5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【大麻】医療用大麻ってどうよ?!【マリファナ】

1 :卵の名無しさん:2006/01/08(日) 14:00:24 ID:XvOr9DBs0
欧米では認可、合法化の機運。
日本でもモルヒネなどの麻薬が認可されてマリファナが認可
されないのはおかしいんじゃない?偏見なしで語ろう。

2 :卵の名無しさん:2006/01/08(日) 15:28:37 ID:OxuRh8B60
おかしい。マリファナは体にいい。
それを国が情報操作して偏見を作っているのだ。

3 :卵の名無しさん:2006/01/08(日) 16:18:03 ID:2SW+z9kk0
アックソが登場して駄文を書く



4 :卵の名無しさん:2006/01/08(日) 17:49:38 ID:L5VN7dd50
昨日、白内、緑内障にアワビ貝エキスが効くと新聞広告ででてたけど本当に効くのカイナ?
なんでも緑内障には大麻が最も有効で改善例も欧米ではあると聞く。現在の製薬は副作用
も強いらしい。ここらで実証例があるものから大麻医療解禁なされるべきだろう。

5 :卵の名無しさん:2006/01/08(日) 17:56:10 ID:UrsE1LgM0
多発性硬化症の痛みに使用するとかが考えられる。カンナビスアルカロイド
の誘導体の製品化の研究は、以前イーラーリリーでしていたらしい(ナビロン
という商品名だったが開発は中止された)

6 :ドキュソルビシン:2006/01/08(日) 17:57:42 ID:z8lUCeyHO
あんまし役にたたないんじゃろ?
覚醒剤ですら免許あれば使えるんだし、本当に有益な証拠あるんだったら誰でも認めるよん

7 :卵の名無しさん :2006/01/08(日) 18:00:03 ID:EpPgOB+F0
まりふぁな より タバコ の方が有害というが、、。

8 :卵の名無しさん:2006/01/08(日) 18:39:36 ID:MZCpOysB0
>>7
RCTでもやったのか?

9 :RCT:2006/01/08(日) 19:02:44 ID:EpPgOB+F0
RCTってなに?

10 :卵の名無しさん:2006/01/08(日) 19:14:19 ID:AjOl3kEg0
>>9
Randomized Controlled Trial
無作為化対照試験


11 :卵の名無しさん:2006/01/08(日) 19:36:56 ID:L5VN7dd50
しかし、厚生労働省は鈍いからな・・

12 :卵の名無しさん:2006/01/08(日) 22:00:32 ID:/rRirPvU0
今NHKスペシャルで「日本のがん医療を問う」がやってるけど、
http://www.nhk.or.jp/support/n_spe_2/nhk_special_2.html

日本は痛み緩和ケアの概念がかなり遅れてるみたいだね。(ヤバイ位
日本でもリファナ研究しないとまずいよな、海外では当たり前だから。
話が少しもでないのが不思議、医者も知らない、意識してないのかな?

13 :卵の名無しさん:2006/01/08(日) 22:13:15 ID:/rRirPvU0
などと書いてたらイギリスの多発性骨髄腫の患者がでてきたけど、これはマリファナ医療
がかなり効果をあげているみたいなんだよね。イギリスではマリファナの処方はできない
のかな?しかし、ここで大麻取締法の法の壁って患者の痛みを考えたら撤廃されるべきでは
ないだろうか?

14 :卵の名無しさん:2006/01/08(日) 22:23:46 ID:Cf2Wv4Ma0
>>12
>緩和ケアの概念がかなり遅れてるみたいだね

それは違いますよ
日本は予算が限られていて
しかもその予算を少しでも『戦う』方に向けるという
保険の点数体系になっているんです
自己で負担をすれば十分な緩和ケアを受けられます

15 :卵の名無しさん:2006/01/08(日) 23:04:32 ID:/rRirPvU0
>自己で負担をすれば十分な緩和ケアを受けられます

日本ではどえらい高い痛み止めにモルヒネ(しかも呉市では扱えるのは三割)しかないじゃん。
マリファナの可能性が閉じられているということ。情報、規制両面から。

16 :卵の名無しさん:2006/01/08(日) 23:11:20 ID:Cf2Wv4Ma0
>>15
国の制度の中で物事を行うのは国民の務めですよ
もちろん改善を求めるのも仕事ですけどね
国特有の「縛り」があるからといって
それが「遅れている」という証拠にはならない

モルヒネの除放錠を生活保護者でも使えるこの国は
ある意味世界で一番進んでいるというべき存在です
粉末を末期がん患者に分5・6させる国もあるというのにね

17 :卵の名無しさん:2006/01/08(日) 23:12:57 ID:agChTfGO0
>粉末を末期がん患者に分5・6させる

これは副作用が少なく、いい方法だよ。安上がりで、
包括の場合、病院の持ち出しも減るし。
徐放錠なんて放逐できる。

18 :卵の名無しさん:2006/01/08(日) 23:15:51 ID:xOO4EQBY0
>>1よ。
たしかに大麻が緑内障、MS、RAの関節痛、
AIDS患者の食欲低下、癌患者の化学療法による
食欲低下にかなり効果があるのは認める。その効果に対し、
大麻の副作用が些細なことしかないのも理解している。

しかしここは日本だ。サリドマイドですらマスゴミのせいで使いづらい国だ。

19 :卵の名無しさん:2006/01/08(日) 23:17:18 ID:Cf2Wv4Ma0
>>17
悪い方法とはいわんよ(笑
やってることは除放の「マニュアル作業」なんだしね
でも包括にすることでそれを用いるのは
純粋に「金のための一歩後退」でしょうね

20 :卵の名無しさん:2006/01/08(日) 23:35:37 ID:/rRirPvU0
>>18
>しかしここは日本だ。サリドマイドですらマスゴミのせいで使いづらい国だ。

今日のがん医療(NHK)と同じテーマだね。厚生労働省の規制とケアという概念すら余ない日本、
しかし、最後にケア医、患者さんが言っていた「社会を変革するのは情熱だ!」と言う言葉を忘れ
ないで欲しい。なにのための法律か誰のための国か?

21 :卵の名無しさん:2006/01/08(日) 23:36:45 ID:xOO4EQBY0
あと>>1よ。
マリファナとモルヒネは全く異なるものだぞ。
モルヒネなんて気持ちいいものじゃないだろう。
強い吐き気や便秘などの対策もしなきゃならん。できれば使いたくない。
でも痛みを和らげるため、あるいは呼吸苦をごまかすためにやむを得ず使うものだ。
マリファナにそのような作用があるのか?

あと言っておくが、医療用大麻と嗜好のための大麻は分けて議論する必要があるぞ。

22 :ドキュソルビシン:2006/01/08(日) 23:41:44 ID:NLITwhRv0
>>18

調べてみたらそうですね。ありがとございますです。

23 :卵の名無しさん:2006/01/08(日) 23:48:21 ID:/rRirPvU0
>>21
>強い吐き気や便秘などの対策もしなきゃならん。できれば使いたくない。

それはヘロインと同じ症状だね。僕はヘロインは経験ないが、マリファナの
経験はある。吐き気はヘロインでは通過儀礼的に初体験者が起こすらしいが、
マリファナも経験がない人がやると初めは精神的混乱などがおこる場合がある
が、これらは経験を積むとなくなり、より深いリラックスが味わえれるようになる。



24 :卵の名無しさん:2006/01/08(日) 23:59:01 ID:sIepWjEy0
アメリカでは緑内障や末期がんの痛み緩和に大麻の処方が許可されている。
日本は遅れているね。

25 :卵の名無しさん:2006/01/09(月) 00:03:23 ID:2fB1Ei1n0
>>24
×アメリカでは
○アメリカの金持ちには

26 :卵の名無しさん:2006/01/09(月) 00:05:07 ID:sIepWjEy0
>>25
いや、自宅で栽培すれば無料だから、別に大学生でもやってるが何か?

27 :卵の名無しさん:2006/01/09(月) 00:10:21 ID:FxCLqcpS0
>>26
貴様に尋ねたい。
医療用大麻が使用できないことが不満なのか、嗜好用大麻解禁
への足がかりにしたいのか?

もし後者ならおまえは病に苦しむ人を自分の快楽のために利用しようとしていないか?
本心から病の苦しみから救ってあげたくて医療用大麻の話をしているのか?

聞かせてくれ。

28 :卵の名無しさん:2006/01/09(月) 00:12:13 ID:GukeSLm50
>>25
医療大麻はそれほど高くなく栽培も許されてる。
ドイツ、スイス、オランダ、カナダなどアメリカ以外の国でも合法にされている
ようだね。むしろ、アメリカは厳しいぐらい。カリフォルニアでは1オンス(30グラム?)
ぐらいまでの販売が許されていたと記憶してるが。ただ、昨年最高裁の判決で医療用の販売
も規制されたと聞いた。しかし州市によっては認める判決がでたりして紆余曲折してる感じ。

29 :卵の名無しさん:2006/01/09(月) 00:13:24 ID:UXzF65fS0
>>27
煙草は廃止するべき。あまりに害が大杉。
変わって大麻を合法化するのは賛成。
治療目的なら尚更であり当然と思う。

30 :卵の名無しさん:2006/01/09(月) 00:14:50 ID:2fB1Ei1n0
>>29
クボ塚、次は20階から飛べや。

31 :卵の名無しさん:2006/01/09(月) 00:21:45 ID:rPG5oW8m0
そんなこといったら、リン酸コデインとかセキの風邪薬大概入ってるけど、
少量の「医療用麻薬」といえば確かにそう。でもそれで治っている人結構いるでしょ。
「風邪薬は麻薬だ」ということで、大量に飲めば悪いけど、用法用量を守って、適正少量の場合、
医療目的なら充分合法。・・・だから、風邪薬をお菓子代わりに飲むのはよくないこと。

32 :卵の名無しさん:2006/01/09(月) 00:26:18 ID:GukeSLm50
>>27さんも固すぎ、>>30も偏見を持って語るのはやめよう。

おれは今健康だから嗜好用が合法になれば嬉しいが、医療用も解禁されるべきだと思う。
少なくとも自分が病気になった時には大麻が使用できるなら助かるし、NHKであのような
番組をみたばかりだから尚更そう思う。とかく人間は他人の痛みには鈍感だったり自分が痛く
ないと気づきにくいからね。日本の緩和医療が未発達なのもそんな理由からなんだろうが。
(日本でも戦前だが販売されていた歴史はあるし、人類の長い歴史のなかで大麻は医療に使用
され続けてきた。ただ、麻薬に関する条約によって一律に規制されたようだ。コカイン、ヘロイン
は医療用に使用されてるが。)

33 :卵の名無しさん:2006/01/09(月) 00:27:57 ID:UXzF65fS0
>>28
アメリカも一部の州でも遂に合法化されますた。コロラド州デンバーで。
本当はクリントンが煙草を廃止して大麻を合法化させたがってたんだけど、
彼の任期中は、機が熟してなかったので、その案は潰されちゃったけどね。

【米国】全米初の「大麻所持合法化」−デンバー市[11/04]
1 :筆返しφ ★ :2005/11/04(金) 11:30:51 ID:???

市民の大麻所持合法化 デンバー市、全米初

 【ロサンゼルス3日共同】米西部コロラド州デンバー市で3日までに、
一般市民による大麻の少量所持を合法化する市条例が住民投票で
承認された。ロサンゼルス・タイムズ紙によると、大麻所持の完全
合法化は同国で初めて。

 条例は21歳以上の成人による28グラム未満の大麻所持は刑法上
罪を問わないとする内容。投票者の約54%が賛成し成立した。米国
ではサンフランシスコ市などで、痛み止めなどの目的で医療用大麻の
使用や所持が例外的に認められている。

 デンバー市は規制を一切撤廃したことになるが、コロラド州法は依然、
大麻所持を禁じており、違反者は最高200ドル(約2万3000円)の
罰金を科せられる。

http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/kokusai/20051104/20051104a3440.html

関連スレ
【フランス】「ケシ栽培、合法化を」 仏民間機関がアフガンに提案[10/19]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1129652627/

34 :卵の名無しさん:2006/01/09(月) 00:31:57 ID:UXzF65fS0
>>32
だね。なぜか日本では「大麻は重罪」みたいなイメージが出来上がっちゃってるので、中々
考えを転換させるのが難しいのかな。俺なんて煙草の方が凶悪な麻薬だと思ってる。
それに比べりゃ大麻なんてほとんど無害だし、効能さえある。

35 :卵の名無しさん:2006/01/09(月) 00:34:26 ID:GukeSLm50
タバコも廃止ってのもイヤだな〜。あれも薬草だし効くじゃん。
大量生産の農薬とかのせいでよくないみたいだよ本当は。後、吸いすぎ
おれは一日3本までにしてる。とかくアメリカ人(ワスプ?)はやること
が極端で好きになれない。

36 :もえぷ ◆DJnutOLZGA :2006/01/09(月) 00:36:56 ID:SUTPPu6m0
またやりたいと思うほどのものじゃなかった。どうでもいいお

37 :卵の名無しさん:2006/01/09(月) 00:37:02 ID:rPG5oW8m0
喘息患者です。本当にお願いでつ。たばこやめてください!
たばこを周りで吸っているところで仕事すると、発作が勃発します。
高〜いお薬を毎月買って、ようやくQOL保っているのに台無しです。

肺がんだっていやでしょ。禁煙してください。お願いで津。

38 :卵の名無しさん:2006/01/09(月) 00:46:25 ID:UXzF65fS0
>>35
よくあんな臭いもの出来るね?
俺なんて煙草の煙が流れてきただけで頭がガンガンするし、鼻の中に
よそから流れてきたヤニが残るので不快極まりない。
その点、大麻はちょっと一杯飲んだみたいなものなので壮快。

>>37
わかりますよ、それ。激しく同意!

39 :卵の名無しさん:2006/01/09(月) 00:50:17 ID:rPG5oW8m0
こないだスレたてた”ペインクリニック・普及活動委員会”出てこないかなぁ。

40 :卵の名無しさん:2006/01/09(月) 00:51:20 ID:FxCLqcpS0
>>38
大麻(THC)は気管支拡張作用があると言われるが、同時に大麻吸引が
重度の喘息発作を誘発したという論文もある。

ソースは自分で調べてくれ。

だから何が言いたいのかわからん。

41 :卵の名無しさん:2006/01/09(月) 00:51:40 ID:UXzF65fS0
>>39
そのスレのアドレスごとコピペきぼん

42 :政府報道官:2006/01/09(月) 00:51:59 ID:/JNq/cns0
>>37
同じく!!タバコは全廃すべき。
『もし』健康に良いというEBMがあるならば、医療等にのみ使うべき。
無いと思うけど。
疼痛なら麻薬系にかなわないんだろうし・・・

43 :卵の名無しさん:2006/01/09(月) 00:56:25 ID:rPG5oW8m0
>41 ●●●●ペインクリニック●●●●
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1133089585/l50

44 :卵の名無しさん:2006/01/09(月) 09:20:22 ID:gZFejeIl0
>>40
だから緑内障の治療に使ってはならんどでも言うのか?

45 :卵の名無しさん:2006/01/09(月) 14:30:39 ID:+PUZ7Pe50
>>40
>重度の喘息発作を誘発したという論文もある。

興味あるな。大麻は抗喘息薬としての効能が知られているところだし。
日本でもインド大麻煙草として喘息の特効薬として薬局で売られてた
らしい。

http://www.hemper.com/HEMP/Kusuri/kusuri-right.html


46 :卵の名無しさん:2006/01/09(月) 16:37:05 ID:gZFejeIl0
>>45
なら、尚更大麻は大事だね。

47 :ドキュソルビシン:2006/01/09(月) 21:41:10 ID:wNulimAn0
まあ27の意見がまともだと思うなりね

48 :卵の名無しさん:2006/01/09(月) 23:04:07 ID:KtbIkvhI0
まあ医療用が解禁になるのなら嗜好目的のほうは現行よりもっと厳しく取り締まるべきだな。
どうせこのスレ立てた奴は嗜好目的の解禁の足がかりにしたいゴミだろうがね。
こいつらの存在こそが医療用大麻の足枷になっているわけだ。

49 :卵の名無しさん:2006/01/10(火) 00:22:22 ID:yf/M3kO30
>>48
だからなんでそんな偏見を大麻に持ってるのかな?タバコも少しでたけどココの人は
禁酒法でも作ればいいと思ってるのかな?嗜好にしても大麻も非犯罪化が世界的な潮流
でもあり同時に医療用への解禁も世界的に進んでいるようだが。

50 :卵の名無しさん:2006/01/10(火) 00:26:24 ID:AqcoGs6E0
緑内障治療、わざわざ大麻を導入しなくても、
現行の医薬品&レーザー治療でほぼカバーできてると思うんだけど。

早期発見・早期治療が最重要。


51 :卵の名無しさん:2006/01/10(火) 00:28:47 ID:MO1BVDvT0

大麻の嗜好目的万歳、万歳、万歳!!

煙草の全廃万歳、万歳、万歳!!

>>50
早期発見できなくて手遅れの人も多いんだけど?

52 :卵の名無しさん:2006/01/10(火) 00:29:57 ID:AqcoGs6E0
>>49
偏見も何も、医療人でもなければ、患者でもない、ただのカンナビストが、
医療大麻の正当性を訴えると言う現象が実際に起きてる。
インターネット上の大麻開放系のHPとか、ほぼその流れ。
2ch内の大麻スレでもその傾向がはっきり出ている。

53 :卵の名無しさん:2006/01/10(火) 00:30:16 ID:MO1BVDvT0
まあ優秀な医師の大半は大麻は解禁されるべきと思っておりますので。
東X理3に聞いて下さい。

54 :卵の名無しさん:2006/01/10(火) 00:36:03 ID:AqcoGs6E0
>>51
手遅れも多いなんて分かっとるよ、ボケ。
緑内障による視野狭窄が進んでいて、現行の治療法では無効で、
かつ大麻でのみ効果が期待できるケースってどれだけあるの??

55 :卵の名無しさん:2006/01/10(火) 01:00:39 ID:yf/M3kO30
>>50-54
>現行の医薬品&レーザー治療でほぼカバーできてると思うんだけど。

矢部武「医療マリファナの奇跡」でも読まれたし。それのアメリカの話だが
緑内障患者が大麻クッキーを食べ改善したのだが、犯罪への恐怖感から絶ち
病院へ行き薬剤投与されたが効果はなく11回のレーザー手術で左目を失明した患者
のルポがあったが、右目は手術を断りマリファナ治療で改善したようだ。裁判で
その後、マリファナを政府より支給される権利を受けたようだが。

56 :卵の名無しさん:2006/01/10(火) 01:39:47 ID:0X+8JkQ20
イーライリリーでナビロンというカンナビス誘導体を開発していたのは知っていたが、
さいきんはケンブリッジで生産されているらしい。
http://www.infoshop-japan.com/study/kt30157-cannabinoids.html

57 :卵の名無しさん:2006/01/10(火) 02:12:31 ID:+vFIesNx0
カンナビス誘導体の製剤化のおかげで国内での大麻解禁は絶対にありえないなw
馬鹿な大麻嗜好者たちはせいぜい叶わない夢でも見ていることだ。

58 :ドキュソルビシン:2006/01/10(火) 02:27:01 ID:LnJBzmgA0
きっと楽しみのために吸う、なんて人間がこの世から一人もいなくなれば
医療用の大麻解禁の日は近いのかもしれないですね

59 :卵の名無しさん:2006/01/10(火) 04:46:41 ID:Z9y76xvs0
>>58
世の中から楽しみということが消えてしまえば
医療用の大麻解禁の日は近いのかもしれないですね

60 :卵の名無しさん:2006/01/10(火) 09:51:35 ID:ERBVZBOE0
>>54
どんな痛み止めももう効かなくなった末期患者が大麻に最後の時間を少しでも楽にして
もらえたケースがいくらでもあるよ。万策尽きた患者にとって最後の救い。
まあ>>50みたいな石頭が生きている限り、大麻の解禁は難しいんだろうな。

61 :卵の名無しさん:2006/01/10(火) 11:59:55 ID:apJHINZe0
>>58
本気でそんな事を考えてるストイックな修行者が日本には多いんですなw
人間が何のためにも生きているのか?とか尊厳死やQLO(患者の生活の質)
などが最近言われているが、それだけ日本の医療がそういう人権を無視してきたと言う事
だろうな。最後の最期まで、人間が商品化され製薬会社、医者本意の体制、都合のいいよう
にしか扱われてないからな。

62 :?:2006/01/10(火) 19:47:39 ID:GZUXL3Q10
>>58
「つまり患者は苦しめ」「痛みは極限まで我慢しろ」、とでも?
何の為に?苦しむことがそんなに大事なのか?
そんな事を平気で言える人間は、自分が痛みを経験したことのない、つまり
「人の痛みなど他人事、対岸の火事」のように考えている未熟な人間ですな。

日本はサド社会だからねー。せっかく痛みを和らげる手段があるのに、敢えてそれを
拒否して痛さに耐えるのが美徳とされる文化だからか。
痛み我慢を自慢するみたいな、我慢大会の好きな社会だからか。

63 :卵の名無しさん:2006/01/10(火) 23:06:02 ID:8Zn3MrQa0
>>58
ウイノナ・ライダーが万引きで捕まった時の所持品リストを見て驚いた。
鎮痛剤ばかり。リキッド・ジアゼまで持ってた。アメリカでは金を払えば何でも
手に入るからな。余程痛みが酷かったんだろうね。
>「人の痛みなど他人事、対岸の火事」のように考えている未熟な人間ですな。
そうだよ、そういう医師ばかり。ケタミンさえ知らない人が多かった。大麻が
痛みに効くかどうかは、試したことがないのでわからないけど、麻薬性薬剤
の台帳があるんだから、きちんと管理して堂々と使用できる医療にして欲しい
ですね。

64 :卵の名無しさん:2006/01/10(火) 23:30:24 ID:o1Qv9uih0
>>63
貴様のような阿呆の外道は、苦しみ悶えて滅べばよいのだ。

65 :卵の名無しさん:2006/01/10(火) 23:48:06 ID:pgfFQq/s0
大麻って全ての感覚が敏感になるじゃん、その感覚に集中すると
飯食うと味覚に集中してすごく美味くなるし(食欲増進効果)、音楽聴くと
聴覚に集中してすっげーいい音に聞こえるし、ベッドに横になると重力感じて
沈んでいくし、セックスするとめちゃめちゃ気持ちいいじゃん。
でも鎮痛効果なんてないから痛みは増強するんじゃねーの?ウツはもっとウツに
なりそうだし。

66 :卵の名無しさん:2006/01/10(火) 23:55:57 ID:pWiBBm/f0
なんで麻酔ももともとの意味からもわかるように大麻には鎮痛麻酔効果があるよ。
痛みにフォーカスすると楽になれる。リラックス(拡張作用)があるからね。

67 :卵の名無しさん:2006/01/11(水) 00:11:35 ID:wJZeWPdI0
>>64
貴様のような精神疾患患者は、苦しみ悶えて滅べばよいのだ。

68 :卵の名無しさん:2006/01/11(水) 01:02:49 ID:yxXxhcxI0
>>55
新薬として導入する程のインパクトがあるのか??
代替薬レベルじゃあ、参入は難しいだろ。

69 :ドキュソルビシン:2006/01/11(水) 01:39:30 ID:txGyjgND0
>61、62
そんな風にしか読めないなり??

大麻がそれなりの医学的価値を持っていることは認められてるなり。
あとは世間の機運だが、それはどうしても楽しみのために使うことに対する見方がが絡んできますね。
例えば事実上大麻が自由化されているイギリスでは、医療用大麻を使っている人のうち3人に2人は楽しみのためにも用いている(1)。
オーストラリアではその割合は80%にも達する(2)。

こりゃ結構すごいことなりね。モルヒネなんかの場合楽しみのために使う人なんかほとんどいない。
モルヒネが一般的になった理由の一つには効果の高さもさることながら、楽しみのために麻薬を使う人がほとんどいないことが挙げられるですね。
これがあんた、新宿の裏手当たりに阿片窟とかあってしょっちゅう逮捕者が出たり、医療用のモルヒネが横流されたんじゃ、処方にも勇気がいる。

大麻製剤の効果についてもどれにどのくらい効くかについてはまだ未知数の部分も多い。
例えば2001年のBMJのメタアナリシスでは癌性疼痛に対しては弱い痛み止めであるコデインに決して勝らないとされている(3)。
副作用だってないわけではなく、日常的な使用では精神疾患や肺疾患、心筋梗塞の危険も増す(4)。

それをあたかも大麻が副作用のない万能薬であるかのように言い、今すぐ解禁すべきだと主張するのは他の意図があるようにも見えるよ。
つまり医療用大麻を解禁しようという運動は主に自分が楽しみたいと思っている人々によって推進されているんじゃないかと世間では思われてるんだろね。
実際その通りだろうと、このスレを見ても思う。

そんなんじゃぁ、いつまで経っても世間の潮流は医療用大麻認可の方向には向かんですね。
手っ取り早い方法はそういうrecreational userがいなくなることやね。
本当に患者のために提言する人々の運動になったときにはじめて大きな流れになると思うよん


(1)International Journal of Clinical Practice 59:291, 2005
(2)Harm Reduction Journal 2:18, 2005
(3)BMJ 323:13、2001
(4)BMJ 326:942, 2003

70 :卵の名無しさん:2006/01/11(水) 02:51:13 ID:yxXxhcxI0
>>69
激しく同意。

71 :ドキュソルビシン:2006/01/11(水) 03:19:33 ID:WTA21m+Q0
>63

最近ケタラールが麻薬扱いになったのはあんたらのせいかー!!!

72 :卵の名無しさん:2006/01/11(水) 12:56:12 ID:1AGagdQQ0
>>69
医療用の大麻を楽しみに使うのが、なぜいけないことかからはじめないといけないだろうが

>日常的な使用では精神疾患や肺疾患、心筋梗塞の危険も増す(4)。

それの全てを否定するわけではないがその医学的根拠はわかれるところ。オーストラリア、イギリス
などはその麻薬としての危険性の排除、嗜好品としての市民権、合法化運動によって「楽しぬための権利」
嗜好品、医療用として法律で認められてきた背景があるため、医療、嗜好の線引きが引きにくいとも言える。
例えば、酒は百薬の長などと言われるが、楽しみのための酒が同時に身体にとって薬となるならば(なっているが)
有効に利用されるべきだろう。それは仕事のストレス軽減、潤滑剤でもある。大麻にもそのような日常の嗜好=医薬
の側面があり、(酒ののようなしばしなみられる暴力的志向性はない)酒と同じように個人が適量をコントロールする必要性
はあるだろうが。

>癌性疼痛に対しては弱い痛み止めであるコデインに決して勝らないとされている(3)。

モルヒネ(ヘロイン)、コデイン(コカイン)どちらも薬の王様だが、大麻は麻薬麻酔
(痛み止め)以外の効能も報告されている。それらを総合的に判断しずに法、即規制では医学的
な発展もみられないだろう。







73 :卵の名無しさん:2006/01/11(水) 12:57:27 ID:1AGagdQQ0
続き
>本当に患者のために提言する人々の運動になったときにはじめて大きな流れになると思うよん

recreational user=確かに現在国内法では違反してるわけだから、しかし合法化の機運は世界ですでにあり
アメリカでも住民投票では合法派が多数を占めている。(それはヘロイン、覚醒剤、などとの線引きができての
話であるが)おれが思うのは嗜好用が合法されればいいが、嗜好ユーザー、患者の区別がどこまで可能だろうか?
どちらも市民であり仮に明日よりよい医療権利を受けたいなら医療嗜好と余ににも強調するのは本当に有意義な事
だろうか?医者、患者双方が知識をもち規制を排除するのがこれからの日本でも必要になってくるとは思う。
情報の国際化、HIVの流行からますます大麻医療が必要になるだろうから。



74 :55:2006/01/11(水) 16:33:26 ID:smm8f8bm0
>>55
>左目を失明した患者
右目と左目が反対でした。

>マリファナを政府より支給される権利を受けたようだが。

「コンパネショネート・ユース(CUプログラム)」。CUプログラムとは既存の医療、
医薬品では思うような治療効果が得られないと判断された重症患者に対し、連邦政府が
例外的に治療目的のマリファナ使用を認めるというもの。ムシカさん(その患者)が裁判
を起こした時点で(88年3月)、CUプログラムの適用を受けて連邦政府にマリファナ
治療を認められた患者は18人いた。

 連邦政府が最初にCUプログラムを始めたのは76年で、ブッシュ政権が中止の決定を行う
92年まで続けられた。このプログラムが適用されると、連邦政府から3ヶ月ごとに約300
本のマリファナたばこが患者本人か主治医のところに送られてくる。(矢部武「医療マリファナの奇跡」)


75 :卵の名無しさん:2006/01/11(水) 19:21:54 ID:yxXxhcxI0
なんだ結局嗜好大麻容認派じゃねーかw

76 :ドキュソルビシン:2006/01/12(木) 03:39:29 ID:Jje/e5K00
うーーーん、よく判んないんだけど、
「HIVや癌患者にとって救いの手なんだぞ!!認めないとは非人道的だ!!」と憤ってみせて自分は
「ストレスも病気だもんね。うんうん。おいらは大麻でストレス解消ストレス解消」ということなり??

日常の嗜好を医薬的側面とか言うのは強弁だよ。
医療と嗜好は仮に連続しているとしても、典型的な形では明確に区別できる。


勿論嗜好としての大麻を認めるべきだという意見は尊重するよん。
でもだったら真正面からそれを主張しなきゃ、ね。
医療用に必要だとか言っておきながら、本音は自分が使いたいと言うのでは単に苦しんでいる人々を食い物にしてるだけ。

そんなんじゃ、一般の人はついてこないなりよ。

それより何より大麻が本当に医療的価値が高いものであるならば(ちょっと調べてみた感じでは否定的な意見が多いような)、
こういった嗜好目的の人々が、医療目的の使用を妨げる一因であって困ったもんだということやね。


77 :卵の名無しさん:2006/01/12(木) 13:11:05 ID:UKxUO1WE0
それじゃ自分が不健康になった時にしか、医療用については口をだせないよね。
健康なときに医療用大麻について口をはさむと「何だ?自分が吸いたいだけジャン!」
になってします。。。癌とかエイズになってからだとそんな元気もなくなると思うが。
とりあえず、偏見を持って語るのはやめよう。

78 :卵の名無しさん:2006/01/12(木) 22:18:13 ID:PTnvDiSo0
はぁ?不健康になった時にしか医療に口を出せないってどういうこと?意味が分からん。
みんな、自分が元気かどうかに関わらず、四六時中医療について考えてるが??
医療人なら。

あんたは医療人じゃないの?医師・病院板に出入りしているだけの一般人?
日本の医療について知らないで話してるの?

79 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/13(金) 06:44:59 ID:IjlX5BGU0
つーか、嗜好品としての、タバコ、酒、マリファナ、を有害な順にならべてみてよ、
あっくん無学でわかんないから。

80 :卵の名無しさん:2006/01/13(金) 06:56:44 ID:TGXXgsGeO
大麻認められたらやりたいな。せちがないこの世界の小さな楽しみ

81 :卵の名無しさん:2006/01/13(金) 08:42:31 ID:yPQPUnuZ0
昨日うちに、87歳の一見すごく元気な爺さんがかかりにきた。
10年前のOMIだというんだが、もうかなりの間薬を飲むのを自己中止していた。
でもタバコだけは欠かしたことがないそうだ。
この爺さんにとってはタバコは毒ではないのだと思った。

82 :卵の名無しさん:2006/01/13(金) 11:33:49 ID:eWpiSYAC0
ほーら、医療大麻が結局嗜好品の話しになってる。

83 :卵の名無しさん:2006/01/13(金) 14:18:44 ID:pxpn51Hd0
>>78
一般人がここに来てはいけないのですか?偶然、NHKの討論番組で疑問を持ちきたのですが。。
医療とは患者のためにあるのではないですか?最近、インフォームドコンセプトやセカンドオピニオン
など医療での患者と医師のコミュニケーション、ソフト面が指摘されてますが、やはり日本の医療現場
ではあなたのような医師本位、患者おざなり閉鎖的な関係者が多いのですな。


84 :卵の名無しさん:2006/01/13(金) 19:36:29 ID:DtoSIVKx0
>>76
>ちょっと調べてみた感じでは否定的な意見が多いような

医療でまともな研究がされないのは痛いね。日本では国立大学や外郭団体が政府
から予算をもらって大麻の否定的意見しか出せてないからな。それも40〜50年
前の完全に否定されたアメリカプロパガンダの焼き増しときてるw真実を語れば出世
や予算が下りなかったりするんだろうが・・

85 :卵の名無しさん:2006/01/13(金) 23:08:59 ID:iP34qGZl0
>>72
>>73
あなたは真に頭の良い、きちんとした思考能力を持った人だなと思います。
惰性と偏見で骨髄反応をする人が多いなか、ものごとの本質を冷静に分析している。
きっと非常に優秀な仕事をしている方なのでしょう。

86 :卵の名無しさん:2006/01/13(金) 23:16:33 ID:iP34qGZl0
>>79
悪い順

煙草>>>酒>>>大麻

87 :ドキュソルビシン:2006/01/14(土) 00:00:42 ID:xBcbthdQ0
>>77
「健康なときに医療用大麻について口をはさむと「何だ?自分が吸いたいだけジャン!」
になってします」

などということはないだろ。
日本のモルヒネ使用量は少ない!!と主張しても、自分が使いたいだけだろとか言う人はいないし、
サリドマイドを解禁せよ!!と主張しても、睡眠薬遊びがしたいんだなと非難する人はいない。
何故なら、それらの主張には患者のことを思っている態度が明らかだから。

一方大麻の医療的使用については>>72>>73のように、自分が使いたいんじゃよという態度が露骨な方々が多い。
それがネックやね。

>84
医療の話は基本的には全世界レベルでの話だよ。
少なくとも「真実を語れば出世や予算が下りなかったりするんだろう」みたいな意見のほうが偏見だと思うねぇ

>85
「骨髄反応」??白血球が増えたり、血小板が減ったりするですか???

88 :卵の名無しさん:2006/01/14(土) 00:13:35 ID:sjl6d5X60
>>87
それより日本は覚せい剤と煙草の人気が高すぎて困るね。
大麻を嗜好用にするのは構わないけど、覚せい剤と煙草だけは真面目に取り締まらないと。

89 :55:2006/01/14(土) 00:14:19 ID:7qkxEoPw0

日本では「楽しみ」のためのッセク巣でHIVに感染した患者はまともな治療が受けられない
かな?

>>74
>連邦政府が最初にCUプログラムを始めたのは76年で、ブッシュ政権が中止の決定を行う
92年まで続けられた。

あぁアメリカで現在医療マリファナがまた規制されだされた背景には、HIV感染者の増大
があるらしいからね。つまり快楽セックスを観念的に禁じてるアングロサクソン的倫理も絡
んでるのかも。

90 :55:2006/01/14(土) 00:33:17 ID:7qkxEoPw0
>>87
>何故なら、それらの主張には患者のことを思っている態度が明らかだから。

うんにゃ、違う。モルヒネ、コデインの医療使用がヘロイン、コカインの合法になんら結びついて
いないのは患者のことを思ってではなく、医療用に必要であり、そこになんら疑問を唱える人なんか
表れないからなのでは?現に覚醒剤はヒロポン医療用使用されているが管理、合法化に動くことはないだろう。




91 :ドキュソルビシン:2006/01/14(土) 00:34:02 ID:Y2Xe7+v70
>88
それは嗜好品の話で、医療用大麻の話とは別なりね。


>89
受けられるよ。

あらゆる薬はメリットとデメリットがあるわけでね。メリットが思ったほどでない、とかデメリットが思った以上にあるとかの理由で
薬として認可されなかったり、いったん市場に出ても回収されてしまったりする。
大麻に関しても多発性硬化症をはじめ色んなstudyが行われているが、結構結果はまちまち。あるいは、他の薬を上回る力は見せていない。
少なくとも現時点で有用性が極めて高いとは言えないようですなぁ。

勿論、今後評価が固まって、有用性が確立することはあるだろうけどね。
今の段階で医療用に認めるのは時期が早すぎですな。
(recreational useについては純粋な医学的問題じゃなく社会的な問題なので認める社会があってもいいと思うが)




92 :卵の名無しさん:2006/01/14(土) 00:39:03 ID:rSlZu9bA0
>>86
悪い順

タバコ>>大麻、酒>>女>>筑紫

93 :ドキュソルビシン:2006/01/14(土) 00:43:24 ID:Y2Xe7+v70
>「患者のことを思ってではなく、医療用に必要であり」

????
患者のことを思うこととは、医療用に必要ということとほぼ同義なのでは????

コカインだろうがヘロインだろうが、医療に必要ならば推進する人はいるじゃろ。

94 :卵の名無しさん:2006/01/14(土) 01:49:24 ID:NWDJbk1S0
>>92
同意!!

>>91
ピルの認可に10年かかり、バイアグラの認可は速攻で行われ、大麻がダメって、おかしいし。

95 :卵の名無しさん:2006/01/14(土) 08:21:13 ID:UpPtIO+F0
大麻に限ったことではないが、
既存の薬剤よりも効果が高い、ということが科学的客観的に証明されなければどんな薬も医療用として承認されない。

96 :卵の名無しさん:2006/01/14(土) 15:53:57 ID:GX/rlj0S0
>既存の薬剤よりも効果が高い、ということが科学的客観的に証明されなければどんな薬も医療用として承認されない

大麻が既存の薬剤では直らなかった、緑内障で改善した報告など枚挙に暇がないわけだが。
アメリカの医療大麻合法団体もそれを訴えていたりしているが、なかなか合法にされないようだ。

97 :お増健さん:2006/01/14(土) 16:55:55 ID:1f7rC0xv0
>>96
自己申告のみの「効いた」は一万例あろうともなんの意味もない。
ちゃんと第一相から三相まで二重盲試験をやらんとな。

98 :卵の名無しさん:2006/01/14(土) 16:56:31 ID:/+xrl/Qq0
gb

99 :お増健さん:2006/01/14(土) 16:56:55 ID:1f7rC0xv0
>>96
つか>>95にちゃんと「科学的客観的」って書いてあるじゃないか

100 :卵の名無しさん:2006/01/14(土) 17:43:02 ID:lyc97XB70
>>96
>95はその通りだが
大麻のように規制薬物の場合は
さらにこれを解禁することによる社会への影響も当然加味して検討されるべきものだわな

101 :卵の名無しさん:2006/01/14(土) 19:43:44 ID:QTX2waRD0
新薬としてのインパクトがなさ過ぎる。

102 :卵の名無しさん:2006/01/14(土) 22:22:38 ID:21Qz3wNl0
医療用途なら別に大麻解禁する必要もないしな
カンナビノイド製剤を開発してデータ集めて厚労省に届ければいいだけ
本当に効果あるなら保険収載されるだろ
それなら現行法でも問題なくできるんだし、やってみたら?

103 :卵の名無しさん:2006/01/15(日) 00:49:25 ID:zvEH7hhe0
カンナビノイド製剤は大麻取締法に抵触しないのかな?

104 :卵の名無しさん:2006/01/15(日) 04:29:31 ID:As3QTBhD0
>>103
なら、既に抵触しているべき既存薬品がゴロゴロあるでしょ

105 :卵の名無しさん:2006/01/15(日) 09:50:11 ID:imTFmG8z0
大麻取締法の対象は「大麻草及びその製品をいう」だから
大麻から抽出しないで合成すればオケ
THCは麻向法の指定成分だから麻薬として使うなら問題ない

106 :卵の名無しさん:2006/01/15(日) 15:52:28 ID:fvZvsHxY0
大麻には60種類以上のカンナビノイド(アルカロイドではないため生成できないはず、抽出は別)が含まれていて
そのうちTHCだけでは効果(製剤)では効果が低いという報告もあるよ。

107 :卵の名無しさん:2006/01/15(日) 16:14:34 ID:eW3coHMb0
構造が特定されているのなら、合成できるぞwww
そうやって「あくまで大麻じゃなきゃ意味ない」という立場を取るから、
これだからカンナビストはって言われるんだろうが。
むしろ特定成分を化学修飾してより効果的な成分を探索するのが、
一般的な医薬品開発だがな。


で、最後の行の「効果」の後の(製剤)はどう意味で書いたんだ??

108 :卵の名無しさん:2006/01/15(日) 17:17:04 ID:fvZvsHxY0
活性化合物であるTHCは粘性の樹脂で、酸や塩基(アルカリ)の特性を持たず結晶化
することができない。(マリファナの科学)に書いてあるからだけど、合成には成功してる
みたい。(1967年に)誤解したならゴメン、このスレが終わったら意味ないしw

最後の行は

THCは単独では十分な効果を発揮できない、というのがマリファナ論文を書いて第一号の
オールドリッジ博士の考え方だ。また、合成薬品「マリノール」を試した多くの患者はその効果
に満足できず、結局マリファナを吸うことを好んだ。と「医療マリファナの奇跡」に書いてある
もんだから。

109 :卵の名無しさん:2006/01/15(日) 18:40:08 ID:a9cNo70h0
そりゃ嗜好品としての価値はマリファナの方が高いわなw
それは医薬品としての有用性とは何の関係もないし

MarinolはAntiemetic、appetite stimulantとして認可されてるはずだが
それぞれ大麻吸入と比較して効果が低いというソースはある?

110 :卵の名無しさん:2006/01/15(日) 21:45:03 ID:f/E1dvpe0
マリファナ吸引に日常のストレス軽減などの効果もあるもんだけど。。
もちろん医療用の解禁のほうが嗜好よりもハードルは低くされるべきだが。

ところで日本でも大麻製剤は(認可)使用されているの?あまり聞かないから。

111 :卵の名無しさん:2006/01/16(月) 00:34:37 ID:Di2WZ9QT0
煙で吸引するほうがカプセルを飲むだけよりはなにかいいよね。


112 :卵の名無しさん:2006/01/16(月) 00:42:21 ID:mbV2o1960
結局喫煙形式かよ。
医療について考える気がないのなら、
この板にクソスレ立てんなや。

113 :卵の名無しさん:2006/01/16(月) 00:48:52 ID:diWl1LSI0
煙の方が安く済むだろ。わざわざ抽出とか合成とかしても、しょせんサプリ程度の効果だろ。
そういう抽出や合成の為に、途中で製薬会社を介して無駄なコストをかけるなんて全くバカ。
何事も天然が一番効果が高く安いに決まってる。日本は本当に効率の悪いことを考えてるんだな。

114 :卵の名無しさん:2006/01/16(月) 00:51:17 ID:Di2WZ9QT0
インド煙草として昔は医薬品として売られてたってこと。ヨーロッパでもそのまま植物の
蕾が薬として認可されている。煙で吸ったりお茶にいれたり。
おれみたいにカプセルや薬が化学っぽくて好きになれない人は案外多いんじゃないかな?


115 :卵の名無しさん:2006/01/16(月) 00:57:29 ID:diWl1LSI0
合成だと、アレルギー症状に陥る人もいるかもね。
大麻なんて西洋各国じゃハッピーでフレンドリーでピースフルな存在なのにね。
ビートルズの頃だって60年代のベトナム反戦運動のバークレーとかアメリカ有名大では
大麻は平和のシンボルだった。日本はちょっと世界の流れからズレてると思う。

116 :卵の名無しさん:2006/01/16(月) 00:59:14 ID:diWl1LSI0
煙で吸うのが苦手な人には大麻入りのチョコケーキを焼いたり、
カクテルに混ぜて飲んだりってのも人気だけどね。

117 :卵の名無しさん:2006/01/16(月) 01:02:31 ID:mbV2o1960
日本が世界からずれているとか非難しても、何も変わらないのだよ。
この国でも医療利用への近道は、現行法をいじらなくても使用できる製剤。
それすら分からないなんて、マジメにこの国の医療について
考えられる人がいないみたいだな。

他板からカンナビストが流入してきただけか。

118 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/16(月) 01:20:06 ID:B0nSgqc40
大麻は認めないで、大麻の1成分だけを医薬品として認める、
ってのは製薬会社への利益誘導かもしれないね。

119 :卵の名無しさん:2006/01/16(月) 01:30:20 ID:mbV2o1960
あっくんが現れた。ということは、このスレもこれで終了だな。

>>116
患者さんに大麻を処方して、チョコに入れて焼くか、
カクテルに入れて服用して下さいって指示するのかい?
お話になりません。

>>118
製薬会社はどこも放置してるから、実際は何も起こらないと思うよ。
このスレを見ても分かるとおり、興味を持っているのは、
嗜好品としての大麻に関心を持つ香具師ばかり・・。
上の方で、偏見とか必死になって言ってるのがいるが、
しょうがないだろ、こりゃ。

120 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/16(月) 01:52:53 ID:B0nSgqc40
>>119
>患者さんに大麻を処方して、チョコに入れて焼くか、
>カクテルに入れて服用して下さいって指示するのかい?
それで患者の苦痛が取り除ければ結構な話じゃないか。
どこがまずいんだい?

121 :卵の名無しさん:2006/01/16(月) 02:17:35 ID:mbV2o1960
そもそも、苦痛が取り除かれるという明確なエビデンスがないことを棚にあげないように。
大体「苦痛」とやらが何に対する苦痛かも不明だがな。

誰でも簡便にしようするための洗練された製剤化が求められる時代。
良い薬でも製剤技術がへなちょこだと、事故が発生しうる。ランタスの様に。
不特定多数の患者全てが間違いなく、安全に使用できる医薬品でなければ、
新薬として通用しない。自分ならちゃんと使えるじゃ成り立たないのよ。

法的にも問題。そもそもエビデンスが明確でない。喫煙方式なんてトンデモ製剤。
このままじゃ医療用としては誰も見向きもされないし、実際に現状されていないのにも関わらず、
喫煙大麻の方式を一歩も譲らない主張を繰り返す、患者でもない非医療従事者・・。
一体何がやりたいのですか?全くお話になりません。

嗜好品としての大麻を楽しみたければ、カナダでもオランダでも、
どこでも行って下さい。

122 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/16(月) 02:38:12 ID:B0nSgqc40
>>121
>誰でも簡便にしようするための洗練された製剤化が求められる時代。
はは、そういう態度だから、製薬会社に美味しいところを持っていかれるんだよ。
欧米の医療で、民間伝承の療法を指示する医者はいないのかね?
たとえば、家に帰ったら、米粒10粒を鼻をつまんで飲みなさいとか。

123 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/16(月) 02:46:18 ID:B0nSgqc40
つーか実は
「酒でもタバコでも精神バランス安定の為に有益」
って事実があるのに、
医者の利益につながらないから無視され続けてきた、
って事があるのかも。

124 :卵の名無しさん:2006/01/16(月) 02:48:45 ID:8oVpSvoo0
sage

125 :卵の名無しさん:2006/01/16(月) 03:36:27 ID:diWl1LSI0
あっくんにしては良いポイントを押さえているね。

>>121
>法的にも問題

そもそも何で煙草が合法なのかと小一時間...

126 :卵の名無しさん:2006/01/16(月) 03:44:02 ID:NVLLBoaBO
なんでマリファナにこだわるの?

127 :卵の名無しさん:2006/01/16(月) 03:55:37 ID:diWl1LSI0
そういうスレだから。
ぶっちゃけ煙草を全面禁止したら、安全な大麻に人気が移るのは時間の問題。

128 :卵の名無しさん:2006/01/16(月) 07:20:39 ID:IhPl6l6w0
酒とタバコの規制をもっと強くできるなら
かわりに大麻を税金たんまりかけて規制でガチガチに固めて限定解禁とかならいいとは思う

でもそれと医療用の話はまったく別問題
結局カンナビストがカンナビノイドの医療応用の道を閉ざしてるんだよな

129 :卵の名無しさん:2006/01/16(月) 14:27:13 ID:+fKmiyWi0
>>109
>MarinolはAntiemetic、appetite stimulantとして認可されてるはずだが

ドロナビロールはΔ9-THCに与えられた属名である。マリノールというのは商品
名で医薬品として出回っている。異なる製薬会社で、別の製品名で売りに出される
こともあるが薬剤自体は同じものだろう。(参考 マリファナの科学)


130 :卵の名無しさん:2006/01/16(月) 14:37:49 ID:+fKmiyWi0
>>121
>そもそも、苦痛が取り除かれるという明確なエビデンスがないことを棚にあげないように。
>大体「苦痛」とやらが何に対する苦痛かも不明だがな。

ファイザー製薬の化合物レヴォナントラドール(合成THC誘導体)に対しては1980年代
いくつかの臨床試験が行われた。その結果これは鎮痛剤としてモルフィネよりはるかに大きな
効果を示すことがわかり、化学療法中のがん患者の悪心や嘔吐の抑止に効果を発揮した。
しかし、精神活性的な作用には受け入れがたいものがあることもわかり、同社では以後この研究
を断念することになった。(Dr.KenKoe口述)以上マリファナの科学




131 :卵の名無しさん:2006/01/16(月) 14:58:08 ID:+fKmiyWi0
>>121さんの意見よくわかるけど。

>喫煙方式なんてトンデモ製剤。

THCの経口摂取は、一定量の薬剤を体内に取り込む方法としては吸引より
はるかに信頼性のひくいものである。THCは消化管からうまく吸収されるものの
そのスピードは遅く予想しがたくTHCの血中濃度が最大になるのは1〜4時間後、
また、個人によって大きな差がでる(肝臓にある代謝酵素の違い)。また、同じ
人間でも、直前に食事を摂ったかどうかや、食べ物に含まれる脂肪の量によっても違ってくる
(マリファナの科学は、賛成、反対の立場でなく科学的な立場にたって、客観的に大麻を扱ってます)

つまりマリファナは煙で吸引するのが一番利にかなってるようだよ。連邦政府はジョイント(巻きタバコ)
で配布してたけど、ジョイントは効果も早くまたコントロールしやすい。
何もドラッグを煙で吸いたいから言ってるわけではなく、何か医療マリファナは
二重三重の意味で不自然なんだよね。効果はあるのだが法のために利用できなかったり、
栽培すればいいものを製剤にしたり、煙吸引にすればいいものを経口にしたり。
タバコの葉っぱがあって、食べろといわれても嫌でしょ?



