見には賛同しますので、ここではあえて苦言のようなことを書かせて頂きました。
お疲れ様でした。小松先生の今後の更なるご活躍を期待しています。

177 :卵の名無しさん:2006/07/08(土) 21:13:27 ID:w0xKesIt0
>>175
mmst://202.221.167.27/1494.wmv

178 :haohao:2006/07/08(土) 23:21:56 ID:79ZqrRk20
>>176
小松先生のどこが好きかと言われたら、迷わず哲学的素養なんだけど。
特に、石田梅岩を挙げるあたりなんだけどな。
藤枝梅安じゃないぞぃw
いままで、多くの病院勤務医が、純粋に医療が好きで、滅私奉公的な働きをして、
この体たらく、なんだよ。
実は、ほとんどの勤務医はここに幻滅している。
彼らは、経済的に恵まれずとも、自分たちが社会を支えているという確信が欲しいんだよ。
この辺は、マスコミは下手だな。分かっていない。
おだてれば、損を省みず働く者をみすみす逃している。

小松先生自身は、日本医療は一回崩壊するだろう、と予言されている。
これは、多分間違いない。

179 :卵の名無しさん:2006/07/09(日) 22:32:16 ID:n1s9cFmx0
茄子ですが、読みました。医師ほどではないけど、
クレームや訴訟の危険にさらされている身としては、
まさに良書。

特にわたしは、p89の「多くの老人は自宅でも
転倒している。これは避けられない。病院が、転倒・
転落事故を防止できる魔法の方法を持っているわけ
ではない。」に、頷いてしまった。

転倒防止対策は必要だけど、転倒のインシデントレポートに、
到底不可能な対応策を「作文」するのも、何しても転倒を
繰り返す患者の家族に、「何度もしてるので、気をつけてください!」
と言われるのにも、もう疲れたよ、ママン。

180 :卵の名無しさん:2006/07/09(日) 22:46:03 ID:X+t6cUae0
age

181 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/07/09(日) 23:21:39 ID:RQWKwFmN0
>>179
>特にわたしは、p89の「多くの老人は自宅でも
>転倒している。これは避けられない。病院が、転倒・
>転落事故を防止できる魔法の方法を持っているわけ
>ではない。」に、頷いてしまった。

この件に関しては確かに筆者の発言通りかもしれないけど、
こんな事は医療問題の本質ではないと思うな。

182 :卵の名無しさん:2006/07/09(日) 23:38:02 ID:jN62+CwD0
>>156
おおやにき 2005年06月 アーカイブ
http://alicia.zive.net/weblog/t-ohya/archives/2005_06.html
2005年06月26日 裁判員と陪審(1)

 ただ、もともと裁判はプロフェッショナルのものか・ものであるべきかというと留保すべき点
がおそらくある。

 ひとまず単純に区分するが、裁判で特定の帰結を導くためには
(1)何が起きたのかを確定させる事実認定と、
(2)それを法律・規則などにあてはめる法適用の二つの次元が必要になる(*3)。

 我が国の裁判官たちが(2)のプロであることに私はまったく異論がないが、
しかし(1)においてもそうかは端的に疑問である。

 もちろん例えば証言の真偽について証言者の態度から見抜くような訓練や経験は積んでいるだろ
うと思うが、だが別に心理学や精神医学の専門家というわけではない。

 医療過誤訴訟に携わる裁判官が医師免許を持っているわけでもないし、交通事故訴訟の担当判事
が大学で教えられるレベルの力学や機械工学を理解している可能性は低い。

 それでも良いのだと、少なくとも多くの裁判官たちは考えてきたように思える。

 いわゆる知財高裁設立論議の際、知的財産をきちんと技術的に評価するためには技術者たち自身
が判決形成に参画する必要があるとして「技術判事」制度の導入を主張した工学関係者に対して、
専門知識は鑑定人の活用などによって十分確保できるので従来の通りの??月並みな表現を使えば
??「文系」裁判官で構わないと、法曹界(特に裁判官)は主張したのであった。

 つまり裁判官の役目は事件の真相を自らの眼で見抜くことにあるのではなく、両当事者や中立の
専門家たちの提出した意見や証拠類の信頼性を評価し、それに法規範を適用して結論を導くところ
にあるというわけだ。


183 :卵の名無しさん:2006/07/09(日) 23:38:37 ID:jN62+CwD0
>>182

 いや、これはこれで真っ当な話だろう。

 自ら専門知識を持っている必要があるなら医師を裁けるのは医師だけになってしまうだろうし、
法哲学者を裁けるのは法哲学者だけだ。

 まあそういう次元の問題もあるが(例えば業績評価についてはやはり専門性が必要であり、だか
らピアレビューの考え方が主流である)、裁判にそこまでのことは必要ないと、まあそういう話。

 だが、だとすればただちに、その「意見や証拠類の評価」つまり事実認定を行なうのが職業裁
判官である必要も特にないのではということになるだろう。

 もちろん職業裁判官が蓄積している経験やノウハウ・判断力をあらゆる個人が備えているかと
言えばそんなことはない。

 しかし一人の目ではなく何人かを集めて相互に議論したとすれば、その結果得られる集団的な
事実認定力が一般的な裁判官に必ず劣ると言えるだろうか。まあこれが陪審制度の発想でもある。

184 :卵の名無しさん:2006/07/09(日) 23:42:18 ID:jN62+CwD0
技術系裁判官は必要か? marinesはチャンネル? -北国tv
http://ch.kitaguni.tv/u/171/INTELLECTUAL_PROPERTY/0000102002.html

先生一貫して言われていたのは、
「裁判官に必要なのは、法律家としての論理的な能力であり、特許訴訟だからと言って高度な技術の
知識が必要というわけではない。

 技術の知識はあればないより迅速に対応できるかもしれないが、知識がなければ他人から借りれば
よいことだ。

 仮に技術系裁判官を導入したとしても全ての技術分野に精通するのは不可能だし、逆に技術分野ご
とに裁判官を用意するというのも現実的でない。

 むしろ裁判官がなまじ技術に詳しいと当事者の説明をきちんと聞かずに自分の知識で判断してしま
う危険があり、そうなるくらいなら何も知らない方がいい。」
ということでした。

 また裁判官の技術の知識不足によって正しい判断がされていないという不満については、先生
「それは当事者や弁護士の説明能力不足・プレゼン能力不足だ」
とピシャリ。

185 :卵の名無しさん:2006/07/09(日) 23:43:06 ID:jN62+CwD0
>>184
 さらに先生、特許の権利範囲の解釈に使われるいわゆる「均等論」を引き合いに出して、
「知財立国だから権利保護強化一辺倒だとの誤解があり、

 特許庁の役人あたりも『これからは広くて強くて早い権利だ』などと言っているが、それは保護に値し
ない技術を含む可能性がある権利を、無効にされにくくし、しかもザツな審査で認めようということだ。

 特許法が目的としている産業の発達のためには自由に実施できる技術範囲を明らかにすることが大切だ」
と。イヤ、まったくおっしゃるとおりで。

 技術系裁判官については、私も先生の考えには基本的に賛成です。

 以前も書いたように裁判所は司法というくらいで、法律について判断するところなのですから、どんなバック
グラウンドを持った方にせよ「『リーガルマインド』をきちんと消化している法律家であること」は必須の条件で
あると思います。

186 :卵の名無しさん:2006/07/09(日) 23:45:10 ID:VkcZoNe/0
判断の前提の専門知識を、与えてくれるはずの人がどうにもしょぼいことが
あまりに多いんだがなあ

187 :卵の名無しさん:2006/07/10(月) 00:01:26 ID:jN62+CwD0
藤山雅行 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E5%B1%B1%E9%9B%85%E8%A1%8C

So-net blogHerr DoKtor健康診断で癌見落とし賠償命令
http://blog.so-net.ne.jp/Herr-Doktor/2006-04-28

言いたい放題 - 裁判と裁判官?
http://d.hatena.ne.jp/okeydokey/20040422

言いたい放題 - 藤山雅行裁判官(その2)
http://d.hatena.ne.jp/okeydokey/20050911/1126376965

自治体政策法務研究室Blog 東京地方裁判所・藤山雅行判事
http://seisakuhomu.blog.bai.ne.jp/?eid=53129

So-net blogぶろろーぐ一太郎はなくなるの? 東京地裁の名物裁判官
http://blog.so-net.ne.jp/brologue/2005-02-02

日本裁判官ネットワーク
http://www.j-j-n.com/goiken/index.html
私たちの仕事や活動の参考,励ましとなるご意見やご感想を下記のフォームから寄せてください。



188 :卵の名無しさん:2006/07/10(月) 08:44:33 ID:B07sayv90
武見太郎先生のお言葉
「官僚もマスコミもいずれも専門技能をもつものではない。また、絶対に責任をとらない点においても異りはない。
広い世間を探してみても、こんな人種は他には存在しない。」
「ジャーナリズムはかつて軍閥と協力して、国民を敗戦の奈落の底に落とした前科者である。その反省は、今日
いささかも見られないように私は思う。ジャーナリズムは本質的に時の権力に結ぶのではないだろうか。
軍閥と結んだ彼等は、今日は官僚と結んでいる。権力に対する反旗の振りをしながら結んでいると言った方が正しい。」

189 :卵の名無しさん:2006/07/10(月) 16:10:43 ID:IIAHNeXW0
強気を助け〜弱気をくじく〜

正義のヒーローとは正反対の道を進む、マスゴミマン〜

190 :卵の名無しさん:2006/07/10(月) 16:21:56 ID:3L/mgzKx0
自分がウン年間司法試験浪人して必死に詰め込んだ法律の知識を
数分でド素人に教え込めると本気で裁判官は思ってるのだろうか

191 :卵の名無しさん:2006/07/10(月) 16:37:25 ID:HGK72mIr0
北を地上の楽園と持ち上げていたアカヒ新聞が
手のひらを返したように北批判をしています

本当のマスコミなら平和なときに北の実態を暴き
反北朝鮮の世論が沸騰しているときに冷静な記事を書くべきだろう


192 :卵の名無しさん:2006/07/11(火) 09:20:45 ID:HK1cisqg0
>>79だけど、地元の図書館が購入してくれた。
今借りて読んでる。優れた文章に感動。
広く読んでもらいたい本ですね。


193 :卵の名無しさん:2006/07/12(水) 00:35:10 ID:XAL8TdGq0
寝る前にウィスキーちびちび舐めながら読んでます。
三分一湧水公園行ったことがあるから、ちょっとうれしいかった。。
俺は「ふ〜ん」で終わったけど、小松先生にかかると「社会的共通資本の正しい姿」になる。
教養の差を痛感しました。

194 :ドキュソルビシン:2006/07/12(水) 01:56:55 ID:eBr0YWYo0
>188
武見太郎なかなか鋭いこと言うなりね

小松先生の凄いのは、アイデンティティが臨床医である方がここまで色々思索をめぐらし、まとめ本にするということ。


195 :卵の名無しさん:2006/07/12(水) 10:14:11 ID:/wGbHt7y0
>>192
そっか、図書館いってこよう
購入に1箇月くらいかかるんだな

196 :卵の名無しさん:2006/07/12(水) 10:26:37 ID:F0w2MAil0
>>195
買えよw

ベストセラーとは言わないが売上げが上がればマスコミが取り上げたり第二弾が出たりするだろ?
嫌韓流と同じだよ

197 :卵の名無しさん:2006/07/12(水) 10:30:16 ID:LFhkCf930
地元図書館結構な予約件数だ。
じわじわと浸透してきてるな

198 :卵の名無しさん:2006/07/12(水) 10:32:16 ID:/wGbHt7y0
>>196
ごめん、カネないんだ。
医師でなし。
バイトで月収8万、でもアクソよりマシだろ。

199 :卵の名無しさん:2006/07/12(水) 21:12:52 ID:/wGbHt7y0
リクエストしてきた。

200 :卵の名無しさん:2006/07/12(水) 23:25:36 ID:3AJHoHxx0
>>196
あくそは聖なる病気ですが何か?

201 :卵の名無しさん:2006/07/13(木) 16:51:25 ID:Gep+2ndc0
朝日新聞社は今年の10月に新書レーベルを作るみたいだから、
この本もレーベル第一弾として新書化するといいかも。
単行本既に買っちゃったけど、
早々と新書バージョンが出ても損した気持ちにはならないだろうな。
むしろ寝転がって読む用に新書も買いそう。

202 :福島の医者:2006/07/14(金) 23:33:35 ID:tMOVoQ7C0
上位10%の民度層しか読めない本と思いますが、良著です。
でも、うちの近所の本屋にはなくて、アマゾンで買いました。
本屋には、「私は医者に殺される」(だっけ?ブサい表紙)がいまだに平積みされていました。



203 :卵の名無しさん:2006/07/14(金) 23:55:28 ID:IuX+hXBl0
「ワシが医者じゃ、頃しちゃる。」と言う本を出せばテレビが呼んでくれるかもw

204 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/07/15(土) 00:36:54 ID:wJzIDiGJ0
つまるところ、この人の主張は医者に業務上過失致死は使うな、ってことなの?

205 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/07/15(土) 07:15:24 ID:wJzIDiGJ0
p97 5章 『事件から学ぶこと』 のしょっぱなに
>慈恵医大青戸病院事件は、私が問題として指摘するような、警察とメディアが一体となって人格攻撃を行った代表的事件である。

とのことだけど、
小松くんはこの本のドコで「問題として指摘」してるのかね?
「警察とメディアが一体となって人格攻撃を行った代表的事件である」
この具体例をこの本のどこかで書いてるのかね?

206 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/07/15(土) 07:26:06 ID:wJzIDiGJ0
通常、事実を羅列し自分の主張の正当性を構築するのが
この手の本のあり方だと思うけど、
この本の場合、ことさら1つの主張を意識して文章を書いているのではなく、
「複数の事実」&「複数の不満」を漫然と並べてみました、って感じの本なのかな?

何しろ文章は立派だけど、読みづらくて仕方ないんだけど。
なぜ、読みづらいかって言うと、筆者のこの本を書いた目的が曖昧だからだと感じるんだよね。

207 :ドキュソルビシン:2006/07/15(土) 07:54:11 ID:qm3HLryYO
そりゃ、あっくんの読解力がないんだろ。。

キミが、読みやすいと評価する本を二三冊あげてみ?

208 :卵の名無しさん:2006/07/15(土) 12:36:22 ID:8H82ncDA0
あっくん、次の漢字は何て読む?

