5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

エフォードってどうよ?

1 :底値さん :2005/10/05(水) 14:57:21
やっぱりDQN?

769 :底値さん:2006/07/14(金) 09:07:10
夫もビックリ、妻のへそくり額の平均は300万円以上!
 損保ジャパンDIY生命が、6月に全国サラリーマン世帯の主婦
500人を対象に家計の実態をテーマとしたアンケートを実施し、
結果を公表した。その中で、妻のへそくり(夫に内証の資産)額は
平均313万円となったことが分かった。
 昨年調査の平均230万円を83万円も上回り、景気回復の兆しが
意外なところにも現れたといえそうだ。
 調査によると、55・2%の主婦がへそくりをしていると回答。
年代別では、20歳代が60・8%と最も多く、次いで30歳代と
40歳代が56・0%で並んだ。
 へそくりの金額では「50万円未満」と「100万〜200万円未満」
がそれぞれ19・9%と最も多く、「200万〜300万円未満」が
14・9%、「300万〜500万円未満」が13・4%と続いた。
「1000万円以上」と答えた主婦も、9・8%に上った。
 今回の調査では、妻のへそくり目標額が平均708万円であることも
判明。景気が回復しても、世の既婚男性の懐具合は厳しい環境が続くかも
しれない?
(フジサンケイ ビジネスアイ) - 7月14日8時33分更新

770 :底値さん:2006/07/14(金) 09:08:25
大会で主審を務める上川徹氏(43)が、日本人で初めて決勝トーナメント
の笛を吹く。国際サッカー連盟(FIFA)は6日、3位決定戦と決勝戦の
担当審判を発表。上川氏は広嶋禎数(44)韓国の金大英(43)両副審と
ともに地元ドイツとポルトガルが対戦する3位決定戦
(8日・シュツットガルト)の担当に指名された。
 FIFA審判委員会での高評価が、上川氏の抜てきにつながった。
1次リーグで2試合を担当。無難な笛で決勝トーナメントに残ると、
準々決勝(イタリア−ウクライナ)準決勝(イタリア−ドイツ)では広嶋氏
とともに第4、第5の審判員を務めた。これらの試合での的確な仕事ぶりが
評価され、日本人初の決勝トーナメントを任された。
 02年に続いて2大会連続で審判を務める上川氏は、大会前から
「目標は決勝戦の笛」と話していた。「大会についていくだけで精いっぱい
だった」02年大会は1試合担当しただけ。しかし、今回は「参加するだけ
ではダメ」と1試合ごとに経験を積み、決勝戦の1つ前の3位決定戦を担当
する。
 試合は、ドイツとポルトガルが対戦する。ドイツは地元の声援があり、
ポルトガルは40年ぶりの3位がかかる。激しい戦いになることは必至だ。
さらに、試合自体の重要性もある。大会ごとに「廃止論」が出てくる3位
決定戦だが、FIFAは「今後も続ける」と表明したばかり。仮に試合が
円滑に行われなければ、再び廃止論が噴出してくる可能性は高い。FIFA
にとっては大切な試合だ。
 日本代表は1次リーグで敗退したが、日本人審判員は欧州や南米の強豪に
まじって活躍した。同じ3位決定戦でマッチコミッショナーを務める
小倉純二FIFA理事は「日本のサッカー界にとって大きい」と、上川氏を
絶賛。「運営に携わる日本人の活躍なども含めて、日本の総合力が高まって
きた」と、喜んだ。
 すでに3日には「2試合で笛を吹けて、出来には満足している」と話して
いた上川氏だが、もう1試合、重要な仕事が回ってきた。「日本でやって
きたことには自信があるし、誇りもある」と話していた同氏が、3位決定戦
で日本の「サッカー力」を見せる。
で日本の「サッカー力」を見せる。
で日本の「サッカー力」を見せる。

771 :底値さん:2006/07/14(金) 09:10:30
大会で主審を務める上川徹氏(43)が、日本人で初めて決勝トーナメント
の笛を吹く。国際サッカー連盟(FIFA)は6日、3位決定戦と決勝戦の
担当審判を発表。上川氏は広嶋禎数(44)韓国の金大英(43)両副審と
ともに地元ドイツとポルトガルが対戦する3位決定戦
(8日・シュツットガルト)の担当に指名された。
 FIFA審判委員会での高評価が、上川氏の抜てきにつながった。
1次リーグで2試合を担当。無難な笛で決勝トーナメントに残ると、
準々決勝(イタリア−ウクライナ)準決勝(イタリア−ドイツ)では広嶋氏
とともに第4、第5の審判員を務めた。これらの試合での的確な仕事ぶりが
評価され、日本人初の決勝トーナメントを任された。
 02年に続いて2大会連続で審判を務める上川氏は、大会前から
「目標は決勝戦の笛」と話していた。「大会についていくだけで精いっぱい
だった」02年大会は1試合担当しただけ。しかし、今回は「参加するだけ
ではダメ」と1試合ごとに経験を積み、決勝戦の1つ前の3位決定戦を担当
する。
 試合は、ドイツとポルトガルが対戦する。ドイツは地元の声援があり、
ポルトガルは40年ぶりの3位がかかる。激しい戦いになることは必至だ。
さらに、試合自体の重要性もある。大会ごとに「廃止論」が出てくる3位
決定戦だが、FIFAは「今後も続ける」と表明したばかり。仮に試合が
円滑に行われなければ、再び廃止論が噴出してくる可能性は高い。FIFA
にとっては大切な試合だ。
 日本代表は1次リーグで敗退したが、日本人審判員は欧州や南米の強豪に
まじって活躍した。同じ3位決定戦でマッチコミッショナーを務める
小倉純二FIFA理事は「日本のサッカー界にとって大きい」と、上川氏を
絶賛。「運営に携わる日本人の活躍なども含めて、日本の総合力が高まって
きた」と、喜んだ。
 すでに3日には「2試合で笛を吹けて、出来には満足している」と話して
いた上川氏だが、もう1試合、重要な仕事が回ってきた。「日本でやって
きたことには自信があるし、誇りもある」と話していた同氏が、3位決定戦
で日本の「サッカー力」を見せる。
で日本の「サッカー力」を見せる。
で日本の「サッカー力」を見せる。

772 :底値さん:2006/07/14(金) 09:11:15
俺の名前は大黒堅太。現在単身赴任中で、ワンルームでのんびり自由な一人暮らしを楽しんでいる。
適当に女をつまみ食いしては,欲求を発散させている。
俺は外見は平凡な中年サラリーマンだが、名は態を表わすで、大きくて、
黒くて、堅くて、太い自慢の巨砲を操って、色々な女をヒーヒー
言わせているそして何故か女によくもてるのであるが、決して独身には手を出さない
主義で、人妻しか相手にしない。その訳に付いては、これからおいおい説明することにしよう。
昼からの会議が終わったのは午後の3時を回っていた。
「くだらん会議を長々と・・・・」俺は社内の自販機でコーヒを買いながら
携帯を手にする。実は昼前にサイトに書き込んで置いたのだ。
無性に抱きたくなった時には、出会い系サイトを利用して女を漁ることに
している。「32歳の人妻です。今晩OKです」
何件かの返事の書き込みがあったが、その中で敢えて一番短い書き込みの
相手を選ぶと携帯番号を入れて返送してやる。
こう言う伝言の方が会える確立が高いのだ。
変に愛想のいい、手の込んだ書き込みは、往々にして悪戯で遊ばれることが
多い。その夜の8時過ぎに携帯が鳴った。
「サイト者のですけど・・・・」電話の向こうから落ち着いた女の声が
聞こえてくる。今夜は亭主が泊りがけの出張で子供は近所の実家に預けているという。
どうやら、今夜は初めから会うつもりで電話をかけてきたようだ。
「これはやれるな・・本物だ」俺は確信を持った。
「じゃ、これから会いましょうか、近くまで車で迎えにいきますよ」
俺が誘うと「・・ええ・・・」女は少し戸惑いながらも、OKした
時間に少し遅れて待ち合わせ場所に女は現れた。
すんなりと助手席に乗り込むと俺の方を見てニッコリと微笑んだ。
「都貴緒です、よろしく・・・」
女子アナの佐々木恭子に似た色っぽいいい女で、俺の好みのタイプだ。
「奥さん、女子アナの佐々木恭子に似てるって言われませんか?・・
俺、彼女のファンなんですよ」

773 :底値さん:2006/07/14(金) 09:12:28
「時々・・・それに、好きそうですねって、・・失礼でしょ、・・
そんなことないのに・・・損だわ・・」都貴緒は少しすねた表情で色っぽく笑う。
言われてみれば、確かに好きそうな顔だ。それを口にする訳にもいかず、
黙ったまま笑って誤魔化すしかなかった。
亭主が初恋の相手で、結婚後も不倫の経験は無く、男性経験は亭主一人だけ。
特に亭主に不満がある訳ではないが、最近やっと携帯を持つようになり、
偶々レディコミで見つけた出会い系サイトに好奇心からアクセスを始めた
ようだ。サイトを利用したのは今日が三回目で、まだ付き合ったことはないと言う。
「二人目はお医者さんだったんだけど、初めから援交だと決め付けちゃって、
喫茶店で二?、三万?って大きな声で言うのよ、逃げ出しちゃったわ」
都貴緒は笑いながら話す。
「バカな医者だな、奥さんのような素敵な女性を逃がすなんて・・・」
笑いながら話を合わせる。
「でも、お陰で俺に順番が回って来た訳だから、そのバカな医者に感謝
しないといけないのかな?」
「そうね、私もあんな変なお医者さんじゃなくて、素敵な方にお会いできてよかったわ」
都貴緒は俺の方に色っぽい視線を送ってくる。
その後、暫くは他愛も無い話を交わしながら車を走らせていたが、
「素敵な奥さんを今すぐ抱きたくなちゃったな・・・駄目かな・・」
探りを入れるように、さり気無く呟いてやると、都貴緒は一瞬ちらっとこちらを見たが、
後は黙ったままで真っ直ぐに前を見詰めている。
俺は無言のまま真っ直ぐにホテル街へと車を走らせ、
とあるホテルの駐車場の中へと車を滑り込ませていった。

774 :底値さん:2006/07/14(金) 09:13:25
大会で主審を務める上川徹氏(43)が、日本人で初めて決勝トーナメント
の笛を吹く。国際サッカー連盟(FIFA)は6日、3位決定戦と決勝戦の
担当審判を発表。上川氏は広嶋禎数(44)韓国の金大英(43)両副審と
ともに地元ドイツとポルトガルが対戦する3位決定戦
(8日・シュツットガルト)の担当に指名された。
 FIFA審判委員会での高評価が、上川氏の抜てきにつながった。
1次リーグで2試合を担当。無難な笛で決勝トーナメントに残ると、
準々決勝(イタリア−ウクライナ)準決勝(イタリア−ドイツ)では広嶋氏
とともに第4、第5の審判員を務めた。これらの試合での的確な仕事ぶりが
評価され、日本人初の決勝トーナメントを任された。
 02年に続いて2大会連続で審判を務める上川氏は、大会前から
「目標は決勝戦の笛」と話していた。「大会についていくだけで精いっぱい
だった」02年大会は1試合担当しただけ。しかし、今回は「参加するだけ
ではダメ」と1試合ごとに経験を積み、決勝戦の1つ前の3位決定戦を担当
する。
 試合は、ドイツとポルトガルが対戦する。ドイツは地元の声援があり、
ポルトガルは40年ぶりの3位がかかる。激しい戦いになることは必至だ。
さらに、試合自体の重要性もある。大会ごとに「廃止論」が出てくる3位
決定戦だが、FIFAは「今後も続ける」と表明したばかり。仮に試合が
円滑に行われなければ、再び廃止論が噴出してくる可能性は高い。FIFA
にとっては大切な試合だ。
 日本代表は1次リーグで敗退したが、日本人審判員は欧州や南米の強豪に
まじって活躍した。同じ3位決定戦でマッチコミッショナーを務める
小倉純二FIFA理事は「日本のサッカー界にとって大きい」と、上川氏を
絶賛。「運営に携わる日本人の活躍なども含めて、日本の総合力が高まって
きた」と、喜んだ。
 すでに3日には「2試合で笛を吹けて、出来には満足している」と話して
いた上川氏だが、もう1試合、重要な仕事が回ってきた。「日本でやって
きたことには自信があるし、誇りもある」と話していた同氏が、3位決定戦
で日本の「サッカー力」を見せる。

775 :底値さん:2006/07/14(金) 09:14:13
北朝鮮のミサイル発射をめぐる日本政府の対応に手詰まり感が出てきた。
焦点が6カ国協議再開へ向けた米中朝の駆け引きに移り、中朝との直接対話
が難しい日本としては、米国との連携を強調しながら対北朝鮮制裁決議案の
早期採択を主張し続けるしかないのが現状。国連安全保障理事会では、議長
声明を出した後で決議を検討する「2段階案」を議長国のフランスが示した
ほか、制裁部分を外した「非難決議」への修正論もくすぶり、採決時期のメ
ドが立たないことへの焦りも政府内に次第に募っている。
 安倍晋三官房長官は12日、シーファー駐日米大使と首相官邸で会談し、
決議案の採択方針を堅持しつつ中国の外交努力を当面見守る方針を確認した。
大使は会談後、記者団に「決議案がベスト」と強調したが、非難決議に弱
める可能性については「そういった話は国連で行われるべきだ」と言及を
避けた。
 「中国に拒否権を行使させればいい」。外務省は7日の麻生太郎外相
以下の幹部協議で、中国が反対しても決議案の8日採決を目指す方針を
決めた。ミサイル発射から時間がたつほど決議が難しくなるとの判断から
だったが、米国が中国による北朝鮮説得を待つ方針に転換し、日本も先送り
を受け入れざるを得なくなった経緯がある。
 実際に採決の機運が低下した今、「あのまま強行しておけばよかった」
(外務省幹部)という不満の声がある一方で、制裁決議にこだわった
強硬路線への批判も政府・与党内から聞かれ始めた。日本が急先ぽうと
なって制裁論をリードし、米国がそれをテコに中国に圧力をかける日米の
役割分担だったともいえるが、反発した中国や北朝鮮との折衝は米国に
頼るしかなくなった。
 麻生外相は11、12日、英仏や安保理非常任理事国の外相に電話攻勢
をかけ、制裁決議案の採決方針に変わりないことを説明したが、肝心の
中朝協議に日本が影響力を発揮する場面はみられそうにない。妥協案として
決議案の修正に応じることも検討しているが、15日から始まる
主要国首脳会議(サンクトペテルブルク・サミット)前の決議は厳しく
なっている。【山下修毅】
(毎日新聞) - 7月13日9時59分更新