132 :卵の名無しさん:2006/01/16(月) 15:13:18 ID:+fKmiyWi0
>>129
>薬剤自体は同じものだろう。→同じもの。

133 :卵の名無しさん:2006/01/16(月) 18:48:05 ID:mbV2o1960
>>131
エアゾール製剤にしたっていいんだぞ。

134 :卵の名無しさん:2006/01/16(月) 19:07:40 ID:VhlDdQ240
>>133
だからそのまま草で吸えるのもをわざわざ製剤にすると金ばっか高くなるんだわ。

135 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/16(月) 19:19:23 ID:B0nSgqc40
>>115
>ビートルズの頃だって60年代のベトナム反戦運動のバークレーとかアメリカ有名大では
>大麻は平和のシンボルだった。日本はちょっと世界の流れからズレてると思う。

いや、大麻は平和のシンボルじゃなくて、反体制のシンボルなんだと思う。
だから、体制側の人間は、医療用大麻、嗜好用大麻、共に認めたくないんだと思う。

136 :卵の名無しさん:2006/01/16(月) 21:56:15 ID:Rb4iNMMX0
>>129
DronabinolがMarinolの一般名なんてことは知ってるよ
>>109で聞いてるのは医薬品として認可されてる適応で合成THCであるMarinolより大麻吸引の方が効果が高いといえる根拠はあるのかってこと
ここで問題としてるのは医薬品としての有効性だからね、患者がどちらを好むかって問題じゃない
できれば一次資料で出してくれるとうれしい

>>131>>134
医薬品てのは品質保証がされてはじめてそう呼べるのであって
品質が管理されてないものは薬理作用を持ってるものでも医薬品とはいえないものなの
だから大麻を医薬品として使いたいなら製剤化する必要があるわけ

137 :卵の名無しさん:2006/01/16(月) 21:56:23 ID:mbV2o1960
>>134
はいはいw別に良いですよ、その主張で。
医療大麻の話しはそこからは一歩も進みませんから。

138 :卵の名無しさん:2006/01/16(月) 22:18:11 ID:WzFFrb8o0
>>136
>合成THCであるMarinolより大麻吸引の方が効果が高いといえる根拠はあるのかってこと

だから、>>131にあるように経口摂取は効果が個人によってバラつきがあるって書いたじゃん。
>>108オールドリッジ博士の論文や(THC単一では効果が低い)「マリファナの科学」を読めば◎

>だから大麻を医薬品として使いたいなら製剤化する必要があるわけ

ヨーロッパでは大麻の雌(バッズ)が医薬品として売られている。戦前でも大麻煙草
という形で日本でも売られていた。確かに品種によって効果にバラつきはでるだろうが
それは製薬会社が管理すればいいだけのはなし。


139 :卵の名無しさん:2006/01/16(月) 22:50:13 ID:Rb4iNMMX0
>>138
ソースは主張する人が出してくれないとディスカッションになりませんな
>>131は別に経口に比べて大麻吸引の有効性を立証してるわけでもないし、比較試験のデータは出せない?
それにエアロゾル製剤や経皮吸収剤ならいいのかな?

それと具体的にヨーロッパのどこの国で大麻を医薬品として認可してるのか
認可のソースを教えてください

140 :卵の名無しさん:2006/01/16(月) 23:02:45 ID:Rb4iNMMX0
あと、生薬全般に言えることだけど生薬の品質は品種だけじゃなくて
育て方や育てる土地、その年の天候、気温、降雨量なんかに大きく左右されるもので成分含有量が大きく異なってしまうもの
だから医薬品として生薬を作ってるメーカーは栽培農家を特定して、その上で収穫ごとに成分含有量を測定して成分抽出の際には出来具合にあわせて調整する手間をかけて作ってる
そうしてやっと医薬品として安定した品質を保証できるものなの
だから葉っぱをそのまま売るみたいないいかげんなものを医薬品として認めるなんて少なくとも日本では無理な話
日本は国民性から医薬品の基準が他国より特に厳しいからね

141 :卵の名無しさん:2006/01/16(月) 23:45:05 ID:4YZseN7G0
>>139
ソース、ソースってわがままなお子ちゃマか?だから、内容だしてるでしゅ。
>それにエアロゾル製剤や経皮吸収剤ならいいのかな?
いいけど、ないだろ?大麻はアルコールなら溶けるが。水溶性はないからね。

医療大麻を考える会
http://iryotaima.org/itjoho/sekai.html

少しは自分で調べろよ。




142 :卵の名無しさん:2006/01/16(月) 23:57:32 ID:mbV2o1960
エアゾールの研究自体はあるよ。大麻自体ではなく、特定成分のだがな。
ってかエアゾール剤の多くは、アルコール製剤であることも知らないで、何が調べろだよ。

勉強しろと出したソースが、
カンナビスト総本山的HPだもんな。
やっぱりお話にならなんな。

143 :卵の名無しさん:2006/01/17(火) 00:06:49 ID:YCOnPioH0
>>130
>精神活性的な作用には受け入れがたいものがある

パーキンソンの薬の中には、副作用として鬱病的傾向になるものもある。
にもかかわらず受け入れられているのだから、大麻を使った結果、精神的に楽観的になるのは
むしろ鬱になるよりはマシかと。

144 :ドキュソルビシン:2006/01/17(火) 00:07:56 ID:ctsiFv+20
>>130

うーーーん、ちょっと違うなぁ。
確かに、マウスの実験においてlevonantradolは同じ量あたりの鎮痛効果はモルヒネより優れていることが示されています(1)。だが問題はヒトに対して臨床的に用いられる用量での効果ですね。
そういう意味ではその薬剤はほとんどまともな鎮痛効果は示さない。BMJの言葉を借りれば
In the two postoperative pain trials levonantradol was superior to placebo but no more effective than codeine.
(二つの術後疼痛に対する前向き試験でレヴォナントラドールは偽薬よりも優れているが、コデインに比べると有効でなかった)
they are unlikely to have a place in acute pain treatment.
(カナビノイドは急性の疼痛に対する治療において役に立つ可能性は少ない)

それに比べて、化学療法の吐き気に対する効果のほうは見込みがあり、いくつかの臨床試験が組まれて有効性が示されています(3)(4)。
だがそれも1980年代前半までの話。現在用いられる5-HT3 receptor antagonistが1980年代後半に出現して以来カナビノイドはめっきり主役の座を外れています(5)。
というのも吐き気を抑える効果、副作用の発現頻度どちらもがあまりにも違いすぎるから。

(1) http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=pubmed&dopt=Abstract&list_uids=7197690&query_hl=3&itool=pubmed_docsum
(2) http://bmj.bmjjournals.com/cgi/content/full/323/7303/13
(3) http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=pubmed&dopt=Abstract&list_uids=6352278&query_hl=25&itool=pubmed_docsum
(4) http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=pubmed&dopt=Abstract&list_uids=6467496&query_hl=27&itool=pubmed_docsum
(5) http://bmj.bmjjournals.com/cgi/content/full/323/7303/16


145 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/17(火) 00:19:07 ID:EJiXJ0j60
患者にマリファナを直に吸わせたペーパーはないの?

146 :卵の名無しさん:2006/01/17(火) 00:22:35 ID:NuJt0HwS0
>>145
喪舞は勝手に自分で手に入れて自己責任で吸うとれ、このカスが。

147 :ドキュソルビシン:2006/01/17(火) 00:24:26 ID:JUBgZKGg0
なお、Cannabinoid一般が疼痛管理において今後全く役に立たないというわけではなく、
CB1レセプターやCB2レセプターに対する選択性のコントロールなどにより単剤で、あるいはモルヒネとの併用で疼痛をコントロールしようという研究は色々行われています。
(http://www.nature.com/bjp/journal/v147/n1s/full/0706406a.html)

だが、それはまだまだこれからの話。
現時点では疼痛管理において有用性が確立しているcannabinoidはなく、
まして大麻そのものの有用性は(一部の声高に主張している人の意見とは逆に)全く示されていないと思いますです。



148 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/17(火) 00:27:51 ID:EJiXJ0j60
CB1レセプターやCB2レセプターだのややこしいこと言わないで、
100人の疼痛を訴える人にマリファナを吸わせて、10人でも
疼痛が緩和されれば結構な話なんじゃないの?

149 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/17(火) 00:30:12 ID:EJiXJ0j60
抗ガン剤には甘いけど、マリファナには厳しいのか?w

150 :卵の名無しさん:2006/01/17(火) 03:58:45 ID:YCOnPioH0
>>133
結局、製薬会社を儲けさせたいだけだよね?
自然のハッパのままが添加物もパッケージ偽装のリスクも何もなくて一番安全だし安心
だし、廉価

>>96
すでにアメリカでは一部の州で合法化されたよ

>>135
いや、アメリカでは大麻愛好者が何万人と集まるバンドのコンサート(Greateful Deadとか)
とかがあるんだが、Peace という文字と大麻の絵が書かれたTシャツが売られてるのが一般的。
カリフォルニアのベニスビーチとかも、そのメッカ。世界からの観光客に人気のTシャツだよ。
大麻と世界平和のイメージは切っても切れない関係。

>反体制のシンボルなんだと思う。
>だから、体制側の人間は、医療用大麻、嗜好用大麻、共に認めたくないんだと思う。

確かにそれは大きな反対理由のひとつなんだろうね、きっと。

>>139
英語のソースを探してよ、アメリカの一部の州でもエビデンスに基づいて合法化されたんだから。



151 :卵の名無しさん:2006/01/17(火) 04:20:16 ID:YCOnPioH0
>>149
だね。

152 :卵の名無しさん:2006/01/17(火) 07:21:11 ID:tbQTPNUN0
>>141
何かを主張するときには何故自分がそう思うのか前提となる根拠を提示して立証できなくては誰も聞いてくれないよ
ただわめくだけなら子供と同じ

>内容だしてるでしゅ
だからその内容があなたの主張の根拠となりえないと言っているのですが

>>それにエアロゾル製剤や経皮吸収剤ならいいのかな?
>いいけど、ないだろ?大麻はアルコールなら溶けるが。水溶性はないからね。
つまり合成THCより大麻吸引の方が薬理作用として効果が高いわけではなく経口による初回通過効果の問題であって、つまり合成THCがそれ単独であるかどうかが問題ではなく
初回通過効果を回避できるならまったく問題ないってことでいい?

153 :卵の名無しさん:2006/01/17(火) 07:32:34 ID:tbQTPNUN0
>>150
>アメリカの一部の州でもエビデンスに基づいて合法化されたんだから
>>138はヨーロッパっていってるけど
それにアメリカでもFDAが医薬品として認可したわけじゃないはずだが
大麻取り締まりの規制緩和のはず

もし日本でも大麻の規制緩和して一般に大麻が定着したら病院でも治療の一環で大麻を利用することはありうると思うよ
でもそれと医薬品の認可とは別の話

154 :卵の名無しさん:2006/01/17(火) 17:23:55 ID:A23XYkN/0
>>153
【米国】全米初の「大麻所持合法化」−デンバー市[11/04]

市民の大麻所持合法化 デンバー市、全米初

 【ロサンゼルス3日共同】米西部コロラド州デンバー市で3日までに、
一般市民による大麻の少量所持を合法化する市条例が住民投票で
承認された。ロサンゼルス・タイムズ紙によると、大麻所持の完全
合法化は同国で初めて。

 条例は21歳以上の成人による28グラム未満の大麻所持は刑法上
罪を問わないとする内容。投票者の約54%が賛成し成立した。米国
ではサンフランシスコ市などで、痛み止めなどの目的で医療用大麻の
使用や所持が例外的に認められている。

 デンバー市は規制を一切撤廃したことになるが、コロラド州法は依然、
大麻所持を禁じており、違反者は最高200ドル(約2万3000円)の
罰金を科せられる。

http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/kokusai/20051104/20051104a3440.html

関連スレ
【フランス】「ケシ栽培、合法化を」 仏民間機関がアフガンに提案[10/19]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1129652627/

155 :卵の名無しさん:2006/01/17(火) 17:28:13 ID:A23XYkN/0
"Medical" Marijuana - The Facts

Medical marijuana already exists. It's called Marinol.

A pharmaceutical product, Marinol, is widely available through prescription. It comes in
the form of a pill and is also being studied by researchers for suitability via other
delivery methods, such as an inhaler or patch. The active ingredient of Marinol is
synthetic THC, which has been found to relieve the nausea and vomiting associated with
chemotherapy for cancer patients and to assist with loss of appetite with AIDS patients.

156 :卵の名無しさん:2006/01/17(火) 17:30:17 ID:A23XYkN/0
Medical Marijuana: Sativex Wins FDA Approval for Trials in US 1/6/06
http://stopthedrugwar.org/chronicle/417/sativex.shtml
GW Pharmaceuticals, the maker of the sublingual, cannabis-based spray medication Sativex,
announced Wednesday that it won US Food and Drug Administration (FDA) approval to
proceed with Phase III clinical trials of the drug's efficacy in patients suffering from pain
from advanced cancers. The FDA has accepted GW's bid to study the drug under its
Investigational New Drug (IND) program.

Sativex is already on the market in Canada and has been approved for use in Spain

157 :卵の名無しさん:2006/01/17(火) 17:41:53 ID:A23XYkN/0

ロードアイランド州 
  医療法大麻許可でアメリカ11番目の州へ

これで全米で医療用大麻を許可した州は、アラスカ州、カリフォルニア州、コロラド州、
ハワイ州、メイン州、モンタナ州、ネバダ州、オレゴン州、バーモント州、ワシントン州、
ロードアイランド州となった。

January 03, 2006
Medical Marijuana Approved in R.I.
by Last Night in Little Rock

Medical marijuana was approved in Rhode Island today
Rhode Island becomes the eleventh state to legalize medical marijuana, according to a
NORML e-mail:

Rhode Island joins Alaska, California, Colorado, Hawaii, Maine, Montana, Nevada, Oregon,
Vermont, and Washington State in protecting sick and dying patients who find relief in
medical marijuana.
Only three states have done it through the legislature. The other states have done it by
initiative petition.


158 :卵の名無しさん:2006/01/17(火) 18:42:11 ID:A23XYkN/0
マリノールMarinolは処方箋で薬局で購入できる大麻錠剤で、現在は吸入式やパッチ式
も開発中。主な用途はキモセラピー中に吐き気をもよおす癌患者や、食欲不振のエイズ患者用。

また、既にカナダで販売が始まりスペインでも認可の降りた大麻スプレー剤
サティベックスSativexは、進行した段階の癌患者の苦痛をやわらげる効果を見るためとして、
米FDAより医療用第三試験段階使用の認可がおりた。

159 :卵の名無しさん:2006/01/17(火) 19:00:38 ID:B9qq40Eh0
>>152
>つまり合成THCがそれ単独であるかどうかが問題ではなく

それも問題の一つだと思う。薬が単体では効果が低いってこともあるからね。

>初回通過効果を回避できるならまったく問題ないってことでいい?

その個人差は致命的かも?マリノールはその内容量に三段階あるけど。
しかし、煙吸引を嫌がる心性はフロイト的にみるならそ神経症かもな。
「エディプスコンプレックス(母親への近親相姦愛)」には、性的発達の
中に含まれるサディズム的要素、治療者によせる患者の憎悪的愛情(感情転移)
などがあるみたいだから。
幼児期における口淫性愛に関わるイメージも喫煙にはあったような。
生まれてすぐママと切り離され母乳がいつももらえずその恐怖症とかw
(煙がリラックス、快楽、オボロゲなど無意識にイメージできないかな?)
ガンギがラメな抑圧された医療関係者の姿がみえます。


160 :卵の名無しさん:2006/01/17(火) 20:21:12 ID:A23XYkN/0
まあ煙が一番確実ってことですな。

161 :卵の名無しさん:2006/01/17(火) 22:34:45 ID:DAJ4w/oE0
「大麻取締法第4条2 大麻から製造された医薬品を施用し、または施用のために交付すること」
(第24条3の2 第4条の規定に違反して、大麻から製造 された医薬品を施用した者は5年以下の懲役に処する。
営利の目的で前項の違反行為をした者は、7年以下の懲役に処し、または情状により7年以下の懲役及び200万円以下の罰金に処する) 
「大麻取締法第4条3 大麻から製造された医薬品の施用を受けること」
 医者が患者に処方してもいけないし、また、患者が医者から薬をもらっても罰せられるという法律なのである。第4条の3で、
わざわざ「患者が大麻から製造された薬を処方されてもいけない」と念を押してあるのは、モルヒネなどの麻薬でも医者なら処方できるため、
患者を罰するぞと脅迫しているわけである。
 このように日本では医者が純粋な臨床試験すらできないようになっており、当然、実際的研究もできないのである。
http://www.taimado.com/kaihou/gaikoku/gaikoku.html

日本の現状はまるでダメ。製剤すら認可おりてないでしょ?

162 :卵の名無しさん:2006/01/17(火) 22:46:16 ID:vFIAcj7Q0
何で日本ってこんなに融通の利かない石頭の国なんだろう?
日本はいつも何をやるのも一番ビリなんだけど、いったん火が付いたら一気に全面的に
飛び火して、今度はそれに追従しないと時代遅れみたいな扱いになる変わった文化だからね。
アメリカで良い点は、できるだけ多くのオプションを提供してくれることだね。
新しいことを恐れずにどんどん積極的に試す、そういう伝統があるね。
そのために実験的な薬も多いんだが、それもちゃんとリスクなどや不明な点などを
細かく情報開示して、それをきちんと説明した上で自己責任で使うかどうか決めさせる。
それがかえって多くの人を助ける結果になっている。一種類の薬で全員に効くなんて
そんな簡単なケースは少ないんだし、人の体質や状況なんてまちまちなんだから
オプションは多く有ればあるほど、可能性は増えるのに。

163 :卵の名無しさん:2006/01/17(火) 22:47:30 ID:vFIAcj7Q0
157 名前:卵の名無しさん :2006/01/17(火) 17:41:53 ID:A23XYkN/0

ロードアイランド州 
  医療用大麻許可でアメリカ11番目の州へ

これで全米で医療用大麻を許可した州は、アラスカ州、カリフォルニア州、コロラド州、
ハワイ州、メイン州、モンタナ州、ネバダ州、オレゴン州、バーモント州、ワシントン州、
ロードアイランド州となった。

January 03, 2006
Medical Marijuana Approved in R.I.
by Last Night in Little Rock

Medical marijuana was approved in Rhode Island today
Rhode Island becomes the eleventh state to legalize medical marijuana, according to a
NORML e-mail:

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

158 名前:卵の名無しさん :2006/01/17(火) 18:42:11 ID:A23XYkN/0
マリノールMarinolは処方箋で薬局で購入できる大麻錠剤で、現在は吸入式やパッチ式
も開発中。主な用途はキモセラピー中に吐き気をもよおす癌患者や、食欲不振のエイズ患者用。

また、既にカナダで販売が始まりスペインでも認可の降りた大麻スプレー剤
サティベックスSativexは、進行した段階の癌患者の苦痛をやわらげる効果を見るためとして、
米FDAより医療用第三試験段階使用の認可がおりた。

164 :ドキュソルビシン:2006/01/18(水) 02:34:41 ID:m7pdXdJi0
Sativexがアメリカで第3相試験ですか。さんきゅなり。
有効性が示されればいいですね〜。少しでもいい薬が認められることは患者さん達のためになりますからね。
特にオピオイドで取り切れない痛みなんかは苦労しますし。

それにしても159や162みたいな意見を読むと頭痛くなってくるのはおいらだけでしょうか・・・

165 :卵の名無しさん:2006/01/18(水) 02:59:29 ID:ZIGVB+/L0
>>159
精神分析理論の正しい駆使のしかたの、その初歩の初歩から出来ていないな。
学び直せ、一からだ。

166 :モカ ◆mocca/dqrM :2006/01/18(水) 08:45:15 ID:z3scOvss0
王子、あっくん、おひさなり。
えっと、マリファナ話を書きまつ。
某大手衣服メーカーのファイナンス部署に7年勤めている
友達の直属上司のお話しでつ。

その友達と私は1999年に出会いました。
その年の終わりに彼女から、とある相談を受けました。
「30代後半女上司がどうやら勤務中にマリファナをやっている模様。だけど、その女性はバリバリ仕事をこなしているし、
第一確かな証拠が無いので、社内の誰にも相談出来ない」と。

その2年後。2001年、彼女は強い確信を持って私に言いました。
「やはり1日に何度かトイレに行ってマリファナをやっている。
トイレ後の上司は、一段と目を輝かせて、部下に仕事をもっとやれ!
と葉っぱをかける。でもやはり誰かに伝えようと思えない。
彼女は独身で生みの両親も無くなっており、
仕事だけが生き甲斐の様な人だから」と。その上司は
使うべき有給も取らぬ上、毎日沢山のコーヒーを飲みながら
残業をするという、ワークフォリックとの事でした。

そんな生活を続けてさらに4年が経ち、2005年の事。
もともと痩せていた上司でしたが、以前にも増してガリガリになり、
結果、部署の誰もが「彼女はおかしいのではないか?」と
思うようになりました。そんなある日その女性は社内で倒れてしまい、社内の人達の強い勧めで、病院へ行く事になりました。
結果は末期の胃がんでした。
それから1ヶ月半後、去年の終わりの事です。
その方はお亡くなりになりました。

167 :モカ ◆mocca/dqrM :2006/01/18(水) 08:46:04 ID:z3scOvss0
友達はこう解釈していまつ。
女上司は、ガンを煩いその進行途中でさえも
マリファナの効能の為、痛みに気づく事が無かったのではないか?と。
(そうなのでしょうか?)

私、思うのでつが、
マリファナは古くから薬用ハーブとして使われてきたし、
中毒性が無いのでタバコより安全だ、と言う人が多々いまつが、
本当でしょうか?
今回の事で、きっと依存性はあるんだろうなとは思ってまつ。
精神的に1度頼ると癖になると云うか。
これが無いと上手く生きられないと感じるのかなあ、と。
なので、慎重に扱われるべき薬なんだとは思いまつ。

長文、すみません。
ホント最近驚愕した話しだったので書かせて貰いまつた。では。

168 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/18(水) 09:23:35 ID:7yAljBMy0
健常者が逃避でマリファナを使うのはもっての他だと思うけど
進行がんで現在の医学では確実な死があるのが明確な場合、しかも
効果的な苦痛除去の有効な手段であるなら、認可されてもいいんじゃないかしら。
「精神的に1度頼ると癖になる」 いいでしょう 癖になっても期限つきなのだから。

依存性は薬だけじゃなくどんなものにもありますよ。
なにかに頼りすぎると取り上げられた時の痛手は相当なものです。
与えられるものには感謝の気持ちを、でも頼りとするのは「私」が持っているものだけにしておかなくては。
人に分け与えることが出来るものを持っている人が幸せなんじゃないかしら。
それは死を目前にした方でも寝たきりの方でも持っているんですから。
そんな人になりたいです。



169 :卵の名無しさん:2006/01/18(水) 14:06:07 ID:DxBaSCKn0
>>166

日本人は大麻、麻薬、覚醒剤とごちゃまぜにしてその知識があまりないと思うんです。

>トイレ後の上司は、一段と目を輝かせて、部下に仕事をもっとやれ!

ここらへんの状況は覚醒剤ではないのですかね?トイレでスマッシング(鼻吸引)、炙り
など多少匂いは残っても覚醒剤ならごまかせるし、症状が覚醒剤のようなのもで。
(大麻を会社のトイレなど狭いところでやるとすごい煙と匂いでごまかせない)
覚醒剤=薬名ヒロポンはギリシャ語でワークフォリック(仕事中毒)という意味があります。
モカさんが再度その友達に状況を聞けばわかることと思いますが。。



170 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/18(水) 14:47:21 ID:+iqGnpFA0
>>168 :AI
>人に分け与えることが出来るものを持っている人が幸せなんじゃないかしら。
>それは死を目前にした方でも寝たきりの方でも持っているんですから。
しかしあなたは何でも人生の教訓にしますねぇ〜w
あなたみたいな人はお坊さんになるといいんじゃないかな?
女ののお坊さんは無理なのかな?

>>169
この人の話は本当っぽいね。しかしアメリカにも覚醒剤ってあるのかな?

171 :卵の名無しさん:2006/01/18(水) 14:54:26 ID:slxeRYmp0
>>167
なるほどね。でもトイレから出て来た後の様子は、とても大麻とは思えないね。
むしろ日本で大人気の覚せい剤じゃないの?
大麻だとリラックスしてノンビリハッピーな感じになるから、とうてい
かりかり仕事をするような感じではないよ?
日本の社会は大麻にはすごい偏見があるみたいだけど、徹夜で働く証券マンとか
長時間労働の放送業界とかトラック運送業界では覚せい剤が超人気みたいだからね。
とにかく北朝鮮とかアジアから日本に密輸入されてる覚せい剤の量はハンパじゃない
らしい。アジア諸国から見たら日本は貴重な巨大財源だからさ。
日本は覚せい剤の密輸大国なんだよ。

大麻の煙はスカンクのオナラみたいにチョット臭うからわかるよ。それで匂いでバレたくないから
チョコケーキに入れて焼いたり粉にしてカクテルに混ぜて飲んだりするんだよ。

172 :卵の名無しさん:2006/01/18(水) 15:00:51 ID:DxBaSCKn0
>>170
モカさんはアメリカでも話なん?アメリカでは最近、風邪薬から覚醒剤
メタンフェミンの密造や蔓延が問題になったりしてるぽい。

>http://hotwired.goo.ne.jp/news/culture/story/20051214201.html

173 :卵の名無しさん:2006/01/18(水) 15:03:21 ID:yEcZNzQc0
カンナビストは嗜好用大麻を目的としているのに、このスレを見ても分かるとおり、
説得せずに主張ばかりして敵を増やしてしまい、どんどん目的から遠ざかっている。
自分だけが真実を知っていると思いこみ、常に敵や陰謀の存在を妄想する。

174 :卵の名無しさん:2006/01/18(水) 15:04:25 ID:slxeRYmp0
>>167
あとね、データによると大麻による中毒というのは少ないの。
煙草や酒は習慣性になる中毒性が高いよね。大麻にやみつきになる人はそんなにいない。
体質的なものかもしれないが。
マイケルジャクソンなんかはアスピリン(鎮痛剤)中毒で、ハイ(気分高揚状態)
になる為に、一日1〜3瓶を空っぽにしていたそうだ。

>>170
小鼻をおさえてもう一方の小鼻に専用ストローとかでコカインを吸い上げるのは
映画でも同じみだが(実際、西洋のスーパーモデルとかに常習者が多い、スリムな体型を維持する
為に。だから余りに痩せている場合は、常習者な事が多い。ホイットニーヒューストンとか
ケイトモスとかナオミキャンベルがそう)、またヘロインや覚せい剤は注射での使用が多いと思う
が、覚せい剤って小鼻で吸い上げたりする事があるの?

175 :卵の名無しさん:2006/01/18(水) 15:10:57 ID:DxBaSCKn0
覚醒剤もスマッシング(鼻吸い)するよ。

176 :卵の名無しさん:2006/01/18(水) 16:20:48 ID:slxeRYmp0
トイレの個室なんかでスマッシングしてる椰子がいたら、
シュワッて変な音がするだろうし、おまけにドアを開けて出てきたら眼が違うから
わかるんじゃない?

177 :ドキュソルビシン:2006/01/19(木) 01:28:04 ID:b4AOdxEZ0
>>168

「効果的な苦痛除去の有効な手段であるなら、認可されてもいいんじゃないかしら。」

同感ですな。有効かつあまり副作用が強くないものは是非認めるべきだと思います。
それが示された暁には、医療用に認めるべきだと主張する医者が多く出ることでしょう。
勿論おいらも、ね。

ただ問題は今のところそのことが示されていないところにありますな。



178 :卵の名無しさん:2006/01/19(木) 02:16:22 ID:/2PUR/7i0
>>177
示されつつあるね、FDAでも。

179 :ドキュソルビシン:2006/01/19(木) 02:35:23 ID:b4AOdxEZ0
まだじゃろ。第3相試験が始まったばかり、というかリクルートも始まってないんじゃないかな??



180 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/19(木) 08:45:22 ID:OMYAnRQS0
つーか、嗜好品としての大麻を禁止するだけのエビデンスはあるのかね?

そもそも、大麻を禁止したいきさつは、
国民を毒物から保護するという目的ではなく、
国民を商品の生産労働力と認識しての大麻の禁止だと思うんだよね。


181 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/19(木) 09:14:15 ID:ereq3Ma60
医療用麻薬の規制緩和のニュースをやってた。
っても現在のモルヒネを処方箋FAXで薬局に送れるように、とか
薬剤師がお宅まで届けるだの 町の医院でその麻薬保管管理ができるように、だの。
できるとこからはいいんだけど、進めたい方向へ誘導してるみたいに見える。
もっと違う規制緩和を求めたいし、緩和医療促進のための制度も進めてほしい。

要するにー、裏には末期がん患者を病院においておけなくなる「事情」?
それを個人医院や家庭に丸投げする準備のようで。。
24時間対応をせまられて在宅医療の担い手の個人病院医師がすっかりやる気を失ってるのに。
最終的にはいっちばん割安なとこに負担がいくんじゃないだろうか、家族対応。
家族が関わるのは悪くないんだけど、場合によってはどれだけ(女性に)犠牲があるかわからない。
その負担軽減のために在宅介護が使われるのだろうな、、
その担い手も女性で社会で最も厳しい状況のヒトタチが集まってる。
そりゃそうなの、30過ぎで始める少しでも良い条件で働ける資格 需要のある仕事 時間的自由のきく仕事 そうそうない。
ウチに介護が必要な年寄りを抱えてたり、離婚して子供育ててたり、障害児がいたりするから。。
その他にリストラされた旦那、倒産したとかの経済的事情も。
それでも働く人たち皆文句も言わず取り組んでておみごとです。

後半はスレちがい、スルーきぼんです。そういうこともあるってだけ知っててくらさい。


182 :卵の名無しさん:2006/01/19(木) 13:40:00 ID:um16SQhS0
>>181
>医療用麻薬の規制緩和のニュースをやってた。

そうなの?薬のネット販売は規制するらしいけどね
http://www.chunichi.co.jp/00/sya/20060116/eve_____sya_____011.shtml

大麻が大衆薬になるのはまだまだだけど。でも薬局で医療大麻が日本でも
売られていた過去はあるからな。

183 :卵の名無しさん:2006/01/19(木) 16:08:26 ID:3Cew5ZQs0
>>181
激しく同意。
そんな漏れも、在宅介護のために大事な仕事を休職させられてまつ。
仕事の知識のどんどん忘れていくし、もう社会復帰は無理ポかも...。

184 :卵の名無しさん:2006/01/19(木) 20:14:16 ID:TB56CRoe0
>>183
「YO!メイホウ?」もしかしてマリファナ吸引で在宅介護、そして芥川賞
を受賞されたモブノブオさんですか?違うか。
http://allabout.co.jp/entertainment/book/closeup/CU20040916A/?FM=cukj&GS=book

185 :モカ ◆mocca/dqrM :2006/01/19(木) 20:55:09 ID:NtdNz2oQ0
皆さん、すみません!
お友達に聞いた所、皆さんの仰るとおり、
その上司が常用していたものは覚せい剤(コカイン?)でした。
ドラッグと聞いたのに、アメリカだと大麻をやっている人が多いので、
すっかり大麻の事だと思い込んでいました。

>>168
AIさんの仰る事はもっともですね。
私もそんな素敵な人に成りたいです。
何と言うか今更ながら、
この件に関して友達の(その女性の)助けに全く成らなかった事
を申し訳なく思いました。

お騒がせしてごめんなさい。。。
もっと勉強します。


186 :卵の名無しさん:2006/01/19(木) 21:24:23 ID:D1dPzDNM0
>>184
こら、漏れは吸ってないよ。

187 :ドキュソルビシン:2006/01/19(木) 22:25:48 ID:pZStZWjH0
>>180

長期毒性に関するエビデンスは細胞レベルからヒトレベルまで色々ある。
不明瞭な部分も多いが。

だけど、タバコだってアルコールだって食品添加物だってそんな毒性はあるわけ。
毒性が認められるあらゆるものを禁止するというのは不可能、というかナンセンスなり。
で、どれを認めてどれを認めないかというのは政治的あるいは社会的な問題であって医学の範疇を超えるなり。

おいらの意見は嗜好用大麻の解禁は別に反対しないけど(賛成もしないけど、というかどっちでもいい)、
医療用大麻に関しては現在のところ有効性・有用性について証明されていないので反対なりね。



188 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/19(木) 23:22:44 ID:OMYAnRQS0
>毒性が認められるあらゆるものを禁止するというのは不可能、というかナンセンスなり。
例えば、「ふぐは毒があるからふぐの調理免許を持った人しか調理できない」
って法律は適切なんじゃない?

189 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/19(木) 23:28:37 ID:OMYAnRQS0
>医療用大麻に関しては現在のところ有効性・有用性について証明されていないので反対なりね。

例えば、丸山ワクチンは有用性のエビがないから保険収載されてないけど、
自由診療では使えるのと同様、
大麻も自由診療では使える、ってすればいいと思うが。

190 :卵の名無しさん:2006/01/20(金) 00:15:41 ID:RlAvVz3J0
結局、アンチ大麻派は、なぜ煙草のような猛毒薬物が合法で、
大麻のようにほとんど無害のブツが非合法か、そういう
ばかげた現実を考えてみるべき。

煙草:中毒性が高く、致死率も高く、広範囲に渡る疾病をひきおこす。
   若い頃から吸っていると、専門家の助けと多大な苦痛を伴う努力無しには
   やめられなくなる。
   禁断症状としては、機嫌が悪くなり攻撃性が高まる。10時間以上の
   国際線に乗るまえのニコ中は、まず乗りたがらないし、極端に怒り易くなり
   客室乗務員に怒鳴り散らしたり暴れたり、耐えられなくなってトイレで吸って機を
   出発国に戻して逮捕されたりする。
   アメリカの有名なデータでは、ニコ中者は経済的に下層階級が多く、ニコ中をやめない
   限り昇進や昇級は難しい、という結果がでており、中毒度と貧困度が直結して
   いることが証明されている。

覚せい剤:中毒性が高く、中毒にならない人はまずいない。
     攻撃性の高い薬物。殺人事件を頻繁に引き起こす原因となっている。
     犯罪性を高める薬物。

酒:中毒性は中級クラスで、進行すると肝臓移植無しには死ぬ場合も少なくない。
  禁断症状や中毒症状として鬱状態を引き起こすともされ、進行すれば精神的にも
  金銭的にも家庭を破壊する原因になる場合も少なくない。
  少量であれば、人によっては心臓に良いという話もある。

大麻:中毒性が低く、また精神的に平和になるので怒ったり人を傷つけたりすることがない。
   痛みを和らげる効果もあるとされ、比較的安全性の高い薬物。

>>180
あっくんにしては冴えてるね。同意。その点については声を大にすべき。
国民がバカでいる限り、誰も政治の大きな問題点に気づかない。
けっきょく損しているのは国民。

191 :ドキュソルビシン:2006/01/20(金) 00:35:49 ID:FSLw9aw+0
だーかーらーーー
嗜好用大麻の話は別にやってほしいですな。

ついでにいうと、大麻を使っている人が攻撃的になったり反社会的行動をとるようになったり、他の薬に手を染めるようになったり、統合失調症をはじめとした精神疾患になりやすかったりと言った報告は色々あります。
ただ、どっちが原因でどっちが結果かとか、他の因子の関与はとかいう点で議論が分かれますが。
(Lancet 363:1579-88, 2004)


192 :ドキュソルビシン:2006/01/20(金) 00:37:44 ID:FSLw9aw+0
ついでにいうと、大麻を吸ってる奴は低学歴に終わるとかゆう、学歴と大麻の関係は異論がなかったりします。

・・・・てどうでもいいんですけどね

193 :卵の名無しさん:2006/01/20(金) 00:44:20 ID:RlAvVz3J0
>>192
ところがアメリカでは大麻はハーバード、バークレーなど難関大学院生の間でも人気。
エリート弁護士にも「のんびり一服、パーティータイム」と人気なのであった。

194 :卵の名無しさん:2006/01/20(金) 00:47:01 ID:RlAvVz3J0
煙草が低学歴貧乏DQNの証というのはアメリカでは一般的に認証されてる事実だが、
大麻はインテリの証というのも一般的に認証されてる事実。
アメリカの低学歴は大麻でなく煙草やクラックコカインに流れるので。

195 :ドキュソルビシン:2006/01/20(金) 01:19:47 ID:kpeM8nlr0
いや、おいら医者だから医学関係の論文しかわかんないんだけどね。
そちらの「一般的に認証されている事実」とやらも証拠があれば教えてね。

例えば
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=pubmed&dopt=Abstract&list_uids=8886945&query_hl=7&itool=pubmed_docsum
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=pubmed&dopt=Abstract&list_uids=12751986&query_hl=13&itool=pubmed_docsum


196 :卵の名無しさん:2006/01/20(金) 04:15:56 ID:eORU9k800
ライブドアは、きっこの日記によると、ほにゃらら団の舎弟企業らしいじゃない。
512 :名無しさん@6周年:2006/01/20(金) 03:21:49 ID:yOMe8Vdf0
社長が覚醒剤で逮捕されたダイナシティとの間を取り持った組があるわけでしょ?
その下っ端組員が実行犯で、要するにぶっちゃけ、覚醒剤ルートにも関係があって、そこの
組に消されたんじゃないの?オウムの時みたいに。

197 :卵の名無しさん:2006/01/20(金) 05:20:36 ID:eORU9k800
まあ沖縄で遺体で見つかったライブドアの野口さんは不眠不休のIT関連会社だから、
長時間労働をしやすいように覚せい剤をやっていた可能性は
高い。で、覚せい剤をやってると暴力的になる事があるから、沢山飲めば発作的に自分を
傷つけたりする可能性もあるのかな?で、血を見て我に返って、それで助けを呼んだ?

それにしても、そんなとっさの時に非常ブザーが見つかるんだろうか?

198 :卵の名無しさん:2006/01/20(金) 05:25:41 ID:eORU9k800
こうやって地検にライブドアをやらせる事によって時間稼ぎをしている間に、
偽装マンソンでやばい立場に立ってる自民党議員は証拠隠滅工作を完了させつつある訳か。w

>>773
じゃあプロの新人かも w

199 :卵の名無しさん:2006/01/20(金) 05:32:15 ID:eORU9k800
睡眠薬なんて簡単に手に入るぞ!
俺んち家かーちゃんが看護婦してるから
10シート位いつもおいてある
ほかの看護婦たちも持ってるみたいだし
配ってるし病院からタダでもらってるよ

200 :卵の名無しさん:2006/01/20(金) 05:32:59 ID:eORU9k800
>>797
>さようなら、○子。
>すまない、○也、○衣。

上の行が嫁の名で、下が息子と娘だから、照合してみれ。

>>809
朝日なら、ちゃんと書いてくれそうだな。

201 :卵の名無しさん:2006/01/20(金) 13:40:52 ID:C0UbGBrK0
>>195
証拠があるわけではないが、「マリファナの科学」にはオックスフォードでは伝統的にクラブ
でマリファナが嗜好されていると書いてある。フリーメーソンの株組織みたいな感じだろうね。
アメリカ大統領にもマリファナ経験があると白状したね。(ブッシュはアルチュでドキュソだが低学歴ではないねw)
天皇家にもマリファナ吸引の事実があるしね。

・・・てどうでもいいことに噛み付くおいらって。

202 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/20(金) 16:59:36 ID:Z+utNiKa0
>>191 :ドキュソルビシン
>だーかーらーーー
>嗜好用大麻の話は別にやってほしいですな。
医療用大麻の話題だってそんなにないんだから、
そうムキになることないと思うがw

203 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/20(金) 17:07:34 ID:Z+utNiKa0
あと、医者の態度として、
製薬会社から供給されるものだけを、利用するのではなく、
スーパーで売ってる物でも積極的に医療に活用すべきなんです。

204 :卵の名無しさん:2006/01/20(金) 17:29:16 ID:kTqidg+Y0
医師って製薬会社に弱いよね。

205 :卵の名無しさん:2006/01/20(金) 18:07:48 ID:kTqidg+Y0
>>195
アメリカのインテリ環境に住めばわかる。
数多くの論文で知られる有名大学教授も愛用してるから。
アメリカは煙草は人気ないけど、ビールと大麻は国民に愛されている。
大学の廊下から大麻の煙がプンと匂ってくると、「お、いい匂いだな w」とニヤッと笑う文化。
高校生がやってると、厳しい親は心配するけどね。

206 :卵の名無しさん:2006/01/20(金) 18:30:37 ID:E8FLtYiG0
>>203
>スーパーで売ってる物でも積極的に医療に活用すべきなんです

その結果の責任を負いながらかね
あほちゃうか

207 :卵の名無しさん:2006/01/20(金) 18:47:38 ID:C0UbGBrK0
医者が売れば砂糖でも薬になるって意味なんじゃない?

208 :卵の名無しさん:2006/01/20(金) 18:48:21 ID:C0UbGBrK0
そんで虫歯になれば仲間が儲かるというw

209 :卵の名無しさん:2006/01/20(金) 19:31:11 ID:kbkqz1ic0
>>195
ドキュソさんは16歳だったよね?

【社会】 「反省。だが私に禁煙しろと言うのは、死ねと言う事」 禁煙の病室で知事がたばこ…松山★

★禁煙の病室で知事がたばこ 「気の弱さ」反省、愛媛

・愛媛県の加戸守行知事は19日の定例会見で、松山市の県立中央病院で人間ドックを
 受診した際、全館禁煙なのに控室だった病室でたばこを吸ったことを明らかにし「極めて
 不適切だった。反省している」と述べた。県民から指摘があり、公表を決めたという。

 愛煙家の知事は「全館禁煙の認識はあったが、灰皿があったから…。気の弱さかも
 しれません」と釈明。「これを機にたばこをやめてはどうか」と突っ込まれ「私に禁煙しろと
 いうのは極論すれば死ねということ。人に迷惑を掛けないように吸いたい」と答えた。

 会見によると、知事は昨年11月24日朝から人間ドックを受診。午後、医師から診断
 結果の説明を受けた後、個室の病室で喫煙した。本数は「覚えていない」という。灰皿は
 病院側が用意していた。
 http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=MNP&PG=STORY&NGID=soci&NWID=2006011901003601

210 :卵の名無しさん:2006/01/20(金) 23:11:05 ID:vL1fNCTA0
おいらは飛行機の中のトイレでタバコ吸って警報機鳴らした事があります。へっへ
シュチュワーですに怒られちゃたw

211 :卵の名無しさん:2006/01/20(金) 23:30:23 ID:WoxZfn8o0
結局医療大麻スレは、単なる嗜好品スレに成り下がって荒廃していくのだった・・。

212 :すち:2006/01/20(金) 23:33:15 ID:AdEGYmZ00
機内でトイレから大麻臭がしたので
直前に出てきたお客様の座席を確認し
機長から目的地の地上に無線報告。
到着後、警官が乗り込んできて、その日本人にーちゃんは御用となりました。
実話。


213 :卵の名無しさん:2006/01/21(土) 00:49:09 ID:PaigLN9B0
煙草で警察なら納得なんだが。

214 :卵の名無しさん:2006/01/21(土) 03:07:04 ID:O+s7G/1n0
69 名前:ドキュソルビシン[sage] 投稿日:2006/01/11(水) 01:39:30 ID:txGyjgND0
>61、62
そんな風にしか読めないなり??

大麻がそれなりの医学的価値を持っていることは認められてるなり。
あとは世間の機運だが、それはどうしても楽しみのために使うことに対する見方がが絡んできますね。
例えば事実上大麻が自由化されているイギリスでは、医療用大麻を使っている人のうち3人に2人は楽しみのためにも用いている(1)。
オーストラリアではその割合は80%にも達する(2)。

こりゃ結構すごいことなりね。モルヒネなんかの場合楽しみのために使う人なんかほとんどいない。
モルヒネが一般的になった理由の一つには効果の高さもさることながら、楽しみのために麻薬を使う人がほとんどいないことが挙げられるですね。
これがあんた、新宿の裏手当たりに阿片窟とかあってしょっちゅう逮捕者が出たり、医療用のモルヒネが横流されたんじゃ、処方にも勇気がいる。

大麻製剤の効果についてもどれにどのくらい効くかについてはまだ未知数の部分も多い。
例えば2001年のBMJのメタアナリシスでは癌性疼痛に対しては弱い痛み止めであるコデインに決して勝らないとされている(3)。
副作用だってないわけではなく、日常的な使用では精神疾患や肺疾患、心筋梗塞の危険も増す(4)。

それをあたかも大麻が副作用のない万能薬であるかのように言い、今すぐ解禁すべきだと主張するのは他の意図があるようにも見えるよ。
つまり医療用大麻を解禁しようという運動は主に自分が楽しみたいと思っている人々によって推進されているんじゃないかと世間では思われてるんだろね。
実際その通りだろうと、このスレを見ても思う。

そんなんじゃぁ、いつまで経っても世間の潮流は医療用大麻認可の方向には向かんですね。
手っ取り早い方法はそういうrecreational userがいなくなることやね。
本当に患者のために提言する人々の運動になったときにはじめて大きな流れになると思うよん


(1)International Journal of Clinical Practice 59:291, 2005
(2)Harm Reduction Journal 2:18, 2005
(3)BMJ 323:13、2001
(4)BMJ 326:942, 2003

215 :卵の名無しさん:2006/01/21(土) 03:44:26 ID:PaigLN9B0
アンチ大麻派は、まったく偏見に満ちているなりね。

216 :卵の名無しさん:2006/01/21(土) 07:27:51 ID:KOAzfUbD0
【健康】喫煙は治療が必要な“病気”…医学界もようやく重い腰を上げる

 2005年12月、日本呼吸器学会、日本循環器学会、日本口腔外科学会
など9つの学会の共同による、日本で初めての本格的な「禁煙ガイドライン」
が発表されました。先進国の中で、日本は禁煙治療に対する取り組みが
遅れていましたが、医学界もようやく重い腰を上げたというわけです。
 このガイドラインには、医師や歯科医師が喫煙者に対して行う禁煙指導
の方法や、非喫煙者が将来喫煙することを防ぐための“防煙”などについて
書かれています。

 禁煙ガイドラインの基本精神は、喫煙を“喫煙病”という病気ととらえ、
喫煙者を「患者」とし、日常の診療で診察・治療することにあります。
そのため、専門の異なる9つの学会が協力しました。
 喫煙は煙が直接触れる口や喉、肺のがんだけでなく、脳梗塞や虚血性
心疾患などの発症リスクを高めます。女性の場合、流産や早産、さらに
心身に異常を持つ子どもを出産するリスクも高まるとみられています。
 特に若年層の喫煙は、健康障害が強く発現するとされています。わが国
では喫煙開始の低年齢化が指摘されており、中学1年生男子の22%、
女子の16%に喫煙経験があるといわれています。

 ガイドラインでは、医師や歯科医師が、日常診療の時間を使い「簡単な
禁煙アドバイス」を行うための方針を示しています。わが国では、医療機関
での検査や治療のほか、地域や職場における定期健診の機会などを
含めると、喫煙者の大部分は1年に1回以上、医師または歯科医師の診察
を受ける機会があると考えられます。
 ガイドラインでは、この診察の時間を使い、喫煙者に禁煙を勧めることで、
禁煙に成功したり、禁煙に無関心な人に、興味を持ってもらえるチャンス
だとしています。こうして、喫煙率を下げるのが狙いです。

(以下略、全文はソース元でご確認ください)
ソース(日経BP) http://nikkeibp.jp/wcs/show/leaf/CID/onair/jp/flash_rss/420091i

217 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/21(土) 08:58:52 ID:wXkqeXRX0

楽しみのためにやりたいって人が多いので社会的にはそれを医療用といえ解禁するのは危険、って理由は
本当にそれを必要としている人達にはやりきれないものですね。 なぜならそれは社会の犠牲になるからです。
多数の利益のためには少数の犠牲はやむ負えないというところ。
しかし まだ効果がはっきり証明されていないから、という理由は尤もでこれを出されるとグゥの音も出ません。

様々な書き込みを見ると分かるように、禁止されてながらどうやら使用したことがありげな・・・
麻薬、マリファナってのはそのようなものなんですね?場所によって許可され、されなくても裏で流通してるものだと。
なのに実際に末期で苦しんでいる人には届けられない。
たとえ効果がどうこう言われても、もしかしたら少しでもこの苦痛が楽になれるかも?といったものは
どうしても欲しい、手に入れたいと思うものでしょう。
自分の大切な人が耐え切れない苦痛にあり、現在の医療ではそれを緩和するすべがないとしたら
たとえ違法でもきっとそれを手に入れる。 自分は後でいくらでも刑務所に行きましょう。


218 :卵の名無しさん:2006/01/21(土) 12:20:46 ID:By4ig8nD0
楽しみがダメっていうけどつらい療養生活には楽しみ、笑いが重要だと思う。
「笑い」にはナチュラルキラー細胞が活発になり免役機能が向上することが分かっている
(マリファナには笑いを誘発するようだし、免役機能も上がるようだが。)
そこらへんを現代医療はおざなりにしてないだろうか?これらはQOLなど現在
見直されている?もしくは立ち遅れているソフトだと思う。

219 :卵の名無しさん:2006/01/21(土) 13:07:22 ID:mVJA/pPp0
>>216
病気を売るってのがそもそも異常だわな(傷害だろ?それ)
医者が努力しないでも国がタバコの販売を禁ずれば喫煙率は限りなくゼロだ。

220 :ドキュソルビシン:2006/01/21(土) 13:13:47 ID:FI+PIxDe0
>>217
前半:このスレを読んで頂ければ解るように、今医療用大麻解禁を主張する方の多くは、それにかこつけて自分も楽しみのために吸いたいと思っている方々です。
で、こういうことには凄く社会はナイーブなんですね。
有用性が何度も示されているサリドマイドがいまだ認められないのは社会の目があるわけ。医者も患者も相当努力してるんだが中々OKが出ない。
同じように「大麻を楽しみで吸いたい人々が医療用大麻を推進している」ということは非常に社会の反感を買うなり
彼らさえいなくなれば(あるいは社会が大麻にもっと寛容になれば)医療用大麻解禁は近いでしょうね。


後半:現代医学では治せない癌を治す、という薬は世の中に溢れています。
同じ死ぬでも楽に死ねるという「薬」もないわけではなく(例:レートリル)、大麻が本当に苦痛を緩和するかどうかは怪しい点も多いですなり。


221 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/21(土) 14:01:29 ID:wXkqeXRX0

>今医療用大麻解禁を主張する方の多くは、それにかこつけて自分も楽しみのために吸いたいと思っている方々です。
そんな人間がいるのなら「恥を知れ!」  社会ってのはトンデモなんですね。
人間はすべからく愚かしいものだね、自分の首絞めているようなものだな。

>現代医学では治せない癌を治す、という薬は世の中に溢れています
そんなものはないと思っているので幸福な死を願うのです。
>苦痛を緩和するかどうかは怪しい点も多いです
怪しくても、使用されない時の最悪な状況があるなら それでもいいではないですか。

麻薬解禁は医療上の人道的なものに限って。
麻薬嗜好の方々、嗜好として害はないので解禁しろって主張は
医療用の使用とは別物と考えて、ここでは止めてほしいですね。
貴方達が弱い者を追い詰めてる、迷惑なんですよ。


222 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/21(土) 15:01:49 ID:wXkqeXRX0
>彼らさえいなくなれば医療用大麻解禁は近いでしょうね
上の発言はこれに沿ったものですが
>(あるいは社会が大麻にもっと寛容になれば)医療用大麻解禁は近いでしょうね
こちらで考えれば麻薬の嗜好的使用への発言も、医療用解禁と無関係でないってことになりますが。。

やっぱりこれは反対ですねぇ
人工的に快楽を作り出すのは逃避でしょ、健康な人間には苦痛も必要なものです。
苦痛を乗り越える力を持っているのにそれを使わずに済むってのはどうよ?