1.麻日
2.珊瑚
3.架空会見
4.律

209 :卵の名無しさん:2006/07/15(土) 13:09:30 ID:gyvsXQN00
>>206
あの程度が難しいのか?医者の知的水準の高さがわかった?
ともあれ、2chに張り付かずにちゃんとした文章に馴染むことが必要だな。

210 :卵の名無しさん:2006/07/15(土) 18:50:40 ID:dQqL/UOw0
 チョンイル新聞、北朝鮮
 捏造事件:捏造新聞
 日本共産党中国支部伊藤律との専属会見
 伊藤律

 A級戦犯広田弘毅、麻日新聞社出身者、戦争犯罪人

211 :卵の名無しさん:2006/07/15(土) 18:57:29 ID:dQqL/UOw0
 広田は、生粋の外務省官僚。
 緒方竹虎の勘違い。

212 :卵の名無しさん:2006/07/16(日) 00:13:40 ID:Hu+jWF4h0
牛に字が読める筈も無い

213 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/07/16(日) 00:42:05 ID:+6JpB+5F0
おそらく、優秀なライターが小松にインタビューして、まとめた本だと思うよ。
だから、妙に勢いはあるけど、「意志」が感じられないのよ。
つまり、
・現状に対する不満
・現状に対する主張
・医学的事実
・医学制度上の事実
が、各章ごとにバラバラにちりばめられているんだよ、
仮にライターを使ってないのなら、小松は文章力はすごいけど、とんでもなく思い上がった男だと思うよ。

214 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/07/16(日) 00:43:29 ID:+6JpB+5F0
で誰も>>205の質問に答えられないの?w

215 :ドキュソルビシン:2006/07/16(日) 00:44:15 ID:p7edzJBh0
だからー、
「優秀なライターが小松にインタビューして、まとめた本」ていうのは明らかに間違ってるってば。前作を読んでみ?同じ文章だから。

で、キミが言う読みやすい本っていうのの例を挙げろってば。

216 :ドキュソルビシン:2006/07/16(日) 00:47:50 ID:p7edzJBh0
>205

自分で読めってば。本気で聞いているなら読解力がないか、その章以外全く読んでないかのどっちかやね。
特別サービスで教えてあげると、41ページとか44ページを読むといいよ。
あとは全文を100回読んでから訊いてね。

217 :卵の名無しさん:2006/07/16(日) 00:48:08 ID:tLYbjZ3R0
あれがライターのまとめた本だと思うヤツは、
まともに本読んだことないんだろうな。

218 :ドキュソルビシン:2006/07/16(日) 00:51:59 ID:p7edzJBh0
ないんでしょうね・・・・
暇なんだろうから多少はきっちりとした本読めばいいのに。



219 :卵の名無しさん:2006/07/16(日) 00:56:26 ID:QrMzgQkq0
元 ハーバードの助教授で、今は評論家である李氏の本をつぶさに読み、講演会にも
いって(ここが重要)、ついでに2ちゃんねるをはじめとするネット情報を詳細にみて、自身の体験談を
織り込めば、宮廷医学部生クラスで十分書ける内容だったね。
もうこの手の本はお腹一杯。

目新しいことはいってないし、パクリは多いし、でも売れてるようですな。
東大医学部卒・虎ノ門病院の看板が効いてるのかね。
小松先生は政治家でも狙ってるんでしょうかね?




220 :卵の名無しさん:2006/07/16(日) 01:06:44 ID:z79CSFFw0
>>219
医療関係者には目新しい内容ではなくても,
書籍として一般人の目に触れる形にしたことが重要。
売れているということは何よりだと思う。

221 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/07/16(日) 01:38:25 ID:sNFijY840
>>216
>特別サービスで教えてあげると、41ページとか44ページを読むといいよ。
そのページでは、俺が>>205で書いた質問に答えてないじゃないか。

俺が>>205で書いた質問に答えられるページはドコがある? >>ALL

222 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/07/16(日) 01:46:53 ID:sNFijY840
p97 5章 『事件から学ぶこと』 のしょっぱなに
>慈恵医大青戸病院事件は、私が問題として指摘するような、警察とメディアが一体となって人格攻撃を行った代表的事件である。
>私が医療と刑事責任について考えるようになったのは、慈恵医大青戸病院事件がきっかけである。
>この事件について記事を書いた新聞雑誌記者、特集番組を制作したNHKの担当者には、
>拙著『慈恵医大青戸病院事件 医療の〜〜』と本章を読んだ上で、もう一度、
>自分の書いた記事や制作した番組を見直して頂きたい。

だってさ。

223 :ドキュソルビシン:2006/07/16(日) 01:50:24 ID:p7edzJBh0
はいはい答えてますね。頭悪いね。

質問:この本のドコで「問題として指摘」しているか
答え:41ページに「被疑者は、暴力を背景にした強引な事情聴取と、メディアによる人格攻撃で、送検前に実質的に罰を受けることになる」と指摘している

44ページのほうは宿題ね。小学生でも多分答えられるよん。
ちなみにそのほかにも何箇所かある。100回読んでからまた質問してね。


224 :卵の名無しさん:2006/07/16(日) 01:53:16 ID:5UVqoWe60
http://ameblo.jp/med/
勤務医 開業つれづれ日記


225 :卵の名無しさん:2006/07/16(日) 01:58:25 ID:sNFijY840
つまり
>慈恵医大青戸病院事件は、私が問題として指摘するような、警察とメディアが一体となって人格攻撃を行った代表的事件である。

と、立派な文章を書きたいのであれば、慈恵医大青戸病院事件でメディアが、どの様に人格攻撃をしたのかを書くのが論証的態度というもんだろ?
つまりこの文章はライターが景気づけのために書いた文章なのですよ。

226 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/07/16(日) 02:02:00 ID:sNFijY840
さらに、↓の文章はライターが文かいて小松にリップサービスをしたと、
いうことでしょう。

>拙著『慈恵医大青戸病院事件 医療の〜〜』と本章を読んだ上で、もう一度、
>自分の書いた記事や制作した番組を見直して頂きたい。

227 :ドキュソルビシン:2006/07/16(日) 02:02:19 ID:p7edzJBh0
はいはい。論点をずらさないでね。
キミの質問は、
1)本のドコで「問題として指摘」してるのかね?
2)具体例をこの本のどこかで書いてるのかね?

その二つ。で、それらに対して親切に教えてあげたおいらにお礼のひとつもなしかね??


228 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/07/16(日) 02:03:26 ID:sNFijY840
で、この文章を本当に小松が書いたのならマジ大馬鹿者ですよw

229 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/07/16(日) 02:06:29 ID:sNFijY840
だから、慈恵医大青戸病院事件で警察とメディアが一体となって人格攻撃を行った具体例を
1)本のドコで「問題として指摘」してるのかね?
2)具体例をこの本のどこかで書いてるのかね?
ってことなんだけど。
何ページで書いてる?

230 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/07/16(日) 02:09:28 ID:sNFijY840
つまり、ボンとはったりをかますのは得意だけど、
論証を忘れた情緒的な文章なわけです。

231 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/07/16(日) 02:11:24 ID:sNFijY840
昔、ちろっと読んだ戦争ジャーナリスト?の落合信彦?
の文もこんな感じじゃない?

232 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/07/16(日) 02:13:43 ID:sNFijY840
さあ、もう寝るからね。

233 :ドキュソルビシン:2006/07/16(日) 02:14:28 ID:p7edzJBh0
>229
その質問は最初のキミの質問とは違いますね。

よーーーく、205の自分の質問を読んでごらん。
その程度の国語力でこの本がライターが書いたか本人が書いたか語ろうというのはおこがましいなりよ。

まあ229の質問にも答えてあげてもいいけど、お礼ひとつもないような失礼な奴なのでやめときます。

234 :ドキュソルビシン:2006/07/16(日) 02:16:09 ID:p7edzJBh0
うんうん。お休み。
100回読んだらまた質問してもいいよ。

235 :卵の名無しさん:2006/07/16(日) 02:27:00 ID:Hu+jWF4h0
牛には落合の本でちょうどお似合い

236 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/07/16(日) 10:57:01 ID:sNFijY840
・このライターは、1つの勢いのある文を作る能力にはたけている
でも、
・論証的な連続性のある文章を構築する能力はない
あるいは
・小松へのインタビューから論証的な連続性のある文章を構築することは不可能だった
ってことでしょう。

237 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/07/16(日) 11:18:29 ID:sNFijY840
>>219
>目新しいことはいってないし、パクリは多いし、でも売れてるようですな。
p105で「気腹解除後ショック」ではないか?
って書いてたけど、これも外科医の間では常識なの?
つまり、出血があっても炭酸ガスを腹腔内に充満させてるからその圧力で、
血圧が下がりにくい、ところが、気腹解除したとたん血圧が下がってしまったのだろう、
っていうのが小松の想像なんだけど。

>東大医学部卒・虎ノ門病院の看板が効いてるのかね。
>小松先生は政治家でも狙ってるんでしょうかね?
彼は泌尿器業界で限界に達してるのかな?

238 :卵の名無しさん:2006/07/16(日) 11:18:40 ID:tLYbjZ3R0
小松氏が勢いのある文を作る能力にたけている可能性を
どうやって除いたのかな?

239 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/07/16(日) 11:25:54 ID:sNFijY840
>>238
小松が自分で書いたとするのなら、
彼が本を書いた理由は、
・勢いのある文を世間の皆様に見ていただくために書く
のではなく、
・なんらかの主張があるから書く
わけです。
で小松に・なんらかの主張があるから書く
のであれば、
自分の主張を世間の人に認めて欲しいのだから、もっと論証的な文章になります。
この本にはそれがないのです。

240 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/07/16(日) 11:41:42 ID:sNFijY840
>>222は p97 5章『事件から学ぶこと』のしょっぱなをコピーしたんだけど、
本質的な問題として「マスコミがどう誤報したか?」なんて事は些末な事です。

しかし小松さんが本当に「マスコミがどう誤報したか?」が重要な事だと思うのなら、
慈恵医大青戸病院事件でメディアがどう被告の人格攻撃をしたか、を当然書くべきでしょう。
しかし、それはない。
あるのは、勢いのあるマスコミ批判だけ、
つまり、これはライターの仕事なんですよw

241 :ドキュソルビシン:2006/07/16(日) 11:54:42 ID:08tQ13Sd0
はいはい。最初の論点はどこへ行った??

キミの最初の質問
【>慈恵医大青戸病院事件は、私が問題として指摘するような、警察とメディアが一体となって人格攻撃を行った代表的事件である。
とのことだけど、 小松くんはこの本のドコで「問題として指摘」してるのかね?】

との質問への答えは
答え:【41ページに「被疑者は、暴力を背景にした強引な事情聴取と、メディアによる人格攻撃で、送検前に実質的に罰を受けることになる」と指摘している】

であってますよね。
キミの質問の意図がそれと違うのは判ったが、それはキミの国語力が不足して正しく質問文がかけていないだけだね
それを認めて、答えてくれた相手にお礼を言った上でもう1回質問をする。それが誠実な態度・

どんな主張をするのもいいけど、誠実でないと嫌われますよん


242 :ドキュソルビシン:2006/07/16(日) 12:01:02 ID:08tQ13Sd0
で、おいらの質問にも答えてね。
キミは「文章は立派だけど、読みづらくて仕方ない」「この本の場合、ことさら1つの主張を意識して文章を書いているのではない」
と言ってるが、じゃあキミの言うひとつの主張を意識して書いた読みやすい本っていうのは例えばどの本だ??

ほら、2,3冊あげてみ?

今まで出てきたのは落合信彦だけだが、アンタ落合信彦しか読まんのか??

243 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/07/16(日) 12:02:42 ID:sNFijY840
ったく、クズ君はうざいねぇ。 君がやるべき事は、そんな妙な発言より、
↓に対する謝罪と反省だよ。

【ドキュソルビシンに関すること 簡略版】ver0.01d


1) あっくんはクズにセカンドオピニオンを依頼。
2) クズは承諾。
3) 良好なメールの4、5通のやりとり。
4) あっくんは主治医からセカンドオピニオン用の資料のコピーを入手。
5) 4)をクズに伝える。
6) しかし、クズからは 3) 以後まったく連絡なし。







244 :卵の名無しさん:2006/07/16(日) 12:03:28 ID:X2tCRjsU0
スレ話題以外はほかでやれよ あっくそ

245 :ドキュソルビシン:2006/07/16(日) 12:03:36 ID:08tQ13Sd0
おや??議論で負けそうになると、個人攻撃して逃げますか??

なるほどなるほど。

246 :卵の名無しさん:2006/07/16(日) 12:11:11 ID:X2tCRjsU0
もまいもあっくそがマトモな日本語能力ないってのは
全員既知なんだからあえて問題にするんじゃないよ
なんで『牛はスルー』になってるのか考えておくれヨ

247 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/07/16(日) 12:14:42 ID:sNFijY840
>>246
で、君も>>240の主張には賛成なんだろ? 反対だと言うなら反論してみ。

248 :ドキュソルビシン:2006/07/16(日) 12:16:36 ID:08tQ13Sd0
うむうむ、最近遊んでくれる人がいないので・・・

でも最近成長の跡が見えるから、議論になるかなぁ?と思って絡んでみた。
すみません。

249 :卵の名無しさん:2006/07/16(日) 12:20:01 ID:X2tCRjsU0
>>247
モマイはマトモに話す気になったなら>241>242にでも回答いれろや


250 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/07/16(日) 12:31:14 ID:sNFijY840
つか、今はテレビ評論家になろうと思ってナンシー関の本を読みまくってるんだけどねw
ただ、問題はテレビを見る気があんまりしないんだよw
ハードディスクの録画機まで買ったんだけどなぜか「世界の車窓」しか
予約録画してないんだよw

251 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/07/16(日) 12:45:50 ID:sNFijY840
2ch見て医者の悪口を言っても金になんないけど、
ナンシー関みたいにテレビ見てタレントの悪口を言えば金になるみたいだからねぇ。

252 :卵の名無しさん:2006/07/16(日) 12:47:20 ID:m9FuFeFU0
>>250
うむうむ、あれは良い番組です。

というか
自分は205の質問で229の意図は汲み取れましたが
ド先生はわざと曲解なさってたのかと思いましたよ。

253 :卵の名無しさん:2006/07/16(日) 12:49:02 ID:ll80DGP00
ピーチクパーチクは、メールでも使って見えない所でやれ

ハナッタレ小僧ども

254 :卵の名無しさん :2006/07/16(日) 12:51:20 ID:rH61EU8D0
「日本沈没」 小松左京著 

255 :卵の名無しさん:2006/07/16(日) 13:20:00 ID:m9FuFeFU0
しかも、>>242の質問はここの本質とはなーんにも関係ないわな。

「医療崩壊」小松秀樹著
これがすばらしい本だとおっしゃる医師達の声ばかりでなく
様々な視点からの意見が聞けるのはいいことだと思います。
それを封じようとしても無駄ではありませんか。  


256 :卵の名無しさん:2006/07/16(日) 15:19:49 ID:clo+k+nc0
チラシの裏でつ。俺の感想。
2chで書き散らかされていることをまとめると、世間は衝撃を受けるということですね。
ここには真実の破片が散らばってますからね。