776 :底値さん:2006/07/14(金) 09:20:11
俺の名前は大黒堅太。現在単身赴任中で、ワンルームでのんびり自由な一人暮らしを楽しんでいる。
適当に女をつまみ食いしては,欲求を発散させている。
俺は外見は平凡な中年サラリーマンだが、名は態を表わすで、大きくて、
黒くて、堅くて、太い自慢の巨砲を操って、色々な女をヒーヒー
言わせているそして何故か女によくもてるのであるが、決して独身には手を出さない
主義で、人妻しか相手にしない。その訳に付いては、これからおいおい説明することにしよう。
昼からの会議が終わったのは午後の3時を回っていた。
「くだらん会議を長々と・・・・」俺は社内の自販機でコーヒを買いながら
携帯を手にする。実は昼前にサイトに書き込んで置いたのだ。
無性に抱きたくなった時には、出会い系サイトを利用して女を漁ることに
している。「32歳の人妻です。今晩OKです」
何件かの返事の書き込みがあったが、その中で敢えて一番短い書き込みの
相手を選ぶと携帯番号を入れて返送してやる。
こう言う伝言の方が会える確立が高いのだ。
変に愛想のいい、手の込んだ書き込みは、往々にして悪戯で遊ばれることが
多い。その夜の8時過ぎに携帯が鳴った。
「サイト者のですけど・・・・」電話の向こうから落ち着いた女の声が
聞こえてくる。今夜は亭主が泊りがけの出張で子供は近所の実家に預けているという。
どうやら、今夜は初めから会うつもりで電話をかけてきたようだ。
「これはやれるな・・本物だ」俺は確信を持った。
「じゃ、これから会いましょうか、近くまで車で迎えにいきますよ」
俺が誘うと「・・ええ・・・」女は少し戸惑いながらも、OKした
時間に少し遅れて待ち合わせ場所に女は現れた。
すんなりと助手席に乗り込むと俺の方を見てニッコリと微笑んだ。
「都貴緒です、よろしく・・・」
女子アナの佐々木恭子に似た色っぽいいい女で、俺の好みのタイプだ。
「奥さん、女子アナの佐々木恭子に似てるって言われませんか?・・
俺、彼女のファンなんですよ」



777 :底値さん:2006/07/14(金) 09:20:44
北朝鮮のミサイル発射をめぐる日本政府の対応に手詰まり感が出てきた。
焦点が6カ国協議再開へ向けた米中朝の駆け引きに移り、中朝との直接対話
が難しい日本としては、米国との連携を強調しながら対北朝鮮制裁決議案の
早期採択を主張し続けるしかないのが現状。国連安全保障理事会では、議長
声明を出した後で決議を検討する「2段階案」を議長国のフランスが示した
ほか、制裁部分を外した「非難決議」への修正論もくすぶり、採決時期のメ
ドが立たないことへの焦りも政府内に次第に募っている。
 安倍晋三官房長官は12日、シーファー駐日米大使と首相官邸で会談し、
決議案の採択方針を堅持しつつ中国の外交努力を当面見守る方針を確認した。
大使は会談後、記者団に「決議案がベスト」と強調したが、非難決議に弱
める可能性については「そういった話は国連で行われるべきだ」と言及を
避けた。
 「中国に拒否権を行使させればいい」。外務省は7日の麻生太郎外相
以下の幹部協議で、中国が反対しても決議案の8日採決を目指す方針を
決めた。ミサイル発射から時間がたつほど決議が難しくなるとの判断から
だったが、米国が中国による北朝鮮説得を待つ方針に転換し、日本も先送り
を受け入れざるを得なくなった経緯がある。
 実際に採決の機運が低下した今、「あのまま強行しておけばよかった」
(外務省幹部)という不満の声がある一方で、制裁決議にこだわった
強硬路線への批判も政府・与党内から聞かれ始めた。日本が急先ぽうと
なって制裁論をリードし、米国がそれをテコに中国に圧力をかける日米の
役割分担だったともいえるが、反発した中国や北朝鮮との折衝は米国に
頼るしかなくなった。
 麻生外相は11、12日、英仏や安保理非常任理事国の外相に電話攻勢
をかけ、制裁決議案の採決方針に変わりないことを説明したが、肝心の
中朝協議に日本が影響力を発揮する場面はみられそうにない。妥協案として
決議案の修正に応じることも検討しているが、15日から始まる
主要国首脳会議(サンクトペテルブルク・サミット)前の決議は厳しく
なっている。【山下修毅】
(毎日新聞) - 7月13日9時59分更新



778 :底値さん:2006/07/14(金) 09:22:02
大会で主審を務める上川徹氏(43)が、日本人で初めて決勝トーナメント
の笛を吹く。国際サッカー連盟(FIFA)は6日、3位決定戦と決勝戦の
担当審判を発表。上川氏は広嶋禎数(44)韓国の金大英(43)両副審と
ともに地元ドイツとポルトガルが対戦する3位決定戦
(8日・シュツットガルト)の担当に指名された。
 FIFA審判委員会での高評価が、上川氏の抜てきにつながった。
1次リーグで2試合を担当。無難な笛で決勝トーナメントに残ると、
準々決勝(イタリア−ウクライナ)準決勝(イタリア−ドイツ)では広嶋氏
とともに第4、第5の審判員を務めた。これらの試合での的確な仕事ぶりが
評価され、日本人初の決勝トーナメントを任された。
 02年に続いて2大会連続で審判を務める上川氏は、大会前から
「目標は決勝戦の笛」と話していた。「大会についていくだけで精いっぱい
だった」02年大会は1試合担当しただけ。しかし、今回は「参加するだけ
ではダメ」と1試合ごとに経験を積み、決勝戦の1つ前の3位決定戦を担当
する。
 試合は、ドイツとポルトガルが対戦する。ドイツは地元の声援があり、
ポルトガルは40年ぶりの3位がかかる。激しい戦いになることは必至だ。
さらに、試合自体の重要性もある。大会ごとに「廃止論」が出てくる3位
決定戦だが、FIFAは「今後も続ける」と表明したばかり。仮に試合が
円滑に行われなければ、再び廃止論が噴出してくる可能性は高い。FIFA
にとっては大切な試合だ。
 日本代表は1次リーグで敗退したが、日本人審判員は欧州や南米の強豪に
まじって活躍した。同じ3位決定戦でマッチコミッショナーを務める
小倉純二FIFA理事は「日本のサッカー界にとって大きい」と、上川氏を
絶賛。「運営に携わる日本人の活躍なども含めて、日本の総合力が高まって
きた」と、喜んだ。
 すでに3日には「2試合で笛を吹けて、出来には満足している」と話して
いた上川氏だが、もう1試合、重要な仕事が回ってきた。「日本でやって
きたことには自信があるし、誇りもある」と話していた同氏が、3位決定戦
で日本の「サッカー力」を見せる。
で日本の「サッカー力」を見せる。
で日本の「サッカー力」を見せる。

779 :底値さん:2006/07/14(金) 09:41:52
大会で主審を務める上川徹氏(43)が、日本人で初めて決勝トーナメント
の笛を吹く。国際サッカー連盟(FIFA)は6日、3位決定戦と決勝戦の
担当審判を発表。上川氏は広嶋禎数(44)韓国の金大英(43)両副審と
ともに地元ドイツとポルトガルが対戦する3位決定戦
(8日・シュツットガルト)の担当に指名された。
 FIFA審判委員会での高評価が、上川氏の抜てきにつながった。
1次リーグで2試合を担当。無難な笛で決勝トーナメントに残ると、
準々決勝(イタリア−ウクライナ)準決勝(イタリア−ドイツ)では広嶋氏
とともに第4、第5の審判員を務めた。これらの試合での的確な仕事ぶりが
評価され、日本人初の決勝トーナメントを任された。
 02年に続いて2大会連続で審判を務める上川氏は、大会前から
「目標は決勝戦の笛」と話していた。「大会についていくだけで精いっぱい
だった」02年大会は1試合担当しただけ。しかし、今回は「参加するだけ
ではダメ」と1試合ごとに経験を積み、決勝戦の1つ前の3位決定戦を担当
する。
 試合は、ドイツとポルトガルが対戦する。ドイツは地元の声援があり、
ポルトガルは40年ぶりの3位がかかる。激しい戦いになることは必至だ。
さらに、試合自体の重要性もある。大会ごとに「廃止論」が出てくる3位
決定戦だが、FIFAは「今後も続ける」と表明したばかり。仮に試合が
円滑に行われなければ、再び廃止論が噴出してくる可能性は高い。FIFA
にとっては大切な試合だ。
 日本代表は1次リーグで敗退したが、日本人審判員は欧州や南米の強豪に
まじって活躍した。同じ3位決定戦でマッチコミッショナーを務める
小倉純二FIFA理事は「日本のサッカー界にとって大きい」と、上川氏を
絶賛。「運営に携わる日本人の活躍なども含めて、日本の総合力が高まって
きた」と、喜んだ。
 すでに3日には「2試合で笛を吹けて、出来には満足している」と話して
いた上川氏だが、もう1試合、重要な仕事が回ってきた。「日本でやって
きたことには自信があるし、誇りもある」と話していた同氏が、3位決定戦
で日本の「サッカー力」を見せる。


780 :底値さん:2006/07/14(金) 09:43:02
俺の名前は大黒堅太。現在単身赴任中で、ワンルームでのんびり自由な一人暮らしを楽しんでいる。
適当に女をつまみ食いしては,欲求を発散させている。
俺は外見は平凡な中年サラリーマンだが、名は態を表わすで、大きくて、
黒くて、堅くて、太い自慢の巨砲を操って、色々な女をヒーヒー
言わせているそして何故か女によくもてるのであるが、決して独身には手を出さない
主義で、人妻しか相手にしない。その訳に付いては、これからおいおい説明することにしよう。
昼からの会議が終わったのは午後の3時を回っていた。
「くだらん会議を長々と・・・・」俺は社内の自販機でコーヒを買いながら
携帯を手にする。実は昼前にサイトに書き込んで置いたのだ。
無性に抱きたくなった時には、出会い系サイトを利用して女を漁ることに
している。「32歳の人妻です。今晩OKです」
何件かの返事の書き込みがあったが、その中で敢えて一番短い書き込みの
相手を選ぶと携帯番号を入れて返送してやる。
こう言う伝言の方が会える確立が高いのだ。
変に愛想のいい、手の込んだ書き込みは、往々にして悪戯で遊ばれることが
多い。その夜の8時過ぎに携帯が鳴った。
「サイト者のですけど・・・・」電話の向こうから落ち着いた女の声が
聞こえてくる。今夜は亭主が泊りがけの出張で子供は近所の実家に預けているという。
どうやら、今夜は初めから会うつもりで電話をかけてきたようだ。
「これはやれるな・・本物だ」俺は確信を持った。
「じゃ、これから会いましょうか、近くまで車で迎えにいきますよ」
俺が誘うと「・・ええ・・・」女は少し戸惑いながらも、OKした
時間に少し遅れて待ち合わせ場所に女は現れた。
すんなりと助手席に乗り込むと俺の方を見てニッコリと微笑んだ。
「都貴緒です、よろしく・・・」
女子アナの佐々木恭子に似た色っぽいいい女で、俺の好みのタイプだ。
「奥さん、女子アナの佐々木恭子に似てるって言われませんか?・・
俺、彼女のファンなんですよ」



781 :底値さん:2006/07/14(金) 09:58:46
大会で主審を務める上川徹氏(43)が、日本人で初めて決勝トーナメント
の笛を吹く。国際サッカー連盟(FIFA)は6日、3位決定戦と決勝戦の
担当審判を発表。上川氏は広嶋禎数(44)韓国の金大英(43)両副審と
ともに地元ドイツとポルトガルが対戦する3位決定戦
(8日・シュツットガルト)の担当に指名された。
 FIFA審判委員会での高評価が、上川氏の抜てきにつながった。
1次リーグで2試合を担当。無難な笛で決勝トーナメントに残ると、
準々決勝(イタリア−ウクライナ)準決勝(イタリア−ドイツ)では広嶋氏
とともに第4、第5の審判員を務めた。これらの試合での的確な仕事ぶりが
評価され、日本人初の決勝トーナメントを任された。
 02年に続いて2大会連続で審判を務める上川氏は、大会前から
「目標は決勝戦の笛」と話していた。「大会についていくだけで精いっぱい
だった」02年大会は1試合担当しただけ。しかし、今回は「参加するだけ
ではダメ」と1試合ごとに経験を積み、決勝戦の1つ前の3位決定戦を担当
する。
 試合は、ドイツとポルトガルが対戦する。ドイツは地元の声援があり、
ポルトガルは40年ぶりの3位がかかる。激しい戦いになることは必至だ。
さらに、試合自体の重要性もある。大会ごとに「廃止論」が出てくる3位
決定戦だが、FIFAは「今後も続ける」と表明したばかり。仮に試合が
円滑に行われなければ、再び廃止論が噴出してくる可能性は高い。FIFA
にとっては大切な試合だ。
 日本代表は1次リーグで敗退したが、日本人審判員は欧州や南米の強豪に
まじって活躍した。同じ3位決定戦でマッチコミッショナーを務める
小倉純二FIFA理事は「日本のサッカー界にとって大きい」と、上川氏を
絶賛。「運営に携わる日本人の活躍なども含めて、日本の総合力が高まって
きた」と、喜んだ。
 すでに3日には「2試合で笛を吹けて、出来には満足している」と話して
いた上川氏だが、もう1試合、重要な仕事が回ってきた。「日本でやって
きたことには自信があるし、誇りもある」と話していた同氏が、3位決定戦
で日本の「サッカー力」を見せる。