223 :卵の名無しさん:2006/01/21(土) 15:41:45 ID:MJifqugI0
AIさんがストイックな思想な持ち主で、それを完全否定するわけではないが、
それを乗り越えられる環境の人だけではないと思うな。そしたら医療も必要
ないんじゃないかな?ましてやストレス社会ともいえる現在、過労、ストレス
による自殺が急増してるようだし。大麻は人口的というよりも自然からの恵み
だと思う。そうじゃないかったら自然に脳内快楽物質と類似物質があるとは思
えないもん。自然に瞑想やセラピーなどでリラックスしろよっていわれそうだが
実際にできる?


224 :卵の名無しさん:2006/01/21(土) 16:08:52 ID:GzWBJHJm0

まああらゆる疾病を生み出す煙草は合法で、世界の先進国でも一番手厚く守られている
という現状を知れば、どうして日本だけが大麻に敵対的か、よーくわかりますね。

225 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/21(土) 16:50:15 ID:lj2ZN7+U0
A:大麻は医薬品として有用である
B:大麻は嗜好品としてタバコより害はない
この2点が事実であるのなら、

大麻を医薬品として使いたい医者、患者が
A、Bの事実を声高に主張することを非難される事はありません。
同様に、
大麻を嗜好品として使いたい人が、
A、Bの事実を声高に主張することを非難される事はありません。
だと思うんですが、なんで、
>>220 :ドキュソルビシン は、
大麻を嗜好品として使いたい人の事を、非難するんですかねぇ〜
偏差値の高い人の考えることは理解出来ませんねぇ〜
良識あるあっくんは両者仲良く大麻解禁を社会に訴えればいいと思うのですが。。。

226 :卵の名無しさん:2006/01/21(土) 16:55:17 ID:mVJA/pPp0
>>225
あほだねぇ
叫ぶことを非難しているのではなく
叫んでも相手にされないと言っているわけ
それはそういう主義のひとが社会的には少数だからでしょ
多数になれば(社会が寛容になれば)受け入れられるかもとも書いてあるでしょ

227 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/21(土) 17:15:15 ID:lj2ZN7+U0
>>220 :ドキュソルビシン
>彼らさえいなくなれば
この彼らとは、「大麻を嗜好品として使いたい人達」の事でしょ?
こういうのを何て言うんですかねぇ〜

近親憎悪とでも言うんでしょーか?w

228 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/21(土) 17:26:47 ID:lj2ZN7+U0
>>226
>多数になれば(社会が寛容になれば)受け入れられるかもとも書いてあるでしょ

そうです、その為には、
「大麻を医薬品として使いたい医者、患者」
「大麻を嗜好品として使いたい人」
両者が力を合わせて社会を説得せねばいかんのです♪

229 :卵の名無しさん:2006/01/21(土) 17:30:37 ID:mVJA/pPp0
>>228
それでドキュソ氏の書込のもう一方が出てくるでしょ
>214の>例えば2001年のBMJのメタアナリシスでは癌性疼痛に対しては〜(3)。
医療者の側が本当に必要と思えば動くでしょうが
現状必要と思う医者も少ないわけですよ
せめて癌に当たる医者全てが納得して動き始めないとね・・・
(サリドマイドの例もあげてみえるけどサリドマイドの場合、
使う立場にある医者の大半は求める立場になってますよ)

大麻の場合声を合わせる以前の問題だと思うね

230 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/21(土) 17:59:06 ID:wXkqeXRX0
>>223
その過労やストレスを逃避じゃなく改善させる努力が必要では? ストレス社会なんてものが正常とは言えないよね。
もし、麻薬解禁となれば そのような人は使ってしまうでしょう。 でもそれが、、何か解決になるのかなぁ?

「自然からの恵み」についてはシャーマン的な使われ方が元々で、つまりそれも医療の範囲内です。
当時だって誰もがそれを使用できていたわけじゃなく「特別な」役割を持った人だけに限定されていたでしょう。


>自然に瞑想やセラピーなどでリラックスしろよっていわれそうだが 実際にできる?

簡単ではありませんけど、技術ではないので難しくもない。人間が元々持ってる能力のひとつと考えてます。
たとえば、癌の告知などでは誰だって相当なショックを受けます。
もし麻薬解禁で健康者が使うのが珍しくなかったら、当然そのストレス軽減のために使用しちゃうでしょう。
今はそんなものはない、それでも告知のショックはみんな乗り越えます。
超えてようやく治療への姿勢が決まってくるように思うな。
麻薬が精神にどのように影響するのか知りませんけど、意欲や治療への取り組みが疎かになりませんか?
だとするとジャンキーになった患者は、全て医師にお任せの癌治療になりますね。
それでも、何も害がないって言える?あっくん。

医療用で解禁を願う人と嗜好用の人との隔たりはすごく大きいものだから協力なんて出来ないよ。

231 :卵の名無しさん:2006/01/21(土) 18:18:36 ID:9ioiKOHL0
医者や科学が麻薬だ!ジャンキーだ!と騒ぐのはその内容(トリップ)が現在の科学の範疇
を超えている測れないが、つまり科学的でないということに起因してるからじゃないだろうか?
それは本来的な意味で科学的な姿勢だとは思えないんだけど。下はLSD開発者ホフマン
博士の100歳を記念して行われた
LSDを学問的に論じる国際シンポジウム
http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20060119303.html(上)
http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20060120306.html(下)

これらのトリップがターミナルケアなどではものすごい癒しの効果を表したり
してるようだよ。



232 :卵の名無しさん:2006/01/21(土) 18:38:33 ID:GzWBJHJm0
日本の社会はストレスが好き。過労死させる事が好き。
理由:雇用者側本意の「使い捨て」型長時間労働をさせたいから

ストレス社会で歓迎される薬物:煙草、覚せい剤
いやし系リラックス社会で歓迎される薬物:大麻

233 :卵の名無しさん:2006/01/21(土) 18:45:05 ID:GzWBJHJm0

216 :卵の名無しさん :2006/01/21(土) 07:27:51 ID:KOAzfUbD0
【健康】喫煙は治療が必要な“病気”…医学界もようやく重い腰を上げる

先進国の中で、日本は禁煙治療に対する取り組みが
遅れていましたが、医学界もようやく重い腰を上げたというわけです。


234 :卵の名無しさん:2006/01/21(土) 19:01:59 ID:GzWBJHJm0
【社会】 「反省。だが私に禁煙しろと言うのは、死ねと言う事」 禁煙の病室で知事がたばこ…
松山★

★禁煙の病室で知事がたばこ 「気の弱さ」反省、愛媛

・愛媛県の加戸守行知事は19日の定例会見で、松山市の県立中央病院で人間ドックを
 受診した際、全館禁煙なのに控室だった病室でたばこを吸ったことを明らかにし「極めて
 不適切だった。反省している」と述べた。県民から指摘があり、公表を決めたという。

 愛煙家の知事は「全館禁煙の認識はあったが、灰皿があったから…。気の弱さかも
 しれません」と釈明。「これを機にたばこをやめてはどうか」と突っ込まれ「私に禁煙しろと
 いうのは極論すれば死ねということ。人に迷惑を掛けないように吸いたい」と答えた。

 会見によると、知事は昨年11月24日朝から人間ドックを受診。午後、医師から診断
 結果の説明を受けた後、個室の病室で喫煙した。本数は「覚えていない」という。灰皿は
 病院側が用意していた。
 http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=MNP&PG=STORY&NGID=soci&NWID=2006011901003601


235 :卵の名無しさん:2006/01/22(日) 00:25:00 ID:/ZaAPxrb0
医学界のこの状況なら(最近は製薬会社からの賄賂とかニュースなかったけ?)
効果があったとしても、調べようとしてないだけなんだが、わざわざ法律に抵触
する問題に誰も声なんか上げないだろうな。。

236 :卵の名無しさん:2006/01/22(日) 00:27:13 ID:HR0ZhLIX0
調べて効果なくても、↑のように主張するんだろ(ワラ

237 :卵の名無しさん:2006/01/22(日) 00:39:36 ID:5k2ZEgEp0
★「たばこ3K」発言で訴えられる「杉村太蔵クン」

 自民党の「宣伝マン」として大活躍の杉村太蔵クン(26)。先日も、たばこ税の増税を応援する
ために、喫煙を「3K」などとコキおろしていたが、この発言を「捨て置けぬ」と訴えたのが、文芸
評論家にしてヘビースモーカーの小谷野敦氏(43)なのである。

 杉村クンの発言が飛び出したのは、昨年12月6日、自民党の新人議員で作る「83会」でのことだ。
「多くの若者にとって、たばこは汚い、臭い、金がかかるの3K」(朝日新聞)
「臭い、汚い、格好悪い、金がかかる、などの言葉を『3K』として、若者が喫煙を敬遠するような
イメージ戦略を進めてはどうか」(共同通信)
などと発言。ただでさえ肩身の狭い愛煙家には耳の痛い言葉だが、その言い草はあまりにも
酷い、と噛みついた人もいる。文芸評論家の小谷野敦氏だ。
(中略)
 喫煙を巡って大学と対立し、そのために辞表を出したというほどの"筋金入り"の愛煙家でもある
小谷野氏は、最近も共著で『禁煙ファシズムと戦う』(ベスト新書)を出すなど、ヘビースモーカー
の強い味方でもあるのだ。
 そんな小谷野氏だけに、杉村クンの「3K」発言は見逃せなかったのだろう。この1月16日、特別職
国家公務員(杉村クン)による差別の助長は違憲である上、精神的に傷つけられたと。国を相手
取って損害賠償の訴状を提出したのである。
 ちなみに請求する賠償額は印紙代1000円と喫煙者1人当たり10万円。それも、弁護士なしの本人
訴訟だというが、ご本人はいたって大真面目なのである。
>>2以降に続きます)

週刊新潮 2006/01/26号(スキャン画像は依頼者にご提供いただきました)
http://www.zasshi.com/ZASSHI_SOKUHOU/last2/data/syuukanshinchou.html
http://g2001.immex.jp/_img/2006/20060121/14/200601211413041722378403138.jpg
http://g2001.immex.jp/_img/2006/20060121/14/200601211413371722476302325.jpg
参考リンク:小谷野敦氏ブログ
http://d.hatena.ne.jp/jun-jun1965/20060116

238 :卵の名無しさん:2006/01/22(日) 00:46:05 ID:/ZaAPxrb0
>>236
だから調べてないっての。

239 :卵の名無しさん:2006/01/22(日) 00:53:47 ID:HR0ZhLIX0
>>238
米でフェーズVに入ってるじゃねーか。

240 :卵の名無しさん:2006/01/22(日) 01:08:51 ID:/ZaAPxrb0
2CHであまり専門用語は控えよう。
アメリカでは昨年、確か最高裁まで争われてマリファナの医療使用を認めない
という判決がでたのだが、医療使用を願う患者、医者双方の請願は止まないだろう。
アメリカでマリファナ処方で逮捕される医者はどれぐらいいるかわからないが、
何万人も逮捕されてるようだよ。

241 :卵の名無しさん:2006/01/22(日) 01:18:05 ID:HR0ZhLIX0
専門用語?フェーズVが???
要するに、医療について何もお話できないって言うわけですね。

アホらし。



242 :卵の名無しさん:2006/01/22(日) 01:41:24 ID:5k2ZEgEp0

ロードアイランド州 
  医療法大麻許可でアメリカ11番目の州へ

これで全米で医療用大麻を許可した州は、アラスカ州、カリフォルニア州、コロラド州、
ハワイ州、メイン州、モンタナ州、ネバダ州、オレゴン州、バーモント州、ワシントン州、
ロードアイランド州となった。

January 03, 2006
Medical Marijuana Approved in R.I.
by Last Night in Little Rock

Medical marijuana was approved in Rhode Island today
Rhode Island becomes the eleventh state to legalize medical marijuana, according to a
NORML e-mail:

Rhode Island joins Alaska, California, Colorado, Hawaii, Maine, Montana, Nevada, Oregon,
Vermont, and Washington State in protecting sick and dying patients who find relief in
medical marijuana.
Only three states have done it through the legislature. The other states have done it by
initiative petition.


158 :卵の名無しさん :2006/01/17(火) 18:42:11 ID:A23XYkN/0
マリノールMarinolは処方箋で薬局で購入できる大麻錠剤で、現在は吸入式やパッチ式
も開発中。主な用途はキモセラピー中に吐き気をもよおす癌患者や、食欲不振のエイズ患者用。

また、既にカナダで販売が始まりスペインでも認可の降りた大麻スプレー剤
サティベックスSativexは、進行した段階の癌患者の苦痛をやわらげる効果を見るためとして、
米FDAより医療用第三試験段階使用の認可がおりた。



243 :卵の名無しさん:2006/01/22(日) 04:59:51 ID:5k2ZEgEp0
米国胸部内科学会(ACCP)は、市販の咳止めシロップやドロップには、
咳を緩和する効果がないとし、慎重に購入するよう呼びかけている。
マサチューセッツ大学医学部のリチャード・アーウィン教授が率いる指針
委員会が、医学誌「チェスト」に発表した。

 USAトゥデイによると、アーウィン教授らは、過去数十年の研究報告を
詳しく調べた結果、デキストロメトルファンなどの鎮咳剤やグアイフェネシン
などの去痰(きょたん)薬には、咳を止める科学的な根拠はないと結論
付けた。

 これまでにも、非営利団体「コクラン・コラボレーション」が「市販薬には
咳止めの効果が見られない」という調査報告書を出している。

 一方、市販咳止め薬「ロビタシン」を製造する製薬会社ワイスは、この
結論に真っ向から異議を唱えている。食品医薬品局(FDA)がデキストロ
メトルファンとグアイフェネシンは安全かつ有効だと認めている上、「効果
がなければ消費者が繰り返し購入するはずがない」という主張だ。

 アーウィン教授は、こうした市販薬は疑似薬(プラセボ)として高い効果
を持つと話す。しかし、風邪からくる咳は自然に治癒するケースが多く、
数週間にわたって咳が止まらない場合だけ医師のもとを訪れる必要が
あると説明した。

 ACCPの統計によると、米国の年間推定8億2900万人の患者のうち、
約3000万人がひどい咳を理由に診察を希望している。

ソース(U.S.Frontline) http://www.usfl.com/Daily/News/06/01/0118_015.asp

244 :原理主義者:2006/01/22(日) 13:33:52 ID:BqK8mWPK0
栽培が一番いんだけど。製薬会社も儲からないし。
マリファナの含まれてるTHC1成分を化学物質で合成してるよりも
自然のマリファナ(600成分)には勝てないってことだわ!これは資本主義にたいする
人間=自然の闘いであ〜る

245 :卵の名無しさん:2006/01/22(日) 17:47:22 ID:1TF9pnIt0
同意。良いこと言うね。
漏れもそう思う。栽培は神が与えた天の恵み。
本来は自然群生してるんだからね。

246 :原理主義者:2006/01/22(日) 18:05:45 ID:chnG/jWL0
大麻は大昔からア〜ユルベーダ(インドの民間医学)や中国、日本でも民間
医学として利用されてきたわけだし。個人使用の栽培を認めれば一番いいん
だけど。それが予防医学になるんだわな。

247 :卵の名無しさん:2006/01/22(日) 21:07:58 ID:1TF9pnIt0
だね。日本ももっとリラックスしないとな。
大麻を祭る宗教なんて太古の昔から沢山あるしね。
なのに日本はタバコや覚せい剤に頼り過ぎ。
その結果、国民保険にツケが回って来て治療費で保険がパンク状態なんだし。
日本だけ意識が古い。

知事の病院内喫煙に苦情殺到

 加戸守行知事が禁煙の県立中央病院(松山市春日町)建物内で喫煙していた問題で、
知事の行動を批判する県内外からのメールや電話が、19日から20日にかけ県に300件
以上寄せられた。
 県広報広聴課によると、同問題に関し届いた意見は、知事が喫煙の事実を公表し謝罪した
19日から20日午後5時までに352件。うち9割が批判だった。内容は「特権意識を感じる」
「ルールを守れないなら退任を」などと厳しい意見が多かったという。灰皿を用意した同病院や
県公営企業管理局県立病院課にも電話やファクス、メールでの問い合わせや苦情が計7件
あった。
 同病院が建物外に設けている喫煙所でも同日、入院中という50歳代の男性は「手術後動
けない時、看護師にたばこが吸いたいと言っても、許してくれなかった。知事だからといって、
決まったところで吸わないのはおかしい」と話していた。

 県広報広聴課は「寄せられた意見はすべて知事に届ける」としている。

愛媛新聞
http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20060121/news20060121315.html


248 :原理主義者:2006/01/22(日) 23:38:56 ID:5KuZrIU+0
タバコも本来自然の恵みだからさ、それを
農薬とか化学物質のせいで体によくないとかは
聞いたことがあるな。大麻も工場生産、大量生産
では同じことが言えそう。ましちゃ化学物質なんて。

249 :卵の名無しさん:2006/01/23(月) 13:37:34 ID:K7acx/VM0
>>240
1935年から53年にかけて、 ジャンキーを治療しようとして2万人の医師が逮捕され、
ニューヨーク郡医師会はそれを「医師に対する戦争」とまで呼んだ.

日本の医者にこれぐらいのガッツはあるだろうか?日本人は権利を与えられたものとしてしか
判断できず権利を勝ち取ってきた西欧とは成り立ちも違うのだろうが。


250 :卵の名無しさん:2006/01/23(月) 14:36:55 ID:Q3I7opE80
そうだよね、医師も一般人も、そういう意識に全く欠けているね。
激しく同意する。

251 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/23(月) 20:31:02 ID:5ZTO9Atf0
固いのが好きだ、これはいいな。
>>27

嗜好用を認めろって理由はなんだろう
害がない? 大いにあると思うんだけど。
だって人間てそんな強いものじゃないからね。

252 :卵の名無しさん:2006/01/23(月) 21:44:21 ID:tyIrCi1l0
>>251
>害がない?大いにあると思うんだけど。

例えば_? そんなに強いものじゃないなら尚更と思う。オプティミストとペシミスト
みたいにまったく反対なのはわかるけど・・人間には限られた寿命しかなくてそこで
どのように感じるかの違いだけど。例えば、酒をとるか?酒をやめて長生きしようとする
か?(できるとは限らないが)

253 :卵の名無しさん:2006/01/23(月) 22:09:50 ID:VdpXdjYv0
タバコや酒を合法にするぐらいなら、大麻を合法にした方がマシだ。

254 :卵の名無しさん:2006/01/23(月) 22:17:36 ID:q0S/wprf0
>>252
付け足すならどっちにしても極端は良くないだろうな。
ほどほどが一番!

255 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/23(月) 22:19:23 ID:5ZTO9Atf0
>>252
そうそう、嗜好品としてのお酒だって良い飲まれ方をしなければ依存になるよね、アル中 >>72
適量をコントロールできるだけの人が理想的に使用する事になると思うの?麻薬。
ストレス軽減のために用いられるなら、ストレスが多くそれがシラフじゃ耐えられない人が使うでしょ。
それだとどうしても依存になりがちじゃないの。
お酒がいいんだから麻薬だっていいだろっての?
きっとお酒の飲みすぎは体壊すってブレーキがあるからこの程度で酒による被害は抑えられてるよ、
でも、マリファナには身体への害はありませんって許可になると歯止めもないね。
身体への害がたとえなくっても精神への害はあると思うんだな。
そんなものに、「依存になってもかまわない」って意見だとしたら根本的に相容れないんですが・・

256 :卵の名無しさん:2006/01/23(月) 22:47:33 ID:VdpXdjYv0
>>255
アフぉだね、中毒性を見てみろよ。
中毒性が強い順番に

煙草>酒>>>(超えられない壁)>>>>大麻


わかったかね?


257 :卵の名無しさん:2006/01/23(月) 23:24:27 ID:nwEC/FgJO
貴方の真の答えがここに!
良質で安価な麻リフ*ナ販売!?
大人気につき売り切れ間近!
皆様のご注文お待ちしております!
http://www.hamq.jp/i.cfm?i=seed1

258 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/23(月) 23:36:25 ID:5ZTO9Atf0
>>256
そうくると思った。

切れると肉体的に支障が出てくる中毒。
わたしが言ってたのは「気持ち」の問題なの。
キモチに影響を与えるって事では、その順番って逆になりそうじゃない?

259 :卵の名無しさん:2006/01/24(火) 14:14:15 ID:Bo4DOrux0
身体的依存症の意味わかってないんだね?切れ目に手がブルブルふるえたり、肝汗かいたり・・・・(オエッ。

260 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/24(火) 18:19:10 ID:kuEGQboe0
えぇと、、わかってないのかもしれないので教えてください。

そりゃ心と身体は関係あると思ってるので、どちらが先でも影響はあるでしょうが
>>256の「中毒性」、キモチについても含んでの評価なんですか?それ。
自分の言う順番が逆では?の意味は、ハイになったり多幸感とか感情の増幅作用についてです。
煙草にそんなもんないですものね。


261 :259:2006/01/24(火) 18:44:21 ID:Fb0L/iiR0
>切れ目に手がブルブルふるえたり、肝汗かいたり・・・・(オエッ。

これは主にアル中の禁断症状についてですが、たしかにタバコでも手がそわそわ
するでしょうが。大麻の経験がありますが現在、この3年ぐらい吸ってません。
タバコは止めたいのですがやめたことがなので分りませんが。酒は中毒でないので
これもなんともないのですが、つまりタバコが一番の>>256で正解なのかも。
しかしアル中の禁断症状を見たことがあるのですが、あれは理屈ではないと思います。

262 :259:2006/01/24(火) 19:14:00 ID:Fb0L/iiR0
>キモチに影響を与えるって事では、その順番って逆になりそうじゃない?

ちょっと意味が分らなかったです。それは気持ちに一番影響を与える=快楽が大きい
という意味でならそうかもしれないけど、だからと言って依存症になるというのは
別問題と思います。なくても吸いたくなってもタバコよりなんともないですね。自分
にはなにか特別なギフトって感じですから。




263 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/24(火) 19:21:55 ID:kuEGQboe0
ふーむ、ちなみに煙草は何度も禁煙したことがあるけど w 禁断症状はなかったし手がそわそわもしませんでしたが。
でも最も「身体的に」害がありそうなのは煙草、これは同意です。

259さんが大麻が習慣にならずに済んでるのは
今禁止されてて犯罪になるってことと、
259さんが精神的に依存しないでいられる状態にあるからじゃないでしょうか。


264 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/24(火) 19:25:43 ID:kuEGQboe0
それとなかなか手に入らないこと、かな?

265 :259:2006/01/24(火) 19:40:40 ID:Fb0L/iiR0
無理に求めない。来た時に感謝。それがおいしいんです。


266 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/24(火) 19:48:11 ID:kuEGQboe0
ふ、深い。。

267 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/24(火) 20:01:53 ID:kuEGQboe0
冗談はともかく w

きっと快楽ってものはなんでも中毒になるよ。
そのほかに快がないような状態だと、しかも自在に買えたりするもんだと余計に。

268 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/24(火) 20:08:47 ID:kuEGQboe0
麻薬が解禁になったとして、そんなものが普通にあって使わずにいられるだろか?

人は、逃げられないからどうにかしようと考えたりするもんだしょ。
うまくいけば他の何かに代償させたり昇華させたり。マズれば病気になったり鬱になったりもするけど。
人の最も重要な部分がこのような辛さや葛藤から生まれるんではないの?
マリファナのような快楽からは生まれそうにないよ。。


辛いのから逃げずにいればきっといつか乗り超えられるよ、死ぬ気になれば大概のことは耐えられる。
それで前より少しずつマシになっていって、最後死ぬときに一番いい状態になってるのがいいな。
それでも死の前のひどい肉体的苦痛は気持ちまで打ち砕くから、そんな時だけ最後の手段で麻薬の使用を認める。
健康な時に現状からの逃避にマリファナ使ってたら苦痛への耐性もなく、きっと困難の中で幸せを見つける能力も得られないよね。
それじゃ死へ向かう準備も多分出来ない。
そんなんじゃ末期に使ってもbad-tripしか起こらないように思うんだけど。


269 :259:2006/01/24(火) 20:12:28 ID:Z+r3vDXA0
意味わかるけどさ。例えばネット中毒は熱中だしw

大麻ってのは日常の嗜好としては酒より適してるよ。
歯止めが効かないとかじゃなくて。

270 :卵の名無しさん:2006/01/24(火) 20:23:29 ID:HEqQ+BSi0
>>259
そういう症状は煙草やアルコールだけだよ。大麻に中毒性はほとんど無い。
たまに体質で弱い人もいるけどね、「ごくたまに」だから。

>>268
もうちょっと客観的に科学データを見てから言ってくれないかな?
何で日本ではこうも思い込みの偏見が強いのか?

参考までに言っておくと、煙草は「中毒性の高い」合法的「麻薬」ですが、何か?

271 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/24(火) 20:24:24 ID:kuEGQboe0
>>269
そうなの?
まぁそれでも、医療用の麻薬解禁には嗜好用でやりたい人の存在が足かせになるようなので
解禁運動やその啓蒙は別でやってほしいですね。

このような意味で害があることも分かってもらえれば嬉しいです。

ネット中毒? ネッ中?
これはコミニュケーション中毒なのかな
日常の狭く薄い関係性の代償をネットに求めて癒してるとか。

272 :259:2006/01/24(火) 20:25:21 ID:Z+r3vDXA0
>>268
>マリファナのような快楽からは生まれそうにないよ。。

一度カナダなどの合法な国で試してみるのを勧めるよ。やったことないなら
しょうがないしよく分かる。日本人ってすごいイメージで誤解してると思う
んです。マリファナってのは快楽=リラックスさせてくれるけどマインドドラッグ
と呼ばれているように自分との会話に近いんです。それによってより困難な状況
の問題解決の道筋を示してくれるような感じ、疲れてる時ってよい発想も生まれない
のと似てるとおもいます。いい発想ってリラックスしてる時に訪れますよね?

>辛いのから逃げずにいればきっといつか乗り超えられるよ、死ぬ気になれば大概のことは耐えられる。

現在、ストレス社会やら過労死など叫ばれていますが、その問題は本人は頑張りすぎちゃて
そのストレスを認識できないことによるようです。また気づいた時には急に亡くなったり病気
になったり。また自殺も多いようです。今までと違ったアプローチが有効な場合も多いのでは?



273 :卵の名無しさん:2006/01/24(火) 21:01:49 ID:HEqQ+BSi0
だいたいさ、癒しブームやロハスブーム時代の到来とかスローライフとか叫ばれてる現在なら
大麻はそのニーズにうってつけだと思うんだが?

274 :卵の名無しさん:2006/01/24(火) 21:04:58 ID:Vta1uF280
嗜好品の話しは他板で

275 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/24(火) 21:29:03 ID:kuEGQboe0
>>270
科学データなんて知らないけど、それだけじゃ測れないものも人間にはあると思うんだよ。
>>272>>273
>その問題は本人は頑張りすぎちゃて そのストレスを認識できないこと
頑張っちゃう私としてはこんな誘惑は危なくて迷惑ですな。。
いやいや、だってしらふでそう出来るのが一番でしょう?(>>230参考)

>>274ということでどうぞよろしく。
っていうと閑散としちゃうのかな、、末期がんの人のことなんてしょせん人事?
医療用としての大麻は嗜好品とは全然意味が違うってのは理解してくれてるのかな?



276 :卵の名無しさん:2006/01/24(火) 21:47:25 ID:HEqQ+BSi0
>>274
いや、医学的に嗜好品を語るのは有用。
医師版には、嗜好品としての煙草のスレだってあるんだから。

>>275
まあスモーカーよりはマシなのでFa?

277 :卵の名無しさん:2006/01/24(火) 21:52:33 ID:Vta1uF280
>>276
お前らが医療用大麻を妨げてるんだよ。自覚ある?

278 :卵の名無しさん:2006/01/24(火) 22:00:39 ID:HEqQ+BSi0
>>277
じゃ何で煙草が日本で合法なのか、科学的に語ってみ?


279 :ドキュソルビシン:2006/01/24(火) 22:30:13 ID:hhKJ0W4E0
だからね。大麻の中毒性やなんかが強くとも許す社会があってもいいし、弱くても許さない社会があってもいい。
大麻より強い薬剤を認めて、弱い薬剤を禁止することがあったってかまわないなり。


だけどそれと医療用大麻の話は別。

わけが解らないのは「医療大麻」の話をしているのに、タバコの毒性を強調すればそれが大麻の擁護と考えているだろう人々(>>237, >>247)なんかね。
あと偏見は止めようといいながら、偏見に満ちた浅薄な社会論に堕する人々(>>235>>244, >>249)ね。

280 :卵の名無しさん:2006/01/24(火) 22:51:21 ID:Vta1uF280
>>279
このスレでマトモな話しできるのは、あんただけのようだな。

281 :ドキュソルビシン:2006/01/24(火) 22:52:18 ID:ZTbjoWn10
お、おいらは王子様だからなっ!!えへん。

282 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/24(火) 22:59:20 ID:kuEGQboe0
なんでIDが変わるの?
>>280
わたしマトモじゃない?

283 :ドキュソルビシン:2006/01/24(火) 23:05:15 ID:ZTbjoWn10
ほんとだ。何で変わるんだろ??
もっかい。

284 :卵の名無しさん:2006/01/24(火) 23:29:33 ID:FF2p6sKi0
>>280
そんなことないだろ

285 :医療以外は関心外 ◆H0rbzpSZIA :2006/01/24(火) 23:35:49 ID:Vta1uF280
コテハン付けてみる。ちなみに
>>117 >>121 >>142 辺りが私です。

立場的には、
・現状では、新薬として導入するには、インパクトが弱過ぎる。
 特に緑内障治療薬としてのそれはお呼びでない。
 制吐作用も既存品より弱いと思われ、お呼びでない。
 疼痛コントロールは、若干今後の海外報告に期待。
 あと妊婦の制吐剤としてはどうだろうと薄っすら思うくらい。
・喫煙形式での服用は 吸収率の安定性など薬物動態学的な理由及び、
 適正使用・事故防止の観点から、医療用医薬品として認められない。
・嗜好品としての大麻は興味ない。解禁されようがされまいがどーでも良い。
 絶対ダメレベルの危険性はないと考えているが、嗜好品解禁派のバカどもが、
 医薬品議論を妨害するのに辟易。


286 :医療以外は関心外 ◆H0rbzpSZIA :2006/01/24(火) 23:36:26 ID:Vta1uF280
>>282
まぁマトモな方?ゴメン、よく分からん。
あなたの>>181については、実はちょっと個人的に異論があって、
少し要注意人物的にROMってた。まあこの件はスレ違いなので、触れないでおこう。

287 :ドキュソルビシン:2006/01/24(火) 23:39:57 ID:ZTbjoWn10
>>285

ほぼ同感でござい〜

まあ、喫煙形式もほんとに他のタイプの製剤に勝る有用性が認められればかまわないような気もするんですけどね。
少なくとも大麻喫煙原理主義みたいなのは勘弁して欲しいなりっ

288 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/24(火) 23:56:34 ID:kuEGQboe0
>>286
ふむ、そうですか。
181についてはそうならないでほしいなって思いですしね。その異論、前半についてなら多分譲れます。
どこかスレちがいにならない場所でお聞きしたいです。

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1134881284/l50
このあたりで。

289 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/25(水) 00:14:52 ID:xa9TGs8J0
>>279 名前:ドキュソルビシン
>だけどそれと医療用大麻の話は別。

あなたが別と盲信するのは結構だけど、
つまるところ、社会のモラルは、
科学的根拠に基づかず大麻を忌避するわけです。
で、結果、
「嗜好としての大麻」も「医療用大麻」も否定されてしまうわけです。

290 :ドキュソルビシン:2006/01/25(水) 00:17:30 ID:NAjdaLIJ0
盲信とレッテルを貼れば有効な反論になる、というわけではないのじゃよ。あっくん。

で、モラルは必ずしも科学的根拠に基づかないのは当たり前なりね。
歴史的に見ても科学が発達する前からモラルはあったわけだし。


291 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/25(水) 00:27:16 ID:xa9TGs8J0
別の言い方をすれば
「嗜好としての大麻」派にとっても、
「医療用大麻」派にとっても、
敵は、「科学的根拠に基づかないモラル」なわけです。
それを理解していないから、

>>279 名前:ドキュソルビシン
>だけどそれと医療用大麻の話は別。

という、愚かな発言をしてしまうわけですw

292 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/25(水) 00:30:24 ID:xa9TGs8J0
わっはは。 と、切りのいいところで心地よい眠りにつこうw

293 :ドキュソルビシン:2006/01/25(水) 00:32:57 ID:NAjdaLIJ0
相変わらず君はしょうもないなぁ・・・

モラルのほとんどは科学なんかよりもっと別の根拠に基づいてるなりね。
で、医療用大麻を認めるか否かについては科学が大きなウェイトを占めることはおそらく反対派も賛成派も認めるところ。

すぐ直前に書いたことくらい読んで欲しいなりっ

294 :卵の名無しさん:2006/01/25(水) 20:18:43 ID:qGEPgzqu0
つまり根拠のないモラル(法)が科学的(医学)探究を妨げてるんですね。



295 :卵の名無しさん:2006/01/25(水) 21:16:47 ID:40eWQrxU0
>>287
>喫煙形式もほんとに他のタイプの製剤に勝る有用性が認められればかまわないような気もするんですけどね。
医薬品として認めるという意味であれば、それは医薬品としての品質保証の制限を無くさないと無理です。
カンナビストは喜んでも他の薬で粗悪品が出回って多くの患者が被害にあう結果になるでしょうね。

海外の方式のように医師指示で使用許可という形なら同意ですが

296 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/25(水) 21:17:10 ID:C9QjqDjg0
モラルってさ、その社会が培ってきた人間同士の見えない絆みたいなとこもあるよ。
そこはおろそかにできるものじゃないでしょう。

そのモラルに反しないように科学的根拠が示されればより良い方向へ向かうものじゃないかな。


297 :卵の名無しさん:2006/01/25(水) 21:31:33 ID:EiX1EA8y0

アンチ大麻派は、何で麻薬である煙草が日本で合法扱いなのか、科学的に語ってみ?



298 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/25(水) 22:46:54 ID:jsZNhyuV0
>>296 :AI
アフリカのある地区では女性のクリちゃんを切り落とすモラルがあります。

>そのモラルに反しないように科学的根拠が示されればより良い方向へ向かうものじゃないかな。

ってことは、クリちゃんを切り落としつつ、科学的根拠が示してよりよい方向へ向かうべきなんですねぇ〜w

299 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/25(水) 22:59:27 ID:jsZNhyuV0
>そのモラルに反しないように科学的根拠が示されればより良い方向へ向かうものじゃないかな。

AIさんの悪い点は↑みたいに、何が何でもきれいにまとめた意見を言おう、
って点にありますな。

>良い方向へ向かうものじゃないかな。
AIさんにとって、「どういう方向が良い方向なのか」を示す事で、
議論になるわけで、自分の態度を示さずきれい事を言う、
ってのはズルイですよw

あなたひょっとしてテレビの議論でいうと、
美人総合司会のポジションを狙ってるんじゃないですか?w

300 :卵の名無しさん:2006/01/25(水) 23:01:29 ID:PRCsVJdd0
>>297
お前のような阿呆をポアするためだよ。

301 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/25(水) 23:12:43 ID:C9QjqDjg0
TV見ないのでそんな総合司会者がいるのかどうか分かりませんが
この前の「日本のがん医療を問う」なんかのがそんなものでしたか?

その>>296しか見なければあっくんの意見も言えてるかもだけど
それまで何度も発言しているのは読んでない? それが自分の態度だよ。
あ、そうか ろくに読まずにいるって言ってたっけね。 まぁいいけど。
ちゃんと読んでほしいって言われてるよ w 人への指摘の発言するならなおさらね。

302 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/25(水) 23:16:52 ID:C9QjqDjg0
>>298
そのとおりですよ。
ある地域の文化を別の価値観でぶったぎるのはダメ。
科学的根拠が時間かけて浸透すれば自然な変化が望めるものでしょ。
それは内部から変わるものだから、それで初めてよりよい方向へ になるんだよ。

303 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/25(水) 23:20:19 ID:jsZNhyuV0
>>301 :AI
>それが自分の態度だよ。
では、医療用大麻に関して、AIさんの態度を3、4行にまとめて発言して下さい。

304 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/25(水) 23:22:50 ID:C9QjqDjg0
ちゃんと嫁

305 :卵の名無しさん:2006/01/25(水) 23:25:07 ID:EiX1EA8y0

>>300 = 既にポアされたアフぉ


306 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/25(水) 23:26:54 ID:jsZNhyuV0
まあいいや、フロはいろ♪

307 :卵の名無しさん:2006/01/25(水) 23:33:20 ID:x1TlOsZF0
解禁したいなら説得すべきじゃね?
相手のこと馬鹿扱いして罵って、敵を増やすのが合理的な戦略なの?
なんの関わりもない人が、無知だ勉強しろだの言われて賛成してくれると思ってるの?



どうでもいいけど

308 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/25(水) 23:38:31 ID:C9QjqDjg0
読まないんだもんなー。w

効果がはっきり検証されていないのは認めるよ
でも、効果がないとも検証されているわけじゃないんだよね
嗜好用使用に対する足かせもあって足踏みするなら
何か突破口みたいなものがいるのかなって気も。。

あのね、>>217だけど、
裏の流通でも手に入れてそれで楽になってもらえたとして 後は自首する。
それで社会に切実に問題が存在することだけでも示せるんじゃないか?とか
すごーく乱暴なことを思ったりする。 



309 :卵の名無しさん:2006/01/25(水) 23:42:45 ID:PRCsVJdd0
>>305
ホレホレ、低脳w
反感が広がってるぞ。
お詫びのしるしにクボ塚を上回る30Fから跳んで氏ねや。

310 :卵の名無しさん:2006/01/25(水) 23:51:49 ID:EiX1EA8y0

>>309
藻前ポアされて顔が真っ赤になってるじゃん。気の毒に。w


311 :卵の名無しさん:2006/01/25(水) 23:56:35 ID:PRCsVJdd0
>>310
生きる価値のないジャンキーがw
お前のような阿呆に堕することこそ、大麻の危険性そのものだろう。
身を挺しての有害性の証明、乙

312 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/26(木) 00:07:39 ID:+LMzShVh0
>>217 :AI
>たとえ違法でもきっとそれを手に入れる。

それが可能なのは、娯楽でやる人がいて、大麻マーケットが形成されてるからで、
↓の発言はへんですよ。w

>楽しみのためにやりたいって人が多いので社会的にはそれを医療用といえ解禁するのは危険、って理由は
>本当にそれを必要としている人達にはやりきれないものですね。

あと、上のモカさんの話からすると、覚醒剤、コカインも癌の疼痛を緩和してくれるみたいですね。

313 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/26(木) 00:14:11 ID:+LMzShVh0
安倍穣二が言うには、覚醒剤が日本でポピュラーになる理由は、
覚醒剤は依存や、禁断症状がなかなか出にくい薬物だからだ、そうです。
そう簡単にはヤバクならいないから、日本で人気があるんだ、と。
簡単に廃人になるなら、
ヤクザだってバカじゃないんだから、簡単にやりませんよ、とw

314 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/26(木) 00:19:56 ID:+LMzShVh0
つーか、モルヒネは痛み止めとして認められてるんだから、
癌末期の人には、モルヒネ→大麻→覚醒剤→コカイン→ヘロイン
と、ループして使かえば、効果が出るんじゃないかな?

どうですか? 癌病棟の臨床医さん。

315 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/26(木) 00:28:44 ID:+LMzShVh0
あと、癌末期で苦しむ患者を内緒で薬で殺してくれる医者がいる、
って聞いたんだけど、その辺はどーなんでしょーね?

316 :卵の名無しさん:2006/01/26(木) 00:32:48 ID:R6zM7fJ50
あっくんについてはこちらで。

朝日信者のあっくんw
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1136005849/

317 :卵の名無しさん:2006/01/26(木) 00:39:58 ID:QdYZvOy10
>>311みたいな基地外は、どういう狂った脳の持ち主なのか、興味深い。

318 :卵の名無しさん:2006/01/26(木) 00:44:51 ID:R6zM7fJ50
>>317
ワロス
低脳が歯軋りしながらキーボード叩いてるwww
ジャンキーのイカレタ脳みそには、日本語が浮かばんのだろうな。

319 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/26(木) 00:50:01 ID:+LMzShVh0
うざいのは、おたふく女将と、ツブクリのコンビか?w

320 :卵の名無しさん:2006/01/26(木) 01:44:30 ID:kvNsiC8g0
>>318が何故か顔を真っ赤にして涙を流して必死です!
何で、何で? w

321 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/26(木) 08:56:32 ID:Uo9T+gY60
あのぅ、コンビさん達  どっちがどっちかわからなくなってマス w


>>312
そう?どこがヘンなのか分からないけどー

そうしたとこと全然接点がないので手に入れ方も分からない
新宿の裏通りあたりをうろうろすればいいん?
それとも嗜好用大麻推進派で妙に色々詳しいお方に頼めば手に入るのかな? w
でも後で自分を生贄にしてそんな裏使用を潰し、医療用の解禁への潮流を狙う魂胆がばれてると
取引はしてもらえないのかな。

322 :卵の名無しさん:2006/01/26(木) 15:40:48 ID:vKiznX8H0
さっきアメリカのニュースで医者と製薬会社の倫理(モラル)が問題になっていると
いう議論がやっていたんだけど。(例えば、製薬会社からのプレゼントや食事などの接待)
これって日本でも同じことが言えるんでしょうな?つまり、患者が本当に望む医療ではなく
製薬会社が使いた薬が優先的に使われたり、下手したら患者が実験動物にされるよな器具が
あるのでないでしょうかね?↓日本では収賄のようです。。
http://news.fresheye.com/topic/1204120/10000/r-2-n19-FdQ-4O.html

323 :卵の名無しさん:2006/01/26(木) 15:42:51 ID:Xgu4OOo10
医療大麻を考える会(JAMM)って最近
活動してないんですかね?

324 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/26(木) 16:02:21 ID:+LMzShVh0
シンナーなら、昔アルタの前でコソコソ売ってるのをよく見たけど。
怪しそうな売人っぽい人に「大麻ないですか?」って聞くのが手っ取り早いと思うけど。
場所としたらコマ劇場の裏の方かな。

ただ、実際使うとしたら、個室にはいらないと臭いでヤバイですね。
あと、本当に疼痛緩和につながるか保証はないわけだし。

>でも後で自分を生贄にしてそんな裏使用を潰し、医療用の解禁への潮流を狙う魂胆がばれてると取引はしてもらえないのかな。

そういうややこしいことをニーナさんモードで、ビチビチしゃべったら
ダメなんですよ、シンプルにいわなきゃw
「大麻が欲しい」「使い方を教えてくれ」この2点のみでいいんです。

325 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/26(木) 16:15:42 ID:+LMzShVh0
http://www.mapion.co.jp/c/f?uc=27&nl=35/41/31.907&el=139/42/21.513&scl=10000&size=640,500&grp=all&pg=A&coco=35/41/31.907,139/42/21.513&icon=map_icon_11,,,,,

326 :お増健さん:2006/01/26(木) 16:26:51 ID:dGtK2Tpw0
ジャンキーがいくらこの便所落書きで騒いでも、大麻が認可になるわけが無いのだが・・・

327 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/26(木) 16:26:59 ID:+LMzShVh0
この地図で歌舞伎町1丁目3番地に梅村ビルがあります。
ここの交差点を中心に夜間徘徊してみるといいと思いますよん。
明るいし、女性でも安心ですw

328 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/26(木) 16:35:15 ID:Uo9T+gY60
こらこら、そんな具体的なことを言うとそこに求めてくる人が楽しみじゃなくて
末期がん緩和の目的じゃないのか? はめられるんじゃないか?って
売人さんが疑心暗鬼になるかもよ。

ふぅん 臭いでやばいんだとしたら、在宅じゃないとだめですね。
とかいっても通常医療で末期がんの疼痛管理がちゃんとできたらそれでいいわけ。
誰でもホスピスへ入れるわけじゃないんですから、普通で最後までいけたらなって思うんです。
治療しか手が回らなくて緩和の専門医はまだまだ少なすぎるんですね。。
特別なものでないと人間らしい死が迎えられないとしたら悲しいです。


329 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/26(木) 16:45:59 ID:+LMzShVh0
>>328 :AI
>売人さんが疑心暗鬼になるかもよ。
だから、売人さんが疑心暗鬼にならないように、普通のユーザーを装うべきです。

>ふぅん 臭いでやばいんだとしたら、在宅じゃないとだめですね。
個室で窓全開でもいいんじゃない?
で、病院関係者も変だと思っても黙認するでしょう。
そもそも、自分達の緩和治療が至らないのが原因なんだから。

>特別なものでないと人間らしい死が迎えられないとしたら悲しいです。
つーか、大麻だのややこしいことを考えないで、内緒で安楽死させてくれる
医者を捜すのが現実的だと思うな。

330 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/26(木) 16:52:53 ID:Uo9T+gY60
>ややこしいことを考えないで、内緒で安楽死させてくれる
>医者を捜すのが現実的だと思うな
それはだめだよ、今の法律では殺人になっちゃうもの。
自分らのために人に罪を犯させるのはいけない。

>普通のユーザーを装うべきです
これも無理っぽい。
そうした人たちは独特の雰囲気があるものじゃないの?プロは見抜きそう。
末期がん患者の善良なる老いたつれ合いが麻薬ユーザーに見えるわけがない。


331 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/26(木) 17:07:21 ID:+LMzShVh0
>それはだめだよ、今の法律では殺人になっちゃうもの。
>自分らのために人に罪を犯させるのはいけない。
いや、この話は俺の家族が聞いてきた、たぶん本当だと思う。

>そうした人たちは独特の雰囲気があるものじゃないの?プロは見抜きそう。
なるほどね、怪しまれたら正直に話すんですな。

332 :卵の名無しさん:2006/01/26(木) 18:03:01 ID:/K6jpaqo0
まあ種を合法的に売ってくれて自家栽培を認めればそれでOKなんだよ。
よそのいろいろな国みたいに。

333 :卵の名無しさん:2006/01/26(木) 19:44:50 ID:Wea3uanN0
>>184みたく在宅被介護者だけでなく介護をする家族にも大麻があったらいいね。
後死を目前にしてる患者にはLSDとか大麻もだけどもう一つの世界(精神)を
を見せるのも大事な事と思う。人間として。これも人間のもとからある能力なわけだ
から。

334 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/26(木) 21:16:05 ID:Uo9T+gY60
>>333
ええー?!
介護者がその辛さから逃れるために拝借してしまうかも、っていうのは少し思ったけど
それはまずいんじゃないですかー

>もう一つの世界(精神)を を見せるのも大事な事と思う。人間として。
>これも人間のもとからある能力なわけだから。
うん そうだけど、見せるんじゃなく自身が見いだしていくものだと思うのよね
もとからある能力は、そのようなものの助けがなくてもきっとその人に合った段階として発揮されてくる
かえってそんな中身が伴わない体験を一足飛びにさせるのはどうにもバランスがとれないように思えるなぁ。




335 :卵の名無しさん:2006/01/26(木) 22:54:37 ID:Ou2Gt/yH0
>>334
>それはまずいんじゃないですかー

おいしいよー上のほうにもストレスが溜まる仕事ってあったでしょ?そっちのメンタルヘルス
も大事だよね。

>そのようなものの助けがなくてもきっとその人に合った段階として発揮されてくる

それも分るけど修行者とかなら。。最後の死ぬ前の話だよ。ほとんどの人がただ不安だと思うな。
様々なもんをみせてくれるから。それは超自然的な次元。こればかりは経験しないとワカラナイ

336 :卵の名無しさん:2006/01/27(金) 00:42:10 ID:HVMGL6Yk0

で、煙草と言う麻薬が合法扱いされてた理由は?