257 :ドキュソルビシン:2006/07/16(日) 18:52:50 ID:XeP+Lv8F0
>255
うんにゃ。関係あるじゃろ。

この本は、1つの主張を意識して書かれていない、本の目的が曖昧なせいなのか極めて読みづらい、という批評をした御人がいるわけ。
で、どうもその評価があたっているとは思えない、というかその主張の意味するところがはっきりしない。
ならば貴方が評価するような、『ひとつの主張を意識して書かれた読みやすい本』と言うのはどのようなものなのか。
具体例を挙げて説明してみよ、と言うのは議論の仕方として健全なりね。



ついでに言うと205の質問の後半はともかく、前半を229の意図で読むのは日本語として無理。

258 :卵の名無しさん:2006/07/16(日) 22:04:04 ID:m9FuFeFU0
ようわからんです。
その批評(というより感想)の理由は続くレスで言っていますね。

臨床の医師が感じていることを本にして一般につきつける快挙だと、医師達はこれを高く評価しているが
・現状に対する不満
・現状に対する主張
・医学的事実
・医学制度上の事実    
これの列挙なのでしょ? と。

それに対して
主張に論証的なところが欠けている
勢いのあるマスコミ批判に過ぎないじゃないか    
といった感想をあっくんは持った、そして>>213>>228でしょうか。

当たってない、意味がはっきりしてないならそこを論点にしたらどうでしょう。

259 :卵の名無しさん:2006/07/16(日) 22:05:10 ID:m9FuFeFU0
質問と答えのずれは、聞き方の不備もあるでしょうが、違う受け取り方をして答えた。
あぁそうだったのね〜とそんなの流してもいいところ。

ライターによるものかどうかやあっくんの読みやすい本がなにかなんて、そんなことより
>>213の「文章力はすごいけど、とんでもなく思い上がった男だと思う」
>>228の「本当に小松が書いたのならマジ大馬鹿者ですよ」
これはなぜ、どこでそう思うのかを追求して論破してくほうが建設的。
それが誤解であり勘違いであり認識不足や間違えた認識だと啓蒙してほしいものです。
医者の生の声なのに、上位10%の民度層しか読めない本>>202では困る。
それは、読めないのでなく問題の理解に至らないと受け取ってよいですね?
もしかすると90%は同様な感想を持つとしたらそれこそ問題にしなければ。
医師の不満噴出だけで終わってはならないですよ。

260 :179:2006/07/17(月) 00:51:00 ID:FSKWwRyM0
>>181

亀レスだが。
p89の文章を、「多くの老人は自宅でも死亡している。
これは避けられない。病院が、死亡を防止できる魔法の
方法を持っているわけではない。」と読み替えて欲しい。

なぜか転倒・転落を死亡と言い換えてもあまり違和感のない
現状。無理難題を当然の義務としてやらされる。これが今の
医療問題の本質でなくてはなんなのだ?

261 :ドキュソルビシン:2006/07/17(月) 02:32:07 ID:6Il6aMd10
>259
いや、確かにそうなんですけどね。

あっくんの
「文章力はすごいけど、とんでもなく思い上がった男だと思う」
「本当に小松が書いたのならマジ大馬鹿者ですよ」
は根拠のない感想にすぎないし、あの御方が自分の感想を曲げるわけないし、
今までの例からは、延々とあっくんオンステージで同じことを繰り返すだけだろうしそれこそスルーじゃろ。

ちゅうか議論できる人と議論しないといかんですね。すまんこってす。
ちなみに259さん読まれました?ご感想はどうでした?





262 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/07/17(月) 11:13:38 ID:iSFUciLT0
>>260
>「多くの老人は自宅でも死亡している。これは避けられない。病院が、死亡を防止できる魔法の方法を持っているわけではない。」

老人でも少しでも長生きしたいから病院に行くのであって、この主張には無理がある。

263 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/07/17(月) 11:28:56 ID:iSFUciLT0
つーか、89ページを読むと病院で高齢者が転倒、転落事故を起こした場合、
高額な賠償金がもらえる、ってことなんだw
1つ勉強になりましたw

264 :卵の名無しさん:2006/07/17(月) 11:32:17 ID:/9WqFRyd0
>>262
長生きできる「可能性」を求めるのであって
長生きできる「確約」を与えるわけではない
当然だが家で起こることは病院でも起こる

265 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/07/17(月) 11:38:20 ID:iSFUciLT0
>>264
>長生きできる「確約」を与えるわけではない
この主張は正しいな。

266 :卵の名無しさん:2006/07/17(月) 12:55:51 ID:/GhxwHdJO
きのう買っておもしろくて一気に読んだ

今まで勤務医の立場で書いた本ってあんまりないだろうからここにいる医者たちは「よくぞ言った」って感じだろうけど、内容が専門的なだけにこの本の購買層は限られてるだろうね。それは少し残念
病院にかかる側の一般人にかみくだいてもう一冊書いてくれないかなぁ


267 :卵の名無しさん:2006/07/17(月) 23:51:42 ID:P0X8KvgV0
>>260
そうだね。俺もそう思う。

例の方へは、他スレと同様にスルーでお願いします。
せっかくの良スレなのに、残念です。

268 :卵の名無しさん:2006/07/18(火) 00:29:11 ID:n/AjmvKy0
>>261
だからどことなくバカにしたような対応で枝葉の話題を取り上げ、
2ちゃんで話題になる「DQN患者さま」への扱いと同様だったのですね・・・。
少し残念に思います。

まともな医師達を悩ませるこれらのもの、それが医療崩壊にもつながる一因としたら
そこも解決させなくてはならない問題、ここでの議論はひとつの象徴でありましょう。
制度上のことや財源不足、政治的なことはその後についてくるもの。
ついてきたからこその崩壊、現状なのかもしれないと考えたことはおありでしょうか。
人対人、そこでうまくいかないのを切り捨てて全体がうまくいくはずはないと思っています。
思いが届かないがうまくいかない原因ならなんとか届かせるように、届かせたいと想い願う者を断罪し切り捨てませんように。
よしんば相手が感想を曲げずに同じ繰り返しになるとしても、このような場所では
その方に代表される層、不満や憤りを持つ者へのメッセージとなりますから。
だからやったことは無駄になることはない、どんな小さな種でも撒いていけます。
それがどう育つかは渡された者に託すのはどうでしょう、少なくともネガティブな種を撒いては下も子も・・・

269 :らら(・∀・) ◆MBjH6i85yE :2006/07/18(火) 00:52:34 ID:MXWQi3Uj0
ξ

270 :卵の名無しさん:2006/07/18(火) 01:19:40 ID:s1G7quEJ0
「医療崩壊」しても全然困らない側、東大卒で有名病院勤務医、が著者では、説得力
無いだろ?困る側、患者か少なくとも底辺私大出で保険医療崩壊したら、路頭に迷う
底辺医者、が書かないと駄目だろうね、売れないだろうけど。
医療崩壊ってのは健康保険の医療崩壊だろ?2ch医者の望む所だと思うが。

271 :卵の名無しさん:2006/07/18(火) 01:23:59 ID:Kjut3XG90
>>270
そんなに甘くない。

272 :卵の名無しさん:2006/07/18(火) 01:37:15 ID:JUfSRYgD0
>>270
旧六の俺は医療崩壊マンセー派だ。一族に癌患者がいないし、長寿の家系だから患者になる可能性が低い。
こんな腐った安売り制度なんて一刻も早く崩壊して欲しい。だから、委員会活動に精を出してるぞ。

273 :卵の名無しさん:2006/07/18(火) 01:42:08 ID:n/AjmvKy0

もし、医師側の問題提起が民度10%の民にしか届かないとしたら 既に医師も民度10%になっているのかもしれない。
もし届かせるべき想いを失っているなら、、、これはもうどうしようもない。
>>259はそのまま写し身でこうなります。
>生の声なのに、医師の上位10%の民度層にしか読めないでは困る。
>それは、読めないのでなく問題の理解に至ってないと受け取ってよいですね?
>もしかすると90%が同様な感想を持つとしたらそれこそ問題にしなければ。


わたくしの感想 など、、 
「価値もなくなんの力もない、無力感絶望に落とされた者」の発言に耳を傾ける人がいるんでしょうか。
こんな絶望に落とされる人ができるだけいないように、人を絶望に落とすような行いができるだけないように。
それが望みです。

>>256のように、ここでの赤裸々な現実が晒されれば世間は医師達の思いの数々に衝撃を受け、
それで良い方向へ向くならばいいのですが、逆に作用する惧れもあるでしょう。それが望みなら、、、

良い方向へ向くためにいったいなにができるのか、と常に思いつつ絶望からでも小さな1歩。
その行いが生きている証、最後には小さな希望を残してほしいもんです。


274 :270:2006/07/18(火) 01:44:42 ID:s1G7quEJ0
>>272
旧六って何?一般人は誰も知らないよ。
自費の金持ち向け病院で高給で雇用、ってのは東大、京大、阪大、慶大位では?
支払い高額だから、対象患者は極少数、医者の数も大していらない。
>>271
どこが?

275 :卵の名無しさん:2006/07/18(火) 03:25:27 ID:UYamWiux0
>>270
小松先生は、学位を取得したがために地方国立大学の助教授をやらされた。
そのときに医者の悲哀を味わい尽くしたのでは?
保険医療が崩壊して路頭に迷うのが底辺私大卒というのはよくワカラン。
小松先生の医療が公共財であるという理念は漏れも共感する。
その点で、モラルのかけらもない牛に批判される覚えは無いと思うよ。
牛には、鼻持ちならんなら、少しは世のために働けと言いたい。

276 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/07/18(火) 07:53:56 ID:p4qY/5fc0
>>275
>小松先生は、学位を取得したがために地方国立大学の助教授をやらされた。

はしがきに、
1974年に東京大学医学部を卒業し、泌尿器科医になった。
東大医学部附属病院で1年働いたあと、都内の7病院を転々とした。
1983年山梨医科大学に移り、1999年まで助教授として働いた。
同年、虎ノ門の泌尿器科部長に就任して現在にいたっている。
って書いてるけど、
これが何で悲哀なの?

277 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/07/18(火) 08:06:46 ID:p4qY/5fc0
>>272
>一族に癌患者がいないし、長寿の家系だから患者になる可能性が低い。
旧六とか言う割にはこの辺みのもんたテイストが出てていいですねぇ〜

278 :卵の名無しさん:2006/07/18(火) 08:51:52 ID:JUfSRYgD0
>>277
うるせーよ。患者診てれば統計なんて見なくても実感としてわかるんだよ。
癌患者と長寿はどういうわけか、同じ家系に多いんだよ。
>>274
その4つの大学だと年間300〜400人の医師が生まれますね。それで、供給しきれるの?
アメリカよりも患者あたりの医師数が少ない日本なのに?受診回数も多いので需要過多はアメリカ以上なんですが・・・

279 :270:2006/07/18(火) 09:49:17 ID:s1G7quEJ0
>>278
「自費の金持ち向け病院」の需要なんて大して多くは無いだろ?少しは確実にあるだろうけど。
外来の診察だけで5-10万とかにしたら、対象患者限られるの想像できないか?
東京、と大阪位しかできないだろうし、「旧六」所在地なんて絶対存在不可能だろう。
>受診回数も多いので需要過多
っては、単に医療費(自己負担)が安すぎるから、そうなってるだけ。1回1万とかでも
とれば、患者激減だろうことは開業医なら誰でも想像つくだろう。

280 :卵の名無しさん:2006/07/18(火) 10:56:04 ID:XEmpvAyQ0
同じくQ6出として一度医療崩壊してみたらいいんじゃないかと思ってる


281 :卵の名無しさん:2006/07/18(火) 14:25:32 ID:bsA/2EHr0
腹腔鏡手術で行なう意義は?
また9時間の手術時間は妥当?
慈恵医大事件との違いは?

王監督は胃がん、手術成功・転移なし、主治医が会見
ttp://www.nikkei.co.jp/news/main/20060718STXKC013018072006.html

 胃の手術を受けたプロ野球ソフトバンクの王貞治監督(66)の容体
について、担当した慶応大医学部の北島政樹教授らが18日午前、東
京都新宿区の慶応大信濃町メディアセンターで記者会見し、王監督
が胃がんだったことを明らかにした上で、手術は成功したと語った。

 胃がんは胃の上部から中部にかけて約5センチ。北島教授は「肉
眼上は転移はない」と語った。17日の手術は午前9時40分から始ま
り、午後6時47分に終了した。

 王監督は5日に福岡市のヤフードームで行われた西武戦の後、自
ら記者会見して胃に腫瘍が見つかったことを公表。6日に上京して慶
応大病院に入院、17日に、胃をすべて摘出する腹腔鏡手術を受け
た。〔共同〕 (12:07)


282 :卵の名無しさん:2006/07/18(火) 14:32:29 ID:ZxTQdb4K0
>>281
早期癌で多臓器切除がなければ2〜3時間で終わるよね。


283 :ドキュソルビシン:2006/07/20(木) 01:52:54 ID:tDzGu0GA0
>273
うみゅう??全然判らんなり

「医師側の問題提起が民度10%の民にしか届かないとしたら 既に医師も民度10%になっているのかもしれない。」

医師の多くが民度上位10%に入っているだろうということですね?

「もし届かせるべき想いを失っているなら、、、これはもうどうしようもない。」

届かせるべき想いとは何??それを医師が失っているとすると何故どこがどうどうしようもないですか??