782 :底値さん:2006/07/14(金) 09:59:52
大会で主審を務める上川徹氏(43)が、日本人で初めて決勝トーナメント
の笛を吹く。国際サッカー連盟(FIFA)は6日、3位決定戦と決勝戦の
担当審判を発表。上川氏は広嶋禎数(44)韓国の金大英(43)両副審と
ともに地元ドイツとポルトガルが対戦する3位決定戦
(8日・シュツットガルト)の担当に指名された。
 FIFA審判委員会での高評価が、上川氏の抜てきにつながった。
1次リーグで2試合を担当。無難な笛で決勝トーナメントに残ると、
準々決勝(イタリア−ウクライナ)準決勝(イタリア−ドイツ)では広嶋氏
とともに第4、第5の審判員を務めた。これらの試合での的確な仕事ぶりが
評価され、日本人初の決勝トーナメントを任された。
 02年に続いて2大会連続で審判を務める上川氏は、大会前から
「目標は決勝戦の笛」と話していた。「大会についていくだけで精いっぱい
だった」02年大会は1試合担当しただけ。しかし、今回は「参加するだけ
ではダメ」と1試合ごとに経験を積み、決勝戦の1つ前の3位決定戦を担当
する。
 試合は、ドイツとポルトガルが対戦する。ドイツは地元の声援があり、
ポルトガルは40年ぶりの3位がかかる。激しい戦いになることは必至だ。
さらに、試合自体の重要性もある。大会ごとに「廃止論」が出てくる3位
決定戦だが、FIFAは「今後も続ける」と表明したばかり。仮に試合が
円滑に行われなければ、再び廃止論が噴出してくる可能性は高い。FIFA
にとっては大切な試合だ。
 日本代表は1次リーグで敗退したが、日本人審判員は欧州や南米の強豪に
まじって活躍した。同じ3位決定戦でマッチコミッショナーを務める
小倉純二FIFA理事は「日本のサッカー界にとって大きい」と、上川氏を
絶賛。「運営に携わる日本人の活躍なども含めて、日本の総合力が高まって
きた」と、喜んだ。
 すでに3日には「2試合で笛を吹けて、出来には満足している」と話して
いた上川氏だが、もう1試合、重要な仕事が回ってきた。「日本でやって
きたことには自信があるし、誇りもある」と話していた同氏が、3位決定戦
で日本の「サッカー力」を見せる。

783 :底値さん:2006/07/14(金) 10:00:48
大会で主審を務める上川徹氏(43)が、日本人で初めて決勝トーナメント
の笛を吹く。国際サッカー連盟(FIFA)は6日、3位決定戦と決勝戦の
担当審判を発表。上川氏は広嶋禎数(44)韓国の金大英(43)両副審と
ともに地元ドイツとポルトガルが対戦する3位決定戦
(8日・シュツットガルト)の担当に指名された。
 FIFA審判委員会での高評価が、上川氏の抜てきにつながった。
1次リーグで2試合を担当。無難な笛で決勝トーナメントに残ると、
準々決勝(イタリア−ウクライナ)準決勝(イタリア−ドイツ)では広嶋氏
とともに第4、第5の審判員を務めた。これらの試合での的確な仕事ぶりが
評価され、日本人初の決勝トーナメントを任された。
 02年に続いて2大会連続で審判を務める上川氏は、大会前から
「目標は決勝戦の笛」と話していた。「大会についていくだけで精いっぱい
だった」02年大会は1試合担当しただけ。しかし、今回は「参加するだけ
ではダメ」と1試合ごとに経験を積み、決勝戦の1つ前の3位決定戦を担当
する。
 試合は、ドイツとポルトガルが対戦する。ドイツは地元の声援があり、
ポルトガルは40年ぶりの3位がかかる。激しい戦いになることは必至だ。
さらに、試合自体の重要性もある。大会ごとに「廃止論」が出てくる3位
決定戦だが、FIFAは「今後も続ける」と表明したばかり。仮に試合が
円滑に行われなければ、再び廃止論が噴出してくる可能性は高い。FIFA
にとっては大切な試合だ。
 日本代表は1次リーグで敗退したが、日本人審判員は欧州や南米の強豪に
まじって活躍した。同じ3位決定戦でマッチコミッショナーを務める
小倉純二FIFA理事は「日本のサッカー界にとって大きい」と、上川氏を
絶賛。「運営に携わる日本人の活躍なども含めて、日本の総合力が高まって
きた」と、喜んだ。
 すでに3日には「2試合で笛を吹けて、出来には満足している」と話して
いた上川氏だが、もう1試合、重要な仕事が回ってきた。「日本でやって
きたことには自信があるし、誇りもある」と話していた同氏が、3位決定戦
で日本の「サッカー力」を見せる。


784 :底値さん:2006/07/14(金) 10:25:40
大会で主審を務める上川徹氏(43)が、日本人で初めて決勝トーナメント
の笛を吹く。国際サッカー連盟(FIFA)は6日、3位決定戦と決勝戦の
担当審判を発表。上川氏は広嶋禎数(44)韓国の金大英(43)両副審と
ともに地元ドイツとポルトガルが対戦する3位決定戦
(8日・シュツットガルト)の担当に指名された。
 FIFA審判委員会での高評価が、上川氏の抜てきにつながった。
1次リーグで2試合を担当。無難な笛で決勝トーナメントに残ると、
準々決勝(イタリア−ウクライナ)準決勝(イタリア−ドイツ)では広嶋氏
とともに第4、第5の審判員を務めた。これらの試合での的確な仕事ぶりが
評価され、日本人初の決勝トーナメントを任された。
 02年に続いて2大会連続で審判を務める上川氏は、大会前から
「目標は決勝戦の笛」と話していた。「大会についていくだけで精いっぱい
だった」02年大会は1試合担当しただけ。しかし、今回は「参加するだけ
ではダメ」と1試合ごとに経験を積み、決勝戦の1つ前の3位決定戦を担当
する。
 試合は、ドイツとポルトガルが対戦する。ドイツは地元の声援があり、
ポルトガルは40年ぶりの3位がかかる。激しい戦いになることは必至だ。
さらに、試合自体の重要性もある。大会ごとに「廃止論」が出てくる3位
決定戦だが、FIFAは「今後も続ける」と表明したばかり。仮に試合が
円滑に行われなければ、再び廃止論が噴出してくる可能性は高い。FIFA
にとっては大切な試合だ。
 日本代表は1次リーグで敗退したが、日本人審判員は欧州や南米の強豪に
まじって活躍した。同じ3位決定戦でマッチコミッショナーを務める
小倉純二FIFA理事は「日本のサッカー界にとって大きい」と、上川氏を
絶賛。「運営に携わる日本人の活躍なども含めて、日本の総合力が高まって
きた」と、喜んだ。
 すでに3日には「2試合で笛を吹けて、出来には満足している」と話して
いた上川氏だが、もう1試合、重要な仕事が回ってきた。「日本でやって
きたことには自信があるし、誇りもある」と話していた同氏が、3位決定戦
で日本の「サッカー力」を見せる。


785 :底値さん:2006/07/14(金) 10:26:26
俺の名前は大黒堅太。現在単身赴任中で、ワンルームでのんびり自由な一人暮らしを楽しんでいる。
適当に女をつまみ食いしては,欲求を発散させている。
俺は外見は平凡な中年サラリーマンだが、名は態を表わすで、大きくて、
黒くて、堅くて、太い自慢の巨砲を操って、色々な女をヒーヒー
言わせているそして何故か女によくもてるのであるが、決して独身には手を出さない
主義で、人妻しか相手にしない。その訳に付いては、これからおいおい説明することにしよう。
昼からの会議が終わったのは午後の3時を回っていた。
「くだらん会議を長々と・・・・」俺は社内の自販機でコーヒを買いながら
携帯を手にする。実は昼前にサイトに書き込んで置いたのだ。
無性に抱きたくなった時には、出会い系サイトを利用して女を漁ることに
している。「32歳の人妻です。今晩OKです」
何件かの返事の書き込みがあったが、その中で敢えて一番短い書き込みの
相手を選ぶと携帯番号を入れて返送してやる。
こう言う伝言の方が会える確立が高いのだ。
変に愛想のいい、手の込んだ書き込みは、往々にして悪戯で遊ばれることが
多い。その夜の8時過ぎに携帯が鳴った。
「サイト者のですけど・・・・」電話の向こうから落ち着いた女の声が
聞こえてくる。今夜は亭主が泊りがけの出張で子供は近所の実家に預けているという。
どうやら、今夜は初めから会うつもりで電話をかけてきたようだ。
「これはやれるな・・本物だ」俺は確信を持った。
「じゃ、これから会いましょうか、近くまで車で迎えにいきますよ」
俺が誘うと「・・ええ・・・」女は少し戸惑いながらも、OKした
時間に少し遅れて待ち合わせ場所に女は現れた。
すんなりと助手席に乗り込むと俺の方を見てニッコリと微笑んだ。
「都貴緒です、よろしく・・・」
女子アナの佐々木恭子に似た色っぽいいい女で、俺の好みのタイプだ。
「奥さん、女子アナの佐々木恭子に似てるって言われませんか?・・
俺、彼女のファンなんですよ」


786 :底値さん:2006/07/14(金) 10:27:56
「時々・・・それに、好きそうですねって、・・失礼でしょ、・・
そんなことないのに・・・損だわ・・」都貴緒は少しすねた表情で色っぽく笑う。
言われてみれば、確かに好きそうな顔だ。それを口にする訳にもいかず、
黙ったまま笑って誤魔化すしかなかった。
亭主が初恋の相手で、結婚後も不倫の経験は無く、男性経験は亭主一人だけ。
特に亭主に不満がある訳ではないが、最近やっと携帯を持つようになり、
偶々レディコミで見つけた出会い系サイトに好奇心からアクセスを始めた
ようだ。サイトを利用したのは今日が三回目で、まだ付き合ったことはないと言う。
「二人目はお医者さんだったんだけど、初めから援交だと決め付けちゃって、
喫茶店で二?、三万?って大きな声で言うのよ、逃げ出しちゃったわ」
都貴緒は笑いながら話す。
「バカな医者だな、奥さんのような素敵な女性を逃がすなんて・・・」
笑いながら話を合わせる。
「でも、お陰で俺に順番が回って来た訳だから、そのバカな医者に感謝
しないといけないのかな?」
「そうね、私もあんな変なお医者さんじゃなくて、素敵な方にお会いできてよかったわ」
都貴緒は俺の方に色っぽい視線を送ってくる。
その後、暫くは他愛も無い話を交わしながら車を走らせていたが、
「素敵な奥さんを今すぐ抱きたくなちゃったな・・・駄目かな・・」
探りを入れるように、さり気無く呟いてやると、都貴緒は一瞬ちらっとこちらを見たが、
後は黙ったままで真っ直ぐに前を見詰めている。
俺は無言のまま真っ直ぐにホテル街へと車を走らせ、
とあるホテルの駐車場の中へと車を滑り込ませていった。


787 :底値さん:2006/07/14(金) 10:28:31
大会で主審を務める上川徹氏(43)が、日本人で初めて決勝トーナメント
の笛を吹く。国際サッカー連盟(FIFA)は6日、3位決定戦と決勝戦の
担当審判を発表。上川氏は広嶋禎数(44)韓国の金大英(43)両副審と
ともに地元ドイツとポルトガルが対戦する3位決定戦
(8日・シュツットガルト)の担当に指名された。
 FIFA審判委員会での高評価が、上川氏の抜てきにつながった。
1次リーグで2試合を担当。無難な笛で決勝トーナメントに残ると、
準々決勝(イタリア−ウクライナ)準決勝(イタリア−ドイツ)では広嶋氏
とともに第4、第5の審判員を務めた。これらの試合での的確な仕事ぶりが
評価され、日本人初の決勝トーナメントを任された。
 02年に続いて2大会連続で審判を務める上川氏は、大会前から
「目標は決勝戦の笛」と話していた。「大会についていくだけで精いっぱい
だった」02年大会は1試合担当しただけ。しかし、今回は「参加するだけ
ではダメ」と1試合ごとに経験を積み、決勝戦の1つ前の3位決定戦を担当
する。
 試合は、ドイツとポルトガルが対戦する。ドイツは地元の声援があり、
ポルトガルは40年ぶりの3位がかかる。激しい戦いになることは必至だ。
さらに、試合自体の重要性もある。大会ごとに「廃止論」が出てくる3位
決定戦だが、FIFAは「今後も続ける」と表明したばかり。仮に試合が
円滑に行われなければ、再び廃止論が噴出してくる可能性は高い。FIFA
にとっては大切な試合だ。
 日本代表は1次リーグで敗退したが、日本人審判員は欧州や南米の強豪に
まじって活躍した。同じ3位決定戦でマッチコミッショナーを務める
小倉純二FIFA理事は「日本のサッカー界にとって大きい」と、上川氏を
絶賛。「運営に携わる日本人の活躍なども含めて、日本の総合力が高まって
きた」と、喜んだ。
 すでに3日には「2試合で笛を吹けて、出来には満足している」と話して
いた上川氏だが、もう1試合、重要な仕事が回ってきた。「日本でやって
きたことには自信があるし、誇りもある」と話していた同氏が、3位決定戦
で日本の「サッカー力」を見せる。