337 :卵の名無しさん:2006/01/27(金) 01:47:19 ID:GHX1IsvE0
大麻吸ってる医者いるのか
怖いなー

338 :卵の名無しさん:2006/01/27(金) 01:54:10 ID:h3najeiA0
>>336
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060126-00000313-yom-soci

このファッカーが、裁判長様がこう仰ってるんだ。

339 :卵の名無しさん:2006/01/27(金) 02:08:05 ID:JXHSLmTY0
最近の裁判長は、チョト頭のおかしいのが多くてとんでもない判決を下したりするね。
俺も先日の選挙では裁判官の更迭に一票入れといたよ。

340 :ドキュソルビシン:2006/01/27(金) 02:33:32 ID:iBotV4xM0
>>上のほうにもストレスが溜まる仕事ってあったでしょ?そっちのメンタルヘルスも大事だよね。

結局これのような気がするなぁ。

自分はストレスが溜まってるんだ!!
こんなおいらに大麻を吸わせろ!!ってね。


341 :卵の名無しさん:2006/01/27(金) 02:51:20 ID:Y75zMm5p0
「喫煙が原因でがん」賠償請求、患者ら敗訴確定

 喫煙が原因で肺がんなどの病気になったとして、患者や遺族計6人が、日本たばこ産業(JT)
と国を相手に計6000万円の損害賠償と広告の差し止めなどを求めた訴訟で、最高裁第1小法廷
(才口千晴裁判長)は26日、請求棄却の1、2審判決を支持し、上告を退ける決定をした。患者
側敗訴が確定した。

 喫煙者が国を相手取った初めての訴訟で、原告側は「JTがたばこの有害性と依存性についての
情報を提供せずに販売し、国はそれを放置した」と主張したが、1、2審とも「たばこの依存性は
低く、喫煙は自由意思だった」と判断していた。
(読売新聞) - 1月26日22時7分更新

*アメリカでは患者が煙草会社を集団訴訟して勝ってるのに、日本はダメだね。

342 :卵の名無しさん:2006/01/27(金) 02:51:51 ID:Y75zMm5p0
902 :名無しさん@6周年:2006/01/27(金) 02:45:32 ID:Yud4AAYz0
まあ元喫煙者だがアレン・カーの本を読んで廃煙したよ。
あれは依存症だけじゃなくタバコ会社の洗脳もあったんだね。
タバコを吸う人間は単純労働作業者と士業や研究員が多いらしい。
馬鹿と秀才は洗脳にかかりやすいのか?


343 :卵の名無しさん:2006/01/27(金) 02:53:18 ID:Y75zMm5p0
888 :名無しさん@6周年:2006/01/27(金) 02:22:58 ID:zucR4uWm0
JT社長は非喫煙者
http://www.k3.dion.ne.jp/〜iritani/tabacco2.html


Roger Scruton および日本たばこ産業を非難する
http://home.att.ne.jp/star/publichealth/bougai.htm

哲学者・文筆家のRoger Scrutonさんは大手タバコ会社から給料をもらい、
WHOのタバコ対策を妨害するパンフレットを作成したことを認めました。
JTから謝礼金をもらったことを付記すべきだったと認めました。
彼はBMJ誌に語りました。

Roger Scruton は、言論の自由を隠れ蓑に、その実は日本たばこ産業から
月間4500ポンドの謝礼金を密かに受け取っていた。
http://www.nosmoke-med.org/scruton.html

344 :卵の名無しさん:2006/01/27(金) 02:56:11 ID:Y75zMm5p0
839 :名無しさん@6周年:2006/01/27(金) 01:16:43 ID:4YvdXeHh0

昔、マイルドセブンの香り付けに発ガン性が高いエチレングリコール(不凍液の原料)を使っていたな。
 (ドイツで、安いワインへ不凍液を入れると、高級ワインの味になるので、詐欺商法が横行し社会問題になった。
  このとき、日本の食品類に使われていないか調査した時、マイルドセブンでも使われていることが発覚した。)

発ガン性が高い物質と知りつつ使用していたことを証明できたなら、賠償できたかな。

345 :ドキュソルビシン:2006/01/27(金) 03:00:50 ID:iBotV4xM0
いや、タバコの有害性はよく判ってるし。
で、もしタバコが合法であることに合理的な理由がないとして、医療用大麻との関係は??

346 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/27(金) 09:01:45 ID:wZZlQS6l0
ID:Y75zMm5p0さん、スレ違いなので別でやってほしいんですが
煙草の害を語るスレ、嫌煙のスレってこの板にないんですか?

>>335
>それも分るけど修行者とかなら。。最後の死ぬ前の話だよ
だからー、死ぬ直前に近い疼痛管理での使用が望ましいんじゃないのよさ。
それまではたとえ修行めいてても、その人に合った段階で力を発揮して元々持ってるものでやってくのがいいんだよ。
最後で苦痛除去以外の「副作用」のオマケがあるかもしれないなら、それは「ごほうび」でいただきます。



347 :卵の名無しさん:2006/01/27(金) 13:59:14 ID:Ir5xHevR0
>最後で苦痛除去以外の「副作用」のオマケがあるかもしれないなら、それは「ごほうび」でいただきます。

う〜ん?つまり「ご褒美」(幸精神作用)は好ましくないのか?好ましいのか?
それもその人の段階にあった力でやってきたものなのですかね?

348 :卵の名無しさん:2006/01/27(金) 16:13:17 ID:jHvEvzzp0
>>345
>で、もしタバコが合法であることに合理的な理由がないとして、医療用大麻との関係は??


大麻の所持が違法(懲役刑)である合理的な理由がないことが問題ってことでしょ?


349 :卵の名無しさん:2006/01/27(金) 16:28:53 ID:GHX1IsvE0
だから法律を無視していいってことか



そんなふうに考えてしまうということは、大麻には知られていない問題があるようだね。

350 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/27(金) 16:36:50 ID:BOMHbKW70
>>349
>だから法律を無視していいってことか
タバコと比べて、健康にたいして害がないなら無視していいんじゃない?
法律の方が間違ってるわけで。
もっとも俺は警察に捕まりたくないから大麻なんてやんないけど。

351 :??:2006/01/27(金) 17:07:12 ID:Uwc2xqe60
>>348
激しく同意。アンチ大麻派は、これについてはグウの音も出せない。

>>350
あっくんは、このスレでは冴えてるね!その通りだと思う。

352 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/27(金) 18:08:06 ID:wZZlQS6l0
>>347
その精神作用だって常の状態に左右されるのでしょう?
なら、死の直前に疼痛管理で使われる時 恐怖や不安でナーバスになってたら悪い面が出るのも考えられる。
癌患者は誰だってクスリの力借りずに自分で山超え谷超えでやっていくんだよ
懸命に生きて >>268の後半で書いたみたいに至ってれば好ましい作用で出るかも。
だから >それもその人の段階にあった力でやってきたもの って言えるかもしれない。

でもね、精神が強くてたとえば信仰を持ってる人でも末期の苦しみには気持ちを挫かれてしまう。
だから、それを避ける緩和医療は切実に求められてます。


医療用使用を妨げている楽しみのための大麻を求める人、そんなに多いのですか。
医師の中にはそのような方はいないと思うんだけど。



353 :ドキュソルビシン:2006/01/27(金) 19:28:31 ID:IeTnyLx90
>>348

いやそれは説明になってないなりね〜

繰り返しになるけど、もう1回書くよ。
AというものとBというものがある。いずれも嗜好品として用いられ、それぞれ有害性や中毒性がある(程度の問題は措く)。
Aは禁止されており、使うと懲役刑を食う。Bは禁止されていない。A、Bいずれも医療用としては用いられていない。

この状況でおいらの質問は「Bの毒性・有害性を強調することが、医療用にAを使うこととどのような関係があるのか?」

んで、>>348の答えが「Aを用いると懲役刑を食らうのに合理的な理由がないことである」

全然回答になっていないのがわかるなり??

次の二点、すなわち
(1) ある嗜好品を合法にするかどうかはその毒性・中毒性を基準に行うべきである
(2) Aの毒性・中毒性はBに比べて低い
を認めれば、Bを嗜好品として認めている以上Aを認めないのは不合理であるという意見はありうるなりね。

しかし、それは「嗜好品」の話。
「医療用」としては、この論理は成り立ってないですね。
何故ならBは医療用として認められてないわけだからね。ついでに言うとA,Bに比べ毒性・中毒性の高いCですら、医療用に認められている。
そもそもあるモノを医療用に認めるかというとき上記の(1)を基準に取る人はおらんなりね。
一番大事なのは「有用性」。

繰り返しになるけど、こうやって見ると少なくともこのスレで大麻を推進している人は「医療用」とかいいながら結局「嗜好品」の論理しか語ってないでし。

354 :ドキュソルビシン:2006/01/27(金) 19:37:56 ID:IeTnyLx90
>>352

緩和医療が求められているのはその通りなんだけどね。
結局のところ有用性(私見ではそれは毒性と効果のバランスです)が証明されない限り医療用として認められることはないと思う。

というのも、緩和効果に関して、もしAに実は全くその効果がないにも関わらず、医療用に用いたとしたらそれらの人に害だけを及ぼすことになるです。
だから少なくとも効果がある、あるいはその可能性が高いことまでは示さないといかんと思うよ〜。

で、現在のところはまだそのレベルに達していないと思うです。

355 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/27(金) 19:54:10 ID:wZZlQS6l0
有用性が認められるといいですね。
「毒性と効果のバランス」 
少なくとも死期が近づいている人にとって、麻薬の毒性は問題にならない程度と思われますしね。

それ以前に
今でも出来る程度の緩和治療でさえまだまだ万全って言えないとこの方が
取り込みとしては先決かな。

356 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/28(土) 00:56:50 ID:YoBkVVAG0
>>268 :AI
>健康な時に現状からの逃避にマリファナ使ってたら苦痛への耐性もなく、きっと困難の中で幸せを見つける能力も得られないよね。

つーか、タバコがうまいと感じられるまで3ヶ月ぐらいの練習期間が必要なわけで、
大麻だって、死にそうになってから、吸い始めるのは遅くて、
健康な時から大麻のおいしさを体に教えとかなきゃダメだと思うなw

357 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/28(土) 01:08:18 ID:YoBkVVAG0
つーか、タバコを吸ったことのない人に、むりやり大麻を吸わせて、
疼痛緩和作用がなかった、かえってむせてよくなかった、
とか論文書かれても困るわなw

358 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/28(土) 08:55:08 ID:UxiByYMp0
いいんだよ、もし認可されたとしても疼痛緩和が目的で
おいしさや精神作用はおまけみたいなものなんだから。


359 :卵の名無しさん:2006/01/28(土) 12:20:45 ID:cXA2xym40
>>356
>健康な時から大麻のおいしさを体に教えとかなきゃダメだと思うなw

やっぱあっ君は冴えて照るね。当たり。
>>352
>恐怖や不安でナーバスになってたら悪い面が出るのも考えられる。

これらは大麻初心者の場合に報告されてるし、自分でも経験がある。
犯罪を犯す罪悪感だけではなく、向精神への恐怖感が初心者では伴う
ものだから。それらがいい状態を示さない場合が多い自分ではよくわかるのに
初経験から4年ぐらい経ってるから。(初からは別にたいしていらなかった面がデカイ)

>医療用使用を妨げている楽しみのための大麻を求める人

嗜好品扱いされてるからってそれが即楽しみってわけではないよ。
健康な場合ならダンスやらETC..楽しみだけど。
大麻のトビってのは深く自分自身との対話させてくれる感じ。

360 :卵の名無しさん:2006/01/28(土) 12:30:51 ID:cXA2xym40
後、大麻は免役機能の上昇が報告されていて嗜好=予防医学と認めても
いいと思ってるし。自分の経験でいうとその向精神
作用(サイケデリックス)というのはドラッグ=薬と言われているように
本来的に薬なんだよね。サイケデリックで体内視をすることにより病気の
原因が見える。自分は花粉症を体内視によって自分の鼻にある花粉の分子を観察
することによって完治させたよ。これは大麻のメディテーション(瞑想=医療の語源)
機能によるところだけど。


361 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/28(土) 12:57:09 ID:YoBkVVAG0
>>359
>これらは大麻初心者の場合に報告されてるし、自分でも経験がある。
あら、あなたは大麻経験者なんだ、大雑把にいって東京だったら、
どうやって入手するのが一般的ですか?

>>360
>自分は花粉症を体内視によって自分の鼻にある花粉の分子を観察することによって完治させたよ。

花粉の分子を観察するだけじゃ、花粉症は治らないと思うんですが、
具体的にはどういう事をやったんですか?

362 :卵の名無しさん:2006/01/28(土) 14:20:04 ID:rMGET2Il0
>>361
>大雑把にいって東京だったら、 どうやって入手するのが一般的ですか?

東京在住じゃないんですけど、歌舞伎町は監視カメラがあってダメか?
コネがないとなかなか手にはいらないかもしれないですね。
多分、ヘッドショップに行けば合法的に種が売ってますよ。栽培しないと
ダメですが。たいして難しくない室内で普通に栽培すればいいのでは?初心者は。

>具体的にはどういう事をやったんですか?

瞑想のテクニックですが(最近、医学的な報告でもイメージトレーニングで難病の完治もあるようで
すが)痒みのある部位に意識を集中することによって、自分の視覚を体内にもっていくとその
部位、成分が見えます。(ギザギザの球体)それを観察しつづけることによって痒みを感じ続ける
ますしばらくすると痒みは感じなくなります。(クシャミなど抗体反応を出させなくさせる。危険な物質
でないという認識のもとに)


363 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/28(土) 15:38:36 ID:UxiByYMp0
これはいったいなんちぅ文章でしょうか
やっている んですか?


364 :卵の名無しさん:2006/01/28(土) 15:45:43 ID:xyvIEjnJ0
っやってないけど説明って難しいんですよね><
でもドラッグってのは大方視覚能力の増大(脳内視)の側面があると思われます。
(普段、脳がブロックしているのもが見える)

365 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/28(土) 15:59:42 ID:YoBkVVAG0
>>362
>歌舞伎町は監視カメラがあってダメか?
なるほど、監視カメラのある所はダメなんだ。

>多分、ヘッドショップに行けば合法的に種が売ってますよ。
これは何のエサとして売られてるんですか?

>瞑想のテクニックですが(最近、医学的な報告でもイメージトレーニングで難病の完治もあるようですが)

ではあなたはこれで花粉症を治したと。他に治した病気はありますか?

366 :卵の名無しさん:2006/01/28(土) 16:08:55 ID:xyvIEjnJ0
>>365
>これは何のエサとして売られてるんですか?

鑑賞用としてwホームセンターの鳥餌は発芽しないと思うよ。

>ではあなたはこれで花粉症を治したと。他に治した病気はありますか?

花粉症しかないんです。後ずっと病気になったことがないんです。


367 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/28(土) 16:26:26 ID:YoBkVVAG0
ああ、なるほど、ペットショップかと思ったらヘッドショップなんだw
ぐぐったら色々ありますね。

368 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/28(土) 16:30:50 ID:YoBkVVAG0
>>363 名前:AI
>これはいったいなんちぅ文章でしょうか
あなたのある種の文章より100倍わかりやすいですよw

369 :卵の名無しさん:2006/01/28(土) 16:40:29 ID:xyvIEjnJ0
あっくんありがと。
ペットとヘッド傑作だねwでもネットで買わない方がいいよ。

370 :モカ ◆mocca/dqrM :2006/01/28(土) 17:05:41 ID:lA/h6rVB0
今週あたまにFOX5の5pmニュースで
マリファナフェスティバル?やってます!(ハイテンション)
な映像が流れてた。綺麗なコンパニオンお姉さんが
栽培方法など説明してたよ。
数秒しか見てないから、縄でも作ってたのかもだけどw
でも、よくよく観察したら
「コカイン絶対駄目!」って云う恐ろしげなADは見るけど
「大麻絶対駄目!」は見ないんだよなあ。@アメリカ。

371 :卵の名無しさん:2006/01/28(土) 17:33:20 ID:xyvIEjnJ0
>「コカイン絶対駄目!」って云う恐ろしげなADは見るけど

さっきインディオの番組見ていたんだけどそこでは普通に市場でコカ
(コカインの原料の植物)売られているし、インカの聖なる儀式でも使用されてるみたい。
最近、コカ農家合法の大統領がボリビアで誕生したし。
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/news/20060123k0000m030059000c

アメリカン体制にたいする地域文化に必要なものとして薬が本当はあるんだよ。
日本でも神社の聖体であるわけだし、資金援助と引き換えに大麻を規制しているアジアの国々
も今後大麻の規制が解禁されるかもしれない。



372 :卵の名無しさん:2006/01/28(土) 18:04:16 ID:2dP13RZs0
ドラッグは冴えるからアメリカ洗脳支配体制には邪魔なんだよw
だって何も知らないで反対してるんだろ?それも昨日まで大事に使われてたモンガー!

373 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/28(土) 18:07:25 ID:UxiByYMp0
また意味不明なことが・・・

>>368
えー! 自分ほどサルでもわかるような平易な文を書く奴はいないと思ってたんだけど。
理解力ないんとちがうの? それとも内容が理解不能って意味?(それなら分かる)

モカさんは分かってくれるでしょ?


そう、地域文化に必要なものとしてあるんだ
だから、ただ害がないから認めろって一部の麻薬嗜好者が言ってもダメなんだよ。
日本の地域文化が多分それを認めていないのだからね



374 ::2006/01/28(土) 18:10:08 ID:2dP13RZs0
けっロボットが!

375 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/28(土) 19:19:26 ID:YoBkVVAG0
>>370 :モカ
>綺麗なコンパニオンお姉さんが栽培方法など説明してたよ。
ほほお〜、じゃアメリカは自分で作って自分で吸うのは問題ないんだ。

>>373 :AI
いやいや、最近はよくなって来ましたよw

376 :モカ ◆mocca/dqrM :2006/01/28(土) 19:36:37 ID:lA/h6rVB0
AIさんの言ってる事は解りますです。文に趣旨があるから。

>>371,372さんはちと解りずらいな。スマソ
だって、モンガーなんだもんw

あっくん、いやはや栽培して吸っても違法だよ。
でも、多数の人間が吸っていると云う、
暗黙の事実があるっぽい様に感じるんだよね。
(ニュースで使用を勧めてた訳じゃないよ。
こんなイベントがあります、って報道してただけ。)
確かに言われてみれば、学生のパーティでパイプ回し見かけるし、
お金持ちの道楽とも聞くし(セレブドラマThe OCとかに出てくる)
映画にもそんなシーンがあるけど、観てる人は
ヤバいでしょ?と云うよりむしろ笑ってるしね。

あ、私は経験有りませんよ。健康体で無いからね、やはり怖い。

377 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/28(土) 19:42:00 ID:YoBkVVAG0
あと、地域文化という言葉を使うなら、
今の日本のモラル、法律は明治以前の地域文化をぶち壊した上に成立してるんですよね。
つまり、
・富国強兵政策
・西洋文化の強引な導入
・天皇の神格化
ですよね、
で、女は製糸工場で働かせ外貨を稼ぎ、男は兵隊にして中国を侵略させると。
そういった政策がとられたわけです。
要するに、国民の物質化ですよね、で、あなたの考えるモラルは
その明治政府の政策の延長線上にあるんだと思いますよ。
まあ、そのおかげで日本は外国に侵略されず&今の物質的反映があるんだと思うけど、
心はボロボロ、癌末期患者は苦しみながら死んでいくと、
つーことが言えるんじゃないでしょーか?

378 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/28(土) 19:47:16 ID:YoBkVVAG0
あと、
・廃仏毀釈
ってのもありましたね。

>>376 名前:モカ
>ニュースで使用を勧めてた訳じゃないよ。
>こんなイベントがあります、って報道してただけ。
じゃ、違法なイベントをニースで報道した、
ってことですか?

379 :卵の名無しさん:2006/01/28(土) 19:57:23 ID:IhkDeWlu0
アメリカでは大麻をやったことがない人の方が珍しい。

380 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/28(土) 20:01:52 ID:UxiByYMp0
>>374
ロボット!  がしゃーんがしゃーん
いいね〜、こんな罵倒は。気持ちいいな

そう?あんまり変わってないと思うけど。。
コテでほんのちょっと辛辣になってるかな?不思議。

381 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/28(土) 20:05:19 ID:UxiByYMp0
文化論を語っても話が広がりすぎるけど。。
確かに大戦後のアメリカ偏重の流れが日本古来の良さを失わせたと思う。
西洋文明ってよりアメリカ文明ね、物質文明による精神文化の破壊を生んだような感じはしているけど。

あそこは歴史がないから独特なとこがある、あれは世界を基準にすれば特殊だと思うなぁ。
そこにまた追従するのはますます日本の地域文化を壊すじゃないの。
文化ってよりもすこし深いとこで変えてしまいそうだな、食生活の変化による影響に近いかも。

法律はともかく、自然な精神性を大事にする大多数日本人の性質には合わないんじゃない?
いくら落ちぶれてしまっても日本人にまだそのあたりは残ってそうに思う。

382 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/28(土) 20:25:13 ID:YoBkVVAG0
>>381 :AI
>文化論を語っても話が広がりすぎるけど。。

文化論というより、
あなたが「大麻を吸うことにたいする罪悪感」の説明をしてあげたわけです。
あなたの「大麻を吸うことにたいする罪悪感」の出所は、
個人の幸せ娯楽より物質的なものを尊重した
明治政府のマインドコントロール、政策によるものなんですよ、
というわけです。

383 :モカ ◆mocca/dqrM :2006/01/28(土) 20:29:09 ID:lA/h6rVB0
今、FOX5のホムペで記事調べたんだけど、残って無かった。。。スマソ 
でもイベント自体は違法じゃないと思うんだけどなあ。

本題から反れますが、
> 今の日本のモラル、法律は明治以前の地域文化をぶち壊した上に成立してるんですよね。
つまり、
・富国強兵政策
・西洋文化(例:肉食)の強引な導入
・天皇の神格化
・廃仏毀釈
と付け加えさせて下さい。お願いしますw

384 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/28(土) 20:33:59 ID:YoBkVVAG0
>確かに大戦後のアメリカ偏重の流れが日本古来の良さを失わせたと思う。

いや古来、何万年だか何千年だか続いてきた日本の農業を主体とした、
共同体のモラルをぶち壊したのは、
・富国強兵政策
・西洋文化の強引な導入
をした明治政府ですね、で、そのサポートのために
・天皇の神格化
・廃仏毀釈
をした、ってことかな。

385 :50♪ ◆0Stl3oHNys :2006/01/28(土) 20:40:53 ID:ko9ze4Y70
>>381
アメリカ文化を象徴するのはあの神学の無いキリスト教ね。
早い話がカトリックの歴史、そこからのアンチテーゼとして派生したルター、それらの
堅固な構造神学の背景にある歴史や文化を共有しない劣等感が、ファンダメンタリズムを
助長させたのだと思うんよ。あほファンダメンタリズムね。

マリファナもそのまたアンチテーゼかと思うんよ。

所詮巨大な島国ね。日本より大きい分だけ始末が悪い島国ね。>アメリカ

386 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/28(土) 20:43:05 ID:YoBkVVAG0
つか、モカさんは肉食すると体に悪いんですか?

387 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/28(土) 20:47:20 ID:YoBkVVAG0
>マリファナもそのまたアンチテーゼかと思うんよ。
ん?
マリファナはプロテスタントにたいするアンチ
って主張ですか?

388 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/28(土) 20:55:47 ID:YoBkVVAG0
つか、僕は肉+野菜のみで、炭水化物を極力切ったらダイエット出来たし、
体にいいような感じなんですよねw

389 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/28(土) 21:24:51 ID:UxiByYMp0
>>382
それは異議ありですー
>個人の幸せ娯楽より物質的なものを尊重した
そうじゃなくて、物質的なものに依存した個人の幸せ娯楽って感じ。
その弊害による精神的荒廃が麻薬等に逃避するしかないゆがんだ文化か。

>堅固な構造神学の背景にある歴史や文化を共有しない劣等感
これはおおいにあるでしょう。
日本も失われて久しいですが、内部には静かにあってまだ間に合うかもしれないと思う。
日本古来の基礎となる思想ってなんだろう?儒教?仏教?ひとつじゃなくて混在して形作られたものだろうかな。

>天皇の神格化
これに関してはもはや既になく、じゃない?
天皇制はまぁまぁ好意的な形で存在してるからいいんじゃないですか。

390 :卵の名無しさん:2006/01/28(土) 21:55:38 ID:YNLVT0Ne0
ヨーロッパでは大麻は生活の一部なのに、何で日本では大麻に敵対的なんだ?

391 :50♪ ◆0Stl3oHNys :2006/01/28(土) 21:56:40 ID:ko9ze4Y70
>>387
あっくん

いわゆるドイツプロテスタント及びその流れを組むプロテスタント各派と
あほファンダメンタリズムとは、あえて区別して論じているんですよん。

392 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/28(土) 22:13:36 ID:YoBkVVAG0
>>389 :AI
>日本古来の基礎となる思想ってなんだろう?
それはもちろん数千年以上、脈々と続いていた、明治期以前の農村の中にあるのでしょう。
それを明治政府が破壊し
・富国強兵政策
・他国への侵略的な政策
・工業化政策
を推し進めるために、全体主義的なモラルを強引に作ったと、
そのモラルの延長線上に
あなたの「大麻を吸うことへの罪悪感」があるんだと思いますよん。

393 :卵の名無しさん:2006/01/28(土) 22:24:47 ID:uxRt1xeO0
大麻を合法化する場合
大麻を病院だけでだせるようにするのは勘弁してほしい。
スーパーでも手に入れられるようにしてほしい。
そせちゅうみたいに「いたんだよごら〜、ほら、そせしかきかんわい」とかめいわくだし
いて〜大麻やってくれって夜中にくるなばか。みたいになる余寒


394 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/28(土) 22:29:04 ID:YoBkVVAG0
>>390
>ヨーロッパでは大麻は生活の一部なのに、何で日本では大麻に敵対的なんだ?
おそらく「物質を生産しない快楽は悪」との明治政府の作ったモラルの延長線上にあるからでしょう。

>>391 :50♪
ごめん、話が難しくてわかんないんだけど、
あなたは立場はドイツプロテスタント及びその流れを組むプロテスタント各派
にあるんですか? あるいは、カトリック?

395 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/28(土) 23:38:39 ID:UxiByYMp0
>>392
ちーがーうー なに言ってるのよ ばか w
・富国強兵政策
・他国への侵略的な政策
・工業化政策
これらのどれも全然しっくりこないし
延長線上の現代社会、その情けない価値観は相容れないものばかりでその中で浮きまくってますが。
相容れないものの先に嗜好品の麻薬もあるように思います。

それでも共同体のモラル、社会が培ってきた暗黙の絆はまだ失われていないはずだと思っているよ。
失いつつあるんだけどね、それに流されないこと。
拝金主義やファンダメンタリズムが席巻する前に、ゆり戻しの浄化作用もあるんじゃないの?

麻薬に精神性の意義を持たせようったってそれは上記と同じく砂上の楼閣みたいだよ、全然土台や中身なしでやっちゃうんだもん。
第一、お手軽にインスタントなやり方で幸せを掴めると思うのがそもそもどれも気にいらん。


396 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/28(土) 23:48:37 ID:UxiByYMp0
って、ここ嗜好用麻薬を語るスレじゃないんですけどね。

しかし、嗜好用麻薬の解禁は癌患者 末期がん患者にとってよくない影響があると思ってるので
わたしにはスレタイトルと関係ない話でもないんです。

397 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/29(日) 00:35:25 ID:oxS+VMjH0
>>395 :AI
>これらのどれも全然しっくりこないし

ではナゼあなたが末期癌になった時に、たいして有害でもない大麻を使う事に、
罪悪感を感じるのか、しっくりくるよう説明して下さい。

398 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/29(日) 00:41:57 ID:Gb0jEnHi0

全然感じませんが。

399 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/29(日) 00:51:57 ID:oxS+VMjH0
>>308 :AI
>裏の流通でも手に入れてそれで楽になってもらえたとして 後は自首する。
>それで社会に切実に問題が存在することだけでも示せるんじゃないか?とか
>すごーく乱暴なことを思ったりする。

400 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/29(日) 00:53:18 ID:oxS+VMjH0
>>398 名前:AI
>全然感じませんが。
じゃ、なんで「自首する」なんて書いたの?

401 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/29(日) 01:06:58 ID:Gb0jEnHi0
ルールだからですよ。
それに、そうすることで社会が少し動かせるかもしれないでしょ。
一般人に末期がんの悲惨さを訴えられるんじゃない?

でも、言っておくけど これ妄想だよ。

402 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/29(日) 01:17:42 ID:oxS+VMjH0
>>401 :AI
>ルールだからですよ。
ではナゼ「ルールに違反したから自首する」んですか?

403 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/29(日) 01:19:06 ID:Gb0jEnHi0
そのルールが正しいと思ってるからだよ。

404 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/29(日) 01:26:19 ID:oxS+VMjH0
大麻の害がタバコ以下だとしてもそのルールは正しいと思うわけですか?

405 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/29(日) 01:27:13 ID:Gb0jEnHi0
思う。

406 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/29(日) 01:31:32 ID:oxS+VMjH0
なんでそう思うんですか?

407 :卵の名無しさん:2006/01/29(日) 01:32:59 ID:V8LB3LBZ0
あっくんについては、こちらでどうぞ。

朝日信者のあっくんw
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1136005849/

408 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/29(日) 01:38:07 ID:Gb0jEnHi0
>>406
それは今までさんざん書いたよ。
先生の>>191>>192もそうだろうなって思うしね。
麻薬は身体へは害なくても精神に害がありそうなものだ。
でも、死期が近いならそこは目をつぶっても利益(がもしあるなら)を取ればいい。

409 :ドキュソルビシン:2006/01/29(日) 01:46:45 ID:5TM/U2980
横から見てると、あきらかにAIさんの勝ちなりね

410 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/29(日) 01:47:41 ID:Gb0jEnHi0
わーい

411 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/29(日) 01:53:45 ID:oxS+VMjH0
なぜアイさんは矛盾しているルールでも遵守しようするのか?
の答えは、
明治政府以降続いている
「国民の健康を考えるのではなく、国民になるたけ働かせよう」
という方針に洗脳されてるから、
だと思うんだけどね。

412 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/29(日) 01:58:35 ID:Gb0jEnHi0
全然、だってそうした流れに沿ってないもの。

なんであっくんはすぐ毎回そこに行くのかな
だから反抗してニートしてるの?

413 :ドキュソルビシン:2006/01/29(日) 02:00:40 ID:5TM/U2980
>>396
「嗜好用麻薬の解禁は癌患者 末期がん患者にとってよくない影響」

おいらは違う意見があるです。
大麻の医療における有用性が認められたあかつきに、一番よくない状況は次の通り

(1) 嗜好用大麻は認められず、しかも認めるべきでないという意見が世間では大勢を占める。
(2) 嗜好用大麻を求める人たちは、医療を突破口に自分の分を手に入れようと画策。医療用大麻を推進する。
(3) 世間は「医療用大麻を認めろ」というのは自分が吸いたいだけだろ!!と思って(実際正しいのだが)、医療用大麻にも反対の立場をとる。

ですな。嗜好用に使いたい人は、正々堂々と嗜好用大麻を認めるべきとする世論を作るべし。嗜好用で認められれば医療用にも使いやすい。
それができないなら、医療用を口実に嗜好用に使おうとするのはやめてほしい。
(ま、この論理が内ゲバの論理であるのは承知で主張してるんですがね)





414 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/29(日) 02:01:22 ID:oxS+VMjH0
では、なぜアイさんは矛盾しているルールでも遵守しようするのですか?

415 :ドキュソルビシン:2006/01/29(日) 02:04:40 ID:5TM/U2980
どんなことでも原因を、

それは少年期のトラウマだと言いたがるトラウマ主義者とか
男による女の搾取だというフェミさんとか
ユダヤの陰謀だと主張するとんでもさんとか、そういうのを思い出すね


416 :卵の名無しさん:2006/01/29(日) 02:06:28 ID:V8LB3LBZ0
あっくんの脳みその腐れ具合、その原因はやっぱり循環不全?
それとも朝日信者症候群?

417 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/29(日) 02:11:19 ID:Gb0jEnHi0
>医療用を口実に嗜好用に使おうとするのは
医療用が解禁されても、これはそうなさそうに思うんだけど。
だって今でも裏でとりひきされているみたいじゃないですか。

それは今はまだ社会のアウトローの人たちです。使っている人も自認しているでしょう。
認められるということは、自覚なく使う一般が出るってこと。
どれだけの弊害があるかわからないものを許可していこうとする世論など無理っぽいかな。

418 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/29(日) 02:25:11 ID:oxS+VMjH0
じゃあ、アイさんには矛盾しているルールでも遵守しなさい、
と神のお告げが聞こえたのかな?w

419 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/29(日) 02:37:08 ID:Gb0jEnHi0
なんにも矛盾してないもの。
身体的な害よりも精神への害のほうがよっぽど重大だと私は思ってるからね。


420 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/29(日) 02:50:42 ID:oxS+VMjH0
では、アイさんは、
大麻の害が、身体的な害、精神への害、共にタバコ以下だとしても
神のお告げが聞こえたので、
矛盾しているルールでも遵守したい、と考えているのですか?

421 :ドキュソルビシン:2006/01/29(日) 02:52:07 ID:5TM/U2980
>医療用が解禁されても、これはそうなさそうに思うんだけど

うんにゃ。上のほうを見てごらん
「大麻には免疫増強作用があると言われてて予防医学だ」とか
「ストレスは万病の元。日常生活のストレスに対して大麻はよく効く。」とかいった、

アル中の言い訳みたいなのがいっぱいならんでますなり。
このスレも、医療大麻を推進するふりをして実は嗜好大麻を認めさせたいという方が多く集まってます。
そゆのをやめれということなり。

422 :卵の名無しさん:2006/01/29(日) 03:26:59 ID:UTU5iIEP0
このスレに関してはあっくんの勝ちだと思うた

423 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/29(日) 03:41:30 ID:oxS+VMjH0
>>415 :ドキュソルビシン
>どんなことでも原因を、

そりゃ、そうでしょ。
「矛盾しているルールでも遵守しようする」奇妙な気持ち
の原因を知りたいのは人情だと思うがw

424 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/29(日) 08:51:54 ID:Gb0jEnHi0
なるほど。
アル中のいい訳を擁護したって一般の支持が得られるわけじゃないのに
認められない社会の背景がそんないい訳や擁護にあると理解できない人がいるってのが不思議です。
しかもそんな人が、癌患者なんてまるっきり縁がないし自分らの楽しみ以外はどうでもいいって思ってるなら分かるけど
切実に関係ある人物が、この「医療用大麻」のスレでいつまでもそんな嗜好用に拘ってるのが
なんとも矛盾してると思うんだけどね、あっくん。

大切な人が苦しんでる時に、「でも健康な僕らだってそのクスリ使いたいんだも〜ん」って?
そんなこと言ってる場合じゃないでしょうに。
ここで嗜好用を認めさせたい発言をするっていうのは>>27ってことなんだよ。

425 :卵の名無しさん:2006/01/29(日) 10:44:37 ID:Ou3B5OSE0
>>421
そのへんは素人さんなんだから大目にみてあげた方がいいんじゃないかな
専門家からみたらアル中の言い訳みたいなのでも本人は真面目に大麻の有効性について訴えてるつもりなんだろうし
もう少し生あたたかい目でみてあげましょうよ
優しさをアピールできない男は女の子にもてませんよ

426 ::2006/01/29(日) 12:04:10 ID:9UrRRpgf0
>>425
>そのへんは素人さんなんだから大目にみてあげた方がいいんじゃないかな

もう少し多角的な視点を持とうよ。
http://www.cannabis-studyhouse.com/



427 :卵の名無しさん:2006/01/29(日) 12:06:15 ID:2f7h1ASs0
>>421
>そゆのをやめれということなり。

やめたら医療用大麻を推進しようという輩が大半(というか殆ど全て)
いなくなっちゃうだろ(w

428 :卵の名無しさん:2006/01/29(日) 12:32:12 ID:9UrRRpgf0
そもそもアメリカでマリファナな規制されたのは、禁酒を悪とみなすピューリタンの禁酒運動
の成果であったが、禁酒法は問題の解決よりも多くの問題を生み廃止になった。
1920年代に飲酒との戦いで予算の増えた法の執行機関をどのように維持するか?
飲酒の取り締まりに当たっていた警官をどうするか。解雇するか?(「ヘンプとマリファナの陰謀」ジャックへアラー)
そこで当局はマリファナの狂気を文字どうりデッチ上げたようだ。背後には当時大流行
したジャズが反社会的シンボルとしてマリファナが愛用されていたこと、また、化学産業
が裏工作をしたともいわれている。

429 :卵の名無しさん:2006/01/29(日) 19:49:34 ID:JmM0gRVg0
大麻は主に医療用大麻(インディカ種)と産業用大麻(サティバ種)の2種類ありアメリカ政府
それを導入した日本の大麻取締り法も規制しているのは産業用のサティバ種である。戦前まで医療
用として販売されていたインド大麻というのは文字どうりインディカ種であろう。


430 :卵の名無しさん:2006/01/29(日) 19:54:03 ID:JmM0gRVg0
>>429
>アメリカ政府 それを導入した日本の大麻取締り法→アメリカ政府のマリファナ規制法、 それを導入した日本の大麻取締り法

大麻取締法
第一条  この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)
並びに大麻草の種子及びその製品を除く。
http://www.nco.go.jp/lows/low6.html



431 :卵の名無しさん:2006/01/29(日) 20:44:12 ID:8NQCRLtq0
まあ、アメリカも大麻解禁に向けて動きだした訳だし、ここわずか数ヶ月の間に
全米で既に半数近くの州がマリファナ許可を出したんだから、
全米が解禁になる日も近いだろう。アメリカがやることは日本はいつも右に倣え、
だから、日本が大麻解禁になる日はそう遠くないと思うよ。
漏れの言うことはいつも当たるから、覚えといてよ。

432 :卵の名無しさん:2006/01/29(日) 20:56:24 ID:V8LB3LBZ0
>>431
いう事が当たる前に死ぬさ、30Fから飛び降りてなwww

433 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/29(日) 21:04:37 ID:oxS+VMjH0
>>424 :AI
>ここで嗜好用を認めさせたい発言をするっていうのは>>27ってことなんだよ。
あはは〜ん、どうやら>>27はアイさんが名無しで書いてますね?w

434 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/29(日) 21:11:14 ID:oxS+VMjH0
>>424 :AI
>切実に関係ある人物が、この「医療用大麻」のスレでいつまでもそんな嗜好用に拘ってるのが
>なんとも矛盾してると思うんだけどね、あっくん。

とりあえず、「大麻喫煙は煙草喫煙より身体、精神的に害は少ない」って仮定の上に論を進めますよ。
で、医療的大麻派の利益を考えると、
医療的大麻が解禁されても、嗜好的大麻が解禁されても
メリットがあるわけです、なぜならドッチも同じ大麻だからw

あと、「大麻喫煙は煙草喫煙より身体、精神的に害は少ない」にもかかわらず
大麻が禁止されているのは「なんとなく大麻はやばいぞ」という多数の世論でしょう。
で、ここで悪いのは、嗜好的大麻利用者ではなく、
『「なんとなく大麻はやばいぞ」という多数の世論』なわけです。
決して嗜好的大麻利用者が悪いのではない。
にもかかわらず、あなたやドキュは嗜好的大麻利用者を目の敵にするわけです。
この嗜好的大麻利用者を毛嫌いするあなた達の心のメカニズムに大変興味があるわけです。

435 :卵の名無しさん:2006/01/29(日) 21:13:25 ID:V8LB3LBZ0
あっくんについては、こちらで願います。

朝日信者のあっくんw
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1136005849/

436 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/29(日) 21:27:37 ID:Gb0jEnHi0
>>433
だとすばらしいんですけど w
丁度この日からトリ付きコテにしてるのよ。色々めんどくさくなったのでね 

  AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/09(月) 01:22:19 ID:BjOrQPae0

>>434
そんな仮定がまったくオカシイやねっ



437 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/29(日) 22:09:12 ID:Gb0jEnHi0
医療用大麻の有効性が示されたらその認可は医師や患者達が主動で進めるべきで
どうして一般世間の意向などを伺わなくちゃならないのかなぁ。。
だって 使用の適応は再発転移進行がんのみ、しかも医師の許可が必要とすれば一般麻薬嗜好者がどうこうしようにも、なんにもできないでしょう。
まさか使いたいから癌になろうって人もいないだろうし。
もしそれが>>421
「大麻には免疫増強作用があると言われてて予防医学だ」とか
「ストレスは万病の元。日常生活のストレスに対して大麻はよく効く。」とかいった
これで他の病気にも適応を、とかなったらやりたい人は仮病も使うだろうし違ってくるけど
まずこんな曖昧すぎる根拠で医療用として認められるはずがないのです。 でしょう?

438 :ドキュソルビシン:2006/01/29(日) 23:49:42 ID:Stb1HEX40
>どうして一般世間の意向などを伺わなくちゃならないのかなぁ。。

そこで依然的確に指摘された方がいましたが、サリドマイドの事例が参考になります。
サリドマイドは血液の癌である多発性骨髄腫に対する標準的治療の一部です。

ですが、世間の意向というものがあること、骨髄腫自体患者が少なく儲けも少ないこと
万一再度薬害を起こしたら会社に対するダメージが物凄くでかいだろうこと、より日本のどの製薬会社も試験をしようとしません。
同じ理由で、厚生労働省も認可には消極的な感じがします。

客観的に見れば、
「ほぼ不治の癌である骨髄腫に対して有効かつ副作用の少ない薬。ただ、重大な副作用として催奇形性があるが骨髄腫の多くは老人の病気である」
ちうことなんですがね。

それでも一般世間の意向はなかなか国内でサリドマイドを普通に処方できる日を遠くしています。

同じように「大麻は危険だ」という認識は世間の動向をわるい方向へ引っ張ります。
ですが、それは医学的になんとか乗り越えていける。実際そこまで危険なものではないし、医学にもそのくらいの力はある。

だけど、「大麻は医療用を口実に、嗜好用に使おうとしている」というのは当たっているだけに反論できない。
このキャンペーンを張られたら例え医療的な有効性が認められても、わが国で認可するのは難しくなるなり。




439 :卵の名無しさん:2006/01/29(日) 23:54:07 ID:Ou3B5OSE0
>>426
よくいる勘違いさんですね
インターネットなどで書いてある事を鵜呑みするような人は
どのような視点から見ても素人まるだしです
その辺をきちんと把握しておかないと他人に自分の主張を理解してもらうのは難しいと思いますよ

440 :435:2006/01/30(月) 00:12:58 ID:Ev1dJS/s0
あっくそへ。
>>27を書いたのは俺だ。

朝日信者のあっくんw
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1136005849/

これを立てたのも俺だよ。

441 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/30(月) 00:19:35 ID:P8Caa1HP0
>>440
おぉ!カコイイです。

でも「朝日信者のあっくん」は、たいしてあんまり・・・

442 :卵の名無しさん:2006/01/30(月) 00:38:04 ID:TwN/GPRD0
>>437
>まずこんな曖昧すぎる根拠で医療用として認められるはずがないのです。 でしょう?

私はそうでもないと思っています
医薬品としての認可としてはまったくあなたのいわれる通りなんですが、海外での規制緩和の例のように医療用途であっても大麻が医薬品である必要は必ずしも無い。

例えばサプリメントは消費者のニーズの高まりと社会的コンセンサスが得られたから規制緩和が認められたのであって有効性が証明されたからではありません。

大麻も将来同じような経過で規制緩和される可能性はあるのではないでしょうかね。
まあ、現状ではカンナビストの言動はマイナスにしか働いていないですし見込みは薄そうですけど。

443 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/30(月) 00:45:15 ID:P8Caa1HP0
うん、多分サリドマイドの事例がひかれるだろうなと思ったんだけど

あれは過去のひどい記憶、しかも薬害 その被害者周辺の抵抗があるからだよね。
自ら望んでそうなったわけじゃない被害者が理由なんてない拒絶反応で反対しているんだと思うの。

麻薬によるなんらかの多大な被害が出ていない現状では、有効性が認められれば
それと同様な反対が起こると思えないんだけどな。
だって今違法に使用してる人は望んでやってるんだし、害を被ってるとしても本人害と思ってないようだし。


「大麻は医療用を口実に、嗜好用に使おうとしている」
誰が? 
便乗してこのときとばかりに認めろとここで声あげてる人たちはナンダカナだけど
実際はこれは不可能でしょ、末期がんにならなきゃ使えないんだとしたら。


444 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/30(月) 00:46:21 ID:P8Caa1HP0
「大麻は医療用を口実に、嗜好用に使おうとしている」


445 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/30(月) 00:48:18 ID:P8Caa1HP0
あー、今ようやくこの意味分かりました。

現在の裏流通がますます加速される恐れってことだね。
痛み止めにも効きます、医療用としても認められています って。

446 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/30(月) 01:29:25 ID:P8Caa1HP0
むにゃー!まてよ

もしそうなら、医療用麻薬の有効性が認められて なおかつ認可もされないとしたら
ますますマズイんじゃ?

あぁー、だから有効性も認めようっていう機運にもならないってことなのか・・・

447 :卵の名無しさん:2006/01/30(月) 04:47:33 ID:GAVqOGd60
まあ灯台医師なら、大部分が大麻は解禁されて構わんと思ってまつので

448 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/30(月) 09:17:38 ID:SoieR5aI0
サリドマイドは多分、「サリドマイド被害者の会」みたいのが
厚労省に圧力をかけてるから使えないんで、
だから反対に「サリドマイドを使いたい患者の会」が
厚労省に使わせろと行政訴訟を起こせば解決するんじゃないかな?

あと、これは大麻の問題とはじぇんじぇんちゅがいまちゅw

449 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/30(月) 09:42:33 ID:SoieR5aI0
かたや大麻は、いわゆるモラルの破壊につながるわけで、
「美しい日本の文化を大事にしたい」とかいう阿呆が沢山いるわけでして、
解禁は大変難しいと思います。

450 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/30(月) 09:43:14 ID:P8Caa1HP0
昨夜はあれから自分のあまりのトロサ、ボケぶりに「入る穴」を捜しておりました。
あっくんはこのことちゃんと分かってた?分かっててもそゆう発言してるの?

推進派は医療用解禁をかこつけて利用する、それは抑えられないだろうね。
そんな良識が通じる相手じゃない。
でも少なくとも、医療用で効果が認められたのに自分らのせいで認可にならないってのは
どうにも寝覚めが悪いから
だから世論が麻薬解禁を容認するように持っていきたいのがこのスレの麻薬嗜好者や
やってみたくてしょうがないけど、法律違反で捕まるのはイヤダっていう人なんだね。

451 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/30(月) 09:47:09 ID:SoieR5aI0
>あっくんはこのことちゃんと分かってた?
いや、全然わかんないw

452 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/30(月) 09:54:37 ID:P8Caa1HP0
モラル破壊に快感を覚える人ってただの現状不満分子なわけでとにかく変えたくてしかたがないんだろうけど
でもそれであっくんの主義にそったカタチにはならんと思うよ。
社会全体がどんな風になるのかまでは考えてないでしょ。

東大医師やエリートは恵まれた人々、麻薬容認は自分らにはさして害がないからでしょうが
誰でも使えるとなったらどうよ? ただでさえ問題山積の10代が使ったらどうよ?
並以下や底辺のワリを食ってる人たちが「あーストレスストレス」ってそのたび使ったらどうよ。

453 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/30(月) 10:04:57 ID:SoieR5aI0
だから、俺は
「大麻喫煙は煙草喫煙より身体、精神的に害は少ない」って仮定の上に論を進めてるので、
実際のところ、この仮定が正しいのか間違っているのか、俺は知らないよ。

454 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/30(月) 10:06:23 ID:SoieR5aI0
べつに大麻博士じゃないからねw

455 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/30(月) 10:38:07 ID:P8Caa1HP0
だから煙草の問題は医療用大麻とは別の話だってば。

煙草反対、その害のキャンペーンはいくらでもはられていいし実際制限はどんどん多くなっているし。
そんな風にして今後愛煙家が増えないようにするのはいいことでしょう。
値段が10倍になったっていいと思ってるよ。
でも10倍になったり、いきなり禁止されたってヤミ煙草が暴力団の資金源になるだけでしょうからね。

大麻がまだ広がってないのに認可して煙草の二の舞になってどうするよ?
煙草以上の害があると思ってる。
社会の不満分子の押さえ込み、そんなのは勝手に滅んでって権力の手先が推進を画策するってなら分かるけど。
どうやら日本はまだそこまで落ちぶれてないみたいんだね。

456 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/30(月) 11:00:33 ID:SoieR5aI0
あなたの、>>455の発言は「大麻は害がある」との仮定に立って発言しているわけです。
あなたも大麻博士じゃないんですよ、その点をよーく自覚しておいて下さい。

>大麻がまだ広がってないのに認可して煙草の二の舞になってどうするよ?
別にいいじゃない、煙草ぐらいの害なら。個人の自己選択の範疇でしょう。

457 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/30(月) 11:04:30 ID:SoieR5aI0
ちょっと目を離すとすぐ学級委員モードになっちゃうw

458 :卵の名無しさん:2006/01/30(月) 11:33:40 ID:sUEUG2Sk0
プログを始めました
激裏情報満載です。
http://blog.livedoor.jp/love013001/

459 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/30(月) 11:36:13 ID:P8Caa1HP0
学級委員モード w
クラスの不良モードよりマシ、ちがう?
あっくんはバケツ持って廊下に立ってなさい。

460 :卵の名無しさん:2006/01/30(月) 13:28:58 ID:2PbdpsPp0
>>439
あなたの大麻=危険の認識は何を鵜呑みにした結果ですか?


461 :卵の名無しさん:2006/01/30(月) 20:16:31 ID:TwN/GPRD0
>>460
私はそんな認識は持っていませんが何か?