さらにそのあとの文章は、ムードのみは多少伝わってきますが、意味するところが読み取れず
非常に議論しづらいですなり・・・・
(自分からきいといてすみませぬ)


284 :らら(・∀・) ◆MBjH6i85yE :2006/07/21(金) 01:49:16 ID:b8+D29lm0
その文章、読めたらすごいと思う!(w >>283

285 :卵の名無しさん:2006/07/21(金) 08:02:54 ID:uU9Evl4n0
>>283
ご返答ありがとうございます。 
ムード、なんとなく感じでも伝わったらうれしく思います。
>意味するところが読み取れず
申し訳ありません、きっとまた書き方がまずかったのでしょう。
>非常に議論しづらいですなり・・・・
敵対ではなくほんの少しの理解と共感を望んでいますが、「議論」ですか。
それ 理想とは違い敵対する者をやりこめ潰すためのものでしょう?
どうしてド先生にかないましょう。

ご質問の件、>>273でそれに続く文↓にも書きましたが
>生の声なのに、医師の上位10%の民度層にしか読めないでは困る。
>それは、読めないのでなく問題の理解に至ってないと受け取ってよいですね?
>もしかすると90%が同様な感想を持つとしたらそれこそ問題にしなければ。
「民の中でまともなのは10%だ」と医師達が思っているように、
もはや医師も、まともなのは10%になってしまっているのかも、、と取られる
そういった意味でした。


わたくしのは本の感想ではなく日々の雑感あれこれですが。

286 :卵の名無しさん:2006/07/21(金) 08:08:01 ID:uU9Evl4n0
個々の願いによる小さな行いなどではもう取り返しがつかないところまで来ているのかもしれません。
斜にかまえてあざ笑うような人が相手では道は険しいですし
死ねなどの暴言や類する行為も少しずつ人を殺すもので思った以上にこたえます。
医師だって人間、同じだと思います。
(そんな方がここにいなかったことは幸いです。
沈黙の意味がスルーだったとしても悪くとりません、どうか反応しないでいただきたい。
いつか「時」が来るまでまで埋め去ってくださってけっこうです。)
そうした反応に負けないようにこつこつと命をすり減らすように発言し行動し続けていく、それも小さな啓蒙です。
個人でできることはそれしかありません、ならば砂丘の砂粒だとしてもやっていくしかありません。

287 :卵の名無しさん:2006/07/21(金) 10:25:10 ID:uU9Evl4n0
おっと 違いました、それは命をすり減らすことにはなりません。
そうして発言し行動していくのが習い性となっているからで、そうできることが喜びだからです。
医師だってそうではありませんか?
苦しんでいる患者を目の前にすると、余分なことが入る隙なく行動してしまうものじゃありませんか。
そうできたときの充実や満足は医師をやってることの喜びを感じられるはずでは?と思います。

わたくしもどうも損ばかりしていて世渡り上手ではないかもしれないし
ここでは「奴隷医」と言われてしまう種類の人間と同様かもしれません。
でも、くじけずにやっていきますよ。



288 :卵の名無しさん:2006/07/21(金) 11:53:22 ID:RfWb+wXF0
ID:uU9Evl4n0は日本人なのか?
なんかまともに読解するのがつらいんだが?

289 :卵の名無しさん:2006/07/21(金) 13:17:20 ID:uU9Evl4n0
すみません・・・
日本人だと思いますけれど、かなり古風なタイプなのかも。

無理せんといてください。
いっぺんに理解してもらえるなんて思っていません。
まずド先生に伝わるかどうかと思って書いています。

290 :卵の名無しさん:2006/07/21(金) 14:26:47 ID:17LXMKr40
このサイト覗いてみて下さい。

面白い上に冗談に聞こえない

http://www.bekkoame.ne.jp/~isop/index.html

291 :卵の名無しさん:2006/07/21(金) 14:34:54 ID:EOhyn9L00
医療崩壊など、地方崩壊の一現象にしか過ぎません。木を見て森を見ず、そんな感じです。

292 :卵の名無しさん:2006/07/21(金) 14:36:27 ID:mqgqJWrZ0
>>290
こちらフラッシュもあわせてどうぞ
http://doropon.smithpatch.net/chosanman.html

293 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/07/21(金) 15:03:13 ID:ICWzbXrs0
>>289
>日本人だと思いますけれど、かなり古風なタイプなのかも。
ちがうよ、古風うんぬんじゃなくてw
あなたが、あなたの頭の中で、要約した結果、抽象化した概念を
他人も当然認識してるだろう、当然分かっているはず、
と思いこんで話しを進めちゃうから、
他人から見ると、まったく意味不明な文になるわけです。

で、性悪女ララにいじめられるとw

294 :らら(・∀・) ◆MBjH6i85yE :2006/07/22(土) 00:05:10 ID:b8+D29lm0
あっくんにもわかった?(w

とにかく自覚なき脳内変換がすごいんですよこのかた(w
続きはあのスレへれっつぎょ☆

295 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/07/22(土) 00:55:57 ID:NgKPAT2V0
そんなの昔から知ってるけど、何を書くかはその人の勝手な事であり、
君みたいにみっともなくギャーギャーわめき立てる事柄じゃないよ。
あと、クズスレを荒さんでくれよな、 冗談じゃない。

296 :いのげ@休養中 ◆9H58yMRzls :2006/07/22(土) 00:57:43 ID:uBhpa9cI0
そろそろまたわたしが暴れる時期なんかしら

297 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/07/22(土) 01:40:31 ID:NgKPAT2V0
>>296 :いのげ

この小松君も、君と同じように、
つまるところ、『 医者は業務上過失致死を免除してくれ派 』
みたいだから、言いたい事があるのなら、しゃべってみなさい。

298 :ドキュソルビシン:2006/07/22(土) 03:16:08 ID:Q5Ywjhbk0
>285
ん??議論というのは理解を深めるためにするのですなりよ。
でもさ、共感するにもある程度は理解できる文章を書かなきゃ。

例えば273の最初の文章は202の文章を受けてだと思うんですが、
「上位10%の民度層しか読めない本と思いますが、良著です。」に対して
「医師側の問題提起が民度10%の民にしか届かないとしたら 既に医師も民度10%になっているのかもしれない。」と答える。

この文章を、「民の中でまともなのは10%だと医師達が思っているように、 もはや医師も、まともなのは10%になってしまっているのかも」という意味で読めと言うのは物凄く無理があるですよ。
でね、おそらく貴方は、みんなに届く言葉で医師は語って欲しい、問題提起を常に続けて欲しいと思っているのでしょう。

ならばまずあなた自身もみんなに届く言葉で語らなきゃですよ。
レトリックやイメージを伝える言葉も有効だけど、それ以前に理解されるように話すことは大事。
あっくんが言うように、あなた自身が納得した地点と同じ場所にいる人にしか貴方の言葉は伝わらないと思うなりよ。

299 :卵の名無しさん:2006/07/22(土) 04:11:12 ID:is97NOIA0
小松秀樹 著 医療崩壊 88ページ
「法律家もせめて高校生レベルの数学のセンスを持って何が正しいのか考えてほしい。」

300 :卵の名無しさん:2006/07/22(土) 04:27:18 ID:tnJUR9uQ0
>>299
高校生レベルの数学というか、
ソロバンをはじいてるだけの法律家もいそうだね。

301 :卵の名無しさん:2006/07/22(土) 08:54:35 ID:ySr6M6UG0
>>298
>議論というのは理解を深めるためにするのです

そうです 同様に思ってきました、でも現実はどうでしょう。 これが議論ですか?のものが多く見られます。
前述の先生も>>245>>248で「議論」とおっしゃっています、「議論」をしようとしていたのでしょう?
でも、そこまでの先生のレスを見てもわかるようにそれは理解を深めるものには見えなかったため
>>258>>259を言いにきました。

>「民の中でまともなのは10%だと医師達が思っているように、
> もはや医師も、まともなのは10%になってしまっているのかも」という意味で読めと言うのは物凄く無理がある

無理がありますか?

ここでの医師と思われる人たちの発言の数々(以下のような)は患者側にはこたえます。
 >斜にかまえてあざ笑うような人が相手では道は険しい
 >死ねなどの暴言や類する行為も少しずつ人を殺すもの
それを否定したしなめる医師側の声の少なさによっても絶望的な気持ちになります。
このような場所だから、その傾向が特化して極端な医師が多くそうした発言をしているのだと思っておりました。
でも、本になって著す医師が出、それに賛同する医師達の声により傾向はもっと具体的になります。
一部ではなくて大多数が本音ではそうなのだと残念ながら一般に思われてしまう。
医の心を失って医療崩壊は内部から起こっている、と思われてしまうんではないでしょうか。



302 :卵の名無しさん:2006/07/22(土) 09:29:32 ID:K/i0Fslx0
>>301
医の心とはなんですか?
医師を宗教家か悟りを開いた仙人と勘違いしていませんか?
勝手に医師という「職業」を理想化していませんか?

ただの医師免許という国家資格を取得した専門家に過ぎません
医学部という大学の中でも偏差値の高いところに入学して臨床医というただの肉体労働を選択した
変わり者集団ではありますがw

もちろん、患者の為に自分の家庭や人生を犠牲にしてコンビニバイト以下の時給で睡眠もくにとれず家庭も崩壊させて
患者の言われ無きクレームにも真摯に対応して僻地に赴任してミスのない事でも訴訟されてそれでも
医療に人生を捧げる医師も一部にはいましたし今でもいるでしょう
でもそんな人は一般的に考えれば「異常者」か「変人」です

もう少し現実を見た方がいいですよ
お望みのような神のような人が希望ならどこかの宗教団体にでも期待したほうがいいでしょう

303 :卵の名無しさん:2006/07/22(土) 09:42:42 ID:ySr6M6UG0
ええ、確かに理想化し期待が大きいきらいがあるのでしょう。

日本の医療は信頼感があり、医師達には感謝と尊敬と信頼が与えられ医師も期待に答えていた。
その素晴らしい財産を大切にしなければ崩壊は現実に目前となります。
命をすり減らすような過剰勤務は誰にもよくない、患者にとってもよくないです。
様々出てきている問題は医師の過労によるものも多いのではと思えます。
医師の数が少なすぎるんでしょうか、いったいどうしたらいいのかそこを真っ先に考えてほしい、
医師達の待遇や仕事環境の改善を切に願っております。
待遇改善といっても、もっと金よこせ等は、病気になり社会の底辺に生きる者にとっては理解できませんし、
感謝と信頼はお布施のように謝礼で表せと臆面なく言う方も残念に思います。
もはや「人」は取り返せないところまで来ているんでしょうか。


304 :卵の名無しさん:2006/07/22(土) 09:47:32 ID:ySr6M6UG0
「医療は公共財」 
これが崩壊によりたった1割の(民度の高い)裕福層のものとなり、その担い手は9割方の医師。
医師側は利用側でないから崩壊しても困らない、もしそうなったとしてもそれは横つながりで
少なくとも利用者としては崩壊の不利益を受けず、治療を待つこともなく最良最適最高の医療を恩恵を真っ先に独占できる。

四面楚歌、理不尽な扱いをされていると感じるから現状への不満から医師は「医療崩壊」を望む?
医療崩壊は追い詰められた医師達の希望によって後押しされるのでしょうか。
そのような社会では医療はもはや公共財ではなく、二分化された階級社会ですよね。
適切な治療が受けられなくなる9割の国民、医療崩壊を望み遁れたように見える医師。
国民から完全に離反したら医師は居場所がなくなってしまうのではないかと危惧します。
はじき出した9割層から医師はいったいどのような扱いを受けることになるか・・・それは現状どころではないでしょう。
第一、恩恵を受けられる層にしても彼らからは「あたりまえだ」と思われるのでは? そこにはたして心からの感謝はあるでしょうか。

305 :卵の名無しさん:2006/07/22(土) 09:49:18 ID:FpmtPZ4Q0
>>303
そんな時期にさしかかったか等の「入口」論争するレベルではないでしょう。
とうの昔に引き返せないレベルに達している。
それでも医療者の倫理観にお願いするしかしないの?

そもそも医療制度を守るべきか否かを議論するのは国民であり、
現在、国民の蔑みを与えられながらそれでも多大な自己犠牲を
払って維持している医療者ではない。

306 :卵の名無しさん:2006/07/22(土) 09:50:19 ID:ySr6M6UG0
たとえば、命にかかわる病をえたときに「ようやく患者さんの気持ちが理解できた」と医師が発言するのをよく聞きます。
しかし医師が皆 病をえられるわけではないので、身に起こってようやく分かってくれるのを待つわけにいきません。
ならばビジネスとして診る病ではなく、人として患者と向き合うことが出来たときに多少でも「理解」は始まるのではないかと期待します。
「患者が主役」はそうした意味でとります、権利を主張し医師に犠牲を強いることではない。
それを間違えて捉えている患者やマスコミもいけないのです。

>わたくしの感想 など、、 
>「価値もなくなんの力もない、無力感絶望に落とされた者」の発言に耳を傾ける人がいるんでしょうか。
患者側が権利を主張する意見をしても、それは自己中やDQNで自らの利益しか考えないと言われると思われます。
患者は患者の自覚を促す発言や医師を守り擁護する発言、それが効果的だし
医師にしても患者の立場を思い自らを省みていく姿勢が周囲の患者を動かします。
両者は対決するものではないのに、お互いに対する思いやりが失われて歩み寄れる点はありません。


307 :卵の名無しさん:2006/07/22(土) 10:42:07 ID:K/i0Fslx0
>>306
>たとえば、命にかかわる病をえたときに「ようやく患者さんの気持ちが理解できた」と医師が発言するのをよく聞きます。
いいえ、実際現場では全く聞きません
少なくとも私が医局にいた当時、関わってきた中では聞いたことがありませんし、先輩・同僚からもそういった話は
「都市伝説」でしか耳にしません

たまにTVや新聞といったマスコミで見かけますがそれは「特別な事」だから取り上げるのです
特別・特殊な事を言い出す人はどんな業界にもまれに居ます
その「まれ」な事例を「良く聞く」と称してその突飛な事例をベースに論説をするのはおかしいですよ

>>304
>「医療は公共財」 
あなたはこの選択をしました、そういうお考えというのは理解しました
しかし大多数の国民は「医療はサービス業」という選択をしています
そして多大なサービスを求めています
サービス業であるならば医療は医業となり人口の少ない土地や収益の見込めない地域からは撤退します
当然でしょう?
提供する価格が国に強制的に決められ、治療内容も半ば強制で患者の為の治療を使用とすると全ての
治療が保険適用外となる
地方では赤字病院と議会で取り上げられ、赤字を理由に人も供給されないのです

医療はインフラなのでしょうか? それともサービス業なのでしょうか?
選択したのは国民と役人、そして国民の選んだ政治家です
そしてサービス業ならば払った金額に見合った医療が受けられるのが当然です

ちなみに>>303で↓とありますが、すでに崩壊していてもう止められないです
>崩壊は現実に目前となります

308 :卵の名無しさん:2006/07/22(土) 10:48:02 ID:K/i0Fslx0
>医師の数が少なすぎるんでしょうか、いったいどうしたらいいのかそこを真っ先に考えてほしい、
>医師達の待遇や仕事環境の改善を切に願っております。

といいながら
>待遇改善といっても、もっと金よこせ等は、病気になり社会の底辺に生きる者にとっては理解できません
これの意見こそ私には理解不能です

医師に過酷な待遇で働く事を要求する以上、その待遇に見合う報酬を用意するのが当然ではないですか?
あなたが経営者であるとして営業社員を募集するとしてあなたの会社の勤務は月に半分泊まりで徹夜仕事
でその翌日はそのまま勤務、ミスがなくとも結果が良くなければ訴訟されます
民事だけでなく時には刑事訴訟で逮捕されます
勤務時間と給与を時給に換算すると時給800円程度です
そして全国的に営業をできる資格者は少ないです

さて、この状況であなたは社員をどうやって集めるのですか?