788 :底値さん:2006/07/14(金) 10:29:08
大会で主審を務める上川徹氏(43)が、日本人で初めて決勝トーナメント
の笛を吹く。国際サッカー連盟(FIFA)は6日、3位決定戦と決勝戦の
担当審判を発表。上川氏は広嶋禎数(44)韓国の金大英(43)両副審と
ともに地元ドイツとポルトガルが対戦する3位決定戦
(8日・シュツットガルト)の担当に指名された。
 FIFA審判委員会での高評価が、上川氏の抜てきにつながった。
1次リーグで2試合を担当。無難な笛で決勝トーナメントに残ると、
準々決勝(イタリア−ウクライナ)準決勝(イタリア−ドイツ)では広嶋氏
とともに第4、第5の審判員を務めた。これらの試合での的確な仕事ぶりが
評価され、日本人初の決勝トーナメントを任された。
 02年に続いて2大会連続で審判を務める上川氏は、大会前から
「目標は決勝戦の笛」と話していた。「大会についていくだけで精いっぱい
だった」02年大会は1試合担当しただけ。しかし、今回は「参加するだけ
ではダメ」と1試合ごとに経験を積み、決勝戦の1つ前の3位決定戦を担当
する。
 試合は、ドイツとポルトガルが対戦する。ドイツは地元の声援があり、
ポルトガルは40年ぶりの3位がかかる。激しい戦いになることは必至だ。
さらに、試合自体の重要性もある。大会ごとに「廃止論」が出てくる3位
決定戦だが、FIFAは「今後も続ける」と表明したばかり。仮に試合が
円滑に行われなければ、再び廃止論が噴出してくる可能性は高い。FIFA
にとっては大切な試合だ。
 日本代表は1次リーグで敗退したが、日本人審判員は欧州や南米の強豪に
まじって活躍した。同じ3位決定戦でマッチコミッショナーを務める
小倉純二FIFA理事は「日本のサッカー界にとって大きい」と、上川氏を
絶賛。「運営に携わる日本人の活躍なども含めて、日本の総合力が高まって
きた」と、喜んだ。
 すでに3日には「2試合で笛を吹けて、出来には満足している」と話して
いた上川氏だが、もう1試合、重要な仕事が回ってきた。「日本でやって
きたことには自信があるし、誇りもある」と話していた同氏が、3位決定戦
で日本の「サッカー力」を見せる。


789 :底値さん:2006/07/14(金) 10:31:35
大会で主審を務める上川徹氏(43)が、日本人で初めて決勝トーナメント
の笛を吹く。国際サッカー連盟(FIFA)は6日、3位決定戦と決勝戦の
担当審判を発表。上川氏は広嶋禎数(44)韓国の金大英(43)両副審と
ともに地元ドイツとポルトガルが対戦する3位決定戦
(8日・シュツットガルト)の担当に指名された。
 FIFA審判委員会での高評価が、上川氏の抜てきにつながった。
1次リーグで2試合を担当。無難な笛で決勝トーナメントに残ると、
準々決勝(イタリア−ウクライナ)準決勝(イタリア−ドイツ)では広嶋氏
とともに第4、第5の審判員を務めた。これらの試合での的確な仕事ぶりが
評価され、日本人初の決勝トーナメントを任された。
 02年に続いて2大会連続で審判を務める上川氏は、大会前から
「目標は決勝戦の笛」と話していた。「大会についていくだけで精いっぱい
だった」02年大会は1試合担当しただけ。しかし、今回は「参加するだけ
ではダメ」と1試合ごとに経験を積み、決勝戦の1つ前の3位決定戦を担当
する。
 試合は、ドイツとポルトガルが対戦する。ドイツは地元の声援があり、
ポルトガルは40年ぶりの3位がかかる。激しい戦いになることは必至だ。
さらに、試合自体の重要性もある。大会ごとに「廃止論」が出てくる3位
決定戦だが、FIFAは「今後も続ける」と表明したばかり。仮に試合が
円滑に行われなければ、再び廃止論が噴出してくる可能性は高い。FIFA
にとっては大切な試合だ。
 日本代表は1次リーグで敗退したが、日本人審判員は欧州や南米の強豪に
まじって活躍した。同じ3位決定戦でマッチコミッショナーを務める
小倉純二FIFA理事は「日本のサッカー界にとって大きい」と、上川氏を
絶賛。「運営に携わる日本人の活躍なども含めて、日本の総合力が高まって
きた」と、喜んだ。
 すでに3日には「2試合で笛を吹けて、出来には満足している」と話して
いた上川氏だが、もう1試合、重要な仕事が回ってきた。「日本でやって
きたことには自信があるし、誇りもある」と話していた同氏が、3位決定戦
で日本の「サッカー力」を見せる。


790 :底値さん:2006/07/14(金) 10:32:24
大会で主審を務める上川徹氏(43)が、日本人で初めて決勝トーナメント
の笛を吹く。国際サッカー連盟(FIFA)は6日、3位決定戦と決勝戦の
担当審判を発表。上川氏は広嶋禎数(44)韓国の金大英(43)両副審と
ともに地元ドイツとポルトガルが対戦する3位決定戦
(8日・シュツットガルト)の担当に指名された。
 FIFA審判委員会での高評価が、上川氏の抜てきにつながった。
1次リーグで2試合を担当。無難な笛で決勝トーナメントに残ると、
準々決勝(イタリア−ウクライナ)準決勝(イタリア−ドイツ)では広嶋氏
とともに第4、第5の審判員を務めた。これらの試合での的確な仕事ぶりが
評価され、日本人初の決勝トーナメントを任された。
 02年に続いて2大会連続で審判を務める上川氏は、大会前から
「目標は決勝戦の笛」と話していた。「大会についていくだけで精いっぱい
だった」02年大会は1試合担当しただけ。しかし、今回は「参加するだけ
ではダメ」と1試合ごとに経験を積み、決勝戦の1つ前の3位決定戦を担当
する。
 試合は、ドイツとポルトガルが対戦する。ドイツは地元の声援があり、
ポルトガルは40年ぶりの3位がかかる。激しい戦いになることは必至だ。
さらに、試合自体の重要性もある。大会ごとに「廃止論」が出てくる3位
決定戦だが、FIFAは「今後も続ける」と表明したばかり。仮に試合が
円滑に行われなければ、再び廃止論が噴出してくる可能性は高い。FIFA
にとっては大切な試合だ。
 日本代表は1次リーグで敗退したが、日本人審判員は欧州や南米の強豪に
まじって活躍した。同じ3位決定戦でマッチコミッショナーを務める
小倉純二FIFA理事は「日本のサッカー界にとって大きい」と、上川氏を
絶賛。「運営に携わる日本人の活躍なども含めて、日本の総合力が高まって
きた」と、喜んだ。
 すでに3日には「2試合で笛を吹けて、出来には満足している」と話して
いた上川氏だが、もう1試合、重要な仕事が回ってきた。「日本でやって
きたことには自信があるし、誇りもある」と話していた同氏が、3位決定戦
で日本の「サッカー力」を見せる。



791 :底値さん:2006/07/14(金) 10:33:13
北朝鮮のミサイル発射をめぐる日本政府の対応に手詰まり感が出てきた。
焦点が6カ国協議再開へ向けた米中朝の駆け引きに移り、中朝との直接対話
が難しい日本としては、米国との連携を強調しながら対北朝鮮制裁決議案の
早期採択を主張し続けるしかないのが現状。国連安全保障理事会では、議長
声明を出した後で決議を検討する「2段階案」を議長国のフランスが示した
ほか、制裁部分を外した「非難決議」への修正論もくすぶり、採決時期のメ
ドが立たないことへの焦りも政府内に次第に募っている。
 安倍晋三官房長官は12日、シーファー駐日米大使と首相官邸で会談し、
決議案の採択方針を堅持しつつ中国の外交努力を当面見守る方針を確認した。
大使は会談後、記者団に「決議案がベスト」と強調したが、非難決議に弱
める可能性については「そういった話は国連で行われるべきだ」と言及を
避けた。
 「中国に拒否権を行使させればいい」。外務省は7日の麻生太郎外相
以下の幹部協議で、中国が反対しても決議案の8日採決を目指す方針を
決めた。ミサイル発射から時間がたつほど決議が難しくなるとの判断から
だったが、米国が中国による北朝鮮説得を待つ方針に転換し、日本も先送り
を受け入れざるを得なくなった経緯がある。
 実際に採決の機運が低下した今、「あのまま強行しておけばよかった」
(外務省幹部)という不満の声がある一方で、制裁決議にこだわった
強硬路線への批判も政府・与党内から聞かれ始めた。日本が急先ぽうと
なって制裁論をリードし、米国がそれをテコに中国に圧力をかける日米の
役割分担だったともいえるが、反発した中国や北朝鮮との折衝は米国に
頼るしかなくなった。
 麻生外相は11、12日、英仏や安保理非常任理事国の外相に電話攻勢
をかけ、制裁決議案の採決方針に変わりないことを説明したが、肝心の
中朝協議に日本が影響力を発揮する場面はみられそうにない。妥協案として
決議案の修正に応じることも検討しているが、15日から始まる
主要国首脳会議(サンクトペテルブルク・サミット)前の決議は厳しく
なっている。【山下修毅】
(毎日新聞) - 7月13日9時59分更新


792 :底値さん:2006/07/14(金) 11:08:12
北朝鮮のミサイル発射をめぐる日本政府の対応に手詰まり感が出てきた。
焦点が6カ国協議再開へ向けた米中朝の駆け引きに移り、中朝との直接対話
が難しい日本としては、米国との連携を強調しながら対北朝鮮制裁決議案の
早期採択を主張し続けるしかないのが現状。国連安全保障理事会では、議長
声明を出した後で決議を検討する「2段階案」を議長国のフランスが示した
ほか、制裁部分を外した「非難決議」への修正論もくすぶり、採決時期のメ
ドが立たないことへの焦りも政府内に次第に募っている。
 安倍晋三官房長官は12日、シーファー駐日米大使と首相官邸で会談し、
決議案の採択方針を堅持しつつ中国の外交努力を当面見守る方針を確認した。
大使は会談後、記者団に「決議案がベスト」と強調したが、非難決議に弱
める可能性については「そういった話は国連で行われるべきだ」と言及を
避けた。
 「中国に拒否権を行使させればいい」。外務省は7日の麻生太郎外相
以下の幹部協議で、中国が反対しても決議案の8日採決を目指す方針を
決めた。ミサイル発射から時間がたつほど決議が難しくなるとの判断から
だったが、米国が中国による北朝鮮説得を待つ方針に転換し、日本も先送り
を受け入れざるを得なくなった経緯がある。
 実際に採決の機運が低下した今、「あのまま強行しておけばよかった」
(外務省幹部)という不満の声がある一方で、制裁決議にこだわった
強硬路線への批判も政府・与党内から聞かれ始めた。日本が急先ぽうと
なって制裁論をリードし、米国がそれをテコに中国に圧力をかける日米の
役割分担だったともいえるが、反発した中国や北朝鮮との折衝は米国に
頼るしかなくなった。
 麻生外相は11、12日、英仏や安保理非常任理事国の外相に電話攻勢
をかけ、制裁決議案の採決方針に変わりないことを説明したが、肝心の
中朝協議に日本が影響力を発揮する場面はみられそうにない。妥協案として
決議案の修正に応じることも検討しているが、15日から始まる
主要国首脳会議(サンクトペテルブルク・サミット)前の決議は厳しく
なっている。【山下修毅】
(毎日新聞) - 7月13日9時59分更新


793 :底値さん:2006/07/14(金) 13:25:18
北朝鮮のミサイル発射をめぐる日本政府の対応に手詰まり感が出てきた。
焦点が6カ国協議再開へ向けた米中朝の駆け引きに移り、中朝との直接対話
が難しい日本としては、米国との連携を強調しながら対北朝鮮制裁決議案の
早期採択を主張し続けるしかないのが現状。国連安全保障理事会では、議長
声明を出した後で決議を検討する「2段階案」を議長国のフランスが示した
ほか、制裁部分を外した「非難決議」への修正論もくすぶり、採決時期のメ
ドが立たないことへの焦りも政府内に次第に募っている。
 安倍晋三官房長官は12日、シーファー駐日米大使と首相官邸で会談し、
決議案の採択方針を堅持しつつ中国の外交努力を当面見守る方針を確認した。
大使は会談後、記者団に「決議案がベスト」と強調したが、非難決議に弱
める可能性については「そういった話は国連で行われるべきだ」と言及を
避けた。
 「中国に拒否権を行使させればいい」。外務省は7日の麻生太郎外相
以下の幹部協議で、中国が反対しても決議案の8日採決を目指す方針を
決めた。ミサイル発射から時間がたつほど決議が難しくなるとの判断から
だったが、米国が中国による北朝鮮説得を待つ方針に転換し、日本も先送り
を受け入れざるを得なくなった経緯がある。
 実際に採決の機運が低下した今、「あのまま強行しておけばよかった」
(外務省幹部)という不満の声がある一方で、制裁決議にこだわった
強硬路線への批判も政府・与党内から聞かれ始めた。日本が急先ぽうと
なって制裁論をリードし、米国がそれをテコに中国に圧力をかける日米の
役割分担だったともいえるが、反発した中国や北朝鮮との折衝は米国に
頼るしかなくなった。
 麻生外相は11、12日、英仏や安保理非常任理事国の外相に電話攻勢
をかけ、制裁決議案の採決方針に変わりないことを説明したが、肝心の
中朝協議に日本が影響力を発揮する場面はみられそうにない。妥協案として
決議案の修正に応じることも検討しているが、15日から始まる
主要国首脳会議(サンクトペテルブルク・サミット)前の決議は厳しく
なっている。【山下修毅】
(毎日新聞) - 7月13日9時59分更新