462 :650:2006/01/30(月) 22:42:58 ID:a0RLNrVy0
【国際】「たばこは有毒な大気汚染物質」 米カリフォルニア州、ベンゼンやヒ素などと同様の定義

★「たばこは有毒な大気汚染物質」…米カリフォルニア州

 【ロサンゼルス=古沢由紀子】米カリフォルニア州政府は26日、全米で初めて、
たばこの煙を、自動車の排ガスに含まれる物質などと同列の「有毒な大気汚染物質」
と位置づけ、健康被害を警告していくことを決めた。

 同州はすでに、飲食店や公共施設内の喫煙を禁じているが、今後は一層厳しい
措置がとられることも予想されている。

 同州大気資源局によると、火を付けたたばこから出る煙は、ベンゼンやヒ素などの
有害物質同様、「死や深刻な病気の原因になりうる大気中の有毒物質」と定義される。
同州政府は昨秋、肺がんや胎児への影響などに加え、女性の乳がん増加と受動喫煙
に関連があるとの報告をまとめている。

 同局の公聴会に出席した禁煙推進団体は、子どもが乗っている自動車内の禁煙や、
禁煙マンションの建設推進などを要望しており、各自治体で検討していくことになる。

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20060128i302.htm?from=main3

463 :ドキュソルビシン:2006/01/30(月) 23:05:47 ID:/5Mew0qB0
442は流石なり〜

>448

カワイコぶっても、説得力は増さんなり〜

464 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/30(月) 23:58:54 ID:P8Caa1HP0
うん、、、442はね
そのとおりだと思いながら、これにどう反応したらいいだろかってずっと迷ってて。
「消費者のニーズの高まりと社会的コンセンサス」
今はそれほどないようだけど すぐ右に倣えで影響されちゃうの思うと、先々わからないかも。
それでいいと思う人が大半になれば自然と流れはそうなっちゃうだろうなって。
ポルノグラフィーなんかも同様だしね。性犯罪の温床ったってこれは規制できないものだ。
う〜ん、そもそも「文化」は規制がきかないものだ。

あなた方の子供が日常使用するようになったとして、成長した後でどんな影響が出てくるのかな・・・
失ってみないと気がつかないものかもしれないけど。
その時はその時さ、なのかもね。 時代の流れに逆らってもしょーがないのかねぇ。

465 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/01/31(火) 03:10:44 ID:a7BedmTD0
もし嗜好用大麻が認められれば医療用も道開けるとしても、だからって大麻解禁を願う気持ちにはなれない。
医療用の有効性は認可が不可能な状況ならば、検証はされないほうがいい。だって癌患者には残酷だよそれ。
死んでいく癌患者のためにこれから生きる人が犠牲になる必要ないから、癌患者は(多分)麻薬解禁を願わない。
だって末期がん患者が「子供達、孫達が遊びで大麻をやっててくれたら自分は楽できたのに」なんて思うわけないんだもの。
緩和医療は他のやり方ないわけじゃないし、そこまで手が回らないってならセデーションってのもあるけど・・・
安楽死を望む人だっているだろうね。

どう死ぬかって大事なことだと思うので、その時の問題を放置だけはしないでほしいな。

466 :モカ ◆mocca/dqrM :2006/01/31(火) 09:26:52 ID:YE3vf6Si0
>>名前:あっくん
つか、僕は肉+野菜のみで、炭水化物を極力切ったらダイエット出来たし、体にいいような感じなんですよねw

私は動物性食品を3年間食べなかった時期があって、その間は、
10数年来の原因不明蕁麻疹が全く出なかったので、
調子が良かったよ。その後、卵牛乳魚を食べだして復活したけどw

学級委員さん、すれ違いスマソでしたw


467 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/01/31(火) 10:03:14 ID:f6A697Sq0
>私は動物性食品を3年間食べなかった時期があって、その間は、
>10数年来の原因不明蕁麻疹が全く出なかったので
だったらまたベジタリアンをやって、蕁麻疹が出なくなった時点で、
動物性食品を1品づつ食べてみれば、蕁麻疹の原因がわかるんじゃないの?

>学級委員さん、すれ違いスマソでしたw
彼女は学級委員というより、自治房ですなw
彼女の論法でいけば酒もタバコもインターネットも風俗も不倫も
ぜーんぶ法律で禁止しなきゃ、ならなくなりますw

468 :卵の名無しさん:2006/01/31(火) 13:44:38 ID:4MF9SjIs0
>>465
麻薬なしで手術もできないでしょ?それが向精神性を抑えたモルヒネにしようと
コデインにしようと。麻薬=ダメなものという(国家の刷り込み?)偏見によって
それらの能力、恩恵を手放すのはもったいないと思う。

>医療用の有効性は認可が不可能な状況ならば、検証はされないほうがいい

つまり人命や科学の発展よりも政治的な思惑を優先するってことだね。

>緩和医療は他のやり方ないわけじゃないし、そこまで手が回らないってならセデーションってのもあるけど・・・

結局薬漬け寝たきりだよね。


469 :卵の名無しさん:2006/01/31(火) 23:34:17 ID:fa/1aKBg0
煙草が禁止になれば、大麻が解禁になるだろう。
いったん大麻の良さが広まれば、煙草が臭くて苦く感じるので、煙草に戻りたい人は少ない。
そういう煙草中毒治療の意味でも大麻解禁は有用。

470 :卵の名無しさん:2006/01/31(火) 23:36:03 ID:fa/1aKBg0
あとね、このスレ見ていてわかるけど
大麻が解禁になったら、いろいろ困る立場の人達が懸命に工作中だね。

471 :卵の名無しさん:2006/01/31(火) 23:52:28 ID:y5WZ42z30
>モカさんここであったのも何かの縁

ラスタのアイタルフード(ベジタリアン)なんていいのでは?
僕も3年ぐらいベジしてた時があります。

472 :卵の名無しさん:2006/02/01(水) 00:35:49 ID:aoaR4ZZ40
カンナビストは陰謀論がお好き

473 :医療以外は関心外:2006/02/01(水) 00:40:59 ID:/ovSQ1tN0
久し振りに2chを見てみれば・・ひどいモンだw
現状がよく分かるスレだな。


>医療用の有効性は認可が不可能な状況ならば、検証はされないほうがいい。

日本での認可の将来的な可否は別として、海外での検証は進んでいますよ。
まず海外で医薬品レベルでの有効性が十分確認されれば、
将来的な導入への機運も高まります。5年10年レベルでは難しいと思われますが。

474 :モカ ◆mocca/dqrM :2006/02/01(水) 01:36:58 ID:5XzZMKgf0
>>あっくん
だったらまたベジタリアンをやって、蕁麻疹が出なくなった時点で、
動物性食品を1品づつ食べてみれば、蕁麻疹の原因がわかるんじゃないの?

うん、その様にシンプルな話なら良いんだけど、
直接食品にアレルギーが有る訳じゃなくて、
食べ始め数ヶ月して何かが蓄積されて出るって感じなんだよねw
あと、また話しが反れるけど、歯科素材も影響してる様で、
要するに、体に取り込むもので体質が変わるって感じ。
しかし、考えてくれてありがとう。

>> ラスタのアイタルフード
初めて聞く言葉で、ちょこっと調べてみました。
この文化は大麻も関係してる様ですね。
血を汚さないとか何とかと有りましたが、どうでした?


475 :卵の名無しさん:2006/02/01(水) 01:51:26 ID:vfnW5Ist0
>>474
あっくんの言うベジは、
×ベジタリアン
○植物状態
の事でしょう。
いまでも重い脳障害を残してる様子を見ると、こちらの理解の方が正しいかと>あっくん

476 :卵の名無しさん:2006/02/01(水) 03:40:05 ID:aDATXMgL0
何たって日本は心臓発作の危険のあるバイアグラの認可はほぼ即時に出て
避妊ピルの認可に10年を要した国だからね。

477 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/02/01(水) 08:26:09 ID:bztFVpiG0
>>468 >>473
>それらの能力、恩恵を手放すのはもったいないと思う
>日本での認可の将来的な可否は別として、海外での検証は進んでいますよ
ええ、、そうなの。 でも、有効性が示されてるのに認可されないって当事者にどれだけの痛みを与えるか、、わかる?

医療は人の命を助けることが目的 これはしかたがないことだけど、死ぬ者に対する対策は後回しになるんだ。。
場合によると極度の苦痛 or セデーションって選択しかない。
それでいいと思ってないよ。
そんなのはいやだ、ってみんなが自分の問題として考えられるようになったら変わってくるかも
医療用麻薬だって、有効性が認められたら認可されるような社会になるかもしれない。
緩和医療分野はもっと重視されてかないとー  
                      
          みんな 安心して死ねないよ。。

478 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/02/01(水) 12:11:46 ID:BbEQj45W0
>>474 :モカ
>あと、また話しが反れるけど、歯科素材も影響してる様で、
ああ、この話はよく聞きますね。
要するに化学物質にシャープに反応してしまう、ってことなのかな?

>>475
>○植物状態
違うよ。

>>476
>避妊ピルの認可に10年を要した国だからね。
ああ、なるほど。つか、これの理由は
・自称モラリストの自民党議員が反対した
・産科医が中絶の仕事が減るから反対した
のドッチでしょ? あるいは両方?

479 :卵の名無しさん:2006/02/01(水) 13:59:18 ID:UOku6gHN0
【ニュース】薬の副作用2477症例、HP公開始まる (読売新聞)

 厚生労働省の独立行政法人・医薬品医療機器総合機構は31日、製薬企業が報告した医薬品のすべての副作用情報について、
ホームページ(http://www.info.pmda.go.jp)で公開を始めた。

http://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/medicine.html


480 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/02/01(水) 16:25:41 ID:bztFVpiG0
誉められたもんじゃなくても禁止されず罪にもならないものもあるね。

・どれだけ煙草が素晴らしく健康にいいか
・酒は何も注意なくいくらでも楽しんでいい
・インターネットの暗部には目を塞いで絶賛、儲かればOK利用しよう
・風俗は単なる商品だから金さえ払えばなんでもアリ
・不倫は適当に楽しむものだから他人(相手も)はどうでもいい

以上、こんなこと考えてる人間はいないだろうと禁止されてない。(いるから一部で禁止され制限され罰せられてるよ)

麻薬の解禁を進めたいなら上記のようないいとこばっかり言って問題ないっても嘘っぽい、騙してるみたいなものでしょ。
どれだけ使用において自覚し制限がかける必要あるか、外れるとどれだけの被害があるのかしっかり考えて言ってかなきゃ。
もしも 「それは偏見だ、国家の刷り込みだ、麻薬はいいことばっかりだ」ってならもっと説得してほしい、
特に子供達にどんな良い影響があるのか説明して。
この医療用大麻問題とは関係なく、「死」を前提にしてる医療用にかこつけたりしないでほしい。

481 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/02/01(水) 16:28:32 ID:bztFVpiG0
自然からの恵み、元々の麻薬使用はシャーマン的なもの って言ったけど
そうした人々は常から自己の力を最大発揮させるように努め、自分に厳しかったはずよね。

たとえば認可されるとしたら
カウンセリングや元々の能力を調える研修、ワークショップのような形態で
管理下での使用しかないと違うかなぁ?


482 :卵の名無しさん:2006/02/01(水) 16:57:18 ID:UOku6gHN0
薬物を食すのはシャーマンだけってのは、主に南米のシャーマンじゃなかったけ?
本来シャーマンとはシベリアの呪術師のことで日本は案外その影響を受けているんだが
儀式で使用されるようだよ。一概にシャーマンだけが薬物を食すとはいえない。南米しかりだが。

483 :卵の名無しさん:2006/02/02(木) 00:06:51 ID:CAHhTLS80
きのこにしとけよ

484 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/02/02(木) 00:15:29 ID:jvxcyL7/0
>>480 :AI
>誉められたもんじゃなくても禁止されず罪にもならないものもあるね。
て言うことは、大麻ばかりでなく、酒タバコも法律で禁止すべきだ、
というご意見ですか?

485 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/02/02(木) 10:47:03 ID:03j4/ojE0
うにゃ? どうしてそう読めるかなぁ

嗜好用麻薬解禁を求め世間にもコンセンサスを得るには
「楽しいんだからいいじゃん」「自分さえよければ勝手でしょ」ではだめって言ってるの。
だから上にあげたようなのも厳しい目が向けられるものだって了解が世の中にあって容認されてるの。
それを行う者が自覚を持ってなきゃ、持たず逸脱したら罰せられたり健康を害したりするんだよ。

それについて真剣に真面目に使用者や推進者がどこまで考えて発言してるか、ってのを世の中に見られているんだろうね。
だから、他を引き合いに出して「アレよりまし」程度で認めさせようって態度ではまだ甘いし
一番「こんなんではとてもとても」ってのが、ここでのあっくんみたいな発言でしょうにー。

486 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/02/02(木) 10:49:07 ID:03j4/ojE0

習慣ってのは大事だしコワイものだよ、私も>>381で言ってる。 
アメリカ文化を批判したけど、あの地域ならではの文化「アメリカならでは」ってものだ
それがいいと思うわけじゃないけど「強いもの勝ちの社会」で、堕落した者落ちこぼれは軽蔑されるって了解があるんじゃないかな?
その上での自由や責任、だからすごく厳しいものだと思う。

日本はどう?
甘えや緩さが土台の個人の自由や自己責任、マジや頑張るのはカッコワルイって風潮。
世の中全体がその空気で占められるようになって なしくずしに大麻が解禁になったりしたら
アメリカどこじゃないまずいことになりそうだと思わんかね。

わたしは学級委員でも自治房でもなく古風なだけかな w

ここは違う、こう思うって正面から内容に反論してほしい。
その人の特徴とか性質への揶揄で内容を否定、ってのは議論にならんし、ちっとアレだから w
学級委員だのイイコブリッコだのはナシにしてね。

487 :卵の名無しさん:2006/02/02(木) 12:31:42 ID:rTndem7M0
>>485
嗜好云々ではなしに欧米では患者、医者の要望のみならず科学的研究で大麻の有用性は
証明されてるし、生薬として使用されてるんですよ。日本では法律的規制や無知による
誤解、麻薬キャンペーンとしての研究はされても(毒として)、麻薬的偏見でまともな
検証、議論すらできていない状況だからこれでは医療=QOL社会の発展を見れないのを
危惧している。大麻が妙薬なのは分りきっているいることだから。エイズや化学療法による
食欲不振など大麻がないと生きれない人がこれからますます増えるだろうし。

488 :卵の名無しさん:2006/02/02(木) 12:38:19 ID:rTndem7M0
>>486
>甘えや緩さが土台の個人の自由や自己責任、マジや頑張るのはカッコワルイって風潮。

このような風潮は戦後からのアメリカ的価値観によるのだろうが。
本来、大和魂とは麻心を意味していたらしい。↓

麻と人類文化 
http://www.asahi-net.or.jp/~is2h-mri/

弁護士丸井英弘を中心としたまともに大麻解禁に取り組むホームページです。

489 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/02/02(木) 14:20:30 ID:jvxcyL7/0
http://www.asahi-net.or.jp/~is2h-mri/2benkensyo.html
なるほど、大麻に有害性はないんだ。

490 :50♪ ◆0Stl3oHNys :2006/02/02(木) 14:23:44 ID:ZkvJ341H0
海外で使われていて国内未承認の医薬品が存在することが「とてつもない不利益」に
即結びつく、という発想には反対です。

「未承認抗癌剤希望教」など既にもう宗教だと思います。
信教の自由と、神無き(あるいは仏無き)盲信とが混同されていると思う。

491 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/02/02(木) 14:28:04 ID:jvxcyL7/0
>>490 名前:50♪
まるで、物乞いするような患者の根性が気に入らないのですか?

492 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/02/02(木) 14:31:52 ID:jvxcyL7/0
僕がガンになったら、物乞い命乞いをすると思うけど。

493 :卵の名無しさん:2006/02/02(木) 14:36:28 ID:rTndem7M0
>>490
そういう溺れるのもは藁をもつかむ発想ではなくてw
大麻については劇的な効果があるってことが分ってるんだよね。
ただ向精神作用が科学によっては無視したい存在だったり、
国家にとって厄介な存在だからってことで排除されることが間違ってる
といいたいだけ。今までの間違いを認めることになるしね。

494 :50♪ ◆0Stl3oHNys :2006/02/02(木) 14:42:53 ID:ZkvJ341H0
患者は皆命乞い物乞いだと思いますか?w

もう少し思慮深く精神性が高い人が多いですよ。病気で一回り大人になるんです。

ただ、一部の宗教っぽい人たちの運動がクローズアップされやすいだけですよ。w

そうしてそれらの目立つ人々は他人の金儲けに利用される。しかもそのことに気付きもしない。
それが気に入らないのです。

495 :50♪ ◆0Stl3oHNys :2006/02/02(木) 14:45:10 ID:ZkvJ341H0
>>494 はあっくん宛です。w

496 :50♪ ◆0Stl3oHNys :2006/02/02(木) 14:51:45 ID:ZkvJ341H0
>>493
そもそも初めに「藁は藁だ」という啓蒙がないんですよ。w

497 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/02/02(木) 14:54:27 ID:jvxcyL7/0
>他人の金儲けに利用される。
具体的にいうと製薬会社の金儲けですか?

498 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/02/02(木) 14:58:49 ID:jvxcyL7/0
>患者は皆命乞い物乞いだと思いますか?w
あなたが、そういうタイプの患者を嫌いなのかと思って、そう言ったんですけどね。
実際僕がなったらそうなりそうだしw

499 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/02/02(木) 15:07:20 ID:jvxcyL7/0
つーか、50♪さんみたいな人は近藤誠ファンじゃないですか?

500 :50♪ ◆0Stl3oHNys :2006/02/02(木) 15:08:28 ID:ZkvJ341H0
>>498
全て理解した上で何をやろうと生き方は自由でしょ。
そのような患者さんを嫌う理由などありません。

問題は理解の水準が低いと他人の金儲けに利用されることね。

そのことを啓蒙する空気を閉ざす人たちは、嫌いです。

501 :50♪ ◆0Stl3oHNys :2006/02/02(木) 15:10:23 ID:ZkvJ341H0
>>499
いんや、養老猛のほうがいいよ。

502 :50♪ ◆0Stl3oHNys :2006/02/02(木) 15:13:44 ID:ZkvJ341H0
>あっくん
ちょと、仕事落ちするね。

503 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/02/02(木) 15:14:16 ID:jvxcyL7/0
>問題は理解の水準が低いと他人の金儲けに利用されることね。
で、他人の金儲けとは製薬会社の金儲けですか?

504 :卵の名無しさん:2006/02/02(木) 16:07:05 ID:BOcVJpWO0
>>496
いや、そもそも初めに「麻は麻だ」という啓蒙がないんですよ。w


505 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/02/02(木) 18:10:47 ID:03j4/ojE0
麻薬は麻薬だって啓蒙があって、死期を間近にした患者の緩和に限って許可される ってことだと思ってたんですけど。

未承認抗癌剤の認証とは趣が異なるかと。
それにしても、現在転移進行がんの治療はほぼ延命ですから、より効果的な治療薬があれば認証されるにこしたことはありません。
でなければ、根治を目指さない抗癌剤治療は全て藁だって話になっちゃいます。
もちろん、そう思って治療せずを選択するのは自由。 しかし延命の治療が緩和を兼ね、よりよい生に繋がる場合があります。
但し、これさえあれば治るかのように思ってる人がいればそれも「藁」になりますね。


>>487さんの話は理解できますが、効果が>科学的研究で大麻の有用性は証明されてる はまだなのでしょう。
それに、それは医療用としての効果であってそのまま嗜好用でみとめる根拠にはならないんですよ、あっくん。

506 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/02/02(木) 18:14:57 ID:03j4/ojE0
>>488
>甘えや緩さが土台の個人の自由や自己責任、マジや頑張るのはカッコワルイって風潮。
アメリカ的価値観のうわっつらだけの模倣からの影響なのかな。
特に現在の日本の文化的背景は精神性が薄くなっていますから、宗教的背景のあるインドと日本を同様にはできないと思います。

>ヒンズー社会ではアルコールは禁忌となっているため一般に見下される傾向があるが、大麻の使用は社会的に是認されている。
>バングはヒンズー教でとくにドゥルガー・プージャ祭の最終日を祝うために使われ、各寺院ではシヴァ神への捧げ物となる。
>バングはまた各地を巡歴するヒンズー教の苦行者によっても使われているーー
>精神的な機能をはたしながら(中略)苦行者たち(サドゥーと呼ばれる)は国内各地を歩き回って精神的なエネルギーを放ち、
>インドと全地球の意識を呼び覚まし、バングを使うことで精神的パワーが授けられ、悟りに近づくことができると信じ、シヴァ神を崇めている。

ですから、医療用以外で認められるとしたら>>481しかないんじゃないかと発言したんです。
それよりまず大和魂をとりもどしてよ〜 w  そうでなきゃまたうわっつらだけの模倣になってしまう。

507 :卵の名無しさん:2006/02/02(木) 18:17:35 ID:CAHhTLS80
>>505
>死期を間近にした患者
あっくんがクスリを欲しがる理由がわかりました。
例のおじいさんをポアして遺産を奪うためでしたか。
怖いね、あっくん。

508 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/02/02(木) 18:28:25 ID:03j4/ojE0
いや、
あっくんは反権力 既成概念反抗勢力の騎士
んで、快楽主義者だから w

509 :卵の名無しさん:2006/02/02(木) 18:33:52 ID:8W2a3Svn0
あっくんの脳内に出来上がった寄生概念の方が、よほど蒼古的と思われw

510 :ドキュソルビシン:2006/02/02(木) 22:13:13 ID:LbIe3VdF0
>>487,493


「科学的研究で大麻の有用性は証明されてる」
「劇的な効果があるってことが分ってる」

これが大嘘であることはさんざん指摘しているなりよ〜
どうも医療用大麻推進する方は偏見の多い方が多くていかんね。


511 :50♪ ◆0Stl3oHNys :2006/02/02(木) 23:12:38 ID:ZkvJ341H0
>>505
>それにしても、現在転移進行がんの治療はほぼ延命ですから

ほぼ延命ですから・・・の「ほぼ」って何?

結局は大麻だって向精神薬を使う状況ですよ。それも遠い先の話ではないでしょう。

どれほど新しい抗癌剤や麻薬が導入されても、必ず近い将来に治療を止める時が来る。

麻薬を使い始める前に自分の治療をどこでストップするのか、とか剖検をどうするのか、
とかをきちんと意思表示しなければ、患者主体の治療になどならないと思う。

そういうことをきちんと啓蒙することのほうが、大麻導入を論じるよりも先決だと思うのよ。

でないと「大麻導入運動」をまた他人の金儲けに利用される。



512 :卵の名無しさん:2006/02/03(金) 00:04:48 ID:iwBc7t5o0
>>506
>宗教的背景のあるインドと日本を同様にはできないと思います。

日本にもあるって書いてなかった?日本の最高神アマテラスオオミ神が大麻
の化身なんだよ。そういうことを知らなくさせてるのがアメリカのせいであり
あなた自身の隠蔽されている大和魂じゃないのかな?
http://www.isejingu.or.jp/taima/taibody1.htm

513 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/02/03(金) 00:05:46 ID:/5gZe1qI0
それはね、部位によっては再発しても完治したりする場合もあるのかも?とか
自然退縮みたいな例だってゼロじゃないしとか
私は専門家じゃないし、分からないことを断定はできないと考えて言っただけなの。

それに、治療 → 緩和 とある時点ではっきり分かれてしまう じゃなくて
同時に行われて緩やかに移行するものではないかと思っている。


514 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/02/03(金) 00:08:57 ID:/5gZe1qI0
>>512
うん、
そうしたものがほとんど失われてしまっている日本と
今でも生活に根付いているインド、でしょう。

515 :卵の名無しさん:2006/02/03(金) 03:45:56 ID:KI49QQ8N0

日本は天照大神を御祭りする、一点のくもりもない大麻崇拝の偉大な国なんです。
それを忘れてもらってはこまる。大麻ほど日本の皇室や神道にとって
大事なものはないと思われ。

516 :卵の名無しさん:2006/02/03(金) 04:29:32 ID:TawYcKTG0
>>515
クボヅカ。いいからお前は、30Fから飛べや。

517 :卵の名無しさん:2006/02/03(金) 13:06:21 ID:7qVtoOHf0
>>514
うん、
何で失われてるか考えてみようよ。
そして失われた結果の日本、でしょうと。


518 :卵の名無しさん:2006/02/03(金) 15:22:44 ID:CgmNonWZ0
まあ大麻が勝ち組なのは自明の理だね。

519 :卵の名無しさん:2006/02/04(土) 12:54:58 ID:ajDybDZL0
>>510
>これが大嘘であることはさんざん指摘しているなりよ〜

この大嘘のソースは?

520 :ドキュソルビシン:2006/02/04(土) 15:23:56 ID:og8T5b6gO
え〜い!上の方を読めってば

少なくとも今までの主張の大半は嘘か誇張
他に医学的有効性を示す証拠あれば教えてくれなり〜

521 :卵の名無しさん:2006/02/04(土) 16:05:31 ID:J4OBhKko0
>>511
>でないと「大麻導入運動」をまた他人の金儲けに利用される。



今、BSで世界の薬草最前線やってるんだけど、結局、製薬会社の投資、回収
金儲けシステムに乗っからないとダメらしいな。だから、大麻も合成して化学薬品
にしなければならないようだね。薬草というのは様々な成分の相乗効果によるらしい
が認可は合成成分の単一物質でなければならないようだ。EUでは食品、栄養補助食品
として薬草の認可が今かなり進んでるみたい。


522 :卵の名無しさん:2006/02/04(土) 18:07:30 ID:OS5V+K3X0
>>520
だから海外では認可もおりってるって。。。何回言えば・・・
日本では厚生省が取り締まってるから無理だが、外郭団体(国立大学など)
がやっきになって嘘毒薬宣言をしてるだけ。

523 :ドキュソルビシン:2006/02/04(土) 18:37:57 ID:og8T5b6gO
頭悪いなぁ
海外で認められていることは、有用性の証明にはならないなりよ

まずは、有用性を示す証拠を出しなされ

「ガン患者の疼痛に著効することが示された」が嘘であることは上で文献挙げて説明した。
「抗癌剤の吐き気に著効することが示された」が誇張であることも説明した

他の効果と、その根拠は?

524 :卵の名無しさん:2006/02/04(土) 19:45:40 ID:XjIW00pi0
>>523
>海外で認められていることは、有用性の証明にはならないなりよ

なんでならないかな?製薬会社の薬なんてのはほとんど海外で開発されたものだが
それを麻薬扱いで取り締まってる厚生省が認可している。バイアグラはすぐにOK
だったりおかしな薬も認可されてるようだが。

>「ガン患者の疼痛に著効することが示された」が嘘であることは上で文献挙げて説明した。
>「抗癌剤の吐き気に著効することが示された」が誇張であることも説明した

どこですか?もしかして・・>>69?




525 :ドキュソルビシン:2006/02/04(土) 20:02:59 ID:og8T5b6gO
海外で開発されたものだろうが、日本で開発されたものだろうが、臨床的根拠がないとね〜
これは日本でもアメリカでもスウェーデンでも同じこと

で、世界の医学者の共通認識として、大麻の有用性が十分証明されたと考えている人はまずいない(まだ証明されていないが有用性があると思っている医者はそれなりにいる)

で、有用だとの根拠は?
何に有効なの?
どのくらい有効なの?
いつの、どういう試験なり研究なりで有用性が示されたなり?



526 :卵の名無しさん:2006/02/04(土) 20:18:50 ID:Sp4cD8m80
みんなが持ってるからという理屈で親にゲームをねだる子供がいるスレはここですか?

527 :卵の名無しさん:2006/02/04(土) 20:24:37 ID:XjIW00pi0
>>525
>で、世界の医学者の共通認識として、大麻の有用性が十分証明されたと考えている人はまずいない

法律的規制があるのはゆうに及ばず。臨床的根拠もあるにはあるんだが、製薬となるには
製薬会社が開発して莫大な投資を回収するために商品として売らなくては始まらない。これらの
研究、臨床試験も製薬会社が行う。つまり有用性の証明というのも現代の医療現場では製薬会社
にとっての利益でしかないんだよな。だが大麻は個人が栽培できるののみならず、THCの合成
など化学成分にするとその効果が生薬と比べて小さいのが問題なんだよね。誰がその臨床効果の
予算をだすのだろうか。効果の証言はでているが。

528 :卵の名無しさん:2006/02/04(土) 20:26:46 ID:XjIW00pi0
>>526
その理屈でゲームを買ってあげる親が多い国はどこですか?

529 :卵の名無しさん:2006/02/04(土) 20:29:37 ID:XjIW00pi0
>>525
>で、有用だとの根拠は?
>何に有効なの?
>どのくらい有効なの?
>いつの、どういう試験なり研究なりで有用性が示されたなり?


ここらにあると思うわ。↓
http://www.cannabis-studyhouse.com/pic/studyhouse_logo.gif
http://www.cannabist.org/news/#6

530 :卵の名無しさん:2006/02/04(土) 20:40:54 ID:Ir4Zp0JC0
>>529
それみても「ない」としか思えないんだけど(笑
示唆された・・・・なんてねぇ

531 :卵の名無しさん:2006/02/04(土) 21:04:03 ID:og8T5b6gO
「科学的研究で有用性が証明されている」
というのは大嘘ということでよろしね?

それにしても、
● 厚生省が嘘の宣伝をしているから日本で認められない
● 製薬会社の利益にならないから、有用性を示すことができない

こういう根拠のない陰謀論はなんとかならないなり?

532 :卵の名無しさん:2006/02/04(土) 21:10:06 ID:Uc/cnylV0
それにしても、
● 避妊ピルの認可に10年かかったのに
●心臓発作の原因となるバイアグラは、即時認可がおりた

のは、どうしてなり?

陰謀なりね。

533 :ドキュソルビシン:2006/02/04(土) 21:13:29 ID:og8T5b6gO
それについては、調べてないから判らないなり〜

でも医療大麻とは無関係じゃろ

534 :大麻認可の下地ができたなりね:2006/02/04(土) 21:40:07 ID:msR6AmHc0
モルヒネなど医療用麻薬、流通規制を緩和へ 厚労省方針
2006年02月04日18時23分

 厚生労働省は、がん患者の痛みを和らげるために使われるモルヒネなどの医療用麻薬を在宅医療
の現場でも利用しやすくするため、流通や管理の制限を緩和する方針を固めた。現在は禁止されて
いる薬局間の譲渡を早ければ07年度から試験的に解禁、モデル事業として実施しながら必要な法
整備を進める方針だ。

 麻薬の流通は、麻薬及び向精神薬取締法(麻向法)で厳しく制限されている。医師の処方にもと
づいて患者に販売される経口薬やパッチ製剤などの医療用麻薬も同様で、調剤・小売薬局間の譲渡
は原則禁止されている。

 このため在庫がなくなっても他の薬剤のように近隣の薬局から調達することはできず、許可を受
けた麻薬卸売業者から仕入れなければならない。麻薬小売業の免許を受けた薬局は全国で約2万7
000カ所。一方、卸売業者は約800カ所で、最も少ない沖縄県や高知県には4カ所しかない。

 そこで厚労省は、薬局が医療用麻薬を調達しやすくなるよう流通制限を緩和したうえで、麻薬小
売業の許可薬局もさらに増やしたい考え。モデル事業の対象となる薬局の要件などは今後詰める。
病院同士や患者同士の譲渡は引き続き認めない方針だ。

 また、「麻薬施用者」の指定を受けた医師は現在、専用の保管庫の設置を義務づけられているが、
処方箋(しょほうせん)により外部の薬局で調剤する場合は設置義務を廃止する。

 医療用麻薬は、アヘンを原料とするモルヒネのほか、痛みを抑える効果が高い合成麻薬のフェン
タニルなどが利用されている。経口薬や注射薬に加えて、最近はフェンタニルをはり薬にしたパッ
チ製剤の利用が急増している。

 疼痛(とうつう)ケアが進んでいる欧米では医療用麻薬が早くから普及し、末期だけではなく初
期のがん患者にも積極的に処方されている。日本での1人あたりの消費量はモルヒネの場合、米国
の8分の1程度。厚労省は乱用防止とのバランスをとりつつ利用を促したい考えだ。(朝日)

535 :卵の名無しさん:2006/02/05(日) 00:22:04 ID:8DKAXRwH0
>ドキュソルビシン
ここの大麻推進派は、EBMってモノがそもそも分かっていないんだから、
これ以上話しても無駄だと思う。ってかあなたも気が付いているんでしょ?

>>529を見れば医療におけるエビデンスを履き違えてるのは明らかでしょ?

536 :卵の名無しさん:2006/02/05(日) 04:54:54 ID:GpNdkVQW0
>>534
確かに日本でも大麻が認可されるのは時間の問題だと思う。
別に認可しない理由もないし。

537 :卵の名無しさん:2006/02/05(日) 05:19:16 ID:H5m/L8GQ0
ウンチク語る前に一回自分でマリファナ吸ってみたら?

538 :卵の名無しさん:2006/02/05(日) 05:25:04 ID:GpNdkVQW0
アンチ大麻派は、ケチをつける前にまず自分で試してからコメントするべきだね。
こういうのを食わず嫌いという。

539 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/02/05(日) 06:07:58 ID:43C1beNA0
>>534
>疼痛(とうつう)ケアが進んでいる欧米では医療用麻薬が早くから普及し、
日本で認められてない医療用麻薬ってどういうのがあるんだろーね?

>末期だけではなく初期のがん患者にも積極的に処方されている。
初期のがん患者で痛い人なんているんか?w


540 :ドキュソルビシン:2006/02/05(日) 06:16:22 ID:kRsgDh8fO
いや、おいら今のところ、ガンでもエイズでも多発性硬化症でもないしなぁ

第一、薬を認可するのに、「この薬は効くんだよ!文句付けるなら自分で使ってからにしろよ!!というわけで認可よろ」
と言っている奴がどこにいる?

いい?アンチ大麻派なんていないなりよ
大麻だろうと何だろうと薬効を主張するなら、それなりの証拠を出して議論してほしいちゅうだけなり

541 :卵の名無しさん:2006/02/05(日) 06:40:30 ID:xd/W+gQM0
>>539
>日本で認められてない医療用麻薬
大麻とかに決まってる

>>540
>それなりの証拠を出して

いまFDAで薬効を試験中なりよ

542 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/02/05(日) 07:04:55 ID:43C1beNA0
>>541
>>日本で認められてない医療用麻薬
>大麻とかに決まってる
なんだ、大麻に薬効があるんだ。
それはドコの国の話ですか?

543 :卵の名無しさん:2006/02/05(日) 07:28:11 ID:U4b2lg920
>>541
>いまFDAで薬効を試験中なりよ
ソースは?
具体的に何を調べるどのような試験なんですか?

544 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/02/05(日) 07:40:23 ID:43C1beNA0
>具体的に何を調べるどのような試験なんですか?
そんなの簡単だよ、
・疼痛に苦しむ人1000人集める
・無作為に500人づつに別ける
・片方のグループには大麻を、片方にはセブンタスーを吸わせる
で、疼痛が緩和されたという人が多ければ大麻は薬効がある、と言えるのさ。
ここで問題なのは
・タバコの喫煙経験のある人の方が、大麻の薬効が現れやすい
・大麻の喫煙経験のある人の方が、大麻の薬効が現れやすい
ってことかな。

545 :卵の名無しさん:2006/02/05(日) 10:08:42 ID:xd/W+gQM0
大麻は特に花のつぼみとか芽が効果高いらしいね。その部分は値段も格段に高いらしいけど。

>>542
155 :卵の名無しさん :2006/01/17(火) 17:28:13 ID:A23XYkN/0
"Medical" Marijuana - The Facts

Medical marijuana already exists. It's called Marinol.

A pharmaceutical product, Marinol, is widely available through prescription. It comes in
the form of a pill and is also being studied by researchers for suitability via other
delivery methods, such as an inhaler or patch. The active ingredient of Marinol is
synthetic THC, which has been found to relieve the nausea and vomiting associated with
chemotherapy for cancer patients and to assist with loss of appetite with AIDS patients.


546 :卵の名無しさん:2006/02/05(日) 10:10:32 ID:xd/W+gQM0
>>543
いい加減、過去レス読んで欲しいよ。

156 :卵の名無しさん :2006/01/17(火) 17:30:17 ID:A23XYkN/0
Medical Marijuana: Sativex Wins FDA Approval for Trials in US 1/6/06
http://stopthedrugwar.org/chronicle/417/sativex.shtml
GW Pharmaceuticals, the maker of the sublingual, cannabis-based spray medication Sativex,
announced Wednesday that it won US Food and Drug Administration (FDA) approval to
proceed with Phase III clinical trials of the drug's efficacy in patients suffering from pain
from advanced cancers. The FDA has accepted GW's bid to study the drug under its
Investigational New Drug (IND) program.

Sativex is already on the market in Canada and has been approved for use in Spain
158 :卵の名無しさん :2006/01/17(火) 18:42:11 ID:A23XYkN/0
既にカナダで販売が始まりスペインでも認可の降りた大麻スプレー剤
サティベックスSativexは、進行した段階の癌患者の苦痛をやわらげる効果を見るためとして、
米FDAより医療用第三試験段階使用の認可がおりた。

547 :卵の名無しさん:2006/02/05(日) 10:11:18 ID:xd/W+gQM0
>>542
158 :卵の名無しさん :2006/01/17(火) 18:42:11 ID:A23XYkN/0
マリノールMarinolは処方箋で薬局で購入できる大麻錠剤で、現在は吸入式やパッチ式
も開発中。主な用途はキモセラピー中に吐き気をもよおす癌患者や、食欲不振のエイズ患者用。
マリノールMarinolは処方箋で薬局で購入できる大麻錠剤で、現在は吸入式やパッチ式
も開発中。主な用途はキモセラピー中に吐き気をもよおす癌患者や、食欲不振のエイズ患者用。



548 :卵の名無しさん:2006/02/05(日) 10:58:03 ID:U4b2lg920
>>545-547
なんだ、さんざん製薬会社の金儲けだとか製剤化したものじゃだめで葉っぱじゃなきゃいやだとか言ってたくせに
出してくるソースは製剤化された医薬品のなんだ、葉っぱのソースがあるのかと思った
じゃあ話は簡単。

要は大麻の葉っぱを使う有用性のソースはない。
きちんと製剤化されたカンナビノイド製剤があれば葉っぱの規制緩和なんて必要ないとそういうことでよろしいですか?
それなら現行法でも何の問題もないんだし、日本で売って欲しければ製薬会社にお願いすればいいんじゃないですかね

549 :卵の名無しさん:2006/02/05(日) 11:14:50 ID:zenDD9yD0
>>548
何事も生が一番。ビタミンだって錠剤からとるより生オレンジかじってるのが
一番効果があって混じり物もなくて安いんだよ。わかるかね?

550 :もうすぐ大麻も認可されるね:2006/02/05(日) 11:16:33 ID:zenDD9yD0
>>548
534 :大麻認可の下地ができたなりね :2006/02/04(土) 21:40:07 ID:msR6AmHc0
モルヒネなど医療用麻薬、流通規制を緩和へ 厚労省方針 2006年02月04日18時23分

 厚生労働省は、がん患者の痛みを和らげるために使われるモルヒネなどの医療用麻薬を在宅医療
の現場でも利用しやすくするため、流通や管理の制限を緩和する方針を固めた。現在は禁止されて
いる薬局間の譲渡を早ければ07年度から試験的に解禁、モデル事業として実施しながら必要な法
整備を進める方針だ。

 麻薬の流通は、麻薬及び向精神薬取締法(麻向法)で厳しく制限されている。医師の処方にもと
づいて患者に販売される経口薬やパッチ製剤などの医療用麻薬も同様で、調剤・小売薬局間の譲渡
は原則禁止されている。

 このため在庫がなくなっても他の薬剤のように近隣の薬局から調達することはできず、許可を受
けた麻薬卸売業者から仕入れなければならない。麻薬小売業の免許を受けた薬局は全国で約2万7
000カ所。一方、卸売業者は約800カ所で、最も少ない沖縄県や高知県には4カ所しかない。

 そこで厚労省は、薬局が医療用麻薬を調達しやすくなるよう流通制限を緩和したうえで、麻薬小
売業の許可薬局もさらに増やしたい考え。モデル事業の対象となる薬局の要件などは今後詰める。
病院同士や患者同士の譲渡は引き続き認めない方針だ。

 また、「麻薬施用者」の指定を受けた医師は現在、専用の保管庫の設置を義務づけられているが、
処方箋(しょほうせん)により外部の薬局で調剤する場合は設置義務を廃止する。

 医療用麻薬は、アヘンを原料とするモルヒネのほか、痛みを抑える効果が高い合成麻薬のフェン
タニルなどが利用されている。経口薬や注射薬に加えて、最近はフェンタニルをはり薬にしたパッ
チ製剤の利用が急増している。

 疼痛(とうつう)ケアが進んでいる欧米では医療用麻薬が早くから普及し、末期だけではなく初
期のがん患者にも積極的に処方されている。日本での1人あたりの消費量はモルヒネの場合、米国
の8分の1程度。厚労省は乱用防止とのバランスをとりつつ利用を促したい考えだ。(朝日)

551 :卵の名無しさん:2006/02/05(日) 11:28:05 ID:U4b2lg920
>>549
でもソースはないんでしょ?
「科学的研究で有用性が証明されている」なんて風にいうことはできないわけだ

552 :卵の名無しさん:2006/02/05(日) 11:43:43 ID:zenDD9yD0
>>551
Scientists now say that Cannabis, the third most popular recreational drug after alcohol and
tobacco, could boost brain power.

Canadian researchers found that experiments on rats which were given a potent
cannabinoid, showed the drug stimulates the growth of new brain cells.

http://www.news-medical.net/?id=13765
文献がありすぎて困るね。時間かかりそう。

553 :卵の名無しさん:2006/02/05(日) 11:45:06 ID:zenDD9yD0
>>551
487 :卵の名無しさん :2006/02/02(木) 12:31:42 ID:rTndem7M0
>>485
嗜好云々ではなしに欧米では患者、医者の要望のみならず科学的研究で大麻の有用性は
証明されてるし、生薬として使用されてるんですよ。日本では法律的規制や無知による
誤解、麻薬キャンペーンとしての研究はされても(毒として)、麻薬的偏見でまともな
検証、議論すらできていない状況だからこれでは医療=QOL社会の発展を見れないのを
危惧している。大麻が妙薬なのは分りきっているいることだから。エイズや化学療法による
食欲不振など大麻がないと生きれない人がこれからますます増えるだろうし。


554 :卵の名無しさん:2006/02/05(日) 11:48:07 ID:zenDD9yD0
>>551
487 :卵の名無しさん :2006/02/02(木) 12:31:42 ID:rTndem7M0
>>485
嗜好云々ではなしに欧米では患者、医者の要望のみならず科学的研究で大麻の有用性は
証明されてるし、生薬として使用されてるんですよ。日本では法律的規制や無知による
誤解、麻薬キャンペーンとしての研究はされても(毒として)、麻薬的偏見でまともな
検証、議論すらできていない状況だからこれでは医療=QOL社会の発展を見れないのを
危惧している。大麻が妙薬なのは分りきっているいることだから。エイズや化学療法による
食欲不振など大麻がないと生きれない人がこれからますます増えるだろうし。


555 :卵の名無しさん:2006/02/05(日) 11:49:00 ID:zenDD9yD0
>>551
157 :卵の名無しさん :2006/01/17(火) 17:41:53 ID:A23XYkN/0

ロードアイランド州 
  医療法大麻許可でアメリカ11番目の州へ

これで全米で医療用大麻を許可した州は、アラスカ州、カリフォルニア州、コロラド州、
ハワイ州、メイン州、モンタナ州、ネバダ州、オレゴン州、バーモント州、ワシントン州、
ロードアイランド州となった。

January 03, 2006
Medical Marijuana Approved in R.I.
by Last Night in Little Rock

Medical marijuana was approved in Rhode Island today
Rhode Island becomes the eleventh state to legalize medical marijuana, according to a
NORML e-mail:

Rhode Island joins Alaska, California, Colorado, Hawaii, Maine, Montana, Nevada, Oregon,
Vermont, and Washington State in protecting sick and dying patients who find relief in
medical marijuana.
Only three states have done it through the legislature. The other states have done it by
initiative petition.

「科学的研究で有用性が証明されている」ので、医療目的での使用が解禁されたのであった。

556 :卵の名無しさん:2006/02/05(日) 15:03:57 ID:3OPlbob30
>>548
>きちんと製剤化されたカンナビノイド製剤があれば葉っぱの規制緩和なんて必要ないとそういうことでよろしいですか?

GW社のインターネットサイト(www.medicinal-cannnabis.org)

科学者は60種類以上のカンナビノイドを分類したが、ここ数年の研究はTHCに集まってる。
ごく最近、科学者は精神に影響を及ぼさない補助的カンナビノイドにも医学的な価値があるかないかに
ついて研究を開始した。例えば、予備的研究ではCBDは抗痙攣薬や酸化防止剤、カンナビクロマイン
(CBC)は抗炎症薬としての効き目があり、またカンナビノール(CBN)は腫瘍を小さくする特性
があるかもしれないことが判明。これらのカンナビノイドなどの含有量や構成は種類によってまちまち
であり、品種改良により調整が可能。

と説明されているんだけど、つまりわざわざコストのかかる合成製剤を買わされる必要はないんだよな。
>>550で多少緩和ケアについて見直しがされたのもテレビのせいだろうけど、(スレも同日誕生)
昨日はちょうど世界の薬草事情最前線を見たからなんだけど、別に製薬会社の陰謀とかでなく事実
そのようなシステムになってるんだよね。合成に莫大な金がかかりその費用の回収のために、患者のためでなく、
伝統医療では患者の症状に合わせて薬が処方されるのだが、近代では製薬会社が売りたい薬が均一に処方
されるのが問題になってるようだよ。つまり大麻の効果がわかっても合成単一でしか認可が下りなかったり
単一成分だけを取り出すことによって薬草治療では中和される副作用までも生み出してるらしい。
よりホリスティク(全体的)な緩和医療が望まれる。インフルエンザ薬のタミフルは副作用が問題になってる
というのにそのまま検証もなく認可、備蓄されるという。

557 :卵の名無しさん:2006/02/05(日) 15:14:51 ID:3OPlbob30
>>548
>要は大麻の葉っぱを使う有用性のソースはない。
>きちんと製剤化されたカンナビノイド製剤があれば葉っぱの規制緩和なんて必要ないとそういうことでよろしいですか?


葉っぱではなく雌花。雌花が生薬として欧米では売られている。
はっぱはお茶などに。これらは健康補助食品になるのかな。
はっぱの規制緩和よりもお堅い近代医療盲信主義者の頭のほうが先ですなw

558 :卵の名無しさん:2006/02/05(日) 20:36:18 ID:nk27VQzE0
【社会】大麻買った医師、看護師ら逮捕…鹿児島県警
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1138723355/l50


559 :卵の名無しさん:2006/02/05(日) 23:59:35 ID:U4b2lg920
>>552
私は別にカンナビノイドが種々の薬理作用を持つことを否定してるわけではありませんよ
大麻喫煙がカンナビノイド製剤に比して臨床的有用性が高いかどうか、
またそもそも大麻喫煙が有用性を持ちうるものかどうかを問題点としてるのです

おまけにリンク先には
>The results showed that regular injections of high, but not low, doses of the artificial cannabinoid HU210
とあるのでこれはあなたの主張を裏付けるするソースになってなくて、むしろ否定するソースですよね

>>553-555
今までずっと「科学的研究で有用性が証明されている」とただいうだけで
根拠をまったく示してきてないことをわざわざ繰り返してどうしたいんでしょうか?

560 :卵の名無しさん:2006/02/06(月) 00:04:32 ID:zto24/Dd0
>>556
品種改良で気候・環境などによる個体差を医薬品と同レベルまで吸収できる技術が開発できたら確実にノーベル賞もらえますね
野菜に応用すれば地球上から飢餓を撲滅できますから


>>557
「お堅い近代医療盲信主義者」なんて批判するなら「科学的研究で有用性が証明されている」とか言わなきゃいいのに・・・
近代の医療は科学によって成り立っていますから科学的根拠については学問的な厳密性が求められるのは当然です
むしろ必要もないのに無意味で無謀な科学的証明を求める様はそれこそ科学盲信主義者と言えるでしょう

561 :卵の名無しさん:2006/02/06(月) 00:28:34 ID:n1msBrtE0

大麻が医療用に有効かどうかの研究って日本でできるの?