やはりあなたは宗教団体にでも入ったほうがいいでしょう

309 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/07/22(土) 11:42:30 ID:NgKPAT2V0
>>308
>勤務時間と給与を時給に換算すると時給800円程度です
それは正規の給料で、当直5万のバイトとかあるし、
開業医は平均年収2000万だっていうし、

つまり、トータルで日本の社会は医者に十分な報酬を支払ってるわけです。

310 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/07/22(土) 11:44:16 ID:NgKPAT2V0
だいたい、偽医者にすら、年収3000万払ってたんだからね。

311 :卵の名無しさん:2006/07/22(土) 11:58:12 ID:L2sOIlfn0
>>301さん
真面目に議論なさろうとしているのは文面から伝わりますが、
>>302さんが指摘なされてるように、論拠が「マスコミ報道」と「非医療従事者の倫理観」
なので、残念ながら、医師にはとうてい理解できる内容ではありません。

この問題に興味(危機感)を持っていらっしゃるなら、小松先生の本だけでなく、
他の本や保険医協会や医師会のHP、拒否反応がなければ2chなどを熟読なされるのが、
良いかと思います。

312 :卵の名無しさん:2006/07/22(土) 12:05:27 ID:K/i0Fslx0
>>309
その額の当直バイトはありますがそれはバイト医は別として「通常勤務」をこなしてなおかつ睡眠時間を
削ってやってるバイトですね

例えばOLの収入を語るのにその企業からの報酬以外に勤務終了後に徹夜でキャバクラのバイトを
したとしてその収入を加算して
>トータルで日本の社会はOLに十分な報酬を支払ってるわけです
などとは言わないでしょう
どんな業種でもバイトではなくその勤務で得られる報酬で考える物です


開業医に関しては論外です
開業医は経営者です
開業資金や運転資金を用意して倒産リスクを踏まえて経営しているのですからそれを「平均収入」で
勤務医と同列に語るのは無理がありますね

サラリーマンの給与と会社経営者の年収を同列に語りますか?

313 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/07/22(土) 12:34:04 ID:NgKPAT2V0
>>312
OLって仕事とキャパクラって仕事は職種が違うからね。
我々日本の社会は「医」に関する仕事を医師免許所有者に委託しているわけです。で、
・医師免許所有者が病院勤務医で得る報酬
・医師免許所有者が当直バイトで得る報酬
・医師免許所有者が開業医として得る報酬
・医師免許所有者がおひねりとして得る報酬
を全部足して、勤労医師数で割れば、年収1000万〜2000万になります。
それで十分じゃないですか、『 日本の社会は医者に十分な報酬を払ってる 』
と言っていいわけです。 問題があるとすればその分配法法かな。

314 :卵の名無しさん:2006/07/22(土) 12:45:52 ID:xc3p6Xok0
>>313
>全部足して、勤労医師数で割れば

ぉぃぉぃ
割るのは勤務総時間数だよ
労働基準法をしっかり守っていただかないと(笑

315 :卵の名無しさん:2006/07/22(土) 12:54:18 ID:ySr6M6UG0
>>307
そうなのですか? それは考えてもみなかった事でしたが
もしかすると医師やその関係者においては既に>>304は現実で、以下の現実があると絶対ないと言えますか?

>医師側は利用側になっても困らない、もしそうなったとしてもそれは横つながりで
>少なくとも不利益は受けず、治療を待つこともなく尊重され最良最適最高の医療を恩恵を真っ先に独占できる。

それをいけないとは言いません、しかし全ての人がそう扱われるのでないことを理解してほしいのです。


>>308
待遇改善は以下に述べたように過酷な仕事環境の改善です。
>命をすり減らすような過剰勤務は誰にもよくない、患者にとってもよくないです。
>様々出てきている問題は医師の過労によるものも多いのではと思えます。( >>303
医師に過酷な待遇で働く事を要求するような患者はおりませんよ。
感謝の声と供にどれだけ医師の体調を気遣う声を聞くことか。。


また仕事いってまいります。
仕事の厳しさはいずこも同じですし、やりきれない想いもいやほど味わいます。
でも医師が時給800円ほどになってしまうのは酷すぎますね。
時給にすればわたくしのほうが多い、、、


316 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/07/22(土) 13:00:37 ID:NgKPAT2V0
>>314
>割るのは勤務総時間数だよ
うん、このデータもぜひ出して欲しい。
ま、2chやってる時間もカウントするかどうか、
って難しい問題があるけどねw

>労働基準法をしっかり守っていただかないと(笑
そう、これとっても大事。医者にとっても問題だろーけど、
患者にとってもとても問題。
俺の主治医も、反応を見てると、ほとんど思考してない、って感じだよ。

317 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/07/22(土) 13:17:51 ID:NgKPAT2V0
>>315
>でも医師が時給800円ほどになってしまうのは酷すぎますね。
だから、それは正規の給料で、当直のバイトとか色々あるんですよ。
例えば、お正月の当直は1日で20万とかね。

318 :らら(・∀・) ◆MBjH6i85yE :2006/07/22(土) 13:21:15 ID:yTijOyBU0
>>315
>考えても見なかった事
あなたの発言はこればっか。自信満々に発言しておいてこればっか。
で、わたしには悪気はなかった。と続くんですよね(w

319 :卵の名無しさん:2006/07/22(土) 13:37:30 ID:L2sOIlfn0
>>315さん

>しかし全ての人がそう扱われるのでないことを理解してほしいのです。

>医師に過酷な待遇で働く事を要求するような患者はおりませんよ。
>感謝の声と供にどれだけ医師の体調を気遣う声を聞くことか。。

「マスコミの意見」or「周りの意見」or「自分の意見」=「国民の総意」
と勘違いしていませんか?
医師を気遣う患者は多いのに、労働環境の改善は世論の後押しもないため遅々として進まず、
訴訟件数は10年間で2倍に。
単純に考えておかしくありませんか?

>仕事の厳しさはいずこも同じですし、やりきれない想いもいやほど味わいます。

「こっちも大変なんだから、文句ばっかり言うんじゃねぇ!」とでも?
これをわざわざ書く所に、315さんの本音が窺えます。

320 :らら(・∀・) ◆MBjH6i85yE :2006/07/22(土) 13:38:40 ID:yTijOyBU0
あ、もしかしてかなり赤入ってるんかね?

321 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/07/22(土) 13:39:13 ID:NgKPAT2V0
>>318 :らら
>わたしには悪気はなかった。と続くんですよね(w
すべての情報を所有してる人はいないんだから、
それでいいんじゃない?

322 :らら(・∀・) ◆MBjH6i85yE :2006/07/22(土) 13:44:13 ID:yTijOyBU0
たとえばあっくんは違うと思ったら素直に引くでしょ?
知らないことは教えて欲しいって言うでしょ?
それさえないんですよ、彼女にとっては。
彼女にとっては自分が絶対。

このスレにおいては弱者たる患者、善良な患者である自分が絶対で
強者たる医師、強欲な医師を断罪してるんです。

そーなの、常に彼女は他者を断罪したがってるんですよ、
自分の基準で常に他人の罪を裁いてるんデス。
そしてなおおせっかいなことに「私の言うことに耳を傾けなさい、
そしたらわたしの『愛』であなたの『魂』を救ってあげるから!」

ウザい以外の何者でもない。

323 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/07/22(土) 13:45:37 ID:NgKPAT2V0
>>319
>労働環境の改善は世論の後押しもないため遅々として進まず、
そんなの当事者が声を上げなければ誰がわかるんだ? 頭悪いな。

>訴訟件数は10年間で2倍に。
>単純に考えておかしくありませんか?
・医者を気遣う人も増えた
・訴訟する人も増えた
ってことで全然おかしくないよw

324 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/07/22(土) 13:52:55 ID:NgKPAT2V0
>>322 名前:らら
>このスレにおいては弱者たる患者、善良な患者である自分が絶対で
>強者たる医師、強欲な医師を断罪してるんです。
彼女のレスはややこしいから読まないけど、これはたぶん違うね。

>そーなの、常に彼女は他者を断罪したがってるんですよ、
>自分の基準で常に他人の罪を裁いてるんデス。
自分の基準で他者を語る、ってのは誰でもそうでしょ。

>そしてなおおせっかいなことに「私の言うことに耳を傾けなさい、
>そしたらわたしの『愛』であなたの『魂』を救ってあげるから!」
これも言ってないだろ。

325 :らら(・∀・) ◆MBjH6i85yE :2006/07/22(土) 13:55:01 ID:yTijOyBU0
読み方が甘いよ(w
まだまだだな。

あっくんも救済されないよに気をつけてねーん。

326 :卵の名無しさん :2006/07/22(土) 14:15:47 ID:ep1ryvoC0
>>324

>自分の基準で他者を語る、ってのは誰でもそうでしょ。

でもさ
啓蒙家を自称してるんだけど、case stadyに利用されたほうはたまらないでしょ。
他人をたたき台にしてまで、なにを主張したいのかあっくんは理解できてる?
あたしゃさっぱりわからない。


327 :卵の名無しさん :2006/07/22(土) 14:18:44 ID:ep1ryvoC0
>case stadyに利用されたほうはたまらないでしょ。

ああ、これじゃあわからないよね。
掘り起こすつもりはないから、スルーしてくだされ。


328 :ドキュソルビシン:2006/07/22(土) 18:51:06 ID:O08j4XRN0
>301

明らかに無理があります。
細かく説明しましょうか??

そゆ細かいとこにこだわるのは何故かというとですね。
貴方が書かれたものを読んだときに、何を主張しているのかということが、非常に読み取りにくい。
こういうことを書いているんだな、と必死に理解しても、真意は別のところにあるといわれる
そゆことだと議論できないんですね。

おそらく、ご自分の感情を表に出すことも、修辞を使うことも、婉曲に述べることもしないほうがいいと思うなり。
ただただ簡潔に主張を述べる、それに徹したほうが判りやすいと思います。

329 :卵の名無しさん:2006/07/22(土) 21:44:15 ID:ySr6M6UG0

先生怒ったですか?
もぅ〜、怒らないと真面目に話してくれないんだから、、
でもそのほうがいいです。


330 :卵の名無しさん:2006/07/22(土) 21:53:46 ID:FANnRG030
ひょっとしてドキュソルビシンに萌えちゃったのか


まあそれはそれは、、、、

331 :卵の名無しさん:2006/07/22(土) 22:14:27 ID:7ZzBQzRbO
……な時期があったらしいw

332 :卵の名無しさん:2006/07/22(土) 22:53:06 ID:L2sOIlfn0
ものの見事に釣られた・・・_| ̄|○  

333 :卵の名無しさん:2006/07/22(土) 23:09:33 ID:ySr6M6UG0
ええぇーーーーっ?

・・・ま、いっか。

>>332
別に釣っていたわけじゃないんですよ、マジレスでした。

334 :卵の名無しさん:2006/07/22(土) 23:54:14 ID:ySr6M6UG0
あ、わらいねこ先生が来る〜

どきどき また怒られるかなぁ、、、

335 :卵の名無しさん:2006/07/22(土) 23:59:20 ID:tnJUR9uQ0
ねこ先生 怒りの鉄拳
 ↓

336 :らら(・∀・) ◆MBjH6i85yE :2006/07/23(日) 01:38:28 ID:8lDxXoTc0
まだ構ってもらえると思っているとわ(w

337 :らら(・∀・) ◆MBjH6i85yE :2006/07/23(日) 01:48:00 ID:8lDxXoTc0
正直言って、税金もろくに払ってないひとに
どーのこーの言われてもねってカンジもすゆ!

338 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/07/25(火) 23:09:48 ID:uE77SGX80
あげ

339 :卵の名無しさん:2006/07/27(木) 00:28:07 ID:4CBztZUw0
>>326>>327
case stadyで他人の実際の具体例を挙げたことはたった1回だけあります。
すみませんでした。
特定されないような配慮はしたつもりだけど、本人が見れば一目瞭然でしたよね。
あれ以降すごく気をつけるようにしています。


340 :らら(・∀・) ◆MBjH6i85yE :2006/07/27(木) 00:41:31 ID:UtBPeTKt0
たった1回(w
例によってさして反省しとらんな(w

341 :卵の名無しさん:2006/07/27(木) 01:04:50 ID:4CBztZUw0
え??
本当に1度しか覚えがないんだけど・・・
他人の実際ケースの具体例のことだよ?

342 :卵の名無しさん:2006/07/27(木) 01:16:14 ID:4CBztZUw0
でもね、すぐにばれちゃってこんなとこで話題にすな!って叱られたの。
それで ごめん、すまん、って謝ったんだよ。

>>326
「あなた」でしょ?


343 :らら(・∀・) ◆MBjH6i85yE :2006/07/27(木) 07:17:58 ID:UtBPeTKt0
人のしたことには厳しいor過剰要求。
でも自分がやったことは「たかが」そんなこと。

「たった一回」「配慮はしたつもり」「気をつけるようにしている」
あーそーですか。きっとまた気づかずに
同じようなことをやるでしょうね。ってカンジ。

344 :卵の名無しさん :2006/07/27(木) 12:51:32 ID:wPE14zDf0
>>343 

339さんのご期待に添えないのですが別人なんですよw
これでまた、339さんが矛先を向けた当事者は傷ついてるわけです。
自分の基準で他者を語るって、こんなことも含まれるんだと思うのですよ。
他人を叩き台にして自分を正当化するのは常套手段だから
不毛の上に徒労だし、相手にするだけ疲れちゃうんですよ。




345 :卵の名無しさん:2006/07/27(木) 14:31:00 ID:4CBztZUw0
>>344
そうでしたか。。
それ、ケーススタディとして私が勝手にあなたを例を挙げたわけではないんですね?

本人からの書き込みがあり、それについて大勢で議論をしていればどうしても
それについて自分の意見を述べていくことになる、それが議論というものだと思うのです。
ただ、何を主張しているのかということが非常に読み取りにくいそうなので
簡潔に主張を述べる、それに徹するようにしたいと思います。 難しいですね・・・

346 :卵の名無しさん:2006/07/27(木) 16:53:10 ID:P91PKZY60
case steady って?