794 :底値さん:2006/07/14(金) 13:26:01
北朝鮮のミサイル発射をめぐる日本政府の対応に手詰まり感が出てきた。
焦点が6カ国協議再開へ向けた米中朝の駆け引きに移り、中朝との直接対話
が難しい日本としては、米国との連携を強調しながら対北朝鮮制裁決議案の
早期採択を主張し続けるしかないのが現状。国連安全保障理事会では、議長
声明を出した後で決議を検討する「2段階案」を議長国のフランスが示した
ほか、制裁部分を外した「非難決議」への修正論もくすぶり、採決時期のメ
ドが立たないことへの焦りも政府内に次第に募っている。
 安倍晋三官房長官は12日、シーファー駐日米大使と首相官邸で会談し、
決議案の採択方針を堅持しつつ中国の外交努力を当面見守る方針を確認した。
大使は会談後、記者団に「決議案がベスト」と強調したが、非難決議に弱
める可能性については「そういった話は国連で行われるべきだ」と言及を
避けた。
 「中国に拒否権を行使させればいい」。外務省は7日の麻生太郎外相
以下の幹部協議で、中国が反対しても決議案の8日採決を目指す方針を
決めた。ミサイル発射から時間がたつほど決議が難しくなるとの判断から
だったが、米国が中国による北朝鮮説得を待つ方針に転換し、日本も先送り
を受け入れざるを得なくなった経緯がある。
 実際に採決の機運が低下した今、「あのまま強行しておけばよかった」
(外務省幹部)という不満の声がある一方で、制裁決議にこだわった
強硬路線への批判も政府・与党内から聞かれ始めた。日本が急先ぽうと
なって制裁論をリードし、米国がそれをテコに中国に圧力をかける日米の
役割分担だったともいえるが、反発した中国や北朝鮮との折衝は米国に
頼るしかなくなった。
 麻生外相は11、12日、英仏や安保理非常任理事国の外相に電話攻勢
をかけ、制裁決議案の採決方針に変わりないことを説明したが、肝心の
中朝協議に日本が影響力を発揮する場面はみられそうにない。妥協案として
決議案の修正に応じることも検討しているが、15日から始まる
主要国首脳会議(サンクトペテルブルク・サミット)前の決議は厳しく
なっている。【山下修毅】
(毎日新聞) - 7月13日9時59分更新


795 :底値さん:2006/07/14(金) 13:28:24
北朝鮮のミサイル発射をめぐる日本政府の対応に手詰まり感が出てきた。
焦点が6カ国協議再開へ向けた米中朝の駆け引きに移り、中朝との直接対話
が難しい日本としては、米国との連携を強調しながら対北朝鮮制裁決議案の
早期採択を主張し続けるしかないのが現状。国連安全保障理事会では、議長
声明を出した後で決議を検討する「2段階案」を議長国のフランスが示した
ほか、制裁部分を外した「非難決議」への修正論もくすぶり、採決時期のメ
ドが立たないことへの焦りも政府内に次第に募っている。
 安倍晋三官房長官は12日、シーファー駐日米大使と首相官邸で会談し、
決議案の採択方針を堅持しつつ中国の外交努力を当面見守る方針を確認した。
大使は会談後、記者団に「決議案がベスト」と強調したが、非難決議に弱
める可能性については「そういった話は国連で行われるべきだ」と言及を
避けた。
 「中国に拒否権を行使させればいい」。外務省は7日の麻生太郎外相
以下の幹部協議で、中国が反対しても決議案の8日採決を目指す方針を
決めた。ミサイル発射から時間がたつほど決議が難しくなるとの判断から
だったが、米国が中国による北朝鮮説得を待つ方針に転換し、日本も先送り
を受け入れざるを得なくなった経緯がある。
 実際に採決の機運が低下した今、「あのまま強行しておけばよかった」
(外務省幹部)という不満の声がある一方で、制裁決議にこだわった
強硬路線への批判も政府・与党内から聞かれ始めた。日本が急先ぽうと
なって制裁論をリードし、米国がそれをテコに中国に圧力をかける日米の
役割分担だったともいえるが、反発した中国や北朝鮮との折衝は米国に
頼るしかなくなった。
 麻生外相は11、12日、英仏や安保理非常任理事国の外相に電話攻勢
をかけ、制裁決議案の採決方針に変わりないことを説明したが、肝心の
中朝協議に日本が影響力を発揮する場面はみられそうにない。妥協案として
決議案の修正に応じることも検討しているが、15日から始まる
主要国首脳会議(サンクトペテルブルク・サミット)前の決議は厳しく
なっている。【山下修毅】
(毎日新聞) - 7月13日9時59分更新


796 :底値さん:2006/07/14(金) 13:30:28

夏本番! 全国各地の花火大会情報 - ポケモン最新ゲーム「ダイヤモンド・パール」公式サイト公開中

検索メニュー:ウェブ-登録サイト-画像-ブログ-辞書-知恵袋-エリア-商品ウェブ検索:検索オプション


797 :底値さん:2006/07/14(金) 13:38:56
北朝鮮のミサイル発射をめぐる日本政府の対応に手詰まり感が出てきた。
焦点が6カ国協議再開へ向けた米中朝の駆け引きに移り、中朝との直接対話
が難しい日本としては、米国との連携を強調しながら対北朝鮮制裁決議案の
早期採択を主張し続けるしかないのが現状。国連安全保障理事会では、議長
声明を出した後で決議を検討する「2段階案」を議長国のフランスが示した
ほか、制裁部分を外した「非難決議」への修正論もくすぶり、採決時期のメ
ドが立たないことへの焦りも政府内に次第に募っている。
 安倍晋三官房長官は12日、シーファー駐日米大使と首相官邸で会談し、
決議案の採択方針を堅持しつつ中国の外交努力を当面見守る方針を確認した。
大使は会談後、記者団に「決議案がベスト」と強調したが、非難決議に弱
める可能性については「そういった話は国連で行われるべきだ」と言及を
避けた。
 「中国に拒否権を行使させればいい」。外務省は7日の麻生太郎外相
以下の幹部協議で、中国が反対しても決議案の8日採決を目指す方針を
決めた。ミサイル発射から時間がたつほど決議が難しくなるとの判断から
だったが、米国が中国による北朝鮮説得を待つ方針に転換し、日本も先送り
を受け入れざるを得なくなった経緯がある。
 実際に採決の機運が低下した今、「あのまま強行しておけばよかった」
(外務省幹部)という不満の声がある一方で、制裁決議にこだわった
強硬路線への批判も政府・与党内から聞かれ始めた。日本が急先ぽうと
なって制裁論をリードし、米国がそれをテコに中国に圧力をかける日米の
役割分担だったともいえるが、反発した中国や北朝鮮との折衝は米国に
頼るしかなくなった。
 麻生外相は11、12日、英仏や安保理非常任理事国の外相に電話攻勢
をかけ、制裁決議案の採決方針に変わりないことを説明したが、肝心の
中朝協議に日本が影響力を発揮する場面はみられそうにない。妥協案として
決議案の修正に応じることも検討しているが、15日から始まる
主要国首脳会議(サンクトペテルブルク・サミット)前の決議は厳しく
なっている。【山下修毅】
(毎日新聞) - 7月13日9時59分更新


798 :底値さん:2006/07/14(金) 13:47:48
北朝鮮のミサイル発射をめぐる日本政府の対応に手詰まり感が出てきた。
焦点が6カ国協議再開へ向けた米中朝の駆け引きに移り、中朝との直接対話
が難しい日本としては、米国との連携を強調しながら対北朝鮮制裁決議案の
早期採択を主張し続けるしかないのが現状。国連安全保障理事会では、議長
声明を出した後で決議を検討する「2段階案」を議長国のフランスが示した
ほか、制裁部分を外した「非難決議」への修正論もくすぶり、採決時期のメ
ドが立たないことへの焦りも政府内に次第に募っている。
 安倍晋三官房長官は12日、シーファー駐日米大使と首相官邸で会談し、
決議案の採択方針を堅持しつつ中国の外交努力を当面見守る方針を確認した。
大使は会談後、記者団に「決議案がベスト」と強調したが、非難決議に弱
める可能性については「そういった話は国連で行われるべきだ」と言及を
避けた。
 「中国に拒否権を行使させればいい」。外務省は7日の麻生太郎外相
以下の幹部協議で、中国が反対しても決議案の8日採決を目指す方針を
決めた。ミサイル発射から時間がたつほど決議が難しくなるとの判断から
だったが、米国が中国による北朝鮮説得を待つ方針に転換し、日本も先送り
を受け入れざるを得なくなった経緯がある。
 実際に採決の機運が低下した今、「あのまま強行しておけばよかった」
(外務省幹部)という不満の声がある一方で、制裁決議にこだわった
強硬路線への批判も政府・与党内から聞かれ始めた。日本が急先ぽうと
なって制裁論をリードし、米国がそれをテコに中国に圧力をかける日米の
役割分担だったともいえるが、反発した中国や北朝鮮との折衝は米国に
頼るしかなくなった。
 麻生外相は11、12日、英仏や安保理非常任理事国の外相に電話攻勢
をかけ、制裁決議案の採決方針に変わりないことを説明したが、肝心の
中朝協議に日本が影響力を発揮する場面はみられそうにない。妥協案として
決議案の修正に応じることも検討しているが、15日から始まる
主要国首脳会議(サンクトペテルブルク・サミット)前の決議は厳しく
なっている。【山下修毅】
(毎日新聞) - 7月13日9時59分更新


799 :底値さん:2006/07/14(金) 13:52:04
北朝鮮のミサイル発射をめぐる日本政府の対応に手詰まり感が出てきた。
焦点が6カ国協議再開へ向けた米中朝の駆け引きに移り、中朝との直接対話
が難しい日本としては、米国との連携を強調しながら対北朝鮮制裁決議案の
早期採択を主張し続けるしかないのが現状。国連安全保障理事会では、議長
声明を出した後で決議を検討する「2段階案」を議長国のフランスが示した
ほか、制裁部分を外した「非難決議」への修正論もくすぶり、採決時期のメ
ドが立たないことへの焦りも政府内に次第に募っている。
 安倍晋三官房長官は12日、シーファー駐日米大使と首相官邸で会談し、
決議案の採択方針を堅持しつつ中国の外交努力を当面見守る方針を確認した。
大使は会談後、記者団に「決議案がベスト」と強調したが、非難決議に弱
める可能性については「そういった話は国連で行われるべきだ」と言及を
避けた。
 「中国に拒否権を行使させればいい」。外務省は7日の麻生太郎外相
以下の幹部協議で、中国が反対しても決議案の8日採決を目指す方針を
決めた。ミサイル発射から時間がたつほど決議が難しくなるとの判断から
だったが、米国が中国による北朝鮮説得を待つ方針に転換し、日本も先送り
を受け入れざるを得なくなった経緯がある。
 実際に採決の機運が低下した今、「あのまま強行しておけばよかった」
(外務省幹部)という不満の声がある一方で、制裁決議にこだわった
強硬路線への批判も政府・与党内から聞かれ始めた。日本が急先ぽうと
なって制裁論をリードし、米国がそれをテコに中国に圧力をかける日米の
役割分担だったともいえるが、反発した中国や北朝鮮との折衝は米国に
頼るしかなくなった。
 麻生外相は11、12日、英仏や安保理非常任理事国の外相に電話攻勢
をかけ、制裁決議案の採決方針に変わりないことを説明したが、肝心の
中朝協議に日本が影響力を発揮する場面はみられそうにない。妥協案として
決議案の修正に応じることも検討しているが、15日から始まる
主要国首脳会議(サンクトペテルブルク・サミット)前の決議は厳しく
なっている。【山下修毅】
(毎日新聞) - 7月13日9時59分更新