562 :卵の名無しさん:2006/02/06(月) 00:59:28 ID:QRKAxISb0
>>561
現行は不可能。そもそもできたとしても、基礎研究を日本でやる必要ないし。

563 :ドキュソルビシン:2006/02/06(月) 01:00:47 ID:SjHz17Wq0
>>541で今まさに試験中ということは、まだ証明されてないということですなりね。
(http://production.investis.com/gwp/pressreleases/currentpress/2006-01-04/
 によると欧州での第3相試験で有効性を認めたとのことだが、その詳細についての論文は見つけられなかった)

>>552に挙げられているのもネズミの研究にすぎないし
結局のところ、ヒトに対する有用性を示す証拠は挙げられてないですねぇ。

あのさ、>>555みたいに、「有用性が認められたから解禁されたのだ!!」と言い張るのはかっこ悪いよ。
アメリカの特に州レベルでは時にあまりに非科学的な決定がなされることがある、とかそゆ話に持っていってもいいんだけど
ここは医者板だからねぇ。有用性を示す証拠を挙げなよ。



564 :ドキュソルビシン:2006/02/06(月) 01:05:50 ID:SjHz17Wq0
>561
現状じゃ無理じゃろ。
でも医学は、ぎりぎり科学なので世界中どこで研究やってもいいんだよ。
その結果は世界中の医者・医学研究者が共有できる。
(薬として認めるか、とかいう話になると政治的なこととか金の話とか人種差がどうのとか少しおまけがつく)

565 :卵の名無しさん:2006/02/06(月) 06:35:32 ID:zto24/Dd0
>>561
合成カンナビノイドならだいじょうぶ
喫煙大麻は無理

566 :卵の名無しさん:2006/02/06(月) 13:27:50 ID:M29m588v0
>>560
>「科学的研究で有用性が証明されている」とか言わなきゃいいのに・・・

そんなこと言ってませんが(苦笑

567 :卵の名無しさん:2006/02/06(月) 18:28:05 ID:Q56RbAD/0
今日、国会中継で日本の緩和ケアが遅れている、例えばモルヒネの使用量が先進国中最低だとか
が問題になってたけど、モルヒネは中毒性もあるし危険度も高いから選択肢を広げるのは
とても大事だと思った。

568 :卵の名無しさん:2006/02/06(月) 21:52:04 ID:pz0w2Sy00
>>563
>アメリカの特に州レベルでは時にあまりに非科学的な決定がなされることがある

連邦政府が配布してるんだよね現在8名。効果もあるし医者、患者が訴えてるんだって
何度言えば。臨床試験も大事だが、現場の声は無視か?マリファナ医療クラブなんてのも
あるんだが、申請者の急増(HIV患者)もありジョージブッシュが政治的な理由で廃止
にしたんだよ。8名は廃止以前の継続者。

569 :卵の名無しさん:2006/02/06(月) 22:13:52 ID:QRKAxISb0
だから、そのレベルでは新薬導入の道は開かれないって何度言えば。

570 :卵の名無しさん:2006/02/06(月) 22:20:56 ID:mpNb9Uew0
>>567
日本での痛み緩和ケアの遅れ方は尋常じゃないらしいね。
ガンとかでも「治療」は技術もそれなりに進んでいるようなんだけど、
その際、患者が感じる「痛み」に関しては無視同然の扱いだとか。

ところで大麻はどう精製しても、もとの草を喫煙する以上の効果が得られない、
ということがわかって、アメリカでは仕方なく草をそのまま配布する方法になったとのこと。
合成するよりも自然のままの方がいいって、いかにも大麻らしい話だね。

571 :卵の名無しさん:2006/02/06(月) 22:26:53 ID:dNAZCYnj0
>>567
日本での麻薬使用量が世界最低なのは
なにも医療者の無知から来るものではないよ
実際の末期の患者に「麻薬」を使う提案をすると
結構な抵抗にあうんだよ
寒邪ばかりでなく家族からもね

572 :卵の名無しさん:2006/02/06(月) 23:32:30 ID:VrWoJFze0
>>568
>>570
同意。ブッシュの前のクリントンは全米的に合法化させようとしていたしね。
もう一歩のところだったんだよ。でも11州で合法化されたので、全米化も時間の問題と思う。

573 :卵の名無しさん:2006/02/06(月) 23:40:03 ID:hSVV4GKy0
本当に大麻解禁したいなら、もっと現実的な路線を選ぶと思うのだが、
ここでカンナビストが同じ事を繰り返し叫んでいるのを見ると、
大麻を使用することによって脳にダメージがあることは確実だな。

574 :卵の名無しさん:2006/02/07(火) 00:28:23 ID:49+7cuM80
アンチ大麻派め、必死だな。 w

575 :卵の名無しさん:2006/02/07(火) 00:31:40 ID:49+7cuM80
ここにJT(煙草会社)から送り込まれた工作員が紛れ込んでるな。
大麻が認可されると、煙草の売り上げが上がったりになって困るので
大麻認可の妨害工作に必死だな。
そういう時間稼ぎや断末魔のあがきはみっともないよ。
世の中は既に大麻認可に向けてまっしぐらなんだからね。

576 :ドキュソルビシン:2006/02/07(火) 02:05:09 ID:9b9EVFhp0
>568

大麻に限らず、色々なもの(例えば健康食品のようなものから宗教的治療のようなものまで)が
それを行っている医者患者両方から、「これは効果あるから認めてくれ」と訴えがあるですよ。
その中の多くのものが実は効果がないか、安全性に欠け有用性がないかなりね。

だからこそ、現在の臨床試験という方法が生まれてきたですよ。
そゆ意味で大麻にしろカナビノイド製剤にしろ有用性が示されているとはいえませんの。

>570
「患者が感じる「痛み」に関しては無視同然の扱いだとか」
「大麻はどう精製しても、もとの草を喫煙する以上の効果が得られない、 ということがわかって」

だからぁ。医者板で主張する以上医学的な根拠を示せなりよ。
そゆ真偽不明な伝聞調はいいからさ。

577 :ドキュソルビシン:2006/02/07(火) 02:16:23 ID:9b9EVFhp0
ちなみに、おいらが色々読んだ感触から予想ね。

癌の疼痛管理やQOL維持において、大麻やカンナビノイド製剤は決して主役にはなりえないけど、
脇役として有用性があるんだと思う。
それが示される可能性が高いと予想。

その日が来たらおいら認可すべきだという論陣を張るよん。
でも未だ証明されてないにもかかわらず、科学的証明されたと言い張る輩や、
大麻が認められないのは陰謀だと主張する方々、
どうも、癌患者をだしに大麻解禁を唱えながら自分で楽しみのために吸いたいように見える人々は今の段階で批判しておくべきだと思う。

繰り返しになるが、そゆ人々が主張しているということが、世間の反感を買い却って医療大麻(やその製剤)の認可を遅らせる危険が高いと思うからなり。


578 :卵の名無しさん:2006/02/07(火) 09:47:26 ID:jGZhPcAL0
>>577
>その日が来たらおいら認可すべきだ
その日は既にきてるからねぇ。

>世間の反感を買い却って
これはただの揚げ足取り

579 :卵の名無しさん:2006/02/07(火) 13:51:28 ID:XtX9TxvW0
>>571
だから国会の答弁でも言ってたわ
「国民の麻薬にたいする意識改革も必要だ」
みたいなこと。

580 :卵の名無しさん:2006/02/07(火) 15:07:40 ID:jGZhPcAL0
とにかく日本の国民が大麻に偏見を持っているのは、
そもそも大麻に対する当局の異常に偏見的な規制態度が原因。
大麻ぐらいでいちいちしょっぴくのが異常。
大麻でしょっぴくなら、煙草の方がよっぽどしょっぴかれるべき!


日本は天照大神を御祭りする、一点のくもりもない大麻崇拝の偉大な国なんです。
その偉大なる伝統と歴史を忘れてもらってはこまる。大麻ほど日本の皇室や神道にとって
大事なものはないと思われ。



581 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/02/07(火) 15:18:48 ID:oNVu3PNj0
このままじゃ罪になるのを覚悟で裏しかないのかなー
末期がんっても寝たきりとは限らない、死期の迫った患者をまさかブタ箱へ入れないだろうし自分だったら求めていくかもしれないな。
3人に一人が癌で死ぬ、その人たちが一斉にマリファナ求めだしたらどうなるのかな、って  妄想再び。。
医薬品じゃなく、嗜好用でもない健康食品的な漢方薬的な扱いでなんとか許可にならないだろうか。
健常者へのなんらかの規制は必要だろうけど、癌患者が自己責任で使用できるようなものになってほしい。
科学的証明がなくても、効果があればそれでいいのが生きる望みがなくなった者の疼痛対策なんだから。

ココ最近の書き込みは癌患者を無視して楽しみたいヒトの便乗意見ではないと思う。
すぐ上の人を除いて。


582 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/02/07(火) 15:24:00 ID:oNVu3PNj0
海外で認められても有用性の証明にはならない・・・
抗癌剤等は海外治験の有効性を迅速に認め、国内治験を待たず?早めの承認の流れもあるようですが、
それは麻薬には当てはまらないということなのかな。
日本人の麻薬に対する拒絶反応からして、国内で大麻の有効性を探る研究が進むことはないんだね?
つまり、医療用麻薬は期待薄。
嗜好用麻薬は、ストレスから逃げたい楽しみたいが理由の嗜好用推進者の発言や反社会的な麻薬使用者の行いで、
ますます麻薬を認めたくない雰囲気を一般に作りだす。コンセンサスを得られるような動き方全然出来てない。
享楽的になってなしくずしの麻薬解禁を狙うのはどうかと思うよ。
嗜好用麻薬のコンセンサスが取れないのは、安易な楽しみだけで求める人の発言が世間の共感を得られないからだし
もし有効性が認められても医療的使用へ即時認可が取れないのは、大麻への拒絶反応の他にも
死ぬ時に辛いのはある程度当たり前だって考えもあるのかな・・

583 :卵の名無しさん:2006/02/07(火) 17:29:37 ID:XtX9TxvW0
QOLとかターミナルケアとか言われだしたのも最近のことだしね。
特に精神的にもつらいだろう末期医療、緩和医療にはより柔軟な対応
が欲しいよね。選択肢が一つでも増えることがいいと思う。

584 :卵の名無しさん:2006/02/07(火) 18:41:07 ID:bZIFztC20
>>581
>健康食品的な漢方薬的な扱いで

それも良いアイデアだな。へたな漢方の方が大麻よりよっぽど危険だからな。
大麻なんて今流行の毛染めみたいなものだし。
うちの母親も膝が悪くて寝たっきりに近い。どんな痛み止めをもらっても
注射をうってもらっても治らん。しかも医師は手術は薦めない。
理由は、「簡単な手術じゃないし高齢だとリスクも高いし、だいいち
治る保証は決して高くない」というもの。
大麻が使えればどんなに良いことだろうな。

585 :卵の名無しさん:2006/02/07(火) 19:30:56 ID:c3yMdanR0
>>582
>日本人の麻薬に対する拒絶反応

いったん嗜好品として認められれば、あっという間に広まるよ。
日本の国民は自分で考えたり判断するのが苦手で、お上やマスゴミから与えられた
既製の価値基準に従うのが好き。だからお上が厳しい取り締まりをすれば、
それに習って骨髄反応するのが日本の国民。なにごともマスゴミとお上に従うのが
日本国民の習わし。だから子鼠やマスゴミが大麻をもてはやせば、大麻ブームに
なる。そうすると今度はやってない方が笑い者にされるのが日本式。
さいきんマスゴミにもてはやされてるホストブームと同じ。

日本では覚せい剤の人気にくらべて大麻の人気はイマイチな気もするが。
覚せい剤はIT産業や運輸産業、テレビ芸能産業などでは、なくてはならぬ人気必須アイテム
になってるのだが。夜勤の多い医師で覚せい剤に頼っている人も少なからずいるはず。


586 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/02/07(火) 19:37:56 ID:oNVu3PNj0
>>584
そうして使用範囲が広がっていくのがどこかしら問題なのかもしれないよ。
痛みを訴えれば使用可能となるほど簡単ではないと思う。
状態改善の見込みがないという判断、末期医療に入ったという判断で、使用においては医師の許可性にするにしろ、
疼痛緩和にどのくらいの持続性があるのか。 
痛みを取れても絶え間ない麻薬使用になってしまうのはどうなのか?とかね。
間近な死を前提にした末期がん患者と他の疾病による慢性疼痛を同様に扱えるものか、疑問があります。
だって、膝が悪くて死ぬことはないのですから。 自然な寿命の死期と同時にあちこちの痛み苦痛が出るのはよくありますけど。

マリファナが解禁になってる国では当然患者は使ってるだろうから
それを今更治験して精製された医薬品になんてしないって訳。
だからきっと、効果のほどは科学的な数字には表れない真偽不明の伝聞調になっちゃうんだね。

>>585
嗜好用として認められたらその通りになると思う。
だからこそ抵抗があるんでしょうね。



587 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/02/07(火) 20:32:36 ID:oNVu3PNj0
上の文、ちょっと変だった。
三行目、「末期医療に入ったという判断」を抜かして読んで。

588 :卵の名無しさん:2006/02/07(火) 21:58:08 ID:0jrOjINe0
>だって、膝が悪くて死ぬことはないのですから。 自然な寿命の死期と同時にあちこちの痛み苦痛が出るのはよくありますけど。

多発硬化症やリュウマチも免役機能の低下を伴って発現するらしいんだけど、大麻の
免役機能の上昇効果で関節の痛みに効果があるらしい。大麻=麻薬の概念だけどこっち
もっと軟化させたらいいと思う。中毒性は低いし社会生活に支障をきたさずに嗜好できるし。
定年の老人なんかはいいだろうし。ただ、合法になってる国でもそこまで社会に蔓延するか
の危惧はしないでいいと思う。生涯経験の最も高い国(デンマーク)でも30%強ぐらいだった
と思う。


589 :サロモン:2006/02/07(火) 22:05:07 ID:mMy1wTEh0
>>588
まじで大麻は免疫機能上昇効果があるの?
オレが学生時代に薬理の教科書で読んだのには免疫機能低下作用と
あったはずだが,,
ソースは提示出来ますか?

590 :卵の名無しさん:2006/02/07(火) 22:22:53 ID:c3yMdanR0
>>586
そんな事言ったら、ビタミン剤なんて ry

>>588
激しく同意。>>586みたいな人が屁理屈をこねて、簡単なことをむやみに
ややこしくしている。


で、日本では覚せい剤が大麻にくらべて圧倒的に人気で重宝されている件について。

591 :ドキュソルビシン:2006/02/08(水) 00:36:54 ID:/Dryb/Pw0
>582

えーと、まず大麻やその仲間達はモルヒネと違って、疼痛緩和効果は強くない、というか弱いことが知られています。
(>>69>>144読んでね)
つまり、劇的に役に立つものではないということ。
副作用も結構あるため、有用性については確立していません。
ここで確立していると必死に主張している人々が、その証拠を出せてないのが雄弁に物語ってますが。

認めている国があるというのも、有用だという証拠がないにも関わらず認めているわけ。
そこにはほら、政治的な思惑だとかいろんなことが絡むわけですよ。
だから振り子が逆に振れると禁止されたりもする。

で、抗がん剤の場合は有用性が認められて認可されるわけだから、日本でも早期認可する道を作った。
ところが大麻と仲間達は有用性が認められていないから、日本でもそんな動きはないですね。

勿論緩和医療は大切なんでね。モルヒネの仲間達だけでなく、ケタミンなどをはじめとして、モルヒネの効かない癌性疼痛(の一部)に対して有効であることが確立している薬がある。
そゆ薬を早く癌性疼痛に認めて欲しいとは思ってるですね。



592 :卵の名無しさん:2006/02/08(水) 01:58:19 ID:F7H0gx810
モルヒネなど医療用麻薬、流通規制を緩和へ 厚労省方針
2006年02月04日18時23分

 厚生労働省は、がん患者の痛みを和らげるために使われるモルヒネなどの医療用麻薬を在宅医療
の現場でも利用しやすくするため、流通や管理の制限を緩和する方針を固めた。現在は禁止されて
いる薬局間の譲渡を早ければ07年度から試験的に解禁、モデル事業として実施しながら必要な法
整備を進める方針だ。

 麻薬の流通は、麻薬及び向精神薬取締法(麻向法)で厳しく制限されている。医師の処方にもと
づいて患者に販売される経口薬やパッチ製剤などの医療用麻薬も同様で、調剤・小売薬局間の譲渡
は原則禁止されている。

 このため在庫がなくなっても他の薬剤のように近隣の薬局から調達することはできず、許可を受
けた麻薬卸売業者から仕入れなければならない。麻薬小売業の免許を受けた薬局は全国で約2万7
000カ所。一方、卸売業者は約800カ所で、最も少ない沖縄県や高知県には4カ所しかない。

 そこで厚労省は、薬局が医療用麻薬を調達しやすくなるよう流通制限を緩和したうえで、麻薬小
売業の許可薬局もさらに増やしたい考え。モデル事業の対象となる薬局の要件などは今後詰める。
病院同士や患者同士の譲渡は引き続き認めない方針だ。

 また、「麻薬施用者」の指定を受けた医師は現在、専用の保管庫の設置を義務づけられているが、
処方箋(しょほうせん)により外部の薬局で調剤する場合は設置義務を廃止する。

 医療用麻薬は、アヘンを原料とするモルヒネのほか、痛みを抑える効果が高い合成麻薬のフェン
タニルなどが利用されている。経口薬や注射薬に加えて、最近はフェンタニルをはり薬にしたパッ
チ製剤の利用が急増している。

 疼痛(とうつう)ケアが進んでいる欧米では医療用麻薬が早くから普及し、末期だけではなく初
期のがん患者にも積極的に処方されている。日本での1人あたりの消費量はモルヒネの場合、米国
の8分の1程度。厚労省は乱用防止とのバランスをとりつつ利用を促したい考えだ。(朝日)


593 :卵の名無しさん:2006/02/08(水) 03:05:04 ID:1UPRloZ10
4 :卵の名無しさん :2006/01/08(日) 17:49:38 ID:L5VN7dd50
昨日、白内、緑内障にアワビ貝エキスが効くと新聞広告ででてたけど本当に効くのカイナ?
なんでも緑内障には大麻が最も有効で改善例も欧米ではあると聞く。現在の製薬は副作用
も強いらしい。ここらで実証例があるものから大麻医療解禁なされるべきだろう。


594 :卵の名無しさん:2006/02/08(水) 07:14:12 ID:MPAizwOY0
>>582
医薬品として認可されてるわけじゃないので海外治験なんてそもそも存在しないのですよ
何の薬物をどのように法で規制するかはその土地の住人が民意で決めるものですから科学的な証明は必要ないんです。

595 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/02/08(水) 09:05:00 ID:9GupqwXl0
>>594
海外治験が存在しない・・・
>>586でも書いたけど、そんなところだと思う。

>>581
疼痛緩和効果は弱いとしても、気休めでも逃避でもなんでも 末期がんの辛さを緩和できそうなものは
なんだってできるようにしてほしいってのが正直なところですが・・・
でも、実際は副作用もある。精神作用を考えると使用時目を離さないで見守れることが条件になるでしょうし、
健康食品的な漢方薬的な扱いで 医薬品じゃないのに、「医師の許可により(>>586)」というのもオカシナ話。
それで問題が起きたら誰が責任を取れるのかってのもあります。
気が大きくなって、あるいはbad-tripで絶望して 30階から跳んだらどうするんだ?って。
個人の問題よりも、そんな事があれば一気に制限禁止に向かうでしょうね。

どうにも難しそうです・・・

先生ありがとう。先生みたいな方がいらっしゃるのは患者にとっては「希望」、尊敬しとります。


596 :卵の名無しさん:2006/02/08(水) 10:07:13 ID:odzqgjMv0
マリファナ楽しいよ。これが「多幸感」なのか〜!って感じで
でも日本ではやめておけ。やるならオランダがいい。

597 :卵の名無しさん:2006/02/08(水) 10:07:52 ID:xzOae+720
>>595
あのー、大麻でビルから飛び降りるっていうのが想像できないんですが。
LSDと違うんだよ。大麻をやってると穏やかになってのんびりするので、そういう
激しいことをする気にならないんです。インディアンの「平和パイプ」知ってるでしょ?
心が平和で穏やかになってもの静かになるものなんです、大麻というのは。

bad tripを心配するなら別の種類ですね。

598 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/02/08(水) 10:19:17 ID:9GupqwXl0
そんなの知らないけどね、マリファナなくちゃ多幸感がないってのも悲しいハナシじゃん?
>心が平和で穏やかになってもの静かになるもの
いつもなってますが w

えー?窪塚洋介が飛び降りたのは?あれはLSDだったのかー

599 :卵の名無しさん:2006/02/08(水) 12:04:23 ID:xzOae+720
>>598
>マリファナなくちゃ多幸感がない

いや、一般的に言えば、「無ければ落ち込む「とか、そういう依存性のある物質じゃないからさ。
まあ酒とは効果が違うし、酒の方がはるかに中毒性が高いけど、
煙草とか酒を切らしたら禁断症状がでて不機嫌になったり手が震えたり
鬱症状になったり他人に対して攻撃的になったり起りっぽくなったり逆に引きこもったり、
そういう症状がでるが、大麻はもともとが習慣性のものではなく一般的にも中毒になる
ケースはレア。それも体質的なもの。だから煙草や酒にくらべて危険性がはるかに低い。
しかも大麻は蛍光灯と一定の温度があれば自家栽培が可能だから、安上がり。

>>598
クボヅカはLSDとか覚せい剤とか、それ系の化学系薬物に決まってる。
大麻の場合は、おちついてのんびりするから、そういう激しい体の運動とかを
する気がしなくなる。クボヅカのジャンプの時みたいに「気が大きくなって自分が
スーパーマンみたいになった気がする」という症状は、明らかにそっち系。
マリファナではありえない。
どうして日本人は大麻に対して間違った偏見や思い込みが強いのかな?


600 :599:2006/02/08(水) 12:08:51 ID:xzOae+720
ちょっと誤解を招くといけないので書き直す。

>>598
>えー?窪塚洋介が飛び降りたのは?あれはLSDだったのかー

クボヅカはLSDとか覚せい剤とか、それ系の化学系薬物に決まってる。
クボヅカのジャンプの時みたいに「気が大きくなって自分が
スーパーマンみたいになった気がする」という症状は、明らかにそっち系。
マリファナではありえない。 大麻の場合は、おちついてのんびりするから、
そういう激しい体の運動とかをする気がしなくなる。
どうして日本人は大麻に対して間違った偏見や思い込みが強いのかな?


601 :卵の名無しさん:2006/02/08(水) 12:39:01 ID:Jfs/TUyk0


602 :卵の名無しさん:2006/02/08(水) 14:00:53 ID:3+E7luST0
>>591
>まず大麻やその仲間達はモルヒネと違って、疼痛緩和効果は強くない、というか弱いことが知られています

そうかも知れない。だってモルヒネ、コデインは芥子製で芥子はドラッグの王様といわれる存在だから。
だけど、なぜ大麻の合法化運動はあるけど芥子ではあまりそのような話をきかないのか
それはより副作用、効力が強すぎだからじゃないだろうか。(全否定はしないが)
それを現在は他にそのような薬がないためしょうがなく使用されてるだけではないだろうか?
日本ではその緩和医療としてモルヒネ、コデインの規制緩和がされるのだろうけど、そこで大麻
の話が少しもでないのは変じゃないだろうか?選択肢のはなし。


603 :卵の名無しさん:2006/02/08(水) 14:04:11 ID:VDhESDCXO
やりたきゃやりゃ良いじゃない
http://www.hamq.jp/i.cfm?i=seed1

604 :卵の名無しさん:2006/02/08(水) 15:01:43 ID:xzOae+720
>>598
みたいな初歩的な勘違いだらけの理由で大麻に反対している連中が大半だと思う。
ばかばかしくてアンチ大麻派とは真面目に議論する気になれない。

605 :卵の名無しさん:2006/02/08(水) 15:16:04 ID:3+E7luST0
>>589
>オレが学生時代に薬理の教科書で読んだのには免疫機能低下作用と あったはずだが,,

確かに1970年代のマリファナの慢性使用者で正常な免役機能が抑制されるという
証拠をしめえいていた(ナーハスら1974)。また、動物実験でもバクテリア、感染症
に掛かりやすいとの報告があった。しかし、それは人間使用者の50〜100倍THC投与
の結果であり、しかもそのほとんどが現在ではその内容の正当性に疑問が投げかけられている。
なぜなら、ナーハスを含め、科学者はその実験結果を再現できなかったからだ。
近年、カンナビノイドと免疫系の相互作用について新たな報告がされている。第二のカンナビノイド
受容体であるCB−2が免役系のさまざま細胞タイプ(ーマクロファージ、T−細胞やB−細胞、また
肥満細胞ー )に主として分布していることが分ったからである。

ソースはレスリー・L・アイヴァーセン「マリファナの科学」より

606 :卵の名無しさん:2006/02/08(水) 19:02:15 ID:+qxzh5540
>まず大麻やその仲間達はモルヒネと違って、疼痛緩和効果は強くない、というか弱いことが知られています

同等とも言われているし、同時に使えば相乗効果が期待できるらしい。カクテルってやつやね。

607 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/02/08(水) 20:44:30 ID:nNzCdzNn0
ほんで、大麻タバコそのものを使ったペーパーはないの?

608 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/02/08(水) 20:46:14 ID:nNzCdzNn0
疼痛緩和に関して、効いた、効かなかったにかかわらず
大麻タバコそのものを使ったペーパーはないの?

609 :卵の名無しさん:2006/02/08(水) 21:25:17 ID:2x1sJiHb0
>ほんで、大麻タバコそのものを使ったペーパーはないの?

あっくんどういうことかな?大麻製の紙ならあるよ。あっネタが入ったなw
http://www.lsando.com/handrolltobacco/tagconv.cgi?index

610 :ドキュソルビシン:2006/02/09(木) 02:08:51 ID:tr2tKPgU0
>602

「効果はモルヒネと同等とも言われている」などと、根拠なく適当なことを言う輩は措いて、
確かに選択肢の一つとして大麻またはcannabinoidを考えるということ自体は考慮の価値があります。

しかし、cannabinoid製剤においては副作用はコデインよりもやや多そうに見えます(BMJ 323.13-16,2001).
例えば癌性疼痛の36人対象の試験において、THCはコデインより副作用が多く結局2人が副作用による使用中止に追い込まれたのに対し、コデインではそこまで至った人はいませんでした(Clin Pharmacol Ther 18.84-89, 1975)
勿論、弱いながらも疼痛緩和効果があることと、モルヒネとの相乗作用が示唆されること、neuropathic painへの効果が期待されることからモルヒネの補助薬の選択肢を増やすという意味で認めてもいいのではないかという意見も一理ありますが、
長期にわたる副作用についてもはっきりとした根拠のない現状を考えると癌以外の慢性疼痛に対する使用に関してはまだ無理筋じゃろ

611 :ドキュソルビシン:2006/02/09(木) 02:37:51 ID:tr2tKPgU0
>>589

大麻やその仲間達が免疫に対する影響に関しては、確定的なことはあんましわかっていないようですなり。
例えば、肺胞マクロファージは呼吸器からのバクテリア感染において重要な働きをしますが、大麻喫煙者ではその働きが落ちているとする報告があります(Am J Respir Crit Care Med 156.1606-1613, 1997)
他の免疫細胞に対する影響などからも患者の免疫を落とす危険があるのではないかとも危惧されています(J. Neuroimmunol 83.116-123, 1998)

あるいはTh1優位からTh2優位に傾けるとか(JAMA 289.1929-1931, 2003)とかその逆とか(JAMA 290.754, 2003)とかいろんなことが言われています。

いずれにせよ免疫系に変化を与えるんだとは思いますが、それを生かして自己免疫疾患に対する治療などに利用できるのではないかと期待されているようです。


612 :ドキュソルビシン:2006/02/09(木) 02:44:31 ID:tr2tKPgU0
>595

効果が少なくて、副作用の多い薬は、却って患者さんを苦しめるだけの結果になる可能性が高いと思うですなり。
特にそれ以外の有効な選択肢がある場合は、そのダメ薬に走ってしまったたために有効な薬を使う時期が遅くなるというリスクもあるし。


613 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/02/09(木) 09:46:08 ID:8y5T939J0
・・・ぁったく  先生てば すごい人ですたい

>効果が少なくて、副作用の多い薬は、却って患者さんを苦しめるだけの結果になる
それは一般論として正しいですが、でもそれって死期が近い末期がんの苦しみでも当てはまるもの ですか?
たとえばその状況での壮絶さでは、少ない効果が副作用を上回るのではないかと思ってしまうのです。
自分はあまりに癌死に対して悲観的すぎるでしょうか。壮絶な苦痛は例外で案外楽なものなのかしら?
それほど多くの例を知っているわけではありませんが、末期闘病の辛さ そばでそれを支える家族の苦しみ・・・
なんとかならないか、なんだって出来る事があったら と思ってしまいます。
(う〜ん、ここでまたきっと「そんな手厚い疼痛管理は自費で勝手にやれ」ってギャラリーもいるんでしょうが)
「藁にもすがる」 これは大嫌いな言葉ですが、死の前の苦しみにおいては理解できるんですょね。。


614 :卵の名無しさん:2006/02/09(木) 11:34:04 ID:hySIX+KU0
>少ない効果が副作用を上回るのではないかと思ってしまうのです。
それならそれで有用性としてそれだけの証拠があがらなくてはいけない
他にもっと良い選択肢があるのにわざわざ確実性の低い方法を選ぶ必要はないし
それこそ患者さんにとってもひどい話だと思いますけどね

615 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/02/09(木) 13:15:23 ID:8y5T939J0
>他にもっと良い選択肢があるのに
「もっと良い選択肢」が取られても末期がん患者の苦しみは解決されていない現状があり・・だから、万策尽きてるような時ね。
でもまずその選択肢がまだまだです。だから緩和医療にもっと目が向けられてほしいと思っているわけです。

>有用性としてそれだけの証拠があがらなくてはいけない
うん それは医薬品として使われるなら、って話ですね 

616 :卵の名無しさん:2006/02/09(木) 14:11:45 ID:hySIX+KU0
>>615
緩和医療に目がむけられていないから疼痛緩和の技術が浸透してないだけですよ
万策尽きたといえるほど緩和医療に精通した医者が日本にどれだけいますか?

まず国際的に著しく低いモルヒネ使用量を改善すべきですよ、選択肢の話はそれから後の問題でしょう

617 :卵の名無しさん:2006/02/09(木) 14:25:09 ID:hySIX+KU0
>それは医薬品として使われるなら、って話ですね
証拠が必要なのは医薬品であるかどうかは問題じゃないですよ
説得力の問題なんです

618 :卵の名無しさん:2006/02/09(木) 14:26:43 ID:dfk3Zrqm0
>まず国際的に著しく低いモルヒネ使用量を改善すべきですよ、選択肢の話はそれから後の問題でしょう

モルヒネ、コデイン、ヘロインの芥子類はハードドラッグ(中毒性、副作用)の面
から一般嗜好も嫌煙されてるというのに。。。国会でもそのような話が出た今、大麻
についても正しい知識、検証がされるのが望まれるね。

619 :卵の名無しさん:2006/02/09(木) 16:37:32 ID:IOqnfWug0

大麻認可は、けっきょく政治とカネの問題でもある気がする。

例えば自民党の得になるとか手柄になるとか、強力なスポンサーから認可要請が
でるとか。

効能についての研究や検証だって金の問題だから、まとまった予算が組まれたら動き
出すんだろうが。



620 :卵の名無しさん:2006/02/09(木) 17:10:47 ID:dfk3Zrqm0
そうだけどマスコミの力もでかいと思う。
モルヒネ云々が国会で議論されたのもちょと前のNHKの討論番組のせいだろうし。

621 :卵の名無しさん:2006/02/09(木) 17:12:40 ID:dfk3Zrqm0
結局、政治家ってのは世論の動向=イメージアップを図ってる人種だろうし。


622 :卵の名無しさん:2006/02/09(木) 18:16:37 ID:+h1Iyv6x0
>>621
案件が党の票集めにとって有用か、あるいは票田をもたらしてくれる層からの要望か、とかね。

>>620
よし、みんなでNHKに「大麻合法化特集」を頼んでみよう。
何たって「皆様のNHK」なんだし、視聴料払ってりゃ番組化を打診する権利はあるからね。

ご意見ご要望お問い合わせの受付
https://www.nhk.or.jp/plaza/mail/form_program.html

NHKに寄せられたご意見、お問い合わせの取り扱い
 
 いただいたご意見は担当者に伝え、番組作りなどのNHKの仕事に生かします。
 NHK視聴者コールセンター(0570−066−066)と夜間ニュース通報の番号(03−5
453−5000)にいただいたお電話は内容を確認して責任ある対応を行うため録音しています。
  ご意見の内容は、およそ3年間(4年間を超えない範囲で)保存しています。
 この「NHKふれあいプラザ」(個別の番組へのご意見を除く)からE−メールでいただいたご意
見、「NHK放送センター宛」でいただいたお手紙やFAX(03−5453−4000)の受付記
録も同様の期間保存しています。  ご意見や受付記録の保存に当たっては、「個人情報保護法」、
「NHK個人情報保護方針」などに則り、適正に行います。

623 :卵の名無しさん:2006/02/09(木) 18:27:24 ID:hySIX+KU0
そういう話は専用スレがあるからそっちでやってほしいな

【愛】大麻ぐらい合法しろ!その45【憎】
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1139419698/

624 :卵の名無しさん:2006/02/09(木) 18:36:14 ID:+h1Iyv6x0
>>623
いや、医療目的の話が絡んでるから、こっちでもやる必要あり。
素人にはわからん問題が沢山あるから。

625 :卵の名無しさん:2006/02/09(木) 18:40:54 ID:dfk3Zrqm0
>>622
GJ!個人の地道な一歩が世論、日本を動かす




626 :卵の名無しさん:2006/02/09(木) 18:52:48 ID:+h1Iyv6x0
皆からもNHKにお願いしてね。
一人でも多くから要請があれば、動く可能性も増えるので。

627 :卵の名無しさん:2006/02/09(木) 19:12:45 ID:QLP5yWmg0
学生時代大麻何回かやったけど入手しづらいっていうか、
つかまるの怖いからそれ以降はやってない。
でも合法ならやりたいな。医師6年目です。

628 :卵の名無しさん:2006/02/09(木) 19:17:00 ID:vzE5gA+Z0
>>627
ワイハへ逝け!

629 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/02/09(木) 19:44:54 ID:8y5T939J0

からんでるって、、つまり>>27ってこと?

>おまえは病に苦しむ人を自分の快楽のために利用しようとしていないか?


630 :卵の名無しさん:2006/02/09(木) 20:23:10 ID:4BbA1vHH0
>AI
かんぐり杉、、兎角バイアスが掛かりすぎで議論の前段階ですな


631 :卵の名無しさん:2006/02/09(木) 20:34:50 ID:hySIX+KU0
医療大麻のスレだっていうのにそのことは真面目に議論しようとせずに
嗜好用途の話ばっかりするからそう思われてもしょうがないでしょう

632 :卵の名無しさん:2006/02/09(木) 23:41:12 ID:wEHhL+Ke0
あっくんが絡むと、そういうスレになる。
まさにシャブ中ジャンキィのあっくん、氏すべし。

633 :ドキュソルビシン:2006/02/10(金) 00:02:40 ID:zsbZlEtO0
>613

そりゃそうだよ。だって副作用の多くは苦しかったり嬉しくなかったりするから。
不安とか眠気とか吐き気とかそゆのが出るわけ。

あるいは、治療の現場でいうとさ、
痛みがあります、モルヒネを使っています。痛みがひどくなりました、どうしますか。
1)モルヒネを増やす 2)別な薬Aを加える 3)別な薬Bを加える
このとき、Bが実は効果が少なく副作用の多いものだとしたら、3)を選ぶことは非常に有害なわけなり。
だって1)や2)ならば救われていたはずの人が救われないんだし。

というわけで、>>616に賛成ですなり。

634 :卵の名無しさん:2006/02/10(金) 00:12:18 ID:CSS5AAQ80
>>633
>不安とか眠気とか吐き気とかそゆのが出るわけ。

普通は、大麻でそんなの全くでません。出る方が例外でつ。
あんまり大げさに煽らないように。

635 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/02/10(金) 00:32:22 ID:QjCiSaps0
普通は、なんていわないように
今ここでは医療用大麻、癌末期の方の話をしています。
ってことで>>616に賛成
緩和医療にもっと目が向けられてほしいと思っているわけです。


636 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/02/10(金) 00:50:55 ID:QjCiSaps0
でも、末期で「もう手はありません、これはしかたがない」なんて言われて放置されたら
ぶちきれて歌舞伎町の裏へ言っちゃうからねっ!

637 :ドキュソルビシン:2006/02/10(金) 01:02:44 ID:zsbZlEtO0
どの程度を例外というか知らないけどね〜。それなりにあるなりよ。
例えば様々なcannabinoidの吐き気に対する効果を見たレビュー(BMJ 323.16-21, 2001)では
めまいと眠気がそれぞれ50%程度、鬱が10%、幻覚やパラノイアが5%に出ています。
最近の試験では副作用が少ないとするものもありますが。(Lancet 362.1517-26, 2003、JAMA 290.1757-1762, 2003)
大麻そのものではどうかというと、Sickle Cell Diseaseに対して大麻喫煙を用いたと答えた人の40%が眠気を、20%弱が不安を、10%が記憶障害を経験したことがあると答えてたりもします(British Journal of Haematology 131.123-8, 2005)。

ちゅうわけで、大麻そのものだろうが、cannabinoid製剤だろうが使うからには「普通は全く出ません。出るほうが例外です」といって済ませるわけにはいかんのよ。
医療用の場合ね。


638 :卵の名無しさん:2006/02/10(金) 01:12:33 ID:Iyw9qaAF0
どんなに文献を引いて説明しても、『マリファナの科学』wを振りかざして
わめきちらすしかできない。徒労だなw

639 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/02/10(金) 01:50:12 ID:hhAcAG8C0
つーか、大麻は大麻なんであって、大麻は1つなんだよ、
医療用も娯楽用も関係ないんだよ。

で、医者が科学者の端くれである、と胸を張りたいのであれば、
大麻の客観的事実を1つずつ解き明かしていく、という作業をすべきなんです。

ところが悲しい事にここの医者は
「嗜好用大麻派が医療用大麻派のじゃまをする」なんてみみっちい事しか言えないんだよねぇ〜w

640 :卵の名無しさん:2006/02/10(金) 11:05:32 ID:GK2WYUBr0
>>637
処方箋が必要な薬で副作用が全くない薬なんて、ほとんど無いですが、何か?

>>639
だね。

641 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/02/10(金) 12:25:19 ID:QjCiSaps0
>>639
おおいに関係あると思うよ。
「嗜好用大麻派が医療用大麻派のじゃまをする」 事実でしょ。
だって社会的 政治的 倫理的なものが関わって制度は決まるのだからね。
娯楽用に使いたいって人がいる限り、利用されかねないそれを促進するための客観的解き明かしなど誰もやりたかないと思う。
そもそも第一通常の緩和医療も日本ではまだ手がまわらないのだから、こっちが先決は理解できる。

モルヒネ系の緩和医療が進んでる国で次の選択肢として第3相試験まで行ってるのは評価できるんじゃないかな。>>163
それは少なくとも科学的根拠のあるものとして認められる形だと思うし。少しは期待してるよ、医療用としてのみ認められるといいね。

642 :卵の名無しさん:2006/02/10(金) 14:40:27 ID:9oYDUyCt0
>>633
1)モルヒネを増やす 2)別な薬Aを加える 3)別な薬Bを加える

知ってる阿片系の耐性。、モルヒネ、コデイン、ヘロイン(阿片系アルカロイド)
これは大麻以外(大麻には耐性がない)のドラッグには見られる。
ジャンキーとはそもそも阿片、ヘロイン常習者のことで耐性が問題になるわけさ。
>633
つまりその患者は耐性ができて同じ量じゃ効かなくなったんだよ。長期療養者
にはありえること。しかも今、モルヒネの処方緩和ってのは僻地や在宅医療の
患者がより入手しやすくするための規制緩和だと推測される。大麻の嗜好緩和の
はなしがでてもヘロインの嗜好緩和の話がでないことからももう少し想像してくれよ。



643 :煙草より大麻が安全:2006/02/10(金) 14:54:51 ID:LN7V9ybM0
【社会】やめられない子供の喫煙 『先生、タバコがないといられない体になってしまいました』
1 :BaaaaaaaaQφ ★ :2006/02/06(月) 18:44:58 ID:???0
≪専門禁煙外来で“卒業”サポート≫

 ちょっとした好奇心や友人に勧められるまま、たばこに手を出し、
やめたくてもやめられずに苦しむ子供が増えている。子供の場合
は喫煙を始める年齢が低いほどニコチン依存になりやすく、勉強
や運動などさまざまな面で大人以上に深刻な影響を受けやすい。
子供向けの禁煙外来で治療を続ける専門家は、「しかるより早期の
治療が大切」と呼びかける。



644 :卵の名無しさん:2006/02/10(金) 15:04:21 ID:9oYDUyCt0
>642
だから 2)別な薬Aを加える 

ここでは大麻かな。それも製剤ではなく吸引マリファナを認める。
例えばカンナビ製剤は純粋なTHC成分なんだけど、マリファナ
=ジョイントにすることによって効果の加減(錠剤は丸呑みで効きすぎ
ルらしい)が計れ、また吸引じたいにリラックス効果がある。酒を飲む
のに純粋なアルコール,エチルアルコールでなとダメと言ってるのと同じ
理屈なんだよね。医食同源じゃなく分断された医療のモデルだね。在宅医療
とは生活と医療を繋げることだから。


645 :煙草より大麻が安全:2006/02/10(金) 15:06:47 ID:LN7V9ybM0
 ≪普通の子ばかり≫
 「先生、たばこがないといられない体になってしまいました」

 昨年末、母親とともに静岡県立こども病院の「卒煙外来」を訪れた
高校2年の男子生徒は、担当の加治正行医師(内分泌代謝)に訴えた。
夏休みに友人に誘われ、なんとなく吸い始めたのに、いつのまにか
喫煙量は1日1箱に。半日でもがまんできなくなった自分の症状に気づき、
母親に打ち明けたのだ。

 平成14年10月にオープンした子供のための禁煙外来「卒煙外来」。
これまでに30人以上を治療した加治さんは、「非行少年や問題児ではなく、
ごく普通の子供ばかり。好奇心や軽い気持ちから手を出し、やめられなく
なったケースがほとんど」と指摘する。

 特に問題なのは喫煙開始年齢が低いほど、短期間でニコチン依存症
になりやすことだ。成人では5−10年程度かかるのに、脳が発達段階に
ある中学生では2、3週間であっという間に依存状態になることもある。

■以下略

http://www.sankei.co.jp/news/060206/sha069.htm

http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1139219098/l50

646 :卵の名無しさん:2006/02/10(金) 15:10:17 ID:9oYDUyCt0
>>637
>大麻喫煙を用いたと答えた人の40%が眠気を、20%弱が不安を、10%が記憶障害を経験したことがあると答えてたりもします(British Journal of Haematology 131.123-8, 2005)。

確かに不安感などのパラノイアはある。ただこれは初心者が先入観などによって起こる
ことが多いと思う。私も楽しめるまでにかなりかかりましたwあぁこういうことかと。
飛ぶには飛ぶんだけどそれを認識できないんですよね。これらは言語化に限界があります。
また、吸いすぎ常習者に記憶障害が起こる事もあるでしょう。しかしこれは止めれば回復します。
ちなみに阿片系(モルヒネ、ヘロイン)の受容者には吐き気、嘔吐、不安、便秘などがみられます。

647 :????:2006/02/10(金) 15:12:22 ID:LN7V9ybM0
あと、「大麻合法化運動」を公然とすすめるグループも必要。
合法化デモとか、規制反対デモとか。
きちんと人の目につく形で進めないといつまでたっても大麻は
偏見の中で誤解されたまま。

648 :卵の名無しさん:2006/02/10(金) 15:19:02 ID:Hqz06PTh0
医療大麻を考える会
http://www.iryotaima.org/

649 :卵の名無しさん:2006/02/10(金) 16:12:24 ID:Iyw9qaAF0
アンケートでもしてみるか

(1) 医療用大麻も嗜好用大麻も賛成。
(2) 医療用大麻は賛成だが、嗜好用大麻は反対。
(3) 医療用大麻は反対だが、嗜好用大麻は賛成。
(4) 医療用大麻も嗜好用大麻も反対。

(3)はいらないか

650 ::2006/02/10(金) 16:48:40 ID:9oYDUyCt0
面白いね。(3)も日本の民意成熟度を測るに必要では?

651 :卵の名無しさん:2006/02/10(金) 16:51:02 ID:LN7V9ybM0
>>646
あと、大麻は煙草などの合法薬物に比べて中毒率がずば抜けて低い
ということも注目して欲しいところだ。

>>648
さんくすこ!

>>649
いいね。漏れは(1)派。

652 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/02/10(金) 18:18:23 ID:hhAcAG8C0
>>641 :AI
>おおいに関係あると思うよ。
>「嗜好用大麻派が医療用大麻派のじゃまをする」 事実でしょ。
>だって社会的 政治的 倫理的なものが関わって制度は決まるのだからね。

科学者の立場をとるなら、大麻の客観的事実だけを社会に訴えるだけでいいんだよ。
で、患者の利益を考え、制度を変えたいのなら、
大麻の無害、有効性を訴え、倫理的なものと戦うべきなんだよ。
で、倫理的なものと戦わずして、嗜好用大麻派を非難するなんてのは、
ほんと情けない男のすることだよねw

653 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/02/10(金) 18:31:35 ID:hhAcAG8C0
分かり易くいうと、
医療用大麻派にとっての敵は、嗜好用大麻派ではなく、「事実に反する倫理」だよ。
ってこと。

654 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/02/10(金) 18:41:16 ID:hhAcAG8C0
あと、
AIさん自身も「大麻に条件反射的に嫌悪感を持つ倫理」を持ってるんだよね。
でAIさんの場合、面白いのは、
「大麻に条件反射的に嫌悪感を持つ倫理」ってのは
明治以後の国家主義によるマインドコントロールに起因してるのに、
「日本古来からある倫理」だと勘違いしてる点なんですよ。

655 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/02/10(金) 18:52:43 ID:QjCiSaps0
こうした会があるんだね>>648
無害だから嗜好用で認めろなんてのじゃなくて、ちゃんと「医療用」に限ってるじゃないの。
こんな会に 麻薬楽しみたい者が参加できると思うのかな?
多分恥ずかしくて出来ないってのがマトモな神経持ってる人でしょうが。

あっくん、なにを言ってるんだ。
患者の利益を考え、制度を変えたいのなら って?
医療者や患者は嗜好用大麻派とはえらくかけ離れた場所にいるってわからんの。
医師に対して倫理的なものと闘えって?
医療用を考える場所なのに便乗して嗜好用解禁に利用しようとする輩がいるのをどう思うか。
どうしてそこまで卑劣になれるんだyo

656 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/02/10(金) 19:14:20 ID:hhAcAG8C0
>>655 :AI
あのねぇ〜、あなたの態度は矛盾してるの、
・医療用大麻を宣伝する時は科学的根拠を支持し
・嗜好用大麻を否定する時は倫理を持ち出す
って風にね。
なんでそうなっちゃうかって言うと、
明治以後の国家主義によるマインドコントロールが解けてないからなんですよ、
可哀相にw

657 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/02/10(金) 19:20:38 ID:QjCiSaps0
何度も言った。
文化的宗教的背景があって、ならば享楽志向にはならないでしょう。
修行僧のように禅とか瞑想とかに親しみ、ストイックに思想を深めてこそ
なんらかの精神的な実りもあるのかもしれないって思うよ。
そんなものはごく普通の人間は、見なくてもいいもの
かえってレベルに添わないものを見ることで成長は止まる そんなものだと思うけどね。
煙草の換わりに青少年に大麻をだなんてトンデモナイね。

>>481みたいに真面目にやろうって気はないの?
こういうのなら参加してみたいんだけど w


658 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/02/10(金) 19:31:22 ID:hhAcAG8C0
>煙草の換わりに青少年に大麻をだなんてトンデモナイね。
理由は?

659 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/02/10(金) 19:35:16 ID:QjCiSaps0
・・・その理由も分からないようでは

あっくん、真面目に考えとんの?ちょっと修行したほうがいいんじゃないの。

660 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/02/10(金) 19:40:43 ID:hhAcAG8C0
いや、あなたが人様に「嗜好のために大麻を吸うべきではない」
と、意見したいのであれば、
その理由を明確に述べるべきですよ。

661 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/02/10(金) 19:49:56 ID:QjCiSaps0
あっくんが読めてないだけだと思うけどね。

ここは医療用大麻について考えるスレなの
嗜好用に拘るのはスレ違いよ、それだけでも邪魔してるって言える。
嗜好用を解禁したいなら>>623のスレに行って運動したらどうよ?

662 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/02/10(金) 20:12:21 ID:hhAcAG8C0
>>661 :AI
>あっくんが読めてない
じゃなくてあなたが言えてないんですよw

663 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/02/10(金) 20:15:20 ID:hhAcAG8C0
さあ、嗜好のために大麻を吸ってはいけない理由をどおぞ!

664 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/02/10(金) 20:16:47 ID:QjCiSaps0
言ってますが。
ただ あっくんの気に入るような筋の話になってないってだけでしょ。

665 :卵の名無しさん:2006/02/10(金) 20:57:42 ID:LN7V9ybM0
>>654
たしかに太古の昔から大麻は皇室が祭って来た偉大な尊大であるな。

666 ::2006/02/10(金) 21:58:15 ID:iu4aXn2T0
皇族のボングも発見されたことだしw

667 :卵の名無しさん:2006/02/10(金) 21:59:51 ID:LN7V9ybM0
>>666
そうだったのか? w

668 ::2006/02/10(金) 22:03:20 ID:iu4aXn2T0
そうだよ。数年前だけど新聞、ニュースに戦前の皇族が没落して大麻吸引具(ボング)
を質に入れたってやってたよ。菊の紋入りで幾らで買われたかしらないけど。

669 :ドキュソルビシン:2006/02/10(金) 23:36:39 ID:Hm8Xbqh90
642の意見は全く反論になってないのだが・・・

それはそうと、642、644さんのご卓見によると
「モルヒネを使っていて痛みがひどくなった患者は、モルヒネに耐性ができたのが原因だから、大麻喫煙を加えるのがいい」
わけですね。ふぅん。全国のMSコンチン使っている患者さんに聞かせてあげたいね。

頼むから、そういう全く根拠のないことを言うのはやめてくれないかなぁ。
デマを飛ばすほうは気楽でいいだろうけどね。


670 :卵の名無しさん:2006/02/10(金) 23:54:50 ID:Iyw9qaAF0
こっそりアンケートにたてたお

671 :卵の名無しさん:2006/02/11(土) 00:27:07 ID:khQugKMr0
>>668
そうだったのか、やはりアマテラス以来の伝統を脈々と継いでいたんだな、
一代の曇りも無く。 w

>>670
ありがとん。結果が楽しみ!賛成が多いといいな。

672 :ドキュソルビシン:2006/02/11(土) 09:05:08 ID:8y4/+vbH0
>>642

そもそも大麻に耐性はないというのも嘘だしね。
文献を出してあげても読む気ないようだから挙げないけど。

673 :卵の名無しさん:2006/02/11(土) 11:04:44 ID:2iyHk3K10
>>672
耐性が強いものは継続して使えない。
だから大麻みたいに乗換えるオプションがひとつでも多く必要。

674 :卵の名無しさん:2006/02/11(土) 11:46:09 ID:B8T0vuHs0
>そもそも大麻に耐性はないというのも嘘だしね。

嘘ではないよ。それは一般に言われていること。
仮にそのような文献があっても一般ユーザーでは定説のことなり。重度スモーカーには多少起こるともいわれてるが。
耐性上昇がほとんどないにしておく奈良。


675 :卵の名無しさん:2006/02/11(土) 12:17:07 ID:jcB4VUnl0
医療用大麻も嗜好用大麻も賛成。         17.8%
医療用大麻は賛成だが、嗜好用大麻は反対。  44.6%
医療用大麻は反対だが、嗜好用大麻は賛成。  1.5%
医療用大麻も嗜好用大麻も反対。         11.4%

676 ::2006/02/11(土) 15:52:10 ID:T0m9hgZc0
わーい!厚生省もそろそろ見直さないとダメでつね。

677 :卵の名無しさん:2006/02/11(土) 16:04:44 ID:T0m9hgZc0
大麻取締法で無意味に規制されてるわけですが、それまでは認可、販売がされてて
アメリカがダメと言ったらそれまでですか?確かに終戦後はしょうがない、しかし
もうそろそろ自主的に判断しようよ。(それすらも難しいのはわかるが

第4条 何人も次に掲げる行為をしてはならない。
1.大麻を輸入し、又は輸出すること
(大麻研究者が、厚生労働大臣の許可を受けて、大麻を輸入し、又は輸出する場合を除く。)。

2.大麻から製造された医薬品を施用し、又は施用のため交付すること。

3.大麻から製造された医薬品の施用を受けること。

4.医事若しくは薬事又は自然科学に関する記事を掲載する医薬関係者等
(医薬関係者又は自然科学に関する研究に従事する者をいう。以下この号において同じ。)
向けの新聞又は雑誌により行う場合その他主として医薬関係者等を対象として行う場合のほか、
大麻に関する広告を行うこと。



678 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/02/11(土) 19:40:25 ID:fHOY9II90
>>664 :AI
>言ってますが。
なに言ってるんですかw
あなたばかりでなく、なぜ大麻喫煙が悪いのか、誰も答えられないんですよ、
ただ、「大麻喫煙を禁止する法律がある」だけなんです。

679 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/02/11(土) 20:03:01 ID:sOQ4HdZM0
そもそもあなたの都合のいい前提が正しいって根拠はなにもないんですよ。

さて、今だに嗜好用にこだわってるヒトはおいといて w

>>677の大麻取締法第4条がある限り
たとえアメリカで第三相試験が通って認可されたとしても
日本では無理ということになるんでしょうか?
医療用解禁に向けてこの法律の部分改正がないとはじまらないってことかな。
でも この期に乗じて、はみっともないから止めてね。


680 :卵の名無しさん:2006/02/11(土) 21:04:36 ID:lGliPMIi0
>>679
Marinol,Nabiloneのように合成で作ればいいだけなので法的になんの問題もありません

681 :卵の名無しさん:2006/02/11(土) 21:53:49 ID:/+2GHg7v0
うちのわんこ(すみません)は骨肉腫でした。
末期に入るとモルヒネを投与するしかないと
言われました。犬格!?が著しく破綻すると
。。。けれども、どんなに痛くてもモルヒネ
を拒んで、死ぬ1週間前には水すら摂りません
でした。静かな、死でした。
ひとは、弱いんでしょうか?