347 :age:2006/07/28(金) 23:28:38 ID:Qj7N88QV0
age

348 :らら(・∀・) ◆MBjH6i85yE :2006/07/28(金) 23:51:43 ID:t+3poHF10
>>285
>敵対ではなくほんの少しの理解と共感を望んでいますが、「議論」ですか。
>それ 理想とは違い敵対する者をやりこめ潰すためのものでしょう?
>>345
本人からの書き込みがあり、それについて大勢で議論をしていればどうしても
それについて自分の意見を述べていくことになる、それが議論というものだと思うのです。

一回、議論ということばについて定義してみたら?
頭悪すぎ。

349 :卵の名無しさん :2006/07/29(土) 16:06:54 ID:6EK/8rZE0
ららさんって優しい人ですよねー。
この人、メサイアコンプレックスでしょ?
被害者を減らすためにも
ドキュソルさんとあっくんが一刻も早く救済されればいいんですよw


350 :卵の名無しさん:2006/07/31(月) 15:03:34 ID:g4TyTX1a0
ある病院で働く医師から聞いた話。
看護婦は、労働基準をしっかり守って勤務しているというのに、
医師の勤務様態は労働基準法を到底守られていないことに(連続当
直、36時間連続勤務などは当たりまえ)疑問をもち、それをなぜ放置
するのか労働基準監督所に電話してみたとのこと。

そうしたところ、全国の病院長の会合や医師会から、そうした勤務様
態を認めるように指導されていると答えてきたらしい。
本当だとしたら大問題だろう。

医療者側は、最近、小児科や産婦人科医が、過剰な労働の割りに給
料も低いし訴訟も多いということでなり手がなくなり、急激に医師が不
足しつつあると訴え、このまま、医師が刑事告発されることが続けば
「医療崩壊」が進むという言葉をキーワードに、医師法21条(異状死
届出義務)の改正などをマスコミなどに訴えかけている。

しかし、先の話が事実なら、医療崩壊を起こさせている元凶は、刑事
手続きなどではなく、医者側のお偉い連中であり、社会的に責められ
る矛先は、むしろ、法律の不備ではなく、医療者側そものということに
なってしまう。

モデル事業を推進する厚生労働省の本音も、医療ミスを隠すことで、
過剰な労働様態を医師に強いていることで成り立っている厚生労働行
政の実情を揉み消したいと思っているだけで、医者のお偉いとグルな
んじゃないか?という疑念さえ抱きたくなってしまう。

この話の信憑性はともなく、マスコミも、なぜ医者の過剰労働が労働基
準法違反にならないのか、労働基準監督所に聞いてみてはどうだろう?

ぞこから、意外と真実が見えてくるかも知れない。
Yahoo!ブログ - 法医学者の悩み事 やはり矛先が違うのか?
http://blogs.yahoo.co.jp/momohan_1/14836132.html

351 :卵の名無しさん:2006/07/31(月) 21:30:15 ID:V36l6NqZ0
解放運動の抑圧にはまず内部分裂からか。定石だなw

352 :卵の名無しさん:2006/07/31(月) 21:32:34 ID:g7/ra8Ml0
仲間内で足を引っ張り合わせ、自滅に追い込む。

これ政府の常道。

353 :卵の名無しさん:2006/08/02(水) 09:14:21 ID:/wff7jds0
精神医療の崩壊は事実のようだ。
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1153890326/

『統合失調症、社会不安障害、(境界性)パーソナル障害、アスペルガー症候群、ADHD等は
思想統制等のための一種の行政ツールに過ぎず、「本当は存在しない架空の病気」である傾向が強いという説が最近強まっている。』

薬理学的根拠:
  1)不安・不眠等の同様の症状に対しドーパミンD2受容体への作用ベクトルが180度逆の薬剤が両方、使われている事。
  2)欝やADHDで使われる向精神薬(リタリン等)は覚せい剤様の薬剤であり、その中毒症状と統合失調症の症状が類似している事。
  3)統合失調症治療薬の中には糖尿病誘発効果が知られているものがあるが、地域によっては糖尿病死亡率が自然発生では考えにくい傾向を示している事。

社会科学的根拠:
  1)秋葉原等で販売されている盗聴・盗撮機器の累積販売台数は国内だけで数百万個に及んでいるだけでなく、
     従来、幻覚、妄想として処理されていた事象を
     再現可能である事を示唆する新機密技術関連資料が最近、増加している事。
  2)同じく、従来、幻覚、幻想として処理されていた
     集団ハラスメント関連資料(創価学会と何らかの接点がある団体、同和系団体、共産系団体など)が最近、増加している事。
  3)精神医学界による頑なな社会科学論議の拒否
    (特に薬理学矛盾および通信傍受インフラ問題には決して答えようとしない事)
  4)イタリアでは精神病院が既に廃止されている事。英国も全廃を検討している事。
    (当該精神疾患が本当に従来道理で存在するなら、他国でのこのような状況は考えれない)
  5)一卵性双生児にて遺伝性がない事が証明されているにも関わらず、遺伝子研究が行われているのは矛盾している事。
    また遺伝子研究の捏造例(理研)も新聞報告されている事。    


354 :卵の名無しさん:2006/08/02(水) 17:54:27 ID:i2PI4mte0
そのうち、藤山雅行東京地裁判事の「判例にみる 医師の説明義務」、読んだ?
 ってスレが立つかもね
ttp://www.sn-hoki.co.jp/kobetsu.cgi?product=50584

355 :卵の名無しさん:2006/08/02(水) 18:46:30 ID:Y9BK0/NZ0
>>354
これは恐らくネタ満載ですね。
お金払って、買いたくはないですが。

356 :卵の名無しさん:2006/08/02(水) 22:11:14 ID:30KlnoPh0
>>355
こりゃあ、いい本が出た。
「実際の判例と違う嘘が書いてある。」などの理由で藤山を訴えればよい。
そうすると!
自分ならびに自分の所属してる病院の医療訴訟の際には、別件の裁判での被告人=藤山が判事になる事ができないのだ。
裁判官忌避の事由として十分だ。

357 :卵の名無しさん:2006/08/02(水) 22:21:22 ID:0by6kVt70
左の要素の無い医師ロビー団体をつくることですね。

358 :卵の名無しさん:2006/08/02(水) 22:49:21 ID:/+k9VwuZ0
>>356
注文しますた

359 :卵の名無しさん:2006/08/03(木) 11:13:38 ID:EOxeqxaq0
807 名前:卵の名無しさん 投稿日:2006/08/03(木) 01:28:09 ID:YZDHo91s0
フジヤマの著作をコピーして広げ、藤山本人から訴えられる。
→医療訴訟を受けた場合。
→藤山が万一裁判官に選ばれたら。
→「藤山自身が別件の裁判の一方の当事者であり、公正な裁判を受けられない」と申し立てる。
→藤山裁判長の忌避成立
→ウマー

360 :卵の名無しさん:2006/08/03(木) 12:19:19 ID:TwqSo0KFO
「どんと来い!医療訴訟」

「なぜ医師を逮捕しつくさないのか?」

片岡と藤村教授の共著です

361 :卵の名無しさん:2006/08/03(木) 13:17:00 ID:NkWyDUaL0
変な判決だした判事に対して、司法訴訟起こせないの?

362 :卵の名無しさん:2006/08/03(木) 16:34:53 ID:TVRI+7YI0
敵は公務という鎧で守られているからね

363 :卵の名無しさん:2006/08/03(木) 19:09:27 ID:0gNStn0T0
だから結果的に間違った判断(起訴、判決)に対してもお咎めなし。
良い商売だよね。

香具師らは、それだからこそ判断に緊張するみたいな事ぬかしてるけど
そんなの医者だって一緒だっつーの。

364 :卵の名無しさん:2006/08/04(金) 00:31:38 ID:dN7ppA2B0
公務の結果責任を公務員に問えるように法改正する政党に投票します。

365 :卵の名無しさん:2006/08/04(金) 03:22:31 ID:yQQ43aM80
>>356
>自分ならびに自分の所属してる病院の医療訴訟の際には、別件の裁判での被告人=藤山が判事になる事ができないのだ。
>裁判官忌避の事由として十分だ。

例えば、医師26万人で藤山を集団起訴したら、どうでしょう?
藤山は医師相手の裁判の判事になる事が出来なくなりますよね。


366 :卵の名無しさん:2006/08/04(金) 07:47:16 ID:dN7ppA2B0
医療に対して無茶苦茶な判決を出す裁判官を全医師が原告になって
常に訴訟しつづけるというのはいいアイディアですね。

367 :卵の名無しさん:2006/08/05(土) 00:08:19 ID:3Jp8meHF0
元検弁護士のつぶやき
http://www.yabelab.net/blog/2006/08/03-211550.php
2006年08月03日 また医療過誤?

血管挿入ワイヤが心臓に傷、肺塞栓患者が死亡…神戸(2006年8月3日20時45分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060803i113.htm

 神戸市立中央市民病院(菊池晴彦院長)は3日、肺塞栓(そくせん)で搬送された60歳代の
女性の血管内に挿入した金属製ワイヤが心臓を傷つけ、女性は死亡したと発表した。
 兵庫県警は業務上過失致死容疑にあたる可能性もあるとみて、4日にも遺体を司法解剖し
て調べる。

 最近、医療過誤事故に対して警察が介入してくる傾向が強まっているように感じられます。

 警察にもトレンドみたいなものがありまして、他県警の事件が注目されると、我も我もと同
種事件をやりたがる傾向があります。

 しかし、警察の介入が必要だと思われる事故もありますが、そうでもなさそうな事故もあり
ます。

 医療側が(行政も含めて)積極的な対応と取らないと、警察の出しゃばり過ぎを許してしま
うのではないかと心配です。

368 :卵の名無しさん:2006/08/05(土) 20:52:25 ID:8K4fp9WP0
>>367禿同。

「医療崩壊」
注文して買ってしまいました。イパーン人は何も分かってないということ。
やはりみんなで声をあげていかないとダメなんだな。

369 :卵の名無しさん:2006/08/05(土) 22:18:36 ID:l+VgYbMe0
無言で逃散が一番
産科を見てみればわかるが
遅くなれば遅くなるほど辞めにくくなるヨ

370 :卵の名無しさん:2006/08/05(土) 23:57:27 ID:R9AWJoPf0
元検弁護士のつぶやき
http://www.yabelab.net/blog/2006/08/05-234127.php

2006年08月05日 ●地方の医師不足

 今日、同窓会に出席して、ある地方の県会議員をしている友人と話をしたのですが、
医師特に産婦人科の医師不足が深刻であるとのことでした。

 そして、その原因の一つとして訴訟問題があると言っておりました。

 本腰を入れて対策を考えなくてはいけないように思います。

371 :ドキュソルビシン:2006/08/06(日) 00:06:43 ID:2KvJOyhj0
なんか、いまどきそんなこと言ってるのかって感じですけどねぇ〜
まあ弁護士さんの認識はその程度ですかね

372 :卵の名無しさん:2006/08/07(月) 23:45:17 ID:QjPjJJxS0
逃げるが勝ち

373 :惨禍死亡の学生の件:2006/08/08(火) 23:48:56 ID:a9N3MxC40
ほんとうに現状はひどいよ。
実習で回ってくる学生に話聞いても、産科希望なんてほとんどいない。
一人だけ産科志望いたけど、周りの学生達の「おー」というリアクションを見て、
「おれなんか変な事言ったかな??」って顔していた。

君は変じゃない。素直で誠に立派な医学生だ。
でも、ネットあんまり見てないだろ。余計、いい人だなーとオモタよ。

374 :卵の名無しさん:2006/08/09(水) 04:12:28 ID:bDofKb2p0
>>373
その学生、香田証生君に憑依されているよ。エクソシストを呼んで除霊してあげないと大変なことになるよ。

375 :卵の名無しさん:2006/08/09(水) 08:59:44 ID:sAxpCnaY0
俺が入学した頃は基礎志望というと「お〜っ?!マジ?!」って感じで変わり者扱いだったけどな
今は産科がそんな扱いで研究するというとむしろ実情をよく知ってる奴ということになるのか

376 :卵の名無しさん:2006/08/09(水) 11:00:49 ID:RdFtcPMJ0
出産時の事故で障害公的補償制度、医師会が原案を公表 社会 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060808ic27.htm

医師会が役人に助けを求め、役人はそれに否定的というニュース。
いかにも日本らしい。お産と中絶の費用は、自己負担が原則で、保険診療ではないので、
厚生省の言い分にも一理ありそうだ。

本来であれば出産費用を値上げして対処すべきことかもしれないが、そうすれば、高い割
りに事故で死んだと騒がれ訴訟が増えるのが怖いのだろう。だから、医者側も国頼みにな
るのかなと思う。

そもそも、日本の出産費用は安すぎるように感じる。安いだけならまだいいが、欧米に比べ、
無痛分娩などの普及率も低く、日本の産科でのサービスが先進的であるという印象もない
(もちろん事故は少ないほうだが)。

話がそれた、、
分娩約1000回につき一人の新生児が死亡し、1万回につき一人の母親が死ぬ。

難産の末発生する脳性小児麻痺はもっと多いと聞く。

一方で、少子化が叫ばれている中、受精している回数はそれなりにあるようで、日本では、生
まれる前に中絶によって処分されてしまう胎児が多い。

望まれない出産があるなか、望まれる出産があり、望まれる出産の中で事故があると医師が
訴えられ、医師があえいでいる。

変な世の中だと思う。
出産費用の値上げが非難を浴びて怖いのなら、中絶費用の値上げも視野に入れるべきかも
しれない。

Yahoo!ブログ - 法医学者の悩み事 役人頼みの医療者とそれを見放す役人?
http://blogs.yahoo.co.jp/momohan_1

377 :卵の名無しさん:2006/08/09(水) 21:14:32 ID:gRGPpHRY0
簡単なのにな。

診療報酬のうち、

病院(20床以上)の診察料・技術料・手技料を、現行の10倍にする。
これで、人件費(医師・看護師・検査技師・放射線技師・看護助手・事務等)が確保できる。

そのかわり、薬価を現行の半分〜3分の1にする。

これでようやく、国際標準なみ。


378 :卵の名無しさん:2006/08/10(木) 11:10:18 ID:PAlSBhVg0
>>376
出産時の事故で障害公的補償制度、医師会が原案を公表(2006年8月8日23時7分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060808ic27.htm

日本医師会は、出産時の事故で脳性マヒとなった重度の障害者に、医師の過失の有無にか
かわらず補償金を支払う公的な「無過失補償制度」の原案をまとめ、8日公表した。
厚生労働省に同案を提出し、法制化を要望している。
 
このような動きもあるのですね。

 しかし

厚労省は「当事者同士の負担が当然で、国費負担はなじまない」としている。
と突き放しています。

 別エントリで医療側から司法界に対する批判が述べられていますが、厚労省の無為無策
も批判されていいんじゃないでしょうか?
 無為無策というのは私の無知でしょうか?
 厚労省は医療崩壊対策を何かやってますか?


元検弁護士のつぶやき
http://www.yabelab.net/blog/2006/08/09-231256.php
2006年08月09日 ●出産時障害公的補償制度

379 :卵の名無しさん:2006/08/10(木) 11:28:17 ID:0GlL5guD0
>>377
市ね。薬価を下げたら関連業界が困る。
そんなことは絶対に許されない

380 :卵の名無しさん:2006/08/10(木) 16:47:35 ID:A9PHYf390
分娩時の平均料金はいくらくらいですか。30万円だとすると、CP の出産時
保険料だけでパーというか、ただ働きだねー。60万円でも出来ないでしょう。
70万円くらいが、必要じゃないでしょうかー。

381 :卵の名無しさん:2006/08/10(木) 17:00:46 ID:BM2ULq/U0
だいたい今の学生なんて医学部志望の理由は食いっぱぐれないように
ってことで病める人を救いたいとかほとんど思ってない
だからできるだけ楽な科に行きたがるのは当たり前


382 :卵の名無しさん:2006/08/10(木) 17:16:18 ID:7YN3i0Sc0
>>379

功労賞のお役人乙。
天下りのために医療をだめにするつもりか。

383 :卵の名無しさん:2006/08/10(木) 17:17:53 ID:Xl4gs5kq0
役人というより、むしろウハ薬品会社じゃないかな?