800 :底値さん:2006/07/14(金) 13:54:16
北朝鮮のミサイル発射をめぐる日本政府の対応に手詰まり感が出てきた。
焦点が6カ国協議再開へ向けた米中朝の駆け引きに移り、中朝との直接対話
が難しい日本としては、米国との連携を強調しながら対北朝鮮制裁決議案の
早期採択を主張し続けるしかないのが現状。国連安全保障理事会では、議長
声明を出した後で決議を検討する「2段階案」を議長国のフランスが示した
ほか、制裁部分を外した「非難決議」への修正論もくすぶり、採決時期のメ
ドが立たないことへの焦りも政府内に次第に募っている。
 安倍晋三官房長官は12日、シーファー駐日米大使と首相官邸で会談し、
決議案の採択方針を堅持しつつ中国の外交努力を当面見守る方針を確認した。
大使は会談後、記者団に「決議案がベスト」と強調したが、非難決議に弱
める可能性については「そういった話は国連で行われるべきだ」と言及を
避けた。
 「中国に拒否権を行使させればいい」。外務省は7日の麻生太郎外相
以下の幹部協議で、中国が反対しても決議案の8日採決を目指す方針を
決めた。ミサイル発射から時間がたつほど決議が難しくなるとの判断から
だったが、米国が中国による北朝鮮説得を待つ方針に転換し、日本も先送り
を受け入れざるを得なくなった経緯がある。
 実際に採決の機運が低下した今、「あのまま強行しておけばよかった」
(外務省幹部)という不満の声がある一方で、制裁決議にこだわった
強硬路線への批判も政府・与党内から聞かれ始めた。日本が急先ぽうと
なって制裁論をリードし、米国がそれをテコに中国に圧力をかける日米の
役割分担だったともいえるが、反発した中国や北朝鮮との折衝は米国に
頼るしかなくなった。
 麻生外相は11、12日、英仏や安保理非常任理事国の外相に電話攻勢
をかけ、制裁決議案の採決方針に変わりないことを説明したが、肝心の
中朝協議に日本が影響力を発揮する場面はみられそうにない。妥協案として
決議案の修正に応じることも検討しているが、15日から始まる
主要国首脳会議(サンクトペテルブルク・サミット)前の決議は厳しく
なっている。【山下修毅】
(毎日新聞) - 7月13日9時59分更新


801 :底値さん:2006/07/14(金) 13:57:32
北朝鮮のミサイル発射をめぐる日本政府の対応に手詰まり感が出てきた。
焦点が6カ国協議再開へ向けた米中朝の駆け引きに移り、中朝との直接対話
が難しい日本としては、米国との連携を強調しながら対北朝鮮制裁決議案の
早期採択を主張し続けるしかないのが現状。国連安全保障理事会では、議長
声明を出した後で決議を検討する「2段階案」を議長国のフランスが示した
ほか、制裁部分を外した「非難決議」への修正論もくすぶり、採決時期のメ
ドが立たないことへの焦りも政府内に次第に募っている。
 安倍晋三官房長官は12日、シーファー駐日米大使と首相官邸で会談し、
決議案の採択方針を堅持しつつ中国の外交努力を当面見守る方針を確認した。
大使は会談後、記者団に「決議案がベスト」と強調したが、非難決議に弱
める可能性については「そういった話は国連で行われるべきだ」と言及を
避けた。
 「中国に拒否権を行使させればいい」。外務省は7日の麻生太郎外相
以下の幹部協議で、中国が反対しても決議案の8日採決を目指す方針を
決めた。ミサイル発射から時間がたつほど決議が難しくなるとの判断から
だったが、米国が中国による北朝鮮説得を待つ方針に転換し、日本も先送り
を受け入れざるを得なくなった経緯がある。
 実際に採決の機運が低下した今、「あのまま強行しておけばよかった」
(外務省幹部)という不満の声がある一方で、制裁決議にこだわった
強硬路線への批判も政府・与党内から聞かれ始めた。日本が急先ぽうと
なって制裁論をリードし、米国がそれをテコに中国に圧力をかける日米の
役割分担だったともいえるが、反発した中国や北朝鮮との折衝は米国に
頼るしかなくなった。
 麻生外相は11、12日、英仏や安保理非常任理事国の外相に電話攻勢
をかけ、制裁決議案の採決方針に変わりないことを説明したが、肝心の
中朝協議に日本が影響力を発揮する場面はみられそうにない。妥協案として
決議案の修正に応じることも検討しているが、15日から始まる
主要国首脳会議(サンクトペテルブルク・サミット)前の決議は厳しく
なっている。【山下修毅】
(毎日新聞) - 7月13日9時59分更新


802 :底値さん:2006/07/14(金) 13:59:12
大会で主審を務める上川徹氏(43)が、日本人で初めて決勝トーナメント
の笛を吹く。国際サッカー連盟(FIFA)は6日、3位決定戦と決勝戦の
担当審判を発表。上川氏は広嶋禎数(44)韓国の金大英(43)両副審と
ともに地元ドイツとポルトガルが対戦する3位決定戦
(8日・シュツットガルト)の担当に指名された。
 FIFA審判委員会での高評価が、上川氏の抜てきにつながった。
1次リーグで2試合を担当。無難な笛で決勝トーナメントに残ると、
準々決勝(イタリア−ウクライナ)準決勝(イタリア−ドイツ)では広嶋氏
とともに第4、第5の審判員を務めた。これらの試合での的確な仕事ぶりが
評価され、日本人初の決勝トーナメントを任された。
 02年に続いて2大会連続で審判を務める上川氏は、大会前から
「目標は決勝戦の笛」と話していた。「大会についていくだけで精いっぱい
だった」02年大会は1試合担当しただけ。しかし、今回は「参加するだけ
ではダメ」と1試合ごとに経験を積み、決勝戦の1つ前の3位決定戦を担当
する。
 試合は、ドイツとポルトガルが対戦する。ドイツは地元の声援があり、
ポルトガルは40年ぶりの3位がかかる。激しい戦いになることは必至だ。
さらに、試合自体の重要性もある。大会ごとに「廃止論」が出てくる3位
決定戦だが、FIFAは「今後も続ける」と表明したばかり。仮に試合が
円滑に行われなければ、再び廃止論が噴出してくる可能性は高い。FIFA
にとっては大切な試合だ。
 日本代表は1次リーグで敗退したが、日本人審判員は欧州や南米の強豪に
まじって活躍した。同じ3位決定戦でマッチコミッショナーを務める
小倉純二FIFA理事は「日本のサッカー界にとって大きい」と、上川氏を
絶賛。「運営に携わる日本人の活躍なども含めて、日本の総合力が高まって
きた」と、喜んだ。
 すでに3日には「2試合で笛を吹けて、出来には満足している」と話して
いた上川氏だが、もう1試合、重要な仕事が回ってきた。「日本でやって
きたことには自信があるし、誇りもある」と話していた同氏が、3位決定戦
で日本の「サッカー力」を見せる。


803 :底値さん:2006/07/14(金) 14:00:49
大会で主審を務める上川徹氏(43)が、日本人で初めて決勝トーナメント
の笛を吹く。国際サッカー連盟(FIFA)は6日、3位決定戦と決勝戦の
担当審判を発表。上川氏は広嶋禎数(44)韓国の金大英(43)両副審と
ともに地元ドイツとポルトガルが対戦する3位決定戦
(8日・シュツットガルト)の担当に指名された。
 FIFA審判委員会での高評価が、上川氏の抜てきにつながった。
1次リーグで2試合を担当。無難な笛で決勝トーナメントに残ると、
準々決勝(イタリア−ウクライナ)準決勝(イタリア−ドイツ)では広嶋氏
とともに第4、第5の審判員を務めた。これらの試合での的確な仕事ぶりが
評価され、日本人初の決勝トーナメントを任された。
 02年に続いて2大会連続で審判を務める上川氏は、大会前から
「目標は決勝戦の笛」と話していた。「大会についていくだけで精いっぱい
だった」02年大会は1試合担当しただけ。しかし、今回は「参加するだけ
ではダメ」と1試合ごとに経験を積み、決勝戦の1つ前の3位決定戦を担当
する。
 試合は、ドイツとポルトガルが対戦する。ドイツは地元の声援があり、
ポルトガルは40年ぶりの3位がかかる。激しい戦いになることは必至だ。
さらに、試合自体の重要性もある。大会ごとに「廃止論」が出てくる3位
決定戦だが、FIFAは「今後も続ける」と表明したばかり。仮に試合が
円滑に行われなければ、再び廃止論が噴出してくる可能性は高い。FIFA
にとっては大切な試合だ。
 日本代表は1次リーグで敗退したが、日本人審判員は欧州や南米の強豪に
まじって活躍した。同じ3位決定戦でマッチコミッショナーを務める
小倉純二FIFA理事は「日本のサッカー界にとって大きい」と、上川氏を
絶賛。「運営に携わる日本人の活躍なども含めて、日本の総合力が高まって
きた」と、喜んだ。
 すでに3日には「2試合で笛を吹けて、出来には満足している」と話して
いた上川氏だが、もう1試合、重要な仕事が回ってきた。「日本でやって
きたことには自信があるし、誇りもある」と話していた同氏が、3位決定戦
で日本の「サッカー力」を見せる。


804 :底値さん:2006/07/14(金) 14:02:23
大会で主審を務める上川徹氏(43)が、日本人で初めて決勝トーナメント
の笛を吹く。国際サッカー連盟(FIFA)は6日、3位決定戦と決勝戦の
担当審判を発表。上川氏は広嶋禎数(44)韓国の金大英(43)両副審と
ともに地元ドイツとポルトガルが対戦する3位決定戦
(8日・シュツットガルト)の担当に指名された。
 FIFA審判委員会での高評価が、上川氏の抜てきにつながった。
1次リーグで2試合を担当。無難な笛で決勝トーナメントに残ると、
準々決勝(イタリア−ウクライナ)準決勝(イタリア−ドイツ)では広嶋氏
とともに第4、第5の審判員を務めた。これらの試合での的確な仕事ぶりが
評価され、日本人初の決勝トーナメントを任された。
 02年に続いて2大会連続で審判を務める上川氏は、大会前から
「目標は決勝戦の笛」と話していた。「大会についていくだけで精いっぱい
だった」02年大会は1試合担当しただけ。しかし、今回は「参加するだけ
ではダメ」と1試合ごとに経験を積み、決勝戦の1つ前の3位決定戦を担当
する。
 試合は、ドイツとポルトガルが対戦する。ドイツは地元の声援があり、
ポルトガルは40年ぶりの3位がかかる。激しい戦いになることは必至だ。
さらに、試合自体の重要性もある。大会ごとに「廃止論」が出てくる3位
決定戦だが、FIFAは「今後も続ける」と表明したばかり。仮に試合が
円滑に行われなければ、再び廃止論が噴出してくる可能性は高い。FIFA
にとっては大切な試合だ。
 日本代表は1次リーグで敗退したが、日本人審判員は欧州や南米の強豪に
まじって活躍した。同じ3位決定戦でマッチコミッショナーを務める
小倉純二FIFA理事は「日本のサッカー界にとって大きい」と、上川氏を
絶賛。「運営に携わる日本人の活躍なども含めて、日本の総合力が高まって
きた」と、喜んだ。
 すでに3日には「2試合で笛を吹けて、出来には満足している」と話して
いた上川氏だが、もう1試合、重要な仕事が回ってきた。「日本でやって
きたことには自信があるし、誇りもある」と話していた同氏が、3位決定戦
で日本の「サッカー力」を見せる。


805 :底値さん:2006/07/14(金) 14:04:00
北朝鮮のミサイル発射をめぐる日本政府の対応に手詰まり感が出てきた。
焦点が6カ国協議再開へ向けた米中朝の駆け引きに移り、中朝との直接対話
が難しい日本としては、米国との連携を強調しながら対北朝鮮制裁決議案の
早期採択を主張し続けるしかないのが現状。国連安全保障理事会では、議長
声明を出した後で決議を検討する「2段階案」を議長国のフランスが示した
ほか、制裁部分を外した「非難決議」への修正論もくすぶり、採決時期のメ
ドが立たないことへの焦りも政府内に次第に募っている。
 安倍晋三官房長官は12日、シーファー駐日米大使と首相官邸で会談し、
決議案の採択方針を堅持しつつ中国の外交努力を当面見守る方針を確認した。
大使は会談後、記者団に「決議案がベスト」と強調したが、非難決議に弱
める可能性については「そういった話は国連で行われるべきだ」と言及を
避けた。
 「中国に拒否権を行使させればいい」。外務省は7日の麻生太郎外相
以下の幹部協議で、中国が反対しても決議案の8日採決を目指す方針を
決めた。ミサイル発射から時間がたつほど決議が難しくなるとの判断から
だったが、米国が中国による北朝鮮説得を待つ方針に転換し、日本も先送り
を受け入れざるを得なくなった経緯がある。
 実際に採決の機運が低下した今、「あのまま強行しておけばよかった」
(外務省幹部)という不満の声がある一方で、制裁決議にこだわった
強硬路線への批判も政府・与党内から聞かれ始めた。日本が急先ぽうと
なって制裁論をリードし、米国がそれをテコに中国に圧力をかける日米の
役割分担だったともいえるが、反発した中国や北朝鮮との折衝は米国に
頼るしかなくなった。
 麻生外相は11、12日、英仏や安保理非常任理事国の外相に電話攻勢
をかけ、制裁決議案の採決方針に変わりないことを説明したが、肝心の
中朝協議に日本が影響力を発揮する場面はみられそうにない。妥協案として
決議案の修正に応じることも検討しているが、15日から始まる
主要国首脳会議(サンクトペテルブルク・サミット)前の決議は厳しく
なっている。【山下修毅】
(毎日新聞) - 7月13日9時59分更新