682 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/02/11(土) 22:34:17 ID:sOQ4HdZM0
モルヒネを投与すると著しく人格が破綻すると?? う〜ん
>どんなに痛くてもモルヒネ を拒んで
ん? わんこが拒んだんじゃないですよね?それ
うちのわんこは老衰近かったですけど、最後の3日は
触ったり動かしたりすると痛がってそれは辛そうでした。
おばあちゃんの最後にすごく似ていましたね。
もし楽にできる薬があれば自分だったら使いたいと思いますが・・

683 :卵の名無しさん:2006/02/12(日) 00:00:30 ID:ehd/l2030
>>680
100%合成なのかな?どっちにしても石油化学製品でしょ?
体によくないなり。

684 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/02/12(日) 00:56:56 ID:3rxraXxu0
確かにそんな感じはするんですけどね >体によくない
でも、原材料の大麻そのものだと品質管理等難しそうだし
まず法律の壁があって許可にならんでしょ。
からだによくないも長期の服用で出る支障だろうし
死期の近い患者にはあまり大きな問題でないようにも思うので
まずさしあたりそれでいいってことで だめですか?

685 :卵の名無しさん:2006/02/12(日) 03:35:03 ID:YbVXdveJ0
■いうまでもないが、政府による麻薬指定は精神展開性キノコになんらかの
危険があるからされるわけではない。違法性と危険性はむしろまったく別の
次元の問題である。たとえば、習慣性もすくなく安全なドラッグであると
されているマリファナ(大麻)は、日本では厳重に禁止され、大麻所持者と
いうだけで社会生命を抹殺される。さらに、なにも知らない一般市民は
「よくわからないが、なんだかとっても恐ろしいものである」と信じさせられている。
マスメディアの情報が政府のいいように統制されている日本で、ハッシシと
ヘロインとシャブのちがいを正しくいえる人が いったいどのくらいいるだろうか?

■これら嗜好品にたいする日本の政府の対応は、一貫性がなく、まったくの
ご都合主義であるというほかない。たとえば医学的に重度な中毒や神経障害・
発ガン性が指摘されているニコチン酸に関しては、そこかしこに無人販売機が
設置されており、テレビによって流される洗脳まがいのイメージ広告のスポ
ット数の多さは世界に類を見ない。エチルアルコールに関しても同様である。


686 :卵の名無しさん:2006/02/12(日) 03:36:21 ID:YbVXdveJ0
■これは日本政府がこうした習慣性の強いドラッグを、有力な国家予算の財源
としてしかみていないということに根本的な原因がある。たとえば、日本では
酒の自家醸造を、酒税法の観点(けっして薬物法ではない)から禁止している。
作りたての酒は本当にうまい、まさに酒文化のすそのを広げる神聖な行為である。
ウイスキーや(まずい)ビールの宣伝にこれほどの金がかけられている日本に
おいて、文化破壊としかいいようがない自家醸造にたいする理不尽な弾圧には、
人類の嗜好品文化たいする国家の無理解が露骨にあられている。

■ついでだからもうすこしいおう。現在暴力団の重要な収入源であり、もっとも
危険なドラッグのひとつあるとされている覚醒剤(メタンフェタミン)は、
東京帝大の長井長義博士によってはじめて合成され、第二次世界大戦中はヒロポン
という商品名で、軍部を中心に積極的に利用されていた。こうした覚醒剤は疲れを
わすれさせ24時間たたかえる自己完結的な多幸感をうみだす。ヒロポンは、
戦後の復興にも大いに利用され1951年「覚せい剤取締法」が施行されるまで、
実質的に野放しにされた。

「こんなに暑けりゃヒロポンでもなきゃ、やってられないね」という昭和天皇の発言は、
当時、覚醒剤がいかにひろくでまわっていたかを如実に表している(なお、昭和天皇は
神をやめて人間になってしまったが、さいわいなことに 人間をやめるところまでは
いかなかったらしい)。
http://www.apa-apa.net/kyojin/news/kk0137.htm


687 :卵の名無しさん:2006/02/12(日) 03:53:43 ID:GTHyn4+N0
>>685
>>686
さんくすこ!
ばんばん言ってやってくれ!

688 :卵の名無しさん:2006/02/12(日) 08:00:33 ID:Z9Jqo4j50
>>681
わたしは、生きている間は痛くない方がいいとあなたのように
考えました。あなたは信じないかも知れませんが、うちの子は
97.75狼でしたが、その前までは自分で薬の袋を持って来たのに
先生が注射しようとすると、悲しそうな顔をして抗いました。
先生が「これは、厭かい?でも痛くなくなるよ?」と言って
くれましたが、、、結局使わずに最期を迎えました。人格に問題が
でるのは、癌が脳に転移した時とモルヒネの禁断症状で、と言うことの
ようでした。ご理解頂けましたか?

689 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/02/12(日) 09:16:39 ID:3rxraXxu0
>>688
これは私へのレスだよね?

う〜ん、、うちのわんこは注射はイヤがりますよいつも
脳転移で人格に問題出るのはモルヒネと無関係でしょう?
禁断症状で人格に問題が出る、ですか。。
動物の場合、人に対するような細やかな調節まで出来ないってことかもしれないけど
人間でも このように「禁断症状が出るし人格に問題が出る、使用したら最後もう後戻り出来ない」って印象が
モルヒネ使用への拒絶反応の原因なのかもしれませんね(>>571)

もし、ここの人たちが言うようにマリファナに禁断症状や習慣性がないのなら
ますます医療用として役立てられる日が来て欲しいです。


690 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/02/12(日) 09:24:44 ID:3rxraXxu0
>ID:YbVXdveJ0
だからそれはあなたの嗜好用大麻を禁止する現法律についての感想でしょ?
医療用大麻とどんな関係があるというのですか?

ここは楽しむために大麻を認めてくれって主旨のスレじゃないのです
医療用を認めてほしい人がどのような状況を考えて求めているかを想像すれば
こんな発言をその人たちの前でするってだけで見識を疑われてしまいます。

691 :卵の名無しさん:2006/02/12(日) 18:21:02 ID:mdCoULJ10
>>689
>だからそれはあなたの嗜好用大麻を禁止する現法律についての感想でしょ?

AIさんもわかってるようでわかってないですね。日本では(アメリカ流国家観ともいえるが)
>>677つまり嗜好用と医療での利用が不可分な状況であり、

>もし、ここの人たちが言うようにマリファナに禁断症状や習慣性がないのなら

実際に日本では臨床、研究なにもできていない状態じゃないですか。(厚生省外郭団体の研究は別、毒としか宣伝
できない。みなさんも多少なりとも研究者ならそのような状態を想像できるのではないですか?)
また、>>686のスレはキノコの規制に反対するものでしょうけど、国家が向精神性機能を規制したい
という心性を持っていることを理解しないとわからないでしょう。キノコが規制されたのも窓からの
飛び降りた事例を取り上げてのものでしたが、厚生省は今回、インフルエンザ薬タミフルで多くの同例
の事件が度々あるにも関わらず、そのまま検証もせず備蓄を奨励してますから。





692 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/02/12(日) 21:42:31 ID:3rxraXxu0
それは分かるけど、「まず解禁ありき法律改正ありき」じゃないと思うんだよ。
しかも、ID:YbVXdveJ0さんのカキコの主旨は嗜好用の解禁だけでしょう?
それに、「国家の向精神性機能を規制したい という心性を持っていること」
これは尤もだと思う、大多数の国民もそうでしょ。


医療用については今のところコレ>>616、 大麻の臨床研究より先にしなくちゃならないことがある。
治療と緩和が両輪だって考えが浸透してきたら、限られた予算でも緩和に配分がされていくはずだと思う(>>14>>16あたり)
自分の考えは>>641
>モルヒネ系の緩和医療が進んでる国で次の選択肢として第3相試験まで行ってるのは評価できるんじゃないかな。>>163
>それは少なくとも科学的根拠のあるものとして認められる形だと思うし。少しは期待してるよ、医療用としてのみ認められるといいね。
んで今後の予想、ってかささやかな希望。
まず現行の緩和医療の見なおしがされていくでしょう
それと同時にアメリカでの試験認証を受けて医療大麻解禁の流れも出てくるかもしれない。
その次に医療用での使用規制緩和のために法律の手直しをしようといった話になるかもね。
「まず解禁ありき法律改正ありき」ではないと。

693 :卵の名無しさん:2006/02/12(日) 23:42:06 ID:T8fpKGzR0
>>692
>これは尤もだと思う、大多数の国民もそうでしょ。

人間は本来ハイ(遊び)を求めるホモ・ルーデンスなのではないでしょうか?
シナプスにカンナビノイド受容体が生存的に存在しているように。

>>616
>まず国際的に著しく低いモルヒネ使用量を改善すべきですよ、選択肢の話はそれから後の問題でしょう

これは国会の答弁でも言われてたことですが、麻薬にたいする国民のコンセンサスを得る必要があるなんて言いつつ、
で、それ(禁視)を行ってるのが国家なんですよね。麻薬と一まとめごちゃにして素人には廃人になりますと脅して
経験者には逮捕監禁の人権侵害(先進国ではもっとも重い量刑)によってダブルの恐怖による締め付け。
これらはよりホスピタリティーに満ちた社会概念の発展とも相通じると思うんですよね。



694 :卵の名無しさん:2006/02/12(日) 23:46:48 ID:AmdLGwyU0
550 :もうすぐ大麻も認可されるね :2006/02/05(日) 11:16:33 ID:zenDD9yD0
>>548
534 :大麻認可の下地ができたなりね :2006/02/04(土) 21:40:07 ID:msR6AmHc0
モルヒネなど医療用麻薬、流通規制を緩和へ 厚労省方針 2006年02月04日18時23分

 厚生労働省は、がん患者の痛みを和らげるために使われるモルヒネなどの医療用麻薬を在宅医療
の現場でも利用しやすくするため、流通や管理の制限を緩和する方針を固めた。現在は禁止されて
いる薬局間の譲渡を早ければ07年度から試験的に解禁、モデル事業として実施しながら必要な法
整備を進める方針だ。

 麻薬の流通は、麻薬及び向精神薬取締法(麻向法)で厳しく制限されている。医師の処方にもと
づいて患者に販売される経口薬やパッチ製剤などの医療用麻薬も同様で、調剤・小売薬局間の譲渡
は原則禁止されている。

 このため在庫がなくなっても他の薬剤のように近隣の薬局から調達することはできず、許可を受
けた麻薬卸売業者から仕入れなければならない。麻薬小売業の免許を受けた薬局は全国で約2万7
000カ所。一方、卸売業者は約800カ所で、最も少ない沖縄県や高知県には4カ所しかない。

 そこで厚労省は、薬局が医療用麻薬を調達しやすくなるよう流通制限を緩和したうえで、麻薬小
売業の許可薬局もさらに増やしたい考え。モデル事業の対象となる薬局の要件などは今後詰める。
病院同士や患者同士の譲渡は引き続き認めない方針だ。

 また、「麻薬施用者」の指定を受けた医師は現在、専用の保管庫の設置を義務づけられているが、
処方箋(しょほうせん)により外部の薬局で調剤する場合は設置義務を廃止する。

 医療用麻薬は、アヘンを原料とするモルヒネのほか、痛みを抑える効果が高い合成麻薬のフェン
タニルなどが利用されている。経口薬や注射薬に加えて、最近はフェンタニルをはり薬にしたパッ
チ製剤の利用が急増している。

 疼痛(とうつう)ケアが進んでいる欧米では医療用麻薬が早くから普及し、末期だけではなく初
期のがん患者にも積極的に処方されている。日本での1人あたりの消費量はモルヒネの場合、米国
の8分の1程度。厚労省は乱用防止とのバランスをとりつつ利用を促したい考えだ。(朝日)

695 :卵の名無しさん:2006/02/13(月) 00:24:20 ID:wwCAT4cj0
>>691
>国家が向精神性機能を規制したいという心性を持っていることを理解しないとわからないでしょう。

国家はどうして向精神性機能を規制したいと思ってるの?


696 :卵の名無しさん:2006/02/13(月) 01:44:59 ID:qyvANKdQ0
今まではそういう歴史だけど、徐々に変わりつつ有るんだろうね

697 :卵の名無しさん:2006/02/13(月) 13:37:56 ID:Cd70hPQ60
>>695

つまり近代国家の望んでる形態が秩序、統制を主なものとし、集団にカオス(混沌)をもたらす
可能性のあるものを恐れてるからじゃないだろうか?集団エクスタシーとか、これは大昔からバッカス
の祭りとか(たまに集団の締め付けを意図的に解く祭りの役割がある)、日本では「ええじゃないか」
近くではヒッピームーブメントがあるだろう。これらは集団の旧来の価値間の転覆に繋がる。

しかし、政治体系をより深くみると神託(政治)の特権化によるだろう。
一般人が神託、占いをすることの禁制が日本でも律令時代から始まっている。麻にしても国家、忌
部氏による独占栽培がされ、また神聖(=忌み)視によって一般人に恐れの観念を抱かせたようだ。
それは戦前の旧皇族の大麻吸引具が偶然見つかったことからも推測できる。

ただ、酒はメソポタミアでも労働の代価としてビールが支払われたように、税(=原料小麦)制度化
とも古くから繋がっている。


698 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/02/13(月) 13:44:45 ID:t8j1ycyJ0
>>697
>麻にしても国家、忌部氏による独占栽培がされ、
これ本当なの?

699 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/02/13(月) 14:05:44 ID:t8j1ycyJ0
http://www.google.com/search?num=100&hl=ja&as_qdr=all&q=%E5%BF%8C%E9%83%A8+%E5%A4%A7%E9%BA%BB&lr=lang_ja
あるねw

700 :卵の名無しさん:2006/02/13(月) 14:30:54 ID:Cd70hPQ60
700ゲツしとくかw
>>699にある さすが星野之宣だね「神南火〜カムナビ〜」で大麻(カンナビ)
の言霊に気づいてる。カンナビ信仰(巨石、ピラミッド型抵山)のメッカ三輪
山は古くから大麻との関係がある。

701 :卵の名無しさん:2006/02/13(月) 16:07:31 ID:Rkc6zyyA0
自然に原生している時代はあっただろうね。そういうところはたぶん、宗教関係の
実力者に独占されていたんだろうな「近づくとバチがあたる」とかいう言葉で。

702 :卵の名無しさん:2006/02/13(月) 22:08:32 ID:EgIh0/6l0
>>697
なるほど。要はある政府が国民を管理・統制する度合いが強ければ強いほど、
向精神機能を持つものを禁止する度合いが強くなるということかな。

問題は日本がとてつもない管理統制社会で、多くのの国民が自分達が
統制されていることに、気付いてすらいないところにありそうだね。


703 :卵の名無しさん:2006/02/13(月) 22:24:44 ID:JzL0NV/70
>>702
そう。民族神話板に面白いソースがあった。

>悪徳は、帝国の進路です。バビロンからアメリカに至るまであらゆる帝国は、選択の余地のない信条を推進する者が、
その信条を容赦なく発布することに基づいています。それでは、帝国の信条とは何でしょうか?

権力が正義となる。
戦争は正義。
金銭は権力。

http://www.ime.st/www.panlibrary.org/prev/13storm.html

ただ、ここは医療板だからほどほどにしとこ。でも古の社会ではシャーマンはメディスンマン
でありお医者さんなんだよね。ヘルメスマークが医療のシンボルだしね。



704 :卵の名無しさん:2006/02/13(月) 23:02:10 ID:YPQZSpV/0
>>700
補足は要らない。。。かも、ですが、、、
神奈備、、、には「神のおはします山」と言う意味があります。
山には何故か、宗教が集まりますね。
信仰の対象となるのか、不思議でした。。。
日本の大麻栽培は知りませんでしたが、ネパールにもありますよね???
>>703
日本でもかなり長い時間、祈祷師(かなり古。。。はシャーマンと言う呼称)
が呪術と医術をかねていたと思いますよ。



705 :卵の名無しさん:2006/02/13(月) 23:30:55 ID:r/ISoGPq0
大麻は、薬の世界のシーラカンスとかアンモナイトとかオキナエビス貝なんだと思う。
要するに太古の昔から人類が使って来た薬なのだろう。

706 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/02/14(火) 00:03:09 ID:G0EsPHGj0

医療は元々緩和だったんだと思う

707 :卵の名無しさん:2006/02/14(火) 00:11:38 ID:seMLKSep0
それが、いつのまにか製薬会社に献金もらった自民党が独占的特権を製薬会社に与えて....

708 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/02/14(火) 01:07:53 ID:HQteBAO90
>>701
>自然に原生している時代はあっただろうね。そういうところはたぶん、宗教関係の
>実力者に独占されていたんだろうな「近づくとバチがあたる」とかいう言葉で。

つーか、歴史の時間に日本人は木綿の前は麻の服を着ていた、
って教わった記憶があるんだが。
つーことは、庶民の身近に麻があったんでねーの?

709 :卵の名無しさん:2006/02/14(火) 01:30:32 ID:seMLKSep0
うん、衣服の麻はそうだよね。

710 :ドキュソルビシン:2006/02/14(火) 01:58:40 ID:Ci28Vi0y0
>>674

「大麻には耐性が生じないといわれている」
ですか・・・。

「大麻はモルヒネと同等の鎮痛効果があるといわれている」
「大麻には副作用がほとんどないといわれている」
「大麻は免疫能を上昇させる作用があるといわれている」
と全く同じですなりね。

いい??いわれていることは事実とは限らないの。
そうでないという証拠があるにもかかわらず、〜といわれている、程度の根拠しか出せないなら
それはただの【偏見】か【妄想】か【詭弁】かのどれかだと思うよん。

少なくとも現在ある証拠に目をつぶって、反対のことを主張するという点で
大麻は猛毒だから絶対ダメ!!とか言い張る人々となんら変わりないなり。

こうやって議論してみると、正しい知識というか、正しい知識を仕入れようとする態度というかが必要なのは
ここで医療大麻を推進している人たちであるなりね・・・

711 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/02/14(火) 02:20:32 ID:HQteBAO90
>>709
>うん、衣服の麻はそうだよね。
つか、衣服の麻ではトリップ出来ないの? 品種が違う?

712 :卵の名無しさん:2006/02/14(火) 02:21:42 ID:sXPuj3yz0
大麻やると妄想にとりつかれるのは、このスレのカンナビストを見れば十分わかる。

陰謀w

工作員w

713 :卵の名無しさん:2006/02/14(火) 02:32:59 ID:z5hZorQ/0
12日の朝日の記事を引用させてもらうね。

医療用麻薬をがん以外の痛みにも使うのは、欧米では一般的だが日本ではまだあまり浸透
していない。がん用は数も種類も豊富になったのに対し、がん以外では保険が使えるのが
実質的に2種類しかないことを見てもわかる。痛みの診断がきちんとでき、薬を使いこな
せる専門の医師も少ない。
 痛みは目に見えない。コントロールできなければ、本人は痛い上に、職場や社会、家庭
でも孤立しがちだ。医療者に痛さを受け止めてもらえず、病院を転々とする人もいる。
 痛みの緩和について、専門家にも一般の人にも正確な知識を届ける事を目的に3年前に
できた「ジャパンパートナーズアゲンストペイン(JPAP)」代表世話人の花岡一雄JR東
京総合病院長はいう。
 「痛みをとることは、人間らしく生きて行く上でとても大切。痛みは一種の記憶。痛みを
体が覚えて慢性化する前に、早くから適切な治療を受けられる耐性や教育がもっと必要だ」
JPAPのウェブサイトは、http://jpap.jp/

*この分野はこれから大きく伸びるぞ。ニーズは十分あるからな。

714 :ドキュソルビシン:2006/02/14(火) 02:44:39 ID:Ci28Vi0y0
うみゅ。その分野は伸びるとは思うよん。
大麻やカナビノイドがその中のどこかに場所を占めるかどうかは解らないけど。

715 :卵の名無しさん:2006/02/14(火) 03:01:29 ID:z5hZorQ/0
楽しみ

716 :卵の名無しさん:2006/02/14(火) 14:25:44 ID:lKJxUdKz0
>>711
>つか、衣服の麻ではトリップ出来ないの? 品種が違う?

大麻には主に2種類、インディカ(THCが高い薬用)とサティバ(THCが比較的低い、繊維衣類用)
があって日本ではサティバが分布してたといわれているけど、飛べないことはない。
トリップの質が違うだけ。

717 :卵の名無しさん:2006/02/14(火) 15:29:11 ID:xlcwhkvL0
>>710
>「大麻には耐性が生じないといわれている」
>「大麻はモルヒネと同等の鎮痛効果があるといわれている」
>「大麻には副作用がほとんどないといわれている」
>「大麻は免疫能を上昇させる作用があるといわれている

それらの論はおいらのだけど。なんでいわれていると書いてるかというと
それは「マリファナの科学」に書かれている客観的事実だからです。(自分の体験もあり
ただ、この本には研究、臨床試験データなど根拠の記載ソースは提示されています。



718 :卵の名無しさん:2006/02/14(火) 20:21:51 ID:/jk73NDn0
「興味本位で始めた」覚せい剤所持48歳歯科医逮捕

 三重県警組織犯罪対策課などは13日、覚せい剤取締法違反(所持)の現行犯で、同県松阪市の歯科医師で歯科医院経営の男(48)を逮捕した。

 容疑を認めており「興味本位で覚せい剤を始めた。数年前から使用している」などと供述しているという。

 調べでは、歯科医は13日午前、自宅兼病院の駐車場に止めた乗用車内で、ビニール袋に小分けにされた覚せい剤約1グラムを所持していた疑い。
自分で使用するつもりだったとみられる。

 同課は入手先などを追及している。

ZAKZAK 2006/02/14



719 :卵の名無しさん:2006/02/14(火) 21:17:30 ID:0b818EYV0
末期がんの痛みで苦しんでいる人は、痛み軽減と言う治療に加えトリップ
という付加価値が付く大麻は、悪くないだろう。苦しんでいる人に、気持ちまで
含めて和らげてあげることができる。
十分苦しんだんだから、死ぬ前ぐらいそういう特典ぐらい受ける権利があるだろう。

720 :卵の名無しさん:2006/02/14(火) 22:19:42 ID:0b818EYV0
>>717
アメリカでもそれは共通認識でつ

721 :ドキュソルビシン:2006/02/14(火) 23:50:53 ID:bdwbbvM60
>>717

これこれ、それは
「〜と書いてある本がある」というだけで、
「〜と言われている」というのとは全然別なりよ。その論法を使っていいなら、

「大麻は猛毒といわれている」
「地球は宇宙人によって支配されているといわれている」
「アガリクスは癌に効くといわれている」
何でもありということになり、全く建設的な議論にならん。つまり只のミスリーディングな記述なりね。

そゆのは止めて欲しい。真っ当に大麻やカンナビノイドの有用性を議論するなら、きちんとその元になる研究自体を見ないと。
論文レベルの指摘をしているのに、「でも、そうじゃないと『マリファナの科学』に書いてある」とか言ってそれ以上考えようとしないのは、全く正しく理解しようという態度じゃないですのう。

その「マリファナの科学(The science of marijuana)」、初版が2000年なわけでそれ以降も色々重要な知見は出てきているわけだしね。

722 :ドキュソルビシン:2006/02/15(水) 00:11:21 ID:AArDd3G20
第一、『マリファナの科学』の著者アイヴァーセン自ら、大麻には耐性も習慣性もあることを認めているしね(Brain 126.1252-70, 2003)。
このレスのリンクを挙げておくなり。全文がオンラインで無料で読めるし。

A proportion of regular users of cannabis develop tolerance and dependence on the drug.
(定期的に大麻を用いている人には、耐性や依存性を生じることがある)
だそうです。
んで、定期的に大麻を用いている人の3人に1人は薬物乱用・薬物依存の基準を満たすという報告もあるんだと。


http://brain.oxfordjournals.org/cgi/content/full/126/6/1252?maxtoshow=&HITS=10&hits=10&RESULTFORMAT=&fulltext=iversen&searchid=1139929401430_1545&FIRSTINDEX=0&journalcode=brain

723 :卵の名無しさん:2006/02/15(水) 00:54:35 ID:ghEFy0hK0
漏れの周囲で大麻で中毒になった奴はいないな、一人も。

724 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/02/15(水) 02:01:01 ID:snUCR0cm0
>>716
>大麻には主に2種類、インディカ(THCが高い薬用)とサティバ(THCが比較的低い、繊維衣類用)
>があって日本ではサティバが分布してたといわれているけど、飛べないことはない。
>トリップの質が違うだけ。

ほおー、よくご存じですね。
ってことは日本にあったサティバは根絶やしにされた、と。
それはいつ頃の話しか知ってますか?

725 :卵の名無しさん:2006/02/15(水) 14:04:24 ID:nAR+0nxW0
>>722
>定期的に大麻を用いている人には、耐性や依存性を生じることがある

だから、一般的には耐性上昇はないとされてるんだが、マリファナの科学にそうかいてあるから
>>674
>重度スモーカーには多少起こるともいわれてるが

と書いたんだが。しかし、逆に定期的に使用してる人は吸引加減などで
少量でも同じ効果をあげれると書いてあるはず。


726 :卵の名無しさん:2006/02/15(水) 14:06:09 ID:nAR+0nxW0
でも、ソースあげてくれて39ドキュ

727 :卵の名無しさん:2006/02/15(水) 14:12:05 ID:nAR+0nxW0
>>724
>ってことは日本にあったサティバは根絶やしにされた

終戦後、GHQが本州の野生はほとんど根絶やしにしたみたい。あくまでほとんど。
ただ、北海道は地理的に広大だからか?野生種(戦時中、栽培も奨励された混合種)
がいまだにかなりも残ってるよ。だから毎年、道警が100万単位で引き抜いてる
らしい。しかし、道産子これがいいんだw

728 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/02/15(水) 17:21:47 ID:snUCR0cm0
>>727
ほおー、アメリカ人は変わってますね、何を考えてたんでしょ?
マジで日本をいい国にしてやろうと考えたんですかね?

つか、思うに上に大麻の種は簡単に入手出来る、と書いてあったから、
その種を公園とか原っぱに1粒づつバラバラにまいたらどうですか?
で、まいた所を覚えといて、秋になったら1株づつ収穫する、とw
まとめて生えてると、目立ってバカなお節介に通報されるけど、
雑草がメチャクチャに生えてる所なら、1株生えても全然目立たないでしょw

729 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/02/15(水) 17:28:36 ID:snUCR0cm0
或いは、大麻の葉っぱの部分の有効成分がある細胞だけを、
インビトロで増殖させる研究をするとかw

730 :卵の名無しさん:2006/02/15(水) 18:19:11 ID:AIggikyB0
ペットショップに売ってる種は発芽しない処理がせれているのだ。
ヘッドショップに売ってる種は一粒1000円ぐらいして高価なのだ。うん

731 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/02/15(水) 19:03:20 ID:snUCR0cm0
タネの売買は合法なのに一粒1000円とは暴利ですね。

732 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/02/15(水) 21:21:49 ID:iHJUr7U90

どうしたら姑息にシャブが楽しめるか、ってスレになりにけり〜

733 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/02/15(水) 21:34:07 ID:iHJUr7U90
緩和は進んでほしい分野だけど、それは薬効や技術だけでなく「死」に対する医療全般ね。。
薬だけじゃなく他のものが結構効果があると思ってます。
痛みに手を添えてよくなるようにの祈りが伝わること とか
気持ちをかけてもらえ、それに答えることによる癒しとか ですね。

734 :AI  ◆x80x1c9OXc :2006/02/15(水) 21:37:47 ID:iHJUr7U90
それって脳内モルヒネ?

735 :ドキュソルビシン:2006/02/16(木) 00:32:20 ID:AJWIdI0I0
>>725

大麻を信じる人の間で、どれだけ
「一般的には耐性上昇はないとされて」いようとも、証拠がそれを否定している以上、
耐性がないというのは只の【偏見】なんだよん。

同じ理由で、大麻の有用性が確立しているというのも、ほとんど毒性がないというのも、モルヒネに匹敵する鎮痛効果があるというのも全てただの偏見。

もっかい言うよ?
少なくとも医学的利用に関しては様々な研究がされており、いろいろなことが解ってきている。
またどういったことがまだ解ってないかも認識されてきている。
で、それらに照らし合わせてみると、「医療大麻を勧めている人々」の主張は多くが間違っている。

で、何よりこちらが証拠を挙げて説明してもその証拠に目をつぶる。
そして「〜といわれている」などと言うのを反対の根拠として持ち出す。
まさに典型的に【偏見に毒された人々】の議論の仕方なりね〜

ちなみに、おいらが上のほうにあげた論文の多くはオンラインで全文無料で読めますよん。



736 :ドキュソルビシン:2006/02/16(木) 01:04:17 ID:AJWIdI0I0
これこれシャブと大麻は多分別物なり〜

737 :卵の名無しさん:2006/02/16(木) 01:49:30 ID:Izsb2m5Q0
大麻は臭いから、中毒にはとうていなりえない。
煙草はあっと言う間に中毒になるけどね。

738 :卵の名無しさん:2006/02/16(木) 03:10:27 ID:8MT3G9Cq0
それを言うならたばこも臭い。

739 :卵の名無しさん:2006/02/16(木) 04:27:22 ID:GwjagFyT0
煙草も臭いが大麻はもっと臭い。

740 :卵の名無しさん:2006/02/16(木) 13:15:43 ID:xOQ9DnbQ0
>>735
>モルヒネに匹敵する鎮痛効果があるというのも

これもマリファナの科学からの引用ですから。

>で、それらに照らし合わせてみると、「医療大麻を勧めている人々」の主張は多くが間違っている。

ここが間違ってますね。よく勉強してくだし〜ぃ。多くの結果でも効果を挙げてます。
よって製剤化もされてるんですけど。日本では臨床できない判例がない=無知、偏見
で語ってるだけのようですな。

>何よりこちらが証拠を挙げて説明してもその証拠に目をつぶる。

何時どんな証拠があがってるのですか?

741 :卵の名無しさん:2006/02/16(木) 13:17:13 ID:xOQ9DnbQ0
追加
>何時どんな証拠があがってるのですか?

ちなみに一例だけ反対の事例を出されたからと言って、それが全て否定
されるわけではない。




742 :卵の名無しさん:2006/02/16(木) 13:22:30 ID:xOQ9DnbQ0
>>735
>「一般的には耐性上昇はないとされて」いようとも、証拠がそれを否定している以上、

ごめん。どこの証拠でそれが否定されてましたか?{マリファナの科学」では全体では耐性上昇
がないという結論が導き出されてるはずですが。これはこちらが反論したいのですが、全体から
一文だけを引っ張り出してきて、さも結論がそうであるという誘導操作をしているのはそちら
【偏見に毒された人々】ではないですか。

743 :卵の名無しさん:2006/02/16(木) 14:23:20 ID:CVjBYBTA0
>このレスのリンクを挙げておくなり。全文がオンラインで無料で読めるし。

744 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/02/16(木) 17:50:30 ID:a1kL5/GV0
つーことは米軍が来るまではそこらに大麻が生えてて
皆さん大麻を楽しんでたのかな?

745 :卵の名無しさん:2006/02/16(木) 17:57:24 ID:h6jph6Fc0
今でも群生してると思うがな

746 :ドキュソルビシン:2006/02/16(木) 22:24:21 ID:9DQn3fsr0
>>742

たのむ。本当に頼むから、リンク先くらい読んでくれなり。
" A proportion of regular users of cannabis develop tolerance and dependence on the drug."
という一文は、全体の中の一文じゃないよ。【巻頭にある要約の文章】なりよ。

いい?
この論文自体は2003年の時点で、それまでにある証拠をまとめたレビューと呼ばれる論文。
全部で30ページ近くあるけど、最初に200〜300語くらいの要約が書いてあるの。
つまりこれがこの論文のまとめ。結論。言いたいことなわけ。

頼むから、それも読まずに
「全体から一文だけを引っ張り出してきて、さも結論がそうであるという誘導操作」
なんて適当なことを言わないでくれなり〜

747 :卵の名無しさん:2006/02/16(木) 22:47:25 ID:CVjBYBTA0
大麻やると思考能力が低下するっていう証拠だろw

748 :ドキュソルビシン:2006/02/16(木) 22:53:33 ID:suZ5OD790
>>740

だーかーらー、「マリファナの科学」からの引用なんかでものを言うなよぉ
721を読んでくだされ。

そゆ本は、様々な研究を元にかかれてるんよ。んで、そゆ研究は論文という形で全世界で読めるの。
おいらとかこの板の他の人とかはそのレベルで話をしているなりよ。

日本とかアメリカとか(あんまし)関係ないの。日本で実験や臨床ができないことも関係ないの。
医学的な証拠を見ると、大麻やカナビノイドがモルヒネと同等の鎮痛効果などとは馬鹿げているなりよ。
で、その証拠は上に挙げた。頼むからきちんと読んで欲しかったなり。

でももっかい書いておくよ。2001年にBMJというイギリスの医学専門誌に書かれたレビュー、これも全文が読めるから最後に挙げとく。
この論文に関する議論もこのページのrelated articleとかからたどれるから読んでくれなり。
この論文はそれまでに行われた試験(ランダム化試験)を網羅的にレビューしたもの。これによれば、総じてコデイン60mg以下の効果しかない。

繰り返すけど、大麻やカンナビノイドがモルヒネと同等の鎮痛効果を持つという主張は証拠に反している。
まだわかっていないのは、モルヒネの効かない痛みについて有用性があるのではないかという点と、モルヒネと相乗作用があって有用なのではないかという点。

http://bmj.bmjjournals.com/cgi/content/full/323/7303/13


で、貴方の言う「多くの結果でも効果を挙げてます」というのは具体的に、いつどこで誰がどういう研究したらどういう結果が出たの??
おいらはこうやって証拠を挙げてるじゃろ??同じレベルできちんとした議論をするべしなり。



749 :卵の名無しさん:2006/02/17(金) 20:05:09 ID:/lrb4ZLI0
>>746
" A proportion of regular users of cannabis develop tolerance and dependence on the drug."
(定期的に大麻を用いている人には、耐性や依存性を生じることがある)

なんか英語のソースだと、どれだけでも嘘つけると思ってるのだろうか?あんた医者?これじゃ
患者や周りの信用関係も危ないよ。もっと真摯になんないと。へいへい確かにおいらは英語苦手
だよ。でもこれは酷いのでは?
これで一文だけ引っ張り出したといえないだろうか?前文も含めて読んで欲しい。

 Although there are signs of mild cognitive impairment in chronic cannabis users there is little evidence
that such impairments are irreversible, or that they are accompanied by drug-induced neuropathology.
↓ここが引用
A proportion of regular users of cannabis develop tolerance and dependence on the drug. Some studies
have linked chronic use of cannabis with an increased risk of psychiatric illness, but there is little
evidence for any causal link.

軽度認識障害の兆候がありますが、慢性の大麻ユーザには、そのような損傷が逆にできないか、またはそれらがドラッグ
で誘発された神経病理学によって伴われるという証拠はほとんどありません。 通常の割合に、大麻のユーザはドラッグ
への寛容と依存を発生します。 いくつかの研究が大麻の慢性の使用を精神医学の病気の増加するリスクにリンクしまし
たが、どんな因果関係に関する証拠もほとんどありません。

結局、リスクの証拠はないってのが結論みたいですよw


750 :卵の名無しさん:2006/02/17(金) 20:06:58 ID:/lrb4ZLI0
>>748
>大麻やカナビノイドがモルヒネと同等の鎮痛効果などとは馬鹿げているなりよ。

これも嘘なりねwしっかり認めてくだされw

751 :卵の名無しさん:2006/02/17(金) 20:33:14 ID:iHSySAqR0
欧米ではマリファナの医療価値(カンナビノイド製剤を含め)は既成事実だから。


752 :ドキュソルビシン:2006/02/17(金) 20:34:07 ID:f7swzSWS0
ごめん。キミそれは恥の上塗りじゃよ・・・

749の文章を誰でもいいから英語読める人に示して、
「大麻には耐性が生じると書いてありますか、生じないと書いてありますか?」と聞いてみ??

だいたい、この板には「英語のソースだと、どれだけでも嘘つける」なんて思っている人はひとりもいないと思うが・・・
なんだかなぁ。

で、大麻やカナビノイドがモルヒネと同等の効果があるという証拠は???
ねぇねぇ証拠は??
キミが740で「どんな証拠があがってるんですか?」って聞いたからおいらはBMJの論文答えたんだけど
そっちは証拠は出さないなり??何故?何故何故???


753 :ドキュソルビシン:2006/02/17(金) 20:52:22 ID:f7swzSWS0
と書いて、不親切かなと思ったから、訳を示しとくね

1)慢性の大麻ユーザーには軽度の認識障害が生じるが、それが非可逆性のものであるとか薬剤性の神経病理学的変化を伴うものであるという証拠はほとんどない。
2)大麻常用者には一定の割合で耐性や依存性が生じる
3)慢性の大麻ユーザーに精神病の発症が高いとする研究がいくつかあるが、どのような意味でも因果関係を示す証拠はほとんどない。

簡単に説明するね。
1)は大麻を使っているとバカになるが、止めれば元に戻るんじゃないか、ということ
2)は大麻は大麻中毒になるよということ
3)は大麻やっている人は精神病になる危険が高いが、それが大麻のせいで精神病になるのか、病気になりやすい人が大麻を好むのか、あるいは全然別の原因が大麻愛好と精神病のかかりやすさの両方を引き起こすか全然わかってないということ。

信じないなら、誰か信用できる人に全文読んでもらってよん。主に1261ページからだから。
んでそれから議論しようなり


754 :卵の名無しさん:2006/02/17(金) 21:11:00 ID:iHSySAqR0
モルヒネの使用に限界を認める医師も

多くの患者、特に末期がんの患者と家族にとって、最大の関心事は疼痛による苦しみだろう。
最近、厚生労働省がモルヒネの使用を進めており、一定の効果を上げているのは事実だが、
アヘン剤には強い肉体的依存性と耐性の上昇があり、限界を認める医師も多い。アヘン剤が
鎮痛に効果があるのは、脳内にアヘン剤に対するレセプターがあるからだが、大麻の主要成
分であるTHC(テトラ・ヒドロ・カンナビノール)にも、同様のレセプターがあることが分かっている。
アイオワ大学臨床研究所における研究では、未期がん患者三六人の疼痛緩和に用いたところ、
経口投与されたTHC 5〜60mgは60mgのコデインにほぼ匹敵することが明らかになっている
(Marijuana Medical Handbook : Tod Mikuriya MD)。

http://www.iryotaimasaiban.org/media/banbu.html

755 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/02/17(金) 21:38:12 ID:I+jfdYmv0
>>753 :ドキュソルビシン
>2)大麻常用者には一定の割合で耐性や依存性が生じる
この一定の割合ってのがくせ者だわな、3%でも97%でも一定の割合だからね。
で、その一定の割合を示さないで
>>753 :ドキュソルビシン
>2)は大麻は大麻中毒になるよということ
と決めつけてしまうのは変だわな。

あと、依存症の度合いもあるからね、俺なんかタバコを切るのに2〜3年かかったからね。

756 :卵の名無しさん:2006/02/17(金) 21:59:11 ID:ZiVvHatV0
一般にマリファナは、コカインや覚醒剤みたいにすぐに同じ量じゃ効かなくなる
ってことはないのは事実。

757 :ドキュソルビシン:2006/02/17(金) 23:12:03 ID:0ieUF32U0
>754

うむうむ。そのアイオワ大学の研究というのはおそらくClinical pharmacology and thrapeutics 18.84-9, 1975
ですな(最後に要約へのリンクを挙げておきます)。748にあげたBMJの文献はその論文を含め9つの試験の総括です。
この要約とBMJの内容を読むと、THC20mgとコデイン120mgが、THC10mgとコデイン60mgがほぼ同程度の鎮痛作用を示しているようですなり。

ところが毒性はコデインとずいぶん違う。THC20mgは眠気・めまい・運動失調・視力障害といった毒性が強く使い物にならない、という結論に達しています。
実際、コデインの投与は全員完遂できているのですが、THCは毒性による途中中止が2人います。
10mgの毒性は許容範囲ではあるが、やはりコデインより副作用が多いみたい。
BMJの論文に挙げられたほかの試験も大体似たような結果。

ちゅうことで、
1) 毒性がコデインより強いこと
2) そもそもコデイン60mgという量は末期がんの患者にとっては不十分であること。
  (モルヒネの鎮痛効果はコデインの10倍くらい。モルヒネの10mgがコデインの100mgに匹敵する。
   がん患者の疼痛管理には普通モルヒネ1日20mg経口くらいで開始するが、進行すると100mg以上使うことはざら。
   注射なんかでモルヒネ1000mg以上使うことだって結構ある。ちなみに咳止めとして出すコデインは1日80mgくらい)
    

から、この試験はTHCの臨床的有用性を支持するものではない、というのがBMJの著者の評価みたい。
(で、おいらもその意見にはほぼ賛成)
ましてや、THCがモルヒネと同等の効果を示す論文ではないなりね・・・

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=pubmed&dopt=Abstract&list_uids=50159&query_hl=4&itool=pubmed_docsum

758 :卵の名無しさん:2006/02/18(土) 10:54:38 ID:dP1Kic1R0
アメリカのデータによると、一定の割合の依存性は、たしか数パーセント〜10パーセント以下だったかな。

759 :卵の名無しさん:2006/02/18(土) 14:29:07 ID:nVUISrBX0
>がん患者の疼痛管理には普通モルヒネ1日20mg経口くらいで開始するが進行すると100mg以上使うことはざら。
>注射なんかでモルヒネ1000mg以上使うことだって結構ある。

これらは>>754にあるようにヘロインじゃなかったモルヒネの耐性上昇のせいで
段階的に投与量が増えてしますオピノイド(コデインも)の宿命ですね。量が多いから
効くわけではなく量を増やさなければ効かなくなるんですよ。


760 :ドキュソルビシン:2006/02/18(土) 20:05:57 ID:HsluzVEr0
どうしてそゆ風にいい加減なことを、事実であるかのようにいう人が多いかなぁ。

モルヒネの鎮痛効果に対する耐性はマウスの実験レベルではすぐに出てくるが、
癌の疼痛管理で問題になることはほとんどないと考えられているです。
例えば、Collinらは1993年に29人の観察研究を行い、モルヒネの増量が必要となった25人中24人には癌の進行が見られること、
増量が不要であった4人は全員癌が進行しなかったか縮小したかであることを示しています(Pain 55.319-26, 1993)
同様に色々な研究でほとんどの癌患者はモルヒネの増量なしで疼痛コントロール可能なり。(British Journal of Anaesthesia 81.58-68, 1998. 最後に全文をリンクしておきます)

テキストによっては「オピオイド鎮痛薬に対する耐性は臨床的な問題を起こすことはない」と断言しているものもありますが(「トワイクロス先生のがん患者の症状マネジメント」医学書院,2003年)。
さすがにそれはどうかなという気もしますの。
だが、いずれにせよがん患者においてモルヒネの増量が必要となるケースのほとんどは癌の進行に伴うものであって、耐性によるものでないことは常識なり〜


http://bja.oxfordjournals.org/cgi/reprint/81/1/58



761 :ドキュソルビシン:2006/02/18(土) 20:19:58 ID:HsluzVEr0
>>758
オーストラリアの10000人対象の研究によれば、大麻ユーザーのDSM-Wの基準で薬物乱用・依存の基準を満たすようですよん。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=retrieve&db=pubmed&list_uids=11331032&dopt=Abstract

まあこの数字が絶対に正しいと主張する気もないし、そもそも末期がんの疼痛管理において依存性や長期毒性はそこまで問題にはならんなり。

むしろ有効性とその場の副作用が問題。んで大麻やカナビノイドはその意味での有用性が全く示されていないですね。



762 :ドキュソルビシン:2006/02/18(土) 20:21:12 ID:HsluzVEr0
ありゃ、間違い。しかも一番大事なところが。


オーストラリアの10000人対象の研究によれば、大麻ユーザーの【3人に1人が】DSM-Wの基準で薬物乱用・依存の基準を満たすようですよん。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=retrieve&db=pubmed&list_uids=11331032&dopt=Abstract

まあこの数字が絶対に正しいと主張する気もないし、そもそも末期がんの疼痛管理において依存性や長期毒性はそこまで問題にはならんなり。

むしろ有効性とその場の副作用が問題。んで大麻やカナビノイドはその意味での有用性が全く示されていないですね。




763 :卵の名無しさん:2006/02/19(日) 00:23:58 ID:DgxuEL1E0
別にターミナルケア、癌医療に限った話じゃないから(残念
しかし、なぜここまで大麻の導入を心理的に拒むのかな?オピノイドは芥子だよw
それは個人の順法意識、道徳倫理に関わって確かにドキュさんはそういういい人かもしれない(社会的に
しかし、医者として科学者としてあまりにもヒステリックに拒絶するのどうかと思うゼヨ
別に今現在、違法だし賛成したからどうのすぐ使えるわけじゃないんですけど、心理(≒真理
の話としてさ・

764 :卵の名無しさん:2006/02/19(日) 01:20:49 ID:s8Daqwdp0
なあんだ。

薬中の部屋か。つまらん。

765 :卵の名無しさん:2006/02/19(日) 03:22:59 ID:4Iiu82480
★ Re:何とかしてあげたい 前田 [Re.550-1] 05/12/21(水)10:15
 
大麻は交通事故などによる脊椎損傷の慢性的疼痛に効果があることは
確認されています。ほかにもリューマチや偏頭痛の痛みにも効果が
あることが医学的にわかっています。

頚椎ヘルニアは年をとれば誰でもがなる可能性の高い病気です。重い頭
を細い首の骨(頚椎)だけが支えているのですが、その頚椎のなかを脳
と身体を結ぶさまざまな神経が通っています。頚椎に損傷があれば、頭痛
がおこる以外にも、麻痺などがおこったりします。そもそもヘルニア(ぎっ
くりごしもそのひとつ)は手術が難しいうえ、頚椎は重い頭を支えるのと、
重要な神経が通っているので、手術では治すことは困難です。よく弱点を
「そこがネック(首)だ」というように、首は人体の弱点なのです。

大麻を摂取すると「酔う」から痛みがなくなるのではありません。人体が
大麻の成分で、薬理学的、医学的に痛みが抑えられるシステムを体内にも
っているからです。それはこの15年ぐらいの間で明確になった医学的事
実です。

大麻に効果があるかどうか、試してみる価値はあるでしょう。酔うことが
都合が悪ければ、酔わない程度を摂取してもそれなりの効果はあります(
酔うことと鎮痛効果は別ですから)。

71歳の老人が痛みの緩和のために大麻を使用しているのを当局が知った
として、実際に逮捕投獄するかどうかはわかりません。ただ供給している
子供を逮捕して「お前が吸いたかっただけだろう」と難癖をつける可能性
はあるでしょう。そのときの弁明のために、いろんな準備をしておくこと
ですね。母親の病歴、大麻使用前と使用後、大麻の効果と副作用、医療使
用に関する憲法的権利など、理論武装も必要です。

766 :卵の名無しさん:2006/02/19(日) 03:25:52 ID:4Iiu82480
多くの若者が実際に医療目的で使用していたにもかかわらず、それを認めても
らえなかった裁判が非常に多いと聞いています。特にうつ病に効果があること
は、私自身の経験からも確かだとは思いますが、裁判で主張しても絶対に認め
てもらえません。うつ病なんて病気だと思ってないのかもしれませんが。

私は作家の中島らもさんの緑内障治療目的のための大麻入手を幇助して逮捕さ
れたわけですが、実際はそれ以外にも、らもさんが悩み苦しんでいた「うつ病」
「アルコール依存症」に対する効果を、らもさん自身が「本能的」に感じてい
たのではないかと思います。私は若い頃、大麻を必死で求めたのですが
(「マリファナ青春旅行」参照)、それは当時の私のうつ病(軽度)に大麻が
効果があることを、まさしく「本能的」に感じていたからだと思います。

たかが大麻で本能という言葉を使用するのは、おおげさだと思われるかもし
れません。しかし、痛み、うつ、食欲、睡眠など多くの生存にかかわる作用を、
大麻は脳や人体のさまざまな部分で発揮するシステムを内在させているわけで
すので、「本能的」に大麻のすばらしさを知るということは決しておおげさで
はないと思います。

日本では神道において、そして全世界の多くの宗教において大麻は悪を祓う、
幸福をもたらす植物として大切にされてきました。それはまさしく大麻が人類
の本能的部分(集合的無意識)で、すばらしいものであることが感じられてい
たからにほかなりません。

この大麻の葉を一枚もっているだけで懲役にする日本の役人たち、それを許し
ている私たちのふがいなさ・・・
もし71歳の病人を何とかしてあげたいのなら、何とかしてあげてください。
そしていっしょに戦いましょう。
http://www.iryotaimasaiban.org/bbs32/easybbs.cgi


767 :ドキュソルビシン:2006/02/19(日) 04:21:32 ID:L1ZXT3FR0
>>763

いや心理的に拒んでいるんじゃなく、有用性が示されていないから拒んでるんだけど・・・
基本的なスタンスは577を読んでね。

んで、感情的になっているつもりはないが、そう見えるとすれば
「大麻には耐性がない」(>>642)
「モルヒネと同等の鎮痛効果がある」(>>750)
「癌患者のモルヒネが増えるのはモルヒネ耐性のせいだ」(>>759)
と、明らかな間違いや誇張を主張する人々、
「科学的有用性は証明されている」と声高に繰り返すくせに、
いつどのように証明されたかを答えようとしない人々があんまし好きではないのかも

すまぬぅ

768 :卵の名無しさん:2006/02/19(日) 06:58:04 ID:H0CwwSv10
童貞くんがいろいろ調べて
得意がって、セックスは危ないっていってるみたい。

セックスの科学的有用性はどうやって証明する?