384 :卵の名無しさん:2006/08/10(木) 18:36:03 ID:QdOAg2wrO
開業薬剤師とMRは医療業界での嫌われもの
こいつらが薬価を守るために病院バッシングしているしな

385 :卵の名無しさん:2006/08/10(木) 18:41:06 ID:JYjE4Unu0
MRって本当に必要ないからな。
やつらの人件費を全て削除すれば医療と製薬会社の癒着も(少なくとも外見上は)なくなるし
薬価もその分下げられていいことずくめ。

386 :卵の名無しさん:2006/08/10(木) 19:01:43 ID:yLz+FAjq0
すぎやす病院にきたちいきれんけいしつの
なか きよしげ は くせもの
えらいひとにはぺこぺこしている
じむちょうのざをねらっているらしい


387 :卵の名無しさん:2006/08/11(金) 02:54:59 ID:mq1FWzlu0
おお、僻地面白そうだから赴任した俺様が来ましたよ。
着任当初は、やる気満々、
俺ら若い者の時代が来た、って張り切ってたね。
レスにつなぐ、IABP突っ込む、PCPS回すなんて当たり前。
少々のクレームは気にしなかったね。
でも、刀傷が増えると、ちと辛かった。
昼も夜も、救急車が呼ばれるたびに自分が呼ばれる。
2年もすれば、肩を落として院内歩いていたね。
外来で崩れ落ちたこともある。
なにより、屍を拾ってくれそうな若手が全く来なかったこと。
僻地医はピエロだ。
そうして、漏れの僻地戦役は終わったわけだ。チャンチャン。

388 :卵の名無しさん:2006/08/11(金) 05:16:02 ID:gumhL9bf0
>>387
10年前なら「お疲れ様!」
今は「先輩、頭いかれてますね!目障りだから死んでください!」ですね。
馬鹿すぎて笑うしかない。

389 :卵の名無しさん:2006/08/12(土) 07:20:00 ID:wdURPJY20
買って読んでみた。
医療崩壊を食い止めるために、どうすればようかも議論していた。
その部分が賛成できない。
一旦崩壊させて、自費の資本原理主義医療にすべきと思う。
医療技術の見合ったフィーを支払う人だけが医療を受けるべき。


390 :卵の名無しさん:2006/08/12(土) 08:34:08 ID:GPOOItFd0
>>389
今の医療体制の存続を願うところが、ピンぼけだよな。
「立ち去り型サボタージュ」と同じくらいはずしている。
2chの過去ログをまとめて「逃散とは何か」の副題でもつけて売ればそれなりに反響大きいだろうな。
絶好の医者たたきの燃料になるから、ますます逃散がすすんでwktkだな。

391 :卵の名無しさん:2006/08/12(土) 08:48:59 ID:FVfLLy820
医療崩壊がいかんというのが理解できない。
自然の川の流れを逆さにしようということか。
やれやれ。国民皆保険存続は、既存の開業医の権益維持、
厚生労働省、自民党厚生族、ウハ薬品、器材メーカーの利権
温存という意味しかない。国民中心、患者中心で、万人が
納得してうけいれることのできる、投資に見合う確たる成果を
あげる医療を今後構築していくためには
いったん完全崩壊して壱から出直す必要があるのだよ。
医療は祈祷や呪術や冠婚葬祭とは違う根拠に基づく実証科学
として再構築していかねばならん。とりあえず逃散。

392 :卵の名無しさん:2006/08/12(土) 09:10:09 ID:tJaJSqe30
本を書いた頃(昨年末頃?)には、
これほどまでの状況になるとは予測できなかったのでは。

393 :卵の名無しさん:2006/08/12(土) 09:12:32 ID:FVfLLy820
高度医療がありがたいか?ありがたいのか?
そこいらへんをきっちり問いただしたい。
国民ひとりひとりが問うべきですよ。
形ばかりの高度医療を追求するため、安全管理、危機管理を
ないがしろにして技術を追い求めるオタク医療技術集団を駆り立てて、
裏で死の商人たちがわらってますよ。それを国が後押ししてるわけですから。
ただより高いものはありませんよ。国民は進んで生体実験に
投身しつづけているようなもの。人間なら自分の人権ぐらい
自分で守りなさい。

394 :卵の名無しさん:2006/08/12(土) 15:06:19 ID:2Be1rxwp0
崩壊に進む方向の流れは何をどうしようが勝手に進んで逝くのでわざわざ書くほどのものでもないと思われ
イチローがヒット打ってもニュースにならないが一日五回も三振したらニュースになるようなもの

395 :卵の名無しさん:2006/08/13(日) 17:42:02 ID:sG7h1wEI0
多くの人に知って欲しいなら、
本にするのでなく、
webで公開すべき。


396 :卵の名無しさん:2006/08/13(日) 19:35:28 ID:PvtGGYSB0
一応関連スレということで紹介

医療崩壊に対する制度論的対策について
ttp://www.yabelab.net/blog/2006/08/13-152908.php

 すでに、別エントリに対するコメントにおいてもいくつかの有益な意見が述べられているところですが、あらためて
このエントリにおいて意見を集約してみたいと思います。

 ですから重複してもけっこうですので、医療側・患者側双方の反省すべき点を踏まえて、前向きなご意見を
お聞かせ願えれば幸いです。

 また、警察・検察・裁判所に対する意見や批判もお待ちしています。

 このブログは少なくとも何人かの検事は見ています。ひょっとすると何十人かの検事が見ているかもしれません。
 検事が読むことを想定して遠慮なく批判していただきたいと思います。

 別に「制度論」という言葉にこだわる必要はありませんが、くれぐれも「前向き」という姿勢でお願いします m(_ _)m


397 :卵の名無しさん:2006/08/14(月) 00:07:01 ID:+lDYYjMf0
元検弁護士のつぶやき
http://www.yabelab.net/blog/2006/08/13-152908.php
2006年08月13日●医療崩壊に対する制度論的対策について

すでに、別エントリに対するコメントにおいてもいくつかの有益な意見が述べられている
ところですが、あらためてこのエントリにおいて意見を集約してみたいと思います。

 ですから重複してもけっこうですので、医療側・患者側双方の反省すべき点を踏まえ
て、前向きなご意見をお聞かせ願えれば幸いです。

 また、警察・検察・裁判所に対する意見や批判もお待ちしています。

 このブログは少なくとも何人かの検事は見ています。ひょっとすると何十人かの検事
が見ているかもしれません。

 検事が読むことを想定して遠慮なく批判していただきたいと思います。

 別に「制度論」という言葉にこだわる必要はありませんが、くれぐれも「前向き」という姿
勢でお願いします m(_ _)m

398 :卵の名無しさん:2006/08/14(月) 00:41:40 ID:devlasrB0
WebやPDFの画面上でこれだけのまとまった分量を読むのはしんどい。
紙の方が有り難い。

399 :ドキュソルビシン:2006/08/14(月) 01:55:35 ID:Qcd5tE9v0
うむ。人間はまだまだ紙のほうが好き。
というか、そういう点に関してはコンピューターは永遠に紙に勝てない気もします


400 :卵の名無しさん:2006/08/14(月) 22:15:07 ID:w9x+6ruX0
・医薬品業界のぼったくり
・公立系病院での使えない米、痔無
・地方公立病院での箱もの、取引先との癒着

401 :卵の名無しさん:2006/08/17(木) 21:35:45 ID:8KOPCi+U0
名著の呼び声高し

402 :卵の名無しさん:2006/08/18(金) 12:22:11 ID:Hhy5Ns/w0
何故、あの朝日新聞社が出版したのか?

それは、「医療崩壊は中国よりも、アメリカを利する」からである。

朝日新聞にとって、
 中国を利する=善
 アメリカを利する=悪

非常にシンプルな行動原理に従っている。


403 :卵の名無しさん:2006/08/18(金) 12:52:21 ID:Hhy5Ns/w0
中国のメリットは、せいぜい、医療従事者の輸出ぐらい。

しかし、アメリカは違う。
日本人がこつこつと貯めた貯金を、根こそぎ持っていこうとしている。



郵政民営化により、約200兆円の郵貯資金は流動性が高くなる。
そのあたりが狙いか?


404 :卵の名無しさん:2006/08/19(土) 06:40:42 ID:BPskYNA00
おれも今の形の郵政民営化は反対。
でも、郵貯の巨額の金を一部の政治家と役人だけが扱うほうがハイリスクということを考えたら民営化は仕方ないかな?
簡易保険と僻地店舗だけ国税投入なら賛成。

医療行政に限らず、旧国鉄債務、膨張し続ける国債、など高度成長時代に後の世代に負担を押し付けるやり方では破綻する。
むしろ、今までが異常。

405 :卵の名無しさん:2006/08/19(土) 13:55:28 ID:zezuWUBt0
アメリカはメディケアだけでも2003年からの10年間に4000億ドル財政支出を
行う社会保障改革法を実施中だ。この結果、アメリカの財政赤字は66兆ドルに達する
だろうと予想されている。これがアメリカの経済を破綻させるだろうと予測されて
いるが、それでも今のところ、変更の気配はない。
社会保障を削減することに必死になっている日本とは根本的な方向性の違いがある。
日本から収奪するという、収入の当てがあるからだろうねえ。

406 :卵の名無しさん:2006/08/19(土) 14:28:45 ID:xkr1WAcy0
この本に勇気付けられて勤務医がみんなもっと発言するようになるといいよね
まあ、今みたいな専門医・大学病院へのアクセス自由システムはいらないし
医師もすぐには増えないからその点は反対なんだがな。

407 :卵の名無しさん:2006/08/19(土) 14:43:47 ID:3lR2Tspg0
このまま石油価格の高騰と中東情勢の泥沼化が進むと、
アメリカの財政危機に端を発して経済恐慌が起きるという説もあるが・・・

日本はそれでも米国を支え続けるのかな?

408 :卵の名無しさん:2006/08/19(土) 14:50:33 ID:NKw0Gpu4O
朝日で出したこと自体が無知で罪

409 :卵の名無しさん:2006/08/19(土) 15:01:08 ID:zezuWUBt0
世界を多極化し、イスラエルのせいにする http://tanakanews.com/g0331neocon.htm

 ロスチャイルド側がネオコンを通じて実現したいことは、おそらくイスラエルを潰すことだけではない。

 ブッシュ政権は、中東民主化戦略によって外交的信用力を低下させ、ロシアや中国の台頭を招いているほか、
財政赤字を意識的に急拡大させる政策(レーガノミクス)を行い、貿易赤字の拡大を中国のせいにして人民元の
切り上げを要求してドルの基軸通貨としての潜在力を故意に低下させ、ロシアなど産油国のアメリカ離れを
誘発することで石油価格の高騰を放置し、アメリカ経済に(故意に?)悪影響を与えている。

 これらの状況を総合的に分析すると、以前から書いているように、アメリカは軍事的、外交的、経済的に衰退する
傾向にあり、アメリカに代わって中国、ロシア、インドなどが台頭する国際体制の「多極化」が進むと予測される。
そして、こうした多極化の動きも意図して進められているのではないか、ロスチャイルドら大資本家たちは世界の
多極化を望んでいるのではないか、と私は感じている。

 以前の記事にも書いたが、資本家が世界の多極化を望むのは、おそらく、米欧日といった先進国だけでは、もはや
世界経済の成長を持続し切れないからである。国際的に金融を動かしている大資本家にとって、世界は必ず経済成長を
続けていなければならない。そうしないと儲けが増えず、資本の自転車操業体制が崩壊する。先進国以外の国々の
経済成長を誘発するには、アメリカが欧日を従えて形成している従来のアメリカ中心の体制を壊し、世界を多極化する
必要がある。これは1970年代からの傾向である。

410 :卵の名無しさん:2006/08/19(土) 15:22:40 ID:ciLLk5WN0
この本注文して、買って読んだけど、面白かった。

この本に書いていることを理解して、国会やマスメデアで発表してくれる人が
増えないかな。

医系議員はちゃんと勤務医のために活動しているのかな。

411 :卵の名無しさん:2006/08/19(土) 15:27:24 ID:xkr1WAcy0
勤務医のための議員はいません

412 :卵の名無しさん:2006/08/19(土) 15:37:20 ID:DbOLrwWQ0
>>410
国会とかマスコミとか、既存の勢力に頼ってもねえ・・・
自分の保身しか考えてませんからw

それよりも必要な情報は個人で発信するとか、
若手で問題意識のある政治家を自分で見つけていくしかないと思うよ

413 :卵の名無しさん:2006/08/19(土) 15:42:41 ID:xkr1WAcy0
でもねえ、舞鶴の市会議員ちゃんみたいなのしかいなさそうなんだよねえ今日日。

414 :卵の名無しさん:2006/08/19(土) 15:49:58 ID:DbOLrwWQ0
クズな議員しかいない地域からは逃げ出すのもひとつの方法かもなw
逃散を政治的圧力にしてみたり

415 :卵の名無しさん:2006/08/19(土) 19:47:42 ID:FEfkK6UQ0
>>414
舞鶴って、谷垣 次期総理大臣候補の地元じゃなかったっけ。

416 :卵の名無しさん:2006/08/19(土) 19:57:48 ID:FEfkK6UQ0
>>410
医療系ではないが(前外務大臣)、医療のことを考えている有力議員はいる。
http://www.machimura.net/column_a/pages_491.html

ってよく考えたら今は安倍が立ち上げた自民党の医療研究会かなにかにいる
んだっけ。けどこの人選挙に弱いんだよね。

417 :卵の名無しさん:2006/08/19(土) 20:16:15 ID:cT5n5cvK0
立候補すれば次期候補になれるんだけどねw >>田にガキ

418 :卵の名無しさん:2006/08/19(土) 20:31:31 ID:0R0EE4+U0
>>417
立候補する勇気はあるのだろうか。

419 :卵の名無しさん:2006/08/19(土) 20:49:50 ID:cT5n5cvK0
>>418
する気があっても、推薦人が集まらなかったりして。
「整列!右へならえ!勝ち馬に乗れ!」の痔眠党じゃね

420 :卵の名無しさん:2006/08/19(土) 21:22:40 ID:66b5wWAH0
>>416
自民の医療研究会は、いかに医者を締め上げるかの研究をしている悪寒。
勤務医と何とかは搾れば搾るほど・・・

