5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

安倍晋三は拉致問題を食い物にしている

1 :無党派さん:2006/10/14(土) 23:20:45 ID:hq3HRpCA
立花隆の「メディア ソシオ-ポリティクス」
「安倍外交“神話”の試金石 北朝鮮の『核』と『拉致』」より
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/061013_gaikou/
―吟味が必要な拉致問題解決の“安倍神話”
この点を鋭く衝いたのが、参院予算委員会で、10月11日に質問に立った民主党の森
ゆうこ議員だった。「拉致問題の解決に努力する努力する」と政府はさかんにいう
が、「具体的にいったいどのような手を打とうとしているのか、可能性はいったい
この問いに安倍首相が正面きって答えなかった。その前に同議員が持ちだしたもう
ひとつの問題をめぐって、「そんなことを言うのは失礼じゃありませんか」と安倍
首相が語気もあらわに怒り狂ったので、委員長席にあわてて自民党理事と民主党理
事が駆け寄り、審議が中断してしまうという大騒ぎがあったからだ。
この大騒ぎは、新聞、テレビ等の大マスコミが、安倍首相に気を遣ったためか、ほ
とんど伝えなかったので、知る人も少ないと思うが(この大騒ぎが発生して間もな
く、NHKのテレビ中継が正午のニュースを伝えるために中断されてしまったという
事情もあった)、大事なことと思われるので、ここに簡単に伝えておく。
もうひとつの問題というのは、週刊現代10月21日号の「安倍晋三は拉致問題を食い
ものにしている」という記事である。
 この記事の「安倍晋三は拉致問題を食いものにしている」というタイトルに安倍
首相は怒り狂い、そこで審議が中断してしまったのだが、タイトル表現の妥当性の
問題より重大なのは、この記事が提起している事実問題のほうである。
その内容については、安倍首相は、「いちいちそうした記事を読んでおりません」
といったり、過去に週刊現代が拉致事件の別の側面で誤報をした(と安倍首相が考
えている)事例をあげて、「だから、その程度の話なんですよ。その程度の話につ
いて、私はいちいちコメントするつもりは全くありません」などと語気を荒げるば
かりで、具体的な内容の反駁は全くなされなかった。
詳しくは、同誌の記事を見ていただきたいが、私は、これは単なるガセネタではな
いだろうと思っている。


154 :無党派さん:2006/11/14(火) 22:03:03 ID:IK/N1SRo
>2.その立地を地図・写真等で証明せよ。さらに、「狭い区域」に限って調査を行った理由を示せ。
>  また、なぜ全県下で調査を行わないのか理由を示せ。

秋田県のJR追分駅から徒歩2分の位置に
JAが経営する葬儀屋、レゼール追分(JA葬祭)がある。

ここは数年前までは、確かトイチ屋という大型スーパーマーケットがあった建物で
JA葬祭はこの建物を若干、改修して現在、葬儀屋として使っていると見られる。

かつて大型スーパーマーケットであった以上、当然、食肉加工室も
少なくとも当時はあった事になる。そこが現在は葬儀屋として再利用されているようだ。

このレゼール追分(JA葬祭)の建物をぐるっと回って確認してみると
表口は確かに葬儀屋なのだが、表口から向かって右側の側面サイドの入り口は
葬儀屋ではなく、食材センターになっている事がわかる。

JA新あきた「ふれあい食材センター」という看板が同じ建物の側面に記されている事が
すぐわかる。そしてその駐車場には、「JA新あきた ふれあい食材センター
食材宅配サービス」との大きな表示をつけた軽量小型トラックが4台並んでいた。

その建物の裏口に回ると、「味噌加工所」との小さな看板もあり、
味噌を含めた食材を、「JA新あきた」はJA葬儀業と同じ建物の中で経営していることになる。
秋田県で有名な食材の一つとして「しょっつる」があげられるが
これは魚を含む動物性食材を醗酵させたものと言われ、製法の詳細は店によって当然、秘伝になっているものと
考えられる。


155 :無党派さん:2006/11/14(火) 22:03:39 ID:IK/N1SRo
JA「ふれあい食材センター」のHPを見ると
http://www.jarihoku.or.jp/intro_inst_food.html
「厳選された産地から、とれたて、できたてを食卓におとどけする
ふれあい食材。JA独自のスピーディーな輸送システムが、新鮮さをお約束します。」
とある。

「とれたて、できたてを食卓におとどけする」とのキャッチフレーズの食材業が
秋田県ではJA葬祭と同じ建物の中で営まれているのは何故だろうか?

日本の食文化は地域によって大きく異なるのは間違いない。
それを共生文明論の観点から考察し、多様な部族がより平和に暮らせる
社会システムの構築を共に考えていく必要があるのではないだろうか?


156 :無党派さん:2006/11/14(火) 22:04:21 ID:IK/N1SRo
レゼール追分(JA葬祭)は以下HPに建物の写真が掲載されている。
http://www.ja-sousai-akita.co.jp/
この建物の写真の向かって右側の側面にJA「ふれあい食材センター」の
出入り口があり、同じ建物の中で加工された各種食材を軽量トラック数台に搬入して
「肉類を含む食材の宅配」を行っているとの説明がHPにある。

一方、秋田県のJA葬祭は、追分店以外に、JR秋田駅周辺に広面店もあり、そこから数百メートルの
位置に同じく葬祭業のセシルも店を構えている。この地域には秋田大学医学部病院もあり、
秋田大学病院から運ばれるご遺体も少なくないものと推測できる。また、この2つの大きな葬儀屋の隣には、
大型焼肉バイキング店などの大型料理店が何軒か連ねており、葬祭業者の建物の中にも、
やはり飲食ホールが設置されている。

JA葬祭の以下HPによると秋田では他の県とは違って葬式時どころか通夜でさえ
http://www.ja-sousai-akita.co.jp/custom/index.htm
ご遺体は既に斎場にはなく、腐敗を防ぐためドライアイスで冷やしながら
葬儀屋から焼き場に引き取られた後になっている。多くの県では葬儀時にも遺体があるのが
普通なので、この点、他県出身の葬家とトラブルになる事もあるらしく、
上のHPには「秋田のしきたり」を優先してもらえるよう予め説明がなされている模様である。

以上の特徴について共生文明論の観点から慎重に考察し、多様な部族がより平和に暮らせる
社会システムの構築を共に考えていく必要があると思えてならないのである。


157 :無党派さん:2006/11/14(火) 22:04:54 ID:IK/N1SRo
秋田県において葬儀業者と「焼肉屋(若しくは肉屋)あるいは有機肥料販売業者」とが
セット(隣同士)になって運営されているケースが、北東北の調査した狭い区域だけで4例ある。

その中には他に全く小売業者がない過疎った国道沿いに大型の葬儀業者と業務用の肉屋だけが
隣同士でポツンと 存在していた不可解なケースもある。

肉屋の立地条件としては、こういった偶然性は西日本では見た事がない。
小売店として肉屋を営業するならばお客さんが集まりやすい集落との繁華街とか
他の業種の幾つかの小売店と隣同士で店をださないとつぶれてしまいかねない。

ところが葬儀社の隣のこの肉屋は、小売店としてはそれだけ、ポツンと存在していた。
また葬儀屋の隣の肉屋で売られていた肉を、視覚検査したところ外見上、
ウシ、豚、馬、鶏の肉の形態を示していないケースが複数、確認できた。

値段も通常の肉よりかなり安い。半額に近い。これは何故か?


293 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)