806 :底値さん:2006/07/14(金) 14:04:39
北朝鮮のミサイル発射をめぐる日本政府の対応に手詰まり感が出てきた。
焦点が6カ国協議再開へ向けた米中朝の駆け引きに移り、中朝との直接対話
が難しい日本としては、米国との連携を強調しながら対北朝鮮制裁決議案の
早期採択を主張し続けるしかないのが現状。国連安全保障理事会では、議長
声明を出した後で決議を検討する「2段階案」を議長国のフランスが示した
ほか、制裁部分を外した「非難決議」への修正論もくすぶり、採決時期のメ
ドが立たないことへの焦りも政府内に次第に募っている。
 安倍晋三官房長官は12日、シーファー駐日米大使と首相官邸で会談し、
決議案の採択方針を堅持しつつ中国の外交努力を当面見守る方針を確認した。
大使は会談後、記者団に「決議案がベスト」と強調したが、非難決議に弱
める可能性については「そういった話は国連で行われるべきだ」と言及を
避けた。
 「中国に拒否権を行使させればいい」。外務省は7日の麻生太郎外相
以下の幹部協議で、中国が反対しても決議案の8日採決を目指す方針を
決めた。ミサイル発射から時間がたつほど決議が難しくなるとの判断から
だったが、米国が中国による北朝鮮説得を待つ方針に転換し、日本も先送り
を受け入れざるを得なくなった経緯がある。
 実際に採決の機運が低下した今、「あのまま強行しておけばよかった」
(外務省幹部)という不満の声がある一方で、制裁決議にこだわった
強硬路線への批判も政府・与党内から聞かれ始めた。日本が急先ぽうと
なって制裁論をリードし、米国がそれをテコに中国に圧力をかける日米の
役割分担だったともいえるが、反発した中国や北朝鮮との折衝は米国に
頼るしかなくなった。
 麻生外相は11、12日、英仏や安保理非常任理事国の外相に電話攻勢
をかけ、制裁決議案の採決方針に変わりないことを説明したが、肝心の
中朝協議に日本が影響力を発揮する場面はみられそうにない。妥協案として
決議案の修正に応じることも検討しているが、15日から始まる
主要国首脳会議(サンクトペテルブルク・サミット)前の決議は厳しく
なっている。【山下修毅】
(毎日新聞) - 7月13日9時59分更新


807 :底値さん:2006/07/14(金) 14:07:52
北朝鮮のミサイル発射をめぐる日本政府の対応に手詰まり感が出てきた。
焦点が6カ国協議再開へ向けた米中朝の駆け引きに移り、中朝との直接対話
が難しい日本としては、米国との連携を強調しながら対北朝鮮制裁決議案の
早期採択を主張し続けるしかないのが現状。国連安全保障理事会では、議長
声明を出した後で決議を検討する「2段階案」を議長国のフランスが示した
ほか、制裁部分を外した「非難決議」への修正論もくすぶり、採決時期のメ
ドが立たないことへの焦りも政府内に次第に募っている。
 安倍晋三官房長官は12日、シーファー駐日米大使と首相官邸で会談し、
決議案の採択方針を堅持しつつ中国の外交努力を当面見守る方針を確認した。
大使は会談後、記者団に「決議案がベスト」と強調したが、非難決議に弱
める可能性については「そういった話は国連で行われるべきだ」と言及を
避けた。
 「中国に拒否権を行使させればいい」。外務省は7日の麻生太郎外相
以下の幹部協議で、中国が反対しても決議案の8日採決を目指す方針を
決めた。ミサイル発射から時間がたつほど決議が難しくなるとの判断から
だったが、米国が中国による北朝鮮説得を待つ方針に転換し、日本も先送り
を受け入れざるを得なくなった経緯がある。
 実際に採決の機運が低下した今、「あのまま強行しておけばよかった」
(外務省幹部)という不満の声がある一方で、制裁決議にこだわった
強硬路線への批判も政府・与党内から聞かれ始めた。日本が急先ぽうと
なって制裁論をリードし、米国がそれをテコに中国に圧力をかける日米の
役割分担だったともいえるが、反発した中国や北朝鮮との折衝は米国に
頼るしかなくなった。
 麻生外相は11、12日、英仏や安保理非常任理事国の外相に電話攻勢
をかけ、制裁決議案の採決方針に変わりないことを説明したが、肝心の
中朝協議に日本が影響力を発揮する場面はみられそうにない。妥協案として
決議案の修正に応じることも検討しているが、15日から始まる
主要国首脳会議(サンクトペテルブルク・サミット)前の決議は厳しく
なっている。【山下修毅】
(毎日新聞) - 7月13日9時59分更新

808 :底値さん:2006/07/14(金) 14:15:06
北朝鮮のミサイル発射をめぐる日本政府の対応に手詰まり感が出てきた。
焦点が6カ国協議再開へ向けた米中朝の駆け引きに移り、中朝との直接対話
が難しい日本としては、米国との連携を強調しながら対北朝鮮制裁決議案の
早期採択を主張し続けるしかないのが現状。国連安全保障理事会では、議長
声明を出した後で決議を検討する「2段階案」を議長国のフランスが示した
ほか、制裁部分を外した「非難決議」への修正論もくすぶり、採決時期のメ
ドが立たないことへの焦りも政府内に次第に募っている。
 安倍晋三官房長官は12日、シーファー駐日米大使と首相官邸で会談し、
決議案の採択方針を堅持しつつ中国の外交努力を当面見守る方針を確認した。
大使は会談後、記者団に「決議案がベスト」と強調したが、非難決議に弱
める可能性については「そういった話は国連で行われるべきだ」と言及を
避けた。
 「中国に拒否権を行使させればいい」。外務省は7日の麻生太郎外相
以下の幹部協議で、中国が反対しても決議案の8日採決を目指す方針を
決めた。ミサイル発射から時間がたつほど決議が難しくなるとの判断から
だったが、米国が中国による北朝鮮説得を待つ方針に転換し、日本も先送り
を受け入れざるを得なくなった経緯がある。
 実際に採決の機運が低下した今、「あのまま強行しておけばよかった」
(外務省幹部)という不満の声がある一方で、制裁決議にこだわった
強硬路線への批判も政府・与党内から聞かれ始めた。日本が急先ぽうと
なって制裁論をリードし、米国がそれをテコに中国に圧力をかける日米の
役割分担だったともいえるが、反発した中国や北朝鮮との折衝は米国に
頼るしかなくなった。
 麻生外相は11、12日、英仏や安保理非常任理事国の外相に電話攻勢
をかけ、制裁決議案の採決方針に変わりないことを説明したが、肝心の
中朝協議に日本が影響力を発揮する場面はみられそうにない。妥協案として
決議案の修正に応じることも検討しているが、15日から始まる
主要国首脳会議(サンクトペテルブルク・サミット)前の決議は厳しく
なっている。【山下修毅】

809 :底値さん:2006/07/14(金) 14:16:15
北朝鮮のミサイル発射をめぐる日本政府の対応に手詰まり感が出てきた。
焦点が6カ国協議再開へ向けた米中朝の駆け引きに移り、中朝との直接対話
が難しい日本としては、米国との連携を強調しながら対北朝鮮制裁決議案の
早期採択を主張し続けるしかないのが現状。国連安全保障理事会では、議長
声明を出した後で決議を検討する「2段階案」を議長国のフランスが示した
ほか、制裁部分を外した「非難決議」への修正論もくすぶり、採決時期のメ
ドが立たないことへの焦りも政府内に次第に募っている。
 安倍晋三官房長官は12日、シーファー駐日米大使と首相官邸で会談し、
決議案の採択方針を堅持しつつ中国の外交努力を当面見守る方針を確認した。
大使は会談後、記者団に「決議案がベスト」と強調したが、非難決議に弱
める可能性については「そういった話は国連で行われるべきだ」と言及を
避けた。
 「中国に拒否権を行使させればいい」。外務省は7日の麻生太郎外相
以下の幹部協議で、中国が反対しても決議案の8日採決を目指す方針を
決めた。ミサイル発射から時間がたつほど決議が難しくなるとの判断から
だったが、米国が中国による北朝鮮説得を待つ方針に転換し、日本も先送り
を受け入れざるを得なくなった経緯がある。
 実際に採決の機運が低下した今、「あのまま強行しておけばよかった」
(外務省幹部)という不満の声がある一方で、制裁決議にこだわった
強硬路線への批判も政府・与党内から聞かれ始めた。日本が急先ぽうと
なって制裁論をリードし、米国がそれをテコに中国に圧力をかける日米の
役割分担だったともいえるが、反発した中国や北朝鮮との折衝は米国に
頼るしかなくなった。
 麻生外相は11、12日、英仏や安保理非常任理事国の外相に電話攻勢
をかけ、制裁決議案の採決方針に変わりないことを説明したが、肝心の
中朝協議に日本が影響力を発揮する場面はみられそうにない。妥協案として
決議案の修正に応じることも検討しているが、15日から始まる
主要国首脳会議(サンクトペテルブルク・サミット)前の決議は厳しく
なっている。【山下修毅】
(毎日新聞) - 7月13日9時59分更新

810 :底値さん:2006/07/14(金) 14:23:01
北朝鮮のミサイル発射をめぐる日本政府の対応に手詰まり感が出てきた。
焦点が6カ国協議再開へ向けた米中朝の駆け引きに移り、中朝との直接対話
が難しい日本としては、米国との連携を強調しながら対北朝鮮制裁決議案の
早期採択を主張し続けるしかないのが現状。国連安全保障理事会では、議長
声明を出した後で決議を検討する「2段階案」を議長国のフランスが示した
ほか、制裁部分を外した「非難決議」への修正論もくすぶり、採決時期のメ
ドが立たないことへの焦りも政府内に次第に募っている。
 安倍晋三官房長官は12日、シーファー駐日米大使と首相官邸で会談し、
決議案の採択方針を堅持しつつ中国の外交努力を当面見守る方針を確認した。
大使は会談後、記者団に「決議案がベスト」と強調したが、非難決議に弱
める可能性については「そういった話は国連で行われるべきだ」と言及を
避けた。
 「中国に拒否権を行使させればいい」。外務省は7日の麻生太郎外相
以下の幹部協議で、中国が反対しても決議案の8日採決を目指す方針を
決めた。ミサイル発射から時間がたつほど決議が難しくなるとの判断から
だったが、米国が中国による北朝鮮説得を待つ方針に転換し、日本も先送り
を受け入れざるを得なくなった経緯がある。
 実際に採決の機運が低下した今、「あのまま強行しておけばよかった」
(外務省幹部)という不満の声がある一方で、制裁決議にこだわった
強硬路線への批判も政府・与党内から聞かれ始めた。日本が急先ぽうと
なって制裁論をリードし、米国がそれをテコに中国に圧力をかける日米の
役割分担だったともいえるが、反発した中国や北朝鮮との折衝は米国に
頼るしかなくなった。
 麻生外相は11、12日、英仏や安保理非常任理事国の外相に電話攻勢
をかけ、制裁決議案の採決方針に変わりないことを説明したが、肝心の
中朝協議に日本が影響力を発揮する場面はみられそうにない。妥協案として
決議案の修正に応じることも検討しているが、15日から始まる
主要国首脳会議(サンクトペテルブルク・サミット)前の決議は厳しく
なっている。【山下修毅】

811 :底値さん:2006/07/14(金) 14:28:04
大会で主審を務める上川徹氏(43)が、日本人で初めて決勝トーナメント
の笛を吹く。国際サッカー連盟(FIFA)は6日、3位決定戦と決勝戦の
担当審判を発表。上川氏は広嶋禎数(44)韓国の金大英(43)両副審と
ともに地元ドイツとポルトガルが対戦する3位決定戦
(8日・シュツットガルト)の担当に指名された。
 FIFA審判委員会での高評価が、上川氏の抜てきにつながった。
1次リーグで2試合を担当。無難な笛で決勝トーナメントに残ると、
準々決勝(イタリア−ウクライナ)準決勝(イタリア−ドイツ)では広嶋氏
とともに第4、第5の審判員を務めた。これらの試合での的確な仕事ぶりが
評価され、日本人初の決勝トーナメントを任された。
 02年に続いて2大会連続で審判を務める上川氏は、大会前から
「目標は決勝戦の笛」と話していた。「大会についていくだけで精いっぱい
だった」02年大会は1試合担当しただけ。しかし、今回は「参加するだけ
ではダメ」と1試合ごとに経験を積み、決勝戦の1つ前の3位決定戦を担当
する。
 試合は、ドイツとポルトガルが対戦する。ドイツは地元の声援があり、
ポルトガルは40年ぶりの3位がかかる。激しい戦いになることは必至だ。
さらに、試合自体の重要性もある。大会ごとに「廃止論」が出てくる3位
決定戦だが、FIFAは「今後も続ける」と表明したばかり。仮に試合が
円滑に行われなければ、再び廃止論が噴出してくる可能性は高い。FIFA
にとっては大切な試合だ。
 日本代表は1次リーグで敗退したが、日本人審判員は欧州や南米の強豪に
まじって活躍した。同じ3位決定戦でマッチコミッショナーを務める
小倉純二FIFA理事は「日本のサッカー界にとって大きい」と、上川氏を
絶賛。「運営に携わる日本人の活躍なども含めて、日本の総合力が高まって
きた」と、喜んだ。
 すでに3日には「2試合で笛を吹けて、出来には満足している」と話して
いた上川氏だが、もう1試合、重要な仕事が回ってきた。「日本でやって
きたことには自信があるし、誇りもある」と話していた同氏が、3位決定戦
で日本の「サッカー力」を見せる。