421 :卵の名無しさん:2006/08/21(月) 06:26:42 ID:5zjL098p0
干からびた雑巾絞るみたいなことをしても無意味だっつーのw

422 :卵の名無しさん:2006/08/23(水) 00:09:57 ID:mkiOAR3p0
ついに功労賞が第三者機関の設立に動き始めたらしい。








ちょっち、遅かったな。

423 :卵の名無しさん:2006/08/23(水) 00:17:15 ID:6wvVOdh50
たとえ小松氏を委員会に呼ぶ様なドラスティックなことをしても、最後に法務省とその背後の法曹が
2007年弁護士雇用難問題を背景に財務省と結託して予算を出さないようにするかも

424 :卵の名無しさん:2006/08/23(水) 00:18:32 ID:WltQV5XF0
受付「初診ですか?保険証をこちらに入れてください。」
妊婦「(コトッ)」
受付「えーと、この勤務先は、・・・婦警さんでしたか」
妊婦「え、ええ。」
受付「当院の方針といたしまして、福島県警に勤務されている方に対しては、【高度防衛医療】というコースを施すことになっております。予めご了承いただけますね?」
妊婦「【高度防衛医療】? 何それ。」
受付「現行の医師法と、最近の医療訴訟判例。とくに福島事件と北稜クリニック事件の判例を参考としてリアリズム法学によって当院の法的リスクを・・・」
妊婦「要するに何なのよ!」
受付「・・・、『まぎれもなく適法な医療』と自信を持って言えます。」
妊婦「最初からそう言えばいいのよ。了承するわ。」
   
石「おめでとうございます。いいニュースが2つあります。
  3510gの健康な女の子が無事に産まれました。
  もうひとつ。癒着胎盤の可能性を完全に否定できる知見が無かったので、実は患者様の子宮を切除させて頂いたのですが、これもまた健康であることが」
元妊婦「え。せ、せっι゛ょ 」

425 :卵の名無しさん:2006/08/23(水) 10:25:25 ID:TvbWP9S40
【社会】医療事故究明に第三者機関 厚労省、来春に検討会設置
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1156257451/

426 :らら(・∀・) ◆MBjH6i85yE :2006/08/24(木) 23:53:37 ID:93FUf7Ca0
んもー好きにしたらよろしがな。ってくらい
お役所っていっちゃってますな。。。

427 :卵の名無しさん:2006/08/25(金) 08:32:19 ID:JFIoCgLE0
>>426
お役所仕事やりたいねぇ。
「問診表に空欄があります。総て記入して最後に並んでください」
「うちの担当ではないので○○科の最後に並んで聞いてください」
「説明を聞いて納得したらこの書類、納得できなかったらこちらの書類に記入
して下さい」
「投薬の同意に判子がいります。持っていなかったら処方箋発行出来ません」
「支払いには連帯保証人がいります。その人の判も押して来て下さい」
「手術同意書に不備があります。総て揃えて再提出して下さい。
許可が下りれば手術が出来ます。1ヵ月後にまた来て下さい」
新手の医療費削減だなw

428 :卵の名無しさん:2006/08/25(金) 08:35:17 ID:r2LO3M/u0
NHK総合 8月25日(金) 19:30-20:00

特報首都圏「どうする医師不足 〜500通のご意見から〜」


前回の特報首都圏は良い内容でした。必見だと思います。


429 :卵の名無しさん:2006/08/25(金) 17:25:29 ID:4RrjYjEs0
東京しか見られないのかよ、チェッ
見た人は感想を書き込みお願いしまふ

430 :卵の名無しさん:2006/08/25(金) 21:29:57 ID:pZeuJ4QU0
>>429
これはひどい



以上orz

431 :卵の名無しさん:2006/08/25(金) 21:39:33 ID:wdd+w7qQ0
内容紹介汁!

432 :卵の名無しさん:2006/08/25(金) 21:46:08 ID:CqZkaGJB0
>>431
内容がないよう T_T

433 :卵の名無しさん:2006/08/25(金) 22:01:00 ID:dBuchOIQ0
誰がうまいこと言えと(r

434 :卵の名無しさん:2006/08/25(金) 22:01:30 ID:+tRer48Y0
NHKに寄せられた500通の投書を分析して、そこから番組を作っていました。
投書が中心なので、2chで語られている意見以上のものはありませんでした。
従って、結論は >>432 です。


435 :卵の名無しさん:2006/08/26(土) 07:49:10 ID:G8UpL+xn0
つまり情報伝達・議論の場としての価値

2ch>>>>>>天下のんHK

でFA?

436 :卵の名無しさん:2006/08/26(土) 08:06:50 ID:P7zIvdT/0
この本とは関係ないが、
来月(つまり来週)から、うちでは院内の死亡全件を異状死体として届け出ることになった。
ただの骨折で入院している屈強な若者であっても、すぐ届出できるように
入院時には届出に必要な書類は準備してある。

437 :卵の名無しさん:2006/08/26(土) 08:46:09 ID:ZwqEBhYO0
>>436
院長以下GJ!
提出したら全例解剖を強く希望したれ

438 :卵の名無しさん:2006/08/26(土) 11:39:02 ID:eCKe+B4tO
医療は公共財かサービス業かという話があると思いますが
現状では価格設定の自由のないサービス業と思います。
お客様の不老不死妄想のサービスレベルを求められているから。
公共財にしたいなら、医療の目標を設定するべきです。
例えば65までPerformanceStatus1レベルで生存する。
目標を達成しない国民は金銭などで保障。
それ以上の目的の医療はサービス業としての医療ビジネスに任せる。
こうすれば65歳以下は健康保険料の多くを負担するも利用は半分の15兆円。
現状の制度を守れるかも。
公共財として健康保険を縮小して維持したまま、サービス業としての医療ビジネスを育てるのが厚生労働省に一番おいしいよ。

439 :卵の名無しさん:2006/08/28(月) 20:57:36 ID:P8W30mcv0
医療過誤はありえても(業務上過失)、裁判過誤はありえない。
なぜなら、裁判過誤を裁くところはないからだ。
そもそも裁判官というのは人事以外に関心がない。
そしてその人事は脈々と受け継がれている極右の系譜によっている。
だから、裁判結果が社会に対してどのような影響を及ぼすかよりも、
役職につくためには禅譲によって地位につくことが定石となっている
ため、その役職を勝ち取るために上司にどう思われるかの方が関心事
なのだ。
三好達元最高裁長官。
最高裁長官時代に、司法予算をビール劵に換え、司法記者クラブに配るなど、
マスコミへの接待に使っていた。
http://www.incidents.gr.jp/0209/terasawa020915/terasawa020915.htm
「愛媛玉串料訴訟」最高裁大法廷判決で、「合憲」とする少数意見を述べた。
http://jinja.jp/jikyoku/jikyoku/tamagushi.html
現在、「日本会議」会長。

草場良八元最高裁長官。
1990年(平成2年)2月20日 矢口洪一長官の後を継ぎ、最高裁判所長官に就任。
1995年(平成7年)11月7日 退官。定年の3日前に、村山富市首相(当時)に
会いに官邸を訪ね、後任の最高裁判所長官に三好達判事を推薦したいと切り出
したところ、最高裁判所の判断を尊重すると、草場案があっさり通った。
この人事に関しては、前長官の矢口と現長官の草場との間で確執があったと囁
かれたが、真意は定かではない。草場を最高裁判所長官に決めるにあたり、
矢口前長官が周到に準備したことは杞憂に終わった。歴代最高裁判所長官の人事
について、吉田茂首相が田中耕太郎に固執し、佐藤栄作首相がリベラル派の田中
二郎を排して、保守派の大物石田和外を登用したのと比べ、村山首相は、何とも
安易な判断であったかと指摘されている。


440 :卵の名無しさん:2006/08/28(月) 20:58:21 ID:P8W30mcv0
いよいよ我等がリーダー東京地裁の福田剛久さんが
最高裁の局長になるらしいよ。
だって、福田さんってALS患者の選挙権訴訟で
憲法違反って宣言してくれた人だし当然か。
最高裁で落雷の危険を予見しなかったサッカー部の
引率者に責任を認めたけど、そういう判決の流れを
作った人だよね。
スピッツ犬の医療過誤訴訟で慰謝料など80万円の支払いを
認めるような心優しい人らしい。
本命といっていいね。遅すぎたよ。

441 :卵の名無しさん:2006/08/29(火) 22:01:13 ID:LQD8AeJq0
【昨年3月の死のピーク】
〜2万人弱の大量不自然死の原因を考える〜

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1146800434/682-689
に関して他に説明が可能なら教えていただけないでしょうか?

http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/sokuhou/m2005/12.html
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/s2006/06.html
で昨年の3月だけ確認できる顕著な死亡者のピークは、厳然たる統計的傾向です。

国立感染研はインフルエンザと言い張ってますが、インフルエンザの死亡者は
多い年でも1000人程度。昨年3月のみ4月と比べ2万人近く多めに亡くなっている事の
説明にはなりえないと考えます。 僅か一月でイラク戦争(3年)の米兵死亡者の10倍近く
急死しているのは感染症なら国家非常事態と考えますが、そのような事態はありえないのは
当時のマスコミ報道等を再確認しても明らかです。



442 :卵の名無しさん:2006/09/01(金) 22:36:27 ID:plRMazd/0
2005年04月22日(金) 12時01分
「医療ミス」記事の名誉棄損認めず
=割りばし死亡事故で診察・東京地裁(時事通信)
 東京都杉並区で1999年、転倒した男児=当時(4)=ののどに割りばしが刺さり
死亡した事故をめぐり、診察した男性医師(37)=業務上過失致死罪で公判中=が、
医療ミスと断定する雑誌記事で名誉を傷つけられたとして、「主婦と生活社」に
300万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(小池裕裁判長)は22日、
請求を棄却した。
 小池裁判長は「男児の死因は社会的関心が高く、公益目的だった」と指摘。
「過失を断定しているとはいえず、『ミスを隠ぺい』という表現も相当性を逸脱する
とまではいえない」と述べた。 
(時事通信) - 4月22日12時1分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050422-00000617-jij-soci


443 :卵の名無しさん:2006/09/02(土) 08:43:02 ID:3vz2K1dD0
医者相手なら何書いてもオケーという理解でFA?

444 :卵の名無しさん:2006/09/02(土) 10:12:25 ID:e7P+8h340
民事に関しても多様な国民の意見を反映させることはできないのか?

445 :卵の名無しさん:2006/09/02(土) 13:07:12 ID:i1J+fYmC0
この本、近所の大型書店では品切れだった。それはそれでいいことだと思う。

446 :卵の名無しさん:2006/09/02(土) 22:40:50 ID:daOHwA6o0
>>442
医者たたきは公益に適うそうだ。
社会の味方、マスコミに乾杯!

447 :卵の名無しさん:2006/09/04(月) 20:56:44 ID:5OYwq0xv0
徳洲会にいれば間違いない つぶれることはない巨大組織
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1149928897
http://find.2ch.net/?STR=%C6%C1%BD%A7%B2%F1&COUNT=10&TYPE=TITLE&BBS=ALL


448 :卵の名無しさん:2006/09/05(火) 10:30:46 ID:AeAkRkEG0
Willの10月号にインタビューが出てますね。
しっかしWillって保守系雑誌だよね。
朝日の次はWillって…なんかすごいな。

449 :卵の名無しさん:2006/09/05(火) 12:25:34 ID:CMuLYWtL0
>>447
徳はつぶれないが、支える正直者どもはじゃんじゃんスクラップ状態ですが・・・・

450 :卵の名無しさん:2006/09/06(水) 23:02:12 ID:0jqS0lBN0
なかなか面白かったので紹介しとく。医療経済学者なんて日本にはほぼいなかったからな。

「改革」のための医療経済学 , 兪 炳匡 , \1995

http://d.hatena.ne.jp/Nylon/20060824
http://www.medica.co.jp/shoseki/2006/cre_html/0605000498.html
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4840417598/

>意外に思われる読者も多いかと思いますが、国際的な医療経済学者の間では、
>少なくとも、総医療支出と急性期医療支出(現時点で総医療支出の大部を占め
>る)については、「医療費高騰の犯人探し」はすでに終了しています。
>(中略)
>「犯人」として疑われた5つの要因は、いずれも「小物」であったということです。
>この5つの要因とは、
> @ 人口の高齢化
> A 医療保険の普及
> B 国民所得の影響
> C 医師供給数増加(ないし医師誘発需要)
> D 医療分野と他の産業分野の生産性上昇率の格差
>医療費高騰の主犯格については、「医療技術の進歩」ということでほぼコンセンサスが得られています。

筆者の経歴もなんかすごいな。
1993(H5) 北大医学部卒。2年の市中病院研修の後、1997年 ハーバード大学にて修士号(医療政策・管理学)取得
2002年 ジョンズ・ホプキンス大学にて博士号(PhD, 医療経済学)取得、2002〜04年 スタンフォード大学医療政策センター研究員
2004〜06年 米国厚生省疾病・管理予防センター(CDC)エコノミスト
現在(2006年〜) ニューヨーク州ロチェスター大学医学部 地域・予防医学科助教授(医療経済学)

451 :いのげ ◆9H58yMRzls :2006/09/07(木) 22:24:36 ID:18Kv5Vrf0
>>450
るびしん先生の同級生のよーな気がするんでつけど…

452 :卵の名無しさん:2006/09/08(金) 00:15:06 ID:34eikiDx0
人が死ぬということの責任をたとえ自然死や老衰であっても
そのやりばのない感情をほこ先を医者に向ける。
一般人や裁判官、マスコミ、警察すべてが医者に責任をとらせる。
すごいいきおいで医者が医療現場から立ち去るしかないですね。

453 :ドキュソルビシン:2006/09/08(金) 00:30:45 ID:oRjNQVxB0
ぶっ。

454 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/09/08(金) 03:00:49 ID:hhZoj8R/0
ドキュソルビシン君、
1、↓が本当だと思うなら、あっくんに謝罪、反省をする
2、↓がウソだと思うなら、あっくんを名誉毀損で訴える
3、↓がウソだと思うなら、反論をする
のどれかを選択しなさい。 決して逃げるような事はしないように。

【ドキュソルビシンに関すること 簡略版】ver0.01d

1) あっくんはクズにセカンドオピニオンを依頼。
2) クズは承諾。
3) 良好なメールの4、5通のやりとり。
4) あっくんは主治医からセカンドオピニオン用の資料のコピーを入手。
5) 4)をクズに伝える。
6) しかし、クズからは 3) 以後まったく連絡なし。



455 :卵の名無しさん:2006/09/08(金) 08:19:22 ID:2V3nlyN00
ここですか。有名なコテハンの集まるスレというのは。

456 :卵の名無しさん:2006/09/09(土) 00:20:08 ID:sV8dt28i0
どこの依頼で荒らしに来たの?

159 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.04.09 2022/06/21 Walang Kapalit ★
FOX ★