769 :卵の名無しさん:2006/02/19(日) 08:24:45 ID:rnR34NB10
>>763
>なぜここまで大麻の導入を心理的に拒むのかな?
こういう風に科学的妥当性が無い事を反論されても個々の科学的判断について争うわけでもなく
一方的に心理的な理由だと決めつけるような事ばかり繰り返してると
医療者どころか当の患者や一般の人の支持を得ることは難しいと思うけどね
自分のやってることがマイナスキャンペーンにしかなってない事を自覚してほしいな


それとも大麻解禁論者のふりをした工作員wとかだったりして
そんな事する必要もないと思うけど世の中いろんな人がいるからわからないなw

770 :卵の名無しさん:2006/02/19(日) 16:53:51 ID:6KahywBZ0
証明も何も、「日本以外の先進国の多くでは大麻が実際に医療用ととして使われている」
という事実こそが、大麻が医療に有効であることを雄弁に物語っている。

そして日本では大麻が医療に効果があるかをどうかを、
研究することすら実際には禁じられている。

海外帰りの研究者や医者で、この日本の状況をおかしいと感じて、
何か行動しているものはいないのか?

771 :卵の名無しさん:2006/02/19(日) 16:58:24 ID:wjJ5qo2t0
そんなに、日本がいやなら外国に行けば。
大麻吸ってらりってるの見た事あるけど、長くやってると変なこと言うようになるよ。
ほんと。

772 :卵の名無しさん:2006/02/19(日) 17:20:37 ID:3pPz3ojv0
どうしてカンナビストが変なこと言うのはなぜ?

773 :卵の名無しさん:2006/02/19(日) 17:27:33 ID:rnR34NB10
>>770
「日本も含めた先進国のみならず発展途上国の多くでも祈祷が実際に医療として行われている」
という事実は、祈祷が医療に有効であることを雄弁に物語っているとでも?

774 :卵の名無しさん:2006/02/19(日) 18:17:53 ID:XQHsqwrT0
>>767
>「大麻には耐性がない」

>>762DSM-Wの基準で薬物乱用・依存が認めらてるイコール耐性上昇
があるではないよん。現在これ>>749、証拠はありません。

>「モルヒネと同等の鎮痛効果がある」(>>750)

そもそも>>602>>610と誇大解釈しだしたのはドキュ酸だよね。

>癌患者のモルヒネが増えるのはモルヒネ耐性のせいだ」(>>759)

よくもまぁ〜
http://plaza.umin.ac.jp/JPS1927/fpj/topic/topic117-4-316.htm

と、明らかな間違いや誇張を主張する人々、はドキュ酸でしたw

775 :卵の名無しさん:2006/02/19(日) 18:25:31 ID:XQHsqwrT0
>>773
>祈祷が医療に有効であることを雄弁に物語っているとでも?

フラシボー(偽薬)効果なんてもの実際あるようだし、祈祷、祈り
などのオルターティブ・メディスンで完治なんてのはよく聞く話だけど。
信じる=祈りが免役機能の上昇につながるのかも?

776 :ドキュソルビシン:2006/02/19(日) 19:34:35 ID:qM4ksI6W0
● 大麻の鎮痛効果

モルヒネと同等の鎮痛効果とか言ってるのは>>606だ。よく見てくれ。
で、同等の鎮痛効果があるというのは間違いでよろしか??

● 癌患者のモルヒネ

癌患者のモルヒネが増えるのの主因が癌の悪化であることこそが周知の事実なり。
>>760を読んでね、リンク先に根拠色々書いてあるから。
774のリンク先は「周知の事実」と書いてあるだけで根拠となることは書いてないっしょ?
端的に間違っている、あるいは非常に誤解を呼びやすい表現ですな。
実際、何故癌患者にモルヒネ耐性が生じにくいかというのは一つの大事な問題なんよ。

● 大麻・カナビノイドの耐性

動物レベルの耐性についてはPharmacology Biochemistry and Behavior 81.300-318, 2005を読んでくれ。
人レベルでの耐性はstudyが古いものが多く、原文を読めてないんだけど
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=pubmed&dopt=Abstract&list_uids=913022&query_hl=20&itool=pubmed_docsum
とか見てね。749の文章の読み方については753をよろしく。要はアイヴァーセンも認めるように大麻には耐性がないというのは嘘だということね。

ということで、以上まとめると
「カナビノイドの鎮痛効果はモルヒネに比べ非常に弱い」
「癌患者のモルヒネが増えるのは癌の増悪が主因」
「大麻に耐性がないというのは間違い」
でよろしね。


777 :ドキュソルビシン:2006/02/19(日) 19:40:03 ID:qM4ksI6W0
んで、科学的有用性はいつ誰がどのような研究で証明したのだ???


778 :卵の名無しさん:2006/02/19(日) 19:45:55 ID:H0CwwSv10
767>>

>いや心理的に拒んでいるんじゃなく、
>有用性が示されていないから拒んでるんだけど・・・

いろいろな研究の一覧はここにあるよ。
医療効果がないというのもあるが、あると認めた論文もたくさん載っている。

http://www.cannabis-med.org/english/studies.htm

有用性が示されていない、というにはちょっと言い過ぎではないかい?
まだ、開拓中の分野なので、まだ十分には臨床研究が行われていない
とは言えるかもしれないが。

耐性に関しては、わずかばかりに研究をもとに、耐性があると主張している
ようだけど、その論理展開からすると、有用性を確認した研究が
一つでもあれば、「有用性が示されていない」という主張はなりたたない
ことになるよ。

上の論文リストをかたっぱしから反論してみてよ。



779 :ドキュソルビシン:2006/02/19(日) 23:37:22 ID:MIz527//0
>778

それは間違ってるなり。

いい??「有用性の証明」があるまでは、どんな薬剤も有用性が証明されていないの。
証明しなきゃいけないのは、有用だと思っている人達ね。
十分に臨床研究が行われていないならば、それはまだ有用性が証明されていないなりよ。

「有用性が証明されていない」というのと「有用でないことが証明されている」というのは違う。

ちなみに紹介するページとしては、こっちのほうがいいと思う。さんきゅね。
http://www.cannabis-med.org/studies/study.php





780 :卵の名無しさん:2006/02/20(月) 03:21:05 ID:T7LC0Fe/0
779>>

情けない言い訳だね。

大麻の臨床研究については、さまざまな制約や妨害があることは
知っているよね。

やらせないようにしておいて、証明されていないというのは
DEAやONDCPの言い分そっくりだね。


論文そのものに反論してみてよ。アブストラクトもついているでしょ。

781 :卵の名無しさん:2006/02/20(月) 04:03:33 ID:z21UIAy00
>>777
医療効果がないことが証明されているのなら、わざわざFDAが第三層試験なんかする訳ないじゃん。
効果が見込める根拠があるから、試験してるんだよ。
それに医療効果がないことが証明されているなら、全米の11もの州で医療目的の大麻を認可
する訳ないじゃん。何言ってるの???

782 :卵の名無しさん:2006/02/20(月) 07:08:16 ID:T7LC0Fe/0
779>>

776の
大麻に耐性がないというのは間違い
で上げている論文は、全然、臨床研究じゃないぞ。
臨床研究を十分やらなければ認められないというのなら
どうして、そんな決めつけができるのさ。

3ヶ月に実験なら、ちょうど大麻が劣化して効き方が悪くなって
くるころだから、単にそれで量が増えたっていうことも考えられるぞよ。


783 :卵の名無しさん:2006/02/20(月) 07:16:40 ID:bFxP3fmQ0
>>780
>大麻の臨床研究については、さまざまな制約や妨害があることは
>知っているよね。
これこそまさに情けない言い訳だね。
それに悪魔の証明は科学の範疇ではないよ

>>781
>医療効果がないことが証明されているのなら、わざわざFDAが第三層試験なんかする訳ないじゃん。
試験してるのはSativexで大麻じゃありません。
製剤とそうでないものの違いは上でさんざん説明してるので省略。

>それに医療効果がないことが証明されているなら、全米の11もの州で医療目的の大麻を認可
>する訳ないじゃん。何言ってるの???
法律を作るのはその州の権利ですから(連邦法ではいまだグレーのはずだが)
民意が求めるなら医療効果の証明なんて関係ありません

あと、そういう主張をするなら州法作成の時に有効性を証明する論文が提出され
それをもとに検討されたというソースをださないといけないね

784 :卵の名無しさん:2006/02/20(月) 13:29:39 ID:1e0VBpGT0
カナダなんかでも医療用に解禁しだしたみたいだね。
日本は?例のごとく外圧かかんないと駄目なのかも?
これこそ情けないよな。

785 :卵の名無しさん:2006/02/20(月) 18:43:20 ID:i4BG0W6C0
>>784
外圧がかからないとダメだろうね、内圧が抵抗してるから。

786 :卵の名無しさん:2006/02/21(火) 20:17:51 ID:UkBIsDaD0
>>783

悪魔の証明、の科学的定義なんてあるのかい?

そういえば、昔の宗教裁判では、科学を悪魔だと断罪したって
どこかに書いてあった気がするが。

大麻の医療の可能性を研究することが科学の範囲ではないという
のはまさに昔の宗教みたいだが。

まあ、患者のいうことは科学ではないから無視してもいいとでも
いいそうな臨床原理主義者らしいが、そんな医者はごめんだね。

787 :ドキュソルビシン:2006/02/22(水) 00:27:56 ID:aDD8WJdg0
誰も大麻の可能性を研究することが科学じゃないなんて言っている人はいないけどね〜

大体の主張は
(1) 有用性が証明されていないこと
(2) 有用性が証明されていないものを医療現場に持ち込むのは反対であること

の二点だろ。で、ここまで読んで誰も有用性示してくれないねぇ。
自分は英語は苦手だと開き直ったり、具体的な内容も示さずここにある論文全部に反論してみろと怠けたり。
(だいたいおいらも英語なんか全然読めないのに頑張ってるんだからさ)

頼むから、医者板に来てスレ立てて何か主張したいんだったら
きちんと医学的根拠を用意して議論できるくらいにはなってて欲しいなり〜

788 :卵の名無しさん:2006/02/22(水) 03:30:33 ID:uUs2Eh6d0
>>783
アインシュタインの相対性理論によるテレポーテーションを悪魔の魔術とか言ってる人多かったけど、
東大の若手の先生が実験でテレポーテーションを成功させて、更にパワーアップ実験を繰り返し
て論文の記録更新中。

悪魔の証明なんて、そんなものだよ時間が経てば。

>>786
激しく同意。

789 :卵の名無しさん:2006/02/22(水) 07:30:02 ID:eRtpYPsg0
>>786>>788
悪魔の証明ってなんだか解ってる?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%82%AA%E9%AD%94%E3%81%AE%E8%A8%BC%E6%98%8E

790 :卵の名無しさん:2006/02/22(水) 07:42:07 ID:eRtpYPsg0
>>787
(3) 有用性が証明されてなくとも一定の安全性が確保されている事を前提に
   患者のニーズの高まりと社会のコンセンサスが得られているなら可

も入れてください
ただし科学的証明がないのに証明されているというような主張は
患者の信頼も社会の認知も得られるわけがないので不可

791 :卵の名無しさん:2006/02/22(水) 09:33:45 ID:DhVUkms10
日本は有用性を証明しても無理だよ、避妊ピルの認可に何年かかったか知ってる?
バイアグラなんていろんな危険があったのに日本では速攻で認可だよ?

792 :卵の名無しさん:2006/02/22(水) 14:43:07 ID:1vmCpXkq0
>>791
そうそう。そういうの多いけど、つまり、何を向きになってるかというと右向け右の
権威主義が多いってこと。科学的信頼性などは本当は関係ないんだから(厚生省の薬害問題
みてらば分る。それについて誰もなんも言わない医者。言うのは被害者だけ。)

793 :卵の名無しさん:2006/02/22(水) 15:12:13 ID:1vmCpXkq0
大麻につては認可がされてる国があって成果もあがってるんだけど。またそのような
患者もいるのはガイシュツ。それをわざわざ科学的信憑性が低いというソースを探し
だしてきて悪魔の証明を無理にやってるとしか思えないんですけど。これがもし大麻
でなかったら?そして、医者が患者が医療上の権利、選択肢をわざわざ阻む必要はどこにある
んだろうか?(厚生省だけど)

794 :卵の名無しさん:2006/02/22(水) 15:33:37 ID:1vmCpXkq0
ついでに出し惜しみなく大麻堂のブログ、面白い。
http://taimadobrog.livedoor.biz/

795 :卵の名無しさん:2006/02/22(水) 15:38:28 ID:qMwbpJ9S0
悪魔の証明という言葉の使われ方に違和感があるのは俺だけ?

796 :卵の名無しさん:2006/02/22(水) 17:04:05 ID:TV9r9oll0
でも大麻=悪魔視ではかなり共通点ありよ。

797 :卵の名無しさん:2006/02/22(水) 20:52:52 ID:DhVUkms10
大麻が悪魔だったら、モルヒネなんてどうなるんだよ、まったく w

798 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/02/22(水) 21:04:07 ID:MXu5TK1m0
http://taimadobrog.livedoor.biz/archives/50163541.html
ここに病気にいいって書いてあるね。

799 :卵の名無しさん:2006/02/23(木) 02:04:48 ID:yMyXBkSH0
>>788
>アインシュタインの相対性理論によるテレポーテーション

大麻の前に物理板で勉強してきたら?(笑)

800 :卵の名無しさん:2006/02/23(木) 04:18:42 ID:Yb+5awfn0
>>799
NHKで報道されてるよ。w

801 :卵の名無しさん:2006/02/23(木) 14:24:57 ID:HdSjvxnV0
>798
泣くや。
>それが今ちょっと悔やまれる。

ってとこ。なんかよく分かるよう。実際、医療用に例えば病気、寝たきりの家族に
(科学的検証もいいんだけど実際、緊張を解くしリラックスできるのもん。)大麻
をあげることって犯罪なんだろうけど、どこか人間として確信をもって行動しないと駄目だね。
法律<家族健康。当たりまえの話が日本では通用しないんだね;;

802 :卵の名無しさん:2006/02/23(木) 15:55:23 ID:7FNFKWqe0
>>797
大麻/悪魔=モルヒネ/筑紫哲也

803 :卵の名無しさん:2006/02/25(土) 15:48:51 ID:IpdOHUZn0
今年は緩和医療元年らしけど、全然大麻の話がでてこねーな。
大麻についても規制緩和すべきだな。

804 :卵の名無しさん:2006/02/25(土) 20:25:55 ID:a7QihmwI0
健康診断でTHC反応とかでる?


805 :卵の名無しさん:2006/02/26(日) 17:20:17 ID:/59UPafK0
健康診断では出ないんじゃない?オリンピックのドーピングでもなんだからw

806 :卵の名無しさん:2006/02/27(月) 00:45:10 ID:Zv9LQjLm0
>>803
だね。

807 :卵の名無しさん:2006/02/27(月) 22:30:43 ID:ithCZlfN0
>>794
>http://taimadobrog.livedoor.biz/

まじ794。日本の司法、意識が当たり前のことをできなくさせてるんだね。
勉強になる


808 :卵の名無しさん:2006/02/27(月) 23:21:04 ID:8RHeojah0
ここお気に入りにいれて毎日みてるけどさ・・・・
taimadob"r"ogになってるんだよな!blogだよぉまえださぁん

809 :卵の名無しさん:2006/03/02(木) 15:00:38 ID:+8KPQQuB0
ブログの医療大麻裁判みてるけど日本は本当に黎明期というか、遅れているよね。
海外では使用されてるのに、近代医療の見直しを含めて大麻など代替医療が今後必要
だと思う。

810 :卵の名無しさん:2006/03/02(木) 22:57:29 ID:ESFTdOHN0
EBMが分かっていない人が、近代医療とか言われましても(苦笑)

811 :卵の名無しさん:2006/03/03(金) 15:21:39 ID:5ppDHjwg0
EBM云々より法律の問題だから、大麻取締り法以前は販売されてたわけだし。
漢方では現在でも麻の実は使用されてる。雌花の薬効も認められており、日本でも
江戸時代以前から(大和本草にあり)民間医療として使用されていたんだよ。

812 :卵の名無しさん:2006/03/03(金) 17:15:05 ID:/Aztk3RS0
>>804
健康診断は大丈夫!(尿検査もOK)
けど、歯医者さんに歯垢を取りに行った時
「ちょっと変わったタバコ吸ってない?」って言われました。
2人で、「あ。はははは。。。」って、《あの先生も。。。》




813 :卵の名無しさん:2006/03/03(金) 17:16:38 ID:/Aztk3RS0
>>804
健康診断は大丈夫!(尿検査もOK)
けど、歯医者さんに歯垢を取りに行った時
「ちょっと変わったタバコ吸ってない?」って言われました。
2人で、「あ。はははは。。。」って、《あの先生も。。。》




814 :卵の名無しさん:2006/03/03(金) 22:06:32 ID:3R6EE/WV0
>>811
EBMの問題ですよ。少なくとも医師板としては。
エビデンスの乏しい民間療法の保険適用なんて認められない。

815 :卵の名無しさん:2006/03/04(土) 15:27:35 ID:kTJUgvL40
やっぱ法律の問題みたいだね

>>807のブログ
>医療大麻裁判  弁護士 その5

を見ると。そこで医者はどのようなアプローチを示すかってことかな?医師板として。


816 :卵の名無しさん:2006/03/04(土) 16:41:43 ID:GncxdZSe0
エビデンスがない民間療法に対して、
そもそもアプローチをかける理由がありません。

817 :ドキュソルビシン:2006/03/04(土) 16:49:05 ID:srQLf/IU0
まあねぇ。有用性が示されてからなりね。
少なくとも、「昔から使われていた」とか「欧米で認める国があるのは効果がある証拠」とかじゃだめじゃろ。


818 :卵の名無しさん:2006/03/04(土) 17:16:54 ID:GncxdZSe0
そう。医療現場でのエビデンスとは、当然、二重盲検によるデータを意味する。
まずは海外データで良い。法律の話しはその先だ。
昔から使ってたとか、二重盲検でないデータはEBMにおいては無意味。
論文自体は腐る程あるが「意味のあるデータ」がまるでないぞ。

ってか、ドキュソルビシンを除いたら、
それ(何を持って意味があるデータとするのか)すら
分からずに喚いているヤツしかいないじゃねーか。

819 :卵の名無しさん:2006/03/04(土) 17:38:36 ID:GncxdZSe0
1.海外で二重盲検により効果が確かめられる(意味のあるデータ)
2.医療サイドの国内導入への機運が高まる。
3.法律改正・整備への動き

この手順を踏まないと医療大麻導入は現実的には無理だろう。
医療大麻の効果はすでに立証されていると思いたい人が大勢いるようだが、
残念ながら現状はされていない。繰り返しいうが、二重盲検によるデータがない。
(この意味すら分からない方は、申し訳無いが、リアルはもちろん、
この板ですら医療人相手に議論するのは不可能だと思う)

逆に、海外で立証されれば、医療サイドを納得させるのはそう難しくない。
こういう自分も確かなデータが収集されることを期待している。
しかし、あくまで医療サイドの機運が高まらなければ不可能。
現状のようにエビデンスがないものを患者サイドがいくら使いたいと言っても、
ガンに効くと言われているあやしい健康食品を保険適用にしろとか言うのと同じレベルで、
医療現場への導入はまずできないでしょう。

1.2.を通り越して(あるいはもう終了していると妄想して)法改正の話しをされても、
全くの絵空事でしかないのです。残念ながら。

820 :卵の名無しさん:2006/03/05(日) 15:07:17 ID:QHQ5b3xS0
なんでサゲ信仰なの?

821 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/03/07(火) 13:35:26 ID:DTQppskT0
つか、嗜好品としての大麻を禁止するエビデンスもないのに、
禁止してる点が変なんだよね。

822 :卵の名無しさん:2006/03/07(火) 15:50:11 ID:v/SByzqk0
エビデンス、プラシボーもいいけどホメオパシーとか漢方とか代替医療の可能性
まで否定してるのは、やはり法律の問題なんだよ。これは嗜好問題に近いかな?
でも本来医療ってのも医食同源、生活にあるもんだから。

823 :ドキュソルビシン:2006/03/08(水) 02:36:50 ID:C0UzSW9D0
>本来医療ってのも医食同源、生活にあるもんだから。

いやぁ、それは神話だと思いますよん。

824 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/03/08(水) 07:39:05 ID:JYMz1FCf0
>>819
>1.海外で二重盲検により効果が確かめられる(意味のあるデータ)

胃癌をみたらすぐ切っちゃうってのは、二重盲検をやってないし、
エビデンスありませんよ。 それなのに保険に収載されてるのは何故ですか?
教えて下さい。

825 :卵の名無しさん:2006/03/08(水) 14:16:11 ID:ZBzy1Sgu0
海外で製剤化、雌花が販売されてるってことは、

>1.海外で二重盲検により効果が確かめられる(意味のあるデータ)

ってことなんじゃないか?

826 :卵の名無しさん:2006/03/08(水) 21:28:45 ID:y6NELS4h0
>>822
それなりのポテンシャルはあると思っています。
データが出ることを期待していると書いてあるでしょう?
ってか漢方に関しても、エビデンス取る方向性ってのが時代の流れです。

>>824
新薬としての導入という作業がどういうことか分かっていないでしょ。

>>825
全く違います。意味が分かっていないのなら、無理にレスしなくて良いよ。

827 :卵の名無しさん:2006/03/09(木) 14:51:09 ID:WWKiC+YE0
ハードエビデンスあります!

828 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/03/09(木) 18:33:50 ID:6jdd6Dq20
>>826
>新薬としての導入という作業がどういうことか分かっていないでしょ。
新薬の話しではなく、
胃癌を切除すれば癌死する確率が下がるというエビは無いですよ、
二重盲検も無いですよ、と言ってるのです。
それなのに、胃癌切除は保険で認められています。
おかしな話しじゃありませんか。

829 :卵の名無しさん:2006/03/09(木) 18:51:36 ID:pTidb3n00
このさい医者君達も大麻の正しい認識をもって、医療用導入の要望をするべきでつ(ゥッホン

830 :卵の名無しさん:2006/03/09(木) 23:15:47 ID:ALQAIRCG0
>>828
>新薬の話しではなく、
胃がんを見たらすぐに切るなんて、何年前の話しだか。
・・それはとにかく、全然違うんですよ。
こちらは新薬としての大麻の話をしているわけで。
その話をしたいんじゃないの?その気がないなら別にレスもしないけど。

831 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/03/10(金) 00:24:38 ID:lKcdkgTZ0
>>830
上を見ると、アメリカのいくつかの州、カナダでは新薬として
大麻が使われているみたいだけど、
これは、エビデンスに基づいてないのかな?
アメリカ、カナダは野蛮国ってこと?

832 :一日一話(偽):2006/03/10(金) 00:56:00 ID:xUj1q5Kd0
>>823
万病の原因は食事だなんて思ってる「みのもんた症候群」患者多いからね。


833 :卵の名無しさん:2006/03/10(金) 09:52:12 ID:Ic4ECuJ+0
>>830
海外でも薬として大麻喫煙を認める動きはありません
素人さんが区別ついてないからって同レベルで話しなくてもいいでしょうに


>>831
上を見るなら薬として認可されてるわけじゃないと否定されてる所もいっしょに見てほしいな

834 :卵の名無しさん:2006/03/10(金) 10:23:58 ID:ekS6eVjj0
>>833
> 海外でも薬として大麻喫煙を認める動きはありません

http://www.abc.net.au/news/newsitems/200602/s1560614.htm

835 :卵の名無しさん:2006/03/10(金) 11:21:16 ID:Ic4ECuJ+0
>>834
これが何か?
薬として認可されたと主張したいなら3相の臨床試験を行って認可されたソースを出すべきですね

医療目的の大麻規制緩和が行われれていることを否定してるわけではありませんから
そんなニュースを出してきてもなんの意味もありません

836 :卵の名無しさん:2006/03/10(金) 14:57:26 ID:fTd/Ede50
生薬の臨床試験は製薬会社のメリットにならないからないのかな?
製剤の臨床試験データはあっても。だけど生薬の効果がないなんて
日本でしか通用しないマヤカシなんだよ。

837 :卵の名無しさん:2006/03/10(金) 16:22:54 ID:Ic4ECuJ+0
>>836
生薬の有効性研究ならあるよ
セントジョーンズワートなんかはクリニカルエビデンスにも載ってるし有効性はある程度証明されてる
でもそれがそのまま医薬品としてどこの国も認めてないのは医薬品としての品質基準が確保されてないから

Good Manufacturing Practiceという医薬品製造品質管理の国際基準があって
日本だけでなく国連加盟国はみなこれに従って医薬品の品質を保障していて
この基準に満たないものは医薬品として認可を受けることができないようになってる

だからたとえエビデンスが確立したとしても品質保障のされた製剤として作られないかぎり医薬品として認められることはありえない

838 :卵の名無しさん:2006/03/10(金) 16:30:15 ID:Ic4ECuJ+0
生薬の効果がないなんてことはここでは誰もいっていない
ただエビデンスがないことと品質の問題から医薬品として認められることはないといっているだけ

こうした誤魔化しをした主張が繰り返されてる限り
専門家は当然として一般の理解だっていつまでも得られないし法改正には絶対進まないだろうね

839 :卵の名無しさん:2006/03/10(金) 19:01:49 ID:s1BN2t7N0
なんかTHC(デルタ9テトラヒドロカンナビノール)は「麻薬及び向 精神薬取締法」
で定める政令指定でも規制対象となっているんだって・・・

840 :卵の名無しさん:2006/03/11(土) 16:50:28 ID:PTMJ20ni0
欧米ではLSDをセラピーに利用したりするみたいよ。日本でもそれぐらい幅広い
医療利用ができればいいのに。

841 :卵の名無しさん:2006/03/11(土) 20:19:40 ID:OTYFXZZt0
わかっててやってるのか、それとも大麻の影響なのか…

842 :卵の名無しさん:2006/03/12(日) 13:41:02 ID:wEhSVZ6s0
>>839
ってことは日本では製剤化できないのかな?

843 :卵の名無しさん:2006/03/16(木) 11:22:22 ID:XnbWR0B10
日本の医者は志が低いんやね。><。

844 :卵の名無しさん:2006/03/16(木) 13:07:21 ID:0ynwGWjN0
貴様のような低脳の相手をしてると、疲れて来るんだよ。

845 :卵の名無しさん:2006/03/23(木) 21:38:27 ID:w6ZVBr4Q0
せめてなぜ効くのか、という研究ができれば、大麻そのものに頼らない治療法の
開発目途がつくのではないかと思うが、大麻取締法のせいで研究そのものが
不可能なのでは、どうにもならん。

薬として認可する必要など無いから、研究が可能になるレベルにまで規制を緩和
すればいい。

決してしないだろうけどね。大麻はコストがかからなさすぎるよ。

846 :卵の名無しさん:2006/03/23(木) 22:55:38 ID:jHtNY6Dk0
研究したいなら海外行けば?

847 :卵の名無しさん:2006/03/24(金) 21:04:31 ID:wdTAfpE90
>>845
臨床でない基礎研究だったら規制されてない
書類の届けや管理なんかがめんどくさいだけ
やりたい人はやったら?

848 :卵の名無しさん:2006/03/26(日) 04:21:43 ID:sYnuZ8CPO
そんなに吸いたきゃ
栽培すれば?

849 :卵の名無しさん:2006/03/27(月) 17:51:20 ID:cOeMjAE00
>>847
甘いな。国家権力を嘗めんなって

850 :卵の名無しさん:2006/03/28(火) 23:27:02 ID:9LWzQLM20
朝日の社長の息子、どうなった?

851 :卵の名無しさん:2006/03/29(水) 01:59:58 ID:PI4RDA/+0
×朝日
○麻日

852 :卵の名無しさん:2006/03/29(水) 23:50:27 ID:T1QBoB780
荒らし厳禁、煽りは黙殺。雑談はアカンぞ。
大麻問題FAQ
http://ganjya93.netfirms.com/mondaifaq.htm
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
とりあえずマリファナ初心者はここをよく読もう。
■FAQのテンプレ集 
http://ganjya93.netfirms.com/faq.htm
■マリファナの歴史も載ってるし、吸い方の豊富さに驚く。
http://www.cannabis-studyhouse.com/index.html
■愚弄で分からないことがあれば、ここを
http://ganjya93.netfirms.com/plant.htm
http://members.tripod.com/SongiLover/xstart.htm
http://www.cannabis-studyhouse.com/10_cannabis_growing/06_magala_garden/00_intro/intro.html
それでも分からなければ質問を。
ただ、読まないで質問するようなやつは皆スルーで。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
みんなマターリいこう!

[前スレ]
■大麻(マリファナ)質問スレ 40
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/ihou/1141263272/l50
■大麻(マリファナ)スレッド、過去ログリンク集
http://www.kusa2ch.net/

853 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/04/03(月) 05:39:11 ID:VyhxlSkb0
あげ

854 :卵の名無しさん:2006/04/03(月) 19:46:16 ID:BtpPQEsp0
大麻は感情的で、
 残酷で、
  ときに最高だ
それで私たちは信じている
 大麻のチカラを

カンナビスト宣言 朝日新聞

http://www.asahicom.com/akiyama/

855 :卵の名無しさん:2006/04/04(火) 18:08:26 ID:zGK74gOq0
>>854
そこのページにのってる新聞のオランダ人は・・・w
ウィリーウォーテルのマスターだよな

856 :卵の名無しさん:2006/04/06(木) 19:54:19 ID:yH3llumf0
予防医療=大麻 これいい^^!

857 :質問です。:2006/04/08(土) 23:28:30 ID:EbprVIOt0
>>837
>でもそれがそのまま医薬品としてどこの国も認めてないのは医薬品としての品質基準が確保されてないから

素人なので間違ってるかもしれませんが、たしかドイツでは処方薬として認められているんじゃ
ありませんでしたっけ?

858 :卵の名無しさん:2006/04/09(日) 10:05:16 ID:kGLRDwFpO
thought.to.you.0_0v@lovely.ms
渋谷〜新宿手渡しOK
☆業販価格御覧あれ☆
1.0g = 25000
0.3g = 10000
P1〜3本はサービス
その他の希望は応相談
本日在庫は10gのみ
購入者様へ
ありがとうございまし
た☆また宜しくです☆

859 :卵の名無しさん:2006/04/11(火) 17:09:29 ID:1SVLOODd0
さげついでに、マンチーズという作用はすごいとおもうんだが、それだけで医療価値はあるとおもうんだが

860 :卵の名無しさん:2006/04/11(火) 19:15:07 ID:RPwr7G/e0
麻日新聞のバカ長男がタイフォされて以降、大麻愛好者側の書き込みがへったな。

861 :卵の名無しさん:2006/04/12(水) 01:18:25 ID:E8oNSGSG0
それは関係ないな

862 :卵の名無しさん:2006/04/12(水) 14:37:46 ID:UlxWEZmk0
大麻が氾濫したらほとんどの薬がいらなくなるからね、これマジ。

863 :卵の名無しさん:2006/04/13(木) 03:07:02 ID:A9AMOtSY0
ONELOVE


864 :卵の名無しさん:2006/04/13(木) 03:28:41 ID:fsm+Uy1H0
大麻を吸うと、朝日になる恐れがあります。気をつけてください。

865 :卵の名無しさん:2006/04/16(日) 21:23:26 ID:UIVzPQMW0
愛する女を幸せに出来ずに 
貧乏をさせ彼女の人生までも波風に巻き込んだ。 
そのあげくで天涯孤独になってしまった 
今の俺は何のために戦い続けているのだろう
・・・ 
17年前DS455を仲間と作って音楽を遊びのアイテム 
のひとつとして楽しみながらやってた頃と違うことは 
「歌が稼業であり、いまの俺にはこれしかない」 
ってことだ。心の叫びを歌にするg-funkで 
「誰かに力を与えてるのかもしれない」って 
見出すしか今はできないってことが現状。


866 :卵の名無しさん:2006/04/17(月) 00:09:07 ID:FuM27xkbO
【社会】「欧米ではOKなのに日本で違法なのはおかしい」朝日新聞関係者も逮捕の大麻、合法化求めるパレード★5
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1145189422/

867 :卵の名無しさん:2006/04/18(火) 08:50:28 ID:nBawESbA0
NHKに番組化の要望をだしますた。
http://www.nhk.or.jp/plaza/mail/index.html

「大麻の医療活用、煙草に代わる一般活用についての議論

禁煙活動の盛んな欧米では煙草に代わり大麻の許可が急速に広がりつつあります。
下記の掲示板でも医師や医療関係者の間でも意見が激しく別れているようですが、
とう痛ケアが立ちおくれている日本では気になる問題です。
欧米では大麻といえば、万人に愛され、さまざまな医療的効果も認められている
反面、日本では大麻と言うと歪んだ悪いイメージが定着していることも気になり
ます。
ぜひNHKで番組化していただきたいと思います。よろしくお願い致します。
下記の掲示板でも争点もご覧下さい。

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1136696424/
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1145266044/

868 :卵の名無しさん:2006/04/18(火) 12:15:57 ID:F0Sw0kle0
大麻を合法化する見返りに、朝日を非合法化してもらいたい。

869 :公明党はカルト認定byフランス:2006/04/18(火) 12:34:11 ID:n28Abv8i0
>>868

それ大鑽井w

870 :卵の名無しさん:2006/04/18(火) 22:42:27 ID:Pi2bQAvs0
>>868
 それ大反対 w

871 :卵の名無しさん:2006/04/19(水) 01:21:47 ID:O6mcfnbh0
朝日の病毒に比べれば、大麻、覚せい剤、サリソの毒性など屁の如き物だわな。

872 :卵の名無しさん:2006/04/19(水) 01:33:30 ID:stGvlcGU0
朝日は大麻合法化に賛成です
息子が率先してやってくれました


                社長

873 :卵の名無しさん:2006/04/19(水) 04:14:38 ID:B+H6kfrr0
朝日、万歳、万歳、万歳!
これからも一族郎党上げて一生、購読することを誓います!

874 :卵の名無しさん:2006/04/19(水) 06:50:11 ID:EsWaQJdm0
大麻個人使用容認してる国 
1.オランダ  1976年に薬物法を改正し18歳以上の30g未満の大麻所持は訴追されない。
       コーヒーショップでの大麻販売は、下記などの条件を満たせば認められる。
       1) 1回の販売量が5g以下。2) 18歳未満への販売禁止。3) 公共の秩序を乱さない。
2.デンマーク 少量の大麻所持については警告のみで対応するよう、日本で言えば、駐車違反より軽く、立小便並。
3.ドイツ   「健康を害するたばこやアルコール飲料が法的に認められているのに、マリファナなどの使用
       が許されないのはおかしい」という訴えを審議した結果、1994年4月28日、ドイツの連邦憲法裁判所
       は、「販売目的ではないマリファナとハシシュを少量なら使用しても罪に問わない」という判決を下した。       
4.スペイン  公共の場などでの個人使用は罰金の対象だが、実際はほとんど取締は行われていない。
5.フランス  1999年、個人使用は訴追しない方針を政府が発表。
6.イタリア  1回目は勧告、2回目以降は運転免許証没収など行政罰だが、実際はほとんど適用されていない。
7.ポルトガル 2001年1月、法改正案が議会を通過。すべての麻薬の個人使用を罰則の対象としない代わりに、
       麻薬使用者は依存症の程度に応じて治療を受ける義務を負う。
8.英 国   少量使用は警告か罰金刑。
       政府は最近、大麻使用者が雇用主に警告を犯歴として報告する義務を廃止すると発表。
       2004/01に風邪薬ランクの規制品として個人使用の罰則を廃止しました。
9.スイス   個人使用容認へ政府が法改正案を提出。農民が大麻栽培のに申請義務などの規制はない。
10.オーストラリア 北部は個人使用容認 2004/03複数の州で個人使用、個人栽培の容認
11.ニュージーランド 個人使用容認
12.ベルギー 個人使用容認
13.ロシア共和国 個人使用容認
14.アメリカ コロラド州デンバー市は全面的に合法。12の州で医療目的合法。
15.中国   個人使用容認
16.日本   所持で5年栽培で7年の禁固刑

875 :卵の名無しさん:2006/04/19(水) 23:43:08 ID:VgOv7Cul0
【社会】 「大麻、日本で違法なのはおかしい」 合法化求め、東京の団体が「マリファナマーチ」パレード…札幌★21
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1145457159/

876 :卵の名無しさん:2006/04/22(土) 17:23:15 ID:s39mcQF80
http://www.taima.org/jp/drug3.htm
http://www.yomiuri.co.jp/bookstand/syohyou/20030713ii08.htm
http://www.asahi-net.or.jp/〜is2h-mri/playboy.html
この三つのリンクはアルコールとマリファナの比較について勉強になります。
しかしレヴィさんがピンとこないのもあたりまえ。一番上のリンクには

1995年世界保健機構(WHO)のための専門家チームによるレポートは は
マリファナの効果をアルコールやニコチンの効果と比較しました、そして
比較対照によりマリファナが健康に良いことを認めました。「日本人のなか
じまディレクターの下でWHOはそのレポートのその部分を出版禁止にしよう
と試みました」、しかしながらそれは2年間別の専門家達によってじっくりと
再調査されました。

と書かれています。ちゃんとした研究のレポートを出版禁止にしようとする
日本人ディレクター!!これは情報操作とは思いませんか?
http://moral.dot.thebbs.jp/r.exe/1025546540.201-300

877 :卵の名無しさん:2006/04/22(土) 17:24:30 ID:s39mcQF80
1997年にWHOのマリファナに関する調査結果が出された。その結果にはマリファナ内のHTCの量や依存性は
タバコやアルコールよりも低いこと、マリファナが他の麻薬や覚せい剤に手を出すきっかけになる確立はほとんどないこと、
またマリファナを吸った人物がその影響で犯罪を犯す確率も低いことが証明された。またマリファナが人体に与える影響は、
癌などの重い病気を患う可能性の高いタバコやアルコールの過剰摂取より断然少ないということであった。それでも、
マリファナの使用が頻繁であったり酒やタバコと一緒に使用された場合、又吸い始める年齢によって人体に与えられる影響は異なる。
とにかくWHOは世界的に信頼される団体で規模も大きく信頼できる。前記にあるような条件にもよるが、
マリファナを使用した際の車やバイクの運転による事故の可能性をのぞいては、大麻の使用に関する懸念に対応できていると
考えても良いだろう。
http://www.kansaigaidai.ac.jp/teachers/nakayama/contents/2002communication/Marijuana_mae/Marijuana_mae.htm



878 :卵の名無しさん:2006/04/22(土) 17:38:20 ID:wFFRYtUq0
「研究用大麻販売解禁」
アメリカ政府は21日、マリファナを医療研究用に販売するためのガイドラインを発表した。
マリファナはエイズやがんの痛みなどに有効とされ、研究者は研究目的が承認されれば、購入することができるようになる。
入手を容易にして研究を進めるのがねらいだ。ガイドラインの発効は12月で、価格は未定という。
マリファナは、カリフォルニア州など数州は医療用の使用を認めているが、連邦法は禁じている。
これまでは厚生省の厳重な管理の下、ミシシッピ大学で栽培され、連邦政府の予算で研究が認められた研究者に
無料で配付されてきた。今後は、身元のはっきりした研究者であれば、購入できる。
マリファナの有効性については、米国立保健研究所(NIH)が1997年8月、米科学アカデミーが今年3月、
エイズやがんに伴う痛みなど、ほかに治療薬がないような症状に対して効果があり、かつ目立った依存性もないとの報告をまとめている。
医療用のマリファナは、患者団体や研究者から解禁を求める声が出る一方、乱用のおそれもあるとして、
議論の的になっており、政府は慎重な態度をとってきた。
ホワイトハウスはこの日の声明で、「効果と害をはっきりさせるための研究が必要」とする一方、
それが明確になるまでは厳重な規制が重要であることを改めて強調した。
(出典:朝日新聞夕刊)

879 :卵の名無しさん:2006/04/22(土) 23:49:37 ID:QLy8uRSvO


880 :卵の名無しさん:2006/04/22(土) 23:58:00 ID:bcZNGp2Z0
メディア用大麻の解禁を暗に提言してますな、麻日。

881 :卵の名無しさん:2006/04/23(日) 08:11:50 ID:Ptalp2nQ0


882 :卵の名無しさん:2006/04/23(日) 09:12:28 ID:O/ag9r750
朝日、大好き!これからもずっと購読します。

883 :卵の名無しさん:2006/04/23(日) 09:52:10 ID:wl8SZ/DB0
アホ新聞も少しは見直した。がんばれ

884 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/04/23(日) 10:38:39 ID:WRcI6tgr0
朝日うんぬんよりアメリカがいい国なんだよね、
先入観にとらわれないで政策を決定出来る点で。

885 :卵の名無しさん:2006/04/23(日) 10:41:59 ID:O/ag9r750
あっくん、いいこと言うね!
朝日も大好き。

886 :国士:2006/04/24(月) 00:05:47 ID:hjPeykM4O
民度の低い日本じゃまだ無理
終了

887 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/04/24(月) 00:09:22 ID:ij5IOWDj0
>>886 名前:国士
>民度の低い日本じゃまだ無理
どういう風に民度が低いのですか?
と、
質問しても低脳君には答えられんのですよw

888 :国士:2006/04/24(月) 01:17:55 ID:ghjryHMfO
>>887君はまず人に接するときの態度からだ
先は長いな

889 :卵の名無しさん:2006/04/24(月) 01:22:09 ID:ghjryHMfO
うん

890 :卵の名無しさん:2006/04/24(月) 01:23:18 ID:ghjryHMfO
あれなんでアイディーかわってるんだ?

891 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/04/24(月) 01:52:04 ID:ij5IOWDj0
ほらね、低脳は答えられないんですよw

892 :卵の名無しさん:2006/04/24(月) 09:13:37 ID:ghjryHMfO
>>891 なんかかわいそうな奴だな
一個のことで頭いっぱい
自分のやりたいこと通すためにまわりが見えなくなっちゃってるタイプ

893 :卵の名無しさん:2006/04/24(月) 15:36:13 ID:MyiNiM4G0
ガンジャ暦10年の奴友達にいるけど、いたって普通さ・・。


894 :公明党はカルト認定byフランス:2006/04/24(月) 18:25:54 ID:cqH5Sy+P0
>>893
そりゃおまいもへn

895 :卵の名無しさん:2006/04/24(月) 22:15:41 ID:cEZ8PrHJ0
研究自体禁止してることが基地外染みてる。
規制派は後世に中世暗黒時代の教会と同レベルの歴史的評価を受けて笑われることになるでしょうw

896 :卵の名無しさん:2006/04/24(月) 22:23:45 ID:RDoyXDL50
アメリカなんかで医者やってたら草でも吸わんとやってられんよ。
訴訟訴訟ばっかり。
交通事故で半身不随になった男が日本の自動車メーカーを訴え勝訴。
20億円だって?馬鹿馬鹿しい。日本もそうなりつつある。

897 :卵の名無しさん:2006/04/30(日) 21:33:37 ID:2gjuATAd0
葉っぱ売ります!
(意味わかるよね?)
価格
1枚5000円
10枚40000円
(品質いです!)
商品内容の詳しいことは話せません!!
振込み確認後の郵送になります!
了解できるのみ人メール下さい!
a27de3bb593wc@t.vodafone.ne.jp

898 :卵の名無しさん:2006/05/01(月) 00:39:11 ID:Nd7qR/hg0
アガステアの葉のことだろう?

899 :またまた解禁!:2006/05/01(月) 14:52:32 ID:9IRqoO7a0

メキシコが全面的に大麻を解禁!!!



900 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/05/02(火) 00:13:31 ID:88NDN4Xy0
>>897は詐欺だと思うな
あるいは、ヤツデの葉っぱが送られてくるとかw


901 :卵の名無しさん:2006/05/02(火) 00:47:22 ID:ACsuUVRq0
>>900
あるいは警察のおとり捜査。w

902 :卵の名無しさん:2006/05/02(火) 10:29:53 ID:3AmD1Ilz0
小学生のおもちろ半分の詐欺だね。

903 :卵の名無しさん:2006/05/07(日) 17:10:55 ID:EtJg8mH/0
age

904 :卵の名無しさん:2006/05/07(日) 22:07:11 ID:4TFckEhl0
なんでいちいち解禁にしなきゃならないのかが分からない。

実際は吸いたい個人はたとえ違法でもあんまり派手にやらなければ
隠れてなら吸えてるし栽培もしてるでしょう?泳がしてくれてる
んだよ。

何故ならタイのタクシンみたいに国が取り締まりを本気でしてみ?
解禁運動は他の意味も含んで収集が着かなくなるだろうよ。日本は
あんな幼い国じゃない。だいたい国が本気で害悪だと思ってるなら
根絶やしにしてるよ。

そういう現状を踏まえてまだ解禁解禁言ってる奴は解禁活動に
自己実現を図ってるだけだろう?現実にはそんな暇ないはず
なんだけどな。

まあみんなおとなしくやってようよ。ぷは〜

905 :卵の名無しさん:2006/05/07(日) 22:28:55 ID:4TFckEhl0
それと何でマリファナ議論はいつも平行線に終わるのか。

支持者はマリファナ安全合法の前提で論を立てて、
不支持者は害悪違法の前提で論を立てるから。

まあ実はこれどんな議論でも裁判でも科学的証明でも同じ
なんだけど。なりゆきや権力持ってる意見の方が結局勝ちに
なるってこと。

バカを見るのは厳格な法律の上で平等が守られてると
思ってる模範的国民だけ(税金もちゃんと納めるよ!)。

906 :卵の名無しさん:2006/05/07(日) 22:42:09 ID:PbIMJvev0
大麻を吸うと、朝日のような人間になるぞ。
それだけで、十分だ。

907 :卵の名無しさん:2006/05/07(日) 22:57:09 ID:XheTy88b0
法は破ってこその法です
息子はマスメディアの鑑です

     朝日新聞社長

908 :卵の名無しさん:2006/05/08(月) 18:37:45 ID:5CSHRT6m0
age

909 :あさ:2006/05/13(土) 21:20:43 ID:/N0vlMvE0
大麻も混ぜ物あるから。シンナーのトルエン中毒の方が深刻。あと睡眠薬とか
カゼ薬、精神安定剤など。いろんな薬物入ってるそうですから。
カフェインも濃縮のは危険。タバコも葉っぱ食べるとニコチンの強い毒で
死にます。アルコールも危険。大麻は副作用、依存性ないのでよい。
バイオマスエネルギーとしても非常に優れてるし。

910 :卵の名無しさん:2006/05/17(水) 22:45:18 ID:disz1Jr60
だから何?w

911 :あっくん ◆f8mGMyyZGI :2006/05/22(月) 06:27:46 ID:+xd5UG+q0
だから、解禁されるべき、ってことだろ。

912 :卵の名無しさん:2006/05/22(月) 22:43:10 ID:ETMZB/g8O
909は最後半以外は勉強不足。医師で海外などで大麻経験者のマジ意見を求む。日本の医療に是か否か。

913 :卵の名無しさん:2006/05/29(月) 14:57:25 ID:esL9h2Hs0
是。

914 :卵の名無しさん:2006/05/30(火) 20:39:56 ID:EpZ02Fsu0
>>912
> 医師で海外などで大麻経験者のマジ意見

自分の経験?そんなものが治療薬としての認可と関係あると考えている時点であぼーん

915 :卵の名無しさん:2006/05/31(水) 20:41:05 ID:P7Z7g4M00
>>912、914
病状別医療マリファナの有効性についての医者と患者の証言集は
ttp://www.medical-marijuana-testimonials.org/

マリファナを医療の選択肢にすべきかどうか、についての専門家の
賛否を対照にして掲載しているサイトは
ttp://www.medicalmarijuanaprocon.org/

カナダでは、すでにマリファナは治療薬として認可されている。
ttp://www.mapinc.org/drugnews/v06/n686/a06.html?397

アメリカも州単位ではすでに11州が医療マリファナ条例を制定している。
サンフランシスコには、医者の認めた患者用のディスペンサリーが40近くある。
ttp://www.hempevolution.org/clubs/sf_cannabis_clubs_2006_rev_10.1.pdf

マリファナそのものが製薬会社の医薬製剤として認可されることはありえない。
これは、マリファナに医療効果がないからではなく、単に種類と効果が多様過ぎて
現在の認可基準と治験では扱いきれないことと、特許で自然の植物を独占することは
できないから。

現在ではマリノールやサティベックスが医薬品として販売されているが、
単純なマリファナ代替医薬品で本格的なものちは言えない。カナビノイドの体内で
のメカニズムが解明されたのは数年前に過ぎず、それをベースに、本格的な医薬品
が開発されて販売されるのには少なくともあと10年以上はかかる。

916 :卵の名無しさん:2006/06/01(木) 15:03:53 ID:4gDT6v3M0

http://taimadobrog.livedoor.biz/archives/50750111.html

917 :卵の名無しさん:2006/06/07(水) 11:48:06 ID:UQs6nLNb0
おかしい

918 :卵の名無しさん:2006/06/15(木) 17:40:15 ID:5RcxhkKb0
そう、ありえんよ

381 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★