812 :底値さん:2006/07/14(金) 14:30:04
大会で主審を務める上川徹氏(43)が、日本人で初めて決勝トーナメント
の笛を吹く。国際サッカー連盟(FIFA)は6日、3位決定戦と決勝戦の
担当審判を発表。上川氏は広嶋禎数(44)韓国の金大英(43)両副審と
ともに地元ドイツとポルトガルが対戦する3位決定戦
(8日・シュツットガルト)の担当に指名された。
 FIFA審判委員会での高評価が、上川氏の抜てきにつながった。
1次リーグで2試合を担当。無難な笛で決勝トーナメントに残ると、
準々決勝(イタリア−ウクライナ)準決勝(イタリア−ドイツ)では広嶋氏
とともに第4、第5の審判員を務めた。これらの試合での的確な仕事ぶりが
評価され、日本人初の決勝トーナメントを任された。
 02年に続いて2大会連続で審判を務める上川氏は、大会前から
「目標は決勝戦の笛」と話していた。「大会についていくだけで精いっぱい
だった」02年大会は1試合担当しただけ。しかし、今回は「参加するだけ
ではダメ」と1試合ごとに経験を積み、決勝戦の1つ前の3位決定戦を担当
する。
 試合は、ドイツとポルトガルが対戦する。ドイツは地元の声援があり、
ポルトガルは40年ぶりの3位がかかる。激しい戦いになることは必至だ。
さらに、試合自体の重要性もある。大会ごとに「廃止論」が出てくる3位
決定戦だが、FIFAは「今後も続ける」と表明したばかり。仮に試合が
円滑に行われなければ、再び廃止論が噴出してくる可能性は高い。FIFA
にとっては大切な試合だ。
 日本代表は1次リーグで敗退したが、日本人審判員は欧州や南米の強豪に
まじって活躍した。同じ3位決定戦でマッチコミッショナーを務める
小倉純二FIFA理事は「日本のサッカー界にとって大きい」と、上川氏を
絶賛。「運営に携わる日本人の活躍なども含めて、日本の総合力が高まって
きた」と、喜んだ。
 すでに3日には「2試合で笛を吹けて、出来には満足している」と話して
いた上川氏だが、もう1試合、重要な仕事が回ってきた。「日本でやって
きたことには自信があるし、誇りもある」と話していた同氏が、3位決定戦
で日本の「サッカー力」を見せる。


813 :底値さん:2006/07/14(金) 14:32:09
大会で主審を務める上川徹氏(43)が、日本人で初めて決勝トーナメント
の笛を吹く。国際サッカー連盟(FIFA)は6日、3位決定戦と決勝戦の
担当審判を発表。上川氏は広嶋禎数(44)韓国の金大英(43)両副審と
ともに地元ドイツとポルトガルが対戦する3位決定戦
(8日・シュツットガルト)の担当に指名された。
 FIFA審判委員会での高評価が、上川氏の抜てきにつながった。
1次リーグで2試合を担当。無難な笛で決勝トーナメントに残ると、
準々決勝(イタリア−ウクライナ)準決勝(イタリア−ドイツ)では広嶋氏
とともに第4、第5の審判員を務めた。これらの試合での的確な仕事ぶりが
評価され、日本人初の決勝トーナメントを任された。
 02年に続いて2大会連続で審判を務める上川氏は、大会前から
「目標は決勝戦の笛」と話していた。「大会についていくだけで精いっぱい
だった」02年大会は1試合担当しただけ。しかし、今回は「参加するだけ
ではダメ」と1試合ごとに経験を積み、決勝戦の1つ前の3位決定戦を担当
する。
 試合は、ドイツとポルトガルが対戦する。ドイツは地元の声援があり、
ポルトガルは40年ぶりの3位がかかる。激しい戦いになることは必至だ。
さらに、試合自体の重要性もある。大会ごとに「廃止論」が出てくる3位
決定戦だが、FIFAは「今後も続ける」と表明したばかり。仮に試合が
円滑に行われなければ、再び廃止論が噴出してくる可能性は高い。FIFA
にとっては大切な試合だ。
 日本代表は1次リーグで敗退したが、日本人審判員は欧州や南米の強豪に
まじって活躍した。同じ3位決定戦でマッチコミッショナーを務める
小倉純二FIFA理事は「日本のサッカー界にとって大きい」と、上川氏を
絶賛。「運営に携わる日本人の活躍なども含めて、日本の総合力が高まって
きた」と、喜んだ。
 すでに3日には「2試合で笛を吹けて、出来には満足している」と話して
いた上川氏だが、もう1試合、重要な仕事が回ってきた。「日本でやって
きたことには自信があるし、誇りもある」と話していた同氏が、3位決定戦
で日本の「サッカー力」を見せる。


814 :底値さん:2006/07/14(金) 14:33:24
大会で主審を務める上川徹氏(43)が、日本人で初めて決勝トーナメント
の笛を吹く。国際サッカー連盟(FIFA)は6日、3位決定戦と決勝戦の
担当審判を発表。上川氏は広嶋禎数(44)韓国の金大英(43)両副審と
ともに地元ドイツとポルトガルが対戦する3位決定戦
(8日・シュツットガルト)の担当に指名された。
 FIFA審判委員会での高評価が、上川氏の抜てきにつながった。
1次リーグで2試合を担当。無難な笛で決勝トーナメントに残ると、
準々決勝(イタリア−ウクライナ)準決勝(イタリア−ドイツ)では広嶋氏
とともに第4、第5の審判員を務めた。これらの試合での的確な仕事ぶりが
評価され、日本人初の決勝トーナメントを任された。
 02年に続いて2大会連続で審判を務める上川氏は、大会前から
「目標は決勝戦の笛」と話していた。「大会についていくだけで精いっぱい
だった」02年大会は1試合担当しただけ。しかし、今回は「参加するだけ
ではダメ」と1試合ごとに経験を積み、決勝戦の1つ前の3位決定戦を担当
する。
 試合は、ドイツとポルトガルが対戦する。ドイツは地元の声援があり、
ポルトガルは40年ぶりの3位がかかる。激しい戦いになることは必至だ。
さらに、試合自体の重要性もある。大会ごとに「廃止論」が出てくる3位
決定戦だが、FIFAは「今後も続ける」と表明したばかり。仮に試合が
円滑に行われなければ、再び廃止論が噴出してくる可能性は高い。FIFA
にとっては大切な試合だ。
 日本代表は1次リーグで敗退したが、日本人審判員は欧州や南米の強豪に
まじって活躍した。同じ3位決定戦でマッチコミッショナーを務める
小倉純二FIFA理事は「日本のサッカー界にとって大きい」と、上川氏を
絶賛。「運営に携わる日本人の活躍なども含めて、日本の総合力が高まって
きた」と、喜んだ。
 すでに3日には「2試合で笛を吹けて、出来には満足している」と話して
いた上川氏だが、もう1試合、重要な仕事が回ってきた。「日本でやって
きたことには自信があるし、誇りもある」と話していた同氏が、3位決定戦
で日本の「サッカー力」を見せる。


815 :底値さん:2006/07/14(金) 15:16:01
日本列島は13日、東北まで北上した梅雨前線に向かって暖かい空気が流れ
込んだため、大分県の日田で最高気温が平年より5・3度高い36・9度な
ど、関東以西を中心にこの夏一番の暑さとなった。 日本列島は13日、東
北まで北上した梅雨前線に向かって暖かい空気が流れ込んだため、大分県の
日田で最高気温が平年より5・3度高い36・9度など、関東以西を中心に
この夏一番の暑さとなった。(共同通信)
[記事全文]

816 :底値さん:2006/07/14(金) 15:23:30
 3年前に脳梗塞(こうそく)で倒れ、リハビリとトレーニングを重ねて約
130キロの直球を取り戻した大分県豊後大野市の県立三重高3年、広田一
弥投手(18)=同県臼杵市=が13日、夏の高校野球選手権大分大会で「
一回きりで走者が出たら交代」を条件に最初で最後の登板をした。先頭打者
に四球を与え、7球で終わった広田投手の「夏」。チームは2対9で敗退し
たが、「もっと投げたかったけれど、悔いはない」と、すがすがしい表情で
球場を去った。
 広田投手は小学校低学年から野球を始めた。野津中3年の6月、地区の中
学軟式野球大会でエースを務め、約130キロの速球を武器にチームを優勝
に導いた。近隣や大分市内の強豪高から注目されたのもつかの間、大会3日
後に学校で倒れた。失意の広田投手の元に、三重高野球部の上尾隆一監督(
44)が花束と硬式ボールを持って見舞いに来た。地区大会の投球を「すご
い」と感じた監督から「野球を続けよう」と励まされ、広田投手は「野球が
できる」と望みをつなぎ同校に進学した。
 1年時は、週に1度の病院通い。ランニングもままならず、他の部員に歩
いて続いた。新チームになった昨年秋、「広田は頑張っている。やる気を引
き出したい」と部員全員で話し合い、「夏の初戦を投げさせよう」と決め、
エースナンバーを託した。
 今年4月、米大リーグのイチローら有名選手のトレーナーとして知られる
小山裕史氏が主宰するスポーツ研究施設「ワールドウィング」(鳥取市)に
行き、機能回復訓練をしてから、次第にマウンドへの自信がついてきた。
 そして、この日迎えた晴れ舞台。対戦相手は高田高。広田投手はまひで自
由が利かない左手をグラブの中にしっかりと納め、駆け足でマウンドに向か
った。投球の合間には、両腕を前に突き出して交互に曲げ伸ばしする仕草
をした。ワールドウィングで教わった、体をほぐす運動だ。3球続けてボ
ールの後、4球目はストライク。スタンドがどよめいた。5球目はファウ
ル。フルカウントで迎えた6球目もファウル。7球目はコースをはずれ、
四球でマウンドを降りた。広田投手はスタンドに向かって一礼。ベンチの
仲間に「よくやった」「ナイスピッチング」と拍手で迎えられた

817 :底値さん:2006/07/14(金) 15:24:53
北朝鮮のミサイル発射をめぐる日本政府の対応に手詰まり感が出てきた。
焦点が6カ国協議再開へ向けた米中朝の駆け引きに移り、中朝との直接対話
が難しい日本としては、米国との連携を強調しながら対北朝鮮制裁決議案の
早期採択を主張し続けるしかないのが現状。国連安全保障理事会では、議長
声明を出した後で決議を検討する「2段階案」を議長国のフランスが示した
ほか、制裁部分を外した「非難決議」への修正論もくすぶり、採決時期のメ
ドが立たないことへの焦りも政府内に次第に募っている。
 安倍晋三官房長官は12日、シーファー駐日米大使と首相官邸で会談し、
決議案の採択方針を堅持しつつ中国の外交努力を当面見守る方針を確認した。
大使は会談後、記者団に「決議案がベスト」と強調したが、非難決議に弱
める可能性については「そういった話は国連で行われるべきだ」と言及を
避けた。
 「中国に拒否権を行使させればいい」。外務省は7日の麻生太郎外相
以下の幹部協議で、中国が反対しても決議案の8日採決を目指す方針を
決めた。ミサイル発射から時間がたつほど決議が難しくなるとの判断から
だったが、米国が中国による北朝鮮説得を待つ方針に転換し、日本も先送り
を受け入れざるを得なくなった経緯がある。
 実際に採決の機運が低下した今、「あのまま強行しておけばよかった」
(外務省幹部)という不満の声がある一方で、制裁決議にこだわった
強硬路線への批判も政府・与党内から聞かれ始めた。日本が急先ぽうと
なって制裁論をリードし、米国がそれをテコに中国に圧力をかける日米の
役割分担だったともいえるが、反発した中国や北朝鮮との折衝は米国に
頼るしかなくなった。
 麻生外相は11、12日、英仏や安保理非常任理事国の外相に電話攻勢
をかけ、制裁決議案の採決方針に変わりないことを説明したが、肝心の
中朝協議に日本が影響力を発揮する場面はみられそうにない。妥協案として
決議案の修正に応じることも検討しているが、15日から始まる
主要国首脳会議(サンクトペテルブルク・サミット)前の決議は厳しく
なっている。【山下修毅】
(毎日新聞) - 7月13日9時59分更新


818 :底値さん:2006/07/14(金) 15:25:32
北朝鮮のミサイル発射をめぐる日本政府の対応に手詰まり感が出てきた。
焦点が6カ国協議再開へ向けた米中朝の駆け引きに移り、中朝との直接対話
が難しい日本としては、米国との連携を強調しながら対北朝鮮制裁決議案の
早期採択を主張し続けるしかないのが現状。国連安全保障理事会では、議長
声明を出した後で決議を検討する「2段階案」を議長国のフランスが示した
ほか、制裁部分を外した「非難決議」への修正論もくすぶり、採決時期のメ
ドが立たないことへの焦りも政府内に次第に募っている。
 安倍晋三官房長官は12日、シーファー駐日米大使と首相官邸で会談し、
決議案の採択方針を堅持しつつ中国の外交努力を当面見守る方針を確認した。
大使は会談後、記者団に「決議案がベスト」と強調したが、非難決議に弱
める可能性については「そういった話は国連で行われるべきだ」と言及を
避けた。
 「中国に拒否権を行使させればいい」。外務省は7日の麻生太郎外相
以下の幹部協議で、中国が反対しても決議案の8日採決を目指す方針を
決めた。ミサイル発射から時間がたつほど決議が難しくなるとの判断から
だったが、米国が中国による北朝鮮説得を待つ方針に転換し、日本も先送り
を受け入れざるを得なくなった経緯がある。
 実際に採決の機運が低下した今、「あのまま強行しておけばよかった」
(外務省幹部)という不満の声がある一方で、制裁決議にこだわった
強硬路線への批判も政府・与党内から聞かれ始めた。日本が急先ぽうと
なって制裁論をリードし、米国がそれをテコに中国に圧力をかける日米の
役割分担だったともいえるが、反発した中国や北朝鮮との折衝は米国に
頼るしかなくなった。
 麻生外相は11、12日、英仏や安保理非常任理事国の外相に電話攻勢
をかけ、制裁決議案の採決方針に変わりないことを説明したが、肝心の
中朝協議に日本が影響力を発揮する場面はみられそうにない。妥協案として
決議案の修正に応じることも検討しているが、15日から始まる
主要国首脳会議(サンクトペテルブルク・サミット)前の決議は厳しく
なっている。【山下修毅】
(毎日新聞) - 7月13日9時59分更新


501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)